JP2564215Y2 - Turret punch press - Google Patents

Turret punch press

Info

Publication number
JP2564215Y2
JP2564215Y2 JP1991008776U JP877691U JP2564215Y2 JP 2564215 Y2 JP2564215 Y2 JP 2564215Y2 JP 1991008776 U JP1991008776 U JP 1991008776U JP 877691 U JP877691 U JP 877691U JP 2564215 Y2 JP2564215 Y2 JP 2564215Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
work
turret
shooter
joint
movable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP1991008776U
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH04108936U (en
Inventor
和彦 河合
Original Assignee
株式会社アマダ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社アマダ filed Critical 株式会社アマダ
Priority to JP1991008776U priority Critical patent/JP2564215Y2/en
Publication of JPH04108936U publication Critical patent/JPH04108936U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2564215Y2 publication Critical patent/JP2564215Y2/en
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】[Detailed description of the invention]
【0001】[0001]
【産業上の利用分野】この考案は、ワークに対して打ち
抜き加工を行なうタレットパンチプレスに関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a turret punch press for punching a work.
【0002】[0002]
【従来の技術】従来のタレットパンチプレスの先行技術
として特開昭63−52949号公報に示すものがあ
る。即ち、フレームの上部には複数のパンチを備えた回
転可能な上部タレットが設けてあり、フレームの下部に
は複数のダイを備えた回転可能な下部タレットが上部タ
レットに上下に対向して設けてある。上部タレットの上
方位置には所定のパンチを上方向から押圧するストライ
カが昇降可能に設けてある。上記フレームの下部におけ
る下部タレットの前側には固定センターテーブルが固定
して設けてあり、フレームの下部におけるこの固定セン
ターテーブルの左右両側には一対の移動サイドテーブル
が前後方向へ移動可能に設けてある。一対の移動サイド
テーブルには左右方向へ延びたキャリッジベースが設け
てあり、このキャリッジベースにはワークの端部をクラ
ンプするワーククランプを備えたキャリッジが左右方向
へ移動可能に設けてある。
2. Description of the Related Art As a prior art of a conventional turret punch press, there is one disclosed in JP-A-63-52949. That is, a rotatable upper turret provided with a plurality of punches is provided at an upper portion of the frame, and a rotatable lower turret provided with a plurality of dies is provided at a lower portion of the frame so as to face the upper turret vertically. is there. At an upper position of the upper turret, a striker for pressing a predetermined punch from above is provided so as to be able to move up and down. A fixed center table is fixedly provided on the front side of the lower turret in the lower part of the frame, and a pair of movable side tables are provided on the left and right sides of the fixed center table in the lower part of the frame so as to be movable in the front-rear direction. . A carriage base extending in the left-right direction is provided on the pair of movable side tables, and a carriage provided with a work clamp for clamping an end of the work is provided on the carriage base so as to be movable in the left-right direction.
【0003】上記タレットの前側における左右の中央部
には、ミクロジョイント加工を施したワークのジョイン
ト部を切断して製品をワークから分離せしめるジョイン
ト部切断装置が設けてある。又、固定センターテーブル
の前側の中央部には四角形状の切欠部が設けてあり、こ
の切欠部内には上記製品を搬出するワークシュータが設
けてある。このワークシュータは前端側の揺動中心を基
準として上下方向へ揺動可能に構成してある。
At the left and right central portions on the front side of the turret, there is provided a joint cutting device for cutting a joint of a microjoined work to separate a product from the work. In addition, a square notch is provided in the front center of the fixed center table, and a work shooter for carrying out the product is provided in the notch. The work shooter is configured to be vertically swingable with respect to a swing center on the front end side.
【0004】従って、ワークに対してミクロジョイント
加工(ジョイント部を残してワークにおける製品に相当
する部分の外形部に対して打ち抜き加工を行うこと)を
行った後に、ジョイント部切断装置によりこのワークの
ジョイント部を切断して製品をワークから分離せしめ
る。そして、ワークシュータを前端側の揺動中心を基準
として下方向へ揺動させることにより、製品を固定セン
ターテーブルから搬出せしめる。
[0004] Therefore, after performing micro-joint processing on the work (performing punching processing on the outer shape of a part corresponding to the product in the work while leaving the joint portion), the work of the work is cut by a joint cutting device. Cut the joint to separate the product from the workpiece. Then, the product is carried out from the fixed center table by swinging the work shooter downward with reference to the swing center on the front end side.
【0005】[0005]
【考案が解決しようとする課題】前述のごとき、従来の
タレットパンチプレスにおいては、ジョイント部切断装
置がタレットの前側における左右の中央部に設けてある
と共に、ワークシュータが固定センタテーブルに設けた
切欠部内に設けてあるため、ワークシュータを前端側の
揺動中心を基準として下方向へ揺動させても、製品を固
定センターテーブルから搬出することができるものの、
製品をタレットパンチプレスから取り出すことはできな
い。そのため、製品をタレットパンチプレスから取り出
すためには、更に固定センターテーブルとフレームの下
部の間に前後方向へ延びたベルトコンベア装置を設ける
必要があり、タレットパンチプレスの構成要素の数が増
えて、タレットパンチプレスの構成自体が複雑化すると
いう問題がある。
As described above, in the conventional turret punch press, the joint cutting device is provided at the left and right central portions on the front side of the turret, and the work shooter is provided at the notch provided on the fixed center table. Although the product can be carried out from the fixed center table even if the work shooter is swung downward with reference to the swing center on the front end side,
The product cannot be removed from the turret punch press. Therefore, in order to take out the product from the turret punch press, it is necessary to further provide a belt conveyor device extending in the front-rear direction between the fixed center table and the lower portion of the frame, and the number of components of the turret punch press increases. There is a problem that the configuration of the turret punch press itself becomes complicated.
【0006】[0006]
【課題を解決するための手段】前述のごとき、従来の問
題点を解決するために、本考案においては、フレームの
上部に複数のパンチを備えた回転可能な上部タレットを
設け、上記フレームの下部に複数のダイを備えた回転可
能な下部タレットをこの上部タレットに上下に対向して
設け、上部タレットの上方位置に所定のパンチを上方向
から押圧するストライカを設け、上記フレームの下部に
おける下部タレットの前側に固定センタテーブルを固定
して設け、フレームの下部におけるこの固定センタテー
ブルの左右両側に一対の移動サイドテーブルを前後方向
へ移動可能にそれぞれ設け、一対の移動サイドテーブル
に左右方向へ延びたキャリッジベースを設け、このキャ
リッジベースにワークの端部をクランプするワーククラ
ンプを備えたキャリッジを左右方向へ移動可能に設け、
上記タレットの前側における左方側,右方側のうちの一
方側に、ミクロジョイント加工を施したワークのジョイ
ント部を切断して製品をワークから分離せしめるジョイ
ント部切断装置を設け、一対の移動サイドテーブルのう
ちこのジョイント部切断装置に近接した移動サイドテー
ブルにおける左方側,右方側のうちの他方側の中央部
に、四角形状の切欠部を形成し、この切欠部内に上記製
品を搬出するワークシュータを設け、ほぼ水平な水平位
置と、ワークシュータにおける左端側,右端側のうちの
一端側が他端側よりも下がった傾斜位置との間におい
て、ワークシュータを左端側,右端側のうちの他端側の
揺動中心を基準として上下方向へ揺動可能に構成してな
ることを特徴とする。
As described above, in order to solve the conventional problems, in the present invention, a rotatable upper turret having a plurality of punches is provided at an upper portion of a frame, and a lower portion of the frame is provided at a lower portion of the frame. A rotatable lower turret having a plurality of dies is vertically provided on the upper turret, and a striker for pressing a predetermined punch from above is provided above the upper turret, and a lower turret in a lower portion of the frame is provided. A fixed center table is fixedly provided on the front side of the fixed center table, and a pair of movable side tables are provided on the left and right sides of the fixed center table at the lower part of the frame so as to be movable in the front-rear direction. A carriage base is provided, and the carriage base is provided with a work clamp for clamping an end of a work. The Tsu di movably disposed to the left and right direction,
On one of the left side and the right side on the front side of the turret, there is provided a joint part cutting device for cutting a joint part of a work subjected to micro-joint processing and separating a product from the work, and a pair of moving sides. A square notch is formed in the center of the other of the left side and the right side of the movable side table close to the joint cutting device of the table, and the product is carried out into the notch. The work shooter is provided, and the work shooter is moved between the substantially horizontal position and the inclined position where one end of the left end and the right end of the work shooter is lower than the other end. It is characterized in that it is configured to be able to swing vertically with reference to the swing center at the other end.
【0007】[0007]
【作用】前記の構成により、上部タレットおよび下部タ
レットを回転させて所定のパンチおよび所定のダイをス
トライカの垂直下方(真下)に位置せしめる。又、ワー
ククランプによりワークの端部をクランプした状態のも
とで、キャリッジベースを一対の移動サイドテーブルと
一体的に前後方向へ移動させると共に、キャリッジを左
右方向へ移動させることにより、ワークをタレットに対
して位置決めする。そして、ストライカにより所定のパ
ンチを上方向から押圧することにより、ワークに対して
打ち抜き加工を行うことができる。
According to the above construction, the upper turret and the lower turret are rotated to position a predetermined punch and a predetermined die vertically below (just below) the striker. Further, while the end of the work is clamped by the work clamp, the carriage base is moved in the front-rear direction integrally with the pair of moving side tables, and the carriage is moved in the left-right direction, whereby the turret is moved. Position with respect to Then, by pressing a predetermined punch from above with a striker, the work can be punched.
【0008】上述の作用を適宜に繰り返すことにより、
ジョイント部を残してワークにおける製品に相当する部
分の外形部に対して打ち抜き加工(ミクロジョイント加
工)を行うことができる。
By appropriately repeating the above operation,
Punching (microjoining) can be performed on the outer shape of the part corresponding to the product in the work while leaving the joint portion.
【0009】ワークに対してミクロジョイント加工を行
った後に、ジョイント部切断装置によりこのワークのジ
ョイント部を切断して製品をワークから分離せしめる。
この時、製品はワークシュータ上に位置している。そし
て、ワークシュータを左端側,右端側のうちの他端部の
揺動中心を基準として下方向へ揺動させて、水平位置か
ら傾斜位置に位置せしめる。これによって、製品をワー
クシュータから直ちにタレットパンチプレスの外側へ搬
出することができる。
After micro-joining the work, the joint of the work is cut by a joint cutting device to separate the product from the work.
At this time, the product is located on the work shooter. Then, the work shooter is swung downward with reference to the swing center of the other end portion of the left end side and the right end side, so as to be positioned from the horizontal position to the inclined position. Thereby, the product can be immediately carried out of the turret punch press from the work shooter.
【0010】[0010]
【実施例】以下、この考案の実施例を図面に基づいて詳
細に説明する。
DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS An embodiment of the present invention will be described below in detail with reference to the drawings.
【0011】図5および図6を参照するに、タレットパ
ンチプレス1における上部レフーム3および下部フレー
ム5には、それぞれ図示省略の駆動装置により回転自在
な上部タレット7,下部タレット9が支承されている。
その上部タレット7,下部タレット9における円周上に
は、それぞれ多種類の対をなしたパンチ11,ダイ13
が装着されている。
Referring to FIGS. 5 and 6, a rotatable upper turret 7 and a lower turret 9 are supported by a drive device (not shown) on the upper reflex 3 and the lower frame 5 of the turret punch press 1, respectively. .
On the circumference of the upper turret 7 and the lower turret 9, various types of pairs of punches 11 and dies 13 are formed.
Is installed.
【0012】前記上部フレーム3には、図5において図
示省略の駆動装置により上下動自在なストライカ15が
設けられており、そのストライカ15の真下である加工
位置に上部タレット7,下部タレット9を同時的に回転
駆動させ、所望の対をなしたパンチ11,ダイ13が位
置決めされるようになっている。
The upper frame 3 is provided with a striker 15 which can be moved up and down by a drive device not shown in FIG. 5, and the upper turret 7 and the lower turret 9 are simultaneously placed at a processing position directly below the striker 15. The punch 11 and the die 13 in a desired pair are positioned by being rotationally driven.
【0013】前記ダイ13にパンチ11を協働させて、
図示省略の板状ワークに打抜き加工を施す打抜き加工部
17の前方(図6の下方)には、固定センターテーブル
19が設けられている。その固定センターテーブル19
の側方(図6において左側)には搬入側移動サイドテー
ブル21が設けられている。そして固定センターテーブ
ル19の側方(図6において右側)には、搬出側移動サ
イドテーブル23が設けられている。なお上記の各テー
ブル上面には、移動するワークを支持するために複数の
フリーベアリングが適宜設けられている。
The punch 11 is made to cooperate with the die 13,
A fixed center table 19 is provided in front of (in a lower part of FIG. 6) a punching section 17 for punching a plate-like work (not shown). The fixed center table 19
(The left side in FIG. 6) is provided with a carry-in side movable side table 21. An unloading-side movable side table 23 is provided on the side (the right side in FIG. 6) of the fixed center table 19. In addition, a plurality of free bearings are appropriately provided on the upper surface of each of the above tables to support a moving workpiece.
【0014】前記固定センターテーブル19,搬入側移
動サイドテーブル21および搬出側移動サイドテーブル
23の前方(図6において下方)にはキャリッジベース
25が設けられている。このキャリッジベース25は、
前記搬入側移動サイドテーブル21および搬出側移動サ
イドテーブル23に一体化されていて、下部フレーム5
上のレール27とLMガイド29とにより前後方向であ
るY軸方向(図6において上下方向)へ摺動自在に設け
られていて、送りねじ31とサーボモータ33により前
後方向に駆動されるようになっている。
A carriage base 25 is provided in front (below in FIG. 6) of the fixed center table 19, the loading side moving side table 21 and the unloading side moving side table 23. This carriage base 25 is
The lower frame 5 is integrated with the loading side moving side table 21 and the unloading side moving side table 23.
The upper rail 27 and the LM guide 29 are provided so as to be slidable in the Y-axis direction (vertical direction in FIG. 6) which is the front-rear direction, and are driven in the front-rear direction by the feed screw 31 and the servomotor 33. Has become.
【0015】一方、キャリッジベース25には、左右方
向であるX軸方向(図6において左右方向)へ移動自在
なキャリッジ35が載置されている。このキャリッジ3
5は、送りねじ37とサーボモータ39により左右方向
に駆動されるようになっている。さらに前記キャリッジ
35の打抜き加工部17側には、ワークWをクランプす
る複数例えば2個のワーククランプ41が取り付けられ
ている。
On the other hand, a carriage 35 is mounted on the carriage base 25 so as to be movable in the X-axis direction (left-right direction in FIG. 6). This carriage 3
5 is driven in the left-right direction by a feed screw 37 and a servomotor 39. Further, a plurality of, for example, two work clamps 41 for clamping the work W are attached to the punching section 17 side of the carriage 35.
【0016】上記構成により、サーボモータ39が駆動
されると、送りねじ37を介してキャリッジ35がX軸
方向に移動制御される。キャリッジ35にはワーククラ
ンプ41が取り付けられているから、ワーククランプ4
1に把持された図示省略のワークWはX軸方向へ移動制
御されることになる。この時ワークWは、前記固定セン
ターテーブル19,搬入及び搬出側移動サイドテーブル
21,23における上面のフリーベアリングを転動させ
ながら支持されて移動される。
With the above configuration, when the servo motor 39 is driven, the carriage 35 is controlled to move in the X-axis direction via the feed screw 37. Since the work clamp 41 is attached to the carriage 35, the work clamp 4
The work W (not shown) gripped by 1 is controlled to move in the X-axis direction. At this time, the work W is supported and moved while rolling the free bearings on the upper surfaces of the fixed center table 19 and the loading and unloading side moving side tables 21 and 23.
【0017】又サーボモータ33が駆動制御されると、
送りねじ31を介してキャリッジベース25と、一体化
されている搬入側移動サイドテーブル21及び搬出側移
動サイドテーブル23がY軸方向へ移動される。この時
ワークWは、固定センターテーブル19上面のフリーベ
アリングを転動させながら移動するが、移動サイドテー
ブル21,23上面のフリーベアリングには支持はされ
ているが相対移動はないから転動はされない。
When the servo motor 33 is driven and controlled,
The carriage base 25 and the integrated transfer-side moving side table 21 and transfer-side moving side table 23 are moved in the Y-axis direction via the feed screw 31. At this time, the work W moves while rolling the free bearings on the upper surface of the fixed center table 19, but is not rolled because the free bearings on the upper surfaces of the movable side tables 21 and 23 do not move relative to each other. .
【0018】而して、ワーククランプ41に把持されて
ワークWはX軸,Y軸方向へ移動制御され、ワークWの
所望位置をストライカ15の真下である加工位置へ位置
決めされると共に、加工位置に回転割り出された所望の
パンチ11,ダイ13との協働によって、打抜き加工が
施されることになる。
The work W is gripped by the work clamp 41, and the movement of the work W is controlled in the X-axis and Y-axis directions, so that the desired position of the work W is positioned at the processing position directly below the striker 15, and Punching is performed by cooperation with the desired punch 11 and die 13 which are rotationally indexed.
【0019】前記上部フレーム3の図5において左右両
側下部には、板押え装置43と板押え兼切断パンチ45
が取り付けられている。従って、ワークWに打抜き加工
を施す場合には、板押え装置43と板押え兼切断パンチ
45などによりワークWを押圧しワークWの移動を防止
した後、打抜き加工が施される。
In the lower part of the upper frame 3 on both left and right sides in FIG. 5, a plate holding device 43 and a plate holding / cutting punch 45 are provided.
Is attached. Therefore, when punching the work W, the work W is pressed by the plate holding device 43 and the plate holding / cutting punch 45 to prevent the movement of the work W, and then the punching is performed.
【0020】ワークWから多数個取りの切り離しをする
切断加工は、前記板押え兼切断パンチ45を上部フレー
ム3に取り付けたジョイント部切断装置47で行われ
る。
The cutting process for separating a large number of pieces from the workpiece W is performed by a joint cutting device 47 in which the plate presser / cutting punch 45 is attached to the upper frame 3.
【0021】ジョイント部切断装置47における板押え
兼切断パンチ45は、図3に示されているように上部フ
レーム3にパンチホルダ49が吊設され、これに剛性の
低いコイルばね51を介して中空筒状のパンチガイド5
3が上下動自在に設けられている。このパンチガイド5
3の内部には、剛性の高いコイルばね55を介して、パ
ンチ57が上下動自在に設けられている。
As shown in FIG. 3, a plate holder and cutting punch 45 in the joint cutting device 47 has a punch holder 49 suspended from the upper frame 3 and a hollow through a coil spring 51 having low rigidity. Cylindrical punch guide 5
3 is provided to be vertically movable. This punch guide 5
A punch 57 is provided inside the unit 3 via a highly rigid coil spring 55 so as to be vertically movable.
【0022】パンチ57の真上には、ラムシリンダ59
が上部フレーム3に設けられており、パンチ57の真下
には、ダイ61を備えたダイホルダ62が下部フレーム
5に設けられている。
Immediately above the punch 57, a ram cylinder 59
Are provided on the upper frame 3, and a die holder 62 having a die 61 is provided on the lower frame 5 directly below the punch 57.
【0023】上記構成により、ラムシリンダ59に低圧
の圧油が供給され、コイルばね51が撓んでワークW
が、パンチガイド53の底面で押圧されて図3に示す如
くとなり、ワークWは例えば図4のような多数個取りの
小製品のA,B又はCのジョイント部で押圧されてい
る。
According to the above configuration, low-pressure oil is supplied to the ram cylinder 59, and the coil spring 51 is bent and the work W
However, the workpiece W is pressed by the bottom surface of the punch guide 53 as shown in FIG. 3, and the work W is pressed by a joint A, B or C of a small multi-piece product as shown in FIG.
【0024】この状態において、ラムシリンダ59に高
圧の圧油が供給されると、コイルばね55も撓みパンチ
57が下降して、ワークWのジョイント部を切り離す。
切り離された小製品は、ジョイント部切断装置47の側
方に設けられた搬出側移動サイドテーブル23へ送られ
る。そして後述のサイドシュータ63から滑り落されて
搬出される。
In this state, when high-pressure oil is supplied to the ram cylinder 59, the coil spring 55 also bends and the punch 57 descends, thereby separating the joint of the work W.
The separated small product is sent to the unloading side movable side table 23 provided on the side of the joint cutting device 47. Then, it is slid down from a side shooter 63 described later and carried out.
【0025】従ってワークWには、打抜き加工部17で
パンチ11とダイ13の協働により打抜き加工が施さ
れ、打抜き加工部17の側方に配置されたジョイント部
切断装置47でパンチ57とダイ61の協働により、多
数個取りの小製品の切り離しの切断加工が施される。
Accordingly, the work W is subjected to a punching process by the cooperation of the punch 11 and the die 13 in the punching portion 17, and the punch 57 and the die 57 are jointed by the joint cutting device 47 arranged on the side of the punching portion 17. By the cooperation of 61, the cutting process for separating the small-sized multi-piece products is performed.
【0026】而してワークWの把み替えをしないで、打
抜き加工と切断加工を連続的に行なうことができるの
で、加工された製品は高精度のものが得ることができ
る。
Since the punching and the cutting can be performed continuously without changing the workpiece W, a high-precision processed product can be obtained.
【0027】さて、切り離された小製品を滑り落して外
部へ搬出するサイドシュータ63は、図6に示されるよ
うに、搬出側移動サイドテーブル23の固定センターテ
ーブル19寄りにかつ前後方向の中央部に設けられてい
る。
As shown in FIG. 6, the side shooter 63 for sliding the separated small products down and carrying them out is located near the fixed center table 19 of the carrying-out side moving side table 23 and at the center in the front-rear direction. It is provided in.
【0028】この構成は、図1,図2に示されるよう
に、サイドシュータ63は搬出側移動サイドテーブル2
3下方の固定センターテーブル19寄りに前後に設けら
れた第1ブラケット65に支持された第1ヒンジピン6
7に枢支されて、下方へ揺動自在に支持されている。
As shown in FIG. 1 and FIG. 2, the side shooter 63 has
3 The first hinge pin 6 supported by the first bracket 65 provided at the front and rear near the fixed center table 19 below.
7, and is supported swingably downward.
【0029】一方、搬出側移動サイドテーブル23の下
部の前記ブラケット65により右方に第2ブラケット6
9が固定されている。この第2ブラケット69に支持さ
れた第2ヒンジピン71に枢支されて、下方へ揺動自在
の直角三角形状のリンクプレート73が設けられてい
る。
On the other hand, the second bracket 6 is moved rightward by the bracket 65 below the unloading side moving side table 23.
9 is fixed. A right triangular link plate 73 pivotally supported by the second hinge pin 71 supported by the second bracket 69 and swinging downward is provided.
【0030】このリンクプレート73を揺動させるため
に、搬出側移動サイドプレート23の下部、前記第2ブ
ラケット69より更に右方寄りに設けられた第3ブラケ
ット75に支持された第3ヒンジピン77と、リンクプ
レート73の下端に設けられた第4ヒンジピン79とに
支承された両端ピンジョイント取り付けのピストンロッ
ド81Pを装着した流体圧シリンダ81が設けられてい
る。
In order to swing the link plate 73, a third hinge pin 77 supported by a third bracket 75 provided on the lower portion of the unloading-side movable side plate 23 and further to the right of the second bracket 69 is provided. A fluid pressure cylinder 81 provided with a piston rod 81P attached to both ends of a pin joint supported by a fourth hinge pin 79 provided at the lower end of the link plate 73 is provided.
【0031】更にリンクプレート73の左端には水平方
向の長穴83が設けられていて、内部を第5ヒンジピン
85が摺動するようになっている。又、この第5ヒンジ
ピン85は、前記サイドシュータ63の下部中央付近に
垂下して設けられた開閉ブラケット87にも支持されて
いる。
Further, a horizontal elongated hole 83 is provided at the left end of the link plate 73 so that the fifth hinge pin 85 slides inside. The fifth hinge pin 85 is also supported by an opening / closing bracket 87 which is provided near the center of the lower portion of the side shooter 63.
【0032】なお、図1に示されるように調整ねじ89
が前記搬出側移動サイドテーブル23に垂直方向に取り
付けられていて、先端をリンクプレート73の上面に当
接させて流体圧シリンダ81のピストンロッド81Pを
伸張した時、サイドシュータ63の上面が水平になるよ
うに調整されている。又、サイドシュータ63が水平状
態にある時は、他のテーブル類と同様にワークWを支え
る役目を果すので、上面には適宜な数のフリーベアリン
グが取り付けられている。尚、符号69から87までの
部品でリンク装置91が構成されている。
Incidentally, as shown in FIG.
Is vertically attached to the carry-out side moving side table 23, and when the tip is brought into contact with the upper surface of the link plate 73 to extend the piston rod 81P of the hydraulic cylinder 81, the upper surface of the side shooter 63 becomes horizontal. It has been adjusted to be. When the side shooter 63 is in a horizontal state, it functions to support the work W like other tables, so that an appropriate number of free bearings are mounted on the upper surface. The link device 91 is composed of components 69 to 87.
【0033】上記構成において、流体圧シリンダ81を
作動させピストンロッド81Pを収縮させると、リンク
プレート73は第2ヒンジピン71を中心に図1におい
て反時計方向回りに揺動するから、第5ヒンジピン85
は長穴83内を摺動しながら下方へ移動される。よって
開閉ブラケット87も下方へ引っ張られる。従ってサイ
ドシュータ63は、第1ヒンジピン67を支点として右
へ揺動されて開放されるから、製品を滑り落して搬出す
ることが出来る。
In the above configuration, when the hydraulic cylinder 81 is operated to contract the piston rod 81P, the link plate 73 swings counterclockwise in FIG. 1 around the second hinge pin 71.
Is moved downward while sliding in the elongated hole 83. Therefore, the opening / closing bracket 87 is also pulled downward. Therefore, the side shooter 63 is swung to the right with the first hinge pin 67 as a fulcrum and opened, so that the product can slide down and be carried out.
【0034】上述のように、サイドシュータ63の作動
機構は簡単で軽量であるから、搬出側移動サイドテーブ
ル23と共に一体的である前記搬入側移動サイドテーブ
ル21,キャリッジベース25がY軸方向に移動して振
動を起すことはない。従って、振動によってワークWが
ワーククランプ41からずれて加工精度に悪影響をおよ
ぼすことはない。
As described above, since the operation mechanism of the side shooter 63 is simple and lightweight, the carry-in side moving side table 21 and the carriage base 25 which are integral with the carry-out side moving side table 23 move in the Y-axis direction. Does not cause vibration. Therefore, the work W is not displaced from the work clamp 41 due to the vibration and does not adversely affect the processing accuracy.
【0035】又、図4のようにワークWから多数の小製
品を打ち抜く場合でも、ワンクランプのまま打ち抜いて
は次々と板押え兼切断パンチ45で切断してサイドシュ
ータ63から搬出されるので、能率的、省スペース的で
ある上に良好な加工精度を保つことが出来る。更にサイ
ドシュータ63は十分大きく取れるので製品の大きさに
制限を受けない。
Further, even when a large number of small products are punched out from the work W as shown in FIG. 4, the punching is performed with the one clamp and then cut one after another by the plate holding / cutting punch 45 and carried out from the side shooter 63. Efficient, space-saving, and good processing accuracy can be maintained. Furthermore, the size of the product is not limited because the side shooter 63 can be made sufficiently large.
【0036】次に、本実施例の考案の構成をまとめると
以下のようになる。
Next, the configuration of the invention of this embodiment is summarized as follows.
【0037】即ち、上部フレーム3に複数のパンチ11
を備えた回転可能な上部タレットを設け、下部フレーム
5に複数のダイ13を備えた回転可能な下部タレット9
を上部タレット7に上下に対向して設け、上部タレット
7の上方位置に所定のパンチ11を上方向から押圧する
ストライカ15を昇降可能に設け、下部フレーム5にお
ける下部タレット9の前側(図5において紙面に向かっ
て表側、図6において下側)に固定センターテーブル1
9を固定して設け、下部フレーム5における固定センタ
ーテーブル19の左右(図5および図6において左右)
両側に一対の移動サイドテーブル21,23を前後方向
へ移動可能にそれぞれ設け、一対の移動サイドテーブル
21,23に左右方向へ延びたキャリッジベース25を
設け、このキャリッジベース25にワークWの端部をク
ランプするワーククランプ41を備えたキャリッジ35
を左右方向へ移動可能に設け、タレット11,13の前
側における右方側に、ミクロジョイント加工を施したワ
ークWのジョイント部(例えば図4においてA,B,
C)を切断して製品をワークWから分離せしめるジョイ
ント部切断装置47を設け、一対の移動サイドテーブル
21,23のうちこのジョイント部切断装置47に近接
した移動サイドテーブル23における左側の中央部に、
四角形状の切欠部を形成し、この切欠部内に上記製品を
搬出するワークシュータ63を設け、ほぼ水平な水平位
置と、ワークシュータ63の右端側が左端側よりも下が
った傾斜位置との間において、ワークシュータ63を左
端側の揺動中心を基準として上下方向へ揺動可能に構成
してなることを特徴とする。
That is, a plurality of punches 11
And a lower rotatable turret 9 having a plurality of dies 13 on the lower frame 5.
Is provided vertically on the upper turret 7, and a striker 15 for pressing a predetermined punch 11 from above is provided at a position above the upper turret 7 so as to be able to move up and down, and the front side of the lower turret 9 in the lower frame 5 (in FIG. 5). Fixed center table 1 on the front side (lower side in FIG. 6)
9 is fixedly provided, and left and right of the fixed center table 19 in the lower frame 5 (right and left in FIGS. 5 and 6).
A pair of movable side tables 21 and 23 are provided on both sides so as to be movable in the front-rear direction. A pair of movable side tables 21 and 23 is provided with a carriage base 25 extending in the left-right direction. 35 provided with work clamp 41 for clamping
Are provided so as to be movable in the left-right direction, and a joint portion (for example, A, B, and
C) is provided with a joint cutting device 47 for cutting the product and separating the product from the work W. The joint is cut at the left center of the movable side table 23 of the pair of movable side tables 21 and 23 which is close to the joint cutting device 47. ,
A rectangular cutout is formed, and a work shooter 63 for carrying out the product is provided in the cutout. Between a substantially horizontal position and an inclined position where the right end of the work shooter 63 is lower than the left end, It is characterized in that the work shooter 63 is configured to be vertically swingable with reference to the swing center on the left end side.
【0038】本実施の作用をまとめると、以下のように
なる。
The operation of the present embodiment is summarized as follows.
【0039】即ち、上部タレット7および下部タレット
9を回転させて所定のパンチ11および所定のダイ13
をストライカ15の垂直下方(真下)に位置せしめる。
ワーククランプ41によりワークWの端部をクランプし
た状態のもとで、キャリッジベース25を一対の移動サ
イドテーブル21,23と一体的に前後方向へ移動させ
ると共に、キャリッジ35を左右方向へ移動させること
により、ワークWをタレット7,9に対して位置決めす
る。そして、ストライカ15により所定のパンチ11を
上方向から押圧することにより、ワークWに対して打ち
抜き加工を行う。
That is, by rotating the upper turret 7 and the lower turret 9, a predetermined punch 11 and a predetermined die 13 are rotated.
Is positioned vertically below (just below) the striker 15.
While the end of the work W is clamped by the work clamp 41, the carriage base 25 is moved in the front-back direction integrally with the pair of moving side tables 21 and 23, and the carriage 35 is moved in the left-right direction. Thereby, the workpiece W is positioned with respect to the turrets 7 and 9. Then, a predetermined punch 11 is pressed from above by the striker 15 to perform a punching process on the workpiece W.
【0040】上述の作用を適宜に繰り返すことにより、
ジョイント部を残してワークWにおける製品に相当する
部分の外形部に対して打ち抜き加工(ミクロジョイント
加工)を行うことができる。
By appropriately repeating the above operation,
Punching (microjoining) can be performed on the outer portion of the portion corresponding to the product in the work W while leaving the joint portion.
【0041】ワークWに対してミクロジョイント加工を
行った後に、ジョイント部切断装置47によりこのワー
クWのジョイント部を切断して製品をワークWから分離
せしめる。この時、製品はワークシュータ63上に位置
している。そして、ワークシュータ63を左側の揺動中
心を基準として下方向へ揺動させて、水平位置から傾斜
位置に位置せしめる。これによって、製品をワークシュ
ータ63から搬出して直ちに取り出すことができる。
After micro-joint processing is performed on the work W, the joint portion of the work W is cut by the joint cutting device 47 to separate the product from the work W. At this time, the product is located on the work shooter 63. Then, the work shooter 63 is swung downward with reference to the left swing center, so as to be positioned from the horizontal position to the inclined position. Thus, the product can be carried out of the work shooter 63 and immediately taken out.
【0042】以上のごとき、本実施例の考案によれば、
ジョイント部切断装置47をタレット7,9の前側にお
ける右方側に設けると共に、ワークシュータ63を移動
サイドテーブル23における左側の中央部に形成された
切欠部内に設けたことにより、コンベア装置を用いるこ
となく、製品をワークシュータ63からタレットパンチ
プレス1の外側へ搬出して直ちに取り出すことができる
ため、構成要素の数を減らしてタレットパンチプレス1
の構成の簡略化を図ることができる。
As described above, according to the invention of this embodiment,
Since the joint cutting device 47 is provided on the right side on the front side of the turrets 7 and 9 and the work shooter 63 is provided in a cutout formed in the center portion on the left side of the movable side table 23, a conveyor device can be used. Instead, the product can be carried out of the work shooter 63 to the outside of the turret punch press 1 and immediately taken out.
Can be simplified.
【0043】[0043]
【考案の効果】請求項1に記載の考案によれば、ジョイ
ント部切断装置をタレットの前側における左方側,右方
側のうちの一方側に設けると共に、ワークシュータをジ
ョイント部切断装置に近接した移動サイドテーブルにお
ける左方側,右方側のうちの他方側の中央部に形成した
切欠部内に設けたことにより、コンベア装置を用いるこ
となく、製品をワークシュータからタレットパンチプレ
スの外側へ搬出して直ちに取り出すことができるため、
構成要素の数を減らしてタレットパンチプレスの構成の
簡略化を図ることができる。
According to the first aspect of the present invention, the joint cutting device is provided on one of the left side and the right side on the front side of the turret, and the work shooter is located close to the joint cutting device. The product is carried out of the work shooter to the outside of the turret punch press without using a conveyor device by providing the product in the cutout formed in the center of the other of the left side and the right side of the movable side table. And immediately take it out,
The configuration of the turret punch press can be simplified by reducing the number of components.
【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]
【図1】図6におけるI−I線に沿った拡大断面図であ
る。
FIG. 1 is an enlarged sectional view taken along line II in FIG.
【図2】図6におけるII-II 線に沿った拡大断面図であ
る。
FIG. 2 is an enlarged sectional view taken along line II-II in FIG.
【図3】図5におけるIII 矢視部の拡大図である。FIG. 3 is an enlarged view of a part viewed from an arrow III in FIG. 5;
【図4】小製品を多数個取りしたワークの切離し部を示
す説明図である。
FIG. 4 is an explanatory diagram showing a separating portion of a work from which a large number of small products are taken.
【図5】図6におけるV −V 線に沿った拡大断面図であ
る。
5 is an enlarged sectional view taken along line VV in FIG. 6;
【図6】本考案のサイドシュータを備えたタレットパン
チプレスの平面図である。
FIG. 6 is a plan view of a turret punch press provided with the side shooter of the present invention.
【符号の説明】[Explanation of symbols]
1 タレットパンチプレス 9 下部タレット 19 固定センターテーブル 21 搬入側移動サイドテーブル 23 搬出側移動サイドテーブル 47 ジョイント部切断装置 63 サイドシュータ 73 リンクプレート 91 リンク装置 Reference Signs List 1 turret punch press 9 lower turret 19 fixed center table 21 carry-in side moving side table 23 carry-out side moving side table 47 joint section cutting device 63 side shooter 73 link plate 91 link device

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】(57) [Scope of request for utility model registration]
  1. 【請求項1】 フレームの上部に複数のパンチを備えた
    回転可能な上部タレットを設け、上記フレームの下部に
    複数のダイを備えた回転可能な下部タレットをこの上部
    タレットに上下に対向して設け、上部タレットの上方位
    置に所定のパンチを上方向から押圧するストライカを設
    け、上記フレームの下部における下部タレットの前側に
    固定センタテーブルを固定して設け、フレームの下部に
    おけるこの固定センタテーブルの左右両側に一対の移動
    サイドテーブルを前後方向へ移動可能にそれぞれ設け、
    一対の移動サイドテーブルに左右方向へ延びたキャリッ
    ジベースを設け、このキャリッジベースにワークの端部
    をクランプするワーククランプを備えたキャリッジを左
    右方向へ移動可能に設け、上記タレットの前側における
    左方側,右方側のうちの一方側に、ミクロジョイント加
    工を施したワークのジョイント部を切断して製品をワー
    クから分離せしめるジョイント部切断装置を設け、一対
    の移動サイドテーブルのうちこのジョイント部切断装置
    に近接した移動サイドテーブルにおける左方側,右方側
    のうちの他方側の中央部に、四角形状の切欠部を形成
    し、この切欠部内に上記製品を搬出するワークシュータ
    を設け、ほぼ水平な水平位置と、ワークシュータにおけ
    る左端側,右端側のうちの一端側が他端側よりも下がっ
    た傾斜位置との間において、ワークシュータを左端側,
    右端側のうちの他端側の揺動中心を基準として上下方向
    へ揺動可能に構成してなることを特徴とするタレットパ
    ンチプレス。
    1. A rotatable upper turret having a plurality of punches is provided at an upper portion of a frame, and a rotatable lower turret having a plurality of dies is provided at a lower portion of the frame so as to be vertically opposed to the upper turret. A striker for pressing a predetermined punch from above is provided above the upper turret, and a fixed center table is fixedly provided on the front side of the lower turret in the lower part of the frame, and the left and right sides of the fixed center table in the lower part of the frame A pair of movable side tables are provided so as to be movable in the front-rear direction,
    A carriage base extending in the left-right direction is provided on a pair of moving side tables, and a carriage provided with a work clamp for clamping an end of a work is provided on the carriage base so as to be movable in the left-right direction, and a left side on the front side of the turret. , A joint cutting device is provided on one of the right sides to cut a joint portion of a micro-joint-processed work to separate a product from the work, and the joint cutting device of a pair of movable side tables is provided. A square notch is formed in the center of the other side of the left side and the right side of the moving side table close to, and a work shooter for carrying out the product is provided in the notch, and a substantially horizontal work shooter is provided. Between the horizontal position and the inclined position where one of the left and right ends of the work shooter is lower than the other end. Stomach, the work shooter left end side,
    A turret punch press characterized in that the turret punch press is configured to be vertically swingable with reference to a swing center of the other end of the right end.
JP1991008776U 1991-02-25 1991-02-25 Turret punch press Active JP2564215Y2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1991008776U JP2564215Y2 (en) 1991-02-25 1991-02-25 Turret punch press

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1991008776U JP2564215Y2 (en) 1991-02-25 1991-02-25 Turret punch press

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04108936U JPH04108936U (en) 1992-09-21
JP2564215Y2 true JP2564215Y2 (en) 1998-03-04

Family

ID=31899560

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1991008776U Active JP2564215Y2 (en) 1991-02-25 1991-02-25 Turret punch press

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2564215Y2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3374276B2 (en) * 1998-12-09 2003-02-04 アオト印刷株式会社 Method of manufacturing paper spoon

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6352949A (en) * 1986-08-18 1988-03-07 Murata Mach Ltd Output device for workpiece in laminar material processing machine

Also Published As

Publication number Publication date
JPH04108936U (en) 1992-09-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3565880B2 (en) Molding die used for product separation
JP2564215Y2 (en) Turret punch press
JPH0833931A (en) Method and die for separating article for microjoint processing
GB2085342A (en) Clamping apparatus
JPH07112579B2 (en) Punch press
JPH0542334A (en) Composite working machine
JP3792831B2 (en) Plate material processing method and composite processing machine in composite processing line
JPH07164058A (en) Sheet bending machine and method for using it
JPH06262474A (en) Clamp device
JP3224240B2 (en) Punch press
JPH05123779A (en) Forming method in punch press
JP2000263140A (en) Bending device and bending method using the same
JP2003103422A (en) Multiple type plate material machining method and multiple type plate machining system
JPH0735620Y2 (en) Work support device for sheet metal processing machine
JP2581517Y2 (en) Clamping device for punching machine
JP2549832Y2 (en) Work clamp device
JP3162770B2 (en) Punch press
JP2564220Y2 (en) Punch press
JP2599405B2 (en) Extra punching method of plate material by punch press
JP2966393B2 (en) Turret punch press
JP2548763Y2 (en) Turret punch press
JPH0810442Y2 (en) Punch press work shooter
JPH0713865Y2 (en) Table device in plate processing machine
JP2000301258A (en) Punch press
JPH0732066A (en) Turret punch press