JP3093551U - 原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット - Google Patents

原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット

Info

Publication number
JP3093551U
JP3093551U JP2002006640U JP2002006640U JP3093551U JP 3093551 U JP3093551 U JP 3093551U JP 2002006640 U JP2002006640 U JP 2002006640U JP 2002006640 U JP2002006640 U JP 2002006640U JP 3093551 U JP3093551 U JP 3093551U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
drinking
coffee
container
instant
tea
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2002006640U
Other languages
English (en)
Inventor
明 珍 朴
Original Assignee
朴 明珍
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 朴 明珍 filed Critical 朴 明珍
Priority to JP2002006640U priority Critical patent/JP3093551U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3093551U publication Critical patent/JP3093551U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 本考案の原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席
容器セットでは即席のみならず家庭でも簡単に原豆コー
ヒーの抽出、飲用ができるようにして、携帯時にも様々
な方法で飲用が可能な構成をさらに提供するものであ
る。 【解決手段】 包装容器の内に収用され、飲用カップと
濾過容器、濾過紙、原豆コーヒー粉末を包装した原豆コ
ーヒー包装体を一まとまりにして包装して具備する原豆
コーヒー及び茶飲用用の即席容器セットにおいて;上記
即席容器セットは、上記飲用カップの上端部に嵌め込ま
れて中央または一側方に突出して飲用孔を有する飲用口
を一まとまりとして有する。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【考案の属する技術分野】
本考案は原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットに関するものであり、 さらに詳しくは家庭や事務室以外の野外でも簡単に原豆コーヒーを飲むことがで きるように提案された原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットに付加して 携帯性および使用性をも増大した構成に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
原豆コーヒーの場合は、コーヒー原豆を乾燥して煎っておいた状態のままで流 通しており、飲用者が自ら粉砕して抽出する加工工程を経て飲用されるものであ るが、別の粉砕装置と抽出装置を具備しなければならないことにより家庭や事務 室のように粉砕および抽出装置を備えられる場所での飲用は可能であるが、野外 等の場所での飲用は困難を有する。インスタントコーヒーの場合には野外等の場 所で容易に飲用できるようにインスタントコーヒーの砂糖およびミルクをティー バック(Tea−Bag)包装用で開発しており、使用と飲用の便益性を保障さ れているが、原豆コーヒーの場合には少し煩わしい使用方法が要求され、様々な 種類の原豆コーヒーのインスタント化のための提案が先行技術としてなされてい る。
【0003】 このような先行の提案の中ではアメリカ特許5,913,964号(Melton)、5,806,4 08号(DeBacker et al.)、5,243,164号(Erickson et al.)、4,697,503号(Ok abe et al.)、370,141号(J.Hobbs)、3,795,182号(Van Damme)、実開昭63-9 5528号公報、アメリカ特許3,083,101号(J.Noury)、3,579,351号(H.Wege et a l.)、2,743,664号(S.Dale)、等がある。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
上記する従来の先行特許では、家庭や事務室のような室内で別途の道具を具備 した状態でのみ飲用が可能であった原豆コーヒーの問題点を解決して原豆コーヒ ーもインスタントコーヒーのように室内はいうまでもなく野外等の場所でもより 容易に飲用できる原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットを提供すること にその目的があるが、大体の構成が容器内に一定直径の濾過容器を収用して包装 した状態で構成されることによりその以後、携帯しながら飲用するには不便利さ があり、家庭などでカップに抽出して使用するには無理があった。これは提供さ れる濾過容器のサイズが家庭で使われるコーヒー用のカップの大きさと合わなく て濾過が不可能なのでその使用が即席、特にコンビニ等での販売に限られるとい う問題点を持っていた。
【0005】 そこで本考案の原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットでは携帯用のみ ならず家庭でも容易に原豆コーヒーの抽出飲用ができるようにすることを目的と する。また、携帯時にも様々な方法で飲用が可能な構成をさらに提供することも また重要な目的である。または望ましく原豆コーヒーに適用されるものであり、 本考案は原豆コーヒーのみならず紅茶、茶類、各種の粉末性飲料などにも同じく 適用できるというのは言うまでもないことであって、この場合には原豆コーヒー 包装体の代わりに紅茶などを収容する包装体になる。
【0006】
【課題を解決するための手段】
このような目的を達成するために本考案は包装容器の内に収用されて飲用カッ プと濾過容器、濾過紙、原豆コーヒー粉末を包装した原豆コーヒー包装体を一ま とまりで包装して具備する原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットにおい て;上記即席容器セットは、上記飲用カップの上端部に嵌め込まれて中央または 一側方に突出されて飲用孔を有する飲用口を一まとまりとして具備し、他の実施 例としては上記の即席容器セットの濾過容器は上記の濾過容器の中心線に沿って 一側に陥没して形成された流れ止めと流れ止めに隣接して飲用口を穿孔して具備 する。
【0007】 もう一つの実施例としては上記濾過容器の中央部に飲用口を穿孔してストロー 挿入孔として使用するように構成したものであり、上記すべての実施例に共通的 に、また選択的に適用できる構成上の特徴は、上記即席容器セットは、上記濾過 容器の外方に嵌め込まれ、使用されるカップに止められる程度の収用幅のリング 状の濾過容器載置用リングを包含することである。
【0008】
【考案の実施の形態】
以下の添附される図面を参照して、上記目的を達成するための本考案の基本的 な原理および望ましい形態を、いくつかの実施例を挙げ、その構成と作用を説明 する。
【0009】 図1は本考案の第1実施例の原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットの 分解斜視図、図2は図1の包装状態の断面図、図3は第2の実施例の包装状態の 分解斜視図、図4は第3の実施例の包装状態の分解斜視図、図5(a)、(b) 、(c)、(d)は上記第1ないし第3実施例に全部適用のできる他の実施例の 使用状態の順次的な説明図である。
【0010】 本考案の原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット(S)は従来の先願特 許内容に比べて携帯性と家庭での適用性を考慮することを主な構成上の特徴とす る。
【0011】 即席容器セットSは様々なデザインと材質の包装容器Bの内に収用されて紙、 合成樹脂などの飲用カップ1と、同じく合成樹脂などの濾過容器2、濾過紙3、 携帯カバー4、原豆コーヒー粉末を包装した原豆コーヒー包装体5を一まとまり として包装して具備するセット構成体である。上記で包装容器Bの代わりにビニ ル容器で包装してもいい。また、図1におけるセット状態で、濾過容器2は高さ の低いカップを逆さにした形状であり、上方には抽出のための多数の濾過孔2’ が穿孔された形態で設けられ、下方の飲用カップ1に嵌め合わせるためのリング 突出部2”を有する。このような構成として即席容器セットSの飲用カップ1、 濾過容器2、携帯カバー4は相互カバー体として使用されるようにその大きさが 規定される。包装容器B内に包装された状態を図示するのが図2である。
【0012】 携帯カバー4は図示するように、上方に突出したカバーボディー4Bおよび下 方の飲用カップ1との嵌め込みのための突出リング4Dを一まとまりとして有す る射出体で飲用カップ1の上端部に嵌め込まれて中央または一側方に突出してそ の端部に穿孔された飲用孔4”を有する飲用口4’を一まとまりとして成形され る。この飲用口4’は飲用者が直接口を当てて飲むこともできるが、主な目的は 熱いコーヒーをストロー(図示せず)を使って飲用できて、移動する時にコーヒ ーをこぼさないようにしたことである。さらに望ましくは携帯カバー4の上面板 4Cが下方にやや陥没されているのがいい。
【0013】 このような構成で飲用カップ1の上方の補強リング1’(図2)には携帯カバ ー4の突出リング4Dが嵌められてまた突出リング4Dには濾過容器2のリング 突出部2”が嵌め込まれる構成にするのが望ましく、これらの各々の部材を嵌め る時には水分を外部に漏らさない程度でタイトになるように構成するのがいい。
【0014】 上記の構成の本考案の原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットSを使っ て飲用する方法は、通常的な携帯用の原豆コーヒーセットと同様に、包装容器B を解体して飲用カップ1に濾過容器2を収用して濾過容器2の内方に濾過紙3を 安置してから、原豆コーヒー包装体5内の原豆コーヒーを濾過紙3の上において 熱いお湯を注いで濾過させて使用される。
【0015】 図3は図1の構成をさらに簡略化して構成しており、携帯性においてより優れ たものである。図1の構成の携帯カバー4を除去してその代わりに濾過容器20 の中心線Cに沿って一側に斜めに陥没して形成された流れ止め21と流れ止め2 1に隣接して飲用口22を穿孔したもので、濾過容器として使用した後に裏返し て飲用カップ1に嵌め込んで実施例1の携帯カバー4と同様に活用することがで きる。
【0016】 図4は、さらに別の実施例を示すものであり、濾過容器120の中央部に飲用 口121を穿孔したことで、ここにストローを挿入して、また濾過容器のカバー の役割を共に果たされるように構成したものである。
【0017】 上記の第1ないし3の実施例においてさらに望ましいのは図5のように、濾過 容器2、20、120の外方に挟まれる濾過容器載置用リング100を包装容器 Bの内にさらに追加して全体的な即席容器セットSを構成することであって、こ の濾過容器載置用リング100の使用は選択的なものである。この濾過容器載置 用リング100は濾過容器2、20、120の外方に挟まれて濾過容器2、20 、120の中央部程度で固定されるように挿入孔101を有するリング状体で、 紙、合成樹脂などの材料で形成することができ、多様な種類のコーヒー用カップ Pの上端部で掛かる程度の幅Tとされる。
【0018】 このように構成すれば、様々なサイズの一般的なコーヒー用カップPの上端部 に濾過容器2、20、120が掛かり、本考案の原豆コーヒー及び茶類飲用用の 即席容器セットを家庭でも容易く使用することができる。
【0019】
【考案の効果】
以上のような本考案の原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットは従来の 先願の構成に比べて携帯用カバー構成を具備することによって移動中の飲用が簡 単で、かつ、家庭または職場でも容易く飲用できるという有用性を提供する。本 考案は最も望ましくは原豆コーヒーに適用されるものであり、本考案は原豆コー ヒーのみならず紅茶、茶類、各種の粉末性飲料などにも同じく適用できるという のは言うまでもないことであって、この場合には原豆コーヒー包装体の代わりに 紅茶などを収容する包装体になる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の第1実施例の原豆コーヒー及び茶類飲
用用の即席容器セットの分解斜視図。
【図2】図1の包装状態の断面図。
【図3】本考案の原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容
器セットの第2の実施例の包装状態の分解斜視図。
【図4】第3の実施例の包装状態の分解斜視図。
【図5】上記第1ないし第3実施例に共通的に適用でき
る他の実施例の使用状態の順次的な説明図である。
【符号の説明】
S 即席容器セット B 包装容器 1 飲用カップ 2 濾過容器 3 濾過紙 4 携帯カバー 5 原豆コーヒー包装体

Claims (4)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 包装容器内に収用されて飲用カップと濾
    過容器、濾過紙、原豆コーヒー粉末を包装した原豆コー
    ヒー包装体を一まとまりにして包装して具備する原豆コ
    ーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットにおいて;上記
    即席容器セットは、上記飲用カップの上端部に嵌め込ま
    れて中央または一側方に飲用孔を有する飲用口を一まと
    まりにして突出成形構成してなる部材を有することを特
    徴とする原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セッ
    ト。
  2. 【請求項2】 包装容器内に収用されて飲用カップと濾
    過容器、濾過紙、原豆コーヒー粉末を包装した原豆コー
    ヒー包装体を一まとまりにして包装して具備する原豆コ
    ーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットにおいて;上記
    即席容器セットの濾過容器は上記濾過容器の中心線に沿
    って一側に陥没して形成された流れ止めと流れ止めに隣
    接して飲用口を穿孔して具備することを特徴とする原豆
    コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット。
  3. 【請求項3】 包装容器内に収用されて飲用カップと濾
    過容器、濾過紙、原豆コーヒー粉末を包装した原豆コー
    ヒー包装体を一まとまりにして包装して具備する原豆コ
    ーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットにおいて;上記
    濾過容器の中央部に飲用口を穿孔してストロ−の挿入孔
    として使用するように構成したことを特徴とする原豆コ
    ーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット。
  4. 【請求項4】 請求項1ないし3のいずれか1項に記載
    の原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セットにおい
    て、 上記即席容器セットは、上記濾過容器の外方に嵌め込ま
    れて、使用されるカップに掛かる程度の収用幅を有する
    リング状の濾過容器載置用リングを包含することを特徴
    とする原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット。
JP2002006640U 2002-10-21 2002-10-21 原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット Expired - Fee Related JP3093551U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002006640U JP3093551U (ja) 2002-10-21 2002-10-21 原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002006640U JP3093551U (ja) 2002-10-21 2002-10-21 原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3093551U true JP3093551U (ja) 2003-05-16

Family

ID=43247572

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002006640U Expired - Fee Related JP3093551U (ja) 2002-10-21 2002-10-21 原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3093551U (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101254316B1 (ko) * 2011-03-03 2013-04-12 홍은표 원두커피포장체
WO2015157782A1 (en) * 2014-04-10 2015-10-15 Tran Quan Long Self-contained kit for preparing a beverage

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101254316B1 (ko) * 2011-03-03 2013-04-12 홍은표 원두커피포장체
WO2015157782A1 (en) * 2014-04-10 2015-10-15 Tran Quan Long Self-contained kit for preparing a beverage

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5943946A (en) Infusing device for a beverage
US6726946B1 (en) Method of infusing a drink
WO2013144882A1 (en) Loose tea brewing lid
TWI285094B (en) Drinking vessels
TWM296653U (en) Improved structure of tea maker
JP3093551U (ja) 原豆コーヒー及び茶類飲用用の即席容器セット
KR101919108B1 (ko) 차 추출용 텀블러
CN206043813U (zh) 滴漏式随行杯
US20040083897A1 (en) Instant coffee-brewing container for preparing freshly brewed coffee
CN209777222U (zh) 一种具可盖合易撕纸杯盖
CN213962823U (zh) 水杯
KR20150045100A (ko) 생수병용 티백 수납구
CN209932278U (zh) 一种饮水杯
CN218752573U (zh) 一种饮料容器
CN201591408U (zh) 茶杯
JPH0331247Y2 (ja)
JP3058907U (ja) 携帯用原豆コーヒー飲用容器セット
KR200461353Y1 (ko) 일회용 원두커피 추출기구
KR20190122603A (ko) 분리형 물병
CN2316278Y (zh) 杯茶包装杯
CN217390525U (zh) 具有可拆分隔构件的容器及其分隔构件
JP3123356U (ja) 湯飲み
CN210063629U (zh) 一种可过滤纸杯
CN215456091U (zh) 一种便携式食物杯中杯
TWM554766U (zh) 用於沖泡式飲品的便利杯

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees