WO1994007621A1 - Method of forming welded pipe and forming stand therefor - Google Patents

Method of forming welded pipe and forming stand therefor Download PDF

Info

Publication number
WO1994007621A1
WO1994007621A1 PCT/JP1993/001265 JP9301265W WO9407621A1 WO 1994007621 A1 WO1994007621 A1 WO 1994007621A1 JP 9301265 W JP9301265 W JP 9301265W WO 9407621 A1 WO9407621 A1 WO 9407621A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
roll
forming
metal
metal band
width
Prior art date
Application number
PCT/JP1993/001265
Other languages
French (fr)
Japanese (ja)
Inventor
Kenji Hada
Yasuo Kimiya
Daigo Sumimoto
Original Assignee
Nippon Steel Corporation
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP4/256708 priority Critical
Priority to JP25670892 priority
Priority to JP1428493A priority patent/JP2642575B2/en
Priority to JP5/14283 priority
Priority to JP1428393A priority patent/JPH05317979A/en
Priority to JP5/14282 priority
Priority to JP5/14284 priority
Priority to JP1428293A priority patent/JPH05309422A/en
Application filed by Nippon Steel Corporation filed Critical Nippon Steel Corporation
Publication of WO1994007621A1 publication Critical patent/WO1994007621A1/en

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D5/00Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves
    • B21D5/06Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves by drawing procedure making use of dies or forming-rollers, e.g. making profiles
    • B21D5/10Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves by drawing procedure making use of dies or forming-rollers, e.g. making profiles for making tubes
    • B21D5/12Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves by drawing procedure making use of dies or forming-rollers, e.g. making profiles for making tubes making use of forming-rollers

Abstract

A method of forming a welded pipe with high dimensional accuracy on a production line for the welded pipe, wherein a metal web having a predetermined width is continuously roll-formed and welded, and more particularly for bending the end portions of the metal web with high accuracy, and a forming stand therefor. A pair of top and bottom forming horizontal rolls or a forming horizontal roll, each split into two segments in the metal web width direction, can be each adjusted in position in the widthwise direction, and further, each split top roll segment has a construction capable of turning about and being fixed on a shaft disposed in the vertical direction. Further, in order to maximize the effect of the present invention, the direction of turning and the angle of turning are restricted. With the above-described arrangement, edge bending can be performed without impairing the accuracy in the wall thickness of the material to be formed, and further, common use of rolls for forming metal webs into pipes with different diameters is possible.

Description

明 細 書 溶接管の成形方法および成形スタ ン ド 技術の分野  Description Field of welding pipe forming method and forming stand technology
本発明は、 電気抵抗溶接法、 あるいは、 その他の溶接法にて.、 所 定の幅の金属帯を連続的にロール成形、 溶接する、 溶接管の製造ラ ィ ンにおける寸法精度の良好な溶接管を成形するための成形方法、 および成形スタ ン ドに関する ものである。 従来の技術  The present invention provides a method for continuously forming and welding a metal band having a predetermined width by an electric resistance welding method or other welding methods. The present invention relates to a molding method for molding a pipe and a molding stand. Conventional technology
一般に、 電気抵抗溶接鋼管などの溶接管を製造する製造工程にお いては、 所定の幅の金属帯が、 複数のブレークダウ ンロール、 サイ ドロール、 フ ィ ンパスロールなどからなる成形ロール群に連続的に 供給され、 然かる後に、 スク イ ズロールで高周波溶接等の溶接を施 される こ とによって製造される。  Generally, in a manufacturing process for manufacturing a welded pipe such as an electric resistance welded steel pipe, a metal strip having a predetermined width is continuously formed into a forming roll group including a plurality of break-down rolls, side rolls, and fin pass rolls. Supplied and then manufactured by welding such as high frequency welding with squeeze rolls.
この方法は、 連続で製造可能なため、 高能率で、 低コス トである こ とが大きな利点である。 このため、 機械構造用管、 ボイ ラー管、 油井管、 各種配管など幅広 く 用いられており、 最近では、 薄肉管、 厚肉管、 高張力管などの要求も増加している。 さ らに、 高級管指向 と して高寸法精度の確保が強く望まれている。  The major advantages of this method are high efficiency and low cost because it can be manufactured continuously. For this reason, they are widely used for pipes for machine structures, boiler pipes, oil well pipes, various pipes, etc. Recently, demands for thin-walled pipes, thick-walled pipes, high-strength pipes and the like have been increasing. In addition, there is a strong demand for high-dimensional pipes to ensure high dimensional accuracy.
しかし、 これらの薄肉管、 厚肉管や高張力管を従来法によって成 形した場合、 形状不良が生じるよう になる。 つま り、 エ ッ ジフ ォー ミ ングをする初期成形過程の上下一対のブレークダウ ンロールにお ける成形において、 被成形材のエ ツ ジ部の曲げ不足などの問題が生 じるよう になる。  However, when these thin-walled pipes, thick-walled pipes, and high-strength pipes are formed by a conventional method, defective shapes are generated. In other words, in forming in the pair of upper and lower break-down rolls in the initial forming process of edge forming, problems such as insufficient bending of the edge portion of the material to be formed arise.
これに対して、 エ ッ ジフ ォー ミ ングの際に、 被成形材の中央部付 近を製品と逆の曲率に曲げ、 両端部を製品と同じ側に曲げる、 いわ ゆる Wベン ド法が実用化されている。 この方法の効果については、 例えば、 塑性加工学会発行の昭和 60年度塑性加工春期講演会論文集On the other hand, during edge forming, the center The so-called W-bend method has been put to practical use, in which the vicinity is bent to the opposite curvature and the ends are bent to the same side as the product. For the effect of this method, see, for example, the Journal of the Japan Society for Technology of Plasticity.
P 5 19 に紹介されている。 It is introduced on page 519.
また、 特開平 1 — 4421 7 号公報には、 エ ッ ジフォーミ ングのため の成形スタ ン ドの水平ロールの下孔型ロールを二つのロールから構 成し、 かつ、 金属帯進行方向への傾斜角を調整可能とする こ とによ り、 厚肉材でも薄肉材でもエ ッ ジ部の成形を十分に行う こ とを可能 とする方法が記載されている。  Japanese Patent Application Laid-Open No. 1-44217 discloses that a pilot hole horizontal roll of a forming stand for edge forming is composed of two rolls, and that the roll is inclined in a direction in which the metal strip advances. A method is described in which the angle can be adjusted so that the edge portion can be sufficiently formed in both thick and thin materials.
一方、 このよう な金属管を口ール成形、 溶接によって製造する過 程においては、 手持ちロールの削減による ロールコス トの削減、 口 ール組み替え頻度の低減による ライ ン稼働率の向上などを目的と し て、 管径の異なった金属帯に対して、 ロール共用性の可能な成形口 —ルが望まれている。 これに対して、 特開昭 62— 166027号公報に示 すよう なロールが考案されており、 実用化されている。  On the other hand, in the process of manufacturing such metal pipes by mouth forming and welding, the objectives are to reduce roll costs by reducing the number of hand-held rolls, and to improve the line operation rate by reducing the frequency of changing sockets. In addition, there is a demand for a molding port that can be used for rolls for metal strips having different pipe diameters. On the other hand, a roll as disclosed in JP-A-62-166027 has been devised and put into practical use.
上記に示したよ うに、 従来の成形方法におけるエ ッ ジフォーミ ン グを行なう ブレークダウ ンロールにおいては、 特に、 薄肉管、 厚肉 管や高張力管を成形しょう とする場合において、 形状不良の問題が 生じる。 なお、 この形状不良を解消するために、 後段のフ ィ ンバス ロールでエ ッ ジフォーミ ングを強化しょう と した場合には、 第 1 図 に示すよ うなエ ッ ジ部の增肉 1 が大き く なり、 寸法精度を阻害する 要因となる。  As described above, break down rolls that perform edge forming in the conventional forming method have a problem of poor shape, especially when trying to form thin-walled tubes, thick-walled tubes, or high-tensile tubes. . In order to solve this shape defect, if the edge forming is intended to be strengthened by a later-fins roll, the wall thickness 1 of the edge as shown in Fig. 1 becomes large. This is a factor that hinders dimensional accuracy.
また、 Wベン ド方式のブレークダウ ンロールにおいては、 エ ッ ジ 部の曲げ力の確保が十分に得られるため、 従来法に比べエ ッ ジ部の 曲げを行なう こ とができるが、 被成形材と上ロールとの接触開始点 からロール直下に至るまでの成形過程において、 上ロールと被成形 材が局部的に接触するために、 第 2図に示すよう な圧痕 2 が生じ易 く、 肉厚精度を阻害する要因となっている。 さ らに、 この方法にお いても、 上ロール 3 の設計肉厚より もある程度以上大あるいは小の 厚肉管、 薄肉管を成形する場合の形状不良を根本的に解決し得るも のではな く、 成形肉厚共用性の範囲を拡大するには至っていない。 In addition, in the case of the W-bend break down roll, the edge portion can be bent more than in the conventional method because the bending force of the edge portion can be sufficiently ensured. In the forming process from the point of contact between the upper roll and the upper roll to just below the roll, the upper roll and the material to be formed are in local contact, so that indentations 2 as shown in Fig. 2 are likely to occur. This is a factor that hinders wall thickness accuracy. Furthermore, even this method cannot fundamentally solve the shape defect when forming a thick-walled tube or a thin-walled tube that is larger or smaller than the designed thickness of the upper roll 3 to some extent. As a result, the range of common use of molding thickness has not been expanded.
これに対して、 前記特開平 1 一 044217号公報では、 通常のエ ッジ フ ォー ミ ング法に比べ、 被成形材とロールの接触が連続的に変化す るため、 圧痕などの軽減が期待できるが、 下ロールのみを交差、 か つ、 傾斜する構造上、 共用性の範囲が限定される。  On the other hand, in Japanese Patent Application Laid-Open No. Hei 11-44217, the contact between the material to be formed and the roll is continuously changed as compared with the ordinary edge forming method. Although it can be expected, the range of commonality is limited due to the structure that crosses and lowers only the lower roll.
一方、 特開昭 62— 1 66027号公報に示すロールは、 幅広い管外径範 囲のロール共用性を有するもの、 ロール曲率が連続的に変化してい るため、 金属帯とロールの接触が局部的となり易く、 形状不良など の問題を有するため、 特に、 厚肉管の成形には適していない。 発明の開示  On the other hand, the roll disclosed in Japanese Patent Application Laid-Open No. 62-66027 has a roll-sharing property in a wide range of tube outer diameters, and since the roll curvature changes continuously, the contact between the metal band and the roll is localized. It is not suitable for forming thick-walled pipes because it tends to be a target and has problems such as poor shape. Disclosure of the invention
本発明は、 このような従来技術の問題点を解決するためになされ たもので、 溶接管の製造ライ ンにおいて、 寸法精度の良好な溶接管 を成形することができ、 特に、 金属帯端部を精度良く 曲げることが 可能な成形方法および成形スタ ン ドを提供することを目的として、 その要旨は下記のとおりである。  The present invention has been made in order to solve such problems of the prior art, and it is possible to form a welded pipe having good dimensional accuracy in a welded pipe manufacturing line. The purpose of the present invention is to provide a molding method and a molding stand capable of accurately bending a steel sheet, and the gist is as follows.
( 1 ) 所定の幅の金属带をロール成形、 溶接する溶接管の製造ラィ ンにおける金属帯端部曲げ成形方法において、 金属帯幅方向に二分 割されたそれぞれ上下一対の水平ロールを、 鉛直方向を旋回軸とし て上下交差させた状態で、 金属带を成形することを特徴とする溶接 鐧管の成形方法。  (1) In a method of bending a metal band end at a manufacturing line of a welded pipe for forming and welding a metal having a predetermined width, a pair of upper and lower horizontal rolls, each of which is bisected in the width direction of the metal band, are vertically A method for forming a welded pipe, wherein the metal is formed in a state where the pipe is crossed up and down as a turning axis.
( 2 ) 前記上下一対の成形水平ロールにおいて、 上ロールの旋回角 u 、 および下ロールの旋回角 o d を、 上下ロールの旋回方向をそ れぞれ逆向きとし、 かつ、 a u ≤45 ° (2) In the pair of upper and lower forming horizontal roll, turn angle u of the upper rolls, and the turning angle o d a lower roll, and the turning direction of the upper and lower rolls, respectively Re its opposite, and, au ≤45 °
d ≤30 °  d ≤30 °
但し、 a u : 金属帯幅方向軸と水平上口ールのロール軸のなす角度 a d : 金属帯幅方向軸と水平下ロールのロール蚰のなす角度 の範囲に設定する ( 1 ) 記載の溶接鋼管の成形方法。 However, a u : the angle formed by the metal band width direction axis and the roll axis of the horizontal upper roll a d : the angle formed by the metal band width direction axis and the roll of the horizontal lower roll is set within the range described in (1). Forming method for welded steel pipe.
( 3 ) 前記上下一対の成形水平ロールにおいて、 該上ロールが、 口 一ルスタ ン ドの入側で金属帯のエ ッジ側、 ロールスタ ン ドの出側で 金属帯の中心側に向く ように旋回角を設定する ( 1 ) または ( 2 ) 記載の溶接鐧管の成形方法。  (3) In the pair of upper and lower forming horizontal rolls, the upper roll is directed to the edge side of the metal band at the entrance side of the mouth and the center side of the metal band at the exit side of the roll stand. The method of forming a welded pipe according to (1) or (2), wherein the turning angle is set.
( 4 ) 所定の幅の金属帯をロール成形、 溶接する溶接管の製造ラィ ンにおける金属帯端部曲げ成形方法において、 金属帯幅方向に二分 割されたそれぞれ水平上ロールを、 鉛直方向を旋回軸と して旋回 - 固定させた状態で、 金属帯を成形することを特徴とする溶接鋼管の 成形方法。  (4) Roll forming and welding of a metal band with a predetermined width In the method of bending the metal band end at a welding pipe manufacturing line, each of the upper horizontal rolls divided in the metal band width direction is turned vertically. A method for forming a welded steel pipe, comprising forming a metal strip while rotating as a shaft-fixed.
( 5 ) 前記水平上ロールにおいて、 水平上ロールの旋回角 a u を、 u ≤ 45 (5) In the upper horizontal roll, the turning angle a u of the upper horizontal roll is given by u ≤ 45
但し、 o u : 金属带幅方向軸と水平上ロールのロール軸のなす角度 の範囲に設定する ( 4 ) 記載の溶接鋼管の成形方法。 However, o u: setting a range of the angle of the roll shaft of the metal带幅axis and the horizontal on the roll (4) molding method welded pipe according.
( 6 ) 前記水平上ロールにおいて、 ロールスタ ン ドの入側で金属帯 のエ ッジ側、 ロールスタ ン ドの出側で金属帯の中心側に向く ように 旋回角を設定する ( 4 ) または ( 5 ) 記載の溶接鋼管の成形方法。 (6) In the upper horizontal roll, the turning angle is set so that the entrance side of the roll stand faces the edge side of the metal band, and the exit side of the roll stand faces the center side of the metal band. (4) or ( 5) The method for forming a welded steel pipe according to the above.
( 7 ) 所定の幅の金属带をロール成形、 溶接する溶接管の製造ライ ンにおける金属帯端部曲げ成形方法において、 金属帯幅方向に二分 割されたそれぞれ上下一対の水平ロールを、 金属帯成形方向に異な る位置に配置し、 鉛直方向を旋回軸として上下交差させた状態で、 金属帯を成形することを特徴とする溶接鋼管の成形方法。 (7) In a method for bending a metal band end in a production line of a welded pipe for roll forming and welding a metal wire having a predetermined width, a pair of upper and lower horizontal rolls, each of which is bisected in the metal band width direction, is formed by a metal band. A method for forming a welded steel pipe, wherein the metal strip is formed in a state where the metal strip is arranged at a position different from the forming direction and crosses vertically with a vertical axis as a rotation axis.
( 8 ) 所定の幅の金属带を π—ル成形、 溶接する溶接管の製造ライ ン · 初期成形ロール群において、 金属帯端部曲げ成形用の上下一対 の水平ロールを金属帯幅方向に二分割し、 さ らに、 両側のそれぞれ の該上下ロールは、 鉛直方向を旋回軸と してロール位置調整、 およ ;び、 板幅方向の位置調整をするこ とが可能であることを特徴とする 溶接鋼管の成形スタ ン ド。 (8) Manufacturing line for welding pipes for forming and welding metal In the initial forming roll group, a pair of upper and lower horizontal rolls for bending at the end of the metal band are divided into two in the width direction of the metal band, and each of the upper and lower rolls on both sides has a vertical axis as a pivot axis. A welding stand for forming a welded steel pipe, characterized in that it is possible to adjust the roll position and adjust the position in the sheet width direction.
( 9 ) 所定の幅の金属帯をロール成形、 溶接する溶接管の製造ラィ ン · 初期成形ロール群において、 金属帯端部曲げ成形用の上水平口 ールを金属帯幅方向に二分割してライ ン両側に配置し、 該上ロール は、 鉛直方向を旋回軸としてロール位置調整、 および、 板幅方向の 位置調整をすることが可能であることを特徴とする溶接鋼管の成形 スタ ン ド。  (9) Manufacturing line for welded pipes to roll and weld a metal band of a predetermined width ・ In the initial forming roll group, the upper horizontal hole for bending the end of the metal band is divided into two parts in the width direction of the metal band. The upper roll is capable of adjusting the roll position using the vertical direction as a rotation axis, and adjusting the position in the sheet width direction. .
( 10 ) 前記二分割された水平ロールを、 金属带成形方向に異なる位 置に配置する ( 8 ) または ( 9 ) 記載の溶接鐧管の成形スタ ン ド。 図面の簡単な説明  (10) The forming stand for a welded pipe according to (8) or (9), wherein the two divided horizontal rolls are arranged at different positions in a metal forming direction. BRIEF DESCRIPTION OF THE FIGURES
第 1図は寸法精度を悪化させているエ ッジ増肉の例を示す金属帯 の断面図である。  FIG. 1 is a cross-sectional view of a metal strip showing an example of an edge thickening that deteriorates dimensional accuracy.
第 2図は寸法精.度を悪化させる曲げ圧痕の例を示す断面図である。 第 3図はロール直下近傍の金属帯成形の進行状況を示す図である。 第 4図は本発明の各成形曲率、 肉厚に応じて設定された上下ロー ルギヤ ップ例を示し、 ( a ) 薄肉の場合、 ( b ) 曲げ曲率小 (太径 サイ ズ) の場合、 ( c ) 厚肉の場合、 ( d ) 曲げ曲率大 (小径サイ ズ) の場合の図である。  FIG. 2 is a cross-sectional view showing an example of a bending indentation that deteriorates dimensional accuracy. FIG. 3 is a view showing the progress of metal band forming immediately below the roll. Fig. 4 shows examples of upper and lower roll gaps set according to the respective molding curvatures and wall thicknesses of the present invention. (A) In the case of thin wall, (b) In the case of small bending curvature (large diameter size), (C) Thick wall; (d) Large bending curvature (small diameter).
第 5図はロール方向を示し、 ( a ) は本発明における内向成形型 の例、 ( b ) は本発明における外向成形型の例である。  FIG. 5 shows the roll direction, (a) is an example of an inward molding die in the present invention, and (b) is an example of an outward molding die in the present invention.
第 6図は本発明の内向成形型におけるスラス トカ方向を示す図で ある。 第 7図は本発明における外向成形型の場合の上ロールの振れが発 生した場合の例である。 FIG. 6 is a view showing a thruster direction in the inward molding die of the present invention. FIG. 7 shows an example in which the upper roll deflects in the outward molding die according to the present invention.
第 8図は本発明を適用したロール例の ( a ) 正面図、 ( b ) 平面 図である。  FIG. 8 is a (a) front view and (b) a plan view of an example of a roll to which the present invention is applied.
第 9図は本発明を適用した成形装置例を示す図である。  FIG. 9 is a view showing an example of a molding apparatus to which the present invention is applied.
第 1 0図は本発明を適用した場合と、 しない場合の単スタ ン ド成形 後の曲率および肉厚分布例を示す図である。  FIG. 10 is a diagram showing an example of a curvature and a thickness distribution after single-stand molding when the present invention is applied and when it is not applied.
第 1 1図は本発明を適用した場合のロール共用性を表わす曲率、 肉 厚分布の例を示す図である。  FIG. 11 is a diagram showing an example of a curvature and a wall thickness distribution indicating roll sharability when the present invention is applied.
第 12図は本発明を適用したロール例の ( a ) 正面図、 ( b ) 平面 図である。  FIG. 12 is (a) a front view and (b) a plan view of a roll example to which the present invention is applied.
第 13図は本発明を適用した成形装置例を示す図である。 発明を実施するための最良の形態  FIG. 13 is a view showing an example of a molding apparatus to which the present invention is applied. BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
本発明においては、 エ ッジフ ォ ーミ ングを目的とするブレークダ ゥ ンスタ ン ドにおいて、 被成形材である金属带の扳幅方向に二分割 されて両側に配置された、 第 8図に示すようにエ ッジフ ォーミ ング を目的とするそれぞれ上下一対の成形水平ロールを、 鉛直方向を旋 回軸として上下交差させた状態で、 金属帯を成形するこ とによって、 薄肉管から厚肉管まで、 寸法精度良く成形するこ とが可能である。 これは、 第 3図に示すように、 上下一対の成形水平ロール 3 , 4を 交差することにより、 ロール直下近傍において、 上下ロール 3 , 4 はそれぞれ、 成形をうける金属帯 5の曲げ部の両側より連続的に接 触して成形されるため、 成形過程において、 従来法のように局部的 な接触が発生しないためである。 また、 第 4図 ( a ) 〜 ( c ) に示 すように、 ( a ) 薄肉の場合、 ( b ) 曲げ曲率小 (太径サイズ) の 場合、 ( c ) 厚肉の場合の図の如く 、 上ロール 3の旋回角を変化す るこ とにより、 ロール直下近傍の上ロール履歴によって形成される 曲率が変化するため、 被成形材である金属帯の肉厚に応じたギヤ ッ プ履歴を構成するこ とができ、 薄肉材から厚肉材までの肉厚範囲に 対し、 精度良く成形することが可能である。 In the present invention, as shown in FIG. 8, a break-down stand for edge forming is divided into two in the width direction of a metal to be formed and arranged on both sides. A pair of upper and lower forming horizontal rolls, each for edge forming, are vertically intersected with the vertical axis as the axis of rotation. It is possible to mold with high accuracy. This is because, as shown in FIG. 3, by crossing a pair of upper and lower forming horizontal rolls 3 and 4, the upper and lower rolls 3 and 4 are located on both sides of the bent portion of the metal band 5 to be formed in the vicinity immediately below the rolls. This is because the contact is formed more continuously so that local contact does not occur in the molding process as in the conventional method. Also, as shown in Fig. 4 (a) to (c), (a) thin wall, (b) small bending curvature (large diameter size), and (c) thick wall , Change the turning angle of upper roll 3 As a result, the curvature formed by the upper roll history immediately below the roll changes, so that a gear history corresponding to the thickness of the metal band as the material to be formed can be formed, and the thin material can be used. It is possible to mold with high accuracy in the thickness range up to thick materials.
さ らに、 第 4図 ( d ) に示すように、 ( d ) 曲げ曲率大 (小径サ ィ ズ) の場合の如く、 下ロールの旋回角を変化させることにより、 成形をう ける金属帯の外面に接触する下ロールによって形成される 曲率を変化させ、 かつ、 両側に設置された各々の上下一対のロール の板幅方向位置を、 被成形材である金属帯の幅に応じて調整するこ とにより、 管径の異なった金属帯に対してロール共用性を持たせる ことを可能と している。  In addition, as shown in Fig. 4 (d), (d) as in the case of large bending curvature (small diameter size), changing the turning angle of the lower roll changes the metal band to be formed. The curvature formed by the lower roll contacting the outer surface is changed, and the position of the pair of upper and lower rolls installed on both sides in the sheet width direction is adjusted according to the width of the metal band as the material to be formed. This allows rolls to be shared with metal strips with different pipe diameters.
なお、 一般的に、 上ロールの旋回角は、 上ロールの孔型形状、 金 属带の成形外径、 金属帯の板厚、 上ロール径などによって決定され 下ロールの旋回角は、 下ロールの孔型形状、 金属帯の成形外径、 下 ロール径などによって決定されるが、 本発明の第 2の発明では、 本 発明の効果を最大限に発揮するために、 上下ロールの旋回角方向を 以下のように限定した。  In general, the turning angle of the upper roll is determined by the hole shape of the upper roll, the forming outer diameter of the metal, the thickness of the metal strip, the diameter of the upper roll, and the like. It is determined by the shape of the hole, the outer diameter of the metal band, the diameter of the lower roll, etc. In the second invention of the present invention, in order to maximize the effect of the present invention, Was limited as follows.
金属帯の成形肉厚が薄く なるほど、 上ロールの旋回角度を大き く する必要があるが、 過度の旋回角度では上ロールと金属帯の間のす ベりが過大となり、 成形傷、 ロール焼付、 ロール寿命の低下などの 原因となるため、 金属帯の共用範囲を考慮して旋回角の上限を 45 ° と した。  It is necessary to increase the turning angle of the upper roll as the forming thickness of the metal strip becomes thinner.However, if the turning angle is excessive, the slip between the upper roll and the metal strip becomes excessive, resulting in forming scratches, roll seizure, The upper limit of the swivel angle was set to 45 ° in consideration of the shared range of metal strips, as this could cause a reduction in roll life.
さ らに、 下ロールの旋回角を大き くすることにより、 金属帯の成 形外径共用範囲が広く なるが、 過大な旋回角度では上述と同様の問 題の原因となる上、 上下左右ロールの干渉によりその範囲が限定さ れるため、 金属帯の成形外径共用範囲を考慮してその旋回角の上限 を 30 ° と した。 これにより、 約 1 . 5〜 2倍程度の外径共用性を得る こ とができる。 In addition, by increasing the turning angle of the lower roll, the range of common use of the forming outer diameter of the metal strip is widened.However, an excessive turning angle causes the same problem as described above. Since the range is limited by the interference of the metal strip, the upper limit of the turning angle is set to 30 ° in consideration of the common range of the forming outer diameter of the metal strip. As a result, about 1.5 to 2 times the outer diameter commonality is obtained. be able to.
さ らに、 本発明においては、 それぞれの上下ロールは、 金属帯成 形方向に異なる位置に配置する こ とによって、 金属帯の一方端部の 曲げ成形を開始した後に、 他端部の曲げ成形を開始する ものである , これによつて、 特に、 小径サイ ズの場合において、 上下ロールの旋 回時に両側のロールが干涉し合って旋回角に制約が発生する こ とを 解消している。 この場合に、 両側の上下ロールの金属帯成形方向位 置の間隔は上下ロール径、 及び、 設計旋回角範囲によって決定され る。  Further, in the present invention, the upper and lower rolls are arranged at different positions in the metal band forming direction, so that the bending of one end of the metal band is started and then the bending of the other end. This eliminates the restriction on the turning angle due to the rolls on both sides drying out when the upper and lower rolls are turned, especially in the case of small diameters. In this case, the interval between the upper and lower rolls on both sides in the metal band forming direction is determined by the upper and lower roll diameters and the design rotation angle range.
次に上水平ロールのみを二分割する場合について説明する。  Next, a case where only the upper horizontal roll is divided into two will be described.
被成形材である金属帯の板幅方向に二分割されて両側に配置され た、 エ ッ ジフォー ミ ングを目的とする成形水平上ロールを、 鉛直方 向を旋回蚰と して旋回、 固定させた状態で、 金属帯を成形する こ と によって、 薄肉管から厚肉管まで、 寸法精度良 く成形するこ とが可 能である。 これは、 第 3図に示すよう に、 上成形水平ロールを旋回 する こ とにより、 ロール直下近傍において、 上ロール 3 は、 成形を う ける金属帯の曲げ部の両側より連続的に接触して成形されるため、 成形過程において、 従来法のよう に局部的な接触が発生しないため である。 また、 第 4図 ( a ) 〜 ( c ) に示すように、 上ロール 3 の 旋回角を変化する こ とにより、 ロール直下近傍の上ロール履歴によ つて形成される曲率が変化するため、 被成形材である金属帯の肉厚 に応じたギャ ップ履歴を構成する ことができ、 薄肉材から厚肉材ま での肉厚範囲に対し、 精度良く成形する ことが可能である。  The upper horizontal forming roll, which is divided into two parts in the width direction of the metal strip as the material to be formed and arranged on both sides, is used for edge forming. By forming the metal strip in the closed state, it is possible to form thin and thick pipes with good dimensional accuracy. This is because, as shown in Fig. 3, by turning the upper forming horizontal roll, the upper roll 3 comes into continuous contact from both sides of the bent portion of the metal band to be formed in the vicinity immediately below the roll. The reason for this is that local contact does not occur during the molding process as in the conventional method. Also, as shown in FIGS. 4 (a) to 4 (c), by changing the turning angle of the upper roll 3, the curvature formed by the upper roll history immediately below the roll changes, so The gap history can be configured according to the thickness of the metal strip as the forming material, and it is possible to form the material with high precision in the thickness range from the thin material to the thick material.
また、 上ロールの旋回角は、 上ロールの孔型形状、 金属帯の成形 外径、 金属帯の板厚、 上ロール径などによって決定されるが、 本発 明の第 5 の発明では、 本発明の効果を最大限に発揮するために、 上 ロールの旋回角方向を以下のよう に限定した。 金属帯の成形肉厚が薄く なるほど、 上ロールの旋回角度を大き く する必要があるが、 過度の旋回角度では上ロールと金属帯の間のす ベりが過大となり、 成形傷、 ロール焼付、 ロール寿命の低下などの 原因となるため、 金属帯の肉厚の共用範囲を考慮して旋回角の上限 を 45 ° とした。 The turning angle of the upper roll is determined by the hole shape of the upper roll, the forming outer diameter of the metal strip, the thickness of the metal strip, the diameter of the upper roll, and the like. In the fifth invention of the present invention, In order to maximize the effect of the invention, the turning angle direction of the upper roll is limited as follows. It is necessary to increase the turning angle of the upper roll as the forming thickness of the metal strip becomes thinner.However, if the turning angle is excessive, the slip between the upper roll and the metal strip becomes excessive, resulting in forming scratches, roll seizure, The upper limit of the swivel angle was set to 45 ° in consideration of the common range of the thickness of the metal strip, as this may cause a reduction in roll life.
次に、 ロール方向について説明する。 上下ロールの二分割では上 下ロールを旋回させる場合、 ロールと金属帯のすべりの関係から、 ロールに金属带幅方向の力が作用し、 振れが発生する場合がある。 例えば、 第 5図 ( a ) に示すような、 上ロールはロールスタ ン ドの 入側が金属帯のェ ッ ジ惻、 出側が金属帯の中心側に向く ように設定 し、 下ロールはその旋回方向を逆方向に設定するこ とによって上下 ロールを交差させた場合 (この場合、 上ロールは金属帯のエ ッ ジ部 から内側へと接触点が移行することから、 以下、 内向成形型と称す ることにする。 ) 、 この場合には、 第 6図に示すように上ロールに は内側へのスラス ト力が下ロールには外側へのスラス トが生ずるこ とになる。 また、 上ロールには幅方向外向きの振れ、 下ロールには 幅方向内向きの振れが発生する。 一方、 第 5図 ( b ) に示すような、 上ロールはロールスタ ン ドの入側が金属帯の中心側、 出側が金属帯 のェ ッジ側に向く ように設定し、 下ロールはその旋回方向を逆方向 に設定することによつて上下ロールを交差させた場合 (この場合、 上ロールは金属帯の内側からエ ツジ部へと接触点が移行することか ら、 以下、 外向成形型と称するこ とにする。 ) 、 第 7図の如く、 上 ロールには幅方向内向きの振れ、 下ロールには幅方向外向きの振れ が発生する。 こ こで、 外向成形型の場合には、 上ロールが最エ ッ ジ まで接触しないこ とによるエ ッ ジ部曲げ不足、 また、 本発明を Wベ ン ド法に適用する場合、 振れに伴うギャ ップ狭化による局部減肉な どが発生する場合がある。 一方、 内向成形型では上記問題点の懸念がない上、 上下ロールの 振れ発生力はエ ッジ成形に有利な向きに作用しており、 上下ロール の圧下力の軽減などの利点が期待できる。 従って、 特にスタ ン ドの 剛性などの閔係によ り振れが発生し易いスタ ン ドの場合には、 内向 成形型とすることが望ま しい。 Next, the roll direction will be described. When the upper and lower rolls are swiveled in the upper and lower rolls, a force may be applied to the rolls in the width direction of the metal due to the slip between the rolls and the metal band, causing runout. For example, as shown in Fig. 5 (a), the upper roll is set so that the entry side of the roll stand points to the edge of the metal strip and the exit side faces the center side of the metal strip, and the lower roll sets the turning direction. When the upper and lower rolls cross each other by setting the reverse direction (in this case, the contact point of the upper roll shifts from the edge of the metal band to the inside, so hereafter it is referred to as the inward forming die) In this case, however, as shown in Fig. 6, an inward thrust is generated on the upper roll and an outward thrust is generated on the lower roll. In addition, the upper roll generates an outward deflection in the width direction, and the lower roll generates an inward deflection in the width direction. On the other hand, as shown in Fig. 5 (b), the upper roll is set so that the entry side of the roll stand faces the center side of the metal band and the exit side faces the edge side of the metal band, and the lower roll is the turning direction. When the upper and lower rolls intersect by setting them in the opposite direction (in this case, since the contact point of the upper roll shifts from the inside of the metal band to the edge, it is hereinafter referred to as an outward forming die) As shown in Fig. 7, the upper roll has a widthwise inward deflection and the lower roll has a widthwise outward deflection. Here, in the case of the outward molding die, the upper roll does not come into contact with the outermost edge, so that the edge portion is insufficiently bent, and when the present invention is applied to the W-bend method, it is accompanied by runout. There may be cases such as local wall thinning due to the narrowing of the gap. On the other hand, in the inward molding die, there is no concern about the above-mentioned problems, and the run-out force of the upper and lower rolls acts in a direction advantageous for edge forming, and advantages such as reduction of the rolling force of the upper and lower rolls can be expected. Therefore, it is desirable to use an inward molding die especially for a stand where run-out is likely to occur due to the rigidity of the stand and the like.
以上の説明は、 基本的には上ロールのみの旋回させる場合におい ても同様であって内向成形型とする方が有利である。  The above description is basically the same in the case where only the upper roll is turned, and it is more advantageous to use an inward molding die.
以下に、 本発明について実施例に基づいて、 図を参照して詳述す る。  Hereinafter, the present invention will be described in detail with reference to the drawings based on examples.
実施例 1  Example 1
第 8図は、 本発明を適用したロール例の ( a ) 正面図、 および ( b ) 平面図を示すものである。 ここで、 下ロール 4 は、 成形され る金属帯 5 のエッジ部 13の成形曲率に応じて、 旋回角 QT d が決定さ れる。 また、 金属帯の板幅、 曲げ長さに応じて、 両側の上下ロール 幅方向位置が決定される。 さ らに、 金属带 5の肉厚に応じて、 上口 ール 3 の旋回角 a u が決定される。 FIG. 8 shows (a) a front view and (b) a plan view of an example of a roll to which the present invention is applied. Here, the lower roll 4, depending on the molding curvature of the edge portion 13 of the metal strip 5 that will be formed, the turning angle QT d is determined. In addition, the position in the width direction of the upper and lower rolls on both sides is determined according to the plate width and the bending length of the metal strip. Further, the turning angle a u of the upper opening 3 is determined according to the thickness of the metal 5.
こ の時の金属帯の肉厚、 曲げ曲率に応じて旋回角を設定した場合 の。—ル直下近傍のロールギャ ップの履歴は第 4図に示したごと く 、 また、 ロールギヤ ッブの履歴に応じた金属帯の変形状況は第 3図に 示したごと く なり、 3 は上ロール、 4 は下ロール、 5 は金属帯、 7 は金属帯中央部を示している。  When the turning angle is set according to the thickness and bending curvature of the metal band at this time. -The history of the roll gap immediately below the roll is as shown in Fig. 4, and the deformation of the metal band according to the history of the roll gear is as shown in Fig. 3, where 3 is the upper roll. , 4 is the lower roll, 5 is the metal strip, and 7 is the center of the metal strip.
第 9図は、 本発明を適用したエッジベン ドスタ ン ドの例の正面図 を示すものである。 ロール支持梁部材 14 , 15は、 上下ロール軸受材 17 , 18をそれぞれ垂直保持しており、 上ロール支持梁部材 14は、 圧 下ス ク リ ュー軸 16により、 垂直方向に移動、 固定が可能な構造とな つている。 また、 上下ロール支持台 19 , 20は、 梁部材 1 4 , 15内に設 置された、 図に無いねじ軸回転、 あるいは、 図に無いレール上のス ライ ドプラケ ッ トの摺動により、 幅方向に移動、 固定できる構造と なっている。 さ らに、 上下ロール支持台 1 9 , 20は、 図に無いギヤ駆 動などの方法により、 鉛直軸を軸心として、 旋回、 固定が可能な構 造となっている。 FIG. 9 is a front view of an example of an edge bend stand to which the present invention is applied. The roll support beam members 14 and 15 vertically hold the upper and lower roll bearing members 17 and 18, respectively, and the upper roll support beam member 14 can be moved and fixed in the vertical direction by the screw down screw shaft 16. It has a simple structure. The upper and lower roll supports 19, 20 are rotated by screw shafts (not shown) or rails (not shown) installed in the beam members 14, 15, respectively. It has a structure that can be moved and fixed in the width direction by sliding the light bracket. Further, the upper and lower roll supports 19, 20 have a structure capable of turning and fixing around a vertical axis by a method such as gear driving not shown.
なお、 必要に応じて、 板幅方向中央部に、 中央部上下ロールある いは、 その上下いずれかを支持する軸受材をロール支持梁部材 1 4 , 1 5に固定する構造とすることも可能である。  In addition, if necessary, it is possible to adopt a structure in which the upper and lower rolls at the center in the width direction of the plate, or the bearing material that supports either the upper and lower rolls, are fixed to the roll support beam members 14 and 15. It is.
なお、 本実施例では、 両側の上下一対の水平ロールが同一スタ ン ド内に配置されている例を示したが、 本発明の第 7 の発明のごと く、 異なる位置に設置して、 一方の端部を曲げ成形した後に、 他端部の 曲げ成形を開始する場合は、 両側の位置間隔によっては、 別スタ ン ドとして配置してもよい。 さ らに、 端部曲げ成形を実施していない 側にガイ ドロールを設置することも可能である。  In this embodiment, an example is shown in which a pair of upper and lower horizontal rolls on both sides are arranged in the same stand. However, as in the seventh invention of the present invention, the horizontal rolls are installed at different positions. When the bending of the other end is started after the bending of the end of the other end, it may be arranged as a separate stand depending on the distance between both sides. Furthermore, it is also possible to install a guide roll on the side where the end bending is not performed.
第 10図は、 降伏応力 294 N Z mm 2 、 φ 50 . 8 Χ t 2 , 1 0 m m相当の帯 鐧のエ ッ ジフ ォー ミ ングに対して、 それぞれ本発明を適用した場合 と、 適用しない場合の単スタ ン ド成形後の曲率分布、 および肉厚分 布を示したものである。 なお、 こ の例は、 内向成形型を適用した場 合の例を示した。 従来法では、 薄肉材で曲げ不足、 厚肉材で曲げ部 圧痕が発生しているが、 本発明を適用したものでは、 非常に良好な 形状が得られている。 FIG. 10 shows the case where the present invention is applied and the case where the present invention is not applied to the edge forming of a band equivalent to a yield stress of 294 NZ mm 2 , φ50.8 Χt 2 and 10 mm, respectively. This figure shows the curvature distribution and wall thickness distribution after single-stand molding in this case. This example shows an example in which an inward molding die is applied. In the conventional method, insufficient bending occurs in a thin material, and an indentation occurs in a bent portion in a thick material. However, a very good shape is obtained by applying the present invention.
さらに、 第 1 1図は、 上記と同一ロールを用いて、 旋回角を調整す ることにより、 同材料、 34 . 0 X t 5 mm相当の帯鐧の、 エ ッジフ ォ — ミ ングを実施した後の曲率、 肉厚分布を示す。 ほぼ設定曲率通り 成形されており、 形状も良好である。 本発明を適用することにより、 ロール外径共用性を有することが分かる。  Furthermore, Fig. 11 shows the edge forging of the same material with a band equivalent to 34.0 Xt 5 mm by adjusting the turning angle using the same roll as above. The curvature and wall thickness distribution are shown later. It is molded almost according to the set curvature, and has good shape. It can be seen that by applying the present invention, the roll outer diameter is shared.
第 1表は、 同一ロールを用いて、 各種の成形外径、 肉厚に対して 上下ロールの旋回角を変化させて成形を実施した場合の曲率、 減肉 代の実績を示したものである。 本発明を適用するこ とによってエ ツ ジ成形性の向上、 減肉代低減、 ロール外径共用性を得ることが分か る。 さ らに、 旋回角設定条件を本発明の第 2発明、 第 3発明を適用 するこ とによって、 本発明の効果を最大限に発揮し得るこ とが分か る。 Table 1 shows the curvature and thickness reduction when molding was performed using the same roll and changing the turning angle of the upper and lower rolls for various forming outer diameters and wall thicknesses. It shows the performance of the generation. It can be seen that by applying the present invention, an improvement in edge formability, a reduction in wall thickness reduction, and a common use of a roll outer diameter are obtained. Further, it is understood that the effects of the present invention can be maximized by applying the second and third inventions of the present invention to the turning angle setting condition.
第 1 表  Table 1
*) 曲げ曲 且ぃ値(管 π曲率) に対する曲げ曲^ H貴値の比  *) The ratio of the bending curve ^ H precious value to the bending curve and the pipe value (pi-curvature)
のェッジ曲け '領域における平均  Average in the 'edge bend' region
R o /R ( R o :曲げ曲率 圣狙い値、 R :曲げ曲率^ ί圣雄値) **) 減肉 元鹏 実施例 2 R o / R (R o: bending curvature 圣 target value, R: bending curvature ^ ί 圣 male value) **) Example 2
第 1 2図は、 本発明を適用したロールの例の ( a ) 正面図、 および ( b ) 平面図を示すものである。 ここで、 下ロール 4 は、 成形され る金属带 5 の板幅、 曲げ長さに応じて、 両側の上下ロール幅方向位 置が決定される。 さ らに、 金属帯 5の肉厚に応じて、 上ロール 3 の 旋回角 ct u が決定される。 7 は金属帯の中央部を示している。  FIG. 12 shows (a) a front view and (b) a plan view of an example of a roll to which the present invention is applied. Here, the position of the lower roll 4 in the upper and lower roll width directions on both sides is determined according to the sheet width and the bending length of the metal member 5 to be formed. Further, the turning angle ctu of the upper roll 3 is determined according to the thickness of the metal strip 5. 7 shows the center of the metal strip.
こ の時の金属帯の肉厚、 曲げ曲率に応じて旋回角を設定した場合 のロール直下近傍の上ロールギャ ップの履歴は第 4図の上ロール 3 のごと く なり、 下ロールは通常のものと同じ く なる。 また、 ロール ギ ヤ ップの履歴に応じた金属帯の変形状況は第 3図に示したごと く なり、 3 は上ロール、 4 は下ロール、 5 は金属帯を示している。 第 13図は、 本究明を適用したエ ッジベン ドスタ ン ドの例の正面図 を示すものである。 ロール支持梁部材 14は、 上ロール轴受材 Πを垂 直保持しており、 上ロール支持梁部材 1 4は、 圧下ス ク リ ュー軸 16に より、 垂直方向に移動、 固定が可能な構造となっている。 また、 上 ロール支持台 19は、 梁部材 14内に設置された、 図に無いねじ軸回転、 あるいは、 図に無いレール上のスライ ドプラケ ッ トの摺動により、 幅方向に移動、 固定できる構造となっている。 さ らに、 上ロール支 持台 19は、 図に無いギヤ駆動などの方法により、 鉛直軸を軸心とし て、 旋回、 固定が可能な構造となっている。 一方、 下ロール 4 は、 下ロール蚰受材 18を介して下ロール蚰 20により回転が可能であり、 さ らに、 図示しない、 ねじ機構、 あるいは、 油圧機構により、 幅方 向に位置可変、 固定可能な構造となっている。  At this time, when the turning angle is set according to the thickness and bending curvature of the metal band, the history of the upper roll gap near immediately below the roll is as shown in upper roll 3 in Fig. 4, and the lower roll is a normal roll. It will be the same as the one. The deformation of the metal strip according to the history of the roll gap is as shown in Fig. 3, where 3 is the upper roll, 4 is the lower roll, and 5 is the metal strip. FIG. 13 shows a front view of an example of an edge bend stand to which the present finding is applied. The roll support beam member 14 vertically holds the upper roll {receiving material}, and the upper roll support beam member 14 can be moved and fixed in the vertical direction by the screw down screw shaft 16. It has become. In addition, the upper roll support base 19 can be moved and fixed in the width direction by rotating a screw shaft (not shown) or sliding a slide bracket on a rail (not shown) installed in the beam member 14. It has become. Further, the upper roll support 19 has a structure that can be turned and fixed around a vertical axis by a method such as gear driving not shown. On the other hand, the lower roll 4 can be rotated by a lower roll 20 via a lower roll receiving member 18, and furthermore, its position can be changed in the width direction by a screw mechanism or a hydraulic mechanism (not shown). It has a structure that can be fixed.
なお、 必要に応じて、 板幅方向中央部に、 中央部上ロールを支持 する蚰受材を上ロール支持梁部材 14に固定する構造とすることも可 能である。  If necessary, it is also possible to adopt a structure in which the supporting member for supporting the central upper roll is fixed to the upper roll supporting beam member 14 at the central portion in the plate width direction.
なお、 降伏応力 294 Νノ m m 2 、 ^ 50 . 8 X t 2 , 1 0 mm相当の带鐧の エ ッ ジフ ォ ー ミ ングに対して、 それぞれ本発明を適用した場合と、 適用しない場合の単スタ ン ド成形後の曲率分布、 および肉厚分布の 結果では、 従来法は、 薄肉材で曲げ不足、 厚肉材で曲げ部圧痕が発 生しているが、 本発明を適用したものでは、 非常に良好な形状が得 られた。 It should be noted that the yield stress 294 Ν Roh mm 2, ^ 50. 8 X t 2, 1 0 mm equivalent of带鐧 According to the results of the curvature distribution and wall thickness distribution after single-stand molding when the present invention is applied to edge forming and when it is not applied, the conventional method shows bending with thin material. Insufficient, thick-walled material has bent part indentations, but with the application of the present invention, a very good shape was obtained.
第 2表は、 同一ロールを用いて、 各種の成形肉厚に対して上ロー ルの旋回角を変化させて成形を実施した場合の曲率、 減肉代の実績 を示したものである。 本発明を適用する こ とによってエ ッ ジ成形性 の向上、 減肉代の低減を実現するこ とが分かる。 さ らに、 旋回角設 定条件を本発明の第 5発明、 第 6発明を適用する こ とによって、 本 発明の効果を最大限に発揮し得る こ とが分かる。 Table 2 shows the results of the curvature and the wall thickness reduction when forming was performed using the same roll and changing the turning angle of the upper roll for various forming wall thicknesses. It can be seen that by applying the present invention, improvement in edge formability and reduction in wall thickness reduction are realized. Furthermore, it is understood that the effects of the present invention can be maximized by applying the turning angle setting conditions to the fifth and sixth inventions of the present invention.
第 2 表 Table 2
*) 曲げ曲率狙い値 (管製品曲率) に対する曲げ曲率実績値の比 のエ ツ ジ曲げ領域における平均  *) The average of the ratio of the actual value of the bending curvature to the target bending curvature (tube product curvature) in the edge bending area
R o Z R ( R 0 : 曲げ曲率半径狙い値、 R : 曲げ曲率半径実績値) **) 減肉代ノ元板厚 産業上の利用可能性  R o Z R (R 0: Target value of bending radius of curvature, R: Actual value of bending radius of curvature) **)
以上のように、 本発明によれば、 金属帯を連続的にロール成形、 溶接して溶接管を製造する際に、 エ ッジフ ォ ー ミ ングのための初期 成形過程のブレークダウ ンロール装置において、 被成形材の肉厚精 度を阻害することな く、 エ ッジ曲げを実施することができ、 さ らに、 管径の異なった金属帯の成形に対して、 ロール共用性を有するとい つた効果がある。  As described above, according to the present invention, when a metal strip is continuously roll-formed and welded to produce a welded pipe, a break-down roll device in an initial forming process for edge forming is used. Edge bending can be performed without impairing the wall thickness accuracy of the material to be formed, and the roll can be used for forming metal strips with different pipe diameters. effective.

Claims

請 求 の 範 囲 The scope of the claims
1 . 所定の幅の金属帯をロール成形、 溶接する溶接管の製造ライ ンにおける金属帯端部曲げ成形方法において、 金属帯幅方向に二分 割されたそれぞれ上下一対の水平ロールを、 鉛直方向を旋回軸とし て上下交差させた状態で、 金属带を成形することを特徴とする溶接 鐧管の成形方法。 1. In the metal band end bending method for the production line of a welded pipe in which a metal band having a predetermined width is roll-formed and welded, a pair of upper and lower horizontal rolls, each of which is bisected in the metal band width direction, is vertically oriented. A method for forming a welded pipe, characterized in that a metal pipe is formed in a state of being vertically crossed as a turning axis.
2 . 前記上下一対の成形水平ロールにおいて、 上ロールの旋回角 a u 、 および下ロールの旋回角 o d を、 上下ロールの旋回方向をそ れぞれ逆向きとし、 かつ、 2. In the upper and lower pair of forming horizontal roll, turn angle au upper rolls, and the turning angle o d a lower roll, and the turning direction of the upper and lower rolls, respectively Re its opposite, and,
u ≤ 45 0 u ≤ 45 0
a d ≤30 ° a d ≤30 °
但し、 or u : 金属帯幅方向軸と水平上ロールのロール軸のなす角度 α ά : 金属带幅方向軸と水平下ロールのロール軸のなす角度 の範囲に設定する請求の範囲 1記載の溶接鋼管の成形方法。 However, or u : the angle between the metal band width direction axis and the roll axis of the upper horizontal roll α ά : the angle between the metal 带 width axis and the horizontal lower roll axis Method of forming steel pipe.
3 . 前記上下一対の成形水平ロールにおいて、 該上ロールが、 口 一ルスタ ン ドの入側で金属帯のェ ッジ側、 口一ルスタ ン ドの出側で 金属帯の中心側に向く ように旋面角を設定する請求の範囲 1 または 3. In the pair of upper and lower forming horizontal rolls, the upper roll faces the edge side of the metal band at the entrance side of the mouth and the center side of the metal band at the exit side of the mouth. Claim 1 or Set the turning angle to
2記載の溶接鋼管の成形方法。 2. The method for forming a welded steel pipe according to 2.
4 . 所定の幅の金属帯をロール成形、 溶接する溶接管の製造ライ ンにおける金属帯端部曲げ成形方法において、 金属帯幅方向に二分 割されたそれぞれ水平上ロールを、 鉛直方向を旋回軸として旋回 - 固定させた状態で、 金属帯を成形することを特徴とする溶接鋼管の 成形方法。  4. In the method of bending a metal band end at a production line of a welded pipe for roll forming and welding a metal band having a predetermined width, each of the upper horizontal rolls divided into two in the width direction of the metal band is pivoted in the vertical direction. A method for forming a welded steel pipe, comprising forming a metal strip while rotating and fixing the pipe.
5 . 前記水平上ロールにおいて、 水平上ロールの旋回角 o u を、 a u ≥ 45 5. In the horizontal on the roll, the turning angle o u horizontal on the roll, au ≥ 45
但し、 or u : 金属帯幅方向軸と水平上ロールのロール蚰のなす角度 の範囲に設定する請求の範囲 4記載の溶接鋼管の成形方法。 Where or u is the angle between the metal strip width direction axis and the horizontal upper roll. The method for forming a welded steel pipe according to claim 4, wherein the method is set in the range of:
6 . 前記水平上ロールにおいて、 ロールス タ ン ドの入側で金属帯 のエ ツジ側、 口一ルスタ ン ドの出側で金属帯の中心側に向く ように 旋回角を設定する請求の範囲 4 または 5記載の溶接鋼管の成形方法, 6. The turning angle of the upper horizontal roll is set so as to face the edge of the metal band on the entrance side of the roll stand and the center side of the metal band on the exit side of the mouth stand. Or the method for forming a welded steel pipe described in 5 above,
7 . 所定の幅の金属帯をロール成形、 溶接する溶接管の製造ライ ンにおける金属帯端部曲げ成形方法において、 金属帯幅方向に二分 割されたそれぞれ上下一対の水平ロールを、 金属带成形方向に異な る位置に配置し、 鉛直方向を旋回軸として上下交差させた状態で、 金属带を成形することを特徴とする溶接綱管の成形方法。 7. In the method of bending a metal band end at a production line of a welded pipe for forming and welding a metal band having a predetermined width, a pair of upper and lower horizontal rolls, each of which is bisected in the width direction of the metal band, is formed by metal forming. A method for forming a welded steel pipe, wherein the metal pipe is formed in a state where the metal pipes are arranged at different positions in the direction and cross vertically with a vertical axis as a pivot axis.
8 . 所定の幅の金属帯をロール成形、 溶接する溶接管の製造ライ ン · 初期成形ロール群において、 金属帯端部曲げ成形用の上下一対 の水平ロールを金属帯幅方向に二分割し、 さらに、 両側のそれぞれ の該上下ロールは、 鉛直方向を旋回軸としてロール位置調整、 およ び、 板幅方向の位置調整をするこ とが可能であることを特徴とする 溶接鋼管の成形スタ ン ド。  8. Production line for welded pipes to roll and weld a metal band with a predetermined width ・ In the initial forming roll group, a pair of upper and lower horizontal rolls for bending the metal band end is divided into two in the width direction of the metal band. Further, each of the upper and lower rolls on both sides is capable of adjusting the roll position using the vertical direction as a rotation axis and the position adjustment in the sheet width direction, characterized in that it is characterized in that it is capable of adjusting the roll position. De.
9 . 所定の幅の金属帯をロ ール成形、 溶接する溶接管の製造ライ ン · 初期成形 α —ル群において、 金属带端部曲げ成形用の上水平口 ールを金属帯幅方向に二分割してラィ ン両側に配置し、 該上ロール は、 鉛直方向を旋回軸としてロール位置調整、 および、 板幅方向の 位置調整をすることが可能であることを特徴とする溶接鋼管の成形 スタ ン ド。  9. Roll forming and welding of a metal strip with a predetermined width Line for manufacturing welded pipes ・ In the initial forming α-rule group, the upper horizontal hole for bending the metal end is formed in the width direction of the metal strip. Forming a welded steel pipe characterized in that it can be divided into two parts and placed on both sides of the line, and the upper roll can be used to adjust the roll position using the vertical axis as the axis of rotation and to adjust the position in the sheet width direction. stand.
10. 前記二分割された水平ロールを、 金属帯成形方向に異なる位 置に配置する請求の範囲 8または 9記載の溶接鐧管の成形スタ ン ド。  10. The forming stand for a welded pipe according to claim 8, wherein the two divided horizontal rolls are arranged at different positions in a metal strip forming direction.
PCT/JP1993/001265 1992-03-13 1993-09-07 Method of forming welded pipe and forming stand therefor WO1994007621A1 (en)

Priority Applications (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4/256708 1992-09-25
JP25670892 1992-09-25
JP5/14283 1993-01-29
JP1428393A JPH05317979A (en) 1992-03-25 1993-01-29 Method and stand for forming welded tube
JP5/14282 1993-01-29
JP1428493A JP2642575B2 (en) 1992-09-25 1993-01-29 Welding tube forming method and forming stand
JP5/14284 1993-01-29
JP1428293A JPH05309422A (en) 1992-03-13 1993-01-29 Formation of welded pipe and formed stand

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP19930919622 EP0623403B1 (en) 1992-09-25 1993-09-07 Method of forming welded pipe and forming stand therefor
DE1993627045 DE69327045T2 (en) 1992-09-25 1993-09-07 METHOD FOR PRODUCING WELDED TUBES AND MOLDING DEVICE THEREFOR

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO1994007621A1 true WO1994007621A1 (en) 1994-04-14

Family

ID=27456166

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP1993/001265 WO1994007621A1 (en) 1992-03-13 1993-09-07 Method of forming welded pipe and forming stand therefor

Country Status (3)

Country Link
EP (1) EP0623403B1 (en)
DE (1) DE69327045T2 (en)
WO (1) WO1994007621A1 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104889208A (en) * 2015-05-28 2015-09-09 南京皓威机械有限公司 Multi-degree-of-freedom three-roller pipe manufacturing machine

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4935500B1 (en) * 1970-12-05 1974-09-24
JPH02104419A (en) * 1988-10-07 1990-04-17 Sumitomo Metal Ind Ltd Manufacture of welded pipe
JPH04182034A (en) * 1990-11-14 1992-06-29 Kawasaki Steel Corp Strip edge part forming roll of welded steel tube

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4935500B1 (en) * 1970-12-05 1974-09-24
JPH02104419A (en) * 1988-10-07 1990-04-17 Sumitomo Metal Ind Ltd Manufacture of welded pipe
JPH04182034A (en) * 1990-11-14 1992-06-29 Kawasaki Steel Corp Strip edge part forming roll of welded steel tube

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP0623403A4 *

Also Published As

Publication number Publication date
EP0623403A1 (en) 1994-11-09
EP0623403A4 (en) 1995-11-29
DE69327045T2 (en) 2000-06-29
EP0623403B1 (en) 1999-11-17
DE69327045D1 (en) 1999-12-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20020062672A1 (en) Pipe formed by bending rolls
US4122696A (en) Method and apparatus for manufacturing metallic pipe
US4483167A (en) Forming rolls for use in the fabrication of welded tubes
JP4464865B2 (en) Method for producing asymmetrical hat-shaped cross-section material, rolling mill
JP2550268B2 (en) Welding tube forming method and forming stand
WO1994007621A1 (en) Method of forming welded pipe and forming stand therefor
US5784911A (en) Apparatus for manufacturing a welded pipe
JP2018187686A (en) Press-molding device
JP2642575B2 (en) Welding tube forming method and forming stand
US3270543A (en) Machine for flattening and curling of metal strip
JP3520608B2 (en) Method and apparatus for manufacturing welded pipe
US5704243A (en) Forming method and forming stand for welded pipes
JP4187662B2 (en) Manufacturing method of high workability welded pipe
JP2624608B2 (en) Welding tube forming method and forming stand
EP1018378A1 (en) Pipe and molding equipment array and pipe molding method
JPH05317979A (en) Method and stand for forming welded tube
JP2692176B2 (en) Welded pipe manufacturing equipment
JPH05309422A (en) Formation of welded pipe and formed stand
US4353237A (en) Method of rolling strip
AU614403B2 (en) Method for making thin-walled metal tubes
JPH0732049A (en) Formation of uoe steel pipe
JP3332216B2 (en) Pipe forming apparatus and forming method using bending roll
CN109772951B (en) Metal welded pipe forming device with common roller and production method thereof
US6212925B1 (en) Method for roll forming steel pipes, and equipment for same
JPH05154564A (en) Roll device for forming for manufacturing welded tube of well dimensional precision

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): US

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AT BE CH DE DK ES FR GB GR IE IT LU MC NL PT SE

ENP Entry into the national phase in:

Ref country code: US

Ref document number: 1994 244285

Date of ref document: 19940523

Kind code of ref document: A

Format of ref document f/p: F

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1993919622

Country of ref document: EP

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 1993919622

Country of ref document: EP

ENP Entry into the national phase in:

Ref country code: US

Ref document number: 1996 718289

Date of ref document: 19960920

Kind code of ref document: A

Format of ref document f/p: F

WWG Wipo information: grant in national office

Ref document number: 1993919622

Country of ref document: EP