JP2011206914A - Tape cassette - Google Patents

Tape cassette Download PDF

Info

Publication number
JP2011206914A
JP2011206914A JP2010073751A JP2010073751A JP2011206914A JP 2011206914 A JP2011206914 A JP 2011206914A JP 2010073751 A JP2010073751 A JP 2010073751A JP 2010073751 A JP2010073751 A JP 2010073751A JP 2011206914 A JP2011206914 A JP 2011206914A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tape
portion
cassette
case
lower
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2010073751A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takashi Horiuchi
Tsutomu Kato
Tsutomu Nagae
努 加藤
誉史 堀内
強 長江
Original Assignee
Brother Industries Ltd
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Brother Industries Ltd, ブラザー工業株式会社 filed Critical Brother Industries Ltd
Priority to JP2010073751A priority Critical patent/JP2011206914A/en
Publication of JP2011206914A publication Critical patent/JP2011206914A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tape cassette which can raise physical strength of a cassette case.SOLUTION: The tape cassette includes the cassette case in which an upper case 311 and a lower case are assembled up and down. The cassette case is a square-shaped box-like body in plan view. The upper case 311 includes a plurality of corner part projections 631 projecting downward from an upper plate 305 to extend along a first corner part 321, a second corner part 322 and a third corner part 323. When the upper case 311 and the lower case are assembled, a plurality of the corner part projections 631 are fixed along the inner wall of the lower case.

Description

本発明は、テープ印字装置に着脱可能なテープカセットに関する。 The present invention relates to a detachable tape cassette in the tape printing apparatus.

従来、上ケースと下ケースとが組み付けられた箱状のカセットケースに、テープやインクリボンなどが収納されたテープカセットが知られている(例えば、特許文献1参照)。 Conventionally, a box-shaped cassette case where the upper case and lower case are assembled, the tape cassette is known that such as a tape or an ink ribbon is accommodated (e.g., see Patent Document 1). このようなテープカセットでは、例えば上ケースに設けられた係止ピンを、下ケースに設けられた係止孔に挿入することで、上ケースと下ケースとの接合状態を強固にしている。 In such a tape cassette, for example, a locking pin provided on the upper case, by inserting the engaging hole provided in the lower case, and strengthening the bonding state of the upper and lower cases.

特許第3543659号公報 Patent No. 3543659 Publication

箱状のカセットケースは、平面視で外側に突出した部分である角部が、例えばテープカセットの落下時などに物理的衝撃を受けやすい。 Box-like cassette case, the corner portion is a portion projected outwardly in plan view, for example, susceptible to physical impact in the event of dropping of the tape cassette. その対策として、テープカセットの設計時には、カセットケースの物理的強度を確保するのに好適な材料を選択していた。 As a countermeasure, when designing the tape cassette, it has been selected a suitable material to ensure the physical strength of the cassette case. しかしながら、例えばユーザが誤ってテープカセットを想定以上の高さ位置から落としてしまった場合、カセットケースの角部が破損したり、カセットケースの角部で上ケースと下ケースとの隙間が生じたりするおそれがあった。 However, for example, if the user is dropped from a height position higher than expected the tape cassette by mistake, the corners may break or the cassette case, or a gap between the upper and lower cases at the corners of the cassette case there was a fear that is.

本発明は、上記課題を解決するためになされたものであり、カセットケースの物理的強度を高めることができるテープカセットを提供することを目的とする。 The present invention has been made to solve the above problems, and an object thereof is to provide a tape cassette which can increase the physical strength of the cassette case.

本発明の一態様に係るテープカセットは、テープが収納されるカセットケースを備えたテープカセットであって、前記カセットケースは、上壁を有する上ケースと、底壁を有する下ケースとが上下に組み付けられ、且つ、複数の角部を含む平面視で四角形状の箱状体であり、前記上ケースは、前記上ケースにおける少なくとも一つの前記角部に沿って延びるように、前記上壁から下方に突出する補強リブを備え、前記補強リブは、前記上ケースと前記下ケースとが組み付けられた場合に、前記下ケースの対応する前記角部の内壁に沿って固定されることを特徴とする。 Tape cassette according to one embodiment of the present invention, there is provided a tape cassette having a cassette case in which the tape is housed, said cassette case includes a case upper having an upper wall, vertically and a lower case having a bottom wall assembled, and a rectangular box-shaped body in plan view comprising a plurality of corner portions, the upper case, so as to extend along at least one of the corners of the upper case, the lower from the upper wall includes a reinforcing rib protruding, the reinforcing ribs, when said upper case and the lower case are assembled, characterized in that it is fixed along the inner wall of the corner portions corresponding the lower case .

本態様によれば、カセットケースは、平面視で四角形状の箱状体であり、上ケースおよび下ケースを含む。 According to this embodiment, the cassette case is a rectangular box-shaped body in plan view, including upper case and lower case. カセットケースの少なくとも一つの角部に沿って延びる補強リブが、上ケースに設けられる。 Reinforcing ribs extending along at least one corner portion of the cassette case is provided on the upper case. 上ケースと前記下ケースとが組み付けられた場合、補強リブが下ケースの対応する角部の内壁に沿って固定される。 If the upper case and the lower case is assembled, the reinforcing rib is fixed along the inner wall of the corresponding corner portion of the lower case.

これにより、角部に物理的衝撃が加えられても、補強リブによって物理的衝撃が緩衝されるため、カセットケースの破損等を抑制できる。 Accordingly, even when physical impact is applied to the corners, because the physical impact is buffered by the reinforcing ribs can be suppressed damage of the cassette case. さらに、角部は、箱状のカセットケースにおいて構造上剛性が高く、且つ、物理的衝撃を受けやすい部位である。 Further, corners, high structural rigidity in a box-like cassette case, and is susceptible site physical shock. 角部を補強リブによって物理的に補強することで、カセットケースの物理的強度を高めることができる。 By physically reinforce the corners by stiffening ribs, it is possible to enhance the physical strength of the cassette case. ひいては、テープカセットの設計時における作業者の負担を低減できる。 Thus, it is possible to reduce the burden on the operator at the time of the design of the tape cassette.

本態様に係るテープカセットにおいて、前記補強リブは、平面視で前記上ケースの対角上に位置する一対の前記角部のそれぞれに沿って延びるように、前記上壁から下方に突出してもよい。 In the tape cassette according to the present embodiment, the reinforcing ribs, so as to extend along each of a pair of the corner portion located on the diagonal of the upper case in plan view, may protrude from the upper wall downwardly . この場合、一対の角部のうち、一方の角部に加えられた物理的衝撃が、他方の角部に分散して緩衝される。 In this case, the pair of corners, one corner physical impact applied to the part is dispersed and buffer in the other corner. したがって、カセットケースの物理的強度をさらに高めることができる。 Therefore, it is possible to further enhance the physical strength of the cassette case.

本態様に係るテープカセットにおいて、前記上ケースおよび前記下ケースは、前記カセットケースに収納される前記テープの幅に応じた上下方向長さを有しており、前記上ケースにおいて前記補強リブが設けられる前記上壁は、前記上ケースおよび前記下ケースの上下方向長さにかかわらず、前記カセットケースに収納されている前記テープの幅方向中心位置から一定の距離だけ上下方向に離間した位置に設けられてもよい。 In the tape cassette according to the present embodiment, the upper case and the lower case has a vertical length corresponding to the width of the tape accommodated in the cassette case, wherein the reinforcing rib is provided in the upper case is the top wall, regardless of the vertical length of the upper case and the lower case is provided at a position separated only in the vertical direction a certain distance from the widthwise center position of the tape housed in the cassette case it may be. この場合、上ケースおよび下ケースの上下方向長さが異なっていても、補強リブからテープの幅方向中心位置までの距離が常に一定となるため、カセットケースの強度設計を共通化できる。 In this case, even with different vertical length of the upper case and the lower case, the distance from the reinforcing rib to the width direction center position of the tape is always constant, can be shared strength design of the cassette case.

カセットカバー6が閉じられた状態にあるテープ印字装置1の斜視図である。 It is a perspective view of a tape printer 1 when a cassette cover 6 is closed. カセットカバー6が開かれた状態にあるテープ印字装置1の斜視図である。 It is a perspective view of a tape printer 1 when a cassette cover 6 is opened. テープカセット30およびカセット装着部8を説明するための斜視図である。 Is a perspective view for illustrating a tape cassette 30 and a cassette housing portion 8. カセット装着部8の平面図である。 It is a plan view of the cassette housing portion 8. プラテンホルダ12が待機位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 , When the platen holder 12 is at the standby position, the laminated type tape cassette 30 is a plan view of the cassette housing portion 8 attached. プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 When the platen holder 12 is in the printing position, the laminated type tape cassette 30 is a plan view of the cassette housing portion 8 attached. プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、レセプタタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 When the platen holder 12 is in the printing position, it is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 of the receptor type is mounted. プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、サーマルタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 When the platen holder 12 is in the printing position, the thermal type tape cassette 30 is a plan view of the cassette housing portion 8 attached. ヘッドホルダ74の正面図である。 It is a front view of the head holder 74. ヘッドホルダ74の左側面図である。 It is a left side view of the head holder 74. プラテンホルダ12の背面図である。 It is a rear view of the platen holder 12. 図11のIII−III線における矢視方向断面図である。 It is a sectional view taken along line III-III in FIG. 11. 図3のI−I線における矢視方向断面図である。 It is a sectional view taken along line I-I in FIG. テープ印字装置1の電気的構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an electrical configuration of the tape printer 1. テープカセット30の平面図である。 It is a plan view of the tape cassette 30. テープカセット30の底面図である。 It is a bottom view of the tape cassette 30. テープカセット30の上方からの斜視図である。 Is a perspective view from above of the tape cassette 30. 上ケース311および下ケース312に部品展開された状態にあるカセットケース31の斜視図である。 Is a perspective view of the cassette case 31 in the upper case 311 and lower case 312 in a state of being part expanded. 上ケース311および下ケース312に部品展開された状態にあるカセットケース31の他の斜視図である。 It is another perspective view of the cassette case 31 in a state where the upper case 311 and lower case 312 are parts explosion. 下ケース312の平面図である。 It is a plan view of the lower case 312. 第1円筒部材881Bの斜視図である。 It is a perspective view of the first cylindrical member 881B. 上ケース311の底面図である。 It is a bottom view of the upper case 311. 第1圧入ピン881Aの斜視図である。 It is a perspective view of a first press-fit pin 881A. 第1圧着部881の側面断面図である。 It is a side cross-sectional view of the first crimping part 881. アーム前面壁35の近傍を拡大した、テープカセット30の正面図である。 An enlarged vicinity of the arm front wall 35, a front view of the tape cassette 30. アーム前面壁35の近傍を拡大した、テープカセット30の他の正面図である。 An enlarged vicinity of the arm front wall 35, is another front view of the tape cassette 30. 下ケース312の分離壁33および対応する上ケース311部分の側面断面図である。 It is a side cross-sectional view of the separation wall 33 and the corresponding upper case 311 portion of the lower case 312. 上ケース311および下ケース312に部品展開された状態にある分離部61の斜視図である。 It is a perspective view of the separation unit 61 in a state where the upper case 311 and lower case 312 are parts explosion. 上ケース311が取り除かれた状態にあるテープカセット30の斜視図である。 It is a perspective view of the tape cassette 30 in a state where the upper case 311 has been removed. 図15のIV−IV線における矢視方向断面図である。 It is a sectional view taken along line IV-IV of FIG. 図15のV−V線における矢視方向断面図である。 Is a sectional view taken along line V-V in FIG. 15. テープカセット30を部品展開した斜視図である。 It is a perspective view of the tape cassette 30 parts explosion. 図15のVI−VI線における矢視方向断面図である。 It is a sectional view taken along line VI-VI in FIG. 回転部材571、クラッチバネ572および下テープ支持部66Bの斜視図である。 The rotating member 571 is a perspective view of the clutch spring 572 and the lower tape support portion 66B. 図15のVII−VII線における矢視方向断面図である。 It is a sectional view taken along line VII-VII in FIG. ガイド孔47を一部断面で示す、テープカセット30の右側面図である。 It shows the guide hole 47 in partial cross-section, is a right side view of the tape cassette 30. テープカセット30の正面図であって、アーム前面壁35に設けられる各種構成要素の位置関係を示す説明図である。 A front view of the tape cassette 30 is an explanatory view showing the positional relationship between the various components provided in the arm front wall 35. アーム前面壁35に含まれる特定領域R0の説明図である。 It is an explanatory view of a specified area R0 included in the arm front wall 35. アーム前面壁35の近傍を拡大した、テープカセット30の正面図である。 An enlarged vicinity of the arm front wall 35, a front view of the tape cassette 30. 印字用情報テーブル510のデータ構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a data configuration of the print information table 510. 後方凹部360の近傍を拡大した、テープカセット30の底面図である。 An enlarged vicinity of the rear recess 360, a bottom view of the tape cassette 30. 上ケース311を取り除いた状態で後方凹部360の近傍を拡大した、テープカセット30の平面図である。 An enlarged vicinity of the rear recess 360 on the condition of removing the top case 311 is a plan view of the tape cassette 30. 比較例における、上ケース311を取り除いた状態で後方凹部360の近傍を拡大した、テープカセット30の平面図である。 In the comparative example, the enlarged vicinity of the rear recess 360 on the condition of removing the top case 311 is a plan view of the tape cassette 30. 色情報テーブル520のデータ構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a data configuration of a color information table 520. テープカセット30が装着される途中のカセット装着部8を右側から見た説明図である。 It is an explanatory view of the middle of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is mounted from the right side. テープカセット30が装着された後のカセット装着部8を右側から見た説明図である。 It is an explanatory view of the cassette housing portion 8 after the tape cassette 30 is installed from the right side. ヘッドホルダ74で支持されるテープカセット30を正面側から見た説明図である。 The tape cassette 30 supported by the head holder 74 is an explanatory view seen from the front side. ヘッドホルダ74で支持されるテープカセット30を左側面側から見た説明図である。 The tape cassette 30 supported by the head holder 74 is an explanatory view as seen from the left side. 図5のII−II線における矢視方向断面図である。 It is a sectional view taken along line II-II of FIG. 図39に示すテープカセット30に図12に示すプラテンホルダ12が対向した状態を示す、図39のVIII−VIII線における矢視方向断面図である。 The tape cassette 30 shown in FIG. 39 shows a state in which the platen holder 12 is opposed as shown in FIG. 12 is a sectional view taken along line VIII-VIII in FIG. 39. 図42に示すテープカセット30に図13に示す後方支持部813が対向した状態を示す、図42のIX−IX線における矢視方向断面図である。 The tape cassette 30 shown in FIG. 42 shows a state in which the rear support part 813 are opposed as shown in FIG. 13 is a sectional view taken along line IX-IX in FIG. 42. テープ印字装置1の印字に係る処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a processing according to the print of the tape printer 1. 変形例における、プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In the modified example, when the platen holder 12 is in the printing position, the laminated type tape cassette 30 is a plan view of the cassette housing portion 8 attached. 変形例における、プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の他の平面図である。 In the modified example, when the platen holder 12 is in the printing position, the laminated type tape cassette 30 is another plan view of the cassette housing portion 8 attached.

本発明を具体化した実施の形態について、図面を参照して説明する。 The embodiments embodying the present invention will be described with reference to the drawings. なお、参照する図面は、本発明が採用しうる技術的特徴を説明するために用いられるものであり、単なる説明例である。 The drawings to be referred to are those used to explain technological features that the present invention may employ, are merely illustrative examples.

図1〜図52を参照して、本実施形態に係るテープ印字装置1およびテープカセット30について説明する。 Referring to FIGS. 1 to 52, it will be described tape printer 1 and a tape cassette 30 according to the present embodiment. 本実施形態の説明では、図1および図2の左下側、右上側、右下側、左上側を、それぞれテープ印字装置1の前側、後側、右側、左側とする。 In the description of this embodiment, the lower left side of FIG. 1 and FIG. 2, upper right, lower right, upper left side, the front side of the tape printer 1, respectively, rear and right, and left. 図3の右下側、左上側、右上側、左下側を、それぞれテープカセット30の前側、後側、右側、左側とする。 Lower right side of FIG. 3, upper left, upper right, lower left side, the front side of the tape cassette 30, respectively, rear and right, and left.

本実施形態では、テープカセット30に収納される各種テープ(例えば、感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58、フィルムテープ59)を、総称してテープという。 In the present embodiment, various tape accommodated in the tape cassette 30 (e.g., heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, double-sided adhesive tape 58, the film tape 59) and the tape that collectively. テープカセット30に収納されるテープの種類(例えば、テープ幅、印字態様、テープ色、文字色など)を、総称してテープ種類という。 Tape type accommodated in the tape cassette 30 (e.g., tape width, the print mode, tape color, a character color), and that the tape type collectively.

はじめに、図1〜図14を参照して、テープ印字装置1について説明する。 First, with reference to FIGS. 1-14, described tape printer 1. 説明の便宜上、図3〜図8では、カセット装着部8の周囲を形成する側壁が図示されているが、これらの図はあくまでも模式図であるため、図中に示す側壁は実際よりも厚く描かれている。 For convenience of explanation, in FIGS. 3-8, but side walls forming the periphery of the cassette housing portion 8 are shown, for these figures are merely schematic, side walls shown in the figures drawn in fact thicker than It has been. 図3に図示されているギヤ91、93、94、97、98、101を含むギヤ群は、実際にはキャビティ811の底面により覆い隠されている。 Gears comprising gear 91,93,94,97,98,101 depicted in Figure 3 is actually being covered by the bottom surface of the cavity 811. これらのギヤ群を説明する必要上、図3にはキャビティ811の底面は図示されていない。 On need to explain these gears, the bottom surface of the cavity 811 is not shown in FIG. 図5〜図8において、カセット装着部8に装着されているテープカセット30は、上ケース311が取り外された状態である。 In Figures 5-8, the tape cassette 30 that is installed in the cassette housing portion 8 is a state where the upper case 311 is removed.

テープ印字装置1の概略構成について説明する。 Illustrating the schematic structure of the tape printer 1. テープ印字装置1は、1台でサーマルタイプ、レセプタタイプ、ラミネートタイプ等、各種のテープカセットが使用可能な汎用のテープ印字装置である。 The tape printer 1, the thermal type with a single, receptor type, laminated type and the like, various tape cassette is a tape printing apparatus of available generic. サーマルタイプのテープカセットは、感熱紙テープを備えている。 Thermal type tape cassette is provided with a heat-sensitive paper tape. レセプタタイプのテープカセットは、印字テープとインクリボンとを備えている。 Receptor type tape cassette, and a print tape and an ink ribbon. ラミネートタイプのテープカセットは、両面粘着テープとフィルムテープとインクリボンとを備えている。 Laminated type tape cassette, and a double-sided adhesive tape and film tape and the ink ribbon.

図1および図2に示すように、テープ印字装置1は、略直方体形状の本体カバー2を備えている。 As shown in FIGS. 1 and 2, the tape printer 1 includes a main body cover 2 having a substantially rectangular parallelepiped shape. 本体カバー2上面の前側には、キャラクタキーや機能キーを含むキーボード3が配設されている。 The front side of the body cover 2 the upper surface, a keyboard 3 including character keys and function keys are disposed. キーボード3の後側には、キーボード3で入力されたキャラクタなどを表示可能なディスプレイ5が設けられている。 The rear side of the keyboard 3. The display 5 capable of displaying such input characters is provided on the keyboard 3. ディスプレイ5の後側には、テープカセット30(図3参照)の交換時に開閉されるカセットカバー6が設けられている。 On the rear side of the display 5, the cassette cover 6 is opened and closed when replacing the tape cassette 30 (see FIG. 3) is provided.

カセットカバー6は、平面視略長方形状の蓋部である。 Cassette cover 6 is a plan view substantially rectangular lid portion. カセットカバー6は、本体カバー2の背面上方の左右両端部で軸支され、図1に示す閉鎖位置と、図2に示す開放位置との間で回動可能である。 Cassette cover 6 is pivotally supported by the left and right ends of the rear upper body cover 2 is pivotable between a closed position shown in FIG. 1, and an open position shown in FIG. 本体カバー2の内部には、テープカセット30を着脱可能な領域であるカセット装着部8が設けられている。 Inside the main body cover 2, the cassette housing portion 8 is provided, which is an area capable of attaching and detaching the tape cassette 30. カセット装着部8は、カセットカバー6が閉鎖位置にあるときに被覆され(図1参照)、カセットカバー6が開放位置にあるときに露出する(図2参照)。 Cassette housing portion 8 (see FIG. 1) is covered when the cassette cover 6 is in the closed position, the cassette cover 6 is exposed to when in the open position (see FIG. 2).

カセットカバー6の下面には、係止ロック413と、ヘッド押え部材7と、周縁押え部材911〜914とが設けられている。 The lower surface of the cassette cover 6, the latch lock 413, a head pressing member 7 is provided with a peripheral pressing member 911-914. 係止ロック413は、下方に突出する鉤状体である。 Latch lock 413 is a hook-shaped member projecting downward. 本体カバー2のカセット装着部8の前側には、係止ロック413に対応するロック孔412が設けられている。 On the front side of the cassette housing portion 8 of the cover 2, the lock holes 412 corresponding to the latch lock 413 is provided. カセットカバー6が閉じられると、係止ロック413がロック孔412に嵌め込まれて、カセットカバー6の自然開放が防止される(図1参照)。 When the cassette cover 6 is closed, latch lock 413 is fitted into the lock hole 412, the natural opening of the cassette cover 6 is prevented (see FIG. 1).

ヘッド押え部材7および周縁押え部材911〜914は、下方に突出する角柱体である。 Head pressing member 7 and the periphery pressing member 911-914 is a prismatic body protruding downward. ヘッド押え部材7は、カセットカバー6が閉じられた場合に、カセット装着部8に装着されているテープカセット30の押え受け部393(図15参照)を上方から押圧する。 Head pressing member 7, when the cassette cover 6 is closed, it presses the presser receiving portion 393 of the tape cassette 30 that is installed in the cassette housing portion 8 (see FIG. 15) from above. 周縁押え部材911〜914は、カセットカバー6が閉じられた場合に、カセット装着部8に装着されているテープカセット30の周縁を上方から押圧する。 Peripheral pressing member 911-914, when the cassette cover 6 is closed, it presses the peripheral edge of the tape cassette 30 that is installed in the cassette housing portion 8 from above.

本体カバー2の左側面後方には、排出スリット111が設けられている。 The left side rear of the main body cover 2, the discharge slit 111 is provided. 排出スリット111は、印字済みのテープをカセット装着部8から排出する。 Discharge slit 111 for discharging the printed tape from the cassette housing portion 8. カセットカバー6の左側面には、排出窓112が設けられている。 On the left side surface of the cassette cover 6 is provided discharging window 112. 排出窓112は、カセットカバー6が閉じられている場合に、排出スリット111を外部に露出させる。 Discharging window 112, when the cassette cover 6 is closed, exposing the discharge slit 111 to the outside.

図3〜図8を参照して、カセットカバー6下の本体カバー2の内部構造について説明する。 Referring to FIGS. 3-8, describes the internal structure of the body cover 2 below the cassette cover 6. 図3および図4に示すように、カセット装着部8は、キャビティ811および角支持部812を含む。 As shown in FIGS. 3 and 4, the cassette housing portion 8 includes a cavity 811 and corner support 812. キャビティ811は、カセットケース31の底面302の形状と略対応するように凹設された、平面状の底面を有する凹部である。 Cavity 811, substantially the shape of the bottom surface 302 of the cassette case 31 is recessed to correspond to a recess having a planar bottom surface. 角支持部812は、キャビティ811の外縁から水平に延びる平面部である。 Corner support portion 812 is a flat portion extending horizontally from the outer edge of the cavity 811. テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、角支持部812はテープカセット30の周縁の下面を支持する。 If the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the corner support portion 812 supports the lower surface of the peripheral edge of the tape cassette 30.

角支持部812の2箇所に、2つの位置決めピン102、103が設けられている。 At two positions of the corner support portion 812, two positioning pins 102 and 103 are provided. 具体的には、キャビティ811の左側に、位置決めピン102が設けられている。 Specifically, the left side of the cavity 811, the pin 102 is provided positioning. キャビティ811の右側に、位置決めピン103が設けられている。 On the right side of the cavity 811, the positioning pin 103 is provided. 位置決めピン102、103は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、カセットケース31のピン孔62、63(図16参照)にそれぞれ挿入される。 Positioning pins 102 and 103, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 are respectively inserted in the pin holes 62 and 63 of the cassette case 31 (see FIG. 16). このとき、位置決めピン102、103は、テープカセット30の周縁部の左右位置で、テープカセット30を前後・左右方向に位置決めする。 At this time, the positioning pins 102, 103 in left and right positions of the peripheral portion of the tape cassette 30 to position the tape cassette 30 in the longitudinal and lateral.

カセット装着部8の前部には、ヘッドホルダ74が設けられている。 At the front of the cassette housing portion 8, the head holder 74 is provided. ヘッドホルダ74は、発熱体(図示せず)を備えるサーマルヘッド10を搭載している。 Head holder 74 is equipped with a thermal head 10 having a heating element (not shown). カセット装着部8の外側(図3では右上側)には、ステッピングモータであるテープ駆動モータ23が配設されている。 On the outside of the cassette housing portion 8 (in FIG. 3 the upper right side), the tape drive motor 23 is disposed a stepping motor. テープ駆動モータ23の駆動軸の下端には、ギヤ91が固着されている。 At the lower end of the drive shaft of the tape drive motor 23, a gear 91 is fixed. ギヤ91は、開口を介してギヤ93に噛み合っている。 Gear 91 is in mesh with the gear 93 through the opening. ギヤ93は、ギヤ94に噛み合っている。 Gear 93 is in mesh with the gear 94. ギヤ94は、ギヤ97に噛み合っている。 Gear 94 is in mesh with the gear 97. ギヤ97は、ギヤ98に噛み合っている。 Gear 97 is in mesh with the gear 98. ギヤ98は、ギヤ101に噛み合っている。 Gear 98 is in mesh with the gear 101.

ギヤ94の上面には、リボン巻取軸95が立設されている。 On the upper surface of the gear 94, the ribbon take-up shaft 95 is erected. リボン巻取軸95は、リボン巻取スプール44に着脱可能な軸体である。 Ribbon take-up shaft 95 is capable shaft detachably attached to the ribbon take-up spool 44. リボン巻取軸95の基部側から先端側に向けて、複数のカム部材95Aが平面視で放射状に設けられている(図45参照)。 Toward the base side of the ribbon winding shaft 95 to the distal end side, a plurality of cam members 95A are provided radially in plan view (see FIG. 45). ギヤ101の上面には、テープ駆動軸100が立設されている。 On the upper surface of the gear 101, the tape drive shaft 100 is erected. テープ駆動軸100は、テープ駆動ローラ46に着脱可能な軸体である。 Tape drive shaft 100 is a removable shaft to the tape drive roller 46. テープ駆動軸100の基部側から先端側に向けて、複数のカム部材100Aが平面視で放射状に設けられている(図45参照)。 From the base side of the tape drive shaft 100 toward the distal end side, a plurality of cam members 100A is provided radially in plan view (see FIG. 45).

テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態で、テープ駆動モータ23が反時計回り方向にギヤ91を回転駆動すると、ギヤ93、ギヤ94を介して、リボン巻取軸95が反時計回り方向に回転駆動する。 In a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the tape drive motor 23 is driven to rotate the gear 91 in the counterclockwise direction, the gear 93, via the gear 94, the ribbon take-up shaft 95 is counterclockwise driven to rotate in the direction. リボン巻取軸95は、リボン巻取軸95に装着されたリボン巻取スプール44を回転駆動する。 Ribbon take-up shaft 95 rotates the ribbon take-up spool 44 mounted on the ribbon take-up shaft 95. さらに、ギヤ94の回転は、ギヤ97、ギヤ98、ギヤ101を介してテープ駆動軸100に伝達されて、テープ駆動軸100が時計回り方向に回転駆動する。 Furthermore, the rotation of the gear 94, gear 97, gear 98, is transmitted to the tape drive shaft 100 via the gear 101, the tape drive shaft 100 is driven to rotate in the clockwise direction. テープ駆動軸100は、テープ駆動軸100に装着されたテープ駆動ローラ46を回転駆動する。 Tape drive shaft 100 drives the rotation of the tape drive roller 46 mounted on the tape drive shaft 100.

ギヤ98の後側には、補助軸110が立設されている。 On the rear side of the gear 98, the auxiliary shaft 110 is erected. 補助軸110は、第1テープ支持孔65に挿脱可能な略円柱状の軸体である。 Auxiliary shaft 110 is a substantially cylindrical shaft body which can be inserted into and removed from the first tape support hole 65. カセット装着部8の右側後部には、ガイド軸120が立設されている。 To the right rear portion of the cassette housing portion 8, the guide shaft 120 is erected. ガイド軸120は、ガイド孔47(図5参照)に挿脱可能な軸体である。 The guide shaft 120 is removably shaft member into the guide hole 47 (see FIG. 5).

ガイド軸120は、直径が異なる2つの軸部(大径軸部120Aおよび小径軸部120B)と、テーパ部120Cとを含む(図45参照)。 Guide shaft 120 includes two shaft portions having a diameter different from the (large diameter portion 120A and the small diameter shaft portion 120B), and a tapered portion 120C (see FIG. 45). 大径軸部120Aは、ガイド軸120の基部側を構成する軸部であり、ガイド軸120において直径が最も大きい。 Large diameter shaft portion 120A is a shaft portion which constitutes the base portion of the guide shaft 120, the largest diameter in the guide shaft 120. 小径軸部120Bは、ガイド軸120の先端側を構成する軸部であり、大径軸部120Aよりも直径が小さい。 Small diameter shaft portion 120B is a shaft portion which constitutes the distal end side of the guide shaft 120, is smaller in diameter than the large diameter portion 120A. テーパ部120Cは、大径軸部120Aと小径軸部120Bとの間に設けられた軸部である。 Tapered portion 120C is a shaft portion provided between the large diameter portion 120A and the small diameter shaft portion 120B. テーパ部120Cは、大径軸部120A側から小径軸部120B側に向けて軸径が漸減するテーパ面を有する。 Tapered portion 120C has a tapered surface which shaft diameter is gradually reduced toward the small diameter portion 120B side from the large diameter portion 120A side.

キャビティ811の後縁部は、平面視で2つの弧が左右に並んだような形状を有している。 Rear edge of the cavity 811, the two arcs has a shape such that side-by-side in plan view. これら2つの弧の間に位置する角支持部812の一部が、後方支持部813である。 Some of the corner support portion 812 located between these two arcs is a rear support section 813. 後方支持部813は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、後方凹部360(図16参照)を支持する。 Rear support portion 813, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, to support the posterior recess 360 (see FIG. 16).

後方支持部813には、複数の検出スイッチ310を含む後方検出部300が設けられている。 The rear support portion 813, the rear detection portion 300 including a plurality of detecting switches 310 are provided. 検出スイッチ310のスイッチ端子317(図13参照)は、後方支持部813から上方に突出している。 Switch terminals 317 of the detecting switches 310 (refer to FIG. 13) is projected from the rear support part 813 upward. テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、スイッチ端子317は底面302側(詳細には、図16に示す後方段差壁360A)と対向する。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the switch terminal 317 is bottom 302 side (specifically, rear stepped wall 360A shown in FIG. 16) facing the. 以下では、後方検出部300に設けられた検出スイッチ310を、後方検出スイッチ310という。 Hereinafter, a detection switch 310 provided on the rear detector 300, that rear detecting switch 310. 本実施形態の後方検出部300は、5つの後方検出スイッチ310A〜310Eを有する。 Rear detection unit 300 of the present embodiment has five rear detecting switch 310A~310E.

図4〜図8に示すように、ヘッドホルダ74の後側には、カセットフック75が立設されている。 As shown in FIGS. 4-8, the rear side of the head holder 74, the cassette hook 75 is erected. カセットフック75は、突出部751および爪部752を備えている(図49参照)。 Cassette hook 75 is provided with a projecting portion 751 and the claw portion 752 (see FIG. 49). 突出部751は、キャビティ811の底面(図示せず)から略垂直に上方へ突出する板状体である。 Protrusion 751 is a plate-shaped member that projects upwardly substantially perpendicularly from the bottom surface of the cavity 811 (not shown). 爪部752は、突出部751の上端部から後方(図49では左方向)に突出する、断面視略三角形状の突起部である。 The claw portion 752 protrudes from the upper end portion of the projecting portion 751 to the rear (in FIG. 49 left), a cross-sectional view substantially triangular projections. 突出部751は、前後方向(図4の上下方向)の可撓性を有している。 Protrusion 751 is flexible in the longitudinal direction (vertical direction in FIG. 4). 爪部752は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、係止部397(図49参照)に係止される。 The claw portion 752, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 are engaged with the engaging portion 397 (see FIG. 49).

ヘッドホルダ74の前側には、アーム状のプラテンホルダ12が設けられている。 On the front side of the head holder 74, an arm shaped platen holder 12 is provided. プラテンホルダ12は、軸支部121を中心に揺動可能に軸支されている。 The platen holder 12 is pivotably supported around a shaft supporting portion 121. プラテンホルダ12の先端側には、プラテンローラ15および可動搬送ローラ14が回転可能に軸支されている。 The distal end side of the platen holder 12, the platen roller 15 and the movable feed roller 14 is rotatably supported. プラテンローラ15は、サーマルヘッド10に相対して、サーマルヘッド10と接離可能である。 The platen roller 15, relative to the thermal head 10 is movable toward and away from the thermal head 10. 可動搬送ローラ14は、テープ駆動軸100に装着されているテープ駆動ローラ46に相対して、テープ駆動ローラ46と接離可能である。 Movable feed roller 14, relative to the tape drive roller 46 that is mounted to the tape drive shaft 100, is movable toward and away from the tape drive roller 46.

プラテンホルダ12には、カセットカバー6の開閉に連動して左右方向に移動する図示外のリリースレバーが連結されている。 The platen holder 12, not shown in the release lever moves in the left-right direction in conjunction with opening and closing of the cassette cover 6 it has been linked. カセットカバー6が開放されると、リリースレバーが右方向に移動して、プラテンホルダ12が図5に示す待機位置に向けて移動する。 When the cassette cover 6 is opened, the release lever moves in the right direction, the platen holder 12 moves toward the standby position shown in FIG. 図5に示す待機位置では、プラテンホルダ12がカセット装着部8から離間しているので、人がテープカセット30をカセット装着部8に対して着脱可能である。 In the standby position shown in FIG. 5, since the platen holder 12 is separated from the cassette housing portion 8, the human is detachable tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8. プラテンホルダ12は、図示外の巻きバネにより常に待機位置に弾性付勢されている。 The platen holder 12 is constantly elastically urged to the waiting position by an unillustrated coil spring.

カセットカバー6が閉鎖されると、リリースレバーが左方向に移動して、プラテンホルダ12が図6〜図8に示す印字位置に向けて移動する。 When the cassette cover 6 is closed, the release lever moves in the left direction and the platen holder 12 moves toward the print position shown in FIGS. 6 to 8. 図6〜図8に示す印字位置では、プラテンホルダ12がカセット装着部8に近接している。 In the printing position shown in FIGS. 6 to 8, the platen holder 12 is close to the cassette housing portion 8. 具体的には、図6に示すように、ラミネートタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、プラテンローラ15がフィルムテープ59とインクリボン60とを介してサーマルヘッド10を押圧する。 Specifically, the pressing as shown in FIG. 6, if the laminated type tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the platen roller 15 is a thermal head 10 via the film tape 59 and the ink ribbon 60 to. 同時に、可動搬送ローラ14が両面粘着テープ58とフィルムテープ59とを介してテープ駆動ローラ46を押圧する。 At the same time, the movable feed roller 14 presses the tape drive roller 46 via the double-sided adhesive tape 58 and the film tape 59.

図7に示すように、レセプタタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、プラテンローラ15が印字テープ57とインクリボン60とを介してサーマルヘッド10を押圧する。 As shown in FIG. 7, when the tape cassette 30 of the receptor type is installed in the cassette housing portion 8, the platen roller 15 presses the thermal head 10 via a print tape 57 and the ink ribbon 60. 同時に、可動搬送ローラ14が印字テープ57を介してテープ駆動ローラ46を押圧する。 At the same time, the movable feed roller 14 presses the tape drive roller 46 via the print tape 57. 図8に示すように、サーマルタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、プラテンローラ15が感熱紙テープ55を介してサーマルヘッド10を押圧する。 As shown in FIG. 8, when the thermal type tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the platen roller 15 presses the thermal head 10 via a heat-sensitive paper tape 55. 同時に、可動搬送ローラ14が感熱紙テープ55を介してテープ駆動ローラ46を押圧する。 At the same time, the movable feed roller 14 presses the tape drive roller 46 via the heat-sensitive paper tape 55.

図6〜図8に示す印字位置では、テープ印字装置1がカセット装着部8に装着されているテープカセット30を使用して印字を行うことが可能である。 In the printing position shown in FIGS. 6 to 8, it is possible to perform printing using the tape cassette 30 in which the tape printing apparatus 1 is installed in the cassette housing portion 8. 感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58、フィルムテープ59およびインクリボン60の詳細は、後述する。 Heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, double-sided adhesive tape 58, the details of the film tape 59 and the ink ribbon 60 will be described later.

排出スリット111(図2参照)の右側には、印字済テープ50を所定位置で切断するカット機構17が設けられている。 To the right of the discharge slit 111 (see FIG. 2), cutting mechanism 17 that cuts the printed tape 50 at a predetermined position is provided. カット機構17は、固定刃18と移動刃19とを有する。 Cutting mechanism 17 includes a fixed blade 18 and movable blade 19. 移動刃19は、固定刃18に対向して前後方向(図4〜図8の上下方向)に移動可能である。 Movable blade 19 is movable in the longitudinal direction to face the fixed blade 18 (the vertical direction in FIGS. 4-8).

図4〜図8に示すように、プラテンホルダ12の後側面には、その長手方向の中間位置からやや右側に、複数の検出スイッチ210を含むアーム検出部200が設けられている。 As shown in FIGS. 4-8, the rear side surface of the platen holder 12, slightly to the right from the longitudinal direction of the intermediate position, the arm detecting unit 200 including a plurality of detecting switches 210 are provided. 以下では、プラテンホルダ12の後側面、つまり、サーマルヘッド10と対向する側の面を、カセット対向面122という。 Hereinafter, the rear side surface of the platen holder 12, i.e., the surface facing the thermal head 10, that the cassette-facing surface 122. 検出スイッチ210のスイッチ端子222(図12参照)は、カセット対向面122からカセット装着部8に向けて略水平に突出している。 Switch terminals 222 of the detecting switches 210 (refer to FIG. 12) protrude substantially horizontally toward the cassette-facing surface 122 in the cassette housing portion 8.

言い換えると、スイッチ端子222は、カセット装着部8に対するテープカセット30の着脱方向(図3の上下方向)と略直交する方向に突出している。 In other words, the switch terminals 222 protrude in a direction substantially perpendicular to the detaching direction of the tape cassette 30 (vertical direction in FIG. 3) with respect to the cassette housing portion 8. テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、スイッチ端子222はテープカセット30の前面(詳細には、アーム前面壁35)と対向する。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the switch terminals 222 are front surface (specifically, the arm front wall 35) of the tape cassette 30 facing the. 以下では、アーム検出部200に設けられた検出スイッチ210を、アーム検出スイッチ210という。 Hereinafter, a detection switch 210 provided on the arm detection portion 200, that arm detecting switches 210. 本実施形態のアーム検出部200は、5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eを有する。 Arm detection portion 200 of the present embodiment has five arms detection switch 210a-210e.

図9および図10を参照して、ヘッドホルダ74の詳細について説明する。 With reference to FIGS. 9 and 10, it will be described in detail of the head holder 74. 図9および図10に示すように、ヘッドホルダ74は、1枚の板状部材で形成されており、台座部743とヘッド固着部744とを備えている。 As shown in FIGS. 9 and 10, the head holder 74 is formed in one plate-like member, and a base portion 743 and a head fixing portion 744. 台座部743は、キャビティ811の底面(図示せず)の下方に固定されている。 Pedestal 743 is fixed below the bottom surface of the cavity 811 (not shown). ヘッド固着部744は、台座部743から略垂直に屈曲されて上方へ延び、且つ、左右方向に沿って配置されている。 Head fixing portion 744 is bent substantially perpendicularly from the base portion 743 extends upwardly, and are arranged along the lateral direction.

テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、ヘッドホルダ74はヘッド挿入部39に挿入される。 If the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the head holder 74 is inserted into the head insertion portion 39. ただし、ヘッドホルダ74がヘッド挿入部39に挿入された状態で、ヘッドホルダ74の右端部がヘッド挿入部39の右端部よりも右側に延びている。 However, in a state where the head holder 74 is inserted into the head insertion portion 39, the right end portion of the head holder 74 extends to the right than the right end portion of the head insertion portion 39. サーマルヘッド10は、ヘッド固着部744の前面に固着されている(図5〜図8参照)。 The thermal head 10 is fixed to the front surface of the head fixing portion 744 (see FIGS. 5-8).

ヘッド固着部744には、第1支持部741および第2支持部742が設けられている。 The head fixing portion 744, the first support portion 741 and the second support portion 742 is provided. 第1支持部741および第2支持部742は、テープ印字装置1に装着されているテープカセット30を下方から支持する。 The first support portion 741 and the second support portion 742 supports the tape cassette 30 mounted in the tape printer 1 from below. 第1支持部741は、ヘッド固着部744の右端部を正面視でL字型に切り欠くことにより所定の高さ位置に形成された段差部である。 The first support portion 741 is a stepped portion formed at a predetermined height position by cutting the right end portion of the head fixing portion 744 in an L-shape in front view. 第2支持部742は、ヘッド固着部744の左端部からヘッド固着部744に対して略垂直に屈曲して後方へ延びる側面視長方形状の延設片である。 The second supporting portion 742 is a side view rectangular extending piece extending rearwardly bent substantially perpendicular to the head fixing portion 744 from the left end of the head fixing portion 744. 第1支持部741および第2支持部742は、同一の上下方向位置(高さ位置)に設けられている。 The first support portion 741 and the second support portion 742 is provided on the same vertical position (height position).

つまり、第1支持部741と第2支持部742とは、平面視で互いに略直交する方向に延びている。 In other words, the first supporting portion 741 and the second supporting portion 742, and extends in a direction substantially perpendicular to each other in a plan view. 第1支持部741と第2支持部742は、それぞれ、サーマルヘッド10に対するテープ搬送方向の上流側と下流側とにおいて、テープカセット30を同一の高さ位置で支持する。 A first support portion 741 a second support portion 742, respectively, in the upstream side and the downstream side of the tape transport direction with respect to the thermal head 10, to support the tape cassette 30 at the same height position. 第1支持部741および第2支持部742は、サーマルヘッド10の上下方向中心位置から上下方向に所定距離離れた位置に設定されている。 The first support portion 741 and the second support portion 742 is set at a predetermined distance in the vertical direction from the vertical center position of the thermal head 10. よって、第1支持部741および第2支持部742は、サーマルヘッド10の上下方向中心位置に対してテープカセット30を上下方向に位置決めする基準となる。 Therefore, the first support portion 741 and the second support section 742 is a reference for positioning the tape cassette 30 in the vertical direction with respect to the vertical center position of the thermal head 10.

図11および図12を参照して、アーム検出スイッチ210の詳細について説明する。 With reference to FIGS. 11 and 12, it will be described in detail arm detecting switches 210. 図11に示すように、プラテンホルダ12のカセット対向面122には、5つの貫通孔123が上下方向に3列に並べて設けられている。 As shown in FIG. 11, the cassette-facing surface 122 of the platen holder 12, five through-holes 123 are provided side by side in three rows in the vertical direction. 具体的には、最上列に2つ、真ん中の列に2つ、最下列に1つの配置である。 Specifically, two in the top row, two in the middle row, which is one arrangement the bottom row. 貫通孔123の左右方向の位置は、それぞれ異なっている。 Lateral position of the through-hole 123 is different.

すなわち、カセット対向面122の右側(図11の左側)から順に、最下列、最上列の右側、真ん中の列の右側、最上列の左側、そして真ん中の列の左側の順に、5つの貫通孔123がジグザグに配置されている。 That is, in order from the right side of the cassette-facing surface 122 (the left side in FIG. 11), the bottom row, the top row right, right column in the middle, left top column, and the column order left in the middle, five through-holes 123 There are arranged in a zigzag. これらの貫通孔123に対応して、カセット対向面122の左側(図11の右側)から順に、5つのアーム検出スイッチ210A、210B、210C、210D、210Eが設けられている。 Corresponding to the through holes 123, in order from the left side of the cassette-facing surface 122 (the right side in FIG. 11), five arms detecting switches 210A, 210B, 210C, 210D, 210E are provided.

図12に示すように、アーム検出スイッチ210は、本体部221およびスイッチ端子222を備えている。 As shown in FIG. 12, the arm detecting switches 210 includes a body portion 221 and the switch terminal 222. 本体部221は、プラテンホルダ12の内部で水平に設置された円筒体である。 Main body 221 has a cylindrical body that is horizontally disposed inside the platen holder 12. 本体部221の前端部(図12の右端部)は、プラテンホルダ12の内部に設置されているスイッチ支持板220に固定されている。 A front end portion of the main body portion 221 (the right end in FIG. 12) is fixed to the switch support plate 220 is disposed inside the platen holder 12.

スイッチ端子222は、本体部221の後端部(図12の左端部)に設けられた棒状体であり、貫通孔123を介して略水平に進退可能である。 Switch terminal 222, the rear end portion of the main body portion 221 is a rod-like body provided in (left end in FIG. 12), a retractable substantially horizontally through the through hole 123. スイッチ端子222は、本体部221の内部に設けられたバネ部材(図示せず)によって、常には本体部221から後方側(図12の左側)に伸出した状態に保持される。 Switch terminal 222 by a spring member provided inside the main body portion 221 (not shown), always it is kept in a state of out extension rearward from the body portion 221 (the left side in FIG. 12). スイッチ端子222は、後方から押圧されていないときは本体部221から伸出した状態(オフ状態)になり、後方から押圧されているときは本体部221内に押し込まれた状態(オン状態)になる。 Switch terminal 222, when not being pressed from behind ready (OFF state) that issued Shin from the main body 221, when being pushed from behind in a state of being pushed into the body portion 221 (ON state) Become.

カセット装着部8にテープカセット30が装着されている場合、プラテンホルダ12が待機位置に向けて移動すると(図5参照)、アーム検出スイッチ210はテープカセット30から離間するため、全てオフ状態となる。 If the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8 is mounted, the platen holder 12 moves toward the standby position (see FIG. 5), the arm detecting switches 210 for separating from the tape cassette 30, are all turned off . プラテンホルダ12が印字位置に向けて移動すると(図6〜図8参照)、アーム検出スイッチ210は、後述のアーム指標部800(図3参照)によって選択的に押圧される。 When the platen holder 12 moves toward the print position (see FIGS. 6 to 8), the arm detecting switches 210 are selectively pressed by the arm indicator portion 800 will be described later (see FIG. 3). テープ印字装置1は、アーム検出スイッチ210のオン・オフの組合せに基づいて、テープカセット30のテープ種類を検出する。 The tape printer 1, based on the combination of the on and off states of the arm detecting switches 210 for detecting the tape type of the tape cassette 30.

図11および図12に示すように、プラテンホルダ12のカセット対向面122には、左右方向に延びる突起部である係止片225が設けられている。 As shown in FIGS. 11 and 12, the cassette-facing surface 122 of the platen holder 12, the locking piece 225 is provided as a protrusion extending in the lateral direction. 具体的には、係止片225は、カセット対向面122から後方側(図12の左側)に突出するように、プラテンホルダ12と一体成形されている。 Specifically, the engaging piece 225 so as to protrude from the cassette-facing surface 122 on the rear side (left side in FIG. 12) is integrally formed with the platen holder 12. つまり、係止片225は、スイッチ端子222と同様に、カセット対向面122からカセット装着部8に向けて略水平に突出している。 In other words, the engaging piece 225, similarly to the switch terminal 222, protrude substantially horizontally toward the cassette-facing surface 122 in the cassette housing portion 8. カセット対向面122を基準とした係止片225の突出高さは、カセット対向面122を基準としたスイッチ端子222の突出高さよりも若干大きい。 The projection height of the locking piece 225 of the cassette-facing surface 122 as a reference is slightly larger than the protruding height of the switch terminal 222 relative to the cassette-facing surface 122.

係止片225は、先端側(図12の左側)に向けて厚みが漸減するように、下面の一部が水平方向に対して傾斜した傾斜部226を有する。 Latching piece 225 such that the thickness gradually decreases toward the front end side (left side in FIG. 12) has an inclined portion 226 a lower surface of the portion is inclined with respect to the horizontal direction. 係止片225は、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着された状態で、係止孔820(図3参照)と相対する高さ位置に設けられている。 Latching piece 225 in a state where the tape cassette 30 is installed in proper position in the cassette housing portion 8 is provided on the opposite height positions with locking holes 820 (see FIG. 3). 本実施形態では、係止片225は、カセット対向面122において、上下方向においては最上列のアーム検出スイッチ210より上方、左右方向においては最下列のアーム検出スイッチ210に重なる位置に配置されている。 In this embodiment, the engaging piece 225 in the cassette facing surface 122, above the arm detecting switches 210 of the uppermost row in the vertical direction, in the lateral direction is arranged at a position overlapping the arm detecting switches 210 of the bottom row .

図4および図13を参照して、後方検出スイッチ310の詳細について説明する。 Referring to FIGS. 4 and 13, will be described in detail rear detecting switch 310. 図4に示すように、後方支持部813には、5つの貫通孔814が前後方向に2列に並べて設けられている。 As shown in FIG. 4, the rear support portion 813, five through-holes 814 are provided side by side in two rows in the longitudinal direction. 具体的には、後側の列に4つ、前側の列に1つの配置である。 Specifically, four to the rear row is one disposed on the front side of the column. これらの貫通孔814に対応して、4つの後方検出スイッチ310A〜310Dが右側(図13では左側)から順に後方支持部813の後端部に沿って1列に並び、且つ、左から2番目の後方検出スイッチ310Cの前側に、残る1つの後方検出スイッチ310Eが並んでいる。 Corresponding to the through holes 814, arranged in a row four rear detection switch 310A~310D along the rear end of the rear support portion 813 from the right side (in FIG. 13 left) in order, and the second from the left of the front side of the rear detecting switch 310C, are lined up one behind the detection switch 310E remain.

図13に示すように、後方検出スイッチ310は、本体部316およびスイッチ端子317を備えている。 As shown in FIG. 13, the rear detecting switch 310 includes a body portion 316 and the switch terminal 317. 本体部316は、後方支持部813の下方で垂直に設置された円筒体である。 Main body 316 is installed a cylindrical body vertically below the rear support portion 813. 本体部316の下端は、本体カバー2の内部に設置されているスイッチ支持板315に固定されている。 The lower end of the body portion 316 is fixed to the switch support plate 315 which is installed in the main body cover 2.

スイッチ端子317は、本体部316の上端部に設けられた棒状体であり、貫通孔814を介して上下方向に進退可能である。 Switch terminal 317 is a rod-like body provided in an upper end portion of the main body portion 316, which is retractable in the vertical direction via a through hole 814. スイッチ端子317は、本体部316の内部に設けられたバネ部材(図示せず)によって、常には本体部316から上方に伸出した状態に保持される。 Switch terminal 317 by a spring member provided inside the main body portion 316 (not shown), always it is kept in a state of out Shin upwardly from the body portion 316. スイッチ端子317は、上方から押圧されていないときは本体部316から伸出した状態(オフ状態)になり、上方から押圧されているときに本体部316内に押し込まれた状態(オン状態)になる。 Switch terminal 317, when it is not being pressed from above is turned state (OFF state) that issued Shin from the main body portion 316, a state (ON state) which is pushed into the main body 316 when being pressed from above Become.

テープカセット30がカセット装着部8に装着されていない場合、後方検出スイッチ310はテープカセット30から離間しているため、全てがオフ状態となる。 If the tape cassette 30 is not installed in the cassette housing portion 8, since the rear detection switch 310 is spaced from the tape cassette 30, all in the off state. テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されると、後方検出スイッチ310は、後述の後方指標部900(図16参照)によって選択的に押圧される。 When the tape cassette 30 is mounted in proper position in the cassette housing portion 8, the rear detecting switches 310 are selectively pressed by the rear indicator portion 900 will be described later (see FIG. 16). テープ印字装置1は、後方検出スイッチ310のオン・オフの組合せに基づいて、テープカセット30のテープ種類を検出する。 The tape printer 1, based on the combination of the on and off states of the rear detecting switch 310 detects the tape type of the tape cassette 30.

図4を参照して、カセット装着部8に立設された各部材の位置関係について説明する。 Referring to FIG. 4, it will be described positional relationship of each member is erected in the cassette housing portion 8. 図4における二点鎖線は、平面視でテープ駆動軸100とガイド軸120とを結んだ仮想線である分割線Jを示している。 The two-dot chain line in FIG. 4 shows the division line J is a virtual line connecting the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120 in a plan view. テープ駆動軸100、ガイド軸120、補助軸110、リボン巻取軸95、ヘッドホルダ74は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態で、ローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65、巻取スプール支持孔68、ヘッド挿入部39と対応する位置にそれぞれ設けられている(図45参照)。 Tape drive shaft 100, the guide shaft 120, the auxiliary shaft 110, the ribbon take-up shaft 95, the head holder 74 in a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the roller support hole 64, the guide hole 47, the first tape support hole 65, the take-up spool support hole 68, are provided at positions corresponding to the head insertion portion 39 (see FIG. 45).

テープ駆動軸100は、カセット装着部8における左前方に位置する角部を含む領域P1に立設されている。 Tape drive shaft 100 is erected in the region P1 including the corner portion located on the left front of the cassette housing portion 8. 領域P1は、カセット装着部8の前部中央に固設されたヘッドホルダ74の左側に位置している。 Region P1 is located on the left side of the head holder 74 which is fixed to the front center of the cassette housing portion 8. 言い換えると、領域P1は、テープ搬送方向におけるサーマルヘッド10の印字位置よりも下流側に位置している。 In other words, the region P1 is located downstream of the printing position of the thermal head 10 in the tape feeding direction. ガイド軸120は、カセット装着部8における右後方に位置する角部を含む領域P2に立設されている。 The guide shaft 120 is erected in the area P2 including the corner portion located on the right rear of the cassette housing portion 8. つまり、カセット装着部8を平面視した場合、領域P2に含まれる角部は、領域P1に含まれる角部の対角に位置している。 That is, when viewed from above the cassette housing portion 8, the corner portions included in the area P2 is located diagonal corners included in the area P1.

平面視、カセット装着部8を分割線Jで分割した場合に、分割線Jよりも後側を占めるのが領域P3であり、分割線Jよりも前側を占めるのが領域P4である。 Plan view, in case of dividing the cassette housing portion 8 by the division line J, a region P3 that occupy rear side of the division line J, occupy front of the division line J is a region P4. 補助軸110は、領域P3に立設されており、詳細にはカセット装着部8の平面視中央よりも左後側に位置している。 Auxiliary shaft 110 is erected in the area P3, located on the left rear side of the plan view center of the cassette housing portion 8 in detail. リボン巻取軸95は、領域P4に立設されており、詳細にはカセット装着部8の平面視中央よりも右前側に位置している。 Ribbon take-up shaft 95 is erected in the area P4, it is located right front side of the plan view center of the cassette housing portion 8 in detail. つまり、補助軸110およびリボン巻取軸95は、平面視で分割線Jを中心としてほぼ対称に位置している。 That is, the auxiliary shaft 110 and the ribbon winding shaft 95 is positioned substantially symmetrically around the parting line J in a plan view.

テープ駆動軸100の後側には、位置決めピン102が隣接して設けられている。 On the rear side of the tape drive shaft 100, positioning pins 102 are provided adjacent. ガイド軸120の前側には、位置決めピン103が隣接して設けられている。 The front guide shaft 120, the positioning pin 103 is provided adjacent. 位置決めピン102,103は、カセット装着部8に装着されたテープカセット30を、それぞれテープ駆動軸100およびガイド軸120の近傍で位置決めする。 Positioning pins 102 and 103, the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, respectively positioned in the vicinity of the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120.

図14を参照して、テープ印字装置1の電気的構成について説明する。 Referring to FIG. 14, explained an electric construction of the tape printer 1. 図14に示すように、テープ印字装置1は、制御基板上に形成された制御回路部600を備えている。 As shown in FIG. 14, the tape printer 1 includes a control circuit unit 600 formed on a control board. 制御回路部600では、ROM602、CGROM603、RAM604、入出力インターフェース611が、データバス610を介してCPU601に接続されている。 The control circuit unit 600, ROM602, CGROM603, RAM604, input-output interface 611 is connected to the CPU601 via the data bus 610.

ROM602には、CPU601がテープ印字装置1を制御するために実行する各種プログラムが記憶されている。 The ROM 602, various programs to be executed for CPU601 controls the tape printing apparatus 1 is stored. カセット装着部8に装着されたテープカセット30のテープ種類を特定するためのテーブル(図40、図44参照)も、ROM602に記憶されている。 Table for identifying the tape type of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8 (FIG. 40, see FIG. 44) it is also stored in ROM 602. CGROM603には、キャラクタを印字するための印字用ドットパターンデータが記憶されている。 CGROM603, the print dot pattern data for printing characters is stored. RAM604には、テキストメモリ、印字バッファ等、複数の記憶エリアが設けられている。 The RAM 604, a text memory, a print buffer or the like, a plurality of storage areas is provided.

入出力インターフェース611には、アーム検出スイッチ210A〜210E、後方検出スイッチ310A〜310E、キーボード3、液晶駆動回路(LCDC)605、駆動回路606、607、608等が接続されている。 Output interface 611, the arm detecting switches 210a-210e, rear detecting switch 310A~310E, keyboard 3, the liquid crystal drive circuit (LCDC) 605, such as the driving circuit 606, 607 and 608 are connected. 駆動回路606は、サーマルヘッド10を駆動するための電子回路である。 Drive circuit 606 is an electronic circuit for driving the thermal head 10. 駆動回路607は、テープ駆動モータ23を駆動するための電子回路である。 Drive circuit 607 is an electronic circuit for driving the tape drive motor 23. 駆動回路608は、カッターモータ24を駆動するための電子回路である。 Drive circuit 608 is an electronic circuit for driving the cutter motor 24. カッターモータ24は、印字済テープ50を切断するために、移動刃19を前後方向に移動させる。 Cutter motor 24 to cut the printed tape 50, moves the movable blade 19 in the longitudinal direction. LCDC605は、ディスプレイ5に表示データを出力するためのビデオRAM(図示外)を有する。 LCDC605 has video RAM (not shown) for outputting display data to the display 5.

次に、図3、図5〜図8、図15〜図44を参照して、テープカセット30について説明する。 Next, FIG. 3, 5-8, with reference to FIGS. 15 to 44, illustrating a tape cassette 30. 説明の便宜上、図18、図19および図32では、上ケース311および下ケース312に分解されたカセットケース31が、内部に収納されるテープ類およびスプール類を取り除いて図示されている。 For convenience of explanation, in FIG. 18, 19 and 32, the cassette case 31, which is degraded in the upper case 311 and lower case 312 is illustrated to remove the tapes and spool such that is housed inside. ただし、図32では、フィルムテープ59、インクリボン60、およびこれらに関する部材が図示されている。 However, in FIG. 32, the film tape 59, the ink ribbon 60, and members of these are illustrated. 図28では、分離部61近傍の構成のうち、フィルムテープ59、インクリボン60および規制部材361、362を仮想線で示している。 In Figure 28, of the separation portion 61 near the structure, it shows the film tape 59, the ink ribbon 60 and the regulating member 361 and 362 in phantom. 図29では、上ケース311を取り除いたラミネートタイプのテープカセット30が図示されている。 In Figure 29, the laminated type tape cassette 30 by removing the upper casing 311 is shown.

テープカセット30の概略構成について説明する。 Illustrating the schematic configuration of the tape cassette 30. テープカセット30は、内部に収納されるテープの種類、および、インクリボンの有無などを適宜変更することによって、前述のサーマルタイプ、レセプタタイプ、ラミネートタイプ等に実装可能な汎用カセットである。 The tape cassette 30, the tape of the type to be housed therein, and, by appropriately modified or the like of the ink ribbon, a thermal type described above, is a receptor type, universal cassette mountable to the laminated type or the like.

図3、図15〜図17に示すように、テープカセット30は、その筐体であるカセットケース31を備えている。 3, as shown in FIGS. 15 to 17, the tape cassette 30 has a cassette case 31 which is a housing. カセットケース31は、全体としては平面視で丸みを帯びた角部を有する略直方体状(箱型)である。 Cassette case 31 as a whole is a substantially rectangular parallelepiped shape having corners rounded in a plan view (box type). カセットケース31は、上ケース311および下ケース312を含む。 Cassette case 31 includes a top case 311 and the lower case 312. 下ケース312は、カセットケース31の底面302を形成する底板306(図20参照)を含む。 Lower case 312 includes a bottom plate 306 forming the bottom surface 302 of the cassette case 31 (see FIG. 20). 上ケース311は、カセットケース31の上面301を形成する上板305(図22参照)を含み、下ケース312の上部に固定される。 Top case 311 includes a top plate 305 (see FIG. 22) forming the upper surface 301 of the cassette case 31, it is fixed to the upper portion of the lower case 312. 底面302から上面301までの距離を、テープカセット30またはカセットケース31の高さという。 The distance from the bottom surface 302 to the top surface 301, that the tape cassette 30 or the height of the cassette case 31.

本実施形態のカセットケース31は、上板305および底板306の周縁全体が側面を形成する周壁によって囲われているが、必ずしも全体が囲われている必要はない。 Cassette case 31 of the present embodiment, the entire periphery of the top plate 305 and bottom plate 306 are surrounded by a peripheral wall forming the side surface need not entire necessarily is enclosed. 例えば、周壁の一部(例えば背面)にカセットケース31内を露出させるような開口部が設けられていたり、その開口部を臨む位置に上板305および底板306を接続するボスが設けられたりしてもよい。 For example, part of the peripheral wall (e.g., back) to or have opening is provided such as to expose the cassette case 31, or a boss is provided to connect the top plate 305 and bottom plate 306 at a position facing the opening it may be.

カセットケース31は、テープカセット30のテープ種類にかかわらず、同一の幅(上下方向の長さが同一)に形成された4つの角部321〜324を有する。 Cassette case 31, regardless of the tape type of the tape cassette 30, has four corners 321 to 324 formed in the same width (the same length in the vertical direction). 以下では、左後方の角部を第1角部321、右後方の角部を第2角部322、右前方の角部を第3角部323、左前方の角部を第4角部324と呼ぶ。 In the following, first corner portion 321 a corner of the left rear, right rear corner portion of the second corner 322, the third corner portion 323 of the corner portion of the right front, left front corner and the fourth corner portion 324 the call. 第1〜第3角部321〜323は、平面視で直角をなすようにカセットケース31の側面から外側方向に突出している。 The first to third corner portions 321 to 323 protrudes from the side surface of the cassette case 31 so as to form a right angle in plan view in an outward direction. 第4角部324は、排出案内部49が角に設けられているため、直角をなしていない。 Fourth corner portion 324, since the discharge guide portion 49 is provided in the corner, not a right angle. 角部321〜324の下面は、テープカセット30がカセット装着部8に装着されたときに、角支持部812に支持される部位である。 The lower surface of the corner portion 321 to 324, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is a portion to be supported by the corner support portion 812.

図16に示すように、第4角部324および第2角部322の下面の2箇所に、テープ印字装置1の位置決めピン102、103に対応するピン孔62、63が設けられている。 As shown in FIG. 16, at two positions of the lower surface of the fourth corner portion 324 and the second corner 322, the pin holes 62 and 63 corresponding to the positioning pins 102 and 103 of the tape printer 1 is provided. 具体的には、第4角部324の下面に設けられた凹部が、位置決めピン102が挿入されるピン孔62である。 More specifically, the concave portion provided on the lower surface of the fourth corner portion 324, a pin hole 62 positioning pin 102 is inserted. 第2角部322の下面に設けられた凹部が、位置決めピン103が挿入されるピン孔63である。 Recesses provided on the lower surface of the second corner 322, a pin hole 63 of the positioning pin 103 is inserted.

図3および図17に示すように、カセットケース31の上下方向(つまり、上面301と底面302とが対向する高さ方向)において角部321〜324と同一の位置、且つ、同一の幅でカセットケース31の側面を全周に亘って取り巻く部位(角部321〜324を含む)を、共通部32という。 As shown in FIGS. 3 and 17, the vertical direction (i.e., the height direction in which the top 301 and bottom 302 facing) the same position and the corners 321 to 324 in, and, a cassette with the same width of the cassette case 31 the side surface of the case 31 a portion surrounding the entire circumference (including the corner portions 321 to 324), that the common portion 32. 詳細には、共通部32は、カセットケース31の上下方向における中心線Nに関して、上下方向に対称の幅を有する部位である(図39参照)。 Specifically, the common portion 32, with respect to the center line N in the vertical direction of the cassette case 31 is a portion having a width of symmetry in the vertical direction (see FIG. 39). テープカセット30の高さは、カセットケース31に収納されるテープの幅に応じて異なっている。 The height of the tape cassette 30 differs depending on the width of the tape accommodated in the cassette case 31. 一方、共通部32の幅(上下方向の長さ)Tは、カセットケース31に収納されるテープの幅にかかわらず、同一寸法に設定されている。 On the other hand, T (the length in the vertical direction) width of the common portion 32, regardless of the width of the tape accommodated in the cassette case 31, are set to the same size.

具体的には、テープカセット30のテープ幅が大きくなると(例えば、18mm、24mm、36mm)、それに応じてカセットケース31の高さも大きくなる。 Specifically, when the tape width of the tape cassette 30 is larger (e.g., 18 mm, 24 mm, 36 mm), the height of the cassette case 31 also increases accordingly. 一方、共通部32の幅T(図39参照)は、テープ幅に関係なく、例えば12mmで一定である。 On the other hand, the width T of the common portion 32 (see FIG. 39), regardless of the tape width, is constant, for example 12 mm. なお、テープ幅が共通部32の幅T以下である場合(例えば、6mm、12mm)、カセットケース31の高さ(つまり、幅)は、共通部32の幅Tに所定幅を加えた大きさで一定である。 In the case the tape width is less than the width T of the common portion 32 (e.g., 6 mm, 12 mm), the height of the cassette case 31 (i.e., width), the size obtained by adding a predetermined width to the width T of the common portion 32 of a is in constant. この場合、カセットケース31の高さは最も小さくなる。 In this case, the height of the cassette case 31 is smallest.

カセットケース31には、カセットケース31内に装着されるスプール類を回転可能に支持するための4つの支持孔65〜68が複数設けられている。 In the cassette case 31, four support holes 65 to 68 for rotatably supporting the spool such that is mounted in the cassette case 31 is provided with a plurality. 以下では、カセットケース31の左側後部、右側後部、右側前部に設けられた孔部を、それぞれ、第1テープ支持孔65、第2テープ支持孔66、リボン支持孔67と呼ぶ。 In the following, the left rear portion of the cassette case 31, the right rear, the hole provided on the right front, respectively, the first tape support hole 65, the second tape support hole 66, referred to as a ribbon support hole 67. 平面視で第1テープ支持孔65とリボン支持孔67との間に設けられた孔部を、巻取スプール支持孔68と呼ぶ。 A hole provided between the first tape support hole 65 and the ribbon support hole 67 in plan view, referred to as a winding spool support hole 68.

第1テープ支持孔65は、第1テープスプール40(図5参照)を回転可能に支持する。 First tape support hole 65 rotatably supports the first tape spool 40 (see FIG. 5). 第2テープ支持孔66は、第2テープスプール41(図5参照)を回転可能に支持する。 Second tape support hole 66 rotatably supports the second tape spool 41 (see FIG. 5). リボン支持孔67は、リボンスプール42(図5参照)を回転可能に支持する。 Ribbon support hole 67 rotatably supports the ribbon spool 42 (see FIG. 5). 巻取スプール支持孔68は、リボン巻取スプール44(図5参照)を回転可能に支持する。 Winding spool support hole 68 rotatably supports a ribbon take-up spool 44 (see FIG. 5). リボン巻取スプール44の下部には、クラッチバネ340(図16参照)が取り付けられている。 At the bottom of the ribbon take-up spool 44, a clutch spring 340 (see FIG. 16) is mounted. クラッチバネ340は、リボン巻取スプール44が逆転することで巻き取ったインクリボン60が緩んでしまうのを防止するコイルバネである。 Clutch spring 340 is a coil spring to prevent the loose ink ribbon 60 which the ribbon take-up spool 44 is wound by reversed.

図5〜図8に示すように、カセットケース31内には、第1テープ領域400、第2テープ領域410、第1リボン領域420および第2リボン領域440が設けられている。 As shown in FIGS. 5 to 8, the cassette case 31, the first tape area 400, a second tape area 410, the first ribbon area 420 and the second ribbon area 440 are provided. 第1テープ領域400および第2テープ領域410は、それぞれテープを収納可能な領域である。 The first tape area 400 and the second tape area 410 is an area capable of accommodating the tape, respectively. 第1リボン領域420は、未使用のインクリボン60を収納可能な領域である。 The first ribbon area 420 is an area capable of housing the ink ribbon 60 not yet used. 第2リボン領域440は、印字に使用された後のインクリボン60(以下、使用済みのインクリボン60)を収納可能な領域である。 The second ribbon area 440, the ink ribbon 60 after it has been used for printing (hereinafter, the ink ribbon 60 already used) is an area capable of accommodating a. テープおよびインクリボン60は、各々の幅方向がテープカセット30の上下方向と平行となるように、カセットケース31内で収納および搬送される。 The tape and the ink ribbon 60 are each in the width direction so as to be parallel to the vertical direction of the tape cassette 30 is housed and transported in the cassette case 31.

第1テープ領域400は、第1角部321に隣接した、カセットケース31内の左半分をほぼ占める平面視略円形の領域である。 The first tape area 400, adjacent the first corner portion 321, a generally circular plan view of the region substantially occupied by the left half of the cassette case 31. 第2テープ領域410は、第2角部322に隣接した、カセットケース31内の右後部に設けられた平面視略円形の領域である。 The second tape area 410, adjacent the second corner 322, a generally circular plan view of the region provided to the right rear portion of the cassette case 31. 第1リボン領域420は、第3角部323およびヘッド挿入部39に隣接した、カセットケース31内の右前部に設けられた領域である。 The first ribbon area 420, adjacent to the third corner portion 323 and the head insertion portion 39 is a region provided on the right front portion of the cassette case 31. 第2リボン領域440は、カセットケース31内で第1テープ領域400と第1リボン領域420との間に設けられた領域である。 The second ribbon area 440 is an area provided between the first tape area 400 in the cassette case 31 and the first ribbon area 420. 支持孔65〜68は、平面視で、それぞれ第1テープ領域400、第2テープ領域410、第1リボン領域420、第2リボン領域440の略中央部に設けられている。 Support hole 65 to 68, in plan view, the first tape area 400, respectively, the second tape area 410, a first ribbon area 420, is provided at a substantially central portion of the second ribbon area 440.

図5および図6に示すラミネートタイプのテープカセット30では、カセットケース31内に、両面粘着テープ58、フィルムテープ59、およびインクリボン60の3種類のロール体が収納される。 In the laminated type tape cassette 30 shown in FIGS. 5 and 6, in the cassette case 31, the double-sided adhesive tape 58, three rolls of film tape 59 and the ink ribbon 60, is accommodated. 両面粘着テープ58は、両面に接着剤が塗布され、且つ一面に剥離紙が貼着されたテープである。 Double-sided adhesive tape 58, adhesive is applied to both sides, and a tape release paper is adhered to one side. フィルムテープ59は、インクリボン60を用いた印字が施される印字面を有する透明なテープである。 The film tape 59 is a transparent tape having a printing surface of the printing using the ink ribbon 60 is applied. インクリボン60は、インクが一面に塗布されたインク面を有する。 The ink ribbon 60 has an ink surface on which the ink is applied to one surface.

第1テープ領域400には、剥離紙を外側に向けて第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58が収納される。 The first tape area 400, the first tape spool 40 wound double-sided adhesive tape 58 which is wound is accommodated toward the release paper on the outside. 第2テープ領域410には、印字面を内側に向けて第2テープスプール41に巻回されたフィルムテープ59が収納される。 The second tape area 410, the second tape spool 41 wound on the film tape 59 toward the print surface inside is accommodated. 第1リボン領域420には、インク面を内側に向けてリボンスプール42に巻回された未使用のインクリボン60が収納される。 The first ribbon area 420, the ink ribbon 60 not yet used which is wound the ribbon spool 42 wound is accommodated toward the ink surface inside. 第2リボン領域440には、リボン巻取スプール44に巻き取られた使用済みのインクリボン60が収納される。 The second ribbon area 440, the ink ribbon 60 already used taken up by the ribbon take-up spool 44 is housed.

ラミネートタイプのテープカセット30では、フィルムテープ59の引き出しに伴って、第2テープスプール41が平面視で時計回り方向に回転する。 In the laminated type tape cassette 30, with the withdrawal of the film tape 59, the second tape spool 41 is rotated in the clockwise direction in a plan view. 第2テープスプール41から引き出されたフィルムテープ59は、カセットケース31の右前隅部(図5および図6では右下隅部)に向けて搬送される。 The second tape spool 41 film tape 59 pulled out from is conveyed toward the right front corner of the cassette case 31 (the right lower corner in FIG. 5 and FIG. 6). カセットケース31の右前隅部では、リボンスプール42に巻回されているインクリボン60の外周に沿って、且つ、インクリボン60に対して間隔を置いて、フィルムテープ59が搬送される。 The right front corners of the cassette case 31, along the outer periphery of the ink ribbon 60 are wound ribbon spool 42 wound, and, at a distance from the ink ribbon 60, the film tape 59 is conveyed. これにより、搬送中のフィルムテープ59と、リボンスプール42に巻回されているインクリボン60との接触が抑制されるため、フィルムテープ59を安定的に搬送できる。 Thus, the film tape 59 in the transport, since the contact is suppressed and the ink ribbon 60 are wound ribbon spool 42 wound, the film tape 59 can be conveyed stably.

インクリボン60の引き出しに伴って、リボンスプール42が平面視で反時計回り方向に回転する。 With the withdrawal of the ink ribbon 60, the ribbon spool 42 is rotated in the counterclockwise direction in a plan view. リボンスプール42から引き出されたインクリボン60は、搬送ピン531に向けて搬送される。 The ink ribbon 60 drawn out from the ribbon spool 42 is conveyed toward the conveying pin 531. 両面粘着テープ58の引き出しに伴って、第1テープスプール40が平面視で反時計回り方向に回転する。 With the withdrawal of the double-sided adhesive tape 58, first tape spool 40 is rotated in the counterclockwise direction in a plan view. 第1テープスプール40から引き出された両面粘着テープ58は、カセットケース31の左前隅部(図5および図6では左下隅部)に設けられたテープ駆動ローラ46に向けて搬送される。 Double-sided adhesive tape 58 that has been pulled out from the first tape spool 40 is conveyed toward the left front corner tape drive roller 46 provided on the (lower left corner in FIG. 5 and FIG. 6) of the cassette case 31.

図7に示すレセプタタイプのテープカセット30では、印字テープ57およびインクリボン60の2種類のロール体が、カセットケース31内に収納される。 In the tape cassette 30 of the receptor type shown in FIG. 7, two of the roll body of the print tape 57 and the ink ribbon 60 is accommodated in the cassette case 31. 印字テープ57は、インクリボン60を用いた印字が施される印字面を有し、且つ、印字面とは反対側の面に剥離紙が貼着された片面テープである。 Print tape 57 has a printing surface of the printing using the ink ribbon 60 is applied, and a single-sided tape release paper on the opposite side is adhered to the printing surface. 第1テープ領域400には、剥離紙を外側に向けて第1テープスプール40に巻回された印字テープ57が収納される。 The first tape area 400, a first print tape 57 which is wound the tape spool 40 wound is accommodated toward the release paper on the outside. 第1リボン領域420には、リボンスプール42に巻回された未使用のインクリボン60が収納される。 The first ribbon area 420, the ink ribbon 60 not yet used which is wound the ribbon spool 42 wound is accommodated. 第2リボン領域440には、リボン巻取スプール44に巻き取られた使用済みのインクリボン60が収納される。 The second ribbon area 440, the ink ribbon 60 already used taken up by the ribbon take-up spool 44 is housed. 第2テープ領域410には何も収納されないため、第2テープスプール41は設けられていない。 Since the second tape area 410 nothing is stored, the second tape spool 41 is not provided.

レセプタタイプのテープカセット30では、印字テープ57の引き出しに伴って、第1テープスプール40が平面視で時計回り方向に回転する。 In the receptor type tape cassette 30, with the withdrawal of the print tape 57, first tape spool 40 is rotated in the clockwise direction in a plan view. 第1テープスプール40から引き出された印字テープ57は、カセットケース31の右前隅部に向けて搬送される。 Print tape 57 pulled out from the first tape spool 40 is conveyed toward the right front corner of the cassette case 31. インクリボン60の引き出しに伴って、リボンスプール42が平面視で反時計回り方向に回転する。 With the withdrawal of the ink ribbon 60, the ribbon spool 42 is rotated in the counterclockwise direction in a plan view. リボンスプール42から引き出されたインクリボン60は、搬送ピン531に向けて搬送される。 The ink ribbon 60 drawn out from the ribbon spool 42 is conveyed toward the conveying pin 531.

図8に示すサーマルタイプのテープカセット30では、感熱紙テープ55の1種類のロール体が、カセットケース31内に収納される。 In the thermal type tape cassette 30 shown in FIG. 8, one roll of the heat-sensitive paper tape 55 is accommodated in the cassette case 31. 感熱紙テープ55は、感熱方式で印字が施される印字面を有し、且つ、印字面とは反対側の面に剥離紙が貼着された片面テープである。 Heat-sensitive paper tape 55 has a printing surface printed by thermal printing is performed, and a single-sided tape release paper on the opposite side is adhered to the printing surface. 第1テープ領域400には、剥離紙を外側に向けて第1テープスプール40に巻回された感熱紙テープ55が収納される。 The first tape area 400, the first tape spool 40 wound on the heat-sensitive paper tape 55 is accommodated toward the release paper on the outside. 第2テープ領域410、第1リボン領域420、および第2リボン領域440には何も収納されないため、第2テープスプール41、リボンスプール42、およびリボン巻取スプール44は設けられていない。 The second tape area 410, since the first ribbon area 420 and the second ribbon area 440, nothing is stored, the second tape spool 41, the ribbon spool 42 and the ribbon take-up spool 44, is not provided.

サーマルタイプのテープカセット30では、感熱紙テープ55の引き出しに伴って、第1テープスプール40が平面視で時計回り方向に回転する。 In the thermal type tape cassette 30, with the withdrawal of heat-sensitive paper tape 55, the first tape spool 40 is rotated in the clockwise direction in a plan view. 第1テープスプール40から引き出された感熱紙テープ55は、カセットケース31の右前隅部に向けて搬送される。 Heat-sensitive paper tape 55 that has been pulled out from the first tape spool 40 is conveyed toward the right front corner of the cassette case 31.

図5〜図8に示すように、カセットケース31の右前隅部、すなわち第1リボン領域420の右前側には、屈曲部533が立設されている。 As shown in FIGS. 5-8, the front right corner portion of the cassette case 31, namely the right front side of the first ribbon area 420, the bent portion 533 is erected. 屈曲部533は、屈曲部533を経由するテープの搬送経路を、第1リボン領域420の外周に沿って鋭角状に屈曲させるピンである。 The bent portion 533, the conveying path of the tape passing through the bent portion 533, a pin to bend at an acute angle shape along the outer periphery of the first ribbon area 420. カセットケース31の左前隅部に向けて搬送されたテープは、屈曲部533を経由してカセットケース31の左前隅部に向けて搬送され、後述のアーム部34内に案内される。 Tape that is transported toward the left front corner portion of the cassette case 31, via the bent portion 533 is conveyed toward the left front corner portion of the cassette case 31, is guided in the arm portion 34 will be described later.

屈曲部533は、円筒状の回転体であるコロ部材535の軸孔に挿入されている。 The bent portion 533 is inserted into the shaft hole of the roller member 535 is a cylindrical rotating body. 屈曲部533は、コロ部材535を回転可能に支持する。 The bent portion 533, rotatably supports the roller member 535. コロ部材535は、屈曲部533を経由するテープに接触して回転する。 Roller member 535 is rotated in contact with the tape passing through the bent portion 533. コロ部材535の回転によって、屈曲部533を経由するテープは、カセットケース31の左前隅部に向けて円滑に送り出される。 By the rotation of the roller member 535, the tape passing through the bent portion 533 is smoothly fed toward the left front corner portion of the cassette case 31.

搬送ピン531は、第1リボン領域420の左側、且つ、第1円筒部材881B(図18参照)の右前部に設けられている。 Conveying pin 531, the left side of the first ribbon area 420, and is provided on the front right portion of the first cylindrical member 881B (see FIG. 18). 搬送ピン531は、インクリボン60の搬送経路をアーム部34の内部に向けて屈曲させるピンである。 Conveying pin 531 is a pin to bend toward the conveyance path of the ink ribbon 60 inside the arm portion 34. リボンスプール42から引き出されたインクリボン60は、搬送ピン531を経由して、アーム部34内に案内される。 The ink ribbon 60 drawn out from the ribbon spool 42 via the conveying pin 531 is guided in the arm portion 34.

第1リボン領域420の右側には、底板306から立設された規制リブ532が設けられている。 On the right side of the first ribbon area 420, regulating ribs 532 erected from the bottom plate 306 is provided. 言い換えると、規制リブ532は、屈曲部533よりもテープの搬送方向上流側に設けられた板状部材である。 In other words, regulating rib 532 is a plate-shaped member provided on the upstream side of the tape than the bent portion 533. 規制リブ532は、カセットケース31の右側面から左方向に延び、且つ、左端部がテープの搬送経路の近傍に位置している。 Regulating rib 532, extends to the left from the right side surface of the cassette case 31, and the left end portion is located in the vicinity of the transport path of the tape. 規制リブ532は、搬送中のテープには接触しない一方、裏面(印字面とは反対側の面)側へ移動しようとするテープに接触する。 Regulating rib 532, while not in contact with the tape being transported, (the printing surface opposite to the surface) the back surface in contact with the tape to be moved to the side. つまり、規制リブ532は、第1リボン領域420の近傍でテープが広がるのを規制する。 That is, regulating rib 532 restricts the tape spread in the vicinity of the first ribbon area 420.

図3および図17に示すように、カセットケース31の前面には、平面視で略半円状の溝部である半円溝84が設けられている。 As shown in FIGS. 3 and 17, on the front surface of the cassette case 31, semi-circular groove 84 is provided a substantially semicircular groove in plan view. 半円溝84は、カセットケース31の上下方向に亘って設けられている。 Semicircular groove 84 is provided along the vertical direction of the cassette case 31. 半円溝84は、テープカセット30がカセット装着部8に装着されたときに、プラテンホルダ12の軸支部121がカセットケース31と干渉しないように設けられた逃がし部である。 Semicircular groove 84, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the shaft support 121 of the platen holder 12 is relief portion which is provided so as not to interfere with the cassette case 31.

カセットケース31の前面壁のうち、半円溝84から左に延びる部分は、アーム前面壁35である。 Of the front wall of the cassette case 31, the portion extending from the semicircular groove 84 on the left is the arm front wall 35. アーム前面壁35から後方へ離間した位置に上下方向に亘って設けられた壁部は、アーム背面壁37である。 Wall portion provided over at a position spaced rearwardly vertically from the arm front wall 35 is an arm rear wall 37. アーム前面壁35およびアーム背面壁37とで前後に規定される、テープカセット30の右前部から左方に延びる部位が、アーム部34である。 Defined back and forth in the arm front wall 35 and the arm rear wall 37, a portion extending leftward from the right front portion of the tape cassette 30 is an arm portion 34.

アーム前面壁35の左端部は、後方へ向かって屈曲している。 The left end of the arm front wall 35 is bent toward the rear. アーム前面壁35とアーム背面壁37の左端部との間で上下方向に延びる隙間が、排出口341である。 Gap extending in the vertical direction between the left end portion of the arm front wall 35 and the arm rear wall 37 is a discharge port 341. 排出口341は、アーム部34からテープ(およびインクリボン60)を排出する。 Exit 341 discharges the tape (and the ink ribbon 60) from the arm portion 34. アーム前面壁35のうちで排出口341に隣接する左端部が、アーム先端部85である。 Left portion adjacent to the discharge opening 341 out of the arm front wall 35 is an arm tip portion 85. アーム先端部85のうちで上ケース311および下ケース312が接離される部分が、接離部86である。 Portion upper case 311 and lower case 312 within the arm tip portion 85 is released contact is a contact portion 86. アーム前面壁35には、アーム指標部800および係止孔820が設けられているが、詳細は後述する。 The arm front wall 35, while the arm indicator portion 800 and the locking hole 820 is provided, the details will be described later.

図5〜図8に示すように、アーム部34内では、第1テープスプール40または第2テープスプール41から引き出されたテープが、アーム前面壁35と略平行に延びる搬送経路に沿って案内され、排出口341から排出される。 As shown in FIGS. 5 to 8, within the arm portion 34, tape pulled out from the first tape spool 40 or the second tape spool 41 is guided along a conveying path extending substantially parallel to the arm front wall 35 , it is discharged from the discharge port 341. リボンスプール42から引き出されたインクリボン60は、アーム部34内でテープとは異なる搬送経路に沿って案内され、排出口341から排出される。 The ink ribbon 60 drawn out from the ribbon spool 42, the tape is guided along different conveying paths in the arm portion 34, it is discharged from the discharge port 341. ただし、ラミネートタイプのテープカセット30では、アーム部34内を案内されたフィルムテープ59およびインクリボン60が、排出口341で重ね合わされて排出される。 However, the laminated type tape cassette 30, the film tape 59 and the ink ribbon 60 that is guided in the arm portion 34 is discharged are superposed at the outlet 341. レセプタタイプのテープカセット30では、アーム部34内を案内された印字テープ57およびインクリボン60が、排出口341で重ね合わされて排出される。 In the receptor type tape cassette 30, the print tape 57 and the ink ribbon 60 is guided in the arm portion 34 is discharged are superposed at the outlet 341.

アーム背面壁37の右端部から後方に延び、且つ、アーム背面壁37と平行に延びる周壁は、ヘッド周壁36である。 Extends rearward from the right end of the arm rear wall 37 and peripheral wall extending in parallel to the arm rear wall 37 is a head wall 36. アーム背面壁37とヘッド周壁36とによって規定される、テープカセット30を上下方向に貫通する平面視略長方形状の空間は、ヘッド挿入部39である。 Is defined by the arm rear wall 37 and the head wall 36, a planar view substantially rectangular space through the tape cassette 30 in the vertical direction is the head insertion portion 39. ヘッド挿入部39は、テープカセット30の前面側に設けられた露出部77を介して、テープカセット30の前面側でも外部とつながっている。 Head insertion portion 39 through the exposed portion 77 provided on the front side of the tape cassette 30, and is connected to the outside even at the front side of the tape cassette 30. ヘッド挿入部39には、サーマルヘッド10を支持するヘッドホルダ74が挿入される。 The head insertion portion 39, the head holder 74 that supports the thermal head 10 is inserted.

露出部77では、排出口341から排出されたテープの一面(裏面)が前方に露出し、且つ他面(印字面)がサーマルヘッド10に対向する。 The exposed portion 77, one surface of the tape that is discharged from the discharge port 341 (the rear surface) is exposed to the front, and the other surface (printing surface) is opposed to the thermal head 10. サーマルヘッド10は、露出部77に位置するテープに印字を行う。 The thermal head 10 performs printing on the tape is located in the exposed portion 77. ただし、ラミネートタイプのテープカセット30では、露出部77に排出されたフィルムテープ59の印字面が、インクリボン60を挟んでサーマルヘッド10に対向する。 However, the laminated type tape cassette 30, the printing surface of the the film tape 59 discharged to the exposed portion 77, opposed to the thermal head 10 across the ink ribbon 60. レセプタタイプのテープカセット30では、露出部77に排出された印字テープ57の印字面が、インクリボン60を挟んでサーマルヘッド10に対向する。 In the receptor type tape cassette 30, the printing surface of the discharged printing tape 57 to the exposed portion 77, opposed to the thermal head 10 across the ink ribbon 60. サーマルヘッド10は、露出部77に位置する印字テープ57またはフィルムテープ59にインクリボン60を用いた印字を行う。 The thermal head 10 performs printing using the ink ribbon 60 to the print tape 57 or the film tape 59 positioned on the exposed portion 77.

図5〜図8および図17に示すように、ヘッド挿入部39の左側には、分離部61が設けられている。 As shown in FIGS. 5 to 8 and 17, on the left side of the head insertion portion 39, separation portion 61 is provided. 分離部61は、露出部77のテープ搬送方向下流側で、印字に使用されたテープおよびインクリボン60を分離する部位である。 Separation unit 61, in the tape feeding direction downstream side of the exposed portion 77 is a portion for separating the tape and the ink ribbon 60 used in printing. 分離部61は、規制部材361、362、リボン案内壁38、隔離壁43などを含む。 Separation unit 61 includes regulating members 361 and 362, the ribbon guide wall 38, and the partition wall 43.

規制部材361、362は、印字が施されたテープを排出案内部49に向かって案内する、上下一対の板状体である。 Regulating members 361 and 362, printing is guided toward the discharge guide unit 49 a tape which has been subjected, a pair of upper and lower plate-like body. リボン案内壁38は、使用済みのインクリボン60をリボン巻取スプール44に向かって案内する壁部である。 Ribbon guide wall 38 is a wall portion that guides the used ink ribbon 60 toward the ribbon take-up spool 44. 隔離壁43は、ラミネートタイプのテープカセット30において、リボン案内壁38に沿って案内される使用済みのインクリボン60と、テープ駆動ローラ46に向けて引き出される両面粘着テープ58とが接触するのを防ぐ壁部である。 Partition wall 43, in the laminated type tape cassette 30, the ink ribbon 60 spent guided along the ribbon guide wall 38, and a double-sided adhesive tape 58 drawn toward the tape drive roller 46 that contacts is a wall to prevent.

リボン案内壁38とリボン巻取スプール44との間には、隔離壁48が設けられている。 Between the ribbon guide wall 38 and the ribbon take-up spool 44, the partition wall 48 is provided. 隔離壁48は、第1テープ領域400の前側に設けられ、且つ、第1テープ領域400の外周縁の一部に沿って設けられている。 Isolation wall 48 is provided on the front side of the first tape area 400, and are provided along a portion of the outer peripheral edge of the first tape area 400. 隔離壁48は、リボン案内壁38からリボン巻取スプール44に向けて案内される使用済みのインクリボン60と、第1テープスプール40に巻回されている両面粘着テープ58とが互いに接触するのを防止する壁部である。 Isolation wall 48 has an ink ribbon 60 spent guided toward the ribbon guide wall 38 to the ribbon take-up spool 44, the double-sided adhesive tape 58 to the first are wound tape spool 40 wound contact each other is a wall to prevent.

分離部61の左側(つまり、テープ搬送方向の下流側)には、ローラ支持孔64が設けられている。 Left of the separating portion 61 (i.e., the downstream side of the tape conveying direction) is provided with roller support hole 64. ローラ支持孔64の内側には、テープ駆動ローラ46が回転可能に軸支されている。 Inside the roller support hole 64, the tape drive roller 46 is rotatably supported. 図5および図6に示すように、ラミネートタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第2テープスプール41からフィルムテープ59が引き出され、且つ、第1テープスプール40から両面粘着テープ58が引き出される。 As shown in FIGS. 5 and 6, when the laminated type tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with the film from the second tape spool 41 tape 59 is pulled out, and double-sided adhesive tape 58 is pulled out from the first tape spool 40.

印字後のフィルムテープ59は、規制部材361、362によってテープ搬送方向の下流側に案内される。 Film tape 59 after printing is guided to the downstream side of the tape transport direction by the regulating member 361 and 362. 印字後のフィルムテープ59がテープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との間を経由するときに、両面粘着テープ58がフィルムテープ59の印字面に接着される。 When the film tape 59 after printing through the space between the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14, the double-sided adhesive tape 58 is adhered to the printed surface of the film tape 59. 接着後のフィルムテープ59、すなわち印字済テープ50は、排出案内部49に向かって搬送される。 Film tape 59 after bonding, i.e. printed tape 50 is conveyed toward the discharge guide unit 49.

図7に示すように、レセプタタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第1テープスプール40から印字テープ57が引き出される。 As shown in FIG. 7, when the tape cassette 30 of the receptor type is installed in the cassette housing portion 8, the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with, the print tape 57 from the first tape spool 40 It is pulled out. 印字後の印字テープ57、すなわち印字済テープ50は、規制部材361、362によってテープ搬送方向の下流側に案内され、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との間を経由して排出案内部49に向かって搬送される。 Print tape 57 after printing, i.e. the printed tape 50 is restricted by members 361, 362 are guided to the downstream side of the tape transport direction, the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 discharge guide portion 49 via the space between the It is conveyed toward the.

図8に示すように、サーマルタイプのテープカセット30が装着されている場合は、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第1テープスプール40から感熱紙テープ55が引き出される。 As shown in FIG. 8, when the thermal type tape cassette 30 is mounted, by the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with, the heat-sensitive paper tape 55 is pulled out from the first tape spool 40. 印字後の感熱紙テープ55、すなわち印字済テープ50は、規制部材361、362によってテープ搬送方向の下流側に案内され、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との間を経由して排出案内部49に向かって搬送される。 Heat-sensitive paper tape 55 after printing, i.e. the printed tape 50 is restricted by members 361, 362 are guided to the downstream side of the tape transport direction, the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 discharge guide portion 49 via the space between the It is conveyed toward the.

図5〜図8に示すように、排出案内部49は、カセットケース31の左側面の前端部から僅かに前方に離間して設けられた、上面301と底面302に亘る板状部材である。 As shown in FIGS. 5-8, the discharge guide unit 49 is disposed apart from the front end of the left side surface of the cassette case 31 slightly forward, a plate-shaped member over the top surface 301 and bottom surface 302. 排出案内部49は、テープ駆動ローラ46を経由して搬送されてきた印字済テープ50を、カセットケース31の左側面の前端部との間に形成される通路内に案内する。 Discharge guide unit 49, the printed tape 50 that has been transported through the tape drive roller 46, guided to passage formed between the front end portion of the left side surface of the cassette case 31. 印字済テープ50は、この通路の終端からテープカセット30の外部に排出される。 Printed tape 50 is discharged from the end of the passageway to the outside of the tape cassette 30.

カセットケース31の右後部には、テープカセット30の着脱時にガイド軸120が挿脱されるガイド孔47が設けられている。 The right rear portion of the cassette case 31, the guide hole 47 of the guide shaft 120 is inserted and removed during the attachment and detachment of the tape cassette 30 is provided. 本実施形態のガイド孔47の開口形状は、平面視で分割線K(図15参照)と平行な両辺が直線状であり、且つ、分割線Kに略直交する両辺がガイド孔47の開口中心からの距離が一定となるような曲線状である。 Opening shape of the guide hole 47 of this embodiment is a dividing line K (see FIG. 15) parallel to sides is straight in plan view, and, both sides substantially perpendicular to the dividing line K is opened the center of the guide hole 47 distance from is curved such that constant. 言い換えると、ガイド孔47は、分割線Kと直交する方向に開口幅が小さく、且つ、分割線Kに沿って延びる長孔である。 In other words, the guide hole 47 has an opening width smaller in the direction perpendicular to the dividing line K, and a long hole extending along the dividing line K.

ガイド孔47の開口幅は、平面視でガイド孔47の開口中心を通る全ての方向について、ガイド軸120の小径軸部120B(図45参照)の直径よりも大きい。 Opening width of the guide hole 47, for all directions through the opening center of the guide hole 47 in plan view is greater than the diameter of the small diameter shaft portion 120B of the guide shaft 120 (see FIG. 45). ただし、ガイド孔47は、平面視でガイド孔47の開口中心を通る分割線Kにおける開口幅が最も大きい。 However, the guide hole 47, the largest opening width in the dividing line K through the aperture center of the guide hole 47 in a plan view. ガイド孔47は、平面視でガイド孔47の開口中心を通り、且つ、分割線Kと直交する線(図15に示す仮想線G)における開口幅が最も小さい。 The guide hole 47 passes through the aperture center of the guide hole 47 in a plan view, and the opening width is smallest in a line perpendicular to the division line K (phantom line G illustrated in FIG. 15). 仮想線Gにおけるガイド孔47の開口幅は、ガイド軸120の大径軸部120A(図45参照)の直径と略等しい。 Opening width of the guide hole 47 in the virtual line G is approximately equal to the diameter of the large diameter portion 120A of the guide shaft 120 (see FIG. 45).

図16、図18および図19に示すように、カセットケース31の後部における左右方向の略中央位置には、後方凹部360が設けられている。 16, as shown in FIGS. 18 and 19, a substantially central positions of the right and left direction in the rear portion of the cassette case 31, the rear recess 360 is provided. 後方凹部360は、底板306の一部を底面302よりも上方に向けて凹ませた凹部である。 Posterior recess 360 is a recess recessed upward than the bottom surface 302 a portion of the bottom plate 306. 言い換えると、後方凹部360は、第1テープ領域400と第2テープ領域410とカセットケース31の背面との間に形成された段差部である。 In other words, the rear recess 360 is a stepped portion formed between the rear surface of the first tape area 400 and the second tape area 410 cassette case 31.

後方凹部360は、底面302より上方に位置する平面状の壁部(凹部の底部分)である後方段差壁360Aを有する。 Posterior recess 360 has a rear stepped wall 360A is planar wall portion positioned above the bottom surface 302 (bottom portion of the recess). 後方段差壁360Aは、後方支持部813(図3参照)と略対応する形状、すなわち底面視で略三角形状を有する。 Rear stepped wall 360A has rear support section 813 (see FIG. 3) substantially corresponding to the shape, i.e. a substantially triangular shape in bottom view. 後方段差壁360Aは、共通部32の下端部と同じ高さ位置に形成されている。 Rear stepped wall 360A is formed at the same height as the lower end portion of the common portion 32. そのため、カセットケース31の中心線Nから後方段差壁360Aまでの距離は、共通部32と同様に、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。 Therefore, the distance from the center line N of the cassette case 31 to the rear stepped wall 360A, similar to the common unit 32 is constant regardless of the tape type of the tape cassette 30. 後方段差壁360Aには、後述の後方指標部900が設けられている。 The rear stepped wall 360A, the rear indicator portion 900 described later is provided.

図15〜図28を参照して、上ケース311および下ケース312の詳細な構造について説明する。 Referring to FIGS. 15 28, a detailed structure of the upper case 311 and lower case 312. 特に、上ケース311と下ケース312とを連結するための構造と、テープおよびインクリボン60の幅方向位置を規制するための構造とを、上ケース311と下ケース312とに分けて説明する。 In particular, a structure for connecting the upper case 311 and the bottom case 312, and a structure for regulating the widthwise position of the tape and the ink ribbon 60 will be described separately in the top case 311 and the bottom case 312.

図16〜図21、図27および図28を参照して、下ケース312の構造について説明する。 16 to 21, with reference to FIGS. 27 and 28, a description is given of the structure of the lower case 312. 図18および図19に示すように、下ケース312の外形は、底板306と下周壁304とで形成されている。 As shown in FIGS. 18 and 19, the outer shape of the lower case 312 is formed in the bottom plate 306 and a lower wall 304. 下周壁304は、底面302の外縁に沿って、底板306から所定の高さで上方へ延びる側壁である。 Lower wall 304, along the outer edge of the bottom surface 302, a side wall extending from the bottom plate 306 upward by a predetermined height. 下周壁304のうち、アーム前面壁35の下側部分を構成する壁部は、下アーム前面壁35Bである。 Of the lower peripheral wall 304, the wall portion constituting the lower portion of the arm front wall 35 is a lower arm front wall 35B. 下アーム前面壁35Bから後方へ離間して底板306から立設された壁部は、アーム背面壁37の下側部分を構成する下アーム背面壁37Bである。 Wall erected from the bottom plate 306 spaced from the lower arm front wall 35B rearward is lower arm rear wall 37B that constitutes the lower part of the arm rear wall 37. 下アーム背面壁37Bに連続して延びる周壁は、ヘッド周壁36の下側部分を構成する下ヘッド周壁36Bである。 A peripheral wall extending continuously in the bottom arm rear wall 37B is a lower head peripheral wall 36B that constitutes the lower portion of the head wall 36.

下ケース312におけるヘッド挿入部39周辺の詳細な構成について、説明する。 For detail near the head insertion portion 39 in the bottom case 312 will be described. 図16および図20に示すように、下ケース312のヘッド挿入部39の外周上には、第1受け部391および第2受け部392が設けられている。 As shown in FIGS. 16 and 20, on the outer periphery of the head insertion portion 39 of the lower case 312, the first receiving portion 391 and the second receiving portion 392 is provided. 言い換えると、第1、第2受け部391、392は、ヘッド挿入部39を臨む位置に設けられている。 In other words, first, second receiving portions 391 and 392 is provided at a position facing the head insertion portion 39. 第1、第2受け部391、392は、カセット装着部8に装着されるテープカセット30の上下方向の位置決めに使用される。 First, second receiving portions 391 and 392 are used to position the vertical direction of the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8.

具体的には、サーマルヘッド10(図5参照)の挿入位置(詳細には、印字位置)を基準として、テープ搬送方向の上流側および下流側の2箇所に、第1受け部391および第2受け部392が設けられている。 Specifically, the insertion position of the thermal head 10 (see FIG. 5) (specifically, the print position) as a reference, at two positions upstream and downstream of the tape conveying direction, the first receiving portion 391 and the second receiving portion 392 is provided. 第1受け部391は、アーム部34のテープ搬送方向上流側の端部、およびヘッド挿入部39の上流側端部に連接している。 The first receiving portion 391 is continuously connected end of the tape conveying direction upstream side of the arm portion 34, and the upstream end of the head insertion portion 39. 第2受け部392は、ヘッド挿入部39の下流側端部に連接している。 The second receiving unit 392 are connected to the downstream end of the head insertion portion 39.

第1、第2受け部391、392は、いずれも底板306の一部を底面302よりも上方に向かって凹ませた凹部である。 First, second receiving portions 391 and 392 is a recess were all a part of the bottom plate 306 is recessed upward from the bottom surface 302. さらに、第1受け部391は、アーム前面壁35に沿った方向にヘッド挿入部39から凹んでいる。 Furthermore, the first receiving portion 391 is recessed from the head insertion portion 39 in a direction along the arm front wall 35. 第2受け部392は、アーム前面壁35とは直交する方向にヘッド挿入部39から凹んでいる。 The second receiving portion 392 is recessed from the head insertion portion 39 in a direction perpendicular to the arm front wall 35. つまり、第1受け部391と第2受け部392とは、互いに直交する方向でヘッド挿入部39を臨んでいる。 That is, the first receiving portion 391 and the second receiving portion 392, and faces the head insertion portion 39 in directions perpendicular to each other.

第1、第2受け部391、392は、それぞれ、第1下側平面部391Bおよび第2下側平面部392Bを有する。 First, second receiving portions 391 and 392 each have a first lower flat portion 391B and the second lower flat portion 392B. 第1、第2下側平面部391B、392Bは、底面302より上方に位置する底面視略長方形状の平面部(凹部の底部分)の下側の面である。 First, second lower flat portion 391B, 392B is a surface of the lower bottom view substantially rectangular flat portion positioned above the bottom surface 302 (bottom portion of the recess).

下ケース312における第1、第2下側平面部391B、392Bの高さ位置(つまり、上下方向位置)と、カセットケース31に収納されるテープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず、つまりテープカセット30の上下方向の高さが異なっていても一定である。 First in the bottom case 312, the second lower flat portion 391B, the height position of 392B (i.e., vertical position) and, the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 is accommodated in the cassette case 31, the tape regardless tape type of cassette 30, that is, constant be different vertical height of the tape cassette 30 is. よって、テープカセット30に収納されるテープおよびインクリボン60の幅がより大きいほど、第1下側平面部391Bの高さ位置を基準とした第1受け部391の深さは大きくなり、且つ、第2下側平面部392Bの高さ位置を基準とした第2受け部392の深さは大きくなる。 Thus, as the width of the tape and the ink ribbon 60 is accommodated in the tape cassette 30 is larger, the depth of the first receiving portion 391 and the height position of the first lower planar surface 391B as the reference is increased, and, the depth of the second receiving portion 392 and the height position of the second lower flat portion 392B as the reference is increased.

本実施形態では、第1、第2下側平面部391B、392Bは、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置から上下方向に同一の距離だけ離れた位置にある。 In this embodiment, first, second lower flat portion 391B, 392B is the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 in a position apart the same distance in the vertical direction. つまり、第1、第2下側平面部391B、392Bは、下ケース312において同一の高さ位置にある。 That is, first, second lower flat portion 391B, 392B is in the same height position in the bottom case 312. なお、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置と、カセットケース31の上下方向中心位置とは一致している。 Note that match the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60, a vertical center position of the cassette case 31.

第1、第2下側平面部391B、392Bは、それぞれ、下ケース312における基準面である。 First, second lower flat portion 391B, 392B, respectively, which is the reference surface in the bottom case 312. 基準面とは、ある部位の寸法設定や寸法測定の際に基準として用いられる面である。 The reference surface is a surface that is used as a reference when dimensioning and dimensional measurements of a site. 本実施形態では、第1、第2下側平面部391B、392Bは、テープおよびインクリボン60の幅方向への移動を規制する各種規制部に対する基準面である。 In this embodiment, first, second lower flat portion 391B, 392B is the reference surface for various regulating portions for regulating the movement in the width direction of the tape and the ink ribbon 60. また、第1、第2下側平面部391B、392Bは、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、それぞれ、第1、第2支持部741、742(図5参照)によって下方から支持される部位としても機能する。 The first and second lower flat surface portion 391B, 392B from below when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, respectively, by first and second support portions 741, 742 (see FIG. 5) also it functions as a site to be supported.

図16および図20に示すように、下ケース312のヘッド挿入部39の外周上(つまり、ヘッド挿入部39を臨む位置)には、係止部397が設けられている。 As shown in FIGS. 16 and 20, on the outer periphery of the head insertion portion 39 of the lower case 312 (i.e., a position facing the head insertion portion 39), the locking portion 397 is provided. 詳細には、係止部397は、下ヘッド周壁36Bの左右方向のほぼ中心位置に設けられ、下アーム背面壁37Bと前後方向に対向している。 In particular, the locking portion 397 is provided approximately at the center position in the left-right direction of the lower head peripheral wall 36B, which faces the lower arm rear wall 37B and the front-rear direction. 係止部397は、下ヘッド周壁36Bの底面302から所定高さより上の一部分を切り欠くことによって形成されている。 The locking portion 397 is formed by cutting a portion above a predetermined height from the bottom surface 302 of the lower head peripheral wall 36B. 係止部397(切り欠かれた下ヘッド周壁36Bの上端)は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、カセットフック75の爪部752(図49参照)が係止される。 Locking portion 397 (an upper end of the notched lower head peripheral wall 36B), when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the claw portion 752 of the cassette hook 75 (see FIG. 49) is engaged .

下ケース312におけるアーム部34近傍を構成する部分の詳細について、説明する。 Details of the portions constituting the arm portion 34 near the bottom case 312 will be described. 図17〜図20に示すように、下ケース312におけるアーム部34の構成部分は、下アーム前面壁35B、下アーム背面壁37B、および分離壁33を含む。 As shown in FIGS. 17 to 20, components of the arm portion 34 in the lower casing 312 includes the lower arm front wall 35B, the lower arm rear wall 37B, and the separation wall 33. 分離壁33は、下アーム前面壁35Bと下アーム背面壁37Bとの間に設けられた、底板306から上方に延びる壁部である。 The separating wall 33 is provided between the lower arm front wall 35B and the lower arm rear wall 37B, a wall portion extending from the bottom plate 306 upwardly. 下アーム前面壁35Bにおける左端部の近傍には、金型孔850が設けられている。 In the vicinity of the left end portion of the lower arm front wall 35B, the mold hole 850 is provided. 金型孔850は、下アーム前面壁35Bの上部から正面視縦長長方形状に切り欠かれた部位である。 Die hole 850 is a portion that has been cut out from the top of the lower arm front wall 35B in a front view elongated rectangular shape. 金型孔850は、下ケース312を成形する際に使用される金型の逃がし孔であり、下ケース312に上ケース311が組み付けられるとアーム前面壁35に貫通孔を形成する。 Die holes 850 are mold exit hole to be used when forming the lower casing 312, forming a through hole when the upper case 311 is assembled to the lower case 312 in the arm front wall 35.

分離壁33は、アーム部34の3つの壁部(下アーム前面壁35B、下アーム背面壁37B、分離壁33)のうちで最も高く形成されている。 The separating wall 33 has three wall portions of the arm portions 34 are the highest form among the (lower arm front wall 35B, the lower arm rear wall 37B, the separating wall 33). 分離壁33の高さは、カセットケース31に収納されるテープの幅より僅かに大きい。 The height of the separating wall 33 is slightly larger than the width of the tape accommodated in the cassette case 31. 下アーム前面壁35Bのうち、金型孔850の左側部分は分離壁33の半分程度の高さを有し、金型孔850の右側部分は分離壁33の三分の二程度の高さを有する。 Of the lower arm front wall 35B, a left portion of the mold hole 850 has about half of the height of the separation wall 33, the right side portion of the mold holes 850 two-thirds as high as the separation wall 33 a. 下アーム背面壁37Bは、分離壁33より僅かに低く、インクリボン60の幅とほぼ同一の高さを有する。 Lower arm rear wall 37B is slightly lower than the separating wall 33, having substantially the same height as the width of the ink ribbon 60. 分離壁33の平面視円柱状の右端部は、アーム部34のほぼ中央に位置する。 Viewed cylindrical right end portion of the separating wall 33 is positioned substantially at the center of the arm portion 34. 分離壁33の左端は、下ケース312の前後方向において、下アーム前面壁35Bに設けられた金型孔850に対向する位置にある。 Left dividing wall 33, in the longitudinal direction of the bottom case 312, in a position facing the die hole 850 provided in the lower arm front wall 35B.

図17および図18に示すように、下アーム前面壁35Bにおける金型孔850の左側部分は、アーム先端部85の下側部分を構成する下先端部85Bである。 As shown in FIGS. 17 and 18, the left part of the mold hole 850 in the lower arm front wall 35B is lower tip 85B that constitutes the lower part of the arm tip portion 85. 下先端部85Bの上端が、接離部86の下側部分を構成する下接離部86Bである。 The upper end of the lower tip portion 85B is a bottom contact portion 86B constituting the lower portion of the contact portion 86. 下ケース312において下アーム前面壁35Bの右側に形成された溝部が、半円溝84の下側部分を構成する下半円溝84Bである。 Grooves formed in the right side of the lower arm front wall 35B in the lower case 312, a bottom semi-circular groove 84B which constitutes the lower part of the semi-circular groove 84.

下先端部85Bには、上下方向に延びる先端孔部687が設けられている。 The lower tip portion 85B, the leading end aperture 687 extending in the vertical direction is provided. 先端孔部687は、テープカセット30の底板306に貫通する孔であり、平面視で円形に形成されている。 Leading end aperture 687 is a hole that penetrates the bottom plate 306 of the tape cassette 30 is formed in a circular shape in plan view. 先端孔部687は、テープカセット30の底板306を貫通しない凹状の孔に形成してもよい。 Leading end aperture 687 may be formed on the concave hole does not penetrate the bottom plate 306 of the tape cassette 30. 先端孔部687の上部は、上端部の開口径が最大となるように、上方に向かって徐々に広くなっている。 The top of the leading end aperture 687, the aperture diameter of the upper end portion such that the maximum, is gradually wider toward the upper.

図20に示すように、下ケース312におけるアーム部34の構成部分では、下アーム前面壁35Bと分離壁33との間に、テープの搬送経路が形成される。 As shown in FIG. 20, the components of the arm portion 34 in the lower case 312, between the lower arm front wall 35B and the separating wall 33, the transport path of the tape is formed. 分離壁33と下アーム背面壁37Bとの間に、インクリボン60の搬送経路が形成される。 Between the separation wall 33 and the lower arm rear wall 37B, the conveyance path of the ink ribbon 60 is formed. これらの搬送経路上には、テープやインクリボン60の幅方向(つまり、上下方向)の移動を規制する規制片が設けられている。 On these transport path, the width direction of the tape and the ink ribbon 60 (i.e., vertical direction) restricting piece for restricting the movement of is provided.

テープの搬送経路に関しては、分離壁33の左端部および右端部の下端に、それぞれ、テープの下方向への移動を規制する第1テープ下規制部381B、382Bが設けられている。 For the transport path of the tape, the lower end of the left and right ends of the separating wall 33, respectively, the first lower tape regulating portions 381B for restricting the downward movement of the tape, 382B are provided. 第1テープ下規制部381B、382Bは、それぞれ、底板306の上面から上方へ僅かに突出し、且つ、前方に向かって下アーム前面壁35Bまで延びている。 The first tape bottom regulating portions 381B, 382B, respectively, slightly protruding from the upper surface of the bottom plate 306 upwardly, and extends to the lower arm front wall 35B forward. 分離壁33の左端部の上端には、テープの上方向への移動を規制する分離壁規制部383が設けられている。 The upper end of the left end portion of the separating wall 33, the separating wall regulating portion 383 for regulating the upward movement of the tape is provided. 分離壁規制部383は、分離壁33の上端から前方に向かって突出する突出片である。 The separating wall regulating portion 383 is a protruding piece that protrudes forward from the upper end of the separating wall 33. 第1テープ下規制部381B、382Bと、分離壁規制部383との上下方向の距離は、テープの幅と同一である。 The first tape bottom regulating portions 381B, and 382B, vertical distance between the separating wall regulating portion 383 is the same as the width of the tape.

図18および図27を参照して、分離壁33の左端部の詳細な構成について説明する。 Referring to FIGS. 18 and 27, the detailed configuration of the left end portion of the separating wall 33. 図27に示すように、分離壁33の左端部における上端および下端には、それぞれ、分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bが設けられている。 As shown in FIG. 27, the upper and lower ends of the left end portion of the separating wall 33, respectively, the separating wall regulating portion 383 and the first lower tape regulating portions 381B are provided. 分離壁規制部383と第1テープ下規制部381Bとの間に、第1印字面側規制部389が設けられている。 Between the separation wall regulating portion 383 and the first lower tape regulating portions 381B, the first print surface side regulating portion 389 is provided. 第1印字面側規制部389は、平面視で左右方向の中央部が僅かに盛り上がるような膨らみ部である。 The first print surface side regulating portion 389 is a bulge as swollen to slightly lateral center part in a plan view. さらに、第1印字面側規制部389は、側面視で上下方向の中心部が僅かに前方(図27では右側)に突出する凸レンズのような形状を有する。 Further, the first print surface side regulating portion 389 has a shape like a convex lens that protrudes forward slightly the center portion in the vertical direction in a side view (in Fig. 27 right). つまり、第1印字面側規制部389の規制面389Aは、左右方向においても上下方向においても、中心部が周辺部よりも僅かに盛り上がっている。 In other words, the regulating surface 389A of the first print surface side regulating portion 389, even in the even vertical direction in the left-right direction, the central portion is raised slightly than the peripheral portion.

図18に示すように、分離壁規制部383は、下アーム前面壁35Bよりも高い位置に設けられている。 As shown in FIG. 18, the separating wall regulating portion 383 is provided at a position higher than the bottom arm front wall 35B. 第1テープ下規制部381Bは、金型孔850の背後に設けられている。 The first lower tape regulating portions 381B is provided behind the die hole 850. 分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bは、下ケース312に上ケース311が組み付けられる前の状態で、下アーム前面壁35Bの前方に露出する。 The separating wall regulating portion 383 and the first lower tape regulating portions 381B is in a state before the upper case 311 is assembled to the lower case 312 is exposed to the front of the lower arm front wall 35B. さらに、分離壁33の左端部、つまり分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bは、正面視で後述のアーム指標部800と隣接している(図25参照)。 Further, the left end, i.e. the separating wall regulating portion 383 and the first lower tape regulating portions 381B of the separation wall 33 is adjacent to the arm indicator portion 800 will be described later in a front view (see FIG. 25). したがって、分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bと、アーム指標部800とを、人が下ケース312の前方から同時に目視可能である。 Therefore, the separating wall regulating portion 383 and the first lower tape regulating portions 381B, an arm indicator portion 800, a person is visible simultaneously from the front of the lower case 312.

図20に示すように、インクリボン60の搬送経路に関しては、分離壁33の右端部の下端に、第1リボン下規制部387Bが設けられている。 As shown in FIG. 20, with respect to the conveyance path of the ink ribbon 60, the lower end of the right end portion of the separating wall 33, below the first ribbon regulating portion 387B is provided. 第1リボン下規制部387Bは、インクリボン60の下方向への移動を規制する。 The first ribbon bottom regulating portions 387B restricts the downward movement of the ink ribbon 60. 第1リボン下規制部387Bは、底板306の上面から上方へ僅かに突出し、且つ、分離壁33の右端部から後方に向かって下アーム背面壁37Bまで延びている。 The first ribbon bottom regulating portions 387B are slightly from the upper surface of the bottom plate 306 upwardly protruding, and extends to the lower arm rear wall 37B rearward from the right end of the separating wall 33.

第1テープ下規制部381B、382B、分離壁規制部383、および第1リボン下規制部387Bは、それぞれ、第1、第2下側平面部391B、392Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。 The first tape bottom regulating portions 381B, 382B, the separating wall regulating portion 383, and the first ribbon bottom regulating portions 387B, respectively, first, second lower flat portion 391B, as reference surface 392B, high in the bottom case 312 position has been set.

詳細には、第1テープ下規制部381B、382Bの突出端(上端)と、第1、第2下側平面部391B、392Bとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。 Specifically, the first lower tape regulating portions 381B, the projecting end of 382B (the upper end), first, second lower flat portion 391B, vertical distance and 392B is set in accordance with the width of the tape there. 分離壁規制部383の下端と、第1、第2下側平面部391B、392Bとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。 And the lower end of the separating wall regulating portion 383, first, second lower flat portion 391B, vertical distance and 392B is set in accordance with the width of the tape. 第1リボン下規制部387Bの突出端(上端)と、第1、第2下側平面部391B、392Bとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。 Protruding end of the first ribbon bottom regulating portions 387B and (upper), first, second lower flat portion 391B, vertical distance and 392B is set in accordance with the width of the ink ribbon 60. 先述のように、第1、第2下側平面部391B、392Bは、それぞれ、ヘッド挿入部39の上流側端部および下流側端部の近傍に設けられている。 As described above, first, second lower flat portion 391B, 392B, respectively, is provided in the vicinity of the upstream end and the downstream end of the head insertion portion 39. したがって、アーム部34内に設けられた各規制部は、基準面である第1、第2下側平面部391B、392Bと近接している。 Therefore, the restricting portion provided in the arm portion 34, first, second lower flat portion 391B is the reference surface, are close to the 392B.

従来では、規制部の寸法設定や、製造後の寸法測定を行う際に使用されていた基準位置(例えば、ピン孔62、63の底部)は、規制部とは離れた位置にあったため、両者を成形する金型の駒が異なる場合があった。 Conventionally, the size of the restriction portion setting or reference position which has been used in making dimensional measurements after manufacture (e.g., the bottom of the pin holes 62 and 63), since there was a position apart from the restricting portion, both mold piece for molding a had vary. この場合、基準位置の駒が遠くなるほど、製造されたテープカセット30の規制部の寸法誤差が大きくなるおそれがあった。 In this case, as the frame of reference position is distant, dimensional error of the regulating portion of the tape cassette 30 produced there is a risk to increase. また、同一の駒で形成できたとしても、基準位置と規制部とが離れた位置にある場合には、測定誤差が発生して寸法精度が低くなるおそれがあった。 Moreover, even it is formed by the same piece, when in the reference position and the regulating portion and has left position, the dimensional accuracy there is a possibility that lower measurement error occurs. そのため、従来のテープカセットの製造工程では、規制部の寸法設定や製造後の寸法測定などを、作業者が厳密に行っていた。 Therefore, in the manufacturing process of the conventional tape cassette, and dimension measurement after dimensioning and manufacture of the regulating unit, the operator was going strictly.

本実施形態のように、規制部と基準面の距離をより近くすれば、測定誤差が少なくなるとともに、両者を同じ駒で成形できる可能性が高くなる。 As in this embodiment, if closer the distance of the regulating portion and the reference surface, together with the measurement error is reduced, it increases the possibility of forming both in the same frame. その結果、各規制部の高さ位置を正確に規定でき、ひいてはテープおよびインクリボン60の搬送精度を向上させることができる。 As a result, the height position of the restricting portion can precisely define, it is possible to turn improve the feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60. アーム部34は、サーマルヘッド10(図5参照)によって印字が行われる位置(具体的には、露出部77)の上流側近傍にある。 The arm portion 34 (specifically, the exposed portion 77) position the printing is performed by the thermal head 10 (see FIG. 5) located near the upstream side of the. そのため、アーム部34内のテープおよびインクリボン60の搬送精度の向上に伴って、サーマルヘッド10の印字精度も向上させることができる。 Therefore, with the improvement of the feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60 inside the arm portion 34, it is possible to improve printing accuracy of the thermal head 10. さらに、上記のように規制部の寸法設定などを作業者が厳密に行う負担が軽減される。 Furthermore, strictly performed burden operator and regulating unit dimensioning of as described above is reduced.

下ケース312の製造後には、第1、第2下側平面部391B、392Bを基準として、各規制部の寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the lower case 312, first, second lower flat portion 391B, based on the 392B, a dimensional control of each restricting portion can be easily performed. 例えば、下ケース312の検品時には、基準面である第1、第2下側平面部391B、392Bを治具の載置面に載置して、各規制部の寸法測定が行われる。 For example, at the time of inspection of the bottom case 312, the first is a reference plane, the second lower flat portion 391B, and then mounted on the mounting surface of the jig 392B, dimensional measurements of the restricting portion is performed. この際、各規制部と基準面との距離が近いので、検査員は正確に寸法を測定できる。 Since this time, the short distance between the restricting portion and the reference surface, the inspector can measure accurately dimensioned.

第1、第2下側平面部391B、392Bは、カセットケース31に収納されたテープおよびインクリボン60の幅方向中心位置から上下方向に一定の距離をおいて設けられている。 First, second lower flat portion 391B, 392B are provided at a distance in the vertical direction from the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 housed in the cassette case 31. したがって、第1、第2下側平面部391B、392Bの上下方向位置に対するテープおよびインクリボン60の上下方向位置がより明確になる。 Accordingly, first, second lower flat portion 391B, vertical position of the tape and the ink ribbon 60 against vertical position of 392B becomes clearer. その結果、テープおよびインクリボン60の搬送精度をさらに向上させることができる。 As a result, it is possible to further improve the feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60.

本実施形態では、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置と、第1、第2下側平面部391B、392Bと上下方向の距離は、テープおよびインクリボン60の幅によらず一定である。 In the present embodiment, the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60, first, second lower flat portion 391B, 392B and vertical distance is constant regardless of the width of the tape and the ink ribbon 60. したがって、収納されるテープおよびインクリボン60の幅が異なる複数種類のテープカセット30について、第1、第2下側平面部391B、392Bの高さ位置を統一的な基準で定めることができる。 Accordingly, the plurality of types of the tape cassette 30 in which the width of the tape and the ink ribbon 60 are different are accommodated, can be determined first, second lower flat portion 391B, the height position of 392B in unified standards. その結果、カセットケース31の寸法測定や部品管理を容易にすることができる。 As a result, it is possible to facilitate the dimensional measurement and parts management of the cassette case 31.

アーム部34内の各規制部は、下ケース312の左右方向において第1、第2下側平面部391B、392Bの間にあり、いずれの基準面にも近接している。 The restricting portions of the arm portion 34, first in the horizontal direction of the lower case 312, a second lower flat portion 391B, is between 392B, we are close to any of the reference plane. つまり、いずれかの基準面を用いて寸法設定や寸法測定を行うこともできるし、両方の基準面を用いて行うこともできる。 In other words, can either be performed sizing and dimensions measured using any of the reference plane, it can also be performed using both the reference plane. 両方の基準面を用いることにより、各規制部を製造する際の寸法精度をさらに高めることができる。 By using both the reference plane, it is possible to further increase the dimensional accuracy in manufacturing the respective restricting portions. したがって、テープおよびインクリボン60の搬送精度をさらに向上させることができる。 Therefore, it is possible to further improve the feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60. 加えて、下ケース312の製造後には、各規制部の寸法管理をさらに正確且つ容易に行うことができる。 In addition, after manufacture of the lower case 312, it is possible to perform dimensional control of the regulating portions more accurately and easily.

さらに、アーム部34内では、テープが幅方向に規制されるのみならず、第1印字面側規制部389によって印字面側への移動が規制される。 Further, within the arm portion 34, the tape is not only restricted in the widthwise direction, is moved to the print surface side is restricted by the first print surface side regulating portion 389. 第1印字面側規制部389は左右方向の中心部が前方に突出しているので、アーム部34内で搬送されるテープはヘッド挿入部39側に屈曲される。 Since the first print surface side regulating portion 389 the center of the lateral direction protrudes forward, the tape being transported in the arm portion 34 is bent in the head insertion portion 39 side. 第1印字面側規制部389は上下方向の中心部が前方に突出しているので、テープの張力が幅方向の中心部に集中する。 The first print surface side regulating portion 389 since the center portion in the vertical direction protrudes forward, the tension of the tape is concentrated at the center in the width direction. その結果、アーム部34内で搬送されるテープにバックテンションが付与されるため、テープの走行を安定させることができる。 As a result, since the back tension is applied to the tape being transported in the arm portion 34, it is possible to stabilize the running of the tape.

図20に示すように、テープ搬送方向においてアーム部34よりもさらに上流側の第3角部323近傍には、屈曲部533が設けられている。 As shown in FIG. 20, the third corner portion 323 near the further upstream side of the arm portion 34 in the tape feed direction, the bent portion 533 is provided. 屈曲部533の下端には、規制部384Bが設けられている。 The lower end of the bent portion 533, regulating portion 384B is provided. 規制部384Bは、第1テープ下規制部381B、382Bと同様にテープの下方向への移動を規制する。 Regulating unit 384B includes first tape bottom regulating portions 381B, for regulating the downward movement of the tape as with 382B. よって、第1テープ下規制部381B、382Bと同様に、隣接する第1下側平面部391Bを基準面として、規制部384Bの寸法設定や寸法管理を行ってもよい。 Therefore, the first tape bottom regulating portions 381B, as with 382B, as the reference surface of the first lower flat surface portion 391B adjacent, may be performed dimensioning and dimensional control of the regulating portion 384B.

下ケース312における分離部61近傍を構成する部分の詳細について、説明する。 Details of the portions constituting the neighborhood separating section 61 in the lower case 312 will be described. 図18〜図20および図28に示すように、下ヘッド周壁36Bのうち、ヘッド挿入部39の左側で前後方向に延びる壁部が、リボン案内壁38である。 As shown in FIGS. 18 to 20 and 28, of the lower head peripheral wall 36B, the walls extending in the longitudinal direction on the left side of the head insertion portion 39, a ribbon guide wall 38. 言い換えると、リボン案内壁38は、ヘッド挿入部39におけるテープ搬送方向の下流側端部を規定する壁部である。 In other words, the ribbon guide wall 38 is a wall portion that defines the downstream end portion of the tape feed direction in the head insertion portion 39. リボン案内壁38は、平面視で第2受け部392の左側に隣接している。 Ribbon guide wall 38 is adjacent to the left side of the second receiving portion 392 in a plan view.

リボン案内壁38の左側、且つ、後述の開口部64Bの右側には、隔離壁43が立設されている。 Left ribbon guide wall 38, and, on the right side of the opening 64B to be described later, the partition wall 43 is erected. 隔離壁43は、平面視で開口部64Bの一部に沿って、カセットケース31の前後方向に緩やかな弧を描くように設けられている。 Partition wall 43, along a portion of the opening portion 64B in plan view, is provided so as to draw a gentle arc in the front-rear direction of the cassette case 31. 隔離壁43の開口部64B側の面は、両面粘着テープ58が接着するのを防ぐために、平面視でのこぎりの歯状に形成されている。 Surface of the opening portion 64B side of the partition wall 43, in order to prevent the double-sided adhesive tape 58 is adhered, is formed in sawtooth shape in a plan view. リボン案内壁38の左前方、且つ、隔離壁43の前方には、底板306から上方に延びる規制部材362が設けられている。 Left front ribbon guide wall 38, and, in front of the partition wall 43, the regulating member 362 extending upwardly is provided from the bottom plate 306.

先述のように、アーム部34から排出されたテープおよびインクリボン60は、露出部77を経由して分離部61内に案内される。 As described above, the tape and the ink ribbon 60 that has been discharged from the arm portion 34, via the exposed portion 77 is guided into the separation unit 61. リボン案内壁38と規制部材362との間に形成される縦長の隙間が、導入口61Aの下側部分として機能する。 Vertical clearance formed between the ribbon guide wall 38 and the regulating member 362 serves as the lower portion of the inlet 61A. 導入口61Aは、露出部77と連通する、テープおよびインクリボン60の搬送経路の一部である。 Inlet 61A communicates with the exposed portion 77, which is a part of the feeding path of the tape and the ink ribbon 60. 導入口61Aは、印字済みのテープおよび使用済みのインクリボン60を分離部61内に案内する。 Inlet 61A guides the printed tape and the used ink ribbon 60 into the separation unit 61.

隔離壁43と規制部材362との間に形成される縦長の隙間は、テープ案内口61Bの下側部分として機能する。 Vertical gaps formed between the separating wall 43 and the regulating member 362 serves as the lower portion of the tape guiding openings 61B. テープ案内口61Bは、導入口61Aの下流側に連続して設けられた、テープ搬送経路の一部である。 Tape guiding port 61B is provided with a downstream end of inlet 61A, which is a part of the tape transport path. テープ案内口61Bは、印字済みのテープをテープ駆動ローラ46(図5参照)の前方に向けて案内する。 Tape guiding port 61B guides the printed tape toward the front of the tape drive roller 46 (see FIG. 5).

リボン案内壁38および隔離壁43の間に形成される縦長の隙間は、リボン案内口61Cとして機能する。 Vertical clearance formed between the ribbon guide wall 38 and the partition wall 43 functions as a ribbon guide outlet 61C. リボン案内口61Cは、導入口61Aの下流側に連続して設けられた、インクリボン60の搬送経路の一部である。 Ribbon guide outlet 61C is provided with a downstream end of inlet 61A, which is part of the conveyance path of the ink ribbon 60. リボン案内口61Cは、使用済みのインクリボン60を第2リボン領域440(図5参照)に向けて案内する。 Ribbon guide outlet 61C guides the used ink ribbon 60 toward the second ribbon area 440 (see FIG. 5).

導入口61Aおよびリボン案内口61Cの下端部では、底板306の上面が凹凸のない連続した平面を形成している。 The lower end of the inlet 61A and the ribbon guide outlet 61C, the upper surface of the bottom plate 306 forms a continuous plane without irregularities. 一方、隔離壁43の基部と規制部材362の基部とに亘って、底板306の上面から上方へ僅かに突出した第2テープ下規制部363Bが設けられている。 On the other hand, over the base of the base portion and the restricting member 362 of the separating wall 43, the second lower tape regulating portion 363B is provided with slightly projecting from the upper surface of the bottom plate 306 upwardly. そのため、テープ案内口61Bの下端部(つまり、第2テープ下規制部363Bの突出端)は、導入口61Aの下端部(つまり、底板306の上面)よりも上方に位置している。 Therefore, the lower end portion of the tape guide opening 61B (i.e., the projecting end of the second lower tape regulating portion 363B) is positioned above the lower end portion of the inlet port 61A (i.e., the upper surface of the bottom plate 306). 言い換えると、第2テープ下規制部363Bは、テープ案内口61Bの下端部が導入口61Aの下端部よりも高くなるような段差を形成している。 In other words, the second lower tape regulating portion 363B forms a step, such as the lower end of the tape guide opening 61B is higher than the lower end portion of the inlet 61A.

第2テープ下規制部363Bは、テープ案内口61Bを経由するテープの下方向への移動を規制する。 The second lower tape regulating portion 363B restricts the downward movement of the tape through the tape guide opening 61B. さらに、第2テープ下規制部363Bは、分離部61内で印字済みのテープから使用済みのインクリボン60を剥がすための分離リブとして機能する。 Further, the second lower tape regulating portion 363B functions as a separating rib for peeling the used ink ribbon 60 from the printed tape in the separating unit 61.

隔離壁43の前端部の上端には、前方へ突出する突出片である隔離壁規制部364が設けられている。 The upper end of the front end portion of the partition wall 43, separating wall regulating portion 364 is a protruding piece that protrudes forward is provided. 隔離壁規制部364は、テープ案内口61Bを経由するテープの上方向への移動を規制する。 Separating wall regulating portion 364 regulates the upward movement of the tape through the tape guide opening 61B. 隔離壁規制部364の上部には、上方に突出するピンである突起部398が設けられている。 The top of the separating wall regulating portion 364, the protrusion 398 is a pin projecting upward are provided. 第2テープ下規制部363Bと隔離壁規制部364との上下方向の距離は、テープの幅と同一である。 Vertical distance between the second lower tape regulating portion 363B and the separating wall regulating portion 364 is the same as the width of the tape.

隔離壁43の前端面には、第2印字面側規制部43A、43Bが設けられている。 The front end surface of the partition wall 43, the second print surface side regulating portion 43A, 43B are provided. 第2印字面側規制部43Aは、隔離壁規制部364の下部に設けられた、隔離壁43の前端面から若干前方に突出した段差部である。 The second print surface side regulating portion 43A is provided below the separating wall regulating portion 364, a stepped portion that protrudes forward slightly from the front end face of the partition wall 43. 第2印字面側規制部43Bは、隔離壁43の基部に設けられた、隔離壁43の前端面から若干前方に突出した段差部である。 The second print surface side regulating portion 43B are provided on the base of the separating wall 43, a stepped portion that protrudes forward slightly from the front end face of the partition wall 43.

第2テープ下規制部363Bおよび隔離壁規制部364は、それぞれ隣接する第2下側平面部392Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。 The second lower tape regulating portion 363B and the separating wall regulating portion 364, as the reference surface the second lower flat portion 392B adjacent respectively set height position in the bottom case 312. 詳細には、第2テープ下規制部363Bの突出端(上端)と第2下側平面部392Bとの上下方向の距離、および隔離壁規制部364の下端と第2下側平面部392Bとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。 Specifically, the projecting end of the second lower tape regulating portion 363B (the upper end) vertical distance between the second lower flat portion 392B, and the separating wall regulating portion 364 the lower end and the second lower planar surface 392B distance vertical direction is set in accordance with the width of the tape. したがって、第2下側平面部392Bを基準面として、第2テープ下規制部363Bおよび隔離壁規制部364を製造する際の寸法精度を高めることができる。 Therefore, it is possible as the reference surface the second lower flat portion 392B, increase dimensional accuracy in manufacturing the second lower tape regulating portion 363B and the separating wall regulating portion 364. 下ケース312の製造後には、第2テープ下規制部363Bおよび隔離壁規制部364の寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the lower case 312, it is possible to perform dimensional control of the second lower tape regulating portion 363B and the separating wall regulating portion 364 easily.

本実施形態では、第2テープ下規制部363Bおよび隔離壁規制部364は、テープ駆動ローラ46の近傍に設けられる。 In this embodiment, the second lower tape regulating portion 363B and the separating wall regulating portion 364 is provided in the vicinity of the tape drive roller 46. 分離部61内では、これらの規制部によって、テープが幅方向に位置決めされる。 Within the separation unit 61, these regulating portion, the tape is positioned in the width direction. したがって、分離部61からテープ駆動ローラ46に対して、テープの幅方向中心線に対して平行に精度よくテープを搬送できる。 Accordingly, the tape drive roller 46 from the separation unit 61, can be parallel to accurately convey the tape in the width direction center line of the tape.

さらに、分離部61内では、テープが幅方向に規制されるのみならず、第2印字面側規制部43A、43Bによって印字面側への移動が規制される。 Furthermore, within the separating section 61, not only the tape is restricted in the width direction, the second print surface side regulating portion 43A, the movement of the print surface side by 43B is regulated. 第2印字面側規制部43A、43Bは前方に突出しているので、テープ案内口61Bを経由するテープはテープ駆動ローラ46側に屈曲される。 The second print surface side regulating portion 43A, 43B is therefore protrudes forward, the tape passing through the tape guide opening 61B is bent toward the tape drive roller 46. その結果、テープ案内口61Bを経由するテープにバックテンションが付与されるため、テープの走行を安定させることができる。 As a result, since the back tension is applied to the tape passing through the tape guide opening 61B, it is possible to stabilize the running of the tape.

下ケース312における第1角部321、第2角部322、およびテープおよびインクリボン60の収納領域を構成する部分の詳細について説明する。 First corner 321 of the bottom case 312, the second corner portion 322, and the details of the parts constituting the housing area of ​​the tape and the ink ribbon 60 will be described. 図16、図18〜図20に示すように、下ケース312は、第1角部321の下面である第3下側平面部321B、および第2角部322の下面である第4下側平面部322Bを含む。 16, as shown in FIGS. 18 to 20, the lower case 312, the third lower flat portion 321B is a lower surface of the first corner portion 321, and the fourth lower flat a bottom of the second corner 322 including the section 322B. 第3下側平面部321Bおよび第4下側平面部322Bは、いずれも底面302よりも上方に位置する平面部である。 The third lower flat surface portion 321B and the fourth lower flat portion 322B are both flat portion which is located above the bottom surface 302.

下ケース312における第3、第4下側平面部321B、322Bの高さ位置と、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。 Third in the bottom case 312, the fourth lower flat portion 321B, is the height position of 322B, the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 is constant regardless of the tape type of the tape cassette 30. よって、テープカセット30に収納されるテープおよびインクリボン60の幅がより大きいほど、底面302から第3、第4下側平面部321B、322Bまでの距離は大きくなる。 Thus, as the width of the tape and the ink ribbon 60 is accommodated in the tape cassette 30 is larger, the distance from the bottom surface 302 to the third, fourth lower flat portion 321B, 322B is increased.

本実施形態では、第3、第4下側平面部321B、322Bは、第1、第2下側平面部391B、392Bと同様に、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置から上下方向に同一の距離だけ離れた位置にある。 In this embodiment, third, fourth lower flat portion 321B, 322B, the first, second lower flat portion 391B, as with 392B, the same in the vertical direction from the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 a distant position distance of only. つまり、第1〜第4下側平面部391B、392B、321B、322Bは、下ケース312において全て同一の高さ位置にある。 That is, the first to fourth lower flat portion 391B, 392B, 321B, 322B are all the same height position in the bottom case 312. 第3、第4下側平面部321B、322Bは、テープおよびインクリボン60の下方向への移動を規制する規制部に対する基準面として用いられる。 Third, fourth lower flat portion 321B, 322B is used as a reference surface for regulating portion for regulating the downward movement of the tape and the ink ribbon 60.

図18〜図20に示すように、下ケース312は、第1下テープ領域400B、第2下テープ領域410B、第1下リボン領域420B、および第2下リボン領域440Bを含む。 As shown in FIGS. 18 to 20, the lower case 312 includes a first lower tape area 400B, the second lower tape area 410B, the first lower ribbon area 420B, and a second lower ribbon area 440B. 第1下テープ領域400Bは、第1テープ領域400の下側部分を構成する。 The first lower tape area 400B constitutes a lower portion of the first tape area 400. 第2下テープ領域410Bは、第2テープ領域410の下側部分を構成する。 Second lower tape area 410B constitutes a lower portion of the second tape area 410. 第1下リボン領域420Bは、第1リボン領域420の下側部分を構成する。 First lower ribbon area 420B constitutes a lower portion of the first ribbon area 420. 第2下リボン領域440Bは、第2リボン領域440の下側部分を構成する。 The second lower ribbon area 440B constitutes a lower portion of the second ribbon area 440.

図20に示すように、第1下テープ領域400Bには、底板306の上面から僅かに上方に突出する突出部が設けられている。 As shown in FIG. 20, the first lower tape area 400B, protruding portions are provided to protrude slightly upward from the upper surface of the bottom plate 306. 詳細には、第1テープスプール40(図5参照)が配置される第1下テープ領域400Bの中心位置に、環状の突出部が設けられている。 Specifically, the center position of the first lower tape area 400B in which the first tape spool 40 (see FIG. 5) is arranged, projecting portion of the annular is provided. この環状の突出部から放射状に、3本の線状の突出部が第1下テープ領域400Bの周縁まで延びている。 The radially from the annular protrusion, the linear protrusions of the three extends to the peripheral edge of the first lower tape area 400B. これらの突出部が、第3テープ下規制部401Bである。 These protrusions, the third lower tape regulating portion 401B. 第3テープ下規制部401Bは、第1テープ領域400に収納されているテープ(図5〜図8参照)の下方向への移動を規制する。 The third lower tape regulating portion 401B restricts the downward movement of the tape housed in the first tape area 400 (see FIGS. 5-8).

第3テープ下規制部401Bは、隣接する第3下側平面部321Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。 The third lower tape regulating portion 401B as the reference surface adjacent third lower flat portion 321B, are set height position in the bottom case 312. 詳細には、第3テープ下規制部401Bの突出端(上端)と、第3下側平面部321Bとの上下方向の距離は、テープ幅に応じて設定されている。 Specifically, the protruding end of the third lower tape regulating portion 401B (the upper end), vertical distance between the third lower flat portion 321B is set in accordance with the tape width. したがって、第3下側平面部321Bを基準面として、第3テープ下規制部401Bを製造する際の寸法精度を高めることができる。 Accordingly, the third lower flat portion 321B as the reference surface, it is possible to enhance the dimensional accuracy in manufacturing the third lower tape regulating portion 401B. 下ケース312の製造後には、第3テープ下規制部401Bの寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the lower case 312, it is possible to perform dimensional control of the third lower tape regulating portions 401B easily.

リボン案内壁38の後端部には、第2リボン下規制部388Bが設けられている。 The rear end portion of the ribbon guide wall 38, a second ribbon bottom regulating portion 388B is provided. 第2リボン下規制部388Bは、分離部61から第2リボン領域440へ搬送されるインクリボン60の下方向への移動を規制する。 Second ribbon bottom regulating portion 388B regulates the movement of the separating portion 61 to the lower direction of the ink ribbon 60 to be conveyed to the second ribbon area 440. 第2リボン下規制部388Bは、底板306の上面から上方へ僅かに突出しており、且つ、後方に向かって第1下テープ領域400Bの手前まで延びている。 Second ribbon bottom regulating portions 388B are slightly projected from the upper surface of the bottom plate 306 upwardly, and extends to the front of the first lower tape area 400B rearward.

第2リボン下規制部388Bは、隣接する第2下側平面部392Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。 Second ribbon bottom regulating portion 388B as the reference surface of the adjacent second lower flat portion 392B, it is set height position in the bottom case 312. 詳細には、第2リボン下規制部388Bの突出端(上端)と、第2下側平面部392Bとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。 Specifically, the projecting end of the second ribbon bottom regulating portions 388B and (upper end), vertical distance between the second lower flat portion 392B is set in accordance with the width of the ink ribbon 60. したがって、第2下側平面部392Bを基準面として、第2リボン下規制部388Bを製造する際の寸法精度を高めることができる。 Accordingly, the second lower flat portion 392B as the reference surface, it is possible to enhance the dimensional accuracy in manufacturing the second ribbon bottom regulating portions 388B. 下ケース312の製造後には、第2リボン下規制部388Bの寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the lower case 312, it is possible to perform dimensional control of the second ribbon bottom regulating portions 388B easily.

第2下テープ領域410Bには、第1下テープ領域400Bと同様、底板306の上面から僅かに上方に突出する突出部が設けられている。 The second lower tape area 410B, similarly to the first lower tape area 400B, protruding portions are provided to protrude slightly upward from the upper surface of the bottom plate 306. 詳細には、第2テープスプール41(図5参照)が配置される第2下テープ領域410Bの中心位置に環状の突出部が設けられている。 Specifically, the protruding portions of the annular is provided at the center position of the second lower tape area 410B in which the second tape spool 41 (see FIG. 5) is arranged. この環状の突出部から放射状に、8本の線状の突出部が第2下テープ領域410Bの周縁まで延びている。 The radially from the projecting portion of the annular, linear protrusions eight extend to the peripheral edge of the second lower tape area 410B. これらの突出部が、第4テープ下規制部411Bである。 These protrusions, the fourth lower tape regulating portion 411B. 第4テープ下規制部411Bは、第2テープ領域410に収納されているテープ(図5および図6参照)の下方向への移動を規制する。 The fourth lower tape regulating portion 411B restricts the downward movement of the tape housed in the second tape area 410 (see FIGS. 5 and 6).

第4テープ下規制部411Bは、隣接する第4下側平面部322Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。 The fourth lower tape regulating portion 411B as the reference surface adjacent fourth lower flat portion 322B, are set height position in the bottom case 312. 詳細には、第4テープ下規制部411Bの突出端(上端)と、第4下側平面部322Bとの上下方向の距離は、テープ幅に応じて設定されている。 Specifically, the protruding end of the fourth lower tape regulating portion 411B (the upper end), vertical distance between the fourth lower flat portion 322B is set in accordance with the tape width. したがって、第4下側平面部322Bを基準面として、第4テープ下規制部411Bを製造する際の寸法精度を高めることができる。 Accordingly, the fourth lower flat portion 322B as the reference surface, it is possible to enhance the dimensional accuracy in manufacturing the fourth lower tape regulating portion 411B. 下ケース312の製造後には、第4テープ下規制部411Bの寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the lower case 312, it is possible to perform dimensional control of the fourth lower tape regulating portion 411B easily.

第1下リボン領域420Bには、底板306の上面から僅かに上方に突出する突出部が設けられている。 The first lower ribbon area 420B, protruding portions are provided to protrude slightly upward from the upper surface of the bottom plate 306. 詳細には、リボンスプール42(図5参照)が配置される第1下リボン領域420Bの中心位置に環状に設けられた突出部が、第3リボン下規制部421Bである。 In particular, (see FIG. 5) the ribbon spool 42 projecting portion provided on the annular center position of the first lower ribbon area 420B is the is arranged a third ribbon bottom regulating portions 421B. 第3リボン下規制部421Bは、第1リボン領域420に収納されている未使用のインクリボン60(図5〜図7参照)の下方向への移動を規制する。 Third ribbon bottom regulating portions 421B restricts the downward movement of the first ribbon area 420 ink ribbon 60 unused housed (see FIGS. 5 to 7).

第3リボン下規制部421Bは、隣接する第1下側平面部391Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。 Third ribbon bottom regulating portion 421B as the reference surface of the first lower flat surface portion 391B adjacent, are set height position in the bottom case 312. 詳細には、第3リボン下規制部421Bの突出端(上端)と、第1下側平面部391Bとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。 Specifically, the protruding end of the third ribbon bottom regulating portions 421B and (upper end), vertical distance between the first lower flat portion 391B is set in accordance with the width of the ink ribbon 60. したがって、第1下側平面部391Bを基準面として、第3リボン下規制部421Bを製造する際の寸法精度を高めることができる。 Accordingly, the first lower flat surface portion 391B as the reference surface, it is possible to enhance the dimensional accuracy in manufacturing the third ribbon bottom regulating portions 421B. 下ケース312の製造後には、第3リボン下規制部421Bの寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the lower case 312, it is possible to perform dimensional control of the third ribbon bottom regulating portions 421B easily.

本実施形態では、第1〜第4テープ下規制部381B、382B、363B、401B、411Bの突出端は、各々の配設位置にかかわらず全て同じ高さ位置に設定されている。 In the present embodiment, the first to fourth lower tape regulating portions 381B, 382B, 363B, 401B, the projecting end of 411B are all set regardless arrangement position of each at the same height. したがって、第1テープ領域400に収納されたテープ、および第2テープ領域410に収納されたテープは、アーム部34および分離部61に存在するテープと同じ高さ位置で、それぞれ下方向への移動が規制される。 Accordingly, the movement of the tape accommodated in the first tape area 400, and the tape housed in the second tape area 410 is at the same height as the tape present on the arm portions 34 and the divider 61, to the respective downward There is restricted.

さらに、第1〜第3リボン下規制部387B、388B、421Bの突出端は、各々の配設位置にかかわらず全て同じ高さ位置に設定されている。 Further, the first to third ribbon bottom regulating portions 387B, 388B, the projecting end of 421B are all set regardless arrangement position of each at the same height. したがって、第1リボン領域420に収納されたインクリボン60は、アーム部34および分離部61に存在するインクリボン60と同じ高さ位置で、下方向への移動が規制される。 Therefore, the ink ribbon 60 housed in the first ribbon area 420, at the same height as the ink ribbon 60 that is present on the arm portion 34 and the separating portion 61, downward movement is restricted.

下ケース312には、上ケース311と下ケース312とを接合するための円筒部材および連結孔が設けられている。 The lower case 312, the cylindrical member and the connecting hole for joining the top case 311 and the bottom case 312 is provided.

図18〜図20に示すように、第1受け部391の上側には、円筒状の第1円筒部材881Bが立設されている。 As shown in FIGS. 18 to 20, on the upper side of the first receiving portion 391, a cylindrical first cylindrical member 881B is erected. 言い換えると、第1円筒部材881Bは、第1下側平面部391Bの鉛直方向上方に設けられている。 In other words, the first cylindrical member 881B is provided vertically above the first lower flat portion 391B. 第1円筒部材881Bは、下ヘッド周壁36Bに接触しているが、下周壁304から離間している。 The first cylindrical member 881B is in contact with the lower head peripheral wall 36B, it is spaced from the lower peripheral wall 304.

図21に示すように、第1円筒部材881Bは、円筒孔部891を有する。 As shown in FIG. 21, the first cylindrical member 881B has a cylindrical hole 891. 円筒孔部891は、第1円筒部材881Bの軸線に沿って形成された、平面視円形の凹部である。 Cylindrical hole portion 891 formed along the axis of the first cylindrical member 881B, a recess of circular shape in plan view. 円筒孔部891の径は、円筒孔部891の上端部で最大となるように、上方に向かって徐々に大きくなっている。 Diameter of the cylindrical hole 891, so as to maximize at the upper end of the cylindrical hole portion 891 gradually increases upward. 後述の第2〜第7円筒部材882B、883B、884B、885B、886B、887Bの構成は、第1円筒部材881Bの構成と同様である。 Second to seventh cylindrical member 882B described later, 883B, 884B, 885B, 886B, structure of 887B is the same as that of the first cylindrical member 881B.

図18〜図20に示すように、テープ駆動ローラ46(詳細には、後述の開口部64B)の後側、且つ、第1下テープ領域400Bの左前側には、第2円筒部材882Bが設けられている。 As shown in FIGS. 18 to 20, (specifically, below the opening 64B) of the tape drive roller 46 side after, and, on the left front side of the first lower tape area 400B is provided with a second cylindrical member 882B It is. 第2円筒部材882Bに対して第1下テープ領域400Bの平面中心(詳細には、後述の開口部65B)を挟んだ反対側、すなわち第1下テープ領域400Bの右後側には、第4円筒部材884Bが設けられている。 Planar center of the first lower tape area 400B relative (specifically, opening 65B to be described later) the second cylindrical member 882B opposite side of the, i.e. the right rear side of the first lower tape area 400B is the fourth cylindrical member 884B is provided. 第3下側平面部321Bの裏面、すなわち第1下テープ領域400Bの左後側には、第3円筒部材883Bが設けられている。 The back surface of the third lower flat portion 321B, that is, the left rear side of the first lower tape area 400B, the third cylindrical member 883B is provided.

つまり、第2〜第4円筒部材882B、883B、884Bは、下ケース312における第1下テープ領域400Bの外周に沿って設けられている。 In other words, the second to fourth cylindrical members 882B, 883B, 884b is provided along the outer periphery of the first lower tape area 400B in the bottom case 312. 第3、第4円筒部材883B、884Bは、第1下テープ領域400Bの外周縁の一部に沿って立設された第1周辺壁70に接触している。 Third, fourth cylindrical member 883B, 884b is in contact with the first peripheral wall 70 erected along a portion of the outer circumferential edge of the first lower tape area 400B. 第2〜第4円筒部材882B、883B、884Bは、下ケース312の下周壁304から離間して設けられている。 Second to fourth cylindrical members 882B, 883B, 884b are provided apart from the lower wall 304 of the lower case 312.

第4下側平面部322Bの裏面、すなわち第2下テープ領域410Bの右後側には、第5円筒部材885Bが設けられている。 The back surface of the fourth lower flat portion 322B, that is, the right rear side of the second lower tape area 410B is the fifth cylindrical member 885B is provided. 第5円筒部材885Bに対して第2下テープ領域410Bの平面中心(詳細には、後述の下テープ支持部66B)を挟んだ反対側、すなわち第2下テープ領域410Bの左前側には、第6円筒部材886Bが設けられている。 Planar center (specifically, the lower tape support portion 66B described later) of the second lower tape area 410B relative to the fifth cylindrical member 885B opposite side of the, i.e. the left front side of the second lower tape area 410B is the 6 cylindrical member 886B is provided. 第3角部323の下面の裏面、すなわち第1下リボン領域420Bの右前側には、第7円筒部材887Bが設けられている。 The lower surface of the rear surface of the third corner portion 323, that is, the right front side of the first lower ribbon area 420B is the seventh cylindrical member 887B is provided.

つまり、第5、第6円筒部材885B、886Bは、下ケース312における第2下テープ領域410Bの外周に沿って設けられている。 That is, the fifth, sixth cylindrical member 885B, 886B are provided along the outer periphery of the second lower tape area 410B in the bottom case 312. 第5、第6円筒部材885B、886Bは、第2下テープ領域410Bの外周縁の一部に沿って立設された第2周辺壁71に接触している。 Fifth, sixth cylindrical member 885B, 886B are in contact with the second peripheral wall 71 erected along a portion of the outer circumferential edge of the second lower tape area 410B. 第5〜第7円筒部材885B、886B、887Bは、下ケース312の下周壁304から離間して設けられている。 Fifth to seventh cylindrical member 885B, 886B, 887B are provided apart from the lower wall 304 of the lower case 312.

下ケース312の下半円溝84Bにおける左部の上端よりやや下側には、第1連結孔871Bが設けられている。 Slightly lower than the upper end of the left portion of the bottom semi-circular groove 84B of the bottom case 312, a first connecting hole 871B is provided. 下ヘッド周壁36Bにおける係止部397の左右両側には、第2連結孔872B(図28参照)および第3連結孔873B(図30参照)がそれぞれ設けられている。 The left and right sides of the locking portion 397 of the lower head peripheral wall 36B, the second connecting hole 872B (see FIG. 28) and the third connecting hole 873b (see FIG. 30), respectively. 第2連結孔872Bは、第2下側平面部392Bの上方に設けられている。 The second connecting hole 872B is provided above the second lower flat portion 392B.

下ケース312の下周壁304に含まれる背面側の壁部は、カセットケース31の背面の下側部分を構成する後壁370である。 Wall of the back side included under the peripheral wall 304 of the lower case 312 is a wall 370 after which constitutes the lower portion of the rear surface of the cassette case 31. 後壁370には、第4連結孔874Bおよび第5連結孔875Bが設けられている。 The rear wall 370, the fourth connecting hole 874B and the fifth connecting hole 875B is provided. 第4連結孔874Bは、第1下テープ領域400Bの左後側に設けられている。 Fourth connecting hole 874B is provided on the left rear side of the first lower tape area 400B. 第5連結孔875Bは、第2下テープ領域410Bの後側に設けられている。 The fifth connecting hole 875B is provided on the rear side of the second lower tape area 410B. 第1〜第5連結孔871B、872B、873B、874B、875Bは、正面視または背面視で左右方向に長い矩形状の貫通孔である。 First to fifth connecting hole 871B, 872B, 873B, 874B, 875B is a long rectangular through-hole in the left-right direction in a front view or rear view.

第2円筒部材882Bの後側、且つ、第1下テープ領域400Bの左前側には、左側内壁861が設けられている。 Rear side of the second cylindrical member 882B, and, on the left front side of the first lower tape area 400B is the left inner wall 861 is provided. 第2下テープ領域410Bの右前側、且つ、第1下リボン領域420Bの右後側には、右側内壁862が設けられている。 Right front side of the second lower tape area 410B, and, on the right rear side of the first lower ribbon area 420B is the right inner wall 862 is provided. 左側内壁861および右側内壁862は、下周壁304よりも若干内側に設けられた、平面視で矩形枠状の壁部である。 Left inner wall 861 and the right inner wall 862, slightly larger than the lower peripheral wall 304 provided inside a rectangular frame-shaped wall portion in plan view. 左側内壁861には、側面視で前後方向に長い矩形状の貫通孔である第6連結孔876Bが設けられている。 On the left inner wall 861, a sixth connecting hole 876B is provided as a long rectangular through-hole in the longitudinal direction in a side view. 右側内壁862には、側面視で前後方向に長い矩形状の貫通孔である第7連結孔877Bが設けられている。 The right inner wall 862, the seventh connecting hole 877B is provided as a long rectangular through-hole in the longitudinal direction in a side view.

図15、図17〜図19、図22、図23、図27および図28を参照して、上ケース311の構造について説明する。 15, 17 to 19, 22, 23, with reference to FIGS. 27 and 28, a description will be given of the structure of the top case 311. 図18および図19に示すように、上ケース311の外形は、上板305(図22参照)と上周壁303とで形成されている。 As shown in FIGS. 18 and 19, the outer shape of the upper case 311 is formed in the top plate 305 (see FIG. 22) and the upper wall 303. 上周壁303は、上面301の外縁に沿って、上板305から所定の高さで下方へ延びる側壁である。 Top wall 303, along the outer edge of the top surface 301, a side wall extending from the top plate 305 downward by a predetermined height. 上周壁303のうち、アーム前面壁35の上側部分を構成する壁部は、上アーム前面壁35Aである。 These types circumferential wall 303, the wall portion constituting the upper portion of the arm front wall 35 is an upper arm front wall 35A. 上アーム前面壁35Aから後方へ離間して上板305から下方へ延びる壁部は、アーム背面壁37の上側部分を構成する上アーム背面壁37Aである。 Wall portion extending from the top plate 305 downwardly away from the upper arm front wall 35A to the rear is a arm rear wall 37A on which constitutes the upper part of the arm rear wall 37. 上アーム背面壁37Aに連続して延びる周壁は、ヘッド周壁36の上側部分を構成する上ヘッド周壁36Aである。 A peripheral wall extending continuously in the upper arm rear wall 37A is a head peripheral wall 36A on which constitute the upper portion of the head wall 36.

上ケース311におけるヘッド挿入部39周辺の詳細な構成について、説明する。 For detail near the head insertion portion 39 in the top case 311 will be described. 図15および図22に示すように、上ケース311のヘッド挿入部39のテープ搬送方向における上流側端部に連接して、押え受け部393が設けられている。 As shown in FIGS. 15 and 22, and connected to the upstream end in the tape feeding direction of the head insertion portion 39 of the upper case 311, the pressing receiving portion 393 is provided. 押え受け部393は、上ケース311が下ケース312に組み付けられた場合に、第1受け部391と上下に重なる。 Pressing the receiving portion 393, when the top case 311 is assembled to the lower case 312, overlaps vertically with the first receiving portion 391. 押え受け部393は、上板305の一部を上面301よりも下方に向かって凹ませた凹部である。 Pressing the receiving portion 393 is a recess recessed downward from the upper surface 301 a portion of the top plate 305. 押え受け部393は、第1受け部391と同様、アーム前面壁35に沿った方向にヘッド挿入部39から凹んでいる。 Pressing receiving unit 393, similarly to the first receiving portion 391 is recessed from the head insertion portion 39 in a direction along the arm front wall 35.

押え受け部393は、第1上側平面部393Aを有する。 Pressing receiving portion 393 includes a first upper flat portion 393A. 第1上側平面部393Aは、上面301より下方に位置する平面視略長方形状の平面部(凹部の底部分)の上側の面である。 The first upper flat surface portion 393A is a upper surface in plan view substantially rectangular flat portion located from the upper surface 301 to the lower (bottom portion of the recess). 上ケース311における第1上側平面部393Aの高さ位置(つまり、上下方向位置)と、カセットケース31に収納されるテープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。 The height position of the first upper flat surface portion 393A in the top case 311 (i.e., vertical position) and, the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 is accommodated in the cassette case 31, the tape type of the tape cassette 30 It is constant regardless. よって、テープカセット30に収納されるテープおよびインクリボン60の幅がより広いほど、第1上側平面部393Aの高さ位置を基準とした押え受け部393の深さは大きくなる。 Therefore, as the wider width of the tape and the ink ribbon 60 is accommodated in the tape cassette 30 is, the depth of the presser receiving portion 393 relative to the height position of the first upper flat surface portion 393A increases.

第1上側平面部393Aは、上ケース311における基準面である。 The first upper flat surface portion 393A is the reference surface in the top case 311. 本実施形態では、第1上側平面部393Aは、テープおよびインクリボン60の上方向への移動を規制する各種規制部に対する基準面として設けられている。 In the present embodiment, the first upper flat surface portion 393A is provided as a reference surface for various regulating portions for regulating the upward movement of the tape and the ink ribbon 60. また、第1上側平面部393Aは、テープカセット30がカセット装着部8に装着され、カセットカバー6が閉じられた場合に、ヘッド押え部材7(図2参照)によって上方から押圧される部位としても機能する。 Further, the first upper flat surface portion 393A, the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, if the cassette cover 6 is closed, even if the portion to be pressed from above by the head pressing member 7 (see FIG. 2) Function.

第1上側平面部393Aの直下には、下ケース312の第1下側平面部391B(図16参照)が位置する。 Immediately below the first upper flat surface portion 393A, the first lower flat surface portion 391B of the bottom case 312 (see FIG. 16) is located. つまり、第1上側平面部393Aと第1下側平面部391Bとは、テープカセット30の上下方向で少なくとも一部が対向する。 That is, the first upper flat surface portion 393A and the first lower flat surface portion 391B, at least a portion in the vertical direction of the tape cassette 30 is opposed. 第1上側平面部393Aの後方には、傾斜部394が設けられている。 Behind the first upper flat surface portion 393A, inclined portions 394 are provided. 傾斜部394は、第1上側平面部393Aの後端から上後方に向かって傾斜した、第1上側平面部393A後端から上面301に亘る押え受け部393の側面である。 Inclined portion 394 inclined upwardly rearward from the rear end of the first upper flat surface portion 393A, a side of the holding receiving portion 393 over the upper surface 301 of the first upper flat surface portion 393A rear.

上ケース311におけるアーム部34近傍を構成する部分の詳細について、説明する。 Details of the portions constituting the arm portion 34 near the top case 311 will be described. 図17〜図19および図22に示すように、上ケース311におけるアーム部34の構成部分は、上アーム前面壁35Aおよび上アーム背面壁37Aを含む。 As shown in FIGS. 17 to 19 and 22, components of the arm portion 34 of the upper casing 311 includes an upper arm front wall 35A and the upper arm rear wall 37A. 上アーム前面壁35Aおよび上アーム背面壁37Aは、それぞれ、下ケース312の下アーム前面壁35Bおよび下アーム背面壁37Bに対応する。 Upper arm front wall 35A and the upper arm rear wall 37A, respectively, corresponding to the lower arm of the lower case 312 front wall 35B and the lower arm rear wall 37B. よって、上アーム前面壁35Aの方が、上アーム背面壁37Aよりも高さが大きい。 Thus, those of the upper arm front wall 35A is, the greater height than the upper arm rear wall 37A.

上板305には、下ケース312の分離壁33に対応する位置に、固定溝331が設けられている。 The top plate 305 at a position corresponding to the separating wall 33 of the lower case 312 is provided fixed groove 331. 固定溝331は、平面視で分離壁33と同一形状の溝部である。 Fixing groove 331, a groove having the same shape as the separating wall 33 in plan view. 上ケース311と下ケース312とが組み付けられると、分離壁33の上端部330が固定溝331に嵌め込まれて、上ケース311と下ケース312とが固定される(図27参照)。 When the top case 311 and the bottom case 312 are assembled, the upper end portion 330 of the separating wall 33 is fitted into the fixing groove 331, the top case 311 and the bottom case 312 is fixed (see FIG. 27).

図17および図18に示すように、上アーム前面壁35Aの左端部は、アーム先端部85の上側部分を構成する上先端部85Aである。 As shown in FIGS. 17 and 18, the left end of the upper arm front wall 35A is a tip 85A on which constitutes the upper part of the arm tip portion 85. 上先端部85Aの下端が、接離部86の上側部分を構成する上接離部86Aである。 Lower end of the upper tip portion 85A is a contact portion 86A on which constitute the upper portion of the contact portion 86. 上ケース311において上アーム前面壁35Aの右側に形成された溝部が、半円溝84の上側部分を構成する上半円溝84Aである。 Grooves formed on the right side of the upper arm front wall 35A in the upper case 311 is a semi-circular groove 84A on which constitutes the upper part of the semi-circular groove 84. 上半円溝84Aの左側部分には、平面視で凹状に形成された窪み部684が設けられている。 The left portion of the upper semicircular groove 84A, the recess 684 formed in a concave shape in plan view is provided. 窪み部684の凹み部分の深さは、下ケース312の下半円溝84Bを形成する壁の厚みと略同一である。 The depth of the recessed portion of the recessed portion 684 is substantially the same as the thickness of the wall forming the bottom semi-circular groove 84B of the bottom case 312.

上接離部86Aには、下方に向けて突出する凸部689が設けられている。 The top contact portion 86A, the convex portion 689 that protrudes downward is provided. 凸部689は、先端孔部687の径より小さく形成された略円柱体である。 Protrusion 689 is a substantially cylindrical body that is smaller than the diameter of the leading end aperture 687. 凸部689は、上下方向における中央よりやや上側から下端に向かって徐々に細くなっている。 Protrusion 689 is gradually tapered toward the lower end slightly from above the center in the vertical direction. つまり、凸部689の軸径は、先端(下端)に向けて徐々に小さくなっている。 That is, the shaft diameter of the protrusion 689 is gradually smaller toward the distal end (lower end).

図22に示すように、上ケース311におけるアーム部34の構成部分では、上アーム前面壁35Aと固定溝331との間にテープの搬送経路が形成される。 As shown in FIG. 22, the components of the arm portion 34 of the upper case 311, the transport path of the tape is formed between the upper arm front wall 35A and the fixed groove 331. 固定溝331と上アーム背面壁37Aとの間に、インクリボン60の搬送経路が形成される。 Between the fixing groove 331 and the upper arm rear wall 37A, the conveyance path of the ink ribbon 60 is formed. これらの搬送経路上に、下ケース312と同様、テープやインクリボン60の上方向への移動を規制する規制片が設けられている。 On these conveying paths, similar to a lower case 312, restricting piece for restricting the upward movement of the tape and the ink ribbon 60 is provided.

テープの搬送経路に関しては、固定溝331の左端部に接して、第1テープ上規制部381Aが設けられている。 For the transport path of the tape, in contact with the left end of the fixing groove 331, the first tape top regulating portion 381A is provided. 固定溝331の右端部に接して、第1テープ上規制部382Aが設けられている。 In contact with the right end portion of the fixing groove 331, the first tape top regulating portion 382A is provided. 第1テープ上規制部381A、382Aは、それぞれ、上板305の下面から下方へ僅かに突出し、且つ、前方に向かって上アーム前面壁35Aまで延びている。 The first tape top regulating portions 381A, 382A, respectively, slightly protruding from the lower surface of the top plate 305 downward, and extends to the upper arm front wall 35A toward the front. 第1テープ上規制部381A、382Aは、それぞれ、テープの上方向への移動を規制する。 The first tape top regulating portions 381A, 382A, respectively, to restrict the upward movement of the tape.

インクリボン60の搬送経路に関しては、固定溝331の右端部に接して、インクリボン60の上方向への移動を規制する第1リボン上規制部387Aが設けられている。 For the conveyance path of the ink ribbon 60 in contact with the right end portion of the fixing groove 331, the first ribbon top regulating portions 387A to restrict the upward movement of the ink ribbon 60 is provided. 第1リボン上規制部387Aは、上板305の下面から下方へ僅かに突出し、且つ、後方に向かって上アーム背面壁37Aまで延びている。 The first ribbon top regulating portion 387A is slightly protrude downward from the lower surface of the top plate 305, and extends to the upper arm rear wall 37A toward the rear.

第1テープ上規制部381A、382Aおよび第1リボン上規制部387Aは、それぞれ、第1上側平面部393Aを基準面として、上ケース311における高さ位置が設定されている。 The first tape top regulating portions 381A, 382A and the first ribbon top regulating portions 387A, respectively, as a reference plane the first upper flat surface portion 393A, the height position in the top case 311 is set.

詳細には、第1テープ上規制部381A、382Aの突出端(下端)と、第1上側平面部393Aとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。 Specifically, the first tape top regulating portions 381A, projecting end of 382A (the lower end), vertical distance between the first upper flat surface portion 393A is set according to the width of the tape. 第1リボン上規制部387Aの突出端と、第1上側平面部393Aとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。 The projecting end of the first ribbon top regulating portions 387A, vertical distance between the first upper flat surface portion 393A is set in accordance with the width of the ink ribbon 60. 先述のように、第1上側平面部393Aは、ヘッド挿入部39の上流側端部近傍にある。 As described above, the first upper flat surface portion 393A is in the vicinity upstream end of the head insertion portion 39. つまり、アーム部34内に設けられた各規制部は、基準面である第1上側平面部393Aと近接している。 In other words, the restricting portion provided in the arm portion 34 is adjacent to the first upper flat surface portion 393A is the reference surface.

したがって、第1上側平面部393Aを基準面として、各規制部の製造時の寸法精度を高めることができ、ひいてはテープおよびインクリボン60の搬送精度を向上させることができる。 Therefore, the first upper flat surface portion 393A as the reference surface, it is possible to improve the dimensional accuracy during the production of the restricting portions, it is possible to turn improve the feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60. アーム部34は、サーマルヘッド10(図5参照)によって印字が行われる位置(具体的には、露出部77)の上流側近傍にある。 The arm portion 34 (specifically, the exposed portion 77) position the printing is performed by the thermal head 10 (see FIG. 5) located near the upstream side of the. そのため、アーム部34内のテープおよびインクリボン60の搬送精度の向上に伴って、サーマルヘッド10の印字精度も向上させることができる。 Therefore, with the improvement of the feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60 inside the arm portion 34, it is possible to improve printing accuracy of the thermal head 10.

本実施形態では、下ケース312に加えて上ケース311にも、アーム部34内の規制部を設けた。 In the present embodiment, even in the upper case 311 in addition to the bottom case 312, it is provided regulating portions inside the arm portion 34. これにより、アーム部34内において、テープおよびインクリボン60は幅方向の移動がさらに規制される。 Thus, in the arm portion 34, the tape and the ink ribbon 60 are further restricted movement in the width direction. したがって、テープおよびインクリボン60の搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度をさらに向上させることができる。 Therefore, feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60, it is possible to turn further improve the printing accuracy of the thermal head 10. 加えて、上ケース311の製造後には、第1上側平面部393Aを基準として、各規制部の寸法管理を容易に行うことができる。 In addition, after manufacture of the upper casing 311, on the basis of the first upper flat surface portion 393A, a dimensional control of each restricting portion can be easily performed.

第1上側平面部393Aは、カセットケース31に収納されたテープおよびインクリボン60の幅方向中心位置から上下方向に一定の距離をおいて設けられている。 The first upper flat surface portion 393A is provided from the widthwise center position of the tape and the ink ribbon 60 housed in the cassette case 31 at a distance in the vertical direction. したがって、第1上側平面部393Aの上下方向位置に対するテープおよびインクリボン60の幅方向位置がより明確になり、テープおよびインクリボン60の搬送精度をさらに向上させることができる。 Therefore, the width direction position of the tape and the ink ribbon 60 becomes clearer for vertical position of the first upper flat surface portion 393A, it is possible to further improve the feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60.

上ケース311における分離部61近傍を構成する部分の詳細について、説明する。 Details of the portions constituting the neighborhood separating section 61 of the upper case 311 will be described. 図18〜図19、図22および図28に示すように、上板305には、下ケース312の隔離壁43に対応する位置に、固定溝332が設けられている。 18 to 19, as shown in FIGS. 22 and 28, the top plate 305 at positions corresponding to the partition wall 43 of the lower case 312, is provided fixing groove 332. 固定溝332は、平面視で隔離壁43と同一形状の溝部である。 Fixing groove 332, a groove having the same shape as the partition wall 43 in a plan view. 隔離壁43に設けられた突起部398に対応する位置に、突起部398と同径の固定穴399が設けられている。 At positions corresponding to the projections 398 provided on the partition wall 43, fixing holes 399 of the same diameter are provided with projections 398. 上ケース311が下ケース312に組み付けられると、隔離壁43の上端部が固定溝332に嵌まり、且つ、突起部398が固定穴399に嵌まって、上ケース311と下ケース312とが固定される。 When the upper case 311 is assembled to the lower case 312, the upper end portion fits into the fixing groove 332 of the partition wall 43, and, fitted in the protrusion 398 fixing hole 399, the top case 311 and the bottom case 312 is fixed It is.

固定溝332の前方には、上板305から下方に延びる規制部材361が設けられている。 In front of the fixing groove 332, regulating member 361 extending from the top plate 305 downward. 上ケース311が下ケース312に組み付けられた場合、リボン案内壁38と規制部材361と間に形成される縦長の隙間が、導入口61Aの上側部分として機能する。 If the upper case 311 is assembled to the lower case 312, elongated gap formed between the ribbon guide wall 38 and the regulating member 361 serves as the upper part of the inlet 61A. 隔離壁43と規制部材361と間に形成される縦長の隙間は、テープ案内口61Bの上側部分として機能する。 Vertical of the gap formed between the separating wall 43 and the regulating member 361 serves as the upper portion of the tape guide opening 61B. なお、上板305において固定溝332から右側に延びる部分は、リボン案内口61Cの上端部を形成する壁部である。 The portion of the fixing groove 332 extending to the right in the top plate 305 is a wall portion which forms the upper end of the ribbon guide outlet 61C.

導入口61Aの上端部およびリボン案内口61Cの上端部では、上板305の下面が凹凸のない連続した平面を形成している。 The top and the upper end of the ribbon guide hole 61C of the inlet 61A, to form a continuous plane lower surface without unevenness of the top plate 305. 一方、固定溝332と規制部材361の基部とに亘って、上板305から下方へ僅かに突出する第2テープ上規制部363Aが設けられている。 On the other hand, over the fixing groove 332 and the base of the regulating member 361, the second tape top regulating portion 363A projects slightly downwardly disposed from the top plate 305. 言い換えると、第2テープ上規制部363Aは、下ケース312の第2テープ下規制部363Bと上下方向に対応する位置に設けられ、テープ案内口61Bの上端部として機能する。 In other words, the second tape top regulating portion 363A is provided at a position corresponding to the vertical direction and the second lower tape regulating portion 363B of the bottom case 312, which functions as the upper end portion of the tape guide opening 61B. テープ案内口61Bの上端部(つまり、第2テープ上規制部363Aの突出端)は、導入口61Aの上端部(つまり、上板305の下面)よりも下方に位置している。 The upper end of the tape guide opening 61B (i.e., the projecting end of the second tape regulating portion 363A) is positioned below the upper end portion of the inlet port 61A (i.e., the lower surface of the top plate 305). 言い換えると、第2テープ上規制部363Aは、テープ案内口61Bの上端部が導入口61Aの上端部よりも低くなるような段差を形成している。 In other words, the second tape top regulating portion 363A is formed a step like upper end portion of the tape guiding openings 61B becomes lower than the upper end portion of the inlet 61A.

上ケース311が下ケース312に組み付けられた状態で、第2テープ上規制部363Aは下ケース312の隔離壁規制部364と左右に並ぶ。 In a state where the upper casing 311 is assembled to the lower case 312, the second tape top regulating portion 363A is arranged in right and left separating wall regulating portion 364 of the lower case 312. このとき、第2テープ上規制部363Aの突出端(下端)と、隔離壁規制部364の下端とが、同じ高さ位置で並ぶ。 At this time, the protruding end of the second tape top regulating portions 363A and (bottom), and the lower end of the separating wall regulating portion 364, arranged at the same height position. したがって、第2テープ上規制部363Aは、隔離壁規制部364とともに、テープ案内口61Bを経由するテープの上方向への移動を規制する。 Accordingly, the second tape top regulating portions 363A, together with the separating wall regulating portion 364 to regulate the upward movement of the tape through the tape guide opening 61B.

本実施形態では、下ケース312に加えて上ケース311にも、分離部61内の規制部を設けた。 In the present embodiment, even in the upper case 311 in addition to the bottom case 312, it is provided regulating portions in the separation portion 61. これにより、分離部61内において、テープは幅方向の移動がさらに規制される。 Thus, in the separation section 61, the tape is further restricted movement in the width direction. したがって、分離部61からテープ駆動ローラ46に対して、さらに精度よく、テープの幅方向中心線に対して平行にテープを搬送できる。 Thus, for separation unit 61 from the tape drive roller 46, more accurately, it can transfer the tape parallel to the width direction center line of the tape.

上ケース311における第1角部321、第2角部322、およびテープおよびインクリボン60の収納領域を構成する部分の詳細について説明する。 First corner 321 of the upper case 311, the second corner portion 322, and the details of the parts constituting the housing area of ​​the tape and the ink ribbon 60 will be described. 図18、図19および図22に示すように、上ケース311は、第1角部321の上面である第2上側平面部321A、および第2角部322の上面である第3上側平面部322Aを含む。 18, as shown in FIGS. 19 and 22, the upper case 311, the second upper flat portion 321A which is the upper surface of the first corner portion 321, and the third upper flat portion which is the upper surface of the second corner 322 322A including. 第2上側平面部321Aおよび第3上側平面部322Aは、いずれも上面301よりも下方に位置する平面部である。 Second upper flat portion 321A and the third upper flat portion 322A are both flat portion located below the upper surface 301. 第2上側平面部321Aおよび第3上側平面部322Aは、上ケース311が下ケース312に組み付けられた場合に、それぞれ、第3下側平面部321Bおよび第4下側平面部322B(図16参照)と上下に対向する。 Second upper flat portion 321A and the third upper flat portion 322A, when the top case 311 is assembled to the lower case 312, respectively, the third lower flat portion 321B and the fourth lower flat portion 322B (see FIG. 16 ) and opposed to the up and down.

上ケース311における第2、第3上側平面部321A、322Aの高さ位置と、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。 Second in the upper case 311, the third top flat surface portion 321A, the the height position of 322A, a center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 is constant regardless of the tape type of the tape cassette 30. よって、テープカセット30に収納されるテープおよびインクリボン60の幅がより広いほど、上面301から第2、第3上側平面部321A、322Aまでの距離は大きくなる。 Therefore, as the wider width of the tape and the ink ribbon 60 is accommodated in the tape cassette 30 is the distance from the top surface 301 to the second, third upper flat portion 321A, 322A is greater.

本実施形態では、第2、第3上側平面部321A、322Aは、第1上側平面部393Aと同様に、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置(本実施形態では、カセットケース31の上下方向中心位置)から上下方向に同一の距離だけ離れた位置にある。 In this embodiment, the second, third upper flat portion 321A, 322A, as in the first upper flat surface portion 393A, width-direction center position of the tape and the ink ribbon 60 (in this embodiment, the vertical direction of the cassette case 31 from the center position) at a position separated by the same distance in the vertical direction. つまり、第1〜第3上側平面部393A、321A、322Aは、上ケース311においてすべて同一の高さ位置にある。 That is, the first to third upper flat surface portion 393A, 321A, 322A are all in the upper case 311 at the same height position. 第2、第3上側平面部321A、322Aは、テープおよびインクリボン60の上方向の移動を規制する規制部に対する基準面として用いられる。 The second, third upper flat portion 321A, 322A is used as a reference surface for regulating portion for regulating the upward movement of the tape and the ink ribbon 60.

上ケース311は、第1上テープ領域400A、第2上テープ領域410A、第1上リボン領域420A、および第2上リボン領域440Aを含む。 Top case 311 includes a first upper tape area 400A, a second upper tape area 410A, the first upper ribbon area 420A, and a second upper ribbon area 440A. 第1上テープ領域400Aは、第1テープ領域400の上側部分を構成する。 The first upper tape area 400A constitutes an upper portion of the first tape area 400. 第2上テープ領域410Aは、第2テープ領域410の上側部分を構成する。 The second upper tape area 410A constitutes an upper portion of the second tape area 410. 第1上リボン領域420Aは、第1リボン領域420の上側部分を構成する。 The first upper ribbon area 420A constitutes an upper portion of the first ribbon area 420. 第2上リボン領域440Aは、第2リボン領域440の上側部分を構成する。 The second upper ribbon area 440A constitutes an upper portion of the second ribbon area 440.

図22に示すように、第1上テープ領域400Aには、上板305の下面から僅かに下方に突出する突出部が設けられている。 As shown in FIG. 22, the first upper tape area 400A, protruding portions that protrude slightly downward from the lower surface of the top plate 305 is provided. 詳細には、第1テープスプール40(図5参照)が配置される第1上テープ領域400Aの中心位置に、環状の突出部が設けられている。 Specifically, the center position of the first upper tape area 400A in which the first tape spool 40 (see FIG. 5) is arranged, projecting portion of the annular is provided. この環状の突出部から放射状に、3本の線状の突出部が第1上テープ領域400Aの周縁まで延びている。 The radially from the annular protrusion, the linear protrusions of the three extends to the periphery of the first upper tape area 400A. これらの突出部が、第3テープ上規制部401Aである。 These protrusions are the third tape top regulating portion 401A.

第3テープ上規制部401Aは、第1テープ領域400に収納されているテープ(図5〜図8参照)の上方向への移動を規制する。 The third tape top regulating portion 401A regulates the upward movement of the tape housed in the first tape area 400 (see FIGS. 5-8). つまり、第1テープ領域400に収納されているテープは、第3テープ上規制部401Aおよび第3テープ下規制部401B(図20参照)によって幅方向に位置決めされる。 That is, the tape housed in the first tape area 400 is positioned in the width direction by the third tape top regulating portions 401A and the third lower tape regulating portion 401B (see FIG. 20).

第3テープ上規制部401Aは、隣接する第2上側平面部321Aを基準面として、上ケース311における高さ位置が設定されている。 The third tape top regulating portion 401A as the reference surface of the second upper flat portion 321A adjacent, the height position in the top case 311 is set. 詳細には、第3テープ上規制部401Aの突出端(下端)と、第2上側平面部321Aとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。 Specifically, the protruding end of the third tape top regulating portion 401A (the lower end), vertical distance between the second upper flat portion 321A is set according to the width of the tape. したがって、第2上側平面部321Aを基準面として、第3テープ上規制部401Aを製造する際の寸法精度を高めることができる。 Accordingly, the second upper flat surface portion 321A as the reference surface, it is possible to enhance the dimensional accuracy in manufacturing the third tape top regulating portion 401A. 上ケース311の製造後には、第3テープ上規制部401Aの寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the upper casing 311, it is possible to perform dimensional control of the third tape top regulating portions 401A easily.

固定溝332の後端部のやや右側には、上板305の下面から下方へ僅かに突出する第2リボン上規制部388Aが設けられている。 Slightly right of the rear end portion of the fixing groove 332, a second ribbon top regulating portions 388A projects slightly from the lower surface of the upper plate 305 downward is provided. 第2リボン上規制部388Aは、下ケース312の第2リボン下規制部388Bと上下方向に対応する位置に設けられている。 Second ribbon top regulating portion 388A is provided at a position corresponding to the vertical direction and the second ribbon bottom regulating portions 388B of the bottom case 312. 第2リボン上規制部388Aは、分離部61から第2リボン領域440へ搬送されるインクリボン60の上方向への移動を規制する。 Second ribbon top regulating portions 388A regulates the movement of the separating portion 61 to the upper direction of the ink ribbon 60 to be conveyed to the second ribbon area 440. つまり、分離部61から第2リボン領域440へ搬送されるインクリボン60は、第2リボン上規制部388Aおよび第2リボン下規制部388B(図20参照)によって、カセットケース31内で幅方向に位置決めされる。 That is, the ink ribbon 60 to be transported from the separation unit 61 to the second ribbon area 440, the limiting part second ribbon 388A and the second ribbon bottom regulating portion 388B (see FIG. 20), the width direction in the cassette case 31 It is positioned.

第2上テープ領域410Aには、第1上テープ領域400Aと同様、上板305の下面から僅かに下方に突出する突出部が設けられている。 The second upper tape area 410A, similarly to the first upper tape area 400A, protruding portions that protrude slightly downward from the lower surface of the top plate 305 is provided. 詳細には、第2テープスプール41(図5参照)が配置される第2上テープ領域410Aの中心位置に環状の突出部が設けられている。 Specifically, the protruding portions of the annular is provided at the center position of the second upper tape area 410A in which the second tape spool 41 (see FIG. 5) is arranged. この環状の突出部から放射状に、8本の線状の突出部が第2上テープ領域410Aの周縁まで延びている。 The radially from the projecting portion of the annular, linear protrusions eight extend to the peripheral edge of the second upper tape area 410A. これらの突出部が、第4テープ上規制部411Aである。 These protrusions, the fourth tape top regulating portion 411A.

第4テープ上規制部411Aは、第2テープ領域410に収納されているテープ(図5および図6参照)の上方向への移動を規制する。 The fourth tape top regulating portion 411A regulates the upward movement of the tape housed in the second tape area 410 (see FIGS. 5 and 6). つまり、第2テープ領域410に収納されているテープは、第4テープ上規制部411Aおよび第4テープ下規制部411B(図20参照)によって幅方向に位置決めされる。 That is, the tape housed in the second tape area 410 is positioned in the width direction by a fourth tape top regulating portions 411A and the fourth lower tape regulating portion 411B (see FIG. 20).

第4テープ上規制部411Aは、隣接する第3上側平面部322Aを基準面として、上ケース311における高さ位置が設定されている。 The fourth tape top regulating portion 411A as the reference surface adjacent third upper flat surface portion 322A, the height position in the top case 311 is set. 詳細には、第4テープ上規制部411Aの突出端(下端)と、第3上側平面部322Aとの上下方向の距離は、テープ幅に応じて設定されている。 Specifically, the protruding end of the fourth tape top regulating portion 411A (the lower end), vertical distance between the third upper flat portion 322A is set according to the tape width. したがって、第3上側平面部322Aを基準面として、第4テープ上規制部411Aを製造する際の寸法精度を高めることができる。 Therefore, it is possible to increase the reference surface of the third top flat surface portion 322A, the dimensional accuracy in manufacturing the fourth tape top regulating portion 411A. 上ケース311の製造後には、第4テープ上規制部411Aの寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the upper casing 311, it is possible to perform dimensional control of the fourth tape top regulating portions 411A easily.

第1上リボン領域420Aには、上板305の下面から僅かに下方に突出する突出部が設けられている。 The first upper ribbon area 420A, protruding portions which protrude slightly downward from the lower surface of the top plate 305 is provided. 詳細には、リボンスプール42(図5参照)が配置される第1上リボン領域420Aの中心位置に環状に設けられた突出部が、第3リボン上規制部421Aである。 In particular, (see FIG. 5) the ribbon spool 42 projecting portion provided on the annular center position of the first upper ribbon area 420A is the is arranged a the third ribbon regulating portion 421A. 第3リボン上規制部421Aは、第1リボン領域420に収納されている未使用のインクリボン60(図5〜図7参照)の上方向への移動を規制する。 Third ribbon top regulating portions 421A regulates the upward movement of the first ribbon area 420 ink ribbon 60 unused housed (see FIGS. 5 to 7). つまり、第1リボン領域420に収納されているインクリボン60は、第3リボン上規制部421Aおよび第3リボン下規制部421B(図20参照)によって幅方向に位置決めされる。 That is, the ink ribbon 60 housed in the first ribbon area 420 is positioned in the width direction by a third ribbon top regulating portions 421A and third ribbon bottom regulating portion 421B (see FIG. 20).

第3リボン上規制部421Aは、隣接する第1上側平面部393Aを基準面として、上ケース311における高さ位置が設定されている。 Third ribbon top regulating portion 421A as the reference surface of the first upper flat surface portion 393A adjacent, the height position in the top case 311 is set. 詳細には、第3リボン上規制部421Aの突出端(下端)と、第1上側平面部393Aとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。 Specifically, the protruding end of the third ribbon top regulating portions 421A (lower end), vertical distance between the first upper flat surface portion 393A is set in accordance with the width of the ink ribbon 60. したがって、第1上側平面部393Aを基準面として、第3リボン上規制部421Aを製造する際の寸法精度を高めることができる。 Therefore, it is possible to increase the reference surface of the first upper flat surface portion 393A, the dimensional accuracy in manufacturing the third ribbon top regulating portions 421A. 上ケース311の製造後には、第3リボン上規制部421Aの寸法管理を容易に行うことができる。 After manufacture of the upper casing 311, it is possible to perform dimensional control of the third ribbon top regulating portions 421A easily.

本実施形態では、第1〜第4テープ上規制部381A、382A、363A、401A、411Aの突出端と、隔離壁規制部364および分離壁規制部383の下端とは、各々の配設位置にかかわらず全て同じ高さ位置に設定されている。 In the present embodiment, the first to fourth tape top regulating portions 381A, 382A, 363A, 401A, and the projecting ends of 411A, the lower end of the separating wall regulating portion 364 and the separating wall regulating portion 383, the arrangement position of each all Despite being set at the same height. したがって、第1テープ領域400に収納されたテープ、および第2テープ領域410に収納されたテープは、アーム部34および分離部61に存在するテープと同じ高さ位置で、それぞれ上方向への移動が規制される。 Accordingly, the movement of the tape accommodated in the first tape area 400, and the tape housed in the second tape area 410 is at the same height as the tape present on the arm portion 34 and the separating portion 61, the respective upward There is restricted.

さらに、第1〜第3リボン上規制部387A、388A、421Aの突出端は、各々の配設位置にかかわらず全て同じ高さ位置に設定されている。 Further, the first to third ribbon top regulating portions 387A, 388A, projecting ends of 421A is set all regardless arrangement position of each at the same height. したがって、第1リボン領域420に収納されたインクリボン60、および分離部61から第2リボン領域440へ向かうインクリボン60は、アーム部34に存在するインクリボン60と同じ高さ位置で、それぞれ上方向への移動が規制される。 Therefore, the ink ribbon 60 accommodated in the first ribbon area 420, and the ink ribbon 60 directed from the divider 61 to the second ribbon area 440, at the same height as the ink ribbon 60 that is present on the arm portion 34, on the respective movement in the direction is restricted.

これにより、図7に示すレセプタタイプのテープカセット30では、第1テープ領域400、アーム部34、分離部61にわたって、印字テープ57を幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。 Thus, the receptor type tape cassette 30 shown in FIG. 7, the first tape area 400, the arm portion 34, over the separating part 61, can be transported parallel to accurately print tape 57 in the width direction center line. 図8に示すサーマルタイプのテープカセット30では、第1テープ領域400、アーム部34、分離部61にわたって、感熱紙テープ55を幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。 In the thermal type tape cassette 30 shown in FIG. 8, a first tape area 400, the arm portion 34, over the separating part 61, it can be transported parallel to accurately heat-sensitive paper tape 55 in the width direction center line.

図5および図6に示すラミネートタイプのテープカセット30では、第2テープ領域410、アーム部34、分離部61にわたって、フィルムテープ59を幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。 In the laminated type tape cassette 30 shown in FIGS. 5 and 6, the second tape area 410, the arm portion 34, over the separating part 61, it can be transported parallel to accurately film tape 59 in the width direction center line. 同時に、第1テープ領域400に収納された両面粘着テープ58を、テープ駆動ローラ46に向けて幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。 At the same time, the double-sided adhesive tape 58 accommodated in the first tape area 400, can be parallel to the conveying accurately the width direction center line toward the tape drive roller 46. ひいては、両面粘着テープ58とフィルムテープ59との幅方向位置を精度よく一致させることができる。 Hence, it can be matched accurately widthwise position of the double-sided adhesive tape 58 and the film tape 59.

レセプタタイプおよびラミネートタイプのテープカセット30では、第1リボン領域420、アーム部34、第2リボン領域440にわたって、インクリボン60を幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。 In the tape cassette 30 of the receptor type and the laminated type, a first ribbon area 420, the arm portion 34, over the second ribbon area 440, it can be transported parallel to accurately ink ribbon 60 in the width direction center line. したがって、いずれのタイプのテープカセット30であっても、テープ及びインクリボン60の搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度を向上させることができる。 Therefore, even in the tape cassette 30 of any type, feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60, it is possible to turn improve the printing accuracy of the thermal head 10.

本実施形態では、第1〜第4テープ下規制部381B、382B、363B、401B、411Bの突出端、隔離壁規制部364および分離壁規制部383の下端、および第1〜第3リボン下規制部387B、388B、421Bの突出端は、全て同じ高さ位置に設定されている。 In the present embodiment, the first to fourth lower tape regulating portions 381B, 382B, 363B, 401B, the protruding end of 411B, the lower end of the separating wall regulating portion 364 and the separating wall regulating portion 383, and the first to third ribbon bottom regulating parts 387B, 388B, the projecting end of 421B are all set at the same height. すなわち、下ケース312に設けられた各規制部によって、テープおよびインクリボン60は同じ高さ位置で下方向への移動が規制される。 That is, by the restricting portion provided in the lower case 312, the downward movement of the tape and the ink ribbon 60 at the same height position is regulated.

さらに、第1〜第4テープ上規制部381A、382A、363A、401A、411Aの突出端、および第1〜第3リボン上規制部387A、388A、421Aの突出端は、全て同じ高さ位置に設定されている。 Further, first to fourth tape top regulating portions 381A, 382A, 363A, 401A, projecting end of 411A, and the first to third ribbon top regulating portions 387A, 388A, projecting ends of 421A are all the same height It has been set. すなわち、上ケース311に設けられた各規制部によって、テープおよびインクリボン60は同じ高さ位置で上方向への移動が規制される。 That is, by the restricting portion provided in the top case 311, is moved in the upward direction the tape and the ink ribbon 60 at the same height position is regulated.

したがって、レセプタタイプのテープカセット30では、印字テープ57およびインクリボン60を、互いの幅方向位置が一致した状態で精度よく搬送できる。 Therefore, in the tape cassette 30 of the receptor types, the print tape 57 and the ink ribbon 60, can be conveyed accurately in a state in which the width direction position of one another are matched. ラミネートタイプのテープカセット30では、フィルムテープ59およびインクリボン60を、互いの幅方向位置が一致した状態で精度よく搬送できる。 In the laminated type tape cassette 30, the film tape 59 and the ink ribbon 60, can be conveyed accurately in a state in which the width direction position of one another are matched. よって、テープ及びインクリボン60の搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度をさらに向上させることができる。 Therefore, the transport accuracy of the tape and the ink ribbon 60, it is possible to turn further improve the printing accuracy of the thermal head 10.

上ケース311には、上ケース311と下ケース312とを接合するための圧入ピンおよび連結アームが設けられている。 The upper case 311, the press-fitting pin and connecting arms for connecting the upper case 311 and the bottom case 312 is provided.

図18、図19および図22に示すように、押え受け部393には、下方へ突出する第1圧入ピン881Aが設けられている。 18, as shown in FIGS. 19 and 22, the presser receiving unit 393, the first press-fit pin 881A projecting downward is provided. 言い換えると、第1圧入ピン881Aは、第1上側平面部393Aの鉛直方向下方に設けられている。 In other words, the first press-fit pin 881A is provided vertically below the first upper flat portion 393A. 第1圧入ピン881Aは、第1上側平面部393Aにおいて、下ケース312の第1円筒部材881B(図20参照)に対応する位置に設けられている。 The first press-fit pin 881A, in the first upper flat surface portion 393A, is provided at a position corresponding to the first cylindrical member 881B of the lower case 312 (see FIG. 20).

図23に示すように、押え受け部393の下側には、円柱部393Bが設けられている。 As shown in FIG. 23, on the lower side of the holding receiving portion 393, the cylindrical portion 393B is provided. 円柱部393Bは、押え受け部393の下面(第1上側平面部393Aの裏面)から下方に突出する円柱体である。 Cylindrical portion 393B is a cylindrical body projecting downwardly from the lower surface of the presser receiving section 393 (the rear surface of the first upper flat surface portion 393A). 第1圧入ピン881Aは、円柱部393Bの底面中央から下方に延びている。 The first press-fit pin 881A extends downwardly from the bottom center of the cylindrical portion 393B. 円柱部393Bは、第1円筒部材881Bの上端部と当接することによって、テープカセット30の高さを決定する。 Cylindrical portion 393B, by abutting an upper end of the first cylindrical member 881B, determines the height of the tape cassette 30.

第1圧入ピン881Aは、支柱部896と突起部材897とを含む。 The first press-fit pin 881A includes a post portion 896 and the projection member 897. 支柱部896は、円柱部393Bの底面中央から下方に延びる略円柱状の軸体である。 Strut 896 is a substantially cylindrical shaft body extending from the center of the bottom surface of the cylindrical portion 393B downward. 支柱部896のうち、上下方向における中央よりやや下側部分は、支柱先端部898である。 Of struts 896, slightly lower portion than the center in the vertical direction is a post tip 898. 支柱先端部898の軸径は、支柱先端部898の下端部で最小となるように、下方に向かって徐々に小さくなっている。 Shaft diameter of the post tip 898, so that a minimum at the lower end of the strut distal section 898, gradually decreases downward. 支柱先端部898の下端部の軸径は、第1円筒部材881Bの円筒孔部891(図21参照)の径より小さい。 Shaft diameter of the lower end of the post tip 898 is smaller than the diameter of the cylindrical hole 891 of the first cylindrical member 881B (see FIG. 21).

支柱部896の周囲には、複数の突起部材897が放射状に設けられている。 Around the support column 896, a plurality of projecting members 897 are radially provided. 突起部材897は、支柱部896の外周面に沿って、円柱部393Bの底面から支柱部896の上下方向略中央まで延びている。 Projection member 897, along the outer circumferential surface of the strut portion 896 extends from a bottom surface of the cylindrical portion 393B to the vertical direction substantially central struts 896. 突起部材897は、平面視で円弧状に支柱部896から突出している。 Protruding member 897 protrudes from the support portion 896 in an arc shape in plan view. 突起部材897を含んだ第1圧入ピン881Aの直径は、円筒孔部891(図21参照)の径より大きい。 The diameter of the first press-fit pin 881A including a projecting member 897 is greater than the diameter of the cylindrical hole 891 (see FIG. 21).

突起部材897の下部では、支柱部896からの突出幅が下方に向かって徐々に小さくなっている。 At the bottom of the projecting member 897, the projecting width from the struts 896 are gradually reduced downward. これにより、第1圧入ピン881Aが円筒孔部891(図21参照)に挿入される場合に、突起部材897の下部が第1円筒部材881B(図21参照)の上面に引っかかることが抑制される。 This is suppressed that the first press-fit pin 881A is when it is inserted into the cylindrical hole 891 (see FIG. 21), the lower portion of the projection member 897 is caught by the top surface of the first cylindrical member 881B (see FIG. 21) . 後述の第2〜第7圧入ピン882A、883A、884A、885A、886A、887Aの構成は、第1圧入ピン881Aの構成と同様である。 Second to seventh press fitting pins 882A described later, 883A, 884A, 885A, 886A, construction of 887A is similar to the configuration of the first press-fit pin 881A.

図18、図19および図22に示すように、テープ駆動ローラ46(詳細には、後述の開口部64A)の後側、且つ、第1上テープ領域400Aの左前側には、第2圧入ピン882Aが設けられている。 18, as shown in FIGS. 19 and 22, (in particular, below the opening 64A of the) tape drive roller 46 side after, and, on the left front side of the first upper tape area 400A, the second press-fit pin 882A is provided. 第2圧入ピン882Aに対して第1上テープ領域400Aの平面中心(詳細には、後述の開口部65A)を挟んだ反対側、すなわち第1上テープ領域400Aの右後側には、第4圧入ピン884Aが設けられている。 Planar center of the first upper tape area 400A relative (specifically, opening 65A to be described later) the second press-fit pin 882A opposite side of the, i.e. the right rear side of the first upper tape area 400A is the fourth press-fit pin 884A is provided. 第2上側平面部321Aの裏面、すなわち第1上テープ領域400Aの左後側には、第3圧入ピン883Aが設けられている。 Rear surface of the second upper flat surface portion 321A, that is, the left rear side of the first upper tape area 400A, the third press-fit pin 883A is provided.

つまり、第2〜第4圧入ピン882A、883A、884Aは、上ケース311における第1上テープ領域400Aの外縁の一部に沿って、それぞれ下ケース312の第2〜第4円筒部材882B、883B、884B(図20参照)に対応する位置に設けられている。 In other words, the second to fourth press fitting pins 882A, 883A, 884A is along a portion of the outer edge of the first upper tape area 400A in the top case 311, the second to fourth cylindrical member 882B of each lower case 312, 883B is provided at a position corresponding to 884b (see FIG. 20). 第2〜第4圧入ピン882A、883A、884Aは、上ケース311の上周壁303から離間して設けられている。 Second to fourth press fitting pins 882A, 883A, 884A are provided apart from the top wall 303 of the upper case 311.

第3上側平面部322Aの裏面、すなわち第2上テープ領域410Aの右後側には、第5圧入ピン885Aが設けられている。 The back surface of the third top flat surface portion 322A, that is, the right rear side of the second upper tape area 410A is the fifth press fitting pin 885A is provided. 第2上テープ領域410Aの平面中心(詳細には、後述の上テープ支持部66A)を挟んだ反対側、すなわち第2上テープ領域410Aの左前側には、第6圧入ピン886Aが設けられている。 Planar center (specifically, the tape support portion 66A on which will be described later) of the second upper tape area 410A opposite side of the, that is, the left front side of the second upper tape area 410A, and sixth press fitting pin 886A is provided there. 第3角部323の上面の裏面、すなわち第1上リボン領域420Aの右前側には、第7圧入ピン887Aが設けられている。 The back surface of the upper surface of the third corner portion 323, that is, the right front side of the first upper ribbon area 420A is the seventh press fitting pin 887A is provided.

つまり、第5、第6圧入ピン885A、886Aは、上ケース311における第2上テープ領域410Aの外縁の一部に沿って、それぞれ下ケース312の第5、第6円筒部材885B、886B(図20参照)に対応する位置に設けられている。 That is, the fifth, sixth press fitting pins 885A, 886A is along a portion of the outer edge of the second upper tape area 410A in the top case 311, a fifth each lower case 312, sixth cylindrical member 885B, 886B (FIG. It is provided at positions corresponding to 20 reference). 第7圧入ピン887Aは、下ケース312の第7円筒部材887B(図20参照)に対応する位置に設けられている。 Seventh press fitting pin 887A is provided at a position corresponding to the seventh cylindrical member 887B of the lower case 312 (see FIG. 20). 第5〜第7圧入ピン885A、886A、887Aは、上ケース311の上周壁303から離間して設けられている。 Fifth to seventh press fitting pins 885A, 886A, 887A are provided apart from the top wall 303 of the upper case 311.

窪み部684から下方に延びる板状体は、第1連結アーム871Aである。 Plate-like body extending from recess 684 downward is a first connecting arm 871A. 第1連結アーム871Aは、下ケース312の第1連結孔871B(図20参照)に対応する位置に設けられている。 First connecting arm 871A is provided at a position corresponding to the first connecting hole 871B of the lower case 312 (see FIG. 20). 第1連結アーム871Aは、平面視で上アーム前面壁35Aの右端部から右上方向に延びている。 First connecting arm 871A extends from the right end of the upper arm front wall 35A in the upper right direction in a plan view. 第1連結アーム871Aは、斜め前後方向からの外圧に対する可撓性を有する。 First connecting arm 871A has a flexibility against external pressure from an oblique rear direction. 第1連結アーム871Aの下端部には、右斜め前方に向かって突出する爪部が設けられている。 The lower end portion of the first connecting arm 871A, claw portion projecting toward the right obliquely forward is provided. 後述の第2〜第7連結アーム872A、873A、874A、875A、876A、877Aの構成は、第1連結アーム871Aの構成と同様であるが、爪部の突出方向が異なっている。 Second to seventh connecting arm 872A will be described later, 873A, 874A, 875A, 876A, the configuration of the 877A, is similar to the configuration of the first connecting arm 871A, have different projecting direction of the claw portion.

上ヘッド周壁36Aにおける左右両側には、第2連結アーム872Aおよび第3連結アーム873Aが設けられている。 The left and right sides of the upper head peripheral wall 36A, a second connecting arm 872A and the third connecting arm 873A is provided. 第2、第3連結アーム872A、873Aは、それぞれ、下ケース312の第2、第3連結孔872B、873B(図20参照)に対応する位置で下方に突出している。 The second, third connecting arms 872A, 873A, respectively, projects downward at a position corresponding to the second, third connecting hole 872B of the bottom case 312, 873b (see FIG. 20). 第2、第3連結アーム872A、873Aの爪部は、前方に突出している。 The second, third connecting arms 872A, claw portion 873A is protruded forward.

上ケース311の上周壁303に含まれる背面壁には、第4連結アーム874Aおよび第5連結アーム875Aが設けられている。 The back wall contained on the peripheral wall 303 of the upper casing 311, the fourth connecting arm 874A, and the fifth connecting arm 875A is provided. 第4連結アーム874Aは、第1上テープ領域400Aの左後側に設けられている。 Fourth connecting arm 874A is provided on the left rear side of the first upper tape area 400A. 第5連結アーム875Aは、第2上テープ領域410Aの後側に設けられている。 Fifth connecting arm 875A is provided on the rear side of the second upper tape area 410A. 第4、第5連結アーム874A、875Aは、それぞれ、下ケース312の第4、第5連結孔874B、875B(図20参照)に対応する位置で下方に突出している。 Fourth, fifth connecting arms 874A, 875A, respectively, projects downward in the fourth, fifth connecting hole 874B, corresponding to 875B (see FIG. 20) the position of the lower case 312. 第4、第5連結アーム874A、875Aの爪部は、後方に突出している。 Fourth, fifth connecting arms 874A, claw portion of the 875A protrudes rearward.

第2圧入ピン882Aの後側、且つ、第1上テープ領域400Aの左前側には、第6連結アーム876Aが設けられている。 Rear side of the second press-fit pin 882A, and, on the left front side of the first upper tape area 400A is the sixth connecting arm 876A is provided. 第6連結アーム876Aは、上周壁303よりも若干内側に設けられ、下ケース312の第6連結孔876B(図20参照)に対応する位置で下方に突出している。 Sixth connecting arm 876A is slightly provided inside than the upper peripheral wall 303, projects downward at a position corresponding to the sixth connecting hole 876B of the lower case 312 (see FIG. 20). 第2上テープ領域410Aの右前側、且つ、第1上リボン領域420Aの右後側には、第7連結アーム877Aが設けられている。 Right front side of the second upper tape area 410A, and, on the right rear side of the first upper ribbon area 420A is the connecting arm 877A is provided seventh. 第7連結アーム877Aは、上周壁303よりも若干内側に設けられ、下ケース312の第7連結孔877B(図20参照)に対応する位置で下方に突出している。 Seventh connecting arm 877A is slightly provided inside than the upper peripheral wall 303, projects downward at a position corresponding to the seventh connecting hole 877B of the lower case 312 (see FIG. 20). 第6連結アーム876Aの爪部は右方向に突出し、第7連結アーム877Aの爪部は左方向に突出している。 Claw portion protrudes rightward of the sixth connecting arm 876A, claw portion of the seventh connecting arm 877A protrudes leftward.

本実施形態のテープカセット30における上ケース311と下ケース312との接合構造について説明する。 The joint structure of the upper case 311 and the bottom case 312 in the tape cassette 30 of the present embodiment will be described.

図21、図23および図24を参照して、第1〜第7圧着部881〜887の接合構造について説明する。 21, with reference to FIGS. 23 and 24, will be described bonding structure of the first to seventh crimping part 881-887. 図24は、第1円筒部材881Bと第1圧入ピン881Aとの接合態様を例示しているが、第2〜第7円筒部材882B〜887Bと、第2〜第7圧入ピン882A〜887Aとの接合態様も、これと同じである。 Figure 24 is that although the bonding mode between the first cylindrical member 881B and the first press-fit pin 881A, and the second to seventh cylindrical member 882B~887B, the second to seventh press fitting pins 882A~887A bonding aspect is also the same as this.

図21および図23に示すように、作業者が上ケース311を下ケース312に組み付けると、まず第1圧入ピン881Aの支柱先端部898が、第1円筒部材881Bの円筒孔部891に挿入される。 As shown in FIGS. 21 and 23, when assembled to the lower case 312 on the case 311 by the operator, first post tip 898 of the first press fitting pin 881A is inserted into the cylindrical hole 891 of the first cylindrical member 881B that. 前述したように、支柱先端部898の先端部(下端部)の軸径は円筒孔部891の径より小さく、且つ、円筒孔部891の径は上端部で最も大きい。 As described above, the distal end portion of the strut tip 898 shaft diameter of the (lower portion) is smaller than the diameter of the cylindrical hole 891, and the diameter of the cylindrical hole portion 891 largest at the upper end. このため、支柱部896を円筒孔部891内へスムーズに案内できる。 Therefore, can be guided smoothly struts 896 to the cylindrical hole portion 891.

第1圧入ピン881Aが円筒孔部891の所定深さまで挿入されると、突起部材897が円筒孔部891の内周壁に接触する。 When the first press fitting pin 881A is inserted to a predetermined depth of the cylindrical hole 891, the protrusion member 897 is in contact with the inner peripheral wall of the cylindrical hole portion 891. 前述したように、突起部材897の下端部は、支柱部896からの突出幅が最も小さい。 As described above, the lower end portion of the projection member 897 is the smallest projected width of the strut 896. このため、突起部材897を、第1円筒部材881Bの上面に引っかかることなく、円筒孔部891内へスムーズに案内できる。 Therefore, the protrusion member 897, without being caught on the upper surface of the first cylindrical member 881B, can be guided smoothly into the cylindrical hole portion 891.

突起部材897を含んだ第1圧入ピン881Aの直径は、円筒孔部891の径より大きい。 The diameter of the first press-fit pin 881A including a projecting member 897 is greater than the diameter of the cylindrical hole 891. このため、突起部材897が第1円筒部材881Bによって加圧されつつ、第1圧入ピン881Aは円筒孔部891内に挿入される。 Thus, projecting member 897 is being pressurized by the first cylindrical member 881B, a first press-fit pin 881A is inserted into the cylindrical hole 891. 第1圧入ピン881Aが円筒孔部891内に挿入されるにつれて、第1円筒部材881Bが突起部材897の反発力によって若干外側に広がる。 As the first press fitting pin 881A is inserted into the cylindrical hole portion 891, first cylindrical member 881B spreads outward slightly by the repulsive force of the protruding member 897.

第1圧入ピン881Aが円筒孔部891にさらに挿入されると、図24に示すように、第1円筒部材881Bの上端面と、押え受け部393の円柱部393Bとが接触する。 When the first press fitting pin 881A is further inserted into the cylindrical hole 891, as shown in FIG. 24, the upper end surface of the first cylindrical member 881B, and a cylindrical portion 393B of the pressing receiving portion 393 is in contact. これにより、第1円筒部材881Bと第1圧入ピン881Aとが強固に連結して、第1圧着部881が形成される(図5〜図8参照)。 Thus, a first cylindrical member 881B and the first press-fit pin 881A is firmly connected, first crimping part 881 is formed (see FIGS. 5 to 8).

同様にして、作業者が上ケース311を下ケース312に組み付けると、第2圧入ピン882A(図22参照)が第2円筒部材882B(図20参照)に挿入され、第2圧着部882が形成される。 Similarly, when assembled to the lower case 312 on the case 311 by the operator, a second press-fit pin 882A (see FIG. 22) is inserted into the second cylindrical member 882B (see FIG. 20), the second crimping portion 882 is formed It is. 第3圧入ピン883A(図22参照)が第3円筒部材883B(図20参照)に挿入され、第3圧着部883が形成される。 Third press-fit pin 883A (see FIG. 22) is inserted into the third cylindrical member 883B (see FIG. 20), the third pressure-bonding parts 883 are formed. 第4圧入ピン884A(図22参照)が第4円筒部材884B(図20参照)に挿入され、第4圧着部884が形成される。 The fourth press-fit pin 884A (see FIG. 22) is inserted into the fourth cylindrical member 884b (see FIG. 20), the fourth crimping portion 884 is formed.

第5圧入ピン885A(図22参照)が第5円筒部材885B(図20参照)に挿入され、第5圧着部885が形成される。 Fifth press-fit pin 885A (see FIG. 22) is inserted into the fifth cylindrical member 885B (see FIG. 20), the fifth crimp portion 885 is formed. 第6圧入ピン886A(図22参照)が第6円筒部材886B(図20参照)に挿入され、第6圧着部886が形成される。 Sixth Compliant Pin 886A (see FIG. 22) is inserted into the sixth cylindrical member 886B (see FIG. 20), the sixth crimping part 886 is formed. 第7圧入ピン887A(図22参照)が第7円筒部材887B(図20参照)に挿入され、第7圧着部887が形成される。 Seventh press fitting pins 887A (see FIG. 22) is inserted into the seventh cylindrical member 887B (see FIG. 20), the seventh bonding portion 887 is formed. これらの第1〜第7圧着部881〜887により、下ケース312と上ケース311とが接合される。 These first to seventh crimping portion 881-887, the lower case 312 and upper case 311 are joined.

図5〜図8に示すように、最も重量の大きいテープを収納する第1テープ領域400の周囲には、4つの圧着部(つまり、第2圧着部882、第3圧着部883、第4圧着部884、第6圧着部886)が設けられている。 As shown in FIGS. 5 to 8, around the first tape area 400 for accommodating the heaviest large tape, four crimping portion (i.e., the second crimping portion 882, a third pressure-bonding parts 883, a fourth crimping part 884, the crimping portion 886) is provided sixth. 第2、第4圧着部882、884は、第1テープ領域400の略平面中心を挟んで対向している。 Second, fourth crimping portions 882,884 are on opposite sides of a substantially planar center of the first tape area 400. 第3、第6圧着部883、886は、第1テープ領域400の略平面中心を挟んで対向している。 Third, the sixth crimp portion 883,886 are on opposite sides of a substantially planar center of the first tape area 400. 2番目に重量の大きいテープを収納する第2テープ領域410の周囲には、2つの圧着部(つまり、第5圧着部885、第6圧着部886)が設けられている。 Around the second tape area 410 for accommodating the weight of the large tape in the second, two crimping portions (i.e., the fifth crimp portion 885, the sixth crimping portion 886) is provided. 第5、第6圧着部885、886は、第2テープ領域410の略平面中心を挟んで対向している。 Fifth, sixth crimp portion 885,886 are on opposite sides of a substantially planar center of the second tape area 410.

第2リボン領域440の周囲には、2つの圧着部(つまり、第1圧着部881、第6圧着部886)が設けられている。 Around the second ribbon area 440, the two crimping portions (i.e., the first pressure-bonding part 881, the sixth crimping portion 886) is provided. 第1、第6圧着部881、886は、第2リボン領域440の略平面中心を挟んで対向している。 First, sixth crimp portion 881,886 are on opposite sides of a substantially planar center of the second ribbon area 440. さらに、テープカセット30の平面視における4つの角部321〜324の近傍には、4つの圧着部(つまり、第2圧着部882、第3圧着部883、第5圧着部885、第7圧着部887)が設けられている。 Further, in the vicinity of four corners 321 to 324 in a plan view of the tape cassette 30, four crimping portion (i.e., the second crimping portion 882, a third pressure-bonding parts 883, fifth crimp portion 885, the seventh bonding portion 887) is provided.

このように、カセットケース31の内部に収納されるテープおよびインクリボン60の周囲、および、カセットケース31の四隅で、下ケース312と上ケース311とが強固に接合される。 Thus, the periphery of the tape and the ink ribbon 60 is accommodated in the cassette case 31, and, at the four corners of the cassette case 31, and a lower case 312 and upper case 311 are firmly bonded. このため、例えばテープカセット30が落下した場合のように、カセットケース31に大きな物理的衝撃が加えられても、下ケース312と上ケース311との接合状態が保持されやすい。 Thus, for example, as in the case of the tape cassette 30 is dropped, even if a large physical impact is applied to the cassette case 31, the bonding state is likely to be held between the lower case 312 and upper case 311. つまり、下ケース312と上ケース311との間における浮きや隙間の発生を抑制できる。 That, it is possible to suppress the occurrence of floating or gaps between the lower case 312 and upper case 311.

さらに、第6圧着部886は、第1テープ領域400、第2テープ領域410、第2リボン領域440の周囲およびテープカセット30の中央位置で、下ケース312および上ケース311を固定する。 Further, the sixth crimp portion 886, a first tape area 400, a second tape area 410, at the center position around and the tape cassette 30 of the second ribbon area 440, to secure the bottom case 312 and upper case 311. テープカセット30の四隅を固定する圧着部のうち、第5圧着部885は第2テープ領域410の周囲で下ケース312および上ケース311を固定する。 Of the crimping portion for fixing the four corners of the tape cassette 30, the fifth crimp portion 885 for fixing the lower case 312 and upper case 311 around the second tape area 410. 第2圧着部882および第3圧着部883は、第1テープ領域400の周囲で下ケース312および上ケース311を固定する。 The second crimp portion 882 and the third pressure-bonding parts 883 fixes the lower casing 312 and upper case 311 around the first tape area 400. 第7圧着部887は、第1リボン領域420の周囲で下ケース312および上ケース311を固定する。 Seventh crimp section 887 fixes the lower casing 312 and upper case 311 around the first ribbon area 420. このように、第1〜第7圧着部881〜887は、それぞれ二以上の固定機能を兼ねているため、下ケース312と上ケース311とを効率的に固定できる。 Thus, first to seventh crimp portion 881-887 is, since each serves as a two or more fixed-function, it can be efficiently fixed to the lower case 312 and upper case 311.

従来では、第1円筒部材881Bと第1圧入ピン881Aとの寸法関係が適正な範囲を超えている場合、第1圧入ピン881Aが第1円筒部材881Bに挿入されると、突起部材897によって拡径された第1円筒部材881Bに、外観上の変形や白化を生じるおそれがあった(第2〜第7円筒部材882B〜887Bも同様)。 Conventionally, if the dimensional relationship between the first cylindrical member 881B and the first press-fit pin 881A is beyond the proper range, the first press-fit pin 881A is inserted into the first cylindrical member 881B, expansion by the projection member 897 in diameter has been first cylindrical member 881B, there may occur deformation and whitening in appearance (the second to seventh cylindrical member 882B~887B as well). そのため、従来のテープカセットの製造工程では、第1〜第7円筒部材881B〜887Bと第1〜第7圧入ピン881A〜887Aとの寸法関係を、作業者が厳密に管理していた。 Therefore, in the manufacturing process of the conventional tape cassette, the dimensional relationship between the first to seventh cylindrical member 881B~887B the first to seventh press fitting pins 881A~887A, workers had strictly controlled.

本実施形態のテープカセット30では、第1〜第7円筒部材881B〜887Bの全てが下周壁304から離間している。 In the tape cassette 30 of the present embodiment, all of the first to seventh cylindrical member 881B~887B is spaced from the lower peripheral wall 304. よって、第1〜第7円筒部材881B〜887Bに変形や白化が発生しても、その影響がテープカセット30の外観に及びにくい。 Therefore, even if deformation or whitening occurs in the first to seventh cylindrical member 881B~887B, its influence is not easily reach the exterior of the tape cassette 30. さらに、第1〜第7圧入ピン881A〜887Aを挿入する圧力を高めることで(例えば、第1〜第7圧入ピン881A〜887Aを太くする等)、テープカセット30の外観の悪化を抑制しつつ、下ケース312と上ケース311とをさらに確実に固定できる。 Furthermore, by increasing the pressure to insert the first to seventh Compliant Pin 881A~887A (e.g., equal to thickening the first to seventh press fitting pins 881A~887A), while suppressing the deterioration of the external appearance of the tape cassette 30 It can be more securely fixed to the lower case 312 and upper case 311. ひいては、上記のような寸法管理を行う作業者の負担を軽減できる。 In turn, it can reduce the burden on the operator who performs the dimensional control as described above.

従来では、カセットケース31に設けられた円筒部材が下周壁304に接触しているため、ケース内側における円筒部材と下周壁304との接触部分は、合成樹脂の厚みが大きくなりやすくかった。 Conventionally, since the cylindrical member provided in the cassette case 31 is in contact with the lower wall 304, the contact portion between the cylindrical member and the lower wall 304 of the case inside, the thickness of the synthetic resin-tinged tends to increase. このため、ケース成型時に、下周壁304の外面にいわゆるヒケが発生しやすかった。 Therefore, when the casing molding, so-called sink mark is likely to occur on the outer surface of the bottom wall 304. そのため、従来のテープカセットの製造工程では、ケース成型時にヒケが発生しないように高度な作業精度が要求されていた。 Therefore, in the manufacturing process of the conventional tape cassette, it sinks advanced working precision as do not occur was required during case molding.

本実施形態のテープカセット30では、第1〜第7円筒部材881B〜887Bのすべてが下周壁304から離間している。 In the tape cassette 30 of the present embodiment, all of the first to seventh cylindrical member 881B~887B is spaced from the lower peripheral wall 304. よって、下ケース312の成型時に下周壁304の厚みが大きくなることが抑制される。 Therefore, it is possible to suppress the thickness of the bottom wall 304 is increased during molding of the lower case 312. つまり、下ケース312の成型時におけるヒケの発生が抑制されるため、テープカセット30の外観の悪化を抑制できる。 In other words, since the occurrence of shrinkage during the molding of the lower case 312 is suppressed, thereby suppressing the deterioration of the external appearance of the tape cassette 30. ひいては、上記のように高度な作業精度でケース成型を行う作業者の負担が軽減される。 Hence, burden on the operator performing the casing molded with a high degree of working precision as described above is reduced.

図17、図18、図25〜図27を参照して、アーム部34近傍の接合構造について説明する。 17, 18, with reference to FIGS. 25 to 27, illustrating the bonding structure of the arm portion 34 near. 図18に示すように、作業者が上ケース311を下ケース312に組み付けると、まず凸部689の下部が先端孔部687に挿入される。 As shown in FIG. 18, when the operator assembling the upper case 311 to the lower case 312, first, the lower portion of the convex portion 689 is inserted into the leading end aperture 687. 前述したように、凸部689は先端側(下端側)に向けて細くなっており、且つ、先端孔部687の径は上端部で最も大きい。 As described above, the convex portion 689 is tapered toward the distal end side (lower end side), and the diameter of the leading end aperture 687 is largest at the upper end. このため、凸部689を、先端孔部687内へスムーズに案内できる。 Therefore, the convex portion 689 can be guided smoothly to the distal end hole portion 687.

凸部689が先端孔部687内の所定深さまで挿入されると、第1連結アーム871Aの爪部が下半円溝84Bの背面に接触して、第1連結アーム871Aが若干後方に撓む。 When the convex portion 689 is inserted to a predetermined depth in the front end hole portion 687, the claw portion of the first connecting arm 871A is in contact with the back surface of the bottom semi-circular groove 84B, bends backward first connecting arm 871A is slightly . さらに凸部689が先端孔部687内に挿入されるのに伴って、第1連結アーム871Aの爪部が下半円溝84Bの背面に沿って下方向に移動する。 Furthermore the convex portion 689 along with being inserted into the leading end aperture 687, the claw portion of the first connecting arm 871A moves down along the back of the bottom semi-circular groove 84B. 第1連結アーム871Aの爪部は、第1連結孔871Bの位置に到達すると、第1連結アーム871Aの弾性力によって第1連結孔871Bに嵌め込まれる。 Claw portions of the first connecting arm 871A, when it reaches the position of the first connecting hole 871 b, it is fitted to the first coupling hole 871 b by the elastic force of the first connecting arm 871A.

これにより、図17および図25に示すように、第1連結部871が形成される。 Thus, as shown in FIGS. 17 and 25, the first connecting portion 871 is formed. 第1連結部871によって、アーム部34におけるテープの搬送方向上流側の端部の近傍で、下ケース312と上ケース311とが固定される。 The first connecting portion 871, near the end of the tape conveying direction upstream side of the arm portion 34, and a lower case 312 and upper case 311 is fixed. 同時に、上接離部86Aと下接離部86Bとが接触して接離部86が形成される。 At the same time, contact portion 86 contacts the upper contact portion 86A and the bottom contact portion 86B can is formed. 凸部689の軸径は先端孔部687の径より小さいので、アーム先端部85では上ケース311と下ケース312とが固定されない。 Since the shaft diameter of the protrusion 689 is smaller than the diameter of the leading end aperture 687, the top case 311 in the arm leading end portion 85 and the bottom case 312 are not fixed. そのため、図26に示すように、先端孔部687内に挿入された凸部689は、外圧に応じて先端孔部687内から離脱する方向(つまり、上方向)に移動可能である。 Therefore, as shown in FIG. 26, a convex portion 689 which is inserted into the leading end aperture 687, direction away from the inside of the leading end aperture 687 in response to external pressure (i.e., upward) is movable. つまり、接離部86では、上接離部86Aと下接離部86Bとが接離可能である。 That is, in the contact portion 86, the top contact portion 86A and the bottom contact portion 86B can be separable.

図27に示すように、分離壁33の上端部330が上ケース311の固定溝331に嵌め込まれて、アーム部34の内部で分離壁33が固定される。 As shown in FIG. 27, the upper end portion 330 of the separating wall 33 is fitted into the fixing groove 331 of the upper case 311, internally separating wall 33 of the arm portion 34 is fixed. アーム部34の内部では、各規制部(つまり、第1テープ下規制部381B、382B、分離壁規制部383、第1リボン下規制部387B、第1テープ上規制部381A、382A、および第1リボン上規制部387A)によって、テープとインクリボン60との幅方向位置が規制される。 Inside the arm portion 34, the restricting portion (i.e., the first lower tape regulating portions 381B, 382B, the separating wall regulating portion 383, the first ribbon bottom regulating portions 387B, the first tape regulating portions 381A, 382A, and first by the ribbon regulating portion 387A), the width direction position of the tape and the ink ribbon 60 is restricted. 第1印字面側規制部389によって、テープの印字面側への移動が規制される。 The first print surface side regulating portion 389, the movement of the tape on the printed surface side is restricted.

アーム部34の各規制部のうち、排出口341の近傍でテープを規制する規制部(第1テープ下規制部381B、分離壁規制部383および第1印字面側規制部389)は、いずれも下ケース312に設けられている。 Among the regulating portion of the arm portion 34, restricting portion for restricting the tape in the vicinity of the discharge port 341 (first lower tape regulating portions 381B, the separating wall regulating portion 383 and the first print surface side regulating portion 389) are all It is provided in the bottom case 312. そのため、上ケース311と下ケース312との接合状態にかかわらず、テープの幅方向および印字面側への移動を、印字直前の段階で適切に規制できる。 Therefore, regardless of the bonding state of the top case 311 and the bottom case 312, the movement in the width direction and the print surface side of the tape can be appropriately regulated by printing the immediately preceding stage. さらに、サーマルヘッド10の印字範囲の上下方向中心位置と、テープの幅方向中心位置とを精度よく一致させることができる。 Furthermore, it is possible to the vertical center position of the print range of the thermal head 10, to match accurately the center position in the width direction of the tape.

図20および図22に示すように、アーム部34内におけるテープの搬送経路には、第1テープ上規制部381A、382Aおよび第1テープ下規制部381B、382Bが設けられている。 As shown in FIGS. 20 and 22, the tape transport path in the arm portion 34, the first tape top regulating portions 381A, 382A and the first tape bottom regulating portions 381B, 382B are provided. そのため、アーム部34内を搬送するテープは、その搬送方向の上流側および下流側(つまり、2ヵ所の平面位置)で幅方向位置が規制される。 Therefore, the tape to convey the inside arm portion 34 has its upstream and downstream in the transport direction (i.e., the plane position of the two positions) widthwise position is restricted.

一方、アーム部34内におけるインクリボン60の搬送経路には、第1リボン上規制部387Aおよび第1リボン下規制部387Bが設けられている。 On the other hand, the conveyance path of the ink ribbon 60 in the arm portion 34, a regulatory unit first ribbon 387A and the first ribbon bottom regulating portion 387B is provided. そのため、アーム部34内を搬送するインクリボン60は、その搬送方向の上流側のみ(つまり、1ヵ所の平面位置)で幅方向位置が規制される。 Therefore, the ink ribbon 60 that carry the arm portion 34, the upstream side of the conveying direction only (i.e., the plane position of one place) widthwise position is restricted. つまり、アーム部34の排出口341の近傍では、テープの幅方向位置が規制される一方、インクリボン60の幅方向位置は規制されない。 That is, in the vicinity of the outlet 341 of the arm portion 34, while the widthwise position of the tape is restricted, the width direction position of the ink ribbon 60 is not restricted.

インクリボン60は、テープと比べて薄手であるため、幅方向の規制が過剰に行われると皺が発生しやすい。 The ink ribbon 60 are the thin compared to the tape, wrinkling is likely to occur when the restriction in the width direction is excessively performed. 本実施形態では、インクリボン60は、アーム部34内の上流側では幅方向に規制される一方、アーム部34内の下流側では幅方向に規制されない。 In this embodiment, the ink ribbon 60, while being regulated in the width direction in the upstream side of the arm portion 34 is not restricted in the width direction on the downstream side in the arm portion 34. つまり、インクリボン60は、アーム部34内で幅方向の規制を受けつつ、排出口341の近傍では幅方向に振れることが許容される。 That is, the ink ribbon 60, while regulated by the width direction inside the arm portion 34, in the vicinity of the outlet 341 is allowed to swing in the width direction. したがって、インクリボン60の幅方向位置を適正な範囲に確保し、且つ、インクリボン60に皺が発生することを抑制できる。 Therefore, a widthwise position of the ink ribbon 60 to ensure a proper range, and can be suppressed creasing of the ink ribbon 60.

例えばテープカセット30が落下した場合等には、カセットケース31に物理的衝撃が加えられるのに伴って、アーム部34に対して上下方向に外力が加えられることがある。 For example, like the case where the tape cassette 30 is dropped, as the physical shock is applied to the cassette case 31, there is an external force is applied in the vertical direction with respect to the arm portion 34. この場合、図26に示すように、接離部86を構成する上接離部86Aと下接離部86Bとが離間する。 In this case, as shown in FIG. 26, contact portion 86A and the bottom contact portion 86B are separated on constituting the contact portion 86. その後、第1連結部871で接合されている上ケース311および下ケース312の弾性力によって、上接離部86Aと下接離部86Bとが再び接触する(図25参照)。 Then, by the elastic force of the upper case 311 and lower case 312 are joined with the first connecting portion 871, top contact portion 86A and the bottom contact portion 86B are in contact again (see FIG. 25). つまり、アーム部34に対して上下方向の外力が加えられた場合でも、アーム先端部85は正常な状態に復帰する。 In other words, even when an external force in the vertical direction is applied to the arm portion 34, the arm tip 85 returns to the normal state.

アーム先端部85が正常な状態に復帰すると、アーム部34内におけるテープとインクリボン60との幅方向位置が、各規制部によって再び適切に規制される。 When the arm tip 85 is restored to a normal state, the width direction position of the tape and the ink ribbon 60 in the arm portion 34 is again suitably regulated by the regulating unit. このため、カセットケース31に物理的衝撃が加えられた場合でも、テープおよびインクリボン60が適切に搬送され、印字品質が良好に保たれる。 Therefore, even when the physical impact is applied to the cassette case 31, the tape and the ink ribbon 60 is properly conveyed, print quality is kept good. このように、上接離部86Aが外圧に応じて下接離部86Bから瞬間的に離間することで、外圧を緩衝することができる。 In this manner, the top contact portion 86A is separated momentarily from bottom contact portion 86B in accordance with the external pressure, it is possible to buffer the external pressure. ひいては、アーム部34の物理的な耐久性能を向上させることができる。 Hence, it is possible to improve the physical durability of the arm portion 34.

図17に示すように、第1連結部871は、半円溝84に設けられている。 As shown in FIG. 17, the first connecting portion 871 is provided in a semicircular groove 84. 半円溝84は、平面視で略半円形の曲面部であるため、平板状のアーム前面壁35よりも撓みに対する強度が高い。 Semicircular groove 84 is substantially the semicircular curved portion in plan view, strength against a higher deflection than flat arm front wall 35. このため、カセットケース31に物理的衝撃が加えられた場合でも、第1連結アーム871Aと第1連結孔871Bとの連結は解除されにくい。 Therefore, even when the physical impact is applied to the cassette case 31, the connection between the first connecting arm 871A and the first connecting hole 871B is hardly released. よって、例えばテープカセット30が落下した場合等でも、第1連結部871によって上ケース311と下ケース312とを確実に固定できる。 Thus, for example, even in such a case where the tape cassette 30 has been dropped, it can be reliably fixed to the top case 311 and the bottom case 312 by a first connecting portion 871.

図18に示すように、上ケース311が下ケース312に組み付けられる際には、凸部689が先端孔部687内に挿入されながら、上先端部85Aが下先端部85Bに向けて案内される。 As shown in FIG. 18, when the top case 311 is assembled to the lower case 312, the convex portion 689 while being inserted into the leading end aperture 687, the upper tip portion 85A is guided toward the lower distal end portion 85B . このため、上先端部85Aまたは下先端部85Bが、アーム部34内のテープやインクリボン60に接触することが防止される。 Therefore, the upper tip portion 85A or the lower tip 85B is prevented from coming into contact with the tape and the ink ribbon 60 inside the arm portion 34. よって、テープ等の傷に起因する印字品質の悪化を抑制できる。 Therefore, it is possible to suppress the deterioration of printing quality due to scratches tape.

図19、図20、図22および図32に示すように、下ケース312の下アーム背面壁37Bには、下方に向けてV字型に切り欠かれた切欠部372が設けられている。 19, 20, as shown in FIGS. 22 and 32, the lower arm rear wall 37B of the lower case 312, notch 372 is cut out in V-shape downward are provided. 分離壁33の一部は、切欠部372を介して下アーム背面壁37Bの後方に露出する。 Some of the separating wall 33 is exposed to the rear of the lower arm rear wall 37B via the notch 372. 上ケース311の上アーム背面壁37Aには、切欠部372に対応して、下方に向けてV字型に突出する突起部371が設けられている。 The arm rear wall 37A on the upper case 311, corresponding to the notch portion 372, the protrusion 371 which protrudes in a V-shape downward are provided.

下ケース312に上ケース311が組み付けられると、突起部371が切欠部372に隙間なく嵌め込まれる。 When the upper case 311 is assembled to the lower case 312, the protrusion 371 is fitted without clearance in the notch 372. これにより、上アーム背面壁37Aと下アーム背面壁37Bとが接合して、アーム背面壁37が形成される(図17参照)。 Thus, by joining the upper arm rear wall 37A and the lower arm rear wall 37B is, arm rear wall 37 is formed (see FIG. 17). したがって、例えば下アーム背面壁37Bの下端および上アーム背面壁37Aの上端がそれぞれ直線状である場合と比較して、アーム背面壁37の接合状態を強固にできる。 Thus, for example, as compared with the case the upper end of the lower end and the upper arm rear wall 37A of the lower arm rear wall 37B are each linear, it can be firmly joined state of the arm rear wall 37.

従来では、下ケース312における分離壁33と下アーム背面壁37Bとの間隔が狭く、且つ、下アーム背面壁37Bが分離壁33と同程度の高さを有する壁部である場合には、金型成型上の問題を生じるおそれがあった。 Conventionally, narrow spacing and the separating wall 33 and the lower arm rear wall 37B of the lower case 312, and, when the lower arm rear wall 37B is a wall having a height substantially equal to that of the separation wall 33 include gold there is a possibility that the cause molding problems. すなわち、狭い間隔で並ぶ同程度の高さの2つの壁部を成型するためには、両壁部の間に嵌まる金型が必要となるが、このような金型は薄型であるため強度が弱かった。 Strength for words, to mold the two walls of comparable height arranged at narrow intervals is full mold fitted between both wall portions are required, such mold is thin it was weak. そのため、従来のテープカセットの製造工程では、例えば金型のメンテナンスのような対応処置が必要であった。 Therefore, in the manufacturing process of the conventional tape cassette, such as the corresponding procedures such as mold maintenance is required.

本実施形態では、下アーム背面壁37Bには、背面視で分離壁33を露出させる切欠部372が設けられている。 In the present embodiment, the lower arm rear wall 37B, the notch portion 372 for exposing the separation wall 33 viewed from the rear is provided. そのため、ヘッド挿入部39(図17参照)に嵌まる金型と、下アーム背面壁37Bと分離壁33との間に嵌まる金型とを、切欠部372に嵌まる金型部分を介して一体に製造でき、金型強度を向上させることができる。 Therefore, the whole mold fitted to the head insertion portion 39 (see FIG. 17), and a full mold fitted between the lower arm rear wall 37B and the separating wall 33, through the whole mold part fits into the notch 372 can be manufactured in one piece, it is possible to improve the mold strength. ひいては、上記のような金型のメンテナンスなどの対応処置を行う作業者の負担を軽減できる。 In turn, it can reduce the burden on the operator to carry out the corrective actions, such as maintenance of the mold as described above.

図15および図16に示すように、アーム背面壁37は、全体として左右方向に延びる壁部である。 As shown in FIGS. 15 and 16, the arm rear wall 37 is a wall portion extending in the left-right direction as a whole. アーム背面壁37の左端部よりやや右側には、屈折部373が設けられている。 The slightly right of the left end portion of the arm rear wall 37, the refractive portion 373 is provided. アーム背面壁37は、屈折部373で若干後方に屈折している。 Arm rear wall 37 is refracted backward slightly bent portion 373. 言い換えると、アーム背面壁37は、アーム部34内におけるテープ搬送方向の下流側で、ヘッド挿入部39側に若干膨らんでいる。 In other words, the arm rear wall 37, at the downstream side of the tape transport direction in the arm portion 34, which bulges slightly to the head insertion portion 39 side.

屈折部373の近傍では、アーム背面壁37と分離壁33との間隔(つまり、前後方向長さ)が若干大きくなる(図20参照)。 In the vicinity of the bent portion 373, the distance between the arm rear wall 37 and the separating wall 33 (i.e., front-rear length) increases slightly (see Figure 20). これにより、アーム部34におけるインクリボン60の搬送経路を広めに確保できるため、インクリボン60の走行性能が向上する。 Accordingly, it is possible to secure as broad a conveyance path of the ink ribbon 60 in the arm portion 34, thereby improving the running performance of the ink ribbon 60 is. さらに、例えばアーム背面壁37が平面視で直線状である場合と比べて、アーム部34の物理的強度を向上させることができる。 Furthermore, for example, as compared with the case the arm rear wall 37 is straight in plan view, it is possible to improve the physical strength of the arm portion 34.

アーム背面壁37における屈折部373から左前方に延びる壁部は、先端側背面壁374である。 Wall portion extending in the left forward from the bent portion 373 of the arm rear wall 37 is a distal end rear wall 374. 言い換えると、先端側背面壁374は、アーム背面壁37のうちで排出口341に隣接する部分である。 In other words, the distal end side rear wall 374, a portion adjacent to the discharge opening 341 out of the arm rear wall 37. 先端側背面壁374は平面視で左前方に傾斜しているため、排出口341の近傍でヘッド挿入部39の前後方向長さが大きくなる。 Since the distal end side rear wall 374 is inclined to the left front in plan view, the front-rear direction length of the head insertion portion 39 is increased in the vicinity of the outlet 341. よって、ヘッド挿入部39内にヘッドホルダ74を着脱する際に、アーム部34の先端側がサーマルヘッド10に接触するおそれを低減できる。 Therefore, when attaching and detaching the head holder 74 in the head insertion portion 39, it can reduce the risk that the tip end side of the arm portion 34 comes into contact with the thermal head 10.

図15を参照して、第2〜第7連結部872〜877の接合構造について説明する。 Referring to FIG. 15, described bonding structure of the second to seventh connecting portion 872-877. 作業者が上ケース311を下ケース312に組み付けると、第1連結部871と同様に、第2連結アーム872A(図22参照)の爪部が第2連結孔872B(図20参照)に嵌め込まれ、第2連結部872が形成される。 When assembled to the lower case 312 and upper case 311 by the operator, like the first connecting portion 871, the claw portion of the second connecting arm 872A (see FIG. 22) is fitted into the second connecting hole 872B (see FIG. 20) the second connecting portion 872 is formed. 第3連結アーム873A(図22参照)の爪部が第3連結孔873B(図20参照)に嵌め込まれ、第3連結部873が形成される。 The claw portion of the third connecting arm 873A (see FIG. 22) is fitted to the third connecting hole 873b (see FIG. 20), the third connecting portion 873 is formed. 第4連結アーム874A(図22参照)の爪部が第4連結孔874B(図20参照)に嵌め込まれ、第4連結部874が形成される。 The claw portion of the fourth connecting arm 874A (see FIG. 22) is fitted into the fourth connecting hole 874B (see FIG. 20), the fourth connecting portion 874 is formed.

第5連結アーム875A(図22参照)の爪部が第5連結孔875B(図20参照)に嵌め込まれ、第5連結部875が形成される。 The claw portion of the fifth connecting arm 875A (see FIG. 22) is fitted into the fifth connecting hole 875B (see FIG. 20), the fifth coupling portion 875 is formed. 第6連結アーム876A(図22参照)の爪部が第6連結孔876B(図20参照)に嵌め込まれ、第6連結部876が形成される。 Claw portions of the sixth connecting arm 876A (see FIG. 22) is fitted into the sixth connecting hole 876B (see FIG. 20), the sixth connection portion 876 is formed. 第7連結アーム877A(図22参照)の爪部が第7連結孔877B(図20参照)に嵌め込まれ、第7連結部877が形成される。 Claw portions of the seventh connecting arm 877A (see FIG. 22) is fitted to a seventh connecting hole 877B (see FIG. 20), seventh connecting portion 877 is formed. これらの第1〜第7連結部871〜877により、下ケース312と上ケース311とが接合される。 These first to seventh connecting portion 871 to 877, the lower case 312 and upper case 311 are joined.

詳細には、第1連結部871は、テープカセット30の前面において、下ケース312と上ケース311とを固定する。 Specifically, the first connecting portion 871, in front of the tape cassette 30, to fix the lower case 312 and upper case 311. 第2連結部872および第3連結部873は、テープカセット30の前面近傍において、下ケース312と上ケース311とを固定する。 The second connecting portion 872 and third connecting portion 873 in the front vicinity of the tape cassette 30, to fix the lower case 312 and upper case 311. 第4連結部874および第5連結部875は、テープカセット30の背面において、下ケース312と上ケース311とを固定する。 Fourth connecting portion 874 and the fifth coupling portion 875, the rear surface of the tape cassette 30, to fix the lower case 312 and upper case 311. 第6連結部876は、テープカセット30の左面近傍において、下ケース312と上ケース311とを固定する。 Sixth connecting portion 876, the left surface vicinity of the tape cassette 30, to fix the lower case 312 and upper case 311. 第7連結部877は、テープカセット30の右面近傍において、下ケース312と上ケース311とを固定する。 Seventh connecting portion 877, the right side near the tape cassette 30, to fix the lower case 312 and upper case 311. つまり、第1〜第7連結部871〜877によって、テープカセット30の各側面(図18に示す上周壁303および下周壁304が形成する外面)で、下ケース312と上ケース311とを確実に固定できる。 That is, the first to seventh connecting portions 871 to 877, on each side of the tape cassette 30 (outer surface has a peripheral wall 303 and lower wall 304 on that shown in FIG. 18 is formed), and a lower case 312 and upper case 311 securely It can be fixed to.

第2連結部872および第3連結部873は、ヘッド周壁36の近傍で、下ケース312と上ケース311とを固定する(図30参照)。 The second connecting portion 872 and third connecting portion 873 in the vicinity of the head wall 36, fixing the lower case 312 and upper case 311 (see FIG. 30). 第2連結部872は、テープ駆動ローラ46(図5参照)の近傍に設けられている。 The second connecting portion 872 is provided in the vicinity of the tape drive roller 46 (see FIG. 5). 第3連結部873は、リボン巻取スプール44(図5参照)の近傍に設けられている。 Third connecting portion 873 is provided in the vicinity of the ribbon take-up spool 44 (see FIG. 5). したがって、第2、第3連結部872、873によって、テープ駆動ローラ46およびリボン巻取スプール44の回転駆動時に発生する振動が抑制される。 Accordingly, the second, the third connecting portion 872, the vibration generated during rotation of the tape drive roller 46 and the ribbon take-up spool 44 is suppressed. したがって、テープおよびインクリボン60の走行を安定させることができ、ひいては印字品質を向上させることができる。 Therefore, it is possible to stabilize the running of the tape and the ink ribbon 60 can be improved and thus print quality.

第1テープ領域400には、最も重いテープが巻回された第1テープスプール40が収納される。 The first tape area 400, the first tape spool 40 heaviest tape is wound is accommodated. 例えばテープカセット30の落下時等には、第1テープスプール40に巻回されたテープの重みによって、第1テープ領域400の近傍で下ケース312と上ケース311とが分離しやすい。 For example, dropping or the like of the tape cassette 30, by the weight of the first tape which is wound the tape spool 40 wound, is easily separated from the lower case 312 and upper case 311 in the vicinity of the first tape area 400. 本実施形態では、第2、第4、第6連結部872、874、876は、第1テープ領域400の近傍に設けられている。 In this embodiment, the second, fourth, sixth connecting portion 872,874,876 is provided in the vicinity of the first tape area 400. よって、カセットケース31に物理的衝撃が加えられた場合でも、第1テープ領域400の近傍でカセットケース31が開くことが抑制され、ひいてはカセットケース31の物理的強度を向上させることができる。 Therefore, even when the physical impact is applied to the cassette case 31, that the cassette case 31 in the vicinity of the first tape area 400 is opened is suppressed, thereby thus improving the physical strength of the cassette case 31.

先述のように、下ケース312に上ケース311が組み付けられる場合、第1連結アーム871Aの爪部が下半円溝84Bに接触するよりも先に、凸部689の下部が先端孔部687内に挿入される。 As described above, when the top case 311 is assembled to the lower case 312, before the claw portion of the first connecting arm 871A comes into contact with the bottom semi-circular groove 84B, the lower portion of the convex portion 689 in the leading end aperture 687 It is inserted into. そのため、凸部689が先端孔部687内で案内された状態のもと、第1連結アーム871Aの爪部を第1連結孔871Bに正確に嵌め込むことができる。 Therefore, the original state of the convex portion 689 is guided in the leading end aperture 687 can be fitted accurately claw portion of the first connecting arm 871A to the first connecting hole 871 b.

さらに、本実施形態の上ケース311では、第1〜第7圧入ピン881A〜877Aが、いずれも第1〜第7連結アーム871A〜877Aよりも下方まで延びている(図18、図19参照)。 Further, the upper case 311 of this embodiment, first to seventh press fitting pins 881A~877A are both extends to below the first to seventh connecting arm 871A~877A (see FIG. 18, FIG. 19) . そのため、上ケース311が下ケース312に組み付けられると、第1〜第7連結アーム871A〜877Aの爪部がそれぞれ下ケース312の下周壁304等に接触するよりも先に、第1〜第7圧入ピン881A〜887Aがそれぞれ第1〜第7円筒部材881B〜887Bに挿入される。 Therefore, when the top case 311 is assembled to the lower case 312, before the claw portions of the first to seventh connecting arm 871A~877A contacts the lower wall 304 and the like of each lower case 312, first to seventh Compliant pin 881A~887A is inserted into the first through seventh cylindrical member 881B~887B respectively.

そのため、第1〜第7圧入ピン881A〜887Aがそれぞれ第1〜第7円筒部材881B〜887B内で案内された状態のもと、第1〜第7連結アーム871A〜877Aの爪部を、それぞれ第1〜第7連結孔871B〜877Bに正確に嵌め込むことができる。 Therefore, the original state of the first to seventh press fitting pins 881A~887A are guided respectively in the first to seventh cylindrical member 881B~887B, the claw portions of the first to seventh connecting arm 871A~877A, respectively it can be fitted accurately to the first to seventh connecting hole 871B~877B. つまり、作業者が上ケース311を下ケース312に組み付ける場合に、上ケース311を傾かせることなく正確に組み付けることができる。 That is, when assembled to the lower case 312 on the case 311 by the operator, can be accurately assembled without tilting the top case 311.

図20に示すように、第2〜第5連結孔872B〜875Bの左右両縁には、それぞれ、下周壁304の上端まで上方向に延びる案内リブ809が設けられている。 As shown in FIG. 20, the left and right edges of the second to fifth connecting hole 872B~875B, respectively, the guide ribs 809 extending upward is provided to the upper end of the lower wall 304. 上ケース311が下ケース312に組み付けられる場合には、第2〜第5連結アーム872A〜875Aは、それぞれ、案内リブ809によって左右方向の移動が規制されつつ、第2〜第5連結孔872B〜875Bに向けて案内される。 When the top case 311 is assembled to the lower case 312, second to fifth connecting arms 872A~875A, respectively, while moving in the lateral direction is restricted by the guide ribs 809, second to fifth connecting hole 872B~ It is guided toward the 875B.

同様に、第6、第7連結孔876B、877Bの前後両縁にも、それぞれ、左側内壁861および右側内壁862の上端まで上方向に延びる案内リブ809が設けられている。 Similarly, sixth, seventh connecting hole 876B, in front and rear edges of 877B, respectively, the guide ribs 809 extending upwardly to the upper end of the left inner wall 861 and the right inner wall 862 is provided. 第6、第7連結アーム876A、877Aも、それぞれ、案内リブ809によって前後方向の移動が規制されつつ、第6、第7連結孔876B、877Bに向けて案内される。 Sixth, seventh connecting arms 876A, 877A are also respectively, while being restricted to move in the longitudinal direction by the guide ribs 809, sixth, seventh connecting hole 876B, are guided toward the 877B. よって、作業者は下ケース312および上ケース311をより正確に組み付けることができる。 Therefore, the operator can assemble the lower case 312 and upper case 311 more accurately.

図15に示すように、第3連結部873は、ヘッド周壁36の右部に設けられているため、正面視でアーム背面壁37の背後に位置する。 As shown in FIG. 15, the third connecting portion 873, because it is provided in the right portion of the head wall 36, situated behind the arm rear wall 37 in a front view. ヘッド挿入部39内への指や異物の進入は、アーム背面壁37によって阻害される。 Entry of a finger or foreign matter into the head insertion portion 39 is inhibited by the arm rear wall 37. そのため、第3連結孔873Bに嵌め込まれた第3連結アーム873Aの爪部が、外部から直接押圧されにくい。 Therefore, the pawl portion of the third connecting arm 873A fitted in the third connecting hole 873B is less likely to be pushed directly from the outside.

さらに、下ケース312および上ケース311が接合された状態では、第6連結部876および第7連結部877はカセットケース31の内部に設けられている。 Further, in a state where the lower case 312 and upper case 311 are joined, the sixth coupling portion 876 and the seventh connection portion 877 is provided inside the cassette case 31. そのため、第6、第7連結孔876B、877Bに嵌め込まれた第6、第7連結アーム876A、877Aの爪部は、外部から直接押圧されにくい。 Therefore, the sixth, seventh connecting hole 876B, the sixth fitted in 877B, the seventh connecting arms 876A, claw portion 877A is less likely to be pushed directly from the outside. よって、第3、第6、第7連結部873、876、877の連結状態が、例えば爪部が外部から押圧されることで解除されるおそれを低減できる。 Therefore, third, sixth, connection state of the seventh connection portion 873,876,877 is possible to reduce the risk of for example the claw portion is released by being pressed from outside.

図5〜図8、図15、図16、図20および図22を参照して、テープカセット30の接合構造と基準面との関係について説明する。 5-8, 15, 16, with reference to FIGS. 20 and 22, a description will be given of the relationship between the bonding structure and the reference surface of the tape cassette 30. 第1圧着部881は、ヘッド挿入部39の上流側端部で上下方向に対向する2つの基準面(第1上側平面部393Aおよび第1下側平面部391B)の間に設けられている。 The first crimping part 881 is provided between the two reference surfaces facing in the vertical direction at the upstream end of the head insertion portion 39 (the first upper flat surface portion 393A and the first lower flat surface portion 391B). 第1上側平面部393Aおよび第1下側平面部391Bは、第1圧着部881によって適切な高さ位置に保持される。 The first upper flat surface portion 393A and the first lower flat portion 391B is held in a suitable height position by the first crimping portion 881.

つまり、第1上側平面部393Aおよび第1下側平面部391Bのいずれかの近傍に設けられた各規制部(具体的には、第1テープ下規制部381B、382B、分離壁規制部383、第1リボン下規制部387B、第3リボン下規制部421B、第1テープ上規制部381A、382A、第1リボン上規制部387A)の高さ位置が適切に保持される。 This means that each restricting portion (specifically, which is provided in the vicinity of either the first upper flat surface portion 393A and the first lower flat surface portion 391B, the first tape bottom regulating portions 381B, 382B, the separating wall regulating portion 383, the first ribbon bottom regulating portions 387B, third ribbon bottom regulating portions 421B, the first tape top regulating portions 381A, 382A, the height position of the first ribbon regulating portion 387A) is properly held. このため、テープ及びインクリボン60の搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度を向上させることができる。 Therefore, feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60, it is possible to turn improve the printing accuracy of the thermal head 10.

第2連結部872は、第2受け部392に設けられた第2下側平面部392Bの鉛直方向上方に設けられている。 The second connecting portion 872 is provided vertically above the second lower flat portion 392B provided in the second receiving portion 392. 第2下側平面部392Bは、第2連結部872によって適切な高さ位置に保持される。 The second lower flat portion 392B is held in a suitable height position by the second connecting portion 872. つまり、第2下側平面部392Bの近傍に設けられた各規制部(具体的には、第2テープ下規制部363B、第2テープ上規制部363A、隔離壁規制部364、第2リボン下規制部388B、第2リボン上規制部388A)の高さ位置が適切に保持される。 This means that each restricting portion (specifically provided in the vicinity of the second lower flat portion 392B, second lower tape regulating portion 363B, second tape top regulating portions 363A, separating wall regulating portion 364, under the second ribbon regulating unit 388B, the height position of the second ribbon top regulating portion 388A) is properly held. このため、テープ及びインクリボン60の搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度を向上させることができる。 Therefore, feeding accuracy of the tape and the ink ribbon 60, it is possible to turn improve the printing accuracy of the thermal head 10.

第3圧着部883は、第1角部321で上下方向に対向する2つの基準面(第2上側平面部321Aおよび第3下側平面部321B)の間に設けられている。 The third pressure-bonding parts 883 is provided between the two reference surfaces facing in the vertical direction in the first corner 321 (the second upper flat portion 321A and the third lower flat surface portion 321B). 第2上側平面部321Aおよび第3下側平面部321Bは、第3圧着部883によって適切な高さ位置に保持される。 Second upper flat portion 321A and the third lower flat portion 321B is held in an appropriate height positions by the third pressure-bonding parts 883. つまり、第3下側平面部321Bおよび第2上側平面部321Aのいずれかの近傍に設けられた各規制部(具体的には、第3テープ下規制部401Bおよび第3テープ上規制部401A)の高さ位置が適切に保持される。 In other words, the restricting portion provided in the vicinity of one of the third lower flat portion 321B and the second upper flat portion 321A (specifically, the third lower tape regulating portion 401B and the third tape top regulating portion 401A) the height position of the is properly held. このため、テープの搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度を向上させることができる。 Therefore, the tape feeding accuracy, it is possible to turn improve the printing accuracy of the thermal head 10.

第5圧着部885は、第2角部322で上下方向に対向する2つの基準面(第3上側平面部322Aおよび第4下側平面部322B)の間に設けられている。 Fifth crimp section 885 is provided between the two reference surfaces facing in the vertical direction in the second corner 322 (the third top flat surface portion 322A and the fourth lower flat portion 322B). 第3上側平面部322Aおよび第4下側平面部322Bは、第5圧着部885によって適切な高さ位置に保持される。 The third top flat surface portion 322A and the fourth lower flat portion 322B is held in an appropriate height by the fifth crimp portion 885. つまり、第3上側平面部322Aおよび第4下側平面部322Bのいずれかの近傍に設けられた各規制部(具体的には、第4テープ下規制部411Bおよび第4テープ上規制部411A)の高さ位置が適切に保持される。 In other words, the restricting portion provided in the vicinity of either the third top flat surface portion 322A and the fourth lower flat portion 322B (specifically, the fourth lower tape regulating portion 411B and the fourth tape top regulating portion 411A) the height position of the is properly held. このため、テープの搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度を向上させることができる。 Therefore, the tape feeding accuracy, it is possible to turn improve the printing accuracy of the thermal head 10.

ここで、上ケース311と下ケース312とを組み付ける場合には、まず作業者は下ケース312を治具で支持する。 Here, when assembling the upper case 311 and the bottom case 312, first the operator supports the lower case 312 by a jig. このとき、作業者は、基準面である第1〜第4下側平面部391B、392B、321B、322Bを、治具の載置面に載置する。 In this case, the operator first to fourth lower flat portion 391B as the reference surface, 392B, 321B, and 322B, is mounted on the mounting surface of the jig. 作業者は、治具に支持された下ケース312に対して、上ケース311を上側から組み付ける。 Operator with respect to the lower case 312 that is supported by the jig, assembling the upper case 311 from above. これにより、先述のように第1〜第7圧着部881〜887および第1〜第7連結部871〜877が形成されて、上ケース311と下ケース312とが接合される。 Thus, first to seventh crimp portion 881-887 and the first to seventh connecting portion 871 to 877 is formed as described above, the top case 311 and the bottom case 312 are joined. 治具の載置面の高さ位置は、第1〜第4下側平面部391B、392B、321B、322Bの高さ位置に正確に対応することが好ましい。 The height position of the mounting surface of the jig, the first to fourth lower flat portion 391B, 392B, 321B, that corresponds exactly to the height position of the 322B preferred.

本実施形態では、第1〜第4下側平面部391B、392B、321B、322Bが、下ケース312における同じ高さ位置に設定されている。 In the present embodiment, the first to fourth lower flat portion 391B, 392B, 321B, 322B is set to the same height position in the bottom case 312. これに対応して、治具の載置面も、同一の高さ位置に設定される。 Correspondingly, the mounting surface of the jig is also set at the same height position. 治具の載置面を作成する際には、同一の高さ位置で作成したほうが、異なった高さ位置で作成する場合よりも正確かつ容易に作成できる。 When you create a mounting surface of the jig, should created at the same height position can be created accurately and easily than when creating at different height position. 従って、治具の載置面の高さ位置を、第1〜第4下側平面部391B、392B、321B、322Bの高さ位置に正確に対応させることができる。 Therefore, the height position of the mounting surface of the jig, the first to fourth lower flat portion 391B, 392B, 321B, may correspond exactly to the height position of 322B.

図15、図18、図19および図28〜図30を参照して、分離部61近傍の接合構造について説明する。 15, 18 and 19 and FIGS. 28 to 30, illustrating the bonding structure of the separation portion 61 near. 図18、図19および図28に示すように、上ケース311が下ケース312に組み付けられると、隔離壁43の上端部が固定溝332に嵌まり、且つ、突起部398が固定穴399に嵌まって、上ケース311と下ケース312とが固定される。 18, as shown in FIGS. 19 and 28, when the upper case 311 is assembled to the lower case 312 fits in the upper portion fixing groove 332 of the partition wall 43, and the protrusion 398 is fitted in the fixing hole 399 waiting, the top case 311 and the bottom case 312 is fixed. これにより、テープ駆動ローラ46の上流側に、露出部77で印字に使用されたテープおよびインクリボン60を分離する分離部61が形成される。 Thus, on the upstream side of the tape drive roller 46, the separation unit 61 for separating the tape and the ink ribbon 60 used for printing in the exposure unit 77 is formed.

図15および図28〜図30に示すように、印字済みのテープおよびインクリボン60は、重ね合わされた状態で分離部61内に進入し、共通の搬送経路である導入口61Aを経由して分岐口790に搬送される。 As shown in FIG. 15 and FIGS. 28 to 30, the printed tape and the ink ribbon 60 enters the superimposed inside the separation portion 61 states, the branch via the inlet 61A is a common conveyance path It is conveyed to the mouth 790. 分岐口790は、導入口61Aとテープ案内口61Bおよびリボン案内口61Cとが接続される部位である。 Branch port 790 is a portion where the inlet port 61A and the tape guide outlet 61B and the ribbon guide outlet 61C is connected. 分岐口790では、分離部61内に進入した印字済みのテープから、使用済みのインクリボン60が分離される。 In the branch port 790, from the printed tape has entered the separating portion 61, the used ink ribbon 60 is separated. 分離後のインクリボン60は、テープ案内口61Bに進入して、第2リボン領域440に向かって案内される。 The ink ribbon 60 after separation enters the tape guide opening 61B, is guided toward the second ribbon area 440. インクリボン60が分離されたテープは、リボン案内口61Cに進入して、テープ駆動ローラ46の前方に向かって案内される。 Tape the ink ribbon 60 has been separated, enters the ribbon guide hole 61C, it is guided toward the front of the tape drive roller 46.

本実施形態の分岐口790は、テープ案内口61Bの入口およびリボン案内口61Cの入口が左右方向に並ぶ一つの搬送経路である。 Branch port 790 of the present embodiment is one of the conveying path inlet of the inlet and the ribbon guide hole 61C of the tape guiding openings 61B are arranged in the lateral direction. ただし、先述のように、テープ案内口61Bの上下側には、それぞれ第2テープ上規制部363Aおよび第2テープ下規制部363Bが設けられている。 However, as previously described, the upper and lower side of the tape guide opening 61B, the second tape top regulating portions 363A and the second lower tape regulating portion 363B are respectively provided. よって、分岐口790では、テープ案内口61Bの上下方向長さが、リボン案内口61Cの上下方向長さよりも若干小さい。 Thus, the branch port 790, vertical length of the tape guiding openings 61B is slightly smaller than the vertical length of the ribbon guide outlet 61C.

先述したように、アーム部34の排出口341の近傍では、テープの幅方向位置が規制される一方、インクリボン60の幅方向位置は規制されない。 As mentioned previously, in the vicinity of the outlet 341 of the arm portion 34, while the widthwise position of the tape is restricted, the width direction position of the ink ribbon 60 is not restricted. したがって、アーム部34から排出されたテープは、サーマルヘッド10によって印字されたのち、適正な幅方向位置を維持しながら分離部61内に進入しやすい。 Therefore, the tape that is discharged from the arm portion 34, after being printed by the thermal head 10, tends to enter into the separation unit 61 while maintaining the proper position in the width direction. この場合、分岐口790まで搬送されたテープの幅方向位置は、第2テープ上規制部363Aおよび第2テープ下規制部363Bによって規定される上下方向位置とほぼ一致している。 In this case, the width direction position of the tape that is transported to the branch port 790 is substantially matched with the vertical position defined by the second tape top regulating portions 363A and the second lower tape regulating portion 363B. よって、印字済みのテープは、導入口61Aとテープ案内口61Bとの間に形成された段差(つまり、第2テープ上規制部363Aおよび第2テープ下規制部363B)によって干渉を受けることなく、テープ駆動ローラ46の引き出し方向に沿ってテープ案内口61Bに進入する。 Therefore, the printed tape without interference by the formed step (i.e., restricting portion on the second tape 363A and the second lower tape regulating portions 363B) between the inlet 61A and the tape guide outlet 61B, along the drawing direction of the tape drive roller 46 enters the tape guide outlet 61B.

一方、アーム部34から排出されたインクリボン60は、サーマルヘッド10の印字に使用されたのち、適正な幅方向位置から若干ずれた状態で分離部61内に進入しやすい。 On the other hand, the ink ribbon 60 that has been discharged from the arm portion 34, after being used for printing of the thermal head 10, tends to enter into the separation portion 61 in a slightly displaced state from the correct position in the width direction. この場合、分岐口790まで搬送されたインクリボン60の幅方向位置は、第2テープ上規制部363Aおよび第2テープ下規制部363Bによって規定される上下方向位置から外れている。 In this case, the width direction position of the ink ribbon 60 that has been conveyed to the branch port 790 is out of vertical position defined by the second tape top regulating portions 363A and the second lower tape regulating portion 363B. そのため、使用済みのインクリボン60は、導入口61Aとテープ案内口61Bとの間に形成された段差によって干渉を受けやすい。 Therefore, the used ink ribbon 60 is susceptible to interference by the step formed between the inlet 61A and the tape guide outlet 61B.

特に、インクリボン60は、排出口341から分離部61に至る過程で、自重によって適正な幅方向位置から若干下側にずれやすい。 In particular, the ink ribbon 60 is a process leading to the separation unit 61 from the discharge port 341, slightly easy shift to the lower side from the correct position in the width direction by its own weight. そのため、分岐口790に搬送されたインクリボン60は、導入口61Aとテープ案内口61Bとの間に形成された下側の段差(つまり、第2テープ下規制部363B)に接触しやすい。 Therefore, the ink ribbon 60 that has been conveyed to the branch port 790, easily contacts the inlet 61A and the lower side of the step formed between the tape guide outlet 61B (i.e., the second lower tape regulating portion 363B). よって、インクリボン60はテープ案内口61Bに進入することなく、リボン巻取スプール44の巻き取り方向に沿って、テープ案内口61Bよりも上下方向長さが大きいリボン案内口61Cに進入する。 Therefore, the ink ribbon 60 without entering the tape guide outlet 61B, along a winding direction of the ribbon take-up spool 44, enters the ribbon guide outlet 61C is greater vertical length than the tape guide outlet 61B.

インクリボン60は、排出口341から分離部61に至る過程で、例えば印字動作に起因する振動などによって、適正な幅方向位置から若干上側にずれることがある。 The ink ribbon 60 is a process leading to the separation unit 61 from the discharge port 341, for example, vibration and the like caused by the printing operation, there may be a slight shift upward from the correct position in the width direction. この場合、分岐口790に搬送されたインクリボン60は、導入口61Aとテープ案内口61Bとの間に形成された上側の段差(つまり、第2テープ上規制部363A)に接触するため、上記と同様にリボン案内口61Cに進入する。 In this case, the ink ribbon 60 that has been conveyed to the branch port 790, for contacting the inlet 61A and the upper side is formed between the tape guide outlet 61B step (i.e., second tape top regulating portion 363A), the in the same manner as in enters the ribbon guide outlet 61C.

このように、分岐口790では、アーム部34から排出されるインクリボン60の幅方向への移動が許容されていることを利用して、インクリボン60が導入口61Aからリボン案内口61Cに案内される。 Thus, the branch port 790, by utilizing the fact that movement in the width direction of the ink ribbon 60 to be discharged from the arm portion 34 is allowed, guided by the ribbon guide outlet 61C ink ribbon 60 from the inlet 61A It is. したがって、テープとインクリボン60との上下方向長さ(幅)が同じである場合でも、インクリボン60と重ね合っているテープに引きずられて、インクリボン60がテープ案内口61Bに誤って進入することを抑制できる。 Therefore, even when the vertical length of the tape and the ink ribbon 60 (width) is the same, it is dragged to the tape that Kasanea' the ink ribbon 60, the ink ribbon 60 enters accidentally tape guide opening 61B it can be suppressed. なお、テープの幅がインクリボン60の幅よりも小さい場合も、上記と同様に、インクリボン60がテープ案内口61Bに誤って進入することを抑制できる。 Even if the tape width is smaller than the width of the ink ribbon 60, similarly to the above, the ink ribbon 60 can be prevented from entering accidentally the tape guide outlet 61B.

導入口61Aとテープ案内口61Bとの間には、上下方向に対向する2つの段差(つまり、第2テープ上規制部363Aおよび第2テープ下規制部363B)が設けられている。 Between the inlet 61A and the tape guide outlet 61B, 2 two steps facing in the vertical direction (i.e., restricting portion on the second tape 363A and the second lower tape regulating portions 363B) is provided. 導入口61Aの上下方向中心位置およびテープ案内口61Bの上下方向中心位置は、テープの幅方向中心位置と略同一である。 Vertical center position of the vertical center position and the tape guiding openings 61B of the inlet 61A is substantially the same as the center position in the width direction of the tape. そのため、インクリボン60が適正な幅方向位置から上方向および下方向のいずれにずれている場合であっても、インクリボン60をテープから適切に分離でき、且つ、リボン案内口61Cに案内できる。 Therefore, even if the ink ribbon 60 is shifted in either upward and downward from the correct position in the width direction, the ink ribbon 60 can appropriately separated from the tape, and may guide the ribbon guide outlet 61C.

さらに、導入口61Aを経由したテープは、テープ案内口61Bで幅方向の移動が規制されつつ下流側に搬送される。 Moreover, the tape passed through the inlet 61A is moved in the width direction in the tape guide outlet 61B is conveyed to the downstream side while being regulated. 一方、導入口61Aを経由したインクリボン60は、リボン案内口61Cで幅方向の移動が許容されつつ下流側に搬送される。 On the other hand, the ink ribbon 60 via the inlet 61A is moved in the width direction at the ribbon guide outlet 61C is conveyed while being allowed to the downstream side. インクリボン60がリボン案内口61C内で幅方向に移動すると、それに伴って導入口61Aで搬送されているインクリボン60も幅方向に移動しやすい。 When the ink ribbon 60 moves in the width direction in the ribbon guide outlet 61C, the ink ribbon 60 is also likely to move in the width direction that is conveyed by the inlet 61A accordingly. その結果、導入口61Aで幅方向に移動したインクリボン60は、導入口61Aの終端部に設けられた段差(つまり、第2テープ上規制部363Aおよび第2テープ下規制部363B)に接触することで、テープからの分離が促進される。 As a result, the ink ribbon 60 moves in inlet 61A in the width direction is in contact with the step provided at the end portion of the inlet port 61A (i.e., second tape top regulating portions 363A and the second lower tape regulating portions 363B) it is, separated from the tape is accelerated.

以上のように、インクリボン60は段差によってテープ案内口61Bに進入することが阻害され、且つ、テープ案内口61Bに進入するテープとの分離が促される。 As described above, the ink ribbon 60 is inhibited from entering the tape guide outlet 61B by the step, and the separation of the tape entering the tape guide outlet 61B is promoted. 段差に接触したインクリボン60は、テープ案内口61Bよりも上下方向長さが大きいリボン案内口61Cに進入する。 The ink ribbon 60 in contact with the level difference, enters the ribbon guide outlet 61C is greater vertical length than the tape guide outlet 61B. したがって、分離部61では、テープおよびインクリボン60を確実に分離でき、且つ、インクリボン60がテープ案内口61Bに進入することが抑制できる。 Thus, the separation unit 61, the tape and the ink ribbon 60 can be reliably separated, and the ink ribbon 60 can be prevented that enters the tape guide outlet 61B. テープから分離されたインクリボン60はリボン案内口61Cに進入するため、インクリボン60を適正な経路に沿って搬送できる。 The ink ribbon is separated from the tape 60 to enter the ribbon guide outlet 61C, the ink ribbon 60 can be transported along the proper path.

先述のように、テープ案内口61Bを経由するテープは、第2テープ下規制部363B、第2テープ上規制部363Aおよび隔離壁規制部364によって、幅方向への移動が規制される。 As described above, the tape passing through the tape guide opening 61B, the second lower tape regulating portions 363B, the second tape top regulating portions 363A and separating wall regulating portion 364, the movement in the width direction is restricted. テープ案内口61Bを経由するテープは、第2印字面側規制部43A、43Bによって、印字面側への移動が規制され、且つ、僅かに後方に屈曲されてバックテンションが付与される。 Tape via tape guide opening 61B, the second print surface side regulating portion 43A, the 43B, is restricted to move in the print surface side, and a back tension is applied is bent slightly backwards. しかしながら、排出口341から分離部61を経由してテープ駆動ローラ46の前方まで至るテープの搬送経路は、全体として平面視でほぼ左方向へ延びる直線状である。 However, the tape transport path extending to the front of the tape drive roller 46 via the separation section 61 from the discharge port 341 is a linear shape extending substantially leftward in plan view as a whole. よって、排出口341から排出されたテープを、テープ駆動ローラ46の前方までスムーズに搬送できる。 Therefore, the tape that is discharged from the discharge port 341 can be smoothly transported to the front of the tape drive roller 46.

分離部61の各規制部のうち、テープ駆動ローラ46の近傍でテープを規制する規制部(具体的には、第2テープ下規制部363B、隔離壁規制部364、第2印字面側規制部43A、43B)は、いずれも下ケース312に設けられている。 Among the regulating portion of the separating section 61, the tape regulating portion for regulating the tape in the vicinity of the driving roller 46 (specifically, the second lower tape regulating portions 363B, separating wall regulating portion 364, the second print surface side regulating portion 43A, 43B) are both provided in the lower case 312. そのため、上ケース311と下ケース312との接合状態にかかわらず、テープ案内口61Bを経由するテープの幅方向および印字面側への移動を適切に規制できる。 Therefore, regardless of the bonding state of the top case 311 and the bottom case 312 can appropriately restrict the movement in the width direction and the print surface side of the tape through the tape guide opening 61B. さらに、第2印字面側規制部43A、43Bは、隔離壁43の前端面の上端および下端にのみ設けられているので、テープの印字部分に接触する面積を最小限に抑えることができ、印字品質を損なう可能性を低減できる。 Further, the second print surface side regulating portion 43A, 43B, since only provided in the upper and lower ends of the front end face of the partition wall 43, it is possible to minimize the area of ​​contact with the printed portion of the tape, printing it is possible to reduce the possibility of loss of quality.

先述のように、リボン案内口61Cを経由するインクリボン60は、第2リボン領域440に向けて案内され、リボン巻取スプール44によって巻き取られる。 As described above, the ink ribbon 60 passing through the ribbon guide outlet 61C is guided towards the second ribbon area 440, it is taken up by the ribbon take-up spool 44. リボン案内口61Cを経由するインクリボン60は、テープ案内口61Bを経由するテープから離間される右後方向へ搬送され、さらにテープの搬送方向とはほぼ反対方向である右方向へ搬送される。 The ink ribbon 60 passing through the ribbon guide outlet 61C is conveyed to the right rear direction to be spaced from the tape passing through the tape guide opening 61B, is further conveyed to the right is substantially opposite direction to the conveying direction of the tape. そのため、排出口341から分離部61を経由してリボン巻取スプール44に至るインクリボン60の搬送経路は、平面視、分離部61で鋭角状に屈曲している。 Therefore, the conveyance path of the ink ribbon 60 that leads to the ribbon take-up spool 44 via the separation section 61 from the discharge port 341 is bent in plan view, acute angle at the separation unit 61. これにより、分離部61では、テープおよびインクリボン60を確実に分離できる。 Thus, the separation unit 61, can be reliably separated tape and the ink ribbon 60. ひいては、テープおよびインクリボン60が互いの走行に引きずられることを抑制して、テープおよびインクリボン60の走行を安定させることができる。 Hence, it is possible to tape and the ink ribbon 60 is suppressed to be dragged by the traveling of each other, to stabilize the running of the tape and the ink ribbon 60.

図17〜図19に示すように、分離壁33および隔離壁43の上下方向長さは、カセットケース31の上下方向長さとほぼ一致している。 As shown in FIGS. 17 to 19, the vertical length of the separating wall 33 and the partition wall 43 is substantially matched with a vertical length of the cassette case 31. そのため、下ケース312に上ケース311が組み付けられると、先述のように、分離壁33および隔離壁43はそれぞれ固定溝331、332に嵌め込まれる。 Therefore, when the top case 311 is assembled to the lower case 312, as previously described, it is fitted into each separating wall 33 and the partition wall 43 fixed grooves 331, 332. これにより、分離壁33および隔離壁43がそれぞれ上ケース311に適正に連結されたか否かを、作業者は固定溝331、332を目視して容易に確認できる。 Thus, whether the separation wall 33 and the separating wall 43 is properly connected to the upper case 311, respectively, the operator can easily visually confirmed the fixing groove 331, 332.

例えばテープカセット30が落下した場合等に、カセットケース31に加えられた物理的衝撃によって、分離壁33および隔離壁43がそれぞれ固定溝331、332から瞬間的に外れたとしても、自動的に元の状態に復帰する。 For example in cases such as when the tape cassette 30 has been dropped, by physical impact applied to the cassette case 31, even as the separation wall 33 and the separating wall 43 is momentarily disengaged from the fixed groove 331, automatically based on to return to the state. つまり、分離壁33および隔離壁43は、それぞれ固定溝331、332に容易に嵌まるので、そのまま復帰する。 That is, the separation wall 33 and the partition wall 43, so easily Hamamaru each fixing groove 331, 332 and returns it. また、分離壁33および隔離壁43は、平面視で各々の形状に対する溝部である固定溝331、332にそれぞれ嵌め込まれるため、例えばピンと孔部で連結する場合と比べて安定的に固定できる。 Moreover, the separation wall 33 and the separating wall 43, because they are fitted respectively into the fixing groove 331, 332 is a groove portion for each of the shape in plan view, for example, can be stably secured as compared with the case of connecting a pin and the hole.

図20および図22に示すように、上ケース311の第1〜第3角部321〜323には、各々の輪郭形状に沿って上板305から下方に突出する角部突起631がそれぞれ設けられている。 As shown in FIGS. 20 and 22, the first to third corner portions 321 to 323 of the upper case 311 is provided corner projections 631 projecting from the top plate 305 downwardly along each contour, respectively ing. 上ケース311が下ケース312に組み付けられると、上ケース311に設けられた3つの角部突起631が、下ケース312の第1〜第3角部321〜323に沿ってそれぞれ嵌まる。 When the upper case 311 is assembled to the lower case 312, the three corner portions protrusion 631 provided in the top case 311 fits respectively along the first to third corner portions 321 to 323 of the lower case 312. つまり、カセットケース31の内部では、第1〜第3角部321〜323の輪郭を形成する下周壁304の角部の内壁に、各角部突起631が隙間なく接触する。 That is, in the interior of the cassette case 31, the inner wall of the corner portion of the lower peripheral wall 304 forming the first to the contour of the third corner portion 321 to 323, each corner projections 631 are in contact without any gap.

これにより、第1〜第3角部321〜323は、それぞれ、カセットケース31の内部で角部突起631によって補強された状態となる。 Thus, first to third corner portions 321 to 323, respectively, in a state of being reinforced by corner protrusions 631 inside the cassette case 31. つまり、上ケース311および下ケース312が、第1〜第3角部321〜323で強固に接合される。 That is, the upper case 311 and lower case 312 are firmly bonded in the first to third corner portions 321 to 323. 第1〜第3角部321〜323は、箱状のカセットケース31において構造上剛性が高い部位である。 The first to third corner portions 321 to 323, structural rigidity in the cassette case 31 of the box-like has a high site. よって、カセットケース31の物理的強度を高めることができる。 Therefore, it is possible to increase the physical strength of the cassette case 31.

例えばテープカセット30の落下時などには、箱状のカセットケース31のうちで、第1〜第3角部321〜323のいずれかに強い物理的衝撃が加えられやすい。 Such as during the fall of the tape cassette 30 is among the box-shaped cassette case 31, a strong physical impact to any of the first to third corner portions 321 to 323 is likely to be added. 本実施形態では、第1〜第3角部321〜323が、それぞれ角部突起631によって補強されている。 In the present embodiment, the first to third corner 321 to 323, is reinforced by a respective corner projections 631. そのため、第1〜第3角部321〜323に強い物理的衝撃が加えられても、角部突起631によって物理的衝撃が緩衝されるため、カセットケース31の破損が抑制される。 Therefore, even if a strong physical impact is applied to the first to third corner portions 321 to 323, since the physical impact is buffered by the corner projections 631, breakage of the cassette case 31 is suppressed.

第1角部321および第3角部323は、平面視でカセットケース31の対角上に位置し、且つ、それぞれ角部突起631によって補強されている。 First corner 321 and the third corner portion 323, located on the diagonal of the cassette case 31 in a plan view, and is reinforced by a respective corner projections 631. そのため、第1角部321および第3角部323のいずれか一方の角部に物理的衝撃が加えられた場合、物理的衝撃を他方の角部に分散して受けることができる。 Therefore, if the physical impact is applied to one of the corners either of the first corner part 321 and the third corner portion 323, it can receive and distribute the physical impact on the other corner. 例えば第1角部321に物理的衝撃が加えられた場合には、第1角部321を補強する角部突起631と、第3角部323を補強する角部突起631とによって、物理的衝撃が緩衝される。 For example, when physical impact is applied to the first corner part 321, the corner projections 631 for reinforcing the first corner 321, by the corner projections 631 for reinforcing the third corner portion 323, physical impact There is buffered.

先述したように、共通部32の幅T(図39参照)は、テープ幅に関係なく一定である。 As mentioned previously, the width T of the common portion 32 (see FIG. 39) is constant regardless of the tape width. つまり、上ケース311における角部321〜324の上面の高さ位置と、カセットケース31に収納されるテープの幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。 In other words, the height position of the upper surface of the corner 321 to 324 in the upper case 311, the center position in the width direction of the tape accommodated in the cassette case 31 is constant regardless of the tape type of the tape cassette 30. そのため、上ケース311および下ケース312の幅寸法が異なっていても、角部突起631からテープの幅方向中心位置までの距離も常に一定である。 Therefore, it is different width of the upper case 311 and lower case 312, the distance from the corner projections 631 to the widthwise center position of the tape is also always constant.

したがって、テープカセット30のテープ種類、すなわち上ケース311および下ケース312の幅寸法にかかわらず、角部突起631を共通の高さ位置および突出幅で設けることができる。 Therefore, it is possible to provide a tape type of the tape cassette 30, i.e. irrespective of the width of the upper case 311 and lower case 312, a corner projection 631 at a common height position and the protruding width. 上ケース311および下ケース312の幅寸法が異なっていても、カセットケース31の強度設計を共通化できる。 Be different width of the upper case 311 and lower case 312, it can be shared strength design of the cassette case 31.

図15〜図17、図29〜図36を参照して、テープカセット30を構成する各部の詳細について説明する。 15 to 17, with reference to FIGS. 29 to 36, the details of each unit constituting the tape cassette 30. 以下では、ラミネートタイプのテープカセット30を例示して、カセットケース31に設けられた孔部(ローラ支持孔64〜、第1テープ支持孔65、第2テープ支持孔66、リボン支持孔67、巻取スプール支持孔68およびガイド孔47)と、および、これらの孔部に関連する部材とについて説明する。 The following illustrates the laminated type tape cassette 30, holes provided in the cassette case 31 (the roller support hole 64 to the first tape support hole 65, the second tape support hole 66, the ribbon support hole 67, the winding and preparative spool support hole 68 and the guide hole 47), and is described as the members associated with these holes.

図15〜図17、図29および図30を参照して、ローラ支持孔64およびテープ駆動ローラ46について説明する。 15 to 17, with reference to FIGS. 29 and 30, will be described roller support hole 64 and the tape drive roller 46. 図15〜図17および図29に示すように、テープ駆動ローラ46は、ローラ支持孔64を介して回転可能に支持されている。 As shown in FIGS. 15 to 17 and 29, the tape drive roller 46 is rotatably supported via a roller support hole 64. ローラ支持孔64は、上板305に設けられた開口部64Aと、底板306に設けられた開口部64Bとを含む。 Roller support hole 64 includes an opening 64A provided in the top plate 305, and an opening 64B provided on the bottom plate 306. 開口部64Aおよび開口部64Bは、カセットケース31の上下方向に対応する位置に設けられた貫通孔である。 Opening 64A and the opening 64B is a through hole provided in a position corresponding to the vertical direction of the cassette case 31.

図30に示すように、テープ駆動ローラ46は、カセットケース31の高さとほぼ等しい高さを有する円筒体である。 As shown in FIG. 30, the tape drive roller 46 is a cylindrical body having a height substantially equal to the height of the cassette case 31. テープ駆動ローラ46の本体部46Eの外径は、開口部64A,64Bの径よりも大きい。 The outer diameter of the body portion 46E of the tape drive roller 46, the opening 64A, is larger than the diameter of 64B. 本体部46Eの外周面が、テープに当接するローラ面46Cである。 The outer peripheral surface of the body portion 46E is a contact with the roller surface 46C in the tape. ローラ面46Cの上下方向長さ(つまり、テープ送り幅)は、テープ幅と同一である。 Vertical length of the roller surface 46C (i.e., the tape feed width) is the same as the tape width.

テープ駆動ローラ46の上端部46Aは、本体部46Eの上端面中央から上方向に突出する円筒部である。 The upper end 46A of the tape drive roller 46 is a cylindrical portion protruding upward from the upper end surface center of the main body 46E. テープ駆動ローラ46の下端部46Bは、本体部46Eの下端面中央から下方向に突出する円筒部である。 The lower end 46B of the tape drive roller 46 is a cylindrical portion protruding downward from the lower end surface center of the body portion 46E. 上端部46Aおよび下端部46Bの外径は、それぞれ開口部64A,64Bの径よりも若干小さい。 The outer diameter of the upper portion 46A and lower portion 46B are respectively openings 64A, slightly smaller than the diameter of 64B. テープ駆動ローラ46の内部には、本体部46E、上端部46Aおよび下端部46Bを上下方向に貫通する軸孔46Dが設けられている。 Inside the tape drive roller 46, the shaft hole 46D is provided which penetrates the main body portion 46E, the upper portion 46A and lower portion 46B in the vertical direction.

カセットケース31の内部では、上端部46Aが上板305の開口部64Aに嵌め込まれ、且つ、下端部46Bが底板306の開口部64Bに嵌め込まれている。 Inside the cassette case 31, the upper end portion 46A is fitted into the opening 64A of the upper plate 305, and the lower end portion 46B is fitted into the opening 64B of the bottom plate 306. 詳細には、本体部46Eの上端部は、開口部64Aの開口縁に沿って上板305から下方に突出する支持体に当接している。 Specifically, the upper end portion of the main body 46E is in contact with a support projecting from the top plate 305 downwardly along the opening edge of the opening 64A. 本体部46Eの下端部は、開口部68Bの開口縁に沿って底板306から上方に突出する支持体に当接している。 The lower end of the body portion 46E is in contact with the bottom plate 306 along the opening edge of the opening portion 68B to a support protruding upward. これにより、テープ駆動ローラ46は、本体部46Eで上下方向への移動が規制されつつ、上端部46Aおよび下端部46Bにて回転可能に支持される。 Accordingly, the tape drive roller 46, while being restricted to move in the vertical direction in the tool body 46E, is rotatably supported at the upper end portion 46A and lower portion 46B.

テープ駆動ローラ46の内周面(つまり、軸孔46Dを形成する内壁)には、下端部から上方に延びる複数のリブ46Fが設けられている。 The inner peripheral surface of the tape drive roller 46 (i.e., the inner wall forming the shaft hole 46D), the plurality of ribs 46F are provided extending upward from the lower end. テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、テープ駆動軸100(図45参照)が開口部64Bを介して軸孔46Dに挿入される。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 (see FIG. 45) the tape drive shaft 100 is inserted into the shaft hole 46D through the opening 64B. 軸孔46D内では、複数のカム部材100A(図45参照)が、複数のリブ46Fに噛み合う。 In the axial hole 46D, a plurality of cam members 100A (see FIG. 45) is meshed with a plurality of ribs 46F. なお、軸孔46Dの径は、テープ駆動軸100の軸径よりも若干大きい。 The diameter of the shaft hole 46D is slightly larger than the shaft diameter of the tape drive shaft 100. そのため、軸孔46Dの内部に挿入されたテープ駆動軸100は、周方向の遊びが若干大きい。 Therefore, the tape drive shaft 100 which is inserted into the shaft hole 46D is the circumferential direction of the play slightly larger.

従来では、下ケース312の成型時に、開口部64B近傍の厚みを小さくするための凹部(所謂、肉盗部)を、下ケース312の内側(つまり、底板306の上面側)に形成することがあった。 Conventionally, during molding of the lower case 312, a recess for reducing the thickness of the vicinity of the opening 64B (so-called meat theft unit), it is formed inside the lower case 312 (i.e., the upper surface of the bottom plate 306) there were. この場合、作業者がテープ駆動ローラ46を下ケース312の開口部64Bに取り付ける際に、テープ駆動ローラ46の下端部46Bが開口部64B近傍の肉盗部に引っ掛かり、テープ駆動ローラ46の回転不良を生じるおそれがあった。 In this case, when the operator attaches the tape drive roller 46 in the opening 64B of the lower case 312, the lower end portion 46B of the tape drive roller 46 is caught by the meat steal portion near the opening 64B, the rotation failure of the tape drive roller 46 there is a possibility to produce. そのため、従来のテープカセットの製造工程では、作業者がテープ駆動ローラ46を肉盗部に引っ掛けないように注意を払う必要があった。 Therefore, in the manufacturing process of the conventional tape cassette, the operator had to pay attention to prevent jamming meat steal portion of the tape drive roller 46.

本実施形態では、下ケース312の成型時に、開口部64B近傍の厚みを小さくする肉盗部990が、下ケース312の外側(つまり、底板306の下面側)に形成される(図16参照)。 In the present embodiment, during molding of the lower case 312, meat theft unit 990 to reduce the thickness of the vicinity of the opening 64B is formed outside of the lower case 312 (i.e., the lower surface of the bottom plate 306) (see FIG. 16) . これにより、下ケース312の内側における開口部64B近傍を平坦にすることができ、肉盗部に起因するテープ駆動ローラ46の回転不良を抑制できる。 Thus, it is possible to flatten the vicinity of the opening 64B in the inside of the bottom case 312 can be suppressed poor rotation of the tape drive roller 46 caused by the meat theft unit. ひいては、上記のような肉盗部に注意を払う作業者の負担を軽減できる。 In turn, it can reduce the burden on the operator to pay attention to the meat theft unit as described above.

図15〜図17、図29および図31を参照して、第1テープ支持孔65および第1テープスプール40について説明する。 15 to 17, with reference to FIGS. 29 and 31, it will be described first tape support hole 65 and the first tape spool 40. 図17および図29に示すように、第1テープ領域400に収納された第1テープスプール40は、第1テープ支持孔65を介して回転可能に支持されている。 As shown in FIGS. 17 and 29, the first tape spool 40 housed in the first tape area 400 is rotatably supported via a first tape support hole 65.

図15、図16および図31に示すように、第1テープ支持孔65は、上板305に設けられた開口部65Aと、底板306に設けられた開口部65Bと、開口部65A,65B間を連通する軸孔65Cとを含む。 15, as shown in FIGS. 16 and 31, the first tape support hole 65, an opening 65A provided in the top plate 305, an opening 65B provided on the bottom plate 306, the opening 65A, between 65B the and a shaft hole 65C communicating. 開口部65Aおよび開口部65Bは、カセットケース31の上下方向に対応する位置に設けられた貫通孔である。 Opening 65A and the opening 65B is a through hole provided in a position corresponding to the vertical direction of the cassette case 31.

図31に示すように、上ケース311は、開口部65Aから下方に向けて延設された複数の係止リブ784を備える。 As shown in FIG. 31, the upper case 311 is provided with a plurality of locking ribs 784 that extend downward from the opening 65A. 各係止リブ784は、それぞれの先端側がカセットケース31の内部で互いに対向する方向に突起する鉤状体である。 Each locking rib 784 is a hook-shaped body, each of the tip side projecting in opposite directions to each other inside the cassette case 31. 下ケース312は、開口部65Bから上方に向けて延設される円筒状の筒壁部785を備える。 Lower case 312 is provided with a cylindrical tubular wall portion 785 that extends upward from the opening portion 65B.

筒壁部785には、上下方向に切り込まれた複数のスリット787が設けられている。 The cylindrical wall portion 785, a plurality of slits 787 cut into the vertical direction. 各スリット787の上側開口端は、それぞれ、頭部786によって閉じられている。 The upper open end of each slit 787, respectively, closed by a head 786. カセットケース31の内部では、各スリット787に嵌め込まれた係止リブ784が、それぞれ頭部786に係止されている。 Inside the cassette case 31, locking rib 784 fitted in the respective slits 787 are respectively engaged with the head portion 786. 筒壁部785の内部には、上下方向に貫通する軸孔65Cが設けられている。 Inside the cylindrical wall portion 785, a shaft hole 65C that penetrates in the vertical direction are provided. 開口部65A,65Bは、軸孔65Cによって連通している。 Opening 65A, 65B are communicated by the shaft hole 65C.

第1テープスプール40は、内壁40Aと外壁40Bとの二重壁構造を有する。 The first tape spool 40 has a double wall structure between the inner wall 40A and outer wall 40B. 内壁40Aは、筒壁部785の外径よりも若干内径が大きい円筒体であり、テープ幅よりも小さい高さを有する。 The inner wall 40A is slightly inner diameter larger cylinder than the outer diameter of the cylindrical wall portion 785 has a smaller height than the tape width. 内壁40Aの内部には、上下方向に貫通する軸孔40Dが設けられている。 Inside the inner wall 40A, the axial hole 40D penetrating in the vertical direction is provided. 外壁40Bは、内壁40Aを全周に亘って取り囲む円筒体であり、テープ幅とほぼ同一の高さを有する。 The outer wall 40B is a cylindrical member which surrounds over the inner wall 40A to the entire periphery, have substantially the same height as the tape width. 外壁40Bの外周面には、両面粘着テープ58が巻回されている。 The outer peripheral surface of the outer wall 40B, the double-sided adhesive tape 58 is wound. なお、レセプタタイプのテープカセット30では、印字テープ57が外壁40Bに巻回される(図7参照)。 In the tape cassette 30 of the receptor type print tape 57 is wound around the outer wall 40B (see FIG. 7). サーマルタイプのテープカセット30では、感熱紙テープ55が外壁40Bに巻回される(図8参照)。 In the thermal type tape cassette 30, the heat-sensitive paper tape 55 is wound around the outer wall 40B (see FIG. 8).

第1テープスプール40は、内壁40Aと外壁40Bとの間に架設された複数の連結体40Cを有する。 The first tape spool 40 has a plurality of connecting bodies 40C which is installed between the inner wall 40A and outer wall 40B. 第1テープスプール40は、複数の連結体40Cによって、内壁40Aおよび外壁40Bが同軸をなす二重筒状に構成される。 The first tape spool 40, a plurality of connecting bodies 40C, configured inner wall 40A and outer wall 40B is a double cylindrical shape coaxially. 第1テープスプール40は、軸孔40Dに挿入された筒壁部785によって回転可能に軸支される。 The first tape spool 40 is rotatably supported by a cylindrical wall portion 785 which is inserted into the shaft hole 40D. 軸孔65Cの径は、補助軸110の軸径と比較して略等しいか若干大きい程度である。 Diameter of the shaft hole 65C is slightly larger or substantially equal in comparison with the shaft diameter of the auxiliary shaft 110.

図29および図31に示すように、第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58の幅方向の両端面には、PET(ポリエチレンテレフタレート樹脂フィルム) 製のスペーサ980が設けられている。 As shown in FIGS. 29 and 31, on both end faces in the width direction of the first tape spool 40 wound on the double-sided adhesive tape 58, PET (polyethylene terephthalate resin film) made of a spacer 980 is provided. スペーサ980は、第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58の巻回径が最も大きい状態で、その巻回径以上の径を有する円盤体である。 The spacer 980 is the largest state winding diameter of the first tape spool 40 wound on the double-sided adhesive tape 58 is a disk having a diameter on the winding diameter or less. 本実施形態のスペーサ980は、第1テープ領域400とほぼ同径であり、両面粘着テープ58の最大巻回径よりも若干大きい径を有する。 The spacer 980 of this embodiment is substantially the same diameter as the first tape area 400 has a slightly larger diameter than the maximum winding diameter of the double-sided adhesive tape 58.

スペーサ980は、第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58から粘着剤が滲み出すのを防止する。 The spacer 980 prevents the adhesive oozes from the first tape spool 40 wound double-sided adhesive tape 58 which is wound. これにより、例えば第1テープスプール40と上板305および底板306とが、両面粘着テープ58から滲み出た粘着剤によって接着されることを抑制できる。 Thus, for example, a first tape spool 40 and the top plate 305 and bottom plate 306 can be prevented from being bonded by adhesive oozed from the double-sided adhesive tape 58. ひいては、第1テープスプール40の円滑な回転が妨げられることを抑制できる。 Hence, it is possible to suppress the smooth rotation of the first tape spool 40 is prevented.

図15〜図17、図29、図32〜図34を参照して、第2テープ支持孔66および第2テープスプール41について説明する。 15 to 17, 29, with reference to FIGS. 32 to 34, a description will be given of the second tape support hole 66 and the second tape spool 41. 図17および図29に示すように、第2テープ領域410に収納された第2テープスプール41は、第2テープ支持孔66を介して回転可能に支持されている。 As shown in FIGS. 17 and 29, the second tape spool 41 housed in the second tape area 410 is rotatably supported via a second tape support hole 66.

図15、図16および図32に示すように、第2テープスプール41は、テープ幅とほぼ同一の高さを有する円筒体である。 15, as shown in FIGS. 16 and 32, the second tape spool 41 is a cylindrical body having substantially the same height as the tape width. 第2テープスプール41の外周面には、フィルムテープ59が巻回されている。 The outer peripheral surface of the second tape spool 41, the film tape 59 is wound. 第2テープ支持孔66は、上板305の下面側に設けられた上テープ支持部66Aと、底板306の上面側に設けられた下テープ支持部66Bとを含む。 Second tape support hole 66 comprises a tape support portion 66A on which is provided on the lower surface of the top plate 305 and a lower tape support portion 66B provided on the upper surface of the bottom plate 306. 上テープ支持部66Aおよび下テープ支持部66Bは、カセットケース31の上下方向に対応する位置に設けられ、互いに連結されている。 Upper tape support portion 66A and the lower tape support portion 66B is provided at a position corresponding to the vertical direction of the cassette case 31 are connected to each other.

図32に示すように、上テープ支持部66Aは、上基部581と円筒部582とを含む。 As shown in FIG. 32, the upper tape support portion 66A includes an upper base portion 581 and the cylindrical portion 582. 上基部581は、上板305から下方に突出して下端面を有する円筒体である。 Upper base 581 is a cylindrical body having a lower end face projects from the top plate 305 downward. 上基部581は、第2テープスプール41の軸孔41Aに上方から挿入される。 Upper base 581 is inserted from above into the shaft hole 41A of the second tape spool 41. 円筒部582は、上基部581の下端面中央から下方に突出する小径の円筒体であり、上下方向に貫通する軸孔を有する。 The cylindrical portion 582 is a small diameter cylindrical body protruding from the lower end surface center of the upper base portion 581 downwardly, has a shaft hole penetrating in the vertical direction.

下テープ支持部66Bは、下基部583と、支持軸584と、複数の係止突起585と、複数の係止溝586と、拡径防止体587(図34参照)とを含む。 Lower tape support portion 66B includes a lower base portion 583, a support shaft 584, a plurality of locking projections 585, a plurality of locking grooves 586, the enlarged diameter preventer 587 a (see FIG. 34). 下基部583は、底板306から上方に突出して上端面を有する円筒体である。 Lower base 583 is a cylindrical body having an upper surface from the bottom plate 306 protrudes upward. 下基部583は、第2テープスプール41の軸孔41Aに下方から挿入される。 Lower base 583 is inserted from below into the shaft hole 41A of the second tape spool 41. 支持軸584は、下基部583の上端面中央に立設された小径の軸体であり、上端部が円筒部582の軸孔に嵌め込まれる。 Support shaft 584 is a shaft of a small diameter provided upright on the upper end surface center of the lower base portion 583, the upper end portion is fitted into the shaft hole of the cylindrical portion 582. 複数の係止突起585は、下基部583の上端面の周縁に沿って、平面視で支持軸584を中心として放射状に配置される複数の角柱体である。 A plurality of locking projections 585 along the periphery of the upper end face of the lower base portion 583, a plurality of prismatic body disposed radially around the support shaft 584 in a plan view. 複数の係止溝586は、隣り合う係止突起585の間にそれぞれ形成される複数の溝部である。 A plurality of locking grooves 586 are a plurality of grooves are formed between adjacent latching protrusion 585. 拡径防止体587については、別途後述する。 For expanded prevention body 587, separately later.

回転部材571は、円筒状突起571A、一対の突条571B、および本体部571Cを含む。 Rotating member 571 includes cylindrical projection 571A, a pair of protrusions 571B, and the main body portion 571 c. 本体部571Cは、軸孔41Aと略同径を有する円筒体である。 Main body 571C is a cylindrical body having substantially the same diameter as the shaft hole 41A. 一対の突条571Bは、本体部571Cの外周面に設けられ、且つ、互いに対向する位置に径外側に突出している。 A pair of protrusions 571B are provided on the outer peripheral surface of the main body portion 571 c, and protrudes radially outward in a position facing each other. 円筒状突起571Aは、本体部571Cの一端側から突出する、本体部571Cよりも小径の円筒体である。 Cylindrical projection 571A protrudes from one end of the main body portion 571 c, a small diameter cylindrical body than the body portion 571 c. 円筒状突起571Aの外周面には、クラッチバネ572が装着される。 The outer peripheral surface of the cylindrical projection 571A, the clutch spring 572 is mounted.

クラッチバネ572は、円環部572Aと係止部572Bとを含むコイルバネである。 Clutch spring 572 is a coil spring and a circular portion 572A and the locking portion 572B. 円環部572Aは、円筒状突起571Aの外周面に装着されるコイルである。 Circular portion 572A is a coil which is mounted on the outer peripheral surface of the cylindrical projection 571A. 係止部572Bは、円環部572Aの後端(図32では下端)から径外側に延設された、コイルの先端部である。 Engaging portion 572B is extended from the rear end of the circular portion 572A (in Fig. 32 bottom) on the radially outer side, a front end portion of the coil. 円環部572Aは、円環部572Aの先端(図32では上端)から後端(つまり、係止部572B)に向けて、時計回り方向に巻回されている。 Circular portion 572A is a rear end from the front end of the annular portion 572A (in Fig. 32 upper) (i.e., the engaging portion 572B) towards, are wound in the clockwise direction. クラッチバネ572は、円筒状突起571Aの外径よりも僅かに小径となるように巻回されている。 Clutch spring 572 is slightly wound so as to be smaller than the outer diameter of the cylindrical projection 571A.

円筒状突起571Aは、円環部572Aの先端側から後端側に向けて貫通するように、僅かに拡径された円環部572Aに挿入される。 Cylindrical projection 571A, as to penetrate toward the rear side from the front end side of the annular portion 572A, is inserted into the circular portion 572A which is slightly enlarged. これにより、円環部572Aがその弾性力によって円筒状突起571Aの外周面に密着し、且つ、係止部572Bが円筒状突起571Aの先端側に配置される。 Thus, the annular portion 572A is in close contact with the outer peripheral surface of the cylindrical projection 571A by its elastic force, and the engaging portion 572B is disposed on the distal end side of the cylindrical projection 571A. 円環部572Aの巻回方向(つまり、円環部572Aの先端から後端に向けて時計回り方向)は、平面視でのフィルムテープ59の引き出し方向と一致する。 Winding direction of the annular portion 572A (i.e., a clockwise direction toward the rear end from the front end of the annular portion 572A) is consistent with the drawing direction of the film tape 59 in a plan view.

クラッチバネ572が装着された回転部材571は、円筒状突起571Aが下テープ支持部66Bと対向するように、第2テープスプール41の軸孔41A内に装着される。 Rotating member 571 clutch spring 572 is mounted, the cylindrical protrusion 571A is to face the lower tape support portion 66B, it is mounted in the axial hole 41A of the second tape spool 41. 軸孔41Aの内周面における相互に対向する位置には、上下方向に延びる一対の摺動溝41Bが設けられている。 The mutually facing position on the inner circumference of the shaft hole 41A, a pair of sliding grooves 41B extending in the vertical direction is provided. 軸孔41A内では、回転部材571の各突条571Bが、第2テープスプール41の各摺動溝41Bにそれぞれ嵌まる。 In the axial hole 41A, each ridge 571B of the rotating member 571 fits to each slide groove 41B of the second tape spool 41.

これにより、突条571Bと摺動溝41Bとが協動して、回転部材571が第2テープスプール41と一体に回転可能となる。 Thus, the ridges 571B and the slide groove 41B transgressions cooperate rotary member 571 is rotatable integrally with the second tape spool 41. さらに、第2テープスプール41に装着された回転部材571(詳細には、円筒状突起571Aの軸孔)に、下テープ支持部66Bの支持軸584が挿入される。 Furthermore, (in particular, axial hole of the cylindrical projection 571A) rotating member 571 mounted on the second tape spool 41, the support shaft 584 of the lower tape support portion 66B is inserted. これにより、第2テープスプール41が、回転部材571を介して、支持軸584を中心に回転可能となる。 Thus, the second tape spool 41, via the rotating member 571, and can rotate around the support shaft 584.

図33および図34に示すように、回転部材571に支持軸584が挿入された状態では、円筒状突起571Aが下基部583の上端面に対向する。 As shown in FIGS. 33 and 34, in a state where the support shaft 584 is inserted into the rotating member 571, the cylindrical projection 571A faces the upper end surface of the lower base portion 583. クラッチバネ572は、円環部572Aが密着している円筒状突起571Aと、複数の係止突起585との間に配設される。 Clutch spring 572, a cylindrical projection 571A of the ring portion 572A is in close contact, are disposed between the plurality of locking protrusions 585. 係止部572Bは、複数の係止溝586の一つに係止される。 Engaging portion 572B is engaged with one of the locking grooves 586. 先述のように、円環部572Aの巻回方向は、フィルムテープ59の引き出し方向(時計回り方向)と一致している。 As described above, the winding direction of the annular portion 572A is coincident with the drawing direction of the film tape 59 (the clockwise direction). そのため、円環部572Aは、平面視で時計回り方向の回転力が作用した場合には拡径し、平面視で反時計回り方向の回転力が作用した場合には縮径する。 Therefore, the annular portion 572A is enlarged in diameter in the case where the rotational force in the clockwise direction in a plan view is applied, reduced in diameter if the rotational force in the counterclockwise direction in a plan view is applied.

下基部583の上端面には、複数の拡径防止体587が設けられている。 The upper end face of the lower base portion 583, a plurality of radially enlarged preventer 587 is provided. 各拡径防止体587は、支持軸584と対向する各係止突起585の面に沿って立設された、小径の略円柱体である。 Each enlarged preventer 587 erected along the surface of the engaging projection 585 which faces the support shaft 584, a substantially cylindrical body of small diameter. 言い換えると、複数の拡径防止体587は、平面視で支持軸584を中心として放射状に設けられ、且つ、複数の係止突起585の若干内側に設けられている。 In other words, a plurality of radially enlarged preventer 587 is radially provided around the support shaft 584 in a plan view, and is provided slightly inside the plurality of locking protrusions 585. 円環部572Aは、平面視で複数の拡径防止体587の内側に位置する。 Circular portion 572A is located inside the plurality of expanded preventive 587 in plan view. 円環部572Aは、所定幅まで拡径すると複数の拡径防止体587に接触するため、所定幅以上に拡径することが規制される。 Circular portion 572A is for contacting a plurality of radially enlarged preventer 587 when expanded to a predetermined width, it is restricted to expanded more than a predetermined width. 円環部572Aが複数の拡径防止体587に接触する大きさまで拡径すると、円環部572Aと円筒状突起571Aとの密接状態が解除される。 When circular portion 572A is expanded to a size that contact with the plurality of expanded preventer 587, the close contact between the circular portion 572A and the cylindrical projection 571A is released.

フィルムテープ59の引き出しによって第2テープスプール41が時計回り方向に回転すると、第2テープスプール41を介して回転部材571に時計回り方向の回転力が作用する。 When the second tape spool 41 by the withdrawal of the film tape 59 is rotated in the clockwise direction, the rotational force in the clockwise direction acts on the rotating member 571 via the second tape spool 41. このとき、係止部572Bが係止溝586に係止されていることによって、円筒状突起571Aと円環部572Aとの間に摺動摩擦が生じ、円環部572Aに時計回り方向のトルクが加えられる。 At this time, by the engaging portion 572B is engaged with the locking groove 586, sliding friction occurs between the cylindrical projection 571A and the circular portion 572A, the torque in the clockwise direction in the circular portion 572A It is added. これにより、円環部572Aは巻き戻されて拡径し、円筒状突起571Aと円環部572Aとの間に生じる摺動摩擦が小さくなる。 Thus, the circular portion 572A is unwound and expanded, sliding friction between the cylindrical projection 571A and the circular portion 572A is reduced. 円環部572Aが複数の拡径防止体587に接触する所定幅まで拡径すると、クラッチバネ572と第2テープスプール41との連結が解除される。 When circular portion 572A is expanded to a predetermined width in contact with a plurality of radially enlarged preventer 587, the connection between the clutch spring 572 and the second tape spool 41 is released. このとき、クラッチバネ572が第2テープスプール41に付与する回転負荷は相対的に小さいため、第2テープスプール41はスムーズに回転可能となる。 At this time, the rotational load of the clutch spring 572 is applied to the second tape spool 41 is for a relatively small, rotatable second tape spool 41 is smooth.

これにより、第2テープスプール41は、フィルムテープ59の引き出し方向に回転しているときに、クラッチバネ572によって定量的で安定した回転負荷(つまり、負荷トルク)が付与される。 Thus, the second tape spool 41, when rotating in the drawing direction of the film tape 59, quantitative and stable rotational load by the clutch spring 572 (i.e., the load torque) is applied. そのため、フィルムテープ59へ安定したバックテンションが付与されて、第2テープスプール41から引き出される単位時間当たりのフィルムテープ59の量を安定させることができる。 Therefore, the film stable back tension is applied to the tape 59, the amount of the film tape 59 per unit time withdrawn from the second tape spool 41 can be stabilized. ひいては、印字動作時におけるフィルムテープ59の走行を安定させて、フィルムテープ59の走行不良に起因する印字品質の劣化を抑制できる。 Consequently, to stabilize the running of the film tape 59 at the time of printing operation, the deterioration of printing quality due traveling failure of the film tape 59 can be suppressed.

一方、第2テープスプール41をフィルムテープ59の引き出し方向とは反対方向(つまり、反時計回り方向)に回転させる外力が加えられると、第2テープスプール41を介して回転部材571に反時計回り方向の回転力が作用する。 On the other hand, the direction opposite to the drawing direction of the second tape spool 41 and the film tape 59 (i.e., counterclockwise direction) when the external force for rotating the is applied counterclockwise to the rotating member 571 via the second tape spool 41 the direction of the rotational force is applied. このとき、円筒状突起571Aと円環部572Aとの間に生じる摺動摩擦によって、円環部572Aに反時計回り方向のトルクが加えられる。 At this time, the sliding friction between the cylindrical projection 571A and the circular portion 572A, a torque in the counterclockwise direction is applied to the circular portion 572A. これにより、円環部572Aは巻き込まれて縮径し、円筒状突起571Aと円環部572Aとの間に生じる摺動摩擦が大きくなる。 Thus, reduced diameter is circular portion 572A convoluted, the sliding friction increases occurring between the cylindrical projection 571A and the circular portion 572A. つまり、クラッチバネ572と第2テープスプール41とが連結されて、第2テープスプール41に相対的に大きな回転負荷が付与される。 That, coupled with the clutch spring 572 and the second tape spool 41, a relatively large rotational load is applied to the second tape spool 41. これにより、フィルムテープ59が引き出し方向とは反対方向に回転することが規制される。 Thus, the film tape 59 to be rotated in the opposite direction is restricted to the pull-out direction.

円環部572Aは、複数の拡径防止体587に接触する所定幅(第2テープスプール41の回転がスムーズになるという条件を満たす拡径幅)まで拡径可能である。 Circular portion 572A is capable enlarged to a predetermined width in contact with a plurality of radially enlarged preventive 587 (satisfying enlarged width that rotation of the second tape spool 41 is smooth). 複数の拡径防止体587によって、円環部572Aの過剰な拡径が規制される。 A plurality of radially enlarged preventer 587, excessive diameter of the annular portion 572A is restricted. この場合、円環部572Aが拡径状態から縮径状態に戻ったときに、円環部572Aが反転する程度が小さくなるため、第2テープスプール41が反転する作用も小さくなる。 In this case, when the circular portion 572A returns from expanded state in reduced diameter state, because the extent to which a circular portion 572A inverts smaller, effects also decreases the second tape spool 41 is inverted. したがって、円環部572Aが拡径状態から縮径状態に戻ったときに、第2テープスプール41から既に引き出されたフィルムテープ59がカセットケース31内に引き戻されにくくなる。 Accordingly, when the circular portion 572A returns from expanded state in reduced diameter state, the film tape 59 that has already been pulled out from the second tape spool 41 is hardly pulled back into the cassette case 31.

図33に示すように、上テープ支持部66Aの上基部581は、第1径部581Aと、第2径部581Bと、テーパ部581Cとを含む。 As shown in FIG. 33, on the base 581 of the upper tape support portion 66A includes a first diameter portion 581A, a second diameter portion 581 B, and a tapered portion 581C. 第1径部581Aは、上板305から下方に突出した、第2テープスプール41の軸孔よりも若干外径が小さい円筒部である。 The first diameter portion 581A is protruded from the top plate 305 downward, slightly outside diameter than the shaft hole of the second tape spool 41 is smaller cylindrical portion. テーパ部581Cは、第1径部581Aから下方に延びる円錐状の筒部であって、下方に向けて外径が漸減している。 Tapered portion 581C from the first diameter portion 581A a conical tubular portion extending downward, the outer diameter gradually decreases downward. 第2径部581Bは、テーパ部581Cから下方に延びる有底の円筒部であって、第1径部581Aの外径よりも小径である。 The second diameter portion 581B has a cylindrical portion of the bottomed extending from the tapered portion 581C downward, is smaller than the outer diameter of the first diameter portion 581A. 第2径部581Bの下端面に、先述の円筒部582が形成されている。 The lower end surface of the second diameter portion 581 B, the cylindrical portion 582 of the foregoing are formed.

下テープ支持部66Bの下基部583は、第1径部583Aと、第2径部583Bと、テーパ部583Cとを含む。 Under the base 583 of the lower tape support portion 66B includes a first diameter portion 583A, a second diameter portion 583 b, and a tapered portion 583C. 第1径部583Aは、底板306から上方に突出した、第2テープスプール41の軸孔とほぼ同径の外径を有する円筒部である。 The first diameter portion 583A is protruded from the bottom plate 306 upward, a cylindrical portion having an outer diameter substantially the same diameter as the axial hole of the second tape spool 41. テーパ部583Cは、第1径部583Aから上方に延びる円錐状の筒部であって、上方に向けて外径が漸減している。 Tapered portion 583C from the first diameter portion 583A a conical tubular portion extending upwardly, the outer diameter is gradually reduced upward. 第2径部583Bは、テーパ部583Cから上方に延びる有底の円筒部であって、第1径部583Aの外径よりも小径である。 The second diameter portion 583B has a cylindrical portion of the bottomed extending upwardly from the tapered portion 583C, is smaller than the outer diameter of the first diameter portion 583A. 第2径部583Bの上端面に、先述の支持軸584が形成されている。 The upper end face of the second diameter portion 583 b, the support shaft 584 of the foregoing are formed.

先述したように、下基部583の第1径部583Aは、第2テープスプール41の軸孔とほぼ同径である。 As mentioned earlier, the first diameter portion 583A of the lower base portion 583 is substantially the same diameter as the axial hole of the second tape spool 41. そのため、第2テープスプール41の軸孔内に挿入される下テープ支持部66Bのうち、第1径部583Aのみが第2テープスプール41の内壁に接触して下端側を回転支持する。 Therefore, among the lower tape support portion 66B which is inserted in the axial hole in the second tape spool 41, only the first diameter portion 583A rotates supports the lower side in contact with the inner wall of the second tape spool 41. 一方、上基部581の第1径部581Aは、第2テープスプール41の軸孔よりも若干小径である。 On the other hand, the first diameter portion 581A of the upper base portion 581 is a slightly smaller diameter than the shaft hole of the second tape spool 41. そのため、第2テープスプール41の軸孔内に挿入される上テープ支持部66Aは、その全体が第2テープスプール41の内壁に接触しない。 Therefore, the tape support portion 66A on which is inserted in the shaft hole on the second tape spool 41 in its entirety does not contact the inner wall of the second tape spool 41. ただし、第2テープスプール41が回転によって外周側に偏った場合には、上テープ支持部66Aのうち第1径部581Aのみが第2テープスプール41の内壁に接触して、第2テープスプール41の上端側を回転支持する。 However, when the second tape spool 41 is biased toward the outer peripheral side by the rotation, only the first diameter portion 581A of the upper tape support portion 66A is in contact with the inner wall of the second tape spool 41, the second tape spool 41 the upper end side rotating support of.

これにより、第2テープスプール41と上テープ支持部66Aおよび下テープ支持部66Bとの接触面積を最小限に抑えることができ、第2テープスプール41の回転負荷を小さくできる。 Thus, the contact area between the second tape spool 41 and the upper tape support portion 66A and the lower tape support portion 66B can be minimized, it is possible to reduce the rotational load of the second tape spool 41. 第2テープスプール41の回転負荷を小さくするためのグリスの塗布が不要となるため、第2テープスプール41のリサイクル性を高めることができる。 Since the application of grease to reduce the rotational load of the second tape spool 41 is unnecessary, it is possible to increase the recycling of the second tape spool 41.

ところで、上ケース311と下ケース312は別部品であるため、それぞれ別々の金型で成型されたのち、作業者によって組み付けられる。 Incidentally, since the upper case 311 and the bottom case 312 is another component, after being molded at each separate mold is assembled by the operator. このとき、上テープ支持部66Aおよび下テープ支持部66Bの製造精度や組み付け誤差などによって、第1径部581Aの軸線と第1径部583Aの軸線とが正確に一致しないことがある。 At this time, depending on the manufacturing accuracy and assembly errors of the upper tape support portion 66A and the lower tape support portion 66B, the axis of the first diameter portion 581A and the axis of the first diameter portion 583A may not match exactly. 言い換えると、カセットケース31内で、第1径部581Aと第1径部583Aとが正確に上下方向に対向しないことがある。 In other words, in the cassette case 31, a first diameter portion 581A and the first diameter portion 583A may not facing exactly vertically.

この場合、第1径部581Aが第2テープスプール41の上端側に付与する回転負荷と、第1径部583Aが第2テープスプール41の下端側に付与する回転負荷とに差が生じて、第2テープスプール41の回転むらの原因となるおそれがある。 In this case, the first diameter portion 581A and a rotational load to be applied to the upper side of the second tape spool 41, a first diameter portion 583A is a difference between the rotational load is generated to be applied to the lower side of the second tape spool 41, which may cause the uneven rotation of the second tape spool 41. その対策として、従来のテープカセットの製造工程では、上テープ支持部66Aおよび下テープ支持部66Bの製造精度や組み付け誤差を、作業者が厳密に管理していた。 As a countermeasure, in the manufacturing process of the conventional tape cassette, the manufacturing accuracy and assembly errors of the upper tape support portion 66A and the lower tape support portion 66B, the operator had strictly controlled.

本実施形態では、上テープ支持部66Aの第1径部581Aが、下テープ支持部66Bの第1径部583Aよりも外径が若干小さい。 In this embodiment, the first diameter portion 581A of the upper tape support portion 66A is slightly smaller outer diameter than the first diameter portion 583A of the lower tape support portion 66B. 言い換えると、第2テープスプール41の軸孔内で、第1径部581Aは周方向の遊びを有する。 In other words, the shaft hole of the second tape spool 41, a first diameter portion 581A has a circumferential play. 第1径部581Aの軸線と第1径部583Aの軸線とが正確に一致しない場合でも、第1径部581Aが第2テープスプール41の上端側に付与する摺動負荷は小さい。 Even when the axis of the first diameter portion 581A and the axial line of the first diameter portion 583A do not match exactly, the sliding load the first diameter portion 581A is applied to the upper side of the second tape spool 41 is small.

よって、上テープ支持部66Aおよび下テープ支持部66Bの製造精度や組み付け誤差などが生じた場合でも、第1径部583Aが第2テープスプール41の回転を適切に支持できる。 Therefore, even when such manufacturing accuracy and assembly errors of the upper tape support portion 66A and the lower tape support portion 66B is caused, the first diameter portion 583A can properly support the rotation of the second tape spool 41. ひいては、第2テープスプール41の回転むらの発生を抑制でき、且つ、上記のような製造精度や組み付け誤差を管理する作業者の負担を軽減できる。 Thus, the occurrence of uneven rotation of the second tape spool 41 can be suppressed, and can reduce the burden on the operator who manages manufacturing accuracy and assembly error as described above.

下基部583の第1径部583Aは第2テープスプール41の軸孔とほぼ同径であるため、第2テープスプール41の回転時に発生する下テープ支持部66Bの振動が小さい。 Since the first diameter portion 583A of the lower base portion 583 is substantially the same diameter as the axial hole of the second tape spool 41, the vibration of the lower tape support portion 66B which is generated during the rotation of the second tape spool 41 is small. 一方、上基部581の第1径部581Aは第2テープスプール41の軸孔よりも小さいため、第2テープスプール41の回転時に発生する上テープ支持部66Aの振動が大きい。 On the other hand, since the first diameter portion 581A of the upper base portion 581 is smaller than the axial hole of the second tape spool 41, a large vibration of the tape support portion 66A on which occurs during the rotation of the second tape spool 41. よって、第2テープスプール41に装着された回転部材571のクラッチバネ572は、上テープ支持部66Aよりも下テープ支持部66Bに連結されることが好適である。 Therefore, the clutch spring 572 of the rotary member 571 mounted on the second tape spool 41, it is preferable also from the above tape support portion 66A is connected to the lower tape support portion 66B.

下テープ支持部66Bの下基部583には、支持軸584、係止突起585および係止溝586が設けられている。 Under the base 583 of the lower tape support portion 66B includes the support shaft 584, the locking protrusion 585 and the locking groove 586 is provided. 第2テープスプール41に装着された回転部材571のクラッチバネ572は、下テープ支持部66Bに連結される。 Clutch spring 572 of the rotary member 571 mounted on the second tape spool 41 is coupled to the lower tape support portion 66B. これにより、第2テープスプール41の回転時に生じる回転部材571の振動も抑制できるため、クラッチバネ572が付与する回転負荷にむらが発生することを抑制できる。 Thus, since the vibration can be suppressed of the rotary member 571 that occurs during rotation of the second tape spool 41, it is possible to suppress the unevenness in the rotation load clutch spring 572 is applied is generated. ひいては、第2テープスプール41の回転を安定させることができる。 Thus, the rotation of the second tape spool 41 can be stabilized.

図15〜図17、図29、図32〜図34を参照して、リボン支持孔67およびリボンスプール42について説明する。 15 to 17, 29, with reference to FIGS. 32 to 34, will be described ribbon support hole 67 and the ribbon spool 42. 図17および図29に示すように、第1リボン領域420に収納されたリボンスプール42は、リボン支持孔67を介して回転可能に支持されている。 As shown in FIGS. 17 and 29, a ribbon spool 42 housed in the first ribbon area 420 is rotatably supported via a ribbon support hole 67. リボンスプール42は、テープ幅とほぼ同一の高さを有する円筒体である。 Ribbon spool 42 is a cylindrical body having substantially the same height as the tape width. リボンスプール42の外周面には、未使用のインクリボン60が巻回されている。 The outer circumferential surface of the ribbon spool 42, the ink ribbon 60 not yet used is wound.

図15、図16および図32に示すように、リボン支持孔67は、上板305の下面側に設けられた上リボン支持部67Aと、底板306の上面側に設けられた下リボン支持部67Bとを含む。 15, as shown in FIGS. 16 and 32, the ribbon support hole 67, and the ribbon support portion 67A on which is provided on the lower surface of the upper plate 305, lower ribbon support portion provided on the upper surface of the bottom plate 306 67B including the door. 上リボン支持部67Aおよび下リボン支持部67Bは、カセットケース31の上下方向に対応する位置に設けられ、互いに連結されている。 Upper ribbon support portion 67A and the lower ribbon support portion 67B is provided at a position corresponding to the vertical direction of the cassette case 31 are connected to each other.

図32に示すように、上リボン支持部67Aは、上基部591と、円筒部592と、複数の係止突起593と、複数の係止溝594とを含む。 As shown in FIG. 32, the upper ribbon support portion 67A includes an upper base portion 591, a cylindrical portion 592, a plurality of locking projections 593, and a plurality of locking grooves 594. 上基部591は、上板305から下方に突出して下端面を有する円筒体である。 Upper base 591 is a cylindrical body having a lower end face projects from the top plate 305 downward. 上基部591は、リボンスプール42の軸孔42Aに上方から挿入される。 Upper base 591 is inserted from above into the shaft hole 42A of the ribbon spool 42. 円筒部592は、上基部591の下端面中央から下方に突出する小径の円筒体であり、上下方向に貫通する軸孔を有する。 The cylindrical portion 592 is a small diameter cylindrical body protruding from the lower end surface center of the upper base portion 591 downwardly, has a shaft hole penetrating in the vertical direction. 複数の係止突起593は、上基部591の下端面の周縁に沿って、平面視で円筒部592を中心として放射状に配置される複数の角柱体である。 A plurality of locking projections 593 along the periphery of the lower end surface of the upper base 591, a plurality of prismatic body disposed radially around the cylindrical portion 592 in a plan view. 複数の係止溝594は、隣り合う係止突起593の間にそれぞれ形成される複数の溝部である。 A plurality of locking grooves 594 are a plurality of grooves are formed between adjacent latching protrusion 593.

下リボン支持部67Bは、下基部595と支持軸596とを含む。 Lower ribbon support portion 67B includes a lower base portion 595 and the support shaft 596. 下基部595は、底板306から上方に突出して上端面を有する円筒体である。 Lower base 595 is a cylindrical body having an upper surface from the bottom plate 306 protrudes upward. 下基部595は、リボンスプール42の軸孔42Aに下方から挿入される。 Lower base 595 is inserted from below into the shaft hole 42A of the ribbon spool 42. 支持軸596は、下基部595の上端面中央に立設された小径の軸体であり、上端部が円筒部592の軸孔に嵌め込まれる。 Support shaft 596 is a shaft of a small diameter provided upright on the upper end surface center of the lower base portion 595, the upper end portion is fitted into the shaft hole of the cylindrical portion 592.

本実施形態では、第2テープ支持孔66とリボン支持孔67とが、ほぼ同様の連結構造を有する。 In the present embodiment, the second tape support hole 66 and the ribbon support hole 67 has a coupling structure substantially similar. そのため、支持軸584、596の軸径、円筒部582、592の孔径、複数の係止突起585、593(つまり、係止溝586、594)の数量、形状、位置関係などが、互いに共通である。 Therefore, the shaft diameter of the support shaft 584,596, the cylindrical portion 582,592 pore diameter, a plurality of locking protrusions 585,593 (that is, the locking grooves 586,594) quantities, shapes, and positional relationships, in common with each other is there. リボンスプール42は、第2テープスプール41とほぼ同一の構成を有している。 Ribbon spool 42 has substantially the same configuration as the second tape spool 41. そのため、軸孔41A、42Aの形状及び孔径は互いに共通であり、軸孔42Aの内周面にも摺動溝41Bと同様の摺動溝42Bが設けられている。 Therefore, the shaft hole 41A, 42A of the shape and pore size are common to each other, sliding grooves 41B similar slide groove 42B is also provided on the inner peripheral surface of the axial hole 42A. ただし、第2テープ支持孔66では係止突起585および係止溝586が下ケース312に設けられているのに対し、リボン支持孔67では係止突起593および係止溝594が上ケース311に設けられている点で異なる。 However, while the second tape support hole 66 in the locking protrusion 585 and the locking groove 586 is provided on the lower case 312, the upper case 311 engaging protrusions 593 and the engaging groove 594 in the ribbon support hole 67 different in that it provided.

リボンスプール42に装着される回転部材571およびクラッチバネ572は、第2テープスプール41に装着される回転部材571およびクラッチバネ572と共通部品である。 Rotating member 571 and the clutch spring 572 is mounted on the ribbon spool 42 are common parts and the rotating member 571 and the clutch spring 572 is mounted on the second tape spool 41. 第2テープスプール41に装着される場合と同様に、クラッチバネ572が装着された回転部材571は、リボンスプール42の軸孔42Aに装着される。 As if they were attached to the second tape spool 41, rotating member 571 clutch spring 572 is mounted is attached to the shaft hole 42A of the ribbon spool 42. 軸孔42A内では、回転部材571の各突条571Bが、リボンスプール42の各摺動溝42Bにそれぞれ嵌まる。 In the axial hole 42A, each ridge 571B of the rotating member 571 fits to each slide groove 42B of the ribbon spool 42. リボンスプール42に装着された回転部材571(詳細には、円筒状突起571Aの軸孔)に、下リボン支持部67Bの支持軸596が挿入される。 Rotating member 571 mounted on the ribbon spool 42 (specifically, the axial hole of the cylindrical projection 571A), the support shaft 596 of the lower ribbon support portion 67B is inserted.

ただし、クラッチバネ572が装着された回転部材571は、円筒状突起571Aが上リボン支持部67Aと対向するように、軸孔42A内に装着される。 However, the rotation member 571 clutch spring 572 is mounted, the cylindrical protrusion 571A is to face the upper ribbon support portion 67A, is mounted in the axial hole 42A. つまり、回転部材571およびクラッチバネ572は、第2テープスプール41に装着される場合とは上下方向を逆にしてリボンスプール42に装着される。 That is, the rotation member 571 and the clutch spring 572, the case mounted on the second tape spool 41 is mounted on the ribbon spool 42 by the vertically reversed. これにより、円環部572Aの巻回方向(つまり、円環部572Aの先端から後端に向けて時計回り方向)は、底面視でのインクリボン60の引き出し方向(時計回り方向)と一致する。 Thus, the winding direction of the annular portion 572A (i.e., a clockwise direction toward the rear end from the front end of the annular portion 572A) is consistent with the drawing direction of the ink ribbon 60 in the bottom view (clockwise) . すなわち、円環部572Aの巻回方向は、平面視でのインクリボン60の引き出し方向(反時計回り方向)と一致する。 That is, the winding direction of the annular portion 572A coincides with the withdrawal direction of the ink ribbon 60 in a plan view (the counterclockwise direction).

回転部材571に支持軸596が挿入された状態では、円筒状突起571Aは上基部591の下端面に対向する。 In a state where the support shaft 596 is inserted into the rotating member 571, the cylindrical projections 571A faces the lower end face of the upper base 591. クラッチバネ572は、円環部572Aが密着している円筒状突起571Aと、複数の係止突起593との間に配設される。 Clutch spring 572, a cylindrical projection 571A of the ring portion 572A is in close contact, are disposed between the plurality of locking protrusions 593. 係止部572Bが、複数の係止溝594の一つに係止される。 Engaging portion 572B is engaged with one of the locking grooves 594. 先述のように、円環部572Aの巻回方向は、インクリボン60の引き出し方向(反時計回り方向)と一致する。 As described above, the winding direction of the annular portion 572A coincides with the pull-out direction of the ink ribbon 60 (the counterclockwise direction). そのため、円環部572Aは、平面視で反時計回り方向の回転力が作用した場合には拡径し、平面視で時計回り方向の回転力が作用した場合には縮径する。 Therefore, the annular portion 572A is enlarged in diameter in the case where the rotational force in the counterclockwise direction in a plan view is applied, reduced in diameter if the rotational force in the clockwise direction in a plan view is applied.

インクリボン60の引き出しによってリボンスプール42が反時計回り方向に回転すると、第2テープスプール41が時計回り方向に回転されるときと同様に、円環部572Aの拡径によってリボンスプール42がスムーズに回転可能となる。 When the ribbon spool 42 by the withdrawal of the ink ribbon 60 is rotated in the counterclockwise direction, as in the case where the second tape spool 41 is rotated in a clockwise direction, the diameter of the circular portion 572A ribbon spool 42 is smooth It becomes rotatable. 一方、リボンスプール42をインクリボン60の引き出し方向とは反対方向(つまり、時計回り方向)に回転させる外力が加えられると、第2テープスプール41が反時計回り方向に回転されるときと同様に、円環部572Aの縮径によってリボンスプール42に大きな回転負荷が付与される。 On the other hand, the opposite direction of the ribbon spool 42 and the extraction direction of the ink ribbon 60 (i.e., the clockwise direction) when an external force for rotating the is applied, similarly to when the second tape spool 41 is rotated in the counterclockwise direction large rotational load on the ribbon spool 42 is applied, by diameter of annular parts 572A.

本実施形態では、上リボン支持部67Aの上基部591は、先述の上基部581と同様の構成であり、第1径部591A、第2径部591Bおよびテーパ部591Cを有する(図33参照)。 In the present embodiment, on the base 591 of the upper ribbon support portion 67A has the same configuration as on the base 581 of the foregoing, a first diameter portion 591A, a second diameter portion 591B and the tapered portion 591C (see FIG. 33) . 下リボン支持部67Bの下基部595は、先述の下基部583と同様の構成であり、第1径部595A、第2径部595Bおよびテーパ部595Cを有する(図33参照)。 Under the base 595 of the lower ribbon support portion 67B has the same configuration as the lower base portion 583 of the foregoing, having a first diameter portion 595A, a second diameter portion 595B and the tapered portion 595C (see FIG. 33). ただし、上基部591の第1径部591Aは、リボンスプール42の軸孔とほぼ同径の外径を有する円筒部である。 However, the first diameter portion 591A of the upper base portion 591 is a cylindrical portion having an outer diameter substantially the same diameter as the shaft hole of the ribbon spool 42. 下基部595の第1径部595Aは、リボンスプール42の軸孔よりも若干外径が小さい円筒部である。 The first diameter portion of the lower base portion 595 595A is a little outside diameter smaller cylindrical portion than the shaft hole of the ribbon spool 42.

リボンスプール42の軸孔内に挿入される上リボン支持部67Aのうち、第1径部591Aのみがリボンスプール42の内壁に接触して上端側を回転支持する。 Of upper ribbon support portion 67A which is inserted into the shaft hole of the ribbon spool 42, only the first diameter portion 591A rotates supports the upper end side in contact with the inner wall of the ribbon spool 42. 一方、リボンスプール42の軸孔内に挿入される下リボン支持部67Bは、その全体がリボンスプール42の内壁に接触しない。 On the other hand, the lower ribbon support portion 67B which is inserted into the shaft hole of the ribbon spool 42 in its entirety is not in contact with the inner wall of the ribbon spool 42. ただし、リボンスプール42が回転によって外周側に偏った場合には、下リボン支持部67Bのうち第1径部595Aのみがリボンスプール42の内壁に接触して、リボンスプール42の下端側を回転支持する。 However, when the ribbon spool 42 is biased toward the outer peripheral side by the rotation, only the first diameter portion 595A of the lower ribbon support portion 67B is in contact with the inner wall of the ribbon spool 42, rotating supports the lower side of the ribbon spool 42 to.

これにより、リボンスプール42と上リボン支持部67Aおよび下リボン支持部67Bとの接触面積を最小限に抑えることができ、リボンスプール42の回転負荷を小さくできる。 Thus, the contact area between the ribbon spool 42 and the upper ribbon support portion 67A and the lower ribbon support portion 67B can be minimized, it is possible to reduce the rotational load of the ribbon spool 42. リボンスプール42の回転負荷を小さくするためのグリスの塗布が不要となるため、リボンスプール42のリサイクル性を高めることができる。 Since the grease for reducing the rotation load of the ribbon spool 42 coating is not necessary, it is possible to increase the recycling of the ribbon spool 42.

上基部591の第1径部591Aはリボンスプール42の軸孔とほぼ同径であるため、リボンスプール42の回転時に発生する上リボン支持部67Aの振動が小さい。 Since the first diameter portion 591A of the upper base portion 591 is substantially the same diameter as the shaft hole of the ribbon spool 42, the vibration of the ribbon support portion 67A on which occurs during the rotation of the ribbon spool 42 is small. 一方、下基部595の第1径部595Aはリボンスプール42の軸孔よりも小さいため、リボンスプール42の回転時に発生する下リボン支持部67Bの振動が大きい。 Meanwhile, since the first diameter portion 595A of the lower base portion 595 is smaller than the shaft hole of the ribbon spool 42, a large vibration of the lower ribbon support portion 67B which is generated during the rotation of the ribbon spool 42. よって、リボンスプール42に装着された回転部材571のクラッチバネ572は、下リボン支持部67Bよりも上リボン支持部67Aに連結されることが好適である。 Therefore, the clutch spring of the rotary member 571 mounted on the ribbon spool 42 572, it is preferable to be connected to the upper ribbon support portion 67A than the lower ribbon support portion 67B.

上リボン支持部67Aの上基部591には、円筒部592、係止突起593および係止溝594が設けられている。 The upper ribbon support portion on the base 591 of 67A, the cylindrical portion 592, the engaging protrusion 593 and the locking groove 594 is provided. リボンスプール42に装着された回転部材571のクラッチバネ572は、上リボン支持部67Aに連結される。 Clutch spring 572 of the rotary member 571 mounted on the ribbon spool 42 is coupled to the upper ribbon support portion 67A. これにより、リボンスプール42の回転時に生じる回転部材571の振動も抑制できるため、クラッチバネ572が付与する回転負荷にむらが発生することが抑制できる。 Thus, since the vibration of the rotary member 571 that occurs during rotation of the ribbon spool 42 can be suppressed, thereby suppressing be uneven rotation load clutch spring 572 is applied is generated. ひいては、リボンスプール42の回転を安定させることができる。 Thus, the rotation of the ribbon spool 42 can be stabilized.

図32〜図34を参照して、テープカセット30の製造時に、第2テープスプール41およびリボンスプール42をカセットケース31に組み付ける方法について説明する。 Referring to FIGS. 32 to 34, during manufacture of the tape cassette 30, a description will be given of a method of assembling the second tape spool 41 and the ribbon spool 42 in the cassette case 31. まず作業者は、フィルムテープ59が巻回された第2テープスプール41を、第2下テープ領域410Bに収納する。 First the operator, a second tape spool 41 where the film tape 59 is wound, is housed in the second lower tape area 410B. このとき、作業者は下ケース312の支持軸584を、第2テープスプール41の軸孔41Aに挿入する。 In this case, the operator of the support shaft 584 of the lower case 312 is inserted into the shaft hole 41A of the second tape spool 41.

次に、作業者はクラッチバネ572が装着された回転部材571を、第2テープスプール41の軸孔41A内に装着する。 Next, the operator of the rotary member 571 clutch spring 572 is mounted, it is attached to the axial hole 41A of the second tape spool 41. このとき、作業者は、各突条571Bを各摺動溝41Bに挿入し、且つ、支持軸584を円筒状突起571Aの軸孔に挿入する。 In this case, the operator, each protrusion 571B is inserted into the sliding grooves 41B, and inserts the support shaft 584 in the axial hole of the cylindrical projection 571A. ただし、作業者は、円筒状突起571A(つまり、クラッチバネ572)が下向きとなるように、回転部材571を軸孔41A内に装着する。 However, the operator, the cylindrical projection 571A (that is, the clutch spring 572) so that a downward mounting the rotary member 571 in the axial hole 41A. すると、軸孔41A内では係止部572Bがいずれかの係止溝586に係止されるため、フィルムテープ59にバックテンションが付与される。 Then, in the axial hole 41A for engagement portion 572B is engaged in any of the locking groove 586, back tension is applied to the film tape 59. よって、下ケース312に上ケース311が組み付けられる前であっても、第2テープスプール41に巻回されているフィルムテープ59が外周側に膨らむことを抑制できる。 Thus, even before the top case 311 is assembled to the lower case 312 can be suppressed second tape spool 41 wound are wound film tape 59 bulges to the outer peripheral side.

一方、作業者は、インクリボン60が巻回されたリボンスプール42を、第1下リボン領域420Bに収納する。 On the other hand, the operator, the ribbon spool 42 in which the ink ribbon 60 is wound, is housed in the first lower ribbon area 420B. このとき、下ケース312の支持軸596を、リボンスプール42の軸孔42Aに挿入する。 At this time, the support shaft 596 of the lower case 312 is inserted into the shaft hole 42A of the ribbon spool 42.

次に、作業者は、クラッチバネ572が装着された回転部材571を、リボンスプール42の軸孔42A内に装着する。 Next, the operator, the rotary member 571 clutch spring 572 is mounted, is attached to the axial hole 42A of the ribbon spool 42. このとき、作業者は、各突条571Bを各摺動溝42Bに挿入し、且つ、支持軸596を円筒状突起571Aに挿入する。 In this case, the operator, each protrusion 571B is inserted into the slide groove 42B, and inserts the support shaft 596 in the cylindrical projection 571A. ただし、作業者は、円筒状突起571A(つまり、クラッチバネ572)が上向きとなるように、回転部材571を軸孔42A内に装着する。 However, the operator, the cylindrical projection 571A (that is, the clutch spring 572) so that the upward, mounting the rotary member 571 in the axial hole 42A. 言い換えると、作業者は、クラッチバネ572が装着された回転部材571を、第2テープスプール41およびリボンスプール42に対して、各々の上下方向が反転するように装着する。 In other words, the operator, the rotary member 571 clutch spring 572 is mounted, the second tape spool 41 and the ribbon spool 42, each of the vertical direction is attached to invert.

下ケース312に上ケース311が組み付けられる前の状態では、係止部572Bが係止溝594に係止されていないため、インクリボン60にバックテンションは付与されない。 In a state before the top case 311 is assembled to the lower case 312, since the engaging portion 572B is not locked in the locking groove 594, back to the ink ribbon 60 tension is not imparted. しかしながら、インクリボン60は、フィルムテープ59等よりも厚みが小さく、且つ、材料成分として磁性体を含有している。 However, the ink ribbon 60 has a smaller thickness than the film tape 59, etc., and, contains a magnetic material as a material component. そのため、インクリボン60は、静電気の影響等を受けて巻回状態が維持されやすい。 Therefore, the ink ribbon 60 is likely to be maintained in the wound state in response to the static electricity of influence. つまり、リボンスプール42に巻回されているインクリボン60は、バックテンションの付与がなくても外周側への膨らみが発生しにくい。 That is, the ink ribbon 60 are wound ribbon spool 42 wound can also bulge to the outer peripheral side is less likely to occur without applying the back tension.

最後に、作業者は上ケース311を下ケース312に組み付けて、下ケース312の支持軸584、596の上端部を、上ケース311の円筒部582、592の軸孔にそれぞれ嵌め込む。 Finally, the worker assembling the upper case 311 to the lower case 312 is fitted into the upper end of the support shaft 584,596 of the lower casing 312, the shaft hole of the cylindrical portion 582,592 of the upper case 311, respectively. 軸孔42A内では係止部572Bがいずれかの係止溝594に係止されるため、インクリボン60にもバックテンションが付与される。 Since the axial bore 42A of the locking portion 572B is engaged in any of the locking groove 594, back tension is applied to the ink ribbon 60. このように、上ケース311および下ケース312が組み付けられる際に、フィルムテープ59およびインクリボン60がバラけにくいため、カセットケース31の組付け性を向上させることができる。 Thus, when the top case 311 and the lower case 312 are assembled, the film tape 59 and the ink ribbon 60 because hard to loose, it is possible to improve the assembly of the cassette case 31.

フィルムテープ59およびインクリボン60にそれぞれバックテンションを付与するためのブレーキ部材(回転部材571およびクラッチバネ572)を共通の構成にすることで、テープカセット30の設計・製造を容易にすることができる。 By braking members for each imparting back tension to the film tape 59 and the ink ribbon 60 (rotation member 571 and the clutch spring 572) to a common structure, it is possible to facilitate the design and manufacture of the tape cassette 30 . 特に、ブレーキ部材を同一部品とすることで、ブレーキ部材の部品管理を容易にすることができる。 In particular, by the brake member and the same part, it is possible to facilitate parts management of the brake member. 第2テープスプール41およびリボンスプール42に対するブレーキ部材の組付け誤りを抑制できる。 The assembling error of the brake member can be suppressed with respect to the second tape spool 41 and the ribbon spool 42. ブレーキ部材は回転部材571およびクラッチバネ572からなる簡易な構造であるため、ブレーキ部材の部品組立を容易にすることができる。 Since the brake member is a simple structure consisting of rotating member 571 and the clutch spring 572, can facilitate component assembly of the brake member.

第2テープスプール41がフィルムテープ59の引き出し方向に回転される場合には、フィルムテープ59がスムーズに引き出される。 When the second tape spool 41 is rotated in the drawing direction of the film tape 59, the film tape 59 is pulled out smoothly. このとき、フィルムテープ59が過剰に引き出されない程度に、フィルムテープ59に小さなバックテンションが付与される。 In this case, to the extent that the film tape 59 is not excessively pulled out, a small back tension to the film tape 59 is given. 第2テープスプール41がフィルムテープ59の引き出し方向とは反対方向に回転される場合には、第2テープスプール41の回転を規制するように、フィルムテープ59に大きなバックテンションが付与される。 When the second tape spool 41 is the drawing direction of the film tape 59 is rotated in the opposite direction, so as to restrict the rotation of the second tape spool 41, a large back tension to the film tape 59 is applied. よって、フィルムテープ59を安定的に搬送でき、且つ、フィルムテープ59における皺や弛みの発生を抑制できる。 Therefore, the film tape 59 can stably conveyed, and can suppress the occurrence of wrinkles and slack in the film tape 59.

リボンスプール42がインクリボン60の引き出し方向に回転される場合には、インクリボン60がスムーズに引き出される。 When the ribbon spool 42 is rotated in the drawing direction of the ink ribbon 60, the ink ribbon 60 is smoothly withdrawn. このとき、インクリボン60が過剰に引き出されない程度に、リボンスプール42に小さなバックテンションが付与される。 At this time, to the extent that the ink ribbon 60 is not excessively drawn, small back tension is imparted to the ribbon spool 42. リボンスプール42がインクリボン60の引き出し方向とは反対方向に回転される場合には、リボンスプール42の回転を規制するように、インクリボン60に大きなバックテンションが付与される。 When the ribbon spool 42 and the pull-out direction of the ink ribbon 60 is rotated in the opposite direction, so as to restrict the rotation of the ribbon spool 42, a large back tension to the ink ribbon 60 is applied. よって、インクリボン60を安定的に搬送でき、且つ、インクリボン60における皺や弛みの発生を抑制できる。 Therefore, it transports the ink ribbon 60 in a stable manner, and can suppress the occurrence of wrinkles and slack in the ink ribbon 60.

本実施形態では、屈曲部533にコロ部材535が設けられているので(図5〜図8、図29参照)、テープ搬送経路上でテープに加えられる負荷が低減されている。 In the present embodiment, since the bent portion 533 roller members 535 are provided (see FIGS. 5 to 8, FIG. 29), the load applied to the tape is reduced on the tape transport path. したがって、ブレーキ部材に起因するバックテンションを、フィルムテープ59に対して安定的に付与できる。 Therefore, the back tension due to the brake member, can be stably imparted to the film tape 59. さらに、フィルムテープ59およびインクリボン60は互いの搬送方向が逆方向であって、それぞれ印字位置まで分離した状態で搬送される。 Further, the film tape 59 and the ink ribbon 60 is a conveying direction opposite the direction of each other, are carried in a separated state to the printing position, respectively.

したがって、第2テープ領域410と第1リボン領域420とが隣接している場合でも、フィルムテープ59およびインクリボン60が互いの搬送に引きずられにくい。 Therefore, even when the second tape area 410 and the first ribbon area 420 is adjacent, the film tape 59 and the ink ribbon 60 is hardly dragged to the transport of each other. フィルムテープ59およびインクリボン60にそれぞれ付与されるバックテンションが相互に干渉することを抑制でき、ひいてはフィルムテープ59およびインクリボン60を安定的に搬送できる。 Can be suppressed that each back tension applied to the film tape 59 and the ink ribbon 60 from interfering with each other, it can be transported and thus the film tape 59 and the ink ribbon 60 stably.

ところで、例えばユーザの不正な操作によって、アーム部34の排出口341から排出されたテープが、排出口341からアーム部34内に誤って押し込まれることがある。 Incidentally, for example, by unauthorized manipulation of the user, the tape discharged from the exit 341 of the arm portion 34 is sometimes pushed accidentally from the discharge port 341 in the arm portion 34. この場合、排出口341から押しこまれたテープが許容量を越えてしまうと、カセットケース31内で逆流するおそれがある。 In this case, when the tape crowded pushed from the discharge port 341 exceeds the allowable amount, there is a risk of backflow in the cassette case 31. そうすると、逆流したテープが第1リボン領域420の近傍や第2テープ領域410内で広がってしまい、ジャムを生じる可能性がある。 Then, backflow the tape will spread in the near or the second tape area 410 of the first ribbon area 420, which may cause jamming.

本実施形態では、第1リボン領域420の近傍には、先述の規制リブ532(図5〜図8、図29参照)が設けられている。 In the present embodiment, in the vicinity of the first ribbon area 420, regulating ribs 532 (FIGS. 5-8, see FIG. 29) previously described is provided. 排出口341からテープが押し込まれた場合には、逆流したテープが第1リボン領域420の近傍で広がることが、規制リブ532によって抑制される。 When the tape from the discharge port 341 is pushed, the regurgitated tape can spread in the vicinity of the first ribbon area 420 is suppressed by the restricting rib 532. これに伴って、逆流したテープが第2テープ領域410内に進入することも抑制される。 Accordingly, the backflow tapes is also inhibited from entering into the second tape area 410. したがって、排出口341からテープが押し込まれたことに起因するジャムの発生を抑制できる。 Therefore, it is possible to suppress the occurrence of jamming caused from the discharge port 341 to the tape is pushed.

図15〜図17、図29および図35を参照して、巻取スプール支持孔68およびリボン巻取スプール44について説明する。 15 to 17, with reference to FIGS. 29 and 35, it will be described winding spool support hole 68 and the ribbon take-up spool 44. 図17および図29に示すように、リボン巻取スプール44は、第2リボン領域440に収納された状態で、巻取スプール支持孔68を介して回転可能に支持されている。 As shown in FIGS. 17 and 29, the ribbon take-up spool 44 is in a state of being housed in the second ribbon area 440, and is rotatably supported via a winding spool support hole 68. 図15、図16および図35に示すように、巻取スプール支持孔68は、上板305に形成された開口部68Aと、底板306に形成された開口部68Bとを含む。 15, as shown in FIGS. 16 and 35, the take-up spool support hole 68 includes an opening 68A formed in the upper plate 305, and an opening 68B formed in the bottom plate 306. 開口部68Aおよび開口部68Bは、カセットケース31の上下方向に対応する位置に設けられた貫通孔である。 Opening 68A and the opening 68B is a through hole provided in a position corresponding to the vertical direction of the cassette case 31.

図35に示すように、リボン巻取スプール44は、カセットケース31の高さとほぼ等しい高さを有する円筒体である。 As shown in FIG. 35, the ribbon take-up spool 44 is a cylindrical body having a height substantially equal to the height of the cassette case 31. リボン巻取スプール44の上端縁および下端縁には、それぞれ径外方向の全周に亘って突出するフランジ状の支持部44Eが設けられている。 The upper edge and the lower edge of the ribbon take-up spool 44, the flange-shaped supporting portion 44E is provided projecting along the entire circumference of the radially outward direction. 上側の支持部44Eと下側の支持部44Eとの上下方向長さは、インクリボン60の幅とほぼ等しい。 Vertical lengths of the upper supporting portion 44E and a lower support portion 44E is substantially equal to the width of the ink ribbon 60. リボン巻取スプール44の外周面のうち、上側の支持部44Eと下側の支持部44Eとの間に、使用済みのインクリボン60が巻回される。 Of the outer peripheral surface of the ribbon take-up spool 44, between the upper supporting portion 44E and a lower support part 44E, the used ink ribbon 60 is wound.

カセットケース31の内部では、リボン巻取スプール44の上端部44Aが開口部68Aに嵌め込まれ、且つ、下端部44Bが開口部68Bに嵌め込まれている。 Inside the cassette case 31, the upper end portion 44A of the ribbon winding spool 44 is fitted into the opening 68A, and the lower end portion 44B is fitted into the opening 68B. リボン巻取スプール44の上端縁では、支持部44Eが上板305の下面に当接しているので、リボン巻取スプール44の上方向への移動が規制される。 The upper edge of the ribbon take-up spool 44, the support portion 44E is so in contact with the lower surface of the top plate 305, upward movement of the ribbon take-up spool 44 is regulated. リボン巻取スプール44の下端縁では、底板306の上面に支持部44Eが当接しているので、リボン巻取スプール44の下方向への移動が規制される。 The lower edge of the ribbon take-up spool 44, the supporting portion 44E to the upper surface of the bottom plate 306 is in contact, downward movement of the ribbon take-up spool 44 is regulated. これにより、リボン巻取スプール44は、上端部44Aおよび下端部44Bにて回転可能に支持される。 Thus, the ribbon take-up spool 44 is rotatably supported at the upper end portion 44A and lower portion 44B.

リボン巻取スプール44の内部には、上下方向に貫通する軸孔44Cが形成されている。 Inside the ribbon take-up spool 44, the shaft hole 44C penetrating vertically is formed. リボン巻取スプール44の内周面(つまり、軸孔44Cを形成する内壁)には、下端部から上方に延びる複数のリブ44Dが設けられている。 The inner peripheral surface of the ribbon take-up spool 44 (i.e., the inner wall forming the shaft hole 44C), the plurality of ribs 44D are provided extending upward from the lower end. テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、リボン巻取軸95(図45参照)が開口部68Bを介して軸孔44Cに挿入される。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the ribbon take-up shaft 95 (see FIG. 45) is inserted into the shaft hole 44C through the opening 68B. 軸孔44C内では、複数のカム部材95A(図45参照)が、複数のリブ44Dに噛み合う。 Within the shaft hole 44C, a plurality of cam members 95A (see FIG. 45) is meshed with a plurality of ribs 44D. これにより、リボン巻取軸95の回転がリボン巻取スプール44に伝達される。 Thus, the rotation of the ribbon winding shaft 95 is transmitted to the ribbon take-up spool 44. なお、軸孔44Cの径は、リボン巻取軸95の軸径よりも若干大きい。 It should be noted that the diameter of the shaft hole 44C is slightly larger than the shaft diameter of the ribbon take-up shaft 95. そのため、軸孔44Cの内部に挿入されたリボン巻取軸95は、周方向の遊びが若干大きい。 Therefore, the ribbon take-up shaft 95 that is inserted into the shaft hole 44C is a circumferential play slightly larger.

図16および図35に示すように、リボン巻取スプール44の下端部には、クラッチバネ340が設けられている。 As shown in FIGS. 16 and 35, the lower end portion of the ribbon take-up spool 44, the clutch spring 340 is provided. クラッチバネ340は、下側の支持部44Eの直下に巻回されている。 Clutch spring 340 is wound directly below the underside of the support part 44E. クラッチバネ340から径外側に突出するコイルの先端部は、バネ端部340Aである。 Tip of the coil projecting from the clutch spring 340 in a radially outward side is a spring end 340A. バネ端部340Aは、下ケース312のバネ装着溝328に嵌め込まれている。 Spring end 340A is fitted into the spring mounting groove 328 of the lower case 312. バネ装着溝328は、底板306に形成された溝部であり、開口部68Bから右側後方(図35では左上方向)に延びている。 Spring mounting groove 328 is a groove formed in the bottom plate 306, and extends from the opening 68B to the right rear (in FIG. 35 upper left).

図18および図20に示すように、下ケース312の内側には、バネ装着溝328をまたいで底板306から上方に延びるバネ固定壁329が立設されている。 As shown in FIGS. 18 and 20, inside the lower case 312, a spring fixed wall 329 extending upwardly from the bottom plate 306 across the spring mounting groove 328 it is erected. バネ固定壁329には、バネ装着溝328から上方に延びる溝部329Aが形成されている。 The spring fixing wall 329, a groove portion 329A extending upward from the spring mounting groove 328 is formed. バネ固定壁329と、バネ固定壁329の右端部から後方に延びる壁部と、バネ固定壁329の左端部から右方向に延びる壁部とで囲まれた、平面視で三角形状の領域がバネ固定部345である。 A spring fixing wall 329, and a wall portion extending rearward from the right end of the spring fixing wall 329, surrounded by a wall portion extending in the right direction from the left end portion of the spring fixing wall 329, a triangular-shaped region is a spring in a plan view it is a fixed unit 345.

リボン巻取スプール44の取り付け時には、バネ端部340Aは溝部329Aを介して上方からバネ装着溝328に装着される。 During mounting of the ribbon take-up spool 44, spring end 340A is attached from above through the groove 329A in the spring mounting groove 328. バネ端部340Aの先端部は上方に向けて屈曲している。 Tip of the spring end 340A is bent upward. バネ端部340Aの屈曲した先端部が、バネ固定部345内で固定される。 Bent distal end portion of the spring end 340A is fixed in the spring fixing portion 345. クラッチバネ340は、リボン巻取スプール44をインクリボン60の巻き取り方向とは反対方向(時計回り方向)に回転させる外力が加えられると、リボン巻取スプール44に大きな回転負荷を付与する。 Clutch spring 340, when the ribbon take-up spool 44 and the winding direction of the ink ribbon 60 an external force which rotates in the opposite direction (clockwise direction) is applied, imparts a large rotational load the ribbon take-up spool 44.

バネ固定部345は、第1下リボン領域420Bの後側、且つ、第2下リボン領域440Bの右後側に設けられている。 The spring fixing portion 345, the rear side of the first lower ribbon area 420B, and is provided on the right rear side of the second lower ribbon area 440B. つまり、バネ固定部345は、リボンスプール42から引き出されたインクリボン60の搬送経路(つまり、第1下リボン領域420Bの左方向)、および、リボン巻取スプール44に巻き取られるインクリボン60の搬送経路(つまり、第2下リボン領域440Bの左下方向)とは異なる位置に設けられている。 In other words, the spring fixing portion 345, the conveyance path of the ink ribbon 60 drawn out from the ribbon spool 42 (i.e., the left direction of the first lower ribbon area 420B), and, the ink ribbon 60 to be wound onto the ribbon take-up spool 44 transport path (i.e., the lower left direction of the second lower ribbon area 440B) is provided at a position different from the. したがって、作業者が下ケース312にリボン巻取スプール44を着脱する際に、バネ端部340Aがインクリボン60に接触して傷つけるおそれを低減できる。 Therefore, when the worker detaching the ribbon take-up spool 44 in the lower case 312, can reduce the risk that spring end 340A hurt in contact with the ink ribbon 60.

下ケース312にリボン巻取スプール44が取り付けられると、バネ固定部345によってバネ端部340Aの先端部が固定される。 When the ribbon winding spool 44 to the lower case 312 is attached, the distal end portion of the spring end 340A is fixed by the spring fixing portion 345. これにより、上ケース311が組み付けられていない状態でも、下ケース312に装着されたリボン巻取スプール44の立設状態を安定させることができる。 Accordingly, even when the top case 311 is not assembled, it is possible to stabilize the upright position of the ribbon take-up spool 44 which is mounted to the lower case 312. したがって、第2下リボン領域440Bに取り付けられたリボン巻取スプール44が、上ケース311が組み付けられる前に倒れてしまうことを抑制できる。 Therefore, the ribbon take-up spool 44 attached to the second lower ribbon area 440B, can be suppressed fall down before the top case 311 are assembled.

さらに、図18〜図20および図29に示すように、隔離壁48の右端部に連続して、装着案内壁335が立設されている。 Furthermore, as shown in FIGS. 18 to 20 and 29, in succession to the right end portion of the partition wall 48, mounting guide wall 335 is erected. 装着案内壁335は、第2下リボン領域440Bの左側に隣接して、底板306から上方に延びている。 Mounting guide wall 335, adjacent to the left side of the second lower ribbon area 440B, extends from the bottom plate 306 upwardly. 装着案内壁335は、下ケース312および上ケース311が接合された状態で上板305に接触する高さ位置まで延びている。 Mounting guide wall 335 extends to a height position where it is in contact with the top plate 305 in a state where the lower case 312 and upper case 311 are joined. 装着案内壁335は、リボン巻取スプール44が第2リボン領域440に取り付けられた状態で、リボン巻取スプール44の外周縁の一部(詳細には、支持部44Eの一部)に沿っている。 Mounting guide wall 335, with the ribbon take-up spool 44 is attached to the second ribbon area 440, a portion of the outer peripheral edge of the ribbon winding spool 44 (specifically, part of the support portion 44E) along the there.

作業者がリボン巻取スプール44を下ケース312に取り付ける場合には、リボン巻取スプール44が装着案内壁335に沿って第2下リボン領域440B内に案内される。 When the operator attaches the ribbon take-up spool 44 in the lower case 312, the ribbon take-up spool 44 is guided to the second lower ribbon area 440B along the mounting guide wall 335. 第2下リボン領域440Bに取り付けられたリボン巻取スプール44は、上ケース311が組み付けられていない状態でも、装着案内壁335によって立設状態が安定する。 Ribbon take-up spool 44 mounted to the second lower ribbon area 440B, even when the top case 311 is not assembled, erected state is stabilized by the mounting guide wall 335. したがって、第2下リボン領域440Bに取り付けられたリボン巻取スプール44が、上ケース311が組み付けられる前に倒れてしまうことをさらに抑制できる。 Therefore, the ribbon take-up spool 44 attached to the second lower ribbon area 440B is, that fall down before the top case 311 are assembled can be further suppressed.

さらに、装着案内壁335は、第1下テープ領域400Bの右前側に隣接して設けられている。 Further, the mounting guide wall 335 is provided adjacent to the right front side of the first lower tape area 400B. 第1テープスプール40に巻回されている両面粘着テープ58の両端面には、先述のスペーサ980が貼着されている。 The end surfaces of the double-sided adhesive tape 58 that are wound first tape spool 40 wound, the foregoing spacer 980 is adhered. 第1テープ領域400内では、装着案内壁335がスペーサ980の周縁に隣接している。 In the first tape area within 400, mounting guide wall 335 is adjacent the periphery of the spacer 980. 第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58が、第1テープ領域400内で前後左右方向に移動すると、装着案内壁335がスペーサ980の周縁に接触する。 The first tape spool 40 wound on the double-sided adhesive tape 58 and move in the longitudinal and lateral directions in the first tape area within 400, mounting guide wall 335 contacts the periphery of the spacer 980.

これにより、例えばテープカセット30に振動や傾斜が生じた場合でも、両面粘着テープ58に貼着されたスペーサ980の位置ずれが抑制される。 Thus, for example, even if the vibration or inclination in the tape cassette 30 occurs, the positional deviation of the spacer 980 is adhered to the double-sided adhesive tape 58 is suppressed. スペーサ980が他の領域(具体的には、第2リボン領域440や第2テープ領域410など)に進入することが抑制される。 Spacer 980 (specifically, or the second ribbon area 440 such as the second tape area 410) other regions is suppressed from entering the. つまり、スペーサ980が他のスプール(具体的には、リボン巻取スプール44や第2テープスプール41など)に接触するのが抑制される。 That is, the spacer 980 (specifically, the ribbon like take-up spool 44 and the second tape spool 41) other spool is prevented from contacting the. ひいては、リボン巻取スプール44などの回転不良を抑制できる。 Hence, it is possible to suppress the rotational defects such as ribbon take-up spool 44.

装着案内壁335に対して第1下テープ領域400Bの平面中心(詳細には、開口部65B)を挟んだ反対側、すなわち第1下テープ領域400Bの左後側には、先述の第1周辺壁70が設けられている。 Planar center of the first lower tape area 400B relative (specifically, opening 65B) mounted guide wall 335 opposite side of the, that is, the left rear side of the first lower tape area 400B, a first peripheral of the foregoing the wall 70 is provided. 第1周辺壁70は、第1下テープ領域400Bの外周縁の一部に沿って設けられ、且つ、下ケース312および上ケース311が接合された状態で上板305に接触する高さ位置まで延びている。 The first peripheral wall 70, provided along a portion of the outer circumferential edge of the first lower tape area 400B, and, to a height position where it is in contact with the top plate 305 in a state where the lower case 312 and upper case 311 are joined It extends. 第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58が、第1テープ領域400内で前後左右方向に移動すると、第1周辺壁70もスペーサ980の周縁に接触する。 The first tape spool 40 wound on the double-sided adhesive tape 58 and move in the longitudinal and lateral directions in the first tape area within 400, the first peripheral wall 70 is also in contact with the periphery of the spacer 980.

つまり、第1テープ領域400では、装着案内壁335および第1周辺壁70によって、両面粘着テープ58に貼着されたスペーサ980の位置ずれが抑制される。 That is, in the first tape area 400, the mounting guide wall 335 and the first peripheral wall 70, positional deviation of the spacer 980 is adhered to the double-sided adhesive tape 58 is suppressed. したがって、リボン巻取スプール44などの回転不良をより確実に抑制できる。 Therefore, it is possible to more reliably suppress the rotation defects such as ribbon take-up spool 44. さらに、作業者は、装着案内壁335および第1周辺壁70に沿って両面粘着テープ58に貼着されたスペーサ980を移動させるだけで、両面粘着テープ58が巻回された第1テープスプール40を第1テープ領域400の適正位置に配置できる。 Furthermore, the operator need only move the spacer 980 adhered to the double-sided adhesive tape 58 along the mounting guide wall 335 and the first peripheral wall 70, the first tape spool 40 double-sided adhesive tape 58 is wound the can be placed in the proper position in the first tape area 400.

図15、図16および図36を参照して、ガイド孔47について説明する。 15, with reference to FIGS. 16 and 36, will be described the guide hole 47. 図15、図16および図36に示すように、ガイド孔47は、カセットケース31の第2角部322に設けられた、カセットケース31の上下方向に貫通する孔部である。 15, as shown in FIGS. 16 and 36, the guide hole 47 is provided in the second corner 322 of the cassette case 31, a hole penetrating in the vertical direction of the cassette case 31. ガイド孔47は、開口部47A、開口部47B、および軸孔47Cを含む。 The guide hole 47 includes an opening portion 47A, the opening 47B, and a shaft hole 47C. 開口部47Aおよび開口部47Bは、カセットケース31の上下方向に対応する位置に設けられた貫通孔である。 Opening 47A and the opening 47B is a through hole provided in a position corresponding to the vertical direction of the cassette case 31.

図36に示すように、開口部47Aは、第2角部322の上面(つまり、第2角部322における上板305)に形成されている。 As shown in FIG. 36, the opening 47A has an upper surface of the second corner 322 (i.e., the upper plate 305 in the second corner 322) are formed on. 開口部47Bは、第2角部322の下面(つまり、第2角部322における底板306)に形成されている。 Opening 47B is a bottom of the second corner 322 (i.e., the bottom plate 306 in the second corner 322) are formed on. 下ケース312には、開口部47Bから上方に延びる円筒状の筒壁部589が設けられている。 The lower case 312 includes a cylindrical tubular wall portion 589 extending from the opening 47B upward. カセットケース31の内部では、筒壁部589の上端が開口部47Aに接続されている。 Inside the cassette case 31, the upper end of the cylindrical wall portion 589 is connected to the opening 47A. 軸孔47Cは、筒壁部589の内部で上下方向に延び、開口部47A,47Bを連通させる。 Shaft hole 47C extends in a vertical direction inside the cylindrical wall portion 589, the opening 47A, communicating 47B.

先述したように、本実施形態のガイド孔47は、平面視で、分割線Kに沿った開口幅を長径、かつ、仮想線Gに沿った開口幅を短径とする長孔である(図15参照)。 As previously described, the guide hole 47 of this embodiment, in plan view, the major axis of the aperture width along the dividing line K, and a long hole for the opening width along the imaginary line G and the minor axis (FIG. reference 15). ただし、ガイド孔47は、丸孔、楕円形状孔、長孔などに例示される任意の開口形状で構成してもよい。 However, the guide hole 47, circular holes, elliptical holes, may be formed of any opening shape exemplified in such long hole.

図15および図17を参照して、テープカセット30に設けられた各部の位置関係について説明する。 Referring to FIGS. 15 and 17, will be described positional relationship between each part provided in the tape cassette 30. 図15において斜めに引かれた二点鎖線は、後述する分割線Kを示している。 The two-dot chain line drawn obliquely in Figure 15 illustrates the dividing line K which will be described later. 先述のローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65、巻取スプール支持孔68、ヘッド挿入部39は、カセット装着部8のテープ駆動軸100、ガイド軸120、補助軸110、リボン巻取軸95、ヘッドホルダ74と対向する位置にそれぞれ設けられている。 Aforementioned roller support hole 64, the guide hole 47, the first tape support hole 65, the take-up spool support hole 68, the head insertion portion 39, the tape drive shaft 100 of the cassette housing portion 8, the guide shaft 120, the auxiliary shaft 110, the ribbon take-up shaft 95, it is provided at the position facing the head holder 74.

詳細には、ローラ支持孔64は、テープカセット30の第4角部324を含む領域Q1に形成されている。 In particular, the roller support hole 64 is formed in a region Q1 including a fourth corner portion 324 of the tape cassette 30. 領域Q1は、テープカセット30の前部中央に設けられたヘッド挿入部39の左側に隣接している。 Region Q1 is adjacent to the left side of the head insertion portion 39 provided on the front center of the tape cassette 30. 言い換えると、領域Q1はヘッド挿入部39よりもテープ搬送方向の下流側に位置している。 In other words, the area Q1 is situated on the downstream side of the tape transport direction of the head insertion portion 39. テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されると、第4角部324がカセット装着部8の領域P1(図4参照)に対向する。 When the tape cassette 30 is mounted in proper position in the cassette housing portion 8, the fourth corner portion 324 is opposed to the area P1 (see FIG. 4) of the cassette housing portion 8.

ガイド孔47は、テープカセット30の第2角部322を含む領域Q2に形成されている。 The guide hole 47 is formed in a region Q2 including the second corner 322 of the tape cassette 30. テープカセット30を平面視した場合に、領域Q2に含まれる第2角部322は、領域Q1に含まれる第4角部324の対角に位置している。 In plan view of the tape cassette 30, the second corner portion 322 included in the area Q2 is positioned diagonally of the fourth corner portion 324 included in the area Q1. テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されると、第2角部322がカセット装着部8の領域P2(図4参照)に対向する。 When the tape cassette 30 is mounted in proper position in the cassette housing portion 8, the second corner portion 322 is opposed to a region P2 (see FIG. 4) of the cassette housing portion 8.

ローラ支持孔64とガイド孔47とを平面視で結ぶ分割線Kを基準としてテープカセット30を平面視で分割した場合に、分割線Kよりも後側を占めるのが領域Q3であり、分割線Kよりも前側を占めるのが領域Q4である。 When the tape cassette 30 and the roller support hole 64 and the guide hole 47 relative to the dividing line K connecting a plan view is divided in a plan view, occupy rearward of the dividing line K is the region Q3, the dividing line it is a region Q4 that occupy the front of the K. 第1テープ支持孔65は、平面視で三角形状をなす領域Q3の重心(つまり、領域Q3を形成する3辺の中線を結ぶ交点)またはその近傍に形成される。 First tape support hole 65, the center of gravity of a region Q3 forming a triangular shape in plan view (i.e., intersection connecting the midline of the three sides forming the region Q3) is formed on or near. 巻取スプール支持孔68は、平面視で三角形状をなす領域Q4の重心(つまり、領域Q4を形成する3辺の中線を結ぶ交点)またはその近傍に形成される。 Winding spool support hole 68, the center of gravity of a region Q4 forming a triangular shape in plan view (i.e., intersection connecting the midline of the three sides forming the region Q4) is formed on or near. 第1テープ支持孔65および巻取スプール支持孔68は、平面視で分割線Kを中心としてほぼ対称に位置している。 First tape support hole 65 and the take-up spool support hole 68 is positioned substantially symmetrically around the parting line K in a plan view.

第2テープ支持孔66は平面視で分割線K上に形成されており、詳細にはテープカセット30の平面視中央とガイド孔47との略中間に位置している。 Second tape support hole 66 is formed on the dividing line K in a plan view, in particular being located approximately midway between the plane view center and the guide hole 47 of the tape cassette 30. リボン支持孔67は領域Q4に形成されており、詳細には巻取スプール支持孔68よりもテープカセット30の右前側に位置している。 Ribbon support hole 67 is formed in a region Q4, the details are located right front of the tape cassette 30 than the winding spool support hole 68.

上記のような位置関係によって、ラミネートタイプのテープカセット30(図5および図6参照)の重量分布は次のようになる。 The positional relationship as described above, the weight distribution of the laminated type tape cassette 30 (see FIGS. 5 and 6) is as follows. 第1テープ支持孔65では、カセットケース31の内部で第1テープスプール40が回転支持されている。 In the first tape support hole 65, the first tape spool 40 is rotatably supported within the cassette case 31. これは、第1テープスプール40の回転中心(つまり、軸孔40D)が、平面視で領域Q3の範囲内に設けられていることを意味する。 This is the rotational center of the first tape spool 40 (i.e., the axial hole 40D) is means that is provided inside the range Q3 in plan view. 言い換えると、第1テープスプール40に巻回されている両面粘着テープ58の重心が、平面視で領域Q3の範囲内に位置している。 In other words, the center of gravity of the double-sided adhesive tape 58 that are wound first tape spool 40 wound is located within the area Q3 in plan view.

リボン支持孔67では、未使用のインクリボン60が巻回されたリボンスプール42が回転支持されている。 In the ribbon support hole 67, the ribbon spool 42 in which the ink ribbon 60 not yet used wound therearound is rotatably supported. 巻取スプール支持孔68では、使用済みのインクリボン60が巻回されたリボン巻取スプール44が回転支持されている。 In the take-up spool support hole 68, the ribbon take-up spool 44 which used ink ribbon 60 is wound is rotatably supported. そのため、インクリボン60の重心が、平面視で領域Q4の範囲内に位置している。 Therefore, the center of gravity of the ink ribbon 60 is positioned within the region Q4 in plan view. 第2テープ支持孔66では、フィルムテープ59が巻回された第2テープスプール41が回転支持されている。 In the second tape support hole 66, the second tape spool 41 where the film tape 59 is wound is rotatably supported. そのため、フィルムテープ59の重心が、平面視で分割線K上に位置している。 Therefore, the center of gravity of the film tape 59 is located on the dividing line K in a plan view.

以上のことから、ラミネートタイプのテープカセット30は、分割線Kを基準とした領域Q3の重量と領域Q4の重量が近似する。 From the above, the laminated type tape cassette 30, the weight of the weight and area Q4 region Q3 relative to the dividing line K approximates. さらに、テープカセット30全体の重心が、平面視で分割線K上またはその近傍に位置する。 Furthermore, the center of gravity of the entire tape cassette 30 is positioned on the dividing line K in a plan view or in the vicinity thereof. このような重量分布によって、テープカセット30のハンドリング性を向上させることができるため、ユーザはテープカセット30の位置決めを正確に行うことができる。 Such weight distribution, it is possible to improve the handling properties of the tape cassette 30, the user can perform accurate positioning of the tape cassette 30.

例えば、上記のような重量分布を有するテープカセット30を、ユーザがカセットケース31の左右両端を指で挟持しながら、上面301および底面302を略水平に維持しつつカセット装着部8に垂直に押し込む。 For example, the tape cassette 30 having a weight distribution as described above, the user while sandwiching the left and right ends of the cassette case 31 with a finger, pushed vertically in the cassette housing portion 8 while maintaining a top 301 and bottom 302 substantially horizontally . このとき、テープカセット30における重量の偏りが少ないことと、テープカセット30の重心が分割線K上またはその近傍に位置することとが相まって、分割線Kを回転中心としてテープカセット30が傾斜することが抑制される。 In this case, the possible weight of bias in the tape cassette 30 is small, it and is coupled to the center of gravity of the tape cassette 30 is positioned on or near the division line K, the tape cassette 30 is inclined as a rotation about the dividing line K There is suppressed. さらに、両面粘着テープ58のほうがインクリボン60よりも重量が大きい場合でも、リボン巻取スプール44の重みによって領域Q3と領域Q4との重量差がさらに小さくなる(つまり、テープカセット30の重量の偏りが軽減される)。 Furthermore, even if the weight is greater than the ink ribbon 60 towards the double-sided adhesive tape 58 is large, the weight difference between the region Q3 and the area Q4 is further reduced by the weight of the ribbon take-up spool 44 (i.e., deviation of the weight of the tape cassette 30 There is reduced).

また、レセプタタイプのテープカセット30(図7参照)の重量分布は次のようになる。 The weight distribution of receptor types of the tape cassette 30 (see FIG. 7) is as follows. 第1テープ支持孔65では、印字テープ57が巻回された第1テープスプール40が回転支持されている。 In the first tape support hole 65, the first tape spool 40 the print tape 57 is wound is rotatably supported. そのため、印字テープ57の重心が、平面視で領域Q3の範囲内に位置している。 Therefore, the center of gravity of the print tape 57 is located within the range of the area Q3 in plan view. 一方、インクリボン60の重心は、ラミネートタイプのテープカセット30(図5および図6参照)と同様に、平面視で領域Q4の範囲内に位置している。 On the other hand, the center of gravity of the ink ribbon 60, similarly to the laminated type tape cassette 30 (see FIGS. 5 and 6) are located within the area Q4 in plan view.

したがって、レセプタタイプのテープカセット30も、分割線Kを基準とした領域Q3と領域Q4との重量が近似する。 Thus, the tape cassette 30 of the receptor types also, the weight of the reference dividing lines K was a region Q3 and the region Q4 is approximated. さらに、印字テープ57のほうがインクリボン60よりも重量が大きい場合でも、リボン巻取スプール44の重みによって領域Q3と領域Q4との重量差がさらに小さくなる。 Furthermore, even if the weight is greater than the ink ribbon 60 towards the print tape 57 is large, the weight difference between the region Q3 and the region Q4 by the weight of the ribbon winding spool 44 is further reduced. よって、上記のラミネートタイプと同様に、テープカセット30のハンドリング性を向上させることができる。 Therefore, similarly to the laminate type described above, it is possible to improve the handling properties of the tape cassette 30.

さらに、テープカセット30がカセット装着部8に装着される場合、テープ印字装置1の案内軸がテープカセット30のキャビティに挿入される。 Furthermore, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the guide shaft of the tape printer 1 is inserted into the cavity of the tape cassette 30. 案内軸は、カセット装着部8に設けられた軸部であって、テープカセット30のキャビティに挿入された状態で、テープカセット30を着脱方向(本実施形態では、上下方向)に案内する。 Guide shaft is a shaft portion provided in the cassette housing portion 8, in a state of being inserted into the cavity of the tape cassette 30, (in this embodiment, vertical direction) detaching direction of the tape cassette 30 is guided to. キャビティは、カセットケース31に設けられた開口部、孔部、凹部のいずれかであって、テープ印字装置1の案内軸が挿入された状態で、テープカセット30を着脱方向に案内する。 Cavity, opening provided in the cassette case 31, the hole portion, in any of the recesses, with the guide shaft of the tape printer 1 has been inserted, for guiding the tape cassette 30 in the detaching direction.

本実施形態では、テープ駆動軸100、ガイド軸120および補助軸110を、案内軸として例示する。 In the present embodiment, the tape drive shaft 100, the guide shaft 120 and auxiliary shaft 110 is illustrated as a guide shaft. ローラ支持孔64、ガイド孔47および第1テープ支持孔65を、キャビティとして例示する。 Roller support hole 64, the guide hole 47 and the first tape support hole 65 is illustrated as a cavity. 複数の案内軸の少なくとも1つが対応するキャビティに挿入されることによって、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に案内されるが、詳細は後述する。 By at least one of the plurality of guide shafts are inserted into the corresponding cavity, but the tape cassette 30 is guided to the proper position in the cassette housing portion 8 will be described in detail later.

図37〜図40を参照して、アーム前面壁35の詳細について説明する。 Referring to FIGS. 37 to 40, will be described in detail arm front wall 35. 以下の説明では、テープ幅が所定幅(例えば、18mm)以上のテープカセット30を、幅広カセット30という。 In the following description, the tape width is a predetermined width (e.g., 18 mm) or more tape cassette 30, that the wide cassette 30. テープ幅が所定幅未満のテープカセット30を、幅狭カセット30という。 Tape width of the tape cassette 30 is less than the predetermined width, that narrow cassette 30. 図37〜図39に示すように、本実施形態のテープカセット30は幅広カセット30である。 As shown in FIGS. 37 to 39, the tape cassette 30 of the present embodiment is a wide cassette 30.

図37に示すように、アーム前面壁35は、アーム指標部800および係止孔820を含む。 As shown in FIG. 37, the arm front wall 35 includes an arm indicator portion 800 and the locking hole 820. アーム指標部800は、少なくとも一の孔部を含んでテープカセット30のテープ種類を示す。 Arm indicator portion 800 indicates the tape type of the tape cassette 30 includes at least one hole. 人はアーム指標部800を目視することでテープ種類を特定できる。 Person can identify the tape type by visually the arm indicator portion 800. テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合には、アーム検出部200によってアーム指標部800が示す情報を検出することで、テープ印字装置1がテープ種類を特定できる。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, by detecting the information indicated by the arm indicator portion 800 by the arm detection portion 200, the tape printer 1 can identify the tape type.

本実施形態では、アーム指標部800および係止孔820は、アーム前面壁35のうちで下アーム前面壁35Bに設けられている。 In this embodiment, the arm indicator portion 800 and the locking hole 820 is provided in the lower arm front wall 35B within the arm front wall 35. アーム指標部800が特定するテープ種類は、テープ印字装置1にて適正な印字を実行するのに必要な情報(印字用情報)である。 Tape type arm indicator portion 800 is identified, the information necessary to perform a proper printing at the tape printer 1 (printing information). 以下、アーム前面壁35が有する領域と、その領域内の構成とを説明する。 Hereinafter will be described a region having an arm front wall 35, a configuration in the region.

アーム前面壁35は、排出口341に対してテープ搬送方向上流側に位置する特定領域R0を含む。 Arm front wall 35 includes a specified area R0 located in the tape transport direction upstream of the outlet 341. 特定領域R0の左右方向長さは、排出口341と排出案内部49との距離L0以下である。 Left-right length of the specified area R0 is less distance L0 between the exit 341 and the discharge guide unit 49. 排出口341と排出案内部49との間では、排出口341から排出されたテープが印字面とは反対側の面を前方に露出しつつ排出案内部49に向けて搬送される。 Between the exit 341 and the discharge guide section 49, the tape discharged from the discharge port 341 is conveyed toward the discharge guide unit 49 while exposing the surface opposite to the front from the printing surface. つまり、距離L0は、テープが露出される長さであるテープ露出長と同義である。 That is, the distance L0 is synonymous with the tape exposure length is the length of the tape is exposed. 本実施形態では、排出口341から半円溝84の左端までの間のアーム前面壁35全体が、特定領域R0である。 In this embodiment, the arm front wall 35 across between the outlet 341 to the left edge of the semi-circular groove 84, a specified area R0.

特定領域R0は、係止孔820が形成される第1領域R1と、第1領域R1以外の、アーム指標部800を含む第2領域R2とを有する。 Specified area R0 includes a first area R1 in which locking hole 820 is formed, other than the first region R1, the second region R2 including the arm indicator portion 800. 以下に、第2領域R2、第1領域R1の順で、各領域について説明する。 Hereinafter, the second region R2, in the order of the first region R1, which describes the areas.

図38に示すように、第2領域R2は、縦情報区域Xおよび横情報区域Yを含む。 As shown in FIG. 38, the second region R2 includes vertical information sections X and lateral information sections Y. 縦情報区域Xは、テープの搬送方向と直交する方向(図38では上下方向)に沿って延びる複数の帯状区域である。 Vertical information sections X is a plurality of strip-shaped sections extending along a direction perpendicular to the transport direction of the tape (in FIG. 38 vertical direction). 横情報区域Yは、テープの搬送方向と平行(図38では左右方向)に延びる複数の帯状区域である。 Horizontal information sections Y is a plurality of strip-shaped sections extending in parallel to the conveying direction of the tape (in FIG. 38 left and right directions).

本実施形態の縦情報区域Xは、5つの縦情報区域X1〜X5を含む。 Vertical information sections X according to the present embodiment includes five vertical information sections X1 to X5. 縦情報区域X1〜X5は、排出口341から間隔をおいて配置され、且つ、正面視で左側から右側に向けて等間隔で配置される。 Vertical information section X1~X5 is arranged from the discharge port 341 at intervals, and are arranged at equal intervals from the left side to the right side in a front view. 縦情報区域X1は、縦情報区域X1〜X5のうちでテープ搬送方向の最下流側(つまり、最も左側)に位置している。 The vertical information section X1 is positioned on the most downstream side in the tape feeding direction (i.e., leftmost) among the vertical information sections X1 to X5. 縦情報区域X1からテープ搬送方向の上流側(つまり、右側)に向けて、縦情報区域X2、X3、X4、X5が順に設けられる。 Upstream side of the tape transport direction from the vertical information section X1 (i.e., the right side) toward the vertical information sections X2, X3, X4, X5 are provided in this order. 縦情報区域X1〜X5の幅長(つまり、左右方向長さ)は略等しく、且つ、縦情報区域X1〜X5のうちで隣り合う縦情報区域同士は等間隔で隣接している。 Width length of the vertical information sections X1 to X5 (i.e., a left-right length) is approximately equal, and the vertical information sections adjacent among the vertical information sections X1 to X5 are adjacent at equal intervals.

本実施形態の横情報区域Yは、3つの横情報区域Y1〜Y3を含む。 Horizontal information sections Y according to this embodiment includes three lateral information sections Y1 to Y3. 横情報区域Y1〜Y3は、正面視で上側から下側に向かって並んで配置される。 Horizontal information section Y1~Y3 are arranged side by side from the upper side toward the lower side in front view. 横情報区域Y1〜Y3のうちで最も上方に位置する横情報区域Y1は、その上下方向中心がアーム前面壁35の高さの略中心となる位置に設けられている。 Horizontal information section Y1 that is positioned uppermost among the lateral information section Y1~Y3 is provided at a position where the vertical center is substantially the center of the height of the arm front wall 35. 横情報区域Y1から下側に向かって、横情報区域Y2、Y3が順に設けられる。 Toward the lateral information section Y1 in the lower, lateral information sections Y2, Y3 are provided in this order. 横情報区域Y1〜Y3の幅長(つまり、上下方向長さ)はそれぞれ略等しく、横情報区域Y1〜Y3のうちで隣り合う横情報区域同士はほぼ等間隔で隣接している。 Width length of the lateral information section Y1 to Y3 (i.e., vertical direction length) substantially equal to each other, the lateral information sections adjacent among the lateral information section Y1 to Y3 are adjacent at approximately equal intervals.

図39に示すように、本実施形態の横情報区域Y1〜Y3のうち、上方の横情報区域Y1、Y2は、アーム前面壁35における所定の高さ寸法(以下、所定高さ)T1の範囲内に設けられる。 As shown in FIG. 39, among the lateral information sections Y1~Y3 of this embodiment, the lateral information sections Y1, Y2 of the upper, the predetermined height of the arm front wall 35 (hereinafter, a predetermined height) T1 range It is provided within. 以下では、所定高さT1の範囲内の領域を、共通指標部831という。 Hereinafter, a region within a range of a predetermined height T1, that the common indicator portion 831. より好適には、共通指標部831は、カセットケース31の上下方向(つまり、高さ方向)における中心線Nを中心とした上下方向に対称な領域である。 More preferably, the common indicator portion 831, the vertical direction of the cassette case 31 (i.e., height direction) is symmetrical region in the vertical direction around the center line N in. 所定高さT1は、テープ幅が異なる複数のテープカセット30の高さのうちで、最も小さい高さと等しい。 Predetermined height T1 is among the heights of the plurality of the tape cassette 30 in which the tape width is different, equal to the smallest height. 一方、所定高さT2(T2>T1)の範囲内のうちで共通指標部831以外の領域を、拡張部832という。 On the other hand, the region other than the common indicator portion 831 within the range of a predetermined height T2 (T2> T1), that extension 832.

横情報区域Y1〜Y3のうち最も下方に位置する横情報区域Y3は、幅広カセット30および幅狭カセット30によって配置が異なる。 Horizontal information section located lowermost among the lateral information section Y1 to Y3 Y3 is different placed by wide cassette 30 and the narrow cassette 30. 幅広カセット30では、共通指標部831と下側の拡張部832とにまたがって、横情報区域Y3が配置される。 In the wide cassette 30, across the extended portion 832 of the common indicator portion 831 and a lower, horizontal information section Y3 is arranged. 幅狭カセット30では、テープカセット30の高さは所定高さT1と等しいので、拡張部832が存在しない。 In the narrow cassette 30, since the height of the tape cassette 30 is equal to the predetermined height T1, there is no extension 832. よって、幅狭カセット30では、共通指標部831の下端部、すなわちアーム前面壁35の下端部に沿って、横情報区域Y3が配置される。 Accordingly, in the narrow cassette 30, the lower end portion of the common indicator portion 831, that is, along the lower end portion of the arm front wall 35, lateral information section Y3 is arranged.

第2領域R2は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、アーム検出スイッチ210に対向する領域である。 The second region R2, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is an area that opposes the arm detecting switch 210. 第2領域R2には、縦情報区域X1〜X5を含むアーム指標部800が設けられる。 In the second region R2, the arm indicator portion 800 including a vertical information section X1~X5 is provided. 縦情報区域X1〜X5のうち少なくとも1つの区域内には、孔部が形成される。 At least one zone of the vertical information sections X1 to X5, the hole portion is formed. 各縦情報区域X1〜X5に孔部が形成されるか否かは、印字用情報に応じて予め定められている。 Whether holes in the vertical information section X1~X5 are formed is predetermined in accordance with the print information. アーム指標部800は、縦情報区域X1〜X5の各々に孔部が形成されているか否かの組合せによって印字用情報を特定する。 Arm indicator portion 800, depending on whether the combination hole in each of the vertical information section X1~X5 is formed to identify the print information. 人は、縦情報区域X1〜X5に形成された孔部の組合せを目視することで、印字用情報を認識できる。 People can visually observe the vertical information sections X1~X5 combinations formed holes in, can recognize the printing information.

本実施形態のように、縦情報区域X1〜X5が等間隔で配置されている場合、縦情報区域X1〜X5のなかに孔部が形成されていない区域があったとしても、人はその区域を容易に特定できる。 As in this embodiment, if the vertical information sections X1 to X5 are arranged at equal intervals, even if areas holes are not formed Some vertical information sections X1 to X5, humans that area the can be easily identified. つまり、縦情報区域X1〜X5のうちで、孔部が形成されている区域と、孔部が形成されていない区域とを、人が目視で正確に特定できる。 In other words, among the vertical information sections X1 to X5, and areas where the hole portion is formed, and a region in which the hole is not formed, people can accurately identify visually.

縦情報区域X1〜X5の上下方向において孔部が形成される位置は、縦情報区域X1〜X5の各々について定められていてもよい。 Position the hole in the vertical direction of the vertical information section X1 to X5 are formed, it may be determined for each of the vertical information sections X1 to X5. 例えば、縦情報区域X1〜X5と横情報区域Y1〜Y3とが交差して重なり合う複数の領域(以下、重なり領域という)のうち、縦情報区域X1〜X5の各々に1つずつの重なり領域を指標部として定める。 For example, a plurality of regions and the vertical information section X1~X5 and the lateral information section Y1~Y3 overlap intersect (hereinafter, overlapping referred region) of the overlap region, one for each of the vertical information sections X1~X5 defined as the indicator portion. アーム指標部800は、この指標部に孔部が形成されているか否かの組合せによって、印字用情報を特定してもよい。 Arm indicator portion 800, depending on whether the combination hole is formed in the indicator portions may identify the print information. この場合、アーム検出スイッチ210(図11参照)に対応する位置を指標部として定めれば、テープ印字装置1も印字用情報を特定できる。 In this case, it is determined a position corresponding to the arm detecting switches 210 (refer to FIG. 11) as the indicator portion, the tape printer 1 can also identify the print information.

本実施形態では、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、5つのアーム検出スイッチ210A〜210E(図11参照)のそれぞれに対向する5つの重なり領域が、指標部800A〜800Eとして機能する。 In the present embodiment, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, five overlapping areas that face each of the five arms detecting switches 210a-210e (see FIG. 11), as an index portion 800A~800E Function. 詳細には、図38に示すように、縦情報区域X1と横情報区域Y2とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Aに対向する指標部800Aとして機能する。 Specifically, as shown in FIG. 38, the area where the vertical information section X1 and the lateral information section Y2 overlap intersect functions as the indicator portion 800A opposed to the arm detecting switch 210A.

縦情報区域X2と横情報区域Y1とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Bに対向する指標部800Bとして機能する。 Region vertical information section X2 and the lateral information section Y1 overlap intersect functions as the indicator portion 800B facing the arm detecting switch 210B. 縦情報区域X3と横情報区域Y2とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Cに対向する指標部800Cとして機能する。 Region vertical information section X3 and the lateral information section Y2 overlap intersect functions as the indicator portion 800C that opposes the arm detecting switch 210C. 縦情報区域X4と横情報区域Y1とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Dに対向する指標部800Dとして機能する。 Region vertical information section X4 and the lateral information section Y1 overlap intersect functions as the indicator portion 800D that opposes the arm detecting switch 210D. 縦情報区域X5と横情報区域Y3とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Eに対向する指標部800Eとして機能する。 Area in which the vertical information section X5 and the lateral information section Y3 is crosses over functions as the indicator portion 800E that opposes the arm detecting switch 210E.

このように、縦情報区域X1〜X5には指標部が1つずつ配置される。 Thus, the index portion and the vertical information section X1~X5 are arranged one by one. さらに、隣り合う縦情報区域の指標部同士は、左右方向に並ばない。 Moreover, the index portions of the vertical information sections of adjacent, not aligned in the lateral direction. つまり、指標部800A〜800Eは、ジグザグに配置されている。 That is, the index portion 800A~800E are arranged in a zigzag. このような配置を採用した場合には、隣り合う縦情報区域の指標部がいずれも孔部で構成される場合であっても、ある縦情報区域の指標部と隣り合う縦情報区域の指標部との区別をより容易にすることができる。 Indicator unit of such an in the case of employing the arrangement, also the index portion of the vertical information sections neighboring in a case constituted by both holes, adjacent to the indicator portion of a vertical information section vertical information section it can be easier to distinguish between the.

図38に示す例では、指標部800A、800C、800Dには、孔部が形成されている。 In the example shown in FIG. 38, the indicator portions 800A, 800C, the 800D, a hole is formed. 指標部800B、800Eは、孔部が形成されていない、アーム前面壁35に含まれる面部の一部である。 Indicator portions 800B, 800E, the holes are not formed, which is part of the surface that is included in the arm front wall 35. このように、指標部800A〜800Eは、各々が、人の目視によって識別可能な孔部または面部で構成される。 Thus, the index section 800A~800E are each comprised of a possible hole or surface identified by visual human. さらに、これらの孔部および面部は、それぞれ、後述の非押圧部801および押圧部802としてそれぞれ機能する。 Furthermore, these holes and the surface portion, respectively, serve respectively as a non-pressing portions 801 and the pressing portion 802 will be described later. 指標部800A〜800Eとアーム検出スイッチ210との関係については、後で詳述する。 The relationship between the index portion 800A~800E and the arm detecting switches 210 will be described in detail later.

第1領域R1は、テープカセット30がカセット装着部8に装着され、且つ、プラテンホルダ12が印字位置に移動した場合(図6〜図8参照)、係止片225(図11参照)に対向する領域である。 Opposite the first region R1, the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, and, if the platen holder 12 moves to the printing position (see FIGS. 6-8), the latching piece 225 (see FIG. 11) an area for. 図39に示すように、第1領域R1は、共通指標部831内に設けられる。 As shown in FIG. 39, the first region R1 is provided in the common indicator portion 831. 第1領域R1には、係止片225が挿入される係止孔820が形成されている。 The first region R1, the locking hole 820 engaging piece 225 is inserted is formed. 第1領域R1は、少なくとも係止片225の背面視形状に対応する領域よりも大きい。 The first region R1 is larger than the area corresponding to the rear-view shape of at least the engaging piece 225.

第1領域R1は、アーム部34の排出口341から間隔をおいて配置され、且つ、その右端部が少なくとも縦情報区域X1よりもテープ搬送方向の上流側(つまり、右側)に位置している。 The first region R1 is spaced from the exit 341 of the arm portion 34, and its right end portion is located at least the vertical information section upstream side of the tape transport direction than X1 (i.e., right) . 図38の例では、縦情報区域X1〜X5のうちでテープ搬送方向の最上流側に位置する縦情報区域X5の右端部は、第1領域R1の左右方向の略中心線上に位置する。 In the example of FIG. 38, the right end portion of the vertical information section X5, located on the most upstream side in the tape feed direction among the vertical information sections X1~X5 is located substantially on the center line in the lateral direction of the first region R1. よって、係止孔820の右端部は、縦情報区域X1〜X5の全てよりもテープ搬送方向の上流側(つまり、右側)に位置している。 Therefore, the right end portion of the locking hole 820, the upstream side of the tape feeding direction than all of the vertical information sections X1 to X5 (i.e., right) are located. 第1領域R1の左右方向長さは、縦情報区域X1〜X5の幅長のほぼ2倍である。 Left-right length of the first region R1 is approximately twice the width length of the vertical information sections X1 to X5.

第1領域R1は、横情報区域Y1〜Y3のうちで最も上方に位置する横情報区域Y1に隣接して上方に設けられている。 The first region R1 is provided above and adjacent to the lateral information section Y1 that is positioned uppermost among the lateral information section Y1 to Y3. つまり、係止孔820の上端部は、横情報区域Y1〜Y3の全てよりも上方に位置している。 That is, the upper end portion of the locking hole 820 is positioned above the all lateral information section Y1 to Y3. 図38の例では、第1領域R1の上下方向長さは、横情報区域Y1〜Y3の幅長の2/3程度である。 In the example of FIG. 38, the vertical length of the first region R1 is the width length about 2/3 of the lateral information section Y1 to Y3.

係止孔820は、左右方向に延びるスリット状の貫通孔である。 Locking hole 820 is a slit-like through hole extending in the lateral direction. テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態で、プラテンホルダ12が待機位置(図5参照)と印字位置(図6〜図8参照)との間で移動するのに伴って、係止片225が係止孔820に挿脱される。 In a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the platen holder 12 with the to move between the standby position (see FIG. 5) and the printing position (see FIGS. 6-8), locking piece 225 is inserted into and removed from the locking hole 820. 係止孔820は、第1領域R1と同一形状の孔部であってもよいし、第1領域R1を含む大きさの孔部であってもよい。 Locking hole 820 may be a hole of the same shape as that of the first region R1, may be a hole of size including a first region R1. 係止孔820は、貫通孔ではなく、凹部として形成されてもよい。 Locking hole 820, not the through hole, it may be formed as a recess. 係止孔820の下壁は、水平方向に対して傾斜する傾斜部821である(図50参照)。 Lower wall of the locking hole 820 is an inclined portion 821 that is inclined with respect to the horizontal direction (see FIG. 50). 係止孔820の上下方向の開口幅は、傾斜部821によって後方に向かって漸減している。 Vertical opening width of the locking hole 820 is gradually decreased toward the rear by the inclined portion 821.

図37を参照して、アーム前面壁35における各種構成要素の位置関係について説明する。 Referring to FIG. 37, described positional relationship of the various components in the arm front wall 35. 図37において、中心線Cは、カセットケース31の左右方向の中心線である。 In Figure 37, the center line C is a center line in the lateral direction of the cassette case 31. 本実施形態のアーム指標部800は、カセットケース31の左右方向の中心位置、つまり中心線C上に設けられている。 Arm indicator portion 800 of the present embodiment, the center positions of the left and right direction of the cassette case 31, that is provided on the center line C. 距離L0は、排出口341と排出案内部49との距離(テープ露出長)を示す。 The distance L0 represents the distance between the discharge port 341 and the discharge guide section 49 (tape exposure length). 距離L1は、中心線Cから左右基準線C1までの距離を示す。 Distance L1 indicates a distance from the center line C to the left and right reference line C1.

左右基準線C1は、係止孔820が設けられる左右方向の位置を特定する仮想的な線である。 Lateral reference line C1 is a virtual line that specifies the position in the lateral direction of the locking hole 820 is provided. 左右基準線C1としては、その線上に必ず係止孔820が位置する線を用いればよく、例えば第1領域R1の左右方向の中心線を用いることができる。 The left and right reference line C1, may be used a line always locking hole 820 on the line is located, can be used, for example the center line in the lateral direction of the first region R1. 上下基準線C2は、係止孔820が設けられる上下方向の位置を特定する仮想的な線である。 Vertical reference line C2 is a virtual line that specifies the position in the vertical direction locking hole 820 is provided. 上下基準線C2としては、その線上に必ず係止孔820が位置する線を用いればよく、例えば第1領域R1の上下方向の中心線を用いることができる。 The vertical reference line C2, may be used a line always locking hole 820 on the line is located, it can be used, for example the vertical direction of the center line of the first region R1.

範囲LW1は、中心線Cからテープ搬送方向下流側(図37では左方向)に向かって、テープ露出長L0の14〜20%の範囲を示す。 Range LW1 comprises, from the center line C in the tape feeding direction downstream side (in FIG. 37 left), showing the range 14 to 20% of the tape exposure length L0. 範囲LW2は、アーム部34の排出口341からテープ搬送方向上流側に向かってテープ露出長L0の30〜36%の範囲を示す。 Range LW2 shows the range of the 30 to 36 percent of the tape exposure length L0 toward the exit 341 of the arm portion 34 in the tape conveying direction upstream side.

図37に示すように、特定領域R0の左右方向長さは、テープ露出長L0以下である。 As shown in FIG. 37, a left-right length of the specified area R0, or less tape exposure length L0. 距離L1は、テープ搬送方向上流側(図37では右方向)に向かって、テープ露出長L0の18〜24%の範囲内にある。 Distance L1 is toward the tape feeding direction upstream side (in FIG. 37 right), in the range 18 to 24% of the tape exposure length L0. 上下基準線C2は、共通指標部831内にある。 Vertical reference line C2 is within the common indicator portion 831. 縦情報区域X1の少なくとも一部は、範囲LW1内にある。 At least a portion of the vertical information section X1 is within the range LW1. 縦情報区域X1の少なくとも一部は、範囲LW2内にある。 At least a portion of the vertical information section X1 is within the range LW2. 隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔は、テープ露出長L0の7〜10%の範囲内にある。 The space between the center lines of the right and left direction of the vertical information sections adjacent is in the range from 7 to 10 percent of the tape exposure length L0.

上記のように、アーム前面壁35における各種構成要素の位置関係が規定されているのは、以下の理由による。 As described above, the positional relationship of the various components in the arm front wall 35 is defined for the following reason.

第一に、距離L1はテープ露出長L0の18〜24%の範囲内にあることが好ましい。 First, the distance L1 is preferably in the range 18 to 24% of the tape exposure length L0. 距離L1がテープ露出長L0の18〜24%の範囲よりも大きいと、係止孔820が特定領域R0の範囲外に位置するおそれがあるためである。 If the distance L1 is larger than the range 18 to 24% of the tape exposure length L0, there is a possibility that the locking hole 820 is positioned outside the specified area R0. 逆に、距離L1がテープ露出長L0の18〜24%の範囲よりも小さいと、特定領域R0の左右方向の範囲が短くなり、例えば5列の縦情報区域を配置できないおそれがあるためである。 Conversely, when the distance L1 is less than the range 18 to 24% of the tape exposure length L0, the range in the lateral direction of the specified area R0 is shortened, is because it may not be arranged in the vertical information sections, for example five columns .

例えば、人が下ケース312単体を目視して、カセットケース31に収納させるべきテープを特定する場合を想定する。 For example, a person views the bottom case 312 itself, a case of specifying the tape to be accommodated in the cassette case 31. この場合、下ケース312にテープが装着されていない状態でも、人は目視でテープ露出長L0の長さおよび中心線Cの位置を特定できる。 In this case, even when the tape on the lower case 312 is not mounted, the person can identify the position of the length and the center line C of the tape exposure length L0 visually. さらに、人はテープ露出長L0および中心線Cを基準として、係止孔820の位置を特定できる。 Furthermore, a person on the basis of the tape exposure length L0 and the center line C, can locate the locking hole 820.

第二に、縦情報区域X1の少なくとも一部が、範囲LW1内にあることが好ましい。 Second, at least a part of the vertical information section X1 is preferably in the range LW1. 第三に、縦情報区域X1の少なくとも一部が、範囲LW2内にあることが好ましい。 Thirdly, at least a part of the vertical information section X1 is preferably in the range LW2. 縦情報区域X1が範囲LW1、LW2の範囲外にあると、縦情報区域X1が排出口341に近づきすぎてしまい、下ケース312の成形時にショートショットが生じるおそれがあるためである。 When the vertical information section X1 is outside the scope LW1, LW2, the vertical information section X1 is excessively close to the discharge port 341, there is a possibility that short shot occurs during the molding of the lower case 312. 逆に、縦情報区域X1が排出口341から遠ざかりすぎてしまい、特定領域R0の範囲内に例えば5列の縦情報区域を配置できないおそれがあるためである。 Conversely, the vertical information section X1 is excessively away from the outlet 341, there is a possibility that can not be placed vertical information sections, for example five columns within the specified area R0.

この場合、人は範囲LW1、LW2を基準として、縦情報区域X1の位置を特定できる。 In this case, the person based on the range LW1, LW2, can locate the vertical information section X1. 特に、人の目視によって特定容易な部位である中心線Cおよび排出口341を基準として、縦情報区域X1の位置をより容易に且つ正確に特定できる。 In particular, reference to the center line C and the outlet 341 is a particular easy site by visual human, the position of the vertical information section X1 can more easily and accurately identified. さらに、縦情報区域X1の位置を特定する場合には、一定の限られた範囲のみ目視すればよいため、ユーザの負担を抑制できる。 Furthermore, in the case of specifying the position of the vertical information section X1, since it is sufficient visual only a limited range of constant, it is possible to suppress the burden on the user.

第四に、隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がテープ露出長L0の7〜10%の範囲内となるように、縦情報区域X1〜X5が左右方向に位置することが好ましい。 Fourth, as the space between the center lines of the right and left direction of the vertical information sections adjacent is in the range from 7 to 10 percent of the tape exposure length L0, that the vertical information section X1~X5 is located in the left-right direction preferable. 隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がこれ以上短いと、隣り合う縦情報区域を区別するのが難しくなるためである。 When the space between the center lines of the right and left direction of the vertical information sections neighboring more short, in order to distinguish the vertical information sections adjacent difficult. 逆に、隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がこれ以上長いと、特定領域R0の範囲内に例えば5列からなる縦情報区域を配置できなくなるためである。 Conversely, because the distance between the center lines in the lateral direction of the vertical information sections neighboring the more long, can not be arranged vertical information section made of, for example five columns within the specified area R0. これにより、人は縦情報区域X1を基準として、他の縦情報区域X2〜X5の位置を特定できる。 Thus, a person based on the vertical information section X1, can locate the other vertical information sections X2~X5.

以上のようにアーム前面壁35の各種位置関係を規定することによって、人が目視によって縦情報区域X1〜X5や指標部800A〜800Eの位置を容易に認識することが可能となる。 By defining various positional relationship between the arm front wall 35 as described above, a human is able to easily recognize the position of the vertical information section X1~X5 and indicator portion 800A~800E visually. 以下にその理由を説明する。 The reason for this will be described below.

人は縦情報区域X1〜X5の左右方向位置をすべて把握している場合、各縦情報区域X1〜X5に孔部が形成されているか否かを確認するだけで、印字用情報を特定できる。 People If you know all the lateral direction position of the vertical information sections X1 to X5, simply checks whether the hole in each vertical information sections X1 to X5 are formed, it can be identified print information. 一方、人が縦情報区域X1〜X5の左右方向位置を把握していない場合には、以下のように目視で位置を特定可能である。 On the other hand, when a person does not know the position in the lateral direction of the vertical information section X1~X5 is possible to specify the position visually as follows.

まず、人は係止孔820を指標として、縦情報区域X1〜X5の配置位置を絞り込むことができる。 First, one of the locking holes 820 as an index, it is possible to narrow down the positions of the vertical information sections X1 to X5. 先述したように、係止孔820の右端部は、少なくとも縦情報区域X1よりもテープ搬送方向の上流側(つまり、右側)に位置している。 As described earlier, the right end portion of the locking hole 820 is positioned at least the vertical information section upstream side of the tape transport direction than X1 (i.e., right). 人は、アーム前面壁35のうちで縦情報区域X1が配置される可能性がある範囲を、係止孔820の右端部よりもテープ搬送方向の下流側(つまり、左側)に絞り込むことができる。 One can narrow the scope of the vertical information section X1 is likely to be placed within the arm front wall 35, on the downstream side of the tape transport direction of the right end portion of the engaging hole 820 (i.e., left side) . さらに、係止孔820の右端部は、縦情報区域X1〜X5の全てよりもテープ搬送方向の上流側に位置している。 Further, the right end portion of the locking hole 820 is positioned on the upstream side of the tape transport direction than all of the vertical information sections X1 to X5. 人は、縦情報区域X1〜X5が配置される可能性がある範囲を、係止孔820の右端部よりも左側に絞り込むことができる。 People, the range that could vertical information section X1~X5 is arranged, of the right end portion of the locking hole 820 can be narrowed down to the left.

人は縦情報区域X1の位置を、以下のように特定することができる。 People the position of the vertical information section X1, can be identified as follows. 第一に、縦情報区域X1〜X5は、アーム部34の排出口341から間隔をおいて配置される。 First, the vertical information sections X1~X5 is spaced from the exit 341 of the arm portion 34. 人は、排出口341から縦情報区域X1までの離間距離をあらかじめ把握していれば、排出口341を基準として縦情報区域X1の左右方向位置を特定できる。 Person, if the previously grasped the distance from the discharge port 341 to the vertical information section X1, can specify the position in the lateral direction of the vertical information section X1 outlet 341 as a reference. 第二に、縦情報区域X1の少なくとも一部は、範囲LW1内にある。 Second, at least a part of the vertical information section X1 is within the range LW1. 第三に、縦情報区域X1の少なくとも一部は、範囲LW2内にある。 Thirdly, at least a part of the vertical information section X1 is within the range LW2. このように、排出口341または中心線Cという目視で容易に把握できる部位を基準として、縦情報区域X1の左右方向位置を特定できる。 Thus, based on the site it can be easily grasped visually that the outlet 341 or center line C, can specify the position in the lateral direction of the vertical information section X1.

縦情報区域X1〜X5は、アーム前面壁35において正面視で左側から右側に向けて等間隔で配置される。 Vertical information section X1~X5 are arranged from the left side in a front view in the arm front wall 35 at equal intervals toward the right side. 人は、縦情報区域X1〜X5のうちで隣り合う縦情報区域の配置間隔、または隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がテープ露出長L0の7〜10%の範囲内にあることをあらかじめ把握していれば、縦情報区域X1を基準として他の縦情報区域X2〜X4の左右方向位置を特定できる。 Person within the arrangement interval of the vertical information sections or the space between the center lines of the right and left direction of the vertical information sections adjacent, is 7 to 10 percent of the tape exposure length L0 adjacent among the vertical information sections X1~X5 to if advance know that there can specify the position in the lateral direction of the other vertical information sections X2~X4 based on the vertical information section X1.

さらに、図38の例のように、指標部800A〜800Eに孔部が形成されているか否かで印字用情報が特定される場合には、指標部800A〜800Eの位置特定も必要となる。 Furthermore, as in the example of FIG. 38, when the print information is identified based on whether the hole in the indicator portion 800A~800E is formed, it is necessary localization of the indicator portion 800A~800E. 人は、横情報区域Y1〜Y3が配置される上下方向位置をすべて把握していれば、縦情報区域X1〜X5内の指標部800A〜800Eの上下方向位置を、横情報区域Y1〜Y3を基準として特定できる。 Person, if the grasp of all the vertical positions of the lateral information section Y1~Y3 is arranged, the vertical position of the index portion 800A~800E in the vertical information sections X1 to X5, the lateral information section Y1~Y3 It can be specified as a reference. つまり、縦情報区域X1〜X5と横情報区域Y1〜Y3との重なり領域に設けられる指標部800A〜800Eの規定位置(左右方向位置および上下方向位置)を、人が目視で特定できる。 That is, defined position of the index portion 800A~800E provided in the overlap region of the vertical information section X1~X5 and the lateral information section Y1~Y3 the (left-right direction position and the vertical position), the human can be identified visually.

係止孔820の上端部は、アーム前面壁35の高さ寸法の範囲内で、横情報区域Y1〜Y3のいずれよりも上方に位置する。 The upper end of the locking hole 820, within the height of the arm front wall 35, located above the one of the lateral information section Y1 to Y3. 人は、横情報区域Y1〜Y3の上下方向位置を把握していない場合であっても、横情報区域Y1〜Y3が配置される可能性がある範囲を、係止孔820の上端部の下側に絞り込むことができる。 People, even if you do not know the vertical positions of the lateral information sections Y1 to Y3, the range that may transverse information section Y1 to Y3 are arranged below the upper end of the locking hole 820 it can be narrowed down to the side.

横情報区域Y1、Y2は、共通指標部831内に配置される。 Horizontal information sections Y1, Y2 are arranged in a common indicator portion 831. 共通指標部831の所定高さT1は、共通部32の幅Tよりもわずかに大きい。 Predetermined height of the common indicator portion 831 T1 is slightly larger than the width T of the common portion 32. 人は、共通部32を基準として、共通指標部831の範囲を特定できる。 Human, based on the common unit 32 can identify the scope of the common indicator portion 831. 幅広カセット30では、共通指標部831と下側の拡張部832とにまたがって、横情報区域Y3が左右方向に延びる。 In the wide cassette 30, across the extended portion 832 of the common indicator portion 831 and a lower, horizontal information section Y3 extends in the right-left direction. 幅狭カセット30では、アーム前面壁35の下端部に沿って延びる。 In the narrow cassette 30, extends along the lower end portion of the arm front wall 35. よって、人は横情報区域Y3の位置を容易に特定できる。 Therefore, a person can easily identify the position of the lateral information section Y3.

横情報区域Y1〜Y3は、第2領域R2において上下方向にほぼ等間隔で並んでいる。 Horizontal information section Y1~Y3 are arranged at approximately equal intervals in the vertical direction in the second region R2. 人は、横情報区域Y1〜Y3のすべての上下方向位置を把握していない場合でも、カセットケース31の中心線Nや共通部32という目視で容易に把握できる部位を基準として、横情報区域Y1、Y2の位置を特定できる。 People, even if you do not know all of the vertical position of the lateral information sections Y1 to Y3, based on the site can be easily grasped visually that the center line N and the common portion 32 of the cassette case 31, the lateral information section Y1 , you can identify the position of Y2.

このように、本実施形態のテープカセット30は、人がアーム前面壁35を目視することによって、アーム指標部800の縦情報区域X1〜X5、および指標部800A〜800Eの規定位置を特定可能に構成されている。 Thus, the tape cassette 30 of the present embodiment, by a person viewing the arm front wall 35, the vertical information sections X1~X5 arm indicator portion 800, and the defined position of the indicator portion 800A~800E identifiable It is configured.

次に、アーム指標部800の縦情報区域X1〜X5の各々、または指標部800A〜800Eの各々に孔部が形成されているか否かの組合せによる印字用情報の特定について説明する。 Next, each of the vertical information sections X1~X5 arm indicator portion 800 or in each of the indicator portions 800A~800E for specific printing information by whether a combination hole is formed will be described. 印字用情報には様々な要素があるが、本実施形態では、これらの要素のうち、テープ幅、印字態様、および色テーブルの3要素を特定する例を挙げて説明する。 Although the print information is a variety of elements, in this embodiment, among these elements, the tape width, the print mode, and will be described with an example of identifying the three elements of the color table.

縦情報区域X1〜X5がそれぞれに特定する印字用情報の要素は、予め定められている。 Elements of print information vertical information section X1~X5 identifies each are predetermined. 本実施形態では、縦情報区域X1、X2、X5は、テープ幅を特定する情報を示す区域として定められている。 In the present embodiment, the vertical information sections X1, X2, X5 is defined as the area indicating information for identifying the tape width. 縦情報区域X3は、印字態様を特定する情報を示す区域として定められている。 Vertical information section X3 is determined as a section that indicates information for identifying the print mode. 縦情報区域X4は、色テーブルを特定する情報を示す区域として定められている。 Vertical information section X4 is determined as a section that indicates information for identifying the color table.

さらに、図38に示すように、縦情報区域X1〜X5内における特定の重なり領域が指標部800A〜800Eとして機能する場合には、指標部800A〜800Eが設けられた縦情報区域X1〜X5に応じて、指標部800A〜800Eがそれぞれに特定する印字用情報の要素が決まる。 Furthermore, as shown in FIG. 38, when a specific overlapping area in the vertical information section X1~X5 serves as the indicator unit 800A~800E is a vertical information section X1~X5 the indicator portion 800A~800E is provided in response, it determines the elements of the print information indicator portion 800A~800E identifies each. 本実施形態では、指標部800A、800B、800Eは、テープ幅を特定する指標部である。 In this embodiment, the indicator portions 800A, 800B, 800E are indicators unit for identifying the tape width. 指標部800Cは、印字態様を特定する指標部である。 Indicator portion 800C is an indicator unit for specifying a print mode. 指標部800Dは、色テーブルを特定する指標部である。 Indicator portion 800D is an indicator unit that specifies a color table.

縦情報区域X1、X2、X5および指標部800A、800B、800Eは、それぞれテープ幅特定部として機能する。 The vertical information sections X1, X2, X5 and indicator portions 800A, 800B, 800E functions as the tape width specifying portion, respectively. 縦情報区域X3および指標部800Cは、それぞれ印字態様特定部として機能する。 Vertical information section X3 and the indicator portion 800C functions as a print mode specification unit respectively. 縦情報区域X4および指標部800Dは、それぞれ色テーブル特定部として機能する。 Vertical information section X4 and the indicator portion 800D functions as a color table specifying unit respectively. テープカセット30は、他の特定部の構成にかかわらず、各特定部のみで対応する印字用情報の要素を特定可能である。 The tape cassette 30, regardless of the configuration of other specific part, it is possible to specify the elements of printing information corresponding only each particular section. 以下では、指標部800A〜800Eによる印字用情報の特定方法を例にして説明する。 Hereinafter, it will be described as an example a particular method of printing the information by the index unit 800A~800E.

表1〜表3を参照して、各特定部によって特定される印字用情報(テープ幅、印字態様、および色テーブル)について説明する。 Referring to Table 1 to Table 3, the printing information specified by the specifying section (a tape width, the print mode, and the color table) will be described. 便宜上、表中では、指標部800A〜800Eに孔部が形成されている場合が「0」で示されている。 For convenience, in the tables, if the hole is formed in the indicator portions 800A~800E is indicated by "0". 指標部800A〜800Eに孔部は形成されていない場合(つまり、面部である場合)が「1」で示されている。 If the index hole in the portion 800A~800E is not formed (that is, if surface) is indicated by "1". なお、縦情報区域X1〜X5の各々に孔部が形成されているか否かで印字用情報が特定される場合には、表1〜表3の指標部800A〜800Eをそれぞれ縦情報区域X1〜X5に置き換えることによって、以下の説明と同様に印字用情報を特定できる。 In the case where printing information on whether the hole in each of the vertical information section X1~X5 is formed is identified, Tables 1-3 of the index portion 800A~800E the vertical information section, respectively X1~ by replacing X5, you can identify the print information as with the following description.

表1に示すように、テープ幅特定部を構成する指標部800A、800B、800Eがそれぞれ孔部であるか、または面部であるかの組合せに対応して、3.5mm〜36mmまでの7種類のテープ幅が定められている。 As shown in Table 1, the index portion 800A constituting the tape width specifying portion, 800B, 800E corresponds to the one of the combination or respectively the hole, or surface, seven up 3.5mm~36mm tape width is defined in. 人は、アーム指標部800のうちで、縦情報区域X1、X2、X5内にそれぞれ存在する指標部800A、800B、800Eを目視するだけで、テープカセット30のテープ幅を認識できる。 Person among the arm indicator portion 800, the vertical information sections X1, X2, indicator portion 800A at each occurrence in the X5, 800B, and 800E only visually can recognize the tape width of the tape cassette 30.

表1に示すように、指標部800Eは、テープ幅が所定幅(18mm)以上の場合には面部であると定められている。 As shown in Table 1, the indicator portion 800E is defined as when the tape width is less than a predetermined width (18 mm) is surface portion. テープ幅が所定幅未満の場合には、孔部であると定められている。 When the tape width is less than the predetermined width is defined to be a hole. 人は、指標部800Eの位置を目視で特定し、そこに孔部が設けられているか否かを確認するだけで、テープ幅が所定幅(18mm)以上であるか否を認識できる。 Person identified visually the position of the indicator portion 800E, simply confirms there whether holes are provided, can recognize whether the tape width is a predetermined width (18 mm) or more.

さらに、人は指標部800A、800Bに基づいて、テープ幅の大小関係を、テープ幅が所定幅(18mm)以上または所定値未満の各範囲内で特定できる。 Furthermore, the person indicator portion 800A, on the basis of 800B, a size relationship of the tape width, the tape width can be identified within each range of less than the predetermined width (18 mm) or more or a predetermined value. 詳細には、指標部800A、800Bがそれぞれ孔部、面部(表1では「0、1」の組合せ)の場合は、テープ幅が所定幅以上の範囲内または所定値未満の範囲内で最大のテープ幅(表1では36mmまたは12mm)を示す。 In particular, the indicator portions 800A, 800B each hole, surface in the case of (table combination of the 1 "0,1"), the tape width is greatest in the range of less than or within a predetermined value range over a predetermined width indicating the tape width (Table 1 36 mm or 12 mm).

指標部800A、800Bがそれぞれ面部、孔部(表1では「1、0」の組合せ)の場合は、テープ幅が所定幅以上または所定値未満の各範囲内で2番目に大きいテープ幅(表1では24mmまたは9mm)を示す。 Indicator portions 800A, if 800B is respectively face, holes (the combination of Table 1 "1,0"), tape width (Table larger tape width the second within each range of less than the predetermined width or more or a predetermined value In 1 shows a 24mm or 9 mm). 指標部800A、800Bの両方が孔部(表中では「0、0」の組合せ)の場合は、テープ幅が所定幅以上または所定値未満の各範囲内で、3番目に大きいテープ幅(表1では6mmまたは18mm)を示す。 Indicator portions 800A, when both 800B is the hole (combinations in the table "0,0"), the tape width is within each range of less than the predetermined width or predetermined value, the tape width (Table third largest In 1 shows a 6mm or 18 mm). なお、指標部800A、800Bが共に面部(表中では「1、1」の組合せ)の場合は、最も小さなテープ幅(表1では3.5mm)を示す。 In the case of indicator portions 800A, 800B are both surface (the combination of "1, 1" in the table), indicating the smallest tape width (Table 1 3.5 mm).

人は、指標部800A、800B、800Eの位置を目視で特定し、指標部800Eに孔部が形成されているか否かを確認して、テープ幅が所定幅以上および所定幅未満のいずれであるかを判別できる。 People may identify the indicator portions 800A, 800B, the position of 800E visually check whether holes in the indicator portion 800E is formed, it is either the tape width is less than or greater than a predetermined width and a predetermined width or it can be determined. さらに、人は、指標部800A、800Bの各々に孔部が形成されているか否かを確認して、より詳細なテープ幅を特定できる。 Furthermore, a person indicator portions 800A, to check whether the hole in each of 800B are formed, can be specified more detailed tape width. 例えば、図37〜図39に示す幅広カセット30は、指標部800Eが面部、指標部800Aが孔部、指標部800Bが面部である。 For example, the wide cassette 30 shown in FIGS. 37 39, surface portions indicator portion 800E, the hole portion is the indicator portions 800A, the index portion 800B is surface portion. この場合、人はアーム指標部800を目視して、テープ幅が所定幅の18mm以上で最大幅、つまり「36mm」であると特定できる。 In this case, the person views the arm indicator portion 800, can be specified as the tape width is the maximum width, or "36mm" above 18mm of a predetermined width.

所定幅の数値を認識していれば、人は、テープカセット30全体を目視するだけでも、テープカセット30のテープ幅が所定幅未満であるか否かを判別できる。 If you know the numeric value of the predetermined width, a person alone to visually entire tape cassette 30, can determine whether the tape width of the tape cassette 30 is less than the predetermined width. したがって、アーム指標部800に含まれるテープ幅特定部として、縦情報区域X1、X2が規定されてもよいし、指標部800A、800Bの2つが配置されてもよい。 Thus, as the tape width specifying portion included in the arm indicator portion 800, to the vertical information sections X1, X2 may be defined, the indicator portions 800A, may be but two placement 800B. この場合、排出口341から露出部77に排出されるテープの幅と、排出口341に隣接する縦情報区域X1、X2とを、人が同時に目視できる。 In this case, the width of the tape that is discharged to the exposed portion 77 from the discharge port 341, and the vertical information sections X1, X2 adjacent the outlet 341, people can visually simultaneously. 人は、露出部77で露出するテープの幅を、テープ幅特定部が示すテープ幅と正確に照合できる。 People, the width of the tape exposed at the exposed portion 77 can be accurately match the tape width indicated by the tape width specifying portion.

一方、テープ幅特定部が縦情報区域X1、X2以外の縦情報区域を含む場合には、その縦情報区域はテープ幅が所定幅未満であるか否かを示すことが好ましい。 On the other hand, when the tape width specifying portion includes vertical information sections X1, X2 vertical information sections other than the vertical information section that is preferably indicates whether the tape width is less than the predetermined width. 本実施形態では、縦情報区域X5が、テープ幅が所定幅未満であるか否かに応じて、孔部および面部のいずれを含む。 In the present embodiment, the vertical information section X5, depending on whether the tape width is less than the predetermined width, including any of the holes and the surface portion. 人は、縦情報区域X5が孔部および面部のいずれであるかを確認することで、テープ幅が所定幅未満であるか否かを特定できる。 People, by the vertical information section X5 to confirm whether it is a hole and the surface portion, the tape width can be identified whether it is less than a predetermined width. さらに、縦情報区域X5は、縦情報区域X1、X2から離間した位置に設けられている。 Further, the vertical information section X5 is disposed at a position spaced from the vertical information sections X1, X2. 人は、縦情報区域X5を縦情報区域X1、X2と混同することなく、テープ幅が所定幅未満であるか、または所定幅以上であるかを正確に判別できる。 People, the vertical information section X5 vertical information sections X1, X2 and without confusion, can accurately determine whether the tape width is one less than the predetermined width, or a predetermined width or more.

表2に示すように、印字態様特定部を構成する指標部800Cが孔部であるか、または面部であるかに対応して、印字態様が鏡像印字(ラミネート)および正像印字(レセプタ)のいずれであるかが定められている。 As shown in Table 2, or the indicator portion 800C which constitutes the print mode specification unit is holes, or in response to whether the surface printing mode is the mirror image printing (laminating) and normal image printing (receptor) of whether it is defined. 詳細には、指標部800Cが孔部の場合(表中では「0」)には、印字態様がラミネートであると定められている。 Specifically, if the indicator portion 800C is the hole ( "0" in the table), print mode is defined as a laminate. 指標部800Cが面部(表中では「1」)の場合には、印字態様がレセプタであることが定められている。 When indicator portion 800C is surface portion ( "1" in the table) is while it is determined print mode is receptor.

人は、アーム指標部800のうちで、縦情報区域X3内に存在する指標部800Cを目視するだけで、テープカセット30の印字態様を認識できる。 Person among the arm indicator portion 800, by simply looking at the indicator portion 800C which is present in the vertical information zone X3, can recognize the print mode of the tape cassette 30. 詳細には、人は、指標部800Cの位置を目視で特定し、そこに孔部が形成されているか否かを確認するだけで、印字態様がラミネートおよびレセプタのいずれであるかを判別できる。 In particular, a person identified visually the position of the indicator portion 800C, only confirms there whether a hole is formed, print mode can be determined which one of the laminates and receptors. 例えば、図37〜図39に示す幅広カセット30は、指標部800Cが孔部である。 For example, the wide cassette 30 shown in FIGS. 37 39, the indicator portion 800C is hole. この場合、人はアーム指標部800を目視して、印字態様は「ラミネート」であると特定できる。 In this case, the person views the arm indicator portion 800, the print mode can be specified as "laminate".

印字態様の「レセプタ」は、テープにインクリボンのインクを転写するレセプタタイプと、インクリボンを用いずに感熱テープで発色するサーマルタイプの他、鏡像印字を行わないタイプの全ての印字タイプを含む。 "Receptor" in print mode includes a receptor type that transfers the ink of the ink ribbon to the tape, other thermal type that develops color by thermal tape without using an ink ribbon, all printing types type that does not perform mirror image printing . したがって、人は印字態様を特定することにより、正像印字用のテープカセット30(或いは製造工程において、正像印字用として用意されたカセットケース31)、および鏡像印字用のテープカセット30(或いは製造工程において、鏡像印字用として用意されたカセットケース31)のいずれであるかを特定できる。 Therefore, by people to identify the print mode, the tape cassette 30 for normal image printing (at or manufacturing process, the cassette case 31, which is provided for the normal image printing), and the tape cassette 30 (or the manufacture of a mirror image printing in step you can identify which of the cassette case 31) which is provided as a mirror image printing.

表3に示すように、色テーブル特定部を構成する指標部800Dが孔部であるか、または面部であるかに対応して、テープ印字装置1が色情報を特定するときに使用される色情報テーブル520(図44参照)が定められている。 As shown in Table 3, the color indicator portion 800D constituting the color table specifying section in response to whether a hole or a surface portion, it is used when the tape printer 1 to identify the color information information table 520 (see FIG. 44) are determined. 詳細には、指標部800Dが面部(表中では「1」)の場合には、第2色テーブルが使用されることが定められている。 More specifically, in the case where the indicator portion 800D is surface portion ( "1" in the table) is while it is determined that the second color table is used. 指標部800Dが孔部(表中では「0」)の場合には、第1色テーブルが使用されることが定められている。 When indicator portion 800D is the hole (in the table, "0") is while it is determined that the first color table is used.

人は、アーム指標部800のうちで、縦情報区域X4内に存在する指標部800Dを目視するだけで、色情報の特定時に使用される色情報テーブルを認識できる。 Person among the arm indicator portion 800, by simply looking at the indicator portion 800D that is present in the vertical information zone X4, can recognize the color information table used for a particular time of the color information. 詳細には、人は、指標部800Dの位置を目視で特定し、そこに孔部が形成されているか否かを確認するだけで、第1色テーブルおよび第2色テーブルのいずれが使用されるかを判別できる。 In particular, a person identified visually the position of the indicator portion 800D, simply confirms there whether a hole is formed, one is used in the first color table and the second color table or it can be determined. 例えば、図37〜図39に示す幅広カセット30は、指標部800Dが孔部である。 For example, the wide cassette 30 shown in FIGS. 37 39, the indicator portion 800D is hole. この場合、人はアーム指標部800を目視して、色情報の特定時に「第1色テーブル」が使用されると特定できる。 In this case, the person views the arm indicator portion 800, to a specific time of the color information "first color table" can be identified as being used. 色情報テーブル520の詳細は、後述する。 The details of the color information table 520 will be described later.

テープ幅および印字態様は、テープ印字装置1で適正な印字を実行するために重要な情報である。 Tape width and the print mode is important information in order to perform proper printing at the tape printer 1. よって、アーム指標部800は、テープ幅特定部または印字態様特定部を単独で備えてもよいし、テープ幅特定部および印字態様特定部の両方を備えてもよい。 Therefore, the arm indicator portion 800 may be provided with a tape width specifying portion or print mode specification unit alone may be provided both in the tape width specifying portion and print mode specification unit. 一方、アーム指標部800は、色テーブル特定部を備えなくてもよい。 On the other hand, the arm indicator portion 800 may not include a color table specifying unit. また、縦情報区域X4または指標部800Dは、色テーブルではなく、テープ種類のその他の要素(例えば、文字色が黒または黒以外のいずれであるか)を特定してもよい。 The vertical information section X4 or indicator portion 800D is not a color table, the tape type of the other elements (e.g., whether the character color is any other than black or black) may identify the.

アーム指標部800が特定するテープ幅、印字態様、および色テーブルの内容は、表1〜表3に限定されるものではなく、適宜変更が可能である。 Tape width the arm indicator portion 800 identifies, print mode, and the contents of the color table is not intended to be limited in Tables 1 to 3 can be appropriately changed. 表1〜表3に規定されるテープ幅、印字態様および色テーブルの総組合せ数は28個になるが、すべてが使用される必要はない。 Tape width defined in Table 1 to Table 3, the total number of combinations of print mode and the color table are made into 28 need not all be used. 例えば、後述するように、テープ印字装置1がテープカセット30の不適正な装着状態を検出する場合には、その不適正な装着状態に対応する組合せは使用されない。 For example, as described later, when the tape printer 1 to detect the improper installed state of the tape cassette 30, the combination corresponding to the improper installed state is not used.

ここまで、アーム指標部800が印字用情報を特定するための構成と、人がアーム指標部800を目視して印字用情報を特定する方法について説明した。 So far, the configuration of the arm indicator portion 800 identifies the print information, people have described how to identify the print information while viewing the arm indicator portion 800. 以下では、アーム検出スイッチ210との関係で見たアーム指標部800の構成と、テープ印字装置1による印字用情報の特定態様とについて説明する。 Hereinafter, the configuration of the arm indicator portion 800, as viewed in relation to the arm detecting switches 210, for a particular mode of printing information by the tape printer 1 will be described.

まず、アーム検出スイッチ210との関係で見たアーム指標部800の構成について説明する。 First, the configuration of the arm indicator portion 800, as viewed in relation to the arm detecting switches 210. 本実施形態のテープ印字装置1は、先述したように、5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eを有する(図11参照)。 The tape printer 1 of this embodiment, as described above, has five arms detecting switches 210a-210e (see FIG. 11). カセット装着部8に装着されているテープカセット30において、アーム検出スイッチ210A〜210Eのそれぞれに対向する重なり領域が、指標部800A〜800Eである(図38参照)。 In the tape cassette 30 that is installed in the cassette housing portion 8, the overlap area facing the respective arm detecting switches 210A~210E is indicative section 800A~800E (see FIG. 38). 図38に示す幅広カセット30の例では、指標部800A、800C、800Dは孔部であり、指標部800B、800Eは面部である。 In the example of the wide cassette 30 shown in FIG. 38, the indicator portions 800A, 800C, 800D are holes, the indicator portions 800B, 800E are surface portions.

孔部は、アーム検出スイッチ210と対向した場合に、スイッチ端子222(図12参照)を押圧しない非押圧部801として機能する。 Hole, when facing the arm detecting switches 210, functioning as a non-pressing portion 801 that does not press the switch terminal 222 (see FIG. 12). 非押圧部801は、指標部(重なり領域)の形状に対応して、正面視で縦長長方形形状の開口形状を有する。 Non-pressing portion 801 corresponds to the shape of the indicator portion (overlap region), having an opening shape of vertically long rectangular shape in front view. 非押圧部801は、例えばアーム前面壁35に対して略垂直に(つまり、上面301および底面302と平行に)、アーム前面壁35を貫通する孔である。 Non-pressing portion 801, for example substantially perpendicular to the arm front wall 35 (i.e., parallel to the top surface 301 and bottom surface 302), a hole penetrating the arm front wall 35. 非押圧部801の形成方向は、アーム部34内のテープ走行経路とほぼ直交している。 Forming direction of the non-pressing portion 801 is substantially perpendicular to the tape running path within the arm portion 34. 非押圧部801に対向するアーム検出スイッチ210は、スイッチ端子222が非押圧部801に挿入されてオフ状態となる。 Arm detecting switch 210 opposing the non-pressing portion 801 are turned off switch terminal 222 is inserted into the non-pressing portion 801.

面部は、アーム検出スイッチ210と対向した場合に、スイッチ端子222を押圧する押圧部802として機能する。 Surface, when facing the arm detecting switch 210, which functions as a pressing portion 802 that presses the switch terminal 222. 押圧部802は、アーム前面壁35の一部であって、指標部(重なり領域)の形状に対応して、正面視で縦長長方形形状の面形状を有する。 The pressing portion 802 is a part of the arm front wall 35, corresponding to the shape of the indicator portion (overlap region), having a surface shape of vertically long rectangular shape in front view. 押圧部802に対向するアーム検出スイッチ210は、スイッチ端子222が押圧部802に接触してオン状態となる。 Arm detecting switch 210 opposing the pressing portion 802, the switch terminal 222 is turned on in contact with the pressing portion 802. 図38に示す幅広カセット30の例では、指標部800A、800C、800Dは非押圧部801であり、指標部800B、800Eは押圧部802である。 In the example of the wide cassette 30 shown in FIG. 38, the indicator portions 800A, 800C, 800D are the non-pressing portion 801, index portion 800B, 800E are the pressing portions 802.

指標部800Eは、横情報区域Y3内に設けられる。 Indicator portion 800E is provided in the lateral information section within Y3. 先述したように、幅広カセット30では、共通指標部831と下側の拡張部832にまたがって、横情報区域Y3が設けられる。 As mentioned earlier, the wider the cassette 30, across the common indicator portion 831 and the lower extension portion 832, the lateral information section Y3 is provided. 幅狭カセット30では、アーム前面壁35の下端部に沿って、横情報区域Y3が設けられる。 In the narrow cassette 30, along the lower end portion of the arm front wall 35, lateral information section Y3 is provided. 幅狭カセット30における指標部800Eの上下方向長さは、幅広カセット30における指標部800Eの上下方向長さに比べて1/3程度である(図39参照)。 Vertical length of the indicator portion 800E in the narrow cassette 30 is about 1/3 of the vertical length of the indicator portion 800E of the wide cassette 30 (see FIG. 39).

本実施形態では、幅広カセット30の場合には、指標部800Eは面部、すなわち押圧部802である。 In the present embodiment, in the case of the wide cassette 30, the indicator portion 800E is surface, that is, the pressing portion 802. 幅狭カセット30の場合には、指標部800Eは孔部、すなわち非押圧部801である。 In the case of narrow cassette 30, the indicator portion 800E hole, that is, the non-pressing portion 801. これは、次の理由による。 This is due to the following reasons. テープ印字装置1が幅狭カセット30のみが使用される専用機である場合、指標部800Eに対向する位置にアーム検出スイッチ210Eは不要である。 If the tape printer 1 is a dedicated machine only narrow cassette 30 is used, the arm detecting switch 210E in a position facing the indicator portion 800E is unnecessary. 一方、テープ印字装置1が幅狭カセット30および幅広カセット30を共用可能な汎用機である場合、指標部800Eと対向するアーム検出スイッチ210Eが必要である。 On the other hand, if the tape printer 1 is a narrow cassette 30 and the wide cassette 30 can share a general-purpose machine, there is a need for the arm detecting switch 210E that opposes the indicator portion 800E. したがって、幅狭カセット30の指標部800Eは、幅狭カセット30が汎用機に装着された場合に、アーム検出スイッチ210Eを押圧しないための逃がし孔として機能する。 Thus, the indicator portion 800E of the narrow cassette 30, when the narrow cassette 30 is installed in a general-purpose machine, functions as a relief hole for does not press the arm detecting switch 210E.

先述したように、指標部800A〜800Eには、印字用情報に応じた規定のパターンで孔部(非押圧部801)および面部(押圧部802)のいずれかが形成される(表1〜3参照)。 As mentioned earlier, the indicator portion 800A~800E, or is formed of the hole in the prescribed pattern corresponding to printing information (the non-pressing portion 801) and the surface (the pressing portion 802) (Table 1-3 reference). テープ印字装置1は、アーム指標部800によって選択的に押圧されるアーム検出スイッチ210のオン・オフ状態の組合せに基づいて、印字用情報を特定できる。 The tape printer 1, based on the combination of the on and off states of the arm detecting switches 210 are selectively pressed by the arm indicator portion 800 can identify the print information.

詳細には、テープ印字装置1は、5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eのオン・オフの組合せに対応する印字用情報を、テーブルを参照して特定する。 Specifically, the tape printer 1, the print information corresponding to the combination of the five arms detection switch 210A~210E on and off, to identify with reference to the table. このテーブルでは、指標部800A〜800Eについて予め定められた規定のパターン(孔部および面部の組合せ)が、それぞれ対応するアーム検出スイッチ210A〜210Eの検出パターン(オフ状態およびオン状態の組合せ)に置き換えられて、印字用情報と対応付けられている。 In this table, the provision of a predetermined pattern on the indicator portion 800A~800E (combination of holes and the surface portion) is replaced with the detection pattern of the corresponding arm detecting switches 210a-210e (combination of off-state and on-state) is it is associated with the print information.

図40に示す印字用情報テーブル510は、テープ印字装置1による印字用情報の特定に用いられるテーブルの一例である。 Printing information table 510 shown in FIG. 40 is an example of a table used in a specific printing information by the tape printer 1. 印字用情報テーブル510は、ROM602(図14参照)に記憶されている。 Print information table 510 is stored in ROM 602 (see FIG. 14). なお、図40に示す例では、アーム検出スイッチ210A〜210Eが、それぞれスイッチ「SW1」〜「SW5」に対応している。 In the example shown in FIG. 40, the arm detecting switches 210A~210E is corresponding to the switch "SW1" - "SW5", respectively. 各アーム検出スイッチ210のオフ状態(OFF)およびオン状態(ON)が、それぞれ「0」および「1」に対応している。 OFF state of each arm detecting switches 210 (OFF) and the on state (ON) is corresponding to each "0" and "1".

計5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eを使用する場合、オン・オフ状態の総組合せ数である最大32個の検出パターンに対応して、最大32個の印字用情報を特定可能である。 When using a total of five arms detection switch 210a-210e, corresponding to the maximum of 32 detection patterns is the total number of combinations of the on and off states, it is possible to specify up to 32 printing information. 図40に示す例では、最大32個の検出パターンのうち、24個の検出パターンに対応する印字用情報が設定されている。 In the example shown in FIG. 40, of up to 32 detection patterns, it is set print information corresponding to the 24 detection patterns. 残り8個の検出パターンのうち、「エラー」を示す3つの検出パターンは、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されていない状態を検出するのに用いられる。 Of the remaining eight detection patterns, three detection patterns indicating "error" is used to detect a state where the tape cassette 30 is not installed in the proper position in the cassette housing portion 8. その他の5つの検出パターンには、空欄を示す「予備」が設定されている。 Other five detection patterns, indicating a blank "pre" is set. エラーが検出される場合のテープカセット30の装着状態については後述する。 It will be described later installed state of the tape cassette 30 when an error is detected.

テープ印字装置1で使用される印字用情報テーブル510は、図40に示す例に限らない。 Printing information table 510 used in the tape printer 1 is not limited to the example shown in FIG. 40. 例えば、「予備」に対応する検出パターンに、他の任意のテープ種類を追加した印字用情報テーブル510を使用できる。 For example, the detection pattern corresponding to "spare", the print information table 510 to add any other tape type can be used. 登録済みのテープ種類を削除したり、各検出パターンとテープ種類との対応を変更したり、各検出パターンに対応するテープ種類の内容を変更した印字用情報テーブル510を使用してもよい。 And delete the registered tape type, or change the correspondence between each detection pattern and the tape type may be by using the print information table 510 to change the tape type of the content corresponding to each detection pattern. この場合、先述した目視によるテープ種類特定のために定められる規定のパターンも適宜変更される。 In this case, provision of a pattern determined for the tape type specified by the foregoing was visually also changed as appropriate.

先述したように、例えば指標部800E、800Dを設けない場合には、対応するアーム検出スイッチ210E(SW5)および210D(SW4)は使用されない。 As previously described, for example, indicator portion 800E, the case without the 800D, the corresponding arm detecting switches 210E (SW5) and 210D (SW4) are not used. この場合、印字用情報テーブル510に、アーム検出スイッチ210A〜210C(SW1〜SW3)に対応する印字用情報のみが定義されればよい。 In this case, the print information table 510, only the print information corresponding to the arm detecting switches 210A-210C (SW1 to SW3) need be defined.

以上に説明したように、本実施形態のテープカセット30は、人およびテープ印字装置1が、アーム指標部800に基づいてテープ種類(詳細には、印字用情報)を特定できるように構成されている。 As described above, the tape cassette 30 of the present embodiment, the human and the tape printer 1, the tape type (specifically, the print information) on the basis of the arm indicator portion 800 is configured to be able to identify the there. 人がアーム指標部800を目視してテープ種類を認識できるようにしたことで、次のような効果を奏する。 By a person to be able to recognize the tape type by visually arm indicator portion 800, the following effects.

従来のテープカセットの製造方法では、テープ幅に対応した高さ(所謂、ケースサイズ)のカセットケースに、作業者がテープを収納するのが一般的である。 In the manufacturing method of the conventional tape cassette, the height corresponding to the tape width (so-called case size) in the cassette case, the operator is likely to house the tape. これに対し、テープ幅が異なる複数種類のテープを、それぞれケースサイズが共通化されたカセットケースに収納させるテープカセットの製造方法が提案されている。 In contrast, a plurality of types of tapes tape width are different, the manufacturing method of the tape cassette case size each be housed in common has been the cassette case has been proposed. このようにケースサイズを共通化したテープカセットの製造方法によれば、以下の効果が期待できる。 Thus, according to the case size to the production method of common the tape cassette, the following effects can be expected.

1つ目には、従来では各種テープ幅に対応した異なるケースサイズのカセットケースを部品製造工場から組立工場へ搬送する際に、ケースサイズごとに異なる輸送コンテナ等を使用してカセットケースを搬送していた。 The first, in transporting the cassette case of different case sizes corresponding to various tape width is conventionally parts manufacturing plant to an assembly plant, to convey the cassette case using different transport containers or the like for each case size which was. ケースサイズを共通化することで、カセットケースの搬送時に使用する輸送コンテナ等も共通化でき、カセットケースの輸送コストを削減できる。 By sharing the case size, shipping containers, etc. to be used when transporting the cassette cases may be common, it is possible to reduce the transportation cost of the cassette case.

2つ目には、テープ幅ごとにケースサイズが異なると、組立工場から製品出荷する際にもケースサイズごとに異なる梱包箱等を使用する必要がある。 The two eyes, and case size for each tape width is different, it is necessary to use a different packing box or the like to be on a case-by-case basis size when to ship products from the assembly plant. ケースサイズを共通化することで、製品出荷用の梱包箱や製品出荷時の梱包形態等も共通化できるので、費用削減を図ることができる。 By sharing the case size, since the packing form of packing boxes and products at the factory for product shipment, etc. can also be common, it is possible to achieve a cost reduction.

3つ目には、インクリボンはテープよりも物理的な耐久性が弱いため、テープ幅が小さいテープに対して同一幅のインクリボンを使用すると、印字動作中にインクリボンが切断されるおそれがある。 The third, since the ink ribbon is weak physical durability than tape, using the ink ribbon of the same width with respect to the tape the tape width is small, the possibility that the ink ribbon is cut during printing operation is there. 十分な強度を有する程度のリボン幅を確保できるケースサイズに共通化することで、テープ幅が小さい場合でも強度的に十分なリボン幅を確保できる。 By common case size that can ensure the degree of ribbon width having sufficient strength can be ensured strength sufficient ribbon width even when the tape width is small. したがって、テープ幅が小さい場合でも、印字動作中におけるインクリボンの切断を抑制できる。 Therefore, even when the tape width is small, it is possible to suppress the cutting of the ink ribbon during the printing operation.

従来では、テープ幅が異なるテープを共通サイズのカセットケースに収納させる場合、カセットケースに誤ったテープ幅のテープが収納されるおそれがあった。 Conventionally, when for accommodating a tape which tape widths are different in the cassette case of the common size, there is a possibility that the tape in the tape width that incorrect cassette case is accommodated. 例えば、12mmのテープに合わせてケースサイズが共通化されたカセットケースは、12mmのテープを収納できるようにリブ高さが設定されているため、12mm未満のテープも収納可能である。 For example, 12mm cassette case which case size to fit the tape is common in, since the rib height is set to allow housing the 12mm tape, the tape is less than 12mm can also be accommodated. この場合、12mmのテープを収納させる予定であったカセットケースに、作業者が6mm或いは9mmのテープを誤って収納してしまうおそれがあった。 In this case, the cassette case and which was planned for housing the 12mm tape, the operator there is a fear that housed incorrectly tape 6mm or 9 mm.

テープカセットの印字態様には、先述したように、レセプタタイプとラミネートタイプとが存在する。 The print mode of the tape cassette, as described above, there is a receptor type and the laminated type. ケースサイズを共通化すると、カセットケースの外観形状が同様となってしまう。 When sharing the case size, external shape of the cassette case becomes the same. そのため、従来では、予定されていた印字態様と対応しないテープがカセットケースに収納されるおそれがあった。 Therefore, conventionally, there is a possibility that a tape that does not correspond to the print mode that has been scheduled is accommodated in the cassette case. 例えば、ラミネートタイプとする予定のカセットケースに、作業者が誤った感熱紙テープを収納する場合である。 For example, the cassette case of the plan to the laminate type, is a case for accommodating the heat-sensitive paper tape a worker accidentally.

そのため、従来のテープカセットの製造工程は、製造済みのテープカセットに収納されているテープやインクリボンが、予定されていたテープ幅や印字態様などと対応するか否かを確認する検査工程を含んでいた。 Therefore, the manufacturing process of the conventional tape cassette, the tape and the ink ribbon accommodated in the the manufactured tape cassette, includes an inspection process to check whether such a corresponding or Estimated tape width and has print mode Deita.

本実施形態のテープカセット30によれば、人がアーム指標部800を目視するだけで、テープカセット30のテープ種類を認識できる。 According to the tape cassette 30 of the present embodiment, a person simply viewing the arm indicator portion 800, can recognize the tape type of the tape cassette 30. すなわち、カセットケース31に収納すべきテープのテープ幅や、カセットケース31に意図された印字態様を把握できる。 That is, the tape the tape width and the to be accommodated in the cassette case 31, can grasp the print mode that is intended in the cassette case 31. 従って、テープカセット30の製造工程において、作業者はカセットケース31に実装すべき内容を確認しながら作業できるため、テープカセット30の製造ミスを低減できる。 Accordingly, in the manufacturing process of the tape cassette 30, the worker because you can work while confirming the contents to be mounted in the cassette case 31, thereby reducing the manufacturing errors of the tape cassette 30. ひいては、上記のように検査工程を行う作業者の負担を軽減できる。 In turn, it can reduce the burden on the operator who performs the inspection process as described above.

さらに、テープカセット30の製造工程では、作業者が下ケース312にテープを収納し、且つ、テープの一部をアーム部34内に挿入する。 Furthermore, in the manufacturing process of the tape cassette 30, the operator housing a tape to the lower case 312, and inserts the part of the tape in the arm portion 34. 作業者は、アーム部34内に挿入されたテープの一部を、アーム部34内の規制部(分離壁規制部383、第1テープ下規制部381Bなど)によって適正に規制される位置に取り付ける。 Operator, a portion of the tape that is inserted in the arm portion 34, attached to the position to be properly regulated by the regulating portion in the arm portion 34 (the separating wall regulating portion 383, such as first lower tape regulating portions 381B) .

先述したように、分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bと、アーム指標部800とを、人が下ケース312の前方から同時に目視可能である。 As previously described, the separating wall regulating portion 383 and the first lower tape regulating portions 381B, an arm indicator portion 800, a person is visible simultaneously from the front of the lower case 312. よって、作業者は下アーム前面壁35Bを前方から目視することで、アーム部34内で幅方向に規制されるテープが、アーム指標部800が示すテープ種類に対応しているか否かを確認できる。 Therefore, the operator by viewing the lower arm front wall 35B from the front, the tape is restricted in the width direction inside the arm portion 34 can be confirmed whether or not the corresponding tape type indicated arm indicator portion 800 . したがって、作業者はテープカセット30に誤った種類のテープが収納されていることを容易に発見できる。 Therefore, the operator can easily discover that the type of tape incorrectly in the tape cassette 30 is accommodated. ひいては、テープカセット30の製造ミスを抑制できる。 Hence, it is possible to suppress the manufacturing errors of the tape cassette 30.

テープカセット30の製品出荷時には、カセットケース31に実装された内容が正しいか否かを、検査員がアーム指標部800を目視して確認できる。 The time of product shipment of the tape cassette 30, whether the content that is mounted on the cassette case 31 are correct, the inspector can confirm visually the arm indicator portion 800. 具体的には、製造済みのテープカセット30の露出部77から露出するテープが、アーム指標部800から読み取れるテープ種類と一致しているか否かを検査できる。 Specifically, the tape which is exposed from the exposed portion 77 of the manufactured tape cassette 30 can be inspected whether they match the tape type that can be read from the arm indicator portion 800.

特に、本実施形態のアーム指標部800は、テープが露出する露出部77に隣接したアーム前面壁35に設けられている。 In particular, the arm indicator portion 800 of the present embodiment is provided on the arm front wall 35 adjacent to the exposed portion 77 where the tape is exposed. したがって、人は、アーム指標部800およびテープを同一方向(具体的には、テープカセット30の前方)から目視可能である。 Thus, one (specifically, the front of the tape cassette 30) the same direction arm indicator portion 800 and the tape is visible from. 検査員は、アーム指標部800が示すテープ種類を、露出部77で露出するテープと照合できる。 The inspector, a tape type indicated arm indicator portion 800, can be matched with the tape exposed at the exposed portion 77. したがって、テープカセット30の製品検査の作業性を向上させることができる。 Therefore, it is possible to improve the workability of the product inspection of the tape cassette 30.

アーム指標部800は、縦情報区域X1〜X5(指標部800A〜800E)の各々に設けられた孔部および面部の組み合わせ(つまり、非押圧部801と押圧部802との組み合わせ)という簡易な構成である。 Arm indicator portion 800, the vertical information sections X1 to X5 (indicator portion 800A~800E) combined each hole and the surface portion of which is provided (that is, the combination of the non-pressing portion 801 and the pressing portion 802) simple that the construction it is. テープカセット30の製造時に、カセットケース31にアーム指標部800を形成するのが容易である。 During manufacture of the tape cassette 30, it is easy to form the arm indicator portion 800 in the cassette case 31. したがって、カセットケース31に、実装内容を示す印刷を施したり、実装内容を示すラベルを貼着したりする必要がない。 Therefore, the cassette case 31, or by printing indicating the implementation details, it is not necessary or adhering a label indicating the implementation details. したがって、テープカセット30の製造ミスを低コストで抑制できる。 Therefore, it is possible to suppress the manufacturing errors of the tape cassette 30 at a low cost.

本実施形態では、第1領域R1に係止孔820として機能する孔部が設けられている。 In this embodiment, the hole that functions as a locking hole 820 in the first region R1 is provided. 第2領域R2のうちで指標部800A〜800Eとして機能する重なり領域に、それぞれ、テープ種類に対応した孔部(つまり、非押圧部801)または面部(つまり、押圧部802)が設けられている。 The overlapping areas functioning as the indicator portion 800A~800E among the second region R2, respectively, holes corresponding to the tape type (i.e., the non-pressing portion 801) or surface (i.e., the pressing portion 802) is provided . しかしながら、特定領域R0には、係止孔820および指標部800A〜800Eとしての機能が確保される範囲内で、孔部および面部を自由に形成できる。 However, in the specified area R0, to the extent that functions as a locking hole 820 and the index portion 800A~800E is secured free to form holes and the surface portion.

具体的には、先述のテープカセット30(図37〜図39参照)では、特定領域R0のうちで係止孔820および指標部800A〜800Eとして機能しない領域の全てが、押圧部802と同一面である。 Specifically, in the aforementioned tape cassette 30 (see FIGS. 37 39), all areas that do not function as a locking hole 820 and the indicator portion 800A~800E Of particular area R0 is flush with the pressing portion 802 it is. そのため、特定領域R0に設けられた孔部(非押圧部801および係止孔820)が全て独立しているが、孔部は全て独立している必要はない。 Therefore, although the hole portion provided in the specified area R0 (the non-pressing portion 801 and the locking hole 820) are all independent, it does not need to be independent of all the hole portion.

例えば、特定領域R0において、複数の非押圧部801の少なくとも2つを含むような大きさおよび形状を有する1つの孔部(溝部)を形成してもよい。 For example, in certain regions R0, it may be formed one aperture having a size and shape that includes at least two of the plurality of non-pressing portion 801 (the grooves). 係止孔820と非押圧部801と含む一の溝部を形成してもよい。 It may form one of the grooves including the locking hole 820 and the non-pressing portion 801. 複数の非押圧部801の少なくとも2つと、係止孔820とを含む一の溝部を形成してもよい。 At least two and the plurality of the non-pressing portion 801 may be formed one groove and a locking hole 820. 一の溝部を形成する場合は、押圧部802として機能する部位を含まないことが好ましい。 When forming the one groove, it preferably contains no site that functions as the pressing portion 802.

本実施形態では、アーム指標部800および係止孔820は、アーム前面壁35のうちで下アーム前面壁35Bに設けられている。 In this embodiment, the arm indicator portion 800 and the locking hole 820 is provided in the lower arm front wall 35B within the arm front wall 35. これにより、アーム指標部800および係止孔820をそれぞれ別部材(例えば、上アーム前面壁35Aと下アーム前面壁35B)に設ける場合と比較して、アーム指標部800と係止孔820との位置関係をより正確に規定できる。 Thus, another member of the arm indicator portion 800 and the locking holes 820 respectively (e.g., the upper arm front wall 35A and the lower arm front wall 35B) as compared with the case of providing the, the arm indicator portion 800 and the locking hole 820 it defines the positional relationship accurately. ひいては、人が目視でテープ種類を特定する場合、および、テープ印字装置1がアーム検出部200でテープ種類を特定する場合のいずれであっても、テープ種類をより正確に特定できる。 Hence, when identifying the tape type human visually and, it is any of the case where the tape printer 1 to identify the tape type with the arm detection portion 200 can more accurately identify the tape type.

以下に、図41〜図44を参照して、後方凹部360が有する後方段差壁360Aの詳細な構成および機能について説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 41 to 44, the detailed configuration and functions of the rear stepped wall 360A having the rear recess 360.

図41および図42に示すように、後方段差壁360Aは、後方指標部900を含む。 As shown in FIGS. 41 and 42, rear stepped wall 360A includes a rear indicator portion 900. 後方指標部900は、少なくとも一の孔部を含んでテープカセット30のテープ種類を示す。 Rear indicator portion 900 indicates the tape type of the tape cassette 30 includes at least one hole. 人は後方指標部900を目視することでテープ種類を特定できる。 Person can identify the tape type by visually checking the rear indicator portion 900. テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合には、後方検出部300によって後方指標部900が示す情報を検出することで、テープ印字装置1がテープ種類を特定できる。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, by detecting the information by the rear detector 300 shown is rear indicator portion 900, the tape printer 1 can identify the tape type.

本実施形態では、後方指標部900が特定するテープ種類は、テープカセット30に収納されたテープに関する色情報である。 In the present embodiment, the tape type of rear indicator portion 900 is identified, a color information about the tape accommodated in the tape cassette 30. 以下、後方段差壁360Aが有する領域と、その領域内の構成を説明する。 Hereinafter, the region having the rear stepped wall 360A, the configuration of that area will be described.

後方段差壁360Aは、後壁370から前方に延びる領域である特定領域F0を含む。 Rear stepped wall 360A includes a specific area F0 from the rear wall 370 is a region extending forward. つまり、特定領域F0は、後方段差壁360Aにおいて後壁370に隣接した領域である。 That is, the specific area F0 is a region adjacent to the rear wall 370 at rear stepped wall 360A. 本実施形態では、後方段差壁360Aの全体が特定領域F0である。 In the present embodiment, the entire rear stepped wall 360A is a specific area F0. 特定領域F0は、縦情報区域Vおよび横情報区域Wを含む。 Specific area F0 includes vertical information sections V and lateral information section W. 縦情報区域Vは、カセットケース31の短手方向である前後方向(図41では上下方向)に沿って延びる複数の帯状区域である。 Vertical information section V are a plurality of strip-shaped sections extending along the longitudinal direction is a lateral direction of the cassette case 31 (in FIG. 41 vertical direction). 横情報区域Wは、カセットケース31の長手方向である左右方向(図41では左右方向)に沿って延びる複数の帯状区域である。 Horizontal information section W is a plurality of strip-shaped sections extending along the left-right direction is the longitudinal direction of the cassette case 31 (in FIG. 41 left and right directions).

本実施形態の縦情報区域Vは、4つの縦情報区域V1〜V4を含む。 Vertical information section V of the present embodiment includes four vertical information sections V1-V4. 縦情報区域V1〜V4は、カセットケース31の左右方向に等間隔で並んで配置される。 Vertical information section V1~V4 are arranged side by side at equal intervals in the left-right direction of the cassette case 31. 縦情報区域V1は、縦情報区域V1〜V4のうちで最も右側(図41では左側)に位置している。 Vertical information section V1 is most located on the right side (in FIG. 41 left) among the vertical information sections V1-V4. 縦情報区域V1から左側(図41では右側)に向けて、縦情報区域V2、V3、V4が順に設けられる。 From the vertical information section V1 toward the left side (in FIG. 41 right), vertical information sections V2, V3, V4 are provided in this order. 縦情報区域V1〜V4の幅長(つまり、左右方向長さ)は略等しく、縦情報区域V1〜V4のうちで隣り合う縦情報区域同士は等間隔で隣接している。 Width length of the vertical information sections V1-V4 (i.e., a left-right length) is substantially equal, the vertical information sections adjacent among the vertical information sections V1-V4 are adjacent at equal intervals.

縦情報区域V3は、平面視で第1下テープ領域400Bおよび第2下テープ領域410Bの外縁が隣接する部位(図20に示す接点P)を含んでいる。 Vertical information section V3 includes a portion outer edge of the first lower tape area 400B and the second lower tape area 410B are adjacent in plan view (point P shown in FIG. 20). 言い換えると、縦情報区域V3は、接点P上を通る前後方向に沿った仮想線(以下、基準線Zとよぶ。)を含んでいる。 In other words, the vertical information section V3 is a virtual line along the longitudinal direction through the upper contact P (hereinafter, referred to as a reference line Z.) Contains. 本実施形態では、縦情報区域V3の左右方向の略中心位置から若干左寄り(図41では右寄り)に、基準線Zが位置している。 In the present embodiment, the substantially center position in the horizontal direction of the vertical information section V3 slightly leftward (rightward in Fig. 41), the reference line Z is located.

本実施形態の横情報区域Wは、2つの横情報区域W1、W2を含む。 Horizontal information section W of the present embodiment includes two lateral information sections W1, W2. 横情報区域W1、W2は、カセットケース31の前後方向(図41では上下方向)に並んで配置される。 Horizontal information sections W1, W2 are arranged in the front-rear direction (in FIG. 41 vertical direction) of the cassette case 31. 横情報区域W1は、特定領域F0において後壁370に隣接して設けられる。 Horizontal information section W1 is provided adjacent to the rear wall 370 in the specific area F0. 横情報区域W2は、特定領域F0において横情報区域W1よりも前方(図41では下方)に設けられる。 Horizontal information section W2 is provided than the transverse information section W1 front (in FIG. 41 below) in the specific area F0. 横情報区域W1、W2の幅長(つまり、前後方向長さ)はそれぞれ略等しい。 Width length in the horizontal information sections W1, W2 (i.e., front-rear length) is substantially equal to each other.

特定領域F0は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、後方検出スイッチ310に対向する領域である。 Specific area F0, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is an area that faces the rear detecting switch 310. 特定領域F0には、横情報区域W1、W2を含む後方指標部900が設けられる。 The specific area F0, rear indicator portion 900 comprising a lateral information sections W1, W2 are provided. 横情報区域W1、W2のうち少なくとも1つの区域内には、孔部が形成される。 At least one zone of the lateral information sections W1, W2, holes are formed. 各横情報区域W1、Wに孔部が形成されるかは、色情報に応じて予め定められている。 Or holes in the lateral information sections W1, W are formed is predetermined in accordance with the color information. 後方指標部900は、横情報区域W1、W2の各々に孔部が形成されているか否かの組合せによって色情報を特定する。 Rear indicator portion 900 specifies the color information depending on whether the combination hole in each of the lateral information sections W1, W2 are formed. 人は、横情報区域W1、W2に形成された孔部の組合せを目視することで、色情報を認識できる。 People can visually observe the combination of the lateral information sections W1, holes formed in W2, can recognize the color information.

横情報区域W1、W2の左右方向において孔部が形成される位置は、横情報区域W1、W2の各々について定められていてもよい。 Position the hole in the lateral direction of the lateral information sections W1, W2 are formed, it may be determined for each of the lateral information sections W1, W2. 例えば、横情報区域W1、W2と縦情報区域V1〜V4とが交差して重なり合う複数の領域(以下、重なり領域という)のうち、横情報区域W1、W2の各々について少なくとも1つの重なり領域を指標部として定める。 Indicators For example, a plurality of regions transverse information sections W1, W2 and the vertical information section V1~V4 overlap intersect (hereinafter, overlapping referred region) of the at least one overlap region for each of the lateral information sections W1, W2 defined as the part. 後方指標部900は、この指標部に孔部が形成されているか否かの組合せによって、色情報を特定してもよい。 Rear indicator portion 900, depending on whether the combination hole is formed in the indicator portions, may specify the color information. この場合、後方検出スイッチ310(図13参照)に対応する位置を指標部として定めれば、テープ印字装置1も色情報を特定できる。 In this case, it is determined a position corresponding to the rear detecting switch 310 (see FIG. 13) as the indicator unit, also the tape printer 1 can identify the color information.

本実施形態では、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、5つの後方検出スイッチ310A〜310E(図13参照)のそれぞれに対向する5つの重なり領域が、指標部900A〜900Eとして機能する。 In the present embodiment, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, five overlapping areas that face each of the five rear detecting switch 310A~310E (see FIG. 13), as an index portion 900A~900E Function. 詳細には、図41に示すように、横情報区域W1と縦情報区域V1とが交差して重なり合う領域が、後方検出スイッチ310Aに対向する指標部900Aとして機能する。 Specifically, as shown in FIG. 41, the area where the lateral information section W1 and the vertical information section V1 overlap intersect functions as the indicator portion 900A facing the rear detecting switch 310A.

横情報区域W1と縦情報区域V2とが交差して重なり合う領域が、後方検出スイッチ310Bに対向する指標部900Bとして機能する。 Region lateral information section W1 and the vertical information section V2 overlap intersect functions as the indicator portion 900B facing the rear detection switch 310B. 横情報区域W1と縦情報区域V3とが交差して重なり合う領域が、後方検出スイッチ310Cに対向する指標部900Cとして機能する。 Region lateral information section W1 and the vertical information section V3 overlap intersect functions as the indicator portion 900C opposite the rear detection switch 310C. 横情報区域W1と縦情報区域V4とが交差して重なり合う領域が、後方検出スイッチ310Dに対向する指標部900Dとして機能する。 Region lateral information section W1 and the vertical information section V4 overlap intersect functions as the indicator portion 900D that opposes the rear detecting switch 310D. 横情報区域W2と縦情報区域V3とが交差して重なり合う領域が、後方検出スイッチ310Eに対向する指標部900Eとして機能する。 Region lateral information section W2 and the vertical information section V3 overlap intersect functions as the indicator portion 900E that opposes the rear detecting switch 310E.

図41に示す例では、指標部900A、900Eには、孔部が形成されている。 In the example shown in FIG. 41, the indicator portions 900A, the 900E, a hole is formed. 指標部900B、900C、900Dは、孔部が形成されていない、後方段差壁360Aに含まれる面部の一部である。 Indicator portions 900B, 900C, 900D are not hole portion is formed, which is part of the surface that is included in the rear stepped wall 360A. このように、指標部900A〜900Eは、各々が、人の目視による識別可能な孔部または面部で構成される。 Thus, the index section 900A~900E are each composed of identifiable holes or surface portion visually human. さらに、これらの孔部および面部は、それぞれ、後述の非押圧部901および押圧部902として機能する。 Furthermore, these holes and the surface portion, respectively functioning as a non-pressing portions 901 and the pressing portion 902 will be described later. 指標部900A〜900Eと後方検出スイッチ310との関係については、後で詳述する。 The relationship between the index portion 900A~900E and rear detecting switches 310 will be described in detail later.

本実施形態では、特定領域F0(つまり、後方段差壁360A)は、平面視で略三角形状であり、且つ、基準線Zにおいて前後方向長さが最も大きい。 In the present embodiment, the specific area F0 (i.e., rear stepped wall 360A) is a substantially triangular shape in plan view, and, the largest length in the front-rear direction at the reference line Z. つまり、縦情報区域V1〜V4のうちで基準線Zを含む縦情報区域V3が、特定領域F0における前後方向長さが最も大きい。 In other words, the vertical information section V3 including the reference line Z among the vertical information sections V1~V4 is the largest length in the front-rear direction in the specific area F0. そのため、縦情報区域V1、V2、V4にそれぞれ1つの指標部が設けられ、縦情報区域V3に複数の指標部が設けられている。 Therefore, each of the vertical information sections V1, V2, V4 1 one indicator portion is provided, a plurality of indicator portions in the vertical information section V3 is provided. このように、特定領域F0に複数の指標部を前後方向に並べる場合には、特定領域F0における前後方向長さが大きい縦情報区域に配置するのが好適である。 Thus, when arranging a plurality of indicator portions in the specific area F0 in the longitudinal direction, it is preferable to place the vertical information section is larger length in the front-rear direction in the specific area F0.

以上のような構成により、人は後方段差壁360Aを目視することで、横情報区域W1、W2または指標部900A〜900Eに形成されている識別要素(孔部または面部)を容易に認識できる。 With the above configuration, one by viewing the rear stepped wall 360A, the lateral information sections W1, W2 or identification elements is formed in the indicator portions 900A~900E a (hole or surface portion) can be easily recognized. 以下、図41〜図43を参照して、その理由を説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 41 to 43, the reason will be explained. 図41および図42は、本実施形態の後方段差壁360A(特定領域F0)を示す。 Figures 41 and 42 show the present embodiment rear stepped wall 360A (specific area F0). 図43は、後方段差壁360A(特定領域F0)における孔部の形成パターンを変えた比較例を示す。 Figure 43 shows a comparison example of changing the formation pattern of the holes in the rear stepped wall 360A (specific area F0).

人が後方指標部900を目視する態様としては、次の2パターンが想定される。 People As a mode for viewing the rear indicator portion 900, the following two patterns are assumed. 第1に、人が、下ケース312の内側から後方段差壁360Aを目視する態様である。 First, a person, a mode of viewing the rear stepped wall 360A from the inside of the lower case 312. この態様では、人は、上ケース311が組み付けられる前の下ケース312を上方から目視する。 In this manner, a person viewing the bottom case 312 before the upper case 311 is assembled from above. これにより、人は、後方段差壁360Aの上面側から後方指標部900を目視可能である。 Thus, a person is visible the rear indicator portion 900 from the upper surface side of the rear stepped wall 360A.

第2に、人が、下ケース312の外側から後方指標部900を目視する態様である。 Second, human, is an aspect of viewing the rear indicator portion 900 from the outside of the lower case 312. この態様では、人は下ケース312を下方から目視する。 In this manner, a person viewing the bottom case 312 from below. このとき、下ケース312は、上ケース311が組み付けられていてもよいし、上ケース311が組み付けられていなくてもよい。 In this case, the lower case 312 may be have top case 311 is assembled, may not be the top case 311 is assembled. これにより、人は、後方段差壁360Aの下面側から後方指標部900を目視可能である。 Thus, a person is visible the rear indicator portion 900 from the lower side of the rear stepped wall 360A.

人は横情報区域W1、W2の前後方向位置をすべて把握している場合、横情報区域W1、W2の識別要素を目視で特定できる。 People If you know all the front-rear direction position of the lateral information sections W1, W2, it identifies the identification elements of the lateral information sections W1, W2 visually. 一方、人が横情報区域W1、W2の前後方向位置を把握していない場合には、後方指標部900を目視する態様に応じて、以下のように横情報区域W1、W2の識別要素を特定できる。 On the other hand, when a person does not know the position in the front-rear direction of the lateral information sections W1, W2, depending on the mode of viewing the rear indicator portion 900, specifying the identification elements of the lateral information sections W1, W2 as follows it can.

まず、横情報区域W1の要素特定について説明する。 First, the element identification of the lateral information section W1 will be described. 図42に示すように、下ケース312の内側から後方指標部900を目視する場合、人は後壁370に隣接して左右方向に延びる領域を横情報区域W1として特定できる。 As shown in FIG. 42, when viewing the rear indicator portion 900 from the inside of the lower case 312, a person can identify the region extending in the lateral direction adjacent to the rear wall 370 as the lateral information section W1. さらに、後壁370に隣接して形成されている孔部を、横情報区域W1に設けられた孔部として特定できる。 Further, a hole which is formed adjacent to the rear wall 370, can be specified as a hole provided in the lateral information section W1. 後壁370に隣接した領域のうちで孔部が形成されていない部位を、横情報区域W1に設けられた面部として特定できる。 The sites not hole portion is formed within the region adjacent to the rear wall 370, can be specified as a surface portion provided on the lateral information section W1.

一方、図41に示すように、下ケース312の外側から後方指標部900を目視する場合、人は後壁370を直接目視することはできない。 On the other hand, as shown in FIG. 41, when viewing the rear indicator portion 900 from the outside of the lower case 312, a person can not be visually rear wall 370 directly. しかしながら、後壁370の厚み(前後方向長さ)は小さいため、人は底面視で下ケース312の後端縁部を後壁370としてみなすことができる。 However, the thickness (length in the front-rear direction) of the rear wall 370 is smaller, the human can be regarded as a rear wall 370 of the rear edge portion of the lower case 312 in bottom view. よって、人はテープカセット30の背面側の輪郭線に隣接して左右方向に延びる領域を、横情報区域W1として特定できる。 Therefore, one of the regions extending in the lateral direction adjacent to the contour line of the back side of the tape cassette 30 can be specified as the lateral information section W1. また、上記と同様に、横情報区域W1に設けられた孔部および面部を特定できる。 Further, in the same manner as described above, it can identify the holes and the surface portion provided on the lateral information section W1.

次に、横情報区域W2の要素特定について説明する。 Next, the element identification of the lateral information section W2 will be described. 図42に示すように、下ケース312の内側から後方指標部900を目視する場合、人は第1下テープ領域400Bおよび第2下テープ領域410Bを認識できる。 As shown in FIG. 42, when viewing the rear indicator portion 900 from the inside of the lower case 312, a person can recognize the first lower tape area 400B and the second lower tape area 410B. 第1下テープ領域400Bおよび第2下テープ領域410Bを基準として、人は接点P(図20参照)を通る基準線Zを認識できる。 Relative to the first lower tape area 400B and the second lower tape area 410B, human can recognize the reference line Z passing through the contact point P (see FIG. 20). 基準線Zを基準として、以下のように横情報区域W2の要素特定を行うことができる。 With reference to the reference line Z, it is possible to perform the element identification of the lateral information section W2 as follows.

まず、人は、後壁370に隣接して形成されている孔部(つまり、横情報区域W1に設けられた孔部)のうちで、基準線Zから最も近接した位置にある孔部を基準孔部として特定する。 First, a person, a hole portion is formed adjacent to the rear wall 370 (i.e., hole provided in the lateral information section W1) among the reference hole portions in the closest position from the reference line Z identifying as holes. ただし、平面視で基準線Zと重なる孔部(図41に示す縦情報区域V3内に設けられた孔部)が存在する場合は、基準線Z上の孔部を除いて、基準線Zから最も近接した位置にある孔部を基準孔部として特定する。 However, if the hole portion that overlaps the reference line Z in a plan view (hole provided in the vertical information zone V3 shown in FIG. 41) is present, except for the holes on the reference line Z, from the reference line Z identifying a hole in the closest position as a reference hole. 人は、基準孔部において基準線Zから最も離間した端部を基準端部として特定する。 Human identifies the farthest end from the reference line Z in the reference aperture as a reference edge. 人は、基準線Zと基準端部との間の左右方向長さを、距離D1として特定する。 People, a left-right length between the reference line Z and the reference end portion is specified as a distance D1.

図42に示す例では、横情報区域W1の指標部のうちで最も右端に位置する指標部900Aに形成されている孔部が、基準孔部に相当する。 In the example shown in FIG. 42, the hole portion formed in the indicator portions 900A located rightmost among the index portion of the lateral information sections W1 corresponds to the reference aperture. 指標部900Aに形成されている孔部の右端部が、基準端部に相当する。 The right end portion of the hole formed in the indicator portions 900A correspond to the reference end. よって、指標部900Aに形成されている孔部の右端部から基準線Zまでの左右方向長さが、距離D1として求められる。 Therefore, the lateral direction length from the right end portion of the hole formed in the indicator portions 900A to the reference line Z is obtained as a distance D1.

距離D0(図41参照)は、後壁370と横情報区域W2との間の前後方向長さを示す。 Distance D0 (see FIG. 41) shows a front-rear length between the rear wall 370 and the lateral information section W2. 横情報区域W2の前後方向位置は、距離D0が距離D1の2倍未満となるように規定されている(図42参照)。 Front-rear direction position of the lateral information section W2, the distance D0 is defined to be less than twice the distance D1 (see FIG. 42). つまり、後方段差壁360Aにおいて、後壁370から距離D1の2倍まで前方に至る範囲内(図42では距離D2の範囲内。D2=D1*2)に、横情報区域W2の少なくとも一部が含まれる。 That is, in the rear stepped wall 360A, in the range extending forwardly from the rear wall 370 up to 2 times the distance D1 (range .D2 = D1 * 2 distance D2 in FIG. 42), at least part of the lateral information section W2 included.

以上のことから、人は、距離D2の範囲内に、横情報区域W1の前方に位置する横情報区域W2の少なくとも一部があることを特定できる。 From the above, a person within a distance D2, can be specified that there is at least a portion of the lateral information section W2 positioned forward of the lateral information section W1. 距離D2の範囲内に、後壁370から離間した孔部(つまり、横情報区域W1の範囲外に設けられた孔部)が形成されている場合には、人はその孔部を横情報区域W2に設けられた孔部として特定できる。 Within a distance D2, holes spaced from the rear wall 370 (i.e., out of range in a hole portion provided in the lateral information section W1) when the is formed, one lateral information section the hole It can be identified as a hole provided in W2. 特に、横情報区域W2に指標部が1つしか設けられない場合は、人はその指標部の位置を明確に把握していなくても、横情報区域W2に孔部が設けられているか否かを特定できる。 Particularly, when the index portion in the lateral information section W2 are not provided only one, even if people are not clearly recognize the position of the indicator portion, whether the hole in the lateral information section W2 is provided It can be identified.

上記の手法によれば、基準孔部の形成位置によって距離D1、ひいては距離D2が異なることになる。 According to the above method, the distance D1, becomes therefore the distance D2 differ by the formation position of the reference hole. 基準線Zから最も離間した位置にある指標部(図42では指標部900A)に孔部が設けられ、且つ、その孔部が基準孔部として特定された場合に、距離D1、D2が最も大きくなる。 Indicator unit in the farthest position from the reference line Z holes are provided in (Fig. 42, the indicator portions 900A), and, if the hole is identified as the reference holes, the distance D1, D2 is the largest Become. 基準線Zから最も近接した位置にある指標部(図43では指標部900D)に孔部が設けられ、且つ、その孔部が基準孔部として特定された場合に、距離D1、D2が最も小さくなる。 Indicator unit in the closest position from the reference line Z holes are provided in (Fig. 43 the indicator portion 900D), and, if the hole is identified as the reference holes, the distance D1, D2 is the smallest Become.

図43に示す例のように、横情報区域W1に複数の孔部が形成されている場合は、基準線Zに近接しているほうの孔部(つまり、指標部900Dの孔部)が基準孔部に相当する。 As in the example shown in FIG. 43, when the plurality of holes in the lateral information section W1 is formed, the hole portion of the better are close to the reference line Z (i.e., the hole of the indicator portion 900D) reference corresponding to the hole. この場合、基準線Zから離間しているほうの孔部(つまり、指標部900Aの孔部)を基準孔部とするよりも、距離D1、D2が小さくなる。 In this case, the hole of the better spaced apart from the reference line Z (i.e., the hole of the indicator portion 900A) than the reference hole portion, the distance D1, D2 decreases. このように、横情報区域W1に少なくとも1つの孔部が設けられている場合には、横情報区域W1に設けられた孔部の数量および位置に拘らず、人は距離D2の範囲を特定できる。 Thus, if at least one hole in the lateral information section W1 is provided, regardless of the number and position of the hole provided in the lateral information section W1, person can identify the range of the distance D2 .

一方、下ケース312の外側から後方指標部900を目視する場合(図41参照)、人は第1下テープ領域400Bおよび第2下テープ領域410Bを直接目視できない。 On the other hand, (see FIG. 41) when viewing the rear indicator portion 900 from the outside of the lower case 312, a person can not visually first lower tape area 400B and the second lower tape area 410B directly. そのため、人は、接点P(図20参照)や基準線Zを認識するのが難しい場合がある。 Therefore, the person, it may be difficult to recognize the contact P (see FIG. 20) and the reference line Z. この場合、次の方法で横情報区域W2の要素特定が可能である。 In this case, it is possible element identification of the lateral information section W2 in the following ways.

本実施形態の後方指標部900は、テープカセット30に収納される割合が大きい主要なテープに関する色情報(例えば、テープ色:Clear,文字色:Blackなど)に対応している場合、横情報区域W1、W2にそれぞれ設けられて前後方向に並ぶ2つの指標部のうち、前方の指標部に孔部が設けられ、後方の指標部に面部が設けられる。 Rear indicator portion 900 of the present embodiment, the color information on key tape a large ratio accommodated in the tape cassette 30 (e.g., tape color: Clear, character color: Black, etc.) correspond to the lateral information section W1, W2 to one of the two indicator portions aligned in provided in front-rear direction, the hole portion is provided in front of the indicator portion, surface portion is provided behind the indicator portion. 具体的には、基準線Zが通る2つの指標部900C、900Eがそれぞれ面部および孔部の組合せで構成されている。 Specifically, two indicator portions 900C which reference line Z passes, 900E is constituted by a combination of the respective surface portion and the hole portion.

これにより、多くのテープカセット30では、後壁370に近接する面部で構成された指標部と、後壁370から離間した孔部で構成された指標部とが、前後方向に並ぶ。 Thus, many of the tape cassette 30, the indicator portion composed of a surface portion close to the rear wall 370, and the index section comprising spaced holes from the rear wall 370, arranged in the front-rear direction. 人は、後方指標部900を下方から目視した場合に、後壁370から離間した孔部を横情報区域W2に設けられた孔部として特定できる。 People, the rear indicator portion 900 when viewed from below, can identify a hole spaced from the rear wall 370 as hole provided in the lateral information section W2. この孔部の後側に設けられた面部を、横情報区域W1に設けられた面部として特定できる。 The surface on the rear side of the hole, can be specified as a surface portion provided on the lateral information section W1. さらに、人は、特定した面部および孔部に基づいて、横情報区域W1、W2の位置特定を行うことができる。 Furthermore, a person, based on the specified surface portion and the hole portion, it is possible to perform the localization of the lateral information sections W1, W2.

逆に、横情報区域W1、W2にそれぞれ設けられて前後方向に並ぶ2つの指標部のうち、後方の指標部を孔部とし、前方の指標部を面部としてもよい。 Conversely, one of the two indicator portions aligned in the longitudinal direction provided on each of the lateral information sections W1, W2, and the rear of the indicator portion and the hole portion may be surface ahead of the indicator portion. 例えば、図示しないが、基準線Zが通る2つの指標部(例えば、指標部900C、900E)をそれぞれ孔部、面部で構成する。 For example, although not shown, two indicator portions which reference line Z passes (e.g., the indicator portions 900C, 900E) each hole, constituted by surface. この場合、後壁370に近接する孔部で構成された指標部と、後壁370から離間した面部で構成された指標部とが、前後方向に並ぶ。 In this case, the index portion constituted by a hole portion close to the rear wall 370, and the index section comprising spaced surface portions from the rear wall 370, arranged in the front-rear direction. 人は、後方指標部900を下方から目視した場合に、後壁370に近接した孔部を横情報区域W1に設けられた孔部として特定できる。 People, the rear indicator portion 900 when viewed from below, can identify the holes close to the rear wall 370 as hole provided in the lateral information section W1. この孔部の前側に設けられた面部を、横情報区域W2に設けられた面部として特定できる。 The surface portion provided on the front side of the hole, can be specified as a surface portion provided on the lateral information section W2. さらに、人は、特定した孔部および面部に基づいて、横情報区域W1、W2の位置特定を行うことができる。 Furthermore, a person, based on the specified holes and the surface portion, it is possible to perform the localization of the lateral information sections W1, W2.

本実施形態の後方指標部900は、孔部および面部の形成パターンが上方からも認識可能である。 Rear indicator portion 900 of the present embodiment, the hole and the surface portion of the forming pattern can be recognized from above. そのため、後方指標部900を上方から目視する場合でも(図42参照)、上記と同様にして横情報区域W2の孔部または面部を特定可能である。 Therefore, (see FIG. 42) even when viewing the rear indicator portion 900 from above, it is possible to specify a hole or surface portion of the lateral information section W2 in the same manner as described above.

さらに、図41および図42の例のように、指標部900A〜900Eに孔部が形成されているか否かで色情報が特定される場合には、指標部900A〜900Eの位置特定も必要となる。 Furthermore, as in the example of FIGS. 41 and 42, when the color information on whether the hole in the indicator portion 900A~900E is formed is identified, the position specific indication part 900A~900E required Become. 人は、縦情報区域V1〜V4が配置される左右方向位置をすべて把握していれば、横情報区域W1、W2内の指標部900A〜900Eの左右方向位置を、縦情報区域V1〜V4を基準として特定できる。 Person, if the position in the lateral direction of the vertical information section V1~V4 are arranged to grasp all the position in the lateral direction of the index portion 900A~900E of the lateral information sections W1, the W2, the vertical information section V1~V4 It can be specified as a reference. つまり、横情報区域W1、W2と縦情報区域V1〜V4との重なり領域に設けられる指標部900A〜900Eの規定位置(左右方向位置および前後方向位置)を、人が目視で特定できる。 That is, defined position of the index portion 900A~900E provided in the overlap region of the lateral information sections W1, W2 and the vertical information sections V1~V4 the (left-right direction position and the front-rear direction position), people can identify visually.

縦情報区域V1〜V4の左右方向位置は、人が後方指標部900を目視することで、次のように特定することができる。 The position in the lateral direction of the vertical information section V1~V4, by a person viewing the rear indicator portion 900 can be identified as follows. 先述したように、基準線Zは縦情報区域V3に含まれている。 As previously described, the reference line Z is included in the vertical information section V3. よって、後方指標部900を上方から目視する場合(図42参照)、人は基準線Zを基準として、縦情報区域V3の左右方向位置を特定できる。 Therefore, (see FIG. 42) when viewing the rear indicator portion 900 from above, a person with reference to the reference line Z, can specify the position in the lateral direction of the vertical information section V3. 縦情報区域V1〜V4は、特定領域F0において左右方向にほぼ等間隔で並んでいる。 Vertical information section V1~V4 are arranged at substantially equal intervals in the horizontal direction in the specific area F0. よって、人は縦情報区域V3を基準として、右方向に等間隔で順に並ぶ縦情報区域V2、V1と、左方向に等間隔で並ぶ縦情報区域V4とを特定できる。 Therefore, a person based on the vertical information section V3, can be specified as vertical information section V2, V1 arranged sequentially at equal intervals in the right direction, and the vertical information section V4 arranged at equal intervals in the left direction. このように、縦情報区域V1〜V4の左右方向位置を把握していない場合でも、人は目視で容易に把握できる基準線Zを基準として、縦情報区域V1〜V4の位置を特定できる。 Thus, even if you do not know the position in the lateral direction of the vertical information sections V1-V4, people with reference to the reference line Z which can be easily grasped visually, can locate the vertical information section V1-V4.

先述したように、指標部900C、900Eは、前後方向に並ぶ孔部および面部の組合せで構成されている。 As previously described, the indicator portions 900C, 900E is constituted by the combination of the holes and the surface portion arranged in the front-rear direction. よって、後方指標部900を下方から目視する場合(図41参照)、前後方向に並ぶ孔部および面部の組合せに基づいて、指標部900C、900Eを含む縦情報区域V3の左右方向位置を特定できる。 Therefore, (see FIG. 41) when viewing the rear indicator portion 900 from below, based on a combination of the holes and the surface portion arranged in the longitudinal direction, it can identify the position in the lateral direction of the vertical information section V3 including indicator portion 900C, the 900E . そのため、上記と同様に、特定領域F0において左右方向にほぼ等間隔で並ぶ縦情報区域V1〜V4を特定できる。 Therefore, in the same manner as described above, you can identify the vertical information section V1~V4 arranged at substantially equal intervals in the horizontal direction in the specific area F0. このように、縦情報区域V1〜V4の左右方向位置を把握していない場合でも、人は前後方向に並ぶ指標部(孔部および面部の組合せ)を基準として、縦情報区域V1〜V4の位置を特定できる。 Thus, even if you do not know the position in the lateral direction of the vertical information sections V1-V4, the indicator portions aligned in the longitudinal direction person (the combination of the hole and the surface portion) as a reference, the position of the vertical information sections V1-V4 It can be identified.

これにより、横情報区域W1に設けられている孔部が、縦情報区域V1〜V4のいずれに設けられているかで、その孔部が指標部900A〜900Dのいずれに設けられているかを特定できる。 Thus, the hole portion provided in the lateral information section W1 is at or provided to any of the vertical information sections V1-V4, can identify whether the hole is provided in one of the indicator portion 900A~900D . 横情報区域W2に設けられている孔部が、縦情報区域V3に設けられているか否かで、その孔部が指標部900Eに設けられているか否かを特定できる。 Holes provided in the lateral information section W2 is in whether provided in a vertical information section V3, it can identify whether the hole is provided in the indicator portion 900E. このように、本実施形態の後方指標部900は、人が目視で各指標部900A〜900Eに設けられた孔部および面部の組合せを特定できる。 Thus, the rear indicator portion 900 of the present embodiment, a person can identify the holes and the surface portion combinations provided in each indicator portion 900A~900E visually.

次に、横情報区域W1、W2の各々、または指標部900A〜900Eの各々に孔部が形成されているか否かの組合せによる色情報の特定について説明する。 Next, each of the lateral information sections W1, W2, or to each of the indicator portion 900A~900E by whether a combination hole is formed for a specific color data will be described. 色情報には様々な要素があるが、本実施形態では、これらの要素のうち、テープ色および文字色の2要素を特定する例を挙げて説明する。 There are various elements in the color information, but in the present embodiment, of these elements will be described by way of example to identify the 2 components of the tape color and the character color. 色情報に含まれるテープ色は、テープ(感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58)の基材色を示す。 Tape color included in the color information indicates the base color of the tape (heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, double-sided adhesive tape 58). 色情報に含まれる文字色は、インクリボン60を用いた熱転写方式であればインクリボン60のインク色を示す。 Character color included in the color information indicates the ink color of the ink ribbon 60 when the thermal transfer method using an ink ribbon 60. 感熱紙テープ55を発色させる感熱方式であれば、感熱紙テープ55が発色する色を示す。 If thermal printing to color the heat-sensitive paper tape 55, it shows the color heat-sensitive paper tape 55 is colored.

横情報区域W1、W2がそれぞれに特定する色情報の要素は、予め定められている。 Component of the color information lateral information sections W1, W2 identifies each are predetermined. 本実施形態では、横情報区域W1は、テープ色を特定する情報を示す区域として定められている。 In this embodiment, the lateral information section W1 is defined as the area indicating information for identifying the tape color. 横情報区域W2は、文字色を特定する情報を示す区域として定められている。 Horizontal information section W2 is defined as the area indicating information for identifying the character color. さらに、横情報区域W1、W2内において特定の重なり領域が指標部900A〜900Eとして機能する場合には、横情報区域W1、W2のいずれに対応するかに応じて、指標部900A〜900Eが特定する色情報の要素が決まる。 Further, when a particular overlap region in the lateral information sections W1, the W2 serves as the indicator unit 900A~900E, depending on whether corresponding to any of the lateral information sections W1, W2, identified indicator portion 900A~900E elements of the color information is determined. 本実施形態では、指標部900A〜900Dは、テープ色を特定する指標部である。 In this embodiment, indicator portion 900A~900D is an index portion identifying the tape color. 指標部900Eは、文字色を特定する指標部である。 Indicator portion 900E is an index portion identifying the character color.

横情報区域W1および指標部900A〜900Dは、それぞれテープ色特定部として機能する。 Horizontal information section W1 and the index portion 900A~900D functions as tape color specifying portion, respectively. 横情報区域W2および指標部900Eは、それぞれ文字色特定部として機能する。 Horizontal information section W2 and the indicator portion 900E functions as a text color identification unit, respectively. テープカセット30は、他の特定部の構成にかかわらず、各特定部のみで対応する色情報の要素を特定可能である。 The tape cassette 30, regardless of the configuration of other specific part, it is possible to specify the elements of the corresponding color information only each particular section. 以下では、指標部900A〜900Eによる色情報の特定方法を例にして説明する。 Hereinafter, it will be described as an example a particular method of color information by the indicator portion 900A~900E.

表4〜表6を参照して、各特定部によって特定される色情報の要素(テープ色および文字色)について説明する。 Referring to Table 4 to Table 6, a description will be given component of the color information specified by the specification unit (tape color and the character color). 便宜上、表中では、指標部900A〜900Eに孔部が形成されている場合が「0」で示されている。 For convenience, in the tables, if the hole is formed in the indicator portions 900A~900E is indicated by "0". 指標部900A〜900Eに孔部は形成されておらず面部である場合が「1」で示されている。 Holes in the indicator portion 900A~900E If a face is not formed is indicated by "1".

なお、横情報区域W1、W2に形成される孔部および面部の組合せによって色情報が特定される場合には、表4の指標部900B〜900Dを横情報区域W1に設けられる3箇所の孔部および面部の組合せに置き換えることによって、以下の説明と同様に主要なテープ色を特定可能である。 Incidentally, when the color information by the combination of the holes and the surface portion which is formed in the lateral information sections W1, W2 is specified, three of the holes provided in the lateral information section W1 the indicator portion 900B~900D Table 4 and by replacing the combination of the surface portion, it is possible identify key tape color similar to the following description. 表5の指標部900A〜900Dを横情報区域W1に設けられる4箇所の孔部および面部の組合せに置き換えることによって、以下の説明と同様に特殊なテープ色を特定可能である。 By replacing the indicator unit 900A~900D Table 5 in the hole and the surface portion of the combination of the four positions provided in the lateral information section W1, it is possible to specify a special tape color similar to the following description. 表6の指標部900Eを横情報区域W2に設けられる1箇所の孔部または面部に置き換えることによって、以下の説明と同様に文字色を特定可能である。 By replacing the indicator portion 900E of Table 6 in the hole or surface portion of one location provided in the lateral information section W2, it is possible to identify the character color as with the following description.

まず、テープカセット30のテープ色を、人が目視によって特定する方法について説明する。 First, the tape color of the tape cassette 30, a method for people to identify visually be described. 本実施形態では、指標部900A〜900D(横情報区域W1上の指標部)が、孔部および面部の組合せによってテープ色を示す。 In this embodiment, the indicator portions 900A-900D (indicator section on the horizontal information section W1) indicates the tape color by the combination of the holes and the surface portion. 特に、テープカセット30に実装される割合が大きい主要なテープ色は、3つの指標部900B〜900Dのみを目視して特定可能である。 Particularly, primary tape color ratio is large to be mounted to the tape cassette 30 can be identified by visual inspection only three indicator portion 900B~900D. また、テープカセット30に実装される割合が小さい特殊なテープ色のうちの一部は、4つの指標部900A〜900Dを目視して特定可能である。 Also, some of the special tape color small percentage mounted on the tape cassette 30 can be identified by visual inspection four indicator portion 900A-900D.

表4に示すように、テープ色特定部の一部を構成する指標部900B〜900Dがそれぞれ孔部であるか、または面部であるかの組合せに対応して、主要なテープ色である「Clear」、「Blue」、「Black」の3色が定められている。 As shown in Table 4, whether or not the index portion 900B~900D constituting a part of the tape color specifying unit are each hole, or a which is of corresponding to a combination surface, the major tape color "Clear ", three colors of" Blue "," Black "is defined. 詳細には、指標部900B〜900Dがそれぞれ面部、面部、孔部(表4では「1、1、0」の組合せ)の場合は、テープ色が「Clear」であることを示す。 In particular, in the case of each indicator portion 900B~900D face, face, holes (Table 4 combination of "1, 1, 0") indicates that the tape color is "Clear". 指標部900B〜900Dがそれぞれ孔部、面部、面部(表4では「0、1、1」の組合せ)の場合は、テープ色が「Blue」であることを示す。 Hole indicator portion 900B~900D respectively, surface in the case of the surface portion (Table 4 combination of "0, 1, 1"), indicating that the tape color is "Blue". 指標部900B〜900Dがそれぞれ孔部、孔部、面部(表4では「0、0、1」の組合せ)の場合は、テープ色が「Black」であることを示す。 Hole indicator portion 900B~900D respectively, holes, if surface portion (Table 4 combination of "0, 0, 1"), indicating that the tape color is "Black".

人は、後方指標部900のうちで、横情報区域W1内に存在する指標部900B〜900Dを目視するだけで、テープカセット30の主要なテープ色を認識できる。 People, among backward indicator portion 900, by simply looking at the indicator unit 900B~900D present in the lateral information section within W1, can recognize the major tape color of the tape cassette 30. 詳細には、人は、指標部900B〜900Dの位置を目視で特定し、そこに孔部が形成されているか否かを確認するだけで、主要なテープ色であるか否か、および、そのテープ色の詳細を判別できる。 In particular, a person identified visually the position of the indicator portion 900B~900D, simply confirms there whether a hole is formed, whether a major tape color, and its possible to determine the details of the tape color. 例えば、図43に示すテープカセット30では、指標部900B〜900Dがそれぞれ面部、面部、孔部である。 For example, in the tape cassette 30 shown in FIG. 43, the indicator portion 900B~900D are each face, face, holes. この場合、人は後方指標部900を目視して、テープ色は「Clear」であると特定できる。 In this case, the person views the rear indicator portion 900, tape color can be specified as "Clear".

指標部900Cは、基準線Zを基準として特定可能な縦情報区域V3に設けられている。 Indicator portion 900C is provided on the identifiable vertical information section V3 reference to the reference line Z. そのため、指標部900Cは、横情報区域W1上の指標部900A〜900Dのうちで、人の目視によって最も容易に特定可能である。 Therefore, the indicator portion 900C is within the indicator portion 900A~900D on the horizontal information section W1, the most easily identifiable by visual person. 縦情報区域V3の左右隣りに位置する縦情報区域V2、V4に設けられる指標部900B、900Dも、人の目視によって容易に特定可能である。 Vertical information indicator portion provided in the vertical information sections V2, V4 located right next to the area V3 900B, 900D is also readily identified by visual inspection of a human. つまり、主要なテープ色については、横情報区域W1上の指標部900A〜900Dのうちで、人が目視によって認識容易な指標部900B〜900Dを確認するだけで特定できる。 That is, for the major tape color, among the indicator portion 900A~900D on the horizontal information sections W1, people can identify only confirms readily recognized indicator portion 900B~900D visually.

表5に示すように、テープ色特定部を構成する指標部900A〜900Dがそれぞれ孔部であるか、または面部であるかの組合せに対応して、特殊なテープ色である「White」、「Yellow」、「Red」の3色が定められている。 As shown in Table 5, corresponding to the number of combinations or indicator unit 900A~900D constituting the tape color specifying unit are each hole, or surface, a special tape color "White", " Yellow ", the three colors of the" Red "is defined. 詳細には、指標部900A〜900Dがそれぞれ孔部、面部、面部、面部(表5では「0、1、1、1」の組合せ)の場合は、テープ色が「White」であることを示す。 In particular, hole indicator portion 900A~900D respectively, face, surface, if surface portion (Table 5 combination of "0, 1, 1, 1") indicates that the tape color is "White" . 指標部900A〜900Dがそれぞれ面部、孔部、面部、孔部(表5では「1、0、1、0」の組合せ)の場合は、テープ色が「Yellow」であることを示す。 Each surface portion, the hole portion is the index portion 900A-900D, surface, in the case of the hole (Table 5 combination of "1, 0, 1, 0") indicates that the tape color is "Yellow". 指標部900A〜900Dがそれぞれ孔部、面部、孔部、面部(表5では「0、1、0、1」の組合せ)の場合は、テープ色が「Red」であることを示す。 Hole indicator portion 900A~900D respectively, face, holes, if surface portion (Table 5 combination of "0, 1, 0, 1"), indicating that the tape color is "Red."

人は、後方指標部900のうちで、横情報区域W1内に存在する指標部900A〜900Dを目視するだけで、テープカセット30の特殊なテープ色を認識できる。 People, among backward indicator portion 900, by simply looking at the indicator unit 900A~900D present in the lateral information section within W1, can recognize the special tape color of the tape cassette 30. 詳細には、人は、指標部900A〜900Dの位置を目視で特定し、そこに孔部が形成されているか否かを確認するだけで、特殊なテープ色であるか否か、および、そのテープ色の詳細を判別できる。 In particular, a person identified visually the position of the indicator portion 900A-900D, simply confirms there whether a hole is formed, whether a special tape color, and its possible to determine the details of the tape color. 例えば、図41および図42に示すテープカセット30では、指標部900A〜900Dがそれぞれ孔部、面部、面部、面部であるから、テープ色は「White」であると特定できる。 For example, in the tape cassette 30 shown in FIGS. 41 and 42, holes indicator portion 900A~900D respectively, face, surface, because it is surface portion, tape color can be specified as "White".

表6に示すように、文字色特定部を構成する指標部900Eが孔部であるか、または面部であるかに対応して、文字色として「Black」または「Black以外」が定められている。 As shown in Table 6, or indicator portion 900E constituting the text color identification portion is a hole portion, or in response to whether the face, "Black" or "non-Black" is defined as the character color . 詳細には、指標部900Eが孔部(表6では「0」)の場合は、文字色が「Black」であることを示す。 Specifically, if the indicator portion 900E is the hole portion (Table 6, "0") indicates that the character color is "Black". 指標部900Eが面部(表6では「1」)の場合は、文字色が「Black以外」であることを示す。 If the indicator portion 900E is surface portion (Table 6, "1") indicates that the character color is "non-Black".

人は、後方指標部900のうちで、横情報区域W2内に存在する指標部900Eを目視するだけで、テープカセット30の文字色を認識できる。 People, among backward indicator portion 900, by simply looking at the indicator portion 900E that is present in the lateral information zone W2, can recognize the character color of the tape cassette 30. 詳細には、人は、指標部900Eの位置を目視で特定し、そこに孔部が形成されているか否かを確認するだけで、文字色が黒および黒以外のいずれであるかを判別できる。 In particular, a person identified visually the position of the indicator portion 900E, simply confirms there whether a hole is formed, the character color can be determined which one of the non-black and black . 例えば、図41〜図43に示すテープカセット30では、いずれも指標部900Eが孔部である。 For example, in the tape cassette 30 shown in FIGS. 41 43, both the indicator portion 900E is hole. この場合、人は後方指標部900を目視して、文字色は「Black」であると特定できる。 In this case, the person views the rear indicator portion 900, the character color can be specified as "Black".

このように、本実施形態のテープカセット30では、指標部900Eが孔部および面部のいずれであるかに拘らず、人が指標部900B〜900Dまたは指標部900A〜900Dを目視するだけで、テープ色を認識できる。 Thus, only in the tape cassette 30 of the present embodiment, regardless of whether the indicator portion 900E is any hole and the surface portion, a person viewing the indicator portion 900B~900D or metric unit 900A-900D, the tape You can recognize the color. 指標部900A〜900Dが孔部および面部のいずれであるかに拘らず、人が指標部900Eを目視するだけで、文字色を認識できる。 Regardless of whether the index section 900A~900D is any hole and the surface portion, a person simply viewing the indicator portion 900E, can recognize the character color.

図29に示すように、第1テープ領域400および第2テープ領域410は、カセットケース31内の後側に偏って設けられている。 As shown in FIG. 29, the first tape area 400 and the second tape area 410 is provided biased to the rear side of the cassette case 31. 第1リボン領域420および第2リボン領域440は、カセットケース31内の前側に偏って設けられる。 The first ribbon area 420 and the second ribbon area 440 is provided biased to the front side of the cassette case 31. インクリボン60を使用するテープカセット30では、横情報区域W1、W2の前後方向の並び順序に対応して、カセットケース31内においてテープおよびインクリボン60が前後方向に並ぶ。 In the tape cassette 30 using the ink ribbon 60, in correspondence with the arrangement order of the front-rear direction of the transverse information sections W1, W2, the tape and the ink ribbon 60 is aligned in the longitudinal direction in the cassette case 31.

よって、横情報区域W2よりも後側でテープ色を示す横情報区域W1を目視して、インクリボン60よりも後側に位置するテープの基材色を特定できる。 Accordingly, by viewing the lateral information sections W1 indicating the tape color is rearward of the lateral information section W2, can identify the base color of the tape to be positioned on the rear side of the ink ribbon 60. 横情報区域W1よりも前側で文字色を示す横情報区域W2を目視して、テープよりも前側に位置するインクリボン60のインク色を特定できる。 Than the lateral information section W1 views the lateral information section W2 indicating the character color at the front, you can identify the ink color of the ink ribbon 60 positioned in front of the tape. これにより、人が横情報区域W1、W2に示される色情報の要素を、カセットケース31内でのテープおよびインクリボン60の並びに沿って正確に照合できる。 Thus, the elements of the color information a person is shown on the horizontal information sections W1, W2, it can be matched precisely along the line of the tape and the ink ribbon 60 in the cassette case 31.

なお、各特定部によって特定される色情報(テープ色および文字色)の内容は、表4〜表6に限定されるものではなく、適宜変更が可能である。 The contents of the color information specified by the specification unit (tape color and the character color) is not intended to be limited to Table 4 to Table 6, it can be appropriately changed. 表4〜表6に規定される色情報の総組合せ数は28個になるが、すべてが使用される必要はない。 Total number of combinations of color information specified in Tables 4 to 6 are made into 28 need not all be used. ただし、色情報が対応する孔部および面部の組合せは、少なくとも以下の規則性に従って定義されることが好適である。 However, the combination of the holes and the surface portion of color information corresponding, it is preferable to be defined in accordance with at least the following regularity.

第1に、基準線Zを指標として特定しやすい指標部900Cを除いた指標部900A、900B、900Dは、少なくとも1つが孔部で構成され、且つ、少なくとも1つが面部で構成される組合せであることが好ましい。 First, the reference line Z indicator portion excluding the particular easy indicator portion 900C as an index 900A, 900B, 900D is at least one consists of a hole, and, at least one is a combination consisting of face it is preferable. これにより、各指標部900A〜900Dに設けられた孔部および面部の組合せの視認性を高めることができる。 This can enhance the visibility of the combination of the hole and the surface portion provided in each indicator portion 900A-900D. 人は指標部900A〜900Dを目視したときに、色情報を正確に特定できる。 People when viewing the indicator portion 900A-900D, can accurately identify the color information.

第2に、横情報区域W1内に存在する指標部900A〜900Dの全てが面部となる組合せ、および、特定領域F0内に存在する指標部900A〜900Eの全てが面部となる組合せを採用しないことが好ましい。 Second, the combination of all of the indicator portion 900A~900D present in the lateral information section within W1 is surface, and, not to adopt the combination in which all of the indicator portion 900A~900E present in the specific area F0 becomes surface It is preferred. このような組合せでは、後方段差壁360Aが、孔部の1つも存在しない面部、または、後壁370から離間した位置に1つのみ孔部が形成された面部となるためである。 In such a combination, rear stepped wall 360A is, face even one of the holes is not present, or is because the surface of only one hole at a position spaced from the rear wall 370 is formed. この場合、後方段差壁360Aに後方指標部900が設けられていることを、人が把握し難くなる。 In this case, that the rear indicator portion 900 to the rear stepped wall 360A is provided, a person becomes difficult to grasp. 後壁370に隣接した位置に少なくとも1つは孔部を設けることで、後方段差壁360Aに後方指標部900が設けられていることを明確にすることができる。 At least one position adjacent to the rear wall 370 by providing a hole, it is possible to clarify that the rear indicator portion 900 is provided on the rear stepped wall 360A.

第3に、テープカセット30に収納される頻度が高いテープの色情報は、後方段差壁360Aにおいて前後に並ぶ指標部900C、900Eのうち、一方を孔部とし、他方を面部とする組合せで示されることが好ましい。 Third, the color information of the high frequency tape accommodated in the tape cassette 30, the indicator portion 900C arranged back and forth in rear stepped wall 360A, of the 900E, one of the holes, indicated by a combination of the other as face it is preferable. これは、先述したように、人が後方段差壁360Aを目視することによって、横情報区域W2の要素特定を可能とするためである。 This is because, as described previously, by a person viewing the rear stepped wall 360A, in order to enable the element identification of the lateral information section W2.

第4に、人が目視によってテープ色を特定する場合、そのテープ色が主要なものか特殊なものかに拘らず、指標部900B〜900Dがそれぞれ孔部および面部のいずれであるかを確認する必要がある。 Fourth, when a person identifies the tape color visually, regardless of whether the special ones tape color their major ones, the indicator portion 900B~900D confirms which one of the holes and the surface portion, respectively There is a need. よって、特殊なテープ色に対応する後方検出部300の検出パターン(表5参照)は、主要なテープ色に対応する後方検出部300の検出パターン(表4参照)を含まないことが好ましい。 Accordingly, the detection pattern of the rear detection portion 300 corresponding to the special tape color (see Table 5), it is preferred that no detectable pattern of the rear detection portion 300 corresponding to the main tape color (see Table 4). これにより、人が後方指標部900を目視した場合に、主要なテープ色を他のテープ色と明確に区別して、テープ色の特定を容易にすることができる。 This allows a person when viewing the rear indicator portion 900, a clearly distinguished from other tape color primary tape color, to facilitate a particular tape color.

ここまで、後方指標部900が色情報を特定するための構成と、人が後方指標部900を目視して色情報を特定する方法について説明した。 So far, the structure and for the rear indicator portion 900 identifies the color information, people have described how to determine the color information by looking at the rear indicator portion 900. 以下では、後方検出スイッチ310との関係で見た後方指標部900の構成と、後方検出スイッチ310による色情報の特定態様とについて説明する。 Hereinafter, the configuration of the rear indicator portion 900 as seen in relation to the rear detection switch 310, by the rear detecting switch 310 for a specific embodiment of the color information will be described.

まず、後方検出スイッチ310との関係で見た後方指標部900の構成について説明する。 First, the configuration of the rear indicator portion 900 as seen in relation to the rear detecting switch 310. 本実施形態のテープ印字装置1は、先述したように、5つの後方検出スイッチ310A〜310Eを有する(図13参照)。 The tape printer 1 of this embodiment, as described above, has five rear detecting switch 310A~310E (see FIG. 13). カセット装着部8に装着されているテープカセット30において、後方検出スイッチ310A〜310Eのそれぞれに対向する重なり領域が、指標部900A〜900Eである(図41参照)。 In the tape cassette 30 that is installed in the cassette housing portion 8, the overlap area facing the respective rear detecting switch 310A~310E is indicative section 900A~900E (see FIG. 41). 図41に示すテープカセット30の例では、指標部900A、900Eは孔部であり、指標部900B〜900Dは面部である。 In the example of the tape cassette 30 shown in FIG. 41, the indicator portions 900A, 900E are holes, indicator portion 900B~900D is surface portion.

孔部は、後方検出スイッチ310と対向した場合に、スイッチ端子317(図13参照)を押圧しない非押圧部901として機能する。 Hole, when facing the rear detecting switch 310, serving switch terminal 317 (see FIG. 13) as the non-pressing portion 901 that does not press. 非押圧部901は、指標部(重なり領域)の形状に内接する平面視円形の開口形状を有する。 Non-pressing portion 901 has a circular shape in plan view of the opening shape which is inscribed in the shape of the indicator portion (overlap region). 非押圧部901に対向する後方検出スイッチ310は、スイッチ端子317が非押圧部901に挿入されてオフ状態となる。 Rear detection switch 310 opposing the non-pressing portion 901 are turned off switch terminal 317 is inserted into the non-pressing portion 901.

面部は、後方検出スイッチ310と対向した場合に、スイッチ端子317を押圧する押圧部902として機能する。 Surface, when facing the rear detecting switch 310, which functions as a pressing portion 902 that presses the switch terminal 317. 押圧部902は、後方段差壁360Aの一部であって、指標部(重なり領域)の形状に内接する平面視円形の面形状を有する。 The pressing portion 902 is a part of the rear stepped wall 360A, having a circular shape in plan view of the surface shape which is inscribed in the shape of the indicator portion (overlap region). 押圧部902に対向する後方検出スイッチ310は、スイッチ端子317が押圧部902に接触してオン状態となる。 Rear detection switch 310 that opposes the pressing portion 902, the switch terminal 317 is turned on in contact with the pressing portion 902. 図41に示すテープカセット30の例では、指標部900A、900Eは非押圧部901であり、指標部900B〜900Dは押圧部902である。 In the example of the tape cassette 30 shown in FIG. 41, the indicator portions 900A, 900E are the non-pressing portion 901, index portion 900B~900D is pressing portion 902.

先述したように、後方指標部900の指標部900A〜900Eには、色情報に応じた規定のパターンで孔部(非押圧部901)および面部(押圧部902)のいずれかが形成される(表4〜6参照)。 As mentioned earlier, the indicator portion 900A~900E of rear indicator portion 900, one of the holes in the prescribed pattern corresponding to the color information (the non-pressing portion 901) and the surface (the pressing portion 902) is formed ( see Table 4-6). テープ印字装置1は、後方指標部900によって選択的に押圧される後方検出スイッチ310のオン・オフ状態の組合せに基づいて、色情報を特定できる。 The tape printer 1, based on the combination of the on and off states of the rear detecting switches 310 that are selectively pressed by the rear indicator portion 900 can identify the color information.

詳細には、テープ印字装置1は、5つの後方検出スイッチ310A〜310Eのオン・オフの組合せに対応する色情報を、テーブルを参照して特定する。 Specifically, the tape printer 1, the color information corresponding to the combination of the five rear detecting switch 310A~310E on and off, to identify with reference to the table. このテーブルでは、指標部900A〜900Eについて予め定められた規定のパターン(孔部および面部の組合せ)が、それぞれ対応する後方検出スイッチ310A〜310Eの検出パターン(オフ状態およびオン状態の組合せ)に置き換えられて、色情報と対応付けられている。 In this table, the provision of a predetermined pattern on the indicator portion 900A~900E (combination of holes and the surface portion) is replaced with the detection pattern of the corresponding rear detecting switch 310A~310E (a combination of off-state and on-state) is it is associated with the color information.

図44に示す色情報テーブル520は、テープ印字装置1による色情報の特定に用いられるテーブルの一例である。 Color information table 520 shown in FIG. 44 is an example of a table used in a specific color information by the tape printer 1. 色情報テーブル520は、ROM602(図14参照)に記憶されている。 Color information table 520 is stored in ROM 602 (see FIG. 14). なお、図44に示す例では、後方検出スイッチ310A〜310Eがそれぞれスイッチ「ST1」〜「ST5」に対応している。 In the example shown in FIG. 44, rear detecting switch 310A~310E corresponds to the switch "ST1" - "ST5" respectively. 各後方検出スイッチ310のオフ状態(OFF)およびオン状態(ON)が、それぞれ「0」および「1」に対応している。 OFF state of each rear detecting switch 310 (OFF) and the on state (ON) is corresponding to each "0" and "1".

本実施形態の色情報テーブル520は、後方検出スイッチ310A〜310Eの検出パターン毎にそれぞれ異なる色情報が定義された複数の色テーブルを含む。 Color information table 520 of this embodiment includes a plurality of color tables different color information for each detection pattern of the rear detection switch 310A~310E is defined. 図44に示す例では、色情報テーブル520が、第1色テーブル521と第2色テーブル522とを含んでいる。 In the example shown in FIG. 44, the color information table 520 includes a first color table 521 and a second color table 522.

第1色テーブル521は、後方検出スイッチ310A〜310Eの検出パターンに応じて第1セットの色情報が定義された、標準的な色テーブルである。 First color table 521, the first set color information in accordance with the detection pattern of the rear detection switch 310A~310E is defined, which is a standard color table. 第2色テーブル522は、後方検出スイッチ310A〜310Eの検出パターンに応じて第2セットの色情報が定義された、特殊な色テーブルである。 Second color table 522, the color information of the second set in response to the detection pattern of the rear detection switch 310A~310E is defined, a special color table. 第1セットの色情報は、第2セットの色情報よりも使用頻度が高い。 Color information of the first set higher frequency of use than the color information of the second set. テープ印字装置1は、第1色テーブル521および第2色テーブル522を選択的に使用して、後方検出スイッチ310A〜310Eの検出パターンに応じた色情報(第1セットの色情報または第2セットの色情報)を特定するが、詳細は後述する。 The tape printer 1, the first color table 521 and the second color table 522 can be optionally used to color information (first set of color information or the second set corresponding to the detection pattern of the rear detecting switches 310A~310E the particular color information), but details will be described later.

テープ印字装置1で使用される色情報テーブル520は、図44に示す例に限らない。 Color information table 520 used in the tape printer 1 is not limited to the example shown in FIG. 44. 例えば、「予備」に対応する検出パターンに、他の任意の色情報を追加した色情報テーブル520を使用できる。 For example, the detection pattern corresponding to "spare", the color information table 520 to add any other color information can be used. 登録済みの色情報を削除したり、各検出パターンと色情報との対応を変更したり、各検出パターンに対応する色情報の内容を変更した色情報テーブル520を使用してもよい。 And delete the registered color information, to change the correspondence between each detection pattern and color information, it may be used color information table 520 to change the contents of the color information corresponding to each detection pattern. この場合、先述した目視による色情報特定のために定められる孔部の形成パターンも適宜変更される。 In this case, the formation pattern of holes defined for a specific color information by foregoing the visually also changed as appropriate.

以上に説明したように、本実施形態のテープカセット30は、人およびテープ印字装置1が、後方指標部900に基づいてテープ種類(詳細には、色情報)を特定できるように構成されている。 As described above, the tape cassette 30 of the present embodiment, the human and the tape printer 1, the tape type (specifically, color information) on the basis of the rear indicator portion 900 is configured to be able identify . 人が後方指標部900を目視してテープ種類を認識できるようにしたことで、次のような効果を奏する。 People that have to be able to recognize the tape type by visually the rear indicator portion 900, the following effects.

従来のテープカセットの製造方法では、テープカセットに実装されるテープ種類に応じて、カセットケースにテープ等が収納されるのが一般的であった。 In the manufacturing method of the conventional tape cassette, according to the tape type that is mounted in the tape cassette, the tape is housed were common to the cassette case. 例えば、テープカセットに実装される色情報(テープ色と文字色との組合せ)に応じて、そのテープ色に一致する基材色のテープと、その文字色に一致するインク色のインクリボンとを、作業者がカセットケースに収納していた。 For example, according to the color information is mounted on the tape cassette (combination of tape and text colors), and tape base color that matches the tape color, the ink ribbon of the ink color that matches the character color , the worker had been housed in the cassette case.

ところが、テープ色と文字色との組合せは多種にわたる。 However, the combination of the tape color and the character color across a wide. テープカセットの製造時に、予め意図された色情報とは異なるテープやインクリボンを、作業者が誤ってカセットケースに収納するおそれがあった。 During manufacture of the tape cassette, the different tapes and ink ribbon in advance intended color information, the operator there is a risk that contained in the cassette case by mistake. そのため、従来のテープカセットの製造工程は、製造済みのテープカセットに収納されたテープやインクリボンが、予定されていた色と対応するか否かを確認する検査工程を含んでいた。 Therefore, the manufacturing process of the conventional tape cassette, the tape and the ink ribbon housed in the manufactured tape cassette contained inspection process to check whether the corresponding color, which was scheduled.

本実施形態では、例えばテープカセット30の製造工程において、作業者が上ケース311を下ケース312に組み付ける前に、下ケース312の内側から後方指標部900を目視する。 In the present embodiment, for example in the manufacturing process of the tape cassette 30, before the operator assembling the upper case 311 to the lower case 312, viewing the rear indicator portion 900 from the inside of the lower case 312. あるいは、作業者は下ケース312にテープ等を収納する前に、下ケース312を裏返して後方指標部900を目視する。 Alternatively, the operator prior to receiving a tape or the like to the lower case 312, viewing the rear indicator portion 900 is turned over the lower case 312. 作業者は後方指標部900が示す色情報を特定することで、カセットケース31に収納すべきテープ色や文字色を把握できる。 Operator by identifying the color information indicated by the rear indicator portion 900 can grasp a tape color and the character color to be accommodated in the cassette case 31. このように、作業者はカセットケース31に実装すべき内容を確認しながら作業できるため、テープカセット30の製造ミスを低減できる。 Thus, the operator since it work while confirming the contents to be mounted in the cassette case 31, thereby reducing the manufacturing errors of the tape cassette 30. ひいては、上記のように検査工程を行う作業者の負担を軽減できる。 In turn, it can reduce the burden on the operator who performs the inspection process as described above.

テープカセット30の出荷後には、ユーザがテープ種類等を記したラベルを何らかの理由で読めない場合でも、テープカセット30を底面視することによって、後方指標部900に基づいて色情報を認識できる。 After shipment of the tape cassette 30, even if the user can not read for some reason a label describing the tape type, etc., by a bottom surface view of the tape cassette 30 can recognize the color information based on the rear indicator portion 900. よって、ユーザは、複数のテープカセット30のなかから、所望の色情報を有するテープカセット30を容易に選び出すことができる。 Thus, the user, from among a plurality of tape cassettes 30 can select easily the tape cassette 30 having a desired color information.

後方指標部900は、横情報区域W1、W2(指標部900A〜900E)の各々に設けられた孔部および面部の組み合わせ(つまり、非押圧部901と押圧部902との組み合わせ)という簡易な構成である。 Rear indicator portion 900, the lateral information sections W1, W2 of each hole and the surface portion provided on the (index portion 900A~900E) combination (i.e., combination of the non-pressing portion 901 and the pressing portion 902) simple that the construction it is. テープカセット30の製造時に、カセットケース31に後方指標部900を形成するのが容易である。 During manufacture of the tape cassette 30, it is easy to form the rear indicator portion 900 in the cassette case 31. したがって、カセットケース31に、実装内容を示す印刷を施したり、実装内容を示すラベルを貼着したりする必要がない。 Therefore, the cassette case 31, or by printing indicating the implementation details, it is not necessary or adhering a label indicating the implementation details. したがって、テープカセット30の製造ミスを低コストで抑制できる。 Therefore, it is possible to suppress the manufacturing errors of the tape cassette 30 at a low cost.

本実施形態では、指標部900A〜900Eとして機能する重なり領域に、色情報に対応した孔部(つまり、非押圧部901)および面部(つまり、押圧部902)のいずれかが設けられている。 In this embodiment, the overlapping areas functioning as the indicator unit 900A~900E, holes corresponding to the color information (i.e., the non-pressing portion 901) any and surface (i.e., the pressing portion 902) is provided. しかしながら、特定領域F0には、指標部900A〜900Eとしての機能が確保される範囲内で、孔部および面部を自由に形成できる。 However, the specific area F0, to the extent that functions as an indicator portion 900A~900E is secured free to form holes and the surface portion.

具体的には、先述のテープカセット30(図41および図42参照)では、特定領域F0のうちで指標部900A〜900Eとして機能しない領域の全てが、押圧部902と同一面である。 Specifically, in the aforementioned tape cassette 30 (see FIGS. 41 and 42), all the areas that do not function as the indicator part 900A~900E among the specific area F0, is flush with the pressing portion 902. そのため、特定領域F0に設けられた孔部(非押圧部901)が全て独立しているが、孔部は全て独立している必要はない。 Therefore, although the hole portion provided in the specific area F0 (the non-pressing portion 901) are all independent, it does not need to be independent of all the hole portion. 例えば、特定領域F0において、複数の非押圧部901の少なくとも2つを含むような大きさおよび形状を有する1つの孔部(溝部)を形成してもよい。 For example, in a specific area F0, it may be formed one aperture having a size and shape that includes at least two of the plurality of non-pressing portion 901 (the grooves). 一の溝部を形成する場合は、押圧部902として機能する部位を含まないことが好ましい。 When forming the one groove, it preferably contains no site that functions as the pressing portion 902.

図45および図46を参照して、カセット装着部8に対するテープカセット30の着脱態様について説明する。 With reference to FIGS. 45 and 46, it will be described removable manner of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8. 図45および図46では、理解を容易にするために、テープカセット30の着脱に関する孔部を仮想線(二点鎖線)で示している。 In FIGS. 45 and 46, for ease of understanding, it illustrates a hole about detachment of the tape cassette 30 by a virtual line (two-dot chain line). カセット装着部8のうちで、テープカセット30の着脱に関する部材を図示している。 Of the cassette housing portion 8, illustrates the member about the attachment and detachment of the tape cassette 30. 図46では、ガイド孔47およびその近傍を右側面視での断面図で示している。 In Figure 46, it shows a guide hole 47 and the vicinity thereof in a sectional view in the right side view.

まず、カセット装着部8に立設された各部材の高さ関係について説明する。 First, a description will be given height relationship of each member is erected in the cassette housing portion 8. 本実施形態では、ヘッドホルダ74、テープ駆動軸100、リボン巻取軸95、補助軸110、ガイド軸120は、少なくとも共通部32の幅Tよりも大きな軸長(上下方向長さ)を有する。 In this embodiment, the head holder 74, the tape drive shaft 100, the ribbon take-up shaft 95, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120 has a larger axial length than the width T of at least the common portion 32 (vertical length). このうち、3つの案内軸(つまり、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)は、それぞれの軸長が略等しく、且つ、リボン巻取軸95の軸長およびヘッドホルダ74の上下方向長さよりも大きい。 Of these, three guide shafts (i.e., the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) is substantially equal respective axial length, and the vertical direction of the axial length and the head holder 74 of the ribbon winding shaft 95 greater than the length. そのため、キャビティ811の底面を基準として、テープ駆動軸100および補助軸110の上端の高さ位置は、ヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95の各上端の高さ位置よりも大きい。 Therefore, based on the bottom surface of the cavity 811, the height position of the upper end of the tape drive shaft 100 and auxiliary shaft 110 is greater than the height of each upper end of the head holder 74 and the ribbon winding shaft 95.

先述したようにガイド軸120は、キャビティ811よりも上方に位置する角支持部812上に立設されている。 Guide shaft 120 as previously described is erected on the corner support portion 812 which is located above the cavity 811. ガイド軸120の上端は、ヘッドホルダ74、テープ駆動軸100、リボン巻取軸95、補助軸110のいずれの上端よりも高い位置にある。 The upper end of the guide shaft 120, the head holder 74, the tape drive shaft 100, the ribbon take-up shaft 95, is in a position higher than any of the upper end of the auxiliary shaft 110. つまり、ガイド軸120は、テープ駆動軸100および補助軸110よりも上方に延びている。 That is, the guide shaft 120 extends above the tape drive shaft 100 and auxiliary shaft 110.

ユーザがテープカセット30をカセット装着部8に装着する場合は、カセットケース31の上板305(図20参照)および底板306(図22参照)を略水平に維持しつつ下方に押し込む。 If the user mounting the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8 (see FIG. 20) the top plate 305 of the cassette case 31 and the bottom plate 306 is pushed downward while maintaining (see FIG. 22) substantially horizontally. このとき、ユーザは、ローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47をそれぞれテープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120に対して平面視での相対位置をほぼ一致させる。 At this time, the user roller support hole 64, the first tape support hole 65, the tape drive shaft 100 of the guide hole 47, respectively, the auxiliary shaft 110, substantially match the relative position in the plan view with respect to the guide shaft 120.

テープカセット30がカセット装着部8に向けて下方に移動すると、図45に示すように、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の各上端が、底板306に設けられた開口部64B、65B、47Bにそれぞれ進入する。 When the tape cassette 30 is moved downward toward the cassette housing portion 8, as shown in FIG. 45, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the upper end of the guide shaft 120, the opening 64B provided on the bottom plate 306, 65B, respectively, to enter the 47B. このとき、ヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95は、それぞれの上端が底板306の下方に位置しているため、テープカセット30の内部に進入していない。 At this time, the head holder 74 and the ribbon winding shaft 95, since each of the upper end is positioned below the bottom plate 306 does not enter the interior of the tape cassette 30.

図45に示す状態から、テープカセット30がさらに下方に移動すると、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120はそれぞれ開口部64B、65B、47Bを介して軸孔46D、65C、47Cに下方から挿入される。 From the state shown in FIG. 45, the lower the tape cassette 30 is further moved downward, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120 respectively opening 64B, 65B, axial hole through 47B 46D, 65C, the 47C It is inserted from. このとき、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120が、それぞれ軸孔46D、65C、47Cの内壁に接触することで、テープカセット30の周方向への移動が規制される。 At this time, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120, the axial hole 46D, 65C, by contact with the inner wall of 47C, movement in the circumferential direction of the tape cassette 30 is restricted. これにより、テープカセット30は、軸孔46D、65C、47Cにそれぞれ挿入されたテープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の立設方向に沿って案内されつつ、自重の作用も加わって下方に移動する。 Thus, the lower the tape cassette 30, the shaft hole 46D, 65C, the tape drive shaft 100 is inserted into the 47C, the auxiliary shaft 110, while being guided along the standing direction of the guide shaft 120, also joined the action of its own weight to move to.

本実施形態では、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の上端縁は、先端に向けて軸径が小さくなるようなテーパ形状となっている。 In the present embodiment, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the upper edge of the guide shaft 120 has a tapered shape as the shaft diameter becomes smaller toward the tip. そのため、ローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47に対して平面視での相対位置に若干ズレが生じていても、ユーザはテープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120を適切かつ円滑に挿入可能である。 Therefore, the roller support hole 64, the first tape support hole 65, even if caused slight deviation in relative position in the plan view with respect to the guide hole 47, the user tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120 it is appropriate and smoothly be inserted. また、テープ駆動軸100の軸径は、軸孔46Dの径よりも若干小さい。 Further, the shaft diameter of the tape drive shaft 100 is slightly smaller than the diameter of the axial hole 46D. そのため、ローラ支持孔64内でテープ駆動ローラ46の平面位置が振動や傾斜等によって若干変化した場合でも、ユーザはテープ駆動軸100をローラ支持孔64に挿入可能である。 Therefore, even when the planar position of the tape drive roller 46 in the roller support hole 64. is changed slightly due to vibration or tilting or the like, the user can insert the tape drive shaft 100 in the roller support hole 64.

先述したように、ガイド孔47は、ガイド軸120の先端部(つまり、小径軸部120B)の軸径よりも開口幅が大きく、特に分割線K方向(図15参照)の開口幅が最も大きい。 As previously described, the guide hole 47, the tip portion of the guide shaft 120 (i.e., small diameter portion 120B) opening width is larger than the shaft diameter of the largest especially the opening width of the dividing line K direction (see FIG. 15) . つまり、ガイド軸120の平面位置に対するガイド孔47の位置決め精度の許容幅が、分割線Kに沿って大きくなっている。 That is, the positioning accuracy of the allowable width of the guide hole 47 with respect to the plane position of the guide shaft 120 is greater along the dividing line K. テープカセット30の装着時には、ガイド軸120に対する平面視でのガイド孔47の相対位置が若干分割線K方向にずれていても、ユーザはガイド軸120をガイド孔47に挿入可能である。 During mounting of the tape cassette 30, even if the relative position of the guide hole 47 in plan view with respect to the guide shaft 120 is deviated slightly parting line K direction, the user can insert the guide shaft 120 in the guide hole 47.

これにより、ユーザは、カセット装着部8に設けられた3つの案内軸の全てに対して、テープカセット30の対応する各キャビティ(つまり、ローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65)を正確に位置決めする必要はない。 Thus, the user, for all three guide shafts provided in the cassette housing portion 8, the corresponding respective cavities (i.e., the roller support hole 64 of the tape cassette 30, the guide hole 47, the first tape support hole 65 ) it is not necessary to accurately position the. そのため、テープカセット30の装着時に、ユーザがテープカセット30を位置決めする負担が軽減される。 Therefore, when mounting the tape cassette 30, the burden for the user to position the tape cassette 30 is reduced. また、ローラ支持孔64およびガイド孔47との寸法幅を、テープ駆動軸100とガイド軸120との寸法幅と完全一致させるためには、作業者に高度な製造精度が要求される。 Further, the dimensional width of the roller support hole 64 and the guide hole 47, in order to exactly match the width dimension of the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120 is advanced manufacturing accuracy is required to the operator.

上記のようにガイド孔47に分割線K方向の遊びを設けることで、ガイド孔47の寸法精度の僅かな誤差が許容される。 By providing a play in the dividing line K direction in the guide hole 47 as described above, a slight error in the dimensional accuracy of the guide hole 47 is allowed. したがって、テープカセット30の製造時に、作業者がガイド孔47を正確に形成する負担を軽減できる。 Therefore, at the time of manufacture of the tape cassette 30, the operator of the guide hole 47 can reduce the burden of accurately formed.

テープカセット30が下方に案内されるのに伴って、サーマルヘッド10を備えたヘッドホルダ74がヘッド挿入部39に下方から挿入される。 With to the tape cassette 30 is guided downward, the head holder 74 with the thermal head 10 is inserted from below into the head insertion portion 39. リボン巻取軸95が、開口部68Bを介して軸孔44Cに下方から挿入される。 Ribbon take-up shaft 95 is inserted from below into the shaft hole 44C through the opening 68B. このとき、カセットケース31の下ヘッド周壁36B(図49参照)が、カセットフック75の爪部752(図49参照)の上部に当接して、可撓性を有する突出部751が前方向(図49では右方向)に撓む。 At this time, the lower head peripheral wall 36B of the cassette case 31 (see FIG. 49), the claw portion 752 of the cassette hook 75 abuts against the top (see FIG. 49), the projecting portion 751 is forward of a flexible (FIG. in 49 bent in the right direction).

テープカセット30がカセット装着部8の適正位置まで下方に押し込まれると、以下のようにテープカセット30の位置が固定される。 When the tape cassette 30 is pushed down to the proper position in the cassette housing portion 8, position of the tape cassette 30 is fixed as follows.

図46に示すように、ガイド軸120の基部側(つまり、大径軸部120A)が、ガイド孔47に嵌め込まれる。 As shown in FIG. 46, the base side of the guide shaft 120 (i.e., the large diameter portion 120A) is fitted into the guide hole 47. 先述したように、大径軸部120Aの軸径は、ガイド孔47の仮想線G(図15参照)における開口幅に略等しい。 As previously described, the shaft diameter of the large diameter shaft portion 120A is substantially equal to the opening width of the virtual line G (see FIG. 15) of the guide hole 47. そのため、ガイド孔47に挿入された大径軸部120Aは、筒壁部589(図36参照)によって仮想線G方向に緊密に係止される。 Therefore, the large diameter shaft portion 120A which is inserted into the guide hole 47 is sealed tightly engaged with the virtual line G direction by the cylindrical wall portion 589 (see FIG. 36). 図45および図46には図示しないが、位置決めピン102、103(図4参照)が、それぞれピン孔62、63(図16参照)に挿入される。 Although not shown in FIGS. 45 and 46, the positioning pins 102 and 103 (see FIG. 4) is inserted into each of the pin holes 62 and 63 (see FIG. 16). これにより、カセット装着部8に装着されたテープカセット30は、前後左右方向への移動が規制される。 Thus, the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, the movement in the longitudinal and lateral directions is restricted.

図47および図48に示すように、第1受け部391の第1下側平面部391Bが、ヘッドホルダ74の第1支持部741に当接する。 As shown in FIGS. 47 and 48, the first lower flat surface portion 391B of the first receiving portion 391 abuts against the first supporting portion 741 of the head holder 74. 第2受け部392の第2下側平面部392Bが、ヘッドホルダ74の第2支持部742に当接する。 The second lower flat surface portion 392B of the second receiving portion 392 comes into contact with the second supporting portion 742 of the head holder 74. つまり、サーマルヘッド10の上下方向中心位置の基準となる第1、第2支持部741、742が、基準面である第1、第2下側平面部391B、392Bにそれぞれ当接して、テープカセット30を下方から支持する。 That is, the vertical direction center first as a reference position of the thermal head 10, the second support portion 741, 742 is, first, second lower flat portion 391B, in contact respectively 392B person is a reference plane, the tape cassette supporting the 30 from below. このとき、カセット装着部8の角支持部812も、カセットケース31の角部321〜324の下面に当接して、テープカセット30を下方から支持する。 In this case, the corner support portion 812 of the cassette housing portion 8 is also in contact with the lower surface of the corner portions 321 to 324 of the cassette case 31, to support the tape cassette 30 from below. これにより、カセット装着部8に装着されたテープカセット30は、下方向への移動が規制される。 Thus, the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, downward movement is restricted.

図49に示すように、カセットフック75の爪部752は、突出部751の弾性力によって係止部397に係止される。 As shown in FIG. 49, the claw portion 752 of the cassette hook 75 is engaged with the engaging portion 397 by the elastic force of the protrusion 751. さらに、印字のためにカセットカバー6が閉じられると、図47に示すように、ヘッド押え部材7が押え受け部393の第1上側平面部393Aに当接して、テープカセット30を上方から押圧する。 Furthermore, when the cassette cover 6 is closed for printing, as shown in FIG. 47, in contact with the first upper flat surface portion 393A of the head pressing member 7 pressing the receiving portion 393, pushes the tape cassette 30 from above . 周縁押え部材911、912(図2参照)が、第1、第2角部321、322の第2、第3上側平面部321A、322A(図15参照)にそれぞれ当接して、テープカセット30を上方から押圧する。 Peripheral pressing member 911 (see FIG. 2) is, first, second second corner 321, the third top flat surface portion 321A, in contact respectively 322A (see FIG. 15), the tape cassette 30 pressing from above. これにより、カセット装着部8に装着されたテープカセット30は、浮き上がる方向、つまり上方への移動が規制される。 Thus, the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, lifted direction, that is, the upward movement of is restricted.

図49に示すように、カセットケース31の下ヘッド周壁36Bと底板306とを結ぶ下端角部の一部に、傾斜部375が設けられている。 As shown in FIG. 49, a portion of the lower end corner portion connecting the lower head peripheral wall 36B and the bottom plate 306 of the cassette case 31, the inclined portion 375 is provided. 傾斜部375は、係止部397の直下に設けられた面取り部であり、前方上側(図49では右上側)から後方下側(図49では左下側)に向けて傾斜している。 Inclined portion 375 is a chamfered portion provided immediately below the engaging portion 397 is inclined toward the front upper side (in FIG. 49 upper right) to the rear lower side (in FIG. 49 lower left). テープカセット30の装着時には、傾斜部375がカセットフック75の爪部752に上方から接触する。 During mounting of the tape cassette 30, the inclined portion 375 comes into contact from above with the claw portion 752 of the cassette hook 75.

爪部752は、先述のように断面視略三角形状の突起部であり、その上端面が前方上側から後方下側に向けて傾斜している。 The claw portion 752 is a cross-sectional view substantially triangular projections as described above, the upper end face is inclined toward the rear lower side from the front upper side. テープカセット30の装着時には、傾斜部375が爪部752の上端面に沿って下方にスライド移動する。 During mounting of the tape cassette 30, the inclined portion 375 is slid downward along the upper end surface of the claw portion 752. これにより、カセットフック75がカセットケース31に干渉することが抑制されるため、爪部752が係止部397に向けてスムーズに案内される。 Thereby, the cassette hook 75 is prevented from interfering with the cassette case 31, the pawl portion 752 is smoothly guided toward the locking portion 397. ユーザは、テープカセット30をカセット装着部8内にスムーズに押し込むことができる。 The user can be pushed smoothly tape cassette 30 into the cassette housing portion 8.

カセットカバー6は、テープ印字装置1の背面上方の左右両端部において軸支されている。 Cassette cover 6 is rotatably supported by the left and right ends of the rear upper of the tape printer 1. カセットカバー6が閉じられる場合、ヘッド押え部材7の先端は、カセット装着部8に装着されているテープカセット30の上面301に対して垂直方向に接近するのではなく、後方から前方に向かって鋭角に接近する。 When the cassette cover 6 is closed, the tip of the head pressing member 7, instead of approaching in the direction perpendicular to the upper surface 301 of the tape cassette 30 that is installed in the cassette housing portion 8, the direction from the rear to the front acute angle approach to. 第1上側平面部393A後方に設けられた傾斜部394(図15参照)は、ヘッド押え部材7が第1上側平面部393Aに接近する際の干渉をなくすための逃がし部として機能する。 Inclined portion 394 provided in the first upper flat surface portion 393A backward (see FIG. 15) functions as a relief portion for eliminating interference when the head pressing member 7 approaches the first upper flat portion 393A.

このように、本実施形態では、3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)によって、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置まで案内される。 Thus, in the present embodiment, the three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120), the tape cassette 30 is guided to a proper position in the cassette housing portion 8. テープカセット30は、ガイド軸120等によって適正な平面位置に位置決めされ、且つ、第1、第2支持部741、742等によって適正な高さ位置に位置決めされる。 The tape cassette 30 is positioned in the proper plane position by the guide shaft 120 or the like, and, first, is positioned at the correct height position by such second support portions 741, 742. カセット装着部8の適正位置に装着されたテープカセット30は、カセットフック75およびヘッド押え部材7等によって保持される。 The tape cassette 30 installed in the proper position in the cassette housing portion 8 is held by the cassette hook 75 and the head pressing member 7 and the like.

言い換えると、テープカセット30は、3つのキャビティ(ローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65)の少なくとも1つに挿入される案内軸によって、テープカセット30が着脱方向(つまり、上下方向)に案内され、且つ、着脱方向とは異なる方向(つまり、前後・左右方向)への移動が規制される。 In other words, the tape cassette 30, three cavities (roller support hole 64, the guide hole 47, the first tape support hole 65) by the guide shaft which is inserted into at least one, the tape cassette 30 is detachable direction (i.e., vertical It is guided in the direction), and a different direction (that is, the detachable direction, the movement of the front and rear-left-right direction) is restricted. したがって、カセット装着部8に対するテープカセット30の位置決めを容易にすることができる。 Therefore, it is possible to facilitate the positioning of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8.

例えば、テープカセット30がカセット装着部8に装着される場合に、ヘッドホルダ74がヘッド挿入部39の外縁に接触するのが抑制される。 For example, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the head holder 74 is prevented from contacting the outer edge of the head insertion portion 39. よって、ユーザは、ヘッドホルダ74をヘッド挿入部39内にスムーズに挿入できる。 Therefore, the user can smoothly insert the head holder 74 in the head insertion portion 39. さらに、ユーザは第1、第2受け部391、392を、それぞれ第1、第2支持部741、742上に正確に位置決めできる。 In addition, the user first, the second receiving portion 391 and 392, the first respectively can be accurately positioned on the second support portions 741, 742. これにより、第1、第2受け部391、392が、第1、第2支持部741、742によって確実に支持される。 Thus, first, second receiving portions 391 and 392, first, is reliably supported by the second supporting portions 741, 742.

図46に示すように、テープカセット30が適正位置に装着された状態では、テープ駆動軸100のカム部材100Aが、テープ駆動ローラ46のリブ46F(図30参照)に適正に噛み合う。 As shown in FIG. 46, in a state where the tape cassette 30 is installed in the proper position, the cam member 100A of the tape drive shaft 100, meshes properly with the ribs of the tape drive roller 46 46F (see FIG. 30). リボン巻取軸95のカム部材95Aが、リボン巻取スプール44のリブ44D(図35参照)に適正に噛み合う。 Cam member 95A of the ribbon winding shaft 95 is meshed properly the rib of the ribbon winding spool 44 44D (see FIG. 35). ヘッドホルダ74に設けられたサーマルヘッド10が、ヘッド挿入部39の適正な印字位置に配置される。 The thermal head 10 provided on the head holder 74 is placed in the proper printing position of the head insertion portion 39. これにより、テープ印字装置1では、テープやインクリボン60の走行が安定し、ひいては適正な印字を実行可能になる。 Accordingly, in the tape printing apparatus 1, the traveling of the tape and the ink ribbon 60 is stabilized, becomes executable and thus proper printing.

本実施形態では、ヘッドホルダ74に設けられた第1、第2支持部741、742によって、サーマルヘッド10の近傍でテープカセット30の上下方向の位置決めが正確に行われる。 In this embodiment, first provided in the head holder 74, the second support portions 741, 742, positioning in the vertical direction of the tape cassette 30 is accurately performed in the vicinity of the thermal head 10. サーマルヘッド10の印字範囲の上下方向中心位置と、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とを、精度よく一致させることができる。 A vertical center position of the print range of the thermal head 10, and a center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60, can be accurately matched. よって、テープに対する印字品質を向上させることができる。 Therefore, it is possible to improve the print quality to the tape.

特に、テープカセット30は、サーマルヘッド10の挿入位置の近傍、詳細には印字位置に対してテープ搬送方向の上流側および下流側の両側で支持される。 In particular, the tape cassette 30 is near the insertion position of the thermal head 10, in particular is supported on both sides upstream and downstream of the tape conveying direction with respect to the printing position. テープおよびインクリボン60の搬送方向が、サーマルヘッド10の配置方向(上下方向)に対して直角に精度よく維持される。 Conveying direction of the tape and the ink ribbon 60 is maintained at right angles accurately with respect to the arrangement direction of the thermal head 10 (the vertical direction). その結果、テープおよびインクリボン60の走行を安定させることができる。 As a result, it is possible to stabilize the running of the tape and the ink ribbon 60. サーマルヘッド10による上下方向の印字中心位置と、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とを、さらに精度よく一致させることができる。 And vertical print center position by the thermal head 10, and a center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 can be matched more accurately.

さらに、第1、第2受け部391、392およびアーム部34に設けられた規制部の一部(つまり、分離壁規制部383、第1テープ下規制部381B、382B、第1印字面側規制部389)は、いずれも下ケース312に設けられている。 Further, first, second receiving portions 391, 392 and a part of the regulating portion provided in the arm portion 34 (i.e., the separating wall regulating portion 383, the first lower tape regulating portions 381B, 382B, the first print surface side regulating part 389) are both provided in the lower case 312. これにより、上ケース311と下ケース312との圧入状態にかかわらず、第1、第2受け部391、392と、分離壁規制部383、第1テープ下規制部381B、382Bおよび第1印字面側規制部389との位置関係が一定となる。 Thus, regardless of the fitting state of the top case 311 and the bottom case 312, first, the second receiving portions 391 and 392, the separating wall regulating portion 383, the first lower tape regulating portions 381B, 382B and the first print surface positional relationship between the side regulating portion 389 is constant.

したがって、第1、第2受け部391、392がそれぞれ第1、第2支持部741、742によって適正な高さ位置で支持されるのに伴って、分離壁規制部383、第1テープ下規制部381B、382Bおよび第1印字面側規制部389も適正な高さ位置に保持される。 Therefore, first, the first second receiving portions 391 and 392, respectively, along with being supported at the correct height position by the second support portion 741, 742, the separating wall regulating portion 383, under the first tape regulating parts 381B, 382B and the first print surface side regulating portion 389 is held at the correct height position. ひいては、アーム部34内を搬送されるテープの幅方向中心位置が、サーマルヘッド10による上下方向の印字中心位置とより正確に一致させることができるため、印字品質をさらに向上させることができる。 Hence, the width-direction center position of the tape to be conveyed through the arm portion 34, it is possible to more to accurately match the vertical direction of the printing center position by the thermal head 10, it is possible to further improve the print quality.

テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、角部321〜324が角支持部812によって下方から支持される。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the corner portions 321 to 324 are supported from below by the corner support portion 812. つまり、第1、第2下側平面部391B、392Bに加え、同じく基準面である第3、第4下側平面部321B、322Bも支持される。 That is, first, second lower flat portion 391B, in addition to 392B, a third which is also the reference plane, the fourth lower flat portion 321B, 322B is also supported. したがって、例えばカセットケース31にそり等の変形が発生した場合でも、複数位置にある基準面が下方から支持されることで、各基準面の高さ位置が矯正される。 Thus, for example, even if deformation such as warpage occurs in the cassette case 31, when the reference plane at the plurality of positions are supported from below, the height position of each reference plane is corrected. したがって、テープやインクリボン60の走行性能および印字位置精度を良好に維持できる。 Thus, it satisfactorily maintains the driving performance and the print position accuracy of the tape and the ink ribbon 60.

カセットカバー6が閉じられると、ヘッド押え部材7が、第1下側平面部391Bの真上に位置する第1上側平面部393Aを上方から押圧する。 When the cassette cover 6 is closed, the head pressing member 7 presses the first upper flat surface portion 393A that is located directly above the first lower flat surface portion 391B from above. つまり、テープカセット30は、基準面である第1下側平面部391Bと第1上側平面部393Aとが、第1支持部741とヘッド押え部材7とで上下から挟まれる。 In other words, the tape cassette 30, the first lower flat surface portion 391B as the reference surface and the first upper flat surface portion 393A is sandwiched from above and below the first support portion 741 and the head pressing member 7.

したがって、テープカセット30は、上下方向から確実に固定され、且つ、印字位置近くで適切に位置決めできる。 Thus, the tape cassette 30 is securely fixed in the vertical direction, and can be appropriately positioned near the printing position. カセット装着部8に装着されているテープカセット30の上方向への移動(所謂、浮き)を規制できる。 Upward movement of the tape cassette 30 that is installed in the cassette housing portion 8 (so-called float) can be regulated. サーマルヘッド10の印字範囲の上下方向中心位置と、フィルムテープ59の幅方向中心位置とをさらに精度よく一致させることができる。 A vertical center position of the print range of the thermal head 10, and a center position in the width direction of the film tape 59 can be further accurately matched. ひいては、テープの搬送および印字を安定して行うことが可能となる。 Hence, it is possible to perform conveyance and printing of the tape stably.

さらに、周縁押え部材911、912が、第2、第3上側平面部321A、322Aをそれぞれ上方から押圧する。 Further, the periphery pressing member 911 and 912, second, third upper flat portion 321A, presses from above, respectively 322A. つまり、テープカセット30は、3箇所で上下から挟まれる。 In other words, the tape cassette 30 is sandwiched from above and below at three points. 3箇所を結んで囲まれる面は広範囲に及ぶため、テープカセット30はより確実に固定される。 Since the surface to be surrounded by connecting the three locations widespread, the tape cassette 30 is fixed more reliably. 例えばカセットケース31にそり等の変形が発生した場合でも、各基準面の高さ位置が確実に矯正される。 For example, even if deformation such as warpage occurs in the cassette case 31, the height position of each reference surface is reliably corrected. したがって、テープやインクリボン60の走行性能および印字位置精度を向上させることができる。 Therefore, it is possible to improve the driving performance and the print position accuracy of the tape and the ink ribbon 60.

第1受け部391と第2受け部392とは、互いに直交する方向からヘッド挿入部39を臨んでいる。 A first receiving portion 391 and the second receiving portion 392, and faces the head insertion portion 39 from a direction perpendicular to each other. 第1、第2受け部391、392は、互いに直交する方向に延びる第1、第2支持部741、742にそれぞれ挿入されて、第1、第2下側平面部391B、392Bをそれぞれ下方から支持する。 First, second receiving portions 391, 392, first to extend in a direction perpendicular to each other, are respectively inserted into the second support portions 741, 742, the lower first, second lower flat portion 391B, the 392B respectively To support. したがって、第1、第2支持部741、742は、テープカセット30の上下方向の移動のみならず、テープカセット30の前後方向および左右方向の移動も規制する。 Therefore, the first and second support portions 741 and 742, not only the vertical movement of the tape cassette 30, also restricts the movement in the longitudinal direction and the lateral direction of the tape cassette 30. これにより、サーマルヘッド10とヘッド挿入部39との位置関係をより適切に保持できる。 This allows better hold the positional relationship between the thermal head 10 and the head insertion portion 39.

カセットフック75は、ヘッド押え部材7等と同様に、テープカセット30が浮き上がる方向、つまり上方への移動をさらに確実に規制する。 Cassette hook 75, like the head pressing member 7 and the like, further reliably restricted direction in which the tape cassette 30 is lifted, that is, the upward movement. これにより、テープの搬送および印字をより安定させることができる。 Thus, it is possible to further stabilize the conveyance and printing of the tape.

図47に示すように、第1、第2下側平面部391B、392Bと、カセットケース31に収納されたテープの幅方向中心位置(カセットケース31の中心線N)との距離H2は、テープカセット30のテープ種類に関わらず一定である。 As shown in FIG. 47, first, second lower flat portion 391B, the distance H2 and 392B, the center position in the width direction of the tape housed in the cassette case 31 (the center line N of the cassette case 31), the tape it is constant regardless of the tape type of cassette 30. 第1上側平面部393Aと中心線Nとの距離H1も、テープカセット30のテープ種類に関わらず一定である。 Distance H1 between the first upper flat portion 393A and the center line N is also constant regardless of the tape type of the tape cassette 30. つまり、テープカセット30の上下方向の高さが異なっていても、距離H1、H2は一定である。 That is, be different from the height of the tape cassette 30 is a distance H1, H2 is constant. これにより、同一のテープ印字装置1で、高さの異なる複数種類のテープカセット30を使用できる。 Thus, in the same tape printer 1 can be used a plurality of types of tape cassettes 30 with different heights.

従来では、印字動作の実行時にテープが搬送される場合、テープ幅に関わらず幅方向中心位置が一致していなければ、幅方向に生じるテープへの圧力差が許容範囲を超えるとテープが蛇行する可能性があった。 Conventionally, when the tape is transported during the printing operation execution, unless widthwise central position regardless of the tape width matches, the tape is meandering differential pressure between the tape occurring in the width direction exceeds the permissible range there is a possibility. 本実施形態では、テープ幅に拘らず距離H1、H2は一定である。 In the present embodiment, it is constant regardless distance H1, H2 to the tape width. そのため、印字動作の実行時には、幅が異なるテープであっても、各々の幅方向中心が一致する位置でテープが搬送される。 Therefore, when the printing operation performed, even tapes of different widths, the tape is transported at a position where each widthwise center of the match. したがって、幅方向に生じる圧力差に起因するテープの蛇行を防止できる。 Accordingly, it is possible to prevent the meandering of the tape due to the pressure difference occurring in the width direction.

さらに、距離H1と距離H2とが等しいため、テープカセット30に対する下方からの支持と上方からの押圧のバランスがよい。 Furthermore, the distance H1 and the distance H2 and for equal, good balance of pressure from the support and the upper from the lower to the tape cassette 30. よって、サーマルヘッド10の印字範囲の上下方向中心位置と、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置との適切な位置関係を安定して維持できる。 Therefore, the vertical center position of the print range of the thermal head 10 can maintain an appropriate positional relationship between the center position in the width direction of the tape and the ink ribbon 60 stably.

テープカセット30をカセット装着部8から取り外す場合は、例えばユーザがカセットケース31の左右両端を指で挟持しながら、テープカセット30をカセット装着部8から上方に引き抜けばよい。 When removing the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8, for example, while the user is pinched the left and right ends of the cassette case 31 with a finger, it may be pulled out upward of the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8. このときも、テープカセット30が3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)によってテープカセット30が上方向に案内される。 In this case, the tape cassette 30 has three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) the tape cassette 30 is guided upward by the. よって、テープカセット30をカセット装着部8から取り外す過程で、テープカセット30に傾きが生じにくい。 Therefore, in the process of removing the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8, the inclination is unlikely to occur in the tape cassette 30. ひいては、テープカセット30がカセット装着部8の内壁等に引っ掛かることを防止できる。 Hence, it is possible to prevent the tape cassette 30 is caught by the inner wall of the cassette housing portion 8.

このように、テープカセット30の着脱時には、平面視でテープカセット30の一対の対角部(具体的には、ローラ支持孔64およびガイド孔47)と第1のテープの重心位置(具体的には、第1テープ支持孔65)との3点において、テープカセット30が上下方向に案内される。 Thus, at the time of attachment and detachment of the tape cassette 30, (specifically, the roller support hole 64 and the guide hole 47) a pair of diagonal corners of the tape cassette 30 in a plan view and the center of gravity of the first tape (specifically , in three points and the first tape support hole 65), the tape cassette 30 is guided in the vertical direction. そのため、カセット装着部8に装着される過程で、テープカセット30が適正な姿勢から傾斜したり、テープカセット30に位置ズレが生じたりすることを適切に防止できる。 Therefore, in the process of being installed in the cassette housing portion 8, or inclined tape cassette 30 from the correct position it can be properly prevented from positional deviation in the tape cassette 30 or cause.

テープカセット30の全体の重心は、平面視でローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47を結ぶ領域内に位置することが好適である。 Of the center of gravity of the whole of the tape cassette 30, the roller support hole 64 in plan view, the first tape support hole 65, to be located within the region connecting the guide hole 47 is suitable. これによれば、平面視でテープカセット30が案内される3点(すなわち、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)に、テープカセット30の自重が均等に分散して作用する。 According to this, three points tape cassette 30 is guided in a plan view (i.e., the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120), the own weight of the tape cassette 30 acts evenly distributed. テープカセット30の着脱方向への移動がスムーズになり、テープカセット30が装着される過程での位置ズレや傾きの発生がより確実に防止される。 Movement in the detachment direction of the tape cassette 30 becomes smooth, the generation of positional deviation and inclination of the process of the tape cassette 30 is mounted is prevented more reliably. 本実施形態のテープカセット30は、テープ種類にかかわらず、平面視でローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47を結ぶ領域内に重心が位置している(図5〜図8参照)。 The tape cassette 30 of the present embodiment, regardless of the tape type, roller support hole 64 in plan view, the first tape support hole 65, the center of gravity in the area connecting the guide hole 47 are positioned (FIGS. 5 to 8 reference).

より好適には、テープカセット30の全体の重心が、平面視で分割線K上またはその近傍に位置することが好ましい。 More preferably, the overall center of gravity of the tape cassette 30 is preferably positioned on the dividing line K in a plan view or in the vicinity thereof. 本実施形態では、ラミネートタイプのテープカセット30(図5および図6参照)およびレセプタタイプのテープカセット30(図7参照)は、平面視で分割線K上またはその近傍に重心が位置する重量分布を有する。 In the present embodiment, (see FIG. 7) the tape cassette 30 of the tape cassette 30 (see FIGS. 5 and 6) and receptor-type laminated type, the weight distribution of the center of gravity is positioned in or near the on parting line K in a plan view having. そのため、これらのテープカセット30をカセット装着部8に装着する過程で、テープカセット30の自重による傾きが生じにくい。 Therefore, in the process of attaching these tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, the slope is less likely to occur due to the weight of the tape cassette 30.

ローラ支持孔64が設けられた第4角部324と、その対角に位置してガイド孔47が設けられた第2角部322との少なくとも2点において、テープカセット30の着脱が案内される。 A fourth corner portion 324 the roller support hole 64 is provided, at least two points of the second corner 322 of the guide hole 47 is provided located in its diagonal, attachment and detachment of the tape cassette 30 is guided . 第4角部324近傍では、テープ駆動ローラ46によるテープの送り出しと、サーマルヘッド10による印字とが行われる。 In the fourth corner portion 324 near the feeding of the tape by the tape drive roller 46, and the printing by the thermal head 10 is performed. 第4角部324近傍に設けられた露出部77では、印字を行うためにテープが露出している。 The exposed portion 77 is provided near the four corners 324, the tape is exposed for printing. そのため、第4角部324近傍におけるテープカセット30の位置決めが、印字品質やテープ走行に大きな影響を与える。 Therefore, positioning of the tape cassette 30 in the four corners 324 near a significant impact on print quality and tape travel.

本実施形態では、テープカセット30がローラ支持孔64に挿入されるテープ駆動軸100に沿って案内される。 In the present embodiment, it is guided along the tape drive shaft 100 to the tape cassette 30 is inserted into the roller support hole 64. したがって、テープの送り出しおよび印字が行われる位置の近傍で、テープカセット30の位置決めを正確に行うことができる。 Therefore, in the vicinity of the position where the tape feed and printing is performed, it is possible to accurately position the tape cassette 30. テープカセット30の装着過程で外部に露出したテープが他の部材に絡んでしまうことを抑制できる。 Can suppress the tape exposed to the outside in the mounting process of the tape cassette 30 will entangled with another member. テープ駆動軸100を案内軸の一つとして利用することで、テープカセット30を第4角部324近傍で案内する軸体を別途立設する必要がなく、テープ印字装置1の構造が複雑になることを抑制できる。 By using the tape drive shaft 100 as one of the guide shaft, it is not necessary to stand the shaft body is guided by the fourth corner portion 324 near the tape cassette 30, is complicated structure of the tape printer 1 it can be suppressed.

さらに、テープカセット30はガイド孔47に挿入されるガイド軸120に沿って案内される。 Further, the tape cassette 30 is guided along the guide shaft 120 to be inserted into the guide hole 47. つまり、テープカセット30が第2角部322近傍でも着脱方向に案内される。 In other words, the tape cassette 30 is also guided in the detachable direction in second corner 322 near. これにより、平面視で最も大きい2点間距離を確保できる両対角位置にて、テープカセット30を安定的に着脱方向に案内できる。 Thus, in the largest of the distance between two points can be secured both diagonal positions in plan view, it can be guided to the tape cassette 30 in a stable manner detachable direction.

図50および図51を参照して、テープ印字装置1がテープカセット30のテープ種類を検出する態様について説明する。 With reference to FIGS. 50 and 51, the tape printer 1 will be described embodiments of detecting the tape type of the tape cassette 30.

図50を参照して、アーム検出部200によるアーム指標部800の検出態様について説明する。 Referring to FIG. 50, described detection mode of the arm indicator portion 800 by the arm detection portion 200. テープカセット30がカセット装着部8の適正な位置に装着され、カセットカバー6が閉じられると、プラテンホルダ12が待機位置(図5参照)から印字位置(図6〜図8参照)に向けて移動する。 The tape cassette 30 is mounted at the proper position in the cassette housing portion 8, the cassette cover 6 is closed, the platen holder 12 is the standby position toward the print position (see FIG. 5) (see FIGS. 6-8) moved to. このとき、アーム検出部200および係止片225が、それぞれ、テープカセット30のアーム指標部800および係止孔820に向けて移動する。 At this time, the arm detection portion 200 and the latching piece 225, respectively, to move toward the arm indicator portion 800 and the locking hole 820 of the tape cassette 30.

テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されていれば、係止片225は係止孔820に挿入される。 If the tape cassette 30 is attached to the proper position in the cassette housing portion 8, the locking piece 225 is inserted into the locking hole 820. この場合、アーム検出スイッチ210のスイッチ端子222は、係止片225によって干渉されることなく、アーム指標部800の指標部(非押圧部801または押圧部802)に対向する。 In this case, the switch terminals 222 of the arm detecting switches 210, without being interfered by the locking piece 225, opposite the indicator portion of the arm indicator portion 800 (the non-pressing portion 801 or the pressing portion 802). このとき、非押圧部801に対向するアーム検出スイッチ210は、非押圧部801に挿入されてオフ状態になる。 At this time, the arm detecting switches 210 facing the non-pressing portion 801 is inserted into the non-pressing portion 801 becomes OFF state. 押圧部802に対向するアーム検出スイッチ210は、押圧部802によって押圧されてオン状態になる。 Arm detecting switch 210 opposing the pressing portion 802 is turned on by being pressed by the pressing portion 802.

例えば、図37〜図39に示すテープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されている場合、図50に示すように、アーム検出スイッチ210A、210C、210Dは、非押圧部801である指標部800A、800C、800Dにそれぞれ対向するので、オフ状態「0」となる。 For example, when the tape cassette 30 shown in FIGS. 37 to 39 are mounted in the proper position in the cassette housing portion 8, as shown in FIG. 50, the arm detecting switches 210A, 210C, 210D are non-pressing portion 801 indicator portions 800A, 800C, since each opposed to 800D, the oFF state "0". アーム検出スイッチ210B、210Eは、押圧部802である指標部800B、800Eにそれぞれ対向するのでオン状態「1」となる。 Arm detecting switches 210B, 210E are indicators unit 800B is the pressing portion 802, the ON state "1" since each opposed to 800E. つまり、アーム検出スイッチ210A〜210Eにそれぞれ対応するスイッチ「SW1」〜「SW5」のオン・オフ状態は、それぞれ「0」、「1」、「0」、「0」、「1」である。 In other wor