JPH11155824A - At-home health control system - Google Patents

At-home health control system

Info

Publication number
JPH11155824A
JPH11155824A JP32727297A JP32727297A JPH11155824A JP H11155824 A JPH11155824 A JP H11155824A JP 32727297 A JP32727297 A JP 32727297A JP 32727297 A JP32727297 A JP 32727297A JP H11155824 A JPH11155824 A JP H11155824A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
terminal
health
terminal device
input
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP32727297A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
謙之 ▲土▼井
Kaneyuki Doi
Masaru Hashimoto
Kazuya Kitayama
Masaki Koyama
Osamu Nishimura
Keiichi Yoshida
恵一 吉田
和也 喜多山
正樹 小山
勝 橋本
治 西村
Original Assignee
Matsushita Electric Works Ltd
松下電工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Works Ltd, 松下電工株式会社 filed Critical Matsushita Electric Works Ltd
Priority to JP32727297A priority Critical patent/JPH11155824A/en
Publication of JPH11155824A publication Critical patent/JPH11155824A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To easily add, change and correct data for users controlled by a terminal unit even if operation buttons for the terminal unit are extremely reduced.
SOLUTION: This system comprises at least one type of health measurement equipment 1 (1a-1n) to measure health data from a blood pressure meter, a thermometer and a weight meter, containing a transmitting means to transmit the measured health data in accordance with a certain communication format, and a terminal unit formed with a receiving means to receive the health data transmitted from the health measurement equipment, a control means to control the received health data, a communication means to make data communication with an external terminal 4 via a network 3 and an operation means to perform a series of operations. An input auxiliary terminal 5 is added thereto to rewrite data held by the terminal unit.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、一般家庭内で測定した健康状態に関するデータを、端末装置で一元管理することにより、自主的な健康管理に役立てたり、そのデータを通信ネットワークを介して、遠隔地にいる医師や保健婦等の専門家に送ることにより、自宅等で専門家のアドバイスを受けながら、健康管理を行うことができるようにするための在宅健康管理システムに関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention data relating to health status, as measured in the general household, by centrally managing the terminal device, or help voluntary health care, through the communication network the data, by sending an expert such as a doctor or public health nurse at a remote location, while receiving the advice of experts at home, etc., to a home health management system in order to be able to carry out health management.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年の急速な高齢化の進行により、わが国の医療財政は逼迫しており、その対応が求められている。 2. Description of the Prior Art In the progress of the recent years of rapid aging, Japan's health care budget is tight, the correspondence has been demanded. 政府では、国民への医療費負担を増加させるとともに、基本的方針として、従来の「病気の早期発見・早期治療」という方向から、「病気にならないための健康作り」という方向への転換を重要視している。 The government, along with the increasing medical expenses burden on the people, as a basic policy, traditional from the direction of "early detection and early treatment of the disease", the transformation in the direction of "health making because it does not get sick." Important It has been viewed. そして、上記の「病気にならないための健康作り」を効果的に行う手段の一つとして、「在宅健康管理システム」というものが提案されている。 And, as one of the effectively perform it means the "health making because it does not get sick," above, those referred to as "home health management system" has been proposed.

【0003】このシステムは、一般家庭内で測定可能な健康状態に関する健康データ(例えば、電子血圧計により測定した血圧値や電子体温計により測定した体温、尿センサにより測定した血糖値等)を各家庭において測定し、その健康データを専用の端末装置から、公衆回線、 [0003] The system, health data related to measurable health in homes (eg, body temperature was measured by the blood pressure values ​​and electronic thermometer as measured by an electronic sphygmomanometer, the blood glucose level or the like measured by the urine sensor) each household measured at, the health data from a dedicated terminal device, a public line,
CATV回線等の通信ネットワークを介して、医療機関や保険センター等に送信するというものである。 Via a communication network such as the CATV line, is that to send to the medical institutions and insurance centers. 送信された健康データは、医療機関や保険センターにおいて専門家により解析・診断され、その結果は各家庭にフィードバックされる。 Health data that is transmitted is analyzed and diagnosed by experts in the medical institutions and insurance center, and the result is fed back to each household. このような在宅健康管理システムによれば、各家庭における日常的な健康管理を専門家の指導のもとに行うことができ、より信頼性の高い健康管理ができるようになり、通院回数の削減につながることになる。 According to such a home health management system, day-to-day health management in each household can be done under the guidance of experts, it will be more able to high health management of reliability, reduction of visits number of times It will be lead to.

【0004】上述の在宅健康管理システムにおいて、医療機関や保険センターにある外部端末と通信を行うための端末装置に血圧計や心電計が一体的に組み込まれていると、使用者は必ず端末装置のあるところまで行って血圧等の測定を行うことになり、利用上不便であり、使いにくいという問題を有することになる。 [0004] In the above-described home healthcare system, blood pressure monitors and ECG is integrated in the terminal device for communicating with an external terminal in the medical institutions and insurance centers, the user always terminal went as far as the device of will be the measurement of blood pressure or the like, is inconvenient on the use, it will have the problem of difficult to use.

【0005】これに対して、健康測定機器と端末装置とが分離されていると、健康データの測定は、どこででも行うことができ非常に便利である。 [0005] In contrast, when the health measuring device and the terminal device are separated, the measurement of the health data, where it is very convenient can also be carried out by. しかし、この場合、 However, in this case,
測定した健康データを端末装置に入力する手続きが必要となる。 Procedure for entering the measured health data to the terminal device is required. この時、血圧計、体温計、尿チェッカ、歩数計、体重計、心電計といった各種健康測定機器より得られた健康データを端末装置に入力する方法が各種健康測定機器毎に異なると、使用者(特に、高齢者)にとって正確な操作方法の理解が容易でなく、誤操作をしてしまう等の問題を有することになる。 At this time, blood pressure monitors, thermometers, urine checker, pedometer, scales and a method for inputting health data obtained from various health measurement equipment such as electrocardiograph to the terminal device is different for each variety of health measuring devices, the user (in particular, the elderly) it is not easy to understand the correct operation method for, will have problems such as resulting in an erroneous operation.

【0006】そこで、各種健康測定機器により測定された健康データを赤外線通信手段を用いて端末装置に入力する方法がある。 [0006] Therefore, there is a method of inputting various health health data measured by the measuring device to the terminal device by using the infrared communication means. これは、例えば、血圧計により血圧を測定した後、血圧計に設けられた送信ボタンを押下すると、測定された血圧値が赤外線通信により端末装置に送信されるというものである。 This, for example, after measuring the blood pressure sphygmomanometer, and presses the transmission button provided on the sphygmomanometer, measured blood pressure value is that is transmitted to the terminal apparatus by infrared communication. これにより、各種健康測定器記で測定した健康データを端末装置に送信する手続きが大幅に簡略化される。 Thus, the procedures for transmitting health data measured by various health measuring device SL to the terminal device is greatly simplified. また、操作端末に設ける操作ボタンの数を極力削減し、残された操作ボタンのみで一般的な操作が全て行えるようにする在宅健康管理システムが考えられている。 Further, to reduce the number of operation buttons provided to the operation terminal as much as possible, home health management system that allows common operations are all only the operation buttons left is considered.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】ところが、上述のような構成の在宅健康管理システムでは、利用者等のデータの追加、変更、修正といった通常使用時に利用する機会の少ない操作ボタンを設けないようにすることにより、 The object of the invention is to be Solved However, in the home health management system of the above-mentioned structure, additional data such as user, change, as usually not provided little operation button of the opportunity to use at the time of use, such as modification by,
操作ボタンの数を極力削減し、端末装置の操作を単純化することが出来るもの、実際にデータの追加、変更、修正等が生じた場合に端末装置に設けられた操作ボタンだけでは対処することができないという問題点を有することとなる。 The number of operation buttons as much as possible reduced, which is able to simplify the operation of the terminal device, actually added data, changes, it is only the operation button provided in the terminal device to address the case where modification or the like occurs It will have a problem that can not be.

【0008】本発明は、上記の問題点に鑑みて成されたものであり、その目的とするところは、端末装置の操作ボタンが極力削減されたとしても、端末装置で管理する利用者等のデータの追加、変更、修正を容易に行うことのできる在宅健康管理システムを提供することにある。 [0008] The present invention has been made in view of the above problems, and an object, even if the operation button of the terminal device is as much as possible reduce, the user or the like for managing the terminal device additional data, change is to provide a home health care system which can easily perform correction.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、 Means for Solving the Problems The invention according to claim 1,
血圧計、体温計、体重計等の健康に関する健康データを測定するとともに、測定した健康データをある定められた通信フォーマットに基づいて送信する送信手段を備えた少なくとも1種類の健康測定機器と、健康測定機器から送信された健康データを受信する受信手段と、受信した健康データを管理する管理手段と、ネットワークを介して外部端末とデータ通信を行うための通信手段と、一連の操作を行うための操作手段とを有する端末装置と、 Sphygmomanometer, thermometers, as well as measure the health data on the health of the scales or the like, and at least one health measurement device is provided with transmitting means for transmitting based on certain defined communication format the measured health data, health measurement operation is performed to a reception unit configured to receive health data transmitted from the device, and a management means for managing health data received, a communication unit for performing external terminal and data communication via the network, a series of operations a terminal device and a means,
からなることを特徴とする在宅健康管理システムにおいて、端末装置が保持するデータを書き換えることが可能となる入力補助端末を付加したことを特徴とするものである。 In home health care system characterized by consisting of, it is characterized in that the terminal device adds the input auxiliary terminals becomes possible to rewrite the data held.

【0010】請求項2記載の発明は、請求項1記載の在宅健康管理システムにおいて、文字及び図形を記憶したROMを端末装置が有し、入力補助端末からROMが保持する各文字及び図形に対応するコード番号を端末装置に送信することにより、端末装置に文字及び図形を入力できるようにしたことを特徴とするものである。 [0010] According to a second aspect of the invention, the home health care system according to claim 1, further comprising a ROM for storing character and graphic terminal apparatus, corresponding to each character and graphic ROM holds the input auxiliary terminal by transmitting a code number to the terminal apparatus, it is characterized in that it has to enter the text and graphics to the terminal device.

【0011】請求項3記載の発明は、請求項1記載の在宅健康管理システムにおいて、入力しようとする文字及び図形のビットマップデータを入力補助端末において作成し、作成したビットマップデータを端末装置に送信することにより、端末装置に文字及び図形を入力できるようにしたことを特徴とするものである。 [0011] The invention of claim 3, wherein, in the home health care system according to claim 1, to create the input assistant terminal characters and graphics bitmap data to be input, the bit map data created in the terminal device by transmitting, it is characterized in that it has to enter the text and graphics to the terminal device.

【0012】請求項4記載の発明は、請求項1乃至請求項3記載の在宅健康管理システムにおいて、健康測定機器から得られた健康データを入力補助端末を用いて端末装置に入力できるようにしたことを特徴とするものである。 [0012] The invention of claim 4, wherein, in the claims 1 to 3 home health management system according were to enter the terminal device using the input auxiliary terminal health data obtained from health measurement equipment it is characterized in.

【0013】請求項5記載の発明は、請求項1乃至請求項5記載の在宅健康管理システムにおいて、日付情報や時刻情報を入力補助端末を用いて入力できるようにしたことを特徴とするものである。 [0013] According to a fifth aspect, characterized in that in the home health care system of claim 1 to claim 5, and to enter the date information and time information using the input auxiliary terminal is there.

【0014】請求項6記載の発明は、請求項1乃至請求項5記載の在宅健康管理システムにおいて、入力補助端末から端末装置が保持する健康データの編集が可能となるようにしたことを特徴とするものである。 [0014] According to a sixth aspect of the invention, and characterized in that in the home health care system of claims 1 to 5, wherein the terminal device is input auxiliary terminal was made to allow editing of the health data held it is intended to.

【0015】請求項7記載の発明は、請求項1乃至請求項6記載の在宅健康管理システムにおいて、入力補助端末から端末装置が保持する健康測定機器のデータの編集が可能となるようにしたことを特徴とするものである。 [0015] According to a seventh aspect, the in-home health care system of claim 1 to claim 6, wherein, from the input auxiliary terminal terminal device as it is possible to edit the data of health measuring device which holds the one in which the features.

【0016】請求項8記載の発明は、請求項1乃至請求項7記載の在宅健康管理システムにおいて、端末装置が保持するデータを入力補助端末においても保持するようにしたことを特徴とするものである。 [0016] The invention according to claim 8, in home health care system of claim 1 to claim 7, wherein, characterized in that the terminal device has to be held in the input auxiliary terminal data held is there.

【0017】 [0017]

【発明の実施の形態】以下、本発明に係る在宅健康管理システムの実施の形態を図1乃至図13に基づき詳細に説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, the embodiments of home health care system according to the present invention will be described in detail with reference to FIGS. 1 to 13. 図1は在宅健康管理システムの概略構成図である。 Figure 1 is a schematic configuration diagram of a home health care system. 図2は健康測定機器の内部構成を表すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing the internal structure of the health measuring device. 図3は端末装置の外観斜視図である。 Figure 3 is an external perspective view of the terminal device. 図4は端末装置の内部構成を表すブロック図である。 Figure 4 is a block diagram showing the internal configuration of the terminal device. 図5は入力補助端末の構成を表すブロック図である。 Figure 5 is a block diagram showing the configuration of an input auxiliary terminal. 図6は赤外線通信の基本信号の波形図である。 6 is a waveform diagram of the basic signal of the infrared communication. 図7は赤外線通信のデータフォーマットである。 Figure 7 is a data format of the infrared communication. 図8は端末装置における在宅健康管理システムの起動からデータ入力までの手続きを表す画面フローである。 Figure 8 is a screen flow representing a procedure from start of home health care system in the terminal device to the data input. 図9は入力補助端末を用いて使用者の氏名を入力する過程を表す画面フローである。 Figure 9 is a screen flow indicating a process of entering the name of a user using the input auxiliary terminal. 図10は端末装置のフラッシュメモリのメモリマップである。 Figure 10 is a memory map of the flash memory of the terminal device. 図11は入力補助端末を用いて健康データを入力する過程を表す画面フローである。 Figure 11 is a screen flow indicating a process for inputting health data using the input auxiliary terminal. 図12は他の端末装置の外観斜視図である。 Figure 12 is an external perspective view of another terminal device. 図13は他の端末装置の内部構成を表すブロック図である。 Figure 13 is a block diagram showing the internal structure of the other terminal devices. 図14は入力補助端末を用いて端末装置のデータを書き換える過程を表す画面フローである。 Figure 14 is a screen flow indicating a process of rewriting the data of the terminal device using the input auxiliary terminal. 図15は入力補助端末を用いて健康測定機器を新たに追加する過程を示す画面フローである。 Figure 15 is a screen flow illustrating a process of newly adding the health measuring device by using the input auxiliary terminal.

【0018】在宅健康管理システムは、健康測定機器1 [0018] The home health management system, health measurement device 1
a〜1nと、健康測定機器1a〜1nで測定した健康に関するデータを管理するとともに、外部端末とデータ通信を行う端末装置2とからなる家庭側のシステムと、端末装置2と通信ネットワーク3を介して接続される外部の病院や保健センター、介護センター等に設置されたセンター装置4と、端末装置2だけでは処理できない内容に関してメーカ等のエンジニアにより補助的な入力を行う際に用いられる入力補助端末5とから構成されている。 And A~1n, manages the health data measured by the health measuring device 1 a to 1 n, through the home-side system comprising a terminal apparatus 2 which for performing external terminal data communication, the communication network 3 and the terminal apparatus 2 external hospitals and health centers to be connected Te, nursing care centers and center apparatus 4 installed in the input auxiliary terminals only terminal device 2 used to perform an auxiliary input by engineers manufacturers such as for the content that can not be processed and a 5.

【0019】健康測定機器1a〜1nは、図2に示すように、健康に関するデータを測定する測定手段10a〜 The health measurement instruments 1a~1n, as shown in FIG. 2, measuring means for measuring data relating to health 10a~
10nと、測定したデータを記憶する記憶手段12a〜 Storage means for storing and 10n, the measured data 12a~
12nと、記憶されたデータを端末装置2に赤外線を用いて送信するための送信手段14a〜14nと、端末装置2にデータの送信を開始するための「送信」ボタン1 12n and a transmission unit 14a~14n for transmitting the stored data using infrared terminal device 2, a "send" to start sending data to the terminal device 2 button 1
6a〜16nとから構成されている。 It is composed of a 6a~16n. 健康に関するデータを測定する測定手段10a〜10nは、例えば、血圧計ならば血圧を測定する手段、体温計ならば体温を測定する手段を指し、各健康測定機器10a〜10n毎に異なるものである。 Measuring means 10 a to 10 n for measuring data relating to health, for example, means for measuring the blood pressure if sphygmomanometer, refers to the means for measuring the body temperature if the thermometer is different from each health measuring device 10 a to 10 n. ただし、赤外線通信の送信手段14a However, the infrared communication transmission means 14a
〜14nについては、全ての健康測定機器1a〜1nにおいて共通の通信規格を有している。 For 14n, they have a common communication standards in all health measuring device 1 a to 1 n. なお、この通信規格を満たしていれば、形状や使用される部品は異なっていても良い。 Incidentally, if they meet the communication standard, the parts to be shaped and used may be different. このような健康測定機器1a〜1nとしては、血圧計、体温計、体重計のほか、心電計、血糖計等があり、家庭において健康状態を計測できるものであれば特に制限はない。 Such health measuring device 1 a to 1 n, sphygmomanometer, thermometers, other scales, electrocardiograph, there is a blood glucose meter or the like, not particularly limited as long as it can measure the health status in the home. また、これらの機器は、使用者の状況に応じて1つの機器を単独で使用しても良いし、複数の機器を組み合わせて使用してもよい。 Further, these devices to a single device depending on the situation of the user may be used alone or may be used in combination of a plurality of devices.

【0020】端末装置2は、図4に示すように、本装置を制御するためのマイクロプロセッサ20と、BIOSやOS The terminal device 2, as shown in FIG. 4, a microprocessor 20 for controlling the device, BIOS or OS
が記憶されたROM30と、アプリケーションソフトが記憶されたROM32と、ワークエリアとしてのRAM And ROM30 but stored, and ROM32 the application software is stored, RAM serving as a work area
34と、データを保存するためのフラッシュメモリ36 And 34, a flash memory 36 for storing data
と、各健康測定機器1a〜1nから送信されてきたデータを受信するための赤外線通信用の受信回路40と、入力補助端末5との通信をするための赤外線通信回路42 When each health measuring device and the receiving circuit 40 for infrared communication for receiving data transmitted from 1 a to 1 n, the infrared communication for the communication with the input auxiliary terminal 5 circuit 42
と、外部端末とデータ通信を行うための通信回路50 When the communication circuit 50 for performing external terminal data communication
と、回線の接続ポート52と、LCDモニタ60と、操作ボタン70、72、74、音声出力回路80と、スピーカ82とから構成されている。 When, a connection port 52 of the line, the LCD monitor 60, operation buttons 70, 72, 74, an audio output circuit 80, and a speaker 82.

【0021】端末装置2において、ROM30、32やRAM34、フラッシュメモリ36等の各種メモリの容量や数は、使用するアプリケーションソフトによって変更することが可能となっている。 [0021] In the terminal device 2, ROM30,32 or RAM 34, the capacity and number of various memories such as a flash memory 36, and can be changed by the application software used.

【0022】赤外線通信用の受信回路40は、前述した通信規格に基づいた仕様になっており、健康測定機器1 The reception circuit 40 for infrared communication is adapted to the specifications based on the communication standards described above, the health measuring device 1
a〜1nから送信されてきたデータを受信する。 To receive the data that has been transmitted from a~1n. なお、 It should be noted that,
赤外線通信規格については後述する。 It will be described later infrared communication standard.

【0023】フラッシュメモリ36は、赤外線通信用の受信回路40において受信されたデータが自動的に記憶されるものである。 The flash memory 36 is used for data received at the reception circuit 40 for infrared communication is automatically stored.

【0024】赤外線通信回路42は、赤外線通信規格Ir [0024] The infrared communication circuit 42, infrared communication standard Ir
DAを応用して入力補助端末5から送信されたデータを受信するものである。 By applying DA is to receive data transmitted from the input auxiliary terminal 5.

【0025】通信回路50及び回線の接続ポート52 The communication circuit 50 and the line connection port 52
は、通信ネットワーク3として何を使かによって異なり、それぞれに応じた通信回路及び接続ポートを組み込むことになる。 It may vary depending what use or as a communication network 3, will incorporate a communication circuit and a connection port corresponding to each. これは、例えば、公衆回線を用いる場合ならば、公衆回線モデム回路及び公衆回線の接続ポートを用いることになり、CATV回線を用いる場合ならば、ケーブルモデム回路及びCATV回線の接続ポートを用いることになる。 This, for example, if the case of using a public line, will be used to connect the port of the public line modem circuit and a public line, if the case of using a CATV line, to the use of the connection port of a cable modem circuit and CATV line Become. 通信ネットワーク3としてはこの他にもPHS PHS addition to this is as the communication network 3
回線やISDN回線等があるが、どの通信ネットワークを使用するかは特に制限はない。 There are lines or ISDN lines or the like, but not particularly limited to use with any communications network.

【0026】声出力回路80及びスピーカ82は、使用者に対して端末装置2の使用方法を案内するための音声を出力するためのものであり、アプリケーションソフトに組み込まれた音声ファイルを状況に応じてデコードし、音声としてスピーカから出力するようになっている。 The voice output circuit 80 and the speaker 82 is for outputting a sound for guiding the use of the terminal device 2 to the user, according the audio files included in the application software to the situation decoding Te, and outputs from the speaker as sound.

【0027】端末装置2に記憶された各種健康測定機器1a〜1nで測定した健康に関するデータは、通信ネットワーク3を介して、定期的に自動でセンター装置4に送信される。 The health data measured by the various health measuring instruments 1a~1n stored in the terminal device 2 via the communication network 3 is transmitted to the center apparatus 4 on a regular basis automatically. センター装置4は、通常のパソコンを用いて構築されたものとなっている。 Center apparatus 4 has a one constructed using conventional PC.

【0028】入力補助端末5は、図5に示すように、汎用のパソコンを使用しており、シリアルポート90には前述した通信規格を有する送信回路92が接続されている。 The input auxiliary terminal 5, as shown in FIG. 5, uses a general-purpose personal computer, a transmission circuit 92 having a communication standard as described above is connected to a serial port 90. また、入力補助端末5では、通信用のアプリケーションが実行されるようになっている。 Further, the input auxiliary terminal 5, an application for communication is adapted to be executed.

【0029】次に、本発明の実施の形態で使用した赤外線通信の仕様について説明する。 A description will now be given specifications of infrared communication used in the embodiment of the present invention. まず、搬送波には、波長900〜950nmの帯域の赤外線を用い、副搬送波の周波数帯域を36.7±0.3kH、デューティ比を3 First, the carrier, using an infrared band of wavelength 900-950nm, the sub-carrier frequency band 36.7 ± 0.3kH, the duty ratio 3
3%とした。 3% and the. 変調方式は、Step1)パルス列をPPM(P Modulation scheme, Step1) pulse train PPM (P
ulse Phase Modulation)変調し、Step2)パルス列により副搬送波を振幅変調(一次変調)し、Step3)一次変調された副搬送波により赤外線を振幅変調(二次変調) ulse Phase Modulation) modulation, Step2) the subcarrier amplitude-modulated by a pulse train (primary modulation) and, Step3) amplitude modulating an IR by subcarriers which are primary modulation (secondary modulation)
する、という方式をとった。 To, took the method called. このようにして形成された基本信号の波形図を図6に示す。 It shows a waveform diagram of the thus basic signal formed in FIG. 図6において、時間T 6, the time T
は基本信号時間でり、T=436μsとしている。 Is a basic signal time deli, and T = 436μs. また、時間tは副搬送波(周波数36.7kHz、デューティ比33%)を表している。 The time t represents the subcarrier (frequency 36.7KHz, duty ratio 33%).

【0030】通信のデータフォーマットとしては、図7 [0030] as a communication data format of, as shown in FIG. 7
に示すフォーマットを用いている。 And using the format shown in. 図7において、リーダは信号の先頭を表すマーカであり、HDはヘッダコードであり、HD以降のビット構成を示すためのコードである。 7, the reader is a marker indicating the start of the signal, HD is a header code, a code for indicating the bit arrangement since HD. DATAはデータコードであり、健康測定機器1 DATA is a data code, health measurement device 1
a〜1nが測定した健康データをいれる部分である。 a~1n is a part that put the health data was measured. P
はパリティコードであり、送信データの誤り検定に用いるための4ビットのコードである。 It is parity code, a 4-bit code for use in error test of the transmission data. パリティコードP Parity code P
は、HDおよびDATAを、4ビットづつに区切り、それらの排他的論理和を求めた値である。 It is the HD and DATA, separated in 4 bits each, which is a value determined their exclusive. パリティコードによる誤り検定は、端末装置2において、受信したPの値と受信したHD及びDATAから再演算したPの値とを比較することによって行うことができる。 Error test by parity code, the terminal device 2, can be carried out by comparing the values ​​of P obtained by recalculation from HD and DATA with the received value of P received. トレーラは信号の終了を表すマーカである。 Trailer is a marker indicating the end of the signal.

【0031】なお、以上に述べた赤外線通信の仕様は、 [0031] In addition, the specifications of the infrared communication as described above,
一例であり、固定されたものではない。 Is an example, not fixed. すなわち、例えば、送信するデータに、測定日時情報や、健康測定機器1a〜1nのID情報を送信するようなデータフォーマットとしても良い。 That is, for example, the data to be transmitted, and the measurement date and time information may be data format to transmit the ID information of the health measuring device 1 a to 1 n.

【0032】このような共通の仕様を有する赤外線通信の送信手段を、使用する全ての健康測定機器1a〜1n [0032] All health measuring devices transmitting means of the infrared communications with such common specifications, use 1a~1n
や入力補助端末5に設け、また端末装置2にそれに対応する赤外線通信の受信手段を設けることにより、全ての健康測定機器1a〜1nのデータをまったく同一の操作で、端末装置2に入力することができるようになり、端末装置2の操作方法の容易化がはかられることになる。 Provided or input auxiliary terminal 5, also by providing the receiving means of the infrared communication corresponding thereto to the terminal device 2, the data of all the health measuring device 1a~1n exactly the same operation, by inputting to the terminal device 2 It will be able to, so that the ease of operation method of the terminal device 2 is worn.

【0033】さて、上述のような赤外線通信の送信手段を備えた健康測定機器1a〜1n、及び端末装置2とからなる家庭内のシステムの使用方法の具体例を、図8を用いて説明する。 [0033] Now, the health measuring device 1a~1n provided with transmission means infrared communication as described above, and specific examples of how to use the system in a home made from the terminal apparatus 2 which will be described with reference to FIG. 8 . 端末装置2の電源を入れると、アプリケーションソフトがスタートして、LCDモニタ60上に初期画面(A)が表示される。 When the power of the terminal device 2, the application software is started, an initial screen (A) is displayed on the LCD monitor 60. ここで、使用者が、端末装置2の「進む」ボタン70を押せば、使用者が誰であるかを選択する画面(B)に切り替わり、同時に「使用者を選択してください。」という音声案内が出力される。 Here, the voice user, by pressing the "Forward" button 70 of the terminal device 2, switch to the screen (B) for the user to select whether it is who, "Please select a user." At the same time that guidance is output.

【0034】画面(B)に表示されているのは、予め登録された使用者の名前であり、その中から現在の使用者を選択することになる。 [0034] What is displayed on the screen (B) is the name of the pre-registered user, you will select the current user from among them. 選択は、「選択」ボタン72を用いて行われる。 Selection is performed using the "Select" button 72. 「選択」ボタン72を押す毎に順次、 Sequentially to each press the "Select" button 72,
名前を表示する部分の表示色が変化したり、名前を表示する部分が点滅したりし、これによりどの名前が選択されているかが使用者に分かるようになっている。 Display color changes or in part for displaying a name, or flash a portion to display the name, is adapted to be seen to the user or Thereby which name has been selected. そして、例えば、現在の使用者の名前を点滅表示させた状態で、「進む」ボタン70を押すと処理選択画面(C)に進み、同時に「処理を選択してください。」という音声案内が出力される。 Then, for example, in a state in which the blink display the name of the current user, "forward" and press the button 70 and the process proceeds to the selection screen (C), "Please select an action." At the same time voice guidance that is output It is. なお、「戻る」ボタン74を押せば、画面を初期画面(A)に戻ることが可能である。 It should be noted that, pressing the "back" button 74, the screen it is possible to return to the initial screen (A) a. このように、「戻る」ボタン74は、「戻る」表示のある全ての画面で、ひとつ前の処理画面に戻る機能を果たすものである。 In this way, the "return" button 74, "back" in all of the screen with a display, is intended to fulfill a return to the previous processing screen function.

【0035】処理選択画面(C)では、健康測定機器1 [0035] In the process selection screen (C), health measurement device 1
a〜1nの測定データを新たに入力するか、過去の測定データをグラフ表示するかを選択する。 Newly enter the measurement data A~1n, selects whether the past measurement data and displays the graph. 選択方法は、画面(B)と同様の方法である。 Selecting method is the same method as in the screen (B). ここで、「表示」を選択した場合には、記憶している過去の測定データをグラフ表示する処理へと進む。 Here, when selecting "Display", the process proceeds and the past measurement data stored to the process of displaying the graph. すなわち、画面上の「表示」の部分を点滅表示させた状態で、「進む」ボタン70を押すと、機器選択画面(D)に進み、同時に「機器を選択してください。」という音声案内が出力される。 In other words, in a state in which the part was allowed to display flashing "display" on the screen, and press the "Forward" button 70, the process proceeds to the device selection screen (D), the voice guidance that at the same time "Please select the equipment." is output.

【0036】機能選択画面(D)では、どの健康測定機器1a〜1nで測定したデータを表示したいのかを選択する。 [0036] In the function selection screen (D), to select whether you want to display the data measured in any health measurement equipment 1a~1n. すなわち、例えば、「血圧計」が表示されている部分を点滅させた状態で、「進む」ボタン70を押すと、グラフ表示画面(E)となって、血圧計によって測定された最高血圧値、最低血圧値、心拍数の一ヶ月間のトレンドが表示されることになる。 That is, for example, in a state of being flashing portion "sphygmomanometer" is displayed, "forward" and press the button 70, and a graph display screen (E), systolic blood pressure measured by sphygmomanometer, diastolic blood pressure, so that the trend of one month of the heart rate are displayed. 他の健康測定機器を選択した場合にも、それぞれに応じたデータの一ヶ月間のトレンドが表示される。 Even if you select other health measuring device, the trend of one month of data corresponding to each are displayed. そして、さらに「進む」ボタン70を押すと、初期画面(A)に戻ってくる。 Then, when further press the "Forward" button 70, come back to the initial screen (A).

【0037】一方、画面(C)において、「入力」を選択した場合は、健康測定機器1a〜1nの測定データを新たに入力する処理へと進む。 On the other hand, the screen (C), if you select "Input", the flow proceeds to the processing of newly input measurement data of health measuring device 1 a to 1 n. すなわち、「入力」の表示部分を点滅させた状態で「進む」ボタン70を押すと、機器選択画面(F)に進み、同時に「機器を選択してください。」という音声案内が出力される。 That is, when you press the "Forward" button 70 in the state in which flashes the display part of the "Input", proceed to the device selection screen (F), is output "Please select the equipment." Voice guidance that is at the same time.

【0038】機器選択画面(F)では、どの健康測定機器1a〜1nで測定したデータを入力するのかを選択する。 [0038] In the device selection screen (F), to select whether to enter any health data measured with the measuring equipment 1a~1n. すなわち、例えば、「血圧計」の表示部分を点滅させた状態で「進む」ボタン70を押すと、血圧計から送信されてくるデータの受信待ち画面(G)に進み、同時に「血圧計で測定したのち、送信ボタンを押してください。」という音声案内が出力される。 Thus, for example, "forward" in a state in which flashes the display portion of "sphygmomanometer" Press the button 70, the process proceeds to the reception waiting screen data transmitted from the sphygmomanometer (G), at the same time "measured by sphygmomanometer After the, please press the send button. "voice guidance that is output. ここで、血圧計により測定を行い、その後、血圧計に設けられた「送信」 Here, was measured by sphygmomanometer, then it provided sphygmomanometer "send"
ボタン16を押すことにより、測定したデータを端末装置2へと送信される。 By pressing the button 16, the measured data is transmitted to the terminal device 2.

【0039】端末装置2では、データを受信した際、 [0039] In the terminal device 2, when receiving the data,
「血圧計のデータを正しく受信しました。」という音声案内を出力し、その後、自動的に画面を受信データ表示画面(H)に切り替え、受信したデータの画面への表示及びフラッシュメモリ36への保存を行う。 "I correctly received the data of the blood pressure meter." Outputs a voice guidance that, then, automatically switches the screen to the received data display screen (H), to the display and flash memory 36 to the screen of the received data Save do. また、もし赤外線通信でのデータの送受信に不具合があった場合には、「血圧計のデータが正しく受信されませんでした。 In addition, if when there is a problem with the transmission and reception of data in the infrared communication, data of "blood pressure meter was not received correctly.
もう一度送信ボタンを押してください。 Please press again send button. 」という音声案内を出力し、受信待ちを継続するようになっている。 So that the output audio guide, the device continues to wait for receipt of ". そして、受信データ表示画面(H)において、「進む」ボタン70を押すと、グラフ表示画面(E)となって、今回受信したデータを過去のデータに加えたグラフが表示され、さらに「進む」ボタン70を押すと、初期画面(A)に戻る。 Then, the received data display screen (H), pressing the "Next" button 70, and a graph display screen (E), graph the received data is added to the historical data is displayed this time, further "forward" When you press the button 70, returns to the initial screen (a).

【0040】端末装置2のフラッシュメモリ36に保存されているデータは、公衆回線を使用して、一日に一回、オートダイアルでセンター装置に送信される。 The data stored in the flash memory 36 of the terminal device 2 uses the public line, once a day, is transmitted to the center apparatus in the auto dial. ただし、どちらかが通話中、あるいは通信エラーが起こった場合には、5分後にリダイアルするようになっており、 However, in either a call, or when a communication error occurs is adapted to redial after 5 minutes,
通信が成功するまで、リダイアルし続ける。 Until communication is successful, continue to redial.

【0041】なお、以上に述べてきたアプリケーションソフトのフローや表示画面の内容は、一例であり、使用する形態に応じて様々なものが考えられる。 [0041] Note that the contents of the flow and the display screen of the application software has been described above is an example, considered are various depending on the form to be used. また、アプリケーションソフトの変更は、アプリケーションソフトを記憶させたROM32を交換することにより、自由に対応が可能である。 Also, changes in the application software, by exchanging the ROM32 having stored application software, it is possible to freely correspond.

【0042】次に、端末装置2に表示される使用者の名前の入力方法について図9を基に説明する。 Next, a description how to enter the name of the user to be displayed on the terminal device 2 based on FIG. 最初の段階では当然ながら、端末装置2に使用者の名前は全く入力されていない。 Of course in the first stage, the name of the user to the terminal device 2 is not at all input. そこで、入力補助端末5及び端末装置2 Therefore, the input auxiliary terminal 5 and the terminal apparatus 2
の両端末に名前を入力するための名前入力用アプリケーションを起動する。 To start the name input for the application to enter the name in both terminals.

【0043】入力補助端末5の名前入力用アプリケーションによる名前入力の流れは以下のようになる。 The flow of the name input by the name input for application of input auxiliary terminal 5 is as follows. すなわち、入力補助端末5において名前入力用アプリケーションを起動すると、入力補助端末5の処理画面には、図9 That is, when you start the application for name input in the input auxiliary terminal 5, the processing screen of the input auxiliary terminal 5, FIG. 9
に示すように、図8の画面(B)に対応した入力画面(G)が表示される。 As shown, the input screen corresponding to the screen (B) in FIG. 8 (G) is displayed. 画面(G)には名前の入力が可能となる記名欄N1、N2、N3…が表示されており、画面上に表示されるポインタ等を用いて記名欄N1、N Register field that enables input name on the screen (G) N1, N2, N3 ... are displayed, inscribed using a pointer or the like displayed on a screen field N1, N
2、N3…から所望の欄を選択し、入力補助端末5が有するキーボード等を用いて入力したい名前を書き込む。 2, N3 ... from selecting a desired column, write the name you want to input using the keyboard or the like having an input auxiliary terminal 5.
仮に記名欄N1を選択すると、枠内に名前入力用のカーソルが現れる。 And if you select the register column N1, the cursor for the name input appears in the frame. 次に、入力補助端末5のキーボード等を用いて名前「松下太郎」と入力する。 Then, enter the name "Taro Matsushita" using the keyboard or the like of the input auxiliary terminal 5. そして、画面上に表示されるポインタ等を用いて[OK]を選択すると次画面(H)が現れる。 The next screen (H) appears when you select the [OK] using a pointer or the like displayed on the screen.

【0044】ここで、「送信しますか?」というメッセージが表示され[OK]を選択すると、入力した名前のデータが送信される。 [0044] In this case, when you select the "Do you want to send?" Message is displayed that [OK], the data of the name that you entered is sent. このとき、入力補助端末5の記名欄N1、N2、N3…と端末装置2のN1、N2、N3…とは表示場所等を含めた対応関係を有している。 At this time, we have a relationship, including a display location such register field N1, N2, N3 ... and N1 of the terminal device 2, N2, N3 ... and the input auxiliary terminal 5.

【0045】入力補助端末5からは、端末装置2内の記名欄N1、N2、N3…の名前の情報が格納されるフラッシュメモリ36のアドレスを名前データに付加して上述した通信規格に準じたフォーマットに変換して送信することができる。 [0045] From the input auxiliary terminal 5, conforming to register field N1, N2, N3 ... communication standards information names mentioned above the address of the flash memory 36 to be stored by adding to the name data in the terminal apparatus 2 it can be transmitted into a format. 端末装置2側でも名前入力用のアプリケーションが用意されており、端末装置2でデータを受信し、そのデータ内のアドレスから格納するフラッシュメモリ36にアクセスして、名前のデータを所定のアドレスに格納する作業を行う。 In the terminal apparatus 2 and the application is ready for name input, receives the data in the terminal device 2 accesses the flash memory 36 for storing the address in the data, it stores the name of the data in a predetermined address the work to be done.

【0046】なお、図8に示した処理画面において、図形データを入力できるようにしてもよい。 [0046] In the process screen shown in FIG. 8, it may be input to the graphic data.

【0047】また、入力補助端末5及び端末装置2に各々の文字や図形情報をコード化したライブラリを保持するようにしてもよい。 Further, it is also possible to hold a library which encode each character and graphic information on the input auxiliary terminal 5 and the terminal device 2. すなわち、入力補助端末5に名前を入力した際、名前入力用アプリケーションがライブラリを参照して入力した名前をコード化した後、端末装置2にそのコードを送信する。 That is, when inputting a name in the input auxiliary terminal 5, after the name input application encoded name entered with reference to the library, and transmits the code to the terminal device 2. 端末装置2側では受信したデータのコードを格納し該コードに当たる文字、図形情報をライブラリーから検索し、該コードに対応する文字や図形を表示する。 Characters corresponding to storage to the encoding code data received at the terminal apparatus 2 searches the graphic information from the library, and displays characters and graphics corresponding to the code. これにより、入力する文字データや図形データのコード化に伴って、入力補助装置5から送信されるデータ量が小さくなるとともに、端末装置2にはコード化されたデータを保持することになるため、データの保持に使用されるメモリ容量を減らすことが可能となるさらに、入力補助端末5側のアプリケーションが入力補助端末5に入力された文字や図形をビットマップデータに変換する機能を有し、入力補助端末5から送信データに変換したビットマップデータを送信するようにしてもよい。 Thus, with the coded character data or graphic data to be input, together with the data amount is reduced to be transmitted from the input auxiliary device 5, since the terminal apparatus 2 will retain the coded data, Furthermore it is possible to reduce the amount of memory used to hold the data, has a function of converting the characters and graphics input input auxiliary terminal 5 of the application is input auxiliary terminal 5 to the bit map data, input it may transmit the bitmap data converted into the transmission data from the auxiliary terminal 5. 受信側の端末装置2では逆に受信したビットマップデータを格納・表示することになる。 Bitmap data received reversed the terminal device 2 on the receiving side will store and display. これにより、文字や図形情報をビットマップの情報で入力するため、端末装置2に文字や図形情報のライブラリを保持する必要がなくなり、端末装置2においてライブラリーの蓄積に必要となるメモリ容量を減らすことが可能となる。 Thus, for inputting characters and graphic information with the information of the bitmap, it is unnecessary to hold a library of text or graphic information to the terminal device 2, reduce the memory capacity required for storage of the library in the terminal apparatus 2 it becomes possible.

【0048】健康測定機器1a〜1nの中で赤外線通信手段を有していない機器を使用する場合、それらの機器で測定された健康データを赤外線通信手段以外の方法を用いて端末装置2に入力する必要がある。 The health measurement when using a device that does not have an infrared communication means in the device 1 a to 1 n, input of health data measured by these devices to the terminal device 2 by using a method other than the infrared communication means There is a need to. この場合、図10に示すように、予め、各健康測定機器1a〜1nに対応したデータの格納場所を決めておくことで、上述の手続きと同様にデータの入力が可能となる。 In this case, as shown in FIG. 10, in advance, by leaving determining the storage location of the data corresponding to each health measuring device 1 a to 1 n, it is possible to input data in the same manner as the above-mentioned procedure.

【0049】以下にその手続きについて述べる。 [0049] The following describes the procedure. まず、 First of all,
入力補助端末5と端末装置2の両方にデータ入力用アプリケーションを付加しておく。 Both the input auxiliary terminal 5 and the terminal device 2 to add appropriate data input applications. そして、例えば、血圧計のデータを入力する場合、図11に示すように、入力補助端末5に図8の処理画面(B)と同じレイアウトを有する処理画面(I)を表示し、この画面で入力補助端末5のキーボードやマウスを利用して使用者を選択する。 Then, for example, when entering the data of the blood pressure monitor, as shown in FIG. 11, and displays the processing screen with the same layout as the processing screen of FIG. 8 to the input auxiliary terminal 5 (B) (I), this screen using the keyboard or mouse of the input auxiliary terminal 5 selects a user.
次に、図8の処理画面(F)と同じレイアウトを有する処理画面(J)を表示させ、ここで血圧計を選択する。 Then, to display the processing screen (J) having the same layout as the processing screen of FIG. 8 (F), wherein selecting a sphygmomanometer.
次に、入力補助端末5に図7の処理画面(H)と同じレイアウトを有する処理画面(K)を表示させ、ここで測定データを入力する。 Then, the input auxiliary terminal 5 to display the processing screen (K) having the same layout as the processing screen of Fig. 7 (H), wherein inputting the measurement data. 全ての入力が終わると、データ入力用アプリケーションにより送信データとして名前、機器の種類、測定データ、入力された日時等が端末装置2 When all of the input is completed, the name as the transmission data by the data input applications, types of equipment, the measurement data, date and time entered the terminal device 2
に送信される。 It is sent to. 端末装置2側ではこの送信データを受信して、図10のメモリマップの所定の位置に名前、機器の種類、日時の情報を格納する。 Receives the transmission data in the terminal apparatus 2 stores the name, the type of equipment, time and date information to a predetermined position in the memory map of FIG. 10. これにより、赤外線通信手段を有していない健康測定機器を用いて測定を行ったとしてもデータの入力が可能になる。 This also enables the input data as was measured by using a health measuring device which does not have an infrared communication means.

【0050】さらに、入力補助端末5及び端末装置2 [0050] Further, the input auxiliary terminal 5 and the terminal apparatus 2
が、日時調整用アプリケーションを有し、この日時調整用アプリケーションを用いて、上述と同様の手続きにより、入力補助端末5が有する日付や時刻といった日時情報を送信できるようにするとともに、受信した日時情報を基に端末装置2の日時情報を書き換えるようにしてもよい。 Date and time information but has a time adjustment application, using the time adjustment application, the above and similar procedures, as well as to send time information such as date and time included in the input auxiliary terminal 5, the received the may be rewritten date and time information of the terminal device 2 based. これにより、端末装置2が日時調整手段を有していなくても、入力補助端末5を用いて容易に端末装置2 Thus, the terminal device 2 does not need to have the date and time adjusting means, readily terminal device using the input auxiliary terminal 5 2
の内部時計を正しい日時に調整することが可能となる。 It is possible to adjust the internal clock to the correct time.

【0051】次に、入力補助端末5を用いて、端末装置2に入力されたデータを変更・削除するといった編集を行う手続きについて説明する。 Next, using the input auxiliary terminal 5 will be described procedures for editing such change or delete the data input to the terminal apparatus 2. 端末装置2が有するデータを編集するためには、端末装置2が格納しているデータを入力補助端末5に読み出す必要がある。 To edit the data held by the terminal apparatus 2, it is necessary to read the data terminal device 2 is stored in the input auxiliary terminal 5. そこで、図3及び図4に示した端末装置2の構成に双方向通信が可能となる赤外線通信回路42を追加する(図12及び図13参照)。 Therefore, adding the infrared communication circuit 42 bi-directional communication can be a configuration of the terminal device 2 shown in FIGS. 3 and 4 (see FIG. 12 and FIG. 13). 赤外線通信回路42で用いる赤外線通信方式は、端末間でデータ通信が行えれば良いので特に制限はないが、ここではIrDA規格に準拠した赤外線通信回路を用いている。 Infrared communication scheme using infrared communication circuit 42 is not particularly limited because the data communication may be Okonaere between terminals, here using infrared communications circuit that complies with the IrDA standard. そして、入力補助端末5と端末装置2とに、編集用アプリケーションに加えIrDAによる通信アプリケーションを付加し通信プロトコルを構築できるように設定してある。 Then, the input auxiliary terminal 5 and the terminal device 2, is set to build a communication protocol by adding a communication application according to IrDA addition to editing applications. なお、入力補助端末5にIrDA規格の通信ポートを内蔵していない場合、図5に示した赤外線送信回路92に外付けのIrDA通信回路を接続することになる。 In the case where the input auxiliary terminal 5 does not have a built-in communication port IrDA standard, it will connect the IrDA communication circuitry external to the infrared transmission circuit 92 shown in FIG.

【0052】編集用アプリケーションによる編集の手続きについて、図11に基づいて説明する。 [0052] The procedure of editing by the editing application, will be described with reference to FIG. 11. まず、入力補助端末5で画面(L)を表示して、何を編集するかを選択する。 First, to display the screen (L) at the input auxiliary terminal 5, to select what you want to edit. 画面(L)では、[名前編集]若しくは[データ編集]が選択可能になっている。 In the screen (L), it has become can select the Name Edit] or [Data Edit. 今、画面上の表示されるポインタ等を用いて[名前編集]を選択すると画面(M)が現れ、[新規追加]、[変更]、[削除]の3 Now, when you select screen (M) appears the name Edit using a pointer or the like to be displayed on the screen, Add New], [Change], 3 [Delete]
つの手続きが選択可能となる。 One of the procedures become can be selected. ここで、[新規追加]、 Here, Add New,
[変更]、[削除]のいずれかを選択すると、画面(N)が現れる前に端末装置2から名前に関するデータが読み出される。 Modify, selecting one of the Delete, data about the name is read from the terminal apparatus 2 before the screen (N) appears. 読み出されると、端末装置2に表示されていたのと同じ画面が、画面(N)のように表示される。 Once read, the same screen as was displayed on the terminal device 2 is displayed as the screen (N).

【0053】次に、編集する記名欄を選択する。 Next, select the register field to be edited. [新規追加]の場合は、空白枠が自動的に選択される(画面(N)−1参照)。 For Add New is blank frame is automatically selected (screen (N) see -1). すると、空白の記名欄にはカーソルが現れ、名前の入力が可能となる。 Then, it appears the cursor on a blank signature field, it is possible to input the name. 名前の書き込みが終了すれば、[進む]を選択して次の画面に進む。 If the name writing is ended, the process advances to the next screen by selecting Forward. [変更]の場合は、端末装置2から読み出された名前を変更した後(画面(N)−2参照)、次の画面に進むことになる。 For Modify after changing the name read from the terminal device 2 (Screen (N) refer to -2), and the flow proceeds to the next screen. [削除]の場合は、削除する記名欄を選択した状態で(画面(N)−3参照)、次の画面に進むだけで選択した名前が削除されることになる。 For Delete is while selecting the register field to be deleted (screen (N) refer to -3), so that the name selected in just advances to the next screen is deleted.

【0054】次の画面に進むと、“送信しますか”のメッセージが現れ、さらに[進む]を選択することで送信される。 [0054] and proceed to the next screen, the message "Do you want to send" appeared, sent by selecting a further [advance]. このとき通信フォーマットの情報部に、編集内容(新規追加、変更、削除)、名前のデータ(削除の時はブランク)、編集先のアドレスを入れて通信される。 In the information section of this when the communication format, edit content (new add, change, delete), the name of the data (in the case of deletion is blank), is communicated to put the address of the edit destination.
端末装置2側では、このデータを受信して、まず編集先のアドレスにアクセスして、編集内容の実行の準備をし、編集内容に応じた手続きが実行される。 The terminal apparatus 2 side, the data receives, by accessing the first edit destination address, to prepare for execution of the edited contents, the procedure in accordance with the edits are performed. [データ編集]についても同様の手続きに従って実行されることになる。 Will be executed in accordance with the same procedure applies to the Data Edit.

【0055】なお、図3及び図4に示した端末装置2でも、既に端末装置2が有しているデータを入力補助装置5から送信したデータを用いて上書きするようにすれば、図3及び図4に示した構成の端末装置2でも可能である。 [0055] Even the terminal device 2 shown in FIGS. 3 and 4, if as already overwritten with the data that has transmitted the data terminal device 2 has an input auxiliary device 5, FIG. 3 and it is possible in the terminal apparatus 2 having the configuration shown in FIG. (因みに、削除についてはブランクデータを上書きすることで実行することになる。)次に、入力補助端末5の入力用アプリケーションに端末装置2で実行されるアプリケーションを編集する機能を追加し、入力補助端末5から端末装置2で実行されるアプリケーションの新規追加、変更、削除等の編集を可能にする手続きについて説明する。 (Incidentally, will be performed by overwriting the blank data for deletion.) Next, add the ability to edit the application executed by the terminal device 2 to input the application of the input auxiliary terminal 5, input help Add new applications to be run from the terminal 5 in the terminal device 2 changes, it will be described procedure that allows the editing of deletion.

【0056】ここで、例えば、健康測定機器1a〜1n [0056] In this case, for example, health measurement equipment 1a~1n
のデータ管理用アプリケーションを編集する場合を考える。 Consider the case that you want to edit the data management application. 入力補助端末5には編集に必要となる健康測定機器1a〜1nのデータが格納される。 Data health measuring device 1a~1n required for editing is stored in the input auxiliary terminal 5. まず、図15に示すように、画面(V)が現れて、どの編集を行うかを選択する。 First, as shown in FIG. 15, appear screen (V) selects whether to which edits. 画面(V)では、[名前]、[データ]、[アプリケーション]の編集が可能になっている。 In the screen (V), [name], [data], which enables editing of the [application]. 今、[アプリケーション]を選択したとすると、次に画面(W)が現れ、ここで編集の内容を選択する。 Now that you have selected the [application], then it appeared screen (W), select the contents of editing here. 画面(W)では、 In the screen (W),
[新規追加]、[削除]が選択可能になっている。 Add New, which is to be selected is [Delete].

【0057】ここで[新規追加]を選択すると、端末装置2からアプリケーションの情報を読み出し、画面(X)が表示される。 [0057] Here, when selecting the Add New reads information of the application from the terminal device 2, the screen (X) is displayed. 画面(X)では、新たな健康測定機器1の追加に備えて空白枠が自動的に選択される。 In the screen (X), a blank frame in preparation for addition of new health measuring device 1 is automatically selected. この選択された空白枠で良い場合は、続けて[進む]を選択すると、画面(Y)が表示され、入力補助端末5が保持している健康測定機器1のリストが表示される。 If good for the selected blank frame, selecting Forward Subsequently, the display screen (Y) is a list of health measurement device 1 is input auxiliary terminal 5 holds is displayed. ここで、どの健康測定機器1を新規に追加するか選択する。 Here, you select whether to add any health measurement device 1 to the new.
選択後は、新たに選択された健康測定機器1に関するデータが端末装置2に送信され、端末装置2に新たな健康測定機器1が追加されることとなる。 After selection, the newly selected data on the health measuring device 1 has is transmitted to the terminal device 2, so that the new health measuring device 1 to the terminal device 2 are added. 画面(W)において、編集内容として[削除]を選択した場合、画面(Z)の所で削除したい機器を選択する。 In the screen (W), if you select Delete as editing content, the selection of equipment that you want to delete at the screen (Z). 選択した後(画面(Z)では[体温計])、[進む]を選択すると端末装置2へ選択された健康測定機器1を削除する旨のデータが送信され、端末装置2から健康測定機器1として体温計の項目が削除されることになる。 After selection (in screen (Z) [thermometer]), that the data to be deleted health measuring device 1 which is selected to the terminal device 2 Selecting Forward is transmitted, as a health measuring device 1 from the terminal device 2 so that the thermometer of the item is deleted.

【0058】データの更新や変更といった編集に関しては、既存のアプリケーションを[削除]した後、新たなアプリケーションを[新規追加]することで対応することができる。 [0058] With respect to editing, such as data updates and changes, after you click Remove the existing application, it is possible to cope with it by Add New] a new application. このとき、通信フォーマットの情報部に、 At this time, the information of the communication format,
編集内容(新規追加、削除)と、アプリケーションデータ(削除の時はブランク)と、編集先のアドレスとを付加して送信される。 Edits (new add, delete) and, with the application data (blank at the time of deletion), sent by adding and editing destination address. 端末装置2では、このデータを受信し、編集先のアドレスにアクセスして、編集内容の実行の準備し、次にデータを編集内容に応じて実行することになる。 In the terminal device 2 receives the data, by accessing the Edit destination address, and ready for execution of compilation, then it will be executed in response to data on the edits. これにより、端末装置2からROM32等を取り出さすことなく編集することが可能となる。 Thus, it is possible to edit without to the terminal device 2 removed the ROM32 and the like. なお、同様の手続きによれば、おおよそ端末装置2で管理するデータは入力補助端末5を用いて編集することが可能であり、画面のレイアウト、画面の遷移順序、新たな画面の追加等々は入力補助端末5を用いて容易に行うことができる。 Incidentally, according to the same procedure, it is possible to edit by using the data input auxiliary terminal 5 to be managed by roughly terminal 2, screen layout, screen transition order of, the like addition of new screen input It may readily be accomplished using an auxiliary terminal 5.

【0059】さらに、端末装置2のROM32の内容を入力補助端末5に移植し、入力補助端末5にてROM3 [0059] In addition, transplanting the ROM32 of the contents of the terminal device 2 to the input auxiliary terminal 5, at the input auxiliary terminal 5 ROM3
2の内容を編集した後、端末装置2に編集したROM3 After editing the 2 of content, edited to the terminal device 2 ROM3
2のデータを書き込むようにしてもよい。 2 of the data may be written. すなわち、上述の実施の形態では、端末装置2が有しているデータを編集するために端末装置2から必要なデータを入力補助端末5に頻繁に読み込む必要が生じる。 That is, in the embodiment described above, frequently it is necessary to read the input auxiliary terminal 5 necessary data from the terminal device 2 in order to edit the data terminal device 2 has. そこで、端末装置2のデータが格納されているフラッシュメモリ36 Therefore, the flash memory 36 the data of the terminal device 2 is stored
と、アプリケーションが格納されているROM32のデータ内容全部を予め入力補助端末5に取り込んでおき、 If, previously captures all data content of ROM32 which the application is stored in advance in the input auxiliary terminal 5,
入力補助端末5により編集した内容を端末装置2のフラッシュメモリ36やROM32に書き込むようにすれば、端末装置2において編集可能なデータをは全て入力補助端末5において保持されていることになるので、端末装置2のデータを編集する度に端末装置2が保持するデータを入力補助端末5に読み出す手間を解消することが可能となる。 If the contents edited by the input auxiliary terminal 5 to write to the flash memory 36 or ROM32 of the terminal device 2, it means that are held in all the input auxiliary terminal 5 editable data in the terminal device 2, terminal device 2 whenever the editing data of the terminal device 2 it is possible to eliminate the trouble of reading the input auxiliary terminal 5 data held.

【0060】 [0060]

【発明の効果】以上のように、請求項1記載の発明にあっては、血圧計、体温計、体重計等の健康に関する健康データを測定するとともに、測定した健康データをある定められた通信フォーマットに基づいて送信する送信手段を備えた少なくとも1種類の健康測定機器と、健康測定機器から送信された健康データを受信する受信手段と、受信した健康データを管理する管理手段と、ネットワークを介して外部端末とデータ通信を行うための通信手段と、一連の操作を行うための操作手段とを有する端末装置と、からなることを特徴とする在宅健康管理システムにおいて、端末装置が保持するデータを書き換えることが可能となる入力補助端末を付加したので、入力補助端末を用いて端末装置が有するデータを編集することが可能となり、端末 As is evident from the foregoing description, in the invention of claim 1, wherein, sphygmomanometer, thermometers, as well as measure the health data on the health of the scales or the like, a communication format defined in the measured health data at least one health measurement device is provided with transmitting means for transmitting based on a reception means for receiving health data transmitted from the health measuring device and managing means for managing health data received via the network communication means for performing external terminal and data communication, a terminal apparatus and an operation means for performing a series of operations, in home health care system characterized by consisting of, rewrites the data terminal device held having added the input auxiliary terminal it becomes possible, it becomes possible to edit the data held by the terminal device using the input auxiliary terminal, the terminal 置の操作ボタンが極力削減されたとしても、端末装置で管理する利用者等のデータの追加、変更、修正を容易に行うことのできる在宅健康管理システムを提供することが可能になるという効果を奏する。 Even operation button location is as much as possible reduced, additional data, such as user managed by the terminal device, changes, the effect that it becomes possible to provide a home health care system which can easily make modifications unlikely to. なお、端末装置と入力補助端末の通信手段が健康測定機器の通信フォーマットに基づくものであれば、入力補助端末との通信に用いる通信装置等を端末装置に新たに設ける必要がないという効果を奏する。 Incidentally, as long as the terminal device and the input auxiliary terminal communication means it is based on the communication format health measuring device, an effect that there is no need to provide a communication device or the like to the terminal device used to communicate with the input auxiliary terminal .

【0061】請求項2記載の発明にあっては、請求項1 [0061] In the invention of claim 2, claim 1
記載の在宅健康管理システムにおいて、文字及び図形を記憶したROMを端末装置が有し、入力補助端末からR In home health management system according has a ROM storing text and graphics terminal device, the input auxiliary terminal R
OMが保持する各文字及び図形に対応するコード番号を端末装置に送信することにより、端末装置に文字及び図形を入力できるようにしたので、入力補助端末から端末装置に送信するデータ量を少なくすることができるとともに、端末装置で管理する文字や図形等に関するデータ量を低減することが可能になるという効果を奏する。 By transmitting a code number corresponding to the character and graphic OM is held in the terminal apparatus, since to be able to enter the characters and graphics to the terminal device, to reduce the amount of data transmitted from the input auxiliary terminal to the terminal apparatus it is possible, an effect that it is possible to reduce the amount of data relating to characters and figures or the like managed by the terminal device.

【0062】請求項3記載の発明にあっては、請求項1 [0062] In the third aspect of the present invention, claim 1
記載の在宅健康管理システムにおいて、入力しようとする文字及び図形のビットマップデータを入力補助端末において作成し、作成したビットマップデータを端末装置に送信することにより、端末装置に文字及び図形を入力できるようにしたので、文字や図形及びそれらに対応するコード番号といった情報を端末装置において保持する必要がないため、これらの管理に必要であったメモリ容量を削減することが可能になるという効果を奏する。 In home health care system according to create the input assistant terminal bitmap data of characters and figures to be input by sending a bit map data created in the terminal device can input characters and graphics to the terminal device since the way, since the information such as characters and figures and the corresponding code number to them need not be held in the terminal device, an effect that it is possible to reduce the memory capacity was required for these administration .

【0063】請求項4記載の発明にあっては、請求項1 [0063] In the invention described in claim 4, claim 1
乃至請求項3記載の在宅健康管理システムにおいて、健康測定機器から得られた健康データを入力補助端末を用いて端末装置に入力できるようにしたので、端末装置に直接健康データの送信ができない健康測定機器で測定された健康データを入力補助端末を介して入力することが可能になるという効果を奏する。 To the home health care system according to claim 3, since to be entered to the terminal device using the input auxiliary terminal health data obtained from health measurement equipment, health measurement can not be sent directly health data to the terminal apparatus health data measured by the device via an input auxiliary terminal an effect that it is possible to enter.

【0064】請求項5記載の発明にあっては、請求項1 [0064] In the invention of claim 5, claim 1
乃至請求項5記載の在宅健康管理システムにおいて、日付情報や時刻情報を入力補助端末を用いて入力できるようにしたので、端末装置が日付情報や時刻情報を設定する手段を有していなくても、入力補助端末を用いて設定することが可能なるという効果を奏する。 To the home health care system according to claim 5, since to be able to enter the date information and time information using the input auxiliary terminal, even the terminal apparatus not have a means to set the date information and time information , an effect that becomes possible to set using the input auxiliary terminal.

【0065】請求項6記載の発明にあっては、請求項1 [0065] In the invention described in claim 6, claim 1
乃至請求項5記載の在宅健康管理システムにおいて、入力補助端末から端末装置が保持する健康データの編集が可能となるようにしたので、誤って入力された健康データ等の編集が入力補助端末を用いて簡単に行えるという効果を奏する。 To the home health care system according to claim 5, since the terminal device is input auxiliary terminal was made to allow editing of the health data held, using the input auxiliary terminal editing health data or the like input by mistake Te there is an effect that easily performed.

【0066】請求項7記載の発明にあっては、請求項1 [0066] In the invention described in claim 7, claim 1
乃至請求項6記載の在宅健康管理システムにおいて、入力補助端末から端末装置が保持する健康測定機器のデータの編集が可能となるようにしたので、端末装置にあるROM等を取り替えるという手続きを経ることなく、端末装置で管理する健康測定機器に関するデータを入力補助端末を用いて簡単に編集できるという効果を奏する。 To the home health care system according to claim 6, since the terminal device is input auxiliary terminal was made to allow editing of data of health measuring devices for holding, going through the procedure of replacing a ROM in the terminal device without an effect that easily can be edited using the input auxiliary terminal data relating to health measuring device to be managed by the terminal device.

【0067】請求項8記載の発明にあっては、請求項1 [0067] In the invention of claim 8, claim 1
乃至請求項7記載の在宅健康管理システムにおいて、端末装置が保持するデータを入力補助端末においても保持するようにしたので、編集の手続きを全て入力補助端末だけで行うようにすれば、端末装置のデータを編集する度に端末装置が保持するデータを入力補助端末に読み込むといった手続きを実行する必要がなく、端末間の通信を減らすことができ、通信エラーを起こす確率を下げることがことができるという効果を奏する。 To the home health care system according to claim 7, since also to hold the input auxiliary terminal data terminal device is held, if so performed only on all input assistant terminal procedures editing terminal devices that whenever there is no need to perform a procedure such as read data to which the terminal held in the input auxiliary terminal to edit the data, it is possible to reduce the communication between terminals, it can be reduced the probability of causing a communication error an effect.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】在宅健康管理システムの概略構成図である。 FIG. 1 is a schematic block diagram of the home health care system.

【図2】健康測定機器の内部構成を表すブロック図である。 2 is a block diagram showing the internal structure of the health measuring device.

【図3】端末装置の外観斜視図である。 3 is an external perspective view of the terminal device.

【図4】端末装置の内部構成を表すブロック図である。 4 is a block diagram showing the internal configuration of the terminal device.

【図5】入力補助端末の構成を表すブロック図である。 5 is a block diagram showing the configuration of an input auxiliary terminal.

【図6】赤外線通信の基本信号の波形図である。 6 is a waveform diagram of the basic signal of the infrared communication.

【図7】赤外線通信のデータフォーマットである。 FIG. 7 is a data format of the infrared communication.

【図8】端末装置における在宅健康管理システムの起動からデータ入力までの手続きを表す画面フローである。 8 is a screen flow representing a procedure from start of home health care system in the terminal device to the data input.

【図9】入力補助端末を用いて使用者の氏名を入力する過程を表す画面フローである。 9 is a screen flow indicating a process of entering the name of a user using the input auxiliary terminal.

【図10】端末装置のフラッシュメモリのメモリマップである。 FIG. 10 is a memory map of the flash memory of the terminal device.

【図11】入力補助端末を用いて健康データを入力する過程を表す画面フローである。 11 is a screen flow indicating a process for inputting health data using the input auxiliary terminal.

【図12】他の端末装置の外観斜視図である。 12 is a perspective view of another terminal device.

【図13】他の端末装置の内部構成を表すブロック図である。 13 is a block diagram showing the internal structure of the other terminal devices.

【図14】入力補助端末を用いて端末装置のデータを書き換える過程を表す画面フローである。 14 is a screen flow indicating a process of rewriting the data of the terminal device using the input auxiliary terminal.

【図15】入力補助端末を用いて健康測定機器を新たに追加する過程を示す画面フローである。 15 is a screen flow illustrating a process of newly adding the health measuring device by using the input auxiliary terminal.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 健康測定機器 2 端末装置 3 ネットワーク 4 外部端末 5 入力補助端末 1 health measurement device 2 terminal 3 network 4 external terminal 5 inputs the auxiliary terminal

フロントページの続き (72)発明者 小山 正樹 大阪府門真市大字門真1048番地松下電工株 式会社内 (72)発明者 吉田 恵一 大阪府門真市大字門真1048番地松下電工株 式会社内 (72)発明者 西村 治 大阪府門真市大字門真1048番地松下電工株 式会社内 Of the front page Continued (72) inventor Masaki Koyama Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1048 address Matsushita Electric Works Co., within the company (72) inventor Keiichi Yoshida Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1048 address Matsushita Electric Works Co., within the company (72) invention who Osamu Nishimura Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1048 address Matsushita Electric Works Co., the company

Claims (8)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 血圧計、体温計、体重計等の健康に関する健康データを測定するとともに、測定した健康データをある定められた通信フォーマットに基づいて送信する送信手段を備えた少なくとも1種類の健康測定機器と、 健康測定機器から送信された健康データを受信する受信手段と、受信した健康データを管理する管理手段と、ネットワークを介して外部端末とデータ通信を行うための通信手段と、一連の操作を行うための操作手段とを有する端末装置と、からなることを特徴とする在宅健康管理システムにおいて、 端末装置が保持するデータを書き換えることが可能となる入力補助端末を付加したことを特徴とする在宅健康管理システム。 1. A sphygmomanometer, thermometers, as well as measure the health data on the health of the scales or the like, at least one health measurement with a transmission means for transmitting based on certain defined communication format the measured health data equipment and a receiving means for receiving health data transmitted from the health measuring device and managing means for managing health data received, a communication unit for performing external terminal and data communication via the network, a series of operations in home health care system comprising a terminal device, in that it consists of having an operation means for performing, characterized in that the terminal device adds the input auxiliary terminals becomes possible to rewrite the data held home health care system.
  2. 【請求項2】 文字及び図形を記憶したROMを端末装置が有し、入力補助端末からROMが保持する各文字及び図形に対応するコード番号を端末装置に送信することにより、端末装置に文字及び図形を入力できるようにしたことを特徴とする請求項1記載の在宅健康管理システム。 Wherein the character and ROM storing graphic has the terminal device, by transmitting the code number corresponding to the character and graphic ROM from the input auxiliary terminal held in the terminal apparatus, the character and the terminal device home health care system according to claim 1, characterized in that to be able to enter the graphic.
  3. 【請求項3】 入力しようとする文字及び図形のビットマップデータを入力補助端末において作成し、作成したビットマップデータを端末装置に送信することにより、 3. Create the input assistant terminal bitmap data of characters and figures to be input by sending a bit map data created in the terminal device,
    端末装置に文字及び図形を入力できるようにしたことを特徴とする請求項1記載の在宅健康管理システム。 Home health care system according to claim 1, characterized in that to be able to enter the characters and graphics to the terminal device.
  4. 【請求項4】 健康測定機器から得られた健康データを入力補助端末を用いて端末装置に入力できるようにしたことを特徴とする請求項1乃至請求項3記載の在宅健康管理システム。 4. A home health care system of claim 1 to claim 3, wherein it has to be entered to the terminal device using the input auxiliary terminal health data obtained from health measurement equipment.
  5. 【請求項5】 日付情報や時刻情報を入力補助端末を用いて入力できるようにしたことを特徴とする請求項1乃至請求項4記載の在宅健康管理システム。 5. A home health care system of claim 1 to claim 4, wherein it has to be entered by using the date information and time information input help terminal.
  6. 【請求項6】 入力補助端末から端末装置が保持する健康データの編集が可能となるようにしたことを特徴とする請求項1乃至請求項5記載の在宅健康管理システム。 6. home health care system of claim 1 to claim 5, wherein that the input auxiliary terminal terminal device was made to allow editing of health data to be retained.
  7. 【請求項7】 入力補助端末から端末装置が保持する健康測定機器のデータの編集が可能となるようにしたことを特徴とする請求項1乃至請求項6記載の在宅健康管理システム。 7. A home health care system of claim 1 to claim 6, wherein that the from the input auxiliary terminal terminal device as it is possible to edit the data of health measuring device to be maintained.
  8. 【請求項8】 端末装置が保持するデータを入力補助端末においても保持するようにしたことを特徴とする請求項1乃至請求項7記載の在宅健康管理システム。 8. Home health care system of claim 1 to claim 7, wherein the terminal device is characterized in that as well to hold the input auxiliary terminal data held.
JP32727297A 1997-11-28 1997-11-28 At-home health control system Pending JPH11155824A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32727297A JPH11155824A (en) 1997-11-28 1997-11-28 At-home health control system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32727297A JPH11155824A (en) 1997-11-28 1997-11-28 At-home health control system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11155824A true JPH11155824A (en) 1999-06-15

Family

ID=18197276

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32727297A Pending JPH11155824A (en) 1997-11-28 1997-11-28 At-home health control system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11155824A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001093143A1 (en) * 2000-06-02 2001-12-06 Arkray, Inc. Measurement device, and measured data transmitting method
WO2002017171A1 (en) * 2000-08-18 2002-02-28 Arkray, Inc. Remote service providing system, and charge computing method
JP2006158879A (en) * 2004-12-10 2006-06-22 Omron Healthcare Co Ltd Electronic sphygmomanometer and sphygmomanometric system
JP2007218613A (en) * 2006-02-14 2007-08-30 Fukuda Denshi Co Ltd Time setting device of biological information monitor
JP2011041831A (en) * 2010-11-01 2011-03-03 Toshiba Corp Ultrasonograph and function providing method in connection with ultrasonic diagnosis
JP2012090962A (en) * 2010-09-27 2012-05-17 Toshiba Corp Biological information system

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001093143A1 (en) * 2000-06-02 2001-12-06 Arkray, Inc. Measurement device, and measured data transmitting method
WO2002017171A1 (en) * 2000-08-18 2002-02-28 Arkray, Inc. Remote service providing system, and charge computing method
JP4792195B2 (en) * 2000-08-18 2011-10-12 アークレイ株式会社 Remote service providing system and fee calculation method
JP2006158879A (en) * 2004-12-10 2006-06-22 Omron Healthcare Co Ltd Electronic sphygmomanometer and sphygmomanometric system
JP2007218613A (en) * 2006-02-14 2007-08-30 Fukuda Denshi Co Ltd Time setting device of biological information monitor
JP2012090962A (en) * 2010-09-27 2012-05-17 Toshiba Corp Biological information system
JP2011041831A (en) * 2010-11-01 2011-03-03 Toshiba Corp Ultrasonograph and function providing method in connection with ultrasonic diagnosis

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100354871C (en) Analystic material inspectnig apparatus
US5446678A (en) Transmission of information over an alphanumeric paging network
US5012411A (en) Apparatus for monitoring, storing and transmitting detected physiological information
US6330426B2 (en) System and method for remote education using a memory card
CA2115296C (en) Paging transmission system
US10078875B2 (en) System and method for real time viewing of critical patient data on mobile devices
US6389477B1 (en) Communication protocol for use with a data acquisition and retrieval system with handheld user interface
US7353063B2 (en) Generating and communicating web content from within an implantable medical device
US20180242921A1 (en) System for displaying medical monitoring data
US9265429B2 (en) Physiological parameter measuring platform device supporting multiple workflows
US6671567B1 (en) Voice file management in portable digital audio recorder
US20030135668A1 (en) Information processor, information processing method, information processing system, control program, and storage medium
US20110046469A1 (en) Glucose Measuring Device for Use In Personal Area Network
EP0320749B1 (en) Portable medical history-taking device
US6248065B1 (en) Monitoring system for remotely querying individuals
US20090271729A1 (en) Method for processing a chronological sequence of measurements of a time dependent parameter
JP4814787B2 (en) Data processing apparatus, the measurement apparatus and the data collection method
US8612257B2 (en) Medical pump monitoring system
US6820057B1 (en) Telemedicine system
JP4173812B2 (en) Data collection system
US5897493A (en) Monitoring system for remotely querying individuals
US5038800A (en) System for monitoring patient by using LAN
EP1346685A1 (en) Measuring device equipped with comment input function
EP1304633A1 (en) Measurement device, and measured data transmitting method
US9400874B2 (en) Systems and methods for viewing patient data