JP6252802B2 - 歯車ポンプ又はモータ - Google Patents

歯車ポンプ又はモータ Download PDF

Info

Publication number
JP6252802B2
JP6252802B2 JP2015522346A JP2015522346A JP6252802B2 JP 6252802 B2 JP6252802 B2 JP 6252802B2 JP 2015522346 A JP2015522346 A JP 2015522346A JP 2015522346 A JP2015522346 A JP 2015522346A JP 6252802 B2 JP6252802 B2 JP 6252802B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
gear
side plate
gears
hole
gasket
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015522346A
Other languages
English (en)
Other versions
JPWO2014199489A1 (ja
Inventor
光平 松田
光平 松田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shimadzu Corp
Original Assignee
Shimadzu Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shimadzu Corp filed Critical Shimadzu Corp
Publication of JPWO2014199489A1 publication Critical patent/JPWO2014199489A1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6252802B2 publication Critical patent/JP6252802B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C2/00Rotary-piston machines or pumps
    • F04C2/08Rotary-piston machines or pumps of intermeshing-engagement type, i.e. with engagement of co-operating members similar to that of toothed gearing
    • F04C2/12Rotary-piston machines or pumps of intermeshing-engagement type, i.e. with engagement of co-operating members similar to that of toothed gearing of other than internal-axis type
    • F04C2/14Rotary-piston machines or pumps of intermeshing-engagement type, i.e. with engagement of co-operating members similar to that of toothed gearing of other than internal-axis type with toothed rotary pistons
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01CROTARY-PISTON OR OSCILLATING-PISTON MACHINES OR ENGINES
    • F01C21/00Component parts, details or accessories not provided for in groups F01C1/00 - F01C20/00
    • F01C21/10Outer members for co-operation with rotary pistons; Casings
    • F01C21/104Stators; Members defining the outer boundaries of the working chamber
    • F01C21/108Stators; Members defining the outer boundaries of the working chamber with an axial surface, e.g. side plates
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C2/00Rotary-piston machines or pumps
    • F04C2/08Rotary-piston machines or pumps of intermeshing-engagement type, i.e. with engagement of co-operating members similar to that of toothed gearing
    • F04C2/082Details specially related to intermeshing engagement type machines or pumps
    • F04C2/088Elements in the toothed wheels or the carter for relieving the pressure of fluid imprisoned in the zones of engagement
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C15/00Component parts, details or accessories of machines, pumps or pumping installations, not provided for in groups F04C2/00 - F04C14/00
    • F04C15/0003Sealing arrangements in rotary-piston machines or pumps
    • F04C15/0023Axial sealings for working fluid
    • F04C15/0026Elements specially adapted for sealing of the lateral faces of intermeshing-engagement type machines or pumps, e.g. gear machines or pumps
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C2240/00Components
    • F04C2240/50Bearings
    • F04C2240/56Bearing bushings or details thereof

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • General Engineering & Computer Science (AREA)
  • Rotary Pumps (AREA)
  • Details And Applications Of Rotary Liquid Pumps (AREA)
  • Hydraulic Motors (AREA)

Description

本発明は、産業車両等に用いられ、噛合する少なくとも一対の歯車の歯溝を利用して作動液を送り出す歯車ポンプ又はモータに関する。
従来より、噛合する少なくとも一対の歯車の歯溝を利用して作動液を送り出す外接型歯車ポンプにおいて、これら歯車の側面近傍に可動側板を配設し、作動液の側方への漏れ量を低減せしめることが知られている(例えば、特許文献1を参照)。この種の歯車ポンプにおける可動側板は、歯車a2、a3の歯及び側板a6の摺動面a6aにより区成させる空間(以下、ギア摺動部Sと称する)に閉じ込められた作動液の液圧により歯a2、a3車から離反する方向の力を受けるが、側板a6の摺動面a6aと反対側の面すなわち非摺動面と図示しないケーシングの内周面との間に形成されるシール部に高圧の作動液を導き入れることで、この力と相反する力、即ち歯車a2、a3に接近する方向の力を側板a6に付与して圧力バランスを保つようにしている。
ここで、歯間に閉じ込められた作動液の液圧は、時間の経過に伴い、以下のように変化する。まず、図6の(a)及び図5の点Aに示す状態では、前記ギア摺動部Sに閉じ込められた作動液の液圧すなわちギア摺動部閉じ込み圧力が吸込圧に等しくなっているのに対し、前記シール部の圧力は吐出圧に等しいので、側板が歯車に押し付けられ、大きなロストルクが発生する。次いで、図6の(b)及び図5の点Bに示す状態と図6の(c)及び図5の点Cに示す状態との間では、前記シール部の圧力は吐出圧に等しいのに対して、ギア摺動部閉じ込み圧力は、歯間で作動液が圧縮されることから吐出圧よりも高くなる。そのため、歯車a2、a3の側面と側板a6との間に隙間が発生して歯車側面からの液漏れが発生しやすくなる。
そこで、従来のこの種の歯車ポンプでは、シール部側すなわち非摺動面a6b側から側板a6を歯車a2,a3に押し付ける力がギア摺動部Sから側板a6を歯車2、3から離間する方向に押す力より若干大きくなるようにしつつ摺動面a6aが焼き付かない程度となるように、シール部の高圧の作動液を導き入れる部位の面積を設定している。このように設定していることにより、歯車a2、a3と側板a6との間の隙間から作動液が漏れることを抑制することができる。
しかしながら、前段に述べたように設定すると、非摺動面a6b側から側板a6を歯車a2、a3に押し付ける力がギア摺動部Sから側板a6を歯車a2、a3から離間する方向に押す力より若干大きくなるようにしていることから、歯車a2、a3と側板a6との間に発生する摩擦力が大きくなり、ロストルクが大きくなるという不具合が発生する。
特開2003−83262号公報
本発明は以上の点に着目し、歯車と側板との間の隙間からの作動液漏れの抑制と、ロストルクの低減とを両立できる構成の歯車ポンプ又はモータを実現することを目的とする。
以上の課題を解決すべく、本発明に係る歯車ポンプ又はモータは、以下に述べるような構成を有する。すなわち本発明に係る歯車ポンプ又はモータは、噛合する少なくとも一対の歯車と、これら歯車の側面に隣接する側板と、前記歯車を収納する歯車収納室及び前記歯車を支持する軸がそれぞれ嵌入可能な軸受孔を備えるケーシングと、前記側板又はケーシングに設けたガスケット装着溝に装着したガスケットとを具備する歯車ポンプまたはモータであって、前記側板の前記歯車が噛合する箇所に対向する箇所に該側板の厚さ方向に貫通する貫通孔を設けているとともに、前記ガスケットの前記貫通孔に臨む箇所に該ガスケットの厚さ方向に貫通するとともに前記側板、前記ケーシング及び該ガスケットにより区成される空間を形成するためのポケットを設けており、さらに前記貫通孔の前記歯車側の端部に連通させて座ぐり部を設けている。
このようなものであれば、歯間で作動液が圧縮されると、前記貫通孔を経て前記ガスケットのポケット内部の空間に作動液が導かれるので、ギア摺動部の圧力を低減し、シール部側からの圧力に起因する力とバランスさせて作動液の漏れを抑制することができる。このことから、歯間に閉じ込められた作動液の液圧すなわちギア摺動部閉じ込み圧力が吸込圧に等しくなっている状態において側板を強く歯車側に押し付ける必要がなくなり、ロストルクの低減を図ることができる。
また、前記貫通孔の前記歯車側の端部に連通させて座ぐり部を設けているので、作動液圧に起因して側板に対して作用する力をバランスさせるための設計を容易に行うようにすることができる
本発明によれば、歯車と側板との間の隙間からの作動液漏れの抑制と、ロストルクの低減とを両立できる構成の歯車ポンプ又はモータを実現できる。
本発明の一実施形態に係る歯車ポンプを示す概略図。 同実施形態に係る歯車ポンプの側板を示す図。 図2におけるA−A断面図。 同実施形態に係る歯車ポンプの作動説明図。 同実施形態の歯車の回転角度と側板に作用する力との関係の経時変化を示す図。 従来の歯車ポンプの作動説明図。
本発明の一実施形態を図1〜図5を参照しつつ以下に示す。
本実施形態に係る歯車ポンプは、主として、図1に示すように、歯車収納室11xを内部に有するケーシング1と、このケーシング1の歯車収納室11x内に収納保持され互いに噛み合わせてなる外接歯車対、すなわち駆動歯車2及び従動歯車3と、各歯車2、3の両側面2a、3aに添接する可動側板6、6と、前記歯車2、3を支持する軸4、5を収納するための軸受孔12a、12b,11a、11bと前記軸4、5との間に配設されるブッシュ7と、前記側板6、6に設けたガスケット装着溝6x、6xに装着した状態で前記側板6、6と前記ケーシング1との間に位置するガスケット8、8とを具備する。
駆動歯車2及び従動歯車3は、図1に示すように、複数の歯体を外周面に沿って所定間隔で設けた周知のものである。なお、本実施形態では、前記駆動歯車2の中心から駆動軸4を回転軸方向に一体に延伸させて設けているとともに、従動歯車3から従動軸5を回転軸方向に一体に延伸させて設けているが、駆動歯車2と駆動軸4とを別体に構成してもよく、また、従動歯車3と従動軸5とを別体に構成してもよい。
ケーシング1は、図1に示すように、前記歯車収納室11xを有するボディ11と、この歯車収納室11xの開口面を閉塞するカバーたるフロントカバー12とから構成したものである。ボディ11には、前記歯車対すなわち駆動歯車2及び従動歯車3を噛合状態で収納する略眼鏡状の歯車収納室11xと、歯車収納室11xに連通し前記駆動軸4及び従動軸5がそれぞれ嵌入可能な軸受孔11a、11bとが形成されている。駆動歯車2を挿入すべき位置寄りの軸受孔11aにはブッシュ7を嵌装し、このブッシュ7に前記駆動軸4の一端部を回転可能な状態で嵌入している。一方、従動歯車3を挿入すべき位置寄りの軸受孔11bにもブッシュ7を嵌装していて、このブッシュ7に前記従動軸5の一端部を回転可能な状態で嵌入している。また、ボディ11には、図示は省略しているが、前記駆動歯車2と従動歯車3との噛合部位に臨む位置に吸込口及び吐出口をそれぞれ開口させてある。前記フロントカバー12は、例えばボディ11にボルト等によって着脱可能に装着されて前記歯車収納室11xの前側開口面を閉塞するものであり、前記駆動軸4及び従動軸5がそれぞれ嵌入可能な軸受孔12a、12bが形成さている。駆動歯車2を挿入すべき位置寄りの軸受孔12aにはブッシュ7を嵌装し、このブッシュ7に前記駆動軸4の一端部を挿入し回転可能に軸承している。一方、従動歯車3を挿入すべき位置寄りの軸受孔12bにもブッシュ7を嵌装していて、このブッシュ7に前記従動軸5の一端部を挿入し回転可能に軸承している。
可動側板6は、図1〜図3に示すように、前記駆動歯車2及び従動歯車3の両側面2a、3aに添接させるべく2箇所に配され、駆動歯車2及び従動歯車3の各側面2a、3aをそれぞれシールするためのものである。ここで、可動側板6の摺動面6a側のうち、高圧側の領域に吐出口から高圧の作動液が導入され、ケーシング1に前記駆動歯車2、従動歯車3及びこの可動側板6、6を収納した状態で、この可動側板6の非摺動面6bとケーシング1との間に高圧流体を導き入れることが可能なシール部6b1が形成される。さらに、この側板6には、前記駆動軸4又は従動軸5を通過させるための軸孔6cを設けている。そして、この側板6の摺動面6aのうち吸込口及び吐出口にそれぞれ臨む部位には、厚さ寸法を減じて切込み6d、6eがそれぞれ設けてある。加えて、前記摺動面6aにおける前記切込み6d、6e間の部位の中央部と、前記一対の歯車2、3とにより区画される空間を非摺動面側に開放すべく、厚さ方向に貫通する貫通孔6xをこの側板6に設けている。その上、貫通孔6xの摺動面6a側すなわち前記歯車2、3側の端部には座ぐり部6yを設けており、この座ぐり部6yが前記貫通孔6xに連通している。
前記ブッシュ7は、上述したように、また図1及び図2に示すように、前記駆動軸4と前記ボディ11及び前記フロントカバー12の軸受孔11a、12aとの間、及び前記従動軸5と前記ボディ11及び前記フロントカバー12の軸受孔11b、12bとの間との間に配設されている。
前記ガスケット8は、弾性を有する材料により形成されている。また、このガスケット8は、上述したように、また、図1〜図3に示すように、前記側板6の非摺動面6bに設けたガスケット装着突起6gに添接した状態で装着されて前記非摺動面6b及びケーシング1と圧着しており、前記シール部を低圧側Yすなわち吸込口側と高圧側Xすなわち吐出口側とに区画する。このガスケット8の前記側板6の貫通孔に臨む箇所には、該ガスケット8の厚さ方向に貫通するとともに前記側板6、前記ケーシング1及び該ガスケット8により区成される空間を形成するためのポケット8xを設けている。ここで、このガスケット8を前記駆動軸4及び従動軸5が伸びる方向から見た際の前記ポケット8xの面積は、後述するように、このポケット8x内に導入された作動液の圧力に起因して前記側板6が受ける力と、前記歯車2、3及び前記側板6の摺動面6aにより区画される領域及び前記座ぐり部6y(以下、前記領域及び座ぐり部6yを併せてギア摺動部Sと称する)に閉じ込められた作動液の圧力に起因して前記側板6が受ける力とが略バランスするように設定している。そして、前記ポケットの直径d2は、前記側板6の摺動面6aに設けた座ぐり部6yの長径d1よりも大きく設定している。
ここで、本実施形態に係る歯車ポンプPを運転した場合の歯車が噛合する箇所に対向する箇所の圧力及びシール部の圧力の経時変化について、図4及び図5を参照しつつ以下に述べる。
図4の(b)及び図5の点bに示す状態、並びに図4の(c)及び図5の点cに示す状態では、ギア摺動部S内の作動液は圧縮されるが、該ギア摺動部Sから作動液が前記ポケット8xに排出される。このとき、ギア摺動部S内の作動液の圧力に起因する押し付け力と、前記シール部6b1に導入された吐出圧及び前記ポケット8x内の作動液の圧力に起因する押し付け力とが打ち消し合い、側板6は歯車2、3に軽く接した状態に維持される。一方、図4の(a)及び図5の点aに示す状態では、前記ギア摺動部Sは吸込口側に開放されており、その内部の圧力は吸込圧と等しくなっているが、前記貫通孔6xを介して前記ポケット8xも吸込口側に開放されており、その結果、この状態においても前記シール6b1部に導入された吐出圧及び前記ポケット8x内の作動液の圧力に起因する押し付け力とギア摺動部S内の作動液の圧力に起因する押し付け力とが打ち消し合い、側板6は歯車2、3に軽く接した状態に維持される。
なお、この歯車ポンプPは、前記吐出口より高圧の作動液を導入し、これにより前記駆動軸から回転トルクを取り出して外部負荷を駆動するとともに、低圧となった作動液を前記吸込口から吐出するというモータ作用を営む歯車モータとして機能させることもできるものであることはいうまでもない。
以上に述べたように、本実施形態では、前記ギア摺動部Sを非摺動面6b側に開放すべく側板6に厚さ方向に貫通する貫通孔6xを設けているとともに、前記ガスケット8の前記貫通孔6xに臨む箇所に該ガスケット8の厚さ方向に貫通するとともに前記側板6、前記ケーシング1及び該ガスケット8により区成される空間を形成するためのポケット8xを設けているので、ギア摺動部S内の作動液が圧縮された場合であっても、前記貫通孔6xを経て前記ガスケット8のポケット8x内部の空間に作動液が導かれる。従って、シール部6b1側からの液圧に起因する力とバランスさせて側板6が歯車2、3に軽く接した状態を維持することにより、作動液の漏れを抑制することができる。このことから、ギア摺動部S内の液圧が吸込圧に等しくなっている状態において側板6を強く歯車2、3側に押し付ける必要がなくなり、ロストルクの低減を図ることができる。
また、前記貫通孔6xの前記歯車2、3側の端部に連通させて座ぐり部6yを設けているので、この座ぐり部6y及び前記ポケット8xの寸法を調節することにより、側板6にギア摺動部S側すなわち摺動面6a側とシール部6b1側すなわち非摺動面6b側とからそれぞれ作用する作動液圧に起因する力をバランスさせるための設計を容易に行うことができる。
加えて、ガスケット8を弾性を有する材料により形成し、このガスケット8により前記ポケット8xを形成しているので、このポケット8xに閉じ込められる作動液の液圧に変動が生じた際に、ガスケット8が弾性変形して作動液の液圧の変化を吸収する緩衝作用を得ることができる。
なお、本実施形態は上述した実施形態に限らない。
例えば、上述した実施形態では、側板の貫通孔の前記歯車側の端部に連通させて座ぐり部を設けているが、例えば、貫通孔の径を歯車から遠ざかるにつれ小さくなる形状のものとする等、他の手段により歯車の歯と側板の摺動面との間の空間に閉じ込められた作動液を逃がすための空間を形成してもよく、このような空間を省略してもよい。
また、上述した実施形態のように、ケーシング内に歯車を一対のみ設けたものに限らず、ケーシング内に歯車を二対以上設けた歯車ポンプ又はモータに本発明を適用してもよい。
その他、本発明の趣旨を損ねない範囲で種々に変更してよい。
噛合する一対の歯車と、これら歯車の側面に隣接する側板と、前記歯車を収納する歯車収納室及び前記歯車を支持する軸がそれぞれ嵌入可能な軸受孔を備えるケーシングと、前記側板又はケーシングに設けたガスケット装着溝に装着したガスケットとを具備する歯車ポンプまたはモータにおいて、歯車と側板との間の隙間からの作動液漏れの抑制と、ロストルクの低減とを両立できる構成の歯車ポンプ又はモータを実現できる。
P…歯車ポンプ
1…ケーシング
2、3…歯車
6…側板
6x…貫通孔
8…ガスケット
8x…ポケット

Claims (1)

  1. 噛合する少なくとも一対の歯車と、これら歯車の側面に隣接する側板と、前記歯車を収納する歯車収納室及び前記歯車を支持する軸がそれぞれ嵌入可能な軸受孔を備えるケーシングと、前記側板又はケーシングに設けたガスケット装着溝に装着したガスケットとを具備する歯車ポンプまたはモータであって、
    前記側板の前記歯車が噛合する箇所に対向する箇所に該側板の厚さ方向に貫通する貫通孔を設けているとともに、
    前記ガスケットの前記貫通孔に臨む箇所に該ガスケットの厚さ方向に貫通し前記貫通孔に連通するとともに前記側板、前記ケーシング及び該ガスケットにより区成され、前記貫通孔を経て導かれた作動液を閉じ込めるための空間を形成するポケットを設けており、
    さらに前記貫通孔の前記歯車側の端部に連通させて座ぐり部を設けており、
    前記座ぐり部及び前記ポケットの寸法は、前記側板の、歯車に隣接する摺動面側と、反対側の非摺動面側とからそれぞれ作用する作動液圧に起因する力をバランスさせるようにされていることを特徴とする歯車ポンプ又はモータ。
JP2015522346A 2013-06-13 2013-06-13 歯車ポンプ又はモータ Active JP6252802B2 (ja)

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2013/066358 WO2014199489A1 (ja) 2013-06-13 2013-06-13 歯車ポンプ又はモータ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPWO2014199489A1 JPWO2014199489A1 (ja) 2017-02-23
JP6252802B2 true JP6252802B2 (ja) 2017-12-27

Family

ID=52021819

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015522346A Active JP6252802B2 (ja) 2013-06-13 2013-06-13 歯車ポンプ又はモータ

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP6252802B2 (ja)
WO (1) WO2014199489A1 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106286287B (zh) * 2015-05-11 2018-12-21 比亚迪股份有限公司 叉车、内啮合齿轮泵及用于其的轴向补偿组件
WO2019073602A1 (ja) * 2017-10-13 2019-04-18 株式会社 島津製作所 歯車ポンプ又はモータ
CN108799101A (zh) * 2018-06-15 2018-11-13 哈尔滨理工大学 一种外啮合齿轮泵用新型浮动轴套

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4838562Y1 (ja) * 1970-12-02 1973-11-14
JPS5424322Y2 (ja) * 1973-09-20 1979-08-17
JPS6115273Y2 (ja) * 1979-08-27 1986-05-12
FR2564931B1 (fr) * 1984-05-22 1986-12-05 Malfit Jean Generateur recepteur hydraulique a haute pression pour la transmission de puissance
GB8415879D0 (en) * 1984-06-21 1984-07-25 Dowty Hydraulic Units Ltd Rotary positive displacement fluid-pressure machines
CN85107186B (zh) * 1985-09-29 1988-11-16 程安强 非对称型径向浮动式齿轮泵、齿轮马达
JPH03213685A (ja) * 1990-01-19 1991-09-19 Hitachi Ltd 多連式歯車ポンプ
JP2001165063A (ja) * 1999-12-13 2001-06-19 Shimadzu Corp 歯車ポンプまたはモータ

Also Published As

Publication number Publication date
WO2014199489A1 (ja) 2014-12-18
JPWO2014199489A1 (ja) 2017-02-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6252802B2 (ja) 歯車ポンプ又はモータ
US3838952A (en) Gear pump and motor having a sealed lock for preventing hydraulic oil from leaking between the ends of the teeth of the gears
JP6119748B2 (ja) 歯車ポンプ又はモータ
JP6226067B2 (ja) 歯車ポンプ又はモータ
JP2013064336A (ja) 歯車ポンプ又はモータ
JP6631106B2 (ja) 歯車ポンプ又は歯車モータ
JPH11303768A (ja) ギヤポンプ
JP6350744B2 (ja) 歯車ポンプ
JP3213356U (ja) 内接歯車ポンプ
JP2009002316A (ja) 歯車ポンプ又はモータ
JP3612393B2 (ja) ギアポンプ
JP2014109249A (ja) 歯車ポンプまたはモータ
JPH10122160A (ja) ギアポンプ
EP3696414A1 (en) Gear pump or motor
JP2010059931A (ja) ギヤポンプ
JP2009150253A (ja) 外接型ギヤポンプ
JP3213779U (ja) 内接歯車ポンプ
WO2014141377A1 (ja) 歯車ポンプ又はモータ
JP4770216B2 (ja) 歯車ポンプまたはモータ
JP6599099B2 (ja) スクロール流体機械
JP4061847B2 (ja) ギヤポンプ
JP2012077686A (ja) 歯車ポンプ又はモータ
JPWO2014136186A1 (ja) 歯車ポンプ又はモータ
JP2794918B2 (ja) 歯車ポンプ
WO2020165963A1 (ja) 歯車ポンプまたはモータ

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170214

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170417

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20170711

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20171006

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20171016

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171101

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171114

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6252802

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151