JP5395014B2 - Search system and method integrating user annotations from a trust network - Google Patents

Search system and method integrating user annotations from a trust network Download PDF

Info

Publication number
JP5395014B2
JP5395014B2 JP2010189354A JP2010189354A JP5395014B2 JP 5395014 B2 JP5395014 B2 JP 5395014B2 JP 2010189354 A JP2010189354 A JP 2010189354A JP 2010189354 A JP2010189354 A JP 2010189354A JP 5395014 B2 JP5395014 B2 JP 5395014B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
user
search
annotation
list
network
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010189354A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010272141A (ja
Inventor
キ ルー
エカルト ヴァルター
ディヴィッド クー
チュン マン タム
ケヴィン リー
ジーチェン シュー
パヴェル バーキン
アムル エイ アワダラー
アリ ディアブ
ケニス ノートン
ジァンチャン マオ
Original Assignee
ヤフー! インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US55357704P priority Critical
Priority to US60/553,577 priority
Priority to US62328204P priority
Priority to US60/623,282 priority
Application filed by ヤフー! インコーポレイテッド filed Critical ヤフー! インコーポレイテッド
Publication of JP2010272141A publication Critical patent/JP2010272141A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5395014B2 publication Critical patent/JP5395014B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F16/00Information retrieval; Database structures therefor; File system structures therefor
    • G06F16/90Details of database functions independent of the retrieved data types
    • G06F16/95Retrieval from the web
    • G06F16/953Querying, e.g. by the use of web search engines
    • G06F16/9535Search customisation based on user profiles and personalisation

Description

本発明は、一般に、ドキュメントのコーパスをサーチすることに係り、より詳細には、問合せユーザにより与えられる注釈(アノテーション)及びその問合せユーザに対して信頼関係を有する他のユーザにより与えられる注釈を含むドキュメントのユーザ注釈をレバレッジするサーチシステム及び方法に係る。   The present invention generally relates to searching a corpus of documents, and more particularly includes annotations provided by a query user and annotations provided by other users who have a trust relationship with the query user. The present invention relates to a search system and method for leveraging user annotations of a document.

関連出願へのクロスレファレンス:本出願は、次の2つの米国プロビジョナル特許出願の利益を請求する。
・ 2004年3月15日に出願された「Search Systems and Methods with Integration of User Judgments Including Trust Networks」と題する出願第60/553,577号;及び
・ 2004年10月28日に出願された「Search Systems and Methods with Integration of User Judgments Including Trust Networks」と題する出願第60/623,282号。
これら特許出願の各開示をあらゆる目的で参考としてここに援用する。
Cross-reference to related applications: This application claims the benefits of the following two US provisional patent applications:
Application No. 60 / 553,577 entitled “Search Systems and Methods with Integration of User Judgments Including Trust Networks” filed on March 15, 2004; and “Search” filed on October 28, 2004; Application 60 / 623,282 entitled “Systems and Methods with Integration of User Judgments Including Trust Networks”.
The disclosures of each of these patent applications are incorporated herein by reference for all purposes.

本開示は、あらゆる目的で参考としてここに援用する「Search Systems and Methods with Integration of User Annotations」と題する共通に所有する出願中の米国特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に関連している。   This disclosure is related to a commonly owned pending US patent application entitled “Search Systems and Methods with Integration of User Annotations” (Attorney Docket No. 017887-013720 US), incorporated herein by reference for all purposes. .

ワールドワイドウェブ(ウェブ)は、実質上全ての想像可能な主題に関連した相互リンク情報ソースの大きな集合体を提供する(テキスト、イメージ及びメディアコンテンツを含む種々のフォーマットで)。ウェブが成長するにつれて、この集合体をサーチして、特定の主題に関連したコンテンツを識別するためのユーザの能力が益々重要となり、この要求を満足するために、多数のサーチサービスプロバイダーが現在存在する。一般に、サーチサービスプロバイダーは、ウェブページを発行し、これを経て、ユーザは、ユーザが何に関心があるかを示す問合せを提示することができる。この問合せに応答して、サーチサービスプロバイダーは、その問合せに関連すると考えられるウェブページ又はサイトへのリンクのリストを、通常、「サーチ結果」ページの形態で発生して、ユーザへ送信する。   The World Wide Web (Web) provides a large collection of interlinked information sources (in various formats including text, image and media content) related to virtually all imaginable subjects. As the web grows, the user's ability to search this collection and identify content related to a particular subject becomes more and more important, and a number of search service providers currently exist to satisfy this requirement. To do. Generally, a search service provider publishes a web page, through which a user can present a query that shows what the user is interested in. In response to this query, the search service provider generates a list of links to web pages or sites that are considered relevant to the query, typically in the form of a “search results” page and sends it to the user.

問合せ応答は、一般に、次のステップを伴う。第1に、ウェブページ又はサイトの予め生成されたインデックス又はデータベースを、問合せから抽出された1つ以上のサーチ用語を使用してサーチして、ヒットのリスト(通常、サーチ用語を含むか、さもなければ、問合せに関連するものとして識別されるターゲットページ又はサイト、或いはそれらターゲットページ又はサイトに対するリファレンス)を発生する。次いで、これらヒットを所定の基準に基づいてランク付けし、そして最良の結果(これらの基準に基づく)に、最も目立つ場所、例えば、リストのトップ、を与える。ヒットのランク付けしたリストを、通常、ヒットページ又はサイトへのリンクのリストを含む「結果」ページ(又は1組の相互接続されたページ)の形態で、ユーザへ送信する。又、スポンサー付きリンク又は広告のような他の特徴を結果リストに含ませてもよい。   An inquiry response generally involves the following steps. First, a pre-generated index or database of web pages or sites is searched using one or more search terms extracted from a query to find a list of hits (usually containing search terms, Otherwise, a target page or site identified as relevant to the query, or a reference to the target page or site) is generated. These hits are then ranked based on pre-determined criteria, and the best results (based on these criteria) are given the most prominent location, eg, the top of the list. A ranked list of hits is sent to the user, typically in the form of a “results” page (or a set of interconnected pages) that includes a list of hit pages or links to sites. Other features such as sponsored links or advertisements may also be included in the results list.

ヒットのランク付けは、ユーザのサーチが成功で終わるか又は失望で終わるかという点でしばしば重要なファクタである。頻繁に起きることに、1つの問合せは、ユーザが適度な時間内に全てのヒットを調査することが不可能なほど多数のヒットを返送する。ユーザがたどる最初の幾つかのリンクが当該コンテンツへと導かなかった場合には、たとえ当該コンテンツがリストの更に下で得られたとしても、ユーザは、サーチ、及びおそらく、そのサーチサーバープロバイダーをあきらめることがしばしばある。   Hit ranking is often an important factor in whether a user's search ends in success or disappointment. Frequently, one query returns so many hits that it is impossible for the user to investigate all hits in a reasonable amount of time. If the first few links that the user follows do not lead to the content, the user will give up the search and possibly the search server provider even if the content is obtained further down the list There is often.

当該コンテンツが目立った場所となる見込みを最大にするために、サーチサービスプロバイダーは、益々精巧なページランク付け基準及びアルゴリズムを開発した。初期のウェブサーチでは、ランク付けが、通常、所与のページにおけるサーチ用語の発生数及び/又は接近度に基づくものであった。これでは不充分であることが分かり、今日使用されるアルゴリズムは、通常、ヒットページ自体におけるサーチ用語の存在に加えて、他の情報、例えば、所与のヒットページにリンクするウェブ上の他のサイトの数(これは、他のコンテンツプロバイダーがそのヒットページをいかに有用と考えるかを反映する)を合体する。1つのアルゴリズムは、問合せユーザが、返送されるヒットをレーティング決めすることによりフィードバックを与えるのを許す。レーティングは、問合せに関連して記憶され、そして以前の肯定的レーティングは、同じ問合せがユーザにより次に入力されたときにヒットをランク付けするファクタとして使用される。   In order to maximize the likelihood that the content will be prominent, search service providers have developed increasingly sophisticated page ranking criteria and algorithms. In early web searches, ranking was usually based on the number of occurrences and / or proximity of search terms on a given page. This has proved inadequate, and the algorithms used today are usually in addition to the presence of search terms in the hit page itself, as well as other information such as other on the web that links to a given hit page. Combine the number of sites, which reflects how useful other content providers think the hit page is. One algorithm allows the querying user to provide feedback by rating the hits that are returned. The rating is stored in association with the query, and the previous positive rating is used as a factor to rank hits when the same query is next entered by the user.

しかしながら、既存のアルゴリズムは、一般に、個々のユーザの好みを考慮するものではない。例えば、同じ問合せを入力する2人のユーザは、実際に、異なるものに関心があって、一方のユーザに関連するページ又はサイトが他方のユーザに関連しないことがある。更に、異なるユーザは、コンテンツをいかに編成して表示するか、どちらのコンテンツプロバイダーを信頼するか、等々の分野において異なる好みを有し、これは、ユーザが所与のサイトをいかに評価し又はレーティング決めするかに影響することがある。従って、1人のユーザ(又は大勢のユーザ)を満足するサイトが、同じ問合せを入力する次のユーザを満足しないことがあり、そのユーザは、依然として、失望であきらめることになる。   However, existing algorithms generally do not consider individual user preferences. For example, two users entering the same query may actually be interested in different things, and a page or site associated with one user may not be associated with the other user. In addition, different users have different preferences in areas such as how to organize and display content, which content providers to trust, etc. This is how users rate or rate a given site It may affect how you decide. Thus, a site that satisfies one user (or many users) may not be satisfied with the next user entering the same query, and that user will still give up in disappointment.

個々のユーザが彼らに関心のあるコンテンツを見つけるのを助けるための別のツールは、「ブックマーキング」である。慣習的に、ブックマーキングは、ウェブブラウザプログラムにおいて実施されており、ページを見ている間に、ユーザは、そのページに対するブックマークをセーブすることを選択できる。ブックマークは、通常、そのページに対するURL(ユニフォームリソースロケータ)、タイトル、及びおそらく、いつユーザがそのページに訪問したか又はいつユーザがブックマークを生成したか等の他の情報を含む。ウェブブラウザプログラムは、ブックマークのリストを維持し、そしてユーザは、自分のブックマークリストにおいてページを見つけることによりブックマーク付きページへナビゲートすることができる。ブックマークのリストをナビゲートするタスクを簡単化するために、ほとんどのブックマーキングツールは、ユーザがそれらのブックマークをフォルダへと編成するのを許す。最近、あるインターネットベースの情報サービスは、登録されたユーザが、インターネットに接続されたコンピュータからブックマークのパーソナルリストを生成し及びそれにアクセスすることを許すブックマーキングツールを実施している。   Another tool to help individual users find content of interest to them is “bookmarking”. Conventionally, bookmarking is implemented in a web browser program, and while viewing a page, the user can choose to save a bookmark for that page. The bookmark typically includes a URL (Uniform Resource Locator) for the page, a title, and possibly other information such as when the user visited the page or when the user generated the bookmark. The web browser program maintains a list of bookmarks and the user can navigate to the bookmarked page by finding the page in his bookmark list. To simplify the task of navigating a list of bookmarks, most bookmarking tools allow users to organize their bookmarks into folders. Recently, certain Internet-based information services have implemented a bookmarking tool that allows registered users to generate and access a personal list of bookmarks from a computer connected to the Internet.

ブックマーキングは役立つものであるが、このツールは、制約もある。例えば、フォルダではあっても、所与の時点でユーザが探している情報の特定アイテムをどのブックマーク付きページが有しているかユーザが思い出すのは困難である。又、既存のブックマーキングツールは、一般に、ユーザが所与のページに既にブックマークをしたかどうかユーザが識別する上で助けとならないし、又、ブックマーク付き情報をサーチするための容易さを与える上でも助けとならない。更に、既存のブックマーキング技術は、ユーザが他のユーザとブックマークを共有する容易な仕方を与えるものではない。   While bookmarking is useful, this tool also has limitations. For example, even if it is a folder, it is difficult for the user to remember which bookmarked page has a particular item of information that the user is looking for at a given time. Also, existing bookmarking tools generally do not help users to identify whether they have already bookmarked a given page, and provide ease for searching bookmarked information. But it doesn't help. Furthermore, existing bookmarking techniques do not provide an easy way for users to share bookmarks with other users.

従って、個々のユーザがそれらに関心のあるコンテンツを収集しそしてサーチする上で助けとなる改良されたツールを提供することが要望される。   Accordingly, it is desirable to provide improved tools that help individual users collect and search content of interest to them.

本発明の実施形態は、種々のページ又はサイトに関するユーザジャッジメント情報を合体するサーチシステム及び方法を提供する。この情報は、問合せユーザからのジャッジメントを含むと共に、問合せユーザにより自身の「信頼性ネットワーク」のメンバーとして選択された他のユーザ、或いは問合せユーザにより識別された何らかの他のユーザグループからのジャッジメントを含んでもよい。例えば、ある実施形態では、コンテンツ注釈システムに参加する各ユーザは、友人のリストを定義することができ、ここで、各友人は、第1のユーザが注釈を共有することを望むシステムの別のユーザであり、種々の参加ユーザにより定義された友人のリストに基づいて、ユーザごとに信頼性ネットワークが定義される。他の実施形態では、ユーザのための信頼性ネットワークは、ユーザが属する充分定義されたコミュニティのメンバーを含むものとして定義される。信頼性ネットワークがいかに定義されるかに関わらず、問合せユーザの信頼性ネットワークのメンバーによる注釈は、問合せユーザによるコーパスのその後のサーチの結果に一体化することができると共に、コーパスをブラウズする問合せユーザの経験を向上させるために種々の仕方で使用することもできる。他の実施形態では、問合せユーザは、所定のコミュニティ(ユーザがそのメンバーであってもよいし、なくてもよい)のメンバーを指定してもよく、そしてそのコミュニティのメンバーによる注釈は、問合せユーザに対するサーチ結果に一体化することもできるし、又、問合せユーザのブラウジング経験を向上させるように使用することもできる。   Embodiments of the present invention provide a search system and method that incorporates user judgment information for various pages or sites. This information includes judgments from the querying user, as well as judgments from other users selected by the querying user as members of their “trust network” or some other user group identified by the querying user. But you can. For example, in one embodiment, each user who participates in the content annotation system can define a list of friends, where each friend wants another user in the system that the first user wants to share the annotations. A reliability network is defined for each user based on a list of friends defined by the various participating users. In other embodiments, a trust network for a user is defined as including members of a well-defined community to which the user belongs. Regardless of how the trust network is defined, the annotations by members of the query user's trust network can be integrated into the results of subsequent searches of the corpus by the query user and the query user browsing the corpus It can also be used in various ways to improve the experience. In other embodiments, the querying user may specify members of a given community (the user may or may not be a member thereof) and annotations by members of that community may be Can be integrated into the search results for and can be used to improve the browsing experience of the querying user.

本発明の1つの態様によれば、ユーザ問合せに応答する方法は、多数のユーザの中の問合せユーザにより提示された問合せを受信するステップと、1つ以上のヒットを識別するために多数のドキュメントより成るコーパスをサーチするステップであって、各ヒットがその問合せに関連したものであると判断されたコーパスにおけるドキュメントであるようなステップと、を備えている。問合せユーザに対して信頼性ネットワークを構築するステップを更に備え、この信頼性ネットワークは、問合せユーザ以外の少なくとも1人のユーザを含むユーザのサブセットをメンバーとして有するものである。ユーザにより生成された注釈の記憶装置にアクセスするステップを更に備え、各注釈は、コーパスにおけるドキュメントのうちの対象ドキュメント及びユーザのうちの生成ユーザに関連され、そして各注釈は、この対象ドキュメントに関連したユーザ特有のメタデータを含む。少なくとも1つの「注釈付きヒット」を識別するステップを更に備え、注釈付きヒットとは、少なくとも1つのマッチングする注釈の対象ドキュメントでもあるヒットであり、且つ各マッチングする注釈の生成ユーザは、信頼性ネットワークのメンバーの1人である。ヒットのリストを含むサーチレポートを発生するステップを更に含む。注釈付きヒットの各々に対して、サーチレポートは、マッチングする注釈に関する情報も含む。コーパスは、例えば、複数のワールドワイドウェブページを含むことができ、そしてユーザは、人間又はコンピュータ(或いはコンピュータを操作する人間)でよい。   According to one aspect of the invention, a method for responding to a user query includes receiving a query presented by a query user among multiple users and multiple documents to identify one or more hits. And searching for a corpus comprising: each hit being a document in the corpus determined to be associated with the query. The method further comprises building a trust network for the querying user, the trust network having as a member a subset of users including at least one user other than the querying user. Accessing a storage of user-generated annotations, each annotation being associated with a target document of the documents in the corpus and a generating user of the user, and each annotation being associated with the target document User-specific metadata. Identifying at least one “annotated hit”, wherein the annotated hit is a hit that is also the target document of the at least one matching annotation, and the generating user of each matching annotation is a trust network One of the members. The method further includes generating a search report including a list of hits. For each annotated hit, the search report also includes information about the matching annotation. The corpus can include, for example, a plurality of world wide web pages, and the user can be a human or a computer (or a human operating a computer).

ある実施形態において、信頼性ネットワークのメンバーは、問合せユーザにより友人として明確に識別される少なくとも1人の他のユーザを含む。例えば、信頼性ネットワークインターフェイスを設けることができ、この信頼性ネットワークインターフェイスは、他のユーザを友人として識別するためにユーザにより操作することができる。信頼性ネットワークインターフェイスを経て、問合せユーザを含む多数の入力ユーザから友人の識別が受け取られる。入力ユーザごとに、識別された友人のリストが記憶される。又、ある実施形態では、識別された友人のリストにおける各友人に信頼性重みを指定することも許される。信頼性重みは、例えば、信頼性ネットワークインターフェイスを経て受信したユーザ入力に基づいて指定することができる。   In one embodiment, the members of the trust network include at least one other user that is specifically identified as a friend by the querying user. For example, a reliable network interface can be provided, which can be operated by the user to identify other users as friends. Via the trusted network interface, friend identifications are received from a number of input users including the querying user. For each input user, a list of identified friends is stored. In some embodiments, it is also permissible to assign a confidence weight to each friend in the list of identified friends. The reliability weight can be specified based on, for example, user input received via the reliability network interface.

他の実施形態では、問合せユーザに対して信頼性ネットワークを構築するステップは、問合せユーザが通信する相手であるユーザのリストから問合せユーザに対する識別された友人のリストを自動的にポピュレーションすることを含む。このユーザリストは、例えば、問合せユーザにより維持されるインスタントメッセージ連絡先のリストと、問合せユーザにより維持されるeメールアドレス帳と、問合せユーザが属するコミュニティのメンバーのリスト、等を含んでもよい。又、自動的にポピュレートされた友人リストを編集するために問合せユーザにより操作できる信頼性ネットワークインターフェイスを設けることもできる。   In another embodiment, the step of building a trust network for the querying user includes automatically populating a list of identified friends for the querying user from a list of users with whom the querying user communicates. Including. This user list may include, for example, a list of instant message contacts maintained by the querying user, an email address book maintained by the querying user, a list of community members to which the querying user belongs, and the like. It is also possible to provide a reliable network interface that can be operated by the querying user to edit the automatically populated friend list.

識別された友人のリストが使用される場合には、問合せユーザに対して信頼性ネットワークを構築するステップは、問合せユーザに対する識別された友人のリストを検索し、そして問合せユーザの識別された友人の少なくとも1人を信頼性ネットワークのメンバーとして追加することを含むのが好都合である。又、信頼性ネットワークメンバーのうちの第1メンバーに対する識別された友人のリストを検索してもよいし、信頼性ネットワークメンバーのうちの第1メンバーに対する識別された友人の少なくとも1人を信頼性ネットワークのメンバーとして追加してもよい。ある実施形態では、最大値を越えない分離程度で問合せユーザに接続された信頼性ネットワークメンバーの識別された友人が、信頼性ネットワークのメンバーとして追加される。他の実施形態では、メンバーとして信頼性ネットワークに追加すべきユーザを選択することは、信頼性重みに少なくとも一部分基づいて行われる。又、問合せユーザを信頼性ネットワークにメンバーとして追加してもよい。   If a list of identified friends is used, the step of building a trust network for the querying user retrieves the list of identified friends for the querying user and then identifies the querying user's identified friend Conveniently includes adding at least one person as a member of the trust network. Also, a list of identified friends for the first member of the trust network member may be retrieved, and at least one of the identified friends for the first member of the trust network member may be searched for the trust network. You may add as a member of. In one embodiment, identified friends of trusted network members connected to the querying user with a degree of separation not exceeding the maximum value are added as members of the trusted network. In other embodiments, selecting users to add to the trust network as members is performed based at least in part on the trust weights. Inquiry users may also be added to the reliability network as members.

個々のユーザを友人として明確に識別することは要求されない。例えば、ある実施形態では、信頼性ネットワークのメンバーは、選択されたユーザコミュニティのメンバーであり、選択されたコミュニティは、問合せユーザにより選択される。問合せユーザは、選択されたコミュニティのメンバーであってもなくてもよく、又、信頼性ネットワークのメンバーであってもなくてもよい。ユーザが信頼性ネットワークを定義するためにコミュニティを選択する場合には、ユーザは、コミュニティの個々のメンバーを識別する情報にアクセスしてもしなくてもよい。   It is not required to clearly identify individual users as friends. For example, in one embodiment, the members of the trust network are members of a selected user community, and the selected community is selected by the querying user. The querying user may or may not be a member of the selected community and may or may not be a member of the trust network. When a user selects a community to define a trusted network, the user may or may not have access to information that identifies individual members of the community.

サーチレポートを発生するために注釈を種々の仕方で使用することができる。ある実施形態では、問合せユーザの問合せに応答して発生されるサーチレポートは、注釈付きヒットである各ヒットに適用される視覚ハイライトエレメントを含む。注釈に含まれるユーザ特有のメタデータは、各注釈付きヒットのためのレーティングを含み、このレーティングは、各々のマッチングする注釈から抽出され、そして平均レーティングが計算され、各々の注釈付きヒットに適用される視覚ハイライトエレメントは、この平均レーティングに依存する。ある実施形態では、ヒットのリストのための順序が、この注釈付きヒットの平均レーティングに少なくとも一部分基づいて判断される。更に別の実施形態では、サーチレポートを発生するステップは、各々の注釈付きヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈のユーザ特有のメタデータの表示を要求するためにユーザにより操作できる制御エレメントをサーチレポートに設けることも含む。更に別の実施形態では、サーチレポートを発生するステップは、注釈付きヒットしか含まない個別のリストを発生することも含む。   Annotations can be used in various ways to generate search reports. In one embodiment, a search report generated in response to a query user's query includes a visual highlight element that is applied to each hit that is an annotated hit. The user-specific metadata contained in the annotation includes a rating for each annotated hit, which is extracted from each matching annotation and an average rating is calculated and applied to each annotated hit. The visual highlight element depends on this average rating. In some embodiments, the order for the list of hits is determined based at least in part on the average rating of the annotated hits. In yet another embodiment, the step of generating a search report includes a control element operable by a user to request display of user-specific metadata for at least one matching annotation for each annotated hit. This includes provision in search reports. In yet another embodiment, generating the search report also includes generating a separate list that includes only annotated hits.

ある実施形態において、前記方法は、注釈の記憶装置をサーチして、1つ以上の付加的な注釈付きヒットを識別するステップも備え、各々の付加的な注釈付きヒットは、注釈の記憶装置が、生成ユーザが信頼性ネットワークメンバーの1人であるところの関連注釈を含み、且つその関連注釈が、問合せに関連していると判断されるユーザ特有のメタデータを含むようなコーパスにおけるドキュメントに対応する。付加的な注釈付きヒットは、サーチ結果ページにおいてヒットのリストに組み込むことができる。例えば、コーパスをサーチすることは、ユーザ問合せからサーチ用語を抽出し、そのサーチ用語を含むコーパスにおける各ドキュメントをヒットとして識別し、又、注釈の記憶装置をサーチすることは、ユーザ特有のメタデータがサーチ用語を含むようなコーパスにおける各ドキュメントを付加的な注釈付きヒットとして識別することを含んでもよい。   In one embodiment, the method also includes the step of searching the annotation store to identify one or more additional annotated hits, each additional annotated hit being stored by the annotation store. Corresponding documents in the corpus that contain relevant annotations where the generating user is one of the trusted network members, and that the relevant annotations contain user-specific metadata that is determined to be relevant to the query To do. Additional annotated hits can be incorporated into the list of hits on the search results page. For example, searching a corpus extracts search terms from a user query, identifies each document in the corpus that contains the search terms as a hit, and searching an annotation storage also includes user-specific metadata. Identifying each document in the corpus such that includes search terms as additional annotated hits.

ある実施形態では、注釈の記憶装置は、コーパスにおけるドキュメントのグループに関連した少なくとも1つの注釈を含んでもよく、そしてドキュメントのグループの1つであるいかなるヒットも、注釈付きヒットとして識別することができる。   In some embodiments, the annotation storage may include at least one annotation associated with a group of documents in the corpus, and any hit that is one of the group of documents can be identified as an annotated hit. .

ユーザ特有のメタデータは、ユーザにより明確に入力される情報のアイテム、例えば、関連ドキュメントのレーティング、関連ドキュメントを記述するキーワード、所定の語彙から選択されたラベル、関連ドキュメントの記述、等を含むのが好都合である。   User-specific metadata includes items of information that are specifically entered by the user, such as ratings for related documents, keywords describing related documents, labels selected from a given vocabulary, descriptions of related documents, etc. Is convenient.

本発明の別の態様によれば、ユーザ問合せに応答する方法は、多数のユーザのうちの問合せユーザにより提示された問合せを受信するステップを備えている。問合せユーザに対して信頼性ネットワークを構築するステップを更に備え、この信頼性ネットワークは、問合せユーザ以外の少なくとも1人のユーザを含むユーザのサブセットをメンバーとして有する。ユーザにより生成された注釈の記憶装置にアクセスするステップを更に備え、記憶装置内の各注釈は、コーパスに属する多数のドキュメントのうちの対象ドキュメント及びユーザのうちの生成ユーザに関連され、そして各注釈は、この対象ドキュメントに関連したユーザ特有のメタデータを含む。1つ以上のヒットを識別するステップを更に備え、各ヒットは、問合せに関連すると判断されたコーパスにおけるドキュメントであり、又、各ヒットは、少なくとも1つのマッチングする注釈の対象ドキュメントでもあり、各マッチングする注釈の生成ユーザは、信頼性ネットワークのメンバーの1人である。ヒットのリストを含むサーチレポートを発生して問合せユーザへ送信するステップを更に含む。コーパスは、例えば、ワールドワイドウェブページでよく、そしてユーザは、人間又はコンピュータ(或いはコンピュータを操作する人間)でよい。   According to another aspect of the invention, a method for responding to a user query comprises receiving a query presented by a query user of a number of users. The method further includes building a trust network for the querying user, the trust network having as a member a subset of users including at least one user other than the querying user. Accessing a storage of user generated annotations, wherein each annotation in the storage is associated with a target document of a number of documents belonging to the corpus and a generating user of the user, and each annotation Contains user-specific metadata associated with this target document. The method further comprises identifying one or more hits, each hit being a document in the corpus determined to be relevant to the query, and each hit is also a target document for at least one matching annotation, each matching The user who generates the annotation is one of the members of the trust network. The method further includes generating and transmitting a search report including a list of hits to the querying user. The corpus can be, for example, a world wide web page, and the user can be a person or a computer (or a person operating a computer).

信頼性ネットワークは、種々の仕方で構築することができる。例えば、信頼性ネットワークのメンバーは、問合せユーザにより友人として明確に識別された少なくとも1人の他のユーザを含み、そして信頼性ネットワークは、上述したように、例えば、種々のユーザの明確に識別された友人のリストから構築することができる。又、信頼性ネットワークのメンバーは、選択されたユーザコミュニティのメンバーでもよく、このコミュニティは、ユーザにより選択され、又、ユーザは、選択されたコミュニティのメンバーであってもなくてもよく、そして個々のコミュニティメンバーの認識を知っても知らなくてもよい。   The reliability network can be constructed in various ways. For example, a member of the trust network includes at least one other user who is specifically identified as a friend by the querying user, and the trust network is clearly identified, for example, of various users as described above. Can be built from a list of friends. Also, a member of the trust network may be a member of a selected user community, this community may be selected by the user, the user may or may not be a member of the selected community, and individual You may or may not know the perception of community members.

ある実施形態では、1つ以上のヒットを識別することは、問合せを、コーパスにおけるドキュメントのコンテンツと比較することを含む。   In certain embodiments, identifying one or more hits includes comparing the query to the content of the document in the corpus.

別の実施形態では、1つ以上のヒットを識別することは、問合せを、生成ユーザが信頼性ネットワークメンバーの1人であるところの注釈のサーチプールにおける注釈のユーザ特有メタデータと比較することを含む。例えば、問合せからサーチ用語を抽出することができ、そしてサーチプールにおける各注釈に対して、そのサーチ用語がユーザ特有のメタデータに存在するかどうか検出することができ、そしてサーチ用語がユーザ特有のメタデータに存在する場合には、その関連ドキュメントがヒットとして識別される。ある実施形態では、ユーザ特有のメタデータは、複数のフィールドを含み、そして問合せは、検出の動作中にどのフィールドを考慮すべきか指定することができる。更に、サーチプールにおける少なくとも1つの注釈の対象ドキュメントである各ドキュメントに対して、サーチ用語がドキュメントに存在するかどうか検出することができ、そしてサーチ用語がドキュメントに存在する場合には、そのドキュメントもヒットとして識別することができる。   In another embodiment, identifying one or more hits compares the query with annotation user-specific metadata in an annotation search pool where the generating user is one of the trusted network members. Including. For example, a search term can be extracted from a query, and for each annotation in the search pool, it can be detected whether the search term is present in user-specific metadata, and the search term is user-specific If present in the metadata, the associated document is identified as a hit. In some embodiments, the user-specific metadata includes a plurality of fields, and the query can specify which fields to consider during the detection operation. In addition, for each document that is the subject document of at least one annotation in the search pool, it can be detected whether the search term is present in the document, and if the search term is present in the document, the document is also Can be identified as a hit.

ある実施形態では、サーチレポートは、各ヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈のユーザ特有のメタデータの表示を要求するためにユーザにより操作できる制御エレメントを含む。他の実施形態では、サーチレポートは、各ヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈からの少なくとも幾つかのユーザ特有のメタデータを含む。更に別の実施形態では、各々のマッチングする注釈に含まれるユーザ特有のメタデータは、対象ドキュメントのレーティングを含み、そしてリストにおけるヒットは、ヒットのレーティングに少なくとも一部分基づいて判断された順序で配置される。   In one embodiment, the search report includes a control element that can be manipulated by the user to request a user-specific display of at least one matching annotation for each hit. In other embodiments, the search report includes at least some user-specific metadata from at least one matching annotation for each hit. In yet another embodiment, the user-specific metadata included in each matching annotation includes the rating of the target document, and the hits in the list are arranged in an order determined based at least in part on the rating of the hits. The

ある実施形態では、注釈の記憶装置は、コーパスにおけるドキュメントのグループに関連した少なくとも1つの注釈と、ヒットとして識別できるドキュメントのグループの1つであるドキュメントとを含んでもよい。   In some embodiments, the annotation storage may include at least one annotation associated with a group of documents in the corpus and a document that is one of the group of documents that can be identified as a hit.

本発明の更に別の態様によれば、多数のユーザからのユーザ問合せに応答するためのコンピュータシステムは、インデックスデータ記憶装置と、個人化データ記憶装置と、これらのインデックスデータ記憶装置及び個人化データ記憶装置に通信可能に結合されたサーチサーバーとを備えている。インデックスデータ記憶装置は、コーパスに属するドキュメントのサーチ可能な表示を記憶するように構成される。個人化データ記憶装置は、コーパスにおけるドキュメントのうちの対象ドキュメント及びユーザのうちの生成ユーザに各々関連した注釈を記憶するように構成され、各注釈は、対象ドキュメントに関連したユーザ特有のメタデータを含む。サーチサーバーは、入力制御ロジック、サーチ制御ロジック、信頼性ネットワーク制御ロジック、個人化制御ロジック、及びレポート制御ロジックを備えている。入力制御ロジックは、ユーザのうちの問合せユーザからの問合せを受信するように構成される。サーチ制御ロジックは、インデックスデータ記憶装置をサーチして、1つ以上のヒットを識別するように構成されるもので、各ヒットは、受信した問合せに関連すると判断されたコーパスにおけるドキュメントである。信頼性ネットワーク制御ロジックは、問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築するように構成され、信頼性ネットワークは、問合せユーザ以外の少なくとも1人のユーザを含むユーザのサブセットをメンバーとして有する。個人化制御ロジックは、少なくとも1つのマッチングする注釈の対象ドキュメントである各々のヒットを注釈付きヒットとして識別するように構成され、各々のマッチングする注釈の生成ユーザは、信頼性ネットワークのメンバーの1人である。レポート制御ロジックは、ヒットのリストを含むサーチレポートを発生するように構成され、サーチレポートは、更に、各々の注釈付きヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈に関する情報を含み、そしてレポート制御ロジックは、更に、サーチレポートを問合せユーザに送信するように構成される。   According to yet another aspect of the invention, a computer system for responding to user queries from multiple users includes an index data storage device, a personalized data storage device, and these index data storage device and personalized data. And a search server communicatively coupled to the storage device. The index data storage device is configured to store a searchable display of documents belonging to the corpus. The personalized data storage device is configured to store annotations associated with each of the target documents of the documents in the corpus and the generating user of the users, each annotation storing user-specific metadata associated with the target documents. Including. The search server includes input control logic, search control logic, reliability network control logic, personalization control logic, and report control logic. The input control logic is configured to receive a query from a query user among the users. The search control logic is configured to search the index data store to identify one or more hits, each hit being a document in the corpus determined to be related to the received query. The trust network control logic is configured to build a trust network for the querying user, the trust network having as a member a subset of users including at least one user other than the querying user. The personalization control logic is configured to identify each hit that is the target document of at least one matching annotation as an annotated hit, and each matching annotation generation user is one of the members of the trust network. It is. The report control logic is configured to generate a search report that includes a list of hits, the search report further includes information about at least one matching annotation for each annotated hit, and the report control logic Is further configured to send a search report to the querying user.

本発明の更に別の態様によれば、多数のユーザからのユーザ問合せに応答するためのコンピュータシステムは、インデックスデータ記憶装置と、個人化データ記憶装置と、これらのインデックスデータ記憶装置及び個人化データ記憶装置に通信可能に結合されたサーチサーバーとを備えている。インデックスデータ記憶装置は、コーパスに属するドキュメントのサーチ可能な表示を記憶するように構成される。個人化データ記憶装置は、コーパスにおけるドキュメントのうちの対象ドキュメント及びユーザのうちの生成ユーザに各々関連した注釈を記憶するように構成され、各注釈は、対象ドキュメントに関連したユーザ特有のメタデータを含む。サーチサーバーは、入力制御ロジック、信頼性ネットワーク制御ロジック、サーチ制御ロジック、及びレポート制御ロジックを備えている。入力制御ロジックは、ユーザのうちの問合せユーザからの問合せを受信するように構成される。信頼性ネットワーク制御ロジックは、問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築するように構成され、信頼性ネットワークは、問合せユーザ以外の少なくとも1人のユーザを含むユーザのサブセットをメンバーとして有する。サーチ制御ロジックは、コーパスからの1つ以上のドキュメントをヒットとして識別するように構成されるもので、各ヒットは、問合せに関連すると判断され、更に、各ヒットは、少なくとも1つのマッチングする注釈の対象ドキュメントであり、そして各々のマッチングする注釈の生成ユーザは、信頼性ネットワークのメンバーの1人である。レポート制御ロジックは、ヒットのリストを含むサーチレポートを発生するように構成され、そして更に、サーチレポートをユーザに送信するように構成される。   According to yet another aspect of the invention, a computer system for responding to user queries from multiple users includes an index data storage device, a personalized data storage device, and these index data storage device and personalized data. And a search server communicatively coupled to the storage device. The index data storage device is configured to store a searchable display of documents belonging to the corpus. The personalized data storage device is configured to store annotations associated with each of the target documents of the documents in the corpus and the generating user of the users, each annotation storing user-specific metadata associated with the target documents. Including. The search server includes input control logic, reliability network control logic, search control logic, and report control logic. The input control logic is configured to receive a query from a query user among the users. The trust network control logic is configured to build a trust network for the querying user, the trust network having as a member a subset of users including at least one user other than the querying user. The search control logic is configured to identify one or more documents from the corpus as hits, each hit being determined to be associated with a query, and each hit being at least one matching annotation. The generating user of each matching annotation that is the target document is one of the members of the trust network. The report control logic is configured to generate a search report that includes a list of hits, and is further configured to send the search report to the user.

添付図面を参照した以下の詳細な説明から本発明の特徴及び効果が良く理解されよう。   The features and advantages of the present invention will be better understood from the following detailed description with reference to the accompanying drawings.

本発明の実施形態による情報検索及び通信ネットワークのブロック図である。1 is a block diagram of an information retrieval and communication network according to an embodiment of the present invention. 本発明の別の実施形態による情報検索及び通信ネットワークのブロック図である。FIG. 3 is a block diagram of an information retrieval and communication network according to another embodiment of the present invention. 本発明の実施形態による注釈のためのコンテンツフィールドの一例を示す図である。FIG. 5 is a diagram illustrating an example of a content field for annotation according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態により注釈を編成するフォルダエントリーの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the folder entry which organizes the annotation by embodiment of this invention. 本発明の実施形態による信頼性ネットワークのためのネットワークグラフである。3 is a network graph for a reliability network according to an embodiment of the present invention; 本発明の実施形態による信頼性ネットワークインターフェイスページの一例を示す図である。FIG. 4 is a diagram illustrating an example of a reliability network interface page according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態によりユーザが見ようとするページに対して注釈を付け及び/又は既存の注釈を見るためのツールバーベースのインターフェイスの一例を示す図である。FIG. 3 illustrates an example of a toolbar-based interface for annotating a page that a user wants to view and / or viewing an existing annotation according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態により注釈を表示するためのオーバーレイの一例を示す図である。FIG. 6 is a diagram illustrating an example of an overlay for displaying an annotation according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態により注釈情報で改善されたサーチ結果ページの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the search result page improved by the annotation information by embodiment of this invention. 本発明の実施形態により注釈情報で改善されたサーチ結果ページの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the search result page improved by the annotation information by embodiment of this invention. 本発明の一実施形態により問合せユーザからの現在問合せに対する応答に信頼性ネットワークメンバーの注釈を合体させるプロセスを示すフローチャートである。6 is a flowchart illustrating a process for coalescing trust network member annotations into a response to a current query from a querying user according to one embodiment of the invention. 本発明の一実施形態によるパーソナルウェブサーチインターフェイスページの一例を示す図である。FIG. 4 is a diagram illustrating an example of a personal web search interface page according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態によりパーソナルウェブサーチ中に問合せに応答するプロセスを示すフローチャートである。4 is a flowchart illustrating a process for responding to a query during a personal web search according to one embodiment of the invention. 本発明の一実施形態によるフォルダプライバシー設定の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the folder privacy setting by one Embodiment of this invention. 本発明の一実施形態によりユーザ自身の注釈と相互作用するためのライブラリーインターフェイスページの一例を示す図である。FIG. 4 is a diagram illustrating an example library interface page for interacting with a user's own annotations according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態によるインポートインターフェイスページの一例を示す図である。FIG. 6 is a diagram illustrating an example of an import interface page according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態によりコミュニティウェブをサーチするためのインターフェイスページの一例を示す図である。FIG. 5 is a diagram illustrating an example of an interface page for searching a community web according to an exemplary embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態によりコミュニティウェブをサーチするためのインターフェイスページの一例を示す図である。FIG. 5 is a diagram illustrating an example of an interface page for searching a community web according to an exemplary embodiment of the present invention.

本発明の実施形態は、ワールドワイドウェブのようなコーパスに見られる種々のドキュメント(又は他のコンテンツアイテム)に関連した注釈をユーザが共有するのを許すシステム及び方法を提供する。ここで使用する「注釈(アノテーション)(annotation)」という語は、一般に、コーパスからのドキュメントに関係した記述及び/又は評価メタデータを指し、ここで、メタデータは、ユーザから収集され、そしてその後、そのユーザの識別子及び対象ドキュメント(即ち、メタデータに関係したドキュメント)の識別子に関連して記憶される。注釈は、メタデータの種々のフィールド、例えば、ページ又はサイトのレーティング(好意的又は否定的でよい)、ページ又はサイトのトピック(又はトピックス)を識別する1つ以上のキーワード又はラベル、ページ又はサイトのフリーテキスト記述、及び/又は他のフィールドを含んでもよい。注釈は、コーパスのユーザから収集され、そして注釈を生成したユーザの識別子、及びそれに関連したドキュメント(又は他のコンテンツアイテム)の識別子と共に記憶されるのが好都合である。注釈、及びユーザから注釈を収集するプロセスの一例が、前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明されている。本発明は、特定のメタデータにも、メタデータを収集する特定の技術にも限定されないことを理解されたい。   Embodiments of the present invention provide systems and methods that allow users to share annotations associated with various documents (or other content items) found in a corpus such as the World Wide Web. As used herein, the term “annotation” generally refers to description and / or evaluation metadata related to a document from the corpus, where the metadata is collected from the user and thereafter Stored in association with the identifier of the user and the identifier of the target document (ie, the document related to the metadata). Annotations are various fields of metadata such as one or more keywords or labels, pages or sites that identify the rating of the page or site (which may be favorable or negative), the topic (or topics) of the page or site. A free text description and / or other fields. The annotation is conveniently collected from the corpus user and stored along with the identifier of the user who generated the annotation and the identifier of the document (or other content item) associated therewith. An example of annotations and the process of collecting annotations from users is described in the patent application (Attorney Docket No. 017887-013720 US). It should be understood that the present invention is not limited to any particular metadata or particular technique for collecting metadata.

本発明の実施形態において、コンテンツ注釈システムに参加する各ユーザは、友人のリストを定義することができ、各友人は、第1ユーザが注釈を共有したいシステムの別のユーザである。種々の参加ユーザにより定義された友人のリストに基づいて、ユーザごとに信頼性ネットワークが定義され、第1ユーザの信頼性ネットワークのメンバーによる注釈を第1ユーザによりコーパスのその後のサーチの結果に一体化することができると共に、これを種々の仕方で使用して、コーパスをブラウズする第1ユーザの経験を向上させることもできる。   In an embodiment of the present invention, each user participating in the content annotation system can define a list of friends, each friend being another user of the system that the first user wants to share the annotations with. A trust network is defined for each user based on a list of friends defined by various participating users, and annotations by members of the first user's trust network are integrated into the results of subsequent searches of the corpus by the first user. And can be used in various ways to improve the experience of the first user browsing the corpus.

例えば、第1ユーザがコーパスをサーチするときに、第1ユーザ、又は第1ユーザの信頼性ネットワークの他のメンバーが注釈付けしたドキュメントに対応するヒット(ここでは、「注釈付きヒット」と称する)をハイライト処理し、ユーザがこのような注釈を見るのを許すためにリンクを設けることができる。注釈が数値レーティングのようなジャッジメントデータを含む場合には、このジャッジメントデータを第1ユーザの信頼性ネットワークにわたって集計できると共に、そのジャッジメントが好意的か否定的か指示する仕方で注釈付きヒットをハイライト処理することができる。更に、第1ユーザの信頼性ネットワークにわたって集計された数値レーティングは、第1ユーザの問合せに応答してサーチ結果をランク付けするのに使用でき、好意的な集計レーティングは、所与のページ又はサイトのランクを上げる傾向があり、そして否定的な集計レーティングは、ランクを下げる傾向がある。   For example, when the first user searches the corpus, hits corresponding to documents annotated by the first user or other members of the first user's trust network (referred to herein as “annotated hits”) Can be highlighted and a link can be provided to allow the user to see such annotations. If the annotation contains judgment data, such as a numerical rating, this judgment data can be aggregated across the first user's reliability network, and annotated hits are highlighted in a way that indicates whether the judgment is positive or negative Can be processed. Further, the numerical ratings aggregated across the first user's reliability network can be used to rank search results in response to the first user's query, and a favorable aggregate rating can be used for a given page or site. Tend to increase the rank, and negative aggregate ratings tend to lower the rank.

注釈がユーザ供給テキスト記述及び/又は記述キーワード又はラベルを含むような別の実施形態では、第1ユーザは、ページコンテンツに加えて又はそれに代わって、自分の信頼性ネットワークメンバーにより生成された注釈のコンテンツをサーチするオプションを有してもよい。他の実施形態では、第1のユーザが自分の信頼性ネットワークのメンバーにより注釈付けされたページを訪問するときに、その第1ユーザがこのような注釈を見るのを許す制御が与えられる。   In another embodiment, where the annotation includes a user-supplied text description and / or descriptive keywords or labels, the first user can add an annotation generated by his trust network member in addition to or instead of the page content. You may have the option to search for content. In other embodiments, when a first user visits a page annotated by a member of his or her trust network, control is given to allow that first user to see such annotation.

例示の目的で、この説明及び添付図面は、特定の問合せ、サーチ結果ページ、URL、及び/又はウェブページを使用することができる。このような使用は、実際のウェブページ又はサイトの見解、推奨又は軽蔑を暗示することを意味するものではない。更に、本発明は、ここに示す特定の実施例に限定されないことを理解されたい。   For illustrative purposes, this description and accompanying drawings may use specific queries, search results pages, URLs, and / or web pages. Such use is not meant to imply the views, recommendations or contempt of the actual web page or site. Furthermore, it should be understood that the invention is not limited to the specific embodiments shown.

I.概略
A.ネットワーク実施の概略
図1は、本発明の一実施形態によるクライアントシステム20を備えた情報検索及び通信ネットワーク10の一般的概略を示す。このコンピュータシステム10において、クライアントシステム20は、インターネット40、又は他の通信ネットワーク、例えば、ローカルエリアネットワーク(LAN)又はワイドエリアネットワーク(WAN)接続を経て、多数のサーバーシステム501乃至50Nに結合される。以下に述べるように、クライアントシステム20は、本発明により、サーバーシステム501乃至50Nのいずれかと通信するように構成され、例えば、メディアコンテンツや他の情報、例えば、ウェブページをアクセスし、受け取り、検索し及び表示するように構成される。
I. Outline
A. Network Implementation Overview FIG. 1 shows a general overview of an information retrieval and communication network 10 with a client system 20 according to one embodiment of the present invention. In this computer system 10, the client system 20 is coupled to a number of server systems 50 1 to 50 N via the Internet 40 or other communication network, eg, a local area network (LAN) or wide area network (WAN) connection. . As will be described below, the client system 20 is configured to communicate with any of the server systems 50 1 through 50 N in accordance with the present invention, for example accessing, receiving, and retrieving media content and other information, such as web pages. And configured to display.

図1に示すシステムの多数の要素は、ここで詳細に説明する必要のない従来の良く知られた要素を含む。例えば、クライアントシステム20は、デスクトップパーソナルコンピュータ、ワークステーション、ラップトップ、パーソナルデジタルアシスタント(PDA)、セルラー電話、又はWAPイネーブル装置、或いはインターネットに直接的又は間接的にインターフェイスできる他の計算装置を含むことができる。クライアントシステム20は、通常、ブラウジングプログラム、例えば、MicrosoftのInternet ExplorerTMブラウザ、Netscape NavigatorTMブラウザ、MozillaTMブラウザ、OperaTMブラウザ、或いはセルラー電話、PDA又は他のワイヤレス装置等の場合にはWAPイネーブルブラウザ、を実行して、クライアントシステム20のユーザが、サーバーシステム501乃至50Nからインターネット40を経て入手できる情報及びページをアクセスし、処理し及び見るのを許す。又、クライアントシステム20は、通常、1つ以上のユーザインターフェイス装置22、例えば、キーボード、マウス、タッチスクリーン、ペン等を備えていて、サーバーシステム501乃至50N又は他のサーバーにより与えられるページ、フォーム及び他の情報に関連して、ブラウザによりディスプレイ(例えば、モニタスクリーン、LCDディスプレイ、等)に与えられるグラフィックユーザインターフェイス(GUI)と相互作用する。本発明は、ネットワークの特定グローバルインターネットワークを指すインターネットに使用するのに適している。しかしながら、インターネットに代わって又はそれに加えて、他のネットワーク、例えば、イントラネット、エクストラネット、バーチャルプライベートネットワーク(VPN)、非TCP/IPベースのネットワーク、LAN又はWAN、等を使用できることも理解されたい。   Many elements of the system shown in FIG. 1 include conventional well-known elements that need not be described in detail here. For example, client system 20 includes a desktop personal computer, workstation, laptop, personal digital assistant (PDA), cellular phone, or WAP-enabled device, or other computing device that can interface directly or indirectly to the Internet. Can do. The client system 20 typically executes a browsing program such as Microsoft's Internet Explorer ™ browser, Netscape Navigator ™ browser, Mozilla ™ browser, Opera ™ browser, or a WAP-enabled browser in the case of cellular phones, PDAs or other wireless devices. Thus, the user of the client system 20 is allowed to access, process and view information and pages available from the server systems 50 1 to 50 N via the Internet 40. The client system 20 also typically includes one or more user interface devices 22, such as a keyboard, mouse, touch screen, pen, etc., and pages, forms, and pages provided by the server systems 501-50N or other servers. In conjunction with other information, it interacts with a graphic user interface (GUI) provided by the browser to a display (eg, a monitor screen, LCD display, etc.). The present invention is suitable for use with the Internet, which refers to a specific global internetwork of networks. However, it should be understood that other networks may be used instead of or in addition to the Internet, such as an intranet, extranet, virtual private network (VPN), non-TCP / IP based network, LAN or WAN, etc.

一実施形態によれば、クライアントシステム20及びその全ての要素は、Intel Pentium(登録商標)TMプロセッサ、AMD AthlonTMプロセッサ等、又は多数のプロセッサのような中央処理ユニットを使用して実行されるコンピュータコードを含むアプリケーションを使用してオペレータ構成可能である。ここに述べるようにデータ及びメディアコンテンツを通信し、処理し及び表示するためにクライアントシステム20を操作し及び構成するためのコンピュータコードは、ダウンロードされてハードディスクに記憶されるのが好ましいが、全プログラムコード又はその一部分を、良く知られた他の揮発性又は不揮発性メモリ媒体又は装置、例えば、ROM又はRAMに記憶してもよいし、或いはプログラムコードを記憶できる媒体、例えば、コンパクトディスク(CD)媒体、デジタル多様性ディスク(DVD)媒体、フロッピー(登録商標)ディスク、等に設けてもよい。更に、全プログラムコード又はその一部分を、ソフトウェアソース、例えば、サーバーシステム501乃至50Nの1つから、インターネットを経てクライアントシステム20へ送信し及びダウンロードしてもよいし、或いは通信媒体及びプロトコル(例えば、TCP/IP、HTTP、HTTPS、イーサネット(登録商標)、又は他の従来の媒体及びプロトコル)を使用して、他のネットワーク接続(例えば、エクストラネット、VPN、LAN、又は他の従来のネットワーク)を経て送信してもよい。   According to one embodiment, the client system 20 and all its elements are computer code executed using a central processing unit such as an Intel Pentium ™ processor, an AMD Athlon ™ processor, etc., or multiple processors. Operator configurable using applications including Computer code for operating and configuring client system 20 to communicate, process and display data and media content as described herein is preferably downloaded and stored on the hard disk, although The code or a portion thereof may be stored in other well-known other volatile or non-volatile memory media or devices, such as ROM or RAM, or a medium capable of storing program code, such as a compact disc (CD) You may provide in a medium, a digital diversity disk (DVD) medium, a floppy (trademark) disk, etc. Further, the entire program code or a portion thereof may be transmitted and downloaded from a software source, eg, one of server systems 50 1 to 50 N, over the Internet to client system 20, or a communication medium and protocol (eg, TCP / IP, HTTP, HTTPS, Ethernet, or other conventional media and protocols) for other network connections (eg, extranet, VPN, LAN, or other conventional networks) It may be sent via.

本発明の態様を実施するためのコンピュータコードは、C、C++、HTML、XML、Java(登録商標。以下同じ。)、JavaScript(登録商標)等のコード、又は他の適当なスクリプト言語(例えば、VBScript)、或いはクライアントシステム20で実行でき又はクライアントシステム20で実行するようにコンパイルできる他の適当なプログラミング言語でよいことが明らかであろう。ある実施形態では、クライアントシステム20にコードがダウンロードされず、必要なコードがサーバーにより実行されるか、又はクライアントシステム20に既に存在するコードが実行される。   Computer code for implementing aspects of the present invention may include code such as C, C ++, HTML, XML, Java (registered trademark; the same shall apply hereinafter), JavaScript (registered trademark), or other suitable scripting languages (eg, It will be apparent that it may be VBSscript) or any other suitable programming language that can be executed on the client system 20 or compiled to run on the client system 20. In some embodiments, no code is downloaded to the client system 20 and the necessary code is executed by the server or code that already exists on the client system 20 is executed.

B.サーチ及び注釈システムの概略
図2は、本発明の実施形態によりメディアコンテンツを通信するための別の情報検索及び通信ネットワーク110を示す。図示されたように、ネットワーク110は、クライアントシステム120、1つ以上のコンテンツサーバーシステム150、及びサーチサーバーシステム160を備えている。ネットワーク110において、クライアントシステム120は、インターネット140又は他の通信ネットワークを経てサーバーシステム150及び160に通信可能に結合される。上述したように、クライアントシステム120及びその要素は、インターネット140又は他の通信ネットワークを経てサーバーシステム150、160及び他のサーバーシステムと通信するように構成される。
B. Schematic of Search and Annotation System FIG. 2 illustrates another information retrieval and communication network 110 for communicating media content according to an embodiment of the present invention. As shown, the network 110 includes a client system 120, one or more content server systems 150, and a search server system 160. In network 110, client system 120 is communicatively coupled to server systems 150 and 160 via the Internet 140 or other communication network. As described above, the client system 120 and its components are configured to communicate with the server systems 150, 160 and other server systems via the Internet 140 or other communication network.

一実施形態によれば、クライアントシステム120で実行されるクライアントアプリケーション(モデル125で示された)は、サーバーシステム150及び160と通信すると共に、そこから受け取ったデータコンテンツを処理して表示するようにクライアントシステム120及びその要素を制御するためのインストラクションを含む。クライアントアプリケーション125は、リモートサーバーシステム(例えば、サーバーシステム150、サーバーシステム160又は他のリモートサーバーシステム)のようなソフトウェアソースからクライアントシステム120へ送信され及びダウンロードされるのが好ましいが、クライアントアプリケーションモジュール125は、上述したフロッピー(登録商標)ディスク、CD、DVD、等のソフトウェア記憶媒体に設けることができる。例えば、1つの態様において、クライアントアプリケーションモジュール125は、データを操作すると共に、種々のオブジェクト、フレーム及びウインドウにおいてデータをレンダリングするために、例えば、埋め込み型JavaScript(登録商標)又はActiveXコントロールのような種々の制御器を含むHTMLラッパーにおいて、インターネット140を経てクライアントシステム120へ供給されてもよい。   According to one embodiment, a client application (shown as model 125) running on client system 120 communicates with server systems 150 and 160 and processes and displays data content received therefrom. Includes instructions for controlling the client system 120 and its elements. The client application 125 is preferably sent and downloaded to the client system 120 from a software source such as a remote server system (eg, server system 150, server system 160 or other remote server system), but the client application module 125 Can be provided on a software storage medium such as the above-described floppy (registered trademark) disk, CD, or DVD. For example, in one aspect, the client application module 125 manipulates data and renders data in various objects, frames, and windows in various ways, such as, for example, embedded JavaScript or ActiveX controls. In an HTML wrapper including the following controllers, it may be supplied to the client system 120 via the Internet 140.

更に、クライアントアプリケーションモジュール125は、データ及びメディアコンテンツを処理するための種々のソフトウェアモジュール、例えば、サーチ要求及びサーチ結果データを処理するための特殊なサーチモジュール126と、データ及びメディアコンテンツをテキスト及びデータフレーム並びにアクティブウインドウ、例えば、ブラウザウインドウ及びダイアログボックスにおいてレンダリングするためのユーザインターフェイスモジュール127と、クライアント120で実行される種々のアプリケーションにインターフェイスしそしてそれと通信するためのアプリケーションインターフェイスモジュール128とを備えている。本発明の態様に基づいてアプリケーションインターフェイスモジュール128がインターフェイスするように好ましく構成されるところのクライアントシステム120で実行されるアプリケーションは、例えば、種々のeメールアプリケーション、インスタントメッセージング(IM)アプリケーション、ブラウザアプリケーション、ドキュメントマネージメントアプリケーション、等を含む。更に、ユーザインターフェイスモジュール127は、クライアントシステム120上に構成されたデフォールトブラウザ又は異なるブラウザのようなブラウザを含んでもよい。   In addition, the client application module 125 includes various software modules for processing data and media content, such as a special search module 126 for processing search requests and search result data, and data and media content into text and data. A user interface module 127 for rendering in frames and active windows, such as browser windows and dialog boxes, and an application interface module 128 for interfacing with and communicating with various applications running on the client 120. . Applications running on the client system 120 where the application interface module 128 is preferably configured to interface in accordance with aspects of the present invention include, for example, various email applications, instant messaging (IM) applications, browser applications, Includes document management applications, etc. Further, the user interface module 127 may include a browser such as a default browser or a different browser configured on the client system 120.

一実施形態によれば、サーチサーバーシステム160は、サーチ結果データ及びメディアコンテンツをクライアントシステム120へ与えるように構成され、そしてコンテンツサーバーシステム150は、例えば、サーチサーバーシステム160により与えられるサーチ結果ページにおいて選択されたリンクに応答して、ウェブページのようなデータ及びメディアコンテンツをクライアントシステム120へ与えるように構成される。ある変形例において、サーチサーバーシステム160は、コンテンツ、及び、又はそれに代わって、コンテンツへのリンク及び/又は他のリファレンスを返送する。サーチサーバーシステムは、ユーザから問合せを受け取ってそれに対するサーチ結果データを発生するように構成された問合せ応答モジュール162と、ユーザ供給される注釈情報とのユーザ相互作用をマネージするように構成されたユーザ注釈モジュール164と、ユーザに対する信頼性ネットワークをマネージするように構成された信頼性ネットワークモジュール165とを備えている。サーチサーバーシステム160は、サーチサーバーシステム160の特定ユーザに関するデータを記憶する個人化データベース166と、サーチされるべきコーパス(ある場合には、ワールドワイドウェブ)へインデックスを与えるページインデックス170とに通信可能に結合される。個人化データベース166及びページインデックス170は、一般的に従来のデータベース技術を使用して実施することができる。   According to one embodiment, the search server system 160 is configured to provide search result data and media content to the client system 120, and the content server system 150 is, for example, in a search result page provided by the search server system 160. Responsive to the selected link, it is configured to provide data and media content, such as a web page, to the client system 120. In some variations, the search server system 160 returns content and / or a link to the content and / or other reference instead. The search server system is a user configured to manage user interaction between a query response module 162 configured to receive a query from a user and generate search result data for the query information provided by the user. An annotation module 164 and a reliability network module 165 configured to manage a reliability network for the user. The search server system 160 can communicate with a personalized database 166 that stores data about a particular user of the search server system 160 and a page index 170 that provides an index to the corpus (in some cases, the World Wide Web) to be searched. Combined with Personalization database 166 and page index 170 can generally be implemented using conventional database techniques.

一実施形態における信頼性ネットワークモジュール165は、サーチサーバー160の登録された各ユーザに対して「友人」のリストを確立し、そしてそれらリストを個人化データベース166に記憶する。友人のリストは、信頼性ネットワークモジュール165により自動的に初期化されそして以下に述べるようにユーザにより編集されてもよいし、或いは手動で生成されてもよい。種々のユーザに対して確立された友人のリストに基づいて、信頼性ネットワークモジュール165は、各ユーザに対して、そのユーザの友人、及びある場合には、そのユーザの友人の友人、等々を、以下に述べるある限界まで含む信頼性ネットワークを定義する。   The reliability network module 165 in one embodiment establishes a list of “friends” for each registered user of the search server 160 and stores the list in the personalization database 166. The list of friends may be automatically initialized by the reliability network module 165 and edited by the user as described below, or may be manually generated. Based on the list of friends established for the various users, the reliability network module 165 can give each user a friend of the user, and in some cases, the friend of the user's friend, etc. Define a reliability network that includes certain limits described below.

ある実施形態では、信頼性ネットワークモジュール165は、各ユーザに対する信頼性ネットワークを動的に構築し、即ち、これは、信頼性ネットワークメンバー及び各メンバーに対する関連パラメータ(例えば、以下に述べる信頼性重み又は信用係数)のリストを発生することを含む。所与のユーザに対する信頼性ネットワークの構築は、信頼性ネットワーク情報が必要とされるときに(例えば、ユーザが問合せを提示するときに)リアルタイムで行うことができる。或いは又、所与のユーザに対する信頼性ネットワークは、所定の条件のもとで構築されて、後で使用するために記憶されてもよい。信頼性ネットワーク情報の構築(又は再構築)をトリガーする条件は、例えば、ユーザがサーチサーバー160と新たなセッションを開始するたび;ユーザが以下に述べるように自分の友人のリストを更新するたび;或いは規則的にスケジュールされた間隔(例えば、毎日)、を含む。   In one embodiment, the trust network module 165 dynamically builds a trust network for each user, i.e., it includes a trust network member and associated parameters for each member (e.g., the trust weight or Including generating a list of (credit factors). Building a trust network for a given user can be done in real time when trust network information is needed (eg, when a user presents a query). Alternatively, a trust network for a given user may be built under predetermined conditions and stored for later use. The conditions that trigger the construction (or reconstruction) of the trusted network information are, for example, whenever the user starts a new session with the search server 160; whenever the user updates his friend list as described below; Or a regularly scheduled interval (eg, daily).

一実施形態における注釈モジュール164は、個人化データベース166と相互作用して、サーチサーバーシステム160の種々のユーザに対するユーザ注釈データを記憶しそしてマネージする。例えば、ユーザから受け取った注釈データを注釈モジュール164へ供給して個人化データベース166に記憶することができ、そして注釈モジュール164が、問合せ応答モジュール162、サーチサーバー160の他の要素、及び/又はクライアント120から発生する要求を含む注釈データの要求に応答することもできる。   The annotation module 164 in one embodiment interacts with the personalization database 166 to store and manage user annotation data for various users of the search server system 160. For example, annotation data received from a user can be provided to the annotation module 164 and stored in the personalization database 166, and the annotation module 164 can include a query response module 162, other elements of the search server 160, and / or a client. It is also possible to respond to requests for annotation data, including requests originating from 120.

注釈データのユーザエントリーに対して種々のインターフェイスを設けることができる。その一例が、前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明されており、これら又は他のインターフェイスのいずれを使用してもよい。ユーザがページ又はサイトに注釈付けすることを選択するときには、ユーザ注釈モジュール164がユーザから(例えば、クライアントシステム120を経て)新たな注釈データを受け取り、そして個人化データベース166を更新する。   Various interfaces can be provided for user entry of annotation data. One example is described in the aforementioned patent application (Attorney Docket No. 017887-013720 US), and any of these or other interfaces may be used. When the user chooses to annotate the page or site, the user annotation module 164 receives new annotation data from the user (eg, via the client system 120) and updates the personalization database 166.

一実施形態における問合せ応答モジュール162は、例えば、ページ、ページへのリンク、インデックスされたページのコンテンツを表わすデータ、等でポピュレートされた種々のページインデックス170を参照する。ページインデックスは、自動ウェブクローラー172及び/又は種々のスパイダー等、並びにハイアラーキー構造体内でウェブページを分類してランク付けするための手動又は半自動分類アルゴリズム及びインターフェイスを含む種々の収集技術により発生することができる。これらの技術は、サーチサーバーシステム160において実施されてもよいし、或いはページインデックス170を発生してそれをサーチサーバーシステム160に入手できるようにする個別のシステム(例えば、ウェブクローラー172)において実施されてもよい。種々のページインデックス実施及びフォーマットがこの技術で知られており、ページインデックス170に対して使用されてもよい。   Query response module 162 in one embodiment references various page indexes 170 populated with, for example, pages, links to pages, data representing the contents of the indexed pages, and the like. The page index may be generated by various collection techniques including automatic web crawlers 172 and / or various spiders, and manual or semi-automatic classification algorithms and interfaces for classifying and ranking web pages within a hierarchical structure. Can do. These techniques may be implemented in search server system 160 or in a separate system (eg, web crawler 172) that generates page index 170 and makes it available to search server system 160. May be. Various page index implementations and formats are known in the art and may be used for the page index 170.

問合せ応答モジュール162は、クライアントシステム120、特に、サーチモジュール126から受け取った種々のサーチ要求(問合せ)に応答してデータを与えるように構成される。ここで使用する「問合せ」という用語は、ユーザから(例えば、クライアントシステム120を経て)サーチサーバー160へ送られる要求であって、ページインデックス170によりインデックされたウェブ(又は他のコーパス)をサーチすることにより満足することのできる要求を含む。一実施形態において、ユーザには、サーチモジュール126を経てサーチインターフェイスが与えられる。このインターフェイスは、ユーザが問合せを入力できる(例えば、タイプすることで)テキストボックス、所定の問合せから選択するためのチェックボックス及び/又は無線ボタン、ユーザがサーチを全サーチコーパスの所定サブセットへ(例えば、あるウェブサイト、又はページインデックス170内の分類別サブセクションへ)制限できるようにするディレクトリ又は他の構造体、等を含んでもよい。いかなるサーチインターフェイスを使用してもよい。   Query response module 162 is configured to provide data in response to various search requests (queries) received from client system 120, and in particular, search module 126. As used herein, the term “query” is a request sent by a user (eg, via client system 120) to search server 160 that searches the web (or other corpus) indexed by page index 170. Including requirements that can be satisfied by In one embodiment, the user is provided with a search interface via the search module 126. This interface is a text box where the user can enter a query (eg, by typing), a checkbox and / or a radio button to select from a given query, and a user can search to a given subset of the entire search corpus (eg, Directory, other structures, etc. that can be restricted, etc., to certain sub-sections within a certain website or page index 170. Any search interface may be used.

問合せ応答モジュール162は、所与の問合せに対してウェブページを処理しそしてランク付けする(例えば、問合せから抽出されたサーチ用語の発生パターンにより測定された論理的関連性、サーチ用語及び/又は特定のページ又はサイトに関連したコンテクスト識別子、ページスポンサーシップ、多数のページから収集された接続データ、等の組合せに基づいて)ためのサーチ関連アルゴリズムで構成されるのが好都合である。例えば、問合せ応答モジュール162は、受け取った問合せをパーズして、1つ以上のサーチ用語を抽出し、次いで、そのサーチ用語を使用してページインデックス170にアクセスし、これにより、「ヒット」のリスト、即ち問合せに少なくともある程度関連していると判断されたページ又はサイト(或いはページ又はサイトへのリファレンス)のリストを発生することができる。問合せ応答モジュール162は、次いで、1つ以上のランク付けアルゴリズムを使用してヒットをランク付けすることができる。ヒットを識別してランク付けするための特定のアルゴリズムは、本発明にとって重要ではなく、従来のアルゴリズムを使用できる。   The query response module 162 processes and ranks web pages for a given query (eg, logical relevance, search terms and / or identifications measured by search term occurrence patterns extracted from the query). Conveniently based on a combination of search identifiers (based on a combination of context identifiers, page sponsorships, connection data collected from multiple pages, etc.) associated with a page or site. For example, the query response module 162 parses the received query to extract one or more search terms and then uses the search terms to access the page index 170, thereby providing a list of “hits”. That is, a list of pages or sites (or references to pages or sites) determined to be at least partially related to the query can be generated. Query response module 162 can then rank the hits using one or more ranking algorithms. The particular algorithm for identifying and ranking hits is not critical to the present invention and conventional algorithms can be used.

本発明のある実施形態では、問合せ応答モジュール162は、問合せユーザの信頼性ネットワーク(問合せユーザを含む)に属するユーザに関連した注釈データを個人化データベース166から検索すると共に、そのような注釈データをサーチ結果に合体するようにも構成される。注釈データの検索は、例えば、信頼性ネットワークメンバーのリストを得るための問合せ応答モジュール162と信頼性ネットワークモジュール165との間の相互作用、及び/又は例えば、信頼性ネットワークメンバーが識別されたときに注釈データを検索するための問合せ応答モジュール162と注釈モジュール164との間の相互作用を含んでもよい。   In one embodiment of the present invention, query response module 162 retrieves annotation data associated with users belonging to the query user's trust network (including query users) from personalization database 166 and retrieves such annotation data. It is also configured to merge with search results. The retrieval of annotation data can be, for example, an interaction between the query response module 162 and the trusted network module 165 to obtain a list of trusted network members, and / or when a trusted network member is identified, for example. An interaction between query response module 162 and annotation module 164 for retrieving annotation data may be included.

注釈データの合体は、種々の仕方で行うことができる。例えば、少なくとも幾つかの注釈がレーティングを含む場合には、そのレーティング情報に少なくとも一部分基づいてヒットを識別し及び/又はランク付けすることができる。個々の信頼性ネットワークメンバーによりヒットページ又はサイトに与えられるレーティングは、直接使用してもよいし、或いは特定のページをレート付けした全ての信頼性ネットワークメンバーにわたる集計(例えば、平均)レーティングを使用することもできる。一実施形態では、問合せ応答モジュール162は、特定のページ又はサイトに対する好意的なレーティングに基づいて「好意的な」結果の個別リストを発生してもよいし、或いは問合せ応答モジュール162は、特定のページ又はサイトのレーティングをサーチ結果のランク付けに合体してもよいし、或いは問合せ応答モジュール162は、特定のページ又はサイトの信頼性ネットワークメンバーにより否定的なレーティングを使用して、サーチ結果ページに含まれたヒットのリストからヒットをドロップすべきかどうか判断してもよい。注釈がテキスト記述、キーワード又はラベルを含む場合には、サーチヒットの識別及び/又はランク付け中にこれら要素のいずれかにおけるサーチ用語の出現を考慮してもよい。   Combining annotation data can be done in various ways. For example, if at least some annotations include a rating, hits can be identified and / or ranked based at least in part on the rating information. The rating given to a hit page or site by an individual trust network member may be used directly or use an aggregate (eg, average) rating across all trust network members that rated a particular page. You can also. In one embodiment, query response module 162 may generate a separate list of “favorite” results based on favorable ratings for a particular page or site, or query response module 162 may The page or site rating may be merged into the search result ranking, or the query response module 162 may use a negative rating by a particular page or site trust network member to A determination may be made as to whether the hit should be dropped from the list of included hits. If the annotation includes a text description, keywords, or labels, the occurrence of search terms in any of these elements may be considered during search hit identification and / or ranking.

信頼性ネットワーク注釈のような個人化特徴をサーチできるようにするために、サーチサーバー160は、ユーザログイン特徴を与えるのが好都合であり、ここで、「ログイン」とは、一般に、コンピュータシステムのユーザを識別し及び/又は認証するための手順を指す。多数の例がこの技術で知られており、本発明の実施形態に関連して使用することができる。例えば、一実施形態では、各ユーザは、独特のユーザ識別子(ID)及びパスワードを有し、そしてサーチサーバー160は、クライアント120にログインページを与え、これを経てユーザがこの情報を入力できるようにすることで、ユーザがログインするのを促す。他の実施形態では、ユーザID及びパスワードに加えて又はそれに代わって、生物測定、音声、又は他の識別及び認証技術を使用してもよい。ユーザが、例えば、ログインすることで、自分自身を識別すると、ユーザは、以下に述べるようにユーザ注釈モジュール164と相互作用することにより注釈を生成し及び/又は更新することができる。更に、ログインしたユーザにより入力された各問合せは、そのユーザに対する独特のユーザIDに関連付けることができ、即ちそのユーザIDに基づいて、問合せ応答モジュール162は、個人化データベース166にアクセスして、問合せユーザの信頼性ネットワークのメンバーからの注釈を、そのユーザの問合せに対する応答に合体することができる。ユーザがログインすると(例えば、クライアントアプリケーション125を経て)、ユーザがクライアントアプリケーション125を操作する間にユーザの認識を適切な時間にサーチサーバー160に通信できるという意味で、ユーザログインが持続されるのが好都合である。従って、ここに述べる個人化特徴は、ユーザに常時アクセスできるようにされる。   In order to be able to search for personalized features such as trust network annotations, the search server 160 conveniently provides user login features, where “login” generally refers to a user of a computer system. Refers to a procedure for identifying and / or authenticating. Numerous examples are known in the art and can be used in connection with embodiments of the present invention. For example, in one embodiment, each user has a unique user identifier (ID) and password, and search server 160 provides a login page to client 120 through which the user can enter this information. This prompts the user to log in. In other embodiments, biometric, voice, or other identification and authentication techniques may be used in addition to or instead of the user ID and password. Once the user has identified himself, for example by logging in, the user can create and / or update annotations by interacting with the user annotation module 164 as described below. Further, each query entered by a logged-in user can be associated with a unique user ID for that user, that is, based on that user ID, query response module 162 can access personalization database 166 to query Annotations from members of the user's trust network can be incorporated into the response to the user's query. When the user logs in (eg, via the client application 125), the user login is sustained in the sense that the user's perception can be communicated to the search server 160 at an appropriate time while the user operates the client application 125. Convenient. Accordingly, the personalization features described herein are made accessible to the user at all times.

問合せに応答して信頼性ネットワークメンバーの注釈を使用するのに加えて、問合せ応答モジュール162は、他のユーザの注釈から収集した集計情報も使用できる。例えば、一実施形態では、ページ又はサイトに対するグローバルな集計レーティング(例えば、平均レーティング)が、信頼性ネットワークのメンバーシップに関わらず、そのページ又はサイトに対するレーティングを注釈に与えた各ユーザのレーティングから計算される。このグローバルな集計レーティングは、サーチヒットを選択し及び/又はランク付けするのに使用できる。別の実施形態では、ページ又はサイトを記述するグローバルな集計キーワード又はラベルを判断することができ、これは、例えば、信頼性ネットワークのメンバーシップに関わらず、注釈付けしたユーザによりそのページ又はサイトに最も頻繁に適用されたキーワード又はラベルを識別することで行われる。所与のページに対するこのような集計注釈は、例えば、ページインデックス170に記憶され、そして問合せ応答モジュール162によりこれを使用して、サーチサーバー160に対してユーザが知られているかどうかに関わらず、問合せに応答してヒットをランク付けすることができる。   In addition to using trusted network member annotations in response to queries, query response module 162 may also use aggregate information collected from other user annotations. For example, in one embodiment, a global aggregate rating (e.g., average rating) for a page or site is calculated from each user's rating that provided the rating for that page or site, regardless of trust network membership. Is done. This global aggregate rating can be used to select and / or rank search hits. In another embodiment, a global aggregate keyword or label that describes a page or site can be determined, for example, by an annotating user to that page or site regardless of trust network membership. This is done by identifying the most frequently applied keywords or labels. Such aggregate annotations for a given page are stored, for example, in page index 170 and are used by query response module 162 to determine whether the user is known to search server 160 or not. Hits can be ranked in response to queries.

一実施形態では、ユーザ注釈モジュール164は、新たな注釈データを受け取ったときにそれを集計モジュール(図2には示さず)へ転送し、該モジュールは、ページインデックス170に記憶された集計注釈データを更新する。集計注釈データは、規則的な間隔、例えば、毎日又は毎時間、或いはほぼリアルタイムで更新されてもよい。グローバルな集計注釈データの収集及び使用は、前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明されている。   In one embodiment, when user annotation module 164 receives new annotation data, it forwards it to a summary module (not shown in FIG. 2), which collects summary annotation data stored in page index 170. Update. The aggregate annotation data may be updated at regular intervals, for example, daily or hourly, or near real time. The collection and use of global aggregate annotation data is described in the aforementioned patent application (Attorney Docket No. 017887-013720 US).

更に別の実施形態では、問合せ応答モジュール162は、全コーパスのサブセットにわたりヒットをサーチし又はレポートすることで問合せに応答するように構成されてもよい。例えば、ユーザは、問合せを提示し、そして自分の信頼性ネットワークのメンバーにより注釈付けされたドキュメントのみがヒットとしてレポートされるように要求することができる。別の例として、ユーザは、あるコミュニティのメンバーにより注釈付けされたドキュメントのみがサーチヒットとしてレポートされるように要求することもできる。このようなオペレーションの例を以下に説明する。   In yet another embodiment, query response module 162 may be configured to respond to queries by searching for or reporting hits across a subset of the entire corpus. For example, a user can submit a query and request that only documents annotated by members of their trust network be reported as hits. As another example, a user may request that only documents annotated by members of a community be reported as search hits. Examples of such operations are described below.

ここに述べるサーチシステムは、例示に過ぎず、変更や修正がなされ得ることが明らかである。コンテンツサーバー及びサーチサーバーシステムは、例えば、Yahoo!Inc.によりユーザに提供される分散型サーバーシステムのような単一組織の一部分でもよいし、或いは異種組織の一部分でもよい。各々のサーバーシステムは、一般に、少なくとも1つのサーバー及びそれに関連したデータベースシステムを備え、又、多数のサーバー及びそれに関連したデータベースシステムを備えてもよく、そして単一ブロックとして示されているが、地理的に分散されてもよい。例えば、サーチサーバーシステムの全てのサーバーは、互いに接近して配置されてもよいし(例えば、単一のビルディング又は構内に位置するサーバーファームに)、或いは互いに離れた位置に分散されてもよい(例えば、1つ以上のサーバーが都市Aに配置されそして1つ以上のサーバーが都市Bに配置される)。従って、ここに使用する「サーバーシステム」という語は、通常、1つ以上の地理的位置にわたり又はローカルに分散された1つ以上の論理的及び/又は物理的に接続されたサーバーを含み、即ち「サーバー」及び「サーバーシステム」という語は交換可能に使用される。加えて、ここに述べる問合せ応答モジュール及びユーザ注釈モジュールは、同じサーバーに実施されてもよいし、異なるサーバーに実施されてもよい。   It will be appreciated that the search system described herein is exemplary only and that changes and modifications can be made. The content server and the search server system are, for example, Yahoo! Inc. May be part of a single organization, such as a distributed server system provided to a user, or may be part of a heterogeneous organization. Each server system typically includes at least one server and associated database system, and may include multiple servers and associated database systems, and is shown as a single block, May be dispersed. For example, all servers in a search server system may be located close to each other (eg, in a server farm located in a single building or premises) or distributed remotely from each other ( For example, one or more servers are located in city A and one or more servers are located in city B). Thus, as used herein, the term “server system” typically includes one or more logically and / or physically connected servers distributed over one or more geographical locations or locally, ie The terms “server” and “server system” are used interchangeably. In addition, the query response module and user annotation module described herein may be implemented on the same server or on different servers.

サーチサーバーシステムは、1つ以上のページインデックスと、クライアントシステムから受け取ったサーチ問合せに応答してそれらページインデックスにアクセスしてユーザへサーチ結果を与えるためのアルゴリズムとで構成することができる。サーチサーバーシステムは、ページインデックスそれ自体を発生してもよいし、別のソース(例えば、個別のサーバーシステム)からページインデックスを受け取ってもよいし、或いは別のソースからページインデックスを受け取ってその更なる処理(例えば、種々のページ情報の追加又は更新)を遂行してもよい。更に、サーチサーバーシステムは、コンポーネントモジュールの特定の組合せを含むものとして説明するが、モジュールへの分割は、説明の便宜上に過ぎず、より多くの、より少数の又は異なるモジュールが定義されてもよいことを理解されたい。   The search server system may comprise one or more page indexes and an algorithm for accessing the page indexes and providing search results to the user in response to a search query received from the client system. The search server system may generate the page index itself, receive the page index from another source (eg, a separate server system), or receive the page index from another source and update it. (For example, addition or update of various page information) may be performed. Further, although the search server system will be described as including a particular combination of component modules, the division into modules is merely for convenience of description and more, fewer or different modules may be defined. Please understand that.

更に、ある実施形態では、サーチサーバー160により維持されるものとしてここに説明する幾つかのモジュール及び/又はメタデータは、全体的に又は部分的にクライアントシステムに常駐されてもよい。例えば、ユーザ注釈の幾つか又は全部をクライアントシステム120にローカルに記憶させて、クライアントアプリケーション125のコンポーネントモジュールによりマネージすることができる。ページインデックス170の一部分又は全部を含む他のデータをサーチサーバー160から周期的にダウンロードさせて、その後に使用するためにクライアントシステム120により記憶することができる。更に、クライアントアプリケーション125は、クライアント120にローカルに記憶されたコンテンツのインデックスを生成してマネージできると共に、ローカルに記憶されたコンテンツをサーチし、ローカルに記憶されたコンテンツを含むサーチ結果をウェブサーチ結果に合体し、等々の能力を発揮することもできる。従って、サーチオペレーションは、サーチサーバーシステム及び/又はクライアントシステムによるオペレーションの組合せを含んでもよい。   Further, in some embodiments, some modules and / or metadata described herein as maintained by search server 160 may be resident in a client system in whole or in part. For example, some or all of the user annotations can be stored locally on the client system 120 and managed by the component module of the client application 125. Other data including part or all of the page index 170 may be periodically downloaded from the search server 160 and stored by the client system 120 for subsequent use. In addition, the client application 125 can generate and manage an index of content stored locally on the client 120, search for locally stored content, and search results including the locally stored content into web search results. Can also be used to demonstrate their abilities. Thus, a search operation may include a combination of operations by a search server system and / or a client system.

本発明の実施形態では、注釈は、サーチ結果ページから入力される注釈、ツールバーインターフェイスを使用して入力される注釈、等々を含む種々の仕方で、ユーザから収集することができる。注釈データを収集する実施例を以下に説明する。   In embodiments of the present invention, annotations can be collected from the user in a variety of ways, including annotations entered from a search results page, annotations entered using a toolbar interface, and so on. An embodiment for collecting annotation data is described below.

C.注釈の概略
個人化データベース166に記憶された注釈データは、サーチサーバー160の登録されたユーザから種々の適当なインターフェイスを経て収集することができる。注釈を収集するための注釈フォーマット及びインターフェイスの幾つかの例が、前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明されており、これについて以下に簡単に要約する。しかしながら、本発明は、特定の注釈フォーマット又は注釈収集技術に限定されないことを理解されたい。
C. The annotation data stored in the annotation summary personalization database 166 can be collected from registered users of the search server 160 via various suitable interfaces. Some examples of annotation formats and interfaces for collecting annotations are described in the aforementioned patent application (Attorney Docket No. 017887-013720 US), which is briefly summarized below. However, it should be understood that the present invention is not limited to a particular annotation format or annotation collection technique.

1.注釈のコンテンツ
上述したように、ここで使用する「注釈」という語は、一般に、ページ又はサイトに関係した記述及び/又は評価メタデータ(又はコーパスにおける他のコンテンツアイテム)であって、ユーザから収集された後に、そのユーザの識別子及びページ又はサイトの識別子に関連して記憶されたものを指す。注釈は、メタデータの種々のフィールド、例えば、ページ又はサイトのレーティング(好意的又は否定的な見解を指示する任意のデータでよい)、ページ又はサイトのトピック(又はトピックス)を識別する1つ以上のキーワード、ページ又はサイトのテキスト記述、及び/又は他のフィールドを含んでもよい。例示の目的で、特定の注釈構造を以下に述べるが、この特定の注釈構造は、本発明にとって重要ではないことを理解されたい。
1. Annotation Content As mentioned above, the term “annotation” as used herein is generally description and / or rating metadata (or other content item in the corpus) related to a page or site, collected from the user. Is stored in association with the user identifier and the page or site identifier. An annotation is one or more that identifies various fields of metadata, such as a page or site rating (which can be any data that favors a positive or negative view), a page or site topic (or topics) May include a keyword, a page or site text description, and / or other fields. For illustrative purposes, a specific annotation structure is described below, but it should be understood that this specific annotation structure is not important to the present invention.

ここで使用する「ページ」とは、独特のロケータ(例えば、URL)によって識別可能で且つ適当に構成されるブラウザプログラムにより表示可能なコンテンツの単位を指す。「サイト」とは、共通の要旨に関係し且つ同じサーバーに位置する1つ以上のページのグループを指す。本発明のある実施形態では、注釈を生成するユーザは、その注釈を単一のページに適用すべきか又は関連ページのグループ(サイト)に適用すべきかを指示することができる。後者のケースでは、ユーザは、サイトの範囲を定義できるのが好都合である。ある実施形態では、ページ注釈とサイト注釈との間には、その注釈が潜在的に適用されるページの数以外の差がない。   As used herein, “page” refers to a unit of content that can be identified by a unique locator (eg, URL) and that can be displayed by a suitably configured browser program. A “site” refers to a group of one or more pages that are related to a common point of view and located on the same server. In one embodiment of the present invention, the user generating the annotation can indicate whether the annotation should be applied to a single page or a group (site) of related pages. In the latter case, the user can conveniently define the scope of the site. In some embodiments, there is no difference between a page annotation and a site annotation other than the number of pages to which the annotation is potentially applied.

一実施形態では、各注釈は、個人化データベース166における構造化エントリーである。図3は、注釈300に対するコンテンツフィールドを示す。左欄302のフィールドは、ユーザ注釈モジュール164により自動的に発生され及び更新され、一方、右欄304のフィールドは、ユーザ供給されるのが好ましい。   In one embodiment, each annotation is a structured entry in personalization database 166. FIG. 3 shows the content field for the annotation 300. The fields in the left column 302 are generated and updated automatically by the user annotation module 164, while the fields in the right column 304 are preferably user supplied.

自動的に発生されるフィールドは、注釈を生成(又はセーブ)したユーザのユーザIDを記憶する「著者ID(Author ID)」306と、注釈の対象であるページ(又はページのグループ)を識別する「URL」フィールド308とを備えている。この実施形態では、注釈は、IDが著者IDフィールド306に現われるユーザと、URLがURLフィールド308に記憶されたURLに一致するドキュメントとに関連される。「ホストフラグ」フィールド310は、注釈がページに適用されるかページのグループに適用されるかを指示する。ホストフラグが「ページ」にセットされた場合には、注釈は、URLがフィールド308のストリングに厳密に一致するページだけに適用され、一方、ホストフラグが「サイト」にセットされた場合には、注釈は、URLがフィールド308に示されたストリングで始まるページに適用される。従って、ホストフラグが「サイト」にセットされた注釈は、多数のページ(1つのページのみを含む)に適用することができる。ホストフラグフィールド310は、デフォールト値(例えば、「ページ」)に自動的にセットされてもよく、そしてユーザには、値を変更するオプションを与えることができる。   The automatically generated field identifies an “Author ID” 306 that stores the user ID of the user who created (or saved) the annotation and the page (or group of pages) that is the subject of the annotation. And a “URL” field 308. In this embodiment, the annotation is associated with the user whose ID appears in author ID field 306 and the document whose URL matches the URL stored in URL field 308. The “Host Flag” field 310 indicates whether the annotation is applied to a page or a group of pages. If the host flag is set to “page”, the annotation applies only to pages where the URL exactly matches the string in field 308, while if the host flag is set to “site” The annotation applies to pages where the URL begins with the string shown in field 308. Therefore, the annotation with the host flag set to “site” can be applied to a large number of pages (including only one page). The host flag field 310 may be automatically set to a default value (eg, “page”) and the user may be given the option to change the value.

「タイトル」フィールド312は、対象ページのタイトルを記憶する。このフィールドは、デフォールトにより、注釈付きページのソースコードから抽出されたページタイトルで埋めるのが好都合であり、ある実施形態では、ユーザがタイトルを変更することが許される。「アブストラクト」フィールド314は、対象ページ又はサイトのテキストアブストラクトを記憶し、このアブストラクトは、自動的に発生することもできるし、ユーザにより供給することもできる。   The “title” field 312 stores the title of the target page. This field is conveniently filled by default with the page title extracted from the source code of the annotated page, and in one embodiment, the user is allowed to change the title. The “Abstract” field 314 stores the text abstract of the target page or site, which can be generated automatically or supplied by the user.

欄302における残りのフィールドは、注釈に関する経歴情報を与える。例えば、「参照(Referral)」フィールド316は、ユーザが対象ページにどのように到達するかに関するコンテクスト情報を与える。この参照フィールド316は、例えば、ユーザが対象ページに導かれたときに応答した問合せ(図3に示すように)、ユーザが注釈付きページへナビゲートされる前に何を見たかに関する経歴情報、又は著者が注釈をインポートしたところの別のユーザの識別子(インポートについては、以下に述べる)を含んでもよい。   The remaining fields in column 302 provide background information about the annotation. For example, a “Referral” field 316 provides context information regarding how the user reaches the target page. This reference field 316 includes, for example, a query that responded when the user was directed to the target page (as shown in FIG. 3), background information about what the user saw before navigating to the annotated page, Or it may include the identifier of another user (the import is described below) from which the author has imported the annotation.

ユーザがページに注釈付けし、その後に、その注釈を修正する場合には、参照フィールド316は、その修正された注釈へ導いた参照ソースを識別するように更新されるのが好都合である。「古い参照(Old referral)」フィールド318は、以前の注釈バージョンに関するコンテクスト情報を記憶するのに使用でき、この情報は、参照フィールド316に記憶された情報と同様である。いかなる数の古い参照(古い参照なしも含む)が維持されてもよい。   If the user annotates the page and subsequently modifies the annotation, the reference field 316 is conveniently updated to identify the reference source that led to the modified annotation. An “Old referral” field 318 can be used to store context information about previous annotation versions, which is similar to the information stored in the reference field 316. Any number of old references (including no old references) may be maintained.

「最後の更新(Last updated)」フィールド320は、いつユーザが注釈を最後に更新したか指示するタイムスタンプを与える。「最後の訪問(Last visited)」フィールド322は、いつユーザが注釈付きページに訪問したか指示するタイムスタンプを与える。図3は、これらのタイムスタンプをYYYY−MM−DDHH:MM:SSフォーマットで示しているが、他のフォーマット及び希望の精度に置き換えてもよいことを理解されたい。この情報は、例えば、古い注釈を、おそらく信頼性の低いものとして識別するのに使用できる(特に、注釈付きページが、ユーザがそのページに最後に訪問したときより最近に更新された場合)。   A “Last updated” field 320 provides a time stamp indicating when the user last updated the annotation. A “Last visited” field 322 provides a time stamp indicating when the user visited the annotated page. Although FIG. 3 shows these timestamps in the YYYY-MM-DDHH: MM: SS format, it should be understood that other formats and desired accuracy may be substituted. This information can be used, for example, to identify old annotations as possibly unreliable (particularly if the annotated page was updated more recently than when the user last visited the page).

欄304におけるフィールドは、著者により供給されるもので、ユーザがデータを供給するまで及び供給しない限り、空のままであるのが好都合である。好ましい実施形態では、ユーザは、全てのこれらフィールドに対するデータを供給することが要求されず、注釈がサーチ処理に使用されるときには空きフィールドを無視することができる。   The fields in column 304 are supplied by the author and are conveniently left empty until and until the user supplies data. In the preferred embodiment, the user is not required to supply data for all these fields and can ignore empty fields when annotations are used in the search process.

「キーワード」フィールド324は、対象ページを記述する1つ以上のユーザ供給キーワード又はユーザ選択ラベルを記憶する。ここで使用する「キーワード」(この技術では「タグ」と称することもある)とは、ワード又はフレーズを自由に選択するユーザにより供給されるワード又は短いフレーズを指し、一方、「ラベル」とは、システム定義語彙、例えば、カテゴリー識別子のハイアラーキーリストからユーザにより選択されたワード又は短いフレーズを指す。   The “Keyword” field 324 stores one or more user-supplied keywords or user-selected labels that describe the target page. As used herein, “keyword” (sometimes referred to as “tag” in this technology) refers to a word or short phrase supplied by a user who chooses a word or phrase freely, while “label” is , Refers to a word or short phrase selected by the user from a system-defined vocabulary, eg, a hierarchical list of category identifiers.

「記述」フィールド326は、対象ページのユーザ供給テキスト記述を記憶する。このフィールドをポピュレートする際には、ユーザは、ワード又は短いフレーズ或いは特定の長さに制限されず、そしてテキストは、フォーマットされてもされなくてもよい。ある実施形態では、記述フィールド326は、非常に長いテキストストリング(例えば、500又は1000ワードまで)を記憶することができる。又、ユーザは、記述の一部分として他のコンテンツへのリンクを含むことも許される。リンクは、例えば、注釈付きページにより監視されるトピックスに関する詳細を与える他のサイトを識別するために含ませることができる。   The “description” field 326 stores the user-supplied text description of the target page. In populating this field, the user is not limited to words or short phrases or a specific length, and the text may or may not be formatted. In some embodiments, the description field 326 can store a very long text string (eg, up to 500 or 1000 words). The user is also allowed to include links to other content as part of the description. Links can be included, for example, to identify other sites that provide details about topics monitored by annotated pages.

「レーティング」フィールド328は、対象ページのユーザ見解又はジャッジメントを反映する数値又は他の指示子を記憶する。レーティングは、種々のスケールを使用して与えることができ、このスケールは、少なくとも「好意的」、「否定的」及び「中立」レーティングを許すのが好ましい。例えば、一実施形態では、ユーザは、注釈の生成中に、好意的(例えば、賛成(thumbs up))又は否定的(例えば、反対(thumbs down))レーティングを対象ページに与えるよう促される。好意的及び否定的のレーティングには、各々、数値(例えば、+2及び−2)が指定され、レーティングの付かないページには、「中立」ジャッジメント(例えば、0)を表わすデフォールトレーティングが与えられる。他のレーティングシステム、例えば、0から4個の星印、1から10のレーティング、等を使用してもよい。フィールド328に記憶されるレーティング指示子は、ユーザにより使用されるレーティングスケールに一致しなくてもよい(例えば、ユーザが1から10のスケールでページをレーティング決めする場合には、これを、−4から5の範囲のレーティング指示子に換算することができる)。ユーザが注釈付けするがレーティング決めしないページは、中立レーティングを有するものとして処理されるのが好都合である。   The “Rating” field 328 stores a numerical value or other indicator that reflects the user's view or judgment of the target page. Ratings can be given using various scales, which preferably allow at least “favorable”, “negative” and “neutral” ratings. For example, in one embodiment, the user is prompted to give the target page a positive (eg, thumbs up) or negative (eg, thumbs down) rating during annotation generation. Positive and negative ratings are each assigned numerical values (eg, +2 and -2), and unrated pages are given a default rating representing a “neutral” judgment (eg, 0). Other rating systems such as 0 to 4 stars, 1 to 10 ratings, etc. may be used. The rating indicator stored in field 328 may not match the rating scale used by the user (e.g., if the user rated the page on a scale of 1 to 10, this would be -4 To 5 rating indicators). Conveniently, pages that are annotated but not rated by the user are treated as having a neutral rating.

注釈エントリー300は、例示に過ぎず、異なるフィールドを伴う他の注釈構造を使用してもよいことを理解されたい。例えば、ある実施形態では、注釈は、対象ページのコンテンツの一部又は全部の表示を圧縮形態又は非圧縮形態で含んでもよい。他の実施形態では、ユーザは、記述を対象ページのコンテンツの特定部分に接続することができ、そして記述が接続される部分は、注釈に記憶されてもよい。他の実施形態では、サーチサーバー160は、ページ又はサイトをある分類学に基づいてカテゴリー分けすることもでき、このようなカテゴリーデータは、注釈の一部分としてセーブされてもよい。   It should be understood that the annotation entry 300 is exemplary only and other annotation structures with different fields may be used. For example, in some embodiments, the annotation may include a display of some or all of the content of the target page in a compressed or uncompressed form. In other embodiments, the user can connect the description to a specific portion of the content of the target page, and the portion to which the description is connected may be stored in the annotation. In other embodiments, the search server 160 may categorize pages or sites based on some taxonomy, and such categorical data may be saved as part of the annotation.

対象ページ(又はサイト)に関係した他のメタデータは、注釈レコードにおいて収集されて、ユーザがブラウズを続けるときに自動的に更新されてもよい。例えば、ユーザが注釈付けしたページ又はサイトにユーザが訪問する回数をカウントするためにカウンタが設けられてもよい。このカウンタ及び/又は最後に訪問したタイムスタンプは、ユーザがページ又はサイトを訪問するたびに自動的に更新することができる。ある実施形態では、ユーザがサーチサーバー160にログインする間に行われる訪問のみが、自動更新を生じさせる。   Other metadata related to the target page (or site) may be collected in the annotation record and automatically updated as the user continues browsing. For example, a counter may be provided to count the number of times a user visits a page or site annotated by the user. This counter and / or last visited timestamp can be automatically updated each time a user visits a page or site. In some embodiments, only visits that occur while a user logs into the search server 160 will cause automatic updates.

注釈エントリーは、個人化データベース166に記憶するのに適したフォーマットでフォーマットされてもよく(例えば、関係データベーススキーマ、XMLレコード、等)、そして種々のフィールドへのリファレンスによりアクセスすることができる。一実施形態では、注釈レコードは、少なくとも著者ID、URL、タイトル及びキーワードによりアクセスできる。   Annotation entries may be formatted in a format suitable for storage in personalization database 166 (eg, relational database schema, XML records, etc.) and can be accessed by references to various fields. In one embodiment, the annotation record can be accessed by at least the author ID, URL, title, and keyword.

2.注釈データの収集
注釈は、種々の仕方でユーザから収集することができ、その一例が前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明されている。そこに説明されたように、ユーザは、適当なツールバーが装備されたウェブブラウザクライアントに表示されたページに注釈付けするように選択することもできるし、又はユーザは、サーチヒットのリストに現れるページに注釈付けするように選択することもできる。
2. Annotation Data Collection Annotations can be collected from users in various ways, an example of which is described in the aforementioned patent application (Attorney Docket No. 017887-013720 US). As described therein, the user can also choose to annotate a page displayed in a web browser client equipped with an appropriate toolbar, or the user can choose to appear on the list of search hits. You can also choose to annotate.

本発明の実施形態では、ユーザからページ(又はページのグループ)に関する記述及び/又は評価メタデータを収集し、そしてそのメタデータを、それを与えたユーザ及び対象ページ(又はページのグループ)に関連付けるための任意の適当な技術を使用することができる。各ユーザが種々のページ又はサイトに訪問して注釈付けするときに、各ユーザは、そのユーザに関心のあるコンテンツのパーソナル「ライブラリー」を構築し、そして各ユーザは、自分自身のライブラリーを見て編集することができ、これは、例えば、前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明されている。   In an embodiment of the invention, description and / or evaluation metadata about a page (or group of pages) is collected from a user and the metadata is associated with the user and target page (or group of pages) that provided it. Any suitable technique can be used. As each user visits and annotates various pages or sites, each user builds a personal “library” of content of interest to that user, and each user has his own library. This can be viewed and edited, for example, as described in the aforementioned patent application (Attorney Docket No. 017887-013720 US).

3.注釈の編成
ある実施形態では、ユーザは、フォルダを使用してそれらの注釈を編成することができる。例えば、各ユーザは、「メイン」フォルダを有し、ここには、そのユーザの新たな注釈をデフォールトにより入れることができる。ユーザは、必要に応じて付加的なフォルダを生成することができる。ある実施形態では、ユーザは、フォルダ内にサブフォルダを定義することもできる。フォルダを生成してマネージするユーザインターフェイスは、一般的に従来設計のものでよい。
3. Annotation Organization In some embodiments, users can organize their annotations using folders. For example, each user has a “main” folder in which the user's new annotations can be entered by default. The user can create additional folders as needed. In some embodiments, the user can also define subfolders within the folder. The user interface for creating and managing folders may generally be of conventional design.

一実施形態では、各フォルダは、個人化データベース166におけるフォルダエントリーを使用して定義される。図4は、本発明の一実施形態によるフォルダエントリー400を示す。このフォルダエントリー400は、フォルダ400に属する注釈及び/又はサブフォルダへのリファレンス(例えば、永続的ポインタ)を与えるリファレンスフィールド404を含み、リンク付きリスト又は他の適当なデータ構造を使用して、リファレンス404を実施することができる。   In one embodiment, each folder is defined using a folder entry in personalization database 166. FIG. 4 illustrates a folder entry 400 according to one embodiment of the present invention. This folder entry 400 includes a reference field 404 that provides a reference (eg, a persistent pointer) to annotations and / or subfolders that belong to the folder 400, and uses a linked list or other suitable data structure to reference 404. Can be implemented.

又、フォルダエントリー400は、フォルダのマネージメントに有用な他のフィールドも含むのが好都合である。一実施形態において、これらのフィールドは、フォルダが属するユーザのユーザIDを記憶する「著者ID(Author ID)」フィールド406と、ユーザ供給フォルダネームを記憶する「ネーム」フィールド408(例えば、上限が80キャラクタ)とを備えている。この「ネーム」フィールド408は、「新規フォルダ」又は他の何らかの適当なストリングに対するデフォールトでもよい。「記述」フィールド410は、フォルダの目的又はコンテンツのユーザ編集可能なフリーテキスト記述を記憶し、即ちこのフィールドは、空き状態に対するデフォールトでもよい。「アクティブ」フィールド412は、そのフォルダ内の注釈を問合せに応答して使用すべきかどうか指示するフラグ(例えば、ブール値)を記憶する。   The folder entry 400 also conveniently includes other fields useful for folder management. In one embodiment, these fields include an “Author ID” field 406 that stores the user ID of the user to which the folder belongs, and a “Name” field 408 that stores the user-supplied folder name (eg, an upper limit of 80). Character). This “name” field 408 may be the default for “new folder” or any other suitable string. The “description” field 410 stores a user-editable free text description of the purpose of the folder or content, ie, this field may be the default for the empty state. The “active” field 412 stores a flag (eg, a Boolean value) that indicates whether annotations in that folder should be used in response to the query.

「発行(Publication)フラグ」フィールド414、「プライバシーレベル」フィールド416、及び「アクセスリスト」フィールド418は、全て、注釈の共有に関連したもので、これは、ある実施形態では、フォルダごとのベースで制御することができる。フィールド414の発行フラグは、フォルダ400の注釈を、発行メカニズムを経て他のユーザへ自動的に配布すべきかどうか指示し、発行については、以下に説明する。フィールド416のプライバシーレベル及びフィールド418のアクセスリストは、フォルダ内の注釈を他のユーザが見ることができねばならない程度を制御するのに使用される。プライバシーレベル及びそれらの意義の一例を以下に説明する。   The “Publication Flag” field 414, the “Privacy Level” field 416, and the “Access List” field 418 are all related to annotation sharing, which in one embodiment is on a folder-by-folder basis. Can be controlled. The issue flag in field 414 indicates whether the annotations in folder 400 should be automatically distributed to other users via the issue mechanism, which will be described below. The privacy level in field 416 and the access list in field 418 are used to control the degree to which other users must be able to see the annotations in the folder. An example of privacy levels and their significance is described below.

フォルダフォーマットは変化してもよく且つ他のフィールドが含まれてもよいことが明らかであろう。「メイン」フォルダを除くと、ユーザは、フォルダを自由に生成、再ネーム付け、及び削除することができる。ある実施形態では、多数のフォルダが同じ注釈へのリファレンスを記憶することができ、他の実施形態では、各注釈が厳密に一度に1つのフォルダに指定され、そしてユーザは、1つのフォルダから別のフォルダへ注釈を移動したり、又は異なるフォルダに注釈のコピーを生成したりすることができる。ある実施形態では、各注釈エントリーは、その注釈が指定されたフォルダ(1つ又は複数)へ戻るリファレンスを記憶する「フォルダID」も含むことができる。   It will be apparent that the folder format may vary and other fields may be included. With the exception of the “main” folder, the user is free to create, rename and delete the folder. In some embodiments, multiple folders can store references to the same annotation, and in other embodiments, each annotation is designated exactly one folder at a time, and users can separate from one folder. Annotations can be moved to different folders, or copies of annotations can be generated in different folders. In some embodiments, each annotation entry may also include a “folder ID” that stores a reference back to the folder (s) in which the annotation was specified.

フォルダは任意であるが、フォルダを設けることは、サーチの経験に勝る付加的なユーザ制御度を許す。例えば、ユーザは、自分の注釈を多数のフォルダに配列し、アクティブなフラグ(フィールド412)を1つ以上のフォルダに対して真にセットし且つ他のものに対して偽にセットすることができる。ユーザが問合せを入力すると、アクティブなフォルダ(1つ又は複数)におけるジャッジメントのみが結果に影響を及ぼすことになる。又、ユーザは、種々のウェブブラウザプログラム又はインターネットポータルサービスによりサポートされるブックマーク又は他のパーソナルサイトリストに若干類似した仕方で、フォルダを使用して、注釈付きページを収集し編成することもできる。好ましい実施形態では、ここに述べるフォルダ及び注釈データは、ユーザのためにサーチサーバー160に維持され、そしてユーザがサーチサーバー160にアクセスする場所に関わりなく、ユーザに得られるようにすることができる。   Although folders are optional, providing a folder allows additional user control over the search experience. For example, a user can arrange his annotations in multiple folders and set the active flag (field 412) to true for one or more folders and false for others. . When a user enters a query, only the judgment in the active folder (s) will affect the results. Users can also use folders to collect and organize annotated pages in a manner somewhat similar to bookmarks or other personal site lists supported by various web browser programs or Internet portal services. In a preferred embodiment, the folder and annotation data described herein may be maintained on the search server 160 for the user and made available to the user regardless of where the user accesses the search server 160.

別の実施形態では、フォルダが使用されず、注釈の使用は、注釈レコードにおけるユーザ供給キーワード又はラベルに基づいてマネージされる。例えば、アクティブなフラグ、発行フラグ、及び/又はプライバシー設定は、フォルダ当りではなく、キーワード当たりに定義することができる。   In another embodiment, folders are not used and the use of annotations is managed based on user-supplied keywords or labels in the annotation record. For example, active flags, issue flags, and / or privacy settings can be defined per keyword rather than per folder.

II.信頼性ネットワークを経ての注釈の共有
前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明されたように、各ユーザの収集された注釈は、ユーザがウェブをブラウズするときにそのユーザに得ることができるようにされる。例えば、ユーザが注釈付けしたサイトをユーザが見ている間に、ユーザは、自分の注釈を見及び/又は編集することもできる。別の例として、サーチ結果ページは、ユーザが注釈付けしたヒットページを識別するための視覚又は他のハイライトエレメントを含んでもよいし、或いは種々のヒットページに対してユーザの注釈から抽出されたメタデータをレポートしてもよい。更に別の例として、サーチヒットを識別し及び/又はランク付けするためにページコンテンツ及び他の従来のファクタに加えて又はそれに代わってユーザの注釈を使用してもよい。
II. Sharing annotations via a trust network As explained in the patent application (Attorney Docket No. 017887-013720US), each user's collected annotations are obtained to the user when the user browses the web. Will be able to. For example, while the user is viewing a site that the user has annotated, the user may view and / or edit his annotations. As another example, the search results page may include visual or other highlight elements to identify user-annotated hit pages, or extracted from user annotations for various hit pages Metadata may be reported. As yet another example, user annotations may be used in addition to or instead of page content and other conventional factors to identify and / or rank search hits.

本発明の実施形態において、ユーザは、自分自身の注釈に加えて、他のユーザにより生成された注釈を見ることもできる。第1ユーザにより注釈が見られるべきである1組のユーザを、ここでは、第1ユーザの「信頼性ネットワーク」と称し、そして好ましい実施形態では、各ユーザは、自分の信頼性ネットワークのメンバーに対して少なくともある程度の制御を行うことができる。ユーザの信頼性ネットワークを定義するための技術の実施例を以下に説明する。   In embodiments of the present invention, users can also view annotations generated by other users in addition to their own annotations. The set of users that are to be annotated by the first user is referred to herein as the “trust network” of the first user, and in a preferred embodiment, each user is a member of his trust network. At least some control can be performed. Examples of techniques for defining a user's trust network are described below.

A.信頼性ネットワークの生成
1.ソーシャルネットワークモデル
ある実施形態では、ユーザに対する信頼性ネットワークは、ユーザの種々の対間の信頼関係から構築されたソーシャルネットワークに基づいて定義される。各ユーザは、1人以上の他のユーザ(ここでは、第1ユーザの「友人」と称される)に対する信頼関係を明確に定義することができる。種々のユーザの信頼関係に基づいて、ユーザを信頼関係により他のユーザに接続するソーシャルネットワークを定義することができ、そして所与のユーザから発するソーシャルネットワークの一部分を、そのユーザに対する信頼性ネットワークとして定義することができる。このような実施形態では、所与のユーザに対する信頼性ネットワークは、一般に、ユーザそれ自身に加えて、ユーザの友人を含むと共に、ユーザの友人の友人、等々も含むことができる。ある実施形態では、全ての信頼関係は相互であり(即ち、ユーザA及びBは、両方が互いに信頼性があると合意した場合にのみ友人である)、他の実施形態では、一方向の信頼関係も定義することができる(即ち、ユーザAは、ユーザBがユーザAを友人としてもつかどうかに関わらず、ユーザBを友人としてもつことができる)。ユーザは、他のユーザを、その注釈が第1ユーザ自身にとって価値があると思われるときに、友人として定義することができる。
A. Generating a reliability network
1. Social Network Model In some embodiments, a trust network for a user is defined based on a social network built from trust relationships between various pairs of users. Each user can clearly define a trust relationship with one or more other users (referred to herein as the first user's “friends”). Based on the trust relationships of various users, a social network that connects users to other users by trust relationships can be defined, and a portion of a social network originating from a given user can be defined as a trust network for that user Can be defined. In such embodiments, the trust network for a given user generally includes the user's friends as well as the user's friend's friends, etc. in addition to the user itself. In some embodiments, all trust relationships are mutual (ie, users A and B are friends only if both agree to be trustworthy), and in other embodiments, one-way trust A relationship can also be defined (ie, user A can have user B as a friend, regardless of whether user B has user A as a friend). The user can define other users as friends when the annotation appears to be valuable to the first user himself.

種々のユーザにより定義された信頼関係から、「ソーシャルネットワーク」を構築することができ、そしてソーシャルネットワークの全部又は一部分を所与のユーザに対する信頼性ネットワークとして選択することができる。一般に、ソーシャルネットワークは、例えば、図5に示すように、ネットワークグラフ500により表わすことができる。ネットワークグラフ500は、異なるユーザを各々表わすノード501−509を備えている(この例ではユーザが文字A−Hで識別される)。ノードの対を接続するエッジ(矢印)は、ユーザ間の信頼関係を表わし、従って、ユーザAは、ユーザB、C、D及びIを信頼し、ユーザBは、ユーザC及びEを信頼し、等々となる。この例では、信頼関係は、単一方向性であり、両方向性の信頼関係(例えば、ユーザAとCとの間)は、2つのエッジを使用して表わされる。ネットワークグラフ500は、例示に過ぎないことを理解されたい。ソーシャルネットワークが多数のユーザ及び多数の信頼関係を含んでもよく、そして1人のユーザが多数の他のユーザに対して信頼関係を定義してもよく、又、信頼関係は、単一方向性でも両方性でもよい。   From a trust relationship defined by various users, a “social network” can be constructed, and all or a portion of the social network can be selected as a trust network for a given user. In general, a social network can be represented by a network graph 500, for example, as shown in FIG. Network graph 500 includes nodes 501-509 each representing a different user (in this example, users are identified by letters A-H). The edges (arrows) connecting the pair of nodes represent a trust relationship between users, so user A trusts users B, C, D and I, user B trusts users C and E, And so on. In this example, the trust relationship is unidirectional and the bi-directional trust relationship (eg, between users A and C) is represented using two edges. It should be understood that network graph 500 is exemplary only. A social network may include many users and many trust relationships, and one user may define trust relationships to many other users, and trust relationships may be unidirectional. Both sexes may be used.

本発明の一実施形態において、ユーザAは、自分自身の注釈と、自分のいずれかの友人により生成された注釈とを見ることができる。別の実施形態では、ユーザAは、自分の友人の友人により生成された注釈を見ることもできる。例えば、ユーザAとユーザEとの間には直接的な信頼関係がない。しかしながら、ユーザAは、ユーザBを信頼し、次いで、ユーザBは、ユーザEを信頼する。従って、ユーザAは、ユーザEに対して「間接的な」信頼関係をもつと言うことができ、ユーザB及びEの両方からの注釈がユーザAに見えるようになる。   In one embodiment of the present invention, user A can see his own annotations and annotations generated by any of his friends. In another embodiment, user A can also view annotations generated by his friend's friend. For example, there is no direct trust relationship between user A and user E. However, user A trusts user B, and then user B trusts user E. Thus, user A can be said to have an “indirect” trust relationship with user E, and annotations from both users B and E become visible to user A.

より一般的には、この説明は、N個の分離度で信頼関係を参照する。但し、Nは、ソーシャルネットワークにおいてユーザを接続するエッジの最小数に等しい整数である。N=1は、直接的な信頼関係(例えば、ユーザAとBとの間の関係)に対応し、N>1は、間接的な信頼関係に対応する。この説明の目的上、ユーザAは、N=0では、自分自身のソーシャルネットワークのメンバーとしてみなすことができる。本発明のある実施形態では、ウェブをブラウジングしているユーザ(例えば、ユーザA)は、自分自身の注釈を見て編集することができると共に、ある最大分離度(例えば、N=1、2、3又はそれ以上)まで自分のソーシャルネットワーク内の他のユーザにより生成された注釈を見ることもできる(が、編集はしない)。   More generally, this description refers to a trust relationship with N degrees of separation. However, N is an integer equal to the minimum number of edges connecting the user in the social network. N = 1 corresponds to a direct trust relationship (eg, a relationship between users A and B), and N> 1 corresponds to an indirect trust relationship. For the purposes of this description, user A can be considered a member of his own social network when N = 0. In one embodiment of the present invention, a user browsing the web (eg, user A) can view and edit his own annotations and have some maximum degree of separation (eg, N = 1, 2, You can also see (but not edit) annotations generated by other users in your social network (up to 3 or more).

ある実施形態では、ユーザAは、自分の信頼関係の各々に異なる「信頼性重み」を指定することができる。信頼性重みは、種々のスケールで定義することができ、例えば、1から10までの整数、等で定義することができる。信頼性重みは、ユーザAが自分の各友人の注釈において有している相対的な信用度を反映するのが好都合であり、一般に、高い信頼性重みは、高い信用度を反映する。   In some embodiments, user A can specify a different “reliability weight” for each of his trust relationships. The reliability weight can be defined on various scales, for example, an integer from 1 to 10, etc. The reliability weights advantageously reflect the relative credibility that user A has in each of his / her friends' annotations, and in general, a high credibility weight reflects a high credibility.

信頼性重みが定義される場合には、この情報を使用して信頼性ネットワークを定義することもできる。例えば、信頼性伝播アルゴリズムを使用して、「信用係数」pをソーシャルネットワーク内のユーザに指定することができ、ユーザAに対するユーザXの信用係数pXAは、一般に、ユーザAが自分の友人に指定した信頼性重み、ユーザAの友人がその友人に指定した信頼性重み、等々に基づく。信頼性伝播アルゴリズムの実施例は、この技術で知られており、これを使用して、信用係数を発生することができる。又、ユーザAに対する他のユーザの信用係数も、分離度に基づいて決定することができるが、これは、例えば、ユーザAの各友人に対して等しい信頼性重みを仮定し、次いで、信頼性伝播アルゴリズムを使用して、各信頼性ネットワークメンバーに対する信用係数を決定するか、或いはユーザAから所与の分離度において各ユーザに等しい信用係数を指定することにより行われる。一実施形態では、ユーザAの信頼性ネットワークにおけるメンバーシップは、ユーザAからの分離度に関わらず、信用係数pXAがあるスレッシュホールドを越えるようなユーザXに制限される。信頼性重み及び信用係数の他のユーザは、以下で説明する。   This information can also be used to define a trust network when trust weights are defined. For example, a trust propagation algorithm can be used to assign a “credit factor” p to a user in the social network, and the user X's credit factor pXA for user A is generally designated by user A as his friend. Reliability weights, reliability weights assigned by user A's friend to the friends, and so on. Examples of belief propagation algorithms are known in the art and can be used to generate a confidence factor. The other user's confidence factor for user A can also be determined based on the degree of separation, which assumes, for example, equal confidence weights for each friend of user A, and then confidence This is done by determining a confidence factor for each trusted network member using a propagation algorithm, or by assigning an equal confidence factor to each user at a given degree of separation from user A. In one embodiment, membership in user A's reliability network is limited to user X such that the trust factor pXA exceeds a certain threshold, regardless of the degree of separation from user A. Other users of reliability weights and confidence factors are described below.

2.友人の明確な識別
一実施形態において、信頼性ネットワークモジュール165(図2)は、1人のユーザ(例えば、ユーザA)が、自分の信頼性ネットワークを定義する目的で他のユーザを友人として明確に識別できるようにするインターフェイスを形成する。このインターフェイスは、要求があったときにユーザにサービスされるウェブページを含むことができ、そしてユーザは、インターフェイスページを受け取る前に、サーチサーバー160にログインすることが要求されるのが好都合である。
2. Clear Identification of Friends In one embodiment, the trust network module 165 (FIG. 2) allows one user (eg, user A) to identify other users as friends for the purpose of defining their trust network. Form an interface that allows you to identify. This interface may include a web page that is served to the user when requested, and the user is conveniently required to log in to the search server 160 before receiving the interface page. .

図6は、本発明の一実施形態により信頼性ネットワークインターフェイスページ600の一例を示す。このページ600は、ユーザ(例えば、ユーザA)が、ソーシャルネットワークモデルを使用して信頼性ネットワークを定義する目的で、自分の友人のリストを見て変更するための種々のメカニズムを与える。ユーザAの友人の現在リストがセクション602に表示される。友人ごとに、リストエントリー604は、ユーザID、記述、及び信頼性重みを含む。記述フィールドは、ユーザAにより、希望の情報、例えば、友人の実際の名前、ユーザAとの関係、等でポピュレートすることができる。セクション602は、そのフィールドによる分類をサポートするように実施されてもよいし、各友人に関する他の情報、例えば、各友人が有する友人の数、又は友人がリストに追加されたときを指示するタイムスタンプ(図示せず)を含んでもよい。リストをポピュレーションする情報602は、例えば、個人化データベース166に適切なレコードで記憶し、そしてユーザ要求に応答して信頼性ネットワークモジュール165により検索することができる。   FIG. 6 illustrates an example of a trusted network interface page 600 according to one embodiment of the invention. This page 600 provides various mechanisms for a user (eg, user A) to view and change their list of friends for the purpose of defining a trust network using a social network model. A current list of user A's friends is displayed in section 602. For each friend, list entry 604 includes a user ID, description, and reliability weight. The description field can be populated by user A with the desired information, for example, the actual name of a friend, the relationship with user A, etc. Section 602 may be implemented to support categorization by that field, and other information about each friend, such as the number of friends each friend has, or a time indicating when a friend is added to the list A stamp (not shown) may be included. The information 602 populating the list can be stored, for example, in an appropriate record in the personalization database 166 and retrieved by the trusted network module 165 in response to a user request.

他の情報が与えられてもよい。例えば、ある実施形態では、セクション602の各エントリー604は、ユーザAの信頼性ネットワークに友人を含ませるべきか(スマイルアイコン)又は無視すべきか(「否定」アイコン)を指示する「アクティブ」フラグ605を含む。これは、ユーザAが、リストから友人を除去せずに、友人の注釈を無視するのを許す。例えば、ユーザAに対する友人の同じリストを、別のソーシャルネットワークコンテクストに使用してもよいし、ユーザAが、注釈を見る目的ではなく、他のコンテクストにおいて友人のリストにある別のユーザ(例えば、ユーザD)を希望してもよい。ある実施形態では、ユーザAは、各友人の友人からの注釈を含むべきか(使用すべきか)、無視すべきか(使用しないか)を選択することもでき、そしてエントリー604がこの情報を示してもよい。   Other information may be given. For example, in one embodiment, each entry 604 in section 602 includes an “active” flag 605 that indicates whether the user A's trust network should include friends (smile icon) or ignore (“deny” icon). including. This allows user A to ignore the friend's annotation without removing the friend from the list. For example, the same list of friends for user A may be used for another social network context, or user A is not interested in viewing annotations, but another user who is on the list of friends in other contexts (eg, User D) may be desired. In one embodiment, user A can also select whether to include (use) or ignore (not use) annotations from each friend's friend, and entry 604 indicates this information. Also good.

各エントリーは、「Edit(編集)」ボタン606及び「Delete(削除)」ボタン608を付随する。ボタン606をアクチベートすると、ダイアログボックスをオープンし(又はページを形成し)、これにより、ユーザAは、友人に関する情報を更新することができ、次いで、その変更をセーブ又はキャンセルすることができる。ボタン608をアクチベートすると、ユーザAのリストから友人が除去される。   Each entry is accompanied by an “Edit” button 606 and a “Delete” button 608. Activating button 606 opens a dialog box (or forms a page) that allows user A to update information about the friend and then save or cancel the change. Activating button 608 removes the friend from User A's list.

「View Network(ネットワークを見る)」ボタン609も設けられる。このボタン609をアクチベートすると、自分の友人及び自分の友人の友人も含むユーザAの信頼性ネットワークのインタラクティブ表示を、最大分離度、最小信用係数、又は信頼性ネットワークを定義するための他の制限パラメータに対して起動する。この表示は、ユーザAの信頼性ネットワークに入る全てのユーザ(即ち、注釈がユーザAに見えるようにされる全てのユーザ)を含むのが好都合であり、そしてユーザAが自分の信頼性ネットワークから阻止したユーザ(例えば、ユーザD)を示してもよい。   A “View Network” button 609 is also provided. When this button 609 is activated, the interactive display of user A's trust network, including his friend and his friend's friend, can be displayed as a maximum isolation, minimum confidence factor, or other limiting parameter to define the trust network. Start against. This display conveniently includes all users that enter User A's trust network (ie, all users whose annotations are made visible to User A), and User A is from his trust network. The blocked user (eg, user D) may be indicated.

一実施形態において、この表示は、図5と同様のネットワークグラフを含み、そしてグラフ又は他の表示が編集可能であってもよい。例えば、ユーザAは、ノードを削除することが許され、従って、そのノードにより表わされたユーザを自分の信頼性ネットワークから除外すべきであることが指示される。一実施形態では、ノードがユーザAの友人を表わす場合(例えば、ユーザAが、編集ユーザとして、ノード504を削除すべき場合)、ノードを除去すると、ユーザAの友人のリストから友人(例えば、ユーザD)を除去し、別の実施形態では、ノードを削除すると、その友人に対する「アクティブ」フラグ605をインアクティブ状態に単にセットするだけである。ノードが友人の友人である場合(ユーザAからの分離度が1より大きいノード)、ノードを削除することは、そのユーザの注釈がユーザAに見えるのを阻止するが、信頼関係には変化がないという作用を有する。むしろ、特定のユーザを「阻止された」として識別する特別のエントリーが、個人化データベース166においてユーザAに対して維持された友人のリストに追加されるのが好都合である。例えば、ユーザAが、編集ユーザとして、ノード507を削除すべき場合には、ユーザGは、ユーザAの信頼性ネットワークのメンバーであることを止めるが、ユーザCとユーザGとの間の信頼関係には影響がなく、ユーザGは、ユーザCの信頼性ネットワークに保持される。従って、ユーザAは、注釈がユーザAに役立たないと分かった個々のメンバーを選択的に阻止することにより自分の信頼性ネットワークを同調することができる。ある実施形態では、あるメンバーを阻止することは、その阻止されたメンバーのみを経て信頼性ネットワークに接続される他のメンバーも阻止するという作用を有する。   In one embodiment, this display includes a network graph similar to FIG. 5, and the graph or other display may be editable. For example, user A is allowed to delete a node and is therefore instructed that the user represented by that node should be excluded from his trusted network. In one embodiment, if a node represents user A's friend (eg, if user A is to delete node 504 as an editing user), removing the node removes the friend from user A's list of friends (eg, Removing user D) and, in another embodiment, deleting the node simply sets the “active” flag 605 for that friend to the inactive state. If the node is a friend of a friend (a node with a degree of separation from user A greater than 1), deleting the node prevents the user's annotation from being seen by user A, but the trust relationship has changed. Has the effect of not. Rather, a special entry identifying a particular user as “blocked” is advantageously added to the list of friends maintained for user A in personalization database 166. For example, if user A is to delete node 507 as an editing user, user G stops being a member of user A's trust network, but the trust relationship between user C and user G Is not affected and user G is retained in user C's trusted network. Thus, user A can tune his trust network by selectively blocking individual members who find the annotations not helpful to user A. In some embodiments, blocking a member has the effect of blocking other members connected to the trusted network only through the blocked member.

図6を再び参照すれば、ページ600は、セクション610も備え、これを経てユーザAは新たな友人を追加することができる。ユーザAは、新たな友人のユーザIDをテキストボックス612に入力し、記述をテキストボックス614に入力し、そして信頼性重みをボックス616に入力する。ある実施形態では、信頼性重みは、デフォールト値(例えば、1から5のスケールにおいて3)を有してもよい。又、ユーザAは、チェックボックス618を経て、新たな友人の友人を自分の信頼性ネットワークに含ませるべきかどうか選択することもできる。「Add(追加)」ボタン620をアクチベートすると、オペレーションが完了し、セクション602内のリストが新たな友人を含むようにリフレッシュされるのが好都合である。   Referring back to FIG. 6, page 600 also includes section 610, through which user A can add a new friend. User A enters a new friend's user ID in text box 612, enters a description in text box 614, and enters a confidence weight in box 616. In some embodiments, the reliability weight may have a default value (eg, 3 on a scale of 1 to 5). User A can also select via check box 618 whether a new friend's friend should be included in his trust network. Activating the “Add” button 620 conveniently completes the operation and refreshes the list in section 602 to include new friends.

定義されると、ユーザAの友人のリストは、ユーザAに対する他のユーザ特有の情報に関連して、例えば、個人化データベース166に記憶される。次いで、この情報にアクセスし、これを使用して、そのユーザの問合せに対する応答を個人化又はカスタマイズすることができる。   Once defined, the list of friends of user A is stored in association with other user specific information for user A, for example, in personalization database 166. This information can then be accessed and used to personalize or customize the response to the user's query.

ここに述べるインターフェイスは、例示に過ぎず、その変更や修正が可能であることが明らかである。例えば、ある実施形態では、友人の承諾を追加すべき場合だけ新たな友人を追加することができる。従って、ユーザAが追加ボタン620をアクチベートしても、ユーザAのリストに友人が直ちに追加されない。むしろ、eメール、インスタントメッセージ、又は他の適当な通信媒体を経て、Aにより名指しされたユーザ(例えば、ユーザK)に招待状を送り、そしてユーザKは、その招待を受け容れるかどうかについての指示で応答することができる。ユーザKがそれを受け容れる場合には、例えば、他方の友人リストに各ユーザを追加することにより、ユーザAとKとの間の両方向友好関係が確立され、さもなければ、新たな友好関係は確立されない。   It will be apparent that the interfaces described herein are exemplary only and that changes and modifications are possible. For example, in some embodiments, new friends can be added only if friend consent should be added. Therefore, even if user A activates the add button 620, the friend is not immediately added to the list of user A. Rather, via email, instant message, or other suitable communication medium, an invitation is sent to the user named by A (eg, user K), and user K is about whether to accept the invitation. Can respond with instructions. If user K accepts it, a two-way friendship between users A and K is established, for example by adding each user to the other friend list, otherwise the new friendship is Not established.

3.友人の自動識別
ある実施形態では、信頼性ネットワークモジュール165は、ユーザAが自発的にコンタクトするところの他のユーザを識別するために種々の情報ソースを発掘することによりユーザAに対する友人のリストを自動的に発生することもできる。
3. Automatic Identification of Friends In one embodiment, the reliability network module 165 may generate a list of friends for User A by unearthing various information sources to identify other users to whom User A will spontaneously contact. It can also occur automatically.

例えば、一実施形態では、サーチサーバー160のプロバイダーは、eメール、IM(インスタントメッセージング)、等の通信サービスも提供する。この技術で知られているように、このようなサービスは、ユーザAがコンタクトすることを望むユーザのリストをユーザAが維持するのを許す。例えば、ユーザAがプロバイダーのIMサービスに登録された場合には、ユーザAは、「友人」リスト(「兄弟(buddy)」リストと称されることもある)を定義することができ、これは、ユーザAがインスタントメッセージを交換したいところの他の登録ユーザに対するユーザ識別子のリストである。ユーザAのIM友人リストにユーザB(又は他のユーザ)を含ませることは、ユーザAからユーザBへの接続を指示し、そしてユーザBがユーザAの友人かもしれないことを示唆する。同様に、ユーザAがプロバイダーのeメールサービスに登録された場合には、ユーザAは、ユーザAがeメールを交換するところのユーザを識別するパーソナルeメールアドレス帳を維持してもよい。ユーザAのアドレス帳にユーザC(又はサーチサーバー160に登録された他のユーザ)を含ませることは、ユーザAからユーザCへの接続を指示し、そしてユーザCがユーザAの友人かもしれないことを示唆する。   For example, in one embodiment, the search server 160 provider also provides communication services such as email, IM (instant messaging), and the like. As is known in the art, such a service allows user A to maintain a list of users that user A wants to contact. For example, if user A is registered with the provider's IM service, user A can define a “friends” list (sometimes referred to as a “buddy” list), which is A list of user identifiers for other registered users where user A wants to exchange instant messages. Including user B (or other users) in user A's IM friend list directs user A to connect to user B, and suggests that user B may be user A's friend. Similarly, if user A is registered with the provider's email service, user A may maintain a personal email address book that identifies the user with whom user A exchanges email. Including user C (or another user registered in search server 160) in user A's address book directs connection from user A to user C, and user C may be a friend of user A I suggest that.

更に別の実施形態では、サーチサーバー160のプロバイダーは、登録されたユーザがオンラインコミュニティに参加することも許し、そのメンバーは、ブルテンボード、チャットルーム、eメール配布リスト、等を使用して、互いに通信することができる。2人のユーザ(例えば、A及びB)が両方とも同じオンラインコミュニティのメンバーである場合には、ユーザ間に接続があり、そして両方向交友関係が適切であることが推測される。   In yet another embodiment, the search server 160 provider also allows registered users to join the online community, whose members use each other using bulletin boards, chat rooms, email distribution lists, etc. Can communicate. If two users (eg, A and B) are both members of the same online community, it is assumed that there is a connection between the users and a two-way friendship is appropriate.

これらの技術のいずれか又は全部を使用して、ユーザに対する友人のリストを自動的にポピュレートすることができる。ある実施形態では、ユーザの友人リストは、関係情報の前記ソース又は他のソースのいずれかを使用して予めポピュレートすることができ、次いで、ユーザは、上述したように、例えば、ページ600を経てリストを編集することができる。関係が自動的に定義される場合には、ページ600は、関係が推測されるところのソースを指示するのが好都合であり(例えば、記述フィールドにおいて)、又、関係が自動的に定義されたことを指示してもよい。友好関係を確立するのに相互承諾が要求される実施形態では、関係データのソースを発掘し、そしてこれを、友人となるためにユーザの種々の対へ招待状を発行するための基礎として使用することができ、両方のユーザが受け容れたときに関係が確立される。   Any or all of these techniques can be used to automatically populate a list of friends for a user. In some embodiments, the user's friend list can be pre-populated using either the source of related information or other sources, and then the user can, for example, via page 600 as described above. You can edit the list. If the relationship is automatically defined, the page 600 conveniently indicates the source from which the relationship is inferred (eg, in the description field), and the relationship was automatically defined You may indicate that. In embodiments where mutual consent is required to establish a friendly relationship, the source of the relationship data is discovered and used as the basis for issuing invitations to various pairs of users to become friends And the relationship is established when both users accept.

他の実施形態では、ユーザの友人リストは、デフォールトにより予めポピュレートされず、そしてユーザは、関係情報のソース(例えば、IM友人リスト及び/又はeメールアドレス帳及び/又はコミュニティメンバーシップ情報)がもしあれば、どれを使用して、リストを自動的にポピュレートするか選択することができる。その後、ユーザはリストを編集することができる。   In other embodiments, the user's friend list is not pre-populated by default, and the user has a source of relationship information (eg, IM friend list and / or email address book and / or community membership information). If so, you can choose which one to use to automatically populate the list. The user can then edit the list.

4.友人の集合の選択
他の実施形態では、信頼性ネットワークは、ユーザの充分定義されたグループ又はコミュニティ間の暗示的な信頼関係に基づいて定義される。ここで使用する「コミュニティ」という語は、サーチサーバー160がメンバーのユーザIDのリストを得てそれらIDを注釈の著者に関連付けることのできる進行中フォーラムを指す。典型的に(必ずしもそうでないが)、コミュニティは、サーチサーバー160のプロバイダーによりマネージされる少なくとも1つのネットワークベースの通信媒体、例えば、契約ベースのeメール配布リスト、メンバー専用のチャットルーム、ブルテンボード、等を使用する。一実施形態では、コミュニティは、Yahoo!グループに対応するが、メンバーの認識をサーチサーバー160により決定できる他のオンラインコミュニティが使用されてもよく、より一般的には、充分定義されたメンバーシップリストを与える組織又はフォーラムは、サーチサーバー160がそのメンバーシップリストにおけるユーザ識別子を注釈システムにおける参加者のユーザ識別子へとマップできる限り、コミュニティとして使用することができる。
4). Selection of a set of friends In another embodiment, a trust network is defined based on an implicit trust relationship between a well-defined group or community of users. As used herein, the term “community” refers to an ongoing forum where the search server 160 can obtain a list of member user IDs and associate those IDs with the author of the annotation. Typically (although not necessarily), the community is at least one network-based communication medium managed by the search server 160 provider, such as a contract-based email distribution list, member-only chat rooms, bulletin boards, Etc. In one embodiment, the community is Yahoo! Other online communities that correspond to groups, but whose member perception can be determined by the search server 160 may be used, and more generally, an organization or forum that provides a well-defined membership list As long as it can map the user identifier in its membership list to the user identifier of a participant in the annotation system.

ある実施形態では、ユーザAの信頼性ネットワークは、ユーザAが属するコミュニティの現在メンバーである全てのユーザを含むものとして定義される。ある実施形態では、ユーザAは、適当なインターフェイス(図6には示さず)を経て、自分がそのメンバーであって自分の信頼性ネットワークとして使用されるべき1つ以上のコミュニティを選択することができる。ある実施形態では、ユーザAは、例えば、上述したように、選択されたコミュニティ(1つ又は複数)に対するコミュニティメンバーのリストから導出された友人のパーソナルリストを見て編集することが許されてもよいが、ユーザAがコミュニティメンバーのリストを編集できることも、それを見ることができることも必要ではない。従って、ユーザAは、自分が属するコミュニティを、そのコミュニティの他のメンバーが誰であるかの情報をもたずに、自分の信頼性ネットワークとして選択することができ、そしてユーザAの信頼性ネットワークのメンバーシップは、その選択されたコミュニティにメンバーが加わったり去ったりするときに、ユーザAの知識を伴ったり伴わなかったりして、自動的に変化し得る。   In one embodiment, user A's trust network is defined as including all users who are currently members of the community to which user A belongs. In some embodiments, user A may select, via an appropriate interface (not shown in FIG. 6), one or more communities that he is a member of and will be used as his trust network. it can. In some embodiments, user A may be allowed to view and edit a personal list of friends derived from a list of community members for the selected community (s), eg, as described above. Although it is good, it is not necessary for user A to be able to edit or view the list of community members. Thus, user A can select the community to which he belongs as his own trust network without having information on who the other members of that community are, and user A's trust network. 'S membership may change automatically with or without the knowledge of User A as members join or leave the selected community.

ユーザAの信頼性ネットワークがコミュニティへのリファレンスにより定義される場合には、ユーザAは、個々のメンバーからの注釈を阻止し、それらを信頼性ネットワークから効果的に除去することができる。例えば、信頼性ネットワークメンバーによる注釈が表示されるときには、表示インターフェイスは、ユーザAが将来の著者の注釈を阻止するようにサーチサーバー160に命令できるようにする制御を含んでもよい。このような実施形態では、個人化データベース166は、各ユーザに対して、ユーザの信頼性ネットワークを定義するのに使用されるべきコミュニティ(1つ又は複数)のリストと、注釈を阻止しなければならないユーザの「ブラックリスト」とを含んでもよい。   If User A's trust network is defined by a reference to the community, User A can block annotations from individual members and effectively remove them from the trust network. For example, when an annotation by a trusted network member is displayed, the display interface may include controls that allow user A to instruct search server 160 to block future author annotations. In such an embodiment, the personalization database 166 must prevent, for each user, a list of community (s) and annotations that should be used to define the user's trust network. It may also include a “black list” of users who should not.

ユーザAの信頼性ネットワークがコミュニティへのリファレンスにより定義される場合には、全てのコミュニティメンバーは、ユーザAから同じ分離度(例えば、N=1)をもつものとして処理することができる。ある実施形態では、全てのメンバーに、最初に、等しい信頼性重みが指定され、そしてユーザAは、適当なインターフェイスを経て個々のメンバーの信頼性重みを手動で調整できてもよいし、できなくてもよい(例えば、上述したページ600と同様に)。   If user A's trust network is defined by a reference to a community, all community members can be treated as having the same degree of separation (eg, N = 1) from user A. In some embodiments, all members are initially assigned equal confidence weights, and user A may or may not be able to manually adjust individual member confidence weights via an appropriate interface. (For example, similar to page 600 described above).

他の実施形態では、各コミュニティメンバーには、コミュニティ内の「評判」スコアを指定することができ、所与のメンバーに対する評判スコアは、そのメンバーに対する信用係数として使用することができる。この評判スコアは、種々の仕方で決定することができる。一実施形態において、コミュニティメンバーの評判スコアは、コミュニティにおける参加のレベル(例えば、ブルテンボード又はeメール配布リストへの投稿の頻度、又はチャットルームへの参加の頻度、等)に基づくものである。別の実施形態では、コミュニティメンバーは、他のメンバーの信頼性を明確にレーティング決めすることができ、そして各メンバーの評判スコアは、このようなレーティングに基づくことができる(例えば、以下のセクションIV.Cを参照されたい)。更に別の実施形態では、コミュニティのメンバーは、他のメンバーの注釈をレーティング決めすることができ(編集はしない)、そしてメンバーの評判スコアは、コミュニティの他のメンバーにより自分の注釈に与えられたレーティングに基づくことができる。   In other embodiments, each community member can be assigned a “reputation” score within the community, and the reputation score for a given member can be used as a confidence factor for that member. This reputation score can be determined in various ways. In one embodiment, the community member's reputation score is based on the level of participation in the community (eg, frequency of posting to a bulletin board or email distribution list, frequency of participation in a chat room, etc.). In another embodiment, community members can clearly rate the credibility of other members, and each member's reputation score can be based on such ratings (eg, Section IV below). .C)). In yet another embodiment, community members can rate (not edit) other member's annotations, and the member's reputation score was given to his annotations by other members of the community Can be based on rating.

5.信頼性ネットワークに対するユーザの好み
ある実施形態において、信頼性ネットワークモジュール165は、各ユーザが、いかに自分の信頼性ネットワークを定義すべきか及びいかにそれを使用すべきかに関連した種々のパラメータを指定するのを許す。例えば、図6のページ600において、セクション624は、ユーザが信頼性ネットワークに対する設定を制御するのを許す。例えば、無線ボタン626を使用して、ユーザは、信頼性ネットワークメンバーを分離度又は信用係数に基づいて決定すべきであるかどうか指示することができる。ある実施形態では、ユーザは、ある範囲内の最大分離度(例えば、Nmax=1、2又は3)又は最小信用係数(例えば、pmin=0.2、0.4、又は0.8)を指定することができてもよい。チェックボックス628、630及び632は、ユーザが、自分の信頼性ネットワークから得た情報を表示すべき状況を指定するのを許す。例えば、ユーザは、自分の信頼性ネットワークから得た情報に基づいてサーチ結果をハイライト処理し及び/又は順序付けすべきかどうか(ボックス628、630)、並びに信頼性ネットワーク内の誰かにより表示ページに注釈付けされたかどうかブラウザツールバーが指示すべきであるかどうか(ボックス632)を選択することができる。このようなオペレーションの実施例を以下に説明する。
5). User Preferences for Trusted Networks In certain embodiments, the trusted network module 165 specifies various parameters related to how each user should define their own trusted network and how to use it. Forgive. For example, in page 600 of FIG. 6, section 624 allows the user to control settings for the trusted network. For example, using the wireless button 626, the user can indicate whether a trusted network member should be determined based on the degree of isolation or the credit factor. In some embodiments, the user specifies a maximum degree of separation (eg, Nmax = 1, 2 or 3) or a minimum confidence factor (eg, pmin = 0.2, 0.4, or 0.8) within a range. You may be able to. Check boxes 628, 630, and 632 allow the user to specify the circumstances under which information obtained from his trusted network should be displayed. For example, the user should highlight and / or order search results based on information obtained from his trust network (boxes 628, 630) and annotate the display page by someone in the trust network. It can be selected whether the browser toolbar should indicate whether it has been attached (box 632). Examples of such operations are described below.

他のユーザの好み及び好みの組合せがサポートされてもよいことが明らかであろう。例えば、ユーザは、自分の信頼性ネットワークを、友人の明確なリストを使用してソーシャルネットワークモデルから構築すべきか、或いはユーザが属するコミュニティから暗示的に構築すべきかを指定することができる。   It will be apparent that other user preferences and combinations of preferences may be supported. For example, the user can specify whether his trust network should be built from a social network model using a clear list of friends or implicitly from the community to which the user belongs.

B.信頼性ネットワーク注釈へのツールバーインターフェイス
図7は、本発明の実施形態によりユーザが見ようとするページに対して信頼性ネットワークメンバーにより注釈を付け及び/又は既存の注釈を見るためのツールバーベースのインターフェイスの一例を示す。ウェブブラウザウインドウ700は、ウェブコンテンツを表示するためのビューエリア702、ナビゲーションボタン(後退、前進、等)を形成するデフォールトツールバー703、及び現在表示されるページのURLを示すと共に、ユーザがビューエリア702に表示されるべき異なるページに対してURLを入力するのを許すナビゲーションエリア704、等の従来の要素を備えている。又、ブラウザウインドウ700は、従来のブラウザプログラムへの追加として設けられてもよいし又はブラウザプログラムの標準特徴として設けられてもよいサーチツールバー706も備えている。
B. Toolbar Interface to Reliable Network Annotation FIG. 7 illustrates a toolbar-based interface for annotating pages and / or viewing existing annotations by a trusted network member for a page that a user wishes to view according to an embodiment of the invention. An example is shown. A web browser window 700 shows a view area 702 for displaying web content, a default toolbar 703 that forms navigation buttons (backward, forward, etc.), and the URL of the currently displayed page, while the user can view the view area 702. It includes conventional elements such as a navigation area 704 that allows URLs to be entered for different pages to be displayed. The browser window 700 also includes a search toolbar 706 that may be provided as an addition to the conventional browser program or as a standard feature of the browser program.

サーチツールバー706は、ユーザがサーチサーバー160(図2)へ問合せを提示できるようにするテキストボックス708及び「Search Web(ウェブをサーチ)」ボタン709と、ユーザが自分自身のセーブされた注釈を見ると共に自分が注釈付けしたページへナビゲートするのを許す「List Saved(セーブしたものをリスト)」ボタン710と、ページ又はダイアログボックスをオープンしてユーザが現在表示されているページに注釈付けするのを許す「Save This(これをセーブ)」ボタン712と、を備えているのが好都合である。サーチツールバー706のこれらの態様は、一般に、前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明された特徴と同様でよい。ここで使用する、ページを「セーブ」するとは、ページに対する注釈を生成して記憶することを指し、ページコンテンツのコピーをセーブすることを含んでもよいし、含まなくてもよい。   The search toolbar 706 includes a text box 708 and a “Search Web” button 709 that allow the user to submit a query to the search server 160 (FIG. 2), and the user views his / her own saved annotations. Along with a “List Saved” button 710 that allows you to navigate to the page you annotated, and opens a page or dialog box where the user can annotate the currently displayed page And a “Save This” button 712 that allows These aspects of the search toolbar 706 may generally be similar to the features described in the aforementioned patent application (Attorney Docket No. 017887-013720 US). As used herein, “saving” a page refers to generating and storing annotations for the page, which may or may not include saving a copy of the page content.

ある実施形態において、サーチツールバー706は、ブラウズするユーザ又はその信頼性ネットワークの別のメンバーが以前に注釈付けしたページをブラウザが表示するときのアクティブな状態において現われる「Show My Web(自分のウェブを示す)」ボタン714も備え、ブラウズするユーザは、ボタン714を操作して、自分の信頼性ネットワークのメンバーにより入力された以前の注釈を見ることができる。注釈がレーティングを含む場合には、ボタン714の見掛けは、信頼性ネットワークメンバーにより現在表示されているページに与えられたレーティングに一部依存してもよい。例えば、全ての信頼性ネットワークメンバーにわたる平均レーティングは、ボタン714に含まれたアイコンにより反映されてもよい。好ましい実施形態では、ボタン714は、現在表示されているページがユーザの信頼性ネットワークの少なくとも1人のメンバーにより注釈付けされたときしか操作できない。   In one embodiment, the search toolbar 706 may display “Show My Web” that appears in an active state when the browser displays a page previously annotated by the browsing user or another member of its trusted network. "Show" button 714, and the browsing user can operate button 714 to view previous annotations entered by members of their trust network. If the annotation includes a rating, the appearance of button 714 may depend in part on the rating given to the page currently displayed by the trusted network member. For example, the average rating across all trusted network members may be reflected by an icon included in button 714. In the preferred embodiment, button 714 can only be operated when the currently displayed page is annotated by at least one member of the user's trust network.

図8は、ボタン714をアクチベートしたときに起動できるダイアログボックス又はオーバーレイ800を示す。このオーバーレイ800は、ブラウズするユーザ(例えば、ユーザA)の信頼性ネットワークのメンバーからの注釈に基づいて、現在表示されているページに関する注釈情報を与える。セクション802において、ユーザAの信頼性ネットワークの「最接近した」メンバーによりセーブされた注釈からのメタデータが表示される。   FIG. 8 shows a dialog box or overlay 800 that can be activated when button 714 is activated. This overlay 800 provides annotation information about the currently displayed page based on annotations from members of the browsing user's (eg, user A) trust network. In section 802, metadata from annotations saved by "closest" members of User A's trust network is displayed.

「最接近した」メンバーは、種々の仕方で定義することができる。一実施形態では、接近度は、主として、分離度(N)に基づくもので、ユーザAに対して最も小さなNをもつ信頼性ネットワークメンバーが最接近として定義される。(ユーザAは、定義によれば、N=0であるAの信頼性ネットワークの唯一のメンバーであるから、ユーザAがページに注釈付けした場合には、ユーザA自身の注釈がセクション802において表示されることに注意されたい。)Nを参照することにより最接近ユーザを定義することが結び付きを生じる場合には、他のパラメータ(例えば、信頼性重み、信用係数、又はその関係がどれほど長く存在したか)を使用して、どのメンバーが最接近か決定することができる。別の実施形態では、信用係数を使用して接近度を定義し、他のパラメータ(例えば、分離度)を使用して、結び付きを切断してもよい。「最接近メンバー」の特定の定義は、本発明にとって重要でないことが明らかであろう。   “Closest” members can be defined in various ways. In one embodiment, the degree of proximity is primarily based on the degree of separation (N), and the trusted network member with the smallest N for user A is defined as closest. (User A, by definition, is the only member of A's trusted network with N = 0, so when user A annotates the page, his own annotation is displayed in section 802. Note that if defining the closest user by referencing N makes a connection, how long other parameters (eg, reliability weights, confidence factors, or relationships thereof exist) Can be used to determine which member is closest. In another embodiment, the confidence factor may be used to define the degree of proximity and other parameters (eg, degree of separation) may be used to break the bond. It will be apparent that the specific definition of “closest member” is not critical to the present invention.

セクション802の下には、表示されたページに注釈付けした他の信頼性ネットワークメンバーのリスト804がある。このような各メンバーの注釈を表示するためのクリック可能なリンクを設けるのが好都合である。好ましい実施形態では、ブラウズするユーザは、他のユーザにより入力された注釈を編集することが許されないが、自分自身の注釈を編集することは許されてもよい(例えば、編集インターフェイスを起動する「Edit(編集)」ボタンをオーバーレイ800に含ませることにより;「Edit」ボタンは、ブラウズするユーザ自身の注釈がセクション802に表示されるときしか操作できない)。   Below section 802 is a list 804 of other trusted network members that have annotated the displayed page. It is convenient to provide a clickable link to display each such member's annotation. In a preferred embodiment, browsing users are not allowed to edit annotations entered by other users, but may be allowed to edit their own annotations (e.g., launching an editing interface " By including an “Edit” button in the overlay 800; the “Edit” button can only be operated when the browsing user's own annotations are displayed in section 802).

セクション806は、ブラウズするユーザの信頼性ネットワークにわたって集計されたメタデータを与える。一実施形態において、集計されたメタデータは、ページ又はサイトに対する平均レーティングと、ページ又はサイトを記述するキーワードのリストとを備えている。平均レーティングは、例えば、レーティングの重み付けされた平均を計算することにより計算でき、各信頼性ネットワークメンバーのレーティングは、ブラウズするユーザに対するそのメンバーの信用係数により重み付けされる。(平均レーティングを計算する目的で、ページに注釈付けしなかった信頼性ネットワークメンバーは、無視されるのが好都合である。)全ての信頼性ネットワークメンバーの注釈において最も頻繁に発生するキーワードを識別することによりキーワードのリストを発生することができ、各キーワードの発生頻度は、そのキーワードを使用した信頼性ネットワークメンバーの信用係数を加算することにより計算できる。他の実施形態では、集計アルゴリズムが、所与の注釈の最新さ(あまり最新でない注釈は低い重みを受ける)等の他のファクタを考慮することもできる。   Section 806 provides metadata aggregated across the browsing user's trust network. In one embodiment, the aggregated metadata comprises an average rating for the page or site and a list of keywords that describe the page or site. The average rating can be calculated, for example, by calculating a weighted average of the ratings, where each trust network member's rating is weighted by the member's confidence factor for the browsing user. (Reliable network members who did not annotate the page for the purpose of calculating an average rating are conveniently ignored.) Identify the most frequently occurring keywords in all trusted network member annotations Thus, a list of keywords can be generated, and the frequency of occurrence of each keyword can be calculated by adding the credit coefficient of the reliability network member using the keyword. In other embodiments, the aggregation algorithm may consider other factors, such as the latestness of a given annotation (less recent annotations receive a lower weight).

「Close(クローズ)」ボタン808は、オーバーレイ800を閉じ、これは、ボタン714をアクチベートすることでいつでも再オープンすることができる。   A “Close” button 808 closes the overlay 800, which can be reopened at any time by activating button 714.

ここに述べるツールバーインターフェイスは例示に過ぎず、変更や修正が可能であることが明らかであろう。又、サーチツールバー706は、図示されたものに加えて又はそれに代わって他のコンポーネントを備えてもよい。更に、他の持続的インターフェイス(即ち、ユーザがウェブページを見ている間にアクセス可能なインターフェイス)に置き換えられてもよく、サーチツールバーは必要とされない。別の実施形態では、注釈の存在をブラウズするユーザに通知するインターフェイスエレメントは、他の情報を与えてもよい。例えば、インターフェイスエレメントは、ページに注釈付けした最接近信頼性ネットワークメンバーを識別し、及び/又はページに注釈付けした信頼性ネットワークメンバーの数を指示してもよい。このような情報は、オーバーレイ800に含むこともできる。又、このエレメントは、最接近メンバーがブラウズするユーザであるか別のユーザであるか指示してもよい。注釈データは、オーバーレイに表示されなくてもよく、ダイアログボックス、新たなブラウザウインドウ、既存のブラウザウインドウにおける新たなタブ、等を使用することもできるし、又は注釈データをページにインラインで追加することもできる。或いは又、現在ブラウザウインドウを、注釈データを含むページに向け直すこともできる。   It will be apparent that the toolbar interface described here is exemplary only and that changes and modifications are possible. The search toolbar 706 may also include other components in addition to or instead of those shown. In addition, other persistent interfaces (i.e., interfaces accessible while the user is viewing the web page) may be substituted and a search toolbar is not required. In another embodiment, an interface element that notifies the user browsing for the presence of an annotation may provide other information. For example, the interface element may identify the closest trusted network member annotated to the page and / or indicate the number of trusted network members annotated to the page. Such information can also be included in the overlay 800. This element may also indicate whether the closest member is a browsing user or another user. Annotation data does not have to be displayed in the overlay, can use dialog boxes, new browser windows, new tabs in existing browser windows, etc., or add annotation data to the page inline You can also. Alternatively, the current browser window can be redirected to a page containing annotation data.

ある実施形態では、サーチツールバー706は、サーチサーバー160にログインされないユーザにより「一般的」状態において、そしてログインされたユーザにより「個人化」状態において有用となるように構成できる。一般的状態では、ツールバーは、基本的サーチサービスへのアクセスを与え(例えば、テキストボックス708及び「Search(サーチ)」ボタン709を経て)、そしてユーザが個人化サービスへのアクセスのためにログインするのを許すボタンを備えている。個人化状態では、ツールバーを介して個人化特徴をサポートすることができる。例えば、「Save This(これをセーブ)」ボタン712は、ツールバー706の個人化状態のみに設けられてもよく、或いは又、このボタン712は、一般的状態に設けられてもよく、ツールバーが一般的状態にある間にボタン712がアクチベートされた場合には、ブラウザがログインページへと向き直される。   In some embodiments, the search toolbar 706 can be configured to be useful in a “general” state by users who are not logged in to the search server 160 and in a “personalized” state by logged-in users. In the general state, the toolbar gives access to the basic search service (eg, via the text box 708 and the “Search” button 709), and the user logs in for access to the personalization service. It has a button that allows it. In the personalization state, personalization features can be supported via a toolbar. For example, the “Save This” button 712 may be provided only in the personalized state of the toolbar 706, or the button 712 may be provided in the general state, and the toolbar is generally If button 712 is activated while in the target state, the browser is redirected to the login page.

C.信頼性ネットワーク注釈へのサーチレポートインターフェイス
ある実施形態では、ユーザの信頼性ネットワークメンバーによる注釈の存在が、そのユーザにより入力された問合せに対してサーチ結果をレポートするページに含まれてもよい。図9Aは、本発明の一実施形態により注釈情報で改善されたサーチ結果ページ900の一例を示す。この結果ページ900は、ユーザの問合せに応答して問合せ応答モジュール162により発生されてもよい。この実施形態では、結果ページ900は、バナーセクション902を含む。ページ識別情報に加えて、バナーセクション902は、現在問合せ(例えば、「chinese food sunnyvale(チャイニーズフードサニーベール)」)を編集可能な形態で示すサーチボックス904と、ユーザが問合せを変更しそして新たなサーチを実行できるようにするサーチボタン906とを備えている。これらの特徴は、一般的な従来の設計でよい。
C. Search Report Interface to Trusted Network Annotations In some embodiments, the presence of annotations by a user's trusted network members may be included in a page reporting search results for queries entered by the user. FIG. 9A shows an example of a search results page 900 improved with annotation information according to one embodiment of the present invention. This result page 900 may be generated by the query response module 162 in response to a user query. In this embodiment, results page 900 includes a banner section 902. In addition to page identification information, the banner section 902 includes a search box 904 that shows the current query (eg, “Chinese food sunnyvale”) in an editable form, and a user can modify the query and create a new one. And a search button 906 that enables a search to be executed. These features may be general conventional designs.

セクション908は、問合せユーザの信頼性ネットワークのメンバーが以前に注釈付けしたヒットが表示される個人化(「My Web(自分のウェブ)」)結果エリアである。ある実施形態では、セクション908は、信頼性ネットワークの集計レーティング(例えば、図8を参照して上述した)が好意的であるところのヒットしか示さず、他の実施形態では、注釈付けされた全てのヒットがセクション908にリストされてもよい。各々の注釈付けされたヒットは、ユーザがメンバーの注釈を見るためにアクチベートできる「Show My Web(自分のウェブを示す)」ボタン910を付随するのが好都合である。一実施形態では、ボタン910をアクチベートすると、上述した図8のオーバーレイ800と同様のオーバーレイを起動する。   Section 908 is a personalization (“My Web”) results area where hits previously annotated by members of the querying user's trust network are displayed. In some embodiments, section 908 shows only hits where the aggregate rating of the reliability network (eg, described above with reference to FIG. 8) is favorable, and in other embodiments, all annotated Hits may be listed in section 908. Each annotated hit is conveniently accompanied by a “Show My Web” button 910 that the user can activate to view the member's annotations. In one embodiment, activating button 910 activates an overlay similar to overlay 800 of FIG. 8 described above.

「All Results(全結果)」セクション916は、幾つか又は全てのヒット(注釈付きヒット及び注釈なしヒットの両方を含む)を、問合せ応答モジュール162により決定されたランクと共に表示する。従来のランク付けアルゴリズムを使用してこのランクを発生することができる。セクション916における各エントリー918は、ヒットの1つに対応し、そしてヒットページ(又はサイト)のタイトルと、そのページのコンテンツからの簡単な抜粋(又はアブストラクト)とを含む。抜粋又はアブストラクトは、従来の技術を使用して発生されてもよい。ヒットのURL(ユニフォームリソースロケータ)も表示される。信頼性ネットワークメンバーが注釈付けしないヒットについては、「Save This」ボタン919が表示され、そしてユーザは、ページ900を見ながら、ボタン919をアクチベートすることにより、注釈なしのヒットに注釈付けするように選択することができる。「Save This」ボタン919は、上述した図7のボタン712に動作が類似しているのが好都合である。   The “All Results” section 916 displays some or all hits (including both annotated and unannotated hits) with the rank determined by the query response module 162. This ranking can be generated using conventional ranking algorithms. Each entry 918 in section 916 corresponds to one of the hits and includes the title of the hit page (or site) and a simple excerpt (or abstract) from the content of that page. The excerpt or abstract may be generated using conventional techniques. The hit URL (Uniform Resource Locator) is also displayed. For hits that are not annotated by the trusted network member, a “Save This” button 919 is displayed, and the user can annotate an unannotated hit by activating button 919 while viewing page 900. You can choose. The “Save This” button 919 is conveniently similar in operation to the button 712 of FIG. 7 described above.

セクション916における注釈付きヒットは、注釈の存在を指示するために視覚的にハイライト処理されてもよく、そして「Show My Web」ボタン910を含んでもよい。又、問合せユーザの信頼性ネットワークの他のメンバーはヒットに注釈付けしたが問合せユーザは注釈付けしない各ヒットに対して、「Save This」ボタン919が設けられてもよい。   Annotated hits in section 916 may be visually highlighted to indicate the presence of the annotation and may include a “Show My Web” button 910. A “Save This” button 919 may also be provided for each hit that other members of the querying user's trust network annotate the hits but not the querying user.

注釈付けされたヒットをハイライト処理するための種々の設計が使用されてもよく、これは、例えば、境界付け、陰影付け、特殊なフォント、カラー、等を含む。注釈がレーティングを含むある実施形態では、ハイライト処理の形式は、信頼性ネットワークにわたる集計レーティングに依存し、そして集計レーティングがページ900に表示されてもよい。例えば、ヒット920は、好意的レーティングを有し、一方、ヒット922は、否定的レーティングを有する。他の実施形態では、他の集計メタデータ、及び/又は信頼性ネットワークの個々のメンバーからのメタデータをページ900に含ませることができる。   Various designs for highlighting annotated hits may be used, including, for example, bordering, shading, special fonts, colors, etc. In certain embodiments where the annotation includes a rating, the type of highlight processing depends on the aggregate rating across the reliability network, and the aggregate rating may be displayed on page 900. For example, hit 920 has a favorable rating, while hit 922 has a negative rating. In other embodiments, the page 900 may include other aggregate metadata and / or metadata from individual members of the trust network.

他の実施形態では、単なるハイライト処理以上の情報がサーチ結果ページに現われてもよい。図9Bは、「My Web」セクション948において信頼性ネットワークメンバーによりなされたコメントからの抜粋を与える別のサーチ結果ページ940の一例である。各ヒット950は、信頼性ネットワークメンバーにより注釈から抽出されたコメント952を付随する。この実施形態では、2つのコメントが示されており、「More(もっと)」ボタン954をクリックすることで、付加的なコメント、又は注釈に関するより多くの情報を見ることができる。問合せユーザがヒットに注釈付けしない場合には、「Save This」ボタン956が設けられてもよい。又、サーチ結果ページ940は、「All Results」セクション(図示せず)及び他の情報を含んでもよい。   In other embodiments, more than just highlighting information may appear on the search results page. FIG. 9B is an example of another search results page 940 that provides excerpts from comments made by a trusted network member in the “My Web” section 948. Each hit 950 is accompanied by a comment 952 extracted from the annotation by the trust network member. In this embodiment, two comments are shown, and clicking on the “More” button 954 allows you to see additional information or more information about the annotation. If the inquiring user does not annotate the hit, a “Save This” button 956 may be provided. The search results page 940 may also include an “All Results” section (not shown) and other information.

ここに述べるサーチ結果ページは例示に過ぎず、その変更や修正が可能なことが明らかである。ユーザへの送信に適したフォーマットでのサーチレポートをサーチ結果ページ900に置き換えてもよく、そしてサーチレポートと相互作用するための種々のインターフェイス制御エレメントは、ここに示すものから変更されてもよい。注釈メタデータの一部分(全部を含む)がページにインラインで含まれてもよく、及び/又は適当なインターフェイス制御を経てアクセスできるようにされてもよい。ある実施形態では、ユーザは、自分に送信されたサーチレポートにおける注釈関連情報の見掛けに関係した個人的好みをセットすることができる。   It is clear that the search result page described here is merely an example, and that it can be changed or modified. A search report in a format suitable for transmission to the user may be replaced with a search results page 900, and various interface control elements for interacting with the search report may be modified from those shown here. A portion (including all) of annotation metadata may be included in the page inline and / or made accessible via appropriate interface controls. In some embodiments, the user can set personal preferences related to the appearance of annotation related information in search reports sent to him.

D.改善されたウェブサーチ
一実施形態において、サーチサーバー160(図2)は、ユーザの信頼性ネットワークメンバーの注釈ライブラリーにアクセスして、そのユーザからの問合せに応答するときに付加的な情報を与える。例えば、上述したように、注釈付きヒット(即ち、少なくとも1つの信頼性ネットワークメンバーのライブラリーにおける注釈付きページに対応するヒット)がサーチ結果に含まれてもよいし、或いは注釈付きヒットが結果リストに現われるときにそれらがハイライト処理されてもよい。注釈がレーティングを含む場合には、好意的にレーティング決めされたヒットの個別リストが設けられてもよいし、レーティング決めされたヒットが、問合せユーザのレーティングを反映するようにハイライト処理されてもよいし、或いはレーティングデータが、ヒットをランク付けするファクタとして使用されてもよい。
D. In an improved web search embodiment, the search server 160 (FIG. 2) accesses the user's trust network member annotation library to provide additional information when responding to queries from the user. . For example, as described above, annotated hits (ie, hits corresponding to annotated pages in a library of at least one trusted network member) may be included in the search results, or annotated hits may be included in the results list. They may be highlighted when they appear. If the annotation includes a rating, an individual list of favorably rated hits may be provided, or the rated hits may be highlighted to reflect the querying user's rating. Alternatively, rating data may be used as a factor for ranking hits.

図10は、問合せユーザからの現在問合せに対する応答に信頼性ネットワークメンバーの注釈を合体させるために問合せ処理モジュール162(図2)において実施されるプロセス1000のフローチャートである。ステップ1002において、問合せが受け取られる。ステップ1004において、問合せに対応するヒットのリストが、ページインデックス170(図2)から得られる。ステップ1006において、問合せ処理モジュール162は、例えば、従来のアルゴリズムを使用して、ヒットをランク付けする。   FIG. 10 is a flowchart of a process 1000 that is performed in the query processing module 162 (FIG. 2) to merge the trust network member annotations with the response to the current query from the querying user. In step 1002, a query is received. In step 1004, a list of hits corresponding to the query is obtained from the page index 170 (FIG. 2). In step 1006, query processing module 162 ranks hits using, for example, a conventional algorithm.

ステップ1008において、問合せ処理モジュール162は、問合せユーザがログインされたかどうか決定する。もしそうでなければ、問合せ処理モジュール162は、ステップ1010において、個人化を伴わずに問合せユーザへ結果ページを送信し、ユーザが、サーチサーバー160にログインせずに(又はそれに登録されずに)、サーチを遂行して結果を得ることができるようにする。ユーザがログインされる場合には、結果ページは、個人化データベース166における情報に基づいてそのユーザに対してカスタマイズされる。   In step 1008, query processing module 162 determines whether the query user has been logged in. If not, the query processing module 162 sends the result page to the querying user without personalization at step 1010, and the user does not log in to the search server 160 (or is not registered with it). , Perform search and get results. When a user is logged in, the results page is customized for that user based on information in the personalization database 166.

より詳細には、ステップ1012において、問合せ処理モジュール162は、問合せユーザのIDを個人化データベース166に与え、そしてユーザの信頼性ネットワークメンバーのリストを検索する。一実施形態において、ステップ1012は、信頼性ネットワークモジュール165を使用して信頼性ネットワークメンバーのリストを動的に構築することを含む。例えば、信頼性ネットワークを友人のリストから構築して、問合せユーザから最大分離度(Nmax)まで拡張すべき場合には、ステップ1012は、最初に、個人化データベース166から問合せユーザの友人のリストを得、そして各友人に対してネットワークノードを定義することにより、ネットワークグラフの表示を生成することを含んでもよい。Nmax=1の場合には、信頼性ネットワークメンバーの識別がそこで停止し、Nmax>1の場合には、各友人の友人のリストが得られそして付加的なノードが定義され、等々となって、やがて、最大分離度に到達する。充分大きなNmaxの場合には、信頼性ネットワークメンバーの数がサーチシステムの全ユーザまで拡張し、従って、問合せユーザが注釈と共に過剰に殺到するのを回避するためにNmax又は信頼性ネットワークメンバーの全数を制限することが望ましいことに注意されたい。   More particularly, in step 1012, query processing module 162 provides the querying user's ID to personalization database 166 and retrieves a list of the user's trusted network members. In one embodiment, step 1012 includes dynamically building a list of trusted network members using the trusted network module 165. For example, if the trust network is to be built from a list of friends and extended from the querying user to the maximum separation (Nmax), step 1012 first retrieves the list of querying user friends from the personalization database 166. And generating a representation of the network graph by defining a network node for each friend. If Nmax = 1, the identification of the trusted network member stops there, if Nmax> 1, a list of friends of each friend is obtained and additional nodes are defined, and so on. Eventually the maximum resolution is reached. In the case of a sufficiently large Nmax, the number of trusted network members extends to all users of the search system, thus reducing Nmax or the total number of trusted network members to avoid excessive flooding of querying users with annotations. Note that it is desirable to limit.

信頼性ネットワークがコミュニティへのリファレンスにより定義される他の実施形態では、ステップ1012は、そのコミュニティに対する現在メンバーシップリストを、個人化データベース166から、又はサーチサーバー160にアクセスできる別のデータ記憶装置から検索することを含んでもよい。更に別の実施形態では、ステップ1012は、問合せユーザの信頼性ネットワークのメンバーの予め構築されたリストを個人化データベース166から検索することを含む。   In other embodiments in which the trust network is defined by a reference to a community, step 1012 may retrieve the current membership list for that community from the personalization database 166 or from another data store that can access the search server 160. It may include searching. In yet another embodiment, step 1012 includes retrieving a prebuilt list of members of the querying user's trust network from personalization database 166.

信頼性重み及び/又は信用係数を使用して信頼性ネットワークメンバーを識別するか又は信頼性ネットワーク情報を使用する場合には、ステップ1012は、信頼性重み及び/又は信用係数決定することを含んでもよい。   If the reliability weights and / or trust coefficients are used to identify the trust network members or the trust network information is used, step 1012 may include determining the trust weights and / or trust coefficients. Good.

ステップ1013において、信頼性ネットワークメンバーにより生成された注釈が個人化データベース166から検索され、そしてステップ1014において、その検索された注釈のURLがヒットのURLと比較され、少なくとも1人の信頼性ネットワークメンバーが注釈を以前に生成したところのURLに一致するヒットを検出する。このようなヒットは、ここでは、注釈付きヒットと称される。ホストフラグが「サイト」にセットされた注釈については、ヒットURLの開始部分が、(例えば、図3のURLフィールド308において)注釈に記憶されたURL(又は部分URL)に一致する場合に一致(「部分一致」とも称される)が検出される。ホストフラグが「ページ」にセットされた場合には、注釈のURLとヒットURLとの間の「厳密」な一致が要求される。ここで使用する「一致」とは、特に指示のない限り、部分一致及び厳密な一致の両方を含む。   In step 1013, the annotations generated by the trusted network member are retrieved from the personalization database 166, and in step 1014, the URL of the retrieved annotation is compared to the URL of the hit and at least one trusted network member. Finds a hit that matches the URL where the annotation was previously generated. Such hits are referred to herein as annotated hits. For annotations with the host flag set to “site”, match if the starting portion of the hit URL matches the URL (or partial URL) stored in the annotation (eg, in the URL field 308 of FIG. 3) ( (Also referred to as “partial match”). If the host flag is set to “page”, a “strict” match between the annotation URL and the hit URL is required. As used herein, “match” includes both partial match and exact match unless otherwise specified.

注釈がレーティングを含む実施形態では、各々の注釈付きヒットに対し、平均又は集計レーティングがステップ1015で計算される。上述したように、集計レーティングは、ヒットに注釈付けをした全ての信頼性ネットワークメンバーにわたる重み付け平均(信用係数で重み付けされた)である。又、レーティングは、最新さ又は他の基準に基づいて重み付けすることもできる。ステップ1016では、集計レーティングが好意的なものであるかどうか決定される。もしそうであれば、好意的結果(「My Web」)のリストにヒットが追加される。他の実施形態では、全ての注釈付きヒットが、レーティングに関わりなく、「My Web」リストに追加されてもよい。   In embodiments where the annotation includes a rating, an average or aggregate rating is calculated at step 1015 for each annotated hit. As described above, the aggregate rating is a weighted average (weighted with a credit factor) across all trusted network members annotating the hit. Ratings can also be weighted based on currentness or other criteria. In step 1016, it is determined whether the aggregate rating is favorable. If so, a hit is added to the list of favorable results (“My Web”). In other embodiments, all annotated hits may be added to the “My Web” list regardless of rating.

ステップ1020において、結果リストは、集計レーティングを使用して任意に再ランク付けされる。例えば、ランク付け中に、従来のランク付けアルゴリズムを使用して各ヒット(注釈付けされていてもいなくても)に対してベーススコアを発生することができる。好意的又は否定的集計レーティングを有するヒットについては、レーティングから「ボーナス」を決定することができる。このボーナスは、好意的にレーティング決めされたサイトが、ランク付けにおいて上昇する傾向があり、一方、否定的にレーティング決めされたサイトは下降する傾向があるように定義されるのが好都合である。例えば、低いスコアが高いランクに対応する場合には、好意的レーティングに対するボーナスは、負の数として定義され、そして否定的レーティングに対するボーナスは、正の数として定義されてもよい。ある実施形態では、部分URL一致には、厳密なURL一致より小さなボーナスが与えられてもよい。レーティングのない(又は中立にレーティング決めされた)ヒットは、ボーナスを受けない。このボーナスをベーススコアに加算して(代数的に)、各ヒットに対する最終的なスコアを決定することができ、そして新たなランク付けをこの最終的なスコアに基づいて行うことができる。   In step 1020, the results list is optionally re-ranked using the aggregate rating. For example, during ranking, a conventional ranking algorithm can be used to generate a base score for each hit (whether or not annotated). For hits with favorable or negative aggregate ratings, a “bonus” can be determined from the ratings. This bonus is conveniently defined such that favorably rated sites tend to rise in ranking, while negatively rated sites tend to fall. For example, if a low score corresponds to a high rank, the bonus for favorable ratings may be defined as a negative number and the bonus for negative ratings may be defined as a positive number. In some embodiments, partial URL matches may be given a smaller bonus than exact URL matches. Unrated (or neutrally rated) hits will not receive a bonus. This bonus can be added to the base score (algebraically) to determine the final score for each hit, and a new ranking can be made based on this final score.

ある実施形態では、ステップ1020における再ランク付けは、否定的な集計レーティングを有する注釈付きヒットを、表示されるべきヒットのリストからドロップすることを含んでもよい。このような実施形態では、ユーザに与えられるサーチ結果ページは、否定的な集計レーティングのためにドロップされたヒットの数の指示、及び/又は否定的にレーティング決めされたヒットが含まれた状態で表示されたサーチ結果をユーザが見るのを許す「Show all hits」ボタン(又は他の制御器)を含んでもよい。別の変形例では、ユーザは、リンクをクリックして、否定的にレーティング決めされたヒットのみを見ることができる。   In some embodiments, the reranking in step 1020 may include dropping an annotated hit with a negative aggregate rating from the list of hits to be displayed. In such an embodiment, the search results page presented to the user includes an indication of the number of hits dropped for negative aggregate ratings and / or negatively rated hits. It may also include a “Show all hits” button (or other controller) that allows the user to view the displayed search results. In another variation, the user can click on the link to see only negatively rated hits.

ステップ1022では、「My Web」リストがランク付けされて、サーチ結果ページに追加される。ある実施形態では、このランク付けは、上述したベーススコア又は最終的スコアに基づいてもよい。他の実施形態では、「My Web」リストにおけるヒットは、集計レーティングにより分類され、同じレーティングをもつヒットは、上述したベーススコアに基づいて更に分類されてもよい。更に別の実施形態では、「My Web」リストにおけるヒットは、そのヒットに注釈付けした信頼性ネットワークメンバーの数に主として基づいて分類され、このヒットは、最接近メンバー等からの注釈を有する。   In step 1022, the “My Web” list is ranked and added to the search results page. In some embodiments, this ranking may be based on the base score or final score described above. In other embodiments, hits in the “My Web” list may be classified by aggregate rating, and hits with the same rating may be further classified based on the base score described above. In yet another embodiment, hits in the “My Web” list are categorized primarily based on the number of trusted network members that have annotated the hit, and the hits have annotations from closest members and the like.

ステップ1024において、サーチ結果ページは、注釈の存在に基づいて変更され、例えば、上述したハイライト処理及び/又は「Show My Web」ボタンを注釈付きヒットに追加することができる。この場合に個人化「My Web」セクションを含む変更されたサーチ結果ページは、ステップ1010において、ユーザへ送信される。   In step 1024, the search results page is modified based on the presence of annotations, and for example, the highlighting described above and / or the “Show My Web” button can be added to the annotated hits. In this case, the modified search results page including the personalized “My Web” section is sent to the user at step 1010.

ここに述べるプロセスは、例示に過ぎず、その変更や修正が考えられることが明らかである。順次に説明されたステップは、パラレルに実行することができ、ステップの順序を変更することもでき、そしてステップを変更又は組み合せることもできる。ある実施形態では、ヒットに対する注釈のコンテンツの幾つか又は全部、或いはヒットに対する集計メタデータを、問合せユーザからの明確な要求の前にサーチ結果ページにインラインで表示されてもよい。例えば、好意的又は否定的集計レーティングを指示する視覚的ハイライト処理エレメントを表示することもできるし、或いは集計キーワードが自動的に発生されるアブストラクトのもとに現われてもよいし、等々である。それに加えて又はそれとは別に、個々の信頼性ネットワークメンバーの注釈からのメタデータは、それらの各々の著者に対する属性を伴ったり伴わなかったりして、表示されてもよい。更に別の実施形態では、サーチ結果ページは、どの信頼性ネットワークメンバーが各々の注釈付きヒットに注釈付けしたか指示してもよい。   It is clear that the process described here is merely exemplary and that changes and modifications are possible. The steps described in sequence can be performed in parallel, the order of the steps can be changed, and the steps can be changed or combined. In some embodiments, some or all of the annotation content for a hit, or aggregate metadata for a hit, may be displayed inline on the search results page prior to an explicit request from the querying user. For example, visual highlighting elements that indicate favorable or negative aggregate ratings can be displayed, aggregate keywords can appear under an automatically generated abstract, and so on. . In addition or alternatively, metadata from annotations of individual trust network members may be displayed with or without attributes for their respective authors. In yet another embodiment, the search results page may indicate which trust network members have annotated each annotated hit.

他の実施形態では、信頼性ネットワークメンバーの注釈は、サーチオペレーション中にヒットを識別するのに使用されてもよい。例えば、ページインデックス170をサーチするのに加えて、問合せ処理モジュール162は、ページインデックス170をサーチするのに使用される同じサーチ用語の幾つか又は全部を使用して、信頼性ネットワークメンバーの注釈の選択されたフィールドをサーチしてもよい。1つのこのような実施形態では、注釈のキーワード及び/又は記述フィールドがサーチされ、そしてサーチ用語がこれらフィールドの1つに現われる場合には、注釈付きページがページインデックス170のサーチにおいてヒットとして識別されたかどうかに関わらず、注釈付きページがヒットとして識別される。更に別の実施形態では、集計メタデータ(例えば、上述したように信頼性ネットワークにわたって集計されたキーワード)をサーチすることもできる。   In other embodiments, trust network member annotations may be used to identify hits during a search operation. For example, in addition to searching the page index 170, the query processing module 162 may use some or all of the same search terms used to search the page index 170 and The selected field may be searched. In one such embodiment, annotated keywords and / or description fields are searched, and if a search term appears in one of these fields, the annotated page is identified as a hit in the page index 170 search. Annotated pages are identified as hits regardless of whether or not In yet another embodiment, aggregate metadata (eg, keywords aggregated across a reliability network as described above) can be searched.

E.パーソナルウェブにおけるサーチ
ある実施形態では、問合せユーザは、ウェブ全体ではなく、自分の信頼性ネットワークのメンバーにより注釈付けされたコンテンツをサーチすることができる。例えば、図7のサーチツールバー706は、テキストボックス706及び「サーチウェブ」ボタン704を備え、これは、全ウェブをサーチするための問合せを提示するのに使用できる。又、サーチツールバー706は、「My Web」ボタン720も備え、これは、ユーザの信頼性ネットワークのメンバーにより注釈付けされたコンテンツをサーチするのに使用できる。このようなコンテンツは、ここでは、「パーソナルウェブ」と称され、一般的に、異なるユーザが異なる信頼性ネットワークを有する程度まで、異なるユーザが異なるパーソナルウェブも有する。一実施形態では、サーチサーバー160にログインするユーザは、テキストボックス706に問合せを入力し、次いで、ボタン709をアクチベートして全ウェブをサーチするか、又はボタン720をアクチベートしてパーソナルウェブをサーチするかのいずれかである。後者のケースでは、サーチは、従来のウェブサーチと一般的に同様であるが、問合せユーザの信頼性ネットワークの少なくとも1人のメンバーからの関連注釈を有するヒットしか表示されない。例えば、従来のサーチインターフェイスページ又はサーチ結果ページから、他のインターフェイスを経てパーソナルウェブサーチオプションを与えることもできる。
E. Searching on the Personal Web In one embodiment, the querying user can search for content that has been annotated by members of their trust network, rather than the entire web. For example, the search toolbar 706 of FIG. 7 includes a text box 706 and a “search web” button 704 that can be used to present a query to search the entire web. The search toolbar 706 also includes a “My Web” button 720 that can be used to search for content annotated by members of the user's trust network. Such content is referred to herein as the “personal web” and generally has different users with different personal webs to the extent that different users have different reliability networks. In one embodiment, a user logging in to search server 160 enters a query in text box 706 and then activates button 709 to search the entire web or activates button 720 to search the personal web. Either. In the latter case, the search is generally similar to a conventional web search, but only displays hits with associated annotations from at least one member of the querying user's trust network. For example, a personal web search option may be provided via other interfaces from a conventional search interface page or search results page.

別の実施形態では、問合せユーザは、ページコンテンツに加えて又はそれに代わって、パーソナルウェブに対する注釈をサーチすることができてもよい。例えば、サーチツールバー706は、問合せユーザがサーチに対する希望の範囲を定義できるようにするパーソナルウェブサーチインターフェイスページを起動するボタン(明確に示さず)を備えてもよい。   In another embodiment, the querying user may be able to search for annotations on the personal web in addition to or instead of the page content. For example, the search toolbar 706 may include a button (not explicitly shown) that launches a personal web search interface page that allows the querying user to define the desired scope for the search.

図11は、本発明の一実施形態によるパーソナルウェブサーチインターフェイスページ1100の一例を示す。ページ1100は、ユーザのパーソナルウェブ内のフィールド特有サーチのためのユーザインターフェイスを与える。範囲セクション1102は、サーチが、他の信頼性ネットワークメンバーからの注釈付きコンテンツを含むべきか、ユーザ自身の注釈付きコンテンツだけを含むべきか、或いは全ユーザからの注釈付きコンテンツを含めて全ウェブを含むべきかをユーザが指示するのを許す。「Show My Trust Network(自分の信頼性ネットワークを示す)」ボタン1104は、好都合にも、ユーザが「My Trust Network(自分の信頼性ネットワーク)」ページ600(図6)又は同様のページへナビゲートするのを許し、これにより、ユーザは、自分の現在信頼性ネットワーク定義を見て変更し、次いで、ページ1100へ戻ることができる。又、ある実施形態では、ユーザは、自分の信頼性ネットワークメンバーのリストを見て、1人以上の個々のメンバーを選択し、これらメンバーによる注釈にサーチを制限することができてもよい。   FIG. 11 shows an example of a personal web search interface page 1100 according to one embodiment of the invention. Page 1100 provides a user interface for field specific searches in the user's personal web. Scope section 1102 indicates that the search should include annotated content from other trusted network members, only the user's own annotated content, or the entire web including annotated content from all users. Allows the user to indicate whether it should be included. The “Show My Trust Network” button 1104 conveniently allows the user to navigate to the “My Trust Network” page 600 (FIG. 6) or a similar page. Allows the user to see and change his current trusted network definition and then return to page 1100. Also, in some embodiments, a user may be able to view their list of trusted network members, select one or more individual members, and limit the search to annotations by those members.

ページ1100の問合せセクション1112は、ページコンテンツをサーチし及び/又は注釈における特定フィールドをサーチするためのサーチ用語をユーザが入力できるところの種々のテキストボックスを備えている。この例では、ユーザは、サーチ用語をページコンテンツについて(テキストボックス1114)、注釈タイトルについて(テキストボックス1116)、キーワードフィールドについて(テキストボックス1118)、記述について(テキストボックス1120)、及び/又は参照について(テキストボックス1121)、別々に指定することができる。無線ボタン1122は、ヒットのレーティング(例えば、上述した集計レーティング又は平均レーティング)を制限するのに使用できる。デフォールトにより、「任意のレーティング」が選択され、従って、レーティングがサーチを制限することはなく、ユーザは、サーチを、例えば、好意的レーティングをもつヒットに、又は否定的レーティングをもつヒットに制限するよう選択することができる。「Search」ボタン1126は、処理のための問合せを提示し、そして「Reset」ボタン1128は、問合せセクション1112における全てのフィールドをクリアする。   The query section 1112 of the page 1100 includes various text boxes where the user can enter search terms to search for page content and / or search for specific fields in annotations. In this example, the user searches for search terms for page content (text box 1114), for annotation titles (text box 1116), for keyword fields (text box 1118), for descriptions (text box 1120), and / or for references. (Text box 1121) can be specified separately. The wireless button 1122 can be used to limit the rating of hits (eg, the aggregate rating or the average rating described above). By default, “any rating” is selected, so the rating does not limit the search, and the user limits the search to, for example, hits with favorable ratings or negative ratings. You can choose as you like. A “Search” button 1126 presents a query for processing, and a “Reset” button 1128 clears all fields in the query section 1112.

ユーザは、セクション1112におけるテキストボックスの幾つか又は全部を空のままにしてもよく、テキストボックスが空の場合には、それに対応するフィールドがサーチの制限に使用されないことを理解されたい。例えば、ユーザは、テキストボックス1114にサーチ用語を入力し、そして他のテキストボックスを空のままにすることにより、自分のパーソナルウェブのページコンテンツをサーチすることができ、実際のサーチは、ページインデックス170を使用して行うことができ、注釈付きページ又はサイトに対応しないヒットは、ユーザに結果を送信する前に破棄される。サーチの結果は、上述したページ900(図9A)又は940(図9B)と同様のサーチ結果ページを使用して配送されるのが好都合であるが、ユーザのパーソナルウェブに制限されたサーチでは、各ヒットが少なくとも1つの注釈しかもたない。   It should be understood that the user may leave some or all of the text boxes in section 1112 empty, and if the text box is empty, the corresponding field is not used to limit the search. For example, a user can search the page content of his personal web by entering a search term in a text box 1114 and leaving other text boxes empty, Hits that can be made using 170 and do not correspond to an annotated page or site are discarded before sending the results to the user. Search results are conveniently delivered using a search results page similar to page 900 (FIG. 9A) or 940 (FIG. 9B) described above, but for searches limited to the user's personal web, Each hit has at least one annotation.

図12は、本発明の一実施形態によりパーソナルウェブをサーチするためにページ1100又は別のインターフェイスを経て提示された問合せに応答するプロセス1200を示すフローチャートである。ステップ1202において、ユーザから問合せが受け取られる。ステップ1204において、問合せユーザがログインされたかどうか決定される。もしそうでなければ、ユーザは、ステップ1206において、ログインするように促されるか、又はオペレーションを停止することができる。ステップ1208では、ユーザの信頼性ネットワークのメンバーが識別され、このステップは、上述したプロセス1000(図10)のステップ1012と一般的に同様である。ステップ1210において、信頼性ネットワークメンバー(問合せユーザを含む)により作成された注釈が個人化データベース166から検索される。   FIG. 12 is a flowchart illustrating a process 1200 for responding to a query presented via page 1100 or another interface to search the personal web in accordance with one embodiment of the present invention. In step 1202, a query is received from the user. In step 1204, it is determined whether the querying user has been logged in. If not, the user may be prompted to log in at step 1206 or stop the operation. In step 1208, members of the user's trust network are identified, which is generally similar to step 1012 of process 1000 (FIG. 10) described above. In step 1210, annotations created by the trusted network members (including the querying user) are retrieved from the personalization database 166.

ステップ1212において、サーチヒットが、問合せにより、ページコンテンツ及び/又は注釈コンテンツに基づいて識別される。ページコンテンツをサーチすべき場合には、ページコンテンツに関する情報を、ページインデックス170から得ることもできるし、又はページコンテンツの表示が個人化データベース166に記憶された場合にはその中の注釈から得ることもできる。他のフィールドは、個人化データベース166から得られる信頼性ネットワークメンバーの注釈を使用してサーチされる。特定のサーチアルゴリズムに関わらず、ページは、問合せユーザの信頼性ネットワークの少なくとも1人のメンバーがそれに注釈付けした場合にのみヒットとして識別されるのが好都合である。例えば、ページコンテンツをサーチすべき場合には、ページインデックス170に表わされた全コーパスにわたりサーチを実行して、それにより得られるヒットのグローバルなリストを注釈の有無に基づいてフィルタすることもできるし、或いはステップ1210で検索された注釈を使用して、ページインデックス170に表わされたサーチすべきドキュメントのプールを発生することもできる。   In step 1212, search hits are identified based on page content and / or annotation content by query. If page content is to be searched, information about the page content can be obtained from the page index 170 or, if the display of the page content is stored in the personalization database 166, from the annotations therein. You can also. Other fields are searched using the trust network member annotations obtained from the personalization database 166. Regardless of the particular search algorithm, a page is conveniently identified as a hit only if at least one member of the querying user's trust network annotates it. For example, if page content is to be searched, the search can be performed across all corpora represented in the page index 170 to filter the resulting global list of hits based on the presence or absence of annotations. Alternatively, the annotations retrieved in step 1210 can be used to generate a pool of documents to be searched represented in page index 170.

ある実施形態では、ヒットが、平均レーティングに基づいて再ランク付けされるか又はハイライト処理される。従って、ステップ1214では、各ヒットに対する平均レーティングが、上述したプロセス1000(図10)のステップ1015と同様に計算される。ステップ1216では、プロセス1000のステップ1020と同様に、平均レーティングを使用してヒットが再ランク付けされる。ステップ1218では、希望のハイライト処理又はメタデータをヒットのリストに追加することができる。例えば、上述したように、視覚的ハイライト処理を各ヒットに適用して、そのヒットに対する平均レーティングを反映させてもよいし、「Show My Web」ボタンを各ヒットに関連付けて、ユーザが個々の信頼性ネットワークメンバーによる注釈を見るのを許してもよいし、或いは個々の注釈及び/又は集計メタデータから抽出されたメタデータ(例えば、平均レーティング又は集計キーワードセット)がリストに追加されてもよい。ステップ1218では、ヒットのリストを含むサーチ結果ページが問合せユーザへ返送される。   In some embodiments, hits are re-ranked or highlighted based on an average rating. Accordingly, at step 1214, the average rating for each hit is calculated in the same manner as step 1015 of process 1000 (FIG. 10) described above. At step 1216, hits are reranked using the average rating, similar to step 1020 of process 1000. In step 1218, the desired highlighting or metadata can be added to the list of hits. For example, as described above, visual highlighting may be applied to each hit to reflect the average rating for that hit, or a “Show My Web” button may be associated with each hit to allow the user to You may allow to view annotations by a trusted network member, or metadata extracted from individual annotations and / or aggregate metadata (eg, average rating or aggregate keyword set) may be added to the list . In step 1218, a search results page containing a list of hits is returned to the querying user.

ここに述べるサーチインターフェイス及びサーチプロセスは、例示に過ぎず、その変更や修正が考えられることが明らかであろう。順次に説明したプロセスステップは、パラレルに実行されてもよいし、ステップの順序を変更してもよいし、そしてステップを変更し又は組み合せてもよい。   It will be apparent that the search interface and search process described herein are exemplary only and that changes and modifications are possible. The process steps described in sequence may be performed in parallel, the order of the steps may be changed, and the steps may be changed or combined.

問合せインターフェイスを変更してもよい。例えば、別のインターフェイスでは、単一のテキストボックスが設けられ、そしてユーザは、テキストボックスのサーチ用語をページコンテンツにおいてサーチすべきか及び/又は注釈レコードの種々のフィールド(例えば、タイトル、キーワード、記述、及び/又は他のフィールド)においてサーチすべきかを選択するように促される。更に別の実施形態では、単一のテキストボックスをもつ「基本的」サーチインターフェイスがデフォールトにより設けられ、そしてページコンテンツ及び1つ以上の予め選択された注釈フィールドにわたりサーチが実行される。ユーザは、この基本的サーチ構成を受け容れることもできるし、或いは問合せセクション1112(又は別の問合せインターフェイス)を見て、より複雑な問合せを入力するよう選択することもできる。他の問合せインターフェイス及びインターフェイスの組合せも考えられる。   The query interface may be changed. For example, in another interface, a single text box is provided, and the user should search the text box search terms in the page content and / or various fields (eg, title, keyword, description, And / or other fields) is prompted to select whether to search. In yet another embodiment, a “basic” search interface with a single text box is provided by default, and the search is performed over the page content and one or more preselected annotation fields. The user can accept this basic search configuration or can look at the query section 1112 (or another query interface) and choose to enter a more complex query. Other query interfaces and interface combinations are also contemplated.

ある実施形態では、サーチページ1100は、ツールバーのボタン(例えば、図7のツールバー706のボタン720)又は永続的ユーザインターフェイスの他の適当なエレメントを経てアクセスすることもできるし、或いはサーチプロバイダーのメインページからアクセスすることもできる。サーチサーバー160にログインしないユーザがページ1100にアクセスするよう試みた場合には、ユーザは、ページ1100が表示される前にログインするよう促される。   In some embodiments, search page 1100 may be accessed via a toolbar button (eg, button 720 on toolbar 706 in FIG. 7) or other suitable element of the persistent user interface, or the search provider's main It can also be accessed from the page. If a user who does not log in to search server 160 attempts to access page 1100, the user is prompted to log in before page 1100 is displayed.

更に、前記では「パーソナルウェブ」という語が使用されたが、多数のユーザによりアクセスされるドキュメントコーパスの「パーソナル」バージョンを定義して、上述したのと同様にサーチできることも理解されたい。   Furthermore, although the term “personal web” has been used above, it should be understood that a “personal” version of a document corpus accessed by multiple users can be defined and searched as described above.

F.パーソナルウェブの探査
ある実施形態では、ユーザは、問合せを入力せずに自分のパーソナルウェブを探査することができる。例えば、ユーザは、フォルダにより自分自身の注釈を通してブラウズすることができるか、或いは適当に構成されたインターフェイスを使用して、フォルダにより、自分の信頼性ネットワークのメンバーによる注釈を通してブラウズすることができてもよい。
F. Exploring the Personal Web In some embodiments, a user can explore their personal web without entering a query. For example, users can browse through their own annotations by folder, or they can browse through annotations by members of their trust network using folders, using an appropriately configured interface. Also good.

他の実施形態では、ユーザは、自分の信頼性ネットワークのメンバーにより注釈付けされたページ又はサイトと同様の、又はそれに関連した他のドキュメント(例えば、ページ又はサイト)をサーチできてもよい。「同様の」ドキュメントとは、注釈付けされたページに対するある類似性基準を満足するコンテンツを含むドキュメントである。類似性基準は、例えば、ある数のワード、フレーズ又は他のマルチワード単位を共通に有すること;同様の発生パターンのワード、フレーズ又は他のマルチワード単位を有すること;システム定義分類学において同じカテゴリー又は厳密に関係したカテゴリーに属すること;等を含む。2つのページ間の類似性を決定するためのアルゴリズムは、この技術で知られており、本発明に使用することができる。「関係」ドキュメントは、URLの一部分(例えば、少なくともドキュメントネーム)を関係ページと共に共有し、この場合も、関係を決定するための既知のアルゴリズムを使用してもよい。   In other embodiments, users may be able to search for other documents (eg, pages or sites) that are similar to or related to pages or sites annotated by members of their trust network. A “similar” document is a document that contains content that satisfies certain similarity criteria for an annotated page. Similarity criteria, for example, having a certain number of words, phrases or other multiword units in common; having words, phrases or other multiword units of similar occurrence patterns; the same category in system-defined taxonomy Or belong to a strictly related category; Algorithms for determining the similarity between two pages are known in the art and can be used in the present invention. The “relationship” document shares a portion of the URL (eg, at least the document name) with the relationship page, again using a known algorithm for determining the relationship.

別の実施形態では、ユーザは、注釈の相関を踏査することができてもよい。例えば、ユーザは、「スタート」ページ又はサイトを選択し、そしてそのスタートページ又はサイトにも注釈付けしたユーザにより最も頻繁に注釈付けされた他のページ又はサイトのリストを得ることができてもよい。   In another embodiment, the user may be able to review the annotation correlation. For example, the user may be able to select a “start” page or site and obtain a list of other pages or sites that are most frequently annotated by the user who also annotated that start page or site. .

ユーザは、注釈付き文書が表示されるときには、サーチ結果ページから、又はツールバーインターフェイスから、同様のドキュメント、関係ドキュメント又は相関ドキュメントのサーチを開始することができてもよい。例えば、図8のオーバーレイ800又は図7のツールバー706は、このようなサーチを開始できるようにする制御エレメントを含んでもよい。   When an annotated document is displayed, the user may be able to initiate a search for similar, related, or correlated documents from the search results page or from the toolbar interface. For example, the overlay 800 of FIG. 8 or the toolbar 706 of FIG. 7 may include control elements that allow such a search to be initiated.

他の実施形態では、ユーザは、自分のパーソナルウェブにおいてアクティビティに関する情報を見ることができてもよい。例えば、ページ1100(図11)又は別のパーソナルウェブインターフェイスページは、ユーザが情報のリストを見るのを許す種々の制御器(図11には示さず)を含んでもよい。一実施形態において、ユーザは、自分のパーソナルウェブに最も最近追加されたページ又は注釈のリストを見ることができる。別の実施形態では、ユーザは、最大数の信頼性ネットワークメンバーにより注釈付けされたページのリスト、又は自分の信頼性ネットワーク内で最も高い平均又は集計レーティングを有するページのリストを見ることができる。更に別の実施形態では、ユーザは、ある時間周期にわたり自分の信頼性ネットワークのメンバーが最も頻繁に訪問したページのリストを見ることができる。又、これら又は他のリストは、いずれも、注釈からのメタデータ、注釈からのメタデータの概要又は集計、等々を含んでもよい。   In other embodiments, users may be able to see information about activities on their personal web. For example, page 1100 (FIG. 11) or another personal web interface page may include various controls (not shown in FIG. 11) that allow the user to view a list of information. In one embodiment, the user can view a list of the most recently added pages or annotations to his personal web. In another embodiment, the user can view a list of pages annotated by the maximum number of trust network members, or a list of pages with the highest average or aggregate rating in his trust network. In yet another embodiment, a user can view a list of pages most frequently visited by members of their trust network over a period of time. Also, any of these or other lists may include metadata from annotations, summary or summary of metadata from annotations, and so on.

更に別の実施形態では、このような情報は、問合せに応答するのに使用することができる。例えば、ユーザの問合せ(又はユーザの問合せからのキーワード)が少なくとも1つの信頼性ネットワークメンバーの注釈における参照フィールドに一致するところの注釈付きページ又はサイトのリストを設けることができる。他の変形、追加及び変更も考えられる。   In yet another embodiment, such information can be used to respond to queries. For example, a list of annotated pages or sites may be provided where a user query (or keywords from the user query) matches a reference field in the annotation of at least one trusted network member. Other variations, additions and changes are also conceivable.

G.パーソナルウェブ統計情報
ある実施形態では、ユーザは、自分の信頼性ネットワークのメンバーによるアクティビティに関する統計情報を見ることができてもよい。
G. Personal Web Statistics Information In some embodiments, a user may be able to view statistical information regarding activity by members of their reliability network.

例えば、ユーザは、ある時間周期にわたり自分の信頼性ネットワークメンバーによりサーチサーバー160へ提示される問合せ、例えば、自分の信頼性ネットワーク内の最も人気のある問合せ、その人気が最も劇的に変化した問合せ、等に関する統計情報を見ることができてもよい。このようなリストは、本発明の譲受人であるYahoo!Incにより提供される既存の「バズ(Buzz)」特徴に類似したものでよいが、ユーザの信頼性ネットワークのメンバーにより提示される問合せのみを含む。   For example, a user may submit a query that is presented to search server 160 by his trust network member over a period of time, for example, the most popular query in his trust network, a query whose popularity has changed dramatically. , Etc. may be able to see statistical information. Such a list can be found in the Yahoo! It may be similar to the existing “Buzz” feature provided by Inc, but includes only queries presented by members of the user's trust network.

他の実施形態では、他の統計情報が入手できてもよい。例えば、ユーザは、自分の信頼性ネットワークのメンバーの中で、例えば、同じページ又はサイトに注釈付けしたメンバーの数、又はページに注釈付けしたメンバーにより与えられた平均レーティング、で測定された最も人気のあるページ(又はサイト)のリストを見ることができてもよい。別のリストは、メンバーにより最も最近注釈付けされたページ又はサイトを含んでもよく、このようなリストにおける入力は、誰がページに注釈付けしたか指示できると共に、ページ及び/又は新たな注釈を見るためのリンクを与えることもできる。又、ユーザは、例えば、注釈が特定のキーワード(又は多数のキーワード)を含まねばならないことを指定することで、このようなリストをフィルタすることができてもよい。   In other embodiments, other statistical information may be available. For example, users are most popular among members of their trust network, measured by, for example, the number of members annotating the same page or site, or the average rating given by the members annotating the page. You may be able to see a list of pages (or sites) with Another list may include pages or sites that have been most recently annotated by members, and entries in such lists can indicate who has annotated the page and to view the page and / or new annotations. You can also give a link. The user may also be able to filter such a list, for example by specifying that the annotation must contain a particular keyword (or multiple keywords).

H.注釈へのアクセスの制限
上述したように、本発明の実施形態では、1人のユーザの注釈の幾つか又は全部が、第1のユーザに信頼性関係で接続された他のユーザに見えるようにすることができる。各ユーザは、一般に、自分の友人を識別する能力を有するが、ある実施形態では、ユーザは、他のユーザが自分を友人として識別するのを防止する能力をもたないことがある。従って、ユーザが、自分の注釈のいずれか又は全部を他のユーザが見ることができるかどうか制御するためのプライバシー設定を確立するのを許すことが望まれる。ある実施形態では、フォルダレコード(例えば、図4を参照)又は注釈レコードは、アクセスの管理に関係した2つの付加的なフィールド、即ちプライバシーレベル(フィールド416)及びアクセスリスト(フィールド418)を含む。フォルダとしてプライバシーレベルが確立される場合には、そのプライバシーレベルがそのフォルダ内の全ての注釈に適用される。ある実施形態では、ユーザは、フォルダに対するデフォールトプライバシーレベルを確立でき、次いで、フォルダ内の個々の注釈に対してそのデフォールトをオーバーライドする。
H. Restricting Access to Annotations As noted above, in embodiments of the present invention, some or all of a user's annotations are visible to other users who are reliably connected to the first user. can do. Each user generally has the ability to identify his friend, but in some embodiments, the user may not have the ability to prevent other users from identifying him as a friend. It is therefore desirable to allow users to establish privacy settings to control whether other users can see any or all of their annotations. In some embodiments, a folder record (see, eg, FIG. 4) or annotation record includes two additional fields related to access management: privacy level (field 416) and access list (field 418). If a privacy level is established for a folder, that privacy level is applied to all annotations in that folder. In some embodiments, the user can establish a default privacy level for the folder and then override that default for individual annotations in the folder.

一実施形態では、プライバシーレベルは、「パブリック」、「共有」又は「プライベート」の1つにセットすることができる。注釈(又はそのフォルダ)が「パブリック」とマークされる場合には、注釈は、システムの他の登録されたユーザにより見ることができ、そして注釈付けするユーザが他のユーザの信頼性ネットワークにいる場合に他のユーザに見えることになる(少なくとも潜在的に)。この点において「ユーザに見える」とは、注釈がオーバーレイ800のような表示においてユーザに対して現われることができるか、又はユーザの信頼性ネットワークにわたり集計メタデータを決定するのに注釈を使用できることを意味する。例えば、図5に示す信頼関係を参照すれば、ユーザAの信頼性ネットワークが分離度2までの全てのユーザを含むように定義される場合には、ユーザGは、ユーザAの信頼性ネットワーク内となり、そしてユーザAは、ユーザGが「パブリック」とマークしたユーザGの注釈のいずれかを見ることができるようになる。   In one embodiment, the privacy level can be set to one of “public”, “shared” or “private”. If an annotation (or its folder) is marked "public", the annotation can be viewed by other registered users of the system and the annotating user is in the other user's trust network In case it will be visible to other users (at least potentially). “Visible to the user” in this regard means that the annotation can appear to the user in a display such as overlay 800 or that the annotation can be used to determine aggregate metadata across the user's reliability network. means. For example, referring to the trust relationship shown in FIG. 5, if user A's trust network is defined to include all users up to a degree of separation of 2, user G is in user A's trust network. And user A will be able to see any of user G's annotations that user G has marked “public”.

注釈(又はそのフォルダ)が「共有」とマークされる場合には、別のユーザがその注釈を見ることができるのは、次の場合だけである。(1)注釈付けユーザが他のユーザの信頼性ネットワーク内におり、そして(2)他のユーザが注釈付けユーザの信頼性ネットワーク内にいる。例えば、図5を再び参照すれば、たとえユーザGがユーザAの信頼性ネットワーク内にいても、ユーザAは、ユーザGが「共有」とマークしたユーザGの注釈をいずれも見ることができない。というのは、ユーザAがユーザGの信頼性ネットワーク内にいないからである。他方、ユーザA及びCは、各々、他の「共有」注釈を見ることができる。   If an annotation (or its folder) is marked “shared”, another user can see the annotation only if: (1) The annotating user is in the other user's trust network, and (2) the other user is in the annotating user's trust network. For example, referring again to FIG. 5, even if user G is in user A's trusted network, user A cannot see any of user G's annotations that user G has marked “shared”. This is because user A is not in user G's trusted network. On the other hand, users A and C can each see other “shared” annotations.

注釈(又はそのフォルダ)が「プライベート」とマークされる場合には、別のユーザがその注釈を見ることができるのは、次の場合だけである。(1)注釈付けユーザが他のユーザの信頼性ネットワーク内におり、そして(2)他のユーザが注釈(又はフォルダ)のアクセスリストにある。他のプライバシー設定と同様に、プライベートな注釈に対するアクセスリストは、注釈の著者により維持されるのが好都合である。例えば、図5を再び参照すれば、ユーザAは、ユーザCが「プライベート」とマークしたユーザCの注釈を、ユーザCがその注釈に対するアクセスリストにユーザAを入れた場合しか、見ることができない。従って、ユーザは、ある注釈を、自分の友人の何人か又は全部から隠れて保持することができる。   If an annotation (or its folder) is marked “private”, another user can see the annotation only if: (1) The annotating user is in the other user's trust network, and (2) the other user is in the annotation (or folder) access list. As with other privacy settings, the access list for private annotations is conveniently maintained by the author of the annotations. For example, referring again to FIG. 5, user A can see user C's annotation that user C has marked “private” only if user C places user A in the access list for that annotation. . Thus, the user can keep certain annotations hidden from some or all of his friends.

好ましい実施形態では、注釈は、そのプライバシーレベルに関わらず、その著者に常に見ることができる。   In the preferred embodiment, the annotation is always visible to its author, regardless of its privacy level.

フォルダプライバシー設定の使用を更に説明するために、図13を参照すれば、リスト1302は、ユーザBにより定義できる種々のフォルダ(メイン及びF1−F4)に対するプライバシーレベルと、ユーザBにより生成されて各フォルダに含むことのできる注釈(J1−J10)とを示し、リスト1304は、ユーザBの信頼性ネットワークのメンバーを示し、そしてリスト1306は、ユーザAの信頼性ネットワークのメンバーを示す。ユーザAが、上述したプロセス1000(図10)に基づいて処理される問合せを入力すると仮定する。ステップ1012において、ユーザBがユーザAの信頼性ネットワークのメンバーであると決定される。ステップ1013において、ユーザBのフォルダツリー(リスト1302を参照)を横断して、ユーザBの注釈を検索する。フォルダ「メイン」は、「パブリック」とマークされ、それ故、注釈J1−J3は、ユーザAに見え、そしてユーザAの質問に応答して使用するために検索される。フォルダ「F1」は、「プライベート」とマークされて、ユーザAへのアクセスが許可されず、それ故、注釈J4及びJ5は、ユーザAには見えず、検索もされない。フォルダ「F2」も「プライベート」とマークされるが、ユーザAへのアクセスが許可され、それ故、注釈J6がユーザAに見え、検索される。フォルダ「F3」は、「パブリック」とマークされ、注釈J7及びJ8が検索される。フォルダ「F4」は、「共有」とマークされるが、ユーザAがユーザBの信頼性ネットワーク内にないためにユーザAには見えず、従って、注釈J9及びJ10は、ユーザAには見えず、検索されない。従って、プロセス1000では、見ることのできる注釈J1−J3及びJ6−J8が検索されて、ユーザAの問合せに応答するのに使用され、一方、見ることのできない注釈J4、J5、J9及びJ10は、そのようにされない。ユーザAの視点からは、見ることのできない注釈が存在しないかのごときであり、そして見ることのできない注釈を使用してユーザBがレーティング決めするヒットに対する信頼性ネットワークの集計レーティングは、プロセス1000のステップ1015において、ユーザBがヒットに注釈付けしなかったかのように計算される。   To further illustrate the use of folder privacy settings, referring to FIG. 13, a list 1302 is created by user B and the privacy levels for the various folders (main and F1-F4) that can be defined by user B. Annotations (J1-J10) that can be included in the folder are shown, list 1304 shows members of user B's trust network, and list 1306 shows members of user A's trust network. Assume that user A enters a query that is processed based on the process 1000 (FIG. 10) described above. In step 1012, it is determined that user B is a member of user A's trust network. In step 1013, user B's annotation is searched across user B's folder tree (see list 1302). The folder “Main” is marked “Public”, so the annotations J1-J3 are visible to User A and are retrieved for use in response to User A's question. Folder “F1” is marked “private” and access to user A is not allowed, so annotations J4 and J5 are not visible to user A and are not searched. Folder “F2” is also marked “private”, but access to user A is allowed, so annotation J6 is visible to user A and retrieved. Folder “F3” is marked “public” and annotations J7 and J8 are searched. Folder “F4” is marked “shared” but is not visible to user A because user A is not in the trusted network of user B, and thus annotations J9 and J10 are not visible to user A. , Not searched. Thus, in process 1000, visible annotations J1-J3 and J6-J8 are retrieved and used to respond to user A's query, while invisible annotations J4, J5, J9 and J10 are , Not like that. From the perspective of user A, it is as if there are no unviewable annotations, and the aggregate rating of the reliability network for hits that user B rates using unviewable annotations is In step 1015, it is calculated as if user B did not annotate the hit.

ここに述べるものに加えて又はそれに代わって、他のプライバシーメカニズムを設けてもよいことが明らかであろう。より多数又は少数のプライバシーレベルが定義されてもよい。ある実施形態では、注釈の著者の「共有」フォルダへのアクセスは、著者の信頼性ネットワーク以外のデータ、例えば、著者のIM友人のリスト、eメールアドレス帳、Yahoo!グループのメンバー、又は著者により選択される他の自発的関連付け、等を参照して決定することができる。   It will be apparent that other privacy mechanisms may be provided in addition to or in place of those described herein. More or fewer privacy levels may be defined. In some embodiments, access to the author's “shared” folder of annotations may include data other than the author's trust network, eg, the author's IM friend list, email address book, Yahoo! It can be determined with reference to group members, or other spontaneous associations selected by the author, and the like.

別の実施形態では、情報の共有は、特定の注釈に使用されるキーワードに基づいて制御できる。例えば、注釈付けユーザは、キーワード「サイクリング」を含む全ての注釈がパブリックとして処理されねばならず、一方、キーワード「フットボール」を含む全ての注釈が共有として処理されねばならず、等々であることを指定できてもよい。注釈が、異なるプライバシーレベルが指定されたキーワードを含む場合には、システム規模のルールを適用して、より限定的なプライバシーレベルで注釈の共有を支配すべきか、あまり限定的でないプライバシーレベルで支配すべきかを決定することができる。   In another embodiment, information sharing can be controlled based on keywords used for particular annotations. For example, the annotating user may indicate that all annotations containing the keyword “cycling” must be treated as public, while all annotations containing the keyword “football” must be treated as shared, and so on. May be specified. If an annotation contains keywords with different privacy levels, system-wide rules should be applied to govern the sharing of the annotation with a more restrictive privacy level or with a less restrictive privacy level. Can decide.

ある実施形態では、メタデータをグローバルに集計することができる(例えば、サーチサーバー160の全登録ユーザによる注釈にわたって)。例えば、ページに対するグローバルなレーティングは、そのページの全てのユーザ供給レーティングを平均化することにより決定できる。ある実施形態では、著者により確立されるプライバシー設定は、グローバルな集計中に尊重され、例えば、「パブリック」とマークされた注釈しか使用されない。他の実施形態では、プライバシー設定は無視され、全ての注釈が使用される。   In some embodiments, metadata can be aggregated globally (eg, across annotations by all registered users of search server 160). For example, a global rating for a page can be determined by averaging all user-supplied ratings for that page. In some embodiments, privacy settings established by authors are respected during global aggregation, eg, only annotations marked “public” are used. In other embodiments, privacy settings are ignored and all annotations are used.

III.注釈の静的な共有
本発明のある実施形態では、ユーザは、自分の注釈のコピーを他のユーザへ配布することにより自分の注釈を共有することもできる。上述した動的な共有とは異なり、静的な共有は、好都合にも、受信側ユーザが自分自身の注釈コピーを得て、共有ユーザの注釈に影響を及ぼすことなく、編集、削除、さもなければ、変更を行うことができる。
III. Static Sharing of Annotations In some embodiments of the present invention, users can also share their annotations by distributing copies of their annotations to other users. Unlike the dynamic sharing described above, static sharing advantageously allows the receiving user to obtain his own annotation copy and not edit, delete, or otherwise affect the sharing user's annotation. Changes can be made.

A.注釈のエクスポート及びインポート
ある実施形態では、ユーザは、注釈をエクスポート及びインポートすることができる。例えば、「エクスポート」ユーザは、自分のライブラリー内の全ての注釈(又はそれら注釈の選択されたサブセット)を別のユーザへ送信し、該ユーザが、次いで、その注釈を自分自身のライブラリーに「インポート」するように選択することができる。注釈のエクスポート及びインポートをサポートする実施形態について、以下に説明する。
A. Annotation Export and Import In some embodiments, users can export and import annotations. For example, an “export” user sends all annotations (or a selected subset of those annotations) in his library to another user who then sends the annotations to his own library. You can choose to “import”. Embodiments that support annotation export and import are described below.

一実施形態では、インターフェイスページが設けられ、これを経てユーザは、自分自身の注釈を見て編集することができる。図14は、ライブラリーインターフェイスページ1400の一例であり、同様のインターフェイスが、前記特許出願(代理人ドケット第017887−013720US)に説明されている。制御セクション1402におけるビューオプションを操作することにより、ユーザは、リストセクション1404に自分自身の注釈のカスタマイズされたリストを生成することができる。   In one embodiment, an interface page is provided through which the user can view and edit his own annotations. FIG. 14 is an example of a library interface page 1400, and a similar interface is described in that patent application (Attorney Docket No. 017887-013720US). By manipulating the view options in the control section 1402, the user can generate a customized list of his own annotations in the list section 1404.

リストセクション1404に表示される各注釈は、エクスポートするための注釈を選択するのに使用できるチェックボックス1406を有する。選択がなされると(種々のボックス1406をチェックするか又はチェックしないことにより)、ユーザは、ボタン1408を操作して、チェックされた注釈をエクスポートすることができる。或いは又、ユーザは、ボタン1410を操作して、チェックボックス1406に関わりなく、セクション1404にリストされた全ての注釈をエクスポートすることができる。   Each annotation displayed in the list section 1404 has a check box 1406 that can be used to select an annotation for export. Once a selection is made (by checking or unchecking various boxes 1406), the user can operate button 1408 to export the checked annotation. Alternatively, the user can operate button 1410 to export all annotations listed in section 1404 regardless of checkbox 1406.

ユーザがボタン1408又は1410をアクチベートすると、選択された注釈のエクスポート可能なバージョンが生成される。例えば、エクスポートされる各注釈のメタデータの幾つか又は全部を個人化データベース166から検索し、必要に応じて再フォーマットし(例えば、1つ以上のウェブページへ挿入し)、そして一時的記憶エリアに入れて、そこから、適当なリソース識別子(例えば、URL)を使用して検索することができる。   When the user activates button 1408 or 1410, an exportable version of the selected annotation is generated. For example, some or all of the metadata for each annotation that is exported is retrieved from the personalization database 166, reformatted as necessary (eg, inserted into one or more web pages), and a temporary storage area And from there can be searched using the appropriate resource identifier (eg, URL).

エクスポートユーザは、配送方法(例えば、IM、eメール)を識別し、そして1人以上の受信者に対する適切な識別子(例えば、IMスクリーンネーム、eメールアドレス)を与えるように促される。好ましい実施形態では、エクスポートユーザと受信者との間の信頼関係が必要とされず、エクスポートユーザは、自分の注釈を、自分で選択した誰かにエクスポートすることができる。エクスポートされた注釈、又はそのエクスポートされた注釈の利用性をシグナリングする他のデータは、識別された受信者へ配送される。通知機構は、配送方法に依存し、例えば、適当に構成されたeメールメッセージ又はインスタントメッセージが使用されてもよい。   The export user is prompted to identify the delivery method (eg, IM, email) and provide an appropriate identifier (eg, IM screen name, email address) for one or more recipients. In the preferred embodiment, a trust relationship between the export user and the recipient is not required, and the export user can export his annotations to someone he chooses. Exported annotations or other data signaling the availability of the exported annotations are delivered to the identified recipients. The notification mechanism depends on the delivery method, for example, a suitably configured email message or instant message may be used.

各受信者は、自分自身のライブラリーへ注釈をインポートするオプションを有する。一実施形態では、eメール又はIMクライアントは、到来するメッセージが1つ以上の注釈を含むことを確認し、そしてユーザに、注釈をインポートすべきかどうか尋ねるように構成されてもよい。別の実施形態では、エクスポートされた注釈が表示可能なウェブページへとパッケージされ、そしてそのページに対するURLが、例えば、eメール又はIMを経て受信者へ配送される。受信者は、エクスポートされた注釈を見て、インポートすべきものがもしあれば、それを選択することができる。図15は、受信者へ送信されたURLにより参照することのできるインポートインターフェイスページ1500の一例を示す。受信者がページ1500へナビゲートするときにサインインしない場合には、ページを見るか又は注釈をインポートする前にサインインするよう促されてもよい。   Each recipient has the option to import the annotations into their own library. In one embodiment, the email or IM client may be configured to confirm that the incoming message contains one or more annotations and ask the user whether to import the annotations. In another embodiment, the exported annotation is packaged into a displayable web page and the URL for that page is delivered to the recipient via e-mail or IM, for example. The recipient can look at the exported annotation and select if there is anything to import. FIG. 15 shows an example of an import interface page 1500 that can be referred to by the URL transmitted to the recipient. If the recipient does not sign in when navigating to page 1500, they may be prompted to sign in before viewing the page or importing the annotation.

ヘッディング1502は、注釈のソースを識別する(例えば、エクスポートユーザのユーザIDを表示することにより)。リスト1504は、各注釈からの選択されたフィールドを含む。この例では、タイトル、URL、キーワード、記述及びレーティングフィールドが示されている。他の実施形態では、図15に示されたものに加えて又はそれに代わって他のフィールドが示されてもよく、そしてインポートユーザ又はエクスポートユーザが、表示されるべきフィールドを選択してもよい。各エントリーは、受信者がページ1500から対象ページへナビゲートできるようにするアクティブリンクを含んでもよい。   Heading 1502 identifies the source of the annotation (eg, by displaying the user ID of the export user). List 1504 includes selected fields from each annotation. In this example, a title, URL, keyword, description, and rating field are shown. In other embodiments, other fields may be shown in addition to or instead of those shown in FIG. 15, and the import or export user may select the fields to be displayed. Each entry may include an active link that allows the recipient to navigate from page 1500 to the target page.

各リスト1504は、受信者がチェックし又はクリアすることのできるチェックボックス1506を備えている。受信者がチェックされたアイテムをインポートできるようにする制御ボタン(ボタン1508)、又は全てのアイテムをインポートできるようにする制御ボタン(ボタン1510)が設けられる。他の制御ボタンが設けられてもよい。   Each list 1504 includes a checkbox 1506 that can be checked or cleared by the recipient. A control button (button 1508) is provided that allows the recipient to import checked items, or a control button (button 1510) that allows all items to be imported. Other control buttons may be provided.

受信者が注釈をインポートするときには、新たな注釈レコード(例えば、上述した図3に示された)が生成されて、個人化データベース166に追加されるのが好都合である。新たな注釈の著者は、インポートユーザであり(エクスポートユーザではなく)、そして各インポートされた注釈の「参照」フィールドは、エクスポートユーザを注釈のソースとして識別するのが好都合である。「古い参照」フィールドは、エクスポートユーザの注釈からの参照情報を含んでもよいし、又はデフォールト(例えば、空の)値にリセットされてもよい。「最後の更新」フィールドは、注釈がインポートされたときを反映するように更新されてもよく、そして注釈に関連したカウンタ又は他の統計情報(例えば、最後の訪問、訪問回数)がインポートユーザに対してリセットされてもよい。その後、インポートされた注釈は、インポートユーザにより生成されたかのように処理される。例えば、これは、プライバシー設定に関わりなくインポートユーザに見ることができ、そしてインポートユーザは、それを編集又は削除してもよい。   When the recipient imports an annotation, a new annotation record (eg, shown in FIG. 3 above) is advantageously generated and added to the personalization database 166. The author of the new annotation is the import user (not the export user), and the “reference” field of each imported annotation conveniently identifies the export user as the source of the annotation. The “old reference” field may contain reference information from the export user's annotation or may be reset to a default (eg, empty) value. The “Last Update” field may be updated to reflect when the annotation was imported, and counters or other statistical information associated with the annotation (eg, last visit, visit count) may be displayed to the importing user. On the other hand, it may be reset. The imported annotation is then processed as if it were generated by the import user. For example, this can be seen by the import user regardless of privacy settings, and the import user may edit or delete it.

B.注釈の発行
注釈を他のユーザにエクスポートするのに加えて、ユーザは、自分の注釈を発行することもできる。ここで使用する注釈の「発行(publication)」とは、適当なチャンネルを経てユーザの注釈を自動的に配布することを指し、そして発行ユーザによりなされた変更を反映するための再発行を含んでもよい。注釈の再発行、又は更新の発行は、情報の変更に応答して規則的な間隔で又は他の何らかのスケジュールで行うことができる。ある発行チャンネルについては、発行ユーザは、データを受信する者に対してある程度の制御をもつことができ、他のチャンネルについては、受信ユーザがどの発行情報を見るべきか判断する。
B. In addition to exporting annotations to other users, users can also publish their own annotations. As used herein, “publication” of annotation refers to the automatic distribution of user annotations via appropriate channels, and may include republishing to reflect changes made by the publishing user. Good. Reissuance of annotations, or issuance of updates can occur at regular intervals in response to changes in information or at some other schedule. For some publishing channels, the publishing user can have some control over who receives the data, and for other channels it determines what publishing information the receiving user should see.

一実施形態では、ユーザは、上述した発行フラグ(図4を参照)を使用して発行のために自分のフォルダの幾つか又は全部を指定してもよく、他の実施形態では、ユーザは、発行のために個々の注釈を指定してもよいし、又は注釈におけるキーワードの有無に基づいて発行を制御してもよい。図2のサーチサーバー160又は別の適当に構成されたサーバーにより実行される自動配布プロセスは、発行(又は再発行)されるべき注釈を識別し、そして発行チャンネルに適した発行メッセージを発生する。   In one embodiment, the user may specify some or all of his folder for publishing using the publishing flag described above (see FIG. 4), in other embodiments, Individual annotations may be specified for publication, or publication may be controlled based on the presence or absence of keywords in the annotations. The automatic distribution process performed by the search server 160 of FIG. 2 or another appropriately configured server identifies the annotations to be published (or reissued) and generates a publish message suitable for the publish channel.

種々の技術及びチャンネルを使用して発行をサポートすることができる。一実施形態では、発行のために選択された注釈を使用して、RSS(リアリー・シンプル・シンジケーション、これは、リッチ・サイト・サマリー又はRDF(リソース・ディスクリプション・フレームワーク)サイトサマリーとしても知られている)フィードを周期的に更新することができる。RSSフィードへの加入者は、更新された注釈の通知を受け取り、そして例えば、上述したインポートページ1500と同様のインターフェイスを使用して、それらをインポートすべきかどうか選択することができる。別の実施形態では、発行ユーザの注釈の更新リスト(例えば、ページ1500のようなインポートウェブページ)を指すURLが、ユーザにより識別されたeメールリストに周期的に配布され、コミュニティのブルテンボード又はチャットルームに周期的に投稿され、等々とされてもよい。eメールリストの各ユーザは、URLにリンクし、そしてリストされた注釈のいずれか又は全部をインポートすることができる。更に別の実施形態では、リスト(又はリストに対する更新)は、発行ユーザに対して維持されるブログ(ウェブログ)へ自動的に投稿することができる。更に別の実施形態では、ユーザは、注釈を合体する公然とアクセスできるウェブページを維持することができ、そして子のウェブページは、時々自動的に更新することができる。   Various technologies and channels can be used to support publishing. In one embodiment, using annotations selected for publishing, RSS (Really Simple Syndication, also known as Rich Site Summary or RDF (Resource Description Framework) Site Summary) The feed can be updated periodically. Subscribers to RSS feeds can receive notifications of updated annotations and select whether they should be imported using, for example, an interface similar to import page 1500 described above. In another embodiment, a URL pointing to an updated list of publishing user annotations (eg, an imported web page such as page 1500) is periodically distributed to an email list identified by the user, and the community bulletin board or It may be posted periodically in a chat room, and so on. Each user in the email list can link to a URL and import any or all of the listed annotations. In yet another embodiment, the list (or updates to the list) can be automatically posted to a blog (web log) maintained for the publishing user. In yet another embodiment, the user can maintain a publicly accessible web page that combines the annotations, and the child web page can be automatically updated from time to time.

IV.ユーザのコミュニティにおける注釈
A.コンテンツの専門的フィルタリング
本発明のある実施形態では、ユーザは、あるコミュニティのメンバーにより注釈されたページ又はサイトのライブラリー内でサーチを行うことができ、このようなライブラリーは、ここでは、「コミュニティウェブ」と称される。ユーザは、コミュニティと提携してもしなくてもよく、そしてコミュニティメンバーは、それら自体の間で定義された明確な信頼関係をもってももたなくてもよい。
IV. Annotations in the user community
A. Professional Filtering of Content In one embodiment of the present invention, a user can search within a library of pages or sites annotated by members of a community, such library being here It is called “Community Web”. Users may or may not be affiliated with the community, and community members may or may not have a clear trust relationship defined between themselves.

例えば、一実施形態において、サーチサーバー160(図2)の登録ユーザは、オンラインコミュニティ(例えば、Yahoo!グループ)に自発的に参加することができ、そのメンバーは、サーチサーバー160のプロバイダーにより維持され又は投稿される専用のメッセージボード、eメールリスト、チャットルーム、等を経て通信することができる。個人化データベース166(又は別のデータベース)は、このような各コミュニティのメンバーに対するユーザ識別子のリストを含むのが好都合である。別のユーザは、コミュニティのメンバーであるかどうかに関わらず、そのコミュニティのコンテンツにわたってサーチを実行することができる。この特徴は、例えば、良く知らない人気のあるトピックスを踏査しているユーザにとって関心のあるものでよい。従って、例えば、「ハリーポッター」の本にまだ馴染みのないユーザは、それらに関する情報をサーチすることに関心があるかもしれない。問合せ「ハリーポッター」でウェブをサーチすると、数百万のヒット(ユーザが合理的な時間内に訪問するには多過ぎる)が返送されるが、ユーザには、これら数百万のページのどれが訪問に値するかのアイデアがない。ハリーポッターファンのコミュニティのメンバーにより評価されたページ又はサイトへサーチを制限することにより、ユーザは、ファンの知識及び見解をレバレッジして、おそらく信頼性があり且つ有用であるコンテンツを迅速に見つけることができる。   For example, in one embodiment, a registered user of search server 160 (FIG. 2) can voluntarily join an online community (eg, Yahoo! Group), whose members are maintained by the search server 160 provider. Alternatively, communication can be made via a dedicated message board to be posted, an e-mail list, a chat room, or the like. The personalization database 166 (or another database) conveniently includes a list of user identifiers for each such community member. Another user can perform searches across the community's content, whether or not they are members of the community. This feature may be of interest to a user reviewing popular topics that are not well known, for example. Thus, for example, a user who is not yet familiar with the “Harry Potter” book may be interested in searching for information about them. Searching the web with the query "Harry Potter" returns millions of hits (too many for a user to visit in a reasonable amount of time), but the user is told which of these millions of pages There is no idea what deserves a visit. By limiting the search to pages or sites rated by members of the Harry Potter fan community, users can leverage their knowledge and views to quickly find content that is probably reliable and useful. Can do.

図16Aは、本発明の一実施形態に基づきコミュニティウェブをサーチするためのインターフェイスページ1600を示す。ユーザは、例えば、サーチツールバー上の適切なボタンを操作するか、又はサーチインターフェイスページから、ページ1600にアクセスすることができる。   FIG. 16A shows an interface page 1600 for searching the community web according to one embodiment of the present invention. The user can access page 1600, for example, by operating the appropriate button on the search toolbar or from the search interface page.

セクション1602は、ユーザが、サーチされるべきコミュニティウェブを定義するために、どのコミュニティ(1つまたは複数)を使用すべきか指定できるようにする。1604において、現在選択されたアクティブなコミュニティ(1つ又は複数)がリストされ、そしてボタン1606を使用して、選択を変更することができる。   Section 1602 allows the user to specify which community (s) should be used to define the community web to be searched. At 1604, the currently selected active community (s) are listed and the button 1606 can be used to change the selection.

より詳細には、図16Bは、本発明の一実施形態によるコミュニティ選択ページ1610を示す。ページ1610は、ユーザがボタン1606を操作したときに表示することができる。左側に、問合せユーザがメンバーであるところのコミュニティ(「ABC」及び「QRS」)のリスト1612が与えられる。各コミュニティネームの次に、チェックボックス1614があり、ユーザは、これにチェックすると、そのコミュニティを選択することができ、又はチェックしないと、そのコミュニティを選択解除することができる。この実施形態では、ユーザは、多数のコミュニティを選択することができ、他の実施形態では、ユーザは、一度に1つのコミュニティしか選択しないように制限されてもよい。   More particularly, FIG. 16B shows a community selection page 1610 according to one embodiment of the invention. Page 1610 can be displayed when the user operates button 1606. On the left side, a list 1612 of communities (“ABC” and “QRS”) where the querying user is a member is given. Next to each community name is a check box 1614 that allows the user to select the community if checked, or deselect the community if not checked. In this embodiment, the user can select multiple communities, and in other embodiments, the user may be limited to selecting only one community at a time.

その右側には、サーチインターフェイス1616があり、これは、ユーザが、自分がメンバーでないコミュニティを見つけて選択できるようにする。ユーザは、テキストボックス1618を使用してネームにより、及び/又はテキストボックス1620を使用してキーワードにより、コミュニティをサーチすることができる。サーチは、ユーザが「Submit(提示)」ボタン1622を押したときに実行される。コミュニティのサーチは、サーチサーバー160のプロバイダーにより維持されたサーチ可能なコミュニティディレクトリ(例えば、Yahoo!グループディレクトリー)において実行されるのが好都合である。このディレクトリは、各コミュニティのネーム及びコミュニティの簡単な記述を含むのが好都合である。一実施形態では、テキストボックス1618に入力されるサーチ用語は、コミュニティネームに対して一致され、そしてテキストボックス1620に入力されるサーチ用語は、記述及びネームに対して一致される。   To the right is a search interface 1616 that allows the user to find and select communities for which they are not a member. The user can search for communities by name using text box 1618 and / or by keyword using text box 1620. The search is performed when the user presses the “Submit” button 1622. The community search is conveniently performed in a searchable community directory maintained by the search server 160 provider (eg, Yahoo! Group Directory). This directory conveniently contains a name for each community and a brief description of the community. In one embodiment, search terms entered in text box 1618 are matched against community names, and search terms entered into text box 1620 are matched against descriptions and names.

サーチ結果、この場合は、問合せに一致するコミュニティのネーム及び任意であるが簡単な記述は、エリア1624に表示される。リストされるコミュニティの数は、例えば、10(又は他の何らかの数)に制限されてもよく、そしてコミュニティは、リストのために選択されてもよいし、或いは種々の基準に基づいてリスト内でランク付けされてもよい。ある実施形態では、基準は、コミュニティが注釈付きコンテンツの有用なライブラリーを与える見込みに関係している。例えば、コミュニティは、メンバーの数、メンバーによりレーティング決めされたページ又はサイトの全数、コミュニティのメッセージボード、eメールリスト又はチャットルームにおけるアクティビティの量、等々に基づいて選択することができる。この種類の又は同様の種類の統計情報がエリア1624に表示されてもよい。   The search results, in this case, the name of the community matching the query and an optional but simple description are displayed in area 1624. The number of communities listed may be limited to, for example, 10 (or some other number), and communities may be selected for the list or within the list based on various criteria It may be ranked. In one embodiment, the criteria relate to the likelihood that the community will provide a useful library of annotated content. For example, the community can be selected based on the number of members, the total number of pages or sites rated by the members, the amount of activity in the community message board, email list or chat room, and so on. This type or similar type of statistical information may be displayed in area 1624.

ユーザは、チェックボックス1626を使用して、リストされたコミュニティの1つ以上を選択することができる。好ましい実施形態では、ボックス1626にチェックを入れることは、ユーザがコミュニティに参加することにはならず、又、個々のコミュニティメンバーに関する情報をユーザに与えない。「Finished(終了)」ボタン1628は、ユーザがコミュニティ(1つ又は複数)の新たな選択でページ1600(図16A)へ戻るのを許し、新たな選択は、ページ1600が再表示されるときに1602に示される。ページ1610の「Cancel(キャンセル)」ボタン1630は、ユーザが、選択を変更せずに、ページ1600に戻るのを許す。   The user can select one or more of the listed communities using checkbox 1626. In the preferred embodiment, checking box 1626 does not allow the user to join the community and does not give the user information about individual community members. A “Finished” button 1628 allows the user to return to page 1600 (FIG. 16A) with a new selection of community (s), and the new selection is when page 1600 is redisplayed. 1602. A “Cancel” button 1630 on page 1610 allows the user to return to page 1600 without changing the selection.

再び、図16Aを参照すれば、ページ1600において、ユーザは、問合せセクション1630に問合せを入力する。問合せセクション1630は、ユーザが注釈におけるメタデータの特定フィールドに特有のサーチ用語を入力できる種々のボックスを備えている。この例では、ユーザは、ページコンテンツ(テクストボックス1632)に対するサーチ用語、及び/又はタイトル(テキストボックス1634)、キーワード(テキストボックス1636)、記述(テキストボックス1638)、及び/又は参照(テキストボックス1640)のような注釈フィールドを指定することができる。ユーザは、セクション1630の全てのボックスにサーチ用語を入力することが要求されず、サーチ用語をもたないボックスに対応するフィールドは、サーチを制限するのに使用されない。又、ユーザは、無線ボタン1642を使用して希望のレーティングを指定することもできる。「Search(サーチ)」ボタン1644は、処理のために問合せを提示し、そして「Reset(リセット)」ボタン1646は、問合せセクション1630における全てのフィールドをクリアする。従って、コミュニティウェブをサーチするための問合せセクション1630は、パーソナルウェブ問合せインターフェイス(例えば、図11)と一般的に同様でもよい。   Referring again to FIG. 16A, at page 1600, the user enters a query in query section 1630. Query section 1630 includes various boxes that allow the user to enter search terms specific to a particular field of metadata in the annotation. In this example, the user can search terms and / or titles (text box 1634), keywords (text box 1636), description (text box 1638), and / or reference (text box 1640) for page content (text box 1632). Annotation field like) can be specified. The user is not required to enter search terms in all boxes in section 1630, and the fields corresponding to boxes that do not have search terms are not used to limit the search. The user can also specify a desired rating using the wireless button 1642. A “Search” button 1644 presents a query for processing, and a “Reset” button 1646 clears all fields in the query section 1630. Accordingly, the query section 1630 for searching the community web may be generally similar to a personal web query interface (eg, FIG. 11).

コミュニティウェブをサーチするのに使用されるプロセスは、パーソナルウェブをサーチするのに使用されるプロセス(例えば、図12)と一般的に同様でよい。しかしながら、ユーザから受け取った問合せは、コミュニティウェブがサーチされるべきである選択されたコミュニティ(又は多数のコミュニティ)を識別し、そしてステップ1208は、問合せユーザの信頼性ネットワークのメンバーではなく、指定されたコミュニティの全メンバーを識別することを含む。コミュニティメンバーの識別は、信頼関係に関わらず行うことができる。サーチは、選択されたコミュニティの少なくとも1人のメンバーにより注釈付けされたドキュメントに制限される。   The process used to search the community web may be generally similar to the process used to search the personal web (eg, FIG. 12). However, the query received from the user identifies the selected community (or multiple communities) that the community web should be searched for, and step 1208 is not a member of the query user's trust network and is specified. Including identifying all members of the community. Community members can be identified regardless of their trust relationship. The search is limited to documents annotated by at least one member of the selected community.

好ましい実施形態において、コミュニティメンバーのプライバシー設定をコミュニティウェブサーチ中に適用することができ、コミュニティメンバーは、問合せユーザの信頼性ネットワークのメンバーであったかのように処理される。上述したプライバシー設定については、各コミュニティメンバーの「パブリック」注釈が全ての場合に使用され、「共有」注釈は、問合せユーザがコミュニティメンバーの信頼性ネットワーク内にいる場合に使用され、そして「プライベート」注釈は、問合せユーザがその注釈に対してアクセスリストにある場合しか使用されない。   In a preferred embodiment, community member privacy settings can be applied during a community web search, and the community members are treated as if they were members of the querying user's trust network. For the privacy settings described above, each community member's "public" annotation is used in all cases, the "shared" annotation is used when the querying user is in the community member's trust network, and "private" An annotation is only used if the querying user is on the access list for that annotation.

更に、注釈メタデータを使用してヒットを識別しそしてレポートすることは、若干困難である。例えば、キーワードに対するサーチは、コミュニティメンバーにわたるキーワードの集計に基づいて行われてもよい。一実施形態では、キーワードの一致は、ページに注釈付けしたコミュニティメンバーのある最小部分がそのキーワードを使用した場合にのみ検出される。別の実施形態では、キーワードの一致は、少なくとも1人のコミュニティメンバーがそのキーワードを使用した場合に検出される。同様に、ページがレーティング要求を満足するかどうかは、ページに注釈付けしたコミュニティメンバーにわたる平均レーティングに基づいて決定されてもよいし、又はコミュニティメンバーの最小部分がページに指定のレーティングを与えたかどうかに基づいて決定されてもよいし、或いは少なくとも1人のコミュニティメンバーがページに指定のレーティングを与えたかどうかに基づいて決定されてもよい。   Moreover, it is somewhat difficult to identify and report hits using annotation metadata. For example, a search for a keyword may be performed based on an aggregation of keywords across community members. In one embodiment, a keyword match is detected only when a certain minimum portion of community members annotated on the page has used the keyword. In another embodiment, a keyword match is detected when at least one community member uses the keyword. Similarly, whether a page satisfies a rating requirement may be determined based on an average rating across community members annotated on the page, or whether a minimum portion of community members has given a specified rating to the page Or may be determined based on whether at least one community member has given the page a specified rating.

ある実施形態では、各コミュニティメンバーの注釈には、等しい重みが与えられてもよい。他の実施形態では、各レーティング決め者(rater)の注釈に与えられる重みは、グループの他のメンバーによりそのレーティング決め者に指定された合計信頼性重み、そのレーティング決め者が友人リストに含まれるところのグループメンバーの数、コミュニティにおけるレーティング決め者の評判スコア、又はグローバルな評判スコア(例えば、上述したような)、或いは他のスコアにより決定されてもよい。   In some embodiments, each community member's annotation may be given equal weight. In other embodiments, the weight given to each ratingr's annotation is the total confidence weight assigned to that rating by other members of the group, the rating determiner is included in the friend list However, it may be determined by the number of group members, the rating score of the rating maker in the community, or a global reputation score (eg, as described above), or other scores.

サーチ結果がユーザにレポートされるときには、個々のコミュニティメンバーからメタデータへのユーザアクセスが制限されるのが好都合である。例えば、一実施形態では、サーチ結果は、各ヒットに対するキーワードの集計リスト及び/又は平均レーティングしか与えず、そしてそのヒットに注釈付けしたコミュニティメンバーの数又は一部分のような情報を指示してもよい。このような情報は、問合せユーザが、個々のコミュニティメンバーの認識又は注釈に関する情報を露呈せずに、自分が得た情報のクオリティを評価するのを許すことができる。   When search results are reported to the user, it is advantageous to limit user access to metadata from individual community members. For example, in one embodiment, the search results may only provide an aggregate list of keywords and / or average ratings for each hit, and may indicate information such as the number or portion of community members annotating that hit. . Such information can allow querying users to assess the quality of the information they have obtained without revealing information about individual community member perceptions or annotations.

別の実施形態では、サーチ結果は、個々の注釈からの匿名の抜粋を与えることができる。例えば、記述フィールドからの抜粋を、特定の著者への属性をもたずに含ませることもできるし、又は全てのキーワードのリスト(アルファベット順又は頻度順)を、個人への属性キーワードをもたずにレポートすることもできるし、或いは非属性レーティングのリスト(例えば、時間順)を含ませることができる。   In another embodiment, search results can provide anonymous excerpts from individual annotations. For example, an excerpt from the description field can be included without an attribute for a specific author, or a list of all keywords (alphabetical or frequency), with an attribute keyword for an individual Can be reported without, or a list of non-attribute ratings (eg, in chronological order) can be included.

他の実施形態では、ユーザは、コミュニティウェブにおけるアクティビティに関する情報を見ることができてもよい。例えば、ページ1600(図16A)又は別のインターフェイスページは、ユーザが情報のリストを見ることを許す種々の制御(図示せず)を含んでもよい。一実施形態では、ユーザは、コミュニティウェブに最も最近追加されたページ又は注釈のリストを見ることができる。別の実施形態では、ユーザは、コミュニティメンバーの最大数により注釈付けされたページのリスト、又はコミュニティ内の最高の平均レーティングを有するページのリストを見ることができる。更に別の実施形態では、ユーザは、コミュニティのメンバーが最も頻繁に訪問したページのリストを見ることができる。上述したコミュニティウェブサーチ結果ページと同様に、これら又は他のリストは、いずれも、集計又は匿名注釈情報も含んでもよい。コミュニティメンバーにより確立されるプライバシー設定は、この状況においても尊重されるのが好都合である。   In other embodiments, the user may be able to view information regarding activity on the community web. For example, page 1600 (FIG. 16A) or another interface page may include various controls (not shown) that allow the user to view a list of information. In one embodiment, the user can see a list of the most recently added pages or annotations on the community web. In another embodiment, the user can see a list of pages annotated with the maximum number of community members or a list of pages with the highest average rating in the community. In yet another embodiment, the user can view a list of pages that community members have visited most frequently. Similar to the community web search results page described above, any of these or other lists may include aggregate or anonymous annotation information. The privacy settings established by community members are advantageously respected even in this situation.

コミュニティウェブは、特に、ユーザのパーソナルウェブに対する信頼性ネットワークが個々の友人ではなくコミュニティへのリファレンスにより定義される場合には、多くの観点において、パーソナルウェブに類似していることが明らかである。従って、パーソナルウェブについて上述したサーチ及びブラウジングオペレーションは、どれも、コミュニティウェブへ拡張することができる。しかしながら、コミュニティウェブにアクセスするユーザがコミュニティのメンバーでない場合には、個々のコミュニティメンバーを識別する情報がアクセスユーザに入手できないようにするのが好都合である。   It is clear that the community web is similar to the personal web in many respects, especially if the user's trust network for the personal web is defined by a reference to the community rather than individual friends. Thus, any of the search and browsing operations described above for the personal web can be extended to the community web. However, if the user accessing the community web is not a member of the community, it is advantageous to prevent access users from obtaining information identifying individual community members.

B.コミュニティの示唆
ある実施形態では、サーチプロバイダーは、ユーザAの注釈におけるパターンを分析し、そしてそれらパターンに基づいて、ユーザAが参加することに関心のある種々のコミュニティを識別することができる。例えば、サーチプロバイダーは、関心をベースとするコミュニティG(例えば、Yahoo!グループ)を選択し、そしてそのコミュニティに対するコミュニティウェブを含むページを識別してもよく、又、プロバイダーは、コミュニティGのメンバーがある数の注釈付きページに与えた平均レーティングを決定してもよい。
B. In a suggested embodiment of the community , the search provider can analyze patterns in User A's annotations and identify various communities that User A is interested in joining based on those patterns. For example, a search provider may select an interest-based community G (eg, Yahoo! group) and identify a page that includes a community web for that community, and the provider may be a member of community G An average rating given to a certain number of annotated pages may be determined.

ユーザAが既にコミュニティGのメンバーでないと仮定すれば、ユーザAの注釈ライブラリーを、コミュニティGのコミュニティウェブと比較して、それらの間の親和性を検出することができる。ここで使用する「親和性」とは、一般に、共通の関心事及び/又は味覚のパターンを指すもので、種々の仕方で測定することができる。例えば、ユーザAも注釈付けしたコミュニティGのコミュニティウェブにおけるページの数を使用して、親和性を測定することができる。別の例として、ユーザA及びコミュニティGにより同じページに与えられたレーティング間の相関を測定することもできる。特定のページに対するユーザAのキーワードとコミュニティGの集計キーワードとの間の相関も使用することができる。別の実施形態において、ユーザ当たりの問合せのログが維持される場合には、ユーザAの問合せのパターンを、コミュニティGのメンバーにより入力された問合せのパターンと比較して、ユーザA及びコミュニティGのメンバーが同様の関心事及び味覚を有するかどうか決定してもよい。親和性が充分高いと思われる場合には、プロバイダーは、ユーザAがコミュニティGに加わることを考えるべきであるという示唆を与える(例えば、eメールにより)。或いは又、プロバイダーは、ユーザAの加入の招待を考えるべきであるという示唆をコミュニティGの代表者に与えてもよい。   Assuming that user A is not already a member of community G, user A's annotation library can be compared to community G's community web to detect the affinity between them. As used herein, “affinity” generally refers to a common interest and / or taste pattern and can be measured in various ways. For example, the number of pages in community G's community web that user A has also annotated can be used to measure affinity. As another example, the correlation between ratings given to the same page by user A and community G can also be measured. Correlation between user A's keyword for a particular page and community G's aggregate keyword can also be used. In another embodiment, if a log of queries per user is maintained, the pattern of user A's query is compared to the pattern of queries entered by members of community G and user A's and community G's It may be determined whether members have similar interests and tastes. If the affinity appears to be high enough, the provider gives an indication that user A should consider joining the community G (eg, by email). Alternatively, the provider may give a representative to community G an indication that user A should be invited to join.

一実施形態では、ユーザAは、このような示唆を受け容れるかどうかの選択肢を有する。例えば、ユーザAは、ユーザプロフィールページを経てコミュニティに加入するという示唆を受け入れることについて加わることもできるし又は身を引くこともできる。ユーザが身を引く場合には、そのユーザに対して示唆が発生されない。   In one embodiment, user A has the option of accepting such suggestions. For example, user A can join or withdraw about accepting the suggestion of joining the community via a user profile page. When the user pulls out, no suggestion is generated for the user.

システムは、ユーザAを、示唆されたコミュニティに自動的に加えることができるが、好ましい実施形態では、ユーザAは、示唆されたコミュニティに加わるべきかどうかの最終的な判断を制御する。例えば、示唆は、ユーザAがコミュニティに関するより多くの情報を得るか又はそれに加わるためにたどることのできるリンク、コミュニティの現在メンバーに対する連絡先情報(例えば、eメールアドレス又はIMスクリーンネーム)、等を含むことのできるeメールメッセージにおいて送信されてもよい。従って、ユーザAは、受け取った示唆に従うべきかどうか及びいかに従うかを判断することができる。   Although the system can automatically add user A to the suggested community, in the preferred embodiment, user A controls the final decision on whether to join the suggested community. For example, suggestions may include links that user A can follow to obtain or join more information about the community, contact information for current members of the community (eg, email address or IM screen name), etc. It may be sent in an email message that can be included. Thus, user A can determine whether and how to follow the received suggestions.

ある実施形態では、ユーザAは、自発的に加入できるコミュニティ(例えば、Yahoo!グループ)に加わる示唆を受け容れてもよい。他の実施形態では、コミュニティの既存のメンバーは、新たなメンバーを獲得するための親和性ベースの参照プログラムに参加すべきかどうか判断することができる。例えば、オンラインコミュニティは、通常、「オーナー」、即ちオンラインコミュニティサービスのプロバイダーに対する連絡先ポイントとして指定されたコミュニティのメンバーであって、コミュニティに対する種々の操作ルール又は好み(例えば、コミュニティに関連したeメールリストが適度なものであるかどうか、新たなメンバーを承認すべきかどうか、等々)を設定する権限を有するコミュニティのメンバーを有する。サービスプロバイダーが親和性ベースの参照プログラムをオファーする場合には、各コミュニティのオーナーは、そのコミュニティが参加を希望するかどうか指示することができ、そしてサービスプロバイダーは、表現された好みに従う。   In some embodiments, user A may accept suggestions to join a community (eg, Yahoo! group) that can voluntarily join. In other embodiments, existing members of the community can determine whether to participate in an affinity-based reference program to acquire new members. For example, an online community is usually an “owner”, ie a member of a community designated as a contact point for an online community service provider, and various operational rules or preferences for the community (eg, emails associated with the community). Have community members who have the authority to set whether the list is reasonable, whether new members should be approved, etc. If a service provider offers an affinity-based reference program, the owner of each community can indicate whether the community wants to participate, and the service provider follows the expressed preferences.

C.メタレーティング
ある実施形態では、問合せユーザ又はブラウズユーザが注釈を見るときに、例えば、それが役に立つと分かるかどうかについて、注釈を評価することが促されてもよい。例えば、図8のオーバーレイ800は、1組のフィードバックボタンを有してもよく、これを経てユーザは、ここで「メタレーティング」と称される注釈のレーティングを提示することができる。ユーザにより提示されるメタレーティングは、レーティング決めされた注釈、注釈の著者、及び注釈をレーティング決めしたユーザに関連して、個人化データベース166(図2)に記憶されるのは好都合である。メタレーティングは、種々の仕方で使用することができる。
C. Meta-rating In some embodiments, when a querying user or browsing user views an annotation, it may be prompted to evaluate the annotation, for example, if it proves useful. For example, the overlay 800 of FIG. 8 may have a set of feedback buttons through which the user can present a rating for the annotation, referred to herein as “Metarating”. The meta-ratings presented by the user are conveniently stored in the personalization database 166 (FIG. 2) in relation to the rated annotation, the author of the annotation, and the user who rated the annotation. Meta-rating can be used in various ways.

ある実施形態では、メタレーティングは、どの注釈を最初に表示すべきか決定するのに使用できる。例えば、ユーザAの信頼性ネットワークの非常に多数のメンバーがページに注釈付けする場合には、一度に全部の注釈を表示することは不可能なことがあり、たとえ全ての注釈が一緒に表示されても、それらを表示する順序を選択する必要も生じる。この順序は、目立つ位置が与えられる注釈が、それが表示されるところのユーザにとって有益である見込みを最大にするように決定されるのが好都合である。ユーザAがページに注釈付けする場合には、ユーザAが自分自身の注釈を有益であると分かり、そして自分の注釈を最初に表示できると仮定することができる。ユーザAがページに注釈付けしない場合、又はユーザA自身の注釈に加えて他のユーザの注釈を表示すべきである場合には、メタレーティングを使用して、他のユーザの注釈をいかに順序付けするか決定することができる。   In some embodiments, meta-rating can be used to determine which annotations should be displayed first. For example, if a large number of members of User A's trust network annotate a page, it may not be possible to display all annotations at once, even if all annotations are displayed together. However, it is necessary to select the order of displaying them. This order is conveniently determined to maximize the likelihood that an annotation given a prominent position will be beneficial to the user where it is displayed. If user A annotates the page, it can be assumed that user A finds his own annotation useful and can display his own annotation first. If user A does not annotate the page, or should display other users 'annotations in addition to user A's own annotations, use meta-rating to order how other users' annotations Can be determined.

従って、ある実施形態では、特定のページ又はサーチヒットの各注釈に対する集計メタレーティングを計算することができ、そして最も好意的な集計メタレーティングをもつ注釈を最初にユーザに示すことができる(場合によってはユーザA自身の注釈の後に)。集計メタレーティングは、例えば、ユーザAの信頼性ネットワークのメンバーにより与えられるメタレーティングの重み付けされた平均でよく、又、重みは、ユーザAに対する各メンバーの信用係数、ユーザAからの分離度、等から決定することができる。或いは又、集計メタレーティングは、例えば、ユーザAの信頼性ネットワークにいるかどうかに関わらず、注釈をレーティング決めした全てのユーザからのメタレーティングの平均でもよい。   Thus, in one embodiment, an aggregate meta rating for each annotation on a particular page or search hit can be calculated, and the annotation with the most favorable aggregate meta rating can be shown to the user first (in some cases) After user A's own comment). The aggregate meta-rating may be, for example, a weighted average of the meta-ratings given by members of user A's reliability network, and the weight may be the credit coefficient of each member for user A, the degree of separation from user A, etc. Can be determined from Alternatively, the aggregate meta-rating may be, for example, the average of the meta-ratings from all users who rated the annotation, regardless of whether they are in user A's reliability network.

他の実施形態では、ページに注釈付けした各ユーザXに対する集計メタレーティングを計算し、これを使用して、ユーザXに対する評判スコアを決定することができる。集計メタレーティングは、例えば、ユーザXの注釈に与えられたレーティングを平均化することで、計算することができる。ユーザXに対する評判スコアは、例えば、注釈システムの全ユーザによりユーザXの注釈に与えられた全メタレーティングを平均化することによりグローバルに決定することもできるし、或いは例えば、ユーザXが属する各コミュニティのメンバーによりユーザXの注釈に与えられたメタレーティングを個別に平均化することによりコミュニティごとに決定することもできる。従って、各ユーザは、1つ以上の評判スコアを有してもよい。   In other embodiments, an aggregate meta-rating for each user X annotated on the page can be calculated and used to determine a reputation score for user X. The total meta rating can be calculated, for example, by averaging the ratings given to the annotations of the user X. The reputation score for user X can be determined globally, for example, by averaging all meta-ratings given to user X's annotation by all users of the annotation system, or, for example, each community to which user X belongs It is also possible to determine for each community by individually averaging the meta-ratings given to the user X's annotation by the members. Thus, each user may have one or more reputation scores.

評判スコアは、上述した信用係数又は信頼性重みと一般に同様に使用できる。例えば、ページ又はサイトの注釈を表示する順序は、それらの著者の適用可能な評判スコアに基づいて決定することができる。又、評判スコアは、集計レーティングに関心がある状況においてページ又はサイトの集計レーティングを決定するための重みとして使用することもできる。又、評判スコアは、例えば、問合せユーザが、注釈付きコンテンツがサーチされているコミュニティのメンバーではないときを含むコミュニティウェブサーチの間に信頼性重み又は信用係数に代わって使用することもできる。コミュニティウェブサーチの間にコミュニティ特有の評判スコアを使用すると、コミュニティ全体がどんなコンテンツの関心又は価値を見出すかの信頼性ある指示子を与えることができる。   The reputation score can generally be used in the same manner as the above-described credit coefficient or reliability weight. For example, the order in which page or site annotations are displayed can be determined based on their author's applicable reputation score. The reputation score can also be used as a weight to determine the aggregate rating of a page or site in situations where the aggregate rating is of interest. Reputation scores can also be used in place of confidence weights or confidence factors during community web searches, including, for example, when the querying user is not a member of the community being annotated. Using community-specific reputation scores during community web search can provide a reliable indicator of what content interests or values the entire community finds.

V.更に別の実施形態
特定の実施形態について本発明を説明したが、当業者であれば、多数の変更が考えられることが明らかであろう。例えば、種々のサーチレポート及びユーザインターフェイスの見掛けは、ここに示した例とは異なってもよい。インターフェイスエレメントは、ここに述べたボタン、ページのクリック可能な領域、テキストボックス、又は他の特有のエレメントに制限されず、いかなるインターフェイス実施を使用してもよい。
V. Further Embodiments Although the present invention has been described with reference to specific embodiments, it will be apparent to those skilled in the art that numerous modifications are possible. For example, the appearance of various search reports and user interfaces may differ from the examples shown here. Interface elements are not limited to the buttons, page clickable areas, text boxes, or other specific elements described herein, and any interface implementation may be used.

又、レーティング関係において、本発明は、特定のレーティング機構に限定されるものではなく、ある実施形態は、別々のレーティング機構(例えば、賛成/反対(thumbs up/thumbs down)又はスケール上のレーティング)の中で選択するオプションをユーザに与える。ある実施形態では、好意的又は中立レーティングだけがサポートされてもよい。他の実施形態では、レーティングが全く収集されなくてもよい。レーティングが収集されない場合にも、ユーザ注釈を依然として収集して、逆サーチレポートで報告できる他の形式のメタデータを与えることができ、これは、上述した種々の形式のメタデータを含むが、それに限定されない。   Also, in terms of ratings, the present invention is not limited to a particular rating mechanism, and some embodiments may have separate rating mechanisms (eg, thumbs up / thumbs down or ratings on scale). Give the user the option to choose from. In some embodiments, only favorable or neutral ratings may be supported. In other embodiments, ratings may not be collected at all. Even if ratings are not collected, user annotations can still be collected to provide other forms of metadata that can be reported in reverse search reports, including the various forms of metadata described above, It is not limited.

更に、ある実施形態では、単一の全体的レーティングではなく、ユーザは、技術的性能、コンテンツ及び審美性に関連した次元を含むページ又はサイトの特有次元をレーティング決めすることができる。例えば、技術的性能のレーティングは、ページにアクセスする速度、サーバーの信頼性、ページから出て行くリンクが機能するかどうか、等々を反映するレーティングを含んでもよい。コンテンツのレーティングは、コンテンツが現在であるか、正確であるか、包含的であるか、充分に編成されているか、等々を反映するレーティングを含んでもよい。審美性の定格は、レイアウトについてのユーザの見解、グラフィックエレメントの信頼性、使用、等々を繁栄するレーティングを含む。ユーザは、多数のこれら又は他の次元においてサイトをレーティング決めすることが求められる。又、ある実施形態では、ユーザは、全体的レーティングを与えることもできるし、或いは各観点に与えられたレーティングから全体的レーティングを計算することもできる。   Further, in some embodiments, rather than a single overall rating, the user can rate the specific dimensions of a page or site, including dimensions related to technical performance, content and aesthetics. For example, the technical performance rating may include a rating that reflects the speed at which the page is accessed, the reliability of the server, whether the links going out of the page work, and so on. Content ratings may include ratings that reflect whether the content is current, accurate, inclusive, well organized, etc. Aesthetic ratings include ratings that thrive user's view of layout, reliability, use, etc. of graphic elements. Users are required to rate sites in many of these or other dimensions. In some embodiments, the user can also give an overall rating, or calculate an overall rating from the ratings given for each aspect.

注釈は、いかなる数のフィールドをいかなる組合せで含むこともでき、そしてここに述べたものより多数のフィールド、少数のフィールド、又は異なるフィールドを含んでもよい。例えば、ユーザは、注釈付けされているページ又はサイトが、ある一般的カテゴリーのコンテンツ、例えば、「大人」、又は「外国」、又は「スパム」に属するかどうかを指示することもできる。次いで、ユーザは、(ユーザ及び/又は自分の信頼性ネットワークメンバーにより)識別されたコンテンツを、サーチ中にそのカテゴリーに属するものとして含むか又は除外するように選択することができる。更に、異なるユーザがどのページ又はサイトをこれらカテゴリーの1つ又は別のものに分類したかの情報を使用して、当該ページ又はサイトをグローバルなベースで処理しなければならないことを推論することができる。従って、例えば、非常に多数のユーザが特定のページをスパムとして識別する場合には、そのページが、将来の全サーチ結果から除外されてもよいし又はそれらに低いランクを与えてもよい。   An annotation can include any number of fields in any combination and may include more fields, fewer fields, or different fields than those described herein. For example, the user may indicate whether the annotated page or site belongs to some general category of content, eg, “adult”, or “foreign”, or “spam”. The user can then choose to include or exclude the identified content (by the user and / or their trusted network members) as belonging to that category during the search. Furthermore, using information on which pages or sites different users have classified into one or another of these categories, it can be inferred that the pages or sites must be processed on a global basis it can. Thus, for example, if a large number of users identify a particular page as spam, that page may be excluded from all future search results or may be given a lower rank.

又、ある実施形態における注釈は、ユーザ特有でないメタデータを含んでもよい。例えば、メタデータは、実世界の位置(例えば、緯度及び経度座標、ストリードアドレス、等)、又は対象ページ又はサイトに関係した電話番号、対象ページ又はサイトに関係したUPC(ユニバーサルプロダクトコード)又はISBN(国際標準ブックナンバー)又はISSN(国際標準シリアルナンバー)、ページ又はサイトがポップアップウインドウを起動するかどうかの指示子、等を含んでもよい。更に、対象ページ又はサイトの種々の属性に関連したメタデータ、例えば、それが大人のコンテンツを含むかどうか、又は外国語であるかどうか、等を、ユーザ入力とは独立して、注釈に合体させることもできる。   An annotation in some embodiments may also include metadata that is not user-specific. For example, the metadata may be real-world locations (eg, latitude and longitude coordinates, stride addresses, etc.), phone numbers related to the target page or site, UPC (Universal Product Code) related to the target page or site, or It may include ISBN (International Standard Book Number) or ISSN (International Standard Serial Number), an indicator of whether the page or site will launch a pop-up window, and so on. In addition, metadata related to various attributes of the target page or site, such as whether it contains adult content or whether it is in a foreign language, etc. is incorporated into the annotation, independent of user input. It can also be made.

又、注釈を見てそれと相互作用するための他のインターフェイスが設けられてもよい。例えば、一実施形態では、注釈付きページがユーザのブラウザコンテンツに表示されるたびに、注釈データが自動的に表示される(例えば、ページコンテンツとインラインで、又はオーバーレイにおいて)。注釈データの自動的表示は、ブラウジングユーザ自身の注釈に制限されてもよいし、或いはユーザの信頼性ネットワークの他のメンバーの何人か又は全部からの注釈データの自動表示を含むように拡張されてもよい。ある実施形態では、各ユーザは、他のユーザの注釈を自動的に表示すべきであるところの好みを指示することができる。   Other interfaces for viewing and interacting with annotations may also be provided. For example, in one embodiment, each time an annotated page is displayed in the user's browser content, the annotation data is automatically displayed (eg, inline with the page content or in an overlay). The automatic display of annotation data may be limited to the browsing user's own annotations or extended to include automatic display of annotation data from some or all of the other members of the user's trust network. Also good. In some embodiments, each user can indicate preferences that should automatically display other users' annotations.

上述したように、ある実施形態では、ユーザは、注釈を単一ページに適用すべきか又はページのグループ(サイト)に適用すべきか制御することが許される。加えて、ある実施形態では、ユーザは、注釈付きページと同じドメインネームの登録者に対して登録された全てのページに注釈を適用することもできる。共通のドメインネームの登録者の存在は、WHOIS又は別の同様のサービスを使用して決定されてもよい。   As described above, in one embodiment, the user is allowed to control whether annotations should be applied to a single page or a group of pages (sites). In addition, in some embodiments, a user can apply annotations to all pages registered for a registrant with the same domain name as the annotated page. The presence of a common domain name registrant may be determined using WHOIS or another similar service.

他の実施形態では、サーチサーバー160のプロバイダーは、スポンサー付きリンクもオファーすることができ、ここでは、コンテンツプロバイダーが、サーチ結果に設けられたそれらのサイトへのリンクを得るために支払をする。スポンサー付きリンクは、通常、普通のサーチ結果から分離された結果ページの指定セクションに表示される。本発明の一実施形態では、ユーザ、信頼性ネットワーク、又はコミュニティ(適用できれば)が注釈付けしたスポンサー付きリンクをマークすることもできる。例えば、スポンサー付きリンクは、ユーザ信頼性ネットワークの少なくとも1人のメンバーがそのページに対する注釈を有することを指示するためにハイライト処理を受けてもよく、そしてスポンサー付きリンクに対する信頼性ネットワークの平均又は集計レーティング(もしあれば)を使用して、上述した普通のサーチ結果のようにハイライト処理を決定してもよい。又、スポンサー付きリンクは、「Save This」ボタン、「Show My Web」ボタン、或いは同様のボタン又はインターフェイス制御器を付随してもよい。   In other embodiments, the search server 160 provider can also offer sponsored links, where the content provider pays to obtain links to those sites provided in the search results. Sponsored links are usually displayed in a designated section of the results page that is separated from normal search results. In one embodiment of the present invention, sponsored links annotated by users, trusted networks, or communities (if applicable) can also be marked. For example, a sponsored link may be highlighted to indicate that at least one member of the user trust network has annotations on that page, and the trust network average or The aggregate rating (if any) may be used to determine the highlight process as in the normal search results described above. Sponsored links may also be accompanied by a “Save This” button, a “Show My Web” button, or a similar button or interface controller.

ある実施形態では、ユーザは、例えば、異なる(しかし、おそらくオーバーラップする)コーピ(corpi)にわたってサーチするために、友人の多数のリストを定義することができてもよい。例えば、ウェブサーチプロバイダーは、ユーザが、異なる「プロパティ」、例えば、ショッピングプロパティ(商品及びサービスが販売のためにオファーされる主たるサイトを含む)、ニュースプロパティ(現在事象についてレポートしそしてコメントする主たるサイトを含む)、等々の中でサーチするのを許してもよい。このような1つの実施形態では、ユーザは、一般的なウェブサーチに対して友人の1つのリストを、ショッピングプロパティ内のサーチに対して別のリストを、ニュースプロパティ内のサーチに対して更に別のリスト、等々を定義してもよい。リストが異なる程度まで、ユーザは、各サーチカテゴリーに対して異なる信頼性ネットワークを有することになる。ユーザが、友人のプロパティ特有リストを定義していないプロパティにおいてサーチを行う場合には、ユーザの一般的リストが使用されてもよい。   In some embodiments, a user may be able to define multiple lists of friends, for example, to search across different (but possibly overlapping) copis. For example, a web search provider may have different “properties” such as shopping properties (including the main sites where goods and services are offered for sale), news properties (main sites that report and comment on current events) ), Etc., etc. may be allowed to search. In one such embodiment, the user may have one list of friends for a general web search, another list for a search within a shopping property, and even another for a search within a news property. You may define a list, etc. To the extent that the list is different, the user will have a different reliability network for each search category. If the user performs a search on a property that does not define a property-specific list of friends, the user's general list may be used.

他の実施形態では、ユーザは、異なる友人を、特定のキーワードに関連付けることができてもよく、ユーザの質問がそのキーワードをサーチ用語として含むときだけ信頼性ネットワークに特定の友人が含まれる。   In other embodiments, a user may be able to associate different friends with a particular keyword, and a particular friend is included in the trust network only when the user's question includes that keyword as a search term.

又、ある実施形態では、ユーザは、サーチ以外のアプリケーションに対して友人のリストを定義することができてもよい。例えば、多くのeメールアカウントプロバイダーは、種々のスパムフィルタを含むと共に、到来するメッセージをスパム又は非スパムとして報告するオプションをユーザに与える(例えば、スパムフィルタの動作を見て改善できるように)。ユーザAがeメールのための友人リストを定義し、そしてAの友人リストを使用して定義された信頼性ネットワークがユーザBを含むと仮定する。更に、ユーザBが特定のメッセージをスパムとして報告し、且つユーザAがその後に同じ(又は非常に良く似た)メッセージを受信すると仮定する。ユーザAは、ユーザAのeメール信頼性ネットワーク内の誰か(ユーザBと識別されてもよいしされなくてもよい)がこのメッセージをスパムと考えるというある指示を受け取ってもよいし、或いはメッセージがユーザAの「ジャンク」eメールフォルダに向け直されるか、又はメッセージがスパムである可能性が高いことをユーザAに警告するために他の何らかのアクションがとられてもよい。   In some embodiments, the user may be able to define a list of friends for applications other than search. For example, many email account providers include various spam filters and give users the option to report incoming messages as spam or non-spam (eg, so that they can see and improve the behavior of spam filters). Suppose user A defines a friend list for email, and the trusted network defined using A's friend list includes user B. Further assume that user B reports a particular message as spam and user A subsequently receives the same (or very similar) message. User A may receive some indication that someone in User A's email reliability network (which may or may not be identified as User B) considers this message as spam, or a message May be redirected to User A's “junk” email folder, or some other action may be taken to alert User A that the message is likely to be spam.

ここに述べた実施形態は、ウェブサイト、URL、リンク、及び他の用語であって、ワールドワイドウェブ(又はそのサブセット)がサーチコーパスとして働くインスタンスに特有の他の用語を参照してもよい。しかしながら、ここに述べたシステム及び方法は、異なるサーチコーパス(電子的データベース又はドキュメントレポジトリーのような)に使用するように適応でき、そしてサーチレポート又は注釈は、コンテンツ、及びコンテンツを見つけることのできる位置へのリンク又はリファレンスを含んでもよいことを理解されたい。   The embodiments described herein may refer to websites, URLs, links, and other terms that are specific to the instance in which the World Wide Web (or a subset thereof) serves as a search corpus. However, the systems and methods described herein can be adapted for use with different search corpora (such as electronic databases or document repositories), and search reports or annotations can find content and content It should be understood that a link or reference to a location may be included.

本発明の種々の特徴を組み込んだコンピュータプログラムは、記憶及び/又は送信のために種々のコンピュータ読み取り可能な媒体上にエンコードすることができ、適当な媒体は、磁気ディスク又はテープ、光学記憶媒体、例えば、CD又はDVD、フラッシュメモリ、及びインターネットを含む種々のプロトコルに適合するワイヤード、光学、及び/又はワイヤレスネットワークを経て送信するように適応されたキャリア信号を包含する。プログラムコードがエンコードされたコンピュータ読み取り可能な媒体は、互換性のある装置と共にパッケージされてもよいし、他の装置とは個別に設けられてもよい(例えば、インターネットダウンロードにより)。   Computer programs incorporating various features of the present invention can be encoded on various computer readable media for storage and / or transmission, suitable media including magnetic disks or tapes, optical storage media, For example, it includes carrier signals adapted to transmit over wired, optical, and / or wireless networks compatible with various protocols including CD or DVD, flash memory, and the Internet. The computer readable medium encoded with the program code may be packaged with a compatible device or may be provided separately from other devices (eg, via internet download).

特定のハードウェア及びソフトウェアコンポーネントを参照して本発明を説明したが、当業者であれば、ハードウェア及び/又はソフトウェアコンポーネントの異なる組合せを使用してもよく、且つハードウェアで実施されるとして説明された特定の動作をソフトウェアで実施し、又はそれとは逆にも行えることが明らかであろう。   Although the present invention has been described with reference to particular hardware and software components, those skilled in the art will appreciate that different combinations of hardware and / or software components may be used and are implemented in hardware. It will be apparent that certain operations performed may be performed in software or vice versa.

従って、本発明は、特定の実施形態について説明したが、特許請求の範囲内でなされるあらゆる変更や等効物も包含することが明らかであろう。   Thus, although the invention has been described with reference to specific embodiments, it will be apparent that it includes all modifications and equivalents made within the scope of the claims.

Claims (46)

  1. ユーザ問合せに応答するための方法において、
    問合せ応答モジュールによって、複数のユーザのうちの問合せユーザの装置により提示された問合せを受信するステップと、
    問合せ応答モジュールによって、複数のドキュメントより成るコーパスをサーチして、1つ以上のヒットを識別するステップであって、各ヒットは、その問合せに関連していると判断されたコーパスにおけるドキュメントであるようなステップと、
    信頼性ネットワークモジュールによって、友人リストを確立して、前記問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築するステップであって、前記信頼性ネットワークは、前記問合せユーザ以外の少なくとも1人のユーザを含む前記複数のユーザのサブセットをメンバーとして有し、前記信頼性ネットワークの前記メンバーは、選択された、ユーザにより構成されたコミュニティのメンバーであり、その選択されたコミュニティは、前記問合せユーザにより選択されるようなステップと、
    ユーザ注釈モジュールによって、前記複数のユーザにより生成された注釈の記憶装置にアクセスするステップであって、各注釈は、前記コーパスにおける前記複数のドキュメントのうちの対象ドキュメントに関連され、そして各注釈は、ユーザ特有のメタデータを含むようなステップと、
    問合せ応答モジュールによって、少なくとも1つの注釈がマッチングする前記ドキュメントである各々のヒットを注釈付きヒットとして識別するステップであって、各マッチングする注釈の生成ユーザは、前記信頼性ネットワークのメンバーの1人であるようなステップと、
    各マッチングする注釈からの前記レーティングを取得し、前記問合せユーザの前記信頼性ネットワークにおいて平均レーティングを計算するステップであって、前記平均レーティングは、前記問合せユーザに関する前記注釈を生成する前記ユーザに対する信頼係数によって重み付けがなされるステップと、
    問合せ応答モジュールによって、前記ヒットのリストを含むサーチレポートを発生するステップであって、前記注釈付きヒットの各々に対して、前記サーチレポートが、少なくとも1つのマッチングする注釈に関する情報を含み、前記ヒットの前記リストに関する順序は、前記注釈付きヒットの平均レーティングに少なくとも一部は基づいて決定されるようなステップと、
    ネットワークを介して前記サーチレポート及び少なくとも一つのマッチングする注釈の前記ユーザ特有のメタデータを前記問合せユーザの装置へ送信するステップと、
    を備えたコンピュータ・ソフトウェアによる情報処理方法。
    In a method for responding to a user query,
    Receiving a query presented by a query user's device of the plurality of users by a query response module;
    A query response module that searches a corpus of documents to identify one or more hits, each hit being a document in the corpus that is determined to be associated with the query. And the steps
    Establishing a friend list and building a trust network for the querying user by a trust network module, wherein the trust network includes at least one user other than the querying user; subset have a as a member, the member of the reliability network was selected, a member of the configured community by the user, the selected community, and so that step selected by the querying user ,
    Accessing a storage of annotations generated by the plurality of users by a user annotation module, wherein each annotation is associated with a target document of the plurality of documents in the corpus , and each annotation is Steps that include user-specific metadata,
    Identifying each hit as an annotated hit by the query response module as an annotated hit, wherein each hit is a document that matches the document, wherein the generating user of each matching annotation is one of the members of the trust network Some steps,
    Obtaining the rating from each matching annotation and calculating an average rating in the reliability network of the querying user, the average rating being a confidence factor for the user generating the annotation for the querying user Steps weighted by:
    A query response module, comprising the steps of generating a search report including a listing of the hits, for each of the annotated hit, the search report, see contains information about the annotation at least one matching, the hit The order of the list of is determined based at least in part on an average rating of the annotated hits ;
    Sending the user specific metadata of the search report and at least one matching annotation to the querying user's device over a network;
    Information processing method by computer software provided with
  2. 前記信頼性ネットワークのメンバーは、前記問合せユーザにより友人として明確に識別される少なくとも1人の他のユーザを含む、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein members of the trust network include at least one other user that is specifically identified as a friend by the querying user.
  3. 前記信頼性ネットワークは、前記複数のユーザのうちの他のユーザを友人として識別するために前記複数のユーザにより操作できる信頼性ネットワークインターフェイスを含み、
    問合せ応答モジュールによって、前記問合せユーザを含む複数の入力ユーザから前記信頼性ネットワークインターフェイスを経て友人の識別を受信するステップと、
    問合せ応答モジュールが、各々の入力ユーザに対して識別された友人のリストを記憶するステップと、
    を更に備えた請求項2に記載の方法。
    The trusted network includes a trusted network interface operable by the plurality of users to identify other users of the plurality of users as friends;
    Receiving a friend's identity via a trusted network interface by a query response module from a plurality of input users including the query user;
    A query response module storing a list of identified friends for each input user;
    The method of claim 2 further comprising:
  4. 前記問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築する前記ステップは、
    前記問合せユーザに対する識別された友人のリストを検索する段階と、
    前記問合せユーザの識別された友人の少なくとも1人を信頼性ネットワークのメンバーとして追加する段階と、
    を含む請求項3に記載の方法。
    The step of building a trust network for the querying user comprises:
    Retrieving a list of identified friends for the querying user;
    Adding at least one of the identified friends of the querying user as a member of a trust network;
    The method of claim 3 comprising:
  5. 前記問合せユーザの装置に対する信頼性ネットワークを構築する前記ステップは、
    前記信頼性ネットワークの複数のメンバーのうちの1メンバーに対する識別された友人のリストを検索する段階と、
    前記信頼性ネットワークの複数のメンバーのうちの1メンバーの識別された友人の少なくとも1人を信頼性ネットワークのメンバーとして追加する段階と、
    を更に含む請求項4に記載の方法。
    The step of building a reliability network for the inquiring user's device comprises:
    Retrieving a list of identified friends for a member of the plurality of members of the trust network;
    Adding at least one of the identified friends of one of the plurality of members of the trust network as a member of the trust network;
    The method of claim 4 further comprising:
  6. 前記問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築する前記ステップは、
    最大値を越えない分離度で前記問合せユーザに接続された信頼性ネットワークメンバーの識別された友人を信頼性ネットワークのメンバーとして追加する段階を更に含む、請求項5に記載の方法。
    The step of building a trust network for the querying user comprises:
    6. The method of claim 5, further comprising adding an identified friend of a trusted network member connected to the querying user as a member of the trusted network with a degree of separation that does not exceed a maximum value.
  7. 前記問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築する前記ステップは、
    前記信頼性ネットワークへ前記問合せユーザをメンバーとして追加する段階を更に含む、請求項4に記載の方法。
    The step of building a trust network for the querying user comprises:
    The method of claim 4, further comprising adding the querying user as a member to the trust network.
  8. 前記識別された友人のリストにおける各友人に信頼性重みを指定するステップを更に備えた、請求項3に記載の方法。   4. The method of claim 3, further comprising assigning a confidence weight to each friend in the identified friend list.
  9. 前記信頼性重みは、前記信頼性ネットワークインターフェイスを経て受信したユーザ入力に基づいて指定される、請求項8に記載の方法。   The method of claim 8, wherein the trust weight is specified based on user input received via the trust network interface.
  10. 前記問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築する前記ステップは、
    メンバーとして前記信頼性ネットワークに追加すべきユーザを、前記信頼性重みに少なくとも一部分基づいて選択する段階を更に含む、請求項9に記載の方法。
    The step of building a trust network for the querying user comprises:
    The method of claim 9, further comprising selecting a user to be added as a member to the trust network based at least in part on the trust weight.
  11. 前記問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築する前記ステップは、
    前記問合せユーザが通信する相手であるユーザのリストから前記問合せユーザに対する識別された友人のリストを自動的にポピュレートする段階を含む請求項2に記載の方法。
    The step of building a trust network for the querying user comprises:
    3. The method of claim 2, including automatically populating a list of identified friends for the querying user from a list of users with whom the querying user communicates.
  12. 前記問合せユーザが通信する相手であるユーザの前記リストは、前記問合せユーザにより維持されるインスタントメッセージング連絡先のリストを含む、請求項11に記載の方法。   The method of claim 11, wherein the list of users with whom the querying user communicates includes a list of instant messaging contacts maintained by the querying user.
  13. 前記問合せユーザが通信する相手であるユーザの前記リストは、前記問合せユーザにより維持されるeメールアドレス帳を含む、請求項11に記載の方法。   The method of claim 11, wherein the list of users with whom the querying user communicates includes an email address book maintained by the querying user.
  14. 前記問合せユーザが通信する相手であるユーザの前記リストは、前記問合せユーザが属するコミュニティのメンバーのリストを含む、請求項11に記載の方法。   12. The method of claim 11, wherein the list of users with whom the querying user communicates includes a list of community members to which the querying user belongs.
  15. 前記信頼性ネットワークモジュールは、前記自動的にポピュレートされる友人リストを編集するために前記問合せユーザにより操作できる信頼性ネットワークインターフェイスを含む、請求項11に記載の方法。   12. The method of claim 11, wherein the trusted network module includes a trusted network interface operable by the querying user to edit the automatically populated friend list.
  16. 前記信頼性ネットワークのメンバーは、選択された、ユーザにより構成されたコミュニティのメンバーであり、その選択されたコミュニティは、前記問合せユーザにより選択される、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein a member of the trust network is a member of a selected user-configured community, and the selected community is selected by the querying user.
  17. 前記問合せユーザは、前記選択されたコミュニティのメンバーでもある、請求項16に記載の方法。   The method of claim 16, wherein the querying user is also a member of the selected community.
  18. 前記問合せユーザは、前記選択されたコミュニティのメンバーではない、請求項16に記載の方法。   The method of claim 16, wherein the querying user is not a member of the selected community.
  19. 前記選択されたコミュニティの識別子を前記問合せユーザから受信するステップを更に備えた、請求項16に記載の方法。   The method of claim 16, further comprising receiving an identifier of the selected community from the querying user.
  20. 前記問合せユーザは、前記信頼性ネットワークのメンバーの1人である、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the querying user is one of the members of the trust network.
  21. 前記サーチレポートは、注釈付きヒットである各ヒットに適用される視覚ハイライトエレメントを含む、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the search report includes a visual highlight element applied to each hit that is an annotated hit.
  22. 各々の注釈付きヒットに適用される前記視覚ハイライトエレメントは、前記平均レーティングに依存する、請求項21に記載の方法。   The method of claim 21, wherein the visual highlight element applied to each annotated hit depends on the average rating.
  23. 前記サーチレポートを発生する前記ステップは、各々の注釈付きヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈のユーザ特有メタデータの表示を要求するためにユーザにより操作できる制御エレメントを前記サーチレポートに設ける段階を含む、請求項1に記載の方法。   The step of generating the search report comprises providing a control element in the search report that can be manipulated by a user to request display of user-specific metadata of at least one matching annotation for each annotated hit. The method of claim 1 comprising:
  24. 前記サーチレポートを発生する前記ステップは、各々の注釈付きヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈から抽出された情報を前記サーチレポートに設ける段階を含む、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the step of generating the search report comprises providing information extracted from at least one matching annotation in the search report for each annotated hit.
  25. 前記サーチレポートを発生する前記ステップは、注釈付きヒットしか含まない個別のリストを発生する段階を含む、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the step of generating the search report includes generating a separate list that includes only annotated hits.
  26. コーパスをサーチする前記ステップは、
    ユーザ問合せからサーチ用語を抽出する段階と、
    前記サーチ用語を含むコーパス内の各ドキュメントをヒットとして識別する段階とを含み、
    問合せ応答モジュールによって、前記注釈の記憶装置をサーチして、1つ以上の付加的な注釈付きヒットを識別するステップであって、ユーザ特有のメタデータが前記サーチ用語を含むところのコーパスにおける各ドキュメントを付加的な注釈付きヒットとして識別するステップと、
    問合せ応答モジュールによって、前記付加的な注釈付きヒットを、前記サーチ結果ページにおいて前記ヒットのリストに組み込むステップと、
    を更に備えた請求項1に記載の方法。
    The step of searching the corpus includes
    Extracting search terms from user queries;
    Identifying each document in the corpus containing the search terms as a hit,
    Searching the annotation storage by a query response module to identify one or more additional annotated hits, each document in the corpus where user-specific metadata includes the search term Identifying as an additional annotated hit;
    Incorporating the additional annotated hits into the list of hits in the search results page by a query response module;
    The method of claim 1, further comprising:
  27. 前記注釈の記憶装置は、前記コーパスにおけるドキュメントのグループに関連した少なくとも1つの注釈を更に備え、そして前記ドキュメントのグループのうちの1つであるヒットは、注釈付きヒットとして識別される、請求項1に記載の方法。   The annotation storage further comprises at least one annotation associated with a group of documents in the corpus, and a hit that is one of the group of documents is identified as an annotated hit. The method described in 1.
  28. 前記ユーザ特有のメタデータはユーザにより明確に入力される情報のアイテムを含む、
    請求項1に記載の方法。
    The user-specific metadata includes items of information that are specifically entered by the user;
    The method of claim 1.
  29. 前記情報のアイテムは前記関連ドキュメントのレーティングである、請求項28に記載の方法。 30. The method of claim 28 , wherein the item of information is a rating of the related document.
  30. 前記情報のアイテムは前記関連ドキュメントを記述するキーワードである、請求項28に記載の方法。 30. The method of claim 28 , wherein the item of information is a keyword describing the related document.
  31. 前記情報のアイテムは所定の語彙から選択されたラベルである、請求項28に記載の方法。 30. The method of claim 28 , wherein the item of information is a label selected from a predetermined vocabulary.
  32. 前記情報のアイテムは前記関連ドキュメントの記述である、請求項28に記載の方法。 30. The method of claim 28 , wherein the item of information is a description of the associated document.
  33. 前記コーパスは複数のワールドワイドウェブページを含む、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the corpus includes a plurality of world wide web pages.
  34. ユーザ問合せに応答するための方法において、
    問合せ応答モジュールによって、多数のユーザのうちの問合せユーザの装置により提示された問合せを受信するステップと、
    信頼性ネットワークモジュールによって、友人リストを確立して、前記問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築するステップであって、前記信頼性ネットワークは、前記問合せユーザ以外の少なくとも1人のユーザを含む前記複数のユーザのサブセットをメンバーとして有し、前記信頼性ネットワークの前記メンバーは、選択された、ユーザにより構成されたコミュニティのメンバーであり、その選択されたコミュニティは、前記問合せユーザにより選択されるようなステップと、
    ユーザ注釈モジュールによって、前記複数のユーザにより生成された注釈の記憶装置にアクセスするステップであって、各注釈は、前記コーパスにおける前記複数のドキュメントのうちの対象ドキュメントに関連され、更に、各注釈は、前記対象ドキュメントに関連するユーザ特有メタデータを含むようなステップと、
    問合せ応答モジュールによって、1つ以上のヒットを識別するステップであって、各ヒットは、前記問合せに関連すると判断されたコーパスにおけるドキュメントであり、更に、各ヒットは、少なくとも1つの注釈がマッチングするドキュメントであり、各マッチングする注釈の生成ユーザは、前記信頼性ネットワークのメンバーの1人であるようなステップと、
    各マッチングする注釈からの前記レーティングを取得し、前記問合せユーザの前記信頼性ネットワークにおいて平均レーティングを計算するステップであって、前記平均レーティングは、前記問合せユーザに関する前記注釈を生成する前記ユーザに対する信頼係数によって重み付けがなされるステップと、
    問合せ応答モジュールによって、ヒットのリストを含むサーチレポートを発生するステップであって、前記ヒットの前記リストに関する順序は、前記注釈付きヒットの平均レーティングに少なくとも一部は基づいて決定されるステップと、
    ネットワークを介して、前記サーチレポート及び少なくとも一つのマッチングする注釈の前記ユーザ特有のメタデータを前記問合せユーザの装置へ送信するステップと、
    を備えた方法。
    In a method for responding to a user query,
    Receiving, by a query response module, a query presented by a query user's device among a number of users;
    Establishing a friend list and building a trust network for the querying user by a trust network module, wherein the trust network includes at least one user other than the querying user; subset have a as a member, the member of the reliability network was selected, a member of the configured community by the user, the selected community, and so that step selected by the querying user ,
    Accessing a storage of annotations generated by the plurality of users by a user annotation module, wherein each annotation is associated with a target document of the plurality of documents in the corpus; Including user-specific metadata associated with the target document ;
    Identifying one or more hits by a query response module, wherein each hit is a document in a corpus determined to be related to the query, and each hit is a document to which at least one annotation matches. Wherein the generating user of each matching annotation is one of the members of the trust network;
    Obtaining the rating from each matching annotation and calculating an average rating in the reliability network of the querying user, the average rating being a confidence factor for the user generating the annotation for the querying user Steps weighted by:
    Generating a search report including a list of hits by a query response module , wherein the order of the hits with respect to the list is determined based at least in part on an average rating of the annotated hits ;
    Sending the user specific metadata of the search report and at least one matching annotation to the querying user's device over a network;
    With a method.
  35. 前記信頼性ネットワークのメンバーは、前記問合せユーザにより友人として明確に識別された少なくとも1人の他のユーザを含む、請求項34に記載の方法。 35. The method of claim 34 , wherein members of the trust network include at least one other user specifically identified as a friend by the querying user.
  36. 前記信頼性ネットワークのメンバーは、選択されたユーザコミュニティのメンバーであり、そして前記コミュニティは、前記問合せユーザにより選択される、請求項34に記載の方法。 35. The method of claim 34 , wherein a member of the trust network is a member of a selected user community and the community is selected by the querying user.
  37. 1つ以上のヒットを識別する前記ステップは、前記問合せを前記コーパスにおけるドキュメントのコンテンツと比較する段階を含む、請求項34に記載の方法。 35. The method of claim 34 , wherein the step of identifying one or more hits comprises comparing the query to document content in the corpus.
  38. 1つ以上のヒットを識別する前記ステップは、前記問合せを、前記生成ユーザが前記信頼性ネットワークメンバーの1人であるところの注釈のサーチプールにおける注釈のユーザ特有メタデータと比較する段階を含む、請求項34に記載の方法。 The step of identifying one or more hits includes comparing the query to annotation user-specific metadata in an annotation search pool where the generating user is one of the trusted network members. 35. The method of claim 34 .
  39. 1つ以上のヒットを識別する前記ステップは、
    前記問合せからサーチ用語を抽出する段階と、
    前記サーチプールにおける各々の注釈に対して、前記サーチ用語が前記ユーザ特有メタデータに存在するかどうか検出する段階と、
    を更に含み、前記関連ドキュメントは、前記サーチ用語が前記ユーザ特有メタデータに存在する場合にヒットとして識別される、請求項38に記載の方法。
    The step of identifying one or more hits comprises:
    Extracting search terms from the query;
    Detecting, for each annotation in the search pool, whether the search term is present in the user-specific metadata;
    39. The method of claim 38 , wherein the related document is identified as a hit if the search term is present in the user-specific metadata.
  40. 問合せ応答モジュールによって、前記サーチプールにおける少なくとも1つの注釈がマッチングするドキュメントである各ドキュメントに対して、前記サーチ用語が前記ドキュメントに存在するかどうか検出するステップを更に備え、
    前記ドキュメントは、前記サーチ用語が前記ドキュメントに存在する場合にヒットとして識別される、請求項39に記載の方法。
    Further comprising, by a query response module, detecting for each document that at least one annotation in the search pool is a matching document, whether the search term is present in the document;
    40. The method of claim 39 , wherein the document is identified as a hit if the search term is present in the document.
  41. 前記ユーザ特有のメタデータは、複数のフィールドを含み、そして前記問合せは、前記検出動作中にどのフィールドを考慮すべきか指定する、請求項39に記載の方法。 40. The method of claim 39 , wherein the user-specific metadata includes a plurality of fields and the query specifies which fields to consider during the detection operation.
  42. 前記サーチレポートは、各ヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈のユーザ特有のメタデータの表示を要求するためにユーザにより操作できる制御エレメントを更に含む、請求項34に記載の方法。 35. The method of claim 34 , wherein the search report further includes a control element operable by a user to request display of user specific metadata for at least one matching annotation for each hit.
  43. 前記サーチレポートは、各ヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈からの少なくとも幾つかのユーザ特有のメタデータを更に含む請求項34に記載の方法。 The method of claim 34 , wherein the search report further includes at least some user-specific metadata from at least one matching annotation for each hit.
  44. 前記注釈の記憶装置は、前記コーパスにおけるドキュメントのグループに関連した少なくとも1つの注釈を更に含み、そして前記ドキュメントのグループの1つであるドキュメントがヒットとして識別される、請求項34に記載の方法。 35. The method of claim 34 , wherein the annotation storage further comprises at least one annotation associated with a group of documents in the corpus, and a document that is one of the group of documents is identified as a hit.
  45. 前記コーパスはワールドワイドウェブである、請求項34に記載の方法。 35. The method of claim 34 , wherein the corpus is the World Wide Web.
  46. 複数のユーザからのユーザ問合せに応答するためのコンピュータシステムにおいて、
    コーパスに属する複数のドキュメントのサーチ可能な表示を記憶するように構成されたインデックスデータ記憶装置と、
    注釈を記憶するように構成された個人化データ記憶装置であって、各注釈は、前記複数のユーザのうちの生成ユーザに関連され、更に、各注釈は、前記コーパスに属する前記複数のドキュメントのうちの対象ドキュメントに関連するユーザ特有のメタデータを含み、前記ユーザ特有のメタデータは、前記対象ドキュメントのレーティングを含むような個人化データ記憶装置と、
    前記インデックスデータ記憶装置及び個人化データ記憶装置に通信可能に結合されたサーチサーバーと、
    を備え、前記サーチサーバーは、
    前記複数のユーザのうちの問合せユーザからの問合せを受信するように構成された入力制御手段と、
    前記インデックスデータ記憶装置をサーチして、1つ以上のヒットを識別するように構成されたサーチ制御手段であって、各ヒットは、受信した問合せに関連すると判断された前記コーパスにおけるドキュメントであるようなサーチ制御手段と、
    友人リストを確立して、前記問合せユーザに対する信頼性ネットワークを構築するように構成された信頼性ネットワーク制御手段であって、前記信頼性ネットワークが、前記問合せユーザ以外の少なくとも1人のユーザを含む前記複数のユーザのサブセットをメンバーとして有するような信頼性ネットワーク制御手段と、
    少なくとも1つの注釈がマッチングするドキュメントである各々のヒットを注釈付きヒットとして識別するように構成された個人化制御手段であって、各々のマッチングする注釈の生成ユーザが、前記信頼性ネットワークのメンバーの1人であるような個人化制御手段と、
    各マッチングする注釈からの前記レーティングを取得し、前記問合せユーザの前記信頼性ネットワークにおいて平均レーティングを計算するレーティング制御手段であって、前記平均レーティングは、前記問合せユーザに関する前記注釈を生成する前記ユーザに対する信頼係数によって重み付けがなされるレーティング制御手段と、
    ヒットのリストを含むサーチレポートを発生するように構成されたレポート制御手段であって、前記サーチレポートは、更に、各々の注釈付きヒットに対して、少なくとも1つのマッチングする注釈に関する情報を含むものであり、前記ヒットの前記リストに関する順序は、前記注釈付きヒットの平均レーティングに少なくとも一部は基づいて決定され、更に、前記サーチレポート及び少なくとも一つのマッチングする注釈の前記ユーザ特有のメタデータを前記問合せユーザに送信するようにも構成されたレポート制御手段と、
    を含むものであるコンピュータシステム。
    In a computer system for responding to user queries from multiple users,
    An index data storage device configured to store a searchable display of a plurality of documents belonging to a corpus;
    A personalized data storage device configured to store annotations, wherein each annotation is associated with a generating user of the plurality of users, and further each annotation of the plurality of documents belonging to the corpus. out look including the user specific metadata related to the subject document, the user specific metadata includes a rating of the subject document including useless personalization data storage device,
    A search server communicatively coupled to the index data storage device and the personalized data storage device;
    The search server comprises:
    Input control means configured to receive an inquiry from an inquiry user of the plurality of users;
    Search control means configured to search the index data store to identify one or more hits, each hit being a document in the corpus determined to be associated with the received query Search control means,
    A trust network control means configured to establish a friend list and build a trust network for the querying user, wherein the trust network includes at least one user other than the query user A reliable network control means having a subset of a plurality of users as members;
    Personalization control means configured to identify each hit as an annotated hit, wherein at least one annotation is a matching document, wherein each matching annotation generation user is a member of the trust network Personalized control means like being one person,
    Rating control means for obtaining the rating from each matching annotation and calculating an average rating in the reliability network of the querying user, the average rating for the user generating the annotation for the querying user Rating control means weighted by a confidence coefficient;
    A report control means configured to generate a search report including a list of hits, the search report further comprising information about at least one matching annotation for each annotated hit. And the order of the hits with respect to the list is determined based at least in part on an average rating of the annotated hits, and the query further includes the search report and the user specific metadata of at least one matching annotation. A report control means configured to transmit to the user;
    A computer system that contains.
JP2010189354A 2004-03-15 2010-08-26 Search system and method integrating user annotations from a trust network Active JP5395014B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US55357704P true 2004-03-15 2004-03-15
US60/553,577 2004-03-15
US62328204P true 2004-10-28 2004-10-28
US60/623,282 2004-10-28

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007504013 Division 2005-03-15

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010272141A JP2010272141A (ja) 2010-12-02
JP5395014B2 true JP5395014B2 (ja) 2014-01-22

Family

ID=34994245

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007504013A Pending JP2007529822A (ja) 2004-03-15 2005-03-15 信頼性ネットワークからのユーザ注釈を一体化したサーチシステム及び方法
JP2010189354A Active JP5395014B2 (ja) 2004-03-15 2010-08-26 Search system and method integrating user annotations from a trust network

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007504013A Pending JP2007529822A (ja) 2004-03-15 2005-03-15 信頼性ネットワークからのユーザ注釈を一体化したサーチシステム及び方法

Country Status (6)

Country Link
EP (2) EP1784747A4 (ja)
JP (2) JP2007529822A (ja)
KR (1) KR100824091B1 (ja)
CN (1) CN101124576B (ja)
HK (1) HK1116557A1 (ja)
WO (1) WO2005089291A2 (ja)

Families Citing this family (38)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7793233B1 (en) 2003-03-12 2010-09-07 Microsoft Corporation System and method for customizing note flags
US20070038607A1 (en) * 2005-04-05 2007-02-15 Herman Mark Ii Method for rating of web sites and retrieval of rated web sites
US7734631B2 (en) * 2005-04-25 2010-06-08 Microsoft Corporation Associating information with an electronic document
US7797638B2 (en) * 2006-01-05 2010-09-14 Microsoft Corporation Application of metadata to documents and document objects via a software application user interface
JP2007233697A (ja) * 2006-03-01 2007-09-13 Just Syst Corp 注釈管理装置および注釈管理方法
JP5225587B2 (ja) * 2006-03-20 2013-07-03 楽天株式会社 ソーシャルネットワーキングサービスシステム
US8171128B2 (en) 2006-08-11 2012-05-01 Facebook, Inc. Communicating a newsfeed of media content based on a member's interactions in a social network environment
US7827208B2 (en) * 2006-08-11 2010-11-02 Facebook, Inc. Generating a feed of stories personalized for members of a social network
EP2062170A2 (en) * 2006-08-31 2009-05-27 QUALCOMM Incorporated Method and apparatus of obtaining or providing search results using user-based biases
CN106959992A (zh) * 2006-08-31 2017-07-18 高通股份有限公司 使用基于用户的偏向获得或提供搜索结果的方法及设备
US7559017B2 (en) 2006-12-22 2009-07-07 Google Inc. Annotation framework for video
US20080201632A1 (en) * 2007-02-16 2008-08-21 Palo Alto Research Center Incorporated System and method for annotating documents
US8181197B2 (en) 2008-02-06 2012-05-15 Google Inc. System and method for voting on popular video intervals
US8112702B2 (en) * 2008-02-19 2012-02-07 Google Inc. Annotating video intervals
JP5266841B2 (ja) * 2008-03-31 2013-08-21 富士通株式会社 仮想共同体管理システム、仮想共同体管理方法、およびコンピュータプログラム
US20090271374A1 (en) * 2008-04-29 2009-10-29 Microsoft Corporation Social network powered query refinement and recommendations
KR101613233B1 (ko) * 2008-06-20 2016-04-18 코닌클리케 필립스 엔.브이. 개선된 생체 인증 및 신원확인
US10275530B2 (en) * 2009-02-02 2019-04-30 Excalibur Ip, Llc System and method for communal search
US9195739B2 (en) 2009-02-20 2015-11-24 Microsoft Technology Licensing, Llc Identifying a discussion topic based on user interest information
US8132200B1 (en) 2009-03-30 2012-03-06 Google Inc. Intra-video ratings
US20110078188A1 (en) * 2009-09-28 2011-03-31 Microsoft Corporation Mining and Conveying Social Relationships
KR101284788B1 (ko) 2009-10-13 2013-07-10 한국전자통신연구원 신뢰도에 기반한 질의응답 장치 및 그 방법
US8880520B2 (en) * 2010-04-21 2014-11-04 Yahoo! Inc. Selectively adding social dimension to web searches
KR101208814B1 (ko) * 2010-07-09 2012-12-06 엔에이치엔(주) 검색 서비스 시스템 및 방법
CA2809980C (en) 2010-09-01 2018-06-12 Google Inc. Joining multiple user lists
KR101174213B1 (ko) * 2010-09-30 2012-08-14 엔에이치엔(주) 인맥에 기초한 검색 결과 제공 시스템 및 방법
US9110992B2 (en) 2011-06-03 2015-08-18 Facebook, Inc. Context-based selection of calls-to-action associated with search results
US9268857B2 (en) 2011-06-03 2016-02-23 Facebook, Inc. Suggesting search results to users before receiving any search query from the users
US8909637B2 (en) 2011-06-03 2014-12-09 Facebook, Inc. Context-based ranking of search results
US8495058B2 (en) * 2011-08-05 2013-07-23 Google Inc. Filtering social search results
CN102375952B (zh) * 2011-10-31 2014-12-24 北龙中网(北京)科技有限责任公司 在搜索引擎结果中显示网站是否为可信验证的方法
CN102594585B (zh) * 2011-12-15 2014-06-25 江苏亿通高科技股份有限公司 终端注册表自动清除方法
US9047643B2 (en) * 2012-03-19 2015-06-02 Alcatel Lucent Method of extending web service application programming interfaces using query languages
FR2989189B1 (fr) * 2012-04-04 2017-10-13 Qwant Procede et dispositif de fourniture rapide d'information
EP2962217A4 (en) 2013-02-27 2016-12-21 Hitachi Data Systems Corp Content class for object storage indexing system
KR101761226B1 (ko) * 2013-06-23 2017-07-25 인텔 코포레이션 수취인에게 관심 있는 선물의 크라우드-소싱을 위한 상황적 관련성 정보에 기초한 사용자 정보의 선택적 공유
CN104346388B (zh) * 2013-07-31 2018-03-09 株式会社理光 云端服务器以及图像存储检索系统
US10229206B2 (en) * 2013-08-02 2019-03-12 Microsoft Technology Licensing, Llc Social snippet augmenting

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1083386A (ja) * 1996-02-29 1998-03-31 Toshiba Corp 情報共有支援システム
JP3877081B2 (ja) * 1996-07-24 2007-02-07 富士通株式会社 コンテンツと付加的情報の管理システム及びそのシステムで管理されるコンテンツ及び付加的情報の表示システム
JPH10254886A (ja) * 1997-03-07 1998-09-25 Fujitsu Ltd 検索システムにおける検索結果コンテンツへの付加的情報の付加及び検索システム
JP3702086B2 (ja) * 1998-02-27 2005-10-05 株式会社東芝 情報共有支援方法および情報共有システムおよび記録媒体
JP2001052003A (ja) * 1999-08-04 2001-02-23 Matsushita Electric Ind Co Ltd インターネット情報閲覧装置
US6665666B1 (en) * 1999-10-26 2003-12-16 International Business Machines Corporation System, method and program product for answering questions using a search engine
US7080064B2 (en) * 2000-01-20 2006-07-18 International Business Machines Corporation System and method for integrating on-line user ratings of businesses with search engines
US6601075B1 (en) * 2000-07-27 2003-07-29 International Business Machines Corporation System and method of ranking and retrieving documents based on authority scores of schemas and documents
US7203753B2 (en) * 2001-07-31 2007-04-10 Sun Microsystems, Inc. Propagating and updating trust relationships in distributed peer-to-peer networks
EP1288795A1 (en) * 2001-08-24 2003-03-05 BRITISH TELECOMMUNICATIONS public limited company Query systems
JP2003132158A (ja) * 2001-10-22 2003-05-09 Tryark Kk 人脈情報管理システム及び人脈情報管理プログラム
JP2003141381A (ja) * 2001-11-02 2003-05-16 Tryark Kk 人脈情報検索システム及び人脈経路探索システム
CN1360267A (zh) * 2002-01-30 2002-07-24 北京大学 文件分类查找方法
CA2475319A1 (en) * 2002-02-04 2003-08-14 Cataphora, Inc. A method and apparatus to visually present discussions for data mining purposes

Also Published As

Publication number Publication date
WO2005089291A3 (en) 2007-03-29
WO2005089291A2 (en) 2005-09-29
KR20060135820A (ko) 2006-12-29
EP1784747A2 (en) 2007-05-16
JP2010272141A (ja) 2010-12-02
CN101124576B (zh) 2010-06-16
HK1116557A1 (en) 2008-12-24
CN101124576A (zh) 2008-02-13
JP2007529822A (ja) 2007-10-25
EP1784747A4 (en) 2008-04-23
EP3355213A1 (en) 2018-08-01
KR100824091B1 (ko) 2008-04-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9910911B2 (en) Computer implemented methods and apparatus for implementing a topical-based highlights filter
US20180365328A1 (en) Customizable ordering of search results and predictive query generation
US10353969B2 (en) Identifying relationships in an online social network
US9652524B2 (en) System and method for creating topic neighborhood visualizations in a networked system
US10331748B2 (en) Dynamically generating recommendations based on social graph information
US9535992B2 (en) Recommendation engine
US10430425B2 (en) Generating suggested queries based on social graph information
USRE47704E1 (en) Method and apparatus for selectively sharing and passively tracking communication device experiences
US10042540B2 (en) Content visualization
US20190335014A1 (en) Systems and methods for distributing published content among users of a social network
US10318538B2 (en) Systems, methods, and apparatuses for implementing an interface to view and explore socially relevant concepts of an entity graph
US9237123B2 (en) Providing an answer to a question from a social network site using a separate messaging site
US9253271B2 (en) Searching data in a social network to provide an answer to an information request
US9165060B2 (en) Content creation and management system
US9147220B2 (en) Systems and methods to facilitate searches based on social graphs and affinity groups
US20160070808A1 (en) Identifying a Discussion Topic Based on User Interest Information
US10735796B2 (en) Contextual based information aggregation system
US20160239576A1 (en) Dynamic inference graph
US8521734B2 (en) Search engine with augmented relevance ranking by community participation
US20160328483A1 (en) Generating content for topics based on user demand
US8954449B2 (en) Method and system for determining a user's brand influence
US8886627B2 (en) Inverse search systems and methods
US8495058B2 (en) Filtering social search results
US10699311B1 (en) System and method for targeting information based on message content in a reply
US8554756B2 (en) Integrating social network data with search results

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100827

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120820

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20121119

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20121122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130219

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130917

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131017

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5395014

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250