JP2007325706A - 消臭および脱臭装置 - Google Patents

消臭および脱臭装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2007325706A
JP2007325706A JP2006158267A JP2006158267A JP2007325706A JP 2007325706 A JP2007325706 A JP 2007325706A JP 2006158267 A JP2006158267 A JP 2006158267A JP 2006158267 A JP2006158267 A JP 2006158267A JP 2007325706 A JP2007325706 A JP 2007325706A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
odor
ozone
air purifier
air
corona discharge
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006158267A
Other languages
English (en)
Inventor
Minoru Yasujima
稔 安島
Yoji Takahashi
洋二 高橋
Akiji Murata
明司 村田
Masami Murata
昌巳 村田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
SHIKO KK
Original Assignee
SHIKO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by SHIKO KK filed Critical SHIKO KK
Priority to JP2006158267A priority Critical patent/JP2007325706A/ja
Publication of JP2007325706A publication Critical patent/JP2007325706A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】従来の技術では、臭気成分の消去のために、活性炭のような臭気成分を吸着させる方法、オゾン等のように臭気成分を酸化させたりして他の成分に変化させる方法、香料などを用いて強い香料で臭気を感じさせなくさせる方法、電気的に分子の酸化あるいは分解させる方法等があったが、これらの方法に、吸着量の限界、消臭速度の遅さや香料と臭気の混合させ方などに問題点があった。
【解決手段】本発明は、以上の問題点を解決するため、ブラックライトから発せられる紫外線を二酸化チタンが塗布された竹繊維フィルターに照射することによって、この二酸化チタンの光触媒効果により、臭気分子を分解し、かつ、オゾン発生部分で環境上問題ないようなオゾン量を発生させる装置である。
【選択図】図1

Description

本発明は、半導体、液晶、食品、食品容器、ケアセンター、家畜舎、トイレ、前利用者の体臭等が残っている中古ビル室内、運送車、製薬会社の工場、塗料会社の工場、家庭内のペット臭のする場所、病院や公共施設の喫煙所、有害物質の残っている部屋、温室ハウスの野菜栽培場等に設置することができる脱臭・消臭効果や抗菌・殺菌効果を有する空気清浄器に関する。
従来の技術では、オゾンを用いた室内の滅菌および脱臭方法において、各種の方法が提案されているが、いずれにおいてもオゾンは被滅菌および被脱臭室内外の少なくとも一箇所に設置された主オゾン発生装置によりえられ、発生したオゾンは送風ファンあるいは空調装置などにより室内に拡散されたものであった。
ところが、被滅菌及び被脱臭室内でオゾンを拡散するには送風ファンあるいは空調装置などの手段ではオゾンの不均一な濃度分布が生じ、従って、室内の隅々の効率的な滅菌、および脱臭が出来ないという欠点があった。この欠点を補うには、複数個のオゾン検出器を被滅菌及び被脱臭室内に設置し、各々のオゾン検出器で得られた信号を基に主なるオゾン発生装置を制御する方法があるが、オゾン濃度を均一とする制御は困難であり、さらにオゾン発生装置本体が効果なものとなる欠点がある。
特許第3621372号
オゾン発生による消臭装置は、かつて、様々な用途で使用されてきた。オゾンは消臭効果を発揮する有用な手段であることは広く認識されてきている。特に、糞尿等の悪臭に関して大きな消臭効果を示すことが、書物などに記載されている。しかし、従来の市販されている装置では、オゾンの危険性を充分に回避されているものはなかった。
オゾンには毒性があり、当然、オゾン濃度が濃過ぎると人体に大きなダメージを与えることが知られている。さらに詳しく述べると、50ppmの濃度の空気中に人体が入ると、生命の危機になってしまう。
当社の実験では、酸化チタン溶液を噴霧して竹繊維にコーティングしたフィルターを用いた場合、消臭効果は大きかった。しかし、このフィルターだけでは、装置内を通過する空気は消臭するが、通過しない空気は消臭されないという問題があった。そのため、消臭される範囲が非常に狭くなってしまうという問題点が生じてしまうのである。
ここで述べた竹繊維は、特許文献1(特許第3621372号)で記載されている方法で作製されたもので、この特許権の維持者から爆砕竹繊維の使用できる権利を認可されている。
従来の脱臭装置は、木炭(または活性炭)などの臭い分子を吸着しやすいフィルターとして用いておりと送風機とを同時に作動させることにより、装置内に臭気分子を導入してオゾンと反応させるように構成されているので、装置を通過する空気の臭気分子しか除去することができず、室内の壁面等に吸着された臭気分子を除去できないので、十分な消臭効果が得られないという問題があった。
その他にも、消臭方法として臭気分子の吸着材である竹炭や備長炭などを使用して消臭効果を発揮させ、香料を単独または2種類以上の香料を混合して悪臭を防御する方法がある。吸着材の効力には限界があるため、竹炭や備長炭は、数ヶ月に一度というように定期的に交換して上げなければならなかった。また、香料等を使った消臭剤は固形のものと液体のものがあるが、揮発性のためだんだん減少していき香料を追加しなければならなかった。
さらに使用上の問題点として、ホテルや旅館においては、畳や絨毯を敷いている客室において利用客の香水の臭いや、客室内で焚いたお香の臭いさらには人の体臭などが壁面等に染みついた状態になることが頻繁にあった。上記従来の消臭器では、このような場合のにおいの除去に数日を要していまい、その間は次の客に対して客室を提供することが出来ないという問題があった。
同様の問題は病院の病室や老人介護施設の部屋においても生じており、施設内部にいる患者や老人から発生する特有の異臭が壁面等に吸着するため、効果的な消臭装置が望まれていた。
本発明の目的は、消臭装置を提供することであって、電圧差を大きく生じさせるオゾン発生器と酸化チタンを吸着させた爆砕竹繊維をフィルターを組み合わせた装置により達成される。
上記の装置において、前記爆砕竹繊維は、有機物の分解光触媒として酸化チタンを吸着させている。これは、この爆砕竹繊維は活性炭のように、においの分子である有機物を吸着させやすい傾向がある。酸化チタンをこの繊維にコーティングさせるとキャッチした臭気分子が常に分解されるから、繊維にたいする臭気分子の飽和度を考慮しなくて良いことになった。
活性炭のような物質は、表面に吸着した臭気分子が飽和してしまうとその効力が大きく減退してしまうが、酸化チタンを吸着させることによって、竹繊維に吸着した臭気分子が分解されてしまうので、その脱臭効力は非常に長い期間維持させることができるようになった。
プラズマ放電の場合、高電圧側の電極とアース側の電極の形体や距離によって消臭効果に大きく作用する。この放電によって、空気中の分子(酸素、窒素、二酸化酸素)をプラズマ状態に電離させるため、結果的にオゾンやNOx等を生じさせていると考えられる。
上記「発明が解決しようとする課題」で記述したように濃度の高いオゾンでは人体に影響を与える危険性があるので、この問題を解決するためにタイマーを設定したことに特色がある。TPOによって、臭気を除去する環境が著しくことなるため、オゾンセンサーを組み込んでその濃度を人体に影響無いように設定したが、風の向きや強さによって、オゾン臭が出ているにもかかわらず、センサー反応せず、結果的に高濃度のオゾンを発生させてしまった。
オゾン発生器部分だけタイマー設定と電圧の強弱で、オゾン濃度を調整できるように開発した。この設定によって、常にオゾン量を一定にできるようになった。
本発明は、問題点を解決すべくためになされたものであって、ケアセンターの臭気の強い場所、ホテルの部屋、トイレ、風呂場、喫煙室等の臭気を除去することができる消臭方法および消臭装置の提供を目的とする。
本発明によって製作された消臭装置を、ケアセンターのベットルームに設置した。この部屋には、4人の高齢者が居住しており、そのうち1名は、ベットの脇で排泄処理をしていた。従って、当社の消臭装置を使用する前は、入室するとすぐ強い悪臭がした。当社の消臭装置を使用した次の日、再びその部屋を訪問した際は、ほとんど、臭気は無くなっていた。
この事実を確認するため、約8mの密閉した部屋に、アセトアルデヒドを充満させた後その濃度を測定すると約3ppmであった。30分後に再びその部屋のアセトアルデヒド濃度を測定すると約0.2ppmであった。
本発明によって製作された消臭装置を8mの密閉した部屋に設置しその部屋に硫化水素を入れその減少度を調べてみた。この消臭装置の電源を入れて30分間密閉状態にした。その結果、装置を稼働する前は強い刺激臭があったが、30分後、臭気はほとんど消えていた。
この事実を確認するために、広さが約8mの部屋にアンモニア濃度が約2ppmに充満させ、30分後、検知管でその濃度を測定した結果、0.1ppmであった。
本発明は、消臭効果がおおきいことから、公衆トイレ、工事現場の簡易トイレ、家畜舎、ペットショップ、病院の臭気発生室、ケアセンターの浴室、パチンコ屋、喫茶店の喫煙コーナー、タクシー内、レストランなどの厨房などに利用できる。
図は、本発明の空気清浄器の概略図を示す。
符号の説明
1・・・ブラックライト
2・・・空気清浄器本体
3・・・二酸化チタンを塗布した竹繊維フィルター
4・・・プラズマ放電管
5・・・送風機
6・・・風の流れる方向

Claims (4)

  1. 高電圧電極を有するプラズマ発生器またはコロナ放電管等の機器を組み込んだ空気清浄器において、この空気清浄器は、前記プラズマ発生器またはコロナ放電管等の構成要素を収容する本体容器と、空気が通過する通風路にプラズマ発生器またはコロナ放電管等の電極を設置したことを特徴とする空気清浄器。
  2. プラズマ発生器またはコロナ放電管の電極として、試験管の内側部分を要する高電圧側の電極と試験管の外側に巻いた網状の低電圧の電極を組み合わせたことを特徴とする請求項1に記載の空気清浄器。
  3. 吸い込み口側に設置したフィルターとして臭い分子吸着性に優れている二酸化チタン触媒をコーティングした爆砕竹繊維を用いたことを特徴とする請求項1および請求項2に記載の空気清浄器。
  4. オゾン発生量を、タイマーによる切り替えやオゾンセンサーの濃度計測によって制御できるようにしたことを特徴とする請求項1、請求項2および請求項3に記載の空気清浄器。
JP2006158267A 2006-06-07 2006-06-07 消臭および脱臭装置 Pending JP2007325706A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006158267A JP2007325706A (ja) 2006-06-07 2006-06-07 消臭および脱臭装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006158267A JP2007325706A (ja) 2006-06-07 2006-06-07 消臭および脱臭装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007325706A true JP2007325706A (ja) 2007-12-20

Family

ID=38926628

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006158267A Pending JP2007325706A (ja) 2006-06-07 2006-06-07 消臭および脱臭装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007325706A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102240538A (zh) * 2011-04-28 2011-11-16 长沙理工大学 竹纤维负载型二氧化钛光催化剂的制备方法
CN102784409A (zh) * 2012-08-20 2012-11-21 张永进 一种光离子除臭设备的除臭方法
CN103836730A (zh) * 2014-03-27 2014-06-04 顾勤刚 一种复合光触媒空气净化设备及方法
CN107917463A (zh) * 2017-09-27 2018-04-17 常州信息职业技术学院 一种改进的空气净化装置
CN112880070A (zh) * 2021-04-02 2021-06-01 岑艺懂 一种风柜的病毒消杀结构及中央空调
WO2023207140A1 (zh) * 2022-04-29 2023-11-02 珠海格力电器股份有限公司 碳纤维螺旋电极、等离子体发生装置及空气净化器
CN117267831A (zh) * 2023-11-21 2023-12-22 东莞川军实业有限公司 一种具有清洁维护功能的通风管道

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102240538A (zh) * 2011-04-28 2011-11-16 长沙理工大学 竹纤维负载型二氧化钛光催化剂的制备方法
CN102784409A (zh) * 2012-08-20 2012-11-21 张永进 一种光离子除臭设备的除臭方法
CN103836730A (zh) * 2014-03-27 2014-06-04 顾勤刚 一种复合光触媒空气净化设备及方法
CN107917463A (zh) * 2017-09-27 2018-04-17 常州信息职业技术学院 一种改进的空气净化装置
CN112880070A (zh) * 2021-04-02 2021-06-01 岑艺懂 一种风柜的病毒消杀结构及中央空调
WO2023207140A1 (zh) * 2022-04-29 2023-11-02 珠海格力电器股份有限公司 碳纤维螺旋电极、等离子体发生装置及空气净化器
CN117267831A (zh) * 2023-11-21 2023-12-22 东莞川军实业有限公司 一种具有清洁维护功能的通风管道
CN117267831B (zh) * 2023-11-21 2024-01-26 东莞川军实业有限公司 一种具有清洁维护功能的通风管道

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007325706A (ja) 消臭および脱臭装置
CN103353146B (zh) 医用空气净化器
CA2905956C (en) Apparatus and process for focused gas phase application of biocide
JP2005342509A (ja) 空気殺菌・脱臭装置
JP2014506496A (ja) オゾンおよび噴霧流体を用いる浄化システム
JP4070447B2 (ja) トイレ用殺菌装置
KR102003536B1 (ko) 공기청정기능을 갖는 공간살균기
JPH0760058A (ja) 空気清浄器
KR20110004617A (ko) 고도산화공정을 이용한 고효율 탈취ㆍ공기살균 장치 및 그방법
US20120189490A1 (en) Cleansing system using ozone and nebulized fluids
KR100576989B1 (ko) 공기 살균 정화 및 식품재료 살균소독장치
JP2017169878A (ja) 有機質の分解方法及び有機質の分解装置
JP2023025387A (ja) 室内空間環境改善方法、及び室内空間環境改善方法に用いる除菌消臭剤
CN201070475Y (zh) 厕卫空气净化仪
KR102195167B1 (ko) 플라즈마 이오나이저와 방향성살균제가 적용된 실내의 정화방법
JP2005245998A (ja) 殺菌・脱臭フィルタとそれらを備えた空気清浄機
JP2002282346A (ja) 空気殺菌機
JP2007327685A (ja) 消臭装置
RU2532022C2 (ru) Система дезинфекции и дезодорирования озоном систем сбора мусора
KR100567563B1 (ko) 실 내부 살균소독 및 공기 살균 정화기
JP5409151B2 (ja) 空気の浄化・乾燥方法及びその装置
JPH06181974A (ja) オゾンによる脱臭及び燻蒸装置
JP4771609B2 (ja) 空気清浄機付きプランター
JP2003220122A (ja) 脱臭方法および脱臭装置
JP2001238940A (ja) 酸化チタン殺菌清浄器