JP4923094B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP4923094B2
JP4923094B2 JP2009255340A JP2009255340A JP4923094B2 JP 4923094 B2 JP4923094 B2 JP 4923094B2 JP 2009255340 A JP2009255340 A JP 2009255340A JP 2009255340 A JP2009255340 A JP 2009255340A JP 4923094 B2 JP4923094 B2 JP 4923094B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
gaming state
data
time
storage area
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2009255340A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011098103A (ja
Inventor
将平 丸子
宏美 伊藤
祐治 土田
高志 大島
貴之 天野
功太 川上
政和 松井
惇太 橋爪
Original Assignee
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 京楽産業.株式会社 filed Critical 京楽産業.株式会社
Priority to JP2009255340A priority Critical patent/JP4923094B2/ja
Publication of JP2011098103A publication Critical patent/JP2011098103A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4923094B2 publication Critical patent/JP4923094B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、複数の領域から構成される遊技領域を有する遊技機に関する。

従来から、遊技球が入球すると所定の賞球が払い出される電動役物が盤面正面視右寄りに配置され、遊技球の入球が電動役物を開放するか否かの抽選を行う契機となる始動領域が盤面の略中央または盤面正面視左側に配置された遊技機が知られている。このような遊技機では、盤面の遊技領域が左右に分かれており、電動役物が開放されているときには、電動役物に入球させるため遊技球を盤面右側の遊技領域に向けて強く打ち出し(いわゆる右打ち)、一方、電動役物が開放されていないときには、上記抽選を行うために遊技球を盤面左側の遊技領域に向けて比較的弱く打ち出す(いわゆる左打ち)(特許文献1参照)。
このように、左打ちと右打ちを打ち分けることにより、一つの遊技機であっても複数の遊技性を持っているかのような印象を遊技者に与えることで、遊技の面白みに深みを付加することが可能になる。

特開2007−275435号公報

しかしながら、従来の遊技機では、通常の状態である左打ち有利遊技状態(盤面左側の遊技領域に遊技球を打ち出す状態)においては、発射ハンドルを少し回転させて発射用のボリュームを調整し遊技球を打ち出し続けるのに対し、右打ち有利遊技状態(盤面右側の遊技領域に遊技球を打ち出す状態)においては、発射ハンドルを大きく回転させ、発射用のボリュームを最大近くまで操作して遊技球を打ち出し続けることになり、さらに、右打ち有利遊技状態時は、電動役物が開放と閉鎖を繰り返す動作を行うため、右打ち有利遊技状態時は、左打ち有利遊技状態である時に比べ、電力量の消費が増加してしまう。したがって、右打ち有利遊技状態とはならない遊技機を設置した場合に比べて、遊技店が負担する消費電力量が増加してしまうという問題があった。

そのため、遊技領域を複数の領域に分け、発射強度の強弱によりいずれかの領域に打ち分ける遊技機であって、強い発射強度で遊技球を打ち出す状態となっても消費電力量の増加を抑えることができる遊技機が望まれている。

本発明の目的は、発射強度を強くする必要がある状態で遊技を行っても、消費電力量の増加を抑制することができる遊技機を提供することである。

請求項1に記載の発明は、消費する電力量を所定範囲内で増減させて、該増減させた消費する電力量に応じた強度で遊技球を発射する発射手段と、前記消費する電力量が所定値以下のときに前記発射手段により発射された遊技球が流下する割合が高い第1の遊技領域と、前記消費する電力量が所定値を超えたときに前記発射手段により発射された遊技球が流下する割合が高い第2の遊技領域とが設けられた遊技盤と、前記第1の遊技領域に遊技球が流下することにより遊技が進行する通常遊技状態と、前記通常遊技状態よりも、前記第2の遊技領域に遊技球が流下することによって遊技者にとって有利な遊技が進行する特別遊技状態と、のいずれかに遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、遊技機の外部に向けて、消費する電力量に応じた出力量で各種報知を行う報知手段と、前記出力量を調整する出力量調整手段とを備え、前記出力量調整手段は、前記遊技状態制御手段が遊技状態を特別遊技状態に制御しているときは、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記通常遊技状態に制御しているときに比して、前記出力量を下げる調整を行うことを特徴とする。

請求項1に記載の発明によれば、遊技盤には第1の遊技領域と第2の遊技領域とが設けられており、発射手段の消費電力量が少ないとき(消費する電力量が所定値以下であるとき)は第1の遊技領域を遊技球が流下する割合が高く、発射手段の消費電力量が多いとき(消費する電力量が所定値を超えたとき)は第2の遊技領域を遊技球が流下する割合が高い。また、通常遊技状態に制御されているときは、第1の遊技領域に遊技球を流下させることで遊技が進行し、特別遊技状態に制御されているときは、第2の遊技領域に遊技球を流下させることで有利な遊技が進行する。

また、出力量に応じた各種の報知が行われ、特別遊技状態に制御されているときは、報知を行う出力量は、通常遊技状態に制御されているときよりも下げられる。この各種報知の出力量は、消費する電力量に対応しているので、特別遊技状態に制御されているときは、通常遊技状態に制御されているときよりも、各種報知を行うために必要とされる電力が削減されることになる。そのため、特別遊技状態に制御されているときは、通常遊技状態に制御されているときに比べて発射手段が消費する電力量が増加しても、遊技機全体が消費する総電力量の増加を抑えることが可能となるので、遊技店の省電力に貢献することができる。

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、前記報知手段は、所定の輝度で光を出力する光出力手段を備え、前記出力量調整手段は、前記輝度を調整する輝度調整手段をさらに備え、前記輝度調整手段は、前記遊技状態制御手段が遊技状態を特別遊技状態に制御しているときは、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記通常遊技状態に制御しているときに比して、前記光出力手段によって出力される光の前記輝度を下げる調整を行うことを特徴とする。

請求項2に記載の発明によれば、光出力手段は、輝度調整手段によって調整された輝度で光を出力する。そして、特別遊技状態に制御されているときは、出力される光の輝度は、通常遊技状態に制御されているときよりも下げられる。したがって、特別遊技状態に制御されているときは、光の輝度を下げることにより、光を出力するために必要とされる電力が軽減されるので、光出力手段が消費する電力量が軽減される。これにより、特別遊技状態に制御されているときは、通常遊技状態に制御されているときに比べて発射手段が消費する電力量が増加しても、光出力手段が消費する電力量を削減することにより遊技機全体が消費する総電力量の増加を抑えることが可能となる。

請求項3に記載の発明は、請求項1または2に記載の発明において、前記報知手段は、所定の音量で音響を出力する音響出力手段を備え、前記出力量制御手段は、前記音量を調整する音量調整手段をさらに備え、前記音量調整手段は、前記遊技状態制御手段が遊技状態を特別遊技状態に制御しているときは、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記通常遊技状態に制御しているときに比して、前記音響出力手段によって出力される音響の前記音量を下げる制御を行うことを特徴とする。

請求項3に記載の発明によれば、音響出力手段は、音量調整手段によって調整された音量で音響を出力する。そして、特別遊技状態に制御されているときは、出力される音響の音量は、通常遊技状態に制御されているときよりも下げられる。したがって、特別遊技状態に制御されているときは、音響の音量を下げることにより、音響を出力するために必要とされる電力が軽減されるので、音響出力手段が消費する電力量が緩和される。これにより、特別遊技状態に制御されているときは、通常遊技状態に制御されているときに比べて発射手段が消費する電力量が増加しても、音響出力手段が消費する電力量を削減することにより遊技機全体が消費する総電力量の増加を抑えることが可能となる。

請求項4に記載の発明は、請求項1から3に記載のいずれかの発明であって、前記報知手段は、前記第1の遊技領域付近と、前記第2の遊技領域付近とに設けられ、前記出力量制御手段は、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記特別遊技状態に制御しているときは、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記通常遊技状態に制御しているときに比して、前記第1の遊技領域付近に設けられた前記報知手段の前記出力量を下げる制御を行うことを特徴とする。

請求項4に記載の発明によれば、報知手段は、第1の遊技領域の付近と第2の遊技領域の付近とに設けられており、遊技状態が特別遊技状態に制御されているときは、第1の遊技領域の付近に設けられた演出手段の出力量を、通常遊技状態に制御されているときよりも下げる制御が行われる。したがって、特別遊技状態に制御されているときは、通常遊技状態に制御されているときに比べ、第1の遊技領域の付近に設けられた報知手段が各種報知を行うための電力が軽減されるため、消費電力量を削減することが可能になる。

また、通常遊技状態に制御されているときは、遊技球は第1の遊技領域を流下するが、特別遊技状態に制御されているときは、遊技球が第2の遊技領域を流下することによって遊技者に有利となるため遊技球が第1の遊技領域を流下することは少ない。そのため、遊技者は、特別遊技状態に制御されているときは遊技球が流下する第2の遊技領域に注目し、第1の遊技領域へはさほど注目しない。したがって、第1の遊技領域付近に設けられた報知手段の出力量を削減したとしても、報知効果への影響を抑えつつ消費電力量の削減を図ることができる。

本発明によれば、消費電力が増大するような遊技状態であっても、各種報知の出力量を抑えることで遊技機全体が消費する電力の増大を抑制し、遊技店の電力負担を軽減することができる。

遊技機の正面図である。 遊技機の正面図であって、遊技領域の一例を示す図である。 遊技機の裏面側の斜視図である 遊技機のブロック図である。 大当たり判定テーブル、当たり判定テーブルおよび転落判定テーブルの一例を示す図である。 図柄決定テーブルの一例を示す図である。 遊技状態変更フラグ決定テーブルおよび大当たり終了時設定データテーブルの一例を示す図である。 特別電動役物作動態様決定テーブルの一例を示す図である。 長当たり用開放態様決定テーブルと短当たり用開放態様決定テーブルと小当たり用開放態様決定テーブルとの一の例を示す図である。 変動パターン決定テーブルの一例を示す図である。 変動演出パターン決定テーブルの一の例を示す図である。 主制御基板におけるメイン処理を示す図である。 主制御基板におけるタイマ割込処理を示す図である。 主制御基板における入力制御処理を示す図である。 主制御基板における第1始動口検出スイッチ入力処理を示す図である。 主制御基板における特図特電制御処理を示す図である。 主制御基板における特別図柄記憶判定処理を示す図である。 主制御基板における大当り判定処理を示す図である。 主制御基板における特別図柄変動処理を示す図である。 主制御基板における特別図柄停止処理を示す図である。 主制御基板における大当たり遊技処理を示す図である。 主制御基板における小当たり遊技処理を示す図である。 主制御基板における大当たり遊技終了処理を示す図である。 主制御基板における普図普電制御処理を示す図である。 主制御基板における普通図柄変動処理を示す図である。 主制御基板における普通電動役物制御処理を示す図である。 演出制御基板におけるメイン処理を示す図である。 演出制御基板におけるタイマ割込処理を示す図である。 演出制御基板におけるコマンド解析処理1を示す図である。 演出制御基板におけるコマンド解析処理2を示す図である。 演出制御基板における省電モードコマンドセット処理を示す図である。 画像制御基板における音声出力装置音量設定処理を示す図である。 ランプ制御基板における演出用照明装置輝度設定処理を示す図である。

以下、本発明の実施形態について図面を参照しながら具体的に説明する。

図1−1は本発明の遊技機の一例を示す正面図であり、図1−2は、遊技領域の一例を示す遊技機の正面図であり、図2は遊技機の裏面側の斜視図である。

遊技機1は、遊技球が流下する遊技領域6が形成された遊技盤2を設けており、遊技盤2の遊技領域6の外周部分には、ガラス枠110が備えられている。このガラス枠110には操作ハンドル3が回動可能に設けられている。また、遊技領域6は、図1−2に示すように、遊技盤正面視左側に遊技球が進入する左打ち遊技領域6aと、遊技盤正面視右側に遊技球が進入する右打ち遊技領域6bとによって形成されている。さらに、左打ち遊技領域6aは左打ち進入路6cを有し、右打ち遊技領域6bは右打ち進入路6dを有している。後述する操作ハンドル3の回動操作によって発射された遊技球は、左打ち進入路6cを経由して左打ち遊技領域6aを落下するか、右打ち進入路6dを経由して右打ち遊技領域6bを落下することになる。本実施形態では、左打ち遊技領域6aが第1の遊技領域を構成し、右打ち遊技領域6bが第2の遊技領域を構成する。

遊技者が操作ハンドル3に触れると、操作ハンドル3内にあるタッチセンサ3bが、操作ハンドル3に遊技者が触れたことを検知し、発射制御基板106にタッチ信号を送信する。発射制御基板106は、タッチセンサ3bからタッチ信号を受信すると、発射用ソレノイド4aの通電を許可する。そして、操作ハンドル3の回転角度を変化させると、操作ハンドル3に直結しているギアが回転し、ギアに連結した発射ボリューム3aのつまみが回転する。この発射ボリューム3aの検出角度に応じた電圧が、遊技球発射機構に設けられた発射用ソレノイド4aに印加される。そして、発射用ソレノイド4aに電圧が印加されると、発射用ソレノイド4aが印加電圧に応じて作動するとともに、操作ハンドル3の回動角度に応じた強さで、遊技領域6に向けて遊技球を発射する。

例えば、操作ハンドル3の回転角度が小さく、弱い発射強度で左打ち遊技領域6aに遊技球を発射する「左打ち」の場合は、発射用ソレノイド4aに印加される電圧は小さい。一方、操作ハンドル3の回転角度が大きく、強い発射強度で右打ち遊技領域6bに遊技球を打ち出す「右打ち」の場合は、発射用ソレノイド4aに印加される電圧が大きい。本実施形態では、発射用ソレノイド4aが発射手段を構成する。

上記のようにして発射された遊技球は、レール5a、5b間を上昇して遊技盤2の上部位置に達した後、発射の強さに応じて、左打ち進入路6cか右打ち進入路6dのいずれかの進入路に進入し、左打ち遊技領域6aまたは右打ち遊技領域6bを落下する。このとき、遊技領域6に設けられた不図示の複数の釘や風車によって、遊技球は予測不能に落下することとなる。なお、左打ち進入路6cは右打ち進入路6bと比べて遊技球発射機構から近い距離に形成されているため、「左打ち」を行い、遊技球を左打ち遊技領域6aに向けて発射する場合、上述のように遊技球を弱い強度で発射するため発射用ソレノイド4aの印加電圧は小さく消費する電力量は少ないのに対し、「右打ち」を行い、遊技球を右打ち遊技領域6bに向けて発射する場合は、遊技球を「左打ち」よりも強い強度で発射しなければならないため、発射用ソレノイド4aの印加電圧は大きくなり、消費する電力量が多くなる。

また、上記左打ち遊技領域6aには、複数の一般入賞口7が設けられている。これら各一般入賞口7には、一般入賞口検出スイッチ7aが設けられており、この一般入賞口検出スイッチ7aが遊技球の入球を検出すると、所定の賞球(例えば10個の遊技球)が払い出される。

また、上記左打ち遊技領域6aの下部位置には、上記一般入賞口7と同様に、遊技球が入球可能な第1始動口9が設けられている。また、上記右打ち遊技領域6bの下部位置には、第2始動口10が設けられている。第2始動口10は、一対の可動片10bを有しており、これら一対の可動片10bが閉状態に維持される第1の態様と、一対の可動片10bが開状態となる第2の態様とに可動制御される。なお、第2始動口10が上記第1の態様に制御されているときには、当該第2始動口10の真上に位置する障害物10dによって、遊技球の受入れを不可能または困難としている。一方で、第2始動口10が上記第2の態様に制御されているときには、上記一対の可動片10bが受け皿として機能し、第2始動口10への遊技球の入球が容易となる。つまり、第2始動口10は、第1の態様にあるときには遊技球の入球機会がほとんどなく、第2の態様にあるときには遊技球の入球機会が増すこととなる。

なお、上記第1始動口9および第2始動口10には、遊技球の入球を検出する第1始動口検出スイッチ9aおよび第2始動口検出スイッチ10aがそれぞれ設けられており、これら検出スイッチが遊技球の入球を検出すると、後述する大当たり遊技を実行する権利獲得の抽選(以下、「大当たりの抽選」という)が行われる。また、第1始動口検出スイッチ9aや第2始動口10aが遊技球の入球を検出した場合は、所定の賞球(例えば3個の遊技球)が払い出される。

さらに、図1に示すように、右打ち遊技領域6bの下方(上記第2始動口の真下)には、第1大入賞口11が設けられている。この第1大入賞口11は、通常は第1大入賞口開閉扉11bによって閉状態に維持されており、遊技球の入球を不可能としている。これに対して、後述する長当たり遊技が開始されると、第1大入賞口開閉扉11bが開放されるとともに、この大入賞口開閉扉11bが遊技球を第1大入賞口11内に導く受け皿として機能し、遊技球が第1大入賞口11に入球可能となる。なお、右打ち遊技領域6bにおける遊技球が流下する領域の幅は、第1大入賞口11の横幅とほぼ同程度に形成されているので、長当たり遊技が開始され大入賞口開閉扉11bが開放されると、右打ち遊技領域6bに進入した遊技球のほとんどは第1大入賞口11に入球することになる。そのため、特別遊技が開始されると、右打ち遊技領域6bに遊技球を打ち出すことにより、短時間で多量の賞球を得ることが可能となる。

また、上記左打ち遊技領域6a下部の上記第1始動口9の真下には、第2大入賞口90が設けられている。この第2大入賞口90は、通常は第2大入賞口受け皿装置90bが収納されており、遊技球の入球が困難または不可能となっているが、後述する短当たり遊技または小当たり遊技が開始されると、第2大入賞口受け皿装置90bが手前方向に摺動し、遊技球が入球可能となる。

第1大入賞口11と第2大入賞口90にはそれぞれ第1大入賞口検出スイッチ11aと第2大入賞口検出スイッチ90aが設けられており、この第1大入賞口検出スイッチ11aや第2大入賞口検出スイッチ90aが遊技球の入球を検出した場合は、予め設定された賞球(例えば9個の遊技球)が払い出される。

さらに、上記右打ち遊技領域6bであって、上記第2始動口10の右方には、普通図柄ゲート8が遊技球を通過可能に設けられている。普通図柄ゲート8には、遊技球の通過を検出するゲート検出スイッチ8aが設けられており、このゲート検出スイッチ8aが遊技球の通過を検出すると、後述する普通図柄の抽選が行われる。

遊技領域6の最下部は、左打ち遊技領域6aと右打ち遊技領域6bとが合流しており、一般入賞口7、第1始動口9、第2始動口10、および第1大入賞口11のいずれにも入球しなかった遊技球を排出するための排出口12が設けられている。

また、上記遊技盤2には、さまざまな演出を行う演出装置が設けられている。
具体的には、上記遊技領域6の略中央部分には、液晶表示器(LCD)等からなる液晶表示装置13が設けられている。さらに、遊技盤2の上部位置には、演出用照明装置16や音声出力装置18が設けられており、上記操作ハンドル3の左側には、演出ボタン17が設けられている。

上記液晶表示装置13は、遊技が行われていない待機中に画像を表示したり、遊技の進行に応じた画像を表示したりする。なかでも、第1始動口9または第2始動口10に遊技球が入球したときには、抽選結果を遊技者に報知する演出図柄30が変動表示される。演出図柄30というのは、例えば3つの数字をそれぞれスクロール表示するとともに、所定時間経過後に当該スクロールを停止させて、特定の図柄(数字)を配列表示するものである。これにより、図柄のスクロール中には、あたかも現在抽選が行われているような印象を遊技者に与えるとともに、スクロールの停止時に表示される図柄によって、抽選結果が遊技者に報知される。この演出図柄30の変動表示中に、さまざまな画像やキャラクタ等を表示することによって、大当たりに当選するかもしれないという高い期待感を遊技者に与えるようにしている。

また、演出用照明装置16は、複数のライト16Lおよびライト16Rを備えており、ライト16Lは遊技機1の左上部であって、左打ち遊技領域6aの近傍に設けられ、ライト16Rは遊技機1の右上部であって、右打ち遊技領域6bの近傍に設けられている。ライト16Lおよびライト16Rの光の照射方向や発光色を変更しながら、さまざまな演出を行うようにしている。なお、詳細については後述するとおり、所定の条件下においては、ライト16Lは輝度を下げて点灯される。本実施形態では、所定の輝度で点灯する演出用照明装置16が所定の輝度で光を出力する光出力手段を構成する。

また、上記操作ハンドル3の左側には、遊技者が押圧操作可能な演出ボタン17が設けられている。この演出ボタン17は、例えば、上記液晶表示装置13に当該演出ボタン17を操作するようなメッセージが表示されたときのみ有効となる。演出ボタン17には、演出ボタン検出スイッチ17aが設けられており、この演出ボタン検出スイッチ17aが遊技者の操作を検出すると、この操作に応じてさらなる演出が実行される。

また、音声出力装置18は、スピーカ18Lおよびスピーカ18Rを備えており、スピーカ18Lは遊技機1の左上部であって、左打ち遊技領域6aの近傍に設けられ、スピーカ18Rは遊技機1の右上部であって、右打ち遊技領域6bの近傍に設けられている。これらのスピーカ18Lやスピーカ18Rより遊技機の左右から音声を出力することにより演出を行うようにしている。なお、スピーカ18Lおよびスピーカ18Rからは、音声が演出によって様々な音量で出力されるが、詳細については後述するとおり、所定の条件下においては、スピーカ18Lの音量を下げて出力される。本実施形態では、音声の出力を行う音声出力装置が音響を出力する音響出力手段を構成する。

そして、遊技領域6の下方には、第1特別図柄表示装置19、第2特別図柄表示装置20、普通図柄表示装置21、第1特別図柄保留表示器22、第2特別図柄保留表示器23、普通図柄保留表示器24が設けられている。

上記第1特別図柄表示装置19は、第1始動口9に遊技球が入球したことを契機として行われた大当たりの抽選結果を報知するものであり、7セグメントのLEDで構成されている。つまり、大当たりの抽選結果に対応する特別図柄が複数設けられており、この第1特別図柄表示装置19に大当たりの抽選結果に対応する特別図柄を表示することによって、抽選結果を遊技者に報知するようにしている。例えば、大当たりに当選した場合には「7」が表示され、ハズレであった場合には「−」が表示される。このようにして表示される「7」や「−」が特別図柄となるが、この特別図柄はすぐに表示されるわけではなく、所定時間変動表示された後に、停止表示されるようにしている。

より詳細には、第1始動口9に遊技球が入球すると、大当たりの抽選が行われることとなるが、この大当たりの抽選結果は即座に遊技者に報知されるわけではなく、所定時間を経過したところで遊技者に報知される。そして、所定時間が経過したところで、大当たりの抽選結果に対応する特別図柄が停止表示して、遊技者に抽選結果が報知されるようにしている。なお、第2特別図柄表示装置20は、第2始動口10に遊技球が入球したことを契機として行われた大当たりの抽選結果を報知するためのもので、その表示態様は、上記第1特別図柄表示装置19における特別図柄の表示態様と同一である。

また、普通図柄表示装置21は、普通図柄ゲート8を遊技球が通過したことを契機として行われる普通図柄の抽選結果を報知するためのものである。詳しくは後述するが、この普通図柄の抽選によって当たりに当選すると普通図柄表示装置21が点灯し、その後、上記第2始動口10が所定時間、第2の態様に制御される。なお、この普通図柄についても、普通図柄ゲート8を遊技球が通過して即座に抽選結果が報知されるわけではなく、所定時間が経過するまで、普通図柄表示装置21を点滅させる等、普通図柄が変動表示するようにしている。

さらに、特別図柄の変動表示中や後述する特別遊技中等、第1始動口9または第2始動口10に遊技球が入球して、即座に大当たりの抽選が行えない場合には、一定の条件のもとで大当たりの抽選の権利が留保される。より詳細には、第1始動口9に遊技球が入球して留保される大当たりの抽選の権利は第1保留として留保され、第2始動口10に遊技球が入球して留保される大当たりの抽選の権利は第2保留として留保される。

これら両保留は、それぞれ上限留保個数を4個に設定し、その留保個数は、それぞれ第1特別図柄保留表示器22と第2特別図柄保留表示器23とに表示される。なお、第1保留が1つの場合には、第1特別図柄保留表示器22の左側のLEDが点灯し、第1保留が2つの場合には、第1特別図柄保留表示器22の2つのLEDが点灯する。また、第1保留が3つの場合には、第1特別図柄保留表示器22の左側のLEDが点滅するとともに右側のLEDが点灯し、第1保留が4つの場合には、第1特別図柄保留表示器22の2つのLEDが点滅する。また、第2特別図柄保留表示器23においても、上記と同様に第2保留の留保個数が表示される。

そして、普通図柄の上限留保個数も4個に設定されており、その留保個数が、上記第1特別図柄保留表示器22および第2特別図柄保留表示器23と同様の態様によって、普通図柄保留表示器24において表示される。

ガラス枠110は、遊技盤2の前方(遊技者側)において遊技領域6を視認可能に覆うガラス板(図示せず)を支持している。ガラス板は、ガラス枠110に対して着脱可能に固定されている。

またガラス枠110は、左右方向の一端側(例えば遊技機に正対して左側)においてヒンジ機構部111を介して外枠100に連結されており、ヒンジ機構部111を支点として左右方向の他端側(例えば遊技機に正対して右側)を外枠100から開放させる方向に回動可能とされている。ガラス枠110は、ガラス板111とともに遊技盤2を覆い、ヒンジ機構部111を支点として扉のように回動することによって、遊技盤2を含む外枠100の内側部分を開放することができる。ガラス枠110の他端側には、ガラス枠110の他端側を外枠100に固定するロック機構が設けられている。ロック機構による固定は、専用の鍵によって解除することが可能とされている。また、ガラス枠110には、ガラス枠110が外枠100から開放されているか否かを検出する扉開放スイッチ33(図3参照)も設けられている。

遊技機1の裏面には、主制御基板101、演出制御基板102、払出制御基板103、電源基板107、遊技情報出力端子板108などが設けられている。また、電源基板107に遊技機に電力を給電するための電源プラグ50や、図示しない電源スイッチが設けられている。

(制御手段の内部構成)
次に、図3の遊技機のブロック図を用いて、遊技の進行を制御する制御手段について説明する。

主制御基板101は遊技の基本動作を制御する。この主制御基板101は、メインCPU101a、メインROM101b、メインRAM101cを備えている。メインCPU101aは、各検出スイッチやタイマからの入力信号に基づいて、メインROM101bに格納されたプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、各装置や表示器を直接制御したり、あるいは演算処理の結果に応じて他の基板にコマンドを送信したりする。メインRAM101cは、メインCPU101aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。

上記主制御基板101の入力側には、一般入賞口検出スイッチ7a、ゲート検出スイッチ8a、第1始動口検出スイッチ9a、第2始動口検出スイッチ10a、第1大入賞口検出スイッチ11aが接続されており、遊技球の検出信号が主制御基板101に入力するようにしている。

また、主制御基板101の出力側には、第2始動口10の一対の可動片10bを開閉動作させる始動口開閉ソレノイド10cと、第1大入賞口開閉扉11bを開閉動作させる大入賞口開閉ソレノイド11cと、第2大入賞口開閉ソレノイド90cとが接続されるとともに、図柄表示装置を構成する第1特別図柄表示装置19と第2特別図柄表示装置20と普通図柄表示装置21と、保留表示器を構成する第1特別図柄保留表示器22と第2特別図柄保留表示器23と普通図柄保留表示器24とが接続されており、出力ポートを介して各種信号が出力される。

また、主制御基板101は、遊技店のホールコンピュータ等において遊技機の管理をするために必要となる外部情報信号を遊技情報出力端子板108に出力する。

主制御基板101のメインROM101bには、遊技制御用のプログラムや各種の遊技に決定に必要なデータ、テーブルが記憶されている。

例えば、特別図柄変動の停止結果を大当りとするか否かを判定する際に参照される大当り判定テーブル(図4(a)、図4(b)参照)、普通図柄変動の停止結果を当りとするか否かを判定する際に参照される当り判定テーブル(図4(c)参照)、高確率遊技状態を終了するか否かを判定するための転落判定テーブル(図4(d)参照)特別図柄の停止図柄を決定する図柄決定テーブル(図5参照)、特別図柄に基づいて遊技状態変更フラグを決定する決定テーブル(図6(a)参照)、遊技状態変更フラグと遊技状態バッファにあるデータとに基づいて遊技状態を決定するための大当たり終了時設定データテーブル(図6(b)参照)、大入賞口開閉扉11bの開閉条件を決定する特別電動役物作動態様決定テーブル(図7参照)、長当たり用開放態様決定テーブル(図8(a)参照)、短当たり用開放態様決定テーブル(図8(b)参照)、小当たり用の開放態様決定テーブル(図8(c)参照)、特別図柄の変動パターンを決定する変動パターン決定テーブル(図9参照)等がメインROM101bに記憶されている。これら各種テーブルの具体例は図4〜図9において、後述する。

なお、上述したテーブルは、本実施形態におけるテーブルのうち、特徴的なテーブルを一例として列挙しているに過ぎず、遊技の進行にあたっては、この他にも不図示のテーブルやプログラムが多数設けられている。

主制御基板101のメインRAM101cは、複数の記憶領域を有している。

例えば、メインRAM101cには、普通図柄保留数(G)記憶領域、普通図柄保留記憶領域、第1特別図柄保留数(U1)記憶領域、第2特別図柄保留数(U2)記憶領域、判定記憶領域、第1特別図柄記憶領域、第2特別図柄記憶領域、高確率遊技状態の残り変動回数(X)記憶領域、時短遊技状態の残り変動回数(J)記憶領域、ラウンド遊技回数(R)記憶領域、開放回数(K)記憶領域、大入賞口入球数(C)記憶領域、遊技状態記憶領域、遊技状態バッファ、停止図柄データ記憶領域、遊技状態変更フラグ記憶領域、演出用伝送データ格納領域、各種のタイマカウンタが設けられている。そして、遊技状態記憶領域は、時短遊技フラグ記憶領域、高確率遊技フラグ記憶領域、特図特電処理データ記憶領域、普図普電処理データ記憶領域を備えている。なお、上述した記憶領域も一例に過ぎず、この他にも多数の記憶領域が設けられている。

遊技情報出力端子板108は、主制御基板101において生成された外部情報信号を遊技店のホールコンピュータ等に出力するための基板である。遊技情報出力端子板108は、主制御基板101と配線接続され、外部情報を遊技店のホールコンピュータ等と接続をするためのコネクタが設けられている。

電源基板107は、コンデンサからなるバックアップ電源を備えており、遊技機に供給する電源電圧を監視し、電源電圧が所定値以下となったときに、電断検知信号を主制御基板101に出力する。より具体的には、電断検知信号がハイレベルになるとメインCPU101aは動作可能状態になり、電断検知信号がローレベルになるとメインCPU101aは動作停止状態になる。バックアップ電源はコンデンサに限らず、例えば、電池でもよく、コンデンサと電池とを併用して用いてもよい。

演出制御基板102は、主に遊技中や待機中等の各演出を制御する。この演出制御基板102は、サブCPU102a、サブROM102b、サブRAM102cを備えており、主制御基板101に対して、当該主制御基板101から演出制御基板102への一方向に通信可能に接続されている。サブCPU102aは、主制御基板101から送信されたコマンド、または、上記演出ボタン検出スイッチ17a、タイマからの入力信号に基づいて、サブROM102bに格納されたプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、当該処理に基づいて、対応するデータをランプ制御基板104または画像制御基板105に送信する。サブRAM102cは、サブCPU102aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。

演出制御基板102のサブROM102bには、演出制御用のプログラムや各種の遊技の決定に必要なデータ、テーブルが記憶されている。

例えば、主制御基板から受信した変動パターン指定コマンドに基づいて演出パターンを決定するための変動演出パターン決定テーブル(図10参照)等がサブROM102bに記憶されている。なお、上述したテーブルは、本実施形態におけるテーブルのうち、特徴的なテーブルを一例として列挙しているに過ぎず、遊技の進行にあたっては、この他にも不図示のテーブルやプログラムが多数設けられている。

演出制御基板102のサブRAM102cは、複数の記憶領域を有している。

サブRAM102cには、コマンド受信バッファ、遊技状態記憶領域、演出モード記憶領域、演出パターン記憶領域、演出図柄記憶領域、第1保留記憶領域、第2保留記憶領域等が設けられている。なお、上述した記憶領域も一例に過ぎず、この他にも多数の記憶領域が設けられている。

また、本実施形態では、演出制御基板102には、現在時刻を出力するRTC(リアルタイムクロック)102dが搭載されている。サブCPU102aは、RTC102dから現在の日付を示す日付信号や現在の時刻を示す時刻信号を入力し、現在の日時にもとづいて各種処理を実行する。RTC102dは、通常、遊技機に電源が供給されているときには遊技機からの電源によって動作し、遊技機の電源が切られているときには、電源基板107に搭載されたバックアップ電源から供給される電源によって動作する。したがって、RTC102dは、遊技機の電源が切られている場合であっても現在の日時を計時することができる。なお、RTC102dは、演出制御基板上に電池を設けて、かかる電池によって動作するようにしてもよい。

また、RTC102dを設けずに、バックアップRAMとしての機能を有するサブRAM102cに設けたカウンタを、所定時間ごと(例えば2ms毎)にカウントアップすることによって時間を計時してもよい。

払出制御基板103は、遊技球の発射制御と賞球の払い出し制御を行う。この払出制御基板103は、払出CPU103a、払出ROM103b、払出RAM103cを備えており、主制御基板101に対して、双方向に通信可能に接続されている。払出CPU103aは、遊技球が払い出されたか否かを検知する払出球計数検知スイッチ32、扉開放スイッチ33、タイマからの入力信号に基づいて、払出ROM103bに格納されたプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、当該処理に基づいて、対応するデータを主制御基板101に送信する。また、払出制御基板103の出力側には、遊技球の貯留部から所定数の賞球を遊技者に払い出すための賞球払出装置の払出モータ31が接続されている。払出CPU103aは、主制御基板101から送信された払出個数指定コマンドに基づいて、払出ROM103bから所定のプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、賞球払出装置の払出モータ31を制御して所定の賞球を遊技者に払い出す。このとき、払出RAM103cは、払出CPU103aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。

また、図示しない遊技球貸出装置(カードユニット)が払出制御基板103に接続されているか確認し、遊技球貸出装置(カードユニット)が接続されていれば、発射制御基板106に遊技球を発射させることを許可する発射制御データを送信する。

発射制御基板106は、払出制御基板103から発射制御データを受信すると発射の許可を行う。そして、タッチセンサ3bからのタッチ信号および発射ボリューム3aからの入力信号を読み出し、発射用ソレノイド4aを通電制御し、遊技球を発射させる。

ここで、発射用ソレノイド4aの回転速度は、発射制御基板106に設けられた水晶発振器の出力周期に基づく周波数から、約99.9(回/分)に設定されている。これにより、1分間における発射遊技数は、発射ソレノイドが1回転する毎に1個発射されるため、約99.9(個/分)となる。すなわち、遊技球は約0.6秒毎に発射されることになる。

画像制御基板105は、上記液晶表示装置13の画像表示制御を行うための画像CPU105Aa、画像ROM105Ab、画像RAM105Ac、画像VRAM105Adと、音声CPU105Ba、音声ROM105Bb、音声RAM105Bcとを備えている。この画像制御基板105は、上記演出制御基板102に双方向通信可能に接続されており、その出力側に上記液晶表示装置13および上記音声出力装置18を接続している。

上記画像ROM105Abには、液晶表示装置13に表示される演出図柄30や背景等の画像データが多数格納されており、画像CPU105Aaが演出制御基板102から送信されたコマンドに基づいて所定のプログラムを読み出すとともに、所定の画像データを画像ROM105Abから画像VRAM105Adに読み出して、液晶表示装置13における表示制御をする。なお、画像CPU105Aaは、液晶表示装置13に対して、背景画像表示処理、演出図柄表示処理、キャラクタ画像表示処理など各種画像処理を実行するが、背景画像、演出図柄画像、キャラクタ画像は、液晶表示装置13の表示画面上において重畳表示される。

すなわち、演出図柄画像やキャラクタ画像は背景画像よりも手前に見えるように表示される。このとき、同一位置に背景画像と図柄画像が重なる場合、Zバッファ法など周知の陰面消去法により各画像データのZバッファのZ値を参照することで、図柄画像を優先してVRAMに記憶させる。

また、上記音声ROM105Bbには、音声出力装置18から出力される音声のデータが多数格納されており、音声CPU105Baは、演出制御基板102から送信されたコマンドに基づいて所定のプログラムを読み出すとともに、音声出力装置18における音声出力制御をする。また、音声CPU105Baは、音声出力制御を行う際、演出制御基板102から送信されたコマンドに基づいて、上記音声出力装置18によって出力される音声の音量を制御する処理を行う。すなわち、音声CPU105Baは、演出制御基板102から送信されたコマンドに基づいて、音声出力装置18が出力する音声のプログラムや音量の制御を行う。

ランプ制御基板104は、ランプCPU104a、ランプROM104b、ランプRAM104cを備えている。このランプ制御基板104は、上記演出制御基板102に双方向通信可能に接続されており、その出力側に上記演出用照明装置16を接続している。そして、上記ランプROM104aは、遊技盤2に設けられた演出用照明装置16を点灯制御したり、光の照射方向を変更するためのモータに対する駆動制御をしたりする。このランプROM104aは、演出制御基板102から送信されたデータに基づいて、これらの各制御を行うこととなる。さらに、ランプROM104aは、演出制御基板102から送信されたコマンドに基づいて、ライト16Lおよびライト16Rの点灯の輝度を制御する処理を行う。すなわち、ランプ制御基板104は、ライト16Lおよびライト16Rの点灯制御を行う際、演出制御基板102から送信されたプログラムに基づいて、点灯する輝度についての制御も行う。
本実施形態では、ランプCPU104aが輝度調整手段を、音声CPU105Baが音量調整手段をそれぞれ構成するとともに、いずれも出力量調整手段を構成する。

次に、図4〜図12を参照して、メインROM101bに記憶されている各種テーブルの詳細について説明する。

図4(a)、図4(b)は、特別図柄変動の停止結果を大当りとするか否かを判定する際に参照される大当り判定テーブルを示す図である。図4(a)は、第1特別図柄表示装置19において参照される大当り判定テーブルであり、図4(b)は、第2特別図柄表示装置20において参照される大当り判定テーブルである。図4(a)と図4(b)とのテーブルでは、小当たりの当選確率が相違しているものの、大当たり確率は同一である。

具体的には、大当り判定テーブルは、低確率時乱数判定テーブルと高確率時乱数判定テーブルとから構成され、遊技状態を参照し、低確率時乱数判定テーブルまたは高確率時乱数判定テーブルが選択され、選択されたテーブルと抽出された特別図柄判定用乱数値に基づいて、「大当たり」か「小当たり」か「ハズレ」かを判定するものである。

例えば、図4(a)に示す第1特別図柄表示装置19における低確率時乱数判定テーブルによれば、「7」、「317」の2個の特別図柄判定用乱数値が大当たりと判定される。一方、この高確率時乱数判定テーブルによれば「7」、「37」、「67」、「97」、「127」、「157」、「187」、「217」、「247」、「277」、「317」、「337」、「367」、「397」、「427」、「457」、「487」、「517」、「547」、「577」の10個の特別図柄判定用乱数値が大当たりと判定される。また、低確率時乱数判定テーブルを用いても高確率時乱数判定テーブルを用いても、特別図柄判定用乱数値が「50」、「100」、「150」、「200」の4個の特別図柄判定用乱数値であった場合に「小当たり」と判定される。なお、上記以外の乱数値であった場合には、「ハズレ」と判定される。

したがって、特別図柄判定用乱数値の乱数範囲が0〜598であるから、低確率時に大当たりと判定される確率は1/299.5であり、高確率時に大当たりと判定される確率は10倍アップして1/29.9である。また、小当たりと判定される確率は、低確率と高確率時ともに1/149.75となる。

図4(c)は、普通図柄変動の停止結果を当りとするか否かを判定する際に参照される当り判定テーブルを示す図である。

具体的には、当たり判定テーブルは、非時短遊技状態時乱数判定テーブルと時短遊技状態時乱数判定テーブルとから構成され、遊技状態を参照し、非時短遊技状態時乱数判定テーブルまたは時短遊技状態時乱数判定テーブルが選択され、選択されたテーブルと抽出された当たり判定用乱数値に基づいて、「当たり」か「ハズレ」かを判定するものである。

例えば、図4(c)に示す非時短遊技状態時乱数判定テーブルによれば、「0」という1個の当たり判定用乱数値が当たりと判定される。一方、この時短遊技状態時乱数判定テーブルによれば「0」〜「9」の10個の当たり判定用乱数値が当たりと判定される。なお、上記以外の乱数値であった場合には、「ハズレ」と判定される。

したがって、当たり判定用乱数値の乱数範囲が0〜10であるから、非時短遊技状態時時に大当たりと判定される確率は1/11であり、時短遊技状態時に大当たりと判定される確率は10倍アップして10/11である。

図4(d)は、高確率遊技状態を終了するか否かを判定するための転落判定テーブルである。

具体的には、転落判定テーブルによって、抽出された転落判定用乱数値に基づき、高確率遊技状態を終了するか否かを判定する。例えば、図4(d)に示す転落判定テーブルによれば、「0」または「1」という2個の転落判定用乱数値が高確率遊技状態を終了する(いわゆる高確率遊技状態から低確率遊技状態へと転落する)と判定される。一方、「2〜127」の126個の転落判定用乱数値は高確率遊技状態を終了させない(いわゆる高確率遊技状態を維持する)と判定される。

図5は、特別図柄の停止図柄を決定する図柄決定テーブルを示す図である。

図5(a)は、大当たり時に停止図柄を決定するための図柄決定テーブルであり、図5(b)は、小当たり時に停止図柄を決定するための図柄決定テーブルであり、図5(c)は、ハズレ時に停止図柄を決定するための図柄決定テーブルである。また、より詳細には図柄決定テーブルも特別図柄表示装置ごとに構成され、第1特別図柄表示装置用の図柄決定テーブルと第2特別図柄表示装置用の図柄決定テーブルとから構成されている。

図柄決定テーブルによって、抽出された大当たり図柄用乱数値または小当たり図柄用乱数値等に基づき、特別図柄の種類(停止図柄データ)が決定される。
また、決定した特別図柄の種類(停止図柄データ)に基づいて、演出制御基板102に特別図柄の情報を送信する制御コマンドとして、演出図柄指定コマンドを生成する。ここで、制御コマンドは、1コマンドが2バイトのデータで構成されており、制御コマンドの分類を識別するため1バイトのMODEデータと、実行される制御コマンドの内容(機能)を示す1バイトのDATAデータとから構成される。このことは、後述する変動パターン指定コマンドについても同様である。

さらに、後述するように、特別図柄の種類(停止図柄データ)によって、大当たり終了後の遊技状態を決定するために参照される遊技状態変更フラグが決定される(図6(a)、図6(b)参照)。このことから、特別図柄の種類(停止図柄データ)によって、大当たり終了後の遊技状態が決定されるといえる。

また、後述するように、特別図柄の種類(停止図柄データ)に対応して大当たり態様が決定される(図7参照)。このことから、特別図柄の種類が大当たり態様を示すものともいえる。

そうすると、本実施形態における図5(a)に示す図柄決定テーブルの特徴としては、第2始動口10に遊技球が入球した場合に作動される第2特別図柄表示装置20においては、「短当たり」が決定されないということがいえる(図7参照)。

これは、非時短遊技状態においては、第2始動口10にほとんど遊技球が入球しないのに、第2始動口10に遊技球が入球した場合に短当たりが決定されてしまうと、せっかく時短遊技状態を設けても、遊技者の遊技に対する意欲を減退させてしまうおそれがあるからである。このような遊技に対する意欲の減退を防止させるため、図5(a)に示す第2特別図柄表示装置20の図柄決定テーブルでは、短当たりに対応する特別図柄の種類(停止図柄データ)が決定されないようにしている。

図6(a)は、大当たり終了後の遊技状態を決定するために参照される遊技状態変更フラグを決定するための遊技状態変更フラグ決定テーブルであり、特別図柄に基づいて遊技状態変更フラグが決定される。なお、図6(a)に示す遊技状態変更フラグ決定テーブルは、特別図柄の種類(停止図柄データ)に基づいて、大当たり遊技処理(図20参照)の前に遊技状態変更フラグを決定する際に参照される。

図6(b)は、大当たり終了後の遊技状態を決定するための大当たり終了時設定データテーブルである。図6(b)に示す大当たり終了時設定データテーブルによって、遊技状態バッファに記憶された当選時の遊技状態と遊技状態変更フラグとに基づき、高確率遊技フラグの設定、高確率遊技状態の残り変動回数(X)の設定、時短遊技フラグの設定、時短遊技状態の残り変動回数(J)の設定が行われる。

図6(b)のテーブルの特徴としては、第1特別図柄表示装置19において第1特定用特別図柄3(停止図柄データ03、短当たりに対応)が決定された場合には、遊技状態バッファに記憶された当選時の遊技状態に基づいて時短遊技フラグの設定や時短回数を異ならせている。

具体的には、第1特定用特別図柄3(停止図柄データ03)の場合、遊技状態変更フラグとして02Hが決定される。そして、遊技状態バッファに高確率遊技フラグと時短遊技フラグとの両方がセットされていない遊技状態を示すデータ(00H:低確率遊技状態、非時短遊技状態)または、高確率遊技フラグはセットされているが時短遊技フラグはセットされていない遊技状態を示すデータ(01H:高確率遊技状態、非時短遊技状態)が記憶されていれば、大当たり終了後には高確率遊技フラグをセットするとともに、確率遊技状態の残り変動回数(X)を10000回にセットするものの、時短遊技フラグのセットは行わず、時短遊技状態の残り変動回数(J)も0回にセットする。一方、遊技状態バッファに高確率遊技フラグがセットされていないが時短遊技フラグがセットされている遊技状態を示すデータ(02H:低確率遊技状態、時短遊技状態)または、高確率遊技フラグと時短遊技フラグとの両方がセットされている遊技状態を示すデータ(03H:高確率遊技状態、時短遊技状態)が記憶されていれば、大当たり終了後には高確率遊技フラグをセットするとともに、確率遊技状態の残り変動回数(X)を10000回にセットし、時短遊技フラグもセットして、時短遊技状態の残り変動回数(J)も10000回にセットする。これにより、時短遊技状態の残り変動回数(J)を変化させ、大当たり当選時の遊技状態が何であるかの楽しみを遊技者に付与することができる。

図7は、大入賞口開閉扉11bの開閉条件を決定する特別電動役物作動態様決定テーブルである。図7のテーブルによって、特別図柄の種類(停止図柄データ)に基づいて、大当たり遊技で行われる作動回数や、大入賞口の開放態様テーブルが決定される。

図8は、図7で決定された大入賞口の開放態様テーブルの詳細を示す開放態様決定テーブルであり、図8(a)は長当たり用開放態様決定テーブル、図8(b)は短当たり用開放態様決定テーブル、図8(c)は小当たり用開放態様決定テーブルである。
具体的には、ラウンド遊技回数(R)、開放回数(K)、開放時間、閉鎖時間および作動大入賞口(開放動作を行う大入賞口)がそれぞれ対応付けられて記憶されている。

ここで、図8(b)の短当たり用開放態様決定テーブルと図8(c)の小当たり用開放態様決定テーブルとは、ラウンド遊技回数(R)と開放回数(K)とでデータの差異こそあるものの、実際の大入賞口の開閉動作の回数は同一(15回)であり、開放時間(0.052秒)および閉鎖時間(0.052秒)も同一であり、さらに作動大入賞口も同一(第2大入賞口90)であるから、遊技者は外見から小当たりであるのか短当たりであるのか区別することはできない。これにより、遊技者に小当たりであるのか短当たりであるのかということを推測させる楽しみを付与させることができる。ただし、まったく同じ開放時間や閉鎖時間を設定することに限られず、遊技者が小当たりであるのか短当たりであるのかを判別不能な差異であれば構わない。

また、「短当たり」または「小当たり」の開放時間(0.052秒)は、上述したように遊技球が1個発射される時間(約0.6秒)よりも短いため、第2大入賞口90が開放したとしても第2大入賞口90に遊技球が入球することが困難であり、「短当たり」または「小当たり」の開放態様は「不利な開放態様」といえる。一方、「長当たり」の開放時間(29.5秒)は、遊技球が1個発射される時間(約0.6秒)よりも長いため、「有利な開放態様」といえる。

また、「長当たり」における作動大入賞口(開放動作を行う大入賞口)は第1大入賞口11であり、「短当たり」または「小当たり」における作動大入賞口は第2大入賞口90である。そして、上述したように、第1大入賞口11は、右打ち遊技領域6bに設けられており、第1大入賞口開閉扉11bが開放されているときに右打ちを行うと、殆どの遊技球が第1大入賞口11に入球することからも、「長当たり」は「短当たり」や「小当たり」に対して有利な開放態様であるといえる。

図9は、後述するように特別図柄の変動パターンを決定する変動パターン決定テーブルを示す図である。

具体的には、変動パターン決定テーブルによって、大当たりの判定結果、停止する特別図柄、時短遊技状態の有無、特別図柄保留数、リーチ判定用乱数値および変動パターン用乱数値に基づき、変動パターンが決定される。そして、決定した変動パターンに基づいて、特別図柄の変動時間が決定されるとともに、演出制御基板102に特別図柄の情報を送信する変動パターン指定コマンドが生成される。したがって、「変動パターン」とは、少なくとも大当たりの判定結果および特別図柄の変動時間を定めるものといえる。また、大当たりまたは小当たりのときには、必ずリーチを行うように構成しているため、大当たりまたは小当たりのときにはリーチ判定用乱数値を参照しないように構成されている。なお、リーチ判定用乱数値および変動パターン用乱数値は、乱数範囲が100個(0〜99)に設定されている。

また、この図9に示す変動パターン決定テーブルの特徴として、大当たりの判定結果がハズレの場合に遊技状態が時短遊技状態であるときには、特別図柄の変動時間が短くなるように設定されている。例えば、大当たりの判定結果がハズレの場合に保留球数が2のときには、時短遊技状態であればリーチ判定用乱数値に基づいて95%の確率で変動時間が3000msの変動パターン9(短縮変動)が決定されるが、非時短遊技状態であれば変動時間が3000msを超える変動パターンが決定される。このように、時短遊技状態になると変動時間が短くなるように設定されている。

図10は、液晶表示装置13等においての演出図柄30の変動態様を決定するための変動演出パターン決定テーブルを示す図である。

サブCPU102aは、主制御基板101から受信した変動パターン指定コマンドおよび演出用乱数値1に基づいて、変動演出パターンを決定する。ここで、同じ変動パターン指定コマンドであっても演出用乱数値1に基づいて、異なる変動演出パターンが決定可能に構成されていることから、変動パターン指定コマンドの数を減少させて、主制御基板101における記憶容量の削減を図っている。

なお、「変動演出パターン」とは、特別図柄の変動中に行われる演出手段(液晶表示装置13、音声出力装置18、演出用照明装置16)における具体的な演出態様をいい、変動演出パターンによって液晶表示装置13に表示される背景の表示態様、キャラクタの表示態様、演出図柄30の変動態様が決定される。また、本実施形態でいう「リーチ」とは、特別遊技に移行することを報知する図柄の組合せの一部が停止表示され、他の図柄が変動表示を行っている状態をいう。例えば、大当たり遊技に移行することを報知する演出図柄30の組合せとして「777」の3桁の演出図柄30の組み合わせが設定されている場合に、2つの演出図柄30が「7」で停止表示され、残りの演出図柄30が変動表示を行っている状態をいう。

(遊技状態の説明)
次に、遊技が進行する際の遊技状態について説明する。本実施形態においては、「低確率遊技状態」「高確率遊技状態」「時短遊技状態」「非時短遊技状態」のいずれかの遊技状態にて遊技が進行する。ただし、遊技の進行中において、遊技状態が「低確率遊技状態」または「高確率遊技状態」である場合には、必ず「時短遊技状態」または「非時短遊技状態」となっている。つまり、「低確率遊技状態」であって、かつ「時短遊技状態」である場合と、「低確率遊技状態」であって、かつ「非時短遊技状態」である場合とが存在することとなる。なお、遊技を開始したときの遊技状態、すなわち遊技機1の初期の遊技状態は、「低確率遊技状態」であって「非時短遊技状態」に設定されており、この遊技状態を本実施形態においては「通常遊技状態」と称することとする。

本実施形態において「低確率遊技状態」というのは、第1始動口9または第2始動口10に遊技球が入球したことを条件として行われる大当たりの抽選において、大当たりの当選確率が1/299.5に設定された遊技状態をいう。ここでいう大当たりの当選とは、後述する「長当たり遊技」または「短当たり遊技」を実行する権利を獲得することである。

これに対して「高確率遊技状態」というのは、上記大当たりの当選確率が1/29.9に設定された遊技状態をいう。したがって、「高確率遊技状態」では、「低確率遊技状態」よりも、「長当たり遊技」または「短当たり遊技」を実行する権利の獲得が容易となる。

本実施形態において「非時短遊技状態」というのは、普通図柄ゲート8を遊技球が通過したことを条件として行われる普通図柄の抽選において、その抽選に要する時間が29秒と長く設定され、かつ、当たりに当選した際の第2始動口10の開放制御時間が0.2秒と短く設定された遊技状態をいう。つまり、普通図柄ゲート8を遊技球が通過すると、普通図柄の抽選が行われるが、その抽選結果は、当該抽選が開始されてから29秒後に確定する。そして、抽選結果が当たりであった場合には、その後、第2始動口10が約0.2秒間、第2の態様に制御される。

これに対して「時短遊技状態」というのは、上記普通図柄の抽選に要する時間が3秒と、「非時短遊技状態」よりも短く設定され、かつ、当たりに当選した際の第2始動口10の開放制御時間が3.5秒と、「非時短遊技状態」よりも長く設定された遊技状態をいう。さらに、「非時短遊技状態」においては普通図柄の抽選において当たりに当選する確率が1/11に設定され、「時短遊技状態」においては普通図柄の抽選において当たりに当選する確率が10/11に設定さる。

したがって、「時短遊技状態」においては、「非時短遊技状態」よりも、普通図柄ゲート8を遊技球が通過した場合、第2始動口10が第2の態様に制御されやすくなるため、「時短遊技状態」では、普通図柄ゲート8と第2始動口10が設けられた右打ち遊技領域6bに遊技球を打ち出すことにより、遊技者は遊技球を消費せずに遊技を進行することが可能になり、また、大当たり抽選を行う機会も多くなる。これに対し、「非時短遊技状態」においては、たとえ普通図柄ゲート8を遊技球が通過したとしても、第2始動口10が第2の態様に制御される割合や時間は少ないため、第2始動口10に遊技球が入球することは困難である。そのため、右打ち遊技領域6bに遊技球を打ち出すよりも第1始動口9が設けられた左打ち遊技領域6aに遊技球を打ち出す方が大当たり抽選の機会を得る確率は高い。したがって、遊技者にとっては、「非時短遊技状態」においては遊技球を弱い発射強度で打ち出す「左打ち」を行い、「時短遊技状態」においては強い発射強度で遊技球を打ち出す「右打ち」を行うことが、有利な遊技方法となる。上述のように、「右打ち」を行う場合は、発射用ソレノイド4aへの印加電圧が「左打ち」の行う場合に比べて大きくなるため、「右打ち」を行う「時短遊技状態」においては、「左打ち」を行う「非時短遊技状態」に比べて、遊技球の発射にかかる消費電力が増加することになる。

なお、普通図柄の抽選において当たりに当選する確率を「非時短遊技状態」および「時短遊技状態」のいずれの遊技状態であっても変わらないように設定してもよい。

(当たりの種類の説明)
本実施形態においては、「長当たり」、「短当たり」の2種類の「大当たり」と、1種類の「小当たり」とが設けられている。

本実施形態において「長当たり遊技」というのは、第1始動口9または第2始動口10に遊技球が入球したことを条件として行われる大当たりの抽選において、長当たり遊技を実行する権利を獲得した場合に実行される遊技をいう。

「長当たり遊技」においては、第1大入賞口11が開放されるラウンド遊技を計15回行う。各ラウンド遊技における第1大入賞口11の総開放時間は最大29.5秒に設定されており、この間に第1大入賞口11に所定個数の遊技球(例えば9個)が入球すると、1回のラウンド遊技が終了となる。つまり、「長当たり遊技」は、第1大入賞口11に遊技球が入球するとともに、当該入球に応じた賞球を遊技者が獲得できることから、多量の賞球を獲得可能な遊技である。

本実施形態において「短当たり遊技」というのは、第1始動口9もしくは第2始動口10に遊技球が入球したことを条件として行われる大当たりの抽選において、短当たり遊技を実行する権利を獲得した場合に実行される遊技をいう。

「短当たり遊技」においては、第2大入賞口90が開放されるラウンド遊技を計15回行う。ただし、各ラウンド遊技においては第2大入賞口90が1回のみ開放し、その開放時間が0.052秒に設定されている。この間に第2大入賞口90に所定個数の遊技球(例えば9個)が入球すると、1回のラウンド遊技が終了となるが、上記のとおり第1大入賞口11の開放時間が極めて短いため、遊技球が入球することはほとんどなく、また、遊技球が入球したとしても、1回のラウンド遊技で1個〜2個程度しか遊技球が入球することはない。なお、この「短当たり遊技」においても、第2大入賞口90に遊技球が入球した場合には、所定の賞球(例えば15個の遊技球)が払い出される。

本実施形態において「小当たり遊技」というのは、第1始動口9もしくは第2始動口10に遊技球が入球したことを条件として行われる大当たりの抽選において、小当たり遊技を実行する権利を獲得した場合に実行される遊技をいう。

「小当たり遊技」においても、上記「短当たり遊技」と同様、第2大入賞口90が15回開放される。このときの第2大入賞口90の開放時間、開閉タイミング、開閉態様は、上記「短当たり遊技」と同じか、または、遊技者が「小当たり遊技」と「短当たり遊技」との判別を不能もしくは困難な程度に近似している。ただし、第2大入賞口90に遊技球が入球した場合には、上記と同様に所定の賞球(例えば15個の遊技球)が払い出される。

このように、「長当たり遊技」においては、第1大入賞口11が長時間開放され、「短当たり遊技」および「小当たり遊技」においては、第2大入賞口90が短時間開放される。したがって、「長当たり遊技」においては、第1大入賞口11が設けられた右打ち遊技領域6bに遊技球を打ち出すことで多量の遊技球を獲得することができる。そのため、「長当たり遊技」においては強い発射強度で遊技球を打ち出す「右打ち」を行う。したがって、「右打ち」を行う「長当たり遊技」においては、「左打ち」を行う場合に比べて発射用ソレノイド4aへの印加電圧が大きくなるので、遊技球の発射にかかる消費電力が増加することになる。

なお、本実施形態においては、上記「長当たり遊技」、「短当たり遊技」とを「大当たり遊技」と称し、この「大当たり遊技」と上記「小当たり遊技」とを総称して「特別遊技」という。

また、右打ち遊技領域6bに遊技球を進入させるために強い発射強度で遊技球を打ち出す「右打ち」を行うことが有利な「長当たり遊技」または「時短遊技状態」に制御されている状態を「右打ち有利遊技状態」といい、「長当たり遊技」ではなく、かつ、「非時短遊技状態」である状態を「左打ち有利遊技状態」という。本実施形態における「右打ち有利遊技状態」は本発明の特別遊技状態に該当し、「左打ち有利遊技状態」は本発明における通常遊技状態に該当する。

そして、主制御基板101においては、メインRAM101cの遊技状態記憶領域にフラグを記憶することによって、現在の遊技状態が上記のいずれの遊技状態であるのかを把握するようにしている。

また、遊技状態がある遊技状態から他の遊技状態に変更するのは、上記大当たりの抽選の結果、大当たりに当選し、大当たり遊技を終了した後か、または、後述する転落判定の結果、高確率遊技フラグをOFFにすると判定された場合である。

本実施形態においては、複数種類の「大当たり」が設けられており、大当たりに当選して決定された特別図柄の種類(大当たり図柄の種類)に応じて、「大当たり」の種類が決定される。そして、大当たり終了後に大当たり図柄の種類に応じて、以後の遊技状態が変更する。なお、「小当たり」に当選した場合には、「小当たり遊技状態」の終了後に、「高確率遊技状態」や「時短遊技状態」等の遊技状態が変更することはない。例えば、「高確率遊技状態」において「小当たり」に当選した場合には、「小当たり遊技状態」の終了後も「高確率遊技状態」が継続する。

次に、遊技機1における遊技の進行について、フローチャートを用いて説明する。

(主制御基板のメイン処理)
図11を用いて、主制御基板101のメイン処理を説明する。

電源基板107により電源が供給されると、メインCPU101aにシステムリセットが発生し、メインCPU101aは、以下のメイン処理を行う。

まず、ステップS10において、メインCPU101aは、初期化処理を行う。この処理において、メインCPU101aは、電源投入に応じて、メインROMから起動プログラムを読み込むとともに、メインRAMに記憶されるフラグなどを初期化する処理を行う。

ステップS20において、メインCPU101aは、変動パターン用乱数値、リーチ判定用乱数値の更新を行う演出乱数更新処理を行う。

ステップS30において、メインCPU101aは、特別図柄判定用初期値乱数、大当たり図柄用初期値乱数、小当たり図柄用初期値乱数の更新を行う。以降は、所定の割込み処理が行われるまで、ステップS20とステップS30との処理を繰り返し行う。

(主制御基板のタイマ割込処理)
図12を用いて、主制御基板101のタイマ割込処理を説明する。

主制御基板101に設けられたリセット用クロックパルス発生回路によって、所定の周期(4ミリ秒)毎にクロックパルスが発生されることで、以下に述べるタイマ割込処理が実行される。

まず、ステップS100において、メインCPU101aは、メインCPU101aのレジスタに格納されている情報をスタック領域に退避させる。

ステップS110において、メインCPU101aは、特別図柄時間カウンタの更新処理、特別電動役物の開放時間等などの特別遊技タイマカウンタの更新処理、普通図柄時間カウンタの更新処理、普電開放時間カウンタの更新処理等の各種タイマカウンタを更新する時間制御処理を行う。具体的には、特別図柄時間カウンタ、特別遊技タイマカウンタ、普通図柄時間カウンタ、普電開放時間カウンタを−1減算する処理を行う。

ステップS120において、メインCPU101aは、特別図柄判定用乱数値、大当たり図柄用乱数値、小当たり図柄用乱数値、当たり判定用乱数値の乱数更新処理を行う。

具体的には、それぞれの乱数カウンタを+1加算して、乱数カウンタを更新する。なお、加算した結果が乱数範囲の最大値を超えた場合には、乱数カウンタを0に戻し、乱数カウンタが1周した場合には、その時の初期値乱数の値から乱数を更新する。

ステップS130において、メインCPU101aは、特別図柄判定用初期値乱数カウンタ、大当たり図柄用初期値乱数カウンタ、小当たり図柄用初期値乱数カウンタを+1加算して乱数カウンタを更新する初期値乱数更新処理を行う。

ステップS200において、メインCPU101aは、入力制御処理を行う。
この処理において、メインCPU101aは、一般入賞口検出スイッチ7a、第1大入賞口検出スイッチ11a、第2大入賞口検出スイッチ90a、第1始動口検出スイッチ9a、第2始動口検出スイッチ10a、ゲート検出スイッチ8a、右打ち遊技領域検出スイッチ25の各スイッチに入力があったか否か判定する入力処理を行う。具体的には、図13を用いて後述する。

ステップS300において、メインCPU101aは、特別図柄、特別電動役物の制御を行うための特図特電制御処理を行う。詳しくは、図15〜図22を用いて後述する。

ステップS400において、メインCPU101aは、普通図柄、普通電動役物の制御を行うための普図普電制御処理を行う。詳しくは、図23〜図25を用いて後述する。

ステップS500において、メインCPU101aは、払出制御処理を行う。
この処理において、メインCPU101aは、第1大入賞口11、第2大入賞口90、第1始動口9、第2始動口10、一般入賞口7に遊技球が入賞したか否かのチェックを行い、入賞があった場合、それぞれに対応する払出個数指定コマンドを払出制御基板103に送信する。

より具体的には、後述する図13において更新されている一般入賞口賞球カウンタ、大入賞口賞球カウンタ、始動口賞球カウンタをチェックし、それぞれの入賞口に対応する払出個数指定コマンドを払出制御基板103に送信する。その後、送信した払出個数指定コマンドに対応する賞球カウンタから所定のデータを減算して更新する。

ステップS600において、メインCPU101aは、外部情報データ、始動口開閉ソレノイドデータ、大入賞口開閉ソレノイドデータ、特別図柄表示装置データ、普通図柄表示装置データ、記憶数指定コマンドのデータ作成処理を行う。

ステップS700において、メインCPU101aは、出力制御処理を行う。この処理において、上記S600で作成した外部情報データ、始動口開閉ソレノイドデータ、大入賞口開閉ソレノイドデータの信号を出力させるポート出力処理を行う。また、特別図柄表示装置19、20および普通図柄表示装置21の各LEDを点灯させるために、上記S600で作成した特別図柄表示装置データと普通図柄表示装置データとを出力する表示装置出力処理を行う。さらに、メインRAM101cの演出用伝送データ格納領域にセットされているコマンドを送信するコマンド送信処理も行う。

ステップS800において、メインCPU101aは、ステップS100で退避した情報をメインCPU101aのレジスタに復帰させる。

図13を用いて、主制御基板101の入力制御処理を説明する。
まず、ステップS210において、メインCPU101aは、一般入賞口検出スイッチ7aから検出信号を入力したか、すなわち、遊技球が一般入賞口7に入賞したか否かを判定する。メインCPU101aは、一般入賞口検出スイッチ7aから検出信号を入力した場合には、賞球のために用いる一般入賞口賞球カウンタに所定のデータを加算して更新する。

ステップS220において、メインCPU101aは、第1大入賞口検出スイッチ11aからの検出信号を入力したか、すなわち、遊技球が第1大入賞口11に入賞したか否かを判定する。メインCPU101aは、第1大入賞口検出スイッチ11aから検出信号を入力した場合には、賞球のために用いる大入賞口賞球カウンタに所定のデータを加算して更新するとともに、大入賞口に入賞した遊技球を計数するための大入賞口入球カウンタ(C)記憶領域のカウンタを加算して更新する。

ステップS221において、メインCPU101aは、第2大入賞口検出スイッチ90aからの検出信号を入力したか、すなわち、遊技球が第2大入賞口90に入賞したか否かを判定する。メインCPU101aは、第2大入賞口検出スイッチ90から検出信号を入力した場合には、賞球のために用いる大入賞口賞球カウンタに所定のデータを加算して更新するとともに、大入賞口入球カウンタ(C)記憶領域のカウンタを加算して更新する。

ステップS230において、メインCPU101aは、第1始動口検出スイッチ9aからの検出信号を入力したか、すなわち、遊技球が第1始動口9に入賞したか否かを判定して、大当たりの判定を行うための所定のデータをセットする。詳しくは、図14を用いて後述する。

ステップS240において、メインCPU101aは、第2始動口検出スイッチ10aからの検出信号を入力したか、すなわち、遊技球が第2始動口10に入賞したか否かを判定する。メインCPU101aは、第2始動口検出スイッチ10aから検出信号を入力した場合には、賞球のために用いる始動口賞球カウンタに所定のデータを加算して更新するとともに、第2特別図柄保留数(U2)記憶領域にセットされているデータが4未満であれば、第2特別図柄保留数(U2)記憶領域に「1」を加算し、特別図柄判定用乱数値、大当たり図柄用乱数値、小当たり図柄用乱数値、リーチ判定用乱数値を抽出して、抽出した乱数値を第2特別図柄記憶領域に記憶する。

すなわち、後述する図14の第1始動口検出スイッチ入力処理と比較すると、データを記憶する領域が第1特別図柄記憶領域と第2特別図柄記憶領域とで相違するものの、同様の処理を行う。

ステップS250において、メインCPU101aは、ゲート検出スイッチ8aが信号を入力したか、すなわち、遊技球が普通図柄ゲート8を通過したか否かを判定する。さらに、メインCPU101aは、ゲート検出スイッチ8aが信号を入力した場合には、普通図柄保留数(G)記憶領域に「1」を加算し、予め用意された乱数範囲(例えば、0〜10)から1つの当たり判定用乱数値を抽出し、普通図柄保留記憶領域に抽出した乱数値を記憶する。ただし、普通図柄保留数(G)記憶領域に「4」が記憶されている場合には、普通図柄保留数(G)記憶領域に「1」を加算したり、当たり判定用乱数値を抽出し、普通図柄保留記憶領域に抽出した乱数値を記憶したりすることは行わない。

図14を用いて、主制御基板101の第1始動口検出スイッチ入力処理を説明する。

まず、ステップS230−1において、メインCPU101aは、第1始動口検出スイッチ9aからの検出信号を入力したか否かを判定する。

第1始動口検出スイッチ9aからの検出信号を入力した場合にはステップS230−2に処理を移し、第1始動口検出スイッチ9aからの検出信号を入力しなかった場合には、第1始動口検出スイッチ入力処理を終了する。

ステップS230−2において、メインCPU101aは、賞球のために用いる始動口賞球カウンタに所定のデータを加算して更新する処理を行う。

ステップS230−3において、メインCPU101aは、第1特別図柄保留数(U1)記憶領域にセットされているデータが4未満であるか否かを判定する。第1特別図柄保留数(U1)記憶領域にセットされているデータが4未満であった場合には、ステップS230−4に処理を移し、第1特別図柄保留数(U1)記憶領域にセットされているデータが4未満でない場合には第1始動口検出スイッチ入力処理を終了する。

ステップS230−4において、メインCPU101aは、第1特別図柄保留数(U1)記憶領域に「1」を加算して記憶する。

ステップS230−5において、メインCPU101aは、特別図柄判定用乱数値を抽出して、第1特別図柄記憶領域にある第1記憶部から順に空いている記憶部を検索していき、空いている記憶部に抽出した特別図柄判定用乱数値を記憶する。

ステップS230−6において、メインCPU101aは、大当たり図柄用乱数値を抽出して、第1特別図柄記憶領域にある第1記憶部から順に空いている記憶部を検索していき、空いている記憶部に抽出した大当たり図柄用乱数値を記憶する。

ステップS230−7において、メインCPU101aは、小当たり図柄用乱数値を抽出して、第1特別図柄記憶領域にある第1記憶部から順に空いている記憶部を検索していき、空いている記憶部に抽出した小当たり図柄用乱数値を記憶する。

ステップS230−8において、メインCPU101aは、演出用乱数値として、変動パターン用乱数値およびリーチ判定用乱数値を抽出して、第1特別図柄記憶領域にある第1記憶部から順に空いている記憶部を検索していき、空いている記憶部に抽出した変動パターン用乱数値およびリーチ判定用乱数値を記憶する。

ステップS230−9において、メインCPU101aは、転落判定用乱数値を抽出して、第1特別図柄記憶領域にある第1記憶部から順に空いている記憶部を検索していき、空いている記憶部に抽出した転落判定用乱数値を記憶する。なお、転落判定用乱数値は、高確率遊技状態においては当該高確率遊技状態を終了するか否かに用いられるものの、低確率遊技状態においてはなんら参照されず、次回の変動開始の際に消去される。本処理を終了すると、第1始動口検出スイッチ入力処理を終了する。

以上より、第1特別図柄記憶領域の所定の記憶部には、特別図柄判定用乱数値、大当たり図柄用乱数値、小当たり図柄用乱数値、変動パターン用乱数値、リーチ判定用乱数値、転落判定用乱数値が記憶されることとなる。

図15を用いて、主制御基板101の特図特電制御処理を説明する。

まず、ステップS301において特図特電処理データの値をロードし、ステップS302においてロードした特図特電処理データから分岐アドレスを参照し、特図特電処理データ=0であれば特別図柄記憶判定処理(ステップS310)に処理を移し、特図特電処理データ=1であれば特別図柄変動処理(ステップS320)に処理を移し、特図特電処理データ=2であれば特別図柄停止処理(ステップS330)に処理を移し、特図特電処理データ=3または6であれば大当たり遊技処理(ステップS340)に処理を移し、特図特電処理データ=4であれば小当り遊技処理(ステップS350)に処理を移し、特図特電処理データ=5であれば大当り遊技終了処理(ステップS360)に処理を移す。詳しくは、図16〜図22を用いて後述する。

図16を用いて、主制御基板101の特別図柄記憶判定処理を説明する。

ステップS310−1において、メインCPU101aは、特別図柄の変動表示中であるか否かを判定する。ここで、特別図柄の変動表示中であれば(特別図柄時間カウンタ≠0)、特別図柄記憶判定処理を終了し、特別図柄の変動表示中でなければ(特別図柄時間カウンタ=0)、ステップ310−2に処理を移す。

ステップS310−2において、メインCPU101aは、特別図柄の変動中ではない場合には、第2特別図柄保留数(U2)記憶領域が1以上であるかを判定する。第2特別図柄保留数(U2)記憶領域が1以上でない場合には、ステップS310−4に処理を移し、第2特別図柄保留数(U2)記憶領域が「1」以上であると判定した場合にはステップS310−3に処理を移す。

ステップS310−3において、メインCPU101aは、第2特別図柄保留数(U2)記憶領域に記憶されている値から「1」を減算して記憶する。

ステップS310−4において、メインCPU101aは、第1特別図柄保留数(U1)記憶領域が1以上であるかを判定する。第1特別図柄保留数(U1)記憶領域が1以上でない場合には、ステップS319−1に処理を移し、第1特別図柄保留数(U1)記憶領域が「1」以上であると判定した場合にはステップS310−5に処理を移す。

ステップS310−5において、メインCPU101aは、第1特別図柄保留数(U1)記憶領域に記憶されている値から「1」を減算して記憶する。

ステップS310−6において、メインCPU101aは、上記ステップS310−2〜S310−5において減算された特別図柄保留数(U)記憶領域に対応する特別図柄保留記憶領域に記憶されたデータのシフト処理を行う。具体的には、第1特別図柄記憶領域または第2特別図柄記憶領域にある第1記憶部〜第4記憶部に記憶された各データを1つ前の記憶部にシフトさせる。ここで、第1記憶部に記憶されているデータは、判定記憶領域(第0記憶部)にシフトさせる。このとき、第1記憶部に記憶されているデータは、判定記憶領域(第0記憶部)に書き込まれるとともに、既に判定記憶領域(第0記憶部)に書き込まれていたデータは特別図柄保留記憶領域からは消去されることとなる。これにより、前回の遊技で用いた特別図柄判定用乱数値、大当たり図柄用乱数値、小当たり図柄用乱数値、リーチ判定用乱数値、変動パターン用乱数値、転落判定用乱数値が消去される。

なお、本実施形態では、ステップS310−2〜S310−6において第2特別図柄記憶領域を第1特別図柄記憶領域よりも優先させてシフトさせることとしたが、始動口に入賞した順序で、第1特別図柄記憶領域または第2特別図柄記憶領域をシフトさせてもよいし、第1特別図柄記憶領域を第2特別図柄記憶領域よりも優先させてシフトさせてもよい。

ステップS311において、メインCPU101aは、上記ステップS310−6において特別図柄保留記憶領域の判定記憶領域(第0記憶部)に書き込まれたデータ(特別図柄判定用乱数値、大当たり図柄用乱数値、小当たり図柄用乱数値)に基づいて、大当たり判定処理を実行する。詳しくは、図17を用いて、後述する。

ステップS312においては、メインCPU101aは、変動パターン選択処理を行う。
変動パターン選択処理は、図9に示す変動パターン決定テーブルを参照して、大当たりの判定結果、特別図柄の種類、時短遊技状態の有無、特別図柄保留数(U)、取得したリーチ判定用乱数値および変動パターン用乱数値に基づいて、変動パターンを決定する。

ステップS313において、メインCPU101aは、決定した変動パターンに対応する変動パターン指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS314において、メインCPU101aは、変動開始時の遊技状態を確認し、現在の遊技状態に対応する遊技状態指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS315において、メインCPU101aは、特別図柄表示装置19または20において特別図柄の変動表示を開始する。つまり、処理領域に書き込まれた情報が、第1保留に係る場合には特別図柄表示装置19を点滅させ、第2保留に係る場合には特別図柄表示装置20を点滅させる。

ステップS316において、メインCPU101aは、上記のようにして特別図柄の変動表示を開始したら、特別図柄時間カウンタに上記ステップS312において決定した変動パターンに基づいた変動時間(カウンタ値)を特別図柄時間カウンタにセットする。なお、特別図柄時間カウンタは上記S110において4ms毎に減算処理されていく。

ステップS317において、メインCPU101aは、デモ判定フラグに00Hをセットする。すなわち、デモ判定フラグをクリアする。

ステップS318において、メインCPU101aは、特図特電処理データ=1をセットし、図18に示す特別図柄変動処理に処理を移して、特別図柄記憶判定処理を終了する。

ステップS319−1において、メインCPU101aは、デモ判定フラグに01Hがセットされているか否かを判定する。デモ判定フラグに01Hがセットされている場合には特別図柄記憶判定処理を終了し、デモ判定フラグに01Hがセットされていない場合にはステップS319−2に処理を移す。

ステップS319−2において、メインCPU101aは、後述するステップS319−3でデモ指定コマンドを何度もセットすることがないように、デモ判定フラグに01Hをセットする。

ステップS319−3において、メインCPU101aは、デモ指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットし、特別図柄記憶判定処理を終了する。

図17を用いて、大当り判定処理を説明する。

まず、ステップS311−1において、メインCPU101aは、高確率遊技フラグ記憶領域に高確率遊技フラグがONされているか否かを判定する。高確率遊技フラグがONされている場合というのは、現在の遊技状態が高確率遊技状態である場合である。高確率遊技フラグがONされている場合には、ステップS311−2に処理を移し、高確率遊技フラグがONされていない場合には、ステップS311−8に処理を移す。

ステップS311−2において、メインCPU101aは、上記ステップS310−6において特別図柄保留記憶領域の判定記憶領域(第0記憶部)に書き込まれた転落判定用乱数値を、図4(d)に示す転落判定テーブルに基づいて、高確率遊技フラグをオフにするか否かを判定する。例えば、転落判定用乱数値が1であれば、高確率遊技フラグをオフにすると判定する。

ステップS311−3において、メインCPU101aは、上記ステップS311−2において高確率遊技フラグをオフにすると判定された場合には、高確率遊技フラグ記憶領域に記憶された高確率遊技フラグをオフにするとともに、時短遊技フラグ記憶領域に記憶された時短遊技フラグをオフにする。上記ステップS311−2において高確率遊技フラグをオフにすると判定されなかった場合には、高確率遊技フラグをオンにしたままステップS311−4に処理を移す。

ステップS311−4において、メインCPU101aは、上記ステップS311−2において高確率遊技フラグをオフにすると判定された場合であって、時短遊技フラグ記憶領域に記憶された時短遊技フラグがオンである場合は、時短遊技フラグをオフにする。時短遊技フラグがオフである場合や、上記ステップ311−2において高確率遊技フラグをオフにすると判定されなかった場合には、時短遊技フラグの状態を維持したままステップS311−5に処理を移す。

ステップS311−5において、メインCPU101aは、上記ステップS311−4において時短遊技フラグ記憶領域に記憶された時短遊技フラグをオフにした場合は、各演出装置を制御する際に遊技状態を判断するための、「01」のデータを含む遊技領域コマンドを生成する。

そして、メインCPU101aは、データ「01」を含む遊技領域コマンドを演出制御基板102へ送信するために、生成された遊技領域コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。これにより、遊技領域コマンドを受信した演出制御基板102におけるサブCPU102aは、遊技領域コマンドを解析して、左打ち有利遊技状態の制御が開始されたと判断することができる。

なお、遊技領域コマンドとは、右打ち有利遊技状態が開始または終了したときに生成されるコマンドであり、右打ち有利遊技状態である時短遊技状態または長当たり遊技状態が終了したとき(左打ち有利遊技状態に移行したとき)に「01」のデータを含む遊技領域コマンドが生成され、右打ち有利遊技状態である時短遊技状態または長当たり遊技状態が開始したとき(右打ち有利遊技状態に移行したとき)に「02」のデータを含む遊技領域コマンドが生成される。これにより、各演出装置の制御処理を実行するサブCPU102aは、左打ち有利遊技状態(長当たり遊技の実行中でも時短遊技状態でもない状態)に制御されているか、右打ち有利遊技状態(長当たり遊技の実行中または時短遊技状態)に制御されているかを判断することができる。

ステップS311−7において、メインCPU101aは、現在の遊技状態が高確率遊技状態であると判定した場合には、「高確率時乱数判定テーブル」を選択する。

ステップS311−8において、メインCPU101aは、現在の遊技状態が高確率遊技状態ではない(低確率遊技状態)と判定した場合には、「低確率時乱数判定テーブル」を選択する。

ステップS311−9において、メインCPU101aは、上記ステップS310−6において特別図柄保留記憶領域の判定記憶領域(第0記憶部)に書き込まれた特別図柄判定用乱数値を、上記ステップS311−7またはステップS311−8で選択された「高確率時乱数判定テーブル」または「低確率時乱数判定テーブル」に基づいて判定する。
より具体的には、上記ステップS310−6においてシフトされた特別図柄保留記憶領域が第1特別図柄記憶領域である場合には、図4(a)の第1特別図柄表示装置用の大当たり判定テーブルを参照し、上記ステップS310−6においてシフトされた特別図柄保留記憶領域が第2特別図柄記憶領域である場合には、図4(b)の第2特別図柄表示装置用の大当たり判定テーブルを参照して、特別図柄判定用乱数値に基づいて、「大当たり」か「小当たり」か「ハズレ」かが判定される。

ステップS311−10において、メインCPU101aは、上記ステップS311−9における大当たり判定の結果、大当たりと判定されたか否かを判定する。大当りと判定された場合には、ステップS311−11に処理を移し、大当りと判定されなかった場合には、ステップS311−16に処理を移す。

ステップS311−11において、メインCPU101aは、上記ステップS310−6において特別図柄保留記憶領域の判定記憶領域(第0記憶部)に書き込まれた大当たり図柄用乱数値を判定して、ステップS311−12において特別図柄の種類(停止図柄データ)を決定する。

具体的には、上記ステップS310−6においてシフトされた特別図柄保留記憶領域が第1特別図柄記憶領域である場合には、図5(a)の第1特別図柄表示装置用の図柄決定テーブルを参照し、上記ステップS310−6においてシフトされた特別図柄保留記憶領域が第2特別図柄記憶領域である場合には、第2特別図柄表示装置用の図柄決定テーブルを参照して、大当たり図柄用乱数値に基づいて、停止する特別図柄の種類を決定する。
なお、決定された特別図柄は、後述するように図19の特別図柄停止処理において「大当たり」か「小当たり」を決定するのに用いられるとともに、図20の大当たり遊技処理や図21の小当たり遊技処理において開放動作を行う大入賞口の種類や大入賞口の作動態様を決定するのにも用いられ、図22の大当たり遊技終了処理において大当たり終了後の遊技状態を決定するために参照される遊技状態変更フラグを決定するのにも用いられる。

ステップS311−12において、メインCPU101aは、決定された停止図柄データを停止図柄データ記憶領域にセットする。

ステップS311−13において、メインCPU101aは、演出制御基板102に特別図柄に対応するデータを送信するため、大当たり用の特別図柄に対応する演出図柄指定コマンドを生成して、演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS311−14において、メインCPU101aは、停止図柄データに基づいて、大当たり終了後の遊技状態を決定するために参照される遊技状態変更フラグを決定する。
具体的には、図6(a)に示す遊技状態変更フラグの決定テーブルを参照して、停止図柄データに基づいて、遊技状態変更フラグを決定し、決定された遊技状態変更フラグを遊技状態変更フラグ記憶領域にセットする。

ステップS311−15において、メインCPU101aは、遊技状態記憶領域(時短遊技フラグ記憶領域、高確率遊技フラグ記憶領域)にセットされた情報から大当たり当選時の遊技状態を判定し、大当たり当選時の遊技状態を示す遊技状態情報を遊技状態バッファにセットする。具体的には、時短遊技フラグと高確率遊技フラグの両方がセットされていなければ00Hをセットし、時短遊技フラグはセットされていないが高確率遊技フラグはセットされていれば01Hをセットし、時短遊技フラグがセットされているが高確率遊技フラグがセットされていなければ02Hをセットし、時短遊技フラグと高確率遊技フラグとの両方がセットされていれば03Hをセットする。

このように遊技状態記憶領域(時短遊技フラグ記憶領域、高確率遊技フラグ記憶領域)とは別に、遊技状態バッファに大当たり当選時の遊技状態をセットすることとしたのは、大当たり遊技中には遊技状態記憶領域(時短遊技フラグ記憶領域、高確率遊技フラグ記憶領域)にある高確率遊技フラグや時短遊技フラグがリセットされてしまうため、大当たり終了後に大当たりの当選時の遊技状態に基づいて、新たに大当たり終了時の遊技状態を決定する場合には、遊技状態記憶領域を参照することができないからである。このように、遊技状態記憶領域とは別に、大当たり当選時の遊技状態を示す遊技情報を記憶するための遊技状態バッファを設けることにより、大当たり終了後に遊技状態バッファにある遊技情報を参照することで、大当たり当選時の遊技状態に基づいて新たに大当たり終了後の遊技状態(時短遊技状態や時短回数など)を設定できる。

ステップS311−16において、メインCPU101aは、上記テップS311−10において大当りと判定されなかった場合には、小当たりと判定されたか否かの判定を行う。小当りと判定された場合には、ステップS311−17に処理を移し、小当りと判定されなかった場合には、ステップS311−20に処理を移す。

ステップS311−17において、メインCPU101aは、上記ステップS310−6において特別図柄保留記憶領域の判定記憶領域(第0記憶部)に書き込まれた小当たり図柄用乱数値を判定して、特別図柄の種類を決定する。
具体的には、図5(b)の図柄決定テーブルを参照して、小当たり図柄用乱数値に基づいて、特別図柄の種類を決定する。なお、本実施形態においては、「小当たり」の種類として「小当たりA」と「小当たりB」とが設けられている。ただし、いずれの「小当たり」に当選しても、その後に実行される小当たり遊技の内容は全く同一であり、「小当たりA」と「小当たりB」とでは、特別図柄表示装置19、20に停止表示される特別図柄のみが異なる。

ステップS311−18において、メインCPU101aは、決定された小当たり用の特別図柄の種類を示す停止図柄データを停止図柄データ記憶領域にセットする。

ステップS311−19において、メインCPU101aは、演出制御基板102に特別図柄に対応するデータを送信するため、小当たり用の特別図柄に対応する演出図柄指定コマンドを生成して、演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS311−20において、メインCPU101aは、図5(c)の図柄決定テーブルを参照してハズレ用の特別図柄を決定し、決定したハズレ用の停止図柄データを停止図柄データ記憶領域にセットする。

ステップS311−21において、メインCPU101aは、演出制御基板102に特別図柄に対応するデータを送信するため、ハズレ用の特別図柄に対応する演出図柄指定コマンドを生成し、演出用伝送データ格納領域にセットして、大当たり判定処理を終了する。

図18を用いて、特別図柄変動処理を説明する。

ステップS320−1において、メインCPU101aは、ステップS316においてセットされた変動時間が経過したか否か(特別図柄時間カウンタ=0か?)を判定する。その結果、変動時間を経過していないと判定した場合には、特別図柄変動処理を終了し、次のサブルーチンを実行する。

ステップS320−2において、メインCPU101aは、セットされた時間を経過したと判定した場合には、当該特別図柄変動処理以前のルーチン処理(大当たり判定処理)において、上記ステップS311−12、S311−18、S311−20でセットされた特別図柄を特別図柄表示装置19、20に停止表示する。これにより、遊技者に大当たりの判定結果が報知されることとなる。

ステップS320−3において、メインCPU101aは、図柄確定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS320−4において、メインCPU101aは、上記のようにして特別図柄の停止表示を開始したら、特別図柄時間カウンタに図柄停止時間(1秒=1500カウンタ)をセットする。なお、特別図柄時間カウンタは上記S110において4ms毎に−1減算処理されていく。

ステップS320−5において、メインCPU101aは、特図特電処理データに2をセットし、図19に示す特別図柄停止処理に処理を移して、特別図柄変動処理を終了する。

図19を用いて、特別図柄停止処理を説明する。

ステップS330−1において、メインCPU101aは、ステップS320−4においてセットされた図柄停止時間が経過したか否か(特別図柄時間カウンタ=0か?)を判定する。その結果、図柄停止時間を経過していないと判定した場合には、特別図柄停止処理を終了し、次のサブルーチンを実行する。

ステップS330−2において、メインCPU101aは、時短遊技フラグ記憶領域にフラグがONされているか否かを判定する。時短遊技フラグ記憶領域にフラグがONされている場合というのは、現在の遊技状態が時短遊技状態である場合である。時短遊技フラグ記憶領域にフラグがONされている場合には、ステップS330−3に処理を移し、時短遊技フラグ記憶領域にフラグがOFFされている場合には、ステップS330−6に処理を移す。

ステップS330−3において、メインCPU101aは、現在の遊技状態が時短遊技状態である場合には、時短遊技状態の残り変動回数(J)記憶領域に記憶されている(J)から「1」を減算した演算値を、新たな残り変動回数(J)として記憶する。

ステップS330−4において、メインCPU101aは、残り変動回数(J)=0か否かを判定する。残り変動回数(J)=0であれば、ステップS330−5に処理を移し、残り変動回数(J)=0でなければ、ステップS330−7に処理を移す。

ステップS330−5において、メインCPU101aは、残り変動回数(J)=0の場合には、時短遊技フラグ記憶領域に記憶されているフラグをOFFする。なお、上記残り変動回数(J)が「0」になるということは、時短遊技状態における特別図柄の変動表示が所定回数行われ、時短遊技状態が終了することを意味する。

ステップS330−6において、メインCPU101aは、各演出装置の制御処理を実行する際に遊技状態を判断するための、データ「01」を含む遊技領域コマンドを生成する。そして、メインCPU101aは、データ「01」を含む遊技領域コマンドを演出制御基板102へ送信するために、生成された遊技領域コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。これにより、遊技領域コマンドを受信した演出制御基板102におけるサブCPU102aは、遊技領域コマンドを解析して、右打ち有利遊技状態が終了し、左打ち有利遊技状態の制御が開始されたと判断することができる。

ステップS330−7において、メインCPU101aは、現在の遊技状態を確認し、遊技状態指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS330−8において、メインCPU101aは、大当たりであるか否かを判定する。具体的には停止図柄データ記憶領域に記憶されている停止図柄データが大当たり図柄(停止図柄データ=01〜06?)のものであるか否かを判定する。ここで、大当たり図柄と判定された場合には、ステップS330−12に処理を移し、大当たり図柄と判定されなかった場合には、ステップS330−9に処理を移す。

ステップS330−9において、メインCPU101aは、小当たりであるか否かを判定する。具体的には停止図柄データ記憶領域に記憶されている停止図柄データが小当たり図柄(停止図柄データ=07、08?)であるか否かを判定する。ここで、小当たり図柄と判定された場合には、ステップS330−10に処理を移し、小当たり図柄と判定されなかった場合には、ステップS330−11に処理を移す。

ステップS330−10において、メインCPU101aは、特図特電処理データに4をセットし、図21に示す小当たり遊技処理に処理を移す。

ステップS330−11において、メインCPU101aは、特図特電処理データに0をセットし、図16に示す特別図柄記憶判定処理に処理を移す。

ステップS330−12において、メインCPU101aは、大当たりの種類が長当たりであるか否かを判定する。具体的には停止図柄データ記憶領域に記憶されている停止図柄データが長当たり図柄(01,04,05,06?)であるか否かを判定する。なお、大当たりの種類が長当たりではない場合とは、短当たりである場合である。そして、長当たりと判定された場合は、ステップS330−13に処理を移し、長当たりと判定されなかった場合は、ステップS330−15に処理を移す。

ステップS330−13において、メインCPU101aは、特図特電処理データに3をセットし、図20に示す大当たり遊技処理に処理を移す。

ステップS330−14において、メインCPU101aは、各演出装置を制御する際に遊技状態を判断するための、データ「02」を含む遊技領域コマンドを生成する。そして、メインCPU101aは、「02」のデータを含む遊技領域コマンドを演出制御基板102へ送信するために、生成された遊技領域コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。これにより、遊技領域コマンドを受信した演出制御基板102におけるサブCPU102aは、遊技領域コマンドを解析して、右打ち有利遊技状態の制御が開始されたと判断することができる。

ステップS330−15において、メインCPU101aは、特図特電処理データに6をセットし、図20に示す大当たり遊技処理に処理を移す。

ステップS330−16において、メインCPU101aは、遊技状態や時短回数をリセットする。具体的には、高確率遊技フラグ記憶領域、高確率遊技状態の残り変動回数(X)記憶領域、時短遊技フラグ記憶領域、時短遊技状態の残り変動回数(J)記憶領域にあるデータをクリアする。

ステップS330−17において、メインCPU101aは、停止図柄データに応じて、「長当たり」か「短当たり」のいずれの大当たりであるかを判定し、大当たりの種別に応じたオープニングコマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS330−18において、メインCPU101aは、停止図柄データに応じて、「長当たり」か「短当たり」のいずれの大当たりであるかを判定し、大当たりの種別に応じたオープニング時間を特別遊技タイマカウンタにセットする。なお、特別遊技タイマカウンタは、上記ステップS110において、4ms毎に減算処理される。本処理を終了したら、特別図柄停止処理を終了する。

図20を用いて、大当たり遊技処理を説明する。

まず、ステップS340−1において、メインCPU101aは、現在オープニング中であるか否かを判定する。具体的には、ラウンド遊技回数(R)記憶領域に「0」が記憶されていれば、現在オープニング中であるので、ラウンド遊技回数(R)記憶領域を参照し、現在オープニング中であるか判定する。現在オープニング中であると判定した場合には、ステップS340−2に処理を移し、現在オープニング中でないと判定した場合には、S340−9に処理を移す。

ステップS340−2において、メインCPU101aは、予め設定されたオープニング時間を経過したか否かを判定する。すなわち、特別遊技タイマカウンタ=0であるか否かを判定し、特別遊技タイマカウンタ=0となったら、オープニング時間を経過したと判定する。その結果、オープニング時間を経過していない場合には、当該大当たり遊技処理を終了し、オープニング時間を経過している場合にはステップS340−3に処理を移す。

ステップS340−3において、メインCPU101aは、停止図柄データに応じて、「長当たり」か「短当たり」のいずれの大当たりであるかを判定し、大当たりの種別に応じた開放態様決定テーブルを決定する。具体的には、図7に示すように、停止図柄データに応じて、長当たり用開放態様決定テーブル(図8(a))、短当たり用開放態様決定テーブル(図8(b))のいずれかを決定する。

ステップS340−4において、メインCPU101aは、ラウンド遊技回数(R)記憶領域に、記憶されている現在のラウンド遊技回数(R)に「1」を加算して記憶する。なお、本ステップS340−4においては、ラウンド遊技回数(R)記憶領域には何も記憶されていない。つまり、まだラウンド遊技が1回も行われていないので、ラウンド遊技回数(R)記憶領域には「1」を記憶することとなる。

ステップS340−5において、メインCPU101aは、開放回数(K)記憶領域に、記憶されている現在の開放回数(K)に「1」を加算して記憶する。

ステップS340−6において、メインCPU101aは、開放態様決定テーブルを参照して、第1大入賞口開閉ソレノイド11cまたは第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電開始データをセットして、第1大入賞口開閉扉11bまたは第2大入賞口受け皿装置90bを動作させることにより、第1大入賞口11または第2大入賞口90を開放する。具体的には、上記ステップ340−3において決定された開放態様決定テーブル(図8参照)を参照して、図8(a)の長当たり用開放態様決定テーブルである場合には、第1大入賞口開閉ソレノイド11cの通電開始データをセットし、図8(b)の短当たり用開放態様決定テーブルである場合には、第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電開始データをセットする。

ステップS340−7において、メインCPU101aは、上記ステップ340−3において決定された開放態様決定テーブル(図8参照)を参照して、現在のラウンド遊技回数(R)および開放回数(K)に基づいて、第1大入賞口11または第2大入賞口90の開放時間を特別遊技タイマカウンタにセットする。

ステップS340−8において、メインCPU101aは、ラウンド遊技回数(R)に応じて、演出制御基板102にラウンド回数の情報を送信するため、大入賞口開放(R)ラウンド指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。本ステップS340−8においては、ラウンド遊技回数(R)が「1」であるので、大入賞口開放1ラウンド指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS340−9において、メインCPU101aは、現在エンディング中であるか否かを判定する。ここでいうエンディングとは、予め設定されたラウンド遊技を全て終了した後の処理をいうものである。したがって、現在エンディング中であると判定した場合には、ステップS340−29に処理を移し、現在エンディング中でないと判定した場合には、ステップS340−10に処理が移される。

ステップS340−10において、メインCPU101aは、作動大入賞口が閉鎖中であるか否かを判定する。なお、上記ステップ340−3において決定された開放態様決定テーブル(図8参照)が長当たり用開放態様決定テーブルである場合は、作動大入賞口は第1大入賞口11であり、短当たり用開放態様決定テーブルである場合は、作動大入賞口は第2大入賞口90である。そして、作動大入賞口が閉鎖中と判定された場合には、ステップS340−11に処理を移し、作動大入賞口が閉鎖中でないと判定された場合には、ステップS340−16に処理を移す。

ステップS340−11において、メインCPU101aは、後述するステップS340−20において設定された閉鎖時間が経過したか判定される。なお、閉鎖時間も、オープニング時間と同様に特別遊技タイマカウンタ=0であるか否かで判定される。その結果、閉鎖時間を経過していない場合には、当該大当たり遊技処理を終了し、閉鎖時間を経過している場合にはステップS340−12に処理を移す。

ステップS340−12において、メインCPU101aは、開放回数(K)記憶領域に、記憶されている現在の開放回数(K)に「1」を加算して記憶する。

ステップS340−13において、メインCPU101aは、開放態様決定テーブルを参照して、第1大入賞口開閉ソレノイド11cまたは第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電開始データをセットして、第1大入賞口11または第2大入賞口90を開放する。具体的には、上記ステップ340−3において決定された開放態様決定テーブルが、図8(a)の長当たり用開放態様決定テーブルである場合には、第1大入賞口開閉ソレノイド11cの通電開始データをセットし、図8(b)の短当たり用開放態様決定テーブルである場合には、第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電開始データをセットする。

ステップS340−14において、メインCPU101aは、上記ステップ340−3において決定された開放態様決定テーブル(図8参照)を参照して、現在のラウンド遊技回数(R)および開放回数(K)に基づいて、第1大入賞口11または第2大入賞口90の開放時間を特別遊技タイマカウンタにセットする。

ステップS340−15において、メインCPU101aは、K=1であるか否かを判定し、K=1であった場合には、演出制御基板102にラウンド回数の情報を送信するため、ラウンド遊技回数(R)に応じて大入賞口開放(R)ラウンド指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。例えば、ラウンド遊技回数(R)が「2」であれば、大入賞口開放2ラウンド指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。一方、K=1でない場合には、大入賞口開放(R)ラウンド指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットせずに、大当たり遊技処理を終了する。すなわち、K=1である場合というのはラウンドの開始を意味するので、ラウンドの開始のときのみ、大入賞口開放(R)ラウンド指定コマンドを送信するようにしている。

ステップS340−16において、メインCPU101aは、大入賞口入球カウンタ(C)の値が所定個数(例えば9個)に達したか否かを判定する。そして、大入賞口入球カウンタ(C)の値が所定個数に達していない場合には、ステップS340−17に処理を移し、作動大入賞口の入球カウンタの値が所定個数に達している場合には、ステップS340−21に処理を移す。

ステップS340−17において、メインCPU101aは、設定された開放時間を経過したか否か(特別遊技タイマカウンタ=0となったか否か)を判定する。設定された開放時間を経過した場合にはステップS340−18に処理を移し、設定された開放時間を経過していない場合には当該大当たり遊技処理を終了する。

ステップS340−18において、メインCPU101aは、開放回数(K)が1ラウンドあたりの最大開放回数であるか否かを判定する。ここで、開放回数(K)が1ラウンドあたりの最大開放回数であれば、ステップS340−21に処理を移し、開放回数(K)が1ラウンドあたりの最大開放回数でなければ、ステップS340−19に処理を移す。

ステップS340−19において、メインCPU101aは、作動大入賞口に対応した大入賞口開閉ソレノイドの通電停止データをセットする。ここで、作動大入賞口が第1大入賞口である場合は、第1大入賞口開閉ソレノイド11cの通電停止データをセットし、作動大入賞口が第2大入賞口である場合は、第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電停止データをセットする。これにより、第1大入賞口11または第2大入賞口90が閉鎖することになる。

ステップS340−20において、メインCPU101aは、上記ステップ340−3において決定された開放態様決定テーブル(図8参照)を参照して、現在のラウンド遊技回数(R)および開放回数(K)に基づいて、大入賞口の閉鎖時間を特別遊技タイマカウンタにセットする。

ステップS340−21において、メインCPU101aは、作動大入賞口に対応した大入賞口開閉ソレノイドの通電停止データをセットする。ここで、作動大入賞口が第1大入賞口である場合は、第1大入賞口開閉ソレノイド11cの通電停止データをセットし、作動大入賞口が第2大入賞口である場合は、第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電停止データをセットする。これにより、第1大入賞口11または第2大入賞口90が閉鎖することになる。

ステップS340−22において、メインCPU101aは、開放回数(K)記憶領域に0をセットし、開放回数(K)記憶領域をクリアする。

ステップS340−23において、メインCPU101aは、大入賞口入球数(C)記憶領域に0をセットし、大入賞口入球数(C)記憶領域をクリアする。

ステップS340−24において、メインCPU101aは、ラウンド遊技回数(R)記憶領域に記憶されたラウンド遊技回数(R)が最大であるか否かを判定する。ラウンド遊技回数(R)が最大である場合には、ステップS340−26に処理を移し、ラウンド遊技回数(R)が最大でない場合には、ステップS340−25に処理を移す。

ステップS340−25において、メインCPU101aは、ラウンド遊技回数(R)記憶領域に、記憶されている現在のラウンド遊技回数(R)に「1」を加算して記憶する。

ステップS340−26において、メインCPU101aは、ラウンド遊技回数(R)記憶領域に記憶されたラウンド遊技回数(R)をリセットする。

ステップS340−27において、メインCPU101aは、停止図柄データに応じて、「長当たり」か「短当たり」のいずれの大当たりであるかを判定し、大当たりの種別に応じたエンディングコマンドを演出制御基板102に送信するために演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS340−28において、メインCPU101aは、停止図柄データに応じて、「長当たり」か「短当たり」のいずれの大当たりであるかを判定し、大当たりの種別に応じたエンディング時間を特別遊技タイマカウンタにセットする。

ステップS340−29において、メインCPU101aは、設定されたエンディング時間を経過したか否かを判定し、エンディング時間を経過したと判定した場合には、ステップS340−30に処理を移し、一方、エンディング時間を経過していないと判定した場合には、そのまま当該大当たり遊技処理を終了する。

ステップS340−30において、メインCPU101aは、停止図柄データに応じて、「長当たり」か「短当たり」のいずれの大当たりであるかを判定し、「長当たり」であった場合は、ステップS340−31に処理を移し、「短当たり」であった場合は、ステップS340−32へ処理を移す。

ステップS340−31において、演出制御基板102のタイマ割り込み処理を実行する際に遊技状態を判断するための、データ「01」を含む遊技領域コマンドを生成する。そして、メインCPU101aは、「01」のデータを含む遊技領域コマンドを演出制御基板102へ送信するために、生成された遊技領域コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。これにより、遊技領域コマンドを受信した演出制御基板102におけるサブCPU102aは、遊技領域コマンドを解析して、右打ち有利遊技状態が終了し、左打ち有利遊技状態の制御が開始されたと判断することができる。

ステップS340−32において、メインCPU101aは、特図特電処理データに5をセットし、図22に示す大当たり遊技終了処理に処理を移す。本実施形態では、長当たり遊技の制御を行うメインCPU101aが遊技状態制御手段を構成する。

図21を用いて、小当たり遊技処理を説明する。

ステップS350−1において、メインCPU101aは、オープニングコマンドが既に送信されているか否かを判定する。オープニングコマンドが送信されていないと判定した場合には、ステップS350−2に処理を移し、オープニングコマンドが送信されたと判定した場合には、ステップS350−5に処理を移す。

ステップS350−2において、メインCPU101aは、小当たり用開放態様決定テーブル(図8(c))を決定する。

ステップS350−3において、メインCPU101aは、既にオープニングコマンドが送信されていると判定した場合には、現在オープニング中であるか否かを判定する。現在オープニング中であると判定した場合には、ステップS350−4に処理を移し、現在オープニング中でないと判定した場合には、S350−8に処理を移す。

ステップS350−4において、メインCPU101aは、現在オープニング中であると判定した場合には、予め設定されたオープニング時間を経過したか否かを判定する。すなわち、特別遊技タイマカウンタ=0であるか否かを判定し、オープニングタイマカウンタ=0となったら、オープニング時間を経過したと判定する。また、後述するように、ステップ350−8において第2大入賞口90の閉鎖中と判定され、ステップS350−14において設定された閉鎖時間が経過したか否かも判定される。なお、閉鎖時間も、オープニング時間と同様に特別遊技タイマカウンタ=0であるか否かで判定される。

その結果、設定時間を経過していない場合には、当該小当たり遊技処理を終了し、設定時間を経過している場合にはステップS350−7に処理を移す。

ステップS350−5において、メインCPU101aは、開放回数(K)記憶領域に、記憶されている現在の作動回数(K)に「1」を加算して記憶する

ステップS350−6において、メインCPU101aは、第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電を開始して第2大入賞口90を開放する。

ステップS350−7において、メインCPU101aは、上記ステップ350−2において決定された小当たり用開放態様決定テーブル(図8(c))を参照して、開放回数(K)に基づいて、第2大入賞口90の開放時間を特別遊技タイマカウンタにセットする。

ステップS350−8において、メインCPU101aは、第2大入賞口90が閉鎖中であるか否かを判定する。閉鎖中と判定された場合には、ステップS350−4に処理を移し、大入賞口の閉鎖中でないと判定された場合には、ステップS350−9に処理を移す。

ステップS350−9において、メインCPU101aは、現在エンディング中であるか否かを判定する。現在エンディング中であると判定した場合には、ステップS350−19において、設定されたエンディング時間を経過したか否かを判定され、現在エンディング中でないと判定した場合には、ステップS350−10に処理が移される。

ステップS350−10において、メインCPU101aは、大入賞口入球カウンタ(C)の値が所定個数(例えば9個)に達したか否かを判定する。大入賞口入球カウンタ(C)が所定個数に達したと判定した場合には、ステップS350−15に処理を移し、大入賞口入球カウンタ(C)が所定個数に達したと判定しなかった場合には、ステップS350−11に処理を移す。

ステップS350−11において、メインCPU101aは、開放時間を経過したか否か(特別遊技タイマカウンタ=0となったか否か)を判定する。設定された開放時間を経過した場合には、ステップS350−12に処理を移し、設定された開放時間を経過していない場合には、小当たり遊技処理を終了する。

ステップS350−12において、メインCPU101aは、開放回数(K)記憶領域に記憶されている現在の作動回数(K)が最大であるか否かを判定する。ここで、開放回数(K)が最大開放回数であれば、ステップS350−15に処理を移し、開放回数(K)が最大開放回数でなければ、ステップS350−13に処理を移す。具体的には、図8(c)に示すように「小当たり」のときは、最大開放回数は15回となっている。

ステップS350−13において、メインCPU101aは、第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電停止データをセットする。これにより、第2大入賞口90が閉鎖することになる。

ステップS350−14において、メインCPU101aは、上記ステップ350−2において決定された小当たり用開放態様決定テーブル(図8(c))を参照して、開放回数(K)に基づいて、閉鎖時間を特別遊技タイマカウンタにセットする。

ステップS350−15において、メインCPU101aは、第2大入賞口開閉ソレノイド90cの通電停止データをセットする。これにより、第2大入賞口90が閉鎖することになる。

ステップS350−16において、メインCPU101aは、開放回数(K)が最大に達したと判定した場合には、開放回数(K)記憶領域に記憶された開放回数(K)をリセットする。

ステップS350−17において、メインCPU101aは、大入賞口入球数(C)記憶領域をクリアする。

ステップS350−18において、メインCPU101aは、小当たり遊技終了の情報を演出制御基板102に送信するためにエンディングコマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS350−19において、メインCPU101aは、メインRAM101cの特別遊技タイマカウンタに、エンディング時間に対応するカウンタを特別遊技タイマカウンタにセットする。

ステップS350−20において、メインCPU101aは、エンディング時間を経過したか否かを判定し、エンディング時間を経過したと判定し場合には、ステップS350−21において特図特電処理データに0をセットし、図16に示す特別図柄記憶判定処理に処理を移し、エンディング時間を経過していないと判定した場合には、小当たり遊技処理を終了する。

図22を用いて、大当たり遊技終了処理を説明する。

ステップS360−1において、メインCPU101aは、上記ステップS311−12において遊技状態変更フラグ記憶領域にセットされた遊技状態変更フラグおよび遊技状態バッファにある遊技情報をロードする。

ステップS360−2において、図6(b)に示す大当たり終了時設定データテーブルを参照し、上記S360−1においてロードした遊技状態変更フラグおよび遊技状態バッファにある遊技情報に基づいて、大当り終了時に高確率遊技フラグ記憶領域に高確率フラグをセットさせるか否かの処理を行う。例えば、遊技状態変更フラグが02Hであれば、高確率遊技フラグ記憶領域に高確率フラグをセットする。

ステップS360−3において、図6(b)に示す大当たり終了時設定データテーブルを参照し、上記S360−1においてロードした遊技状態変更フラグおよび遊技状態バッファにある遊技情報に基づいて、高確率遊技状態の残り変動回数(X)記憶領域に所定の回数をセットさせる。例えば、遊技状態変更フラグが02Hであれば、高確率遊技状態の残り変動回数(X)記憶領域に10000回をセットする。

ステップS360−4において、図6(b)に示す大当たり終了時設定データテーブルを参照し、上記S360−1においてロードした遊技状態変更フラグおよび遊技状態バッファにある遊技情報に基づいて、時短遊技フラグ記憶領域に時短遊技フラグをセットさせるか否かの処理を行う。例えば、遊技状態変更フラグが02Hの場合に、遊技状態バッファにある遊技情報が00Hまたは01Hのときには時短遊技フラグ記憶領域に時短遊技フラグをセットしないが、遊技状態バッファにある遊技情報が02Hまたは03Hのときには時短遊技フラグ記憶領域に時短遊技フラグをセットする。

ステップS360−5において、図6(b)に示す大当たり終了時設定データテーブルを参照し、上記S360−1においてロードした遊技状態変更フラグおよび遊技状態バッファにある遊技情報に基づいて、各演出装置を制御する際に遊技状態を判断するための、データ「02」を含む遊技領域コマンドを生成するか否かの処理を行う。

例えば、遊技状態変更フラグが02Hの場合に、遊技状態バッファにある遊技情報が00Hまたは01Hのときには遊技領域コマンドを生成しないが、遊技状態バッファにある遊技情報が02Hまたは03Hのときにはデータ「02」を含む遊技領域コマンドを生成する。そして、メインCPU101aは、「02」のデータを含む遊技領域コマンドを演出制御基板102へ送信するために、生成された遊技領域コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。これにより、遊技領域コマンドを受信した演出制御基板102におけるサブCPU102aは、遊技領域コマンドを解析して、右打ち有利遊技状態の制御が開始されたと判断することができる。

ステップS360−6において、図6(b)に示す大当たり終了時設定データテーブルを参照し、上記S360−1においてロードした遊技状態変更フラグおよび遊技状態バッファにある遊技情報に基づいて、時短遊技状態の残り変動回数(J)記憶領域に所定の回数をセットさせる。例えば、遊技状態変更フラグが02Hの場合に、遊技状態バッファにある遊技情報が02Hのときには時短遊技状態の残り変動回数(J)記憶領域に0回をセットし、遊技状態バッファにある遊技情報が02Hでなければ時短遊技状態の残り変動回数(J)記憶領域に10000回をセットする。

ステップS360−7において、メインCPU101aは、遊技状態を確認し、遊技状態指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。

ステップS360−8において、メインCPU101aは、特図特電処理データに0をセットし、図16に示す特別図柄記憶判定処理に処理を移す。

図23を用いて、普図普電制御処理を説明する。

まず、ステップS401において普図普電処理データの値をロードし、ステップS401においてロードした普図普電処理データから分岐アドレスを参照し、普図普電処理データ=0であれば普通図柄変動処理(ステップS410)に処理を移し、普図普電処理データタ=1であれば普通電動役物制御処理(ステップS420)に処理を移す。詳しくは、図24、図25を用いて後述する。

図24を用いて、普通図柄変動処理を説明する。

ステップS410−1において、メインCPU101aは、普通図柄の変動表示中であるか否かを判定する。普通図柄の変動表示中であればステップS410−13に処理を移し、普通図柄の変動表示中でなければステップS410−2に処理を移す。

ステップS410−2において、メインCPU101aは、普通図柄の変動表示中でない場合には、普通図柄保留数(G)記憶領域に記憶された普通図柄の保留数(G)が1以上であるかを判定する。保留数(G)が「0」の場合には普通図柄の変動表示は行われないため、普通図柄変動処理を終了する。

ステップS410−3において、メインCPU101aは、ステップS410−2において、普通図柄の保留数(G)が「1」以上であると判定した場合には、特別図柄保留数(G)記憶領域に記憶されている値(G)から「1」を減算した新たな保留数(G)を記憶する。

ステップS410−4において、メインCPU101aは、普通図柄保留記憶領域に記憶されたデータのシフト処理を行う。具体的には、第1記憶部〜第4記憶部に記憶された各データを1つ前の記憶部にシフトさせる。このとき、1つ前の記憶部に記憶されているデータは、所定の処理領域に書き込まれるとともに、普通図柄保留記憶領域からは消去されることとなる。

ステップS410−5において、メインCPU101aは、普通図柄保留記憶領域に記憶された当たり乱数値の判定を行う。なお、複数の当たり乱数が記憶されている場合には、当該当たり乱数が記憶された順に読み出されるようにしている。

具体的には、図4(c)に示す当たり判定テーブルを参照し、抽出した当たり判定用乱数値を上記のテーブルに照らし合わせて当たりか否かの判定を行う。例えば、上記テーブルによれば、非時短遊技状態であれば「0」〜「10」の当たり乱数のうち「0」の1個の当たり判定用乱数値が当たりと判定され、時短遊技状態であれば「0」〜「10」の当たり乱数のうち「0」〜「9」の10個の当たり判定用乱数値が当たりと判定され、その他の乱数はハズレと判定される。

ステップS410−6において、メインCPU101aは、上記ステップS205における当たり乱数の判定の結果を参照して、当たりと判定された場合には、ステップS410−7において当たり図柄がセットされ、ハズレと判定された場合にはステップS410−8においてハズレ図柄がセットされる。

ここでいう当たり図柄とは、上記普通図柄表示装置21において最終的にLEDが点灯する図柄のことであり、ハズレ図柄とは最終的にLEDが点灯せずに消灯する図柄のことである。また、当たり図柄のセットとは、普通図柄表示装置21においてLEDを点灯させるコマンドを所定の記憶領域に記憶させることであり、ハズレ図柄のセットとは、普通図柄表示装置21においてLEDを消灯させるコマンドを所定の記憶領域に記憶させることである。

ステップS410−9において、メインCPU101aは、時短遊技フラグ記憶領域にフラグがONされているか否かを判定する。時短遊技フラグ記憶領域にフラグがONされている場合というのは、遊技状態が時短遊技状態にあるときであり、上記フラグがONされていない場合というのは、遊技状態が非時短遊技状態にあるときである。

そして、メインCPU101aは、時短遊技フラグ記憶領域にフラグがONされていると判定した場合には、ステップS410−10において普通図柄時間カウンタに3秒に対応するカウンタをセットし、時短遊技フラグ記憶領域にフラグがONされていないと判定した場合には、ステップS410−11において普通図柄時間カウンタに29秒に対応するカウンタをセットする。このステップS410−10またはステップS410−11の処理によって、普通図柄の変動表示の時間が決定されることとなる。なお、普通図柄時間カウンタは、上記ステップS110において、4ms毎に減算処理される。

ステップS410−12において、メインCPU101aは、普通図柄表示装置21において普通図柄の変動表示を開始する。普通図柄の変動表示というのは、普通図柄表示装置21においてLEDを所定の間隔で点滅させ、あたかも現在抽選中であるかのような印象を遊技者に与えるものである。この普通図柄の変動表示は、上記ステップS410−10またはステップS410−11において設定された時間だけ継続して行われることとなる。本処理を終了すると、普通図柄変動処理が終了する。

ステップS410−13において、メインCPU101aは、上記ステップS410−1において普通図柄の変動表示中であると判定した場合、設定された変動時間を経過したか否かを判定する。すなわち、普通図柄時間カウンタが4ms毎に減算処理されていき、セットされた普通図柄時間カウンタが0となっているか判定する。その結果、設定された変動時間を経過していないと判定した場合には、そのまま変動表示を継続して行う必要があるため、普通図柄変動処理を終了して次のサブルーチンを実行する。

ステップS410−14において、メインCPU101aは、設定された変動時間を経過したと判定した場合には、普通図柄表示装置21における普通図柄の変動を停止する。このとき、普通図柄表示装置21には、それ以前のルーチン処理によって設定された普通図柄(当たり図柄またはハズレ図柄)が停止表示する。これにより、普通図柄の抽選の結果が遊技者に報知されることとなる。

ステップS410−15において、メインCPU101aは、設定されていた普通図柄が当たり図柄であるか否かを判定し、設定されていた普通図柄が当たり図柄であった場合には、ステップS410−16において普図普電処理データ=1をセットし、普通電動役物制御処理に処理を移し、設定されていた普通図柄がハズレ図柄であった場合には、そのまま普通図柄変動処理を終了する。

図25を用いて、普通電動役物制御処理を説明する。

ステップS420−1において、メインCPU101aは、時短遊技フラグ記憶領域に時短遊技フラグがONされているか否かを判定する。

ステップS420−2において、メインCPU101aは、時短遊技フラグ記憶領域に時短遊技フラグがONされていると判定した場合、すなわち、現在の遊技状態が時短遊技状態である場合には、普電開放時間カウンタに3.5秒に対応するカウンタをセットする。

ステップS420−3において、メインCPU101aは、時短遊技フラグ記憶領域に時短遊技フラグがONされていないと判定した場合には、普電開放時間カウンタに0.2秒に対応するカウンタをセットする。

ステップS420−4において、メインCPU101aは、始動口開閉ソレノイド10cに通電を開始する。これにより、第2始動口10が開放して第2の態様に制御されることとなる。

ステップS420−5において、メインCPU101aは、設定された普電開放時間を経過したか否かを判定する。すなわち、普電開放時間カウンタが4ms毎に減算処理されていき、セットされた普電開放時間カウンタ=0となったか否かを判定する。そして、普電開放時間を経過した場合はステップS420−6に処理を移し、普電開放時間を経過しない場合は、普通電動役物制御処理を終了する。

ステップS420−6において、メインCPU101aは、設定された普電開放時間を経過したと判定されている場合には、始動口開閉ソレノイド10cの通電を停止する。これにより、第2始動口10は第1の態様に復帰し、再び遊技球の入球が不可能または困難となり、実行されていた補助遊技が終了することとなる。

ステップS420−7において、メインCPU101aは、普図普電処理データ=0をセットして図24の普通図柄変動処理に処理を移し、普通電動役物制御処理は終了する。本実施形態において、時短遊技フラグ記憶領域に記憶された時短遊技フラグがONされているときは、時短遊技フラグがONされていないときに比して、普図開放時間カウンタにセットする時間を長くし、また、普通図柄変動時間カウンタにセットする時間を短くする制御を行うメインCPU101aが遊技状態制御手段を構成する。

次に、演出制御基板102におけるサブCPU102aにより実行される処理について説明する。

(演出制御基板102のメイン処理)
図26を用いて、演出制御基板102のメイン処理を説明する。

ステップS1000において、サブCPU102aは、初期化処理を行う。この処理において、サブCPU102aは、電源投入に応じて、サブROM102bからメイン処理プログラムを読み込むとともに、サブRAM102cに記憶されるフラグなどを初期化し、設定する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS1400に処理を移す。

ステップS1100において、サブCPU102aは、演出用乱数更新処理を行う。この処理において、サブCPU102aは、サブRAM102cに記憶される乱数(演出用乱数値1、演出用乱数値2、演出図柄決定用乱数値、演出モード決定用乱数値)を更新する処理を行う。以降は、所定の割込み処理が行われるまで、上記ステップS1100の処理を繰り返し行う。

(演出制御基板102のタイマ割込処理)
図27を用いて、演出制御基板102のタイマ割込処理を説明する。

図示はしないが、演出制御基板102に設けられたリセット用クロックパルス発生回路によって、所定の周期(2ミリ秒)毎にクロックパルスが発生され、タイマ割込処理プログラムを読み込み、演出制御基板のタイマ割込処理が実行される。

まず、ステップS1400において、サブCPU102aは、サブCPU102aのレジスタに格納されている情報をスタック領域に退避させる。

ステップS1500において、サブCPU102aは、演出制御基板102で用いられる各種タイマカウンタの更新処理を行う。

ステップS1600において、サブCPU102aは、コマンド解析処理を行う。この処理において、サブCPU102aは、サブRAM102cの受信バッファに格納されているコマンドを解析する処理を行う。コマンド解析処理の具体的な説明は、図34および図35を用いて後述する。なお、演出制御基板102は、主制御基板101から送信されたコマンドを受信すると、図示しない演出制御基板102のコマンド受信割込処理が発生し、受信したコマンドを受信バッファに格納する。その後、本ステップS1600において受信したコマンドの解析処理が行われる。

ステップS1700において、サブCPU102aは、演出ボタン検出スイッチ17aの信号のチェックを行い、演出ボタン17に関する演出入力制御処理を行う。

ステップS1800において、サブCPU102aは、サブRAM102bの送信バッファにセットされている各種データを画像制御基板105およびランプ制御基板104へ送信する。

ステップS1900において、サブCPU102aは、ステップS1810で退避した情報をサブCPU102aのレジスタに復帰させる。

(副制御基板のコマンド解析処理)
図28および図29を用いて、演出制御基板102のコマンド解析処理を説明する。なお、図29のコマンド解析処理2は、図28のコマンド解析処理1に引き続いて行われるものである。

ステップS1601において、サブCPU102aは、受信バッファにコマンドが有るか否かを確認して、コマンドを受信したかを確認する。
サブCPU102aは、受信バッファにコマンドがなければコマンド解析処理を終了し、受信バッファにコマンドがあればステップS1602に処理を移す。

ステップS1602において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、デモ指定コマンドであるか否かを確認する。
サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドがデモ指定コマンドであれば、ステップS1603に処理を移し、デモ指定コマンドでなければステップS1604に処理を移す。

ステップS1603において、サブCPU102aは、デモ演出パターンを決定するデモ演出パターン決定処理を行う。

具体的には、デモ演出パターンを決定し、決定したデモ演出パターンを演出パターン記憶領域にセットするとともに、決定したデモ演出パターンの情報を画像制御基板105とランプ制御基板104に送信するため、決定したデモ演出パターンに基づくデータをサブRAM102bの送信バッファにセットする。

ステップS1604において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、遊技領域コマンドか否かを確認する。そして、受信バッファに格納されているコマンドが遊技領域コマンドであればステップS1605に処理を移し、遊技領域コマンドでなければステップS1606に処理を移す。

ステップS1605において、サブCPU102aは、受信した遊技領域コマンドに含まれる情報に基づいた省電モードコマンドを、画像制御基板105およびランプ制御基板104に送信するためにサブRAM102bの送信バッファにセットする処理を行う。詳しくは、図30を用いて後述する。

ステップS1606において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、変動パターン指定コマンドであるか否かを確認する。

サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが変動パターン指定コマンドであれば、ステップS1607に処理を移し、変動パターン指定コマンドでなければステップS1608に処理を移す。

ステップS1607において、サブCPU102aは、上記ステップ1100において更新されている演出用乱数値1から1つの乱数値を抽出し、抽出した演出用乱数値1、受信した変動パターン指定コマンド及び演出モード記憶領域にセットされている演出モードに基づいて、複数の変動演出パターンの中から1つの変動演出パターンを決定する変動演出パターン決定処理を行う。

具体的には、図13に示す変動演出パターン決定テーブルを参照し、抽出した演出用乱数値1に基づいて1つの変動演出パターンを決定し、決定した変動演出パターンを演出パターン記憶領域にセットするとともに、決定した変動演出パターンの情報を画像制御基板105とランプ制御基板104に送信するため、決定した変動演出パターンに基づくデータをサブRAM102bの送信バッファにセットする。例えば、変動パターン指定コマンドとして「E6H01H」を受信したときには、抽出した演出用乱数値1が「0〜49」であれば変動演出パターン1を決定し、抽出した演出用乱数値が「50〜99」であれば変動演出パターン2を決定し、決定した変動演出パターンを演出パターン記憶領域にセットする。さらに、決定した変動演出パターンに基づくデータをサブRAM102bの送信バッファにセットする。

ステップS1608において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、演出図柄指定コマンドであるか否かを確認する。

サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが演出図柄指定コマンドであれば、ステップS1609に処理を移し、演出図柄指定コマンドでなければステップS1611に処理を移す。

ステップS1609において、サブCPU102aは、上記ステップ1100において更新されている演出モード決定用乱数値から1つの乱数値を抽出し、抽出した演出モード決定用乱数値と受信した演出図柄指定コマンドに基づいて、複数の演出モードの中から1つの演出モードを決定する演出モード決定処理を行う。また、決定した演出モードは、演出モード記憶領域にセットされる。
なお、演出モード記憶領域にセットされた演出モードは、次回の特別図柄の変動における変動演出パターン決定処理において用いられることとなる。

ステップS1610において、サブCPU102aは、受信した演出図柄指定コマンドの内容に基づいて、演出表示装置13に停止表示させる演出図柄30を決定する演出図柄決定処理を行う。この処理において、特別遊技用演出図柄やハズレ用演出図柄を決定し、決定した演出図柄データを演出図柄記憶領域にセットする。

ステップS1611において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、図柄確定コマンドであるか否かを確認する。

サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが図柄確定コマンドであれば、ステップS1612に処理を移し、図柄確定コマンドでなければステップS1613に処理を移す。

ステップS1612において、サブCPU102aは、演出図柄30を停止表示させるために、上記ステップS1610で決定された演出図柄データに基づくデータと、演出図柄を停止表示させるための停止指示データをサブRAM102bの送信バッファにセットする演出図柄停止処理を行う。

ステップS1613において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、遊技状態指定コマンドであるか否かを判定する。

サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが遊技状態指定コマンドであればステップS1614に処理を移し、遊技状態指定コマンドでなければステップS1615に処理を移す。

ステップS1614において、サブCPU102aは、受信した遊技状態指定コマンドに基づいた遊技状態を遊技状態記憶領域にセットする。

ステップS1615において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、オープニングコマンドであるか否かを確認する。

サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドがオープニングコマンドであればステップS1616に処理を移し、オープニングコマンドでなければステップS1617に処理を移す。

ステップS1616において、サブCPU102aは、当たり開始演出パターンを決定する当たり開始演出パターン決定処理を行う。

具体的には、オープニングコマンドに基づいて当たり開始演出パターンを決定し、決定した当たり開始演出パターンを演出パターン記憶領域にセットするとともに、決定した当たり開始演出パターンの情報を画像制御基板105とランプ制御基板104に送信するため、決定した当たり開始演出パターンに基づくデータをサブRAM102bの送信バッファにセットする。

ステップS1617において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、大入賞口開放指定コマンドであるか否かを確認する。

サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが大入賞口開放指定コマンドであればステップS1618に処理を移し、大入賞口開放指定コマンドでなければステップS1619に処理を移す。

ステップS1618において、サブCPU102aは、大当たり演出パターンを決定する大当たり演出パターン決定処理を行う。
具体的には、大入賞口開放指定コマンドに基づいて大当たり演出パターンを決定し、決定した大当たり演出パターンを演出パターン記憶領域にセットするとともに、決定した大当たり演出パターンの情報を画像制御基板105とランプ制御基板104に送信するため、決定した大当たり演出パターンに基づくデータをサブRAM102bの送信バッファにセットする。

ステップS1619において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、エンディングコマンドであるか否かを確認する。

サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドがエンディングコマンドであればステップS1620に処理を移し、エンディングコマンドでなければコマンド解析処理を終了する。

ステップS1620において、サブCPU102aは、当たり終了演出パターンを決定する当たり終了演出パターン決定処理を行う。

具体的には、エンディングコマンドに基づいて当たり終了演出パターンを決定し、決定した当たり終了演出パターンを演出パターン記憶領域にセットするとともに、決定した当たり終了演出パターンの情報を画像制御基板105とランプ制御基板104に送信するため、決定した当たり終了演出パターンに基づくデータをサブRAM102bの送信バッファにセットする。本処理を終了すると、コマンド解析処理が終了する。

次に、図30を用いて、省電モードコマンドセット処理について説明する。

まず、ステップS1605−1において、サブCPU102aは、受信した遊技領域コマンドにデータ「01」が含まれるか否かを判定する。受信した遊技領域コマンドにデータ「01」が含まれる場合は、ステップS1605−2に処理を移し、受信した遊技領域コマンドにデータ「01」が含まれない場合は、ステップS1605−3に処理を移す。なお、遊技領域コマンドには、データ「01」かデータ「02」のいずれかが含まれており、受信した遊技領域コマンドにデータ「01」が含まれない場合とは、受信した遊技領域コマンドにデータ「02」が含まれる場合である。

ステップS1605−2において、サブCPU102aは、画像制御基板105およびランプ制御基板104に、主制御基板101から受信したデータ「01」を含む遊技領域コマンドに対応するデータを送信するため、データ「01」を含む省電モードコマンドを生成して、サブRAM102bの輝度用伝送データ格納領域および音量用伝送データ格納領域にそれぞれセットする。

なお、省電モードコマンドは、遊技領域コマンドを受信したときに生成されるコマンドであり、受信した遊技領域コマンドにデータ「01」が含まれる場合は、データ「01」を含む省電データコマンドが生成され、受信した遊技領域コマンドにデータ「02」が含まれる場合は、データ「02」を含む省電データコマンドが生成される。

すなわち、遊技領域コマンドは、左打ち有利遊技状態の制御が開始された場合はデータ「01」を含み、右打ち有利遊技状態の制御が開始された場合にはデータ「02」を含むので、左打ち有利遊技状態に制御されているときは、生成される省電データコマンドはデータ「01」を含み、右打ち有利遊技状態に制御されているときは、生成される省電データコマンドはデータ「02」を含む。これにより、省電データコマンドを受信した画像制御基板105およびランプ制御基板104は、左打ち有利遊技状態の制御が開始されたことや右打ち有利遊技状態が開始されたことを確認することが可能となる。

ステップS1605−3において、サブCPU102aは、画像制御基板105およびランプ制御基板104に、主制御基板101から受信したデータ「02」を含む遊技領域コマンドに対応するデータを送信するため、データ「02」を含む省電モードコマンドを生成して、輝度用伝送データ格納領域および音量用伝送データ格納領域にそれぞれセットする。

上記のように、左打ち有利遊技状態の制御が開始されたときは、データ「01」を含む省電モードコマンド「01」が、画像制御基板105およびランプ制御基板104にそれぞれ送信され、右打ち有利遊技状態の制御が開始されたときは、データ「02」を含む省電モードコマンドが、画像制御基板105およびランプ制御基板104にそれぞれ送信される。そして、画像制御基板105およびランプ制御基板104は、受信した省電モードコマンドに応じて、それぞれ音声出力装置18より出力される音声の音量および演出用照明装置16が点灯する輝度の制御を行う。

次に、画像制御基板105とランプ制御基板104について簡単に概略を説明する。

画像制御基板105において、液晶表示装置13を制御する際には、受信したデータに基づいて、音声CPUが音声ROMから音声出力装置制御プログラムを読み出して、音声出力装置18における音声を出力制御する。また、演出制御基板102から画像制御基板105にデータが送信されると、画像CPUが画像ROMからプログラムを読み出して、受信した演出用のコマンドに基づいて液晶表示装置13における画像表示を制御する。

ランプ制御基板104においては、受信したデータに基づいて演出役物装置作動プログラムを読み出して、受信した演出用のデータに基づいて演出用照明装置制御プログラムを読み出して、演出用照明装置16を制御する。

次に、図31を用いて、画像制御基板105における音声出力装置音量設定処理について説明する。画像制御基板105は、演出制御基板102から省電モードコマンドを受信し、当該受信した省電モードコマンドの解析に基づいて、音声出力装置18が音声を出力する際の音量を設定する制御を行う。

まず、ステップS2101において、画像制御基板105が備える音声CPU105Baは、演出制御基板102から省電モードコマンドを受信し、受信バッファに省電モードコマンドが有るか否かを確認して、コマンドを受信したかを確認する。そして、受信バッファに省電モードコマンドがある場合は、ステップS2102に処理を移し、受信バッファに省電モードコマンドがなければ、ステップS2105に処理を移す。

ステップS2102において、音声CPU105Baは、受信した省電モードコマンドを解析し、省電モードコマンドにデータ「01」が含まれるか否かを判断する。受信した省電モードコマンドにデータ「01」が含まれる場合は、ステップS2103に処理を移し、受信した省電モードコマンドにデータ「01」が含まれない場合(受信した省電モードコマンドに「02」が含まれる場合)は、ステップS2104に処理を移す。なお、省電モードコマンドには、データ「01」かデータ「02」のいずれかが含まれており、受信した省電モードコマンドにデータ「01」が含まれない場合とは、受信した省電モードコマンドにデータ「02」が含まれる場合である。

ステップS2103において、音声CPU105Baは、省電モードフラグ記憶領域に記憶されている省電モードフラグをOFFにする処理を行う。省電モードコマンドにデータ「01」が含まれる場合とは、右打ち有利遊技状態が終了して左打ち有利遊技状態が開始された場合であり、省電モードフラグをOFFにすることにより、左打ち有利遊技状態において、音声出力装置18を構成するスピーカ18Lおよびスピーカ18Rにおける音声出力の音量が、後述する通常モードの音量に制御されることになる。

ステップS2104において、音声CPU105Baは、省電モードフラグ記憶領域に記憶されている省電モードフラグをONにする処理を行う。省電モードコマンドにデータ「02」が含まれる場合とは、左打ち有利遊技状態から右打ち有利遊技状態へと移行された場合であり、省電モードフラグをONにすることにより、右打ち有利遊技状態において、音声出力装置18を構成するスピーカ18Lおよびスピーカ18Rにおける音声出力の音量が、後述する省電モードの音量に制御されることになる。

ここで、省電モードとは、省電モードフラグ記憶領域に記憶された省電モードフラグがONされている場合であり、通常モードとは、省電モード記憶領域に記憶された省電モードフラグがOFFされている場合である。そして、省電モードである場合は、音声出力装置18の一部において出力される音声の音量が通常モードであるときよりも低く抑えられ(通常モードであるときよりも小さな音声で出力され)、さらに、演出用照明装置16の一部において、点灯する輝度が低く抑えられる(通常モードであるときよりも暗く点灯する)ことになる。

ステップS2105において、音声CPU105Baは、省電モード記憶領域に記憶された省電モードフラグがONされているか否かを判定する。そして、省電モードフラグがONされている場合は、ステップS2106に処理を移し、省電モードフラグがONされていない場合は、ステップS2107に処理を移す。

ステップS2106において、音声CPU105Baは、省電モードにおける音声出力装置18の音声出力の音量を設定するための音量制御データを、画像制御基板105が備える音声RAM105Bbの送信バッファにセットする。具体的には、音声出力装置18におけるスピーカ18Lから出力する音声の音量を下げるとともに、スピーカ18Rから出力する音声の音量を通常通り(デフォルトの音量)に調整するための制御データをセットする。上述の通り、スピーカ18Lは遊技機1の左上部であって、左打ち遊技領域6aの近傍に設けられ、スピーカ18Rは遊技機1の右上部であって、右打ち遊技領域6bの近傍に設けられている。したがって、省電モードにおいては、左打ち遊技領域6a付近から出力される音声の音量は、右打ち遊技領域6b付近から出力される音声の音量よりもよりも小さくなる。このように、スピーカ18Lから出力される音声の音量を下げる制御を行うことにより、スピーカ18Lを振動動作させるために使用される電力量が低減される。そのため、省電モードにおいては、音声出力装置18が音声を出力するために消費する電力量を低減させることができる。

ステップS2107において、音声CPU105Baは、通常モードにおける音声出力装置18の音声出力の音量を設定するための音量制御データを、画像制御基板105が備える音声RAM105Bbの送信バッファにセットする。通常モードにおいては、スピーカ18Lおよびスピーカ18Rから出力される音声は所定の音量(デフォルトの音量)において制御される。

ステップS2108において、音声CPU105Baは、音声RAM105Bbの送信バッファにセットされている音量制御データを、音声出力装置18へ送信する。これにより、スピーカ18Lおよびスピーカ18Lにおいて、画像制御基板105に制御された音声が、上記ステップS2106またはステップS2107においてセットされた音量制御データに基づいた音量によって出力される。

次に、図32を用いて、ランプ制御基板104における演出用照明装置輝度設定処理について説明する。ランプ制御基板104は、演出制御基板102から省電モードコマンドを受信し、当該受信した省電モードコマンドの解析に基づいて、演出用照明装置16を点灯制御する際の、照明の輝度についての制御を行う。

まず、ステップS2201において、ランプ制御基板104が備えるCPU104aは、演出制御基板102から省電モードコマンドを受信し、受信バッファに省電モードコマンドが有るか否かを確認して、コマンドを受信したかを確認する。そして、受信バッファに省電モードコマンドがある場合は、ステップS2202に処理を移し、受信バッファに省電モードコマンドがなければ、ステップS2205に処理を移す。

ステップS2202において、ランプCPU104aは、受信した省電モードコマンドを解析し、省電モードコマンドにデータ「01」が含まれるか否かを判断する。受信した省電モードコマンドにデータ「01」が含まれる場合は、ステップS2203に処理を移し、受信した省電モードコマンドにデータ「01」が含まれない場合は、ステップS2204に処理を移す。

ステップS2203において、ランプCPU104aは、省電モードフラグ記憶領域に記憶されている省電モードフラグをOFFにする処理を行う。省電モードコマンドにデータ「01」が含まれる場合とは、右打ち有利遊技状態が終了して左打ち有利遊技状態が開始された場合であり、左打ち有利遊技状態に制御されている場合は、演出用照明装置16は、後述する通常モードの輝度で点灯する。

ステップS2204において、ランプCPU104aは、省電モードフラグ記憶領域に記憶されている省電モードフラグをONにする処理を行う。省電モードコマンドにデータ「02」が含まれる場合とは、左打ち有利遊技状態が終了して右打ち有利遊技状態が開始された場合であるので、右打ち有利遊技状態に制御されている場合は、演出用照明装置16は、後述する省電モードの輝度で点灯する。

ステップS2205において、ランプCPU104aは、省電モード記憶領域に記憶された省電モードフラグがONされているか否かを判定する。そして、省電モードフラグがONされている場合は、ステップS2206に処理を移し、省電モードフラグがONされていない場合は、ステップS2207に処理を移す。

ステップS2206において、ランプCPU104aは、省電モードにおいてライト16Lおよびライト16Rが点灯する際の輝度を設定するための輝度制御データを、ランプ制御基板104が備えるランプRAM104cの送信バッファにセットする。具体的には、ライト16Lが点灯する際の輝度を表す左ライト駆動信号のデューティ比を低く設定し、ライト16Rが点灯する際の輝度を表す右ライト駆動信号のデューティ比を通常通り(デフォルトのデューティ比)に設定するデータをセットする処理を行う。上述の通り、複数のライト16Lは、遊技機1の左上部であって左打ち遊技領域6aの近傍に設けられ、一方、複数のライト16Rは、遊技機1の右上部であって右打ち遊技領域6bの近傍に設けられている。したがって、省電モードにおいては、左打ち遊技領域6aの付近で点灯するライトの輝度は、右打ち遊技領域6bの付近で点灯するライトの輝度よりも低いため、左打ち遊技領域6a付近は右打ち遊技領域6b付近よりも照明が暗くなる。このようにライト16Lの駆動信号のデューティ比を下げることにより、ライト16Lを駆動させるために使用される電力量が低減される。そのため、省電モードにおいては、演出用照明装置16が光を出力するために消費される電力量を低減させることができる。

ステップS2207において、ランプCPU104aは、通常モードにおけるライト16Lおよびライト16Rが点灯する際の輝度を設定するための輝度制御データを、ランプ制御基板104が備えるランプRAM104cの送信バッファにセットする。通常モードにおいては、ライト16Lおよびライト16Rは通常通りの輝度(左ライト駆動信号および右ライト駆動信号がデフォルトのデューティ比)に設定制御される。

ステップS2208において、ランプCPU104aは、ランプRAM104cの送信バッファにセットされている輝度制御データを、演出用照明装置16へ送信する。これにより、ライト16Lおよびライト16Rは、上記ステップS2206またはステップS2207においてセットされた輝度制御データに基づいた輝度で点灯する。

以上のように、右打ち打ち遊技状態に制御されているときは、画像制御基板105およびランプ制御基板104において、省電モードに制御される。そして、省電モードであるときは、画像制御基板105における音声CPU105Baは、左打ち遊技領域6a近傍の音声出力装置18(スピーカ18L)の音量を下げる制御を行い、ランプ制御基板104におけるランプCPU104aは、左打ち遊技領域6b近傍の演出用照明装置16(ライト16L)の輝度を下げる制御を行う。すなわち、省電モードにおいては、左打ち遊技領域6a周辺の演出用装置の輝度や音量を下げる制御が行われることにより、光や音声を出力することによって消費する電力が軽減される。したがって、右打ち有利遊技状態においては、いわゆる右打ちを行うことにより遊技球を発射する電力が増大するが、遊技機全体の消費電力量を抑えることが可能になっている。

また、右打ち有利遊技状態においては、右打ち遊技領域6bに向けて遊技球を発射することで、第2始動口10または第1大入賞口11に入賞させるため、遊技者は左打ち遊技領域6aには遊技球を発射させないため、左打ち遊技領域6aへはさほどの注意を払わない。そのため、右打ち有利遊技状態において左打ち遊技領域6a周辺の演出用装置の輝度や音量などを抑えたとしても、演出効果への影響は少ない。

さらに、右打ち有利遊技状態においては、左打ち遊技領域6a付近は、右打ち遊技領域6b付近に比べて暗くなり、音量が小さくなるので、遊技者は、遊技球を打ち出す領域が左打ち遊技領域6aではなく、右打ち遊技領域6bであることを認識する。したがって、遊技の進行に合わせた遊技球の適切な発射先を遊技者に対し報知することができる。

なお、上記本実施形態においては、左打ち遊技領域6a周辺の演出装置(音声出力装置18および演出用照明装置16)が出力する光の輝度や音声の音量を下げることにより、右打ち有利遊技状態における演出にかかる消費電力を削減しているが、これに限らず、たとえば、報知手段である演出装置には電力で駆動して演出効果を高める人形などの演出役物が含まれ、右打ち有利遊技状態においては、左打ち遊技領域6aの周辺に設けられた当該演出役物の動作を少なくするなどして消費電力を削減するようにしてもよい。

また、上記本実施形態においては、時短遊技状態または長当たり遊技の実行中において、左打ち遊技領域6a周辺の演出装置(音声出力装置18および演出用照明装置16)の輝度や音量を下げているが、これに限らず、例えば、時短遊技状態であるときにのみこれらの輝度や音量を下げるようにしてもよいし、長当たり遊技を実行しているときにのみこれらの輝度や音量を下げるようにしてもよい。

6a 左打ち遊技領域
6b 右打ち遊技領域
6c 左打ち進入路
6d 右打ち進入路
9a 第1始動口検出スイッチ
10a 第2始動口検出スイッチ
10b 可動片
11 第1大入賞口
11a 第1大入賞口検出スイッチ
11b 第1大入賞口開閉扉
11c 第1大入賞口開閉ソレノイド
13 液晶表示装置
16 演出用照明装置
16L ライト
16R ライト
18 音声出力装置
18L スピーカ
18R スピーカ
90 第2大入賞口
90a 第2大入賞口検出スイッチ
90b 第2大入賞口受け皿装置
90c 第2大入賞口開閉ソレノイド
101 主制御基板
101a メインCPU
101b メインROM
101c メインRAM
102 演出制御基板
102a サブCPU
102b サブROM
102c サブRAM
104 ランプ制御基板
104a ランプCPU
104b ランプROM
104c ランプRAM
105 画像制御基板
105Aa 画像CPU
105Ab 画像ROM
105Ac 画像RAM
105Ad 画像VRAM
105Ba 音声CPU
105Bb 音声ROM
105Bc 音声RAM

Claims (4)

  1. 消費する電力量を所定範囲内で増減させて、該増減させた消費する電力量に応じた強度で遊技球を発射する発射手段と、
    前記消費する電力量が所定値以下のときに前記発射手段により発射された遊技球が流下する割合が高い第1の遊技領域と、前記消費する電力量が所定値を超えたときに前記発射手段により発射された遊技球が流下する割合が高い第2の遊技領域とが設けられた遊技盤と、
    前記第1の遊技領域に遊技球が流下することにより遊技が進行する通常遊技状態と、前記通常遊技状態よりも、前記第2の遊技領域に遊技球が流下することによって遊技者にとって有利な遊技が進行する特別遊技状態と、のいずれかに遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、
    遊技機の外部に向けて、消費する電力量に応じた出力量で各種報知を行う報知手段と、
    前記出力量を調整する出力量調整手段とを備え、
    前記出力量調整手段は、前記遊技状態制御手段が遊技状態を特別遊技状態に制御しているときは、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記通常遊技状態に制御しているときに比して、前記出力量を下げる調整を行うことを特徴とする遊技機。
  2. 前記報知手段は、所定の輝度で光を出力する光出力手段を備え、
    前記出力量調整手段は、前記輝度を調整する輝度調整手段をさらに備え、
    前記輝度調整手段は、前記遊技状態制御手段が遊技状態を特別遊技状態に制御しているときは、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記通常遊技状態に制御しているときに比して、前記光出力手段によって出力される光の前記輝度を下げる調整を行うことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  3. 前記報知手段は、所定の音量で音響を出力する音響出力手段を備え、
    前記出力量制御手段は、前記音量を調整する音量調整手段をさらに備え、
    前記音量調整手段は、前記遊技状態制御手段が遊技状態を特別遊技状態に制御しているときは、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記通常遊技状態に制御しているときに比して、前記音響出力手段によって出力される音響の前記音量を下げる制御を行うことを特徴とする請求項1または2に記載の遊技機。
  4. 前記報知手段は、前記第1の遊技領域付近と、前記第2の遊技領域付近とに設けられ、
    前記出力量制御手段は、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記特別遊技状態に制御しているときは、前記遊技状態制御手段が遊技状態を前記通常遊技状態に制御しているときに比して、前記第1の遊技領域付近に設けられた前記報知手段の前記出力量を下げる制御を行うことを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の遊技機。
JP2009255340A 2009-11-06 2009-11-06 遊技機 Expired - Fee Related JP4923094B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009255340A JP4923094B2 (ja) 2009-11-06 2009-11-06 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009255340A JP4923094B2 (ja) 2009-11-06 2009-11-06 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011098103A JP2011098103A (ja) 2011-05-19
JP4923094B2 true JP4923094B2 (ja) 2012-04-25

Family

ID=44189773

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009255340A Expired - Fee Related JP4923094B2 (ja) 2009-11-06 2009-11-06 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4923094B2 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013000355A (ja) * 2011-06-16 2013-01-07 Sammy Corp 遊技機
AU2012293978B2 (en) 2011-08-10 2016-04-14 Omron Corporation Light source control device and game machine
JP2013034781A (ja) * 2011-08-10 2013-02-21 Omron Corp 遊技機
JP5786541B2 (ja) * 2011-08-10 2015-09-30 オムロン株式会社 光源制御装置
JP5798525B2 (ja) * 2012-07-11 2015-10-21 株式会社平和 遊技機
JP5944559B2 (ja) * 2015-06-08 2016-07-05 株式会社平和 遊技機
JP2017029310A (ja) * 2015-07-30 2017-02-09 株式会社三共 遊技機及び遊技用装置
JP6190493B2 (ja) * 2016-05-25 2017-08-30 株式会社平和 遊技機

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4186000B2 (ja) * 1996-08-09 2008-11-26 奥村遊機株式會社 遊技機
JP2003190456A (ja) * 2001-12-27 2003-07-08 Heiwa Corp 弾球遊技機
JP2005152391A (ja) * 2003-11-27 2005-06-16 Olympia:Kk 遊技システム及び遊技機
JP2008132102A (ja) * 2006-11-28 2008-06-12 Aruze Corp 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011098103A (ja) 2011-05-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5182729B2 (ja) 遊技機
JP5297891B2 (ja) 遊技機
JP2012010804A (ja) 遊技機
JP2011125549A (ja) 遊技機、遊技機の演出方法及び演出プログラム
JP5238737B2 (ja) 遊技機
JP5879049B2 (ja) 遊技機
JP5105647B2 (ja) 遊技機
JP5593090B2 (ja) 遊技機
JP5470068B2 (ja) 遊技機
JP5577116B2 (ja) 遊技機
JP5111459B2 (ja) 遊技機
JP4929326B2 (ja) 遊技機
JP4999203B2 (ja) 遊技機
JP5412160B2 (ja) 遊技機
JP2012010803A (ja) 遊技機
JP2011161161A (ja) 遊技機
JP5520792B2 (ja) 遊技機
JP5181359B2 (ja) 遊技機
JP4865025B2 (ja) 遊技機
JP2014004035A (ja) 遊技機
JP5096532B2 (ja) 遊技機
JP5017334B2 (ja) 遊技機
JP5050007B2 (ja) 遊技機
JP5048010B2 (ja) 遊技機
JP2010233901A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111215

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120110

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120206

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150210

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees