JPH0816558A - Document preparation supporting system - Google Patents

Document preparation supporting system

Info

Publication number
JPH0816558A
JPH0816558A JP14274494A JP14274494A JPH0816558A JP H0816558 A JPH0816558 A JP H0816558A JP 14274494 A JP14274494 A JP 14274494A JP 14274494 A JP14274494 A JP 14274494A JP H0816558 A JPH0816558 A JP H0816558A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
document
part
parts
component
mark
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP14274494A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tetsuji Haraguchi
Akiko Kobayashi
Junichi Miyagawa
Yukio Sakaguchi
哲治 原口
純一 宮川
明子 小林
幸雄 阪口
Original Assignee
Fujitsu Kansai Commun Syst Ltd
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
富士通関西通信システム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE:To relieve the burden of a document preparing person at the time of preparing a document by preparing an arbitrary part of a document as a separate file, using the file as parts or processing the substance of an arbitrary part of the document as parts as it is and preparing the document by utilizing these parts. CONSTITUTION:A document XXX 101 stored in a document data base is displayed, a starting point 102 and a termination point 103 of the document XXX 101 are designated and the range of content fghi 104 desired to be made parts is designated in a document XXX 105. A parts file YYY 107 is prepared by surrounding before and behind the designated range by prescribed marks 108 and 109. Next, a prescribed mark 106 is inserted into the original document XXX 105 and the contents stored in the parts file is automatically deleted from the original document. Thus, because the storage location of a substance can be recognized by the mark 106 as to the contents deleted from the original document XXX 105, the existent contents can be constructed of parts without entirely losing the information before parts processing at the time of a reference.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、コンピュータを利用する文章作成支援システムに係り、特に、文章を部品化したり、部品化した文章を利用して別の文章を構成したり、複数の文書に既述された各要素の関係付けを利用する文章作成支援システムに関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to a text creation support system using a computer, in particular, or parts of a sentence, or constitute another sentence using the parts of the text, in multiple documents on the text creation support system that utilizes the association of each of the elements that have been previously described.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、コンピュータを利用して電子化した文章情報を作成することが一般的になりつつある。 In recent years, it is becoming common to create a text information that has been digitized using a computer. 特に、最近では、コンピュータを単なる文章作成に利用する段階を通り過ぎ、更に進んで、文章作成機能を高度化したり、文章情報形式を標準化したり、文章を品質保証する段階に入ろうとしている。 In particular, recently, past the step of using a computer to a simple word processing, go further, or advanced text creation feature to standardize the text information format, about to enter the stage of quality assurance sentences.

【0003】このような状況の中で、文章作成機能の高度化するため、既存の文章を部品化する動きが出てきている。 [0003] Under such circumstances, in order to sophisticated text creation function, are coming out is a move to parts of the existing text. このような動きが出てきたのは、ある一定の決まった流れの中で作成される複数の文書では、同一または関連のある内容が繰り返されて既述されることが多いため、文章を部品として作成し、その部品を再利用することで新規文章作成効率を向上できると考えられているためである。 Such the movement came out is a plurality of documents that are created in the constant and fixed flow, for the same or relevant contents are repeated often described previously, parts sentences created as is because it is believed to be improved new writing efficiency by reusing the components.

【0004】また、文章を品質保証するため、国際標準規格である標準一般化マーク付け言語(SGML:Stan [0004] In addition, in order to quality assurance of the sentence, Standard Generalized Markup Language, which is an international standard (SGML: Stan
dard Generalized Markup Language)により文章構造を標準化する動きが出てきている。 Are coming out is a move to standardize the sentence structure by dard Generalized Markup Language). このような動きが出てきたのは、文章の品質保証の為には、文章を標準化し、 Such the movement came out, in order of sentence of quality assurance is to standardize the sentence,
必要な内容を確実に既述することが必要であると考えられているためである。 This is because it is believed to be necessary to reliably above the required content.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】ところで、文章を部品化した場合には、文章情報を正確に引き継ぐため、部品となる文章と部品を再利用した文書との間で間で版数の整合をとることが必要である。 The object of the invention is to be Solved by the way, in the case where the parts of the sentence, to take over the sentence information correctly, the version number of the matching between between the document and re-use the text and parts of the parts it is necessary to take.

【0006】また文章の品質保証にあたっては、文章構造をチェックするだけでなく、内容が正しく、かつ漏れなく記載されていることを確認することが必要である。 [0006] In the text of quality assurance, not only to check the sentence structure, content is correct, and it is necessary to ensure that they are described without omission.
しかしながら、版数を整合したり文章内容を確認したりすることまで考慮した文章作成支援システムの従来例はない。 However, there is no conventional example of text creation support system that takes into account up to that or to confirm the text content or to match the version number.

【0007】本発明は、前述したような事情に鑑みてなされたもので、既存の文書からの部品化及びその部品の再利用による文書作成を可能にするとともに、作成された複数の文書間において文書内容の確認、部品と版数の整合性の確認、記述内容の確認及び記述漏れ防止を支援することのできる文章作成支援システムを提供することを課題とする。 [0007] The present invention has been made in view of the circumstances as described above, it allows for documentation by the component and re-use of the parts from existing documents, among a plurality of documents created Checking the document contents, check the component and the version number of the consistency, and to provide a text creation support system capable of supporting confirmation and omissions prevention of description contents.

【0008】本発明は、部品と版数の整合性を確認することができるとともに、作成された複数の文書間において文書内容を確認することのできる文章作成支援システムを提供することを課題とする。 The present invention, it is possible to check the component and the version number of the consistency, and to provide a text creation support system that can verify the document contents among a plurality of documents created .

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】本発明の文章作成支援システムは、前述した課題を解決するため以下のように構成されている。 Writing support system of the present invention, in order to solve the problem] is configured as follows in order to solve the aforementioned problems.

【0010】(1)すなわち、本発明の第1の文章作成支援システムは、文書に記述されている内容の少なくとも一部分を部品化する文章作成支援システムであって、 [0010] (1) That is, first sentence creation support system of the present invention is a sentence creation support system parts of at least a portion of the contents described in the document,
文書に対して部品化する内容が指定されると、部品の内容を、部品を保有することを示す名称と、部品を参照する文書の文書名と、部品の種別に応じた識別子とを有する部品保有マークとともに、文書とは別のファイルに記録し、部品を参照することを示す名称と、部品の内容を格納したファイルのファイル名及びファイル形式と、部品の種別に応じた識別子と、部品の版数情報とを有する部品参照マークを、文書の部品が指定された位置に付加し、文書から部品の内容を削除することを含むことを特徴とする(請求項1に対応)。 When the content of the component with respect to a document is specified, parts having a contents of the part, the name to indicate that bearing component, and the document name of a document that refers to components, and an identifier corresponding to the type of the component together held mark, recorded in a separate file from the document, a name indicating a reference to the components, and file name and the file format of a file containing the contents of the part, an identifier corresponding to the type of the component, the component parts reference mark and a version number information, added to the position where the part of the document is designated, characterized in that it comprises deleting the contents of the part from the document (corresponding to claim 1).

【0011】(2)また、本発明の第2の文章作成支援システムは、一の文書に記述されている内容の少なくとも一部分を部品化して、他の文書が参照可能にする文章作成支援システムであって、一の文書に対して部品化する内容が指定されると、部品を保有することを示す名称と、部品を参照する文書の文書名と、部品の種別に応じた識別子とを有する部品保有マークを、部品の前後に付加し、部品を参照することを示す名称と、部品保有文書名と、部品を保有する文書のファイル形式と、部品の種別に応じた識別子と、部品の版数情報とを有する部品参照マークを、他の文書の部品を参照する位置に挿入することを含むことを特徴とする(請求項2に対応)。 [0011] (2), second sentence creation support system of the present invention, at least a portion of the contents described in one document and componentized, in Writing support system other documents to be referred there are parts having the contents of components with respect to one document is designated, a name indicating that bearing component, and the document name of a document that refers to components, and an identifier corresponding to the type of the component the retention mark, and added before and after the part, the name indicating a reference to the part, and the part held document name, and file format of the document carrying the components, the identifier corresponding to the type of the component, version number of the components parts reference mark and an information, characterized in that it comprises inserting a position to refer to parts of other documents (corresponding to claim 2).

【0012】(3)そして、本発明の第3の文章作成支援システムは、(1)又は(2)の文章作成支援システムにおいて、部品を参照する文書において部品の内容を変更する場合に、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存し、部品参照マーク中の部品の版数情報を更新し、部品の元の版数を参照している他文書に存在する部品参照マーク中の部品の版数情報を更新することを特徴とする(請求項3に対応)。 [0012] (3) The third sentence creation support system of the present invention, in Writing support system (1) or (2), to change the contents of a component in a document that refers to parts, components Save the file or document under version management having to update the version information of the part in the part reference marks, in the part reference marks present on other documents that refer to the original version of the component and updates the version information of the component (corresponding to claim 3).

【0013】(4)次に、本発明の第4の文章作成支援システムは、(1)から(3)のいずれかの文章作成支援システムおいて、部品を参照する文書において部品の内容を変更する場合に、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存し、部品参照マーク中の部品の版数情報を更新し、部品の元の版数を参照している他文書に存在する部品参照マーク中の部品の版数情報を更新することを特徴とする(請求項4に対応)。 [0013] (4) Next, the fourth sentence creation support system of the present invention, changes the contents of the part in any of the keep Writing Aids system, documents that refer to components (1) to (3) when, save the file or document has a part underneath the version number management updates the component version information for in the part reference marks, there is another document which refers to the original version of the component and updates the version information of the part in the part reference mark (corresponding to claim 4).

【0014】(5)次に、本発明の第5の文章作成支援システムは、(1)から(3)のいずれかの文章作成支援システムおいて、部品を参照する文書において部品の内容を変更する場合に、部品を有するファイル又は文書に存在する部品保有マーク中の情報を更新するか否かが選択可能であり、更新する場合は、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存し、部品参照マーク中の版数情報を更新するとともに、部品の元の版数を参照している他文書に存在する部品参照マーク中の部品の版数情報を更新し、更新しない場合は、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存し、部品参照マーク中の版数情報を更新するとともに部品保有文書名を削除することを特徴とする(請求項5に対応)。 [0014] (5) Next, the fifth sentence creation support system of the present invention, changes the contents of the part in any of the keep Writing Aids system, documents that refer to components (1) to (3) when storing, whether to update the information in the part held by the mark present in the file or document has a component can be selected, when updating the file or document has a part underneath the version management and updates the version information in the part reference marks, and updates the component version information for in the part reference marks present on other documents that refer to the original version of the part, if not updated, the file or document having a part stored under version management, and deletes the part held document name updates the version information in the part reference mark (corresponding to claim 5).

【0015】(6)次に、本発明の第6の文章作成支援システムは、(1)から(5)のいずれかの文章作成支援システムおいて、部品を有するファイル又は文書において部品の内容を変更する場合に、この部品を参照している全ての文書に対して、部品参照マーク中の部品の版数情報を更新することを特徴とする(請求項6に対応)。 [0015] (6) Next, the sixth sentence creation support system of the present invention, the content of either keep sentence creation support system, in the file or document has a component part (1) to (5) when changing, with respect to all documents that refer to this component, and updates the version information of the part in the part reference mark (corresponding to claim 6).

【0016】(7)次に、本発明の第7の文章作成支援システムは、(1)から(5)のいずれかの文章作成支援システムおいて、部品を有するファイル又は文書において部品の内容を変更する場合に、この部品を参照している文書の内容を更新するか否かが文書毎に選択可能であり、更新する場合は、部品参照マーク中の部品版数情報を更新し、更新しない場合は、部品参照マーク中の部品版数情報を更新せず、変更部品を有する文書に存在する部品保有マーク中の部品参照文書名から該当文書名を削除することを特徴とする(請求項7に対応)。 [0016] (7) Next, the seventh sentence creation support system of the present invention, the content of either keep sentence creation support system, in the file or document has a component part (1) to (5) If you change, whether to update the contents of the document referring to this component can be selected for each document, when updating updates the component version number information in the part reference marks, not updated If not update the part version number information in the part reference marks, and deletes the corresponding document name from the component reference document name in the part held by the mark present in the document with a changing component (claim 7 corresponding to).

【0017】(8)次に、本発明の第8の文章作成支援システムは、(1)から(7)のいずれかの文章作成支援システムおいて、一の文書に記述された要素と他の文書に記述された要素とを関連づけて記述する場合に、一の文書中の要素の前後に、要素が他文書に関連づけられていることを示す名称と、識別子と、他の文書のファイル名とを有する引き継ぎ元マークを付加し、他の文書中の要素の前後に、要素が他文書から引き継がれていることを示す名称と、識別子と、一の文書のファイル名とを有する引き継ぎ先マークを付加することを特徴とする(請求項8に対応)。 [0017] (8) Next, the eighth sentence creation support system of the present invention, (1) from any one of (7) with Writing Aids advance system elements and others described in one document when describing in association with described in the document element, before and after the element in one document, the name to indicate that the element is associated with another document, the identifier, and the file name of other documents by adding a takeover original mark with, before and after the elements in other documents, and the name indicating that the element has been taken over from the other document, and the identifier, the takeover destination mark and a file name of one document adding, characterized in that (corresponding to claim 8).

【0018】(9)次に、本発明の第9の文章作成支援システムは、(1)から(8)のいずれかの文章作成支援システムおいて、複数の文書を一定の流れに従って逐次的に作成する場合に、その流れの中で一文書中で記述されなければならない要素の内容が何らかの理由により記述することができない場合に、その要素の前後に、要素の記述を保留することを示す名前と、識別子と、要素の記述を完了しなくてはならない時期または作業を示す情報とを有する工程管理マークを付加することを特徴とする(請求項9に対応)。 [0018] (9) Next, the ninth sentence creation support system of the present invention, (1) from either of Writing Aids advance system (8), sequentially a plurality of documents according to a certain flow the name shown to create, when the content of the element that must be written in one document in its flow can not be described by any reason, before and after the element, to hold the description of the elements When the identifier, rather complete description of the elements, characterized in that the addition of process control mark and an information indicating the need not timing or work (corresponding to claim 9).

【0019】(本発明の実施態様)前述した(1)から(9)の発明においては、一つの文書は、一つのファイルに格納するようにしても良いし、複数のファイルに分散して格納するようにしてもよい。 [0019] In the invention from the above-described (Embodiment of the present invention) (1) (9), one document may be so as to store a single file, distributed to a plurality of files stored it may be.

【0020】 [0020]

【作用】本発明の第1の文章作成支援システムによれば、文章に対して部品化する内容が指定されることにより、部品の内容と部品保有マークが、文書とは別のファイルに記録される。 According to the first sentence creation support system of the present invention, by the content of the component with respect to the sentence specified, content and components held mark component is recorded in a separate file from the document that. 次に、文書の部品が指定された位置に、部品参照マークが付加される。 Then, parts of the document to the specified position, part reference mark is added. 更に、文書から部品の内容が削除される。 In addition, the contents of the components are removed from the document.

【0021】本発明の第2の文章作成支援システムによれば、一の文書に対して部品化する内容が指定されることにより、部品の前後に、部品保有マークが付加される。 The second, according to the text creation support system of the present invention, by what parts against one document is designated, before or after the component, the component held by the mark is added. 次に、他の文書の部品を参照する位置に、部品参照マークが挿入される。 Then, in a position to see the parts of other documents, part reference mark is inserted.

【0022】本発明の第3の文章作成支援システムによれば、文書を表示する場合に、部品参照マークの代わりに、部品の内容が表示される。 According to the third sentence creation support system of the present invention, when displaying a document, instead of the part reference mark, the contents of the part are displayed. 本発明の第4の文章作成支援システムによれば、部品を参照する文書において部品の内容を変更する場合に、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存される。 According to the fourth sentence creation support system of the present invention, when changing the contents of the part in a document that references a component, and save a file or document with a part under the version management. 次に、部品参照マーク中の部品の版数情報が更新される。 Then, version number information of the parts in the part reference mark is updated. そして、部品の元の版数を参照している他文書に存在する部品参照マーク中の部品の版数情報が更新される。 Then, the component version information for in the part reference marks present on other documents that refer to the original version of the part is updated.

【0023】本発明の第5の文章作成支援システムによれば、部品を参照する文書において部品の内容を変更する場合に、部品保有マーク中の情報を更新する場合は、 According to the fifth sentence creation support system of the [0023] The present invention, in case you want to change the contents of the parts in the document to refer to the parts, if you want to update the information in the part held by the mark is,
部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存される。 Saved the file or document has a part underneath the version management. 次に、部品参照マーク中の版数情報が更新されるとともに、部品の元の版数を参照している他文書に存在する部品参照マーク中の部品の版数情報が更新される。 Then, the version number information in the part reference mark while being updated, the component version information for in the part reference marks present on other documents that refer to the original version of the part is updated.
一方、部品保有マーク中の情報を更新しない場合は、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存される。 On the other hand, if not update the information in the part held by the mark, and save a file or document with a part under the version management. 次に、部品参照マーク中の版数情報が更新されるとともに部品保有文書名が削除される。 Then, parts held by the document name is deleted along with the version number information in the part reference mark is updated.

【0024】本発明の第6の文章作成支援システムによれば、部品を有するファイル又は文書において部品の内容を変更する場合に、この部品を参照している全ての文書に対して、部品参照マーク中の部品の版数情報が更新される。 According to a sixth sentence creation support system of the invention, when changing the contents of the part in the file or document has a part, for all the documents that refer to this component, the component reference mark version number information in the part of is updated.

【0025】本発明の第7の文章作成支援システムによれば、部品を参照している文書の内容を更新する場合は、部品参照マーク中の部品版数情報が更新される。 According to the seventh sentence creation support system of the [0025] The present invention, if you want to update the contents of the document that refers to the components, parts version number information in the part reference mark is updated. 一方、部品を参照している文書の内容を更新しない場合は、部品参照マーク中の部品版数情報を更新せず、変更部品を有する文書に存在する部品保有マーク中の部品参照文書名から該当文書名が削除される。 On the other hand, if you do not want to update the contents of the document that refers to the parts, without updating the component version number information in the part reference mark, part from the reference document name in the part held by the mark present in the document with the change parts document name is deleted.

【0026】本発明の第8の文章作成支援システムによれば、一の文書中の要素の前後に、引き継ぎ元マークが付加される。 According to an eighth sentence creation support system of [0026] the present invention, before and after the element in the one document is added migration source mark. そして、他の文書中の要素の前後に、引き継ぎ先マークが付加される。 Then, before and after the element in the other documents are added migration destination mark.

【0027】本発明の第9の文章作成支援システムによれば、流れの中で一文書中で記述されなければならない要素の前後に、工程管理マークが付加される。 According to a ninth sentence creation support system of [0027] the present invention, before and after the element that must be written in one document in in the flow, process control mark is added.

【0028】 [0028]

【実施例】以下、本発明の実施例を図面を参照して説明する。 EXAMPLES Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings. <実施例のシステム構成>図2には本発明の文章作成支援システムのシステム構成図が示されている。 The 2 <System Configuration Example> there is shown a system diagram of a sentence creation support system of the present invention. 図2から明らかなように、本システムには、主記憶装置1が設けられている。 As apparent from FIG. 2, the present system is a main storage device 1 is provided. この主記憶装置1には、本システムのプログラム、構造化文書管理データベース装置のプログラム、版数管理装置のプログラム、マーク入力装置のプログラムを含む。 This is the main memory 1, including the system program, the program of the structured document management database system, program version management apparatus, the program marks the input device. この主記憶装置1には、システムのプログラムを実行する中央処理装置(CPU)2が接続されている。 This is the main storage device 1, a central processing unit for executing system program (CPU) 2 is connected. このCPU2には、不揮発性メモリ及び揮発性メモリとの間で入出力制御を行う入出力制御装置3が接続されている。 The CPU 2, input-output control unit 3 which controls input and output to and from the non-volatile memory and volatile memory.

【0029】ここで、構造化文書管理データベース装置は、構造化された文書を格納し、その構造毎に版数管理を行う。 [0029] Here, the structured document management database device, and stores the structured document, performs version management for each its structure. なお、「構造化された文書」とは、「論理内容が細分化(前書き、本文、後書き、等)及び階層化(部、章、節、項、等)され記述されている文書」を意味する。 Note that "structured document" means a "logical content fragmentation (foreword, text, postscript, etc.) and layered (parts, chapters, sections, items, etc.) to the document being written" to.

【0030】ここで、不揮発性メモリは、文書の設計情報を格納するもので、文書ファイル6、部品ファイル7、保留期限管理情報ファイル3及び文書開発工程情報ファイル9から構成されている。 [0030] Here, the non-volatile memory is for storing design information for a document, the document file 6, part file 7, and a hold time limit management information file 3 and the document development process information file 9.

【0031】また、揮発性メモリは、使用者の入力情報及び本システムでの処理に関する情報を一時的に蓄積する表示文章内容バッファ10、指定範囲バッファ11、 Further, the volatile memory is displayed temporarily storing information relating to the processing of the input information and the system of the user text content buffer 10, the specified range buffer 11,
指定範囲内容バッファ12、マーク内情報バッファ1 Specified range contents of buffer 12, mark in the information buffer 1
3、文書一覧バッファ14、要素一覧バッファ15及び部品位置管理情報バッファ16から構成されている。 3, the document list buffer 14, and the element list buffer 15 and component position management information buffer 16.

【0032】そして、入出力制御装置3には、使用者が各種情報を入力するキーボード5と、作成する文書の内容、文書に関する情報及び使用者に対するメッセージを表示するディスプレイ6が接続されている。 [0032] Then, the output control unit 3, a keyboard 5 for the user to input various information, the contents of a document to be created, a display 6 for displaying a message for information and user regarding the document are connected.

【0033】 [0033]

【実施例1】次に、図3を参照して実施例1を説明する。 Example 1 Next, Example 1 will be described with reference to FIG. この実施例1は、文書に記述されている内容の一部分を部品化する場合の例である。 The first embodiment is an example of a case where part of a portion of the contents described in the document.

【0034】まず、文書データベースに格納されている文書XXX(101)が表示される。 [0034] First, the document XXX stored in the document database (101) is displayed. そして、文書XX Then, the document XX
Xに対して開始点(102)及び終了点(103)を指定することで、部品化したい内容「fghi」(10 By specifying the starting point (102) and end point (103) with respect to X, content to be part of "fghi" (10
4)の範囲を指定する。 To specify a range of 4).

【0035】そして、マーク<ext name=XX [0035] Then, mark <ext name = XX
X id=002(108)及び</ext>(10 X id = 002 (108) and </ ext> (10
9)で指定範囲の前後を囲んだ部品ファイルYYYを生成する(107)。 9) to generate a parts file YYY surrounded the front and back of the specified range (107). ここで、マーク中の「ext」は、 Here, in the mark "ext" is,
要素を他文書で参照することを表す名前、「name= Name indicating that to refer to an element in another document, "name =
XXX」は参照元文書の文書名、「id=002」は部品要素の識別子(個々の要素を一義的に定義し、判別する為の情報)である。 XXX "is the document name of the referring document," id = 002 "is a component element identifier (information for the uniquely define the individual elements, to determine).

【0036】次に、元の文書XXXに、マーク<ref [0036] Next, the original of the document XXX, mark <ref
name=YYY ver=1.0 type=te name = YYY ver = 1.0 type = te
xt id=002>(106)を挿入し、部品ファイルに格納された内容を元の文書から自動的に削除する。 xt id = 002> Insert the (106), automatically delete the contents stored in the parts file from the original document.
ここで、マーク中の「ref」は他文書を参照することを表す名前、「name=YYY」は生成された部品のファイル名、「ver=1.0」は部品の版数情報、 Here, the "ref" in the mark name that represents the reference to other documents, "name = YYY" is the file name of the generated parts, "ver = 1.0" is the version number information of the parts,
「type=text」は部品のファイル形式、「id "Type = text" is the file format of the parts, "id
=002」は部品要素の識別子である。 = 002 "is the identifier of the component elements.

【0037】以上の処理により、元の文書XXX(10 [0037] By the above process, the original document XXX (10
5)から削除された内容はマークにより実体の格納位置を認識できるため、参照時には部品化前の情報を全く失うことなく、既存内容を部品により構成することができる。 The contents that have been deleted from the 5) can recognize the storage location of an entity by the mark, the time reference without losing any part of the previous information, it is possible to configure the existing contents by the component.

【0038】以上の処理の流れをフローチャートで示したのが図4である。 [0038] Shown in flowchart the flow of the above processing is shown in FIG 4. 図4では、最初に(参照)元文書が表示される(S401)。 In Figure 4, initially (see) the original document is displayed (S401). 次に部品登録開始位置が指定される(S402)とともに、部品登録終了位置が指定される(S403)。 Then with parts registration start position is designated (S402), the component registration end position is designated (S403). そして、部品が作成される(S4 Then, the part is created (S4
04)。 04). 次に、(参照)元文書にマークが挿入される(S405)。 Next, the insertion mark (see) the original document (S405). 最後に、(参照)元文書から部品内容が削除される(S406)。 Finally, the parts content is deleted from (see) the original document (S406).

【0039】なお、部品参照元文書からマーク<ref [0039] It should be noted that the mark from the part referring document <ref
>中に含まれる参照先文書名及び部品要素識別子の情報を読み取ることにより、参照先部品一覧表(111)を表示することとが可能となる。 By reading the information of the reference destination document name and part element identifier included in>, and displaying the referenced component list (111) is possible. また、参照先部品からマーク<ext>中に含まれる参照元文書名及び部品要素識別子の情報を読み取ることにより、参照元文書一覧(112)を表示することも可能となる。 Further, by reading the information of the referencing document name and part element identifier included from the referenced components in the mark <ext>, it is possible to refer displaying the original document list (112). さらに、参照先部品一覧表(111)及び参照元文書一覧(112) Additionally, the referenced parts list (111) and referring document list (112)
から各実体を表示することも可能であり、部品の利用状況を相互に確認することも可能である。 Displaying each entity from a possible, it is also possible to check the availability of the components to each other.

【0040】以上の処理の流れをフローチャートで示したのが図5及び図6である。 [0040] Shown in flowchart the flow of the above processing is shown in FIG. 5 and FIG. 6. 図5に示すように、最初に参照元文書が表示される(S501)。 As shown in FIG. 5, first referring document is displayed (S501). 次に参照している部品が選択される(S502)。 Parts are then referenced is selected (S502). 最後に参照先部品が表示される(S503)。 Finally, the reference destination component is displayed (S503).

【0041】また、図6に示すように、最初に部品が表示される(S601)。 Further, as shown in FIG. 6, first part is displayed (S601). 次に参照元文書一覧が表示される(S602)。 Then see the original document list is displayed (S602). そして参照元文書が選択される(S6 And referring document is selected (S6
03)。 03). ここで、表示部分の選択が行われ(S60 Here, it is carried out selection of the display portion (S60
4)、参照元部分が選択された場合には、参照元要素一覧画面が表示される(S605)。 4), if the reference source part is selected, the reference source element list screen is displayed (S605). そして、参照元要素が選択される(S606)。 The referrer element is selected (S606). 最後に参照元部分が表示される(S607)。 Finally see the original part in is displayed (S607).

【0042】一方、S604で参照元文書全体が選択された場合には、参照元文書が表示される(S608)。 On the other hand, if the entire reference source document is selected in step S604, referring document is displayed (S608).
そして、参照先部品が表示される(S609)。 The reference destination component is displayed (S609).

【0043】 [0043]

【実施例2】次に、図7を参照して実施例2を説明する。 Embodiment 2 Next, a second embodiment will be described with reference to FIG. この実施例2は、文書XXX(201)に記述されている内容の一部分を、部品として他の文書YYY(2 The second embodiment, a portion of the contents described in the document XXX (201), part as another document YYY (2
04)が利用する場合の例である。 04) is an example of a case to be used.

【0044】まず、文書XXX(201)及びYYY [0044] First of all, the document XXX (201) and YYY
(204)が表示される。 (204) is displayed. そして、文書XXXに対して開始点(202)及び終了点(203)を指定することで、部品として扱いたい部分を指定する。 Then, by specifying the start point (202) and end point (203) to the document XXX, to specify the portion to be treated as a part.

【0045】そして、部品として扱いたい部分を、マーク<ext name=XXX id=003>(20 [0045] Then, the part you want to treat as a component, mark <ext name = XXX id = 003> (20
7)及び</ext>(208)により囲む(206参照)。 7) and </ ext> surrounding the (208) (see 206). ここで、マーク中の「ext」は、外部から部品として参照されることを意味する名称、「name=Y Here, "ext" in the mark, the name to mean that the referenced externally as components, "name = Y
YY」は参照元文書の文書名、「id=003」は部品要素の識別子である。 YY "the document name of the referring document," id = 003 "is the identifier of the component elements.

【0046】次に、部品参照元ファイルYYY(20 Next, parts refer to the original file YYY (20
9)に、部品を参照したい位置(205)を指定し、マーク<ref name=XXX ver=1.0 t To 9), to specify the position (205) you want to see the parts, mark <ref name = XXX ver = 1.0 t
ype=text id=003>(210)を挿入する。 ype = text id = 003> to insert the (210). ここで、マーク中の「ref」は部品を参照することを表す名前、「name=XXX」は参照部品の存在するファイル名、「id=003」は参照部品の要素の識別子、「ver=1.0」は参照先部品の版数情報、 Here, the name "ref" in the mark indicating that the reference to the parts, "name = XXX" is the file name to the presence of the reference parts, "id = 003" is the reference parts element identifier, "ver = 1 .0 "is version number information of the referenced parts,
「type=text」は参照先部品のファイル形式情報である。 "Type = text" is a file format information of the referenced parts.

【0047】以上の処理により、部品参照元ファイルは、部品の実体が参照先ファイル中に存在していても、 [0047] By the above process, the component reference the original file, even if the entity of the components present in the referenced file,
マークにより部品の格納位置を認識し、部品実体を持つことなく文書を部品から構成することができる。 Recognizes the storage position of the component by the mark, it is possible to configure the document without having a component entity from the component.

【0048】以上の処理の流れをフローチャートで示したのが図8である。 [0048] Shown in flowchart the flow of the above processing is shown in FIG 8. 図8に示すように、最初に参照元文書が表示される(S801)。 As shown in FIG. 8, first referring document is displayed (S801). 次に参照先文書が選択される(S802)。 Referenced document is selected next (S802). そして、参照先文書が表示される(S803)。 Then, the referenced document is displayed (S803). 次に部品参照開始位置が指定される(S Then component reference start position is designated (S
804)とともに、部品参照終了位置が指定される(S With 804), the component reference end position is designated (S
805)。 805). そして、参照先文書にマークが挿入される(S806)。 Then, mark the referenced document is inserted (S806). 最後に参照元文書にマークが挿入される(S807)。 Mark is inserted into the end referring document (S807).

【0049】なお、部品参照元文書からマーク<ref [0049] It should be noted that the mark from the part referring document <ref
>中に含まれる参照先文書名及び部品要素識別子の情報を読み取ることにより、参照先部品一覧表(111)を表示することができる。 By reading the information of the reference destination document name and part element identifier included in>, it is possible to display the referenced parts list table (111).

【0050】また、参照先部品からマーク<ext>中に含まれる参照元文書名及び部品要素識別子の情報を読み取ることにより、参照元文書一覧(112)を表示することもできる。 [0050] In addition, by reading the information of the reference original document name and part element identifier included from the referenced parts in the mark <ext>, reference may also be made to display the original document list (112).

【0051】更に、参照先部品一覧表(111)及び参照元文書一覧(112)から各実体を表示することと、 [0051] Furthermore, the fact that the referenced component list (111) and referring document list from the (112) for displaying each entity,
部品の利用状況を相互に確認することもできる。 It is also possible to check the availability of parts to each other. 以上により、参照先部品を確認する場合の処理の流れをフローチャートで示したのが図9であり、また、参照元文書を確認する場合の処理の流れをフローチャートで示したのが図10である。 By the above, the flow of processing for confirming the referenced components shown in the flowchart is 9, also, is in FIG. 10 for illustrating a flow of a process of checking the reference source document flowchart .

【0052】まず図9では、最初に参照元文書が表示される(S901)。 [0052] First, in FIG. 9, first referring document is displayed (S901). 次に参照している要素が選択される(S902)。 The referring element is selected next (S902). ここで、表示部分の選択が行われ(S9 Here, it performed the selection of the display part (S9
03)、参照先文書全体が選択された場合には、参照先文書全体が表示される(S904)。 03), when the whole referenced document is selected, the entire referenced document is displayed (S904). 一方、S903で参照先要素が選択された場合には、参照先要素が表示される(S905)。 On the other hand, referenced element when it is selected, referenced element is displayed in S903 (S905).

【0053】そして図10では、最初に参照先文書が表示される(S1001)。 [0053] Then, in FIG 10, first referenced document is displayed (S1001). 次に参照先要素が指定される(S1002)。 Referenced element is specified then (S1002). そして、参照先文書一覧が表示される(S1003)。 Then, the referenced document list is displayed (S1003). 次に、参照元文書が選択される(S1 Next, referring document is selected (S1
004)。 004). ここで、表示部分の選択が行われ(S100 Here, it performed the selection of the display portion (S100
5)、参照元部分が選択された場合には、参照元要素一覧が表示される(S1006)。 5), when the reference source part is selected, the reference source element list is displayed (S1006). 次に参照先要素が選択される(S1007)。 Referenced element is selected next (S1007). 最後に参照元部分が表示される(S1008)。 Finally see the original part in is displayed (S1008). 一方、参照元文書全体が選択された場合には、最初に参照元文書が表示される(S100 On the other hand, if the entire reference source document is selected, first reference source document is displayed (S100
9)。 9). 最後に参照先部品が表示される(S1110)。 Finally, the reference destination component is displayed (S1110).

【0054】 [0054]

【実施例3】次に、図11を参照して実施例3を説明する。 Embodiment 3 Next, a third embodiment will be described with reference to FIG. 11. まず、画面表示したい文書YYY(304)を指定すると、文書YYY用のバッファを生成し、文書YYY First, when designating a document YYY (304) to be displayed on the screen, generate a buffer for the document YYY, document YYY
の1行目の「ABCDE」をバッファに読み込む。 Read the "ABCDE" in the first line of the buffer. 次に、マーク<ref>(305)を読み取り、「re Next, read the mark <ref> (305), "re
f」というマーク名により文書YYYが他文書中の部品を参照していることを認識する。 It recognizes that the document YYY refers to a part of in the other document by the mark name f ".

【0055】次に、マーク<ref>(305)中に含まれる属性を読み取り、文書XXX、バージョン1. Next, read the attributes contained in the mark <ref> (305), the document XXX, version 1.
0、タイプtext、idが003という指示により、 0, Type text, by an indication that id is 003,
文書XXX(301)のマーク<ext>を検索し、その中でid属性が003の要素を検索する。 Find the mark <ext> of the document XXX (301), id attribute in which to search for element 003.

【0056】そして、検索結果の開始位置と終了位置に記述されているマーク<ext name=YYY i [0056] Then, mark that has been described in the start and end positions of search results <ext name = YYY i
d=003>(302)及び</ext>(303)により要素の範囲を認識し、その内容に当たる文書XXX d = 003> (302) and </ ext> (303) by recognizing a range of elements, the document XXX impinging on the contents
の4行目の「fghi」をバッファに読み込む。 Read the "fghi" in the fourth line of the buffer. 最後に文書YYYの最終行にある「JKLMNO」をバッファに取り込む。 Finally, take in the "JKLMNO" in the last line of the document YYY in the buffer.

【0057】以上の処理により、文書YYYが部品を取り込んだ形で画面表示される(306)。 [0057] By the above processing, document YYY is displayed on the screen in the form of incorporating parts (306). また、部品要素をバッファに読み込む時に、バッファ内での部品開始位置及び終了位置をバイト位置に記憶し(307)、参照元文書の表示内容における部品要素を認識する。 Also, when reading the part elements to the buffer, and stores the components start and end positions in the buffer to the byte position (307), recognizes the component elements in the display contents of the referencing document.

【0058】以上の処理の流れをフローチャートで示したのが図12である。 [0058] It is 12 to that shown in the flow chart the flow of the above processing. 図12では、最初に表示する文書バッファが生成される(S1201)。 In Figure 12, the document buffer to be displayed first is generated (S1201). 次に、表示文書(参照元)の読込み(S1202)と、参照マークの属性の読込み(S1203)と、部品要素(参照先)の読込み(S1204)が行われる。 Then, the reading of the display document (Source) (S1202), reads the attributes of the reference mark and (S1203), reads the part elements (Reference) (S1204) is performed. そして、参照先要素が表示文書バッファの該当部分に挿入される(S120 The referenced element is inserted into the appropriate portion of the display document buffer (S120
5)。 5). 次に、部品位置記憶領域が設定される(S120 Then, part position storage area is set (S120
6)。 6). 最後に文書バッファ内容が表示される(S120 Finally, the document buffer content is displayed (S120
7)。 7).

【0059】 [0059]

【実施例4】次に、図13を参照して実施例4を説明する。 Embodiment 4 Next, a fourth embodiment will be described with reference to FIG. 13. 実施例4は、文書YYY(404)及び文書ZZZ Example 4 Article YYY (404) and the document ZZZ
(406)が文書XXX(401)内の要素(以下、参照先部品という)を参照している場合の例である。 (406) is an example in that reference elements (hereinafter, referred to as reference destination component) in the document XXX (401).

【0060】まず、文書XXX中の参照先部品の内容である「fghi」(407参照)を「FGHI」(40 [0060] First of all, it is the content of the referenced parts of the document XXX "fghi" (see 407) to "FGHI" (40
8参照)のように変更する場合に、部品位置管理領域から更新部分が部品かどうかを判断する。 When changing as 8 refer), the updated portion from the component position management area to determine whether components.

【0061】ここで、更新部分が部品でない場合はそのまま編集を続けられるが、更新部分が部品に相当する場合は、参照元文書YYY(404)中に存在するマーク<ref>(405)中に含まれる参照先文書名nam [0061] In this case, but if the updated portion is not a component is leave the editing, if the updated portion corresponds to the part, in the mark that is present in the reference source document YYY (404) <ref> (405) referenced document name nam included
e=XXX、部品要素の識別子id=003、及び版数情報ver=1.0を読み取る。 e = XXX, read the identifier id = 003 and version number information ver = 1.0, of the parts element. なお、マーク<ref It should be noted that the mark <ref
>は、部品を参照していることを示す。 > Indicates that you are referring to the parts.

【0062】そして、文書XXX(401)を検索し、 [0062] Then, search the document XXX (401),
文書XXX中に含まれ、idの一致するマーク<ext It is included in the document XXX, mark that matches the id <ext
>(402)及びマーク</ext>(403)で囲まれている範囲を部品として認識し、部品の更新を開始する。 > (402) and the mark </ ext> recognizes range surrounded by (403) as a component, to initiate an update of the components. なお、マーク<ext>は他文書から参照されていることを示す。 Incidentally, the mark <ext> indicates that it is referenced from another document.

【0063】この時、マーク<ext>に含まれる参照元文書の文書名YYY及びZZZを基に、その部品を参照している全ての文書(411、414)中に存在するマーク<ref>(412、415)に含まれる部品の版数情報(413、416)を自動的に全て更新する。 [0063] At this time, the mark on the basis of the document name YYY and ZZZ of referring document contained in the <ext>, marks present in all the document (411 and 414) that refer to that component <ref> ( version number information of components included in the 412 and 415) to (413, 416) to automatically update all.

【0064】ここで、その部品を参照している文書の内容を更新するか否かを文書毎に選択することも可能である。 [0064] Here, it is possible to select whether or not to update the contents of the document that reference the component for each document. これらの更新のうちいずれを選択するかは、例えば会話形式のウィンドウ(409)により指定する。 Choose one of these updates is specified by for example conversational window (409).

【0065】そして、文書XXX(410)中の部品を参照している他文書全ての更新を選択した場合に、参照元文書YYY(411)及びZZZ(414)中に存在するマーク<ref>(412、415)に含まれる部品の版数情報ver(413、416)を全ての参照元文書において「1.0」から「1.1」に更新する。 [0065] Then, when you select all other documents updates that reference component in the document XXX (410), the mark present in the referring document YYY (411) and ZZZ (414) <ref> ( be updated to "1.1" from the "1.0" in all of the referring document the version number information ver (413,416) of the components that are included in the 412 and 415).

【0066】次に、文書XXX(417)中の部品を参照している文書の更新を文書毎に選択する場合の処理を説明する。 [0066] Next, processing in the case of selecting the updating of documents that refer to parts of the document XXX (417) for each document. ただし、参照元文書YYY(420)は、参照している部品の更新を行わず、参照元文書ZZZ(4 However, referring document YYY (420) does not perform updating of the components that reference, referring document ZZZ (4
23)は、参照している部品の更新を行うものとする。 23) shall be updated in parts to which reference is made.

【0067】まず、文書YYY(420)については、 [0067] First, the document YYY (420) is,
マーク<ref>(421)に含まれる部品の版数情報ver(422)を更新せずにそのまま前版数を引き継いで保存する。 Mark <ref> to save taken over as the previous version number without updating the version number information ver (422) of the parts to be included in the (421).

【0068】一方、文書ZZZ(423)については、 [0068] On the other hand, the document ZZZ (423) is,
同文書中に存在するマーク<ref>(424)に含まれる部品の版数情報ver(425)を更新する。 To update the version number information ver of the components included in the mark to be present in the same document <ref> (424) (425). このことにより、参照先部品の更新があった場合にも、更新前、更新後の部品を自由に選択することができる。 Thus, if there is updated the referenced parts are, before the update, it is possible to freely select the components of the updated. この場合に、参照先文書XXX(417)において、その部品が参照されている他文書名(418、419)は、参照元文書YYY、ZZZ(420、423)で指定された部品の版数に応じて自動的に書き換えられる。 In this case, the referenced document XXX (417), another document name the part is referenced (418, 419) is referring document YYY, the version number of the specified parts ZZZ (420,423) automatically be rewritten in response. このことにより、部品の編集を直接意識することなく、文書と部品の整合性のずれを排除することができる。 Thus, without being conscious of the editing component directly, it is possible to eliminate the deviation of the document and component integrity.

【0069】以上の処理の流れをフローチャートで示したのが図14である。 [0069] Shown in flowchart the flow of the above processing is shown in FIG 14. 図14では、最初に参照元文書が表示される(S1401)。 In Figure 14, first reference source document is displayed (S1401). 次に、更新部分が「参照先部品」なのか「参照元文書全体」なのかが判断される(S1402)。 Then, whether the updated portion is "referenced parts" of the or "the entire reference the original document" of the it is determined (S1402). S1402で「参照元文書全体」と判断された場合には、S1401に戻る。 If it is determined that "the entire reference the original document" in S1402, the process returns to S1401. S1402で「参照先部品」と判断された場合には、参照先部品が更新される(S1403)。 If it is determined that the "reference destination component" in the S1402, the reference destination component is updated (S1403). そして、参照先部品を参照している他文書を「全文書一括更新」するのか、「文書毎に更新」するのかが判断される(S1404)。 Then, or to other documents that refer to the referenced parts to "all documents batch update", or to "updated every document" is judged (S1404).

【0070】S1404で「全文書一括更新」が選択された場合に、全部の参照元他文書を対象として、(参照元)他文書中の参照マークをサーチして(S140 [0070] When the "all documents batch update" is selected in the S1404, as a target the whole of the referencing other documents, searches the reference mark (see source) in other document (S140
5)、参照マークの版数属性を更新する(S140 5), to update the version number attribute of the reference mark (S140
6)。 6). なお、S1405からS1406は、繰り返し実行される。 Incidentally, S1406 from S1405 is repeatedly executed.

【0071】一方、S1404で「文書毎に更新」が選択された場合に、選択された参照元他文書を対象として、更新をするかしないかが判断される(S140 [0071] On the other hand, if the "updated every document" is selected in S1404, a target reference source other selected documents, whether or not to update is determined (S140
7)。 7). S1407で更新すると判断された場合に、文書中の参照マークがサーチされる(S1408)。 If it is determined that updated in S1407, the reference mark in the document are searched (S1408). そして参照マークの版数属性が更新される(S1409)。 And version number attribute of the reference mark is updated (S1409). S
1407で更新しないと判断された場合とS1409の次に、部品中の参照元文書名が更新される(S141 To the next case and S1409 it is determined that it is not updated in 1407, refer to the original document name in the part is updated (S141
0)。 0). なお、S1407からS1410は、繰り返し実行される。 Incidentally, S1410 from S1407 is repeatedly executed.

【0072】 [0072]

【実施例5】次に、図15を参照して実施例5を説明する。 Fifth Embodiment Next, a description will be given of an embodiment 5 with reference to FIG. 15. 実施例5は、文書YYY(505)及び文書ZZZ Example 5, document YYY (505) and the document ZZZ
(507)が文書XXX(501)内の要素(以下、参照先部品という)を参照している場合の例である。 (507) is an example in that reference elements (hereinafter, referred to as reference destination component) in the document XXX (501).

【0073】まず、文書XXX中の参照先部品の内容である「fghi」(509参照)を「FGHI」(51 [0073] First of all, it is the content of the referenced parts of the document XXX "fghi" (see 509) "FGHI" (51
0参照)のように変更する場合に、変更される部品を含む文書XXX(501)中に存在するマーク<ext> When changing as 0 reference), the mark present in the document in XXX (501) including a part to be changed <ext>
(502)に含まれる参照元文書の文書名YYY及びZ The referring document contained in the (502) document name YYY and Z
ZZ(504)を基に、その文書を参照している全ての文書(505、507)中に存在するマーク<ref> Based on ZZ (504), mark present in all the document (505 and 507) that refer to that document <ref>
(506、508)に含まれる部品の版数情報を自動的に全て更新する。 Automatically all update version information of components included in (506, 508). なお、マーク<ext>は、他文書から参照されていることを示し、マーク<ref>は、部品を参照していることを示す。 Incidentally, the mark <ext> indicates that it is referred to by another document, the mark <ref> indicates that the reference to component.

【0074】ここで、部品を参照している文書の内容を更新するか否かを文書毎に選択することも可能である。 [0074] Here, it is possible to select whether or not to update the contents of the document that reference component for each document.
これらの更新のうちいずれを選択するかは、例えば会話形式のウィンドウ(511)により指定する。 Choose one of these updates is specified by for example conversational window (511).

【0075】そして、文書XXX(512)中の部品を参照している他文書全ての更新を選択した場合に、参照元文書YYY(513)及びZZZ(516)中に存在するマーク<ref>(514、517)に含まれる部品の版数情報ver(515、518)を全ての参照元文書において「1.0」から「1.1」に更新する。 [0075] Then, when you select all other documents updates that reference component in the document XXX (512), the mark present in the referring document YYY (513) and ZZZ (516) <ref> ( be updated to "1.1" from the "1.0" in all of the referring document the version number information ver (515,518) of the components that are included in the 514 and 517).

【0076】次に、文書YYY(522)中の部品を参照している文書の更新を文書毎に選択する場合の処理を説明する。 [0076] Next, processing in the case of selecting the updating of documents that refer to parts of the document YYY (522) for each document. ただし、参照元文書YYY(420)は、参照している部品の更新を行わず、参照元文書ZZZ(4 However, referring document YYY (420) does not perform updating of the components that reference, referring document ZZZ (4
23)は、参照している部品の更新を行うものとする。 23) shall be updated in parts to which reference is made.

【0077】まず、文書YYY(522)については、 [0077] First, the document YYY (522) is,
マーク<ref>(528)に含まれる部品の版数情報ver(524)を更新せず、前版数をそのまま引き継いで保存する。 Mark <ref> (528) without updating the version number information ver (524) of the parts included, stores the previous version number as it is taken over by.

【0078】一方、文書ZZZ(525)については、 [0078] On the other hand, the document ZZZ (525) is,
同文書中に存在するマーク<ref>(526)に含まれる部品の版数情報ver(527)を更新する。 To update the version number information ver of the components included in the mark to be present in the same document <ref> (526) (527). このことにより、参照先部品の更新があった場合でも、更新前、更新後の部品を自由に選択することができる。 Thus, even if there is updated the referenced components, before the updating, the part of the updated can be freely selected. この場合に、参照先文書XXX(519)中の他文書名(5 In this case, the referenced document XXX (519) other document name in the (5
20、521)は、参照元文書(522、525)で指定された部品の版数に応じて自動的に書き換えられる。 20,521) are automatically rewritten in accordance with the version number of the reference specified in the original document (522,525) components.
このことにより、部品を更新した際に発生する文書と部品の整合性のずれを排除することができる。 This makes it possible to eliminate the deviation of the document and component integrity occur when updating the components.

【0079】以上の処理の流れをフローチャートで示したのが図16である。 [0079] Shown in flowchart the flow of the above processing is shown in FIG 16. 図16では、最初に参照元文書が表示される(S1601)。 In Figure 16, first reference source document is displayed (S1601). 次に、更新部分が「参照先部品」なのか「参照元文書全体」なのかが判断される(S1602)。 Then, whether the updated portion is "referenced parts" of the or "the entire reference the original document" of the it is determined (S1602). S1602で「参照元文書全体」と判断された場合には、S1601に戻る。 If it is determined that "the entire reference the original document" in S1602, the process returns to S1601. S1602で「参照先部品」と判断された場合には、参照先部品が更新される(S1603)。 If it is determined that the "reference destination component" in the S1602, the reference destination component is updated (S1603). そして、参照先部品を参照している他文書を「全文書一括更新」するのか、「文書毎に更新」するのかが判断される(S1604)。 Then, or to other documents that refer to the referenced parts to "all documents batch update", or to "updated every document" is judged (S1604).

【0080】S1604で「全文書一括更新」が選択された場合に、全部の参照元他文書を対象として、(参照元)他文書中の参照マークをサーチして(S160 [0080] When the "all documents batch update" is selected in the S1604, as a target the whole of the referencing other documents, searches the reference mark (see source) in other document (S160
5)、参照マークの版数属性を更新する(S160 5), to update the version number attribute of the reference mark (S160
6)。 6). なお、S1605からS1606は、繰り返し実行される。 Incidentally, S1606 from S1605 is repeatedly executed.

【0081】一方、S1604で「文書毎に更新」が選択された場合に、選択された参照元他文書を対象として、更新をするかしないかが判断される(S160 [0081] On the other hand, if the "updated every document" is selected in S1604, a target reference source other selected documents, whether or not to update is determined (S160
7)。 7). S1607で更新すると判断された場合に、文書中の参照マークがサーチされる(S1608)。 If it is determined that updated in S1607, the reference mark in the document are searched (S1608). そして参照マークの版数属性が更新される(S1609)。 And version number attribute of the reference mark is updated (S1609). S
1607で更新しないと判断された場合とS1609の次に、部品中の参照元文書名が更新される(S161 To the next case and S1609 it is determined that it is not updated in 1607, refer to the original document name in the part is updated (S161
0)。 0). なお、S1607からS1610は、繰り返し実行される。 Incidentally, S1610 from S1607 is repeatedly executed.

【0082】 [0082]

【実施例6】次に、図17を参照して実施例6を説明する。 EXAMPLE 6 Next, Example 6 will be described with reference to FIG. 17. 実施例6は、複数文書間に相互に関連がある要素情報の設定において、その中のある文書XXX(601) Example 6 is the set of element information is mutually associated between multiple documents, a document XXX therein (601)
中に記述されている要素(602)に関する記述(相互に関連する要素であるので、各文書に記述される内容は全く同一でなくても良い)を別の文書YYY(603) Description of elements (602) which is described in (because it is the element associated with each other, contents described in each document may not be identical) to another document YYY (603)
においても行う(604参照)例である。 Is also carried out (see 604) Example in.

【0083】まず、引き継ぎ元文書XXX(605)中の要素(608)に、マーク<rel id=003 [0083] First of all, with the element in the migration source document XXX (605) (608), mark <rel id = 003
name=YYY>(606)及び</rel>(60 name = YYY> (606) and </ rel> (60
7)を付加して、その要素範囲の前後を囲む。 By adding 7), surrounding the front and rear of the element range. なお、マーク<ref>は、部品を参照していることを示し、r It should be noted that the mark <ref> indicates that you are referring to the parts, r
elは要素を他文書へ引き継ぐことを表す名前、id= el is the name that represents the take over the element to another document, id =
003はその要素の識別子、name=YYYは引き継ぎ先文書の文書名である。 003 is the identifier of the element, name = YYY is a document name of the takeover destination document.

【0084】また、引き継ぎ先文書YYY(609)の関連要素(612)には、マーク<refrel ri [0084] In addition, the associated element (612) of the takeover destination document YYY (609), mark <refrel ri
d=003 name=XXX>(610)及び</r d = 003 name = XXX> (610) and </ r
efrel>(611)を付加することでその範囲の前後を囲み、複数文書XXXとYYYの間における要素間(608、612)の関係を記憶する。 efrel> (611) surrounds the front and rear of the range by adding a, it stores the relationship between elements (608, 612) between the plurality of documents XXX and YYY. なお、マーク中の「refrel」はその要素が他文書から引き継がれていることを表す名前、「rid=003」は引き継ぎ元要素に付けられたマークの識別子、「name=XX It should be noted that, "refrel" in the mark name that represents that the element has been taken over from another document, "rid = 003" is a mark attached to the takeover source element identifier, "name = XX
X」は引き継ぎ元文書の文書名である。 X "is a document name of the takeover source document.

【0085】以上の処理の流れをフローチャートで示したのが図18である。 [0085] Shown in flowchart the flow of the above processing is shown in FIG 18. 図18では、最初に引き継ぎ元文書及び引き継ぎ先文書が表示される(S1801)。 In Figure 18, first migration source document and takeover destination document is displayed (S1801). そして、引き継ぎ元要素の開始位置と終了位置が指定される(S1802)。 Then, the start position of the migration source element and the end position is designated (S1802). 次に、引き継ぎ先要素の開始マーク及び終了マークが挿入される(S1803)。 Next, the start marks and end marks takeover destination element is inserted (S1803). そして、 And,
引き継ぎ先要素の開始位置及び終了位置が指定される(S1804)。 Start and end positions of the takeover destination element is designated (S1804). 次に、引き継ぎ先要素の開始マーク及び終了マークが挿入される(S8005)。 Next, the start marks and end marks takeover destination element is inserted (S8005).

【0086】なお、引き継ぎを行った関連要素を参照する時には、まず、表示された引き継ぎ元文書XXX(6 [0086] It should be noted that, when you refer to the related elements that were taken over, first, the displayed takeover original document XXX (6
05)の要素を指定し、引き継ぎ先一覧表示のコマンドを選択する。 To specify the elements of 05), to select the command of the takeover destination list. すると、関連要素を使用している文書名の一覧(613)が表示される。 Then, a list of document names that are using the associated element (613) is displayed. ここで、参照したい関連要素の引き継ぐ先文書名YYY(614)を選択すると、引き継ぎ元文書/要素(608)から上記情報(引き継ぎ元に付加したマーク及び引き継ぎ先に付加したマーク)を基に引き継ぎ先文書/要素(612)の場所をトレースし、更に各要素の内容を表示(615)することができる。 Here, selecting the reference previous document name YYY take over the related elements to be (614), takes over from the migration source document / element (608) based on (mark added to the mark and migration destination appended to migration source) said information trace the location of the previous document / element (612) can be further displayed (615) the contents of each element. これにより、関連要素の記述が必要とされる内容の記述状態を確認し、相互に関連する必要事項の記述漏れを防止する。 Thus, to confirm the description states of the content is required description of related elements, to prevent omissions of requirements associated with each other.

【0087】以上により、引き継ぎ先要素の内容を参照する場合の処理の流れをフローチャートで示したのが図19である。 The [0087] above, the showing the flow of processing for referring to the contents of the takeover destination elements in the flow chart is shown in FIG 19. 図19では、最初に引き継ぎ元文書が表示される(S1901)。 In Figure 19, first migration source document is displayed (S1901). 次に引き継ぎ先要素の参照コマンドが選択される(S1902)。 See command of the next takeover target element is selected (S1902). そして、引き継ぎ先文書の一覧が表示される(S1903)。 Then, a list of takeover destination document is displayed (S1903). 次に、引き継ぎ先文書が選択される(S1904)。 Then, takeover destination document is selected (S1904). そして、引き継ぎ先要素の一覧が表示される(S1905)。 Then, the list of takeover destination element (S1905). 次に、引き継ぎ先要素が選択される(S1906)。 Then, takeover destination element is selected (S1906). 最後に、引き継ぎ先要素が表示される(S1907)。 Finally, the takeover target element is displayed (S1907).

【0088】 [0088]

【実施例7】次に、図20を参照して実施例7を説明する。 Example 7 Next, Example 7 will be described with reference to FIG. 20. この実施例7は、複数の文書があらかじめ決められた流れに従って逐次的に作成される場合の例である。 This Example 7 is an example of a case where a plurality of documents are created sequentially in accordance with a predetermined flow. 具体的には、文書XXXから文書YYYが、また文書YY Specifically, the document YYY from the document XXX, but also document YY
Yから文書ZZZが作成される。 Document ZZZ is created from Y. すなわち、これらの文書内容は相互に関係し、文書YYYは文書XXXを詳細化したものであり、文書ZZZは文書YYYを更に詳細化したものということができる(701参照)。 That is, these documents contents interrelated, document YYY is obtained by refining the document XXX, document ZZZ can be said that a further refine the document YYY (see 701).

【0089】まず、一連の作業の中で作成される文書種別(前記例では基本設計書、機能設計書、詳細設計書等の文書種別)、文書作成順序、一連の作業の流れを定義する識別子の情報をあらかじめ文書開発工程管理情報ファイル(710)として作成する。 [0089] First, an identifier that defines the document type to be created in a series of operations (basic design document in the example, functional design document, document type, such as a detailed design document), the document creation order, a flow of a series of operations to create the information in advance as a document development process management information file (710). ここで、識別子の情報は、例えば、前記流れのid=1、別の流れはid= Here, the information identifier, for example, id = 1, another flow of the stream id =
2というように、流れを一義的に定義するものである(711参照)。 As of 2, it is to uniquely define the flow (see 711). そして、ある文書の編集を開始する場合に、その文書の文書種別からその文書がどの流れに属するかを判断し、その流れの中で作成される文書種別及び作成順序を認識する。 When you start editing of a document, to determine belongs to which flow the document from the document type of the document, recognizes the document type and creation order created in the stream.

【0090】次に、ある文書XXX(702)において必ず記述しなければならない要素を一時的に保留する場合に、マーク<保留 期限=FD id=002>(7 [0090] Next, in the case of pending always must be descriptive elements in a document XXX (702) temporarily, mark <pending deadline = FD id = 002> (7
04)及び</保留>(705)を本来要素が記述されなければならない場所の前後に挿入することにより、その要素の記述を保留する。 04) and </ Hold> by inserting before and after the original elements must be written location (705), to hold a description of the element. ここで、マーク中の「保留」 Here, "pending" in the mark
は、要素の記述を保留する旨を示す名前、「id=00 Is a name that indicates that it will hold the description of the elements, "id = 00
2」は保留した要素の識別子、「期限=FD」は、保留した要素の記述を完了しなくてはならない時期を示すための情報としての期限、すなわち、機能設計書(FD) 2 "elements of the identifier that was pending," the deadline = FD ", the time limit of as information to indicate the time that must be completed the description of the pending elements, ie, functional design document (FD)
工程で作成される文書YYYの作成開始以前に、保留した要素の記述を完了していなければならないことを示す。 The creation start prior document YYY created in step indicates that must complete the description of the pending elements.

【0091】更に、流れ毎に、指定された期限までに解決すべき保留要素の存在する文書名、保留要素の識別子、保留要素の記述完了時期を示す期限、及び保留状況を示す状況フラグ(1:解決済、0:未解決)を格納する保留期限管理ファイル(712)を作成する。 [0091] Further, for each flow, document name exists pending elements to be solved before the specified time limit, the identifier of the hold element, deadline shows a description completion time pending elements, and status flags indicate the hold status (1 : resolved, 0: to create a pending deadline management file that stores the unresolved) (712).

【0092】以上により、要素の保留を設定する場合の処理の流れをフローチャートで示したのが図21である。 [0092] Thus, the showing the flow of processing for setting a hold elements in the flow chart is shown in FIG 21. 図21では、最初に文書が作成される(S210 In Figure 21, the first document is created (S210
1)。 1). 次に保留要素開始位置が指定される(S210 Then hold element start position is designated (S210
2)とともに、保留要素終了位置が指定される(S21 With 2), hold element end position is designated (S21
03)。 03). そして保留マークが挿入される(S210 Then hold mark is inserted (S210
4)。 4). 最後に保留期限管理ファイルが設定される(S2 Finally, pending deadline management file is set (S2
105)。 105).

【0093】なお、ある工程の文書YY(706)を作成する際、文書作成を選択した時点で、その文書種別を判別し、その文書が前記保留期限管理ファイルの期限に指定されていないかを自動的にチェックする。 [0093] Incidentally, when creating a document YY (706) of a process, at the time of selecting the document creation, to determine the document type, whether the document is not specified in the expiration of the pending expiration management file automatically check. 指定されていない場合はそのまま文書YYYを作成できるが、工程が保留期限として指定されている場合は、保留期限管理ファイル(712)内の状況フラグ(713)により文書XXX内に保留された要素の記述が完了しているかどうかを確認する。 While if not specified it can be created directly document YYY, process if specified as hold time limit, hold time limit management file (712) within the context flag of pending elements in the document XXX by (713) of to determine whether the description has been completed. そして、保留要素がなければ文書Y Then, the document Y if there is no pending element
YYの作成を開始できる。 You can start the creation of a YY.

【0094】しかし、保留要素が存在する場合は、保留要素を記述しなければならない旨の警告(707)及び未記述の要素の一覧(708)を表示するとともに、各要素を含む文書の該当部分を編集可能な状態で表示し(706)、記述可能な要素の記述を促す。 [0094] However, if the holding element is present, and displays a list of pending elements warning that shall describe the (707) and un-description element (708), that portion of the document containing the elements displayed in editable state (706), prompting a description of the possible descriptive elements. これにより、期限までに記述されていない保留要素があれば、次作業に移れなくすることにより、文書中に記述されるべき要素の記述漏れを防止する。 Thus, if there is pending elements not described on time, by not Turning to the next task, to prevent omissions of elements to be described in the document.

【0095】また、保留となっている要素の記述漏れを指摘し、保留要素の記述を完成させる場合の処理の流れをフローチャートで示したのが図22である。 [0095] In addition, pointed out omissions of elements that are pending, the flow of processing when completing the description of the pending elements shown in the flowchart is shown in FIG 22. 図22に示すように、最初に、保留期限となっている次の工程の文書の作成が開始される(S2201)。 As shown in FIG. 22, first, the creation of a document in the next step which is the pending expiration is started (S2201). 次に、保留要素の記述状態が「未記述」であるか「記述済」であるかが判断される(S2202)。 Next, description on hold element whether it is "not described" "Description already" is determined (S2202). S2202で「未記述」 "Not written" in S2202
と判断された場合に、記述要請メッセージが表示される(S2203)。 If it is determined that the displayed description request message (S2203). 次に、保留要素を「記述する」か「記述しない」かが判断される(S2204)。 Next, "not described" or "write" hold elements or not is determined (S2204). S2204 S2204
で「記述する」と判断された場合に、保留要素を含む文書の編集画面が表示される(S2205)。 In the case where it is determined that the "write", the editing screen of a document including a hold element is displayed (S2205). そして、保留要素の記述が完了し(S2206)、S2202に戻る。 Then, the description of the pending elements is completed (S2206), the flow returns to S2202.

【0096】一方、S2202で「記述済」と判断された場合に、保留期限として指定されている工程の文書が編集される(S2207)。 [0096] On the other hand, if it is determined that "the description already" in S2202, the document of the process that has been designated as the pending expiration date is edited (S2207). S2207の後と、S22 And after the S2207, S22
04で「記述しない」と判断された場合に、保留期限として指定されている工程の文書の編集が終了する(S2 If it is determined that the "not write" in 04, the editing of the document of the process that is specified is completed as the hold period (S2
208)。 208).

【0097】 [0097]

【発明の効果】本発明の文章作成支援システムによれば、文書の任意の部分を別ファイルとして作成して部品化し、あるいは文書の任意の部分を実体はそのままで部品として扱い、これらの部品を利用して文書を作成することで、文書作成時における文書作成者の負担を軽減させることが可能となる効果がある。 According to the text creation support system of the present invention treats and componentized create any portion of the document as a separate file, or any portion of the document entity as part as is, these components by creating a document to use, there is an effect that it becomes possible to reduce the document creator of the burden at the time of document creation.

【0098】また、本発明の文章作成支援システムによれば、部品から構成された文書の更新及び部品の更新の際に、部品とこの部品を利用した文書との間で版数の同期をとることにより、部品と版数の整合性を確認することができるという効果がある。 [0098] Further, according to the text creation support system of the present invention, when updating and part of the update of the document that is composed of parts, synchronize the version number between the component and the article using this component it leads to an effect that it is possible to check the component and the version number of integrity. このことは、文書と部品との間における記述内容の矛盾発生を防止することにもなる。 This also will prevent the occurrence of conflict of description contents between the document and the component.

【0099】更に、本発明の文章作成支援システムによれば、複数文書間において関連のある要素間に関連づけを行うことにより、作成された複数の文書間において文書内容を確認することができるという効果がある。 [0099] Further, according to the text creation support system of the present invention, an effect that by performing an association between the relevant elements among multiple documents, it is possible to check the document contents among a plurality of documents created there is.

【0100】そして、文書中の必須要素を一時的に保留し、保留期限を設定することで、ある工程の文書作業を開始する際に、その工程が期限となっている保留要素を確認することにより、必須要素の記述漏れを防止することができるという効果も生じるようになる。 [0100] and, temporarily suspends the essential elements in the document, by setting the hold period, when starting the document work of a certain process, to check the pending elements that the process has become a time limit , even so resulting effect that it is possible to prevent omissions of required elements.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の原理フローを示す図である。 1 is a diagram showing the principle flow of the present invention.

【図2】本発明の実施例の構成ブロック図である。 2 is a block diagram of an embodiment of the present invention.

【図3】実施例1を説明する図である。 3 is a diagram for explaining a first embodiment.

【図4】実施例1における処理の流れを示すフローチャート図である。 4 is a flowchart showing the flow of processing in the first embodiment.

【図5】実施例1における処理の流れを示すフローチャート図である。 5 is a flowchart showing the flow of processing in the first embodiment.

【図6】実施例1における処理の流れを示すフローチャート図である。 6 is a flowchart showing the flow of processing in the first embodiment.

【図7】実施例2を説明する図である。 7 is a diagram for explaining a second embodiment.

【図8】実施例2における処理の流れを示すフローチャート図である。 8 is a flowchart showing the flow of processing in the second embodiment.

【図9】実施例2における処理の流れを示すフローチャート図である。 9 is a flowchart showing the flow of processing in the second embodiment.

【図10】実施例2における処理の流れを示すフローチャート図である。 10 is a flowchart showing the flow of processing in the second embodiment.

【図11】実施例3を説明する図である。 11 is a diagram for explaining a third embodiment.

【図12】実施例3における処理の流れを示すフローチャート図である。 12 is a flowchart showing the flow of processing in the third embodiment.

【図13】実施例4を説明する図である。 13 is a diagram for explaining an embodiment 4.

【図14】実施例4における処理の流れを示すフローチャート図である。 14 is a flowchart showing the flow of processing in the fourth embodiment.

【図15】実施例5を説明する図である。 15 is a diagram for explaining an embodiment 5.

【図16】実施例5における処理の流れを示すフローチャート図である。 16 is a flowchart showing the flow of processing in the fifth embodiment.

【図17】実施例6を説明する図である。 17 is a diagram for explaining an embodiment 6.

【図18】実施例6における処理の流れを示すフローチャート図である。 18 is a flowchart showing the flow of processing in Example 6.

【図19】実施例6における処理の流れを示すフローチャート図である。 19 is a flowchart showing the flow of processing in Example 6.

【図20】実施例7を説明する図である。 20 is a diagram for explaining an embodiment 7.

【図21】実施例7における処理の流れを示すフローチャート図である。 21 is a flowchart showing the flow of processing in the embodiment 7.

【図22】実施例7における処理の流れを示すフローチャート図である。 22 is a flowchart showing the flow of processing in the embodiment 7.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1・・・主記憶装置 2・・・CPU 3・・・入出力制御装置 4・・・ディスプレイ 5・・・キーボード 6・・・文書ファイル 7・・・部品ファイル 8・・・保留期限管理情報ファイル 9・・・文書開発工程情報ファイル 10・・・表示文書内容バッファ 11・・・指定範囲バッファ 12・・・指定範囲内容バッファ 13・・・マーク内情報バッファ 14・・・文書一覧バッファ 15・・・要素一覧バッファ 16・・・部品位置管理情報バッファ 1 ... main storage device 2 ... CPU 3 ... output control apparatus 4 ... Display 5: keyboard 6 ... document file 7 ... part file 8 ... Hold term management information file 9 ... document development process information file 10 ... display the document content buffer 11 ... specified range buffer 12 ... specified range contents of buffer 13 ... mark in the information buffer 14 ... document list buffer 15, ... element list buffer 16 ... component position management information buffer

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 原口 哲治 神奈川県川崎市中原区上小田中1015番地 富士通関西通信システム株式会社内 (72)発明者 阪口 幸雄 神奈川県川崎市中原区上小田中1015番地 富士通関西通信システム株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Tetsuji Haraguchi Kanagawa Prefecture, Nakahara-ku, Kawasaki, Kamikodanaka 1015 address Fujitsu Kansai communication system Co., Ltd. (72) inventor Yukio Sakaguchi Kawasaki City, Kanagawa Prefecture Nakahara-ku, Kamikodanaka 1015 address Kansai Fujitsu communication system Co., Ltd.

Claims (9)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】文書に記述されている内容の少なくとも一部分を部品化する文章作成支援システムであって、 文書に対して部品化する内容が指定されると、部品の内容を、部品を保有することを示す名称と、部品を参照する文書の文書名と、部品の種別に応じた識別子とを有する部品保有マークとともに、文書とは別のファイルに記録し、 部品を参照することを示す名称と、部品の内容を格納したファイルのファイル名及びファイル形式と、部品の種別に応じた識別子と、部品の版数情報とを有する部品参照マークを、文書の部品が指定された位置に付加し、 文書から部品の内容を削除することを含むことを特徴とする文章作成支援システム。 1. A Writing support system parts of at least a portion of the contents described in the document, when the contents of components of the document is designated, the contents of the part, carrying the components the name to indicate that a document name of the document referring to parts, with parts held mark having an identifier corresponding to the type of part, the name to indicate that the document is recorded in a separate file, referring to the part , and file name and the file format of a file containing the contents of the part, an identifier corresponding to the type of the component, the component reference mark and a version information of the component, is added to a position part of the document is designated, writing support system, characterized in that it comprises that you want to delete the contents of the parts from the document.
  2. 【請求項2】一の文書に記述されている内容の少なくとも一部分を部品化して、他の文書が参照可能にする文章作成支援システムであって、 一の文書に対して部品化する内容が指定されると、部品を保有することを示す名称と、部品を参照する文書の文書名と、部品の種別に応じた識別子とを有する部品保有マークを、部品の前後に付加し、 部品を参照することを示す名称と、部品保有文書名と、 2. With parts of at least a portion of the contents described in one document, a text creation support system that other documents to be referenced, specify the content of components with respect to one document Once a name indicating that bearing component, and the document name of a document that refers to parts, components possessed mark having an identifier corresponding to the type of the component, it is added to the front and rear parts, referring to the part the name to indicate that, and the part held by the document name,
    部品を保有する文書のファイル形式と、部品の種別に応じた識別子と、部品の版数情報とを有する部品参照マークを、他の文書の部品を参照する位置に挿入することを含むことを特徴とする文章作成支援システム。 Wherein the file format of the document carrying the components, the identifier corresponding to the type of the component, the component reference mark and a version number information of the parts, that comprises inserting a position to refer to parts of other documents writing support system for.
  3. 【請求項3】請求項1又は2において、 部品を参照する文書を表示する場合に、部品を有するファイル又は文書を読み込んで、部品参照マークを表示せずに、部品の内容を表示することを特徴とする文章作成支援システム。 3. The method of claim 1 or 2, when displaying a document that refers to parts, reads the file or document has a part, without displaying the part reference marks, to display the contents of the components writing support system which is characterized.
  4. 【請求項4】請求項1から3のいずれかにおいて、 部品を参照する文書において部品の内容を変更する場合に、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存し、 部品参照マーク中の部品の版数情報を更新し、 部品の元の版数を参照している他文書に存在する部品参照マーク中の部品の版数情報を更新することを特徴とする文章作成支援システム。 4. A one of claims 1 to 3, to change the contents of a component in a document that references a component, save a file or document with a part under the version number management, in the part reference mark writing support system of updating the version number information of the parts, and updates the component version number information in the part reference marks that exist in other documents that refer to the original version number of parts.
  5. 【請求項5】請求項1から3のいずれかにおいて、 部品を参照する文書において部品の内容を変更する場合に、部品を有するファイル又は文書に存在する部品保有マーク中の情報を更新するか否かが選択可能であり、 更新する場合は、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存し、部品参照マーク中の版数情報を更新するとともに、部品の元の版数を参照している他文書に存在する部品参照マーク中の部品の版数情報を更新し、 更新しない場合は、部品を有するファイル又は文書を版数管理の下に保存し、部品参照マーク中の版数情報を更新するとともに部品保有文書名を削除することを特徴とする文章作成支援システム。 5. In any one of claims 1 to 3, to change the contents of a component in a document that references the part, or to update the information in the part held by the mark present in the file or document has a part not or is selectable, when updating is to save the file or document has a part underneath the version number management updates the version information in the part reference marks, reference to the original version of the component and which updates the version information of the part in the part reference marks present on other documents, if not updated, then save the file or document has a part underneath the version management, version number information in the part reference mark writing support system, characterized in that to remove the parts holding the document name with to update.
  6. 【請求項6】請求項1から5のいずれかにおいて、 部品を有するファイル又は文書において部品の内容を変更する場合に、この部品を参照している全ての文書に対して、部品参照マーク中の部品の版数情報を更新することを特徴とする文章作成支援システム。 6. In any one of claims 1 to 5, when changing the contents of the part in the file or document has a part, for all the documents that refer to this component, in the part reference mark writing support system and updates the version number information of the parts.
  7. 【請求項7】請求項1から5のいずれかにおいて、 部品を有するファイル又は文書において部品の内容を変更する場合に、この部品を参照している文書の内容を更新するか否かが文書毎に選択可能であり、 更新する場合は、部品参照マーク中の部品版数情報を更新し、 更新しない場合は、部品参照マーク中の部品版数情報を更新せず、変更部品を有する文書に存在する部品保有マーク中の部品参照文書名から該当文書名を削除することを特徴とする文章作成支援システム。 7. In any one of claims 1 to 5, when changing the contents of the part in the file or document has a component, whether each document updates the contents of the document referring to this part can be selected in the case of updating updates the component version number information in the part reference mark, if not updated, without updating the part version number information in the part reference mark, present in the document with changing component writing support system, characterized in that it deletes the corresponding document name from the component reference document name in the part held by mark.
  8. 【請求項8】請求項1から7のいずれかにおいて、 一の文書に記述された要素と他の文書に記述された要素とを関連づけて記述する場合に、 一の文書中の要素の前後に、要素が他文書に関連づけられていることを示す名称と、識別子と、他の文書のファイル名とを有する引き継ぎ元マークを付加し、 他の文書中の要素の前後に、要素が他文書から引き継がれていることを示す名称と、識別子と、一の文書のファイル名とを有する引き継ぎ先マークを付加することを特徴とする文章作成支援システム。 8. The one of claims 1 to 7, when writing in association with written in the described elements and other documents in one document element, before and after the element in one document , a name indicating that the element is associated with another document, and identifier, adds takeover original mark and a file name of other documents, before and after the element in another document, the elements other documents writing support system which is characterized by adding a name to indicate that you have taken over, and the identifier, the takeover destination mark and a file name of one document.
  9. 【請求項9】請求項1から8のいずれかにおいて、 複数の文書を一定の流れに従って逐次的に作成する場合に、その流れの中で一文書中で記述されなければならない要素の内容が何らかの理由により記述することができない場合に、 その要素の前後に、要素の記述を保留することを示す名前と、識別子と、要素の記述を完了しなくてはならない時期または作業を示す情報とを有する工程管理マークを付加することを特徴とする文章作成支援システム。 9. In any of claims 1 to 8, to create sequentially a plurality of documents according to a certain flow, the content of elements that must be written in one document in the stream is some If that can not be described by reason, before and after the element has a name that indicates that the hold descriptions of elements, an identifier, and information indicating the work or time which has to be completed the description of the elements writing support system, characterized in that the addition of process control mark.
JP14274494A 1994-06-24 1994-06-24 Document preparation supporting system Withdrawn JPH0816558A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14274494A JPH0816558A (en) 1994-06-24 1994-06-24 Document preparation supporting system

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14274494A JPH0816558A (en) 1994-06-24 1994-06-24 Document preparation supporting system
US08991880 US5991782A (en) 1994-02-18 1997-12-16 Automated extraction and doubly linked reference marks for partialized document contents and version control

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0816558A true true JPH0816558A (en) 1996-01-19

Family

ID=15322571

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14274494A Withdrawn JPH0816558A (en) 1994-06-24 1994-06-24 Document preparation supporting system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0816558A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006178952A (en) * 2004-12-20 2006-07-06 Microsoft Corp Method and system for linking data range of computer-generated document with associated xml elements
JP2010182183A (en) * 2009-02-06 2010-08-19 Toshiba Corp Device and program for managing consistency between structured documents
JP2011096139A (en) * 2009-10-30 2011-05-12 Nomura Research Institute Ltd Covenant creation support device
US8279257B2 (en) 2001-03-22 2012-10-02 Polycom, Inc. High resolution graphics side channel in video conference

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8279257B2 (en) 2001-03-22 2012-10-02 Polycom, Inc. High resolution graphics side channel in video conference
JP2006178952A (en) * 2004-12-20 2006-07-06 Microsoft Corp Method and system for linking data range of computer-generated document with associated xml elements
JP2010182183A (en) * 2009-02-06 2010-08-19 Toshiba Corp Device and program for managing consistency between structured documents
JP2011096139A (en) * 2009-10-30 2011-05-12 Nomura Research Institute Ltd Covenant creation support device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6785869B1 (en) Method and apparatus for providing a central dictionary and glossary server
US7107527B2 (en) Method and system for management of structured document and medium having processing program therefor
US5806078A (en) Version management system
US20060195454A1 (en) XML schema for binding data
US20070101256A1 (en) Perfect source control
Phillips et al. Tags for identifying languages
US6047296A (en) Comprehensive method of resolving nested forward references in electronic data streams within defined resolution scopes
US20050080804A1 (en) System and method for maintaining componentized content
US20090249224A1 (en) Simultaneous collaborative review of a document
US20030145017A1 (en) Method and application for removing material from documents for external sources
US5293473A (en) System and method for editing a structured document to modify emphasis characteristics, including emphasis menu feature
US5373441A (en) Automatic translating apparatus and a method thereof
US20030101043A1 (en) Method for translating slide presentations into different languages
US20060069989A1 (en) Method and apparatus for utilizing an object model for managing content regions in an electronic document
US20060150085A1 (en) Data binding in a word-processing application
US20060294468A1 (en) Storage and utilization of slide presentation slides
US20060294469A1 (en) Storage and utilization of slide presentation slides
US5946699A (en) Version management apparatus and method for data having link structure
US20060277452A1 (en) Structuring data for presentation documents
US20060195783A1 (en) Programmability for binding data
US5355472A (en) System for substituting tags for non-editable data sets in hypertext documents and updating web files containing links between data sets corresponding to changes made to the tags
US20020143818A1 (en) System for generating a structured document
US5991782A (en) Automated extraction and doubly linked reference marks for partialized document contents and version control
WO1998034179A1 (en) A system for electronic publishing
US20060080603A1 (en) Method and apparatus for utilizing an object model to manage document parts for use in an electronic document

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20010904