JP2019052467A - 計測システムおよび計測方法 - Google Patents

計測システムおよび計測方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2019052467A
JP2019052467A JP2017176780A JP2017176780A JP2019052467A JP 2019052467 A JP2019052467 A JP 2019052467A JP 2017176780 A JP2017176780 A JP 2017176780A JP 2017176780 A JP2017176780 A JP 2017176780A JP 2019052467 A JP2019052467 A JP 2019052467A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
inclination angle
absolute position
information acquisition
retaining wall
measurement
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2017176780A
Other languages
English (en)
Inventor
直寛 濁川
Naohiro Nigirikawa
直寛 濁川
浅香 美治
Miharu Asaka
美治 浅香
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Original Assignee
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shimizu Construction Co Ltd, Shimizu Corp filed Critical Shimizu Construction Co Ltd
Priority to JP2017176780A priority Critical patent/JP2019052467A/ja
Publication of JP2019052467A publication Critical patent/JP2019052467A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】根切り・山留め工事の全期間において、掘削領域の周辺を含めた地盤の全体的な挙動を容易にモニタリングできる計測システムおよび計測方法を提供する。【解決手段】掘削方向に長手方向を有する芯材21を用いて構成された山留め壁2の頭部の所定の計測点の絶対位置を表す情報を取得する絶対位置情報取得部11と、前記長手方向に所定の間隔で芯材21に取り付けられた複数の傾斜角検知部4を用いて計測された芯材21の傾斜角を表す情報を傾斜角検知部4毎に取得する傾斜角情報取得部12と、絶対位置情報取得部11が取得した前記絶対位置を表す情報に基づく絶対変位を表す情報と、傾斜角情報取得部12が取得した前記傾斜角を表す情報に基づく相対変位を表す情報を合わせて出力する出力部13とを備える計測システムである。【選択図】図1

Description

本発明は、計測システムおよび計測方法に関する。
従来の根切り・山留め工事の計測管理では、ピアノ線による山留め壁頭部変位の簡易計測や、傾斜計による水平変位の深度分布の計測等を行っている。しかしながら、従来の方法では点・線的かつ局所的な計測データしか得られず、山留め壁の全体的な挙動を一目で把握することは難しい。
上記のような背景から、山留め壁の計測管理に対して面的な評価ができる計測手法として、山留め壁の3次元計測システムが提案されている(特許文献1)。このシステムは、山留め壁の面に複数のセンサ(変位計または傾斜計)を配置し、変位データを3次元で可視化することを特徴とする。センサは、高価な高感度センサと安価な低感度センサを組み合わせて配置することにより、コストを抑えて計測を行うことができる。
特開2011−94442号公報
図9は、山留め壁の変位パターンを模式的に示す側面図である。図9(a)は1次根切り後の変形例を示し、図9(b)は2次根切り後の変形例を示す。また、図9(c)は回転の変形例を示し、図9(d)は平行移動の変形例を示す。特許文献1に記載されているシステムを単独で運用した場合、不動点が設けられていない性質上、得られる変位データは山留め壁の相対変位であり、山留め壁の変形・回転は捉えられても平行移動のような挙動を捉えることはできない。また、センサは山留め壁の面に配置、すなわち掘削後に配置せざるを得ないことから、既に変位が生じたものに対する計測となっており、計測手法を再検討することが望ましい。
本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、根切り・山留め工事の全期間において、掘削領域の周辺を含めた地盤の全体的な挙動を容易にモニタリングすることができる計測システムおよび計測方法を提供することを目的とする。
上記課題を解決するため、本発明の一態様は、掘削方向に長手方向を有する芯材を用いて構成された山留め壁の頭部の所定の計測点の絶対位置を表す情報を取得する絶対位置情報取得部と、前記長手方向に所定の間隔で前記芯材に取り付けられた複数の傾斜角検知部を用いて計測された前記芯材の傾斜角を表す情報を前記傾斜角検知部毎に取得する傾斜角情報取得部と、前記絶対位置情報取得部が取得した前記絶対位置を表す情報に基づく絶対変位を表す情報と、前記傾斜角情報取得部が取得した前記傾斜角を表す情報に基づく相対変位を表す情報を合わせて出力する出力部とを備える計測システムである。
また、本発明の一態様は、上記計測システムであって、前記絶対位置情報取得部が、前記山留め壁近傍の他の構造物の所定の計測点の絶対位置を表す情報を取得する。
また、本発明の一態様は、上記計測システムであって、前記絶対位置を表す情報が非接触で検知されたものである。
また、本発明の一態様は、上記計測システムであって、前記複数の傾斜角検知部が、前記山留め壁施工前に予め前記芯材に取り付けられている。
また、本発明の一態様は、上記計測システムであって、前記複数の傾斜角検知部が、テープ状の基板上で連続的に接続されている。
また、本発明の一態様は、上記計測システムであって、前記芯材がH型鋼であり、前記複数の傾斜角検知部が前記H型鋼のウェブまたはフランジに取り付けられている。
また、本発明の一態様は、上記計測システムであって、前記複数の傾斜角検知部を備える。
また、本発明の一態様は、掘削方向に長手方向を有する複数の芯材を用いて構成された山留め壁の頭部の所定の計測点の絶対位置を表す情報を取得する絶対位置情報取得部と、前記長手方向に所定の間隔で前記芯材に取り付けられた複数の傾斜角検知部を用いて計測された前記芯材の傾斜角を表す情報を前記傾斜角検知部毎に取得する傾斜角情報取得部とを用いて、出力部によって、前記絶対位置情報取得部が取得した前記絶対位置を表す情報に基づく絶対変位を表す情報と、前記傾斜角情報取得部が取得した前記傾斜角を表す情報に基づく相対変位を表す情報を合わせて出力する計測方法である。
本発明によれば、根切り・山留め工事の全期間において、掘削領域の周辺を含めた地盤の全体的な挙動を容易にモニタリングすることができる。
本発明の第1実施形態に係る計測システムの構成例を説明するための模式図である。 図1に示す山留め壁2の変位の例を模式的に示す斜視図である。 本発明の第2実施形態に係る計測システムの構成例を説明するための模式図である。 図3に示す山留め壁2の変位の例を模式的に示す平面図である。 本発明の第3実施形態に係る計測システムの構成例を説明するための模式図である。 図5に示すテープ式傾斜計40の構成例を示す模式図である。 図6に示すテープ式傾斜計40の芯材21への取り付け例を示す模式図である。 山留め壁の変位の算出例を示す模式図である。 山留め壁の変位の例を示す模式図である。
以下、図面を参照して本発明の実施形態について説明する。
<第1実施形態>
図1は、本発明の第1実施形態に係る計測システム1の構成例を説明するための模式図である。図1に示す計測システム1は、絶対位置情報取得部11と、傾斜角情報取得部12と、出力部13を備える。絶対位置情報取得部11は、掘削方向に長手方向を有する芯材21を用いて構成された山留め壁2の頭部2a(以下、山留め壁頭部2aともいう)の所定の計測点3の絶対位置を表す情報を取得する。図1に示す例において、絶対位置情報取得部11は、絶対位置計測部30によって非接触で計測された山留め壁頭部2aの所定の計測点3の絶対位置を表す情報を取得する。傾斜角情報取得部12は、芯材21の長手方向に所定の間隔で芯材21に取り付けられた複数の傾斜角検知部4を用いて計測された芯材21の傾斜角を表す情報を傾斜角検知部4毎に取得する。複数の傾斜角検知部4は、例えば、山留め壁2の施工前に予め芯材21に取り付けられている。傾斜角検知部4は、山留め壁2を構成する複数の芯材21のすべてに取り付けられていてもよいし、一部に(例えば芯材21の所定本間隔で)取り付けられていてもよい。出力部13は、絶対位置情報取得部11が取得した絶対位置を表す情報に基づく計測点3の絶対変位を表す情報と、傾斜角情報取得部12が取得した傾斜角を表す情報に基づく芯材21の相対変位を表す情報を合わせて出力する。計測システム1は、例えば、ノート型パーソナルコンピュータ等のコンピュータと、通信装置等の周辺装置との組み合わせから構成することができる。出力部13は、上記コンピュータの表示装置であったり、携帯端末等の他のコンピュータの表示装置であったりする。
絶対位置計測部30は、例えばトータルステーションを用いて構成することができる。トータルステーションは、距離を測る光波距離計と角度を測るセオドライトを組み合わせた測量機器である。この場合、例えば、山留め壁頭部2aの各計測点3に反射プリズムを固定的に設置し、不動点に設置した(または不動点を参照する)トータルステーションから順次反射プリズムの計測を行う。絶対位置情報取得部11は、トータルステーションから山留め壁頭部2aの計測点3の絶対位置を表す情報(角度と距離)を取得する。出力部13(あるいは絶対位置情報取得部11)は、例えば、取得した情報(角度と距離)に基づく座標値と、過去の計測結果に基づく座標値とを比較することで、各計測点3の絶対変位量を計算する。
あるいは、絶対位置計測部30は、全地球航法衛星システム(GNSS(Global Navigation Satellite System))を利用して位置を計測する装置(あるいはシステム)としてもよい。この場合、絶対位置計測部30は、例えば、山留め壁頭部2aの各計測点3に固定的(あるいは半固定的)に設置されたGNSS受信機と、GNSS受信機が計測した位置情報を収集して、絶対位置情報取得部11へ送信する端末とから構成することができる。この場合も、出力部13(あるいは絶対位置情報取得部11)は、例えば、取得した情報に基づく座標値と、過去の計測結果に基づく座標値とを比較することで、各計測点3の絶対変位量を計算する。
また、各傾斜角検知部4は、例えば、3軸MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)加速度センサを用いて構成することができる。各傾斜角検知部4は、直交する3軸の重力加速度を検知し、検知結果を示す情報を出力する。傾斜角情報取得部12は、各傾斜角検知部4が出力した検知結果を示す情報を、芯材21の傾斜角を表す情報として取得する。出力部13(あるいは傾斜角情報取得部12)は、3軸の重力加速度の検知結果を傾斜角に変換し、さらに傾斜角に所定の基準点からの距離を乗じることで、水平変位量を算出する。
図8は、4個の傾斜角検知部4について傾斜角と相対変位(基準線に対する変位)との関係を模式的に示す側面図である。図8では、4個の傾斜角検知部4の位置をそれぞれ測点P〜Pとして示している。基準線は、測点Pを通る鉛直方向の直線である。θは基準線に対して測点Pと測点Pn+1を結ぶ測線がなす傾斜角、δは基準線に対する測点Pn+1の変位、lは測点間距離(各傾斜角検知部4間の距離)である(ただし、n=1〜3)。測線がn本のときのPn+1の変位δはδ=l×(θ+θ+…θn−1+θ)で表される。
なお、傾斜角検知部4は、3軸の加速度センサに限らず、重力方向に吊るした錘や液面と、傾いた物体との偏差を検出することで傾斜角を検知する振り子式、フロート式等の傾斜センサを用いて構成してもよい。
また、本実施形態において「山留め壁」とは、掘削に際して、根切り側面を保護したり、土砂の崩壊や湧水を防いだり、近傍の他の構造物の安全を確保したりするための仕切りである。山留め壁は、土留め壁等ともいわれる。山留め壁には、例えば、親杭横矢板壁、鋼矢板壁、鋼管矢板壁、ソイルセメント固化連続壁、地中連続壁等がある。親杭横矢板壁は、親杭(H型鋼)を所定の間隔で地中に打ち込み、親杭間(図1の間部22)に横矢板をはめ込んで構築された壁である。この場合、親杭が芯材である。鋼矢板壁は、複数の鋼矢板の継手部を互いにかみ合わせることで地中に連続して構築された壁である。この場合、鋼矢板が芯材である。鋼管矢板壁は、複数の鋼管矢板の継手部を互いにかみ合わせることで地中に連続して構築された壁である。この場合、鋼管矢板が芯材である。また、図1の間部22は存在しない。ソイルセメント固化連続壁または地中連続壁は、芯材(H型鋼または鉄筋かご)とコンクリート(セメントミルク)から地中に連続的に構築された壁等である。また、「根切り」とは、基礎や地下構造物を作るため地盤面下の土砂や岩盤を掘削することである。「芯材」とは、山留め壁の一部として耐力を分担する部材であり、例えば、H型鋼、鋼矢板、鋼管矢板、コンクリート2次製品等である。
また、「山留め壁の頭部の所定の計測点の絶対位置を表す情報」とは、当該計測点の絶対位置を表す数値データと、絶対位置を算出する際に基準となる数値データを含む。例えば、所定の測地系における緯度、経度および高さで絶対位置を表す場合、計測点の絶対位置を表す数値データは、緯度、経度および高さを表す数値データである。また、絶対位置を算出する際に基準となる数値データは、所定の変換処理によって、緯度、経度および高さを表す数値データに変換することができる数値データであって、絶対位置を算出する際に計測点の位置を特定する数値データである。絶対位置を算出する際に基準となる数値データは、例えば、不動点からの(あるいは不動点を参照した)計測点までの距離と角度を表す数値データである。
また、「芯材の傾斜角を表す情報」とは、芯材21における所定の位置(所定の点、所定の線または所定の面)を基準として、当該芯材21に取り付けられている各傾斜角検知部4が検知した傾斜角を表す情報と、各傾斜角検知部4に対応する傾斜角を算出する際に基準となる情報を含む。検知した傾斜角を表す情報は、傾斜角を表す1軸または2軸の角度を表すデジタルまたはアナログのデータである。傾斜角を算出する際に基準となる情報は、例えば、3軸の重力加速度を表すデジタルまたはアナログのデータである。
また、「絶対変位」とは、所定の測地系における計測点の位置の時間的(経時的)な変化、あるいは所定の不動点を基準とした計測点の位置の時間的な変化である。また、芯材の「相対変位」とは、芯材上の所定点(所定の基準線あるい基準面)を基準とした芯材の変形に伴う芯材上の各計測点の位置の変化(偏差)である。
出力部13は、例えば図2に示すようにして、計測点3の絶対変位ADを表す情報と、芯材21の各傾斜角検知部4における相対変位RDを表す情報を合わせて出力する。図2は、図1に示す山留め壁2の変位の例を模式的に示す斜視図である。図2では、図1に示すものと同一の構成に同一の符号を用いている。図2は、計測点3の絶対変位ADを鎖線の矢印で示し、各傾斜角検知部4に対応する相対変位RDを実線の矢印で示す。また、施工時(掘削前)の山留め壁2および芯材21を鎖線で示し、変位発生時の山留め壁2を破線で示し、変位発生時の芯材21を実線で示している。
以上のように、本実施形態の計測システム1は、絶対位置情報取得部11と、傾斜角情報取得部12と、出力部13を備える。そして、絶対位置情報取得部11は、掘削方向に長手方向を有する芯材21を用いて構成された山留め壁頭部2aの所定の計測点3の絶対位置を表す情報を取得する。また、傾斜角情報取得部12は、長手方向に所定の間隔で芯材21に取り付けられた複数の傾斜角検知部4を用いて計測された芯材21の傾斜角を表す情報を傾斜角検知部4毎に取得する。また、出力部13は、絶対位置情報取得部11が取得した絶対位置を表す情報に基づく絶対変位を表す情報と、傾斜角情報取得部12が取得した傾斜角を表す情報に基づく相対変位を表す情報を合わせて出力する。よって、根切り・山留め工事の全期間において、掘削領域の周辺を含めた地盤の全体的な挙動を容易にモニタリングすることができる。
<第2実施形態>
次に、図3および図4を参照して本発明の第2実施形態に係る計測システム1aについて説明する。図3は、本発明の第2実施形態に係る計測システム1aの構成例を説明するための模式図である。図4は、図3に示す山留め壁2の変位の例を模式的に示す平面図である。なお、図3および図4において、図1および図2に示すものと同一の構成には同一の符号を用いている。
図3に示す計測システム1aは、データ処理装置8と、ノート型パーソナルコンピュータ9を備える。図3に示すデータ処理装置8は、図1に示す第1実施形態の絶対位置情報取得部11と傾斜角情報取得部12に対応する。また、図3に示すノート型パーソナルコンピュータ9は、図1に示す第1実施形態の出力部13に対応する。
図3に示す計測システム1aは、山留め壁頭部2aを対象とした水平・鉛直方向の絶対変位の計測と、山留め壁2内に配置した傾斜角検知部4による壁面水平(面外)方向の相対変位の計測とを組み合わせ、根切り・山留め工事における掘削領域周辺を含めた地盤の全体的な挙動を3次元的に可視化する計測システムである。
山留め壁頭部2aを対象とした絶対変位の計測には、非接触型計測器を用いる。例えば、山留め壁頭部2aに反射プリズム3aを設置し、不動点に設置した(または不動点を参照する)トータルステーション31から順次反射プリズム3aの計測を行い、各点の絶対変位量を計算する。精度が確保できるのであれば、山留め壁頭部2aにGNSS観測点を設けて全地球航法衛星システムの衛星32を利用して絶対変位を計測する手法であってもよい。
山留め壁2の相対変位は、山留め施工前に予め(あるいは施工と同時に)設置した傾斜角検知部4を用いて計測する。傾斜角検知部4としては、傾斜計に対して安価なMEMS加速度センサを山留め芯材21(H型鋼)に設置することができる。相対変位の計測は山留め壁2の面的な挙動を捉えることを意図しており、複数の傾斜角検知部4を配置した芯材21を2〜5本間隔で建込むことによって実現される。
上記の手法で計測した山留め壁2の絶対変位データと相対変位データを組み合わせることで、掘削時に発生する山留め壁2の全体的な挙動を3次元的に把握することができる。得られる計測結果の平面的な模式図を図4に示す。図4では、採掘前の山留め壁2を山留め壁2−1として示し、採掘後の山留め壁2を山留め壁2−2として示す。図4に示す例では、山留め壁2−2において、山留め壁2−1に対する平行移動である絶対変位ADと、山留め壁2−1に対する変形である相対変位RDが発生している。
図3に示す計測システム1aは、計測データを無線通信によってデータ処理装置8に取り込み、それらのデータを山留め壁2の面に対応させた表示画面91にプロットし、変位した山留め壁2の映像として可視化する。
さらに、掘削領域の周辺に構造物5が近接する場合は、構造物5に反射プリズム301aを設置し、トータルステーション31から順次反射プリズム301aの計測を行い、各点の絶対変位量を計算する。非接触計測器を用いて近傍の構造物5の変位を計測することで、山留め壁2変位による周辺への影響を定量的に評価することができる。
本実施形態によれば、根切り・山留め工事の全期間において、掘削領域の周辺を含めた地盤の全体的な挙動を容易にモニタリングすることができる。これによって、変位の原因となる事象が捉え易くなる。すなわち、本システムは、施工時における安全確保および不具合発生時における対策工選定の意思決定に供するものとなる。
<第3実施形態>
次に、図5〜図7を参照して本発明の第3実施形態に係る計測システム1bについて説明する。図5は、本発明の第3実施形態に係る計測システム1bの構成例を説明するための模式図である。図6は、図5に示すテープ式傾斜計40の構成例を模式的に示す平面図である。図7は、図6に示すテープ式傾斜計40の芯材21への取り付け例を示す模式図である。なお、図5〜図7において、図1および図2に示すものと同一の構成には同一の符号を用いている。
図5に示す計測システム1bは、図1に示す計測システム1あるいは図3に示す計測システム1aと同様の構成を有する。この場合、図5に示す計測システム1bは、現場事務所201に設置されている。第3実施形態では、計測システム1bが用いる情報を計測するための構成であって、芯材21の傾斜角を計測するための構成が、第1実施形態および第2実施形態と異なる。なお、図5では、絶対変位の計測に係る構成の図示を省略している。
図5に示す計測システム1bは、図6に示すテープ式傾斜計40を用いて芯材21の傾斜角を計測する。また、計測システム1bは、テープ式傾斜計40が計測したデータを送信部101および受信部102を介して取得する。送信部101は、図6に示すように、電源401と、データロガー402と、発信機403を備える。電源401は、テープ式傾斜計40に所定の電力を供給する。データロガー402は、テープ式傾斜計40で計測されたデータを記録したり、テープ式傾斜計40との間で所定の制御信号を送受信したりする。発信機403は、データロガー402に記録されたデータを受信部102へ送信する。また、受信部102は、発信機403が送信したデータを受信し、計測システム1bへ送信する。
図6に示すテープ式傾斜計40は、テープ状のフレキシブル基板41、複数のセンサ42、センサ42を電気的に接続する配線51〜55、電極金具43〜47、63〜67等によって構成されている。センサ42は、MEMS3軸加速度センサとCPU(中央処理装置)を搭載している。信号の伝送には、例えば、複数のセンサ42を芋づる式に1本のケーブルに接続して計測する通信規格(1−WIRE(登録商標)、SDI(シリアルデジタルインタフェース)など)を使用する。センサ42は、第1実施形態および第2実施形態における傾斜角検知部4に対応する構成である。すなわち、テープ式傾斜計40では、傾斜角検知部4に対応する構成であるセンサ42がテープ状の基板上で連続的に接続されている。
テープ式傾斜計40では、一個のセンサ42を有するユニット4aが複数・連続的に結合しており、センサ42は例えば、数十cm間隔で配列されている。また、センサ42には識別ID(識別符号)が振られている。水平変位量の測定は、センサ42によって直交する3軸の重力加速度変化を検出し、これを傾斜角に変換し、さらに傾斜角に距離を乗じて水平変位量に変換する。
ユニット4a間を電気的に接続する電極金具63〜67は幅方向に切断可能な構造とし、切断されたユニット4a間には切断箇所から配線可能な電極が形成される。電源はテープ端(フレキシブル基板41端)の電極金具43および44から供給し、計測データはテープ端の電極金具45〜47とデータロガー402とを接続することで収集する。
傾斜データの収集は以下の手順で実施する。(1)データロガー402側からIDを指定して計測要求を出す。(2)IDに対応したセンサ42のみが応答し、計測データを送信する。(3)データロガー402がデータを解釈し、保存する。
次に、図7を参照して、テープ式傾斜計40の芯材21への取り付け例について説明する。テープ式傾斜計40は、図7に示すように、山留め芯材21に設置することができる。例えば芯材21がH型鋼である場合、芯材21の長さに合わせて切断したテープ式傾斜計40は、接着剤等を用いてウェブ21a(図7(a))、またはフランジ21b(図7(b))に貼り付けることができる。
図5に示すように、山留め壁2に設置されたテープ式傾斜計40が計測したデータは、図6に示すデータロガー402で収集され、収集されたデータは無線通信によって現場事務所201の受信部102へ送信され、現場事務所201では詳細な山留め壁変位を常時モニタリングすることが可能となる。
第3実施形態によれば、比較的安価なセンサを用いることにより、従来の傾斜計を用いた計測に対して物的コストの低減が可能となる。また、山留め壁変位の高密度・連続データを取得することが可能となり、詳細な変位分布が得られる。
以上のように、本発明の各実施形態によれば、根切り・山留め工事の全期間において、掘削領域の周辺を含めた地盤の全体的な挙動を容易にモニタリングすることができる。
以上、この発明の実施形態を図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計等も含まれる。例えば、図1に示す計測システム1は、複数の傾斜角検知部4を構成要素として含んでいてもよいし、絶対位置計測部30を構成要素として含んでいてもよい。
1、1a、1b 計測システム
2 山留め壁
2a 山留め壁頭部
3 計測点
4 傾斜角検知部
5 構造物
11 絶対位置情報取得部
12 傾斜角情報取得部
13 出力部
21 芯材
40 テープ式傾斜計
42 センサ

Claims (8)

  1. 掘削方向に長手方向を有する芯材を用いて構成された山留め壁の頭部の所定の計測点の絶対位置を表す情報を取得する絶対位置情報取得部と、
    前記長手方向に所定の間隔で前記芯材に取り付けられた複数の傾斜角検知部を用いて計測された前記芯材の傾斜角を表す情報を前記傾斜角検知部毎に取得する傾斜角情報取得部と、
    前記絶対位置情報取得部が取得した前記絶対位置を表す情報に基づく絶対変位を表す情報と、前記傾斜角情報取得部が取得した前記傾斜角を表す情報に基づく相対変位を表す情報を合わせて出力する出力部と
    を備える計測システム。
  2. 前記絶対位置情報取得部が、前記山留め壁近傍の他の構造物の所定の計測点の絶対位置を表す情報を取得する
    請求項1に記載の計測システム。
  3. 前記絶対位置を表す情報が非接触で検知されたものである
    請求項1または2に記載の計測システム。
  4. 前記複数の傾斜角検知部が、前記山留め壁施工前に予め前記芯材に取り付けられている
    請求項1から3のいずれか1項に記載の計測システム。
  5. 前記複数の傾斜角検知部が、テープ状の基板上で連続的に接続されている
    請求項1から4のいずれか1項に記載の計測システム。
  6. 前記芯材がH型鋼であり、
    前記複数の傾斜角検知部が前記H型鋼のウェブまたはフランジに取り付けられている
    請求項5に記載の計測システム。
  7. 前記複数の傾斜角検知部を備える
    請求項1から5のいずれか1項に記載の計測システム。
  8. 掘削方向に長手方向を有する複数の芯材を用いて構成された山留め壁の頭部の所定の計測点の絶対位置を表す情報を取得する絶対位置情報取得部と、
    前記長手方向に所定の間隔で前記芯材に取り付けられた複数の傾斜角検知部を用いて計測された前記芯材の傾斜角を表す情報を前記傾斜角検知部毎に取得する傾斜角情報取得部と
    を用いて、
    出力部によって、前記絶対位置情報取得部が取得した前記絶対位置を表す情報に基づく絶対変位を表す情報と、前記傾斜角情報取得部が取得した前記傾斜角を表す情報に基づく相対変位を表す情報を合わせて出力する
    計測方法。
JP2017176780A 2017-09-14 2017-09-14 計測システムおよび計測方法 Pending JP2019052467A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017176780A JP2019052467A (ja) 2017-09-14 2017-09-14 計測システムおよび計測方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017176780A JP2019052467A (ja) 2017-09-14 2017-09-14 計測システムおよび計測方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2019052467A true JP2019052467A (ja) 2019-04-04

Family

ID=66013291

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017176780A Pending JP2019052467A (ja) 2017-09-14 2017-09-14 計測システムおよび計測方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2019052467A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020197082A (ja) * 2019-06-04 2020-12-10 清水建設株式会社 計測システム、計測方法および間隔決定方法
WO2021019602A1 (ja) * 2019-07-26 2021-02-04 株式会社Ttes 長尺な構造物の変位を推定するためのシステム、方法、プログラム及び記録媒体
CN114837197A (zh) * 2022-05-29 2022-08-02 赖细玉 一种具有测量基坑施工参数的基坑支护结构
CN114910056A (zh) * 2022-04-27 2022-08-16 重庆市设计院有限公司 基于bim技术的山地建筑边坡检测保护方法
WO2023074684A1 (ja) * 2021-10-28 2023-05-04 株式会社ニコン 形状取得方法、対象物の管理方法及び作業支援方法、並びに形状取得システム及び作業支援システム

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001280945A (ja) * 2000-03-31 2001-10-10 Kumagai Gumi Co Ltd 位置検出測定装置
JP2007114176A (ja) * 2005-09-22 2007-05-10 Tobishima Corp 変位計測装置及び変位計測システム
JP2008175676A (ja) * 2007-01-18 2008-07-31 Maeda Corp 仮設構造体の健全性判定システム
JP2014169982A (ja) * 2013-03-05 2014-09-18 Maeda Kosen Co Ltd 擁壁の傾斜測定装置及び傾斜測定方法、並びに擁壁の監視方法
JP2016166762A (ja) * 2015-03-09 2016-09-15 ヒロセ株式会社 多段式傾斜測定装置

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001280945A (ja) * 2000-03-31 2001-10-10 Kumagai Gumi Co Ltd 位置検出測定装置
JP2007114176A (ja) * 2005-09-22 2007-05-10 Tobishima Corp 変位計測装置及び変位計測システム
JP2008175676A (ja) * 2007-01-18 2008-07-31 Maeda Corp 仮設構造体の健全性判定システム
JP2014169982A (ja) * 2013-03-05 2014-09-18 Maeda Kosen Co Ltd 擁壁の傾斜測定装置及び傾斜測定方法、並びに擁壁の監視方法
JP2016166762A (ja) * 2015-03-09 2016-09-15 ヒロセ株式会社 多段式傾斜測定装置

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020197082A (ja) * 2019-06-04 2020-12-10 清水建設株式会社 計測システム、計測方法および間隔決定方法
JP7201538B2 (ja) 2019-06-04 2023-01-10 清水建設株式会社 計測システム、計測方法および間隔決定方法
JP2023033311A (ja) * 2019-06-04 2023-03-10 清水建設株式会社 計測システム、計測方法および間隔決定方法
JP7375156B2 (ja) 2019-06-04 2023-11-07 清水建設株式会社 計測システム、計測方法および間隔決定方法
WO2021019602A1 (ja) * 2019-07-26 2021-02-04 株式会社Ttes 長尺な構造物の変位を推定するためのシステム、方法、プログラム及び記録媒体
JP6894656B1 (ja) * 2019-07-26 2021-06-30 株式会社Ttes 構造物の変位を推定するためのシステム、方法、及びプログラム
WO2023074684A1 (ja) * 2021-10-28 2023-05-04 株式会社ニコン 形状取得方法、対象物の管理方法及び作業支援方法、並びに形状取得システム及び作業支援システム
TWI828386B (zh) * 2021-10-28 2024-01-01 日商尼康股份有限公司 形狀取得方法、對象物之管理方法及作業支援方法、以及形狀取得系統及作業支援系統
CN114910056A (zh) * 2022-04-27 2022-08-16 重庆市设计院有限公司 基于bim技术的山地建筑边坡检测保护方法
CN114837197A (zh) * 2022-05-29 2022-08-02 赖细玉 一种具有测量基坑施工参数的基坑支护结构
CN114837197B (zh) * 2022-05-29 2023-11-10 中铁五局集团第二工程有限责任公司 一种具有测量基坑施工参数的基坑支护结构

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2019052467A (ja) 計測システムおよび計測方法
JP7375156B2 (ja) 計測システム、計測方法および間隔決定方法
CN111947562B (zh) 一种堆石坝内、外变形一体化监测方法
CN105136115B (zh) 一种自动测量隧道断面变形的方法与装置
TWI375020B (en) Method and device for the determination of damage or states of a mechanical structure
Ariznavarreta-Fernández et al. Measurement system with angular encoders for continuous monitoring of tunnel convergence
JP6105859B2 (ja) 埋設物探査装置
JPH11230791A (ja) 監視装置
CN200975890Y (zh) 三维微量位移自动监测装置
CN101629799A (zh) 无通视高陡边坡变形监测方法及其装置
Alamdari et al. Non-contact structural health monitoring of a cable-stayed bridge: Case study
CN110836654A (zh) 一种地下三维变形自动监测装置及方法
JP4523904B2 (ja) 水位計測装置とこの水位計測装置を使用した水位計測システム
KR101620278B1 (ko) 매립형 센싱부를 활용한 지반 공동 및 함몰 감지 장치
JP6750915B1 (ja) 斜面変位量測定システム
Reddy An Empirical Study On The Methods And Instruments For Automated Geotechnical Monitoring
KR102232918B1 (ko) 실시간 인공지능 기반 건물 상태진단 시스템의 침하감지기
CN109556524A (zh) 基于光纤光栅技术的裂缝宽度监测系统及方法
CN201540087U (zh) 一种无通视高陡边坡变形监测装置
JP2022061704A (ja) 鋼材の傾斜計測装置および変位測定方法と山留壁の変位測定方法
Karthik et al. Review on low-cost wireless communication systems for slope stability monitoring in opencast mines
Meisina et al. Choice of surveying methods for landslides monitoring
Bogusz et al. GNSS-based multi-sensor system for structural monitoring applications
JP2011209200A (ja) 海底観測システム
CN109238223B (zh) 一种差异沉降累积量测方法及装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20200901

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20210729

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20210817

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20211018

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20220315

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20221004