JP5245070B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP5245070B2
JP5245070B2 JP2010100669A JP2010100669A JP5245070B2 JP 5245070 B2 JP5245070 B2 JP 5245070B2 JP 2010100669 A JP2010100669 A JP 2010100669A JP 2010100669 A JP2010100669 A JP 2010100669A JP 5245070 B2 JP5245070 B2 JP 5245070B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
button
main button
effect
speed
game
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010100669A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011229597A (en
Inventor
哲哉 濱名
Original Assignee
株式会社ソフイア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ソフイア filed Critical 株式会社ソフイア
Priority to JP2010100669A priority Critical patent/JP5245070B2/en
Publication of JP2011229597A publication Critical patent/JP2011229597A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5245070B2 publication Critical patent/JP5245070B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、遊技球を用いる遊技機に関するものである。   The present invention relates to a gaming machine using game balls.
従来の遊技機、例えばパチンコ遊技機においては、発射操作部の操作によって発射装置から発射された遊技球が、遊技盤に形成された遊技領域を流下する過程で始動入賞口に入賞したことに基づいて、所定の補助遊技(例えば、表示装置で識別情報を変動表示させる変動表示ゲーム)が実行される。当該補助遊技の結果が予め定められた特別結果となると、遊技者に有利な特別遊技状態(例えば、遊技領域に設けられる変動入賞装置の開閉部材を所定の態様で開状態に変換する大当り遊技状態)を生起させるよう構成されているものが一般的である。   In a conventional gaming machine, such as a pachinko gaming machine, based on the fact that a gaming ball launched from a launching device by operating a launching operation unit won a winning prize opening in the process of flowing down a gaming area formed on a gaming board. Then, a predetermined auxiliary game (for example, a variable display game in which the identification information is displayed in a variable manner on the display device) is executed. When the result of the auxiliary game becomes a predetermined special result, a special game state advantageous to the player (for example, a jackpot game state in which the opening / closing member of the variable prize device provided in the game area is converted into an open state in a predetermined manner) ) Is generally generated.
近年、遊技機枠に押しボタンやジョイスティック等からなる操作部を設け、変動表示ゲームの実行中に操作部を操作するための有効期間を発生させ、その有効期間中に操作部が操作されたことに基づいて、変動表示ゲームの結果を示唆する演出を行うことで、遊技者を積極的に遊技に参加させるための工夫がなされている(例えば、特許文献1)。   In recent years, an operating unit consisting of push buttons, joysticks, etc. has been provided in the gaming machine frame to generate an effective period for operating the operating unit during execution of the variable display game, and the operating unit has been operated during the effective period Based on the above, a device has been devised to actively participate in the game by performing an effect suggesting the result of the variable display game (for example, Patent Document 1).
特開2009−202018号公報JP 2009-202018 A
ところで、特許文献1に記載されたような遊技機では、操作部の操作量が遊技者にフィードバックされないため、遊技者は操作部の操作が適切であったか否かを把握することができなかった。 By the way, in the gaming machine described in Patent Document 1, the operation amount of the operation unit is not fed back to the player, so the player cannot grasp whether or not the operation of the operation unit was appropriate.
そこで、本発明は、上記の問題点に鑑みてなされたものであり、遊技者を積極的に遊技に参加させることを目的とする。 The present invention has been made in view of the above problems, an object of the Turkey actively to participate in the game the player.
第1の発明は、変動表示ゲームが実行される変動表示装置と、遊技者によって操作され、前記変動表示ゲームの演出に影響を及ぼすことが可能な外部操作手段と、を備える遊技機であって、前記外部操作手段は、遊技者によって操作される操作部と、前記操作部の操作量を検出可能な操作検出部と、を備え、前記操作検出部が、前記操作部が操作されたことを検出した場合には、前記変動表示装置では、前記操作部の操作量に応じて前記変動表示ゲームの演出が変化することを特徴とする。   A first aspect of the present invention is a gaming machine comprising: a variable display device that executes a variable display game; and an external operation means that is operated by a player and can affect the effect of the variable display game. The external operation means includes an operation unit operated by a player and an operation detection unit capable of detecting an operation amount of the operation unit, wherein the operation detection unit is configured to operate the operation unit. When detected, the variation display device changes the effect of the variation display game in accordance with the operation amount of the operation unit.
第2の発明は、前記操作検出部が検出した前記操作部の操作量が所定の条件を満たした場合に作動して、前記操作部を操作不能に切り換える切換手段を更に備えることを特徴とする。   According to a second aspect of the present invention, there is further provided switching means that operates when an operation amount of the operation unit detected by the operation detection unit satisfies a predetermined condition and switches the operation unit to be inoperable. .
第3の発明は、前記切換手段は、前記変動表示ゲームの進行に応じて作動が解除され、前記操作部を操作可能に切り換えることを特徴とする。   According to a third aspect of the present invention, the switching means is released so as to be operated in accordance with the progress of the variable display game, and switches the operation unit to be operable.
第4の発明は、前記切換手段は、前記操作部を操作不能に固定可能な固定部材であることを特徴とする。   According to a fourth aspect of the present invention, the switching means is a fixing member that can fix the operation portion so as not to be operated.
第5の発明は、前記操作検出部が検出した前記操作部の操作量を遊技者に視認可能に表示する操作量表示手段を備えることを特徴とする。   5th invention is provided with the operation amount display means which displays the operation amount of the said operation part detected by the said operation detection part so that a player can visually recognize.
第6の発明は、前記操作検出部は、その受光部を光が照らす通光状態と、当該受光部を照らす光が遮られる遮光状態と、を検出可能な光学センサであり、前記操作部は、遊技者による操作に伴って移動して前記光学センサを遮光状態に切り換え可能な遮光部材を備え、前記遮光部材は、各々異なる操作量に対応して前記光学センサを通光状態に切り換え可能な通光孔を備え、前記光学センサが前記通光孔を通過した光を検出すると、前記操作部の操作量の変化率である操作速度を演算することを特徴とする。   In a sixth aspect of the invention, the operation detection unit is an optical sensor capable of detecting a light passing state in which light illuminates the light receiving unit and a light shielding state in which light shining on the light receiving unit is blocked, A light-shielding member that can be moved in accordance with an operation by a player to switch the optical sensor to a light-shielding state, and the light-shielding member can switch the optical sensor to a light-transmitting state corresponding to different operation amounts. A light passage hole is provided, and when the optical sensor detects light that has passed through the light passage hole, an operation speed that is a change rate of an operation amount of the operation unit is calculated.
第7の発明は、前記遮光部材は、前記操作部の操作量が零のときと操作量が最大のときとのいずれか一方のときに受光状態となり、他方のときに遮光状態となるように形成され、前記操作量が零のときの状態を所定時間連続して検出した場合には、前記操作部が遊技者によって操作されていないと判定することを特徴とする。   According to a seventh aspect of the invention, the light shielding member is in a light receiving state when the operation amount of the operation portion is zero or when the operation amount is maximum, and is in a light shielding state when the other is the other. When the state when the operation amount is zero is detected continuously for a predetermined time, it is determined that the operation unit is not operated by the player.
第8の発明は、前記操作部の操作量が最大のときに押圧される押圧検出部を備えることを特徴とする。   The eighth invention is characterized by comprising a press detection unit that is pressed when the operation amount of the operation unit is maximum.
発明によれば、操作検出手段によって検出された操作部の操作量が視認可能に表示され、操作した遊技者にフィードバックされるため、遊技者は外部操作手段の操作が適切であったか否かを把握することができる。 According to the present invention, the operation amount of the operation unit detected by the operation detection means is displayed in a visually recognizable manner and is fed back to the operated player. Therefore, the player can check whether the operation of the external operation means is appropriate. I can grasp it.
本発明の実施の形態に係る遊技機の斜視図である。1 is a perspective view of a gaming machine according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施の形態に係る遊技機に備えられる遊技盤の正面図である。It is a front view of the game board provided in the gaming machine according to the embodiment of the present invention. 本発明の実施の形態に係る遊技機の上皿ユニットの斜視図である。It is a perspective view of the upper plate unit of the gaming machine according to the embodiment of the present invention. 本発明の実施の形態に係る遊技機の演出ボタンの分解斜視図である。It is a disassembled perspective view of the effect button of the gaming machine according to the embodiment of the present invention. 演出ボタンにおけるベース部の背面斜視図である。It is a back perspective view of a base part in a production button. 本発明の第1の実施の形態に係る遮光部材の斜視図である。It is a perspective view of the light-shielding member which concerns on the 1st Embodiment of this invention. (a)及び(b)は、遮光部材における遮光部の作用を説明する図である。(A) And (b) is a figure explaining the effect | action of the light-shielding part in a light-shielding member. (a)及び(b)は、遮光部材における押圧部の作用を説明する図である。(A) And (b) is a figure explaining the effect | action of the press part in a light shielding member. (a)は、ラッチングソレノイドの非作動時の状態を示す平面図であり、(b)は、図9(a)における側面を断面で示した図である。(A) is a top view which shows the state at the time of non-operation of a latching solenoid, (b) is the figure which showed the side surface in Fig.9 (a) in the cross section. (a)は、ラッチングソレノイドの作動時の状態を示す平面図であり、(b)は、図10(a)における側面を断面で示した図である。(A) is a top view which shows the state at the time of the action | operation of a latching solenoid, (b) is the figure which showed the side surface in Fig.10 (a) by the cross section. 遊技機の遊技制御装置を中心とする制御系を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the control system centering on the game control apparatus of a game machine. 遊技機の演出制御装置を中心とする制御系を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the control system centering on the production | presentation control apparatus of a game machine. 遊技制御装置におけるメイン処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the main process in a game control apparatus. 遊技制御装置におけるメイン処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the main process in a game control apparatus. 遊技制御装置におけるタイマ割込処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the timer interruption process in a game control apparatus. 演出制御装置におけるメイン処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the main process in an effect control apparatus. 演出制御装置における割込み処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the interruption process in an effect control apparatus. 演出制御装置における操作態様監視処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the operation mode monitoring process in an effect control apparatus. メインボタンの操作速度の評価段階を示す図である。It is a figure which shows the evaluation stage of the operation speed of a main button. 変動表示装置にて実行される第1のペナルティの演出の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the production of the 1st penalty performed with a fluctuation | variation display apparatus. 本発明の第1の実施の形態に係る操作態様監視処理を実行する手順を示すタイミングチャートである。It is a timing chart which shows the procedure which performs the operation mode monitoring process which concerns on the 1st Embodiment of this invention. 図21の処理においてメインボタンを連打された場合の操作態様監視処理を実行する手順を示すタイミングチャートである。It is a timing chart which shows the procedure which performs the operation mode monitoring process at the time of hitting the main button repeatedly in the process of FIG. 本発明の第2の実施の形態に係る遮光部材の斜視図である。It is a perspective view of the light-shielding member which concerns on the 2nd Embodiment of this invention. 本発明の第2の実施の形態に係る操作態様監視処理を実行する手順を示すタイミングチャートである。It is a timing chart which shows the procedure which performs the operation mode monitoring process which concerns on the 2nd Embodiment of this invention. 図24の処理を本発明の第1の実施の形態に係る遮光部材に適用した場合を示すタイミングチャートである。It is a timing chart which shows the case where the process of FIG. 24 is applied to the light shielding member which concerns on the 1st Embodiment of this invention. 本発明の第3の実施の形態に係る遮光部材の斜視図である。It is a perspective view of the light-shielding member which concerns on the 3rd Embodiment of this invention. (a)は、本発明の第3の実施の形態に係る遮光部材が押下されていない状態を示す斜視図であり、(b)は、図27(a)において遮光部材が押下された状態を示す斜視図である。(A) is a perspective view which shows the state by which the light-shielding member which concerns on the 3rd Embodiment of this invention is not pressed down, (b) is the state by which the light-shielding member was pressed in Fig.27 (a). It is a perspective view shown. (a)は、本発明の第3の実施の形態の変形例において遮光部材が押下されていない状態を示す斜視図であり、(b)は、図28(a)において遮光部材が押下された状態を示す斜視図である。(A) is a perspective view which shows the state by which the light-shielding member is not pressed down in the modification of the 3rd Embodiment of this invention, (b) is the light-shielding member pressed down in FIG. 28 (a). It is a perspective view which shows a state. 第4の実施の形態に係る操作態様監視処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the operation mode monitoring process which concerns on 4th Embodiment. 第4の実施の形態に係る操作態様監視処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the operation mode monitoring process which concerns on 4th Embodiment. 第4の実施の形態に係る第1のペナルティの演出の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the production of the 1st penalty which concerns on 4th Embodiment. 第5の実施の形態に係る操作態様監視処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the operation mode monitoring process which concerns on 5th Embodiment. 第5の実施の形態に係る操作態様監視処理の手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the procedure of the operation mode monitoring process which concerns on 5th Embodiment. 第5の実施の形態に係る第1のペナルティの演出の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the production of the 1st penalty which concerns on 5th Embodiment.
(第1の実施の形態)
以下、図面を参照して、本発明の第1の実施の形態に係る遊技機1について説明する。なお、実施形態の説明における前後左右とは、遊技盤に向かって見た方向(遊技者から見た方向)を指すものとする。
(First embodiment)
Hereinafter, a gaming machine 1 according to a first embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings. Note that the front, rear, left, and right in the description of the embodiment refer to a direction viewed from the game board (a direction viewed from the player).
まず、図1を参照して、第1の実施の形態における遊技機1の構成について説明する。   First, the configuration of the gaming machine 1 in the first embodiment will be described with reference to FIG.
遊技機1は、島設備に固定される本体枠2と、右側部が開閉回動自在となるようにヒンジ3を介して本体枠2に設置される開閉枠4とを備える。   The gaming machine 1 includes a main body frame 2 fixed to the island facility, and an opening / closing frame 4 installed on the main body frame 2 via a hinge 3 so that the right side can be opened and closed.
開閉枠4は、前面枠5及びガラス枠6によって構成される。前面枠5には、遊技領域31を有する遊技盤30(図2参照)が配設される。前面枠5には、遊技盤30の前面を覆うカバーガラス6aを有するガラス枠6が取り付けられる。前面枠5及びガラス枠6は、それぞれ個別に開放することが可能となっている。   The open / close frame 4 includes a front frame 5 and a glass frame 6. A game board 30 (see FIG. 2) having a game area 31 is disposed on the front frame 5. A glass frame 6 having a cover glass 6 a that covers the front surface of the game board 30 is attached to the front frame 5. The front frame 5 and the glass frame 6 can be opened individually.
ガラス枠6のカバーガラス6aの周囲には、装飾部材7が配設されている。装飾部材7の内部にはランプやLED等によって構成される枠装飾装置18d(図12参照)が収容されており、この枠装飾装置18dを制御することによって装飾部材7での発光状態が調整される。   A decorative member 7 is disposed around the cover glass 6 a of the glass frame 6. The decoration member 7 accommodates a frame decoration device 18d (see FIG. 12) composed of a lamp, an LED, and the like, and the light emission state of the decoration member 7 is adjusted by controlling the frame decoration device 18d. The
ガラス枠6の上部には照明ユニット8が配設され、照明ユニット8の左右両側には可動式照明9が配設される。照明ユニット8は、内部にランプやLED等の照明部材を収容しており、遊技状態に応じて発光演出を行う。可動式照明9は、ランプやLED等の照明部材と、照明部材を駆動する照明駆動モータ等から構成される枠演出装置18f(図12参照)とを備える。可動式照明9の枠演出装置18fは、遊技状態に応じて照明部材を駆動(例えば回転駆動)する。   An illumination unit 8 is disposed above the glass frame 6, and a movable illumination 9 is disposed on the left and right sides of the illumination unit 8. The lighting unit 8 accommodates lighting members such as lamps and LEDs inside, and performs a light emission effect according to the gaming state. The movable illumination 9 includes an illumination member such as a lamp and an LED, and a frame effect device 18f (see FIG. 12) that includes an illumination drive motor that drives the illumination member. The frame effect device 18f of the movable illumination 9 drives (for example, rotates) the illumination member according to the gaming state.
遊技機1は、効果音や警報音、報知音等を発する上スピーカー10a及び下スピーカー10bを備える。上スピーカー10aはガラス枠6の上両側部に配置され、下スピーカー10bは上皿ユニット11を構成する上皿11aの下方に配置される。   The gaming machine 1 includes an upper speaker 10a and a lower speaker 10b that emit sound effects, alarm sounds, notification sounds, and the like. The upper speaker 10 a is disposed on both upper side portions of the glass frame 6, and the lower speaker 10 b is disposed below the upper plate 11 a constituting the upper plate unit 11.
左側部に配設される可動式照明9の近傍には、遊技機1における異常を報知するための遊技状態報知LED12が備えられる。遊技機1において異常が発生した場合には、遊技状態報知LED12が点灯又は点滅するとともに、上スピーカー10a及び下スピーカー10bから異常を報知するための報知音が出力される。   In the vicinity of the movable illumination 9 disposed on the left side, a gaming state notification LED 12 for notifying an abnormality in the gaming machine 1 is provided. When an abnormality occurs in the gaming machine 1, the gaming state notification LED 12 lights up or blinks, and a notification sound for notifying the abnormality is output from the upper speaker 10a and the lower speaker 10b.
遊技機1で発生する異常には、遊技機1の故障及び不正行為の実施等が含まれる。不正行為には、発射された遊技球の軌道を磁石によって不正に操作する行為や遊技機1を振動させる行為等がある。これらの不正行為は、磁気センサスイッチ39a(図11参照)によって磁気を検出したり、振動センサスイッチ39b(図11参照)によって振動を検出したりすることで検知される。また、不正に開閉枠4を開放する行為も不正行為に含まれる。前面枠5の開閉状態は前面枠開放検出スイッチ3b(図11参照)によって検出され、ガラス枠6の開閉状態はガラス枠開放検出スイッチ18b(図11参照)によって検出される。   Abnormalities occurring in the gaming machine 1 include failure of the gaming machine 1 and implementation of fraud. The illegal act includes an act of illegally manipulating the trajectory of the launched game ball with a magnet and an act of vibrating the gaming machine 1. These fraudulent acts are detected by detecting magnetism with the magnetic sensor switch 39a (see FIG. 11) or detecting vibration with the vibration sensor switch 39b (see FIG. 11). Further, the act of opening the open / close frame 4 illegally is also included in the illegal act. The open / close state of the front frame 5 is detected by the front frame open detection switch 3b (see FIG. 11), and the open / closed state of the glass frame 6 is detected by the glass frame open detection switch 18b (see FIG. 11).
ガラス枠6のカバーガラス6aの下方には、上皿11aを含む上皿ユニット11が設置される。上皿11aは、前面枠5に設けられた球発射装置(図示省略)に遊技球を供給する。ガラス枠6の下方位置であって前面枠5に固定される固定パネル13には、下皿14及び球発射装置を駆動するための操作部15が備えられる。遊技者が操作部15を回動操作することによって、球発射装置は上皿11aから供給された遊技球を遊技盤30の遊技領域31(図2参照)に発射する。下皿14には、下皿14に貯まった遊技球を排出するための球抜き機構16が設けられる。   Below the cover glass 6a of the glass frame 6, an upper plate unit 11 including an upper plate 11a is installed. The upper plate 11a supplies a game ball to a ball launcher (not shown) provided on the front frame 5. The fixed panel 13 that is positioned below the glass frame 6 and fixed to the front frame 5 is provided with an operation unit 15 for driving the lower pan 14 and the ball launching device. When the player rotates the operation unit 15, the ball launcher launches the game ball supplied from the upper plate 11 a to the game area 31 (see FIG. 2) of the game board 30. The lower plate 14 is provided with a ball removal mechanism 16 for discharging game balls stored in the lower plate 14.
上皿ユニット11には、遊技者からの操作入力を受け付けるための演出ボタン(外部操作手段)100が上皿11aの手前側に配設されている。遊技者が演出ボタン100を操作することによって、変動表示装置35(図2参照)での変動表示ゲームの演出に遊技者の操作を影響させることができ、特別な遊技状態が発生していない通常遊技状態においても演出パターンを変更することができる。   The upper plate unit 11 is provided with an effect button (external operation means) 100 for receiving an operation input from a player on the front side of the upper plate 11a. When the player operates the effect button 100, the player's operation can be influenced to the effect of the variable display game on the variable display device 35 (see FIG. 2), and a normal game state does not occur. The effect pattern can be changed even in the gaming state.
ガラス枠6の下部中央には、遊技者が遊技球を借りる場合に操作する球貸ボタン18と、カードユニット(図示省略)からプリペイドカードを排出させるために操作される排出ボタン19とが配設される。球貸ボタン18と排出ボタン19との間には、プリペイドカード等の残高を表示する残高表示部20が設けられている。   A ball lending button 18 that is operated when a player borrows a game ball and a discharge button 19 that is operated to discharge a prepaid card from a card unit (not shown) are arranged at the lower center of the glass frame 6. Is done. Between the ball lending button 18 and the discharge button 19, a balance display unit 20 for displaying the balance of a prepaid card or the like is provided.
次に、図2を参照して、遊技機1に設けられる遊技盤30について説明する。   Next, the gaming board 30 provided in the gaming machine 1 will be described with reference to FIG.
遊技盤30は、合板やプラスチック等からなる矩形状の遊技盤本体32の前面に、区画部材としてのガイドレール33を設けることで略円形状の遊技領域31を区画形成している。   The game board 30 defines a substantially circular game area 31 by providing guide rails 33 as partition members on the front surface of a rectangular game board main body 32 made of plywood or plastic.
遊技領域31には、開口部34aを有するセンターケース34が配設される。遊技盤30にはセンターケース34の外周に沿った形状の開口が形成されており、センターケース34はその開口に遊技盤30の前方から嵌装される。センターケース34の上左側部には、変動表示ゲームの結果に応じて遊技球を受け入れない状態と受け入れ易い状態とに変換可能な上部大入賞口(上部特別変動入賞装置)36が配設される。   A center case 34 having an opening 34 a is disposed in the game area 31. An opening having a shape along the outer periphery of the center case 34 is formed in the game board 30, and the center case 34 is fitted into the opening from the front of the game board 30. On the upper left side of the center case 34, an upper special winning opening (upper special variable winning device) 36 that can be converted into a state in which a game ball is not accepted or a state in which it is easy to accept according to the result of the variable display game is disposed. .
遊技盤30の裏面には、実行される変動表示ゲームを表示可能な表示部35aを有する変動表示装置35が制御ベースユニット(図示省略)を介して配設される。変動表示装置35は、その表示部35aがセンターケース34の開口部34aに臨むように配設される。変動表示装置35は、表示部35aに複数の表示領域(例えば、左側、中央、右側の三つの表示領域)を設定し、各表示領域の各々で独立した識別情報を変動表示して、変動表示ゲームを実行する。   On the back surface of the game board 30, a variable display device 35 having a display unit 35a capable of displaying a variable display game to be executed is disposed via a control base unit (not shown). The fluctuation display device 35 is arranged so that the display portion 35a faces the opening 34a of the center case 34. The variable display device 35 sets a plurality of display areas (for example, three display areas on the left side, the center, and the right side) on the display unit 35a, and displays variable identification information in each display area. Run the game.
遊技領域31の下部中央には、遊技球の入賞に基づき特別図柄(特図)変動表示ゲームの始動条件を付与可能な始動入賞口37が配設される。始動入賞口37は、遊技球が入賞した場合に第1特図変動表示ゲームが行われる第1始動入賞口37aと、遊技球が入賞した場合に第2特図変動表示ゲームが行われる第2始動入賞口37bとを備える。   In the lower center of the game area 31, there is provided a start winning opening 37 that can be given a start condition for a special symbol (special figure) variable display game based on winning of a game ball. The start winning opening 37 includes a first start winning opening 37a in which a first special figure variation display game is performed when a game ball is won, and a second special figure fluctuation display game in which a second special figure variation display game is performed when a game ball is won. And a start winning opening 37b.
第2始動入賞口37bは、第1始動入賞口37aの直下方に配設されており、左右一対の開閉部材37cを備えている。開閉部材37cは、通常遊技状態においては、遊技球の直径程度の間隔をおいて閉じた状態(遊技者にとって不利な状態)を保持している。後述する状態表示器42において実行される普図変動表示ゲームが当りとなった場合には、普電ソレノイド38b(図11参照)によって先端が開くように開閉部材37cが回動され、第2始動入賞口37bに遊技球が流入し易い状態(遊技者にとって有利な状態)となる。   The second start winning port 37b is disposed directly below the first start winning port 37a and includes a pair of left and right opening / closing members 37c. In the normal gaming state, the opening / closing member 37c maintains a closed state (a disadvantageous state for the player) with an interval of about the diameter of the game ball. When a general-purpose fluctuation display game executed on a status display 42, which will be described later, is won, the open / close member 37c is rotated so that the front end is opened by the general-purpose solenoid 38b (see FIG. 11), and the second start The game ball easily enters the winning opening 37b (a state advantageous to the player).
遊技領域31における第2始動入賞口37bの下方には、遊技状態に応じて遊技球を受け入れない状態と受け入れ易い状態とに変換可能な下部大入賞口(下部特別変動入賞装置)38が配設される。また、遊技領域31におけるセンターケース34の左側方には、遊技球が通過した場合に普通図柄(普図)変動表示ゲームが行われる普図始動ゲート39が配設される。さらに、遊技領域31における始動入賞口37の両側方には、遊技球が入賞した場合に賞球を払い出す条件だけが成立する一般入賞口40が複数配設される。これらの他に遊技領域31には、遊技球の落下方向を変える風車(図示省略)や釘(図示省略)等の方向変換部材や、入賞せずに流下した遊技球を回収するアウト口41が配設される。   Below the second start winning opening 37b in the gaming area 31, a lower large winning opening (lower special variable winning apparatus) 38 that can be converted into a state that does not accept a game ball and a state that can easily be received depending on the gaming state is disposed. Is done. Also, on the left side of the center case 34 in the game area 31, there is disposed a normal diagram start gate 39 in which a normal symbol (normal diagram) variable display game is played when a game ball passes. Further, on both sides of the start winning opening 37 in the game area 31, a plurality of general winning openings 40 are provided which satisfy only a condition for paying out a winning ball when a winning game ball is won. In addition to these, the game area 31 includes a direction changing member such as a windmill (not shown) or a nail (not shown) that changes the falling direction of the game ball, and an out port 41 for collecting the game ball that has flowed down without winning. Arranged.
遊技盤30の右下部には、特図変動表示ゲームの特図の変動表示、特図入賞記憶数(始動記憶数)、普図変動表示ゲームの普図の変動表示、普図入賞記憶数、及び大当たりの決定ラウンド数を表示する状態表示器42が配設される。   In the lower right part of the game board 30, a special figure fluctuation display of the special figure fluctuation display game, a special figure winning memory number (starting memory number), a normal figure fluctuation display of the general figure fluctuation display game, a common figure winning memory number, And a status indicator 42 for displaying the number of determined rounds of the jackpot.
遊技機1では、球発射装置(図示省略)によって打ち出された遊技球は、ガイドレール33によって区画された発射球案内通路43を通って遊技領域31に発射され、方向変換部材(図示省略)によって落下方向を変えながら遊技領域31内を流下する。遊技領域31内を流下した遊技球は、始動入賞口37、一般入賞口40、上部大入賞口36又は下部大入賞口38に入賞するか、アウト口41から排出される。   In the gaming machine 1, a game ball launched by a ball launcher (not shown) is launched into the game area 31 through a launch ball guide passage 43 defined by a guide rail 33, and is directed by a direction changing member (not shown). The game area 31 flows down while changing the falling direction. The game ball that has flowed down in the game area 31 wins the start winning port 37, the general winning port 40, the upper large winning port 36 or the lower large winning port 38, or is discharged from the out port 41.
始動入賞口37、一般入賞口40、上部大入賞口36又は下部大入賞口38に遊技球が入賞すると、入賞した入賞口の種類に応じた数の賞球が払出装置(図示省略)から排出される。   When a game ball wins the start winning port 37, the general winning port 40, the upper major winning port 36, or the lower major winning port 38, the number of winning balls corresponding to the type of the winning winning port is discharged from the payout device (not shown). Is done.
始動入賞口37に遊技球が入賞すると、変動表示装置35では、三つの数字等で構成される識別情報が順に変動表示する特図変動表示ゲームが開始される。始動入賞口37への遊技球の入賞が所定のタイミングでなされた時には、特図変動表示ゲームの結果が特別結果(大当たり状態)となり、三つの表示図柄が揃った状態で停止する。この場合には、上部大入賞口36及び下部大入賞口38の少なくとも一方が所定時間だけ遊技球を受け入れない閉状態(遊技者に不利な状態)から遊技球を受け入れやすい開状態(遊技者に有利な状態)となる。上部大入賞口36や下部大入賞口38が所定時間だけ開状態となることによって、遊技者には多くの遊技球を獲得可能な遊技価値が付与される。上部大入賞口36及び下部大入賞口38の開閉は、各大入賞口ソレノイド42b(図11参照)を介して行われる。   When a game ball wins the start winning opening 37, the variable display device 35 starts a special figure variable display game in which identification information composed of three numbers or the like is sequentially displayed in a variable manner. When a game ball is won at the start winning opening 37 at a predetermined timing, the result of the special figure changing display game becomes a special result (a big hit state), and the game stops with three display symbols aligned. In this case, at least one of the upper big winning opening 36 and the lower big winning opening 38 does not accept a game ball for a predetermined time (a disadvantageous state for the player), and is in an open state (for the player). Advantageous state). When the upper big prize opening 36 and the lower big prize opening 38 are opened for a predetermined time, the player is given a game value that can acquire many game balls. Opening and closing of the upper special winning opening 36 and the lower special winning opening 38 is performed via each large winning opening solenoid 42b (see FIG. 11).
また、遊技球が普図始動ゲート39を通過すると、状態表示器42で普図変動表示ゲームが開始される。普図始動ゲート39への遊技球の通過が所定のタイミングでなされた時には普通図柄に関する当たり状態となり、状態表示器42に表示される普通図柄が当たり状態で停止する。この場合には、第2始動入賞口37bに設けられた開閉部材37cが普電ソレノイド38b(図11参照)によって駆動され所定時間だけ拡開し、第2始動入賞口37bへの遊技球の入賞可能性が高められる。   Further, when the game ball passes through the usual figure start gate 39, the usual figure change display game is started by the state display 42. When the game ball passes through the normal start gate 39 at a predetermined timing, the normal symbol is hit, and the normal symbol displayed on the status indicator 42 stops in the hit state. In this case, the opening / closing member 37c provided at the second start winning opening 37b is driven by the general-purpose solenoid 38b (see FIG. 11) to expand for a predetermined time, and the game ball wins the second starting winning opening 37b. The possibility is increased.
なお、始動入賞口37、一般入賞口40、上部大入賞口36又は下部大入賞口38に入賞しなかった遊技球は、遊技領域31の最下部に設けられたアウト口41から排出される。   Note that game balls that have not won the start winning port 37, the general winning port 40, the upper major winning port 36, or the lower major winning port 38 are discharged from the out port 41 provided at the bottom of the gaming area 31.
次に、図3を参照して、遊技機1に設けられる上皿ユニット11について説明する。   Next, the upper plate unit 11 provided in the gaming machine 1 will be described with reference to FIG.
上皿ユニット11は、ガラス枠6の下部前面側に設けられ、遊技球を貯留可能な上皿(部材)11a(図1参照)を含んで構成される。上皿ユニット11は、ガラス枠6の前側に取り付けられる横長のユニットである。   The upper plate unit 11 is provided on the lower front side of the glass frame 6 and includes an upper plate (member) 11a (see FIG. 1) capable of storing game balls. The upper plate unit 11 is a horizontally long unit attached to the front side of the glass frame 6.
上皿ユニット11は、前面側やや上方向に開口するスピーカーカバー部10cを左下方部に備える。スピーカーカバー部10cには、下スピーカー10bにおける出力部が嵌合するように配設される。   The upper plate unit 11 includes a speaker cover portion 10c that opens slightly upward on the front surface side in the lower left portion. The speaker cover portion 10c is disposed so that the output portion of the lower speaker 10b is fitted.
上皿ユニット11の上面部には、演出ボタン100が配置される。演出ボタン100は、遊技者の操作によってストローク(操作量)が変化するメインボタン(操作部)110及びサブボタン120によって構成される。メインボタン110のメインボタン飾り(カバー)111の外周部にはサブボタン120を配置するための開口部111bが設けられている(図4参照)。メインボタン110及びサブボタン120は、上皿ユニット11の上方に向けてバネ(図4参照)によって付勢されており、遊技者が押圧することによって操作される。   An effect button 100 is disposed on the upper surface of the upper plate unit 11. The effect button 100 includes a main button (operation unit) 110 and a sub button 120 whose stroke (operation amount) is changed by a player's operation. An opening 111b for arranging the sub button 120 is provided on the outer periphery of the main button decoration (cover) 111 of the main button 110 (see FIG. 4). The main button 110 and the sub button 120 are urged by a spring (see FIG. 4) toward the upper side of the upper plate unit 11, and are operated by being pressed by the player.
本実施形態では、メインボタン11が操作部として設けられるが、メインボタン11の替わりにジョイスティックなど他の態様の操作部を設けてもよい。   In the present embodiment, the main button 11 is provided as an operation unit. However, instead of the main button 11, an operation unit of another aspect such as a joystick may be provided.
次に、図4を参照して、演出ボタン100について説明する。   Next, the effect button 100 will be described with reference to FIG.
図4に示すように、演出ボタン100は、ボタンベース105上に配置されたメインボタン110及びサブボタン120によって構成される。また、メインボタン110及びサブボタン120が配置された反対側のボタンベース105の面には、スイッチ基板130が配置される。   As shown in FIG. 4, the effect button 100 includes a main button 110 and a sub button 120 arranged on the button base 105. A switch board 130 is disposed on the opposite surface of the button base 105 on which the main button 110 and the sub button 120 are disposed.
メインボタン110は、遊技者に視認される装飾部材であるメインボタン飾り(カバー)111と、光を透過するように形成され遊技者によって押圧されるメインボタンレンズ112と、メインボタンレンズ112に向かう光を拡散させるリフレクタ113と、リフレクタ113を非押下状態になるように付勢するメインボタンバネ114とが重合して構成され、ボタンベース105のメインボタン収納部105aに収装される。   The main button 110 is directed to a main button decoration (cover) 111 that is a decorative member visually recognized by the player, a main button lens 112 that is formed to transmit light and pressed by the player, and the main button lens 112. A reflector 113 for diffusing light and a main button spring 114 that urges the reflector 113 to be in a non-depressed state are overlapped to be accommodated in the main button storage portion 105 a of the button base 105.
サブボタン120は、遊技者によって押圧されるサブボタン本体121と、サブボタン本体121を非押下状態になるように付勢するサブボタンバネ122とが重合して構成され、ボタンベース105のサブボタン収納部105bに収装される。   The sub button 120 is formed by superposing a sub button main body 121 pressed by a player and a sub button spring 122 that urges the sub button main body 121 to be in a non-depressed state. It is stored in the storage unit 105b.
メインボタン飾り111には、メインボタンレンズ112が挿通される開口部111aが形成される。また、メインボタン飾り111にはボタンベース105に固定するための固定部(図示省略)が形成される。メインボタン飾り111は、上皿ユニット11の開口部(図示せず)をボタンベース105とで挟み込むようにして固定される。メインボタン飾り111には、サブボタン本体121が挿通されるサブボタン開口部111bが形成される。   The main button decoration 111 is formed with an opening 111a through which the main button lens 112 is inserted. The main button decoration 111 is formed with a fixing portion (not shown) for fixing to the button base 105. The main button decoration 111 is fixed so as to sandwich an opening (not shown) of the upper plate unit 11 with the button base 105. The main button decoration 111 is formed with a sub button opening 111b through which the sub button main body 121 is inserted.
メインボタンレンズ112は、メインボタン飾り111の開口部111aから曲面状に形成された操作部112aが上方に面するように配置される。遊技者は、操作部112aを押圧することによって、メインボタンが操作される。メインボタンレンズ112は、透明若しくは半透明のレンズである。メインボタンレンズ112の内側には、後述する発光体である四個のLED109が配置される。これにより、メインボタンレンズ112を演出にあわせて発光させるなどの制御を行うことが可能である。   The main button lens 112 is disposed so that the operation portion 112a formed in a curved surface from the opening 111a of the main button decoration 111 faces upward. The player operates the main button by pressing the operation unit 112a. The main button lens 112 is a transparent or translucent lens. Inside the main button lens 112, four LEDs 109, which are light emitters described later, are arranged. Thereby, it is possible to perform control such as causing the main button lens 112 to emit light according to the effect.
リフレクタ113は、円柱状をなしており、内側に光が反射する反射部113aを有する。リフレクタ113の外周部は、メインボタンレンズ112と嵌合するように形成されている。反射部113aには、LED109の光を導く四個の孔113d(図5参照)が形成される。リフレクタ113は、側面部にガイド113bを備えており、ボタンベース105のメインボタン収納部105aの内周に形成された溝部105cにガイド113bが摺動可能に配置される。これにより、リフレクタ113は、ボタンベース105に対して軸方向に摺動可能である。リフレクタ113は、軸方向に延設して外周に形成されボタンベース105と係合する係合部113cを備える。   The reflector 113 has a cylindrical shape and includes a reflection portion 113a that reflects light on the inner side. The outer periphery of the reflector 113 is formed so as to be fitted to the main button lens 112. Four holes 113d (see FIG. 5) for guiding the light of the LED 109 are formed in the reflecting portion 113a. The reflector 113 includes a guide 113b on the side surface, and the guide 113b is slidably disposed in a groove portion 105c formed on the inner periphery of the main button storage portion 105a of the button base 105. Accordingly, the reflector 113 can slide in the axial direction with respect to the button base 105. The reflector 113 includes an engaging portion 113 c that extends in the axial direction and is formed on the outer periphery to engage with the button base 105.
メインボタンバネ114は、リフレクタ113とボタンベース105との間に配置され、メインボタンレンズ112の操作部112aを上皿ユニット11の上方向に付勢する。   The main button spring 114 is disposed between the reflector 113 and the button base 105, and biases the operation unit 112 a of the main button lens 112 upward.
サブボタン本体121は、メインボタン飾り111のサブボタン開口部111cに挿通され、サブボタンバネ122によって、上皿ユニット11の上方向に付勢される。   The sub button main body 121 is inserted into the sub button opening 111 c of the main button decoration 111 and is urged upward by the sub button spring 122.
ボタンベース105は、前述のように、メインボタン110をメインボタン収納部105aに収装し、サブボタン120をサブボタン収納部105bに収装する。このとき、ボタンベース105の係合溝105dにリフレクタ113の係合部113cが係合して、ボタンベース105に対するリフレクタ113の周方向の位置決めがなされる。   As described above, the button base 105 stores the main button 110 in the main button storage portion 105a and the sub button 120 in the sub button storage portion 105b. At this time, the engaging portion 113c of the reflector 113 is engaged with the engaging groove 105d of the button base 105, and the reflector 113 is positioned in the circumferential direction with respect to the button base 105.
スイッチ基板130は、ボタンベース105の背面側に固定され、メインボタン110のストローク変化を検出するフォトセンサ(操作検出部)106と、メインボタン110が最大ストローク状態であることを検出するプッシュボタン(押圧検出部)131と、メインボタン110を操作可能な状態と操作不能な状態とに切り換え可能な切換手段としてのラッチングソレノイド(固定部材)107と、サブボタン120の押下を検出するサブボタンスイッチ108とが配置されている。ラッチングソレノイド107を設ける他に、電気的にメインボタン110の操作を無効にする手段などを設けてもよい。   The switch board 130 is fixed to the back side of the button base 105, and includes a photo sensor (operation detection unit) 106 that detects a change in stroke of the main button 110 and a push button (that detects that the main button 110 is in the maximum stroke state). A pressing detection unit) 131, a latching solenoid (fixing member) 107 serving as a switching unit capable of switching between a state where the main button 110 can be operated and a state where the main button 110 cannot be operated, and a sub button switch 108 which detects pressing of the sub button 120. And are arranged. In addition to providing the latching solenoid 107, means for electrically disabling the operation of the main button 110 may be provided.
なお、操作部としてプッシュボタン131を用いているため、フォトセンサ106でストローク変化を検出しているが、この他にも、例えば操作部としてジョイスティックを用いた場合には、操作検出部はジョイスティックの操作角度を検出することとなる。   Since the push button 131 is used as the operation unit, a change in stroke is detected by the photo sensor 106. In addition to this, for example, when a joystick is used as the operation unit, the operation detection unit is the joystick. The operation angle will be detected.
フォトセンサ106は、メインボタンレンズ112の操作部112aが下方向に押下(操作)されたことを検知する光学センサである。フォトセンサ106は、図7に示すように、遮光部材140によって、受光部106a(図7参照)を照らす通光状態と、受光部106aを照らす光が遮られる遮光状態とを検出して、メインボタン110の操作を検知する。   The photo sensor 106 is an optical sensor that detects that the operation unit 112a of the main button lens 112 is pressed (operated) downward. As shown in FIG. 7, the photo sensor 106 detects a light passing state that illuminates the light receiving portion 106a (see FIG. 7) and a light shielding state where the light that illuminates the light receiving portion 106a is blocked by the light shielding member 140. The operation of the button 110 is detected.
なお、遮光部材140は、図5に示すように、リフレクタ113の背面に嵌挿されている。メインボタン110が操作された後、遊技者が演出ボタン100から手を放すと、メインボタンバネ114によってメインボタンレンズ112及びリフレクタ113が上方向に付勢され、遊技者が操作する前の位置に戻される。   The light shielding member 140 is inserted into the back surface of the reflector 113 as shown in FIG. When the player releases the effect button 100 after the main button 110 is operated, the main button lens 114 and the reflector 113 are urged upward by the main button spring 114 to a position before the player operates. Returned.
プッシュボタン131(図8参照)は、フォトセンサ106と並んでスイッチ基板130に設けられる。プッシュボタン131は、メインボタン110が最大ストロークに押下されたときに当接する遮光部材140によって押圧されて切り換えられる。プッシュボタン131は、メインボタン110のストロークが最大のときに押圧されるため、メインボタン110が最大ストロークに操作された状態を確実に検出できる。   The push button 131 (see FIG. 8) is provided on the switch board 130 along with the photosensor 106. The push button 131 is pressed and switched by the light shielding member 140 that contacts when the main button 110 is pressed down to the maximum stroke. Since the push button 131 is pressed when the stroke of the main button 110 is maximum, it is possible to reliably detect a state in which the main button 110 is operated to the maximum stroke.
なお、プッシュボタン131の替わりにメインボタン110の押圧力を検出する圧力センサを設けてもよい。圧力センサが設けられた場合には、メインボタン110が押下されたことを検出できるだけでなく、そのときのメインボタン110の押圧力も検出することができる。   Instead of the push button 131, a pressure sensor that detects the pressing force of the main button 110 may be provided. When the pressure sensor is provided, not only can the main button 110 be pressed, but also the pressing force of the main button 110 at that time can be detected.
ラッチングソレノイド107は、作動すると遮光部材140が移動できないようにスイッチ基板130に固定し、作動解除されると遮光部材140を移動可能に解放するものである。ラッチングソレノイド107は、入力される電気信号に応じて伸縮可能なロッド107aを備える。ラッチングソレノイド107は、メインボタン110のストローク変化が所定の条件を満たした場合に作動し、変動表示ゲームの進行に応じて作動解除される。ラッチングソレノイド107が作動及び作動解除される条件については、図18にて後述する。   The latching solenoid 107 is fixed to the switch board 130 so that the light shielding member 140 cannot move when operated, and releases the light shielding member 140 movably when the operation is released. The latching solenoid 107 includes a rod 107a that can be expanded and contracted in accordance with an input electric signal. The latching solenoid 107 is activated when the stroke change of the main button 110 satisfies a predetermined condition, and is deactivated in accordance with the progress of the variable display game. The conditions under which the latching solenoid 107 is activated and deactivated will be described later with reference to FIG.
次に、図5及び図6を参照して、遮光部材140について説明する。   Next, the light shielding member 140 will be described with reference to FIGS. 5 and 6.
図5に示すように、遮光部材140は、リフレクタ113背面の中心に嵌挿され、遊技者の操作によるメインボタン110のストローク変化に伴ってリフレクタ113と一体に軸方向に移動する。   As shown in FIG. 5, the light blocking member 140 is inserted into the center of the back surface of the reflector 113 and moves in the axial direction integrally with the reflector 113 as the stroke of the main button 110 is changed by the player's operation.
図6に示すように、遮光部材140は、リフレクタ113に嵌挿される嵌挿部141と、嵌挿部141から軸方向に凸設される板状の本体部145と、フォトセンサ106(図7参照)の光を遮ることのできる遮光部142と、プッシュボタン131(図8参照)を押圧可能な押圧部144とを備える。   As shown in FIG. 6, the light shielding member 140 includes an insertion portion 141 that is inserted into the reflector 113, a plate-like main body portion 145 that protrudes in the axial direction from the insertion portion 141, and the photosensor 106 (FIG. 7). A light-blocking portion 142 that can block light (see FIG. 8), and a pressing portion 144 that can press the push button 131 (see FIG. 8).
嵌挿部141は、円柱状の一部が削られたD字状の断面に形成される。嵌挿部141は、リフレクタ113と同心になるように、当該嵌挿部141と同形状に形成されるリフレクタ113の中心孔に嵌挿される。   The insertion part 141 is formed in a D-shaped cross-section in which a part of the columnar shape is cut. The fitting insertion part 141 is fitted into the central hole of the reflector 113 formed in the same shape as the fitting insertion part 141 so as to be concentric with the reflector 113.
遮光部142は、本体部145と一体に連続して形成される板状部である。遮光部142は、フォトセンサ106(図7参照)の受光部106aに挿入されて遮光状態にすることが可能である。遮光部142には、三個の円形の孔143a〜143cからなる通光孔143が形成される。   The light shielding portion 142 is a plate-like portion that is formed integrally and continuously with the main body portion 145. The light shielding unit 142 can be inserted into the light receiving unit 106a of the photosensor 106 (see FIG. 7) to be in a light shielding state. The light shielding part 142 is formed with a light transmission hole 143 including three circular holes 143a to 143c.
遮光部142は、メインボタン110のストロークが零のときにフォトセンサ106が受光状態になり、最大ストロークのときにフォトセンサ106が遮光状態になるように形成される。これにより、フォトセンサ106が受光状態であること又は遮光状態であることを所定時間連続して検出した場合に、メインボタン110のストロークが零である、又はメインボタン110のストロークが最大であると判定することが可能である。この詳細については、図24にて後述する。   The light shielding unit 142 is formed so that the photo sensor 106 is in a light receiving state when the stroke of the main button 110 is zero, and the photo sensor 106 is in a light shielding state at the maximum stroke. As a result, when the photosensor 106 detects that it is in a light receiving state or in a light blocking state continuously for a predetermined time, the stroke of the main button 110 is zero or the stroke of the main button 110 is maximum. It is possible to determine. Details of this will be described later with reference to FIG.
なお、これとは逆に、メインボタン110のストロークが零のときにフォトセンサ106が遮光状態になり、最大ストロークのときにフォトセンサ106が遮光状態になるように形成してもよい。   On the contrary, the photo sensor 106 may be in a light shielding state when the stroke of the main button 110 is zero, and the photo sensor 106 may be in a light shielding state at the maximum stroke.
通光孔143には、孔143a〜143cが、遮光部材140の移動方向と同一の方向に所定の間隔で一列に並べて形成される。よって、孔143a〜143cは、メインボタン110のそれぞれ異なったストロークに対応して受光部106aに臨み、フォトセンサ106を通光状態に切り換える。   In the light transmission hole 143, holes 143a to 143c are formed in a line at predetermined intervals in the same direction as the movement direction of the light blocking member 140. Accordingly, the holes 143a to 143c face the light receiving unit 106a corresponding to different strokes of the main button 110, and switch the photosensor 106 to the light-transmitting state.
孔143a〜143cの相互の間は、受光部106aの光を遮ることの可能な厚さで形成される。本実施形態では、三個の孔143a〜143cが形成されるが、三個に限られるものではない。   Between the holes 143a to 143c, the holes 143a to 143c are formed with a thickness capable of blocking light from the light receiving unit 106a. In the present embodiment, three holes 143a to 143c are formed, but the number is not limited to three.
押圧部144は、本体部145における嵌挿部141と反対側の端部に形成され、遮光部材140の移動方向と垂直に形成される板状部である。押圧部144は、遮光部材140の移動によって、メインボタン110が最大ストロークまで押下されたときにプッシュボタン131(図8参照)を押圧可能である。   The pressing portion 144 is a plate-like portion that is formed at an end portion of the main body portion 145 opposite to the fitting insertion portion 141 and is formed perpendicular to the moving direction of the light shielding member 140. The pressing unit 144 can press the push button 131 (see FIG. 8) when the main button 110 is pressed down to the maximum stroke by the movement of the light blocking member 140.
次に、図7を参照して、遮光部材140における遮光部142の作用について説明する。   Next, the operation of the light shielding portion 142 in the light shielding member 140 will be described with reference to FIG.
図7(a)に示す状態は、メインボタン110が操作されておらず、メインボタンバネ114(図4参照)によってメインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130から離間する方向へ付勢されている状態である。   In the state shown in FIG. 7A, the main button 110 is not operated, and the main button lens 112 and the reflector 113 are urged away from the switch board 130 by the main button spring 114 (see FIG. 4). It is in a state.
メインボタン110が操作されていないときには、遮光部材140がフォトセンサ106に挿入されていないため、フォトセンサ106の受光部106aを照らす光は、遮光部142によって遮られていない。   When the main button 110 is not operated, the light shielding member 140 is not inserted into the photosensor 106, and thus the light that illuminates the light receiving unit 106 a of the photosensor 106 is not blocked by the light blocking unit 142.
図7(b)に示す状態は、メインボタン110が遊技者によって押下され、メインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130に近接する方向に移動した状態である。   The state shown in FIG. 7B is a state in which the main button 110 is pressed by the player and the main button lens 112 and the reflector 113 are moved in the direction approaching the switch board 130.
メインボタン110が押下されたときには、遮光部材140がフォトセンサ106に挿入され、受光部106aを照らす光は、遮光部142によって遮られている。メインボタン110が押下されはじめると、まず遮光部142の端部が受光部106aを照らす光を遮り(遮光状態)、次に孔143aが受光部106aを照らす光を通過させる(通光状態)。続いて、143b及び143cが通過することで、受光部106aを照らす光は、通光状態と遮光状態とを交互に繰り返し、メインボタン110が完全に押下されると遮光状態になる(図7(b)に示す状態)。   When the main button 110 is pressed, the light blocking member 140 is inserted into the photosensor 106, and the light that illuminates the light receiving unit 106a is blocked by the light blocking unit 142. When the main button 110 starts to be pressed, first, the end of the light shielding portion 142 blocks light that illuminates the light receiving portion 106a (light shielding state), and then the hole 143a transmits light that illuminates the light receiving portion 106a (light passing state). Subsequently, 143b and 143c pass, so that the light that illuminates the light receiving unit 106a alternately repeats the light-transmitting state and the light-blocking state, and enters the light-blocking state when the main button 110 is completely pressed (FIG. 7 ( b)).
メインボタン110が押下されたときに、フォトセンサ106の受光部106aが一端の孔143aを通過する光を検出したときから、他端の孔143cを通過する光を検出したときまでの時間と、孔143aと孔143cとの間の距離とによって、遮光部材140の移動速度を求めることができる。求められた速度は、即ち、メインボタン110の操作速度である。メインボタン110の操作速度の求め方の詳細については、図21にて後述する。   A time from when the light receiving unit 106a of the photosensor 106 detects light passing through the hole 143a at one end to when detecting light passing through the hole 143c at the other end when the main button 110 is pressed; The moving speed of the light shielding member 140 can be obtained from the distance between the hole 143a and the hole 143c. The obtained speed is the operation speed of the main button 110. Details of how to obtain the operation speed of the main button 110 will be described later with reference to FIG.
なお、例えば、遮光部142に単一の孔143aだけが形成された場合には、遮光部142の端部142aから孔143aまでの距離と、端部142aがフォトセンサ106を遮光状態に切り換えてから孔143aが通光状態に切り換えるまでの時間とによって、メインボタン110の操作速度を求めることができる。よって、孔143a〜143cの個数は、複数個であることが望ましいが、一個以上であればよい。   For example, when only the single hole 143a is formed in the light shielding portion 142, the distance from the end 142a of the light shielding portion 142 to the hole 143a and the end 142a switches the photosensor 106 to the light shielding state. The operating speed of the main button 110 can be obtained from the time until the hole 143a is switched to the light-transmitting state. Therefore, the number of holes 143a to 143c is preferably plural, but may be one or more.
また、孔143aと孔143bとの間の距離と、孔143bと孔143cとの間の距離とによって、メインボタン110の加速度を求めることも可能である。   Further, the acceleration of the main button 110 can be obtained from the distance between the hole 143a and the hole 143b and the distance between the hole 143b and the hole 143c.
次に、図8を参照して、遮光部材140における押圧部144の作用について説明する。   Next, the operation of the pressing portion 144 in the light shielding member 140 will be described with reference to FIG.
図8(a)に示す状態は、メインボタン110が操作されておらず、メインボタンバネ114(図4参照)によってメインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130から離間する方向へ付勢されている状態である。   In the state shown in FIG. 8A, the main button 110 is not operated, and the main button lens 114 and the reflector 113 are urged away from the switch board 130 by the main button spring 114 (see FIG. 4). It is in a state.
メインボタン110が操作されていないときには、遮光部材140は、スイッチ基板130から離間した位置にあるため、プッシュボタン131は、押下されていない。   When the main button 110 is not operated, the push button 131 is not pressed because the light shielding member 140 is located away from the switch board 130.
図8(b)に示す状態は、メインボタン110が遊技者によって押下され、メインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130に近接する方向に移動した状態である。   The state shown in FIG. 8B is a state in which the main button 110 is pressed by the player and the main button lens 112 and the reflector 113 are moved in the direction approaching the switch board 130.
メインボタン110が押下されると、メインボタン110のストローク量に伴って遮光部材140がスイッチ基板130に近づく。やがて、メインボタン110が完全に押下されると、遮光部材140の押圧部144がプッシュボタン131に当接し、プッシュボタン131は、押圧部144によって押下されることとなる(図8(b)に示す状態)。メインボタン110が所定の速度より速く押下され、プッシュボタン131が押下されたときには、ラッチングソレノイド107を作動して遮光部材140は固定される。   When the main button 110 is pressed, the light shielding member 140 approaches the switch board 130 according to the stroke amount of the main button 110. Eventually, when the main button 110 is completely pressed, the pressing portion 144 of the light shielding member 140 comes into contact with the push button 131, and the push button 131 is pressed by the pressing portion 144 (see FIG. 8B). State shown). When the main button 110 is pressed faster than a predetermined speed and the push button 131 is pressed, the latching solenoid 107 is operated to fix the light shielding member 140.
したがって、プッシュボタン131を設けることによって、メインボタン110が最大ストロークまで押下されたことを確実に検出することが可能であり、ラッチングソレノイド107による遮光部材140の固定を確実に行うことが可能である。   Therefore, by providing the push button 131, it is possible to reliably detect that the main button 110 has been pressed down to the maximum stroke, and it is possible to reliably fix the light shielding member 140 by the latching solenoid 107. .
次に、図9及び図10を参照して、ラッチングソレノイド107の作用について説明する。   Next, the operation of the latching solenoid 107 will be described with reference to FIGS.
図9に示す状態は、メインボタン110が操作されておらず、メインボタンバネ114(図4参照)によってメインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130から離間する方向へ付勢されている状態である。   The state shown in FIG. 9 is a state in which the main button 110 is not operated and the main button lens 112 and the reflector 113 are urged away from the switch board 130 by the main button spring 114 (see FIG. 4). is there.
メインボタン110が操作されていないときには、遮光部材140は、スイッチ基板130から離間した位置にあるため、ラッチングソレノイド107も動作しておらず、ロッド107aは退避している。   When the main button 110 is not operated, the light shielding member 140 is located away from the switch board 130, so that the latching solenoid 107 is not operated and the rod 107a is retracted.
図10に示す状態は、メインボタン110が遊技者によって完全に押下され、メインボタンレンズ112及びリフレクタ113が移動して、スイッチ基板130のプッシュボタン131に当接した状態である。   The state shown in FIG. 10 is a state in which the main button 110 is completely pressed by the player, the main button lens 112 and the reflector 113 are moved, and are in contact with the push button 131 of the switch board 130.
メインボタン110が完全に押下されると、遮光部材140の押圧部144がプッシュボタン131に当接し、プッシュボタン131は、押圧部144によって押下される(図10(b)に示す状態)。このとき、所定の条件のもとでラッチングソレノイド107のロッド107aが進出し、プッシュボタン131との間で押圧部144を保持する。   When the main button 110 is completely pressed, the pressing portion 144 of the light shielding member 140 contacts the push button 131, and the push button 131 is pressed by the pressing portion 144 (the state shown in FIG. 10B). At this time, the rod 107a of the latching solenoid 107 advances under a predetermined condition, and holds the pressing portion 144 with the push button 131.
これにより、遊技者がメインボタン110の操作を止めてメインボタンバネ114(図4参照)の付勢力がメインボタンレンズ112及びリフレクタ113に作用しても、メインボタン110はスイッチ基板130から離間せず、完全に押下された状態で固定される。よって、遊技者によるメインボタン110の操作が不能になる。このラッチングソレノイド107のロッド107aが進出する条件については、後で詳細に説明する。   Thus, even if the player stops the operation of the main button 110 and the urging force of the main button spring 114 (see FIG. 4) acts on the main button lens 112 and the reflector 113, the main button 110 is separated from the switch board 130. Instead, it is fixed in a fully depressed state. Therefore, the player cannot operate the main button 110. The condition for the rod 107a of the latching solenoid 107 to advance will be described in detail later.
次に、図11を参照して、遊技機1の遊技制御装置500を中心とする制御系について説明する。   Next, a control system centered on the game control device 500 of the gaming machine 1 will be described with reference to FIG.
遊技制御装置500は、遊技を統括的に制御する主制御装置(主基板)である。遊技制御装置500には、電源装置300、払出制御装置580、及び演出制御装置550が接続される。遊技制御装置500は、払出制御装置580や演出制御装置550(図13参照)に制御信号(コマンド)を送信し、各種処理の実行を指示する。遊技制御装置500には、さらに、各種スイッチや制御対象のソレノイドなどが接続される。   The game control device 500 is a main control device (main board) that comprehensively controls games. A power supply device 300, a payout control device 580, and an effect control device 550 are connected to the game control device 500. The game control device 500 transmits a control signal (command) to the payout control device 580 and the effect control device 550 (see FIG. 13) to instruct execution of various processes. The game control device 500 is further connected to various switches and solenoids to be controlled.
遊技制御装置500は、各種演算処理を行うCPU部510、各種信号の入力を受け付ける入力部520、及び、各種信号やコマンドを出力する出力部530を備える。CPU部510、入力部520及び出力部530は、互いにデータバス540によって接続される。以下、各部の構成について説明する。   The game control device 500 includes a CPU unit 510 that performs various arithmetic processes, an input unit 520 that receives input of various signals, and an output unit 530 that outputs various signals and commands. The CPU unit 510, the input unit 520, and the output unit 530 are connected to each other by a data bus 540. Hereinafter, the configuration of each unit will be described.
入力部520は、遊技盤30等に備えられた各種スイッチから入力された信号や払出制御装置580から入力された信号を受け付ける。入力部520に入力された信号は、データバス540を介してCPU部510に送信される。   The input unit 520 accepts signals input from various switches provided in the game board 30 and the like and signals input from the payout control device 580. A signal input to the input unit 520 is transmitted to the CPU unit 510 via the data bus 540.
また、入力部520には、近接インターフェース(I/F)521及びポート522(522a、522b)を備える。   The input unit 520 includes a proximity interface (I / F) 521 and ports 522 (522a and 522b).
近接I/F521は、各種スイッチからの入力信号を受け付け、受け付けられた入力信号を変換してポート522aに出力するインターフェースである。近接I/F521に信号を入力する各種スイッチには、例えば、始動口SW(第1始動口SW37d、第2始動口SW38d)、普図始動ゲートSW34b、入賞口SW44a〜44m、及びカウントSW42dが含まれる。以下、これらのスイッチについて説明する。   The proximity I / F 521 is an interface that receives input signals from various switches, converts the received input signals, and outputs the converted signals to the port 522a. The various switches for inputting signals to the proximity I / F 521 include, for example, a start port SW (first start port SW37d, second start port SW38d), a normal start gate SW34b, winning ports SW44a to 44m, and a count SW42d. It is. Hereinafter, these switches will be described.
第1始動口SW37dは、第1始動入賞口37aに遊技球が入賞したことを検出するスイッチである。第2始動口SW38dは、第2始動入賞口37bに遊技球が入賞したことを検出するスイッチである。普図始動ゲートSW34bは、普図始動ゲート39を遊技球が通過したことを検出するスイッチである。   The first start port SW37d is a switch that detects that a game ball has won the first start winning port 37a. The second start port SW38d is a switch that detects that a game ball has won the second start winning port 37b. The normal start gate SW34b is a switch for detecting that a game ball has passed through the normal start gate 39.
また、始動口SW(第1始動口SW37d、第2始動口SW38d)による検出信号は、ポート522aの他、後述する反転回路512を介して遊技用マイコン511に入力される。これは、遊技用マイコン511の信号入力端子が、ロウレベルを有効レベルとして検知するように設計されているためである。   In addition, the detection signal from the start port SW (the first start port SW37d and the second start port SW38d) is input to the gaming microcomputer 511 through the inversion circuit 512 described later in addition to the port 522a. This is because the signal input terminal of the gaming microcomputer 511 is designed to detect the low level as an effective level.
カウントSW42dは、大入賞口36,38に入賞した遊技球を検出するスイッチである。遊技球の入賞が検出されると、入賞した遊技球の数をカウントし、カウントされた遊技球の数を遊技制御装置500に備えられたメモリに記憶する。入賞口SW44a〜44mは、一般入賞口44に遊技球が入賞したことを検出するスイッチである。   The count SW 42d is a switch that detects a game ball that has won a prize winning opening 36, 38. When a winning game ball is detected, the number of winning game balls is counted, and the counted number of gaming balls is stored in a memory provided in the game control device 500. The winning opening SWs 44 a to 44 m are switches for detecting that a game ball has won the general winning opening 44.
また、近接I/F521に入力される信号の電圧は所定の範囲内となっているため、近接I/F521に含まれるICによって、近接スイッチのリード線の断線、ショート、電圧値異常などを検出することが可能となっている。近接I/F521は、これらの機能によって異常を検出すると、異常検知出力端子から異常を示す信号が出力する。   In addition, since the voltage of the signal input to the proximity I / F 521 is within a predetermined range, the IC included in the proximity I / F 521 detects disconnection of the lead wire of the proximity switch, short circuit, voltage value abnormality, etc. It is possible to do. When the proximity I / F 521 detects an abnormality by these functions, a signal indicating the abnormality is output from the abnormality detection output terminal.
さらに、近接I/F521に入力される信号は接続されるスイッチのコネクタの着脱によって出力値(ON/OFF)が切り替わってしまうため、近接I/F521は、スイッチが接続されていない場合であっても出力を一定に維持することが可能となっている。   Further, since the output value (ON / OFF) of the signal input to the proximity I / F 521 is switched by attaching / detaching the connector of the connected switch, the proximity I / F 521 is a case where the switch is not connected. Also, the output can be kept constant.
ポート522は、近接I/F521を介して入力された信号を受け付けたり、外部から入力された信号を直接受け付けたりする。ポート522はデータバス540に接続され、ポート522に入力された情報はデータバス540を介してCPU部510などに供給される。   The port 522 receives a signal input via the proximity I / F 521 or directly receives a signal input from the outside. The port 522 is connected to the data bus 540, and information input to the port 522 is supplied to the CPU unit 510 and the like via the data bus 540.
また、ポート522に直接信号を入力するスイッチには、例えば、磁気センサSW39a、振動センサSW39b、前面枠開放検出SW3b、及びガラス枠開放検出SW18bが含まれる。以下、これらのスイッチについて説明する。   The switches that directly input signals to the port 522 include, for example, a magnetic sensor SW39a, a vibration sensor SW39b, a front frame opening detection SW3b, and a glass frame opening detection SW18b. Hereinafter, these switches will be described.
ガラス枠開放検出SW18bは、例えば、ガラス枠6の裏面に設けられ、ガラス枠6が開放されたことを検出する。ガラス枠開放検出SW18bは、ガラス枠6が前面枠5から開放されるとオンに設定され、ガラス枠6が前面枠5に閉止されるとオフに設定される。   The glass frame open detection SW 18b is provided on the back surface of the glass frame 6, for example, and detects that the glass frame 6 has been opened. The glass frame open detection SW 18b is set to ON when the glass frame 6 is released from the front frame 5, and is set to OFF when the glass frame 6 is closed to the front frame 5.
同様に、前面枠開放検出SW3bは、前面枠5が開放されたことを検出する。前面枠開放検出SW3bは、前面枠5が本体枠2から開放されるとオンに設定され、前面枠5が本体枠2に閉止されるとオフに設定される。   Similarly, the front frame opening detection SW 3b detects that the front frame 5 has been opened. The front frame opening detection SW 3 b is set to ON when the front frame 5 is released from the main body frame 2, and is set to OFF when the front frame 5 is closed to the main body frame 2.
磁気センサSW39aは、発射された遊技球の軌道を磁石によって操作する不正行為を検出するために磁力を検出する。振動センサSW39bは、遊技機1を振動させる不正行為を検出するために遊技機1の振動を検出する。   The magnetic sensor SW39a detects a magnetic force in order to detect an illegal act of manipulating the trajectory of the launched game ball with a magnet. The vibration sensor SW39b detects the vibration of the gaming machine 1 in order to detect an illegal act that vibrates the gaming machine 1.
なお、払出制御装置580から出力される信号についても同様に、ポート522に直接入力される。   Similarly, a signal output from the payout control device 580 is also directly input to the port 522.
CPU部510は、遊技用マイコン(遊技用演算処理装置)511、反転回路512、及び水晶発振器513を含む。   The CPU unit 510 includes a game microcomputer (game arithmetic processing device) 511, an inversion circuit 512, and a crystal oscillator 513.
遊技用マイコン511は、CPU5111、ROM(Read Only Memory)5112及びRAM(Random Access Memory)5113を備える。   The gaming microcomputer 511 includes a CPU 5111, a ROM (Read Only Memory) 5112, and a RAM (Random Access Memory) 5113.
遊技用マイコン511は、入力部520を介して入力された信号に基づいて、ROM5112に記憶されたプログラムを実行することによって、大当り抽選など各種処理を実行する。   The gaming microcomputer 511 executes various processes such as a big win lottery by executing a program stored in the ROM 5112 based on a signal input via the input unit 520.
また、遊技用マイコン511は、出力部530を介して、状態表示器42、普電ソレノイド38b、大入賞口ソレノイド42b、演出制御装置550及び払出制御装置580などに指令信号(コマンド)を送信することによって遊技全体を統括的に制御する。なお、遊技用マイコン511は、チップセレクトで信号を入力又は出力するポートを選択している。   In addition, the gaming microcomputer 511 transmits a command signal (command) to the status indicator 42, the main power solenoid 38 b, the special prize opening solenoid 42 b, the effect control device 550, the payout control device 580, and the like via the output unit 530. The overall game is controlled by this. Note that the gaming microcomputer 511 selects a port for inputting or outputting a signal by chip select.
ROM5112は、不揮発性の記憶媒体であり、遊技制御のための不変の情報(プログラム、データ等)を記憶する。RAM5113は、揮発性の記憶媒体であり、遊技制御に必要な情報(例えば、乱数値など)を一時的に記憶するワークエリアとして利用される。   The ROM 5112 is a non-volatile storage medium and stores invariant information (program, data, etc.) for game control. The RAM 5113 is a volatile storage medium, and is used as a work area for temporarily storing information (for example, random number values) necessary for game control.
反転回路512は、近接I/F521を介して入力された信号(始動入賞検出信号)の論理値を反転させ、遊技用マイコン511に入力する。水晶発振器513は、タイマ割込み、システムクロック信号、大当り抽選などを行うためのハード乱数の動作クロック源となっている。本発明の実施の形態では、20.0000MHzの周波数となっている。なお、ハード乱数の動作クロック源として、別の水晶発振器を接続するようにしてもよい。   The inverting circuit 512 inverts the logical value of the signal (start winning detection signal) input via the proximity I / F 521 and inputs the inverted logic value to the gaming microcomputer 511. The crystal oscillator 513 is a hard random number operating clock source for performing timer interrupts, system clock signals, jackpot lottery, and the like. In the embodiment of the present invention, the frequency is 20.0000 MHz. Note that another crystal oscillator may be connected as a hard random number operation clock source.
出力部530は、ポート531、バッファ532、ドライバ533、及びフォトカプラ(外部通信端子)534を備える。   The output unit 530 includes a port 531, a buffer 532, a driver 533, and a photocoupler (external communication terminal) 534.
ポート531は、データバス540を介して入力された情報を受け付ける。バッファ532は、データバス540を介して入力された情報を一時的に保持する。ドライバ533は、ポート531を介して入力される制御信号から各種駆動信号を生成して各表示器等に出力する。   The port 531 receives information input via the data bus 540. The buffer 532 temporarily holds information input via the data bus 540. The driver 533 generates various drive signals from the control signal input via the port 531 and outputs them to each display.
フォトカプラ534は、検査装置機592に接続され、入出力される各信号からノイズを除去し、信号の波形を整形する。検査装置機592との間は、シリアル通信によって情報が送受信される。   The photocoupler 534 is connected to the inspection apparatus 592, removes noise from each input / output signal, and shapes the waveform of the signal. Information is transmitted to and received from the inspection device 592 by serial communication.
ここで、出力部530から出力される信号についてさらに説明する。   Here, the signal output from the output unit 530 will be further described.
払出制御装置580には、ポート531aを介してパラレル通信によってCPU部510から出力された情報が送信される。払出制御装置580に対しては、片方向通信を担保する必要がないため、ポート531aから払出制御装置580の払出制御基板に情報(払出コマンド)が直接送信される。   Information output from the CPU unit 510 by parallel communication is transmitted to the payout control device 580 via the port 531a. Since there is no need to secure one-way communication to the payout control device 580, information (payout command) is directly transmitted from the port 531a to the payout control board of the payout control device 580.
演出制御装置550には、ポート531aを介してデータの有効/無効を示す1bitのデータストローブ信号(SSTB)がバッファ532aに出力され、ポート531bを介して8bitのデータ信号がバッファ532aに出力される。そして、バッファ532aから8+1bitの信号(サブコマンド)がパラレル通信で出力される。バッファ532aは、演出制御装置550から遊技制御装置500に信号を送信できないようにして片方向通信を担保するために設けられている。   The effect control device 550 outputs a 1-bit data strobe signal (SSTB) indicating the validity / invalidity of data to the buffer 532a via the port 531a, and outputs an 8-bit data signal to the buffer 532a via the port 531b. . Then, an 8 + 1 bit signal (subcommand) is output from the buffer 532a by parallel communication. The buffer 532a is provided to secure one-way communication so that a signal cannot be transmitted from the effect control device 550 to the game control device 500.
演出制御装置550に送信されるサブコマンドには、変動開始コマンド、客待ちデモコマンド、ファンファーレコマンド、確率情報コマンド、及びエラー指定コマンド等(メインコマンド)などの演出制御指令信号が含まれる。演出制御装置550は、入力された演出制御指令信号に基づいて指示された演出を実行する。   The subcommands transmitted to the effect control device 550 include effect control command signals such as a change start command, a customer waiting demo command, a fanfare command, a probability information command, and an error designation command (main command). The effect control device 550 executes an effect instructed based on the input effect control command signal.
大入賞口ソレノイド42b及び普電ソレノイド38bには、ポート531c及びドライバ533aを介して、CPU部510から出力された信号が入力される。普電ソレノイド38bは、第2始動入賞口37bの開閉部材37cを所定時間拡開するように動作させる。大入賞口ソレノイド42bは、大入賞口36,38が所定の時間だけ、遊技球を受け入れない閉状態(遊技者に不利な状態)から遊技球を受け入れやすい開状態(遊技者に有利な状態)にする。   The signal output from the CPU unit 510 is input to the special winning opening solenoid 42b and the general electric solenoid 38b via the port 531c and the driver 533a. The general electric solenoid 38b operates so as to expand the opening / closing member 37c of the second start winning prize opening 37b for a predetermined time. The big prize opening solenoid 42b is in an open state (a state advantageous to the player) from a closed state (a disadvantageous state for the player) in which the big prize openings 36 and 38 do not accept the game ball for a predetermined time. To.
状態表示器42には、状態表示器42や遊技状態LED12が含まれる。遊技制御装置500は、状態表示器42を制御するため信号を送信する。状態表示器42には、LEDのアノード端子が接続されているセグメント線のオン/オフデータがポート531c及びドライバ533bを介して出力され、LEDのカソード端子が接続されているデジット線のオン/オフデータがポート531d及びドライバ533cを介して出力される。   The status indicator 42 includes a status indicator 42 and a gaming status LED 12. The game control device 500 transmits a signal for controlling the status indicator 42. On / off data of the segment line connected to the anode terminal of the LED is output to the status indicator 42 via the port 531c and the driver 533b, and the digit line connected to the cathode terminal of the LED is turned on / off. Data is output via the port 531d and the driver 533c.
状態表示器42には、第1特図表示器、第2特図表示器及び普図表示器が含まれる。第1特図表示器及び第2特図表示器は、第1始動入賞口37a及び第2始動入賞口37bに対応する。また、第1特図表示器及び第2特図表示器は、特図変動表示ゲームの識別情報(特別図柄)の変動表示、及び特図始動記憶数(始動記憶数)の表示を行う。普図表示器は、普図変動表示ゲームの識別情報(普通図柄)の変動表示、及び普図始動記憶数の表示を行う。   The status indicator 42 includes a first special figure indicator, a second special figure indicator, and a universal figure indicator. The first special figure display and the second special figure display correspond to the first start winning opening 37a and the second starting winning opening 37b. In addition, the first special figure display and the second special figure display display the fluctuation display of the identification information (special symbol) of the special figure fluctuation display game and the special figure start memory number (start memory number). The universal map display displays a variation display of identification information (ordinary symbol) of the universal map variation display game and a display of the universal diagram start memory number.
遊技状態LED29は、遊技機の内部状態(確率)が変化した場合や異常等が検出された場合に信号を受信して遊技状態を報知する。   The gaming state LED 29 receives a signal and notifies the gaming state when the internal state (probability) of the gaming machine changes or when an abnormality or the like is detected.
外部情報端子508は、遊技制御装置500から遊技機データ(例えば、変動表示ゲームの開始を示すスタート信号、及び特別遊技状態(大当り)の発生を示す特賞信号等)を情報収集端末装置に出力するための端子である。遊技機データは、ポート531e及びドライバ533dを介して出力される。   The external information terminal 508 outputs gaming machine data (for example, a start signal indicating the start of a variable display game and a special prize signal indicating the occurrence of a special game state (big hit)) from the game control device 500 to the information collecting terminal device. It is a terminal for. The gaming machine data is output via the port 531e and the driver 533d.
また、遊技制御装置500には、所定機関で遊技機の型式試験を行うための試射試験装置591が接続されるコネクタ(図示せず)を備えるものがある。試射試験装置591には、始動口SW(37d、38d)、普図始動ゲートSW34b、入賞口SW44a〜44m、及びカウントSW42dから入力された信号や、大入賞口ソレノイド42b及び普電ソレノイド38bに出力される信号など、試験に必要な情報が中継基板590を介して入力される。なお、検査用でない量産販売用の遊技機には、試射試験装置591に信号を出力するためのバッファ532b及びコネクタは実装されない。   Some game control devices 500 include a connector (not shown) to which a test firing test device 591 for performing a type test of a gaming machine in a predetermined engine is connected. The test firing test apparatus 591 outputs signals input from the start port SW (37d, 38d), the normal start gate SW34b, the winning port SWs 44a to 44m, and the count SW 42d, and is output to the large winning port solenoid 42b and the general electric solenoid 38b. Information necessary for the test, such as a signal to be transmitted, is input via the relay board 590. Note that a buffer 532b and a connector for outputting a signal to the test firing test device 591 are not mounted on a mass-produced sales machine that is not for inspection.
遊技制御装置500は、シュミット回路541を介して電源装置300に接続されている。シュミット回路541は、電源の立ち上がり時や電源遮断時において、遊技機1の動作が不安定になることを防ぐために入力信号の揺らぎ(ノイズ)を除去する。シュミット回路541に入力される信号には、停電監視信号、初期化スイッチ信号、リセット信号が含まれる。以下、電源装置300及び電源装置300から遊技制御装置500に送信される信号について説明する。   The game control device 500 is connected to the power supply device 300 via the Schmitt circuit 541. The Schmitt circuit 541 removes fluctuation (noise) of the input signal in order to prevent the operation of the gaming machine 1 from becoming unstable when the power is turned on or when the power is turned off. The signals input to the Schmitt circuit 541 include a power failure monitoring signal, an initialization switch signal, and a reset signal. Hereinafter, the power supply device 300 and signals transmitted from the power supply device 300 to the game control device 500 will be described.
電源装置300は、電源回路などの通常電源310及びバックアップ電源320を備える。電源装置300には、さらに、図示しない停電監視回路が備えられている。   The power supply apparatus 300 includes a normal power supply 310 such as a power supply circuit and a backup power supply 320. The power supply apparatus 300 further includes a power failure monitoring circuit (not shown).
通常電源310は、DC32V、DC12V及びDC5Vの電源を備える。DC32Vは、各種ソレノイドを駆動させるための電源である。DC12Vは、近接I/F521のIC、フォトカプラ534、状態表示器42のLEDを駆動するためのドライバICに供給される電源である。DC5Vは、各種ICの電源、電源モニタ用LEDの電源として使用される。   The normal power supply 310 includes DC32V, DC12V, and DC5V power supplies. DC32V is a power source for driving various solenoids. DC12V is a power source supplied to a driver IC for driving the IC of the proximity I / F 521, the photocoupler 534, and the LED of the status indicator 42. DC5V is used as a power source for various ICs and a power source monitor LED.
バックアップ電源(DC5VBB1)320は、遊技用マイコン511のRAM5113に記憶された遊技データ(遊技情報、遊技制御情報(変動表示ゲームに関する情報等を含む))をバックアップするための電源として使用される。遊技制御装置500は、停電復旧後、RAM5113に保持された遊技データに基づいて、停電前の遊技状態に復旧させる。なお、バックアップ電源320は、遊技データを2〜3日以上保持させることが可能となっている。   The backup power source (DC5VBB1) 320 is used as a power source for backing up game data (game information, game control information (including information related to a variable display game, etc.)) stored in the RAM 5113 of the game microcomputer 511. The game control device 500 restores the gaming state before the power failure based on the game data held in the RAM 5113 after the power failure is restored. Note that the backup power source 320 can hold game data for two to three days or more.
通常電源のDC12V及びDC5V、バックアップ電源(DC5VBB1)320については、遊技制御装置500との間のラインノイズがフィルタ回路によって除去される。   With respect to the normal power supplies DC12V and DC5V, and the backup power supply (DC5VBB1) 320, the line noise between the game control device 500 is removed by the filter circuit.
図示しない停電監視回路では、電源基板にてDC12V及びDC5Vを生成するスイッチングレギュレータの入力電圧(保証DC32V)を監視する。検出した電圧がDC17.2V〜DC20.0Vのときに停電と判定し、停電監視信号が遊技制御装置500に入力される。このとき、シュミット回路541を経由して、入力部520のポート522に入力される。   A power failure monitoring circuit (not shown) monitors the input voltage (guaranteed DC 32 V) of the switching regulator that generates DC 12 V and DC 5 V on the power supply board. When the detected voltage is DC17.2V to DC20.0V, it is determined that there is a power failure, and a power failure monitoring signal is input to the game control device 500. At this time, the signal is input to the port 522 of the input unit 520 via the Schmitt circuit 541.
停電監視信号の出力後、停電監視回路は、リセット信号がシュミット回路541を経由して遊技制御装置500に出力される。具体的には、遊技用マイコン511及び出力部530の各ポート531に入力される。さらに、試射試験装置591に出力される。   After the power failure monitoring signal is output, the power failure monitoring circuit outputs a reset signal to the game control device 500 via the Schmitt circuit 541. Specifically, it is input to each port 531 of the gaming microcomputer 511 and the output unit 530. Further, it is output to the test firing test device 591.
遊技制御装置500は、停電検出信号を受け付けると所定の停電処理を行い、リセット信号を受け付けた後、CPU部510の動作を停止させる。   When the game control device 500 receives a power failure detection signal, the game control device 500 performs a predetermined power failure process, and after receiving a reset signal, stops the operation of the CPU unit 510.
また、電源装置300は、図示しない初期化スイッチを備えており、電源投入時に初期化スイッチがON状態(操作された状態)となっている場合に、シュミット回路541を介して、初期化スイッチ信号を入力部520のポート522に出力する。   The power supply device 300 also includes an initialization switch (not shown). When the initialization switch is in the ON state (operated state) when the power is turned on, the initialization switch signal is transmitted via the Schmitt circuit 541. Is output to the port 522 of the input unit 520.
続いて、払出制御装置580について説明する。払出制御装置580は、遊技制御装置500との間で双方向に信号の入出力を行う。払出制御装置580は、遊技制御装置500によって入力された賞球指令信号に基づいて、図示しない払出ユニットを制御し、賞球を排出させる。また、図示しないカードユニットからの貸球要求信号に基づいて、払出ユニットの動作を制御し、貸球を排出させる。   Next, the payout control device 580 will be described. The payout control device 580 inputs and outputs signals to and from the game control device 500 in both directions. The payout control device 580 controls a payout unit (not shown) based on the prize ball command signal input by the game control device 500 to discharge the prize ball. Further, based on a ball rental request signal from a card unit (not shown), the operation of the payout unit is controlled to discharge the ball.
さらに、払出制御装置580は、球切れや故障などの障害が発生した場合には、遊技制御装置500に信号を出力する。具体的には、払出異常ステータス信号、シュート球切れSW信号、及びオーバーフローSW信号などである。   Further, the payout control device 580 outputs a signal to the game control device 500 when a failure such as a broken ball or a failure occurs. Specifically, a payout abnormality status signal, a shot ball cut SW signal, an overflow SW signal, and the like.
払出異常ステータス信号は、遊技媒体(遊技球)の払い出しが正常に行われていない場合に出力される信号である。払出シュート球切れSW信号は、払い出し前の遊技球が不足している場合に出力される信号である。オーバーフローSW信号は、下皿14に所定量以上の遊技球が貯留されている場合に出力される信号である。   The payout abnormality status signal is a signal that is output when the payout of the game medium (game ball) is not performed normally. The payout chute ball cut SW signal is a signal that is output when the number of game balls before payout is insufficient. The overflow SW signal is a signal output when a predetermined amount or more of game balls are stored in the lower plate 14.
次に、図12を参照して、遊技機1の演出制御装置550を中心とする制御系について説明する。   Next, with reference to FIG. 12, a control system centering on the effect control device 550 of the gaming machine 1 will be described.
演出制御装置550は、遊技制御装置500から送信された演出制御指令信号に基づいて、演出を制御する従属制御装置であり、当該演出制御指令信号に基づいて、遊技を演出する各装置(被制御装置)を制御する。各装置(被制御装置)による遊技を演出には、変動表示装置35の表示、装飾/演出装置による装飾光の発光、演出モータの駆動、及びスピーカー10による効果音の出力などが含まれる。また、異常を検知した場合、例えば、前面枠5やガラス枠6が開放された場合などにも、演出制御装置550によってスピーカー10から報知音(枠開放音)が出力される。   The production control device 550 is a subordinate control device that controls the production based on the production control command signal transmitted from the game control device 500, and each device that produces the game (controlled) based on the production control command signal. Device). The production of the game by each device (controlled device) includes display of the variable display device 35, emission of decoration light by the decoration / production device, driving of the production motor, output of sound effects by the speaker 10, and the like. In addition, when an abnormality is detected, for example, when the front frame 5 or the glass frame 6 is opened, a notification sound (frame opening sound) is output from the speaker 10 by the effect control device 550.
装飾/演出装置には、盤装飾装置10d、枠装飾装置18d、盤演出装置10f、及び枠演出装置18fが含まれる。また、スピーカー10には、上スピーカー10a及び下スピーカー10bが含まれる。   The decoration / production device includes a board decoration device 10d, a frame decoration device 18d, a board production device 10f, and a frame production device 18f. The speaker 10 includes an upper speaker 10a and a lower speaker 10b.
演出制御装置550は、さらに、演出ボタン100が操作されたことを検出する演出ボタンSW60a(操作検出手段)、及び演出モータを駆動源として動作する演出部材の初期位置等)を検出する演出モータSW59aが接続される。これらのスイッチから信号が入力されると、入力された信号に基づいて各種演出が実行される。   The effect control device 550 further includes an effect button SW60a (operation detection means) that detects that the effect button 100 has been operated, and an effect motor SW59a that detects an initial position of an effect member that operates using the effect motor as a drive source. Is connected. When signals are input from these switches, various effects are executed based on the input signals.
また、演出制御装置550は、遊技制御装置500と同様に、電源装置300から電力の供給を受ける。通常電源310から演出制御装置550に供給される電源には、遊技制御装置500供給されるものの他に、DC18V及びNDC24Vが含まれる。“NDC”は脈流(整流後の電圧であって且つ平滑化処理前の電圧)を表す。また、停電検出時などには、電源装置300からリセット信号が入力される。なお、演出制御装置550は遊技の結果(遊技価値の付与)に影響を及ぼすような情報が記憶されていないため、記憶内容を保持するためのバックアップ電源が供給されない構成となっている。   In addition, the effect control device 550 is supplied with power from the power supply device 300 in the same manner as the game control device 500. The power supplied from the normal power supply 310 to the effect control device 550 includes DC 18V and NDC 24V in addition to those supplied from the game control device 500. “NDC” represents a pulsating current (voltage after rectification and before smoothing). In addition, a reset signal is input from the power supply device 300 when a power failure is detected. The effect control device 550 is configured not to be supplied with a backup power for holding the stored contents because information that affects the game result (giving game value) is not stored.
以下、演出制御装置550の構成について具体的に説明する。   Hereinafter, the configuration of the effect control device 550 will be specifically described.
演出制御装置550は、CPU551、コマンドインターフェース(I/F)552、PROM553、CPU/VDP554、PROM/画像ROM555、VRAM556、信号変換回路557、音源LSI560、音声ROM561、アンプ回路562、装飾/演出装置を制御する制御回路(盤装飾LED制御回路10c、枠装飾LED制御回路18c、盤演出モータ制御回路10e、枠演出モータ制御回路18e、固定部材制御回路107c)、及びSW入力回路570を備える。   The production control device 550 includes a CPU 551, a command interface (I / F) 552, a PROM 553, a CPU / VDP 554, a PROM / image ROM 555, a VRAM 556, a signal conversion circuit 557, a sound source LSI 560, an audio ROM 561, an amplifier circuit 562, and a decoration / production device. A control circuit (board decoration LED control circuit 10c, frame decoration LED control circuit 18c, board effect motor control circuit 10e, frame effect motor control circuit 18e, fixing member control circuit 107c) to be controlled, and an SW input circuit 570 are provided.
CPU551は、視覚的な演出を行うCPU/VDP554、音声による演出を行う音源LSI560、及び遊技盤30又は前面枠5に配置された装飾/演出装置を制御する制御回路に指示を送信することによって、各種演出を実行する。   The CPU 551 transmits instructions to the CPU / VDP 554 that performs visual effects, the sound source LSI 560 that performs sound effects, and the control circuit that controls the decoration / effect device disposed on the game board 30 or the front frame 5. Perform various effects.
コマンドI/F552は、遊技制御装置500から送信された演出コマンドの入力を受け付けるためのインターフェースである。受け付けられた演出コマンドは、CPU551に通知される。   The command I / F 552 is an interface for receiving an input of an effect command transmitted from the game control device 500. The received effect command is notified to the CPU 551.
CPU551は、コマンドI/F552を介して遊技制御装置500からの入力されたコマンドに基づいて、各種演出を制御する。PROM553は、遊技制御のための不変の情報(プログラム、データ等)を記憶している。CPU551は、PROM553に格納された情報に基づいて各種演出を制御する。   The CPU 551 controls various effects based on the command input from the game control device 500 via the command I / F 552. The PROM 553 stores invariant information (program, data, etc.) for game control. The CPU 551 controls various effects based on information stored in the PROM 553.
CPU551には、遊技における演出制御に必要な情報を一時的に記憶するワークエリアとして利用されるRAM5511が備えられる。RAM5511は、CPU551の外部に備えられていてもよい。   The CPU 551 is provided with a RAM 5511 that is used as a work area for temporarily storing information necessary for effect control in the game. The RAM 5511 may be provided outside the CPU 551.
CPU/VDP554は、CPU551からの要求に応じて、主として、変動表示装置35に識別情報やキャラクタなどの画像を出力するなどの視覚的な演出に関する処理を行う演算装置である。   The CPU / VDP 554 is an arithmetic device that mainly performs processing related to visual effects such as outputting an image of identification information or a character to the variable display device 35 in response to a request from the CPU 551.
また、CPU/VDP554は、RAM5541及びスケーラ5542を備える。RAM5541は、演出制御に必要な情報を一時的に記憶するワークエリアとして利用される。スケーラ5542は、CPU/VDP554によって生成された1画素分の表示データを、複数画素で共通に使用することによって、表示データを拡大し、大画面の液晶パネルに画像を表示する。   The CPU / VDP 554 includes a RAM 5541 and a scaler 5542. The RAM 5541 is used as a work area for temporarily storing information necessary for effect control. The scaler 5542 enlarges the display data by using the display data for one pixel generated by the CPU / VDP 554 in common for a plurality of pixels, and displays an image on a large-screen liquid crystal panel.
CPU/VDP554には、画像データなどが記憶されたPROM/画像ROM555(演出データ記憶手段)が接続される。PROM/画像ROM555には、機種毎に共通の画像情報と、該当機種のシリーズ毎の画像情報が記憶される。また、CPU/VDP554には、画像処理に必要な情報を一時的に記憶するVRAM556が接続される。   The CPU / VDP 554 is connected to a PROM / image ROM 555 (effect data storage means) that stores image data and the like. The PROM / image ROM 555 stores common image information for each model and image information for each series of the corresponding model. The CPU / VDP 554 is connected to a VRAM 556 that temporarily stores information necessary for image processing.
また、CPU/VDP554は、CPU551に対して同期信号(VSYNC、HSYNC)を出力する。この同期信号によって、音声等による演出と変動表示装置35に出力される画像による演出との同期を取ることが可能になる。   Further, the CPU / VDP 554 outputs a synchronization signal (VSYNC, HSYNC) to the CPU 551. With this synchronization signal, it is possible to synchronize the production by sound or the like and the production by the image output to the fluctuation display device 35.
CPU/VDP554は、信号変換回路557を介して変動表示装置35に画像信号を出力する。信号変換回路557は、変動表示装置35の仕様にあわせて信号を変換する。また、同期信号(VSYNC、HSYNC)を出力することによって、画像が表示されるタイミングを他の演出処理などと同期させる。   The CPU / VDP 554 outputs an image signal to the variable display device 35 via the signal conversion circuit 557. The signal conversion circuit 557 converts the signal in accordance with the specification of the fluctuation display device 35. In addition, by outputting a synchronization signal (VSYNC, HSYNC), the timing at which an image is displayed is synchronized with other effects processing.
音源LSI560は、CPU551からの要求に応じて、音声ROM561に記憶された音声データに基づいて、効果音及び報知音などの音声信号を出力する。音声ROM561には、音声データが記憶されている。音源LSI560から出力された音声信号は、アンプ回路562によって増幅され、スピーカー10から出力される。   The sound source LSI 560 outputs sound signals such as sound effects and notification sounds based on the sound data stored in the sound ROM 561 in response to a request from the CPU 551. Audio data is stored in the audio ROM 561. The audio signal output from the sound source LSI 560 is amplified by the amplifier circuit 562 and output from the speaker 10.
スピーカー10には、上スピーカー10a及び下スピーカー10bが含まれる。また、アンプ回路562には、各スピーカーに対応して、上スピーカー用のアンプ回路562a及び下スピーカー用のアンプ回路562bが含まれる。   The speaker 10 includes an upper speaker 10a and a lower speaker 10b. The amplifier circuit 562 includes an upper speaker amplifier circuit 562a and a lower speaker amplifier circuit 562b corresponding to each speaker.
CPU551は、各種装飾/演出装置を制御する制御回路にアドレスバス/データバス559を介して接続する。CPU551は、各種装飾/演出装置を制御する制御回路に制御信号を出力し、各種装飾/演出装置を制御する。   The CPU 551 is connected to a control circuit that controls various decoration / production devices via an address bus / data bus 559. The CPU 551 outputs a control signal to a control circuit that controls the various decoration / effect devices, and controls the various decoration / effect devices.
次に、図13及び図14を参照して、遊技制御装置500におけるメイン処理の手順について説明する。   Next, with reference to FIG.13 and FIG.14, the procedure of the main process in the game control apparatus 500 is demonstrated.
メイン処理は、遊技機に電源が投入された場合又は停電から復旧した場合に遊技制御装置500の遊技用マイコン511によって実行される。メイン処理は、電源投入時に1回だけ実行される初期化のための処理、メインループ処理(遊技機が通常稼動している状態における処理)、及び停電発生時の処理を含んでいる。   The main process is executed by the gaming microcomputer 511 of the gaming control device 500 when the gaming machine is powered on or restored from a power failure. The main process includes a process for initialization that is executed only once when the power is turned on, a main loop process (a process in a state where the gaming machine is normally operating), and a process when a power failure occurs.
遊技制御装置500は、メイン処理が開始されると、最初に、初期化処理を実行する。具体的には、初期化処理において、遊技制御装置500は、まず、外部からの割込みを禁止し(S1301)、割込みベクタ(S1302)及びスタックポインタをセットする(S1303)。さらに、割込みモードの設定(S1304)を行い、払出基板の起動までのディレイ時間(例えば、4ミリ秒)の経過を待ち(S1305)、遊技用マイコン511のRAM5113へのアクセス許可を行う(S1306)。その後、全出力ポートをOFFに設定し(S1307)、シリアルポートを設定する(S1308)。   When the main process is started, the game control device 500 first executes an initialization process. Specifically, in the initialization process, the game control device 500 first prohibits an external interrupt (S1301), and sets an interrupt vector (S1302) and a stack pointer (S1303). Further, an interrupt mode is set (S1304), a delay time (for example, 4 milliseconds) until the start-up of the payout board is waited (S1305), and the access to the RAM 5113 of the gaming microcomputer 511 is permitted (S1306). . Thereafter, all output ports are set to OFF (S1307), and serial ports are set (S1308).
遊技制御装置500は、続いて、停電復旧処理を実行する。停電復旧処理では、まず、初期化スイッチ信号がオンか否かを判定し(S1309)、初期化スイッチ信号がオンでない場合、停電検査領域をチェックする(S1310)。これらの処理によって前回の電源遮断の原因が通常の電源遮断であるか停電による電源遮断であるかを判定し(S1311)、停電による電源遮断である場合には、停電復旧処理を実行する。なお、通常の電源遮断である場合には、遊技用マイコン511のRAM5113の記憶内容をクリアし(S1332)、あらかじめ定義されている初期値を設定し(S1333)、電源投入時のコマンドを送信する(S1334)といった、通常の電源投入処理を実行し、その後、S1320へ進む。   Next, the game control device 500 executes a power failure recovery process. In the power failure recovery process, first, it is determined whether or not the initialization switch signal is on (S1309). If the initialization switch signal is not on, the power failure inspection area is checked (S1310). With these processes, it is determined whether the cause of the previous power interruption is a normal power interruption or a power interruption due to a power failure (S1311). If the power is interrupted due to a power failure, a power failure recovery process is executed. In the case of a normal power shutdown, the stored contents of the RAM 5113 of the gaming microcomputer 511 are cleared (S1332), a predefined initial value is set (S1333), and a command at power-on is transmitted. A normal power-on process such as (S1334) is executed, and then the process proceeds to S1320.
停電復旧処理では、停電前の状態で遊技を再開するための処理が実行される。停電が発生すると、電源装置300のバックアップ電源320によって、遊技用マイコン511のRAM5113の記憶内容がバックアップされ、さらに、当該記憶内容に基づいて算出されたチェックサムが記憶される(S1312)。停電復旧処理では、記憶されたチェックサムに基づいて、遊技用マイコン511のRAM5113の記憶内容が正しいか否かを判定し(S1313)、記憶内容が正しければ、バックアップされた記憶内容に基づいて、停電発生前の状態に復旧させ(S1314)、エラー及び不正の監視に係る領域をリセットする(S1315)。   In the power failure recovery process, a process for restarting the game in the state before the power failure is executed. When a power failure occurs, the storage content of the RAM 5113 of the gaming microcomputer 511 is backed up by the backup power source 320 of the power supply device 300, and further the checksum calculated based on the storage content is stored (S1312). In the power failure recovery process, based on the stored checksum, it is determined whether or not the stored content of the RAM 5113 of the gaming microcomputer 511 is correct (S1313). If the stored content is correct, based on the backed up stored content, The state before the occurrence of the power failure is restored (S1314), and the area related to error and fraud monitoring is reset (S1315).
続いて、遊技制御装置500は、停電時に変動表示ゲームの結果が「当り」になる確率が高確率であったか否かを判定する(S1316)。停電したのが高確率時であった場合には、高確率を報知するフラグを設定するとともに(S1317)、高確率であることを放置するLEDを「ON」に設定する(S1318)。その後、S1319に進む。なお、停電したのが高確率時でなかった場合には、そのままS1319に進む。   Subsequently, the game control device 500 determines whether or not the probability that the result of the variable display game is “winning” at the time of a power failure is a high probability (S1316). If the power failure occurred at a high probability, a flag for informing the high probability is set (S1317), and the LED for leaving the high probability is set to “ON” (S1318). Then, it progresses to S1319. If the power failure is not at a high probability, the process proceeds to S1319.
次に、遊技制御装置500は、特図ゲーム処理番号に対応する停電復旧時のコマンドを送信する(S1319)。   Next, the game control device 500 transmits a power failure recovery command corresponding to the special figure game process number (S1319).
遊技制御装置500は、停電復旧処理の終了後、タイマ割込処理を実行するための割込みを所定のタイミング(例えば、1ミリ秒)で発生させるタイマであるカウンタICを起動させる(S1320)。そして、乱数回路の起動設定をし(S1321)、電源投入時のソフト乱数レジスタの値を初期値乱数としてセーブし(S1322)、割り込みを許可する(S1323)。   After completing the power failure recovery process, the game control apparatus 500 activates a counter IC that is a timer that generates an interrupt for executing a timer interrupt process at a predetermined timing (for example, 1 millisecond) (S1320). Then, activation of the random number circuit is set (S1321), the value of the soft random number register at the time of power-on is saved as an initial value random number (S1322), and interruption is permitted (S1323).
続いて、遊技制御装置500は、各種乱数の初期値となる初期値乱数を更新する(S1324)。これらの乱数には、特図変動表示ゲームの大当りを決定するための乱数(大当り乱数)、特図変動表示ゲームの大当り図柄を決定するための乱数(大当り図柄乱数)、普図変動表示ゲームの当たりを決定するための乱数(当り乱数)及び普図変動表示ゲームの当たり図柄を決定するための乱数に対応する初期値乱数が含まれる。   Subsequently, the game control device 500 updates initial value random numbers that are initial values of various random numbers (S1324). These random numbers include a random number for determining the big hit of the special figure variation display game (big hit random number), a random number for determining the big hit symbol of the special figure fluctuation display game (big hit symbol random number), An initial value random number corresponding to a random number for determining the winning (per random number) and a random number for determining the winning symbol of the normal game display game is included.
各種初期値乱数を更新する処理では、まず、割込みを禁止し、初期値乱数更新処理を実行して、各種初期値乱数を更新する。初期値乱数の更新後、割込みを許可する。このように初期値乱数を設定する際に割込みを禁止して、遊技制御装置500は、各種初期値乱数が更新されてからタイマ割込み処理が実行されるように制御する。   In the process of updating the various initial value random numbers, first, interrupts are prohibited and the initial value random number update process is executed to update the various initial value random numbers. Allow interrupts after updating the initial random number. As described above, when setting the initial value random number, the interrupt is prohibited, and the game control device 500 performs control so that the timer interrupt process is executed after various initial value random numbers are updated.
そして、遊技制御装置500は、停電が発生したか否かを判定する(S1325)。停電の発生を検出しなかった場合には(S1325の結果が「N」)、S1324の処理に戻り、以降の処理を順次実行する。   Then, the game control device 500 determines whether or not a power failure has occurred (S1325). If the occurrence of a power failure is not detected (the result of S1325 is “N”), the process returns to S1324, and the subsequent processes are sequentially executed.
遊技制御装置500は、停電の発生を検出した場合には(S1325の結果が「Y」)、停電処理を実行する。なお、停電発生時には、バックアップ電源320によって、以下に示す停電処理を実行するために必要な電力が供給されている。   When the occurrence of a power failure is detected (result of S1325 is “Y”), the game control device 500 executes a power failure process. When a power failure occurs, the backup power supply 320 supplies power necessary for executing the power failure process described below.
停電処理では、遊技制御装置500は、まず、割込みを禁止し(S1326)、すべての出力ポートをOFFに設定する(S1327)。続いて、停電検査領域をクリアし、停電検査領域に停電検査領域チェックデータ(停電フラグ)を保存する(S1328)。さらに、電源遮断時の遊技用マイコン511のRAM5113の記憶内容に基づいてチェックサムを算出して記録する(S1329,S1330)。最後に、遊技用マイコン511のRAM5113へのアクセスを禁止し(S1331)、遊技機1の電源が遮断されるまで待機する。   In the power failure process, the game control device 500 first prohibits interruption (S1326) and sets all output ports to OFF (S1327). Subsequently, the power failure inspection area is cleared, and the power failure inspection area check data (power failure flag) is stored in the power failure inspection area (S1328). Further, a checksum is calculated and recorded based on the stored contents of the RAM 5113 of the gaming microcomputer 511 at the time of power-off (S1329, S1330). Finally, access to the RAM 5113 of the gaming microcomputer 511 is prohibited (S1331), and the system waits until the power of the gaming machine 1 is cut off.
次に、図15を参照して、遊技制御装置500におけるタイマ割込処理の手順について説明する。   Next, with reference to FIG. 15, the procedure of the timer interruption process in the game control apparatus 500 is demonstrated.
遊技制御装置500では、メイン処理のS1320の処理で起動される割込みタイマによって、所定時間周期(例えば、1ミリ秒周期)でタイマ割込みが発生する。遊技制御装置500は、タイマ割込みが発生すると、以下に示すタイマ割込み処理を実行する。ただし、タイマ割込み処理(S1501〜S1515)は、タイマ割込み発生毎に必ずしもすべての実行が完了しなくてもよい。   In the game control apparatus 500, a timer interrupt is generated at a predetermined time period (for example, 1 millisecond period) by the interrupt timer activated in the process of S1320 of the main process. When a timer interrupt occurs, the game control device 500 executes a timer interrupt process shown below. However, the timer interrupt processing (S1501 to S1515) does not necessarily have to be completed every time a timer interrupt occurs.
遊技制御装置500は、まず、遊技用マイコン511のレジスタを退避させ(S1501)、入出力処理を実行する(S1502、S1503)。入出力処理には、出力部530を介して、演出制御装置550及び払出制御装置580に遊技制御に関する情報を出力し、遊技機における遊技データを収集する情報収集端末装置(図示せず)に遊技データを出力する出力処理と、入力部520を介して入力される各種センサやスイッチ等からの信号にチャタリング除去等の処理を行い、入力情報を確定させる入力処理が含まれる。   The game control device 500 first saves the register of the game microcomputer 511 (S1501) and executes input / output processing (S1502, S1503). In the input / output process, information related to game control is output to the effect control device 550 and the payout control device 580 via the output unit 530, and the game is sent to an information collection terminal device (not shown) that collects game data in the gaming machine. Output processing for outputting data and input processing for performing processing such as chattering removal on signals from various sensors and switches input via the input unit 520 to determine input information are included.
遊技制御装置500は、次に、各種コマンドを演出制御装置550及び払出制御装置580に送信するコマンド送信処理を行う(S1504)。具体的には、特図変動表示ゲームにおける識別情報の変動パターンを指定する変動パターン指定コマンド、及び停電から復旧した場合に演出制御装置550に停電復旧処理を実行させる停電復旧コマンドを演出制御装置550に送信したり、払出装置から払い出す賞球数を指定する賞球コマンドを払出制御装置580に送信したりする。   Next, the game control device 500 performs command transmission processing for transmitting various commands to the effect control device 550 and the payout control device 580 (S1504). Specifically, the effect control device 550 includes a change pattern designation command for specifying the change pattern of the identification information in the special figure change display game, and a power failure recovery command for causing the effect control device 550 to execute the power failure recovery process when the power failure is recovered. Or a prize ball command specifying the number of prize balls to be paid out from the payout device is sent to the payout control device 580.
次に、遊技制御装置500は、大当り乱数及び当り乱数にランダム性を付与するために大当り乱数カウンタ及び当り乱数カウンタの値を1ずつ加算する乱数更新処理を実行する(S1505)。なお、乱数更新処理では、停止図柄を決定する大当り図柄乱数カウンタや当り図柄乱数カウンタの値にも1ずつ加算する。   Next, the game control device 500 executes a random number update process for adding one to the big hit random number counter and the value of the big hit random number counter in order to add randomness to the big hit random number and the random number (S1505). In addition, in the random number update process, one is added to the value of the big hit symbol random number counter or the hit symbol random number counter that determines the stop symbol.
次に、遊技制御装置500は、大当り乱数及び当り乱数等の初期値乱数を更新する処理である初期値乱数更新処理を実行する。そして、遊技制御装置500は、特図変動表示ゲームを進行させる際の演出又は装飾(変動パターンや停止図柄等)にランダム性を付与するための演出決定用乱数カウンタの値を1ずつ加算する乱数更新処理を実行する(S1506)。   Next, the game control device 500 executes an initial value random number update process which is a process for updating the initial value random numbers such as the big hit random numbers and the hit random numbers. Then, the game control device 500 adds one by one the value of the effect determination random number counter for imparting randomness to the effect or decoration (variation pattern, stop symbol, etc.) when the special figure variation display game is advanced. Update processing is executed (S1506).
次に、遊技制御装置500は、第1始動口SW37d、第2始動口SW38d又は入賞口SW44a〜44mによる検出信号の入力を監視する入賞口スイッチ監視処理を実行し、さらに、遊技機1における異常の発生を監視するエラー監視処理を実行する(S1507)。この場合の異常とは、不正行為や遊技機1の故障などである。不正行為には、例えば、第2始動入賞口37b等に遊技球を入賞させるために、遊技者が遊技機に磁石を近づけて遊技球の進路を変える磁石不正がある。磁石不正は、図7に示した磁気センサSW39aによって検出される。異常の発生を検出した場合には、スピーカー10から報知音を出力したり、遊技状態LED29を点灯させたりするなどして報知させる。   Next, the game control device 500 executes a winning opening switch monitoring process for monitoring the detection signal input from the first starting opening SW37d, the second starting opening SW38d, or the winning openings SW44a to 44m, and further the abnormality in the gaming machine 1 An error monitoring process for monitoring occurrence of the error is executed (S1507). The abnormality in this case is an illegal act or a failure of the gaming machine 1. The cheating includes, for example, a magnet fraud that changes the course of the game ball by allowing the player to bring the magnet close to the gaming machine in order to win the game ball in the second start winning opening 37b or the like. The magnet fraud is detected by the magnetic sensor SW39a shown in FIG. When the occurrence of an abnormality is detected, a notification sound is output from the speaker 10 or the gaming state LED 29 is turned on to notify the user.
さらに、S1507のエラー監視処理で検出される不正行為には、遊技者によってガラス枠6や前面枠5が開放される開放不正が含まれる。開放不正は、前述のように、ガラス枠開放検出SW18bや前面枠開放検出SW3bなどによって検出される。   Furthermore, the fraud detected in the error monitoring process of S1507 includes an open fraud in which the glass frame 6 and the front frame 5 are opened by the player. As described above, the opening fraud is detected by the glass frame opening detection SW 18b, the front frame opening detection SW 3b, or the like.
遊技制御装置500は、特図変動表示ゲームの進行を制御する特図ゲーム処理(S1508)、普図変動表示ゲームの進行を制御する普図ゲーム処理(S1509)を実行する。   The game control device 500 executes a special figure game process (S1508) for controlling the progress of the special figure variation display game and a general figure game process (S1509) for controlling the progression of the common figure variation display game.
続いて、遊技制御装置500は、状態表示器42のセグメントLEDに、特図変動表示ゲーム及び普図変動表示ゲームの結果を出力するためのパラメータを編集するセグメント編集処理を実行する(S1510)。   Subsequently, the game control device 500 executes a segment editing process for editing the parameters for outputting the results of the special figure fluctuation display game and the normal figure fluctuation display game to the segment LED of the status indicator 42 (S1510).
続いて、遊技制御装置500は、磁気エラーを監視する磁気エラー監視処理を実行する(S1511)。   Subsequently, the game control device 500 executes a magnetic error monitoring process for monitoring a magnetic error (S1511).
次に、遊技制御装置500は、外部情報端子508から出力する各種信号を編集する外部情報編集処理を実行する(S1512)。   Next, the game control device 500 executes an external information editing process for editing various signals output from the external information terminal 508 (S1512).
そして、遊技制御装置500は、タイマ割込み処理の要求をクリアする(S1513)。その後、一時退避されていたレジスタを復帰させ(S1514)、禁止設定されていた外部機器による割込み及びタイマ割込みを許可し(S1515)、メイン処理に復帰する。   Then, the game control device 500 clears the request for timer interrupt processing (S1513). After that, the temporarily saved register is restored (S1514), the interrupt and timer interrupt by the prohibited external device are permitted (S1515), and the process returns to the main process.
次に、図16を参照して、演出制御装置550におけるメイン処理の手順について説明する。   Next, with reference to FIG. 16, the procedure of the main process in the production control device 550 will be described.
本処理は、遊技機1に電源が投入されると、演出制御装置550のCPU551によって実行される処理である。   This process is a process executed by the CPU 551 of the effect control device 550 when the gaming machine 1 is powered on.
まず、演出制御装置550は、各種処理の実行に必要な初期値をRAM5511に設定する初期化処理を実行する(S1601)。続いて所定のタイミング(例えば、1ミリ秒)で割込みを発生させるための割込みタイマを起動させる(S1602)。割込みの発生タイミングで割込み処理が実行される。割込み処理の詳細については図17にて後述する。   First, the effect control device 550 executes an initialization process for setting initial values necessary for executing various processes in the RAM 5511 (S1601). Subsequently, an interrupt timer for generating an interrupt at a predetermined timing (for example, 1 millisecond) is started (S1602). Interrupt processing is executed at the timing of interrupt generation. Details of the interrupt processing will be described later with reference to FIG.
演出制御装置550は、遊技制御装置500から受信したメインコマンドを解析するメインコマンド解析処理を実行する(S1603)。   The effect control device 550 executes main command analysis processing for analyzing the main command received from the game control device 500 (S1603).
続いて、演出制御装置550は、演出ボタン100の操作態様監視処理を実行する(S1604)。具体的には、演出ボタン100のメインボタン110が遊技者によって押下される速度を監視し、検出した速度に応じて変動表示ゲームの演出を変更する。操作態様監視処理の詳細については図18にて後述する。   Subsequently, the effect control device 550 executes an operation mode monitoring process of the effect button 100 (S1604). Specifically, the speed at which the main button 110 of the effect button 100 is pressed by the player is monitored, and the effect of the variable display game is changed according to the detected speed. Details of the operation mode monitoring process will be described later with reference to FIG.
次に、演出制御装置550は、演出ボタン100の操作などによって実行される先読み演出を制御する先読み演出制御処理を実行する(S1605)。演出ボタン100の操作には、演出ボタン100を直接押圧することによって操作すること以外にも、人体検知センサなどを用いて検出される演出ボタン100に遊技者の身体の一部が接近した場合(例えば、遊技者の手が演出ボタン100に触れた場合)などを含むようにしてもよい。   Next, the effect control device 550 executes prefetch effect control processing for controlling the prefetch effect that is executed by operating the effect button 100 or the like (S1605). For the operation of the effect button 100, in addition to the operation by directly pressing the effect button 100, when a part of the player's body approaches the effect button 100 detected using a human body detection sensor or the like ( For example, the player's hand may touch the effect button 100).
続いて、特図変動表示ゲームの実行状況を管理するゲーム管理処理を実行する(S1606)。   Subsequently, a game management process for managing the execution status of the special figure variation display game is executed (S1606).
さらに、演出制御装置550は、変動表示装置35の表示画面を制御する表示制御処理を実行する(S1607)。続いて、スピーカー10から出力される音を制御する音制御処理を実行し(S1608)、さらに、装飾部材7の発光態様などを制御する装飾制御処理を実行する(S1609)。   Further, the effect control device 550 executes display control processing for controlling the display screen of the variable display device 35 (S1607). Subsequently, a sound control process for controlling the sound output from the speaker 10 is executed (S1608), and a decoration control process for controlling the light emission mode and the like of the decoration member 7 is executed (S1609).
演出制御装置550は、遊技機1における異常の発生を監視するエラー監視処理を実行する(S1610)。演出制御装置550に関わる異常の他に、遊技制御装置500からエラー報知を指示するコマンドを受信した場合などに、警報音の報知など所定の処理を実行する。   The effect control device 550 executes an error monitoring process for monitoring the occurrence of an abnormality in the gaming machine 1 (S1610). In addition to the abnormality related to the effect control device 550, when a command for instructing error notification is received from the game control device 500, a predetermined process such as alarm sound notification is executed.
最後に、演出制御装置550は、変動パターン及び停止図柄を決定するための乱数を更新するための乱数更新処理を実行し(S1611)、S1803の処理に戻る。以降、S1803からS1810までの処理を繰り返す。   Finally, the effect control device 550 executes a random number update process for updating the random number for determining the variation pattern and the stop symbol (S1611), and returns to the process of S1803. Thereafter, the processing from S1803 to S1810 is repeated.
次に、図17を参照して、演出制御装置550における割込み処理の手順について説明する。   Next, with reference to FIG. 17, the procedure of interrupt processing in the effect control device 550 will be described.
演出制御装置550は、まず、各種タイマの値を更新するタイマ更新処理を実行する(S1701)。   The effect control device 550 first executes a timer update process for updating the values of various timers (S1701).
続いて、演出制御装置550は、外部からの信号入力を監視し、入力を受け付けるための入力処理を実行する(S1702)。例えば、演出ボタン100が操作されたことによって入力された信号を検出し、当該信号の入力を受け付ける。   Subsequently, the effect control device 550 monitors an external signal input and executes an input process for receiving the input (S1702). For example, a signal input by operating the effect button 100 is detected, and the input of the signal is accepted.
さらに、演出制御装置550は、表示制御処理(図16のS1607)によって指示された画像を変動表示装置35から出力したり、音制御処理(図16のS1608)によって指示された効果音や報知音などをスピーカー10に出力したりする出力処理を実行する(S1703)。   Furthermore, the effect control device 550 outputs the image instructed by the display control process (S1607 in FIG. 16) from the variable display device 35, or the sound effect or notification sound instructed by the sound control process (S1608 in FIG. 16). Are output to the speaker 10 (S1703).
最後に、演出制御装置550は、遊技制御装置500から送信されたメインコマンドの入力を監視し、当該メインコマンドを受信するメインコマンド受信処理を実行し(S1704)、割込み処理を終了する。   Finally, the effect control device 550 monitors the input of the main command transmitted from the game control device 500, executes a main command reception process for receiving the main command (S1704), and ends the interrupt process.
次に、図18及び図19を参照して、演出制御装置550における操作態様監視処理の手順について説明する。   Next, with reference to FIG. 18 and FIG. 19, the procedure of the operation mode monitoring process in the effect control device 550 will be described.
操作態様監視処理は、演出ボタン100におけるメインボタン110の操作速度を測定し、操作速度が速い場合に遊技者に、変動表示ゲームの結果を示唆する演出を見えなくするなどのペナルティを科すものである。   The operation mode monitoring process measures the operation speed of the main button 110 in the effect button 100, and imposes a penalty such as making the player invisible the effect suggesting the result of the variable display game when the operation speed is fast. is there.
まず、操作態様監視処理で実行されるペナルティについて説明する。   First, a penalty executed in the operation mode monitoring process will be described.
メインボタン110が第1の所定速度以上で押下された場合には、メインボタン110を押下した遊技者に第1のペナルティを科す。具体的には、第1のペナルティでは、変動表示装置35における変動表示ゲームにて、当該変動表示ゲームの結果を示唆する演出を表示しないようにする。このペナルティが科されることにより、遊技者は、変動表示ゲームが実行されているのにもかかわらず、その結果を示唆する演出を見ることができなくなる。   When the main button 110 is pressed at a first predetermined speed or higher, a first penalty is imposed on the player who pressed the main button 110. Specifically, in the first penalty, in the variable display game in the variable display device 35, an effect suggesting the result of the variable display game is not displayed. By penalizing this penalty, the player cannot see an effect that suggests the result even though the variable display game is being executed.
メインボタン110が第2の速度以上で押下された場合には、メインボタン110を押下した遊技者に第2のペナルティを科す。この第2の速度は、第1の速度より速い速度に設定される。具体的には、第2のペナルティでは、メインボタン110の操作が有効な期間である操作手段有効期間が終了するまでメインボタン110を押下状態で固定して操作不能にする。このペナルティが科せられることにより、遊技者は、変動表示ゲームが実行されているのにも関わらず演出ボタン100を操作して変動表示ゲームの演出に参加することができなくなる。   When the main button 110 is pressed at the second speed or higher, a second penalty is imposed on the player who pressed the main button 110. This second speed is set to a speed higher than the first speed. Specifically, in the second penalty, the main button 110 is fixed in a pressed state until the operation means effective period, which is a period during which the operation of the main button 110 is effective, is made inoperable. By penalizing this penalty, the player cannot operate the effect button 100 and participate in the effect of the variable display game, even though the variable display game is being executed.
以下、操作態様監視処理の手順について説明する。   Hereinafter, the procedure of the operation mode monitoring process will be described.
演出制御装置550は、まず、客待ちデモを実行中か否かを判定する(S1801)。客待ちデモを実行中であると判定された場合には(S1802の判定が「Y」)、ラッチングソレノイド107の作動を解除し(S1803)、演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する(S1804)。   The production control device 550 first determines whether or not a customer waiting demonstration is being executed (S1801). If it is determined that the customer waiting demonstration is being executed (the determination in S1802 is “Y”), the operation of the latching solenoid 107 is released (S1803), and whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period. Is determined (S1804).
客待ちデモは、遊技者が遊技を終了して所定の時間が経過してから実行される。よって、客待ちデモが実行されているということは、遊技者が既に入れ替わっている可能性がある。よって、遊技中の遊技者に対して科されたペナルティが、ペナルティを受けた遊技者ではない他の遊技者にそのまま引き継がれるおそれがある。そこで、客待ちデモを実行中であると判定した場合には、ラッチングソレノイド107の作動を解除し、新規の遊技者に前の遊技者に科せられたペナルティが引き継がれることを防止している。   The customer waiting demonstration is executed after a predetermined time has elapsed since the player finished the game. Therefore, the fact that the customer waiting demonstration is being executed may indicate that the player has already been replaced. Therefore, there is a possibility that the penalty imposed on the player who is playing the game is passed on to another player who is not the player who received the penalty. Therefore, when it is determined that the customer waiting demonstration is being executed, the operation of the latching solenoid 107 is canceled to prevent the new player from taking over the penalty imposed on the previous player.
一方、客待ちデモを実行中でないと判定した場合には(S1802の判定が「N」)、そのまま演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する(S1804)。   On the other hand, when it is determined that the customer waiting demonstration is not being executed (the determination in S1802 is “N”), it is determined whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period (S1804).
次に、演出制御装置550は、演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する。演出ボタン100の操作が有効な期間内であると判定された場合には(S1805の判定が「Y」)、遊技者によるメインボタン110の操作速度を測定し、測定結果が変動表示装置35の表示部35aに表示される変動表示ゲームの演出に影響を及ぼすようにする(S1806〜S1813)。   Next, the effect control device 550 determines whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period. When it is determined that the operation of the effect button 100 is within a valid period (determination of S1805 is “Y”), the operation speed of the main button 110 by the player is measured, and the measurement result is displayed on the fluctuation display device 35. The effect of the variable display game displayed on the display unit 35a is affected (S1806 to S1813).
一方、演出ボタン100の操作が有効な期間内でないと判定した場合には(S1805の判定が「N」)、遊技者によるメインボタン110の操作速度を測定するが、測定結果が変動表示ゲームの演出には影響を及ぼさないようにする(S1814〜S1820)。以下、それぞれの場合を具体的に説明する。   On the other hand, when it is determined that the operation of the effect button 100 is not within the effective period (determination of S1805 is “N”), the operation speed of the main button 110 by the player is measured, but the measurement result is a variable display game. The production is not affected (S1814 to S1820). Each case will be specifically described below.
まず、S1805の処理で、演出ボタン100の操作が有効であると判定した場合について説明する。   First, the case where it is determined in step S1805 that the operation of the effect button 100 is valid will be described.
演出制御装置550は、まず、固定部材、即ちラッチングソレノイド107が作動中か否かを判定する(S1806)。   The production control device 550 first determines whether or not the fixing member, that is, the latching solenoid 107 is operating (S1806).
ラッチングソレノイド107が作動中でないと判定した場合には(S1807の判定が「N」)、メインボタン110の操作判定を行うか否かを判定する(S1808)。メインボタン110の操作判定を行うと判定した場合には(S1809の判定が「Y」)、続いて、メインボタン110の操作速度を測定する(S1810)。   If it is determined that the latching solenoid 107 is not operating (the determination in S1807 is “N”), it is determined whether or not the operation determination of the main button 110 is to be performed (S1808). If it is determined that the operation determination of the main button 110 is to be performed (the determination of S1809 is “Y”), then the operation speed of the main button 110 is measured (S1810).
一方、S1806の処理で、ラッチングソレノイド107が作動中であると判定した場合には(S1807の判定が「Y」)、第2のペナルティが既に実行されているので、ラッチングソレノイド107が作動したときの次回の演出ボタン100の操作有効期間が終了したと判定された後(S1821)、ラッチングソレノイド107の作動が解除され、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンすることとなる。   On the other hand, if it is determined in step S1806 that the latching solenoid 107 is in operation (the determination in S1807 is “Y”), the second penalty has already been executed, and the latching solenoid 107 has been activated. After it is determined that the operation effective period of the next effect button 100 has ended (S1821), the operation of the latching solenoid 107 is released, and the process returns to the caller process (main process).
ここで、図19に示すように、測定されたメインボタン110の操作速度は速度1〜速度10の10段階で評価される。メインボタン110の操作速度が、速度1〜3の比較的ゆっくりな速度の場合には、「良い」と評価され、速度1〜3より速い速度4〜6の場合には、「普通」と評価される。   Here, as shown in FIG. 19, the measured operation speed of the main button 110 is evaluated in 10 stages of speed 1 to speed 10. When the operation speed of the main button 110 is a relatively slow speed of 1-3, it is evaluated as “good”, and when the operation speed is 4-6, which is faster than 1-3, it is evaluated as “normal”. Is done.
メインボタン110の操作速度が、速度1〜6より速い速度7,8の場合には、第1の所定速度以上であるとして「警告ゾーン」と評価される。警告ゾーンと評価されるのは、遊技者がメインボタン110を叩いて操作したような操作態様の場合である。警告ゾーンと評価された場合には、第1のペナルティが遊技者に科されることとなる。   When the operation speed of the main button 110 is 7 or 8 faster than the speeds 1 to 6, it is evaluated as “warning zone” as being equal to or higher than the first predetermined speed. The warning zone is evaluated in the case of an operation mode in which the player operates by hitting the main button 110. If it is evaluated as a warning zone, a first penalty will be imposed on the player.
メインボタン110の操作速度が、速度1〜8より速い速度9,10の場合には、第2の所定速度以上であるとして「NGゾーン」と評価される。NGゾーンと評価されるのは、遊技者がメインボタン110を破壊する可能性があるような強い力で叩いたような操作態様の場合である。NGゾーンと評価された場合には、第1及び第2のペナルティが併せて遊技者に科されることとなる。   When the operation speed of the main button 110 is the speeds 9 and 10 faster than the speeds 1 to 8, it is evaluated as the “NG zone” as being the second predetermined speed or more. The NG zone is evaluated in the case of an operation mode in which the player strikes with a strong force that may destroy the main button 110. If it is evaluated as an NG zone, the first and second penalties will be imposed on the player together.
図18におけるS1811の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下であると判定された場合(速度1〜6の場合)には、メインボタン110の操作の評価が「良い」又は「普通」であるため、続けて、変動表示ゲームの演出にメインボタン110の操作が影響を及ぼすボタン演出が実行される。つまり、演出ボタン100の操作が有効な期間にメインボタン110のストロークが変化したことを検出して、ストローク変化に応じた変動表示ゲームの演出が実行される。これにより、遊技者は、変動表示装置35にて実行される変動表示ゲームの演出に参加することができる。   When it is determined in the process of S1811 in FIG. 18 that the operation speed of the main button 110 is 6 or less (in the case of speeds 1 to 6), the evaluation of the operation of the main button 110 is “good” or “normal” Therefore, the button effect that the operation of the main button 110 affects the effect of the variable display game is executed. That is, it is detected that the stroke of the main button 110 has changed during a period in which the operation of the effect button 100 is valid, and the effect of the variable display game according to the stroke change is executed. Thereby, the player can participate in the effect of the variable display game executed by the variable display device 35.
一方、S1811の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下でないと判定された場合(速度7〜10の場合)には、続けて、メインボタン110の操作速度が速度9以上であるか否かを判定する(S1823)。   On the other hand, if it is determined in S1811 that the operation speed of the main button 110 is not 6 or less (when the operation speed is 7 to 10), is the operation speed of the main button 110 continuously 9 or more? It is determined whether or not (S1823).
メインボタン110の操作速度が速度9以上でないと判定された場合(速度7,8の場合)には、そのままボタン操作警告演出(第1のペナルティ)が実行される(S1825)。第1のペナルティの詳細については、図20にて後述する。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is not 9 or more (in the case of speeds 7 and 8), the button operation warning effect (first penalty) is executed as it is (S1825). Details of the first penalty will be described later with reference to FIG.
メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合(速度9,10の場合)には、ラッチングソレノイド107が作動して遮光部材140の押圧部144を固定し、メインボタン110が操作不能にされる(S1824)。その上で、ボタン操作警告演出が実行される(S1825)。つまり、メインボタン110の操作速度が速度9以上の場合には、第1のペナルティと第2のペナルティとが二重に科せられることとなる。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is 9 or more (in the case of speeds 9 and 10), the latching solenoid 107 is activated to fix the pressing portion 144 of the light shielding member 140, and the main button 110 is The operation is disabled (S1824). Then, a button operation warning effect is executed (S1825). That is, when the operation speed of the main button 110 is 9 or more, the first penalty and the second penalty are imposed twice.
ラッチングソレノイド107の作動によってメインボタン110が操作不能にされる第2のペナルティが実行された後、ラッチングソレノイド107は、変動表示ゲームの進行に応じて作動解除される。具体的には、ラッチングソレノイド107は、ラッチングソレノイド107が作動したときの次回の演出ボタン100の操作有効期間が終了したと判定された後に作動解除される。これにより、遊技者は、次回の演出ボタン100の操作有効期間においては、メインボタン110が押下状態で固定されているため、操作することができない。よって、第2のペナルティを科されないようなメインボタン110の操作速度になるように、遊技者に促すことができ、メインボタン110の破損を防止できる。   After the second penalty that disables the operation of the main button 110 by the operation of the latching solenoid 107 is executed, the latching solenoid 107 is released in accordance with the progress of the variable display game. Specifically, the latching solenoid 107 is deactivated after it is determined that the next operation valid period of the effect button 100 when the latching solenoid 107 is activated has ended. Thereby, the player cannot operate the main button 110 in the pressed state during the next operation effective period of the effect button 100. Therefore, the player can be prompted to operate the main button 110 so that the second penalty is not imposed, and the main button 110 can be prevented from being damaged.
そして、演出制御装置550は、メインボタン110の操作速度を変動表示装置35に表示して遊技者に知らせる操作速度報知演出を実行した後(S1813)、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   Then, the effect control device 550 displays the operation speed of the main button 110 on the fluctuation display device 35 and executes an operation speed notification effect that informs the player (S1813), and then returns to the caller process (main process). .
次に、S1805の処理で、演出ボタン100の操作が有効な期間内でないと判定した場合について説明する。   Next, a case where it is determined in step S1805 that the operation of the effect button 100 is not within a valid period will be described.
演出制御装置550は、まず、演出ボタン100の操作判定を行うか否かを判定する(S1814)。演出ボタン100の操作判定を行うと判定した場合には(S1815の判定が「Y」)、続いて、メインボタン110の操作速度を測定する(S1816)。演出ボタン100の操作判定を行わないと判定した場合には(S1815の判定が「N」)、そのまま呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   The effect control device 550 first determines whether or not to determine the operation of the effect button 100 (S1814). If it is determined that the operation button 100 is to be operated (S1815 is “Y”), then the operation speed of the main button 110 is measured (S1816). If it is determined not to perform the operation determination of the effect button 100 (the determination in S1815 is “N”), the process directly returns to the caller process (main process).
S1817の処理において、メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合(速度9,10の場合)には、ラッチングソレノイド107が作動して遮光部材140の押圧部144を固定し、メインボタン110が操作不能にされる(S1818)。その上で、ボタン操作警告演出が実行され(S1819)、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   In the processing of S1817, when it is determined that the operation speed of the main button 110 is 9 or more (in the case of 9 or 10), the latching solenoid 107 is activated to fix the pressing portion 144 of the light shielding member 140. The main button 110 is disabled (S1818). Then, a button operation warning effect is executed (S1819), and the process returns to the caller process (main process).
したがって、演出ボタン100の操作が有効な期間内でなくても、遊技者がメインボタン110を速度9以上の速度で操作した場合には、第2のペナルティが科せられることとなる。   Therefore, even if the operation of the effect button 100 is not within a valid period, if the player operates the main button 110 at a speed of 9 or more, a second penalty will be imposed.
一方、S1817の処理において、メインボタン110の操作速度が速度9以上でないと判定された場合(速度1〜8の場合)には、そのまま呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   On the other hand, if it is determined in S1817 that the operation speed of the main button 110 is not 9 or more (in the case of speeds 1 to 8), the process directly returns to the caller process (main process).
なお、本実施形態では、演出ボタン100の操作が有効な期間内でないと判定された場合には、演出ボタン100の操作が変動表示ゲームの演出に影響しないが、演出ボタン100の有効期間であるか否かにかかわらず変動表示ゲームの演出に影響するようにしてもよい。   In the present embodiment, if it is determined that the operation of the effect button 100 is not within the effective period, the operation of the effect button 100 does not affect the effect of the variable display game, but is the effective period of the effect button 100. Regardless of whether or not, the effect of the variable display game may be affected.
次に、図20を参照して、変動表示装置35にて実行される第1のペナルティの演出の一例について説明する。   Next, with reference to FIG. 20, an example of the first penalty effect executed by the variable display device 35 will be described.
まず、画面の表示項目について説明する。   First, display items on the screen will be described.
各画面2001〜2004の画面右側下部には、メインボタン110の操作速度の評価段階を文字及びグラフによって遊技者に視認可能に示す操作速度メータ(操作量表示手段)が表示される。画面右側上部には、変動表示ゲームの実行によって変動する三桁の識別情報が表示される。画面中央近傍には、メインボタン110の操作速度の評価段階に応じた図柄が表示され、併せて図柄に応じた文字が表示される。ここでは、画面中央近傍に表示されるのは、釣竿に掛かる魚の図柄であり、掛かった魚の大きさによって変動表示ゲームの結果を示唆する演出が実行される。   An operation speed meter (operation amount display means) that displays the evaluation stage of the operation speed of the main button 110 so as to be visible to the player by characters and graphs is displayed at the lower right part of each screen 2001-2004. In the upper right part of the screen, three-digit identification information that varies depending on the execution of the variation display game is displayed. In the vicinity of the center of the screen, a symbol corresponding to the evaluation stage of the operation speed of the main button 110 is displayed, and a character corresponding to the symbol is also displayed. Here, what is displayed in the vicinity of the center of the screen is a fish pattern on the fishing rod, and an effect that suggests the result of the variable display game is executed depending on the size of the fish caught.
以下、画面の遷移について説明する。   The screen transition will be described below.
画面2001は、S1804における、変動表示ゲームを実行中であり、演出ボタン100の操作が有効な期間であることを示す画面である。ここでは、未だメインボタン110が操作されていないため、操作速度報知演出は実行されない。よって、画面2001の右側下部の操作速度メータには、操作速度の表示はなく、メインボタン110の操作を促す旨の「PUSH」という文字のみが表示されている。   A screen 2001 is a screen indicating that the variable display game in S1804 is being executed and the operation of the effect button 100 is valid. Here, since the main button 110 is not yet operated, the operation speed notification effect is not executed. Therefore, the operation speed meter at the lower right side of the screen 2001 does not display the operation speed, and displays only the characters “PUSH” for prompting the operation of the main button 110.
画面2002は、図18のS1811の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下であると判定された場合に遷移する画面である。   A screen 2002 is a screen that is transitioned to when the operation speed of the main button 110 is determined to be 6 or less in the process of S1811 of FIG.
画面2002の右側下部の操作速度メータには、メインボタン110の操作速度が速度4であることが示されている(S1813)。速度4は、「普通」(図19参照)と評価される操作速度であるため、画面2002では、ボタン演出(S1812)が実行されている。   The operation speed meter at the lower right side of the screen 2002 indicates that the operation speed of the main button 110 is speed 4 (S1813). Since the speed 4 is an operation speed evaluated as “normal” (see FIG. 19), a button effect (S1812) is executed on the screen 2002.
ボタン演出では、画面2002には、変動表示ゲームの結果を期待させるような「釣竿に魚が掛かった図柄」と、「大物が釣れそう」という文字とが併せて表示されている。よって、掛かった魚の大きさによって変動表示ゲームの結果を示唆する演出が実行される。これにより、遊技者は、メインボタン110の操作速度が適切な速度であったことを把握できる。   In the button effect, the screen 2002 displays a “design with a fish on a fishing rod” and a letter “Looks like a big fish” that can expect the result of the variable display game. Therefore, an effect that suggests the result of the variable display game is executed according to the size of the hung fish. Thereby, the player can grasp that the operation speed of the main button 110 was an appropriate speed.
このように、メインボタン110の操作速度が適切な速度であったときには、変動表示ゲームの結果を示唆する演出が実行されるため、メインボタン110をゆっくり押すことによって、遊技者は新たな遊技性を楽しむことができる。よって、遊技者が遊技に参加している感を高めることができ、遊技の興趣を高めることができる。   As described above, when the operation speed of the main button 110 is an appropriate speed, an effect suggesting the result of the variable display game is executed. Therefore, by slowly pressing the main button 110, the player can play a new game characteristic. Can enjoy. Therefore, the feeling that the player is participating in the game can be enhanced, and the interest of the game can be enhanced.
画面2003は、図18のS1811の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下でないと判定され、かつ、S1823の処理で、速度9以上でないと判定された場合に遷移する画面である。   The screen 2003 is a screen that is transitioned to when the operation speed of the main button 110 is determined not to be 6 or less in the process of S1811 in FIG. 18 and is determined to be not 9 or more in the process of S1823.
画面2003の右側下部の操作速度メータには、メインボタン110の操作速度が速度7であることが示されている(S1813)。速度7は、「警告ゾーン」(図19参照)と評価される操作速度であるため、画面2003では、ボタン操作警告演出(S1825)が実行されている。   The operation speed meter at the lower right side of the screen 2003 indicates that the operation speed of the main button 110 is speed 7 (S1813). Since the speed 7 is an operation speed evaluated as a “warning zone” (see FIG. 19), a button operation warning effect (S1825) is executed on the screen 2003.
ここでのボタン操作警告演出では、画面2003には、「釣竿から魚が逃げた図柄」と、「もっとやさしく」という文字とが併せて表示されている。よって、この場合、魚が掛かっていないため、掛かった魚の大きさによって変動表示ゲームの結果を示唆するような演出は実行されない。よって、遊技者は、メインボタン110の操作速度が速い速度であったことを把握できる。   In the button operation warning effect here, the screen 2003 is displayed with a symbol “a fish has escaped from a fishing rod” and a letter “more easily”. Therefore, in this case, since no fish is caught, an effect that suggests the result of the variable display game depending on the size of the fish caught is not executed. Therefore, the player can grasp that the operation speed of the main button 110 was high.
これにより、メインボタン110の操作速度が「警告ゾーン」と評価された場合には、遊技者に対して変動表示装置35で実行される変動表示ゲームの結果を示唆する演出が表示されなくなる第1のペナルティが実行される。第1のペナルティが実行されると、遊技者は、次回のメインボタン110の操作では、変動表示ゲームの結果を示唆する演出が表示されるような操作速度にしようと考える。   Thereby, when the operation speed of the main button 110 is evaluated as the “warning zone”, an effect suggesting the result of the variable display game executed by the variable display device 35 is not displayed to the player. The penalty is executed. When the first penalty is executed, the player considers that the operation speed is such that an effect suggesting the result of the variable display game is displayed in the next operation of the main button 110.
したがって、遊技者の操作によるメインボタン110の操作速度に応じて第1及び第2のペナルティが科されるため、メインボタン110の操作速度を遅くするように遊技者に促すことができ、演出ボタン100の破損を防止できる。   Therefore, since the first and second penalties are imposed according to the operation speed of the main button 110 by the player's operation, it is possible to prompt the player to slow down the operation speed of the main button 110, and the effect button 100 damage can be prevented.
画面2004は、図18のS1823の処理で、メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合に遷移する画面である。   A screen 2004 is a screen that is transitioned to when the operation speed of the main button 110 is determined to be 9 or more in the processing of S1823 in FIG.
画面2004の右側下部の操作速度メータには、メインボタン110の操作速度が速度10であることが示されている(S1813)。速度10は、「NGゾーン」と評価される操作速度であるため、画面2004では、ボタン操作警告演出(S1825)が実行されるとともに、ラッチングソレノイド107を作動させてメインボタン110の操作が不能な状態に固定している(第2のペナルティ)。   The operation speed meter at the lower right side of the screen 2004 indicates that the operation speed of the main button 110 is 10 (S1813). Since the speed 10 is an operation speed evaluated as “NG zone”, a button operation warning effect (S1825) is executed on the screen 2004, and the latching solenoid 107 is operated to disable the operation of the main button 110. The state is fixed (second penalty).
ここでのボタン操作警告演出では、画面2004には、「釣竿から魚が逃げ、餌を取られた図柄」と、「強すぎ!!」という文字とが併せて表示されている。よって、この場合にも、魚が掛かっていないため、掛かった魚の大きさによって変動表示ゲームの結果を示唆するような演出は実行されない。これにより、遊技者は、メインボタン110の操作速度が極めて速い速度であったことを把握できる。   In the button operation warning effect here, the screen 2004 is displayed with a combination of “a fish has escaped from a fishing rod and baited” and a character “too strong !!”. Therefore, also in this case, since no fish is hooked, an effect that suggests the result of the variable display game is not executed depending on the size of the hooked fish. Thereby, the player can grasp that the operation speed of the main button 110 was extremely high.
次に、図21を参照して、操作態様監視処理を実行する手順を時間の経過に沿って説明する。   Next, with reference to FIG. 21, the procedure for executing the operation mode monitoring process will be described along with the passage of time.
まず、変動表示装置35にて変動表示ゲームが開始され、演出ボタン100の操作の有効期間が「ON」に設定される(時刻T1)。これにより、遊技者によるメインボタン110の操作が、変動表示ゲームの演出に影響を及ぼすようになる。   First, the variable display game is started on the variable display device 35, and the effective period of the operation of the effect button 100 is set to “ON” (time T1). Thereby, the operation of the main button 110 by the player has an effect on the effect of the variable display game.
その後、遊技者によってメインボタン110が押下されはじめると、遮光部材140の移動によって、まず遮光部142の端部142aがフォトセンサ106の受光部106aの光を遮り、受光が「ON」から「OFF」に切り替わる(時刻T2)。   Thereafter, when the player starts to press the main button 110, the movement of the light shielding member 140 first causes the end 142a of the light shielding portion 142 to block the light of the light receiving portion 106a of the photosensor 106, and the light reception is changed from “ON” to “OFF”. "(Time T2).
そのままメインボタン110が遊技者によって押下され続けると、遮光部材140は更に移動し、孔143a〜143cが順に受光部106aの光を通す。メインボタン110が遊技者によって完全に押下されると、遮光部材140が受光部106aの光を遮った状態になるとともに、プッシュボタン131が押圧部144によって押されて「ON」に切り替わる(時刻T3)。   If the main button 110 continues to be pressed by the player as it is, the light blocking member 140 moves further, and the holes 143a to 143c sequentially pass the light of the light receiving unit 106a. When the main button 110 is completely pressed by the player, the light blocking member 140 is in a state of blocking the light of the light receiving unit 106a, and the push button 131 is pressed by the pressing unit 144 to be switched to “ON” (time T3). ).
プッシュボタン131が「ON」に切り替わると、メインボタン110が遊技者によって操作されたとして、演出ボタン100の操作が有効な期間を終了する。また、プッシュボタン131が「ON」に切り替わると、その直前のフォトセンサ106の受光状態を遡って検出し、メインボタン110のストローク変化率である操作速度を演算する。ここでは、直前に光が通過した三個の孔143a〜143cの受光状態を検出する。   When the push button 131 is switched to “ON”, the period in which the operation of the effect button 100 is valid is ended, assuming that the main button 110 is operated by the player. Further, when the push button 131 is switched to “ON”, the light receiving state of the photo sensor 106 immediately before is detected retroactively, and the operation speed that is the stroke change rate of the main button 110 is calculated. Here, the light receiving states of the three holes 143a to 143c through which light has passed immediately before are detected.
具体的には、孔143aを光が通過しはじめたときから孔143cを光が通過し終わったときまでの時間を測定する。そして、孔143aと孔143cとの間の距離と、測定した時間とから、遮光部材140が固定されるメインボタン110の操作速度を演算する。   Specifically, the time from when light begins to pass through the hole 143a to when light has passed through the hole 143c is measured. Then, the operation speed of the main button 110 to which the light shielding member 140 is fixed is calculated from the distance between the hole 143a and the hole 143c and the measured time.
演算されたメインボタン110の操作速度が、「NGゾーン」と評価される速度9,10(図19参照)である場合には、第2のペナルティとしてメインボタン110を操作不能に固定するために、ラッチングソレノイド107が「ON」に切り替わる(時刻T4)。これにより、遮光部材140の押圧部144は、プッシュボタン131を押圧して「ON」にした状態のまま固定され、メインボタン110は操作不能になる。   When the calculated operation speed of the main button 110 is a speed 9 or 10 (see FIG. 19) evaluated as “NG zone”, the main button 110 is fixed to be inoperable as a second penalty. The latching solenoid 107 is switched to “ON” (time T4). Accordingly, the pressing portion 144 of the light shielding member 140 is fixed while the push button 131 is pressed and turned “ON”, and the main button 110 becomes inoperable.
次に、図22を参照して、メインボタン110を連打された場合の操作態様監視処理を実行する手順を時間の経過に沿って説明する。   Next, with reference to FIG. 22, a procedure for executing the operation mode monitoring process when the main button 110 is repeatedly hit will be described along with the passage of time.
メインボタン110が遊技者によって連打された場合には、メインボタン110が遊技者によって押下され、遊技者の手が離れてメインボタンバネ114の復元力によって戻りきらないうちに再び遊技者によって押下されることがある。このような場合に、操作態様監視処理を実行する手順について説明する。図22において、(D)で示す時間はメインボタン110が遊技者に押下されている時間(Down)であり、(U)で示す時間はメインボタン110が遊技者に押下されていない時間(Up)である。   When the main button 110 is repeatedly hit by the player, the main button 110 is pressed by the player and pressed again by the player before the player's hand is released and cannot be returned by the restoring force of the main button spring 114. Sometimes. A procedure for executing the operation mode monitoring process in such a case will be described. In FIG. 22, the time indicated by (D) is the time when the main button 110 is pressed by the player (Down), and the time indicated by (U) is the time when the main button 110 is not pressed by the player (Up). ).
時刻T1から時刻T3までは、図21に示す処理と同様である。   The processing from time T1 to time T3 is the same as the processing shown in FIG.
次に、遊技者の手がメインボタン110から離れると、メインボタン110は非押下状態に戻ろうとし、プッシュボタン131が「OFF」に切り替わる(時刻T4)。その後、孔143cがフォトセンサ106の受光部106aを通過し、続いて孔143bが受光部106aに差し掛かり光を通過させる。   Next, when the player's hand leaves the main button 110, the main button 110 attempts to return to the non-pressed state, and the push button 131 is switched to “OFF” (time T4). Thereafter, the hole 143c passes through the light receiving portion 106a of the photosensor 106, and then the hole 143b reaches the light receiving portion 106a and allows light to pass therethrough.
この状態から再びメインボタン110が遊技者によって押下されると、孔143bを通過した受光部106aの光が再び遮断される。続いて、孔143aがフォトセンサ106の光を通過させ、更に押下されるとプッシュボタン131が「ON」に切り替わる(時刻T5)。   When the main button 110 is pressed again from this state by the player, the light of the light receiving unit 106a that has passed through the hole 143b is blocked again. Subsequently, when the hole 143a allows the light of the photosensor 106 to pass therethrough and is further pressed, the push button 131 is switched to “ON” (time T5).
この場合にも、メインボタン110が一回だけ押下された場合と同様に、プッシュボタン131が「ON」に切り替わった直前に連続して通過した三個の孔143a〜143cについて、操作速度を演算する。そして、メインボタン110の操作速度の評価(図19参照)に応じて、遊技者に第1のペナルティや第2のペナルティを科す。   In this case as well, the operation speed is calculated for the three holes 143a to 143c that have passed continuously immediately before the push button 131 is switched to “ON”, as in the case where the main button 110 is pressed only once. To do. Then, according to the evaluation of the operation speed of the main button 110 (see FIG. 19), the player is given a first penalty and a second penalty.
ここで、プッシュボタン131の押下前に、孔143a〜143cを三個通過しない場合が考えられる。例えば、メインボタン110が遊技者によって連打された場合に、遊技者がメインボタン110を完全に押下し、手を離してメインボタン110が戻りはじめた直後に再び遊技者がメインボタン110を押下するような場合である。   Here, there may be a case where three holes 143a to 143c are not passed before the push button 131 is pressed. For example, when the main button 110 is repeatedly hit by the player, the player presses the main button 110 completely, and the player presses the main button 110 again immediately after releasing the hand and the main button 110 starts to return. This is the case.
時刻T5に示す状態において、遊技者の手がメインボタン110から離れると、プッシュボタン131が「OFF」に切り替わる(時刻T6)。その後、孔143cがフォトセンサ106の受光部106aに差し掛かり光を通過させる。   When the player's hand leaves the main button 110 in the state shown at time T5, the push button 131 is switched to “OFF” (time T6). Thereafter, the hole 143c reaches the light receiving portion 106a of the photosensor 106 and allows light to pass therethrough.
この状態から再びメインボタン110が遊技者によって押下されると、孔143cがフォトセンサ106の光を通過させ、更に押下されるとプッシュボタン131が「ON」に切り替わる(時刻T7)。   When the main button 110 is pressed again from this state by the player, the hole 143c allows the light of the photosensor 106 to pass through. When the main button 110 is further pressed, the push button 131 is switched to “ON” (time T7).
この場合、プッシュボタン131が「ON」に切り替わった直前に、通過した孔143a〜143cの個数は、孔143cを二回通過したのみであるため、二個である。よって、三個の孔143a〜143cを連続して通過していない。このような場合には、メインボタン110が再び押下されたタイミングによって、操作速度がそれほど速くないのにもかかわらず「NGゾーン」と検出されるおそれがあるため、メインボタン110の操作速度の演算を行わない。つまり、直前のフォトセンサ106の受光態様が、所定回数の孔143a〜143cの通過を未検出であった場合には、メインボタン110の操作速度の演算は行われない。   In this case, the number of the holes 143a to 143c that have passed just before the push button 131 is switched to “ON” is two, because it has only passed the hole 143c twice. Therefore, the three holes 143a to 143c do not pass continuously. In such a case, depending on the timing when the main button 110 is pressed again, there is a possibility that the “NG zone” may be detected even though the operation speed is not so fast. Do not do. In other words, when the light receiving mode of the immediately preceding photosensor 106 has not detected the passage of the predetermined number of holes 143a to 143c, the operation speed of the main button 110 is not calculated.
以上の実施の形態によれば、以下に示す効果を奏する。   According to the above embodiment, the following effects are obtained.
メインボタン110の操作速度が「警告ゾーン」と評価された場合には、遊技者に対して第1のペナルティが科される。第1のペナルティでは、変動表示装置35で実行される変動表示ゲームの演出が表示されなくなる。第1のペナルティが実行されると、遊技者は、次回のメインボタン110の操作では、変動表示ゲームの演出が表示されるような操作速度にしようと考える。   When the operation speed of the main button 110 is evaluated as the “warning zone”, a first penalty is imposed on the player. In the first penalty, the effect of the variable display game executed by the variable display device 35 is not displayed. When the first penalty is executed, the player considers that the operation speed is such that the effect of the variable display game is displayed in the next operation of the main button 110.
また、メインボタン110の操作速度が「警告ゾーン」より速い「NGゾーン」と評価された場合には、遊技者に対して第2のペナルティが科される。第2のペナルティが実行されると、ラッチングソレノイド107の作動によってメインボタン110が操作不能にされる。   Further, when the operation speed of the main button 110 is evaluated as “NG zone” that is faster than the “warning zone”, a second penalty is imposed on the player. When the second penalty is executed, the operation of the latching solenoid 107 disables the main button 110.
ラッチングソレノイド107は、ラッチングソレノイド107が作動したときの次回の演出ボタン100の操作有効期間が終了したと判定された後に作動解除される。これにより、遊技者は、次回の変動表示ゲームに伴う演出ボタン100の操作有効期間においては、メインボタン110は押下状態で固定されているため、操作することができない。よって、遊技者は、次回のメインボタン110の操作では、ラッチングソレノイド107が作動しないような操作速度にしようと考える。   The latching solenoid 107 is released from the operation after it is determined that the next operation valid period of the effect button 100 when the latching solenoid 107 is activated has ended. As a result, the player cannot operate the main button 110 during the operation effective period of the effect button 100 associated with the next variable display game because the main button 110 is fixed in the pressed state. Therefore, the player considers the operation speed so that the latching solenoid 107 does not operate in the next operation of the main button 110.
したがって、遊技者の操作によるメインボタン110の操作速度に応じて第1及び第2のペナルティが科されるため、メインボタン110の操作速度を遅くするように遊技者に促すことができ、演出ボタン100の破損を防止できる。   Therefore, since the first and second penalties are imposed according to the operation speed of the main button 110 by the player's operation, it is possible to prompt the player to slow down the operation speed of the main button 110, and the effect button 100 damage can be prevented.
(第2の実施の形態)
以下、図23から図25を参照して、本発明の第2の実施の形態について説明する。なお、以下に示す各実施形態では前述した実施形態と同様の構成には同一の符号を付し、重複する説明は適宜省略する。
(Second Embodiment)
Hereinafter, a second embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. In the following embodiments, the same reference numerals are given to the same components as those in the above-described embodiments, and the overlapping description will be omitted as appropriate.
第2の実施の形態では、遮光部材240の形状及び操作態様監視処理の手順が、第1の実施形態における遮光部材140と相違する。   In the second embodiment, the shape of the light shielding member 240 and the procedure of the operation mode monitoring process are different from those of the light shielding member 140 in the first embodiment.
まず、図23を参照して、第2の実施の形態に係る遮光部材240について説明する。   First, the light shielding member 240 according to the second embodiment will be described with reference to FIG.
遮光部材240は、リフレクタ113に嵌挿される嵌挿部141と、嵌挿部141から凸設される板状の本体部145と、フォトセンサ106(図7参照)の光を遮ることのできる遮光部142とを備える。   The light-shielding member 240 is a light-shielding member that can block light from an insertion portion 141 that is inserted into the reflector 113, a plate-like main body portion 145 that protrudes from the insertion portion 141, and the photosensor 106 (see FIG. 7). Part 142.
遮光部材240には、スイッチ基板130のプッシュボタン131を押圧する押圧部が形成されない。この場合には、後述するようにフォトセンサ106が所定回数孔143a〜143cを通過する光を検出したことによってメインボタン110が完全に押下されたことを検出するため、スイッチ基板130にプッシュボタン131を設けなくてよい。   The light shielding member 240 is not formed with a pressing portion that presses the push button 131 of the switch substrate 130. In this case, as will be described later, the push button 131 is applied to the switch board 130 in order to detect that the main button 110 is completely pressed because the photosensor 106 detects light passing through the holes 143a to 143c a predetermined number of times. Need not be provided.
次に、図24を参照して、操作態様監視処理を実行する手順を時間の経過に沿って説明する。   Next, with reference to FIG. 24, the procedure for executing the operation mode monitoring process will be described along with the passage of time.
まず、変動表示装置35にて変動表示ゲームが開始され、演出ボタン100の操作の有効期間が「ON」に設定される(時刻T1)。これにより、遊技者によるメインボタン110の操作が、変動表示ゲームの演出に影響を及ぼすようになる。   First, the variable display game is started on the variable display device 35, and the effective period of the operation of the effect button 100 is set to “ON” (time T1). Thereby, the operation of the main button 110 by the player has an effect on the effect of the variable display game.
その後、遊技者によってメインボタン110が押下されはじめると、遮光部材140の移動によって、まず遮光部142の端部142aがフォトセンサ106の受光部106aの光を遮り、受光が「ON」から「OFF」に切り替わる(時刻T2)。   Thereafter, when the player starts to press the main button 110, the movement of the light shielding member 140 first causes the end 142a of the light shielding portion 142 to block the light of the light receiving portion 106a of the photosensor 106, and the light reception is changed from “ON” to “OFF”. "(Time T2).
そのままメインボタン110が遊技者によって押下され続けると、遮光部材240は更に移動し、孔143a〜143cが順に受光部106aの光を通す。メインボタン110が遊技者によって完全に押下されると、遮光部材240が受光部106aの光を遮った状態になる(時刻T3)。   If the main button 110 continues to be pressed by the player as it is, the light blocking member 240 further moves, and the holes 143a to 143c sequentially pass the light of the light receiving unit 106a. When the main button 110 is completely pressed by the player, the light blocking member 240 blocks the light from the light receiving unit 106a (time T3).
このように、所定回数(ここでは三回)の孔143a〜143cの通過を検出すると、メインボタン110が遊技者によって操作されたと判定して、演出ボタン100の操作が有効な期間を終了する。また、所定回数の孔143a〜143cの通過を検出すると、その直前のフォトセンサ106の受光状態を遡って検出する。ここでは、直前に光が通過した三個の孔143a〜143cの受光状態を検出する。   As described above, when the passage of the holes 143a to 143c a predetermined number of times (here, three times) is detected, it is determined that the main button 110 has been operated by the player, and the period in which the operation of the effect button 100 is valid is ended. Further, when the passage of the predetermined number of holes 143a to 143c is detected, the light receiving state of the photosensor 106 immediately before is detected retroactively. Here, the light receiving states of the three holes 143a to 143c through which light has passed immediately before are detected.
具体的には、遮光部材240の遮光部142の端部142aが光を遮断しはじめたときから三個目の孔143cを光が通過し終わったときまでの時間を測定する。そして、遮光部142の端部と孔143cとの間の距離と、測定した時間とから、遮光部材240が固定されるメインボタン110の操作速度を演算する。   Specifically, the time from when the end 142a of the light shielding portion 142 of the light shielding member 240 starts to block light to when the light has passed through the third hole 143c is measured. Then, the operation speed of the main button 110 to which the light shielding member 240 is fixed is calculated from the distance between the end of the light shielding portion 142 and the hole 143c and the measured time.
これにより、メインボタン110の操作速度に応じて第1及び第2のペナルティを科すことができ、演出ボタン100の破損を防止できる。   Accordingly, the first and second penalties can be imposed according to the operation speed of the main button 110, and the effect button 100 can be prevented from being damaged.
ここで、押圧部を備えない遮光部材240を用い、スイッチ基板130にプッシュボタン131を備えない場合には、メインボタン110が完全に押下されたことを機械的に検出することはできない。   Here, when the light shielding member 240 that does not include the pressing portion is used and the push button 131 is not provided on the switch board 130, it is not possible to mechanically detect that the main button 110 is completely pressed.
本実施の形態では、三個の孔143a〜143cを通過したことをフォトセンサ106が検出した場合に、メインボタン110が完全に押下されたと判定している。これにより、プッシュボタン131を省略でき、かつ遮光部材240に押圧部が形成されないため、設置スペースやコストを抑えることが可能である。   In the present embodiment, when the photosensor 106 detects that the three holes 143a to 143c have passed, it is determined that the main button 110 has been completely pressed. Thereby, the push button 131 can be omitted, and the pressing portion is not formed on the light shielding member 240, so that the installation space and cost can be reduced.
ここで、メインボタン110が完全に押下された状態では、フォトセンサ106は「OFF」であり、例えば遮光部142の孔143aと孔143bとの間がフォトセンサ106の受光部106aの光を遮断した状態でもまた、フォトセンサ106は「OFF」である。本実施形態では、プッシュボタンが設けられないため、フォトセンサ106の瞬間的な検出状態でこれらを区別することは困難である。   Here, when the main button 110 is fully pressed, the photo sensor 106 is “OFF”, and the light between the hole 143a and the hole 143b of the light shielding unit 142 blocks the light of the light receiving unit 106a of the photo sensor 106, for example. Even in this state, the photosensor 106 is “OFF”. In this embodiment, since the push button is not provided, it is difficult to distinguish these by the instantaneous detection state of the photosensor 106.
しかしながら、メインボタン110が完全に押下された位置以外の位置で受光部106aの光が遮断されているときには、例えば上記の孔143aと143bとの間のように、その遮断可能なストロークは極めて小さい。そのため、メインボタン110を押下する遊技者の手のほんの僅かな振動によっても受光部106aの光は遮断可能な部分を外れ、フォトセンサ106は「ON」に切り替わる。このように、メインボタン110は遊技者の手で押下されるものであるため、遊技者の手でメインボタン110を押下途中で停止させ、その状態を維持することは困難である。そこで、遮光状態が所定時間連続して検出されたことによって、メインボタン110が押下途中で停止している状態ではない、即ちメインボタン110が操作されていない状態にあると判定している。   However, when the light of the light receiving unit 106a is blocked at a position other than the position where the main button 110 is completely pressed, the stroke that can be blocked is extremely small, for example, between the holes 143a and 143b. . Therefore, even with slight vibrations of the player's hand pressing the main button 110, the light of the light receiving unit 106a is removed from the portion where the light can be blocked, and the photo sensor 106 is switched to “ON”. Thus, since the main button 110 is pressed by the player's hand, it is difficult to stop the main button 110 while it is being pressed by the player's hand and maintain the state. Therefore, it is determined that the main button 110 is not stopped while being pressed, that is, the main button 110 is not operated, because the light blocking state is detected continuously for a predetermined time.
なお、メインボタン110が押下途中で停止されている場合に、僅かな振動によっても受光部106aの光が遮光状態と受光状態とに切り替わるように、孔143a〜143cの直径、及び孔143a〜143cの相互の間隔は、小さく形成するほどよい。   In addition, when the main button 110 is stopped in the middle of pressing, the diameters of the holes 143a to 143c and the holes 143a to 143c are switched so that the light of the light receiving unit 106a is switched between the light blocking state and the light receiving state even by slight vibration. It is better that the distance between each other is made smaller.
以下、図25を参照して、第2の実施の形態に係る操作態様監視処理を第1の実施の形態に係る遮光部材140に適用した場合について説明する。   Hereinafter, with reference to FIG. 25, the case where the operation mode monitoring process which concerns on 2nd Embodiment is applied to the light shielding member 140 which concerns on 1st Embodiment is demonstrated.
この場合、遮光部材140には押圧部144が形成されるが、メインボタン110が完全に押下されたことはフォトセンサ106で検出するため、スイッチ基板130にはプッシュボタン131は設けられない。一方、押圧部144をスイッチ基板130に固定する固定部として機能させるために、スイッチ基板130には、押圧部144を固定してメインボタン110を移動不能にするラッチングソレノイド107が設けられる。   In this case, the light shielding member 140 is formed with the pressing portion 144, but the push button 131 is not provided on the switch board 130 because the photosensor 106 detects that the main button 110 is completely pressed. On the other hand, in order to cause the pressing portion 144 to function as a fixing portion for fixing the pressing portion 144 to the switch substrate 130, the switching substrate 130 is provided with a latching solenoid 107 that fixes the pressing portion 144 and makes the main button 110 immovable.
時刻T1から時刻T3までは、図24に示す処理と同様である。   The process from time T1 to time T3 is the same as the process shown in FIG.
時刻T3の状態において、演算されたメインボタン110の操作速度が、「NGゾーン」と評価される速度9,10(図19参照)である場合には、フォトセンサ106が「OFF」のまま所定の時間が経過した後、第2のペナルティとしてメインボタン110を操作不能に固定するために、ラッチングソレノイド107が「ON」に切り替わる(時刻T4)。   In the state of time T3, when the calculated operation speed of the main button 110 is the speeds 9 and 10 (refer to FIG. 19) evaluated as “NG zone”, the photosensor 106 remains “OFF” and is predetermined. After the time elapses, the latching solenoid 107 is switched to “ON” in order to fix the main button 110 to be inoperable as a second penalty (time T4).
ここで、フォトセンサ106が「OFF」の状態で所定の時間の経過を待つのは、遮光部142の端部142aと孔143aとの間、孔143aと通光孔144bとの間、若しくは通光孔144bと通光孔144cとの間で受光部106aの光を遮断している状態を排除するためである。   Here, the waiting for the elapse of a predetermined time when the photosensor 106 is in the “OFF” state is between the end 142a of the light shielding portion 142 and the hole 143a, between the hole 143a and the light passage hole 144b, or through the passage. This is to eliminate the state where the light of the light receiving unit 106a is blocked between the light hole 144b and the light passage hole 144c.
前述したとおり、メインボタン110が完全に押下された以外の位置で受光部106aの光が遮断されている場合には、その遮断可能なストロークは極めて小さいため、ほんの僅かな振動によっても受光部106aの光は遮断可能な部分を外れ、フォトセンサ106は「ON」に切り替わる。   As described above, when the light of the light receiving unit 106a is blocked at a position other than the position where the main button 110 is completely pressed down, the stroke that can be blocked is extremely small, and therefore the light receiving unit 106a is caused by even a slight vibration. The light is removed from the blockable portion, and the photo sensor 106 is switched to “ON”.
以上より、メインボタン110の操作速度が「NGゾーン」と評価された場合、フォトセンサ106が「OFF」の状態で所定の時間が経過するのを待ち、メインボタン110が完全に押下されていると判定した後、ラッチングソレノイド107を「ON」に切り換える。これにより、遮光部材140が完全に押下されたことを検出するプッシュボタン131を設けなくても、メインボタン110を押下状態で固定して操作不能にすることが可能である。   As described above, when the operation speed of the main button 110 is evaluated as “NG zone”, the main button 110 is completely pressed after waiting for a predetermined period of time with the photo sensor 106 in the “OFF” state. After that, the latching solenoid 107 is switched to “ON”. As a result, the main button 110 can be fixed in the pressed state to be inoperable without providing the push button 131 for detecting that the light blocking member 140 is completely pressed.
なお、ラッチングソレノイド107が「ON」に切り替わった状態、即ちロッド107a(図10参照)が進出した状態で、フォトセンサ106が「ON」に切り替わった場合には、ラッチングソレノイド107が遮光部材140の押圧部144を固定できていない。   When the photosensor 106 is switched to “ON” when the latching solenoid 107 is switched to “ON”, that is, the rod 107 a (see FIG. 10) is advanced, the latching solenoid 107 is connected to the light shielding member 140. The pressing part 144 cannot be fixed.
このような場合には、ラッチングソレノイド107を「ON」に切り換えた後にフォトセンサ106が「ON」に切り替わったことをトリガとして、ラッチングソレノイド107を「OFF」に切り換える。これにより、ラッチングソレノイド107のロッド107aが進出した上からメインボタン110が押下されてロッド107aが破損することを防止できる。   In such a case, the latching solenoid 107 is switched to “OFF” with a trigger that the photosensor 106 is switched to “ON” after the latching solenoid 107 is switched to “ON”. As a result, it is possible to prevent the rod 107a from being damaged by the main button 110 being pressed after the rod 107a of the latching solenoid 107 has advanced.
以上の実施の形態によれば、三個の孔143a〜143cを通過したことをフォトセンサ106が検出した場合にメインボタン110が完全に押下されたと判定することによって、押圧部を備えない遮光部材240を用い、スイッチ基板130にプッシュボタン131を備えない場合にもメインボタン110が完全に押下された状態を検出することが可能である。これにより、プッシュボタン131を省略でき、かつ遮光部材240に押圧部が形成されないため、設置スペースやコストを抑えることが可能である。   According to the above embodiment, when the photosensor 106 detects that the three holes 143a to 143c have been passed, it is determined that the main button 110 has been completely pressed down, so that the light shielding member that does not include a pressing portion. Even when the switch board 130 is not provided with the push button 131, it is possible to detect a state in which the main button 110 is completely pressed. Thereby, the push button 131 can be omitted, and the pressing portion is not formed on the light shielding member 240, so that the installation space and cost can be reduced.
(第3の実施の形態)
以下、図26から図28を参照して、本発明の第3の実施の形態について説明する。
(Third embodiment)
Hereinafter, a third embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS.
第3の実施の形態では、遮光部材240の形状が、第1及び第2の実施形態における遮光部材140,240と相違する。   In the third embodiment, the shape of the light shielding member 240 is different from the light shielding members 140 and 240 in the first and second embodiments.
まず、図26を参照して、第3の実施の形態に係る遮光部材340について説明する。   First, the light shielding member 340 according to the third embodiment will be described with reference to FIG.
遮光部材340は、リフレクタ113に嵌挿される嵌挿部141と、嵌挿部141から凸設される板状の本体部145と、フォトセンサ106(図27参照)の光を遮ることのできる遮光部142と、プッシュボタン131(図28参照)を押圧可能な押圧部144と、遮光部材340をスイッチ基板130に固定するための固定部346と、を備える。   The light blocking member 340 is a light blocking member that can block light from the insertion portion 141 inserted into the reflector 113, the plate-like main body portion 145 protruding from the insertion portion 141, and the photosensor 106 (see FIG. 27). A pressing portion 144 capable of pressing the push button 131 (see FIG. 28), and a fixing portion 346 for fixing the light shielding member 340 to the switch substrate 130.
固定部346は、本体部145における押圧部144の反対側に突設される板状部である。固定部346は、ラッチングソレノイド107の作動した場合にスイッチ基板130に固定される。   The fixing portion 346 is a plate-like portion protruding from the main body portion 145 on the opposite side of the pressing portion 144. The fixing portion 346 is fixed to the switch board 130 when the latching solenoid 107 is operated.
次に、図27を参照して、遮光部材140における押圧部144及び固定部346の作用について説明する。   Next, with reference to FIG. 27, the operation of the pressing portion 144 and the fixing portion 346 in the light shielding member 140 will be described.
図27(a)に示す状態は、メインボタン110が操作されておらず、メインボタンバネ114(図4参照)によってメインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130から離間する方向へ付勢されている状態である。   In the state shown in FIG. 27A, the main button 110 is not operated, and the main button lens 112 and the reflector 113 are urged away from the switch board 130 by the main button spring 114 (see FIG. 4). It is in a state.
メインボタン110が操作されていないときには、遮光部材140は、スイッチ基板130から離間した位置にあるため、プッシュボタン131は、押下されていない。また、メインボタン110が操作されていないときには、ラッチングソレノイド107も動作しておらず、ロッド107aは退避している。   When the main button 110 is not operated, the push button 131 is not pressed because the light shielding member 140 is located away from the switch board 130. When the main button 110 is not operated, the latching solenoid 107 is not operating and the rod 107a is retracted.
図27(b)に示す状態は、メインボタン110が遊技者によって押下され、メインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130に近接する方向に移動した状態である。   The state shown in FIG. 27B is a state in which the main button 110 is pressed by the player and the main button lens 112 and the reflector 113 are moved in the direction approaching the switch board 130.
メインボタン110が押下されはじめると、メインボタン110のストローク量に伴って遮光部材140がスイッチ基板130に近づく。やがて、メインボタン110が完全に押下されると、遮光部材140の押圧部144がプッシュボタン131に当接し、プッシュボタン131は、押圧部144によって押下されることとなる(図27(b)に示す状態)。   When the main button 110 starts to be pressed, the light shielding member 140 approaches the switch board 130 according to the stroke amount of the main button 110. Eventually, when the main button 110 is completely pressed, the pressing portion 144 of the light shielding member 140 comes into contact with the push button 131, and the push button 131 is pressed by the pressing portion 144 (see FIG. 27B). State shown).
このとき、所定の条件のもとでラッチングソレノイド107のロッド107aが進出し、プッシュボタン131との間で固定部346を保持する。   At this time, the rod 107a of the latching solenoid 107 advances under a predetermined condition and holds the fixing portion 346 with the push button 131.
これにより、遊技者がメインボタン110の操作を止めてメインボタンバネ114(図4参照)の付勢力がメインボタンレンズ112及びリフレクタ113に作用しても、メインボタン110はスイッチ基板130から離間せず、完全に押下した状態で固定される。よって、遊技者によるメインボタン110の操作が不可能になる。   Thus, even if the player stops the operation of the main button 110 and the urging force of the main button spring 114 (see FIG. 4) acts on the main button lens 112 and the reflector 113, the main button 110 is separated from the switch board 130. Instead, it is fixed in the fully depressed state. Therefore, it becomes impossible for the player to operate the main button 110.
次に、図28を参照して、第3の実施の形態の変形例について説明する。   Next, a modification of the third embodiment will be described with reference to FIG.
この変形例では、固定部材の構成が、前述した各実施の形態と相違する。   In this modification, the configuration of the fixing member is different from the above-described embodiments.
スイッチ基板130は、ボタンベース105の背面側に固定され、フォトセンサ106、プッシュボタン131、及び電磁石(固定部材)307を備える。   The switch board 130 is fixed to the back side of the button base 105, and includes a photo sensor 106, a push button 131, and an electromagnet (fixing member) 307.
電磁石307は、遮光部材140の押圧部144が当接したことを検知するプッシュボタン131と並んで配けられる。電磁石307は、所定条件のもとで遮光部材140を移動できないようにスイッチ基板130に固定するものである。   The electromagnet 307 is arranged side by side with the push button 131 that detects that the pressing portion 144 of the light shielding member 140 has come into contact. The electromagnet 307 is fixed to the switch board 130 so that the light shielding member 140 cannot be moved under a predetermined condition.
この変形例では、スイッチ基板130に電磁石307が設けられることに対応して、遮光部材340の固定部346は、磁性体で形成される。固定部346のみが磁性体であればよく、遮光部材340の他の部分は磁性体である必要はない。   In this modification, the fixing portion 346 of the light shielding member 340 is formed of a magnetic material in response to the electromagnet 307 provided on the switch substrate 130. Only the fixing portion 346 may be a magnetic body, and the other portions of the light shielding member 340 need not be a magnetic body.
図28(a)に示す状態は、メインボタン110が操作されておらず、メインボタンバネ114(図4参照)によってメインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130から離間する方向へ付勢されている状態である。   In the state shown in FIG. 28A, the main button 110 is not operated, and the main button lens 114 and the reflector 113 are urged away from the switch board 130 by the main button spring 114 (see FIG. 4). It is in a state.
メインボタン110が操作されていないときには、遮光部材340は、スイッチ基板130から離間した位置にあるため、プッシュボタン131は、押下されていない。また、メインボタン110が操作されていないときには、電磁石307も動作していない。   When the main button 110 is not operated, the push button 131 is not pressed because the light shielding member 340 is located away from the switch substrate 130. Further, when the main button 110 is not operated, the electromagnet 307 is not operating.
図28(b)に示す状態は、メインボタン110が遊技者によって押下され、メインボタンレンズ112及びリフレクタ113がスイッチ基板130に近接する方向に移動した状態である。   The state shown in FIG. 28B is a state in which the main button 110 is pressed by the player and the main button lens 112 and the reflector 113 are moved in the direction approaching the switch board 130.
メインボタン110が押下されると、メインボタン110のストローク量に伴って遮光部材340がスイッチ基板130に近づく。やがて、メインボタン110が完全に押下されると、遮光部材340の押圧部144がプッシュボタン131に当接し、プッシュボタン131は、押圧部144によって押下されることとなる(図28(b)に示す状態)。   When the main button 110 is pressed, the light shielding member 340 approaches the switch board 130 according to the stroke amount of the main button 110. Eventually, when the main button 110 is completely pressed, the pressing portion 144 of the light shielding member 340 comes into contact with the push button 131, and the push button 131 is pressed by the pressing portion 144 (see FIG. 28B). State shown).
このとき、所定の条件のもとで電磁石307が「ON」に切り換えられ、磁性体である固定部346を磁力によって吸着する。   At this time, the electromagnet 307 is switched to “ON” under a predetermined condition, and the fixing portion 346 that is a magnetic body is attracted by a magnetic force.
このように、固定部346を押圧部144とは独立して別個設けることによって、ラッチングソレノイド107ではなく、電磁石307によって遮光部材340を固定することも可能である。これにより、スイッチ基板130にラッチングソレノイド107を配置するためのスペースを削減できる。   In this way, by providing the fixing portion 346 separately from the pressing portion 144, the light shielding member 340 can be fixed by the electromagnet 307 instead of the latching solenoid 107. Thereby, a space for arranging the latching solenoid 107 on the switch board 130 can be reduced.
また、固定部346を電磁石307の磁力によって吸着して固定するため、ロッド107aのように移動する部材がなく、演出ボタン100の耐久性を向上できる。   Moreover, since the fixing | fixed part 346 is adsorbed and fixed by the magnetic force of the electromagnet 307, there is no moving member like the rod 107a, and the durability of the effect button 100 can be improved.
なお、遮光部材340に代えて、第2の実施の形態に係る遮光部材240(図23参照)を用いた場合にも、本体部145の先端145aを磁性体で形成することによって、電磁石307の磁力で吸着して固定することが可能である。   Even when the light shielding member 240 (see FIG. 23) according to the second embodiment is used in place of the light shielding member 340, the tip 145a of the main body 145 is formed of a magnetic material, so that the electromagnet 307 It can be adsorbed and fixed by magnetic force.
(第4の実施の形態)
以下、図29から図31を参照して、本発明の第4の実施の形態について説明する。
(Fourth embodiment)
Hereinafter, the fourth embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS.
第4の実施の形態では、操作態様監視処理を実行する手順が、前述した各実施の形態と相違する。なお、本実施形態では、押圧部144を備える遮光部材140を用い、固定部材としてラッチングソレノイド107を用いる場合を例として説明する。   In the fourth embodiment, the procedure for executing the operation mode monitoring process is different from the above-described embodiments. In the present embodiment, a case where the light shielding member 140 including the pressing portion 144 is used and the latching solenoid 107 is used as the fixing member will be described as an example.
以下、図29及び図30を参照して、第4の実施の形態に係る操作態様監視処理の手順について説明する。   The procedure of the operation mode monitoring process according to the fourth embodiment will be described below with reference to FIGS. 29 and 30.
まず、この操作態様監視処理で実行されるペナルティについて説明する。   First, the penalty executed in this operation mode monitoring process will be described.
メインボタン110が第1の所定速度以上で所定回数押下された場合には、メインボタン110を押下した遊技者に第1のペナルティを科す。具体的には、第1のペナルティでは、第1の所定速度以上で押下されるごとに変動表示装置35に警告カードが1枚表示され、この警告カードが所定の枚数(ここでは3枚)に達すると、変動表示装置35における変動表示ゲームの演出が見えにくくなるような表示が実行される。第2のペナルティについては、前述した各実施形態と同様である。   When the main button 110 is pressed a predetermined number of times at or above the first predetermined speed, a first penalty is imposed on the player who pressed the main button 110. Specifically, at the first penalty, each time the key is pressed at a speed equal to or higher than the first predetermined speed, one warning card is displayed on the variable display device 35, and this warning card is set to a predetermined number (here, three). When it reaches, the display which makes it difficult to see the effect of the variable display game on the variable display device 35 is executed. The second penalty is the same as that of each embodiment described above.
以下、操作態様監視処理の手順について説明する。   Hereinafter, the procedure of the operation mode monitoring process will be described.
演出制御装置550は、まず、客待ちデモを実行中か否かを判定する(S2901)。客待ちデモを実行中であると判定された場合には(S2902の判定が「Y」)、警告カードの枚数をリセットし(S2903)、ラッチングソレノイド107の作動を解除する(S2904)。これにより、遊技者が既に入れ替わって客待ちデモが実行されている場合に、前の遊技者に対して表示された警告カードの枚数、及び科された第2のペナルティが、他の遊技者にそのまま引き継がれることが防止される。その後、演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する(S2905)。   The production control device 550 first determines whether or not a customer waiting demonstration is being executed (S2901). If it is determined that the customer waiting demonstration is being executed (the determination in S2902 is “Y”), the number of warning cards is reset (S2903), and the operation of the latching solenoid 107 is released (S2904). This allows the number of warning cards displayed for the previous player and the second penalty charged to other players to be changed when the player has already been replaced and the customer waiting demo has been executed. It is prevented from being taken over as it is. Thereafter, it is determined whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period (S2905).
一方、客待ちデモを実行中でないと判定した場合には(S2902の判定が「N」)、そのまま演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する(S2905)。   On the other hand, if it is determined that the customer waiting demonstration is not being executed (the determination in S2902 is “N”), it is determined whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period (S2905).
次に、演出制御装置550は、演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する(S2905)。演出ボタン100の操作が有効な期間内であると判定した場合には(S2906の判定が「Y」)、遊技者によるメインボタン110の操作速度を測定し、測定結果を変動表示装置35の表示部35aに表示される変動表示ゲームの演出に影響させる。   Next, the effect control device 550 determines whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period (S2905). When it is determined that the operation of the effect button 100 is within a valid period (the determination in S2906 is “Y”), the operation speed of the main button 110 by the player is measured, and the measurement result is displayed on the variation display device 35. It affects the effect of the variable display game displayed on the part 35a.
一方、演出ボタン100の操作が有効な期間内でないと判定した場合には(S2906の判定が「N」)、遊技者によるメインボタン110の操作速度を測定するが、測定結果は変動表示ゲームの演出には影響しない。以下、それぞれの場合を具体的に説明する。   On the other hand, when it is determined that the operation of the effect button 100 is not within the effective period (the determination in S2906 is “N”), the operation speed of the main button 110 by the player is measured, but the measurement result is that of the variable display game. It does not affect the production. Each case will be specifically described below.
まず、S2906の処理で、演出ボタン100の操作が有効であると判定した場合について説明する。   First, the case where it is determined in step S2906 that the operation of the effect button 100 is valid will be described.
演出制御装置550は、まず、固定部材、即ちラッチングソレノイド107が作動中か否かを判定する(S2907)。   The effect control device 550 first determines whether or not the fixing member, that is, the latching solenoid 107 is operating (S2907).
ラッチングソレノイド107が作動中でないと判定した場合には(S2908)、演出ボタン100の操作判定を行うか否かを判定する(S2909)。演出ボタン100の操作判定を行うと判定した場合には(S2910)、続いて、メインボタン110の操作速度を測定する(S2911)。   If it is determined that the latching solenoid 107 is not in operation (S2908), it is determined whether or not to perform an operation determination on the effect button 100 (S2909). When it is determined that the operation of the effect button 100 is determined (S2910), the operation speed of the main button 110 is measured (S2911).
一方、ラッチングソレノイド107が作動中であると判定した場合には(S2908の判定が「Y」)、第2のペナルティが既に実行されているので、ラッチングソレノイド107が作動したときの次回の演出ボタン100の操作有効期間が終了したと判定された後(S2924)、ラッチングソレノイド107の作動が解除され、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンすることとなる。   On the other hand, if it is determined that the latching solenoid 107 is in operation (the determination in S2908 is “Y”), the second penalty has already been executed, so the next effect button when the latching solenoid 107 is operated After it is determined that the operation valid period of 100 has ended (S2924), the operation of the latching solenoid 107 is released, and the process returns to the caller process (main process).
S2912において、S2911の処理で測定したメインボタン110の操作速度が速度6以下であると判定された場合(速度1〜6の場合)には、メインボタン110の操作の評価が「良い」又は「普通」であるため、続けて、変動表示ゲームの演出にメインボタン110の操作が影響を及ぼすボタン演出が実行され(S2913)、変動表示装置35にメインボタン110の操作速度を表示して遊技者に通知する(S2914)。これにより、遊技者は、変動表示装置35にて実行される変動表示ゲームの演出に参加することができる。   In S2912, when it is determined that the operation speed of the main button 110 measured in the process of S2911 is 6 or less (in the case of speeds 1 to 6), the evaluation of the operation of the main button 110 is “good” or “ Since “normal”, the button effect that the operation of the main button 110 affects the effect of the variable display game is executed (S 2913), and the operation speed of the main button 110 is displayed on the variable display device 35. (S2914). Thereby, the player can participate in the effect of the variable display game executed by the variable display device 35.
続いて、S2911の処理で測定したメインボタン110の操作速度が速度3以下であるか否かを判定する(S2915)。操作速度が「良い」と評価される(図19参照)速度3以下であると判定された場合(速度1〜3の場合)には、変動表示装置35に表示された警告カードを1枚減少させ、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   Subsequently, it is determined whether or not the operation speed of the main button 110 measured in the process of S2911 is 3 or less (S2915). When the operation speed is evaluated as “good” (see FIG. 19), when it is determined that the operation speed is 3 or less (in the case of speeds 1 to 3), the warning card displayed on the variable display device 35 is decreased by one. And return to the caller process (main process).
一方、操作速度が速度3以下でないと判定された場合(速度4〜6の場合)には、操作速度は「普通」と評価され(図19参照)、警告カードの枚数は変更せずに、そのまま呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。なお、警告カードが1枚も表示されていなかったときも同様に、そのまま呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   On the other hand, when it is determined that the operation speed is not 3 or less (speed 4 to 6), the operation speed is evaluated as “normal” (see FIG. 19), and the number of warning cards is not changed. Return to the calling process (main process). Similarly, when no warning card is displayed, the process returns to the calling process (main process).
S2912において、S2911の処理で測定したメインボタン110の操作速度が、速度6以下でないと判定された場合(速度7〜10の場合)には、続けて、メインボタン110の操作速度が速度9以上であるか否かを判定する(S2926)。   In S2912, when it is determined that the operation speed of the main button 110 measured in the process of S2911 is not 6 or less (when the speed is 7 to 10), the operation speed of the main button 110 is continuously 9 or more. It is determined whether or not (S2926).
メインボタン110の操作速度が速度9以上でないと判定された場合(速度7,8の場合)には、操作速度は「警告ゾーン」と評価され(図19参照)、そのままボタン操作警告演出が実行される(S2928)。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is not 9 or more (in the case of speeds 7 and 8), the operation speed is evaluated as a “warning zone” (see FIG. 19), and the button operation warning effect is executed as it is. (S2928).
メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合(速度9,10の場合)には、操作速度は「NGゾーン」と評価され(図19参照)、ラッチングソレノイド107が作動して遮光部材140の押圧部144を固定し、メインボタン110が操作不能にされる(S2928)。その上で、ボタン操作警告演出が実行される(S2928)。つまり、メインボタン110の操作速度が速度9以上の場合には、警告カードが1枚増加するとともに第2のペナルティが科せられることとなる。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is 9 or more (in the case of speeds 9 and 10), the operation speed is evaluated as “NG zone” (see FIG. 19), and the latching solenoid 107 is activated. Then, the pressing portion 144 of the light shielding member 140 is fixed, and the main button 110 is disabled (S2928). Then, a button operation warning effect is executed (S2928). That is, when the operation speed of the main button 110 is 9 or more, the number of warning cards increases by one and a second penalty is imposed.
そして、演出制御装置550は、メインボタン110の操作速度を変動表示装置35に表示して遊技者に知らせる操作速度報知演出を実行した後(S2929)、変動表示装置35に表示される警告カードを1枚増加させる(S2930)。   Then, the effect control device 550 displays the operation speed of the main button 110 on the fluctuation display device 35 and executes the operation speed notification effect that informs the player (S2929), and then displays a warning card displayed on the fluctuation display device 35. The number is increased by 1 (S2930).
続いて、演出制御装置550は、警告カードの枚数が3枚溜まったか否かをチェックする(S2931)。警告カードが3枚溜まったと判定された場合には(S2932)、ペナルティ演出を実行する(S2933)。ペナルティ演出が終了すると、警告カードの枚数をリセットし、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   Subsequently, the effect control device 550 checks whether or not three warning cards have been accumulated (S2931). If it is determined that three warning cards have been accumulated (S2932), a penalty effect is executed (S2933). When the penalty effect ends, the number of warning cards is reset, and the process returns to the caller process (main process).
このように、メインボタン110の操作速度が速い場合に警告カードを表示し、警告カードの枚数が所定枚数に達したら第1のペナルティを科すことにより、遊技者は、警告カードが表示されないような操作速度でメインボタン110を押下しようとする。よって、メインボタン110の破損を防止できるとともに、遊技の興趣を高めることができる。   In this way, when the operation speed of the main button 110 is fast, a warning card is displayed, and when the number of warning cards reaches a predetermined number, a first penalty is imposed so that the player does not display the warning card. The user tries to press the main button 110 at the operation speed. Therefore, damage to the main button 110 can be prevented, and the fun of the game can be enhanced.
なお、ペナルティ演出が実行されているときにも、メインボタン110の操作速度が速度6以上である場合には、ペナルティ演出を実行中であっても警告カードは増加する。これにより、ペナルティ演出が終了して、ペナルティ演出実行時の警告カードの枚数がリセットされても、ペナルティ演出中に増加した警告カードが表示されるため、警告カードの枚数は零枚にはならない。   Even when the penalty effect is being executed, if the operation speed of the main button 110 is 6 or more, the warning card increases even if the penalty effect is being executed. As a result, even if the penalty effect is finished and the number of warning cards at the time of executing the penalty effect is reset, the increased number of warning cards is displayed during the penalty effect, so the number of warning cards does not become zero.
また、S2926の処理において、メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合には、警告カードの枚数にかかわらず警告カードを3枚にしてペナルティ演出を実行する(S2933)ようにしてもよい。これにより、遊技者は極めて速い速度でメインボタン110を操作しないようにするため、メインボタン110の破損を防止できる。   If it is determined in step S2926 that the operation speed of the main button 110 is 9 or more, the penalty effect is executed with three warning cards regardless of the number of warning cards (S2933). It may be. This prevents the player from operating the main button 110 at an extremely high speed, and thus can prevent the main button 110 from being damaged.
次に、S2906の処理で、演出ボタン100の操作が有効な期間内でないと判定した場合について説明する。   Next, a case where it is determined in step S2906 that the operation of the effect button 100 is not within a valid period will be described.
演出制御装置550は、まず、演出ボタン100の操作判定を行うか否かを判定する(S2917)。演出ボタン100の操作判定を行うと判定した場合には(S2918の判定が「Y」)、続いて、メインボタン110の操作速度を測定する(S2919)。   The effect control device 550 first determines whether or not to determine the operation of the effect button 100 (S2917). If it is determined that the operation button 100 is to be operated (the determination in S2918 is “Y”), then the operation speed of the main button 110 is measured (S2919).
メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合(速度9,10の場合)には、ラッチングソレノイド107が作動して遮光部材140の押圧部144を固定し、メインボタン110が操作不能にされる(S2921)。その上で、ボタン操作警告演出が実行され(S2922)、操作速度が通知され(S2923)、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is 9 or more (in the case of speeds 9 and 10), the latching solenoid 107 is activated to fix the pressing portion 144 of the light shielding member 140, and the main button 110 is The operation is disabled (S2921). Then, a button operation warning effect is executed (S2922), the operation speed is notified (S2923), and the process returns to the caller process (main process).
よって、演出ボタン100の操作が有効な期間内でなくても、遊技者がメインボタン110を速度9以上の速度で操作した場合には、第2のペナルティが科せられることとなる。   Therefore, even if the operation of the effect button 100 is not within a valid period, if the player operates the main button 110 at a speed of 9 or more, a second penalty will be imposed.
なお、この操作態様監視処理を第3の実施の形態に係る遮光部材340に適用する場合には、ラッチングソレノイド107の代わりに電磁石307を用いてもよい。   When this operation mode monitoring process is applied to the light shielding member 340 according to the third embodiment, an electromagnet 307 may be used instead of the latching solenoid 107.
次に、図31を参照して、変動表示装置35にて実行される第1のペナルティの演出の一例について説明する。   Next, with reference to FIG. 31, an example of the first penalty effect executed by the variable display device 35 will be described.
各画面3101〜3110の表示項目は、画面左側上部に最大3枚の警告カードが表示される他は、図20の画面と同様である。以下、画面の遷移について説明する。   The display items on each of the screens 3101 to 3110 are the same as the screen of FIG. 20 except that a maximum of three warning cards are displayed at the upper left portion of the screen. The screen transition will be described below.
画面3101は、S2905(図29参照)における、演出ボタン100の操作が有効な期間であることを示す画面である。ここでは、未だメインボタン110が操作されていないため、操作速度報知演出は実行されない。よって、画面3101の右側下部の操作速度メータには、操作速度の表示はなく、メインボタン110の操作を促す旨の「PUSH」という文字のみが表示されている。   A screen 3101 is a screen indicating that the operation of the effect button 100 is valid in S2905 (see FIG. 29). Here, since the main button 110 is not yet operated, the operation speed notification effect is not executed. Therefore, the operation speed meter at the lower right side of the screen 3101 has no display of the operation speed, and only the characters “PUSH” for prompting the operation of the main button 110 are displayed.
画面3102は、S2912(図30参照)の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下でないと判定され、かつ、S2926(図30参照)の処理で、速度9以上でないと判定された場合に遷移する画面である。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is not 6 or less in the process of S2912 (see FIG. 30), and the screen 3102 is determined to be not 9 or more in the process of S2926 (see FIG. 30) It is a screen that changes to.
画面3102の右側下部の操作速度メータには、メインボタン110の操作速度が速度8であることが示されている(S2929)。速度8は、「警告ゾーン」(図19参照)と評価される操作速度であるため、画面3102では、ボタン操作警告演出(S2928)が実行されている。   The operation speed meter at the lower right side of the screen 3102 indicates that the operation speed of the main button 110 is speed 8 (S2929). Since the speed 8 is an operation speed evaluated as a “warning zone” (see FIG. 19), a button operation warning effect (S2928) is executed on the screen 3102.
ここでのボタン操作警告演出では、画面3102には、「釣竿に警告カードが掛かった図柄」と、「もっとやさしく」という文字とが併せて表示されている。これにより、遊技者は、メインボタン110の操作速度が速い速度であったことを把握できる。   In the button operation warning effect here, the screen 3102 displays “a symbol with a warning card on a fishing rod” and a character “more easily”. Thereby, the player can grasp that the operation speed of the main button 110 was fast.
また、画面3102では、釣竿に警告カードが掛かった図柄が示され、警告カードを1枚増加させる(S2930)。   Further, the screen 3102 shows a design in which a warning card is hung on the fishing rod, and the number of warning cards is increased by one (S2930).
画面3103は、画面の右側上部で行われていた変動表示ゲームの結果を示す画面である。ここでは、「275」の三桁の数字が示され、数字が揃っていないことから変動表示ゲームの結果は「当り」ではなかったことが遊技者に通知される。   A screen 3103 is a screen showing the result of the variable display game that has been performed on the upper right side of the screen. Here, a three-digit number “275” is shown, and since the numbers are not aligned, the player is notified that the result of the variable display game was not “winning”.
また、画面3103の左側上部には、画面3102で釣竿に掛かった警告カードが表示されている。これにより、警告カードの累積枚数が1枚になったことが遊技者に通知される。   Also, a warning card for a fishing rod on the screen 3102 is displayed on the upper left side of the screen 3103. Thereby, the player is notified that the cumulative number of warning cards is one.
画面3104は、再び変動表示ゲームが開始され、演出ボタン100の操作が有効な期間になったことを示す画面である。画面3104では、画面3101と同様の表示がされているが、前回の変動表示ゲームにおける演出ボタン100の操作によって累積した1枚の警告カードが更に表示されている。つまり、次回の変動表示ゲームに移っても警告カードの累積枚数は持ち越される。   A screen 3104 is a screen indicating that the variable display game is started again and the operation of the effect button 100 is in a valid period. On the screen 3104, the same display as the screen 3101 is displayed, but one warning card accumulated by the operation of the effect button 100 in the previous variable display game is further displayed. In other words, the accumulated number of warning cards is carried over even when the game moves to the next variation display game.
画面3105は、画面3102と同様に、S2912(図30参照)の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下でないと判定され、かつ、S2926(図30参照)の処理で、速度9以上でないと判定された場合に遷移する画面である。   Similar to the screen 3102, the screen 3105 determines that the operation speed of the main button 110 is not lower than 6 in the process of S 2912 (see FIG. 30), and the speed of 9 or higher in the process of S 2926 (see FIG. 30). It is a screen that transitions when it is determined that it is not.
画面3105の右側下部の操作速度メータには、メインボタン110の操作速度が速度7であることが示されている(S2929)。速度7は、「警告ゾーン」(図19参照)と評価される操作速度であるため、画面3102では、ボタン操作警告演出(S2928)が実行されている。   The operation speed meter at the lower right side of the screen 3105 indicates that the operation speed of the main button 110 is speed 7 (S2929). Since the speed 7 is an operation speed evaluated as a “warning zone” (see FIG. 19), a button operation warning effect (S2928) is executed on the screen 3102.
ここでのボタン操作警告演出では、画面3105には、「釣竿に警告カードが掛かった図柄」と、「もっとやさしく」という文字とが併せて表示されている。これにより、遊技者は、メインボタン110の操作速度が速い速度であったことを把握できる。   In the button operation warning effect here, the screen 3105 displays a combination of “a symbol with a warning card on a fishing rod” and a character “more easily”. Thereby, the player can grasp that the operation speed of the main button 110 was fast.
また、画面3105では、釣竿に警告カードが掛かった図柄が示され、警告カードを1枚増加させる(S2930)。   Further, the screen 3105 shows a design in which a warning card is hung on the fishing rod, and the number of warning cards is increased by one (S2930).
画面3106は、画面の右側上部で行われていた変動表示ゲームの結果を示す画面である。ここでは、「813」の三桁の数字が示され、数字が揃っていないことから変動表示ゲームの結果は「当り」ではなかったことが遊技者に通知される。   A screen 3106 is a screen showing the result of the variable display game performed at the upper right part of the screen. Here, a three-digit number “813” is shown, and since the numbers are not aligned, the player is notified that the result of the variable display game was not “winning”.
また、画面3106の左側上部には、画面3105で釣竿に掛かった警告カードが表示されている。これにより、警告カードの累積枚数が2枚になったことが遊技者に通知される。   A warning card for a fishing rod on the screen 3105 is displayed on the upper left portion of the screen 3106. This notifies the player that the cumulative number of warning cards has reached two.
画面3107は、再び変動表示ゲームが開始され、演出ボタン100の操作が有効な期間になったことを示す画面である。画面3107では、画面3104と同様の表示がされているが、これまでの変動表示ゲームにおける演出ボタン100の操作によって累積した2枚の警告カードが更に表示されている。   A screen 3107 is a screen indicating that the variable display game is started again and the operation of the effect button 100 is in a valid period. On the screen 3107, the same display as the screen 3104 is displayed, but two warning cards accumulated by the operation of the effect button 100 in the variable display game so far are further displayed.
画面3108は、S2912(図29参照)の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下でないと判定され、かつ、S2926(図29参照)の処理で、速度9以上であると判定された場合に遷移する画面である。   The screen 3108 determines that the operation speed of the main button 110 is not lower than 6 in the process of S2912 (see FIG. 29), and is determined to be 9 or higher in the process of S2926 (see FIG. 29). This is a screen that transitions to the case.
画面3108の右側下部の操作速度メータには、メインボタン110の操作速度が速度10であることが示されている(S2929)。速度10は、「NGゾーン」(図19参照)と評価される操作速度であるため、画面3108では、ボタン操作警告演出(S2928)が実行されている。また、メインボタン110の操作速度が「NGゾーン」と評価されたため、ラッチングソレノイド107が作動し(S2927)、メインボタン110が押下状態で固定される(第2のペナルティ)。   The operation speed meter at the lower right side of the screen 3108 indicates that the operation speed of the main button 110 is 10 (S2929). Since the speed 10 is an operation speed evaluated as “NG zone” (see FIG. 19), a button operation warning effect (S2928) is executed on the screen 3108. Further, since the operation speed of the main button 110 is evaluated as “NG zone”, the latching solenoid 107 is operated (S2927), and the main button 110 is fixed in the pressed state (second penalty).
ここでのボタン操作警告演出では、画面3108には、「釣竿に警告カードが掛かった図柄」と、「強すぎ!!」という文字とが併せて表示されている。これにより、遊技者は、メインボタン110の操作速度が極めて速い速度であったことを把握できる。   In the button operation warning effect here, the screen 3108 displays a combination of “a symbol with a warning card on a fishing rod” and a character “too strong !!”. Thereby, the player can grasp that the operation speed of the main button 110 was extremely high.
また、画面3105では、釣竿に警告カードが掛かった図柄が示され、警告カードを1枚増加させる(S2930)。   Further, the screen 3105 shows a design in which a warning card is hung on the fishing rod, and the number of warning cards is increased by one (S2930).
画面3109では、警告カードが3枚溜まったと判定され(S2932)、ペナルティ演出が実行されている(S2933)。このペナルティ演出では、変動表示ゲームの表示が「2_2」とリーチ状態であるにもかかわらず、画面中央に大きな魚が出現して、リーチ状態の演出が見えにくくなる(第1のペナルティ)。   On the screen 3109, it is determined that three warning cards are accumulated (S2932), and a penalty effect is executed (S2933). In this penalty effect, although the display of the variable display game is “2_2” and the reach state, a large fish appears in the center of the screen, and the reach state effect becomes difficult to see (first penalty).
画面3110は、画面の右側上部で行われていた変動表示ゲームの結果を示す画面である。ここでは、「292」の三桁の数字が示され、数字が揃っていないことから変動表示ゲームの結果は「当り」ではなかったことが遊技者に通知される。   A screen 3110 is a screen showing a result of the variable display game performed at the upper right portion of the screen. Here, a three-digit number “292” is shown, and since the numbers are not aligned, the player is notified that the result of the variable display game was not “winning”.
また、警告カードが3枚累積して第1のペナルティが実行されたため、警告カードの枚数はリセットされる(S2934)。画面3110では、画面3109の左側上部に表示されていた3枚の警告カードが消えている。これにより、警告カードの累積枚数が零枚にリセットされたことが遊技者に通知される。   Further, since three warning cards are accumulated and the first penalty is executed, the number of warning cards is reset (S2934). On the screen 3110, the three warning cards displayed on the upper left portion of the screen 3109 are gone. This notifies the player that the cumulative number of warning cards has been reset to zero.
なお、この操作態様監視処理を第3の実施の形態に係る遮光部材340に適用する場合には、ラッチングソレノイド107の代わりに電磁石307を用いてもよい。   When this operation mode monitoring process is applied to the light shielding member 340 according to the third embodiment, an electromagnet 307 may be used instead of the latching solenoid 107.
以上の実施の形態によれば、メインボタン110の操作速度が速い場合に警告カードを表示し、警告カードの枚数が所定枚数に達したら第1のペナルティを科すことにより、遊技者は、警告カードが表示されないような操作速度でメインボタン110を押下しようとする。よって、メインボタン110の破損を防止できるとともに、遊技の興趣を高めることができる。   According to the above embodiment, a warning card is displayed when the operation speed of the main button 110 is fast, and the player is warned by giving a first penalty when the number of warning cards reaches a predetermined number. Attempts to press the main button 110 at an operation speed such that is not displayed. Therefore, damage to the main button 110 can be prevented, and the fun of the game can be enhanced.
(第5の実施の形態)
以下、図32から図34を参照して、本発明の第5の実施の形態について説明する。
(Fifth embodiment)
Hereinafter, the fifth embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS.
第5の実施の形態では、操作態様監視処理を実行する手順が、前述した各実施の形態と相違する。なお、本実施形態では、押圧部144を備える遮光部材140を用い、固定部材としてラッチングソレノイド107を用いる場合を例として説明する。   In the fifth embodiment, the procedure for executing the operation mode monitoring process is different from the above-described embodiments. In the present embodiment, a case where the light shielding member 140 including the pressing portion 144 is used and the latching solenoid 107 is used as the fixing member will be described as an example.
以下、図32及び図33を参照して、第5の実施の形態に係る操作態様監視処理の手順について説明する。   Hereinafter, the procedure of the operation mode monitoring process according to the fifth embodiment will be described with reference to FIGS. 32 and 33.
まず、この操作態様監視処理で実行されるペナルティについて説明する。   First, the penalty executed in this operation mode monitoring process will be described.
メインボタン110が第1の所定速度以上で所定回数押下された場合には、メインボタン110を押下した遊技者に第1のペナルティを科す。具体的には、第1のペナルティでは、第1の所定速度以上で押下されるごとに、変動表示装置35における演出の一部が隠ぺいされて見えない領域(隠ぺい領域)が増加し、変動表示ゲームの演出が見えにくくなるような表示が実行される。第2のペナルティについては、前述した各実施形態と同様である。   When the main button 110 is pressed a predetermined number of times at or above the first predetermined speed, a first penalty is imposed on the player who pressed the main button 110. Specifically, in the first penalty, each time the button is pressed at a speed equal to or higher than the first predetermined speed, a region (hidden region) in which a part of the effect in the variable display device 35 is concealed increases and the variable display is displayed. A display that makes it difficult to see the effect of the game is executed. The second penalty is the same as that of each embodiment described above.
以下、操作態様監視処理の手順について説明する。   Hereinafter, the procedure of the operation mode monitoring process will be described.
演出制御装置550は、まず、客待ちデモを実行中か否かを判定する(S3201)。客待ちデモを実行中であると判定された場合には(S3202の判定が「Y」)、隠ぺい領域の数をリセットし(S3203)、ラッチングソレノイド107の作動を解除する(S3204)。これにより、遊技者が既に入れ替わって客待ちデモが実行されている場合に、前の遊技者に対して設定された隠ぺい領域の数、及び科された第2のペナルティが、他の遊技者にそのまま引き継がれることが防止される。その後、演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する(S3205)。   The effect control device 550 first determines whether or not a customer waiting demonstration is being executed (S3201). If it is determined that the customer waiting demonstration is being executed (the determination in S3202 is “Y”), the number of concealment areas is reset (S3203), and the operation of the latching solenoid 107 is released (S3204). As a result, when the player has already been replaced and the customer waiting demonstration is being executed, the number of concealment areas set for the previous player and the second penalty imposed on the other player It is prevented from being taken over as it is. Thereafter, it is determined whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period (S3205).
一方、客待ちデモを実行中でないと判定した場合には(S3202の判定が「N」)、そのまま演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する(S3205)。   On the other hand, if it is determined that the customer waiting demonstration is not being executed (the determination in S3202 is “N”), it is determined whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period (S3205).
次に、演出制御装置550は、演出ボタン100の操作が有効な期間内か否かを判定する(S3205)。演出ボタン100の操作が有効な期間内であると判定した場合には(S3206の判定が「Y」)、遊技者によるメインボタン110の操作速度を測定し、測定結果を変動表示装置35の表示部35aに表示される変動表示ゲームの演出に影響させる。   Next, the effect control device 550 determines whether or not the operation of the effect button 100 is within a valid period (S3205). When it is determined that the operation of the effect button 100 is within the effective period (determination of S3206 is “Y”), the operation speed of the main button 110 by the player is measured, and the measurement result is displayed on the variation display device 35. It affects the effect of the variable display game displayed on the part 35a.
一方、演出ボタン100の操作が有効な期間内でないと判定した場合には(S3206の判定が「N」)、遊技者によるメインボタン110の操作速度を測定するが、測定結果は変動表示ゲームの演出には影響しない。以下、それぞれの場合を具体的に説明する。   On the other hand, when it is determined that the operation of the effect button 100 is not within the effective period (the determination in S3206 is “N”), the operation speed of the main button 110 by the player is measured, but the measurement result is that of the variable display game. It does not affect the production. Each case will be specifically described below.
まず、S3206の処理で、演出ボタン100の操作が有効であると判定した場合について説明する。   First, the case where it is determined in step S3206 that the operation of the effect button 100 is valid will be described.
演出制御装置550は、まず、固定部材、即ちラッチングソレノイド107が作動中か否かを判定する(S3207)。   The effect control device 550 first determines whether or not the fixing member, that is, the latching solenoid 107 is operating (S3207).
ラッチングソレノイド107が作動中でないと判定した場合には(S3208の判定が「N」)、演出ボタン100の操作判定を行うか否かを判定する(S3209)。演出ボタン100の操作判定を行うと判定した場合には(S3210)、続いて、メインボタン110の操作速度を測定する(S3211)。   If it is determined that the latching solenoid 107 is not in operation (the determination in S3208 is “N”), it is determined whether or not to perform an operation determination on the effect button 100 (S3209). If it is determined that operation of the effect button 100 is to be performed (S3210), then the operation speed of the main button 110 is measured (S3211).
一方、ラッチングソレノイド107が作動中であると判定した場合には(S3208の判定が「Y」)、第2のペナルティが既に実行されているので、ラッチングソレノイド107が作動したときの次回の演出ボタン100の操作有効期間が終了したと判定された後(S3226)、ラッチングソレノイド107の作動が解除され、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンすることとなる。   On the other hand, if it is determined that the latching solenoid 107 is in operation (the determination in S3208 is “Y”), the second penalty has already been executed. After it is determined that the operation valid period of 100 has ended (S3226), the operation of the latching solenoid 107 is released, and the process returns to the caller process (main process).
S3212において、S3211の処理で測定したメインボタン110の操作速度が速度6以下であると判定された場合(速度1〜6の場合)には、メインボタン110の操作の評価が「良い」又は「普通」であるため、続けて、変動表示ゲームの演出にメインボタン110の操作が影響を及ぼすボタン演出が実行され(S3213)、変動表示装置35にメインボタン110の操作速度を表示して遊技者に通知する(S3214)。これにより、遊技者は、変動表示装置35にて実行される変動表示ゲームの演出に参加することができる。   If it is determined in S3212 that the operation speed of the main button 110 measured in the process of S3211 is 6 or less (in the case of speeds 1 to 6), the evaluation of the operation of the main button 110 is “good” or “ Since “normal”, the button effect that the operation of the main button 110 affects the effect of the variable display game is executed (S3213), and the operation speed of the main button 110 is displayed on the variable display device 35, and the player is displayed. (S3214). Thereby, the player can participate in the effect of the variable display game executed by the variable display device 35.
続いて、S3211の処理で測定したメインボタン110の操作速度が速度3以下であるか否かを判定する(S3215)。操作速度が「良い」と評価される(図19参照)速度3以下であると判定された場合(速度1〜3の場合)には、続いて、隠ぺい領域が設定されているか否かをチェックする(S3216)。   Subsequently, it is determined whether or not the operation speed of the main button 110 measured in the process of S3211 is 3 or less (S3215). If the operation speed is evaluated as “good” (see FIG. 19) and it is determined that the operation speed is 3 or less (in the case of speeds 1 to 3), then it is checked whether or not a concealment area is set. (S3216).
隠ぺい領域が1つ以上設定されている場合には(S3217)、変動表示装置35に表示された隠ぺい領域を1つ減少させ(S3218)、設定された数に応じた領域を隠ぺいして表示するペナルティ演出を実行した後に(S3235)、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。隠ぺい領域が設定されていない場合には(S3217)、そのままペナルティ演出が実行され(S3225)、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。ここでのペナルティ演出の詳細については、図34にて後述する。   When one or more concealment areas are set (S3217), the concealment area displayed on the variable display device 35 is decreased by one (S3218), and the areas corresponding to the set number are concealed and displayed. After executing the penalty effect (S3235), the process returns to the caller process (main process). If the concealment area is not set (S3217), the penalty effect is executed as it is (S3225), and the process returns to the caller process (main process). Details of the penalty effect will be described later with reference to FIG.
一方、操作速度が速度3以下でないと判定された場合(速度4〜6の場合)には(S3215)、操作速度は「普通」と評価され(図19参照)、隠ぺい領域の数は変更されずに、そのままペナルティ演出が実行され(S3225)、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   On the other hand, when it is determined that the operation speed is not 3 or less (in the case of speeds 4 to 6) (S3215), the operation speed is evaluated as “normal” (see FIG. 19), and the number of concealment areas is changed. Instead, the penalty effect is executed as it is (S3225), and the process returns to the caller process (main process).
S3212において、S3211の処理で測定したメインボタン110の操作速度が速度6以下でないと判定された場合(速度7〜10の場合)には、続けて、メインボタン110の操作速度が速度9以上であるか否かを判定する(S3228)。   If it is determined in S3212 that the operation speed of the main button 110 measured in the process of S3211 is not 6 or less (in the case of 7 to 10), the operation speed of the main button 110 is 9 or more. It is determined whether or not there is (S3228).
メインボタン110の操作速度が速度9以上でないと判定された場合(速度7,8の場合)には、操作速度は「警告ゾーン」と評価され(図19参照)、そのままボタン操作警告演出が実行される(S3230)。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is not 9 or more (in the case of speeds 7 and 8), the operation speed is evaluated as a “warning zone” (see FIG. 19), and the button operation warning effect is executed as it is. (S3230).
メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合(速度9,10の場合)には、操作速度は「NGゾーン」と評価され(図19参照)、ラッチングソレノイド107が作動して遮光部材140の押圧部144を固定し、メインボタン110が操作不能にされる(S3229)。その上で、ボタン操作警告演出が実行される(S3230)。つまり、メインボタン110の操作速度が速度9以上の場合には、隠ぺい領域が1つ増加するとともに第2のペナルティが科せられることとなる。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is 9 or more (in the case of speeds 9 and 10), the operation speed is evaluated as “NG zone” (see FIG. 19), and the latching solenoid 107 is activated. Then, the pressing portion 144 of the light shielding member 140 is fixed, and the main button 110 is disabled (S3229). Then, a button operation warning effect is executed (S3230). That is, when the operation speed of the main button 110 is 9 or more, the concealment area is increased by one and a second penalty is imposed.
そして、演出制御装置550は、メインボタン110の操作速度を変動表示装置35に表示して遊技者に知らせる操作速度報知演出を実行した後(S3231)、変動表示装置35に表示された隠ぺい領域の残りエリア数をチェックする(S3232)。   Then, the effect control device 550 displays the operation speed of the main button 110 on the fluctuation display device 35 and executes the operation speed notification effect that informs the player (S3231), and then the concealment area displayed on the fluctuation display device 35 is displayed. The number of remaining areas is checked (S3232).
隠ぺい領域が最大に設定されており残りエリアがない場合には(S3233)、隠ぺい領域をそれ以上増加することができないので、そのまま設定された数に応じた領域を隠ぺいして表示するペナルティ演出が実行される(S3235)。隠ぺい領域が最大に設定されておらず残りエリアがある場合には(S3233)、隠ぺい領域を1つ増加させる(S3234)。その後、設定された数に応じた領域を隠ぺいして表示するペナルティ演出が実行され(S3235)、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   If the concealment area is set to the maximum and there is no remaining area (S3233), the concealment area cannot be increased any more. It is executed (S3235). If the hidden area is not set to the maximum and there is a remaining area (S3233), the hidden area is increased by one (S3234). Thereafter, a penalty effect is executed to hide and display the area corresponding to the set number (S3235), and the process returns to the caller process (main process).
このように、メインボタン110の操作速度が速い場合に隠ぺい領域を増加し、隠ぺい領域が増加するごとに変動表示ゲームの演出が見えにくくすることにより、遊技者は、隠ぺい領域が増加されないような操作速度でメインボタン110を押下しようとする。よって、メインボタン110の破損を防止できるとともに、遊技の興趣を高めることができる。   In this way, the concealment area is increased when the operation speed of the main button 110 is fast, and each time the concealment area increases, it becomes difficult to see the effect of the variable display game, so that the player does not increase the concealment area. The user tries to press the main button 110 at the operation speed. Therefore, damage to the main button 110 can be prevented, and the fun of the game can be enhanced.
なお、S3228の処理において、メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合には、隠ぺい領域の数にかかわらず隠ぺい領域の数を最大にしてペナルティ演出を実行する(S3235)ようにしてもよい。これにより、遊技者は極めて速い速度でメインボタン110を操作しないようにするため、メインボタン110の破損を防止できる。   If it is determined in step S3228 that the operation speed of the main button 110 is 9 or more, a penalty effect is executed with the number of hidden areas maximized regardless of the number of hidden areas (S3235). You may do it. This prevents the player from operating the main button 110 at an extremely high speed, and thus can prevent the main button 110 from being damaged.
次に、S3206の処理で、演出ボタン100の操作が有効な期間内でないと判定した場合について説明する。   Next, a case where it is determined in step S3206 that the operation of the effect button 100 is not within a valid period will be described.
演出制御装置550は、まず、演出ボタン100の操作判定を行うか否かを判定する(S3219)。演出ボタン100の操作判定を行うと判定した場合には(S3220)、続いて、メインボタン110の操作速度を測定する(S3221)。   The effect control device 550 first determines whether or not to determine the operation of the effect button 100 (S3219). If it is determined that the operation button 100 is to be operated (S3220), then the operation speed of the main button 110 is measured (S3221).
メインボタン110の操作速度が速度9以上であると判定された場合(速度9,10の場合)には、ラッチングソレノイド107が作動して遮光部材140の押圧部144を固定し、メインボタン110が操作不能にされる(S3223)。その上で、ボタン操作警告演出が実行され(S3224)、操作速度が通知され(S3225)、呼び出し元の処理(メイン処理)にリターンする。   When it is determined that the operation speed of the main button 110 is 9 or more (in the case of speeds 9 and 10), the latching solenoid 107 is activated to fix the pressing portion 144 of the light shielding member 140, and the main button 110 is The operation is disabled (S3223). Then, a button operation warning effect is executed (S3224), the operation speed is notified (S3225), and the process returns to the caller process (main process).
よって、演出ボタン100の操作が有効な期間内でなくても、遊技者がメインボタン110を速度9以上の速度で操作した場合には、第2のペナルティが科せられることとなる。   Therefore, even if the operation of the effect button 100 is not within a valid period, if the player operates the main button 110 at a speed of 9 or more, a second penalty will be imposed.
なお、この操作態様監視処理を第3の実施の形態に係る遮光部材340に適用する場合には、ラッチングソレノイド107の代わりに電磁石307を用いてもよい。   When this operation mode monitoring process is applied to the light shielding member 340 according to the third embodiment, an electromagnet 307 may be used instead of the latching solenoid 107.
次に、図34を参照して、変動表示装置35にて実行される第1のペナルティの演出の一例について説明する。   Next, with reference to FIG. 34, an example of the first penalty effect executed by the variable display device 35 will be described.
各画面3401〜3108の表示項目は、図20の画面と同様である。各画面3401〜3408は、複数の領域(ここでは4行4列の16の領域)に分割されている。これらの各領域を隠ぺいして変動表示ゲームの演出が見えないように設定されるのが隠ぺい領域である。ただし、これらの領域のうち、最も右側の最上段の領域は、変動表示ゲームにおける三桁の数字の変動が表示される領域であるため、隠ぺいは実行されない。よって、本実施例では、隠ぺい領域は最大で15である。   The display items on the screens 3401 to 3108 are the same as those on the screen of FIG. Each of the screens 3401 to 3408 is divided into a plurality of areas (here, 16 areas of 4 rows and 4 columns). It is the hidden area that is set so as to hide the effect of the variable display game by hiding these areas. However, among these areas, the uppermost area on the rightmost side is an area where a three-digit number change in the change display game is displayed, and thus concealment is not executed. Therefore, in this embodiment, the maximum number of concealment areas is 15.
以下、画面の遷移について説明する。   The screen transition will be described below.
画面3401は、S3205(図32参照)における、演出ボタン100の操作が有効な期間であることを示す画面である。ここでは、未だメインボタン110が操作されていないため、操作速度報知演出は実行されない。よって、画面3401の右側下部の操作速度メータには、操作速度の表示はなく、メインボタン110の操作を促す旨の「PUSH」という文字のみが表示されている。また、画面3401では、隠ぺい領域は1つも設定されていない。   A screen 3401 is a screen indicating that the operation of the effect button 100 is a valid period in S3205 (see FIG. 32). Here, since the main button 110 is not yet operated, the operation speed notification effect is not executed. Therefore, the operation speed meter at the lower right side of the screen 3401 has no display of the operation speed, and only the characters “PUSH” for prompting the operation of the main button 110 are displayed. In the screen 3401, no hidden area is set.
画面3402は、S3212(図33参照)の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下でないと判定され、かつ、S3228(図33参照)の処理で、速度9以上でないと判定された場合に遷移する画面である。   The screen 3402 is displayed when the operation speed of the main button 110 is determined not to be speed 6 or lower in the process of S3212 (see FIG. 33) and is not higher than 9 in the process of S3228 (see FIG. 33). It is a screen that changes to.
画面3402の右側下部の操作速度メータには、メインボタン110の操作速度が速度8であることが示されている(S3231)。速度8は、「警告ゾーン」(図19参照)と評価される操作速度であるため、画面3402では、ボタン操作警告演出(S3230)が実行されている。   The operation speed meter at the lower right side of the screen 3402 indicates that the operation speed of the main button 110 is speed 8 (S3231). Since the speed 8 is an operation speed evaluated as a “warning zone” (see FIG. 19), a button operation warning effect (S3230) is executed on the screen 3402.
ここでのボタン操作警告演出では、画面3102には、「釣竿に掛かっていた魚が逃げた後を示す図柄」と、「もっとやさしく」という文字とが併せて表示されている。これにより、遊技者は、メインボタン110の操作速度が速い速度であったことを把握できる。   In the button operation warning effect here, the screen 3102 displays “a symbol indicating that the fish on the fishing rod has escaped” and the letters “more easily”. Thereby, the player can grasp that the operation speed of the main button 110 was fast.
また、画面3402では、隠ぺい領域が1つ増加して設定され(S3234)、設定された数に応じた隠ぺい領域が変動表示装置35に表示されている(S3235)。変動表示装置35において、増加した隠ぺい領域が設定される箇所は、ランダムに設定される。   On the screen 3402, the concealment area is set to be increased by one (S3234), and concealment areas corresponding to the set number are displayed on the variable display device 35 (S3235). In the variable display device 35, the place where the increased concealment area is set is set at random.
画面3403は、変動表示ゲームを実行中の画面である。右側上部に表示された三桁の数字が変動して表示され、画面3402で設定された隠ぺい領域はそのまま隠ぺいされ、変動表示ゲームの演出の一部を見えないようにしている。   A screen 3403 is a screen in which the variable display game is being executed. The three-digit number displayed on the upper right side is displayed in a fluctuating manner, and the concealment area set on the screen 3402 is concealed as it is so that a part of the effect of the variable display game cannot be seen.
画面3404は、画面の右側上部で行われていた変動表示ゲームの結果を示す画面である。ここでは、「193」の三桁の数字が示され、数字が揃っていないことから変動表示ゲームの結果は「当り」ではなかったことが遊技者に通知される。このとき、隠ぺい領域が設定されていても、変動表示ゲームの結果は隠ぺいされず、隠ぺい領域の上にも表示される。   A screen 3404 is a screen showing the result of the variable display game that has been performed on the upper right side of the screen. Here, a three-digit number “193” is shown, and since the numbers are not aligned, the player is notified that the result of the variable display game was not “winning”. At this time, even if the concealment area is set, the result of the variable display game is not concealed and is also displayed on the concealment area.
画面3405は、隠ぺい領域の数が6に増加した後に変動表示ゲームが開始され、演出ボタン100の操作が有効な期間になったことを示す画面である。画面3405では、画面3101と同様の表示がされているが、これまでの変動表示ゲームにおける演出ボタン100の操作によって設定された隠ぺい領域によって、演出が見えにくくなっている。つまり、次回の変動表示ゲームに移っても隠ぺい領域の設定箇所は持ち越される。   A screen 3405 is a screen showing that the variable display game is started after the number of concealment areas has increased to 6, and that the operation of the effect button 100 is in a valid period. The screen 3405 displays the same as the screen 3101, but the effect is difficult to see due to the concealment area set by the operation of the effect button 100 in the conventional variable display game. That is, even if the next variation display game is entered, the set portion of the concealment area is carried over.
画面3406は、S3212(図33参照)の処理で、メインボタン110の操作速度が速度6以下であると判定された場合に遷移する画面である。   A screen 3406 is a screen that is transitioned to when the operation speed of the main button 110 is determined to be 6 or less in the process of S3212 (see FIG. 33).
画面3406の右側下部の操作速度メータには、メインボタン110の操作速度が速度2であることが示されている(S3231)。速度2は、「良い」(図19参照)と評価される操作速度であるため、画面3406では、隠ぺい領域が1つ減少して設定され(S3218)、変動表示装置35に表示されている(S3235)。   The operation speed meter at the lower right side of the screen 3406 indicates that the operation speed of the main button 110 is speed 2 (S3231). Since the speed 2 is an operation speed evaluated as “good” (see FIG. 19), the concealment area is set to be reduced by one on the screen 3406 (S3218) and displayed on the variation display device 35 ( S3235).
画面3407は、変動表示ゲームを実行中の画面である。右側上部に表示された三桁の数字が変動して表示され、画面3406で設定された隠ぺい領域はそのまま隠ぺいされ、変動表示ゲームの演出を見えないようにしている。   A screen 3407 is a screen in which the variable display game is being executed. The three-digit number displayed on the upper right side is displayed in a fluctuating manner, and the concealment area set on the screen 3406 is concealed as it is so that the effect of the variable display game cannot be seen.
画面3408は、画面の右側上部で行われていた変動表示ゲームの結果を示す画面である。ここでは、「512」の三桁の数字が示され、数字が揃っていないことから変動表示ゲームの結果は「当り」ではなかったことが遊技者に通知される。   A screen 3408 is a screen showing a result of the variable display game that has been performed on the upper right side of the screen. Here, a three-digit number “512” is shown, and since the numbers are not aligned, the player is notified that the result of the variable display game was not “winning”.
以上の実施の形態によれば、メインボタン110の操作速度が速い場合に隠ぺい領域を増加し、隠ぺい領域が増加するごとに変動表示ゲームの演出が見えにくくすることにより、遊技者は、隠ぺい領域が増加されないような操作速度でメインボタン110を押下しようとする。よって、メインボタン110の破損を防止できるとともに、遊技の興趣を高めることができる。   According to the above embodiment, the concealment area is increased when the operation speed of the main button 110 is fast, and the player can make the concealment area more difficult to see each time the concealment area increases. Attempts to depress the main button 110 at an operation speed such that is not increased. Therefore, damage to the main button 110 can be prevented, and the fun of the game can be enhanced.
本発明は上記の実施の形態に限定されずに、その技術的な思想の範囲内において種々の変更がなしうることは明白である。   The present invention is not limited to the above-described embodiment, and it is obvious that various modifications can be made within the scope of the technical idea.
本発明の遊技機は、前記実施の形態に示されるようなパチンコ遊技機に限られるものではなく、例えば、その他のパチンコ遊技機、アレンジボール遊技機、雀球遊技機などの遊技球を使用する全ての遊技機に適用可能である。   The gaming machine of the present invention is not limited to the pachinko gaming machine as shown in the above embodiment, and uses, for example, gaming balls such as other pachinko gaming machines, arrange ball gaming machines, and sparrow ball gaming machines. Applicable to all gaming machines.
1 遊技機
11 上皿ユニット
30 遊技盤
31 遊技領域
34 センターケース
35 変動表示装置
100 演出ボタン
106 フォトセンサ
106a 受光部
107 ラッチングソレノイド
108 サブボタンスイッチ
110 メインボタン
111 メインボタン飾り
112 メインボタンレンズ
113 リフレクタ
120 サブボタン
130 スイッチ基板
131 プッシュボタン
140 遮光部材
142 遮光部
143 通光孔
144 押圧部
500 遊技制御装置
550 演出制御装置
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Game machine 11 Top plate unit 30 Game board 31 Game area 34 Center case 35 Fluctuation display apparatus 100 Effect button 106 Photo sensor 106a Light-receiving part 107 Latching solenoid 108 Sub button switch 110 Main button 111 Main button decoration 112 Main button lens 113 Reflector 120 Sub button 130 Switch board 131 Push button 140 Light blocking member 142 Light blocking portion 143 Light passage hole 144 Pressing portion 500 Game control device 550 Effect control device

Claims (1)

  1. 変動表示ゲームが実行される変動表示装置と、
    遊技者によって操作され、前記変動表示ゲームの演出に影響を及ぼすことが可能な外部操作手段と、を備える遊技機であって、
    前記外部操作手段に備えられ遊技者によって操作される操作部の操作量を検出可能な操作検出手段を備え、
    前記操作検出手段が、前記操作部が操作されたことを検出した場合には、前記操作部の操作量に応じて前記変動表示装置における変動表示ゲームの演出変化させ、
    前記操作検出手段が検出した前記操作部の操作量を遊技者に視認可能に表示することを特徴とする遊技機。
    A variable display device in which a variable display game is executed;
    An external operating means operated by a player and capable of affecting the effect of the variable display game,
    An operation detecting means provided in the external operation means and capable of detecting an operation amount of an operation unit operated by a player;
    The operation detecting means, when detecting that said operation unit is operated, changing the effect of the variable display games in the variable display device in accordance with the operation amount of the front SL operating unit,
    A gaming machine characterized in that the amount of operation of the operation unit detected by the operation detecting means is displayed so as to be visible to a player.
JP2010100669A 2010-04-26 2010-04-26 Game machine Active JP5245070B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010100669A JP5245070B2 (en) 2010-04-26 2010-04-26 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010100669A JP5245070B2 (en) 2010-04-26 2010-04-26 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011229597A JP2011229597A (en) 2011-11-17
JP5245070B2 true JP5245070B2 (en) 2013-07-24

Family

ID=45319585

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010100669A Active JP5245070B2 (en) 2010-04-26 2010-04-26 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5245070B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018075198A (en) * 2016-11-09 2018-05-17 株式会社三共 Game machine

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014094131A (en) * 2012-11-09 2014-05-22 Newgin Co Ltd Game machine
JP2014198211A (en) * 2013-03-30 2014-10-23 株式会社大一商会 Game machine
JP2015062633A (en) * 2013-09-26 2015-04-09 株式会社ソフイア Game machine
JP6035537B2 (en) * 2014-12-04 2016-11-30 株式会社大都技研 Amusement stand
JP6332370B2 (en) * 2016-09-12 2018-05-30 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine
JP2018140070A (en) * 2017-02-28 2018-09-13 株式会社三共 Game machine

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006115873A (en) * 2004-10-19 2006-05-11 Aruze Corp Game machine
JP2006334328A (en) * 2005-06-06 2006-12-14 Samii Kk Pachinko game machine
JP2008029764A (en) * 2006-07-31 2008-02-14 Samii Kk Pinball game machine
JP5397238B2 (en) * 2010-01-20 2014-01-22 タイヨーエレック株式会社 Game machine

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018075198A (en) * 2016-11-09 2018-05-17 株式会社三共 Game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011229597A (en) 2011-11-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2017012869A (en) Game machine
JP5799372B2 (en) Game machine
JP5934486B2 (en) Game machine
JP5156045B2 (en) Game machine
JP4818528B2 (en) Game machine
JP2006158438A (en) Game machine
JP2010284205A (en) Game machine
JP2013106638A (en) Game machine
JP6007706B2 (en) Game machine
JP2008073191A (en) Game machine
JP2007020941A (en) Game machine
JP6148822B2 (en) Game machine
JP5939111B2 (en) Game machine
JP5156926B2 (en) Amusement stand
JP5502816B2 (en) Game machine
JP2008104524A (en) Game machine
JP5245068B2 (en) Game machine
JP5900549B2 (en) Game machine
JP5894523B2 (en) Game machine
JP2003052970A (en) Game machine
JP5842207B2 (en) Amusement stand
JP2008109991A (en) Game machine
JP5331851B2 (en) Game machine
JP2014042601A (en) Game machine
JP5736640B2 (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121206

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121218

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130129

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130226

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130308

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5245070

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160419

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250