JP2003205678A - Ink jet recording element - Google Patents

Ink jet recording element

Info

Publication number
JP2003205678A
JP2003205678A JP2002350894A JP2002350894A JP2003205678A JP 2003205678 A JP2003205678 A JP 2003205678A JP 2002350894 A JP2002350894 A JP 2002350894A JP 2002350894 A JP2002350894 A JP 2002350894A JP 2003205678 A JP2003205678 A JP 2003205678A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
porous
ink jet
ink
recording element
core
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2002350894A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003205678A5 (en )
Inventor
Wendy S Krzemien
Xiaoru Wang
Hwei-Ling Yau
エス.クルゼミアン ウェンディー
ワン シャオルー
ヤウ ホウェイ−リン
Original Assignee
Eastman Kodak Co
イーストマン コダック カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41MPRINTING, DUPLICATING, MARKING, OR COPYING PROCESSES; COLOUR PRINTING
    • B41M5/00Duplicating or marking methods; Sheet materials for use therein
    • B41M5/50Recording sheets characterised by the coating used to improve ink, dye or pigment receptivity, e.g. for ink-jet or thermal dye transfer recording
    • B41M5/52Macromolecular coatings
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41MPRINTING, DUPLICATING, MARKING, OR COPYING PROCESSES; COLOUR PRINTING
    • B41M5/00Duplicating or marking methods; Sheet materials for use therein
    • B41M5/50Recording sheets characterised by the coating used to improve ink, dye or pigment receptivity, e.g. for ink-jet or thermal dye transfer recording
    • B41M5/502Recording sheets characterised by the coating used to improve ink, dye or pigment receptivity, e.g. for ink-jet or thermal dye transfer recording characterised by structural details, e.g. multilayer materials
    • B41M5/506Intermediate layers
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41MPRINTING, DUPLICATING, MARKING, OR COPYING PROCESSES; COLOUR PRINTING
    • B41M5/00Duplicating or marking methods; Sheet materials for use therein
    • B41M5/50Recording sheets characterised by the coating used to improve ink, dye or pigment receptivity, e.g. for ink-jet or thermal dye transfer recording
    • B41M5/502Recording sheets characterised by the coating used to improve ink, dye or pigment receptivity, e.g. for ink-jet or thermal dye transfer recording characterised by structural details, e.g. multilayer materials
    • B41M5/508Supports

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a porous ink jet recording element forming an image having good quality and resistant to water and abrasion at the time of printing using ink jet ink, easy to manufacture, having flexibility after printing and fusion bonding and resistant to cracking, and to provide a printing method using the porous ink jet recording element.
SOLUTION: The porous ink jet recording element is constituted by providing a meltable porous image receiving layer containing non-porous polymeric particles having a core/shell structure having a polymeric hydrophobic core coated with a polymeric hydrophobic shell on a support. The Tg of the polymeric hydrophobic core is higher than the Tg of the polymeric hydrophobic shell at least by 25°C.
COPYRIGHT: (C)2003,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、多孔質インクジェット記録要素および上記要素を使用する印刷方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to a printing method using a porous ink jet recording element and said elements. 【0002】 【従来の技術】典型的なインクジェット記録システムまたはインクジェット印刷システムにおいては、インク液滴が、記録要素または記録媒体に向かってノズルから高速で噴射され、媒体上に画像を生ずる。 2. Description of the Prior Art A typical inkjet recording or printing system, ink droplets are ejected from a nozzle at high speed towards a recording element or medium to produce an image on the medium. インク液滴(または記録液体)は、一般に、記録薬剤(例えば、染料または顔料)および大量の溶媒を含んでなる。 The ink droplets, or recording liquid, generally comprise a recording agent, such as a dye or pigment, and a large amount of solvent. 溶媒(またはキャリア液体)は、概して、水および有機材料(例えば、一価アルコール、多価アルコール、またはそれらの混合物)から作られている。 The solvent, or carrier liquid, typically water and an organic material (e.g., monohydric alcohol, a polyhydric alcohol or mixtures thereof) are made from. 【0003】インクジェット記録要素は、概して、少なくとも一方の表面に、インク受容層または画像形成層を担持している支持体を含んでなり、このような要素には、不透明な支持体を有する、反射式観察を目的とするもの、および透明な支持体を有する、透過光による観察を目的とするものが含まれる。 An ink jet recording element typically on at least one surface, comprises a support having thereon an ink-receiving or image-forming layer, Such elements, which have an opaque support, reflecting intended to formula observation, and a transparent support, it includes those intended for viewing by transmitted light. 【0004】インクジェット記録要素の重要な特性は、 An important characteristic of ink jet recording elements,
それらが印刷後に素速く乾燥する必要があるということである。 They is that there is a need to dry quickly after printing. この目的のために、液体インクを有効に含有するのに十分な厚みおよび孔隙量を有する限り、ほぼ瞬間的な乾燥を提供する多孔質記録要素が開発されてきた。 For this purpose, as long as they have sufficient thickness and pore volume to effectively contain the liquid ink it has been developed porous recording elements which provide nearly instantaneous drying.
例えば、多孔質記録要素は、微粒子含有コーティングを支持体に適用して、磨かれた平滑面と接触させた状態で乾燥させる、キャストコーティングによって製造することができる。 For example, a porous recording element, by applying the particulate-containing coating to the support, is dried in contact with the polished smooth surface, it can be manufactured by cast coating. 【0005】インクジェット記録要素上への印刷によって調製されるインクジェットプリントは、環境劣化を受けやすい。 [0005] Ink jet prints, prepared by printing onto ink jet recording elements on, are subject to environmental degradation. それらは、水および大気中のガス(例えばオゾン)との接触の結果として生ずる損傷に対してとりわけ脆弱である。 They are especially vulnerable to damage resulting from the contact between the gas of water and the atmosphere (e.g., ozone). 水との像形成後の接触の結果として生ずる損傷は、トップコートの光沢低下(deglossing)の結果として生ずる水染み(water spot)、好ましくない染料の拡散に起因する染料の滲み(smearing)、および画像記録層の全溶解の形態さえとる場合がある。 Damage caused as a result of contact after image formation with water, decrease the gloss of the topcoat (deglossing) as a result produce water stains (water spot), bleeding of the dye due to the diffusion of undesirable dye (smearing), and it may take even form the total dissolution of the image recording layer. オゾンはインクジェット染料を漂白し、濃度の損失を生ずる。 Ozone bleaches inkjet dyes resulting in loss of density. これらの欠陥を克服するために、インクジェットプリントは積層されることが多い。 To overcome these deficiencies, inkjet prints are often laminated. しかしながら、積層は、材料の別個のロールを必要とするので高価である。 However, lamination is expensive since it requires a separate roll of material. 代わりに、2層構成を有するインクジェット記録要素が用いられてきた。 Alternatively, an ink jet recording element having a two-layer structure have been used. これらの要素は、概して、膨潤可能なインク保持層または多孔質インク保持層のいずれかの上に存在している熱可融性粒子の多孔質インク移送トップコートを有する。 These elements generally have a porous ink transporting topcoat of thermally fusible particles residing on either a swellable ink-retaining layer or porous ink-retaining layer. 【0006】また、画像が形成された後にインクジェット媒体の表面上にポリマーの溶液または分散体を塗布することによって、プリント保護を提供することもできる。 Further, by applying a solution or dispersion of polymer onto the surface of the inkjet media after an image has been formed, it is also possible to provide a print protection. 水性コーティング溶液は、水が除去されるとフィルムを形成することが可能なポリマー分散体であることが多い。 Aqueous coating solution are often polymer dispersions capable of forming the water is removed the film. 【0007】欧州特許出願公開明細書第 0 858 905号は、粒状熱可塑性樹脂を、そのガラス転移温度(Tg ) [0007] EP-0 858 905, the particulate thermoplastic resin, the glass transition temperature (Tg) of
よりも高いけれども、その最低フィルム形成温度(MF Although higher than, the minimum film forming temperature (MF
FT)よりも高い温度において、塗布および乾燥することによる、多孔質最外層を含んでなる記録媒体の調製に関する。 At temperatures higher than FT), by applying and drying, for the preparation of a recording medium comprising a porous outermost layer. 上記要素には、所望の結果を達成するためには、上記乾燥温度が、上記Tg とMFFTとの間に非常に正確に制御されなければならないという点において問題がある。 The above elements, in order to achieve the desired result, the drying temperature, there is a problem in that must be controlled very precisely between the Tg and MFFT. 上記乾燥温度がTg よりも低い場合には、粉末状の層が形成される。 The drying temperature is lower than Tg, the powder-like layer is formed. 上記乾燥温度がMFFTよりも高い場合には、インクを移送しない、完全に合体したフィルムが形成される。 If the drying temperature is higher than MFFT does not transfer ink, fully coalesced film is formed. 【0008】 【特許文献1】欧州特許出願公開明細書第 0 858 905号【0009】 【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、インクジェットインクを用いて印刷される際に、良好な品質を有し、耐水性かつ耐摩耗性である画像を提供する、多孔質インクジェット記録要素を提供することである。 An object of the present invention [Patent Document 1] European Patent Application Publication Specification No. 0 858 905 [0009] The object of the invention is to solve the above-when printed using an inkjet ink, good It has a quality, to provide an image which is water-resistant and abrasion-resistant, is to provide a porous ink jet recording element. 本発明のもう1つの目的は、製造が容易であり、印刷および融着の後に可撓性であって、亀裂に対する耐性を提供する、多孔質インクジェット記録要素を提供することである。 Another object of the present invention is easy to manufacture, a flexible after printing and fusing to provide resistance to cracking, it is to provide a porous ink jet recording element. 本発明のさらにもう1つの目的は、上述の要素を使用する印刷方法を提供することである。 Yet another object of the present invention is to provide a printing method using the above-described elements. 【0010】 【課題を解決するための手段】これらの目的および他の目的は、高分子疎水性シェルで覆われた高分子疎水性コアを含むコア/シェル構造を有する非多孔質高分子粒子を含む可融性多孔質画像受容層を担持している支持体を含んでなるインクジェット記録要素であって、上記高分子疎水性コアのTg が上記高分子疎水性シェルのTg よりも少なくとも25℃高い、インクジェット記録要素を含む本発明によって達成される。 [0010] SUMMARY OF THE INVENTION These and other objects are non-porous polymeric particles having a core / shell structure comprising a polymeric hydrophobic core covered with a polymeric hydrophobic shell fusible porous image-receiving layer an inkjet recording element comprising a support having thereon, Tg of the polymeric hydrophobic core is higher at least 25 ° C. than the Tg of the polymeric hydrophobic shell comprising , it is achieved by the present invention comprising an ink jet recording element. 【0011】 【発明の実施の形態】本発明の使用により、インクジェットインクを用いて印刷される際に、良好な耐摩耗性および耐水性を有し、印刷および融着の後に可撓性であって、亀裂に対する耐性を提供する、多孔質インクジェット記録要素が得られる。 The use of [0011] DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION The present invention, when printed with ink jet inks have a good wear resistance and water resistance, a flexible after printing and fusing Te, provide resistance to cracking, porous ink jet recording element is obtained. 【0012】本発明の好ましい態様は、 A)ディジタルデータ信号に応答するインクジェットプリンターを用意する工程、 B)上記プリンターに、上述のインクジェット記録要素を装填する工程、 C)上記プリンターに、水、湿潤剤、および水溶性染料を含んでなるインクジェットインク組成物を装填する工程、並びにD)上記ディジタルデータ信号に応答して上記インクジェットインクを使用して上記オーバーコート層上に印刷する工程、を含むインクジェット印刷方法に関する。 A preferred embodiment of the present invention includes the steps of providing an ink jet printer that is responsive to A) digital data signals, B) in loading the printer with an inkjet recording element described above, C) to the printer, water, wet jet containing agent, and the step of loading the ink jet ink composition comprising a water-soluble dye, and the step of printing on the overcoat layer using the ink jet ink in response to D) the digital data signal, the a printing method. 【0013】本発明において使用される非多孔質高分子粒子は、水不溶性ポリマーのシェルで覆われた高分子コアを含んでなる。 [0013] Non-porous polymeric particles used in the present invention comprise a polymeric core covered with a water-insoluble polymer shell. 【0014】本発明において使用されるコア/シェル粒子のためのコアおよびシェルとして使用することができるポリマーは、例えば、アクリル系樹脂、スチレン系樹脂、またはセルロース誘導体(例えば、酢酸セルロース、酢酸酪酸セルロース、プロピオン酸セルロース、酢酸プロピオン酸セルロース、およびエチルセルロース)、ポリビニル樹脂(例えば、ポリ塩化ビニル、塩化ビニルと酢酸ビニルとのコポリマー、およびポリビニルブチラール、ポリビニルアセタール、エチレン−酢酸ビニルコポリマー、エチレン−ビニルアルコールコポリマー)、およびエチレン−アリルコポリマー(例えば、エチレン−アリルアルコールコポリマー、エチレン−アリルアセトンコポリマー、エチレン−アリルベンゼンコポリマー、エチレン−アリ [0014] polymers which can be used as the core and shell for a core / shell particles used in the present invention include, for example, acrylic resin, styrene resin or cellulose derivatives (e.g., cellulose acetate, cellulose acetate butyrate , cellulose propionate, cellulose acetate propionate, and ethyl cellulose), polyvinyl resins (e.g., polyvinyl chloride, copolymers of vinyl chloride and vinyl acetate, and polyvinyl butyral, polyvinyl acetal, ethylene - vinyl acetate copolymer, ethylene - vinyl alcohol copolymer ), and ethylene - allyl copolymers (e.g., ethylene - allyl alcohol copolymers, ethylene - allyl acetone copolymers, ethylene - allyl benzene copolymers, ethylene - Ali エーテルコポリマー)、エチレンアクリル系コポリマー、およびポリオキシメチレン、重縮合ポリマー(例えば、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリウレタン、およびポリカーボネートなどのポリエステル)を含んでなる。 Ether copolymer), ethylene-acrylic copolymers, and polyoxymethylene, polycondensation polymers (e.g., polyethylene terephthalate, polybutylene terephthalate, comprising polyurethanes, and polyesters such as polycarbonate) and. 【0015】本発明の好ましい態様において、上記高分子コアおよび上記高分子シェルは、スチレン系モノマーまたはアクリル系モノマーから製造される。 In a preferred embodiment of the present invention, the polymeric core and the polymeric shell is prepared from a styrene monomer or an acrylic monomer. このようなスチレン系ポリマーまたはアクリル系ポリマーの製造においては、いずれの好適なエチレン系不飽和モノマーまたはモノマーの混合物を使用してもよい。 In the manufacture of such a styrenic polymer or an acrylic polymer, it is also possible to use mixtures of any suitable ethylenically unsaturated monomer or monomer. 例えば、スチレン系化合物(例えば、スチレン、ビニルトルエン、p- For example, styrene compounds (e.g., styrene, vinyltoluene, p-
クロロスチレン、塩化ビニルベンジル、またはビニルナフタレン)、またはアクリル系化合物(例えば、アクリル酸メチル、アクリル酸エチル、アクリル酸n-ブチル、 Chlorostyrene, vinyl benzyl chloride or vinyl naphthalene), or an acrylic compound, (e.g., methyl acrylate, ethyl acrylate, n- butyl acrylate,
アクリル酸n-オクチル、アクリル酸2-クロロエチル、アクリル酸フェニル、α−クロロアクリル酸メチル、メタクリル酸メチル、メタクリル酸エチル、メタクリル酸ブチル)、およびそれらの混合物を使用してもよい。 Acrylate n- octyl, 2-chloroethyl acrylate, phenyl acrylate, alpha-chloro methyl acrylate, methyl methacrylate, ethyl methacrylate, butyl methacrylate), and it is also possible to use mixtures thereof. もう1つの好ましい態様においては、メタクリル酸メチルまたはスチレンが使用される。 In another preferred embodiment, methyl methacrylate or styrene is used. 【0016】本発明において用いられるコア−シェル粒子は、一般に、逐次乳化重合技法によって調製される。 [0016] The core used in the invention - shell particles are generally prepared by a sequential emulsion polymerization technique.
先ず、コアのポリマーのラテックスが重合され、次いで、第2のモノマーのエマルジョンが逐次的に供給されて、コア−シェル構造が形成される。 First, the latex polymer of the polymer of the core, then the emulsion of the second monomer is sequentially supplied, a core - shell structure is formed. コア−シェル粒子の調製の例については、"Emulsion Polymerization and Core - For examples of the preparation of shell particles, "Emulsion Polymerization and
Emulsion Polymers", PA Lovell and MS El-Aass Emulsion Polymers ", PA Lovell and MS El-Aass
er, John Wiley & Sons, Ltd., 1977において見出すことができる。 er, John Wiley & Sons, Ltd., can be found in 1977. 【0017】本発明の好ましい態様において、上記高分子疎水性コアのTg は、50℃〜 200℃である。 In a preferred embodiment of the present invention, Tg of the polymeric hydrophobic core is 50 ℃ ~ 200 ℃. もう1つの好ましい態様において、上記高分子疎水性シェルのT In another preferred embodiment, T of the polymeric hydrophobic shell
g は、−60℃〜 125℃である。 g is -60 ℃ ~ 125 ℃. さらにもう1つの好ましい態様において、コア/シェル構造を有する粒子は、0. In yet another preferred embodiment, the particles having a core / shell structure, 0.
05μm 〜10μm の平均粒径を有する。 Having an average particle size of 05μm ~10μm. さたさらにもう1 Sada yet another
つの好ましい態様において、コア/シェル構造を有する粒子は、コアのシェルに対する質量比が1:10〜1: In One preferred embodiment, the particles having a core / shell structure, the mass ratio the shell of the core is 1: 10 to 1:
0.1である。 0.1. さらにもう1つの好ましい態様において、 In yet another preferred embodiment,
コア/シェル構造を有する粒子は、 1.3未満の粒径分布の多分散性指数を有する。 Particles having a core / shell structure has a polydispersity index of the particle size distribution of less than 1.3. 【0018】望まれる場合には、上記非多孔質高分子粒子を改質して特に望ましい性質を生じさせるために、好適な架橋用モノマーを、上記高分子コアの形成において使用してもよい。 [0018] If desired, in order to produce a particularly desired properties by modifying the non-porous polymeric particles, a suitable crosslinking monomer may be used in forming the polymeric core. 典型的な架橋用モノマーは、芳香族ジビニル化合物(例えば、ジビニルベンゼン、ジビニルナフタレン、またはそれらの誘導体)、ジエチレンカルボン酸のエステルおよびアミド(例えば、ジメタクリル酸エチレングリコール、ジアクリル酸ジエチレングリコール)、および他のジビニル化合物(例えば、ジビニルスルフィド化合物またはジビニルスルホン化合物)である。 Typical crosslinking monomers, aromatic divinyl compounds (e.g., divinyl benzene, divinyl naphthalene or their derivatives), esters of diethylene carboxylic acids and amides (e.g., ethylene glycol dimethacrylate, diethylene glycol diacrylate), and other a divinyl compound (e.g., divinyl sulfide compounds or divinyl sulfone compounds). ジビニルベンゼンおよびジメタクリル酸エチレングリコールがとりわけ好ましい。 Divinyl benzene and ethylene glycol dimethacrylate are especially preferred. 架橋用モノマーはいずれの量で使用してもよいけれども、少なくとも27モル%が好ましい。 Although it may be used in any amount crosslinking monomer is at least 27 mol% is preferred. 【0019】望まれる場合には、画像の耐光堅牢度を改良するために、紫外線吸収モノマーを、上記高分子コアまたは高分子シェルの形成において使用してもよい。 [0019] If desired, in order to improve the light fastness of the image, the ultraviolet absorbing monomers may be used in forming the polymeric core or polymeric shells. 使用することができる紫外線吸収モノマーには、以下のものが含まれる。 The UV absorbing monomers that can be used include the following. 【0020】 【化1】 [0020] [Formula 1] 【0021】 【表1】 [0021] [Table 1] 【0022】本発明において使用される非多孔質高分子粒子は、例えば、有機化合物の微粉砕および分級によって、有機モノマーの乳化重合、懸濁重合、および分散重合によって、有機化合物を含有している溶液の噴霧乾燥によって、または水不混和性溶媒中に有機材料を溶解させ、この溶液を微細な液滴として水溶液中に分散させ、 The non-porous polymeric particles used in the present invention include, for example, by pulverizing and classification of organic compounds, emulsion polymerization of the organic monomer, suspension polymerization, and the dispersion polymerization, containing an organic compound by spray-drying a solution, or an organic material in a water-immiscible solvent and dissolved, the solution is dispersed in an aqueous solution as fine droplets,
そして蒸発または他の好適な技法によって上記溶媒を除去することからなるポリマー懸濁技法によって調製することができる高分子コアを有する。 And it has a polymer core which can be prepared by the polymer suspension technique which consists of removing the solvent by evaporation or other suitable technique. バルク重合、乳化重合、分散重合、および懸濁重合の各手順については、ポリマー技術分野における当業者によく知られており、G. Bulk polymerization, emulsion polymerization, for dispersion polymerization, and each step of the suspension polymerization, are well known to those skilled in the polymer art, G.
Odianの"Principles of Polymerization", 2nd Ed., W "Principles of Polymerization" of Odian, 2nd Ed., W
iley (1981) 、およびWP Sorenson and TW Campb iley (1981), and WP Sorenson and TW Campb
ellの"Preparation Method of Polymer Chemistry", 2n Of ell "Preparation Method of Polymer Chemistry", 2n
d Ed., Wiley (1968) などの教科書において教示されている。 d Ed., taught in textbooks such as Wiley (1968). 【0023】上記の如く、本発明において使用される高分子粒子は非多孔質である。 [0023] As described above, the polymeric particles used in the present invention are non-porous. 非多孔質とは、ボイドが無いか、または液体透過性ではないか、のいずれかの粒子を意味する。 The non-porous, or void free, or not liquid permeable, means any particle. これらの粒子は、平滑な表面または粗い表面のいずれを有していてもよい。 These particles may have either a smooth surface or a rough surface. 【0024】上記画像受容層は、例えば、硝酸などのp [0024] The image-receiving layer may comprise, for example, p, such as nitric acid
H調節剤、レオロジー調節剤、界面活性剤、紫外線吸収剤、殺生剤、滑剤、水分散性ラテックス、媒染剤、色素、蛍光増白剤などの添加剤をも含有していてもよい。 H modifiers, rheology modifiers, surfactants, ultraviolet absorbers, biocides, lubricants, water-dispersible latex, mordant dyes, may also contain additives such as fluorescent whitening agent. 【0025】上記画像受容層は、従来の前計量または後計量のコーティング方法(例えば、ブレードコーティング、エアナイフコーティング、ロッドコーティング、ロールコーティング、スロットダイコーティング、カーテンコーティング、スライドコーティングなど)によって、基材の一方または両方の表面に適用することができる。 [0025] The image-receiving layer, the coating method of the conventional pre-metered or post-metered (e.g., blade coating, air knife coating, rod coating, roll coating, slot die coating, curtain coating, slide coating, etc.) by the substrate it can be applied to one or both surfaces. コーティング方法の選択は操作の経済性から定まり、これは、次に、コーティング固形分、コーティング粘度、およびコーティング速度などの調合物の仕様を決定するであろう。 Selection of the coating methods determined from the economics of the operation and in turn, coating solids, will determine coating viscosity, and the formulation specifications such as coating speed. 【0026】上記画像受容層の厚みは、5〜 100μm 、 The thickness of the image-receiving layer,. 5 to 100 [mu] m,
好ましくは10〜50μm の範囲にわたることができる。 Preferably it can range from 10 to 50 [mu] m. 必要とされるコーティング厚は、コーティングがインク溶媒を吸収するための溜めとして作用することの必要性によって定まる。 The coating thickness required is determined by the need to act as a reservoir for the coating to absorb the ink solvent. 【0027】本発明の記録要素を像形成させるのに使用されるインクジェットインクは当該技術分野において周知である。 The inkjet ink of the recording elements of the present invention are used to image formation are well known in the art. 概してインクジェット印刷において使用されるインク組成物は、溶媒またはキャリア液体、染料または顔料、湿潤剤、有機溶媒、洗浄剤、増粘剤、保恒剤などを含んでなる液体組成物である。 Generally ink compositions used in ink jet printing, a solvent or carrier liquid, dyes or pigments, humectants, organic solvents, detergents, thickeners, comprising such preservatives. 溶媒またはキャリア液体は単なる水とすることができ、または多価アルコールなどの他の水混和性溶媒と混合された水とすることもできる。 The solvent or carrier liquid can be water mixed with other water-miscible solvents such as can be, or polyhydric alcohols be solely water. また、多価アルコールなどの有機材料が主たるキャリアまたは溶媒液体であるインクを使用してもよい。 Further, organic materials such as polyhydric alcohols may be used an ink which is a main carrier or solvent liquid. 特に有用なものは、水と多価アルコールとの混合溶媒である。 Particularly useful are mixed solvents of water and polyhydric alcohols. このような組成物において使用される染料は、概して、水溶性の直接染料または酸性型染料である。 The dyes used in such compositions are typically, direct or acid type dyes water-soluble. このような液体組成物は、例えば、米国特許第 4,3 Such liquid compositions, for example, U.S. Patent No. 4,3
81,946号、同 4,239,543号、および同 4,781,758号の各明細書などの従来技術に広範に記載されている。 No. 81,946, has been described extensively in the prior art, such as the specifications of the 4,239,543, and 4,781,758. 【0028】本明細書において開示されている記録要素は主にインクジェットプリンターに有用であると言及したけれども、それらをペンプロッター集成装置のための記録媒体として使用することもできる。 [0028] Although the recording elements disclosed herein have referred to primarily as being useful for inkjet printers, it is also possible to use them as recording media for pen plotter assemblies. ペンプロッターは、インク溜めと接触している毛管の束からなるペンを使用して、記録媒体の表面に直接筆記することによって作動する。 Pen plotters, using a pen consisting of a bundle of capillary tubes in contact with an ink reservoir, operate by writing directly on the surface of the recording medium. 【0029】本発明のもう1つの態様においては、インク保持層が、上記支持体と上記画像受容層との間に存在し、好ましくは、連続的であって、上記可融性多孔質画像受容層と同一の広がりを有する。 [0029] In another aspect of the present invention, the ink retaining layer is present between the support and the image-receiving layer, preferably a continuous, the fusible, porous image-receiving coextensive with the layer. 本発明の好ましい態様において、上記連続的で同一の広がりを有するインク保持層は多孔質であり、有機粒子または無機粒子を含有している。 In a preferred embodiment of the present invention, an ink retaining layer coextensive in the continuous it is porous and contains organic or inorganic particles. 使用してもよい有機粒子の例には、コア/シェル粒子(例えば、2000年6月30日に出願された Kapus Examples of which may organic particles using the core / shell particles (e.g., filed on June 30, 2000 Kapus
niak他の米国特許出願第09/609/969号明細書において開示されているもの)、および均質粒子(例えば、2000年6月30日に出願された Kapusniak他の米国特許出願第09 niak Other U.S. Patent those disclosed in Application No. 09/609/969), and homogeneous particles (e.g., Kapusniak other U.S. patent application Ser. No. 09 filed on June 30, 2000
/608/466号明細書において開示されているもの)が含まれる。 / 608/466 those disclosed in the specification) include. 使用してもよい有機粒子の例には、アクリル系樹脂、スチレン系樹脂、セルロース誘導体、ポリビニル樹脂、エチレン−アリルコポリマー、および重縮合ポリマー(例えばポリエステル)が含まれる。 Examples of which may organic particles using an acrylic resin, a styrene-based resin, cellulose derivatives, polyvinyl resins, ethylene - include allyl copolymers and polycondensation polymers (e.g. polyesters). 本発明において使用してもよい無機粒子の例には、シリカ、アルミナ、 Examples of which may inorganic particles used in the present invention include silica, alumina,
二酸化チタン、クレー、炭酸カルシウム、硫酸バリウム、または酸化亜鉛が含まれる。 Titanium dioxide, clay, calcium carbonate, barium sulfate or zinc oxide, are. 【0030】本発明の好ましい態様において、上記多孔質インク保持層は、20%〜 100%の粒子および0%〜80 In a preferred embodiment of the present invention, the porous ink-retaining layer, 20% to 100% of particles and from 0% to 80
%の高分子バインダー、好ましくは50%〜95%の粒子および5%〜50%の高分子バインダーを含んでなる。 % Of polymeric binder preferably comprises 50% to 95% of the particles and 5% to 50% of the polymeric binder. 上記高分子バインダーは、親水性ポリマー(例えば、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン、ゼラチン、セルロースエーテル、ポリオキサゾリン、ポリビニルアセトアミド、部分的に加水分解されたポリ (酢酸ビニル/ The polymeric binder is a hydrophilic polymer (e.g., polyvinyl alcohol, polyvinylpyrrolidone, gelatin, cellulose ethers, polyoxazoline, polyvinyl acetamide, partially hydrolyzed poly (vinyl acetate /
ビニルアルコール) 、ポリアクリル酸、ポリアクリルアミド、ポリアルキレンオキシド、スルホン化もしくはリン酸化されたポリエステルおよびポリスチレン)、カゼイン、ゼイン、アルブミン、キチン、キトサン、デキストラン、ペクチン、コラーゲン誘導体、コロジアン(col Vinyl alcohol), polyacrylic acid, polyacrylamide, poly (alkylene oxide), sulfonated or phosphated polyesters and polystyrenes), casein, zein, albumin, chitin, chitosan, dextran, pectin, collagen derivatives, Korojian (col
lodian)、寒天、クズウコン、ガー、カラギナン、トラガカント、キサンタン、ラムサン(rhamsan) などであってもよい。 Lodian), agar, arrowroot, guar, carrageenan, tragacanth, xanthan, or the like may be used rhamsan (rhamsan). 好ましくは、上記親水性ポリマーは、ポリビニルアルコール、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリアルキレンオキシド、ポリビニルピロリドン、ポリ酢酸ビニル、もしくはそれらのコポリマー、またはゼラチンである。 Preferably, the hydrophilic polymer is polyvinyl alcohol, hydroxypropyl cellulose, hydroxypropyl methylcellulose, polyalkylene oxide, polyvinyl pyrrolidone, polyvinyl acetate or copolymers thereof, or gelatin. 【0031】本発明の好ましい態様において、上記インク保持層は1μm 〜50μm の厚みを有し、上記画像受容層は2μm 〜30μm の厚みを有する。 In a preferred embodiment of the present invention, the ink-retaining layer has a thickness of 1 [mu] m ~50Myuemu, the image-receiving layer has a thickness of 2 [mu] m 30 .mu.m. 【0032】インクジェット記録要素に機械的耐久性を付与するために、上記において考察されているバインダーに対して作用する架橋剤を少量添加してもよい。 [0032] In order to impart mechanical durability to an inkjet recording element, it may be added in small quantities crosslinkers which act upon the binder discussed above. このような添加剤は上記層の凝集強さを改良する。 Such additives improve the cohesive strength of the layer. 例えば、 For example,
カルボジイミド、多官能価アジリジン、アルデヒド、イソシアネート、エポキシド、多価金属カチオン、ビニルスルホン、ピリジニウム、ピリジリウム(pyridylium)ジカチオンエーテル、メトキシアルキルメラミン、トリアジン、ジオキサン誘導体、クロム明礬、硫酸ジルコニウムなどの架橋剤を使用してもよい。 Carbodiimides, polyfunctional aziridines, aldehydes, isocyanates, epoxides, using polyvalent metal cations, vinyl sulfones, pyridinium, pyridylium (pyridylium) dication ether, methoxyalkyl melamines, triazines, dioxane derivatives, chrom alum, a crosslinking agent such as zirconium sulfate it may be. 好ましくは、上記架橋剤は、アルデヒド、アセタール、またはケタール(例えば、2,3-ジヒドロキシ -1,4-ジオキサン)である。 Preferably, the crosslinker is an aldehyde, an acetal or ketal, (e.g., 2,3-dihydroxy-1,4-dioxane). 【0033】インクジェット印刷方法において、インク液滴は、毛管作用によって多孔質コーティング中に迅速に吸収され、画像は、プリンターから出てきた直後に指触乾燥状態にある。 [0033] In the inkjet printing process, ink droplets are rapidly absorbed into the porous coating through capillary action, the image is dry-to-touch right after it comes out of the printer. ゆえに、多孔質コーティングにより、インクの速い「乾燥」が可能となり、耐汚れ性を有する画像が生ずる。 Thus, a porous coating, enables fast "drying" of the ink images having stain resistance occurs. 【0034】また、上記多孔質インク保持層は、開放気孔ポリオレフィン、開放気孔ポリエステル、または開放気孔膜を含んでなることもできる。 Further, the porous ink-retaining layer can open pore polyolefin, an open pore polyester, or also comprise an open-pore membrane. 開放気孔膜は、既知の転相技法に従って形成させることができる。 Open-pore membrane can be formed in accordance with known phase inversion technique. 開放気孔膜を含んでなる多孔質インク保持層の例は、2000年7月 Examples of the porous ink-retaining layer comprising an open-pore membrane, July 2000
27日に出願された米国特許出願第09/626/752号および同 27 U.S. Patent Application No. 09/626/752, filed and the
09/626/883号(いずれも Landry-Coltrain他)の各明細書において開示されている。 It is disclosed in the specification of No. 09/626/883 (both Landry-Coltrain et al.). 【0035】本発明のインクジェット記録要素において使用される支持体は、不透明であっても、半透明であっても、または透明であってもよい。 The support used in the ink jet recording element of the present invention may be opaque, or may be be translucent or transparent. 例えば、普通紙、樹脂コート紙、ポリエステル樹脂(例えば、ポリエチレンテレフタレート、ポリエチレンナフタレート、およびポリエステルジアセテート)、ポリカーボネート樹脂、弗素樹脂(例えば、ポリテトラフルオロエチレン)などの種々のプラスチック、金属箔、種々のガラス材料などを使用してもよい。 For example, plain paper, resin coated paper, polyester resins (e.g., polyethylene terephthalate, polyethylene naphthalate, and polyester diacetate), polycarbonate resin, various plastics such as fluororesin (e.g., polytetrafluoroethylene), metal foil, various such as may be used in the glass material. 好ましい態様において、上記支持体は樹脂コート紙である。 In a preferred embodiment, the support is a resin coated paper. 本発明において用いられる支持体の厚みは、12〜500μm 、好ましくは75〜 300μm とすることができる。 The thickness of the support employed in the present invention, 12~500μm, preferably to a 75 to 300 [mu] m. 【0036】望まれる場合には、ベース層の支持体に対する接着性を改良するために、ベース層または溶媒吸収層を支持体に適用する前に、支持体の表面をコロナ放電処理に付してもよい。 [0036] If desired, in order to improve the adhesion to the support of the base layer, prior to applying the base layer or solvent-absorbing layer to the support, denoted by the surface of the support to a corona discharge treatment it may be. 【0037】画像記録要素は、他の画像記録製品または画像記録装置の駆動機構もしくは移送機構と接触する場合があるので、例えば、界面活性剤、滑剤、艶消し粒子などの添加剤を、それらが重要な性質を悪化させない程度に添加してもよい。 The image recording element, because it may come into contact with the drive mechanism or transfer mechanism of another image recording products or the image recording apparatus, for example, surfactants, lubricants, additives such as matte particles, they it may be added to such an extent that does not deteriorate the important properties. さらに、本発明の最上層は、粘度調整剤または媒染剤などの他の添加剤をも含有していてもよい。 Further, the uppermost layer of the present invention may also contain other additives such as viscosity modifiers or mordants. 【0038】上記ベース層および上記最上層を含む上述の各層は、当該技術分野において一般的に使用されている支持体材料上に、従来の塗布手段によって、塗布することができる。 The above layers including the base layer and the top layer, the support material which is generally used in the art, by conventional coating means can be applied. 塗布方法には、線巻きロッドコーティング、スロットコーティング、スライドホッパーコーティング、グラビアコーティング、カーテンコーティングなどのが含まれるけれども、これらに限定されるものではない。 The coating method, wire wound rod coating, slot coating, slide hopper coating, gravure coating, but include the curtain coating, but is not limited thereto. これらの方法の中には、両方の層を同時に塗布することが可能なものもあり、これらの方法は、製造上の経済的な観点から好ましい。 Some of these methods also have those capable of simultaneous coatings of both layers, these methods are preferable from an economic point of view of production. 【0039】本発明の記録要素を像形成させるのに使用されるインクジェットインクは当該技術分野において周知である。 The inkjet ink of the recording elements of the present invention are used to image formation are well known in the art. 概してインクジェット印刷において使用されるインク組成物は、溶媒またはキャリア液体、染料または顔料、湿潤剤、有機溶媒、洗浄剤、増粘剤、保恒剤などを含んでなる液体組成物である。 Generally ink compositions used in ink jet printing, a solvent or carrier liquid, dyes or pigments, humectants, organic solvents, detergents, thickeners, comprising such preservatives. 溶媒またはキャリア液体は単なる水とすることができ、または多価アルコールなどの他の水混和性溶媒と混合された水とすることもできる。 The solvent or carrier liquid can be water mixed with other water-miscible solvents such as can be, or polyhydric alcohols be solely water. また、多価アルコールなどの有機材料が主たるキャリアまたは溶媒液体であるインクを使用してもよい。 Further, organic materials such as polyhydric alcohols may be used an ink which is a main carrier or solvent liquid. 特に有用なものは、水と多価アルコールとの混合溶媒である。 Particularly useful are mixed solvents of water and polyhydric alcohols. このような組成物において使用される染料は、概して、水溶性の直接染料または酸性型染料である。 The dyes used in such compositions are typically, direct or acid type dyes water-soluble. このような液体組成物は、例えば、米国特許第 4,3 Such liquid compositions, for example, U.S. Patent No. 4,3
81,946号、同 4,239,543号、および同 4,781,758号の各明細書などの従来技術に広範に記載されている。 No. 81,946, has been described extensively in the prior art, such as the specifications of the 4,239,543, and 4,781,758. 【0040】以下の例を、本発明を説明するために提供する。 [0040] The following examples are provided to illustrate the present invention. 【0041】 【実施例】 例1 ポリマー粒子の調製 対照標準CP−1粒子の合成 乳化重合技法によってラテックスを調製した。 [0041] The latex was prepared by combining the emulsion polymerization techniques for the preparation reference standard CP-1 particles of EXAMPLE 1 Polymer particles. 先ず、 4 First, 4
50gの脱イオン水、 3.0gの界面活性剤、Triton 770 Deionized water 50 g, 3.0 g of the surfactant, Triton 770
(商標)(固形分30質量%)、 1.0gの開始剤、過硫酸カリウム、および19gのモノマー、メタクリル酸メチルを、窒素注入口、機械式撹拌機、および凝縮器を備えた2Lの三つ口フラスコに装填した。 (TM) (solid content 30 wt%), 1.0 g of initiator, potassium persulfate, and a monomer of 19 g, methyl methacrylate, nitrogen inlet, mechanical stirrer, and three 2L equipped with a condenser It was loaded into the mouth flask. このフラスコを80℃ The flask 80 ℃
の恒温浴に浸し、窒素で20分間パージした。 Immersed in a constant temperature bath, it was purged with nitrogen for 20 minutes. 280gの脱イオン水、7.8gの界面活性剤、Triton 770(商標)、 Deionized water 280 g, the surfactant 7.8 g, Triton 770 (TM),
0.8gの開始剤、過硫酸カリウム(KPS)、 139gのモノマー、メタクリル酸メチル(MMA)、および 4.2 0.8g of initiator, potassium persulfate (KPS), monomer 139 g, methyl methacrylate (MMA), and 4.2
gのナトリウム2-スルホ -1,1-ジメチルエチルアクリルアミド(SSDMEAA)モノマーを混合することによって、モノマーエマルジョンを調製した。 By mixing g of sodium 2-sulfo-1,1-dimethylethyl acrylamide (SSDMEAA) monomer, a monomer emulsion was prepared. このモノマーエマルジョン混合物を、撹拌しながら、上記フラスコに添加した。 The monomer emulsion mixture, with stirring, was added to the flask. このモノマーエマルジョンの添加時間は3時間とした。 Addition time of the monomer emulsion was three hours. 重合は、このモノマーエマルジョンの添加後、さらに1時間続けた。 Polymerization after the addition of the monomer emulsion was continued for an additional 1 hour. ラテックスを室温まで冷却し、濾過した。 The latex was cooled to room temperature and filtered. 最終的な固形分は 18.77%であり、粒径は 149nmであった。 The final solids was 18.77%, particle size was 149 nm. 【0042】 対照標準CP−2粒子の合成 約76L(20ガロン)のステンレス鋼製反応器に、44kgの脱塩水を添加した。 The stainless steel reactor synthesis about 76L reference standard CP-2 particles (20 gallons) of was added demineralized water 44 kg. この系を窒素で15〜30分間パージした。 The system was purged for 15-30 minutes with nitrogen. 温度は15℃に設定し、撹拌は 150回転/分に設定した。 Temperature was set at 15 ° C., stirring was set at 150 rev / min. 上記反応器に以下のものを記載されている順序で添加した。 It was added in the order listed the following to the reactor. 500mLの脱塩水に溶解されている 104.6gのメタ重亜硫酸カリウム、 421.9gのイタコン酸、2109.5g Potassium metabisulfite 104.6g being dissolved in demineralized water 500 mL, itaconic acid 421.9g, 2109.5g
のアクリル酸エチル、 18.56kgの塩化ビニリデン、1kg Ethyl acrylate, vinylidene chloride 18.56Kg, 1 kg
の脱塩水で濯がれた 469gのDowfax(商標)2EP 、および 1.5kgの脱塩水に溶解されている 104.6gの過硫酸カリウム。 Potassium persulfate 104.6g of Dowfax are dissolved in demineralized water (TM) 2EP, and 1.5kg of 469g was rinsed with demineralized water. 反応器のポートおよびベントを閉じた。 Closing the reactor port and the vent. この反応器の圧力を窒素で約14 kPa(2 psi)とした。 The pressure in the reactor was about 14 kPa with nitrogen (2 psi). 初期温度を40℃に設定し、この温度に16〜20時間保持した。 Set the initial temperature of 40 ° C., and held at this temperature for 16-20 hours. 次に、生成物を20℃まで冷却し、減圧を窒素で解いた。 The product was then cooled to 20 ° C., it solved the vacuum with nitrogen. 生成物をチーズクロスを通して濾過した。 The product was filtered through cheesecloth. 【0043】 対照標準CP−3粒子の合成 上述の合成と同様の乳化重合技法によってラテックスを調製した。 [0043] The latex was prepared by a reference standard CP-3 Similar emulsion polymerization techniques for the synthesis of above synthesis of particles. 先ず、 260gの脱イオン水、 3.0gの界面活性剤、Triton 770(商標)、 1.0gの開始剤、過硫酸カリウム、および10gのモノマー、メタクリル酸メチルを、窒素注入口、機械式撹拌機、および凝縮器を備えた2Lの三つ口フラスコに装填した。 First, deionized water 260 g, 3.0 g of the surfactant, Triton 770 (TM), 1.0 g of initiator, potassium persulfate, and 10g of the monomers, of methyl methacrylate, nitrogen inlet, mechanical stirrer, and it was loaded into a three-necked flask 2L equipped with a condenser. このフラスコを80℃ The flask 80 ℃
の恒温浴に浸し、窒素で20分間パージした。 Immersed in a constant temperature bath, it was purged with nitrogen for 20 minutes. 100gの脱イオン水、7.8gの界面活性剤、Triton 770(商標)、 Deionized water 100 g, the surfactant 7.8 g, Triton 770 (TM),
0.8gの開始剤、過硫酸カリウム、31gのモノマー、メタクリル酸メチル、および 122gのメタクリル酸ブチルモノマーを混合することによって、モノマーエマルジョンを調製した。 0.8g of initiator, potassium persulfate, monomers 31 g, by mixing methyl methacrylate, and butyl methacrylate monomers 122g, to prepare a monomer emulsion. このモノマーエマルジョン混合物を、撹拌しながら、上記フラスコに添加した。 The monomer emulsion mixture, with stirring, was added to the flask. このモノマーエマルジョンの添加時間は3時間とした。 Addition time of the monomer emulsion was three hours. 重合は、このモノマーエマルジョンの添加後、さらに1時間続けた。 Polymerization after the addition of the monomer emulsion was continued for an additional 1 hour. ラテックスを室温まで冷却し、濾過した。 The latex was cooled to room temperature and filtered. 最終的な固形分は32.9%であり、粒径は 122.0nmであった。 The final solids was 32.9%, particle size was 122.0Nm. 【0044】 P−1粒子(本発明)の合成 本発明において用いられるコア−シェルラテックスを、 [0044] P-1 core used in the synthesis the present invention the particles (present invention) - shell latex,
逐次乳化重合技法によって調製した。 It was prepared by a sequential emulsion polymerization technique. 一般に、先ず、コアポリマーラテックスを重合し、次いで、第2のモノマーエマルジョンを逐次的に供給する。 In general, first, polymerization of the core polymer latex and then sequentially supplies the second monomer emulsion. 本発明のコア−シェルラテックスの典型的な合成手順を以下に記載する。 The core of the present invention - are described below typical synthetic procedures shell latex.
本発明のP−1粒子の調製には、以下の成分を使用した。 Preparation of P-1 particles of the present invention, the following ingredients were employed. 【0045】 A:脱イオン水(50g) Triton 770(商標)(30%活性)( 0.4g) B:過硫酸カリウム(0.12g) C:メタクリル酸メチル(17.1g) ナトリウム2-スルホ -1,1-ジメチルエチルアクリルアミド( 0.9g) 過硫酸カリウム( 0.1g) Triton 770(商標)(30%活性)( 0.9g) 脱イオン水(35g) D:アクリル酸エチル( 3.6g) 塩化ビニリデン(31.0g) ナトリウム2-スルホ -1,1-ジメチルエチルアクリルアミド(1.44g) 過硫酸カリウム(0.21g) メタ重亜硫酸カリウム(0.42g) Triton 770(商標)(30%活性)(5.80g) 脱イオン水( 160g) 【0046】1. [0045] A: deionized water (50 g) Triton 770 (TM) (30% active) (0.4 g) B: Potassium persulfate (0.12 g) C: Methyl methacrylate (17.1 g) of sodium 2-sulfo-1, 1-dimethylethyl acrylamide (0.9 g) potassium persulfate (0.1 g) Triton 770 (TM) (30% active) (0.9 g) deionized water (35 g) D: ethyl acrylate (3.6 g) vinylidene chloride (31.0 g ) sodium 2-sulfo-1,1-dimethylethyl acrylamide (1.44 g) potassium persulfate (0.21 g) potassium metabisulfite (0.42 g) Triton 770 (TM) (30% active) (5.80 g) deionized water ( 160g) [0046] 1. 先ず、窒素注入口、機械式撹拌機、および凝縮器を備えた1Lの三つ口フラスコに(A)を装填した。 First, nitrogen inlet, was charged mechanical stirrer, and a three-necked flask 1L equipped with a condenser (A). このフラスコを80℃の恒温浴に浸し、窒素で20 The flask was immersed in a constant temperature bath of 80 ℃, 20 with nitrogen
分間パージした。 Was minutes purge. 2. 2. (B)を添加し、次いで、モノマーエマルジョン(C)を添加した。 (B) was added, followed by the addition of monomer emulsion (C). この混合物を、モノマーエマルジョンの供給の間中、撹拌した。 The mixture during the feed of the monomer emulsion, and stirred. モノマーエマルジョン(C)の添加時間は2時間とした。 Addition time of the monomer emulsion (C) was 2 h. 3. 3. 第1のモノマーエマルジョンの添加後、重合を30分間続け、ラテックスを40℃まで冷却した。 After addition of the first monomer emulsion, the polymerization was continued for 30 minutes and cooled latex to 40 ° C.. 4. 4. 第2のモノマーエマルジョン(D)を上記と同様に調製した。 The second monomer emulsion (D) was prepared in the same manner as described above. 全添加時間は2時間とした。 The total addition time was 2 hours. 5. 5. ラテックスを40℃において1時間加熱した。 The latex was heated for 1 hour at 40 ° C.. 6.10%のt-ブチルヒドロペルオキシドおよび10%のホルムアルデヒドスルフィット4mLを添加して残留モノマーを除去し、30分間保持した。 6.10 percent of t- butyl hydroperoxide and 10% formaldehyde sulfite 4mL residual monomer was removed by the addition and held for 30 minutes. 7. 7. この混合物を室温まで冷却し、濾過した。 The mixture was cooled to room temperature and filtered. 【0047】 ガラス転移温度測定 乾燥ポリマー材料のガラス転移温度(Tg )を、20℃/ The glass transition temperature of the glass transition temperature measured dry polymer material (Tg), 20 ℃ /
分の加熱速度を使用して、示差走査熱量測定(DSC) Use a heating rate, differential scanning calorimetry (DSC)
によって測定した。 It was measured by. 本明細書においては、Tgを、ガラス転移の変曲点として定義する。 In this specification, the Tg, defined as the inflection point of the glass transition. 【0048】 粒径測定 Brookhaven Instruments Corporation製90 plus Partic [0048] The particle size measurement Brookhaven Instruments Corporation made 90 plus Partic
le Sizerによって、粒径を特定した。 By le Sizer, it identified the particle size. 容量平均直径を報告する。 To report the volume average diameter. 【0049】上記例において使用されるポリマー粒子の性質を、以下の表Iに示す。 [0049] The properties of the polymer particles used in the above Examples are shown in the following table I. 【0050】 【表2】 [0050] [Table 2] 【0051】 対照標準要素C−1(可融性オーバーコー [0051] Control Element C-1 (fusible over code
ト無し)の調製 ポリエチレンコート紙上の2層の多孔質光沢インクジェット媒体を調製した。 A porous glossy ink jet media of two layers of paper preparing polyethylene coated without g) was prepared. 底部層は、質量比が87:9:4のヒュームドアルミナ(Cab-O-Sperse PG003(商標)、Ca The bottom layer, the mass ratio of 87: 9: 4 fumed alumina (Cab-O-Sperse PG003 (TM), Ca
bot Corp. )、ポリビニルアルコール( GH-23、Nippon bot Corp.), polyvinyl alcohol (GH-23, Nippon
Gohsei )、および2,3-ジヒドロキシ -1,4-ジオキサン(Clariant Corp.)を含んでなり、厚みは38μm とした。 Gohsei), and 2,3-dihydroxy-1,4 comprise dioxane (Clariant Corp.), thickness was 38 [mu] m. 頂部層は、質量比が69:6:5:20のヒュームドアルミナ(Cab-O-Sperse PG003(商標)、Cabot Corp. Top layer, the mass ratio of 69: 6: 5: 20 fumed alumina (Cab-O-Sperse PG003 (TM), Cabot Corp.
)、ポリビニルアルコール( GH-23、Nippon Gohsei ), Polyvinyl alcohol (GH-23, Nippon Gohsei
)、界面活性剤( Zonyl FSN(商標)、DuPont Cor ), Surfactant (Zonyl FSN (TM), DuPont Cor
p.)、および媒染材料MMを含んでなり、厚みは2μm p.), and it comprises a mordant material MM, thickness 2μm
とした。 And the. MMは、87質量%の塩化N-ビニルベンジル -N, MM is 87 mass% chloride N- vinylbenzyl -N,
N,N-トリメチルアンモニウムおよび13質量%ジビニルベンゼンから調製される、80nmの平均粒径を有する、架橋ヒドロゲルポリマー粒子である。 N, are prepared from N- trimethylammonium and 13 wt% divinylbenzene having a mean particle size of 80 nm, a crosslinked hydrogel polymer particles. 【0052】 対照標準要素C−2の調製 対照標準要素C−1に、ポリマー粒子CP−1を含んでなる水性分散体を、さらに塗布し、25℃において3分間乾燥し、次いで、強制空気循環を用いて40℃においてさらに3分間乾燥した。 [0052] Control Element Preparation Control Element C-1 of C-2, an aqueous dispersion comprising a polymer particle CP-1, was further coated, and dried for 3 minutes at 25 ° C., then, forced air It was further dried for 3 minutes at 40 ° C. using. コーティング溶液において少量の非イオン性界面活性剤(Olin 10G(商標))(上記層の全乾燥レイダウンに対して 0.1%〜4%で使用した)を使用して、塗布時の表面張力を制御した。 Using a small amount of non-ionic surfactant (Olin 10G (TM)) (was used with 0.1% to 4% relative to the total dry laydown of the layer) in the coating solution was controlled surface tension during coating . 【0053】 対照標準要素C−3の調製 この要素は、ポリマー粒子CP−2を使用したことを除き、C−2と同様に調製した。 [0053] The element prepared in Control Element C-3, except for using polymer particles CP-2, was prepared similar to C-2. 【0054】 対照標準要素C−4の調製 この要素は、ポリマー粒子CP−3を使用したことを除き、C−2と同様に調製した。 [0054] The element prepared in Control Element C-4, except for using polymer particles CP-3, was prepared similar to C-2. 【0055】 対照標準要素C−5の調製 この要素は、質量比50/50のポリマー粒子CP−1およびCP−2の混合物を使用したことを除き、C−2と同様に調製した。 [0055] The element prepared in Control Element C-5, except for using a mixture of polymer particles CP-1 and CP-2 mass ratio of 50/50 was prepared similar to C-2. 【0056】 本発明の要素1の調製 この要素は、ポリマー粒子P−1を使用したことを除き、C−2と同様に調製した。 [0056] The element prepared element 1 of the present invention, except for the use of polymer particles P-1, was prepared the same as C-2. 【0057】 インク吸収 インクジェット試料を Hewlett-Packard Deskjet 950℃ [0057] The ink-absorbing inkjet sample Hewlett-Packard Deskjet 950 ℃
プリンターに装填し、カラーパッチおよび画像からなる、予め集成されたディジタル画像を印刷した。 It was loaded into a printer, consisting of a color patch and the image was printed digital images preassembled. 印刷された試料を、プリンターから排出された直後に、高濃度にインクが塗られている領域において、指で擦った。 The printed sample immediately after being discharged from the printer, in the region in which ink is painted at a high concentration, was rubbed with a finger. 即乾とは、プリントが指触乾燥状態であり、上記指によって擦る行為によって画像が汚れたり、損傷を受けたりしないこととして定義される。 The immediate drying, the print is the dry to the touch, or dirt image by the act of rubbing by the finger is defined as not to or damaged. 上記粒子が塗布後の乾燥時に合体して連続的なフィルムを形成する場合、インクは表面上で液滴を形成し、層に浸透しないであろうし、画像は光学的濃度が低く、擦ることによって容易に汚れるであろう。 If the particles to form a continuous film to coalesce during drying after coating, the ink forms droplets on the surface, to will not penetrate into the layer, the image has a low optical density, by rubbing It will easily get dirty. 【0058】 融着 上記印刷された試料を、少なくとも一方が 157度の温度に加熱されており、毎秒 2.5cmの速度である、1組の熱加圧ローラーの間で融着させた。 [0058] The fusing the printed sample are heated to a temperature of at least one of 157 degrees, and a speed of 2.5 cm, were fused between a pair of heat pressure rollers. 【0059】 耐水性および耐汚染性についての試験 酢酸および水(5部:95部)の混合物1000gに1gの染料を溶解させることによって、ポンソー赤色染料溶液を調製した。 [0059] Test acetate and water for water resistance and stain resistance: by dissolving the dye 1g mixture 1000g (5 parts 95 parts), to prepare a Ponceau red dye solution. 直径およそ1cmのポンソー赤色染料溶液を試料の表面に5分間置いた。 Ponceau red dye solution having a diameter of approximately 1cm was placed for 5 minutes on the surface of the sample. 次に、Sturdi-Wipesペーパータオルを用いて液体を拭き取った。 Next, wiping off the liquid with Sturdi-Wipes paper towel. 試験領域の視覚的観察を行い、記録した。 Perform visual observation of the test areas were recorded. 画像上に染料汚染の跡が残らないことは耐水性オーバーコート層が存在することを示し、 The traces of dye stain is not left on the image indicates that there is water resistant overcoat layer,
画像上の赤い汚染は耐水性オーバーコート層が存在しないことを示す。 Red contamination on the image indicates that there is no water resistant overcoat layer. 【0060】 融着オーバーコートの可撓性についての試 [0060] trial for the flexibility of the fusion overcoat
オーバーコート層を外側にして、融着試料を直径0.65cm The test overcoat layer on the outside, the fused sample diameter 0.65cm
のロッドに巻き付けた。 Wound on the rod. 次に、曲がっている領域において、上述のポンソー赤色染料溶液を用いて、試料を試験した。 Next, the bent region, with Ponceau red dye solution described above, were tested sample. 赤色染料の線は、オーバーコートが脆く、曲げられた際に亀裂が発生したことを示し、汚染が存在しないことはオーバーコートが可撓性であったことを示す。 Line of the red dye, brittle overcoat, show that cracking has occurred when bent, the contamination is not present indicates that the overcoat was flexible. 【0061】要素1−2〜1−6は、対照標準要素C− [0061] element 1-2~1-6 is, Control Element C-
1上に粒子を塗布して、 7.6g/m 2の乾燥レイダウンを達成することによって調製した。 By coating particles onto 1 was prepared by achieving dry laydown of 7.6 g / m 2. 本発明のインクジェット媒体の性能を、可融性コア−シェル粒子を有していないインクジェット媒体または単一組成(非コア−シェル) The performance of the ink jet medium of the present invention, the fusible core - ink jet media or single composition that does not have a shell particles (non-core - shell)
粒子を有するインクジェット媒体と比較して、以下の表 Compared with inkjet media with particles, the following table
IIに要約する。 It is summarized in II. 【0062】 【表3】 [0062] [Table 3] 【0063】上記結果は、本発明の要素1上のオーバーコート層が、対照標準要素と比較して、融着前のより良好な凝集結着性、速いインク吸収を有しており、印刷後に可撓性であり、プリント保護を与えたことを示している。 [0063] The above results, the overcoat layer on the element 1 of the present invention, as compared to Control Element, better cohesive binding property before fusing, has a fast ink absorption after printing a flexible, indicates that gave print protection. 【0064】 例2 P−2〜P−4粒子(本発明)の合成 これらの粒子は、以下の表III に示されている種々のポリマー組成を使用したことを除き、例1におけるP−1 [0064] EXAMPLE 2 Synthesis of these particles P-2 to P-4 particles (present invention) except for the use of various polymer compositions shown in the following Table III, P-1 in Example 1
と同じに調製した。 It was prepared the same as. 【0065】 【表4】 [0065] [Table 4] 【0066】 対照標準要素C−6(可融性オーバーコー [0066] Control Element C-6 (fusible over code
ト無し)の調製 この要素は、頂部層を省いたことを除き、対照標準要素C−1と同様に調製した。 This element prepared without g), except that omitting the top layer was prepared in the same manner as Control Element C-1. 【0067】 対照標準要素C−7(可融性オーバーコー [0067] Control Element C-7 (fusible over code
ト無し)の調製 ポリエチレンコート紙上の2層の多孔質光沢インクジェット媒体を調製した。 A porous glossy ink jet media of two layers of paper preparing polyethylene coated without g) was prepared. 底部層は、乾燥質量比が50/50の The bottom layer, dry weight ratio of 50/50
AQ29(Eastman Chemical Co.から入手可能)および Bor AQ29 (available from Eastman Chemical Co.) and Bor
axを塗布して、 3.8g/m 2の全乾燥レイダウンを達成することによって調製した。 by applying the ax, it was prepared by achieving total dry laydown of 3.8 g / m 2. コーティング溶液のpHは、塗布前に 7.0に調整した。 pH of the coating solution was adjusted to 7.0 before coating. 頂部層は、ポリビニルアルコール、以下に記載する有機多孔質粒子、およびOlin 10Gの溶液混合物から塗布して、それぞれ、29.8g/m 2 、 4.5g/ Top layer are polyvinyl alcohol, is applied from an organic porous particles, and solution mixture of Olin 10G described below, respectively, 29.8g / m 2, 4.5g /
m 2 、および0.11g/m 2の乾燥レイダウンを達成した。 m 2, and to achieve a dry laydown of 0.11 g / m 2. 【0068】 有機多孔質粒子の調製 ビーカーに、以下の成分を添加した。 [0068] Preparation beaker organic porous particles, the following ingredients were added. モノマーとしての As a monomer
200gの二メタクリル酸エチレングリコール、ポロゲン Dimethacrylate ethylene glycol of 200 g, the porogen
(porogen) としての 188gのトルエン、12gのヘキサデカン、および 3.0gの 2,2'-アゾビス (2,4-ジメチルバレロニトリル)(DuPont Corp.製、Vazo(商標)52)。 Toluene 188g as (porogen), the 12g hexadecane, and 3.0g of 2,2'-azobis (2,4-dimethylvaleronitrile) (DuPont Corp. Ltd., Vazo (TM) 52).
これらの成分を、固形分が溶解するまで撹拌した。 The components were stirred until the solids dissolved. 【0069】この溶液に、1200gの水中の12gのドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウムの混合物を添加した。 [0069] To this solution was added a mixture of sodium dodecyl benzene sulfonate 12g of water 1200 g.
次に、この混合物を、船用プロペラタイプの撹拌機を用いて5分間撹拌して、粗エマルジョンを形成させた。 Then, the mixture was stirred for 5 minutes using a stirrer marine propeller type, to form a crude emulsion. この粗エマルジョンを、約28 MPa(4000 psi)において、 The crude emulsion, at about 28 MPa (4000 psi),
Gaulin(商標)ホモジナイザーに1回通した。 It was passed once through Gaulin (TM) homogenizer. 得られたモノマー液滴分散体を2リットルの三つ口丸底フラスコに入れた。 The resulting monomer droplets dispersion was placed in a three-necked 2 liter round bottom flask. このフラスコを50℃の恒温浴に入れ、上記分散体を正圧下で16時間撹拌して、上記モノマー液滴を重合させて、有機多孔質粒子とした。 The flask was placed in a constant temperature bath at 50 ° C., the dispersion was stirred for 16 hours under positive pressure, by polymerizing the monomer droplets was an organic porous particles. 生成物を粗いフィルターに通して濾過し、凝塊を除去した。 The product was filtered through a coarse filter to remove coagulum. 次に、 0.3gの Then, of 0.3g
MAZU(商標)消泡剤(BASF Corp.)を上記分散体に添加し、トルエンおよび若干量の水を50℃において減圧下で留去して、固形分18.3%とした。 Was added MAZU (TM) antifoam (BASF Corp.) in the dispersion, the toluene and slight amounts of water were distilled off under reduced pressure at 50 ° C., and a solid content 18.3%. 上記有機多孔質粒子を粒度分析器、 Horiba LA-920(商標)によって測定したところ、メジアン直径が0.38μm であることが判明した。 The organic porous particles a particle size analyzer, as measured by Horiba LA-920 (TM), it was found that median diameter of 0.38 .mu.m. 【0070】 対照標準要素C−8(可融性オーバーコー [0070] Control Element C-8 (the fusible over code
ト無し)の調製 この要素は、硫酸バリウム粒子、ポリビニルアルコール、2,3-ジヒドロキシ -1,4-ジオキサン(Clariant Cor This element prepared without g) is barium sulfate particles, polyvinyl alcohol, 2,3-dihydroxy-1,4-dioxane (Clariant Cor
p.)、およびOlin 10G(Olin)の溶液混合物をポリエチレンコート紙上に塗布して、それぞれ、53.8g/m 2 、 8.0 p.), and a solution mixture of Olin 10G (Olin) was applied to the paper polyethylene coated, respectively, 53.8 g / m 2, 8.0
g/m 2 、 0.4g/m 2 、および0.11g/m 2 、の最終的な乾燥レイダウンを達成することによって調製した。 g / m 2, was prepared by achieving final dry laydown of 0.4 g / m 2, and 0.11g / m 2,. 上記硫酸バリウム粒子(Sachtosperse HU-N として識別される)は、 The barium sulfate particles (identified as Sachtosperse HU-N) is
SachtlebenChemie Corporation から得たものであり、 Are those obtained from the SachtlebenChemie Corporation,
0.1μm 未満の平均粒径および>25m 2 /gの比表面積を有する純粋な沈降硫酸バリウムである。 Pure precipitated barium sulfate having a specific surface area of an average particle diameter and> 25 m 2 / g of less than 0.1 [mu] m. この要素において使用したポリビニルアルコールは、Nippon Gohsei Chem Polyvinyl alcohol used in this element, Nippon Gohsei Chem
icalから入手可能な、GH-17とした。 Available from ical, was GH-17. 【0071】 対照標準要素C−9(可融性オーバーコー [0071] Control Element C-9 (fusible over code
ト無し)の調製 185g/m 2の坪量を有する普通紙支持体( Eastman Kodak Plain paper support with basis weight of the preparation 185 g / m 2 without Doo) (Eastman Kodak
Co.)を使用した。 Co.) was used. 【0072】 対照標準要素C−10(可融性オーバーコ [0072] Control Element C-10 (fusible Obako
ート無し)の調製 普通紙上の2層コーティングを以下の如く調製した。 A two-layer coating of the preparation plain paper over without g) was prepared as follows. 乾燥質量 254gの沈降炭酸カルシウム Albagloss-s(商標)( Specialty Minerals Inc.)(70%溶液)、乾燥質量22gのシリカゲル Gasil(商標)23F (Crosfield Dry mass 254g of precipitated calcium carbonate Albagloss-s (TM) (Specialty Minerals Inc.) (70% solution), silica gel Gasil dry weight 22 g (TM) 23F (Crosfield
Ltd.)、乾燥質量2.6gのポリビニルアルコールAirvol Ltd.), polyvinyl alcohol Airvol dry weight 2.6g
(商標)125 (Air Products)(10%溶液)、乾燥質量 (TM) 125 (Air Products) (10% solution), dry mass
21gのスチレン−ブタジエンラテックス CP692NA(商標)(Dow Chemical Co.)(50%溶液)、および 0.8g 21g of styrene - (. Dow Chemical Co) butadiene latex CP692NA (TM) (50% solution), and 0.8g
の Alcogum(商標)L-229 ( Alco Chemical Co.)を混合することによって、ベース層のためのコーティング溶液を調製した。 By mixing ALCOGUM (TM) L-229 (Alco Chemical Co.), and was prepared a coating solution for a base layer. このコーティング溶液の濃度を、水を添加することによって、35質量%に調整した。 The concentration of the coating solution, by adding water, and adjusted to 35 mass%. このコーティング溶液を、25℃において、ビードコーティングによって、 185g/m 2の坪量を有する普通紙支持体( Eastman The coating solution at 25 ° C., the bead coating, plain paper support with basis weight of 185g / m 2 (Eastman
Kodak Co.)上に塗布し、45℃において、押込空気によって乾燥させた。 Coated on kodak Co.), at 45 ° C., it was dried by forced air. このベース層の厚みは、25μmまたは2 The thickness of the base layer, 25 [mu] m or 2
7g/m 2であった。 It was 7g / m 2. 【0073】乾燥質量15.0gのアルミナDispal(商標) [0073] The dry weight 15.0g alumina Dispal (TM)
14N4-80 (Condea Vista Co.)(20質量%溶液)、乾燥質量 2.4gのヒュームドアルミナCab-O-Sperse(商標) 14N4-80 (Condea Vista Co.) (20 wt% solution), Hume dry weight 2.4g de alumina Cab-O-Sperse (TM)
PG003 ( Cabot Corp.)(40質量%溶液)、乾燥質量 PG003 (Cabot Corp.) (40 wt% solution), dry mass
0.6gのポリビニルアルコールGohsenol(商標)GH-17 0.6g of polyvinyl alcohol Gohsenol (TM) GH-17
(Nippon Gohsei Co. Ltd.)(10質量%溶液)、乾燥質量 1.2gの、塩化(ビニルベンジル)トリメチルアンモニウムとジビニルベンゼンと(モル比=87:13)のコポリマー(20質量%溶液)、乾燥質量 1.2gの、スチレン、(ビニルベンジル)ジメチルベンジルアミン、およびジビニルベンゼン(モル比=49.5:49.5: 1.0)のターポリマー(20質量%溶液)、乾燥質量 0.9gのカプセル化粒子1(40質量%溶液)、 0.1gのSilwet(商標) (. Nippon Gohsei Co. Ltd) (10 wt% solution), the dry weight 1.2g, chloride and (vinylbenzyl) trimethylammonium and divinylbenzene (molar ratio = 87: 13) copolymer (20 wt% solution) of dry mass 1.2g, styrene, (vinylbenzyl) dimethylbenzylamine and divinylbenzene (molar ratio = 49.5: 49.5: 1.0) terpolymer (20 wt% solution) of the encapsulated particles 1 (40 weight of the dry mass 0.9g % solution), Silwet of 0.1 g (R)
L-7602(Witco Corp)、 0.2gのSilwet(商標)FS300 L-7602 (Witco Corp), Silwet of 0.2g (trademark) FS300
(Witco Corp)、並びに水を混合して、全体として 153 (Witco Corp), and water were mixed, overall 153
gとすることによって、頂部層のためのコーティング溶液を調製した。 By a g, to prepare a coating solution for the top layer. カプセル化粒子1の調製については、20 The preparation of the encapsulated particles 1, 20
01年8月31日に出願された、Sadasivan 他の米国特許出願第09/944,547号明細書の例1において開示されている。 Filed August 31, 2001, it is disclosed in Sadasivan Example 1 Other U.S. Patent Application No. 09 / 944,547 Pat. 上記コーティング溶液を、25℃において、ビードコーティングによって、上述のベース層の上に塗布した。 The above-mentioned coating solution, at 25 ° C., the bead coating was applied on top of the base layer described above.
次に、この記録要素を、押込空気によって、45℃において80秒間乾燥させ、次いで、38℃において8分間乾燥させた。 Next, the recording element, by forced air, dried 80 seconds at 45 ° C., then dried for 8 minutes at 38 ° C.. この画像受容層の厚みは、8μm または 8.6g/m 2 The thickness of the image-receiving layer, 8 [mu] m or 8.6 g / m 2
であった。 Met. 【0074】 対照標準要素C−11〜C−16の調製 対照標準要素C−1およびC−6〜C−10に、例1において使用したポリマー粒子CP−3を含んでなる水性分散体を、さらに塗布し、25℃において3分間乾燥し、 [0074] in Control Element C-11~C-16 Preparation Control Element C-1 and C-6~C-10 of an aqueous dispersion comprising a polymer particle CP-3 used in Example 1, further coated, and dried for 3 minutes at 25 ° C.,
次いで、強制空気循環を用いて40℃においてさらに3分間乾燥して、 7.6g/m 2の乾燥レイダウンを達成した。 Then dried further 3 minutes at 40 ° C. using a forced air circulation, to achieve a dry laydown of 7.6 g / m 2. コーティング溶液において少量の非イオン性界面活性剤(Olin 10G(商標))(上記層の全乾燥レイダウンに対して 0.1%〜4%で使用した)を使用して、塗布時の表面張力を制御した。 Using a small amount of non-ionic surfactant (Olin 10G (TM)) (was used with 0.1% to 4% relative to the total dry laydown of the layer) in the coating solution was controlled surface tension during coating . 【0075】 本発明の要素2〜7の調製 これらの要素は、コア−シェル粒子P−2を使用したことを除き、C−11〜C−16と同じに調製した。 [0075] These elements preparation of elements 2-7 of the present invention, the core - except for the use of shell particles P-2, was the same as prepared as C-11~C-16. 【0076】 本発明の要素8〜13の調製 これらの要素は、コア−シェル粒子P−3を使用したことを除き、C−11〜C−16と同じに調製した。 [0076] These elements preparation of elements 8-13 of the present invention, the core - except for the use of shell particles P-3, were the same as prepared as C-11~C-16. 【0077】 本発明の要素14〜19の調製 これらの要素は、コア−シェル粒子P−4を使用したことを除き、C−11〜C−16と同じに調製した。 [0077] These elements preparation of elements 14 to 19 of the present invention, the core - except for the use of shell particles P-4, was the same as prepared as C-11~C-16. 【0078】 インク吸収および融着 例1と同様に、これらの要素に印刷し、これらの要素を融着させた。 [0078] Like the ink absorption and fusion Example 1 were printed on these elements to fuse these elements. 以下の結果が得られた。 The following results were obtained. 【0079】 【表5】 [0079] [Table 5] 【0080】上記結果は、本発明の要素上のオーバーコート層が、対照標準要素と比較して、融着前のより良好な凝集結着性、速いインク吸収を有しており、印刷後に可撓性であり、プリント保護を与えたことを示している。 [0080] The above results, the overcoat layer on the element of the present invention, as compared to Control Element, better cohesive binding property before fusing, has a fast ink absorption, soluble after printing a FLEXIBLE, indicating that gave print protection. 【0081】本発明の他の好ましい態様を、請求項との関連において、次に記載する。 [0081] Other preferred embodiments of the present invention, in connection with claims, are described next. 【0082】[1] 高分子疎水性シェルで覆われた高分子疎水性コアを含むコア/シェル構造を有する非多孔質高分子粒子を含む可融性多孔質画像受容層を担持している支持体を含んでなるインクジェット記録要素であって、前記高分子疎水性コアのTg が前記高分子疎水性シェルのTg よりも少なくとも25℃高い、インクジェット記録要素。 [0082] [1] The support carrying the fusible porous image-receiving layer comprising non-porous polymeric particles having a core / shell structure comprising a polymeric hydrophobic core covered with a polymeric hydrophobic shell an inkjet recording element comprising a body, the Tg of the polymer hydrophobic core of at least 25 ° C. higher than the Tg of the polymeric hydrophobic shell, the ink jet recording element. 【0083】[2] 前記高分子疎水性コアのTg が50 [0083] [2] Tg of the polymer hydrophobic core 50
℃〜 200℃である、[1]に記載の要素。 A ° C. ~ 200 ° C., element according to [1]. 【0084】[3] 前記高分子疎水性シェルのTg が−60℃〜 125℃である、[1]に記載の要素。 [0084] [3] The polymer Tg of the hydrophobic shell is -60 ℃ ~ 125 ℃, element according to [1]. 【0085】[4] 前記支持体と前記画像受容層との間にインク保持層が存在する、[1]に記載の要素。 [0085] [4] The ink retaining layer is present between the support and the image-receiving layer, the element according to [1]. 【0086】[5] 前記インク保持層が1μm 〜50μ [0086] [5] The ink retaining layer is 1 [mu] m ~50Myu
m の厚みを有し、前記画像受容層が2μm 〜30μm の厚みを有する、[4]に記載の要素。 Has a thickness of m, the image-receiving layer has a thickness of 2 [mu] m 30 .mu.m, elements described in [4]. 【0087】[6] 前記画像受容層が5μm 〜 100μ [0087] [6] The image-receiving layer is 5 [mu] m ~ 100 microns
m の厚みを有する、[1]に記載の要素。 Having a thickness of m, the element according to [1]. 【0088】[7] 前記支持体が樹脂コート紙である、[1]に記載の要素。 [0088] [7] wherein the support is a resin coated paper, element according to [1]. 【0089】[8] 前記インク保持層が、連続的で、 [0089] [8] The ink retaining layer is continuous,
同一の広がりを有し、そして多孔質である、[4]に記載の要素。 Coextensive, and a porous element according to [4]. 【0090】[9] 前記インク保持層が20%〜 100% [0090] [9] The ink retaining layer is 20% to 100%
の粒子および0%〜80%の高分子バインダーを含んでなる、[8]に記載の要素。 Comprising a particle and 0% to 80% of polymeric binder, element according to [8]. 【0091】[10] A)ディジタルデータ信号に応答するインクジェットプリンターを用意する工程、 B)前記プリンターに、[1]に記載のインクジェット記録要素を装填する工程、 C)前記プリンターに、水、湿潤剤、および水溶性染料を含んでなるインクジェットインク組成物を装填する工程、並びにD)前記ディジタルデータ信号に応答して前記インクジェットインクを使用して前記オーバーコート層上に印刷する工程、を含むインクジェット印刷方法。 [0091] [10] A) a step of preparing an ink jet printer that is responsive to digital data signals, B) in the printer, the ink jet process of loading the recording element, C) the printer described in [1], water, wet jet containing agent, and the step of loading the ink jet ink composition comprising a water-soluble dye, and D) a step of printing using the inkjet ink in response to said digital data signal on the overcoat layer, the printing method.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 シャオルー ワン アメリカ合衆国,ニューヨーク 14623, ロチェスター,イースト スクワイア ド ライブ 112 (72)発明者 ウェンディー エス. ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Xiao Lu Wan United States, New York 14623, Rochester, East Squire drive 112 (72) inventor Wendy es. クルゼミアン アメリカ合衆国,ニューヨーク 14468, ヒルトン,ウォーカー レイク オンタリ オ ロード 710 Fターム(参考) 2C056 EA13 FC06 2H086 BA15 BA31 BA34 BA41 Kuruzemian United States, New York 14468, Hilton, Walker Lake Ontari o load 710 F-term (reference) 2C056 EA13 FC06 2H086 BA15 BA31 BA34 BA41

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 高分子疎水性シェルで覆われた高分子疎水性コアを含むコア/シェル構造を有する非多孔質高分子粒子を含む可融性多孔質画像受容層を担持している支持体を含んでなるインクジェット記録要素であって、前記高分子疎水性コアのTg が前記高分子疎水性シェルのガラス転移温度(Tg )よりも少なくとも25℃高い、インクジェット記録要素。 Claims We claim: 1. A fusible porous image-receiving layer comprising non-porous polymeric particles having a core / shell structure comprising a polymeric hydrophobic core covered with a polymeric hydrophobic shell an inkjet recording element comprising a support having thereon, the polymer Tg of the hydrophobic core of at least 25 ° C. higher than the glass transition temperature (Tg) of the polymer hydrophobic shell, the ink jet recording element.
JP2002350894A 2001-12-04 2002-12-03 Withdrawn JP2003205678A5 (en)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US10/011427 2001-12-04
US10/011492 2001-12-04
US10011427 US6777041B2 (en) 2001-12-04 2001-12-04 Ink jet recording element
US10011492 US6789891B2 (en) 2001-12-04 2001-12-04 Ink jet printing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003205678A true true JP2003205678A (en) 2003-07-22
JP2003205678A5 true JP2003205678A5 (en) 2006-01-26

Family

ID=

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011168045A (en) * 2010-01-11 2011-09-01 Rohm & Haas Co Recording material
JP2012504071A (en) * 2008-09-30 2012-02-16 イーストマン コダック カンパニー Fusible inkjet recording medium

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012504071A (en) * 2008-09-30 2012-02-16 イーストマン コダック カンパニー Fusible inkjet recording medium
JP2011168045A (en) * 2010-01-11 2011-09-01 Rohm & Haas Co Recording material

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP1318025A2 (en) 2003-06-11 application
JP2008260300A (en) 2008-10-30 application
EP1318025A3 (en) 2004-12-08 application
DE60220239T2 (en) 2008-01-17 grant
EP1318025B1 (en) 2007-05-23 grant
DE60220239D1 (en) 2007-07-05 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6089704A (en) Overcoat for ink jet recording element
US6238047B1 (en) Ink jet recording medium for a pigment ink
US6497480B1 (en) Ink jet printing method
US6140390A (en) Melt-fusible inkjet recording elements and inks with improved durability
US6447111B1 (en) Ink jet printing method
US20050025911A1 (en) Porous fusible inkjet media with fusible core-shell colorant-receiving layer
US6645582B2 (en) Ink jet recording element
US6020032A (en) Method for preparing an ink jet recording element
US20030138604A1 (en) Multilayer inkjet recording element withv porous polyester particle
US6475602B1 (en) Ink jet recording element
US6457824B1 (en) Ink jet printing method
JPH0516517A (en) Recording sheet and recording matter
US6475603B1 (en) Ink jet recording element
US6695447B1 (en) Ink jet recording element
WO2002007984A2 (en) Microporous ink jet recording material
US6086985A (en) Ink jet recording element
US20040090512A1 (en) Ink jet printing method
US6770336B2 (en) Ink jet recording element
US6677008B2 (en) Ink jet recording element
US20070237911A1 (en) Coating liquid for ink receiving layer, production method thereof, ink jet recording medium and production method thereof
US20040061764A1 (en) Ink jet printing method
JP2001138627A (en) Ink jet recording sheet
US20050162495A1 (en) Inkjet recording element and method of use
US20030059583A1 (en) Ink jet recording element
JP2003080837A (en) Ink-jet recording sheet

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051202

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051202

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070703

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20071001

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20071004

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080212

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20080717