JP3759042B2 - サポータ - Google Patents

サポータ Download PDF

Info

Publication number
JP3759042B2
JP3759042B2 JP2002011243A JP2002011243A JP3759042B2 JP 3759042 B2 JP3759042 B2 JP 3759042B2 JP 2002011243 A JP2002011243 A JP 2002011243A JP 2002011243 A JP2002011243 A JP 2002011243A JP 3759042 B2 JP3759042 B2 JP 3759042B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
foam
supporter
outer layer
layer
knee
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2002011243A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2003213506A (ja
Inventor
英臣 宍戸
靖之 相田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Molten Corp
Original Assignee
Molten Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Molten Corp filed Critical Molten Corp
Priority to JP2002011243A priority Critical patent/JP3759042B2/ja
Publication of JP2003213506A publication Critical patent/JP2003213506A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3759042B2 publication Critical patent/JP3759042B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、特に運動競技の選手が膝、肘等に装着して、外部から加わる衝撃を吸収し、これらの部位を保護するサポータに関する。
【0002】
【従来の技術】
スポーツ用のプロテクターやサポータとして、例えば特開平7-290626号公報に開示の緩衝体がある。この公報には、発泡体からなる緩衝本体内に、緩衝本体の表面側から離して反発弾性(JISK6301準拠。以下同じ)0〜20%、硬度(JISK6301準拠。以下同じ)0〜50Hsの非発泡体からなる緩衝吸収体を埋設した緩衝体の構造が開示され、その衝撃緩衝作用は、まず緩衝本体によって衝撃が吸収され、その緩衝本体でも吸収できない衝撃が内部の衝撃吸収体によって吸収される旨記載されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
本発明は、上記のような2層構造の緩衝体をさらに改良し、特にバレーボール競技のように膝あるいは肘に局所的に大きな衝撃が加わることが多いスポーツの選手が装着するサポータ(通常膝用サポータはニーガード、肘用サポータはエルボーガードと称される)に適用して好適なサポータを提供するものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】
本発明(請求項1)は、人体の膝、肘等に装着され、ここに加わる衝撃を吸収し保護するサポータであって、硬度10〜40Ha、厚さ1〜8mmの範囲にあるフレキシブルフォームよりなる外側層及び該外側層に接着された硬度0〜5Ha、厚さ5〜15mmの範囲にある体温にて変形可能な低反発フレキシブルフォームよりなる内側層の2層構造体よりなり、上記膝、肘等の形状に対応して凹状に形成されたパッド部と、該パッド部を収納した収納部を有し、上記膝、肘等に装着される弾性伸縮可能な円筒状の支持部とを備えてなるものである。
【0005】
かかる構成において、サポータを選手の膝、肘等に装着した際、体温により内側層が変形し、膝、肘等に密着する。サポータに衝撃が加わったときは、まず外側層にて衝撃力を分散させ、次いで分散した衝撃力を内側層で広範囲に受け、その圧縮変形により吸収緩和する。
【0006】
本発明(請求項2)においては、上記外側層がエチレン酢酸ビニル共重合体(以下EVAという)フォームまたはポリウレタンフォームよりなり、上記側層が低反発ポリウレタンフォームよりなるものである。かかる構成において、EVAフォームまたはポリウレタンフォームは比較的硬質に設計されているため衝撃の分散性がよく、他方低反発ポリウレタンフォームは、衝撃吸収性に優れかつ体温により変形する。
【0007】
【発明の実施の形態】
図1〜3において、1は、膝用サポータの例を示し、弾性糸を織り込んだ弾性伸縮織布にて円筒状に形成された支持部2と、この支持部2の前面内側に薄い布にて形成されたポケット状の収納部3と、この収納部3に収納されたパッド部4よりなる。パッド部4は表側に位置する外側層5と人体側に位置する内側層6からなり、接着剤にて接着されている。また図3に示すように左右から中央方向に向かってV字状の切り込み7が設けられ、この部分を接着することにより、全体として内側層がくぼんだ凹状、すなわち膝の曲面に沿う形状に形成されている。かかる構造において、外側層5は主として衝撃力の分散作用を、また内側層6は主として衝撃力の吸収緩和作用をなす。すなわち、外側層5が衝撃を全面で受け止めて分散し、分散した衝撃力を内側層6が吸収緩和する。
【0008】
外側層5及び内側層6ともにフレキシブルフォームにて構成されることから、いずれも衝撃吸収機能及び衝撃分散機能を有するが、外側層5は主として衝撃分散機能を、内側層6は主として衝撃吸収機能を発揮するよう構成される。かかる機能を効率よく発揮させるために、外側層5は、硬度10〜40Ha、厚さ1〜8mmの範囲にあるフレキシブルフォーム特にEVAフォームにて構成され、内側層6は硬度0〜5Ha、厚さ5〜15mmの範囲にある体温にて変形可能な低反発フレキシブルフォーム特に低反発ポリウレタンフォームにて構成される。外側層5は内側層6より硬く、それ故薄く設計されて曲げやすさを損なわず、他方内側層6は外側層5より軟らかくかつ厚く設計されている。外側層5としては、EVAフォームのほかポリウレタンフォームが使用できる。
【0009】
外側層5、内側層6ともにフォーム(発泡体)とされるのは、衝撃吸収性に加えて曲げやすいという利点があるからである。すなわちこの種パッド部4は選手の関節の激しい動きにしたがってその抵抗となることなく迅速かつ自在に変形しなければならず、フォーム構造とすることによりこれに対応できる特性が得られる。また外側、内側両層5,6の厚さを上記範囲を超えて厚くすると動きやすさ、フィット感が損なわれ、また上記範囲に満たないと、フィット感、動きやすさは改善されるが、衝撃吸収力が低下するため、好ましくない。上記のように衝撃分散機能と衝撃吸収機能を分担させることにより、両機能を効率よく行い、その結果厚さを薄くすることができる。
【0010】
本発明者は、上記のごときEVAフォーム及び低反発ポリウレタンフォームの積層構造を有するパッド部4が、これら2種のフォームの単体構造のものに比較して、一段と優れた衝撃吸収機能を発揮するという知見を見出した。下記はその実験結果を示す。
測定方法 :測定板に試験パッドを両面テープで接着固定し、クリケットボール(直径9cm、重量970g)を所定の高さから落下させ、3回
実験を行いその測定結果の平均値を求めた。
落下高さ :15cm, 25cm, 35cm
【0011】
【表1】
Figure 0003759042
【0012】
実施例であるEVAフォーム(厚さ2mm、材料は比較例1と同一)と低反発ポリウレタンフォーム(厚さ8mm、材料は比較例2と同一)の積層構造は、EVA面を表とし、これにクリケットボールを落下させて測定。
【0013】
上記実験から分かるように、実施例にかかる2層構造は、15cm高さからの衝撃値は比較例1,2と略同等であるが、落下高さを大きくするにつれて低い衝撃値を示すことが分かる。すなわち本発明にかかるサポータのパッド部は、EVAフォーム単体あるいは低反発ポリウレタンフォーム単体よりも優れた衝撃吸収機能を有するのである。
【0014】
【発明の効果】
本発明によれば、サポータ装着時内側層が体温により膝等の曲面に沿うように変形し、密着するため、フィット感がよくなる。また内側層及び外側層ともにフレキシブルなフォームとされ、かつ薄い構造とすることができるから、動きやすく激しい運動にも追随して変形し、抵抗感のないサポータを得ることができる。さらに外側層で衝撃力の分散を、また内側層で衝撃力の吸収が行われるから、両機能が効率よく発揮され、衝撃値を低くすることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態に係るサポータの斜視図である。
【図2】図1のA-A線断面図である。
【図3】パッド部を示す斜視図である。
【符号の説明】
1 サポータ
2 支持部
3 収納部
4 パッド部
5 外側層
6 内側層

Claims (2)

  1. 人体の膝、肘等に装着され、ここに加わる衝撃を吸収し保護するサポータであって、硬度(JISK6301)10〜40Ha、厚さ1〜8mmの範囲にあるフレキシブルフォームよりなる外側層及び該外側層に接着された硬度(JISK6301)0〜5Ha、厚さ5〜15mmの範囲にある体温にて変形可能な低反発フレキシブルフォームよりなる内側層の2層構造体よりなり、上記膝、肘等の形状に対応して凹状に形成されたパッド部と、該パッド部を収納した収納部を有し、上記膝、肘等に装着される弾性伸縮可能な円筒状の支持部とを備えてなるサポータ。
  2. 上記外側層がエチレン酢酸ビニル共重合体フォームまたはポリウレタンフォームよりなり、上記側層が低反発ポリウレタンフォームよりなる請求項1記載のサポータ。
JP2002011243A 2002-01-21 2002-01-21 サポータ Expired - Fee Related JP3759042B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002011243A JP3759042B2 (ja) 2002-01-21 2002-01-21 サポータ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002011243A JP3759042B2 (ja) 2002-01-21 2002-01-21 サポータ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003213506A JP2003213506A (ja) 2003-07-30
JP3759042B2 true JP3759042B2 (ja) 2006-03-22

Family

ID=27648763

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002011243A Expired - Fee Related JP3759042B2 (ja) 2002-01-21 2002-01-21 サポータ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3759042B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR200463379Y1 (ko) * 2010-12-27 2012-11-05 이길원 일체형 팔 햇빛 가리개
CA2868027A1 (en) * 2012-03-19 2013-09-26 G-Form, LLC Protective impact absorbing structures with internal reinforcement and materials therefor
KR101526535B1 (ko) * 2013-12-04 2015-06-09 조영남 무릎 지지장치
JP6574687B2 (ja) * 2015-11-19 2019-09-11 美津濃株式会社 サポーター
JP7269085B2 (ja) * 2019-04-23 2023-05-08 株式会社アシックス 関節保護具、スポーツ用サポーター及び衣服

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003213506A (ja) 2003-07-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8001622B1 (en) Pad for helmet or the like
US10039338B2 (en) Impact absorbing apparatus
US6944974B2 (en) Shoe insert formed of reinforced elastomer for regulating and dampening vibration
US7765615B2 (en) Chest protector in sports medicine
US20160377139A1 (en) Vibration dampening material
US7725950B2 (en) Device for the hand and forearm of the user
WO2001026754A1 (fr) Gant de base-ball
TW201302442A (zh) 制振組件、制振材料以及襯墊材料
JPH0318907B2 (ja)
US9517401B2 (en) Shoulder pads incorporating a cervical spine protection device
TW201302276A (zh) 抑制振動的頭戴組件
JP3759042B2 (ja) サポータ
US9867407B1 (en) Impact-resistant padding
CA2987920C (en) Impact-resistant material and pad
WO2017173095A1 (en) Vibration dampening material
US6785909B1 (en) Sports guard with improved shock-absorbing capacity
US20130244815A1 (en) Pitching Training Device
US7073202B1 (en) Wrist protector
US20060080762A1 (en) Chest protector in sports medicine
JP3138798U (ja) 野手の心臓部位への被打球から(1)ショックを和らげ心臓を保護する緩衝具及び(2)その取り付け方法
WO2017075671A1 (en) Protective equipment with impact absorbing structure
JP5429669B2 (ja) 野球又はソフトボール用プロテクターの緩衝構造
JP6221040B2 (ja) プロテクター
TW202116197A (zh) 用於衣物的衝擊吸收墊及包括此衝擊吸收墊的衣物
JP6574687B2 (ja) サポーター

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041217

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20051020

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051025

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051201

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20051227

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20051227

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100113

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100113

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110113

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120113

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120113

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130113

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees