JP2005501851A - 毒素を除去するための組成物 - Google Patents

毒素を除去するための組成物 Download PDF

Info

Publication number
JP2005501851A
JP2005501851A JP2003520764A JP2003520764A JP2005501851A JP 2005501851 A JP2005501851 A JP 2005501851A JP 2003520764 A JP2003520764 A JP 2003520764A JP 2003520764 A JP2003520764 A JP 2003520764A JP 2005501851 A JP2005501851 A JP 2005501851A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pain
cosmetic composition
action
medical
fever
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003520764A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005501851A5 (ja
Inventor
ハーグリーブス リレイ,マイケル
クラリッサ フレッチャー,ジェーン
Original Assignee
ハーグリーブス リレイ,マイケル
クラリッサ フレッチャー,ジェーン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority claimed from GB0119723A external-priority patent/GB0119723D0/en
Application filed by ハーグリーブス リレイ,マイケル, クラリッサ フレッチャー,ジェーン filed Critical ハーグリーブス リレイ,マイケル
Publication of JP2005501851A publication Critical patent/JP2005501851A/ja
Publication of JP2005501851A5 publication Critical patent/JP2005501851A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/87Vitaceae or Ampelidaceae (Vine or Grape family), e.g. wine grapes, muscadine or peppervine
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/06Fungi, e.g. yeasts
    • A61K36/07Basidiomycota, e.g. Cryptococcus
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/13Coniferophyta (gymnosperms)
    • A61K36/14Cupressaceae (Cypress family), e.g. juniper or cypress
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/13Coniferophyta (gymnosperms)
    • A61K36/15Pinaceae (Pine family), e.g. pine or cedar
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/16Ginkgophyta, e.g. Ginkgoaceae (Ginkgo family)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/23Apiaceae or Umbelliferae (Carrot family), e.g. dill, chervil, coriander or cumin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/23Apiaceae or Umbelliferae (Carrot family), e.g. dill, chervil, coriander or cumin
    • A61K36/235Foeniculum (fennel)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/25Araliaceae (Ginseng family), e.g. ivy, aralia, schefflera or tetrapanax
    • A61K36/258Panax (ginseng)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/28Asteraceae or Compositae (Aster or Sunflower family), e.g. chamomile, feverfew, yarrow or echinacea
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/28Asteraceae or Compositae (Aster or Sunflower family), e.g. chamomile, feverfew, yarrow or echinacea
    • A61K36/282Artemisia, e.g. wormwood or sagebrush
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/29Berberidaceae (Barberry family), e.g. barberry, cohosh or mayapple
    • A61K36/296Epimedium
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/32Burseraceae (Frankincense family)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/34Campanulaceae (Bellflower family)
    • A61K36/346Platycodon
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/43Cuscutaceae (Dodder family), e.g. Cuscuta epithymum or greater dodder
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/48Fabaceae or Leguminosae (Pea or Legume family); Caesalpiniaceae; Mimosaceae; Papilionaceae
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/48Fabaceae or Leguminosae (Pea or Legume family); Caesalpiniaceae; Mimosaceae; Papilionaceae
    • A61K36/484Glycyrrhiza (licorice)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/53Lamiaceae or Labiatae (Mint family), e.g. thyme, rosemary or lavender
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/53Lamiaceae or Labiatae (Mint family), e.g. thyme, rosemary or lavender
    • A61K36/532Agastache, e.g. giant hyssop
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/53Lamiaceae or Labiatae (Mint family), e.g. thyme, rosemary or lavender
    • A61K36/535Perilla (beefsteak plant)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/54Lauraceae (Laurel family), e.g. cinnamon or sassafras
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/57Magnoliaceae (Magnolia family)
    • A61K36/575Magnolia
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/61Myrtaceae (Myrtle family), e.g. teatree or eucalyptus
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/65Paeoniaceae (Peony family), e.g. Chinese peony
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/69Polygalaceae (Milkwort family)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/71Ranunculaceae (Buttercup family), e.g. larkspur, hepatica, hydrastis, columbine or goldenseal
    • A61K36/718Coptis (goldthread)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/73Rosaceae (Rose family), e.g. strawberry, chokeberry, blackberry, pear or firethorn
    • A61K36/736Prunus, e.g. plum, cherry, peach, apricot or almond
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/75Rutaceae (Rue family)
    • A61K36/752Citrus, e.g. lime, orange or lemon
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/79Schisandraceae (Schisandra family)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/85Verbenaceae (Verbena family)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/88Liliopsida (monocotyledons)
    • A61K36/882Acoraceae (Calamus family), e.g. sweetflag or Acorus calamus
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/88Liliopsida (monocotyledons)
    • A61K36/886Aloeaceae (Aloe family), e.g. aloe vera
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/88Liliopsida (monocotyledons)
    • A61K36/896Liliaceae (Lily family), e.g. daylily, plantain lily, Hyacinth or narcissus
    • A61K36/8965Asparagus, e.g. garden asparagus or asparagus fern
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/88Liliopsida (monocotyledons)
    • A61K36/896Liliaceae (Lily family), e.g. daylily, plantain lily, Hyacinth or narcissus
    • A61K36/8967Lilium, e.g. tiger lily or Easter lily
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/88Liliopsida (monocotyledons)
    • A61K36/899Poaceae or Gramineae (Grass family), e.g. bamboo, corn or sugar cane
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/88Liliopsida (monocotyledons)
    • A61K36/906Zingiberaceae (Ginger family)
    • A61K36/9068Zingiber, e.g. garden ginger
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/67Vitamins
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/92Oils, fats or waxes; Derivatives thereof, e.g. hydrogenation products thereof
    • A61K8/922Oils, fats or waxes; Derivatives thereof, e.g. hydrogenation products thereof of vegetable origin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/96Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution
    • A61K8/97Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution from algae, fungi, lichens or plants; from derivatives thereof
    • A61K8/9755Gymnosperms [Coniferophyta]
    • A61K8/9761Cupressaceae [Cypress family], e.g. juniper or cypress
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/96Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution
    • A61K8/97Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution from algae, fungi, lichens or plants; from derivatives thereof
    • A61K8/9755Gymnosperms [Coniferophyta]
    • A61K8/9767Pinaceae [Pine family], e.g. pine or cedar
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/96Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution
    • A61K8/97Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution from algae, fungi, lichens or plants; from derivatives thereof
    • A61K8/9771Ginkgophyta, e.g. Ginkgoaceae [Ginkgo family]
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/96Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution
    • A61K8/97Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution from algae, fungi, lichens or plants; from derivatives thereof
    • A61K8/9783Angiosperms [Magnoliophyta]
    • A61K8/9789Magnoliopsida [dicotyledons]
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/96Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution
    • A61K8/97Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution from algae, fungi, lichens or plants; from derivatives thereof
    • A61K8/9783Angiosperms [Magnoliophyta]
    • A61K8/9794Liliopsida [monocotyledons]
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P1/00Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
    • A61P1/10Laxatives
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P1/00Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
    • A61P1/16Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system for liver or gallbladder disorders, e.g. hepatoprotective agents, cholagogues, litholytics
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P1/00Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
    • A61P1/18Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system for pancreatic disorders, e.g. pancreatic enzymes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P11/00Drugs for disorders of the respiratory system
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P13/00Drugs for disorders of the urinary system
    • A61P13/02Drugs for disorders of the urinary system of urine or of the urinary tract, e.g. urine acidifiers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P15/00Drugs for genital or sexual disorders; Contraceptives
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P15/00Drugs for genital or sexual disorders; Contraceptives
    • A61P15/10Drugs for genital or sexual disorders; Contraceptives for impotence
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P17/00Drugs for dermatological disorders
    • A61P17/02Drugs for dermatological disorders for treating wounds, ulcers, burns, scars, keloids, or the like
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P25/00Drugs for disorders of the nervous system
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P25/00Drugs for disorders of the nervous system
    • A61P25/08Antiepileptics; Anticonvulsants
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P25/00Drugs for disorders of the nervous system
    • A61P25/20Hypnotics; Sedatives
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P25/00Drugs for disorders of the nervous system
    • A61P25/22Anxiolytics
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P29/00Non-central analgesic, antipyretic or antiinflammatory agents, e.g. antirheumatic agents; Non-steroidal antiinflammatory drugs [NSAID]
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P39/00General protective or antinoxious agents
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P39/00General protective or antinoxious agents
    • A61P39/02Antidotes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILETRY PREPARATIONS
    • A61Q17/00Barrier preparations; Preparations brought into direct contact with the skin for affording protection against external influences, e.g. sunlight, X-rays or other harmful rays, corrosive materials, bacteria or insect stings
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/80Process related aspects concerning the preparation of the cosmetic composition or the storage or application thereof
    • A61K2800/92Oral administration

Abstract

少なくとも1のビタミン、ミネラル濃縮物、オーガニックオイル濃縮物、少なくとも1の中国の薬草、少なくとも1のエッセンシャルオイル、および少なくとも1の香辛料と組み合わせたアロエベラを含有する医療用または化粧用組成物。この組成物は、経口投与または局所投与することができる。

Description

【技術分野】
【0001】
本発明は、少なくとも1種類の香辛料、および/または少なくとも1種類の薬草と組み合わせた、エッセンシャルオイルを含む医療用および化粧用の組成物に関する。このような組成物は、経口で摂取されたり、肌から吸収されることができる。
【0002】
エッセンシャルオイルは、数千年もの間アロマセラピーで利用されてきた。古代中国人は、一般的にアロマセラピーの創始者として認知されているが、文明の歴史の極初期の段階で、人類はある一定の芳香性植物が健康を回復させるのに役立つということを理解していたようである。古代エジプト人や古代ギリシア人も、芳香性物質を医療用の香料として用いていた。
【0003】
10世紀には、アラブ人は芳香性植物からエッセンシャルオイルを抽出し、これらを医療用に用いていた。十字軍の騎士は、中東からヨーロッパへ芳香精油や芳香水を持ち帰ったが、これらは大変人気を博したため香水の製造が始まり、12世紀の終わりにはすっかり定着した。芳香性植物の他の目的のための重要性も早くから認知された。14世紀半ば頃にイングランドに腺ペストが広がったとき、夜の街では芳香性フランキンセンス(frankincense)や松が燃やされ、屋内では線香や香りのあるろうそくが燃やされ、感染を防ぎ、死臭を覆い隠し、香りのあるゴムや樹脂から作られたにおい玉をリボンに付けて首に巻き、恐ろしい黒死病から身を守った。
【0004】
18世紀初頭には、エッセンシャルオイルは医薬調製物で広範に利用されるようになり、1896年のSalmon薬局(Salmon's dispensary)では多数の芳香治療法の処方を持っていた。19世紀には、エッセンシャルオイルはより科学的に研究されるようになり、それらのうちいくつかは、他の材料から合成できることが明らかになった。実験的に合成される方が天然の植物抽出物よりも常に手っ取り早く、安価であるため、純粋のエッセンシャルオイルは人気を失い始めた。今日、多くの医薬品や香水は、いわゆるエッセンシャルオイルを含むが、それらは類似物にすぎないことが多く、合成品は、香りは本物に近いが、治療学的特性は異なる。
【0005】
エッセンシャルオイル
エッセンシャルオイルは、芳香性植物の花、茎、葉、根、および樹皮において、香のある溶滴として少量得られる。エッセンシャルオイルは、潤滑性植物油のような本物の油ではないが、流動性が高く、非常に揮性である。
【0006】
エッセンシャルオイルは、テルペン、アルコール、エステル、アルデヒド、ケトン、およびフェノールといった種々の有機分子の複雑な混合物である。合成油は普通、特定のエッセンシャルオイル中の、1または複数の主要成分から作られている。たとえば、メントールはミントの、オイカリプトールはユーカリの代替物として用いられることが多い。しかしながら、エッセンシャルオイルに特定の特徴と特有の治療学的特性を与えているのは、それぞれの成分の間での相互作用であると考える合理的理由がある。
【0007】
オイルの化学成分は、日時、月または季節に関係がある。ジャスミンは、特に興奮する夜中に、強く香るインドール分子を発現させるため、そのときに花弁を摘み集めることが重要である。ワインと同じように、エッセンシャルオイルについては良い年と悪い年がある。質の悪い生産物にある成分を添加することによって質を改善できること、及びローズマリーのような高価なオイルは、香料産業にとってかなり安価なショウノウを30〜40%添加することによって、その香気を変えることなく混ぜ物にすることができるということを見出した商業生産者もいる。このような混ぜ物は、商業的には許容可能であるが、エッセンシャルオイルの治療学的特性はかなり変性する。エッセンシャルオイルが信頼できる供給源からできており、可能な限り純粋であることを保証するよう試みることが重要である。
【0008】
専門家はエッセンシャルオイルをその香気によって認識し、その組成を液体ガスクロマトグラフィと呼ばれる方法によって調査する。色も指標となり、ユーカリは無色、カモミールは白から青へ変化し、バジルやサンダルウッドのなどの他のものは、パステル調の色合い(pastel shades)(両方とも明るい緑がかった黄色)である。一方、その他のものは濃厚に着色し、ジャスミンでは濃い赤褐色、パチュリでは茶色、ローズではオレンジレッドである。
【0009】
オイルの抽出
エッセンシャルオイルは多くの方法で植物から抽出され得る。最も古くからある方法の1つは、蒸留であり、古代ペルシア、トルコ、インドで数千年前から行われている。エジプト人は、紀元前約2000年に防腐処理および他の目的のため、セダーウッドのエッセンスを調製した。この木は、蒸気が通るように羊毛繊維の網で覆われた粘土容器の中で加熱された。このエッセンスは、羊毛にしみこんだものをしぼりだすことによって得られた。アラブ人は、10世紀末に蒸留を普及させたと考えられている。彼らは、バラの花弁の抽出から始め、それから他の芳香性材料に関して試みた。今日、蒸留はエッセンシャルオイルの抽出手段として最も一般的に用いられている。
【0010】
他の方法としては、冷浸法(ジャスミンやチュベローズのようなデリケートな花弁に対してしばしば用いられる);溶剤抽出法(硬い花、葉、根、および樹皮に用いられるマセレーション法;ミルラやガルバナムのようなゴムや樹脂に対して好ましい方法である);手による搾汁法(hand expression)(オレンジ、タンジェリン、およびレモンのような皮の厚いかんきつ類から、芳香性の高いオイルを搾り出すために主に用いられる)が挙げられる。
【0011】
エッセンシャルオイルの特性と利用
エッセンシャルオイルは、私たちの最も一般的な健康上や美容上の問題の多くを改善しうる有用な数多くの特性を有する。
【0012】
ミラノのInstituto Derivati VegetaliのPaolo Rovesti教授は、エッセンシャルオイルが精神に及ぼす効果について研究し、それらが不安や鬱の治療に有用であり得ることを明らかにした。Rovesti教授は、イランイラン香油(ylang-ylang)、シトラスオイル、ジャスミン、バジル、パチュリ、およびペパーミントを一般的な鬱の治療に、ゼラニウム、ラベンダー、ベルガモットを恐れや不安の治療に、ペパーミント、ローズ、およびカーネーションを集中力の改善および無気力(lethargy)の除去に用いることを推奨している。空気中にスプレーすると、これらのオイルは即効性を示し、効果が長く持続する。
【0013】
この反応の理由は今のところ不明である。鼻における数千もの小さな神経細胞によって香りの分子は知覚されるが、これらの神経それぞれが、感情的な気力、創造力、性行動に関連する脳の部分に関係していることがわかっている。このことは、なぜ一定の香りがわれわれを幸せな気持ちにさせるのか、なぜジャスミンやローズのようなあるエッセンスが性欲を促すと評価されるのか、なぜガソリンの煙霧のような不愉快なにおいが鬱をひきおこすのかについての説明となる。純粋なエッセンシャルオイルは、精神に積極的な影響をもたらすが、合成物が同じように作用するかどうかは疑問視されている。
【0014】
香辛料は、たとえばインド料理やタイ料理において調味料として従来から用いられている。香辛料は、通常は乾燥しており、一般的に種子、果実、根、さや、しばしば葉および果肉などの植物の芳香性部分である。これらは、主に暑い国に生育していることが多い。
【0015】
過去において、香辛料の医療上の利用は、料理での利用と区別がつかないことが多かった。特に中世において薬剤師は、薬草や香辛料を単に消化を助けるものとしてだけでなく、すべてのタイプの病気に対して処方した。こしょうのような、辛い香辛料は、食欲を刺激し、消化を助けると考えられていた。アギ(asafoetida)は、現在ではインド料理の中でしか知られていないが、ローマ人は治癒用の軟膏、へびに噛まれたときの解毒剤、痛風、けいれん、肋膜炎、及び破傷風の治療剤として利用していた。香辛料は、消化、秩序の促進、あらゆる種類の病気、疫病、および冷えの予防に有用な、しょうが、こしょう、クミン、タイム、およびセロリの種子から作られた。シトロンの種子は吐き気を和らげるために妊婦に処方された。ローマや中世の著述家はフェンネルが視力回復を促進すると信じており、フェンネルが肥満の治療剤とされていたこともある。
【0016】
中国の漢方薬は、中国では数千年前から知られていた。しかしながら、西洋において、中国の薬草が医学的な治癒効果があると認識されるようになったのはつい最近である。
【0017】
本発明者等は、意外なことに、エッセンシャルオイルを、天然の香辛料および/または中国の薬草と組み合わせることにより、経口摂取または肌から直接吸収され得る医療用組成物を製造することができることを見出した。本発明の組成物は、驚くべき領域の病気の治療に用いることができる。こうした組成物は、多くの人々が人工的な医薬を利用しない、より「自然な」治療方法を求める傾向があることから、特に重要である。
【0018】
したがって、本発明の第1の態様は、少なくとも1のビタミン、少なくとも1の中国の薬草、少なくとも1のエッセンシャルオイル、および少なくとも1の香辛料を組み合わせた、アロエベラを含む医療用または化粧用組成物を提供する。
【0019】
好ましくは、上記組成物は、ミネラル濃縮物および/またはオーガニックオイル濃縮物を含む。
【0020】
アロエベラ抽出物は、組成物中の他の成分のための送達媒介物である。これは、容易に体に受け入れられ、アレルギー反応や副作用の発生は認められていない。好ましくは、この抽出物は濃縮され、たとえば粉末形態とされる。この抽出物は、たとえばコールドプレス法によって精製され得る。この精製により、内服されると緩下剤作用を示すアロインを除去することができる。好ましくは、葉の全体を用いて抽出物を得る。好ましくはアロエベラのポリサッカライドの全効能が維持される。
【0021】
ビタミンの例には、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE(αトカフェロール Tocapherol)、グレープスキンポリフェノール、ピクノジェノ−ル(フランス海岸松)、松樹皮抽出物およびイノシトールが含まれる。
【0022】
生物学的に利用可能な送達システム(Delivery and Bio Availability System)として知られる第1の好適な実施形態において、上記組成物は、
(a)アルファルファ、クローブバッド、ティーツリー、アプリコットシード、ベルガモット、ブルーカモミール、ジャーマンカモミール、モロッコカモミール、カモミールローマン、シンナモン・ゼイラニシウム、ユーカリプタス・グロブラス、フェンネル、フランキンセンス、ヒソップ、ビャクシン、レモングラス、ニアウリ、パインシード、ローズゼラニウム、ローズマリー、セイボリー、タジェステス、タイムレッドおよびイランイラン
から選択される1または複数のエッセンシャルオイルを含む。
【0023】
より好ましくは、上記組成物は、アルファルファ、クローブバッドおよびティーツリーから選択される1または複数のエッシェンシャルオイルを含む。
【0024】
「含む」というのは、上記組成物がそれら成分を含有することであって、上記組成物がそれら成分のみで構成されていることを意味しているわけではない。
【0025】
汚染灌注(irrigator)として知られる代替的な実施形態において、上記組成物は、アプリコットシード、ベルガモット、モロッコカモミール、シンナモン・ゼイラニシウム、ユーカリプタス・グロブラス、フランキンセンス、パインシード、ローズゼラニウムおよびタジェステスから選択される1または複数のエッセンシャルオイルを含む。
【0026】
生物学的に利用可能な送達システムにおいて上記組成物は、好ましくは、
(b) シャクヤク(Bao Shao)、イカリソウ・スピノサ(Epimedium Spinosa)、ウラルカンゾウ(Gan Cao)、キョウヒ(Gan Tiang)、トウニッケイ(Gui Zhi)、ライガン(Lei Wan)、マンケイシ(Man Ting Zi)、リゾマ・アコリ・グラミニ(Shu Chang Pu)、アスパラガス(Tian Men Dong)、ゴミシ(Wu Wei Zi)、タンジンヨウ(Yin Yang Huo)、シソ葉(Zi Su Ye)、タンジェリン(Chen Pi)、バッカリス(Fu Hai Shi)、コガネヤナギ(Huang Qin)、ケイガイ(Jing Jie)、クソニンジン(Qing Hao)、トシシ種(Tu Si Zi)、シンイ(Xin Yi Hua)、ドクダミ(Yu Xing Cao)、およびエンジ(Yuan Zhi)
から選択される1または複数の中国の薬草を含む。
【0027】
より好ましくは、上記組成物は、Epimedium Spinosa、Gan Tiang、Lei Wan、Man Ting Zi、San QiおよびWu Wei Ziから選択される1または複数の中国の薬草を含む。
【0028】
代替的な汚染灌注(irrigator)の実施形態において、上記組成物は、Bai Guo、Bai Guo Ye、Chen Pi、Fu Hai Shi、Qing HaoおよびYuan Zhiから選択される1または複数の中国の薬草を含む。
【0029】
好ましくは、生物学的に利用可能な送達組成物は、
(c)キャラウェイ、クローブグラウンド、インディアンブランデー、カルダモングラウンドおよびセロリシードグラウンド
から選択される1または複数の香辛料を含む。
【0030】
より好ましくは、上記組成物は、キャラウェイおよびクローブグラウンドから選択される1または複数の香辛料を含む。
【0031】
「汚染灌注(pollution irrigator)」として知られる第2の代替的な実施形態において、上記組成物は、カルダモングラウンドおよびセロリシードグラウンドから選択される1または複数の香辛料を含む。
【0032】
好ましくは、この組成物はリスト(a)、(b)、および(c)から選ばれるオイル、薬草、および香辛料を全て含み得る。この組み合わせは、特に組成物の効果を高めることがわかった。
【0033】
この組成物はさらに、フラワーレメディ(特にバッチフラワーレメディ)を含み得る。
好ましくは、この組成物はブナ、チコリー、ハニーサックル、およびスイートチェストナットから選択される1または複数のフラワーレメディを含む。このようなレメディは当該技術分野で既知である。
【0034】
この組成物は、ローヤルゼリーまたはビープロポリスのような蜂蜜製品を含み得る。ロイヤルゼリーやビープロポリスは、広範の健康状態を治療するために、および栄養補助剤として長年利用されている。
【0035】
インディアンブランデーをこの組成物と組み合わせてもよい。インディアンブランデーは、鼓腸や仙痛をやわらげるために長年利用されてきた。その主要成分は、ルバーブチンキ、カピスカムチンキ、エタノール、コチニール、メチルハイドロキシベンゾエイトである。
【0036】
本発明の組成物は、アロマセラピー、バッチフラワーセラピー、リフレクソロジー、鍼療法、および/またはアレクサンダーテクニック(これらすべてが当該技術分野において既知である)などの代替的な治療方法と組み合わせて用いることもできる。
【0037】
第一、第二の実施形態は、別々にまたは一緒に利用されてもよい。
【0038】
本発明は、経口的に用いられてもよい。したがって本発明は好ましくは、本発明の組成物を含む、経口投与用の錠剤またはカプセルを提供する。
【0039】
本発明の別の態様は、毒素を除去するための体内灌注のために、およびさらなる治療を受けるための体の準備のために、本発明による医療用組成物の使用を提供する。
【0040】
より好ましい結果を得るために、本発明の組成物は、アロマセラピーおよび/またはリフレクソロジーおよび/またはフィジオセラピーとともに利用され得る。
【0041】
本発明はさらに、少なくとも1の香辛料および/または薬草と組み合わされた少なくとも1のエッセンシャルオイルを含む第二の組成物とを組み合わせた、本発明による医療用組成物の利用を提供する。
【0042】
本明細書で定義する場合、香辛料は好ましくは「インドの香辛料」である。本明細書で定義する場合、薬草は好ましくは「中国の薬草」である。
【0043】
組成物は、1または複数の、ブラックカラント濃縮物、ビタミン、アミノ酸、ミネラルといったフレーバを含む。ビタミンの例としては、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、およびビタミンEを含み、これらは、αトコフェロールの形態であり得る。イノシトール、ペプシン、セレニウム メチオニン、ダイズの単離物質、微量のミネラルクレイ、ホエータンパク質、アミノ酸亜鉛キレート、およびリシンのような遊離アミノ酸を利用することができる。酵素とは、酵素を含む植物抽出物なども含む。
【0044】
第二の組成物中で好ましく利用されるエッセンシャルオイル、香辛料、中国の薬草、およびビタミンを表1〜表3に示す。これらの表には、成分を得るための原料や方法についても示されている。これらは、WO98/40086にも記載されている。
【0045】
【表1】
Figure 2005501851
【0046】
【表2】
Figure 2005501851
【0047】
【表3−1】
Figure 2005501851
【表3−2】
Figure 2005501851
【0048】
好ましくは、第二の組成物は、
(d) ベルガモット、ジャーマンカモミール、モロッコカモミール、カモミールローマン、シンナモン・ゼイラニシウム、クローブバッド、ユーカリプタス・グロブラス、フランキンセンス、フェンネル、ヒソップ、ビャクシン、レモン グラス、マウンテン セイボリー、ニアウリ、タイムレッド、ローズマリー、ローズゼラニウム、タジェステス、およびイランイラン
から選択される1または複数のエッセンシャルオイルを含む。
【0049】
第二の組成物は、
(e)アカシアカテキュー、アカンソパナックス・グラシリスチルス、カエサルピニア・サッパン、およびエピメジウム・スピノザ
から選択される1または複数の中国の薬草を含む。
【0050】
好ましくは、第二の組成物は
(f)アサポエチジア、ココナッツ、コリアンダー、フェヌグリーク、およびホースラディシュ
から選択される1または複数の香辛料を含む。
【0051】
好ましくは、この組成物は、リスト(d)、(e)、および(f)から選ばれるオイル、薬草、および香辛料をすべて含む。この組み合わせは、特に組成物の効果を高めることがわかった。
【0052】
エッセンシャルオイルは、通常は水蒸気蒸留、搾汁(強く加圧する)、またはマセレーションによって抽出される。これらの手法は当該技術分野において既知である。
【0053】
中国の薬草
薬草とその特性
中国では、薬草は自然界から手で集められて利用されている。最もよい薬草は、人の居住地から遠く離れて生育している。これらを集める植物採集者は植物学者、探検家、登山家、環境問題研究家であり得る。彼らは、その発育のすべての段階で適切な薬草を見分けることができる必要があり、最も良好に生育している場所を知っている必要があり、非常にアクセスしにくい場所に生育していてもその植物を採取できる必要があり、特定の種を脅威にさらすことなく、どの程度採取することができるか知っている必要があり、常に新しい供給源および新しい種を探す必要がある。
【0054】
薬草の一部は北京や上海を経て中国本土から輸入されているが、大部分は香港から輸入されている。中国が西洋へ門戸を開いたので、ますます薬草の輸入は容易になるであろう。
【0055】
薬草を直接輸入している薬草商もいるが、西洋における現金取引制の中国薬草店やメールオーダー制の供給者から購入している者もいる。
【0056】
本発明で利用し得る中国の薬草の例は上記の通りである。
【0057】
保存
自然界から採取された薬草は、貯蔵される間、その本質的な品質を維持されるように処理される必要がある。これらは通常は洗って、乾燥される。乾燥する方法は個々の薬草によって異なり、その薬草が何のために利用されるのかによっても異なる。これらは、単独で、または他の薬草とともに、日干しにされたり、粘土のかまどで乾燥させられる。これらは硫黄のようなミネラルとともに乾燥させられる場合がある。硫黄はこれらを漂白し、防腐剤としても作用する。薬草の処理という用語が用いられることがあるが、この意味は、乾燥させられた後、その特性を強化するために、アンゼリカやミルクベッチとともにすばやくいためられることである。また、あるものは、水分を吸収されるために地面に埋められたり、その効能を高められるために、米の酒や蜂蜜とともに粘土の容器(claypot)で料理される場合もある。
【0058】
薬草のカッティング
乾燥させられる前または後に、薬草は薬草チョッパー(chopper)を用いて切り刻まれる必要がある。これがいつ行われるかは、薬草やその最終的な利用目的による。薬草のカッティングにはいくつかの方法がある。大きな根は、90°にスライスされることが多く、これは円形断面になる。一方、小さいものは表面積が大きくなるような角度で切られる。ある薬草は、微細に刻まれ、圧縮されて塊にされる。
【0059】
一定の薬草は粉砕され、粉にされなくてはならない。この粉砕は、粉砕中の損失を防ぐためにふたつきの乳鉢と乳棒を用いて行われる。
【0060】
保管
従来、薬草は保存加工および切断された後に、粘土の容器で貯蔵される。粘土の容器の形状、及びそれらに覆いがあるか否かは、薬草によって異なる。中国人は常に粘土の容器を用いてきた。粘土は入手が最も容易であってかつ最も安価な材料であり、さらに、上塗りすることにより吸収性をなくすことで、薬草の特性を完全に維持することができるからである。
【0061】
最近の薬草商は、薬草の貯蔵にガラスのつぼやびんを用いることが増えているが、それらの保管の大部分は、いまだに木の引き出し中で行われている。これが薬草を調剤する上で最も簡単で便利な方法であるためである。植物採集者はこれらの中身に完全に精通しているため、引き出しにラベルが付けられることはめったにない。引き出しは、経絡(meridian)と特性に従って整理されているため、植物採集者は、結果として薬草が全く異なるタイプに分配されてしまうといったミスを犯しにくい。
【0062】
保管物の鮮度
薬草は貯蔵されているが、植物採集者は定期的にカビや他の腐敗の徴候について調べている。
【0063】
薬草は再処理される必要がある場合がある。すなわち、洗浄と煮沸、再乾燥、及び必要な場合は、新しい薬草を処理するのと同じ方法で、再びアンゼリカとともに処理する。
【0064】
薬草の計量
ほとんどの中国の薬草に用いられる天秤は、約3グラム以内を正確に測定する。この天秤は、皿の近くのひも一本を掴み、棒の上で重さを調節することによって使用される。
【0065】
メートル重量単位が便宜上利用されてきたが、中国の植物採集者は中国の重量単位を用いている。これらの名称と等価のメートル単位を以下に示す。
1ファン(fan)=約0.3グラム
10ファン=1クウィン(qin) =約3グラム
10クウィン=1リャン(lian) =約30グラム
16リャン(lian)=1ジン(jin)=約480グラム
【0066】
天秤を用いる場合は、薬草をいためる前に天秤を用いて計量した重さを、常に処方箋に明記する。薬草は、蜂蜜、水、または米の酒でいためられるか、またはよく熱した中華なべの中で黒くなるまで「焼かれる(burned)」が、これらの処理により自然に薬草の重さが変化する。そのため、患者が薬草の重さを量ると、植物採集者によってごまかされたと誤解して不満をいうかもしれない。
【0067】
煮沸および蒸し
薬草は、採集したらできるだけ速やかに粘土の容器中で煮沸される。これらの容器は、西洋のソースなべと同様に、さまざまな形状と大きさのものが入手され得る。医薬品の調製に用いられた容器はすべて、中国の新年の夜に廃棄される習慣があった。しかし、特に装飾された容器は高価であるため、現在、西洋の植物採集者にはそうする余裕がない。
【0068】
蒸し容器は多くの医療用食材に用いられている。容器に材料を加えた後、ふたをのせ、持ち手に通した糸で両者を固定する。この容器を沸騰した湯が入った大きな容器に入れる。薬草とその他の材料は、有用な成分を失うことなく蒸気によって穏やかに調理される。このような方法を用いることにより、これらが吹きこぼれるのを防ぐ。
【0069】
一般的に利用される中国の薬草の特性
以下のリストでは、中国名を用いているが、可能な限り植物学的名称と西洋の一般名を併記した。(いくつかの中国の薬草は西洋には生育していないため、対応する名称がない。こうした場合は、逐語的な訳を用いていることがある。)ここに記載される大部分の薬草は、新鮮な状態で用いることもできるが、乾燥した薬草として用いられてもよい。投薬量は標準的なものであり、植物採集者は、個人に応じて量を増減させることができる。興味深いことに、多くの中国名が、植物の部分を示す接尾辞を有する。たとえば、hua/花;pi/皮層または皮;ren/種子;ye/葉;zi/果実または種子である。投薬量は、投薬期間中全体での総投与量を意味する。
【0070】
以下は、好ましく用いられる薬草についての詳細である:
【0071】
Bai dou kou
薬学名:Fructus Amomi Kravanh
作用
−芳香性により、湿気(dampness)を変質させる:胸の息苦しさ、食欲不振、脂っこくおおわれた舌(very greasy tongue coating)等の症状を伴う、湿温による熱性病(damp warm-febrile)に対して用いられる。
−中焦(middle burner)を温め、頑固な(rebellious)気を降下させる:脾虚寒及び胃虚寒(cold from deficiency of the spleen and stomach)または胃寒による嘔吐に対して用いられる。
−気の動きを促進し、気滞を変化させる:膨張した胸、上腹部の膨満あるいは食欲不振等の症状を伴う、脾臓や胃の気滞に対して用いられる。
【0072】
Bai guo
薬学名:Semen Ginkgo Bilobae
作用
−痰を吐き出させ、喘鳴を止める:咳や多量の痰を伴う喘鳴に対して用いられる。
−湿気を除去し、分泌を止める:膣分泌や混濁尿に対して用いられる。この薬草は虚証と湿熱の両方の場合に用いられる。
−下焦(lower burner)を安定させる:頻尿、失禁または精液漏に対して用いられる。
【0073】
Bai he
薬草名:Bulbus Lilii
作用
−肺を潤し、熱を取り除き、咳を止める:乾燥した肺または肺熱咳および喉の痛みに対して用いられる。
−心を晴れやかにし、精神を鎮める:難治性の微熱、不眠症、不安、熱病後の過敏症等の症状に対して用いられる。また、不十分な気や陰によってもたらされる動悸に対して用いられる。
【0074】
Bai jiang cao
薬草名:Herba cum Radice Patriniae
作用
−熱を取り除き、毒性を軽減させ、膿を排出させる:腸膿瘍等の体内の炎症(fire)の毒素による疾患、または炎症の毒素による表面の痛みおよび腫れに対して用いられる。内服、または局所的に塗布されることが可能である。
−血滞を解消し、痛みを止める:特に腹部や胸の、熱によって起こる血滞を伴う痛みと閉塞症に対して用いられる。また、分娩後(post partum)の痛みや、より最近の手術後の痛みに対して用いられる。
【0075】
Bai shao
薬学名:Radix Paeoniae Lactiflorae
作用
−血液に滋養を与え、月経を調整する:月経の機能不全、膣分泌、子宮出血等の症状を伴う血虚に対して用いられる。女性の疾患の治療に対し、非常に一般的に用いられる薬草である。
−肝臓の陽を鎮めて抑え、痛みを緩和する:肝臓の気の圧迫、または肝臓と脾臓との間の不調和から生じる脇腹、胸または腹部の痛み等の症状に対して用いられる。一般的に、肝臓を「柔軟にかつ快適」にし、腹部の疼痛性痙攣を止め、手足の痙攣痛や痙攣を止め、赤痢性疾患による腹痛を緩和するために用いられる。また、肝臓の陽の優勢による頭痛やめまいに対しても用いられる。
−陰を保ち、滋養や栄養レベルを調整する:問題を解消しない継続的な発汗を伴う虚証による表証の風寒(exterior wind-cold)と同様、膣分泌や精液漏に対して用いられる。また、自然発汗や寝汗を引き起こす表面に陽が浮く(yang floats)陰虚に対しても用いられる。
【0076】
Bai zhi
薬草名:Angelicae Dahuricae
作用
−風(wind)を放出し、痛みを緩和する:外から罹患した(externally contracted)風寒、特に頭痛を伴うものに対して用いられる。また、眼窩上の痛み、鼻づまり、歯痛に対して用いられる。一方、主に温薬草(warming herb)は、頭部の輝く(brightness)陽の経絡を犯す風による、あらゆる問題に対して用いられる。
−腫れを低下させ、膿を排出する:初期の表面の痛みやカルブンケルに対して用いられる。創傷、潰瘍またはカルブンケルが化膿していなければ、この薬草により腫れが低下する。膿がすでに形成されているか、または創傷が潰瘍化している場合は、膿を排出すために用いられることが可能である。
−湿を排出し、分泌(discharge)を緩和する:通常、下焦における湿寒による膣分泌に対して用いられるが、適切な薬草と共に用いると、湿熱からくる膣分泌の治療にも用いることができる。
−鼻の通りを良くする:副鼻洞のつまりに対して用いられる。
【0077】
Ban xia
薬学名:Rhizoma Pinelliae Ternatae
作用
湿気を乾かし、痰を変質させ、頑固な気を減少させる:肺に寒痰(phlegm-cold)がある状態における、多量の痰を伴う咳に対して用いられる。特に脾臓の湿気による痰を変質させるのに効果がある。
−胃を調整し、嘔吐を止める:吐き気や嘔吐を引き起こす胃の中の長引く痰湿に対して用いられる。
−小塊(nodules)を消散させ、膨張を減少させる:胸の中で長引く痰、のどの中の痰の小塊(甲状腺腫や瘰癧にみられるような)、または体のいずれかの粘液による閉塞による小塊、圧迫、膨張、痛みに対して用いられる。また、胸や上腹部の病巣の膨張に対して用いられる。
【0078】
Bo he
薬学名:Herba Menthae Haplocalycis
作用
−風熱を分散させる:熱、頭痛及び咳を伴う風熱のパターンに対して用いられる。
−頭と目をすっきりさせ、喉に効果がある:喉の痛み、目の充血および頭痛を伴う風熱のパターンに対して用いられる。
−発疹を促す:初期の発疹(はしか等)に用いられ、発疹を体表に誘導し、それにより回復を促す。
−圧迫された肝臓の気の流れを自由にする:胸や脇腹の圧迫、情緒不安定および婦人科的医学問題等の症状を伴う、圧迫された肝臓の気に対して用いられる。
【0079】
Bu gu zhi
薬学名:Fructus Psoraleae Corylifoliae
作用
−腎臓の活性を高め(tonify)、陽に活力を与える:不能、早漏、下背部の寒(cold)及び痛み、あるいは下背部および四肢の虚弱等の症状を伴う腎陽虚に対して用いられる。
−精(essence)を安定化させ、尿を保持する:遺尿症、尿失禁、頻尿および精液漏に対して用いられる。
−脾臓の陽の活性を高めて温める:寒虚脾臓による下痢、腹鳴および腹痛に対して用いられる。脾虚証および腎虚証の場合に最も適切である。
−腎臓が気を捉える(grasp)助けをする:腎臓が、肺の気を捉えていない場合の喘鳴に対して用いられる。
−最近は、脱毛症、乾癬および白斑に対して局所的に用いられる。
【0080】
Cang er zi
薬学名:Fructus Xanthii Sibirici
作用
−風を放散し、湿を解消する:風湿の有痛性閉塞やかゆみを伴う皮膚疾患に対して用いられる。
−鼻の通りを良くする:濃く粘稠な鼻汁及びそれによる頭痛を伴う、鼻や副鼻洞の問題に対して用いられる。
−表風(exterior wind)を解消する:首の後ろへ広がる、割れるように痛む頭痛を伴う表証的疾患に対する補助的な薬草として用いられる。
【0081】
Chai hu
薬学名:Radix Bupleuri
作用
−より小さい(lesser)陽の疾患を消散し、熱を下げる:外から羅患した疾病の、より小さな陽の段階による口の苦味、脇腹痛、神経過敏、嘔吐および胸の重苦しさを伴う、往来寒熱(交互に出現する寒と熱)に対して用いられる。
−肝臓の気を広げ、圧迫を和らげる:めまい(dizziness)、げんうん(vertigo)、胸と脇腹痛、情緒不安定または月経の問題等の症状を伴う、圧迫された肝臓の気に対して用いられる。また、上腹部や脇腹の痛み、胸の重苦しさ、腹部の鼓張、吐き気、消化不良等の症状を伴う、肝臓と脾臓の間の不調和に対して用いられる。
−脾虚証または胃虚証のパターンにおける陽の気を上げる:脾臓の気の衰弱による痔、脱肛、子宮脱および下痢に対して用いられる。
【0082】
Chan tui
薬学名:Periostracum Cicadae
作用
−風を放散し、熱を下げる:特に声が出なくなったり、喉の腫れまたは痛みのような外から羅患した風熱に対して用いられる。
−発疹を促す:発疹の発現が不完全な初期のはしかに対して用いられる。
−目を洗浄し、表在性(superficial)視覚障害を取り除く:充血、痛み、腫れ上がった目または視力障害等の風熱による目の問題に対して用いられる。
−痙攣を止め、風を消失させる:ひきつけ、痙攣、せん妄または夜間恐怖を引き起こす風などによる、子供の熱病に対して用いられる。また、破傷風を治療する際の補助的な物質として用いられる。
【0083】
Che qian zi
薬学名:Semen Plantaginis
作用
−排尿を促し、熱を取り除く:湿熱による任意のタイプの浮腫または有痛性排尿障害に対して用いられる。一般的に、下焦(lower burner)への湿熱注入のために用いられる。
−排尿を促し、便を凝固させる:湿熱または湿夏熱(summerheat)による下痢に対して用いられる。
−目を洗浄する:これと組み合わせる他の薬草によって、肝虚証および腎虚証(例えばドライアイまたは白内障)、または肝臓の経絡の熱(例えば充血、痛み、腫れおよび光過敏)に伴う目の問題に対して用いられる。
−痰を解消し、咳を止める:多量の痰を伴う肺熱によって引き起こされる咳に対して用いられる。
【0084】
Chen pi
薬学名:Pericarpium Citri Reticulatae
作用
−気を調整し、脾臓の輸送機能を改善し、中焦(middle)を調節し、横隔膜を楽にする:上腹部または腹部の膨張、膨満、鼓張、及びおくび、ならびに吐き気および嘔吐等の症状を伴う、脾臓または胃の気滞のパターンに対して用いられる。この薬草は、一般的に気の動きを促進するが、一方では明確にそれを低下させる。したがって、一般的に種々のタイプの吐き気や嘔吐の治療に用いられる。
−湿を乾かし、痰を変質させる:胸および/または横隔膜の重苦しさや、多量で粘稠な痰を伴う痰湿による咳に対して重要な薬草である。また、胸の息苦しさ、腹部の膨張、食欲不振、疲労、軟便、及び厚く脂っこく覆われた舌を伴う、中焦(middle)を妨げる湿濁に対して用いられる。脾臓および肺の経絡の両方にとって重要な気レベル(qi-level)の薬草で、特に両方の経絡に関連する疾患に対して適している。
−停滞を防ぐ:活性を高める薬草とともに用いることにより、停滞が原因で起こる満腹感(cloying nature)を防ぐ。
【0085】
Chen xiang
薬学名:Lignum Aquilariae
作用
−気の動きを促進し、痛みを緩和する:上腹部または腹部の領域における膨張、痛み、圧迫感等の症状を伴う、気滞のパターンに対して用いられる。虚証や血滞による寒の問題に対し、特に有用である。
−頑固な気を降下させ、中焦(middle)を調整する:頑固な気の降下および中焦(middle)の調整に対して用いられる:頑固な気による過剰型または欠乏型の喘鳴、または胃虚寒もしくは脾虚寒による嘔吐、おくびまたはしゃっくりに対して用いられる。
−腎臓が気を捉えるのを助ける:腎虚証によるぜんそくや喘鳴に対して用いられる。
【0086】
Chi shao
薬学名:Radix Paeoniae Rubrae
作用
−血液を活性化し、月経障害を取り除く:無月経、腹痛、分娩後のめまい、出産後の吐き気(lochioschesis)と腹部腫瘤を伴う血滞パターンに対して用いられる。
−血滞を解消し、痛みを和らげる:血滞による傷及び痛み、非化膿性創傷、カルブンケル、ならびに暗く紫がかった(dark purplish)紅斑に対して用いられる。さらに発疹の発現が不完全であるはしか、または血滞による胸の有痛性閉塞に対して用いられる。
【0087】
Chuan lian zi
薬学名:Fructus Meliae Toosendan
作用
−気の動きを促進させ、痛みを止める:圧迫された肝臓の気または肝臓と胃の不調和による脇腹、肋骨および腹部の痛みに対して用いられる。ヘルニアの疾患に対しても用いられる。特に、熱の徴候を伴う場合に有用である。
−熱を取り除き、湿を乾かし、気を調整し、痛みを緩和する:湿熱の停滞した気による上腹部、腹部、脇腹またはヘルニアの痛みに対して用いられる。
−寄生虫を殺し、痛みを止める:回虫や条虫に対して用いられる。寄生虫を駆逐するのに特に有効ではないが、痛みを緩和することができるため、寄生虫の蓄積による腹痛に対して用いられる。また、頭皮の輪癬に対しては、局所的に粉末形態で用いられる。
【0088】
Da huang
薬学名:Radix et Rhizome Rhei
作用
−熱を排出し、蓄積を取り除く:高熱、多量の発汗、口渇、便秘、腹部の膨張と痛み、せん妄、黄色がかった舌(yellow tongue coating)、及び強大脈(full pulse)に対して用いられる。この記載は、腸の実熱、または病気の6つの段階のうち陽の活発な器官のステージを参考にしている。
−湿熱を排出する:特に湿熱による黄疸や、急性の熱性赤痢性疾患の場合、便通によって湿熱を排出する。また、有痛性排尿障害に対しても用いられる。
−血液から熱を排出する:出血性の痔または腸の熱の集積による血便に対して用いられる。また、過剰に流れる熱血(hot blood)の無謀な動き(吐血または便秘による鼻血によって表れる)に対して用いられる。
−血液を活性化させ、血滞を解消する:血滞による無月経、非可動性腹部腫瘤、固定痛に対して用いられる。また、外傷や腸の膿瘍による血滞に対して用いられる。これは、発現したばかりの又は長期の血滞の治療に重要な薬草である。
−血液レベルに支障を与える熱を取り除く:血液レベルに支障を与える、実熱による発熱、熱く腫れて痛む目、または丹毒による痛みに対して用いられる。
−熱を取り除き、丹毒を弱める:やけどまたは丹毒よる皮膚病変に対して、局所的または内服的に用いられる。
【0089】
Da zao
薬学名:Fructus Zizyphi Jujubae
作用
−脾臓の活性を高め、気を増やす:脾虚証および胃虚証による衰弱、息切れ、倦怠、食欲不振および軟便に対して用いられる。
−血液に滋養を与え、精神を鎮める:臓器疾患の不安による青ざめた表情、神経過敏および重篤な情動不安定に対して用いられる。
−他の薬草の荒削りな特性を和らげて、調和させる。
【0090】
Dan shen
薬学名:Radix Salviae Miltiorrhizae
作用
−血液を活性化し血滞を解消する:血滞による月経困難、無月経、触診できる塊、出産後の吐き気(lochioschesis)および痛み等の、下腹部の血滞による疾患に対して用いられる。これはまた、血滞を伴う肝臓の気の圧迫による肋骨の痛みまたは心気症と同様に、胸や上腹部の痛みを伴う、胸を閉塞する血滞に対して用いられる。
−熱を取り除き、神経過敏を鎮める:特に、栄養レベルに熱が入り込んだ(heat entering)ために起こる情動不安、神経過敏、動悸および不眠症に対して有用である。これは、心陰虚および腎陰虚のパターンにも用いられる。
【0091】
Dang gui
薬学名:Radix Angelicae Sinensis
作用
−血液の活性を高め、月経を調整する:青白く、灰色の顔色、耳鳴り、視力障害および動悸等の症状を伴う貧血に対して用いられる。また、月経不順、無月経、月経困難等の月経の疾患に関する貧血に対して、極めて一般的に用いられる。
−血液を活性化し、寒を解消する:血滞による痛みを止めるのに重要な薬草である。一般的に、血滞による腹痛、外傷およびカルブンケルに対し、特に虚寒があるときに用いられる。また、慢性の風湿による有痛性閉塞を伴う貧血の治療に用いられる。
−小腸(intestine)を潤し、腸(bowel)の障害を除去する:貧血による腸の乾燥に対して用いられる。
−腫れを低下させ、膿を排出させ、肉体をエネレイトし(enerate)、痛みを和らげる:痛みと腫れの治療に用いられ、血液の活性を高め、活性化する能力によって改善へと導く。
【0092】
Dang shen
薬学名:Radix Codonopsitis Pilosulae
作用
−中焦の活性を高め、気を増加させる:脾気虚による食欲不振、疲労、手足の疲れ、下痢、嘔吐、任意の慢性病に対して用いられる。また、脾臓の気の衰弱による子宮、胃または直腸の脱肛の症状に対して用いられる。
−肺の活性を高める:脾気虚による慢性的な咳、息切れまたは多量の痰を伴う肺虚証に対して用いられる。
−気を強化し、体液に滋養を与える:消耗性および口渇性疾患、または体液への損傷による渇きに対して用いられる。
−著しい気虚を含む症状である場合、外面化する、または下へ排出する薬草と共に用いられる。このような場合、この薬草は「正常状態を支持する」が、一方他の薬草は「病原性の影響を排除する」。
【0093】
Du zhong
薬学名:Cortex Eurommiae Ulmoidis
作用
−肝臓や腎臓の活性を高め、腱と骨を強くする:衰弱、下背部とひざの触痛及び痛み、疲労もしくは頻尿等の症状を伴う肝虚証および腎虚証に対して用いられる。
−気や血液の順調な流れを助ける:特に腱や骨が衰弱している場合に循環を促進するために用いられる。
−胎児を鎮める:妊娠中の出血を伴う寒虚腎パターンに対して用いられる。また、胎児が不安または動揺しているとき、および妊婦が著しい背中の痛みや虚証状態を示しているときに流産を防ぐために用いられる。
−最近は、肝臓の陽の上昇による、めまいや意識朦朧(高血圧)に対して使用される。
【0094】
Er cha
薬学名:Pasta Acaciae seu Uncariae
作用
−湿を排出し、浸潤(seepage)を吸収する:膿状の体液で満ちた創傷、慢性の非治癒性創傷、及び口腔の創傷に対して用いられる。
−出血を止める:外傷による出血を止めるために局所的に塗布される。
−肺をきれいにし、痰を変質させ、体液を生成し、下痢を止める:また、肺熱による咳、夏熱、下痢、血性下痢および赤痢性疾患による口渇に対して内服投与される。現在はこのような利用はあまりされない。
【0095】
Fan xie ye
薬学名:Folium Sennae
作用
−下方に排出し、停滞を外へ導き出す:腸内の熱の蓄積による便秘に対して用いられる。
【0096】
Fu hai shi
薬学名:Pumice
作用
−肺からの熱を取り除き、痰熱を排出する:吐きにくい濃淡または吐血を伴う肺の熱の蓄積に対して用いられる。
−硬いところ(hardness)を軟化させ、痰の小結節を消失させる:痰火(phlegm-fire)が原因となる瘰癧や類似の疾病に対して用いられる。
−排尿を促進する:熱、または結石による有痛性排尿障害に対して用いられる。
【0097】
Fu ling
薬学名:Sclerotium Poriae Cocos
作用
−排尿を促進し、湿を浸出させる:体液の停滞や湿による排尿困難、下痢、浮腫に対して用いられる。また、湿熱(よりしばしば、充血状態の)により尿が不十分な場合に用いられる。
−脾臓を強化し、中焦を調和させる:湿により悪化した脾虚証や、食欲不振、下痢および上腹部の膨張等の症状に対して用いられる。
−脾臓を強化し、痰を変質させる:動悸、頭痛、めまいおよび重く脂っこくおおわれた舌(thick, greasy tongue coating)等の症状と共に、痰が上方に動く、体液が充満した脾虚証に対して用いられる。
−気持ちを和らげ、精神を鎮める:動悸、不眠、健忘症に対して用いられる。
【0098】
Fu pen zi
薬学名:Fructus Rubi Chingii
作用
−腎臓を強化し安定化させる、またエッセンス(essence)を結合して尿を抑制する:腎陽虚による頻尿または遺尿、精液漏、早漏、夢精に対して用いられる。
−陽を補助して視力を改善する:肝虚証および腎虚証による視覚低下、下背部の痛み、不能に対して用いられる。
【0099】
Gan cao
薬学名:Radix Glycyrrhizae Uralensis
作用
−脾臓の活性を高め、気を増強する:通常は、息切れ、倦怠および軟便を伴う脾虚証に対して用いられる。また、不整脈や間欠脈および/または動悸を伴う気または貧血のパターンに対して用いられる。
−肺を潤し、咳を止める:咳や喘息に対して用いられる。中性の特質のため、肺の熱や寒に対して用いることができる。
−熱を取り除き、熱毒を放出する:丹毒によるカルブンケル、痛みまたは喉の痛みに対して原料(raw)のまま用いられる。この目的のために、内服されるか、局所的に塗布されることが可能である。
−痙攣を和らげ、痛みを緩和する:腹部や足の有痛性痙攣に対して用いられる。
−他の薬草の特徴を調整し、調和させる:その扱いやすく、中性的な調整機能によって、熱および寒の薬草を和らげ、他の薬草の強烈な特性を緩和する。12の主な経絡に全てが入るといわれているため、他の薬草を特定の経絡に導き、処理することができる。
−また、様々な毒性物質に対して、内服および局所的のいずれにおいても解毒剤として用いられる。
【0100】
Gan jiang
薬学名:RhizomaZingiberis Officinalis
作用
−中焦(middle)を温め、冷えを排出する:不十分な陽気による虚寒と同様に、外から罹患した実寒の状態にある脾臓と胃を温めるために用いられる。
−損なわれた陽を回復させ、体内の冷えを排出する:非常に弱い脈拍および手足の冷え等の症候を伴う、損なわれた陽に対して用いられる。
−肺を温め、痰を変質させる:希薄な、水っぽくまたは白い痰の喀出を伴う肺寒に対して用いられる。
−経絡(channel)を温め、出血を止める:様々なタイプの出血、特に血尿を伴う虚証からくる寒に対して用いられる。出血が慢性的で、色が薄く、同時に手足が冷たく、顔がわずかに青白く、脈が遅く弱い場合にのみ、出血の治療に用いられる。
【0101】
Gao ben
薬学名:Rhizoma et Radix Ligustici
作用
−風の排出と痛みの緩和:外から罹患した風寒、特に頭痛に対して用いられる。また、頭頂の痛みや、頭頂から頬及び歯にかけての痛みを伴う任意の風に対して用いられる。また、任脈の両端を治療するときの、風寒の侵入による下背部の急性の痛みに対して用いられる。
【0102】
Ge gen
薬学名:Radix Puerariae
作用
−筋肉を緩め、熱を取り除く:発熱、頭痛、および硬いまたはこわばった上背部と首において呈される、筋肉に留まる表証疾患に対して用いられる。
−体液に滋養を与え、口渇を緩和する:胃熱による口渇に対して用いられる。特に、外から罹患した熱の場合に適する。
−はしかの発疹を促す:発疹の発現が不完全なはしかからの回復を促進するために用いられる。
−下痢を緩和する:熱による下痢や赤痢性疾患に対して用いられる。他の適切な薬草と組み合わせた場合は、脾虚証による下痢に対して用いることもできる。
−高血圧の症状を治療する:最近、この薬草は高血圧に関連する可能性のある頭痛、めまい、耳鳴りまたは感覚異常を治療するために用いられる。
【0103】
Gui ban
薬学名:Plastrum Testudinis
作用
−陰に滋養を与え、陽を維持する:寝汗、めまい、耳鳴りおよび極度の骨疾患等の症状がみられる、優勢な陽を伴う陰虚に対して用いられる。また、顔の痙攣、手足の震え等の、内風の症状を生じる肝陰虚および腎陰虚に対して用いられる。
−腎臓の役に立ち、骨を強くする:下背部の痛み、足の衰弱、子供の骨格発育の遅れや泉門閉鎖不全等の症状を伴う腎陰虚に対して用いられる。
−血液を冷やし、子宮出血を止める:熱血の無謀な動きが原因の過度の月経、または子宮出血に対して用いられる。
−血液に滋養を与え、心臓の活性を高める:不安、不眠、健忘症を伴う心虚証に対して用いられる。
−また、非治癒性創傷や潰瘍に対して用いられる。
【0104】
Gui zhi
薬学名:Ramulus Cinnamomi Cassiae
作用
−栄養および保護的な気レベルを調整する:患者の状態が改善することなく発汗が起こるような虚証からくる表寒証に対して用いられる。
−経絡を温め、寒を放散する:関節および手足、特に肩の風寒湿による有痛性閉塞に対して用いられる。また、寒が血液を閉塞することによる、月経困難等の婦人科的問題に対して用いられる。
−陽の障害を取り除き、気を変質させる:寒痰の蓄積または陽気の衰弱した動きによる浮腫に対して用いられる。
−胸の陽気の流れを温め、促進する:胸の陽気の流れに対する閉塞による動悸に対して用いられる。これは、停滞または虚証によるものであり得る。
−血管を温め、血管中の流れを促進する:腹部腫瘤を伴うまたは伴わない月経困難に対して用いられる。
【0105】
He zi
薬学名:Fructus Terminaliae Chebulae
作用
−腸を秘結(binds up)させ、下痢を止める:慢性の下痢と赤痢性疾患に対して用いられる。処方物中の他の薬草によって、熱と寒の両方のパターンに用いることができる。
−肺気の漏出を阻止し、咳を止め、喉の状態を改善する:慢性の咳、喘鳴、声が出ない状態に対して用いられる。適切な薬草と組み合わせると、痰熱が肺を閉塞することによる咳に対して用いることができる。
【0106】
Hu huang lian
薬学名:Rhizoma Picrorhizae
作用
−湿熱を排出する:湿熱による赤痢性疾患や痛みに対して用いられる。
−虚証からくる熱を取り除く:熱の徴候を伴う陰虚に対して用いられる。
−熱を取り除き、子供の栄養障害を軽減させる:この疾患が腹部の膨張、下後熱(afternoon fevers)および赤痢性疾患による下痢を伴う場合、最も適している。
【0107】
Hu po
薬学名:Succinum
作用
−震えや動悸を抑制し、精神を鎮める:不安、過度の夢(excessive dream)、不眠、健忘症、不安および精神の混乱による発作を伴う動悸に対して用いられる。また、子供のひきつけや発作に対しても用いられる。
−血液を活性化し、停滞を解消する:無月経、または血滞による触診可能な非可動性腫瘤による痛みに対して用いられる。最近は、冠状動脈性心臓病の治療にも用いられる。
−排尿を促進し、血液を活性化する:尿の停留または有痛性排尿障害、特に血尿を伴うものに対して用いられる。
−腫れを低下させ、治癒を促進する:創傷、カルブンケルおよび皮膚の潰瘍に対して用いられる。また、陰嚢または弁状気胸の腫れや痛みに対して用いられる。
【0108】
Hua Jiao(Chuan Jiao)
薬学名:Pericarpium Zanthoxyli
作用
−中焦を温め、寒を追い払い、痛みを緩和する:寒や腹痛、嘔吐および下痢等の症状を伴う、虚証からくる脾寒または胃寒に対して用いられる。
−寄生虫を殺し、腹痛を緩和する:回虫による腹痛に対しては、補助的な薬草として用いられる。
【0109】
Huang lian
薬学名:Rhizoma Coptidis
作用
−熱を排出し、毒性を軽減する:高熱、神経過敏、失見当、せん妄、充血した舌およびひどく早い脈拍等の症状を伴う、烈火による熱に対して用いられる。また、痛み、目の充血、喉の痛み等の症状を伴う毒性を有する実熱や、腫れ、カルブンケル、膿瘍に対して用いられる。
−熱を取り除き、湿を排出する:下痢や赤痢性疾患を伴う、胃や腸の湿熱に対して用いられる。また、胃熱による嘔吐および/または胃酸の逆流に対して用いられる。
−心熱を取り除く:心臓と腎臓の間の連通不足による神経過敏および不眠に対して用いられる。
−熱を取り除き、出血を止める:鼻血や熱血の無謀な動きによる尿、便または嘔吐における出血に対して用いられる。
−胃火を排出する:不快な臭いのある口臭及びおくびを伴う消化器系機能不全に対して用いられる。
−局所的に熱を取り除く:目の充血や痛み、および舌や口の潰瘍に対して局所的に用いられる。
【0110】
Huo ma ren
薬学名:Semen Cannabis Sativae
作用
−腸に滋養を与え、潤す:年配者の便秘、フェバイル(febile)病、分娩後における便秘、および血虚の場合の便秘に対して用いられる。
−陰に滋養を与える:穏やかに陰の活性を高め、便秘を伴う陰虚の場合に主に用いられる。
−熱を取り除き、創傷の治療を促進する:創傷および潰瘍のための補助的な薬草として、経口的に摂取または局所的に塗布される。
【0111】
Huang qin
薬学名:Radix Scutellariae Baicalensis
作用
−特に上焦からの熱を取り除き、火を排除する:高熱、神経過敏、口渇、咳および黄色の濃淡を伴う熱パターンに対して、または暑による創傷や腫れに対して用いられる。後者の治療の場合、局所的に塗布または内服される。
−熱を取り除き、湿を乾かす:下痢や赤痢性疾患として表れる胃や腸の湿熱に対する主要な薬草;発熱、胸の息苦しさおよび飲み込むことのできない口渇として現れる湿熱性病;または有痛性排尿障害を伴う下焦の湿熱に対して用いられる。湿熱による黄疸に対して補助的な薬草として用いられる。
−熱を取り除き、出血を止める:血液の無謀な動きを引き起こす体内の実熱に対して用いられる。症状としては、出血性の嘔吐や咳、鼻血、血便が挙げられる。
−熱を取り除き、胎児を鎮める:熱のために胎児に落ち着きがなく、過剰に興奮している場合に、子宮を鎮める。
−優勢な肝陽を鎮静化にする:頭痛、神経過敏、目の充血、顔面紅潮および口の苦味等の症状に対して用いられる。
【0112】
Jiang can
薬学名:Bombyx Batryticatus
作用
−風を消去し、けいれんやひきつけを止める:子供のひきつけや顔面麻痺に対して用いられる。また、肝風または風痰熱の体内での動きからくる発作に対して用いられる。
−風を排出し、痛みを止める:外から罹患したかまたは肝風からくる頭痛、目の充血、喉の腫れと痛みに対して用いられる。また、声が出なくなる状態に対して用いられる。
−痰を変質させ、小塊を放散させる:痰熱による瘰癧、および他の痰の小塊に対して用いられる。
−風を排出し、かゆみを止める:風による発疹の等のかゆみのある皮膚疾患に対して用いられる。
【0113】
Jie geng
薬学名:Radix Platycodi Grandiflori
作用
−肺気を広げ、痰を排出する:咳に対して用いられる。他の適切な薬草と組み合わせると、風寒および風熱のいずれによる咳に用いることができる。
−膿の排出(discharge)を促進する:肺の膿瘍または喉の膿瘍に関連した膿の放出のために用いられる。
−喉のためになる:喉の痛みや声が出なくなる状態等の多くの場合、特に外熱により引き起こされる場合に用いられるが、その状態が痰熱または熱の徴候を伴う陰虚等の他の要因による場合にも用いられる。
−他の薬草の効果を体の上部(upper region)へ導く。
【0114】
Jin qian cao
薬学名:Herba Lysimachiae
作用
−排尿を促進し、有痛性排尿障害をなくし、結石を排出する:様々なタイプの有痛性排尿障害に対して用いられる。尿管および胆管の結石の処理に対して非常に重要な薬草である。
−肝臓および胆のうの湿熱を取り除く:湿熱による黄疸および/または充血して腫れた目に対して用いられる。
−毒性と腫れを低下させる:へびにかまれた傷や、膿瘍および外傷に対して用いられる。
【0115】
Jin yin hua
薬学名:Flos Lonicerae Japonicae
作用
−熱を取り除き、火毒を放出する:特に胸、喉、目の、様々な発達段階における、有痛性創傷及び腫れに対して用いられる。また、腸の膿瘍に対して用いられる。
−外から罹患した風熱を排出する:発熱、風に対するわずかな感覚、喉の痛みおよび頭痛等の症状を伴う、初期段階の温による熱性病(warm-febrile disease)に対して用いられる。また、外から罹患した夏熱に対して用いられる。
−下焦からくる湿熱を取り除く:湿熱による赤痢性疾患または有痛性排尿疾患に対して用いられる。
【0116】
Jin ying zi
薬学名:Fructus Rosae Laevigatae
作用
−腎臓を安定化し、精を保つ:下焦の虚証および不安定による精液漏、尿失禁、膣分泌に対して用いられる。この収斂作用および秘結作用は、過剰な血尿と同様に、脱出した直腸や子宮に対しても用いられる。
腸を秘結し、下痢を止める:慢性的な下痢や赤痢性疾患に対して用いられる。
【0117】
Jing jie
薬学名:Herba seu Flos Schizonepetae Tenuifoliae
作用
−表証を開放し、風を排出する:体外の風寒または風熱パターンに対して用いられる(組み合わせられる薬草に依存する)。また、最初に発疹する場合、特に冷えや発熱を伴う場合のカルブンケルまたは腫脹に対して用いられる。
−発疹を促し(vent)、かゆみを緩和する:はしかや掻痒性の皮膚の発疹の初期段階に対して用いられる。
−出血を止める:出血(例えば血便または子宮出血)に対する補助的な薬草として用いられる。
【0118】
Lei wan
薬学名:Sclerotium Omphaliae Lapidescens
作用
−寄生虫を殺す:主に条虫に対して用いられるが、鉤虫および回虫の外寄生に対しても用いられる。
【0119】
Lian zi
薬学名:Semen Nelumbinis Nuciferae
作用
−脾臓の活性を高め、下痢を止める:慢性的な下痢および食欲不振を伴う脾虚証に対して用いられる。この薬草は、増強および秘結させるため、これらの状態において非常に有用である。
−腎臓の活性を高め、精を安定化させる:不安定な、虚証のある腎臓による早漏および精液漏に対して用いられる。また、過剰な子宮出血および膣分泌に対しても用いられる。
−心に滋養を与え、精神を鎮める:不安、虚証、神経過敏および不眠を伴う動悸に対して用いられる。特に、腎臓と心臓の間の連通不足による問題に対しても有用である。
【0120】
Long yan rou
薬学名:Arillus Euphoriae Longanae
作用
−心臓や脾臓の活性を高めて増強させ、血液に滋養を与え、精神を鎮める:心虚証および脾虚証による不眠、心臓の動悸、健忘症あるいはめまいに対して用いられる。一般に、考えすぎ(pensiveness)や過労に関連する問題に対して用いられる。
【0121】
Ma dou ling
薬学名:Fructus Aristolochiae
作用
−肺をきれいにし、痰を変質させ、咳を止め、喘息を鎮める:肺をふさぐ痰があり、熱の徴候を伴う、肺熱または肺虚証のいずれかによる咳、喘息に対して用いられる。
−最近は、立ちくらみおよび潮紅を伴う場合の高血圧に対して用いられる。
−出血に対しても用いられる。
【0122】
Mai ya
薬学名:Fructus Hordei Vulgaris
作用
−食滞を減少させ、胃を強化する:乳児において、ほとんど消化されないミルクと同様に、消化されないでんぷん食品の食滞や蓄積による消化不良に対して用いられる。また、脾虚証の場合の消化力の衰弱および食欲不振に対して用いられる。
−乳汁分泌を阻害する:授乳を停止した女性に対して、あるいは膨らんだ痛みのある胸に対して用いられる。
−肝気の順調な流れを促進する:上腹部や肋骨の息苦しさや膨張、おくびおよび食欲不振として表される、圧迫された肝気に対して用いられる。
【0123】
Man jing zi
薬学名:Fructus Viticis
作用
−風を放散し、熱を取り除く:特に主な病状が頭痛や目の痛みである場合、外から罹患した風熱に対して用いられる。
−頭や目をきれいにし、これらの役に立つ:過剰な流涙、充血して痛みのある、または腫れた目、あるいは飛蚊症(spots in front of the eye)によって表される肝臓の経絡の風熱に対して用いられる。
−湿を排出し、風を排出する:こり、しびれ、筋けいれんまたは重苦しさを引き起こす手足の風湿のための補助的な薬草として用いられる。
【0124】
Mu hu die
薬学名:Semen Oroxyli Indici
作用
−肺を潤し、声をはっきりさせる:咳、喉の痛み、嗄声に対して用いられる。
−肝臓を快適にし、気を調整する:圧迫された気による脇腹および上腹部の痛みに対して用いられる。
−また、潰瘍状の化膿した創傷の治療を促進するために局所的に用いられる。
【0125】
Mu li
薬学名:Concha Ostreae
作用
−精神を落ち着かせ、鎮める:不安、情緒不安および不眠を伴う動悸に対して用いられる。
−陰の役に立ち、浮いている陽を固定する:支配的な陽を伴う陰虚による神経過敏、不眠、めまい、頭痛、耳鳴り、視力障害、短気、赤面または赤面紅潮に対して用いられる。
−体液の漏出を防ぐ:スティーミング骨疾患(steaming bone disorder)がある患者、または温による熱性病の後遺症における継続的な発汗に対して用いられる。また、虚証による、自然発汗、寝汗、夢精、精液漏、膣分泌および子宮出血に対する収斂剤として用いられる。
−ハーネス(harness)を柔らかくし、小塊を解消する:瘰癧や甲状腺腫等の首の様々な種類の腫瘍(lump)に対して用いられる。
−酸性度を吸収し、痛みを和らげる:口での酸味を伴う過剰な胃痛に対して、焼成形態で用いられる。
【0126】
Mu tong
薬学名:Caulis Mutong
作用
−排尿を促進し、小腸を経由して心臓から熱を排出する:口または舌の痛みおよび不十分な排尿による神経過敏等の症状に対して用いられる。また、湿熱、有痛性排尿障害、浮腫および足の気(leg qi)の治療において用いられる。
−乳汁分泌を促進し血管の障害を取り除く:不十分な乳汁分泌に対して用いられる;無月経に対して、および関節の痛みや硬直に対してはあまり一般的ではない。
【0127】
Niu bang zi
薬学名:Fructus Arctii Lappae
作用
−風熱を追い払い、喉の役に立つ:発熱、咳、ならびに喉の痛み、充血および腫れ等の症状を伴う外から罹患した風熱パターンに対して用いられる。
−熱を取り除き、毒性を放出する:赤い腫れ、カルブンケル、紅斑、耳下せん炎および急性熱性の斑丘疹状の発疹に対して用いられる。
−発疹を促す:発疹の発現が不完全である初期のはしかに対して用いられる。
−腸を潤す:風熱による便秘に対して用いられる。
【0128】
Ou jie
薬学名:Nodus Nelumbinis Nuciferae Rhizomatis
作用
−出血を止める:収斂剤であり、血滞を解消するため、多くのタイプの出血に対して用いられる。出血性の嘔吐や咳を伴う肺や胃の熱による出血に対して最も頻繁に用いられる。また、他の適切な物質と組み合わせた場合は、慢性的な出血に対して用いられる。
【0129】
Qiang huo
薬学名:Rhizoma et Radix Notopterygii
作用
−表証を解消し、寒を追い払う:冷え、発熱、頭痛ならびに体の疼痛及び痛み等の症状を伴う外部の寒に対して用いられる。関節痛、一般的な重い感覚、眠気とともに湿を伴う場合、または後頭部に痛みがある場合に、最も一般的に用いられる。
−有痛性閉塞の障害を取り除き、痛みを緩和する:特に手足や背中の上部における、風寒湿による有痛性閉塞に対して用いられる。
−より大きな陽の経絡及び任脈へ気を導く:処方にある他の薬草を、これら二つの経絡によって供給される部分へ導くために用いられる。
【0130】
Qing hao
薬学名:Herba Artemisiae Annuae
作用
−暑熱(summerheat)を取り除く:特に微熱、頭痛、めまい、胸の重苦しさを伴う暑熱に対して用いられる。
−虚証からくる発熱を取り除く:血虚または熱病の後遺症からくる熱に対して用いられる。特に、発汗を伴わない持続熱または夜熱、および早涼(morning coolness)に対して用いられる。
−血液を冷やし、出血を止める:血熱による紫斑病の発疹または鼻血に対して用いられる。
−マラリア疾患を防止し、熱を緩和する:マラリア疾患における往来寒熱(alternating fever and chills)に対して用いられる。
【0131】
Rou cong rong
薬学名:Herba Cistanches Deserticolae
作用
−腎臓の活性を高め、陽を強くする:生殖不能、精液漏、尿失禁、排尿後尿滴下、および腰やひざの冷痛といった症状を伴う腎陽虚証に対して用いられる。
−子宮を暖める:子宮虚寒から生じる不妊症、子宮出血過多、膣分泌過多に対して用いられる。
−腸を潤し、便通を促進する:特に年配者、衰弱した人々、血虚または気虚の人などにみられる体液の不足による腸の乾燥に関連する便秘に対して用いられる。
【0132】
San qi
薬学名:Radix Notoginseng
作用
−出血を止め、血滞を変化させる:喀血、鼻血、血尿、血便を含む内出血および外出血に対して用いられる。この薬草は血滞を引き起こさずに出血を止めることができるため、非常に広範に用いられている。
−腫れを低下させ、痛みを緩和する:外傷に対して選択される薬草であり、転倒、骨折、挫傷、捻挫による腫れ、痛みに対して用いられる。血液を活性化する効果があり、血滞による関節の痛みと同様に、胸部や腹部の痛みに用いられる。
【0133】
Sang ye
薬学名:Folium Mori Albae
作用
−風を排出し、肺から熱を取り除く:発熱、頭痛、咽喉痛、咳を伴う外から罹患した風熱に対して用いられる。また、咳や口渇を伴う肺の乾燥や、高粘度の黄色痰を伴う肺熱に対して用いられる。
−肝臓や目を浄化する:風熱または陰虚による、肝臓に通じる目の問題に対して用いられる。一般的な症状は、目の充血、ただれ目、乾性眼または目の痛み、あるいは飛蚊症である。
−血液を冷やし、出血を止める:血熱による軽い喀血の場合に対して用いられる。
【0134】
Shan zha
薬学名:Fructus Crataegi
作用
−食滞(food stagnation)を緩和し、排出を助ける:腹部の膨満、痛み、または下痢の症状を伴う肉や脂っこい食物の集積に対して用いられる。
−血滞を変化させ、凝集塊を取り除く:血滞による分娩後の腹痛や凝集塊に対して用いられる。また、ヘルニア疾患に対して用いられる。
−下痢を止める:部分的に炭化された(charred)この薬草を、赤痢様の慢性的な下痢に対して用いられる。
−また、最近、高血圧、冠状動脈疾病、血清コレステロールの増加に対して用いられる。
【0135】
Sheng ma
薬学名:Rhizomea Cimicifugae
作用
−表証を除き(releases the exteriror)、はしかの発疹を促す:風熱表証または初期の段階のはしかによる頭痛に対して用いられる。
−熱を取り除き毒性を放出する:体の上半身や表面に現れた様々な火毒(fire-toxin)に対して用いられる。これは一般的に、歯の痛み、歯茎の腫れまたは痛み、口唇潰瘍または歯肉潰瘍、口内炎、喉の痛みと腫れ、温熱病によるただれやできものに対して用いられる。
−陽を上昇させ、落ち込みを引き上げる(lifts the sunken):息切れ、疲れ、脱出といった症状をもたらす中気虚に対して用いられる。また、他の薬草の効果を上昇させるメッセンジャーとして用いられる。
【0136】
Shi chang pu
薬学名:Rhizoma Acori Graminei
作用
−オリフィスを開け、粘液を気化し、心を鎮める:発作や昏迷と同様、難聴、めまい、健忘症、知覚の鈍化といった症状を伴う、感覚オリフィスを覆いふさぐような粘液に対して用いられる。
−中焦を調和させ、湿濁(turbid dampness)を変化させる:脾臓や胃を弱らせる湿による、胸部や上腹部の膨満、腹痛といった症状に対して用いられる。
−また、風寒湿の痛みを伴う閉塞、外傷、痛みに対して、内服および局所的に用いられる。
【0137】
Su mu
薬学名:Lignum Sappan
作用
−血を活性化し、腫れを軽減させ、痛みを緩和する:分娩後の腹痛、無月経、または転倒、骨折、挫傷や捻挫による痛みと腫れといった血滞に対して用いられる。
−出血を止める:めまい、眩うん、息切れを伴う分娩後の出血過多に対して用いられる。
【0138】
Su zi
薬学名:Fructus Perillae Frutescentis
作用
−咳や喘鳴を止め、気を再び下降させ、津液を溶解する:おびただしい粘液を伴う咳や喘鳴に対して用いられる。特に、吸気より呼気がより困難で、胸に重苦しさがある場合に有用である。
−腸を潤す:腸の乾燥による便秘に対して用いられる。
【0139】
Suan zao ren
薬学名:Semen Zizyphi Spinosae
作用
−心陰に滋養を与え、肝臓の血液を増し、心を鎮める:血虚(心臓への滋養供給不能)や陰虚(火旺(upward rising fire)を伴う)による不安を伴う神経過敏、不眠、動悸に対して用いられる。
−異常な発汗を防ぐ:自発的な発汗や寝汗に対して用いられる。
【0140】
Tian men dong
薬学名:Tuber Asparagi Cochinchinensis
作用
−腎陰に滋養を与え、肺熱を取り除く:上焦における熱の徴候、通常は口渇を伴う陰虚に対して用いられる。また、口渇、吐くのが困難な高粘度または線状の血液が混じった痰といった徴候を伴う乾燥した肺のパターンに対して用いられる。
−肺を潤し、腎臓に滋養を与え、体液を生成する:特に消耗性や口渇性(thirsting)疾患、下午微熱を伴う消耗をもたらす、肺陰虚や腎陰虚に対して用いられる。また、腸の乾燥による便秘に対して用いられる。
【0141】
Tian nan xing
薬学名:Rhizoma Arisaematis
作用
−湿を乾かし、粘液を排出する:咳や、頑固な粘液による胸の重苦しく膨張した感覚に対して用いられる。この薬草は本質的に非常に乾燥性である。
−経絡の中の風痰を除き、けいれんを止める:風および痰が経絡を閉塞することにより、めまい、手足の麻痺、顔面麻痺、手足のけいれん、後弓反張、卒中、発作、開口障害を引き起こす疾患に対して用いられる。
−腫れを低下させ、痛みを緩和する:深根性の痛み、潰瘍、カルブンケルといった問題に対して局所的に用いられる。また、外傷による腫れに対して用いられる。
【0142】
Ting li zi
薬学名:Semen Descurainiae seu Lepidii
作用
−肺から排出し、痰を減少させ、喘鳴を鎮める:痰の蓄積や肺熱によるおびただしい痰液や喉のごろごろした音を伴う、過剰な喘鳴や咳に対して用いられる。
−水を動かし(moves water)、浮腫を減少させる:肺やぼうこうの気の過剰な閉塞による排尿困難を伴う、顔面浮腫または胸部や腹部における体液の蓄積に対して用いられる。
【0143】
Tu si zi
薬学名:Semen Cuscutae Chinensis
作用
−腎臓の活性を高め、陰を増し、精を確保し、尿を保持する:生殖不能、夢精、早漏、耳鳴り、頻尿、背中の痛み、膣の分泌といった症状を伴う腎陽虚のパターンに対して用いられる。
−腎臓や肝臓の活性を高め、視力を改善する:めまい、耳鳴り、霧視、飛蚊症といった症状を伴う肝臓や腎臓の陰虚や陽虚(精虚など)に対して用いられる。
−脾臓や腎臓の役に立ち、下痢を止める:脾腎両虚証からくる食欲不振を伴う下痢や軟便に対して用いられる。
−胎児を鎮める:習慣性流産または切迫流産に対して重要な薬草である。
【0144】
Wu bei zi
薬学名:Galla Rhois Chinensis
作用
−肺気の漏出を阻止し、咳を止める:肺虚証による慢性的な咳に対して用いられる。
−腸を秘結させ、下痢を止める:慢性的な下痢、赤痢性疾患、慢性的な血便、直腸脱出症に対して用いられる。
−保護および抑制:夢精や精液漏、発汗過多や出血過多といった広範な種々の漏出の問題に対して用いられる。
−湿度を吸収し、腫れを低下させ、火毒を放出する:痛み、白癬、毒性の腫れ、湿、潰瘍化した皮膚といった症状に対して、散剤や洗浄薬として局所的に用いられる。
また、瘢痕組織に対し、局所的に用いられる。
【0145】
Wu jia pi
薬学名:Cortex Acanthopanacis
作用
−風湿を解消し、腱と骨を強くする:慢性的な肝虚証および腎虚証により腱や骨が弱く柔らかくなる、慢性的な風寒湿の痛みのある閉塞に対して用いられる。気や血液の順調な流れが妨げられているときに特に有用である。年配者の治療や子供の運動機能発達の遅れに対して特に適切である。
−湿を変化させ、腫れを低下させる:排尿困難、浮腫及び寒湿脚気に対して用いられる。
【0146】
Wu wei zi
薬学名:Fructus Schisandrae Chinensis
作用
−肺気の漏出を阻止し、咳を止める:肺虚証、または肺虚証および腎虚証のパターンによる慢性的な咳や喘鳴に対して用いられる。この薬草は、肺気の上方への漏出を阻止して、腎臓の陰が下方に集まるようにし、また咳を止める。したがって、慢性的な咳に対して重要で効果的な薬草である。
−腎臓の活性を高め、精をつなぎ止め、下痢を止める:腎虚証による、夢精、精液漏、膣分泌や頻尿に対して用いられる。また、脾虚証や腎虚証による夜明け前の(daybreak)下痢に対しても用いられる。
−腫れを阻止し、体液を生成する:特に、渇きや喉の乾燥を伴うときの、過度の発汗に対して用いられる。処方物中の他の成分によっては、内発的な発汗、寝汗、または消耗性や脱水性の疾患に対して用いられる。
−心を鎮め、心臓を鎮める:血液への損傷(injury to the blood)、および心陰と腎陰による神経過敏、動悸、夢により妨げられる眠り、不眠に対して用いられる。
−最近は、アレルギー性皮膚疾患に対して用いられたり、肝炎患者の肝機能を改善するのに用いられている。
【0147】
Wu yao
薬学名:Radix Lnderae Strychnifoliae
作用
−気の動きを促進し、痛みを緩和する:寒凝(cold constrain)や気滞による、胸の重苦しさ、脇腹の痛み、ならびに上腹部や腹部の痛みおよび膨満に対して用いられる。この薬草は、温散作用を有し、また、気のメカニズムを広め、障害を取り除くために有効である。それによって、気の流れを順調にして、中焦(middle)を促進し、寒を放散させ、多くの箇所の痛みを解消する。また、寒積(cold accumulation)、気滞が、下腹部の痛み、ヘルニア疾患、又は月経の痛みとして表れるときに用いられる。
−腎臓を暖める:腎陽虚や、膀胱寒虚による、頻尿、尿失禁に対して用いられる。
【0148】
Xian he cao
薬学名:Herba Agrimoniae Pilosae
作用
−血液の漏出を抑制し出血を止める:喀血、吐血、鼻血、歯肉出血、血尿、子宮出血といった様々なタイプの出血に広く用いられる。他の薬草との特定の組み合わせによって、熱、寒、実、虚証による出血に対して用いることができる。
−下痢及び赤痢性疾患を緩和する:抑制性質を有するので、慢性的な問題に対して用いられる。
−寄生虫を殺す:膣トリコモナスや条虫に対して用いられる。
【0149】
Xin yi hua
薬学名:Flos Magnoliae
作用
−風寒を放散し、鼻の通りの障害を取り除く:鼻閉塞や鼻詰まり(nasal congestion)、鼻漏、嗅覚の喪失、副鼻腔炎、関連する頭痛に対して用いられる。風寒による問題に対して主に用いられるが、処方物中の他の薬草によっては、他の任意の鼻や副鼻腔の症状に対しても用いることができる。
【0150】
Xing ren
薬学名:Semen:Pruni Armeniacae
作用
−咳を止め、喘息を鎮める:組み合わせによって、熱や寒に起因する多くの種類の咳を伴う疾患に対して非常に広範に用いられる。質的に湿度をもたらすので、外部から罹患した乾いた咳に対して、特に有用である。
−腸を潤し、腸の障害を取り除く:二次的な用途は、オイル含有量が高いことに由来する。
【0151】
Yan hu suo
薬学名:Rhizoma Corydalis Yanhusuo
作用
−血液を活性化し、痛みを緩和する:血滞や外傷による痛みに対して用いられる。特に月経困難症に対して有効である。
−気の動きを促進し、痛みを緩和する:胸痛、腹痛、月経痛、ヘルニア疾患、特に上腹部の痛みといった症状を伴って表れる気滞に対して用いられる。
【0152】
Ye ju hua
薬学名:Flos Chrysanthemi Indici
作用
−火を排出し、毒性を軽減する:フルンケル、カルブンケル、痛みに対して用いられる。また、喉の痛み、喉の腫れ、目の充血の原因になる風火に対して用いられる。
【0153】
Yi mu cao
薬学名:Herba Leonuri Heterophylli
作用
−血液を活性化し、月経を調整する:一般的に、月経不順、月経前の腹痛、不動(immobile)腹部腫瘤、不妊、および出産後の吐き気(lochioschesis)を伴う分娩後の腹痛といった、婦人科疾患に対して用いられる。
−血液を活性化し、腫瘤を減少させる:血虚からくる鬱滞に起因する腹部腫瘤や不妊に対して用いられる。
−排尿を促進し、腫れを低下させる:急性の全身性の浮腫に対して用いられる。特に、血尿を伴う場合に有用である。
【0154】
Yin yang huo
薬学名:Herba Epimedii
作用
−腎臓の活性を高め、陽を強化する:生殖不能、精液漏、頻尿、健忘症、ひきこもり、腰やひざの寒痛といった症状を伴う腎陽虚のパターンに対して用いられる。
−風寒湿を除く:手足のけいれんや引きつり、関節痛、四肢の麻痺といった症状を伴う風寒湿の痛みのある閉塞に対して用いられる。
−陰と陽の活性を高め、肝陽の上亢(ascendant)を抑える:肝腎両虚証、それに続く肝陽上亢からくる腰の痛み、めまい、月経不順に対して用いられる。
【0155】
Yu xing cao
薬学名:Herba cum Radice Houttuyniae Cordatae
作用
−熱や毒を解消し、腫れや膿瘍を減少させる:肺膿瘍や高粘度の黄緑色痰を吐くような肺熱による咳に対して用いられる。
−毒性を軽減し、膿を排出する:体内のまたは局所的な毒の痛みに対して用いられる。
−湿熱を排出し、排尿を促進する:大腸湿熱による下痢、または有痛性排尿機能不全を伴う下焦湿熱に対して用いられる。
【0156】
Yuan zhi
薬学名:Radix Polygalae Tenuifoliae
作用
−心を鎮めて、精神を平静にする:不眠、不安による動悸、不穏、失見当に対して用いられる。過度の深い憂や感情抑制、鬱積した感情に関連した症状に最も効果的である。
−痰を排出し、オリフィス(orifices)を浄化する:感情的および精神的な失見当や発作として表れる、痰が心臓のオリフィスを詰まらせている状態に用いられる。
−肺から痰を排出する:多量の痰を伴う咳、特に痰を吐くのが困難な場合に対して用いられる。
−膿瘍を減少させ、腫れを解消する:おでき、膿瘍、痛み、腫れ、乳房痛に対して用いられる。粉状で使用され、局所的に塗布したり酒剤とともに摂取する。
【0157】
Zhen zhu
薬学名:Margarita
作用
−心を鎮静させ、ふるえや動悸を抑える:動悸、子供のひきつけ、発作に対して用いられる。また、患者がおびえたり怒ったりしやすい、心や精の不調和に対して用いられる。
−肝臓を浄化し、眼表面の視覚障害を除去する:翼状片や他の眼表面疾患による視力障害に対して用いられる。散剤として局所的に用いられることが多い。
−治癒を促進し、肉を生じさせる:慢性的な治癒不全潰瘍や浸軟領域(普通は喉や歯肉)に対して、散剤として局所的に用いる。
【0158】
Zhi mu
薬学名:Rhizoma Anemarrhenae Asphodeloidis
作用
−熱を取り除き、火を排出する:高熱、神経過敏、渇きや、肺や胃の実熱のパターンにおける早く激しい脈拍に対して用いられる。また、黄色の濃痰を吐くような肺熱による咳に対して用いられる。
−陰を強くし、乾燥状態を潤す:寝汗、蒸気骨疾患(steaming bone disorder)、神経過敏、下後微熱、五心煩熱、歯肉の出血といった熱の徴候を伴う肺陰や腎陰の消耗や虚証に対して用いられる。また、精液漏、夢精、性欲異常亢進といったような腎熱の徴候に対して用いられる。
−体液を生成し、熱を取り除く:消耗性や口渇性の疾患と同様の、陰虚による口腔内の潰瘍や炎症に対して用いられる。
【0159】
Zhi zi
薬学名:Fructus Gardeniae Jasminoidis
作用
−熱を取り除き、神経過敏を解消する:発熱、神経過敏、情緒不安、胸の息苦しさ、不眠またはせん妄状態のうわ言を伴う熱パターンに対して用いられる。
−湿熱を排出する:下焦湿熱による、有痛性排尿障害に対して用いられる;湿熱による黄疸を患う圧迫された肝臓および胆のう(中焦);胆のうの湿熱、および鼻や目に影響を与えたり、口や顔の部分の痛みを引き起こす顔の三焦経絡に対して用いられる。
−血液を冷やし、出血を止める:鼻血または嘔吐物、便、尿中の血等の症状を伴う血液の熱に対して用いられる。このために、この薬草は部分的に炭化される。
−腫れを低下させ、外傷による血滞を動かす:このために、卵の白身や酢と混合された散剤として、局所的に塗布する。
【0160】
Zi su ye
薬学名:Folium Perillae Frutescentis
作用
−表証を解消し、冷えを放散する:発熱、冷え、頭痛、鼻詰まりや咳等の症状を伴う、外から罹患した風寒に対して用いられる。
−表証を解消し、冷えを追い払う:咳や胸の息苦しさとともに、頭痛や鼻づまりを伴う表証疾患に対して用いられる。
−気の動きを促進し、胸を広げる:吐き気、嘔吐または食欲不振に対して用いられる。
−妊娠中に用いられる:落ち着きのない胎児を鎮めるため、または妊娠嘔吐に対して用いられる。
−海産物による中毒を緩和する:単独で、または他の薬草と共に用いられる。
【0161】
好ましくは、ミネラルは1または複数のミネラル、特にRocklands Corporation, Tulsa Oklahoma, USAから入手可能な親水性の濃縮物の形態を含む。
【0162】
特に好ましいミネラルとしては、カルシウム、リン、硫黄、マグネシウム、銅、亜鉛、コバルト、塩素、鉄、ヨウ素、マンガン、亜鉛、モリブデン、セレニウム、クロムおよびアルミニウムが挙げられる。これらは、好ましくはイオン性塩の形態である。
【0163】
オーガニックオイルは、好ましくは、1または複数のエッセンシャル脂肪酸および/またはガンマリノール酸を含む。好ましくは、オーガニックオイルは、オメガ3脂肪酸およびオメガ6脂肪酸を含む。この脂肪酸の比率は、好ましくは1:1である。オイルは、たとえば、Omega Nutrition, Vancouve, Canadaから市販されている。これらは、アマニ油、ひまわり/紅花油、パンプキンオイルおよび/またはごま油といったオイルの1または複数が配合されている。
【0164】
次に、本発明を例により説明する。
【0165】
一般的に、処方物は以下を含む:
1/100〜1ml、特に1/10mlの各エッセンシャルオイル;
1000〜10000mg、特に2000〜8000mgの各中国の薬草;
1000〜20000mg、特に4000〜10000mgの各香辛料
0〜30000mg、特に20000の各ビタミン;
5000〜15000mg、特に10000mgのアロエべラ;
0〜10ml、フラワーレメディ;
0〜50ml、特に20mlのインディアンブランデー;
0〜20000mgのミネラル;および
0〜20000mgのオーガニックオイル濃縮物。
【0166】
この製品の処方は広範囲の病気の治療に用いられ得る。通常、組成物は、1カプセルあたり200mg〜1gの組成物を含むカプセルの形態で与えられる。
【0167】
処方物はそのまま摂取してもよく、または、たとえば50%体積/体積のコーディアル、フルーツジュースまたはレモネードで希釈して摂取してもよい。
【0168】
この投与量は、たとえば、朝食後、昼食後、夕食後に3等分に分けて投与してもよい。
【0169】
アロエベラ、蜂蜜製品、ビタミン、ミネラル、オーガニックオイルは市販の製品である。
【0170】
アロエベラ製品、ヒートローション、およびプロポリスクリームは、Forever Living Product(UK) Ltd, Longbridge Manor, Longbridge, Warwick, Warwickshire, United Kingdomから入手できる。アロエベラ「ジュース」は安定化されたアロエベラゲル、ソルビトール、レモンジュース、ビタミンE、安息香酸ナトリウム、およびパパインを主成分として含む。「純粋な」アロエベラは通常、安定化されたアロエベラゲル、ソルビトール、クエン酸、ビタミンE、安息香酸ナトリウム、パパインを成分として含む。アロエベラ「ネクター」は生アロエベラゲル、フルクトース、ソルビトール、クランベリー、アップルジュース濃縮物、アスコルビン酸、クエン酸、ソルビン酸カリウム、安息香酸ナトリウム、キサンタンガム、トコフェロール、着色剤を含む。冷温圧搾したアロエベラが特に好ましい。濃縮物を用いてもよい。
【0171】
ヒートローションは、安定化したアロエベラゲル、DI水、プロピレングリコール、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、トリエタノールアミン、ユーカリ油、サルチル酸メチル、アプリコット核油、ゴマ油、セチルアルコール、ペトロラタム、ラノリン、ホホバオイル、オレイン酸、ステアリン酸ステアリル、アジピン酸ジオクチル、ステアリン酸オクチル、パルミチン酸オクチル、ステアリン酸PEG−100、アラントイン、ミネラルオイル、ラノリンアルコール、アスコルビン酸、ジアゾリジニル尿素、メチルパラベン、およびプロピルパラベンを含む。
【0172】
プロポリスクリームは、安定化したアロエベラゲル、ステアリン酸グリセリル(および)ステアリン酸PEG−1−00、プロピレングリコール、セチルアルコール、アジピン酸ジオクチル(および)ステアリン酸オクチル(および)パルミチン酸オクチル、ラノリン、ソルビトール、アラントイン、ビープロポリス抽出物、ラノリンアルコール、ジメチコン、ミネラルオイル、イモダゾリジニル、尿素、ビタミンA&E、ヒレハリソウ(comfrey)抽出物、カモミール(chamomile)抽出物、トリエタノールアミン、アスコルビン酸、メチルパラべン、プロピルパラベン、芳香剤を含む。
【0173】
最初の結果は、本発明の特定のエッセンシャルオイルと薬草/香辛料の組み合わせが、医薬用および/または化粧の使用に効果的な組成物であることを示している。
【0174】
好ましい成分は以下のものを含む:
【0175】
好ましくは、8000の200:1に濃縮した粉末(a 8000 concentrate powder 200:1)のアロエベラ;任意に、5:1のビープロポリスおよび/または松の蜜(cronycive);ビタミンA、ビタミンC、及び松樹皮抽出物の1または複数のビタミンを、任意にビタミンD、ビタミンE、グレープスキンポリフェノール、イノシトール、ゲルマニウム、グレープフルーツ抽出物、ビオフラボノイド組成物、ピクノジェノールと合わせたもの;親
水性のミネラル濃縮物およびオーガニックオイル濃縮物;リストAおよび/またはBから選択された少なくとも1の中国の薬草、エッセンシャルオイル、および香辛料をあわせたもの。
【0176】
リストA
中国の薬草
Bai Shae(シャクヤク) S
Epimedium Spinosa(イカリソウ・スピノサ) P
Gan Cao(ウラルカンゾウ) S
Gan Tiang(キョウヒ) P
Gui Zhi(トウニッケイ) S
Lei Wan(Calvacin)(ライガン) P
Man Ting Zi(マンケイシ) P
San Qi(Tian Qi)(サンシチニンジン) P
Shi Chang Pu(リゾマ・アコリ・グラミニ) O
Tian Men Dong(アスパラガス) S
Wu Wei Zi(ゴミシ) P
Yin Yang Huo(タンジンチョウ) O
Zi Su Ye(シソ葉) S
エッセンシャルオイル
アルファルファ(ルセーン(Lucern)) P
クローブバッド P
ティーツリー P
香辛料
キャラウェイ P
クローブグラウンド P
インディアン ブランデー O
リストB
中国の薬草:5:1
Bai Guo(イチョウ) P
Bai Guo Ye(イチョウ葉) P
Chen Pi(タンジェリン) P
Fu Hai Shi(バッカリス) P
Huang Qin(コガネヤナギ) S
Jing Jie(ケイガイ) S
Qing Hao(クソニンジン) P
Tu Si Zi(トシシ種) O
Xin Yi Hua(シンイ) S
Yu Xing Cao(ドクダミ) S
Yuan Zhi(エンジ) P
エッセンシャルオイル
アプリコットシード P
ベルガモット P
ブルーカモミール S
ジャーマンカモミール O
カモミールモロッコ P
カモミールローマン S
シンナモンゼイラニシウム P
クローブバッド P
ユーカリプタス・グロブラス P
フェンネル S
フランキンセンス P
ヒソップ O
ビャクシン S
レモングラス S
ニアウリ S
パインシード P
ローズゼラニウム P
ローズマリー S
セイボリー O
タジェステス P
レッドタイム S
イランイラン O
香辛料
カルダモングラウンド P
セロリシードグラウンド P
Pは最も好ましい成分、Sはやや好ましい、二次的成分、Oは他の任意の成分を示す。
【0177】
この成分は、ブナ、チコリー、ハニーサックル、スイートチェストナッツのようなフラワーレメディーとともに用いることができる。
【0178】
本発明者等は、生物学的に利用可能な送達システムは、特に他の薬草や香辛料(例えばWO98/40086に記載されるもの)とともに用いられる場合、様々な病気の治療に対する体の反応を改善することを示してきた。処方物が体の免疫系を高めると考えられる。
【0179】
汚染洗浄剤(irrigator)は、汚染物質、除草剤、殺虫剤、他の毒物を体から除去するような治療の能力を改善すると考えられている。

Claims (12)

  1. 少なくとも1のビタミン、ミネラル濃縮物、オーガニックオイル濃縮物、少なくとも1の中国の薬草、少なくとも1のエッセンシャルオイル、および少なくとも1の香辛料とを組み合わせた、アロエベラを含む医療用または化粧用組成物。
  2. ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE(αトカフェロール)、グレープスキンポリフェノール、ピクノジェノール(フランス海岸松)、松樹皮抽出物、ゲルマニウム、およびイノシトールから選択される1または複数のビタミンを含む、請求項1に記載の医療用または化粧品用の組成物。
  3. ビタミンCおよび/または松樹皮抽出物を少なくとも含む、請求項2に記載の医療用または化粧用組成物。
  4. シャクヤク(Bao Shao)、イカリソウ・スピノサ(Epimedium Spinosa)、ウラルカンゾウ(Gan Cao)、キョウヒ(Gan Tiang)、トウニッケイ(Gui Zhi)、ライガン(Lei Wan)、マンケイシ(Man Ting Zi)、リゾマ・アコリ・グラミニ(Shu Chang Pu)、アスパラガス(Tian Men Dong)、ゴミシ(Wu Wei Zi)、タンジンヨウ(Yin Yang Huo)、シソ葉(Zi Su Ye)、イチョウ(Bai Guo)、イチョウ葉(Bai Guo Ye)、タンジェリン(Chen Pi)、バッカリス(Fu Hai Shi)、コガネヤナギ(Huang Qin)、ケイガイ(Jing Jie)、クソニンジン(Qing Hao)、トシシ種(Tu Si Zi)、シンイ(Xin Yi Hua)、ドクダミ(Yu Xing Cao)、およびエンジ(Yuan Zhi)
    から選択される1または複数の中国の薬草を含む、請求項1〜3のいずれか一項に記載の医薬または化粧品用の組成物。
  5. イカリソウ・スピノサ(Epimedium Spinosa)、キョウヒ(Gan Tiang)、ライガン(Lei Wan)、マンケイシ(Man Ting Zi)、サンシチニンジン(San Qi)およびゴミシ(Wu Wei Zi)のうちの1または複数を含む、請求項4に記載の医療用または化粧用組成物。
  6. タンジェリン(Chen Pi)、バッカリス(Fu Hai Shi)、クソニンジン(Qing Hao)およびエンジ(Yuan Zhi)のうちの1または複数を含む、請求項4に記載の医療用または化粧用組成物。
  7. アルファルファ、クローブバッド、ティーツリー、アプリコットシード、ベルガモット、ブルーカモミール、ジャーマンカモミール、モロッコカモミール、カモミールローマン、シンナモン・ゼイラニシウム、ユーカリプタス・グロブラス、フェンネル、フランキンセンス、ヒソップ、ビャクシン、レモングラス、ニアウリ、パインシード、ローズゼラニウム、ローズマリー、セイボリー、タジェステス、タイムレッド、イランイランから選択される1または複数のエッセンシャルオイルを含む、請求項1〜6のいずれか一項に記載の医薬または化粧用の組成物。
  8. アルファルファ、クローブバッドおよびティーツリー
    からなる群から選ばれる1または複数のエッセンシャルオイルを含む、請求項7に記載の医療用または化粧用組成物。
  9. アプリコットシード、ベルガモット、モロッコカモミール、シンナモン・ゼイラニシウム、ユーカリプタス・グロブラス、フランキンセンス、パインシード、ローズゼラニウムおよびタジェステスからなる群から選ばれる
    1または複数のエッセンシャルオイルを少なくとも含む、請求項1〜8のいずれか一項に記載の医療用または化粧用組成物。
  10. キャラウェイ、クローブグラウンド(clove ground)、インディアンブランデー、カルダモングラウンド、セロリシードグラウンド
    から選択される1または複数の香辛料を含む、請求項1〜9のいずれか一項に記載の医薬または化粧用の組成物。
  11. キャラウェイおよびクローブグラウンド
    から選ばれる1または複数の香辛料を含む、請求項10に記載の医療用または化粧用組成物。
  12. カルダモングラウンドおよびセロリシードグラウンド
    から選ばれる1または複数の香辛料を含む、請求項10に記載の医療用または化粧用組成物。
JP2003520764A 2001-08-13 2002-08-05 毒素を除去するための組成物 Pending JP2005501851A (ja)

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
GB0119723A GB0119723D0 (en) 2001-08-13 2001-08-13 Delivery & bio availability system with pollution irrigator
GB0127364A GB0127364D0 (en) 2001-08-13 2001-11-14 Delevery & bio availability system with pollution irrigator
PCT/GB2002/003590 WO2003015805A1 (en) 2001-08-13 2002-08-05 Composition for removal of toxins

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005501851A true JP2005501851A (ja) 2005-01-20
JP2005501851A5 JP2005501851A5 (ja) 2006-01-05

Family

ID=26246436

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003520764A Pending JP2005501851A (ja) 2001-08-13 2002-08-05 毒素を除去するための組成物

Country Status (4)

Country Link
US (1) US7147876B2 (ja)
EP (1) EP1416948A1 (ja)
JP (1) JP2005501851A (ja)
WO (1) WO2003015805A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2021506950A (ja) * 2018-02-06 2021-02-22 スミス,ルイーズ,エム. フェイス及びボディークリーム組成物

Families Citing this family (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
PT1626974E (pt) 2003-04-21 2008-11-14 Lilly Co Eli Benzopiranos substituídos como agonistas selectivos do receptor beta de estrogénio
KR100700065B1 (ko) * 2004-04-20 2007-03-27 신준식 신경보호작용을 가지는 생약 조성물
US20060003030A1 (en) * 2004-07-01 2006-01-05 Lin Chun-Ying Essential oils for treating and/ or preventing allergic disease
FR2884424A1 (fr) * 2005-04-15 2006-10-20 Cherifa Hassani Cholestaderm
US20080138417A1 (en) * 2006-11-22 2008-06-12 Charles Grigsby Topical Composition And Method Of Forming
KR101578561B1 (ko) 2007-04-26 2015-12-17 바이엘 헬스케어 엘엘씨 냉동 저장을 위한, 재조합 단백질의 액상 용액의 안정화
US20090053337A1 (en) * 2007-08-21 2009-02-26 L'oreal Composition and method of improving skin barrier function of compromised skin
US20090220667A1 (en) * 2008-03-03 2009-09-03 Daniel Johnson Herbal formulations and methods for supplementing caffeinated beverages
US9095606B1 (en) 2010-11-13 2015-08-04 Sirbal Ltd. Molecular and herbal combinations for treating psoriasis
US9066974B1 (en) 2010-11-13 2015-06-30 Sirbal Ltd. Molecular and herbal combinations for treating psoriasis
WO2014072766A2 (en) * 2011-12-23 2014-05-15 Tracey Anne Seipel Herbal compositions for the prevention or treatment of urinary incontinence and overactive bladder
IL217807A (en) 2012-01-29 2017-01-31 Tel-Ari Ruben Local medical preparations based on tto
CN103893561B (zh) * 2014-04-16 2016-08-17 青岛市市立医院 一种烧伤护理贴
CN104096034A (zh) * 2014-06-29 2014-10-15 虞志秋 一种用于促进痔疮手术后恢复的外用药物
US9238050B1 (en) * 2014-10-16 2016-01-19 Edward Stephen Morrissey Compositions for reducing environmental sensitivity and regulating immune function
US9462455B2 (en) * 2014-11-11 2016-10-04 Sony Corporation Dynamic user recommendations for ban enabled media experiences
CN105520848B (zh) * 2016-01-14 2018-08-14 广东轻工职业技术学院 一种具有嫩肤抗衰老功效的植物精油组合物
CN106166221A (zh) * 2016-09-20 2016-11-30 四川兴聚焦医药科技有限责任公司 一种治疗头痛、失眠、心悸及乏力的中药组合物
CN107485692A (zh) * 2017-08-04 2017-12-19 芜湖凯奥尔环保科技有限公司 一种紫罗兰足浴粉
CN107854554A (zh) * 2017-10-24 2018-03-30 金秀瑶族自治县大瑶山清纯瑶药开发有限公司 具有强筋健骨功效的瑶医外用膏药及其制备方法
US10170300B1 (en) * 2017-11-30 2019-01-01 Tokyo Electron Limited Protective film forming method
CN107823303B (zh) * 2017-12-08 2021-05-04 武宣县中医院 一种治疗痔疮的壮医外用熏洗汤
CN107929667A (zh) * 2017-12-08 2018-04-20 武宣县中医院 一种治疗痛风的壮医外用擦洗汤
CN107802796A (zh) * 2017-12-21 2018-03-16 张淑芹 一种用于肘关节伤后功能障碍的中药制剂及其制备方法
CN107802797A (zh) * 2017-12-21 2018-03-16 杨波 一种用于治疗腕管综合征的中药熏洗药剂及制备方法
CN107982429A (zh) * 2017-12-22 2018-05-04 孙亚平 一种用于治疗舌咽神经痛的中药冲剂及制备方法
CN108379444A (zh) * 2018-05-22 2018-08-10 浙江中医药大学 一种治疗失眠的中药制剂及其制备方法
AU2021312234A1 (en) * 2020-07-21 2023-02-16 Spectrum Brands, Inc. Compositions and methods for treating aquarium water

Family Cites Families (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2555445A1 (fr) 1983-11-28 1985-05-31 Audy Rowland Jeanne Gel d'aloes naturel : composition cosmetique aux proprietes antiacneique et hydratante. gel d'aloe vera barbadensis miller (produit revendique)
DE3511609A1 (de) 1985-03-29 1986-10-02 Moon Chang Kiu Dr Arzneimittel, dessen herstellung und verwendung
JPS6479103A (en) 1987-06-09 1989-03-24 Lion Corp External preparation
JPH02250830A (ja) 1989-03-25 1990-10-08 Kimiko Ishida ハート・ビューティ・ドリンク
US5266318A (en) 1991-12-09 1993-11-30 Royale Renaissance, Inc. Skin therapeutic mixture containing cold-processsed aloe vera extract, with yellow sap and aloin removed
US5578307A (en) 1992-01-17 1996-11-26 Alfatec-Pharma Gmbh Shaped articles containing plant extract(s), in particular pellets, and their pharmaceutical or cosmetic use
US5356811A (en) 1992-04-21 1994-10-18 Coats Billy C Method of processing stabilized aloe vera gel obtained from the whole aloe vera leaf
RU2001095C1 (ru) 1993-02-09 1993-10-15 Израиль Ицкович Брехман Бальзам
RU2066194C1 (ru) 1994-02-08 1996-09-10 Николай Николаевич Бобров-Егоров Биологически активная композиция "фитаон-1" (варианты) и способ ее получения
RU2055874C1 (ru) 1994-06-15 1996-03-10 Уфимский ликеро-водочный завод Композиция ингредиентов для бальзама "золотой век"
RU2085204C1 (ru) 1994-07-07 1997-07-27 Макеев Борис Александрович Способ получения бальзама, обладающего ранозаживляющим действием
RU2053265C1 (ru) 1994-09-17 1996-01-27 Лоенко Юрий Николаевич Композиция ингредиентов для бальзама "гомеопат"
RU2092540C1 (ru) 1994-11-04 1997-10-10 Акционерное общество "АЛВИЗ" Бальзам "поморье"
CN1130076A (zh) 1995-02-27 1996-09-04 韩志强 一种治疗风湿症的药物
RU2092543C1 (ru) 1995-05-17 1997-10-10 Николай Васильевич Береснев Бальзам "черный доктор"
JPH09136831A (ja) 1995-11-15 1997-05-27 Taisho Pharmaceut Co Ltd 血圧上昇薬
JPH09227394A (ja) 1995-12-22 1997-09-02 Taisho Pharmaceut Co Ltd 経口投与用組成物
GB9704904D0 (en) * 1997-03-10 1997-04-30 Riley Fletcher Foundation The Essential oil composition
ATE550010T1 (de) * 1997-09-05 2012-04-15 Procter & Gamble Präparate zur reinigung und konditionierung von haut and haaren mit verbesserter ablagerung von konditionierenden bestandteilen
JP4280341B2 (ja) * 1998-11-09 2009-06-17 一丸ファルコス株式会社 保湿性植物抽出物を含有する化粧料組成物

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2021506950A (ja) * 2018-02-06 2021-02-22 スミス,ルイーズ,エム. フェイス及びボディークリーム組成物

Also Published As

Publication number Publication date
US20040208941A1 (en) 2004-10-21
WO2003015805A1 (en) 2003-02-27
EP1416948A1 (en) 2004-05-12
US7147876B2 (en) 2006-12-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7147876B2 (en) Compositions for removal of toxins
JP6077554B2 (ja) 薬用花を活用した包み発酵法およびこれを活用した皮膚外用剤組成物
Wu An illustrated Chinese materia medica
CN105327336A (zh) 长椿花芦荟两面针薄荷植物性中草药与皮肤吸收水药和食疗其特征在于
CN103751635A (zh) 一种治疗黄褐斑的中药面膜及其制备方法
CN104027399A (zh) 精油组合物及其制备方法
CN105125466A (zh) 一种祛斑晚霜及其制备方法
CN102755596B (zh) 一种治疗痰湿型乳腺增生的中药及制备方法
CN1193738C (zh) 百草琼浆护肤膏
CN106265438A (zh) 中药杏仁美容面膜
CN105213279A (zh) 一种消除萎缩纹的身体乳及其制备方法
Valnet Essential Oils and Aromatherapy
CN106890120A (zh) 一种中药美白淡斑乳及其制备方法
CN105748374A (zh) 中药嫩肤养颜美容液
CN105194487A (zh) 一种美白养颜中药组合物及其面膜和制备方法
CN105342954A (zh) 一种具有活肤化瘀去黄去斑的中药面膜及其制备方法
CN106265457A (zh) 一种减肥保健精华液及制备方法
CN105687052A (zh) 一种沐浴盐及制备方法
CN105616984A (zh) 一种益母草去皱美容膏及其制备方法
CN105663700A (zh) 抗皱美容膏制作方法及其美容膏
CN104689283A (zh) 一种治疗脾虚湿蕴型黄褐斑的药物及其制备方法
CN105521235A (zh) 一种止痒药液
CN103845678A (zh) 一种治疗婴幼儿皮炎的药物组合物
KR102323659B1 (ko) 천연오일 성분이 함유된 탈모방지 기능성 비누
CN107582633A (zh) 治疗荨麻疹的外用中药制剂及其制备方法

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050706

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050706

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070119

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070130

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070710