JPS61274025A - 発電装置を備えた自動フラツシユ弁 - Google Patents

発電装置を備えた自動フラツシユ弁

Info

Publication number
JPS61274025A
JPS61274025A JP11562885A JP11562885A JPS61274025A JP S61274025 A JPS61274025 A JP S61274025A JP 11562885 A JP11562885 A JP 11562885A JP 11562885 A JP11562885 A JP 11562885A JP S61274025 A JPS61274025 A JP S61274025A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
flush valve
valve
power
automatic flush
toilet bowl
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11562885A
Other languages
English (en)
Inventor
潔 柳町
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NIPPON EE C II KK
Original Assignee
NIPPON EE C II KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NIPPON EE C II KK filed Critical NIPPON EE C II KK
Priority to JP11562885A priority Critical patent/JPS61274025A/ja
Publication of JPS61274025A publication Critical patent/JPS61274025A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [発明の技術分野] この発明は発電装置を備えた自動フラッシュ弁に係り、
使用者の存在を感知し、その後、使用者が立ち去るとそ
れを感知することで自動的にフラッシュ弁を開き便器内
を水洗する人体感知式、或いは電気的作用によって作動
する方式の自動フラッシュ弁を作動させる電力を、水洗
の際に流す水の流力を利用して得られるようにし、外部
電源からの通電用配線の工事等を無くすことで、簡単な
施設工事で設置でき、しかも省エネルギーを図ることを
可能にした発電装置を備えた自動フラッシュ弁に関する
ものである。
[発明の技術的背型とその問題点] 従来から、水洗式便器に取付けられている水洗装置は各
種市場に提供されている。
その中で、一般的に使用されているのは、把手を押すか
捻るかすると一定時間便器内に水が流れ自動的に止まる
ようにした手動式フラッシュ弁である。この手動式フラ
ッシュ弁は、その都度便器の使用者が押さなければなら
ないから非常に不便であった。
そこで、前記使用者を感知し、その後、使用者が立ち去
るとそれを感知して自動的にフラッシュ弁を開き便器内
を水洗する人体感知式自動フラッシュ弁等の電気エネル
ギーを利用する自動フラッシュ弁が市場に提供されるよ
うになった。
ところが、この様な自動フラッシュ弁は、作動させるた
めの電力を必要とし、しかも、そのために、外部電源か
ら通電すべく配線工事を行なわなくてはならないから、
便器等の施設工事費が大幅に嵩んでしまう欠点があった
[発明の目的〕 そこで、この発明は、上述した欠点等に鑑み、便器等の
施設工事費の削減を図り、且つ電力を外部から必要とし
ないで従来通りに人体感知式自動フラッシュ弁の如き電
気エネルギーを利用するフラッシュ弁を作動させること
で省エネルギーを図ることを目的として創出されたもの
である。
[発明の概要] 叙上の目的を達成するため、この発明は、使用者の存在
を感知し、その後、使用者が立ち去るとそれを感知する
ことで自動的にフラッシュ弁を開き便器内を水洗する人
体感知式、或いは電気的作用によって作動する方式の自
動フラッシュ弁に、洗浄用給水装置からの洗浄水の流れ
によって発電する水力発電装置を取付け、この水力発電
装置にて得られた電気エネルギーを、前記自動フラッシ
ュ弁の次回の作動用として使用すべく保存しておく充電
装置を付設したことに存するものである。
[発明の実施例] 以下、図面を参照してこの発明の一実施例を説明すると
次の通りである。
すなわち、図に示す符号1は便器であり、給水装置2か
らの水の吐流によって内部を洗浄するように形成されて
いる。
そして、給水装@2には人体感知式自動フラッシュ弁3
が取付けてあり、この人体感知式自動フラッシュ弁3に
は感知部4が取付けである。
この感知部4は、不可視光線或いは超音波の如きものを
便器1の使用者に照射し、反射した不可視光線や超音波
をダイオードによって感知し、この使用者が便器1から
立ち去ると前記反射がなくなり、その時にこの反射がな
くなったのを再びダイオードによって感知してフラッシ
ュ弁5を作aJさせるように形成したものである。
一方、給水装!2には、給水装置2からの排出水を便器
1に送るための洗浄木管路6が配管されている。この洗
浄水管路6を介して便器1内に排出水を吐流として流す
フラッシュ弁5には、排出水の流力を利用して発電する
水力発電装置7を直接取付け、更に、この水力発電装置
7には、発電された電気エネルギー(以下電力と称す)
を保存しておく充電装置8を付設しておく。
そして、この充電装置8に充電されている電力は、次回
の感知部4の作動用として使用すべく感知部4に送電さ
れるように形成されている。
次に、これが使用を説明すると次の通りである。
先ず、最初だけは携帯用のバッテリーの電力或いはゼン
マイの弾発回転駆動力等よって充電装置8に充電してお
く。
そして、便器1を使用すると、その使用者を前述の如く
感知部4によって感知し、使用後使用者が立ち去るとそ
れを感知して、充電装置8に充電された電力によりフラ
ッシュ弁5を作動させるものである。
そうすると、給水装@2内の水は洗浄水管路6を通って
便器1内に吐流となって流れ込んで便器1内を水洗する
ものである。その時に、吐流となって流れる水の流力に
よって水力発電装置7により発電し、その発電された電
力は充電装置8に充電されるものである。そのため、最
初だけ充電しておけば、その後は、水洗毎に充電される
ので外部からの電力は全く必要とせず電力の自給を可能
にするものである。
実際には、給水装置2から、10m1laの圧力損失で
51の水が1回に流れると、機械的損失を考慮しても0
.15 Whの電力を蓄えることができる。そして、1
回のフラッシュ弁5の作動に必要な電力は現在市販され
ているもので略0.03 Wh程度であるから、前記蓄
えた電力0115 Whから差引くと、残り0.12 
Whとなる。そこで、この残り0.12 Whの電力を
感知部4の感知用電力として使用することができる。従
って、前記水力発電装置7の発電量だけで十分である。
一方、他の実施例として、図示はしないが、電動タイマ
ー等によって定期的に便器を洗浄する自動フラッシュバ
ルブやその他電動フラッシュバルブ等に前述の如き水力
発電装置及び充電装置を取付ければ、前述同様に電力は
自給することができるので外部電源から・の通電を必要
としないものである。
又、前記感知部4は、便器1の形状等によって取付は場
所が異なるので図示の如く給水装置2に直接付設せず給
水袋@2から離して設置しても良く、更には、水力発電
装置7及び充電装置8等も給水装置2から離して設置し
ても良いことはいうまでもない。この時の作用効果は前
述した実施例と同様である。
尚、もし前述した発電量で不足である場合には、図示は
しないが太陽電池の如ぎもので補助充電すれば良いが、
それでも不足する場合には、この補助充電した電力を感
知部4作動用とじ自動フランシュ弁作動用の駆動エネル
ギーはゼンマイの弾発駆動力を利用しても良い。又、長
時間使用しない時にも感知部4は常時電力を消費してい
るため損失が大ぎいが、その場合には、タイマー(図示
せず)の如きもので一定時間経過するとフラッシュ弁5
を作動さけるように形成しておけば、その都度自動的に
充電できるので前記電力損失に十分に対処することがで
きる。そして、感知部4等が故障した場合のために手動
把手9を取付けておけば万全である。
[発明の効果] この発明は、上述の如く構成したから、人体感知式自動
フラッシュ弁3を作動さゼる電力を、水洗の際に流す水
の流力を利用して得た電力で賄って外部からの電力を全
く必要としないようにして省エネルギーを図ることがで
き、しかも、外部からの電力を必要としないので外部電
源からの通電用配線の工事等を無くせるので自動フラッ
ジ、ユ弁3を使用した便器用水洗装置の施設工事費の低
減を図ることができるものである。
すなわち、使用者の存在を感知し、その後、使用者が立
ち去るとそれを感知することで自動的にフラッシュ弁を
開き便器内を水洗する人体感知式、或いは電気的作用に
よって作動する方式の自動フラッシュ弁に、洗浄用給水
袋@2からの洗浄水の流れによって発電する水力光電装
@7を取付け、この水力発電装置7にて得られた電気エ
ネルギーを、前記自動フラッシュ弁の次回の作動用とし
て使用すべく保存しておく充電装置8を付設したことに
より、水洗の際に流す水の流力を利用して水力発電装置
7により発電して充電装置8に充電しておき、その電気
エネルギーを利用して人体感知式、或いは電気的作用に
よって作動する方式の自動フラッシュ弁を作動さけるも
のである。そして、この充電された電力は、前述したよ
うに、感知部4とフラッシュ弁5とを作動させるための
電力としては十分な量である。そのため、最初だけバッ
テリーの電力或いはゼンマイの弾発駆動力等によって充
電装ff18に充電しておけば、外部からの電力を必要
とせず、半永久的に前記自動フラッシュ弁を使用するこ
とができるので省エネルギーを図ることができる。
しかも、そのために、外部電源は全く必要としないで通
電用配線工事等を省くことができ施設工事費の低減を図
ることができるものである。
以上説明したように、この発明によれば、便器用水洗装
置に使用することで、最初だけ充電すれば、その後は外
部からの電力を必要とせず半永久的に前述の如き自動フ
ラッシュ弁を使用することができ、省エネルギー及び施
設工事費の低減化を図ることができる等の優れた効果を
奏するものである。
【図面の簡単な説明】
図面はこの発明の実施例を示す側面図である。 1・・・便器、2・・・給水装置、3・・・人体感知式
自動フラッシュ弁、4・・・感知部、5・・・フラッシ
ュ弁、6・・・洗浄水管路、7・・・水力発電装置、8
・・・充電装置、9・・・手動把手。 手続補正書(自発) 昭和61年8月28日 1、事件の表示 昭和60年特許願第115628号 2、発明の名称 発電装置を備えた自動フラッシュ弁 3、補正をする者 事件との関係 特許出願人 住 所 東京都目黒区下目黒4−1−17名 称 日本
ニー・シー・イー株式会社代表者 柳 町  潔 FAX  Gl[lI 03(616)57085、補
正の対象 (1)明細書の「発明の詳細な説明」の欄(2)図面 6、補正の内容 (1)明細書中、第4頁第11行目に「給水」とあるの
を、「高所に配された給水」に補正する。 (2)同じく、第4頁第14行目に「給水装置2」とあ
るのを、[給水装置2から便器まで設けられている洗浄
水管路6の途中」に補正する。 (3)同じく、第5頁第16行目から同第18行目に「
最初だけは〜充電しておく。」とあるのを、次の通りに
補正する。 「最初だけは携帯用のバッテリー等の電力によって充電
装置に充電しておくか、或いはゼンマイの弾発回転駆動
力等によってフラッシュ弁5を作動させるようにする。 」 (4)同じく、第6頁第13行目に「10mHg Jと
あるのを、「1011Aq」に補正する。 (5)同じく、第9頁第17行目から同第19行目まで
に「最初だけ〜しておけば、」とあるのを、次の通りに
補正する。 「最初だけは携帯用のバッテリー等の電力によって充電
装置に充電しておくか、或いはゼンマイの弾発回転駆動
力等によってフラッシュ弁5を作動させるようしておけ
ば、」(6)図面を別紙訂正図面の通りに補正する。 7、添附書類の目録 訂正図面         1通 以  上

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1、使用者の存在を感知し、その後、使用者が立ち去る
    とそれを感知することで自動的にフラッシュ弁を開き便
    器内を水洗する人体感知式、或いは電気的作用によって
    作動する方式の自動フラッシュ弁に、洗浄用給水装置か
    らの洗浄水の流れによつて発電する水力発電装置を取付
    け、この水力発電装置にて得られた電気エネルギーを、
    前記自動フラッシュ弁の次回の作動用として使用すべく
    保存しておく充電装置を付設したことを特徴とする発電
    装置を備えた自動フラッシュ弁。
JP11562885A 1985-05-29 1985-05-29 発電装置を備えた自動フラツシユ弁 Pending JPS61274025A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11562885A JPS61274025A (ja) 1985-05-29 1985-05-29 発電装置を備えた自動フラツシユ弁

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11562885A JPS61274025A (ja) 1985-05-29 1985-05-29 発電装置を備えた自動フラツシユ弁

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS61274025A true JPS61274025A (ja) 1986-12-04

Family

ID=14667351

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11562885A Pending JPS61274025A (ja) 1985-05-29 1985-05-29 発電装置を備えた自動フラツシユ弁

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS61274025A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0266873U (ja) * 1988-11-04 1990-05-21
JP2011149213A (ja) * 2010-01-22 2011-08-04 San-Ei Faucet Mfg Co Ltd トイレシステム、自動灌水システム、洗面所システムおよび発電ユニット

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59217074A (ja) * 1983-05-07 1984-12-07 Inax Corp 自動給水装置

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59217074A (ja) * 1983-05-07 1984-12-07 Inax Corp 自動給水装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0266873U (ja) * 1988-11-04 1990-05-21
JP2011149213A (ja) * 2010-01-22 2011-08-04 San-Ei Faucet Mfg Co Ltd トイレシステム、自動灌水システム、洗面所システムおよび発電ユニット

Similar Documents

Publication Publication Date Title
FI955717A0 (fi) Menetelmä huuhteluoperaation automaattiseksi laukaisemiseksi
JPH05196746A (ja) 化粧室装置のための感知及び制御回路
TW355189B (en) Pressure flushing device discharge extension
JPH07100948B2 (ja) 自動給水装置における電力供給方法
JPS61274025A (ja) 発電装置を備えた自動フラツシユ弁
ATE346194T1 (de) Spülvorrichtung für toiletten
FR2680193B1 (fr) Toilettes economes en eau.
DE69312717D1 (de) Vorrichtung zum reinigen und desinfizieren von badezimmern und toiletten
US6408449B1 (en) Urinal attachment to a commode
CN2449631Y (zh) 免水冲洗式座便器
JP3419247B2 (ja) 給水装置
KR200383777Y1 (ko) 태양 에너지로 구동되는 소변기 세척장치
CN111119304A (zh) 一种基于电开关的小便池疏堵装置
CN2342178Y (zh) 管道防臭器
CN2332761Y (zh) 自动冲便器
CN218684033U (zh) 一种便携冲洗器
CN111270740B (zh) 一种多功能智能马桶
KR200312817Y1 (ko) 흐르는 물의 수압을 이용한 축전장치
JP3035898B2 (ja) 自動給水装置
CN2211462Y (zh) 电控坐便器
KR20100119629A (ko) 소변기
CN2306989Y (zh) 公用电开水桶轻碰自动出水开关
AUPP815999A0 (en) Soap dispenser
JPH0885985A (ja) 停電止水機能を有する水栓装置
CN116716954A (zh) 一种具有健康检测分析预警的智能马桶