JP2000329370A - 壁埋込型空気調和機 - Google Patents

壁埋込型空気調和機

Info

Publication number
JP2000329370A
JP2000329370A JP11138309A JP13830999A JP2000329370A JP 2000329370 A JP2000329370 A JP 2000329370A JP 11138309 A JP11138309 A JP 11138309A JP 13830999 A JP13830999 A JP 13830999A JP 2000329370 A JP2000329370 A JP 2000329370A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
indoor
outdoor
fan
suction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP11138309A
Other languages
English (en)
Inventor
Tadashi Shimizu
忠 清水
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Industries Ltd filed Critical Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority to JP11138309A priority Critical patent/JP2000329370A/ja
Publication of JP2000329370A publication Critical patent/JP2000329370A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F1/00Room units for air-conditioning, e.g. separate or self-contained units or units receiving primary air from a central station
    • F24F1/0007Indoor units, e.g. fan coil units
    • F24F1/0043Indoor units, e.g. fan coil units characterised by mounting arrangements
    • F24F1/0057Indoor units, e.g. fan coil units characterised by mounting arrangements mounted in or on a wall

Abstract

(57)【要約】 【課題】 室内空調モードのみならず外気導入モード、
排気モードで運転しうる構造が簡単で安価な壁埋込型空
気調和機を提供する。 【解決手段】 室内Rと室外Uとを仕切る壁1内に埋込
まれる室内機本体2の中央部にフアン3を設置し、室内
空気をフアン3の吸込側に導く室内空気吸込流路4と、
この室内空気吸込流路4を開閉する室内空気吸込ダンパ
14と、室外空気をフアン3の吸込側に導く室外空気吸込
流路5と、この室外空気吸込流路5を開閉する室外空気
吸込ダンパ15を設ける。そして、フアン3から吹き出さ
れ熱交換器8、9を流過した空気を室内Rに導く室内吹
出流路10、11と上記熱交換器8、9を流過した空気を室
外Uに導く室外吹出流路12、13のいずれかに切り換えて
導入する吹出空気切換ダンパ16、17と、室内空気吸込ダ
ンパ14、室外空気吸込ダンパ15とを互いに連繋して駆動
することにより室内空調、外気導入、排気等の複数モー
ドを設定する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は壁埋込型空気調和機
に関する。
【0002】
【従来の技術】室内と室外とを仕切る壁の内部に室内機
及びこれに接続されるダクト、配管、電線等を埋め込む
ことによって室内及び室外の美観を向上するとともに室
内空気を室外に排出し、かつ、外気を室内に導入するこ
とができる壁埋込型空気調和機が実開平4−1328号
公報に示されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記従来の壁
埋込型空気調和機は吸排気のモード設定機構の他に吸排
気のモードに応じて吸排気を吸気用又は排気用ダクトに
強制的に流入させる機構を要するため、構造が複雑とな
り、コストが嵩むという問題があった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は上記課題を解決
するために発明されたものであって、その要旨とすると
ころは、室内と室外とを仕切る壁内に埋込まれる室内機
本体の中央部に設置されたフアンと、室内空気を上記フ
アンの吸込側に導く室内空気吸込流路と、この室内空気
吸込流路を開閉する室内空気吸込ダンパと、室外空気を
上記フアンの吸込側に導く室外空気吸込流路と、この室
外空気吸込流路を開閉する室外空気吸込ダンパと、上記
フアンから吹き出された空気が流過する熱交換器と、こ
の熱交換器を流過した空気を室内に導く室内吹出流路
と、上記熱交換器を流過した空気を室外に導く室外吹出
流路と、上記熱交換器を流過した空気を上記室内吹出流
路又は室外吹出流路のいずれかに切り換えて導入する吹
出空気切換ダンパと、上記室内空気吸込ダンパ、室外空
気吸込ダンパ及び吹出空気切換ダンパとを互いに連繋し
て駆動することにより室内空調、外気導入、排気等の複
数モードを設定する駆動手段を設けたことを特徴とする
壁埋込型空気調和機にある。
【0005】
【発明の実施形態】本発明の実施形態が図1に示され、
(A) は(B) のA−A線に沿う断面図、(B)は(A) のB矢
に沿う矢視図である。
【0006】室内Rと室外Uとを仕切る壁1の内部には
室内機本体2が埋め込まれ、この室内機本体2の中央部
にはフアン3が設置されている。
【0007】そして、室内機本体2には、室内空気をフ
アン3の吸込側に導く室内空気吸込流路4と、室外空気
をフアン3の吸込側に導く室外空気吸込流路5と、フア
ン3の吹出流路6、7に設置された熱交換器8、9を流
過した空気を室内Rに導く室内吹出流路10、11と、熱交
換器8、9を流過した空気を室外Uに導く室外吹出流路
12、13が形成されている。
【0008】そして、室内空気吸込流路4にはこれを開
閉する室内空気吸込ダンパ14が、室外空気吸込流路5に
はこれを開閉する室外空気吸込ダンパ15が設けられてい
る。また、熱交換器8を流過した空気を室内吹出流路10
又は室外吹出流路12のいずれかに切り換える吹出空気切
換ダンパ16と、熱交換器9を流過した空気を室内吹出流
路11又は室外吹出流路13のいずれかに切り換える吹出空
気切換ダンパ17が設けられている。
【0009】上記ダンパ14、15、16、17はそれぞれ図示
しない駆動手段によって互いに連繋して図2に示すよう
に駆動されることにより室内空調モード、外気導入モー
ド、排気モード等の複数のモードを設定できるようにな
っている。
【0010】なお、壁1の室内側壁面には化粧パネル18
が取り付けられ、この化粧パネル18には吸込グリル19、
吹出グリル20、21が形成されている。
【0011】しかして、室内空調モード時には、ダンパ
14、15、16、17は図1(A) に示す位置を占め、熱交換器
8、9には図示しない室外機からの冷媒が循環し、フア
ン3が回転駆動される。
【0012】すると、室内空気は吸込グリル19、室内空
気吸込流路4を経てフアン3に吸い込まれて付勢され
る。フアン3から吹き出された空気は吹出流路6、7を
経て熱交換器8、9を流過する過程で冷却又は加熱され
た後、室内吹出流路10、11、吹出グリル20、21を通って
室内に吹き出される。
【0013】外気導入モード時には、ダンパ14、15、1
6、17は図3に示す位置を占め、室外空気が室外空気吸
込流路5、フアン3、吹出流路6、7、熱交換器8、
9、室内吹出流路10、11、吹出グリル20、21をこの順に
経て室内Rに導入される。なお、この際、熱交換器8、
9に冷媒を循環させてもさせなくても良い。
【0014】排気モード時には、ダンパ14、15、16、17
は図4に示す位置を占め、室内空気が吸込グリル19、室
内空気吸込流路4、フアン3、吹出流路6、7、熱交換
器8、9、室外吹出流路12、13を経て室外Uに排出され
る。
【0015】上記各モードにおいて、ダンパ14及び15は
全開又は全閉とされているが、部分的に開又は閉とする
こともできる。更に、フアン3は図示のシュラウドレス
ターボフアンに限らずこれに代えて両吸込シロッコフア
ン等を用いることができる。
【0016】
【発明の効果】本発明においては、室内空気吸込ダン
パ、室外空気吸込ダンパ及び吹出空気切換ダンパを互い
に連繋して駆動することによって室内空調のみならず外
気導入、排気等の複数のモードで運転することができ
る。しかも、構造が簡単で、安価に製造しうる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施形態における空調モードを示し、
(A) は(B) のA−A線に沿う断面図、(B) は(A) のA−
A矢に沿う矢視図である。
【図2】上記実施形態の各モードにおけるダンパの状態
を示す図表である。
【図3】上記実施形態における外気導入モードを示す図
1(A) に対応する断面図である。
【図4】上記実施形態における排気モードを示す図1
(A) に対応する断面図である。
【符号の説明】
R 室内 U 室外 1 壁 2 室内機本体 3 フアン 4 室内空気吸込流路 5 室外空気吸込流路 6、7 吹出流路 8、9 熱交換器 10、11 室内吹出流路 12、13 室外吹出流路 14 室内空気吸込ダンパ 15 室外空気吸込ダンパ 16、17 吹出空気切換ダンパ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 室内と室外とを仕切る壁内に埋込まれる
    室内機本体の中央部に設置されたフアンと、室内空気を
    上記フアンの吸込側に導く室内空気吸込流路と、この室
    内空気吸込流路を開閉する室内空気吸込ダンパと、室外
    空気を上記フアンの吸込側に導く室外空気吸込流路と、
    この室外空気吸込流路を開閉する室外空気吸込ダンパ
    と、上記フアンから吹き出された空気が流過する熱交換
    器と、この熱交換器を流過した空気を室内に導く室内吹
    出流路と、上記熱交換器を流過した空気を室外に導く室
    外吹出流路と、上記熱交換器を流過した空気を上記室内
    吹出流路又は室外吹出流路のいずれかに切り換えて導入
    する吹出空気切換ダンパと、上記室内空気吸込ダンパ、
    室外空気吸込ダンパ及び吹出空気切換ダンパとを互いに
    連繋して駆動することにより室内空調、外気導入、排気
    等の複数モードを設定する駆動手段を設けたことを特徴
    とする壁埋込型空気調和機。
JP11138309A 1999-05-19 1999-05-19 壁埋込型空気調和機 Withdrawn JP2000329370A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11138309A JP2000329370A (ja) 1999-05-19 1999-05-19 壁埋込型空気調和機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11138309A JP2000329370A (ja) 1999-05-19 1999-05-19 壁埋込型空気調和機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000329370A true JP2000329370A (ja) 2000-11-30

Family

ID=15218879

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11138309A Withdrawn JP2000329370A (ja) 1999-05-19 1999-05-19 壁埋込型空気調和機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000329370A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1657503A2 (en) * 2004-11-16 2006-05-17 Sanyo Electric Co. Ltd Air conditioner
EP1659346A2 (en) * 2004-11-17 2006-05-24 Sanyo Electric Co. Ltd Air conditioner
EP1785678A2 (en) * 2005-11-14 2007-05-16 Sanyo Electric Co., Ltd. Air conditioner
CN111998526A (zh) * 2020-08-28 2020-11-27 贾刘庆 一种伸缩式限位的内嵌式换气机

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1657503A2 (en) * 2004-11-16 2006-05-17 Sanyo Electric Co. Ltd Air conditioner
EP1657503A3 (en) * 2004-11-16 2007-11-14 Sanyo Electric Co. Ltd Air conditioner
EP1659346A2 (en) * 2004-11-17 2006-05-24 Sanyo Electric Co. Ltd Air conditioner
EP1659346A3 (en) * 2004-11-17 2007-11-21 Sanyo Electric Co. Ltd Air conditioner
EP1785678A2 (en) * 2005-11-14 2007-05-16 Sanyo Electric Co., Ltd. Air conditioner
EP1785678A3 (en) * 2005-11-14 2008-07-16 Sanyo Electric Co., Ltd. Air conditioner
CN111998526A (zh) * 2020-08-28 2020-11-27 贾刘庆 一种伸缩式限位的内嵌式换气机
CN111998526B (zh) * 2020-08-28 2022-03-08 武汉网电盈科科技发展有限公司 一种伸缩式限位的内嵌式换气机

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20180363927A1 (en) Indoor unit air-conditioning apparatus
JPH09210390A (ja) 空気調和機
JP2730351B2 (ja) 空気調和機
JP2001227772A (ja) 埋込型空気調和機及び空気調和システム
WO2021244097A1 (zh) 窗式空调器
KR20080019357A (ko) 공기조화기
JP2000329370A (ja) 壁埋込型空気調和機
KR100964362B1 (ko) 공기조화기
KR20200111059A (ko) 공기조화기
JP2002089923A (ja) 換気ユニット
JP3308256B2 (ja) 床置型空気調和機
CN110966671A (zh) 厨房空调系统
KR101270610B1 (ko) 공기조화기의 실내기 및 그 제어 방법
KR100672602B1 (ko) 공기조화장치의 실내 열교환유닛
JPS58205031A (ja) 空調換気装置
KR20070078253A (ko) 공기조화기의 실내기
KR20090010449A (ko) 공기조화기
KR100714591B1 (ko) 액자형 공기조화기용 실내기
JPH03282132A (ja) 空気調和装置
KR20040015872A (ko) 액자형 공기조화기
JPH0448132A (ja) 換気装置
JPH01296031A (ja) 空気調和装置
JPH07260197A (ja) 空気調和機
JP2005164206A (ja) 空調用室内機および空気調和装置
JP2002267208A (ja) 室外ユニット

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20060801