JP7070728B2 - Startup source program and terminal device - Google Patents

Startup source program and terminal device Download PDF

Info

Publication number
JP7070728B2
JP7070728B2 JP2021015399A JP2021015399A JP7070728B2 JP 7070728 B2 JP7070728 B2 JP 7070728B2 JP 2021015399 A JP2021015399 A JP 2021015399A JP 2021015399 A JP2021015399 A JP 2021015399A JP 7070728 B2 JP7070728 B2 JP 7070728B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
program
output
information
designated
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2021015399A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2021093168A (en
Inventor
紀彦 浅井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Brother Industries Ltd
Original Assignee
Brother Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Brother Industries Ltd filed Critical Brother Industries Ltd
Priority to JP2021015399A priority Critical patent/JP7070728B2/en
Publication of JP2021093168A publication Critical patent/JP2021093168A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP7070728B2 publication Critical patent/JP7070728B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、コンテンツデータを指定するコンテンツ指定プログラム、コンテンツデータを出力する出力プログラム、各プログラムを実行する携帯端末に関する。 The present invention relates to a content designation program for designating content data, an output program for outputting content data, and a mobile terminal for executing each program.

例えば特許文献1には、携帯端末に記憶された画像データ等をユーザに指定させ、指定された画像データで示される画像をプリンタに印刷させることができる印刷アプリケーションが開示されている。また、画像データを印刷アプリケーションに受け渡すアプリケーションも開示されている。 For example, Patent Document 1 discloses a printing application capable of causing a user to specify an image data or the like stored in a mobile terminal and having a printer print an image represented by the designated image data. An application for passing image data to a printing application is also disclosed.

特開2012-203742号公報Japanese Unexamined Patent Publication No. 2012-203742

近年のプリンタは、画像をシートに記録するプリント機能のみならず、画像をFAX送信するFAX送信機能等を有する所謂MFP(MultiFunction Peripheralの略)である場合が多い。しかしながら、特許文献1に開示された印刷アプリケーションでは、MFPのFAX機能を利用することができないという課題がある。 In recent years, printers are often so-called MFPs (abbreviations for MultiFaction Peripheral) having not only a print function for recording an image on a sheet but also a fax transmission function for transmitting an image by fax. However, the printing application disclosed in Patent Document 1 has a problem that the FAX function of the MFP cannot be used.

本発明は、上記の事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、複数の出力動作のうちからユーザによって選択された出力動作の実行を、出力プログラムを通じて出力装置に指示することができるコンテンツ指定プログラムを提供することにある。 The present invention has been made in view of the above circumstances, and an object thereof is a content capable of instructing an output device to execute an output operation selected by a user from a plurality of output operations through an output program. To provide a designated program.

(1) 本明細書の一形態に係るコンテンツ指定プログラムは、操作部と、記憶部と、通信部とを備える携帯端末が読み取り可能である。前記携帯端末のOSは、第1プログラムが指定した第2プログラムを起動し、且つ前記第1プログラムが指定した指示情報を前記第2プログラムに引き渡す共有機能を提供する。前記記憶部は、前記携帯端末が読取可能な出力プログラムを記憶している。前記出力プログラムは、コンテンツデータを出力する複数の出力動作を前記通信部を通じて通信可能な出力装置に実行させる処理を、前記携帯端末に実行させることが可能である。前記携帯端末によって読み取られた該コンテンツ指定プログラムは、前記コンテンツデータを指定するユーザ操作を、前記操作部を通じて受け付ける第1受付処理と、複数の前記出力動作のうち、前記出力プログラムを通じて前記出力装置に実行させる前記出力動作を指定するユーザ操作を、前記操作部を通じて受け付ける第2受付処理と、データ識別情報及び動作識別情報を前記指示情報として前記OSに対して指定し、且つ前記共有機能を利用して前記出力プログラムを起動させる起動処理とを前記携帯端末に実行させる。前記データ識別情報は、前記第1受付処理で指定を受け付けた前記コンテンツデータを識別する。前記動作識別情報は、前記第2受付処理で指定を受け付けた前記出力動作を識別する。 (1) The content designation program according to one form of the present specification can be read by a mobile terminal including an operation unit, a storage unit, and a communication unit. The OS of the mobile terminal provides a sharing function of invoking a second program designated by the first program and passing instruction information designated by the first program to the second program. The storage unit stores an output program that can be read by the mobile terminal. The output program can cause the mobile terminal to execute a process of causing an output device capable of communicating through the communication unit to execute a plurality of output operations for outputting content data. The content designation program read by the mobile terminal has a first reception process for receiving a user operation for designating the content data through the operation unit, and a plurality of output operations to the output device through the output program. The second reception process that accepts the user operation that specifies the output operation to be executed through the operation unit, the data identification information and the operation identification information are specified to the OS as the instruction information, and the sharing function is used. The mobile terminal is made to execute the activation process for activating the output program. The data identification information identifies the content data that has been designated in the first reception process. The operation identification information identifies the output operation that has received the designation in the second reception process.

上記構成によれば、コンテンツデータ及び出力動作それぞれを指定するユーザ操作を受け付けることにより、出力プログラムを通じて出力装置に、ユーザが指定したコンテンツデータをユーザが指定した出力動作で出力させることができる。 According to the above configuration, by accepting a user operation that specifies each of the content data and the output operation, the output device can output the content data specified by the user in the output operation specified by the user through the output program.

(2) 好ましくは、前記携帯端末は、表示部を備える。前記記憶部は、複数の前記出力プログラムを記憶している。該コンテンツ指定プログラムは、前記記憶部に記憶されている前記出力プログラムを識別する複数のプログラム識別情報を、前記OSから取得するプログラム情報取得処理と、複数のプログラム指定オブジェクト、及び動作指定オブジェクトを含む選択画面を表示させる表示制御処理とを前記携帯端末に実行させる。前記プログラム指定オブジェクトは、前記プログラム識別情報で識別される前記出力プログラムを示す。前記動作指定オブジェクトは、複数の前記プログラム指定オブジェクトそれぞれに対応付けられており、且つ対応する前記プログラム指定オブジェクトで示される前記出力プログラムが前記出力装置に実行させることができる前記出力動作を示す。該コンテンツ指定プログラムは、前記第2受付処理において、前記選択画面に含まれるオブジェクトを選択するユーザ操作を受け付け、前記動作指定オブジェクトの選択を前記第2受付処理で受け付けた場合の前記起動処理において、選択された前記動作指定オブジェクトで示される前記出力動作を識別する前記動作識別情報を前記指示情報として前記OSに対して指定し、且つ選択された前記動作指定オブジェクトに対応する前記プログラム指定オブジェクトで示される前記出力プログラムを前記共有機能を利用して起動させる。 (2) Preferably, the mobile terminal includes a display unit. The storage unit stores a plurality of the output programs. The content designation program includes a program information acquisition process for acquiring a plurality of program identification information for identifying the output program stored in the storage unit from the OS, a plurality of program designation objects, and an operation designation object. The mobile terminal is made to execute the display control process for displaying the selection screen. The program designation object indicates the output program identified by the program identification information. The operation-designated object indicates the output operation that is associated with each of the plurality of program-designated objects and that the output program represented by the corresponding program-designated object can be executed by the output device. In the second reception process, the content designation program accepts a user operation for selecting an object included in the selection screen, and in the activation process when the selection of the operation designation object is accepted in the second reception process. The operation identification information that identifies the output operation indicated by the selected operation designation object is specified for the OS as the instruction information, and is indicated by the program designation object corresponding to the selected action designation object. The output program is started by using the sharing function.

上記構成によれば、携帯端末にインストールされた複数の出力装置のうちから、所望の出力プログラムをユーザに指定させ、当該出力プログラムを通じて出力装置に出力動作を実行させることができる。 According to the above configuration, a desired output program can be specified by a user from among a plurality of output devices installed in a mobile terminal, and the output device can be made to execute an output operation through the output program.

(3) 好ましくは、該コンテンツ指定プログラムは、前記プログラム識別情報で識別される複数の前記出力プログラムそれぞれについて、前記OSを通じて当該出力プログラムから動作情報を取得する動作情報取得処理を前記携帯端末に実行させる。前記動作情報は、当該出力プログラムが前記出力装置に実行させることができる前記出力動作を示す。該コンテンツ指定プログラムは、前記表示制御処理において、前記動作情報で示される前記出力動作を示す前記動作指定オブジェクトを前記選択画面に含める。 (3) Preferably, the content designation program executes an operation information acquisition process of acquiring operation information from the output program through the OS for each of the plurality of output programs identified by the program identification information on the mobile terminal. Let me. The operation information indicates the output operation that the output program can cause the output device to execute. In the display control process, the content designation program includes the motion designation object indicating the output motion indicated by the motion information in the selection screen.

上記構成によれば、各出力プログラムが実行可能な出力動作をコンテンツ指定プログラムが予め認識しておく必要がない。そのため、例えばバージョンアップ等によって出力プログラムが新たな出力動作をサポートしたとしても、コンテンツ指定プログラムにおいて当該出力動作をユーザに選択させることができる。 According to the above configuration, it is not necessary for the content specifying program to recognize in advance the output operation that can be executed by each output program. Therefore, even if the output program supports a new output operation due to, for example, version upgrade, the user can select the output operation in the content designation program.

(4) 好ましくは、前記出力プログラムは、前記通信部を通じて複数の前記出力装置と通信可能である。該コンテンツ指定プログラムは、前記プログラム識別情報で識別される複数の前記出力プログラムそれぞれについて、前記OSを通じて当該出力プログラムから装置情報を取得する装置情報取得処理を前記携帯端末に実行させる。前記装置情報は、当該出力プログラムが通信可能な前記出力装置のうち、前記動作情報で示される前記出力動作を実行可能な前記出力装置を示す情報である。該コンテンツ指定プログラムは、前記表示制御処理において、前記装置情報に基づいて、前記動作指定オブジェクトに対応付けられた態様の装置指定オブジェクトを前記選択画面にさらに含める。前記装置指定オブジェクトは、対応する前記プログラム指定オブジェクトで示される前記出力プログラムが通信可能であり、且つ対応する前記動作指定オブジェクトで示される前記出力動作を実行可能な前記出力装置を示す。該コンテンツ指定プログラムは、前記装置指定オブジェクトの選択を前記第2受付処理で受け付けた場合の前記起動処理において、装置識別情報を前記指示情報として前記OSに対してさらに指定し、且つ選択された前記装置指定オブジェクトに対応する前記プログラム指定オブジェクトで示される前記出力プログラムを前記共有機能を利用して起動させる。前記動作識別情報は、選択された前記装置指定オブジェクトに対応する前記動作指定オブジェクトで示される前記出力動作を識別する。前記装置識別情報は、選択された前記装置指定オブジェクトで示される前記出力装置を識別する。 (4) Preferably, the output program can communicate with a plurality of the output devices through the communication unit. The content designation program causes the mobile terminal to execute device information acquisition processing for acquiring device information from the output program through the OS for each of the plurality of output programs identified by the program identification information. The device information is information indicating the output device capable of executing the output operation indicated by the operation information among the output devices with which the output program can communicate. In the display control process, the content designation program further includes a device designation object of an aspect associated with the operation designation object in the selection screen based on the device information. The device-designated object refers to the output device that is capable of communicating with the output program indicated by the corresponding program-designated object and capable of performing the output operation indicated by the corresponding operation-designated object. The content designation program further designates the device identification information as the instruction information to the OS in the activation process when the selection of the device designation object is received in the second reception process, and is selected. The output program indicated by the program designation object corresponding to the device designation object is started by using the sharing function. The operation identification information identifies the output operation indicated by the operation designation object corresponding to the selected device designation object. The device identification information identifies the output device indicated by the selected device designation object.

上記構成によれば、出力プログラムが通信可能な複数の出力装置のうち、出力動作を実行させたい出力装置を、コンテンツ指定プログラムにおいてユーザに選択させることができる。また、プログラム指定オブジェクト、動作指定オブジェクト、及び装置指定オブジェクトを階層化することにより、出力プログラム、出力動作、及び出力装置を選択するユーザ操作を簡素化することができる。 According to the above configuration, the user can be made to select the output device to be executed the output operation from the plurality of output devices that the output program can communicate with in the content designation program. Further, by layering the program designation object, the operation designation object, and the device designation object, it is possible to simplify the user operation for selecting the output program, the output operation, and the output device.

(5) 好ましくは、該コンテンツ指定プログラムは、前記起動処理において、起動された前記出力プログラムが最初に実行すべき処理を指示する処理情報を前記指示情報として前記OSに対してさらに指定し、前記動作指定オブジェクトの選択を前記第2受付処理で受け付けた場合の前記起動処理において、プレビュー画面を前記表示部に表示させることを指示する前記処理情報を前記指示情報として前記OSに対して指定する。前記プレビュー画面は、前記コンテンツ識別情報で識別される前記コンテンツデータを、前記動作識別情報で識別される前記出力動作で出力したイメージを示すプレビュー画像と、複数の前記出力装置のうち、前記動作識別情報で識別される前記出力動作を実行させる前記出力装置を指定するユーザ操作を受け付けるためのオブジェクトとを含む。 (5) Preferably, in the start-up process, the content designation program further designates the process information instructing the process to be executed first by the started output program to the OS as the instruction information, and the above-mentioned In the startup process when the selection of the operation designation object is accepted in the second reception process, the process information instructing the display unit to display the preview screen is designated as the instruction information for the OS. The preview screen is a preview image showing an image of the content data identified by the content identification information output by the output operation identified by the operation identification information, and the operation identification among the plurality of output devices. Includes an object for accepting user operations that designate the output device that performs the output operation identified by information.

上記構成によれば、出力装置にコンテンツデータを出力させる前に、出力結果のイメージをユーザに確認させることができる。その結果、ユーザが所望する出力結果を得やすくなる。換言すれば、出力結果がユーザの意図と異なることによる処理のやり直しを抑制することができる。 According to the above configuration, the user can confirm the image of the output result before causing the output device to output the content data. As a result, it becomes easy to obtain the output result desired by the user. In other words, it is possible to suppress re-processing due to the output result being different from the user's intention.

(6) 好ましくは、該コンテンツ指定プログラムは、前記装置指定オブジェクトの選択を前記第2受付処理で受け付けた場合の前記起動処理において、前記プレビュー画面の表示を省略して前記出力装置に前記出力動作を実行させることを指示する前記処理情報を前記指示情報として前記OSに対して指定する。 (6) Preferably, in the activation process when the selection of the device designation object is accepted in the second reception process, the content designation program omits the display of the preview screen and outputs the output device to the output device. The processing information instructing the execution of the above is designated as the instruction information for the OS.

上記構成によれば、全てのユーザ操作をコンテンツ指定プログラムが受け付けるので、コンテンツデータが出力されるまでのユーザ操作を簡素化することができる。 According to the above configuration, since the content designation program accepts all user operations, it is possible to simplify the user operations until the content data is output.

(7) 好ましくは、該コンテンツ指定プログラムは、前記プログラム指定オブジェクトの選択を前記第2受付処理で受け付けた場合の前記起動処理において、前記指示情報としての前記動作識別情報の指定を省略し、且つ動作選択画面を前記表示部に表示させることを指示する前記処理情報を前記指示情報として前記OSに対して指定する。前記動作選択画面は、前記出力装置を指定するユーザ操作を受け付けるための第1オブジェクトと、前記第1オブジェクトを通じて指定された前記出力装置に実行させる前記出力動作を指定するユーザ操作を受け付けるための第2オブジェクトとを含む。 (7) Preferably, the content designation program omits the designation of the operation identification information as the instruction information in the activation process when the selection of the program designation object is accepted in the second reception process, and The processing information instructing the display unit to display the operation selection screen is designated as the instruction information for the OS. The operation selection screen is a first object for accepting a user operation for designating the output device, and a first object for accepting a user operation for designating the output operation to be executed by the output device designated through the first object. Includes 2 objects.

上記構成によれば、コンテンツデータを出力する出力動作を、出力プログラムにおいてユーザに指定させることができる。 According to the above configuration, the output operation for outputting the content data can be specified by the user in the output program.

(8) 他の例として、前記出力プログラムは、前記通信部を通じて複数の前記出力装置と通信可能である。該コンテンツ指定プログラムは、前記プログラム識別情報で識別される複数の前記出力プログラムそれぞれについて、前記OSを通じて当該出力プログラムから装置情報を取得する装置情報取得処理を前記携帯端末に実行させる。前記装置情報は、当該出力プログラムが通信可能な前記出力装置が実行可能な前記出力動作を示す情報である。 該コンテンツ指定プログラムは、前記表示制御処理において、前記動作情報で示される前記出力動作を示す前記動作指定オブジェクトを、前記出力装置毎に前記選択画面に含める。 (8) As another example, the output program can communicate with a plurality of the output devices through the communication unit. The content designation program causes the mobile terminal to execute device information acquisition processing for acquiring device information from the output program through the OS for each of the plurality of output programs identified by the program identification information. The device information is information indicating the output operation that can be executed by the output device that the output program can communicate with. In the display control process, the content designation program includes the motion designation object indicating the output motion indicated by the motion information in the selection screen for each output device.

このように、出力プログラム、当該出力プログラムが通信可能な出力装置、及び当該出力装置が実行可能な出力動作の順に、各オブジェクトを階層化させてもよい。 In this way, each object may be layered in the order of the output program, the output device with which the output program can communicate, and the output operation that can be executed by the output device.

(9) 本明細書の他の携帯にかかるコンテンツ指定プログラムは、操作部と、記憶部と、通信部とを備える携帯端末が読み取り可能である。前記記憶部は、前記携帯端末が読取可能な出力プログラムを記憶している。前記出力プログラムは、コンテンツデータを出力する複数の出力動作を前記通信部を通じて通信可能な出力装置に実行させる処理を、前記携帯端末に実行させることが可能である。前記携帯端末によって読み取られた該コンテンツ指定プログラムは、前記出力プログラムから動作情報を取得する動作情報取得処理を前記携帯端末に実行させる。前記動作情報は、前記出力プログラムが前記出力装置に実行させることができる前記出力動作を示す。該コンテンツ指定プログラムは、前記コンテンツデータを指定するユーザ操作を、前記操作部を通じて受け付ける第1受付処理と、前記動作情報で示される前記出力動作の1つを指定するユーザ操作を、前記操作部を通じて受け付ける第2受付処理と、前記出力プログラムを起動し且つデータ識別情報及び動作識別情報を当該出力プログラムに引き渡す起動処理とを前記携帯端末に実行させる。前記データ識別情報は、前記第1受付処理で指定を受け付けた前記コンテンツデータを識別する。前記動作識別情報は、前記第2受付処理で指定を受け付けた前記出力動作を識別する。 (9) The content designation program related to other mobile phones in the present specification can be read by a mobile terminal including an operation unit, a storage unit, and a communication unit. The storage unit stores an output program that can be read by the mobile terminal. The output program can cause the mobile terminal to execute a process of causing an output device capable of communicating through the communication unit to execute a plurality of output operations for outputting content data. The content designation program read by the mobile terminal causes the mobile terminal to execute an operation information acquisition process for acquiring operation information from the output program. The operation information indicates the output operation that the output program can cause the output device to execute. The content designation program performs a first reception process for receiving a user operation for designating the content data through the operation unit and a user operation for designating one of the output operations indicated by the operation information through the operation unit. The mobile terminal is made to execute the second reception process for accepting and the activation process for activating the output program and passing the data identification information and the operation identification information to the output program. The data identification information identifies the content data that has been designated in the first reception process. The operation identification information identifies the output operation that has received the designation in the second reception process.

上記構成によれば、コンテンツデータ及び出力動作それぞれを指定するユーザ操作を受け付けることにより、出力プログラムを通じて出力装置に、ユーザが指定したコンテンツデータをユーザが指定した出力動作で出力させることができる。また、出力プログラムが実行可能な出力動作をコンテンツ指定プログラムが予め認識しておく必要がないので、例えばバージョンアップ等によって出力プログラムが新たな出力動作をサポートしたとしても、コンテンツ指定プログラムにおいて当該出力動作が選択可能になる。 According to the above configuration, by accepting a user operation that specifies each of the content data and the output operation, the output device can output the content data specified by the user in the output operation specified by the user through the output program. Further, since it is not necessary for the content specification program to recognize in advance the output operation that can be executed by the output program, even if the output program supports a new output operation due to, for example, a version upgrade, the output operation is the output operation in the content specification program. Becomes selectable.

(10) 本明細書に記載の出力プログラムは、表示部と、操作部と、記憶部と、通信部とを備える携帯端末が読み取り可能である。前記通信部は、コンテンツデータを出力する複数の出力動作のうちの少なくとも1つを実行する出力装置と通信することが可能である。前記記憶部は、前記携帯端末が読み取り可能な起動元プログラムを記憶する。前記起動元プログラムは、該出力プログラムを起動し、且つコンテンツデータを識別するデータ識別情報、及び前記出力動作を識別する動作識別情報の少なくとも1つを該出力プログラムに通知する処理を、前記携帯端末に実行させることが可能である。前記携帯端末によって読み取られた該出力プログラムは、該出力プログラムの起動を指示するユーザ操作を受け付けた前記携帯端末のOSによって起動されたことに応じて、動作選択画面を前記表示部に表示させる第1表示処理を前記携帯端末に実行させる。前記動作選択画面は、前記出力装置に実行させる前記出力動作に対応する動作指定オブジェクトを含む。該出力プログラムは、前記動作選択画面に含まれる前記オブジェクトを選択するユーザ操作を前記操作部を通じて受け付ける第1受付処理と、前記動作指定オブジェクトの選択を前記第1受付処理で受け付けたことに応じて、データ選択画面を前記表示部に表示させる第2表示処理とを前記携帯端末に実行させる。前記データ選択画面は、前記コンテンツデータに対応するデータ指定オブジェクトを含む。該出力プログラムは、前記データ選択画面に含まれる前記オブジェクトを選択するユーザ操作を前記操作部を通じて受け付ける第2受付処理と、前記データ指定オブジェクトの選択を前記第2受付処理で受け付けたことに応じて、プレビュー画面を前記表示部に表示させる第3表示処理とを前記携帯端末に実行させる。前記プレビュー画面は、プレビュー画像と、出力指示オブジェクトとを含む。該出力プログラムが前記OSによって起動された場合の前記プレビュー画像は、前記第2受付処理で指定を受け付けた前記コンテンツデータを、前記第1受付処理で指定を受け付けた前記出力動作で出力したイメージを示す画像である。前記出力指示オブジェクトは、前記出力動作を前記出力装置に実行させる指示に対応するオブジェクトである。該出力プログラムは、前記プレビュー画面に含まれる前記オブジェクトを選択するユーザ操作を前記操作部を通じて受け付ける第3受付処理と、前記出力指示オブジェクトの選択を前記第3受付処理で受け付けたことに応じて、前記通信部を通じて前記出力装置に出力指示情報を送信する出力指示処理とを前記携帯端末に実行させる。該出力プログラムが前記OSによって起動された場合の前記出力指示情報は、前記第2受付処理で指定を受け付けた前記コンテンツデータを、前記第1受付処理で指定を受け付けた前記出力動作で出力させる情報である。該出力プログラムは、前記起動元プログラムによって起動され、且つ前記データ識別情報及び前記動作識別情報の両方が前記起動元プログラムから通知されたことに応じて、前記第1表示処理、前記第1受付処理、前記第2表示処理、及び前記第2受付処理を省略して、前記第3表示処理を前記携帯端末に実行させる。該出力プログラムが前記起動元プログラムによって起動された場合の前記プレビュー画像は、前記データ識別情報で示される前記コンテンツデータを、前記動作識別情報で識別される前記出力動作で出力したイメージを示す。該出力プログラムが前記起動元プログラムによって起動された場合の前記出力指示情報は、前記データ識別情報で示される前記コンテンツデータを、前記動作識別情報で識別される前記出力動作で前記出力装置に出力させることを示す。 (10) The output program described in the present specification can be read by a mobile terminal including a display unit, an operation unit, a storage unit, and a communication unit. The communication unit can communicate with an output device that executes at least one of a plurality of output operations for outputting content data. The storage unit stores an activation source program that can be read by the mobile terminal. The activation source program activates the output program and notifies the output program of at least one of the data identification information for identifying the content data and the operation identification information for identifying the output operation, the mobile terminal. It is possible to execute it. The output program read by the mobile terminal causes the display unit to display an operation selection screen in response to being started by the OS of the mobile terminal that has received a user operation instructing to start the output program. 1 Have the mobile terminal execute the display process. The operation selection screen includes an operation designation object corresponding to the output operation to be executed by the output device. The output program responds to the first reception process of accepting the user operation for selecting the object included in the action selection screen through the operation unit and the reception of the selection of the action designation object in the first reception process. , The mobile terminal is made to execute the second display process of displaying the data selection screen on the display unit. The data selection screen includes a data designation object corresponding to the content data. The output program responds to a second reception process of accepting a user operation for selecting the object included in the data selection screen through the operation unit and a second reception process of accepting the selection of the data designation object in the second reception process. , The mobile terminal is made to execute the third display process of displaying the preview screen on the display unit. The preview screen includes a preview image and an output instruction object. When the output program is started by the OS, the preview image is an image obtained by outputting the content data designated in the second reception process in the output operation receiving the designation in the first reception process. It is an image shown. The output instruction object is an object corresponding to an instruction to cause the output device to execute the output operation. The output program receives the user operation for selecting the object included in the preview screen through the operation unit in the third reception process, and the output program receives the selection of the output instruction object in the third reception process. The mobile terminal is made to execute an output instruction process for transmitting output instruction information to the output device through the communication unit. The output instruction information when the output program is started by the OS is information for outputting the content data designated in the second reception process by the output operation in which the designation is received in the first reception process. Is. The output program is started by the starter program, and in response to the notification of both the data identification information and the operation identification information from the starter program, the first display process and the first reception process. , The second display process and the second reception process are omitted, and the mobile terminal is made to execute the third display process. The preview image when the output program is started by the activation source program shows an image in which the content data indicated by the data identification information is output by the output operation identified by the operation identification information. When the output program is started by the activation source program, the output instruction information causes the output device to output the content data indicated by the data identification information in the output operation identified by the operation identification information. Show that.

上記構成によれば、例えばメニュー画面等を通じて起動された出力プログラムは、コンテンツデータ及び出力動作を指定させるためのユーザインタフェースを提供する。一方、コンテンツデータ及び出力動作の指定を受け付けた起動元プログラムによって起動された出力プログラムは、これらのユーザインタフェースの提供を省略する。すなわち、起動元プログラムによって起動されたか否かに応じて、コンテンツデータを出力装置に出力させるために必要なユーザインタフェースを適切に提供することができる。 According to the above configuration, the output program started through, for example, a menu screen or the like provides a user interface for designating content data and output operations. On the other hand, the output program started by the starter program that has accepted the designation of the content data and the output operation omits the provision of these user interfaces. That is, it is possible to appropriately provide the user interface necessary for outputting the content data to the output device depending on whether or not the content data is started by the starter program.

(11) 好ましくは、前記通信部は、複数の前記出力装置と通信可能である。該出力プログラムは、前記起動元プログラムによって起動された場合の前記第3表示処理において、装置指定オブジェクトをさらに含む前記プレビュー画面を前記表示部に表示させる。前記装置指定オブジェクトは、前記出力動作を実行させる前記出力装置を指定する処理に対応する前記オブジェクトである。該出力プログラムは、前記起動元プログラムによって起動された場合の前記出力指示処理において、前記装置指定オブジェクトを通じて指定された前記出力装置に、前記通信部を通じて前記出力指示情報を送信する。 (11) Preferably, the communication unit can communicate with the plurality of output devices. The output program causes the display unit to display the preview screen further including the device designated object in the third display process when the program is started by the activation source program. The device designation object is the object corresponding to the process of designating the output device for executing the output operation. The output program transmits the output instruction information through the communication unit to the output device designated through the device designation object in the output instruction process when it is started by the activation source program.

上記構成によれば、ユーザが所望する出力装置に出力動作を実行させることができる。 According to the above configuration, the output device desired by the user can be made to execute the output operation.

(12) 好ましくは、前記起動元プログラムは、前記出力装置を識別する装置識別情報をさらに該出力プログラムに通知することが可能である。該出力プログラムは、前記起動元プログラムによって起動され、且つ前記データ識別情報、前記動作識別情報、及び前記装置識別情報が前記起動元プログラムから通知されたことに応じて、前記第1表示処理、前記第1受付処理、前記第2表示処理、前記第2受付処理、前記第3表示処理、及び前記第3受付処理を省略して、前記装置識別情報で識別される前記出力装置に前記通信部を通じて前記出力指示情報を送信する前記出力指示処理を前記携帯端末に実行させる。 (12) Preferably, the activation source program can further notify the output program of the device identification information that identifies the output device. The output program is activated by the activation source program, and in response to the notification of the data identification information, the operation identification information, and the device identification information from the activation source program, the first display process, the said. The first reception process, the second display process, the second reception process, the third display process, and the third reception process are omitted, and the output device identified by the device identification information is passed through the communication unit. The mobile terminal is made to execute the output instruction process for transmitting the output instruction information.

上記構成によれば、全てのユーザ操作を起動元プログラムが受け付けるので、コンテンツデータが出力されるまでのユーザ操作を簡素化することができる。 According to the above configuration, since the activation source program accepts all user operations, it is possible to simplify the user operations until the content data is output.

(13) 好ましくは、該出力プログラムは、前記起動元プログラムによって起動され、且つ前記データ識別情報及び前記動作識別情報のうちの前記データ識別情報のみが前記起動元プログラムから通知されたことに応じて、前記第1表示処理を前記携帯端末に実行させ、且つ前記動作指定オブジェクトの選択を前記第1受付処理で受け付けたことに応じて、前記第2表示処理及び前記第2受付処理を省略して前記第3表示処理を前記携帯端末に実行させる。 (13) Preferably, the output program is started by the starter program, and only the data identification information of the data identification information and the operation identification information is notified from the starter program. , The second display process and the second reception process are omitted according to the fact that the mobile terminal is made to execute the first display process and the selection of the operation designation object is accepted by the first reception process. The mobile terminal is made to execute the third display process.

上記構成によれば、起動元プログラムが指定を受け付けていない出力動作の指定を受け付けるためのユーザインタフェースが提供され、且つ起動元プログラムが指定を受け付けたコンテンツデータの指定を受け付けるためのユーザインタフェースの提供が省略される。これにより、重複するユーザ操作をユーザに要求することが抑制される。 According to the above configuration, a user interface for accepting the specification of the output operation for which the activation source program has not accepted the specification is provided, and the user interface for accepting the specification of the content data for which the activation source program has accepted the specification is provided. Is omitted. This suppresses requesting the user for duplicate user operations.

(14) 本明細書に記載の携帯端末は、操作部と、記憶部と、通信部と、制御部とを備える。前記携帯端末のOSは、第1プログラムが指定した第2プログラムを起動し、且つ前記第1プログラムが指定した指示情報を前記第2プログラムに引き渡す共有機能を提供する。前記通信部は、コンテンツデータを出力する複数の出力動作のうちの少なくとも1つを実行する出力装置と電気的に接続することが可能である。前記記憶部は、コンテンツ指定プログラム及び出力プログラムを記憶している。該コンテンツ指定プログラムを実行する前記制御部は、前記コンテンツデータを指定するユーザ操作を、前記操作部を通じて受け付ける第1受付処理と、複数の前記出力動作のうち、前記出力プログラムを通じて前記出力装置に実行させる前記出力動作を指定するユーザ操作を、前記操作部を通じて受け付ける第2受付処理と、データ識別情報及び動作識別情報を前記指示情報として前記OSに対して指定し、且つ前記共有機能を利用して前記出力プログラムを起動させる起動処理とを実行する。前記データ識別情報は、前記第1受付処理で指定を受け付けた前記コンテンツデータを識別し、前記動作識別情報は、前記第2受付処理で指定を受け付けた前記出力動作を識別する。前記コンテンツ指定プログラムによって起動された前記出力プログラムを実行する前記制御部は、前記通信部を通じて前記出力装置に出力指示情報を送信する出力指示処理を実行する。前記出力指示情報は、前記データ識別情報で識別される前記コンテンツデータを、前記動作識別情報で識別される前記出力動作で出力させるための情報である。 (14) The mobile terminal described in the present specification includes an operation unit, a storage unit, a communication unit, and a control unit. The OS of the mobile terminal provides a sharing function of invoking a second program designated by the first program and passing instruction information designated by the first program to the second program. The communication unit can be electrically connected to an output device that executes at least one of a plurality of output operations that output content data. The storage unit stores the content designation program and the output program. The control unit that executes the content designation program executes the user operation for designating the content data to the output device through the output program among the first reception process for receiving the user operation for designating the content data and the plurality of output operations. A second reception process for receiving a user operation for designating the output operation to be performed through the operation unit, data identification information and operation identification information are specified for the OS as the instruction information, and the sharing function is used. The start-up process for starting the output program is executed. The data identification information identifies the content data that has received the designation in the first reception process, and the operation identification information identifies the output operation that has received the designation in the second reception process. The control unit that executes the output program activated by the content designation program executes an output instruction process for transmitting output instruction information to the output device through the communication unit. The output instruction information is information for outputting the content data identified by the data identification information by the output operation identified by the operation identification information.

本発明によれば、コンテンツデータ及び出力動作それぞれを指定するユーザ操作を受け付けることにより、出力プログラムを通じて出力装置に、ユーザが指定したコンテンツデータをユーザが指定した出力動作で出力させることができる。 According to the present invention, by accepting a user operation that specifies each of the content data and the output operation, the output device can output the content data specified by the user in the output operation specified by the user through the output program.

図1は、実施形態に係る記録システム100の概略構成図である。FIG. 1 is a schematic configuration diagram of a recording system 100 according to an embodiment. 図2は、(A)が複合機10のブロック図であり、(B)が携帯端末50のブロック図である。2A and 2B are a block diagram of the multifunction device 10 and FIG. 2B is a block diagram of the mobile terminal 50. 図3は、データ記憶領域62Bに記憶された情報の一例であって、(A)が動作情報レコードを、(B)が装置情報レコードを示す。3A and 3B are examples of information stored in the data storage area 62B, in which FIG. 3A shows an operation information record and FIG. 3B shows a device information record. 図4は、コンテンツ出力処理のフローチャートである。FIG. 4 is a flowchart of the content output process. 図5は、デバイス選択処理のフローチャートである。FIG. 5 is a flowchart of the device selection process. 図6は、コンテンツ指定処理のフローチャートである。FIG. 6 is a flowchart of the content designation process. 図7は、表示部53の表示例であって、(A)はメニュー画面を、(B)は指定装置として複合機10Aが指定されたメイン画面を示す。7A and 7B are display examples of the display unit 53, in which FIG. 7A shows a menu screen, and FIG. 7B shows a main screen in which the multifunction device 10A is designated as a designated device. 図8は、表示部53の表示例であって、(A)はデバイス選択画面を、(B)は指定装置として複合機10Bが指定されたメイン画面を示す。8A and 8B are display examples of the display unit 53, in which FIG. 8A shows a device selection screen, and FIG. 8B shows a main screen in which the multifunction device 10B is designated as a designated device. 図9は、表示部53の表示例であって、(A)はデータ選択画面を、(B)はプレビュー画面を示す。9A and 9B are display examples of the display unit 53, in which FIG. 9A shows a data selection screen and FIG. 9B shows a preview screen. 図10は、表示部53の表示例であって、(A)は地図指定画面を、(B)は選択画面の一例を示す。10A and 10B are display examples of the display unit 53, in which FIG. 10A shows a map designation screen and FIG. 10B shows an example of a selection screen. 図11は、プレビュー画面の表示例であって、(A)は指定装置として複合機10Aが指定された場合のプレビュー画面を、(B)は指定装置として複合機10Bが指定された場合のプレビュー画面を示す。11A and 11B are display examples of the preview screen, in which FIG. 11A is a preview screen when the multifunction device 10A is designated as the designated device, and FIG. 11B is a preview when the multifunction device 10B is designated as the designated device. Show the screen. 図12は、表示部53の表示例であって、(A)は図11(A)のFAX切替アイコン128が選択された場合のプレビュー画面を、(B)選択画面の他の例を示す。12A and 12B are display examples of the display unit 53, in which FIG. 12A shows a preview screen when the FAX switching icon 128 of FIG. 11A is selected, and FIG. 12B shows another example of the selection screen. 図13は、共有APIによって実現される共有機能を説明する図である。FIG. 13 is a diagram illustrating a sharing function realized by the shared API.

以下、適宜図面を参照して本発明の実施形態について説明する。なお、以下に説明される実施形態は本発明の一例にすぎず、本発明の要旨を変更しない範囲で、本発明の実施形態を適宜変更できることは言うまでもない。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings as appropriate. It is needless to say that the embodiments described below are merely examples of the present invention, and the embodiments of the present invention can be appropriately changed without changing the gist of the present invention.

図1は、本実施形態における記録システム100の概略図である。図1に示される記録システム100は、複合機10A、10B(以下、これらを総称して、「複合機10」と表記することがある。)と、携帯端末50とで構成されている。複合機10及び携帯端末50は、電気的に接続されている。複合機10及び携帯端末50は、例えば、有線LAN(Local Area Networkの略)、無線LAN等の通信ネットワーク101を通じて接続されていてもよいし、USB(Universal Serial Busの略)ケーブル等によって接続されていてもよい。なお、複数の装置が通信できる状態は、複数の装置が「電気的に接続されている」状態の一例である。 FIG. 1 is a schematic diagram of a recording system 100 according to the present embodiment. The recording system 100 shown in FIG. 1 includes multifunction devices 10A and 10B (hereinafter, these may be collectively referred to as "multifunction device 10") and a mobile terminal 50. The multifunction device 10 and the mobile terminal 50 are electrically connected. The multifunction device 10 and the mobile terminal 50 may be connected via a communication network 101 such as a wired LAN (abbreviation of Local Area Network) or wireless LAN, or may be connected by a USB (abbreviation of Universal Serial Bus) cable or the like. You may be. The state in which a plurality of devices can communicate is an example of a state in which the plurality of devices are "electrically connected".

[複合機10]
複合機10は、図2(A)に示されるように、プリンタ部11と、スキャナ部12と、FAX部13と、表示部23と、操作部24と、通信部25と、装着部26と、CPU31と、記憶部32と、通信バス33とを主に備える。複合機10を構成する各構成要素は、通信バス33を通じて相互に接続されている。複合機10は、出力装置の一例である。
[Multifunction device 10]
As shown in FIG. 2A, the multifunction device 10 includes a printer unit 11, a scanner unit 12, a fax unit 13, a display unit 23, an operation unit 24, a communication unit 25, and a mounting unit 26. , The CPU 31, the storage unit 32, and the communication bus 33 are mainly provided. Each component constituting the multifunction device 10 is connected to each other through a communication bus 33. The multifunction device 10 is an example of an output device.

[プリンタ部11、スキャナ部12、FAX部13]
プリンタ部11は、画像データで示される画像を記録用紙に記録するプリント動作を実行する。記録用紙は、シート或いは記録媒体の一例である。プリンタ部11の記録方式として、インクジェット方式や電子写真方式などの公知の方式を採用することができる。スキャナ部12は、原稿に記録されている画像を読み取って画像データを生成するスキャン動作を実行する。FAX部13は、FAXプロトコルに準拠した方式で画像データを送受信するFAX送信動作及びFAX受信動作を実行する。
[Printer unit 11, scanner unit 12, FAX unit 13]
The printer unit 11 executes a printing operation of recording an image indicated by image data on recording paper. The recording paper is an example of a sheet or a recording medium. As the recording method of the printer unit 11, a known method such as an inkjet method or an electrophotographic method can be adopted. The scanner unit 12 performs a scanning operation of reading an image recorded on a document and generating image data. The FAX unit 13 executes a FAX transmission operation and a FAX reception operation for transmitting and receiving image data in a method compliant with the FAX protocol.

前述の複数の動作のうちのプリント動作及びFAX送信動作は、コンテンツデータで示されるコンテンツを出力する出力動作の一例である。なお、複合機10が実行する動作はこれらに限定されない。出力動作の一例として、複合機10は、携帯端末50から取得したコンテンツデータを、装着部26に装着された可搬記憶媒体に記憶させるメディア保存動作を実行してもよい。出力動作の他の例として、複合機10は、携帯端末50から取得した画像データで示される画像を表示部23に表示させてもよい。 The print operation and the FAX transmission operation among the above-mentioned plurality of operations are examples of output operations for outputting the content indicated by the content data. The operation executed by the multifunction device 10 is not limited to these. As an example of the output operation, the multifunction device 10 may execute a media storage operation of storing the content data acquired from the mobile terminal 50 in the portable storage medium mounted on the mounting unit 26. As another example of the output operation, the multifunction device 10 may display an image indicated by image data acquired from the mobile terminal 50 on the display unit 23.

複合機10A、10Bが実行可能な動作は異なっていてもよい。本実施形態において、複合機10Aはプリント動作、FAX送信動作を実行可能であり、複合機10Bはプリント動作、メディア保存動作を実行可能である。また、出力装置は、複数の動作を実行可能なものに限定されず、単一の動作のみを実行可能であってもよい。複合機10のMIB(Management Information Baseの略)には、例えば、当該複合機10を識別する装置IDと、当該複合機10が実行可能な動作を示す動作情報とが定義されていてもよい。動作情報は、例えば、実行可能な動作を識別する動作IDを含んでもよい。動作IDは動作識別情報の一例である。 The operations that can be performed by the multifunction devices 10A and 10B may be different. In the present embodiment, the multifunction device 10A can execute a print operation and a fax transmission operation, and the multifunction device 10B can execute a print operation and a media storage operation. Further, the output device is not limited to those capable of performing a plurality of operations, and may be capable of performing only a single operation. In the MIB (abbreviation of Management Information Base) of the multifunction device 10, for example, a device ID for identifying the multifunction device 10 and operation information indicating an operation that can be executed by the multifunction device 10 may be defined. The operation information may include, for example, an operation ID that identifies an executable operation. The operation ID is an example of operation identification information.

[表示部23]
表示部23は、各種情報を表示する表示画面を備える。表示部23としては、液晶ディスプレイ(Liquid Crystal Displayの略)、有機ELディスプレイ(Organic Electro-Luminescence Displayの略)等を採用することができる。
[Display unit 23]
The display unit 23 includes a display screen for displaying various information. As the display unit 23, a liquid crystal display (abbreviation of Liquid Crystal Display), an organic EL display (abbreviation of Organic Electro-Luminence Display) and the like can be adopted.

[操作部24]
操作部24は、表示部23の表示画面に表示されたオブジェクトを選択するユーザの操作を受け付ける。具体的には、操作部24はボタンを有しており、押下されたボタンに対応づけられた各種の操作信号をCPU31へ出力する。さらに、操作部24は、表示部23の表示画面に重畳された膜状のタッチセンサを有していてもよい。すなわち、表示部23がタッチパネルディスプレイとして構成されてもよい。
[Operation unit 24]
The operation unit 24 accepts a user operation for selecting an object displayed on the display screen of the display unit 23. Specifically, the operation unit 24 has a button, and outputs various operation signals associated with the pressed button to the CPU 31. Further, the operation unit 24 may have a film-like touch sensor superimposed on the display screen of the display unit 23. That is, the display unit 23 may be configured as a touch panel display.

なお、「オブジェクト」とは、ユーザが操作部24を操作することによって選択可能な画像を指す。一例として、オブジェクトは表示部23に表示された文字列であって、操作部24の方向キーを押下することによってオブジェクトの1つがハイライト表示され、操作部24の決定ボタンを押下することによってハイライト表示されたオブジェクトが選択されてもよい。他の例として、操作部24がタッチパネルである場合のオブジェクトは表示部23に表示されたアイコン、ボタン、リンク等であって、タッチ位置に表示されたオブジェクトが選択されてもよい。 The "object" refers to an image that can be selected by the user by operating the operation unit 24. As an example, the object is a character string displayed on the display unit 23, and one of the objects is highlighted by pressing the direction key of the operation unit 24, and high by pressing the enter button of the operation unit 24. Lighted objects may be selected. As another example, when the operation unit 24 is a touch panel, the object may be an icon, a button, a link, or the like displayed on the display unit 23, and the object displayed at the touch position may be selected.

タッチパネルとして実現される操作部24は、表示部23の表示画面をタッチするユーザ操作を受け付ける。また、操作部24は、ユーザがタッチした表示画面上の位置を示す位置情報を出力する。位置情報は、例えば、表示画面の左上端を原点とし、右向きをx軸の正の向き、下向きをy軸の正の向きとしたx-y平面上の座標(x,y)として表現できる。タッチセンサには、静電容量方式、抵抗膜方式等の周知の方式を採用することができる。 The operation unit 24 realized as a touch panel accepts a user operation of touching the display screen of the display unit 23. Further, the operation unit 24 outputs position information indicating a position on the display screen touched by the user. The position information can be expressed, for example, as coordinates (x, y) on the xy plane with the upper left edge of the display screen as the origin, the rightward direction as the positive direction of the x-axis, and the downward direction as the positive direction of the y-axis. As the touch sensor, a well-known method such as a capacitance method or a resistance film method can be adopted.

なお、本明細書中における「タッチ」とは、入力媒体を表示画面に接触させる操作全般を含む。すなわち、タッチした入力媒体を所定時間内に表示画面から離間させるタップ操作、タッチした入力媒体を表示画面上で静止させるロングタッチ操作、タッチした入力媒体を表示画面上でスライドさせるスライド操作、表示画面上をスライドする入力媒体の加速度が閾値以上であるフリック操作、表示画面上の異なる位置にタッチした2つの入力媒体を互いに近づける向きにスライドさせるピンチイン操作、表示画面上の異なる位置にタッチした2つの入力媒体を互いに離れる向きにスライドさせるピンチアウト操作等は、タッチの一例である。 The term "touch" in the present specification includes all operations of bringing the input medium into contact with the display screen. That is, a tap operation that separates the touched input medium from the display screen within a predetermined time, a long touch operation that freezes the touched input medium on the display screen, a slide operation that slides the touched input medium on the display screen, and a display screen. A flick operation in which the acceleration of the input medium that slides up is equal to or higher than the threshold value, a pinch-in operation that slides two input media that touched different positions on the display screen in a direction that brings them closer to each other, and two touches that touch different positions on the display screen. A pinch-out operation or the like in which the input media are slid away from each other is an example of touch.

また、入力媒体が表示画面に触れていなくても、表示画面との間の距離がごく僅かな位置まで入力媒体を近接させることを、前述の「タッチ」の概念に含めてもよい。さらに入力媒体とは、ユーザの指であってもよいし、タッチペン等であってもよい。以下、表示部53に表示されたアイコンの位置のタップを、当該アイコンを選択するユーザ操作の一例として説明する。 Further, even if the input medium does not touch the display screen, the concept of "touch" may include bringing the input medium close to a position where the distance from the display screen is very small. Further, the input medium may be a user's finger, a stylus, or the like. Hereinafter, tapping at the position of the icon displayed on the display unit 53 will be described as an example of a user operation for selecting the icon.

[通信部25]
通信部25は、通信ネットワーク101を通じて外部装置と通信を行うためのインタフェースである。すなわち、複合機10は、通信部25を通じて携帯端末50に各種情報を出力し、通信部25を通じて携帯端末50から各種データ又は各種情報を受信する。通信部25の具体的な通信手順は特に限定されないが、例えば、Wi-Fi(Wi-Fi Allianceの登録商標)を採用することができる。なお、複合機10は、通信部25に代えて、USBケーブル等の装着インタフェースを有していてもよい。
[Communication unit 25]
The communication unit 25 is an interface for communicating with an external device through the communication network 101. That is, the multifunction device 10 outputs various information to the mobile terminal 50 through the communication unit 25, and receives various data or various information from the mobile terminal 50 through the communication unit 25. The specific communication procedure of the communication unit 25 is not particularly limited, but for example, Wi-Fi (registered trademark of Wi-Fi Alliance) can be adopted. The multifunction device 10 may have a mounting interface such as a USB cable instead of the communication unit 25.

[装着部26]
装着部26は、可搬記憶媒体が着脱されるインタフェースである。CPU31は、装着部26に装着された可搬記憶媒体からデータ又は情報を読み出し、或いは装着部26に装着された可搬記憶媒体にデータ又は情報を書き込むことができる。可搬記憶媒体の具体例は特に限定されないが、例えば、USBメモリ、SDカード、CD-ROM、DVD-ROM等であってもよい。
[Mounting part 26]
The mounting unit 26 is an interface to which the portable storage medium is attached / detached. The CPU 31 can read data or information from the portable storage medium mounted on the mounting unit 26, or write data or information to the portable storage medium mounted on the mounting unit 26. Specific examples of the portable storage medium are not particularly limited, but may be, for example, a USB memory, an SD card, a CD-ROM, a DVD-ROM, or the like.

[CPU31]
CPU(Central Processing Unitの略)31は、複合機10の全体動作を制御するものである。CPU31は、操作部24から出力される各種情報、及び通信部25を通じて外部装置から取得した各種情報等に基づいて、後述する各種プログラムを記憶部32から取得して実行する。すなわち、CPU31及び記憶部32は、制御部の一例を構成する。
[CPU31]
The CPU (abbreviation of Central Processing Unit) 31 controls the overall operation of the multifunction device 10. The CPU 31 acquires and executes various programs described later from the storage unit 32 based on various information output from the operation unit 24 and various information acquired from the external device through the communication unit 25. That is, the CPU 31 and the storage unit 32 form an example of the control unit.

[記憶部32]
記憶部32は、プログラム記憶領域32Aと、データ記憶領域32Bとを有する。プログラム記憶領域32Aには、OS(Operating Systemの略)34と、制御プログラム35とが格納される。なお、制御プログラム35は、単一のプログラムであってもよいし、複数のプログラムの集合体であってもよい。データ記憶領域32Bには、制御プログラム35の実行に必要なデータ或いは情報が記憶される。
[Storage 32]
The storage unit 32 has a program storage area 32A and a data storage area 32B. The OS (abbreviation of Operating System) 34 and the control program 35 are stored in the program storage area 32A. The control program 35 may be a single program or a collection of a plurality of programs. The data storage area 32B stores data or information necessary for executing the control program 35.

なお、本明細書中の「データ」と「情報」とは、コンピュータによって取り扱い可能なビット或いはビット列である点において共通する。「データ」とは、各ビットが示す意味内容をコンピュータが考慮することなく取り扱えるものを指す。これに対して、「情報」とは、各ビットが示す意味内容によってコンピュータの動作が分岐するものを指す。さらに、「指示」は、送信先の装置に対して次の動作を促すための制御信号であって、情報を含んでいることもあるし、それ自体が情報としての性質を有していることもある。 It should be noted that the "data" and "information" in the present specification are common in that they are bits or bit strings that can be handled by a computer. "Data" refers to data that can be handled without the computer considering the meaning and content of each bit. On the other hand, "information" refers to information in which the operation of a computer branches depending on the meaning of each bit. Further, the "instruction" is a control signal for prompting the destination device to perform the next operation, and may include information, or has the property of information itself. There is also.

また、「データ」及び「情報」は、形式(例えば、テキスト形式、バイナリ形式、フラグ形式等)がコンピュータ毎に変更されたとしても、同一の意味内容と認識される限り、同一のデータ及び情報として取り扱われる。例えば、「2つ」であることを示す情報が、あるコンピュータではASCIIコードで”0x32“というテキスト形式の情報として保持され、別のコンピュータでは二進数表記で”10“というバイナリ形式の情報として保持されてもよい。 In addition, "data" and "information" are the same data and information as long as they are recognized as having the same meaning even if the format (for example, text format, binary format, flag format, etc.) is changed for each computer. Treated as. For example, the information indicating "two" is held as text format information "0x32" in ASCII code on one computer, and as binary format information "10" in binary notation on another computer. May be done.

但し、上記の「データ」及び「情報」の区別は厳密なものではなく、例外的な取り扱いも許容される。例えば、データが一時的に情報として扱われてもよいし、情報が一時的にデータとして扱われてもよい。また、ある装置ではデータとして扱われるものが、他の装置では情報として扱われてもよい。さらには、データの中から情報が取り出されてもよいし、情報の中からデータが取り出されてもよい。 However, the above distinction between "data" and "information" is not strict, and exceptional handling is permitted. For example, the data may be temporarily treated as information, or the information may be temporarily treated as data. Further, what is treated as data in one device may be treated as information in another device. Furthermore, information may be retrieved from the data, or data may be retrieved from the information.

記憶部32は、例えば、RAM(Random Access Memoryの略)、ROM(Read Only Memoryの略)、EEPROM(Electrically Erasable Programmable Read-Only Memoryの略)、HDD(Hard Disk Driveの略)、CPU31が備えるバッファ等、或いはそれらの組み合わせによって構成される。 The storage unit 32 is, for example, RAM (abbreviation of Random Access Memory), ROM (abbreviation of Read Only Memory), EEPROM (abbreviation of Electrically Erasable Read-Only Memory, abbreviation of CPU 31), HDD (abbreviation of HDD). It is composed of a buffer or the like or a combination thereof.

なお、記憶部32は、コンピュータが読み取り可能なストレージ媒体であってもよい。コンピュータが読み取り可能なストレージ媒体とは、non-transitoryな媒体である。non-transitoryな媒体には、上記の例の他に、CD-ROM、DVD-ROM等の記録媒体も含まれる。また、non-transitoryな媒体は、tangibleな媒体でもある。一方、インターネット上のサーバなどからダウンロードされるプログラムを搬送する電気信号は、コンピュータが読み取り可能な媒体の一種であるコンピュータが読み取り可能な信号媒体であるが、non-transitoryなコンピュータが読み取り可能なストレージ媒体には含まれない。 The storage unit 32 may be a storage medium that can be read by a computer. A computer-readable storage medium is a non-transitional medium. In addition to the above examples, the non-transitory medium also includes recording media such as a CD-ROM and a DVD-ROM. The non-transitory medium is also a tangible medium. On the other hand, an electric signal that carries a program downloaded from a server on the Internet is a signal medium that can be read by a computer, which is a kind of medium that can be read by a computer, but is a storage that can be read by a non-transitory computer. Not included in the medium.

プログラム記憶領域32Aに記憶されているプログラムは、CPU31によって実行される。しかしながら、本明細書では、CPU31を省略して各プログラムの動作を説明することがある。すなわち、以下の説明において、「プログラムAが処理Aを実行する」という趣旨の記述は、「CPU31がプログラムAに記述された処理Aを実行する」ことを指してもよい。後述する携帯端末50についても同様である。 The program stored in the program storage area 32A is executed by the CPU 31. However, in the present specification, the operation of each program may be described by omitting the CPU 31. That is, in the following description, the description to the effect that "the program A executes the process A" may refer to "the CPU 31 executes the process A described in the program A". The same applies to the mobile terminal 50 described later.

また、プログラム記憶領域32Aに記憶されているプログラムは、事象を判断し、判断結果に応じて動作する。しかしながら、本明細書では、判断することを省略して各プログラムの動作を説明することがある。すなわち、以下の説明において、「制御プログラムが条件Aに応じて、処理Aを実行する」という趣旨の記述は、「制御プログラムは条件Aであるか否かを判断する。制御プログラムは、肯定判断であることに応じて、処理Aを実行する」ことを指してもよい。 Further, the program stored in the program storage area 32A determines an event and operates according to the determination result. However, in the present specification, the operation of each program may be described without making a judgment. That is, in the following description, the description to the effect that "the control program executes the process A according to the condition A" is "determines whether or not the control program is the condition A. The control program makes an affirmative judgment." It may be pointed out that the process A is executed according to the above.

また、プログラム記憶領域32Aに記憶されているプログラムは、データ等を特定し、取得し、抽出し、或いは選択する。プログラムがデータ等を特定するとは、例えば、複数のデータ等のうちから条件に合致するデータを特定し、当該データ等そのもの或いは当該データ等を識別する情報を、予め定められた記憶領域に記憶させる処理を指す。データ等を識別する情報とは、例えば、当該データ等を識別する識別情報、当該データ等が記憶された配列のインデックス、当該データ等が記憶された記憶領域のポインタ等である。プログラムがデータ等を取得し、抽出し、或いは選択する処理も同様である。 Further, the program stored in the program storage area 32A identifies, acquires, extracts, or selects data or the like. When a program specifies data or the like, for example, data that meets the conditions is specified from a plurality of data or the like, and the data or the like or information that identifies the data or the like is stored in a predetermined storage area. Refers to processing. The information for identifying the data or the like is, for example, identification information for identifying the data or the like, an index of an array in which the data or the like is stored, a pointer of a storage area in which the data or the like is stored, or the like. The same applies to the process in which the program acquires, extracts, or selects data or the like.

OS34は、複合機10を構成するハードウェアであるプリンタ部11、スキャナ部12、FAX部13、表示部23、操作部24、通信部25、及び装着部26等を制御するためのAPI(Application Programming Interfaceの略)を提供する基本プログラムである。すなわち、上記の各プログラムは、OS34が提供するAPIを呼び出すことによって、各ハードウェアを制御する。しかしながら、本明細書では、OS34を省略して各プログラムの動作を説明することがある。すなわち、以下の説明において、「プログラムBがハードウェアCを制御する」という趣旨の記述は、「プログラムBがOS34のAPIを通じてハードウェアCを制御する」ことを指してもよい。後述する携帯端末50についても同様である。 The OS 34 is an API (Application) for controlling a printer unit 11, a scanner unit 12, a fax unit 13, a display unit 23, an operation unit 24, a communication unit 25, a mounting unit 26, and the like, which are hardware constituting the multifunction device 10. It is a basic program that provides (abbreviation of Programming Interface). That is, each of the above programs controls each hardware by calling the API provided by the OS 34. However, in the present specification, the operation of each program may be described by omitting OS34. That is, in the following description, the description to the effect that "program B controls hardware C" may refer to "program B controls hardware C through the API of OS 34". The same applies to the mobile terminal 50 described later.

[携帯端末50]
携帯端末50は、図2(B)に示されるように、表示部53と、操作部54と、通信部55と、CPU61と、記憶部62と、通信バス63とを主に備える。携帯端末50に含まれる表示部53、操作部54、通信部55、CPU61、記憶部62、及び通信バス63は、複合機10に含まれる表示部23、操作部24、通信部25、CPU31、記憶部32、及び通信バス33と共通するので、再度の説明は省略する。CPU61及び記憶部62は、制御部の一例である。携帯端末50は、例えば、スマートフォン、携帯電話、或いはタブレット端末等である。
[Mobile terminal 50]
As shown in FIG. 2B, the mobile terminal 50 mainly includes a display unit 53, an operation unit 54, a communication unit 55, a CPU 61, a storage unit 62, and a communication bus 63. The display unit 53, the operation unit 54, the communication unit 55, the CPU 61, the storage unit 62, and the communication bus 63 included in the mobile terminal 50 include the display unit 23, the operation unit 24, the communication unit 25, and the CPU 31 included in the multifunction device 10. Since it is common to the storage unit 32 and the communication bus 33, the description thereof will be omitted again. The CPU 61 and the storage unit 62 are examples of the control unit. The mobile terminal 50 is, for example, a smartphone, a mobile phone, a tablet terminal, or the like.

記憶部62のプログラム記憶領域62Aには、OS64と、出力プログラム65と、地図プログラム66と、不図示のプログラムAとが格納されている。プログラムAは出力プログラムの他の例である。また、記憶部62のデータ記憶領域62Bには、図3に示される各種情報が記憶されている。さらに、データ記憶領域62Bには、コンテンツデータが格納されるコンテンツデータフォルダが設けられていてもよい。コンテンツデータは、例えば、画像データ、写真データ、ドキュメントデータ、表計算データ、プレゼンテーションデータ、動画データ、或いは音楽データ等であってもよい。 The OS 64, the output program 65, the map program 66, and the program A (not shown) are stored in the program storage area 62A of the storage unit 62. Program A is another example of an output program. Further, various information shown in FIG. 3 is stored in the data storage area 62B of the storage unit 62. Further, the data storage area 62B may be provided with a content data folder in which content data is stored. The content data may be, for example, image data, photo data, document data, table calculation data, presentation data, moving image data, music data, or the like.

携帯端末50の表示部53は、図7~図12に示されるように、共通表示領域80と、プログラム表示領域81とに区分される。共通表示領域80には、プログラム表示領域81の表示内容にかかわらず、OS64によってステータスバーが表示される。ステータスバーには、OS64によって各種情報が表示される。ステータスバーには、例えば、後述するバックアイコン82、プログラム表示領域81に表示された画面のタイトル、携帯端末50のバッテリー残量を示すアイコン、通信部55の通信状態を示すアイコン、携帯端末50が外部サービスから受信したプッシュ通知を示すアイコン等が表示される。プログラム表示領域81には、フォアグラウンドで実行されているプログラムが生成した画面が表示される。 As shown in FIGS. 7 to 12, the display unit 53 of the mobile terminal 50 is divided into a common display area 80 and a program display area 81. In the common display area 80, the status bar is displayed by the OS 64 regardless of the display contents of the program display area 81. Various information is displayed on the status bar by OS64. In the status bar, for example, a back icon 82 described later, a screen title displayed in the program display area 81, an icon indicating the remaining battery level of the mobile terminal 50, an icon indicating the communication status of the communication unit 55, and the mobile terminal 50 are included. An icon or the like indicating a push notification received from an external service is displayed. In the program display area 81, a screen generated by a program running in the foreground is displayed.

以下、「プログラムが表示部53に画面を表示させる」と記述したときは、プログラム画面がプログラム表示領域81に表示され、ステータスバーが共通表示領域80に表示されるものとする。プログラム画面とは、プログラムの指示によって、プログラム表示領域81に表示される画面のことである。但し、表示部53は、表示領域が共通表示領域80とプログラム表示領域81とに区分された部分画面モードと、表示領域の全てがプログラム表示領域81となる全画面モードとに切替可能であってもよい。 Hereinafter, when it is described that "the program causes the display unit 53 to display the screen", it is assumed that the program screen is displayed in the program display area 81 and the status bar is displayed in the common display area 80. The program screen is a screen displayed in the program display area 81 according to the instruction of the program. However, the display unit 53 can switch between a partial screen mode in which the display area is divided into a common display area 80 and a program display area 81, and a full screen mode in which the entire display area is the program display area 81. May be good.

OS64は、例えば、Android(Google inc.の登録商標) OS、iOS(Cisco Systems,Inc.の登録商標)、Windows Phone(Microsoft Corporationの登録商標) Operating System等であってもよい。OS64は、携帯端末50にインストールされた複数のプログラムを並行して実行することができる。複数のプログラムは、例えば、時分割多重方式によって仮想的に並行して実行される。また、OS64は、並行して実行する複数のプログラムのうちの1つをフォアグラウンドで実行し、その他のプログラムをバックグラウンドで実行する。 The OS 64 may be, for example, Android (registered trademark of Google Inc.) OS, iOS (registered trademark of Cisco Systems, Inc.), Windows Phone (registered trademark of Microsoft Corporation) Operating System, and the like. The OS 64 can execute a plurality of programs installed in the mobile terminal 50 in parallel. A plurality of programs are virtually executed in parallel by a time division multiplexing method, for example. Further, the OS 64 executes one of a plurality of programs executed in parallel in the foreground, and executes the other programs in the background.

フォアグラウンドは、例えば、当該プログラムの実行に拠るプログラム画面が表示部53の表示領域の大部分に表示されている状態である。「表示領域の大部分」とは、例えば、プログラム表示領域81を指してもよい。バックグラウンドは、例えば、当該プログラムと異なるプログラムの実行に拠るプログラム画面が表示部53の表示領域の大部分に表示されている状態である。すなわち、携帯端末50は、並行して実行する複数のプログラムのうち、フォアグラウンドで実行されているプログラムの実行に拠るプログラム画面のみを表示部53に表示させることができる。 The foreground is, for example, a state in which a program screen based on the execution of the program is displayed in most of the display area of the display unit 53. The “most of the display area” may refer to, for example, the program display area 81. The background is, for example, a state in which a program screen based on the execution of a program different from the program is displayed in most of the display area of the display unit 53. That is, the mobile terminal 50 can display only the program screen based on the execution of the program executed in the foreground on the display unit 53 among the plurality of programs executed in parallel.

また、OS64は、第1プログラムが指定した第2プログラムを起動し、且つ第1プログラムが指定した指示情報を第2プログラムに引き渡す共有機能を、携帯端末50にインストールされたプログラムに提供する。第1プログラムは、例えば、OS64が提供するAPI(以下、「共有API」と表記する。)を実行することによって、共有機能を利用することができる。より詳細には、第1プログラムは、第2プログラムのプログラムID及び指定情報を引数として、共有APIを実行する。図13を参照して、共有機能の詳細を説明する。 Further, the OS 64 provides the program installed in the mobile terminal 50 with a sharing function of invoking the second program designated by the first program and passing the instruction information designated by the first program to the second program. The first program can use the sharing function, for example, by executing the API provided by OS64 (hereinafter, referred to as "shared API"). More specifically, the first program executes the shared API with the program ID and the designated information of the second program as arguments. The details of the sharing function will be described with reference to FIG.

まず、共有元のアプリケーション41は、共有機能を実現するためのOS64の共有APIを実行する(S1)。共有APIの実行には、URI(Uniform Resource Identifierの略)、タイプ、及びアクションが引数として求められる。URIは、共有データの所在を示す情報である。タイプは、共有データのデータ形式を示す情報である。アクションは、共有先のアプリケーションに実行させる共有データに対する処理の種類(例えば、閲覧、編集、送信、印刷等)を示す情報である。URI、タイプ、及びアクションは、共有元のアプリケーションから要求先のアプリケーションに引き渡される指示情報の一例である。 First, the sharing source application 41 executes the sharing API of the OS 64 for realizing the sharing function (S1). Execution of the shared API requires URI (abbreviation of Uniform Resource Identifier), type, and action as arguments. The URI is information indicating the location of the shared data. The type is information indicating the data format of the shared data. The action is information indicating the type of processing (for example, viewing, editing, transmission, printing, etc.) for the shared data to be executed by the shared destination application. URIs, types, and actions are examples of instructional information passed from the sharing source application to the requesting application.

一方、共有先のアプリケーションの候補となるアプリケーション42、43、44、・・・は、処理可能な共有データのデータ形式と実行可能な処理の種類とを、OS64に対して予め宣言している。そこで、OS64は、アプリケーション42、43、44、・・・のうちから、タイプで示されるデータ形式の共有データに対してアクションで示される処理を実行可能なアプリケーションを特定(S2)し、特定したアプリケーションの一覧を表示部53に表示させる(S3)。そして、OS64は、一覧表示されたアプリケーションのうちの1つを選択するユーザ操作を操作部54を通じて受付可能な状態で待機する(S4)。 On the other hand, the applications 42, 43, 44, ..., Which are candidates for the shared destination application, declare in advance the data format of the shared data that can be processed and the type of the process that can be executed to the OS 64. Therefore, the OS 64 identifies (S2) and identifies an application that can execute the process indicated by the action on the shared data of the data format indicated by the type from the applications 42, 43, 44, .... The list of applications is displayed on the display unit 53 (S3). Then, the OS 64 waits in a state where a user operation for selecting one of the listed applications can be accepted through the operation unit 54 (S4).

次に、OS64は、一覧表示されたアプリケーションのうちの1つを選択するユーザ操作を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S4)、URI、タイプ、及びアクションを引数として当該アプリケーションを起動する(S5)。以下の実施形態において、地図プログラム66が図13のアプリケーション41に相当し、出力プログラム65が図13のアプリケーション42~44の1つに相当し、不図示のプログラムAが図13のアプリケーション42~44の他の1つに相当する。 Next, the OS 64 starts the application with the URI, the type, and the action as arguments in response to the user operation of selecting one of the listed applications being accepted through the operation unit 54 (S4). (S5). In the following embodiments, the map program 66 corresponds to the application 41 of FIG. 13, the output program 65 corresponds to one of the applications 42 to 44 of FIG. 13, and the program A (not shown) corresponds to the applications 42 to 44 of FIG. Corresponds to the other one.

なお、ステップS2~S5の処理は、共有元のアプリケーションによって実行されてもよい。この場合の共有元のアプリケーションは、ステップS2において、タイプで示されるデータ形式の共有データに対して、アクションで示される処理を実行可能なアプリケーションを特定する情報をOS64から取得する。そして、共有元のアプリケーションは、ステップS5において、OS64の共有APIを実行して、ユーザ操作によって選択されたアプリケーションを起動させる。 The processes of steps S2 to S5 may be executed by the application of the sharing source. In this case, the sharing source application acquires information from the OS 64 that identifies the application that can execute the process indicated by the action for the shared data in the data format indicated by the type in step S2. Then, in step S5, the sharing source application executes the sharing API of the OS 64 to start the application selected by the user operation.

出力プログラム65は、通信部55を通じて接続された複合機10に、コンテンツデータに対する動作を実行させるプログラムである。出力プログラム65は、例えば、プリント動作を実行させるための記録指示情報、FAX送信動作を実行させるためのFAX指示情報等を、通信部55を通じて複合機10に送信する。記録指示情報及びFAX指示情報は、出力指示情報の一例である。また、出力プログラム65は、出力指示情報を送信する前にプレビュー画面を表示部53に表示させる。 The output program 65 is a program that causes the multifunction device 10 connected through the communication unit 55 to execute an operation on the content data. The output program 65, for example, transmits the recording instruction information for executing the print operation, the FAX instruction information for executing the FAX transmission operation, and the like to the multifunction device 10 through the communication unit 55. The recording instruction information and the FAX instruction information are examples of output instruction information. Further, the output program 65 causes the display unit 53 to display the preview screen before transmitting the output instruction information.

地図プログラム66は、地図画像の任意の領域をユーザに指定させ、指定された領域の地図画像を示す画像データを出力プログラム65に引き渡すコンテンツ指定プログラム及び起動元プログラムの一例である。なお、コンテンツ指定プログラム及び起動元プログラムの具体例は地図プログラム66に限定されず、例えば、ユーザ操作に従って画像を編集し、編集した画像を示す画像データを出力プログラム65に引き渡すペイントプログラム等であってもよい。 The map program 66 is an example of a content specification program and an activation source program that allow a user to specify an arbitrary area of a map image and pass image data indicating a map image of the designated area to an output program 65. The specific example of the content designation program and the activation source program is not limited to the map program 66, and is, for example, a paint program that edits an image according to a user operation and delivers image data indicating the edited image to the output program 65. May be good.

より詳細には、地図プログラム66は、出力プログラム、コンテンツデータ、出力動作、及び出力装置の少なくとも1つを指定するユーザ操作を受け付ける起動元プログラムの一例である。以下、ユーザが指定した出力プログラムを「指定プログラム」と表記し、ユーザが指定したコンテンツデータを「指定データ」と表記し、ユーザが指定した出力動作を「指定動作」と表記し、ユーザが指定した出力装置を「指定装置」と表記する。また、起動元プログラムは、指定データ、指定動作、及び指定装置を示す指定情報をOS64に対して指定し、共有機能を用いて指定プログラムを起動させる。 More specifically, the map program 66 is an example of an activation source program that accepts a user operation that specifies at least one of an output program, content data, an output operation, and an output device. Hereinafter, the output program specified by the user is referred to as "specified program", the content data specified by the user is described as "specified data", the output operation specified by the user is described as "specified operation", and the user specifies. The output device is referred to as "designated device". Further, the boot source program designates the designated data, the designated operation, and the designated information indicating the designated device to the OS 64, and starts the designated program by using the sharing function.

データ記憶領域62Bは、図3(A)に示されるように、プログラムIDと、プログラムIDに対応付けられた動作情報とを記憶している。以下、図3(A)に示されるレコードを「動作情報レコード」と表記することがある。プログラムIDは、出力プログラムを識別するプログラム識別情報の一例である。出力プログラム65はプログラムID“001”で識別され、プログラムAはプログラムID“002”で識別される。動作情報は、対応するプログラムIDで識別される出力プログラムが複合機10に実行させることができる出力動作を示す。図3(A)の例において、出力プログラム65はプリント動作及びFAX送信動作を複合機10に実行させることができ、プログラムAはプリント動作を複合機10に実行させることができる。 As shown in FIG. 3A, the data storage area 62B stores the program ID and the operation information associated with the program ID. Hereinafter, the record shown in FIG. 3A may be referred to as an “operation information record”. The program ID is an example of program identification information that identifies an output program. The output program 65 is identified by the program ID "001", and the program A is identified by the program ID "002". The operation information indicates an output operation that can be executed by the multifunction device 10 by the output program identified by the corresponding program ID. In the example of FIG. 3A, the output program 65 can cause the multifunction device 10 to execute the print operation and the FAX transmission operation, and the program A can cause the multifunction device 10 to execute the print operation.

なお、動作情報レコードは、例えば、Android OSによって管理される所謂マニュフェストファイルであってもよい。この場合の動作情報は、マニュフェストファイルに定義されるアクションであってもよい。例えば、プリント動作が“SEND”で示され、FAX送信動作が“VIEW”で示されてもよい。また、図3(A)は、出力プログラム65及びプログラムAの動作情報レコードのみを図示するが、携帯端末50にインストールされた他のプログラム(例えば、地図プログラム66)の動作情報レコードがさらに登録されていてもよい。 The operation information record may be, for example, a so-called manifest file managed by the Android OS. The operation information in this case may be an action defined in the manifest file. For example, the print operation may be indicated by "SEND" and the FAX transmission operation may be indicated by "VIEW". Further, FIG. 3A shows only the operation information records of the output program 65 and the program A, but the operation information records of other programs (for example, the map program 66) installed in the mobile terminal 50 are further registered. You may be.

データ記憶領域62Bは、図3(B)に示されるように、装置IDと、装置IDに対応付けられた装置情報及びデフォルトフラグとを記憶することができる。以下、図3(B)に示されるレコードを「装置情報レコード」と表記することがある。なお、データ記憶領域62Bは、1つ或いは複数の装置情報レコードを記憶することができる。また、装置情報レコードは、出力プログラム65がインストールされた時点では登録されておらず、後述するデバイス選択処理において登録される。また、図3(B)に示される装置情報レコードは、出力プログラム65によって管理されている情報であって、他のプログラムが直接参照できないものであってもよい。さらに、データ記憶領域62Bには、プログラムAによって管理されている装置情報レコードが登録されていてもよい。 As shown in FIG. 3B, the data storage area 62B can store the device ID, the device information associated with the device ID, and the default flag. Hereinafter, the record shown in FIG. 3B may be referred to as a “device information record”. The data storage area 62B can store one or more device information records. Further, the device information record is not registered at the time when the output program 65 is installed, but is registered in the device selection process described later. Further, the device information record shown in FIG. 3B may be information managed by the output program 65 and may not be directly referenced by another program. Further, the device information record managed by the program A may be registered in the data storage area 62B.

装置IDは、複合機10A、10Bを識別する装置識別情報の一例である。本実施形態において、複合機10Aの装置IDは“MFP-A”であり、複合機10Bの装置IDは“MFP-B”である。装置情報は、対応する装置IDで識別される複合機10が実行可能な出力動作を示す情報であって、対応する装置IDで識別される複合機10から取得される。図3(B)の例において、“プリント”はプリント動作を示し、“FAX送信”はFAX送信動作を示し、“メディア保存”はメディア保存動作を示す。すなわち、図3(B)の例における複合機10Aは、プリント動作と、FAX送信動作とを実行することができる。また、図3(B)の例における複合機10Bは、プリント動作と、メディア保存動作とを実行することができる。 The device ID is an example of device identification information for identifying the multifunction devices 10A and 10B. In the present embodiment, the device ID of the multifunction device 10A is "MFP-A", and the device ID of the multifunction device 10B is "MFP-B". The device information is information indicating an output operation that can be executed by the multifunction device 10 identified by the corresponding device ID, and is acquired from the multifunction device 10 identified by the corresponding device ID. In the example of FIG. 3B, "print" indicates a print operation, "FAX transmission" indicates a fax transmission operation, and "media save" indicates a media save operation. That is, the multifunction device 10A in the example of FIG. 3B can execute the printing operation and the FAX transmission operation. Further, the multifunction device 10B in the example of FIG. 3B can execute a printing operation and a media saving operation.

デフォルトフラグは、複数の装置情報レコードのうち、優先して用いられる装置情報レコードを示す情報である。デフォルトフラグには、優先して用いられることを示す“ON”、優先して用いられないことを示す“OFF”のいずれかが設定される。すなわち、デフォルトフラグには、複数の装置情報レコードの1つに“ON”が設定され、その他の装置情報レコードに“OFF”が設定される。以下、デフォルトフラグに“ON”が設定された装置情報レコードを、「デフォルト装置情報レコード」と表記する。 The default flag is information indicating a device information record that is preferentially used among a plurality of device information records. The default flag is set to either "ON" indicating that it is used preferentially or "OFF" indicating that it is not used preferentially. That is, in the default flag, "ON" is set in one of the plurality of device information records, and "OFF" is set in the other device information records. Hereinafter, the device information record in which "ON" is set in the default flag is referred to as "default device information record".

[記録システム100の動作]
図4~図12を参照して、本実施形態に係る記録システム100の動作を説明する。記録システム100は、ユーザ操作に基づいて携帯端末50で指定されたコンテンツデータに対する出力動作を複合機10に実行させる処理を実行する。
[Operation of recording system 100]
The operation of the recording system 100 according to the present embodiment will be described with reference to FIGS. 4 to 12. The recording system 100 executes a process of causing the multifunction device 10 to execute an output operation for the content data designated by the mobile terminal 50 based on the user operation.

まず、携帯端末50のOS64は、メニュー画面を表示部53に表示させ、ステータスバーを共通表示領域80に表示させる。図7(A)はメニュー画面の一例である。図7(A)に示されるメニュー画面は、複数のプログラムアイコン111、112、113、114、115を含む。プログラムアイコン111~115は、携帯端末50にインストールされたプログラムに対応する。例えば、プログラムアイコン111はプログラムAに対応し、プログラムアイコン114は出力プログラム65に対応し、プログラムアイコン115は地図プログラム66に対応する。 First, the OS 64 of the mobile terminal 50 displays the menu screen on the display unit 53 and displays the status bar on the common display area 80. FIG. 7A is an example of a menu screen. The menu screen shown in FIG. 7A includes a plurality of program icons 111, 112, 113, 114, 115. The program icons 111 to 115 correspond to the programs installed in the mobile terminal 50. For example, the program icon 111 corresponds to program A, the program icon 114 corresponds to the output program 65, and the program icon 115 corresponds to the map program 66.

そして、OS64は、プログラムアイコン111~115の選択を操作部54を通じて受け付ける。OS64は、プログラムアイコン114の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて、出力プログラム65を起動させて、当該出力プログラム65をフォアグラウンドで実行する。プログラムアイコン114の選択は、出力プログラム65の起動を指示するユーザ操作の一例である。 Then, the OS 64 accepts the selection of the program icons 111 to 115 through the operation unit 54. The OS 64 activates the output program 65 in response to the acceptance of the selection of the program icon 114 through the operation unit 54, and executes the output program 65 in the foreground. The selection of the program icon 114 is an example of a user operation instructing the start of the output program 65.

[コンテンツ出力処理]
携帯端末50の出力プログラム65は、プログラムアイコン114の選択を受け付けたOS64によって起動されたことに応じて、標準起動処理を実行する。出力プログラム65は、コンテンツ出力処理において、指定データ、指定動作、及び指定装置を指定するユーザ操作を受け付ける。そして、出力プログラム65は、指定データに対する指定動作を指定装置に実行させる。図4を参照して、コンテンツ出力処理の詳細を説明する。
[Content output processing]
The output program 65 of the mobile terminal 50 executes a standard startup process in response to being started by the OS 64 that has accepted the selection of the program icon 114. The output program 65 accepts the designated data, the designated operation, and the user operation for designating the designated device in the content output process. Then, the output program 65 causes the designated device to execute the designated operation for the designated data. The details of the content output processing will be described with reference to FIG.

まず、出力プログラム65は、メイン画面を表示部53に表示させる(S11)。図7(B)は、メイン画面の一例である。図7(B)に示されるメイン画面は、複数の動作アイコン116、117と、装置アイコン119とを含む。そして、出力プログラム65は、メイン画面に含まれる各種アイコンの選択を操作部54を通じて受け付ける(S12)。ステップS11の処理は第1表示処理の一例であり、ステップS12の処理は第1受付処理の一例であり、メイン画面は動作選択画面の一例である。 First, the output program 65 causes the display unit 53 to display the main screen (S11). FIG. 7B is an example of the main screen. The main screen shown in FIG. 7B includes a plurality of operation icons 116, 117 and a device icon 119. Then, the output program 65 accepts the selection of various icons included in the main screen through the operation unit 54 (S12). The process of step S11 is an example of the first display process, the process of step S12 is an example of the first reception process, and the main screen is an example of the operation selection screen.

動作アイコン116、117は、指定装置が実行可能な出力動作に対応する動作指定オブジェクトの一例である。装置アイコン119は、指定装置を指定する処理に対応する装置指定オブジェクトの一例である。また、装置アイコン119には、現時点で指定装置として指定されている複合機10Aを識別する装置IDが記述されている。なお、出力プログラム65の起動時に表示されるメイン画面において、装置アイコン119は、デフォルト装置情報レコードに含まれる装置ID“MFP-A”で識別される複合機10Aが指定装置として指定されていることを示す。また、動作アイコン116、117は、デフォルト装置情報レコードに含まれる装置情報で示される“プリント”、“FAX送信”に対応する。一方、装置情報レコードが登録されていない場合は、装置アイコン119に“未選択”等と表示され、動作アイコンが非表示になっていてもよい。 The operation icons 116 and 117 are examples of operation designation objects corresponding to output operations that can be executed by the designated device. The device icon 119 is an example of a device designation object corresponding to a process for designating a designated device. Further, the device icon 119 describes a device ID that identifies the multifunction device 10A currently designated as the designated device. In the main screen displayed when the output program 65 is started, the multifunction device 10A identified by the device ID "MFP-A" included in the default device information record is designated as the designated device for the device icon 119. Is shown. Further, the operation icons 116 and 117 correspond to "print" and "fax transmission" indicated by the device information included in the default device information record. On the other hand, when the device information record is not registered, "not selected" or the like may be displayed on the device icon 119, and the operation icon may be hidden.

次に、出力プログラム65は、装置アイコン119の位置の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S12:装置アイコン)、デバイス選択処理を実行する(S13)。デバイス選択処理は、指定装置をユーザに選択させる処理である。図5を参照して、デバイス選択処理の詳細を説明する。 Next, the output program 65 executes the device selection process in response to the acceptance of the selection of the position of the device icon 119 through the operation unit 54 (S12: device icon) (S13). The device selection process is a process for allowing the user to select a designated device. The details of the device selection process will be described with reference to FIG.

まず、出力プログラム65は、通信部55を通じて通信可能な複数の複合機10のうち、指定動作を実行可能な複合機10を検索する(S31)。出力プログラム65は、例えば、SNMP(Simple Network Management Protocolの略)を用いて、MIBに記憶された装置ID及び動作情報の送信要求を通信部55を通じて複合機10に送信する。次に、出力プログラム65は、複合機10から返信された装置ID及び動作情報を通信部55を通じて受信する。次に、出力プログラム65は、指定動作の動作IDと、複合機10から受信した動作情報に含まれる動作IDとを比較する。そして、出力プログラム65は、動作情報に指定動作の動作IDが含まれる複合機10を、対象複合機として特定する。なお、ステップS13のデバイス選択処理の段階では未だ指定動作が指定されていないので、出力プログラム65は、通信部55を通じて通信可能な全ての複合機10A、10Bを、対象複合機として特定する。 First, the output program 65 searches for the multifunction device 10 capable of executing the designated operation among the plurality of multifunction devices 10 capable of communicating through the communication unit 55 (S31). The output program 65 uses, for example, SNMP (abbreviation of Simple Network Management Protocol) to transmit a transmission request for device ID and operation information stored in the MIB to the multifunction device 10 through the communication unit 55. Next, the output program 65 receives the device ID and the operation information returned from the multifunction device 10 through the communication unit 55. Next, the output program 65 compares the operation ID of the designated operation with the operation ID included in the operation information received from the multifunction device 10. Then, the output program 65 specifies the multifunction device 10 whose operation information includes the operation ID of the designated operation as the target multifunction device. Since the designated operation has not yet been specified at the stage of the device selection process in step S13, the output program 65 specifies all the multifunction devices 10A and 10B capable of communicating through the communication unit 55 as the target multifunction devices.

なお、動作情報は、複合機10のモデルを示すモデル情報であってもよい。この場合の出力プログラム65は、モデル情報と、モデル情報に対応する動作IDとの対応関係を示す対応情報にアクセスし、受信したモデル情報に対応する動作IDを取得する。すなわち、対応情報は、モデル情報で示されるモデルの複合機10が実行可能な動作を示す情報でもある。なお、対応情報は、携帯端末50に記憶されていてもよいし、不図示のクラウドサーバに記憶されていてもよい。 The operation information may be model information indicating the model of the multifunction device 10. In this case, the output program 65 accesses the correspondence information indicating the correspondence relationship between the model information and the operation ID corresponding to the model information, and acquires the operation ID corresponding to the received model information. That is, the correspondence information is also information indicating an operation that can be executed by the multifunction device 10 of the model indicated by the model information. The correspondence information may be stored in the mobile terminal 50 or may be stored in a cloud server (not shown).

次に、出力プログラム65は、デバイス選択画面を表示部53に表示させる(S32)。図8(A)は、デバイス選択画面の一例である。図8(A)に示されるデバイス選択画面は、デバイスアイコン121、122を含む。デバイスアイコン121、122は、ステップS31で特定した対象複合機である複合機10A、10Bに対応する。また、デバイスアイコン121、122には、対応する複合機10A、10Bの装置IDが記述されている。そして、出力プログラム65は、デバイス選択画面に含まれるアイコンの選択を操作部54を通じて受け付ける(S33)。 Next, the output program 65 causes the display unit 53 to display the device selection screen (S32). FIG. 8A is an example of a device selection screen. The device selection screen shown in FIG. 8A includes device icons 121 and 122. The device icons 121 and 122 correspond to the multifunction devices 10A and 10B, which are the target multifunction devices specified in step S31. Further, the device IDs of the corresponding multifunction devices 10A and 10B are described in the device icons 121 and 122. Then, the output program 65 accepts the selection of the icon included in the device selection screen through the operation unit 54 (S33).

次に、出力プログラム65は、例えばデバイスアイコン122の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S33:Yes)、当該デバイスアイコン122に対応する複合機10の装置情報を受信する(S34)。装置情報の受信方法は、ステップS31の処理と共通する。なお、ステップS31で複合機10のMIBを参照した場合、ステップS34の処理は省略することができる。 Next, the output program 65 receives device information of the multifunction device 10 corresponding to the device icon 122, for example, in response to receiving the selection of the device icon 122 through the operation unit 54 (S33: Yes) (S34). .. The method of receiving device information is common to the process of step S31. When the MIB of the multifunction device 10 is referred to in step S31, the process of step S34 can be omitted.

次に、出力プログラム65は、選択されたデバイスアイコン122に記述された装置ID“MFP-B”と、当該装置IDで識別される複合機10Bの装置情報と、デフォルトフラグ“ON”とを含む装置情報レコード(以下、「新装置情報レコード」と表記する。)を、データ記憶領域62Bに記憶させる(S35)。なお、出力プログラム65は、ステップS35において、データ記憶領域62Bに既に記憶されている装置情報レコード(以下、「旧装置情報レコード」と表記する。)のうち、新装置情報レコードに含まれる装置ID“MFP-B”を含む旧装置情報レコードが存在するか否かを判断する。 Next, the output program 65 includes the device ID "MFP-B" described in the selected device icon 122, the device information of the multifunction device 10B identified by the device ID, and the default flag "ON". The device information record (hereinafter referred to as "new device information record") is stored in the data storage area 62B (S35). The output program 65 has a device ID included in the new device information record among the device information records already stored in the data storage area 62B (hereinafter referred to as "old device information record") in step S35. It is determined whether or not the old device information record including "MFP-B" exists.

旧動作レコードが存在しない場合、出力プログラム65は、新装置情報レコードをデータ記憶領域62Bに追加する。また、装置ID“MFP-B”を含む旧装置情報レコードが存在しない場合、出力プログラム65は、全ての旧装置情報レコードのデフォルトフラグに“OFF”を設定し、新装置情報レコードをデータ記憶領域62Bに追加する。さらに、装置ID“MFP-B”を含む旧装置情報レコードが存在する場合、出力プログラム65は、当該旧装置情報レコードのデフォルトフラグに“ON”を設定し、その他の全ての旧装置情報レコードのデフォルトフラグに“OFF”を設定する。 If the old operation record does not exist, the output program 65 adds the new device information record to the data storage area 62B. If the old device information record including the device ID "MFP-B" does not exist, the output program 65 sets the default flag of all the old device information records to "OFF" and stores the new device information record in the data storage area. Add to 62B. Further, when the old device information record including the device ID "MFP-B" exists, the output program 65 sets the default flag of the old device information record to "ON", and sets the default flag of the old device information record to "ON" for all other old device information records. Set the default flag to "OFF".

図4に戻って、出力プログラム65は、図8(B)に示されるメイン画面を表示部53に再び表示させる(S11)。図8(B)に示されるメイン画面は、動作アイコン117が含まれておらず、且つ装置ID“MFP-B”が指定装置として指定されていることを示す装置アイコン120が装置アイコン119に代えて含まれている点において、図7(B)に示されるメイン画面と相違する。なお、出力プログラム65はFAX送信動作をサポートしているが、装置ID“MFP-B”で識別される複合機10BはFAX送信動作を実行不能なので、動作アイコン117は図8(B)に示されるメイン画面に含まれない。また、複合機10Bはメディア保存動作を実行可能であるが、出力プログラム65がメディア保存動作をサポートしていないので、メディア保存動作に対応する動作アイコンは図8(B)に示されるメイン画面に表示されない。 Returning to FIG. 4, the output program 65 causes the display unit 53 to display the main screen shown in FIG. 8B again (S11). The main screen shown in FIG. 8B does not include the operation icon 117, and the device icon 120 indicating that the device ID “MFP-B” is designated as the designated device is replaced with the device icon 119. It differs from the main screen shown in FIG. 7 (B) in that it is included. Although the output program 65 supports the fax transmission operation, the operation icon 117 is shown in FIG. 8B because the multifunction device 10B identified by the device ID “MFP-B” cannot execute the fax transmission operation. Not included in the main screen. Further, although the multifunction device 10B can execute the media saving operation, since the output program 65 does not support the media saving operation, the operation icon corresponding to the media saving operation is displayed on the main screen shown in FIG. 8 (B). Do not show.

さらに、プログラム表示領域81にデバイス選択画面が表示されているときの共通表示領域80には、バックアイコン82がさらに表示されている。バックアイコン82は、表示部53に直前に表示されていた画面への切り替えに対応するバックオブジェクトの一例である。バックアイコン82は、メニュー画面及び出力プログラム65の初期画面であるメイン画面がプログラム表示領域81に表示されているときには表示されず、その他の画面がプログラム表示領域81に表示されているときに表示される。なお、バックアイコン82は、共通表示領域80ではなく、プログラム表示領域81に表示されてもよい。また、出力プログラム65がバックアイコン82をプログラム表示領域81に表示させてもよい。 Further, the back icon 82 is further displayed in the common display area 80 when the device selection screen is displayed in the program display area 81. The back icon 82 is an example of a back object corresponding to switching to the screen immediately before being displayed on the display unit 53. The back icon 82 is not displayed when the main screen, which is the menu screen and the initial screen of the output program 65, is displayed in the program display area 81, and is displayed when the other screens are displayed in the program display area 81. The program. The back icon 82 may be displayed in the program display area 81 instead of the common display area 80. Further, the output program 65 may display the back icon 82 in the program display area 81.

そして、OS64は、デバイス選択画面と共に表示されたバックアイコン82の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて、バックアイコン82が選択されたことを示す通知情報を、出力プログラム65に出力する。出力プログラム65は、OS64から出力された通知情報を受信したことに応じて、ステップS33~S35の処理をスキップして、メイン画面を再び表示部53に表示させる。すなわち、デバイス選択画面が表示される直前に表示部53に表示されていたメイン画面が再び表示される。本実施形態では、図8(A)に示されるデバイス選択画面と共に表示されたバックアイコン82が選択され、図7(B)に示されるメイン画面が表示されたものとして、以降の説明を継続する。 Then, the OS 64 outputs the notification information indicating that the back icon 82 has been selected to the output program 65 in response to the acceptance of the selection of the back icon 82 displayed together with the device selection screen through the operation unit 54. The output program 65 skips the processes of steps S33 to S35 in response to receiving the notification information output from the OS 64, and causes the display unit 53 to display the main screen again. That is, the main screen displayed on the display unit 53 immediately before the device selection screen is displayed is displayed again. In the present embodiment, it is assumed that the back icon 82 displayed together with the device selection screen shown in FIG. 8A is selected and the main screen shown in FIG. 7B is displayed, and the following description will be continued. ..

再び図4に戻って、出力プログラム65は、動作アイコン116、117の1つの選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S12:動作アイコン)、選択された動作アイコン116、117に対応する動作を識別する動作IDと、装置アイコン119に記述された装置IDとをデータ記憶領域62Bに一時記憶させる。一時記憶された動作IDは、指定動作を識別する指定動作IDである。一時記憶された装置IDは、指定装置を識別する指定装置IDである。本実施形態では、プリント動作の動作IDが指定動作IDとして一時記憶され、装置ID“MFP-A”が指定装置IDとして一時記憶されたものとして、以降の説明を継続する。 Returning to FIG. 4 again, the output program 65 corresponds to the selected operation icons 116 and 117 in response to the acceptance of one selection of the operation icons 116 and 117 through the operation unit 54 (S12: operation icon). The operation ID for identifying the operation and the device ID described in the device icon 119 are temporarily stored in the data storage area 62B. The temporarily stored operation ID is a designated operation ID that identifies the designated operation. The temporarily stored device ID is a designated device ID that identifies the designated device. In the present embodiment, it is assumed that the operation ID of the print operation is temporarily stored as the designated operation ID and the device ID “MFP-A” is temporarily stored as the designated device ID, and the following description will be continued.

次に、出力プログラム65は、共有機能によって起動されたか否かを判断する(S14)。そして、出力プログラム65は、共有機能によって起動されていないと判断したことに応じて(S14:No)、データ選択画面を表示部53に表示させる(S15)。また、出力プログラム65は、データ選択画面に含まれるアイコンの選択を操作部54を通じて受け付ける(S16)。ステップS15の処理は第2表示処理の一例であり、ステップS16の処理は第2受付処理の一例である。一方、出力プログラム65は、共有機能によって起動されたと判断したことに応じて(S14:Yes)、ステップS15、S16の処理をスキップする。共有機能によって起動された場合の処理の詳細は、後述する。 Next, the output program 65 determines whether or not it has been started by the sharing function (S14). Then, the output program 65 causes the display unit 53 to display the data selection screen in response to the determination that it has not been activated by the sharing function (S14: No) (S15). Further, the output program 65 accepts the selection of the icon included in the data selection screen through the operation unit 54 (S16). The process of step S15 is an example of the second display process, and the process of step S16 is an example of the second reception process. On the other hand, the output program 65 skips the processes of steps S15 and S16 in response to the determination that it has been activated by the sharing function (S14: Yes). The details of the processing when it is started by the sharing function will be described later.

図9(A)は、データ選択画面の一例である。図9(A)に示されるデータ選択画面は、複数のデータアイコン123、124、125を含む。データアイコン123~125は、指定データとして指定可能なコンテンツデータに対応するデータ指定オブジェクトの一例である。データアイコン123~125には、対応するコンテンツデータのデータID(例えば、ファイル名)が記述される。データアイコン123~125に対応するコンテンツデータは、コンテンツデータフォルダに記憶されているものであってもよいし、通信部55を通じて通信可能な不図示のサーバに記憶されているものであってもよい。 FIG. 9A is an example of a data selection screen. The data selection screen shown in FIG. 9A includes a plurality of data icons 123, 124, 125. The data icons 123 to 125 are examples of data designation objects corresponding to the content data that can be designated as designated data. Data IDs (for example, file names) of the corresponding content data are described in the data icons 123 to 125. The content data corresponding to the data icons 123 to 125 may be stored in the content data folder or may be stored in a server (not shown) capable of communicating through the communication unit 55.

次に、出力プログラム65は、データアイコン123~125の1つの選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S16:Yes)、選択されたデータアイコンに対応するコンテンツデータを、指定データとしてデータ記憶領域62Bに一時記憶させる。または、出力プログラム65は、指定データそのものではなく、指定データを特定する情報(以下、「指定データID」と表記する。)をデータ記憶領域62Bに一時記憶させてもよい。指定データIDは、例えば、指定データの記憶場所を示す情報でもよいし、指定データを示すURLでもよい。本実施形態では、データアイコン123が選択されたものとして、以降の説明を継続する。一方、出力プログラム65は、データ選択画面と共に表示されたバックアイコン82が選択されたことを示す通知情報をOS64から受信したことに応じて、メイン画面を再び表示部53に表示させる。 Next, the output program 65 receives content data corresponding to the selected data icon as designated data in response to the acceptance of one selection of the data icons 123 to 125 through the operation unit 54 (S16: Yes). Temporarily store in the storage area 62B. Alternatively, the output program 65 may temporarily store the information specifying the designated data (hereinafter, referred to as “designated data ID”) in the data storage area 62B instead of the designated data itself. The designated data ID may be, for example, information indicating a storage location of the designated data or a URL indicating the designated data. In the present embodiment, it is assumed that the data icon 123 is selected, and the following description will be continued. On the other hand, the output program 65 causes the display unit 53 to display the main screen again in response to receiving the notification information indicating that the back icon 82 displayed together with the data selection screen has been selected from the OS 64.

次に、出力プログラム65は、データアイコン123の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S16:Yes)、プレビュー画面を表示部53に表示させる(S17)。また、出力プログラム65は、プレビュー画面に含まれるアイコンの選択を操作部54を通じて受け付ける(S18)。ステップS17の処理は第3表示処理の一例であり、ステップS18の処理は第3受付処理の一例である。 Next, the output program 65 causes the display unit 53 to display the preview screen in response to the acceptance of the selection of the data icon 123 through the operation unit 54 (S16: Yes) (S17). Further, the output program 65 accepts the selection of the icon included in the preview screen through the operation unit 54 (S18). The process of step S17 is an example of the third display process, and the process of step S18 is an example of the third reception process.

図9(B)は、プレビュー画面の一例である。図9(B)に示されるプレビュー画面は、プレビュー画像126と、プリント指示アイコン127と、FAX切替アイコン128とを含む。一方、図9(B)に示されるプレビュー画面は、後述する装置指定アイコンを含まない。プレビュー画像126は、ステップS16で指定された指定データを、ステップS12で指定された指定動作で出力したイメージを示す画像である。すなわち、プレビュー画像126は、ファイル名“写真.JPEG”で識別される画像データで示される画像が記録用紙に記録されたイメージを示す。 FIG. 9B is an example of a preview screen. The preview screen shown in FIG. 9B includes a preview image 126, a print instruction icon 127, and a fax switching icon 128. On the other hand, the preview screen shown in FIG. 9B does not include the device designation icon described later. The preview image 126 is an image showing an image in which the designated data specified in step S16 is output by the designated operation designated in step S12. That is, the preview image 126 indicates an image in which the image represented by the image data identified by the file name “photograph.JPEG” is recorded on the recording paper.

プリント指示アイコン127は、指定データに対するプリント動作を指定装置に実行させる指示に対応する出力指示オブジェクトの一例である。FAX切替アイコン128は、指定動作をプリント動作からFAX送信動作に切り替える指示に対応する動作指定オブジェクトの一例である。すなわち、プレビュー画面は、デフォルト装置情報レコードの装置情報で示される複数の動作のうち、指定動作に対応する出力指示オブジェクトと、指定動作と異なる動作に対応する動作指定オブジェクトとを含む。一方、デフォルト装置情報レコードに含まれる装置情報で示される動作が1つの場合のプレビュー画面は、動作指定オブジェクトを含まない。 The print instruction icon 127 is an example of an output instruction object corresponding to an instruction to cause the designated device to execute a print operation on the designated data. The FAX switching icon 128 is an example of an operation designation object corresponding to an instruction to switch the designated operation from the print operation to the FAX transmission operation. That is, the preview screen includes an output instruction object corresponding to the specified operation and an operation specifying object corresponding to an operation different from the specified operation among the plurality of operations indicated by the device information of the default device information record. On the other hand, the preview screen when there is one operation indicated by the device information included in the default device information record does not include the operation designation object.

次に、出力プログラム65は、プリント指示アイコン127の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S18:出力アイコン)、通信部55を通じて複合機10Aにプリント指示情報を送信する(S19)。プリント指示情報は、指定データに対するプリント動作を指定装置に実行させるための出力指示情報の一例である。本実施形態のプリント指示情報は、ファイル名“写真.JPEG”で識別される画像データと、出力動作“プリント”を識別する指定動作IDとを含む。そして、出力プログラム65は、指定装置である複合機10Aに通信部55を通じて当該プリント指示情報を送信する。ステップS19の処理は、出力指示処理の一例である。なお、プリント指示情報は、指定データそのものではなく、URL等の指定データIDを含んでいてもよい。 Next, the output program 65 transmits the print instruction information to the multifunction device 10A through the communication unit 55 in response to the acceptance of the selection of the print instruction icon 127 through the operation unit 54 (S18: output icon) (S19). The print instruction information is an example of output instruction information for causing the designated device to execute a print operation for the designated data. The print instruction information of the present embodiment includes image data identified by the file name “photograph.JPEG” and a designated operation ID that identifies the output operation “print”. Then, the output program 65 transmits the print instruction information to the multifunction device 10A, which is a designated device, through the communication unit 55. The process of step S19 is an example of the output instruction process. The print instruction information may include a designated data ID such as a URL instead of the designated data itself.

一方、図示は省略するが、複合機10Aの制御プログラム35は、通信部25を通じて携帯端末50からプリント指示情報を受信する。そして、制御プログラム35は、受信したプリント指示情報に従ったプリント動作をプリンタ部11に実行させる。すなわち、プリンタ部11は、プリント指示情報に含まれるコンテンツデータ“写真.JPEG”で示される画像を記録用紙に記録する。 On the other hand, although not shown, the control program 35 of the multifunction device 10A receives print instruction information from the mobile terminal 50 through the communication unit 25. Then, the control program 35 causes the printer unit 11 to execute a print operation according to the received print instruction information. That is, the printer unit 11 records the image indicated by the content data "photograph.JPEG" included in the print instruction information on the recording paper.

再び図4に戻って、出力プログラム65は、図9(B)に示されるプレビュー画面に含まれるFAX切替アイコン128の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S18:切替アイコン)、データ記憶領域62Bに一時記憶された指定動作IDを、プリント動作の動作IDからFAX送信動作の動作IDに切り替える。また、出力プログラム65は、プレビュー画面を再び表示部53に表示させる(S17)。この処理の詳細は、後述する。さらに、出力プログラム65は、ステップS17において表示されるプレビュー画面と共に表示されたバックアイコン82が選択されたことを示す通知情報をOS64から受信したことに応じて、図9(A)に示されるデータ選択画面を再び表示部53に表示させる。 Returning to FIG. 4 again, the output program 65 receives the selection of the FAX switching icon 128 included in the preview screen shown in FIG. 9B through the operation unit 54 (S18: switching icon), and the data The designated operation ID temporarily stored in the storage area 62B is switched from the operation ID of the print operation to the operation ID of the FAX transmission operation. Further, the output program 65 causes the display unit 53 to display the preview screen again (S17). The details of this process will be described later. Further, the output program 65 receives the notification information indicating that the back icon 82 displayed together with the preview screen displayed in step S17 has been selected from the OS 64, and the data shown in FIG. 9 (A). The selection screen is displayed on the display unit 53 again.

[コンテンツ指定処理]
一方、OS64は、メニュー画面に含まれるプログラムアイコン115の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて、地図プログラム66を起動させる。携帯端末50の地図プログラム66は、プログラムアイコン115の選択を受け付けたOS64によって起動されたことに応じて、コンテンツ出力処理を実行する。コンテンツ出力処理は、指定データに対する指定動作を、指定プログラムを通じて指定装置に実行させる処理である。図6を参照して、コンテンツ出力処理の詳細を説明する。
[Content specification processing]
On the other hand, the OS 64 activates the map program 66 in response to the acceptance of the selection of the program icon 115 included in the menu screen through the operation unit 54. The map program 66 of the mobile terminal 50 executes the content output process in response to being started by the OS 64 that has accepted the selection of the program icon 115. The content output process is a process of causing a designated device to execute a designated operation for designated data through a designated program. The details of the content output processing will be described with reference to FIG.

まず、地図プログラム66は、地図画像データを取得する(S41)。地図プログラム66は、例えば、GPS(Global Positioning Systemの略)から取得した携帯端末50の現在位置を含む地図画像データを、通信部55を通じて不図示のサーバから取得する。具体的には、地図プログラム66は、通信部55を通じて地図画像データをサーバに要求し、サーバから返信された地図画像データを通信部55を通じて受信する。 First, the map program 66 acquires map image data (S41). The map program 66, for example, acquires map image data including the current position of the mobile terminal 50 acquired from GPS (abbreviation of Global Positioning System) from a server (not shown) through the communication unit 55. Specifically, the map program 66 requests the map image data from the server through the communication unit 55, and receives the map image data returned from the server through the communication unit 55.

次に、地図プログラム66は、地図指定画面を表示部53に表示させる(S42)。図10(A)は、地図指定画面の一例である。図10(A)に示される地図指定画面は、地図表示領域129と、[共有]アイコンとを含む。地図表示領域129には、ステップS41で取得した地図画像データで示される地図画像130が表示される。そして、地図プログラム66は、地図表示領域129、及び[共有]アイコンに対するユーザ操作を操作部54を通じて受け付ける(S43)。 Next, the map program 66 causes the display unit 53 to display the map designation screen (S42). FIG. 10A is an example of a map designation screen. The map designation screen shown in FIG. 10A includes a map display area 129 and a [Share] icon. In the map display area 129, the map image 130 indicated by the map image data acquired in step S41 is displayed. Then, the map program 66 accepts the user operation for the map display area 129 and the [Share] icon through the operation unit 54 (S43).

そして、地図プログラム66は、地図表示領域129の位置におけるユーザ操作を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S43:地図表示領域)、地図表示領域129に表示させる地図画像130を変更する。地図プログラム66は、変更後の地図画像130を示す地図画像データをサーバから取得する。地図表示領域129に表示される地図画像130は、例えば、スライド操作に追従してスライドされ、ピンチイン操作に追従して縮小され、ピンチアウト操作に追従して拡大される。 Then, the map program 66 changes the map image 130 to be displayed in the map display area 129 in response to the reception of the user operation at the position of the map display area 129 through the operation unit 54 (S43: map display area). The map program 66 acquires map image data indicating the changed map image 130 from the server. The map image 130 displayed in the map display area 129 is, for example, slid according to a slide operation, reduced according to a pinch-in operation, and enlarged following a pinch-out operation.

また、地図プログラム66は、[共有]アイコンの選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S43:[共有]アイコン)、地図表示領域129に表示されている地図画像130を示す地図画像データを、指定データとしてデータ記憶領域62Bに記憶させる(S44)。ステップS41~S44の処理は、第1受付処理の一例である。 Further, the map program 66 indicates map image data indicating the map image 130 displayed in the map display area 129 in response to the acceptance of the selection of the [share] icon through the operation unit 54 (S43: [share] icon). Is stored in the data storage area 62B as designated data (S44). The processing of steps S41 to S44 is an example of the first reception processing.

次に、地図プログラム66は、携帯端末50にインストールされている出力プログラムのプログラムIDを取得する(S45)。例えば、地図プログラム66は、図3(A)に示される動作情報レコードに含まれるプログラムIDを取得すればよい。または、図3(A)に出力プログラム以外のプログラムの動作情報レコードも含まれている場合、地図プログラム66は、出力動作を含む動作情報に対応付けられたプログラムIDを取得すればよい。より詳細には、地図プログラム66は、プログラムIDを取得するためのAPIを実行することによって、図3(A)に示されるプログラムIDを、当該APIの戻り値としてOS64から受信すればよい。本実施形態では、出力プログラム65のプログラムID“001”と、プログラムAのプログラムID“002”とが取得される。ステップS45の処理は、プログラム情報取得処理の一例である。 Next, the map program 66 acquires the program ID of the output program installed in the mobile terminal 50 (S45). For example, the map program 66 may acquire the program ID included in the operation information record shown in FIG. 3A. Alternatively, when FIG. 3A also includes an operation information record of a program other than the output program, the map program 66 may acquire the program ID associated with the operation information including the output operation. More specifically, the map program 66 may receive the program ID shown in FIG. 3A from the OS 64 as the return value of the API by executing the API for acquiring the program ID. In the present embodiment, the program ID "001" of the output program 65 and the program ID "002" of the program A are acquired. The process of step S45 is an example of the program information acquisition process.

次に、地図プログラム66は、ステップS45で取得したプログラムIDで識別される各プログラムから動作情報(S46)及び装置情報(S47)を取得する(S48)。すなわち、地図プログラム66は、プログラムIDに対応付けられた動作情報を、OS64を通じて図3(A)に示される動作情報レコードから取得する(S46)。また、地図プログラム66は、各出力プログラムが管理する装置情報を、OS64を通じて図3(B)に示される装置情報レコードから取得する(S47)。より詳細には、地図プログラム66は、OS64が提供するAPIを実行することによって、OS64或いは出力プログラムから動作情報及び装置情報を取得すればよい。ステップS46の処理は動作情報取得処理の一例であり、ステップS47の処理は装置情報取得処理の一例である。 Next, the map program 66 acquires operation information (S46) and device information (S47) from each program identified by the program ID acquired in step S45 (S48). That is, the map program 66 acquires the operation information associated with the program ID from the operation information record shown in FIG. 3A through the OS 64 (S46). Further, the map program 66 acquires the device information managed by each output program from the device information record shown in FIG. 3 (B) through the OS 64 (S47). More specifically, the map program 66 may acquire operation information and device information from the OS 64 or an output program by executing the API provided by the OS 64. The process of step S46 is an example of the operation information acquisition process, and the process of step S47 is an example of the device information acquisition process.

本実施形態における地図プログラム66は、ステップS46において、出力プログラム65に対応付けられた動作情報“プリント”、“FAX送信”と、プログラムAに対応付けられた動作情報“プリント”とを取得する。また、地図プログラム66は、ステップS47において、装置ID“MFP-A”に対応付けられた装置情報“プリント”、“FAX送信”と、装置ID“MFP-B”に対応付けられた装置情報“プリント”、“メディア保存”とを、出力プログラム65に対応付けられた装置情報として取得する。一方、地図プログラム66は、ステップS47において、プログラムAに対応付けられた装置情報を取得できない。 In step S46, the map program 66 in the present embodiment acquires the operation information "print" and "FAX transmission" associated with the output program 65 and the operation information "print" associated with the program A. Further, in step S47, the map program 66 has the device information "print" and "FAX transmission" associated with the device ID "MFP-A" and the device information "corresponding to the device ID" MFP-B ". "Print" and "media save" are acquired as device information associated with the output program 65. On the other hand, the map program 66 cannot acquire the device information associated with the program A in step S47.

次に、地図プログラム66は、選択画面を表示部53に表示させる(S49)。図10(B)は、選択画面の一例である。図10(B)に示される選択画面は、プログラム指定オブジェクトの一例であるプログラムアイコン131、132と、動作指定オブジェクトの一例である動作アイコン133、134、135と、装置指定オブジェクトの一例である装置アイコン136、137、138とを含む。そして、地図プログラム66は、選択画面に含まれるアイコンの選択を操作部54を通じて受け付ける(S50)。ステップS49の処理は表示制御処理の一例であり、ステップS50の処理は第2受付処理の一例である。 Next, the map program 66 causes the display unit 53 to display the selection screen (S49). FIG. 10B is an example of a selection screen. The selection screen shown in FIG. 10B has program icons 131 and 132 which are examples of program designation objects, operation icons 133, 134 and 135 which are examples of action designation objects, and devices which are examples of device designation objects. Includes icons 136, 137, 138 and so on. Then, the map program 66 accepts the selection of the icon included in the selection screen through the operation unit 54 (S50). The process of step S49 is an example of the display control process, and the process of step S50 is an example of the second reception process.

プログラムアイコン131は、プログラムID“001”で識別される出力プログラム65を示す。プログラムアイコン132は、プログラムID“002”で識別されるプログラムAを示す。動作アイコン133は、出力プログラム65に対応付けられた動作情報“プリント”を示す。動作アイコン134は、出力プログラム65に対応付けられた動作情報“FAX送信”を示す。動作アイコン135は、プログラムAに対応付けられた動作情報“プリント”を示す。装置アイコン136は、出力プログラム65がプリント動作を実行させることができる複合機10Aを示す。装置アイコン137は、出力プログラム65がプリント動作を実行させることができる複合機10Bを示す。装置アイコン138は、出力プログラム65がFAX送信動作を実行させることができる複合機10Aを示す。 The program icon 131 indicates an output program 65 identified by the program ID “001”. The program icon 132 indicates the program A identified by the program ID “002”. The operation icon 133 indicates the operation information “print” associated with the output program 65. The operation icon 134 indicates the operation information “FAX transmission” associated with the output program 65. The operation icon 135 indicates the operation information “print” associated with the program A. The device icon 136 indicates the multifunction device 10A on which the output program 65 can execute the printing operation. The device icon 137 indicates the multifunction device 10B on which the output program 65 can execute the printing operation. The device icon 138 indicates a multifunction device 10A on which the output program 65 can execute a fax transmission operation.

ここで、プログラムアイコン131、動作アイコン133、134、及び装置アイコン136~138は、互いに対応付けられている。すなわち、動作アイコン133、134は、プログラムアイコン131に対応付けられている。また、装置アイコン136、137は動作アイコン133に対応付けられており、装置アイコン138は動作アイコン134に対応付けられている。同様に、動作アイコン135は、プログラムアイコン132に対応付けられている。これらの関係は、各アイコンが階層化或いはグループ化されていると表現することもできる。 Here, the program icon 131, the operation icons 133, 134, and the device icons 136 to 138 are associated with each other. That is, the operation icons 133 and 134 are associated with the program icon 131. Further, the device icon 136 and 137 are associated with the operation icon 133, and the device icon 138 is associated with the operation icon 134. Similarly, the operation icon 135 is associated with the program icon 132. These relationships can also be expressed as each icon being layered or grouped.

すなわち、動作アイコン133、134は、プログラムアイコン131で示される出力プログラム65が出力装置に実行させることができる出力動作を示している。同様に、動作アイコン135は、プログラムアイコン132で示されるプログラムAが出力装置に実行させることができる出力動作を示している。また、装置アイコン136、137は、プログラムアイコン131で示される出力プログラム65が通信可能であり、且つ動作アイコン133で示されるプリント動作を実行可能な複合機10A、10Bを示す。同様に、装置アイコン138は、プログラムアイコン131で示される出力プログラム65が通信可能であり、且つ動作アイコン134で示されるFAX送信動作を実行可能な複合機10Aを示す。 That is, the operation icons 133 and 134 indicate the output operation that the output program 65 indicated by the program icon 131 can be executed by the output device. Similarly, the operation icon 135 indicates an output operation that can be executed by the output device by the program A indicated by the program icon 132. Further, the device icons 136 and 137 indicate the multifunction devices 10A and 10B capable of communicating with the output program 65 indicated by the program icon 131 and executing the printing operation indicated by the operation icon 133. Similarly, the device icon 138 indicates a multifunction device 10A capable of communicating with the output program 65 indicated by the program icon 131 and executing the FAX transmission operation indicated by the operation icon 134.

そして、地図プログラム66は、プログラムアイコン131の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S50:プログラムアイコン)、ステップS44で一時記憶させた地図画像データのデータIDを指定情報としてOS64に対して指定し、且つプログラムアイコン131で示される出力プログラム65を共有機能を利用して起動させる(S51)。具体的には、地図プログラム66は、出力プログラム65のプログラムID、及び指定情報を引数として、共有APIを実行する。ステップS51、及び後述するステップS52、53の処理は、起動処理の一例である。なお、プログラムアイコン132が選択された場合は、出力プログラム65に代えてプログラムAが共有機能を利用して起動される。 Then, the map program 66 receives the selection of the program icon 131 through the operation unit 54 (S50: program icon), and uses the data ID of the map image data temporarily stored in step S44 as designated information for the OS 64. The output program 65 indicated by the program icon 131 is started by using the sharing function (S51). Specifically, the map program 66 executes the shared API with the program ID of the output program 65 and the designated information as arguments. The processes of step S51 and steps S52 and 53, which will be described later, are examples of start-up processes. When the program icon 132 is selected, the program A is started by using the sharing function instead of the output program 65.

また、地図プログラム66は、動作アイコン133の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S50:動作アイコン)、データID及び動作アイコン133で示されるプリント動作の動作IDを指定情報としてOS64に対して指定し、且つ動作アイコン133に対応するプログラムアイコン131で示される出力プログラム65を共有機能を利用して起動させる(S52)。なお、動作アイコン134が選択された場合は、プリント動作の動作IDに代えてFAX送信動作の動作IDが指定情報に含められる。また、動作アイコン135が選択された場合は、出力プログラム65に代えてプログラムAが共有機能を利用して起動される。 Further, the map program 66 uses the data ID and the operation ID of the print operation indicated by the operation icon 133 as designated information in the OS 64 in response to the acceptance of the selection of the operation icon 133 through the operation unit 54 (S50: operation icon). On the other hand, the output program 65 indicated by the program icon 131 corresponding to the operation icon 133 is started by using the sharing function (S52). When the operation icon 134 is selected, the operation ID of the FAX transmission operation is included in the designated information instead of the operation ID of the print operation. When the operation icon 135 is selected, the program A is started by using the sharing function instead of the output program 65.

さらに、地図プログラム66は、装置アイコン136の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S50:装置アイコン)、データID、装置アイコン136に対応する動作アイコン133で示されるプリント動作の動作ID、及びを装置アイコン136で示される複合機10Aの装置ID“MFP-A”を指定情報としてOS64に対して指定し、且つ装置アイコン136に対応するプログラムアイコン131で示される出力プログラム65を共有機能を利用して起動させる(S53)。なお、装置アイコン137が選択された場合は、装置ID“MFP-A”に代えて装置ID“MFP-B”が指定情報に含められる。また、装置アイコン138が選択された場合は、プリント動作の動作IDに代えてFAX送信動作の動作IDが含められる。 Further, the map program 66 receives the selection of the device icon 136 through the operation unit 54 (S50: device icon), and the data ID and the operation ID of the print operation indicated by the operation icon 133 corresponding to the device icon 136. , And are specified to the OS 64 as the device ID "MFP-A" of the composite machine 10A indicated by the device icon 136, and the output program 65 indicated by the program icon 131 corresponding to the device icon 136 is shared. (S53). When the device icon 137 is selected, the device ID "MFP-B" is included in the designated information instead of the device ID "MFP-A". When the device icon 138 is selected, the operation ID of the fax transmission operation is included in place of the operation ID of the print operation.

OS64は、共有APIが実行されたことに応じて、フォアグラウンドで実行されていた地図プログラム66を終了或いはバックグラウンドで実行し、出力プログラム65を起動してフォアグラウンドで実行する。出力プログラム65は、共有機能を利用した地図プログラム66によって起動されたことに応じて、OS64を通じて地図プログラム66から指定情報を取得すると共に、図4に示される(A)、(B)、或いは(C)の位置からコンテンツ出力処理を実行する。以下、図4に示される各処理のうち、既に説明した処理の詳細は省略し、共有機能によって起動された場合に特有の処理を中心に説明する。 Depending on the execution of the shared API, the OS 64 terminates the map program 66 executed in the foreground or executes it in the background, starts the output program 65, and executes it in the foreground. The output program 65 acquires designated information from the map program 66 through the OS 64 in response to being started by the map program 66 using the sharing function, and is shown in FIG. 4 (A), (B), or (. The content output process is executed from the position of C). Hereinafter, among the processes shown in FIG. 4, the details of the processes already described will be omitted, and the processes specific to the case of being activated by the sharing function will be mainly described.

まず、出力プログラム65は、出力プログラム65を起動したプログラムが出力した指定情報を取得する(S31:Yes)。具体的には、出力プログラム65は、指定情報をOS64に要求するAPIを実行することによって、OS64が出力した指定情報を戻り値として受信する。そして、出力プログラム65は、データID、動作ID、及び装置IDそれぞれが取得した指定情報に含まれているか否かを判断する。 First, the output program 65 acquires the designated information output by the program that started the output program 65 (S31: Yes). Specifically, the output program 65 receives the designated information output by the OS 64 as a return value by executing the API that requests the designated information from the OS 64. Then, the output program 65 determines whether or not each of the data ID, the operation ID, and the device ID is included in the acquired designated information.

まず、プログラムアイコン131の選択を受け付けた地図プログラム66によって起動された場合、出力プログラム65は、指定情報がデータIDを含み且つ動作ID及び装置IDを含まないと判断する。そして、出力プログラム65は、当該指定情報に含まれるデータIDを指定データIDとして、データ記憶領域62Bに一時記憶させる。また、出力プログラム65は、図4の(A)の位置からコンテンツ出力処理を実行する。すなわち、出力プログラム65は、メイン画面を表示部53に表示させる(S11)。 First, when started by the map program 66 that has accepted the selection of the program icon 131, the output program 65 determines that the designated information includes the data ID and does not include the operation ID and the device ID. Then, the output program 65 temporarily stores the data ID included in the designated information as the designated data ID in the data storage area 62B. Further, the output program 65 executes the content output process from the position (A) in FIG. That is, the output program 65 causes the display unit 53 to display the main screen (S11).

そして、出力プログラム65は、動作アイコン116、117の1つの選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S12:動作アイコン)、ステップS15、S16の処理を省略して、ステップS17の処理を実行する(S34:Yes)。すなわち、出力プログラム65は、ステップS35、S36の処理をスキップして、指定データIDで示される指定データを用いて、ステップS17以降の処理を実行する。 Then, the output program 65 omits the processes of steps S15 and S16 and performs the process of step S17 in response to the acceptance of one selection of the operation icons 116 and 117 through the operation unit 54 (S12: operation icon). Execute (S34: Yes). That is, the output program 65 skips the processes of steps S35 and S36, and executes the processes of steps S17 and subsequent steps using the designated data indicated by the designated data ID.

また、動作アイコン133、134の1つの選択を受け付けた地図プログラム66によって起動された場合、出力プログラム65は、指定情報がデータID及び動作IDを含み且つ装置IDを含まないと判断する。そして、出力プログラム65は、当該指定情報に含まれるデータIDを指定データIDとして、当該指定情報に含まれる動作IDを指定動作IDとして、データ記憶領域62Bに一時記憶させる。また、出力プログラム65は、図4の(B)の位置からコンテンツ出力処理を実行する。すなわち、出力プログラム65は、ステップS11~S16の処理をスキップして、プレビュー画面を表示部53に表示させる(S17)。 Further, when activated by the map program 66 that has accepted the selection of one of the operation icons 133 and 134, the output program 65 determines that the designated information includes the data ID and the operation ID and does not include the device ID. Then, the output program 65 temporarily stores the data ID included in the designated information as the designated data ID and the operation ID included in the designated information as the designated operation ID in the data storage area 62B. Further, the output program 65 executes the content output process from the position (B) in FIG. That is, the output program 65 skips the processes of steps S11 to S16 and displays the preview screen on the display unit 53 (S17).

なお、動作アイコン133が選択された場合の指定情報は、プリント動作を識別する動作IDを含む。この場合の出力プログラム65は、ステップS17において、図11(A)に示されるプレビュー画面を表示部53に表示させる。一方、動作アイコン134が選択された場合の指定情報は、FAX送信動作を識別する動作IDを含む。この場合の出力プログラム65は、ステップS17において、図12(A)に示されるプレビュー画面を表示部53に表示させる。 The designated information when the operation icon 133 is selected includes an operation ID for identifying the print operation. In this case, the output program 65 causes the display unit 53 to display the preview screen shown in FIG. 11A in step S17. On the other hand, the designated information when the operation icon 134 is selected includes an operation ID that identifies the FAX transmission operation. In this case, the output program 65 causes the display unit 53 to display the preview screen shown in FIG. 12A in step S17.

図11(A)に示されるプレビュー画面は、プレビュー画像139と、装置アイコン119と、プリント指示アイコン127と、FAX切替アイコン128とを含む。プレビュー画像139は、指定データである地図画像データで示される地図画像130を、指定動作であるプリント動作で出力したイメージを示す。装置アイコン119は、図3(B)に示されるデフォルト装置情報レコードに含まれる装置ID“MFP-A”で識別される複合機10Aが指定装置として指定されていることを示す。 The preview screen shown in FIG. 11A includes a preview image 139, a device icon 119, a print instruction icon 127, and a fax switching icon 128. The preview image 139 shows an image obtained by outputting the map image 130 represented by the map image data which is the designated data by the print operation which is the designated operation. The device icon 119 indicates that the multifunction device 10A identified by the device ID “MFP-A” included in the default device information record shown in FIG. 3B is designated as the designated device.

次に、出力プログラム65は、装置アイコン119の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S18:装置アイコン)、図5に示されるデバイス選択処理を実行する(S20)。なお、出力プログラム65は、ステップS31において、通信部55を通じて通信可能な複数の複合機10のうち、指定動作であるプリント動作を実行可能な複合機10を特定する。その他の処理は既に説明しているので、再度の説明は省略する。 Next, the output program 65 executes the device selection process shown in FIG. 5 in response to the acceptance of the selection of the device icon 119 through the operation unit 54 (S18: device icon) (S20). In step S31, the output program 65 specifies the multifunction device 10 capable of executing the print operation, which is the designated operation, among the plurality of multifunction devices 10 that can communicate through the communication unit 55. Since other processes have already been described, the description will be omitted again.

そして、出力プログラム65は、例えば図8(A)に示されるデバイス選択画面において、デバイスアイコン122の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて、データ記憶領域62Bに一時記憶された指定装置IDを、複合機10Aの装置ID“MFP-A”から複合機10Bの装置ID“MFP-B”に切り替える。また、出力プログラム65は、図11(B)に示されるプレビュー画面を表示部53に表示させる第3表示処理を再び実行する(S17)。 Then, the output program 65 receives the selection of the device icon 122 through the operation unit 54 on the device selection screen shown in FIG. 8A, for example, and the designated device ID temporarily stored in the data storage area 62B. Is switched from the device ID "MFP-A" of the multifunction device 10A to the device ID "MFP-B" of the multifunction device 10B. Further, the output program 65 again executes the third display process of displaying the preview screen shown in FIG. 11B on the display unit 53 (S17).

図11(B)に示されるプレビュー画面は、装置アイコン119に代えて装置アイコン120が含まれ、且つFAX切替アイコン128を含まない点において、図11(A)に示されるプレビュー画面と相違する。すなわち、FAX送信動作を実行できない複合機10Bが指定装置に指定されたことに応じて、FAX切替アイコン128が非表示にされる。FAX切替アイコン128の非表示は、当該アイコンが選択不能であることの一例である。 The preview screen shown in FIG. 11B is different from the preview screen shown in FIG. 11A in that the device icon 120 is included in place of the device icon 119 and the FAX switching icon 128 is not included. That is, the fax switching icon 128 is hidden in response to the fact that the multifunction device 10B that cannot execute the fax transmission operation is designated as the designated device. The non-display of the FAX switching icon 128 is an example that the icon cannot be selected.

また、出力プログラム65は、FAX切替アイコン128の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S18:切替アイコン)、データ記憶領域62Bに一時記憶された指定動作IDを、プリント動作の動作IDからFAX送信動作の動作IDに切り替える。また、出力プログラム65は、図12(A)に示されるプレビュー画面を表示部53に表示させる第3表示処理を再び実行する(S35)。図12(A)に示されるプレビュー画面は、プレビュー画像140と、FAX指示アイコン141と、プリント切替アイコン142と、グレーアウトされた装置アイコン119とを含む。 Further, the output program 65 receives the selection of the FAX switching icon 128 through the operation unit 54 (S18: switching icon), and receives the designated operation ID temporarily stored in the data storage area 62B as the operation ID of the print operation. To switch to the operation ID of the FAX transmission operation. Further, the output program 65 re-executes the third display process of displaying the preview screen shown in FIG. 12A on the display unit 53 (S35). The preview screen shown in FIG. 12A includes a preview image 140, a fax instruction icon 141, a print switching icon 142, and a grayed out device icon 119.

プレビュー画像140は、地図画像データで示される地図画像130がFAX送信され、FAX受信した装置において記録用紙に記録されたイメージを示す画像である。プレビュー画像140は、例えばFAXヘッダを含む点において、プレビュー画像139と相違する。FAXヘッダは、例えば、FAX送信元を示す名称と、FAX送信時刻とを含む。FAX指示アイコン141は、指定データに対するFAX送信動作を指定装置に実行させる指示に対応する出力指示オブジェクトの一例である。プリント切替アイコン142は、指定動作をFAX送信動作からプリント動作に切り替える指示に対応する動作指定オブジェクトの一例である。 The preview image 140 is an image showing an image in which the map image 130 represented by the map image data is fax-transmitted and recorded on the recording paper in the apparatus receiving the fax. The preview image 140 differs from the preview image 139 in that it includes, for example, a fax header. The FAX header includes, for example, a name indicating a FAX transmission source and a FAX transmission time. The FAX instruction icon 141 is an example of an output instruction object corresponding to an instruction to cause a designated device to execute a FAX transmission operation for designated data. The print switching icon 142 is an example of an operation designating object corresponding to an instruction to switch the designated operation from the fax transmission operation to the print operation.

そして、出力プログラム65は、プリント切替アイコン142の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S18:切替アイコン)、データ記憶領域62Bに一時記憶された指定動作IDを、FAX送信動作の動作IDからプリント動作の動作IDに切り替える。また、出力プログラム65は、図11(A)に示されるプレビュー画面を表示部53に表示させる第3表示処理を再び実行する(S17)。また、出力プログラム65は、FAX指示アイコン141の選択を操作部54を通じて受け付けたことに応じて(S18:出力アイコン)、指定装置である複合機10Aに通信部55を通じてFAX指示情報を送信する(S19)。FAX指示情報は、指定データに対するFAX送信動作を指定装置に実行させるための出力指示情報の一例である。 Then, the output program 65 receives the selection of the print switching icon 142 through the operation unit 54 (S18: switching icon), and receives the designated operation ID temporarily stored in the data storage area 62B as the operation of the FAX transmission operation. Switch from the ID to the operation ID of the print operation. Further, the output program 65 again executes the third display process of displaying the preview screen shown in FIG. 11A on the display unit 53 (S17). Further, the output program 65 transmits the fax instruction information to the multifunction device 10A, which is the designated device, through the communication unit 55 in response to the acceptance of the selection of the fax instruction icon 141 through the operation unit 54 (S18: output icon) (S18: output icon). S19). The FAX instruction information is an example of output instruction information for causing the designated device to execute a FAX transmission operation for the designated data.

本実施形態のFAX指示情報は、指定データである地図画像データと、指定動作であるFAX送信動作を識別する動作IDと、FAX送信先の外部装置を特定する宛先情報(例えば、電話番号)とを含む。そして図示は省略するが、制御プログラム35は、通信部25を通じて携帯端末50からFAX指示情報を受信する。そして、制御プログラム35は、受信したFAX指示情報に従ったFAX送信動作をFAX部13に実行させる。すなわち、FAX部13は、FAX指示情報に含まれるコンテンツデータである地図画像データを、宛先情報で特定される外部装置にFAX送信する。 The FAX instruction information of the present embodiment includes map image data which is designated data, an operation ID which identifies a FAX transmission operation which is a designated operation, and destination information (for example, a telephone number) which identifies an external device of a FAX transmission destination. including. Although not shown, the control program 35 receives fax instruction information from the mobile terminal 50 through the communication unit 25. Then, the control program 35 causes the FAX unit 13 to execute a FAX transmission operation according to the received FAX instruction information. That is, the FAX unit 13 faxes the map image data, which is the content data included in the FAX instruction information, to the external device specified by the destination information.

また、図12(A)に示されるプレビュー画面における装置アイコン119は、FAX送信動作を実行可能な複合機10の装置情報レコードが複合機10Aの他にデータ記憶領域に記憶されていないので、グレーアウトされている。そして、出力プログラム65は、グレーアウトされた装置アイコン119の位置をタップするユーザ操作を操作部54を通じて受け付けても、デバイス選択処理を実行しなければよい。装置アイコン119をグレーアウトすることは、当該アイコンが選択不能であることの一例である。 Further, the device icon 119 on the preview screen shown in FIG. 12A is grayed out because the device information record of the multifunction device 10 capable of executing the FAX transmission operation is not stored in the data storage area other than the multifunction device 10A. Has been done. Then, even if the output program 65 accepts the user operation of tapping the position of the grayed out device icon 119 through the operation unit 54, the device selection process may not be executed. Graying out the device icon 119 is an example of the fact that the icon cannot be selected.

また、図11(A)、図11(B)、及び図12(A)に示されるプレビュー画面と共に表示されたバックアイコン82が選択されたことに応じて、地図プログラム66がフォアグラウンドで再び実行される。すなわち、OS64は、フォアグラウンドで実行されていた出力プログラム65をバックグラウンドで実行し、地図プログラム66をフォアグラウンドで実行する。そして、フォアグラウンドで実行された地図プログラム66は、図10(A)に示される地図指定画面を表示部53に表示する。 Further, the map program 66 is executed again in the foreground in response to the selection of the back icon 82 displayed together with the preview screens shown in FIGS. 11 (A), 11 (B), and 12 (A). The program. That is, the OS 64 executes the output program 65 that has been executed in the foreground in the background, and executes the map program 66 in the foreground. Then, the map program 66 executed in the foreground displays the map designation screen shown in FIG. 10A on the display unit 53.

さらに、装置アイコン136、137、138の1つの選択を受け付けた地図プログラム66によって起動された場合、出力プログラム65は、指定情報がデータID、動作ID、及び装置IDを含むと判断する。そして、出力プログラム65は、当該指定情報に含まれるデータIDを指定データIDとして、当該指定情報に含まれる動作IDを指定動作IDとして、当該指定情報に含まれる装置IDを指定装置IDとして、データ記憶領域62Bに一時記憶させる。また、出力プログラム65は、図4の(C)の位置からコンテンツ出力処理を実行する。すなわち、出力プログラム65は、ステップS11~S18の処理をスキップして、指定動作を実行させるための出力指示情報を通信部55を通じて指定装置に送信する(S19)。 Further, when activated by the map program 66 that has accepted one selection of the device icons 136, 137, 138, the output program 65 determines that the designated information includes a data ID, an operation ID, and a device ID. Then, the output program 65 uses the data ID included in the designated information as the designated data ID, the operation ID included in the designated information as the designated operation ID, and the device ID included in the designated information as the designated device ID. Temporarily store in the storage area 62B. Further, the output program 65 executes the content output process from the position (C) in FIG. That is, the output program 65 skips the processes of steps S11 to S18, and transmits output instruction information for executing the designated operation to the designated device through the communication unit 55 (S19).

なお、装置アイコン136が選択された場合の指定情報は、プリント動作を識別する動作IDと、複合機10Aを識別する装置ID“MFP-A”とを含む。また、装置アイコン137が選択された場合の指定情報は、プリント動作を識別する動作IDと、複合機10Bを識別する装置ID“MFP-B”とを含む。さらに、装置アイコン138が選択された場合の指定情報は、FAX送信動作を識別する動作IDと、複合機10Aを識別する装置ID“MFP-A”とを含む。 The designated information when the device icon 136 is selected includes an operation ID for identifying the printing operation and a device ID "MFP-A" for identifying the multifunction device 10A. Further, the designated information when the device icon 137 is selected includes an operation ID for identifying the printing operation and a device ID "MFP-B" for identifying the multifunction device 10B. Further, the designated information when the device icon 138 is selected includes an operation ID for identifying the FAX transmission operation and a device ID “MFP-A” for identifying the multifunction device 10A.

[本実施形態の作用効果]
上記の実施形態によれば、指定プログラム、指定データ、指定動作、及び指定装置の少なくとも1つの指定を地図プログラム66で受け付けることにより、当該指定データに対する指定動作を、指定プログラムを通じて指定装置に実行させることができる。また、出力プログラム65を起動させ且つ地図プログラム66から出力プログラム65に指定情報を受け渡す処理を、OS64が提供する共有機能によって実現することにより、これらの処理を出力プログラム65及び地図プログラム66に実装する場合と比較して、出力プログラム65及び地図プログラム66を簡素化することができる。
[Action and effect of this embodiment]
According to the above embodiment, by accepting at least one designation of the designated program, the designated data, the designated operation, and the designated device in the map program 66, the designated operation for the designated data is executed by the designated device through the designated program. be able to. Further, by implementing the process of activating the output program 65 and passing the designated information from the map program 66 to the output program 65 by the sharing function provided by the OS 64, these processes are implemented in the output program 65 and the map program 66. The output program 65 and the map program 66 can be simplified as compared with the case of the above.

但し、地図プログラム66が出力プログラム65を起動させ且つ指定情報を受け渡す方法は、OS64の提供する共有機能の利用に限定されない。例えば、地図プログラム66は、出力プログラム65の所謂プラグインとして動作してもよい。例えば、出力プログラム65は、プラグインとして地図プログラム66を起動させ、指定情報を地図プログラム66から戻り値として取得してもよい。 However, the method in which the map program 66 activates the output program 65 and passes the specified information is not limited to the use of the sharing function provided by the OS 64. For example, the map program 66 may operate as a so-called plug-in of the output program 65. For example, the output program 65 may start the map program 66 as a plug-in and acquire the specified information from the map program 66 as a return value.

また、上記の実施形態によれば、ステップS46、S47で各出力プログラムの動作情報及び装置情報を取得するので、地図プログラム66は、各出力プログラムの動作情報及び装置情報を予め認識しておく必要がない。その結果、バージョンアップ等によって出力プログラムが新たにサポートした出力動作、或いは新たに通信ネットワーク101に接続された出力装置をユーザに選択させることができる。但し、動作情報及び装置情報の一方或いは両方の取得が省略されてもよい。すなわち、出力プログラム66は、取得した動作情報及び装置情報の一方、或いは出力プログラム66に予め設定された情報に基づいて、選択画面にアイコンを表示させてもよい。 Further, according to the above embodiment, since the operation information and the device information of each output program are acquired in steps S46 and S47, the map program 66 needs to recognize the operation information and the device information of each output program in advance. There is no. As a result, the user can be made to select an output operation newly supported by the output program by version upgrade or the like, or an output device newly connected to the communication network 101. However, acquisition of one or both of the operation information and the device information may be omitted. That is, the output program 66 may display an icon on the selection screen based on one of the acquired operation information and the device information, or the information preset in the output program 66.

また、上記の実施形態における選択画面において、プログラムアイコン131、132と、動作アイコン133、134、135、及び装置アイコン136、137、138の順に各アイコンを階層化して表示した。これにより、1つのアイコンのタップによって複数の情報を指定することができるので、ユーザ操作を簡素化することができる。但し、プログラムアイコン、動作アイコン、及び装置アイコンの表示情報は、図10(B)の例に限定されない。例えば、図12(B)に示される選択画面ように、プログラムアイコン131、装置アイコン136、137、及び動作アイコン133A、133B、134の順に各アイコンが階層化されてもよい。 Further, on the selection screen in the above embodiment, the program icons 131, 132, the operation icons 133, 134, 135, and the device icons 136, 137, 138 are displayed in a hierarchical manner in this order. As a result, a plurality of information can be specified by tapping one icon, so that the user operation can be simplified. However, the display information of the program icon, the operation icon, and the device icon is not limited to the example of FIG. 10B. For example, as shown in the selection screen shown in FIG. 12B, each icon may be layered in the order of the program icon 131, the device icon 136, 137, and the operation icons 133A, 133B, 134.

図12(B)に示される装置アイコン136、137は、プログラムアイコン131で識別される出力プログラム65が出力動作を実行させることができる複合機10A、10Bに対応する。すなわち、地図プログラム66は、装置アイコン136が選択されたことに応じて、データID、及び装置ID“MFP-A”を含む指定情報をOS64に対して指定し、且つ共有機能を利用して出力プログラム65を起動させる。また、地図プログラム66は、装置アイコン137が選択されたことに応じて、データID、及び装置ID“MFP-B”を含む指定情報をOS64に対して指定し、且つ共有機能を利用して出力プログラム65を起動させる。 The device icons 136 and 137 shown in FIG. 12B correspond to the multifunction devices 10A and 10B to which the output program 65 identified by the program icon 131 can execute the output operation. That is, the map program 66 designates the designated information including the data ID and the device ID "MFP-A" to the OS 64 in response to the selection of the device icon 136, and outputs the designated information by using the sharing function. Start program 65. Further, the map program 66 designates the designated information including the data ID and the device ID "MFP-B" to the OS 64 in response to the selection of the device icon 137, and outputs the designated information by using the sharing function. Start program 65.

また、図12(B)に示される動作アイコン133A、133Bは、出力プログラム65が複合機10A、10Bに実行させることができるプリント動作に対応する。すなわち、地図プログラム66は、動作アイコン133Aが選択されたことに応じて、データID、装置ID“MFP-A”、及びプリント動作を識別する動作IDを含む指定情報をOS64に対して指定し、且つ共有機能を利用して出力プログラム65を起動させる。また、地図プログラム66は、動作アイコン133Bが選択されたことに応じて、データID、装置ID“MFP-B”、及びプリント動作を識別する動作IDを含む指定情報をOS64に対して指定し、且つ共有機能を利用して出力プログラム65を起動させる。 Further, the operation icons 133A and 133B shown in FIG. 12B correspond to the printing operation that the output program 65 can be executed by the multifunction devices 10A and 10B. That is, the map program 66 designates designated information including the data ID, the device ID “MFP-A”, and the operation ID for identifying the print operation to the OS 64 in response to the selection of the operation icon 133A. Moreover, the output program 65 is started by using the sharing function. Further, the map program 66 designates designated information including the data ID, the device ID “MFP-B”, and the operation ID for identifying the print operation to the OS 64 in response to the selection of the operation icon 133B. Moreover, the output program 65 is started by using the sharing function.

さらに、図12(B)に示される動作アイコン134は、出力プログラム65が複合機10Aに実行させることができるFAX送信動作に対応する。すなわち、地図プログラム66は、動作アイコン134が選択されたことに応じて、データID、装置ID“MFP-A”、及びFAX送信動作を識別する動作IDを含む指定情報をOS64に対して指定し、且つ共有機能を利用して出力プログラム65を起動させる。 Further, the operation icon 134 shown in FIG. 12B corresponds to a fax transmission operation that the output program 65 can be executed by the multifunction device 10A. That is, the map program 66 designates designated information including the data ID, the device ID “MFP-A”, and the operation ID for identifying the FAX transmission operation to the OS 64 in response to the selection of the operation icon 134. And, the output program 65 is started by using the sharing function.

また、上記の実施形態における出力プログラム65は、メニュー画面を通じて起動されたことに応じて、指定データ、指定動作、及び指定装置の指定を受け付け、指定データに対する指定動作を指定装置に実行させることができる。一方、出力プログラム65は、共有機能を利用して起動されたことに応じて、取得した指定情報の種類に応じて、異なる位置(A)、(B)、(C)からコンテンツ出力処理を開始する。これにより、地図プログラム66と出力プログラム65とでユーザに重複した操作を要求することがないので、ユーザ操作を簡素化することができる。 Further, the output program 65 in the above embodiment accepts the designation of the designated data, the designated operation, and the designated device in response to being started through the menu screen, and causes the designated device to execute the designated operation for the designated data. can. On the other hand, the output program 65 starts the content output process from different positions (A), (B), and (C) according to the type of the acquired designated information according to the start using the sharing function. do. As a result, the map program 66 and the output program 65 do not require the user to perform duplicate operations, so that the user operations can be simplified.

なお、上記の実施形態における出力プログラム65は、取得した指定情報の種類に応じて、コンテンツ出力処理の開始位置を判断している。しかしながら、開始位置の判断方法はこれに限定されない。例えば、地図プログラム66は、ステップS51~S53において、起動された出力プログラム65が最初に実行すべき処理を指示する処理情報を、指示情報としてOS64に対してさらに指定してもよい。 The output program 65 in the above embodiment determines the start position of the content output process according to the type of the acquired designated information. However, the method of determining the start position is not limited to this. For example, the map program 66 may further specify the processing information instructing the processing to be executed first by the activated output program 65 to the OS 64 as the instruction information in steps S51 to S53.

一例として、地図プログラム66は、ステップS51において、メイン画面を特定する画面IDを指定情報に含めてもよい。他の例として、地図プログラム66は、ステップS52において、プレビュー画面を特定する画面IDを指定情報に含めてもよい。画面IDは、処理情報の一例である。さらに他の例として、地図プログラム66は、ステップS53において、ステップS11~S18の処理を省略して出力指示処理を実行することを示す処理情報を、指定情報に含めてもよい。 As an example, the map program 66 may include a screen ID that identifies the main screen in the designated information in step S51. As another example, the map program 66 may include a screen ID for specifying the preview screen in the designated information in step S52. The screen ID is an example of processing information. As yet another example, the map program 66 may include, in step S53, processing information indicating that the processing of steps S11 to S18 is omitted and the output instruction processing is executed, in the designated information.

また、上記の実施形態の携帯端末50において、記憶部62のプログラム記憶領域62Aに記憶された各種プログラムがCPU61によって実行されることによって、本発明の制御部が実行する各処理が実現される例を説明した。しかしながら、制御部の構成はこれに限定されず、その一部又は全部を集積回路(IC(Integrated Circuitの略)とも言う。)等のハードウェアで実現してもよい。 Further, in the mobile terminal 50 of the above embodiment, when various programs stored in the program storage area 62A of the storage unit 62 are executed by the CPU 61, each process executed by the control unit of the present invention is realized. Explained. However, the configuration of the control unit is not limited to this, and a part or all of the control unit may be realized by hardware such as an integrated circuit (also referred to as an IC (abbreviation of Integrated Circuit)).

さらに、本発明は、携帯端末50として実現できるだけでなく、携帯端末50に処理を実行させるプログラムとして実現してもよい。そして、当該プログラムは、non-transitoryな記録媒体に記録されて提供されてもよい。non-transitoryな記録媒体は、CD-ROM、DVD-ROM等の他、通信ネットワーク101を通じて携帯端末50に接続可能なサーバに搭載された記憶部を含んでもよい。そして、サーバの記憶部に記憶されたプログラムは、当該プログラムを示す情報或いは信号として、インターネット等の通信ネットワーク101を通じて配信されてもよい。 Further, the present invention can be realized not only as a mobile terminal 50 but also as a program for causing the mobile terminal 50 to execute a process. Then, the program may be recorded and provided on a non-transitory recording medium. The non-transitory recording medium may include a storage unit mounted on a server that can be connected to the mobile terminal 50 through the communication network 101, in addition to a CD-ROM, a DVD-ROM, and the like. Then, the program stored in the storage unit of the server may be distributed through a communication network 101 such as the Internet as information or a signal indicating the program.

10・・・複合機
11・・・プリンタ部
12・・・スキャナ部
25,55・・・通信部
31,61・・・CPU
35・・・制御プログラム
65・・・出力プログラム
66・・・地図プログラム
50・・・携帯端末
53・・・表示部
54・・・操作部
62・・・記憶部
10 ... Multifunction device 11 ... Printer unit 12 ... Scanner unit 25, 55 ... Communication unit 31, 61 ... CPU
35 ... Control program 65 ... Output program 66 ... Map program 50 ... Mobile terminal 53 ... Display unit 54 ... Operation unit 62 ... Storage unit

Claims (9)

操作部と、記憶部と、通信部と、表示部とを備える端末装置が読み取り可能な起動元プログラムであって、前記記憶部は、前記端末装置が読取可能な出力プログラムを記憶しており、前記出力プログラムは、コンテンツデータを出力する出力動作を前記通信部を通じて通信可能な出力装置に実行させる処理の実行を、前記端末装置に指示することが可能であり、
該起動元プログラムは、
前記記憶部に記憶されている前記出力プログラムに対応する情報であり、且つ、前記出力プログラムが前記出力装置に実行させることができる前記出力動作を示す情報である、プログラム情報を取得するプログラム情報取得処理と、
前記プログラム情報取得処理によって取得された前記プログラム情報に基づいて、前記出力プログラムが前記出力装置に実行させることができる前記出力動作に対応する指定オブジェクトを含む画面を表示させる表示制御処理と、
前記指定オブジェクトへの操作を前記操作部を通じて受け付ける受付処理と、
前記受付処理で受け付けた前記操作に基づいて、前記指定オブジェクトに対応し且つ前記出力プログラムが前記出力装置に指示することができる前記出力動作を前記出力プログラムが前記出力装置に指示するよう、前記出力プログラムを起動する起動処理とを実行する起動元プログラム。
A start- up source program that can be read by a terminal device including an operation unit, a storage unit, a communication unit, and a display unit, and the storage unit stores an output program that can be read by the terminal device . The output program can instruct the terminal device to execute a process of causing an output device capable of communicating through the communication unit to execute an output operation for outputting content data.
The boot source program is
Program information acquisition that acquires program information that is stored in the storage unit and is information corresponding to the output program and is information indicating the output operation that the output program can be executed by the output device. Processing and
A display control process for displaying a screen including a designated object corresponding to the output operation that the output program can be executed by the output device based on the program information acquired by the program information acquisition process.
Reception processing that accepts operations on the designated object through the operation unit,
Based on the operation received in the reception process, the output is such that the output program instructs the output device to perform the output operation corresponding to the designated object and the output program can instruct the output device. A startup source program that executes the startup process that starts the program.
前記端末装置のOSは、第1プログラムが指定した第2プログラムを起動し、且つ前記第1プログラムが指定した指示情報を前記第2プログラムに引き渡す共有機能を提供し、
前記起動元プログラムは、前記受付処理で前記指定オブジェクトの選択を受け付けたことに応じて、選択された前記指定オブジェクトに対応する前記プログラム情報を前記指示情報として前記OSに対して指定し、且つ選択された前記指定オブジェクトに対応する前記プログラム情報に対応する前記出力プログラムを前記共有機能を利用して起動させる請求項1に記載の起動元プログラム。
The OS of the terminal device provides a sharing function of invoking the second program specified by the first program and passing the instruction information specified by the first program to the second program.
The starter program designates and selects the program information corresponding to the selected designated object to the OS as the instruction information in response to the acceptance of the selection of the designated object in the reception process. The activation source program according to claim 1, wherein the output program corresponding to the program information corresponding to the designated object is activated by using the sharing function .
起動元プログラムは、
前記記憶部に記憶されている前記出力プログラムに対応する情報を、前記OSから取得し、前記出力プログラムが前記出力装置に実行させることができる前記出力動作を示す情報を、前記OSを通じて前記出力プログラムから取得する前記プログラム情報取得処理を前記端末装置に実行させ、
前記表示制御処理における前記指定オブジェクトは、プログラム指定オブジェクト、及び動作指定オブジェクトを含んでおり、前記プログラム指定オブジェクトは、前記プログラム情報に対応する前記出力プログラムを示し、前記動作指定オブジェクトは、前記プログラム指定オブジェクトに対応付けられており、且つ対応する前記プログラム指定オブジェクトで示される前記出力プログラムが前記出力装置に実行させることができる前記出力動作を示す請求項2に記載の起動元プログラム。
The boot source program is
The information corresponding to the output program stored in the storage unit is acquired from the OS, and the information indicating the output operation that the output program can be executed by the output device is transmitted to the output program through the OS. The terminal device is made to execute the program information acquisition process acquired from
The designated object in the display control process includes a program designated object and an operation designated object, the program designated object indicates the output program corresponding to the program information, and the action designated object is the program designation. The activation source program according to claim 2, wherein the output program associated with the object and indicated by the corresponding program designation object can be executed by the output device .
前記出力プログラムは、前記通信部を通じて複数の前記出力装置と通信可能であり、
起動元プログラムは、前記プログラム情報に対応する前記出力プログラムについて、前記OSを通じて当該出力プログラムから装置情報を取得する装置情報取得処理を前記端末装置に実行させ、前記装置情報は、当該出力プログラムが通信可能な前記複数の出力装置のうち、前記プログラム情報で示される前記出力動作を実行可能な前記出力装置を示す情報であり、
起動元プログラムは、前記表示制御処理において、前記装置情報に基づいて、前記動作指定オブジェクトに対応付けられた態様の装置指定オブジェクトを前記画面にさらに含め、前記装置指定オブジェクトは、対応する前記プログラム指定オブジェクトで示される前記出力プログラムが通信可能であり、且つ対応する前記動作指定オブジェクトで示される前記出力動作を実行可能な前記出力装置を示し、
起動元プログラムは、前記装置指定オブジェクトの選択を前記操作部を通じて受け付けたことに応じて、前記起動処理において、装置識別情報を前記指示情報として前記OSに対してさらに指定し、且つ選択された前記装置指定オブジェクトに対応する前記プログラム指定オブジェクトで示される前記出力プログラムを前記共有機能を利用して起動させ、前記プログラム情報は、選択された前記装置指定オブジェクトに対応する前記動作指定オブジェクトで示される前記出力動作を示す情報であり、前記装置識別情報は、選択された前記装置指定オブジェクトで示される前記出力装置を示す情報である請求項3に記載の起動元プログラム。
The output program can communicate with a plurality of the output devices through the communication unit, and can communicate with the plurality of output devices.
The start-up source program causes the terminal device to execute a device information acquisition process for acquiring device information from the output program through the OS for the output program corresponding to the program information, and the device information is obtained by the output program. Among the plurality of communicable output devices, the information indicating the output device capable of executing the output operation indicated by the program information .
In the display control process, the activation source program further includes a device designation object of an aspect associated with the operation designation object in the screen based on the device information, and the device designation object corresponds to the device designation object. Indicates the output device that the output program indicated by the program-designated object is communicable and capable of performing the output operation indicated by the corresponding operation-designated object.
In response to the acceptance of the selection of the device designation object through the operation unit , the activation source program further designates and selects the device identification information as the instruction information for the OS in the activation process. The output program indicated by the program designation object corresponding to the device designation object is started by using the sharing function, and the program information is indicated by the operation designation object corresponding to the selected device designation object. The activation source program according to claim 3, which is information indicating the output operation, and the device identification information is information indicating the output device indicated by the selected device designation object.
起動元プログラムは、
前記起動処理において、起動された前記出力プログラムが最初に実行すべき処理を指示する処理情報を前記指示情報として前記OSに対してさらに指定し、
前記動作指定オブジェクトの選択を前記受付処理で受け付けた場合の前記起動処理において、プレビュー画面を前記表示部に表示させることを指示する前記処理情報を前記指示情報として前記OSに対して指定し、
前記プレビュー画面は、
記コンテンツデータを、前記受付処理で受け付けた操作によって選択された指定オブジェクトに対応する前記出力動作で出力したイメージを示すプレビュー画像と、
複数の前記出力装置のうち、前記プログラム情報で示される前記出力動作を実行させる前記出力装置を指定するユーザ操作を受け付けるためのオブジェクトとを含む請求項4に記載の起動元プログラム。
The boot source program is
In the start-up process, the process information instructing the process to be executed first by the started output program is further specified to the OS as the instruction information.
In the startup process when the selection of the operation designation object is accepted in the reception process, the process information instructing the display unit to display the preview screen is designated as the instruction information for the OS. ,
The preview screen is
A preview image showing an image of the content data output by the output operation corresponding to the designated object selected by the operation received in the reception process, and
The activation source program according to claim 4, which includes an object for accepting a user operation designating the output device that executes the output operation indicated by the program information among the plurality of output devices.
起動元プログラムは、前記装置指定オブジェクトの選択を前記受付処理で受け付けた場合の前記起動処理において、前記プレビュー画面の表示を省略して前記出力装置に前記出力動作を実行させることを指示する前記処理情報を前記指示情報として前記OSに対して指定する請求項5に記載の起動元プログラム。 The activation source program instructs the output device to execute the output operation by omitting the display of the preview screen in the activation process when the selection of the device designated object is accepted in the reception process. The activation source program according to claim 5, wherein the processing information is designated as the instruction information for the OS. 起動元プログラムは、前記プログラム指定オブジェクトの選択を前記操作部を通じて受け付けたことに応じて、前記起動処理において、前記指示情報としての前記プログラム情報の指定を省略し、且つ動作選択画面を前記表示部に表示させることを指示する前記処理情報を前記指示情報として前記OSに対して指定し、
前記動作選択画面は、
前記出力装置を指定するユーザ操作を受け付けるための第1オブジェクトと、
前記第1オブジェクトを通じて指定された前記出力装置に実行させる前記出力動作を指定するユーザ操作を受け付けるための第2オブジェクトとを含む請求項5又は6に記載の起動元プログラム。
In response to the acceptance of the selection of the program designation object through the operation unit , the activation source program omits the designation of the program information as the instruction information in the activation process, and displays the operation selection screen. The processing information instructing the unit to be displayed is designated as the instruction information for the OS.
The operation selection screen is
A first object for accepting a user operation that specifies the output device, and
The activation source program according to claim 5 or 6, which includes a second object for accepting a user operation designating the output operation to be executed by the output device designated through the first object.
前記出力プログラムは、前記通信部を通じて複数の前記出力装置と通信可能であり、
起動元プログラムは、前記プログラム情報に対応する前記出力プログラムについて、前記OSを通じて当該出力プログラムから装置情報を取得する装置情報取得処理を前記端末装置に実行させ、前記装置情報は、当該出力プログラムが通信可能な前記出力装置が実行可能な前記出力動作を示す情報であり、
起動元プログラムは、前記表示制御処理において、前記装置情報で示される前記出力動作を示す前記動作指定オブジェクトを、前記出力装置毎に前記画面に含める請求項3から7のいずれかに記載の起動元プログラム。
The output program can communicate with a plurality of the output devices through the communication unit, and can communicate with the plurality of output devices.
The start-up source program causes the terminal device to execute a device information acquisition process for acquiring device information from the output program through the OS for the output program corresponding to the program information, and the device information is the device information. Information indicating the output operation that can be executed by the output device that the output program can communicate with.
The activation source program according to any one of claims 3 to 7 , wherein in the display control process, the operation designation object indicating the output operation indicated by the device information is included in the screen for each output device. Starting program of.
操作部と、 Operation unit and
記憶部と、 Memory and
通信部と、 Communication department and
表示部と、 Display and
制御部とを備える端末装置であって、 It is a terminal device equipped with a control unit.
前記記憶部は、前記端末装置が読取可能な起動元プログラム及び出力プログラムを記憶しており、 The storage unit stores a start-up source program and an output program that can be read by the terminal device.
該起動元プログラムを実行する前記制御部は、 The control unit that executes the activation source program is
前記記憶部に記憶されている前記出力プログラムに対応する情報であり、且つ、前記出力プログラムが出力装置に実行させることができる出力動作を示す情報である、プログラム情報を取得するプログラム情報取得処理と、 Program information acquisition processing for acquiring program information, which is information stored in the storage unit corresponding to the output program and is information indicating an output operation that the output program can be executed by the output device. ,
前記プログラム情報取得処理によって取得された前記プログラム情報に基づいて、前記出力プログラムが出力装置に実行させることができる出力動作に対応する指定オブジェクトを含む画面を表示させる表示制御処理と、 A display control process for displaying a screen including a designated object corresponding to an output operation that the output program can be executed by the output device based on the program information acquired by the program information acquisition process.
前記指定オブジェクトへの操作を前記操作部を通じて受け付ける受付処理と、 Reception processing that accepts operations on the designated object through the operation unit,
前記受付処理で受け付けた前記操作に基づいて、前記指定オブジェクトに対応し且つ前記出力プログラムが前記出力装置に指示することができる前記出力動作を前記出力プログラムが前記出力装置に指示するよう、前記出力プログラムを起動する起動処理とを実行する端末装置。 Based on the operation received in the reception process, the output is such that the output program instructs the output device to perform the output operation corresponding to the designated object and the output program can instruct the output device. A terminal device that executes a start-up process that starts a program.
JP2021015399A 2021-02-03 2021-02-03 Startup source program and terminal device Active JP7070728B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2021015399A JP7070728B2 (en) 2021-02-03 2021-02-03 Startup source program and terminal device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2021015399A JP7070728B2 (en) 2021-02-03 2021-02-03 Startup source program and terminal device

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2020043589A Division JP6835274B2 (en) 2020-03-13 2020-03-13 Starter program and terminal device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2021093168A JP2021093168A (en) 2021-06-17
JP7070728B2 true JP7070728B2 (en) 2022-05-18

Family

ID=76312557

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2021015399A Active JP7070728B2 (en) 2021-02-03 2021-02-03 Startup source program and terminal device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP7070728B2 (en)

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005190167A (en) 2003-12-25 2005-07-14 Fuji Xerox Co Ltd Information processor, device using method and device using program
JP2013134618A (en) 2011-12-26 2013-07-08 Brother Ind Ltd Print data generation program, terminal device and control method for terminal device
JP2013168030A (en) 2012-02-15 2013-08-29 Canon Inc Information processing unit, information processing method and program

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6381187B2 (en) * 2013-08-09 2018-08-29 キヤノン株式会社 Information processing apparatus, information processing method, and program

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005190167A (en) 2003-12-25 2005-07-14 Fuji Xerox Co Ltd Information processor, device using method and device using program
JP2013134618A (en) 2011-12-26 2013-07-08 Brother Ind Ltd Print data generation program, terminal device and control method for terminal device
JP2013168030A (en) 2012-02-15 2013-08-29 Canon Inc Information processing unit, information processing method and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2021093168A (en) 2021-06-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6524896B2 (en) program
US10986238B2 (en) Non-transitory computer-readable medium storing output instructions to control portable terminal and portable terminal
JP6471616B2 (en) Portable terminal and output program
JP6763209B2 (en) Programs and mobile terminals
JP6547531B2 (en) Content specification program and mobile terminal
JP6544162B2 (en) Output program and portable terminal
JP7070728B2 (en) Startup source program and terminal device
JP6835274B2 (en) Starter program and terminal device
JP6520405B2 (en) Mobile terminal, content designation program, and output program
JP6888711B2 (en) Mobile terminal and output program
JP6677335B2 (en) Mobile terminal, content designation program, and output program
JP6520403B2 (en) Mobile terminal and output program
JP6711438B2 (en) Mobile terminal and output program
JP6696609B2 (en) Mobile terminal and output program
JP6973568B2 (en) Output program and mobile terminal
JP6544163B2 (en) Mobile terminal and program
JP6879335B2 (en) Content designation program and mobile terminal
JP6743946B2 (en) Mobile terminal and program
JP6725036B2 (en) Program and terminal device
JP2019185807A (en) Mobile terminal and program
JP7322930B2 (en) program
JP7255655B2 (en) Output program and mobile terminal
JP6721089B2 (en) Output program and mobile terminal
JP6943321B2 (en) program

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210216

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20210219

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20220405

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20220418

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 7070728

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150