JPH09160910A - Software keyboard display system - Google Patents

Software keyboard display system

Info

Publication number
JPH09160910A
JPH09160910A JP7315277A JP31527795A JPH09160910A JP H09160910 A JPH09160910 A JP H09160910A JP 7315277 A JP7315277 A JP 7315277A JP 31527795 A JP31527795 A JP 31527795A JP H09160910 A JPH09160910 A JP H09160910A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
input
software keyboard
key
character
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7315277A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Ryoichi Hata
良一 秦
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP7315277A priority Critical patent/JPH09160910A/en
Publication of JPH09160910A publication Critical patent/JPH09160910A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a software keyboard display system which is capable of more easily performing the input operation of a Roman character, although, generally, a display occupancy area becomes narrow, the display area of each key becomes very small and an input operation is apt to difficult when a software keyboard is displayed on the screen in a portable information terminal equipment in which the area of a display screen is limited.
SOLUTION: In this system, a Roman character is inputted by operating the software keyboard 33 displayed on a display screen 32 with a pen 35 for input. When alphabets of a character or more are inputted, the alphabet of a next input candidate is determined by the retrieval of a Roman character conversion rule table, a magnified display 33a is performed for the key display corresponding to the determined alphabet or a limited display 33b is performed for only the key display and other key displays are erased.
COPYRIGHT: (C)1997,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、表示画面が限られた携帯情報端末装置等においてローマ字入力を行うためのソフトウェアキーボード表示方式に関するものである。 The present invention relates to relates to a software keyboard display method for performing Romaji in the portable information terminal device such as a display screen is limited.

【0002】 [0002]

【従来の技術】表示画面の面積が限られた携帯情報端末装置等において、画面にソフトウェアキーボードを表示する場合には、入力文字の表示領域も確保する必要からソフトウェアキーボードの表示占有領域はおのずと狭いものになり、しかも、キー表示の種類がアルファベットキー、数字キー、各種の機能キーその他の多数あって、 BACKGROUND OF THE INVENTION portable information terminal device area is limited in the display screen or the like, to display the software keyboard on the screen, the display area occupied by the software keyboard from the need also to ensure the display area of ​​the input character is naturally narrow becomes a thing, moreover, the kind of the key displays the alphabet keys, numeric keys, various function keys and a number of other,
1つ1つのキーの表示面積は非常に小さなものとなっている。 Display area of ​​each one of the key has become very small.

【0003】従来のソフトウェアキーボード表示方式においては、画面表示部に表示するソフトウェアキーボードの個々のキーの表示面積は入力状態のいかんにかかわらず一定の非常に小さなものとなっている。 In a conventional software keyboard display mode, the display area of ​​each key of the software keyboard to be displayed on the screen display unit is made as small constant very regardless of the input state.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】ソフトウェアキーボードの個々のキーの表示面積すなわち入力領域が一定であるために、ローマ字の入力操作を行うに際して、アルファベットの1つ1つについて、常に多くのキーの中から目的のキーをさがす必要があり、入力操作の労力が大きいものとなっていた。 For a display area or input area of ​​the individual keys of the software keyboard [0006] is constant, when performing Roman input operation, for each one of the alphabet, always a number of keys in it is necessary to find the purpose of the key from, had become a larger effort of the input operation.

【0005】本発明は、このような事情に鑑みて創案されたものであって、ローマ字の入力操作をより容易に行うことができるソフトウェアキーボード表示方式を提供することを目的としている。 The present invention, which has been developed in view of such circumstances, and its object is to provide a software keyboard display method capable of performing romaji input operation more easily.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】本発明に係るソフトウェアキーボード表示方式は、表示されたソフトウェアキーボードを操作してローマ字入力を行うものであって、1 Software keyboard display method according to the present invention In order to achieve the above object, according to a performs a Roman character input by operating the software keyboard displayed, 1
文字以上のアルファベットが入力されると次入力候補のアルファベットをローマ字変換規則表の検索から求め、 When more characters of the alphabet is input seeking alphabet next input candidate from the search Roman conversion rule table,
その求めたアルファベット相当のキー表示を拡大表示し、あるいはそのキー表示のみを表示し他のキー表示は消去するように構成したものである。 To enlarge the determined alphabet equivalent key display, or the display and another key displays only the key display is one that is configured to erase.

【0007】本発明によれば、次入力候補のキー表示の面積が大きくされ、あるいは他のキー表示が消去されるので、次入力キーを見つけやすくなり、その入力操作を容易化できる。 According to the invention, the large area of ​​the key display of the next input candidate, or because other key display is erased, it easier to find the next input key, can facilitate the input operation.

【0008】 [0008]

【発明の実施の形態】本発明に係る請求項1のソフトウェアキーボード表示方式は、表示画面に表示されたソフトウェアキーボードを操作することによりローマ字入力を行うものであって、1文字以上のアルファベットが入力されると次に入力されるべきアルファベットをローマ字変換規則表の検索により推測し、その推測されたアルファベットに相当するキー表示を前記ソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で拡大表示するように構成してあることを特徴としている。 Software keyboard display system of claim 1 according to the embodiment of the Invention The present invention is intended to perform a Roman character input by operating the software keyboard displayed on the display screen, one or more characters of the alphabet input alphabets to be input next Once inferred by the search Roman conversion rule table, configured to enlarge the key display corresponding to the inferred alphabet within the display area occupied by the software keyboard is characterized in that are. 次入力候補のキー表示面積が大きくされるのでそのキーが見やすいものとなり、ローマ字入力操作において2文字目以降の入力操作すべきキーが素早く見つかり、その入力操作を容易・迅速に行うことができる。 Since key display area of ​​the next input candidate is increased and as the key is easy to see, found the key to be input operation Subsequent characters quickly in romaji input operation, it is possible to perform the input operation easily, quickly.

【0009】本発明に係る請求項2のソフトウェアキーボード表示方式は、表示画面に表示されたソフトウェアキーボードを操作することによりローマ字入力を行うものであって、1文字以上のアルファベットが入力されると次に入力されるべきアルファベットをローマ字変換規則表の検索により限定し、その限定されたアルファベットに相当するキー表示のみを前記ソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で表示し他のキー表示は消去するように構成してあることを特徴としている。 [0009] software keyboard display method according to claim 2 of the present invention, by operating the software keyboard displayed on the display screen be one that performs Romaji, 1 the letter or letters is input following as the alphabet to be input is limited by the search Roman conversion rule table, the display and another key displays only key display corresponding to the limited alphabet within the display area occupied by the software keyboard is erased It is characterized in that are configured to. 次入力候補以外のキー表示が消去され次入力候補のキー表示の数が大幅に減少するので、ローマ字入力操作において2 Since the number of keys displayed in the key display next non input candidate is deleted following input candidate is significantly reduced, 2 in romaji input operation
文字目以降の入力操作すべきキーが瞬間的に見つかり、 Key should be input operation of subsequent characters is found in the instantaneous,
その入力操作をきわめて容易・迅速に行うことができる。 It is possible to perform the input operation very easily, quickly.

【0010】本発明に係る請求項3のソフトウェアキーボード表示方式は、表示画面に表示されたソフトウェアキーボードを操作することによりローマ字入力を行うものであって、最初のアルファベットが入力される際にその1文字目に相当するアルファベットをローマ字変換規則表の検索により推測し、その推測されたアルファベットに相当するキー表示を前記ソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で拡大表示するように構成してあることを特徴としている。 [0010] software keyboard display system of claim 3 according to the present invention is intended to perform a Roman character input by operating the software keyboard displayed on the display screen, the 1 when the first letter is input that the alphabet corresponding to the character of inferred by the search Roman conversion rule table, is arranged to enlarge the key display corresponding to the inferred alphabet within the display area occupied by the software keyboard It is characterized. 1文字目入力候補のキー表示面積が大きくされるのでそれらのキーが見やすいものとなり、1文字目の入力の操作性が良くなる。 Because one key display area of ​​the character of the input candidate is increased and as their key is easy to see, 1 operability of character in the input is improved.

【0011】本発明に係る請求項4のソフトウェアキーボード表示方式は、表示画面に表示されたソフトウェアキーボードを操作することによりローマ字入力を行うものであって、最初のアルファベットが入力される際にその1文字目に相当するアルファベットをローマ字変換規則表の検索により限定し、その限定されたアルファベットに相当するキー表示のみを前記ソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で表示し他のキー表示は消去するように構成してあることを特徴としている。 [0011] software keyboard display system of claim 4 according to the present invention is intended to perform a Roman character input by operating the software keyboard displayed on the display screen, the 1 when the first letter is input the alphabet corresponding to the character position is limited by the search Roman conversion rule table, so that the limited display and other key display only key display within the display area occupied by the software keyboard corresponding to the alphabet erase It is characterized in that are configured to. 1文字目入力候補以外のキー表示が消去され1文字目入力候補のキー表示数が削減されるので、ローマ字入力操作において1文字目入力候補のキー表示を見つけやすくなり、 Because one key display the number of the character of the input key display other than the candidate is erased the first character input candidates is reduced, it becomes easy to find the key display of the first character input candidate in Roman letters input operation,
1文字目の入力の操作性が良くなる。 1 operation of the character of the input can be improved.

【0012】以下、本発明に係るソフトウェアキーボード表示方式の実施の形態について、図面に基づいて詳細に説明する。 [0012] Hereinafter, embodiments of the software keyboard display method according to the present invention will be described in detail with reference to the drawings.

【0013】図1はソフトウェアキーボード表示方式をもつ携帯情報端末装置の要部の構成を示すブロック図である。 [0013] Figure 1 is a block diagram showing a configuration of a main portion of a portable information terminal apparatus having a software keyboard display method. この携帯情報端末装置は、入力装置11より入力された文字(アルファベット)のデータを、リードオンリーメモリ13におけるプログラム記憶領域14に格納されているプログラムと中央演算処理装置12によって解析し、リードオンリーメモリ13におけるローマ字変換規則表記憶領域15に格納されているローマ字変換規則表(テーブル)を参照して次に入力されるアルファベットを推測し、この次入力に相当するキー表示を、すでに表示装置16において表示されているソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で拡大して表示するように構成されている。 The portable information terminal device, the data of the characters input from the input device 11 (alphabets), and analyzed by the program and the central processing unit 12 stored in the program storage area 14 in the read only memory 13, read only memory guess alphabet input next with reference romaji conversion rule table stored in the romaji conversion rule table storage area 15 (table) in 13, a key display corresponding to this next input, in the already display device 16 It is configured to display an enlarged within the display area occupied by the software keyboard is displayed.

【0014】図2はソフトウェアキーボード表示方式をもつ携帯情報端末装置の機能ブロック図である。 [0014] FIG. 2 is a functional block diagram of a portable information terminal apparatus having a software keyboard display method. 図2において、21はLCD(液晶表示装置)等で構成された表示装置の画面上にソフトウェアキーボードを表示するためのソフトキーボード表示手段である。 2, 21 is a soft keyboard display means for displaying a software keyboard on the screen of the LCD (liquid crystal display) configured display device or the like. このソフトキーボード表示手段21によって表示されたソフトウェアキーボードはソフトキーボード入力手段22となる。 Software keyboard displayed by the soft keyboard displaying unit 21 becomes soft keyboard input means 22. 2
3はソフトキーボード入力手段22によって入力された文字(アルファベット)を判別する入力文字判別手段、 Input character determination means 3 for determining the characters (alphabetic) input by the soft keyboard input means 22,
24は判別された文字(アルファベット)が用いられるローマ字をローマ字変換規則表に基づいて検索するローマ字変換規則表検索手段、25は検索結果に基づいて次入力に相当する文字(アルファベット)を推測する次入力文字推測手段、26は推測された次入力に相当するキー表示を適当倍率で拡大表示するための次入力キー拡大表示手段である。 Romaji conversion rule table search means 24 for searching based on the Roman alphabet discriminated characters (alphabets) are used in romaji conversion rule table, next to infer characters (Alphabet) corresponding to the next input on the basis of the 25 search results input character estimating means, 26 is the next input key enlargement display means for enlarged display of the key display corresponding to the next input was estimated by appropriate magnification.

【0015】図3は上記の各機能を備えたソフトウェアキーボード表示方式をもつ携帯情報端末装置の外観図である。 [0015] FIG. 3 is an external view of a portable information terminal apparatus having a software keyboard display method having the functions described above. 図3において、31は端末装置本体、32はLC 3, 31 is a terminal apparatus main body, 32 LC
D等による表示画面、33は表示画面32においてその下部に表示されている通常のソフトウェアキーボード、 Display screen according to D or the like, conventional software keyboard 33 is displayed on the bottom in the display screen 32,
34は表示画面32の上部であって入力された文字を表示する入力文字表示領域、35はペンタッチして文字入力の操作を行う入力用ペンである。 34 the input character display area for displaying the characters entered an upper portion of the display screen 32, 35 is an input pen for operating the character input by pen touch.

【0016】〔実施の形態1〕図2のソフトキーボード表示手段21は図3において端末装置本体31の表示画面32にソフトウェアキーボード33を表示する。 The soft keyboard displaying unit 21 of the [Embodiment 1] Figure 2 displays the display screen 32 in the software keyboard 33 of the terminal apparatus main body 31 in FIG. 3. 図2 Figure 2
のソフトキーボード入力手段22は図3のソフトウェアキーボード33の任意のキーを入力用ペン35によってタッチすることにより実現される。 Soft keyboard input unit 22 is realized by touching the input pen 35 any key of the software keyboard 33 of FIG. ローマ字入力モードにおいて、入力された文字(アルファベット)は入力文字判別手段23によって判別され、ローマ字変換規則表検索手段24においてローマ字変換規則表を参照して、 In romaji input mode, the input characters (Alphabet) is determined by the input character determination means 23, with reference to the Roman character conversion rule table in romaji conversion rule table search means 24,
前記の判別された文字(アルファベット)が用いられるローマ字が検索され、次入力文字推測手段25はその検索結果に基づいて次入力に相当する文字(アルファベット)を推測し、次入力キー拡大表示手段26は推測された次入力に相当するキー表示を拡大表示するため、図4 Wherein the determination character search Roman alphabet (alphabet) is used, the next input character estimation unit 25 based on the search result guess character (alphabetic) corresponding to the next input, the next input key larger display means 26 to enlarge the key display corresponding to the next input which is guessed, 4
に示すように、表示画面32に表示されているソフトウェアキーボード33においてその表示占有領域の範囲内で次入力に相当するキー表示が拡大表示33aされる。 As shown in, key display corresponding to the next input is enlarged and displayed 33a within the range of the display region occupied by the software keyboard 33 displayed on the display screen 32.
以上のように、実施の形態1は1文字以上の入力がなされた後の動作モードに係るものであり、1文字以上の入力がなされた後は、次入力に相当するキー表示が拡大表示33aされる。 As described above, the first embodiment are those according to the operation mode after the input of at least one character is made, 1 after or more characters of the input is made, the key appears larger image 33a corresponding to the next input It is. 例えば、アルファベットの「G」が入力された後は、この「G」に基づいてローマ字変換規則表においてアルファベット「G」が用いられるローマ字が検索され、その結果として次入力に相当する文字としてアルファベットの「A」,「I」,「U」,「E」, For example, after the "G" in the alphabet is input, based on this "G" is searched Roman alphabet letter "G" is used in the romaji conversion rule table, alphabet as the character corresponding to the next input as a result "A", "I", "U", "E",
「O」および「Y」が推測され、ソフトウェアキーボード33においてこれらの推測されたアルファベットに相当するキー表示が図4のように拡大表示33aされる。 "O" and "Y" is inferred, key display corresponding to those inferred alphabet in the software keyboard 33 is enlarged and displayed 33a as shown in FIG.
なお、36はローマ字入力モードであることを表示している。 In addition, 36 are displayed to be a Roman input mode. 次入力の候補として拡大表示されたキー表示33 Enlarged and displayed key display as a candidate for the next input 33
aはソフトウェアキーボード33の表示占有領域の範囲を越えることはなく、次入力候補のキー表示面積が大きくなっているのでローマ字の入力操作において2文字目以降の入力すべきキーが素早く見つかり、その入力操作を容易・迅速に行うことができる。 a is not exceed the range of the display area occupied by the software keyboard 33, found since the key display area of ​​the next input candidate is larger keys to be input second and subsequent characters at the romaji input operation quickly, the input manipulate can be carried out easily and promptly.

【0017】次に、詳しい動作を図5のフローチャートに従って説明する。 [0017] Next, the detailed operation according to the flowchart of FIG. ステップS1において現在の文字入力のモードがローマ字入力モードであるかどうかを判断し、ローマ字入力モードでなければステップS10に進んで英数文字の入力処理を実行する。 Determines whether the mode of the current character input is romaji input mode in step S1, executes an input process of alphanumeric characters proceeds to step S10 if not romaji input mode. ローマ字入力モードであればステップS2に進んで図2のソフトキーボード表示手段21は個々のキーの表示面積が予め所定の大きさに定められた図3に示す通常のソフトウェアキーボード33を表示する。 Roman soft keyboard display input proceeds to step S2 if mode 2 means 21 displays the normal software keyboard 33 shown in FIG. 3 where the display area of ​​each key is defined in advance a predetermined size. ステップS3において入力文字が何文字目であるかを示すカウンタ変数Iの初期化を行う。 It initializes the counter variable I to input character indicating how many character position in step S3. ステップS4においてソフトキーボード入力手段2 Soft In step S4 keyboard input unit 2
2は文字入力が終了したかどうかを判断し、終了したと判断したときはすべての処理を終了するが、文字入力が継続されていると判断したときはステップS5に進み、 2 determines whether the character input is completed, but when it is determined to be complete the whole process is terminated, when it is determined that the character input is continued, the process proceeds to step S5,
入力文字判別手段23はソフトウェアキーボード33から入力用ペン35によってI文字目の文字入力がなされたかどうかの判別を行い、I文字目の文字入力がなされたときはステップS6に進み、そうでないときはステップS4に戻って入力を待つ。 Input character determination means 23 performs the determination of whether the character input of the I-th character is made by the input pen 35 from the software keyboard 33, when the character input of I-th character is made processing proceeds to step S6, and if not, wait for input back to the step S4. ステップS6において入力文字判別手段23およびローマ字変換規則表検索手段2 Input character determination means at step S6 23 and Romaji conversion rule table search unit 2
4はローマ字変換規則表内のローマ字のI文字目と入力文字が一致するかどうかを判断し、一致しないときは最初の文字入力であるとしてステップS2に戻るが、一致するときはステップS7に進んで次入力文字推測手段2 4 determines whether the Roman I character in the input character Roman conversion rules in the table match, the process returns to step S2 as when they do not match is the first character input, when a matching is proceeded to step S7 in the next input character guess means 2
5はローマ字変換規則表内のローマ字の(I+1)文字目が存在するかどうかを判別し、存在しないときは最後の文字入力であるとしてステップS2に戻るが、存在するときはステップS8に進んで次入力キー拡大表示手段26はローマ字変換規則表内のローマ字の(I+1)文字目の文字(アルファベット)に対応したキーのみを拡大表示する。 5 to determine whether Roman (I + 1) th character of the Roman alphabet conversion rule in the table is present, as is the absence of the last character input returns to the step S2, when present proceeds to step S8 next input key enlarged display means 26 to enlarge only keys corresponding to the Roman Roman conversion rule in the table (I + 1) th character (alphabetic). 次に、ステップS9に進んでカウンタ変数Iをインクリメントし、ステップS4に戻り、それ以降に入力される文字に対して上記と同様の処理を繰り返し実行する。 Then, increments the counter variable I proceeds to step S9, the flow returns to step S4, and repeatedly executes the same processing as described above with respect to the characters entered thereafter.

【0018】〔実施の形態2〕実施の形態2は1文字以上の入力がなされた後の動作モードに係るものであり、 [0018] Embodiment 2 [second embodiment] are those according to the operation mode after the input of at least one character is made,
1文字以上の入力がなされた後は、図6に示すように、 After at least one character input is performed, as shown in FIG. 6,
次入力に相当するものとして限定されたキー表示33b Key display 33b, which are limited as those corresponding to the next input
のみが表示され、その他のキー表示はすべて消去されるようにしたものである。 Only it is displayed, and other key display is what you all are erased. この実施の形態2においては、 In the second embodiment,
限定されたキー表示33bに対する拡大表示は行わない。 Expansion to the limited key display 33b display is not performed. したがって、図2における次入力キー拡大表示手段26は次入力キー限定表示手段と書き換えられる。 Therefore, the next input key enlargement display unit 26 in FIG. 2 is rewritten with the next input key limited display means. 図5 Figure 5
におけるステップS8では拡大表示が限定表示と書き換えられる。 In step S8 enlarge in is rewritten and limiting display.

【0019】その結果として、例えば図6に示すように、アルファベットの「G」が入力された後は、この「G」に基づいてローマ字変換規則表が検索されて次入力に相当する文字としてアルファベットの「A」, The alphabet Consequently, for example, as shown in FIG. 6, as the character after the "G" in the alphabet is input, this Roman character conversion rule table on the basis of the "G" is retrieved corresponding to the next input "a",
「I」,「U」,「E」,「O」および「Y」が限定され、ソフトウェアキーボード33においてこれらの限定されたアルファベットに相当するキー表示33bのみが元のサイズで表示され、その他のキー表示はすべて消去される。 "I", "U", a limited "E", "O" and "Y", the software keyboard 33 is displayed in the size of the key display 33b Nomigamoto corresponding to these limited alphabet, other all key display is erased. 限定表示されたキー表示33bはソフトウェアキーボード33の表示占有領域の範囲を越えることはなく、キー表示数が元の数に比べて大幅に少なくなっているのでローマ字の入力操作において2文字目以降の入力すべきキーが瞬間的に見つかり、その入力操作をきわめて容易・迅速に行うことができる。 Limited displayed key display 33b may not exceed the range of the display area occupied by the software keyboard 33, key display number of characters that follow the Roman alphabet input operation because it is significantly less than the number of original key to be input is found in the instantaneous, it is possible to perform the input operation very easily, quickly.

【0020】なお、図6において、31は端末装置本体、32は表示画面、34は入力文字表示領域、35は入力用ペン、36はローマ字入力モードの表示である。 [0020] In FIG. 6, 31 is a terminal apparatus main body, 32 is a display screen, 34 denotes an input character display area, 35 denotes an input pen, 36 is a display of the romaji input mode.

【0021】〔実施の形態3〕実施の形態3は1文字目の入力(最初の文字入力)を行う際の動作モードに係るものであり、図7に示すように、1文字目入力に相当するものとして推測されたキー表示のみが拡大表示33c [0021] are those pertaining to the operation mode for performing the third embodiment is the first character of the input (the first letter input) Embodiment 3 of], as shown in FIG. 7, corresponds to the first character input only key display guess as to magnify the image 33c
される。 It is. その他のキーは元の大きさの表示状態を保つ。 Other key keeps the display state of the original size.
この実施の形態3における動作としては、ローマ字入力モードにおいてローマ字入力の1文字目に用いられる文字(アルファベット)をローマ字変換規則表から検索して、1文字目入力相当文字を推測し、その文字(アルファベット)に対応したキー表示33cをソフトウェアキーボード33においてその表示占有領域の範囲内で拡大表示する。 The operation in the third embodiment, in the Roman character input mode characters (Alphabet) used in the first character of Romaji searching Romaji conversion rule table, guess first character input corresponding characters, the character ( the key display 33c corresponding to the alphabet) to enlarge the scope of the display region occupied by the software keyboard 33. 拡大表示されたキー表示33cはキー表示面積が大きくなっているので1文字目の入力操作は見やすいものとなる。 Enlarged and displayed key display 33c is so key display area is larger first character of the input operation becomes easy to see things.

【0022】〔実施の形態4〕実施の形態4は1文字目の入力(最初の文字入力)を行う際の動作モードに係るものであり、図8に示すように、1文字目入力に相当するものとして限定されたキー表示33dのみが表示され、その他のキー表示はすべて消去されるようにしたものである。 [0022] are those pertaining to the operation mode for performing a fourth embodiment the first character of the input (first letter input) Embodiment 4 of], as shown in FIG. 8, corresponding to the first character input only key display 33d that is limited as to appear, other key display is obtained by the all erased. この実施の形態4においては、限定されたキー表示33dに対する拡大表示は行わない。 In the fourth embodiment, enlarged display is not performed for a limited key display 33d. この実施の形態4における動作としては、ローマ字入力モードにおいてローマ字入力の1文字目に用いられる文字(アルファベット)をローマ字変換規則表から検索して、1文字目入力相当文字を限定し、その限定された文字(アルファベット)に対応したキー表示33dのみが元のサイズで表示され、その他のキー表示は消去される。 The operation in the fourth embodiment, in the Roman character input mode characters (Alphabet) used in the first character of Romaji searching Romaji conversion rule table, limiting the first character input corresponding characters, is the limited character is displayed in the size of the key display 33d Nomigamoto corresponding to the (alphabet), and other key display is erased. 限定表示されたキー表示33dはソフトウェアキーボード33の表示占有領域の範囲を越えることはなく、キー表示数が少なくなっているのでローマ字の入力操作において1文字目の入力操作は見やすいものとなる。 Limited displayed key display 33d is not to exceed the range of the display area occupied by the software keyboard 33, the key display number is low input operation first character in romaji input operation becomes easy to see things.

【0023】 [0023]

【発明の効果】面積が限られた表示画面にソフトウェアキーボードを表示する携帯情報端末装置等においては、 In the portable information terminal device for displaying a software keyboard on a display screen area is limited, according to the present invention,
ソフトウェアキーボードの表示占有領域はおのずと狭いものであり、しかも、キー表示の種類が多数あって1つ1つのキーの表示面積は非常に小さなものとなるが、本発明に係るソフトウェアキーボード表示方式によれば、 Display area occupied by the software keyboard is a naturally narrow, moreover, the display area of ​​one single key a key type display a number is made very small, according to the software keyboard display method according to the present invention if,
ローマ字入力において、次入力候補のアルファベットのキー表示の面積が大きくされ、あるいは他のキー表示が消去されるので、次入力キーが見つけやすくなり、その入力操作を容易化することができる。 In Romaji is large alphabet key display area of ​​the next input candidate, or because other key display is cleared, makes it easier to find the next input key, it is possible to facilitate the input operation.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態に係るソフトウェアキーボード表示方式をもつ携帯情報端末装置の要部の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a configuration of a main portion of a portable information terminal apparatus having a software keyboard display method according to an embodiment of the present invention.

【図2】実施の形態に係るソフトウェアキーボード表示方式をもつ携帯情報端末装置の機能ブロック図である。 2 is a functional block diagram of a portable information terminal apparatus having a software keyboard display method according to the embodiment.

【図3】実施の形態に係るソフトウェアキーボード表示方式をもつ携帯情報端末装置の外観図である。 3 is an external view of a portable information terminal apparatus having a software keyboard display method according to the embodiment.

【図4】実施の形態1において1文字以上の文字入力が行われた後の表示画面およびソフトウェアキーボードの表示状態図である。 4 is a display state diagram of a display screen and software keyboard after one or more characters input is performed in the first embodiment.

【図5】実施の形態1の場合の動作説明に供するフローチャートである。 5 is a flowchart illustrating the operation of the case of Embodiment 1.

【図6】実施の形態2において1文字以上の文字入力が行われた後の表示画面およびソフトウェアキーボードの表示状態図である。 6 is a display state diagram of a display screen and software keyboard after one or more characters input is performed in the second embodiment.

【図7】実施の形態3において1文字目の文字入力が行われる際の表示画面およびソフトウェアキーボードの表示状態図である。 7 is a display state diagram of a display screen and software keyboard when the first character in the character input is performed in the third embodiment.

【図8】実施の形態4において1文字目の文字入力が行われる際の表示画面およびソフトウェアキーボードの表示状態図である。 8 is a display state diagram of a display screen and software keyboard when the first character in the character input is performed in the fourth embodiment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11……入力装置 12……中央演算処理装置 13……リードオンリーメモリ 14……プログラム記憶領域 15……ローマ字変換規則表記憶領域 16……表示装置 21……ソフトキーボード表示手段 22……ソフトキーボード入力手段 23……入力文字判別手段 24……ローマ字変換表検索手段 25……次入力文字推測手段 26……次入力キー拡大表示手段 31……端末装置本体 32……表示画面 33……ソフトウェアキーボード 33a…拡大されたキー表示 33b…限定されたキー表示 33c…拡大されたキー表示 33d…限定されたキー表示 34……入力文字表示領域 35……入力用ペン 11 ...... input device 12 ...... central processing unit 13 ...... read only memory 14 ...... program storage area 15 ...... romaji conversion rule table storage area 16 ...... Display device 21 ...... soft keyboard displaying unit 22 ...... soft keyboard input means 23 ...... input character discriminating unit 24 ...... romaji conversion table retrieval unit 25 ...... next input character estimation unit 26 ...... following input key enlargement display unit 31 ...... terminal apparatus main body 32 ...... display screen 33 ...... software keyboard 33a ... enlarged key display 33b ... limited key display 33c ... enlarged key display 33d ... limited key display 34 ...... input character display area 35 ...... input pen

フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 G06F 15/20 504F Front page continued (51) Int.Cl. 6 Docket No. FI technique in identification symbol Agency display portion G06F 15/20 504F

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 表示画面に表示されたソフトウェアキーボードを操作することによりローマ字入力を行うソフトウェアキーボード表示方式であって、1文字以上のアルファベットが入力されると次に入力されるべきアルファベットをローマ字変換規則表の検索により推測し、その推測されたアルファベットに相当するキー表示を前記ソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で拡大表示するように構成してあることを特徴とするソフトウェアキーボード表示方式。 1. A software keyboard display method of performing Romaji by operating a software keyboard displayed on the display screen, 1 if more characters of the alphabet is input next alphabets to be inputted Roman character conversion inferred by the search of the rules table, the software keyboard display method, characterized in that the key display corresponding to the estimated alphabet is arranged to enlarge the range of the display area occupied by the software keyboard.
  2. 【請求項2】 表示画面に表示されたソフトウェアキーボードを操作することによりローマ字入力を行うソフトウェアキーボード表示方式であって、1文字以上のアルファベットが入力されると次に入力されるべきアルファベットをローマ字変換規則表の検索により限定し、その限定されたアルファベットに相当するキー表示のみを前記ソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で表示し他のキー表示は消去するように構成してあることを特徴とするソフトウェアキーボード表示方式。 2. A software keyboard display method of performing Romaji by operating a software keyboard displayed on the display screen, 1 if more characters of the alphabet is input next alphabets to be inputted Roman character conversion and characterized in that to limit the search of the rule table, the display and other key display only key display corresponding to the limited alphabet within the display area occupied by the software keyboard is arranged to erase software keyboard display method that.
  3. 【請求項3】 表示画面に表示されたソフトウェアキーボードを操作することによりローマ字入力を行うソフトウェアキーボード表示方式であって、最初のアルファベットが入力される際にその1文字目に相当するアルファベットをローマ字変換規則表の検索により推測し、その推測されたアルファベットに相当するキー表示を前記ソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で拡大表示するように構成してあることを特徴とするソフトウェアキーボード表示方式。 3. A software keyboard display method of performing Romaji by operating a software keyboard displayed on the display screen, alphabetic Romaji conversion corresponding to the first character in the first alphabet is input inferred by the search of the rules table, the software keyboard display method, characterized in that the key display corresponding to the estimated alphabet is arranged to enlarge the range of the display area occupied by the software keyboard.
  4. 【請求項4】 表示画面に表示されたソフトウェアキーボードを操作することによりローマ字入力を行うソフトウェアキーボード表示方式であって、最初のアルファベットが入力される際にその1文字目に相当するアルファベットをローマ字変換規則表の検索により限定し、その限定されたアルファベットに相当するキー表示のみを前記ソフトウェアキーボードの表示占有領域の範囲内で表示し他のキー表示は消去するように構成してあることを特徴とするソフトウェアキーボード表示方式。 4. A software keyboard display method of performing Romaji by operating a software keyboard displayed on the display screen, alphabetic Romaji conversion corresponding to the first character in the first alphabet is input and characterized in that to limit the search of the rule table, the display and other key display only key display corresponding to the limited alphabet within the display area occupied by the software keyboard is arranged to erase software keyboard display method that.
JP7315277A 1995-12-04 1995-12-04 Software keyboard display system Pending JPH09160910A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7315277A JPH09160910A (en) 1995-12-04 1995-12-04 Software keyboard display system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7315277A JPH09160910A (en) 1995-12-04 1995-12-04 Software keyboard display system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09160910A true JPH09160910A (en) 1997-06-20

Family

ID=18063480

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7315277A Pending JPH09160910A (en) 1995-12-04 1995-12-04 Software keyboard display system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09160910A (en)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1387243A2 (en) * 2002-07-30 2004-02-04 Nokia Corporation User input device
US6724370B2 (en) 2001-04-12 2004-04-20 International Business Machines Corporation Touchscreen user interface
JP2007175260A (en) * 2005-12-28 2007-07-12 Nintendo Co Ltd Training program and training device
US7581179B2 (en) 2004-04-06 2009-08-25 Honda Motor Co., Ltd. Information retrieving apparatus
JP2009534731A (en) * 2006-04-19 2009-09-24 ノキア コーポレイション The method for electronic devices and symbol input
JP2010035181A (en) * 2001-02-28 2010-02-12 Thomson Licensing Method and apparatus for assisting user in selecting program for viewing or listening
JP2010067135A (en) * 2008-09-12 2010-03-25 Sony Corp Information processor, information processing method and computer program
EP2172832A2 (en) * 2008-10-06 2010-04-07 Lg Electronics Inc. Keypad display method of mobile terminal
JP2010129091A (en) * 2008-11-27 2010-06-10 Nhn Corp Method for restricting input to collaborate with database, processing device and computer readable medium
JP2010165226A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Alpine Electronics Inc Name input device and name input method
JP2010165146A (en) * 2009-01-15 2010-07-29 Yahoo Japan Corp Display method for software keyboard and portable information terminal device
JP2010536076A (en) * 2007-06-28 2010-11-25 パナソニック株式会社 Virtual keypad system and method
KR20110054598A (en) * 2009-11-18 2011-05-25 엘지전자 주식회사 Mobile terminal and method for controlling the same
JP2011154573A (en) * 2010-01-27 2011-08-11 Kyocera Corp Portable electronic apparatus
JP2011191811A (en) * 2010-03-11 2011-09-29 Sony Corp Information processing apparatus, information processing method and program
JP2012008866A (en) * 2010-06-25 2012-01-12 Kyocera Corp Portable terminal, key display program, and key display method
DE112010005146T5 (en) 2010-01-18 2012-11-15 Mitsubishi Electric Corporation input device
KR101486380B1 (en) * 2008-11-26 2015-01-26 엘지전자 주식회사 Mobile terminal and Method for controlling in thereof
KR20160020465A (en) * 2016-02-05 2016-02-23 엘지전자 주식회사 Mobile terminal and method for controlling the same

Cited By (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010035181A (en) * 2001-02-28 2010-02-12 Thomson Licensing Method and apparatus for assisting user in selecting program for viewing or listening
US7810119B2 (en) 2001-02-28 2010-10-05 Thomson Licensing Method for searching of an electronic program guide
US6724370B2 (en) 2001-04-12 2004-04-20 International Business Machines Corporation Touchscreen user interface
EP1387243A3 (en) * 2002-07-30 2005-10-05 Nokia Corporation User input device
EP1387243A2 (en) * 2002-07-30 2004-02-04 Nokia Corporation User input device
US7581179B2 (en) 2004-04-06 2009-08-25 Honda Motor Co., Ltd. Information retrieving apparatus
JP2007175260A (en) * 2005-12-28 2007-07-12 Nintendo Co Ltd Training program and training device
JP4797104B2 (en) * 2006-04-19 2011-10-19 ノキア コーポレイション The method for electronic devices and symbol input
JP2009534731A (en) * 2006-04-19 2009-09-24 ノキア コーポレイション The method for electronic devices and symbol input
JP2010536076A (en) * 2007-06-28 2010-11-25 パナソニック株式会社 Virtual keypad system and method
JP2010067135A (en) * 2008-09-12 2010-03-25 Sony Corp Information processor, information processing method and computer program
US9569106B2 (en) 2008-09-12 2017-02-14 Sony Corporation Information processing apparatus, information processing method and computer program
US8471825B2 (en) 2008-09-12 2013-06-25 Sony Corporation Information processing apparatus, information processing method and computer program
US8860680B2 (en) 2008-09-12 2014-10-14 Sony Corporation Information processing apparatus, information processing method and computer program
EP2172832A2 (en) * 2008-10-06 2010-04-07 Lg Electronics Inc. Keypad display method of mobile terminal
EP2172832A3 (en) * 2008-10-06 2011-12-07 LG Electronics Inc. Keypad display method of mobile terminal
KR101486380B1 (en) * 2008-11-26 2015-01-26 엘지전자 주식회사 Mobile terminal and Method for controlling in thereof
JP2010129091A (en) * 2008-11-27 2010-06-10 Nhn Corp Method for restricting input to collaborate with database, processing device and computer readable medium
JP2010165146A (en) * 2009-01-15 2010-07-29 Yahoo Japan Corp Display method for software keyboard and portable information terminal device
JP2010165226A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Alpine Electronics Inc Name input device and name input method
US9459793B2 (en) 2009-11-18 2016-10-04 Lg Electronics Inc. Mobile terminal and controlling method thereof
KR20110054598A (en) * 2009-11-18 2011-05-25 엘지전자 주식회사 Mobile terminal and method for controlling the same
US9804687B2 (en) 2009-11-18 2017-10-31 Lg Electronics Inc. Mobile terminal and controlling method thereof
DE112010005146T5 (en) 2010-01-18 2012-11-15 Mitsubishi Electric Corporation input device
JP2011154573A (en) * 2010-01-27 2011-08-11 Kyocera Corp Portable electronic apparatus
JP2011191811A (en) * 2010-03-11 2011-09-29 Sony Corp Information processing apparatus, information processing method and program
JP2012008866A (en) * 2010-06-25 2012-01-12 Kyocera Corp Portable terminal, key display program, and key display method
KR20160020465A (en) * 2016-02-05 2016-02-23 엘지전자 주식회사 Mobile terminal and method for controlling the same

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4649499A (en) Touchscreen two-dimensional emulation of three-dimensional objects
US5710844A (en) Method for searching and displaying results in a pen-based computer system
CN100550036C (en) Chinese character handwriting recognition system
CN1205528C (en) Method for providing cue in computer system
EP0764908B1 (en) Data storage and data retrieval apparatus and method
US5764818A (en) Method for locating and displaying information in a pointer-based computer system
US5748512A (en) Adjusting keyboard
CN100585540C (en) Alphanumeric keyboard input system using a game controller
US7168046B2 (en) Method and apparatus for assisting data input to a portable information terminal
JP3829366B2 (en) Input device, and an input method
JP3167500B2 (en) Handwritten information input processing system
RU2371760C2 (en) Arranging indicators on objects
JP2007122496A (en) Display information selecting device and method, program and recording medium
US6822852B2 (en) Handheld devices
EP1326164A1 (en) Information processing device, information processing method, and storage medium
KR20040067855A (en) Method and apparatus for text input
JP4820595B2 (en) Of the search condition display method
KR100255736B1 (en) On-line character recognition apparatus
JP2005535975A (en) Character input method using a software keyboard
JPH09120403A (en) Device and method for information retrieval
JP2002108543A (en) Method for inputting kana character
JPH08272830A (en) Ordered data set member access method, ordered data set access recursive method and ordered data set member access device
KR20080071522A (en) Apparatus and method for inputing characters in terminal
JPH05257598A (en) Input unit and its display control method
KR20030007070A (en) Information processing apparatus and method, recording medium and program