JP5462708B2 - Game machine - Google Patents

Game machine

Info

Publication number
JP5462708B2
JP5462708B2 JP2010116415A JP2010116415A JP5462708B2 JP 5462708 B2 JP5462708 B2 JP 5462708B2 JP 2010116415 A JP2010116415 A JP 2010116415A JP 2010116415 A JP2010116415 A JP 2010116415A JP 5462708 B2 JP5462708 B2 JP 5462708B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010116415A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011240036A5 (en )
JP2011240036A (en )
Inventor
敏男 小倉
征也 平田
Original Assignee
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、始動条件の成立にもとづいて、各々を識別可能な複数種類の識別情報の可変表示を行う可変表示手段を備え、前記可変表示手段に表示結果を導出することで遊技の結果を確定し、遊技の結果が特定遊技結果となったときに遊技者にとって有利な特定遊技状態となる遊技機に関する。 The present invention is based on the establishment of the start condition, a variable display means for performing variable display of identification information of plural types can be identified for each determine the result of the game by deriving the display result to the variable display means and relates to a gaming machine comprising a preferred specific game state for the player when the game result becomes specific game result.

遊技機として、遊技媒体である遊技球を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられている入賞口などの入賞領域に遊技球が入賞すると、所定個の賞球が遊技者に払い出されるものがある。 As a game machine, a game ball is a game medium fired to play field by the firing device, the gaming ball to the winning regions, such as winning openings provided in the game region is winning, a predetermined number of prize balls paid out to the player there is one. さらに、識別情報を可変表示(「変動」ともいう。)可能な可変表示部が設けられ、可変表示部において識別情報の可変表示の表示結果が特定表示結果となった場合に、所定の遊技価値を遊技者に与えるように構成されたものがある。 Further, the identification information (also referred to as "fluctuation".) Variable display, variable display portion is provided, when the variable display of the display result of the identification information on the variable display portions becomes specific display result, predetermined game value there is configured to provide to the player a.

なお、遊技価値とは、遊技機の遊技領域に設けられた可変入賞球装置の状態が打球が入賞しやすい遊技者にとって有利な状態になることや、遊技者にとって有利な状態になるための権利を発生させたりすることや、賞球払出の条件が成立しやすくなる状態になることである。 Note that the game value, the state of the variable winning ball device provided in the gaming area of ​​the gaming machine and the shot become an advantageous state to easily player winning, or the right to become advantageous state for the player or be or is generated, it is that a state in which the conditions of prize balls paid out is likely to hold.

パチンコ遊技機では、始動入賞口に遊技球が入賞したことにもとづいて可変表示部において開始される特別図柄(識別情報)の可変表示の表示結果として、あらかじめ定められた特定の表示態様が導出表示された場合に、「大当り」が発生する。 The pachinko game machine, variably as a display result of the display, derivation display specific display mode predetermined special symbol that is started in the variable display unit based on the game ball is the starting winning opening (identification information) If it is, "big hit" occurs. なお、導出表示とは、図柄を停止表示させることである(いわゆる再変動の前の停止を除く。)。 Incidentally, deriving displays is to stop displaying the symbols (except for stop in front of the so-called re fluctuation.). 大当りが発生すると、例えば、大入賞口が所定回数開放して打球が入賞しやすい大当り遊技状態に移行する。 When the jackpot is generated, for example, winning opening is hitting with a predetermined number of times opened shifts to easily jackpot gaming state prize. そして、各開放期間において、所定個(例えば10個)の大入賞口への入賞があると大入賞口は閉成する。 In each opening period, special winning opening to be winning to winning opening of a predetermined number (e.g. 10) is closed. そして、大入賞口の開放回数は、所定回数(例えば15ラウンド)に固定されている。 Then, the opening times of the special winning hole is fixed to a predetermined number of times (e.g., 15 rounds). なお、各開放について開放時間(例えば29秒)が決められ、入賞数が所定個に達しなくても開放時間が経過すると大入賞口は閉成する。 Each opening open time for (e.g. 29 seconds) are determined, the winning number is even not reach the predetermined number open time has elapsed winning opening is closed. 以下、各々の大入賞口の開放期間をラウンドということがある。 Hereinafter sometimes referred to as round the opening period of the special winning opening of each.

また、可変表示部において、最終停止図柄(例えば左右中図柄のうち中図柄)となる図柄以外の図柄が、所定時間継続して、特定の表示結果と一致している状態で停止、揺動、拡大縮小もしくは変形している状態、または、複数の図柄が同一図柄で同期して変動したり、表示図柄の位置が入れ替わっていたりして、最終結果が表示される前で大当り発生の可能性が継続している状態(以下、これらの状態をリーチ状態という。)において行われる演出をリーチ演出という。 Also, the variable display portions, the last stop symbol (for example, left and right during symbols out of symbol) symbol become non symbols, it stopped with continuously for a predetermined time, consistent with the specific display results, rocking, scaling or deformation to which the state, or, or vary the plurality of symbols are synchronously in the same pattern, with or interchanged the position of the display symbol, the possibility of jackpot occur before the final result is displayed continue to have the state (hereinafter, these conditions that reach state.) that reach effect an effect that takes place in. また、リーチ状態やその様子をリーチ態様という。 Also, reach state and the state that reach aspect. さらに、リーチ演出を含む可変表示をリーチ可変表示という。 In addition, that reach the variable display of the variable display, including a reach effect. そして、可変表示装置に変動表示される図柄の表示結果が特定の表示結果でない場合には「はずれ」となり、変動表示状態は終了する。 When the display result of the symbols are variably displayed on the variable display device is not the specific display results become "off", change the display state is terminated. 遊技者は、大当りをいかにして発生させるかを楽しみつつ遊技を行う。 The player performs a game while enjoying whether to occur in how the big hit.

この種の遊技機において、大当り遊技状態の終了時に、該大当り遊技状態の終了後の遊技状態が確変モード(確変状態、大当りの確率が高められた高確率遊技状態)であるか否かの情報を遅延して報知するためのカウンタ値を抽選にて決定し、大当り遊技状態が終了してからの特別図柄の変動回数が前記抽選にて決定された回数に到達したときに、遊技状態が確変モードであるか否かの情報を報知するようにしたものがある(例えば、特許文献1参照)。 In this kind of gaming machine, at the end of the jackpot gaming state, a gaming state after completion of the large per game state is whether the probability variation mode (probability variation state, a high probability game state probability is enhanced jackpot) Information determined in the lottery the counter value for informing delayed and when the number of times of the change in the special symbols that is counted from the end of the jackpot gaming state has reached the number determined by the lottery, the gaming state probability variation it is that the information on whether a mode to be broadcast (e.g., see Patent Document 1).

また、通常遊技状態にて大当り種別を「突然確変」とする決定にもとづく大当り遊技状態が終了するときには、遊技状態を、遊技の結果を大当りとする確率が通常遊技状態よりも高まる確変遊技状態(特別遊技状態)に移行させるとともに、演出モードを特別演出モードに移行させ、また、小当り遊技状態となる以前の遊技状態が通常遊技状態である場合にも、小当り遊技状態が終了するときに、特別演出モードに移行させる。 In addition, when the jackpot type in the normal gaming state jackpot game state based on the decision to a "sudden probability variation" to the end, the game state, the probability of the result of the game and the jackpot increases than the normal game state probability variation gaming state ( with shifting to the special game state), it moves the rendering mode to the special effect mode, and also when a previous game state to be Koatari gaming state is the normal gaming state, when the Koatari gaming state is completed and shifts to the special effect mode. 特別演出モードでは、通常演出モードとは異なる特定の可変表示パターン決定用テーブルにもとづいて可変表示パターンを決定し、特別図柄や飾り図柄の変動パターンを通常演出モードとは異ならせることにより、小当り遊技状態が終了した後に以前の遊技状態が継続する場合でも、確変遊技状態となることに対する遊技者の期待感を高めることができるようにしたものがあった(例えば、特許文献2参照)。 The special effect mode, determines the variable display pattern based on different specific variable display pattern determination table from the normal effect mode, by making the normal effect mode change pattern of the special symbols and decorative pattern, Koatari even if to continue the previous game state after game state is completed, there is that to be able to increase the player's expectation for it as a probability variation gaming state (e.g., see Patent Document 2).

特開2009−273947号公報(第16−17頁、第7−8図) JP 2009-273947 JP (pages 16-17, 7-8 diagram) 特開2008−48915号公報(第69−70頁、第9−11図) JP 2008-48915 JP (pages 69-70, Chapter 9-11 view)

上記特許文献1に記載の遊技機では、大当り遊技状態が終了した直後では通常モードまたは確変モードのいずれに制御されたかを特定できないものの、大当り遊技状態の終了を契機として特別図柄の変動回数が所定回数に到達したときに確変モードであるか否かが報知されることで、大当り遊技状態が終了してからの特別図柄の変動回数が所定回数に到達するまでの期間の遊技の面白みが欠けるという問題があった。 The gaming machine described in Patent Document 1, although the jackpot gaming state is unable to identify any on whether the control of the normal mode or the probability variation mode immediately after completion, the number variation of the special symbols in response to termination of the jackpot gaming state given by whether probability variation mode when it reaches the number is informed, that the number variation of the special symbols that is counted from the end of the jackpot gaming state lacks the fun of the game in a period until a predetermined number of times there was a problem.

また、特別演出モードに移行した場合、遊技の結果が大当りとなる場合に所定の確率で決定される特定可変表示パターン(例えばリーチ可変表示パターン)を決定する確率が通常演出モードとは異なる可変表示パターン決定用テーブルが選択されるが、遊技状態が確変遊技状態に移行した場合、遊技の結果が大当りとなる確率が高まることで、特定可変表示パターンが出現したときの信頼度が高まるため、遊技者は特定変動パターンにもとづく演出の出現のみに注視するようになり、特別演出モードにおける遊技の興趣が今ひとつ向上しないという問題があった。 Also, when a transition is made to the special effect mode, the variable display that is different from the probability of determining the particular variable display pattern (e.g. reach variable display pattern) determined at a predetermined probability when a game result is big hit the base effect mode Although the pattern decision table is selected, if the gaming state is shifted to probability variation gaming state, when the game result increases the probability of big hit, because the increasing reliability of when a particular variable display pattern emerged, game who has a problem that specific based on the fluctuation pattern comes to attention only to the appearance of production, does not improve the game of interest in the special effect mode is not good enough.

本発明は、このような問題点に着目してなされたもので、所定の潜伏条件が成立した後における遊技の興趣を向上させて、遊技状態が特別遊技状態であることに対する遊技者の期待感を高めることができる遊技機を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of such problems, to improve the game of interest in after a predetermined latency condition is satisfied, the player's expectation for that game state is a special game state and to provide a gaming machine which can be enhanced.

前記課題を解決するために、本発明の請求項1に記載の遊技機は、 In order to solve the above problems, the gaming machine according to claim 1 of the present invention,
始動条件の成立(第1始動入賞口13に始動入賞したこと。第2始動入賞口14に始動入賞したこと)にもとづいて、各々を識別可能な複数種類の識別情報(第1特別図柄、第2特別図柄)の可変表示を行う可変表示手段(第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b)と、該識別情報の可変表示の表示結果が導出されるまでに、遊技者にとって有利な特定遊技状態(例えば、大当り遊技状態)を発生させる特定表示結果(例えば、大当り表示結果)とするか否かを決定する事前決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS61,S62,S73を実行する部分)と、該事前決定手段が前記特定表示結果とする旨を所定の通常確率(例えば、1/399)で決定する通常遊技状態(通常状態)または前記事 Establishment of starting conditions based on (it was started winning the first start winning opening 13. It was starting winning the second start winning opening 14), a plurality of types that can identify each of the identification information (first special symbol, the a variable display means for performing second variable display of the special symbols) (first special symbol display device 8a, the second special symbol display device 8b), until the variable display of the display results of the identification information is derived, Yu technique's advantageous specific gaming state (e.g., jackpot gaming state) for the particular display result of generating (e.g., jackpot display result) in the pre-determination means (a game control microcomputer 560 determines whether the steps S61, S62 , a portion) to perform S73, predetermined normal probability that the the pre determining means and the specific display result (e.g., normal game state (normal state be determined in 1/399)) or pre-post 決定手段が前記特定表示結果とする旨を前記通常確率よりも高い確率(例えば、1/40)で決定する高確率遊技状態(確変状態(高確率状態))のいずれかに遊技状態を制御する遊技制御手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS155〜157、S307を実行する部分)と、を備え、前記識別情報の可変表示表示結果が前記特定表示結果であるときに前記特定遊技状態となるとともに、所定の潜伏条件(確変大当りBを契機とする大当り遊技が終了すること、小当りを契機とする小当り遊技が終了すること)が成立したことに応じて、その後の遊技状態が、前記通常遊技状態或いは前記高確率遊技状態のいずれかに前記遊技制御手段により制御される遊技機(パチンコ遊技機1)であって、 High probability that the decision means is to the specific display results than the normal probability (e.g., 1/40) to control the game status to one of the high-probability game state (probability variation state (high-probability state)) determined in (in the game control microcomputer 560, step S155~157, portions for performing the S307) game control means and, wherein the specific game when the variable display of the display results of said identification information is the particular display result with the state (the jackpot gaming triggered by the probability variation big hit B is completed, the Koatari game triggered by the Koatari ends) Jo Tokoro incubation conditions according to is satisfied, then the game state, the a normal game state or the game control unit by being controlled gaming machine to one of the high probability game state (pachinko gaming machine 1),
少なくとも前記事前決定手段が前記識別情報の可変表示の表示結果を前記特定表示結果とすると決定したときに、 所定の可変表示パターンよりも決定されやすい特殊可変表示パターン(スーパーリーチ)を含む複数種類の可変表示パターン(変動パターン)のうちから、前記識別情報の可変表示パターンを前記事前決定手段の決定結果にもとづいて決定する可変表示パターン決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS301を実行する部分)と、 A plurality of types comprising at least said pre-determining means variable display of the display results of the identification information when it is determined that the said specific display results, given than the variable display pattern determined easily special variable display pattern (super reach) from among the variable display pattern (movement pattern), the variable display pattern determining unit (game control microcomputer 560 the variable display pattern determined based on the determination result of the pre-determination means of said identification information, a step S301 and partial) to be executed,
前記可変表示パターン決定手段が決定した前記可変表示パターンにもとづいて、前記識別情報の可変表示を実行する可変表示実行手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS303を実行する部分)と、 The variable display pattern determining means based on the variable display pattern determined, (in the gaming control microcomputer 560, portions for performing the step S303) variable display means for executing the variable display of the identification information,
前記事前決定手段が前記識別情報の可変表示の表示結果を前記特定表示結果としないと決定したときに前記可変表示パターン決定手段が前記可変表示パターンを決定するために用いるはずれ決定用テーブルであって、前記特殊可変表示パターンに対する決定確率が第1確率に設定された第1決定用テーブル(はずれ用変動パターン種別判定テーブルA135a、はずれ用変動パターン種別判定テーブルB135b)と、前記特殊可変表示パターンに対する決定確率が前記第1確率よりも高い第2確率に設定された第2決定用テーブル(はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135c)と、を記憶する決定用テーブル記憶手段(RAM55)と、 The variable display pattern determining unit Re should have used to determine the variable display pattern determined titration, table when the predetermination means has determined that the variable display of the display result of the identification information does not the specific display results a is, the a special variable display first determination table that determines the probability for a pattern is set to a first probability (off for variation pattern type determination table A135a, off for variation pattern type determination table B135b), the special variable display a second determination table that determines with respect to the pattern probability has been set to a higher second probability than the first probability (off for variation pattern type determination table C135c), a determination table storage means for storing (RAM 55),
前記潜伏条件が成立する前においては、前記はずれ決定用テーブルとして前記第1決定用テーブルを選択し、前記潜伏条件が成立した後においては、前記はずれ決定用テーブルとして前記第2決定用テーブルを選択するテーブル選択手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS301を実行する部分)と、 In the above-before incubation condition is satisfied, and selects the first determination table as the supposed Re determine titration, table, after which the incubation condition is satisfied, the second determined as the should Re determine titration, table (in the game control microcomputer 560, portions for performing the steps S301) table selecting means for selecting a use table and,
を備え、 Equipped with a,
前記可変表示パターン決定手段は、前記事前決定手段が前記識別情報の可変表示の表示結果を前記特定表示結果としないと決定したときに、前記テーブル選択手段により選択された前記第1決定用テーブルまたは前記第2決定用テーブルに基づいて可変表示パターンを決定する、 The variable display pattern determining means, when the pre-determination means has a variable display of the display results of said identification information determines that no said specific display result, the first determination table selected by the table selecting unit or determining the variable display pattern based on the second decision table,
ことを特徴としている。 It is characterized in that.
この特徴によれば、所定の潜伏条件の成立後に高確率遊技状態となった場合において、 表示結果が特定表示結果になる確率が高まることで、 表示結果が特定表示結果となる場合に決定されやすい特殊可変表示パターンが出現したときの信頼度が著しく高まってしまうことにより、これら特殊可変表示パターンが出現した場合には特定表示結果となることがほぼ確実となってしまい興趣が低下してしまうが、 表示結果が特定表示結果とならない場合において使用されるはずれ決定用テーブルとして、特殊可変表示パターンに対する決定確率が高い第2確率とされた第2決定用テーブルが選択されて変表示パターンが決定されるので、 表示結果が特定表示結果にならないと決定された場合においても、特殊可変表示パターンが出現しやすくなる。 According to this feature, in the case where a high-probability game state after the formation of the predetermined latent condition, displays the results that the increasing probability of a particular display result, tends to be determined if the display result is specific display results by special variable display pattern resulting in reliability significantly enhanced when appeared, these special variable when the display pattern has appeared in becomes almost certainly be a specific display result interest is reduced , displayed as should Re determine titration, tables used in the case where the result is not a specific display results, a strange display pattern decision probability is selected second determination table that is higher second probability for special variable display pattern since determined, when the display result is determined to not be specific display results, special variable display pattern tends to appear. よって、所定の潜伏条件が成立した後において特殊可変表示パターンが出現したときの信頼度を適度に抑制することができるため、遊技の興趣低下を回避できる。 Therefore, it is possible to appropriately suppress the reliability when the special variable display pattern appeared after the predetermined latent condition is satisfied, it is possible to avoid the interest reduction of the game.

本発明の手段1に記載の遊技機は、請求項1に記載の遊技機であって、 The gaming machine according to the means 1 of the present invention, there is provided a gaming machine according to claim 1,
前記可変表示パターン決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS301を実行する部分)は、前記通常遊技状態(通常状態)における前記可変表示パターン(変動パターン)として、前記事前決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS61,S62,S73を実行する部分)が前記遊技の結果を前記特定遊技結果とすると決定したときに、前記特殊可変表示パターン(スーパーリーチ)を決定する前記所定確率(確変大当りA用変動パターン種別判定テーブルにおけるスーパーCA3−3に対して割り当てられている判定値数に基づく確率(172/251))よりも低い確率で特別可変表示パターン(ノーマルリーチ)を決定可能であるとともに、前記事前決定手段が前記遊技 (In the game control microcomputer 560, portions for performing the steps S301) the variable display pattern determining means, said as the variable display pattern in the normal gaming state (normal state) (variation pattern), the predetermination means (game in the control microcomputer 560, step S61, S62, when the S73 moiety of the execution) determines that the result of the game and the specific game result, the predetermined probability of determining the special variable display pattern (super reach) (probability variation jackpot probability (172/251 based on the determination value of the number that is assigned to the super CA3-3 in the variation pattern type determination table for a)) can be determined the special variable display pattern at a lower probability than the (normal reach) together with the predetermination means the game is 結果を前記特定遊技結果としないと決定したときには、前記第1決定用テーブル(はずれ用変動パターン種別判定テーブルA135a、はずれ用変動パターン種別判定テーブルB135b)に基づいて、前記特殊可変表示パターンを決定する確率よりも高い確率で前記特別可変表示パターン(ノーマルリーチ)を決定可能であり、 When the result was determined to not the specific game result, the first decision table (off for variation pattern type determination table A135a, for off variation pattern type determination table B135b) based on, determining the special variable display pattern and it can be determined the special variable display pattern (normal reach) with high probability than the probability,
前記第1決定用テーブルと前記第2決定用テーブル(はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135c)は、いずれも、前記特別可変表示パターンに対する決定確率が設定されており、前記第2決定用テーブルにおける前記特別可変表示パターンに対する決定確率が、前記第1決定用テーブルにおける前記特別可変表示パターンに対する決定確率と同一或いは低い(ノーマルCA2−4、ノーマルCA2−5に対して割り当てられている判定値数が少ない)、 Wherein the first determination table second decision table (off for variation pattern type determination table C135c) are both said and determining probabilities for a particular variable display pattern is set, the in the second determination table special variable display determining probabilities for pattern, the first decision probability of the same or lower with respect to the special variable display pattern in the decision table (normal CA2-4, small determination value of the number that is assigned to the normal CA2-5 ),
ことを特徴としている。 It is characterized in that.
この特徴によれば、遊技の結果が特定遊技結果となるときに特殊可変表示パターンよりも出現頻度が低く、遊技の結果が特定遊技結果とならないときに特殊可変表示パターンよりも出現頻度が低いことで、特殊可変表示パターンよりも出現時の信頼度が低い特別可変表示パターンの出現頻度が、特殊可変表示パターンと同様に、遊技の結果が特定遊技結果とならないときに高まることがないので、これら出現時の信頼度が低い特別可変表示パターンが多く出現してしまうことによる興趣の低下を防止でき、よって、所定の潜伏条件が成立した後における遊技の興趣を向上させることができる。 According to this feature, low frequency than the special variable display pattern when a player of the result is specified game result, the low frequency of occurrence than the special variable display pattern when a player of the result is not a specific game result in, the frequency of occurrence of the special variable display pattern is low reliability of the time appearance than the special variable display pattern is similar to the special variable display pattern, since no increase when the game result is not a specific game result, they special variable display pattern is low reliability of the time appearance can be prevented a drop in interest caused by resulting in many occurrence, therefore, it is possible to improve the interest of the game in after a predetermined latency condition is satisfied.

本発明の手段2に記載の遊技機は、請求項1または手段1に記載の遊技機であって、 The gaming machine according to the means 2 of the present invention, there is provided a gaming machine according to claim 1 or means 1,
前記可変表示パターン決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS301を実行する部分)はさらに、前記特殊可変表示パターン(スーパーリーチ)として、前記通常遊技状態(通常状態)において前記事前決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS61,S62,S73を実行する部分)が前記遊技の結果を前記特定遊技結果(例えば、大当り表示結果)とすると決定したときに決定される当選時決定確率に対する、前記通常遊技状態において前記事前決定手段が前記遊技の結果を前記特定遊技結果としない(例えば、はずれ表示結果)と決定したときに決定される非当選時決定確率の比率に基づく出現時信頼度(97、7%)が高い第1特殊可変表示パターン(スーパーリーチ (In the game control microcomputer 560, portions for performing the steps S301) the variable display pattern determining means further wherein as the special variable display pattern (super reach), the said pre-determining means in the normal gaming state (normal state) (in the game control microcomputer 560, step S61, S62, S73 to the implement portion) results the specific game result of the game (e.g., jackpot display result) winning when determining the probability of being determined when it is determined that the for the said pre-determining means in the normal gaming state not the specific game result the result of the game (e.g., off display result) time appearance based on the ratio of the non-winning when determining the probability of being determined when it is determined that reliable (97,7%) of the first special variable display pattern (super reach )と、前記出現時信頼度が前記第1特殊可変表示パターンよりも低い(1.3%、2.4%)第2特殊可変表示パターン(スーパーリーチA,B)と、を決定可能であり、 And), the occurrence time is lower than the first special variable display pattern reliability (1.3%, 2.4%) second special variable display pattern (super reach A, B) and is capable of determining the ,
前記第2決定用テーブル(はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135c)においては、前記第2特殊可変表示パターンに対する決定確率を高める(スーパーCA2−7に対する判定値数を多くする)ことにより、特殊可変表示パターンに対する決定確率が前記第2確率とされている、 In the second decision table (off for variation pattern type determination table C135c), by increasing the decision probability for the second special variable display pattern (to increase the determination value numbers for Super CA2-7), special variable display determined with respect to the pattern probability is the second probability,
ことを特徴としている。 It is characterized in that.
この特徴によれば、所定の潜伏条件が成立した後は、第1特殊可変表示パターンよりも出現時信頼度が低い第2特殊可変表示パターンの出現頻度が高まるため、第1特殊可変表示パターンの信頼度が著しく低下してしまうことを防止できる。 According to this feature, after a predetermined latency condition is satisfied, since the occurrence frequency of the low occurrence time reliability than the first special variable display pattern second special variable display pattern is increased, the first special variable display pattern it is possible to prevent the reliability is remarkably reduced.

本発明の手段3に記載の遊技機は、請求項1 、手段1、手段2のいずれかに記載の遊技機であって、 The gaming machine according to the means 3 of the present invention is a claim 1, means 1, the gaming machine according to any of the means 2,
前記潜伏条件(確変大当りBを契機とする大当り遊技が終了すること、小当りを契機とする小当り遊技が終了すること)が成立してから前記識別情報(第1特別図柄、第2特別図柄)の可変表示の実行回数である成立後回数を計数する成立後回数計数手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS152,153を実行する部分)と、 The latent condition (probability variation big hit that jackpot gaming that triggered terminates B, that Koatari game triggered by the Koatari ends) the identification information from the established (first special symbol, the second special symbol in established after number counting means (a game control microcomputer 560 for counting a hold after the number is a number of executions of the variable display of) the portion) for performing the steps S152,153,
前記潜伏条件の成立に際して、前記はずれ用決定用テーブルを変更する時点の前記成立後回数であるテーブル変更回数を決定するテーブル変更回数決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS300を実行する部分)と、を備え、 Upon establishment of the latent condition, in table change number determination means (a game control microcomputer 560 to determine the table change count is the number after the establishment of the time of changing the determination table for off, portions for performing the steps S300 ) and, with a,
前記可変表示パターン決定手段はさらに、前記可変表示パターンとして、特定可変表示パターン(スーパーリーチ)を決定可能であり、 The variable display pattern determining means further as the variable display pattern, it is possible determine a specific variable display pattern (super reach),
前記決定用テーブル記憶手段は、前記特定可変表示パターンに対する決定確率が所定確率に設定された前記第2決定用テーブル(はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135c)と、前記特定可変表示パターンに対する決定確率が前記所定確率とは異なる確率に設定された第3決定用テーブル(はずれ用変動パターン種別判定テーブルD135d)と、を記憶し、 The decision table storage means, wherein the specific variable display pattern the second decision table for determining probability is set to a predetermined probability for (for off variation pattern type determination table C135c), decision probability for the particular variable display pattern storing a third determination table set in the different probabilities (off for variation pattern type determination table D135d) from the predetermined probability,
前記テーブル選択手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS301を実行する部分)は、前記成立後回数が前記テーブル変更回数決定手段にて決定されたテーブル変更回数(使用テーブル変更始動回数)に到達していないときには、前記はずれ用決定用テーブルとして前記第2決定用テーブルを選択する一方、前記成立後回数が前記テーブル変更回数決定手段にて決定されたテーブル変更回数に到達しているときには、前記はずれ用決定用テーブルとして前記第3決定用テーブルを選択する、 (In the game control microcomputer 560, portions for performing the steps S301) said table selecting means, reaches a determined table change (the number of times used table change start) at the established after count the table change count determining means and when not, while selecting the second determination table as the determination table for off, when the number of times after the establishment has reached a table change number determined by the table change count determining means, said selecting said third determination table as determination table for off,
ことを特徴としている。 It is characterized in that.
この特徴によれば、遊技者は所定の潜伏条件が成立した後、識別情報の可変表示の実行回数が所定回数に到達する前と後とで、特定可変表示パターンの出現状況を変化させることができ、これにより遊技者は特定可変表示パターンの実行に注目して遊技を行うようになるため、遊技の興趣を向上させることができる。 According to this feature, after the player who satisfied a predetermined latent conditions, before and after the variable impressions execution of the identification information reaches a predetermined number of times, to alter the appearance status of a particular variable display pattern can, thereby the player to become perform game focusing on the execution of a particular variable display pattern, it is possible to improve the interest of the game.
尚、前記テーブル変更回数決定手段は、前記潜伏条件の成立直後の遊技状態が前記通常遊技状態となるときに1種類のテーブル変更回数のみを決定するともに、前記潜伏条件の成立直後の遊技状態が前記高確率遊技状態となるときに、前記通常遊技状態となるときに決定される1種類のテーブル変更回数とは成立後回数が異なる1種類のテーブル変更回数のみを決定するものであっても良い。 Note that the table change count determining means are both gaming state immediately after establishment of the latent condition determines only one kind of table number of changes when the the normal gaming state, the game state immediately after establishment of the latent conditions when serving as the high-probability game state, one count later established the table number of changes are determined may be one that determines only different one table change count when the said normal gaming state .

本発明の手段4に記載の遊技機は、 手段3に記載の遊技機であって、 The gaming machine according to the means 4 of the present invention, there is provided a gaming machine according to the means 3,
前記テーブル変更回数決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS300を実行する部分)は、前記潜伏条件の成立直後の遊技状態が前記通常遊技状態となるとき(小当りが発生したとき)に決定する前記テーブル変更回数の期待値(例えば14.0回)と、前記潜伏条件の成立直後の遊技状態が前記高確率遊技状態となるときに決定する前記テーブル変更回数の期待値(例えば24.5回)とが異なる値となるように前記テーブル変更回数(使用テーブル変更始動回数)を決定し、 (In the game control microcomputer 560, portions for performing the steps S300) the table change number determination means, wherein when the gaming state immediately after establishment of latent condition is the normal gaming state (when Koatari occurs) expected value of the table number of changes determining (e.g. 14.0 times), the expected value of the table number of changes to be determined when the game state immediately after establishment of the latent condition is the high probability game state (for example, 24. 5 times) and determines the said table changes (the number of times used table change start) to a different value,
前記テーブル選択手段は、前記テーブル変更回数決定手段にて決定されたテーブル変更回数に基づいて、前記はずれ用決定用テーブルとして前記第2決定用テーブルまたは前記第3決定用テーブルを選択する、 It said table selecting means, based on a table changes number determined by the table change count determining means selects the second decision table or the third determination table as the determination table for off,
ことを特徴としている。 It is characterized in that.
この特徴によれば、潜伏条件の成立直後の遊技状態が通常遊技状態であるときと高確率遊技状態である場合とで、特定可変表示パターンの出現状況が変化するタイミングが異なるようになるので、遊技者は特定可変表示パターンの出現状況だけでなく、これら潜伏条件の成立直後の遊技状態が通常遊技状態であるのか、或いは高確率遊技状態であるのかを判断するために該特定可変表示パターンの出現状況が変化するタイミングについても注目して遊技を行うようになるため、遊技の興趣を向上させることができる。 According to this feature, in the case the game state immediately after establishment of latency conditions are high probability game state as when the normal game state, since the timing at which the appearance status of a particular variable display pattern changes become different, player not only appearance status of a particular variable display pattern, of the specific variable display pattern to the game state immediately after the establishment of these latent conditions to determine whether the normal game state or, or of a high-probability game state since the appearance situation so play a game with attention when to change, it is possible to improve the interest of the game.

本発明の手段5に記載の遊技機は、請求項1 、手段1〜手段4のいずれかに記載の遊技機であって、 The gaming machine according to the means 5 of the present invention, there is provided a gaming machine according to claim 1, it means 1 to means 4,
前記遊技制御手段は、前記高確率遊技状態(確変状態(高確率状態))に移行してからの前記識別情報(第1特別図柄、第2特別図柄)の可変表示の実行回数が予め定められた終了回数(78回)に到達したときに遊技状態を前記通常遊技状態(通常状態)に移行させ(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS155〜157を実行する部分)、 The game control means, the high probability game state the identification information (first special symbol, the second special symbol) from the process moves to (probability variation state (high-probability state)) variable impressions execution of predetermined ending times the normal game state gaming state when it reaches the (78th) to shift to the (normal state) (the gaming control microcomputer 560, portions for performing the steps S155~157),
前記遊技機はさらに、 It said game machine further,
前記可変表示手段における表示態様を、複数種類のモードのうちのいずれかに移行させるモード移行手段(演出制御用マイクロコンピュータ100において、ステップS720を実行する部分)と、 The display manner in said variable display means, (in effect control microcomputer 100, portions for performing the steps S720) mode shift means for shifting to any one of plural types of modes and,
前記モード移行手段により異なる種類のモードに移行させるか否かを所定の割合で決定するモード変更決定手段(演出制御用マイクロコンピュータ100において、ステップS701〜S714を実行する部分)と、 (In effect the control microcomputer 100, portions for performing the steps S701~S714) different types of mode change determining means for determining whether to transition at a predetermined rate to a mode by the mode shift unit and,
を備え、 Equipped with a,
前記モード変更決定手段は、異なる種類のモードに移行させるか否かを、前記潜伏条件が成立した直後の前記通常遊技状態における前記成立後回数が前記終了回数以下の予め定められた所定回数(使用テーブル変更始動回数;10回、20回、30回)に到達していないときには第1の割合(例えば、モード変化決定用テーブルCにおける「昇格」に割り当てられている30/100)で決定し、該所定回数に到達しているときには前記第1の割合とは異なる第2の割合(例えば、モード変化決定用テーブルDにおける「昇格」に割り当てられている15/100)にて決定するとともに、前記潜伏条件が成立した直後の遊技状態が前記高確率遊技状態であるときには、該高確率遊技状態中において前記第1の割合または前記第2の割合のう Said mode change determining means is different whether or not to shift to modes, wherein the normal predetermined number of times the count after the formation has been determined following pre said end count in the gaming state immediately after incubation condition is satisfied (using table change start times; 10 times, 20 times, when not reach the 30 times) determined in a first rate (e.g., 30/100 assigned to "promotion" in the mode change determination table C), and determines at different second ratio (e.g., 15/100 assigned to "promotion" in the mode change decision table D) from said first rate when the has been reached the predetermined number of times, the when the game state immediately after the incubation condition is established is the high probability gaming state, the ratio of the first fraction and the second during the high probability game state 少なくとも一方と異なる第3の割合(例えば、モード変化決定用テーブルAにおける「昇格」に割り当てられている35/100)で決定する、 Determining at least one different third proportion of (for example, 35/100 assigned to "promotion" in the mode change decision table A),
ことを特徴としている。 It is characterized in that.
この特徴によれば、所定の潜伏条件の成立直後の遊技状態が高確率遊技状態である場合と通常遊技状態である場合とでモードの移行状況が変わるため、モードの移行状況の違いにより遊技者の高確率遊技状態への期待感を煽ることができる。 According to this feature, since the game state immediately after establishment of a predetermined incubation conditions migration status mode in the case of the normal game state and if a high probability game state changes, the player due to the difference in migration status modes it can inflame the expectations of the high-probability game state. また、潜伏条件の成立直後の遊技状態が通常遊技状態であっても、成立後回数が高確率遊技状態が終了する終了回数以下の予め定められた所定回数に到達する前或いは後のいずれかの期間、例えば、所定回数に到達する前の期間において、高確率遊技状態における第3の割合の割合と同様の割合にてモードを移行させて遊技者の高確率遊技状態への期待感を煽ることが可能となる。 Also, the game state immediately after establishment of latent conditions even in the normal gaming state, either before or after the number of times after the formation of high probability gaming state reaches a predetermined number of times predetermined in end count below to end period, for example, in a period before reaching the predetermined number of times, to inflame expectations for high-probability game state of the player by transition mode in the same proportion and percentage of the third proportion of the high-probability game state it is possible.

本発明の手段6に記載の遊技機は、請求項1 、手段1〜手段5のいずれかに記載の遊技機であって、 The gaming machine according to the means 6 of the present invention, there is provided a gaming machine according to claim 1, it means 1 to means 5,
前記遊技制御手段は、前記高確率遊技状態(確変状態(高確率状態))に移行してからの前記識別情報(第1特別図柄、第2特別図柄)の可変表示の実行回数が予め定められた終了回数(78回)に到達したときに遊技状態を前記通常遊技状態(通常状態)に移行させ(遊技制御用マイクロコンピュータ560において、ステップS155〜157を実行する部分)、 The game control means, the high probability game state the identification information (first special symbol, the second special symbol) from the process moves to (probability variation state (high-probability state)) variable impressions execution of predetermined ending times the normal game state gaming state when it reaches the (78th) to shift to the (normal state) (the gaming control microcomputer 560, portions for performing the steps S155~157),
前記遊技機はさらに、 It said game machine further,
前記可変表示手段における表示態様を、複数種類のモードのうちのいずれかに移行させるモード移行手段(演出制御用マイクロコンピュータ100において、ステップS720を実行する部分)と、 The display manner in said variable display means, (in effect control microcomputer 100, portions for performing the steps S720) mode shift means for shifting to any one of plural types of modes and,
前記モード移行手段により異なる種類のモードに移行させるか否かを所定の割合で決定するモード変更決定手段(演出制御用マイクロコンピュータ100において、ステップS701〜S714を実行する部分)と、 (In effect the control microcomputer 100, portions for performing the steps S701~S714) different types of mode change determining means for determining whether to transition at a predetermined rate to a mode by the mode shift unit and,
を備え、 Equipped with a,
前記モード変更決定手段は、異なる種類のモードに移行させるか否かを、前記潜伏条件が成立した直後の前記高確率遊技状態における前記成立後回数が前記終了回数以下の予め定められた所定回数(使用テーブル変更始動回数;10回、20回、30回)に到達していないときには第3の割合(例えば、モード変化決定用テーブルAにおける「昇格」に割り当てられている35/100)で決定し、該所定回数に到達しているときには前記第3の割合とは異なる第4の割合(例えば、モード変化決定用テーブルBにおける「昇格」に割り当てられている25/100)にて決定するとともに、前記潜伏条件が成立した直後の遊技状態が前記通常遊技状態であるときには、該通常遊技状態中において前記第3の割合または前記第4の割合のうち Said mode change determining means is different whether migrated to the modes, the predetermined number of times the establishment after the number in the high probability game state is determined following pre said end count immediately after incubation condition is satisfied ( number of uses table change start; 10 times, 20 times, when not reach the 30 times) determined in the third fraction (e.g., 35/100 assigned to "promotion" in the mode change determination table a) , and it determines at different fourth percentage (e.g., 25/100 assigned to "promotion" in the mode change decision table B) and the third fraction of the time has been reached to the predetermined number of times, wherein when the game state immediately after the incubation conditions are satisfied the usually gaming state, among the third fraction or the fourth fraction of the said during normal gaming state なくとも一方と異なる第2の割合(例えば、モード変化決定用テーブルDにおける「昇格」に割り当てられている15/100)で決定する、 One different second fraction of even without determining in (e.g., 15/100 assigned to "promotion" in the mode change decision table D),
ことを特徴としている。 It is characterized in that.
この特徴によれば、所定の潜伏条件の成立直後の遊技状態が高確率遊技状態である場合と通常遊技状態である場合とでモードの移行状況が変わるため、モードの移行状況の違いにより遊技者の高確率遊技状態への期待感を煽ることができる。 According to this feature, since the game state immediately after establishment of a predetermined incubation conditions migration status mode in the case of the normal game state and if a high probability game state changes, the player due to the difference in migration status modes it can inflame the expectations of the high-probability game state. また、潜伏条件の成立直後の遊技状態が高確率遊技状態である場合において、成立後回数が該高確率遊技状態が終了する終了回数以下の予め定められた所定回数に到達する前或いは後のいずれかの期間、例えば、所定回数に到達した後の期間において、通常遊技状態における第2の割合の割合と同様の割合にてモードを移行させることで、第3の割合によるモードの移行状況の発生により、遊技者の高確率遊技状態への期待感を煽ることが可能となる。 In the case the game state immediately after establishment of latency conditions are high probability gaming state, any number of times after established before or after the high-probability game state reaches a predetermined number of times predetermined in end count below to end Kano period, for example, in a period after reaching the predetermined number of times, by shifting the mode in the same proportions and the ratio of the second fraction of the normal gaming state, a transition condition of mode according to a third rate of occurrence Accordingly, it is possible to stir up the expectations of the high-probability game state of the player.

(a)は、パチンコ遊技機を正面からみた正面図であり、(b)は、操作部を拡大して示す斜視図である。 (A) is a front view of the pachinko gaming machine from the front, (b) are an enlarged perspective view showing the operation unit. 遊技制御基板(主基板)の回路構成例を示すブロック図である。 Game control board is a block diagram showing a circuit configuration example of a (main board). 演出制御基板、ランプドライバ基板および音声出力基板の回路構成例を示すブロック図である。 Performance control board is a block diagram showing a circuit configuration example of a lamp driver board and the audio output substrate. 主基板におけるCPUが実行するメイン処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a main processing executed by the CPU in the main board. 2msタイマ割込処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a 2ms timer interrupt processing. あらかじめ用意された演出図柄の変動パターンを示す説明図である。 It is an explanatory view showing a variation pattern of the pre-prepared performance symbols. (a)は、各乱数を示す説明図であり、(b)は、大当り並びに小当りの種別と内容を示す図である。 (A) is an explanatory view showing each random, (b) are diagrams showing the type and content of the jackpot and Koatari. 大当り判定テーブル、小当り判定テーブル、大当り種別判定テーブル、確変大当りB種別判定テーブルおよび小当り種別判定テーブルを示す説明図である。 Big hit determination table, Koatari determination table, jackpot type determination table, is an explanatory diagram showing a probability variation jackpot B type determination table and Koatari type determination table. 確変大当りA用変動パターン種別判定テーブル及び確変大当りB/小当り用変動パターン種別判定テーブルを示す説明図である。 It is an explanatory diagram showing a probability variation jackpot A for variation pattern type determination table, and probability variation jackpot B / Koatari for variation pattern type determination table. はずれ用変動パターン種別判定テーブルA〜Dを示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an out for variation pattern type determination table to D. (a)は、確変大当りAの当り時に使用される当り変動パターン判定テーブル、(b)は、確変大当りB及び小当り時に使用される当り変動パターン判定テーブルを示す説明図である。 (A) is, per change pattern determination table used when per the probability variation jackpot A (b) is an explanatory view showing a contact variation pattern determination table used for probability variation jackpot B and Koatari. はずれ変動パターン判定テーブルを示す説明図である。 It is an explanatory diagram showing an out variation pattern determination table. 演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an example of the content of the performance control command. 演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an example of the content of the performance control command. 特別図柄プロセス処理のプログラムの一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a special symbol process treatment programs. 特別図柄プロセス処理のプログラムの一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a special symbol process treatment programs. 始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a starting opening switch passing process. 保留特定領域および保留記憶バッファの構成例を示す説明図である。 Configuration Example of pending specific area and pending store buffer is an explanatory view showing a. 入賞時判定処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the winning time determination process. 特別図柄通常処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a special symbol normal processing. 特別図柄通常処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a special symbol normal processing. 変動パターン設定処理を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing a fluctuation pattern setting process. 表示結果指定コマンド送信処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a display result specified command transmission process. 特別図柄変動中処理を示すフローチャートである。 Is a flow chart indicating that the special symbol variation processing. 特別図柄停止処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a special symbol stop processing. 大当り終了処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a jackpot termination process. 小当り終了処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a Koatari termination process. 演出制御用CPUが実行する演出制御メイン処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the effect control main processing effect control CPU. コマンド受信バッファの構成例を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a configuration example of a command reception buffer. 演出制御用CPUが使用する乱数を示す説明図である。 Effect control CPU is an explanatory diagram showing a random number to be used. 図柄変動制御パターンテーブルを示す説明図である。 It is an explanatory view showing a symbol variation control pattern table. (a)〜(c)は、予告演出決定用テーブルA〜Cを示す説明図である。 (A) ~ (c) are explanatory views showing a prediction effect determination table A through C. (a)、(b)は、モード種別決定用テーブルA、Bを示す説明図である。 (A), (b) is an explanatory view showing a mode type determination table A, B. (a)〜(e)は、モード変化決定用テーブルA〜Eを示す説明図である。 (A) ~ (e) are explanatory views showing a mode change determination table A-E. コマンド解析処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a command analysis process. コマンド解析処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a command analysis process. コマンド解析処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a command analysis process. コマンド解析処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a command analysis process. 第1(第2)保留記憶数表示更新処理を示すフローチャートである。 Is a flow chart illustrating a first (second) holding memory number display update process. 第1並びに第2保留表示バッファの構成例を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a configuration example of a first and second hold display buffer. 演出制御プロセス処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing the effect control process treatment. 演出図柄変動開始処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a performance symbol variation start process. 予告選択処理を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing a notification selection process. 演出図柄変動中処理を示すフローチャートである。 Is a flow chart indicating that the performance symbol variation processing. 予告演出処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a prediction effect process. 予告演出処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a prediction effect process. 演出図柄変動停止処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a performance symbol variation stop processing. モード移行処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a mode transition process. 当り表示処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a per display process. 当り終了演出処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the contact end effect process. モード抽選処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a mode lottery process. 変動パターンの一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of a change pattern. 変動パターンの一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of a change pattern. (a)は戦闘演出Aの演出態様、(b)は戦闘演出Bの演出態様(c)は戦闘演出Cの演出態様を示す図である。 (A) the representation embodiment combat effect A, a diagram showing a (b) the representation embodiment combat effect B (c) the representation embodiment combat presentation C. (a)は、低確低ベース状態において確変大当りBが発生した場合の遊技性を示す説明図であり、(b)は、低確低ベース状態において小当りが発生した場合の遊技性を示す説明図である。 (A) is an explanatory view showing a gaming resistance when probability variation jackpot B in the low 確低 base condition occurs, (b) show a game resistance when Koatari in low 確低 base condition occurs it is an explanatory diagram. 低確低ベース状態において小当りが発生した場合のその他の形態の遊技性を示す説明図である。 It is an explanatory diagram showing a game of other forms when Koatari occurs in low 確低 base state.

本発明の実施例を図面に基づいて以下に説明する。 The embodiments of the present invention with reference to the drawings described below.

まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。 First, a description will be given of the overall configuration of the pachinko gaming machine 1 is an example of the gaming machine. 図1はパチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。 FIG. 1 is a front view of the pachinko gaming machine 1 from the front.

パチンコ遊技機1は、縦長の方形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取り付けられた遊技枠とで構成される。 Pachinko gaming machine 1 is composed of formed shape towards the longitudinal outer frame (not shown), and inside openably mounted gaming frame of the outer frame. また、パチンコ遊技機1は、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。 Further, the pachinko gaming machine 1 has a glass door frame 2 formed in a frame shape that openably provided on the game frame. 遊技枠は、外枠に対して開閉自在に設置される前面枠(図示せず)と、機構部品等が取り付けられる機構板(図示せず)と、それらに取り付けられる種々の部品(後述する遊技盤6を除く)とを含む構造体である。 Game frame, front frame installed to be openable and closable with respect to the outer frame (not shown), the mechanism plate mechanism component and the like are mounted (not shown), to various components attached thereto (described later game it is a structure that contains the exception of board 6).

ガラス扉枠2の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。 The bottom surface of the glass door frame 2 is the shot feed pan (upper tray) 3. 打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4や、打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5が設けられている。 At the bottom of the ball supply tray 3, and the surplus ball pan 4 for storing a game ball that can not be accommodated in hitting supply tray 3, the shot operating handle (operating knob) 5 for emitting hitting is provided. また、ガラス扉枠2の背面には、遊技盤6が着脱可能に取り付けられている。 Further, on the back of the glass door frame 2, the game board 6 is detachably attached. なお、遊技盤6は、それを構成する板状体と、その板状体に取り付けられた種々の部品とを含む構造体である。 Incidentally, the game board 6 is a structure that includes a plate-shaped body that constitutes it, and various parts mounted on the plate-like body. また、遊技盤6の前面には、打ち込まれた遊技球が流下可能な遊技領域7が形成されている。 In front of the game board 6, play field 7 game ball can be a stream that has been implanted is formed.

遊技領域7の中央付近には、液晶表示装置(LCD)で構成された演出表示装置9が設けられている。 In the vicinity of the center of the play field 7, effect display device 9, which is a liquid crystal display device (LCD) it is provided. 演出表示装置9では、第1特別図柄または第2特別図柄の可変表示に同期した演出図柄(飾り図柄)の可変表示(変動)が行われる。 In effect display device 9, performance symbol synchronized with the variable display of the first special symbol or the second special symbol variable display (variation) of (decorative pattern) is performed. よって、演出表示装置9は、識別情報としての演出図柄(飾り図柄)の可変表示を行う可変表示装置に相当する。 Therefore, effect display device 9 corresponds to the variable display device for variably displaying performance symbols as identification information (decorative pattern). 演出表示装置9は、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。 Effect display device 9 is controlled by the effect control microcomputer mounted on the performance control board. 演出制御用マイクロコンピュータが、第1特別図柄表示器8aで第1特別図柄の可変表示が実行されているときに、その可変表示に伴って演出表示装置9で演出表示を実行させ、第2特別図柄表示器8bで第2特別図柄の可変表示が実行されているときに、その可変表示に伴って演出表示装置で演出表示を実行させるので、遊技の進行状況を把握しやすくすることができる。 Effect control microcomputer, when the variable display of the first special symbol in the first special symbol display 8a is running, to execute the effect display in the effect display device 9 with its variable display, the second special when variable display of the second special symbol in symbol display device 8b is running, so to execute the effect display in the effect display device in association with the variable display, it is possible to easily grasp the progress of the game.

遊技盤6における演出表示装置9の上部の左側には、識別情報としての第1特別図柄を可変表示する第1特別図柄表示器(第1可変表示手段)8aが設けられている。 The left upper part of the effect display device 9 in the game board 6, the first special symbol display (first variable display means) 8a for variably displaying a first special symbol as identification information is provided. この実施例では、第1特別図柄表示器8aは、複数種類の記号を可変表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。 In this embodiment, the first special symbol display 8a is realized a plurality of types of symbols in a small display in the variable display capable simple (e.g., 7-segment LED). すなわち、第1特別図柄表示器8aは、複数種類の記号を可変表示するように構成されている。 That is, the first special symbol display 8a is composed of a plurality of types of symbols to variable display. 遊技盤6における演出表示装置9の上部の右側には、識別情報としての第2特別図柄を可変表示する第2特別図柄表示器(第2可変表示手段)8bが設けられている。 At the top of the right effect display device 9 in the game board 6, the second special symbol display device (second variable display means) 8b for variably displaying a second special symbol as identification information is provided. 第2特別図柄表示器8bは、複数種類の記号を可変表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。 The second special symbol display device 8b is realized a plurality of types of symbol at a variable can be displayed easily with a small display (e.g., 7-segment LED). すなわち、第2特別図柄表示器8bは、複数種類の記号を可変表示するように構成されている。 That is, the second special symbol display device 8b is constituted of a plurality of types of symbols to variable display.

この実施例では、第1特別図柄の種類と第2特別図柄の種類とは同じ(例えば、ともに0〜9の数字)であるが、種類が異なっていてもよい。 In this embodiment, the type of the first special symbol and the type of the second special symbol same (e.g., both numbers 0 through 9), but may be different types. また、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bは、それぞれ、例えば、0〜9、00〜99等の数字やアルファベット等の文字を可変表示するように構成されていてもよい。 The first special symbol display 8a and the second special symbol display device 8b, respectively, for example, may be configured numbers and alphabets such as characters such 0~9,00~99 to variable display .

以下、第1特別図柄と第2特別図柄とを特別図柄と総称することがあり、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを特別図柄表示器と総称することがある。 Hereinafter, there may be collectively referred to a first special symbol and a second special symbol and special symbol, occasionally the first special symbol display device 8a and the second special symbol display device 8b special symbol display device.

第1特別図柄または第2特別図柄の可変表示は、可変表示の実行条件である第1始動条件または第2始動条件が成立(例えば、遊技球が第1始動入賞口13または第2始動入賞口14に入賞したこと)した後、可変表示の開始条件(例えば、保留記憶数が0でない場合であって、第1特別図柄および第2特別図柄の可変表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技や小当り遊技が実行されていない状態)が成立したことにもとづいて開始され、可変表示時間(変動時間)が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。 Variable display of the first special symbol or the second special symbol is the first start condition and the second starting condition is satisfied is the execution condition of the variable display (eg, gaming ball first start winning opening 13 or second start winning opening after things) finishers 14, the variable display start condition (for example, in a case pending memory number is not 0, the state variable display of the first special symbol and the second special symbol is not running, and , initiated based on the state of the jackpot gaming and Koatari game is not being executed) is satisfied, the variable display time (time-varying) deriving displaying the display result (stop symbols) and has passed. なお、入賞とは、入賞口などのあらかじめ入賞領域として定められている領域に遊技球が入ったことである。 Incidentally, the winning and is that containing the game balls in a region which is defined in advance as winning regions, such as winning openings. また、表示結果を導出表示するとは、図柄(識別情報の例)を最終的に停止表示させることである。 The display is a result of deriving the display is to be stopped and displayed symbols (the example of identification information) eventually.

演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aでの第1特別図柄の可変表示時間中、および第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の可変表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄(飾り図柄ともいう)の可変表示を行う。 Effect display device 9, the variable during the display time of the first special symbol in the first special symbol display device 8a, and in the variable display time of the second special symbol in the second special symbol display device 8b, decorative (effect performing a variable display of performance symbols as a pattern of use) (also referred to as a decorative pattern). 第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の可変表示と、演出表示装置9における演出図柄の可変表示とは同期している。 A variable display of the first special symbol in the first special symbol display device 8a, the variable display of the performance symbols in the effect display device 9 are synchronized. また、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の可変表示と、演出表示装置9における演出図柄の可変表示とは同期している。 Also, the variable display of the second special symbol in the second special symbol display device 8b, the variable display of the performance symbols in the effect display device 9 are synchronized. 同期とは、可変表示の開始時点および終了時点がほぼ同じ(全く同じでもよい。)であって、可変表示の期間がほぼ同じ(全く同じでもよい。)であることをいう。 Synchronization and is a variable display start time point and an end point are approximately the same (at all may be the same.), The period of the variable display means that is approximately the same (or exactly the same.). また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときと、第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、演出表示装置9において大当りを想起させるような演出図柄の組合せが停止表示される。 Furthermore, as when the jackpot symbols are stopped and displayed in the first special symbol display device 8a, when the jackpot symbols are stopped and displayed in the second special symbol display device 8b is performance symbols that evoke big hit in the effect display device 9 the combination of are displayed in a stopped state.

演出表示装置9の下方には、第1始動入賞口13を有する入賞装置が設けられている。 Under the effect display device 9, winning device is provided having a first start winning opening 13. 第1始動入賞口13に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第1始動口スイッチ13aによって検出される。 Game ball that is winning the first start winning port 13 is guided to the back of the game board 6 is detected by the first start hole switch 13a.

また、第1始動入賞口(第1始動口)13を有する入賞装置の下方には、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口14を有する可変入賞球装置15が設けられている。 Below the winning device having a first start winning opening (first start hole) 13, the variable winning ball device 15 game ball having a second start winning opening 14 capable prize is provided. 第2始動入賞口(第2始動口)14に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第2始動口スイッチ14aによって検出される。 Second start winning hole game balls won (second start hole) 14 is guided to the back of the game board 6 is detected by the second start hole switch 14a. 可変入賞球装置15は、ソレノイド16によって開状態とされる。 Variable winning ball device 15, are opened by the solenoid 16. 可変入賞球装置15が開状態になることによって、遊技球が第2始動入賞口14に入賞可能になり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態になる。 By varying winning ball device 15 is in the open state, game balls allows winning the second start winning opening 14 (liable to start winning), the advantageous state for the player. 可変入賞球装置15が開状態になっている状態では、第1始動入賞口13よりも、第2始動入賞口14に遊技球が入賞しやすい。 In a state where the variable winning ball device 15 is in the open state, than the first starting winning opening 13, the gaming ball is likely to win the second start winning opening 14. また、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、遊技球は第2始動入賞口14に入賞しない。 In a state where the variable winning ball device 15 is in the closed state, the game ball is not finished in the second start winning opening 14. なお、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態において、入賞はしづらいものの、入賞することは可能である(すなわち、遊技球が入賞しにくい)ように構成されていてもよい。 Incidentally, in the state in which the variable winning ball device 15 is in the closed state, although hard winning is, it is possible to win (i.e., the game ball is not easily winning) may be configured so.

以下、第1始動入賞口13と第2始動入賞口14とを総称して始動入賞口または始動口ということがある。 Hereinafter sometimes referred to as a first starting winning opening 13 and the second start winning hole 14 and collectively start winning opening or start hole a.

可変入賞球装置15が開放状態に制御されているときには可変入賞球装置15に向かう遊技球は第2始動入賞口14に極めて入賞しやすい。 Game ball toward the variable winning ball device 15 is very likely to win the second start winning opening 14 when the variable winning ball device 15 is controlled to open. そして、第1始動入賞口13は演出表示装置9の直下に設けられているが、演出表示装置9の下端と第1始動入賞口13との間の間隔をさらに狭めたり、第1始動入賞口13の周辺で釘を密に配置したり、第1始動入賞口13の周辺での釘配列を、遊技球を第1始動入賞口13に導きづらくして、第2始動入賞口14の入賞率の方を第1始動入賞口13の入賞率よりもより高くするようにしてもよい。 The first start winning opening 13 is provided immediately below the effect display device 9, but further or narrowing the gap between the lower end and the first starting winning opening 13 of effect display device 9, the first starting winning opening 13 or closely spaced nails around the, nails sequences around the first starting winning opening 13, and difficult leading game balls to first start winning opening 13, the winning of the second starting winning opening 14 it may be higher than the winning of the first starting winning opening 13 towards the.

第1特別図柄表示器8aの下部には、第1始動入賞口13に入った有効入賞球数すなわち第1保留記憶数(保留記憶を、始動記憶または始動入賞記憶ともいう。)を表示する4つの表示器(例えば、LED)からなる第1特別図柄保留記憶表示器18aが設けられている。 At the bottom of the first special symbol display device 8a, and displays the number of effective winning ball enters the first start winning port 13 i.e. the first hold store number (pending memory, also referred to as the start memory or start winning storage.) 4 One of the display (e.g., LED) first special symbol reservation storage indicator 18a consisting of are provided. 第1特別図柄保留記憶表示器18aは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。 The first special symbol reserved memory indicator 18a, every time there is a valid start winning, increased by one the number of indicator lights. そして、第1特別図柄表示器8aでの可変表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。 Each time the variable display of the first special symbol display device 8a is started, reducing the number of indicator lights 1.

第2特別図柄表示器8bの下部には、第2始動入賞口14に入った有効入賞球数すなわち第2保留記憶数を表示する4つの表示器(例えば、LED)からなる第2特別図柄保留記憶表示器18bが設けられている。 At the bottom of the second special symbol display device 8b, 4 single display for displaying the activated pay counts that is, the number of second pending memory enters the second start winning opening 14 (e.g., LED) second special symbol reserved consisting storing display 18b is provided. 第2特別図柄保留記憶表示器18bは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。 The second special symbol reserved memory indicator 18b, every time there is a valid start winning, increased by one the number of indicator lights. そして、第2特別図柄表示器8bでの可変表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。 Each time the variable display in the second special symbol display device 8b is started, reducing the number of indicator lights 1.

また、演出表示装置9の表示画面には、第1保留記憶数を表示する第1保留記憶表示部18cと、第2保留記憶数を表示する第2保留記憶表示部18dとが設けられている。 The display screen of the effect display device 9, a first holding memory display section 18c, and a second holding memory display section 18d for displaying a second hold memory number is provided for displaying the first hold memory number . なお、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計数(合算保留記憶数)を表示する領域(合算保留記憶表示部)が設けられるようにしてもよい。 It may also be an area for displaying the first pending memory count and total the total number is the second hold storage number (sum pending memory number) (sum hold storage display unit) is provided. そのように、合計数を表示する合算保留記憶表示部が設けられているようにすれば、可変表示の開始条件が成立していない実行条件の成立数の合計を把握しやすくすることができる。 As such, if such sum pending memory display section for displaying the total number is provided, it is possible to variably display the start conditions are easily grasp the total establishment number of execution conditions is not satisfied.

なお、この実施例では、図1に示すように、第2始動入賞口14に対してのみ開閉動作を行う可変入賞球装置15が設けられているが、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14のいずれについても開閉動作を行う可変入賞球装置が設けられている構成であってもよい。 In this embodiment, as shown in FIG. 1, but the variable winning ball device 15 for opening and closing operation only on second start winning opening 14 is provided, the first starting winning opening 13 and second start for any of the winning openings 14 may be configured variable winning ball device for opening and closing operation is also provided.

また、図1に示すように、可変入賞球装置15の下方には、特別可変入賞球装置20が設けられている。 Further, as shown in FIG. 1, below the variable winning ball device 15, and a special variable winning ball device 20 is provided. 特別可変入賞球装置20は開閉板を備え、第1特別図柄表示器8aに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたとき、および第2特別図柄表示器8bに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに生起する特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド21によって開閉板が開放状態に制御されることによって、入賞領域となる大入賞口が開放状態になる。 The special variable winning ball device 20 is provided with a closing plate, when the specific display result to the first special symbol display 8a (big hit symbol) is derived displayed, and the specific display result on the second special symbol display device 8b (big hit symbol) There by closing plate is controlled to open by a solenoid 21 in a particular game state (jackpot gaming state) that occurs when the derived display, special winning port a winning area is open. 大入賞口に入賞した遊技球はカウントスイッチ23で検出される。 Game ball that special winning hole is detected by counting switch 23.

遊技盤6の右側方下部には、普通図柄表示器10が設けられている。 The right side lower portion of the game board 6, a normal symbol display 10 is provided. 普通図柄表示器10は、普通図柄と呼ばれる複数種類の識別情報(例えば、「○」および「×」)を可変表示する。 Normal symbol display device 10, a plurality of types of identification information called a normal symbol (e.g., "○" and "×") to the variable display.

遊技球がゲート32を通過しゲートスイッチ32aで検出されると、普通図柄表示器10の表示の可変表示が開始される。 When the gaming ball is detected by the gate switch 32a through the gate 32, the variable display displaying ordinary symbol display device 10 is started. この実施例では、上下のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって可変表示が行われ、例えば、可変表示の終了時に下側のランプが点灯すれば当りとなる。 In this embodiment, the variable display is performed by the upper and lower lamps (symbol becomes visible when lit) are alternately turned on, for example, the lower side of the lamp when the variable display termination is per be illuminated. そして、普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄)である場合に、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ開状態になる。 When stopped at normal symbol display 10 symbols is a predetermined symbol (per symbol), the variable winning ball device 15 is opened for a predetermined number of times, the predetermined time period. すなわち、可変入賞球装置15の状態は、普通図柄の停止図柄が当り図柄である場合に、遊技者にとって不利な状態から有利な状態(第2始動入賞口14に遊技球が入賞可能な状態)に変化する。 That is, the state of the variable winning ball device 15, when a symbol per the normal symbol stop symbol is advantageous state (game ball can win state to the second start winning port 14) from the adverse state for the player changes. 普通図柄表示器10の近傍には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つの表示器(例えば、LED)を有する普通図柄保留記憶表示器41が設けられている。 In the vicinity of ordinary symbol display device 10 includes four display for displaying the number of winning ball that has passed through the gate 32 (e.g., LED) normal symbol hold memory indicator 41 having are provided. ゲート32への遊技球の通過がある毎に、すなわちゲートスイッチ32aによって遊技球が検出される毎に、普通図柄保留記憶表示器41は点灯する表示器を1増やす。 Every time there is a passage of the game ball to the gate 32, that is, every time the game ball is detected by the gate switch 32a, the normal symbol hold memory indicator 41 is increased by one the indicator to light. そして、普通図柄表示器10の可変表示が開始される毎に、点灯する表示器を1減らす。 Each time the variable display of the ordinary symbol display device 10 is started, reducing the indicator lights 1. さらに、通常状態に比べて大当りとすることに決定される確率が高い状態である確変状態では、普通図柄表示器10における停止図柄が当り図柄になる確率が高められるとともに、可変入賞球装置15の開放時間が長くなり、かつ、開放回数が増加される。 Furthermore, the probability of being determined to be a big hit than normal state is a high state in the probability variation state, the probability of the symbol per the stop symbols in the normal symbol display device 10 is increased, the variable winning ball device 15 opening time becomes longer, and, opening number is increased. すなわち、遊技球が始動入賞しやすくなる(つまり、特別図柄表示器8a,8bや演出表示装置9における可変表示の実行条件が成立しやすくなる)ように制御された遊技状態である高ベース状態に移行する。 That is, the game ball is likely to start winning (i.e., the special symbol display device 8a, variable display of the execution condition is easily satisfied in the 8b and effect display device 9) as the high base state is controlled gaming state Transition. また、この実施例では、時短状態(特別図柄の可変表示時間が短縮される遊技状態)においても、可変入賞球装置15の開放時間が長くなり、かつ、開放回数が増加される。 Further, in this embodiment, even in a time reduction state (playing state variable display time is shortened special symbol), the opening time of the variable winning ball device 15 becomes longer, and the open count is increased.

なお、可変入賞球装置15が開状態となる時間を延長する(開放延長状態ともいう)のでなく、普通図柄表示器10における停止図柄が当り図柄になる確率が高められる普通図柄確変状態に移行することによって、高ベース状態に移行してもよい。 The variable winning ball device 15 opened to become extended time (also referred to as an open extension state) to Not, the probability of the symbol per the stop symbols in the normal symbol display 10 is shifted to the normal symbol probability variation state enhanced by it may transition to a high base state. 普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄)となると、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ開状態になる。 When the stop at normal symbol display 10 symbols is a predetermined symbol (per symbol), the variable winning ball device 15 is opened for a predetermined number of times, the predetermined time period. この場合、普通図柄確変状態に移行制御することによって、普通図柄表示器10における停止図柄が当り図柄になる確率が高められ、可変入賞球装置15が開状態となる頻度が高まる。 In this case, by moving the control to the normal symbol probability variation state, it increased the probability of the symbol per the stop symbols in the normal symbol display device 10, the frequency of the variable winning ball device 15 is opened is increased. 従って、普通図柄確変状態に移行すれば、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数が高められ、始動入賞しやすい状態(高ベース状態)となる。 Therefore, if transition to the normal symbol probability variation state, the opening time of the variable winning ball device 15 and the open times is increased, the start winning easily state (high base state). すなわち、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数は、普通図柄の停止図柄が当り図柄であったり、特別図柄の停止図柄が確変図柄である場合等に高められ、遊技者にとって不利な状態から有利な状態(始動入賞しやすい状態)に変化する。 That is, the opening time and opening times of the variable winning ball device 15, or a symbol per the normal symbol of stop symbols, elevated or when stop symbols of the special symbols is probability variation pattern, a disadvantageous condition for the player to change to an advantageous state (starting winning easy to state). なお、開放回数が高められることは、閉状態から開状態になることも含む概念である。 Incidentally, the opening number is increased is a concept including that made from a closed state to an open state.

また、普通図柄表示器10における普通図柄の変動時間(可変表示期間)が短縮される普通図柄時短状態に移行することによって、高ベース状態に移行してもよい。 Moreover, by moving to a normal symbol time reduction state change time of normal symbol in the ordinary symbol display device 10 (variable display period) is shortened, it may be shifted to a high base state. 普通図柄時短状態では、普通図柄の変動時間が短縮されるので、普通図柄の変動が開始される頻度が高くなり、結果として普通図柄が当りとなる頻度が高くなる。 In normal symbol time reduction state, the variable time of normal symbol is shortened, the frequency of fluctuations in the normal symbol is started is increased, the frequency of normal symbol is per increases as a result. 従って、普通図柄が当りとなる頻度が高くなることによって、可変入賞球装置15が開状態となる頻度が高くなり、始動入賞しやすい状態(高ベース状態)となる。 Therefore, by the frequency of normal symbol is per increases, the frequency of the variable winning ball device 15 is opened is increased, the start winning easily state (high base state).

また、特別図柄や演出図柄の変動時間(可変表示期間)が短縮される時短状態に移行することによって、特別図柄や演出図柄の変動時間が短縮されるので、有効な始動入賞が発生しやすくなり大当り遊技が行われる可能性が高まる。 Moreover, by moving to the time-shortening state special symbols and performance symbol variation time (variable display period) is shortened, the variation time of special symbols and performance symbols is shortened, it valid start winning prone possibility that the jackpot game is performed is increased.

さらに、上記に示した全ての状態(開放延長状態、普通図柄確変状態、普通図柄時短状態および特別図柄時短状態)に移行させることによって、始動入賞しやすくなる(高ベース状態に移行する)ようにしてもよい。 Moreover, all the state shown in the by shifting the (open extended state, normal symbol probability variation state, a normal symbol time reduction state and special symbol time reduction state), it is easy to start winning (shifts to the high base state) manner it may be. また、上記に示した各状態(開放延長状態、普通図柄確変状態、普通図柄時短状態および特別図柄時短状態)のうちのいずれか複数の状態に移行させることによって、始動入賞しやすくなる(高ベース状態に移行する)ようにしてもよい。 Also, each state shown in by shifting to either a plurality of states of the (open extended state, normal symbol probability variation state, a normal symbol time reduction state and special symbol time reduction state), it is easy to start winning (high base it may be to migrate) as to state.

遊技盤6の遊技領域7の左右周辺には、遊技中に点滅表示される装飾LED25が設けられ、下部には、入賞しなかった打球が取り込まれるアウト口26がある。 The left and right around the play field 7 of the game board 6, decorative LED25 to blink during the game are mounted on the lower, there are out-port 26 hitting that did not win are captured. また、遊技領域7の外側の左右上部には、所定の音声出力として効果音や音声を発声する2つのスピーカ27R,27Lが設けられている。 Further, in the upper left and right outside the play field 7, two speakers 27R uttering a sound effect or sound as a predetermined audio output is 27L are provided. 遊技領域7の外周上部、外周左部および外周右部には、前面枠に設けられた天枠LED28a、左枠LED28bおよび右枠LED28cが設けられている。 Outer peripheral upper portion of the gaming area 7, on the outer peripheral left portion and the outer peripheral right portion, a top frame LED28a provided on the front frame, is left frame LED28b and right frame LED28c provided. また、左枠LED28bの近傍には賞球残数があるときに点灯する賞球LED51が設けられ、右枠LED28cの近傍には補給球が切れたときに点灯する球切れLED52が設けられている。 Further, winning balls LED51 in the vicinity of the left frame LED28b that lights when there is winning balls remaining number is provided, burn out LED52 in the vicinity of the right frame LED28c that lights up when the supply ball is broken is provided . 天枠LED28a、左枠LED28bおよび右枠LED28cおよび装飾用LED25は、パチンコ遊技機1に設けられている演出用の発光体の一例である。 Top frame LED28a, left frame LED28b and right frame LED28c and decorative LED25 is an example of a luminescent material for production which is provided in the pachinko game machine 1. なお、上述した演出用(装飾用)の各種LEDの他にも演出のためのLEDやランプが設置されている。 Incidentally, LED or lamp for addition to directing the various LED for effect described above (for decoration) is installed.

装飾LED25(向かって右側)の下方位置には、起動時(停電復旧時)において後述する確変フラグがセットされている高確状態であるときに点灯されることで高確状態であることを報知する高確報知LED24が設けられている。 The lower position of the decoration LED 25 (right side), informing that it is a high probability state by being lit when probability variation flag to be described later at the time of startup (when the power is restored) is high probability state is set high Revised knowledge LED24 is provided for.

また、打球供給皿3を構成する部材に、遊技者が操作可能な操作手段としての操作部50が設けられている。 Further, the members constituting the hitting supply tray 3, player operation unit 50 as operable operating means are provided. 図1(b)に示すように、操作部50には、遊技者が押圧操作することが可能とされ、内部にLED50bを内在することで点灯可能な透明樹脂部材から成る押圧操作部49が設けられている。 As shown in FIG. 1 (b), the operation unit 50, the player is can be pressed, pressing element 49 consisting of illuminable transparent resin member by inherent LED50b therein provided It is. なお、押圧操作部49の下方には、押圧操作部49の押圧操作を検出するための操作スイッチ50aが設けられている(図3参照)。 Incidentally, below the depressing operation portions 49 is provided with operation switches 50a for detecting a pressing operation of pressing the operation portion 49 (see FIG. 3).

遊技機には、遊技者が打球操作ハンドル5を操作することに応じて駆動モータを駆動し、駆動モータの回転力を利用して遊技球を遊技領域7に発射する打球発射装置(図示せず)が設けられている。 The gaming machine, the drive motor is driven in response to the player operates the hitting operation handle 5, without hitting the firing device (not to fire the play field 7 gaming balls by utilizing the rotational force of the drive motor ) it is provided. 打球発射装置から発射された遊技球は、遊技領域7を囲むように円形状に形成された打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。 Game ball emitted from hitting launcher enters the play field 7 through hitting rails formed in a circular shape so as to surround the game area 7, then, coming down the play field 7. 遊技球が第1始動入賞口13に入り第1始動口スイッチ13aで検出されると、第1特別図柄の可変表示を開始できる状態であれば(例えば、特別図柄の可変表示が終了し、第1の開始条件が成立したこと)、第1特別図柄表示器8aにおいて第1特別図柄の可変表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄(飾り図柄)の可変表示が開始される。 When the gaming ball is detected by the first start hole switch 13a enters the first start winning opening 13, if ready to begin the variable display of the first special symbol (e.g., completed the variable display of the special symbols, the that one of the starting condition is satisfied), the variable display of the first special symbol (fluctuation) is started at the first special symbol display 8a, the variable display start of performance symbols (decorative pattern) in the effect display device 9 It is. すなわち、第1特別図柄および演出図柄の可変表示は、第1始動入賞口13への入賞に対応する。 That is, the variable display of the first special symbol and performance symbol corresponds to the winning of the first starting winning opening 13. 第1特別図柄の可変表示を開始できる状態でなければ、第1保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第1保留記憶数を1増やす。 If not ready to start variable display of the first special symbol, on condition that the first holding memory number has not reached the upper limit value, the first hold memory number is incremented by one.

遊技球が第2始動入賞口14に入り第2始動口スイッチ14aで検出されると、第2特別図柄の可変表示を開始できる状態であれば(例えば、特別図柄の可変表示が終了し、第2の開始条件が成立したこと)、第2特別図柄表示器8bにおいて第2特別図柄の可変表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄(飾り図柄)の可変表示が開始される。 When the gaming ball is detected by the second start hole switch 14a enters the second start winning opening 14, if ready to begin the variable displays of the second special symbol (e.g., completed the variable display of the special symbols, the the second starting condition is satisfied), the variable display of the second special symbol (fluctuation) is started at the second special symbol display device 8b, the variable display start of performance symbols (decorative pattern) in the effect display device 9 It is. すなわち、第2特別図柄および演出図柄の可変表示は、第2始動入賞口14への入賞に対応する。 That is, the variable display of the second special symbol and performance symbol corresponds to the winning of the second start winning opening 14. 第2特別図柄の可変表示を開始できる状態でなければ、第2保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第2保留記憶数を1増やす。 If not ready to start variable display of the second special symbol, on condition that the second holding memory number has not reached the upper limit value, the second hold memory number is incremented by one.

図2は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing an example of a circuit configuration of the main board (gaming control board) 31. なお、図2には、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。 Incidentally, in FIG. 2 also shows the payout control board 37 and the performance control board 80 and the like. 主基板31には、プログラムに従ってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(遊技制御手段に相当)560が搭載されている。 The main board 31, 560 is mounted (corresponding to game control means) a microcomputer for a game control for controlling the pachinko gaming machine 1 according to a program. 遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ゲーム制御(遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムに従って制御動作を行うCPU56およびI/Oポート部57を含む。 Game control microcomputer 560, a game control ROM54 stores a program of (game progress control) for, RAM 55 as a storage means used as a work memory, and controls operations in accordance with programs CPU56 and I / O ports unit 57 including. この実施例では、ROM54およびRAM55は遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されている。 In this embodiment, ROM 54 and RAM55 is incorporated in the game control microcomputer 560. すなわち、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、1チップマイクロコンピュータである。 That is, the game control microcomputer 560 is a one-chip microcomputer. 1チップマイクロコンピュータには、少なくともCPU56のほかRAM55が内蔵されていればよく、ROM54は外付けであっても内蔵されていてもよい。 1 The chip microcomputer, it is sufficient that other RAM55 at least CPU56 is built, ROM 54 may be built even externally. また、I/Oポート部57は、外付けであってもよい。 Further, I / O ports unit 57 may be an external. 遊技制御用マイクロコンピュータ560には、さらに、ハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路503が内蔵されている。 The game control microcomputer 560, further, a random number circuit 503 for generating a hardware random number (random number hardware circuit generates) is built.

なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560においてCPU56がROM54に格納されているプログラムに従って制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコンピュータ560(またはCPU56)が実行する(または、処理を行う)ということは、具体的には、CPU56がプログラムに従って制御を実行することである。 Since CPU 56 in the gaming control microcomputer 560 performs a control in accordance with a program stored in the ROM 54, below, the game control microcomputer 560 (or CPU 56) executes (or performs processing) that is Specifically, it is that the CPU56 executes the control according to a program. このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているマイクロコンピュータについても同様である。 This also applies to a microcomputer mounted on the other substrate other than the main board 31.

乱数回路503は、特別図柄の可変表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。 Random number circuit 503 is a hardware circuit used to generate a random number for determination for determining whether or not a big hit by the variable display of the display results of the special symbol. 乱数回路503は、初期値(例えば、0)と上限値(例えば、65535)とが設定された数値範囲内で、数値データを、設定された更新規則に従って更新し、ランダムなタイミングで発生する始動入賞時が数値データの読出(抽出)時であることにもとづいて、読出される数値データが乱数値となる乱数発生機能を有する。 Random number circuit 503, an initial value (e.g., 0) and with an upper limit value (e.g., 65535) and is within a set value range, numerical data, updated in accordance with the set update rule, start to occur at a random timing based on that time winning is when reading numerical data (extraction) has a random number generating function numeric data to be read becomes a random value.

乱数回路503は、数値データの更新範囲の選択設定機能(初期値の選択設定機能、および、上限値の選択設定機能)、数値データの更新規則の選択設定機能、および数値データの更新規則の選択切換え機能等の各種の機能を有する。 Random number circuit 503 selects setting function update range of the numerical data (initial value of the selected setting function, and the selection setting function upper limit), the numerical data of the update rules selected setting function, and numeric selection of data update rule It has various functions of the switching function, and the like. このような機能によって、生成する乱数のランダム性を向上させることができる。 Such feature can improve the randomness of the random number generated.

また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、乱数回路503が更新する数値データの初期値を設定する機能を有している。 Also, the game control microcomputer 560, a random number circuit 503 has a function of setting the initial value of the numerical data to be updated. 例えば、ROM54等の所定の記憶領域に記憶された遊技制御用マイクロコンピュータ560のIDナンバ(遊技制御用マイクロコンピュータ560の各製品ごとに異なる数値で付与されたIDナンバ)を用いて所定の演算を行って得られた数値データを、乱数回路503が更新する数値データの初期値として設定する。 For example, the predetermined calculation using the ID number of the predetermined storage area stored in the game control microcomputer 560 (ID number granted by different numerical values ​​for each product of a game control microcomputer 560), such as ROM54 the numerical data obtained by a random number circuit 503 is set as the initial value of the numerical data to be updated. そのような処理を行うことによって、乱数回路503が発生する乱数のランダム性をより向上させることができる。 By performing such processing, it is possible to further improve the randomness of the random number by the random number circuit 503 are generated.

遊技制御用マイクロコンピュータ560は、第1始動口スイッチ13aまたは第2始動口スイッチ14aへの始動入賞が生じたときに乱数回路503から数値データをランダムRとして読み出し、特別図柄および演出図柄の変動開始時にランダムRにもとづいて特定の表示結果としての大当り表示結果にするか否か、すなわち、大当りとするか否かを決定する。 Game control microcomputer 560, the numerical data from the random number circuit 503 when the start winning to first start hole switch 13a or the second start hole switch 14a occurs read as a random R, starting variation of the special symbols and performance symbols whether the jackpot display result as particular display results based on the random R when, i.e., determines whether a jackpot. そして、大当りとすると決定したときに、遊技状態を遊技者にとって有利な特定遊技状態としての大当り遊技状態に移行させる。 When it is determined that the big hit and shifts to the jackpot gaming state of the game state as advantageous specific game state for the player.

また、RAM55は、その一部または全部が電源基板において作成されるバックアップ電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMである。 Further, RAM 55 is a backup RAM as a non-volatile memory means, a part or the whole is backed up by a backup power supply which is created in the power supply board. すなわち、遊技機に対する電力供給が停止しても、所定期間(バックアップ電源としてのコンデンサが放電してバックアップ電源が電力供給不能になるまで)は、RAM55の一部または全部の内容は保存される。 That is, even if stopping the power supply to the gaming machine, a predetermined time (until the backup power capacitor is discharged as a backup power source becomes impossible power supply), the contents of some or all of the RAM55 is stored. 特に、少なくとも、遊技状態すなわち遊技制御手段の制御状態に応じたデータ(特別図柄プロセスフラグや合算保留記憶数カウンタや確変フラグの値など)と未払出賞球数を示すデータは、バックアップRAMに保存される。 In particular, at least, data indicating the non-dispensing prize counts and data (such as the value of special symbols processes flags and sum hold storage number counter and probability variation flag) corresponding to the control state of the gaming state i.e. game control means, stored in the backup RAM It is. 遊技制御手段の制御状態に応じたデータとは、停電等が生じた後に復旧した場合に、そのデータにもとづいて、制御状態を停電等の発生前に復旧させるために必要なデータである。 The response data to the control state of the game control means, when restored after a power failure or the like occurs, on the basis of the data is data necessary to restore the control state before the occurrence of the power failure. また、制御状態に応じたデータと未払出賞球数を示すデータとを遊技の進行状態を示すデータ(進行状態データ)と定義する。 Also it defines the data (progress data) indicating the progress of a game and data indicating data and a non-payout award balls number according to the control state. なお、この実施例では、RAM55の全部が、電源バックアップされているとする。 In this embodiment, all of the RAM55 is assumed to be power backup.

遊技制御用マイクロコンピュータ560のリセット端子には、電源基板からのリセット信号(図示せず)が入力される。 The reset terminal of the game control microcomputer 560, a reset signal from the power supply board (not shown) is input. 電源基板には、遊技制御用マイクロコンピュータ560等に供給されるリセット信号を生成するリセット回路が搭載されている。 The power supply board, the reset circuit generating a reset signal supplied to the game control microcomputer 560 and the like are mounted. なお、リセット信号がハイレベルになると遊技制御用マイクロコンピュータ560等は動作可能状態になり、リセット信号がローレベルになると遊技制御用マイクロコンピュータ560等は動作停止状態になる。 Incidentally, when the reset signal becomes high level game control microcomputer 560 and the like becomes operable, the like game control microcomputer 560 when the reset signal becomes low level enters the halt state. 従って、リセット信号がハイレベルである期間は、遊技制御用マイクロコンピュータ560等の動作を許容する許容信号が出力されていることになり、リセット信号がローレベルである期間は、遊技制御用マイクロコンピュータ560等の動作を停止させる動作停止信号が出力されていることになる。 Therefore, the period the reset signal is at a high level, will be acceptable signal to permit the operation of such gaming control microcomputer 560 is outputted, the period the reset signal is at a low level, the microcomputer for a game control operation stop signal for stopping the operation of the 560 and the like will have been output. なお、リセット回路をそれぞれの電気部品制御基板(電気部品を制御するためのマイクロコンピュータが搭載されている基板)に搭載してもよい。 It is also equipped with a reset circuit in each of the electrical components control board (board microcomputer for controlling the electrical components are mounted).

さらに、遊技制御用マイクロコンピュータ560の入力ポートには、電源基板からの電源電圧が所定値以下に低下したことを示す電源断信号が入力される。 Further, the input port of the game control microcomputer 560, the power-off signal indicating that the power supply voltage from the power supply board is lowered below a predetermined value is input. すなわち、電源基板には、遊技機において使用される所定電圧(例えば、DC30VやDC5Vなど)の電圧値を監視して、電圧値があらかじめ定められた所定値にまで低下すると(電源電圧の低下を検出すると)、その旨を示す電源断信号を出力する電源監視回路が搭載されている。 That is, the power supply substrate, a predetermined voltage (for example, DC30V, etc. and DC5V) used in the gaming machine by monitoring the voltage value of the reduction in which the (power supply voltage decreases to a predetermined value the voltage value predetermined Upon detection), the power supply monitoring circuit for outputting a power off signal indicating is mounted. また、遊技制御用マイクロコンピュータ560の入力ポートには、RAMの内容をクリアすることを指示するためのクリアスイッチが操作されたことを示すクリア信号(図示せず)が入力される。 Further, the input port of the game control microcomputer 560, the clear signal indicating that the clear switch for instructing to clear the contents of RAM is operated (not shown) is input.

また、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14aおよびカウントスイッチ23からの検出信号を遊技制御用マイクロコンピュータ560に与える入力ドライバ回路58も主基板31に搭載されている。 The gate switch 32a, the first start hole switch 13a, also the input driver circuit 58 to be supplied to the game control microcomputer 560 a detection signal from the second start hole switch 14a and the count switch 23 are mounted on the main substrate 31. また、可変入賞球装置15を開閉するソレノイド16、および大入賞口を形成する特別可変入賞球装置20を開閉するソレノイド21を遊技制御用マイクロコンピュータ560からの指令に従って駆動する出力回路59も主基板31に搭載されている。 Further, the output circuit 59 for driving according to the instruction from the game control microcomputer 560 the solenoid 21 for opening and closing the special variable winning ball device 20 to form a solenoid 16, and winning opening to open and close the variable winning ball device 15 also main board It is mounted to 31. さらに、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報や、確変状態や時短状態等の遊技状態の発生を示す情報や、高確報知LED24が点灯されているときに出力され、起動時(停電復旧時)において高確状態であることを示す情報(起動高確情報)等の情報出力信号をホールコンピュータや、パチンコ遊技機1の上方位置にパチンコ遊技機1に対応して設置されている呼び出しランプ(図示略)等の外部装置に対して出力する情報出力回路53も主基板31に搭載されている。 Furthermore, and jackpot information indicating the occurrence of a jackpot gaming state, and information indicating the occurrence of a game state such as a probability variation state and time reduction state, it is output when the high Revised knowledge LED24 is lit, at startup (when the power is restored) high information indicating the probability state and (starting high probability information) of the information output signals hall computer, calls are placed in correspondence with the pachinko gaming machine 1 to the upper position of the pachinko gaming machine 1 lamp (shown in information output circuit 53 for outputting to an external device omitted) such as is also mounted on the main substrate 31.

この実施例では、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段(演出制御用マイクロコンピュータで構成される。)が、中継基板77を介して遊技制御用マイクロコンピュータ560から演出内容を指示する演出制御コマンドを受信し、演出図柄を可変表示する演出表示装置9との表示制御を行う。 In this example, (consisting of presentation control microcomputer.) Effect control means mounted on the effect control board 80, the effect of instructing effect details from the gaming control microcomputer 560 via the relay board 77 receiving a control command, the performance symbols performs display control of the effect display device 9 for variably displaying.

図3は、中継基板77、演出制御基板80、ランプドライバ基板35および音声出力基板70の回路構成例を示すブロック図である。 3, the relay board 77, the performance control board 80 is a block diagram showing a circuit configuration example of a lamp driver board 35 and the audio output substrate 70. なお、図3に示す例では、ランプドライバ基板35および音声出力基板70には、マイクロコンピュータは搭載されていないが、マイクロコンピュータを搭載してもよい。 In the example shown in FIG. 3, the lamp driver board 35 and the audio output substrate 70, although the microcomputer is not mounted, it may be a microcomputer. また、ランプドライバ基板35および音声出力基板70を設けずに、演出制御に関して演出制御基板80のみを設けてもよい。 Also, without providing the lamp driver board 35 and the audio output substrate 70 may be provided only performance control board 80 with respect to the effect control.

演出制御基板80は、演出制御用CPU101およびRAMを含む演出制御用マイクロコンピュータ100を搭載している。 Performance control board 80 is equipped with a performance control microcomputer 100 including a presentation control CPU101 and RAM. なお、RAMは外付けであってもよい。 In addition, RAM may be external. 演出制御基板80において、演出制御用CPU101は、内蔵または外付けのROM(図示せず)に格納されたプログラムに従って動作し、中継基板77を介して入力される主基板31からの取込信号(演出制御INT信号)に応じて、入力ドライバ102および入力ポート103を介して演出制御コマンドを受信する。 In the performance control board 80, effect control CPU101 operates according internal or external ROM stored in the (not shown) programs, the accepting signal from the main board 31, which is input via the relay substrate 77 ( depending on the effect control INT signal), receiving a performance control command via the input driver 102 and input port 103. また、演出制御用CPU101は、演出制御コマンドにもとづいて、VDP(ビデオディスプレイプロセッサ)109に演出表示装置9の表示制御を行わせる。 Also, presentation control CPU101, based on the effect control command, VDP to perform display control of the effect display device 9 (video display processor) 109.

この実施例では、演出制御用マイクロコンピュータ100と共動して演出表示装置9の表示制御を行うVDP109が演出制御基板80に搭載されている。 In this embodiment, VDP109 for controlling the display of the effect display device 9 which cooperate with the effect control microcomputer 100 is mounted to the performance control board 80. VDP109は、演出制御用マイクロコンピュータ100とは独立したアドレス空間を有し、そこにVRAMをマッピングする。 VDP109 has an independent address space and effect control microcomputer 100, maps the VRAM there. VRAMは、VDPによって生成された画像データを展開するためのバッファメモリである。 VRAM is a buffer memory for expanding image data generated by the VDP. そして、VDP109は、VRAM内の画像データを演出表示装置9に出力する。 Then, VDP109 outputs the image data in the VRAM to the effect display device 9.

演出制御用CPU101は、受信した演出制御コマンドに従ってキャラクタROM(図示せず)から必要なデータを読み出す。 Effect control CPU101 reads necessary data from the character ROM (not shown in the figure) in accordance with the performance control command received. キャラクタROMは、演出表示装置9に表示されるキャラクタ画像データ、具体的には、人物、文字、図形または記号等(演出図柄を含む)をあらかじめ格納しておくためのものである。 Character ROM is character image data to be displayed in the effect display device 9, in particular, it is intended for storing a person, characters, figures or symbols, and the like (including performance symbols) in advance. 演出制御用CPU101は、キャラクタROMから読み出したデータをVDP109に出力する。 Effect control CPU101 outputs the read data from the character ROM in VDP109. VDP109は、演出制御用CPU101から入力されたデータにもとづいて表示制御を実行する。 VDP109 performs display control based on input from presentation control CPU101 data.

演出制御コマンドおよび演出制御INT信号は、演出制御基板80において、まず、入力ドライバ102に入力する。 Effect control command and the effect control INT signal, the performance control board 80 first inputs the input driver 102. 入力ドライバ102は、中継基板77から入力された信号を演出制御基板80の内部に向かう方向にしか通過させない(演出制御基板80の内部から中継基板77への方向には信号を通過させない)信号方向規制手段としての単方向性回路でもある。 Input driver 102, (does not pass a signal in a direction from the inside of the performance control board 80 to the relay board 77) that does not pass only in a direction toward the inside of the performance control board 80 the signals input from the relay board 77 Signal Direction It is also a unidirectional circuit as regulating means.

中継基板77には、主基板31から入力された信号を演出制御基板80に向かう方向にしか通過させない(演出制御基板80から中継基板77への方向には信号を通過させない)信号方向規制手段としての単方向性回路74が搭載されている。 The relay substrate 77 is only in the direction toward the signal input from the main board 31 to the performance control board 80 does not pass (in the direction from the performance control board 80 to the relay board 77 does not pass a signal) as the signal direction restricting means unidirectional circuit 74 is mounted in. 単方向性回路として、例えばダイオードやトランジスタが使用される。 As unidirectional circuit, such as a diode or a transistor is used. 図3には、ダイオードが例示されている。 Figure 3 is a diode is illustrated. また、単方向性回路は、各信号毎に設けられる。 Also, unidirectional circuit is provided for each signal. さらに、単方向性回路である出力ポート571を介して主基板31から演出制御コマンドおよび演出制御INT信号が出力されるので、中継基板77から主基板31の内部に向かう信号が規制される。 Furthermore, since the effect control commands and the effect control INT signal from the main board 31 through the output port 571 is a unidirectional circuit is output, the signal towards the inside of the main substrate 31 from the relay board 77 is restricted. すなわち、中継基板77からの信号は主基板31の内部(遊技制御用マイクロコンピュータ560側)に入り込まない。 That is, it does not enter the inside (for game control microcomputer 560 side) of the signal main board 31 from the relay board 77. なお、出力ポート571は、図2に示されたI/Oポート部57の一部である。 The output port 571 is part of the I / O port 57 shown in FIG. また、出力ポート571の外側(中継基板77側)に、さらに、単方向性回路である信号ドライバ回路が設けられていてもよい。 Further, on the outer (side relay substrate 77) of the output port 571, and further, the signal driver circuit may be provided a unidirectional circuit.

さらに、演出制御用CPU101は、出力ポート105を介してランプドライバ基板35に対してLEDを駆動する信号を出力する。 Furthermore, effect control CPU101 outputs a signal for driving the LED to the lamp driver board 35 via the output port 105. また、演出制御用CPU101は、出力ポート104を介して音声出力基板70に対して音番号データを出力する。 Also, presentation control CPU101 outputs sound number data to the audio output board 70 via the output port 104.

ランプドライバ基板35において、LEDを駆動する信号は、入力ドライバ351を介してLEDドライバ352に入力される。 The lamp driver board 35, a signal for driving the LED is input to the LED driver 352 through the input driver 351. LEDドライバ352は、駆動信号を天枠LED28a、左枠LED28b、右枠LED28cなどの枠側に設けられている各LEDに供給する。 LED driver 352 supplies a drive signal Tenwaku LED28a, left frame LED 28b, each LED provided in the frame side, such as the right frame LED28c. また、遊技盤側に設けられている装飾LED25や、高確報知LED24に駆動信号を供給する。 The decorative LED25 and provided on the game board side, supplies a drive signal to the high final estimates known LED 24. なお、LED以外の発光体が設けられている場合には、それを駆動する駆動回路(ドライバ)がランプドライバ基板35に搭載される。 In the case where the light emitting element other than the LED is provided with a driving circuit (driver) is mounted to the lamp driver board 35 to drive it.

音声出力基板70において、音番号データは、入力ドライバ702を介して音声合成用IC703に入力される。 In the speech output board 70, the sound number data is input to the speech synthesis for IC703 via the input driver 702. 音声合成用IC703は、音番号データに応じた音声や効果音を発生し増幅回路705に出力する。 Speech synthesis IC703 generates a voice or effect sound corresponding to the sound ID data and outputs to the amplifying circuit 705. 増幅回路705は、音声合成用IC703の出力レベルを、ボリューム706で設定されている音量に応じたレベルに増幅した音声信号をスピーカ27R,27Lに出力する。 Amplifier circuit 705 outputs the output level of the audio synthesis IC703, a voice signal amplified to a level corresponding to the volume that has been set by the volume 706 speakers 27R, to 27L. 音声データROM704には、音番号データに応じた制御データが格納されている。 The voice data ROM 704, control data corresponding to the sound ID data is stored. 音番号データに応じた制御データは、所定期間(例えば演出図柄の変動期間)における効果音または音声の出力態様を時系列的に示すデータの集まりである。 Control data corresponding to the sound number data is a collection of data showing in time series an output mode of the sound effect or sound in a predetermined period (e.g., variation period of performance symbols).

また、演出制御用CPU101は、入出力ポート106を介して操作部50に接続されており、該入出力ポート106を介して操作部50内のLED50bを駆動する信号を出力するとともに、操作部50内の操作スイッチ50aから遊技者の押圧操作に応じて出力される操作信号が入力される。 Also, presentation control CPU101 through the input-output port 106 is connected to the operation unit 50 outputs a signal for driving the LED50b of the operating unit 50 via the said input output port 106, the operation unit 50 operation signal output in response to pressing operation from the operation switch 50a of the player's inner is input.

次に、遊技機の動作について説明する。 Next, the operation of the gaming machine. 図4は、主基板31における遊技制御用マイクロコンピュータ560が実行するメイン処理を示すフローチャートである。 Figure 4 is a flowchart showing a main processing game control microcomputer 560 in the main board 31 performs. 遊技機に対して電源が投入され電力供給が開始されると、リセット信号が入力されるリセット端子の入力レベルがハイレベルになり、遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)は、プログラムの内容が正当か否か確認するための処理であるセキュリティチェック処理を実行した後、ステップS1以降のメイン処理を開始する。 When power is turned on the power supply is started for the game machine, the input level of the reset terminal to which a reset signal is input becomes high level (specifically, CPU 56) a game control microcomputer 560, after the contents of the program executing the security check process is a process to confirm whether legitimate or not, starts the main processing after step S1. メイン処理において、CPU56は、まず、必要な初期設定を行う。 In the main process, CPU 56 first performs initialization required.

初期設定処理において、CPU56は、まず、割込禁止に設定する(ステップS1)。 In the initial setting process, CPU 56 first sets the interrupt disabled (step S1). 次に、割込モードを割込モード2に設定し(ステップS2)、スタックポインタにスタックポインタ指定アドレスを設定する(ステップS3)。 Then, set the interrupt mode to the interrupt mode 2 (step S2), and sets the stack pointer addressed to the stack pointer (step S3). そして、内蔵デバイスの初期化(内蔵デバイス(内蔵周辺回路)であるCTC(カウンタ/タイマ)およびPIO(パラレル入出力ポート)の初期化など)を行った後(ステップS4)、RAMをアクセス可能状態に設定する(ステップS5)。 Then, after initializing the embedded device (a built-in device (built-in peripheral circuits) CTC (Counter / Timer) and initialization PIO (parallel input port), etc.) (step S4), and access to RAM state It is set to (step S5). なお、割込モード2は、CPU56が内蔵する特定レジスタ(Iレジスタ)の値(1バイト)と内蔵デバイスが出力する割込ベクタ(1バイト:最下位ビット0)とから合成されるアドレスが、割込番地を示すモードである。 Note that the interrupt mode 2 is specified register (I register) value (1 byte) and an interrupt vector built device outputs to built CPU 56: the address to be synthesized from (1 byte least significant bit 0) and, is a mode that shows an interrupt address.

次いで、CPU56は、入力ポートを介して入力されるクリアスイッチ(例えば、電源基板に搭載されている。)の出力信号(クリア信号)の状態を確認する(ステップS6)。 Then, CPU 56 checks the state of the clear switch input via the input port (e.g., mounted on power board.) Of the output signal (clear signal) (step S6). その確認においてオンを検出した場合には、CPU56は、通常の初期化処理(ステップS10〜S15)を実行する。 When detecting the on the confirmation, the CPU 56 executes the normal initialization process (step S10 to S15).

クリアスイッチがオンの状態でない場合には、遊技機への電力供給が停止したときにバックアップRAM領域のデータ保護処理(例えばパリティデータの付加等の電力供給停止時処理)が行われたか否か確認する(ステップS7)。 If the clear switch is not turned on, the check whether the data protection process of the backup RAM area when the power supply to the gaming machine is stopped (for example power supply stop process such as addition of parity data) is performed (step S7). そのような保護処理が行われていないことを確認したら、CPU56は初期化処理を実行する。 Once you have verified that such a protection process is not performed, CPU56 performs the initialization process. バックアップRAM領域にバックアップデータがあるか否かは、例えば、電力供給停止時処理においてバックアップRAM領域に設定されるバックアップフラグの状態によって確認される。 Whether there is a backup data in the backup RAM area, for example, it is confirmed by the state of the backup flag is set in the backup RAM area during processing power outage.

電力供給停止時処理が行われたことを確認したら、CPU56は、バックアップRAM領域のデータチェックを行う(ステップS8)。 After verifying that the power supply stop process is executed, CPU 56 performs a data check of the backup RAM area (step S8). この実施例では、データチェックとしてパリティチェックを行う。 In this embodiment, it performs a parity check as data check. よって、ステップS8では、算出したチェックサムと、電力供給停止時処理で同一の処理によって算出され保存されているチェックサムとを比較する。 Therefore, in step S8, it compares the checksum calculated and the checksum stored is calculated by the same process with the power supply stop process. 不測の停電等の電力供給停止が生じた後に復旧した場合には、バックアップRAM領域のデータは保存されているはずであるから、チェック結果(比較結果)は正常(一致)になる。 If the restored after stoppage of power supply, such as unforeseen power failure occurs, because the data in the backup RAM area should have been saved, the check result (comparison result) becomes normal (match). チェック結果が正常でないということは、バックアップRAM領域のデータが、電力供給停止時のデータとは異なっていることを意味する。 That the check result is not normal, the data in the backup RAM area, which means that is different from the data of the time of stopping power supply. そのような場合には、内部状態を電力供給停止時の状態に戻すことができないので、電力供給の停止からの復旧時でない電源投入時に実行される初期化処理を実行する。 In such a case, it is impossible to return the internal state of the state at the time of stopping the power supply, executes an initialization process executed when the power is turned not when recovering from the stop of the power supply.

チェック結果が正常であれば、CPU56は、遊技制御手段の内部状態と演出制御手段等の電気部品制御手段の制御状態を電力供給停止時の状態に戻すための遊技状態復旧処理(ステップS41〜S43の処理)を行う。 If the check result is normal, CPU 56 is a game state restoration processing for returning the control state of the electrical component control unit such as an internal state and effect control unit to the state it was in when power outage of game control means (step S41~S43 perform the processing). 具体的には、ROM54に格納されているバックアップ時設定テーブルの先頭アドレスをポインタに設定し(ステップS41)、バックアップ時設定テーブルの内容を順次作業領域(RAM55内の領域)に設定する(ステップS42)。 Specifically, set the start address of the backup time setting table stored in the ROM54 in the pointer (step S41), and sequentially set to the work area the contents of the backup setting table (area within RAM 55) (step S42 ). 作業領域はバックアップ電源によって電源バックアップされている。 Workspace is power backed up by a backup power source. バックアップ時設定テーブルには、作業領域のうち初期化してもよい領域についての初期化データが設定されている。 The backup time setting table, the initialization data is set for good area be initialized within the work area. ステップS41およびS42の処理によって、作業領域のうち初期化してはならない部分については、保存されていた内容がそのまま残る。 By the processing of steps S41 and S42, for the portion not to be initialized within the working area, the contents are stored is left as it is. 初期化してはならない部分とは、例えば、電力供給停止前の遊技状態を示すデータ(特別図柄プロセスフラグ、確変フラグ、時短フラグなど)、出力ポートの出力状態が保存されている領域(出力ポートバッファ)、未払出賞球数を示すデータが設定されている部分などである。 Initialize a part not, for example, data indicating a game state before stopping the power supply (special symbol process flag, probability variation flag, etc. time reduction flag), the output state is conserved regions (the output port buffer of the output port ), and the like partial data indicating the number of non-payout prize balls is set.

尚、CPU56は、これら電力供給停止前の遊技状態を示すデータのうち、確変フラグがセットされているか否かを判定し、確変フラグがセットされている場合には、高確報知LED24を点灯させるための高確報知フラグをセットする高確報知フラグ設定処理を実施する(ステップS42+) Incidentally, CPU 56, among the data representing the game state before stopping these power supply, it is determined whether the probability variation flag is set, if the probability variation flag is set, thereby lighting the high Revised knowledge LED24 high Revised intellectual flag implementing high Revised intellectual flag setting process of setting the order (step S42 +)

また、CPU56は、電力供給復旧時の初期化コマンドとしての停電復旧指定コマンドを送信する(ステップS43)。 Further, CPU 56 sends a power recovery command specified as the initialization command when the power supply recovery (step S43). そして、ステップS14に移行する。 Then, the process proceeds to step S14. なお、この実施例では、CPU56は、ステップS43の処理において、バックアップRAMに保存されていた合算保留記憶数カウンタの値を設定した合算保留記憶数指定コマンドも演出制御基板80に対して送信する。 In this embodiment, CPU 56 is in the process of step S43, also transmitted to the performance control board 80 summed pending memory number specified command with the value of the sum pending storage number counter which is stored in the backup RAM.

なお、この実施例では、バックアップフラグとチェックデータとの双方を用いてバックアップRAM領域のデータが保存されているか否か確認しているが、いずれか一方のみを用いてもよい。 In this embodiment, the data of the backup RAM area using both the backup flag and the check data are confirmed whether stored, it may be used only one. すなわち、バックアップフラグとチェックデータとのいずれかを、遊技状態復旧処理を実行するための契機としてもよい。 That is, either the backup flag and the check data, may be triggered to execute the game state restoration process.

初期化処理では、CPU56は、まず、RAMクリア処理を行う(ステップS10)。 In the initialization process, CPU 56 first performs RAM clearing process (step S10). なお、RAMクリア処理によって、所定のデータ(例えば、普通図柄当り判定用乱数を生成するためのカウンタのカウント値のデータ)は0に初期化されるが、任意の値またはあらかじめ決められている値に初期化するようにしてもよい。 Incidentally, a RAM clearing process, predetermined data (e.g., data of the count value of the counter for generating the normal symbol per determining random number) but is initialized to 0, it is determined any value or advance value it may be initialized to. また、RAM55の全領域を初期化せず、所定のデータ(例えば、普通図柄当り判定用乱数を生成するためのカウンタのカウント値のデータ)をそのままにしてもよい。 Also, without initializing the entire area of ​​RAM 55, predetermined data (e.g., data of the count value of the counter for generating the normal symbol per determining random number) may be as it is. また、ROM54に格納されている初期化時設定テーブルの先頭アドレスをポインタに設定し(ステップS11)、初期化時設定テーブルの内容を順次作業領域に設定する(ステップS12)。 Moreover, it sets the start address of the setting table initialization stored in the ROM54 in the pointer (step S11), and sequentially set to the work area the contents of the time of initialization setting table (step S12).

ステップS11およびS12の処理によって、例えば、普通図柄当り判定用乱数カウンタ、特別図柄バッファ、総賞球数格納バッファ、特別図柄プロセスフラグなど制御状態に応じて選択的に処理を行うためのフラグに初期値が設定される。 By the processing of steps S11 and S12, for example, the initial normal symbol per determination random number counter, a special symbol buffer, total prize balls number storage buffer, the flag for selectively performing processing in accordance with the control state such as special symbols process flag value is set.

また、CPU56は、サブ基板(主基板31以外のマイクロコンピュータが搭載された基板。)を初期化するための初期化指定コマンド(遊技制御用マイクロコンピュータ560が初期化処理を実行したことを示すコマンドでもある。)をサブ基板に送信する(ステップS13)。 Further, CPU 56 indicates that the initialization instruction commands (game control microcomputer 560 to initialize the sub-substrate (substrate main board 31 other than the microcomputer is mounted.) Executes initialization processing command But it transmits certain.) in the sub-substrate (step S13). 例えば、演出制御用マイクロコンピュータ100は、初期化指定コマンドを受信すると、演出表示装置9において、遊技機の制御の初期化がなされたことを報知するための画面表示、すなわち初期化報知を行う。 For example, effect control microcomputer 100 performs upon receiving the initialization command specified in the effect display device 9, a screen display for notifying that the initialization of the control of the gaming machine is made, i.e. the initialization notification.

また、CPU56は、乱数回路503を初期設定する乱数回路設定処理を実行する(ステップS14)。 Further, CPU 56 is a random number circuit 503 executes a random number circuit setting processing of initializing (step S14). CPU56は、例えば、乱数回路設定プログラムに従って処理を実行することによって、乱数回路503にランダムRの値を更新させるための設定を行う。 CPU56, for example, by executing the processing in accordance with the random number circuit setting program, and sets for updating the value of the random R to the random number circuit 503.

そして、ステップS15において、CPU56は、所定時間(例えば2ms)毎に定期的にタイマ割込がかかるように遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されているCTCのレジスタの設定を行う。 Then, in step S15, CPU 56 performs a predetermined time (e.g. 2 ms) periodically setting CTC registers timer interrupt is built into the game the control microcomputer 560 as according to each. すなわち、初期値として例えば2msに相当する値が所定のレジスタ(時間定数レジスタ)に設定される。 That is, a value corresponding to, for example, 2ms as an initial value is set in a predetermined register (time constant register). この実施例では、2ms毎に定期的にタイマ割込がかかるとする。 In this embodiment, a regular timer interruption is applied to every 2 ms.

初期化処理の実行(ステップS10〜S15)が完了すると、CPU56は、メイン処理で、表示用乱数更新処理(ステップS17)および初期値用乱数更新処理(ステップS18)を繰り返し実行する。 When the execution of the initialization process (step S10 to S15) is completed, CPU 56 is in the main processing to repeat the display random number updating process (step S17) and the initial value for the random number update processing (step S18). 表示用乱数更新処理および初期値用乱数更新処理を実行するときには割込禁止状態に設定し(ステップS16)、表示用乱数更新処理および初期値用乱数更新処理の実行が終了すると割込許可状態に設定する(ステップS19)。 Set interrupt disabled state when performing the display random number update process and the initial value for the random number update processing (step S16), and the interrupt enable state when execution is completed for display random updating process and the initial value for the random number update processing set (step S19). この実施例では、表示用乱数とは、大当りとしない場合の特別図柄の停止図柄を決定するための乱数や大当りとしない場合にリーチとするか否かを決定するための乱数であり、表示用乱数更新処理とは、表示用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理である。 In this embodiment, the display random number is the random number for determining whether a reach if not a random number and jackpot to determine the stop symbol of the special symbols with and without big hit, display the random number update process is a process for updating the count value of the counter for generating the display random. また、初期値用乱数更新処理とは、初期値用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理である。 Also, the initial value for the random number update process is a process for updating the count value of the counter for generating a random number for the initial value. この実施例では、初期値用乱数とは、普通図柄に関して当りとするか否か決定するための乱数を発生するためのカウンタ(普通図柄当り判定用乱数発生カウンタ)のカウント値の初期値を決定するための乱数である。 In this embodiment, the initial value for the random number, determine the initial value of the count value of the normal symbol for generating a random number for determining whether a per respect counter (normal symbol per determining random number generating counter) is a random number used to. 後述する遊技の進行を制御する遊技制御処理(遊技制御用マイクロコンピュータ560が、遊技機に設けられている演出表示装置、可変入賞球装置、球払出装置等の遊技用の装置を、自身で制御する処理、または他のマイクロコンピュータに制御させるために指令信号を送信する処理、遊技装置制御処理ともいう)において、普通図柄当り判定用乱数のカウント値が1周(普通図柄当り判定用乱数の取りうる値の最小値から最大値までの間の数値の個数分歩進したこと)すると、そのカウンタに初期値が設定される。 Game control process (game control microcomputer 560 for controlling the progress of the later-described game is a game machine effect display device provided in the variable winning ball device, a device for a game, such as a sphere dispenser, control itself process of transmitting a command signal in order to control the process, or the other microcomputer to, in also referred gaming machine control process), the count value of the normal symbol per determining random number takes one round (normal symbol per determining random number ur it was the number fraction incremented number between from the minimum to the maximum value), the initial value is set to the counter.

なお、この実施例では、リーチ演出は、演出表示装置9において可変表示される演出図柄(飾り図柄)を用いて実行される。 In this embodiment, reach demonstration is performed using a performance symbol variably displayed (decorative pattern) in the effect display device 9. また、特別図柄の表示結果を大当り図柄にする場合には、リーチ演出は常に実行される。 Further, in the case of a display result of the special symbols to the jackpot symbol, the reach demonstration is always executed. 特別図柄の表示結果を大当り図柄にしない場合には、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、乱数を用いた抽選によって、リーチ演出を実行するか否か決定する。 If no display result of the special symbols to the jackpot symbol, the player control microcomputer 560, the lottery with a random number to determine whether to execute the reach demonstration. ただし、実際にリーチ演出の制御を実行するのは、演出制御用マイクロコンピュータ100である。 However, to actually perform the control of the reach demonstration is a microcomputer 100 for the effect control.

タイマ割込が発生すると、CPU56は、図5に示すステップS20〜S34のタイマ割込処理を実行する。 When the timer interrupt occurs, CPU 56 executes the timer interrupt processing in step S20~S34 shown in FIG. タイマ割込処理において、まず、電源断信号が出力されたか否か(オン状態になったか否か)を検出する電源断検出処理を実行する(ステップS20)。 In the timer interrupt processing, first executes a power-off detection process for detecting whether the power-off signal is output (whether it is the on state) (step S20). 電源断信号は、例えば電源基板に搭載されている電源監視回路が、遊技機に供給される電源の電圧の低下を検出した場合に出力する。 Power-off signal, for example, a power supply monitoring circuit mounted on the power board, and outputs when detecting a drop in voltage of power supplied to the game machine. そして、電源断検出処理において、CPU56は、電源断信号が出力されたことを検出したら、必要なデータをバックアップRAM領域に保存するための電力供給停止時処理を実行する。 Then, the power failure detection processing, CPU 56 will, upon detecting that the power-off signal is output, executes the power supply stop process for storing the necessary data in the backup RAM area. 次いで、入力ドライバ回路58を介して、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14aおよびカウントスイッチ23の検出信号を入力し、それらの状態判定を行う(スイッチ処理:ステップS21)。 Then, through an input driver circuit 58, the gate switch 32a, the first start hole switch 13a, enter the detection signal of the second start hole switch 14a and the count switch 23, a determination is their state (switching process: step S21 ).

次に、CPU56は、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18b、普通図柄保留記憶表示器41、高確報知LED24の表示制御を行う表示制御処理を実行する(ステップS22)。 Then, CPU 56 may first special symbol display device 8a, the second special symbol display device 8b, a normal symbol display 10, the first special symbol reserved memory indicator 18a, the second special symbol reservation storing display 18b, a normal symbol pending stores display 41 performs a display control process for controlling the display of high-Revised known LED 24 (step S22). 第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび普通図柄表示器10については、ステップS32,S33で設定される出力バッファの内容に応じて各表示器に対して駆動信号を出力する制御を実行し、高確報知LED24については、高確報知フラグがセットされているときに高確報知LED24を点灯する制御を実行する。 The first special symbol display 8a, for the second special symbol display device 8b and a normal symbol display 10, and outputs a drive signal to each display device in accordance with the contents of the output buffer that is set in step S32, S33 run the control, for the high Revised known LED 24, performs a control process for lighting the high final figures known LED 24 when a high Revised known flag is set.

また、遊技制御に用いられる普通図柄当り判定用乱数等の各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する処理を行う(判定用乱数更新処理:ステップS23)。 Also performs processing for updating the count value of each counter for generating each determining random number, such as normal symbol per determining random number used for game control (determining random number update processing: step S23). CPU56は、さらに、初期値用乱数および表示用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する処理を行う(初期値用乱数更新処理,表示用乱数更新処理:ステップS24,S25)。 CPU56 further performs processing for updating the count value of the counter for generating a random number and display the random number for the initial value (initial value for the random number update processing, display random number update process: step S24, S25).

さらに、CPU56は、特別図柄プロセス処理を行う(ステップS26)。 Further, CPU 56 performs a special symbol process (step S26). 特別図柄プロセス処理では、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を所定の順序で制御するための特別図柄プロセスフラグに従って該当する処理を実行する。 Is a special symbol process treatment, performing a corresponding processing according to a special symbol process flag for controlling first special symbol display device 8a, the second special symbol display device 8b and winning opening in a predetermined order. CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。 CPU56 sets the value of the special symbols process flag, depending on the game state update.

次いで、普通図柄プロセス処理を行う(ステップS27)。 Then, perform the normal symbol process (step S27). 普通図柄プロセス処理では、CPU56は、普通図柄表示器10の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プロセスフラグに従って該当する処理を実行する。 In normal symbol process process, CPU 56 executes the corresponding processing according to the normal symbol process flag for controlling the display state of the ordinary symbol display device 10 in a predetermined order. CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。 CPU56 sets the value of the normal symbol process flag is updated according to the playing state.

また、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に演出制御コマンドを送出する処理を行う(演出制御コマンド制御処理:ステップS28)。 Also, CPU 56 performs a process of sending an effect control command to the effect control microcomputer 100 performs (effect control command control process: step S28).

さらに、CPU56は、例えばホール管理用コンピュータに供給される大当り情報、始動情報、確率変動情報、起動高確情報などのデータを出力する情報出力処理を行う(ステップS29)。 Further, CPU 56 is performed, for example jackpot information supplied to the hall management computer, start information, probability change information, the information output process of outputting data, such as boot high probability information (step S29). 尚、起動高確情報は、高確報知フラグがセットされていることに応じて情報出力回路53から、パチンコ遊技機1の上方位置に設けられている図示しない呼び出しランプに対して出力される。 Incidentally, activation high probability information is output from the high-Revised intellectual flag in response to being set information output circuit 53, to the calling lamp (not shown) is provided above the position of the pachinko gaming machine 1.

また、CPU56は、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14aおよびカウントスイッチ23の検出信号にもとづく賞球個数の設定などを行う賞球処理を実行する(ステップS30)。 Further, CPU 56 executes the first start hole switch 13a, the prize balls process also establishes Shodama number based on the detection signal of the second start hole switch 14a and the count switch 23 (step S30). 具体的には、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14aおよびカウントスイッチ23のいずれかがオンしたことにもとづく入賞検出に応じて、払出制御基板37に搭載されている払出制御用マイクロコンピュータに賞球個数を示す払出制御コマンド(賞球個数信号)を出力する。 More specifically, the first start hole switch 13a, in response to winning detection either based on it has turned the second start hole switch 14a and the count switch 23, a payout control micro mounted on the dispensing control board 37 It outputs a payout control command (winning balls number signal) indicating the Shodama number to the computer. 払出制御用マイクロコンピュータは、賞球個数を示す払出制御コマンドに応じて球払出装置97を駆動する。 Dispensing control microcomputer drives the ball dispenser 97 according to the payout control command indicating a prize balls number.

この実施例では、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域(出力ポートバッファ)が設けられているのであるが、CPU56は、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域におけるソレノイドのオン/オフに関する内容を出力ポートに出力する(ステップS31:出力処理)。 In this embodiment, the RAM area corresponding to the output state of the output port (output port buffer) is the provided, CPU 56, the contents relating to a solenoid on / off in the RAM area corresponding to the output state of the output port the output to the output port (step S31: output processing).

また、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値に応じて特別図柄の演出表示を行うための特別図柄表示制御データを特別図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する特別図柄表示制御処理を行う(ステップS32)。 Also, CPU 56 performs a special symbol display control process for setting the special symbol display control data to the output buffer for the special symbol display control data set for performing effect display of the special symbols according to the value of the special symbols process flag ( step S32). CPU56は、例えば、特別図柄プロセス処理でセットされる開始フラグがセットされると終了フラグがセットされるまで、変動速度が1コマ/0.2秒であれば、0.2秒が経過する毎に、出力バッファに設定される表示制御データの値を+1する。 CPU56, for example, until the end flag start flag is set in the special symbol process process is set is set, if the changing speed is 1 frame /0.2 seconds, every elapse of 0.2 seconds , the +1 value of the display control data set in the output buffer. また、CPU56は、出力バッファに設定された表示制御データに応じて、ステップS22において駆動信号を出力することによって、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bにおける第1特別図柄および第2特別図柄の可変表示を実行する。 Further, CPU 56 in accordance with the set display control data to the output buffer by outputting the drive signal in step S22, the first special symbol and the first special symbol display device 8a and the second special symbol display device 8b performing a variable display of the second special symbol.

さらに、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値に応じて普通図柄の演出表示を行うための普通図柄表示制御データを普通図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する普通図柄表示制御処理を行う(ステップS33)。 Further, CPU 56 performs the normal symbol display control process for setting a normal symbol display control data in the output buffer for normal symbol display control data set for performing effect display of a normal symbol, depending on the value of the normal symbol process flag ( step S33). CPU56は、例えば、普通図柄の変動に関する開始フラグがセットされると終了フラグがセットされるまで、普通図柄の変動速度が0.2秒ごとに表示状態(「○」および「×」)を切り替えるような速度であれば、0.2秒が経過する毎に、出力バッファに設定される表示制御データの値(例えば、「○」を示す1と「×」を示す0)を切り替える。 CPU56, for example, switches between start flag for changes in normal symbol is set to the end flag is set, the display for each variation rate of the normal symbol is 0.2 second state ( "○" and "×") if such a rate that, at every elapse of 0.2 seconds, switching the value of the display control data set in the output buffer (e.g., 0 indicating "×" and 1 indicating "○"). また、CPU56は、出力バッファに設定された表示制御データに応じて、ステップS22において駆動信号を出力することによって、普通図柄表示器10における普通図柄の演出表示を実行する。 Further, CPU 56 in accordance with the set display control data to the output buffer by outputting the drive signal in step S22, executes the effect display of a normal symbol in the ordinary symbol display device 10.

その後、割込許可状態に設定し(ステップS34)、処理を終了する。 Then, it sets the interrupt enable state (step S34), and ends the process.

以上の制御によって、この実施例では、遊技制御処理は2ms毎に起動されることになる。 The control of the above, in this embodiment, the game control process will be activated every 2 ms. なお、遊技制御処理は、タイマ割込処理におけるステップS21〜S33(ステップS29を除く。)の処理に相当する。 Incidentally, the game control process corresponds to the process steps in the timer interrupt processing S21~S33 (excluding step S29.). また、この実施例では、タイマ割込処理で遊技制御処理が実行されているが、タイマ割込処理では例えば割込が発生したことを示すフラグのセットのみがなされ、遊技制御処理はメイン処理において実行されるようにしてもよい。 Further, in this embodiment, the game control process in the timer interrupt processing is executed, only the set of flags in the timer interrupt processing shown that eg an interrupt occurs is made, the game control process in the main processing it may be executed.

第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび演出表示装置9にはずれ図柄が停止表示される場合には、演出図柄の可変表示が開始されてから、演出図柄の可変表示状態がリーチ状態にならずに、リーチにならない所定の演出図柄の組合せが停止表示されることがある。 If the failure symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display device 8b and effect display device 9, since the variable display of the performance symbols is started, a variable display state of performance symbols without becoming reach state, sometimes a combination of predetermined performance symbols as not to reach are displayed stopped. このような演出図柄の可変表示態様を、可変表示結果がはずれ図柄になる場合における「非リーチ」(「通常はずれ」ともいう)の可変表示態様という。 A variable display form of such a performance symbol, called a variable display mode of "non-reach" when the variable display result is failure symbol (also referred to as "normal off").

第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび演出表示装置9にはずれ図柄が停止表示される場合には、演出図柄の可変表示が開始されてから、演出図柄の可変表示状態がリーチ状態となった後にリーチ演出が実行され、最終的に大当り図柄とはならない所定の演出図柄の組合せが停止表示されることがある。 If the failure symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display device 8b and effect display device 9, since the variable display of the performance symbols is started, a variable display state of performance symbols reach demonstration after a reach state is performed, and finally there is the predetermined combination of performance symbols not be a big hit symbol is stopped and displayed. このような演出図柄の可変表示結果を、可変表示結果が「はずれ」となる場合における「リーチ」(「リーチはずれ」ともいう)の可変表示態様という。 The variable display results of such performance symbol variable display results of the variable display mode of "reach" when the the "off" (also called "reach out").

この実施例では、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに大当り図柄が停止表示される場合には、演出図柄の可変表示状態がリーチ状態になった後にリーチ演出が実行され、最終的に演出表示装置9における「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rに、演出図柄が揃って停止表示される。 In this embodiment, when the jackpot symbols are stopped and displayed first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b is reach demonstration is executed after the variable display state of the performance symbols becomes reach state finally "left" in the effect display device 9, "medium", each symbol display area 9L "right", 9C, to 9R, it stopped and displayed equipped with performance symbols.

第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに小当りである所定の図柄(小当りの種別に対応する所定記号)が停止表示される場合には、演出表示装置9において、演出図柄の可変表示態様が後述する「確変大当りB」である場合と同様に演出図柄の可変表示が行われた後、所定の小当り図柄(確変大当りB図柄と同じ図柄。例えば「355」等)が停止表示されることがある。 When the predetermined symbol is Koatari the first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b (predetermined symbol corresponding to the type of Koatari) is stopped and displayed, in the effect display device 9, the effect variable display mode of symbols later after variable display similarly performance symbols and if "probability variation big hit B" has been performed, a predetermined Koatari symbols (same symbols as probability variation big hit B symbol. for example, "355", etc.) there may be stopped and displayed. 第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに小当り図柄である所定の図柄(記号)が停止表示されることに対応する演出表示装置9における表示演出を「小当り」の可変表示態様という。 Variable "Koatari" display effect in the effect display device 9 corresponding to the predetermined symbol is Koatari pattern at first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b (symbol) appears stopped that display mode.

ここで、小当りとは、図7(b)に示すように、後述する確変大当りAと比較して大入賞口の開放時間が短い(この実施例では0.1秒間の開放を15回)当りである。 Here, the Koatari, as shown in FIG. 7 (b), as compared with the later-described probability variation jackpot A opening time of the special winning hole is short (15 times the opening of 0.1 seconds in this embodiment) it is a per. なお、小当り遊技が終了した場合、遊技状態は変化しない。 It should be noted that, if the Koatari game has ended, the game state does not change. すなわち、確変状態から通常状態に移行したり通常状態から確変状態に移行したりすることはない。 In other words, does not or migrated from or normal state from the probability variation state to the normal state the probability variation state. また、確変大当りBとは、図7(b)に示すように、確変大当りAと比較して大入賞口の開放時間が短い(この実施例では0.1秒間の開放を15回)大当りであり、かつ、大当り遊技後の遊技状態を確変状態に移行させるような大当りである(但し、大当り遊技後の遊技状態は時短状態にはならない、つまり、可変表示の実行条件である第2始動条件が成立しにくい状況となり、始動条件の成立状況は通常状態と共通であるため、見た目上は通常状態と変わらない)。 Moreover, probability variation The big hit B, as shown in FIG. 7 (b), probability variation big hit A and opening time of the special winning hole compared short (15 times the opening of 0.1 seconds in this embodiment) in the jackpot There, and a big hit as to shift the game state after jackpot gaming in probability variation state (however, the game state after the jackpot gaming is not a time-shortening conditions, i.e., the second starting condition is a running condition of the variable display There will be established difficult situation, established the status of start-up conditions is because it is a common and normal state, does not change appearance on the normal state). つまり、この実施例では、確変大当りBと小当りとは、大入賞口の開放パターンが同じである。 That is, in this embodiment, the probability variation big hit B and Koatari is an open pattern of the special winning opening same. そのように制御することによって、大入賞口の0.1秒間の開放が15回行われると、確変状態に移行する確変大当りBであるか、確変状態に移行しない小当りであるかを識別できないので、遊技者に対して高確率状態(確変状態)を期待させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。 By controlling as such, the opening of 0.1 seconds winning opening is performed 15 times, or a probability variation big hit B to shift to probability variation state can not identify whether a Koatari not migrate to the probability variation state because, it is possible to expect a high probability state (probability variation state) to the player, it is possible to improve the interest of the game.

図6は、あらかじめ用意された演出図柄の変動パターンを示す説明図である。 Figure 6 is an explanatory diagram showing a variation pattern of performance symbol prepared in advance. 図6に示すように、この実施例では、可変表示結果が「はずれ」であり演出図柄の可変表示態様が「非リーチ」である場合に対応した変動パターンとして、非リーチPA1−0〜非リーチPA1−4の変動パターンが用意されている。 As shown in FIG. 6, in this embodiment, as the fluctuation pattern corresponding to the case the variable display results variable display mode of and performance symbols is "off" is "non-reach", non Reach PA1-0~ non Reach fluctuation pattern of PA1-4 are prepared. また、可変表示結果が「はずれ」であり演出図柄の可変表示態様が「リーチ」である場合に対応した変動パターンとして、ノーマルPA2−1(ノーマルリーチA)〜ノーマルPA2−2(ノーマルリーチB)、ノーマルPB2−1〜ノーマルPB2−2(ノーマルリーチC)、スーパーPA3−1〜スーパーPA3−2、スーパーPB3−1〜スーパーPB3−3の変動パターンが用意されている。 Further, as a variation pattern corresponding to the case the variable display results variable display mode of a and performance symbol "off" is "reach", the normal PA2-1 (normal reach A) ~ Normal PA2-2 (normal reach B), normal PB2-1~ normal PB2-2 (normal reach C), Super PA3-1~ super PA3-2, change the pattern of Super PB3-1~ Super PB3-3 are prepared. なお、図6に示すように、リーチしない場合に使用され擬似連の演出を伴う非リーチPA1−4の変動パターンについては、再変動が2回行われる。 Incidentally, as shown in FIG. 6, for the variation pattern of non Reach PA1-4 used with the effect of the pseudo-continuous if not reach, re variation is performed twice. リーチする場合に使用され擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、ノーマルPB2−1を用いる場合には、再変動が2回行われる。 Of the change pattern with the effect of the pseudo-communication is used to reach, in the case of using a normal PB2-1 is re variation is performed twice. また、リーチする場合に使用され擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、ノーマルPB2−2を用いる場合には、再変動が3回行われる。 Also, among the variation pattern with the effect of the pseudo-communication is used to reach, in the case of using a normal PB2-2 is re variation is performed three times. さらに、リーチする場合に使用され擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、スーパーPA3−1〜スーパーPA3−2を用いる場合にも、再変動が3回行われる。 Furthermore, among the variation pattern with the effect of the pseudo-communication it is used to reach, even in the case of using a super PA3-1~ super PA3-2, re variation is performed three times.

また、図6に示すように、この実施例では、特別図柄の可変表示結果が大当り図柄または小当り図柄になる場合に対応した変動パターンとして、ノーマルPA2−3(ノーマルリーチA)〜ノーマルPA2−4(ノーマルリーチB)、ノーマルPB2−3〜ノーマルPB2−4(ノーマルリーチC)、スーパーPA3−3〜スーパーPA3−4、スーパーPB3−3〜スーパーPB3−4、特殊PG1−1〜特殊PG1−3、特殊PG2−1(ノーマルリーチA)〜特殊PG2−2(ノーマルリーチB)の変動パターンが用意されている。 Further, as shown in FIG. 6, in this embodiment, as the fluctuation pattern variable display results of the special symbols is in response to a case made of the jackpot symbols or Koatari symbol, normal PA2-3 (normal reach A) ~ Normal PA2-4 (normal reach B), normal PB2-3~ normal PB2-4 (normal reach C), Super PA3-3~ Super PA3-4, Super PB3-3~ super PB3-4, special PG1-1~ special PG1-3, special PG2-1 (normal reach a) fluctuation pattern of ~ special PG2-2 (normal reach B) are prepared. なお、図6において、特殊PG1−1〜特殊PG1−3、特殊PG2−1〜特殊PG2−2の変動パターンは、確変大当りBまたは小当りとなる場合に使用される変動パターンであり、確変大当りBまたは小当りとなる場合には、ノーマルリーチAのリーチ演出を含む特殊PG2−1や、ノーマルリーチBのリーチ演出を含む特殊PG2−2の変動パターンが決定される場合がある。 In FIG. 6, the special PG1-1~ special PG1-3, variation pattern of special PG2-1~ special PG2-2 is a variation pattern used when the probability variation big hit B or Koatari, probability variation jackpot if the B or Koatari may special PG2-1 and including reach demonstration of normal reach a, the fluctuation pattern of the special PG2-2 including reach demonstration of normal reach B are determined. また、図6に示すように、確変大当りBまたは小当りでない場合に使用され擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、ノーマルPB2−3を用いる場合には、再変動が2回行われる。 Further, as shown in FIG. 6, of the change pattern with the effect of the pseudo-communication is used if not probability variation big hit B or Koatari, in the case of using a normal PB2-3 is re variation is performed twice. また、リーチする場合に使用され擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、ノーマルPB2−4を用いる場合には、再変動が3回行われる。 Also, among the variation pattern with the effect of the pseudo-communication is used to reach, in the case of using a normal PB2-4 is re variation is performed three times. さらに、リーチする場合に使用され擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、スーパーPA3−3〜スーパーPA3−4を用いる場合にも、再変動が3回行われる。 Furthermore, among the variation pattern with the effect of the pseudo-communication it is used to reach, even in the case of using a super PA3-3~ super PA3-4, re variation is performed three times. また、確変大当りBまたは小当りの場合に使用され擬似連の演出を伴う特殊PG1−3、特殊PG2−2の変動パターンについては、再変動が2回行われる。 Moreover, probability variation big hit B or is used in the case of Koatari involves directing a pseudo continuous special PG1-3, for the variation pattern of special PG2-2, re variation is performed twice.

なお、この実施例では、図6に示すように、変動パターンの種類に応じて変動時間が固定的に定められている場合(例えば、非リーチ短縮なしの場合は6.75秒で固定であり、擬似連ありのスーパーリーチAの場合には変動時間が26.75秒で固定であり、擬似連なしのスーパーリーチAの場合には変動時間が22.75秒で固定である)を示しているが、例えば、同じ種類のスーパーリーチの場合であっても、合算保留記憶数に応じて、変動時間を異ならせるようにしてもよい。 In this embodiment, as shown in FIG. 6, if the change time according to the type of variation patterns are fixedly determined (for example, in the case of no non Reach shortened be fixed at 6.75 seconds , varying time in the case of super reach a of there pseudo communication is fixed at 26.75 seconds in the case of super reach a without pseudo communicating a fixed time-varying 22.75 seconds) is shown in are, but for example, even when the same type of super reach, according to the summing hold memory number, may be made different variations time. 例えば、同じ種類のスーパーリーチを伴う場合であっても、合算保留記憶数が多くなるに従って、変動時間が短くなるようにしてもよい。 For example, even if with the same type of super reach, according to the sum pending store the number increases, may be fluctuation time is shortened. また、例えば、同じ種類のスーパーリーチの場合であっても、第1特別図柄の変動表示を行う場合には、第1保留記憶数に応じて、変動時間を異ならせるようにしてもよく、第2特別図柄の変動表示を行う場合には、第2保留記憶数に応じて、変動時間を異ならせるようにしてもよい。 Further, for example, even when the same type of super reach, in the case of variable display of the first special symbol in response to the first hold storage number may be made different variations time, the when performing the variable display of the second special symbol, in response to the second hold memory number, it may be made different variations time. この場合、第1保留記憶数や第2保留記憶数の値ごとに別々の判定テーブルを用意しておき(例えば、保留記憶数0〜2用の変動パターン種別判定テーブルと保留記憶数3,4用の変動パターン種別判定テーブルとを用意しておき)、第1保留記憶数または第2保留記憶数の値に応じて判定テーブルを選択して、変動時間を異ならせるようにしてもよい。 In this case, by preparing a separate determination table for each first holding memory number and second pending memory number of values ​​(e.g., a variation pattern type determination table for pending memory number 0-2 pending memory number 3,4 are prepared and variation pattern type determination table use), the first hold store number or select the determination table according to the second hold storage number of values, it may be made different variations time.

また、この実施例では、非リーチPA1−3が特殊PG1−2と、非リーチPA1−4が特殊PG1−3と同一の変動パターンを含むものとされており、はずれにおいても、確変大当りBや小当り時と同様の変動演出態様が実施される場合があるため、確変大当りBや小当りが発生したことを遊技者が認識し難くされている。 Further, in this embodiment, a non-reach PA1-3 special PG1-2, non reach PA1-4 are intended to include the same variation pattern and special PG1-3, even off, Ya probability variation jackpot B since the same fluctuation effect is produced as when Koatari is sometimes carried out, the player that probability variation big hit B and Koatari occurs is not easily recognized.

ここで、非リーチPA1−3および特殊PG1−2にもとづく変動演出の具体例を、図52を用いて説明する。 Here, a specific example of variation effect based on a non-reach PA1-3 and special PG1-2, will be described with reference to FIG. 52. なお、図52では、紙面左上から紙面右下に、(A)、(B)、(C)、(D)…の順に、演出表示装置9の表示画面が遷移する In FIG. 52, the lower right from the paper top left, (A), (B), (C), (D) ... in this order, the display screen of the effect display device 9 transits

図52は、非リーチPA1−3および特殊PG1−2にもとづく変動演出態様を示している。 Figure 52 shows a variation representation embodiment based on non reach PA1-3 and special PG1-2. まず、図52(A)に示すように、可変表示が開始された後、左図柄である例えば「3」が左表示エリアに停止され(図52(B)参照)、次いで右図柄である例えば「4」が右表示エリアに仮停止表示(例えば図柄が揺れている状態等)された後(図52(C)参照)、右図柄が再度変動を開始して(所謂「滑り」)(図52(D)参照)、右表示エリアに右図柄である例えば「4」が再度仮停止表示される(図52(E)参照)。 First, as shown in FIG. 52 (A), after the variable display has started, it is left symbol such as "3" is stopped in the left display area (see FIG. 52 (B)), then a right symbol e.g. after "4" is temporarily stopped on the right display area (e.g., like state symbols shaking) (see FIG. 52 (C)), the start of the variation right symbol again (so-called "slip") (Fig. 52 (D) refer), for example, the right symbol "4" is temporarily stopped again displayed in the right display area reference (FIG. 52 (E)). そして中図柄である例えば「3」が中表示エリアに停止表示される(図52(F)参照)。 And a medium symbols such as "3" is stopped and displayed the center display area (see FIG. 52 (F)).

そして、この状態で、全ての図柄が画面右上に縮小表示されるとともに、戦闘機が画面右上から左下に向けて通過する(図52(G1)参照)。 Then, in this state, along with all the symbols are collapsed at the upper right of the screen, fighter passes toward the lower left from the upper right screen (see FIG. 52 (G1)). 次いで、今度は戦闘機が画面左上から右下に向けて通過し(図52(G2)参照)、さらに2機の戦闘機が同時に画面左上および右上から斜め下方に向けて通過する(図52(G3)参照)。 Then, this time passes fighters toward the lower right from the upper left screen (see FIG. 52 (G2)), further two aircraft fighters passes obliquely downward from the upper left corner and the upper right at the same time (FIG. 52 ( G3) reference). そして、最後は図柄が縮小表示されたまま画面中央に「?」が表示され、確変大当りB、小当り、はずれのいずれかが発生した旨が示唆される。 And, finally to display the "?" In the center of the screen while the symbol is displayed reduced, probability variation big hit B, Koatari, indicating that any of the out has occurred is suggested.

このように、非リーチPA1−3および特殊PG1−2にもとづく変動演出態様は図52(A)〜(G4)に示すように同じであるが、詳しくは、非リーチPA1−3においては、図52(A)〜(G4)までが一連の変動パターンであって、この一連の特図変動時間は17.75秒(図6参照)とされているのに対し、特殊PG1−2においては、図52(A)〜(F)までが一連の変動パターンであり、この一連の特図変動時間が11.75秒(図6参照)とされ、図52(G1)〜(G4)は、大当り遊技状態または小当り遊技状態(大入賞口開放制御中)において行われる大当りまたは小当り演出であり、この大入賞口開放制御時間が約6秒間とされている。 Thus, variation effect is produced based on non reach PA1-3 and special PG1-2 are the same as shown in FIG. 52 (A) ~ (G4), specifically, in non reach PA1-3 is Figure 52 (a) to ~ (G4) is a series of fluctuation pattern, a series of Japanese Figure varying time whereas there is a 17.75 seconds (see FIG. 6), in the special PG1-2, Figure 52 (a) to ~ (F) is a series of fluctuation pattern, a series of Japanese Figure fluctuation time is 11.75 seconds (see FIG. 6), Fig. 52 (G1) ~ (G4) is big hit a big hit or Koatari effect takes place in the gaming state or Koatari gaming state (big winning opening open control in), the special winning opening open control time is approximately 6 seconds. すなわち、非リーチPA1−3における特図変動時間T1と、特殊PG1−2における特図変動時間T2と大入賞口開放制御時間T3とを合算した時間と、が同じとされている{T1(17.75秒)=T2(11.75秒)+T3(6秒)}。 That is, the Japanese view fluctuation time T1 in the non Reach PA1-3, time and the sum of the the Japanese view change time T2 special winning opening open control time T3 in the special PG1-2, but are the same {T1 (17 .75 sec) = T2 (11.75 sec) + T3 (6 seconds)}.

具体的には、非リーチPA1−3においては、図52(G1)〜(G3)の間は右図柄である「4」は仮停止表示状態であり、最終的に図52(G4)において停止表示されるのに対し、特殊PG1−2においては、図52(G1)以降は右図柄である「4」は停止表示されている、つまり図52(G1)の時点で変動表示は停止されているが、図柄が縮小表示されているとともに、戦闘機が通過する動きがあることにより、遊技者に対して見た目上同じ演出が行われているように見せることができる。 Specifically, in the non reach PA1-3, between FIG. 52 (G1) ~ (G3) is a right symbol "4" is a temporary stop display state, finally stopping in FIG 52 (G4) while being displayed, the special PG1-2, FIG 52 (G1) thereafter are the right symbol "4" are stopped and displayed, i.e. variation display at the time of FIG. 52 (G1) is stopped it is, but with symbols being displayed reduced, by the fighters there is a movement to pass, can be seen as it looks on the same effect to the player is performed.

次に、非リーチPA1−4および特殊PG1−3にもとづく変動演出の具体例を、図53を用いて説明する。 Next, a specific example of variation effect based on a non-reach PA1-4 and special PG1-3, will be described with reference to FIG. 53.

図53は、非リーチPA1−4および特殊PG1−3にもとづく変動演出態様を示している。 Figure 53 shows a variation representation embodiment based on non reach PA1-4 and special PG1-3. まず、図53(A)に示すように、可変表示が開始された後、左図柄である例えば「3」が左表示エリアに停止され(図53(B)参照)、次いで右図柄である例えば「5」が右表示エリアに停止表示された後(図53(C)参照)、中図柄である例えば「5」が中表示エリアに停止表示されると同時に、左・中・右図柄が仮停止表示状態(例えば図柄が揺れている状態等)となる(図53(D)参照)。 First, as shown in FIG. 53 (A), after the variable display has started, it is left symbol such as "3" is stopped in the left display area (see FIG. 53 (B)), then a right symbol e.g. (see FIG. 53 (C)) after "5" is stopped and displayed on the right display area, and at the same time is a middle symbol such as "5" is stopped and displayed center display area, in the left-and right symbol tentative the stop display state (e.g., like state symbols shaking) (see FIG. 53 (D)).

そして、左・中・右図柄が再度変動を開始し(所謂「擬似連」)、図53(A)〜(D)と同様の変動を繰り返して仮停止表示された後(図53(E)(F)参照、擬似連1回目)、再度変動を開始し、図53(A)〜(D)と同様の変動を繰り返して仮停止表示される(図53(G)(H)参照、擬似連2回目)。 Then, to start the change left, middle and right symbol again (so-called "quasi-continuous"), FIG. 53 (A) ~ (D) after being provisionally stopped repeatedly displayed a variation similar to that (FIG. 53 (E) (F) see, pseudo continuous first time), to start the change again, (is temporarily stopped and displayed by repeating the variation similar to a) ~ (D) (FIG. 53 (G) 53 reference (H), the pseudo second time communication).

そして、この状態で、全ての図柄が画面右上に縮小表示されるとともに、戦闘機が画面右上から左下に向けて通過する(図53(I1)参照)。 Then, in this state, along with all the symbols are collapsed at the upper right of the screen, fighter passes toward the lower left from the upper right screen (see FIG. 53 (I1)). 次いで、今度は3機の戦闘機が画面右上から左下に向けて通過し(図53(I2)参照)、さらに7機の戦闘機が画面右上から左下に向けて通過する(図53(I3)参照)。 Then, this time the three aircraft fighter passes toward the upper right of the screen in the bottom left (see FIG. 53 (I2)), further 7 aircraft fighter passes toward the lower left from the upper right screen (FIG. 53 (I3) reference). そして、最後は図柄が縮小表示されたまま画面中央に「?」が表示され、確変大当りB、小当り、はずれのいずれかが発生した旨が示唆される。 And, finally to display the "?" In the center of the screen while the symbol is displayed reduced, probability variation big hit B, Koatari, indicating that any of the out has occurred is suggested.

このように、非リーチPA1−4および特殊PG1−3にもとづく変動演出態様は図53(A)〜(I4)に示すように同じであるが、詳しくは、非リーチPA1−4においては、図53(A)〜(I4)までが一連の変動パターンであって、この一連の特図変動時間は21.50秒(図6参照)とされているのに対し、特殊PG1−3においては、図53(A)〜(H)までが一連の変動パターンであり、この一連の特図変動時間が15.50秒(図6参照)とされ、図53(I1)〜(I4)は、大当り遊技状態または小当り遊技状態(大入賞口開放制御中)において行われる大当りまたは小当り演出であって、この大入賞口開放制御時間が約6秒間とされている。 Thus, variation effect is produced based on non reach PA1-4 and special PG1-3 are the same as shown in FIG. 53 (A) ~ (I4), specifically, in non reach PA1-4 is Figure 53 (a) to ~ (I4) is a series of fluctuation pattern, whereas the series of JP diagram varies with time is a 21.50 seconds (see FIG. 6), in the special PG1-3, Figure 53 (a) to ~ (H) is a series of fluctuation pattern, a series of Japanese Figure fluctuation time is a 15.50 seconds (see FIG. 6), Fig. 53 (I1) ~ (I4) is big hit a big hit or Koatari effect takes place in the gaming state or Koatari gaming state (big winning opening open control in), the special winning opening open control time is approximately 6 seconds. すなわち、非リーチPA1−4における特図変動時間T1と、特殊PG1−3における特図変動時間T2と大入賞口開放制御時間T3とを合算した時間と、が同じとされている{T1(21.50秒)=T2(15.50秒)+T3(6秒)}。 That is, the Japanese view fluctuation time T1 in the non Reach PA1-4, time and the sum of the the Japanese view change time T2 special winning opening open control time T3 in the special PG1-3, but are the same {T1 (21 .50 sec) = T2 (15.50 sec) + T3 (6 seconds)}.

具体的には、非リーチPA1−4においては、図53(I1)〜(I3)の間は左・中・右図柄は全て仮停止表示状態であり、最終的に図53(I4)において停止表示されるのに対し、特殊PG1−3においては、図53(I1)以降は全ての図柄は停止表示されている、つまり図53(I1)の時点で変動表示は停止されているが、図柄が縮小表示されているとともに、戦闘機が通過する動きがあることにより、遊技者に対して見た目上同じ演出が行われているように見せることができる。 Specifically, in the non reach PA1-4, a temporary stop display state all in-right symbol is left-during the FIG 53 (I1) ~ (I3), and finally stopped in FIG. 53 (I4) While being displayed, the special PG1-3, FIG 53 (I1) after all symbols are stopped and displayed, i.e. variation display at the time of FIG. 53 (I1) is being stopped, the symbol there together are collapsed by fighters there is a movement to pass, can be seen as it looks the same effect has been made to the player.

このように本実施例では、確変大当りBまたは小当りの当選時に選択される複数の変動パターン(特殊PG1−1〜3、2−1〜2)のうちの2つの変動パターン(特殊PG1−2,1−3)の演出態様および確変大当りB遊技状態/小当り遊技状態において実行される演出態様からなる一連の演出態様が、はずれの時に選択される複数の変動パターンのいずれか(非リーチPA1−3,4)の演出態様と同じとされているため、図52、図53に示す変動が行われた場合、非リーチPA1−3,4または特殊PG1−2,3のいずれの変動パターンにもとづく演出態様であるかを特定することを困難とすることができる。 Thus, in this embodiment, the two variation pattern of the plurality of change patterns to be selected when winning probability variation jackpot B or Koatari (special PG1-1~3,2-1~2) (special PG1-2 , a series of effect is produced consisting representation embodiment executed in representation embodiment and probability variation jackpot B gaming state / Koatari gaming state 1-3) is one of a plurality of change patterns to be selected when the off (non reach PA1 because it is the same as the representation embodiment of 3,4), FIG. 52, if the variation shown in FIG. 53 is performed, in any variation pattern of non reach PA1-3,4 or special PG1-2,3 the in either representation embodiment based can be difficult to identify. 言い換えると、非リーチPA1−3,4、特殊PG1−2,3にもとづく変動パターンは、確変大当りB、小当り、はずれのいずれの場合にも選択される変動パターンであるため、確変大当りBや小当りが発生した場合でも、確変大当りBや小当りが発生したことを遊技者に悟られ難くでき、その結果、確変大当りBや小当りのみを発生させる場合に比較して、確変大当りBが発生に伴って遊技状態が確変状態に移行していることを、より一層、遊技者に悟られ難くできるようになっている。 In other words, non reach PA1-3,4, the variation pattern based on a special PG1-2,3, since probability variation big hit B, Koatari a variation pattern is also selected in each case on the edge, Ya probability variation jackpot B even when Koatari occurs, can hardly convince the player that probability variation big hit B and Koatari occurs, As a result, compared to the case of generating only probability variation big hit B and Koatari, the probability variation big hit B that gaming state is shifted to probability variation state with the generation, it has become more and more, can be hard to convince the player.

なお、この実施例では、非リーチPA1−3および特殊PG1−2、非リーチPA1−4および特殊PG1−3のみが変動演出態様が同じ変動パターンとされていたが、他の変動パターンにおいても、はずれ時と確変大当りBまたは小当り時とで同じ変動パターンを設定してもよい。 In this embodiment, the non-reach PA1-3 and special PG1-2, only the non reach PA1-4 and special PG1-3 variation representation embodiment has been the same variation pattern, in other variation pattern, in a time out at the probability variation jackpot B or Koatari may set the same variation pattern.

また、この実施例では、はずれ時において、確変大当りBまたは小当り時に選択される複数の変動パターンのうち、いずれかと同じ演出態様の変動パターンが選択されるようにしていたが、必ずしも同じ演出態様の変動パターンが選択されるようにしなくてもよい。 Further, in this embodiment, at the time out of the plurality of change patterns to be selected when probability variation jackpot B or Koatari, although variation pattern of the same effect is produced as either had to be selected, not necessarily the same effect is produced it may not be as the pattern of variation is selected. すなわち、はずれ時において確変大当りBまたは小当り時に選択される変動パターンと同じ演出態様の変動パターンが選択されなくても、特殊PG1−1〜3、2−1〜2を、確変大当りBまたは小当り時に選択される変動パターンとしていることで、特殊PG1−1〜3、2−1〜2のいずれかの変動パターンが選択された場合、少なくとも遊技者が確変大当りBの発生を特定することは困難となるため、確変大当りBが発生してその後の遊技状態が確変状態に移行することを遊技者に悟られないようにすることができる。 That is, even without the variation pattern of the same effect is produced as the change pattern selected at the time out at the time of probability variation jackpot B or Koatari is selected, the special PG1-1~3,2-1~2, probability variation big hit B or small by being a variation pattern selected at the time per, if any of the fluctuation pattern of the special PG1-1~3,2-1~2 is selected, that at least the player to identify the occurrence of a probability variation jackpot B is since it is difficult, it is possible later gaming state probability variation jackpot B occurs and to prevent convince the player moving to a probability variation state.

図7は、各乱数を示す説明図である。 Figure 7 is an explanatory diagram showing the respective random number. 各乱数は、以下のように使用される。 Each random number is used as follows.
(1)ランダム1(MR1):大当りの種類(後述する確変大当りA、確変大当りB)を決定する(大当り種別判定用) (1) Random 1 (MR1): Type of jackpot (described later probability variation jackpot A, probability variation big hit B) determining (for determination jackpot type)
(2)ランダム2(MR2):変動パターンの種類(種別)を決定する(変動パターン種別判定用) (2) Random 2 (MR2): Type of variation pattern (type) to determine (for determination variation pattern type)
(3)ランダム3(MR3):変動パターン(変動時間)を決定する(変動パターン判定用) (3) Random 3 (MR3): determining a variation pattern (variable time) (for variation pattern determination)
(4)ランダム4(MR4):普通図柄にもとづく当りを発生させるか否か決定する(普通図柄当り判定用) (4) Random 4 (MR4): determining whether or not to generate the hit based on normal symbol (for determining normal symbol per)
(5)ランダム5(MR5):ランダム4の初期値を決定する(ランダム4初期値決定用) (5) Random 5 (MR5): determining the initial value of the random 4 (for random 4 Initial value determined)
(6)ランダム6(MR6):確変大当りBまたは小当りの種類(種別)を決定する(当り種別判定用) (6) Random 6 (MR6): probability variation big hit B or Koatari type (type) is determined (for determination per type)

なお、この実施例では、変動パターンは、まず、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)を用いて変動パターン種別を決定し、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を用いて、決定した変動パターン種別に含まれるいずれかの変動パターンに決定する。 In this embodiment, fluctuation pattern, first, by using the variation pattern type determining random number (random 2) determining the variation pattern type, by using the variation pattern determining random number (random 3), determined variation pattern determining any variation patterns included in type. そのように、この実施例では、2段階の抽選処理によって変動パターンが決定される。 As such, in this embodiment, the variation pattern is determined by the lottery process in two stages.

なお、変動パターン種別とは、複数の変動パターンをその変動態様の特徴に従ってグループ化したものである。 Note that the fluctuation pattern type is obtained by grouping a plurality of variation patterns according to the characteristics of the fluctuation mode. 例えば、複数の変動パターンをリーチの種類でグループ化して、各種ノーマルリーチを伴う変動パターンを含む変動パターン種別と、スーパーリーチAを伴う変動パターンを含む変動パターン種別と、スーパーリーチBを伴う変動パターンを含む変動パターン種別とに分けてもよい。 For example, by grouping a plurality of variation patterns in types of reach, and fluctuation pattern type comprising a variation pattern with various normal reach, and fluctuation pattern type comprising a variation pattern with super reach A, the fluctuation pattern with super reach B it may be divided into a variation pattern type including. また、例えば、複数の変動パターンを擬似連の再変動の回数でグループ化して、擬似連を伴わない変動パターンを含む変動パターン種別と、再変動2回未満の変動パターンを含む変動パターン種別と、再変動3回の変動パターンを含む変動パターン種別とに分けてもよい。 Further, for example, by grouping a plurality of variation patterns in the number of re-variation of the pseudo communication, a variation pattern type comprising a variation pattern without pseudo communication, a variation pattern type comprising a variation pattern of less than re variation twice, it may be divided into a variation pattern type comprising re variation three variation pattern. また、例えば、複数の変動パターンを擬似連や滑り演出などの特定演出の有無でグループ化してもよい。 Further, for example, may be grouped plurality of variation patterns in the presence or absence of the specific effect of such pseudo-continuous or sliding effect.

なお、この実施例では、確変大当りAである場合には、各種ノーマルリーチのみを伴う変動パターンを含む変動パターン種別であるノーマルCA3−1と、ノーマルリーチCおよび擬似連を伴う変動パターンを含む変動パターン種別であるノーマルCA3−2と、スーパーリーチを伴う変動パターン種別であるスーパーCA3−3とに種別分けされている。 In this embodiment, probability variation big hit if it is A is a normal CA3-1 a variation pattern type comprising a variation pattern with only various normal reach, variation pattern type comprising a variation pattern with normal reach C and pseudo continuous a normal CA3-2 is being kind divided into super CA3-3 and a variation pattern type with super reach. また、確変大当りBである場合には、擬似連を伴う変動パターンを含まない変動パターン種別である特殊CA4−1と、擬似連を伴う変動パターンを含む変動パターン種別である特殊CA4−2とに種別分けされている。 Further, when a probability variation big hit B is a variation pattern type is special CA4-1 containing no variation pattern with a pseudo continuous, special CA4-2 and a variation pattern type comprising a variation pattern with a pseudo-continuous have been type classified. また、小当りである場合にも、確変大当りBである場合と同じく、擬似連を伴う変動パターンを含まない変動パターン種別である特殊CA4−1と、擬似連を伴う変動パターンを含む変動パターン種別である特殊CA4−2とに種別分けされている。 Further, even when a Koatari, as in the case is a probability variation big hit B, the variation pattern type in which special CA4-1 containing no variation pattern with a pseudo continuous variation pattern type comprising a variation pattern with a pseudo-continuous it is the type divided into a special CA4-2 is. また、「はずれ」である場合には、リーチも特定演出も伴わない短縮変動の変動パターンを含む変動パターン種別である非リーチCA2−0と、リーチも特定演出も伴わない変動パターンを含む変動パターン種別である非リーチCA2−1と、リーチを伴わないが特定演出を伴う変動パターンを含む変動パターン種別である非リーチCA2−2と、リーチも特定演出も伴わない短縮変動の変動パターンを含む変動パターン種別である非リーチCA2−3と、各種ノーマルリーチのみを伴う変動パターンを含む変動パターン種別であるノーマルCA2−4と、ノーマルリーチCおよび再変動3回の擬似連を伴う変動パターンを含む変動パターン種別であるノーマルCA2−5と、ノーマルリーチCおよび再変動2回の擬似連を伴う変動パターン Also, if "off", the variation pattern including a non-reach CA2-0 which is a variation pattern type, the variation pattern reach even without also specific effect including variation pattern of shortening fluctuations reach even without also specific effect variation including a non-reach CA2-1 which is a type, a non-reach CA2-2 which is a variation pattern type comprising a variation pattern with but specific effect without reach, the fluctuation pattern of the shortened fluctuations reach even without also specific effect a non-reach CA2-3 which is a pattern type, a normal CA2-4 a variation pattern type comprising a variation pattern with only various normal reach, variation pattern type comprising a variation pattern with a pseudo-communication of normal reach C and re-varying three times variation pattern with the normal CA2-5, pseudo ream of normal reach C and re-change twice at 含む変動パターン種別であるノーマルCA2−6と、スーパーリーチC以外のスーパーリーチを伴う変動パターン種別であるスーパーCA2−7と、全てのスーパーリーチを伴う変動パターン種別であるスーパーCA2−8とに種別分けされている。 A normal CA2-6 a variation pattern type containing, super CA2-7 a variation pattern type with super reach other than super reach C, and super CA2-8 and a variation pattern type with all the super reach type It has been divided into.

図5に示された遊技制御処理におけるステップS23では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、(1)の大当り種別判定用乱数、(4)の普通図柄当り判定用乱数および(6)の当り種別判定用乱数を生成するためのカウンタのカウントアップ(1加算)を行う。 At step S23 in the gaming control process shown in FIG. 5, the game control microcomputer 560, jackpot type determination random number, per type determination for the normal symbol per determination (4) a random number and (6) (1) counting up the counter for generating a use random numbers (1 addition) performed. すなわち、それらが判定用乱数であり、それら以外の乱数が表示用乱数(ランダム2、ランダム3)または初期値用乱数(ランダム5)である。 That is, they are determining random number, a random number other than they display a random number (random 2, random 3) or initial value for the random number (random 5). なお、遊技効果を高めるために、上記の乱数以外の乱数も用いてもよい。 In order to increase a game effect, it may also be used a random number other than the above-mentioned random number. また、この実施例では、大当り判定用乱数として、遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されたハードウェア(遊技制御用マイクロコンピュータ560の外部のハードウェアでもよい。)が生成する乱数を用いる。 Further, in this embodiment, as jackpot determining random numbers, hardware built into the gaming control microcomputer 560 (or the external hardware of the game control microcomputer 560.) Uses a random number to be generated.

図8(a)は、大当り判定テーブル130aを示す説明図である。 8 (a) is an explanatory diagram showing a jackpot determination table 130a. 大当り判定テーブルとは、ROM54に記憶されているデータの集まりであって、ランダムRと比較される大当り判定値が設定されているテーブルである。 The big hit determination table, a set of data stored in the ROM 54, a table jackpot determining value to be compared with the random R is set. 大当り判定テーブルには、通常状態(確変状態でない遊技状態)において用いられる通常時大当り判定テーブルと、確変状態において用いられる確変時大当り判定テーブルとがある。 The big hit determination table, there are a normal big hit determination table used in the normal state (gaming state not in probability variation state), and the probability variation during jackpot determining table used in the probability variation state. 通常時大当り判定テーブルには、図8(a)の左欄に記載されている各数値が設定され、確変時大当り判定テーブルには、図8(a)の右欄に記載されている各数値が設定されている。 The normal big hit determination table, is set each numerical value listed in the left column of FIG. 8 (a), the probability variation during jackpot determination table, the numerical values ​​listed in the right column shown in FIG. 8 (a) There has been set. 図8(a)に記載されている数値が大当り判定値である。 The numerical values ​​set forth in FIG. 8 (a) is a jackpot determining value.

図8(b),(c)は、小当り判定テーブル130b,130cを示す説明図である。 Figure 8 (b), (c) is an explanatory view showing Koatari determination table 130b, the 130c. 小当り判定テーブルとは、ROM54に記憶されているデータの集まりであって、ランダムRと比較される小当り判定値が設定されているテーブルである。 The Koatari determination table, a set of data stored in the ROM 54, a table Koatari determination value to be compared with the random R is set. 小当り判定テーブルには、第1特別図柄の変動表示を行うときに用いられる小当り判定テーブル(第1特別図柄用)130bと、第2特別図柄の変動表示を行うときに用いられる小当り判定テーブル(第2特別図柄用)130cとがある。 The Koatari determination table, Koatari determined to be used when performing the Koatari determination table (for the first special symbol) 130b to be used when performing variable display of the first special symbol, the variable display of the second special symbol table (for the second special symbol) is and 130c. 小当り判定テーブル(第1特別図柄用)130bには、図8(b)に記載されている各数値が設定され、小当り判定テーブル(第2特別図柄用)130cには、図8(c)に記載されている各数値が設定されている。 The Koatari determination table (first for special symbol) 130b, are set each numerical value listed in FIG. 8 (b), the Koatari determination table (second for special symbol) 130c, FIG. 8 (c each numerical values ​​set forth is set to). また、図8(b),(c)に記載されている数値が小当り判定値である。 Further, FIG. 8 (b), the a Koatari determination value numerical values ​​set forth in (c).

CPU56は、所定の時期に、乱数回路503のカウント値を抽出して抽出値を大当り判定用乱数(ランダムR)の値とするのであるが、大当り判定用乱数値が図8(a)に示すいずれかの大当り判定値に一致すると、特別図柄に関して大当り(後述する確変大当りA、確変大当りB)にすることに決定する。 CPU56 is in a predetermined time, but the extracted values ​​by extracting the count value of the random number circuit 503 is taken as the value of the jackpot determining random number (random R), jackpot determining random number shown in FIG. 8 (a) If matches any jackpot determining value, it decides to the jackpot respect special symbol (described later probability variation jackpot a, probability variation big hit B). また、大当り判定用乱数値が図8(b),(c)に示すいずれかの小当り判定値に一致すると、特別図柄に関して小当りにすることに決定する。 Further, jackpot determining random number FIG. 8 (b), when matches any of Koatari determination value (c), the determined to the Koatari respect special symbol. なお、図8(a)に示す「確率」は、大当りになる確率(割合)を示す。 Incidentally, shown in FIG. 8 (a) "probability" indicates a probability that a jackpot (percentage). また、図8(b),(c)に示す「確率」は、小当りになる確率(割合)を示す。 Further, "probability" shown in FIG. 8 (b), (c) shows the probability that a Koatari (percentage). また、大当りにするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける停止図柄を大当り図柄にするか否か決定するということでもある。 Moreover, the fact that to determine whether the jackpot is is that determining whether to shift to the jackpot gaming state, the stop symbol in the first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b also it means that determines whether the jackpot symbol. また、小当りにするか否か決定するということは、小当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける停止図柄を小当り図柄にするか否か決定するということでもある。 Moreover, the fact that to determine whether the Koatari is is that determining whether or not to shift to Koatari gaming state, stop in the first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b also means that determines whether a symbol to Koatari symbol.

なお、この実施例では、図8(b),(c)に示すように、小当り判定テーブル(第1特別図柄用)130bを用いる場合には70分の1の割合で小当りと決定されるのに対して、小当り判定テーブル(第2特別図柄)130cを用いる場合には120分の1の割合で小当りと決定される場合を説明する。 In this embodiment, FIG. 8 (b), the determined to Koatari 1 ratio of 70 minutes in the case of using (c), the Koatari determination table (for the first special symbol) 130b whereas that, in the case of using a Koatari determination table (second special symbol) 130c illustrates the case where it is determined that Koatari at a rate of 1 to 120 minutes. 従って、この実施例では、第1始動入賞口13に始動入賞して第1特別図柄の変動表示が実行される場合には、第2始動入賞口14に始動入賞して第2特別図柄の変動表示が実行される場合と比較して、「小当り」と決定される割合が高い。 Thus, in this embodiment, when the variable display of the first special symbol to start winning the first start winning opening 13 is performed, the variation of the second special symbol to start winning the second start winning opening 14 as compared with the case where the display is performed, the ratio is determined as "Koatari" high.

つまり、第1特別図柄表示器8aの変動表示が実行されるのは、遊技状態が通常状態または確変状態(高確低ベース状態)のときであり、確変大当りBにより遊技状態が確変状態(高確低ベース状態)に移行したことを遊技者に悟られないようにするために小当りの発生確率を高めているのに対し、第2特別図柄表示器8bの変動表示が実行されるのは、遊技状態が確変・時短状態(高確高ベース状態)のときであり、この場合は確変大当りBにより遊技状態が確変状態(高確低ベース状態)に移行したことを遊技者に悟られないようにする必要はないので、小当りの発生確率を抑えている。 In other words, the variable display of the first special symbol display device 8a is executed, the game state is the time when the normal state or probability variation state (high 確低 base state), the game state probability variation state (high by probability variation jackpot B in order to prevent convince the player of the transition to the 確低 base state) whereas to enhance the probability of occurrence of Koatari, the variable display of the second special symbol display device 8b is executed is when gaming state probability variation-time reduction state (high 確高 base state), not convince the player that the game state shifts to the probability variation state (high 確低 base state) by the probability variation big hit B if it is not necessary to be so, to suppress the occurrence probability of Koatari.

また、本実施例では、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bの変動表示結果として小当り図柄が導出されるようになっているが、第2特別図柄表示器8bの変動表示結果として小当り図柄が導出されないようにしてもよい。 Further, in this embodiment, although Koatari symbol is adapted to be derived as a variable display results of the first special symbol display 8a and the second special symbol display device 8b, variations in the second special symbol display device 8b it may be Koatari symbol as a display result is not derived.

また、小当り判定テーブル(第1特別図柄用)130bを用いる場合に小当りと決定される割合(1/70)は、確変大当りBに決定する割合(1/1330(低確時)、1/133(高確時))に比較して高く、小当りが確変大当りBよりも高頻度にて発生するようになっている。 The proportion (1/70) determined as Koatari when using a Koatari determination table (first for special symbol) 130b, the ratio to determine the probability variation jackpot B (1/1330 (low 確時), 1 / 133 higher than the (high 確時)), and generates at higher frequency than Koatari is probability variation jackpot B.

図8(d)は、ROM54に記憶されている大当り種別判定テーブル131aを示す説明図である。 Figure 8 (d) is an explanatory diagram showing a jackpot type determination table 131a stored in the ROM 54. 大当り種別判定テーブル131aは、遊技球が第1始動入賞口13に入賞したことにもとづく保留記憶(すなわち、第1特別図柄の変動表示が行われるとき)および遊技球が第2始動入賞口14に入賞したことにもとづく保留記憶(すなわち、第2特別図柄の変動表示が行われるとき)を用いて大当り種別を決定する場合の大当り種別判定テーブルである。 Jackpot type determination table 131a is pending memory based on the game ball is finished in the first start winning opening 13 (i.e., when the variation display of the first special symbol is performed) and game balls to second start winning opening 14 pending stores based on that the winning (i.e., when the variable display of the second special symbol is performed) is big hit type determination table in determining a jackpot type used. つまり、第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示においても、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示においても、同一の大当り種別判定テーブル131aが使用されて、大当り種別が決定される。 That is, in the variable display of the first special symbol in the first special symbol display device 8a, also in the variation display of the second special symbol in the second special symbol display device 8b, and the same jackpot type determination table 131a is used, jackpot type is determined.

大当り種別判定テーブル131aは、可変表示結果を大当り図柄にする旨の判定がなされたときに、大当り種別判定用の乱数(ランダム1)にもとづいて、大当りの種別を「確変大当りA」、「確変大当りB」のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。 Jackpot type determination table 131a, when the determination that the variable display results to the jackpot symbol has been made, based on the random number (random 1) for determining the jackpot type, the type of the jackpot "probability variation big hit A", "probability variation a table referenced in order to determine any of the big hit B ". なお、この実施例では、「確変大当りA」に対して28個の判定値が割り当てられ(40分の28の割合で確変大当りAと決定される)、「確変大当りB」に対して12個の判定値が割り当てられている(40分の12の割合で確変大当りBと決定される)。 Incidentally, 12 against In this embodiment, the "probability variation big hit A" 28 of the judgment values ​​for the (determined with probability variation jackpot A at a rate of 40 minutes of 28) assigned "probability variation big hit B" determination value is assigned (as determined with probability variation big hit B at 12 a rate of 40 minutes). 従って、この実施例では、可変表示結果を大当り図柄にする旨の判定がなされたときに、「確変大当りB」となる確率は「確変大当りA」となる確率よりも低いが、第1始動入賞口13に始動入賞して第1特別図柄の変動表示が実行される場合と、第2始動入賞口14に始動入賞して第2特別図柄の変動表示が実行される場合とで、「確変大当りB」と決定される割合は同じである。 Thus, in this embodiment, when the determination that the variable display results to the jackpot symbol has been made, the probability of "probability variation big hit B" is lower than the probability of "probability variation big hit A", the first start winning and if the variation display of the first special symbol to start winning the mouth 13 is executed, in a case where the variation display of the second special symbol to start winning the second start winning hole 14 is executed, "probability variation jackpot ratio is determined to be B "it is the same. なお、第1始動入賞口13に始動入賞して第1特別図柄の変動表示が実行される場合と、第2始動入賞口14に始動入賞して第2特別図柄の変動表示が実行される場合とで、「確変大当りB」と決定される割合を異ならせてもよい。 Incidentally, in the case where the variation display of the first special symbol to start winning the first start winning opening 13 is performed, if the variable display of the second special symbol is performed starting winning the second start winning opening 14 and in may be different from the rate which is determined as "probability variation big hit B".

また、この実施例では、図8(d)に示すように、第2特定遊技状態としての15ラウンドの確変大当りBと、この確変大当りBと比較して、大当り中の1回あたりの大入賞口の開放時間を長くした第1特定遊技状態としての確変大当りAと、を決定する場合を説明するが、付与される遊技価値は、この実施例で示したようなラウンド数に限られない。 Further, in this embodiment, as shown in FIG. 8 (d), the probability variation jackpot B of 15 rounds of the second specific game state, as compared with the probability variation big hit B, big winning per time in jackpot a probability variation jackpot a as a first specific game state that a longer opening time of the mouth, but illustrating the case of determining a game value granted is not limited to the round number as shown in this example. 例えば、第2特定遊技状態と比較して、ラウンド数が多い第1特定遊技状態を決定するようにしてもよい。 For example, as compared with the second specific game state, it may be determined first specific game state the number of rounds is large. また、例えば、第2特定遊技状態と比較して、遊技価値として1ラウンドあたりの大入賞口への遊技球の入賞数(カウント数)の許容量を多くした第1特定遊技状態を決定するようにしてもよい。 Further, for example, as compared with the second specific game state, to determine a first specific game state that many capacity of winning numbers of the game ball into the special winning hole per round as gaming value (count) it may be. また、例えば、同じ15ラウンドの大当りであっても、1ラウンドあたり大入賞口を1回開放する第2特定遊技状態と、1ラウンドあたり大入賞口を複数回開放する第1特定遊技状態とを用意し、大入賞口の開放回数が実質的に多くなるようにして第1特定遊技状態の遊技価値を高めるようにしてもよい。 Further, for example, be a big hit with the same 15 round, a second specific game state to open once the bonus prize hole per round, and a first specific game state to open multiple times winning opening per round prepared, opening times of the special winning opening may be enhanced first gaming value of a particular game state set to be substantially more. この場合、例えば、第1特定遊技状態または第2特定遊技状態いずれの場合であっても、大入賞口を15回開放したときに(この場合、第2特定遊技状態の場合には15ラウンド全てを終了し、第1特定遊技状態の場合には未消化のラウンドが残っていることになる)、大当りがさらに継続するか否かを煽るような態様の演出(いわゆるランクアップボーナスの演出)を実行するようにしてもよい。 In this case, for example, in either case the first specific game state or the second specific game state, when (in this case opening the special winning opening 15 times, in the case of the second specific gaming state 15 round all Exit, so that there remain undigested round in the case of the first specific game state), effect of the manner inflame whether jackpot further continued (effect of so-called rank-up bonus) it may be executed. そして、第2特定遊技状態の場合には内部的に15ラウンド全てを終了していることから大当り遊技を終了し、第1特定遊技状態の場合には内部的に未消化のラウンドが残っていることから、大当り遊技が継続する(恰も15回開放の大当りを終了した後にさらにボーナスで大入賞口の開放が追加で始まったような演出)ようにしてもよい。 In the case of the second specific gaming state exits the jackpot gaming because it is finished all internally 15 rounds, in the case of the first specific game state is left round the internally undigested it from, may be (further production, such as the opening of the special winning opening began in the added bonus after finishing the big hit if it were 15 times open) so that the big hit game continues.

「確変大当りA」とは、図7(b)に示すように、15ラウンドの大当り遊技状態に制御し、その大当り遊技状態の終了後に確変状態および時短状態(確変・時短状態、高確高ベース状態)に移行させる大当りである。 "Probability variation big hit A" is, as shown in FIG. 7 (b), to control the jackpot gaming state of 15 rounds, probability variation state and the time-shortening conditions (probability variation-time reduction state after the end of the jackpot gaming state, high 確高 base it is a big hit for shifting to a state). 大当り終了後、変動表示を78回終了するまで(始動回数が78回となるまで)確変状態が継続する。 After the big hit the end, until the end of the variable display 78 times (starting number until 78 times) probability variation state continues. ただし、時短状態は、大当り終了後、変動表示を70回終了したとき(始動回数が70回となってとき)に終了して低ベース状態に移行され、高確率状態のみ変動表示を78回終了するまで(始動回数が78回となるまで)継続される。 However, time reduction state after the big hit completion, migrated to exit and low base state when completed 70 times the variable display (when in the starting number becomes 70 times), ends 78 times the variable display only the high probability state until the (starting number until 78 times) it is continued. 従って、この実施例では、大当り終了後、70回目の変動表示を終了してから78回目の変動表示を終了するまでの間、高確率状態のみとされ、高ベース状態とはならない(高確低ベース状態である)。 Thus, in this embodiment, after the big hit completion, until the completion of the Exit and 78 th variable display from the variable display of 70th, it is a high-probability state only, not a high base state (high 確低it is the base state).

「確変大当りB」とは、図7(b)に示すように、1ラウンドあたりの大入賞口の開放時間が「確変大当りA」に比べて短い15ラウンドの大当り遊技状態に制御し、その大当り遊技状態の終了後に確変状態にのみ移行させる大当りである。 "Probability variation big hit B" is, as shown in FIG. 7 (b), 1 open time of winning opening per round 15 controls the jackpot gaming state rounds shorter than the "probability variation big hit A", the jackpot it is a big hit for shifting only the probability variation state after the gaming state exits. 大当り終了後、変動表示を所定回数(本実施例では78回)終了するまで確変状態が継続する。 After the jackpot completion, (78 times in this embodiment) a predetermined number variable display probability variation state before closing continues. ただし、大当り終了後に時短状態には移行せずに低ベース状態に移行され、高確率状態のみ変動表示を78回終了するまで継続される。 However, the time-shortening state after the jackpot completion migrated without shifting to a low base state is continued until the end of 78 times the variable display only the high probability state. 従って、この実施例では、確変大当りBの終了後、78回目の変動表示を終了するまでは高確率状態のみとされ、高ベース状態には移行されない(高確低ベース状態)。 Thus, in this embodiment, after the end of the probability variation big hit B, until the end of the 78 th variable display is only high-probability state, not migrated to the high base state (high 確低 base state).

つまり、「確変大当りA」では、1ラウンドあたりの大入賞口の開放時間が29秒と長いのに対して、「確変大当りB」では1ラウンドあたりの大入賞口の開放時間が0.1秒と極めて短く(高速開放)、大当り遊技中に大入賞口に遊技球が入賞することは殆ど期待できない。 In other words, the "probability variation big hit A", 1 for the opening time of the special winning opening per round of 29 seconds and long, "probability variation big hit B" opening time of the special winning opening per round in 0.1 seconds When the very short (high-speed open), that the game ball in the special winning opening in the big hit game is to win it can not be expected almost. そして、この実施例では、その確変大当りBの大当り遊技状態の終了後には確変状態に移行されるが高ベース状態には移行しない。 Then, in this embodiment, no transition to the probability variation jackpot is the the high base state shifts to probability variation state after completion of the jackpot gaming state of B.

なお、この実施例では、図7(b)に示すように、「小当り」となった場合にも、大入賞口の開放が0.1秒間ずつ15回行われ、「確変大当りB」による大当り遊技状態と同様の制御が行われる。 In this embodiment, as shown in FIG. 7 (b), when it is determined "Koatari" also, the opening of the special winning hole is performed 15 times by 0.1 seconds, according to the "probability variation big hit B" the same control as jackpot gaming state is made. そして、「小当り」となった場合には、大入賞口の15回の高速開放が終了した後、遊技状態は変化せず、「小当り」となる前の遊技状態が維持される。 Then, when it becomes a "Koatari", after 15 times the high-speed opening of the special winning opening has been completed, the game state is not changed, the game state before the "Koatari" is maintained. そのようにすることによって、例え遊技者が大入賞口の開放を確認できたとしても、「確変大当りB」または「小当り」のいずれにもとづく開放なのかを特定しにくく、しかもその後の遊技状態が確変状態または通常状態のいずれに移行したかを特定することもできなくなるため、遊技者にわからないように、確変大当りBを発生させ、かつ、該大当りの終了後に遊技状態を確変状態に移行させる、つまり確変状態を潜伏させることができる。 By doing so, even if the player has confirmed the opening of the special winning opening "probability variation big hit B" or difficult to identify whether opening of the based on any of the "Koatari", yet subsequent gaming state because but no longer can be identified whether the transition to any of probability variation state or normal state, so do not know the player to generate a probability variation big hit B, and shifts the gaming state to the probability variation state after per the large ends , i.e. it can be latent the probability variation state. また、逆に、低確状態において確変大当りBと同様の演出制御が実施される小当りを発生させることで、該小当りの終了後は遊技状態が確変状態に移行しないので、低確状態を潜伏させることができる。 Conversely, low in probability state probability variation jackpot by generating a Koatari a similar effect control is performed and B, since after per the small end of the game state does not shift to probability variation state, a low probability state it can be latent.

大当り種別判定テーブル131aには、ランダム1の値と比較される数値であって、「確変大当りA」、「確変大当りB」のそれぞれに対応した判定値(大当り種別判定値)が設定されている。 The jackpot type determination table 131a, a numerical value is compared with the value of the random 1 "probability variation big hit A", the determination values ​​corresponding to each of the "probability variation big hit B" (jackpot type determination value) is set . CPU56は、ランダム1の値が大当り種別判定値のいずれかに一致した場合に、大当りの種別を、一致した大当り種別判定値に対応する種別に決定する。 CPU56, the value of the random 1 if they match any of the jackpot type determination value, determines the type of the jackpot, the corresponding to the matched jackpot type determination value type.

図8(e)は、ROM54に記憶されている確変大当りB種別判定テーブル131bを示す説明図である。 Figure 8 (e) is an explanatory diagram showing a probability variation jackpot B type determination table 131b stored in the ROM 54. 確変大当りB種別判定テーブル131bは、大当り種別判定テーブル131aを用いた判定で、大当りの種別が確変大当りBに決定され、その時点の遊技状態が低確状態である場合において、確変大当りBの種別を確変大当りB1、確変大当りB2、確変大当りB3のいずれかに決定するために用いられるテーブルである。 Probability variation jackpot B type determination table 131b is a determination using the jackpot type determination table 131a, the type of the jackpot is determined probability variation jackpot B, when the game status at that time is low probability state, type of probability variation jackpot B the probability variation big hit B1, probability variation big hit B2, is a table used to determine any of the probability variation jackpot B3.

具体的には、確変大当りB種別判定テーブル131bには、確変大当りB1、確変大当りB2、確変大当りB3のそれぞれに対応して、ランダム6(MR6)の判定値が記憶されており、大当りの種別が確変大当りBに決定された際に抽出されたランダム6(MR6)の値が該当する種別に決定される。 Specifically, the probability variation jackpot B type determination table 131b, probability variation big hit B1, probability variation jackpot B2, corresponding to each of the probability variation jackpot B3, and the determination value of the random 6 (MR6) is stored, the type of jackpot There value of random 6 extracted when it is determined probability variation jackpot B (MR6) is determined in the appropriate type.

尚、この実施例では、「確変大当りB1」に対して10個の判定値が割り当てられ(100分の10の割合で確変大当りB1と決定される)、「確変大当りB2」に対して35個の判定値が割り当てられている(100分の35の割合で確変大当りB2と決定される)、「確変大当りB3」に対して55個の判定値が割り当てられており(100分の55の割合で確変大当りB3と決定される)、「確変大当りB3」>「確変大当りB2」>「確変大当りB1」の順で多く決定されるようになっている。 Incidentally, 35 against In this embodiment, the "probability variation big hit B1" ten discriminants values ​​for the (determined with probability variation big hit B1 at 10 a rate of 100 minutes) assigned "probability variation big hit B2" ratio determination value is assigned (as determined with probability variation big hit B2 at 35 a rate of 100 minutes), the "probability variation big hit B3" 55 decision values ​​are assigned (100 minutes 55 against in it it is determined that the probability variation big hit B3), "probability variation big hit B3"> "probability variation big hit B2"> is adapted to be more determined in the order of "probability variation big hit B1".

尚、図7(b)に示すように、確変大当りB1は、大当り状態の終了後においてはずれの変動パターンの種別決定に使用するテーブルを変更する使用テーブル変更始動回数が10回とされる確変大当りBであり、確変大当りB2は使用テーブル変更始動回数が20回とされる確変大当りBであり、確変大当りB3は使用テーブル変更始動回数が30回とされる確変大当りBであり、確変大当りB1、確変大当りB2、確変大当りB3は、使用テーブル変更始動回数が異なるのみで、該使用テーブル変更始動回数以外の内容は全て同一とされている。 As shown in FIG. 7 (b), the probability variation big hit B1 is probability variation big hit the usage count table change start to change the tables used in the type determination of the edge of the fluctuation pattern after completion of the jackpot state is 10 times a B, probability variation big hit B2 is probability variation big hit B to the number of uses table change start is set to 20 times, probability variation big hit B3 is probability variation big hit B to the number of uses table change start is set to 30 times, probability variation big hit B1, probability variation big hit B2, probability variation big hit B3 is a number of uses table change startup differ only, contents other than the number table changes starting said use are all the same.

よって、確変大当りBとなる場合には、使用テーブル変更始動回数の多い確変大当りB3が決定され易く、使用テーブル変更始動回数の少ない確変大当りB1が決定され難くなっており、各種別に対する割り当て比率(10/100,35/100,55/100)と使用テーブル変更始動回数(10,20,30)とのそれぞれの積を合計することで得られる使用テーブル変更始動回数の期待値としては、確変大当りBでは24.5回である。 Therefore, probability variation big hit and if made of B, easy use table change start Most Viewed probability variation jackpot B3 are determined, have become less used table change number of starts probability variation jackpot B1 is hardly determined, assignment for each type Ratio ( 10 / 100,35 / as 100,55 / 100) and the expected value of each number using the table changes starting obtained by summing the product of the use table change number of starts (10, 20, 30), probability variation jackpot in B, which is 24.5 times.

また、高確状態において確変大当りBが決定された場合には、時短状態に移行して、該時短状態に対応した短縮の変動パターン種別を決定可能とされた変動パターン種別判定テーブルが使用されるので、確変大当りBの種別の決定は行わないようになっているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら確変大当りBの種別の決定を低確状態と同様に実施するものの、これら決定された種別に対応する使用テーブル変更始動回数にかかわらずに、時短状態に対応した短縮の変動パターン種別を決定可能とされた変動パターン種別判定テーブルを使用するようにしても良い。 Also, if the probability variation jackpot B is determined in the high probability state, the process proceeds to time reduction state, the variation pattern type determination table that is capable determining a variation pattern type of shortening corresponding is used said time short state because, although so no decisions about type of probability variation jackpot B, the present invention is not limited thereto, but carrying out the determination of the type of probability variation jackpot B similarly to the low probability state, regardless of the number of uses table change start corresponding to these determined type may be used to vary the pattern type determination table that is capable determining a variation pattern type of shortening corresponding to time reduction state.

図8(f)は、ROM54に記憶されている小当り種別判定テーブル131cを示す説明図である。 Fig. 8 (f) is an explanatory diagram showing a Koatari type determination table 131c stored in the ROM 54. 小当り種別判定テーブル131cは、小当り判定テーブル130b,130cを用いた判定で、小当りに決定され、その時点の遊技状態が低確状態である場合において、小当りの種別を小当りA、小当りB、小当りCのいずれかに決定するために用いられるテーブルである。 Koatari type determination table 131c is Koatari determination table 130b, the determination using 130c, is determined Koatari, when a game state at that time is low probability state, Koatari A the type of Koatari, Koatari B, and a table used for determining the one of Koatari C.

具体的には、小当り種別判定テーブル131cには、小当りA、小当りB、小当りCのそれぞれに対応して、ランダム6(MR6)の判定値が記憶されており、小当りに決定された際に抽出されたランダム6(MR6)の値が該当する種別に決定される。 Specifically, the Koatari type determination table 131c, Koatari A, Koatari B, and correspond to the respective Koatari C, and the determination value of the random 6 (MR6) is stored, determined Koatari the value of the random 6 extracted when it is (MR6) is determined in the appropriate type.

尚、この実施例では、「小当りA」に対して65個の判定値が割り当てられ(100分の65の割合で小当りAと決定される)、「小当りB」に対して30個の判定値が割り当てられている(100分の30の割合で小当りBと決定される)、「小当りC」に対して5個の判定値が割り当てられており(100分の5の割合で小当りCと決定される)、「小当りA」>「小当りB」>「小当りC」」の順で多く決定されるようになっている。 Incidentally, 30 against In this embodiment, the "Koatari A" 65 of the judgment values ​​(determined as Koatari A 65 percentage of 100 minutes) allotted respect, "Koatari B" ratio determination value is assigned (as determined with Koatari B at 30 a rate of 100 minutes), the "Koatari C" is assigned five judgment values ​​for (hundredths 5 in is determined as Koatari C), "Koatari a"> "Koatari B"> is adapted to be often determined in the order of "Koatari C '".

尚、図7(b)に示すように、「小当りA」は、小当り状態の終了後においてはずれの変動パターンの種別決定に使用するテーブルを変更する使用テーブル変更始動回数が10回とされる小当りであり、「小当りB」は使用テーブル変更始動回数が20回とされる小当りであり、「小当りC」は使用テーブル変更始動回数が30回とされる小当りであり、小当りA、小当りB、小当りCは、使用テーブル変更始動回数が異なるのみで、該使用テーブル変更始動回数以外の内容は全て同一とされている。 Incidentally, as shown in FIG. 7 (b), "Koatari A", the number of uses table change start to change the tables used in the type determination of the edge of the fluctuation pattern after completion of Koatari state is 10 times that is Koatari, "Koatari B" is Koatari the number of uses table change start is set to 20 times, "Koatari C" is a Koatari the number of uses table change start is set to 30 times, Koatari a, Koatari B, Koatari C is the number of uses table change startup differ only, contents other than the number table changes starting said use are all the same.

よって、小当りとなる場合には、使用テーブル変更始動回数の少ない小当りAが決定され易く、使用テーブル変更始動回数の多い小当りCが決定され難くなっており、各種別に対する割り当て比率(65/100,30/100,5/100)と使用テーブル変更始動回数(10,20,30)とのそれぞれの積を合計することで得られる使用テーブル変更始動回数の期待値としては、小当りでは14.0回である。 Therefore, when the Koatari is likely less Koatari A-used table change start times are determined, and hardly be determined more Koatari C-used table change starting number, allocation for each type Ratio (65 / 100,30 / as 100, 5/100) and the expected value of each number using the table changes starting obtained by summing the product of the use table change number of starts (10, 20, 30), in Koatari which is 14.0 times.

尚、高確状態において小当りに決定された場合には、遊技状態が変化せずに高確状態を維持するとともに、該高確状態に移行する契機となった確変大当りAまたは確変大当りBにおいて決定された確変回数や使用テーブル変更始動回数が既に存在するので、小当りの種別の決定は行わないようになっているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら小当りの種別の決定を低確状態と同様に実施するものの、これら決定された種別に対応する使用テーブル変更始動回数を無効として、該高確状態に移行する契機となった確変大当りBにおいて決定された使用テーブル変更始動回数を優先させる(有効とする)ようにしても良い。 Incidentally, when it is determined in Koatari in the high probability state, while maintaining Ko確 state without change in game state, in probability variation jackpot A or probability variation big hit B that triggered the transition to the high probability state since the determined probability variation frequency and use table change number of starts already exists, the determination of the type of Koatari is adapted not performed, but the present invention is not limited thereto, the type of Koatari While implementing the decision similar to the low probability state used table as invalid use table change number of starts, was determined in probability variation big hit B that triggered the transition to the high probability state corresponding to these determined type priority is given to the change start times may be (valid to) as.

また、この実施例では、確変大当りBとなる場合には、付与される使用テーブル変更始動回数の多い種別が決定され易く、小当りとなる場合には、付与される使用テーブル変更始動回数の少ない種別が決定され易くしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、逆に、確変大当りBとなる場合には、付与される使用テーブル変更始動回数の少ない種別が決定され易く、小当りとなる場合には、付与される使用テーブル変更始動回数の多い種別が決定され易くしても良い。 Further, in this embodiment, when the probability variation big hit B is likely many types of usage count table change start to be applied is determined, if the Koatari is low number of uses table change startup granted Although type is easily determined, the present invention is not limited thereto, conversely, if the probability variation big hit B is likely less type of number used table change start to be applied is determined, when the Koatari is larger type of number used table change start to be applied it may be easily determined.

また、この実施例では、確変大当りBと小当りとで異なる確変大当りB種別判定テーブル131bと小当り種別判定テーブル131cとを使用することにより、確変大当りBとなる場合には、付与される使用テーブル変更始動回数の多い種別が決定され易く、小当りとなる場合には、付与される使用テーブル変更始動回数の少ない種別が決定され易くすることで、これら使用テーブル変更始動回数の違いにより、確変大当りBや小当りの発生直後の遊技状態が、高確(確変)状態であるか否かを遊技者が推定し易くしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら確変大当りBと小当りとで、例えば、各使用テーブル変更始動回数に判定値がほぼ均等に割り当てられた同一の種別判定テーブルを用いるようにして、確変大当りB The use, in this embodiment, by using a different probability variation jackpot B type determination table 131b and Koatari type determination table 131c in the probability variation big hit B and Koatari, if the probability variation big hit B is applied many types are determined easily with table change number of starts, when the Koatari, by small type of number used table change startup applied to easily be determined by the difference between these use table change number of starts, probability variation big hit B and gaming state immediately after generation of Koatari is, although a player whether the high probability (probability variation) state is easily estimated, the present invention is not limited thereto, these probability variation in the big hit B and Koatari, for example, so as to use the same type determination table determination value is allocated substantially uniformly in each usage table change number of starts, probability variation jackpot B あるか小当りであるかの当りの種別にかかわらずに、使用テーブル変更始動回数を複数種類の使用テーブル変更始動回数(10回、20回、30回)のうちから決定するようにしても良く、このようにすることにより、確変大当りBや小当りの発生直後の遊技状態が、高確(確変)状態であるか否かを遊技者が推定し難くすることにより、遊技機の興趣を向上させるようにしても良い。 Well regardless some of per if it were Koatari type, number of uses table change start of the plurality of types of the usage count table change start (10 times, 20 times, 30 times) be determined from among by doing so, probability variation big hit B and gaming state immediately after generation of Koatari is, by the player whether the high probability (probability variation) state is hardly estimated increase interest for games machines it may be allowed to.

また、この実施例では、確変大当りBや小当りの種別を決定することにより、付与する使用テーブル変更始動回数を決定するようにしているが、これら確変大当りBや小当りの種別を決定せずに、付与する使用テーブル変更始動回数を、例えば、確変大当りBで決定可能な使用テーブル変更始動回数範囲である21〜30の範囲内から抽出して決定する一方、例えば、小当りで決定可能な使用テーブル変更始動回数範囲である11〜20の範囲内から抽出して決定するようにしても良い。 Further, in this embodiment, by determining the type of probability variation jackpot B and Koatari, but so as to determine the number of uses table change start to impart, without determining the type of probability variation jackpot B and Koatari , the usage count table change start to impart, for example, while determining extracted from the range of 21 to 30 is used table change start number range can be determined by the probability variation big hit B, for example, can be determined by Koatari it may be determined by extracting from the range of the use table change start number range 11 to 20.

図9(a)は、確変大当りA用変動パターン種別判定テーブル132aを示す説明図である。 9 (a) is an explanatory diagram showing a probability variation jackpot A for variation pattern type determination table 132a. 確変大当りA用変動パターン種別判定テーブル132aは、可変表示結果を大当り図柄にする旨の判定がなされたときに、大当り種別の判定結果に応じて、変動パターン種別を、変動パターン種別判定用の乱数(ランダム2)にもとづいて複数種類のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。 Probability variation big hit A for variation pattern type determination table 132a, when the variable display results determined the effect that the big hit symbol is made, in accordance with the determination result of the big hit type, the variation pattern type, the random number for determining the variation pattern type a table referenced in order to determine the one of the plurality of types based on the (random 2).

確変大当りA用変動パターン種別判定テーブル132aには、変動パターン種別判定用の乱数(ランダム2)の値と比較される数値(判定値)であって、ノーマルCA3−1〜ノーマルCA3−2、スーパーCA3−3の変動パターン種別のいずれかに対応する判定値が設定されている。 The probability variation big hit A for variation pattern type determination table 132a, a variation pattern type determination random numbers is compared with the value of (random 2) (determination value), normal CA3-1~ normal CA3-2, Super decision value corresponding to one of the fluctuation pattern types of CA3-3 is set.

これら判定値の数としては、図9(a)に示すように、ノーマルCA3−1〜ノーマルCA3−2に比較してスーパーCA3−3の判定値の数が多くなるように設定されており、確変大当りAとなる場合には、変動パターンとしてスーパーリーチが多く決定されるように設定されている。 The number of these judgment values, as shown in FIG. 9 (a), is set as the number of judgment values ​​super CA3-3 compared to normal CA3-1~ normal CA3-2 increases, when the probability variation big hit a is set to super reach it is often determined as a variation pattern.

また、図9(b)は、確変大当りB/小当り用変動パターン種別判定テーブル132bを示す説明図である。 Further, FIG. 9 (b) is an explanatory diagram showing a variation for probability variation big hit B / Koatari pattern type determination table 132b. 確変大当りB/小当り用変動パターン種別判定テーブル132bは、ランダムR並びにランダム1に基づく当り種別の判定において、確変大当りB及び小当りが決定されたときに、変動パターン種別を、変動パターン種別判定用の乱数(ランダム2)にもとづいて複数種類のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。 Probability variation big hit B / Koatari for variation pattern type determination table 132b is determined in per based on the random R and the random 1 type, when the probability variation jackpot B and Koatari is determined, the variation pattern type, the variation pattern type determination a table referenced in order to determine the one of the plurality of types based on the random number (random 2) of use. なお、この実施例では、図9(b)に示すように、確変大当りBまたは小当りとすることに決定されている場合には、変動パターン種別として、擬似連の演出を伴わない変動パターンを含む特殊CA4−1と、擬似連の演出を伴う変動パターンを含む特殊CA4−2のうちいずれかが決定される場合が示されている。 In this embodiment, as shown in FIG. 9 (b), if it is determined that the probability variation big hit B or Koatari as variation pattern type, the variation pattern without effect of pseudo continuous to include special CA4-1, there is shown the case where one of the special CA4-2 including variation pattern with the effect of the pseudo-communication is determined.

また、確変大当りBでは、擬似連の演出を伴わない変動パターンを含む特殊CA4−1に対して1〜51の判定値が割り当てられているのに対し、擬似連の演出を伴う変動パターンを含む特殊CA4−2に対して52〜251の判定値が割り当てられており、確変大当りBとすることに決定されている場合には、変動パターンとして、リーチ演出としてノーマルリーチBを含む特殊PG2−2等の擬似連の演出を伴う変動パターンが多く決定されるようになっている。 Also, the probability variation big hit B, while the decision value of 1 to 51 with respect to special CA4-1 including variation pattern without effect of the pseudo communication is assigned, including variation pattern with the effect of the pseudo-continuous and the determination value of 52 to 251 with respect to the special CA4-2 is assigned, if it is determined that the probability variation big hit B as variation pattern, special PG2-2 like including a normal reach B as reach demonstration variation pattern with the effect of the pseudo-communication is adapted to be more determined.

尚、これらノーマルリーチBのリーチ演出を含む特殊PG2−2の変動パターンにおいては、リーチ演出が実施され、該リーチがはずれとなる演出が実施された後、再変動が2回実施されて、停止図柄として後述する確変大当りBや小当りに対応した演出図柄の組み合わせ(チャンス目図柄)が表示される。 In the variation pattern of the special PG2-2 including reach demonstration of normal reach B, reach demonstration is performed, after the effect of the reach is out has been performed, is performed again change twice, stop symbol the combination of performance symbols corresponding to later-described probability variation big hit B and Koatari (chance th symbol) is displayed as.

また、小当りについては、該小当りとすることに決定された時点の遊技状態が、高確状態であるか、低確状態であるか、つまり、確変フラグがセットされているか否かに応じて、判定値の割り当てが異なっている。 As for the Koatari, game state as when it was determined to be the small per has either a high probability state, or a low probability state, i.e., depending on whether the probability variation flag is set Te, allocation determination value is different.

具体的には、高確時の小当りでは、確変大当りBと同様に、擬似連の演出を伴わない変動パターンを含む特殊CA4−1に対して1〜51の判定値が割り当てられているのに対し、擬似連の演出を伴う変動パターンを含む特殊CA4−2に対して52〜251の判定値が割り当てられており、高確時において小当りとすることに決定されている場合には、変動パターンとして擬似連の演出を伴う変動パターンが多く決定されるようになっている。 The Specifically, the Koatari high 確時, like the probability variation jackpot B, the determination value of 1 to 51 with respect to special CA4-1 including variation pattern without effect of the pseudo communication is assigned respect, the determination value of 52 to 251 with respect to the special CA4-2 including variation pattern with the effect of the pseudo-communication is assigned, if it is determined that the Koatari at high 確時 is variation pattern with the effect of the pseudo-communication is adapted to be more determined as variation pattern.

一方、低確時の小当りでは、確変大当りBとは逆に、擬似連の演出を伴わない変動パターンを含む特殊CA4−1に対して1〜201の判定値が割り当てられているのに対し、擬似連の演出を伴う変動パターンを含む特殊CA4−2に対して202〜251の判定値が割り当てられており、低確時において小当りとすることに決定されている場合には、変動パターンとして、リーチ演出としてノーマルリーチAを含む特殊PG2−1等の滑りの演出を伴う変動パターンが多く決定されるようになっている。 On the other hand, in the Koatari low 確時, contrary to the probability variation big hit B, the judgment value of from 1 to 201 with respect to the special CA4-1 including variation pattern without effect of the pseudo communication is assigned to , the determination value of 202 to 251 with respect to the special CA4-2 including variation pattern with the effect of the pseudo-communication is assigned, if it is determined that the Koatari at low 確時, the variation pattern as, so that the fluctuation pattern with sliding effect of such special PG2-1 containing normal reach a as reach demonstration is often determined.

尚、これらノーマルリーチAのリーチ演出を含む特殊PG2−1の変動パターンにおいては、リーチ演出が実施され、該リーチがはずれとなる演出が実施された後、滑り変動が実施されて、停止図柄として後述する確変大当りBや小当りに対応した演出図柄の組み合わせ(チャンス目図柄)が表示される。 In the variation pattern of the special PG2-1 including reach demonstration of normal reach A, reach demonstration is performed, after which the reach is implemented effect to be off, and slip fluctuations is performed, described later as stop symbol the combination of performance symbols corresponding to probability variation big hit B and Koatari to (chance th symbol) is displayed.

このように、この実施例では、高確状態に移行する確変大当りBの場合には、ノーマルリーチBのリーチ演出を伴う変動パターンや、擬似連の演出を伴う変動パターンが多く決定され、高確状態に移行しない小当りの場合には、ノーマルリーチAのリーチ演出を伴う変動パターンや、擬似連の演出を伴わない滑りの変動パターンが多く決定されることで、ノーマルリーチBや擬似連の演出を伴う変動パターンの実施後に確変大当りBの遊技状態(小当りの遊技状態と同一)が実施されたときには、遊技者に対して、発生したのが高確状態に移行する確変大当りBである可能性が高いのではとの期待感を与えることができるようになっている。 Thus, in this embodiment, when the probability variation big hit B to shift to the high probability state, and variation pattern with reach effect of normal reach B, variation pattern with the effect of the pseudo-communication number is determined, a high probability state in the case of Koatari not shift to the or fluctuation pattern with reach effect of normal reach a, that variation patterns of slip without effect of the pseudo communication is often determined, varies with the effect of the normal reach B or pseudo continuous when the pattern gaming state implementations later probability variation jackpot B of (identical to the playing state Koatari) was carried out, to the player, the generated is likely to be probability variation big hit B to shift to the high probability state It has to be able to give a sense of expectation as the is.

つまり、潜伏条件が成立する確変大当りBや小当りが発生するときにおいては、変動パターンとしてノーマルリーチAのリーチ演出を含む特殊PG2−1の変動パターンが、遊技状態が高確(確変)状態に移行する確変大当りBのときよりも高確(確変)状態に移行しない小当りのときにおいて多く決定され、変動パターンとしてノーマルリーチBのリーチ演出を含む特殊PG2−2の変動パターンが、遊技状態が高確(確変)状態に移行しない小当りのときよりも高確(確変)状態に移行する確変大当りBのときにおいて多く決定される。 In other words, at the time when the probability variation big hit B and Koatari the incubation conditions are satisfied occurs, variation pattern of special PG2-1 including reach demonstration of normal reach A as the fluctuation pattern, transition gaming state to a high probability (probability variation) state to probability variation jackpot determined number at the time of Koatari not shift to a high probability (probability variation) state than in the B, the variation pattern of special PG2-2 including reach demonstration of normal reach B as the fluctuation pattern, gaming state high probability determined number at the time of probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) state than in the Koatari not shift to (probability variation) state.

尚、この実施例では、高確状態に移行する確変大当りBのときと、高確状態に移行しない小当りのときとで、決定される変動パターンの種別が異なるようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら高確状態に移行する確変大当りBであるか高確状態に移行しない小当りであるかにかかわらずに、変動パターンを選択して決定するようにしても良い。 In this embodiment, in the case of the probability variation big hit B to shift to the high probability state, in the case of Koatari not shift to a high probability state, the type of variation pattern determined is made different, the present invention is not limited to this, regardless of whether the Koatari not migrate are either a high probability state a probability variation big hit B to migrate to these high probability states, as determined by selecting the change pattern it may be.

また、この実施例では、高確状態における小当りの場合には、確変大当りBの場合と同様に、擬似連の演出を伴う変動パターンが多く決定されるので、擬似連の演出を伴う変動パターンの実施後に小当りの遊技状態(確変大当りBの遊技状態と同一)が実施されたときには、遊技者に対して、確変大当りBと同じく、その後の遊技状態が高確状態となっている可能性が高いのではとの期待感を与えることができる Further, in this embodiment, in the case of Koatari in the high probability state, as in the case of probability variation jackpot B, the variation pattern with the effect of the pseudo-communication is often determined, variation pattern with the effect of the pseudo-continuous when performed after Koatari playing state of (identical to the playing state probability variation jackpot B) was carried out, to the player, like the probability variation big hit B, possibly subsequent gaming state is a high probability state it is possible to give a sense of expectation and is the high of

尚、この実施例では、高確状態における小当りの場合には、確変大当りBの場合と同様に、ノーマルリーチBのリーチ演出を伴う変動パターンや、擬似連の演出を伴う変動パターンが多く決定されるようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら高確状態における小当りの場合にも、低確状態における小当りと同様に、擬似連の演出を伴わない滑り変動パターン種別である特殊CA4−1が多く決定されるようにしても良い。 In this embodiment, in the case of Koatari in the high probability state, as in the case of probability variation jackpot B, or fluctuation pattern with reach effect of normal reach B, variation pattern with the effect of the pseudo-communication number is determined Although in the so that, the present invention is not limited to this, in the case of Koatari in these high probability states, like the Koatari in the low probability state, slip fluctuations without an effect of a pseudo continuous a pattern type may be special CA4-1 is often determined.

図10(a),(b)は、はずれ用変動パターン種別判定テーブルA〜Dを示す説明図である。 Figure 10 (a), (b) is an explanatory diagram showing an out for variation pattern type determination table to D. はずれ用変動パターン種別判定テーブルA〜Dは、可変表示結果をはずれ図柄にする旨の判定がなされたときに、変動パターン種別を、変動パターン種別判定用の乱数(ランダム2)にもとづいて複数種類のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。 Off for variation pattern type determination table A~D, when the determination to the effect that the pattern out of the variable display results was made, the variation pattern type, a plurality of types based on the variation pattern type determination random number (random 2) a table referenced in order to determine the one of.

このうち、図10(a)は、遊技状態が通常状態であるとともに合算保留記憶数が3未満である場合に用いられるはずれ用変動パターン種別判定テーブルA135aを示している。 Of these, FIG. 10 (a) shows the out for variation pattern type determination table A135a used when a game state is summed hold storage number with the normal state is less than 3. また、図10(b)は、遊技状態が時短状態であるか或いは合算保留記憶数が3以上である場合に用いられるはずれ用変動パターン種別判定テーブルB135bを示している。 Further, FIG. 10 (b), the game state indicates an out for variation pattern type determination table B135b used when or combined hold stored number is the time-shortening state is three or more. また、図10(c)は、確変大当りB或いは小当りが発生した後、変動回数(始動回数)が該発生した確変大当りBまたは小当りの種別に応じた使用テーブル変更始動回数となるまでの期間において、合算保留記憶数にかかわらずに用いられる、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cを示している。 Further, FIG. 10 (c), after the probability variation jackpot B or Koatari occurs, the variation time count (number of starts) is until the generated probability variation big hit B or use table change starting number of times corresponding to the type of Koatari in the period, it is used regardless of the summing hold memory number shows off a variation pattern type determination table C135c. また、図10(d)は、確変大当りBが発生した後、変動回数(始動回数)が、該発生した確変大当りBの種別に応じた使用テーブル変更始動回数となってから確変回数である78回となるまでの期間において、合算保留記憶数にかかわらずに用いられる、はずれ用変動パターン種別判定テーブルD135dを示している。 Further, FIG. 10 (d) after the probability variation big hit B occurs, the variation time count (number of starts) is probability variation number from when using table change starting number of times corresponding to the type of probability variation big hit B that the generated 78 in the period until the times used regardless summing hold memory number shows off a variation pattern type determination table D135d.

各はずれ用変動パターン種別判定テーブルA〜Dには、変動パターン種別判定用の乱数(ランダム2)の値と比較される数値(判定値)であって、非リーチCA2−0〜非リーチCA2−3、ノーマルCA2−4〜ノーマルCA2−6、スーパーCA2−8の変動パターン種別のいずれかに対応する判定値が設定されている。 Each off for variation pattern type determination table to D, a variation pattern type determination random numbers is compared with the value of (random 2) (determination value), non Reach CA2-0~ non Reach CA2- 3, normal CA2-4~ normal CA2-6, decision value corresponding to one of the variation pattern type super CA2-8 is set.

なお、図10(a)〜(d)に示すように、この実施例では、はずれである場合には、変動パターン種別判定用の乱数(ランダム2)の値が230〜251であれば、遊技状態や合算保留記憶数にかかわらず、少なくともスーパーリーチ(スーパーリーチA、スーパーリーチB、スーパーリーチCのいずれか)を伴う変動表示が実行されることがわかる。 Incidentally, as shown in FIG. 10 (a) ~ (d), in this embodiment, if it is out, if the value of the variation pattern type determination random number (random 2) is a 230 to 251, game regardless of the state or the sum pending memory number, at least super reach (super reach a, super reach B, either super reach C) it can be seen that the variation display with runs.

また、図10(a)示す通常用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルA135aにおいては、超短縮変動の変動パターンである非リーチPA1−0(変動時間1.25秒)や、短縮変動の変動パターンである非リーチPA1−2(変動時間2.5秒)を含む非リーチCA2−3や、擬似連3回よりも変動時間が短い擬似連2回の演出を伴う変動パターンを含むノーマルCA2−6に対して判定値の割り当てがないのに対し、短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブル135bでは、該非リーチCA2−3に対して100〜199の判定値が割り当てられているとともに、擬似連3回の演出を伴う変動パターンを含むノーマルCA2−5に代えて擬似連2回の演出を伴う変動パターンを含むノーマルCA2−6に判定値が割り当てら Further, FIG. In 10 (a) shows off a variation pattern type determination table A135a for normal, non reach PA1-0 (variable time 1.25 sec) which is a variation pattern of the ultra-shortening fluctuation or variation pattern of reduced variation in a non-reach CA2-3 and including non reach PA1-2 (variable time 2.5 seconds), normal including variation pattern with the effect of a short pseudo-continuous twice variation time than pseudo continuous three CA2-6 while there is no allocation of decision values ​​for, the off for variation pattern type determination table 135b for shortening, with the determination value of 100 to 199 with respect to the non-Leach CA2-3 it is assigned pseudo continuous 3 judgment value to the normal CA2-6 is assigned containing a variation pattern with the effect of the pseudo-communication two times instead of the normal CA2-5 including variation pattern with the effect of times ていることにより、変動時間が短い非リーチPA1−0(変動時間1.25秒)や非リーチPA1−2(変動時間2.5秒)が決定されるようになるため、変動時間の平均時間が通常よりも短縮されることで、単位時間当たりに実施される変動回数が多くなる。 By being, for so varying time is short non reach PA1-0 (variable time 1.25 sec) and a non-reach PA1-2 (variable time 2.5 seconds) is determined, the average time variation time There it is shorter than normal, it becomes large variation time count which is performed per unit time.

また、図10(c)示す使用テーブル変更始動回数までの期間用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cにおいては、非リーチCA2−1、非リーチCA2−2、スーパーCA2−8に対して割り当てられている判定値は、通常用のはずれ用変動パターン種別判定テーブル135aと同一であるが、変動時間の長いスーパーリーチの演出を伴う変動パターンを含むスーパーCA2−7に対して割り当てられている判定値が、110〜250(通常用では230〜250)とされ、通常用よりも多く設定されているとともに、スーパーリーチに比較して変動時間の短い各種ノーマルリーチの演出を伴う変動パターンを含むノーマルCA2−4、ノーマルCA2−5に対して割り当てられている判定値が、100〜104(通常用で In the off for variation pattern type determination table C135c for the period until the number of uses table change start showing FIG. 10 (c), the non Reach CA2-1, non reach CA2-2, assigned to the super CA2-8 and that the determination value is normally identical to the off for variation pattern type determination table 135a for the determination values ​​are assigned to the super CA2-7 including variation pattern with the effect of long super reach the time-varying but 110 to 250 (in a normal 230-250) it is a, the normal with is set larger than for normal, including the variation pattern with the effect of short various normal reach of the variation time compared to the super reach CA2- 4, the determination value being allocated to the normal CA2-5 is 100-104 (in a normal 100〜169)、105〜109(通常用では170〜229)とされ、通常用よりも少なく設定されていることで、変動時間の長いスーパーリーチが多く発生し、変動時間の平均時間が通常よりも長くなる。 100-169), is a 105-109 (170-229 is for normal), that is set smaller than usual for a long super reach many occurs variation time than usual average time variation time it becomes longer.

尚、変動時間の平均時間は、それぞれの変動パターン種別に含まれる各変動パターンの変動時間に図12に示す判定値の割り当て数に基づく決定比率(例えば、非リーチPA1−0であれば750/997、非リーチPA2−1であれば997/997等)を乗じた値を合算した各変動パターン種別毎の平均変動時間に、各変動パターン種別のランダム2の判定値の割り当て数に基づく決定比率(例えばスーパーCA2−7であれば141/251)乗じた値を合算した値が平均変動時間であり、はずれ用変動パターン種別判定テーブルCとはずれ用変動パターン種別判定テーブルAでは、それぞれのテーブルに含まれる変動パターン種別が同一であるので、各種別毎の平均変動時間が同一であるため、それぞれのテーブルにおけるランダム The average time of time-varying, determining the ratio based on the number of allocation decision values ​​shown in FIG. 12 to change time of each change pattern included in each of the variation pattern type (e.g., if a non-reach PA1-0 750 / 997, a non-reach PA2-1 a long Invite 997/997 etc.) average variation time of each change pattern type obtained by summing the values ​​obtained by multiplying, determined ratio based on the number of allocation decision value of the random 2 of each change pattern type (for example, if the super CA2-7 141/251) a value a value obtained by summing the multiplied is average variation time, the off for variation pattern type determination table C and off for the fluctuation pattern type determination table a, in each table the fluctuation pattern type included are the same, because the average fluctuation time of each type is the same, random in each table の判定値の割り当ての違いのみ、つまりノーマルCA2−4、ノーマルCA2−5、スーパーCA2−7の判定値の割り当ての違いにより平均変動時間の違いが生じることになり、それぞれの変動パターン種別の平均変動時間は、ノーマルCA2−4<ノーマルCA2−5<スーパーCA2−7であるので、平均変動時間の長いスーパーCA2−7に対して判定値の割り当て数が多く、平均変動時間の短いスーパーCA2−4やノーマルCA2−5に対して判定値の割り当て数が少ないはずれ用変動パターン種別判定テーブルCの方が、はずれ用変動パターン種別判定テーブルAよりも変動時間が長くなる。 Differences allocation determination value only, that is normal CA2-4, normal CA2-5, will be the difference of average variation time caused by differences in the allocation of the determination value of the super CA2-7, the average of the respective variation pattern type time-varying, normal CA2-4 <because it is normal CA2-5 <Super CA2-7, many numbers of allocation decision value for long super CA2-7 average fluctuation time, the average variation time shorter super CA2- towards off for variation pattern type determination table C is smaller quota determination value with respect to 4 or a normal CA2-5 is, variation time than off for variation pattern type determination table a is prolonged. また、当然ながら、はずれ用変動パターン種別判定テーブルAよりも変動時間が短いはずれ用変動パターン種別判定テーブルBよりも、はずれ用変動パターン種別判定テーブルCの方が変動時間が長くなる。 Also, of course, than out for variation pattern type determination table B shorter change time than off for variation pattern type determination table A, towards the disengaged for variation pattern type determination table C becomes longer change time.

このように、はずれのスーパーリーチの演出を伴う変動パターンを含むスーパーCA2−7に対して割り当てられている判定値を通常よりも高めることで、確変大当りBが発生することによる高確状態においてスーパーリーチの信頼度が非常に高くなってしまい、興趣が低下してしまうことを防止できる。 Thus, the determination values ​​that are assigned to the super CA2-7 including variation pattern with the effect of super reach the out by increasing than normal, super in the high probability state due to probability variation big hit B occurs reliability of leech becomes very high, it is possible to prevent the interest is reduced.

つまり、確変大当りBが発生した場合には、大当りと判定される確率が、1/399から1/40に約10倍に高められ、これら大当りと判定された場合には、スーパーリーチの変動パターンが多く決定されるので、当りのスーパーリーチの発生確率が、低確状態の場合に比較して非常に高くなる、つまりは、スーパーリーチが発生した場合に、大当りとなる確率(信頼度)が非常に高くなってしまい、遊技者は、これらスーパーリーチが発生したときにはほぼ確実に大当りとなると解ってしまうことになり、興趣が低下してしまうのに対し、この実施例のように、確変大当りBの発生後において、はずれのスーパーリーチの演出を伴う変動パターンを含むスーパーCA2−7に対して割り当てられている判定値を多くしたはずれ用変動パタ That is, when the probability variation jackpot B occurs, the probability is determined that the big hit is elevated about 10-fold from 1/399 to 1/40, in the case where it is determined that these big hit, the super reach variation pattern since is often determined, the probability of occurrence of super reach the per becomes very high as compared to the case of low probability states, that is, when the super reach occurs, the probability of big hit (reliability) of becomes very high, the player will be become known as the big hit almost certainly when they super reach occur, whereas interest decreases, as in this embodiment, probability variation jackpot after the occurrence of B, variation for off was much determination value that is assigned to the super CA2-7 including variation pattern with the effect of super reach the off pattern ン種別判定テーブルC135cを用いることで、スーパーリーチの信頼度が非常に高くなってしまうことを回避できるので、これらスーパーリーチの信頼度が非常に高くなることによる興趣の低下を防止できる。 By using the emission type determination table C135c, it can be avoided that the reliability of the super reach becomes very high, it is possible to prevent deterioration of interest due to the reliability of these super reach is very high.

尚、この実施例では、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cにおいては、スーパーリーチCの演出を伴わない演出パターンを含むスーパーCA2−7に対する判定値を多くする一方、スーパーリーチCの演出を伴う演出パターンを含むスーパーCA2−8に対する判定値を、通常と同一とすることで、スーパーリーチCの信頼度が、通常の場合と同じ、高い信頼度に維持されるようになっている。 In this embodiment, in the off for variation pattern type determination table C135c, while increasing the determination value for the super CA2-7 including effect pattern without an effect of super reach C, effect with an effect of super reach C the determination value for the super CA2-8 including a pattern, that usually the same as the reliability of the super reach C is adapted to the same, is maintained at a high reliability as for normal.

つまり、この実施例では、スーパーリーチCは、確変大当りAに決定されたときにおいては、後述する図11(a)の当り変動パターン判定テーブル137aに示すように、901〜997の範囲の判定値が割り当てられていることにより、1/399(大当り決定割合)×172/251(スーパーCA3−3が決定される割合)×97/997(スーパーリーチCに決定される割合)の確率にて発生する一方、はずれの場合においては、398/399(はずれの決定割合)×1/251(スーパーCA2−8が決定される割合)×1/997(スーパーリーチCに決定される割合)の確率にて発生する。 That is, in this embodiment, super reach C is probability variation big hit at the time determined for A, as shown in hit variation pattern determination table 137a shown in FIG. 11 (a) to be described later, the determination value in the range of 901 to 997 by is assigned, occurs at a probability of 1/399 (ratio super CA3-3 is determined) (jackpot determined ratio) × 172/251 × 97/997 (ratio determined in super reach C) to contrast, in the case of off, the the probability of 398/399 (ratio super CA2-8 is determined) (determination of off rate) × 1/251 × 1/997 (ratio determined in super reach C) generated Te. すなわち、当りの場合のスーパーリーチCは、はずれの場合のスーパーリーチCに比較して42.3倍も発生し易く、スーパーリーチCの信頼度(当りのスーパーリーチCの発生確率/(当りのスーパーリーチCの発生確率+はずれのスーパーリーチCの発生確率))は、97、7%である。 That is, super reach C in the case of per are likely to occur even 42.3 times compared to the super reach C in the case of off, the super reach C reliability (per super reach C of probability / (the touching of super reach C super reach C occurrence probability of the occurrence probability + out of)) is 97,7%.

また、スーパーリーチAは、確変大当りAに決定されたときにおいては、1/399(大当り決定割合)×172/251(スーパーCA3−3が決定される割合)×408/997(スーパーリーチAに決定される割合)の確率にて発生する一方、はずれの場合においては、398/399(はずれの決定確率)×22/251(スーパーCA2−7とスーパーCA2−8が決定される確率)×608/997(スーパーリーチあに決定される確率)の確率にて発生するので、スーパーリーチAの信頼度は、1.3%である。 Also, super reach A, in case determined in probability variation jackpot A is the 1/399 (ratio super CA3-3 is determined) (jackpot determined ratio) × 172/251 × 408/997 (super reach A while generated in probability ratio) determined, in the case of off, the probability 398/399 (decision probability of out) × 22/251 (Super CA2-7 and super CA2-8 are determined) × 608 / 997 since generated in probability of (super reach brother probability determined), the reliability of the super reach a is 1.3%.

また、スーパーリーチBは、確変大当りAに決定されたときにおいては、1/399(大当り決定割合)×172/251(スーパーCA3−3が決定される割合)×492/997(スーパーリーチBに決定される割合)の確率にて発生する一方、はずれの場合においては、398/399(はずれの決定割合)×22/251(スーパーCA2−7とスーパーCA2−8が決定される割合)×389/997(スーパーリーチBに決定される確率)の確率にて発生するので、スーパーリーチBの信頼度は、2.4%である。 Also, super reach B, in case determined in probability variation jackpot A is 1/399 (jackpot determined percentage) (percentage super CA3-3 is determined) × 172/251 × 492/997 (super reach B while generated in probability ratio) determined, in the case of off, the rate 398/399 (determining the rate of out) × 22/251 (Super CA2-7 and super CA2-8 are determined) × 389 / 997 since generated in probability (probability determined in super reach B), the reliability of the super reach B is 2.4%.
このように、スーパーリーチCのはずれの発生確率にかかわるスーパーCA2−8に対する判定値が変化せず、スーパーリーチCよりも信頼度の低いスーパーリーチAやスーパーリーチBのはずれの発生確率にかかわるスーパーCA2−7に対する判定値を増加させることは、スーパーリーチCの高信頼度を維持しつつ、はずれのスーパーリーチA、Bの発生頻度を増加させることにより、当りのスーパーリーチの信頼度が非常に高くなってしまうことを防止できるが、本発明はこれに限定されるものではなく、スーパーCA2−8に対する判定値の割り当てを、例えば、確変において大当りと判定される確率の増加分である10倍程度増加させて、はずれにおけるスーパーリーチCの発生頻度を増加させることで、高確時において、スーパ Thus, super relating to super decision value for super CA2-8 according to the probability of occurrence of out of reach C is not changed, the probability of occurrence of out of low super reach A or super reach B reliable than super reach C increasing the determination value for CA2-7 while maintaining high reliability of the super reach C, super reach a of out, by increasing the frequency of B, and very reliable super reach per Although possible to prevent the higher, the present invention is not limited to this, the allocation determination value for super CA2-8, for example, an increase in the probability of being determined as big hit in probability variation 10 times increasing extent, by increasing the frequency of occurrence of super reach C in out in high 確時, super リーチCの信頼度を低確時とほぼ同様となるようにしても良い。 The reliability of the reach C may be the substantially the same as the low 確時.

また、この実施例では、使用テーブル変更始動回数までの期間用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cにおいては、ノーマルCA2−4、ノーマルCA2−5に対する判定値を減少して、スーパーCA2−7に対する判定値の割り当てを増加するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらノーマルCA2−4、ノーマルCA2−5に対する判定値を減少させずに、非リーチCA2−1、非リーチCA2−2に対する判定値の割り当てを減少させるようにしたり、或いは、非リーチCA2−1、非リーチCA2−2、ノーマルCA2−4、ノーマルCA2−5のそれぞれの判定値をほぼ均等に減少させるようにしても良い。 Further, in this embodiment, in the off for variation pattern type determination table C135c for the period until the number of uses table change startup, normal CA2-4, decreases the determination value for the normal CA2-5, for super CA2-7 Although so as to increase the allocation of decision values, the present invention is not limited thereto, these normal CA2-4, without reducing the judgment value for the normal CA2-5, non reach CA2-1, or to reduce the allocation of the judgment values ​​for non reach CA2-2, or non reach CA2-1, non reach CA2-2, normal CA2-4, substantially equally decrease the respective determination value of the normal CA2-5 it may be allowed to.

尚、この実施例では、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cにおいては、非リーチCA2−0に対して判定値を割り当てていないが、本発明はこれに限定されるものではなく、変動時間の平均が、はずれ用変動パターン種別判定テーブルA135a(通常用)の変動時間の平均よりも短くならない範囲で非リーチCA2−0に対して判定値を割り当てることで、これらはずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cが使用される使用テーブル変更始動回数までの期間においても、超短縮の変動パターンや短縮の変動パターンが実施されるようにしても良い。 In this embodiment, in the off for variation pattern type determination table C135c, is not assigned a judgment value for non Reach CA2-0, the present invention is not limited thereto, the average of the time-varying but by assigning determination value in the range of not less than the average of the variation time for non reach CA2-0 outskirts for variation pattern type determination table A135a (for normal), these off for variation pattern type determination table C135c also in the period until the number of uses table change start to be used, variation pattern and speed of the fluctuation pattern of the ultra-shortening may be carried out.

また、図10(d)示す使用テーブル変更始動回数以降から確変回数までの期間用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルD135dにおいては、非リーチCA2−1、非リーチCA2−2、ノーマルCA2−4、ノーマルCA2−6、スーパーCA2−7、スーパーCA2−8に対して割り当てられている判定値が、短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルB135bと同一とされているが、該短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルD135bにおいては、非リーチCA2−3に代えて、非リーチCA2−0に対して同一の判定値が割り当てられている。 In the off for variation pattern type determination table D135d for the period from FIG. 10 (d) shows use table change start times since to probability variation number, non reach CA2-1, non reach CA2-2, normal CA2-4, normal CA2-6, super CA2-7, although the determination value that is assigned to the super CA2-8, are the same as off for variation pattern type determination table B135b for shortening, for off for the shortening in the variation pattern type determination table D135b, instead of the non reach CA2-3, the same determination value is allocated to a non-reach CA2-0.

つまり、短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルB135bにおける非リーチCA2−3では、図12に示すように、超短縮(1.25秒)の変動パターンである非リーチPA1−0に対して「1〜500」の判定値が割り当てられ、短縮(2.5秒)の変動パターンである非リーチPA1−2に対して「501〜997」の判定値が割り当てられているのに対し、はずれ用変動パターン種別判定テーブルD135dにおける非リーチCA2−0では、超短縮(1.25秒)の変動パターンである非リーチPA1−0に対して「1〜750」の判定値が割り当てられ、短縮(2.5秒)の変動パターンである非リーチPA1−2に対して「751〜997」の判定値が割り当てられている。 That is, in the non reach CA2-3 in off for the variation pattern type determination table B135b for shortening, as shown in FIG. 12, for the non-Leach PA1-0 which is a variation pattern of the ultra-shortening (1.25 seconds) " 1-500 "decision value is assigned, and while the decision value of" 501 to 997 "is assigned to a non-reach PA1-2 which is a variation pattern of shortening (2.5 seconds), for off non reach CA2-0 in the variation pattern type determination table D135d, determination value of "1 to 750" is assigned to the non-Leach PA1-0 which is a variation pattern of the ultra-shortening (1.25 seconds), shorter (2 determination value "751-997" is assigned to a non-reach PA1-2 which is a variation pattern of .5 seconds). すなわち、はずれ用変動パターン種別判定テーブルD135dでは、短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルB135bよりも、超短縮(1.25秒)の変動パターンが決定され易くなっており、変動時間の平均時間が、短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルB135bの変動時間の平均時間よりも短縮される。 That is, in off a variation pattern type determination table D135d, than out for variation pattern type determination table B135b for shortening, which is easily determined variation pattern of ultra shortening (1.25 seconds), average time variation time but it is shorter than the average time of the variation time out for the variation pattern type determination table B135b for shortening.

よって、後述するように、確変大当りBが発生した場合には、確変大当りBの種別に応じた使用テーブル変更始動回数まで、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cが使用されることで、変動時間の短い超短縮の変動パターンが全く発生せずに変動時間の長いスーパーリーチが発生し易く、変動時間の平均時間が通常の変動時間よりも長くなるとともに、使用テーブル変更始動回数から確変回数(78回)までの期間では、保留記憶数にかかわらずに、短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルBよりも平均変動時間の短いはずれ用変動パターン種別判定テーブルD135dが使用されることで、変動時間の短い超短縮の変動パターンが通常よりも発生し易く、変動時間の長いスーパーリーチが通常と同じ頻度となることで Therefore, as described later, when the probability variation jackpot B occurs, probability variation big hit until the usage count table change startup according to the type of B, that out for variation pattern type determination table C135c is used, the time-varying short ultra shortened easily generated is longer super reach variation time without at all occurs variation pattern, with the average time of the variation time is longer than the normal time-varying probability variation number from the use table change starting number (78 times ) in the period until, irrespective of the pending memory number, by variation for short out the average variation time pattern type determination table D135d is used than off for variation pattern type determination table B for shortening the time-varying short ultra shorter variation pattern tends to occur than usual, that the long super reach the variation time is the same frequency as usual 変動時間の平均時間が通常の変動時間よりも短くなるので、使用テーブル変更始動回数の前後で変動時間の長さが大きく変化する(図55(a)参照)。 The average time variation time is shorter than the normal time varying length of time varying before and after the use table change start times greatly changes (see FIG. 55 (a)).

また、後述するように、小当りが発生した場合には、小当りの種別に応じた使用テーブル変更始動回数まで、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cが使用されることで、変動時間の短い超短縮の変動パターンが全く発生せずに変動時間の長いスーパーリーチが発生し易く、変動時間の平均時間が通常の変動時間よりも長くなるとともに、使用テーブル変更始動回数以降においては、はずれ用変動パターン種別判定テーブルA135a或いは、保留記憶数が3以上であれば、はずれ用変動パターン種別判定テーブルB135bが使用されることで、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cによる変動時間よりも変動時間の平均時間が短くなるので、使用テーブル変更始動回数の前後で変動時間の長さが大きく変化する( Further, as described later, when the Koatari occurs, until the number of uses table change startup according to the type of Koatari, that out for variation pattern type determination table C135c is used, the time-varying short ultra easy long super reach variation time without completely not occur to shorten the variation pattern is generated, with the average time of the variation time is longer than the normal time varying, in subsequent usage count table change start, for out variation pattern type determination table A135a Alternatively, if pending storage number is 3 or more, that out for variation pattern type determination table B135b is used, the average time variation time than the variation time due out for the variation pattern type determination table C135c since shorter, the length of the variable time before and after the use table change start times greatly changes ( 55(b)参照)。 55 (b) reference).

尚、この実施例では、確変大当りBおよび小当りの発生してから使用テーブル変更始動回数となるまでの期間、つまり使用テーブル変更始動回数となる前において、変動時間の平均時間を長くし、使用テーブル変更始動回数の後において使用テーブル変更始動回数前よりも変動時間の平均時間を短くするようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、逆に、確変大当りBおよび小当りの発生してから使用テーブル変更始動回数となるまでの期間において、例えば、超短縮の変動パターンを含む変動パターン種別に対する判定値の割り当てを多くしたり、変動時間の長いスーパーリーチの演出を伴う変動パターンを含む変動パターン種別に対する判定値の割り当てを少なくする等により変動時間の平均時間を短くし、使用テーブ In this embodiment, probability variation big hit B and generated by the period until the use table change starting number from Koatari, i.e. before to be used table change number of starts, a longer mean time varying time, using Although so as to shorten the average time variation time than prior number of uses table change start even after the table change start times, the present invention is not limited thereto, conversely, probability variation big hit B and Koatari in the generation to time to the use table change number of starts from, for example, to increase the allocation of the determination value for the fluctuation pattern types including variation pattern of ultra shortened, variation accompanying the effect of long super reach the time-varying shortening the average time variation time by such reducing the allocation determination value for the fluctuation pattern types including a pattern, use tables 変更始動回数の後において、超短縮の変動パターンを含む変動パターン種別に対する判定値の割り当てを少なくしたり(或いは通常に戻す)、変動時間の長いスーパーリーチの演出を伴う変動パターンを含む変動パターン種別に対する判定値の割り当てを多くする(或いは通常に戻す)等により、該使用テーブル変更始動回数前の変動時間の平均時間よりも、変動時間の平均時間を長くするようにしても良い。 In After changing number of starts, (return to or normal) allocates a small or a determination value for the fluctuation pattern types including variation pattern of ultra shortened, fluctuation pattern type comprising a variation pattern with the effect of long super reach the time-varying for by such increasing the allocation determination value (or return to normal), than the average time of the variation time before count table changes starting said use it may be longer mean time varying time.

なお、図10に示す例では、遊技状態が時短状態である場合と合算保留記憶数が3以上である場合とで共通のはずれ用変動パターン種別判定テーブル135bを用いる場合を示しているが、時短状態である場合と合算保留記憶数が3以上である場合とで、別々に用意されたはずれ用変動パターン種別判定テーブルを用いるように構成してもよい。 In the example shown in FIG. 10, but gaming state indicates a case of using a common off for variation pattern type determination table 135b in the case where if the sum reserved memory number is 3 or more is time reduction state, time reduction in the case when the state and sum hold memory number is three or more, it may be configured to use a separately-prepared variation pattern type determination table for off. また、さらに、時短状態用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルとして合算保留記憶数に応じた複数のはずれ用変動パターン判定テーブル(判定値の割合を異ならせたテーブル)を用いるようにしてもよい。 Also, further, it may be used a plurality of off for variation pattern determination table corresponding to the summing hold storage number as the fluctuation pattern type determination table for off for time reduction state (with different proportions of the decision value table).

なお、この実施例では、合算保留記憶数が3未満である場合に用いるはずれ変動パターン種別判定テーブルA135aと、合算保留記憶数が3以上である場合に用いるはずれ変動パターン種別判定テーブルB135bとの2種類のテーブルを用いた例を示しているが、この実施例で示したものにかぎられない。 In this embodiment, the off change pattern type determination table A135a used when summed hold memory number is less than 3, the off variation pattern type determination table B135b used when summed hold storage number is three or more 2 Although an example of using a type of table, not limited to those shown in this embodiment. 例えば、合算保留記憶数の値ごとに別々のはずれ変動パターン種別判定テーブルをそれぞれ備えてもよい(すなわち、合算保留記憶数0個用、合算保留記憶数1個用、合算保留記憶数2個用、合算保留記憶数3個用、合算保留記憶数4個用・・・のはずれ変動パターン種別判定テーブルをそれぞれ別々に用いるようにしてもよい)。 For example, summed pending store number for each value separate out the variation pattern type determination table may be provided respectively (i.e., summed pending store number zero for, summed pending store number one for, summed pending memory number for two , summed pending memory number three for may be an off variation pattern type determination table summation pending memory number 4 for ... to use each separately). また、例えば、合算保留記憶数の他の複数の値の組合せに対応したはずれ変動パターン種別判定テーブルを用いるようにしてもよい。 Further, for example, it may be used out variation pattern type determination table corresponding to the combination of a plurality of other values ​​of summed pending memory number. 例えば、合算保留記憶数0〜2用、合算保留記憶数3用、合算保留記憶数4用・・・のはずれ変動パターン種別判定テーブルを用いるようにしてもよい。 For example, summed pending memory number for 0-2, summed pending memory number for 3, it may be used out variation pattern type determination table summation pending memory number 4 for ....

また、この実施例では、合算保留記憶数に応じてはずれ変動パターン種別判定テーブルを複数備える場合を示しているが、第1保留記憶数や第2保留記憶数に応じてはずれ変動パターン種別判定テーブルを複数備えるようにしてもよい。 Further, in this embodiment, summed hold in accordance with the stored number shows a case having a plurality of off variation pattern type determination table, out variation pattern type determination table according to the first hold memory number and second pending memory number the may be more provided. 例えば、第1特別図柄の変動表示を行う場合には、第1保留記憶数の値ごとに別々に用意されたはずれ変動パターン種別判定テーブルを用いるようにしてもよい(すなわち、第1保留記憶数0個用、第1保留記憶数1個用、第1保留記憶数2個用、第1保留記憶数3個用、第1保留記憶数4個用・・・のはずれ変動パターン種別判定テーブルをそれぞれ別々に用いるようにしてもよい)。 For example, when performing variable display of the first special symbol is also possible to use a deviated variation pattern type determination table prepared separately for each value of the first hold memory number good (i.e., the first hold memory number for zero, first hold memory number 1 for the first pending memory number two for the first pending memory number three for the off variation pattern type determination table in the first pending memory number 4 for ... may be used separately from each other). また、例えば、第1保留記憶数の他の複数の値の組合せに対応したはずれ変動パターン種別判定テーブルを用いるようにしてもよい。 Further, for example, it may be used out variation pattern type determination table corresponding to the combination of a plurality of other values ​​of the first hold memory number. 例えば、第1保留記憶数0〜2用、第1保留記憶数3用、第1保留記憶数4用・・・のはずれ変動パターン種別判定テーブルを用いるようにしてもよい。 For example, for the first pending memory number 0-2, for the first pending memory number 3, it may be used out variation pattern type determination table in the first pending memory number 4 for .... この場合であっても、第1保留記憶数や第2保留記憶数が多い場合(例えば3以上)には、変動時間が短い変動パターンを含む変動パターン種別が選択されやすいように構成すればよい。 Even in this case, if the first hold memory number and second pending memory having a large number (e.g. 3 or more), the variation pattern type, including changes time is short variation pattern may be configured as likely to be selected .

なお、この実施例では、図10に示すように、現在の遊技状態にかかわらず、共通のはずれ用変動パターン種別判定テーブルを用いる場合を示したが、現在の遊技状態が確変状態であるか時短状態であるか通常状態であるかに応じて、それぞれ別々に用意された大当り用変動パターン種別判定テーブルやはずれ用変動パターン種別判定テーブルを用いるようにしてもよい。 In this embodiment, as shown in FIG. 10, regardless of the current gaming state, a case of using a common variation pattern type determination table for off, or the current gaming state is the probability variation state time reduction depending on whether the normal state or the state, may be used jackpot for variation pattern type determination table and off for the fluctuation pattern type determination table are respectively separately prepared. また、この実施例では、合算保留記憶数が3以上である場合に、図10(b)に示す短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルを選択して短縮変動の変動パターンが決定される場合があるように構成する場合を示しているが、現在の遊技状態に応じて短縮変動の変動パターンが選択されうる場合の合算保留記憶数(第1保留記憶数や第2保留記憶数でもよい)の閾値を異ならせてもよい。 Further, if this embodiment, when summed hold storage number is 3 or more, the variation pattern of the selected and shortened varying off for variation pattern type determination table for shortening shown in FIG. 10 (b) is determined shows the case where is configured such that, summed pending memory number when the variation pattern of the shortened vary depending on the current gaming state may be selected (or the first holding memory number and second pending memory number) it may have different thresholds. 例えば、遊技状態が通常状態である場合には、合算保留記憶数が3である場合に(または、例えば、第1保留記憶数や第2保留記憶数が2である場合に)、短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルを選択して短縮変動の変動パターンが決定される場合があるようにし、遊技状態が時短状態や確変状態である場合には、合算保留記憶数がより少ない1や2の場合でも(または、例えば、第1保留記憶数や第2保留記憶数がより少ない0や1の場合でも)、短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルを選択して短縮変動の変動パターンが決定される場合があるようにしてもよいし、更には、小当り後に使用テーブル変更始動回数となってから所定回数(例えば30回)の変動表示が実施されるまでは、合算保留記憶数の閾値を1と For example, (in the case or, for example, first hold memory number and second pending memory number is 2) when the gaming state is the normal state, when summed hold storage number is 3, for shortening so there is a case where the variation pattern of the selected and reduced variability fluctuation pattern type determination table for off is determined, if the gaming state is a time-shortening conditions and probability variation state 1 summed pending memory number less or 2 even in the case of (or, for example, even if the first hold memory number and second pending memory number is less 0 or 1), the variation pattern of the shortened variation by selecting out a variation pattern type determination table for shortening it may be the case is to be determined, and further, is from when the use table change starting times after Koatari to change display of a predetermined number of times (e.g., 30 times) is carried out, aggregated reserved number of stored 1 and the threshold ることで、該所定回数となるまでの期間については、図10(b)に示す短縮用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルが使用されるようにしても良い。 In Rukoto, said predetermined for the period until the constant number may be out for variation pattern type determination table for shortening shown in FIG. 10 (b) is used.

図11(a),(b)は、ROM54に記憶されている当り変動パターン判定テーブル137a〜137bを示す説明図である。 Figure 11 (a), (b) is an explanatory view showing a contact variation pattern determination table 137a~137b stored in ROM 54. 当り変動パターン判定テーブル137a〜137bは、可変表示結果を「大当り」や「小当り」にする旨の判定がなされたときに、大当り種別や変動パターン種別の決定結果などに応じて、変動パターン判定用の乱数(ランダム3)にもとづいて、変動パターンを複数種類のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。 Per variation pattern determination table 137a~137b, when the determination that the variable display results in the "big hit" and "Koatari" was made, depending on the determination result of the jackpot type and variation pattern type, the variation pattern determined based on a random number of use (random 3), a table is referred to for determining a variation pattern into one of a plurality of types. 各当り変動パターン判定テーブル137a〜137bは、変動パターン種別の決定結果に応じて、使用テーブルとして選択される。 Each hit variation pattern determination table 137a~137b, depending on the determination result of the fluctuation pattern type is selected as the usage table. すなわち、変動パターン種別をノーマルCA3−1〜ノーマルCA3−2、スーパーCA3−3のいずれかにする旨の決定結果に応じて当り変動パターン判定テーブル137aが使用テーブルとして選択され、変動パターン種別を特殊CA4−1、特殊CA4−2のいずれかにする旨の決定結果に応じて当り変動パターン判定テーブル137bが使用テーブルとして選択される。 That is, normal CA3-1~ normal CA3-2 variation pattern type, per variation pattern determination table 137a in accordance with a determination result indicating that any of the super CA3-3 is selected as usage table, special variation pattern type CA4-1, per according to the result decision to any of the special CA4-2 variation pattern determination table 137b is selected as the usage table. 各当り変動パターン判定テーブル137a〜137bは、変動パターン種別に応じて、変動パターン判定用の乱数(ランダム3)の値と比較される数値(判定値)であって、演出図柄の可変表示結果が「大当り」や「小当り」である場合に対応した複数種類の変動パターンのいずれかに対応するデータ(判定値)を含む。 Each hit variation pattern determination table 137a~137b is in accordance with the variation pattern type, a random number for determining the variation pattern numbers is compared with the value of (random 3) (determination value), the variable display results of performance symbols are including data (determination value) that corresponds to one of a plurality of types of variation patterns corresponding to the case of "big hit" and "Koatari".

なお、図11(a)に示す例では、変動パターン種別として、各種のノーマルリーチのみを伴う変動パターンを含む変動パターン種別であるノーマルCA3−1と、ノーマルリーチCおよび擬似連を伴う変動パターンを含む変動パターン種別であるノーマルCA3−2と、スーパーリーチを伴う(スーパーリーチとともに擬似連を伴う場合もある)変動パターンを含む変動パターン種別であるスーパーCA3−3とに種別分けされている場合が示されている。 Incidentally, variation in the example shown in FIG. 11 (a), including a fluctuation pattern type, a normal CA3-1 a variation pattern type comprising a variation pattern with only various normal reach, the variation pattern with normal reach C and pseudo continuous a normal CA3-2 a pattern type, if it is the type divided into super CA3-3 and a variation pattern type containing (also be accompanied by a pseudo-communication with super reach) variation pattern with super reach is shown ing. また、図11(b)に示す例では、変動パターン種別として、擬似連の演出を伴う変動パターンを含まない変動パターン種別である特殊CA4−1と、擬似連の演出を伴う変動パターンを含む変動パターン種別である特殊CA4−2とに種別分けされている場合が示されている。 The variation in the example shown in FIG. 11 (b), including a fluctuation pattern type, the fluctuation pattern types are of special CA4-1 containing no variation pattern with the effect of the pseudo-continuous, the variation pattern with the effect of the pseudo-continuous If on the special CA4-2 a pattern type is the type classification is shown. なお、図11(b)において、擬似連の演出有無によって変動パターン種別を分けるのではなく、リーチ演出の有無や滑り演出などの特定演出の有無によって変動パターン種別を分けてもよい。 Incidentally, in FIG. 11 (b), the rather than divide the variation pattern type by directing presence of a pseudo-continuous, may be divided fluctuation pattern type by the presence or absence of the specific effect of the presence or absence or sliding effect of the reach demonstration. この場合、例えば、特殊CA4−1は、特定演出となる擬似連の演出を伴わない変動パターンである特殊PG1−1、特殊PG1−2、特殊PG2−1を含むようにし、特殊CA4−2は、特定演出となる擬似連の演出を伴う特殊PG1−3および特殊PG2−2を含むように構成すれば良い。 In this case, for example, special CA4-1 is a fluctuation pattern without effect of the pseudo communication with a specific effect special PG1-1, special PG1-2, to include a special PG2-1 special CA4-2 is it may be configured to include a special PG1-3 and special PG2-2 with the effect of pseudo-communication with a specific effect.

図12は、ROM54に記憶されているはずれ変動パターン判定テーブル138aを示す説明図である。 Figure 12 is an explanatory diagram showing an out variation pattern determination table 138a stored in the ROM 54. はずれ変動パターン判定テーブル138aは、可変表示結果を「はずれ」にする旨の判定がなされたときに、変動パターン種別の決定結果に応じて、変動パターン判定用の乱数(ランダム3)にもとづいて、変動パターンを複数種類のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。 Out variation pattern determination table 138a, when the determination that the variable display results in the "off" has been made, in accordance with the determination result of the fluctuation pattern types, based on the variation pattern determination of the random number (random 3), a table referenced in order to determine the variation pattern into one of a plurality of types. はずれ変動パターン判定テーブル138aは、変動パターン種別の決定結果に応じて、使用テーブルとして選択される。 Out variation pattern determination table 138a in accordance with the determination result of the fluctuation pattern type is selected as the usage table.

尚、この実施例のはずれ変動パターン判定テーブル138aでは、前述したように、非リーチCA2−0と非リーチCA2−1とで、非リーチPA1−0(超短縮)と非リーチPA1−02(短縮)との判定値の割り当てが異なっている。 In the off variation pattern determination table 138a in this embodiment, as described above, in a non-reach CA2-0 and non reach CA2-1, non Reach PA1-0 (ultra shortened) and non Reach PA1-02 (abbreviated ) assignment determination value is different between the.

また、スーパーCA2−7には、スーパーリーチCに対応するスーパーPB3−3の変動パターンに対する判定値の割り当てが存在しないのに対し、スーパーCA2−8には、スーパーリーチCに対応するスーパーPB3−3の変動パターンに対する判定値の割り当てが存在する。 Further, super Super CA2-7, whereas allocation determination value for the fluctuation pattern of the super PB3-3 corresponding to super reach C is not present, the super CA2-8, corresponding to super reach C PB3- assignment of the determination value for the third variation pattern exists.

図13および図14は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。 13 and 14, the game control microcomputer 560 is an explanatory diagram showing an example of the content of the performance control commands to be transmitted. 図13および図14に示す例において、コマンド80XX(H)は、特別図柄の可変表示に対応して演出表示装置9において可変表示される演出図柄の変動パターンを指定する演出制御コマンド(変動パターンコマンド)である(それぞれ変動パターンXXに対応)。 In the example shown in FIGS. 13 and 14, the command 80xx (H), the attraction control command (variation pattern command that specifies the variation pattern of performance symbols that are variably displayed in the effect display device 9 corresponding to the variable display of the special symbols ) is (corresponding to the variation pattern XX, respectively). つまり、図6に示された使用されうる変動パターンのそれぞれに対して一意な番号を付した場合に、その番号で特定される変動パターンのそれぞれに対応する変動パターンコマンドがある。 That is, when given the unique number for each of which can change the pattern used as shown in FIG. 6, there is a variation pattern command corresponding to the respective variation pattern specified by that number. なお、「(H)」は16進数であることを示す。 Incidentally, "(H)" denotes hexadecimal. また、変動パターンを指定する演出制御コマンドは、変動開始を指定するためのコマンドでもある。 Further, effect control command specifying the variation pattern is also a command for designating the start variation. 従って、演出制御用マイクロコンピュータ100は、コマンド80XX(H)を受信すると、演出表示装置9において演出図柄の可変表示を開始するように制御する。 Therefore, the effect control microcomputer 100 receives the command 80xx (H), and controls to start variable display of the performance symbols in the effect display device 9.

コマンド8C01(H)〜8C08(H)は、大当りとするか否か、小当りとするか否か、および大当り種別や小当り種別を示す演出制御コマンドである。 Command 8C01 (H) ~8C08 (H) is, whether a big hit, a performance control command indicating whether a Koatari, and jackpot type and Koatari type. 演出制御用マイクロコンピュータ100は、コマンド8C01(H)〜8C08(H)の受信に応じて演出図柄の表示結果を決定するので、コマンド8C01(H)〜8C08(H)を表示結果指定コマンドという。 Effect control microcomputer 100, because it determines the display result of the performance symbols in response to receiving the command 8C01 (H) ~8C08 (H), the command 8C01 (H) ~8C08 indication that results specifying command (H).

コマンド8D01(H)は、第1特別図柄の可変表示(変動)を開始することを示す演出制御コマンド(第1図柄変動指定コマンド)である。 Command 8D01 (H) is a variable display of the first special symbol effect control command indicating the start of (fluctuation) (first symbol variation specifying command). コマンド8D02(H)は、第2特別図柄の可変表示(変動)を開始することを示す演出制御コマンド(第2図柄変動指定コマンド)である。 Command 8D02 (H) is a variable display of the second special symbol attraction control command indicating the start of (fluctuation) (second symbol variation specifying command). 第1図柄変動指定コマンドと第2図柄変動指定コマンドとを特別図柄特定コマンド(または図柄変動指定コマンド)と総称することがある。 It may be collectively first symbol variation designating command and the second symbol variation specify commands and special symbol specific commands (or symbol variation specifying command). なお、第1特別図柄の可変表示を開始するのか第2特別図柄の可変表示を開始するのかを示す情報を、変動パターンコマンドに含めるようにしてもよい。 Incidentally, information indicating whether to start variable display of the or second special symbol starts variable display of the first special symbol may be included in the variation pattern command.

コマンド8F00(H)は、演出図柄の可変表示(変動)を終了して表示結果(停止図柄)を導出表示することを示す演出制御コマンド(図柄確定指定コマンド)である。 Command 8F00 (H) is a variable display of the performance symbols (variation) ends to display the results performance control command indicating deriving Show (stop symbols) (symbol determined specifying command). 演出制御用マイクロコンピュータ100は、図柄確定指定コマンドを受信すると、演出図柄の可変表示(変動)を終了して表示結果を導出表示する。 Effect control microcomputer 100 receives the symbol determined designation command, deriving display the display result to end the variable display of the performance symbols (variation).

コマンド9000(H)は、遊技機に対する電力供給が開始されたときに送信される演出制御コマンド(初期化指定コマンド:電源投入指定コマンド)である。 Command 9000 (H), the effect control command for the game machine is transmitted when the power supply is started: a (initialization command specified power-specified command). コマンド9200(H)は、遊技機に対する電力供給が再開されたときに送信される演出制御コマンド(停電復旧指定コマンド)である。 Command 9200 (H) is a demonstration control commands transmitted (the power is restored specifying command) when power supply to the gaming machine is restarted. 遊技制御用マイクロコンピュータ560は、遊技機に対する電力供給が開始されたときに、バックアップRAMにデータが保存されている場合には、停電復旧指定コマンドを送信し、そうでない場合には、初期化指定コマンドを送信する。 Game control microcomputer 560, when the power supply to the gaming machine is started, if the data in the backup RAM is stored, it transmits the power failure recovery designated command, otherwise, specified initialization to send a command.

コマンド95XX(H)は、入賞時判定結果の内容を示す演出制御コマンド(入賞時判定結果指定コマンド)である。 Command 95XX (H) is a performance control command indicating the contents of the winning time of the determination result (winning time determination result given command). この実施例では、後述する入賞時判定処理(図19参照)において、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、始動入賞時にいずれの変動パターン種別となるかを判定する。 In this embodiment, determines the winning time determination processing to be described later (see FIG. 19), whether the game control microcomputer 560 is a one of the fluctuation pattern types during start winning. そして、入賞時判定結果指定結果コマンドのEXTデータに判定結果としての変動パターン種別を指定する値を設定し、演出制御用マイクロコンピュータ100に対して送信する制御を行う。 Then sets a value that specifies the variation pattern type as the determination result to the EXT data of the winning time of determination results specified result command, it performs control to be transmitted to the effect control microcomputer 100. 例えば、この実施例では、第1始動入賞口13への始動入賞時に変動パターン種別が非リーチCA2−1となる(非リーチはずれとなる)と判定した場合には、EXTデータに「00(H)」を設定した入賞時判定結果1指定コマンドが送信される。 For example, in this embodiment, when the variation pattern type at start winning to the first starting winning opening 13 is determined to be non Reach CA2-1 (a non-reach out) is the EXT data "00 (H ) "is a winning time of the determination result 1 specified command with the sent. また、例えば、第1始動入賞口13への始動入賞時に変動パターン種別がスーパーCA2−7およびスーパーCA2−8となる(スーパーリーチはずれとなる)と判定した場合には、EXTデータに「01(H)」を設定した入賞時判定結果2指定コマンドが送信される。 Further, for example, when the variation pattern type at start winning to the first starting winning opening 13 is determined to become super CA2-7 and super CA2-8 (a super reach out) is "01 EXT data ( when winning set of H) "judgment result 2 specified command is sent. また、例えば、第1始動入賞口13への始動入賞時に変動パターン種別がスーパーCA3−3となる(スーパーリーチ大当りとなる)と判定した場合には、EXTデータに「02(H)」を設定した入賞時判定結果3指定コマンドが送信される。 Further, for example, when the variation pattern type at start winning to the first starting winning opening 13 is determined to become super CA3-3 (a super reach jackpot) is set to "02 (H)" to the EXT data prize when the determination result 3 specified commands are transmitted. また、例えば、第2始動入賞口14への始動入賞時に変動パターン種別が非リーチCA2−1となる(非リーチはずれとなる)と判定した場合には、EXTデータに「03(H)」を設定した入賞時判定結果4指定コマンドが送信される。 Further, for example, when the variation pattern type at start winning to second start winning opening 14 is determined to be non Reach CA2-1 (a non-reach out) is the "03 (H)" to the EXT data setting the winning time determination result 4 specified commands are transmitted. また、例えば、第2始動入賞口14への始動入賞時に変動パターン種別がスーパーCA2−7およびスーパーCA2−8となる(スーパーリーチはずれとなる)と判定した場合には、EXTデータに「04(H)」を設定した入賞時判定結果5指定コマンドが送信される。 Further, for example, when the variation pattern type at start winning to second start winning opening 14 is determined to become super CA2-7 and super CA2-8 (a super reach out) is "04 EXT data ( prize when the determination result 5 specified command with the H) "is transmitted. また、例えば、第2始動入賞口14への始動入賞時に変動パターン種別がスーパーCA3−3となる(スーパーリーチ大当りとなる)と判定した場合には、EXTデータに「05(H)」を設定した入賞時判定結果6指定コマンドが送信される。 Further, for example, when the variation pattern type at start winning to second start winning opening 14 is determined to become super CA3-3 (a super reach jackpot) is set to "05 (H)" to the EXT data prize when the determination result 6 specified commands are transmitted. また、例えば、第1始動入賞口13への始動入賞時に変動パターン種別が特殊CA4−2となる(擬似連で確変大当りBまたは小当りとなる)と判定した場合には、EXTデータに「06(H)」を設定した入賞時判定結果7指定コマンドが送信される。 For example, when it is determined that the variation pattern type a special CA4-2 during start winning to the first starting winning opening 13 (the probability variation big hit B or Koatari a pseudo-continuous) is "06 to the EXT data (H) "is a winning time of the decision result 7 specified command with the sent. また、例えば、第2始動入賞口14への始動入賞時に変動パターン種別が特殊CA4−2となる(擬似連で確変大当りBまたは小当りとなる)と判定した場合には、EXTデータに「07(H)」を設定した入賞時判定結果8指定コマンドが送信される。 For example, when it is determined that the variation pattern type at start winning to second start winning hole 14 is a special CA4-2 (the probability variation big hit B or Koatari a pseudo-continuous) is "07 EXT data (H) "is a winning time of the determination result 8 specified command with the sent. さらに、その他、判定した変動パターン種別に応じてEXTデータの値が設定され、入賞判定結果指定コマンドが送信される。 Furthermore, other values ​​of the EXT data according to the determined variation pattern type is set, the winning determination results specified command is sent.

コマンド9F00(H)は、客待ちデモンストレーションを指定する演出制御コマンド(客待ちデモ指定コマンド)である。 Command 9F00 (H) is a performance control command to specify the customer waiting demonstration (plying demo specified command).

コマンドA001(H)は、大当り開始画面(ファンファーレ画面)を表示すること、すなわち大当り遊技の開始を指定する演出制御コマンド(確変大当りA開始指定コマンド:ファンファーレ1指定コマンド)である。 Command A001 (H) is to display the jackpot start screen (fanfare screen), i.e. effect control command for designating the start of the jackpot gaming: a (probability variation jackpot A start command specified fanfare 1 specifying command). コマンドA002(H)は、大当り遊技の開始を指定するものであるが、大当り遊技であることを特定しにくい大当り開始画面(図52(G1〜G4)、図53(I1〜I4)参照)を表示することを指定する演出制御コマンド(確変大当りB開始指定コマンド:ファンファーレ2指定コマンド)である。 Command A002 (H), which is used to specify the start of the jackpot gaming, specific hard jackpot start screen to be a big hit game (FIG. 52 (G1 to G4), FIG. 53 (I1 to I4) refer) to effect control command specifying that the display: a (probability variation big hit B start designation command fanfare 2 designation command). コマンドA003(H)は、小当り遊技の開始を指定するものであるが、小当り遊技であることを特定しにくい小当り開始画面(図52(G1〜G4)、図53(I1〜I4)参照)を表示することを指定する演出制御コマンド(小当り開始指定コマンド:ファンファーレ3指定コマンド)である。 Command A003 (H), which is used to specify the start of Koatari game, Koatari start screen (FIG. 52 (G1 to G4 not easily identify that the Koatari game), FIG. 53 (I1 to I4) effect control command (Koatari start specified command to specify that you want to display a reference): a fanfare 3 specified command). なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、確変大当りBである場合および小当りである場合に共通の確変大当りB/小当り開始指定用のファンファーレ指定コマンドを送信するように構成してもよい。 Incidentally, the game control microcomputer 560 may be configured to transmit a fanfare designation command for common probability variation jackpot B / Koatari start specified if the case and Koatari a probability variation big hit B.

コマンドA1XX(H)は、XXで示す回数目(ラウンド)の大入賞口開放中の表示を示す演出制御コマンド(大入賞口開放中指定コマンド)である。 Command A1XX (H) is the number of times first shown by XX effect control command indicating the display of the special winning opening is the opening of the (round) (the specified command in the special winning opening open). A2XX(H)は、XXで示す回数目(ラウンド)の大入賞口閉鎖を示す演出制御コマンド(大入賞口開放後指定コマンド)である。 A2XX (H) is the number of times first shown by XX effect control command indicating the special winning opening closure of the (round) (the specified command after winning opening open).

コマンドA301(H)は、大当り終了画面(エンディング画面)を表示すること、すなわち大当り遊技の終了を指定するとともに、確変大当りAであったことを指定する演出制御コマンド(確変大当りB終了指定コマンド:エンディング1指定コマンド)である。 Command A301 (H) is to display the jackpot end screen (ending screens), i.e. with specifies the end of the jackpot gaming, effect control commands (probability variation big hit B ends designating command specifying that was probability variation big hit A: it is ending 1 specified command). コマンドA302(H)は、大当り終了画面(エンディング画面)を表示すること、すなわち大当り遊技の終了を指定するとともに、確変大当りBであったことを指定する演出制御コマンド(確変大当りB終了指定コマンド:エンディング2指定コマンド)である。 Command A 302 (H) is to display the jackpot end screen (ending screens), i.e. with specifies the end of the jackpot gaming, effect control commands (probability variation big hit B ends designating command specifying that was probability variation big hit B: it is ending 2 specified command). コマンドA303(H)は、小当り終了画面(エンディング画面)を表示すること、すなわち小当り遊技の終了を指定するとともに、小当りであったことを指定する演出制御コマンド(小当り終了指定コマンド:エンディング3指定コマンド)である。 Command A303 (H) is to display the Koatari end screen (ending screens), i.e. with specifies the end of Koatari game, effect control command specifying that was Koatari (Koatari finished specifying command: ending a three-specified command). なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、確変大当りBである場合および小当りである場合に共通の確変大当りB/小当り終了指定用のエンディング指定コマンドを送信するように構成してもよい。 Incidentally, the game control microcomputer 560 may be configured to transmit the ending designation command for common probability variation jackpot B / Koatari ends specified if the case and Koatari a probability variation big hit B.

なお、本実施例では、上記コマンドA002(H)にて指定する大当り開始画面とコマンドA003(H)にて指定する小当り開始画面とは同一の開始画面であり、また、コマンドA302(H)にて指定する大当り終了画面とコマンドA303(H)にて指定する小当り終了画面とは同一画面である。 In this embodiment, the Koatari start screen for designating at jackpot start screen and command A003 to specify in the command A002 (H) (H) are the same start screen The command A 302 (H) it is the same screen as the Koatari end screen to specify in the jackpot end screen and command A303 to specify (H) in. 詳しくは、これら大当り/小当り開始画面および大当り/小当り終了画面は、前述した非リーチPA1−3,4の後半において表示される画面(図52(G1)〜(G4)、図53(I1)〜(I4)参照)と同じ態様の表示画面とされており、確変大当りBまたは小当りのいずれが発生したかの特定を困難とするとともに、確変大当りBが発生して遊技状態が確変状態(高確低ベース状態)に移行した可能性があることを示唆する画面とされている。 Specifically, these jackpot / Koatari start screen and the jackpot / Koatari end screen is a screen displayed in the second half of the non-reach PA1-3,4 described above (FIG. 52 (G1) ~ (G4), FIG. 53 (I1 ) ~ (I4) refer) and are the display screen of the same embodiment, probability variation big hit B or with any is difficult whether particular has occurred Koatari, probability variation jackpot B is the game state occurring probability variation state there is a suggested screen that might have migrated (high 確低 base state).

コマンドB000(H)は、遊技状態が通常状態であることを指定する演出制御コマンド(通常状態指定コマンド)である。 Command B000 (H) is a performance control command specifying that the gaming state is the normal state (normal state specification command). コマンドB001(H)は、遊技状態が時短状態であることを指定する演出制御コマンド(時短状態指定コマンド)である。 Command B001 (H) is a performance control command specifying that the game state is time reduction state (time reduction state specification command). コマンドB002(H)は、遊技状態が確変(高確)状態であることを指定する演出制御コマンド(確変状態指定コマンド)である。 Command B002 (H), the game state is probability variation effect control command specifying that the (high probability) state (probability variation state specification command). コマンドB003(H)は、時短状態が終了したことを通知する演出制御コマンド(時短終了指定コマンド)である。 Command B003 (H) is a demonstration control command for notifying that a time reduction condition has ended (time reduction finished specifying command).

コマンドB1XX(H)は、時短状態の残り回数(あと何回変動表示を終了するまで時短状態が継続するか)を指定する演出制御コマンド(時短回数指定コマンド)である。 Command B1XX (H) is a performance control command to specify the remaining number of times of the time-shortening condition (or the time-shortening condition until the end of the variable display what more times to continue) (the time-shortening the number of times specified command). コマンドB1XX(H)における「XX」が、時短状態の残り回数を示す。 In the command B1xx (H) "XX" indicates the number of remaining time reduction state.

コマンドB2XX(H)は、確変状態の残り回数(あと何回変動表示を終了するまで確変状態が継続するか)を指定する演出制御コマンド(確変回数指定コマンド)である。 Command B2XX (H) is a performance control command to specify the number of remaining probability variation state (or probability variation state until the end of the variable display what more times to continue) (probability variation number of times specified command). コマンドB2XX(H)における「XX」が、確変状態の残り回数を示す。 In the command B2xx (H) "XX" indicates the number of remaining probability variation state.

コマンドB3XX(H)は、確変大当りBまたは小当りの種別に対応する使用テーブル変更始動回数(使用テーブル変更始動回数の残り回数)を指定する演出制御コマンド(テーブル変更回数指定コマンド)である。 Command B3XX (H) is a performance control command specifying a probability variation big hit B or the number of uses table change startup that corresponds to the type of Koatari (remaining number of usage table change number of starts) (table change count designation command). コマンドB3XX(H)における「XX」が、使用テーブル変更始動回数の残り回数を示す。 "XX" in the command B3XX (H) indicates the number of remaining use table change number of starts.

コマンドC0XX(H)は、第1保留記憶数を指定する演出制御コマンド(第1保留記憶数指定コマンド)である。 Command C0XX (H) is a performance control command designating the first hold memory number (first hold memory number designation command). コマンドC0XX(H)における「XX」が、第1保留記憶数を示す。 "XX" in the command C0XX (H) indicates the first hold memory number. コマンドC1XX(H)は、第2保留記憶数を指定する演出制御コマンド(第2保留記憶数指定コマンド)である。 Command C1XX (H) is a performance control command designating the second hold storage number (second hold memory number designation command). コマンドC1XX(H)における「XX」が、第2保留記憶数を示す。 "XX" in the command C1XX (H) indicates a second hold memory number.

なお、この実施の形態では、遊技状態にかかわらず(例えば、高確率状態や高ベース状態であるか否かや、大当り遊技中であるか否かにかかわらず)、始動入賞が発生して保留記憶が実施されるごとに入賞時判定の処理が実行され、必ず図13に示す図柄指定コマンドが送信される。 In this embodiment, regardless of the gaming state (e.g., high probability state or whether Kaya a high base state, regardless of whether it is in the jackpot gaming), start winning occurs pending stored is processed the execution of judgment upon winning each time it is performed, it is transmitted always symbol designating command shown in FIG. 13. そして、演出制御用マイクロコンピュータ100は、受信した図柄指定コマンドにもとづいて、予告対象の変動表示が開始される以前に、前もって大当りとなるか否かやスーパーリーチとなるか否かを予告する後述する保留予告を実行する。 The effect control microcomputer 100, based on the symbol specified command received, before the variable display notice object is started, the notice whether the previously jackpot become whether Kaya super reach below running held notice to be. なお、本実施例では、確変大当りBおよび小当りについての保留予告は実行しない、つまり確変大当りAについての保留予告のみを実行するようになっているので、確変大当りBおよび小当りの発生が保留予告により遊技者に把握され易くなってしまうことを回避できる。 In this embodiment, pending notice of probability variation jackpot B and Koatari is not executed, that is so adapted to perform only pending notice of probability variation jackpot A, probability variation big hit B and Koatari occurrence of pending It can be avoided that is easily grasped to the player by the notice.

演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータ100(具体的には、演出制御用CPU101)は、主基板31に搭載されている遊技制御用マイクロコンピュータ560から上述した演出制御コマンドを受信すると、図13および図14に示された内容に応じて画像表示装置9の表示状態を変更したり、ランプの表示状態を変更したり、音声出力基板70に対して音番号データを出力したりする。 (Specifically, the effect control for CPU 101) performance control board 80 for performance control is installed in the microcomputer 100, receives the effect control command described above from the gaming control microcomputer 560 mounted on the main board 31 then, or output change the display state of the image display device 9 according to the content shown in FIGS. 13 and 14 to change the display state of the lamp, the sound number data to the audio output board 70 to.

例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、始動入賞があり第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおいて特別図柄の可変表示が開始される度に、演出図柄の変動パターンを指定する変動パターンコマンドおよび表示結果指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する。 For example, a player control microcomputer 560 each time the variable display of the special symbols is started at the first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b has starting winning specifies the variation pattern of performance symbols sending variation pattern command and display the results specified command to the effect control microcomputer 100.

この実施例では、演出制御コマンドは2バイト構成であり、1バイト目はMODE(コマンドの分類)を表し、2バイト目はEXT(コマンドの種類)を表す。 In this example, effect control commands is 2 bytes long, the first byte represents MODE (classification command), the second byte represents the EXT (type of command). MODEデータの先頭ビット(ビット7)は必ず「1」に設定され、EXTデータの先頭ビット(ビット7)は必ず「0」に設定される。 MODE first bit of data (bit 7) is always set to "1", the first bit of the EXT data (bit 7) is always set to "0". なお、そのようなコマンド形態は一例であって他のコマンド形態を用いてもよい。 Incidentally, such a command forms may use other commands forms an example. 例えば、1バイトや3バイト以上で構成される制御コマンドを用いてもよい For example, it may be used a control command consists of one byte and 3 bytes or more

なお、演出制御コマンドの送出方式として、演出制御信号CD0〜CD7の8本のパラレル信号線で1バイトずつ主基板31から中継基板77を介して演出制御基板80に演出制御コマンドデータを出力し、演出制御コマンドデータの他に、演出制御コマンドデータの取り込みを指示するパルス状(矩形波状)の取込信号(演出制御INT信号)を出力する方式を用いる。 As delivery system for performance control command, and outputs the effect control command data to the performance control board 80 via the relay board 77 of one byte by the main board 31 of eight parallel signal lines of the effect control signal CD0~CD7, other effect control command data, using a method of outputting the accepting signal pulsed for instructing the performance control command data capture (square wave) (performance control signal INT). 演出制御コマンドの8ビットの演出制御コマンドデータは、演出制御INT信号に同期して出力される。 Effect control command data of 8 bits of the effect control command is output in synchronization with the effect control signal INT. 演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータ100は、演出制御INT信号が立ち上がったことを検知して、割込処理によって1バイトのデータの取り込み処理を開始する。 Performance control board 80 effect control microcomputer 100 mounted on detects that the effect control INT signal rises, it starts loading process of one byte of data by an interrupt process.

図13および図14に示す例では、変動パターンコマンドおよび表示結果指定コマンドを、第1特別図柄表示器8aでの第1特別図柄の変動に対応した演出図柄の可変表示(変動)と第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の変動に対応した演出図柄の可変表示(変動)とで共通に使用でき、第1特別図柄および第2特別図柄の可変表示に伴って演出を行う画像表示装置9などの演出用部品を制御する際に、遊技制御用マイクロコンピュータ560から演出制御用マイクロコンピュータ100に送信されるコマンドの種類を増大させないようにすることができる。 Figure in 13 and the example shown in FIG. 14, the variation pattern command and display results specified command, variable display of performance symbol corresponding to the first variation of the special symbols in the first special symbol display 8a and (fluctuation) second special available to the common de variable display of performance symbol corresponding to the second variation of the special symbols in symbol display device 8b (the change), the image display to perform an effect in accordance with the variable display of the first special symbol and the second special symbol in controlling effect for components such as device 9, it can be prevented to increase the types of commands transmitted from the gaming control microcomputer 560 to effect the control microcomputer 100.

図15および図16は、主基板31に搭載される遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)が実行する特別図柄プロセス処理(ステップS26)のプログラムの一例を示すフローチャートである。 15 and 16, (specifically, CPU 56) a game control microcomputer 560 mounted on the main substrate 31 is a flowchart showing an example of a program of special symbol process (step S26) to be executed. 上述したように、特別図柄プロセス処理では第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を制御するための処理が実行される。 As described above, the processing for controlling the first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b and winning opening is executed by the special symbol process treatment. 特別図柄プロセス処理において、CPU56は、第1始動入賞口13に遊技球が入賞したことを検出するための第1始動口スイッチ13aがオンしていたら、すなわち、第1始動入賞口13への始動入賞が発生していたら、第1始動口スイッチ通過処理を実行する(ステップS311,S312)。 In special symbol process treatment, CPU 56 is when I first start hole switch 13a for detecting that the game ball is finished in the first start winning port 13 is turned on, i.e., the start of the first starting winning opening 13 After winning has occurred, performing a first start hole switch passing process (step S311, S312). また、CPU56は、第2始動入賞口14に遊技球が入賞したことを検出するための第2始動口スイッチ14aがオンしていたら、すなわち第2始動入賞口14への始動入賞が発生していたら、第2始動口スイッチ通過処理を実行する(ステップS313,S314)。 Further, CPU 56 may have when I second start hole switch 14a for game balls to the second start winning port 14 detects that the prize is turned on, that is, start winning to second start winning hole 14 occurs When, it executes the second start hole switch passing process (step S313, S314). そして、ステップS300〜S310のうちのいずれかの処理を行う。 Then, do any of the of the steps S300 to S310. 第1始動入賞口スイッチ13aまたは第2始動口スイッチ14aがオンしていなければ、内部状態に応じて、ステップS300〜S310のうちのいずれかの処理を行う。 If the first start winning opening switch 13a or the second start hole switch 14a has not been turned on, depending on the internal state, do any of the of the steps S300 to S310.

ステップS300〜S310の処理は、以下のような処理である。 Processing in step S300~S310 are processed as follows.

特別図柄通常処理(ステップS300):特別図柄プロセスフラグの値が0であるときに実行される。 Special symbol normal processing (step S300): will be executed when the value of the special symbol process flag is 0. 遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄の可変表示が開始できる状態になると、保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数(合算保留記憶数)を確認する。 Game control microcomputer 560 checks if a state in which the variable display of the special symbols can be started, the storage number of the numerical data stored in the hold memory number buffer (sum pending memory number). 保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数は合算保留記憶数カウンタのカウント値により確認できる。 Storing the number of numerical data stored in the hold memory buffer number can be confirmed by the count value of the summed pending store counter. また、合算保留記憶数カウンタのカウント値が0でなければ、第1特別図柄または第2特別図柄の可変表示の表示結果を大当りとするか否かを決定する。 Moreover, unless the count value of the combined holding storage number counter is 0, the variable display of the display results of the first special symbol or the second special symbol to determine whether the jackpot. 大当りとする場合には大当りフラグをセットする。 To set the big hit flag in the case of a big hit. そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS301に応じた値(この例では1)に更新する。 Then, to update the internal state (special symbol process flag) to the value (1 in this example) corresponding to the step S301. なお、大当りフラグは、大当り遊技が終了するときにリセットされる。 Incidentally, the big hit flag is reset when the jackpot gaming is terminated.

変動パターン設定処理(ステップS301):特別図柄プロセスフラグの値が1であるときに実行される。 Change pattern setting process (step S301): the value of the special symbols process flag is executed when a 1. また、変動パターンを決定し、その変動パターンにおける変動時間(可変表示時間:可変表示を開始してから表示結果を導出表示(停止表示)するまでの時間)を特別図柄の可変表示の変動時間とすることに決定する。 Further, to determine the variation pattern, the time variations in the fluctuation pattern (variable display time: time to derive display the display result from the start of the variable display stopped and displayed) a variation time of the variable display of the special symbols It is determined to be. また、特別図柄の変動時間を計測する変動時間タイマをスタートさせる。 In addition, to start the fluctuation time timer for measuring the variation in time of special symbol. そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS302に対応した値(この例では2)に更新する。 Then, it updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S302 (2 in this example).

表示結果指定コマンド送信処理(ステップS302):特別図柄プロセスフラグの値が2であるときに実行される。 Display Results designation command transmitting process (step S302): will be executed when the value of the special symbol process flag is 2. 演出制御用マイクロコンピュータ100に、表示結果指定コマンドを送信する制御を行う。 To effect control microcomputer 100 performs control to transmit the display result specified command. そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS303に対応した値(この例では3)に更新する。 Then, it updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S303 (3 in this example).

特別図柄変動中処理(ステップS303):特別図柄プロセスフラグの値が3であるときに実行される。 Special symbol variation during processing (step S303): will be executed when the value of the special symbol process flag is 3. 変動パターン設定処理で選択された変動パターンの変動時間が経過(ステップS301でセットされる変動時間タイマがタイムアウトすなわち変動時間タイマの値が0になる)すると、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS304に対応した値(この例では4)に更新する。 Change pattern setting process elapses variation time of the selected change pattern (set the variable time timer timeout value i.e. varying time timer reaches 0 in step S301) Then, step the internal state (special symbol process flag) value corresponding to S304 to update (4 in this example).

特別図柄停止処理(ステップS304):特別図柄プロセスフラグの値が4であるときに実行される。 Special symbol stop processing (step S304): will be executed when the value of the special symbol process flag is 4. 第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける可変表示を停止して停止図柄を導出表示させる。 Stop the variable display is derived display the stop symbols in the first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b. また、演出制御用マイクロコンピュータ100に、図柄確定指定コマンドを送信する制御を行う。 Moreover, the attraction control microcomputer 100 performs control to transmit a symbol determined specified command. そして、大当りフラグがセットされている場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS305に対応した値(この例では5)に更新する。 When the big hit flag is set, it updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S305 (5 in this example). また、小当りフラグがセットされている場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS308に対応した値(この例では8)に更新する。 Further, when the Koatari flag is set, it updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S308 (8 in this example). 大当りフラグおよび小当りフラグのいずれもセットされていない場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS300に対応した値(この例では0)に更新する。 If none of the jackpot flag and Koatari flag not set, it updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S300 (0 in this example). なお、演出制御用マイクロコンピュータ100は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する図柄確定指定コマンドを受信すると演出表示装置9において演出図柄が停止されるように制御する。 Incidentally, the effect control microcomputer 100, a game control microcomputer 560 performs control such performance symbols is stopped in the effect display device 9 and receives the symbol determined specifying command to be transmitted.

大入賞口開放前処理(ステップS305):特別図柄プロセスフラグの値が5であるときに実行される。 Special winning opening open preprocessing (step S305): will be executed when the value of the special symbol process flag is 5. 大入賞口開放前処理では、大入賞口を開放する制御を行う。 A big winning opening open pretreatment, performs control to open the special winning opening. 具体的には、カウンタ(例えば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)などを初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。 Specifically, the counter (for example, a counter for counting the game balls number entered the special winning hole) is initialized and the like, the special winning opening in an open state by driving the solenoid 21. また、タイマによって大入賞口開放中処理の実行時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS306に対応した値(この例では6)に更新する。 Further, to set the execution time of the special winning opening open during processing by a timer, and updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S306 (6 in this example). なお、大入賞口開放前処理は各ラウンド毎に実行されるが、第1ラウンドを開始する場合には、大入賞口開放前処理は大当り遊技を開始する処理でもある。 Although special winning opening open preprocessing is executed for each round, when starting the first round, the special winning opening open pretreatment is also the process starts jackpot gaming.

大入賞口開放中処理(ステップS306):特別図柄プロセスフラグの値が6であるときに実行される。 Special winning opening open during the processing (step S306): will be executed when the value of the special symbol process flag is 6. 大当り遊技状態中のラウンド表示の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御や大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行う。 It performs processing to confirm the establishment of the closing conditions of control and special winning opening to send the effect control command of the round display in the jackpot gaming state to effect control microcomputer 100. 大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがある場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS305に対応した値(この例では5)に更新する。 Satisfied closed condition of the special winning opening, and, if there are still remaining rounds, updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S305 (5 in this example). また、全てのラウンドを終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS307に対応した値(この例では7)に更新する。 Furthermore, when finished all round, it updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S307 (7 in this example).

大当り終了処理(ステップS307):特別図柄プロセスフラグの値が7であるときに実行される。 Jackpot end processing (step S307): will be executed when the value of the special symbol process flag is 7. 大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行わせるための制御を行う。 Jackpot gaming state performs control for causing the effect control microcomputer 100 a display control for notifying the player that it has ended. また、遊技状態を示すフラグ(例えば、確変フラグや時短フラグ)をセットする処理を行う。 Also, performing flag indicating the gaming state (e.g., probability variation flag and the time-shortening flag) a process of setting a. そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS300に対応した値(この例では0)に更新する。 Then, it updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S300 (0 in this example).

小当り開放前処理(ステップS308):特別図柄プロセスフラグの値が8であるときに実行される。 Koatari open preprocessing (step S308): will be executed when the value of the special symbol process flag is 8. 小当り開放前処理では、大入賞口を開放する制御を行う。 In Koatari open preprocessing performs control to open the special winning opening. 具体的には、カウンタ(例えば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)などを初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。 Specifically, the counter (for example, a counter for counting the game balls number entered the special winning hole) is initialized and the like, the special winning opening in an open state by driving the solenoid 21. また、タイマによって大入賞口開放中処理の実行時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS309に対応した値(この例では9)に更新する。 Further, to set the execution time of the special winning opening open during processing by a timer, and updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S309 (9 in this example). なお、小当り開放前処理は各ラウンド毎に実行されるが、第1ラウンドを開始する場合には、小当り開放前処理は小当り遊技を開始する処理でもある。 Although Koatari open pretreatment is performed for each round, when starting the first round, Koatari open pretreatment is also the process starts Koatari game.

小当り開放中処理(ステップS309):特別図柄プロセスフラグの値が9であるときに実行される。 Koatari open processing (step S309): will be executed when the value of the special symbol process flag is 9. 大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行う。 It performs processing to confirm the establishment of the closing conditions of the special winning opening. 大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがある場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS308に対応した値(この例では8)に更新する。 Satisfied closed condition of the special winning opening, and, if there are still remaining rounds, updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S308 (8 in this example). また、全てのラウンドを終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS310に対応した値(この例では10(10進数))に更新する。 Also, when finishing the all round value corresponding internal state (special symbol process flag) in step S310 (in this example 10 (decimal)) is updated to.

小当り終了処理(ステップS310):特別図柄プロセスフラグの値が10であるときに実行される。 Koatari end processing (step S310): the value of the special symbols process flag is executed when it is 10. 小当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行わせるための制御を行う。 Koatari gaming state performs control for causing the effect control microcomputer 100 a display control for notifying the player that it has ended. そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS300に対応した値(この例では0)に更新する。 Then, it updates the internal state (special symbol process flag) to a value corresponding to the step S300 (0 in this example).

図17は、ステップS312,S314の始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。 Figure 17 is a flowchart showing a starting opening switch passes the processing of step S312, S314. このうち、図17(A)は、ステップS312の第1始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。 Of these, FIG. 17 (A) is a flowchart showing a first start hole switch passes the processing in step S312. また、図17(B)は、ステップS314の第2始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。 Further, FIG. 17 (B) is a flowchart showing a second start hole switch passes the processing in step S314.

まず、図17(A)を参照して第1始動口スイッチ通過処理について説明する。 First, the first start hole switch passing process with reference to FIG. 17 (A) will be described. 第1始動口スイッチ13aがオン状態の場合に実行される第1始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、第1保留記憶数が上限値に達しているか否か(具体的には、第1保留記憶数をカウントするための第1保留記憶数カウンタの値が4でるか否か)を確認する(ステップS211A)。 In the first start hole switch pass process executed when the first start hole switch 13a is turned on, CPU 56 is in whether (specifically first hold memory number has reached the upper limit value, the first hold the value of the first hold storage number counter for counting the storage number out whether) check 4 (step S211A). 第1保留記憶数が上限値に達していれば、そのまま処理を終了する。 If the first hold memory number has reached the upper limit value, the process ends.

第1保留記憶数が上限値に達していなければ、CPU56は、第1保留記憶数カウンタの値を1増やす(ステップS212A)とともに、合算保留記憶数をカウントするための合算保留記憶数カウンタの値を1増やす(ステップS213A)。 If the first hold memory number has not reached the upper limit value, CPU 56 sets the value of the first hold storage number counter is incremented by one (step S212A) with, summed hold storage number counter value for counting the number of summation pending memory increase 1 (step S213A). また、CPU56は、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14への入賞順を記憶するための保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、合計保留記憶数カウンタの値に対応した領域に、「第1」を示すデータをセットする(ステップS214A)。 Further, CPU 56 is in the hold memory specification information storage area for storing a winning order to first start winning opening 13 and second start winning opening 14 (hold specific area), corresponding to the value of the total hold storage number counter in the region, to set the data indicating the "first" (step S214a).

この実施の形態では、第1始動口スイッチ13aがオン状態となった場合(すなわち、第1始動入賞口13に遊技球が始動入賞した場合)には「第1」を示すデータをセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態となった場合(すなわち、第2始動入賞口14に遊技球が始動入賞した場合)には「第2」を示すデータをセットする。 In this embodiment, when the first start hole switch 13a is turned on (i.e., if the game ball is started winning the first start winning port 13) to set the data indicating the "first", If the second start hole switch 14a is turned on (i.e., if the game ball is started winning the second start winning opening 14) to set the data indicating "second". 例えば、CPU56は、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、第1始動口スイッチ13aがオン状態となった場合には「第1」を示すデータとして01(H)をセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態となった場合には「第2」を示すデータとして02(H)をセットする。 For example, CPU 56 is in the hold memory identification information memory area (hold specific region), when the first start hole switch 13a is turned on sets the 01 (H) as the data indicating "first", the when two start hole switch 14a is turned on to set the 02 (H) as the data indicating "second". なお、この場合、対応する保留記憶がない場合には、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)には、00(H)がセットされている。 In this case, if there is no corresponding hold store is on hold storage identification information memory area (hold specific region), 00 (H) is set.

図18(A)は、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)の構成例を示す説明図である。 FIG. 18 (A) is an explanatory diagram showing a configuration example of a pending store specific information storage area (hold specific region). 図18(A)に示すように、保留特定領域には、合計保留記憶数カウンタの値の最大値(この例では8)に対応した領域が確保されている。 As shown in FIG. 18 (A), hold the specific area, the area corresponding to the maximum value of the values ​​of total hold storage number counter (8 in this example) is ensured. なお、図18(A)には、合計保留記憶数カウンタの値が5である場合の例が示されている。 Incidentally, in FIG. 18 (A) is shown an example of a case where the value of the total hold storage number counter is 5. 図18(A)に示すように、保留特定領域には、合計保留記憶数カウンタの値の最大値(この例では8)に対応した領域が確保されており、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14への入賞にもとづき入賞順に「第1」または「第2」であることを示すデータがセットされる。 As shown in FIG. 18 (A), hold the specific area, the maximum value of the values ​​of the total hold storage number counter and the region corresponding to the (8 in this example) is secured, the first start winning opening 13 or the data indicating that the winning order based on winning to 2 starting winning port 14 is "first" or "second" is set. 従って、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)には、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14への入賞順が記憶される。 Therefore, the hold memory identification information memory area (hold specific region), winning the order of the first starting winning opening 13 and second start winning hole 14 is stored. なお、保留特定領域は、RAM55に形成されている。 Incidentally, it holds specific area is formed on the RAM 55.

次いで、CPU56は、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第1保留記憶バッファ(図18(B)参照)における保存領域に格納する処理を実行する(ステップS215A)。 Then, CPU 56 extracts the value from the counter for generating a random number circuit 503 or software random number, they executes a process of storing in the storage region in the first hold storage buffer (see FIG. 18 (B)) ( step S215A). なお、ステップS214Aの処理では、ハードウェア乱数であるランダムR(大当り判定用乱数)や、ソフトウェア乱数である大当り種別判定用乱数(ランダム1)、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)および変動パターン判定用乱数(ランダム3)が抽出され、保存領域に格納される。 In the processing of step S214a, the random R (jackpot determining random number) is a hardware random number and, jackpot type determining random number is a software random number (random 1), variation pattern type determining random number (random 2) and fluctuation pattern determining random number (random 3) is extracted and stored in the storage area. なお、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を第1始動口スイッチ通過処理(始動入賞時)において抽出して保存領域にあらかじめ格納しておくのではなく、第1特別図柄の変動開始時に抽出するようにしてもよい。 Instead of pre-stored in the extracted and conserved regions in the variation pattern determining random number (random 3) the first start hole switch passing process (at start winning), extracted at the beginning change of the first special symbol it may be so. 例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、後述する変動パターン設定処理において、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を生成するための変動パターン判定用乱数カウンタから値を直接抽出するようにしてもよい。 For example, a player control microcomputer 560, the fluctuation pattern setting process will be described later, may be extracted values ​​from the variation pattern determination random number counter for generating a variation pattern determining random number (random 3) directly.

図18(B)は、保留記憶に対応する乱数等を保存する領域(保留バッファ)の構成例を示す説明図である。 FIG. 18 (B) is an explanatory diagram showing a configuration example of a region for storing the random number or the like corresponding to the hold store (hold buffer). 図18(B)に示すように、第1保留記憶バッファには、第1保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。 As shown in FIG. 18 (B), the first hold storage buffer, storage area corresponding to the first reserved memory number upper limit value (4 in this example) is ensured. また、第2保留記憶バッファには、第2保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。 The second hold storage buffer, storage area corresponding to the second hold memory number upper limit value (4 in this example) is ensured. この実施例では、第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファには、ハードウェア乱数であるランダムR(大当り判定用乱数)や、ソフトウェア乱数である大当り種別判定用乱数(ランダム1)、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)および変動パターン判定用乱数(ランダム3)、および後述するスーパーリーチフラグが記憶される。 In this embodiment, the first hold memory buffer and the second holding memory buffers, random R (jackpot determining random number) and a hardware random number, jackpot type determination random number (random 1) is a software random number, change pattern type determination random number (random 2) and fluctuation pattern determining random number (random 3), and later to super reach flag is stored. なお、第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファは、RAM55に形成されている。 The first hold memory buffer and the second holding memory buffer is formed in RAM 55.

次いで、CPU56は、検出した始動入賞にもとづく変動がその後実行されたときの変動表示結果を始動入賞時にあらかじめ判定する入賞時判定処理を実行する(ステップS216A)。 Then, CPU 56 executes a previously determined winning time determination processing at start winning variable display results when the variation based on the start winning detected is then executed (step S216A). そして、CPU56は、入賞時判定処理の判定結果にもとづいて入賞時判定結果指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御(入賞時判定結果指定コマンドの送信セット)を行うとともに、入賞時判定結果指定コマンドに次いで第1保留記憶数カウンタの値にもとづいて第1保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御(第1保留記憶数指定コマンドの送信セット)を行う(ステップS217A)。 Then, CPU 56 may performs a winning time of the determination process of the determination result based with a winning time of the determination result control for transmitting a specified command to the effect control microcomputer 100 (transmission set of winning during the determination result given command), the winning time determination results sent to the specified command and then the first hold memory number designating command to the effect control microcomputer 100 based on the value of the first hold storage number counter performs control (first hold memory number of transmission specified set of command) (step S217A).

次に、図17(B)を参照して第2始動口スイッチ通過処理について説明する。 It will now be described with reference to the second start hole switch passing process to FIG. 17 (B). 第2始動口スイッチ14aがオン状態の場合に実行される第2始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、第2保留記憶数が上限値に達しているか否か(具体的には、第2保留記憶数をカウントするための第2保留記憶数カウンタの値が4でるか否か)を確認する(ステップS211B)。 In the second start hole switches pass process executed when the second start hole switch 14a is turned on, CPU 56 is in whether (specifically second hold memory number has reached the upper limit value, the second hold the value of the second hold storage number counter for counting the storage number out whether) check 4 (step S211B). 第2保留記憶数が上限値に達していれば、そのまま処理を終了する。 If the second holding memory number has reached the upper limit value, the process ends.

第2保留記憶数が上限値に達していなければ、CPU56は、第2保留記憶数カウンタの値を1増やす(ステップS212B)とともに、合算保留記憶数をカウントするための合算保留記憶数カウンタの値を1増やす(ステップS213B)。 If the second holding memory number has not reached the upper limit value, CPU 56 sets the value of the second hold memory counter is incremented by one (step S212b) with, summed hold storage number counter value for counting the number of summation pending memory increase 1 (step S213B). また、CPU56は、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、合計保留記憶数カウンタの値に対応した領域に、「第2」を示すデータをセットする(ステップS214B)。 Further, CPU 56 is in the hold memory identification information memory area (hold specific region), in a region corresponding to the value of the total hold storage number counter, and sets the data indicating the "second" (step S214B).

次いで、CPU56は、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第2保留記憶バッファ(図18(B)参照)における保存領域に格納する処理を実行する(ステップS215B)。 Then, CPU 56 extracts the value from the counter for generating a random number circuit 503 or software random number, they executes a process of storing in the storage region in the second hold storage buffer (see FIG. 18 (B)) ( step S215B). なお、ステップS214Bの処理では、ハードウェア乱数であるランダムR(大当り判定用乱数)や、ソフトウェア乱数である大当り種別判定用乱数(ランダム1)、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)および変動パターン判定用乱数(ランダム3)が抽出され、保存領域に格納される。 In the process of step S214B, the random R (jackpot determining random number) is a hardware random number and, jackpot type determining random number is a software random number (random 1), variation pattern type determining random number (random 2) and fluctuation pattern determining random number (random 3) is extracted and stored in the storage area. なお、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を第2始動口スイッチ通過処理(始動入賞時)において抽出して保存領域にあらかじめ格納しておくのではなく、第2特別図柄の変動開始時に抽出するようにしてもよい。 Instead of pre-stored in the extracted and conserved regions in the variation pattern determining random number (random 3) the second start hole switch passing process (at start winning), extracted at the beginning fluctuation of the second special symbol it may be so. 例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、後述する変動パターン設定処理において、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を生成するための変動パターン判定用乱数カウンタから値を直接抽出するようにしてもよい。 For example, a player control microcomputer 560, the fluctuation pattern setting process will be described later, may be extracted values ​​from the variation pattern determination random number counter for generating a variation pattern determining random number (random 3) directly.

次いで、CPU56は、入賞時判定処理を実行する(ステップS216B)。 Then, CPU 56 executes a winning time determination processing (step S216B). そして、CPU56は、入賞時判定処理の判定結果にもとづいて入賞時判定結果指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行うとともに、入賞時判定結果指定コマンドに次いで第2保留記憶数カウンタの値にもとづいて第2保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS217B)。 Then, CPU 56 may performs control to transmit the winning time of determination processing of the determination result microcomputer 100 for the effect control winning time determination results specified command on the basis of the winning time of determination results specified command to the second only hold storage number counter performs control to based on the values ​​transmitted the second holding memory number designating command to the effect control microcomputer 100 (step S217B).

図19は、ステップS216A,S216Bの入賞時判定処理を示すフローチャートである。 19, step S216A, a flowchart showing the winning time determination processing S216B. 入賞時判定処理では、CPU56は、まず、ステップS215A,S215Bで抽出した大当り判定用乱数(ランダムR)と図8(a)の左欄に示す通常時の大当り判定値とを比較し、それらが一致するか否かを確認する(ステップS220)。 In the winning time determination process, CPU 56, first, step S215A, compared with the normal jackpot determination value at the time shown in the left column of the extracted jackpot determining random number (random R) and FIG. 8 (a) in S215B, they to confirm whether or not they match (step S220). この実施例では、特別図柄および演出図柄の変動を開始するタイミングで、後述する特別図柄通常処理において大当りや小当りとするか否か、大当り種別や小当りの種別を決定したり、変動パターン設定処理において変動パターンを決定したりするのであるが、それとは別に、遊技球が第1始動入賞口13や第2始動入賞口14に始動入賞したタイミングで、その始動入賞にもとづく変動表示が開始される前に、入賞時判定処理を実行することによって、あらかじめいずれの変動パターン種別となるか否かを確認する。 In this embodiment, at the timing of starting the change of the special symbol and performance symbol, whether a jackpot or Koatari in special symbol normal processing to be described later, determine the type of the jackpot type and Koatari variation pattern setting Although than that or determining the variation pattern in the process, and it separately, at the timing when the game ball is started winning the first start winning opening 13 and second start winning opening 14, variable display is started based on the start winning before, by executing a winning time determination process, it checks whether previously made with any variation pattern type. そのようにすることによって、演出図柄の変動表示が実行されるより前にあらかじめ変動パターン種別を予測し、後述するように、入賞時の判定結果にもとづいて、演出制御用マイクロコンピュータ100によって、スーパーリーチとなることを予告する保留予告を実行する。 By doing so, predicting in advance the variation pattern classification prior to variable display of performance symbols is performed, as will be described later, based on the determination result at winning, the effect control microcomputer 100, Super running held prior notice to advance notice to be a reach.

大当り判定用乱数(ランダムR)が通常時の大当り判定値と一致しなければ(ステップS220のNo)、CPU56は、遊技状態が確変状態であることを示す確変フラグがセットされているか否かを確認する(ステップS221)。 Jackpot determining random number if (random R) coincides with the big hit determination value at the time of normal (No in step S220), CPU 56 may whether probability variation flag indicating that the game state is probability variation state is set to verify (step S221). 確変フラグがセットされていれば、CPU56は、ステップS215A,S215Bで抽出した大当り判定用乱数(ランダムR)と図8(a)の右欄に示す確変時の大当り判定値とを比較し、それらが一致するか否かを確認する(ステップS222)。 If it is probability variation flag is set, CPU 56, the step S215A, compared with the jackpot determination value at the time of probability variation shown in the right column of the extracted jackpot determining random number S215B (random R) and FIG. 8 (a), the thereof but to confirm whether or not to match (step S222).

大当り判定用乱数(ランダムR)が確変時の大当り判定値とも一致しなければ(ステップS222のN)、CPU56は、ステップS215A,S215Bで抽出した大当り判定用乱数(ランダムR)と図8(b),(c)に示す小当り判定値とを比較し、それらが一致するか否かを確認する(ステップS223)。 If jackpot determining random number (random R) is not match jackpot determination value at the time of probability variation (N in step S222), CPU 56 may step S215A, 8 and extracted jackpot determining random number S215B (Random R) (b ), (compared with the Koatari determination value shown in c), they verify whether they match (step S223). この場合、CPU56は、第1始動入賞口13への始動入賞があった場合(図17(A)に示す第1始動口スイッチ通過処理で入賞時判定処理(ステップS216A参照)を実行する場合)には、図8(b)に示す小当り判定テーブル(第1特別図柄用)130bに設定されている小当り判定値と一致するか否かを判定する。 In this case, CPU 56 (if executing a winning time determination processing in the first start hole switch pass process shown in FIG. 17 (A) (see step S216A)) when there is start winning to the first starting winning opening 13 , it is determined whether to match the Koatari judgment value set in the Koatari determination table (first for special symbol) 130b shown in Figure 8 (b). また、第2始動入賞口14への始動入賞があった場合(図17(B)に示す第2始動口スイッチ通過処理で入賞時判定処理(ステップS216B参照)を実行する場合)には、図8(c)に示す小当り判定テーブル(第2特別図柄用)130cに設定されている小当り判定値と一致するか否かを判定する。 Also, when there is start winning to second start winning opening 14 (winning time determination processing in the second start hole switches pass process shown in FIG. 17 (B) (when performing step S216B reference)), as shown in FIG. 8 Koatari determination table shown in (c) determines whether match the Koatari judgment value set (second for special symbol) 130c.

大当り判定用乱数(ランダムR)が小当り判定値とも一致しなければ(ステップS223のNo)、CPU56は、その始動入賞に対応する変動表示が実施されるときの遊技状態を判定する処理を行う(ステップS224)。 If jackpot determining random number (random R) is not match Koatari determination value (No in step S223), CPU 56 performs the process of determining the game state when the varying display corresponding to the start winning is performed (step S224). この実施例では、CPU56は、ステップS224において、その始動入賞に対応する変動表示が実施される時点において、時短回数が存在するか否か、確変回数が存在するか否か、使用テーブル変更始動回数が存在するか否かを、その時点の時短回数や確変回数や使用テーブル変更始動回数から、当該始動入賞に対応する変動表示が実施されるまでに実施される変動回数(始動回数)を減算することで判定する。 In this embodiment, CPU 56 at step S224, at the time the variable display is performed corresponding to the start winning, whether the time-shortening number exists, whether the number of times used table change startup there is probability variation number whether but there is subtracted from the time-shortening frequency and probability variation frequency and use table change start number at that time, the variation time count variable display is carried out until it is carried out corresponding to the start winning a (number of starts) It is determined by.

そして、CPU56は、ステップS224の判定結果に応じて、はずれ用変動パターン種別判定テーブルを設定する(ステップS225)。 Then, CPU 56 in accordance with the determination result of step S224, sets a variation pattern type determination table for off (step S225). 具体的には、CPU56は、第1に、時短回数が存在するか否かを判定し、時短回数が存在していない場合には使用テーブル変更始動回数が存在するか否かを判定し、該使用テーブル変更始動回数が存在しない場合には確変回数が存在するか否かを判定する。 Specifically, CPU 56 is in the first, it is determined whether or not the time-shortening times exists, it is determined whether the number of uses table change starting when the time reduction number does not exist there, the If the use table change number of starts is not present it determines whether there is probability variation number. そして、時短回数が存在すると判定した場合には、図10(b)に示すはずれ用変動パターン種別判定テーブルB(短縮用)135bを設定する。 When it is determined that the time-shortening number is present, sets the off for variation pattern type determination table B (for speed) 135b shown in Figure 10 (b). また、使用テーブル変更始動回数が存在すると判定した場合には、図10(c)に示すはずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cを設定する。 Further, when it is determined that the number of uses table change start is present, it sets the off for variation pattern type determination table C135c shown in Figure 10 (c). また、確変回数が存在すると判定した場合には、図10(d)に示すはずれ用変動パターン種別判定テーブルD135dを設定する。 Further, when it is determined that the probability variation number is present, it sets the off for variation pattern type determination table D135d shown in FIG. 10 (d). また、確変回数も存在しない場合には、図10(a)に示すはずれ用変動パターン種別判定テーブルA(通常用)135aを設定する。 Also, if the probability variation number does not exist sets off for variation pattern type determination table A (for normal) 135a shown in Figure 10 (a). なお、遊技状態に応じていずれのはずれ用変動パターン種別判定テーブル135a〜135dを用いるかを区別するのではなく、遊技状態等に関係なく、通常用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルA135aを選択して設定するようにしてもよい。 Instead of distinguishing use of either of the off for variation pattern type determination table 135a~135d according to the playing state, regardless of the gaming state, etc., and select out for variation pattern type determination table A135a for normal it may be set Te. また、はずれ用変動パターン種別判定テーブルを用いるのではなく、あらかじめ閾値判定を行う閾値判定プログラムを組み込んでおき、閾値より大きいか否かを判定することにより、後述するステップS229で変動パターン種別を判定するようにしてもよい。 Also, rather than using a variation pattern type determination table for out in advance by incorporating the threshold determination program for performing the pre-threshold determination by determining whether or not larger than a threshold value, determining a variation pattern type in step S229 to be described later it may be. 例えば、この実施例では、図9(a)に示すように、スーパーリーチ大当りとなるスーパーCA3−3の変動パターン種別に対して80〜251の範囲に判定値が割り当てられているのであるから、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)の値が閾値80以上であるか否かを判定し、80以上であればスーパーCA3−4の変動パターン種別となると判定してもよい。 For example, in this embodiment, as shown in FIG. 9 (a), since it is the determination value in the range of 80 to 251 with respect to the variation pattern type super CA3-3 as a super reach jackpot is allocated, the value of the variation pattern type determining random number (random 2) it is determined whether the threshold value 80 or more, it may be determined that the variation pattern type super CA3-4 if 80 or more. また、例えば、この実施例では、図10(a)〜(d)に示すように、スーパーリーチはずれとなるスーパーCA2−7、スーパーCA2−8の変動パターン種別に対して少なくとも230〜251の共通の範囲に判定値が割り当てられているのであるから、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)の値が閾値230以上であるか否かを判定し、230以上であればスーパーCA2−7、スーパーCA2−8の変動パターン種別となると判定してもよい。 Further, for example, in this embodiment, as shown in FIG. 10 (a) ~ (d), common at least 230 to 251 with respect to the variation pattern type super CA2-7, super CA2-8 as a super reach losing since it is the determination value in the range of is allocated, variation pattern type value of determining random number (random 2) it is determined whether the threshold value 230 or more, Super CA2-7 if 230 or more, Super it may be determined that the variation pattern type CA2-8. さらに、例えば、この実施例では、図10(a)〜(d)に示すように、非リーチはずれとなる非リーチCA2−1の変動パターン種別に対して1〜79の共通の範囲に判定値が割り当てられているのであるから、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)の値が閾値79以下であるか否かを判定し、79以下であれば非リーチCA2−1の変動パターン種別となると判定してもよい。 Furthermore, for example, in this embodiment, FIG. 10 (a) ~ (d), the determination value to a common range of 1-79 against variations pattern type of non reach CA2-1 as a non-reach losing since it's is assigned, the value of the variation pattern type determining random number (random 2) it is determined whether the threshold value 79 or less, when the variation pattern type non reach CA2-1 if 79 or less it may be determined.

大当り判定用乱数(ランダムR)が小当り判定値と一致した場合には(ステップS223のYes)、CPU56は、図9(b)に示す確変大当りB/小当り用変動パターン種別判定テーブル132bを設定する(ステップS226)。 Jackpot determining random number if (random R) matches the Koatari determination value (Yes in step S223), CPU 56 is a probability variation big hit B / Koatari for variation pattern type determination table 132b shown in FIG. 9 (b) set (step S226).

ステップS220またはステップS222で大当り判定用乱数(ランダムR)が大当り判定値と一致した場合には、CPU56は、ステップS215A,S215Bで抽出した大当り種別判定用乱数(ランダム1)にもとづいて大当りの種別を判定する(ステップS227)。 When the jackpot determining random number (random R) matches the jackpot determining value in step S220 or step S222, CPU 56 has a step S215A, jackpot type based on the extracted jackpot type determination random number in S215B (random 1) determining (step S227). この場合、CPU56は、第1始動入賞口13への始動入賞があった場合(図17(A)に示す第1始動口スイッチ通過処理で入賞時判定処理(ステップS216A参照)を実行する場合)および第2始動入賞口14への始動入賞があった場合(図17(B)に示す第2始動口スイッチ通過処理で入賞時判定処理(ステップS216B参照)を実行する場合)において、図8(d)に示す大当り種別判定テーブル131を用いて大当り種別が「確変大当りA」または「確変大当りB」のいずれとなるかを判定する。 In this case, CPU 56 (if executing a winning time determination processing in the first start hole switch pass process shown in FIG. 17 (A) (see step S216A)) when there is start winning to the first starting winning opening 13 and when there is start winning to second start winning opening 14 in (winning time determination processing in the second start hole switches pass process shown in FIG. 17 (B) (when performing step S216B reference)), 8 ( determine using the jackpot type determination table 131 shown in d) is the jackpot type becomes either "probability variation jackpot a" or "probability variation big hit B". そして、CPU56は、判定した大当り種別が「確変大当りA」であるか否かを判断する。 Then, CPU 56 has determined the big hit type is judged whether or not "probability variation big hit A". 判定した大当り種別が「確変大当りA」ではない場合、つまり、判定した大当り種別が「確変大当りB」である場合には、ステップS226に進んで、図9(b)に示す確変大当りB/小当り用変動パターン種別判定テーブル132bを設定する一方、判定した大当り種別が「確変大当りA」である場合には、図9(a)に示す確変大当りA用変動パターン種別判定テーブル132aを設定する(ステップS228)。 If the determined big hit type is not "probability variation big hit A", that is, if the determined big hit type is "probability variation big hit B", the process proceeds to step S226, probability variation jackpot B / small shown in FIG. 9 (b) while setting a per-use variable pattern type determination table 132b, the determined big hit type is if "probability variation big hit a" sets the probability variation big hit a for variation pattern type determination table 132a shown in FIG. 9 (a) ( step S228).

次いで、CPU56は、ステップS225,S226,S228で設定した変動パターン種別判定テーブルと、ステップS215A,S215Bで抽出した変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)とを用いて、変動パターン種別を判定する(ステップS229)。 Then, CPU 56, using the variation pattern type determination table set in step S225, S226, S228, step S215A, the extracted variation pattern type determining random number in S215B (random 2) determines the variation pattern type ( step S229).

そして、CPU56は、判定した変動パターン種別を入賞時判定結果指定コマンドに設定する処理を行う(ステップS230)。 Then, CPU 56 performs processing of setting the determined variation pattern classification to a winning time of the determination result designation command (step S230). 例えば、第1始動入賞口13への始動入賞があった場合(図17(A)に示す第1始動口スイッチ通過処理で入賞時判定処理(ステップS217A参照)を実行する場合)には、ステップS229で「非リーチはずれ」と判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「00(H)」を設定する処理を行う。 For example, if there is a start winning to the first starting winning opening 13 (if executing the first start hole winning time determination processing by the switch passes the processing shown in FIG. 17 (A) (see step S217A)), step If it is determined that the "non-reach out" in S229, processing is performed to set the "00 (H)" to the EXT data of the winning time of determination results specified command composed MODE data "95 (H)". また、ステップS229で「スーパーリーチはずれ」と判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「01(H)」を設定する処理を行う。 When it is determined as "super reach out" in the step S229, a process of setting to "01 (H)" to the EXT data of the winning time of determination results specified command composed MODE data "95 (H)" do. また、ステップS229で「スーパーリーチ大当り」と判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「02(H)」を設定する処理を行う。 When it is determined as "super reach big hit" in step S229, a process of setting to "02 (H)" to the EXT data of the winning time of determination results specified command composed MODE data "95 (H)" do. また、ステップS229で「確変大当りB/または小当り」と判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「06(H)」を設定する処理を行う。 When it is determined as "probability variation big hit B / or Koatari" in the step S229, the "06 (H)" to the EXT data of the winning time of determination results specified command composed MODE data "95 (H)" carry out the process of setting. また、第2始動入賞口14への始動入賞があった場合(図17(B)に示す第2始動口スイッチ通過処理で入賞時判定処理(ステップS217B参照)を実行する場合)には、ステップS229で「非リーチはずれ」と判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「03(H)」を設定する処理を行う。 Also, when there is start winning to second start winning opening 14 (winning time determination processing in the second start hole switches pass process shown in FIG. 17 (B) (when performing step S217B reference)), the step If it is determined that the "non-reach out" in S229, processing is performed to set the "03 (H)" to the EXT data of the winning time of determination results specified command composed MODE data "95 (H)". また、ステップS229で「スーパーリーチはずれ」と判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「04(H)」を設定する処理を行う。 When it is determined as "super reach out" in the step S229, a process of setting to "04 (H)" to the EXT data of the winning time of determination results specified command composed MODE data "95 (H)" do. また、ステップS229で「スーパーリーチ大当り」と判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「05(H)」を設定する処理を行う。 When it is determined as "super reach big hit" in step S229, a process of setting to "05 (H)" to the EXT data of the winning time of determination results specified command composed MODE data "95 (H)" do. また、ステップS229で「確変大当りB/または小当り」と判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「07(H)」を設定する処理を行う。 When it is determined as "probability variation big hit B / or Koatari" in the step S229, the "07 (H)" to the EXT data of the winning time of determination results specified command composed MODE data "95 (H)" carry out the process of setting. その他、CPU56は、判定した変動パターン種別に応じた値を入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに設定する処理を行う。 Other, CPU 56 performs processing of setting a value corresponding to the determined variation pattern type to EXT data of the winning time of determination results specified command.

図20および図21は、特別図柄プロセス処理における特別図柄通常処理(ステップS300)を示すフローチャートである。 20 and 21 are flowcharts showing the special symbol normal processing (step S300) in the special symbol process treatment. 特別図柄通常処理において、CPU56は、合算保留記憶数の値を確認する(ステップS51)。 In special symbol normal processing, CPU 56 checks the value of the sum pending memory number (step S51). 具体的には、合算保留記憶数カウンタのカウント値を確認する。 Specifically, to check the count value of the combined holding storage number counter. 合算保留記憶数が0であれば処理を終了する。 Summing pending memory number has finished processing if 0.

合算保留記憶数が0でなければ、CPU56は、保留特定領域(図18(A)参照)に設定されているデータのうち1番目のデータが「第1」を示すデータであるか否か確認する(ステップS52)。 Summing pending memory number is not the 0, CPU 56 can check whether the data first data among the data that has been set on hold specific area (see FIG. 18 (A)) indicates "first" (step S52). 保留特定領域に設定されている1番目のデータが「第1」を示すデータでない(すなわち、「第2」を示すデータである)場合(ステップS52のN)、CPU56は、特別図柄ポインタ(第1特別図柄について特別図柄プロセス処理を行っているのか第2特別図柄について特別図柄プロセス処理を行っているのかを示すフラグ)に「第2」を示すデータを設定する(ステップS53)。 The first data set in the pending specific region is not the data indicating the "first" (i.e., a data indicating "second") if (N in step S52), CPU 56 has the special symbol pointer (the setting the data indicating "second" flag) indicating whether doing special symbol process treatment for the one second special symbol is performed special symbol process treatment for one special symbol (step S53). 保留特定領域に設定されている1番目のデータが「第1」を示すデータである場合(ステップS52のY)、CPU56は、特別図柄ポインタに「第1」を示すデータを設定する(ステップS54)した後、保留特定領域(図18(A)参照)に設定されている1番目のデータを削除して、2番目以降の各データの順序を1つづつ繰り上げてシフトして(2番目→1番目、3番目→2番目、4番目→3番目…)保留特定領域のデータを更新する(S55−)。 If the first data set in the pending specific area is a data indicating the "first" (Y in step S52), CPU 56 sets the data indicating the "first" to the special symbol pointer (step S54 ), and then remove the first data set in the pending specific region reference (FIG. 18 (a)), the second and subsequent order of the data shifts incremented one by one (the second → first, third → 2 th, 4 th → 3 th ...) to update the data pending specific area (S55-).

なお、この実施の形態では、第1始動入賞口13と第2始動入賞口14とに遊技球が入賞した始動入賞順に従って、第1特別図柄の変動表示または第2特別図柄の変動表示が実行される場合を示しているが、第1特別図柄と第2特別図柄とのいずれか一方の変動表示を優先して実行するように構成してもよい。 In this embodiment, according to start winning order of game ball is finished in the first starting winning opening 13 and the second start winning opening 14, variable display of the variable display or the second special symbol of the first special symbol is performed It shows the case being, may be configured to execute with priority either variable display of the first special symbol and the second special symbol. この場合、例えば、高ベース状態に移行された場合には可変入賞球装置15が設けられた第2始動入賞口14に始動入賞しやすくなり第2保留記憶が溜まりやすくなるのであるから、第2特別図柄の変動表示を優先して実行するようにしてもよい。 In this case, for example, the second second hold because storage is becoming easier reservoir tends to start the starting winning opening 14 the variable winning ball device 15 is provided if it is migrated to a high base state, the second it may be executed with priority variable display of the special symbols.

なお、第2特別図柄の変動表示を優先して実行するように構成する場合、図19に示した入賞時判定処理において、大当り判定用乱数(ランダムR)の値を、低確率状態における大当り判定値と比較する処理のみを実行するようにし、高確率状態における大当り判定値とは比較しないようにしてもよい(具体的には、ステップS220の処理のみを実行し、ステップS221,S222の処理は行わないようにしてもよい)。 In the case of constituting the variable display of the second special symbol to execute with priority in the winning time determining process shown in FIG. 19, the value of the jackpot determining random number (random R), big hit determination in a low probability state so as to perform only the process of comparing the values, the jackpot determination value may be configured not to compare the (specifically in the high probability state, and executes only the processing of step S220, the processing of step S221, S222 is may not be performed). そのように構成すれば、第2特別図柄の変動表示を優先して実行するように構成する場合に、入賞時判定における大当りの判定結果と実際の変動開始時における大当りの決定結果との間にズレが生じることを防止することができる。 By configuring as such, when the variable display of the second special symbol configured to execute with priority, between the determination result of the jackpot in the actual change at the start and the determination result of the big hit at the winning time of determination it is possible to prevent that the deviation occurs.

次いで、CPU56は、RAM55において、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する(ステップS55)。 Then, CPU 56, in RAM 55, and stores the read each random number value stored in the storage area corresponding to the hold memory number = 1 of those who indicated special symbol pointer in the random number buffer area of ​​the RAM 55 (step S55). 具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数バッファにおける第1保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する。 Specifically, CPU 56, when the special symbol pointer indicates "first", each turbulent stored in the storage area corresponding to the first reserved memory number = 1 in the first holding memory buffer count It reads the numeric value stored in the random number buffer area of ​​the RAM 55. また、CPU56は、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合には、第2保留記憶数バッファにおける第2保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する。 Further, CPU 56, when the special symbol pointer indicates "second", reads out the random number value stored in the storage area corresponding to the second hold memory number = 1 in the second hold store the number of buffers and stores the random number buffer area of ​​the RAM55 Te.

そして、CPU56は、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、各保存領域の内容をシフトする(ステップS56)。 Then, CPU 56 sets the count value of the pending memory counter towards indicated special symbol pointer is decremented by one, and shifts the contents of each storage area (step S56). 具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、第1保留記憶数バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。 Specifically, CPU 56, when the special symbol pointer indicates "first" is a count value of the first hold storage number counter is decremented by one, and each storage area in the first pending memory buffer count to shift the contents. また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合に、第2保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、第2保留記憶数バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。 Further, when the special symbol pointer indicates "second", the count value of the second hold storage number counter is decremented by one, and shifts the contents of each storage area in the second hold store the number of buffers.

すなわち、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合に、RAM55の第1保留記憶数バッファにおいて第1保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第1保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。 That, CPU 56, when the special symbol pointer indicates "first", corresponding to the first reserved memory number = n (n = 2,3,4) in the first pending memory number buffer RAM55 storage area each random number value stored in the stores in the storage area corresponding to the first reserved memory number = n-1. また、特別図柄ポインタが「第2」を示す場合に、RAM55の第2保留記憶数バッファにおいて第2保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第2保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。 Also, stored special symbol pointer to indicate "second", in the storage area corresponding to the second hold memory number = n (n = 2,3,4) in the second hold store the number of buffers in the RAM55 each random number is stored in the storage area corresponding to the second hold memory number = n-1. また、CPU56は、保留特定領域において合算保留記憶数=m(m=2〜8)に対応する保存領域に格納されている値(「第1」または「第2」を示す値)を、合算保留記憶数=m−1に対応する保存領域に格納する。 Further, CPU 56 is a hold in a specific area is stored in the storage area corresponding to the summing hold memory number = m (m = 2 to 8) the value (value indicating the "first" or "second"), combined stored in the storage area corresponding to the hold memory number = m-1.

よって、各第1保留記憶数(または、各第2保留記憶数)に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数値が抽出された順番は、常に、第1保留記憶数(または、第2保留記憶数)=1,2,3,4の順番と一致するようになっている。 Thus, the first pending memory number (or, the second holding memory number) order of the random number value stored in the respective storage regions corresponding to is extracted, always, the first hold memory number (or, It is adapted to match the order of the second pending memory number) = 1, 2, 3, 4. また、各合算保留記憶数に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各値が抽出された順番は、常に、合算保留記憶数=1〜8の順番と一致するようになっている。 Also, the order in which the values ​​stored in the respective storage regions corresponding to the respective summing hold storage number is extracted are always adapted to match the order of summation pending memory number = 1-8.

そして、CPU56は、合算保留記憶数カウンタのカウント値をRAM55の所定の領域に保存した後(ステップS57)、合算保留記憶数の値を1減らす。 Then, CPU 56, after saving the count value of the summed pending store counter in a predetermined area of ​​the RAM 55 (step S57), decrements the value of the sum pending memory number. すなわち、合算保留記憶数カウンタのカウント値を1減算する(ステップS58)。 That is, the count value of the combined holding storage number counter 1 is subtracted (step S58). なお、CPU56は、カウント値が1減算される前の合算保留記憶数カウンタの値をRAM55の所定の領域に保存する。 Incidentally, CPU 56 stores the value of the sum pending store counter before the count value is decremented in a predetermined area of ​​the RAM 55.

また、CPU56は、減算後の特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタの値にもとづいて、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS59)。 Further, CPU 56, based on the value of the pending memory counter towards showing special symbol pointer after subtraction performs control to transmit a hold memory number designation command who indicated special symbol pointer to the effect control microcomputer 100 (step S59). この場合、特別図柄ポインタに「第1」を示す値が設定されている場合には、CPU56は、第1保留記憶数指定コマンドを送信する制御を行う。 In this case, when the value indicating the "first" to the special symbol pointer is set, CPU 56 performs control to transmit the first pending memory number designation command. また、特別図柄ポインタに「第2」を示す値が設定されている場合には、CPU56は、第2保留記憶数指定コマンドを送信する制御を行う。 Further, when the value indicating "second" to the special symbol pointer is set, CPU 56 performs control for transmitting a second hold memory number designation command.

特別図柄通常処理では、最初に、第1始動入賞口13を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータすなわち第1特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータ、または第2始動入賞口14を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータすなわち第2特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータが、特別図柄ポインタに設定される。 The special symbol normal processing, first, indicating that executes the processing as data or target first special symbol indicating "first" indicating that executes the processing of the first start winning opening 13 as an object "first indicates "second" indicating performing the process data, or the data or the second special symbol indicating "second" indicating that executes the processing of the second start winning port 14 as a target as a target indicates the " data is set in the special symbol pointer. そして、特別図柄プロセス処理における以降の処理では、特別図柄ポインタに設定されているデータに応じた処理が実行される。 Then, in the subsequent processing in the special symbol process treatment, processing corresponding to the data set in the special symbol pointer is executed. よって、ステップS300〜S310の処理を、第1特別図柄を対象とする場合と第2特別図柄を対象とする場合とで共通化することができる。 Therefore, the processing of steps S300 to S310, can be shared between the case of interest and the second special symbol when targeting the first special symbol.

次いで、CPU56は、乱数バッファ領域からランダムR(大当り判定用乱数)を読み出し、大当り判定モジュールを実行する。 Then, CPU 56 reads out the random R (jackpot determining random number) from the random number buffer area, to perform a jackpot determination module. なお、この場合、CPU56は、第1始動口スイッチ通過処理のステップS215Aや第2始動口スイッチ通過処理のステップS215Bで抽出し第1保留記憶バッファや第2保留記憶バッファにあらかじめ格納した大当り判定用乱数を読み出し、大当り判定を行う。 In this case, CPU 56 may, for jackpot determination stored in advance in the first hold memory buffer and the second hold storage buffer and extracted at Step S215A and Step S215B of the second start hole switch passing process of the first start hole switch passing process It reads the random number and performs the jackpot determination. 大当り判定モジュールは、あらかじめ決められている大当り判定値や小当り判定値(図8参照)と大当り判定用乱数とを比較し、それらが一致したら大当りや小当りとすることに決定する処理を実行するプログラムである。 Jackpot determining module compares jackpot determination value and Koatari determination value is determined in advance (see FIG. 8) and a jackpot determining random number, executes a process of determining that the big hit and Koatari When they match it is a program that. すなわち、大当り判定や小当り判定の処理を実行するプログラムである。 That is, a program for executing a process of jackpot determination and Koatari determination.

大当り判定の処理では、遊技状態が確変状態(高確状態)の場合は、遊技状態が非確変状態(低確状態または通常状態)の場合よりも、大当りとなる確率が高くなる(10倍)ように構成されている。 Big hit in the determination process, the gaming state when the probability variation state (high probability state), gaming state than in the non-probability variation state (low probability state or normal state), the probability of jackpot increases (10-fold) It is configured to. 具体的には、あらかじめ大当り判定値の数が多く設定されている確変時大当り判定テーブル(ROM54における図8(a)の右側の数値が設定されているテーブル)と、大当り判定値の数が確変大当り判定テーブルよりも少なく設定されている通常時大当り判定テーブル(ROM54における図8(a)の左側の数値が設定されているテーブル)とが設けられている。 Specifically, a (FIG. 8 (table right numbers are set in a) in ROM 54) probability variation during big hit determination table that is numerous and set in advance jackpot determination value, the number of jackpot determination value probability variation jackpot and normal big hit determination table set smaller than the determination table (table value of the left side is set shown in FIG. 8 (a) in the ROM 54) is provided. そして、CPU56は、遊技状態が確変状態であるか否かを確認し、遊技状態が確変状態であるときは、確変時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行い、遊技状態が通常状態であるときは、通常時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行う。 Then, CPU 56 has gaming state to confirm whether the probability variation state, when a game state is probability variation state performs the determination process of jackpot using probability variation during jackpot determination table, usually gaming state when a state to process the determination of jackpot using normal jackpot determination table. すなわち、CPU56は、大当り判定用乱数(ランダムR)の値が図8(a)に示すいずれかの大当り判定値に一致すると、特別図柄に関して大当りとすることに決定する。 That, CPU 56, when the value of the jackpot determining random number (random R) matches one of the big hit determination value shown in FIG. 8 (a), is determined to be a big hit with respect to a special symbol. 大当りとすることに決定した場合には(ステップS61)、ステップS71に移行する。 If you decide to be a big hit (step S61), the process proceeds to step S71. なお、大当りとするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、特別図柄表示器における停止図柄を大当り図柄とするか否か決定するということでもある。 Incidentally, the fact that that determines whether the big hit is is that determining whether or not to shift to the jackpot gaming state, determines whether the big hit symbol to stop symbol in the special symbol display device But there is.

なお、現在の遊技状態が確変状態であるか否かの確認は、確変フラグがセットされているか否かにより行われる。 Incidentally, the current gaming state confirmation whether probability variation state is performed by determining whether probability variation flag is set. 確変フラグは、遊技状態を確変状態に移行するときにセットされ、確変状態を終了するときにリセットされる。 Probability variation flag is set when migrating gaming state in probability variation state is reset when the exit the probability variation state. 具体的には、確変大当りAまたは確変大当りBとすることに決定され、大当り遊技を終了する処理においてセットされ、大当りと決定されたときに特別図柄の変動表示を終了して停止図柄を停止表示するタイミングでリセットされる。 Specifically, it determined that the probability variation big hit A or probability variation big hit B, is set in the process of terminating the jackpot gaming, stop displaying the stop symbols to exit the variation display of the special symbols when it is determined that jackpot It is reset at the timing of.

大当り判定用乱数(ランダムR)の値がいずれの大当り判定値にも一致しなければ(ステップS61のNo)、CPU56は、小当り判定テーブル(図8(b),(c)参照)を使用して小当りの判定の処理を行う。 Jackpot determining random number if not match jackpot determination value value of any (random R) (No in step S61), CPU 56 may Koatari determination table (FIG. 8 (b), (c) refer) using performing a process of judgment of Koatari to. すなわち、CPU56は、大当り判定用乱数(ランダムR)の値が図8(b),(c)に示すいずれかの小当り判定値に一致すると、特別図柄に関して小当りとすることに決定する。 That, CPU 56 is jackpot determining random number value of the (random R) is FIG. 8 (b), when matches any of Koatari determination value (c), the determined to be a Koatari respect special symbol. この場合、CPU56は、特別図柄ポインタが示すデータを確認し、特別図柄ポインタが示すデータが「第1」である場合には、図8(b)に示す小当り判定テーブル(第1特別図柄用)を用いて小当りとするか否かを決定する。 In this case, CPU 56 checks the data indicated by the special symbol pointer, when data indicated by the special symbol pointer is "first" is Koatari determination table (for the first special symbol shown in FIG. 8 (b) ) to determine whether the Koatari used. また、特別図柄ポインタが示すデータが「第2」である場合には、図8(c)に示す小当り判定テーブル(第2特別図柄用)を用いて小当りとするか否かを決定する。 Further, when the data indicated by the special symbol pointer is "second", to determine whether the Koatari using Koatari determination table shown in FIG. 8 (c) (for the second special symbol) . そして、小当りとすることに決定した場合には(ステップS62)、CPU56は、小当りであることを示す小当りフラグをセットする(ステップS63)。 Then, if it is determined to be a Koatari (step S62), CPU 56 sets the Koatari flag indicating a Koatari (step S63).

次に、当り種別判定用乱数であるランダム6を抽出し、図8(f)に示する小当り種別判定テーブル131cを用いて、該抽出したランダム6の値と一致する値に対応した種別(小当りA」、「小当りB」、「小当りC」)を、小当りの種別として決定する(ステップS64)。 Then extracted random 6 is a hit type determination random number, type with Koatari type determination table 131c that shown in FIG. 8 (f), corresponding to a value matching the value of the random 6 the extracted ( Koatari a "," Koatari B ", the" Koatari C "), is determined as the type of Koatari (step S64).

そして、CPU56は、決定した小当りの種別を示すデータをRAM55における小当り種別バッファに設定した後(ステップS65)、ステップS75に移行する。 Then, CPU 56, after setting the data indicating the type of the determined Koatari to Koatari type buffer in the RAM 55 (step S65), and proceeds to step S75. これら小当り種別バッファには、例えば、小当り種別が「小当りA」の場合には小当り種別を示すデータとして「06」が設定され、小当り種別が「小当りB」の場合には小当り種別を示すデータとして「07」が設定され、小当り種別が「小当りC」の場合には小当り種別を示すデータとして「08」が設定される。 These Koatari type buffers, for example, in the case Koatari type is "Koatari A" "06" is set as the data indicating the Koatari type, if Koatari type is "Koatari B" is "07" is set as the data indicating the Koatari type, if Koatari type is "Koatari C" "08" is set as the data indicating the Koatari type.

なお、ランダムRの値が大当り判定値および小当り判定値のいずれにも一致しない場合には(ステップS62のNo)、すなわち、はずれである場合には、そのままステップS75に移行する。 Incidentally, when the value of the random R does not match any of the jackpot determination value and Koatari determination value (No in step S62), i.e., if it is out, the control proceeds to step S75.

ステップS71では、CPU56は、大当りであることを示す大当りフラグをセットする。 In step S71, CPU 56 sets the big hit flag indicating that it is a big hit.

次いで、CPU56は、選択した大当り種別判定テーブルを用いて、乱数バッファ領域に格納された大当り種別判定用の乱数(ランダム1)の値と一致する値に対応した種別(「確変大当りA」または「確変大当りB」)を大当りの種別に決定する。 Then, CPU 56 uses the jackpot type determination table selected, the value and type corresponding to the value that matches the random number for jackpot type determination stored in the random number buffer area (random 1) ( "probability variation big hit A" or " to determine the probability variation big hit B ") to the type of the jackpot. この場合、CPU56は、第1始動口スイッチ通過処理のステップS215Aや第2始動口スイッチ通過処理のステップS215Bで抽出し第1保留記憶バッファや第2保留記憶バッファにあらかじめ格納した大当り種別判定用乱数を読み出し、大当り種別の決定を行う。 In this case, CPU 56 may, jackpot type determination random number previously stored in the first hold memory buffer and the second hold storage buffer and extracted at Step S215A and Step S215B of the second start hole switch passing process of the first start hole switch passing process read, and make a determination of the jackpot type. 但し、該決定において「確変大当りB」の種別に決定された場合には、更に、当り種別判定用乱数であるランダム6を抽出し、該抽出したランダム6の値と一致する値に対応した種別(「確変大当りB1」、「確変大当りB2」、「確変大当りB3」)を、確変大当りBの種別として決定する(ステップS73)。 However, in the determination if it is determined the type of "probability variation big hit B" further extracts the random 6 is a hit type determining random number, corresponding to a value matching the value of the random 6 the extracted type ( "probability variation big hit B1", "probability variation big hit B2", "probability variation big hit B3") and is determined as the type of probability variation jackpot B (step S73).

そして、CPU56は、決定した大当りの種別を示すデータをRAM55における大当り種別バッファに設定する(ステップS74)。 Then, CPU 56 stores data indicating the type of the determined jackpot set the jackpot type buffer in the RAM 55 (step S74). 例えば、大当り種別が「確変大当りA」の場合には大当り種別を示すデータとして「02」が設定され、大当り種別が「確変大当りB1」の場合には大当り種別を示すデータとして「03」が設定され、大当り種別が「確変大当りB2」の場合には大当り種別を示すデータとして「04」が設定され、大当り種別が「確変大当りB3」の場合には大当り種別を示すデータとして「05」が設定される。 For example, when the jackpot type is "probability variation big hit A" "02" is set as the data indicating the jackpot type, "03" is set when the jackpot type is "probability variation big hit B1" as data indicating the jackpot type It is, when the jackpot type is "probability variation big hit B2" is "04" is set as the data indicating the jackpot type, set to "05" as the data indicating the jackpot type if the jackpot type is "probability variation jackpot B3" It is.

次いで、CPU56は、特別図柄の停止図柄を決定する(ステップS75)。 Then, CPU 56 determines the stop symbols of the special symbols (step S75). 具体的には、大当りフラグおよび小当りフラグのいずれもセットされていない場合には、はずれ図柄となる「−」を特別図柄の停止図柄に決定する。 Specifically, if none of the jackpot flag and Koatari flag not set, the failure symbol "-" the determining the stop symbols of the special symbols. 大当りフラグがセットされている場合には、大当り種別バッファの設定値から特定される大当り種別に応じて、種別毎に異なる大当り図柄となる所定の大当り記号を特別図柄の停止図柄に決定する。 When the big hit flag is set, depending on the jackpot type specified from the set value of the jackpot type buffer is determined to stop symbol of the special symbols different jackpot a symbol predetermined jackpot symbols for each type. また、小当りフラグがセットされている場合には、小当り種別バッファの設定値から特定される小当り種別に応じて、種別毎に異なる所定の小当り記号を特別図柄の停止図柄に決定する。 Further, when the Koatari flag is set, depending on Koatari type specified from the set value of Koatari type buffer is determined to stop symbol of the special symbols different predetermined Koatari symbol for each type . このように、大当り図柄を複数種類の大当り記号のうちから決定するとともに、小当り図柄を複数種類の小当り記号のうちから決定することで、遊技者に大当りであるか小当りであるかを特別図柄によって特定しにくくすることができる。 Thus, with determining the jackpot symbol from among a plurality of types of jackpot symbol, to determine the Koatari symbol from among a plurality of types of Koatari symbols, whether it is a big hit for the player Koatari it can be difficult to identify the special symbol.

なお、本実施例では、遊技球の入賞時において実施される入賞時判定処理(ステップS216A,S216B)において変動パターン種別の決定を行い、特別図柄の変動表示の開始時において大当りか否かの判定および変動パターンの決定を行うが、遊技球の入賞時において大当りか否かの判定を行い、特別図柄の変動表示の開始時に変動パターンの決定を行うようにしてもよい。 In the present embodiment, when the winning implemented during winning of game ball determination process (step S216A, S216B) makes decisions variation pattern type in the determination of whether the jackpot at the start of the variation of the special symbol display and performs the determination of the variation pattern, it is determined whether the jackpot during winning of game ball may be performed to determine the variation pattern at the start of variable display of the special symbols.

そして、特別図柄プロセスフラグの値を変動パターン設定処理(ステップS301)に対応した値に更新する(ステップS76)。 Then updated to a value corresponding to the variation of the value of the special symbols process flag pattern setting process (step S301) (step S76).

図22は、特別図柄プロセス処理における変動パターン設定処理(ステップS301)を示すフローチャートである。 Figure 22 is a flow chart showing variation pattern setting process in the special symbol process processing (step S301). 変動パターン設定処理において、CPU56は、大当りフラグがセットされているか否か確認する(ステップS91)。 In variation pattern setting process, CPU 56 checks whether the jackpot flag is set (step S91). 大当りフラグがセットされている場合にCPU56は、更に、大当り種別バッファに記憶されているデータにより、大当りが確変大当りAであるか否かを判定する(ステップS91')。 CPU56 when jackpot flag is set, further the data stored in the jackpot type buffer, the jackpot is determined whether or not the probability variation big hit A (step S91 ').

大当りが確変大当りAである場合には、変動パターン種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、確変大当りA用変動パターン種別判定テーブル132a(図9(a)参照)を選択する(ステップS92)。 When the jackpot is probability variation big hit A is a table used to determine the variation pattern classification to any of a plurality of types, probability variation big hit A for variation pattern type determination table 132a (see FIG. 9 (a)) to select (step S92). そして、ステップS102に移行する。 Then, the process proceeds to step S102.

一方、大当りが確変大当りAでない場合、つまり、確変大当りBである場合には、ステップS94に進んで、確変大当りB/小当り用変動パターン種別判定テーブル132b(図9(b)参照)を選択する(ステップS94)。 On the other hand, selection when the big hit is not probability variation big hit A, that is, if a probability variation big hit B, the process proceeds to step S94, probability variation jackpot B / Koatari for variation pattern type determination table 132b (see FIG. 9 (b)) to (step S94). そして、ステップS102に移行する。 Then, the process proceeds to step S102.
また、大当りフラグがセットされていない場合にCPU56は、小当りフラグがセットされているか否かを確認する(ステップS93)。 Further, CPU 56 when the jackpot flag is not set, checks whether Koatari flag is set (step S93). 小当りフラグがセットされている場合には、CPU56は、変動パターン種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、確変大当りB/小当り用変動パターン種別判定テーブル132b(図9(b)参照)を選択する(ステップS94)。 If the Koatari flag is set, CPU 56 is a table used to determine the variation pattern classification to any of a plurality of types, probability variation jackpot B / Koatari for variation pattern type determination table 132b ( Figure 9 selects (b) refer) (step S94). そして、ステップS102に移行する。 Then, the process proceeds to step S102.

小当りフラグもセットされていない場合にCPU56は、使用テーブル変更始動回数に残回数が存在するか否かを判定する(ステップS95)。 CPU56 when Koatari flags not set, determines whether or not the remaining number exists in the use table change number of starts (step S95). 使用テーブル変更始動回数に残回数が存在する場合には、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC135cを選択した後(ステップS96)、ステップS102に移行する。 If the remaining number to use table change start number is present, after selecting the off for variation pattern type determination table C135c (step S96), the process proceeds to step S102.

使用テーブル変更始動回数に残回数が存在しない場合には、ステップS97に進んで、遊技状態が、時短フラグがセットされていない低ベース状態であって、確変回数の残回数が存在するか否かを判定する。 If the use table change starting times there is no remaining number of times, the process proceeds to step S97, the game state is a low base state time reduction flag is not set, whether there is remaining number of probability variation number the judges. 確変回数の残回数が存在する場合には、はずれ用変動パターン種別判定テーブルD135dを選択した後(ステップS986)、ステップS102に移行する。 If the remaining number of probability variation number is present, after selecting the off for variation pattern type determination table D135d (step S 986), the process proceeds to step S102.

確変回数の残回数が存在しない場合には、ステップS99aに進んで、時短状態であることを示す時短フラグがセットされているか否かを確認する。 If the remaining number of probability variation number does not exist, the process proceeds to step S99A, checks whether the time-shortening flag indicating that it is time reduction state is set. なお、時短フラグは、遊技状態を時短状態に移行するとき(確変状態に移行するときを含む)にセットされ、時短状態を終了するときにリセットされる。 Incidentally, the time-shortening flag is set when (including when to transition to probability variation state) to shift a game state to time reduction state is reset when the exit the time reduction state. 具体的には、確変大当りAまたは確変大当りBとすることに決定され、大当り遊技を終了する処理においてセットされ、時短回数を消化したタイミングや、大当りと決定されたときに特別図柄の変動表示を終了して停止図柄を停止表示するタイミングでリセットされる。 Specifically, it determined that the probability variation big hit A or probability variation big hit B, is set in the process of terminating the jackpot gaming, timing and digestion of the time reduction times, the variation display of the special symbols when it is determined that jackpot Exit and is reset at the timing of stopping displaying the stop symbol. 時短フラグがセットされていれば(ステップS99aのYes)、CPU56は、ステップS100に移行する。 If the time-shortening flag is set (Yes in step S99A), CPU 56 proceeds to step S100.

時短フラグがセットされていなければ(ステップS99aのNo)、CPU56は、合算保留記憶数が3以上であるか否かを確認する(ステップS99b)。 If no time-shortening flag is set (No in step S99A), CPU 56 is summed pending memory number to check whether three or more (step S99b). 合算保留記憶数が3未満であれば(ステップS99bのNo)、CPU56は、変動パターン種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、はずれ用変動パターン種別判定テーブルA135a(図10(a)参照)を選択する(ステップS101)。 If summed pending memory number is less than 3 (No in step S99b), CPU56 as a table used to determine the variation pattern classification to any of a plurality of types, off for variation pattern type determination table A135a ( Figure 10 selects (a) see) (step S101). そして、ステップS102に移行する。 Then, the process proceeds to step S102.

時短フラグがセットされている場合(ステップS99aのYes)または合算保留記憶数が3以上である場合(ステップSS99bのYes)には、CPU56は、変動パターン種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、はずれ用変動パターン種別判定テーブルB135b(図10(b)参照)を選択した後(ステップS100)、ステップS102に移行する。 If the time reduction flag is set in the case (Yes in step S99A) or combined hold storage number is three or more (Yes in step SS99b), CPU56 may determine the variation pattern type to one of a plurality of types as a table to be used to, after selecting the off for variation pattern type determination table B135b (see FIG. 10 (b)) (step S100), the process proceeds to step S102.

次いで、CPU56は、乱数バッファ領域(第1保留記憶バッファまたは第2保留記憶バッファ)からランダム2(変動パターン種別判定用乱数)を読み出し、ステップS92、S94、S96,S98,S100またはS101の処理で選択したテーブルを参照することによって、変動パターン種別を複数種類のうちのいずれかに決定する(ステップS102)。 Then, CPU 56, from the random number buffer area (first hold memory buffer or the second hold storage buffer) reads a random 2 (variation pattern type determining random number), the processing of step S92, S94, S96, S98, S100 or S101 by referring to the selected table, to determine the variation pattern classification to any of a plurality of types (step S102).

次いで、CPU56は、ステップS102の変動パターン種別の決定結果にもとづいて、変動パターンを複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、当り変動パターン判定テーブル137a、137b(図11参照)、はずれ変動パターン判定テーブル138a(図12参照)のうちのいずれかを選択する(ステップS103)。 Then, CPU 56, based on the determination result of the fluctuation pattern type in step S102, as a table used to determine the variation pattern in one of a plurality of types, per the variation pattern determination table 137a, 137b (see FIG. 11 ), selects one of out variation pattern determination table 138a (see FIG. 12) (step S103). また、乱数バッファ領域(第1保留記憶バッファまたは第2保留記憶バッファ)からランダム3(変動パターン判定用乱数)を読み出し、ステップS103の処理で選択した変動パターン判定テーブルを参照することによって、変動パターンを複数種類のうちのいずれかに決定する(ステップS105)。 The read random 3 (fluctuation pattern determining random number) from the random number buffer area (first hold memory buffer or the second hold storage buffer), by referring to the change pattern determination table selected in the processing in step S103, the variation pattern the determined in any of a plurality types (step S105). なお、始動入賞のタイミングでランダム3(変動パターン判定用乱数)を抽出しないように構成する場合には、CPU56は、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を生成するための変動パターン判定用乱数カウンタから値を直接抽出し、抽出した乱数値にもとづいて変動パターンを決定するようにしてもよい。 Incidentally, in the case configured not to extract random 3 (fluctuation pattern determining random number) at the time of starting winning is CPU 56, the variation pattern determination random number counter for generating a variation pattern determining random number (random 3) from extracts the value directly, based on the extracted random number values ​​may be determined the variation pattern.

次いで、決定した変動パターンに対応する演出制御コマンド(変動パターンコマンド)を、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS106)。 Then, corresponding to the determined variation pattern of the effect control command (variation pattern command) performs control to transmit to the effect control microcomputer 100 (step S106).

また、特別図柄の変動を開始する(ステップS107)。 Also, to start the variation of the special symbols (step S107). 例えば、ステップS33の特別図柄表示制御処理で参照される特別図柄に対応した開始フラグをセットする。 For example, it sets a start flag corresponding to the special symbol referenced by special symbol display control process of step S33. また、RAM55に形成されている変動時間タイマに、選択された変動パターンに対応した変動時間に応じた値を設定する(ステップS108)。 Further, the variation time timer formed in the RAM 55, sets a value corresponding to the variation time corresponding to the variation pattern selected (step S108). そして、特別図柄プロセスフラグの値を表示結果指定コマンド送信処理(ステップS302)に対応した値に更新する(ステップS109)。 Then updated to a value corresponding to the display the value of the special symbols process flag result designation command transmitting process (step S302) (step S109).

なお、はずれと決定されている場合において、いきなり変動パターン種別を決定するのではなく、まず、リーチ判定用乱数を用いた抽選処理によってリーチとするか否かを決定するようにしてもよい。 Incidentally, in a case which is determined out, instead of determining the sudden variation pattern type, firstly, may be determined whether the reach by lottery processing using a reach determining random number. そして、リーチとするか否かの判定結果にもとづいて、ステップS95〜S101の処理を実行し、変動パターン種別を決定するようにしてもよい。 Then, based on whether or not the determination result to reach, executing the processing of step S95~S101, it may determine the variation pattern type.

図23は、表示結果指定コマンド送信処理(ステップS302)を示すフローチャートである。 Figure 23 is a flowchart showing display results specified command transmission processing (step S302). 表示結果指定コマンド送信処理において、CPU56は、決定されている大当りの種類、小当り、はずれに応じて、表示結果1指定〜表示結果8指定のいずれかの演出制御コマンド(図13参照)を送信する制御を行う。 Transmitting the display result specified command transmission processing, CPU 56 the type of jackpot that has been determined, Koatari, depending on the edge, any of the effect control command display result 1 specified - displaying results 8 specify (see FIG. 13) the control to be carried out. 具体的には、CPU56は、まず、大当りフラグがセットされているか否か確認する(ステップS110)。 Specifically, CPU 56 first checks whether the jackpot flag is set (step S110). セットされていない場合には、ステップS116に移行する。 If they have not been set, the process proceeds to step S116. 大当りフラグがセットされている場合、大当りの種別が確変大当りAであるときには、表示結果2指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS111,S112)。 If the big hit flag is set, when the type of the jackpot is probability variation big hit A performs control to transmit the display result 2 designation command (step S 111, S112). なお、確変大当りAであるか否かは、具体的には、特別図柄通常処理のステップS74で大当り種別バッファに設定されたデータが「02」であるか否かを確認することによって判定できる。 Note that whether or not the probability variation big hit A, specifically, can be determined by set in the jackpot type buffer in step S74 of the special symbols normal processing data to confirm whether or not it is "02". また、CPU56は、大当りの種別が確変大当りAではない、つまり確変大当りBであるときには、確変大当りBの種別に対応して表示結果3指定コマンド(確変大当りB1)、表示結果4指定コマンド(確変大当りB2)、表示結果5指定コマンド(確変大当りB3)、を送信する制御を行う(ステップS114)。 Further, CPU 56 is a type of jackpot is not a probability variation big hit A, i.e. probability variation big hit when a B, the probability variation big hit display result 3 specified command (probability variation big hit B1) corresponding to the type of B, display result 4 designation command (probability variation jackpot B2), display result 5 specified command (probability variation big hit B3), performs control to transmit the (step S114). なお、確変大当りBであるか否か並びに確変大当りBの種別は、具体的には、特別図柄通常処理のステップS74で大当り種別バッファに設定されたデータが「03」であれば「確変大当りB1」、「04」であれば「確変大当りB2」、「05」であれば「確変大当りB3」であると判定できる。 Incidentally, probability variation jackpot type of a is whether and probability variation jackpot B B is specifically if set to the jackpot type buffer in step S74 of the special symbols normal processing data is "03", "probability variation jackpot B1 ", it can be judged to be" if it is 04, "" probability variation big hit B2 ", if it is" 05 "," probability variation big hit B3 ".

一方、CPU56は、大当りフラグがセットされていないときには(ステップS110のN)、小当りフラグがセットされているか否かを確認する(ステップS116)。 Meanwhile, CPU 56 is in when the jackpot flag is not set to check whether it is (N in step S110), Koatari flag set (step S116). 小当りフラグがセットされていれば、CPU56は、小当りの種別に対応して表示結果6指定コマンド(小当りA)、表示結果7指定コマンド(小当りB)、表示結果8指定コマンド(小当りC)、を送信する制御を行う(ステップS117)。 If Koatari flag is set, CPU 56 may display the result 6 designation command (Koatari A) corresponding to the type of Koatari, display result 7 specified command (Koatari B), display result 8 designation command (Small per C), it performs control to transmit the (step S117). なお、小当りの種別は、具体的には、特別図柄通常処理のステップS65で小当り種別バッファに設定されたデータが「06」であれば「小当りA」、「07」であれば「小当りB」、「08」であれば「小当りC」であると判定できる。 Incidentally, the type of Koatari, specifically, if the set in Koatari type buffer in step S65 of the special symbols normal processing data is "06", "Koatari A", if "07", " Koatari B ", it can be determined that the if" 08 "," Koatari C ".
また、小当りフラグもセットされていないときは(ステップS116のN)、すなわち、はずれである場合には、CPU56は、表示結果1指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS118)。 Further, when the Koatari flags not set (N in step S116), i.e., if it is out, the CPU 56 performs control to transmit the display result 1 designation command (step S118).

そして、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄変動中処理(ステップS303)に対応した値に更新する(ステップS119)。 Then, CPU 56 updates the value corresponding to the value of the special symbol process flag in special symbol variation processing (step S303) (step S119).

図24は、特別図柄プロセス処理における特別図柄変動中処理(ステップS303)を示すフローチャートである。 Figure 24 is a flow chart illustrating in special symbol variations in the special symbol process treatment process (step S303). 特別図柄変動中処理において、CPU56は、変動時間タイマを1減算し(ステップS125)、変動時間タイマがタイムアウトしたら(ステップS126)、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄停止処理(ステップS304)に対応した値に更新する(ステップS127)。 During special symbol variation processing, CPU 56 is a variable time timer 1 is subtracted (step S125), corresponding to After varying time timer times out (step S126), the special symbol stop processing the value of the special symbol process flag (step S304) It is updated to the value (step S127). 変動時間タイマがタイムアウトしていない場合には、そのまま処理を終了する。 If there is a change time the timer has not timed out, the processing is terminated as it is.

図25は、特別図柄プロセス処理における特別図柄停止処理(ステップS304)を示すフローチャートである。 Figure 25 is a flowchart showing the special symbol stop processing in special symbol process processing (step S304). 特別図柄停止処理において、CPU56は、ステップS32の特別図柄表示制御処理で参照される終了フラグをセットして特別図柄の変動を終了させ、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに停止図柄を導出表示する制御を行う(ステップS131)。 In special symbol stop processing, CPU 56 is to set the end flag is referred to in the special symbol display control process of step S32 to terminate the variation of the special symbols, first special symbol display device 8a or the second special symbol display device 8b performs control to derive display the stop symbols (step S131). なお、特別図柄ポインタに「第1」を示すデータが設定されている場合には第1特別図柄表示器8aでの第1特別図柄の変動を終了させ、特別図柄ポインタに「第2」を示すデータが設定されている場合には第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の変動を終了させる。 In the case where the data indicating the "first" to the special symbol pointer is set to terminate the variation of the first special symbol in the first special symbol display device 8a, showing a "second" to the special symbol pointer If the data is set to terminate the variation of the second special symbol in the second special symbol display device 8b. また、演出制御用マイクロコンピュータ100に図柄確定指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS132)。 Further, it performs control to transmit the symbol determined specified command to the effect control microcomputer 100 (step S132). そして、大当りフラグがセットされていない場合には、ステップS140に移行する(ステップS133)。 When the jackpot flag is not set, the process proceeds to step S140 (step S133).

大当りフラグがセットされている場合には、CPU56は、セットされていれば、確変状態であることを示す確変フラグがセットされているか否かを確認し(ステップS133a)、セットされている場合には、大当り遊技状態において遊技状態を一旦通常状態に移行させるが、後述する大当り終了処理において大当り遊技状態の終了後の遊技状態を決定する際に、大当り前の遊技状態が確変状態であったか否かが判るようにするために、大当り前の遊技状態が確変状態であったことを示す大当り前確変フラグをセットする(ステップS133b)。 When the big hit flag is set, CPU 56, if it is set, checks whether probability variation flag indicating the probability variation state is set (step S133A), if it is set is temporarily shifts to the normal state gaming state in jackpot gaming state, when determining the game state after completion of the jackpot gaming state in jackpot termination process to be described later, whether the jackpot previous game state was probability variation state in order to allow seen, the jackpot previous game state sets the jackpot before probability variation flag indicating that was probability variation state (step S133b).

次いで、確変フラグや時短フラグや高確報知フラグがあった場合にはそれらをリセットし(ステップS134)、演出制御用マイクロコンピュータ100に大当り開始指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS135)。 Then, when there is probability variation flag and the time-shortening flag and high Revised intellectual flag is reset them (step S134), it performs control to transmit the jackpot start command specified presentation control microcomputer 100 (step S135). 具体的には、大当りの種別が確変大当りAである場合には確変大当りA開始指定コマンドを送信する。 Specifically, when the type of the jackpot is probability variation big hit A sends a probability variation jackpot A start specified command. 大当りの種別が確変大当りBである場合には確変大当りB開始指定コマンドを送信する。 Transmitting a probability variation jackpot B start designation command when the type of the jackpot is probability variation big hit B. なお、大当りの種別が確変大当りA、確変大当りBのいずれであるかは、RAM55に記憶されている大当り種別を示すデータ(大当り種別バッファに記憶されているデータ)にもとづいて判定される。 Incidentally, the type of big hit probability variation big hit A, is whether it is a probability variation jackpot B, is determined on the basis of the data (data stored in the jackpot type buffer) indicating the jackpot type stored in the RAM 55. また、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に通常状態指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS136)。 Also, CPU 56 performs control to transmit the normal status designating command to the effect control microcomputer 100 (step S136).

また、大当り表示時間タイマに大当り表示時間(大当りが発生したことを、例えば、演出表示装置9において報知する時間)に相当する値を設定する(ステップS137)。 Further, (that big hit has occurred, for example, the time of notifying the performance display device 9) jackpot display time timer to the jackpot display time setting a value corresponding to (step S137). また、大入賞口開放回数カウンタに開放回数(例えば、15回)および大当り種別に応じた開放時間をセットする(ステップS138)。 Further, the number of opened special winning opening open counter (e.g., 15 times) to set the opening time in accordance with and jackpot type (step S138). そして、特別図柄プロセスフラグの値を大入賞口開放前処理(ステップS305)に対応した値に更新する(ステップS139)。 Then, it updates the value of the special symbols process flag to a value corresponding to the winning opening open preprocessing (step S305) (step S139).

ステップS140では、CPU56は、確変状態であることを示す確変フラグがセットされているか否かを確認する。 In step S140, CPU 56 checks whether probability variation flag indicating the probability variation state is set. 確変フラグがセットされている場合には、確変状態における特別図柄の変動可能回数を示す確変回数カウンタの値を−1する(ステップS153)。 When the probability variation flag is set, the value of the probability variation number counter indicating the variation allowable number of the special symbols in probability variation state -1 (step S153). そして、CPU56は、減算後の確変回数カウンタの値にもとづいて確変回数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS154)。 Then, CPU 56 performs control to transmit the probability variation number designating command to the effect control microcomputer 100 based on the value of the probability variation counter after subtraction (step S154). 次いで、CPU56は、減算後の確変回数カウンタの値が0になった場合には(ステップS155)、確変フラグをリセットするとともに、高確報知フラグがセットされている場合には該高確報知フラグをリセットする(ステップS156)。 Then, CPU 56, when the value of the probability variation counter after the subtraction becomes 0 (step S155), resets the probability variation flag, the high final estimates knowledge flag when high Revised known flag is set a reset (step S156). また、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に対して通常状態指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS157)。 Also, CPU 56 performs control to transmit the normal state specification command to effect control microcomputer 100 (step S157).

ステップS155において減算後の確変回数カウンタの値が0になっていない場合には、CPU56は、時短状態であることを示す時短フラグがセットされているか否か確認する(ステップS141)。 In the case where the value of the probability variation counter after subtraction has not yet become zero step S155, CPU 56 determines whether to check is set shorter working hours flag indicating that a time reduction state (step S141). 時短フラグがセットされている場合(すなわち、確変・時短状態に制御されている場合)には、時短状態における特別図柄の変動可能回数を示す時短回数カウンタの値を−1する(ステップS142)。 If the time reduction flag is set (i.e., if it is controlled in probability variation-time reduction state), the value of the time reduction number counter indicating the variation allowable number of the special symbols in a time reduction state -1 (step S142). そして、CPU56は、減算後の時短回数カウンタの値にもとづいて時短回数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行った後(ステップS143)、減算後の時短回数カウンタの値が0になった場合には(ステップS144)、時短フラグをリセットする(ステップS145)。 Then, CPU 56, after performing the control of transmitting the time-shortening count designation command based on the value of the time reduction counter after the subtraction to the effect control microcomputer 100 (step S143), the value of the time reduction counter after subtraction is 0 If it becomes (step S144), it resets the time-shortening flag (step S145).

ステップS145にて時短フラグをリセットした場合、またはステップS140のNo,S141のNo,S144のNoの場合、CPU56は、小当りフラグがセットされているか否かを確認する(ステップS147)。 If you reset the time-shortening flag at step S145, or No at step S140, S141 No, the case of S144 No, the CPU 56 checks whether Koatari flag is set (step S147). 小当りフラグがセットされていれば、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に小当り開始指定コマンドを送信する(ステップS148)。 If Koatari flag is set, CPU 56 sends a Koatari start command specified presentation control microcomputer 100 (step S148). また、小当り表示時間タイマに小当り表示時間(小当りが発生したことを、例えば、演出表示装置9において報知する時間)に相当する値を設定する(ステップS149)。 Further, (that Koatari occurs, for example, the time of notifying the performance display device 9) Koatari display time timer Koatari display time setting a value corresponding to (step S149). また、大入賞口開放回数カウンタに開放回数(例えば15回)および小当りに対応した開放時間(確変大当りBと同じ開放時間)をセットする(ステップS150)。 Also it sets the number of times opened special winning opening open counter (e.g. 15 times) and the open time corresponding to Koatari (same open time as probability variation big hit B) (step S150). そして、特別図柄プロセスフラグの値を小当り開始前処理(ステップS308)に対応した値に更新する(ステップS151)。 Then, it updates the value of the special symbols process flag to a value corresponding to the Koatari starts preprocessing (step S308) (step S151).

小当りフラグもセットされていなければ(ステップS147のN)、CPU56は、RAM55の所定領域に記憶されている使用テーブル変更始動回数カウンタの値が0であるか否かを判定する(ステップS192)。 If Koatari flags is not set (N in step S147), CPU 56 determines whether or not the value of using table change start number counter stored in a predetermined area of ​​the RAM55 is 0 (Step S192) . 使用テーブル変更始動回数カウンタの値が0である場合には、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップS195)。 If the value of using table change start counter is zero, it updates the value of the special symbols process flag to a value corresponding to the special symbol normal processing (step S300) (step S195).

一方、使用テーブル変更始動回数カウンタの値が0でない場合には、使用テーブル変更始動回数カウンタの値を1減算する(ステップS193)。 On the other hand, if the value of using table change start counter is not 0, it subtracts 1 from the value of the use table change start counter (step S193). そして、CPU56は、減算後の使用テーブル変更始動回数カウンタの値にもとづいてテーブル変更回数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行った後(ステップS194)、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップS195)。 Then, CPU 56, after performing the control based on the value of the use table change start counter after subtraction transmitting the table number of changes specified command to the effect control microcomputer 100 (step S194), the value of the special symbols process flag to update the value corresponding to the special symbol normal processing (step S300) (step S195).

図26は、特別図柄プロセス処理における大当り終了処理(ステップS307)を示すフローチャートである。 Figure 26 is a flowchart showing jackpot termination processing in the special symbol process processing (step S307). 大当り終了処理において、CPU56は、大当り終了表示タイマが設定されているか否か確認し(ステップS157)、大当り終了表示タイマが設定されている場合には、ステップS164に移行する。 In big hit end process, CPU 56 checks whether the jackpot end indication timer has been set (step S157), when the jackpot end indication timer has been set, the process proceeds to step S164. 大当り終了表示タイマが設定されていない場合には、大当りフラグをリセットするともに(ステップS158)、終了した大当りの種別が確変大当りBである場合には、確変大当りBの種別に応じた使用テーブル変更始動回数を使用テーブル変更始動回数カウンタにセットするとともに(ステップS160)、該使用テーブル変更始動回数カウンタにセットした値にもとづいてテーブル変更回数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS161)。 When the big hit completion display timer is not set, both resets the jackpot flag (step S158), if the type of the jackpot ended a probability variation big hit B is used table change according to the type of probability variation jackpot B as well as set the number of starts to use table change start counter (step S160), performs control to transmit the table number of changes specified command to the effect control microcomputer 100 based on the value set in said use table change start counter (step S161).

そして、大当り終了指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS162)。 Then, it performs control to transmit the jackpot Exit designation command (step S162). ここで、確変大当りAであった場合には確変大当りA終了指定コマンドを送信し、確変大当りBであった場合には小当り/確変大当りB終了指定コマンドを送信する。 Here, if a probability variation big hit A sends a probability variation jackpot A finished specifying command, when was probability variation big hit B sends Koatari / probability variation jackpot B terminates the specified command. そして、大当り終了表示タイマに、画像表示装置9において大当り終了表示が行われている時間(大当り終了表示時間)に対応する表示時間に相当する値を設定し(ステップS163)、処理を終了する。 Then, the big hit completion display timer, and sets a value corresponding to the display time corresponding to the time the jackpot completion display is performed in the image display device 9 (jackpot finished display time) (step S163), the process ends.

ステップS164では、大当り終了表示タイマの値を1減算する。 In step S164, 1 is subtracted the value of the jackpot end indication timer. そして、CPU56は、大当り終了表示タイマの値が0になっているか否か、すなわち大当り終了表示時間が経過したか否か確認する(ステップS165)。 Then, CPU 56 determines whether the value of the jackpot end indication timer is set to 0, that is, whether to confirm the jackpot finished display time has elapsed (step S165). 経過していなければ処理を終了する。 The process is terminated when not reached.

大当り終了表示時間を経過していれば(ステップS165のY)、CPU56は、大当りの種別が確変大当りAであるか否かを確認する(ステップS166A)。 If elapsed big hit completion display time (Y in step S165), CPU 56 is a type of jackpot checks whether a probability variation big hit A (step S166A). 具体的には、特別図柄通常処理のステップS74で大当り種別バッファに設定されたデータが「02」であるか否かを確認することによって判定できる。 Specifically, it can be determined by set in the jackpot type buffer in step S74 of the special symbols normal processing data to confirm whether or not it is "02". 確変大当りAであれば、CPU56は、ステップS167に進んで、遊技状態を時短状態に移行させるために時短フラグをセットするとともに、時短回数をカウントするための時短回数カウンタに所定回数(例えば70回)をセットし(ステップS168)、使用テーブル変更始動回数が使用テーブル変更始動回数カウンタに存在する場合には、該使用テーブル変更始動回数カウンタをリセットした後(ステップS168+)、時短状態指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS169)。 If probability variation big hit A, CPU 56 proceeds to step S167, while setting a time-shortening flag to shift the game state to the time reduction state, a predetermined number of times (e.g. 70 times a time reduction counter for counting the time reduction times ) sets (step S168), after the number of uses table change startup when present use table change number of starts counter resets the said use table change start counter (step S168 +), directing the time-shortening condition designating command performs control to transmit to the control microcomputer 100 (step S169).

次いで、CPU56は、遊技状態を確変状態に移行させるために確変フラグをセットするとともに(ステップS170)、確変回数をカウントするための確変回数カウンタに所定回数(例えば78回)をセットし(ステップS171)、確変状態指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS172)。 Then, CPU 56 is configured to set the probability variation flag to shift the game state to the probability variation state (step S170), sets a predetermined number of times (e.g. 78 times) the probability variation counter for counting the probability variation number (step S171 ), it performs control to transmit the probability variation state specification command to the effect control microcomputer 100 (step S172). そして、ステップS173に移行する。 Then, the process proceeds to step S173.

尚、この遊技状態を確変状態に移行させる段階、つまり、起動時以外の遊技中において確変(高確)状態に移行する場合には、起動時において電力供給停止前に確変フラグがセットされている場合と異なり、高確報知フラグをセットしないので、高確報知LED24が点灯されて確変(高確)状態であることが報知されてしまうことがないとともに、起動高確情報が情報出力回路53から出力されて呼び出しランプにより確変(高確)状態であることが報知されてしまうこともない。 Incidentally, the step of shifting the gaming state to the probability variation state, i.e., when moving probability variation (high probability) state during a game other than at startup, probability variation flag is set before stopping power supply at the time of startup Unlike, does not set the high final estimates knowledge flag, with never be high Revised knowledge LED24 is being with probability variation (high probability) state lighting from being broadcast, from start high probability information information output circuit 53 the output calling lamp probability variation is not also result is informed to be a (high probability) state.

また、ステップS166Aにおいて確変大当りBであればステップS166Bに進んで、大当り前確変フラグがセットされているか否かを確認する。 Also, it advances if probability variation big hit B to step S166B in step S166A, the large obvious probability variation flag to confirm whether it is set. 大当り前確変フラグがセットされていなければ、ステップS170に進んでステップS170〜173の処理を行う。 If large commonplace probability variation flag is not set, the process of step S170~173 proceeds to step S170. 一方、大当り前確変フラグがセットされていれば、ステップS166Cに進んで、大当り前確変フラグをリセットしてからステップS167〜173の処理を行う。 On the other hand, if it is set large obvious probability variation flag, proceeds to step S166C, the process of step S167~173 Reset the large obvious probability variation flag.

すなわち、通常状態(低確低ベース状態)において確変大当りBが発生した場合は、使用テーブル変更始動回数と確変回数が更新(セット)され、確変状態(高確低ベース状態)または確変・時短状態(高確高ベース状態)において確変大当りBが発生した場合は、使用テーブル変更始動回数はセットされずに、時短回数および確変回数が更新(セット)される。 That is, when that occurred probability variation jackpot B in the normal state (low 確低 base state), the probability variation count and use table change start number is updated (set), probability variation state (high 確低 base state) or probability variation-time reduction state If probability variation jackpot B occur in (high 確高 base state), the number of uses table change starting without being set, the time-shortening number and probability variation count is updated (set).

なお、この実施例では、ステップS167でセットした時短フラグは、可変入賞球装置15の開放時間を長くしたり開放回数を増加させたりするか否かを判定するためにも用いられる。 In this embodiment, the time-shortening flag is set in step S167 is also used to determine whether or increased long or opening times the opening time of the variable winning ball device 15. この場合、具体的には、CPU56は、普通図柄プロセス処理(ステップS27参照)において、普通図柄の変動表示結果が当りとなったときに、時短フラグがセットされているか否かを確認し、セットされていれば、開放時間を長くしたり開放回数を増加させたりして可変入賞球装置15を開放する制御を行う。 In this case, specifically, CPU 56 is in normal symbol process process (see step S27), when the variable display results of normal symbol became per confirms whether the time-shortening flag is set, the set if it is, control is performed to open the variable winning ball device 15 or by increasing the long or opening times of the opening time. また、ステップS167でセットした時短フラグは、特別図柄の変動時間を短縮するか否かを判定するために用いられる。 Further, the time-shortening flag is set in step S167 is used to determine whether to reduce the fluctuation time of the special symbol.

そして、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップS173)。 Then, CPU 56 updates the value of the special symbols process flag to a value corresponding to the special symbol normal processing (step S300) (step S173).

図27は、特別図柄プロセス処理における小当り終了処理(ステップS310)を示すフローチャートである。 Figure 27 is a flowchart illustrating Koatari end processing in special symbol process processing (step S310). 小当り終了処理において、CPU56は、小当り終了表示タイマが設定されているか否か確認し(ステップS180)、小当り終了表示タイマが設定されている場合には、ステップS187に移行する。 In Koatari end processing, CPU 56 checks whether Koatari end indication timer has been set (step S180), if the Koatari end indication timer has been set, the process proceeds to step S187. 小当り終了表示タイマが設定されていない場合には、小当りフラグをリセットするともに(ステップS181)、確変フラグがセットされているか否か、つまり、高確(確変)中において発生した小当りであるか否かを判定する。 If the Koatari end indication timer is not set, both (step S181) and resets the Koatari flag, whether probability variation flag is set, that is, in Koatari generated in a high probability (probability variation) It determines whether or not there.

確変フラグがセットされていない場合には、ステップS183に進んで、小当りの種別に応じた使用テーブル変更始動回数を使用テーブル変更始動回数カウンタにセットするとともに(ステップS183)、該使用テーブル変更始動回数カウンタにセットした値にもとづいてテーブル変更回数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS184)。 When the probability variation flag is not set, the process proceeds to step S183, (Step S183) while setting the use table change start counter the use table change starting number of times corresponding to the type of Koatari, table change starting said use based on the value set in the counter performs control to transmit the table number of changes specified command to the effect control microcomputer 100 (step S184).

一方、確変フラグがセットされている場合には、ステップS183、ステップS184を経由することなくステップS185に進む。 On the other hand, if the probability variation flag is set, the process proceeds to step S185 without passing through Step S183, Step S184.

つまり、確変フラグがセットされている場合には、該小当りの発生以前に既に確変大当りAまたは確変大当りBが発生したことによる確変回数が既にセットされている状態であるので、これら確変回数が既にセットされている状態を保持することで、確変大当りAまたは確変大当りBから確変回数が終了するまでの確変状態の遊技性を小当りの発生により損なうことがないようにされている。 That is, when the probability variation flag is set is, in the case where probability variation number due to the previous generation per the small already probability variation jackpot A or probability variation big hit B occurred has already been set, these probability variation number already by holding the state of being set, and is a game of probability variation state from probability variation jackpot a or probability variation big hit B until probability variation number is terminated so as not to impair the generation of Koatari.

そして、小当り終了指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS185)。 Then, it performs control to transmit the Koatari Exit designation command (step S185). そして、小当り終了表示タイマに、画像表示装置9において小当り終了表示が行われている時間(小当り終了表示時間)に対応する表示時間に相当する値を設定し(ステップS186)、処理を終了する。 Then, Koatari end indication timer, the image display device 9 times Koatari end indication is performed in the set to a value that is equivalent to a display time corresponding to (Koatari finished display time) (step S186), processing finish.

ステップS187では、小当り終了表示タイマの値を1減算する。 In step S187, 1 is subtracted the value of Koatari end indication timer. そして、CPU56は、小当り終了表示タイマの値が0になっているか否か、すなわち小当り終了表示時間が経過したか否か確認する(ステップS188)。 Then, CPU 56 determines whether the value of Koatari end indication timer is set to 0, that is, whether to confirm Koatari finished display time has elapsed (step S188). 経過していなければ処理を終了する。 The process is terminated when not reached.

小当り終了表示時間を経過していれば(ステップS188のY)、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップS189)。 If elapsed Koatari completion display time (Y in step S188), CPU 56 updates the value of the special symbols process flag to a value corresponding to the special symbol normal processing (step S300) (step S189).

次に、演出制御手段である演出制御基板80の動作を説明する。 Next, the operation of the performance control board 80 is a presentation control means. 図28は、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段としての演出制御用マイクロコンピュータ100(具体的には、演出制御用CPU101)が実行するメイン処理を示すフローチャートである。 Figure 28 (specifically, the effect control for CPU 101) effect control microcomputer 100 as presentation control means mounted on the performance control board 80 is a flowchart showing a main process to be executed. 演出制御用CPU101は、電源が投入されると、メイン処理の実行を開始する。 Effect control CPU101, when power is turned on, to start the execution of the main process. メイン処理では、まず、RAM領域のクリアや各種初期値の設定、また演出制御の起動間隔(例えば、2ms)を決めるためのタイマの初期設定等を行うための初期化処理を行う(ステップS701)。 In the main processing, first, setting clear and various initial values ​​of the RAM area, and the effect control initiation interval (e.g., 2 ms) initialization processing for initial setting of a timer for determining the performed (step S701) . その後、演出制御用CPU101は、タイマ割込フラグの監視(ステップS702)を行うループ処理に移行する。 Thereafter, effect control CPU101 proceeds to the loop processing for monitoring the timer interrupt flag (step S702). タイマ割込が発生すると、演出制御用CPU101は、タイマ割込処理においてタイマ割込フラグをセットする。 When the timer interrupt occurs, effect control CPU101 sets the timer interrupt flag in the timer interrupt processing. メイン処理において、タイマ割込フラグがセットされていたら、演出制御用CPU101は、そのフラグをクリアし(ステップS703)、以下の演出制御処理を実行する。 In the main process, if the timer interrupt flag is set, the effect control for CPU101 clears the flag (step S703), executes the following effect control process.

演出制御処理において、演出制御用CPU101は、まず、受信した演出制御コマンドを解析し、受信した演出制御コマンドに応じたフラグをセットする処理等を行う(コマンド解析処理:ステップS704)。 In effect control process, effect control CPU101, first analyzes the performance control command received, performs processing to set the flag in accordance with the effect control command received, etc. (command analysis process: Step S704). 次いで、演出制御用CPU101は、演出制御プロセス処理を行う(ステップS705)。 Next, effect control CPU101 performs effect control process (step S705). 演出制御プロセス処理では、制御状態に応じた各プロセスのうち、現在の制御状態(演出制御プロセスフラグ)に対応した処理を選択して演出表示装置9の表示制御を実行する。 Effect control process processing, among the processes corresponding to the control state, performing a selection to display control of the effect display device 9 a process corresponding to the current control state (the effect control process flag).

次いで、大当り図柄決定用乱数などの乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する乱数更新処理を実行する(ステップS706)。 Then, run the random number update process for updating the count value of the counter for generating a random number of such jackpot symbol determination random number (step S706). その後、ステップS702に移行する。 Then, the process proceeds to step S702.

図29は、主基板31の遊技制御用マイクロコンピュータ560から受信した演出制御コマンドを格納するためのコマンド受信バッファの一構成例を示す説明図である。 Figure 29 is an explanatory diagram showing a configuration example of a command reception buffer for storing the performance control command received from the gaming control microcomputer 560 of the main substrate 31. この例では、2バイト構成の演出制御コマンドを6個格納可能なリングバッファ形式のコマンド受信バッファが用いられる。 In this example, the effect control commands consisting of 2 bytes command reception buffer six storable ring buffer format is used. 従って、コマンド受信バッファは、受信コマンドバッファ1〜12の12バイトの領域で構成される。 Accordingly, the command reception buffer is configured in the region of 12 bytes of received command buffer 1-12. そして、受信したコマンドをどの領域に格納するのかを示すコマンド受信個数カウンタが用いられる。 Then, command reception number counter indicating whether to store the received command in which region is used. コマンド受信個数カウンタは、0〜11の値をとる。 Command reception number counter takes a value of 0 to 11. なお、必ずしもリングバッファ形式でなくてもよい。 Incidentally, not necessarily a ring buffer format.

なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信された演出制御コマンドは、演出制御INT信号にもとづく割込処理で受信され、RAMに形成されているバッファ領域に保存されている。 Incidentally, attraction control command transmitted from the gaming control microcomputer 560 is received by the interrupt process based on the effect control INT signal, it is stored in the buffer area formed in RAM. コマンド解析処理では、バッファ領域に保存されている演出制御コマンドがどのコマンド(図13および図14参照)であるのか解析する。 In command analysis process analyzes whether it is which commands the performance control commands stored in the buffer area (see FIGS. 13 and 14).

図30は、演出制御用マイクロコンピュータ100が用いる乱数を示す説明図である。 Figure 30 is an explanatory diagram showing a random number Produce control microcomputer 100 is used. 図30に示すように、この実施例では、予告演出決定用乱数SR1、予告演出種別決定用乱数SR2、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3を用いる。 As shown in FIG. 30, in this embodiment, announcement attraction determination random number SR1, announcement attraction type determination random number SR2, using stage (mode) type determination random number SR3. なお、演出効果を高めるために、これら以外の乱数を用いてもよい。 In order to enhance the presentation effect can be used a random number other than these.

予告演出決定用乱数SR1は、大当りとならない場合において予告演出を実施するか否かを決定する、つまり、大当りとならないのに予告演出を実施することを決定する(いわゆるがせ)ための乱数である。 Informational display determination random number SR1 determines whether to execute the prediction effect when not a big hit, that is, a random number for determining to implement the announcement attraction (so-called Gase) which although not a jackpot is there.

予告演出種別決定用乱数SR2は、予告演出の種別(キャラクタA〜C)を決定するために用いられる乱数である。 Informational display type determination random number SR2 is a random number used to determine the type of announcement attraction (the character A through C).

ステージ(モード)種別決定用乱数SR3は、大当りまたは小当りとなったときにステージ(モード)を決定するため、及び、変動表示が実施される毎にステージ(モード)を変更するか否か(変更なし、昇格、降格)を決定するために用いられる乱数である。 Stage (Mode) type determination random number SR3 can be used to determine the stage when its become big hit or Koatari, and whether to change the stage (mode) every time varying display is performed ( No change, promotion, is a random number used to determine the demotion).

尚、これらSR1〜SR3の各乱数を生成するためのカウンタがRAMに形成されている。 The counter for generating each random number of SR1~SR3 are formed RAM. そして、各カウンタの数値は、図28に示す乱数更新処理(ステップS706)で更新される。 The value of each counter is updated by the random number update process shown in FIG. 28 (step S706). すなわち、値が+1される。 That is, the value is +1. そして、カウンタのカウント値が乱数の上限値(図30に示された範囲における最大値)を越えると下限値(図30に示された範囲における最小値)に戻される。 Then, the upper limit of the count value of the counter is a random number is returned to the lower limit value exceeds the (maximum value in the range shown in FIG. 30) (the minimum value in the range shown in FIG. 30). 乱数を生成するためのカウンタのカウント値を読み出すことを、乱数を抽出するという。 The reading the count value of the counter for generating a random number, that extracts random.

演出制御用マイクロコンピュータ100におけるROMには、図31に示す図柄変動制御パターンテーブル180を初めとする、各種の予告演出の演出制御パターンを含む予告演出制御パターンテーブル(図示略)、大当り状態や小当り状態における演出制御パターンを含む各種演出制御パターンテーブル(図示略)が記憶されている。 The ROM in the performance control microcomputer 100, beginning with symbol variation control pattern table 180 shown in FIG. 31, announcement attraction control pattern table containing effect control patterns of various announcement attraction of (not shown), the big hit state or small various effect control pattern table which includes a presentation control pattern in per state (not shown) are stored. 図31に示す図柄変動制御パターンテーブル180には、演出図柄の変動が開始されてから最終停止図柄となる確定演出図柄が停止表示されるまでの期間における、演出表示動作等の演出動作の制御内容を示すデータが、変動パターンに応じて格納されている。 The symbol variation control pattern table 180 shown in FIG. 31, in the period until definite performance symbol fluctuations in performance symbols is the final stop symbols from the start is displayed stopped, the control content of the effect operation of the demonstration display operation or the like data indicating is stored in accordance with the change pattern. 各図柄変動制御パターンには、例えば、プロセスタイマ設定値、表示制御実行データ、ランプ制御実行データ、並びに音制御実行データといった演出図柄の可変表示に応じた各種の演出動作を制御するための複数の制御データ(プロセスデータ)が時系列的に設定されている。 Each symbol variation control pattern, for example, the process timer set value, the display control execution data, the lamp control execution data, and the sound control of the running data such as performance symbols variably displayed various effects operation more for controlling the in response to control data (process data) is time series set.

また、各種演出制御パターンテーブルには、大当り遊技状態や小当り遊技状態に制御されている期間における、各種の演出制御の内容を示すデータが、ラウンド等に応じて格納されている。 Also, the various effect control pattern table, the periods being controlled to the jackpot gaming state and Koatari gaming state, data indicating the contents of the various effect control is stored in accordance with the round or the like. 各演出制御パターンには、プロセスタイマ設定値、表示制御実行データ、ランプ制御実行データといった各種の演出動作を制御するための複数の制御データが時系列的に設定されている。 Each presentation control pattern, the process timer set value, the display control execution data, a plurality of control data for controlling various effect operation such lamp control execution data are time series set.

なお、図柄変動制御パターン、予告演出制御パターン、各種演出制御パターン各々の制御データの集まりを、プロセステーブルという。 Incidentally, symbol variation control pattern, announcement attraction control pattern, a collection of control data of various effect control patterns each, called the process table.

これら演出制御パターンは、例えばプロセスタイマ設定値、表示制御実行データ、ランプ制御実行データ、音制御実行データ、操作部発光制御実行データ、終了コードといった、各種の演出動作を制御するための制御データとなるプロセスデータから構成され、時系列的に、各種の演出制御の内容や、演出制御の切換タイミング等が設定されていればよい。 These presentation control patterns, for example, the process timer set value, the display control execution data, the lamp control execution data, sound control execution data, the operation unit light emission control execution data, such as end code, and control data for controlling various effect operation consisting consist process data, in time series, various and content of the performance control of the switching timing of the effect control has only to be set.

プロセスタイマ設定値は、演出制御用CPU101における演出制御用のプロセスタイマの格納値であるプロセスタイマ値と比較される値(判定値)であって、各演出動作の実行時間(演出時間)に対応した判定値が予め設定されている。 Process timer setting value is a value to be compared process timer value as the stored value of the process timer for effect control in effect control CPU 101 (determination value), corresponding to the execution time of each effect operation (effect time) determination value is set in advance that. なお、プロセスタイマ設定値に代えて、例えば主基板31から所定の演出制御コマンドを受信したことや、演出制御用CPU101において演出動作を制御するための処理として所定の処理が実行されたことといった、所定の制御内容や処理内容に対応して、演出制御の切換タイミング等を示すデータが設定されていてもよい。 Instead of the process timer setting value, for example, the reception of the predetermined effect control command from the main board 31, has said that the predetermined processing is executed as processing for controlling the effect operation in effect control CPU 101, in response to a predetermined control contents and process content, data indicating the switching timing of the effect control may be set.

表示制御実行データには、例えば演出図柄の可変表示中における各飾り図柄の変動態様を示すデータといった、演出表示装置9の表示画面における演出画像の表示態様を示すデータが含まれている。 The display control execution data, for example such data indicating a fluctuation mode of the decorative symbols on the variable display in performance symbols includes data indicating a display mode of the effect image on the display screen of the effect display device 9. すなわち、表示制御実行データは、演出表示装置9の表示画面における演出画像の表示動作を指定するデータである。 That is, the display control execution data is data for designating a display operation of the effect image on the display screen of the effect display device 9. 音制御実行データには、例えば演出図柄の可変表示中における演出図柄の可変表示動作に連動した効果音等の出力態様を示すデータといった、スピーカ8L、8Rからの音声出力態様を示すデータが含まれている。 The sound control execution data, for example such data indicating the output mode of sound effects interlocked with the variable display operation of the performance symbols in the variable display in performance symbol, includes data indicating a sound output mode from speaker 8L, 8R ing. すなわち、音制御実行データは、スピーカ27L、27からの音声出力動作を指定するデータである。 That is, the sound control execution data is data for specifying the sound output operation from the speaker 27L, 27. ランプ制御実行データには、例えば装飾LED25や天枠LED28a、左枠LED28b、右枠LED28cといった、発光体の点灯動作態様を示すデータが含まれている。 The lamp control execution data, such as decorative LED25 and Tenwaku LED28a, left frame LED 28b, such right frame LED28c, includes data indicating a lighting operation mode of the light emitting element. すなわち、ランプ制御実行データは、発光体の点灯動作を指定するデータである。 That is, the lamp control execution data is data to specify the lighting operation of the light emitter. なお、これらの制御データは、全ての演出制御パターンに含まれなければならないものではなく、各演出制御パターンによる演出動作の内容に応じて、一部の制御データを含んで構成される演出制御パターンがあってもよい。 Note that these control data is not intended that must be included in all effect control pattern in accordance with the content of the effect operation by each performance control patterns, and the effect control include part of the control data pattern there may be. また、演出制御パターンに含まれる複数種類のプロセスデータでは、各タイミングで実行される演出動作の内容に応じて、それぞれのプロセスデータを構成する制御データの種類が異なっていてもよい。 Further, the plurality of types of process data that is included in the performance control pattern in accordance with the content of the effect operation to be performed at each timing may be different types of control data constituting the respective process data. すなわち、表示制御データや音声制御実行データ、ランプ制御実行データの全部を含んで構成されたプロセスデータもあれば、これらの一部を含んで構成されたプロセスデータもあってよい。 That is, the display control data and voice control execution data, some process data configured to include the whole of the lamp control execution data, there may be process data that is structured to include a part thereof. さらに、例えば演出用役物が備える可動部材における動作態様を示す可動部材制御データといった、その他の各種制御データが含まれることがあってもよい。 Furthermore, for example, such a movable member control data indicating the operation mode in the movable member for effect combination thereof comprises, or even may contain other various control data.

演出制御用CPU101は、これら演出制御パターンに含まれる各種の制御データに従って、演出動作の制御内容を決定する。 Effect control CPU101 is according to various control data contained in these performance control patterns, it determines the control content of the effect operation. 例えば、プロセスタイマ値がプロセスタイマ設定値のいずれかと合致したときには、そのプロセスタイマ設定値と対応付けられた演出制御実行データに含まれる表示制御実行データにより指定される態様で演出図柄を表示させるとともに、キャラクタ画像や背景画像といった演出画像を演出表示装置9の表示画面に表示させる制御を行う。 For example, when a process timer value matches with any of the process timer setting value, together with the display performance symbol in the manner specified by the display control performed data included in the process timer setting value the associated effect control execution data performs control to display an effect image such character image and the background image on the display screen of the effect display device 9. また、音声制御実行データにより指定される態様でスピーカ27L、27Rから音声を出力させる制御を行うとともに、ランプ制御実行データにより指定される態様で装飾LED25や天枠LED28a、左枠LED28b、右枠LED28c等の発光体を点滅させる制御を行う。 The speaker 27L in the manner specified by the voice control execution data, performs a control to output a sound from the 27R, decoration in the manner specified by the lamp control execution data LED25 and Tenwaku LED28a, left frame LED 28b, the right frame LED28c performs control to blink the light emitter and the like. なお、プロセスタイマ設定値と対応していても制御対象にならない演出用部品に対応するデータには、ダミーデータ(制御を指定しないデータ)が設定されてもよい。 Note that the data be in correspondence with the process timer set value corresponding to the effect parts that are not in the control target, dummy data (data not specified control) may be set.

また、予告演出制御パターンテーブルには、予告演出を実施する際に、予告演出が開始されてから予告演出が終了するまでの期間における、演出表示動作等の演出動作の制御内容を示すデータ(予告演出制御パターン)が、複数種類の予告パターンのそれぞれに対応して格納されている。 In addition, the announcement attraction control pattern table, in carrying out the announcement attraction, in the period since the prediction effect is started until announcement attraction is completed, data (notice indicating the control contents of the effect operation of the demonstration display operation or the like effect control pattern) is stored in correspondence with each of the plurality of types of notice patterns. 各予告演出制御パターンには、図柄変動制御パターンと同じく、予告プロセスタイマ設定値、表示制御実行データ、ランプ制御実行データ、音制御実行データといった予告演出の演出動作を制御するための複数の制御データ(予告プロセスデータ)が時系列的に設定されている。 Each announcement attraction control pattern, like the symbol variation control pattern, notice process timer set value, the display control execution data, the lamp control execution data, a plurality of control data for controlling the effect operation of the prediction effect such sound control execution data (notice process data) are in chronological order set.

具体的には、キャラクタAのアニメーション画像が表示される予告演出Aに対応付けて、これらキャラクタAのアニメーション画像を表示する時系列データを含むCPY1−1の予告演出制御パターン(予告プロセステーブル)が記憶され、キャラクタBのアニメーション画像が表示される予告演出Bに対応付けて、これらキャラクタBのアニメーション画像を表示する時系列データを含むCPY1−2の予告演出制御パターン(予告プロセステーブル)が記憶され、キャラクタCのアニメーション画像が表示される予告演出Cに対応付けて、これらキャラクタCのアニメーション画像を表示する時系列データを含むCPY1−3の予告演出制御パターン(予告プロセステーブル)が記憶されている。 Specifically, in association with the informational display A animation image of the character A is displayed, announcement attraction control pattern CPY1-1 including time-series data for displaying an animation image of the character A (notice process table) stored in association with the informational display B animation image of the character B is displayed, announcement attraction control pattern CPY1-2 including time-series data for displaying an animation image of the character B (notice process table) is stored , in association with the informational display C animation image of the character C are displayed, announcement attraction control pattern CPY1-3 including time-series data for displaying an animation image of the character C (notice process table) is stored .

尚、これら予告演出制御パターンは、変動開示後に予告演出を開始するまでの予告演出開始待ち時間を特定可能とされており、これら特定される予告演出開始待ち時間に基づいて、後述する予告演出開始待ちタイマがセットされるようになっている。 Note that these announcement attraction control pattern is possible to specify the announcement attraction wait time until the start of announcement attraction after variation disclosure, based on the informational display start wait by these specific, prediction effect starts to be described later wait timer is adapted to be set.

また、本実施例の予告プロセステーブルも、前述した演出図柄の変動演出やリーチ演出を実施するためのプロセステーブルと同じく、予告プロセスタイマ設定値と、各予告プロセスタイマ設定値に対応付けられた各種の予告演出の演出制御の内容を実施するための予告演出制御実行データとから成る予告プロセスデータが、時系列に配列されたものであれば良い。 Also, notice the process table of the present embodiment also, similarly to the process table for implementing the change effect and reach demonstration of performance symbol mentioned above, the notice process timer set value, associated with each notice process timer setpoint various notice process data comprising a prediction effect control execution data for implementing the contents of the presentation control announcement attraction is, when it is sufficient that are arranged in series.

演出制御用マイクロコンピュータ100におけるROMには、図32(b)に示す、確変大当りB或いは小当りが発生してから使用テーブル変更始動回数となるまでの期間において使用される予告演出決定テーブルB181bや、図32(c)に示す、確変大当りBが発生した後、変動回数(始動回数)が、使用テーブル変更始動回数となってから確変回数である78回となるまでの期間において使用される予告演出決定テーブルC181cや、図32(a)に示す、上記した期間以外において使用される予告演出決定テーブルA181aや、確変大当りBの終了時においてモード(ステージ)を決定する際に使用される図33(a)に示すモード種別決定用テーブルA182aや、小当りの終了時においてモード(ステージ)を決定する際 Directing the ROM in the control microcomputer 100, shown in FIG. 32 (b), Ya probability variation big hit B or informational display determination table B181b which Koatari is used during a period from the occurrence until use table change start times , shown in FIG. 32 (c), after the probability variation big hit B occurs, notice that the variation time count (number of starts) is used in the period from when using table change number of starts until 78th a probability variation number effect determination table C181c and, Figure used in determining shown in FIG. 32 (a), and prediction effect determination table A181a used in other periods described above, the mode (stage) at the end of the probability variation jackpot B 33 (a) and mode type determination table A182a shown, when determining the mode (stage) at the end of Koatari 使用される図33(b)に示すモード種別決定用テーブルB182bや、確変大当りBが発生してから使用テーブル変更始動回数となるまでの期間において変動表示の終了時においてモード(ステージ)の変化を決定する際に使用される図34(a)に示すモード変化決定用テーブルA183aや、確変大当りBが発生して使用テーブル変更始動回数となってから確変回数である78回となるまでの期間において変動表示の終了時においてモード(ステージ)の変化を決定する際に使用される図34(b)に示すモード変化決定用テーブルB183bや、小当りが発生してから使用テーブル変更始動回数となるまでの期間において変動表示の終了時においてモード(ステージ)の変化を決定する際に使用される図34(c)に示すモード変 And mode type determination table B182b shown in FIG. 33 (b) to be used, a change in mode (stage) at the end of the variable display in the period from probability variation jackpot B is generated until use table change start times determining Figure 34 (a) or mode change determination table A183a shown to be used for, in the period from when the probability variation jackpot B is generated by using a table change number of starts until 78th a probability variation number variably displayed or mode changes determination table B183b that shown in FIG. 34 (b) for use in determining the mode (stage) at the end, until Koatari a number of times using table change starting from the occurrence mode shown in FIG. 34 (c) varying for use in determining the change in mode (stage) at the end of the variable display in a period of 決定用テーブルC183cや、小当りが発生して使用テーブル変更始動回数となってから確変相当回数である78回となるまでの期間において変動表示の終了時においてモード(ステージ)の変化を決定する際に使用される図34(d)に示すモード変化決定用テーブルD183dや、上記したモード変化決定用テーブルA〜Dが使用される期間以外において使用される図34(e)に示すモード変化決定用テーブルE183eが記憶されている。 Determination and tables C183c, when determining the change of mode (stage) at the end of the variable display in a period from when Koatari occurs and use table change number of starts until 78th a probability variation corresponding number and mode change determination table D183d shown in FIG. 34 (d) to be used in, Figure 34 for mode change decision shown in (e) of the above-mentioned mode change decision table A~D is used in other period used table E183e is stored.

予告演出決定テーブルA〜Cには、図32に示すように、予告演出種別決定用乱数SR2と比較される判定値が、演出種別決定用乱数SR2の乱数値範囲である1〜60の内、図32(a)〜(c)に示す判定値数となるように、キャラクタAのアニメーションが画像表示装置9に表示される予告演出A、キャラクタBのアニメーションが画像表示装置9に表示される予告演出B、キャラクタCのアニメーションが画像表示装置9に表示される予告演出Cのそれぞれに対応して、画像表示装置9の表示結果が、最終的に大当りとなる場合とリーチはずれとなる場合とスーパーリーチはずれとなる場合とで個別に設定されている。 The informational display determination table A through C, as shown in FIG. 32, the determination value to be compared with the informational display type determination random number SR2 are, within 1 and 60 is a random number value range of the effect type determination random number SR2, Figure 32 (a) so that the determination value number indicating a ~ (c), the announcement attraction a animation of the character a is displayed on the image display device 9, notice that the animation of the character B is displayed on the image display device 9 effect B, animated character C in correspondence with the announcement attraction C displayed on the image display device 9, when a super display result of the image display device 9, the case and reach out finally a jackpot It is set individually in the case of a reach out.

尚、この実施例では、図32(a)に示すように、キャラクタAのアニメーションが画像表示装置9に表示される予告演出Aについては、予告演出種別決定用乱数SR2と比較される判定値数が、可変表示の表示結果が最終的にリーチはずれとなるリーチはずれ時(30)>スーパーリーチはずれ時(15)>当り時(5)とされていることで、はずれとなる場合には予告演出Aが発生し易いのに対し、キャラクタCのアニメーションが画像表示装置9に表示される予告演出Cについては、予告演出種別決定用乱数SR2と比較される判定値数が、可変表示の表示結果が最終的にリーチはずれとなるリーチはずれ時(10)<スーパーリーチはずれ時(25)<当り時(45)とされていることで、当りとなる場合には予告演出Cが発生し易 In this embodiment, as shown in FIG. 32 (a), the prediction effect A animation of the character A is displayed on the image display device 9, the number of determination value to be compared with the informational display type determination random number SR2 but that the variable display of the display results are when finally reach out to the reach out (30)> super reach out time (15)> time per (5), announcement attraction if the off while likely a is generated, the prediction effect C animation of the character C is displayed on the image display device 9, the number of determination value to be compared with the informational display type determination random number SR2 is, variable display of the display results time reach out to be finally reach out (10) <super reach time out (25) <by being a time per (45), easily announcement attraction C is generated when the contact なっており、これら予告演出Cが発生した場合には、最終的に当りとなる可能性が、予告演出Aや予告演出Bが発生した場合に比較して高いものとなるので、最終的に当りとなる遊技者の期待感を高めることができる。 It is, if these prediction effect C occurs, likely to be eventually hit is because announcement attraction A and announcement attraction B becomes higher as compared to the case of occurrence, and finally per it is possible to increase the player's expectation to be.

また、確変大当りB或いは小当りが発生してから使用テーブル変更始動回数となるまでの期間において使用される予告演出決定テーブルB181bにおいては、図32(b)に示すように、リーチはずれ時における判定値数の割り当ては予告演出決定テーブルA181aと同一とされているものの、予告演出Cについてのスーパーリーチはずれ時並びに当り時における判定値の割り当てが多くなっており、スーパーリーチはずれ時並びに当り時には予告演出Cが多く決定されるようになっている。 In the prediction effect determination table B181b used in the period until the probability variation big hit B or Koatari the number used table change starting from the occurrence, as shown in FIG. 32 (b), determined at the time of reach losing although assigned number of values ​​is the same as prediction effect determination table A181a, and increasingly allocation determination value in super reach out and during the time of contact of the announcement attraction C, announcement attraction is at the time as well as per super reach losing C is adapted to be more determined.

つまり、確変大当りB或いは小当りが発生してから使用テーブル変更始動回数となるまでの期間では、前述したようにリーチはずれの発生頻度が少なくなる一方、スーパーリーチはずれの発生頻度が高くなるので予告演出Cが多く発生するようになる。 That is, in the period until the probability variation big hit B or Koatari the number used table change starting from the occurrence, while the frequency of occurrence of reach losing is reduced as described above, since the frequency of occurrence of super reach out increases notice director C so frequently occur.

また、確変大当りB或いは小当りが発生してから使用テーブル変更始動回数となってから確変回数または確変相当回数(小当りの場合)である78回となるまでの期間において使用される予告演出決定テーブルC181cにおいては、図32(c)に示すように、当り時における判定値数の割り当ては予告演出決定テーブルB181bと同一とされているものの、予告演出Bについてのリーチはずれ時とスーパーリーチはずれ時における判定値の割り当てが多くなっており、はずれ時には予告演出Bが多く決定されるようになっている。 Further, announcement effect determination used in the period until the 78th is a probability variation number or probability variation corresponding number from a probability variation jackpot B or the number of uses table change starts from Koatari occurs (for Koatari) in table C181c, as shown in FIG. 32 (c), although the decision value number of assignments during contact is the same as prediction effect determination table B181b, when reach losing time and super reach losing about announcement attraction B allocation determination value has become large, the time out so that the announcement attraction B is a number determined in.

つまり、使用テーブル変更始動回数から確変回数または確変相当回数までの期間においては、使用テーブル変更始動回数前に比較して予告演出Bが高頻度で発生する。 That is, in the period from the use table change number of starts until probability variation times or probability variation corresponding number, announcement attraction B as compared to prior usage count table change startup occurs frequently.

よって、確変大当りB或いは小当りが発生してから使用テーブル変更始動回数となるまでの期間においては、予告演出Cが発生し易く予告演出Bが発生し難いのに対し、使用テーブル変更始動回数となってから確変回数または確変相当回数までの期間においては、使用テーブル変更始動回数前に比較して予告演出Cが発生し難く予告演出Bが発生し易くなり、使用テーブル変更始動回数の前後において予告演出Cや予告演出Bの発生状況が大きく変化するようになっている。 Therefore, in a period until the probability variation big hit B or Koatari the number used table change starting from the occurrence, to the announcement attraction B easily announcement attraction C is generated to hardly occur, and use table change start times It is in the probability variation number or probability variation period to a considerable number from, easily compared to announcement attraction B announcement attraction C hardly occurs in occurs before the number of times of use table change start, notice before and after use table change start times occurrence of director C and announcement attraction B is adapted to change significantly.

尚、確変相当回数とは、確変状態に移行しない小当りが発生したときに設定(セット)される回数であり、確変大当りBが発生した場合に設定(セット)される確変回数に相当する期間を特定可能とするための回数である。 Note that the probability variation corresponding number, a number that is set (set) when Koatari not shift to probability variation occurs, a period corresponding to a probability variation number is set (set) when the probability variation jackpot B occurs is a number for enabling identify.

モード種別決定用テーブルA182aやモード種別決定用テーブルB182bには、図33に示すように、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3と比較される判定値が、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3の乱数値範囲である1〜100の内、図33(a)、(b)に示す判定値数となるように、明るい昼状態の背景(昼ステージ)が画像表示装置9における背景画像として表示されるモードである昼モードと、やや暗い夕暮れ状態の背景(昼ステージ)が画像表示装置9における背景画像として表示されるモードである夕暮れモードと、暗い夜状態の背景(夜ステージ)が画像表示装置9における背景画像として表示されるモードである夜モードのそれぞれに対応して、確変大当りB或いは小当りの種別毎に個別に設定されてい Mode The type determination table A182a and mode type determination table B182b, as shown in FIG. 33, the determination value to be compared with the stage (mode) type determination random number SR3 is, stage (mode) type determination random number SR3 among 1-100 of a random number value range, FIG. 33 (a), the display as a background image in such a determination value number (b), the bright daytime conditions the background (day stage) the image display device 9 that the daytime mode is a mode, a darker background dusk conditions (day stage) and a twilight mode is a mode to be displayed as a background image in the image display device 9, a dark background of night conditions (night stage) is an image display device corresponding to each of the night mode is a mode to be displayed as a background image in 9, is set individually for each type of probability variation jackpot B or Koatari . なお、図33における各数値は、判定値の数を示している。 Incidentally, the numerical values ​​in FIG. 33 shows the number of judgment values.

モード種別決定用テーブルA182aは、確変大当りBである場合に使用されて確変大当りBの遊技状態終了後のモードが昼モード、夕暮れモード、夜モードのいずれかに決定される一方、モード種別決定用テーブルB182bは、小当りである場合に使用されて小当りの遊技状態終了後のモードが昼モード、夕暮れモード、夜モードのいずれかに決定される。 Mode type determination table A182a is probability variation big hit B is used if and probability variation jackpot gaming state after completion mode is daytime mode of B, twilight mode, the determined in any of the night mode, the mode type deciding table B182b is used when a Koatari Koatari gaming state after completion mode is daytime mode, the twilight mode, is determined to either the night mode.

この実施例のモード種別決定用テーブルA182aは、図33(a)に示すように、確変大当りB1〜B3のいずれにおいても、判定値数が昼モード<夕暮れモード<夜モードの順とされており、夜モードに決定される場合が最も多く、次いで夕暮れモードに決定される場合が多くなるように設定されているとともに、最も決定され易い夜モードに対して割り当てられている判定値数が、確変大当りB1(50)<確変大当りB2(60)<確変大当りB3(70)とされ、昼モードに対して割り当てられている判定値数が、確変大当りB1(20)>確変大当りB2(10)>確変大当りB3(0)とされており、付与される使用テーブル変更始動回数の多い順に、夜モードに決定される場合が多くなる一方、付与される使用テーブル変更 Mode type determination table A182a in this embodiment, as shown in FIG. 33 (a), in any of the probability variation jackpot B1 to B3, the determination value number are daytime mode <twilight mode <sequentially night mode , most often it is determined on the night mode, and then with are set to be in many cases is determined dusk mode, the determination value of the number assigned to the most determined easily night mode, probability variation jackpot B1 (50) <probability variation jackpot B2 (60) <probability variation big hit B3 is (70), the determination value of the number that is assigned to the daytime mode, probability variation jackpot B1 (20)> probability variation jackpot B2 (10)> probability variation big hit B3 (0) and are, in descending order of use table change start times to be imparted, while becomes large when it is determined at night mode, changing usage table applied 動回数の少ない順に、昼モードに決定される場合が多くなるように設定されており、夜モードとなった場合には、付与されている使用テーブル変更始動回数が多い可能性が高く、昼モードとなった場合には、付与されている使用テーブル変更始動回数が少ない可能性が高くなるようになっている。 Order low dynamic times are set such that in many cases is determined daytime mode, when a night mode, the high many potential usage count table change startup granted, daytime mode when became the possibility fewer times using table change startup granted becomes to be higher.

一方、モード種別決定用テーブルB182bは、図33(b)に示すように、小当りA〜Cのいずれにおいても、判定値数が夕暮れモード>夜モード>昼モードの順とされており、夕暮れモードに決定される場合が最も多く、次いで夜モードに決定される場合が多くなるように設定されているとともに、最も決定され易い夕暮れモードに対して割り当てられている判定値数が、小当りA(70)>小当りB(60)<小当りC(50)とされ、昼モードに対して割り当てられている判定値数が、確変大当りB1(20)>確変大当りB2(10)>確変大当りB3(0)とされており、付与される使用テーブル変更始動回数の多い順に、夕暮れモードに決定される場合が多くなる一方、付与される使用テーブル変更始動回数の少ない順に、昼 On the other hand, the mode type determination table B182b, as shown in FIG. 33 (b), in any of Koatari A~C also determined value number are as dusk mode> Night mode> order of day mode, dusk as determined in the mode most, followed with are set to be in many cases is determined mode at night, the number of judgment values ​​that are assigned to the most determined easily dusk mode, Koatari a (70)> Koatari is the B (60) <Koatari C (50), the determination value number that is assigned to the daytime mode, probability variation jackpot B1 (20)> probability variation jackpot B2 (10)> probability variation jackpot B3 (0) and are, in descending order of use table change start times to be imparted, while becomes large when it is determined to dusk mode, the ascending order of use table change start times to be imparted, day ードに決定される場合が多くなるように設定されており、夕暮れモードとなった場合には、付与されている使用テーブル変更始動回数が多い可能性が高く、昼モードとなった場合には、付与されている使用テーブル変更始動回数が少ない可能性が高くなるようになっている。 When determined over de is set to increase, in the case of a twilight mode, granted usage count table change start and is likely many, if became daytime mode , possibly less frequently used table change startup granted becomes to be higher.

つまり、高確状態への移行を伴う確変大当りBが発生した場合には夜モードに決定される割合が高く、高確状態への移行を伴わない小当りが発生した場合には夕暮れモードに決定される割合が高くなるので、夜モードに決定されることで高確状態への移行を伴う確変大当りBが発生したのではないかという期待感を遊技者に持たせることができるようになっている。 In other words, high percentage determined in mode night when probability variation big hit B with the transition to high probability condition occurs, the decision at dusk mode when Koatari without transition to the high probability condition occurs the ratio is increases, so can have the expectation that it might than probability variation big hit B occurs with a shift to the high probability state be determined at night mode to the player there.

よって、確変大当りBや小当りが発生する場合における変動パターンとしては、前述したように、変動パターンとしてノーマルリーチAのリーチ演出を含む特殊PG2−1の変動パターンが小当りのときにおいて多く決定され、これらノーマルリーチAのリーチ演出を含む特殊PG2−1の変動パターンが決定されたときには夕暮れモードに多く決定されるようになるとともに、変動パターンとしてノーマルリーチBのリーチ演出を含む特殊PG2−2の変動パターンが確変大当りBのときにおいて多く決定され、これらノーマルリーチBのリーチ演出を含む特殊PG2−2の変動パターンが決定されたときには夜モードに多く決定されるようになる。 Therefore, as the variation pattern when the probability variation jackpot B and Koatari occurs, as described above, variation pattern of special PG2-1 including reach demonstration of normal reach A is determined number at the time of Koatari as the fluctuation pattern, together so determined number dusk mode when the variation pattern of the special PG2-1 including reach demonstration of normal reach a is determined, the variation pattern of special PG2-2 including reach demonstration of normal reach B as the fluctuation pattern determined number at the time of probability variation jackpot B, will be more determined in mode night when the variation pattern of the special PG2-2 including reach demonstration of normal reach B were determined.

尚、この実施例では、確変大当りBであるか小当りであるかに応じて変動パターンの種別やモードの種別を個別に決定するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、主基板31においてノーマルリーチAのリーチ演出を含む特殊PG2−1の変動パターンが決定されているときにはモード種別決定用テーブルBを用いてモードを決定し、主基板31においてノーマルリーチBのリーチ演出を含む特殊PG2−2の変動パターンが決定されているときにはモード種別決定用テーブルAを用いてモードを決定するようにしても良い。 Incidentally, in this embodiment, so that individually determined the type of classification and mode change pattern depending on whether the Koatari or a probability variation big hit B, the present invention is limited to this without, for example, the mode was determined using the mode type determination table B when the variation pattern of the special PG2-1 including reach demonstration of normal reach a is determined in the main board 31, the main board 31 of the normal reach B reach it may be determined the mode using the mode type determination table a when the variation pattern of the special PG2-2 including presentation is determined.

つまり、主基板31においてノーマルリーチAのリーチ演出を含む特殊PG2−1の変動パターンが決定されたときとノーマルリーチBのリーチ演出を含む特殊PG2−2の変動パターンが決定されたときとで、異なるモード種別決定用テーブルを用いて異なる種類のモードを決定するようにしても良い。 That is, as when the variation pattern of the special PG2-2 including reach effect when the normal reach B that the fluctuation pattern of the special PG2-1 including reach demonstration of normal reach A is determined is determined in the main substrate 31, different modes using the type determination table may be determined different kinds of modes.

また、確変大当りBまたは小当りのいずれが発生した場合でも、付与される使用テーブル変更始動回数が多い場合には夜モードまたは夕暮れモードに決定される割合が高く、付与される使用テーブル変更始動回数が少ない場合には昼モードに決定される割合が高くなるので、これら決定されるモードの種別により、付与される使用テーブル変更始動回数が多い可能性が高いか、付与される使用テーブル変更始動回数が少ない可能性が高いかを遊技者が推定することができる。 Moreover, probability variation big hit B or Whichever Koatari occurs when using table change start times applied is large high percentage determined at night mode or dusk mode, the number of uses table change startup granted since the higher the percentage determined in day mode when less, the type of the mode by these decisions, or are likely used more times table change start to be applied, the number of uses table change startup granted can player to estimate the likely less.

尚、この実施例では、小当りの場合には、遊技状態にかかわらずモード種別決定用テーブルB182bを使用する形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、確変フラグがセットされている高確(確変)状態においては、モード種別決定用テーブルB182bに代えてモード種別決定用テーブルA182aを使用するようにしたり、或いは、モード種別決定用テーブルB182bよりも夜モードが決定され易いものとされたモード種別決定用テーブルB182b'を使用するようにして、高確(確変)状態において小当りが発生した場合に、モード(ステージ)が急に夕暮れモードに転落してしまう事態が発生し難いようにすることで、これらモード(ステージ)の急激な変化による違和感を遊技者に与えないように In this embodiment, in the case of Koatari has been illustrated in the form that uses the mode type determination table B182b regardless gaming state, the present invention is not limited thereto, for example, probability variation flag decision but in the high probability (probability variation) state is set, or to use the mode type determination table A182a instead mode type determination table B182b, or than the mode type determination table B182b modes night so as to use as the to the mode type determination table B182b 'tends to be, when Koatari occurs in high probability (probability variation) state, a situation where the mode (stage) will be suddenly fell into dusk mode as but by so unlikely to occur, it does not give a sense of discomfort due to rapid changes in these modes (stages) to the player しても良い。 It may be.

また、この実施例では、確変大当りBと小当りとで異なるモード種別決定用テーブルを使用することで、確変大当りBと小当りとでモードに移行態様を異なるようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、確変大当りBと小当りとで同一のモード種別決定用テーブルAを使用することで、確変大当りBと小当りとでモードに移行態様を同一となるようにしても良い。 Further, in this embodiment, by using a different mode type determination table at a probability variation big hit B and Koatari, although to different transition mode to a mode in the probability variation big hit B and Koatari, the present invention is It is not limited to this, by using the same mode type determination table a in the probability variation big hit B and Koatari, as the same transition mode to a mode in the probability variation big hit B and Koatari it may be.

また、モード変化決定用テーブルA〜Eには、図34に示すように、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3と比較される判定値が、「変化なし」、「転落」、「昇格」のそれぞれに対応して個別に設定されている。 Further, the mode change decision table A-E, as shown in FIG. 34, a determination value to be compared with the stage (mode) type determination random number SR3, "no change", "fall", the "promotion" It is set separately corresponding to each. なお、図34における各数値も、図33と同様に判定値の数を示している。 Incidentally, the numerical values ​​in FIG. 34 also shows the number of similarly determined value with Figure 33. 尚、各モードの格付けとしては、確変大当りBである場合において移行する割合が、前述したように、夜モード>夕暮れモード>昼モードであることを踏まえ、夜モードが最も格付けが高く、次いで夕暮れモード、昼モードの順とされており、「昇格」の場合には、1つ上位のモード(昼モード→夕暮れモード、夕暮れモード→夜モード)に移行し、「転落」の合には、1つ下位(夜モード→夕暮れモード、夕暮れモード→昼モード)に移行し、夜モードでの「昇格」や、昼モードでの「転落」は無く、この場合には、夜モードまたは昼モードが維持(継続)される。 As the rating of each mode, the rate of migration in the case of a probability variation big hit B is, as mentioned above, given that a night mode> dusk Mode> daytime mode, night mode and most rating is high, then dusk mode, which is the order of the day mode, in the case of "promotion" is, one level higher than the mode (daytime mode → twilight mode, twilight mode → night mode) goes to, in case of the "fall" is, 1 One low-order (night mode → twilight mode, twilight mode → daytime mode) goes to, "elevation" and in night mode, "fall" is not in the daytime mode, in this case, maintains the night mode or day mode It is (continued).

図34(a)に示すモード変化決定用テーブルA183aは、確変大当りBの発生後に使用テーブル変更始動回数となるまでの期間において演出表示装置9における可変表示(変動表示)の終了時においてモード(ステージ)の変化の態様を決定する際に使用されるテーブルであり、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3の数値範囲である1〜100の判定値の内、60個の判定値数が「変化なし」に割り当てられ、5個の判定値数が「転落」に割り当てられ、35個の判定値数が「昇格」に割り当てられている。 Mode change determination table A183a shown in FIG. 34 (a) probability variation big hit variable display mode (stage at the end of the (variable display) in the effect display device 9 in the period until the use table change starting times after the occurrence of the B ) is a table used in determining the aspect of changes in, among stages (modes) determining values ​​of 1 to 100 is a value range of type determination random number SR3, 60 pieces of the determination value of the number is "No change assigned to "five decision value number is assigned to" fall ", 35 of the decision value number is assigned to the" elevation ".

つまり、確変大当りBの発生後に使用テーブル変更始動回数となるまでの期間においては、「変化なし」或いは「昇格」が「転落」よりも決定され易いので、確変大当りBの発生時に多く決定される夜モードが使用テーブル変更始動回数となるまでの期間においては維持され易くなるとともに、昼モードや夕暮れモードが夜モードに昇格され易くなるので、夜モードとなる可能性が高くなる。 That is, in the period until the use table change starting times after the occurrence of probability variation jackpot B, so likely to be determined than "no change" or "promoted" is "falling", is often determined in the event of a probability variation jackpot B together likely to be maintained during the period until the night mode is used table change number of starts, since daytime mode and dusk mode is easily promoted to mode night, can be a night mode becomes higher.

図34(b)に示すモード変化決定用テーブルB183bは、確変大当りBの発生後に変動(始動)回数が使用テーブル変更始動回数となった後から確変回数となるまでの期間において演出表示装置9における可変表示(変動表示)の終了時においてモード(ステージ)の変化の態様を決定する際に使用されるテーブルであり、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3の数値範囲である1〜100の判定値の内、50個の判定値数が「変化なし」に割り当てられ、25個の判定値数が「転落」に割り当てられ、25個の判定値数が「昇格」に割り当てられている。 Mode change determination table B183b shown in FIG. 34 (b) in the effect display device 9 in the period from after the change after the occurrence of the probability variation jackpot B is (start) the number of times a used table change number of starts until probability variation number a table used in determining the mode of change of the mode (stage) at the end of the variable display (variable display), stage (mode) judging value of 1 to 100 is a value range of type determination random number SR3 among assigned to 50 of the decision value number of "no change", assigned to the 25 decision value number of "falling", 25 determination value number is assigned to the "elevation".

つまり、確変大当りBの発生後に変動(始動)回数が使用テーブル変更始動回数となった後から確変回数となるまでの期間においては、使用テーブル変更始動回数前のモード変化決定用テーブルAに比較して「昇格」に対する判定値数の割り当てが少なく、且つ、「転落」に対する判定値数の割り当てが多いモード変化決定用テーブルBが使用されるので、使用テーブル変更始動回数前において移行する可能性の高い夜モードが、夕暮れモードや昼モードに移行され易くなる。 That is, the variation after the occurrence of the probability variation jackpot B is (start) number in a period from after a use table change number of starts until probability variation number, compared to the mode change decision table A before usage count table change start Te small determination value of the number of assignments for "promotion" and, since the determination value of the number of allocation is large mode change decision table B for "fall" is used, the possibility of transfer before usage count table change start mode high night, likely to be shifted to dusk mode and daytime mode.

すなわち、確変大当りBが発生した場合には、使用テーブル変更始動回数となるまでは夜モードとなり易く、使用テーブル変更始動回数の経過後においては通常よりは夜モードとなり易いものの、夕暮れモードや昼モードに移行され易くなる。 In other words, probability variation when the jackpot B occurs, tends to be at night until use table change start number mode, although likely usually becomes night mode than in after a number of uses table change start, twilight mode or day mode likely to be migrated to.

図34(c)に示すモード変化決定用テーブルC183cは、小当りの発生後に使用テーブル変更始動回数となるまでの期間において演出表示装置9における可変表示(変動表示)の終了時においてモード(ステージ)の変化の態様を決定する際に使用されるテーブルであり、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3の数値範囲である1〜100の判定値の内、60個の判定値数が「変化なし」に割り当てられ、10個の判定値数が「転落」に割り当てられ、30個の判定値数が「昇格」に割り当てられている。 Mode change determination table C183c shown in FIG. 34 (c) the variable display in the effect display device 9 in the period until the use table change starting times after the occurrence of Koatari mode at the end of the (variable display) (stage) a table used in determining the aspect of change in stage (mode) of the determination value of the numerical range from 1 to 100 of type determination random number SR3, 60 pieces of the determination value of the number is "no change" assigned to assigned to the ten decision value number of "falling", 30 of the decision value number is assigned to the "elevation".

つまり、図34(a)に示すモード変化決定用テーブルA183aと同様に、小当りの発生後に使用テーブル変更始動回数となるまでの期間においては、「変化なし」或いは「昇格」が「転落」よりも決定され易いので、使用テーブル変更始動回数となるまでの期間においては、小当りの発生時に多く決定される夕暮れモードが夜モードに昇格されて維持され易くなる。 That is, similarly to the mode change determination table A183a shown in FIG. 34 (a), in a period until the usage table change starting times after the occurrence of Koatari, "no change" or "promoted" is from "falling" since easily it is determined, in a period until the use table change number of starts, dusk modes often determined upon the occurrence of Koatari is easily maintained promoted to mode at night.

図34(d)に示すモード変化決定用テーブルD183dは、小当りの発生後に変動(始動)回数が使用テーブル変更始動回数となった後から確変相当回数となるまでの期間において演出表示装置9における可変表示(変動表示)の終了時においてモード(ステージ)の変化の態様を決定する際に使用されるテーブルであり、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3の数値範囲である1〜100の判定値の内、50個の判定値数が「変化なし」に割り当てられ、35個の判定値数が「転落」に割り当てられ、15個の判定値数が「昇格」に割り当てられている。 Mode change determination table D183d shown in FIG. 34 (d) it is in the effect display device 9 in the period from after the change after the generation of Koatari is (start) the number of times a used table change number of starts until probability variation corresponding number a table used in determining the mode of change of the mode (stage) at the end of the variable display (variable display), stage (mode) judging value of 1 to 100 is a value range of type determination random number SR3 of, 50 decision value number is assigned to "no change", 35 of the decision value number is assigned to "fall", 15 determination value number is assigned to the "elevation".

つまり、小当りの発生後に変動(始動)回数が使用テーブル変更始動回数となった後から確変相当回数となるまでの期間においては、使用テーブル変更始動回数前のモード変化決定用テーブルCに比較して「昇格」に対する判定値数の割り当てが少なく、且つ、「転落」に対する判定値数の割り当てが多いので、使用テーブル変更始動回数前において移行する可能性の高い夜モードが、夕暮れモードや昼モードに移行され易くなり、その移行され易さの度合いが、確変大当りBの場合よりも大きい。 That is, in the period from after the change after the generation of Koatari is (start) the number of times a used table change number of starts until probability variation corresponding number, compared to the mode change decision table C before usage count table change start small determination value of the number of assignments for "promotion" Te, and, since the determination value of the number of assignments for "fall" is large, high night mode likely to migrate before usage count table change startup, twilight mode or day mode easily be migrated to the degree of the migrated ease is greater than the probability variation jackpot B.

図34(e)に示すモード変化決定用テーブルE183eは、上記したモード変化決定用テーブルA〜Dが使用される期間以外において演出表示装置9における可変表示(変動表示)の終了時においてモード(ステージ)の変化の態様を決定する際に使用されるテーブルであり、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3の数値範囲である1〜100の判定値の内、30個の判定値数が「変化なし」に割り当てられ、65個の判定値数が「転落」に割り当てられ、5個の判定値数が「昇格」に割り当てられている。 Mode change determination table E183e shown in FIG. 34 (e), the mode (stage at the end of the variable display in the effect display device 9 in the other periods in which the above-mentioned mode change decision table A~D is used (variable display) ) is a table used in determining the aspect of changes in, among stages (modes) determining values ​​of 1 to 100 is a value range of type determination random number SR3, 30 pieces of the determination value of the number is "No change assigned to ", assigned to the 65 pieces of the determination value of the number is" falling ", five judgment value number is assigned to the" elevation ".

つまり、確変大当りBや小当りの発生後から確変回数または確変相当回数となるまでの期間以外の通常期間においては、「変化なし」或いは「転落」が決定され易く、「昇格」が殆ど決定されないので、確変大当りBや小当りの発生後から確変回数または確変相当回数となるまでの期間において移行した夜モードや夕暮れモードが、昼モードに移行していくことになる。 That is, in the normal period other than the period from after the occurrence of probability variation jackpot B and Koatari until probability variation number or probability variation corresponding number, easy "no change" or "fall" is determined, "promotion" is not determined almost so probability variation big hit B and Koatari probability variation number or probability variation corresponding number to become up migrated night mode and dusk mode in the period from after the occurrence of, will be gradually shifted to daytime mode.

すなわち、この実施例では、高確状態に移行する確変大当りBが発生した場合において該確変大当りBの発生後から確変回数である78回となるまでに使用されるモード変化決定用テーブルA、Bと、高確状態に移行しない小当りが発生した場合において該小当りの発生後から確変相当回数である78回となるまでに使用されるモード変化決定用テーブルC、Dとで、「昇格」や「転落」に対する判定値数の割り当て異なり、確変大当りBである場合において使用されるモード変化決定用テーブルA、Bにおいては、小当りである場合に使用されるモード変化決定用テーブルC、Dに比較して「夜モード」に移行され易くなるので、夜モードとなることにより、高確状態となっているのではないかとの期待感を遊技者に与えることができる。 That is, in this embodiment, 該確 varying jackpot probability variation number a is 78 times become mode change determination table A used until after the occurrence of B when probability variation jackpot B occurs to shift to the high probability state, B when a high probability state not enter Koatari is probability variation corresponding number after generation per the small when generated 78 times a mode change determination table C is used until, in as D, "promoted" Unlike allocation determination value and the number for the "fall", probability variation jackpot mode change determination table a to be used in the case of B, in of B, table for mode change decision is used when a Koatari C, D since easily be migrated to the "mode night" compared to, can be given by a night mode, a sense of expectation that it would be has become a high probability state to the player.

また、使用テーブル変更始動回数となった以降に使用されるモード変化決定用テーブルBとモード変化決定用テーブルDでは、高確状態に移行する確変大当りBである場合に使用されるモード変化決定用テーブルBにおける「昇格」に対する判定値数の割り当てが小当りである場合に使用されるモード変化決定用テーブルDよりも多く、且つ、「転落」に対する判定値数の割り当てが少ないため、変動(始動)回数が確変回数に近づいても尚、夜モードが維持されている場合には高確状態となっているのではないかとの期待感を遊技者に与えることができる。 Further, in the mode change decision table B and the mode change decision table D to be used since became used table change number of starts, the mode for the change determination used when a probability variation big hit B to shift to the high probability state "promotion" more than the mode change decision table D to be used when allocation judgment value number is Koatari for the table B, and, since a small allocation judgment value number for "fall", variation (starting ) number is still also close to the probability variation number of times, it can give a sense of expectation that it would be has become a high probability state when the night mode is maintained to the player.

尚、この実施例では、モード変化決定用テーブルBとモード変化決定用テーブルDにおいても、確変回数または確変相当回数である78回以降において使用されるモード変化決定用テーブルE183eよりも、「昇格」に対する判定値数の割り当てが多く、且つ、「転落」に対する判定値数の割り当てが少ないので、これら確変回数または確変相当回数である78回までの期間においては、該期間以外よりも夜モードや夕暮れモードとなり易いので、これら確変回数または確変相当回数である78回までの期間においては、高確状態となっているのではないかとの期待感を遊技者に与えることができる。 In this embodiment, even in the mode change decision table B and the mode change decision table D, than the mode change decision table E183e used in 78 times since a probability variation number or probability variation corresponding number, "promoted" decision value number of allocated number for, and, since a small allocation judgment value number for "fall", in the period until 78 times is these probability variation number or probability variation corresponding number, night mode and dusk than other the period since apt a mode, in a period of up to 78 times is these probability variation number or probability variation corresponding number of times, it is possible to provide the expectation that it would be have a high probability state to the player.

また、この実施例では、モード変化決定用テーブルA〜Dを用いているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、モード変化決定用テーブルBを用いずに、確変大当りBの発生から確変回数となるまでの期間においてモード変化決定用テーブルAのみを用いることで、高確に移行しない小当りの場合のみ、確変相当回数である78回となるまでの期間中において使用されるテーブルが、モード変化決定用テーブルCからモード変化決定用テーブルDに変更されることによってモードの移行状況が変化するようにしても良く、このようにすることで、これらモードの移行状況が、変動(始動)回数が78回となるまでの間において変化するか否かにより、確変大当りBが発生したのか(モードの移行状況の変化なし)或いは小当り Further, in this embodiment uses the mode change decision table to D, the present invention is not limited thereto, for example, without using the mode change determination table B, the probability variation jackpot B by using only mode change decision table a in the period from the generation until the probability variation number, if the Koatari not shift to a high probability only be used during the period until the 78th is a probability variation corresponding number table may also be transition status mode by being changed from the mode change determination table C in the mode change decision table D is changed, by doing so, the migration status of these modes, variation depending on whether the (start) number is changed during the period until the 78th, whether probability variation big hit B occurs (mode without the migration status change) or Koatari 発生したのか(モードの移行状況の変化あり)、すなわち、高確状態となっているか否かを遊技者が推定できるようにしても良い。 Did occurred (with change in migration status mode), i.e., the player whether a high probability state may be able to estimate.

尚、この場合にあっては、モード変化決定用テーブルAとモード変化決定用テーブルCとを同一とすることで、確変大当りB或いは小当りの発生後の初期段階(使用テーブル変更始動回数となるまで)ではモードの移行状態を同一としても良いし、逆に、モード変化決定用テーブルAとモード変化決定用テーブルDとを同一とすることで、使用テーブル変更始動回数後から確変回数(確変相当回数)までの期間のモードの移行状態が、確変大当りBと小当りとで同一となるようにしても良い。 Incidentally, in the this case, a table for mode change decision table A and the mode change decision C By the same, the probability variation big hit B or early stage (using table change number of starts after the occurrence of Koatari up) also may in the transition state of the mode as the same, on the contrary, by a mode change decision table a and the mode change decision table D the same, probability variation number (probability variation corresponding later usage count table change start transition state of the mode of time to count) may be set to be identical with the probability variation big hit B and Koatari.

更には、モード変化決定用テーブルA〜Dのうち、モード変化決定用テーブルCを用いずに、小当りの発生から確変相当回数となるまでの期間においてモード変化決定用テーブルDのみを用いることで、高確(確変)状態に移行する確変大当りBの場合のみ、確変回数である78回となるまでの期間中において使用されるテーブルが、モード変化決定用テーブルAからモード変化決定用テーブルBに変更されることによってモードの移行状況が変化するようにしても良く、このようにすることで、これらモードの移行状況が、変動(始動)回数が78回となるまでの間において変化するか否かにより、確変大当りBが発生したのか(モードの移行状況の変化あり)或いは小当りが発生したのか(モードの移行状況の変化なし)、すなわち、高 Furthermore, among the tables A~D for mode change decision, without using the table C for mode change decision, by using only the mode change decision table D in the period from the generation of Koatari until probability variation corresponding number when the probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) state only, tables used during the period until the 78th is a probability variation number, from the mode change determination table a to a mode change determination table B may also be transition status mode by being changed is changed, whether by doing so, transition conditions for these modes is changed during the period until the change (start) number 78 times Kaniyori, probability variation jackpot B is (with change of mode shift conditions of) the or generated or whether Koatari that occurs (mode without the migration status change), i.e., high 状態となっているか否かを遊技者が推定できるようにしても良い。 The player whether or not it is a state may be able to estimate.

尚、この場合にあっては、モード変化決定用テーブルDとモード変化決定用テーブルBとを同一とすることで、使用テーブル変更始動回数後から確変回数(確変相当回数)までの期間のモードの移行状態が、確変大当りBと小当りとで同一となるようにしても良いし、逆に、モード変化決定用テーブルDとモード変化決定用テーブルAとを同一とすることで、確変大当りB或いは小当りの発生後の初期段階ではモードの移行状態を同一としても良い。 Incidentally, in this case, by a mode change decision table D and a mode change decision table B and the same, in the period from after use table change number of starts until probability variation number (probability variation corresponding count) mode transition state, it may be set to be identical with the probability variation big hit B and Koatari, conversely, a mode change decision table D and a mode change decision table a by the same, or probability variation jackpot B it may be the same transition state of the mode in the initial stage after the occurrence of Koatari.

図35〜図38は、コマンド解析処理(ステップS704)の具体例を示すフローチャートである。 FIGS. 35 38 is a flowchart showing a specific example of a command analysis process (step S704). 主基板31から受信された演出制御コマンドは受信コマンドバッファに格納されるが、コマンド解析処理では、演出制御用CPU101は、コマンド受信バッファに格納されているコマンドの内容を確認する。 Although the effect control commands received from the main board 31 is stored in the received command buffer, the command analysis processing, presentation control CPU101 confirms the contents of the command stored in the command reception buffer.

コマンド解析処理において、演出制御用CPU101は、まず、コマンド受信バッファに受信コマンドが格納されているか否か確認する(ステップS611)。 In the command analysis processing, presentation control CPU101, first, confirms whether stored reception command in the command reception buffer (step S611). 格納されているか否かは、コマンド受信個数カウンタの値と読出ポインタとを比較することによって判定される。 Whether it is stored it is determined by comparing the value of the command reception number counter and a read pointer. 両者が一致している場合が、受信コマンドが格納されていない場合である。 If they match is the case where the received command is not stored. コマンド受信バッファに受信コマンドが格納されている場合には、演出制御用CPU101は、コマンド受信バッファから受信コマンドを読み出す(ステップS612)。 When the command reception buffer receiving command is stored, effect control CPU101 reads the received command from the command reception buffer (step S612). なお、読み出したら読出ポインタの値を+2しておく(ステップS613)。 In addition, it keeps +2 the value of the read pointer When you read (step S613). +2するのは2バイト(1コマンド)単位にて読み出すからである。 To +2 is because read at 2 bytes (1 command) units.

受信した演出制御コマンドが変動パターンコマンドであれば(ステップS614)、演出制御用CPU101は、その変動パターンコマンドを、RAMに形成されている変動パターンコマンド格納領域に格納する(ステップS615)。 If the received performance control command variation pattern command (step S614), presentation control CPU101 stores the variation pattern command, the variation pattern command storage area formed in the RAM (step S615). そして、ここでは特別図柄の変動表示が1回行われるものとして、後述する周期演出用カウンタ(図示略)のカウンタ値を1減算するとともに、確変大当りAの終了後からの変動回数を計数するハマリ変動回数カウンタ(図45参照)のカウンタ値を1加算する(ステップS615')。 Then, as here that variation display of the special symbols is performed once, the count value with one subtracts below periodically directing counter (not shown), and counts the number of times of the change in the after end of the probability variation jackpot A hamari the counter value of the variation counter (see FIG. 45) adds 1 to (step S615 '). 変動パターンコマンド受信フラグをセットする(ステップS616)。 It sets the variation pattern command reception flag (step S616).

受信した演出制御コマンドが表示結果指定コマンドであれば(ステップS617)、演出制御用CPU101は、その表示結果指定コマンド(表示結果1指定コマンド〜表示結果8指定コマンド)を、RAMに形成されている表示結果指定コマンド格納領域に格納する(ステップS618)。 If the received performance control command is displayed the result designation command (step S617), presentation control CPU101, the display result specifying command (display result 1 specified command-display result 8 designation command), it is formed in the RAM stored in the display result specified command storage area (step S618).

受信した演出制御コマンドが図柄確定指定コマンドであれば(ステップS619)、演出制御用CPU101は、確定コマンド受信フラグをセットする(ステップS620)。 If the received performance control command symbol determined designation command (step S619), presentation control CPU101 sets the confirmation command reception flag (step S620).

受信した演出制御コマンドが確変大当りA開始指定コマンドであれば(ステップS621)、演出制御用CPU101は、確変状態フラグがセットされているか否かを確認し、確変状態フラグがセットされていれば、確変大当りA開始指定コマンド受信フラグをセットする(ステップS622)。 If the received performance control command is any probability variation jackpot A start designation command (step S621), presentation control CPU101 confirms whether probability variation state flag is set, if probability variation state flag is set, setting the probability variation jackpot a start designation command reception flag (step S622).

受信した演出制御コマンドが確変大当りB開始指定コマンドであれば(ステップS623)、演出制御用CPU101は、確変大当りB開始指定コマンド受信フラグをセットする(ステップS624)。 If the received performance control command is a probability variation big hit B start designation command (step S623), presentation control CPU101 sets the probability variation jackpot B start designation command reception flag (step S624).

受信した演出制御コマンドが小当り開始指定コマンドであれば(ステップS625)、小当り開始指定コマンド受信フラグをセットする(ステップS626)。 If the received performance control command is a Koatari start designation command (step S625), it sets the Koatari start designation command reception flag (step S626).

受信した演出制御コマンドが第1図柄変動指定コマンドであれば(ステップS627)、第1図柄変動指定コマンド受信フラグをセットする(ステップS628)。 If the received performance control command is a first symbol variation specifying command (step S627), it sets the first symbol variation specifying command reception flag (step S628). 受信した演出制御コマンドが第2図柄変動指定コマンドであれば(ステップS629)、第2図柄変動指定コマンド受信フラグをセットする(ステップS630)。 If the received performance control command is a second symbol variation designation command (step S629), it sets the second symbol variation designation command reception flag (step S630).

受信した演出制御コマンドが電源投入指定コマンド(初期化指定コマンド)であれば(ステップS631)、演出制御用CPU101は、初期化処理が実行されたことを示す初期画面を演出表示装置9に表示する制御を行う(ステップS632)。 If the received performance control command is the power-on command specified (initialization designation command) (step S631), presentation control CPU101 displays an initial screen that indicates that the initialization process is performed to effect display device 9 It performs the control (step S632). 初期画面には、あらかじめ決められている演出図柄の初期表示が含まれる。 The initial screen includes the initial display of the performance symbols which are predetermined.

また、受信した演出制御コマンドが停電復旧指定コマンドであれば(ステップS633)、あらかじめ決められている停電復旧画面(遊技状態が継続していることを遊技者に報知する情報を表示する画面)を表示する制御を行い(ステップS634)、停電復旧フラグをセットする(ステップS635)。 In addition, if the effect control command is a power failure recovery designated command, which has received the (step S633), (the screen that displays the information for notifying the player of the game state continues) the power is restored screen, which is determined in advance performs a control to be displayed (step S634), and sets the power is restored flag (step S635).

受信した演出制御コマンドがテーブル変更回数指定コマンドであれば(ステップS636)、演出制御用CPU101は、そのテーブル変更回数指定コマンドの2バイト目のデータ(EXTデータ)をテーブル変更回数保存領域に格納する(ステップS637)。 If the received performance control command is a table change count designation command (step S636), presentation control CPU101 stores second byte of data in the table change count specifying command (EXT data) in the table change count storage area (step S637). すなわち、演出制御用CPU101は、テーブル変更回数指定コマンドで示される使用テーブル変更始動回数の残り回数(テーブル変更回数)を保存する。 In other words, effect control CPU101 stores the remaining number of times of use table change start represented by the table change count designation command (table number of changes).

受信した演出制御コマンドが時短終了指定コマンドであれば(ステップS638)、演出制御用CPU101は、遊技状態が時短状態であることを示す時短状態フラグをリセットするとともに(ステップS639)、時短後所定回数(この実施例では「8」)を時短後所定回数保存領域に格納(セット)する(ステップS640)。 If the received performance control command is a time-shortening termination specifying command (step S638), presentation control CPU101 is (step S639) resets the time reduction state flag indicating that the game state is time reduction state, a predetermined number of times after time reduction storing ( "8" in this embodiment) in a predetermined number storage area after the time-shortening (set) (step S640).

受信した演出制御コマンドが確変大当りA終了指定コマンドであれば(ステップS641)、演出制御用CPU101は、確変大当りA終了指定コマンド受信フラグをセットする(ステップS642)。 If the received performance control command is a probability variation big hit A termination designation command (step S641), presentation control CPU101 sets the probability variation jackpot A finished specifying command reception flag (step S642).

受信した演出制御コマンドが確変大当りB終了指定コマンドであれば(ステップS643)、演出制御用CPU101は、確変大当りB終了指定コマンドをセットする(ステップS644)。 If the received performance control command is a probability variation big hit B End designation command (step S643), presentation control CPU101 sets the probability variation jackpot B End designation command (step S644). そして、受信した演出制御コマンドが小当り終了指定コマンドであれば(ステップS645)、演出制御用CPU101は、小当り終了指定コマンド受信フラグをセットする(ステップS646)。 Then, if the performance control command received is a Koatari finished specifying command (step S645), presentation control CPU101 sets the Koatari Exit designation command reception flag (step S646).

受信した演出制御コマンドが第1保留記憶数指定コマンドであれば(ステップS651)、演出制御用CPU101は、その第1保留記憶数指定コマンドの2バイト目のデータ(EXTデータ)を第1保留記憶数保存領域に格納する(ステップS652)。 If the received performance control command is a first hold memory number designation command (step S651), presentation control CPU101 is 2 byte of data in the first pending memory specified number command (EXT data) first hold memory and stores the number storage area (step S652). また、演出制御用CPU101は、受信した第1保留記憶数指定コマンドで示される第1保留記憶数(具体的には、EXTデータの値)に従って、第1保留記憶表示部18cにおける第1保留記憶数の表示を更新する、図39に示す第1保留記憶数表示更新処理を実施する(ステップS653)。 Also, presentation control CPU101 (specifically, the value of EXT data) first holding memory number represented by the first pending memory specified number command received in accordance with a first hold storage in the first holding memory display portion 18c It updates the display of the number, performing a first hold memory number display updating processing shown in FIG. 39 (step S653).

受信した演出制御コマンドが第2保留記憶数指定コマンドであれば(ステップS654)、演出制御用CPU101は、その第2保留記憶数指定コマンドの2バイト目のデータ(EXTデータ)を第2保留記憶数保存領域に格納する(ステップS655)。 If the received performance control command is a second hold memory number designation command (step S654), presentation control CPU101 is 2 byte of data of the second holding memory specified number command (EXT data) second hold memory and stores the number storage area (step S655). また、演出制御用CPU101は、受信した第2保留記憶数指定コマンドで示される第2保留記憶数(具体的には、EXTデータの値)に従って、第2保留記憶表示部18dにおける第2保留記憶数の表示を更新する、図39に示す第2保留記憶数表示更新処理を実施する(ステップS656)。 Also, presentation control CPU101 (specifically, the value of EXT data) second holding storage number represented by the second holding memory specified number command received in accordance with a second hold storage in the second holding memory display section 18d It updates the display of the number, performing the second hold memory number display updating processing shown in FIG. 39 (step S656).

受信した演出制御コマンドが通常状態指定コマンドであれば(ステップS657)、演出制御用CPU101は、セットされていれば、遊技状態が確変状態であることを示す確変状態フラグをリセットする(ステップS658)。 If the received performance control command is the normal state specification command (step S657), presentation control CPU101, if it is set, the game state is reset probability variation state flag indicating a probability variation state (step S658) . また、受信した演出制御コマンドが時短状態指定コマンドであれば(ステップS659)、演出制御用CPU101は、時短状態フラグをセットする(ステップS660)。 Further, if the performance control command received is a time-shortening condition designating command (step S659), presentation control CPU101 sets the time-shortening status flag (step S660). また、受信した演出制御コマンドが確変状態指定コマンドであれば(ステップS661)、演出制御用CPU101は、確変状態フラグをセットする(ステップS662)。 Further, if the performance control command received is a probability variation state specification command (step S661), presentation control CPU101 sets the probability variation state flag (step S662).

受信した演出制御コマンドが時短回数指定コマンドであれば(ステップS663A)、演出制御用CPU101は、その時短回数指定コマンドの2バイト目のデータ(EXTデータ)を時短回数保存領域に格納する(ステップS663B)。 If the received performance control command is a time-shortening count designation command (step S663A), presentation control CPU101 stores second byte of data in the time reduction number specifying command (EXT data) to the time-shortening number storage area (step S663B ). すなわち、演出制御用CPU101は、時短回数指定コマンドで示される時短状態の残り回数を保存する。 In other words, effect control CPU101 stores the number of remaining time reduction state shown by the time reduction count designation command.

受信した演出制御コマンドが確変回数指定コマンドであれば(ステップS664A)、演出制御用CPU101は、その確変回数指定コマンドの2バイト目のデータ(EXTデータ)を確変回数保存領域に格納する(ステップS664B)。 If the received performance control command is a probability variation count designation command (step S664A), presentation control CPU101 stores second byte of the data of the probability variation number specifying command (EXT data) to the probability variation number storage area (step S664B ). すなわち、演出制御用CPU101は、確変回数指定コマンドで示される確変状態の残り回数を保存する。 In other words, effect control CPU101 stores the remaining number of probability variation state shown by the probability variation count designation command.

次いで、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果指定コマンドであれば、演出制御用CPU101は、受信した入賞時判定結果指定コマンドに応じたフラグをセットする。 Next, effect control command received is if a winning time of determination results specified command, effect control CPU101 sets the flag corresponding to the winning time of determination results specified command received.

例えば、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果1指定コマンドであれば(ステップS665)、具体的には、入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータで「00(H)」が指定されている場合には、演出制御用CPU101は、第1始動入賞口13への始動入賞時に「非リーチはずれ」となると判定したことを示す入賞判定結果1フラグをセットする(ステップS666)。 For example, if the performance control command received is a winning time of the determination result 1 designation command (step S665), specifically, when the "00 (H)" in EXT data of the winning time of determination results given command is specified , the effect control CPU101 sets the winning determination result 1 flag indicating that it is determined that the "non-reach out" when starting winning to the first starting winning opening 13 (step S666).

また、例えば、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果2指定コマンドであれば(ステップS667)、具体的には、入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータで「01(H)」が指定されている場合には、演出制御用CPU101は、第1始動入賞口13への始動入賞時に「スーパーリーチはずれ」となると判定したことを示す入賞判定結果2フラグをセットする(ステップS668)。 Further, for example, if the performance control command received is a winning time of the determination result 2 designation command (step S667), specifically, in EXT data of the winning time of determination results specified command "01 (H)" is designated If you are, the effect control CPU101 sets the winning determination result 2 flag indicating that it has determined that the "super reach out" when starting winning to the first starting winning opening 13 (step S668).

また、例えば、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果3指定コマンドであれば(ステップS669)、具体的には、入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータで「02(H)」が指定されている場合には、演出制御用CPU101は、第1始動入賞口13への始動入賞時に「スーパーリーチ大当り」となると判定したことを示す入賞判定結果3フラグをセットする(ステップS670)。 Further, for example, if the performance control command received is a winning time of the determination result 3 designation command (step S669), specifically, in EXT data of the winning time of determination results specified command "02 (H)" is designated If you are, the effect control CPU101 sets the win determination results 3 flag indicating that it has determined that the "super reach jackpot" when starting winning to the first starting winning opening 13 (step S670).

また、例えば、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果4指定コマンドであれば(ステップS671)、具体的には、入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータで「03(H)」が指定されている場合には、演出制御用CPU101は、第2始動入賞口14への始動入賞時に「非リーチはずれ」となると判定したことを示す入賞判定結果4フラグをセットする(ステップS672)。 Further, for example, if the performance control command received is a winning time of the determination result 4 designation command (step S671), specifically, in EXT data of the winning time of determination results specified command "03 (H)" is designated If you are, the effect control CPU101 sets the win determination results 4 flag indicating that it has determined that the "non-reach out" when starting winning to second start winning hole 14 (step S672).

また、例えば、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果5指定コマンドであれば(ステップS673)、具体的には、入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータで「04(H)」が指定されている場合には、演出制御用CPU101は、第2始動入賞口14への始動入賞時に「スーパーリーチはずれ」となると判定したことを示す入賞判定結果5フラグをセットする(ステップS674)。 Further, for example, if the performance control command received is a winning time of the determination result 5 designation command (step S673), specifically, in EXT data of the winning time of determination results specified command "04 (H)" is designated If you are, the effect control CPU101 sets the win determination results 5 flag indicating that it has determined that the "super reach out" when starting winning to second start winning hole 14 (step S674).

また、例えば、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果6指定コマンドであれば(ステップS675)、具体的には、入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータで「05(H)」が指定されている場合には、演出制御用CPU101は、第2始動入賞口14への始動入賞時に「スーパーリーチ大当り」となると判定したことを示す入賞判定結果6フラグをセットする(ステップS676)。 Further, for example, if the performance control command received is a winning time of the determination result 6 designation command (step S675), specifically, in EXT data of the winning time of determination results specified command "05 (H)" is designated If you are, the effect control CPU101 sets the winning determination result 6 flag indicating that it has determined that the "super reach jackpot" when starting winning to second start winning hole 14 (step S676).

また、例えば、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果7指定コマンドであれば(ステップS677)、具体的には、入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータで「06(H)」が指定されている場合には、演出制御用CPU101は、第1始動入賞口13への始動入賞時に「確変大当りBまたは小当り」となると判定したことを示す入賞判定結果7フラグをセットする(ステップS678)。 Further, for example, if the performance control command received is a winning time of the decision result 7 designation command (step S677), specifically, in EXT data of the winning time of determination results specified command "06 (H)" is designated If you are, the effect control CPU101 sets the winning determination result 7 flag indicating that it has determined that the "probability variation big hit B or Koatari" when starting winning to the first starting winning opening 13 (step S678).

また、例えば、受信した演出制御コマンドが入賞時判定結果8指定コマンドであれば(ステップS679)、具体的には、入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータで「07(H)」が指定されている場合には、演出制御用CPU101は、第2始動入賞口14への始動入賞時に「確変大当りBまたは小当り」となると判定したことを示す入賞判定結果8フラグをセットする(ステップS680)。 Further, for example, if the performance control command received is a winning time of the determination result 8 designation command (step S679), specifically, in EXT data of the winning time of determination results specified command "07 (H)" is designated If you are, the effect control CPU101 sets the winning determination result 8 flag indicating that it has determined that the "probability variation big hit B or Koatari" when starting winning to second start winning hole 14 (step S680).

その他、演出制御用CPU101は、受信した入賞時判定結果指定コマンドに応じた入賞判定結果フラグをセットする。 Other, effect control CPU101 sets the winning determination result flag corresponding to the winning time of determination results specified command received. なお、この実施例では、後述するように入賞時の判定結果が「スーパーリーチはずれ」または「スーパーリーチ大当り」である場合に保留予告を実行するように構成しているので、上記に示した入賞時判定結果2指定コマンド〜入賞時判定結果6指定コマンドについてのみ受信したか否かを確認し、フラグをセットするようにしてもよい。 In this embodiment, since the arrangement to perform the pending notice when the determination result at winning, as described later is "super reach out" or "super reach big hit", shown in the winning when the determination result 2 checks only whether it has received for the specified command-winning time determination result 6 designated command may be set a flag.

受信した演出制御コマンドがその他のコマンドであれば、演出制御用CPU101は、受信した演出制御コマンドに応じたフラグをセットする(ステップS681)。 If the effect control command is other command received, effect control CPU101 sets the flag corresponding to the effect control command received (step S681). そして、ステップS611に移行する。 Then, the process proceeds to step S611.

ここで、ステップS653およびステップS656で実施される第1保留記憶数表示更新処理および第2保留記憶数表示更新処理について以下に説明する。 Here it will be described below first hold memory number display updating process and the second holding memory number display updating processing performed in step S653 and step S656. なお、処理の内容は、図39に示すように、第1保留記憶と第2保留記憶で同様であるので、第2についての内容を括弧書きにて記載することで省略する。 The contents of the processing, as shown in FIG. 39 are the same as in the first hold memory and the second hold memory is omitted by describing the contents of the second in parentheses.

なお、この実施例では、演出制御用マイクロコンピュータ100のRAMには、図40に示す、第1保留記憶表示部18c並びに第2保留記憶表示部18dの表示を行うための第1保留表示バッファと第2保留表示バッファとが設けられている。 In this embodiment, the RAM of the performance control microcomputer 100, a first hold display buffer for performing shown in FIG. 40, the display of the first holding memory display portion 18c and the second holding memory display section 18d a second hold display buffer are provided. 図40に示すように、第1保留表示バッファと第2保留表示バッファには、各第1(第2)保留記憶数の順位(表示の向かって左が上位に対応し、表示の向かって右が下位に対応する)に対応した保存領域が確保されており、入賞の有無や保留予告の対象となるスーパーリーチとなる演出が実施されるか否かや、スーパーリーチで大当りとなるか否かを特定可能な数値データが格納できるように構成されている。 As shown in FIG. 40, the first hold display buffer and the second hold display buffer, corresponding to each of the first (second) holding memory number rank (display left is higher, right of the display There are secured storage area corresponding to the corresponding to the lower), whether Kaya effect as a super reach as the winning of the presence or absence or pending announcement of the subject is performed, whether a big hit with super reach is identifiable numeric data are configured in such a way that it can store.

第1(第2)保留記憶数表示更新処理において演出制御用CPU101は、まず、受信した第1(第2)保留記憶数指定コマンドで示される第1(第2)保留記憶数が増加であるか否かを判定する(ステップS901)。 The first (second) effect control CPU101 in pending memory number display update processing, first, the first (second) holding memory number is increased as indicated by the first (second) holding memory specified number command received determines whether (step S901).

ステップS901において保留記憶数が増加である場合、スーパーリーチはずれを示す入賞時判定結果2(5)指定コマンドの受信による入賞時判定結果2(5)フラグや、スーパーリーチ当りを示す入賞時判定結果3(6)指定コマンドの受信による入賞時判定結果3(6)フラグがセットされているか否か、つまり、新たに加算された保留記憶数が該当する保留記憶に対応する演出図柄変動においてスーパーリーチが発生するか否かを判定する(ステップS903)。 If pending memory number at step S901 is increased, the winning time determination result 2 (5) by the reception of the winning time determination result 2 (5) specified command showing the super reach out flags and, when the determination result winning showing a per super reach 3 (6) whether a winning time of the determination result 3 (6) flag by the reception of the specified command is set, i.e., super reach the performance symbol variation corresponding to the newly summed hold held memories storing the number corresponds It is equal to or generated (step S903).

入賞時判定結果2、3(5、6)フラグがセットされていない場合には(ステップS903でNo)、ステップS909に進み、第1(第2)保留表示バッファの最下位(入賞なしを示す「0」が記憶されている順位の内の最も上位の順位)のデータとして入賞したことを示す入賞データ「1」を格納した後、ステップS910に進む。 When the winning time determination result 2,3 (5,6) flag is not set (No in step S903), the process proceeds to step S909, indicating the lowest (without winning the first (second) hold display buffer after storing the winning data "1" indicating that "0" is winning as data of the most high rank) of the order that is stored, the process proceeds to step S910.

入賞時判定結果2、3(5、6)フラグがセットされている場合には(ステップS903でYes)、スーパーリーチ当りを示す入賞時判定結果3(6)指定コマンドの受信による入賞時判定結果3(6)フラグがセットされているか否か、つまり、当該スーパーリーチで当りとなるか否かを判定する(ステップS906)。 When the winning time determination result 2,3 (5,6) flag is set (Yes in step S903), super reach per winning time determination result indicating 3 (6) winning time determination result by the reception of the specified command 3 (6) flag whether it is set, that is, whether a hit in the super reach (step S906). そして、入賞時判定結果3(6)フラグがセットされていれば、ステップS907に進んで、第1(第2)保留表示バッファの最下位(入賞なしを示す「0」が記憶されている順位の内の最も上位の順位)のデータとして予告対象であることとともに、当該対象のスーパーリーチで当りとなることを示す予告対象当りデータ「3」を格納した後、ステップS910に進む。 Then, if it is set prize when the determination result 3 (6) flag, the process proceeds to step S907, the first (second) hold display "0" indicating the absence of significant (winning the buffer is stored Position together be a notice target as data of the most high rank) of the, after storing the data "3" per notice object indicating that a hit in the super reach of the target, the process proceeds to step S910.

一方、入賞時判定結果3(6)フラグがセットされていなければ、ステップS908に進んで、第1(第2)保留表示バッファの最下位(入賞なしを示す「0」が記憶されている順位の内の最も上位の順位)のデータとして予告対象であることとともに、当該対象のスーパーリーチではずれとなることを示す予告対象はずれデータ「2」を格納した後、ステップS910に進む。 On the other hand, if it is not set prize when the determination result 3 (6) flag, the process proceeds to step S908, the first (second) hold display "0" indicating the absence of significant (winning the buffer is stored Position together it is a notice target as data of the most high rank) of the, after storing the "2" announcement target out data indicating that the out at super reach of the target, the process proceeds to step S910.

ステップS910では、セットされている全ての入賞時判定結果フラグをクリアする。 In step S910, it clears all of the winning time determination result flag that is set. そして、第1(第2)保留表示バッファに基づいて、第1(第2)保留記憶表示部18c(18d)の表示を更新する。 Then, based on the first (second) hold display buffer, and updates the display of the first (second) holding memory display section 18c (18 d).

具体的には、第1(第2)保留表示バッファに入賞ありを示す「1」、予告対象はずれデータ「2」、予告対象当りデータ「3」が格納されている順位に対応する保留表示については、保留有りを示す「●」の表示を行う一方、入賞なしを示す「0」が格納されている順位については、保留有りを示す「●」の表示を行わないことで、図40に示すように、第1特別図柄保留記憶表示器18a(第2特別図柄保留記憶表示器18b)の表示態様と同じように表示される。 Specifically, it shows that there is winning the first (second) hold display buffer "1", advance notice object out data "2", the hold display the notice target per data "3" corresponds to the order that is stored , while the display of "●" indicates the presence pending, the ranking indicating no win "0" is stored, by not performing the display of "●" indicates the presence pending, shown in FIG. 40 as it is displayed in the same way as the display mode of the first special symbol reservation storing display 18a (second special symbol reservation storage indicator 18b).

なお、この実施例では、第1(第2)保留表示バッファに予告対象はずれデータ「2」、予告対象当りデータ「3」が格納されている順位の表示を、他の入賞有りデータ「1」の表示と同一としているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら第1(第2)保留表示バッファに予告対象はずれデータ「2」、予告対象当りデータ「3」が格納されている順位の表示を、例えば「★」状としたり、色を変化させたりすることで、他の入賞有りデータ「1」の表示と異なるようにして、遊技者に特定の演出であるスーパーリーチが当該保留記憶に対応する演出図柄変動において実施されることを遊技者に報知する(保留予告する)ようにしても良い。 In this embodiment, the first (second) notice to hold display buffer object out data "2", the display of the ranking notice object per data "3" is stored, other winning there data "1" While displaying and the same, the present invention is not limited thereto, these first (second) notice object out data to the hold display buffer "2", it is stored notice object per data "3" the display of the order you are, for example, to a "★" form, or by varying the color, as different from the display data of "1", there is another winning, super reach a particular presentation to the player to inform the player to be implemented in performance symbol variation corresponding to the hold memory may be (hold to notice) as.

また、図40には、保留予告における第1(第2)保留記憶表示部18c(18d)の表示態様の一例として、予告対象当りデータ「3」が格納された第1保留表示バッファに対応する第1保留記憶表示部18cに第1表示態様(例えば「★」)を表示し、予告対象はずれデータ「2」が格納された第2保留表示バッファに対応する第2保留記憶表示部18dに第2表示態様(例えば「◇」)を表示する例が示されているが、例えば第1(第2)保留表示バッファに予告対象当りデータ「3」が格納された場合に、予告対象はずれデータ「2」が格納された場合よりも高い割合で第2表示態様よりも第1表示態様を選択して表示するようにしてもよく、この場合、遊技者は第1表示態様にて表示されることを期待するようになる。 Further, in FIG. 40, as an example of the display features of the first (second) holding memory display portion 18c of the hold announcement (18 d), corresponding to the first hold display buffer notice object per data "3" is stored the second hold memory display section 18d for the first hold memory display portion 18c displays a first display form (for example, "★"), corresponding to the second hold display buffer notice object out data "2" is stored If an example in which to display the second display mode (for example, "◇") is shown, for example, the first (second) hold display notice to the buffer object per data "3" is stored, notice object out data " at a higher rate than if the 2 "is stored than the second display mode may be displayed by selecting the first display mode, in this case, the player is displayed in the first display mode I would like to expect.

また、例えば第1(第2)保留表示バッファに予告対象当りデータ「3」が格納された場合に第1表示態様または第2表示態様のいずれかを選択して表示し、予告対象はずれデータ「2」が格納された場合には第2表示態様のみを表示するようにしてもよい。 Further, for example, the first (second) displayed by selecting one of the first display mode or second display mode when the hold notice to the display buffer object per data "3" is stored, notice object out data " If the 2 "is stored may be displayed only the second display mode. この場合、第1表示態様にて表示された場合には必ず大当りとなり、第2表示態様にて表示された場合には大当りになる可能性があることになるため、遊技者は、第2表示態様にて表示された場合でも大当りになることを期待することができる。 In this case, always be a big hit when displayed in the first display mode, since there will be likely to be big hit when displayed in the second display mode, the player, the second display it can be expected to be a big hit even if they appear in a manner.

また、第1(第2)保留記憶数が増加でない場合(ステップS901でNo)、つまり、第1(第2)保留記憶数が減少した場合にはステップS912に進み、第1(第2)保留表示バッファにおける最上位(1位)の保存領域のデータをクリアするとともに、各保存領域の内容を1つ上位の順位にシフトして更新する。 The first case (second) holding memory number is not increased (No in step S901), that is, if the first (second) holding memory speed is decreased, the process proceeds to step S912, the first (second) with clearing the data in the storage area of ​​the top (position 1) in the hold display buffer, and updates the contents of each storage area is shifted to a next higher rank. つまり、第1(第2)保留表示バッファにおいて順位1のデータを削除するとともに、順位2,3,4に対応する保存領域に格納されているデータを、順位1,2,3に対応する保存領域に格納し、順位4には、入賞なしを示す「0」を格納した後、ステップS911に進んで保留表示が更新される。 That is, storage deletes the data of rank 1 in the first (second) hold display buffer, the data stored in the storage area corresponding to the rank 2, 3, 4, corresponding to the rank 1, 2, 3 stored in the area, the rank 4, after storing the "0" indicating no win, hold display is updated proceeds to step S911.

このように本実施例では、保留予告の対象は、入賞時判定結果2,3(5,6)フラグがセットされているとき、つまり、スーパーリーチ当りかスーパーリーチはずれの場合のみであり、確変大当りBまたは小当りは保留予告の対象データとされていない。 Thus, in this embodiment, reserved notice of interest, when the winning time determination result 2,3 (5,6) flag is set, i.e., only when the or super reach out per super reach, probability variation jackpot B or Koatari is not pending announcement target data. すなわち、確変大当りBまたは小当りの場合は保留予告が実行されることがないので、確変大当りBとなる保留予告の実行により確変(高確)状態に制御される可能性があることを遊技者が予測しやすくなってしまうことを回避できる。 That is, since in the case of probability variation jackpot B or Koatari never hold notice is executed, the player that it may be controlled by the execution of pending notice that the probability variation big hit B probability variation (high probability) state There can be avoided become more predictable.

また、本実施例における保留予告は、第1特別図柄保留記憶表示器18a(第2特別図柄保留記憶表示器18b)の表示態様を変化させることにより、スーパーリーチ当りかスーパーリーチはずれを予告するものであったが、保留予告の態様はこのように保留表示態様を変化させるものだけでなく、例えば確変大当りAとなる権利にもとづく変動表示が実行されるまでの変動表示において、複数の変動表示にわたり連続する連続予告等を実行することにより、スーパーリーチ当りかスーパーリーチはずれになることを予告するようにしてもよいし、あるいは保留表示とは別個の演出装置にて予告演出を実行するようにしてもよい。 Further, pending notice in this embodiment, by changing the display mode of the first special symbol reservation storing display 18a (second special symbol reservation storage indicator 18b), which notice whether super reach out per super reach Although there was a, pending notice aspect not only changing the hold display mode as this, for example, in the variable display to change the display based on the right to become a probability variation jackpot a is performed over a plurality of variable display by performing the continuous announcement like successive, it may be subject to become or super reach out per super reach, or the hold display so as to perform a prediction effect in a separate effect device it may be.

また、この実施例における保留予告は、遊技状態に関係なく、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14に遊技球が入賞した場合に実施する形態を例示しているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、確変大当りBや小当りが発生してからの確変回数または確変相当回数となるまでの期間は、前述したようにはずれのスーパーリーチとなる可能性が高くなるので、該期間中においては、保留予告が頻繁に実施されてしまうことになることから、これら保留予告が頻繁に実施されてしまうことを回避するために、確変大当りBや小当りが発生してからの確変回数または確変相当回数となるまでの期間については、保留予告を実施しないようにしても良い。 Further, pending notice in this embodiment, regardless of the game state, but the game balls to first start winning port 13 or second start winning opening 14 illustrate the forms of implementing when winning, the present invention is is not limited to this. for example, time to probability variation jackpot B and Koatari is probability variation number or probability variation corresponding number from occurring is likely to be a super reach the out as described above since, during the period, since it would hold notice from being frequently performed, in order to avoid that these pending notice from being frequently performed, probability variation big hit B and Koatari occurs for the period until the probability variation number or probability variation corresponding number since, may not be carried out pending notice.

図41は、図28に示されたメイン処理における演出制御プロセス処理(ステップS705)を示すフローチャートである。 Figure 41 is a flowchart showing the effect control process process in the process shown in FIG. 28 (step S705). 演出制御プロセス処理では、演出制御用CPU101は、演出制御プロセスフラグの値に応じてステップS800〜S806のうちのいずれかの処理を行う。 In effect control process processing, presentation control CPU101 performs any processing of steps S800~S806 in accordance with the value of the effect control process flag. 各処理において、以下のような処理を実行する。 In each process, it executes the following processing. なお、演出制御プロセス処理では、演出表示装置9の表示状態が制御され、演出図柄(飾り図柄)の可変表示が実現されるが、第1特別図柄の変動に同期した演出図柄(飾り図柄)の可変表示に関する制御も、第2特別図柄の変動に同期した演出図柄(飾り図柄)の可変表示に関する制御も、一つの演出制御プロセス処理において実行される。 In the effect control process treatment, it is controlled the display state of the effect display device 9, but the variable display of the performance symbols (decorative pattern) is achieved, performance symbol synchronized with the variation of the first special symbol of (decorative pattern) control regarding the variable display is also controlled to a variable display performance symbol in synchronization with the fluctuation of the second special symbol (decorative pattern) is also executed in one of the effect control process treatment.

変動パターンコマンド受信待ち処理(ステップS800):遊技制御用マイクロコンピュータ560から変動パターンコマンドを受信しているか否か確認する。 Variation pattern command reception waiting process (step S800): to confirm whether the game control microcomputer 560 has received a variation pattern command. 具体的には、コマンド解析処理でセットされる変動パターンコマンド受信フラグがセットされているか否か確認する。 Specifically, the variation pattern command reception flag is set by the command analysis process is to check whether it is set. 変動パターンコマンドを受信していれば、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動開始処理(ステップS801)に対応した値に変更する。 If receiving a variation pattern command, to change to a value corresponding to the effect symbol variable start processing the value of the effect control process flag (step S801).

演出図柄変動開始処理(ステップS801):演出図柄(飾り図柄)の変動が開始されるように制御する。 Demonstration symbol variable start processing (step S801): control such variation in performance symbols (decorative pattern) is started. そして、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動中処理(ステップS802)に対応した値に更新する。 Then updated to a value corresponding to the value of the performance symbol variation during the processing of the effect control process flag (step S802).

演出図柄変動中処理(ステップS802):変動パターンを構成する各変動状態(変動速度)の切替タイミング等を制御するとともに、変動時間の終了を監視する。 Demonstration symbol variation during processing (step S802): controls the switching timing of each variation state constituting the fluctuation pattern (changing speed) to monitor the completion of the change time. そして、変動時間が終了したら、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動停止処理(ステップS803)に対応した値に更新する。 Then, when the variation time is completed, it updates the value corresponding to the effect symbol variation stop processing the value of the effect control process flag (step S803).

演出図柄変動停止処理(ステップS803):全図柄停止を指示する演出制御コマンド(図柄確定指定コマンド)を受信したことにもとづいて、演出図柄(飾り図柄)の変動を停止し表示結果(停止図柄)を導出表示する制御を行う。 Demonstration symbol variable stop processing (step S803): effect control command instructing to stop all symbols based on the reception of the (symbol confirmation designation command), to stop the fluctuation of the performance symbols (decorative symbol) displayed result (stop symbols) performs control to derive display. そして、演出制御プロセスフラグの値を当り表示処理(ステップS804)または変動パターンコマンド受信待ち処理(ステップS800)に対応した値に更新する。 Then updated to a value corresponding to the hit display process values ​​of the effect control process flag (step S804) or the variation pattern command reception waiting process (step S800).

当り表示処理(ステップS804):変動時間の終了後、演出表示装置9に大当り或いは小当りの発生を報知するための画面を表示する制御を行う。 Per display process (step S804): After varying time ends, it performs control to display a screen for notifying the occurrence of the big hit or Koatari to effect display device 9. そして、演出制御プロセスフラグの値を当り遊技中処理(ステップS805)に対応した値に更新する。 Then updated to a value corresponding to the value per game processing of effect control process flag (step S805).

当り遊技中処理(ステップS805):大当り遊技中或いは小当り遊技中の制御を行う。 Per game processing (step S805): controls the jackpot in game or Koatari during the game. 例えば、大入賞口開放中指定コマンドや大入賞口開放後指定コマンドを受信したら、演出表示装置9におけるラウンド数の表示制御等を行う。 For example, if you receive a bonus prize hole open during the specified command and bonus prize hole open after a specified command, it performs a display control of the number of rounds in the effect display device 9. そして、演出制御プロセスフラグの値を当り終了演出処理(ステップS806)に対応した値に更新する。 Then updated to a value corresponding to the contact end effect process the values ​​of the effect control process flag (step S806).

当り終了演出処理(ステップS806):演出表示装置9において、大当り遊技状態或いは小当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を行う。 Per end effect process (step S806): In effect display device 9 performs display control for notifying the player that the jackpot gaming state or Koatari game state is completed. そして、演出制御プロセスフラグの値を変動パターンコマンド受信待ち処理(ステップS800)に対応した値に更新する。 Then updated to a value corresponding to the value of the variation pattern command waiting processing of the performance control process flag (step S800).

なお、本実施例では、小当りが発生した場合においては、ステップS804〜806において、確変大当りBが発生した場合と同様の演出処理(例えば、図52(G1)〜(G4)、図53(I1)〜(I4)を表示する処理)を実施する。 In the present embodiment, when the Koatari occurs in step S804~806, similar effect process and if the probability variation jackpot B occurs (e.g., FIG. 52 (G1) ~ (G4), FIG. 53 ( I1) to implement - the (I4) to display the process).

図42は、図41に示された演出制御プロセス処理における演出図柄変動開始処理(ステップS801)を示すフローチャートである。 Figure 42 is a flow chart showing performance symbol variation starts processing in effect control process processing shown in FIG. 41 (step S801). 演出図柄変動開始処理において、演出制御用CPU101は、まず、変動パターンコマンド格納領域から変動パターンコマンドを読み出す(ステップS821)。 In performance symbol variation start process, effect control CPU101 first reads the variation pattern command from the variation pattern command storage area (step S821). 次いで、表示結果指定コマンド格納領域に格納されているデータ(すなわち、受信した表示結果指定コマンド)に応じて演出図柄(飾り図柄)の表示結果(停止図柄)を決定する(ステップS822)。 Then, to determine the data stored in the display result specified command storage area (i.e., display result specified command received) performance symbol in accordance with (decorative pattern) of the display result (stop symbols) (step S822). この場合、演出制御用CPU101は、表示結果指定コマンドで指定される表示結果に応じた演出図柄の停止図柄を決定し、決定した演出図柄の停止図柄を示すデータを演出図柄表示結果格納領域に格納する。 Storing this case, effect control CPU101 is displayed result specified command is specified by determining the stop symbols of performance symbols corresponding to display results, the data indicating the stop symbol of the determined performance symbol to effect symbol display result storage area to.

尚、この実施例では、受信した表示結果指定コマンドが確変大当りAに該当する表示結果2指定コマンドである場合において、演出制御用CPU101は、例えば、停止図柄として3図柄が奇数図柄で揃った演出図柄の組合せ(大当り図柄)を決定する。 In this embodiment, when the display result specified command received is a display result 2 designation command corresponding to probability variation big hit A, effect control CPU101, for example, 3 symbols aligned in odd symbol as stop symbol director determining a combination of symbols (big hit symbol). また、受信した表示結果指定コマンドが確変大当りB或いは小当りに該当する表示結果3〜8指定コマンドである場合においては、停止図柄として、予めチャンス目として設定されている図柄の複数の組合せ(例えば「135」、「334」、「787」…などの演出図柄の組合せ)の中から決定する。 Further, in the case where the display result specified command received is a display result 3-8 designation command corresponding to probability variation big hit B or Koatari as stop symbols, a plurality of combinations of symbols that have been previously set as a chance th (e.g. "135", "334", is determined from among the "787" ... a combination of performance symbols such as). また、受信した表示結果指定コマンドが、はずれに該当する表示結果1指定コマンドである場合には、停止図柄として3図柄が不揃いとなる演出図柄の組合せ(はずれ図柄)を決定する。 The display result specified command received is, when a display result 1 specified command corresponding to off determines the combination of performance symbol which 3 symbols becomes uneven as stop symbols (the failure symbol). 尚、演出図柄の組合の中には、はずれ図柄並びにチャンス目の双方に含まれるものが存在し、小当りの場合とはずれの場合とで同一の停止図柄となる場合が存在する。 Incidentally, in the union of the performance symbols, there are those contained in both the failure symbol and opportunity eyes, there are cases where the same stop symbols in the case of off in the case of Koatari.

これら停止図柄の決定においては、演出制御用CPU101は、例えば、停止図柄を決定するための乱数を抽出し、演出図柄の組合せを示すデータと数値とが対応付けられている停止図柄決定テーブルを用いて、演出図柄の停止図柄を決定すれば良い。 These In determining the stop symbols, effect control CPU101, for example, using the stop symbol determination table extracts a random number for determining the stop symbols, the data and the number indicating the combination of performance symbols are associated Te, it may be determined stop symbol of performance symbols. すなわち、抽出した乱数に一致する数値に対応する演出図柄の組合せを示すデータを選択することによって停止図柄を決定すれば良い。 That may be determined stop symbols by selecting data indicating a combination of performance symbols corresponding to the number matching the extracted random number. よって、確変大当りBと小当りにおいては、同一の停止図柄が決定される場合があり得る。 Therefore, in the probability variation jackpot B and Koatari, there may be cases where the same stop symbols are determined.

次に、演出表示装置9における背景画像を更新する背景画像更新処理を実施する。 Then, a background image update processing of updating the background image in the effect display device 9. この実施例の背景画像更新処理においては、具体的には、時短状態フラグがセットされている場合には、図54(a)に示すように、背景画像として戦闘機による戦闘シーンである「戦闘演出モードA」に設定する。 In the background image update processing of this embodiment, specifically, when the time reduction state flag is set, as shown in FIG. 54 (a), a battle scene by fighter as the background image "battle set to produce mode A ". この背景画像には、その時点の確変回数XXから特定される「残りXX機!」なる文字が表示され、高確状態が残りXX回継続することが示唆され、1回の変動表示が終了するごとに確変回数XXが減算されることに応じて残り回数が1づつ減算されていく。 The background image, that is identified from the probability variation number XX of the time "remaining XX machine!" As characters are displayed, the high probability state is suggested that to continue remaining XX times, variable display of one time is finished remaining number will be one by one subtraction in response to a probability variation number XX is subtracted each time. また、高確高ベース状態(時短状態)において、確変大当りAまたは確変大当りBのいずれも発生せずに、確変大当りA終了後から変動表示を70回終了したとき、つまり高ベース状態が終了して時短後回数がセットされているときには、図54(b)に示すように、演出表示装置9の背景画像を「戦闘演出モードA」とは異なる敵ボス機との最終戦闘シーンである「戦闘演出モードB」に設定する。 In the high 確高 base state (time reduction state), without any occurrence of probability variation jackpot A or probability variation big hit B, when completed 70 times the variable display after probability variation jackpot A termination, i.e. a high base state is completed when the number of times after time reduction has been set Te is the final battle scene with different enemy boss machine as shown in FIG. 54 (b), the background image effect display device 9 as "combat demonstration mode a", "battle set to produce mode B ". この背景画像には、「残りY機!」なる文字が表示され、高ベース状態が残りY回継続することが示唆され、1回の変動表示が終了するごとに時短後回数Yが減算されることに応じて残り回数が1づつ減算されていく。 The background image, to display the characters that "remaining Y machine!", A high base state is suggested that to continue remaining Y times, shorter working hours after the number of times Y is subtracted each time the variable display of one is completed the remaining number of times will be one by one subtraction especially depending.

尚、演出制御用CPU101は、高確高ベース状態において確変大当りBが発生した場合には、その時点から再度78回の確変状態および70回の時短状態に移行するが、確変大当りAの終了後からの変動表示を70回終了するまで、つまり確変大当りAが終了してからの時短状態が終了するまでの期間は戦闘演出モードAに制御し、次の71回転目の変動が開始するときに、図54(c)に示すように、演出表示装置9の背景画像を戦闘演出モードA,Bとは異なる戦闘シーンである「戦闘演出モードC」に設定する。 Incidentally, effect control CPU101, when probability variation jackpot B occurs in high 確高 base state, it proceeds to the probability variation state and 70 times the time reduction state again 78 times from that point, after the end of the probability variation jackpot A until the variable display terminates 70 times from, i.e. time to time reduction state is completed from when probability variation jackpot a is ended, the control in the battle effect mode a, when the next 71 rotation of the fluctuation is started as shown in FIG. 54 (c), directing the battle background image effect display device 9 mode a, set to "combat demonstration mode C" are different battle scene from the B. 背景画像には、「継続!残り○○機!」なる文字が表示され、確変大当りBの終了後から変動表示を78回終了するまでの残り変動回数が示唆される。 In the background image, to display the characters that "continue! Remaining ○○ machine!", Remaining change the number of times until the end of 78 times the variable display from after the end of the probability variation jackpot B is suggested.

また、これら戦闘演出モードA〜Cのそれぞれの背景画像については、昼の戦闘演出モードA〜C、夕暮れの戦闘演出モードA〜C、夜の戦闘演出モードA〜Cの背景画像が予め記憶されており、確変大当りAや確変大当りBや小当りの発生時において決定されたステージ(モード)の種別や、各可変(変動)表示の終了時におけるモード移行処理にて決定されたステージ(モード)の種別(夜、夕暮れ、昼)の戦闘演出モードA〜Cの背景画像が設定される。 In addition, for each of the background image of these combat performance mode A~C, day of combat performance mode A~C, evening of combat performance mode A~C, the background image of the night of combat performance mode A~C stored in advance and which, probability variation jackpot a and probability variation jackpot B and Koatari type or of the determined stage (mode) at the time of occurrence of each variable (variation) stage which is determined by the mode transition process when the display termination (mode) of type (night, dusk, noon) background image of combat performance mode A~C of is set.

次いで、演出制御用CPU101は、図43に示す予告演出選択処理を実施して、当該図柄変動について予告演出を実施するか否かや、どの種類のどのパターンの予告演出を実施するのかを決定する(S823)。 Next, effect control CPU101 may implement the advance notification effect selection processing shown in FIG. 43, to determine notice whether Kaya implementing an effect, to carry out the announcement attraction of any kind in any pattern for the symbol variation (S823).

具体的に、本実施例の予告演出選択処理では、図43に示すように、演出制御用CPU101は、まず、ステップS821にて読み出した変動パターンコマンドが、当りとなる変動パターンコマンドであるか否か、つまり、最終的に当りとなるか否かを特定する(ステップS830)。 Specifically, in advance notification effect selection processing of the present embodiment, as shown in FIG. 43, effect control CPU101, first, whether the variation pattern command read in step S821 is a variation pattern command as a per or, in other words, ultimately identify whether the contact (step S830).

そして、当りとなる場合にはステップS833に進み、予告演出実行フラグをセットする一方、当りとならない場合、すなわちはずれである場合には、ステップS831に進み、予告演出決定用乱数SR1を抽出する。 Then, the process proceeds to step S833 if the contact, while setting the prediction effect execution flag, if not a hit, if that is, out, the process proceeds to step S831, extracts the announcement attraction determination random number SR1.

次に、該抽出した予告演出決定用乱数SR1の値が偶数であるか否かを判定し、偶数である場合には、ステップS833に進んで予告演出実行フラグをセットする一方、奇数である場合には、当該予告演出選択処理を終了する。 Then, the value of the prediction effect determination random number SR1 of the extracted is equal to or even, if it is even, while setting the prediction effect execution flag proceeds to step S833, if an odd number the ends the advance notification effect selection process.

つまり、この実施例では、最終的に当りとなる場合には全て、予告演出実行フラグがセットされて、いずれかの予告演出が実施されるようになっているとともに、最終的にはずれとなる場合においては、50%の確率で予告演出が実施されるようになっている。 That is, in this embodiment, all when the final per the prediction effect execution flag is set, with either announcement attraction is adapted to be performed, eventually if the off in is adapted to announcement attraction 50% chance is performed. 尚、本発明はこれに限定されるものではなく、最終的に当りとなる場合にも予告演出決定用乱数SR1を抽出して、予告演出の実施・非実施を抽選することで、当りとなる場合において予告演出が実施されないようにしても良いし、はずれの場合における抽選にて予告演出を実施する確率を、50%より高く、或いは50%より低くしても良い。 The present invention is not limited to this, even if the final per extract the informational display determination random number SR1, by drawing the implementation and non-execution of the announcement attraction, the contact prediction effect is to may not be implemented in the case, the probability of performing the announcement attraction in drawing in the case of off, may be lower than the greater than 50%, or 50%.

これら予告演出実行フラグをセットした後、演出制御用CPU101は、予告演出種別決定用乱数SR2を抽出するとともに(ステップS834)、該抽出した予告演出種別決定用乱数SR2と対比する予告演出決定用テーブルを予告演出決定用テーブルA〜Cのうちから選択し、選択した予告演出決定用テーブルA〜Cにおいて抽出した予告演出種別決定用乱数SR2の値が該当する判定値に対応する種別を、実施する予告演出の種別(予告演出A〜C)として決定する。 After setting these informational display execution flag, effect control CPU101 is configured to extract the informational display type determination random number SR2 (step S834), prediction effect determination table to be compared with the informational display type determination random number SR2 to the extracted select from among the prediction effect determination table a through C, the value corresponding to the determined value corresponding type of announcement attraction type determination random number SR2 extracted in informational display determination table a through C were selected, implemented to to determine as the type of announcement attraction (announcement attraction A~C).

具体的には、まず、高ベース中であるか否かを時短状態フラグがセットされているか否かに基づいて判定する(ステップS835)。 Specifically, first, determines based on whether the high base during whether time reduction state flag is set (step S835). 高ベース中である場合には予告演出決定用テーブルAを選択して、該予告演出決定用テーブルAにおいてステップS834において抽出した予告演出種別決定用乱数SR2の値が該当する判定値に対応する種別を実施する予告演出の種別(予告演出A〜C)として決定する(ステップS841)。 If a high base in selected announcement attraction determination table A, corresponding to the determined value the value of the informational display type determination random number SR2 extracted in step S834 in the informational display determination table A is applicable classification determining a type of the announcement attraction implementing (announcement attraction a through C) (step S841).

一方、高ベース中でない場合には、更に、使用テーブル変更始動回数に残回数が存在するか否かをテーブル変更回数保存領域のデータに基づいて判定する(ステップS836)。 On the other hand, if not high base in further determines the number of uses table change start on the basis of whether or not the remaining number in the data table changes number storage area (step S836). 使用テーブル変更始動回数に残回数が存在する場合には、予告演出決定用テーブルBを選択して、該予告演出決定用テーブルBにおいてステップS834において抽出した予告演出種別決定用乱数SR2の値が該当する判定値に対応する種別を、実施する予告演出の種別(予告演出A〜C)として決定する(ステップS837)。 If the remaining number to use table change start number exists, select the prediction effect determination table B, the value of the prediction effect type determination random number SR2 extracted in step S834 in the prediction effect determination table B is true the corresponding classification to the determination value is determined as the type of announcement attraction implementing (announcement attraction a through C) (step S837).

一方、使用テーブル変更始動回数に残回数が存在しない場合には、更に、確変回数または確変相当回数の残回数が存在するか否かを、確変回数保存領域または確変相当回数保存領域のデータに基づいて判定する(ステップS839)。 On the other hand, when there is no remaining count to use table change number of starts further whether there is a remaining number of probability variation times or probability variation corresponding number, based on the data of the probability variation number storage area or probability variation corresponding number storage area determining Te (step S839).

確変回数または確変相当回数の残回数が存在する場合には、予告演出決定用テーブルCを選択して、該予告演出決定用テーブルCにおいてステップS834において抽出した予告演出種別決定用乱数SR2の値が該当する判定値に対応する種別を、実施する予告演出の種別(予告演出A〜C)として決定する(ステップS840)。 If the remaining number of probability variation times or probability variation corresponding number exists, select a table C for informational display determination, the value of the prediction effect type determination random number SR2 extracted in step S834 in the prediction effect determination table C is a type corresponding to the determined value of the corresponding, determined as the type of announcement attraction implementing (announcement attraction a through C) (step S840).

また、確変回数また確変相当回数の残回数が存在しない場合には、ステップS841に進んで予告演出決定用テーブルAを選択し、該予告演出決定用テーブルAにおいてステップS834において抽出した予告演出種別決定用乱数SR2の値が該当する判定値に対応する種別を実施する予告演出の種別(予告演出A〜C)として決定する。 Also, if the remaining number of probability variation number also probability variation corresponding number does not exist, the process proceeds to step S841 to select the table A for announcement effect determination, prediction effect type determination extracted in step S834 in the informational display determination table A the value of the use random number SR2 is determined as the type of announcement attraction implementing the type corresponding to the determination values ​​corresponding (announcement attraction a through C).

そして、演出制御用CPU101は、これら決定した予告種別(予告演出A〜C)を記憶する(ステップS838)。 The effect control CPU101 stores notice types that these determined (announcement attraction A through C) (step S838).

図42に戻り、ステップS823の予告選択処理の後に演出制御用CPU101は、予告演出があるか否か、具体的には、予告実行決定フラグがセットされているか否かを判定する(ステップS824)。 Returning to Figure 42, the effect control for CPU101 after notice selection process in step S823 determines whether there is a prediction effect, specifically, determines whether announcement execution determination flag is set (step S824) .

そして、演出制御用CPU101は、予告実行決定フラグがセットされている場合には、記憶されている予告種別(予告演出A〜C)に対応する予告演出制御パターン(予告プロセステーブル)に基づいて、予告演出開始待ち時間を特定し、該特定した待ち時間を予告演出開始待ちタイマにセットした後(ステップS825+)、ステップS825に進む。 The effect control CPU101, when announcement execution decision flag is set, based on the announcement attraction control pattern (notice process table) corresponding to the notice types stored (informational display A through C), notice to identify the effect start waiting time, after setting the waiting time was the specific to the announcement attraction start wait timer (step S825 +), the process proceeds to step S825.

一方、予告実行決定フラグがセットされていない場合には、ステップS825+を経由することなくステップS825に進み、変動パターンコマンドに応じた図柄変動制御パターン(プロセステーブル)を選択する。 On the other hand, when the announcement execution determination flag is not set, the process proceeds to step S825 without passing through Step S825 +, selects the symbol variation control pattern corresponding to the variation pattern command (process table). そして、選択したプロセステーブルのプロセスデータ1におけるプロセスタイマをスタートさせる(ステップS826)。 Then, to start the process timer in the process data 1 in the process table selected (step S826).

そして演出制御用CPU101は、プロセスデータ1の内容(表示制御実行データ1、ランプ制御実行データ1、音制御実行データ1)に従って演出装置(演出用部品としての演出表示装置9、演出用部品としての各種ランプおよび演出用部品としてのスピーカ27R,27L、操作部50)の制御を実行する(ステップS827)。 The effect control CPU101, the contents of the process data 1 (display control execution data 1, the lamp control execution data 1, the sound control execution data 1) effect device (effect display device as demonstration parts according 9, as directed parts various lamps and speakers 27R as directed parts, 27L, executes control of the operation unit 50) (step S827). 例えば、演出表示装置9において変動パターンに応じた画像を表示させるために、VDP109に指令を出力する。 For example, in order to display an image corresponding to the variation pattern in the effect display device 9 outputs a command to VDP109. また、各種ランプを点灯/消灯制御を行わせるために、ランプドライバ基板35に対して制御信号(ランプ制御実行データ)を出力する。 In order to perform the on / off control of the various lamps, and outputs a control signal to the lamp driver board 35 (lamp control execution data). また、スピーカ27R,27Lからの音声出力を行わせるために、音声出力基板70に対して制御信号(音番号データ)を出力する。 The speaker 27R, in order to carry out the audio output from the 27L, and outputs a control signal to the audio output board 70 (sound number data).

なお、この実施例では、演出制御用CPU101は、変動パターンコマンドに1対1に対応する変動パターンによる演出図柄の可変表示が行われるように制御するが、演出制御用CPU101は、変動パターンコマンドに対応する複数種類の変動パターンから、使用する変動パターンを選択するようにしてもよい。 In this embodiment, presentation control CPU101 is controlled so as variable display of performance symbols by variation pattern corresponding to the one-to-one variation pattern command is executed, effect control CPU101 is the variation pattern command from the corresponding plurality of types of variation patterns, it may be selected for variation pattern to be used.

そして、変動時間タイマに、変動パターンコマンドで特定される変動時間に相当する値を設定し(ステップS828)、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動中処理(ステップS802)に対応した値にする(ステップS829)。 Then, the variation time timer, and sets a value corresponding to the variation time specified by the variation pattern command (step S828), to a value corresponding to the value of the performance symbol variation during the processing of the effect control process flag (step S802) (step S829).

図44は、演出制御プロセス処理における演出図柄変動中処理(ステップS802)を示すフローチャートである。 Figure 44 is a flow chart showing performance symbol variations in processing in the performance control process processing (step S802). 演出図柄変動中処理において、演出制御用CPU101は、プロセスタイマ、変動時間タイマ、変動制御タイマのそれぞれの値を−1する(ステップS840A,S840B,S840C)。 During performance symbol variation processing, presentation control CPU101, the process timer, fluctuations time timer, the respective values ​​of the variation control timer to -1 (step S840A, S840B, S840C). また、演出制御用CPU101は、予告演出を行うことに決定されているか、または予告演出の実行中である場合には(ステップS841でYes)、図45に示す予告演出処理を実行する(ステップS842)。 Also, presentation control CPU101 are either determined by performing prediction effect, or if notice is being demonstration execution executes the prediction effect process shown in (Yes in step S841), FIG. 45 (step S842 ). 予告演出を行うことに決定されているか否かは、予告実行決定フラグがセットされているか否かによって判定される。 Whether it is determined to perform the announcement attraction it is determined by whether announcement execution decision flag is set. 予告演出の実行中であるか否かは、予告演出を開始するときにセットされる予告実行中フラグによって判定される。 It is decided whether or not announcement demonstration execution is determined by the announcement execution flag is set when starting the announcement attraction. 予告実行決定フラグも予告実行中フラグもセットされていない場合にはステップS842の予告演出処理を実施することなく、ステップS843に進む。 Without performing the prediction effect process of step S842 if the announcement execution determination flag nor is also set announcement execution flag, the process proceeds to step S843.

また、演出制御用CPU101は、プロセスタイマがタイムアウトしたか否か確認する(ステップS843)。 Also, presentation control CPU101 determines whether or not to confirm the process timer times out (step S843). プロセスタイマがタイムアウトしていたら、プロセスデータの切り替えを行う(ステップS844)。 When the process timer has not timed out, perform the switching of the process data (step S844). すなわち、プロセステーブルにおける次に設定されているプロセスタイマ設定値をプロセスタイマに設定することによってプロセスタイマをあらためてスタートさせる(ステップS845)。 That is, the process timer is again started by setting the process timer setting value set in the following in the process table in the process timer (step S845). また、その次に設定されている表示制御実行データ、ランプ制御実行データ、音制御実行データにもとづいて演出装置(演出用部品)に対する制御状態を変更する(ステップS846)。 Further, the following has been set to the display control execution data, the lamp control execution data, changes the control state for presentation based on the sound control execution data device (director parts) (step S846).

また、変動制御タイマがタイムアウトしている場合には(ステップS847)、演出制御用CPU101は、左中右の演出図柄の次表示画面(前回の演出図柄の表示切り替え時点から30ms経過後に表示されるべき画面)の画像データを作成し、VRAMの所定領域に書き込む(ステップS848)。 Further, when the variation control timer has timed out (step S847), presentation control CPU101 is displayed from the display switching point of the next display screen (last performance symbols of the right performance symbols in left after 30ms create an image data to the screen), it is written in a predetermined area of ​​the VRAM (step S848). そのようにして、演出制御装置9において、演出図柄の変動制御が実現される。 As such, the performance control unit 9, the variation control of the performance symbols is achieved. VDP109は、設定されている背景画像等の所定領域の画像データと、プロセステーブルに設定されている表示制御実行データにもとづく画像データとを重畳したデータに基づく信号を演出表示装置9に出力する。 VDP109 outputs the image data of a predetermined area such as a background image has been set, a signal based on the superimposed data and the image data based on the display control execution data set in the process table to effect display device 9. そのようにして、演出制御装置9において、演出図柄の変動における背景画像、保留表示、キャラクタ画像および演出図柄が表示される。 As such, the performance control unit 9, the background image in the fluctuation of the performance symbols, hold display, the character image and performance symbols are displayed. また、変動制御タイマに所定値を再セットする(ステップS849)。 Further, re-set the predetermined value to the variation control timer (step S849).

また、演出制御用CPU101は、変動時間タイマがタイムアウトしているか否か確認する(ステップS850)。 Also, presentation control CPU101 confirms whether variation time timer has timed out (step S850). 変動時間タイマがタイムアウトしていれば、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動停止処理(ステップS803)に応じた値に更新する(ステップS852)。 If the variation time timer if timed out, updated to a value corresponding to the effect symbol variation stop processing the value of the effect control process flag (step S803) (step S852). 変動時間タイマがタイムアウトしていなくても、図柄確定指定コマンドを受信したことを示す確定コマンド受信フラグがセットされていたら(ステップS851)、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動停止処理(ステップS803)に応じた値に更新する(ステップS852)。 Fluctuation time timer is not timed out, if confirmation command reception flag indicating the reception of the symbol determined designation command is not set (step S851), the value of the performance symbol variation stop processing of the performance control process flag (step S803 It is updated to a value corresponding to) (step S852). 変動時間タイマがタイムアウトしていなくても図柄確定指定コマンドを受信したら変動を停止させる制御に移行するので、例えば、基板間でのノイズ等に起因して長い変動時間を示す変動パターンコマンドを受信したような場合でも、正規の変動時間経過時(特別図柄の変動終了時)に、演出図柄の変動を終了させることができる。 The fluctuation time timer is shifted to the control to stop the change upon receiving a symbol determined designating command even if not timed out, for example, receives a variation pattern command indicating the long change time due to noise or the like between the substrate even if such, after the elapse normal variation time (time variation of the special symbols termination), can be terminated variations in performance symbols. なお、演出図柄の変動制御に用いられているプロセステーブルには、演出図柄の変動表示中のプロセスデータが設定されている。 Note that the process table used in the variation control of the performance symbol, the process data being displayed variations in performance symbols are set. つまり、プロセステーブルにおけるプロセスデータ1〜nのプロセスタイマ設定値の和は演出図柄の変動時間に相当する。 That is, the sum of the process timer set value of the process data 1~n in the process table corresponds to the variation time of the performance symbols. よって、ステップS843の処理において最後のプロセスデータnのプロセスタイマがタイムアウトしたときには、切り替えるべきプロセスデータ(表示制御実行データおよびランプ制御実行データ)はなく、プロセステーブルにもとづく演出図柄の演出制御は終了する。 Therefore, when the process timer of the last process data n times out in the process of step S843, the process data (display control execution data and the lamp control execution data) to be switched is not, the effect control of performance symbols based on the process table ends . 演出図柄の変動制御(演出図柄の変動に関連するキャラクタ画像や背景を表示させる制御を含む。)は、あくまでも変動期間経過時(最後のプロセスデータnのプロセスタイマがタイムアウトした時点に相当)に終了するのであるが、予告演出の制御は、図46に示されたステップS533,S534の処理によって終了する。 (Including control to display the character image and the background related to variations in performance symbols.) Variation control of the performance symbols are merely terminate upon variation period of time (corresponding to the time the process timer times out of the last process data n) Although than is to control the announcement attraction is terminated by the processing of step S533, S534 shown in FIG. 46. 尚、この実施例では、ステップS533,S534の処理が終了する時点(予告演出タイマがタイムアウトする時点)は演出図柄の変動期間が経過する時点よりも前である。 In this embodiment, when the process of step S533, S534 is finished (when the prediction effect timer times out) is earlier than the time when the fluctuation period of the performance symbols elapses.

図45〜図46は、予告演出処理の一例を示すフローチャートである。 FIGS. 45 46 is a flowchart illustrating an example of announcement effect process. 予告演出処理において、演出制御用CPU101は、予告演出が開始されている場合には(ステップS501でYes)、ステップS530(図46)に移行する。 In advance notification effect process, effect control CPU101 is, when the prediction effect is initiated moves to (Yes at step S501), step S530 (FIG. 46). 予告演出が開始されているか否かは、予告演出の開始時にセットされる予告実行中フラグによって確認される。 Whether or not the announcement attraction has been started, it is confirmed by the announcement execution flag to be set at the start of the announcement attraction.

予告演出が開始されていない場合には、予告演出開始待ちタイマの値を−1する(ステップS502)。 If the prediction effect is not started, the -1 value of announcement attraction start wait timer (step S502). なお、予告演出開始待ちタイマは、演出図柄変動開始処理において、予告演出を行うことに決定されたときに、プロセステーブルの選択においてセットされる(図42におけるステップS825+参照)。 Incidentally, notice effect start wait timer is in effect symbol variable starting process, when it is determined to perform the announcement attraction is set in the selection of the process table (see step S825 + in Figure 42). 予告演出開始待ちタイマがタイムアウトしていなければ(ステップS503)、処理を終了する。 The announcement attraction start wait timer has not timed out (step S503), the process is terminated. 予告演出開始待ちタイマがタイムアウトしている場合には、予告実行決定フラグをリセットして(ステップS504)、ステップS511に移行する。 When the informational display start wait timer has timed out, reset the announcement execution determination flag (step S504), and proceeds to step S511.

ステップS511では、演出制御用CPU101は、予告演出の実行中であることを示す予告実行中フラグをセットする。 In step S511, effect control CPU101 sets an announcement execution flag indicating that it is the announcement attraction execution. また、記憶されている予告種別(予告演出A〜C)の種別並びにパターンを特定し(ステップS512)、特定した予告種別やパターンが該当する予告演出期間に相当する値を予告期間タイマにセットする(ステップS513)。 Further, to identify the type and pattern of notice types (informational display A through C) stored (step S512), and sets the notice period timer value corresponding to the informational display period is specified notice types and patterns corresponding (step S513).

次いで、演出制御用CPU101は、記憶されている予告種別に対応する予告演出制御パターンを、予告演出制御パターンテーブル(図示略)から読み出して選択した後(ステップS515)、選択した予告演出制御パターン(予告プロセステーブル)のプロセスデータ1における予告プロセスタイマをスタートさせる(ステップS517)。 Next, effect control CPU101 is the announcement attraction control pattern corresponding to a notice types stored after selecting reads from informational display control pattern table (not shown) (step S515), the selected announcement attraction control pattern ( starts a warning process timer in advance notice process data 1 process table) (step S517).

そして演出制御用CPU101は、選択した予告演出制御パターン(予告プロセステーブル)の最初のプロセスデータ1の内容(表示制御実行データ1、ランプ制御実行データ1、音制御実行データ1)に従って演出装置(演出用部品としての演出表示装置9、演出用部品としての各種ランプおよび演出用部品としてのスピーカ27R,27L)の制御を開始する(ステップS518)。 The effect control CPU101, the first content of the process data 1 (display control execution data 1, the lamp control execution data 1, the sound control execution data 1) effect device (effect according the selected announcement attraction control pattern (notice process table) effect display device 9 as use parts, starts controlling the speaker 27R, 27L) as various lamps and directing parts of the presentation parts (step S518).

予告演出が開始された後において実施されるステップS530では、演出制御用CPU101は、予告演出期間の終了を計時するための予告期間タイマの値を−1する。 In step S530 are performed after the informational display is started, effect control CPU101 is -1 the value of the notice period timer for counting the end of the announcement attraction period. 予告期間タイマがタイムアウト(値が0になる)した場合には(ステップS531でYes)、演出表示装置9に表示されている予告演出に関する画像(キャラクタA〜Cの画像)を消去する制御を行い(ステップS532)、予告実行中フラグをリセットする(ステップS533)とともに、記憶されている予告種別等のデータを消去する(ステップS534)。 If advance notice timer has timed out (the value is 0) performs control to erase the (Yes in step S531), the image related announcement attraction that is displayed in the effect display 9 (image of the character A through C) (step S532), notice running resets the flag (step S533), it erases the data of the notice type or the like stored (step S534).

予告期間タイマがタイムアウトしていない場合には、演出制御用CPU101は、予告プロセスタイマがタイムアウトしたか否か確認する(ステップS535)。 If the notice period timer has not timed out, the effect control for the CPU101, the notice process timer to check whether or not the time-out (step S535). 予告プロセスタイマがタイムアウトしていたら、予告プロセスデータの切り替えを行う(ステップS536)。 Once the notice process timer has not timed out, to switch the notice process data (step S536). すなわち、予告プロセステーブルにおける次に設定されている予告プロセスタイマ設定値をプロセスタイマに設定することによってプロセスタイマをあらためてスタートさせる(ステップS537)。 That, is again started process timer by setting the warning process timer set value which is set to the next in the notice process table in the process timer (step S537). また、その次に設定されている予告プロセスデータに含まれる表示制御実行データ、ランプ制御実行データ、音制御実行データにもとづいて演出装置(演出用部品)に対する制御状態を変更して実施する(ステップS538)。 Also, the next display control execution data contained in the notice process data that has been set, the lamp control execution data, performed by changing the control state for the effect based on the sound control execution data device (director parts) (step S538).

予告プロセスタイマがタイムアウトしていない場合は、ステップS535〜ステップS538を経由することなく処理を終了する。 If you notice process timer has not timed out, the process is terminated without passing through the step S535~ step S538.

図47は、演出制御プロセス処理における演出図柄変動停止処理(ステップS803)を示すフローチャートである。 Figure 47 is a flow chart showing performance symbol variations stop processing in the performance control process processing (step S803). 演出図柄変動停止処理において、演出制御用CPU101は、確定コマンド受信フラグがセットされているか否か確認する(ステップS861)、確定コマンド受信フラグがセットされている場合には、確定コマンド受信フラグをリセットし(ステップS862)、演出図柄表示結果格納領域に格納されているデータ(停止図柄を示すデータ)に従って停止図柄を導出表示する制御を行うとともに(ステップS863)、存在する場合には、確変相当回数並びに時短後回数を1減算更新する(ステップS864)。 Reset the demonstration symbol variable stop processing, effect control CPU101 is determined command reception flag is confirmed whether it is set (step S861), when the confirmation command reception flag is set, the confirmation command reception flag (step S862), the data stored in the effect symbol display result storage area performs control to derive display the stop symbol in accordance with (data representing the stop symbols) (step S863), if present, probability variation corresponds times and number of times to 1 subtracted updated time reduction (step S864).

次いで、演出制御用CPU101は、大当りまたは小当りとすることに決定されているか否か確認する(ステップS865)。 Next, effect control CPU101 confirms whether it is determined to be a big hit or Koatari (step S865). 大当りまたは小当りとすることに決定されているか否かは、例えば、表示結果指定コマンド格納領域に格納されている表示結果指定コマンドによって確認できる。 Whether it is determined to be a big hit or Koatari, for example, it can be confirmed by displaying the results specified command stored in the display result specified command storage area. なお、この実施例では、演出図柄表示結果格納領域に格納されている停止図柄のデータによっても、大当りまたは小当りとすることに決定されているか否か確認することもできる。 In this embodiment, also the data of the stop symbols stored in the effect symbol display result storage area can be confirmed whether it is determined to be a big hit or Koatari.

大当りまたは小当りとすることに決定されている場合には、演出制御プロセスフラグの値を当り表示処理(ステップS804)に応じた値に更新する(ステップS866)。 If it is determined that the big hit or Koatari updates to a value corresponding to the hit display process values ​​of the effect control process flag (step S804) (step S866).

大当りおよび小当りのいずれともしないことに決定されている場合には、演出制御用CPU101は、図48に示すモード移行処理を実施した後(ステップS867)、演出制御プロセスフラグの値を変動パターンコマンド受信待ち処理(ステップS800)に応じた値に更新する(ステップS868)。 If it is decided not to be with any of the big hit and Koatari are presentation control CPU101, after implementing the mode transition processing shown in FIG. 48 (step S867), change the value of the effect control process flag pattern command reception waiting process is updated to a value corresponding to (step S800) (step S868).

なお、この実施例では、演出制御用マイクロコンピュータ100は、図柄確定指定コマンドを受信したことを条件に、演出図柄(飾り図柄)の変動(可変表示)を終了させる(ステップS861,S863参照)。 In this embodiment, the effect control microcomputer 100, on condition that it has received the symbol determined designation command (see steps S861, S863) to terminate fluctuating (variable display) of performance symbols (decorative pattern). しかし、受信した変動パターンコマンドにもとづく変動時間タイマがタイムアウトしたら、図柄確定指定コマンドを受信しなくても、演出図柄(飾り図柄)の変動を終了させるように制御してもよい。 However, variation time timer based on the variation pattern command received is Once timed out, without receiving a symbol determined designation command, may be controlled so as to terminate the variation in performance symbols (decorative pattern). その場合、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、可変表示の終了を指定する図柄確定指定コマンドを送信しないようにしてもよい。 In that case, the game control microcomputer 560, a symbol determined designating command may not be sent to specify the end of the variable display.

ここで、ステップS867にて実施されるモード移行処理の内容を図48に基づいて説明する。 Here, a description will be given of a content of the mode transition process to be performed at step S867 in FIG. 48.

まず、演出制御用CPU101は、時短状態フラグがセットされているか否か(ステップS701)、時短後回数の残回数が存在するか否かを判定する(ステップS702)。 First, effect control CPU101 determines whether or not (step S701) time reduction state flag is set, judges whether or not there is a remaining number of times after time reduction (step S702).

時短状態フラグがセットされているか、または時短後回数の残回数が存在する場合、すなわち、確変大当りAとなってから78回の変動が終了して確変状態が終了するまでは、ステップS708に進んで、夜モードに決定した後、ステップS720に進んで、該決定したモード(夜モード)の背景画像に設定を更新するとともに、モードフラグを決定したモード(夜モード)に対応する値(夜モードは03、夕暮れモードは02、昼モードは01)に更新する。 If either time reduction state flag is set, or the remaining number of times after time reduction is present, i.e., from becoming a probability variation jackpot A to 78 times probability variation state change is completed is finished, the routine proceeds to step S708 in, was determined in the night mode, the process proceeds to step S720, it updates the setting the background image of the determined mode (mode night), the value (night mode corresponding to the mode of determining the mode flag (mode at night) 03, the twilight mode 02, daytime mode updates to 01).

時短状態フラグがセットされておらず、且つ時短後回数の残回数も存在しない場合には、ステップS703に進んで、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3を抽出した後、確変状態フラグがセットされている否かを判定する(ステップS704)。 Time reduction state flag is not set, and if the remaining number of times after time reduction also does not exist, the process proceeds to step S703, after extracting stage (mode) type determination random number SR3, probability variation state flag is set and determines that (step S704).

確変状態フラグがセットされている場合には、更に、使用テーブル変更始動回数に残回数が存在するか否かをテーブル変更回数保存領域のデータに基づいて判定する(ステップS705)。 When the probability variation state flag is set, further it determines the number of uses table change start on the basis of whether or not there is a remaining number of times the data of the table change count storage area (step S705).

使用テーブル変更始動回数に残回数が存在する場合には、図34(a)に示すモード変化決定用テーブルAを選択して、該モード変化決定用テーブルAにおいてステップS703において抽出したステージ(モード)種別決定用乱数SR3の値が該当する判定値に対応する種別を、実施する変化種別(変化なし、昇格、転落)として決定した後(ステップS707)、前述したステップS720に進む。 If the remaining number to use table change start number is present, 34 to select the mode change determination table A shown in (a), stage extracted in step S703 in the mode change decision table A (mode) the type of values ​​of type determination random number SR3 corresponding to the determination value corresponding change type to be carried out (no change, promotion, tumble) was determined as (step S707), the process proceeds to step S720 described above.

一方、使用テーブル変更始動回数に残回数が存在しない場合には、図34(b)に示すモード変化決定用テーブルBを選択して、該モード変化決定用テーブルBにおいてステップS703において抽出したステージ(モード)種別決定用乱数SR3の値が該当する判定値に対応する種別を、実施する変化種別(変化なし、昇格、転落)として決定した後(ステップS706)、前述したステップS720に進む。 On the other hand, the stage when the use table change starting times there is no remaining number of times, which select a mode change determination table B shown in FIG. 34 (b), and extracted in step S703 in the mode change determination table B ( the type of the value of the mode) type determination random number SR3 corresponding to the determination value corresponding change type to be carried out (no change, promotion, after determining as fall) (step S706), the process proceeds to step S720 described above.

また、ステップS704において確変状態フラグがセットされていない場合には、更に、使用テーブル変更始動回数に残回数が存在するか否かをテーブル変更回数保存領域のデータに基づいて判定する(ステップS710)。 Also, if the probability variation state flag is not set in step S704, further, it determines the number of uses table change start on the basis of whether or not the remaining number in the data table changes number storage area (step S710) .

使用テーブル変更始動回数に残回数が存在する場合には、図34(c)に示すモード変化決定用テーブルCを選択して、該モード変化決定用テーブルCにおいてステップS703において抽出したステージ(モード)種別決定用乱数SR3の値が該当する判定値に対応する種別を、実施する変化種別(変化なし、昇格、転落)として決定した後(ステップS712)、前述したステップS720に進む。 If the remaining number to use table change start number exists, select the mode change determination table C shown in FIG. 34 (c), a stage extracted in step S703 in the mode change decision table C (mode) the type of values ​​of type determination random number SR3 corresponding to the determination value corresponding change type to be carried out (no change, promotion, tumble) was determined as (step S712), the process proceeds to step S720 described above.

一方、使用テーブル変更始動回数に残回数が存在しない場合には、更に、確変相当回数の残回数が存在するか否かを、確変相当回数保存領域のデータに基づいて判定する(ステップS711)。 On the other hand, it is determined if there is no remaining count to use table change number of starts further whether there is a remaining number of probability variation corresponding number, on the basis of the data of the probability variation corresponding number storage area (step S711).

該判定において、確変相当回数の残回数が存在する場合には、図34(d)に示すモード変化決定用テーブルDを選択して、該モード変化決定用テーブルDにおいてステップS703において抽出したステージ(モード)種別決定用乱数SR3の値が該当する判定値に対応する種別を、実施する変化種別(変化なし、昇格、転落)として決定した後(ステップS713)、前述したステップS720に進む。 In the determination, when there is a remaining number of probability variation corresponding number, select the mode change decision table D shown in FIG. 34 (d), Stage extracted in step S703 in the mode change decision table D ( the type of the value of the mode) type determination random number SR3 corresponding to the determination value corresponding change type to be carried out (no change, promotion, after determining as fall) (step S713), the process proceeds to step S720 described above.

また、ステップS711の判定において、確変相当回数の残回数が存在しない場合には、図34(e)に示すモード変化決定用テーブルEを選択して、該モード変化決定用テーブルEにおいてステップS703において抽出したステージ(モード)種別決定用乱数SR3の値が該当する判定値に対応する種別を、実施する変化種別(変化なし、昇格、転落)として決定した後(ステップS714)、前述したステップS720に進む。 Further, in the determination of step S711, if the remaining number of probability variation corresponding number does not exist, selects the mode change determination table E shown in FIG. 34 (e), in step S703 in the mode change determination table E the value corresponding to the determined value corresponding type of extracted stage (mode) type determination random number SR3, change the type of implementing (no change, promotion, tumble) was determined as (step S714), the step S720 described above move on.

このようにすることにより、演出図柄の停止時において、大当り或いは小当りとならない場合には、上述したモード移行処理が実施されることで、「変化なし」、「昇格」、「転落」のいずれかが変化種別として決定される。 In this way, at the time of performance symbols stopped, if not a big hit or Koatari, by the above-mentioned mode transition process is performed, "no change", "promotion", any of "falling" or it is determined as a change type.

そして、確変大当りBが発生してから使用テーブル変更始動回数までの期間においては、図34(a)に示すモード変化決定用テーブルAに基づいて変化種別が決定され、使用テーブル変更始動回数となってから確変回数となるまでの期間においては、図34(b)に示すモード変化決定用テーブルBに基づいて変化種別が決定され、確変回数以降においては、図34(e)に示すモード変化決定用テーブルEに基づいて変化種別が決定される。 The probability variation in the big hit period B from occurs until the number of times of use table change startup are determined change types based on the mode change decision table A shown in FIG. 34 (a), a use table change start times in the period until the probability variation number from being determined change types based on the mode change determination table B shown in FIG. 34 (b), in the subsequent probability variation number, mode change decision shown in FIG. 34 (e) change type is determined based on the use table E.

また、小当りが発生してから使用テーブル変更始動回数までの期間においては、図34(c)に示すモード変化決定用テーブルCに基づいて変化種別が決定され、使用テーブル変更始動回数となってから確変相当回数となるまでの期間においては、図34(d)に示すモード変化決定用テーブルDに基づいて変化種別が決定され、確変相当回数以降においては、図34(e)に示すモード変化決定用テーブルEに基づいて変化種別が決定される。 In the period until the number of uses table change starts from Koatari occurs, determines the change types based on the mode change determination table C shown in FIG. 34 (c), it becomes using table change start times from in a period until the probability variation corresponding number is determined the change types based on the mode change decision table D shown in FIG. 34 (d), in the probability variation corresponding number after a mode change as shown in FIG. 34 (e) change type is determined based on the determination table E.

このように、モード変化決定用テーブルA〜Eを用いてモードの変化種別を決定することで、高確状態に移行する確変大当りBが発生した場合において該確変大当りBの発生後から確変回数である78回となるまでに使用されるモード変化決定用テーブルA、Bと、高確状態に移行しない小当りが発生した場合において該小当りの発生後から確変相当回数である78回となるまでに使用されるモード変化決定用テーブルC、Dとで、「昇格」や「転落」に対する判定値数の割り当て異なり、確変大当りBである場合において使用されるモード変化決定用テーブルA、Bにおいては、小当りである場合に使用されるモード変化決定用テーブルC、Dに比較して「夜モード」に移行され易くなるので、夜モードとなることにより、高確状態となっ Thus, by determining the change in type of the mode using the mode change determination table A-E, with probability variation number after the occurrence of 該確 varying jackpot B when probability variation big hit B to shift to the high probability condition occurs a mode change determination table a, B to be used until the 78 times, until the 78th is a probability variation corresponding number after generation per the small when Koatari not shift to a high probability condition occurs mode change determination table C, and D used in, different allocation determination value number for "promotion" and "fall", probability variation jackpot B is used when it is mode change determination table a, in B , Koatari a is a table mode change determination used when C, so compared to the D easily be migrated to the "mode night", by the night mode, a high probability state いるのではないかとの期待感を遊技者に与えることができる。 The expectation of that it would be there can be given to the player.

更には、使用テーブル変更始動回数となった以降に使用されるモード変化決定用テーブルBとモード変化決定用テーブルDでは、高確状態に移行する確変大当りBである場合に使用されるモード変化決定用テーブルBにおける「昇格」に対する判定値数の割り当てが小当りである場合に使用されるモード変化決定用テーブルDよりも多く、且つ、「転落」に対する判定値数の割り当てが少ないため、変動(始動)回数が確変回数に近づいても尚、夜モードが維持されている場合には高確状態となっているのではないかとの期待感を遊技者に与えることもできる。 Furthermore, in the mode change decision table B and the mode change decision table D to be used since became used table change number of starts, the mode change decision used when a probability variation big hit B to shift to the high probability state more than mode change decision table D to be used when allocation judgment value number is Koatari for "promotion" in the use table B, and, since a small allocation judgment value number for "fall", variation ( even closer to the start) number of probability variation number it is also possible to give a sense of expectation that it would be has become a high probability state when the mode is the night are maintained to the player.

図49は、演出制御プロセス処理における当り表示処理(ステップS804)を示すフローチャートである。 Figure 49 is a flowchart showing per display processing in the performance control process processing (step S804). 当り表示処理において、演出制御用CPU101は、確変大当りA開始指定コマンドを受信したことを示す確変大当りA開始指定コマンド受信フラグ、確変大当りB指定コマンドを受信したことを示す確変大当りB開始指定コマンド受信フラグ、または小当り開始指定コマンドを受信したことを示す小当り開始指定コマンド受信フラグのいずれかがセットされているか否か確認する(ステップS871)。 In per display processing, presentation control CPU101 is probability variation jackpot A start command specified indicating reception of the probability variation jackpot A start specified command receiving identifier, probability variation jackpot B start designation command receiver indicating the reception of the probability variation jackpot B designation command flag, or Koatari start either Koatari indicating reception of the specified command start designation command receiving identifier whether to check is set (step S871). いずれかの当り開始指定コマンド受信フラグがセットされていた場合には、セットされているフラグに応じた遊技開始画面を演出表示装置9に表示する制御を行う(ステップS872)。 If any of per start designation command reception flag is set, it performs control to display the game start screen corresponding to the flag set in the effect display device 9 (step S872). また、セットされているフラグ(確変大当りA開始指定コマンド受信フラグ、確変大当りB開始指定コマンド受信フラグ、小当り開始指定コマンド受信フラグ)をリセットする(ステップS873)。 Further, a flag is set (probability variation jackpot A start specified command receiving identifier, probability variation jackpot B start specified command receiving identifier, Koatari start designation command reception flag) is reset (steps S873). そして、演出制御プロセスフラグの値を当り遊技中処理(ステップS805)に応じた値に更新する(ステップS874)。 Then updated to a value corresponding to the value per game processing of effect control process flag (step S805) (step S874).

なお、ステップS872では、演出制御用CPU101は、大当り遊技や小当りの遊技の開始を報知する画面を演出表示装置9に表示する制御を行う。 In step S872, effect control CPU101 performs control for displaying a screen for notifying the start of the game of jackpot gaming and Koatari to effect display device 9.

図50は、演出制御プロセス処理における当り終了演出処理(ステップS806)を示すフローチャートである。 Figure 50 is a flowchart showing per end effect processing in the performance control process processing (step S806). 当り終了演出処理において、演出制御用CPU101は、大当り終了演出タイマ或いは小当り終了演出タイマが設定されているか否か確認する(ステップS880)。 In per end effect processing, presentation control CPU101 determines whether or not to confirm the jackpot end effect timer or Koatari end effect timer is set (step S880). 大当り終了演出タイマ或いは小当り終了演出タイマが設定されている場合には、ステップS891に移行する。 When the jackpot end effect timer or Koatari end effect timer is set, the process proceeds to step S891. 大当り終了演出タイマ或いは小当り終了演出タイマが設定されていない場合には、確変大当りA終了指定コマンドを受信したことを示す確変大当りA終了指定コマンド受信フラグ、確変大当りB終了指定コマンドを受信したことを示す確変大当りB終了指定コマンド受信フラグ、または小当り終了指定コマンドを受信したことを示す小当り終了指定コマンド受信フラグのいずれかがセットされているか否か確認する(ステップS881)。 When the jackpot end effect timer or Koatari end effect timer is not set, probability variation jackpot A finished specifying command indicating reception of the probability variation jackpot A finished specifying command receiving identifier, the reception of the probability variation jackpot B End command specified either probability variation jackpot B finished specifying command receiving identifier or Koatari finished specifying command reception flag indicating that it has received the Koatari completion specified command shows whether to check is set (step S881).

確変大当りA終了指定コマンド受信フラグ、確変大当りB終了指定コマンド受信フラグ、小当り終了指定コマンド受信フラグのいずれかがセットされている場合には、セットされている当り終了指定コマンド受信フラグに応じて、当り終了演出タイマに大当り終了表示時間或いは小当り終了表示時間に相当する値を設定して(ステップS883)、演出表示装置9に、大当り終了画面(大当り遊技の終了を報知する画面)或いは、小当り終了画面(小当り遊技の終了を報知する画面)を表示する制御を行う(ステップS884)。 Probability variation jackpot A finished specifying command receiving identifier, probability variation jackpot B ends specified command receiving identifier, if any of Koatari finished specifying command reception flag is set, depending on the per finished specifying command receiving flag set , by setting a value corresponding to the big hit completion display time or Koatari end indication time per end effect timer (step S883), the effect display device 9, (screen notifying the completion of the jackpot gaming) jackpot end screen or, performs control to display the Koatari end screen (screen for notifying the completion of Koatari game) (step S884).

そして、図51に示すモード抽選処理を実施して、大当りまたは小当り後のモード(ステージ)の種別を決定した後(ステップS885)、小当り終了指定コマンド受信フラグがセットされているか否かを判定する(ステップS886)。 Then, to implement the mode lottery process shown in FIG. 51, after determining the type of the mode (stage) after the jackpot or Koatari (step S885), whether Koatari finished specifying command receiving flag is set It is determined (step S886).

小当り終了指定コマンド受信フラグがセットされている場合には、更に、確変状態フラグがセットされているか否か、つまり、当該小当りが確変状態中に発生したものであるか否かを判定し(ステップS887)、確変状態フラグがセットされていない場合には、ステップS888に進んで、確変相当回数として78回を、確変相当回数保存領域に格納(セット)した後、ステップS889に進み、確変状態フラグがセットされている場合にはステップS888を経由することなくステップS889に進む。 If the Koatari finished specifying command receiving flag is set, further whether probability variation state flag is set, that is, the Koatari it is determined whether or not that occurred during probability variation state (step S887), if the probability variation state flag is not set, the routine proceeds to step S888, the 78 times as probability variation corresponding number after storing (set) probability variation corresponding number storage area, the process proceeds to step S889, probability variation If the state flag is set, the process proceeds to step S889 without passing through step S888. このようにすることにより、確変状態中に小当りが発生しても確変相当回数はセットされず、低確状態において小当りが発生した場合においてのみ、確変相当回数がセットされる。 By doing so, probability variation corresponding number even Koatari occurs during probability variation state is not set, when the Koatari in the low probability condition occurs only probability variation corresponding number is set.

一方、ステップS886の判定において小当り終了指定コマンド受信フラグがセットされていない場合には、ステップS890に進み、時短後回数の残回数が存在する場合には、該時短後回数をリセットした後、ステップS889に進む。 On the other hand, if the Koatari finished specifying command receiving identifier is not set in the judgment of step S886, the process proceeds to step S890, if there is remaining number of times after time reduction, after resetting the number of times after the time reduction, the process proceeds to step S889.

ステップS889においては、セットされている確変大当りA終了指定コマンド受信フラグ、確変大当りB終了指定コマンド受信フラグ、小当り終了指定コマンド受信フラグのいずれかをリセットして処理を終了する。 In step S889, probability variation jackpot A finished specifying command reception flag that is set, probability variation jackpot B finished specifying command reception flag, and terminates the reset and processing either Koatari termination specified command receiving identifier.

ステップS891では、大当り(小当り)終了演出タイマの値を1減算する。 In step S891, 1 is subtracted the value of the jackpot (Koatari) end effect timer. そして、演出制御用CPU101は、大当り(小当り)終了演出タイマの値が0になっているか否か、すなわち大当り(小当り)終了演出時間が経過したか否か確認する(ステップS892)。 The effect control CPU101 determines whether or not the value of the jackpot (Koatari) end effect timer is set to 0, that is, whether to confirm the jackpot (Koatari) end effect time has elapsed (step S892). 経過していなければ処理を終了する。 The process is terminated when not reached. 大当り(小当り)終了演出時間が経過している場合には、演出制御用CPU101は、演出制御プロセスフラグの値を変動パターンコマンド受信待ち処理(ステップS800)に応じた値に更新する(ステップS893)。 When the jackpot (Koatari) end effect time has elapsed, effect control CPU101 is updated to a value corresponding to the value of the variation pattern command waiting processing of the performance control process flag (step S800) (step S893 ).

ここで、ステップS885において実施されるモード抽選処理について、図51に基づいて説明する。 Here, the mode lottery process executed in step S885, will be described with reference to FIG. 51.

まず、モード抽選処理において演出制御用CPU101は、確変大当りA終了指定コマンド受信フラグがセットされているか否かを判定し、確変大当りA終了指定コマンド受信フラグがセットされている場合には、ステップS740に進んで、夜モードに決定した後、ステップS741に進んで、該決定したモード(夜モード)の背景画像に設定を更新するとともに、モードフラグを決定したモード(夜モード)に対応する値(03)に更新する。 First, effect control CPU101 in the mode lottery process, if the probability variation jackpot A finished specifying command receiving identifier is determined whether it is set, probability variation jackpot A finished specifying command receiving flag is set, step S740 proceed to, after determining the night mode, the process proceeds to step S741, updates the setting the background image of the determined mode (mode night), corresponding to the mode of determining the mode flag (mode night) value ( updated to 03).

一方、確変大当りA終了指定コマンド受信フラグがセットされていない場合には、ステップS731に進んで、ステージ(モード)種別決定用乱数SR3を抽出した後、小当り終了指定コマンド受信フラグがセットされているか否かを判定する(ステップS732)。 On the other hand, if the probability variation jackpot A finished specifying command receiving flag is not set, the process proceeds to step S731, after extracting stage (mode) type determination random number SR3, Koatari ends specifying command reception flag is set It determines dolphin not (step S732).

小当り終了指定コマンド受信フラグがセットされている場合、つまり終了した当りが小当りである場合には、終了した小当りの種別をテーブル変更回数保存領域のデータに基づいて特定する(ステップS733)。 If Koatari ending specified command reception flag is set, i.e. per ended is when a Koatari is identified based a type of Koatari ended data table change count storage area (step S733) . つまり、テーブル変更回数保存領域のデータから特定される使用テーブル変更始動回数が10回の場合には小当りAと特定し、20回の場合には小当りBと特定し、30回の場合には小当りCと特定できる。 That is, when the number of times of use table change starting identified from the data table change count storage area is 10 times identified as Koatari A, in the case of 20 times is identified as Koatari B, and the case of 30 times It can be identified as Koatari C.

そして、図33(b)に示すモード種別決定用テーブルB182bを選択して、該モード種別決定用テーブルBにおいて、ステップS733にて特定した小当り種別並びにステップS731において抽出したステージ(モード)種別決定用乱数SR3の値に該当する判定値が対応しているモード種別(昼モード、夕暮れモード、夜モード)を、当該小当り後のモード種別として決定した後、前述したステップS741に進む。 Then, select the mode type determination table B182b shown in FIG. 33 (b), in the mode type determination table B, Koatari type and extracted stages (Mode) type determined in step S731 has been specified in step S733 mode type judgment value corresponding to the value of the use random number SR3 corresponds (daytime mode, dusk mode, night mode), and was determined as the mode classification after the Koatari, the process proceeds to step S741 described above.

一方、小当り終了指定コマンド受信フラグがセットされていない場合、つまり、確変大当りB終了指定コマンド受信フラグがセットされている場合には、終了した確変大当りBの種別をテーブル変更回数保存領域のデータに基づいて特定する(ステップS735)。 On the other hand, if the Koatari finished specifying command receiving flag is not set, that is, probability variation big hit B when the end designation command reception flag is set, the data in the table change count storage area the type of finished probability variation big hit B It identified based on (step S735). つまり、テーブル変更回数保存領域のデータから特定される使用テーブル変更始動回数が10回の場合には確変大当りB1と特定し、20回の場合には確変大当りB2と特定し、30回の場合には確変大当りB3と特定できる。 That is, when the number of times of use table change starting identified from the data table change count storage area is 10 times identifies the probability variation big hit B1, in the case of 20 times is identified as probability variation big hit B2, in the case of 30 times It can be identified as the probability variation big hit B3.

そして、図33(a)に示すモード種別決定用テーブルA182aを選択して、該モード種別決定用テーブルAにおいて、ステップS735にて特定した確変大当りBの種別並びにステップS731において抽出したステージ(モード)種別決定用乱数SR3の値に該当する判定値が対応しているモード種別(昼モード、夕暮れモード、夜モード)を、当該確変大当りB後のモード種別として決定した後、前述したステップS741に進む。 Then, select the mode type determination table A182a shown in FIG. 33 (a), in the mode type determination table A, Stage extracted in type and step S731 of the specified probability variation big hit B at step S735 (mode) after the determination value corresponding to that mode type (daytime mode, dusk mode, night mode) corresponding to the value of the type determination random number SR3 were determined as mode type after the probability variation big hit B, the process proceeds to step S741 described above .

このように確変大当りBの場合には、夜モードに対して判定値の割り当てが多いモード種別決定用テーブルAに基づいてステージ(モード)種別が決定されることで、確変大当りBが終了した際には、夜モードに移行し易くなる一方、小当りの場合には、夕暮れモードに対して判定値の割り当てが多いモード種別決定用テーブルBに基づいてステージ(モード)種別が決定されることで、小当りが終了した際には、夕暮れモードに移行し易くなる。 In the case of such a probability variation big hit B, by judging value assignment often mode type determination table A stage on the basis of the relative night mode (mode) type is determined, when the probability variation big hit B is completed the while easily shift to night mode, in the case of Koatari, by stages based on the allocation often mode type determination table B of decision values ​​for twilight mode (mode) type is determined , when the Koatari is finished, it is easy to migrate to dusk mode.

また、これらモード種別決定用テーブルA並びにモード種別決定用テーブルBにおいては、使用テーブル変更始動回数が多い種別おいて、夜モードや夕暮れモードに対する判定値の割り当てが多く設定される一方、使用テーブル変更始動回数が少ない種別おいては、昼モードに対する判定値の割り当てが多く設定されているので、夜モードや夕暮れモードが発生した場合には、使用テーブル変更始動回数が多い可能性が高く、昼モードが発生した場合には、使用テーブル変更始動回数が少ない可能性が高くなる。 Further, in these mode type determination table A and mode type determination table B, and allowed classification number using table change startup is large, while the allocation of the determination value for the night mode and dusk mode is often set, changing usage table the keep start number is small type, since the assignment of the determination value for the daytime mode is often set, when the night mode and dusk mode occurs, most likely used more times table change start, daytime mode There the case of occurrence, a high possibility that less frequently used table change startup.

次に、この実施例のパチンコ遊技機1の遊技性について図55に基づいて説明する。 Next, the game of the pachinko gaming machine 1 of this embodiment will be described with reference to FIG. 55.

この実施例のパチンコ遊技機1では、通常状態または確変状態において確変大当りAが発生した場合、その大当り遊技状態の終了後に確変状態および時短状態に移行し、大当り終了後、変動(可変)表示を78回終了するまで確変(高確)状態が継続する。 In the pachinko game machine 1 of this embodiment, if in the normal state or the probability variation state probability variation jackpot A occurs, shifts to probability variation state and the time-shortening conditions after the end of the jackpot gaming state, after the jackpot finished, the display variation (variable) probability variation until the end of 78 times (high probability) state continues. ただし、時短(高ベース)状態は、確変大当りA終了後、変動表示を70回終了したときに終了して低ベース状態に移行し、高確率状態のみ(高確低ベース状態)が、変動表示回数(始動回数)が78回となるまで継続される。 However, time reduction (high base) state after probability variation jackpot A finished, finished at the completion of 70 times the variable display shifts to a low base state, the high-probability state only (high 確低 base state), variable display the number of times (number of starts) is continued until the 78th.

通常状態(低確低ベース状態)において確変大当りBが発生した場合、その確変大当りBの遊技状態の終了後に確変状態に移行し、確変大当りBの終了後、変動表示回数(始動回数)が78回となるまで確変状態が継続する。 If in the normal state (low 確低 base state) probability variation big hit B occurs, the process proceeds to after the end of the game state of the probability variation jackpot B in probability variation state, after completion of the probability variation big hit B, variation impressions (start count) is 78 probability variation state is continued until the times.

また、高確低ベース状態(潜伏確変状態、時短後の高確状態を含む)において確変大当りBが発生した場合、その大当り遊技状態の終了後に確変状態および時短状態に移行し、大当り終了後、変動表示回数(始動回数)が78回となるまで確変状態が継続する。 The high 確低 base state if the (latent probability variation state comprises a high probability state after time reduction) is probability variation big hit B occurs, shifts to probability variation state and the time-shortening conditions after the end of the jackpot gaming state, after the jackpot completion, variable display the number of times (number of starts) is probability variation state until the 78 times to continue. ただし、時短状態は、確変大当りBの終了後、変動表示を70回終了したときに終了して低ベース状態に移行し、高確率状態のみ(高確低ベース状態)が、変動表示回数(始動回数)が78回となるまで継続される。 However, time reduction state after the end of probability variation big hit B, and ended at the completion of 70 times the variable display shifts to a low base state, high-probability state only (high 確低 base state), variation impressions (starting number of times) is continued until the 78th.

尚、小当りが発生した場合には、遊技状態は変化せず、小当りの発生前の遊技状態が維持される。 In the case where Koatari occurs, the gaming state is not changed, the game state before occurrence of Koatari is maintained. つまり、小当りの発生前の遊技状態が低確低ベース(通常状態)であれば低確低ベース(通常状態)が維持され、小当りの発生前の遊技状態が高確低ベース(潜伏状態)であれば高確低ベース(潜伏状態)が維持され、小当りの発生前の遊技状態が高確高ベース(時短状態)であれば高確高ベース(時短状態)が維持される。 That is, if the game state before occurrence of Koatari is low 確低 base (normal state) is maintained low 確低 base (normal state), the game state before occurrence of Koatari high 確低 base (latent state if) high 確低 base (latent state) is maintained, the game state prior to the occurrence of Koatari is if high 確高 base (time reduction state) high 確高 base (time reduction state) is maintained.

確変大当りBの種別としては、付与される使用テーブル変更始動回数が異なる確変大当りB1、確変大当りB2、確変大当りB3の3種類の確変大当りBがランダム6の値により決定可能とされているとともに、小当りの種別としても、付与される使用テーブル変更始動回数が異なる小当りA、小当りB、小当りCの3種類の小当りがランダム6の値により決定可能とされている。 The types of probability variation jackpot B, probability variation big hit B1 the number of times used table change startup applied are different, with probability variation big hit B2, three types of probability variation jackpot B of probability variation jackpot B3 are capable determined by the value of the random 6, even the type of Koatari, Koatari usage count table change start to be granted different a, Koatari B, and three Koatari of Koatari C and is capable of determining the value of the random 6. すなわち、確変大当りBや小当りの場合には、付与される使用テーブル変更始動回数が10回、20回、30回のいずれかに対応する種別にランダム6の値により決定されるので、確変大当りBや小当りが発生する都度毎に、使用テーブル変更始動回数が逐次変化することになるとともに、確変大当りBでは、使用テーブル変更始動回数が多い順(B3(30回)>B2(20回)>B1(10回))に種別が決定され易く、小当りでは、使用テーブル変更始動回数が少ない順(A(10回)>B(20回)>C(30回))に種別が決定され易く設定されている。 That is, when the probability variation jackpot B and Koatari is used table change start number 10 times applied, 20 times, since it is determined by the value of the random 6 type corresponding to one of 30 times, probability variation jackpot each each time the B and Koatari occurs with use table change start number will vary sequentially, the probability variation big hit B, the number of uses table change start descending order (B3 (30 times)> B2 (20 times) > B1 (10 times)) to the type is determined easily, the Koatari use table change start number ascending order (a (10 times)> B (20 times)> C (30 times)) type is determined It is easy to set.

また、この実施例のパチンコ遊技機1は、前述したように、確変大当りBと小当りの発生時において、演出表示装置9において同様の変動表示演出(変動表示パターン)が実施されるので、発生した当りが、高確(確変)状態に移行する確変大当りBであるか、高確(確変)状態に移行しない小当りであるかを、遊技者は判別することが不可能とされている。 Further, the pachinko gaming machine 1 of this embodiment, as described above, at the time of occurrence of the probability variation jackpot B and Koatari, since the same variable display effect in the effect display device 9 (variable display pattern) is carried out, generating per that is, whether the probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) state, whether the Koatari not shift to a high probability (probability variation) state, the player has been impossible to determine.

そして、この実施例のパチンコ遊技機1は、図55に示すように、確変大当りBの発生時と小当りの発生時とで、上述したように、逐次変化する使用テーブル変更始動回数の前後において、演出表示装置9における演出の内容が異なるようになっている。 The pachinko game machine 1 of this embodiment, as shown in FIG. 55, in the event of occurrence and Koatari the probability variation jackpot B, as described above, before and after the sequential changes using table change start times , the contents of the effect in the effect display device 9 is made to be different.

具体的には、各種の演出の決定に使用されるテーブルや、予告演出の種別等が異なる。 Specifically, and tables used to determine the various effects of the announcement attraction type, and the like are different. つまり、はずれと判定された場合において変動パターンの種別決定に使用されるはずれ用変動パターン種別判定テーブルの種別や、モードの変化態様の決定に使用されるモード変化決定用テーブルの種別が異なるとともに、予告演出の種別(キャラクタ)などが異なる。 That is, the type and the off for variation pattern type determination table used for the type determination of the variation pattern when it is determined that out, together with the type is different from change in mode determination table used to determine the variant of modes, such as the type of announcement attraction (character) is different.

つまり、確変大当りBの場合には、図55(a)に示すように、使用テーブル変更始動回数となる前の期間(期間1と呼称する)においては、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC及びモード変化決定用テーブルAが使用され、使用テーブル変更始動回数後から変動回数が確変終了回数である78回となるまでの期間(期間2と呼称する)では、はずれ用変動パターン種別判定テーブルD及びモード変化決定用テーブルBが使用される一方、小当りの場合には、図55(b)に示すように、使用テーブル変更始動回数となる前の期間1においては、はずれ用変動パターン種別判定テーブルC及びモード変化決定用テーブルCが使用され、使用テーブル変更始動回数後から変動回数が確変相当回数である78回となるまでの期間では、はず In other words, probability variation in the case of the big hit B, as shown in FIG. 55 (a), in the period before the use table change start times (referred to as period 1), off a variation pattern type determination table C and Mode change the decision table a is used, in the period from after use table change number of starts until the variation time count becomes 78 times a probability variation end count (referred to as period 2), off a variation pattern type determination table D and mode while change determination table B is used, in the case of Koatari, as shown in FIG. 55 (b), in the period 1 before the use table change starting number, for off variation pattern type determination table C and a mode change decision table C is used, in the period from after the number of uses table change start until the variation time count becomes 78 times a probability variation corresponding number, croton 用変動パターン種別判定テーブルA(B)及びモード変化決定用テーブルDが使用される。 Use variation pattern type determination table A (B) and the mode change decision table D is used.

よって、確変大当りBの場合には、高確状態となることで、全てのスーパーリーチの発生頻度が高くなるとともに、スーパーリーチA、Bに対する判定値の割り当ての多い、はずれ用変動パターン種別判定テーブルCが期間1において使用されるため、期間1においては変動時間の長いスーパーリーチの発生頻度が非常に高くなり、よって、平均変動時間が長くなる。 Therefore, probability variation in the case of the big hit B, it presents a high probability state, with the frequency of occurrence of all super reach higher, super reach A, a lot of allocation judgment value for B, for off variation pattern type determination table since C is used in the period 1, the frequency of occurrence of long super reach variation time becomes very high in the period 1, therefore, the average change time becomes longer. そして、その後の期間2においては、当りとなるスーパーリーチの発生頻度は期間1と同様に高い状態に維持されるものの、超短縮の変動パターンに対する判定値の割り当てが多く、且つ、スーパーリーチA、Bに対する判定値の割り当てが通常時と同じく少ない、はずれ用変動パターン種別判定テーブルDが使用されるため、期間2においては、スーパーリーチの発生頻度としては、期間1よりも低いものの通常よりも高い状態となるとともに、変動時間の非常に短い超短縮の変動パターンが発生することで平均変動時間が期間1に比較して短くなる。 Then, in the subsequent period 2, although the frequency of occurrence of super reach as the contact is maintained at as high a state in the period 1, the allocation determination value for the fluctuation pattern of the ultra shortened much, and, super reach A, assignment of the determination value is also small, the normal time for B, because the off for variation pattern type determination table D is used, in the period 2, the frequency of occurrence of super reach higher than low normal than the time period 1 with the state, the average fluctuation time is shorter than the period 1 by variation pattern of very short ultra shorter variation time occurs.

また、期間1では夜モードに非常に移行し易いモード変化決定用テーブルAが使用され、期間2ではモード変化決定用テーブルAに比較して転落が決定され易いモード変化決定用テーブルBが使用されるので、使用テーブル変更始動回数を境界としてモード変化状況が変化する。 Also, easy mode change determination table A very transition period 1 in mode night is used, fall in comparison with the period 2 in the mode change decision table A is liable mode change decision table B is determined is used Runode, mode change conditions change the number of uses table change start as a boundary.

また、予告演出においては、期間1においてはキャラクタCが決定され易く、期間2においてはキャラクタBが決定され易いので、予告演出において多く出現するキャラクタが使用テーブル変更始動回数を境界として変化する。 In the announcement attraction, in the period 1 is likely to be determined character C, so likely to be determined character B in period 2, character occurs more in informational display is changed a number of times using table change start as a boundary.

一方、小当りの場合には、高確状態とならないので、期間1におけるスーパーリーチの発生頻度は、はずれ用変動パターン種別判定テーブルCにおいてスーパーリーチA、Bに対する判定値数の割り当てが多くなることに伴って、確変大当りBの場合よりは低いものの、通常の場合に比較して高くなることとなり、よって、平均変動時間が通常の場合よりも長くなる。 On the other hand, in the case of Koatari, since not a high probability state, the frequency of occurrence of super reach in the period 1, super reach A in out for the variation pattern type determination table C, comprising a number allocation judgment value number that for B with the, although lower than for the probability variation jackpot B, will be higher as compared to the normal case, therefore, the average fluctuation time is longer than the normal case. そして、その後の期間2以降においては、スーパーリーチA、Bに対する判定値の割り当てがはずれ用変動パターン種別判定テーブルCよりも少ない、通常用のはずれ用変動パターン種別判定テーブルAまたはBが使用されるため、当りとなるスーパーリーチの発生頻度が通常の場合と同じく低くなるとともに、はずれ用変動パターン種別判定テーブルCにおいては判定値の割り当てがない、つまり、発生することのない超短縮の変動パターンが発生し得るようになるので、平均変動時間が期間1に比較して短くなる。 Then, in the subsequent period 2 and later, super reach A, less than the off for variation pattern type determination table C allocation judgment value for B, is disengaged for variation pattern type determination table A or B is used for normal Therefore, along with the frequency of occurrence of super reach to be hit is similarly low as for normal, there is no assignment of the determination value in the off for the variation pattern type determination table C, i.e., ultra shorter variation pattern never occurs since so may occur, the average fluctuation time is shorter than the period 1.

また、小当りの場合でも、期間1では夜モードに移行し易いモード変化決定用テーブルCが使用され、期間2ではモード変化決定用テーブルCに比較して転落が決定され易いモード変化決定用テーブルDが使用されるので、使用テーブル変更始動回数を境界としてモード変化状況が変化する。 Further, even in the case of Koatari easily mode change determination table C shifts to time 1 in the mode at night is used, fall in comparison with the period 2 in the mode change decision table C is determined likely mode change determination table since D is used, the mode change conditions change the number of uses table change start as a boundary.

また、小当りの場合でも、予告演出においては、期間1においてはキャラクタCが決定され易く、期間2においてはキャラクタBが決定され易いので、予告演出において多く出現するキャラクタが使用テーブル変更始動回数を境界として変化する。 Further, even in the case of Koatari, in informational display, easy character C is determined in the period 1, since easily be determined character B in period 2, a number of times using table change start character appearing in announcement attraction changes as a boundary.

すなわち、期間1と期間2では、確変大当りBでも小当りであっても、使用テーブル変更始動回数を境界として、特定の変動パターンとなるスーパーリーチや超短縮の変動パターンの発生頻度が異なるようになるので、遊技者は、これらスーパーリーチや超短縮の変動パターンの発生頻度が変化したタイミングや、長い変動時間が短い変動時間に変化したタイミングがどのような変動(始動)回数であるかを注視することにより、これらの変化したタイミングの変動(始動)回数が多い場合には、使用テーブル変更始動回数が多い順に種別が決定され易い確変大当りBである可能性が高いのではないかという期待感を遊技者に付与することができるようになる。 That is, in the period 1 and period 2, probability variation jackpot even Koatari any B, as a boundary of the usage count table change start, so that the frequency of occurrence of super reach and ultra shorter variation pattern as a specific change pattern different It becomes so, the player watching whether timing and the frequency is changed in the fluctuation pattern of these super reach and ultra shortening is any change (start) the number of times the timing of changes in long change time is short fluctuation time by, expectation of whether in the case variations in these altered timing (start) a large number of times, not higher the potential is likely to be determined type in the order number using table change start often probability variation jackpot B so it is possible to impart to the player a.

また、期間1と期間2では、確変大当りBでも小当りであっても、使用テーブル変更始動回数を境界として、モード変化状況が変化するようになるので、これらモード変化状況が変化したタイミングがどのような変動(始動)回数であるかを注視することによっても、これらの変化したタイミングの変動(始動)回数が多い場合には、使用テーブル変更始動回数が多い順に種別が決定され易い確変大当りBである可能性が高いのではないかという期待感を遊技者に付与することができるようになる。 Further, in the period 1 and period 2, even Koatari even probability variation big hit B, as a boundary of the usage count table change start, since the mode change situation is to vary, which timing these modes change status has changed also by watching a variation (the start) or the number of times as in the case variations in these altered timing (start) number often are determined type in the order number using table change start often prone probability variation jackpot B possibility that it will be able to grant the player a sense of expectation that or not high of.

また、予告演出においては、確変大当りBでも小当りであっても、使用テーブル変更始動回数を境界として、多く出現するキャラクタが変化するので、これら多く出現するキャラクタが変化したタイミングの変動(始動)回数が多い場合には、使用テーブル変更始動回数が多い順に種別が決定され易い確変大当りBである可能性が高いのではないかという期待感を遊技者に付与することができるようになる。 In the announcement attraction, probability variation big hit even Koatari any B, as a boundary of the usage count table change start, since the character occurs more changes, fluctuations in the timing of the character has changed appearing number of these (start) If the number is large, it is possible to impart expectation that do not higher the potential is likely to be determined type in the order number using table change start often probability variation big hit B to the player.

また、高確状態に移行する確変大当りBが発生した場合には、該確変大当りBの発生後、使用テーブル変更始動回数となるまでの期間1において、はずれ時においてスーパーリーチA、スーパーリーチBの演出を伴う変動パターン種別が決定される割合が高められるので、高確状態となることによって当りとなる確率が高まる(10倍)ことによりスーパーリーチの信頼度が非常に高くなってしまうことを回避できるようになるので、高確状態においてスーパーリーチが発生することで殆ど当りとなることによる興趣の低下を防止することができるようになるとともに、通常においても信頼度の高く、出現頻度の少ないスーパーリーチCについては、期間1においても、はずれ時において決定される割合を高めないようにすることで、スーパ Also, if the probability variation big hit B to shift to the high probability condition occurs, 該確 varying jackpot after the occurrence of B, in the period 1 to the use table change number of starts, super reach A during off, the super reach B the ratio of the fluctuation pattern types with the effect is determined is improved, avoiding the reliability of super reach becomes very high by the probability of contact by a high probability state increases (10-fold) since it manner, with it is possible to prevent a decrease in interest due to the per little by super reach occurs in high probability state, high reliability even at normal, low frequency super for reach C, even in the period 1, by preventing a high proportion that is determined at the time of off, super リーチCの貴重度が低下してしまうことも防止することができる。 It is possible to prevent the valuable degree reach C is lowered.

以上説明したように、前記実施例のパチンコ遊技機1にあっては、確変状態(高確低ベース状態)での始動条件の成立状況は通常状態(低確低ベース状態)と共通である、つまり時短状態ではない低ベース状態であるため、確変大当りBが終了した後に確変状態に制御されているか否かを特定しにくい。 As described above, the In the pachinko game machine 1 of the embodiment, establishment status of starting conditions in the probability variation state (high 確低 base state) are common with the normal state (low 確低 base state), that because of the low base state is not a time reduction state, it is difficult to identify whether the probability variation jackpot B is controlled in the probability variation state after the completion. また、 Also,

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、保留予告が実行されることで、遊技に対する興趣を向上させることができるばかりか、確変大当りAとなる権利にもとづく保留予告の実行により確変状態に制御される可能性があることを遊技者が予測しやすくなり、周期演出の実行による遊技者の期待感が減衰してしまうことを回避できる。 Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, by holding notice is executed, probability variation state not only can improve the interest in the game by executing the pending announcement based on the right to become a probability variation jackpot A that could be controlled becomes player more predictable, a player's expectation by the execution of the cycle effect can be avoided decays to.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、潜伏条件の成立となる確変大当りBや小当りが発生してから演出図柄の可変表示の実行回数が使用テーブル変更始動回数に到達する前と後とで、特定可変表示パターンとなるスーパーリーチA、Bや超短縮の変動パターンの出現状況が変化するようになるとともに、これらの変動パターンの出現状況が変化するタイミングとなる使用テーブル変更始動回数が、高確(確変)状態に移行する確変大当りBである場合と、高確(確変)状態に移行しない小当りである場合とで異なるので、遊技者は、これら確変大当りBや小当りの発生直後の遊技状態が低確状態である通常遊技状態であるのか、或いは高確状態である高確低ベース状態であるのかを判断するために、これらスーパーリーチA、Bや Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, and before reaching the variable display execution count the number of uses table change start of the composed probability variation big hit B or performance symbols from Koatari occurs establishment of latent conditions and after the particular variable display pattern to become super reach a, B and with the advent conditions of ultra shorter variation pattern is to vary, the number of uses table change starting the appearance status is change timing of these fluctuation pattern but the case is probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) state, is different between when a Koatari not shift to a high probability (probability variation) state, the player of probability variation jackpot B and Koatari for gaming state immediately after generation it is determined whether normal or in the non-gaming state, or the high 確低 base state, which is a high probability state is a low probability state, these super reach a, B Ya 短縮の変動パターンの出現状況が変化するタイミングに注目して遊技を行うようになるため、遊技の興趣を向上させることができる。 Since Occurrence of shortening the fluctuation pattern is to perform a game by focusing on the timing of changes, it is possible to improve the interest of the game.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、使用テーブル変更始動回数の前後において、平均変動時間が異なるはずれ用変動パターン種別判定テーブルが使用されることで可変表示の変動時間(可変表示時間)も変化するようになるので、遊技者は、特定可変表示パターンとなるスーパーリーチA、Bや超短縮の変動パターンの出現状況が変化するタイミングだけでなく、変動時間(可変表示時間)が変化するタイミングにも注目して遊技を行うようになるため、遊技の興趣を向上させることができるとともに、これら変化するタイミングを変動時間(可変表示時間)の変化によっても認識できるので、これら変化するタイミングを遊技者が特定し易くなる。 Also, the according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, before and after the number of uses table change start, the average time-varying fluctuation for different out pattern type determination table that is used variable display of the variation time (variable display time ) also becomes to vary, the player, super reach a as a specific variable display pattern, not only the timing of appearance status fluctuation pattern B and ultra shortening is changed, the change is change time (variable display time) to become of interest to perform a game even with the timing of, it is possible to improve the interest of the game, you can recognize by change of the variation of the timing of these time-varying (variable display time), they change timing the player is likely to identify.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、潜伏条件の成立となる確変大当りBや小当りが発生した際に、高確(確変)状態に移行する確変大当りBである場合と、高確(確変)状態に移行しない小当りである場合とで異なるモードが多く決定されるので、これら決定されたモードの種類によって、遊技状態が高確状態に移行したことに対する遊技者の期待感を効果的に煽ることができる。 Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, when the establishment to become probability variation big hit B and Koatari latent conditions occur, and if it is probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) state, high since different modes in the case of the Koatari not migrate to the probability (probability variation) state is often determined by the type of the determined mode, the player's expectation for the gaming state is shifted to the high probability state it can inflame effectively.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、使用テーブル変更始動回数の前後において、予告演出パターンの出現状況(出現する予告演出の種別)が変化するようになるので、これら予告演出パターンの出現状況が変化するタイミングに注目して遊技を行うようになるため、遊技の興趣を向上させることができる。 Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, before and after the number of uses table change start, since appearance status notice demonstration pattern (type of announcement attraction appearing) is to vary, these announcement attraction pattern since the appearance situation so play a game by focusing on the timing of changes, it is possible to improve the interest of the game.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、高確(確変)状態に移行する確変大当りBである場合と、高確(確変)状態に移行しない小当りである場合とでモードの移行状況が変わるため、モードの移行状況の違いにより遊技者の高確状態への期待感を煽ることができる。 Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, the case is a probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) state, when a mode transition is Koatari not shift to a high probability (probability variation) state since the situation is changed, it is possible to stir up the expectations for high-probability state of the player due to the difference of the transition state of the mode. また、高確(確変)状態に移行しない小当りである場合であっても、小当り発生後の変動回数(始動回数)が高確状態の終了回数に相当する確変相当回数である78回以下の予め定められた所定回数となる使用テーブル変更始動回数に到達する前の期間において、モード変化決定用テーブルCを使用することで、高確(確変)状態に移行する確変大当りBが発生した場合において使用されるモード変化決定用テーブルAにおける「昇格」の割合である35/100(第3の割合)と同様の割合となる30/100の割合にてモードを移行させて遊技者の高確状態への期待感を煽ることが可能となる。 Further, even if a Koatari not shift to a high probability (probability variation) state, the following 78 times a probability variation corresponding number of number of times of the change in the post Koatari occurrence (start count) corresponds to the end count of the high probability state in a period before reaching the use table change start number of a predetermined number of times predetermined in, by using the table C for mode change decision, if the probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) condition occurs ratio a is 35/100 high probability of (third fraction) and to shift the mode at a rate of 30/100 as the same proportion player's "promotion" in the mode change decision table a to be used in it is possible to stir up the expectations of the state.

また、高確(確変)状態に移行する確変大当りBある場合において、確変大当りBの発生後、高確状態の終了回数である78回以下の予め定められた所定回数となる使用テーブル変更始動回数に到達した後の期間において、モード変化決定用テーブルBを使用することで、高確(確変)状態に移行しない小当りが発生した場合において使用されるモード変化決定用テーブルDにおける「昇格」の割合である15/100(第2の割合)と同様の割合となる25/100の割合にてモードを移行させることにより、モード変化決定用テーブルDよりも「昇格」の割合の高いモード変化決定用テーブルCにおける「昇格」の割合である30/100(第3の割合)によるモードの移行状況の発生により、遊技者の高確状態への期待感を煽ることが Also, in some cases probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) state, probability variation jackpot after the occurrence of B, 78 times or less in advance the number of uses table change start to be a predetermined number of times that is determined is the end count of the high probability state in a period after reaching the, by using the mode change determination table B, the "promotion" in the mode change decision table D to be used in the case where Koatari not shift to a high probability (probability variation) condition occurs by shifting the mode at a rate of 25/100 as the same ratio as the ratio is 15/100 (second fraction) of high mode change determination of the percentage of "elevation" than mode change determination table D the generation of the rate at which 30/100 migration status of the (third fraction) by the mode of "elevation" in the use table C, and to stir the expectations for high probability state of the player 能となる。 The ability.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、高確(確変)状態に移行する確変大当りBが発生した場合において、「当り」と決定される確率が高まることで、遊技の結果が「当り」となる場合において所定確率で決定されるスーパーリーチ(特殊可変表示パターン)が出現したときの信頼度が著しく高まってしまうことにより、これらスーパーリーチが出現した場合には「当り」となることがほぼ確実となってしまい興趣が低下してしまうが、遊技の結果が「当り」とならない場合において使用されるはずれ用変動パターン種別判定テーブルとして、スーパーリーチに対する決定確率が高い確率とされたはずれ用変動パターン種別判定テーブルC(第2決定用テーブル)が選択されて変動パターンが決定されるので、遊技の結果が「当り Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, when the probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) occurs, that increases the probability determined as "hit", the game result is " by reliability when super reach (special variable display pattern) appeared to be determined at a predetermined probability when the hit "will be significantly enhanced, it is a" hit "if these super reach appeared off but it lowers the interest becomes almost certainly, that the off for variation pattern type determination table used when the game result is not a "hit", determined for super reach probability is high probability since use variation pattern type determination table C (second decision table) is selected has been variation pattern is determined, the game result is "per にならないと決定された場合においても、スーパーリーチが出現しやすくなる。 If it has been determined that not to be, super reach is likely to appear. よって、高確(確変)状態に移行する確変大当りBの発生後においてスーパーリーチが出現したときの信頼度を適度に抑制することができるため、遊技の興趣低下を回避できる。 Therefore, it is possible to appropriately suppress the reliability when the super reach appeared after the occurrence of probability variation big hit B to shift to a high probability (probability variation) state, it can be avoided interest reduction of the game.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、遊技の結果が「当り」となるときにスーパーリーチ(特殊可変表示パターン)よりも出現頻度が低く、遊技の結果が「当り」とならないときにスーパーリーチ(特殊可変表示パターン)よりも出現頻度が低いことで、スーパーリーチよりも出現時の信頼度が低いノーマルリーチ(特別可変表示パターン)の出現頻度が、スーパーリーチと同様に、遊技の結果が「当り」とならないときに高まることがないので、これら出現時の信頼度が低いノーマルリーチが多く出現してしまうことによる興趣の低下を防止でき、よって、高確(確変)状態に移行する確変大当りBが発生した後における遊技の興趣を向上させることができる。 Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, when the player of the result is "hit" in the super reach (special variable display pattern) lower frequency than when the game result is not a "hit" Super reach their low frequency of occurrence than the (special variable display pattern), the frequency of appearance of reliability is low at the time of appearance than the super reach normal reach (special variable display pattern), as well as super reach, the results of the game to since There will not be increased when you do not become a "hit", probability variation is normal reach low reliability of these occurrences at the time it is possible to prevent a decrease in interest due to the results in many appear, therefore, to move to a high probability (probability variation) state jackpot B can be improved interest for games after providing occurred.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、はずれにおけるスーパーリーチの決定確率の高確率化が、出現時の信頼度が高いスーパーリーチC(第1特殊可変表示パターン)のはずれにおける決定確率を高めずに、出現時の信頼度が高いスーパーリーチCよりも低いスーパーリーチA、B(第2特殊可変表示パターン)のはずれにおける決定確率を高めることにより実施されているので、スーパーリーチC(第1特殊可変表示パターン)の信頼度が著しく低下してしまうことを防止できる。 Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, the high probability of determining the probability of super reach the disconnected, determines the edge of appearance when the reliability is high super reach C (first special variable display pattern) random without increasing the appearance when the reliability is high super reach C lower super reach a than, because it is carried out by increasing the decision probability at the edge of B (second special variable display pattern), super reach C ( it is possible to prevent the reliability of the first special variable display pattern) is considerably reduced.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、電源投入時にのみ起動高確情報(起動高確信号)が出力されるとともに高確報知LED24が点灯されるので、これら起動高確情報(起動高確信号)に基づいて起動時の遊技状態が高確状態であるか否かを容易に確認することができるため、例えば遊技店が営業を開始するときに高確状態であることに対する適切な処理、具体的には、高確状態をリセットして通常遊技状態に移行させる処理等を簡便に行うことができるばかりか、電源投入時以外は高確状態である旨の起動高確情報(起動高確信号)が出力されてしまうことがないので、確変大当りBや小当りが発生した直後の遊技状態が高確状態であるか否かが遊技者に察知されてしまうことを防止できる。 Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, since the high Revised intellectual LED24 is illuminated with activated high probability information only at power on (start high certainty No.) are output, start high probability information (Start since the high confidence No.) based on that game status at the time of startup can be confirmed easily whether the high probability state, suitable for that example gaming facility is Ko確 state when starting the operating process, specifically, usually not only can be easily carried out the processing for shifting to the playing state to reset the high probability state, start high probability information (start indicating than at power-on is a high probability state since no high confidence No.) from being outputted, it is possible to prevent the whether the game state immediately probability variation big hit B and Koatari occurs is high probability state from being perceive the player.

また、前記実施例のパチンコ遊技機1によれば、変動表示の表示結果として所定の小当り表示結果を導出可能とし、確変大当りBによる大当り遊技状態と小当り遊技状態とで、大入賞口の開閉制御態様(開放時間が0.1秒で開放回数が15回)を共通化することで、確変大当りBまたは小当りのいずれに移行したかを特定しにくくするだけでなく、はずれ、確変大当りB、小当りの場合に選択される複数の変動パターンのうち、一部の変動パターンの変動演出態様を共通化し、はずれ、確変大当りB、小当りのいずれであったのかを分かりにくくしているため、確変大当りBが発生したこと、および該確変大当りBが発生して遊技状態が確変状態(高確低ベース状態)に移行したこと(確変状態の潜伏)を遊技者に悟られないようにするこ Further, according to the pachinko gaming machine 1 of the embodiment, and can derive the predetermined Koatari display resulting display result of the variation displayed in the jackpot gaming state and Koatari gaming state by probability variation jackpot B, the special winning opening closing control mode (open time is 15 times the opening times of 0.1 seconds) by the common not only difficult to identify whether the transition to any of the probability variation jackpot B or Koatari, off, probability variation jackpot B, among a plurality of variation patterns is selected in case of Koatari, the fluctuation effect aspect of some variation pattern in common, off, and probability variation jackpot B, obscure whether had any Koatari Therefore, probability variation big hit that B has occurred, and 該確 varying jackpot B that is gaming state occurs shifts to probability variation state (high 確低 base state) (latency probability variation state) in order not to let the player to child ができる。 Can. よって、確変大当りBの発生に関係なく周期演出を周期的に実行することで、遊技状態が確変状態であることに対する遊技者の期待感を高めることができるため、確変大当りAの終了後に移行した確変状態が終了した後でも、周期演出が開始されるまで遊技者の遊技意欲を持続させることができる。 Therefore, by executing the periodic effect periodically regardless occurrence of probability variation big hit B, gaming state it is possible to increase the player's expectation against a probability variation state transitions after completion of the probability variation jackpot A even after the probability variation state has been completed, it is possible to maintain the game motivation of the player until the cycle production is started.

なお、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bでは、前述したように特別図柄として複数種類の記号を可変表示させて表示結果を導出表示するようになっていることで、特別図柄の表示結果が確変大当りA,確変大当りB、小当りのいずれの表示結果であるかを遊技者が特定することを困難としているため、確変大当りBが発生したことおよび遊技状態が確変状態に移行したこと(確変状態の潜伏)をより遊技者に悟られにくくなる。 In the first special symbol display 8a and the second special symbol display device 8b, that is adapted to derive display the results displayed by the variable display a plurality of types of symbols as a special symbol as described above, special display results of symbols probability variation big hit a, probability variation big hit B, since the player which one of the display result of Koatari is difficult to identify, probability variation big hit and gaming state B occurs within probability variation state migrated things (latency probability variation state) becomes more difficult to convince the player.

また、前記実施例では、遊技制御用CPU56は、確変大当りAを契機とする大当り遊技が終了したとき、確変大当りBを契機とする大当り遊技が終了したとき、確変大当りAを契機とする大当り遊技の終了後に移行させた確変状態が所定回数(78回)の変動表示の実行により終了したときに、所定の潜伏条件が成立したとして遊技状態を通常状態または確変状態のいずれかに移行させていたが、前記所定の潜伏条件は上記のものに限定されるものではなく、例えば大当り遊技の終了後等に遊技状態を確変状態に移行するか否かの移行抽選を実施するものにおいて、該移行抽選に当選したときに前記所定の潜伏条件が成立したとして遊技状態を確変状態に移行するようにしてもよい。 In the above embodiment, the game control CPU56, when the jackpot gaming triggered by the probability variation jackpot A is completed, when the jackpot gaming triggered by the probability variation big hit B is finished, jackpot gaming triggered by the probability variation jackpot A of when the probability variation state of being migrated after the end is completed by the execution of the variable display of a predetermined number of times (78 times), had a gaming state is shifted to either the normal state or probability variation state as a predetermined latency condition is satisfied but wherein the predetermined latent conditions are not limited to those described above, for example, after the end or the like of the jackpot gaming in which to implement the migration lottery whether to shift the game state to the probability variation state, 該移 line lottery the game state may shift to a probability variation state as the predetermined latent condition is satisfied when elected. すなわち、前記所定の潜伏条件とは、遊技状態の移行条件であって、大当り遊技が終了することだけでなく、大当り遊技の終了後に移行した遊技状態が所定回数の可変表示の実行により終了することや、移行抽選に当選したこと等により成立するものであってもよい。 That is, the the predetermined latent condition, a transition condition of the gaming state, not only the jackpot gaming is terminated, the jackpot migrated gaming state after the end of the game is completed by the variable displays the execution of a predetermined number of times and, it may be one that established such as by was elected to the migration lottery.

また、前記実施例では、確変大当りA、Bを契機とする大当り遊技状態および小当りを契機とする小当り遊技状態において特別可変入賞球装置20の大入賞口が開放されるようになっていたが、例えば特別可変入賞球装置20とは別個に第2特別可変入賞球装置を設け、確変大当りAを契機とする大当り遊技状態においては特別可変入賞球装置20の大入賞口を開放する制御を行い、確変大当りBを契機とする大当り遊技状態および小当りを契機とする小当り遊技状態においては第2特別可変入賞球装置の大入賞口を開放する制御を行うようにしてもよい。 In the above embodiment, winning opening the probability variation big hit A, jackpot gaming state and Koatari special variable winning ball apparatus in Koatari gaming state triggered by the 20 triggered by the B was designed to be opened but, for example, provided the second special variable winning ball device separately from the special variable winning ball device 20, the control in the jackpot gaming state triggered by the probability variation big hit a is to open the special winning opening of the special variable winning ball device 20 perform, in a Koatari gaming state triggered by the jackpot gaming state and Koatari triggered by the probability variation big hit B may perform control to open the special winning opening of the second special variable winning ball device.

この場合、例えば第2特別可変入賞球装置に対し、本実施例の特別可変入賞球装置20のように水平軸周りに回動可能に設けられた開閉扉により大入賞口を開閉可能とする構造を採用せずに、例えば大入賞口内に遊技領域に向けて出退可能に設けた球受片をスライド移動させることで大入賞口を開閉可能とする構造を採用し、大入賞口を高速で開閉させることができるようにするとともに、さらにこれを小型化すること等により、確変大当りBの大当り遊技状態や小当りの小当り遊技状態の開放制御期間を極力短くすることができ、これにより大入賞口の開放制御が行われていることが遊技者はわかりにくくなるため、確変大当りBが発生したことを悟られずに遊技状態を高確低ベース状態に移行(潜伏)させることができる。 Structure in this case, for example, with respect to the second special variable winning ball apparatus, by opening and closing door provided rotatably around a horizontal axis as the special variable winning ball device 20 of the present embodiment can be opened and closed a winning opening the without employing, for example, a projecting and retracting capable provided sphere receiving piece toward the playfield special winning opening adopts a structure that allows opening and closing the special winning opening by sliding movement, the winning opening at high speed together to be able to open and close to, such as by further miniaturize this, it is possible to reduce the opening control period Koatari playing state jackpot gaming state and Koatari the probability variation jackpot B utmost, thereby large because the opening control of the winning openings have been made difficult player to understand, it can be transferred (latent) a gaming state without being convicted that probability variation big hit B occurs in the high 確低 base state.

以上、本発明の実施例を図面により説明してきたが、具体的な構成はこれら実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれる。 Although the embodiments of the present invention has been described with reference to the drawings, specific configurations are not limited to these embodiments, and modifications and additions without departing from the scope of the present invention included in the present invention It is.

例えば、前記実施例では、パチンコ遊技機などの遊技機に適用可能であり、特に、可変表示装置における識別情報の表示結果があらかじめ定められた特定表示結果となったときに、遊技者にとって有利な有利状態に制御する遊技機に好適に適用される。 For example, in the above embodiment is applicable to gaming machines such as pachinko gaming machines, in particular, when the display result of the identification information in the variable display device has become a particular display result with a predetermined, beneficial for the player It is preferably applied to a game machine to control the advantageous state.

また、前記実施例では、図55(b)に示すように、使用テーブル変更始動回数となる前の期間1においては、はずれ用変動パターン種別判定テーブルCを使用した後、使用テーブル変更始動回数後においては、はずれ用変動パターン種別判定テーブルA(B)を使用するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、図56に示すように、これら確変大当りBの場合と同様に、使用テーブル変更始動回数後から変動回数が確変相当回数である78回となるまでの期間2については、はずれ用変動パターン種別判定テーブルDを使用することで、超短縮の変動パターンの出現頻度を高くして、通常遊技状態における平均変動時間よりも短い平均変動時間となるようにしても良い。 In the above embodiment, as shown in FIG. 55 (b), in the period 1 before the use table change number of starts, after using off for variation pattern type determination table C, after use table change start times in, although to use the off for variation pattern type determination table a (B), the present invention is not limited thereto, for example, as shown in FIG. 56, if these probability variation jackpot B similar to the number of times of the change in later use table change starting number for the period 2 to the 78th is a probability variation corresponding number, the use of off for variation pattern type determination table D, the variation pattern of the ultra-shortening by increasing the frequency of occurrence may be set to be shorter average variation time than average variation time in the normal gaming state.

また、前記実施例では、使用テーブル変更始動回数の前後において使用するモード変化決定用テーブルを変更するタイミングを変更するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらモード変化決定用テーブルを変更するタイミングを、潜伏条件の成立時となる通常遊技状態において確変大当りBや小当りの発生時から、予め定められた所定の変動回数、例えば、35回等のように変化しない一定の変動回数としても良い。 Further, in the embodiments, so that changes the timing of changing the mode change determination table used before and after use table change start times, the present invention is not limited thereto, these modes change the timing of changing the determination table, from the time of occurrence of the probability variation jackpot B and Koatari in the normal game state as the time of establishment of the latent condition, a predetermined number of times varies a predetermined, for example, does not change as such 35 times it may be as a constant fluctuation number of times. また、この場合には、通常遊技状態において確変大当りBが発生した場合には35回(または20回)、通常遊技状態において小当りが発生した場合には20回(35回)のように、潜伏条件の成立直後の遊技状態が確変(高確)状態であるか否かに応じて所定の変動回数を異なるものとしても良い。 Further, in this case, 35 times in the case of probability variation jackpot B occurs in the normal gaming state (or 20 times), if Koatari occurs in the normal game state as 20 times (35 times), gaming state immediately after establishment of latent conditions may be different predetermined variation time count in response to whether the probability variation (high probability) state.

また、前記実施例では、はずれのスーパーリーチの発生頻度が高められたはずれ用変動パターン種別判定テーブルCの使用を終了するタイミングである使用テーブル変更始動回数が変化するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら使用テーブル変更始動回数が変化しないものであっても良い。 Further, in the embodiment, although the number of uses table change starting a timing to end the use of the frequency is off for variation pattern type determination table C elevated super reach out is to vary, the present invention is not intended to be limited thereto and may be one such use table change start number is not changed. 例えば、確変(高確)状態が終了する変動回数である78回(確変相当回数)において、はずれのスーパーリーチの発生頻度が高められたはずれ用変動パターン種別判定テーブルの使用を終了するようにしても良い。 For example, in the probability variation (high probability) 78 times a fluctuation count state is completed (probability variation corresponding number), so as to end the use of super reach the occurrence frequency out for variation pattern type determination table elevated outskirts it may be.

1 パチンコ遊技機8a 第1特別図柄表示器8b 第2特別図柄表示器9 演出表示装置13 第1始動入賞口14 第2始動入賞口20 特別可変入賞球装置31 遊技制御基板(主基板) 1 pachinko machine 8a first special symbol display device 8b second special symbol display 9 performance display device 13 first start winning opening 14 second start winning hole 20 special variable winning ball device 31 game controller board (main board)
56 遊技制御用CPU 56 game control for CPU
560 遊技制御用マイクロコンピュータ80 演出制御基板100 演出制御用マイクロコンピュータ101 演出制御用CPU 560 gaming control microcomputer 80 the performance control board 100 effect control microcomputer 101 effect control CPU

Claims (1)

  1. 始動条件の成立にもとづいて、各々を識別可能な複数種類の識別情報の可変表示を行う可変表示手段と、該識別情報の可変表示の表示結果が導出されるまでに、遊技者にとって有利な特定遊技状態を発生させる特定表示結果とするか否かを決定する事前決定手段と、該事前決定手段が前記特定表示結果とする旨を所定の通常確率で決定する通常遊技状態または前記事前決定手段が前記特定表示結果とする旨を前記通常確率よりも高い確率で決定する高確率遊技状態のいずれかに遊技状態を制御する遊技制御手段と、を備え、前記識別情報の可変表示表示結果が前記特定表示結果であるときに前記特定遊技状態となるとともに、所定の潜伏条件が成立したことに応じて、その後の遊技状態が、前記通常遊技状態或いは前記高確率遊技状態のい Based on satisfaction of start conditions, the variable display means for performing variable display of identification information of plural types can be identified, each, by the variable display of the display results of the identification information is derived, advantageous for Yu technique's and pre-determining means for determining whether a particular display result to generate a specific game state, the normal game state or the pre-determined to determine the effect that the pre determining means and the specific display results in a predetermined normal probability means and a game control means for controlling the gaming state to one of the high-probability game state to determine with high probability than the normal probability that the will to the specific display result, the variable display of the display formation of the identification information it becomes the specific game state when fruit is the specific display results, in response to Tokoro constant latent condition is satisfied, the subsequent gaming state, the normal game state or have the high probability game state れかに前記遊技制御手段により制御される遊技機であって、 Wherein a gaming machine that is controlled by the game control means or Re,
    少なくとも前記事前決定手段が前記識別情報の可変表示の表示結果を前記特定表示結果とすると決定したときに、 所定の可変表示パターンよりも決定されやすい特殊可変表示パターンを含む複数種類の可変表示パターンのうちから、前記識別情報の可変表示パターンを前記事前決定手段の決定結果にもとづいて決定する可変表示パターン決定手段と、 A plurality of types of variable display pattern including at least the if beforehand determining means has determined that said specific display results display result of the variable display of the identification information, the special variable display pattern which is easily determined than the predetermined variable display pattern from among the variable display pattern determining means for determining a variable display pattern of the identification information on the basis of the determination result of the pre-determining means,
    前記可変表示パターン決定手段が決定した前記可変表示パターンにもとづいて、前記識別情報の可変表示を実行する可変表示実行手段と、 The variable display pattern determining means based on the variable display pattern determined, a variable display execution means for executing the variable display of the identification information,
    前記事前決定手段が前記識別情報の可変表示の表示結果を前記特定表示結果としないと決定したときに前記可変表示パターン決定手段が前記可変表示パターンを決定するために用いるはずれ決定用テーブルであって、前記特殊可変表示パターンに対する決定確率が第1確率に設定された第1決定用テーブルと、前記特殊可変表示パターンに対する決定確率が前記第1確率よりも高い第2確率に設定された第2決定用テーブルと、を記憶する決定用テーブル記憶手段と、 The variable display pattern determining unit Re should have used to determine the variable display pattern determined titration, table when the predetermination means has determined that the variable display of the display result of the identification information does not the specific display results a is, determining probabilities for the special variable display pattern first a determination table set in the first probability, decision probability for the particular variable display pattern is set to a higher second probability than the first probability a determination table storage unit for storing a second decision table, and
    前記潜伏条件が成立する前においては、前記はずれ決定用テーブルとして前記第1決定用テーブルを選択し、前記潜伏条件が成立した後においては、前記はずれ決定用テーブルとして前記第2決定用テーブルを選択するテーブル選択手段と、 In the above-before incubation condition is satisfied, and selects the first determination table as the supposed Re determine titration, table, after which the incubation condition is satisfied, the second determined as the should Re determine titration, table a table selecting unit for selecting a use table,
    を備え、 Equipped with a,
    前記可変表示パターン決定手段は、前記事前決定手段が前記識別情報の可変表示の表示結果を前記特定表示結果としないと決定したときに、前記テーブル選択手段により選択された前記第1決定用テーブルまたは前記第2決定用テーブルに基づいて可変表示パターンを決定する、 The variable display pattern determining means, when the pre-determination means has a variable display of the display results of said identification information determines that no said specific display result, the first determination table selected by the table selecting unit or determining the variable display pattern based on the second decision table,
    ことを特徴とする遊技機。 Game machine, characterized in that.
JP2010116415A 2010-05-20 2010-05-20 Game machine Active JP5462708B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010116415A JP5462708B2 (en) 2010-05-20 2010-05-20 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010116415A JP5462708B2 (en) 2010-05-20 2010-05-20 Game machine

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2011240036A true JP2011240036A (en) 2011-12-01
JP2011240036A5 true JP2011240036A5 (en) 2012-08-09
JP5462708B2 true JP5462708B2 (en) 2014-04-02

Family

ID=45407328

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010116415A Active JP5462708B2 (en) 2010-05-20 2010-05-20 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5462708B2 (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6349134B1 (en) 1985-07-10 2002-02-19 Ronald A. Katz Technology Licensing, L.P. Telephonic-interface statistical analysis system
US6434223B2 (en) 1985-07-10 2002-08-13 Ronald A. Katz Technology Licensing, L.P. Telephone interface call processing system with call selectivity
US6512415B1 (en) 1985-07-10 2003-01-28 Ronald A. Katz Technology Licensing Lp. Telephonic-interface game control system
US6570967B2 (en) 1985-07-10 2003-05-27 Ronald A. Katz Technology Licensing, L.P. Voice-data telephonic interface control system
US6678360B1 (en) 1985-07-10 2004-01-13 Ronald A. Katz Technology Licensing, L.P. Telephonic-interface statistical analysis system

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6129789B2 (en) * 2014-07-22 2017-05-17 株式会社三共 Game machine
JP6129791B2 (en) * 2014-07-22 2017-05-17 株式会社三共 Game machine
JP6129787B2 (en) * 2014-07-22 2017-05-17 株式会社三共 Game machine
JP6129790B2 (en) * 2014-07-22 2017-05-17 株式会社三共 Game machine
JP6129788B2 (en) * 2014-07-22 2017-05-17 株式会社三共 Game machine

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4363858B2 (en) * 2003-01-31 2009-11-11 株式会社三共 Game machine, a computer program, and recording medium
JP5506014B2 (en) * 2008-12-01 2014-05-28 サミー株式会社 A pinball game machine
JP5380655B2 (en) * 2009-05-29 2014-01-08 株式会社ソフイア Game machine
JP5187779B2 (en) * 2009-09-10 2013-04-24 サミー株式会社 A pinball game machine
JP4930954B2 (en) * 2010-01-08 2012-05-16 サミー株式会社 A pinball game machine

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6349134B1 (en) 1985-07-10 2002-02-19 Ronald A. Katz Technology Licensing, L.P. Telephonic-interface statistical analysis system
US6434223B2 (en) 1985-07-10 2002-08-13 Ronald A. Katz Technology Licensing, L.P. Telephone interface call processing system with call selectivity
US6512415B1 (en) 1985-07-10 2003-01-28 Ronald A. Katz Technology Licensing Lp. Telephonic-interface game control system
US6570967B2 (en) 1985-07-10 2003-05-27 Ronald A. Katz Technology Licensing, L.P. Voice-data telephonic interface control system
US6678360B1 (en) 1985-07-10 2004-01-13 Ronald A. Katz Technology Licensing, L.P. Telephonic-interface statistical analysis system

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2011240036A (en) 2011-12-01 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2010104429A (en) Game machine
JP2011050642A (en) Game machine
JP2010035879A (en) Game machine
JP2010136829A (en) Game machine
JP2010119533A (en) Game machine
JP2010115325A (en) Game machine
JP2011062252A (en) Game machine
JP2011229666A (en)