JPS5921450A - 高品位鋼の連続鋳造方法 - Google Patents

高品位鋼の連続鋳造方法

Info

Publication number
JPS5921450A
JPS5921450A JP4296482A JP4296482A JPS5921450A JP S5921450 A JPS5921450 A JP S5921450A JP 4296482 A JP4296482 A JP 4296482A JP 4296482 A JP4296482 A JP 4296482A JP S5921450 A JPS5921450 A JP S5921450A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold
molten steel
tundish
continuous casting
casting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4296482A
Other languages
English (en)
Inventor
Osamu Nishimura
西村 統
Katsumi Hirata
勝美 平田
Kunimasa Sasaki
佐々木 邦政
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Industries Ltd filed Critical Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority to JP4296482A priority Critical patent/JPS5921450A/ja
Publication of JPS5921450A publication Critical patent/JPS5921450A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B22CASTING; POWDER METALLURGY
    • B22DCASTING OF METALS; CASTING OF OTHER SUBSTANCES BY THE SAME PROCESSES OR DEVICES
    • B22D11/00Continuous casting of metals, i.e. casting in indefinite lengths
    • B22D11/10Supplying or treating molten metal
    • B22D11/106Shielding the molten jet

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は、商品位鋼の連続鋳造方法の改良に関する。
連続鋳造による商品位鋼の鋳造には、鋳片表面に鋳造欠
陥を生じさせないことが重要な要件の一つである。その
ための有効な技術として鋳型内で溶鋼を攪拌・回転させ
る電磁攪拌装置が普及してきたが、これは溶鋼中に持込
まれた酸化生成物が非金属介在物として鋳片の表層部に
集積するのを防ぐ効果を狙ったものである。さらに、こ
れに加えて、該酸化物の生成を防ぐため、鋳型内へのタ
ンディッシュからの注湯には、浸漬ノズルを用い、かつ
、鋳型内のメニスカスには、鋳造パウダを浮かせて断気
する方法を併用している。
しかし、上記従来方法では、鋳型壁と溶鋼と間に浸入す
る潤滑剤の量的不均一から、溶鋼の冷却のアンバランス
が生じ、鋳片表面に微細な割れが生じやすく、そのため
、鋳造パウダの特性と電磁攪拌の強さに関して微妙な調
整を必要とするという難点があった。
本発明は、上記従来方法の難点を克服し、鋳型内溶鋼と
鋳型壁との接触を均一にして、溶鋼の冷却を均一にし、
鋳造パウダを用いない断気鋳造により、高品位鋼の連続
鋳造の可能な方法を提供することを目的として提案され
たもので、タンディッシュ内の溶鋼を、浸漬ノズルを介
して水冷鋳型内に注湯して鋳片を連続鋳造するに当り、
内面を表面処理された鋳型を用い、該鋳型とタンディッ
シュの間に形成され、不活性ガスを、ガス圧制御可能に
充たされた密閉室を通して注湯するとともに、該鋳型内
の溶鋼を電磁攪拌しながら連続鋳造を行なうことを特徴
とする高品位鋼の連続鋳造方法に係るものである。
以下、添付図面を参照しながら、本発明方法につき具体
的に説明する。添付図面は、本発明方法を実施する装置
の一例を示すが、同図において、1はタンディッシュ、
2は溶鋼、3は水冷鋳型で、タンディッシュ1の底面と
鋳型3の上端面間には、図面の如く耐熱性の環状可撓部
材(べローズ)5が流体密に装着れており、該環状可撓
部材5内には密閉室10が形成されている。この密閉室
10内には不活性ガスを封入し、かつその圧力を制御で
きるように図示の如く不活性ガスの給気弁8、排気弁9
が設けられている。また、タンディッシュ1には内そう
式の浸漬ノズル7と、注湯の開閉を主目的とするストッ
パ6が設けられている。また、鋳型3には、溶鋼レベル
を検知するセンサ、たとえば熱電対11が設けられてお
り、かつその外側には鋳型3内の溶鋼を攪拌、回転させ
るための電磁誘導コイル4が配設されている。また、鋳
型3の内面には、溶鋼との摩擦係数を低減するため、窒
化ボロン等により表面処理が施されている。
なおタンディッシュ1は図示しない支持台または台車で
支持されている。
本発明方法を実施する装置の一例は上記のように構成さ
れており、本装置により本発明は、以下に述べるように
実施される。
タンディッシュ1内の溶鋼2は、ストッパ6を開くこと
によって、浸漬ノズル7を通り鋳型3内に注湯される。
密閉室10内の不話性ガス圧力は、鋳型3内の溶鋼レベ
ルが所定のレベルに達するまでは、零に保持されるが、
溶鋼レベルが所定のレベル達し、鋳片12の連続引抜き
が開始されると、鋳型3内のメニスカスを常に一定レベ
ルに保持するように、給気弁8、排気弁9を操作して制
御する。
この場合における密閉室10内の不活性ガス圧力のつぎ
のとおりに保持制御される。
ρH−ΔP=PG こゝで、H:メニスカスからタンディッシュ内の溶鋼面
の高さcm ρ:溶鋼比重量kg/cm3 ΔP:ストッパと浸漬ノズルの圧力損失g/cm2PG
:密閉室内のガス圧力kg/cm2このガス圧力PGの
実用範囲は、0.1〜0.8kg/cm2に設定され、
また、鋳型3内の溶鋼は、誘導コイル4により、その内
壁の近くで10〜30m/minの周速度で攪拌・回転
される。
以上、要するに本発明は、タンディッシュ内の溶鋼を、
浸漬ノズルを介して水冷鋳型内に注湯して鋳片を連続鋳
造するに当り、内面を表面処理された鋳型を用い、該鋳
型とタンディッシュの間に形成され、不活性ガスを、ガ
ス圧制御可能に充たされた密閉室を通して注湯するとと
もに、該鋳型内の溶鋼を電磁攪拌しながら連続鋳造を行
なうことを特徴とする高品位鋼の連続鋳造方法を要旨と
するものであるから、本発明によれば、(1)タンディ
ッシュ1から鋳型3に注湯される溶鋼2を、不活性ガス
を充満させた密閉室10で囲むことにより、酸化生成物
の発生を防ぐとともに、不活性ガス圧力を付加すること
により、溶鋼と鋳型3との接触を良くすることもに、温
度低下に伴なう気泡やガスの発生を抑制することがでぎ
る。
(2)内面を表面処理した鋳型を用いて溶鋼との摩擦係
数を低減させているため、鋳造パウダが不要となり、該
パウダの微妙な特性の把握をしないで済むので、操業条
件が単純化する。
(3)鋳型内で溶鋼を攪拌・回転させるため、鋳型と鋳
片の接触が均一化し、冷却条件が安定するので、鋳片の
表面性状は著しく改善される。
などの実用的効果を挙げることができる。
なお、一般に、鋳型内の溶鋼の電磁攪拌を行なう場合の
周速度は、鋳型壁の近くで約30m/minであるが、
本発明による溶鋼の攪拌は、多少低速で同等の効果が得
られる。
【図面の簡単な説明】
添付図面は、本発明を実施する装置の一例の概略縦断面
図である。 1:タンディッシュ、2:溶鋼、 3:水冷鋳型、4:電磁誘導コイル、 5:環状可撓性部材(ベローズ)、 6:ストッパ、7:浸漬ノズル、 8:給気弁、9:排気弁、 10:密閉室、11:センサ、 12:鋳片。 復代理人 弁理士・伊藤 輝 (外2名)

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. タンディッシュ内の溶鋼を、浸漬ノズルを介して水冷鋳
    型内に注湯して鋳片を連続鋳造するに当り、内面を表面
    処理された鋳型を用い、該鋳型とタンディッシュの間に
    形成され、不活性ガスを、ガス圧制御可能に充たされた
    密閉室を通して注湯するとともに、該鋳型内の溶鋼を電
    磁攪拌しながら連続鋳造を行なうことを特徴とする商品
    位鋼の連続鋳造方法。
JP4296482A 1982-03-19 1982-03-19 高品位鋼の連続鋳造方法 Pending JPS5921450A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4296482A JPS5921450A (ja) 1982-03-19 1982-03-19 高品位鋼の連続鋳造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4296482A JPS5921450A (ja) 1982-03-19 1982-03-19 高品位鋼の連続鋳造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS5921450A true JPS5921450A (ja) 1984-02-03

Family

ID=12650713

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4296482A Pending JPS5921450A (ja) 1982-03-19 1982-03-19 高品位鋼の連続鋳造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5921450A (ja)

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS54158334A (en) * 1978-06-01 1979-12-14 Concast Ag Method and apparatus for continuous metal casting in single or multiple strand casting equipment

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS54158334A (en) * 1978-06-01 1979-12-14 Concast Ag Method and apparatus for continuous metal casting in single or multiple strand casting equipment

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US2821472A (en) Method for fluxing molten light metals prior to the continuous casting thereof
RU2497059C2 (ru) Способ и устройство для измерения, по меньшей мере, одного свойства расплавленного или полурасплавленого материала и обработки расплавленного или полурасплавленного материала
US5272720A (en) Induction heating apparatus and method
JP3061641B2 (ja) 永久型の中に溶融金属を充填する方法及び装置
US5052469A (en) Method for continuous casting of a hollow metallic ingot and apparatus therefor
JPS5921450A (ja) 高品位鋼の連続鋳造方法
US2245994A (en) Casting apparatus and method
US2048319A (en) Method of producing cast refractory and similar articles
US3737302A (en) Method of treatment of liquid steel under vacuum
CN108393450A (zh) 一种中间包喂钢带装置及方法
JPS6339343B2 (ja)
US4220191A (en) Method of continuously casting steel
US4719959A (en) Apparatus for continuously producing hollow metallic ingot
US3700779A (en) Method of treatment of liquid steel under vacuum
US2875483A (en) Method and apparatus for solidifying steel ingots
JPH01228645A (ja) 連続鋳造鋳型における凝固シェル表面の縦割れ防止方法
GB2222792A (en) Continuous casting of a hollow metallic ingot
JPS648041B2 (ja)
US4922992A (en) Melt-holding vessel and method of and apparatus for countergravity casting
JPS63242447A (ja) 金属薄帯連続鋳造装置用中間容器
JPS5953144B2 (ja) 水平連続鋳造装置
JPH0346220B2 (ja)
JPH0542347A (ja) 鋳片品質の優れた鋳片の連続鋳造方法
JPH03268843A (ja) 中空鋳片の連続鋳造装置
JPS643590B2 (ja)