JPH06309841A - Optical disk, reproducing equipment for optical disk and manufacture of optical disk - Google Patents

Optical disk, reproducing equipment for optical disk and manufacture of optical disk

Info

Publication number
JPH06309841A
JPH06309841A JP12354193A JP12354193A JPH06309841A JP H06309841 A JPH06309841 A JP H06309841A JP 12354193 A JP12354193 A JP 12354193A JP 12354193 A JP12354193 A JP 12354193A JP H06309841 A JPH06309841 A JP H06309841A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
scene
disk
file
editing
control
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP12354193A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3771943B2 (en )
Inventor
Hisasuke Kuroda
Hideki Matsumoto
Tatsuya Yamamoto
辰哉 山元
英樹 松本
壽祐 黒田
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To make it possible for a user to edit the sequence and effect of each scene easily by a method where a scene file and a control and editing program for controlling and editing the scene file are recorded in a CD-I disk.
CONSTITUTION: Catalog data 2 called TOC (table of contents) are recorded in a lead-in of the largest circumference of a disk. In this TOC, information as to in which part of the disk a control and editing program area is disposed and in which part a scene file area 4 is disposed, is recorded. Each scene file comprises image data on a scene to be one unit and voice data relating thereto. A control and editing program has direct menu pointers or the like and the direct menu pointers show addresses of scene files respectively. By using these direct menu pointers, accordingly, each scene file can be accessed directly.
COPYRIGHT: (C)1994,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】この発明は、CD−Iシステムにおける光ディスク、光ディスク再生装置及び光ディスク製造方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention is an optical disc in CD-I system, an optical disk reproducing apparatus and an optical disc manufacturing method.

【0002】 [0002]

【従来の技術】CD−Iシステムは、画像データ及び音声データを記録でき、ユーザと対話的に処理が行えるシステムである。 BACKGROUND OF THE INVENTION CD-I system can record image data and audio data, a system capable of performing interactive processing with the user. CD−Iシステムは、様々なサービスに利用可能である。 CD-I system is available in a variety of services. 例えば、レストランでは、朝食、昼食、夕食でそれぞれ異なる料理メニューが用意されている。 For example, in a restaurant, breakfast, lunch, and is different food menu is available each at dinner. CD−Iディスクに料理メニューの画像や説明を記録しておけば、朝食、昼食、夕食時にそれぞれの時間に合わせた料理メニューの画面を表示させることができる。 If the CD-I you recorded images and descriptions of the disk to the food menu, can be displayed breakfast, lunch, a screen of cuisine menu tailored to each of the time at dinner. そして、利用者は、各料理を対話的に表示させ、その内容を知ることができる。 Then, the user interactively to display each cuisine, it is possible to know its contents.

【0003】このようなCD−Iディスクを制作する場合、従来、各ディスク毎に専用のアプリケーションプログラムを開発していく必要がある。 [0003] when producing such a CD-I disc, the prior art, it is necessary to develop a dedicated application program for each disk. すなわち、例えば、 That is, for example,
レストランの料理メニューのCD−Iディスクの場合には、従来、そのような要求に応える専用のアプリケーションプログラムが作られる。 In the case of the restaurant cuisine menu of the CD-I disks, conventional, dedicated application program to respond to such a request is made. このアプリケーションプログラムは、CD−I用のリアルタイムオペレーティングシステム上で動作する。 This application program operates on the real-time operating system for CD-I. そして、料理メニューの画像やその説明等の画像データ及びオーディオデータが取り込まれ、この専用のアプリケーションプログラムにより、 Then, the image data and audio data of the image and the description thereof like the food menu is captured by the dedicated application program,
これらの画像データやオーディオデータが管理編集される。 These image data and audio data is edited management.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】CD−Iは、基本的には読み出し専用の記録媒体である。 [0007] CD-I is basically a read-only recording medium. そのため、従来では、ユーザ側でプログラムを作ったり、プログラムを編集し直したりすることが困難である。 Therefore, in the prior art, or create a program on the user side, it is difficult to or re-edit the program. 例えば、レストランの料理メニューでは、販売地により限定されたメニューが用意されたり、その日の特別なメニューが用意されたりすることがある。 For example, in the restaurant of the food menu, or limited menu is prepared by the selling area, there is that special menu of the day or are available. このように料理メニューが変更された場合に、ユーザ側でプログラムを簡単に編集でき、 In such a case where food menu is changed, you can easily edit the program on the user side,
これに対応できるようにすることが望まれる。 It is desirable to be able to correspond thereto.

【0005】また、従来、CD−Iディスクを開発する場合には、上述のように、各ディスク毎に用途に応じた専用のアプリケーションプログラムを開発していかなければならない。 Further, conventionally, when developing CD-I discs, as described above, we must develop an application program dedicated according to the application for each disk. そのため、ディスクの開発時間が長くかかるという問題がある。 Therefore, there is a problem in that the development time of the disk takes longer. すなわち、CD−Iシステムは、専用のリアルタイムオペレーティングシステム上で動作しており、従来では、このリアルタイムオペレーティングシステム上のアプリケーションプログラムを開発する必要がある。 That, CD-I system is operating on a dedicated real-time operating system, in the past, there is a need to develop an application program on the real time operating system. 更に、CD−Iでは、エラー訂正符号化のために、フレームに展開され、インターリーブがかけられるため、開発されたプログラムをディスク上のイメージでシミュレートすることが不可欠である。 Further, the CD-I, for error correction encoding, are deployed on the frame, since the interleaving is applied, it is essential to simulate the developed program image on disk. ディスク毎に専用のアプリケーションプログラムを開発していくようにした場合、このようなシミュレーションでのデバッグが非常に大変である。 If you have to go to develop a dedicated application program of every disk, debugging in such a simulation is very hard.

【0006】したがって、この発明の目的は、ユーザが簡単にプログラムの編集ができ、使い勝手が向上された光ディスク及び光ディスク再生装置を提供することにある。 It is therefore an object of the present invention, the user can edit the program easily, it is to provide an optical disc and an optical disc reproducing apparatus which is improved usability.

【0007】この発明の他の目的は、デバグが容易で、 [0007] Another object of the present invention is easy to debug,
ディスクの開発時間が短縮できる光ディスク製造方法を提供することにある。 In the development time of the disk to provide an optical disc manufacturing method can be shortened.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】この発明は、目録データと、ビデオデータ及びビデオデータに関連するオーディオデータとからなる複数のシーンファイルと、複数のシーンファイルの中から任意のものを任意の順序で再生させるためのシナリオファイルを複数有するシナリオテーブルを含む管理編集プログラムとが記録されており、シナリオファイルは、シナリオネームと、任意の順に配列した複数のシーンファイルのアドレスを指し示すポインタとからなる光ディスクである。 Means for Solving the Problems] This invention is a catalog data, a plurality of scene file consisting of audio data associated with the video data and video data, any sequence of any one from a plurality of scene file in the management editing program including a plurality having scenario tables scenario file for reproducing is recorded, consists of the scenario file, and the scenario name, and pointer to the address of a plurality of scene files arranged in any order optical disc it is.

【0009】この発明では、更に、複数のシナリオファイルのうち任意のものを開始する時間を示す時間テーブルを有する。 [0009] In the present invention, further, it has a time table which indicates the time to start any of a plurality of scenario files.

【0010】この発明は、ディスクからのシナリオファイル又は不揮発性メモリに保存されているシナリオファイルに応じてシーンファイルを順に再生する光ディスク再生装置であって、ディスクからのシナリオファイルを取り込むメモリと、メモリに取り込まれたシナリオファイルのシーンファイルの中から任意のものを任意の順に選択配列して新たなシーンファイルを編集する編集手段と、編集手段により編集された新たなシーンファイルを不揮発性メモリに記憶させる制御手段とを備えてなる光ディスク再生装置である。 [0010] The present invention, there is provided an optical disk reproducing apparatus for reproducing a scene files in the order in accordance with the scenario file stored in scenario file or nonvolatile memory from the disk, and a memory incorporating the scenario file from the disk, the memory select arranged in any order to any of from the scene file of the captured scenario file to be an editing means for editing the new scene files stored in the nonvolatile memory a new scene file that has been edited by the editing means an optical disk reproducing apparatus comprising a control means for.

【0011】この発明では、更に、複数のシナリオファイルのうち任意のものを開始する時間を示す時間テーブルの時間と、基準クロック手段の時間とを比較し、時間テーブルの時間と基準クロック手段の時間とが一致したときに再生を開始するようにしている。 [0011] In the present invention, further, the time and the time table indicating the time to start any of a plurality of scenario files, compares the time and the reference clock means, the time period and the reference clock unit time table bets are adapted to start playing when a match occurs.

【0012】この発明は、ビデオデータとビデオデータに関連するオーディオデータとを合成して複数のシーンファイルを作成するステップと、複数のシーンファイルと管理編集プログラムとを光ディスク上の仕様に合わせたイメージで記録媒体に配列するステップと、記録媒体に配列したデータを光ディスクに書き込むステップとからなる光ディスクの製造方法である。 [0012] The present invention, an image that combined the step of creating a plurality of scene files by synthesizing the audio data related to the video data and video data, and a plurality of scene files and management editing program to the specifications on the optical disk in the step of arranging the recording medium, a method for producing an optical disc comprising the step of writing the data arranged in the recording medium in the optical disc.

【0013】 [0013]

【作用】CD−Iディスクに、シーンファイルと、そのシーンファイルを管理編集するための管理編集プログラムが記録されている。 [Action] in the CD-I disc, and the scene file, the management editing program for managing edit the scene files are recorded. この管理編集プログラムでは、各シーンの順番や効果をユーザが簡単に編集することができる。 In this management editing program, the order and effect of each scene can be edited by the user easily.

【0014】また、この管理編集プログラムを利用することで、CD−Iディスクを作成する場合に、各ディスク毎にアプリケーションプログラムを開発する必要がなくなり、CD−Iディスクを短時間で簡単に作成できる。 [0014] In addition, by using this management editing program, if you want to create a CD-I disc, there is no need to develop an application program for each disk, it can be created easily in a short period of time the CD-I disc .

【0015】 [0015]

【実施例】この発明の実施例について、以下の順に説明する。 EXAMPLES The embodiments of the present invention will be described in the following order. a. a. CD−Iシステムの概要 b. Overview b of the CD-I system. CD−Iプレーヤの概要 c. CD-I Overview of the player c. ディスクの概要 d. Disk summary of d. 動作説明 e. Operation e. 各画面の説明 A description of each screen

【0016】a. [0016] a. CD−Iシステムの概要 先ず、CD−Iシステムについて説明する。 Overview of the CD-I system will be described first CD-I system. CD−Iディスクには、オーディオデータ以外に、画像データ(自然画、アニメーション、コンピュータグラフィックスデータ等)、テキストデータ、コンピュータのプログラム等のデータが混在して記録されている。 CD-I to disk, in addition to audio data, image data (natural image, animation, computer graphics and data, etc.), text data, data such as a program of the computer are recorded and mixed.

【0017】CD−Iディスクでは、種々の仕様が予め決められている。 [0017] In the CD-I disc, a variety of specifications have been determined in advance. すなわち、ディスクの大きさ、屈折率、トラックピッチ等の物理的特性、光学的特性及び電気的特性は、一般の音楽用のCD(CD−DA)と等しくされる。 That is, the size of the disk, the refractive index, the physical properties such as track pitch, optical and electrical properties is equal to the ordinary CD for music (CD-DA). CD−Iディスクでは、98フレームからなるブロック(セクタ)を単位として、記録及び再生がなされる。 The CD-I disc as a unit block (sector) consisting of 98 frames, the recording and reproducing is performed. このブロックの大きさは、一般のCDのサブコードブロックに対応している。 The size of the block corresponds to the sub-code block of a general CD.

【0018】ブロックの構造には、フォーム1とフォーム2とがある。 [0018] on the structure of the block, there are a Form 1 and Form 2. フォーム1では、図1Aに示すように、 In the form 1, as shown in Figure 1A,
先頭から順に、12バイトの同期ビット、4バイトのヘッダ、8バイトのサブヘッダを有する。 Sequentially from the head a synchronous bit of 12 bytes, 4 bytes of header, the 8-byte subheader. この場合、ヘッダは、アドレス等を示し、サブヘッダは、図1Cにも示すように、ファイル番号、チャンネル番号、サブモード(フレーム1、2の別)データタイプをそれぞれ2バイトのデータにより示すものである。 In this case, the header, the address, etc., subheader, as shown in FIG. 1C, the file number, channel number, a data type (another frame 1,2) submode shows by each two-byte data is there.

【0019】さらに、サブヘッダに続いて、2048バイトのユーザデータと、4バイトのエラー検出コードと、172バイトのPパリティコードと、104バイトのQパリティコードにより、エラー訂正がCD−DAディスクよりもさらに強力になっている。 Furthermore, following the subheader, the user data of 2048 bytes, and error detection code of 4 bytes, a P parity codes 172 bytes, the Q parity code 104 bytes, than CD-DA disc error correction It has become more powerful. このため、テキストデータやプログラムなど再生時に補間処理のできないデータに適している。 For this reason, it is suitable for data that can not be interpolation processing at the time of reproduction, such as text data and programs.

【0020】フォーム2においては、図1Bに示すように、フォーム1と同様に、同期ビット、ヘッダ、サブヘッダを有し、続いてユーザデータを有するが、このユーザデータは2324バイトとされ、最後に4バイトの予備エリアを有し、エラー訂正のためのコードは持たない。 [0020] In the form 2, as shown in FIG. 1B, similarly to the foam 1, synchronization bit, header, having a subheader has the user data is followed, the user data is a 2324 byte, the last It has a spare area of ​​4 bytes, without the code for error correction. したがって、フォーム2は、オーディオデータや画像データ等の再生時に補間処理のできるデータに適している。 Therefore, Form 2 is suitable for data that can interpolation processing at the time of reproduction such as audio data and image data.

【0021】オーディオデータには、次の4つのモードがある。 [0021] audio data, there are the following four modes. すなわち、第1のモードにおいては、オーディオデータが現行のCDと等しい規格、すなわち、サンプリング周波数が44.1kHz、量子化ビット数が16 That is, in the first mode, standard audio data is equal to the current CD, i.e., the sampling frequency is 44.1 kHz, the number of quantization bits 16
ビットで書き込まれる。 It is written in bits. したがって、このモードによれば、現行のCDと等しい音質を得ることができる。 Therefore, according to this mode, it is possible to obtain a sound quality equal to the current CD.

【0022】また、第2、第3、第4のモードは、それぞれ、A、B、Cモードと呼ばれていおり、オーディオ信号がADPCM(適応型差分PCM)により圧縮されて記録される。 [0022] The second, third, fourth mode, respectively, A, B, and is called C-mode, the audio signals are recorded are compressed by ADPCM (Adaptive differential PCM). Aモードではサンプリング周波数が3 Sampling frequency in A mode 3
7.8kHz、ビット数が8ビット、Bモードではサンプリング周波数が37.8kHz、ビット数が4ビット、Cモードではサンプリング周波数が18.9kH 7.8 kHz, the number of bits 8 bits, the sampling frequency is B mode 37.8 kHz, the number of bits 4 bits, the sampling frequency in C mode 18.9kH
z、ビット数が4ビットとされる。 z, the number of bits is 4 bits. したがって、A〜C Therefore, A~C
モードによれば、音質は順に劣るが、記録、再生時間を2時間、4時間、8時間と長くすることができる。 According to the mode, the sound quality is poor in the order, recording, 2 hours playing time, 4 hours, can be longer 8 hours.

【0023】画像データの場合には、次の3つのモードがある。 [0023] In the case of image data, there are the following three modes. すなわち、第1のモードは画像データが自然画のデータの場合に使用され、このモードのおいては、輝度信号及び色信号が7.6kHz及び3.8kHzで8 That is, the first mode image data is used in the case of natural image data, In its up for this mode, the luminance signal and the chrominance signal at 7.6kHz and 3.8 kHz 8
ビットでそれぞれディジタル化されるとともに、各データが4ビットに圧縮されて書き込まれる。 Together are digitized respectively by the bit, the data is written is compressed to 4 bits. 第2のモードにおいては、画像がアニメーションのデータの場合に使用され、このモードにおいては、ランレングスコードを使用して、もとのデータが圧縮されて記録される。 In the second mode, the image is used in the case of animation data, in this mode, using a run-length code, the original data is recorded is compressed. 第3 Third
のモードにおいては、赤、緑、青の絶対値を使用するR,G,Bのグラフィックスと、色対応表を使用するC C in the mode, which uses red, green, R to use the absolute value of the blue, G, and graphics B, and color correspondence table
LUT(カラールックアップテーブル)が使用される。 LUT (color look-up table) is used.
そして、CLUTには、8ビット、7ビット及び4ビットの3つのモードがあり、1600万色の中から必要な色を選択することができる。 Then, the CLUT, 8 bits, there are 7 bits and 4 three modes of bits, it is possible to select the color required from the 16 million colors.

【0024】CD−IディスクのリードインにはTOC [0024] The TOC in the lead-in of the CD-I disc
(テーブルオブコンテンツ)が設けられており、ディスクがCD−Iディスクであるかどうかは、このTOCの情報から識別できる。 (Table Of Contents) is provided, whether the disk is CD-I disc, it can be identified from the information of the TOC.

【0025】CD−Iでは、制御用に使用されるCPU [0025] In the CD-I, CPU, which is used for control
の仕様及びオペレーティングシステムが予め決められている。 Specifications and operating system have been determined in advance. 制御用のCPUとしては、68000系のものが用いられる。 The CPU of the control, is used as the 68000 system. オペレーティングシステムには、専用のリアルタイムオペレーティングシステムが用いられる。 The operating system, a dedicated real-time operating system is used.

【0026】b. [0026] b. CD−Iプレーヤの概要 図2は、この発明が適用されたCD−Iプレーヤの一例である。 Overview Figure 2 of the CD-I player is an example of a CD-I player to which the invention is applied. 図2において10はディスクで、このディスク10は、CD−Iディスクである。 10 is a disc 2, the disc 10 is a CD-I disc. このCD−Iディスク10には、シーンファイルとそのシーンファイルを管理編集するためのプログラムが記録されている。 The CD-I disc 10, a program for managing editing scene file and the scene files are recorded. このディスク10については、後に詳述する。 This disk 10 will be described in detail later.

【0027】21はスピンドルモータ、22はスピンドルサーボ回路で、このスピンドルサーボ回路22により、スピンドルモータ21の回転が線速度一定に制御される。 [0027] 21 spindle motor, 22 is a spindle servo circuit, a spindle servo circuit 22, rotation of the spindle motor 21 is controlled to a constant linear velocity. 23はスレッドサーボ回路、24はトラッキングサーボ回路、25は例えばリニアモータを有するスライド送り機構、31は光学ピックアップである。 The sled servo circuit 23, 24 is the tracking servo circuit, 25 is sliding feed mechanism having a linear motor, for example, 31 is the optical pickup. 光学ピックアップ31がスライド送り機構25により支持されるとともに、スレッドサーボ回路23の出力信号がスライド送り機構25に供給されてピックアップ31がディスク10の半径方向に移動され、ディスク10の目的とするトラックから信号の再生が行われる。 Together with the optical pickup 31 is supported by the sliding feed mechanism 25, a pickup 31 output signal is supplied to the sliding feed mechanism 25 of the sled servo circuit 23 is moved in the radial direction of the disk 10, from the track of interest of the disc 10 signal is reproduced. また、このとき、トラっキングサーボ回路24から光学ピックアップ31にトラッキングサーボ信号が供給され、目的とするトラックに対するトラッキングサーボが行われる。 At this time, it is supplied tracking servo signal from the tracking servo circuit 24 to the optical pickup 31, tracking servo is performed with respect to the target track.

【0028】27はジョイカード、28は各種の操作キー、29はシステムコントローラである。 [0028] 27 Joy card, 28 various operation keys, 29 is a system controller. この場合、ジョイカード27は、例えば図3に示すように、2つのトリガーボタン27A、27Bが設けられる。 In this case, Joy card 27, for example, as shown in FIG. 3, two trigger buttons 27A, 27B are provided. また、本体には、例えば図4に示すように、1トラックの戻りキー28R及び進めキー28Fと、停止キー28Sと、再生・一時停止キー28Pとが設けられる。 Further, the main body, for example, as shown in FIG. 4, and one track of the back key 28R and promoted key 28F, a stop key 28S, is provided a reproduction-pause key 28P.

【0029】システムコントローラ29は、マイクロコンピュータにより構成され、このシステムコントローラ29とサーボ回路22〜24等の各回路との間で、必要なデータあるいは制御信号をアクセスする。 The system controller 29 is constituted by a microcomputer, with each circuit such as the system controller 29 and the servo circuit 22 to 24 to access the necessary data or control signals. なお、システムコントローラ29は、電池47によりバックアップされたRAM29Mを有している。 Incidentally, the system controller 29 has a RAM29M backed up by a battery 47.

【0030】33はEFM復調回路及びエラー訂正回路などを有するCDデコーダ、34はCD−ROMディスクのためのデスクランブル回路及びエラー訂正回路等を有するCD−ROMデコーダ、35はADPCMデコーダ、36はA/Dコンバータである。 [0030] 33 CD decoder with such EFM demodulation circuit and error correction circuit, 34 is the CD-ROM decoder having such descramble circuit and error correction circuit for the CD-ROM disc, 35 ADPCM decoder 36 is A / a D converter.

【0031】41はCD−Iシステムの制御を行うためのCPU(例えば68000系)、42はマスタコントローラ、43はオペレーティングシステムが書き込まれているROM、44はワークエリア用のRAM、45は不揮発性のRAM、46はカレンダ及び時刻設定用の時計回路である。 [0031] 41 CPU (e.g. 68000 system) for controlling the CD-I system, 42 the master controller, 43 ROM the operating system is written, 44 RAM, 45 is non-volatile work area of RAM, 46 is a clock circuit for the calendar and time setting. これら回路42〜46は、システムバス49を通じてCPU41に接続されている。 These circuits 42-46 are connected to the CPU41 through system bus 49. 不揮発性R Non-volatile R
AM45は、時計回路46とともに、電池47によりバックアップされている。 AM45, along with clock circuit 46, and is backed up by a battery 47.

【0032】48は外部ポインティングデバイス用インターフェース回路であり、この例においては、マウスインターフェース回路である。 [0032] 48 is an interface circuit for external pointing device, in this example, a mouse interface circuit. マウス52がコネクタ51 Mouse 52 Connector 51
及びマウスインターフェース回路48を通じてシステムバス49に接続される。 And it is connected to the system bus 49 via the mouse interface circuit 48. また、61A、61Bはディスプレイコントローラ、62A、62BはビデオRAM、 Also, 61A, 61B is a display controller, 62A, 62B is a video RAM,
63はビデオシンセサイザ、65は表示手段、この例においては液晶ディスプレイである。 63 video synthesizer 65 is display means, in this example is a liquid crystal display.

【0033】ピックアップ31により、ディスク10のトラックから信号が再生され、この再生信号がアンプ3 [0033] The pickup 31, a signal is reproduced from the track of the disk 10, the reproduction signal amplifier 3
2を通じてCDデコーダ33に供給されてEFM復調及びエラー訂正などの行われたデータが取り出される。 2 through is supplied to the CD decoder 33 is made the data, such as EFM demodulation and error correction is taken out.

【0034】ADPCMのデータを再生している場合には、デコーダ33からのデータが、CD−ROMデコーダ34を通じてそのままADPCMデコーダ35に供給されてもとのオーディオデータにデコードされ、このデコードされたオーディオデータが、D/Aコンバータ3 [0034] When playing a ADPCM data, data from the decoder 33 is directly supplied to the ADPCM decoder 35 is decoded into the original audio data through the CD-ROM decoder 34, the decoded audio data, D / A converter 3
6に供給されてアナログオーディオ信号に変換され、出力端子38に取り出される。 6 is supplied to be converted into an analog audio signal, it is taken out to an output terminal 38.

【0035】画像データを再生している場合には、デコーダ33からのデータが、CD−ROMデコーダ34を通じてそのままディスプレイコントローラ61Aあるいは61Bに供給されてその画像データのモードに対応したデコード処理が行われてから、ビデオRAM62Aあるいは62Bに書き込まれる。 [0035] When playing the image data, the data from the decoder 33, decoding processing corresponding to the mode of the image data is directly supplied to the display controller 61A or 61B through the CD-ROM decoder 34 is performed after written into the video RAM62A or 62B.

【0036】RAM62A、62Bの画像データがRA [0036] RAM62A, image data of 62B is RA
Mコントローラ61A、61Bにより液晶ディスプレイ65の操作位置に対応して読み出され、この読み出された画像データがシンセサイザ63により選択あるいは合成されるとともに、D/A変換されてドライブ回路64 M controller 61A, is read in response to an operation position of the liquid crystal display 65 by 61B, along with the read image data is selected or synthesized by synthesizer 63, D / A converted by the drive circuit 64
を通じて液晶ディスプレイ65に供給され、液晶ディスプレイ65に表示される。 Through being supplied to the liquid crystal display 65 is displayed on the liquid crystal display 65.

【0037】テキストデータやプログラム等を再生している場合には、デコーダ33からのデータが、CD−R [0037] when you are playing the text data, programs, and the like, the data from the decoder 33, CD-R
OMデコーダ34に供給されてデスクランブル及びエラー訂正等の行われたもとのテキストデータあるいはプログラムが取り出され、このテキストデータあるいはプログラムは、CPU41により実行される。 OM is supplied to the decoder 34 descramble and the original text data or program has been performed error correction, etc. is taken out, the text data or program is executed by the CPU 41.

【0038】c. [0038] c. ディスクの概要 図5は、この発明が適用されたCD−Iディスク10の概要を示すものである。 Disk Overview Figure 5 shows an overview of a CD-I disc 10 to which the invention is applied. このCD−Iディスク10の物理的な形状は、通常の音楽用のCDと同様である。 The physical shape of the CD-I disc 10 is similar to the CD of normal music. CD CD
−Iディスク10には、スパイラル状に記録トラックが形成されている。 The -I disk 10, recording tracks are formed in a spiral shape. このトラックに沿って、データが記録されている。 Along the track, data is recorded.

【0039】ディスク10の最内周のリードインには、 [0039] in the innermost lead-in of the disk 10,
TOC(テーブルオブコンテンツ)と呼ばれる目録データ2が記録されている。 Inventory data 2, which is referred to as a TOC (table of contents) are recorded. このTOCには、ディスク10 The TOC, the disc 10
のどの部分に管理編集プログラムエリア3が配置されており、どの部分にシーンファイルエリア4が配置されているかの情報が記録されている。 The part of the throat is arranged management editing program area 3, whether to which part the scene file area 4 is arranged information is recorded.

【0040】シーンファイルエリア4には、図5Bに示すように、複数のシーンファイルF1、F2、F3… [0040] The scene file area 4, as shown in FIG 5B, a plurality of scene files F1, F2, F3 ...
(Scene File 1,Scene File 2,Scene File 3,.... )が含められる。 (Scene File 1, Scene File 2, Scene File 3, ....) are included. シーンファイルF1、F2、F3、…は、 Scene files F1, F2, F3, ... is,
1つの単位となるシーンの画像データ(Picture Data) Image data of a scene as a single unit (Picture Data)
と、その画像データに関連する音声データ(Audio Dat When audio data (Audio Dat associated with the image data
a)とからなる。 Consisting of the a). ここで画像データは、1又は複数枚の静止画である。 Here, the image data is one or more still images. シーンファイルの最大数は、ディスク1 The maximum number of scene files, disk 1
0の記録容量により制限される。 It is limited by the recording capacity of 0. 高品質画像(第1のモード)なら、最大シーンファイルの数は、1500枚程度である。 If the high-quality image (the first mode), the maximum number of scene file is about 1500 sheets.

【0041】管理編集プログラムは、図6Aに示すように、カレントポインタ(Current Pointer )、ダイレクトメニューポインタ(Direct Menu Poiter)、オートスタートタイムテーブル(Auto Start Time Table )、シナリオテーブル(Scenario Table)を有している。 The management editing program, as shown in FIG. 6A, the current pointer (Current Pointer), direct menu pointer (Direct Menu Poiter), auto-start time table (Auto Start Time Table), have a scenario table (Scenario Table) are doing.

【0042】ダイレクトメニューポインタ(Direct Men The direct menu pointer (Direct Men
u Poiter)DP1、DP2、DP3、…は、各々、シーンファイルF1、F2、F3、…のアドレスを順に示すポインタである。 u Poiter) DP1, DP2, DP3, ... are each a pointer indicating scene files F1, F2, F3, ... an address sequentially. したがって、このダイレクトメニューポインタを使うと、各シーンファイルF1、F2、F Therefore, when using this direct menu pointer, each scene file F1, F2, F
3、…を直接アクセスすることができる。 3, it is possible to access ... directly.

【0043】シナリオテーブル(Scenario Table 1,Sce The scenario table (Scenario Table 1, Sce
nario Table 2,Scenario Table 3,....)は、シーンファイルF1、F2、F3、…の再生の順番、再生時の画像効果等を示すシナリオが登録されるテーブルである。 nario Table 2, Scenario Table 3, ....) is a table scene files F1, F2, F3, ... of the reproduction order, a scenario illustrating a like image effect at the time of reproduction is registered. シナリオテーブルのシナリオファイルT1、T2、T3… Scenario files of scenario tables T1, T2, T3 ...
のそれぞれの先頭d1には、シナリオネーム、各シナリオのエフェクト、オーディオのオン/オフ、リピート、 Of the each of the first d1, scenario name, of each scenario effects, audio on / off, repeat,
オート再生等の情報が配置される。 Information auto reproduction or the like is disposed. それに続く部分d Part d subsequent
2、d3、d4、…には、再生するシーンファイルのアドレスを示すポインタが順に配置される。 2, d3, d4, the ..., pointer indicating the address of a scene file to be reproduced are sequentially arranged.

【0044】オートスタートタイムテーブル(Auto Sta The auto-start time table (Auto Sta
rt Time Table )A1は、所定の時間に自動的のシナリオを実行させる場合に、時間を登録するテーブルである。 rt Time Table) A1, when executing the automatic scenario at a given time, is a table for registering time. このオートスタートタイムテーブルA1の時間と、 Time and the auto-start time table A1,
時計回路46の時間TM1とが比較され、時間が一致されたときに、対応するシナリオが実行されるようになされている。 Is compared with the time TM1 of the clock circuit 46, when the time is matched, are adapted corresponding scenario is executed.

【0045】なお、シナリオテーブルのシナリオファイルとしては、少なくとも「ALL」のシナリオが用意される。 [0045] It should be noted that, as the scenario file of the scenario table, the scenario of at least "ALL" is prepared. この「ALL」のシナリオは、各シーンを順に再生するというシナリオである。 Scenario of the "ALL" is a scenario where to play each scene in order. その他のシナリオは、各ディスク毎に、任意に作成される。 Other scenarios, each disk is created arbitrarily.

【0046】d. [0046] d. 動作説明 このようなCD−Iディスク10が、図2に示したようなCD−Iプレーヤに装着されると、まず、光学ピックアップ31がディスク最内周のTOC2がアクセスされる。 Operation such CD-I disc 10 and is attached to the CD-I player as shown in FIG. 2, the optical pickup 31 is TOC2 of the innermost periphery of the disk is accessed. TOC2から、管理編集プログラムエリア3の位置情報が得られ、光学ピックアップ31が管理編集プログラムエリア3の位置にアクセスされる。 From TOC2, the position information of the management editing program area 3 is obtained, the optical pickup 31 is accessed to the position of the management editing program area 3. そして、管理編集プログラムが起動される。 Then, the management editing program is started.

【0047】管理編集プログラムが起動されると、ディスク10のシナリオファイルは、先ず、RAM44に読み込まれる。 [0047] When the management editing program is launched, the scenario file of the disk 10 is first loaded into the RAM44. また、不揮発性RAM45には、後に説明するように、ユーザが編集したシナリオファイルが保存されている。 Moreover, the nonvolatile RAM 45, as described later, the scenario file the user edits are stored.

【0048】管理編集プログラム3が起動されると、図7に示すように、まず、オープニング画面51が表示される。 [0048] When the management editing program 3 is started, as shown in FIG. 7, first, the opening screen 51 is displayed. それから、メインメニュー52が表示される。 Then, the main menu 52 is displayed. メインメニュー52では、ディスクのタイトル名、及び、 In the main menu 52, the title name of the disk, and,
ダイレクトプレイ、任意のシナリオ再生、シナリオ編集、プログラムの終了等を示すアイコンが表示される。 Direct play, play any of the scenario, the scenario editing, icon indicating the end of a program is displayed.

【0049】メインメニュー画面52でダイレクトプレイのアイコンをクリックすると、ディスクに記録されているシーンの一覧を表示したダイレクトメニューモード53となり、その中から所望のシーンを選択すると、そのシーンを見るためのビューモード54となる。 [0049] When you click the direct play icon in the main menu screen 52, next to direct menu mode 53 that displays a list of the scene being recorded on the disk, and to select a desired scene from among them, in order to see the scene the view mode 54.

【0050】メインメニュー52でシナリオ再生をクリックすると、シナリオ再生モード55となる。 [0050] When you click the scenario play in the main menu 52, the scenario playback mode 55. このシナリオ再生モード55で所望のシナリオを選択すると、シナリオ再生表示画面56となる。 Selecting a desired Scenarios This scenario reproducing mode 55, the scenario reproducing screen 56.

【0051】メインメニュー52でシナリオ編集をクリックすると、シナリオ編集モード57となる。 [0051] When you click a scenario editing in the main menu 52, the scenario editing mode 57. このシナリオ編集モード57から、シナリオ編集画面58が表示される。 From this scenario editing mode 57, the scenario editing screen 58 is displayed. そして、プレビューに設定すると、ビュー画面59が表示される。 And, if you set the preview, view screen 59 is displayed. ファイル画面60で、シーン保存をクリックすると、編集したシナリオが不揮発性RAM4 In the file screen 60, when you click on the scene saved, edited scenario is a non-volatile RAM4
5に保存される。 5 is stored in.

【0052】e. [0052] e. 各画面の説明 次に、各画面の詳細について説明する。 A description of each screen will now be described in detail each screen. 図8は、オープニング画面及びメインメニューの画面を示すものである。 Figure 8 shows a screen of a welcome screen and the main menu. メインメニューでは、アイコン101、102、1 In the main menu, icon 101,102,1
03、104が表示される。 03,104 is displayed. アイコン101は、全シーンのうち任意の1つのシーンを選択して再生させるためのダイレクト再生画面に行くためのものである。 Icon 101 is intended to go directly reproduction screen for reproducing by selecting any one scene of the total scene. アイコン102は、任意のシナリオを再生させるシナリオ再生画面に行くためのものである。 Icon 102 is intended to go to the scenario playback screen to play any scenario. アイコン103は、シナリオ編集画面に行くためのものである。 Icon 103, it is intended to go to the scenario editing screen. アイコン104 Icon 104
は終了のためのものである。 It is for the end.

【0053】アイコン101をクリックすると、図9に示すようなダイレクト再生画面が表示される。 [0053] By clicking on the icon 101, the direct play screen as shown in FIG. 9 is displayed. このダイレクト再生画面には、各シーンの先頭の小画面の111 The direct playback screen, the head of the small screen 111 of each scene
A、111B、111C、…が配列される。 A, 111B, 111C, ... it is arranged. この小画面111A、111B、111C、…の中から、適当なものをクリックすると、その画面に対応するシーンが再生される。 This small screen 111A, 111B, 111C, ... from the, by clicking the appropriate one, scene corresponding to the screen is played. なお、112は画面をスクロールさせるためのアイコン、113は直前に戻るためのアイコンである。 Note that 112 is an icon for scrolling the screen, the 113 is an icon for returning immediately before.

【0054】図8において、アイコン102をクリックすると、図10に示すようなシナリオ再生画面が表示されれる。 [0054] In FIG. 8, clicking on the icon 102, the scenario reproducing screen as shown in FIG. 10 is displayed. シナリオ再生画面では、シナリオネーム121 In the scenario playback screen, the scenario name 121
A、121B、121C…が表示される。 A, 121B, 121C ... is displayed. このシナリオネーム121A、121B、121C…のうちから、適当なものをクリックすると、そのシナリオ再生が開始される。 The scenario name 121A, 121B, 121C ... from among, clicking on the appropriate one, the scenario reproduction is started. すなわち、このシナリオの順に、各シーンが順番に、必要に応じて画面効果が付加されて再生される。 That is, the order of this scenario, each scene sequence is played is added a screen effect when necessary.

【0055】これらのシナリオネームのうち、背景に装飾のあるシナリオネーム121A、121B、121C [0055] Among these scenarios name, scenario name 121A with a decorated background, 121B, 121C
は、ディスクの作成者が用意したシナリオであり、このシナリオは、ディスク10に予め記録されている。 Is a scenario that the disc creator prepared, this scenario is pre-recorded on the disc 10. これに対して、シナリオネーム121D、121Eは、ユーザが編集したシナリオであり、このシナリオは、不揮発性RAM45に保存されている。 In contrast, the scenario name 121D, 121E is a scenario edited by the user, this scenario is stored in the nonvolatile RAM 45. また、シナリオネームの先頭にある「A」の文字124は、オート再生設定のシナリオであることを示しいる。 The character 124 of "A" at the beginning of the scenario name is shown to be the scenario of the auto playback settings. オート再生設定とは、 Auto playback settings and is,
時間を設定すると、その時間から再生が開始されるものである。 Setting time, in which reproduction is started from the time. なお、122は画面をスクロールさせるためのアイコン、123は直前に戻るためのアイコンである。 Incidentally, 122 is an icon for scrolling the screen, the 123 is an icon for returning immediately before.

【0056】このシナリオ再生画面では、ポインティングデバイスのボタン27Aで次のシーンに進み、ボタン27Bで再生が中断され、図11に示すように、再生画面の下にコントロールパネルが表示される。 [0056] In this scenario playback screen proceeds button 27A of the pointing device to the next scene, playback button 27B is interrupted, as shown in FIG. 11, the control panel is displayed on the bottom of the playback screen. コントロールパネルには、アイコン131、132、133、13 The control panel, icon 131,132,133,13
4、135、136、137が表示される。 4,135,136,137 is displayed. アイコン1 Icon 1
31は、オーディオ再生オン/オフのためのものである。 31 is for audio playback on / off. アイコン132は、カーソルポインタオン/オフのためのものである。 Icon 132 is for the cursor pointer on / off. アイコン133は、直前のシーンの先頭に戻るためのものである。 Icon 133 is for returning to the beginning of the previous scene. アイコン134は、現在のシーンのシーケンス番号を示すものである。 Icon 134, shows the sequence number of the current scene. アイコン135は、次のシーンに進むためのものである。 Icon 135, is intended to advance to the next scene. アイコン136は、ダイレクトメニューにより任意のシーンを再生するためのものであり、再生後は、中断中のシーンの先頭に戻される。 Icon 136 is for reproducing a desired scene by the direct menu, after regeneration is returned to the beginning of the interrupted scene. アイコン137は、再生を終了し、 Icon 137, to exit the playback,
メインメニューに戻るためのものである。 It is intended to return to the main menu.

【0057】図8において、アイコン103をクリックすると、図12に示すようなシナリオ編集画面が表示される。 [0057] In FIG. 8, clicking on the icon 103, the scenario editing screen as shown in FIG. 12 is displayed. シナリオ編集画面では、シナリオネーム141 In the scenario editing screen, the scenario name 141
A、141B、141C…が表示される。 A, 141B, 141C ... is displayed. 背景に装飾のあるシナリオネーム141A、141B、141Cのシナリオは、ディスク10に予め記録されている。 Scenario Name 141A with decoration background, 141B, 141C scenario is previously recorded on the disk 10. 装飾のないシナリオネーム141D、141Eのシナリオは、 Decoration-free scenario name 141D, the scenario of the 141E,
不揮発性RAM45に保存されている。 It is stored in non-volatile RAM45. シナリオネームの先頭にある「A」の文字144は、オート再生設定のシナリオであることを示しいる。 Character 144 of "A" at the beginning of the scenario name is shown to be the scenario of the auto playback settings. 142は画面をスクロールさせるためのアイコン、143は直前に戻るためのアイコンである。 142 icons for scrolling the screen, 143 is an icon for returning immediately before.

【0058】このシナリオネーム141A、141B、 [0058] This scenario name 141A, 141B,
141C…のうちから、編集したいシナリオをクリックすると、図13に示すようなシナリオ編集画面が表示される。 141C ... from one of the, if you click the scenario you want to edit, the scenario editing screen as shown in FIG. 13 is displayed.

【0059】シナリオ編集画面では、アイコン151〜 [0059] In the scenario editing screen, the icon 151 to
167が表示される。 167 is displayed. アイコン151及び152は、指定時刻に自動的にシナリオ再生を開始させるためのものである。 Icons 151 and 152 are intended for automatically starting the scenario playback at the specified time. アイコン153は、オーディオ再生オン/オフのためのものである。 Icon 153 is for audio playback on / off. アイコン154は、カーソルポインタオン/オフのためのものである。 Icon 154 is intended for the cursor pointer on / off. アイコン155 Icon 155
は、リピート再生のためのものである。 Is for repeat play. アイコン156 Icon 156
は、1度だけ再生させるためのものである。 It is intended for reproducing only once. アイコン1 Icon 1
57〜160は、シナリオエフェクト用のものである。 57-160 is for a scenario effects.
すなわち、アイコン157は縦スクロール、アイコン1 That is, the icon 157 is vertical scrolling icons 1
58はフェードイン、アイコン159はカットイン、アイコン160はディゾルブをそれぞれ設定するためのものである。 58 fade-icon 159 cut-in, the icon 160 is used to set each a dissolve. アイコン161はマニュアル再生、アイコン162はオート再生に設定するものである。 Icon 161 manual regeneration, icons 162 is to set the auto play. アイコン1 Icon 1
63は、シーンとシーンとの間の時間を設定するためのものである。 63 is for setting the time between scene and scene. アイコン164はシナリオの保存のためのものである。 Icon 164 is for the storage scenarios. アイコン165はシナリオボードを表示させるためのものである。 Icon 165 is for displaying the scenario board. アイコン166はシナリオファイルを抹消するためのものである。 Icon 166 is used to cancel the scenario file. アイコン167はメインメニューに戻るためのものである。 Icon 167 is intended to return to the main menu.

【0060】図13において、アイコン165をクリックすると、図14に示すようなシナリオボードが表示される。 [0060] In FIG. 13, clicking on the icon 165, the scenario board as shown in Figure 14 is displayed. シナリオボードの上段には、編集前のシナリオファイルのファイルネーム171と、この編集前のシナリオファイルでのシーンを再生順序に表示したボード17 In the upper part of the scenario the board, with the file name 171 of the scenario file before editing, board 17 to display the scene in this pre-editing of a scenario file to playback order
2が表示される。 2 is displayed. そして、下段には、編集後のシナリオネーム173と、編集後のシナリオでのシーンを再生順に表示したボード174が表示される。 Then, in the lower part, the scenario name 173 after editing, board 174 displayed on the playback order of the scene in the scenario of post-editing is displayed. ユーザは、編集前のシナリオから所望のシーンを選択し、ボード174 The user selects a desired scene from editing the previous scenario, the board 174
上に所望の順序で並べていくことにより、シナリオを作成することができる。 By going side by side in a desired sequence above can be created scenario. アイコン175はシーンをカットするためのものであり、アイコン176はシーンの再生を確認するためのものである。 Icon 175 is used to cut the scene, the icon 176 is used to confirm the playback of the scene. アイコン177は前画面に戻るためのものである。 Icon 177 is for returning to the previous screen.

【0061】図14に示すシナリオボードでシーンの順番を作成してから、アイコン177をクリックすると、 [0061] After creating the order of the scenes in the scenario board shown in FIG. 14, when you click on the icon 177,
図13に示すシナリオ編集を画面に戻る。 A scenario editing shown in FIG. 13 returns to the screen. ここで、アイコン164をクリックすると、編集したシナリオが不揮発性RAM45に保存される。 Here, by clicking on the icon 164, edited scenario is stored in non-volatile RAM 45.

【0062】作成されたシナリオは、図10に示したようなシナリオ再生画面により、前述したように再生される。 [0062] created scenario, the scenario reproducing screen as shown in FIG. 10, is reproduced as described above. そして、このシナリオは、不揮発性RAM45に記憶される。 Then, the scenario is stored in non-volatile RAM 45. このため、次回に同様のディスク10が装着されると、前回に編集したシナリオを再び再生させることができる。 Therefore, it is possible if the same disc 10 next is mounted, it is again reproduced scenario edited last.

【0063】g. [0063] g. ディスクの製造装置及び方法 図15は、この発明が適用されたディスクを作成するための装置を示すものである。 Manufacturing apparatus and method diagram 15 of the disc shows a device for creating a disc to which the invention is applied.

【0064】図15において、251はディスク作成のためのコンピュータ、252は外部ストレージデバイスとしての固定ディスク装置、253はイメージスキャナ、254はビデオ再生装置、255はコンピュータグラフィックス発生装置、256はディジタルオーディオテープレコーダ、257は追記型ディスク記録装置である。 [0064] In FIG. 15, 251 for creating a disk computer, 252 fixed disk device as an external storage device, 253 an image scanner, 254 a video reproducing apparatus, 255 is a computer graphics generating apparatus, digital audio 256 tape recorder 257 is a recordable disk recording apparatus. 追記型ディスク記録装置257は、レーザビームによりディスクの反射率を変化させて、CD−Iの仕様に適合するディスクを作成するものである。 Write-once disc recording device 257, by changing the reflectivity of the disk by a laser beam, it is to create a compatible disc the specifications of CD-I. 素材となる画像データは、イメージスキャナ253、ビデオ再生装置254、コンピュータグラフィックス発生装置255等により取り込まれる。 Image data to be material, the image scanner 253, the video playback device 254 is captured by the computer graphics generator 255 and the like. また、オーディオデータは、ディジタルオーディオテープレコーダ256で取り込まれる。 The audio data is captured in a digital audio tape recorder 256. ディスクの記録データは、固定ディスク252上に展開される。 The data recorded on the disk is deployed on the fixed disk 252. それから、ディスクイメージに展開されて、シミュレートされる。 Then, been deployed to the disk image, it is simulated. そして、追記型ディスク記録装置257により、CD−Iディスクが作成される。 By write-once disc recording device 257, CD-I disc is created.

【0065】図16は、ディスクの作成手順を示すものである。 [0065] Figure 16 shows a disk creation process. 図16に示すように、先ず、イメージスキャナ253、ビデオ再生装置254、コンピュータグラフィックス発生装置255等によりビデオ素材が取り込まれ、ディジタルオーディオテープレコーダ256により、音声素材が取り込まれる(ステップ201)。 As shown in FIG. 16, first, an image scanner 253, video playback device 254, video material is taken by the computer graphics generator 255 and the like, by a digital audio tape recorder 256, the audio material is captured (step 201). そして、画像データとそれに対応する音声データとから、シーンファイルが作成される(ステップ202)。 Then, from the image data and audio data corresponding thereto, the scene file is created (step 202). また、 Also,
必要に応じてシナリオファイルが作成される(ステップ203)。 Scenario file is created as needed (step 203). なお、「ALL」のシナリオは必ず作成される。 It should be noted that the scenario of "ALL" is always created. これらの複数のシーンファイルと、シナリオファイルと、管理編集プログラム(ステップ204で作成)とが固定ディスク252に揃えられ、ディスクイメージに展開される(ステップ205)。 And the plurality of scene file, and the scenario file, and management editing program (created in step 204) is aligned with the fixed disk 252, is expanded in the disk image (step 205). すなわち、CD−Iのディスクフォーマットに従って、インターリーブがかけられ、エラー訂正符号が付加される。 That is, according to the disc format of the CD-I, interleave is multiplied, is added error correction code. そして、このディスクイメージのデータがシミュレートされる(ステップ206)。 Then, the data of the disk image is simulated (Step 206). シミュレーションが完了したら、追記型ディスク記録装置257により、CD−Iディスクが作成される(ステップ207)。 When the simulation is completed, the write-once disc recording device 257, CD-I disc is created (step 207).

【0066】 [0066]

【発明の効果】この発明によれば、CD−Iディスクに、シーンファイルと、そのシーンファイルを管理編集するための管理編集プログラムが記録されている。 Effects of the Invention] According to the present invention, the CD-I disc, and the scene file, the management editing program for managing edit the scene files are recorded. この管理編集プログラムでは、各シーンの順番や効果をユーザが簡単に編集することができる。 In this management editing program, the order and effect of each scene can be edited by the user easily.

【0067】また、この管理編集プログラムを利用することで、CD−Iディスクを作成する場合に、各ディスク毎にアプリケーションプログラムを開発する必要がなくなり、CD−Iディスクを短時間で簡単に作成できる。 [0067] In addition, by using this management editing program, if you want to create a CD-I disc, there is no need to develop an application program for each disk, it can be created easily in a short period of time the CD-I disc .

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】CD−Iシステムの説明に用いる略線図である。 1 is a schematic diagram used for explanation of the CD-I system.

【図2】この発明が適用されたCD−Iプレーヤの一例のブロック図である。 2 is a block diagram of an example of the present invention has been applied CD-I player.

【図3】この発明が適用されたCD−Iプレーヤの一例の説明に用いる平面図である。 3 is a plan view for use in explaining an example of the present invention has been applied CD-I player.

【図4】この発明が適用されたCD−Iプレーヤの一例の説明に用いる平面図である。 4 is a plan view for use in explaining an example of the present invention has been applied CD-I player.

【図5】この発明が適用された光ディスクの説明に用いる平面図である。 5 is a plan view used for explaining the optical disc to which the invention is applied.

【図6】この発明が適用された光ディスクの説明に用いる略線図である。 6 is a schematic diagram used for explanation of an optical disc to which the invention is applied.

【図7】この発明の一実施例の動作説明に用いる説明図である。 7 is an explanatory diagram used for explaining the operation of one embodiment of the present invention.

【図8】この発明の一実施例の説明に用いる略線図である。 8 is a schematic diagram used for explaining an embodiment of the present invention.

【図9】この発明の一実施例の説明に用いる略線図である。 9 is a schematic diagram used for explaining an embodiment of the present invention.

【図10】この発明の一実施例の説明に用いる略線図である。 FIG. 10 is a schematic diagram used for explaining an embodiment of the present invention.

【図11】この発明の一実施例の説明に用いる略線図である。 11 is a schematic diagram used for explaining an embodiment of the present invention.

【図12】この発明の一実施例の説明に用いる略線図である。 12 is a schematic diagram used for explaining an embodiment of the present invention.

【図13】この発明の一実施例の説明に用いる略線図である。 13 is a schematic diagram used for explaining an embodiment of the present invention.

【図14】この発明の一実施例の説明に用いる略線図である。 14 is a schematic diagram used for explaining an embodiment of the present invention.

【図15】この発明が適用されたCD−Iディスクの作成の説明に用いるブロック図である。 15 is a block diagram used for explaining the creation of the present invention has been applied CD-I disc.

【図16】この発明が適用されたCD−Iディスクの作成の説明に用いる流れ図である。 16 is a flow chart used for explaining the creation of the present invention has been applied CD-I disc.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 ディスク 41 CPU 45 不揮発性RAM 10 disk 41 CPU 45 non-volatile RAM

───────────────────────────────────────────────────── ────────────────────────────────────────────────── ───

【手続補正書】 [Procedure amendment]

【提出日】平成6年2月9日 [Filing date] 1994 February 9,

【手続補正1】 [Amendment 1]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】請求項3 [Correction target item name] claim 3

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【手続補正2】 [Amendment 2]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0007 [Correction target item name] 0007

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0007】この発明の他の目的は、デバグが容易で、ディスクの開発時間が短縮できる光ディスク製造方法を提供することにある。 Another object of the present invention is easy to debug is to provide an optical disk manufacturing method which can shorten the development time of the disk is.

【手続補正3】 [Amendment 3]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0013 [Correction target item name] 0013

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0013】 [0013]

【作用】CD−Iディスクに、シーンファイルと、そのシーンファイルを管理編集するための管理編集プログラムが記録されている。 [Action] in the CD-I disc, and the scene file, the management editing program for managing edit the scene files are recorded. この管理編集プログラムでは、各シーンの順番や画像表示効果をユーザが簡単に編集することができる。 In this management editing program, the order and image display effect of each scene can be edited by the user easily.

【手続補正4】 [Amendment 4]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0022 [Correction target item name] 0022

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0022】また、第2、第3、第4のモードは、それぞれ、A、B、Cモードと呼ばれており、オーディオ信号がADPCM(適応型差分PCM)により圧縮されて記録される。 [0022] The second, third, fourth mode, respectively, A, B, Ri Contact is called C-mode, the audio signals are recorded are compressed by ADPCM (Adaptive differential PCM). Aモードではサンプリング周波数が37. Sampling frequency in A mode is 37.
8kHz、ビット数が8ビット、Bモードではサンプリング周波数が37.8kHz、ビット数が4ビット、C 8 kHz, the number of bits 8 bits, the sampling frequency is B mode 37.8 kHz, the number of bits 4 bits, C
モードではサンプリング周波数が18.9kHz、ビット数が4ビットとされる。 In mode sampling frequency is 18.9KHz, the number of bits is 4 bits. したがって、A〜Cモードによれば、音質は順に劣るが、記録、再生時間をモノラル Therefore, according to the A~C mode, the sound quality is inferior to the order, record, playback time monaural
時間、 時間、 16時間と長くすることができる。 In 4 hours, it is possible to increase the 8 hours, 16 hours.

【手続補正5】 [Amendment 5]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0027 [Correction target item name] 0027

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0027】21はスピンドルモータ、22はスピンドルサーボ回路で、このスピンドルサーボ回路22により、スピンドルモータ21の回転が線速度一定に制御される。 [0027] 21 spindle motor, 22 is a spindle servo circuit, a spindle servo circuit 22, rotation of the spindle motor 21 is controlled to a constant linear velocity. 23はスレッドサーボ回路、24はトラッキングサーボ回路、25は例えばリニアモータを有するスライド送り機構、31は光学ピックアップである。 The sled servo circuit 23, 24 is the tracking servo circuit, 25 is sliding feed mechanism having a linear motor, for example, 31 is the optical pickup. 光学ピックアップ31がスライド送り機構25により支持されるとともに、スレッドサーボ回路23の出力信号がスライド送り機構25に供給されてピックアップ31がディスク10の半径方向に移動され、ディスク10の目的とするトラックから信号の再生が行われる。 Together with the optical pickup 31 is supported by the sliding feed mechanism 25, a pickup 31 output signal is supplied to the sliding feed mechanism 25 of the sled servo circuit 23 is moved in the radial direction of the disk 10, from the track of interest of the disc 10 signal is reproduced. また、このとき、トラキングサーボ回路24から光学ピックアップ31にトラッキングサーボ信号が供給され、目的とするトラックに対するトラッキングサーボが行われる。 At this time, tiger Tsu King servo circuit 24 in the optical pickup 31 is a tracking servo signal is supplied, a tracking servo is performed with respect to the target track.

【手続補正6】 [Amendment 6]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0035 [Correction target item name] 0035

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0035】画像データを再生している場合には、デコーダ33からのデータが、CD−ROMデコーダ34 [0035] When playing the image data, the data from the decoder 33, CD-ROM decoder 34
びRAM44を通じてそのままディスプレイコントローラ61Aあるいは61Bに供給されてその画像データのモードに対応したデコード処理が行われてから、ビデオRAM62Aあるいは62Bに書き込まれる。 After decoding is performed corresponding to it a display controller 61A, or the image data is supplied to 61B mode through the beauty RAM 44, and written into the video RAM62A or 62B.

【手続補正7】 [Amendment 7]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0040 [Correction target item name] 0040

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0040】シーンファイルエリア4には、図5Bに示すように、複数のシーンファイルF1、F2、F3… [0040] The scene file area 4, as shown in FIG 5B, a plurality of scene files F1, F2, F3 ...
(Scene File 1,Scene File (Scene File 1, Scene File
2,Scene File 3,. 2, Scene File 3 ,. . . . )が含められる。 ) It is included. シーンファイルF1、F2、F3、…は、1つの単位となるシーンの画像データ(Picture Dat Scene files F1, F2, F3, ..., the image data of the scene as a single unit (Picture Dat
a)と、その画像データに関連する音声データ(Aud And a), audio data (Aud associated with the image data
io Data)とからなる。 Consisting of io Data) and. ここで画像データは、1 Here, the image data, 1
又は複数枚の静止画である。 Or more still images. シーンファイルの最大数は、ディスク10の記録容量により制限される。 The maximum number of scene file is limited by the recording capacity of the disk 10. 高品質画像(第1のモード)なら、最大画像の数は、1500 If high-quality image (a first mode), the maximum number of images, 1500
枚程度である。 It is about sheets.

【手続補正8】 [Amendment 8]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0043 [Correction target item name] 0043

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0043】シナリオテーブル(Scenario T The scenario table (Scenario T
able 1,ScenarioTable 2,Sc able 1, ScenarioTable 2, Sc
enario Table 3,. enario Table 3 ,. . . . )は、シーンファイルF1、F2、F3、…の再生の順番、再生時の画像表示効果等を示すシナリオが登録されるテーブルである。 ) Is a table scene files F1, F2, F3, ... of the reproduction order, a scenario illustrating a like image display effect during reproduction is registered. シナリオテーブルのシナリオファイルT1、T Scenario table the scenario file T1, T
2、T3…のそれぞれの先頭d1には、シナリオネーム、各シナリオのエフェクト、オーディオのオン/オフ、リピート、オート再生等の情報が配置される。 2, T3 ... Each head d1 of the scenario name, the effect of each scenario, audio on / off, repeat, information of the auto reproduction or the like is disposed. それに続く部分d2、d3、d4、…には、再生するシーンファイルのアドレスを示すポインタが順に配置される。 Part d2, d3, d4 which follow, the ..., pointer indicating the address of a scene file to be reproduced are sequentially arranged.

【手続補正9】 [Amendment 9]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0054 [Correction target item name] 0054

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0054】図8において、アイコン102をクリックすると、図10に示すようなシナリオ再生画面が表示さ [0054] In FIG. 8, clicking on the icon 102, is displayed scenario reproducing screen as shown in FIG. 10
れる It is. シナリオ再生画面では、シナリオネーム121 In the scenario playback screen, the scenario name 121
A、121B、121C…が表示される。 A, 121B, 121C ... is displayed. このシナリオネーム121A、121B、121C…のうちから、適当なものをクリックすると、そのシナリオ再生が開始される。 The scenario name 121A, 121B, 121C ... from among, clicking on the appropriate one, the scenario reproduction is started. すなわち、このシナリオネームに登録されている That is, registered in the scenario name
情報の順に、各シーンが順番に、必要に応じて画面効果が付加されて再生される。 In the order of the information to each scene sequence is played is added a screen effect when necessary.

【手続補正10】 [Amendment 10]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0061 [Correction target item name] 0061

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0061】図14に示すシナリオボードでシーンの順番を作成してから、アイコン177をクリックすると、 [0061] After creating the order of the scenes in the scenario board shown in FIG. 14, when you click on the icon 177,
図13に示すシナリオ編集画面に戻る。 Back to the scenario edited Atsumariga plane shown in FIG. 13. ここで、アイコン164をクリックすると、編集したシナリオが不揮発性RAM45に保存される。 Here, by clicking on the icon 164, edited scenario is stored in non-volatile RAM 45.

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 目録データと、 ビデオデータ及び上記ビデオデータに関連するオーディオデータとからなる複数のシーンファイルと、 上記複数のシーンファイルの中から任意のものを任意の順序で再生させるためのシナリオファイルを複数有するシナリオテーブルを含む管理編集プログラムとが記録されており、 上記シナリオファイルは、シナリオネームと、任意の順に配列した複数のシーンファイルのアドレスを指し示すポインタとからなる光ディスク。 And 1. A catalog data, a plurality of scene file consisting of audio data associated with the video data and the video data, the scenario for reproducing a any from among the plurality of scene files in any order a management editing program including a scenario table having a plurality of files and is recorded, the scenario file is composed of a scenario name, and pointer to the address of a plurality of scene files arranged in any order optical disc.
  2. 【請求項2】 更に、上記複数のシナリオファイルのうち任意のものを開始する時間を示す時間テーブルを有する請求項1記載の光ディスク。 2. A further, an optical disk according to claim 1, further comprising a time table indicating the time to start any of a plurality of scenario files.
  3. 【請求項3】 ディスクからのシナリオファイル又は不揮発性メモリに保存されているシナリオファイルに応じてシーンファイルを順に再生する光ディスク再生装置であって、 上記ディスクからのシナリオファイルを取り込むメモリと、 上記メモリに取り込まれたシナリオファイルのシーンファイルの中から任意のものを任意の順に選択配列して新たなシーンファイルを編集する編集手段と、 上記編集手段により編集された新たなシーンファイルを上記不揮発性メモリに記憶させる制御手段とを備えてなる光ディスク再生装置。 3. A disc reproducing apparatus for reproducing a scene files in the order in accordance with the scenario file stored in scenario file or nonvolatile memory from the disk, and a memory incorporating the scenario file from the disk, the memory the nonvolatile memory and editing means for editing the new scene file selected sequence any of a in any order, a new scene file edited by the editing means from the scene file of the captured scenario file to optical disk reproducing apparatus comprising a control unit to be stored in.
  4. 【請求項4】 更に、上記複数のシナリオファイルのうち任意のものを開始する時間を示す時間テーブルの時間と、基準時計手段の時間とを比較し、上記時間テーブルの時間と基準時計手段の時間とが一致したときに再生を開始するようにした請求項1記載の光ディスク再生装置。 4. Furthermore, the time and the time table indicating the time to start any of a plurality of scenario files, compares the time and the reference clock means, the time period and the reference clock means of the time table DOO optical disk reproducing apparatus according to claim 1, wherein which is adapted to start playing when a match occurs.
  5. 【請求項5】 ビデオデータと上記ビデオデータに関連するオーディオデータとを合成して複数のシーンファイルを作成するステップと、 上記複数のシーンファイルと管理編集プログラムとシナリオファイルとを光ディスク上の仕様に合わせたイメージで記録媒体に配列するステップと、 上記記録媒体に配列したデータを光ディスクに書き込むステップとからなる光ディスクの製造方法。 5. A step of synthesizing the audio data associated with the video data and the video data to create a plurality of scene files, the plurality of the scene file and the management editing program and the scenario file to the specifications of the optical disk a step of arranging the recording medium in the combined image, the optical disc manufacturing method comprising the step of writing the data arranged in the recording medium in the optical disc.
JP12354193A 1993-04-27 1993-04-27 Optical, optical disk reproducing apparatus and an optical disk manufacturing method Expired - Fee Related JP3771943B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12354193A JP3771943B2 (en) 1993-04-27 1993-04-27 Optical, optical disk reproducing apparatus and an optical disk manufacturing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12354193A JP3771943B2 (en) 1993-04-27 1993-04-27 Optical, optical disk reproducing apparatus and an optical disk manufacturing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06309841A true true JPH06309841A (en) 1994-11-04
JP3771943B2 JP3771943B2 (en) 2006-05-10

Family

ID=14863155

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12354193A Expired - Fee Related JP3771943B2 (en) 1993-04-27 1993-04-27 Optical, optical disk reproducing apparatus and an optical disk manufacturing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3771943B2 (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997007509A1 (en) * 1995-08-21 1997-02-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Multimedia optical disk capable of preserving freshness of image content for long time and its reproduction apparatus and method
WO1997007506A1 (en) * 1995-08-21 1997-02-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Multimedia optical disk which realizes dynamic switching between reproduced outputs, and reproducing apparatus
US5652824A (en) * 1993-10-29 1997-07-29 Tokyo Shibaura Electric Co Multilingual recording medium and reproducing apparatus with automatic selection of substitutes and languages based on frequency of selections
US5778142A (en) * 1994-11-24 1998-07-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Large capacity recording medium, method and apparatus for reproducing data from a large-capacity recording medium, and method and apparatus for recording data on a large-capacity recording medium
US5870523A (en) * 1995-01-30 1999-02-09 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium on which a data containing navigation data is recorded, a method and apparatus for reproducing a data according to navigation data, a method and apparatus for recording a data containing navigation data on a recording
WO1999038167A1 (en) * 1998-01-21 1999-07-29 Kabushiki Kaisha Toshiba System for recording and reproducing digital information, and digital information recording media
US6009234A (en) * 1995-04-14 1999-12-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Method of reproducing information
US6016381A (en) * 1995-04-14 2000-01-18 Kabushiki Kaisha Toshiba Apparatus for reproducing information
JP2008160859A (en) * 1996-07-01 2008-07-10 Open Tv Inc Video delivery system and method which displays slider bar on subscriber video screen for indexing into video stream

Cited By (38)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5652824A (en) * 1993-10-29 1997-07-29 Tokyo Shibaura Electric Co Multilingual recording medium and reproducing apparatus with automatic selection of substitutes and languages based on frequency of selections
US5778142A (en) * 1994-11-24 1998-07-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Large capacity recording medium, method and apparatus for reproducing data from a large-capacity recording medium, and method and apparatus for recording data on a large-capacity recording medium
US5870523A (en) * 1995-01-30 1999-02-09 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium on which a data containing navigation data is recorded, a method and apparatus for reproducing a data according to navigation data, a method and apparatus for recording a data containing navigation data on a recording
US8254750B2 (en) 1995-04-14 2012-08-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8295675B2 (en) 1995-04-14 2012-10-23 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8301010B2 (en) 1995-04-14 2012-10-30 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8285112B2 (en) 1995-04-14 2012-10-09 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8311388B2 (en) 1995-04-14 2012-11-13 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8275239B2 (en) 1995-04-14 2012-09-25 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US6009234A (en) * 1995-04-14 1999-12-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Method of reproducing information
US6016381A (en) * 1995-04-14 2000-01-18 Kabushiki Kaisha Toshiba Apparatus for reproducing information
US6167189A (en) * 1995-04-14 2000-12-26 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing
US8275240B2 (en) 1995-04-14 2012-09-25 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8275238B2 (en) 1995-04-14 2012-09-25 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8265451B2 (en) 1995-04-14 2012-09-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8254751B2 (en) 1995-04-14 2012-08-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8306389B2 (en) 1995-04-14 2012-11-06 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US6895171B1 (en) 1995-04-14 2005-05-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproduction and reproducing system for the same
US8306388B2 (en) 1995-04-14 2012-11-06 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8320737B2 (en) 1995-04-14 2012-11-27 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8233766B2 (en) 1995-04-14 2012-07-31 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8249418B2 (en) 1995-04-14 2012-08-21 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8249417B2 (en) 1995-04-14 2012-08-21 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8254748B2 (en) 1995-04-14 2012-08-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
US8254749B2 (en) 1995-04-14 2012-08-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium capable of interactive reproducing and reproduction system for the same
WO1997007509A1 (en) * 1995-08-21 1997-02-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Multimedia optical disk capable of preserving freshness of image content for long time and its reproduction apparatus and method
US6493503B2 (en) 1995-08-21 2002-12-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ld. Optical disc for coordinating a variable reproduction of video images
US6356703B1 (en) 1995-08-21 2002-03-12 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc for coordinating a variable reproduction of video images
US6229952B1 (en) 1995-08-21 2001-05-08 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc, reproduction device and method for coordinating a variable reproduction of video images
US6201928B1 (en) 1995-08-21 2001-03-13 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Reproduction device and method for coordinating a variable reproduction of video images
US5999696A (en) * 1995-08-21 1999-12-07 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc and reproduction device which can achieve a dynamic switching of the reproduced content
US5895124A (en) * 1995-08-21 1999-04-20 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc and reproduction device which can achieve a dynamic switching of the reproduced content
US5734788A (en) * 1995-08-21 1998-03-31 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Multimedia optical disc which can preserve the freshness of stored data, a reproduction apparatus for reproducing such optical disc and a reproduction method
WO1997007506A1 (en) * 1995-08-21 1997-02-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Multimedia optical disk which realizes dynamic switching between reproduced outputs, and reproducing apparatus
JP2008160859A (en) * 1996-07-01 2008-07-10 Open Tv Inc Video delivery system and method which displays slider bar on subscriber video screen for indexing into video stream
US6553180B1 (en) 1998-01-21 2003-04-22 Kabushiki Kaisha Toshiba Digital information recording/playback system and digital information recording medium
WO1999038167A1 (en) * 1998-01-21 1999-07-29 Kabushiki Kaisha Toshiba System for recording and reproducing digital information, and digital information recording media
US7403695B2 (en) 1998-01-21 2008-07-22 Kabushiki Kaisha Toshiba Digital information recording/playback system and digital information recording medium

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3771943B2 (en) 2006-05-10 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6621768B1 (en) Compact disc recorder
US5778142A (en) Large capacity recording medium, method and apparatus for reproducing data from a large-capacity recording medium, and method and apparatus for recording data on a large-capacity recording medium
US5245600A (en) Apparatus for reproducing from a storage medium information corresponding to each stored musical arrangement and for mixing voice data with music data
US6587404B1 (en) Optical storage device capable of recording a set of sound tracks on a compact disc
US7362963B2 (en) Multimedia photo albums
US6288991B1 (en) Storage medium playback method and device
US5617407A (en) Optical disk having speech recognition templates for information access
US6438315B1 (en) Data input method, encoding apparatus, and data processing apparatus
US20020129036A1 (en) System and method for storing and manipulating multi-media
US5627657A (en) Method for sequentially displaying information recorded on interactive information recording medium
US6077084A (en) Karaoke system and contents storage medium therefor
US5712949A (en) Disc reproduction system with sequential reproduction of audio and image data
US5661715A (en) Mass produced multisessions disc for playback on audio-only and CD-ROM players
US6283764B2 (en) Storage medium playback system and method
US5446714A (en) Disc changer and player that reads and stores program data of all discs prior to reproduction and method of reproducing music on the same
US7127149B1 (en) Three-stage menu processing for digital disc recorder
WO2001035412A1 (en) Three-stage menu processing for digital disc recorder
US20030068157A1 (en) Disc playback apparatus
JP2003153140A (en) Information recorder
JPH08263969A (en) Larger capacity recording medium, method and device for reproducing information from the same and method and device for recording information in the same
JPH10154380A (en) Storage medium, reproducing device of storage medium and reproducing method thereof
US6389399B1 (en) Audio dubbing system for digital audio recorder
US5835669A (en) Multilingual recording medium which comprises frequency of use data/history data and a plurality of menus which are stored in a still picture format
JP2000207415A (en) Information providing method, information recording medium, information management method and recording and reproducing device
US5621538A (en) Method for synchronizing computerized audio output with visual output

Legal Events

Date Code Title Description
A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20060213

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100217

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 4

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100217

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 5

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110217

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120217

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees