JPS6294634A - コンクリ−ト柱の施工法 - Google Patents

コンクリ−ト柱の施工法

Info

Publication number
JPS6294634A
JPS6294634A JP23443885A JP23443885A JPS6294634A JP S6294634 A JPS6294634 A JP S6294634A JP 23443885 A JP23443885 A JP 23443885A JP 23443885 A JP23443885 A JP 23443885A JP S6294634 A JPS6294634 A JP S6294634A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rope
concrete
reinforcement
tensile strength
binder
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP23443885A
Other languages
English (en)
Inventor
直 岡本
遠藤 克彦
澄行 松原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsui Construction Co Ltd
Original Assignee
Mitsui Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsui Construction Co Ltd filed Critical Mitsui Construction Co Ltd
Priority to JP23443885A priority Critical patent/JPS6294634A/ja
Publication of JPS6294634A publication Critical patent/JPS6294634A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Rod-Shaped Construction Members (AREA)
  • Reinforcement Elements For Buildings (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、鉄筋の代りに引張強度の大きな材料で形成さ
れる細線を編成したロープを用いたコンクリート柱の施
工法に関する。
(従来の技術) 従来、多層建物において、コンクリート柱を打設する場
合、柱鉄筋は、設計、運搬、工作などの都合から適当な
長さのものを継いで用いるのが一般である。
(発明が解決しようとする問題点) しかしながら、前記コンクリート柱の施工法によれば、
配筋作業が面倒である不都合があった。
(問題点を解決するための手段) 本発明は、前記不都曾の無いコンクリート柱の施工法を
提供することをその目的とするもので、引張強度の大き
な材料で形成される細線を編成した少なくとも1層分の
ロープを納会剤を含浸して硬化させることと、該ロープ
を柱筋として柱配筋作業を、次いでコンクリート打設を
それぞれ行なうことと、゛該ロープの1端と他のロープ
の1端に引張強度の大きな材料で形成される細線から成
る織物マットを巻くと共に結合剤を含浸させて両ロープ
を一体化することを特徴とする。
(実施例) 以下本発明の実施例を添付図面につき説明する。
第1図及び第2図は、4本の主筋(1)にそれ等を相互
に接続するように、せん断補強筋(2)を巻装し、その
周囲にコンクリート(3)を打設してコンクリート柱(
4)としたものを示す。この主筋(1)及びせん断補強
筋(2)として、引張強度の大きな材料で形成された細
線を編成したロープ(5)を用い、該コンクリート柱(
4)に生じる引張力を支持するようにした。
該ロープ(5)の引張強度の大きな材料で形成される細
線(6)としては、芳香族ポリアミド繊維を用い、第3
図に示すように、こnを8本の集合糸(7)から成る組
紐状に編成し、該各軸線(6)を相互に一体化したもの
で、その長さは建物の1層又は2層分の定尺ものとした
該細線(6)は、前記繊維の他、炭素繊維、ガラス繊維
、セラミック繊維、冷間引抜き鋼線等の金属線等で形成
される。
次に本発明の施工法について説明する。
第1図及び第2図示のコンクリート柱(4)を打設する
場合、現場に搬入した例えば2層分の長さの前記ロープ
(5)の5個の巻回物(8)を、第4図(代表して1個
のみ示した。)に示すように、配筋作業階よシ上階に配
置し、これ等の端部をそれぞれ引き伸し、これ等を第1
図及び第2図示のように主筋(1)及びせん断補強筋(
2)として配筋する。主筋(1)とするロープ(5)に
ついては、配筋作業の前に、該ロープ(5)に未硬化の
結合剤(9)を例えば吹付けにより含浸処理して硬化さ
せ、せん断補強筋(2)とするロープ(5ンについては
、同様に該ロープ(6)K未硬化の結合剤(9)を吹付
けによシ含浸処理して半硬化状態にしてから配筋作業を
行なう、結合剤(9)としては、エポキシ系ポリエステ
ル系等の常温或いは熱硬化性樹脂、アルカリ金属ケイ酸
塩系、セメント系等の常温或いは加熱硬化型無機材料等
を用いることができる。
該結合剤(9)が含浸処理されて硬化されたロープ(5
)は、その各細線(6)が極めて強固に相互に一体化さ
れるから、各細線(6)に加わる応力がロープ(5)全
体に確実に伝えられ、引張強度に優れると共に保形性を
有するから施工性が優れたものとなる。
次いで、配筋の周りにコンクリートを打設し、コンクリ
ート柱(4)を形成する。このコンクリート柱(4)は
、ロープ(5)とコンクリート(3)とが結合剤(9)
の介在によって強固に密着するから、引張強度が極めて
良好に補強される。
配筋作業階におけるコンクリート柱の打設が終了した後
は、順次上階について配筋及びコンクリート打・股を行
なうが、該上階においてロープ(5)が終る時は、前記
と同様に現場に搬入し、より上階に配置した5個のロー
プ(5)の巻回物(8)から該ロープ(5)を該上階ま
で垂下させてその下端を前のロープ(5)の上端に接触
させ、該ロープ(5)を前述と同様にして硬化させて、
その両端部に、ロープ(5)の細線と同様引張強度の大
きな材料で形成される細線から成る織物マット(至)を
巻き。
その外側(矢印)から結合剤を含浸させて両ロープを一
体化する。
以後は前述と同様の作業を行なう。
ロープ(5)への結合剤(9)の含浸時、該結合剤(9
)を任意形状に含浸させると、ロープ(5)とコンクリ
−ト(33の一体性を一層確保できる。
上記実施例では、コンクリート柱(41の主筋(1)と
せん断補強筋(2)に前記ロープ(5)を用いたが、例
えば主筋(1)及びせん断補強筋(2)の他にコンクリ
ート柱(4)の断面中央部に引張強度を増大するために
芯鉄筋と称する大径又は束ねた鉄筋を配する場合には、
芯鉄筋にのみ前記ロープ(4)を使用できる。
また上記実施例では、ロープ(5)を現場で硬化させた
が、工場で硬化させてもよい。
(発明の効果) このように本発明によれば、引張強度の大きな材料で形
成される細線を編成した少なくとも1層分のロープを結
合剤を含浸させて硬化させることと、該ロープを柱筋と
して柱配筋作業を、次いでコンクリート打設をそれぞれ
行なうことと、該ロープの1端と他のロープの1端に引
張強変の大きな材料で形成される細線から成る織物マッ
トを巻くと共に結合剤を含浸させて両ロープを一体化す
ることと、該他のロープを柱筋として柱配筋作業を、次
いでコンクリート打設をそれぞれ行なうことから成るの
で、柱配筋作業が極めて簡便である効果を有する。
【図面の簡単な説明】
第1図は、本発明の施工法を実施するコンクリ−ト柱の
1例の第2図1−1線截断面図、第2図はその配筋の正
面図、第3図はロープの1例の拡大図、第4図は本発明
の詳細な説明線図である。 (1)・・・主筋       (2)・・・せん断補
強筋(3)・・・コンクリート   (4)・・・コン
クリート柱(5)・・・ロープ      (6)・・
・細線(8)・・・巻回物      (9)・・・結
合剤αO・・・織物マット 第1.    第2図 第3図   、4図

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 引張強度の大きな材料で形成される細線を編成した少な
    くとも1層分のロープを結合剤を含浸して硬化させるこ
    とと、該ロープを柱筋として柱配筋作業を、次いでコン
    クリート打設をそれぞれ行なうことと、該ロープの1端
    と他のロープの1端に引張強度の大きな材料で形成され
    る細線から成る織物マットを巻くと共に結合剤を含浸さ
    せて両ロープを一体化することを特徴とするコンクリー
    ト柱の施工法。
JP23443885A 1985-10-22 1985-10-22 コンクリ−ト柱の施工法 Pending JPS6294634A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23443885A JPS6294634A (ja) 1985-10-22 1985-10-22 コンクリ−ト柱の施工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23443885A JPS6294634A (ja) 1985-10-22 1985-10-22 コンクリ−ト柱の施工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS6294634A true JPS6294634A (ja) 1987-05-01

Family

ID=16971008

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23443885A Pending JPS6294634A (ja) 1985-10-22 1985-10-22 コンクリ−ト柱の施工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6294634A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4684567A (en) Reinforced structural material and reinforced fibrous inorganic structure reinforced therewith
JP2000213106A (ja) コンクリ―ト構造部材の補強方法
JP2002013248A (ja) 連続繊維補強管内蔵コンクリート柱
JPS6294634A (ja) コンクリ−ト柱の施工法
US20230012652A1 (en) Connection element, method for manufacturing a connection element and related installation kit
JP3350447B2 (ja) 補強・補修用繊維シート
US20230015704A1 (en) Connection element for the building industry, method for consolidating a structural and non-structural element, and related installation kit
JP3308664B2 (ja) 遠心成型鋼管コンクリート柱とその製造方法
JPS60230459A (ja) 支持用複合柱
JPH02216270A (ja) 構造材とその製造方法
JPS60119853A (ja) コンクリート構造用材料の補強材
JPS6294635A (ja) コンクリ−ト柱の施工法
JPH0555676B2 (ja)
JPS634158A (ja) 構造用材料
JPH02112926A (ja) フープ筋の製造方法
JPH0520537B2 (ja)
JPH0542550B2 (ja)
JPS6135231A (ja) 構造用異形補強材の製造法
JP2688606B2 (ja) 補強された網状管状体による立体構造体
JPS62241861A (ja) 無機質製品の製造方法
JP2691236B2 (ja) コンクリート補強部材
JP3198642B2 (ja) プレストレストコンクリート板
JPH0515861B2 (ja)
JPH0543017B2 (ja)
JPH04368548A (ja) 土木建築用補強材