JP2004086621A - Electronic device, display control method, program, and recording medium - Google Patents

Electronic device, display control method, program, and recording medium Download PDF

Info

Publication number
JP2004086621A
JP2004086621A JP2002247624A JP2002247624A JP2004086621A JP 2004086621 A JP2004086621 A JP 2004086621A JP 2002247624 A JP2002247624 A JP 2002247624A JP 2002247624 A JP2002247624 A JP 2002247624A JP 2004086621 A JP2004086621 A JP 2004086621A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
display
range
means
editing
displayed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002247624A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takayuki Fukushima
福島 孝幸
Original Assignee
Casio Comput Co Ltd
カシオ計算機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To realize taking a view of the whole selection range, without specifying the selection range by mistake, so as to expect the exact editing operation. <P>SOLUTION: When selecting a text 55 (characters or figures) displayed on an editing screen 54, if the selection range (an editing range) 56 expands to the extent which is not justified in the editing screen 54, the display of the editing screen 54 is reduced so that the selection range 58 can be justified in the editing screen 54. Even if the editing range is too large to be displayed in the display means, the whole editing range can be viewed by the reduced display so that the editing range is not specified by mistake and the exact editing operation is expected. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、電子機器、表示制御方法、プログラム及び記録媒体に関し、たとえば、ワードプロセッサやテキストエディタなどの文字情報編集に用いて好適な選択範囲表示方法、選択範囲表示装置、プログラム及び記録媒体に関する。 The present invention relates to an electronic device, a display control method, a program and a recording medium, for example, a suitable selection display method using the character information editing, such as a word processor or a text editor, the selection display, a program, and a recording medium.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
今日、パーソナルコンピュータなどの情報処理機器の性能向上に伴い、文章を電子化して編集することが一般的に行われており、このような編集機能をパーソナルコンピュータや携帯情報端末、携帯電話機に付与できる様々な応用プログラムが普及している。 Today, with the improvement in performance of an information processing device such as a personal computer, texts and it is common practice to edit digitizing, can impart such editing function personal computer or a portable information terminal, a mobile telephone various application programs have become widespread.
【0003】 [0003]
さて、上記の編集機能の操作テクニックの一つに「選択操作」があるが、これは、ドキュメント(文書データ)内の文字列や図形に対して任意の編集操作を行う際に、その編集対象部分を明示的に指定するための操作である。 Now, in one of the operation technique of the above-mentioned editing function there is a "selection operation", but this is, when performing any of the editing operation for the character string or a graphic in a document (document data), the editing target it is explicitly operation for designating the parts.
図15は従来の編集画面を示すものであるが、編集画面1には、すでに入力済みの文書データ(内容に特段の意味はない。)が表示されている状態を示すものである。 Although FIG. 15 shows a conventional editing screen, the editing screen 1 (no particular meaning to the content.) Already document data entered illustrates a state in which is displayed.
この状態において文書データの一部を選択し、その選択部分に何らかの編集、たとえば、文字属性の変更、削除または移動等を加えようとする場合、作業者は、対象文字列の先頭(または末尾)文字を選択し、カーソルをドラッグして、対象文字列の末尾(または先頭)文字を選択する。 Select the part of the document data in this state, some editing to the selected part, for example, change of character attribute, if you want to try to make deleted or moved, etc., the worker, the head of the subject string (or end) select the character, and drag the cursor to select the end (or beginning) character of the subject string. このように操作すると、選択範囲2(すなわち対象文字列の先頭から末尾まで)が反転表示(またはその他の方法で識別表示)され、画面上に(選択範囲2が)明示される。 With this operation, the selected range 2 (i.e. from the beginning of the subject string to the end) is (identification with or otherwise) highlighted on the screen (the selection 2) is manifested.
【0004】 [0004]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、このような従来の「選択操作」の場合、例えば図16に示すように選択範囲3が次ページに渡るような、選択範囲が表示画面に対して広い場合は、画面スクロールやページ移動により、選択範囲3の開始部分(“弱虫やーい・・・・”)を含む編集画面4と、終了部分(“・・・・受け合った。”)を含む編集画面5が異なってしまうことがある。 However, in such conventional "selection operation", such as the selection 3 as shown in FIG. 16 across to the next page, if the selection is broad with respect to the display screen, by moving the screen scroll or page , that the editing screen 4 including the start of the selection range 3 ( "wimp Yai ..."), will be different editing screen 5 including the end part ( "... was each other received.") there is. したがって、選択範囲3の全体を一度に見通すことができないので、作業者は、いちいち選択範囲3の開始位置を覚えておかなければならず、とりわけ、選択操作を頻繁に繰り返す場合に、選択範囲3を誤って指定するおそれを否めない点で、正確な編集操作を期することができないという不都合があり、この問題は携帯情報端末や携帯電話機等、表示画面の小さい電子機器に顕著に表れる。 Therefore, it is impossible to see through the entire selection 3 at a time, the operator must keep in every time remember the starting position of the selection 3, especially, if frequently repeated selection operation, the selection 3 in that undeniable fear that specifies incorrectly, there is a disadvantage that it is not possible to ensure accuracy editing operations, this problem is a portable information terminal, a mobile phone, or the like, conspicuous in small electronic apparatus display window.
【0005】 [0005]
したがって、本発明が解決しようとする課題は、選択範囲が一つの編集画面に収まりきらない程度に広い場合であっても、選択範囲の全体を見通すことができ、以て、選択範囲を誤って指定するおそれがなく、正確な編集操作を期することができる電子機器、表示制御方法、プログラム及び記録媒体を提供することにある。 Accordingly, an object of the present invention is to provide, even if the wide to the extent that selection does not fit into one of the editing screen, it is possible to see through the entire selection, than Te, erroneously the selection without risk of specified electronic apparatus capable sake of accurate editing operation is to provide a display control method, program and recording medium.
【0006】 [0006]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明は、文書データを表示する表示手段と、この表示手段に表示された範囲を含む前記文書データの編集範囲を指定する指定手段と、この指定手段によって指定された編集範囲が前記表示手段に全て表示可能か否かを判断する判断手段と、この判断手段によって前記指定された編集範囲が全て表示不可能と判断されると、前記指定された編集範囲を前記表示手段に全て表示されるよう縮小して表示する表示制御手段とを有することを特徴とするものである。 The present invention includes display means for displaying the document data, and designating means for designating an editing range of the document data including the display range on the display unit, the editing range specified by the specifying means and the display means determining means for determining whether all displayable or not, when the designated editing range is determined that all the display not by the determination means, to be displayed all the specified edited range on said display means it is characterized in that it has a display control means for reducing and displayed.
この発明では、文書データの編集範囲が表示手段に全て表示可能か否かが判断され、否判定の場合に、前記の編集範囲が表示手段に全て表示されるよう縮小して表示される。 In the present invention, it is determined whether or not all can be displayed on the editing range display means document data, in the case of determination, editing range of the is displayed in a reduced size to be displayed all the display means.
したがって、編集範囲が表示手段に表示しきれない程度に広い場合であっても、縮小表示により編集範囲の全体を見通すことができ、以て、編集範囲を誤って指定したりするおそれがなく、正確な編集操作を期することができる。 Therefore, even if the wide to the extent that the editing range can not be displayed on the display unit, it is possible to see through the whole of the editing scope by the reduced display, than Te, there is no possibility of or specified incorrectly editing range, it is possible to ensure accuracy editing operations.
または、本発明は、文書データを表示する表示手段と、この表示手段に表示された範囲を含む前記文書データの編集範囲を複数ページに渡り指定する指定手段と、この指定手段によって指定された編集範囲を含む複数のページをサムネイル表示するよう制御する表示制御手段とを有することを特徴とするものである。 Or edit the invention includes display means for displaying the document data, and designating means for designating over the editing range of the document data including the range displayed on the display means into a plurality of pages, which are designated by the designating means it is characterized in that it has a display control means for controlling so as to thumbnail display multiple pages and in the appended.
この発明では、指定手段によって指定された編集範囲を含む複数のページをサムネイル表示するので、編集範囲が一つのページに収まりきらない程度に広い場合であっても、サムネイル表示により、編集範囲の全体を見通すことができ、以て、選択範囲を誤って指定したりするおそれがなく、正確な編集操作を期することができる。 In this invention, since the thumbnail multiple pages comprising been edited range designated by the designating means, even when large to the extent that the editing range that do not fit on one page, the thumbnail display, the whole of the editing range it is possible to foresee, more than Te, there is no fear or to specify a wrong selection range, it is possible the sake of accurate editing operation.
【0007】 [0007]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、本発明の実施の形態を、ワードプロセッサ機能を有するパーソナルコンピュータへの適用を例にして、図面を参照しながら説明する。 Hereinafter, the embodiments of the present invention, by the application to the personal computer having a word processor function in example, with reference to the drawings. なお、以下の説明における様々な細部の特定ないし実例および数値や文字列その他の記号の例示は、本発明の思想を明瞭にするための、あくまでも参考であって、それらのすべてまたは一部によって本発明の思想が限定されないことは明らかである。 In the following various details in the description of the specific or examples and numerical values ​​or character strings Illustrative other symbols, for clarifying the concept of the present invention, merely references, this by all of them or some the idea of ​​the invention is not limited is clear. また、周知の手法、周知の手順、周知のアーキテクチャおよび周知の回路構成等(以下「周知事項」)についてはその細部にわたる説明を避けるが、これも説明を簡潔にするためであって、これら周知事項のすべてまたは一部を意図的に排除するものではない。 Also, well-known techniques, well-known procedures, well-known architecture and a well-known circuit configurations, etc. (hereinafter "well-known matters"), but avoid explanation over its details, which even for the sake of brevity, these known it is not intended to eliminate all or part of the matter. かかる周知事項は本発明の出願時点で当業者の知り得るところであるので、以下の説明に当然含まれている。 Since such known matters can be known to those skilled in the art at the time of the filing of the present invention, it is naturally included in the following description.
【0008】 [0008]
図1は、パーソナルコンピュータ10の外観図、及び、そのハードウェア構成の概念図である。 Figure 1 is an external view of a personal computer 10, and is a conceptual diagram of the hardware configuration. パーソナルコンピュータ10は、公知のアーキテクチャ(Dオペレーティングシステム/Vアーキテクチャなど)によって構成された汎用品である。 The personal computer 10 is a general-purpose products constituted by a known architecture (D Operating System / V architecture, etc.). 図では、本体部11に、ディスプレイ装置12やキーボード13、及び、ポインティングデバイス(図ではマウス14)並びにプリンタ15などを接続した、いわゆるデスクトップ型のパーソナルコンピュータ10を例示しているが、これに限定されない。 In the figure, the main body portion 11, a display device 12, a keyboard 13, and, (in the figure the mouse 14) pointing device was connected like and a printer 15 that although the personal computer 10 of a so-called desktop type, limited to not. ノート型やタワー型などであってもかまわない。 It may be a notebook-type or tower.
【0009】 [0009]
なお、パーソナルコンピュータ10の呼称(“パーソナルコンピュータ”や“パソコン”)に特段の意味はなく、単なる一般名称にすぎない。 In addition, There is no particular meaning to the designation of the personal computer 10 ( "personal computer" or "PC"), not just a generic name. 他の呼び方、たとえば、“ワークステーション”や“オフィスコンピュータ(オフコン)”または“ミニコンピュータ(ミニコン)”あるいは“情報処理装置”などであってもよい。 Other names In, for example, "workstation" or "office computer (office computers)" or "mini-computer (minicomputer)" or may be a "processing device".
【0010】 [0010]
パーソナルコンピュータ10は、その機種ごとに規模や安定性等の点で若干の構成上の違いはあるものの、いわゆる“コンピュータ”としての基本的構成(アーキテクチャ)に大差はなく、たとえば、図示のパーソナルコンピュータ10は、本体部11に、CPU16、RAM17、ディスクコントローラ18、ディスク装置19、ディスプレイコントローラ20、キーボードコントローラ21、プリンタポート22、メインバス23、バスインターフェース24および内部バス25などを内装すると共に、その本体部11に、ディスプレイ装置12やキーボード13、及び、マウス14並びにプリンタ15などを外装している。 Personal computer 10, although the in terms of such size and stability differences in some configurations for each model is not much difference in the basic configuration as a so-called "Computer" (architectures), for example, the illustrated personal computer 10, the main body portion 11, CPU 16, RAM 17, disk controller 18, disk drive 19, a display controller 20, keyboard controller 21, printer port 22, a main bus 23, as well as interior and bus interface 24 and internal bus 25, the the main body portion 11, a display device 12, a keyboard 13, and, and the exterior of the mouse 14 and printer 15.
【0011】 [0011]
パーソナルコンピュータ10は、ディスク装置19にあらかじめインストールされたオペレーティングシステムや各種のアプリケーションプログラム(以下、これらを総称して「ソフトウェアリソース」という。)をRAM17にロードしてCPU16で実行することにより、CPU16などのハードウェアリソースと上記ソフトウェアリソースとの有機的結合によって様々な処理機能を実現する。 Personal computer 10, pre-installed operating system and various application programs in the disk device 19 (hereinafter collectively called. "Software Resources") by running in CPU 16 to load into the RAM 17, CPU 16, etc. to implement various processing functions of the organic binding of hardware resources and the software resource.
【0012】 [0012]
処理機能の一つは、当該パーソナルコンピュータ10において実行されるワードプロセッサとしての機能(以下「ワードプロセッサ機能」という)である。 One processing function is a function of a word processor is executed in the personal computer 10 (hereinafter referred to as "word processor function"). 以下、このワードプロセッサ機能について詳しく説明する。 It will now be described in detail word processor function.
【0013】 [0013]
図2(a)は、パーソナルコンピュータ10のハードウェアリソースとソフトウェアリソースの簡略的な階層モデルを示す図である。 2 (a) is a diagram showing a simplified hierarchical model of hardware and software resources of the personal computer 10. この階層モデル20は、オペレーティングシステムI(Open Systems Interconnectionの略。開放型システム間相互接続という。)参照モデルを模しており、ハードウェアリソース層31の上に、オペレーティングシステム層32とアプリケーション層33とを積層した構造になっている。 The hierarchical model 20, the operating system I (Open Systems Interconnection Abbreviation. Open Systems Interconnection called.) And simulating the reference model, on the hardware resources layer 31, the operating system layer 32 and the Applications layer 33 It has become a structure stacking the door.
【0014】 [0014]
ハードウェアリソース層31は、CPU16などのハードウェアリソース34(図1(b)の構成)を含み、その上のオペレーティングシステム層32に含まれるオペレーティングシステム35を介して、アプリケーション層33からの間接的利用を可能する。 Hardware Resources layer 31 includes hardware resources 34 such as CPU 16 (arrangement of FIG. 1 (b)), via an operating system 35 included in the operating system layer 32 thereon, indirectly from the application layer 33 to enable the use. アプリケーション層33は、少なくとも、「ワードプロセッサ機能」の主要部をなす所定のアプリケーションプログラム36(たとえば、マイクロソフト社の“Word(R)”など)を含み、これらのソフトウェアリソース(オペレーティングシステム35及びアプリケーションプログラム36)とハードウェアリソース34との有機的結合により、本実施の形態における「ワードプロセッサ機能」を実現する。 Application layer 33 comprises at least a predetermined application program 36 which forms the main part of the "word processor function" (e.g., Microsoft "Word (R)"), these software resources (operating system 35 and application program 36 ) and the organic binding of hardware resources 34, to realize a "word processor function" in the present embodiment.
【0015】 [0015]
図2(b)は、本実施の形態における「ワードプロセッサ機能」の概念図である。 Figure 2 (b) is a conceptual diagram of a "word processor function" in the present embodiment. この図において、ワードプロセッサ38は、既述のとおり、上記のソフトウェアリソース(オペレーティングシステム35及びアプリケーションプログラム36)とハードウェアリソース34との有機的結合によって実現されるものであり、その機能的な構成を概念的に示すと、入力部39、文字処理部40、選択処理部41及び表示制御部42の各部に分けることができる。 In this figure, a word processor 38, as described above, is implemented by a organic bond between the software resources (operating system 35 and application program 36) and hardware resources 34, the functional configuration conceptually shown, the input unit 39, the character processing section 40, can be divided into various parts of the selection processing unit 41 and the display control unit 42.
【0016】 [0016]
入力部39は、作業者操作コマンド、すなわち、キーボード13やマウス14からのキーコマンドを取り込み、それらのコマンドを文字処理部40や選択処理部41に出力する。 Input unit 39, the operator operation command, i.e., capture the key commands from the keyboard 13 or the mouse 14, and outputs the commands to the character processing section 40 and the selection processing section 41. キーボード13からのコマンドには、そのキーボード13がフル規格のJIS配列キーを有しておれば、“A”〜“Z”、“a”〜“z”、“あ”〜“ん”、“ア”〜“ン”の文字コマンド、“0”〜“1”の数字コマンド、“−”、“/”、“*”、“+”、“=”・・・・等の記号コマンド、“ESC”、“TAB”、“SHIFT”、“CTRL”、“ENTER”、“ROLLUP”(次ページ)、“ROLLDOWN”(前ページ)・・・・等の制御コマンド、及び、“f1”〜“f10”などのファンクションコマンドなどが含まれる。 The command from the keyboard 13, if I'm the keyboard 13 has a JIS array key of the full standard, "A" ~ "Z", "a" ~ "z", "Oh" - "I", " a "character command of," "~" down 0 "to" "number command of," 1 - "," / "," * "," + "," = "symbol command such as...," ESC "," TAB "," SHIFT "," CTRL "," ENTER "," ROLLUP "(next page)," ROLLDOWN "(previous page) ... control such as command and,," f1 "~" f10 ", and the like function commands such as. また、マウス14からのキーコマンドには、マウスカーソル座標コマンド、左ボタン操作コマンド、右ボタン操作コマンド、及び、その他のコマンド(たとえば、ホイール操作コマンドなど)が含まれる。 In addition, the key commands from the mouse 14, the mouse cursor coordinate command, the left button operation command, right button operation command, and other commands (for example, a wheel operation command) is included.
【0017】 [0017]
文字処理部40は、入力部39からのコマンド(主に文字コマンドや数字コマンド)に基づいて、入力文字列の“かな漢字変換”または“ローマ字変換”などを行い、邦文を生成してその生成結果を表示制御部42に出力する。 Character processing unit 40, based on a command (mainly character commands and numbers command) from the input unit 39, performs like "kana-kanji conversion" or "romaji conversion" of the input string, the generated result to generate Hobun and outputs to the display control unit 42 a. また、選択処理部41は、入力部39からのコマンド(主にマウスカーソル座標コマンド、マウスカーソル座標コマンド及び左ボタン操作コマンド)に基づいて、後述のワープロ画面上における文字列選択範囲の指定処理を行い、その処理結果を表示制御部42に出力する。 Moreover, the selection processing section 41, a command (mainly mouse cursor coordinate command, the mouse cursor coordinate command and the left button operation command) from the input unit 39 based on the specification processing of the string selection in later word processor screen performed, and outputs the processing result to the display control unit 42.
【0018】 [0018]
表示制御部42は、文字列処理部40や選択処理部41から出力された情報に基づいて、ワープロ画面を生成し、その画面をディスプレイ装置12に出力して表示する。 The display control unit 42, based on the information outputted from the character string processing unit 40 and the selection processing unit 41, generates the word processor screen and displays and outputs the screen on the display device 12.
【0019】 [0019]
図3は、ワープロ画面を示す図である。 Figure 3 is a diagram showing a word processor screen. この図において、ディスプレイ装置12の表示領域12aは、たとえば、XGA(eXtended Graphics Array)の解像度(1024×768ドット)を有しており、パーソナルコンピュータ10でワードプロセッサ38を実行しているときは、表示領域12aにワープロ画面50が表示されるようになっている。 In this figure, the display area 12a of the display device 12, for example, has a XGA resolution (eXtended Graphics Array) (1024 × 768 dots), when running a word processor 38 by personal computer 10, the display word processor screen 50 is adapted to be displayed in the area 12a.
【0020】 [0020]
ワープロ画面50は、代表的なオペレーティングシステムの一つであるWindows(R)において、その基本的なレイアウトは、図示のとおり、上端にタイトルバー51を配置し、その下にコマンドコントロールエリア52を配置し、さらに、その下に作業者操作エリアとしてのクライアントエリア53を配置するというものである。 Word processor screen 50, in the Windows (R) which is one of the typical operating system, its basic layout, as shown, a title bar 51 arranged at the upper end, arranged a command control area 52 thereunder and, further, is that placing the client area 53 as operator operating area underneath.
【0021】 [0021]
クライアントエリア53の用途はアプリケーションの機能ごとに異なるが、図示のクライアントエリア53は、ワープロ画面50の子オブジェクトであるから、文字列や図形などの編集画面54として用いられる。 Although application of the client area 53 is different for each function of the application, the client area 53 illustrated, since a child object of the word processor screen 50, is used as the editing screen 54 such as strings or graphics. 作業者は、この編集画面54に所望の文字列や図形を入力して文章などの文書データを作成し、文字列や図形の削除、コピー、移動等の様々な編集作業を実行する。 The operator, to create a document data such as text by typing the desired character string or a graphic to the editing screen 54, deletion of the string and figures, to perform copy, a variety of editing operations such as movement.
【0022】 [0022]
次に、本実施の形態における編集作業の一例を説明する。 Next, an example of editing in the present embodiment.
図4は、その例を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing an example thereof. 編集画面54には、すでに入力済みの文章55(図示の例は、夏目漱石作:小説「坊っちゃん」の一説であるが、この文章の内容に特段の意味はない。)が表示されている。 The editing screen 54, already entered pre-sentence 55 (the example shown in the figure, Soseki Natsume work:. Is a theory of the novel "Botchan", special meaning is not in the content of this document) is displayed.
【0023】 [0023]
今、この文章55の所望の範囲を選択し、その選択範囲の文字列に対して、何らかの編集操作を行うことを考える。 Now, select the desired range of this sentence 55, on a string of the selected range, considering that perform any editing operation. この場合、作業者は、マウス14を操作して、選択範囲の最初の文字列(たとえば、“なぜそんな無闇”の“な”)にカーソルを合わせてマウス14の左ボタンを押し、左ボタンを押したままカーソルを移動させて(ドラッグ操作)、選択範囲の最後の文字列(たとえば、“親類の者から”の“ら”)に到達したらドラッグ操作を解除する。 In this case, the operator operates the mouse 14, the first string of the selected range (for example, "Why such unnecessarily" of "a") press to move the cursor left button of the mouse 14, the left button by moving the hold down cursor (drag operation), to release the drag operation when it reaches the end of the string in the selection (for example, "from the relatives of those who" of the "et al.,").
【0024】 [0024]
これにより、当該選択範囲56に含まれる全ての文字列が反転表示され、現在、その範囲の文字列に対して任意の操作が可能であることが明示される。 This will display all the string inversion included in the selection 56, currently, it is clearly possible any operation for the character string of the range.
【0025】 [0025]
さて、本実施の形態におけるワードプロセッサ機能のポイントは、選択範囲56が一つの編集画面54を越えるときに、その選択範囲56全体が一つの編集画面54に収まるように文章55を縮小表示することにある。 Now, the point of a word processor function in the present embodiment, when the selection 56 exceeds one of the edit screen 54, that the entire selection 56 collapse the sentences 55 to fit into one of the edit screen 54 is there. すなわち、上記の例では、選択範囲56は編集画面54に収まる部分56aと、編集画面54に収まらない(はみ出した)部分56bの二つからなっているため、はみ出した部分56bを表示するためには、スクロールやページ切り換えを行う必要があり、スクロールまたはページ切り換えに伴って、今度は、選択範囲56の開始部分が編集画面54から追い出されてしまう結果、選択範囲56の全体を見通すことができなくなるという不都合がある。 That is, in the above example, the selection 56 is a portion 56a which fits into the editing screen 54, because it consists of two editing does not fit on the screen 54 (protruding) portion 56b, in order to display the overrunning portion 56b , it is necessary to perform scrolling and page switching, along with the scrolling or page switching, in turn, result beginning of the selection 56 is thus expelled from the edit screen 54, it is possible to see through the entire selection 56 there is a disadvantage that no. このため、作業者は、いちいち選択範囲の開始位置を覚えておかなければならず、不親切である上、頻繁な選択操作を繰り返す場合は、記憶違いなどによる操作ミスを否めず、編集作業の正確性を期することができないという問題点があった。 For this reason, the operator, must be kept every time remember the start position of the selected range, on a unkind, if you repeat a frequent selection operation, does not deny the operational errors due to memory difference, of editing work there is a problem that can not be the sake of accuracy.
【0026】 [0026]
そこで、本実施の形態のワードプロセッサ機能では、上記の不都合を解決するために、選択範囲が一つの編集画面54を越える程度に広くなる場合、同図下段に示すように、編集画面54に、縮小した文章57を表示することにより、選択範囲58の全体(選択開始から終了までの範囲)を一つの編集画面54に表示できるようにしている。 Therefore, in the word processor functions of the present embodiment, in order to solve the above disadvantages, if the selection is widened to the extent exceeding the one of the edit screen 54, as shown in FIG lower, on the edit screen 54, the reduction by displaying the sentence 57, it is to be displayed across the (range to the end from the selection start) to one of the edit screen 54 of the selection 58. これによれば、選択範囲58の全体を一度に確認できるから、いちいち選択開始位置を覚える必要がなく、編集作業の正確性を期することができる。 According to this, because it see the entire selection 58 at once, without having to remember every time selection start position, it is possible to ensure accuracy of the editing work.
【0027】 [0027]
なお、上記の縮小処理は、いわゆるページレイアウト画面(図形イメージなどのオブジェクトを表示する画面で、印刷出力のレイアウトをほぼ正確に保持した画面のこと。)に適用してもよい。 Incidentally, the reduction process described above, (the screen displaying an object, such as a graphical image, the layout of the printout almost exactly retained screens that.) So-called page layout screen may be applied to.
【0028】 [0028]
図5は、縮小処理後のページレイアウト画面を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing a page layout screen after reduction processing. 編集画面54に、選択範囲60の全体を見通すことができる程度に縮小したページレイアウトモードの文章59を表示している。 The editing screen 54, and displays the page layout mode of sentence 59 has been reduced to such an extent that it is possible to see through the entire selection range 60.
【0029】 [0029]
なお、上記の縮小処理は、ページ区切り記号を有する画面に適用してもよい。 Incidentally, the reduction process described above may be applied to a screen having a page delimiter.
図6は、その画面例を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing the screen example. 図4との相違は、縮小後の文章61にページ区切り記号63(図では横線)が挿入されている点にある。 The difference between FIG. 4 is that is inserted (horizontal line in the figure) the page delimiter 63 in the text 61 of the reduced. この例においては、選択範囲62はページ区切り記号63の前後にまたがっており、作業者は、このページ区切り記号63を確認することにより、ページをまたがって選択範囲62の指定を行ったことを認識することができる。 In this example, it recognizes that the selection 62 spans before and after the page delimiters 63, the operator went by confirming the page delimiters 63, the designation of the selection 62 across the page can do.
【0030】 [0030]
また、選択範囲がページをまたがる場合、ページ単位に縮小表示を行ってもよい。 In addition, if the selection is across the page, it may be subjected to a reduction display on a page-by-page basis.
図7は、その画面例を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing the screen example. 編集画面54には、二つの縮小ページ64、65が左右に分かれて表示されており、これらのページ64、65をまたがって選択範囲66a、66bが指定されている。 The editing screen 54, two of the reduced page 64 and 65 are displayed divided into left and right, the selection 66a across these pages 64,65, 66b is specified. これによれば、ページの違いを直感的に把握することができる。 According to this, it is possible to intuitively grasp the difference of the page.
【0031】 [0031]
図8は、本実施の形態におけるアプリケーションプログラム36の要部処理(特に、選択範囲指定処理)を示すフローチャートである。 Figure 8 is a fragmentary portion processing of the application program 36 in this embodiment (in particular, the selection specifying process) is a flowchart illustrating a. このフローチャートでは、まず、選択情報(文章等の選択開始位置と終了位置)を抽出し(ステップS11)、次に、選択範囲が一つの編集画面に収まるか否かを判定する(ステップS12)、そして、収まる場合は文字の表示サイズをそのままにして、分解能チェック(ステップS14)を行う一方、選択範囲が一つの編集画面に収まらない場合は、文字の表示サイズを小さくする方向に計算し(ステップS13)、再び、ステップS12の判定を繰り返す。 In this flowchart, first, the selection information to extract (select start and end positions such as the sentence) (step S11), and then determines whether the selected range is within the one of the editing screen (step S12), the then, if it fits in the display size of characters alone, while performing resolution check (step S14), and if the selection does not fit into one of the editing screen, calculates a direction to reduce the display size of the character (step S13), again repeats the determination of step S12. したがって、このステップS12とステップS13の処理により、「選択範囲が一つの編集画面に収まりきらない程度に広い場合に、その選択範囲が一つの編集画面に収まるように編集画面の表示を縮小する」ことができる。 Therefore, by the processing of step S12 and step S13, "when large to the extent that selection does not fit into one of the edit screen, the selection is to reduce the display of the edit screen to fit into one of the editing screen" be able to.
【0032】 [0032]
なお、ステップS14における“分解能”とは、ディスプレイ装置12の解像度のことである。 Note that the "resolution" in step S14, is that the display device 12 resolution. たとえば、解像度はVGA(Video Graphics Array:640×480ドット)、SVGA(Super Video Graphics Array:800×600ドット)、XGA(eXtended Graphics Array:1024×768ドット)、SXGA(Super eXtended Graphics Array:1280×1024ドット)などがあるが、これらは、VGA→SVGA→XGA→SXGAの順に分解能が高くなる。 For example, the resolution is VGA (Video Graphics Array: 640 × 480 dots), SVGA (Super Video Graphics Array: 800 × 600 dots), XGA (eXtended Graphics Array: 1024 × 768 dots), SXGA (Super eXtended Graphics Array: 1280 × 1024 dots), and the like, but these are, resolution becomes higher in the order of VGA → SVGA → XGA → SXGA. 分解能が高いほど細かな文字を鮮鋭に表示できる。 Resolution can be displayed sharply the higher the fine character.
【0033】 [0033]
ここで、ディスプレイ装置12が外付けタイプ(交換可能のタイプ)の場合、必ずしも高分解能(たとえば、XGAやSXGA)のディスプレイ装置12が取り付けられるとは限らず、場合によっては、低分解能(VGAなど)のディスプレイ装置12が取り付けられていることがある。 Here, if the display device 12 is external type (replaceable type), not necessarily high-resolution (e.g., XGA and SXGA) not limited to the display device 12 is attached, in some cases, low resolution (VGA, etc. ) may be the display device 12 of the are attached. この場合、小さすぎる文字サイズは、そのディスプレイ装置12に不適当(文字がつぶれて判読できない)となるので、何らかの対策が必要になる。 In this case, the character size is too small, since unsuitable for its display device 12 (illegible character is crushed), are required some measures.
【0034】 [0034]
そこで、本実施の形態では、ステップS14でディスプレイ装置12の分解能をチェックし、その分解能で表示可能な下限の文字サイズ(便宜的に8P(ポイント)とする)を、上記のステップS13で算出した表示サイズが下回っている場合は、文字の表示サイズをその下限値(8P)に固定(ステップS15)した後、次の表示処理(ステップS16)を実行するという対策を講じている。 Therefore, in this embodiment, to check the resolution of the display device 12 in step S14, the character size of the lower limit can be displayed in its resolution (conveniently and 8P (point)), calculated at step S13 in the If the display size is below, after fixing (step S15) to the lower limit value the display size of characters (8P), it has taken measures that executes the following display processing (step S16).
【0035】 [0035]
一方、算出された表示サイズが判読可能な下限サイズと同じまたはそれ以上である場合は、次に、編集画面を縮小表示すべきか否かを判定する(ステップS17)。 On the other hand, if the calculated display size is equal to or greater than the lower limit size legible next determines whether to display reduced editing screen (step S17). 縮小表示すべき場合とは、上記のステップS13において、表示サイズの変更(縮小方向への変更)が行われ、且つ、ステップS14において、その表示サイズがディスプレイ装置12の分解能に適合していると判定された場合である。 And when reduced to be displayed, in step S13 described above, changes in the display size (change to reduction direction) is performed, and in step S14, when the display size is adapted to the resolution of the display device 12 it is a case where it is determined. このような場合は、まず、縮小方向を抽出し(ステップS18)、その抽出結果が前ページの方向であるか否かを判定する(ステップS19)。 In this case, first, it extracts the reduction direction (step S18), and determines whether the extraction result is the direction of the previous page (step S19). そして、前ページの方向であれば、選択範囲の開始位置を編集画面の最下行に設定し(ステップS20)、または、前ページの方向でなければ、選択範囲の開始位置を編集画面の最上行に設定(ステップS21)した後、表示処理(ステップS16)を実行する。 Then, if the direction of the previous page, set the start position of the selection to the bottom of the editing screen (Step S20), or, if the direction of the previous page, the top line of the editing screen start position of the selection after setting (step S21), the executing display processing (step S16).
【0036】 [0036]
このように、以上のフローチャートによれば、選択範囲が一つの編集画面に収まるか否かを判定し(ステップS12)、収まらない場合には、文字列等の表示サイズを小さくなる方向に変更し(ステップS13)、その表示サイズを用いて編集画面を再構築(ステップS18〜ステップS21)した後、表示処理(ステップS16)を実行するから、図4に示すように、編集画面54に縮小した文章57を表示することができ、選択範囲58の全体(選択開始から終了までの範囲)を一つの編集画面54に表示することができる。 Thus, according to the flowchart described above, it is determined whether the selection is fit into one of the editing screen (step S12), the if it does not fit, change the display size such as a character string in the reduced direction (step S13), and after rebuilding an editing screen using the display size (step S18~ step S21), and because executes display processing (step S16), and as shown in FIG. 4, and reduced to the editing screen 54 it is possible to display the text 57, it is possible to display the entire (range up to the end from the selection start) in one of the edit screen 54 of the selected range 58. したがって、選択範囲58の全体を一度に確認することができ、いちいち選択開始位置を覚える必要がないから、編集作業の正確性を期することができる。 Therefore, it is possible to see the entire selection 58 at a time, one by one because there is no need to remember the selection start position, it is possible to ensure accuracy of the editing work.
【0037】 [0037]
また、ディスプレイ装置12の分解能に基づいて、その縮小率の下限(上記の例では最小文字サイズ)を設定し、それ以下の縮小を行わないように対策を講じているため、たとえば、VGAなどの低解像度のディスプレイ装置12を用いた場合の不都合(文字のつぶれなど)を回避することができる。 Further, based on the resolution of the display device 12, set the lower limit of the reduction ratio (minimum character size in the above example), since the take measures so as not to less reduction, for example, such as VGA it is possible to avoid a disadvantage in the case of using the low resolution display device 12 (such as a character collapse).
【0038】 [0038]
なお、以上の実施の形態では、選択範囲が一つの編集画面に収まりきらない場合、編集画面内の文字の表示サイズを小さくし、文章全体を縮小することにより一つの編集画面に収まるようにしている。 Incidentally, in the above embodiment, if the selection does not fit into one of the edit screen, to reduce the display size of the characters in the edit screen, so as to fit into one of the edit screen by reducing the entire sentence there. つまり、編集画面そのものの表示態様を変更することによって、前記の不都合を回避しているが、本発明の思想はこれに限定されない。 In other words, by changing the display mode of the edit screen itself, but avoids the disadvantages, the spirit of the present invention is not limited thereto.
【0039】 [0039]
以下、本発明の好ましい他の実施の形態を説明する。 Hereinafter will be described another preferred embodiment of the present invention.
図9は、本実施の形態におけるワープロ画面50を示す図である。 Figure 9 is a diagram showing a word processor screen 50 in this embodiment. ワープロ画面50のクライアントエリア53には、上記実施の形態と同様の編集画面54が表示されていると共に、さらに、本実施の形態に特有の「レイアウト表示枠70」が表示されている。 The client area 53 of the word processor screen 50, the edit screen 54 similar to the embodiment described above is displayed, further to display the "layout display frame 70" unique to this embodiment. このレイアウト表示枠70は、たとえば、図示のように“吹き出し”を模した形状としてもよく、あるいは、別の画面(ポップアップ画面など)を開いてそこに表示してもよい。 This layout display frame 70, for example, may have a shape imitating a "balloon" as shown, or may be displayed therein open another screen (such as a pop-up window).
【0040】 [0040]
図10(a)は、レイアウト表示枠70の通常の使用状態を示す図であり、この場合、レイアウト表示枠70には、現在、編集画面54で編集中の編集ページ(図では2ページ目)のサムネイル画像72が表示されている。 10 (a) is a diagram showing the normal use of the layout display frame 70, in this case, the layout display window 70, now edit page being edited in the edit screen 54 (the second page in the figure) thumbnail images 72 are displayed.
【0041】 [0041]
図10(b)は、レイアウト表示枠70の特別な使用状態を示す図である。 10 (b) is a diagram showing a special use condition of the layout display frame 70. “特別”とは、選択範囲が一つの編集画面に収まりきらないことを検出した場合のことである。 "Special" is, is that if it is detected that the selection does not fit into one of the edit screen. この場合、レイアウト枠70には、複数(図では2ページ目から4ページ目までの三つ)のサムネイル画像74〜76が表示される。 In this case, the layout frame 70, the thumbnail images 74 to 76 of a plurality (three in the figure from the second page to the fourth page) is displayed. サムネイル画像74〜76の中に表示された強調部分(図では塗りつぶし部分)は、現在の選択範囲を表している。 Displayed highlighted portion in the thumbnail image 74 to 76 (filled portion in the figure) represents the current selection. したがって、このサムネイル画像74〜76を一瞥するだけで、直感的にその選択範囲の開始位置や終了位置を把握できるから、前記の実施の形態と同様の効果を得ることができる。 Therefore, the only glance thumbnail images 74 to 76, intuitively because can grasp the start position and end position of the selection, it is possible to obtain the same effects as those of the embodiment. なお、サムネイル画像74〜76の中に表示する強調部分は、例示の塗りつぶしに限らない。 Incidentally, highlighting that displayed in the thumbnail image 74 to 76 is not limited to fill illustration. たとえば、色を変えたり、下線を引いたりしてもよく、要するに、周囲との違いを明確にし、できるだけ目立つようにすればよい。 For example, you can change the color, may be or underlined, in short, to clarify the difference between the ambient may be as much as possible stand out.
【0042】 [0042]
上記の実施の形態では、サムネイル画像74〜76の中に選択範囲を示す強調部分を表示している。 In the above embodiment, displaying the highlighted portion indicating the selection in the thumbnail images 74 to 76. しかし、サムネイル画像74〜76が相当に小さいときには、文章中の選択範囲の前後関係を把握できず、位置を特定しにくいことがある。 However, when the thumbnail images 74 to 76 is considerably small, can not understand the context of the selection of a sentence, it may be difficult to locate. この対策としては、次のようにしてもよい。 As a countermeasure, it may be in the following manner.
【0043】 [0043]
図11(a)は、その対策の一つの例である。 11 (a) is one example of a countermeasure. この例は、レイアウト枠70に複数のサムネイル画像78〜80が表示されている点で上記の例(図10(b))と共通し、文章中の特定属性文字列(たとえば、見出し属性を有する文字列;以下「見出し語」)を強調表示している点で相違する。 This example is common to the example in that a plurality of thumbnail images 78 to 80 to a frame 70 is displayed in the (FIG. 10 (b)), the specific attribute string in the text (e.g., with the heading attributes string; differs in that it highlighted the following "lemma"). 文字列の強調表示としては、たとえば、文字サイズの拡大、太文字、色調変更、下線付け、斜体など、または、それらの組み合わせとすることができる。 The highlighting of a character string, for example, expanding the character size, bold, color change, underlining, etc. italic, or can be a combination thereof.
【0044】 [0044]
これによれば、サムネイル画像78〜80の文章内の特定文字列(見出し語等)が強調表示されるので、文章内における選択範囲の位置関係を把握しやすくなり、上記の不都合を解消できる。 According to this, the specific character string in the text of the thumbnail images 78 to 80 (headword etc.) is highlighted, easier to grasp the positional relationship of the selection in the text, can eliminate the above disadvantages.
【0045】 [0045]
また、図11(b)は、他の対策例である。 Further, FIG. 11 (b) is another countermeasure example. この例は、レイアウト枠70に複数のサムネイル画像83〜90が表示されている点で上記の例(図10(b))と共通し、文章中の特定属性文字列(たとえば、見出し属性を有する文字列;以下「見出し語」)を別の文字列91a〜91e(図では“1”〜“5”の数値;以下便宜的に「タグ文字」という)に置換表示している点で相違する。 This example is common to the example in that a plurality of thumbnail images 83-90 to a frame 70 is displayed in the (FIG. 10 (b)), the specific attribute string in the text (e.g., with the heading attributes string; hereinafter "lemma") another string 91A~91e (in the figure "1" number between "5"; differs in that the substituted displayed in the following for convenience referred to as "tag characters") .
【0046】 [0046]
これによれば、たとえば、サムネイル画像83〜90が相当に小さく、細かな文字が読みにくい場合であっても、それらの文字(特に見出し語など)を比較的判読容易な数値などのタグ文字に置換して表示するので、このタグ文字を参照することによって文章内における選択範囲の位置関係が把握しやすくなり、上記の不都合を解消できる。 According to this, for example, considerably thumbnail images 83 to 90 small, even if it is difficult to read small characters, the tag characters such as those characters (especially lemma, etc.) relatively legible easy numerical value since displaying replaced, this positional relationship of the selection in the text by a tag character reference is easier to grasp, can eliminate the above disadvantages.
【0047】 [0047]
図12は、図11(a)及び図11(b)に対応した、本実施の形態におけるアプリケーションプログラム36の要部処理を示すフローチャートである。 12, corresponding to FIG. 11 (a) and FIG. 11 (b), the is a flowchart showing a part process of the application program 36 in this embodiment. このフローチャートでは、まず、編集対象となるドキュメント(文書データ)のページ数の抽出(ステップS31)と、選択範囲情報の抽出(ステップS32)を行う。 In this flowchart, first, an extraction number of pages of the editing subject to a document (document data) (step S31), extraction of the selection information (step S32). 選択範囲情報は、選択範囲の開始位置と終了位置の情報であり、詳しくは、何ページ目の何行目の何桁目から選択範囲が始まり、且つ、何ページ目の何行目の何桁目で選択範囲が終了しているかの情報(ページ情報、行情報及び桁情報)である。 Selection information is information of the start and end positions of the selection range, for more information, page number starts selection from what digit of what line of, and, many orders of magnitude of what line of what page or of information eye in the selected range has been completed is (page information, line information and digit information).
【0048】 [0048]
次に、上記のページ数と選択範囲情報とに基づいて、ページ単位で表示するか、それとも文章単位で表示するかの表示形態の判定を行う(ステップS33)。 Then, based on the selection information and the number of said page, to display on a page basis, or it is determined whether the display mode is displayed in sentence units (step S33). 文章単位で表示する場合は、全ページ数、表示開始ページ・行・桁及び表示終了ページ・行・桁をセットして表示情報を作成し(ステップS37)、ページ単位で表示する場合は、選択範囲のページ数、選択範囲開始ページ・行・桁及び選択範囲終了ページ・行・桁をセットして表示情報を作成し(ステップS34)、いずれの場合も、見出し語抽出処理(ステップS35)を実行した後、表示処理を実行する(ステップS36)。 If you want to display in a sentence unit, the total number of pages, display start page, line-digit and display the end page, line-digit set the Create a display information (step S37), if you want to display on a page-by-page basis, the selection range of the number of pages, to create a display information to set the selection range start page, line-digit and selected range end page-row-digit (step S34), in any case, entry word extraction processing (step S35) after running, display processing is executed (step S36).
【0049】 [0049]
図13は、見出し語中出処理(図12のステップS35)のフローチャートである。 Figure 13 is a flow chart of a headword vaginal cum shot process (step S35 in FIG. 12).
このフローチャートは、検索範囲(検索開始ページと検索終了ページ)を設定(ステップS41)した後、その検索範囲の全ての行を順にループしながら、各行の属性を取り出し(ステップS43)、その行属性が、たとえば、見出し語であるか否かという判定(ステップS44)を検索範囲の最終行になるまで繰り返し、最終行を越えたとき(ステップS42の判定結果が“YES”となったとき)に処理を終了する。 This flow chart, sets the search range (search start page and search end page) (step S41) and then, while sequentially loops all rows of the search range, each row of the attribute extraction (step S43), the line attribute but, for example, the determination of whether a heading word (step S44) repeatedly until the last line of the search range, if the result exceeds the last row (when the determination result of step S42 becomes "YES") the process is terminated.
【0050】 [0050]
任意行で見出し語が検出された場合(ステップS44の判定結果が“YES”となった場合)は、サムネイル画像の縮小率をチェックし(ステップS45)、見出し語をそのまま表示しても判別可能かどうかを判定する。 If the headword is detected in any row (if the determination result of step S44 becomes "YES") checks the reduction rate of the thumbnail image (step S45), it is also possible to determine to display the headword determines whether or not the. そして、判別可能(表示OK)の場合は、その見出し語を強調表示文字列としてRAM17に格納し(ステップS46)、一方、判別不可能(表示NG)の場合は、その見出し語の代わりに任意のタグ文字列を強調表示文字列としてRAM17に格納(ステップS47)した後、再びループに復帰する。 Then, if the determination possible (display OK), then stored in RAM17 the headword as highlighted text (step S46), on the other hand, in the case of indeterminable (display NG), optionally in place of the headword stored in RAM17 tag string as highlighted string (step S47), and thereafter, to return again to the loop.
【0051】 [0051]
図14は、RAM17の格納例を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing a storage example of RAM 17. 強調表示文字列テーブル96は、ヘッダーフィールド96a、行番号フィールド96b、バイト数フィールド96c、行属性フィールド96d、書式フィールド95e及び文字列フィールド96fを有しており、各レコードに強調表示文字列ごとの情報を格納する。 Highlight string table 96, the header field 96a, a line number field 96b, byte count field 96c, the line attribute field 96d, has a format field 95e and string field 96f, of each highlighted text in each record to store the information. たとえば、ヘッダーフィールド96aに編集対象の種別(図では“文章”)を格納し、行番号フィールド96bに強調表示文字列の行番号を格納し、バイト数フィールド96cに強調表示文字列のバイト数(文字数情報)を格納し、行属性フィールド96dに強調表示文字列の行属性を格納し、書式フィールド96eに強調表示文字列の書式(フォント種別やポイント数など)を格納し、文字列フィールド96fに強調表示文字列の文字列(たとえば、“第1章”、“第1節”、“第2節”、“第3節”、・・・・)を格納する。 For example, the type to be edited in the header field 96a stores (the "sentence" in the figure), and stores the row number of the highlighted string in the line number field 96b, the number of bytes field 96c highlighted string number of bytes ( and stores the number of characters information), and stores the line attributes of the highlighted string in the line attribute field 96d, and stores the format of the highlighted text (such as font type and number of points) to the format field 96e, the string field 96f highlight of the string string (for example, "Chapter 1", "Section 1", "Section 2", "Section 3", ...) is stored.
【0052】 [0052]
このフローチャートによれば、検索範囲内に含まれる、たとえば、見出し語(“第1章”、“第1節”、“第2節”、“第3節”、・・・・)を検出して、その見出し語をサムネイル画像中に強調表示することができ、または、その見出し語の代わりに任意のタグ文字列(数値など)をサムネイル画像中に強調表示することができる。 According to this flow chart, it is included in the search range, for example, the headword ( "Chapter 1", "Section 1", "Section 2", "Section 3", ...) detected by the Te, the lemma can be highlighted in the thumbnail image, or may highlight any tag string instead of the headword the (numeric, etc.) in the thumbnail image.
【0053】 [0053]
このようにして、前記の図11(a)または図11(b)の表示結果を得ることができる。 In this way, it is possible to obtain a display result of the shown in FIG. 11 (a) or FIG. 11 (b).
【0054】 [0054]
したがって、以上の各実施の形態によれば、複数ページに渡る広い選択範囲であっても、編集対象文章を縮小して、その選択範囲を一つの編集画面に支障なく表示することができ、または、サムネイル画像内に表示することができ、当該選択範囲の開始から終了までの全体を目視確認することができる。 Therefore, according to the above-described embodiments, even a wide selection that spans multiple pages, by reducing the edited text can be displayed without trouble that selection to one of the editing screen, or , can be displayed in the thumbnail image, the whole from the beginning to the end of the selection can be confirmed visually. その結果、従来技術のように、選択範囲の開始位置をいちいち覚えておく必要が無く、記憶間違いに起因する選択範囲の設定ミスを防止でき、正確な編集操作を期することができるという格別有益な効果を得ることができる。 As a result, as in the prior art, there is no need to remember every time the start position of the selected range, due to the storage mistakes can be prevented misconfiguration selection, beneficial particularly that can sake of accurate editing operations it is possible to obtain an effect.
【0055】 [0055]
また、編集対象文章の縮小は、使用されているディスプレイ装置12の解像度に合わせて設定されるため、文字がつぶれて判読不能になる程度の過剰な縮小を回避できる。 Further, reduction of the edited text is to be set according to the display device 12 being used resolution avoids excessive reduction in the extent that characters become illegible collapse.
【0056】 [0056]
また、サムネイル画像を用いるときは、そのサムネイル画像内の特定文字列(たとえば、見出し語など)を抽出して、その特定文字列を強調表示するので、サムネイル画像中の選択範囲の前後関係が把握しやすく、その位置を直感的に把握できる。 Also, when using thumbnail images, specific character string in the thumbnail image (e.g., entry word, etc.) to extract, so to highlight the specific character string, grasped context selection in the thumbnail image easily, it can intuitively grasp the position.
【0057】 [0057]
また、サムネイル画像内の特定文字列を、より判読性のよいタグ文字列(数値など)に置換することも可能であるため、小さなサイズのサムネイル画像を使用することができ、多くのサムネイル画像を並べることができる。 Further, a specific character string in the thumbnail image, since it is possible to replace more readability good tag string (numeric, etc.), can be used thumbnail images of smaller size, the number of thumbnail images it can be arranged.
【0058】 [0058]
本実施の形態の主要な機能は、マイクロコンピュータを含むハードウェアリソースと、オペレーティングシステムや各種アプリケーションブログラムなどのソフトウェアリソースとの有機的結合によって機能的に実現されるものであるが、ハードウェアリソースおよびオペレーティングシステムは汎用のものを利用できるから、本発明にとって欠くことのできない必須の事項は、実質的に、前記のアプリケーションプログラム36(図2(a)参照)に集約されているということがいえる。 Primary function of the present embodiment includes a hardware resource which includes a microcomputer, but are intended to be functionally implemented by organically coupling the software resources such as an operating system and various application blog ram, hardware resources and the operating system because available ones generic, essential matters indispensable for the present invention substantially be said that the application programs 36 are integrated into (see FIG. 2 (a)) . したがって、本発明は、前記のアプリケーションプログラム36のすべてまたはその要部を格納した、磁気ディスク、光ディスク、ハードディスク、半導体記憶デバイスなどの様々な記録媒体(それ自体が流通経路に乗るものはもちろん、ネットワーク上にあって記録内容だけを提供するものも含む)を包含するものである。 Accordingly, the present invention, containing all or main part of the application program 36, a magnetic disk, an optical disk, a hard disk, which ride on various recording media (itself distribution channel, such as a semiconductor memory device, of course, the network is intended to encompass also included) that provides only the recorded contents there above.
【0059】 [0059]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によれば、文書データの編集範囲が表示手段に全て表示可能か否かが判断され、否判定の場合に、前記の編集範囲が表示手段に全て表示されるよう縮小して表示される。 According to the present invention, editing the range of the document data is determined whether all can be displayed on the display unit, when the determination, the editing range of the is displayed in a reduced size to be displayed all the display means . したがって、編集範囲が表示手段に表示しきれない程度に広い場合であっても、縮小表示により編集範囲の全体を見通すことができ、以て、編集範囲を誤って指定したりするおそれがなく、正確な編集操作を期することができる。 Therefore, even if the wide to the extent that the editing range can not be displayed on the display unit, it is possible to see through the whole of the editing scope by the reduced display, than Te, there is no possibility of or specified incorrectly editing range, it is possible to ensure accuracy editing operations.
又は、指定手段によって指定された編集範囲を含む複数のページをサムネイル表示するので、編集範囲が一つのページに収まりきらない程度に広い場合であっても、サムネイル表示により、編集範囲の全体を見通すことができ、以て、選択範囲を誤って指定したりするおそれがなく、正確な編集操作を期することができる。 Or, since the thumbnail display multiple pages containing been edited range designated by the designating means, even when large to the extent that the editing range that do not fit on one page, the thumbnail display, see through the whole of the editing range it can, other than Te, there is no fear or to specify a wrong selection range, it is possible to ensure accuracy editing operations.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】パーソナルコンピュータ10の外観図及びそのハードウェア構成の概念図である。 1 is a conceptual view of the external appearance of the personal computer 10 view and a hardware configuration.
【図2】パーソナルコンピュータ10のハードウェアリソースとソフトウェアリソースの簡略的な階層モデルを示す図及び本実施の形態における「ワードプロセッサ機能」の概念図である。 It is a conceptual diagram of a "word processor function" in the figures and the embodiment 2 shows a simplified hierarchical model of hardware and software resources of the personal computer 10.
【図3】ワープロ画面を示す図である。 FIG. 3 is a diagram showing a word processor screen.
【図4】本実施の形態における編集作業の一例を示す図である。 4 is a diagram showing an example of an editing operation in the present embodiment.
【図5】縮小処理後のページレイアウト画面を示す図である。 FIG. 5 is a diagram showing a page layout screen after the reduction treatment.
【図6】ページ区切り記号を有する画面例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of a screen having a page delimiter.
【図7】選択範囲がページをまたがる場合のページ単位に縮小表示を行う画面例を示す図である。 7 is a diagram showing an example of a screen selection is perform the reduction display in the page unit in a case across pages.
【図8】本実施の形態におけるアプリケーションプログラム36の要部処理(特に、選択範囲指定処理)を示すフローチャートである。 [8] main portion processing of the application program 36 in this embodiment (in particular, the selection specifying process) is a flowchart illustrating a.
【図9】本実施の形態におけるワープロ画面50を示す図である。 9 is a diagram showing a word processor screen 50 in this embodiment.
【図10】レイアウト表示枠70の通常の使用状態を示す図及びレイアウト表示枠70の特別な使用状態を示す図である。 10 is a diagram showing a special use condition of the figures and the layout display frame 70 indicating the normal use of the layout display frame 70.
【図11】サムネイル画像74〜76が相当に小さいときの不都合(文章中の選択範囲の位置を特定しにくい)を回避する対策例を示す図である。 11 is a diagram showing a countermeasure example to avoid a disadvantage when the thumbnail images 74 to 76 is considerably small (hard to identify the position of the selection in the text).
【図12】図11(a)及び図11(b)に対応した、本実施の形態におけるアプリケーションプログラム36の要部処理を示すフローチャートである。 [12] corresponding to FIG. 11 (a) and FIG. 11 (b), the is a flowchart showing a part process of the application program 36 in this embodiment.
【図13】見出し語中出処理(図12のステップS35)のフローチャートである。 13 is a flowchart of a headword vaginal cum shot process (step S35 in FIG. 12).
【図14】RAM17の格納例を示す図である。 14 is a diagram showing a storage example of RAM 17.
【図15】従来のワードプロセッサの編集画面を示す図である。 15 is a diagram showing an editing screen of a conventional word processor.
【図16】従来例の問題点を説明するための図である。 16 is a diagram for explaining a conventional example of problems.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
10・・・・パーソナルコンピュータ(電子機器) 10 .... personal computer (electronic device)
12・・・・ディスプレイ装置(表示手段) 12 .... display device (display means)
16・・・・CPU(指定手段、判断手段、表示制御手段) 16 · · · · CPU (specifying means, determining means, display control means)
54・・・・編集画面56、58、60、62、66a、66b・・・・選択範囲74〜76、78〜80、83〜90・・・・サムネイル画像 54 ... Edit screen 56,58,60,62,66a, 66b ···· selected range 74~76,78~80,83~90 ... thumbnail image

Claims (7)

  1. 文書データを表示する表示手段と、 And display means for displaying the document data,
    この表示手段に表示された範囲を含む前記文書データの編集範囲を指定する指定手段と、 Designating means for designating an editing range of the document data including the range displayed on the display means,
    この指定手段によって指定された編集範囲が前記表示手段に全て表示可能か否かを判断する判断手段と、 A determining means for editing the specified range, it is determined whether or not all be displayed on the display means by the designating means,
    この判断手段によって前記指定された編集範囲が全て表示不可能と判断されると、前記指定された編集範囲を前記表示手段に全て表示されるよう縮小して表示する表示制御手段とを有することを特徴とする電子機器。 If the designated editing scope by the determining means is determined that all the display impossible, to have a display control means for displaying the specified edited range by reducing to appear all the display means electronic equipment and features.
  2. 文書データを表示する表示手段と、 And display means for displaying the document data,
    この表示手段に表示された範囲を含む前記文書データの編集範囲を複数ページに渡り指定する指定手段と、 Designating means for designating over the editing range of the document data including the range displayed on the display means into a plurality of pages,
    この指定手段によって指定された編集範囲を含む複数のページをサムネイル表示するよう制御する表示制御手段とを有することを特徴とする電子機器。 An electronic apparatus, comprising a display control means for controlling so as to thumbnail display multiple pages containing been edited range designated by the designating means.
  3. 文書データを表示する表示装置の表示制御方法であって、 A display control method for a display device for displaying the document data,
    表示画面に表示された範囲を含む前記文書データの編集範囲を指定する指定ステップと、 A designation step of designating an editing range of the document data including the range displayed on the display screen,
    この指定ステップにて指定された編集範囲が前記表示画面に全て表示可能か否かを判断する判断ステップと、 A judgment step of editing range specified in the designation step, it is determined whether or not all be displayed on said display screen,
    この判断ステップにて前記指定された編集範囲が全て表示不可能と判断されると、前記指定された編集範囲を前記表示画面に全て表示されるよう縮小して表示する表示制御ステップとからなることを特徴とする表示制御方法。 When editing the specified range in the determination step it is determined that all the display impossible, be composed of a display control step of displaying the specified edited range by reducing to appear all on the display screen display control method according to claim.
  4. 文書データを表示する表示装置の表示制御方法であって、 A display control method for a display device for displaying the document data,
    表示画面に表示された範囲を含む前記文書データの編集範囲を複数ページに渡り指定する指定ステップと、 A designation step of designating over the editing range of the document data including the range displayed on the display screen into a plurality of pages,
    この指定ステップにて指定された編集範囲を含む複数のページをサムネイル表示するよう制御する表示制御ステップとからなることを特徴とする表示制御方法。 Display control method characterized by comprising a plurality of pages containing been edited range specified in the designation step and a display control step of controlling to display thumbnails.
  5. コンピュータに所定の処理機能を実行させるためのプログラムであって、 A program for executing a predetermined processing functions to the computer,
    前記処理機能は、表示画面に表示された範囲を含む文書データの編集範囲を指定する指定手段と、この指定手段によって指定された編集範囲が前記表示手段に全て表示可能か否かを判断する判断手段と、この判断手段によって前記指定された編集範囲が全て表示不可能と判断されると、前記指定された編集範囲を前記表示手段に全て表示されるよう縮小して表示する表示制御手段とを実現するものであることを特徴とするプログラム。 The processing function includes a designating means for designating an editing range of the document data including the range displayed on the display screen, determines the editing range specified by the specifying means determines whether or not all be displayed on said display means It means, when the designated editing range is determined that all the display not by the determination means, and display control means for displaying the specified edited range by reducing to appear all the display means a program characterized by is realized.
  6. コンピュータに所定の処理機能を実行させるためのプログラムであって、 A program for executing a predetermined processing functions to the computer,
    前記処理機能は、表示画面に表示された範囲を含む文書データの編集範囲を複数ページに渡り指定する指定手段と、この指定手段によって指定された編集範囲を含む複数のページをサムネイル表示するよう制御する表示制御手段とを実現するものであることを特徴とするプログラム。 The processing function includes a designating means for designating over the editing range of the document data including the range displayed on the display screen into a plurality of pages, controls to thumbnail display multiple pages containing been edited range designated by the designating means a program characterized by realizes a display control means for.
  7. 請求項5または請求項6に記載のプログラムを格納した記録媒体。 Recording medium storing a program according to claim 5 or claim 6.
JP2002247624A 2002-08-27 2002-08-27 Electronic device, display control method, program, and recording medium Pending JP2004086621A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002247624A JP2004086621A (en) 2002-08-27 2002-08-27 Electronic device, display control method, program, and recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002247624A JP2004086621A (en) 2002-08-27 2002-08-27 Electronic device, display control method, program, and recording medium

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004086621A true true JP2004086621A (en) 2004-03-18

Family

ID=32055222

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002247624A Pending JP2004086621A (en) 2002-08-27 2002-08-27 Electronic device, display control method, program, and recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004086621A (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006277089A (en) * 2005-03-28 2006-10-12 Fuji Xerox Co Ltd Document processor
JP2008276762A (en) * 2007-04-25 2008-11-13 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method and system executed by computer, and computer readable recording medium (method of imparting functional context into actively scrolled view pane)
JP2009181208A (en) * 2008-01-29 2009-08-13 Casio Hitachi Mobile Communications Co Ltd Terminal and program
JP2011086050A (en) * 2009-10-14 2011-04-28 Sharp Corp Information processing terminal and computer program
JP2012505444A (en) * 2008-10-07 2012-03-01 リサーチ イン モーション リミテッドResearch In Motion Limited Method of controlling a portable electronic device and a portable electronic device
WO2013147238A1 (en) * 2012-03-30 2013-10-03 株式会社メディカルリサーチアンドテクノロジー Evaluation management method
JP2016514302A (en) * 2013-02-20 2016-05-19 グーグル インコーポレイテッド Intelligent window placement method and system, as well as non-volatile machine-readable media
US9442648B2 (en) 2008-10-07 2016-09-13 Blackberry Limited Portable electronic device and method of controlling same
EP3079053A1 (en) * 2015-04-09 2016-10-12 BlackBerry Limited Portable electronic device including touch-sensitive display and method of controlling selection of information

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006277089A (en) * 2005-03-28 2006-10-12 Fuji Xerox Co Ltd Document processor
JP4682663B2 (en) * 2005-03-28 2011-05-11 富士ゼロックス株式会社 The document processing device
JP2008276762A (en) * 2007-04-25 2008-11-13 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method and system executed by computer, and computer readable recording medium (method of imparting functional context into actively scrolled view pane)
JP2009181208A (en) * 2008-01-29 2009-08-13 Casio Hitachi Mobile Communications Co Ltd Terminal and program
US9442648B2 (en) 2008-10-07 2016-09-13 Blackberry Limited Portable electronic device and method of controlling same
JP2012505444A (en) * 2008-10-07 2012-03-01 リサーチ イン モーション リミテッドResearch In Motion Limited Method of controlling a portable electronic device and a portable electronic device
JP2011086050A (en) * 2009-10-14 2011-04-28 Sharp Corp Information processing terminal and computer program
WO2013147238A1 (en) * 2012-03-30 2013-10-03 株式会社メディカルリサーチアンドテクノロジー Evaluation management method
JP2013228980A (en) * 2012-03-30 2013-11-07 Mrt Inc Evaluation management method
JP2016514302A (en) * 2013-02-20 2016-05-19 グーグル インコーポレイテッド Intelligent window placement method and system, as well as non-volatile machine-readable media
EP3079053A1 (en) * 2015-04-09 2016-10-12 BlackBerry Limited Portable electronic device including touch-sensitive display and method of controlling selection of information

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5787295A (en) Document processing apparatus
US4723210A (en) Superblock structure in a multiple in a data editor
US4723211A (en) Editing of a superblock data structure
US5418718A (en) Method for providing linguistic functions of English text in a mixed document of single-byte characters and double-byte characters
US6434581B1 (en) Script character processing method for interactively adjusting space between writing element
US4739477A (en) Implicit creation of a superblock data structure
US4723209A (en) Flow attribute for text objects
US6014616A (en) Method for monitoring the language used for character generation by an operating system
US6499043B1 (en) Script character processing method and system
US6502114B1 (en) Script character processing method for determining word boundaries and interactively editing ink strokes using editing gestures
US6584479B2 (en) Overlay presentation of textual and graphical annotations
US6230170B1 (en) Spatial morphing of text to accommodate annotations
US20030214531A1 (en) Ink input mechanisms
US6631501B1 (en) Method and system for automatic type and replace of characters in a sequence of characters
US5251292A (en) Method and apparatus for an equation editor
US6199080B1 (en) Method and apparatus for displaying information on a computer controlled display device
US7259753B2 (en) Classifying, anchoring, and transforming ink
US6098086A (en) Japanese text input method using a limited roman character set
US6891551B2 (en) Selection handles in editing electronic documents
US4785296A (en) Method and system for displaying image data
US20090132234A1 (en) Creating and displaying bodies of parallel segmented text
US20060015804A1 (en) Method and system for presenting editable spreadsheet page layout view
US6529215B2 (en) Method and apparatus for annotating widgets
US7502017B1 (en) Handwriting recognizer user interface methods
US5982365A (en) System and methods for interactively generating and testing help systems