JPH0512043A - Unix system resource monitor system - Google Patents

Unix system resource monitor system

Info

Publication number
JPH0512043A
JPH0512043A JP19345591A JP19345591A JPH0512043A JP H0512043 A JPH0512043 A JP H0512043A JP 19345591 A JP19345591 A JP 19345591A JP 19345591 A JP19345591 A JP 19345591A JP H0512043 A JPH0512043 A JP H0512043A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
user
file
date data
system
resource
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19345591A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazunori Hoshi
Shinkichi Takenaga
和典 星
晋吉 竹永
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE:To efficiently and smoothly manage and operate resources by presenting resource use information and resource management information to a system manager. CONSTITUTION:A date data generating means S-1 generates date data at each designated time and stores it in a date data file D-2, and a resource use information editing means S-2 uses date data of the date data file D-2 in accordance with the command from the system manager to edit and output resource use information to a printer P-1, and a control message output means S-3 uses resource management information of a QUOTA file D-1 and date data of the date data file D-2 in accordance with the command from the system manager to output information of a user, whose resource use exceeds the limit, to a terminal equipment T-1 or to output resource management information of a user from the QUOTA file D-1 to the terminal equipment T-1 as a message at the time of log-in of the user to a UNIX system.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明はUNIXシステム資源監視方式に関し、特にUNIXシステムのQUOTAサブシステムを使用してファイル資源(以下、単に資源という)を管理しているコンピュータシステムにおけるUN The present invention relates to an UNIX system resource monitoring system, in particular file resources using the QUOTA subsystem UNIX systems (hereinafter, simply referred to as resources) UN in a computer system which manages the
IXシステム資源監視方式に関する。 IX on system resource monitoring system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】UNIXシステムでは、容易にファイルの作成および削除が行えるため、利用者は特に意識せずにファイルを使用することができる。 BACKGROUND OF THE INVENTION In a UNIX system, because the can be performed easily create and delete files, the user can use the file without particular consciousness. しかし、大規模なコンピュータシステムでは、多くの利用者が互いに資源を共有して処理が行われるので、資源管理が必要となる。 However, in a large computer system, since the processes share many users resources with each other is performed, it is necessary to resource management.

【0003】従来、UNIXシステムでは、サブシステムであるQUOTAサブシステムを用い各利用者にファイルおよびディスクブロックの使用制限を与え、万一この制限を越えたときには、その利用者にメッセージを通知したり、コマンド等によってコンピュータシステムの運用を管理するシステム管理者に特定の利用者の資源の使用状態を表示したりしていた。 Conventionally, in UNIX systems, given the restriction of the use of file and disk blocks in each user using the QUOTA subsystem is subsystem, when the event exceeds this limit, and notifies the message to the user , has been to view the state of use of the resources of a particular user to the system administrator who will manage the operation of a computer system such as by command.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】上述した従来のUNI THE INVENTION Problems to be Solved] of the above-mentioned conventional UNI
Xシステムの資源管理方式では、利用者による資源の使用が資源使用限度量を越えたときに利用者にメッセージで通知するようになっているだけであったので、利用者による資源の使用が資源使用限度量を越えたことをすぐに認識できるのは利用者だけであり、システム管理者はコマンド等によって初めて認識できるにすぎないとともに、資源がすべて使用された場合などにはだれがどのくらい使ったためにファイルまたはディスクブロックがなくなったのかなどのコンピュータシステムの資源使用情報を整理するのに大変手間がかかり、システム管理者があらかじめ利用者の資源使用量を予測することが難しいという欠点があった。 In the resource management method of the X system, since use of the resource by the user it was only adapted to notify the message to the user when exceeding the resource use limit amount, the use of resources by users resources of that exceeded the allowable limit amount can immediately recognize is only the user, the system administrator with not only be for the first time recognized by the command or the like, in order to using much who what is, for example, if the resource is used all it takes a long time to organize the resource use information of the computer system, such as whether the lost file or disk blocks, there is a disadvantage that it is difficult that the system administrator to predict the resource usage of the user in advance.

【0005】また、利用者が長い間コンピュータシステムを利用していなかった場合には、利用者の現在の資源使用量,資源使用限度量等の資源管理情報を知るためには資源管理情報を納めたファイル等を検索しなければならないという欠点があった。 Further, if the user did not utilize long computer system, the current resource usage of the user, in order to know the resource management information of the resource usage limit amount and the like is accommodated a resource management information It was like there was a drawback that it is necessary to search for the file.

【0006】本発明の目的は、上述の点に鑑み、UNI An object of the present invention, in view of the above points, UNI
Xシステムの資源管理システムであるQUOTAサブシステムを使用した大規模なセンタ運用のコンピュータシステムにおいて、資源の使用状態を的確に判断するために資源使用情報および資源管理情報をシステム管理者に提供してシステム管理者による資源の管理および運用を効率よくかつ円滑に行えるように支援可能なUNIXシステム資源監視方式を提供することにある。 In large centers operation of a computer system using the QUOTA subsystem is the resource management system X systems provide resource usage information and resource management information to the system administrator in order to accurately determine the state of use of resources and to provide a supportable UNIX system resources monitoring system to allow the administration and management of resources by the system administrator efficiently and smoothly.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】本発明のUNIXシステム資源監視方式は、UNIXシステムを使用した大規模でかつ十分なディスク容量を持ったコンピュータシステムを用いてセンタ運用を行い、UNIXシステムのQU UNIX system resource monitoring system of the present invention, in order to solve the problems] performs center operations using a large-scale and and sufficient computer system having a disk space using UNIX system, QU UNIX systems
OTAサブシステムを使用してシステム管理者が利用者のファイル資源を管理しているコンピュータシステムにおいて、利用者毎のディスクブロック使用量,ディスクブロック使用量のソフトリミットおよびハードリミットならびにファイル保有数,ファイル保有数のソフトリミットおよびハードリミットからなる資源管理情報を保持するQUOTAファイルと、各利用者がコンピュータシステムを利用した日付,利用者に与えられたコンピュータシステム上の利用者ID,利用者が含まれるコンピュータシステム上のグループID,利用者が使用したディスクブロック使用量および利用者が保有したファイル保有数からなる日付データを保持する日付データファイルと、指定された期間ごとに日付データを作成して前記日付データファイル OTA in a computer system by a system administrator using the subsystem manages the file resources of the user, the disk block usage for each user, the disk block usage of soft and hard limits and files held number, file and QUOTA file that holds the resource management information comprising a held number of soft and hard limits, the date in which each user using a computer system, the user ID on a computer system provided to the user include user group ID on a computer system, wherein the creating and date data file that holds the date data available disk block usage user has used and the user is made from the file held number of held, the date data for each specified period date data file 格納する日付データ作成手段と、システム管理者からのコマンドに応じて前記日付データファイルの日付データを用いて資源使用情報を編集して出力する資源使用情報編集手段と、システム管理者からのコマンドに応じて前記QUOTAファイルの資源管理情報および前記日付データファイルの日付データを用いて資源の使用限度を越えてしまった利用者の情報を管理者端末に出力したり利用者がUNIXシステムにログインしたときに前記QUOTAファイルから利用者の資源管理情報をメッセージとして利用者端末に出力したりする制御メッセージ出力手段とを有する。 And date data generating means for storing, and resource usage information editing means for outputting by editing the resource use information by using the date data of the date data file in response to a command from the system administrator, the command from the system manager when the resource management information and the date data file by using the date data of the output to the administrator terminal the information of users who had exceeded the allowable limit of the resource or user of the QUOTA file is logged into the UNIX system in accordance with and a control message output means and outputs from said QUOTA file to the user terminal a resource management information of the user as a message.

【0008】 [0008]

【作用】本発明のUNIXシステム資源監視方式では、 [Action] in the UNIX system resource monitoring system of the present invention,
QUOTAファイルが利用者毎のディスクブロック使用量,ディスクブロック使用量のソフトリミットおよびハードリミットならびにファイル保有数,ファイル保有数のソフトリミットおよびハードリミットからなる資源管理情報を保持し、日付データファイルが各利用者がコンピュータシステムを利用した日付,利用者に与えられたコンピュータシステム上の利用者ID,利用者が含まれるコンピュータシステム上のグループID,利用者が使用したディスクブロック使用量および利用者が保有したファイル保有数からなる日付データを保持し、日付データ作成手段が指定された期間ごとに日付データを作成して日付データファイルに格納し、資源使用情報編集手段がシステム管理者からのコマンドに応じて日付データファイルの日付デー QUOTA disk block usage of files each user, the disk block usage of soft and hard limits and files held number, holds resource management information consisting of soft and hard limits files owned number, date data files each date the user using a computer system, the user ID on a computer system provided to the user, the group ID on the computer system that contains the user, the user held by the disk block usage and user using keeps the date data consisting of files held number, stored in the date data file to create the date data at an interval of date data generating means is designated, the resource use information editing means according to a command from the system administrator date day of date data file Te を用いて資源使用情報を編集して出力し、制御メッセージ出力手段がシステム管理者からのコマンドに応じてQUOTAファイルの資源管理情報および日付データファイルの日付データを用いて資源の使用限度を越えてしまった利用者の情報を管理者端末に出力したり利用者がUNIXシステムにログインしたときにQUOTAファイルから利用者の資源管理情報をメッセージとして利用者端末に出力したりする。 And it outputs the edited resource use information by using a control message output means exceeds the allowable limit of the resources by using the date data of the resource management information and date data files QUOTA file in response to a command from the system administrator gone was the user of the output information to the administrator terminal or user to or output from QUOTA file to the user terminal resource management information of the user as a message when you log in to the UNIX system.

【0009】 [0009]

【実施例】次に、本発明について図面を参照して詳細に説明する。 EXAMPLES will be described in detail with reference to the drawings the present invention.

【0010】図1は、本発明の一実施例に係るUNIX [0010] Figure 1 is, UNIX according to an embodiment of the present invention
システム資源監視方式の構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of a system resource monitoring system.
本実施例のUNIXシステム資源監視方式は、UNIX UNIX system resource monitoring system of the present embodiment, UNIX
システムにおいてコンピュータシステムの実行状態や運用等を管理するUNIXシステム運用管理部F−1と、 The UNIX system management unit F-1 for managing the execution state and operation of a computer system in the system,
UNIXシステムのファイルに関連する処理を行いファイルを管理するファイル管理部F−2と、UNIXシステムの資源の管理を行うサブシステムであるQUOTA A file management section F-2 for managing the file performs a process related to the UNIX system file is a subsystem for managing resources in a UNIX system QUOTA
サブシステム部F−3と、QUOTAサブシステム部F A subsystem unit F-3, QUOTA subsystem unit F
−3により管理され利用者毎の資源使用量および資源使用限度量(ソフトリミットおよびハードリミット)等の資源管理情報を記録したQUOTAファイルD−1と、 And QUOTA file D-1 for recording resource management information such as resource use amount for each managed user and resource usage limit amount (soft and hard limits) by -3,
指定された一定期間(例えば、1日)毎の利用者のディスクブロック使用量,ファイル保有数等からなる日付データを記録した日付データファイルD−2と、資源使用情報等を出力するプリンタ装置P−1と、利用者あるいはシステム管理者が使用する端末装置T−1と、日付データを作成する日付データ作成手段S−1と、日付データから資源使用情報を編集する資源使用情報編集手段S Given a period of time (e.g., 1 day) the user of the disk block usage for each, the date data file D-2 which records the date data consisting of a file held number, etc., a printer unit P for outputting resource usage information, etc. -1, the terminal device T-1 that the user uses or system administrator, and date data generating means S-1 to create a date data, the resource use information editing means for editing the resource use information from the date data S
−2と、利用者あるいはシステム管理者が使用する端末装置T−1に資源管理情報および資源使用情報やメッセージを出力する制御メッセージ出力手段S−3とから構成されている。 -2, and a user or system administrator control message output to the terminal device T-1 to use the resource management information and resource usage information and message output means S-3 Prefecture.

【0011】図2を参照すると、日付データファイルD [0011] Referring to FIG. 2, the date data file D
−2の日付データフォーマットは、各利用者がコンピュータシステムを利用した日付,利用者に与えられたコンピュータシステム上の利用者ID,利用者が含まれるコンピュータシステム上のグループID,利用者が使用したディスクブロック使用量および利用者が保有したファイル保有数からなる。 -2 date data format of each user date using a computer system, the user ID on a computer system provided to the user, the group ID on the computer system that contains the user, the user using disk blocks usage and user made from the file held number of held.

【0012】次に、このように構成された本実施例のU [0012] Next, U of the present embodiment having such a configuration
NIXシステム資源監視方式の動作について説明する。 A description will be given of the operation of the NIX system resource monitoring system.

【0013】いま、例えば、利用者ID74番の利用者からファイルの作成要求が出されたとする。 [0013] Now, for example, a file creation request from the user ID74 number of users has been issued. ファイルの大きさはXブロック、現在のQUOTAファイルD−1 The size of the file X block, the current QUOTA file D-1
の利用者ID74番のディスクブロック使用量をb、ディスクブロック使用量のソフトリミットをb'、ディスクブロック使用量のハードリミットをb”、ファイル保有数をi、ファイル保有数のソフトリミットをi'、ファイル保有数のハードリミットをi”とする。 Of b the disk block usage of user ID74 number, the soft limit of disk block usage b ', the hard limit b of the disk block usage ", the number of files held by i, the soft limit of files held by the number of i' , the hard limit of files held by the number of the i ".

【0014】ファイル作成の指示がUNIXシステム運用管理部F−1から出されると、ファイル管理部F−2 [0014] When the instruction of the file creation is issued from a UNIX system operation management unit F-1, the file management unit F-2
は、これを処理し、実際にXブロックのファイルを作成しようとする。 It is to handle this, actually trying to create a file of X block.

【0015】このとき、QUOTAサブシステム部F− [0015] In this case, QUOTA subsystem part F-
3は、QUOTAファイルD−1から利用者ID74番のディスクブロック使用量b,ディスクブロック使用量のソフトリミットb',ディスクブロック使用量のハードリミットb”,ファイル保有数i,ファイル保有数のソフトリミットi'およびファイル保有数のハードリミットi”を読み込み、利用者ID74番の利用者がファイルを作成可能かどうかを判断する。 3, QUOTA file D-1 from the user ID74 No. disk block usage b, soft limit b of disk blocks usage 'hard limit b of disk blocks usage ", the file held number i, the file held number of software I read the limit i 'and the files held by the number of hard limit i ", user of the user ID74 number to determine whether it is possible to create a file.

【0016】まず、QUOTAサブシステム部F−3 [0016] First of all, QUOTA subsystem section F-3
は、ファイル保有数iについて調べる。 Checks for file held the number i.

【0017】ファイル保有数iがソフトリミットi'を越えた場合(i'=<1+i)には、QUOTAサブシステム部F−3は、警戒メッセージを制御メッセージ出力手段S−3を介して利用者が使用する端末装置T−1 [0017] The 'If the value exceeds (i' files held by the number i is soft limit i = <1 + i), QUOTA subsystem unit F-3, the user of the alert message through the control message output section S-3 terminal T-1 but to use
に表示させる。 To be displayed on.

【0018】また、ファイル保有数iがハードリミットi”を越えた場合(i”=<1+i)には、QUOTA [0018] In addition, the "case beyond the (i" file held the number i is a hard limit i = <1 + i), QUOTA
サブシステム部F−3は、警告メッセージを制御メッセージ出力手段S−3を介して利用者が使用する端末装置T−1に表示させ、ファイル管理部F−2にファイルの作成処理を中断させる。 Subsystem section F-3 may display a warning message to the control message output unit terminal T-1 to the user via the S-3 is used, the file management unit F-2 to interrupt the process of creating the file.

【0019】いま、利用者ID74番が行うファイルの作成処理は、ファイル保有数iがソフトリミットi'を越えなかったものとする。 [0019] Now, process of creating the file number user ID74 is carried out, the file held by the number of i it is assumed that did not exceed the soft limit i '.

【0020】次に、QUOTAサブシステム部F−3 [0020] Next, QUOTA subsystem unit F-3
は、ファイル保有数iの場合と同様に、ディスクブロック使用量bについても調べる。 As in the case of files owned number i, examined also disk block usage b.

【0021】ディスクブロック使用量bがソフトリミットb'を越えた場合(b'=<X+b)には、QUOT [0021] The 'If the value exceeds (b' disk block usage b soft limit b = <X + b), QUOT
Aサブシステム部F−3は、警戒メッセージを制御メッセージ出力手段S−3を介して利用者が使用する端末装置T−1に表示させる。 A subsystem unit F-3, the user of the alert message through the control message output section S-3 is to be displayed on the terminal device T-1 to be used.

【0022】また、ディスクブロック使用量bがハードリミットb”を越えた場合(b”=<X+b)には、Q [0022] In addition, the "case beyond the (b" disk block usage b is hard limit b = <X + b), Q
UOTAサブシステム部F−3は、警告メッセージを制御メッセージ出力手段S−3を介して利用者が使用する端末装置T−1に表示させ、ファイル管理部F−2にファイルの作成処理を中断させる。 UOTA subsystem unit F-3 is a warning control message output means via the S-3 is displayed on the terminal device T-1 that the user uses, to interrupt the process of creating the file to the file management unit F-2 .

【0023】いま、利用者ID74番が行うファイルの作成処理は、ディスクブロック使用量bがハードリミットb”を越えなかったものとする。 [0023] Now, process of creating the file number user ID74 is carried out, it is assumed that the disk block usage b does not exceed the hard limit b ".

【0024】ファイル管理部F−2によりファイルが作成されると、QUOTAサブシステム部F−3は、QU [0024] When a file is created by the file management unit F-2, QUOTA subsystem unit F-3 is, QU
OTAファイルD−1の利用者ID74番のファイル保有数iおよびディスクブロック使用量bを更新するとともに、ファイル作成処理の日付,利用者ID(74 Updates the OTA file D-1 file owned number i of user ID74 No. and disk block usage b, date of file creation process, the user ID (74
番),グループID,今回のディスクブロック使用量(X)およびファイル保有数(1)を日付データ作成手段S−1に通知する。 Ban), the group ID, and notifies the current disk block usage (X) and files owned number (1) the date data creation means S-1.

【0025】日付データ作成手段S−1は、日付,利用者ID(74番),グループID,今回のディスクブロック使用量(X)およびファイル保有数(1)を日付データとして日付データファイルD−2に記録する。 [0025] date data creation means S-1, the date, user ID (74 th), group ID, date data file this time of the disk block usage (X) and the file held by the number of (1) as a date data D- 2 to record.

【0026】日付データ作成手段S−1は、UNIXシステムの運用直後にシステム管理者からコマンドを投入されて指定された期間(例えば、運用直後から2日間, [0026] date data creation means S-1 is, the period of time that is specified been turned on a command from the system administrator immediately after the operation of the UNIX system (for example, two days immediately after the operation,
2日後から3日目まで等)のディスクブロック使用量, Disk block usage of from two days later, etc. up to 3 days),
ファイル保有数などをメモリ内に記録し、指定された期間が終了すると日付データを作成して日付データファイルD−2に格納する。 Records such as files held number in memory and stores the date data file D-2 to create the date data when a specified period ends. 指定された期間の間、日付データ作成手段S−1は、ディスクブロック使用量,ファイル保有数などを同一レコードに加算し、期間が経過するとまた別のレコードにディスクブロック使用量,ファイル保有数などを採取する。 For a specified period of time, the date data generating means S-1 is a disk block usage adds file held number and the same record, the period elapses addition to another record disk block usage, files owned number etc. It is harvested. このため、UNIXシステムの稼働から一定期間ごとに日付データが作成され、同一利用者の日付データが複数作成されることになる。 Thus, date data is created from the operation of the UNIX system at regular intervals, so that the date data of the same user is more created.

【0027】日付データ作成手段S−1により作成され日付データファイルD−2に格納された日付データは、 The date data stored in the date data file D-2 created by the date data generating means S-1 is
システム管理者がコマンド等を投入することにより、U By the system administrator to put a command or the like, U
NIXシステム運用管理部F−1からの通知によって資源使用情報編集手段S−2によって資源使用情報として編集され、プリンタ装置P−1やシステム管理者が使用する端末装置T−1に出力される。 The notification from NIX system management unit F-1 by the resource use information editing means S-2 are edited as resource usage information, the printer apparatus P-1 and the system administrator is output to the terminal device T-1 to be used.

【0028】日付データファイルD−2の日付データを利用者IDを検索指標として編集した場合、資源使用情報編集手段S−2により出力される資源使用情報は、特定利用者のディスクブロック使用量,ファイル保有数などを集計した利用者使用記録となる。 [0028] When editing the date data of the date data file D-2 the user ID as a search index, the resource use information output by the resource use information editing unit S-2, the disk block usage for a particular user, the user use records aggregates such as files held by the number. 日付データファイルD−2の日付データを日付と利用者IDとを検索指標として編集した場合、資源使用情報編集手段S−2により出力される資源使用情報は、週間,月間または年間といったある区切られた期間の利用者のディスクブロック使用量,ファイル保有数などを集計して表にまとめた利用者使用記録となる。 If you edit date data of date data file D-2 and a user ID and a date as a search index, the resource use information output by the resource use information editing means S-2 is, weekly, separated some such monthly or yearly disk block usage of the users of the period, by aggregating, such as a file held by the number of the user's usage records that are summarized in Table.

【0029】この他に、システム管理者がコマンド等を投入することにより、QUOTAファイルD−2の資源管理情報と日付データファイルD−3の日付データとを用いて、すでに資源使用限度量を越えた利用者の資源使用情報および資源管理情報を管理者が使用する端末装置T−1やプリンタ装置P−1等に編集して出力することができる。 [0029] In addition, by the system administrator to put a command or the like, by using the date data of QUOTA file D-2 of the resource management information and date data file D-3, already exceeds the resource usage limit amount administrator resource use information and resource management information of the user can edit the terminal T-1 and the printer unit P-1, etc. and outputs to be used with.

【0030】このように、資源使用情報,資源管理情報等をシステム管理者に提供することにより、システム管理者は種々の情報を容易に確認することができ、これらの情報を参考にして資源の管理および運用が効率よくかつ円滑に行われるように利用者毎の資源使用限度量を決定し、QUOTAサブシステムを使ってコマンド等により利用者の資源使用限度量を設定することができる。 [0030] Thus, the resource use information by providing a resource management information such as the system administrator, the system administrator can easily confirm the various information, the resource This information enables you can be managed and operated determines the resource usage limit amount for each user to be performed efficiently and smoothly, to set the resource usage limit amount of the user by a command or the like with the QUOTA subsystem.

【0031】また、利用者ID74番の利用者がUNI [0031] In addition, the user of the user ID74 number is UNI
Xシステムにログインしたとき、制御メッセージ出力手段S−3は、QUOTAファイルD−1から利用者ID When you log into X system, the control message output section S-3, the user ID from the QUOTA file D-1
74番の資源管理情報を読み込み、利用者が使用する端末装置T−1に利用者の資源管理情報を出力する。 It reads the resource management information # 74, and outputs the resource management information of the user to the terminal device T-1 that the user uses. 出力される資源管理情報としては、ディスクブロック使用量b,ファイル保有数i,ディスクブロック使用量bおよびファイル保有数iのハードリミット(b”,i”)に対する比率(b/b”,i/i”)等が考えられる。 The resource management information output, disk block usage b, files owned number i, the ratio with respect to the disk block usage b and files owned number i hard limit of (b ", i") (b / b ", i / i ") and the like can be considered.

【0032】なお、上記実施例の動作の説明では、利用者からファイルの作成要求が出された場合について主として述べたが、ファイルの更新要求,削除要求等が出された場合にも同様にして資源の監視が行われることはいうまでもない。 [0032] In the description of the operation of the above embodiment has been described primarily for the case issued from the user a file creation request, an update request of the file, in the same way even if the delete request or the like is issued it goes without saying that the monitoring of the resources is carried out.

【0033】 [0033]

【発明の効果】以上説明したように本発明は、UNIX Embodiments of the present invention described above, according to the present invention is, UNIX
システムの資源管理システムであるQUOTAサブシステムを使用した大規模なセンタ運用のコンピュータシステムにおいて、システム管理者に資源の使用状態を的確に判断するための資源使用情報を提供し、過去の実績からこれからの資源の管理および運用を効率よくかつ円滑に行うためにシステム管理者による利用者の資源使用限度量の決定等を支援することが可能となるという効果がある。 In a large-scale center operation of a computer system using the QUOTA sub-system is a system resource management system, to provide a resource use information in order to accurately determine the state of use of the resources to the system administrator, the future from the past experience there is an effect that it becomes possible to manage the resources and supporting efficient and determination of resource usage limit amount of user smoothly by the system administrator in order to perform such operations.

【0034】また、利用者がUNIXシステムにログインしたときに利用者の現在の資源使用量,資源使用限度量等の資源管理情報を利用者に提示することにより、利用者のトラブルを防ぐ上でも効果が期待できる。 [0034] In addition, the current resource usage of a user when the user logs in to the UNIX system, by presenting the resource management information, such as resource use limit the amount to the user, also in preventing the trouble of the user effect can be expected.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例に係るUNIXシステム資源監視方式の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a configuration of a UNIX system resource monitoring scheme according to an embodiment of the present invention.

【図2】図1中の日付データファイルの日付データのフォーマットを示す図である。 FIG. 2 is a diagram showing a format of date data of the date data file in FIG. 1.

【符号の説明】 D−1 QUOTAファイル D−2 日付データファイル F−1 UNIXシステム運用管理部 F−2 ファイル管理部 F−3 QUOTAサブシステム部 P−1 プリンタ装置 S−1 日付データ作成手段 S−2 資源使用情報編集手段 S−3 制御メッセージ出力手段 T−1 端末装置 [Description of symbols] D-1 QUOTA file D-2 date data file F-1 UNIX system management unit F-2 file manager F-3 QUOTA subsystem unit P-1 printer S-1 date data generating means S -2 resource usage information editing means S-3 control message output means T-1 terminal device

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 UNIXシステムを使用した大規模でかつ十分なディスク容量を持ったコンピュータシステムを用いてセンタ運用を行い、UNIXシステムのQUOT [Claims 1 performs center operations using a large-scale and and sufficient computer system having a disk space using UNIX system, QUOT UNIX systems
    Aサブシステムを使用してシステム管理者が利用者のファイル資源を管理しているコンピュータシステムにおいて、 利用者毎のディスクブロック使用量,ディスクブロック使用量のソフトリミットおよびハードリミットならびにファイル保有数,ファイル保有数のソフトリミットおよびハードリミットからなる資源管理情報を保持するQU In a computer system by a system administrator using the A subsystem is managing file resources of the user, the disk block usage for each user, the disk block usage of soft and hard limits and files held number, file QU that holds resource management information comprising a held number of soft and hard limits
    OTAファイルと、 各利用者がコンピュータシステムを利用した日付,利用者に与えられたコンピュータシステム上の利用者ID, OTA files and the date that each user has utilized a computer system, a user ID on a given computer system to the user,
    利用者が含まれるコンピュータシステム上のグループI Group I on the computer system that contains the user
    D,利用者が使用したディスクブロック使用量および利用者が保有したファイル保有数からなる日付データを保持する日付データファイルと、 指定された期間ごとに日付データを作成して前記日付データファイルに格納する日付データ作成手段と、 システム管理者からのコマンドに応じて前記日付データファイルの日付データを用いて資源使用情報を編集して出力する資源使用情報編集手段と、 システム管理者からのコマンドに応じて前記QUOTA D, create and store the date data file that holds the date data available disk block usage user has used and the user is made from the file held number of held, the date data for each specified time period to the date data file and date data generating means for, and resource usage information editing means for outputting by editing the resource use information by using the date data of the date data file in response to a command from the system administrator, depending on the command from the system manager the Te QUOTA
    ファイルの資源管理情報および前記日付データファイルの日付データを用いて資源の使用限度を越えてしまった利用者の情報を管理者端末に出力したり利用者がUNI And it outputs the user of the information you've exceeded the allowable limit of resources by using the date data of the resource management information and the date data file of the file to the administrator terminal or user UNI
    Xシステムにログインしたときに前記QUOTAファイルから利用者の資源管理情報をメッセージとして利用者端末に出力したりする制御メッセージ出力手段とを有することを特徴とするUNIXシステム資源監視方式。 UNIX system resource monitoring system, characterized in that a control message output means and outputs from said QUOTA file to the user terminal a resource management information of the user as the message when they log into the X system.
JP19345591A 1991-07-08 1991-07-08 Unix system resource monitor system Pending JPH0512043A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19345591A JPH0512043A (en) 1991-07-08 1991-07-08 Unix system resource monitor system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19345591A JPH0512043A (en) 1991-07-08 1991-07-08 Unix system resource monitor system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0512043A true true JPH0512043A (en) 1993-01-22

Family

ID=16308288

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19345591A Pending JPH0512043A (en) 1991-07-08 1991-07-08 Unix system resource monitor system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0512043A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002268920A (en) * 2001-03-09 2002-09-20 Daiwa Securities Group Inc Load monitoring system, load monitoring method and program
JP2003303054A (en) * 2002-04-08 2003-10-24 Hitachi Ltd Computer system, storage device and method for monitoring operation of same

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002268920A (en) * 2001-03-09 2002-09-20 Daiwa Securities Group Inc Load monitoring system, load monitoring method and program
JP2003303054A (en) * 2002-04-08 2003-10-24 Hitachi Ltd Computer system, storage device and method for monitoring operation of same

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5781908A (en) File data synchronizer in a distributed data computer network
US5258751A (en) Method of presenting messages for a selective call receiver
US5495607A (en) Network management system having virtual catalog overview of files distributively stored across network domain
US6173422B1 (en) Error monitoring system for video/audio devices
US20050193031A1 (en) Systems and methods for backing up data files
US20020178249A1 (en) Method for managing objects created in a directory service
US6802067B1 (en) Computer software framework and method for logging messages
US20060047805A1 (en) Apparatus, system, and method for gathering trace data indicative of resource activity
US6253204B1 (en) Restoring broken links utilizing a spider process
US7444395B2 (en) Method and apparatus for event handling in an enterprise
US4792921A (en) Network event identifiers
US5062045A (en) System for maintaining a document and activity selective alterable document history log in a data processing system
US20070078972A1 (en) Computer-readable recording medium with system managing program recorded therein, system managing method and system managing apparatus
US5119493A (en) System for recording at least one selected activity from a selected resource object within a distributed data processing system
US6434616B2 (en) Method for monitoring abnormal behavior in a computer system
WO1991003017A1 (en) Logical event notification method and apparatus
US7539708B2 (en) Backup system, backup controlling apparatus, backup data managing method and a computer readable recording medium recorded thereon backup controlling program
US6708211B1 (en) Windows frame, dialog box, keyboard, device access and user environment real time ASC file signal tracking and control system based upon user activity
US5142663A (en) Method for memory management within a document history log in a data processing system
JPH05120110A (en) Automatic backup system for file
EP0096199A2 (en) Method and apparatus for logging journal data in a computing apparatus
US20110196893A1 (en) Data Storage Management
CN1317745A (en) Method and appts. for storing daily record data in communication network
JP2001306382A (en) Method for accessing shared file, device for executing the method and recording medium recording its processing program
JP2003196243A (en) State display program and state distribution method