JP4792358B2 - 資源ノード選択方法、プログラム、資源ノード選択装置および記録媒体 - Google Patents

資源ノード選択方法、プログラム、資源ノード選択装置および記録媒体 Download PDF

Info

Publication number
JP4792358B2
JP4792358B2 JP2006254207A JP2006254207A JP4792358B2 JP 4792358 B2 JP4792358 B2 JP 4792358B2 JP 2006254207 A JP2006254207 A JP 2006254207A JP 2006254207 A JP2006254207 A JP 2006254207A JP 4792358 B2 JP4792358 B2 JP 4792358B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
resource node
resource
service
software
node
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006254207A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008077295A (ja
Inventor
美穂 村田
Original Assignee
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士通株式会社 filed Critical 富士通株式会社
Priority to JP2006254207A priority Critical patent/JP4792358B2/ja
Publication of JP2008077295A publication Critical patent/JP2008077295A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4792358B2 publication Critical patent/JP4792358B2/ja
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/10Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network
    • H04L67/1002Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network for accessing one among a plurality of replicated servers, e.g. load balancing
    • H04L67/1004Server selection in load balancing
    • H04L67/1008Server selection in load balancing based on parameters of servers, e.g. available memory or workload
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/10Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network
    • H04L67/1002Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network for accessing one among a plurality of replicated servers, e.g. load balancing
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/10Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network
    • H04L67/1002Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network for accessing one among a plurality of replicated servers, e.g. load balancing
    • H04L67/1004Server selection in load balancing
    • H04L67/101Server selection in load balancing based on network conditions
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/10Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network
    • H04L67/1002Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network for accessing one among a plurality of replicated servers, e.g. load balancing
    • H04L67/1004Server selection in load balancing
    • H04L67/1021Server selection in load balancing based on client or server locations
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/10Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network
    • H04L67/1002Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network for accessing one among a plurality of replicated servers, e.g. load balancing
    • H04L67/1029Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network for accessing one among a plurality of replicated servers, e.g. load balancing using data related to the state of servers by a load balancer
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/28Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for the provision of proxy services, e.g. intermediate processing or storage in the network
    • H04L67/2814Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for the provision of proxy services, e.g. intermediate processing or storage in the network for data redirection
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/32Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for scheduling or organising the servicing of application requests, e.g. requests for application data transmissions involving the analysis and optimisation of the required network resources
    • H04L67/322Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for scheduling or organising the servicing of application requests, e.g. requests for application data transmissions involving the analysis and optimisation of the required network resources whereby quality of service [QoS] or priority requirements are taken into account

Description

この発明は、サービスに利用される資源ノードを決定する資源ノード決定プログラム、資源ノード制御プログラム、記録媒体、資源ノード決定装置、資源ノード、資源ノード決定方法および資源ノード制御方法に関する。

従来より、一のサービスに対するユーザからのアクセスが集中した場合や、大量の計算ジョブを必要とするサービスを実行する場合において、その負荷分散のために、多数の計算機がネットワークを介して接続された分散計算機環境、たとえば、異機種の計算機が混在したグリッド環境が利用されている。

この場合、多数の計算機の中から、一のサービスの目的に合った最適な計算機(以下、「資源ノード」という)を自動的かつ迅速に選択し、サービスに割り当てる必要がある。特に、異機種の資源ノードが混在するグリッド環境においては、割り当てる資源ノードによってサービス全体の性能が大きく変化してしまう。

このため、サービス全体の性能を向上させるために、たとえば、各資源ノードの性能や使用環境などの情報に基づいて、個々のサービスに応じた資源ノードを割り当てている。

具体的には、たとえば、サービスの管理者などにより、当該サービスに必要となる資源の要求を、複数のサービス間で利用される資源ノードをブローカリングする資源ブローカに対しておこなう。資源ブローカは、この要求を満たす資源ノードを資源ノード群の中から検索し、その検索結果に基づいてサービスに利用される資源ノードを割り当てる(たとえば、下記特許文献1〜3参照。)。

特開2002−024192号公報 特表2004−521411号公報 特開2006−031358号公報

しかしながら、上述した特許文献1〜3の従来技術では、各資源ノードに対して、サービスに必要となるアプリケーションの起動命令がおこなわれるのは、当該サービスに利用される資源ノードとして割り当てられた後である。すなわち、一のサービスに利用される資源ノードの割り当てはおこなわれているが、割り当てられた各資源ノードにおけるアプリケーションの起動までは保証されていない。

このため、各資源ノードにおいて、アプリケーションの起動直前でホストダウンを起こしたり、一時的な通信トラブルによってアプリケーションの起動命令を受けることができなかったときなどには、サービスの実行に必要な資源ノードが揃わず、サービスを提供することができない場合があるという問題があった。

また、サービスを実行可能とする資源ノードの中から実際に当該サービスに利用される資源ノードを選択する際の選択基準は、資源ブローカにおいて一意的に決まっている。

しかしながら、この選択基準はサービスごとに異なる場合が多いため、予めサービスごとの選択基準を把握しておき、それをもとに資源ブローカを開発しなければならない。このため、実行されるサービスが増加した場合や他のサービスのために分散計算機環境が利用される場合などには、柔軟に選択基準の追加および変更をおこなうことができず、汎用性に乏しいという問題があった。

この発明は、上述した従来技術による問題点を解消するため、個々のサービスの円滑な提供を実現することができる資源ノード決定プログラム、資源ノード制御プログラム、記録媒体、資源ノード決定装置、資源ノード、資源ノード決定方法および資源ノード制御方法を提供することを目的とする。

上述した課題を解決し、目的を達成するため、この発明にかかる資源ノード決定プログラム、記録媒体、資源ノード決定装置および資源ノード決定方法は、複数のサービス間で利用される資源ノードの割当状態を管理する資源ブローカに対して、一のサービスを実行可能とする条件に関する情報を送信し、前記条件に関する情報が送信された結果、前記複数のサービス間で利用される資源ノードのうち前記条件を満たす特定の資源ノードから、当該特定の資源ノードの使用状況に関する情報を受信し、受信された使用状況に関する情報に基づいて、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定することを特徴とする。

この発明によれば、サービスの実行に利用する資源ノードを、通信可能な状態の資源ノードの中から自動的に決定することにより、サービスの提供を確実におこなうことができる。

また、上記発明において、前記使用状況に関する情報が受信された順に、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定することとしてもよい。

この発明によれば、サービスの実行に利用する資源ノードをより迅速に確保することができ、サービス開始までの時間を短縮することができる。

また、上記発明において、受信された使用状況に関する情報のうち、前記特定の資源ノード内の前記一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の切替の要否に関する情報に基づいて、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定することとしてもよい。

この発明によれば、サービスの実行に利用する資源ノードをより迅速に確保することができ、サービス開始までの時間を短縮することができる。

また、上記発明において、受信された使用状況に関する情報のうち、前記特定の資源ノード内の前記一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行の有無に関する情報に基づいて、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定することとしてもよい。

この発明によれば、サービスの実行に利用する資源ノードをより迅速に確保することができ、サービス開始までの時間を短縮することができる。

また、上記発明において、前記使用状況に関する情報が受信された場合、前記特定の資源ノードに対して前記特定の資源ノード内の前記一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を送信し、起動要求が送信された結果、前記特定の資源ノードから起動完了通知を受信し、起動完了通知が受信された順に、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定することとしてもよい。

この発明によれば、サービスの実行に利用する資源ノードをより迅速にかつ確実に確保することができ、サービス開始までの時間を短縮することができる。

また、この発明にかかる資源ノード制御プログラム、記録媒体、資源ノードおよび資源ノード制御方法は、複数のサービスの中から選ばれた第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を実行中の資源ノードが、あらたに選ばれた第2のサービスを実行可能とする条件を満たす場合、前記各サービスへの利用の採否を決定する資源ノード決定装置から、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を受信し、前記起動要求が受信された場合、前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を起動し、前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源が起動された場合、当該第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動完了通知を前記資源ノード決定装置に対して送信し、前記起動完了通知が送信された結果、前記資源ノード決定装置から、前記資源ノードに対する前記第2のサービスへの利用の採否の決定結果を受信し、受信された決定結果に基づいて、前記第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源または前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源のうちいずれか一方のソフトウェア資源の実行を終了することを特徴とする。

この発明によれば、第2のサービスへの利用の採否が決定後に、不要なソフトウェア資源の実行を自動的に終了することにより、資源ノードにおける無駄な処理を削減することができる。

また、上記発明において、前記決定結果が前記第2のサービスへの利用について採用を許可する決定結果である場合、前記第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行を終了することとしてもよい。

この発明によれば、第2のサービスに利用される資源ノードとして採用された場合には、不要となる第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行を自動的に終了することができる。

また、上記発明において、前記決定結果が前記第2のサービスへの利用について採用を拒否する決定結果である場合、前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行を終了することとしてもよい。

この発明によれば、第2のサービスに利用される資源ノードとして採用されなかった場合には、不要となる第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行を自動的に終了することができる。

本発明にかかる資源ノード決定プログラム、資源ノード制御プログラム、記録媒体、資源ノード決定装置、資源ノード、資源ノード決定方法および資源ノード制御方法によれば、個々のサービスの円滑な提供を実現することができるという効果を奏する。

以下に添付図面を参照して、この発明にかかる資源ノード決定プログラム、資源ノード制御プログラム、記録媒体、資源ノード決定装置、資源ノード、資源ノード決定方法および資源ノード制御方法の好適な実施の形態を詳細に説明する。

(資源ノード決定システムのシステム構成)
まず、この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定システムのシステム構成について説明する。図1は、この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定システムのシステム構成図である。図1において、資源ノード決定システム100は、資源ノード決定装置101と、資源ブローカリング装置102と、各サイトCに設置されている資源ノード103とが、ネットワーク110を介して通信可能に接続されている。

資源ノード決定装置101は、サービスごとの負荷に応じて設定されている条件を資源ブローカリング装置102に提示し、サービスを実行するにあたって必要となる資源ノード103の要求をおこなうコンピュータ装置である。

また、資源ノード決定装置101は、各サービスに割り当てる資源ノード103を決定するコンピュータ装置である。さらに、資源ノード決定装置101は、各サービスに割り当てられた資源ノード103と通信をおこなうことにより、各資源ノード103を管理するコンピュータ装置である。

資源ブローカリング装置102は、複数のサービス間で利用される資源ノード103の割当状態を管理するコンピュータ装置である。具体的には、資源ブローカリング装置102は、資源ノード決定装置101から提示された条件を満たすためには、どのサイトCのどの資源ノード103を割り当てることによってサービスが実行可能となるかを判断するコンピュータ装置である。

資源ノード103は、各サイトCに設置されており、サービスを実行するために利用されるコンピュータ装置である。具体的には、資源ノード103は、資源ノード決定装置101によって割り与えられたサービスを端末(不図示)に提供するコンピュータ装置である。

(コンピュータ装置のハードウェア構成)
つぎに、図1に示したコンピュータ装置のハードウェア構成について説明する。図2は、図1に示したコンピュータ装置のハードウェア構成を示すブロック図である。図2において、コンピュータ装置は、CPU201と、ROM202と、RAM203と、HDD(ハードディスクドライブ)204と、HD(ハードディスク)205と、FDD(フレキシブルディスクドライブ)206と、着脱可能な記録媒体の一例としてのFD(フレキシブルディスク)207と、ディスプレイ208と、I/F(インターフェース)209と、キーボード210と、マウス211と、スキャナ212と、プリンタ213とを備えている。また、各構成部は、バス200によってそれぞれ接続されている。

ここで、CPU201は、コンピュータ装置の全体の制御を司る。ROM202は、ブートプログラムなどのプログラムを記録している。RAM203は、CPU201のワークウェアとして使用される。HDD204は、CPU201の制御にしたがってHD205に対するデータのリード/ライトを制御する。HD205は、HDD204の制御で書き込まれたデータを記憶する。

FDD206は、CPU201の制御にしたがってFD207に対するデータのリード/ライトを制御する。FD207は、FDD206の制御で書き込まれたデータを記憶したり、FD207に記憶されたデータをコンピュータ装置に読み取らせたりする。

また、着脱可能な記録媒体として、FD207のほか、CD−ROM(CD−R、CD−RW)、MO、DVD(Digital Versatile Disk)、メモリカードなどであってもよい。ディスプレイ208は、カーソル、アイコンあるいはツールボックスをはじめ、文書、画像、機能情報などのデータを表示する。このディスプレイ208には、たとえば、CRT、TFT液晶ディスプレイ、プラズマディスプレイなどを採用することができる。

I/F209は、通信回線を通じてインターネットなどのネットワーク110に接続され、このネットワーク110を介して他の装置に接続される。そして、I/F209は、ネットワーク110と内部のインターフェースを司り、外部装置からのデータの入出力を制御する。I/F209には、たとえばモデムやLANアダプタなどを採用することができる。

キーボード210は、文字、数字、各種指示などの入力のためのキーを備え、データの入力をおこなう。また、タッチパネル式の入力パッドやテンキーなどであってもよい。マウス211は、カーソルの移動や範囲選択、あるいはウインドウの移動やサイズの変更などをおこなう。ポインティングデバイスとして同様の機能を備えるものであれば、トラックボールやジョイスティックなどであってもよい。

スキャナ212は、画像を光学的に読み取り、装置内に画像データを読み込む。なお、スキャナ212は、OCR機能を持たせてもよい。また、プリンタ213は、画像データや文書データを印刷する。プリンタ213には、たとえば、レーザプリンタやインクジェットプリンタなどを採用することができる。

(資源ノード決定装置101の機能的構成)
つぎに、この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定装置101の機能的構成について説明する。図3は、この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定装置101の機能的構成を示すブロック図である。図3において、資源ノード決定装置101は、送信部301と、受信部302と、決定部303と、から構成されている。

送信部301は、複数のサービス間で利用される資源ノード(図1に示す資源ノード103)の割当状態を管理する資源ブローカ(図1に示す資源ブローカリング装置102)に対して、一のサービスを実行可能とする条件に関する情報を送信する。

ここで、サービスとは、資源ノードのコンピュータ端末に提供する情報処理であり、たとえば、シミュレーションジョブのバッチ処理などの非インタラクティブなサービスやインターネット電話やテレビ会議システムといったインタラクティブなサービスがある。

また、一のサービスを実行可能とする条件とは、たとえば、一のサービスを実行するにあたって最低限必要となる資源ノードの性能および台数を示したものである。より具体的には、『メモリ容量:512MB以上、OS:Windows(登録商標)、台数:5台』などを条件とすることができる。

この条件は、サービスごとに当該サービスの負荷に応じて資源ノード決定装置101に設定されている。具体的には、この条件は、資源ノード決定装置101に直接入力することで設定してもよく、また、ネットワーク110を介して外部のコンピュータ装置から受信することとしてもよい。

資源ブローカは、資源ノード決定装置101からの条件に関する情報に基づいて、複数のサービス間で利用される資源ノードのうち、条件を満たす資源ノードを特定する。このとき、資源ブローカは、最低限必要となる台数よりも多い数の資源ノードを特定するようにしてもよい。

具体的には、たとえば、資源ブローカは、各資源ノードにおけるCPU性能、使用可能なOS、インストールされているアプリケーションソフトなどの静的な情報およびCPU使用率やメモリ使用率などの動的な情報を用いて、条件を満たす資源ノードを特定する。

また、資源ブローカは、特定されたすべての資源ノードに対して、現在の使用状況を問い合わせるとともに、それぞれの使用状況に関する情報を資源ノード決定装置101に送信するように要求する。このとき、資源ブローカは、資源ノード決定装置101のIPアドレスを特定された各資源ノードに対して送信するようにしてもよい。

すなわち、資源ブローカは、実際に一のサービスに利用される資源ノードを割り当てるのではなく、一のサービスを実行可能とする条件を満たす資源ノードを特定する。そして、各資源ノードに対して、資源ノード決定装置101への使用状況に関する情報の通知要求をおこなう。このような資源ブローカがおこなう一連の処理を、ここでは、資源ノードの割当状態を管理するという。

受信部302は、送信部301によって一のサービスを実行可能とする条件に関する情報が送信された結果、複数のサービス間で利用される資源ノードのうち条件を満たす特定の資源ノードから、当該特定の資源ノードの使用状況に関する情報を受信する。

具体的には、受信部302は、資源ブローカによって特定された資源ノードから各資源ノードの使用状況に関する情報を受信する。なお、特定された各資源ノードは、資源ブローカから送信された資源ノード決定装置101のIPアドレスをもとに、使用状況に関する情報を資源ノード決定装置101に送信するようにしてもよい。

ここで、資源ノードの使用状況に関する情報とは、たとえば、資源ノード内のソフトウェア資源に関する使用状況を示す情報である。具体的には、各資源ノードにおいて現在実行されているOSやアプリケーションなどを示す情報であってもよい。

また、資源ノードの使用状況に関する情報には、たとえば、資源ノード内のハードウェア資源に関する使用状況を示す情報が含まれていてもよい。具体的には、各資源ノードにおける現在のCPU使用率やメモリ使用率などを示す情報であってもよい。

さらに、資源ノードの使用状況に関する情報には、たとえば、資源ノードが他の外部装置と通信をおこなう際の通信速度に関する情報が含まれていてもよい。具体的には、各資源ノードにおいて使用中のネットワーク帯域(周波数帯域)を示す情報や、各資源ノードが設置されている位置を示す情報(通信相手となる外部装置との物理的な距離を算出するための情報)などであってもよい。

決定部303は、受信部302によって受信された使用状況に関する情報に基づいて、特定の資源ノードの中から一のサービスに利用される資源ノードを決定する。具体的には、決定部303は、受信部302によって使用状況に関する情報が受信された順に、特定の資源ノードの中から一のサービスに利用される資源ノードを決定するようにしてもよい。

すなわち、決定部303は、特定の資源ノードのうち、使用状況に関する情報の通知が速い順に、実際に一のサービスに利用される資源ノードとして決定する。この場合、決定部303による資源ノードの決定は、一のサービスを実行可能とする資源ノードの台数が揃うまでおこなわれる。

また、各資源ノードにおいて使用されているネットワーク帯域(通信速度)の違いによって、各資源ノードにおける通信遅延が異なる。決定部303は、この通信遅延の違いを考慮して、特定の資源ノードのうち、通信速度の速いものを一のサービスに利用される資源ノードとして決定するようにしてもよい。

さらに、決定部303は、受信部302によって受信された使用状況に関する情報のうち、特定の資源ノード内の一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の切替の要否に関する情報に基づいて、特定の資源ノードの中から一のサービスに利用される資源ノードを決定するようにしてもよい。

たとえば、一のサービスの実行に必要となるアプリケーションの起動にOS切替が必要となる場合がある。このような場合、OS切替にかかる時間が発生してしまい、結果的に必要となるアプリケーションの実行までに時間がかかってしまう。決定部303は、このOS切替にかかる時間を考慮して、OSの切替が必要ないものを一のサービスに利用される資源ノードとして決定するようにしてもよい。

また、決定部303は、受信部302によって受信された使用状況に関する情報のうち、特定の資源ノード内の一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行の有無に関する情報に基づいて、特定の資源ノードの中から一のサービスに利用される資源ノードを決定するようにしてもよい。

たとえば、一のサービスの実行に必要となるアプリケーションがアプリaであるにもかかわらず、資源ノード内において実行中のアプリケーションがアプリbだったとする。この場合、たとえば、資源ノード内において、アプリbを停止させ、アプリaを起動させる処理が必要であり、一のサービスの実行に必要となるアプリケーションの起動に時間がかかる。

決定部303は、このソフトウェア資源の起動(実行)にかかる時間を考慮して、予め一のサービスの実行に必要となるアプリケーションが起動されているものを一のサービスに利用される資源ノードとして決定するようにしてもよい。

また、送信部301は、受信部302によって使用状況に関する情報が受信された場合、特定の資源ノードに対して当該特定の資源ノード内の一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を送信するようにしてもよい。

この場合、受信部302は、送信部301によって起動要求が送信された結果、特定の資源ノードから起動完了通知を受信するようにしてもよい。起動完了通知とは、一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動が完了したことを示す応答信号である。そして、決定部303は、受信部302によって起動完了通知が受信された順に、特定の資源ノードの中から一のサービスに利用される資源ノードを決定するようにしてもよい。

すなわち、決定部303は、特定の資源ノードのうち、一のサービスの実行に必要となるアプリケーションの起動が完了したことを示す起動完了通知が速い順に、当該起動完了通知の送信元の資源ノードを、一のサービスに利用される資源ノードとして決定する。

なお、資源ノード決定装置101および資源ブローカは、ここでは別体に設けられていることとしたが、同一筐体であってもよい。たとえば、資源ノード決定装置101の筐体内に資源ブローカが備えられている構成としてもよい。

(資源ノード決定処理手順)
つぎに、この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定装置101の資源ノード決定処理手順について説明する。図4は、この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定装置101において実行される資源ノード決定処理手順を示すフローチャートである。

図4のフローチャートにおいて、まず、送信部301により、複数のサービス間で利用される資源ノードの割当状態を管理する資源ブローカに対して、一のサービスを実行可能とする条件に関する情報を送信する(ステップS401)。

つぎに、受信部302により、送信部301によって条件に関する情報が送信された結果、複数のサービス間で利用される資源ノードのうち、条件を満たす特定の資源ノードから当該特定の資源ノードの使用状況に関する情報を受信する(ステップS402)。

最後に、決定部303により、受信部302によって受信された使用状況に関する情報に基づいて、特定の資源ノードの中から一のサービスに利用される資源ノードを決定して(ステップS403)、本フローチャートによる一連の処理を終了する。

以上説明したように、この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定装置101によれば、各資源ノードからの使用状況に関する情報の反応の速さおよび当該各資源ノードの使用状況を考慮して、サービスに利用される資源ノードを決定することができる。このように、サービスに対する効率的な資源の割り当てをおこなうことにより、個々のサービスの円滑な提供を実現することができる。

また、資源ノード決定装置101によれば、特定の資源ノードの中から一のサービスに利用される資源ノードを決定する際の決定条件を、サービスごとに任意に設定することができる。このため、提供されるサービスの追加や変更に柔軟に対応することができる。

(資源ノード103の機能的構成)
つぎに、この発明の実施の形態にかかる資源ノード103の機能的構成について説明する。図5は、この発明の実施の形態にかかる資源ノード103の機能的構成を示すブロック図である。図5において、資源ノード103は、受信部501と、起動部502と、送信部503と、実行終了部504と、から構成されている。

受信部501は、複数のサービスの中から選ばれた第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を実行中の資源ノード103が、あらたに選ばれた第2のサービスを実行可能とする条件を満たす場合、各サービスへの利用の採否を決定する資源ノード決定装置(図1に示す資源ノード決定装置101)から、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を受信する。

具体的には、資源ノード103は、第1のサービスに利用されており、当該第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を実行している。この状況において、資源ノード103が第2のサービスを実行可能とする条件をさらに満たす場合、資源ノード決定装置から第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を受信する。

起動部502は、受信部501によって起動要求が受信された場合、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を起動する。具体的には、受信部501によって起動要求が受信された場合には、資源ノード103において、第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源および第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源がともに実行されている。

送信部503は、起動部502によって第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源が起動された場合、当該第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動完了通知を資源ノード決定装置に対して送信する。起動完了通知とは、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動が完了したことを示す応答信号である。

また、受信部501は、送信部503によって起動完了通知が送信された結果、資源ノード決定装置から、資源ノード103に対する第2のサービスへの利用の採否の決定結果を受信する。第2のサービスへの利用の採否の決定は、たとえば、送信部503から送信された起動完了通知をもとに資源ノード決定装置においておこなわれる。

実行終了部504は、資源ノード103内のソフトウェア資源の実行を終了する。具体的には、実行終了部504は、受信部501によって受信された決定結果に基づいて、第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源または第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源のうちいずれか一方のソフトウェア資源の実行を終了する。

より具体的には、実行終了部504は、受信部501によって受信された決定結果が第2のサービスへの利用について採用を許可する決定結果である場合、第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行を終了するようにしてもよい。

また、実行終了部504は、受信部501によって受信された決定結果が第2のサービスへの利用について採用を拒否する決定結果である場合、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行を終了するようにしてもよい。

(資源ノード制御処理手順)
つぎに、この発明の実施の形態にかかる資源ノード103の資源ノード制御処理手順について説明する。図6は、この発明の実施の形態にかかる資源ノード103において実行される資源ノード制御処理手順を示すフローチャートである。

図6のフローチャートにおいて、まず、受信部501により、複数のサービスの中から選ばれた第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を実行中に、あらたに選ばれた第2のサービスを実行可能とする条件を満たす場合、各サービスへの利用の採否を決定する資源ノード決定装置から、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を受信する(ステップS601)。

つぎに、起動部502により、受信部501によって起動要求が受信された場合、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を起動する(ステップS602)。そして、送信部503により、起動部502によって第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源が起動された場合、当該第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動完了通知を資源ノード決定装置に対して送信する(ステップS603)。

つぎに、受信部501により、送信部503によって起動完了通知が送信された結果、資源ノード決定装置から、資源ノード103に対する第2のサービスへの利用の採否の決定結果を受信する(ステップS604)。

最後に、実行終了部504により、受信部501によって受信された決定結果に基づいて、第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源または第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源のうちいずれか一方のソフトウェア資源の実行を終了して(ステップS605)、本フローチャートによる一連の処理を終了する。

以上説明したように、この発明の実施の形態にかかる資源ノード103によれば、第1のサービスに利用されている状態であっても、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行をおこなうことができる。さらに、第2のサービスへの採否の決定結果に応じて、不要なソフトウェア資源の実行を終了することができる。

これにより、第2のサービスへの利用について採用が拒否された場合に生じる、第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の一時停止などの処理を回避することができ、資源ノード103にかかる負荷を軽減させることができる。

つぎに、この発明の実施例1について説明する。実施例1では、サービス実行のために要求された台数よりも多い資源ノード103に対して使用状況の問い合わせをおこない、資源ノード決定装置101への使用状況通知が速い順にサービスに利用する資源ノード103として採用する場合について説明する。

(資源ノード決定システムの概要)
まず、実施例1における資源ノード決定システムについて説明する。図7は、実施例1における資源ノード決定システムの概要を示す説明図である。

図7において、この資源ノード決定システムは、複数の資源ノード103(ここでは、7台)が属する資源レイヤと、複数の資源ノード103を利用することによって実行されるサービスが属するサービスレイヤと、複数のサービス間で利用される資源ノード103の割当状態を管理するミドルウェアレイヤと、から構成されている。

資源ノード決定装置101は、サービス(たとえば、サービスA、サービスB)ごとに用意されたサービス管理部701(たとえば、サービス管理部MA、サービス管理部MB)によって構成されている。サービス管理部701は、各サービスにかかる負荷に応じて後述する資源ブローカ702に資源ノード103を要求したり(図7中(1)参照)、各サービスに割り当てられた資源ノード103を管理する。

また、サービス管理部701には、資源ブローカ702に要求する資源ノード103の性能および台数などの条件を設定することができる。具体的には、サービスAの管理者は、サービスAに必要となる資源ノード103の性能および台数をサービス管理部MAに設定することができる。ここでは、サービス管理部MAに、資源ブローカ702に要求する条件として『メモリ容量:512MB以上、OS:Windows、台数:5台』が設定されていることとする。

さらに、サービス管理部701には、サービスに利用される資源ノード103を決定する際の採用条件を任意に設定することができる。たとえば、アプリケーションの起動のためのOS切替の要否、または、デーモンの再起動の要否などに基づいて採用条件を設定することができる。より具体的には、たとえば、アプリケーションの起動のためにOS切替が不要の場合は採用、OS切替が必要の場合は不採用として採用条件を設定することができる。

なお、以下において、資源とは、サービス管理部701から資源ブローカ702に要求されるサービスを実行するにあたって必要となる資源ノード103のことを示す。つまり、ここでは、メモリ容量が512MB以上であり、使用可能なOSがWindowsである5台の資源ノード103を総じて資源という。

さらに、サービス管理部701は、後述する各資源ノード103のエージェント705と通信をおこなうことによって、実際にサービスに利用されている各資源ノード103の使用状況を把握したり、利用されているすべての資源ノード103の台数を把握することができる。

資源ブローカリング装置102は、資源ブローカ702と資源情報管理部703とから構成されている。資源ブローカ702は、各サービス管理部701からの資源の要求を受け付け、当該要求を満たす資源がないかを後述する資源情報管理部703に問い合わせる(図7中(2)参照)。

また、資源ブローカ702は、資源情報管理部703から資源情報を受け取り(図7中(3)参照)、当該資源情報に示されているサービスに利用可能なすべての資源ノード103に対して、各資源ノード103の使用状況を問い合わせる(図7中(4)参照)。このとき、資源ブローカ702は、資源を要求してきたサービス管理部701の情報をサービスに利用可能なすべての資源ノード103に送信する。

ここで、資源情報とは、サービス管理部701からの要求を満たす資源に関する情報、すなわち、サービスに利用可能な資源ノード103に関する情報である。具体的には、サービスに利用可能な資源ノード103のIPアドレスなどの情報である。また、サービス管理部701の情報とは、たとえば、サービス名やサービス管理部701のIPアドレスなどの情報である。

さらに、資源ブローカ702は、複数のサービス管理部701、たとえば、サービス管理部MAとサービス管理部MBから資源の要求があった場合には、それらの要求を調停する。なお、資源ブローカ702における要求を調停する技術は、公知技術である。

資源情報管理部703は、資源レイヤに属するすべての資源ノード103に関する情報を保持している。具体的には、たとえば、資源情報管理部703は、各資源ノード103のIPアドレス、使用可能なOS、CPU性能、インストールされているアプリケーションソフトなどの静的な情報および後述するモニター704から定期的に収集されるCPU使用率などの動的な情報を保持している。

また、資源情報管理部703は、資源ブローカ702からの資源の問い合わせがあった場合、保持している情報の中から問い合わせのあった資源、すなわち、サービスを実行可能とする条件を満たす資源ノード103を検索する。そして、資源情報管理部703は、その検索結果を資源ブローカ702に渡す。なお、資源情報管理部703においておこなわれる技術は、公知技術である。

資源ノード103は、モニター704とエージェント705とを備えており、各サイトCに接続されている。モニター704は、各資源ノード103の初回起動時に、当該資源ノード103の静的な情報を資源情報管理部703に送信する(不図示)。さらに、モニター704は、定期的に資源ノード103の動的な情報を資源情報管理部703に送信する(不図示)。

エージェント705は、資源ノード103において動作するすべてのアプリケーションの起動および停止を管理する。また、エージェント705は、資源ノード103において動作するアプリケーションの起動に関する情報、たとえば、現在使用されているOS、環境変数および動作中のデーモンに関する情報などを保持している。

さらに、エージェント705は、資源ブローカ702から使用状況の問い合わせがあった場合に、資源ノード103の使用状況に関する情報をサービス管理部701に通知する(図7中(5)参照)。

具体的には、エージェント705は、資源ブローカ702からの使用状況の問い合わせとともに送信されてきたサービス管理部701の情報をもとに、該当するサービス管理部701(たとえば、サービス管理部MA)に対して資源ノード103の使用状況に関する情報を送信する。

サービス管理部701は、エージェント705からの使用状況通知が速い順に、サービスに利用する資源ノード103として採用する。具体的には、エージェント705からの使用状況通知が速かった資源ノード103に対しては、採用通知を送信する(図7中(6)参照)。

また、エージェント705からの使用状況通知が遅く、要求した台数の資源ノード103が揃っている場合には、その資源ノード103に対して不採用通知を送信する(図7中(7)参照)。

(資源ノード決定処理手順)
つぎに、実施例1における資源ノード決定装置101の資源ノード決定処理手順について説明する。ここでは、サービスAに必要な台数よりも多くの資源ノード103に対して使用状況の問い合わせをおこなわれていることとする。なお、サービスAを実行する場合に、各資源ノード103において動作するアプリケーションをアプリa(図7中「a」)、サービスBを実行する場合に、各資源ノード103において動作するアプリケーションをアプリb(図7中「b」)とする。

図8は、実施例1における資源ノード決定装置101の資源ノード決定処理を示すフローチャートである。図8のフローチャートにおいて、まず、資源ノード決定装置101のサービス管理部MAは、資源ブローカリング装置102の資源ブローカ702に対して、サービスAを実行可能とする条件データを送信する(ステップS801)。

ここでは、サービス管理部MAに、サービスAを実行するための条件として『メモリ容量:512MB以上、OS:Windows、台数:5台』が設定されている。このため、サービス管理部MAは、メモリ容量が512MB以上であり、使用可能なOSがWindowsである資源ノード103を5台必要である旨の条件を条件データとして資源ブローカ702に送信する。

ステップS801において、サービスAを実行可能とする条件データが送信された結果、サービスAを実行可能とする条件を満たす資源ノード103のエージェント705から使用状況データを受信する(ステップS802)。

具体的には、まず、資源ブローカ702がサービス管理部MAからの条件データに基づいて、資源情報管理部703に資源の問い合わせをおこない、サービスAを実行可能とする資源の資源情報を受け取る。そして、資源ブローカ702は、この資源情報に含まれるIPアドレスを用いて、資源ノード103に現在の使用状況を問い合わせる。その結果、資源ノード103のエージェント705からサービス管理部MAに対して使用状況の通知がおこなわれる。

つぎに、サービスAに利用される資源ノード103の台数が、条件として要求した台数に達しているか否かを判断する(ステップS803)。すなわち、サービスAに利用される資源として、メモリ容量が512MB以上かつ使用可能なOSがWindowsである資源ノード103を5台確保することができたか否かを判断する。

ここで、要求した台数に達していない場合(ステップS803:No)、ステップS802において受信された使用状況データの送信元である資源ノード103をサービスAに利用する資源ノード103として採用する(ステップS804)。そして、採用された資源ノード103のエージェント705に対して採用通知を送信して(ステップS805)、ステップS802に移行する。

具体的には、使用状況データの送信が速い資源ノード103を採用し、サービスAに利用する資源ノード103として採用されたことを示す採用通知を送信する。なお、この採用通知には、サービスAの実行に必要となるアプリaの起動要求が含まれており、採用通知を受信したエージェント705は起動要求に該当するアプリaを起動させる。

また、ステップS803において、要求した台数に達している場合(ステップS803:Yes)、ステップS802において受信された使用状況データの送信元である資源ノード103のエージェント705に対して不採用通知を送信して(ステップS806)、本フローチャートによる一連の処理を終了するようにしてもよい。

具体的には、サービスAに利用される資源ノード103が要求した台数に達した場合には、その後、使用状況データを送信してきた資源ノード103のエージェント705に対して不採用通知を送信する。

この実施例1によれば、実際に使用状況の反応があった資源ノード103をサービスに利用するため、当該サービスの実行に必要となる資源ノード103の台数を確実に揃えることができる。また、使用状況の反応が速い順にサービスに利用する資源ノード103として採用するため、ネットワーク帯域の違いによる通信遅延を考慮した効率的な資源の割り当てをおこなうことができる。

また、サービスに利用される資源ノード103を決定する際の採用条件を、サービスごとに任意に設定することができる。このため、提供されるサービスの追加や変更に柔軟に対応することができ、汎用性に優れている。

つぎに、この発明の実施例2について説明する。実施例2では、資源ノード103からの使用状況通知の反応の速さだけではなく、各サービス管理部701に予め設定されている採用条件をもとに、サービスに利用される資源ノード103の採用をおこなう場合について説明する。

(資源ノード決定システムの概要)
まず、実施例2における資源ノード決定システムについて説明する。図9は、実施例2における資源ノード決定システムの概要を示す説明図である。なお、資源ブローカ702が各資源ノード103に対して使用状況の問い合わせをおこなうまでの処理は、図7中に示す(1)〜(4)における処理と同様のため、ここでは説明および図示を省略する。

図9に示すサービス管理部701のサービス管理部MAには、サービスAに利用される資源ノード103を採用する際の採用条件が予め設定されている(図9中(5)参照)。ここでは、採用条件として、サービスAの実行に必要となるアプリa起動のために、OS切替が不要の場合は採用し、OS切替が必要の場合は不採用とする条件が設定されている。

また、採用条件の判定は、資源ノード103のエージェント705からの使用状況通知があった順におこなわれる。各資源ノード103のエージェント705からサービス管理部MAに通知される使用状況通知には、現在使用中のOSを示す情報が含まれている(図9中(6)参照)。

サービス管理部MAは、エージェント705から通知される使用状況通知に含まれている現在使用中のOSに関する情報に基づいて採用するか否かを判断する。ここでは、まずアプリa起動のためのOS切替の要否を判定する。

具体的には、アプリa起動のためにOS切替が不要と判定された場合には、サービスAに利用する資源ノード103として採用し、エージェント705に採用通知を送信する(図9中(7)参照)。また、アプリa起動のためにOS切替が必要であると判定された場合には、サービスAに利用しない資源ノード103として、エージェント705に不採用通知を送信する(図9中(8)参照)。

(資源ノード決定処理手順)
つぎに、実施例2における資源ノード決定装置101の資源ノード決定処理手順について説明する。ここでは、サービスAに必要な台数よりも多くの資源ノード103に対して使用状況の問い合わせがおこなわれていることとする。

図10は、実施例2における資源ノード決定装置101の資源ノード決定処理を示すフローチャートである。図10のフローチャートにおいて、まず、資源ノード決定装置101のサービス管理部MAは、資源ブローカリング装置102の資源ブローカ702に対して、サービスAを実行可能とする条件データを送信する(ステップS1001)。

ステップS1001において、サービスAを実行可能とする条件データが送信された結果、サービスAを実行可能とする条件を満たす資源ノード103のエージェント705から使用状況データを受信する(ステップS1002)。資源ノード103から送信されてくる使用状況データには、各資源ノード103において現在使用中のOSに関する情報が含まれている。

つぎに、サービスAに利用される資源ノード103の台数が、条件として要求した台数に達しているか否かを判断する(ステップS1003)。ここで、要求した台数に達していない場合(ステップS1003:No)、ステップS1002において受信された使用状況データに基づいて、当該使用状況データの送信元である資源ノード103がサービス管理部MAに予め設定されている採用条件を満たすか否かを判断する(ステップS1004)。

具体的には、使用状況データに含まれる現在使用中のOSに関する情報から、資源ノード103においてアプリaが動作可能なOSが使用されているか否かを判定し、OSの切替の要否を判断する。

ここで、採用条件を満たす場合(ステップS1004:Yes)、ステップS1002において受信された使用状況データの送信元である資源ノード103をサービスAに利用する資源ノード103として採用する(ステップS1005)。具体的には、使用状況データに含まれる現在使用中のOSに関する情報から、OSの切替が不要であると判定された場合に採用条件を満たすと判断される。

そして、採用された資源ノード103のエージェント705に対して採用通知を送信して(ステップS1006)、ステップS1002に移行する。また、ステップS1004において、採用条件を満たさない場合(ステップS1004:No)、ステップS1002において受信された使用状況データの送信元である資源ノード103に対して不採用通知を送信して(ステップS1007)、ステップS1002に移行する。具体的には、使用状況データに含まれる現在使用中のOSに関する情報から、OSの切替が必要であると判定された場合に採用条件を満たさないと判断される。

また、ステップS1003において、要求した台数に達している場合(ステップS1003:Yes)、ステップS1002において受信された使用状況データの送信元である資源ノード103のエージェント705に対して不採用通知を送信して(ステップS1008)、本フローチャートによる一連の処理を終了するようにしてもよい。

具体的には、サービスAに利用される資源ノード103が要求した台数に達した場合には、その後、使用状況データを送信してきた資源ノード103のエージェント705に対して不採用通知を送信する。

この実施例2によれば、各資源ノード103におけるサービスAの実行に必要となるアプリaの起動にかかる時間を考慮して、当該サービスに利用する資源ノード103の採用をおこなうことができる。このため、使用状況の反応が速い場合であってもアプリaの起動に時間がかかってしまい、結果的にサービスAの実行に時間がかかってしまう状況を回避することができ、より効率的な資源の割り当てをおこなうことができる。

つぎに、この発明の実施例3について説明する。実施例3では、資源ノード103からの使用状況通知があったときに、当該資源ノード103を採用するか否かを判断するのではなく、一旦仮採用とし、その後の状況によって採用するか否かの判断をおこなう場合について説明する。

(資源ノード決定システムの概要)
まず、実施例3における資源ノード決定システムについて説明する。図11は、実施例3における資源ノード決定システムの概要を示す説明図である。なお、資源ブローカ702が各資源ノード103に対して使用状況の問い合わせをおこなうまでの処理は、図7中に示す(1)〜(4)における処理と同様のため、ここでは説明および図示を省略する。

図11においては、資源ノード103aおよび資源ノード103bの使用状況通知が速かったため、サービス管理部MAから資源ノード103aのエージェント705aおよび資源ノード103bのエージェント705bに仮採用通知が送信された場合について説明する。

サービス管理部MAは、資源ノード103のエージェント705からの使用状況通知があった順に(図11中(5)参照)、サービスAに利用する資源ノード103として仮採用する。そして、仮採用された資源ノード103のエージェント705に対して仮採用通知を送信する。

ここでは、資源ノード103aおよび資源ノード103bの使用状況通知の反応が速かったため、サービス管理部MAは、資源ノード103aおよび資源ノード103bに仮採用通知を送信する(図11中(6)参照)。

サービス管理部MAから仮採用通知が送信された結果、資源ノード103aおよび資源ノード103bは仮採用通知を受信する。これにより、資源ノード103aおよび資源ノード103bは、サービスAに利用される資源ノード103として仮採用された状態となる。

また、仮採用通知を受信したエージェント705aおよびエージェント705bは、サービスAの実行に必要となるアプリaを起動する(図11中(7)参照)。そして、アプリaの起動が完了した場合、サービス管理部MAに対してアプリaの起動完了を示す起動完了通知を送信する(図11中(8)参照)。

ここでは、資源ノード103aでのアプリaの起動が速く完了したため、エージェント705bからの起動完了通知よりもエージェント705aからの起動完了通知のほうが速い。この場合は、サービス管理部MAは、起動完了通知が速かったエージェント705aに対して採用通知を送信する(図11中(9)参照)。

また、資源ノード103bでのアプリaの起動には時間がかかったため、エージェント705bからの起動完了通知がサービス管理部MAに送信されたときには既にサービスAに必要な台数の資源ノード103が揃った後となっている。この場合、サービス管理部MAは、エージェント705bに対して不採用通知を送信する(図11中(10)参照)。また、不採用通知を受信したエージェント705bは、アプリaを停止し(図11中(11)参照)、仮採用通知を受信する前の状態に戻る。

(資源ノード決定処理手順)
つぎに、実施例3における資源ノード決定装置101の資源ノード決定処理手順について説明する。図12は、実施例3における資源ノード決定装置101の資源ノード決定処理を示すフローチャートである。ここでは、サービスAに必要な台数よりも多くの資源ノード103に対して使用状況の問い合わせがおこなわれていることとする。

図12のフローチャートにおいて、まず、資源ノード決定装置101のサービス管理部MAは、資源ブローカリング装置102の資源ブローカ702に対して、サービスAを実行可能とする条件データを送信する(ステップS1201)。

ステップS1201において、サービスAを実行可能とする条件データが送信された結果、サービスAを実行可能とする条件を満たす資源ノード103のエージェント705から使用状況データを受信する(ステップS1202)。つぎに、使用状況データの送信元である資源ノード103に仮採用通知を送信する(ステップS1203)。

そして、仮採用通知の送信先の資源ノード103から起動完了通知を受信する(ステップS1204)。具体的には、仮採用通知の送信先の資源ノード103においてサービスAの実行に必要となるアプリaが起動されるのを待って、起動された場合に資源ノード103から送信されてくる起動完了通知を受信する。

つぎに、サービスAに利用される資源ノード103の台数が、条件として要求した台数に達しているか否かを判断する(ステップS1205)。ここで、要求した台数に達していない場合(ステップS1205:No)、ステップS1204において受信された起動完了通知の送信元である資源ノード103をサービスAに利用する資源ノード103として採用する(ステップS1206)。

そして、採用された資源ノード103のエージェント705に対して採用通知を送信して(ステップS1207)、ステップS1202に移行する。具体的には、起動完了通知の送信が速い資源ノード103を採用し、サービスAに利用する資源ノード103として採用されたことを示す採用通知を送信する。

また、ステップS1205において、要求した台数に達している場合(ステップS1205:Yes)、ステップS1204において受信された起動完了通知の送信元である資源ノード103のエージェント705に対して不採用通知を送信して(ステップS1208)、本フローチャートによる一連の処理を終了するようにしてもよい。

具体的には、サービスAに利用される資源ノード103が要求した台数に達した場合には、その後、起動完了通知を送信してきた資源ノード103のエージェント705に対して不採用通知を送信する。

この実施例3によれば、各資源ノード103において実際にアプリaの起動が完了したことを示す起動完了通知があった順に、サービスAに利用する資源ノード103を採用することができる。これにより、各資源ノード103の性能や使用状況によって異なるアプリaの起動に要する時間を考慮することができ、各資源ノード103におけるアプリaの起動に要する時間を予測することが困難な場合であっても、効率よく資源の割り当てをおこなうことができる。

なお、資源ノード103は複数の種類のサービスに利用されるため、2段階の資源採否判定おこなう場合(上述した仮採用後に正式に採否を判定する)には、複数のアプリケーションの起動を調整する必要がある。

ここで、既にサービスBのために資源ノード103が利用されている環境で、新たなサービスAを開始する際の2段階の資源採否判定をおこなう場合について説明する。なお、サービスBの実行に必要なアプリケーションをアプリbとする。

上述した資源ノード決定処理では、ある資源ノード103が既にサービスBのためにアプリbを動作させている際に、サービスAに利用される資源ノード103として仮採用された場合、アプリbを停止してアプリaを起動する。しかしながら、その後、正式に不採用となった場合には、アプリaを停止して一度停止したアプリbを再起動することとなる。

すなわち、結果的に停止する必要のないアプリbを一時的に停止したことにより、無駄な処理が生じてしまう。この無駄は、アプリaおよびアプリbが同時に動作可能であるならば、仮採用時においては既に起動しているアプリbを停止することなくアプリaを起動させることにより回避することができる。以下、図13を用いて複数のアプリケーションの同時動作について説明する。

図13は、実施例3における資源ノード決定処理を示すシーケンス図である。図13に示した例では、2段階の資源採否判定をおこなう際に、不採用となる資源ノード103におけるアプリケーションの無駄な停止を回避する場合の典型的な動作シーケンスを示す。なお、ここでは、図11に示す資源ノード103のうち、資源ノード103aおよび資源ノード103bについてのみ説明する。

図13において、サービス管理部MAは、資源ブローカ702に対して所定の性能を有する資源ノード103を5台要求する。そして、資源ブローカ702は、資源情報管理部703からの資源情報(ここでは7台分の情報)に基づいて、資源ノード103に使用状況を問い合わせる。

資源ブローカ702からの使用状況の問い合わせを受けた資源ノード103aのエージェント705aおよび資源ノード103bのエージェント705bは、アプリaの起動が可能であることを示す使用状況通知をサービス管理部MAに送信する。

つぎに、サービス管理部MAは、エージェント705aおよびエージェント705bに対して仮採用通知を送信する。仮採用通知を受信したエージェント705aおよびエージェント705bは、アプリaを起動する。このとき、既に起動しているアプリbは、資源ノード103aおよび資源ノード103bともに起動したままにしておく。

そして、アプリaの起動が完了した場合、各エージェント705は、アプリaの起動完了通知をサービス管理部MAに送信する。ここでは、資源ノード103bにおけるアプリaの起動完了が、資源ノード103aにおけるアプリaの起動完了よりも速かったとする。このため、サービス管理部MAは、エージェント705bに対して採用通知を送信し、エージェント705aに対して不採用通知を送信する。

採用通知を受信したエージェント705bは、その時点でアプリbを停止する。このため、資源ノード103bにおいては、アプリaのみが起動しており、サービスAに利用される資源ノード103として割り当てられた状態となっている。

また、不採用通知を受信したエージェント705aは、その時点でアプリaを停止する。元々動作していたアプリbは継続して動作しており、結果的に資源ノード103bを元の状態(サービスBに割り当てられている状態)に戻したこととなる。

このように、仮採用時においては、既に別のサービスに利用されているアプリケーションを起動させたままにしておくことにより、一時的なアプリケーションの停止を防ぐことができる。また、一時的なアプリケーションの停止を回避することにより、起動時に必要となる初期化処理や停止する際に何らかの情報を削除する処理を防ぐことができ、各資源ノード103における負荷を軽減することができる。

以上説明したように、資源ノード決定プログラム、資源ノード制御プログラム、記録媒体、資源ノード決定装置、資源ノード、資源ノード決定方法および資源ノード制御方法によれば、個々のサービスの円滑な提供を実現することができる。

なお、本実施の形態で説明した資源ノード決定方法は、予め用意されたプログラムをパーソナル・コンピュータやワークステーションなどのコンピュータで実行することにより実現することができる。このプログラムは、ハードディスク、フレキシブルディスク、CD−ROM、MO、DVDなどのコンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録され、コンピュータによって記録媒体から読み出されることによって実行される。またこのプログラムは、インターネットなどのネットワークを介して配布することが可能な伝送媒体であってもよい。

(付記1)複数のサービス間で利用される資源ノードの割当状態を管理する資源ブローカに対して、一のサービスを実行可能とする条件に関する情報を送信させる送信工程と、
前記送信工程によって前記条件に関する情報が送信された結果、前記複数のサービス間で利用される資源ノードのうち前記条件を満たす特定の資源ノードから、当該特定の資源ノードの使用状況に関する情報を受信させる受信工程と、
前記受信工程によって受信された使用状況に関する情報に基づいて、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定させる決定工程と、
をコンピュータに実行させることを特徴とする資源ノード決定プログラム。

(付記2)前記決定工程は、
前記受信工程によって前記使用状況に関する情報が受信された順に、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定させることを特徴とする付記1に記載の資源ノード決定プログラム。

(付記3)前記決定工程は、
前記受信工程によって受信された使用状況に関する情報のうち、前記特定の資源ノード内の前記一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の切替の要否に関する情報に基づいて、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定させることを特徴とする付記1または2に記載の資源ノード決定プログラム。

(付記4)前記決定工程は、
前記受信工程によって受信された使用状況に関する情報のうち、前記特定の資源ノード内の前記一のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行の有無に関する情報に基づいて、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定させることを特徴とする付記1〜3のいずれか一つに記載の資源ノード決定プログラム。

(付記5)前記受信工程によって前記使用状況に関する情報が受信された場合、前記特定の資源ノードに対して当該特定の資源ノード内の前記一のサービスに必要なソフトウェア資源の起動要求を送信させる起動要求送信工程と、
前記起動要求送信工程によって起動要求が送信された結果、前記特定の資源ノードから起動完了通知を受信させる起動完了通知受信工程と、を前記コンピュータに実行させ、
前記決定工程は、
前記起動完了通知受信工程によって起動完了通知が受信された順に、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定させることを特徴とする付記1に記載の資源ノード決定プログラム。

(付記6)複数のサービスの中から選ばれた第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を実行中の資源ノードが、あらたに選ばれた第2のサービスを実行可能とする条件を満たす場合、前記各サービスへの利用の採否を決定する資源ノード決定装置から、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を受信させる第1の受信工程と、
前記第1の受信工程によって前記起動要求が受信された場合、前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を起動させる起動工程と、
前記起動工程によって前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源が起動された場合、当該第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動完了通知を前記資源ノード決定装置に対して送信させる送信工程と、
前記送信工程によって前記起動完了通知が送信された結果、前記資源ノード決定装置から、前記資源ノードに対する前記第2のサービスへの利用の採否の決定結果を受信させる第2の受信工程と、
前記第2の受信工程によって受信された決定結果に基づいて、前記第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源または前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源のうちいずれか一方のソフトウェア資源の実行を終了させる実行終了工程と、
を前記資源ノード内のコンピュータに実行させる資源ノード制御プログラム。

(付記7)前記実行終了工程は、
前記決定結果が前記第2のサービスへの利用について採用を許可する決定結果である場合、前記第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行を終了させることを特徴とする付記6に記載の資源ノード制御プログラム。

(付記8)前記実行終了工程は、
前記決定結果が前記第2のサービスへの利用について採用を拒否する決定結果である場合、前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の実行を終了させることを特徴とする付記6または7に記載の資源ノード制御プログラム。

(付記9)付記1〜8のいずれか一つに記載のプログラムを記録した前記コンピュータに読み取り可能な記録媒体。

(付記10)複数のサービス間で利用される資源ノードの割当状態を管理する資源ブローカに対して、一のサービスを実行可能とする条件に関する情報を送信する送信手段と、
前記送信手段によって前記条件に関する情報が送信された結果、前記複数のサービス間で利用される資源ノードのうち前記条件を満たす特定の資源ノードから、当該特定の資源ノードの使用状況に関する情報を受信する受信手段と、
前記受信手段によって受信された使用状況に関する情報に基づいて、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定する決定手段と、
を備えることを特徴とする資源ノード決定装置。

(付記11)複数のサービスの中から選ばれた第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を実行中に、あらたに選ばれた第2のサービスを実行可能とする条件を満たす場合、前記各サービスへの利用の採否を決定する資源ノード決定装置から、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を受信する受信手段と、
前記受信手段によって前記起動要求が受信された場合、前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を起動する起動手段と、
前記起動手段によって前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源が起動された場合、当該第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動完了通知を前記資源ノード決定装置に対して送信する送信手段と、
ソフトウェア資源の実行を終了する実行終了手段と、を備え、
前記受信手段は、
前記送信手段によって前記起動完了通知が送信された結果、前記資源ノード決定装置から、前記資源ノードに対する前記第2のサービスへの利用の採否の決定結果を受信し、
前記実行終了手段は、
前記受信手段によって受信された決定結果に基づいて、前記第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源または前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源のうちいずれか一方のソフトウェア資源の実行を終了することを特徴とする資源ノード。

(付記12)複数のサービス間で利用される資源ノードの割当状態を管理する資源ブローカに対して、一のサービスを実行可能とする条件に関する情報を送信する送信工程と、
前記送信工程によって前記条件に関する情報が送信された結果、前記複数のサービス間で利用される資源ノードのうち前記条件を満たす特定の資源ノードから、当該特定の資源ノードの使用状況に関する情報を受信する受信工程と、
前記受信工程によって受信された使用状況に関する情報に基づいて、前記特定の資源ノードの中から前記一のサービスに利用される資源ノードを決定する決定工程と、
を含んだことを特徴とする資源ノード決定方法。

(付記13)複数のサービスの中から選ばれた第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を実行中の資源ノードが、あらたに選ばれた第2のサービスを実行可能とする条件を満たす場合、前記各サービスへの利用の採否を決定する資源ノード決定装置から、第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動要求を受信する第1の受信工程と、
前記第1の受信工程によって前記起動要求が受信された場合、前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源を起動する起動工程と、
前記起動工程によって前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源が起動された場合、当該第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源の起動完了通知を前記資源ノード決定装置に対して送信する送信工程と、
前記送信工程によって前記起動完了通知が送信された結果、前記資源ノード決定装置から、前記資源ノードに対する前記第2のサービスへの利用の採否の決定結果を受信する第2の受信工程と、
前記第2の受信工程によって受信された決定結果に基づいて、前記第1のサービスの実行に必要なソフトウェア資源または前記第2のサービスの実行に必要なソフトウェア資源のうちいずれか一方のソフトウェア資源の実行を終了する実行終了工程と、
を含んだことを特徴とする資源ノード制御方法。

以上のように、本発明にかかる資源ノード決定プログラム、資源ノード制御プログラム、記録媒体、資源ノード決定装置、資源ノード、資源ノード決定方法および資源ノード制御方法は、サービスに利用される資源ノードを決定するシステムに有用である。

この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定システムのシステム構成図である。 図1に示したコンピュータ装置のハードウェア構成を示すブロック図である。 この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定装置の機能的構成を示すブロック図である。 この発明の実施の形態にかかる資源ノード決定装置において実行される資源ノード決定処理手順を示すフローチャートである。 この発明の実施の形態にかかる資源ノードの機能的構成を示すブロック図である。 この発明の実施の形態にかかる資源ノードにおいて実行される資源ノード制御処理手順を示すフローチャートである。 実施例1における資源ノード決定システムの概要を示す説明図である。 実施例1における資源ノード決定装置の資源ノード決定処理を示すフローチャートである。 実施例2における資源ノード決定システムの概要を示す説明図である。 実施例2における資源ノード決定装置の資源ノード決定処理を示すフローチャートである。 実施例3における資源ノード決定システムの概要を示す説明図である。 実施例3における資源ノード決定装置の資源ノード決定処理を示すフローチャートである。 実施例3における資源ノード決定処理を示すシーケンス図である。

符号の説明

101 資源ノード決定装置
102 資源ブローカリング装置
103 資源ノード
301 送信部
302 受信部
303 決定部
501 受信部
502 起動部
503 送信部
504 実行終了部

Claims (4)

  1. 実行するアプリケーションソフトウェア又はOSソフトウェアを複数のアプリケーションソフトウェア又は複数のOSソフトウェア間で切り替え可能な複数の資源ノードの中から要求されたサービスに用いる資源ノードを選択する際に、前記複数のアプリケーションソフトウェア又は前記複数のOSソフトウェアのうち、該要求されたサービスに必要とされる所定のアプリケーションソフトウェア又は所定のOSソフトウェアを既に起動している資源ノードを、該要求されたサービスについての処理を行う資源ノードとして選択する、
    ことを特徴とする資源ノード選択方法。
  2. コンピュータに、
    実行するアプリケーションソフトウェア又はOSソフトウェアを複数のアプリケーションソフトウェア又は複数のOSソフトウェア間で切り替え可能な複数の資源ノードの中から要求されたサービスに用いる資源ノードを選択する際に、前記複数のアプリケーションソフトウェア又は前記複数のOSソフトウェアのうち、該要求されたサービスに必要とされる所定のアプリケーションソフトウェア又は所定のOSソフトウェアを既に起動している資源ノードを、該要求されたサービスについての処理を行う資源ノードとして選択する、
    処理を実行させることを特徴とするプログラム。
  3. 請求項2に記載のプログラムを記録した前記コンピュータに読み取り可能な記録媒体。
  4. 実行するアプリケーションソフトウェア又はOSソフトウェアを複数のアプリケーションソフトウェア又は複数のOSソフトウェア間で切り替え可能な複数の資源ノードの中から要求されたサービスに用いる資源ノードを選択する際に、前記複数のアプリケーションソフトウェア又は前記複数のOSソフトウェアのうち、該要求されたサービスに必要とされる所定のアプリケーションソフトウェア又は所定のOSソフトウェアを既に起動している資源ノードを、該要求されたサービスについての処理を行う資源ノードとして選択する選択手段、
    を備えたことを特徴とする資源ノード選択装置。
JP2006254207A 2006-09-20 2006-09-20 資源ノード選択方法、プログラム、資源ノード選択装置および記録媒体 Expired - Fee Related JP4792358B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006254207A JP4792358B2 (ja) 2006-09-20 2006-09-20 資源ノード選択方法、プログラム、資源ノード選択装置および記録媒体

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006254207A JP4792358B2 (ja) 2006-09-20 2006-09-20 資源ノード選択方法、プログラム、資源ノード選択装置および記録媒体
EP20070003158 EP1903743A1 (en) 2006-09-20 2007-02-14 Method and apparatus for determining resource node, method of controlling resource node, resource node and computer product
US11/706,220 US8488452B2 (en) 2006-09-20 2007-02-15 Method and apparatus for determining resource node, method of controlling resource node, resource node, and computer product
KR20070017803A KR20080027113A (ko) 2006-09-20 2007-02-22 자원 노드 결정 프로그램을 기록한 컴퓨터 판독가능한 기록매체, 자원 노드 제어 프로그램을 기록한 컴퓨터판독가능한 기록 매체, 자원 노드 결정 장치, 자원 노드,자원 노드 결정 방법 및 자원 노드 제어 방법
CNB2007100847963A CN100533390C (zh) 2006-09-20 2007-02-28 资源节点及其确定方法和设备、其控制方法及计算机产品

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008077295A JP2008077295A (ja) 2008-04-03
JP4792358B2 true JP4792358B2 (ja) 2011-10-12

Family

ID=38559467

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006254207A Expired - Fee Related JP4792358B2 (ja) 2006-09-20 2006-09-20 資源ノード選択方法、プログラム、資源ノード選択装置および記録媒体

Country Status (5)

Country Link
US (1) US8488452B2 (ja)
EP (1) EP1903743A1 (ja)
JP (1) JP4792358B2 (ja)
KR (1) KR20080027113A (ja)
CN (1) CN100533390C (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20080291204A1 (en) * 2007-05-22 2008-11-27 International Business Machines Corporation Coupled placement of items using stable marriage techniques
KR101048449B1 (ko) 2007-12-18 2011-07-11 삼성전자주식회사 광대역 무선통신 시스템에서 다수의 서비스 제공자들을고려한 수락 제어 장치 및 방법
WO2012098684A1 (ja) 2011-01-21 2012-07-26 富士通株式会社 スケジューリング方法およびスケジューリングシステム
KR101306995B1 (ko) * 2011-08-16 2013-09-09 한국과학기술정보연구원 작업 관리를 이용한 그린 컴퓨팅 제어 장치 및 방법
CN104537045A (zh) * 2014-12-24 2015-04-22 华为技术有限公司 一种基于分布式系统的业务分配方法及装置

Family Cites Families (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4800488A (en) 1985-11-12 1989-01-24 American Telephone And Telegraph Company, At&T Bell Laboratories Method of propagating resource information in a computer network
CA2119085C (en) * 1994-03-15 2002-01-15 Deborah L. Pinard Adaptive communication system
US5638412A (en) * 1994-06-15 1997-06-10 Qualcomm Incorporated Method for providing service and rate negotiation in a mobile communication system
JPH1069467A (ja) * 1996-08-27 1998-03-10 Toshiba Corp 分散計算機システムにおけるサーバのデータアクセス方式
CA2224466C (en) * 1997-01-09 2003-12-23 Mitel Corporation Transfer of basic knowledge to agents
US6006264A (en) * 1997-08-01 1999-12-21 Arrowpoint Communications, Inc. Method and system for directing a flow between a client and a server
US6308216B1 (en) * 1997-11-14 2001-10-23 International Business Machines Corporation Service request routing using quality-of-service data and network resource information
US6282278B1 (en) * 1998-04-22 2001-08-28 International Business Machines Corporation Universal conference control manager
US6499036B1 (en) * 1998-08-12 2002-12-24 Bank Of America Corporation Method and apparatus for data item movement between disparate sources and hierarchical, object-oriented representation
JP4292693B2 (ja) 2000-07-07 2009-07-08 株式会社日立製作所 計算機資源分割装置および資源分割方法
US20030046615A1 (en) 2000-12-22 2003-03-06 Alan Stone System and method for adaptive reliability balancing in distributed programming networks
JP2002251292A (ja) * 2001-02-22 2002-09-06 Nec Software Chubu Ltd クライアントサーバシステムにおけるジョブ管理方式及びクライアントサーバシステムにおけるジョブ管理方法
US7849190B2 (en) * 2001-02-23 2010-12-07 Nokia Siemens Networks Oy Internet protocol based service architecture
JP2003288285A (ja) * 2002-03-28 2003-10-10 Fujitsu Ltd サービス要求代行方法、サービス要求代行サーバ、及び、サービス要求代行システム
JP2004030204A (ja) * 2002-06-25 2004-01-29 Jmnet Inc 負荷分散装置及びそれに接続するノードコンピュータ
US8868779B2 (en) * 2004-06-15 2014-10-21 Accenture Global Services Limited Method and apparatus to accomplish peer-to-peer application data routing between service consumers and service providers within a service oriented architecture
JP2006031358A (ja) 2004-07-15 2006-02-02 Ziosoft Inc ボリュームレンダリング等の画像処理システム
DE112005001995B4 (de) 2004-09-13 2011-12-08 Fujitsu Siemens Computers, Inc. Computeranordnung und Verfahren zum Anbieten von Diensten für Benutzer über ein Netzwerk
JP4527523B2 (ja) * 2004-12-27 2010-08-18 Necインフロンティア株式会社 サーバ選択方法およびサーバ選択方式およびサーバおよびクライアント端末
JP3942617B2 (ja) 2005-02-10 2007-07-11 株式会社日立製作所 分散処理システムの計算機資源管理方法
US8582750B2 (en) * 2006-07-31 2013-11-12 Cisco Technology, Inc. Connection recovery in a call center

Also Published As

Publication number Publication date
CN101149691A (zh) 2008-03-26
JP2008077295A (ja) 2008-04-03
EP1903743A1 (en) 2008-03-26
US20080069117A1 (en) 2008-03-20
CN100533390C (zh) 2009-08-26
US8488452B2 (en) 2013-07-16
KR20080027113A (ko) 2008-03-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10019290B2 (en) Multi-layer QoS management in a distributed computing environment
US9826031B2 (en) Managing distributed execution of programs
US9519504B2 (en) Managing a server template
US9122534B2 (en) Secure application partitioning enablement
US10083074B2 (en) Maximizing use of storage in a data replication environment
US20160234300A1 (en) Dynamically modifying a cluster of computing nodes used for distributed execution of a program
US9838375B2 (en) RESTlike API that supports a resilient and scalable distributed application
US9276987B1 (en) Identifying nodes already storing indicated input data to perform distributed execution of an indicated program in a node cluster
US20140372611A1 (en) Assigning method, apparatus, and system
JP5753665B2 (ja) クラウドストレージを提供するクライアント、仲介サーバ及び方法
US7793298B2 (en) Facilitating access to input/output resources via an I/O partition shared by multiple consumer partitions
WO2016152587A1 (ja) スライス管理システム及びスライス管理方法
US8260840B1 (en) Dynamic scaling of a cluster of computing nodes used for distributed execution of a program
US8458691B2 (en) System and method for dynamically building application environments in a computational grid
JP3320342B2 (ja) 印刷をプリンタ・システムに実行させる方法、印刷実行方法、コンピュータ、及びプリンタ・システム
US7418702B2 (en) Concurrent web based multi-task support for control management system
US7032041B2 (en) Information processing performing prefetch with load balancing
US7376953B2 (en) Apparatus and method for routing a transaction to a server
US7016972B2 (en) Method and system for providing and viewing performance analysis of resource groups
US6665740B1 (en) Logical volume selection in a probability-based job scheduler
US5526492A (en) System having arbitrary master computer for selecting server and switching server to another server when selected processor malfunctions based upon priority order in connection request
EP2631796A1 (en) Data collection method and information processing system
JP3382953B2 (ja) 有限メモリコンピュータシステム上におけるクライアント管理フロー制御方法及び装置
US8006123B2 (en) Volume and failure management method on a network having a storage device
US7933995B2 (en) Computer program and apparatus for controlling computing resources, and distributed processing system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20081117

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100329

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100406

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100607

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20101012

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110106

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20110112

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110405

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110606

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110719

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110725

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140729

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees