JP2019083052A - Privilege management device and privilege management method - Google Patents

Privilege management device and privilege management method Download PDF

Info

Publication number
JP2019083052A
JP2019083052A JP2019014049A JP2019014049A JP2019083052A JP 2019083052 A JP2019083052 A JP 2019083052A JP 2019014049 A JP2019014049 A JP 2019014049A JP 2019014049 A JP2019014049 A JP 2019014049A JP 2019083052 A JP2019083052 A JP 2019083052A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
benefit
user
card
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2019014049A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
澤田 英樹
Hideki Sawada
英樹 澤田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
KDDI Corp
Original Assignee
KDDI Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by KDDI Corp filed Critical KDDI Corp
Priority to JP2019014049A priority Critical patent/JP2019083052A/en
Publication of JP2019083052A publication Critical patent/JP2019083052A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

To provide a point management server capable of preventing loss at a shop.SOLUTION: A point management server 4 includes: an acquisition unit 472 that acquires sales information pertinent to a shop, commodities pertinent to the shop, component parts constituting a commodity, or stock information representing stocks of items required to provide a service; a generation unit 474 that generates a piece of privilege information representing a privilege on the basis of the sales information or the stock information acquired by the acquisition unit 472; a terminal identification unit 475 that identifies a user terminal 12 which is associated with a piece of attribute information of the privilege; and a notification unit 476 that notifies the user terminal 12 identified by the terminal identification unit 475 of the generated privilege information.SELECTED DRAWING: Figure 11

Description

本発明は、特典管理装置及び特典管理方法に関する。   The present invention relates to a reward management apparatus and a reward management method.

従来、店舗における来客を増加させるために、当該商品又はサービスの購入に対して特典を付与するクーポンを発行することが行われている(例えば、特許文献1参照)。   Conventionally, in order to increase the number of visitors in a store, it has been performed to issue a coupon for giving a privilege to purchase of the product or service (for example, see Patent Document 1).

特開2009−251843号公報JP, 2009-251843, A

ところで、店舗では、客が常に来店するとは限らない。例えば、店舗が飲食店の場合には、昼食及び夕食の時間帯に来客が多く、それ以外の時間帯では来客が少ない。このため、来客が多く混雑している時間帯には、満席等により店舗に来店しようとしていた客が他店に流れてしまい機会損失が発生する。また、来客が少ない時間帯には、空席が多く発生することにより、売上が少なくなってしまうという問題が発生する。   By the way, in a store, a customer does not always come to the store. For example, when the store is a restaurant, there are many visitors during lunch and dinner hours, and there are few visitors during other hours. For this reason, during a time zone in which a large number of visitors are crowded, a customer who is trying to come to a store due to a seat full or the like flows to another store and an opportunity loss occurs. In addition, when there are a large number of vacant seats in a time zone where there are few visitors, there is a problem that the sales will be reduced.

また、飲食店等の店舗において提供する商品には、在庫が多い食材や在庫が少ない食材がある。例えば、在庫が多い食材については、この食材を使用した商品を、在庫が少ない食材を使用した商品に比べて多く販売することが好ましい。しかしながら、在庫が多い食材を使用した商品の販売状況によっては、当該食材を廃棄せざるを得ず、損失が発生する場合もある。   Moreover, there are foodstuffs with a large stock and foodstuffs with a small stock in goods provided in stores, such as a restaurant. For example, with regard to foodstuffs having a large stock, it is preferable to sell a product using the foodstuff in a larger amount than a product using a foodstuff having a small stock. However, depending on the state of sale of products using foodstuffs with a large stock, the foodstuffs can not but be disposed of and losses may occur.

そこで、本発明はこれらの点に鑑みてなされたものであり、店舗における損失を抑制することができる特典管理装置及び特典管理方法を提供することを目的とする。   Then, this invention is made in view of these points, and it aims at providing the privilege management apparatus and the privilege management method which can suppress the loss in a shop.

本発明の第1の態様に係る特典管理装置は、店舗に係る売上情報、又は前記店舗に係る商品、前記商品を構成する部材、若しくはサービスを提供するために必要な物品の在庫を示す在庫情報を取得する取得部と、前記取得部が取得した前記売上情報又は前記在庫情報に基づいて、特典を示す特典情報を生成する生成部と、前記特典の属性情報に関連付けられているユーザの携帯端末を特定する端末特定部と、前記端末特定部が特定した前記携帯端末に、生成された前記特典情報を通知する通知部と、を有する。   A privilege management device according to a first aspect of the present invention is inventory information indicating sales information pertaining to a store, or a product pertaining to the store, a member that constitutes the product, or an article required to provide a service. A generation unit for acquiring benefit information indicating the benefit based on the sales information acquired by the acquisition unit or the inventory information, and a portable terminal of a user associated with attribute information of the benefit And a notification unit for notifying the mobile terminal specified by the terminal identification unit of the generated benefit information.

前記生成部は、前記取得部が取得した前記売上情報又は前記在庫情報に基づいて、有効期間を有する前記特典を示す特典情報を生成してもよい。   The generation unit may generate, based on the sales information acquired by the acquisition unit or the inventory information, benefit information indicating the benefit having a valid period.

前記生成部は、前記取得部が取得した前記売上情報に基づいて前記店舗における混雑状況を特定し、当該混雑状況、又は前記取得部が取得した前記在庫情報に基づいて、前記特典を示す特典情報を生成してもよい。   The generation unit identifies congestion status in the store based on the sales information acquired by the acquisition unit, and privilege information indicating the benefit based on the congestion status or the stock information acquired by the acquisition unit May be generated.

前記生成部は、特定した前記混雑状況又は前記取得部が取得した前記在庫情報に基づいて、前記特典の内容を変化させてもよい。
前記生成部は、前記ユーザが前記特典の使用を宣言したことを示す宣言情報を取得し、当該宣言情報の取得状況に基づいて前記特典の内容を変化させてもよい。
The generation unit may change the content of the benefit based on the identified congestion status or the stock information acquired by the acquisition unit.
The generation unit may obtain declaration information indicating that the user has declared the use of the benefit, and may change the content of the benefit based on an acquisition status of the declaration information.

前記特典管理装置は、前記ユーザによる前記特典の使用履歴を記憶する記憶部をさらに有し、前記端末特定部は、前記特典の属性情報に関連付けられているユーザのうち、前記使用履歴に基づいて前記特典を過去に使用したユーザの携帯端末を特定してもよい。   The benefit management apparatus further includes a storage unit for storing a use history of the benefit by the user, and the terminal identification unit is based on the use history among the users associated with attribute information of the benefit. The mobile terminal of the user who used the said privilege in the past may be specified.

前記端末特定部は、カードを利用した決済サービスを利用するユーザの携帯端末を特定してもよい。   The terminal identification unit may identify a portable terminal of a user who uses a payment service using a card.

本発明の第2の態様に係る特典管理方法は、コンピュータが実行する、店舗に係る売上情報、又は前記店舗に係る商品、前記商品を構成する部材、若しくはサービスを提供するために必要な物品の在庫を示す在庫情報を取得するステップと、取得された前記売上情報又は前記在庫情報に基づいて、特典を示す特典情報を生成するステップと、前記特典の属性情報に関連付けられているユーザの携帯端末を特定するステップと、特定された前記携帯端末に、生成された前記特典情報を通知するステップと、を有する。   A privilege management method according to a second aspect of the present invention is a computer-implemented sales information pertaining to a store, or a product pertaining to the store, a member constituting the product, or an article necessary for providing a service. A step of acquiring inventory information indicating inventory, a step of generating privilege information indicating a privilege based on the acquired sales information or the inventory information, and a portable terminal of a user associated with attribute information of the privilege , And notifying the identified portable terminal of the generated benefit information.

本発明によれば、店舗における損失を抑制することができるという効果を奏する。   ADVANTAGE OF THE INVENTION According to this invention, it is effective in the ability to suppress the loss in a shop.

本発明の電子通貨管理システムの概要を示す図である。It is a figure showing the outline of the electronic money management system of the present invention. 電子通貨管理システムのシステム構成を示す図である。It is a figure showing the system configuration of an electronic money management system. 電子通貨管理システムを構成する各サーバで管理する情報を示す図である。It is a figure which shows the information managed by each server which comprises an electronic money management system. ユーザ端末の表示画面例を示す図である。It is a figure which shows the example of a display screen of a user terminal. カード発行時の動作を示す図である。It is a figure which shows the operation | movement at the time of card | curd issuance. カード発行時の処理の流れを示す図である。It is a figure showing the flow of processing at the time of card issue. カードにチャージする際の動作を示す図である。It is a figure which shows the operation | movement at the time of charging to a card. カードを用いて商品を購入する際の動作を示す図である。It is a figure which shows the operation | movement at the time of purchasing goods using a card | curd. ユーザに対してポイントを付与する際の動作を示す図である。It is a figure which shows the operation | movement at the time of providing a point with respect to a user. ユーザに対してユーザ固有のサービスを提供する際の動作を示す図である。It is a figure which shows the operation | movement at the time of providing a user specific service with respect to a user. ポイント管理サーバの構成を示す図である。It is a figure which shows the structure of a point management server. 属性情報記憶部及び店舗情報記憶部に記憶されている情報の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the information memorize | stored in the attribute information storage part and the shop information storage part. 特典情報記憶部及び使用履歴記憶部に記憶されている情報の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the information memorize | stored in the privilege information storage part and the use log | history storage part. 受信した特典を示す表示画面例を示す図である。It is a figure which shows the example of a display screen which shows the received privilege. ポイント管理サーバが特典を付与する処理に係るシーケンス図である。It is a sequence diagram which concerns on the process which a point management server provides a privilege.

[電子通貨管理システムSの概要]
初めに、図1を参照して、電子通貨管理システムSの概要について説明する。電子通貨管理システムSは、ユーザがカード11を用いて使用することができる電子通貨の残高を管理し、ユーザの携帯電話(以下、ユーザ端末12)からカード11の管理を可能にするシステムである。電子通貨とは、クレジット、ポイント及びクーポン等のように、金銭価値を有する無形の通貨である。カードは、例えば、電子通貨を用いて商品やサービスを購入する際に使用できるクレジットカード又はプリペイドカードである。
[Overview of Electronic Currency Management System S]
First, an overview of the electronic money management system S will be described with reference to FIG. The electronic money management system S is a system that manages the balance of electronic currency that can be used by the user using the card 11, and enables management of the card 11 from the user's mobile phone (hereinafter, user terminal 12). . An electronic currency is an intangible currency having monetary value, such as credits, points, coupons and the like. The card is, for example, a credit card or a prepaid card that can be used when purchasing goods or services using an electronic currency.

ユーザは、予めカード11に関連付けられた口座に電子通貨を貯めて、商品やサービスを購入する際に、カード11を用いて、当該口座に格納された電子通貨を使用することができる。電子通貨管理システムSでは、ユーザ端末12が、例えば携帯電話網の基地局を介してアクセス可能な電子通貨管理装置10においてカード11とユーザ端末12とを連携させることで、ユーザ端末12を用いたカード管理を実現している。具体的には、電子通貨管理システムSでは、ユーザ端末12を用いて、プリペイド式のカードへのチャージ(入金)や、カード残高、付与されたポイント及び利用履歴の確認等を実現している。   The user can store electronic currency in an account previously associated with the card 11 and use the card 11 to use the electronic currency stored in the account when purchasing goods or services. In the electronic money management system S, the user terminal 12 uses the user terminal 12 by linking the card 11 and the user terminal 12 in the electronic currency management apparatus 10 accessible via, for example, a base station of a mobile telephone network. Card management is realized. Specifically, in the electronic currency management system S, charge (payment) to a prepaid card, confirmation of a card balance, given points, usage history, and the like are realized using the user terminal 12.

ユーザは、多様な方法で電子通貨を貯めることができる。ユーザは、例えば、カード11に設定されたカード番号によって指定される口座に現金を振り込んでチャージすることにより電子通貨を貯めることができる。また、ユーザは、カード11を用いて現実店舗やオンライン店舗で買い物をして、購入額等に応じたポイントを受け取ることにより、電子通貨を貯めることもできる。ユーザは、カード11に関連付けられた電子通貨の残高を、ユーザ端末12から確認することができるので、電子通貨を貯めて、様々な用途で利用する意欲が高まる。
以下、電子通貨管理システムSを実現するための具体的な構成の一例について説明する。
Users can store electronic currency in a variety of ways. The user can store electronic currency by, for example, transferring cash to an account specified by a card number set in the card 11 and charging it. The user can also store electronic currency by shopping at a real shop or an online shop using the card 11 and receiving points according to the purchase amount and the like. Since the user can check the balance of the electronic currency associated with the card 11 from the user terminal 12, the user is motivated to save the electronic currency and use it in various applications.
Hereinafter, an example of a specific configuration for realizing the electronic currency management system S will be described.

[電子通貨管理システムSのシステム構成]
図2は、電子通貨管理システムSのシステム構成の一例を示す図である。図2に示すように、電子通貨管理システムSは、ユーザ機器1と、ユーザ機器1がアクセス可能な電子通貨管理装置10と、を含んで構成される。電子通貨管理装置10は、カード管理サーバ2と、キャリアサーバ3と、ポイント管理サーバ4と、を含んで構成される。
[System Configuration of Electronic Currency Management System S]
FIG. 2 is a diagram showing an example of a system configuration of the electronic money management system S. As shown in FIG. As shown in FIG. 2, the electronic currency management system S includes a user device 1 and an electronic currency management device 10 accessible to the user device 1. The electronic money management device 10 is configured to include a card management server 2, a carrier server 3, and a point management server 4.

ユーザ機器1は、電子通貨管理システムSが提供するサービスを利用する各ユーザが用いる機器であり、カード11と、ユーザ端末12と、を含む。   The user device 1 is a device used by each user who uses a service provided by the electronic currency management system S, and includes a card 11 and a user terminal 12.

カード11は、国際ブランドの決済NW50を利用して決済を行うカードであり、予めチャージしておいた金額に基づいて利用額の決済を行えるプリペイドカードである。なお、カード11として、プリペイドカードに代えて(又は加えて)利用額を後払いするクレジットカード又はチャージ額を後払いするポストペイ型カードを用いることとしてもよい。
ユーザ端末12は、通信キャリアが提供する通信NWを介して通信(通話)を行う通信装置であり、例えば、携帯電話、スマートフォン、タブレットPC等である。ユーザ端末12には、所定のアプリケーションプログラムがインストールされており、当該プログラムに基づき実行されるアプリケーションを介して、ユーザ端末12からカード11の管理をすることができる。
The card 11 is a card that performs settlement using the international brand settlement NW 50, and is a prepaid card that can make a payment of the usage amount based on the amount charged in advance. A credit card may be used as the card 11 in place of (or in addition to) a prepaid card, or a postpaid card in which the charge amount may be postpaid.
The user terminal 12 is a communication device that performs communication (call) via the communication NW provided by the communication carrier, and is, for example, a mobile phone, a smartphone, a tablet PC, or the like. A predetermined application program is installed in the user terminal 12, and the card 11 can be managed from the user terminal 12 via an application executed based on the program.

カード管理サーバ2は、カード11の利用履歴をユーザ毎に管理するサーバであり、当該カード11に関する情報を記憶する。ここで、図3(A)にカード管理サーバ2に記憶される各種情報の一例を示す。図3(A)に示すように、カード管理サーバ2では、管理番号に関連付けてプリペイドカード番号(以下、単に「カード番号」と呼ぶ)、残高、及び利用履歴等の各種情報を記憶する。
カード番号は、カード11に設定された概ね16桁の英数字からなる番号であり、カード11を識別するための識別情報である。管理番号は、カード番号に対して一意に対応する番号であり、他サーバと連携する際にカード番号に代えてカード11を識別するために用いられる。残高は、カード11に設定されたカード番号によって指定される口座にチャージされた金額の残高を示す情報である。利用履歴は、カード11を用いた買い物の履歴であり、購入日時、購入対象の商品/サービス、購入額、購入場所(店舗名)等を含む。
The card management server 2 is a server that manages the use history of the card 11 for each user, and stores information on the card 11. Here, FIG. 3A shows an example of various information stored in the card management server 2. As shown in FIG. 3A, the card management server 2 stores various information such as a prepaid card number (hereinafter simply referred to as a "card number"), a balance, and a usage history in association with the management number.
The card number is an approximately 16-digit alphanumeric number set in the card 11 and is identification information for identifying the card 11. The management number is a number uniquely corresponding to the card number, and is used to identify the card 11 instead of the card number when cooperating with another server. The balance is information indicating the balance of the amount charged in the account specified by the card number set in the card 11. The usage history is a history of shopping using the card 11, and includes purchase date and time, goods / services to be purchased, purchase amount, purchase place (store name), and the like.

キャリアサーバ3は、通信キャリアが用いるサーバであり、通信キャリアが提供するサービスのユーザ端末12の利用履歴をユーザ毎に管理する。キャリアサーバ3は、利用履歴に基づいて、ユーザに対する請求額を算出する。また、キャリアサーバ3は、通信キャリアが提供するサービスをユーザ端末12に提供する入口(ポータル)として機能する。例えば、キャリアサーバ3は、ユーザ端末12からの要求に応じて、ユーザIDに関連付けられたカード番号に対応する口座に貯まっている電子通貨の残高をポイント管理サーバ4から取得し、ユーザ端末12に電子通貨の残高を通知することができる。また、キャリアサーバ3は、ユーザIDに関連付けられたポイントをポイント管理サーバ4から取得し、ユーザ端末12にポイントの残高を通知してもよい。   The carrier server 3 is a server used by the communication carrier, and manages the use history of the user terminal 12 of the service provided by the communication carrier for each user. The carrier server 3 calculates the amount billed to the user based on the usage history. Further, the carrier server 3 functions as an entrance (portal) for providing the user terminal 12 with a service provided by the communication carrier. For example, in response to a request from the user terminal 12, the carrier server 3 acquires the balance of the electronic currency stored in the account corresponding to the card number associated with the user ID from the point management server 4. The balance of the electronic currency can be notified. Further, the carrier server 3 may acquire points associated with the user ID from the point management server 4 and notify the user terminal 12 of the balance of the points.

ここで、図3(B)にキャリアサーバ3において管理される各種情報の一例を示す。図3(B)に示すように、キャリアサーバ3では、ユーザIDに関連付けて、ユーザ端末12の電話番号、請求額、契約ID、及び契約者名等の各種情報を記憶する。
ユーザIDは、ユーザ端末12又は当該ユーザ端末12を用いるユーザを識別する識別情報である。電話番号は、通信端末であるユーザ端末12に設定された電話番号である。請求額は、ユーザ端末12の利用に伴いユーザに対して請求する金額であり、例えば、通信料金、ユーザ端末12で利用したコンテンツの利用料金を含む。なお、通信キャリアによっては、携帯電話だけでなく、固定電話やケーブルテレビ等の複合的なサービスをユーザに提供することがあるため、請求額には、ユーザIDが示すユーザに対して提供しているサービスに関する料金を含めることとしてもよい。また、契約IDは、通信キャリアと結んだ契約を識別する識別情報であり、契約者が、当該契約を行ったことを示す情報である。通信キャリアでは、通信料金を同一人又は家族の範囲でまとめて請求することがある。契約ID及び契約者名は、通信料金の請求をまとめる範囲、及びまとめた通信料金を請求する対象を判別するための情報である。
Here, FIG. 3B shows an example of various information managed by the carrier server 3. As shown in FIG. 3B, the carrier server 3 stores various information such as the telephone number of the user terminal 12, the billing amount, the contract ID, and the contractor name in association with the user ID.
The user ID is identification information that identifies the user terminal 12 or a user who uses the user terminal 12. The telephone number is a telephone number set in the user terminal 12 which is a communication terminal. The billed amount is an amount charged to the user as the user terminal 12 is used, and includes, for example, a communication charge and a usage charge of the content used by the user terminal 12. In addition, depending on the communication carrier, not only mobile phones but also complex services such as fixed telephones and cable TVs may be provided to users, so the billing amount should be provided to the user indicated by the user ID. You may include the charge for the service you have. The contract ID is identification information for identifying a contract signed with the communication carrier, and is information indicating that the contractor has made the contract. Communication carriers may charge communication charges collectively for the same person or family. The contract ID and the contractor name are information for determining the scope of combining communication fee claims and the target for which the summarized communication fee is to be billed.

なお、図示しないものの、キャリアサーバ3は、ユーザIDに関連付けて、ユーザ端末12の契約期限、契約日時等の契約に関する情報、また、ユーザ端末12の利用に応じた請求額の支払いが済んでいる/遅延しているといった通信料金の支払いに関する情報を記憶することとしてもよい。   Although not shown, the carrier server 3 has already paid for the information related to the contract such as the contract term of the user terminal 12, the contract date and time, and the billing amount according to the use of the user terminal 12 in association with the user ID. It is also possible to store information on payment of communication charges such as being / delayed.

ポイント管理サーバ4は、カード11の利用(例えば、カードを用いた買い物)に応じたポイントと、ユーザ端末12又はユーザIDが示すユーザに対して提供しているサービスの利用に応じたポイントとを統合して管理するサーバである。ここで、図3(C)及び図3(D)にポイント管理サーバ4において管理される各種情報の一例を示す。
図3(C)に示すように、ポイント管理サーバ4では、ユーザIDに関連付けて、管理番号、ポイント、及び明細情報等の各種情報を記憶する。ユーザIDは、ユーザ端末12を用いるユーザを識別する識別情報であり、キャリアサーバ3と連携する際に用いられる。管理番号は、カード番号に一意に対応する番号であり、カード管理サーバ2と連携する際に用いられる。ポイントは、キャリアサーバ3から取得した請求額、及びカード管理サーバ2から取得した購入額(即ち、購入した商品の決済金額)に応じて、対応するユーザに対して付与されたポイント数を示す情報である。明細情報は、カード11及びポイントの利用履歴を含む情報であり、カード11を用いた買い物の履歴、及びユーザに対して付与されたポイントの履歴を示す。
The point management server 4 includes a point according to the use of the card 11 (for example, shopping using the card) and a point according to the use of the service provided to the user indicated by the user terminal 12 or the user indicated by the user ID. It is a server integrated and managed. Here, FIG. 3 (C) and FIG. 3 (D) show an example of various information managed by the point management server 4.
As shown in FIG. 3C, the point management server 4 stores various information such as a management number, points, and detailed information in association with the user ID. The user ID is identification information for identifying a user who uses the user terminal 12, and is used when cooperating with the carrier server 3. The management number is a number uniquely corresponding to the card number, and is used when cooperating with the card management server 2. Information indicating the number of points given to the corresponding user according to the billed amount acquired from the carrier server 3 and the purchase amount acquired from the card management server 2 (that is, the settlement amount of the purchased product) It is. The specification information is information including the usage history of the card 11 and points, and indicates the history of shopping using the card 11 and the history of points given to the user.

また、図3(D)に示すように、ポイント管理サーバ4では、購入額や請求額に基づいて付与するポイントを算出するためのポイント付与レートを、利用形態に関連付けて記憶する。利用形態としては、カード11の利用又はユーザ端末12の利用が考えられるが、これら以外にも、カード11を利用した店舗が通常店であるか、ポイント優遇店であるか等に応じて、レートを異ならせることとしてもよい。なお、カード11を利用した店舗を示す情報は、カード管理サーバ2から利用履歴を受信することで、取得することができる。   Further, as shown in FIG. 3D, the point management server 4 stores a point grant rate for calculating points to be granted based on the purchase amount and the bill amount, in association with the usage form. As the form of use, use of the card 11 or use of the user terminal 12 can be considered, but in addition to these, the rate depending on whether the store using the card 11 is a normal store or a point preferential store, etc. May be different. The information indicating the store using the card 11 can be acquired by receiving the usage history from the card management server 2.

ポイント管理サーバ4は、カード管理サーバ2がカード番号に関連付けて管理する電子通貨の残高を、ユーザIDに関連付けて記憶してもよい。この場合、ポイント管理サーバ4は、カード管理サーバ2において電子通貨の残高が更新されたタイミングに同期して、記憶している電子通貨の残高を更新する。ポイント管理サーバ4は、ユーザ端末12からの要求に応じて、当該ユーザ端末12に対応するユーザIDに関連付けて記憶した電子通貨の残高を記憶部から読み出し、キャリアサーバ3を介して、電子通貨の残高をユーザ端末12に通知することができる。なお、ポイント管理サーバ4は、ユーザ端末12から電子通貨の残高を要求されたタイミングで、カード管理サーバ2からユーザIDに対応するカード番号に関連付けられた電子通貨の残高を取得し、取得した残高をユーザ端末12に通知してもよい。   The point management server 4 may store the balance of the electronic currency managed by the card management server 2 in association with the card number in association with the user ID. In this case, the point management server 4 updates the stored balance of the electronic currency in synchronization with the timing when the balance of the electronic currency is updated in the card management server 2. The point management server 4 reads the balance of the electronic currency stored in association with the user ID corresponding to the user terminal 12 from the storage unit in response to the request from the user terminal 12, and transmits the balance of the electronic currency via the carrier server 3. The balance can be notified to the user terminal 12. The point management server 4 acquires the balance of the electronic currency associated with the card number corresponding to the user ID from the card management server 2 at the timing when the balance of the electronic currency is requested from the user terminal 12, and the acquired balance May be notified to the user terminal 12.

以上のとおり、電子通貨管理システムSでは、カード管理サーバ2と、キャリアサーバ3と、ポイント管理サーバ4とが連携することにより、カード番号とユーザIDとを関連付けて管理することができる。即ち、電子通貨管理システムSは、カード識別情報とユーザ端末を用いるユーザを識別するユーザ識別情報とを関連付けて管理する。具体的には、電子通貨管理システムSでは、ポイント管理サーバ4が、カード番号及びユーザIDのいずれにも関連付けられた管理番号を介して、カード番号とユーザIDとを関連付ける。   As described above, in the electronic currency management system S, the card management server 2, the carrier server 3, and the point management server 4 can cooperate with each other to associate and manage the card number and the user ID. That is, the electronic currency management system S associates and manages card identification information and user identification information identifying a user who uses a user terminal. Specifically, in the electronic currency management system S, the point management server 4 associates the card number with the user ID via the management number associated with both the card number and the user ID.

そして、電子通貨管理システムSは、カード管理サーバ2において、カード番号に関連付けて、カードによる決済が可能な電子通貨の残高を管理する。キャリアサーバ3は、ユーザ端末12からの要求に応じて、ユーザIDに関連付けられたカード番号に対応する口座に貯まっている電子通貨の残高を、ポイント管理サーバ4を介してカード管理サーバ2から取得し、ユーザ端末12に電子通貨の残高を通知することができる。このようにすることで、電子通貨管理システムSにおいては、ユーザが、電子通貨の口座に関する情報をユーザ端末12に入力することなく、あたかもユーザ端末12に関連付けて電子通貨が管理されているかのような感覚で、電子通貨の残高を把握することができる。   Then, the electronic currency management system S manages the balance of the electronic currency that can be settled by the card in the card management server 2 in association with the card number. The carrier server 3 acquires the balance of the electronic currency stored in the account corresponding to the card number associated with the user ID from the card management server 2 via the point management server 4 in response to the request from the user terminal 12 Can notify the user terminal 12 of the balance of the electronic currency. By doing this, in the electronic currency management system S, without the user inputting information on the account of the electronic currency to the user terminal 12, it is as if the electronic currency is managed in association with the user terminal 12. It is possible to grasp the balance of the electronic currency in a simple way.

また、以上の構成の電子通貨管理システムSでは、ポイント管理サーバ4は、カード管理サーバ2において管理されるカード11の利用状況と、キャリアサーバ3において管理されるユーザ端末12の利用状況とを統合し、ポイントの統合を実現する。具体的には、ポイント管理サーバ4は、管理番号とユーザIDとを連携させることで、カード11の利用状況とユーザ端末12の利用状況とを統合する。   In the electronic currency management system S configured as described above, the point management server 4 integrates the use status of the card 11 managed by the card management server 2 and the use status of the user terminal 12 managed by the carrier server 3. And realize integration of points. Specifically, the point management server 4 integrates the usage status of the card 11 and the usage status of the user terminal 12 by linking the management number and the user ID.

ポイント管理サーバ4では、統合された情報をユーザIDに関連付けて管理するため、ユーザIDをキーとして、該当するユーザのカード11の利用状況及びユーザ端末12の利用状況を取得することができる。
そこで、電子通貨管理システムSでは、ユーザ端末12を用いるユーザがユーザIDを指定して要求を行うと、当該ユーザがポイント管理サーバ4で管理される各種情報を把握可能にしている。具体的には、ユーザ端末12が、ユーザIDを含む所定の情報をキャリアサーバ3に送信すると、キャリアサーバ3は、このユーザIDをキーとしてポイント管理サーバ4から関連する各種情報を取得し、ユーザ端末12に対して提供する。なお、ポイント管理サーバ4及びキャリアサーバ3は、前回要求時に提供した情報に対する差分の情報を、ユーザ端末12に対して提供することとしてもよい。
Since the point management server 4 manages the integrated information in association with the user ID, the usage status of the card 11 of the corresponding user and the usage status of the user terminal 12 can be acquired using the user ID as a key.
Therefore, in the electronic money management system S, when the user using the user terminal 12 makes a request by specifying the user ID, the user can grasp various information managed by the point management server 4. Specifically, when the user terminal 12 transmits predetermined information including a user ID to the carrier server 3, the carrier server 3 acquires various pieces of related information from the point management server 4 using the user ID as a key, and the user It provides to the terminal 12. The point management server 4 and the carrier server 3 may provide the user terminal 12 with information on the difference with respect to the information provided at the time of the previous request.

[ユーザ端末12の表示画面例]
ここで、キャリアサーバ3から提供される各種情報に基づきユーザ端末12に表示される表示画面の一例を図4に示す。図4(A)は、上述のアプリケーション実行中に表示されるトップ画面の一例を示す表示画面200であり、図4(B)は、当該アプリケーション実行中に表示されるメニュー画面の一例を示す表示画面210である。
[Example of display screen of user terminal 12]
Here, an example of a display screen displayed on the user terminal 12 based on various information provided from the carrier server 3 is shown in FIG. FIG. 4 (A) is a display screen 200 showing an example of the top screen displayed during the execution of the application described above, and FIG. 4 (B) is a display showing an example of the menu screen displayed during the execution of the application. It is a screen 210.

図4(A)に示すように、表示画面200は、カード残高表示201と、ポイント数表示202と、チャージボタン203と、メニューボタン204と、を含んで構成される。
カード残高表示201は、プリペイド式のカード11の残高を示す表示であり、ポイント数表示202は、ユーザに付与されたポイント数を示す表示である。カード残高表示201及びポイント数表示202は、ユーザIDをキーとしてポイント管理サーバ4から取得したカード11の残高やポイント数に基づいて表示内容が制御される。
As shown in FIG. 4A, the display screen 200 is configured to include a card balance display 201, a point number display 202, a charge button 203, and a menu button 204.
The card balance display 201 is a display showing the balance of the prepaid card 11, and the point number display 202 is a display showing the number of points given to the user. The display contents of the card balance display 201 and the point number display 202 are controlled based on the balance and the number of points of the card 11 acquired from the point management server 4 using the user ID as a key.

チャージボタン203は、ユーザがカード11に所望の金額をチャージする際に用いられる。チャージボタン203が操作され、ユーザが所定のチャージ操作を行うと、ユーザIDと管理番号とが連携して、カード管理サーバ2へチャージ要求が行われる。
メニューボタン204は、キャリアサーバ3が提供する各種サービスのメニュー画面を呼び出す際に用いられる。メニューボタン204が操作されると、ユーザ端末12には、図4(B)に示す表示画面210が表示される。
The charge button 203 is used when the user charges the card 11 with a desired amount. When the charge button 203 is operated and the user performs a predetermined charge operation, a charge request is issued to the card management server 2 in cooperation with the user ID and the management number.
The menu button 204 is used when calling up menu screens of various services provided by the carrier server 3. When the menu button 204 is operated, the display screen 210 shown in FIG. 4 (B) is displayed on the user terminal 12.

図4(B)に示すように、表示画面210には、ポイント用メニュー211と、ショッピング用メニュー212と、カード用メニュー213と、が含まれる。
ポイント用メニュー211は、「ポイントを利用して商品を購入する」、「ポイントを利用して特典(クーポン)を得る」等のように、ポイントの利用を促すメニューを含む。これにより、ユーザにはポイントを利用可能な様々なサービスが提供されるため、ユーザは、付与されたポイントを様々な場面で利用することができる。
As shown in FIG. 4B, the display screen 210 includes a point menu 211, a shopping menu 212, and a card menu 213.
The point menu 211 includes a menu prompting the use of the points, such as “purchase a product using the points”, “get a benefit (coupon) using the points”, and the like. As a result, since the user is provided with various services that can use points, the user can use the provided points in various scenes.

ショッピング用メニュー212は、「ポイント優遇店の紹介」や、「カード11を用いて買い物が可能な店舗を紹介する」等のようにカード11の利用を促すメニューを含む。カード11が利用されると、ポイント管理サーバ4において購入額に応じたポイントが付与されることになるため、このようなメニューを提供することで、ポイント付与の機会を増大することができる。
カード用メニュー213は、カード11の利用明細を確認するためのメニューを含む。このメニューを選択することで、ユーザは、カード11の利用履歴を確認することができる。
The shopping menu 212 includes a menu for promoting the use of the card 11, such as "introduction of point preferential shops", "introducing shops that can shop using the card 11", and the like. When the card 11 is used, points corresponding to the purchase amount will be given in the point management server 4, and by providing such a menu, it is possible to increase the opportunity for giving points.
The card menu 213 includes a menu for confirming the usage details of the card 11. By selecting this menu, the user can check the usage history of the card 11.

[電子通貨管理システムSの動作]
以上、電子通貨管理システムSの構成について説明した。続いて、図5〜図10を参照して、電子通貨管理システムSの動作について説明する。
[Operation of Electronic Currency Management System S]
The configuration of the electronic money management system S has been described above. Subsequently, the operation of the electronic money management system S will be described with reference to FIGS.

[カード発行時の動作]
まず、図5及び図6を参照して、カード発行時の動作について説明する。電子通貨管理システムSでは、使用できないようにロックした状態でカード11を発行するとともに、カード11とユーザ端末12とを連携してカード11のロックを解除する。ロックした状態とは、例えば、カード管理サーバ2側において決済やチャージ等の要求を不可とする状態である。
具体的には、図5に示すように、カード11には、ユーザ端末12が読み取り可能なIC(Integrated Circuit)チップ111が設けられており、このICチップ111をユーザ端末12が読み取ることでカード11のロックが解除され、カード11が使用可能になる。なお、本実施形態では、カード11にNFC(Near Field Communication)に対応したICチップ111を設けておき、ユーザ端末12は、自身が有するNFC通信機能を用いてICチップ111を読み取ることとしている。
[Operation at card issuance]
First, with reference to FIG. 5 and FIG. 6, an operation at the time of card issuance will be described. In the electronic money management system S, the card 11 is issued in a locked state so that it can not be used, and the card 11 and the user terminal 12 cooperate with each other to unlock the card 11. The locked state is, for example, a state in which the card management server 2 can not make a request such as payment or charge.
Specifically, as shown in FIG. 5, the card 11 is provided with an IC (Integrated Circuit) chip 111 readable by the user terminal 12, and the card is read by the user terminal 12. The 11 is unlocked and the card 11 becomes usable. In the present embodiment, the IC chip 111 corresponding to NFC (Near Field Communication) is provided on the card 11, and the user terminal 12 reads the IC chip 111 using the NFC communication function of its own.

ここで、図6を参照して、カード発行時の処理の一例について説明する。
初めに、ステップS1において、カード発行事業者(カード管理サーバ2)は、ロック解除に使用可能な情報をICチップ111に格納することで、当該情報をカード11にセットする。なお、ICチップ111に格納する情報は任意の情報であり、本実施形態では、例えば、ユーザ端末12を識別するユーザIDを用いることとしている。カード11にロック解除に使用可能な情報をセットすると、ステップS2において、カード管理サーバ2は、ユーザに対してカード11を発行する。
Here, with reference to FIG. 6, an example of processing at the time of card issuance will be described.
First, in step S1, the card issuer (card management server 2) sets the information that can be used for unlocking in the card 11 by storing the information in the IC chip 111. The information stored in the IC chip 111 is arbitrary information, and in this embodiment, for example, a user ID for identifying the user terminal 12 is used. When information usable for unlocking is set in the card 11, the card management server 2 issues the card 11 to the user in step S2.

カード管理サーバ2から発行されたカード11が届くと、ステップS3において、ユーザは、ユーザ端末12を用いてカード11のICチップ111を読み取る。即ち、ユーザがユーザ端末12とカード11とを接触させると、ユーザ端末12が有するNFC機能が発揮され、ICチップ111に格納されたロック解除に使用可能な情報をカード11から読み取る。続いて、ステップS4において、ユーザ端末12では、自身が有する情報と読み取った情報とが一致するか否かを判定する。このとき、両情報(ユーザID)が一致する場合には、ステップS5において、ユーザ端末12は、使用許可要求を行い、ステップS6において、カード管理サーバ2は、発行したカード11のロックを解除し、使用を許可する。他方、ステップS4において両情報が一致しない場合には、ステップS7において、ユーザ端末12では所定のエラー処理が行われる。   When the card 11 issued from the card management server 2 arrives, the user reads the IC chip 111 of the card 11 using the user terminal 12 in step S3. That is, when the user brings the user terminal 12 and the card 11 into contact with each other, the NFC function of the user terminal 12 is exhibited, and information stored in the IC chip 111 that can be used for unlocking is read from the card 11. Subsequently, in step S4, the user terminal 12 determines whether the information owned by the user itself matches the read information. At this time, if the two pieces of information (user ID) match each other, the user terminal 12 makes a use permission request in step S5, and the card management server 2 unlocks the issued card 11 in step S6. , Allow use. On the other hand, when the two pieces of information do not match in step S4, the user terminal 12 performs predetermined error processing in step S7.

以上、カード発行時の処理の一例について説明した。なお、カード11にセットするロック解除に使用可能な情報は、所定の方式により暗号化しておくこととしてもよい。この場合、ユーザ端末12において自身のユーザIDを暗号化した情報を持っておくこと、又は暗号鍵情報を記憶しておくことで、ユーザ端末12において両情報が一致するか否かの判定を行うことができる。
また、図6に示す例では、ユーザ端末12においてロック解除のための判定を行うこととしている。この点、当該判定をユーザ端末12ではなく、カード管理サーバ2、キャリアサーバ3及びポイント管理サーバ4のいずれかで行うこととしてもよい。
In the above, an example of processing at the time of card issuance has been described. The information that can be used to unlock the card 11 may be encrypted according to a predetermined method. In this case, the user terminal 12 determines whether the two pieces of information match each other by holding information in which the user ID of the user terminal 12 is encrypted or by storing encryption key information. be able to.
Further, in the example shown in FIG. 6, it is assumed that the user terminal 12 performs the determination for releasing the lock. In this regard, the determination may be performed not by the user terminal 12 but by any of the card management server 2, the carrier server 3, and the point management server 4.

なお、カード11のロックを解除した後にユーザ端末12がカード11に設けられたICチップ111を読み取ると、上述のアプリケーション実行中に表示される表示画面(例えば、図4(A)に示す表示画面200)を、ユーザ端末12において自動的に表示することとしてもよい。即ち、ユーザ端末12は、ICチップ111を読み取ると、キャリアサーバ3に対して各種情報の要求を行い、この要求に応じて取得した情報を表示する。   In addition, when the user terminal 12 reads the IC chip 111 provided on the card 11 after releasing the lock of the card 11, the display screen displayed during the execution of the above-described application (for example, the display screen shown in FIG. 200) may be automatically displayed on the user terminal 12. That is, when the user terminal 12 reads the IC chip 111, the user terminal 12 requests the carrier server 3 for various information, and displays the acquired information in response to the request.

[チャージ時の動作]
続いて、図7を参照して、カード11に金額をチャージする際の動作について説明する。図7(A)は、トップ画面を示す表示画面200(図4(A)参照)において、チャージボタン203が操作された場合に表示されるチャージメニュー画面を示す表示画面220である。
[Operation at the time of charge]
Subsequently, with reference to FIG. 7, an operation at the time of charging an amount to the card 11 will be described. FIG. 7A is a display screen 220 showing a charge menu screen displayed when the charge button 203 is operated in the display screen 200 (see FIG. 4A) showing the top screen.

図7(A)に示すように、本実施形態の電子通貨管理システムSでは、カード11に金額をチャージする方法として、チャージ方法221及びチャージ方法222を少なくとも含む。チャージ方法221は、付与されたポイントの少なくとも一部のポイントを用いてカード11に金額をチャージするチャージ方法であり、ポイントを所定のレートで金銭に変換することでチャージする。また、チャージ方法222は、キャリア決済を用いてチャージするチャージ方法である。キャリア決済とは、ユーザ端末12の通信料金と併せて決済することであり、このチャージ方法222では、チャージした金額をユーザ端末12の請求額に加算して請求する。なお、本実施形態では、チャージ方法221、222についてのみ説明するが、カード11へのチャージ方法はこれらに限るものでなく、他の方法により実現することとしてもよい。例えば、ユーザが用いる銀行口座を予め設定しておき、この銀行口座を介してカード11にチャージすることとしてもよい。   As shown in FIG. 7A, the electronic money management system S of the present embodiment at least includes a charge method 221 and a charge method 222 as a method of charging the card 11 with a monetary amount. The charge method 221 is a charge method for charging the card 11 with an amount of money using at least a part of the awarded points, and charges the money by converting the points into money at a predetermined rate. The charge method 222 is a charge method of charging using carrier settlement. The carrier payment is to make a payment together with the communication charge of the user terminal 12. In the charge method 222, the charged amount is added to the charge amount of the user terminal 12 and charged. Although only the charging methods 221 and 222 will be described in the present embodiment, the method of charging the card 11 is not limited to these, and may be realized by another method. For example, a bank account used by the user may be set in advance, and the card 11 may be charged via the bank account.

チャージ方法221とチャージ方法222の動作の流れを図7(B)に示す。図7(B)に示すように、ステップS11において、ユーザ端末12は、キャリアサーバ3に対してチャージ要求を行う。このチャージ要求では、ユーザ端末12は、キャリアサーバ3に対してユーザIDとともに、チャージ方法及びチャージ金額を通知する。   The flow of operations of the charge method 221 and the charge method 222 is shown in FIG. 7 (B). As shown in FIG. 7B, the user terminal 12 makes a charge request to the carrier server 3 in step S11. In this charge request, the user terminal 12 notifies the carrier server 3 of the charge method and charge amount together with the user ID.

キャリアサーバ3は、チャージ要求を受けると、ステップS12において、ポイント管理サーバ4に対して、ユーザ端末12からチャージ要求を受けたことを通知する。具体的には、キャリアサーバ3は、チャージ要求を受けたユーザ端末12を識別するユーザIDを用いて、ポイント管理サーバ4に対して通知を行う。   When receiving the charge request, the carrier server 3 notifies the point management server 4 that the charge request has been received from the user terminal 12 in step S12. Specifically, the carrier server 3 notifies the point management server 4 using the user ID identifying the user terminal 12 that has received the charge request.

続く、ステップS13において、ポイント管理サーバ4では、ユーザIDに対応する管理番号を特定し、カード管理サーバ2に対して、当該管理番号に対応するカード11に設定されたカード番号に関連付けられた口座に対して、要求された金額をチャージするように通知する。この通知を受けると、カード管理サーバ2では、管理番号に対応するカード番号のカード11に設定されたカード番号に対応する口座に対して通知された金額を入金する。なお、このステップS13の処理は、詳細には、ステップS14A,Bの処理が行われた後に行われることになる。   Subsequently, in step S13, the point management server 4 specifies a management number corresponding to the user ID, and the card management server 2 has an account associated with the card number set in the card 11 corresponding to the management number. , To notify them to charge the requested amount. When this notification is received, the card management server 2 receives the notified amount of money for the account corresponding to the card number set in the card 11 of the card number corresponding to the management number. The process of step S13 is performed in detail after the process of steps S14A and S14 is performed.

ステップS14Aは、チャージ方法221が選択された場合に実行される処理であり、ステップS14Bは、チャージ方法222が選択された場合に実行される処理である。
ステップS14Aでは、ポイント管理サーバ4は、ユーザIDに関連付けられたポイントから、チャージ金額に相当するポイントを減算する。
Step S14A is a process performed when the charge method 221 is selected, and step S14B is a process performed when the charge method 222 is selected.
In step S14A, the point management server 4 subtracts points corresponding to the charge amount from the points associated with the user ID.

また、ステップS14Bでは、キャリアサーバ3は、ユーザIDに関連付けられている請求額にチャージ金額に相当する金額を加算し、所定のタイミングでユーザに対して請求する。
なお、キャリア決済では、通信キャリアとの契約内容に応じて決済可能枠が設定される場合がある。一例として、通信キャリアが提供するサービスへの加入月数に応じて決済可能枠が設定される場合があり、例えば、加入月数「12ヶ月」のユーザに対しては決済可能枠「5000円」、加入月数「36ヶ月」のユーザに対しては決済可能枠「1万円」が設定される。このような場合には、ステップS14Bの処理において、キャリアサーバ3は、当月のチャージ金額の合計が、決済可能枠内であるか否かを判定し、決済可能枠内である場合に限り、キャリア決済を可能にしてもよい。
Also, in step S14B, the carrier server 3 adds an amount corresponding to the charge amount to the billing amount associated with the user ID, and charges the user at a predetermined timing.
In the carrier settlement, the settlement available limit may be set according to the content of the contract with the communication carrier. As an example, the settlement available frame may be set according to the number of subscription months to the service provided by the communication carrier. For example, the settlement available frame "5000 yen" for the user with the number of subscription months "12 months" For users with 36 months of subscription months, the settlement available frame "10,000 yen" is set. In such a case, in the process of step S14B, the carrier server 3 determines whether or not the total charge amount for the current month is within the settleable limit, and only when the balance is within the clear limit. Settlement may be enabled.

[商品購入時の動作]
続いて、図8を参照して、カード11を用いて商品を購入する際の動作について説明する。なお、カード11は、現実の店舗やインターネット上の仮想店舗で用いることができる。
現実の店舗で商品を購入する場合、ステップS21Aに示すように、カードリーダーを介してカード11を読み取ることで、国際ブランドが提供する決済NW50にカード11のカード番号及び商品購入に関する情報が通知される。なお、商品購入に関する情報とは、例えば、購入額、購入した商品、購入した店舗等の情報である。また、ステップS21Bに示すように、仮想店舗で商品を購入する場合、ユーザ端末12から決済NW50にカード11のカード番号及び商品購入に関する情報が通知される。
[Operation when purchasing goods]
Subsequently, with reference to FIG. 8, an operation at the time of purchasing a product using the card 11 will be described. The card 11 can be used in a real shop or a virtual shop on the Internet.
When purchasing a product at a real store, as shown in step S21A, the payment NW 50 provided by the international brand is notified of the card number of the card 11 and information on the product purchase by reading the card 11 through the card reader. Ru. Here, the information on the product purchase is, for example, information on the purchase amount, the purchased product, the purchased store, and the like. Further, as shown in step S21B, when purchasing a product in the virtual store, the user terminal 12 notifies the payment NW 50 of the card number of the card 11 and information on the product purchase.

決済NW50において所定の決済処理が行われる際には、ステップS22において、決済NW50からカード管理サーバ2に対してカード番号及び商品購入に関する情報が通知される。カード管理サーバ2では、これら情報を受けると、カード番号に対応する残高から購入額を減算して利用履歴を更新するとともに、減算処理が完了したことを決済NW50に通知する。   When a predetermined settlement process is performed in the settlement NW 50, in step S22, the settlement NW 50 notifies the card management server 2 of the card number and information on the purchase of a product. When the card management server 2 receives these pieces of information, the card management server 2 subtracts the purchase amount from the balance corresponding to the card number to update the usage history, and notifies the settlement NW 50 that the subtraction process has been completed.

続いて、ステップS23において、カード管理サーバ2は、ポイント管理サーバ4に対して、カード番号に対応する管理番号とともに商品購入に関する情報を通知する。ポイント管理サーバ4では、取得した商品購入に関する情報に基づいて、管理番号に対応するユーザIDに関連付けられたポイントを更新する。   Subsequently, in step S23, the card management server 2 notifies the point management server 4 of the information on the purchase of the commodity together with the management number corresponding to the card number. The point management server 4 updates the point associated with the user ID corresponding to the management number based on the acquired information on the product purchase.

[ポイント付与時の動作]
続いて、図9を参照して、ユーザに対してポイントを付与する際の動作について説明する。上述したように、本実施形態の電子通貨管理システムSでは、カード11を用いた商品の購入に応じてポイントを付与するとともに、ユーザ端末12の利用に応じてもポイントを付与する。
[Operation when applying points]
Subsequently, with reference to FIG. 9, an operation at the time of giving points to the user will be described. As described above, in the electronic money management system S of the present embodiment, points are awarded in accordance with the purchase of a product using the card 11 and also in accordance with the use of the user terminal 12.

商品の購入に応じてポイントを付与する場合、ステップS31において、ポイント管理サーバ4は、カード管理サーバ2から管理番号とともに商品購入に関する情報を取得する。すると、ステップS32において、ポイント管理サーバ4は、商品を購入した店舗に応じたレートを特定し、当該レートに基づいて購入額に応じたポイントを算出する。なお、このステップS31、ステップS32の処理は、ユーザがカード11を用いて商品を購入する度に行われる。
購入額に応じたポイントを算出すると、ステップS35において、ポイント管理サーバ4は、管理番号に対応するユーザIDに関連付けて記憶しているポイントに、算出したポイントを加算する。
When giving a point according to the purchase of goods, point management server 4 acquires information about goods purchase with a management number from card management server 2 in Step S31. Then, in step S32, the point management server 4 specifies a rate according to the store that has purchased the product, and calculates a point according to the purchase amount based on the rate. The processes in steps S31 and S32 are performed each time the user purchases a product using the card 11.
After calculating the points corresponding to the purchase amount, in step S35, the point management server 4 adds the calculated points to the points stored in association with the user ID corresponding to the management number.

また、ステップS33において、ポイント管理サーバ4は、キャリアサーバ3からユーザIDとともに請求額を取得する。すると、ステップS34において、ポイント管理サーバ4は、予め定められたレートに基づいて請求額に応じたポイントを算出する。なお、このステップS33、ステップS34の処理は、請求額が確定したタイミングで行われる。
請求額に応じたポイントを算出すると、ステップS35において、ポイント管理サーバ4は、ユーザIDに関連付けて記憶しているポイントに、算出したポイントを加算する。
In addition, in step S33, the point management server 4 acquires the billing amount from the carrier server 3 together with the user ID. Then, in step S34, the point management server 4 calculates points according to the billed amount based on a predetermined rate. The processes in steps S33 and S34 are performed at the timing when the billed amount is determined.
After calculating the points according to the billed amount, in step S35, the point management server 4 adds the calculated points to the points stored in association with the user ID.

[ユーザに対してサービスを提供する際の動作]
続いて、図10を参照して、電子通貨管理システムSを利用するユーザに対して当該ユーザ固有のサービスを提供する際の動作について説明する。
ステップS41において、ユーザ端末12は、ユーザIDを伴いキャリアサーバ3にアクセスすると、ステップS42において、キャリアサーバ3は、ユーザIDをポイント管理サーバ4に対して通知する。ステップS43において、ポイント管理サーバ4は、通知されたユーザIDに応じたサービスに関する情報を取得し、キャリアサーバ3に通知し、ステップS44において、キャリアサーバ3からユーザ端末12に対して当該サービスが提供される。
なお、ポイント管理サーバ4ではユーザID毎にアクセス履歴を管理しており、このアクセス履歴に基づいて、前回アクセス時からの差分情報(利用金額、チャージ金額、ポイントの増減)と、現在の残高及び現在のポイント数とを取得する。そして、取得した情報がキャリアサーバ3を介してユーザ端末12に提供されることで、ユーザ端末12において前回との差分や現在の残高及びポイント数等が表示されることになる。
[Operation when providing service to user]
Then, with reference to FIG. 10, the operation | movement at the time of providing the service peculiar to the said user with respect to the user using electronic money management system S is demonstrated.
In step S41, when the user terminal 12 accesses the carrier server 3 with the user ID, the carrier server 3 notifies the point management server 4 of the user ID in step S42. In step S43, the point management server 4 acquires information on the service corresponding to the notified user ID, and notifies the carrier server 3 of the information. In step S44, the carrier server 3 provides the service to the user terminal 12. Be done.
The point management server 4 manages the access history for each user ID, and based on the access history, difference information (the amount of money used, the amount of charge, the increase or decrease of the points) from the previous access, the current balance and Get the current number of points. Then, the acquired information is provided to the user terminal 12 via the carrier server 3, whereby the difference with the previous time, the current balance, the number of points, and the like are displayed on the user terminal 12.

なお、ユーザIDに応じたサービスとは、例えば、当該ユーザが所有するカード11の残高や付与されたポイントを確認可能にするサービスであり、また、ユーザの属性に合った商品を紹介(レコメンド)するサービス等である。
一例として、ポイント管理サーバ4は、ユーザIDに関連付けられた残高やポイントに基づいて、当該残高又はポイントで購入可能な商品、当該残高又はポイントでは足りないもののあと少し追加することで購入可能な商品等を紹介するサービスを提供する。また、ポイント管理サーバ4は、ユーザIDに関連付けらえたユーザの属性(性別、年齢、生年月日、趣味嗜好)等に基づいて、当該ユーザが好む商品を紹介するサービスを提供する。
このようなサービスについても、前回アクセス時から更新があったものを提供することができる。
Note that the service corresponding to the user ID is, for example, a service that enables confirmation of the balance of the card 11 owned by the user and the granted points, and also introduces (recommends) products that match the user's attributes Service etc.
As an example, the point management server 4 can purchase an item that can be purchased with the balance or point, or can add an item slightly after the item that is insufficient with the balance or point, based on the balance or point associated with the user ID. Provide a service to introduce etc. In addition, the point management server 4 provides a service for introducing a product preferred by the user based on the attributes (sex, age, date of birth, taste of taste, etc.) of the user associated with the user ID.
Such services can also be provided that have been updated since the previous access.

また、ポイント管理サーバ4は、ユーザ端末12を用いたサービスの提供者との契約が解除された場合に、ポイントを使用できない状態に変更してもよい。例えば、通信キャリアが、ユーザ端末12を用いた通信サービスを提供し、通信料金に応じたポイントをユーザ端末12のユーザに付与しているとする。この場合において、ポイント管理サーバ4は、ユーザ端末12のユーザが通信キャリアとの契約を解除した旨の情報をキャリアサーバ3から取得すると、ユーザ端末12に関連付けて記憶しているポイントを削除する。ポイント管理サーバ4は、ユーザ端末12のユーザが通信キャリアとの契約を解除した旨の情報を取得すると、ポイントを使用できない旨を示すフラグを付加した状態でポイント残高を記憶してもよい。ポイント管理サーバ4は、ユーザが通信キャリアとの契約を、契約を解除してから所定期間以内に再開したという通知をキャリアサーバ3から受けた場合に、上記のフラグを変更することにより、ポイントを使用できるようにしてもよい。   In addition, the point management server 4 may change the point to a state in which the point can not be used when the contract with the service provider using the user terminal 12 is cancelled. For example, it is assumed that the communication carrier provides the communication service using the user terminal 12 and gives the user of the user terminal 12 a point according to the communication charge. In this case, when the point management server 4 acquires from the carrier server 3 information indicating that the user of the user terminal 12 has canceled the contract with the communication carrier, the point management server 4 deletes the points stored in association with the user terminal 12. When the point management server 4 acquires information indicating that the user of the user terminal 12 has canceled the contract with the communication carrier, the point management server 4 may store the point balance with a flag indicating that the point can not be used. The point management server 4 changes the above flag by receiving the notification from the carrier server 3 that the user has resumed the contract with the communication carrier from the carrier server 3 within a predetermined period of time after canceling the contract. You may use it.

また、本実施形態において、ポイント管理サーバ4は、特典管理装置として機能し、店舗において商品又はサービスを提供することが容易である場合に、価値が高い特典をユーザに通知することにより、当該ユーザが店舗に来店する可能性を高め、店舗における損失を抑制する。   Further, in the present embodiment, the point management server 4 functions as a privilege management device, and when it is easy to provide a product or service in a store, the user is notified by giving the user a valuable benefit to the user. Will increase the possibility of coming to the store and curb losses in the store.

具体的には、ポイント管理サーバ4は、店舗における商品又はサービスの提供可能状況を特定し、当該提供可能状況に基づいて特典を示す特典情報を生成する。そして、ポイント管理サーバ4は、当該店舗の位置から所定範囲内に存在する携帯端末としてのユーザ端末12を特定し、当該ユーザ端末12に対して生成した特典情報を通知する。ここで、提供可能状況とは、店舗における商品又はサービスの提供が可能であるか否か、及び店舗における商品又はサービスの提供が容易であるか否かを示す情報である。
以下、ポイント管理サーバ4がユーザ端末12に対して特典を通知するための機能について詳細に説明する。
Specifically, the point management server 4 specifies the availability status of the product or service in the store, and generates privilege information indicating a privilege based on the availability status. Then, the point management server 4 specifies the user terminal 12 as a portable terminal existing within a predetermined range from the position of the store, and notifies the user terminal 12 of the generated benefit information. Here, the available state is information indicating whether it is possible to provide a product or service in a store and whether it is easy to provide a product or service in the store.
Hereinafter, the function for the point management server 4 to notify the user terminal 12 of the benefit will be described in detail.

[ポイント管理サーバ4の構成]
図11は、本実施形態に係るポイント管理サーバ4の構成を示す図である。ポイント管理サーバ4は、ポイント記憶部41と、属性情報記憶部42と、店舗情報記憶部43と、特典情報記憶部44と、使用履歴記憶部45と、記憶部46と、制御部47とを備える。
[Configuration of point management server 4]
FIG. 11 is a diagram showing the configuration of the point management server 4 according to the present embodiment. The point management server 4 includes a point storage unit 41, an attribute information storage unit 42, a store information storage unit 43, a privilege information storage unit 44, a use history storage unit 45, a storage unit 46, and a control unit 47. Prepare.

ポイント記憶部41、属性情報記憶部42、店舗情報記憶部43、特典情報記憶部44、使用履歴記憶部45、及び記憶部46は、ROM及びRAM等のメモリ、又はハードディスク等の記憶媒体である。   The point storage unit 41, the attribute information storage unit 42, the store information storage unit 43, the privilege information storage unit 44, the usage history storage unit 45, and the storage unit 46 are memories such as ROM and RAM, or storage media such as hard disk .

ポイント記憶部41は、図3(C)に示したように、ユーザIDと、管理番号と、ポイント数と、ポイント明細情報とを関連付けたテーブルを記憶している。ポイント明細情報には、ポイントが付与された店舗や企業の名称、及びポイントが付与された日時等の情報が含まれている。   As shown in FIG. 3C, the point storage unit 41 stores a table in which a user ID, a management number, the number of points, and point specification information are associated. The point specification information includes information such as the name of the store or company to which the point is given, and the date and time when the point is given.

属性情報記憶部42は、図12(A)に示すように、ユーザ端末12のユーザを識別するユーザ識別情報としてのユーザIDと、当該ユーザが通知を希望する特典の属性情報とを関連付けて記憶する。属性情報には、グルメ、ファッション、スポーツ等の各種項目が含まれる。図12(A)に示す例において、項目に「○」が付されている場合、ユーザが当該項目に関連する特典の通知を希望していることを示している。図12(A)に示す例では、ユーザID「TARO97」に対応するユーザが、「グルメ」及び「スポーツ」に係る特典の通知を希望していることを示している。   As shown in FIG. 12A, the attribute information storage unit 42 stores the user ID as user identification information for identifying the user of the user terminal 12 in association with the attribute information of a benefit that the user desires to notify. Do. The attribute information includes various items such as gourmet, fashion and sports. In the example shown in FIG. 12A, when the item is marked with “o”, it indicates that the user desires to notify of the benefit related to the item. The example illustrated in FIG. 12A indicates that the user corresponding to the user ID “TARO 97” desires to notify of benefits associated with “gourmet” and “sports”.

店舗情報記憶部43は、図12(B)に示すように、店舗を識別する店舗識別情報としての店舗IDと、当該店舗において、店舗が混雑していることにより商品又はサービスの提供が困難である場合の基準となる基準売上と、店舗の位置(緯度・経度)を示す位置座標情報とを関連付けて記憶する。ここで、基準売上は、例えば単位時間(例えば、1時間)における売上である。   As shown in FIG. 12B, the store information storage unit 43 has difficulty in providing a product or service because the store is crowded with the store ID as store identification information for identifying the store and the store at that store. A reference sales, which is a reference in a certain case, and position coordinate information indicating the position (latitude / longitude) of a store are stored in association with each other. Here, the reference sales are sales in unit time (for example, one hour), for example.

特典情報記憶部44は、図13(A)に示すように、特典を識別する特典識別情報としての特典IDと、当該特典を通知する店舗を識別する店舗IDと、特典を通知する際の商品又はサービスの提供可能状況と、特典情報と、特典の属性を示す属性情報を関連付けて記憶する。特典情報には、特典が付与される対象の商品又はサービスを識別する商品IDと、特典内容と、特典が付与される期限を示す有効期限とが含まれている。商品IDは、特典を所定の商品又はサービスの購入に限定して付与する場合に用いられる。また、商品IDは、例えば店舗において販売されている全ての商品について特典の対象とする場合には、「−」が記憶される。また、特典内容に含まれている「100p付与」とは、特典として100ポイント付与されることを示している。   As shown in FIG. 13 (A), the benefit information storage unit 44 has a benefit ID as benefit identification information for identifying a benefit, a store ID for identifying a store notifying of the benefit, and a product for notifying the benefit. Alternatively, the service provision status, benefit information, and attribute information indicating an attribute of the benefit are associated and stored. The benefit information includes a product ID for identifying a product or service to which a benefit is to be provided, the content of the benefit, and an expiration date indicating a time period for which the benefit is provided. The product ID is used when a benefit is limited to the purchase of a predetermined product or service. Moreover, "-" is memorize | stored, for example, when making object of privilege with respect to all the goods currently sold at the shop as goods ID. In addition, “100p grant” included in the contents of the benefit indicates that 100 points are awarded as a benefit.

使用履歴記憶部45は、ユーザ端末12のユーザの特典の使用履歴を記憶する。具体的には、使用履歴記憶部45は、ユーザ端末12のユーザのユーザIDと、当該ユーザが使用した特典の特典IDと、当該特典の利用日とを関連付けて記憶する。
図11に戻り、記憶部46は、制御部47を動作させるためのプログラム、及び制御部47が動作する際に生成されるデータを記憶する。
The usage history storage unit 45 stores usage history of benefits of the user of the user terminal 12. Specifically, the usage history storage unit 45 associates and stores the user ID of the user of the user terminal 12, the benefit ID of the benefit used by the user, and the use date of the benefit.
Returning to FIG. 11, the storage unit 46 stores a program for operating the control unit 47 and data generated when the control unit 47 operates.

制御部47は、例えばCPUであり、記憶部46に記憶されたプログラムを実行することにより、特典受付部471、取得部472、状況特定部473、生成部474、端末特定部475、通知部476、及び特典付与部477として機能する。   The control unit 47 is, for example, a CPU, and executes the program stored in the storage unit 46 to obtain the benefit receiving unit 471, the obtaining unit 472, the status specifying unit 473, the generating unit 474, the terminal specifying unit 475, and the notification unit 476. , And functions as a privilege giving unit 477.

特典受付部471は、例えば、商品又はサービスの提供者が使用する管理端末5から、特典を示す特典情報を受け付ける。具体的には、特典受付部471は、管理端末5から特典情報の登録要求を受け付けたことに応じて、特典情報を受け付けるための受付画面を当該管理端末5に送信し、当該受付画面を介して特典情報、提供可能状況、及び特典の属性等を受け付ける。   For example, the benefit receiving unit 471 receives benefit information indicating a benefit from the management terminal 5 used by a product or service provider. Specifically, in response to having received the registration request for the benefit information from the management terminal 5, the benefit receiving unit 471 transmits a reception screen for receiving the benefit information to the management terminal 5, and via the reception screen Receive the privilege information, the available condition, the attribute of the benefit, etc.

ここで、特典受付部471は、特典情報を受け付ける際に、商品又はサービスの提供が困難な状況において通知する特典を示す特典情報と、商品又はサービスの提供が容易な状況において通知する特典を示す特典情報とを受け付ける。特典受付部471は、特典情報等を受け付けると、特典IDを生成し、当該特典IDと、受け付けた提供可能状況、特典情報及び特典の属性とを関連付けて特典情報記憶部44に記憶させる。図13(A)では、特典ID「T001」に、提供可能状況「困難」に対応して特典情報が記憶されているとともに、提供可能状況「容易」に対応して特典情報が記憶されていることが確認できる。ここで、提供可能状況が「容易」に対応する特典は、例えば、店舗において来客が少ない時間帯に対応して設定される特典であり、提供可能状況が「困難」に対応する特典に比べて高い価値に設定される。これにより、ユーザが、高い価値の特典を得るために店舗において来客が少ない時間帯に来店する可能性が高くなり、店舗における機会損失を抑制することができる。   Here, the benefit receiving unit 471 indicates benefit information indicating a benefit to be notified in a situation where provision of a product or service is difficult when accepting benefit information, and a benefit notified in a situation where provision of a product or service is easy. Accept the benefit information. Upon receiving the benefit information or the like, the benefit receiving unit 471 generates a benefit ID, associates the benefit ID with the available provision status, benefit information, and an attribute of the benefit, and stores the result in the benefit information storage unit 44. In FIG. 13A, the benefit ID “T001” stores benefit information corresponding to the available condition “hard”, and stores benefit information corresponding to the available condition “easy”. You can confirm that. Here, the privilege corresponding to the “easiness” of the available condition is, for example, a privilege set corresponding to the time zone where the number of visitors is small in the store, and the available condition is compared to the privilege corresponding to “difficult”. Set to high value. As a result, the user is more likely to visit the store at a time when the number of visitors is small in order to obtain high value benefits, and it is possible to suppress opportunity loss at the store.

取得部472は、店舗に係るリアルタイムの売上情報を取得する。具体的には、取得部472は、複数の店舗のそれぞれにおける時間帯ごとの商品等の売上数若しくは商品や商品を構成する部材の在庫数、又は店舗における空席状態を示す情報を売上情報として外部システムから取得する。取得部472は、売上情報をリアルタイムに取得してもよい。ここで、外部システムは、例えば、店舗の売上を集計するPOS(Point Of Sale)システムや、販売管理システム等である。なお、取得部472は、予約管理システムから、店舗の予約状況及び混雑状況を売上情報として取得してもよい。
また、取得部472は、複数の店舗のそれぞれにおける時間帯ごとの商品等の売上数若しくは在庫数、又は店舗における空席状態を示す情報を記憶部46に記憶させてもよい。また、取得部472は、カード管理サーバ2から、ユーザ端末12のユーザがカード11を用いて購入した商品又はサービスに対応する商品ID、購入した店舗を示す店舗ID、及び管理番号を含む購入情報を取得してもよい。そして、取得部472は、当該購入情報に含まれる店舗IDを参照し、複数の店舗のそれぞれにおける、購入情報を受信した時間帯に売上を集計することによってリアルタイムの売上情報を取得してもよい。
The acquisition unit 472 acquires real-time sales information related to the store. Specifically, the acquisition unit 472 uses information indicating the number of sales of goods or the like for each time zone in each of a plurality of stores, the number of stocks of goods or members constituting the goods, or information indicating vacant seats in the shop as sales information. Get from the system. The acquisition unit 472 may acquire sales information in real time. Here, the external system is, for example, a POS (Point Of Sale) system that aggregates sales of a store, a sales management system, or the like. The acquiring unit 472 may acquire, from the reservation management system, the reservation status and congestion status of the store as sales information.
In addition, the acquiring unit 472 may cause the storage unit 46 to store information indicating the number of sales or the number of stocks of products etc. for each time zone in each of a plurality of stores, or the vacant seat state in the stores. In addition, the acquisition unit 472 is a purchase information including a product ID corresponding to a product or service purchased by the user of the user terminal 12 using the card 11 from the card management server 2, a store ID indicating a purchased store, and a management number. You may get Then, the acquiring unit 472 may acquire real-time sales information by referring to the store ID included in the purchase information and totaling sales in the time slot in which the purchase information is received in each of the plurality of stores. .

状況特定部473は、例えば、管理端末5から、店舗ID及び特典IDを含み、ユーザ端末12に特典を通知する指示を示す指示情報を受信すると、店舗における商品又はサービスの提供可能状況を特定する。具体的には、状況特定部473は、指示情報を受信すると、取得部472が取得した売上情報のうち、指示情報に含まれている店舗IDに対応する売上情報を抽出し、当該売上情報が示す売上が、店舗情報記憶部43に記憶されている基準売上を超えているか否かに基づいて提供可能状況を特定する。例えば、状況特定部473は、売上が基準売上以上である場合、店舗が混雑していることによって商品又はサービスを新規に提供することが困難な状況にあると特定し、売上が基準売上未満である場合、店舗において商品又はサービスを新規に提供することが容易な状況にあると特定する。   The situation specifying unit 473 specifies, for example, the available state of the product or service in the store upon receiving instruction information indicating an instruction to notify the user terminal 12 of the benefit from the management terminal 5 and including the shop ID and the benefit ID. . Specifically, when the instruction specifying unit 473 receives the instruction information, it extracts the sales information corresponding to the store ID included in the instruction information from the sales information acquired by the acquiring unit 472 and the sales information The provision possible situation is specified based on whether the indicated sales exceed the standard sales stored in the store information storage unit 43. For example, when the sales is equal to or higher than the standard sales, the situation specifying unit 473 specifies that it is difficult to newly provide a product or service because the store is crowded, and the sales are less than the standard sales. In some cases, it is specified that it is easy to newly provide a product or service at a store.

なお、本実施形態では、取得部472が取得した売上情報に基づいて商品又はサービスの提供可能状況を特定したが、これに限らない。例えば、商品や、商品を構成する部材、サービスを提供するために必要な物品等の在庫を示す在庫情報を取得し、当該在庫情報に基づいて商品又はサービスの提供可能状況を特定してもよい。   In the present embodiment, the available state of the product or service is specified based on the sales information acquired by the acquisition unit 472. However, the present invention is not limited to this. For example, inventory information indicating an inventory of a product, a member constituting the product, an article necessary for providing a service, etc. may be acquired, and the availability of the product or service may be specified based on the inventory information. .

生成部474は、特定した提供可能状況に基づいて特典を示す特典情報を生成する。生成部474は、特定した提供可能状況が、店舗において商品又はサービスを提供することが困難であることを示している場合に、第1価値の特典を示す第1特典情報を生成し、店舗において商品又はサービスを提供することが容易であることを示している場合に、第1価値よりも価値の高い第2価値の特典を示す第2特典情報を生成する。具体的には、生成部474は、特典情報記憶部44を参照し、特定した提供可能状況に対応する特典情報を特定する。より具体的には、生成部474は、店舗において商品又はサービスを提供することが容易であることを示している場合に、第1特典情報に比べて割引率又は割引額が高い第2特典情報を生成する。   The generation unit 474 generates the benefit information indicating the benefit based on the specified providable situation. The generation unit 474 generates the first benefit information indicating the benefit of the first value when the specified providable situation indicates that it is difficult to provide a product or service in the store, and the store A second benefit information indicating a second value benefit having a higher value than the first value is generated when it indicates that it is easy to provide a product or service. Specifically, the generation unit 474 refers to the privilege information storage unit 44, and identifies the privilege information corresponding to the specified availability situation. More specifically, when the generating unit 474 indicates that it is easy to provide a product or service at a store, the second benefit information having a higher discount rate or discount amount than the first benefit information. Generate

例えば、生成部474は、特典ID「T001」をユーザ端末12に通知する場合において、特定した提供可能状況が商品等を提供することが困難であることを示しているとき、提供可能状況「困難」に関連付けられ、「3%割引」を特典内容とする第1特典情報を生成する。また、生成部474は、特定した提供可能状況が商品等を提供することが容易であることを示しているとき、提供可能状況「容易」に関連付けられ、「10%割引」を特典内容とする第2特典情報を生成する。   For example, in the case where the generation unit 474 notifies the user terminal 12 of the privilege ID “T001,” when the specified providable situation indicates that it is difficult to provide a product etc. The first benefit information is generated that is associated with “3% discount” as a benefit content. In addition, when the generation availability unit 474 indicates that it is easy to provide the product or the like, the generation unit 474 is associated with the availability availability condition “easy” and sets “10% discount” as the privilege content. Generate second benefit information.

ここで、商品又はサービスの提供者から、日常的にユーザに与える特典のみを受け付けておき、生成部474が、特定した提供可能状況が商品等を提供することが容易であることを示している場合に、当該特典の内容を価値の高いものに変化させることにより第2特典情報を生成してもよい。例えば、特典ID「T002」に対応する特典内容は、「100p付与」しか設定されていない。この場合、生成部474は、特定した提供可能状況が商品等を提供することが容易であることを示しているとき、特典内容を「200p付与」と変化させて特典情報を生成してもよい。   Here, from the provider of the product or service, only the privilege to be given to the user on a daily basis is received, and the generating unit 474 indicates that it is easy to provide the product etc. with the specified availability condition. In this case, the second benefit information may be generated by changing the content of the benefit to a high value. For example, only "100p grant" is set as the privilege content corresponding to the privilege ID "T002". In this case, the generation unit 474 may change the content of the benefit to "200p grant" to generate the benefit information when the specified availability condition indicates that it is easy to provide the product or the like. .

また、生成部474は、店舗において商品又はサービスを提供することが容易であることを示している場合に、有効期間が所定期間に設定された第2価値の特典を示す特典情報を生成してもよい。例えば、生成部474は、管理端末5から指示情報を受信した時間から所定期間(例えば、1時間)に有効期間が設定された特典情報を生成してもよい。このようにすることで、例えば、タイムセール形式で特典を通知して集客することができる。   In addition, when the generation unit 474 indicates that it is easy to provide a product or service in a store, the generation unit 474 generates bonus information indicating a benefit of the second value for which the valid period is set to a predetermined period. It is also good. For example, the generation unit 474 may generate privilege information in which the effective period is set for a predetermined period (for example, one hour) from the time when the instruction information is received from the management terminal 5. By doing this, for example, it is possible to notify customers of benefits in a time sale format and attract customers.

端末特定部475は、店舗の位置から所定範囲内に存在するユーザ端末12を特定する。具体的には、端末特定部475は、店舗情報記憶部43を参照し、特典を通知する指示を示す指示情報に含まれる店舗IDに対応する位置情報を特定する。そして、端末特定部475は、指示情報を受信してから所定期間以内に、ユーザ端末12から送信された位置情報を取得する。例えば、端末特定部475は、指示情報を受信した時刻の前後の所定期間に、ユーザ端末12から送信された位置情報を取得する。   The terminal identification unit 475 identifies the user terminal 12 present in a predetermined range from the position of the store. Specifically, the terminal identification unit 475 refers to the store information storage unit 43, and identifies the position information corresponding to the store ID included in the instruction information indicating the instruction to notify the benefit. Then, the terminal identification unit 475 acquires the position information transmitted from the user terminal 12 within a predetermined period after receiving the instruction information. For example, the terminal identification unit 475 acquires the position information transmitted from the user terminal 12 in a predetermined period before and after the time when the instruction information is received.

ここで、位置情報には、ユーザ端末12のユーザに対応するユーザIDと、ユーザ端末12の位置(緯度・経度)を示す位置座標情報とが含まれている。端末特定部475は、位置情報を送信したユーザ端末12のうち、店舗IDに対応する位置情報から所定範囲(例えば、100m)以内のユーザ端末12のユーザIDを特定する。なお、端末特定部475は、Bluetooth(登録商標)や、Wi-Fi(登録商標)等の近距離無線通信を用いて店舗の位置から所定範囲内に存在する端末を特定してもよい。   Here, the position information includes a user ID corresponding to the user of the user terminal 12 and position coordinate information indicating the position (latitude / longitude) of the user terminal 12. The terminal identification unit 475 identifies the user ID of the user terminal 12 within a predetermined range (for example, 100 m) from the position information corresponding to the store ID among the user terminals 12 that have transmitted the position information. The terminal specifying unit 475 may specify a terminal existing within a predetermined range from the position of the store using near field communication such as Bluetooth (registered trademark) or Wi-Fi (registered trademark).

ここで、端末特定部475は、所定のサービスに加入しているユーザのユーザ端末12を特定してもよい。所定のサービスとは、通信キャリアが提供するサービスの少なくともいずれかであり、例えば、プリペイドカードを利用した決済サービスである。カード11を利用した決済サービスを利用するユーザに特典を付与することで、ポイント管理サーバ4は、当該ユーザが店舗においてカード11を使用した場合に、カード管理サーバ2を介してリアルタイムに当該ユーザに係る売上を取得することができる。これにより、特典を付与されたユーザが、特典によって商品又はサービスを購入しているか否かを確認することができる。   Here, the terminal identification unit 475 may identify the user terminal 12 of the user who has subscribed to the predetermined service. The predetermined service is at least one of the services provided by the communication carrier, and is, for example, a payment service using a prepaid card. By giving a privilege to the user who uses the payment service using the card 11, the point management server 4 can give the user the user in real time through the card management server 2 when the user uses the card 11 at the store. Such sales can be obtained. In this way, it is possible to check whether the user who has been given the benefit has purchased a product or service using the benefit.

また、端末特定部475は、特定したユーザ端末12から、通知する特典の属性情報に関連付けられているユーザIDに対応するユーザ端末12をさらに特定してもよい。例えば、端末特定部475は、属性情報記憶部42を参照し、特定したユーザ端末12のユーザIDのうち、通知する特典に対応する属性情報に関連付けられているユーザIDを特定する。このようにすることで、ユーザに対して、希望する属性の特典が通知されるので、特典が使用される確率を上げることができる。   The terminal identification unit 475 may further identify the user terminal 12 corresponding to the user ID associated with the attribute information of the benefit to be notified from the identified user terminal 12. For example, the terminal identification unit 475 refers to the attribute information storage unit 42 and identifies, among the user IDs of the identified user terminals 12, the user ID associated with the attribute information corresponding to the benefit to be notified. By doing this, since the user is notified of the benefit of the desired attribute, the probability of using the benefit can be increased.

また、端末特定部475は、特定したユーザ端末12から、使用履歴記憶部45において、通知する特典に関連付けて記憶されているユーザIDに対応するユーザ端末12をさらに特定してもよい。例えば、端末特定部475は、特定したユーザIDのうち、使用履歴記憶部45において、指示情報に含まれている特典IDに関連付けられているユーザIDをさらに特定する。このようにすることで、通知する特典を過去に使用したユーザに、再度特典を通知することができる。過去に特典を使用したユーザは、特典に対応した店舗において商品又はサービスを購入していることから、当該店舗において再度特典を使用することが期待できる。よって、効果的に特典を通知することができる。   In addition, the terminal identification unit 475 may further identify the user terminal 12 corresponding to the user ID stored in association with the benefit to be notified in the usage history storage unit 45 from the identified user terminal 12. For example, the terminal identification unit 475 further identifies a user ID associated with the benefit ID included in the instruction information in the usage history storage unit 45 among the identified user IDs. By doing this, it is possible to notify the user who has used the benefit to be notified in the past of the benefit again. The user who has used the benefit in the past can expect to use the benefit again at the store since the product or service is purchased at the store corresponding to the benefit. Therefore, the benefit can be effectively notified.

通知部476は、端末特定部475が特定したユーザ端末12に、生成部474によって生成された第1特典情報又は第2特典情報を通知する。通知部476は、通知した特典を示す特典IDと、特典内容と、有効期限と、通知したユーザ端末12に対応するユーザIDとを関連付けて、通知情報として記憶部46に記憶させる。ユーザ端末12は、図14に示すように、ポイント管理サーバ4から通知された特典情報を示す表示画面230を自身の表示部に表示させることにより、ユーザに対して特典を通知する。   The notification unit 476 notifies the user terminal 12 identified by the terminal identification unit 475 of the first benefit information or the second benefit information generated by the generation unit 474. The notification unit 476 associates the benefit ID indicating the notified benefit, the benefit content, the expiration date, and the user ID corresponding to the notified user terminal 12 and causes the storage unit 46 to store the notification information. As shown in FIG. 14, the user terminal 12 notifies the user of the privilege by displaying a display screen 230 indicating the privilege information notified from the point management server 4 on the display unit of the user terminal 12.

特典付与部477は、通知部476が特典を通知したユーザが、カード11を用いて当該特典に対応する店舗において当該特典に関連する所定の商品又はサービスを購入したことに応じて、当該ユーザに対して当該特典を付与する。ここで、特典付与部477は、通知した特典が有効期限を経過する前に使用されることを条件として、当該特典を付与する。   In response to the user who has notified the benefit by the notification unit 476 using the card 11 in the store corresponding to the benefit, the benefit granting portion 477 selects the specified product or service related to the benefit. Grant the privilege to the Here, the benefit granting unit 477 grants the benefit on condition that the notified benefit is used before the expiration date has passed.

具体的には、特典付与部477は、カード管理サーバ2から、ユーザ端末12のユーザがカード11を用いて購入した商品又はサービスに対応する商品ID、店舗ID及び管理番号を含む購入情報を取得する。続いて、特典付与部477は、特典情報記憶部44を参照し、取得した購入情報に含まれる商品ID及び店舗IDに対応する特典IDを特定する。特典付与部477は、特典IDを特定すると、購入情報に含まれる管理番号に基づいてユーザIDを特定する。   Specifically, the privilege imparting unit 477 acquires, from the card management server 2, purchase information including a product ID, a shop ID, and a management number corresponding to a product or service purchased by the user of the user terminal 12 using the card 11. Do. Subsequently, the privilege imparting unit 477 refers to the privilege information storage unit 44, and identifies the benefit ID corresponding to the product ID and the shop ID included in the acquired purchase information. When specifying the privilege ID, the privilege imparting unit 477 identifies the user ID based on the management number included in the purchase information.

その後、特典付与部477は、特定した特典ID及びユーザIDが関連付けられて通知情報として記憶部46に記憶されているか否かを判定する。特典付与部477は、通知情報として記憶されている場合に、通知した特典が有効期限を経過していないと判定すると、当該ユーザIDのユーザに対して当該特典を付与する。また、特典付与部477は、当該ユーザIDと、特典IDと、特典を使用した日とを関連付けて、使用履歴記憶部45に記憶させる。   Thereafter, the privilege imparting unit 477 determines whether or not the identified benefit ID and the user ID are associated with each other and stored in the storage unit 46 as notification information. When it is determined that the notified benefit has not passed the expiration date when stored as the notification information, the benefit granting unit 477 grants the benefit to the user of the user ID. Further, the privilege imparting unit 477 associates the user ID, the privilege ID, and the date on which the privilege is used, and causes the use history storage unit 45 to store the associated information.

なお、本実施形態では、特典が通知された後に、特典が通知されたユーザから特典の使用に係る宣言を受け付け、宣言したユーザが特典に対応する商品又はサービスを購入したことに応じて特典を付与してもよい。ここで、特典の使用の宣言には、金銭的価値としてのポイントの消費が必須であってもよい。また、それぞれの特典で、宣言に対して必要なポイントの消費量が異なるものであってもよい。例えば、店舗において商品又はサービスを提供することが困難である場合に生成される第1価値の特典は、店舗において商品又はサービスを提供することが容易である場合に生成される第2価値の特典に比べて、宣言する際に必要とされるポイントが高い。このようにすることで、店舗において余裕がある場合には、ポイントの消費量が低く価値の高い特典が付与されることから、ユーザが積極的に特典を宣言して来店する可能性が高くなる。逆に、店舗において混雑等によって余裕がない場合には、ポイントの消費量が高く価値の低い特典が付与されることから、ユーザが特典を宣言する可能性が低くなり、結果として混雑時に集客を抑えることができる。   In the present embodiment, after the benefit is notified, the user who receives the benefit receives a declaration relating to the use of the benefit, and the benefit is received in response to the declared user purchasing a product or service corresponding to the benefit. You may give it. Here, the declaration of the use of the benefit may require the consumption of points as a monetary value. In addition, the amount of consumption of the points necessary for the declaration may be different for each benefit. For example, a first value benefit generated when it is difficult to provide a product or service at a store is a second value benefit generated when it is easy to provide a product or service at the store Compared to, the points required to declare are higher. In this way, when there is room in the store, the point consumption amount is low, and a high-value benefit is given, which increases the possibility that the user positively declares the benefit and visits the store . On the other hand, if the store can not afford due to congestion or the like, since the point consumption amount is high and a low value benefit is given, the possibility of the user declaring the benefit is low, and as a result, attracting customers at the time of congestion It can be suppressed.

例えば、制御部47は、通知部476が特典情報を通知したユーザ端末12の少なくともいずれかから、当該特典情報に対応する特典の使用を宣言する宣言情報を取得する。具体的には、まず、ユーザ端末12は、所定の操作が行われたことに応じて、図14に示すように、ポイント管理サーバ4から通知された特典情報を示す表示画面230を自身の表示部に表示させ、ユーザから使用を宣言する特典の選択を受け付ける。続いて、ユーザ端末12は、使用を宣言する特典が選択されると、特典IDとユーザIDとを関連付けた、特典の使用を宣言する宣言情報をポイント管理サーバ4に送信する。制御部47は、受信部として機能し、宣言情報をユーザ端末12から受信すると、受信した宣言情報を記憶部46に記憶させる。   For example, the control unit 47 acquires, from at least one of the user terminals 12 to which the notification unit 476 has notified the benefit information, declaration information that declares the use of the benefit corresponding to the benefit information. Specifically, first, the user terminal 12 displays itself on the display screen 230 showing the benefit information notified from the point management server 4 as shown in FIG. 14 in response to the predetermined operation being performed. Display on the department and accept the selection of the benefit from the user declaring the use. Subsequently, when the benefit declaring use is selected, the user terminal 12 transmits, to the point management server 4, declaration information declaring the use of the benefit, in which the benefit ID and the user ID are associated. The control unit 47 functions as a receiving unit, and when receiving the declaration information from the user terminal 12, causes the storage unit 46 to store the received declaration information.

ここで、状況特定部473は、受信した宣言情報に基づいて提供可能状況をリアルタイムに更新してもよい。さらに、生成部474は、提供可能状況が更新されたことに応じて、当該提供可能状況に基づいて特典を示す特典情報を生成してもよい。このようにすることで、ポイント管理サーバ4では、ユーザ端末12のユーザによる特典の使用の宣言に応じて提供可能状況がリアルタイムに更新され、当該提供可能状況に応じて、特典をリアルタイムに変化させることができる。   Here, the situation specifying unit 473 may update the available situation in real time based on the received declaration information. Furthermore, the generation unit 474 may generate privilege information indicating a benefit based on the providable situation in response to the providable situation being updated. By doing this, the point management server 4 updates the provision availability situation in real time according to the declaration of the use of the privilege by the user of the user terminal 12, and changes the privilege in real time according to the provision availability situation. be able to.

特典付与部477は、カード管理サーバ2から、ユーザ端末12のユーザが購入した商品又はサービスに対応する商品ID及び管理番号を含む購入情報を取得する。続いて、特典付与部477は、当該購入情報に含まれる商品IDを参照し、当該商品IDに対応する商品又はサービスが特典に対応しているか否かを判定する。特典付与部477は、特典に対応している場合、購入情報に含まれる管理番号からユーザIDを特定する。そして、特典付与部477は、記憶部46に記憶された宣言情報を参照して、当該ユーザIDのユーザが特典の使用を宣言しているとともに、宣言した特典が有効期限を経過していないと判定すると、当該ユーザに対して当該宣言に対応する特典を付与する。   The privilege giving unit 477 acquires purchase information including a product ID and a management number corresponding to the product or service purchased by the user of the user terminal 12 from the card management server 2. Subsequently, the privilege imparting unit 477 refers to the product ID included in the purchase information, and determines whether the product or service corresponding to the product ID corresponds to the benefit. The bonus granting unit 477 identifies the user ID from the management number included in the purchase information when the bonus is supported. Then, the privilege imparting unit 477 refers to the declaration information stored in the storage unit 46, and the user of the user ID declares the use of the privilege, and the declared benefit has not expired. If it determines, the privilege corresponding to the said declaration will be provided with respect to the said user.

[特典の通知に係るシーケンス]
続いて、ポイント管理サーバ4が特典を付与する処理の流れについて説明する。図15は、本実施形態に係るポイント管理サーバ4が特典を付与する際のシーケンス図である。
[Sequence concerning notification of benefits]
Subsequently, the flow of processing in which the point management server 4 gives a benefit will be described. FIG. 15 is a sequence diagram when the point management server 4 according to the present embodiment gives a benefit.

まず、S51において、特典受付部471は、管理端末5から、特典情報等を受け付ける。具体的には、特典受付部471は、管理端末5から、店舗ID、提供可能状況、特典情報、属性情報等を受け付ける。特典受付部471は、特典情報等を受け付けると、特典情報記憶部44に記憶させる。   First, in S51, the benefit receiving unit 471 receives benefit information and the like from the management terminal 5. Specifically, the benefit receiving unit 471 receives, from the management terminal 5, a store ID, availability status, benefit information, attribute information, and the like. When receiving the benefit information and the like, the benefit receiving unit 471 stores the benefit information storage unit 44.

続いて、S52において、取得部472は、店舗に係るリアルタイムの売上情報を取得する。
続いて、S53において、状況特定部473は、管理端末5から、ユーザ端末12に特典を通知する指示を示す指示情報を受信したか否かを判定する。状況特定部473は、指示情報を受信したと判定するとS54に処理を移す。
Subsequently, in S52, the acquisition unit 472 acquires real-time sales information related to the store.
Subsequently, in S53, the status specifying unit 473 determines whether or not instruction information indicating an instruction to notify the user terminal 12 of a benefit is received from the management terminal 5. When the situation specifying unit 473 determines that the instruction information has been received, the process proceeds to S54.

続いて、S54において、状況特定部473は、店舗における商品又はサービスの提供可能状況を特定する。
続いて、S55において、生成部474は、特定した提供可能状況に基づいて特典情報を生成する。例えば、生成部474は、特定した提供可能状況が、商品等を提供することが困難であることを示しているとき、提供可能状況「困難」に関連付けられている特典内容を含む第1特典情報を生成し、特定した提供可能状況が商品等を提供することが容易であることを示しているとき、提供可能状況「容易」に関連付けられている特典内容を含む第2特典情報を生成する。
Subsequently, in S54, the situation specifying unit 473 specifies the available state of the product or service in the store.
Subsequently, in S55, the generation unit 474 generates the privilege information based on the specified availability condition. For example, when the generating unit 474 indicates that the specified providable situation indicates that it is difficult to provide a product or the like, the first privilege information including the benefit content associated with the providable situation “difficult”. When the specified providable situation indicates that it is easy to provide a product or the like, the second benefit information including the content of the benefit associated with the providable situation "easy" is generated.

続いて、S56において、端末特定部475は、特典を通知するユーザ端末12を特定する。その後、通知部476は、S56において特定されたユーザ端末12に、S55において生成された特典情報を通知する。   Subsequently, in S56, the terminal identification unit 475 identifies the user terminal 12 to which the benefit is notified. After that, the notification unit 476 notifies the user terminal 12 specified in S56 of the privilege information generated in S55.

続いて、S57において、特典情報を通知されたユーザ端末12のユーザが、カード11を用いて特典情報に対応する店舗において、特典に対応する商品又はサービス(対応商品等)を購入したとする。すると、カード管理サーバ2経由で、ポイント管理サーバ4に当該商品又はサービスに係る購入情報が送信される。   Subsequently, in S57, it is assumed that the user of the user terminal 12 notified of the privilege information has purchased a product or service (corresponding to a corresponding commodity or the like) corresponding to the privilege at the store corresponding to the privilege information using the card 11. Then, purchase information relating to the product or service is transmitted to the point management server 4 via the card management server 2.

続いて、S58において、特典付与部477は、カード管理サーバ2から、ユーザ端末12のユーザがカード11を用いて購入した商品又はサービスに対応する商品ID、店舗ID及び管理番号を含む購入情報を取得する。   Subsequently, in S58, the privilege imparting unit 477 acquires, from the card management server 2, purchase information including a product ID, a shop ID, and a management number corresponding to the product or service purchased by the user of the user terminal 12 using the card 11. get.

続いて、S59において、特典付与部477は、取得した購入情報に基づいて、特典が通知されたユーザが、特典に対応する店舗において、対応商品等を購入したか否かを判定する。特典付与部477は、特典が通知されたユーザが、判定対応商品等を購入したと判定すると、S60に処理を移し、当該ユーザに対して特典を付与する。   Subsequently, in S59, the privilege imparting unit 477 determines, based on the acquired purchase information, whether or not the user to whom the privilege is notified has purchased a corresponding product or the like at a store corresponding to the privilege. When it is determined that the user who has been notified of the benefit has purchased the determination-enabled product or the like, the benefit applying unit 477 transfers the process to S60 and applies the benefit to the user.

[本実施形態における効果]
以上説明したとおり、本実施形態に係るポイント管理サーバ4は、店舗において商品又はサービスを提供することが容易である場合に、相対的に価値が高い特典をユーザに通知することにより、当該ユーザが店舗に来店する可能性を高め、店舗における損失を抑制することができる。
[Effect in the present embodiment]
As described above, the point management server 4 according to the present embodiment notifies the user of a relatively high value benefit when the item or service is easily provided in the store, thereby the user The possibility of visiting a store can be increased, and loss in the store can be suppressed.

以上、本発明を実施の形態を用いて説明したが、本発明の技術的範囲は上記実施の形態に記載の範囲には限定されない。上記実施の形態に、多様な変更又は改良を加えることが可能であることが当業者に明らかである。特に、装置の分散・統合の具体的な実施形態は以上に図示するものに限られず、その全部又は一部について、種々の付加等に応じて、又は、機能負荷に応じて、任意の単位で機能的又は物理的に分散・統合して構成することができる。   As mentioned above, although this invention was demonstrated using embodiment, the technical scope of this invention is not limited to the range as described in the said embodiment. It is apparent to those skilled in the art that various changes or modifications can be added to the above embodiment. In particular, the specific embodiment of the distribution and integration of the devices is not limited to the one illustrated above, and all or part of the specific embodiments according to various additions or the like or according to the functional load, in arbitrary units. It can be configured to be distributed or integrated functionally or physically.

S・・・電子通貨管理システム、1・・・ユーザ機器、11・・・カード、12・・・ユーザ端末、10・・・電子通貨管理装置、2・・・カード管理サーバ、3・・・キャリアサーバ、4・・・ポイント管理サーバ、41・・・ポイント記憶部、42・・・属性情報記憶部、43・・・店舗情報記憶部、44・・・特典情報記憶部、45・・・使用履歴記憶部、46・・・記憶部、47・・・制御部、471・・・特典受付部、472・・・取得部、473・・・状況特定部、474・・・生成部、475・・・端末特定部、476・・・通知部、477・・・特典付与部、50・・・決済NW S: electronic currency management system, 1: user device, 11: card, 12: user terminal, 10: electronic currency management device, 2: card management server, 3. Carrier server, 4 ... point management server, 41 ... point storage unit, 42 ... attribute information storage unit, 43 ... store information storage unit, 44 ... privilege information storage unit, 45 ... Use history storage unit, 46 ... storage unit, 47 ... control unit, 471 ... privilege reception unit, 472 ... acquisition unit, 473 ... situation specification unit, 474 ... generation unit, 475 ... terminal identification unit, 476 ... notification unit, 477 ... benefit grant unit, 50 ... settlement NW

Claims (8)

店舗に係る売上情報、又は前記店舗に係る商品、前記商品を構成する部材、若しくはサービスを提供するために必要な物品の在庫を示す在庫情報を取得する取得部と、
前記取得部が取得した前記売上情報又は前記在庫情報に基づいて、特典を示す特典情報を生成する生成部と、
前記特典の属性情報に関連付けられているユーザの携帯端末を特定する端末特定部と、
前記端末特定部が特定した前記携帯端末に、生成された前記特典情報を通知する通知部と、
を有する特典管理装置。
An acquisition unit that acquires sales information pertaining to a store, or a product pertaining to the store, a member that constitutes the product, or inventory information indicating an inventory of an article necessary for providing a service;
A generation unit that generates benefit information indicating benefits based on the sales information acquired by the acquisition unit or the stock information;
A terminal identification unit that identifies the portable terminal of the user associated with the attribute information of the benefit;
A notification unit configured to notify the generated benefit information to the mobile terminal specified by the terminal specification unit;
Benefits management device having.
前記生成部は、前記取得部が取得した前記売上情報又は前記在庫情報に基づいて、有効期間を有する前記特典を示す特典情報を生成する、
請求項1に記載の特典管理装置。
The generation unit generates, based on the sales information acquired by the acquisition unit or the inventory information, benefit information indicating the benefit having a valid period.
The privilege management device according to claim 1.
前記生成部は、前記取得部が取得した前記売上情報に基づいて前記店舗における混雑状況を特定し、当該混雑状況、又は前記取得部が取得した前記在庫情報に基づいて、前記特典を示す特典情報を生成する、
請求項1又は2に記載の特典管理装置。
The generation unit identifies congestion status in the store based on the sales information acquired by the acquisition unit, and privilege information indicating the benefit based on the congestion status or the stock information acquired by the acquisition unit To generate
The privilege management device according to claim 1 or 2.
前記生成部は、特定した前記混雑状況又は前記取得部が取得した前記在庫情報に基づいて、前記特典の内容を変化させる、
請求項3に記載の特典管理装置。
The generation unit changes the content of the benefit based on the identified congestion status or the stock information acquired by the acquisition unit.
The privilege management device according to claim 3.
前記生成部は、前記ユーザが前記特典の使用を宣言したことを示す宣言情報を取得し、当該宣言情報の取得状況に基づいて前記特典の内容を変化させる、
請求項3又は4に記載の特典管理装置。
The generation unit acquires declaration information indicating that the user has declared the use of the benefit, and changes the content of the benefit based on the acquisition status of the declaration information.
The privilege management device according to claim 3 or 4.
前記ユーザによる前記特典の使用履歴を記憶する記憶部をさらに有し、
前記端末特定部は、前記特典の属性情報に関連付けられているユーザのうち、前記使用履歴に基づいて前記特典を過去に使用したユーザの携帯端末を特定する、
請求項1から5のいずれか1項に記載の特典管理装置。
It further comprises a storage unit for storing a usage history of the benefit by the user,
The terminal identification unit identifies, among the users associated with the attribute information of the benefit, a portable terminal of a user who has used the benefit in the past, based on the usage history.
The privilege management device according to any one of claims 1 to 5.
前記端末特定部は、カードを利用した決済サービスを利用するユーザの携帯端末を特定する、
請求項1から6のいずれか1項に記載の特典管理装置。
The terminal identification unit identifies a portable terminal of a user who uses a payment service using a card.
The privilege management device according to any one of claims 1 to 6.
コンピュータが実行する、
店舗に係る売上情報、又は前記店舗に係る商品、前記商品を構成する部材、若しくはサービスを提供するために必要な物品の在庫を示す在庫情報を取得するステップと、
取得された前記売上情報又は前記在庫情報に基づいて、特典を示す特典情報を生成するステップと、
前記特典の属性情報に関連付けられているユーザの携帯端末を特定するステップと、
特定された前記携帯端末に、生成された前記特典情報を通知するステップと、
を有する特典管理方法。
Computer runs,
Acquiring inventory information indicating sales information pertaining to a store, or a product pertaining to the store, a member that constitutes the product, or an article necessary for providing a service;
Generating benefit information indicating a benefit based on the acquired sales information or the stock information;
Identifying the portable terminal of the user associated with the attribute information of the benefit;
Notifying the identified portable terminal of the generated benefit information;
Benefits management method with.
JP2019014049A 2019-01-30 2019-01-30 Privilege management device and privilege management method Pending JP2019083052A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019014049A JP2019083052A (en) 2019-01-30 2019-01-30 Privilege management device and privilege management method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019014049A JP2019083052A (en) 2019-01-30 2019-01-30 Privilege management device and privilege management method

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014200643A Division JP6474577B2 (en) 2014-09-30 2014-09-30 Privilege management apparatus and privilege management method

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2021003101A Division JP7077430B2 (en) 2021-01-12 2021-01-12 Benefit management device and privilege management method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2019083052A true JP2019083052A (en) 2019-05-30

Family

ID=66669667

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019014049A Pending JP2019083052A (en) 2019-01-30 2019-01-30 Privilege management device and privilege management method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2019083052A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6944083B1 (en) * 2021-05-27 2021-10-06 Kddi株式会社 Product management device
JP7146008B1 (en) 2021-03-29 2022-10-03 Kddi株式会社 Information distribution device, information distribution method and information distribution system
JP2023020255A (en) * 2021-07-30 2023-02-09 楽天グループ株式会社 Information providing system, information providing method, and program

Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001175761A (en) * 1999-12-21 2001-06-29 Mediaseek Inc Method for providing information, advertisement and service corresponding to customer profile, purchase history and degree of interest in information, and method for managing customer data
JP2002056420A (en) * 2000-08-09 2002-02-22 Shouwa Dengiken Kk Charge variation system and charge variation method, parking charge management device and parking charge managing method
JP2002251555A (en) * 2001-02-21 2002-09-06 Catalog City Japan Kk Service offering method for commodity sale, server executing the method, and program
JP2003157383A (en) * 2001-11-20 2003-05-30 Art & Communication:Kk Coupon issuing system
JP2004295487A (en) * 2003-03-27 2004-10-21 Nri & Ncc Co Ltd Customer guidance system
JP2006268376A (en) * 2005-03-23 2006-10-05 Sumitomo Mitsui Card Co Ltd Point processing system, method and program
JP2007025817A (en) * 2005-07-12 2007-02-01 Pioneer Electronic Corp Theme park management device, theme management method, theme park management program and recording medium
JP2008040635A (en) * 2006-08-03 2008-02-21 Chugoku Electric Power Co Inc:The Congestion prediction system
JP2008192183A (en) * 2008-05-15 2008-08-21 Pia Corp Electronic coupon allocation system, computer program and method for achieving this system
JP2014038443A (en) * 2012-08-14 2014-02-27 Netlaputa Corp Electronic receipt system, server and program
JP2014178724A (en) * 2013-03-13 2014-09-25 Shiaazu:Kk Coupon providing method, coupon providing server, and coupon providing system

Patent Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001175761A (en) * 1999-12-21 2001-06-29 Mediaseek Inc Method for providing information, advertisement and service corresponding to customer profile, purchase history and degree of interest in information, and method for managing customer data
JP2002056420A (en) * 2000-08-09 2002-02-22 Shouwa Dengiken Kk Charge variation system and charge variation method, parking charge management device and parking charge managing method
JP2002251555A (en) * 2001-02-21 2002-09-06 Catalog City Japan Kk Service offering method for commodity sale, server executing the method, and program
JP2003157383A (en) * 2001-11-20 2003-05-30 Art & Communication:Kk Coupon issuing system
JP2004295487A (en) * 2003-03-27 2004-10-21 Nri & Ncc Co Ltd Customer guidance system
JP2006268376A (en) * 2005-03-23 2006-10-05 Sumitomo Mitsui Card Co Ltd Point processing system, method and program
JP2007025817A (en) * 2005-07-12 2007-02-01 Pioneer Electronic Corp Theme park management device, theme management method, theme park management program and recording medium
JP2008040635A (en) * 2006-08-03 2008-02-21 Chugoku Electric Power Co Inc:The Congestion prediction system
JP2008192183A (en) * 2008-05-15 2008-08-21 Pia Corp Electronic coupon allocation system, computer program and method for achieving this system
JP2014038443A (en) * 2012-08-14 2014-02-27 Netlaputa Corp Electronic receipt system, server and program
JP2014178724A (en) * 2013-03-13 2014-09-25 Shiaazu:Kk Coupon providing method, coupon providing server, and coupon providing system

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP7146008B1 (en) 2021-03-29 2022-10-03 Kddi株式会社 Information distribution device, information distribution method and information distribution system
JP2022153004A (en) * 2021-03-29 2022-10-12 Kddi株式会社 Information distribution apparatus, information distribution method, and information distribution system
JP6944083B1 (en) * 2021-05-27 2021-10-06 Kddi株式会社 Product management device
JP2022182092A (en) * 2021-05-27 2022-12-08 Kddi株式会社 Commodity management apparatus
JP2023020255A (en) * 2021-07-30 2023-02-09 楽天グループ株式会社 Information providing system, information providing method, and program
JP7245874B2 (en) 2021-07-30 2023-03-24 楽天グループ株式会社 Information provision system, information provision method, and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6567261B2 (en) Electronic currency management apparatus, electronic currency management method, and electronic currency management system
JP6474577B2 (en) Privilege management apparatus and privilege management method
JP6355505B2 (en) Settlement management device and settlement management method
JP6453601B2 (en) Settlement information display device and settlement information display method
JP2019083052A (en) Privilege management device and privilege management method
JP6723680B2 (en) Mobile terminal, information providing method, and program
JP6606337B2 (en) Information display method and information display apparatus
JP6362501B2 (en) Privilege management apparatus and privilege management method
JP6955121B2 (en) Benefit management device and privilege management method
JP6499358B2 (en) Settlement management device and settlement management method
JP2016051284A (en) Electronic currency management device, electronic currency management method, and electronic currency management system
JP6059694B2 (en) Privilege grant device and privilege grant method
JP6357065B2 (en) Electronic currency management apparatus and electronic currency management method
JP2016071650A (en) Information provision device, information provision system, and information provision method
JP6324849B2 (en) Management system and management method
JP6218707B2 (en) Electronic currency management system and electronic currency management method
JP6793686B2 (en) Benefit granting device and privilege granting method
JP6357066B2 (en) Electronic currency management apparatus and electronic currency management method
JP7326406B2 (en) Privilege management device
JP6526293B2 (en) Electronic currency management device and electronic currency management method
JP6375046B2 (en) Electronic currency management apparatus, electronic currency management method, and electronic currency management system
JP6251351B2 (en) Electronic currency management apparatus, electronic currency management method, and electronic currency management system
JP6506519B2 (en) Performance display device, program for display and performance display system
JP6355692B2 (en) Billing amount determination device, billing amount determination method and management system
JP2016071656A (en) Electronic currency management device and electronic currency management method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190130

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200331

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200527

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20201027