JPS6294635A - コンクリ−ト柱の施工法 - Google Patents

コンクリ−ト柱の施工法

Info

Publication number
JPS6294635A
JPS6294635A JP23443985A JP23443985A JPS6294635A JP S6294635 A JPS6294635 A JP S6294635A JP 23443985 A JP23443985 A JP 23443985A JP 23443985 A JP23443985 A JP 23443985A JP S6294635 A JPS6294635 A JP S6294635A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rope
concrete
reinforcement
binder
construction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP23443985A
Other languages
English (en)
Inventor
直 岡本
遠藤 克彦
澄行 松原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsui Construction Co Ltd
Original Assignee
Mitsui Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsui Construction Co Ltd filed Critical Mitsui Construction Co Ltd
Priority to JP23443985A priority Critical patent/JPS6294635A/ja
Publication of JPS6294635A publication Critical patent/JPS6294635A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Rod-Shaped Construction Members (AREA)
  • Reinforcement Elements For Buildings (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、鉄筋の代りに引張強度の大きな材料で形成さ
れる細線を編成したロープを用いたコンクリート柱の施
工法に関する。
(従来の技術) 従来、多層建物において、コンクリート柱を打設する場
合、柱鉄筋は、設計、運搬、工作などの都合から適当な
長さのものを継いで用いるのが一般である。
(発明が解決しようとする問題点) しかしながら、前記コンクリート柱の施工法によれば配
筋作業が面倒である不都合があった。
(問題点を解決するだめの手段) 本発明は、前記不都合の無いコンク+J −ト柱の施工
法を提供することをその目的とするもので、引張強度の
大きな材料で形成される細線を編成した建物の1層分の
長さのロープを結合剤を含浸して硬化させることと、該
ロープの上端と他のロープの下端とをそnぞれ柱とはり
の仕口部内に設けた定着プレートに固定することと、そ
れぞれのロープを芯筋とする柱配筋作業を、次いでコン
クリート打設作業をそnぞれ行なうことから成ることを
特徴とする。
(実施例) 以下、本発明の実施例を添付図面につき説明する。
第1図及び第2図は、4本の主筋(1)にそれ等を相互
に接続するようにせん断補強筋(2)を巻装し、更に中
心部に芯筒(3)を配置し、該配筋の周囲にコンクリー
ト(4)を打設してコンクリート柱(5)としたものを
示す。該芯筒(3)として、引張強度の大きな材料で形
成される細線を編成したロープ(6)を2本使用し、該
コンクリート柱(5)に生じる引張力を支持するように
した。
該ロープ(6)の引張強度の大きな材料で形成される細
線(7)としては、芳香族ポリアミド線維を用い、第3
図に示すように、これを8本の集会糸(8)から成る組
紐状に編成し、該各紙線(7)を相互に一体化したもの
で、その長さは建物の1層又は2層分の定尺ものとした
核細絢(6)は、前記繊維の他、炭素繊維、ガラス繊維
、セラミック繊維、冷間引抜@鋼等の金属線等で形成さ
れる。
次に本発明の施工法の1例について説明する。
第1図及び第2図示のコンクリート柱(5)を打設する
場合、現場に搬入した1層分の長さの前記ロープ(6)
の2本を、その下端を第4図及び第5図に示すように、
該配筋作業階の床に連設するはり(9)と下階の柱(5
)の仕口部内に配設した定着プレート(至)の孔に挿通
してくさびαの止めし、その上端を上階の床に連設する
は!0 (9A)と柱(5)との仕口部に配設した定着
プレー1’ (IOA)の孔に挿通してくさび止めして
張設する。この張設の前に該ロープ(6)に未硬化の結
合剤□□□を例えば吹付けにより含浸処理して硬化させ
る。
該結合剤(2)としては、エポキシ系、ポリエステル系
等の常温或いは熱硬化性樹脂、アルカリ金属ケイ酸塩系
、セメント系等の常温或いは加熱硬化型無機材料等を用
いることができる。
該結合剤(2)が含浸処理さnて硬化されたロープ(6
)は、その各細線(7)が極めて強固に相互に一体化さ
【るから、各紙&(7)に加わる応力がロープ(6)全
体に確実に伝えらn1引張強度に優れると共に保形性を
有するから施工性が優れたものとなる。
該2本のロープ(6)の周りに、主筋(1)及びせん断
補強筋(2)としての鉄筋を配設した後、配筋の周りに
コンクリート(4)を打設し、コンクリート柱(5)を
形成する。このコンクリート柱(5)は、ロープ(6)
とコンクリート(4)とが結合剤(2)の介在によって
強固に密着するから、引張強度が極めて良好に補強され
る。
配筋作業階におけるコンクリート柱の打設が終了した後
は、順次上階について同様の配筋及びコンクリート打設
作業を行なう。
(発明の効果) このように、本発明によるときは、引張強度の大きな材
料で形成される細線を編成した建物の1層分の長さのロ
ープを結合剤を含浸して硬化させることと、該ロープの
上端と他のロープの下端とをそれぞれ柱とはりの仕口部
内に設けた定着プレートに固定することと、それぞれの
ロープを柱筋とする柱配筋作業を、次いでコンクリ−ト
打設作業をそしそれ行なうことから成るので、柱配筋作
業が極めて簡単であり、また定着プレートによるコンク
リートの支圧効果により・、コンクリートからロープに
力が伝達され、引張強度が更に一層補強される効果を有
する。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の施工法を実施するコンクリート柱の1
例の第2図I−I線截断面図、第2図はその配筋の正面
図、第3図はそのロープの1例の拡大図、第4図は本発
明の詳細な説明図、第5図は、第4図の■−v線断面図
である。 (1)・・・主筋       (2)・・・せん断補
強筋(3)・・・芯筒       (4〕・・・コン
クリート(5)・・・コンクIJ−) 柱(6)・・・
ローフ(7)・・・細線       (9)・・・は
り(7)・・・定着プレート   (ロ)・・・くさび
@・・・結合剤

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 引張強度の大きな材料で形成される細線を編成した建物
    の1層分の長さのロープを結合剤を含浸して硬化させる
    ことと、該ロープの上端と他のロープの下端とをそれぞ
    れ柱とはりの仕口部内に設けた定着プレートに固定する
    ことと、それぞれのロープを芯筋とする柱配筋作業を、
    次いでコンクリート打設作業をそれぞれ行なうことから
    成ることを特徴とするコンクリート柱の施工法。
JP23443985A 1985-10-22 1985-10-22 コンクリ−ト柱の施工法 Pending JPS6294635A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23443985A JPS6294635A (ja) 1985-10-22 1985-10-22 コンクリ−ト柱の施工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23443985A JPS6294635A (ja) 1985-10-22 1985-10-22 コンクリ−ト柱の施工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS6294635A true JPS6294635A (ja) 1987-05-01

Family

ID=16971023

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23443985A Pending JPS6294635A (ja) 1985-10-22 1985-10-22 コンクリ−ト柱の施工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6294635A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007178405A (ja) * 2005-12-28 2007-07-12 Nhk Spring Co Ltd プローブカード
JP2015010414A (ja) * 2013-07-01 2015-01-19 東日本旅客鉄道株式会社 鉄筋コンクリート部材の製造方法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007178405A (ja) * 2005-12-28 2007-07-12 Nhk Spring Co Ltd プローブカード
US7795892B2 (en) 2005-12-28 2010-09-14 Nhk Spring Co., Ltd. Probe card
JP2015010414A (ja) * 2013-07-01 2015-01-19 東日本旅客鉄道株式会社 鉄筋コンクリート部材の製造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5595393B2 (ja) セグメントから作られる芯材によって強化された軽量負荷支持構造
JP4390494B2 (ja) 桁と床版の接合構造及び桁と床版の接合方法
KR100343960B1 (ko) 강콘크리트 구조시스템
US10576658B2 (en) System and method for embedding substrate in concrete structure
JP3952449B2 (ja) 橋梁の上部構造
JP2003213623A6 (ja) 橋梁の上部構造
JP3999931B2 (ja) 塔状構造物の構築方法
JP3350447B2 (ja) 補強・補修用繊維シート
JPS6294635A (ja) コンクリ−ト柱の施工法
JP4035075B2 (ja) 既設壁状構造物の補強構造及び方法
CN215053877U (zh) 一种装配式预应力混凝土框架系统
JPH02311640A (ja) 合成床の構築方法
KR20080076524A (ko) 금속재 스켈레톤 패널과 박판 패널이 전단 연결재에 의하여연결된 복합패널 및 이를 이용한 외벽 시공방법
JP3198642B2 (ja) プレストレストコンクリート板
JP7455931B1 (ja) プレキャスト板の製作方法およびプレキャスト板
JP2603474B2 (ja) 地山補強構造物およびそれに使用する型枠
JP3925860B2 (ja) 接合部の構造及びその構築方法
CN218292242U (zh) 牛腿外伸型预应力压接装配式混凝土框架
KR200166886Y1 (ko) 강콘크리트 구조
JP2004190423A (ja) PCaPC柱・梁の接合部のPC鋼材定着方法
JPS6294634A (ja) コンクリ−ト柱の施工法
JPH01158146A (ja) トラス補強した薄肉プレキャスト床板打込み型枠工法
CN113006272A (zh) 一种装配式预应力混凝土框架系统及施工方法
CN114753487A (zh) 牛腿外伸型预应力压接装配式混凝土框架及其施工方法
JPH08218550A (ja) コンクリート用ワイヤー鉄筋棒