JP6171200B2 - Textile treating agent composition - Google Patents

Textile treating agent composition Download PDF

Info

Publication number
JP6171200B2
JP6171200B2 JP2013243189A JP2013243189A JP6171200B2 JP 6171200 B2 JP6171200 B2 JP 6171200B2 JP 2013243189 A JP2013243189 A JP 2013243189A JP 2013243189 A JP2013243189 A JP 2013243189A JP 6171200 B2 JP6171200 B2 JP 6171200B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
preferably
composition
group
perfume
acid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013243189A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015101806A (en
Inventor
侑里 安達
侑里 安達
英史 小倉
英史 小倉
友彦 天谷
友彦 天谷
太一 中村
太一 中村
Original Assignee
ライオン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ライオン株式会社 filed Critical ライオン株式会社
Priority to JP2013243189A priority Critical patent/JP6171200B2/en
Publication of JP2015101806A publication Critical patent/JP2015101806A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6171200B2 publication Critical patent/JP6171200B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、繊維製品用処理剤組成物に関する。 The present invention relates to a fiber product treating agent composition. 詳細には、本発明は、残香性に優れ、香調の変調が少ない繊維製品用処理剤組成物に関する。 In particular, the present invention has excellent substantivity, about the modulation of the incense is small textile treating agent composition.

柔軟剤で処理した衣類等の繊維製品の香り立ちを良好にする、香りの持続性を高める、或いは衣類等の摩擦による発香効果を付与するため、柔軟剤組成物にカプセル化香料を配合することが、従来行われている(特許文献1)。 To improve the aroma of fiber products such as clothing treated with softener, increase durability of the fragrance, or for imparting odoriferous effect due to friction such as clothing, formulating encapsulated perfume softener composition it has been conventionally performed (Patent Document 1).
通常の香料組成物は、洗濯工程で処理布上に吸着するが、乾燥後に経時と共に揮発し香りの強度が弱まる。 Conventional perfume composition is adsorbed onto the treated fabric in a washing step, volatilization and intensity of smell is weakened with time after drying. これに対して、カプセル香料は、芯物質である香料組成物が高分子から構成される壁物質に包まれた状態で処理布上に吸着するため、揮発を抑制できる。 In contrast, capsules perfume, since the perfume composition is a core substance is adsorbed onto the treated fabric in a state wrapped in the wall material consisting of a polymer, it can be suppressed volatilization. よって、洗濯から時間が経過しフリー香料の香り強度が弱まっても、機械力が加わることで壁物質が崩壊し発香し、生活者は香りの持続性が高いと認識することができる。 Therefore, even if the fragrance strength of the free perfume and time from washing elapsed is weakened, onset and wall material collapse by mechanical force is applied Kaguwashi, consumers can recognize that there is a high persistence of the fragrance.
しかしながら、実際には、機械力を与えなくてもカプセル香料から香料組成物が漏出するため、洗濯直後から、処理布からはカプセル香料由来の香料組成物による香りが感じられてしまう。 However, in practice, since the perfume composition from the capsule perfume without giving mechanical force to leak, immediately after washing, thus it felt aroma due perfume composition from the capsule fragrance from treated fabric. よって、洗濯直後には香り強度は高いものの、本来設計した香調ではなくなるという問題がある。 Thus, immediately after washing Although scent strength is high, there is a problem that is no longer in the original design was incense tone. さらに、漏出した香料組成物は経時でフリー香料と同様に揮発するため、機械力を加えても発香性が感じられず、香り強度は弱く、生活者は香りの持続性を感じづらくなるのが現状である。 Further, since the leaked fragrance composition which volatilizes as with free perfume over time, odoriferous can not be felt by the addition of mechanical force, fragrance intensity is weak, the consumer is difficult feeling persistence of scent There is at present.

従来から、残香性を向上させた繊維処理剤組成物等を提供することを目的とした技術が知られている(特許文献2〜4)。 Conventionally, techniques and to provide a fiber treatment agent composition such as having improved substantivity is known (Patent Documents 2 to 4).
特許文献2には、芯物質として引火点が50〜130℃の範囲内の香料組成物を含有することを特徴とするカプセル化香料が記載されている。 Patent Document 2, the encapsulated perfume flash point is characterized by containing a perfume composition in the range of 50 to 130 ° C. is described as a core material.
特許文献3には、芯物質として香料、乳化剤として陰イオン界面活性剤、カプセル壁形成物質として高分子物質を使用し、硬化カプセル壁を有するマイクロカプセルが分散した水性分散液を、非イオン界面活性剤で再処理してなるカプセル化香料であって、該香料が290℃より低い沸点および1.0〜7.0のCLogP値を有する香料成分を香料全体の70重量%以上含有することを特徴とするカプセル化香料が記載されている。 Patent Document 3, perfume as a core material, an anionic surfactant as an emulsifier, using a polymer material as the capsule wall-forming material, an aqueous dispersion microcapsules are dispersed with curing the capsule wall, nonionic an encapsulating perfume obtained by re-treatment with agents, characterized in that it contains perfume ingredients perfume has a lower boiling point and CLogP value of 1.0 to 7.0 than 290 ° C. 70 wt% or more of the total perfume It is described encapsulated perfume to.
特許文献4には、香気を有するアルコールのケイ酸エステルを含有するマイクロカプセルが記載されている。 Patent Document 4, microcapsules containing silicic acid esters of alcohols having aroma is described.

特開2013−124439号公報 JP 2013-124439 JP 特開2006−249326号公報 JP 2006-249326 JP 特開2004−99743号公報 JP 2004-99743 JP 特開2010−1417号公報 JP 2010-1417 JP

しかしながら、これらの技術では、使用できるカプセル内包香料種の選択自由度が低下し、またカプセル内包香料種の調製にも手間がかかる。 However, these techniques reduces the encapsulation perfume species selected freedom that can be used, and also it takes time for the preparation of encapsulated flavors species. 従って、依然として、残香性に優れ、香調の変調が少ない繊維製品用処理剤組成物に対する要望が存在する。 Thus, still, excellent substantivity, there is a need for modulation is small textile treating agent composition of the odor notes.
本発明は、残香性に優れ、香調の変調が少ない繊維製品用処理剤組成物を提供することを目的とする。 The present invention is excellent in substantivity, and an object thereof is to provide a modulation of the odor notes is less fiber product treating agent composition.

本発明者らは、上記課題を解決するために鋭意検討した結果、カプセル香料を含む繊維製品用処理剤組成物中に、高度分岐環状デキストリンという特定のグルカンを配合することによって、残香性に優れ、香調の変調が少ない繊維製品用処理剤組成物が得られることを見出し、本発明を完成させるに至った。 The present inventors have made intensive studies in order to solve the above problem, the fiber product treating agent composition comprising a capsule perfume, by incorporating a specific glucan that highly branched cyclic dextrin, excellent substantivity , it found that the modulation of the incense is small textile treating agent composition is obtained, and have completed the present invention.
本発明は、このような新規な知見に基づいて完成されたものである。 The present invention has been completed based on such novel finding.

本発明の一態様において、 In one aspect of the present invention,
(A)カプセル香料と、 (A) and the capsule perfume,
(B)内分岐環状構造部分と外分岐構造部分とを有する、重合度が50から10000の範囲にあるグルカンであって、ここで、内分岐環状構造部分とは、α−1,4−グルコシド結合とα−1,6−グルコシド結合とで形成される環状構造部分であり、外分岐構造部分とは、該内分岐環状構造部分に結合した非環状構造部分である、グルカンとを含む、繊維製品用処理剤組成物が提供される。 (B) within and a branched cyclic structure portion and an outer branched structure portion, a polymerization degree of a glucan in the range of 10000 to 50, wherein the inner branched cyclic structure portion is, alpha-1,4-glucoside a cyclic structure portion formed by coupling the alpha-1,6-glucosidic bonds and, and the outer branched structure portion is a non-cyclic structure portion bound to the inner branched cyclic structure portion, and a glucan, fiber products for the treatment composition is provided.
本発明の一態様において、繊維製品用処理剤組成物は、(C)陽イオン界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン界面活性剤及び陰イオン界面活性剤からなる群から選択される少なくとも1種の化合物を更に含む。 In one aspect of the present invention, textile treating agent composition, of at least selected from (C) cationic surfactant, an amphoteric surfactant, the group consisting of nonionic surfactants and anionic surfactants 1 further comprising a class of compounds.
本発明の一態様において、繊維製品用処理剤組成物は、(C)陽イオン界面活性剤を更に含む。 In one aspect of the present invention, textile treating agent composition further comprises (C) a cationic surfactant.
本発明の一態様において、繊維製品用処理剤組成物は、(D)(i)エステル基又はアミド基で分断されていない炭素数6〜24の長鎖炭化水素基を1つ有する4級アンモニウム塩、(ii)半極性界面活性剤及び(iii)ポリオキシアルキレンアルキルアミン、その塩又はその4級化物からなる群から選択される1種以上の化合物を更に含む。 In one aspect of the present invention, textile treating agent composition, (D) (i) an ester group, or quaternary ammonium having one long-chain hydrocarbon group having 6 to 24 carbon atoms that are not interrupted by an amide group further comprising salt, (ii) a semi-polar surfactant and (iii) a polyoxyalkylene alkyl amine, a salt thereof or one or more compounds selected from the group consisting of quaternary compound.

後述の実施例で示されるように、本発明の一実施態様において、残香性に優れ、香調の変調が少ない繊維製品用処理剤組成物が提供される。 As shown in Examples mentioned below, in one embodiment of the present invention, excellent substantivity, modulation of odor notes is less fiber product treating agent composition is provided. 更に、本発明の別の一実施態様において、残香性に優れ、香調の変調が少なく、かつ高い凍結復元性を有する繊維製品用処理剤組成物が提供される。 Further, in another embodiment of the present invention, excellent substantivity, less modulation of incense, and textile treating agent composition having a high freezing resilience is provided.

[(A)成分] [(A) component]
本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる(A)成分であるカプセル香料は、芯物質と、当該芯物質を覆う壁物質とから構成される。 Contained in the fiber product treating agent composition of the present invention (A) a capsule fragrance of the component, composed of a core material, a wall material for covering the core material. 具体的には、カプセル香料は、(a−1)芯物質として香料組成物を含み、(a−2)壁物質が高分子物質から構成されるカプセル化香料である。 Specifically, the capsule perfume comprises a perfume composition as (a-1) a core material is encapsulated fragrance composed of (a-2) the wall material is a polymer material.
本発明の繊維製品用処理剤組成物において用いられる(A)成分の(a−1)香料組成物は、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができる。 Fibers used in products for the treatment composition (A) component of (a-1) perfume composition of the present invention is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose. 例えば、香料成分として、衣類用柔軟剤や衣類用の洗剤等に一般的に使用されるエッセンシャルオイル、アブソリュート、並びに、炭化水素類、アルコール類、アルデヒド類、ケトン類、エーテル類、アセタール類、ケタール類及びニトリル類等の合成香水成分等が挙げられ、香料組成物には、1種類の香料成分を配合してもよく、2種類以上の香料成分を配合してもよい。 For example, as perfuming ingredients, essential oils commonly used for clothing softeners and detergents for clothes and the like, absolute, and hydrocarbons, alcohols, aldehydes, ketones, ethers, acetals, ketals and such synthetic perfume components nitriles and the like, the perfume composition may be blended with one perfume ingredients may be added two or more perfume ingredients. 好ましい香料成分の例は、特開2010−520928号に記載されており、例えば、以下のものから選択される。 Examples of preferred perfume ingredients are described in JP 2010-520928, for example, selected from the following.

Agrumex、Aldron、Ambrettolide、Ambroxan、ケイ皮酸ベンジル、サリチル酸ベンジル、Boisambrene、セドロール、酢酸セドリル、Celestolide/Crysolide、Cetalox、シトロネリルエトキサレート、Fixal、Fixolide、Galaxolide、Guaiacwood Acetate、サリチル酸シス−3−ヘキセニル、ヘキシルケイ皮アルデヒド、サリチル酸ヘキシル、IsoE Super、安息香酸リナリル、ケイ皮酸リナリル、フェニル酢酸リナリル、Javanol、メチルセドリルケトン、Moskene、Musk、Musk Ketone、Musk Tibetine、Musk Xylol、Myraldyl Acetate、酢酸ネロリジル、Novalide、Okoumal、カプリル酸パラクレシル、フェニル酢酸パラクレシル、Phantolid、ケイ皮酸フェニルエチル、サリチル酸フェニルエチル、Rose Crystals、Rosone、Sandela、テトラデカニトリル、Thibetolide、Traseolide、Trimofix O、2−メチルピラジン、アセトアルデヒドフェニ Agrumex, Aldron, Ambrettolide, Ambroxan, benzyl cinnamate, benzyl salicylate, Boisambrene, cedrol, acetic cedryl, Celestolide / Crysolide, Cetalox, citronellyl ethoxy service rate, Fixal, Fixolide, Galaxolide, Guaiacwood Acetate, cis-3-hexenyl salicylate , Hekishirukei skin aldehyde, hexyl salicylate, ISOE Super, linalyl benzoate, linalyl cinnamate, phenyl linalyl acetate, Javanol, methyl cedryl ketone, Moskene, Musk, Musk ketone, Musk Tibetine, Musk Xylol, Myraldyl acetate, acetate Nerorijiru, Novalide, Okoumal, Parakureshiru caprylic acid, phenylacetic acid Parakureshiru, Phantolid, phenylethyl cinnamate, salicylate phenylethyl, Rose Crystals, Rosone, Sandela, tetradecanol nitrile, Thibetolide, Traseolide, Trimofix O, 2- methylpyrazine, acetaldehyde phenylene エチルプロピルアセタール、アセトフェノン、アルコールC6(以下において、表記法Cnは、n個の炭素原子および1つのヒドロキシル官能を有するすべての物質を含む)、アルコールC8、アルデヒドC6(以下において、表記法Cnは、n個の炭素原子および1つのアルデヒド官能を有するすべての異性体を包含する)、アルデヒドC7、アルデヒドC8、アルデヒドC9、ノネニルアルデヒド(nonenylic aldehyde)、グリコール酸アリルアミル、カプロン酸アリル、酪酸アミル、アルデヒドアニシック(anisique)、ベンズアルデヒド、酢酸ベンジル、ベンジルアセトン、ベンジルアルコール、酪酸ベンジル、ギ酸ベンジル、イソ吉草酸ベンジル、ベンジルメチルエーテル、プロピオン酸ベンジル、Bergamyl Acetate、酢酸ブチル、樟脳、3−メチル Ethyl propyl acetal, acetophenone, (hereinafter, notation Cn comprises all substances having n carbon atoms and one hydroxyl-functional) alcohols C6, alcohol C8, in aldehyde C6 (hereinafter, notation Cn is It encompasses all isomers having n carbon atoms and one aldehyde function), aldehyde C7, aldehyde C8, aldehyde C9, root sulfonyl aldehyde (nonenylic aldehyde), glycolic acid Ariruamiru, allyl caproate, pentyl butyrate, aldehyde Anishikku (anisique), benzaldehyde, benzyl acetate, benzyl acetone, benzyl alcohol, benzyl butyrate, benzyl formate, iso-valeric acid, benzyl methyl ether, benzyl propionate, Bergamyl acetate, butyl acetate, camphor, 3-methyl 5−プロピル−2−シクロヘキセノン、ケイ皮アルデヒド、シス−3−ヘキセノール、酢酸シス−3−ヘキセニル、ギ酸シス−3−ヘキセニル、イソ酪酸シス−3−ヘキセニル、プロピオン酸シス−3−ヘキセニル、チグリン酸シス−3−ヘキセニル、シトロネラール、シトロネロール、シトロネリルニトリル、2−ヒドロキシ−3−メチル−2−シクロペンテン−1−オン、クミンアルデヒド、シクラールC、酢酸(シクロヘキシルオキシ)−2−プロペニルエステル、ダマセノン、アルファ−ダマスコン、ベータ−ダマスコン、ギ酸デカヒドロベータ−ナフチル、マロン酸ジエチル、ジヒドロジャスモン、ジヒドロリナロール、ジヒドロミルセノール、ジヒドロテルピネオール、アントラニル酸ジメチル、ジメチルベンジルカルビノール 5-propyl-2-cyclohexenone, cinnamic aldehyde, cis-3-hexenol, acetate cis-3-hexenyl, formic acid cis-3-hexenyl isobutyrate cis-3-hexenyl, propionic acid cis-3-hexenyl, tiglic acid cis-3-hexenyl, citronellal, citronellol, citronellyl nitrile, 2-hydroxy-3-methyl-2-cyclopenten-1-one, cumin aldehyde, Shikuraru C, acetic acid (cyclohexyloxy) -2-propenyl ester, damascenone, alpha - damascone, beta - damascone, formic acid decahydro beta - naphthyl, diethyl malonate, dihydrojasmonate, dihydro linalool, dihydromyrcenol, dihydro terpineol, dimethyl anthranilate, dimethyl benzyl carbinol 酢酸ジメチルベンジルカルビニル、ジメチルオクテノン、ジメトール(Dimetol)、ジミルセトール、エストラゴール、酢酸エチル、アセト酢酸エチル、安息香酸エチル、ヘプタン酸エチル、エチルリナロール、サリチル酸エチル、酪酸エチル2−メチル、オイカリプトール、オイゲノール、酢酸フェンキル、フェンキルアルコール、4−フェニル−2,4,6−トリメチル1,3−ジオキサン、2−オクチン酸メチル、4−イソプロピルシクロヘキサノール、2−sec−ブチルシクロヘキサノン、酢酸スチルアリル、ゲラニルニトリル、酢酸ヘキシル、アルファ−イオノン、酢酸イソアミル、酢酸イソブチル、イソ−シクロシトラール、ジヒドロイソジャスモン、イソ−メントン、イソ−ペンチレート、イソ−プレゴール、シスジャスモン、左 Acetate Dimethyl benzyl carbinyl, dimethyl oct non, Jimetoru (Dimetol), Jimirusetoru, estragole, ethyl acetate, ethyl acetoacetate, ethyl benzoate, ethyl heptanoate, ethyl linalool, ethyl salicylate, ethyl butyrate methyl, eucalyptol, eugenol , acetic fenchyl, fenchyl alcohol, 4-phenyl-2,4,6-trimethyl-1,3-dioxane, 2-octyne, methyl 4-isopropyl-cyclohexanol, 2-sec-butyl cyclohexanone, acetic Suchiruariru, geranyl nitrile, hexyl acetate, alpha - ionone, isoamyl acetate, isobutyl acetate, iso - cyclocitral, dihydroisoquinoline jasmone, iso - menthone, iso - pentylate, iso - pulegol, Shisujasumon, left 旋性カルボン、フェニルアセトアルデヒドグリセリルアセタール、カルビン(carbinic)酸3−ヘキセニルメチルエーテル、1−メチル−シクロヘキサ−1,3−ジエン、リナロール、リナロールオキシド、ペンタン酸2−エチルエチルエステル、2,6−ジメチル−5−ヘプテナール、メントール、メントン、メチルアセトフェノン、メチルアミルケトン、安息香酸メチル、アルファ−メチルケイ皮アルデヒド、メチルヘプテノン、メチルヘキシルケトン、メチルパラクレゾール、酢酸メチルフェニル、サリチル酸メチル、ネラール、ネロール、4−tert−ペンチル−シクロヘキサノン、パラ−クレゾール、酢酸パラ−クレシル、パラ−t−ブチルシクロヘキサノン、パラ−トルイルアルデヒド、フェニルアセトアルデヒド、酢酸フェニルエ Dextrorotatory carboxylic, phenylacetaldehyde glyceryl acetal, Calvin (carbinic) acid 3-hexenyl methyl ether, 1-methyl - cyclohex-1,3-diene, linalool, linalool oxide, 2-ethyl ester pentanoic acid, 2,6-dimethyl 5-heptenal, menthol, menthone, methyl acetophenone, methyl amyl ketone, methyl benzoate, alpha - methylcinnamic aldehyde, methylheptenone, methyl hexyl ketone, methyl para-cresol, methyl acetate phenyl, methyl salicylate, neral, nerol, 4-tert - pentyl - cyclohexanone, para - cresol, acetic para - cresyl, p -t- butyl cyclohexanone, para - tolyl aldehyde, phenylacetaldehyde, acetic acid Fenirue チル、フェニルエチルアルコール、酪酸フェニルエチル、ギ酸フェニルエチル、イソ酪酸フェニルエチル、プロピオン酸フェニルエチル、酢酸フェニルプロピル、フェニルプロピルアルデヒド、テトラヒドロ−2,4−ジメチル−4−ペンチル−フラン、4−メチル−2−(2−メチル−1−プロペニル)テトラヒドロピラン、5−メチル−3−ヘプタノンオキシム、プロピオン酸スチルアリル、スチレン、4−メチルフェニルアセトアルデヒド、テルピネオール、テルピノーレン、テトラヒドロ−リナロール、テトラヒドロ−ミルセノール、トランス−2−ヘキセナール、酢酸ベルジルおよびViridine。 Chill, phenylethyl alcohol, butyrate phenylethyl, phenylethyl formate, isobutyrate phenylethyl, phenylethyl propionate, acetic phenylpropyl, phenylpropyl aldehyde, tetrahydro-2,4-dimethyl-4-pentyl - furan, 4-methyl - 2- (2-methyl-1-propenyl) tetrahydropyran, 5-methyl-3-cycloheptanone oxime, Suchiruariru propionate, styrene, 4-methylphenyl acetaldehyde, terpineol, terpinolene, tetrahydro - linalool, tetrahydro - myrcenol, trans - 2-hexenal, acetic Berujiru and Viridine.

本発明の繊維製品用処理剤組成物において用いられる(A)成分の(a−2)壁物質は、衣類用柔軟剤や衣類用の洗剤等のカプセル香料に一般的に使用される材料を用いることができる。 (A-2) wall material of the component (A) used in the textile treating agent composition of the present invention, a material in the capsule fragrance of the detergent or the like for softening, clothing garments are commonly used be able to. (a−2)壁物質として、例えば、ゼラチン、寒天等の天然系高分子、油脂、ワックス等の油性膜形成物質、ポリアクリル酸系、ポリビニル系、ポリメタクリル酸系、メラミン系、ウレタン系等の合成高分子物質などを挙げることができ、それら1種を単独又は2種以上を適宜併用することができる。 As (a-2) the wall material, for example, gelatin, natural polymer, oil, oily film forming substance such as wax such as agar, polyacrylic acid, polyvinyl, polymethacrylic acid, melamine, urethane, etc. synthetic polymeric substances like can be illustrated, it may be used in combination they each alone or two or more appropriate.
(a−2)壁物質は、カプセル化香料が破壊された際の発香性の観点から、メラミン−ホルムアルデヒド樹脂或いは尿素−ホルムアルデヒド樹脂からなるアミノプラストポリマー、ポリアクリル酸系或いはポリメタクリル酸系ポリマーであることが好ましい。 (A-2) wall material, the odoriferous aspect when encapsulated perfume is destroyed, melamine - formaldehyde resin or urea - aminoplast polymers consisting of formaldehyde resins, polyacrylic or polymethacrylic acid polymer it is preferable that. 特に、特開2010−520928号に記載されているようなアミノプラストポリマーが好ましい。 Particularly, the preferred aminoplast polymers such as those described in JP 2010-520928. 具体的には、ポリアミン由来の部分/芳香族ポリフェノール由来の部分/メチレン単位、ジメトキシメチレン及びジメトキシメチレンを有するアルキレンおよびアルキレンオキシ部分からなるターポリマーであることが好ましい。 Specifically, partial / methylene units derived moieties / aromatic polyphenols derived polyamine is preferably a terpolymer consisting of alkylene and alkyleneoxy moiety having dimethoxymethylene and dimethoxymethylene.

(A)成分の配合量は特に限定されないが、本発明の繊維製品用処理剤組成物の総質量に対し、香料の量として、例えば、0.01〜3質量%であり、好ましくは0.05〜2質量%、特に好ましくは0.1〜1質量%である。 The amount of component (A) is not particularly limited, the total weight of the fiber product treating agent composition of the present invention to, as the amount of perfume, for example, 0.01 to 3 wt%, preferably 0. 05-2% by weight, particularly preferably from 0.1 to 1 wt%. (A)成分の配合量を上記の範囲とすることにより、凍結復元性を低下させることなく、好ましい香り持続性を付与することができる。 The amount of component (A) by the above range, without lowering the freezing resiliency can be imparted to preferred fragrance persistent.
本発明の繊維製品用処理剤組成物において用いられる(A)成分であるカプセル香料は、目的に応じて市販の製品から適宜選択することができる。 Capsule Perfume is a component (A) used in the textile treating agent composition of the present invention can be suitably selected from commercially available products according to the purpose.
また、本発明の繊維製品用処理剤組成物において用いられる(A)成分であるカプセル香料は、特に制限はなく、公知の方法によって製造され得る。 Further, the capsule fragrance as the component (A) used in the textile treating agent composition of the present invention is not particularly limited, it may be prepared by known methods.

[(B)成分] [(B) component]
本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる(B)成分は、内分岐環状構造部分と外分岐構造部分とを有する、重合度が50から10000の範囲にあるグルカンであって、ここで、内分岐環状構造部分とは、α−1,4−グルコシド結合とα−1,6−グルコシド結合とで形成される環状構造部分であり、外分岐構造部分とは、該内分岐環状構造部分に結合した非環状構造部分である、グルカンである。 (B) component contained in the textile product treating agent composition of the present invention, having an inner branched cyclic structure portion and an outer branched structure portion, a polymerization degree of a glucan in the range of 10000 to 50, wherein , the inner branched cyclic structure portion is a cyclic structure portion formed by alpha-1,4 glucosidic bonds and alpha-1,6-glucosidic bonds and, and the outer branched structure portion, the inner branched cyclic structure portion it is a non-cyclic structure portion bound to a glucan. このようなグルカンは、高度分岐環状デキストリン又はクラスターデキストリンとも呼ばれ、本明細書においても、(B)成分を「高度分岐環状デキストリン」と言う。 Such glucans, also called highly branched cyclic dextrin or cluster dextrin, also herein referred to as "highly branched cyclic dextrin" component (B).
本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンは、分子量が3万から100万程度であり、分子内に環状構造を1つ有し、さらにその環状部分に多数のグルカン鎖が結合した重量平均重合度2500程度のデキストリンを主に含む。 Highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention has a molecular weight of 30,000 from about 1,000,000, have a cyclic structure one in the molecule, many more glucan chains to the annular portion There comprises primarily dextrin of about a weight average polymerization degree of 2500 bound.
本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンの内分岐環状構造部分は10〜100個程度のグルコースで構成されており、この内分岐環状構造部分に、非環状の多数の分岐グルカン鎖からなる外分岐構造部分が結合している。 Inner branched cyclic structure portion of the highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention is composed of 10 to 100 or so glucose, to the inner branched cyclic structure portion, the acyclic many outer branched structure portion consisting of branched glucan chain is attached.

例えば、本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンの重合度は50〜5000の範囲にある。 For example, the degree of polymerization of highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention is in the range of 50 to 5000.
例えば、本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンの内分岐環状構造部分の重合度は、10〜100の範囲である。 For example, the degree of polymerization of the inner branched cyclic structure portion of the highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention is in the range of 10 to 100.
例えば、本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンの外分岐構造部分の重合度は、40以上である。 For example, the degree of polymerization of the outer branched structure portion of the highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention is 40 or more.
例えば、本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンの外分岐構造部分の各単位鎖の重合度は、平均で10〜20である。 For example, the degree of polymerization of each unit chain of the outer branched structure portion of the highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention are 10 to 20 on average.

本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンは、例えば、デンプンを原料として、ブランチングエンザイムという酵素を作用させて製造される。 Highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention, for example, starch as raw material, is produced by the action of an enzyme called branching enzyme. 原料であるデンプンは、グルコースがα−1、4−グルコシド結合によって直鎖状に結合したアミロースと、α−1,6−グルコシド結合によって複雑に分岐した構造をもつアミロペクチンからなり、アミロペクチンは、クラスター構造が多数連結された巨大分子である。 Starch is a raw material, amylose with glucose attached to a linear shape by alpha-1,4 glucosidic bonds, it consists amylopectin with complex branched structure by alpha-1,6-glucosidic bonds, amylopectin clusters structure is multiple linked macromolecules. 使用酵素であるブランチングエンザイムは、動植物、微生物に広く分布するグルカン鎖転移酵素であり、アミロペクチンのクラスター構造の継ぎ目部分に作用し、これを環状化する反応を触媒する。 Branching enzyme is used enzyme, animals and plants, a glucan chain transfer enzyme widely distributed in microorganisms, acts on the seam portion of the cluster structure of amylopectin, which catalyzes the circularization.
より詳細には、本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンは、特開平8−134104に記載の、内分岐環状構造部分と外分岐構造部分とを有する、重合度が50から10000の範囲にあるグルカンである。 More specifically, highly branched cyclic dextrins included in the fiber product treating agent composition of the present invention, described in JP-A 8-134104, having an inner branched cyclic structure portion and an outer branched structure portion, a degree of polymerization is a glucan from 50 in the range of 10000. 本明細書において、高度分岐環状デキストリンは、特開平8−134104の記載を参酌して理解され得る。 In this specification, highly branched cyclic dextrin may be understood with reference to the description of JP-A 8-134104.

本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンは、上記の通り特定の構造を有し、かつ重合度(分子量)が大きいものであり、α−シクロデキストリン(n=6)、β−シクロデキストリン(n=7)、γ−シクロデキストリン(n=8)などのグルコースが6〜8個結合した一般的なシクロデキストリンとは異なる。 Highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention have as specific structures above and the degree of polymerization (molecular weight) are those large, alpha-cyclodextrin (n = 6) , beta-cyclodextrin (n = 7), γ- cyclodextrin (n = 8) glucose, such as is different from the 6-8 linked common cyclodextrins.
本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれる高度分岐環状デキストリンの具体例としては、グリコ栄養食品株式会社の「クラスターデキストリン」(登録商標)が挙げられる。 Specific examples of the highly branched cyclic dextrin contained in the fiber product treating agent composition of the present invention, "Cluster Dextrin" of Glico Foods Co., Ltd. (registered trademark).
なお、高度分岐環状デキストリンに代えて、α−シクロデキストリン(n=6)、β−シクロデキストリン(n=7)、γ−シクロデキストリン(n=8)などのグルコースが6〜8個結合した一般的なシクロデキストリンを繊維製品用処理剤組成物中に配合しても、本発明の繊維製品用処理剤組成物と同等の優れた香調変化抑制効果・残香性向上効果は得られない。 Instead of the highly branched cyclic dextrin, alpha-cyclodextrin (n = 6), β- cyclodextrin (n = 7), glucose, such as γ- cyclodextrin (n = 8) were then 6-8 bonds generally specific even cyclodextrin was formulated in textile treating agent composition, excellent incense tone change suppressing effect, substantivity enhancing effect equivalent to a treatment composition textiles of the present invention can not be obtained.

(B)成分の配合量は特に限定されないが、柔軟剤組成物として用いる場合、組成物全体の総質量に対して、好ましくは0.01〜10質量%、より好ましくは0.03〜5質量%、さらに好ましくは0.1〜3質量%である。 (B) The amount of the component is not particularly limited, when used as softener composition, relative to the total weight of the total composition, preferably from 0.01 to 10 mass%, more preferably from 0.03 to 5 mass %, more preferably from 0.1 to 3 wt%. (B)成分の配合量が0.01質量%よりも多いと優れた香調変化抑制効果・残香性向上効果を発揮し得る。 (B) the amount of component can exhibit excellent odor notes change suppressing effect, substantivity enhancing effects as greater than 0.01 wt%. (B)成分の配合量を10質量%よりも多く配合しても香調変化抑制効果・残香性向上効果は特に向上せず、高温保存での安定性が悪くなったり、組成物の液粘度が高くなりハンドリング性が低下する場合がある。 (B) incense change suppressing effect, substantivity enhancing effect be incorporated more than the amount of 10 mass% of the component does not particularly improve, or worsen the stability at high-temperature storage, liquid viscosity of the composition there is a case in which is handling property is lowered high.
本発明の繊維製品用処理剤組成物において、(A)成分と(B)成分の配合比は特に限定されないが、「(A)成分/(B)成分」の重量比率は、好ましくは1/1000〜300、より好ましくは1/100〜100、更に好ましくは1/30〜10である。 In textile treating agent composition of the present invention, components (A) and component (B) blending ratio of is not particularly limited, the weight ratio of "component (A) / (B) component" is preferably 1 / 1000-300, more preferably 1 / 100-100, more preferably from 1/30 to 10.

本来、カプセル香料を配合した繊維処理剤組成物は、カプセル香料が処理布上に吸着した際に、何らかの機械力が加わることで壁物質が崩壊し、芯物質である香料組成物が漏出することで新たな香りを感じることを目的としている。 Originally, fiber treatment agent composition containing the capsule fragrance, when the capsule perfume is adsorbed onto the treated fabric, that some mechanical force wall material by being applied to collapse, the perfume composition is a core substance from leaking in is intended to feel a new fragrance. よって、従来、カプセル香料以外の香料組成物を配合し、機械力が加わるまでは生活者はその香りを楽しむことを前提とし香りが設計されている。 Therefore, conventionally, by blending perfume composition other than capsules perfume, consumers until mechanical force is applied in aroma assumes that enjoy the aroma is designed. また機械力が加わったときに初めてカプセル香料内の香料組成物が漏出することで、生活者は発香性を感じ、残香性の高さを認識するよう設計されている。 Also By perfume compositions within the first capsule fragrance when mechanical force is applied to leak, consumers felt odoriferous, it is designed to recognize the substantivity height.
しかし実際には、カプセル香料を配合した繊維処理剤組成物は、芯物質である香料組成物が徐々に漏出するため、組成物中ですでにカプセル香料由来の香料組成物の香りが感じられてしまい、本来設計した香りとは違った香りに感じられる。 In practice, however, the fiber treatment agent composition containing the capsule fragrance, since the perfume composition is a core substance is gradually leaks, felt aroma already perfume compositions from capsules perfume in the composition sister, from the original design was the smell is felt to smell differently. また、処理布上にカプセル香料が吸着した際、機械力を与えなくてもカプセル香料内の香料組成物が漏出し、本来設計した香りとは違う香りに感じられる。 Also, when the capsule perfume is adsorbed onto the treated fabric and perfume composition leaks in the capsule fragrance without giving mechanical force, it felt aroma different from the original design and aroma.
一方、繊維処理剤組成物中に高度分岐環状デキストリンが存在すると、高度分岐環状デキストリンが漏出しやすい香料組成物を捕捉し、擬似カプセルのような働きをすると考えられる。 On the other hand, when the highly branched cyclic dextrin is present in the fiber treatment agent composition captures the highly branched cyclic dextrin is leaking easily perfume composition, it is believed to act like placebo capsules. よって、組成物中で漏出した香料組成物を包接することでカプセル香料由来の香料組成物の香りが感じられることなく、本来設計した通りの香りを楽しむことができる。 Therefore, without the can feel smell of perfume compositions from capsules perfume by clathrate a perfume composition leaked in the composition, it is possible to enjoy the aroma as designed originally.
また一般的なシクロデキストリンとは違い高度分岐環状デキストリンは布上への吸着率が高いため、カプセル香料が布上に吸着した後にカプセル内の香料組成物が漏出しても、それを捕捉し、生活者は本来設計された通りの香りを感じることができる。 Since differences highly branched cyclic dextrin is a typical cyclodextrin high adsorption rate onto the cloth, even if the perfume composition is leakage of the capsule after the capsule perfume is adsorbed onto the cloth, to capture it, consumers can feel the smell of the street, which was originally designed.

カプセル香料を配合した繊維処理剤組成物は、組成物中および処理布上で芯物質である香料組成物が徐々に漏出するため、機械力を加えた際に漏出する香料組成物が初期より減少しており、時間が経てば経つほど発香性を感じづらい。 Fiber treatment agent composition containing the capsule fragrance, since the perfume composition is a core substance on and treated fabric in the composition gradually leaks, reduces perfume composition to leak upon applying a mechanical force from the initial and are, hard to feel the odoriferous more passes over time.
しかし、繊維処理剤組成物中に高度分岐環状デキストリンが存在すると、カプセルから漏出しやすい香料組成物を高度分岐環状デキストリンが捕捉し擬似カプセルとなって組成物中および布上で存在することができる。 However, when the highly branched cyclic dextrin is present in the fiber treatment agent composition may be present a leak from the capsule tends to perfume compositions in a highly branched cyclic dextrin in the composition become trapped placebo capsules and onto the fabric . 機械力が加わると、カプセル香料と高度分岐環状デキストリンの両方から香料組成物が漏出するため、生活者は本来設計された通りの発香性を感じることができる。 When mechanical force is applied, since the perfume composition from both the capsule fragrance and highly branched cyclic dextrin is leaking, consumers can feel the odoriferous of as originally designed. よって生活者は残香性が高いと感じると考えられる。 Therefore, consumers are considered to feel that there is a high substantivity.

[(C)成分] [(C) component]
本発明の繊維製品用処理剤組成物に含まれ得る(C)成分は、陽イオン界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン界面活性剤及び陰イオン界面活性剤からなる群から選択される少なくとも1種の化合物である。 At least textile treatment agent may be included in the compositions (C) component of the present invention, cationic surfactants, amphoteric surfactants, selected from the group consisting of nonionic surfactants and anionic surfactants it is a kind of compound.
(C)成分として用いられる陽イオン界面活性剤としては、例えば、エステル基又はアミド基で分断されている、炭素数10〜26の炭化水素基(以下「長鎖炭化水素基」ということがある)を分子内に1〜3個有するアミン化合物、その塩及びその4級化物からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物が挙げられる。 The cationic surfactant used as the component (C), for example, ester or is interrupted by an amide group, sometimes referred hydrocarbon group of 10 to 26 carbon atoms (hereinafter "long chain hydrocarbon group" ) amine compounds having 1 to 3 in the molecule, at least one compound selected from the group consisting of a salt and its quaternary products.
中でも、分子内にエステル基又はアミド基で分断されている総炭素数10〜26の炭化水素基を少なくとも1つ有する第3級アミンの酸塩又はその4級化物が好ましい。 Among them, ester group in the molecule a tertiary acid salts or quaternary products of amines having at least one total hydrocarbon group having a carbon number of 10 to 26 that are divided by an amide group.
本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体柔軟剤組成物として応用する場合には、陽イオン界面活性剤が、エステル基又はアミド基で分断されている炭素数10〜26の炭化水素基を分子内に1〜3個有するアミン化合物、その塩及びその4級化物からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物であることが好ましい。 If the application of textile treatment agent composition of the present invention as a liquid softener composition, the cationic surfactant, an ester or a hydrocarbon group having 10 to 26 carbon atoms which is interrupted by an amide group amine compounds having 1 to 3 in the molecule, is preferably at least one compound selected from the group consisting of a salt and its quaternary products. 特に、長鎖炭化水素基の炭素数は、10〜26であり、17〜26が好ましく、19〜24がより好ましい。 In particular, the number of carbon atoms in the long chain hydrocarbon group is 10-26, preferably 17-26, 19-24 are more preferred. 長鎖炭化水素基の炭素数が10以上であると柔軟性付与効果が良好であり、長鎖炭化水素基の炭素数が26以下であるとハンドリング性が良好である。 Flexibility imparting effect when the number of carbon atoms in the long chain hydrocarbon group is 10 or more is good, a good handling property when the number of carbon atoms is 26 or less of the long chain hydrocarbon group.

長鎖炭化水素基は、飽和であっても不飽和であってもよい。 Long chain hydrocarbon group may be saturated or unsaturated. 長鎖炭化水素基が不飽和である場合、二重結合の位置はいずれの箇所にあっても構わないが、二重結合が1個の場合には、その二重結合の位置は長鎖炭化水素基の中央であるか、中央値を中心に分布していることが好ましい。 If the long-chain hydrocarbon group is unsaturated, the position of the double bond may be in any position, when the double bond is one, the position of the double bond of the long-chain hydrocarbon or a central hydrogen group, it is preferably distributed around the median value.
長鎖炭化水素基は、鎖状の炭化水素基であっても構造中に環を含む炭化水素基であってもよく、好ましくは鎖状の炭化水素基である。 Long chain hydrocarbon group may be a hydrocarbon group which may be a chain hydrocarbon group containing a ring in the structure, preferably chain hydrocarbon group. 鎖状の炭化水素基は、直鎖状、分岐鎖状のいずれであってもよい。 Chain hydrocarbon group may be either straight-chain, branched-chain. 鎖状の炭化水素基としては、アルキル基またはアルケニル基が好ましく、アルキル基がより好ましい。 Examples of the chain hydrocarbon group, an alkyl group or an alkenyl group and more preferably an alkyl group.
長鎖炭化水素基は、エステル基(−COO−)又はアミド基(−NHCO−)で分断されている。 Long chain hydrocarbon groups are interrupted by an ester group (-COO-) or an amide group (-NHCO-). すなわち、長鎖炭化水素基は、その炭素鎖中に、エステル基及びアミド基からなる群から選択される少なくとも1種の分断基を有し、該分断基によって炭素鎖が分断されたものである。 That is, the long chain hydrocarbon group in its carbon chain having at least one cutting group selected from the group consisting of ester groups and amide groups are those that are separated carbon chain by 該分 sectional group . 該分断基を有すると、生分解性が向上する等の点から好ましい。 When having 該分 sectional group, preferable from the viewpoint of improving the biodegradability.
該分断基を有する場合、1つの長鎖炭化水素基が有する分断基の数は1つであっても2つ以上であってもよい。 When having 該分 sectional group, the number of divided groups having one long-chain hydrocarbon group may be two or more be one. すなわち長鎖炭化水素基は、分断基によって1ヶ所が分断されていてもよく、2ヶ所以上が分断されていてもよい。 That long-chain hydrocarbon group may be interrupted one place by cutting group, two or more places may be separated. 分断基を2つ以上有する場合、各分断基は、同じであっても異なっていてもよい。 When having cutting group two or more, each divided group may be different even in the same.
なお、炭素鎖中に分断基を有する場合、分断基が有する炭素原子は、長鎖炭化水素基の炭素数にカウントするものとする。 In the case having a cutting group in the carbon chain, a carbon atom of the divided groups is intended to count the number of carbon atoms in the long chain hydrocarbon group.
長鎖炭化水素基は、通常、工業的に使用される牛脂由来の未水添脂肪酸、不飽和部を水添もしくは部分水添して得られる脂肪酸、パーム椰子、油椰子などの植物由来の未水添脂肪酸もしくは脂肪酸エステル、あるいは不飽和部を水添もしくは部分水添して得られる脂肪酸又は脂肪酸エステル等を使用することにより導入される。 Long chain hydrocarbon group is usually unhydrogenated fatty tallow derived used industrially, fatty acids obtained by the unsaturation is hydrogenated or partially hydrogenated, palm, of vegetable origin, such as oil palm Not hydrogenated fatty acids or fatty acid esters or unsaturated portion, is introduced by using a fatty acid or fatty acid ester obtained by hydrogenation or partial hydrogenation or the like.
(C)成分として用いられる陽イオン界面活性剤としてのアミン化合物としては、2級アミン化合物又は3級アミン化合物が好ましく、3級アミン化合物がより好ましい。 The amine compound as a cationic surfactant used as the component (C) is preferably a secondary amine compound or tertiary amine compound, more preferably a tertiary amine compound.

(C)成分として用いられる陽イオン界面活性剤としてのアミン化合物として、より具体的には、下記一般式(C1)で表される化合物が挙げられる。 As the amine compound as the cationic surfactant used as the component (C), and more specifically, compounds represented by the following general formula (C1).
〔式中、R 1 〜R 3はそれぞれ独立に、炭素数10〜26の炭化水素基、例えば、−CH 2 CH(Y)OCOR 4 (Yは水素原子又はCH 3であり、R 4は炭素数7〜21の炭化水素基である。)若しくは−(CH 2n NHCOR 5 (nは2又は3であり、R 5は炭素数7〜21の炭化水素基である。)、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基、−CH 2 CH(Y)OH、又は−(CH 2n NH 2であり、R 1 〜R 3のうちの少なくとも1つは、炭素数10〜26の炭化水素基、例えば、−CH 2 CH(Y)OCOR 4又は−(CH 2n NHCOR 5である。 Wherein the R 1 to R 3 are each independently a hydrocarbon group having 10 to 26 carbon atoms, e.g., -CH 2 CH (Y) OCOR 4 (Y is a hydrogen atom or CH 3, R 4 is carbon . a hydrocarbon group having 7 to 21) or -. (CH 2) n NHCOR 5 (n is 2 or 3, R 5 is a hydrocarbon group having 7 to 21 carbon atoms), hydrogen atom, alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, -CH 2 CH (Y) OH , or - (CH 2) a n NH 2, at least one of R 1 to R 3 are hydrocarbons of 10-26 carbon atoms hydrogen group, e.g., -CH 2 CH (Y) OCOR 4 or - (CH 2) n NHCOR 5. ]
式中、R 1 〜R 3における炭素数10〜26の炭化水素基の炭素数は、17〜26が好ましく、19〜24がより好ましい。 Wherein the carbon number of the hydrocarbon group having 10 to 26 carbon atoms in R 1 to R 3 is preferably 17 to 26, 19 to 24 is more preferable. 該炭化水素基は、飽和であっても不飽和であってもよい。 Hydrocarbon group may be saturated or unsaturated. 該炭化水素基としては、アルキル基又はアルケニル基が好ましい。 Examples of the hydrocarbon group, an alkyl group or an alkenyl group.

−CH 2 CH(Y)OCOR 4中、Yは水素原子又はCH 3であり、水素原子が特に好ましい。 Among -CH 2 CH (Y) OCOR 4 , Y is a hydrogen atom or CH 3, is a hydrogen atom particularly preferred.
4は炭素数7〜21、好ましくは15〜19の炭化水素基。 R 4 is 7 to 21 carbon atoms, preferably a hydrocarbon group of 15 to 19. 式中にR 4が複数存在するとき、該複数のR 4は互いに同一であってもよく、それぞれ異なっていても構わない。 When R 4 is more present in the formula may be R 4 of said plurality of mutually identical, may be different.
4の炭化水素基は、炭素数8〜22の脂肪酸(R 4 COOH)からカルボキシ基を除いた残基(脂肪酸残基)であり、R 4のもととなる脂肪酸(R 4 COOH)は、飽和脂肪酸でも不飽和脂肪酸でもよく、また、直鎖脂肪酸でも分岐脂肪酸でもよい。 Hydrocarbon group R 4 is a residue obtained by removing a carboxy group from a fatty acid having 8 to 22 carbon atoms (R 4 COOH) (fatty acid residues), R 4 Nomoto become fatty (R 4 COOH) is , it may be either unsaturated fatty acids with saturated fatty acids, or may be either branched fatty acid with a straight chain fatty acid. 中でも、飽和又は不飽和の直鎖脂肪酸が好ましい。 Among them, straight-chain saturated or unsaturated fatty acids are preferred. 柔軟処理した衣類に良好な吸水性を付与するために、R 4のもととなる脂肪酸の飽和/不飽和比率(質量比)は、90/10〜0/100が好ましく、80/20〜0/100がより好ましい。 To impart good water resistance to softening treatment clothing, saturated / unsaturated ratio of fatty acid to be under R 4 (mass ratio) is preferably from 90 / 10-0 / 100, 80 / 20-0 / 100 is more preferable.
4が不飽和脂肪酸残基である場合、シス体とトランス体が存在するが、シス体/トランス体の質量比率は、40/60〜100/0が好ましく、70/30〜90/10が特に好ましい。 If R 4 is an unsaturated fatty acid residue, but cis- and trans form are present, the weight ratio of the cis-isomer / trans-isomer is preferably from 40 / 60-100 / 0, 70 / 30-90 / 10 particularly preferred.
4のもととなる脂肪酸として具体的には、ステアリン酸、パルミチン酸、ミリスチン酸、ラウリン酸、オレイン酸、エライジン酸、リノール酸、部分水添パーム油脂肪酸(ヨウ素価10〜60)、部分水添牛脂脂肪酸(ヨウ素価10〜60)などが挙げられる。 Specifically fatty acid to be under R 4, stearic acid, palmitic acid, myristic acid, lauric acid, oleic acid, elaidic acid, linoleic acid, partially hydrogenated palm oil fatty acid (iodine value 10 to 60), partial such as water tallow fatty acids (iodine value 10 to 60) are exemplified. 中でも、ステアリン酸、パルミチン酸、ミリスチン酸、オレイン酸、エライジン酸、およびリノール酸から選ばれる2種以上を所定量ずつ組み合わせて、以下の条件(a)〜(c)を満たすように調整した脂肪酸組成物を用いることが好ましい。 Of these, stearic acid, palmitic acid, myristic acid, in combination oleic acid, elaidic acid, and 2 or more selected from linoleic acid by a predetermined amount was adjusted so as to satisfy the following conditions (a) ~ (c) fatty acid it is preferable to use a composition.
(a)飽和脂肪酸/不飽和脂肪酸の比率(質量比)が90/10〜0/100、より好ましくは80/20〜0/100である。 (A) the ratio of saturated fatty acids / unsaturated fatty acids (mass ratio) is 90 / 10-0 / 100, preferably 80/20 to 0/100.
(b)シス体/トランス体の比率(質量比)が40/60〜100/0、より好ましくは70/30〜90/10である。 (B) the ratio of cis-isomer / trans-isomer (weight ratio) of 40 / 60-100 / 0, more preferably 70 / 30-90 / 10.
(c)炭素数18の脂肪酸が60質量%以上、好ましくは80質量%以上であり、炭素数20の脂肪酸が2質量%未満であり、炭素数21〜22の脂肪酸が1質量%未満である。 (C) a fatty acid having 18 carbon atoms is 60 mass% or more, preferably 80 mass% or more, fatty acid of 20 carbon atoms is less than 2 wt%, fatty acids 21-22 carbon atoms is less than 1 wt% .

−(CH 2n NHCOR 5中、nは2又は3であり、3が特に好ましい。 - in (CH 2) n NHCOR 5, n is 2 or 3, most preferably 3.
5は炭素数7〜21、好ましくは15〜19の炭化水素基である。 R 5 is from 7 to 21 carbon atoms, preferably a hydrocarbon group having 15 to 19. 式中にR 5が複数存在するとき、該複数のR 5は互いに同一であってもよく、それぞれ異なっていても構わない。 When R 5 is more present in the formula may be R 5 of said plurality of mutually identical, may be different.
5としては、R 4と同様のものが挙げられる。 The R 5, are the same as those for R 4.
1 〜R 3のうち、少なくとも1つは長鎖炭化水素基(炭素数10〜26の炭化水素基、−CH 2 CH(Y)OCOR 4 、又は−(CH 2n NHCOR 5 )であり、2つが長鎖炭化水素基であることが好ましい。 Among R 1 to R 3, at least one long chain hydrocarbon group (hydrocarbon group having 10 to 26 carbon atoms, -CH 2 CH (Y) OCOR 4, or - (CH 2) n NHCOR 5 ) be is preferably a two are long chain hydrocarbon groups.
1 〜R 3のうち、1つ又は2つが長鎖炭化水素基(炭素数10〜26の炭化水素基、−CH 2 CH(Y)OCOR 4 、又は−(CH 2n NHCOR 5 )である場合、残りの2つ又は1つは、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基、−CH 2 CH(Y)OH、又は−(CH 2n NH 2であり、炭素数1〜4のアルキル基、−CH 2 CH(Y)OH、又は−(CH 2n NH 2であることが好ましい。 Among R 1 ~R 3, 1 or 2 but the long chain hydrocarbon group (hydrocarbon group having 10 to 26 carbon atoms, -CH 2 CH (Y) OCOR 4, or - (CH 2) n NHCOR 5 ) in some cases, the one of the two or one remaining hydrogen atom, an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, -CH 2 CH (Y) OH , or - (CH 2) a n NH 2, 1 to 4 carbon atoms alkyl group, -CH 2 CH (Y) OH , or - (CH 2) is preferably n NH 2. これらのうち、炭素数1〜4のアルキル基としては、メチル基又はエチル基が好ましく、メチル基が特に好ましい。 Among these, the alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, preferably a methyl group or an ethyl group, a methyl group is particularly preferred. なお、−CH 2 CH(Y)OHにおけるYは−CH 2 CH(Y)OCOR 4中のYと同様である。 Incidentally, Y in -CH 2 CH (Y) OH is the same as Y in -CH 2 CH (Y) OCOR 4. −(CH 2n NH 2におけるnは−(CH 2n NHCOR 5中のnと同様である。 - (CH 2) n in n NH 2 - (CH 2) is the same as n in n NHCOR 5.

前記一般式(C1)で表される化合物の好ましい例として、下記一般式(C1−1)〜(C1−8)で表される化合物が挙げられる。 Preferred examples of the compound represented by formula (C1), include compounds represented by the following general formula (C1-1) ~ (C1-8).
〔式中、R 7及びR 8はそれぞれ独立に、炭素数10〜26の炭化水素基である。 Wherein each R 7 and R 8 are independently a hydrocarbon group having 10 to 26 carbon atoms. 9及びR 10はそれぞれ独立に、炭素数7〜21の炭化水素基である。 R 9 and R 10 are each independently a hydrocarbon group having 7 to 21 carbon atoms. ]

7及びR 8における炭化水素基としては、前記R 1 〜R 3における炭素数10〜26の炭化水素基と同様のものが挙げられる。 As the hydrocarbon group for R 7 and R 8, are the same as those of the hydrocarbon group having 10 to 26 carbon atoms in the R 1 to R 3.
9 、R 10における炭素数7〜21の炭化水素基としては、前記R 4における炭素数7〜21の炭化水素基と同様のものが挙げられる。 Examples of the hydrocarbon group having 7 to 21 carbon atoms in R 9, R 10, those similar to the hydrocarbon group of 7 to 21 carbon atoms in the R 4. 式中にR 9が複数存在するとき、該複数のR 9は互いに同一であってもよく、それぞれ異なっていても構わない。 When R 9 is more present in the formula, R 9 of the plurality of may be the same as each other, it may be different.
本発明の繊維製品用処理剤組成物における(C)成分は、アミン化合物の塩であってもよい。 Component (C) in the textile treating agent composition of the present invention may be a salt of an amine compound. アミン化合物の塩は、アミン化合物を酸で中和することにより得られる。 Salts of amine compounds can be obtained by neutralizing the amine compound with an acid. アミン化合物の中和に用いる酸としては、有機酸でも無機酸でもよく、例えば塩酸、硫酸、メチル硫酸等が挙げられる。 The acid used for neutralization of the amine compound may be an organic or inorganic acid, such as hydrochloric acid, sulfuric acid, and methyl sulfate. アミン化合物の中和は、公知の方法により実施できる。 Neutralization of the amine compound can be carried out by a known method.
本発明の繊維製品用処理剤組成物における(C)成分は、アミン化合物の4級化物であってもよい。 Component (C) in the textile treating agent composition of the present invention may be a quaternized product of the amine compound. アミン化合物の4級化物は、該アミン化合物に4級化剤を反応させて得られる。 Quaternized product of the amine compound is obtained by reacting the quaternizing agent to the amine compound. アミン化合物の4級化に用いる4級化剤としては、例えば、塩化メチル等のハロゲン化アルキル、ジメチル硫酸等のジアルキル硫酸などが挙げられる。 The quaternizing agent used for quaternization of the amine compound, for example, alkyl halides such as methyl chloride, and dialkyl sulfates such as dimethyl sulfate. これらの4級化剤をアミン化合物と反応させると、アミン化合物の窒素原子に4級化剤のアルキル基が導入され、4級アンモニウムイオンとハロゲンイオン又はモノアルキル硫酸イオンとの塩が形成される。 When these quaternizing agent is reacted with the amine compound, is introduced alkyl quaternizing agent to the nitrogen atom of the amine compound, salts with quaternary ammonium ion and halogen ion or monoalkyl sulfate ions are formed . 4級化剤により導入されるアルキル基は、炭素数1〜4のアルキル基が好ましく、メチル基又はエチル基がより好ましく、メチル基が特に好ましい。 Alkyl group introduced by the quaternizing agent is preferably an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, more preferably a methyl group or an ethyl group, a methyl group is particularly preferred. アミン化合物の4級化は、公知の方法により実施できる。 Quaternization of the amine compound can be carried out by a known method.
(C)成分としては、前記一般式(C1)で表される化合物、その塩及びその4級化物からなる群から選ばれる少なくとも1種が好ましく、前記一般式(C1−1)〜(C1−8)、その塩及びその4級化物からなる群から選ばれる少なくとも1種がより好ましく、(C1−4)〜(C1−6)、その塩及びその4級化物からなる群から選ばれる少なくとも1種がさらに好ましい。 The component (C), the compound represented by the general formula (C1), is preferably at least one selected from the group consisting of a salt and its quaternary compound, the formula (C1-1) ~ (C1- 8), more preferably at least one selected from the group consisting of a salt and its quaternary compound, at least one selected from the group consisting of (C1-4) ~ (C1-6), its salts and its quaternary products even more preferably species.
式(C1)で表される化合物、その塩及びその4級化物は、市販のものを用いてもよく、公知の方法により製造したものを用いてもよい。 The compound represented by formula (C1), its salts and its quaternary compound may be commercially available, it may be used those produced by known methods.

例えば、一般式(C1−2)で表される化合物(以下「化合物(C1−2)」)、一般式(C1−3)で表される化合物(以下「化合物(C1−3)」)は、上記脂肪酸組成物、または該脂肪酸組成物における脂肪酸を該脂肪酸のメチルエステルに置き換えた脂肪酸メチルエステル組成物とメチルジエタノールアミンとの縮合反応により合成することができる。 For example, the general formula (C1-2) compound represented by (hereinafter "compound (C1-2)"), compounds represented by the general formula (C1-3) (hereinafter "compound (C1-3)") is , it can be synthesized the fatty acid composition, or the fatty acids in the fatty acid composition by condensation reaction of a fatty acid methyl ester composition and methyldiethanolamine is replaced with the methyl ester of the fatty acid. その際、柔軟性を良好にする観点から、「化合物(C1−2)/化合物(C1−3)」で表される存在比率が、質量比で99/1〜50/50となるように合成することが好ましい。 At that time, from the viewpoint of improving the flexibility, the existence ratio represented by "compound (C1-2) / compound (C1-3)" is synthesized as a 99 / 1-50 / 50 in mass ratio it is preferable to.
更に、その4級化物を用いる場合には、4級化剤としてジメチル硫酸を用いることがより好ましい。 Furthermore, when using the quaternary compound, it is more preferable to use dimethyl sulfate as quaternizing agents. その際、柔軟性の観点から「化合物(C1−2)の4級化物/化合物(C1−3)の4級化物」で表される存在比率が、質量比で99/1〜50/50となるように合成することが好ましい。 At that time, the existence ratio represented by "quaternary products of compounds quaternized compound / compound of (C1-2) (C1-3)" in terms of flexibility, and 99 / 1-50 / 50 in mass ratio it is preferably synthesized so.
一般式(C1−4)で表される化合物(以下「化合物(C1−4)」)、一般式(C1−5)で表される化合物(以下「化合物(C1−5)」)、一般式(C1−6)で表される化合物(以下「化合物(C1−6)」)は、上記脂肪酸組成物または脂肪酸メチルエステル組成物とトリエタノールアミンとの縮合反応により合成することができる。 The compound represented by the general formula (C1-4) (hereinafter "compound (C1-4)"), compounds represented by the general formula (C1-5) (hereinafter "compound (C1-5)"), the general formula compounds represented by (C1-6) (hereinafter "compound (C1-6)") can be synthesized by a condensation reaction between the fatty acid composition or fatty acid methyl ester composition and triethanolamine. その際、化合物(C1−4)、(C1−5)、(C1−6)の合計質量に対する個々の成分の含有比率は、柔軟性の観点から、化合物(C1−4)が1〜60質量%、化合物(C1−5)が5〜98質量%、化合物(C1−6)が0.1〜40質量%であることが好ましく、化合物(C1−4)が30〜60質量%、化合物(C1−5)が10〜55質量%、化合物(C1−6)が5〜35質量%であることがより好ましい。 At that time, the compound (C1-4), (C1-5), the content ratio of the individual components to the total weight, from the viewpoint of flexibility, the compound (C1-4) is 1 to 60 mass (C1-6) %, the compound (C1-5) is 5 to 98 wt%, preferably compound (C1-6) is 0.1 to 40 mass%, the compound (C1-4) is 30 to 60 wt%, compound ( C1-5) is 10 to 55 wt%, and more preferably compounds (C1-6) is 5 to 35 mass%.
また、その4級化物を用いる場合には、4級化反応を十分に進行させる点で、4級化剤としてジメチル硫酸を用いることがより好ましい。 In the case of using the quaternary compound is in terms sufficiently advanced quaternization reaction, it is more preferable to use dimethyl sulfate as quaternizing agents. 化合物(C1−4)、(C1−5)、(C1−6)の各4級化物の存在比率は、柔軟性の観点から質量比で、化合物(C1−4)の4級化物が1〜60質量%、化合物(C1−5)の4級化物が5〜98質量%、化合物(C1−6)の4級化物が0.1〜40質量%であることが好ましく、化合物(C1−4)の4級化物が30〜60質量%、化合物(C1−5)の4級化物が10〜55質量%、化合物(C1−6)の4級化物が5〜35質量%であることがより好ましい。 Compound (C1-4), (C1-5), the presence ratio of the quaternary compound of (C1-6) is, in mass ratio in terms of flexibility, quaternized compound of the compound (C1-4) is 1 60 wt%, 5 to 98 wt% quaternary compound of a compound (C1-5), preferably quaternized product of the compound (C1-6) is 0.1 to 40 wt%, compound (C1-4 quaternized products is 30 to 60% by weight of), more be quaternized product of the compound (C1-5) is 10 to 55 wt%, quaternized product of the compound (C1-6) is 5 to 35 wt% preferable. また、化合物(C1−4)、(C1−5)、(C1−6)を4級化する場合、一般的に4級化反応後も4級化されていないエステルアミンが残留する。 The compound (C1-4), (C1-5), when quaternizing the (C1-6), generally after quaternization reaction is not quaternized ester amine remains. その際、「4級化物/4級化されていないエステルアミン」の比率は70/30〜99/1の質量比率の範囲内であることが好ましい。 At that time, the ratio of "quaternized compound / quaternary non ester amine" is preferably within the range of the mass ratio of 70 / 30-99 / 1.
一般式(C1−7)で表される化合物(以下「化合物(C1−7)」)、一般式(C1−8)で表される化合物(以下「化合物(C1−8)」)は、上記脂肪酸組成物とN−メチルエタノールアミンとアクリロニトリルの付加物より、JOrg. Formula (C1-7) compound represented by (hereinafter "compound (C1-7)"), compounds represented by the general formula (C1-8) (hereinafter "compound (C1-8)"), the above from the fatty acid composition and the adduct of N- methylethanolamine with acrylonitrile, Jorg. Chem. Chem. ,26,3409(1960)に記載の公知の方法で合成したN−(2−ヒドロキシエチル)−N−メチル−1,3−プロピレンジアミンとの縮合反応により合成することができる。 , It can be synthesized by a condensation reaction of the known synthesized N-(2-hydroxyethyl) by way -N- methyl-1,3-propylene diamine according to 26,3409 (1960). その際、「化合物(C1−7)/化合物(C1−8)」で表される存在比率が質量比で99/1〜50/50となるように合成することが好ましい。 At that time, it is synthesized as a "compound (C1-7) / compound (C1-8)" in the presence ratio mass ratio represented by 99 / 1-50 / 50 are preferred. またその4級化物を用いる場合には4級化剤として塩化メチルを用いることが好ましく、「化合物(C1−7)の4級化物/化合物(C1−8)の4級化物」で表される存在比率が、質量比で99/1〜50/50となるように合成することが好ましい。 Further it is preferred to use methyl chloride as quaternizing agent in the case of using the quaternary compound, represented by "quaternized product of quaternized compound / compounds of the compound (C1-7) (C1-8)" existence ratio is preferably synthesized so that 99 / 1-50 / 50 in mass ratio.
式(C1)で表される化合物、その塩及びその4級化物は、(A)成分及び(B)成分の繊維製品への吸着を高め、繊維製品に柔軟性を付与する効果を、繊維処理剤組成物へ付与するために配合される。 The compound represented by formula (C1), its salts and its quaternary compound has the effect of imparting flexibility to the components (A) and (B) enhances the adsorption of the components of the textile, textiles, textile processing formulated in order to impart to the composition.
陽イオン界面活性剤の配合量は、配合目的を達成できる量である限り特に限定されないが、本発明の繊維製品用処理剤組成物の総質量に対し、5〜30質量%が好ましく、5〜25質量%がより好ましく、8〜22質量%が更に好ましい。 The amount of cationic surfactant is not particularly limited as long as it is an amount that can achieve the compounding purpose, based on the total weight of the fiber product treating agent composition of the present invention is preferably 5 to 30 mass%, 5 more preferably 25% by mass, still more preferably 8-22 wt%. (C)成分の配合量が5質量%以上であると、充分な柔軟性付与効果が得られる。 If the amount of component (C) is 5% by mass or more, sufficient softening effect is obtained. (C)成分の配合量が30質量%以下であると、保存安定性がより良好である。 If the amount of component (C) is 30 wt% or less, storage stability is better.

(C)成分として用いられる両性界面活性剤としては、例えば、ベタイン、N−アルキルアミノ酸、N−アルケニルアミノ酸や、それらの塩などが挙げられる。 As the amphoteric surfactant used as the component (C), for example, betaines, N- alkyl amino acids, and N- alkenylamino acids, such as salts thereof.
ベタインとしては、アルキルベタイン、アミドベタイン、アミドプロピルベタイン、カルボベタイン、スルホベタイン、アミドスルホベタイン、イミダゾリニウムベタイン、ホスホベタインや、アミノプロピオン酸塩等がある。 The betaine, alkyl betaine, amide betaine, amido betaine, carbobetaine, sulfobetaine, amido sulfobetaine, imidazolinium betaine, and phosphobetaines, there are amino acid salts.
N−アルキルアミノ酸又はN−アルケニルアミノ酸は、窒素原子にアルキル基またはアルケニル基が結合し、さらに1つまたは2つの「−R−COOH」(式中、Rは2価の炭化水素基を示し、好ましくはアルキレン基であり、特に炭素数1〜2であることが好ましい)で表される基が結合した構造を有する。 N- alkyl amino acids or N- alkenyl amino acids, nitrogen atom alkyl or alkenyl groups are attached to, yet in one or two "-R-COOH" (wherein, R represents a divalent hydrocarbon group, preferably an alkylene group, in particular having a structure in which group is bound to be a 1 to 2 carbon atoms represented by preferred). 「−R−COOH」が1つ結合した化合物においては、窒素原子にはさらに水素原子が結合している。 In the compound "-R-COOH" is bound one, are further linked with a hydrogen atom to the nitrogen atom. 「−R−COOH」が1つのものをモノ体、2つのものをジ体という。 "-R-COOH" mono-body one thing, two things that di body. (C)成分としては、これらモノ体、ジ体のいずれも用いることができる。 The component (C), can be used any of these monoester, diester. N−アルキルアミノ酸及びN−アルケニルアミノ酸それぞれにおいて、アルキル基及びアルケニル基は直鎖状でも分岐鎖状であってもよい。 In each N- alkyl amino acids and N- alkenylamino acid, alkyl and alkenyl groups may be either linear or branched.
本発明の繊維製品用処理剤組成物における両性界面活性剤の配合量は特に限定されないが、組成物の全質量を基準にして、好ましくは0.01〜30質量%、より好ましくは0.1〜5質量%、更に好ましくは0.5〜5質量%である。 The amount of amphoteric surfactant in the textile treating agent composition of the present invention is not particularly limited, based on the total weight of the composition, preferably from 0.01 to 30 wt%, more preferably 0.1 5% by weight, more preferably from 0.5 to 5 wt%.

(C)成分として用いられる非イオン界面活性剤としては、本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体洗浄剤組成物として応用する場合には、例えば、下記一般式(C2)で表される化合物が挙げられる。 The nonionic surfactant used as the component (C), when the application of textile treatment agent composition of the present invention as liquid detergent compositions, for example, represented by the following formula (C2) compounds.
11 −CO−(OR 12 )m―OR 13 (C2) R 11 -CO- (OR 12) m -OR 13 (C2)
[式(C2)中、R 11は炭素数9〜13の炭化水素基であり、R 12は炭素数2〜4のアルキレン基であり、R 13は炭素数1〜4のアルキル基である。 Wherein (C2), R 11 is a hydrocarbon group having 9 to 13 carbon atoms, R 12 is an alkylene group having 2 to 4 carbon atoms, R 13 is an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms. mはOR 12の平均繰返し数を示し、5〜25の数である。 m represents an average repeating number of OR 12, a number of 5-25. ]
前記式(C2)中、R 11の炭化水素基は、直鎖状であっても分岐鎖状であってもよく、又は環状の構造を含んでいてもよい。 In the formula (C2), the hydrocarbon group of R 11 may contain may be also branched and straight-chain or cyclic structure. 11の炭化水素基は、脂肪族炭化水素基であることが好ましく、直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基、又は直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基がより好適なものとして挙げられる。 Hydrocarbon group R 11 is preferably an aliphatic hydrocarbon group, a linear or branched alkyl group, or a linear or branched alkenyl group as more suitable.
11の炭素数は9〜13であり、炭素数10〜13であることが好ましく、炭素数11〜13であることがより好ましい。 The number of carbon atoms of R 11 is 9-13, preferably 10 to 13 carbon atoms, and more preferably the number 11 to 13 atoms. 11の炭素数が9以上であると、洗浄力が高まる。 When the number of carbon atoms of R 11 is at least 9, detergency is increased. 一方、R 11の炭素数が13以下であると、液安定性が向上し、特にゲル化が抑制される。 On the other hand, if the number of carbon atoms in the R 11 is a 13 or less, to improve the liquid stability, in particular gelling is prevented.
前記式(C2)中、R 12は炭素数2〜4のアルキレン基であり、エチレン基又はプロピレン基が好ましい。 In the formula (C2), R 12 is an alkylene group having 2 to 4 carbon atoms, an ethylene group or a propylene group is preferred.
式中の複数のR 12は、相互に同じであってもよく異なってもよい。 A plurality of R 12 in the formula may be different may be the same with each other. すなわち、R 12のアルキレン基は、1種単独であってもよく、2種以上が組み合わされていてもよい。 That is, alkylene groups of R 12 may be a singly or two or more may be combined. なかでも、洗浄時の泡立ちが良く、安価であることから、式中のm個のOR 12が、全てオキシエチレン基であるか、又はオキシエチレン基とオキシプロピレン基とが混在していることが好ましい。 Of these, good foaming during cleaning, because it is inexpensive, m-number of OR 12 in the formula, that either all oxyethylene groups, or oxyethylene groups and oxypropylene groups are mixed preferable.
12のアルキレン基が2種以上組み合わされている場合、OR 12の付加方法は特に限定されず、たとえばオキシエチレン基とオキシプロピレン基とが混在している場合の付加方法としては、ランダム付加であってもよく、ブロック付加であってもよい。 If the alkylene group R 12 are combined two or more, the addition method of OR 12 is not particularly limited, for example, as an additional method when oxyethylene groups and oxypropylene groups are mixed, random addition there may be a, or may be a block addition. ブロック付加の方法としては、エチレンオキシドを付加した後にプロピレンオキシドを付加する方法、プロピレンオキシドを付加した後にエチレンオキシドを付加する方法、エチレンオキシドを付加した後にプロピレンオキシドを付加してさらにエチレンオキシドを付加する方法等が挙げられる。 As the method of block addition, a method of adding propylene oxide after the addition of ethylene oxide, a method of adding ethylene oxide after adding propylene oxide, and a method of adding further ethylene oxide by adding propylene oxide to be obtained by adding ethylene oxide and the like.
前記式(C2)中、R 13は、炭素数1〜4のアルキル基であり、炭素数1〜3のアルキル基が好ましい。 In the formula (C2), R 13 is an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, preferably an alkyl group having 1 to 3 carbon atoms. 13として具体的には、メチル基、エチル基、n−プロピル基、イソプロピル基、n−ブチル基が挙げられ、メチル基、エチル基が好ましく、メチル基がより好ましい。 Specific examples R 13, a methyl group, an ethyl group, n- propyl group, an isopropyl group, and n- butyl group, a methyl group, are preferred ethyl group, more preferably a methyl group. 13の炭素数が1以上であると、低温保存時の析出が抑制されやすい。 When the number of carbon atoms of R 13 is 1 or more, easily cryopreserved during deposition is suppressed. 一方、R 13の炭素数が4以下であると、低温条件下での液体洗浄剤の水に対する溶解性が高まる。 On the other hand, if the number of carbon atoms in the R 13 is 4 or less, it increases the water solubility of the liquid detergent at low temperature conditions.
前記式(C2)中、mはOR 12の平均繰返し数を示し、5〜25の数である。 In the formula (C2), m represents an average repeating number of OR 12, a number of 5-25. mが下限値以上であると、洗浄力、特に皮脂汚れに対する洗浄力が向上する。 When m is at least as large as the lower limit, the detergency, detergency is improved especially with respect to sebum. 一方、mが上限値以下であると、液体洗浄剤の水に対する溶解性が向上する。 On the other hand, when m is more than the upper limit, thereby improving the water solubility of the liquid detergent.
OR 12が全てオキシエチレン基である場合、mは5〜20であることが好ましく、12〜18がより好ましい。 If OR 12 are all oxyethylene group, m is preferably from 5 to 20, 12 to 18 is more preferable.
OR 12がオキシエチレン基とオキシプロピレン基とが混在している場合、mは12〜21が特に好ましい。 If the OR 12 are mixed and the oxyethylene group and oxypropylene group, m is particularly preferably 12 to 21. このとき、オキシプロピレン基の平均繰返し数は、5以下が好ましく、4以下がより好ましく、3以下がさらに好ましい。 At this time, the average number of repeating oxypropylene groups is preferably 5 or less, more preferably 4 or less, more preferably 3 or less. オキシプロピレン基の平均繰返し数が5を超えると、洗浄力、及び液体洗浄剤としての液安定性(透明均一性、経時安定性など)が悪くなるおそれがある。 If the average repeating number of oxypropylene groups is more than 5, detergency, and liquid stability as a liquid detergent (transparency uniformity, such stability with time) may be deteriorated.
前記式(C2)で表される非イオン界面活性剤において、OR 12の繰返し数が異なる化合物の分布の割合を示すナロー率は、20質量%以上であることが好ましい。 In a non-ionic surfactant represented by the formula (C2), narrow rate, the percentage of the distribution of the repetition rate is different compound of OR 12 is preferably at least 20 wt%. ナロー率の上限値は実質的には80質量%以下であることが好ましい。 Upper limit of the narrow ratio is preferably is substantially 80 mass% or less. 当該ナロー率は、20〜50質量%であることがより好ましく、液安定性と水に対する溶解性がより向上することから、30〜45質量%であることがさらに好ましい。 The narrow ratio is more preferably 20 to 50 wt%, since the solubility liquid stability and water are further improved, further preferably 30 to 45 wt%. 該ナロー率が高いほど、良好な洗浄力が得られやすい。 As the narrow ratio is high, a good detergency can be easily obtained.

本明細書において「ナロー率」とは、アルキレンオキシドの付加モル数が異なるアルキレンオキシド付加体の分布の割合を示す、下記の数式(S)で表される値をいう。 The "narrow rate" as used herein indicates the percentage of the distribution of addition mole number is different alkylene oxide adducts of alkylene oxides, refers to a value represented by the following equation (S).
前記式(S)において、m maxは、前記式(C2)で表される成分全体の中に最も多く存在するアルキレンオキシド付加体のアルキレンオキシドの付加モル数を示す。 In the formula (S), m max represents the molar number of addition of alkylene oxide of the alkylene oxide adducts of most present in the entire component represented by the formula (C2).
iはアルキレンオキシドの付加モル数を示す。 i represents the molar number of addition of alkylene oxide.
Yiは、前記式(C2)で表される成分全体の中に存在するアルキレンオキシドの付加モル数がiであるアルキレンオキシド付加体の割合(質量%)を示す。 Yi is the ratio of the alkylene oxide adduct molar number of addition is i alkylene oxide present in the entire component represented by the formula (C2) (% by mass).
前記ナロー率は、たとえば該非イオン界面活性剤の製造方法等によって制御することができる。 The narrow ratio can be controlled for example by the production method and the like of the non-ionic surfactant.
(C2)で表される非イオン界面活性剤の製造方法としては特に限定されるものではないが、例えば表面改質された複合金属酸化物触媒を用いて、脂肪酸アルキルエステルにアルキレンオキシドを付加重合させる方法(特開2000−144179号公報参照)により容易に製造することができる。 There are no particular restrictions on the method for producing a non-ionic surfactant represented by (C2), for example using the surface-modified composite metal oxide catalyst, addition polymerization of an alkylene oxide to a fatty acid alkyl ester it can be easily prepared by the method (see JP 2000-144179) to.
かかる表面改質された複合金属酸化物触媒の好適なものとしては、具体的には、金属水酸化物等により表面改質された金属イオン(Al 3+ 、Ga 3+ 、In 3+ 、Tl 3+ 、Co 3+ 、Sc 3+ 、La 3+ 、Mn 2+等)が添加された酸化マグネシウム等の複合金属酸化物触媒や金属水酸化物及び/又は金属アルコキシド等により表面改質されたハイドロタルサイトの焼成物触媒である。 Preferable examples of such surface-modified composite metal oxide catalyst, specifically, the surface-modified metal ions by metal hydroxides such (Al 3+, Ga 3+, In 3+, Tl 3+, Co 3+, Sc 3+, La 3+, was surface modified by a composite metal oxide catalyst or a metal hydroxide and / or metal alkoxides such as magnesium oxide Mn 2+, etc.) is added a fired product catalyst hydrotalcite.
また、前記複合金属酸化物触媒の表面改質においては、複合金属酸化物と、金属水酸化物及び/又は金属アルコキシドとの混合割合を、複合金属酸化物100質量部に対して、金属水酸化物及び/又は金属アルコキシドの割合を0.5〜10質量部とすることが好ましく、1〜5質量部とすることがより好ましい。 Further, in the above surface modification of the complex metal oxide catalyst, a mixed metal oxide, the mixing ratio of the metal hydroxide and / or metal alkoxide, the composite metal oxide 100 parts by weight, the metal hydroxide is preferably set to 0.5 to 10 parts by weight the proportion of goods and / or metal alkoxide, and more preferably 1 to 5 parts by weight.
(C2)で表される非イオン界面活性剤は1種単独で用いてもよく、2種以上を適宜組み合わせて用いてもよい。 Nonionic surface active agents represented by (C2) may be used singly or may be used in combination of two or more kinds thereof.

本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体洗浄剤組成物として応用する場合、(C2)以外の非イオン界面活性剤として、例えば以下のようなものを含有できる。 When applying the textile treating agent composition of the present invention as a liquid detergent composition, (C2) as nonionic surfactants other than may contain for example, as follows.
(1)炭素数6〜22、好ましくは8〜18の脂肪族アルコールに炭素数2〜4のアルキレンオキシドを平均3〜30モル、好ましくは3〜20モル、さらに好ましくは5〜20モル付加したポリオキシアルキレンアルキル(又はアルケニル)エーテル。 (1) carbon atoms 6 to 22, preferably average 3 to 30 moles of alkylene oxide having 2 to 4 carbon atoms in the 8-18 fatty alcohols, preferably 3 to 20 mol, more preferably 5 to 20 mol added polyoxyalkylene alkyl (or alkenyl) ether.
この中でも、ポリオキシエチレンアルキル(又はアルケニル)エーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキル(又はアルケニル)エーテルが好適である。 Among these, polyoxyethylene alkyl (or alkenyl) ethers, polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl (or alkenyl) ether are preferred. ここで使用される脂肪族アルコールとしては、第1級アルコールや、第2級アルコールが挙げられる。 The aliphatic alcohol used here, and primary alcohol, secondary alcohol. また、そのアルキル基は、分岐鎖であってもよい。 Further, the alkyl group may be a branched chain. 脂肪族アルコールとしては、第1級アルコールが好ましい。 The aliphatic alcohols, primary alcohols are preferable.
(2)ポリオキシエチレンアルキル(又はアルケニル)フェニルエーテル。 (2) polyoxyethylene alkyl (or alkenyl) phenyl ether.
(3)ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル。 (3) polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters.
(4)ポリオキシエチレンソルビット脂肪酸エステル。 (4) polyoxyethylene sorbitol fatty acid esters.
(5)ポリオキシエチレン脂肪酸エステル。 (5) polyoxyethylene fatty acid esters.
(6)ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油。 (6) polyoxyethylene hydrogenated castor oil.
(7)グリセリン脂肪酸エステル。 (7) glycerol fatty acid ester.
非イオン界面活性剤としては、上記(1)のものが好ましく、(1)において、EO又はPOの付加モル数分布は特に限定されず、(1)を製造する際の反応方法によって変動しやすい。 The nonionic surfactant is preferably those described above (1), (1), distribution of addition mole number of EO or PO is not particularly limited, easily varied by the reaction method in the production of (1) . 例えば、EO又はPOの付加モル数分布は、一般的な水酸化ナトリウム、水酸化カリウム等のアルカリ触媒を用いて、エチレンオキシド又はプロピレンオキシドを疎水基原料(1級又は2級の高級アルコール)に付加させた際には、比較的広い分布となる傾向にある。 For example, distribution of addition mole number of EO or PO, the general sodium hydroxide, using an alkali catalyst such as potassium hydroxide, adding ethylene oxide or propylene oxide to a hydrophobic group raw material (primary or secondary higher alcohols) when allowed to tend to be relatively wide distribution. また、特公平6−15038号公報に記載のAl 3+ 、Ga 3+ 、In 3+ 、Tl 3+ 、Co 3+ 、Sc 3+ 、La 3+ 、Mn 2+等の金属イオンを添加した酸化マグネシウム等の特定のアルコキシル化触媒を用いて、エチレンオキシド又はプロピレンオキシドを該疎水基原料に付加させた場合には、比較的狭い分布となる傾向にある。 Also, Al 3+ described in JP Kokoku 6-15038, Ga 3+, In 3+, Tl 3+, Co 3+, Sc 3+, La 3+, was added metal ions Mn 2+, etc. using a specific alkoxylation catalyst such as magnesium oxide, when obtained by adding ethylene oxide or propylene oxide to the hydrophobic water based feedstock, it tends to be relatively narrow distribution.

(1)成分としては、例えば、三菱化学株式会社製のDiadol(商品名、C13)、Shell社製のNeodol(商品名、C12とC13との混合物)、Sasol社製のSafol23(商品名、C12とC13との混合物)等のアルコールに対して、12モル相当又は15モル相当のエチレンオキシドを付加したもの;プロクター・アンド・ギャンブル社製のCO−1214(商品名)又はCO−1270(商品名)等の天然アルコールに対して、12モル相当又は15モル相当のエチレンオキシドを付加したもの;ブテンを3量化して得られるC12アルケンをオキソ法に供して得られるC13アルコールに対して、7モル相当のエチレンオキシドを付加したもの(商品名:Lutensol TO7、BASF社製);ペンタ The (1) component, for example, manufactured by Mitsubishi Chemical Corporation Diadol (trade name, C13), Shell Corp. Neodol (trade name, a mixture of C12 and C13), Sasol Ltd. of SAFOL 23 (trade name, C12 When the alcohol mixtures) like the C13, 12 mol equivalent or 15 mole equivalent ones obtained by adding ethylene oxide; Procter & gamble Co. of CO-1214 (trade name) or CO-1270 (trade name) against natural alcohol etc., 12 mol equivalent or 15 mole equivalent ones obtained by adding ethylene oxide; against C13 alcohol obtained 3 C12 alkene obtained by dimerization of butene was subjected to the oxo process, 7 mole equivalent obtained by adding ethylene oxide (trade name: Lutensol TO7, manufactured by BASF); penta ノールをガーベット反応に供して得られるC10アルコールに対して、9モル相当のエチレンオキシドを付加したもの(商品名:Lutensol XP90、BASF社製);ペンタノールをガーベット反応に供して得られるC10アルコールに対して、7モル相当のエチレンオキシドを付加したもの(商品名:Lutensol XL70、BASF社製の);ペンタノールをガーベット反応に供して得られるC10アルコールに対して、6モル相当のエチレンオキシドを付加したもの(商品名:Lutensol XA60、BASF社製);炭素数12〜14の第2級アルコールに対して、9モル相当又は15モル相当のエチレンオキシドを付加したもの(商品名:ソフタノール90、ソフタノール150、株式会社日本触媒製)、椰子 Against C10 alcohol obtained by subjecting the Nord to Guerbet reaction, and adding 9 moles equivalent of ethylene oxide (trade name: Lutensol XP90, made by BASF); to C10 alcohol obtained by subjecting the pentanol Guerbet reaction Te, obtained by adding a 7 molar equivalent of ethylene oxide (trade name: Lutensol XL70, BASF Corp.); pentanol against C10 alcohol obtained is subjected to a Guerbet reaction, and adding the 6 molar equivalent of ethylene oxide ( product name: Lutensol XA60, manufactured by BASF); the second alcohol of 12 to 14 carbon atoms, obtained by adding 9 moles equivalent or 15 mole equivalent of ethylene oxide (trade name: Softanol 90, SOFTANOL 150, Inc. Nippon Shokubai Co., Ltd.), palm 肪酸メチル(ラウリン酸/ミリスチン酸(質量比)=8/2)に対して、アルコキシル化触媒を用いて、15モル相当の酸化エチレンを付加したもの(ポリオキシエチレン椰子脂肪酸メチルエステル(EO15モル))等が挙げられる。 Relative fatty acid methyl (laurate / myristate (mass ratio) = 8/2), using the alkoxylation catalysts, obtained by adding ethylene oxide 15 molar equivalent (polyoxyethylene coconut fatty acid methyl ester (EO15 mol )), and the like.
本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体洗浄剤として応用する場合、洗浄剤中の非イオン界面活性剤の含有量は、所望とする機能に応じて決定でき、特に限定されないが、組成物全体の総質量に対して、1〜60質量%が好ましく、5〜55質量%がより好ましく、5〜50質量%がさらに好ましい。 When applying the textile treating agent composition of the present invention as a liquid detergent, the content of nonionic surfactant in the cleaning agent, can be determined according to the function to be desired, but are not limited to, compositions for the entire total weight of, preferably from 1 to 60 wt%, more preferably from 5 to 55 wt%, more preferably 5 to 50 mass%.

(C)成分として用いられる非イオン界面活性剤としては、本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体柔軟剤組成物として応用する場合には、主に、乳化物中での油溶性成分の乳化分散安定性を向上する目的で好ましく用いられ得る。 The nonionic surfactant used as the component (C), when the application of textile treatment agent composition of the present invention as a liquid softener compositions, primarily oil-soluble component in the emulsion in It may be used preferably for the purpose of improving the emulsification dispersion stability. 特に、非イオン界面活性剤を配合すると、商品価値上、充分なレベルの凍結復元安定性が確保されやすい。 In particular, when mixing the non-ionic surfactant, the commercial value, freeze restore stability sufficient levels is ensured easily.
非イオン界面活性剤としては、例えば、高級アルコール、高級アミン又は高級脂肪酸から誘導されるものを用いることができる。 Examples of the nonionic surfactant, for example, may be used as the higher alcohols, derived from higher amine or a higher fatty acid. より具体的には、炭素数10〜22のアルキル基又はアルケニル基を有し、エチレンオキシドの平均付加モル数が10〜100モルであるポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレン脂肪酸アルキル(該アルキルの炭素数1〜3)エステル;エチレンオキシドの平均付加モル数が10〜100モルであるポリオキシエチレンアルキルアミン、炭素数8〜18のアルキル基又はアルケニル基を有するアルキルポリグルコシド、エチレンオキシドの平均付加モル数が10〜100モルである硬化ヒマシ油などが挙げられる。 More specifically, having an alkyl or alkenyl group having 10 to 22 carbon atoms, polyoxyethylene alkyl ethers average addition mole number of ethylene oxide is 10 to 100 moles, polyoxyethylene fatty acid alkyl (of the alkyl carbon number 1-3) ester; average addition mole number is from 10 to 100 mole polyoxyethylene alkylamine ethylene oxide, alkylpolyglucosides having an alkyl or alkenyl group having 8 to 18 carbon atoms, the average addition mole number of ethylene oxide like hydrogenated castor oil is 10 to 100 mol. 中でも、炭素数10〜18のアルキル基を有し、エチレンオキシドの平均付加モル数が20〜80モルのポリオキシエチレンアルキルエーテルが好ましい。 Above all, having an alkyl group having 10 to 18 carbon atoms, an average addition mole number of ethylene oxide is preferably 20 to 80 moles of polyoxyethylene alkyl ether.
本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体柔軟剤組成物として応用する場合、柔軟剤組成物中の非イオン界面活性剤の含有量は、所望とする機能に応じて決定でき、特に限定されないが、例えば、繊維製品用処理剤組成物の総質量に対して、好ましくは0.01〜10質量%、より好ましくは0.1〜8質量%、さらに好ましくは0.5〜5質量%である。 When applying the textile treating agent composition of the present invention as a liquid softener composition, the content of nonionic surfactant softening composition, it can be determined according to the function to be desired, not particularly limited but, for example, based on the total weight of the fiber product treating agent composition, preferably from 0.01 to 10 mass%, more preferably 0.1 to 8 wt%, more preferably at 0.5 to 5 wt% is there. 非イオン界面活性剤の含有量が上記の下限値以上であると、乳化物中での油溶性成分の乳化分散安定性、乳化物の凍結復元安定性がより向上する。 When the content of nonionic surfactant is in the above-mentioned lower limit or more, emulsion dispersion stability of the oil-soluble components in the emulsion during the freeze recovery emulsion stability is further improved. 非イオン界面活性剤の含有量が上記の上限値以下であれば、繊維製品用処理剤組成物の粘度の上昇を抑えて、使用性の面で良好なものとすることができる。 When the content of the nonionic surfactant is less than the above upper limit, by suppressing the increase in viscosity of the fiber product treating agent composition can be made excellent in terms of usability.

(C)成分として用いられる陰イオン界面活性剤としては、本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体洗浄剤組成物として応用する場合には、例えば、下記一般式(C3)、(C4)で表される化合物が挙げられる。 The anionic surfactant used as the component (C), when the application of textile treatment agent composition of the present invention as liquid detergent compositions, for example, the following general formula (C3), (C4) in compounds represented.
14 O―(EO)p−(PO)q ―SO 3 M (C3) R 14 O- (EO) p- ( PO) q -SO 3 M (C3)
14 O―(PO)r−(EO)s ―SO 3 M (C4) R 14 O- (PO) r- ( EO) s -SO 3 M (C4)
ポリオキシアルキレンアルキルエーテル硫酸エステル塩としては、限定されるものではないが、上記式(C3)又は(C4)で表され、式中、R 14が、例えば、炭素数10以上、更に12以上、また、20以下、更に14以下のアルキル基、好ましくは直鎖1級アルコール若しくは直鎖2級アルコール由来のアルキル基又は分岐アルコール由来のアルキル基を表し、p+q又はr+sで表されるアルキレンオキシ基の平均付加モル数が0以上、更に0より大きい、更に0.5以上、更に1以上、また、5以下、更に4以下、更に3以下であり、EOがエチレンオキシ基を表し、POがプロピレンオキシ基を表すものが挙げられる。 The polyoxyalkylene alkyl ether sulfate, but are not limited to, are represented by the formula (C3) or (C4), wherein, R 14 is, for example, 10 or more carbon atoms, an additional 12 or more, further, 20 or less, further 14 or less alkyl groups, preferably an alkyl group or a branched alcohol-derived alkyl group derived from secondary alcohols linear primary alcohol or linear, the alkylene group represented by p + q or r + s the average addition mole number of 0 or more, and still greater than zero, further 0.5 or more, further 1 or more, and 5 or less, more than 4, and a further 3 or less, EO is represents an ethyleneoxy group, PO is propyleneoxy It includes those representing the group. 具体的には、例えば、炭素数10〜20、好ましくは12〜14のアルキル基、好ましくは直鎖1級アルコール若しくは直鎖2級アルコール由来のアルキル基又は分岐アルコール由来のアルキル基を有し、アルキレンオキシ基の平均付加モル数が0〜5、好ましくは0.5〜4、更に好ましくは1〜3のものが挙げられる。 Specifically, for example, 10 to 20 carbon atoms, preferably an alkyl group of 12 to 14, preferably have an alkyl group or a branched alcohol-derived alkyl group derived from secondary alcohols linear primary alcohol or linear, the average addition mole number of alkyleneoxy groups is 0-5, preferably 0.5-4, more preferably include the 1 to 3. アルキレンオキシ基としてエチレンオキシ基を含むことが好ましく、平均付加モル数0.2〜2モルの範囲でプロピレンオキシ基を含んでいると更に好ましい。 Preferably contains an ethyleneoxy group as alkyleneoxy group, further preferably contains a propyleneoxy group within the range of average addition mole number 0.2 to 2 mol. 上記式(C3)及び(C4)中のMで表される塩はアルカリ金属塩が好ましく、ナトリウム塩及びカリウム塩から選ばれる塩がより好ましく、ナトリウム塩が更に好ましい。 Salt represented by M in the formula (C3) and (C4) in preferably an alkali metal salt, more preferably a salt selected from sodium and potassium salts, sodium salts more preferred.

本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体洗浄剤組成物として応用する場合、(C3)、(C4)以外にも、従来、液体洗浄剤に用いられている陰イオン界面活性剤を用いることができる。 When applying the textile treating agent composition of the present invention as a liquid detergent composition, (C3), also conventionally, the use of anionic surfactant used in the liquid detergent than (C4) can. 好ましい陰イオン界面活性剤分としては、例えば、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸又はその塩;α−オレフィンスルホン酸塩;直鎖又は分岐鎖のアルキル硫酸エステル塩;アルキル基を有するアルカンスルホン酸塩;α−スルホ脂肪酸エステル塩等が挙げられる。 Preferred anionic surfactants content, for example, linear alkyl benzene sulfonic acid or a salt thereof; alkanesulfonates having alkyl group;; alpha-olefin sulfonate; straight or branched chain alkyl sulfate of alpha- sulfo fatty acid ester salts and the like. これらの陰イオン界面活性剤における塩としては、ナトリウム、カリウム等のアルカリ金属塩、マグネシウム等のアルカリ土類金属塩、モノエタノールアミン、ジエタノールアミン等のアルカノールアミン塩等が挙げられる。 The salt in these anionic surfactants include sodium, alkali metal salts, alkaline earth metal salts such as magnesium and potassium, monoethanolamine, alkanolamine salts such as diethanolamine.
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸又はその塩としては、直鎖アルキル基の炭素数が8〜16のものが好ましく、直鎖アルキル基の炭素数が10〜14のものがより好ましい。 The linear alkyl benzene sulfonic acid or a salt thereof, preferably those having 8 to 16 carbon atoms of straight-chain alkyl group, is more preferable carbon number of straight-chain alkyl group 10 to 14. α−オレフィンスルホン酸塩としては、炭素数10〜20のものが好ましい。 The α- olefin sulfonate, preferably from 10 to 20 carbon atoms. アルキル硫酸エステル塩としては、アルキル基の炭素数が10〜20のものが好ましい。 The alkyl sulfates, carbon atoms in the alkyl group preferably from 10 to 20.
アルカンスルホン酸塩としては、アルキル基の炭素数が10〜20のものが好ましく、14〜17のものがより好ましく、中でも、該アルキル基が2級アルキル基であるもの(即ち、2級アルカンスルホン酸塩)がさらに好ましい。 The alkane sulfonates, preferably those of 10 to 20 carbon atoms in the alkyl group, more preferably a 14 to 17, among them, those wherein the alkyl group is a secondary alkyl group (i.e., secondary alkanesulfonate salt) is more preferred.
α−スルホ脂肪酸エステル塩としては、脂肪酸残基の炭素数が10〜20のものが好ましい。 The α- sulfofatty acid ester salt, the number of carbon atoms in fatty acid residue preferably has 10 to 20.
その他の陰イオン界面活性剤としては、例えば、炭素数10〜20の高級脂肪酸塩、アルキルエーテルカルボン酸塩、ポリオキシアルキレンエーテルカルボン酸塩、アルキル(又はアルケニル)アミドエーテルカルボン酸塩、アシルアミノカルボン酸塩等のカルボン酸型非イオン界面活性剤;アルキルリン酸エステル塩、ポリオキシアルキレンアルキルリン酸エステル塩、ポリオキシアルキレンアルキルフェニルリン酸エステル塩、グリセリン脂肪酸エステルモノリン酸エステル塩等のリン酸エステル型非イオン界面活性剤等も挙げられる。 Other anionic surfactants include higher fatty acid salts having 10 to 20 carbon atoms, alkyl ether carboxylates, polyoxyalkylene ether carboxylates, alkyl (or alkenyl) ether carboxylic acid salt, acyl aminocarboxylic carboxylic acid type nonionic surfactants such as salts, alkyl phosphate salts, polyoxyalkylene alkyl phosphates, polyoxyalkylene alkyl phenyl phosphate ester salts, phosphoric acid esters such as glycerol fatty acid ester monophosphate ester salts type nonionic surfactants and the like are also mentioned.
これらの陰イオン界面活性剤は、1種単独で用いられてもよいし、2種以上が組み合わされて用いられてもよい。 These anionic surfactants may be used singly, or two or more may be used in combination.
本発明の繊維製品用処理剤組成物を液体洗浄剤組成物として応用する場合、液体洗浄剤中の陰イオン界面活性剤の含有量は、所望とする機能に応じて決定でき、特に限定されないが、例えば、組成物全体の総質量に対して、1〜10質量%が好ましく、2〜8質量%がより好ましく、4〜6質量%がさらに好ましい。 When applying the textile treating agent composition of the present invention as a liquid detergent composition, the content of anionic surfactant in the liquid detergent, can be determined according to the function to be desired, but are not limited to , for example, relative to the total weight of the entire composition is preferably from 1 to 10 mass%, more preferably from 2 to 8 wt%, more preferably 4-6 wt%.

[(D)成分] [(D) component]
本発明の一実施態様において、繊維製品用処理剤組成物に含まれ得る(D)成分は、(i)エステル基又はアミド基で分断されていない長鎖炭化水素基を1つ有する4級アンモニウム塩、(ii)半極性界面活性剤及び(iii)ポリオキシアルキレンアルキルアミン、その塩又はその4級化物からなる群から選択される1種以上の化合物である。 In one embodiment of the present invention, may be included in the fiber product treating agent composition (D) component, (i) an ester group, or quaternary ammonium having one long-chain hydrocarbon groups that are not interrupted by an amide group salt, (ii) a semi-polar surfactant and (iii) a polyoxyalkylene alkyl amine, a salt thereof or one or more compounds selected from the group consisting of quaternary compound. (D)成分は、本発明の繊維製品用処理剤組成物が液体であり、且つ乳化剤である場合に、主に、凍結復元安定性をより向上させる目的で好ましく用いられ得る。 Component (D) is a textile treating agent composition of the present invention is liquid, and if an emulsifier, may mainly used preferably for the purpose of further improving the freezing restore stability.

(i)エステル基又はアミド基で分断されていない長鎖炭化水素基を1つ有する4級アンモニウム塩 例えば、下記一般式(D1)で表される化合物が挙げられる。 (I) an ester group, or quaternary ammonium salts, such as having one long-chain hydrocarbon groups that are not interrupted by an amide group include compounds represented by the following general formula (D1).
〔式中、R 15は、エステル基又はアミド基で分断されていない炭素数6〜24の長鎖炭化水素基を表し;R 16は、それぞれ、水素原子、炭素数1〜3のアルキル基もしくはヒドロキシアルキル基を表し;Xは陰イオン基を表し;但し、R 15がメチル基であり、かつR 16が、両方とも、ヒドロキシエチル基及びヒドロキシプロピル基から選択される化合物を除く。 Wherein, R 15 is an ester group or an long-chain hydrocarbon group having 6 to 24 carbon atoms which are not interrupted by an amide group; R 16 are each a hydrogen atom, or an alkyl group having 1 to 3 carbon atoms It represents a hydroxyalkyl group; X represents an anionic group; provided that a R 15 is a methyl group, and R 16 are both, except a compound selected from hydroxyethyl group and hydroxypropyl group. ]
長鎖炭化水素基は、炭素数6〜24が好ましく、8〜18がさらに好ましく、10〜16が特に好ましい。 Long chain hydrocarbon group preferably has 6 to 24 carbon atoms, more preferably 8 to 18, particularly preferably 10 to 16. 炭素数がこの範囲にあることで凍結復元性がより良好になる。 Frozen resilience by the number of carbon atoms is in this range, the better.
エステル基又はアミド基で分断されていない長鎖炭化水素基を1つ有する4級アンモニウム塩として、具体的には、アルキルトリメチルアンモニウムクロライド(アルキルの炭素数:8〜18)などが挙げられる。 As an ester group or a quaternary ammonium salt having one long-chain hydrocarbon groups that are not interrupted by an amide group, specifically, alkyl trimethylammonium chloride (alkyl carbon number: 8-18), and the like.
配合量は、特に限定されないが、本発明の繊維製品用処理剤組成物の総質量に対し、0.05〜5質量%が好ましく、0.2〜3質量%がより好ましく、0.4〜2質量%が特に好ましい。 The amount is not particularly limited with respect to the total weight of the fiber product treating agent composition of the present invention, preferably 0.05 to 5 wt%, more preferably from 0.2 to 3 wt%, 0.4 2 wt% is especially preferred. 配合量が0.05質量%以上であると凍結復元性改善効果が良好である。 Frozen recovery improving effect and the amount is not less than 0.05 wt% is good. 配合量が5質量%より多いと、内包香料がモレたり、保存安定性が低下する場合がある。 If the amount is more than 5 wt%, or encapsulated perfume leakage, storage stability may be deteriorated.

(ii)半極性界面活性剤 例えば、下記一般式(D2−1)又は(D2−2)で表される化合物が挙げられる。 (Ii) semi-polar surfactants include compounds represented by the following general formula (D2-1) or (D2-2).
(D2−1) (D2−2) (D2-1) (D2-2)
〔式中、R 17は、炭素数8〜18のアルキル基又はアルケニル基であり、直鎖であっても分岐鎖であってもよく、ヒドロキシル基、ヒドロキシアルキル基等の置換基を任意に含んでもよい。 Wherein, R 17 is an alkyl or alkenyl group having 8 to 18 carbon atoms, may be branched be linear, includes a hydroxyl group, a substituent such as a hydroxyalkyl group optionally But good. 18 、R 19は、それぞれ独立に、炭素数1〜3のアルキル基又はヒドロキシアルキル基であり、R 20は、炭素数1〜5のアルキレン基であり、Yは−CONR 21 −、−NR 21 CO−、−COO−又は−OCO−(ここで、R 21は水素原子又は炭素数1〜3のアルキル基を示す)である。 R 18, R 19 are each independently an alkyl group or hydroxyalkyl group having 1 to 3 carbon atoms, R 20 is an alkylene group having 1 to 5 carbon atoms, Y is -CONR 21 -, - NR 21 CO -, - COO- or -OCO- (wherein, R 21 represents a hydrogen atom or an alkyl group having 1 to 3 carbon atoms) is. ]
半極性界面活性剤として、具体的には、アルキルジメチルアミンオキシド(アルキル基の炭素数:8〜18)、アルキルアミドプロピルジメチルアミンオキシド(アルキル基の炭素数:8〜18)等が挙げられる。 As a semi-polar surfactant, specifically, alkyl dimethyl amine oxide (the number of carbon atoms in the alkyl group: 8 to 18), (the number of carbon atoms in the alkyl group: 8 to 18) alkyl amidopropyl dimethyl amine oxide, and the like.
配合量は、特に限定されないが、本発明の繊維製品用処理剤組成物の総質量に対し、0.05〜5質量%が好ましく、0.2〜3質量%がより好ましく、0.4〜2質量%が特に好ましい。 The amount is not particularly limited with respect to the total weight of the fiber product treating agent composition of the present invention, preferably 0.05 to 5 wt%, more preferably from 0.2 to 3 wt%, 0.4 2 wt% is especially preferred. 配合量が0.05質量%以上であると凍結復元性改善効果が良好である。 Frozen recovery improving effect and the amount is not less than 0.05 wt% is good. 配合量が5質量%より多いと、内包香料がモレたり、保存安定性が低下する場合がある。 If the amount is more than 5 wt%, or encapsulated perfume leakage, storage stability may be deteriorated.

(iii)ポリオキシアルキレンアルキルアミン、その塩又はその4級化物 例えば、下記一般式(D3−1)で表される化合物が挙げられる。 (Iii) polyoxyalkylene alkyl amine, a salt thereof or a quaternary compound include compounds represented by the following general formula (D3-1).
〔式中、R 22は、炭素数8〜20のアルキル基、アルケニル基又はアルカノイル基を表し;A 1 O及びA 2 Oは、それぞれ独立に、炭素数2〜4のオキシアルキレン基を表し;a及びbは、a+b=1〜100を満たす整数である。 Wherein, R 22 represents an alkyl group having 8 to 20 carbon atoms, an alkenyl group or an alkanoyl group; A 1 O and A 2 O independently represent an oxyalkylene group having 2 to 4 carbon atoms; a and b are integers satisfying the a + b = 1 to 100. ]
22の炭化水素基の炭素数は8〜20、好ましくは10〜18、より好ましくは10〜14、さらに好ましくは12である。 The number of carbon atoms in the hydrocarbon group R 22 is 8-20, preferably 10-18, more preferably 10 to 14, more preferably from 12. 18の炭素数が8〜20であると、繊維製品用処理剤組成物の凍結復元性をより高めることができ、更にカプセル香料の分散性を高めることができる。 When the number of carbon atoms of R 18 is 8 to 20, it is possible to enhance the freezing resilient textile treating agent composition, it is possible to further enhance the dispersibility of the capsule fragrance.
1 O及びA 2 Oは、それぞれ独立に、炭素数2〜4のオキシアルキレン基である。 A 1 O and A 2 O each independently represent an oxyalkylene group having 2 to 4 carbon atoms. 炭素数2〜4のオキシアルキレン基は、2種以上を併用してもよく、2種以上を併用している場合は、ブロック状に付加していてもランダム状に付加していてもよい。 Oxyalkylene group having 2 to 4 carbon atoms may be used in combination of two or more, if a combination of two or more kinds may be added in a random form also be added in a block form.

また、例えば、下記一般式(D3−2)で表される化合物が挙げられる。 Further, for example, compounds represented by the following formula (D3-2).
〔式中、R 23は、炭素数8〜20のアルキル基、アルケニル基又はアルカノイル基を表し;R 24は水素原子、メチル基、エチル基、ベンジル基又はヒドロキシエチル基を表し;mは1〜4の整数であり;X m-はm価の無機酸又は有機酸の非イオンを表し;A 1 O及びA 2 Oは、それぞれ独立に、炭素数2〜4のオキシアルキレン基を表し;c及びdは、c+d=1〜100を満たす数である。 Wherein, R 23 represents an alkyl group having 8 to 20 carbon atoms, an alkenyl group or an alkanoyl group; R 24 represents a hydrogen atom, a methyl group, an ethyl group, a benzyl group or a hydroxyethyl group; m is 1 is 4 integer; X m-represents a non-ion of m-valent inorganic or organic acid; a 1 O and a 2 O independently represent an oxyalkylene group having 2 to 4 carbon atoms; c and d is a number satisfying a c + d = 1 to 100. ]
23の炭化水素基の炭素数は8〜20、好ましくは10〜18、より好ましくは10〜14、さらに好ましくは12である。 The number of carbon atoms in the hydrocarbon group R 23 is 8-20, preferably 10-18, more preferably 10 to 14, more preferably from 12. 18の炭素数が8〜20であると繊維製品用処理剤組成物の凍結復元性を高めることができる。 The number of carbon atoms in R 18 can increase the freezing resilience of the textile treating agent composition If it is 8 to 20.
24は、水素原子、メチル基、エチル基、ベンジル基又はヒドロキシエチル基であり、メチル基が好ましい。 R 24 is a hydrogen atom, a methyl group, an ethyl group, a benzyl group or a hydroxyethyl group, a methyl group is preferable.
Xとしては、メチル硫酸、臭素、塩素等が挙げられ、塩素が好ましい。 The X, methylsulfate, bromine, chlorine and the like, with chlorine being preferred.
1 O及びA 2 Oは、それぞれ独立に、炭素数2〜4のオキシアルキレン基である。 A 1 O and A 2 O each independently represent an oxyalkylene group having 2 to 4 carbon atoms. 炭素数2〜4のオキシアルキレン基は、2種以上を併用してもよく、2種以上を併用している場合は、ブロック状に付加していてもランダム状に付加していてもよい。 Oxyalkylene group having 2 to 4 carbon atoms may be used in combination of two or more, if a combination of two or more kinds may be added in a random form also be added in a block form.

ポリオキシアルキレンアルキルアミンとして、具体的にはドデシルアミンエチレンオキサイド2モル付加物、ドデシルアミンエチレンオキサイド5モル付加物、ドデシルアミンエチレンオキサイド15モル付加物、ドデシルアミンエチレンオキサイド20モル付加物、ヤシアルキルアミンエチレンオキサイド2モル付加物、ヤシアルキルアミンエチレンオキサイド5モル付加物、ヤシアルキルアミンエチレンオキサイド15モル付加物、ヤシアルキルアミンエチレンオキサイド20モル付加物、テトラデシルアミンエチレンオキサイド30モル付加物、ヘキサデシルアミンエチレンオキサイド40モル付加物、タローアルキルアミンエチレンオキサイド2モル付加物、タローアルキルアミンエチレンオキサイド5モル付加物、タローアルキル Polyoxyalkylene alkylamines, specifically dodecylamine ethylene oxide 2 mol adduct, dodecylamine ethylene oxide 5 mol adduct, dodecylamine ethylene oxide 15 mol adduct, dodecylamine ethylene oxide 20 mol adduct, coconut alkylamine ethylene oxide 2 mol adduct, coconut alkylamine ethylene oxide 5 mol adduct, coconut alkylamine ethylene oxide 15 mol adduct, coconut alkylamine ethylene oxide 20 mol adduct, tetradecylamine ethylene oxide 30 mol adduct, hexadecylamine ethylene oxide 40 mol adduct, tallow alkyl amine ethylene oxide 2 mol adduct, tallow alkylamine ethylene oxide 5 mol adduct, tallow alkyl ミンエチレンオキサイド10モル付加物、硬化タローアルキルアミンエチレンオキサイド2モル付加物、オレイルアミンエチレンオキサイド2モル付加物、オレイルアミンエチレンオキサイド7モル付加物、オレイルアミンエチレンオキサイド10モル付加物、ヘキサデシルアミンエチレンオキサイド30モル/プロピレンオキサイド5モルランダム付加物、デシルアミンエチレンオキサイド25モル/プロピレンオキサイド5モルブロック付加物、ヘキサデシルアミンエチレンオキサイド22モル/プロピレンオキサイド3モルランダム付加物、ヘキサデシルアミンエチレンオキサイド27モル/プロピレンオキサイド5モルランダム付加物、ヘキサデシルアミンエチレンオキサイド40/プロピレンオキシド10モルランダム付加物及 Min ethylene oxide 10 mol adduct, curing tallow alkylamine ethylene oxide 2 mol adduct, oleyl amine ethylene oxide 2 mol adduct, oleyl amine ethylene oxide 7-mole adduct, oleyl amine ethylene oxide 10 mol adduct, hexadecylamine ethylene oxide 30 mol / propylene oxide 5 mol random adduct, decyl amine ethylene oxide 25 mol / propylene oxide 5 mol block adduct, hexadecylamine ethylene oxide 22 mol / propylene oxide 3 mole random adduct, hexadecylamine ethylene oxide 27 mol / propylene oxide 5 mole random adduct, hexadecylamine ethylene oxide 40 / propylene oxide 10 mole random adduct 及 デシルアミンエチレンオキサイド24モル/プロピレンオキサイド3モルブロック付加物等が挙げられる。 Decyl amine ethylene oxide 24 mol / propylene oxide 3 moles block adducts.
ポリオキシアルキレンアルキルアミンの塩又はその4級化物として、具体的には、ドデシルメチルアンモニウムエチレンオキサイド15モル付加物塩酸塩、ドデシルメチルアンモニウムエチレンオキサイド20モル付加物塩酸塩、ヤシアルキルメチルアンモニウムエチレンオキサイド15モル付加物塩酸塩、ヤシアルキルメチルアンモニウムエチレンオキサイド20モル付加物塩酸塩、テトラデシルメチルアンモニウムエチレンオキサイド30モル付加物メチル硫酸塩、テトラデシルアンモニウムエチレンオキサイド30モル付加物クエン酸塩、ヘキサデシルエチルアンモニウムエチレンオキサイド40モル付加物エチル硫酸塩、オクタデシルメチルアンモニウムエチレンオキサイド25モル付加物塩酸塩、オレイルメチルアンモニウムエチ As salt or quaternary compound of a polyoxyalkylene alkylamine, in particular, dodecyl ammonium ethylene oxide 15 mol adduct hydrochloride, dodecyl ammonium ethylene oxide 20 mol adduct hydrochloride, coconut alkyl methyl ammonium ethylene oxide 15 mol adduct hydrochloride, coconut alkyl methyl ammonium ethylene oxide 20 mol adduct hydrochloride, tetradecyl ammonium ethylene oxide 30 mole adduct methyl sulfate, tetradecyl ammonium ethylene oxide 30 mol adduct citrate, hexadecyl ethyl ammonium ethylene oxide 40 mol adduct ethyl sulfate, octadecyl methyl ammonium ethylene oxide 25 mol adduct hydrochloride, oleylmethylammonium ethyl ンオキサイド2モル付加物塩酸塩及びヘキサデシルエチルアンモニウムエチレンオキサイド30モル/プロピレンオキサイド5モルランダム付加物メチル硫酸塩が挙げられる。 Down (2 mol) adduct hydrochloride and hexadecyl ethyl ammonium ethylene oxide 30 mol / propylene oxide 5 mol random adduct methylsulfate salts.
配合量は、特に限定されないが、本発明の繊維製品用処理剤組成物の総質量に対し、0.0〜5質量%が好ましく、0.2〜3質量%がより好ましく、0.4〜2質量%が特に好ましい。 The amount is not particularly limited, the total weight of the fiber product treating agent composition of the present invention to preferably from 0.0 to 5 wt%, more preferably from 0.2 to 3 wt%, 0.4 2 wt% is especially preferred. 配合量が0.05質量%以上であると凍結復元性改善効果が良好である。 Frozen recovery improving effect and the amount is not less than 0.05 wt% is good. 配合量が5質量%より多いと、内包香料がモレたり、保存安定性が低下する場合がある。 If the amount is more than 5 wt%, or encapsulated perfume leakage, storage stability may be deteriorated.

[他の任意成分] Other optional components]
本発明の繊維製品用処理剤組成物は、本発明の効果を損なわない範囲で、必要に応じて、上記(A)〜(D)成分以外の他の成分を含有してもよい。 Textile treating agent composition of the present invention, without impairing the effect of the present invention, if necessary, may contain other components other than the above (A) ~ (D) component.
該他の成分としては、繊維製品用処理剤組成物において公知の成分を適宜配合することができる。 Examples of the other components can be appropriately blended components known in the textile treating agent composition. 例えば、水、非イオン界面活性剤、シリコーン、水溶性溶剤、染料及び/又は顔料、防腐剤、紫外線吸収剤、抗菌剤などを含有させることができる。 For example, as water, a nonionic surfactant, a silicone, water-soluble solvents, dyes and / or pigments, preservatives, ultraviolet absorbers, be contained and antimicrobial agents.

<水> <Water>
本発明の繊維製品用処理剤組成物は、好ましくは水性組成物であり、水を含むことが好ましい。 Textile treating agent composition of the present invention are preferably aqueous compositions, preferably contains water.
水としては、水道水、イオン交換水、純水、蒸留水など、いずれも用いることができる。 Examples of the water, tap water, ion exchange water, pure water, distilled water, and the like, either can be used. 中でもイオン交換水が好適である。 Of these ion-exchanged water is preferred.

<シリコーン化合物> <Silicone compound>
香りの持続性(発香性)を向上させる目的で、さらにシリコーン化合物を添加することができる。 For the purpose of improving fragrance durability (the odoriferous), may be further added a silicone compound. シリコーン化合物は、その種類に特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができる。 Silicone compound is not particularly limited in the type, it can be appropriately selected depending on the purpose. シリコーン化合物の分子構造は、直鎖状であってもよいし、分岐状であってもよいし、また、架橋していてもよい。 The molecular structure of the silicone compound may be a linear, may be branched or may be cross-linked. また、シリコーン化合物は変性シリコーン化合物であってもよく、前記変性シリコーン化合物は、1種の有機官能基により変性されたものであってもよいし、2種以上の有機官能基により変性されたものであってもよい。 Further, the silicone compound may be a modified silicone compound, the modified silicone compound may be those modified by one organic functional group, those modified by two or more organic functional groups it may be.
シリコーン化合物は、オイルの状態で使用することができ、また任意の乳化剤によって分散された乳化物の状態でも使用することができる。 Silicone compounds may be used in an oil state, also it can be used in the form of emulsion dispersed by any emulsifier.
シリコーン化合物の具体例としては、例えば、ジメチルシリコーン、ポリエーテル変性シリコーン、メチルフェニルシリコーン、アルキル変性シリコーン、高級脂肪酸変性シリコーン、メチルハイドロジェンシリコーン、フッ素変性シリコーン、エポキシ変性シリコーン、カルボキシ変性シリコーン、カルビノール変性シリコーン、アミノ変性シリコーンなどが挙げられる。 Specific examples of the silicone compounds are, for example, dimethyl silicone, polyether-modified silicone, methylphenyl silicone, alkyl-modified silicone, higher fatty acid-modified silicone, methylhydrogen silicone, fluorine-modified silicones, epoxy-modified silicones, carboxy-modified silicones, carbinol modified silicone, and the like amino-modified silicone.

これらの中でも、汎用性、消臭防臭効果の向上の観点から、ポリエーテル変性シリコーン、アミノ変性シリコーン、ジメチルシリコーンなどが好ましく、効果、製造時の取り扱いの観点からは、特にポリエーテル変性シリコーン、アミノ変性シリコーンが好ましい。 Among these, versatility, from the point of view of improving the deodorizing deodorizing effect, polyether-modified silicones, amino-modified silicones, are preferred, such as dimethyl silicone, the effect, in terms of handling during manufacture, particularly polyether-modified silicones, amino modified silicone are preferable.
ポリエーテル変性シリコーンの具体例としては、例えば、アルキルシロキサンとポリオキシアルキレンとの共重合体などが挙げられる。 Specific examples of the polyether-modified silicone, for example, and a copolymer of an alkyl siloxane and polyoxyalkylene. なお、前記アルキルシロキサンのアルキル基の炭素数としては、1〜3が好ましく、また、前記ポリオキシアルキレンのアルキレン基の炭素数としては、2〜5が好ましい。 Incidentally, as the number of carbon atoms in the alkyl group of the alkyl siloxane, 1 to 3 is preferable, and as the number of carbon atoms in the alkylene group of the polyoxyalkylene, 2-5 is preferred. これらの中でも、前記ポリエーテル変性シリコーンとしては、ジメチルシロキサンとポリオキシアルキレン(ポリオキシエチレン、ポリオキシプロピレン、エチレンオキシドとプロピレンオキシドとのランダム又はブロック共重合体等)との共重合体が好ましい。 Among them, the polyether-modified silicone, polydimethylsiloxane and a polyoxyalkylene (polyoxyethylene, polyoxypropylene, random or block copolymers of ethylene oxide and propylene oxide, etc.), a copolymer is preferred. このようなポリエーテル変性シリコーンの具体例としては、例えば、下記一般式(I)で表される化合物、下記一般式(II)で表される化合物などが挙げられる。 Specific examples of the polyether-modified silicone, for example, compounds represented by the following formula (I), include compounds represented by the following general formula (II).
前記一般式(I)中、M、N、a、及びbは、平均重合度を表し、Rは、水素又はアルキル基を表す。 In the general formula (I), M, N, a, and b represents the average degree of polymerization, R represents hydrogen or an alkyl group. ここで、Mは、10〜10,000であることが好ましく、100〜300がより好ましい。 Here, M is preferably 10 to 10,000, 100 to 300 is more preferable. Nは、1〜1,000であることが好ましく、1〜100がより好ましい。 N is preferably 1 to 1,000, 1 to 100 is more preferable. 更に、M>Nであることが好ましい。 Furthermore, it is preferable that M> N. aは、2〜100であることが好ましく、2〜50がより好ましい。 a is preferably 2 to 100, 2 to 50 is more preferable. bは、0〜50であることが好ましく、0〜10がより好ましい。 b is preferably from 0 to 50, 0 being more preferred. Rは、水素又は炭素数1〜4のアルキル基であることが好ましい。 R is preferably a hydrogen or an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms.
前記一般式(I)で表されるポリエーテル変性シリコーンは、一般に、Si−H基を有するオルガノハイドロジェンポリシロキサンと、例えば、ポリオキシアルキレンアリルエーテル等の炭素−炭素二重結合を末端に有するポリオキシアルキレンアルキルエーテルとを、白金触媒下、付加反応させることにより製造することができる。 Polyether-modified silicone represented by the general formula (I), generally, an organohydrogenpolysiloxane having Si-H groups, for example, carbon polyoxyalkylene allyl ether - carbon double bond at the terminal a polyoxyalkylene alkyl ether, the presence of a platinum catalyst can be prepared by addition reaction. したがって、前記ポリエーテル変性シリコーン中には未反応のポリオキシアルキレンアルキルエーテルやSi−H基を有するオルガノハイドロジェンポリシロキサンがわずかに含まれる場合がある。 Thus, during the polyether-modified silicone which may organohydrogenpolysiloxane having a polyoxyalkylene alkyl ether or Si-H groups unreacted contained slightly. Si−H基を有するオルガノハイドロジェンポリシロキサンは反応性が高いため、前記ポリエーテル変性シリコーン中での存在量としては、30ppm以下(Si−Hの量として)であることが好ましい。 For organohydrogenpolysiloxane having Si-H groups are highly reactive, the abundance of the above polyether-modified silicone is preferably 30ppm or less (as the amount of Si-H).

前記一般式(II)中、A、B、h、及びiは、平均重合度であり、Rは、アルキル基を表し、R'は、水素又はアルキル基を表す。 In the general formula (II), A, B, h, and i is the average degree of polymerization, R represents represents an alkyl group, R 'is an represents hydrogen or an alkyl group. ここで、Aは、5〜10,000であることが好ましく、Bは、2〜10,000であることが好ましい。 Here, A is preferably from 5 to 10,000, B is preferably 2 to 10,000. hは、2〜100であることが好ましく、iは、0〜50であることが好ましい。 h is preferably 2 to 100, i is preferably 0 to 50. Rは、炭素数1〜5のアルキル基であることが好ましい。 R is preferably an alkyl group having 1 to 5 carbon atoms. R'は、水素又は炭素数1〜4のアルキル基であることが好ましい。 R 'is preferably a hydrogen or an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms.
前記一般式(II)で表される線状ポリシロキサン−ポリオキシアルキレンブロック共重合体は、反応性末端基を有するポリオキシアルキレン化合物と、該化合物の反応性末端基と反応する末端基を有するジヒドロカルビルシロキサンとを反応させることにより製造することができる。 Formula (II) a linear polysiloxane represented by - polyoxyalkylene block copolymer has a polyoxyalkylene compound having a reactive terminal group, a terminal group which reacts with the reactive end group of the compound it can be prepared by reacting a dihydrocarbyl siloxanes. このようなポリエーテル変性シリコーンは、側鎖のポリオキシアルキレン鎖が長く、ポリシロキサン鎖の重合度が大きいものほど粘度が高くなるので、製造時の作業性改善及び水性組成物への配合を容易にするために、水溶性有機溶剤とのプレミックスの形で配合に供することが好ましい。 Such polyether-modified silicones, long polyoxyalkylene chain of the side chain, the viscosity higher degree of polymerization of the polysiloxane chain is large becomes high, easy workability improvement and incorporation into the aqueous composition during manufacture to, it is advantageous to subject the formulation in the form of a premix with water-soluble organic solvent. 該水溶性有機溶剤としては、例えば、エタノール、ジプロピレングリコール、ブチルカルビトール等が挙げられる。 As the water-soluble organic solvents, such as ethanol, dipropylene glycol, butyl carbitol, and the like.
前記ポリエーテル変性シリコーンとしては、より具体的には、例えば、東レ・ダウコーニング(株)製の、SH3772M、SH3775M、FZ−2166、FZ−2120、L−720、SH8700、L−7002、L−7001、SF8410、FZ−2164、FZ−2203、FZ−2208、信越化学工業(株)製の、KF352A、KF615A、X−22−6191、X−22−4515、KF−6012、KF−6004等、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社製のTSF4440、TSF4441、TSF4445、TSF4450、TSF4446、TSF4452、TSF4460等が挙げられる。 Examples of the polyether-modified silicone, and more specifically, for example, manufactured by Toray Dow Corning (Ltd.), SH3772M, SH3775M, FZ-2166, FZ-2120, L-720, SH8700, L-7002, L- 7001, SF8410, FZ-2164, FZ-2203, FZ-2208, manufactured by Shin-Etsu Chemical (Co., Ltd.), KF352A, KF615A, X-22-6191, X-22-4515, KF-6012, KF-6004, and the like, Momentive performance Materials Japan LLC made of TSF4440, TSF4441, TSF4445, TSF4450, TSF4446, TSF4452, TSF4460, and the like.

アミノ変性シリコーンとしては、ジメチルシリコーン骨格の末端あるいは側鎖にアミノ基を導入したシリコーンオイルであり、アミノ基以外に水酸基、アルキル基、フェニル基等の置換基が置換されていてもよい。 The amino-modified silicone, a silicone oil obtained by introducing an amino group at the end or side chain of dimethyl silicone backbone, a hydroxyl group other than an amino group, an alkyl group, a substituted group such as a phenyl group may be substituted. また、オイルの形態でも良ければ、非イオン界面活性剤や陽イオン界面活性剤を乳化剤として乳化させたアミノ変性シリコーンエマルジョンの形態でも良い。 Also, if you are ready in the form of an oil, it may be a non-ionic surfactant or a cationic surfactant in the form of amino-modified silicone emulsion emulsified as an emulsifier. 好ましいアミノ変性シリコーンのオイルまたは、エマルジョンの場合の基油オイルは、次の一般式(III)で表される。 Oil or preferred amino-modified silicone, base oil oil when the emulsion is expressed by the following general formula (III).
前記一般式(III)中、R 1 、R 6は互いに同一でも、異なっていてもよく、メチル基、水酸基、水素のいずれかを表す。 In the general formula (III), R 1, R 6 is also identical to each other or different, represents either a methyl group, hydroxyl group, hydrogen. 2は、−(CH 2n −A 1 、及び−(CH 2n −NHCO−(CH 2m −A 1のいずれかを表す。 R 2 is, - (CH 2) n -A 1, and - (CH 2) n -NHCO- ( CH 2) represents any of m -A 1. 1は、−N(R 3 )(R 4 )、及び−N + (R 3 )(R 4 )(R 5 )・X -のいずれかを表す。 A 1 is, -N (R 3) (R 4), and -N + (R 3) (R 4) (R 5) · X - represents either. 3 〜R 5は、互いに同一であってもよいし、異なっていてもよく、水素原子、炭素数1〜12のアルキル基、フェニル基、及び−(CH 2n −NH 2のいずれかを表す。 R 3 to R 5 may be the same as each other or different, a hydrogen atom, an alkyl group having 1 to 12 carbon atoms, a phenyl group, and - one of (CH 2) n -NH 2 a representative. -は、フッ素イオン、塩素イオン、臭素イオン、ヨウ素イオン、硫酸メチルイオン、及び硫酸エチルイオンのうちのいずれかを表す。 X - represents fluorine ion, chlorine ion, bromine ion, iodine ion, methyl sulfate ion, and any of the sulfuric acid ethyl ion. m及びnの値は、互いに同一であってもよいし、異なっていてもよく、0〜12の整数を表す。 The value of m and n may be the same as each other or different, it represents an integer of 0 to 12. p及びqの値は、ポリシロキサンの重合度を表し、互いに同一であってもよいし、異なっていてもよく、pは0〜20000、好ましくは10〜10000、qは1〜500、好ましくは1〜100を表す。 Values ​​of p and q represents a polymerization degree of the polysiloxane, may be identical or different, or different, p is 0 to 20000, preferably 10 to 10000, q is 1 to 500, preferably representing a 1 to 100.

本発明の繊維製品用処理剤組成物で用いるアミノ変性シリコーンのオイルの場合、25℃における動粘度が50〜20000mm 2 /sであることが好ましく、100〜10000mm 2 /sであることがより好ましい。 For amino-modified silicone oil used in the textile treating agent composition of the present invention preferably has a kinematic viscosity at 25 ° C. is 50~20000mm 2 / s, more preferably 100~10000mm 2 / s . 動粘度がこの範囲にあると、高い風合い付与効果が発現されるとともに、製造性が良好であり、組成物の取り扱いも容易になるため好ましい。 When the kinematic viscosity is in this range, with a high feeling imparting effect is expressed, has good manufacturability, which is preferable also facilitates handling of the composition.
アミノ変性シリコーンとしては商業的に入手できるものを使用することができ、例えば、アミノ変性シリコーンオイルとしては、東レ・ダウコーニング株式会社から、SF―8417、BY16−892、BY16−890で販売されているもの、信越化学工業株式会社から、KF−864、KF−860、KF−8004、KF−8002、KF−8005、KF−867、KF−861、KF−880、KF−867Sなどが挙げられる。 The amino-modified silicone can be used those commercially available, for example, the amino-modified silicone oil, from Dow Corning Toray Co., Ltd., SF-8417, BY16-892, sold under BY16-890 those who are, from Shin-Etsu Chemical Co., Ltd., KF-864, KF-860, KF-8004, KF-8002, KF-8005, KF-867, such as KF-861, KF-880, KF-867S, and the like.
アミノ変性シリコーンエマルジョンタイプのものとしては、東レ・ダウコーニング株式会社から、SM8904、BY22−079、FZ−4671、FZ−4672で販売されているもの、信越化学工業株式会社から、Polonシリーズで販売されているPolonMF−14、PolonMF−29、PolonMF−14D、PolonMF−44、PolonMF−14EC、PolonMF−52で販売されているもの、旭化成ワッカーシリコーン株式会社から、WACKER FC201、WACKER FC218で販売されているものがあげられる。 As those of amino-modified silicone emulsion type, from Dow Corning Toray Co., SM8904, BY22-079, those sold under the FZ-4671, FZ-4672, from Shin-Etsu Chemical Co., sold under Polon Series and has PolonMF-14, PolonMF-29, PolonMF-14D, PolonMF-44, PolonMF-14EC, those sold under PolonMF-52, from Wacker Asahikasei silicone Co., Ltd., sold by WACKER FC201, WACKER FC218 and the like.
ジメチルシリコーンの動粘度としては、特に制限はなく、1〜100,000,000mm 2 /sが好ましく、10〜10,000,000mm 2 /sがより好ましく、100〜1,000,000mm 2 /sが更に好ましい。 The kinematic viscosity of the dimethyl silicone is not particularly limited but is preferably 1~100,000,000mm 2 / s, more preferably 10~10,000,000mm 2 / s, 100~1,000,000mm 2 / s There further preferred. また、オイルであっても、エマルジョンであってもよい。 Further, even in oil, or an emulsion.

<水溶性溶剤> <Water-soluble solvent>
本発明の繊維製品用処理剤組成物は、水に加えて、水溶性溶剤を含むことが好ましい。 Textile treating agent composition of the present invention, in addition to water, preferably contains a water-soluble solvent. 水溶性溶剤としては、低級(炭素数1〜4)アルコール、グリコールエーテル系溶剤、多価アルコールからなる群から選ばれる1種又は2種以上が好ましい。 Examples of the water-soluble solvent, a lower (1-4 carbon atoms) alcohol, glycol ether solvents, one or more selected from the group consisting of polyhydric alcohols are preferred. 具体的には、エタノール、イソプロパノール、グリセリン、エチレングリコール、プロピレングリコール、ジエチレングリコール、ジプロピレングリコール、ヘキシレングリコール、ポリオキシエチレンフェニルエーテル、ジプロピレングリコールモノメチルエーテル、及び下記一般式(X)で表わされる水溶性溶剤から選ばれる溶媒成分を配合することが好ましい。 Specifically, ethanol, isopropanol, glycerin, ethylene glycol, propylene glycol, diethylene glycol, dipropylene glycol, hexylene glycol, polyoxyethylene phenyl ethers, water represented by dipropylene glycol monomethyl ether, and the following general formula (X) it is preferable to blend a solvent component selected from sexual solvent.
11 −O−(C 24 O) y −(C 36 O) z −H ・・・(X) R 11 -O- (C 2 H 4 O) y - (C 3 H 6 O) z -H ··· (X)
〔式中、R 11は、炭素数1〜6、好ましくは2〜4のアルキル基又はアルケニル基である。 Wherein, R 11 is 1 to 6 carbon atoms, preferably 2 to 4 alkyl or alkenyl group. yおよびzは平均付加モル数であり、yは1〜10、好ましくは2〜5、zは0〜5、好ましくは0〜2の数を示す。 y and z are average addition mole number, y is 1 to 10, preferably 2 to 5, z is from 0 to 5, preferably is a number of 0-2. ]
水溶性溶剤として、上記に挙げた中でも、エタノール、エチレングリコール、ブチルカルビトール、プロピレングリコール、ジエチレングリコールモノブチルエーテル、ジプロピレングリコールモノメチルエーテル、が好ましい。 As water-soluble solvent, among the above listed, ethanol, ethylene glycol, butyl carbitol, propylene glycol, diethylene glycol monobutyl ether, dipropylene glycol monomethyl ether, are preferred.
本発明の繊維製品用処理剤組成物中において、水溶性溶剤は、繊維製品用処理剤組成物の総質量に対して、好ましくは0〜30質量%、より好ましくは0.01〜25質量%、さらに好ましくは0.1〜20質量%配合され得る。 In textile treating agent composition of the present invention, a water-soluble solvent, relative to the total weight of the fiber product treating agent composition, preferably from 0 to 30 wt%, more preferably from 0.01 to 25 wt% , it may be more preferably formulated from 0.1 to 20 mass%.

<染料及び/又は顔料> <Dyes and / or pigments>
染料及び/又は顔料は、本発明の繊維製品用処理剤組成物の外観を向上する目的で配合することができる。 Dyes and / or pigments can be blended for the purpose of improving the appearance of the textile treating agent composition of the present invention. 好ましくは、酸性染料、直接染料、塩基性染料、反応性染料及び媒染・酸性媒染染料から選ばれる、赤色、青色、黄色もしくは紫色系の水溶性染料の1種以上である。 Preferably, acid dyes, direct dyes, basic dyes, selected from reactive dyes and mordant, acid mordant dyes, is red, blue, one or more water-soluble dye yellow or purplish.
添加できる染料の具体例は、染料便覧(有機合成化学協会編,昭和45年7月20日発行,丸善株式会社)などに記載されている。 Specific examples of the dye can be added, the dye Handbook (Society of Synthetic Organic Chemistry, ed., 1970 July 20 issue, Maruzen Co., Ltd.) have been described, for example.
本発明の繊維製品用処理剤組成物の保存安定性や繊維に対する染着性の観点からは、分子内に水酸基、スルホン酸基、アミノ基、アミド基から選ばれる少なくとも1種類の官能基を有する酸性染料、直接染料、反応性染料が好ましく、その配合量は組成物全体に対し、好ましくは1〜50ppm、より好ましくは1〜30ppmである。 From the viewpoint of dyeability for storage stability and the fibers of the fiber product treating agent composition of the present invention, hydroxyl groups in the molecule, a sulfonic acid group, an amino group, having at least one functional group selected from amide group acid dyes, direct dyes, reactive dyes preferably, the amount thereof relative to the total composition, preferably from 1 to 50 ppm, more preferably 1~30Ppm.
本発明の繊維製品用処理剤組成物に用いられる染料としては、特開平6−123081号公報、特開平6−123082号公報、特開平7−18573号公報、特開平8−27669号公報、特開平9−250085号公報、特開平10−77576号公報、特開平11−43865号公報、特開2001−181972号公報又は特開2001−348784号公報などに記載されている染料を用いることもできる。 The dye used in the textile treating agent composition of the present invention, JP-A 6-123081, JP-A No. 6-123082, JP-A No. 7-18573, JP-A No. 8-27669, JP No. 9-250085, JP-a No. 10-77576, JP-a No. 11-43865, JP-can also be used dyes are described in, JP 2001-348784 discloses or JP 2001-181972 Patent .

<防腐剤> <Preservatives>
防腐剤は、主に、防腐力、殺菌力を強化し、長期保存中の防腐性を保つために本発明の繊維製品用処理剤組成物において用いられ得る。 Preservatives may primarily antiseptic, enhance germicidal used in textile treating agent composition of the present invention in order to keep the antiseptic during long-term storage.
防腐剤としては、例えば、イソチアゾロン系の有機硫黄化合物、ベンズイソチアゾロン系の有機硫黄化合物、安息香酸類、2−ブロモ−2−ニトロ−1,3−プロパンジオール等が挙げられる。 Preservatives, for example, organic sulfur compounds isothiazolone, organic sulfur compounds benzisothiazolone system, benzoic acid, 2-bromo-2-nitro-1,3-propanediol.
イソチアゾロン系の有機硫黄化合物としては、5−クロロ−2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オン、2−n−ブチル−3−イソチアゾロン、2−ベンジル−3−イソチアゾロン、2−フェニル−3−イソチアゾロン、2−メチル−4,5−ジクロロイソチアゾロン、5−クロロ−2−メチル−3−イソチアゾロン、2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オン、又はこれらの混合物などが挙げられる。 As the organic sulfur compound an isothiazolone, 5-chloro-2-methyl-4-isothiazolin-3-one, 2-n-butyl-3-isothiazolone, 2-benzyl-3-isothiazolone, 2-phenyl-3-isothiazolone , 2-methyl-4,5-dichloro-isothiazolone, 5-chloro-2-methyl-3-isothiazolone, 2-methyl-4-isothiazolin-3-one, or the like and mixtures thereof. 中でも、5−クロロ−2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オン、2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オンが好ましく、5−クロロ−2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オンと2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オンとの混合物がより好ましく、前者が約77質量%と後者が約23質量%との混合物が特に好ましい。 Among them, 5-chloro-2-methyl-4-isothiazolin-3-one, preferably 2-methyl-4-isothiazolin-3-one, 5-chloro-2-methyl-4-isothiazolin-3-one and 2- more preferably a mixture of methyl-4-isothiazolin-3-one, the former is a mixture of about 77 wt% and the latter is about 23% by weight is particularly preferred.
ベンズイソチアゾロン系の有機硫黄化合物としては、1,2−ベンズイソチアゾリン−3−オン、2−メチル−4,5−トリメチレン−4−イソチアゾリン−3−オン、類縁化合物としてジチオ−2,2−ビス(ベンズメチルアミド)、又はこれらの混合物などが挙げられる。 As the organic sulfur compounds benzisothiazolone system, 1,2-benzisothiazolin-3-one, 2-methyl-4,5-trimethylene-4-isothiazolin-3-one, dithio-2,2-bis as analogous compounds ( benz methylamide), or mixtures thereof, and the like. 中でも、1,2−ベンズイソチアゾリン−3−オンが特に好ましい。 Among them, 1,2-benzisothiazolin-3-one is particularly preferred.
安息香酸類としては、安息香酸又はその塩、パラヒドロキシ安息香酸又はその塩、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸プロピル、パラオキシ安息香酸ブチル、パラオキシ安息香酸ベンジル等が挙げられる。 The benzoic acids, benzoic acid or salts thereof, p-hydroxybenzoic acid or its salts, methyl parahydroxybenzoate, ethyl parahydroxybenzoate, propyl parahydroxybenzoate, butyl parahydroxybenzoate, benzyl parahydroxybenzoate, and the like.
本発明の繊維製品用処理剤組成物中、防腐剤の配合量は、繊維製品用処理剤組成物の総量に対して、0.0001〜1質量%であることが好ましい。 During fiber product treating agent composition of the present invention, the amount of preservative, relative to the total amount of textile treating agent composition is preferably 0.0001 to 1 wt%. 防腐剤の配合量が下限値未満であると、防腐剤の添加効果が得られにくく、上限値を超えると、保存安定性が低下するおそれがある。 When the amount of the preservative is less than the lower limit, the effect of adding a preservative hardly be obtained, and when it exceeds the upper limit, there is a possibility that storage stability decreases.

<紫外線吸収剤> <Ultraviolet absorbent>
紫外線吸収剤は、紫外線を防御する効果のある薬剤であり、紫外線を吸収し、赤外線や可視光線等に変換して放出する成分である。 UV absorbers are those agents which are effective to protect the ultraviolet, absorbing ultraviolet rays, it is a component that emits converted to infrared light or visible light.
紫外線吸収剤としては、例えば、p−アミノ安息香酸、p−アミノ安息香酸エチル、p−アミノ安息香酸グリセリル、p−ジメチルアミノ安息香酸アミル等のアミノ安息香酸誘導体;サリチル酸エチレングリコール、サリチル酸ジプロピレングリコール、サリチル酸オクチル、サリチル酸ミリスチル等のサリチル酸誘導体;ジイソプロピルケイ皮酸メチル、p−メトキシケイ皮酸エチル、p−メトキシケイ皮酸イソプロピル、p−メトキシケイ皮酸−2−エチルヘキシル、p−メトキシケイ皮酸ブチル等のケイ皮酸誘導体;2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−スルホン酸、2、2'−ジヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン等のベンゾフェノン誘導体;ウロカニン酸、ウロ As the ultraviolet absorber, for example, p- aminobenzoic acid, p- aminobenzoic acid ethyl, p- glyceryl aminobenzoate, p- aminobenzoic acid derivative of dimethylaminobenzoic acid amyl; ethylene glycol salicylate, salicylate dipropylene glycol , octyl salicylate, salicylic acid derivatives such as salicylic acid myristyl, diisopropyl cinnamate methyl, p- methoxycinnamic acid ethyl, p- methoxycinnamic acid isopropyl, p- methoxycinnamic acid 2-ethylhexyl, p- methoxycinnamate cinnamic acid derivatives such as butyl; urocanic acid; 2-hydroxy-4-methoxybenzophenone, 2-hydroxy-4-methoxybenzophenone-5-sulfonic acid, 2,2'-dihydroxy-4-benzophenone derivatives such as methoxy benzophenone Paulo カニン酸エチル等のアゾール系化合物;4−t−ブチル−4'−メトキシベンゾイルメタン等が挙げられる。 Azole compounds such as Kanin ethyl; 4-t-butyl-4'-methoxybenzoyl methane, and the like.

<抗菌剤> <Antibacterial agents>
抗菌剤は、繊維上での菌の増殖を抑え、さらには微生物の分解物由来の嫌なにおいの発生を抑える効果を有する成分である。 Antimicrobial agents, suppress the growth of bacteria on the fiber, and further is a component having an effect of suppressing the generation of bad smell from the degradation of the microorganism.
抗菌剤としては、例えば、四級アンモニウム塩(塩化ベンザルコニウム)などの陽イオン殺菌剤、ダイクロサン、トリクロサン、ビス−(2−ピリジルチオ−1−オキシド)亜鉛、ポリヘキサメチレンビグアニジン塩酸塩、8−オキシキノリン、ポリリジン等が挙げられる。 Antibacterial agents, for example, cationic disinfectant such as quaternary ammonium salt (benzalkonium chloride), dichroic Sun, triclosan, bis - (2-pyridylthio-1-oxide) zinc, polyhexamethylenebiguanidine hydrochloride, 8-oxyquinoline, polylysine, and the like.

<香料組成物> <Perfume composition>
本発明の繊維製品用処理剤組成物中には、上記( )成分の芯物質として含まれる香料組成物とは別に、フリーの香料組成物を配合することができる。 During fiber product treating agent composition of the present invention, the perfume composition contained as a core material of the component (A) separately, can be formulated free of perfume composition. 本発明の繊維製品用処理剤組成物において、フリーの香料組成物として用いることのできる香料組成物は、繊維製品用処理剤組成物、繊維製品用仕上げ剤組成物又は柔軟剤組成物に一般的に使用される香料成分を1種類以上含む香料組成物であり得る。 In textile treating agent composition of the present invention, the perfume compositions that can be used as free perfume composition, textile treating agent composition, generally textile finishing composition or softening composition may perfume ingredients in the perfume composition comprising one or more used for.
前記香料成分の具体例としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、アルデヒド類、フェノール類、アルコール類、エーテル類、エステル類、ハイドロカーボン類、ケトン類、ラクトン類、ムスク類、テルペン骨格を有する香料、天然香料、動物性香料などが挙げられる。 Specific examples of the above perfume ingredients is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the intended purpose, e.g., aldehydes, phenols, alcohols, ethers, esters, hydrocarbons, ketones, lactones s, musks, perfume having a terpene skeleton, natural flavors, such as animal perfumes.
前記アルデヒド類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、ウンデシレンアルデヒド、ラウリルアルデヒド、アルデヒドC−12MNA、ミラックアルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド、シクラメンアルデヒド、シトラール、シトロネラール、エチルバニリン、ヘリオトロピン、アニスアルデヒド、α−ヘキシルシンナミックアルデヒド、オクタナール、リグストラール、リリアール、リラール、トリプラール、バニリン、ヘリオナールなどが挙げられる。 Examples of the aldehyde is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, undecylenic aldehyde, lauric aldehyde, aldehyde C-12MNA, Mi rack aldehyde, alpha-amyl cinnamic aldehyde, cyclamen aldehyde, citral , citronellal, ethyl vanillin, heliotropin, anisaldehyde, alpha-hexyl cinnamic aldehyde, octanal, Rigusutoraru, lilial, lyral, Toripuraru, vanillin, ocean propanal and the like.
前記フェノール類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、オイゲノール、イソオイゲノールなどが挙げられる。 Examples of the phenols are not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, eugenol, etc. isoeugenol and the like.
前記アルコール類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、バクダノール、シトロネロール、ジハイドロミルセノール、ジハイドロリナロール、ゲラニオール、リナロール、ネロール、サンダロール、サンタレックス、ターピネオール、テトラハイドロリナロール、フェニルエチルアルコールなどが挙げられる。 Examples of the alcohol are not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, Bakudanoru, citronellol, dihydrochloride mill Se Nord, dihydrochloride linalool, geraniol, linalool, nerol, sander rolls, Santa Rex, terpineol, tetrahydro linalool, and the like phenylethyl alcohol.
前記エーテル類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、セドランバー、グリサルバ、メチルオイゲノール、メチルイソオイゲノールなどが挙げられる。 Examples of the ethers is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, Sedoranba, Gurisaruba, methyl eugenol, and the like methyl isoeugenol.
前記エステル類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、シス−3−ヘキセニルアセテート、シス−3−ヘキセニルプロピオネート、シス−3−ヘキセニルサリシレート、p−クレジルアセテート、p−t−ブチルシクロヘキシルアセテート、アミルアセテート、メチルジヒドロジャスモネート、アミルサリシレート、ベンジルサリシレート、ベンジルベンゾエート、ベンジルアセテート、セドリルアセテート、シトロネリルアセテート、デカハイドロ−β−ナフチルアセテート、ジメチルベンジルカルビニルアセテート、エリカプロピオネート、エチルアセトアセテート、エリカアセテート、ゲラニルアセテート、ゲラニルフォーメート、ヘディオン、リナリルアセテート、β−フェニルエチルアセテート Examples of the esters are not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, cis-3-hexenyl acetate, cis-3-hexenyl propionate, cis-3-hexenyl salicylate, p- Kure Jill acetate, p-t-butyl cyclohexyl acetate, amyl acetate, methyl dihydro jasmonate, amyl salicylate, benzyl salicylate, benzyl benzoate, benzyl acetate, cedryl acetate, citronellyl acetate, deca hydro -β- naphthyl acetate, dimethyl benzyl carbinyl acetate, Erika propionate, ethyl acetoacetate, Erica acetate, geranyl acetate, geranyl formate, Hedion, linalyl acetate, beta-phenylethyl acetate 、ヘキシルサリシレート、スチラリルアセテート、ターピニルアセテート、ベチベリルアセテート、o−t−ブチルシクロヘキシルアセテート、マンザネート、アリルヘプタノエートなどが挙げられる。 , Hexyl salicylate, styrallyl acetate, terpineol acetate, Bechi beryl acetate, o-t-butylcyclohexyl acetate, Manzaneto, and the like allyl heptanoate is.

前記ハイドロカーボン類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、リモネン(特に、d−リモネン)、α−ピネン、β−ピネン、ミルセン、カンフェンや、テルピノーレン等が挙げられる。 Examples of the hydrocarbon compound is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the intended purpose, e.g., limonene (in particular, d-limonene), alpha-pinene, beta-pinene, myrcene, camphene and, terpinolene and the like and the like.
前記ケトン類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、α−イオノン、β−イオノン、メチル−β−ナフチルケトン、α−ダマスコン、β−ダマスコン、δ−ダマスコン、シス−ジャスモン、メチルイオノン、アリルイオノン、カシュメラン、ジハイドロジャスモン、イソイースーパー、ベルトフィックス、イソロンジフォラノン、コアボン、ローズフェノン、ラズベリーケトン、ダイナスコンなどが挙げられる。 Examples of the ketones are not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, alpha-ionone, beta-ionone, methyl -β- naphthyl ketone, alpha-damascone, beta-damascone, .delta.-damascone cis - jasmone, methyl ionone, Ariruionon, Kashumeran, dihydrochloride jasmone, iso E super, belt fixes, iso longitudinals follower la non, Koabon, rose phenone, raspberry ketone, and the like Dainasukon.
前記ラクトン類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、γ−デカラクトン、γ−ウンデカラクトン、γ−ノナラクトン、γ−ドデカラクトン、クマリン、アンブロキサンなどが挙げられる。 Examples of the lactones are not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, .gamma.-decalactone, .gamma.-undecalactone, .gamma.-nonalactone, .gamma.-dodecalactone, coumarin, etc. ambroxan is cited It is.
前記ムスク類としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、シクロペンタデカノライド、エチレンブラシレート、ガラクソライド、ムスクケトン、トナリッド、ニトロムスク類などが挙げられる。 Examples of the musks are not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, cyclopentanone decanoate chloride, ethylene brassylate, Garakusoraido, musk ketone, Tonariddo, like nitromusk class.
前記テルペン骨格を有する香料としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、ゲラニオール(ゼラニオール)、ネロール、リナロール、シトラール、シトロネロール、メントール、ミント、シトロネラール、ミルセン、ピネン、リモネン、テレピネロール、カルボン、ヨノン、カンファー(樟脳)、ボルネオールなどが挙げられる。 Examples of the perfume having a terpene skeleton is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, geraniol (Zeranioru), nerol, linalool, citral, citronellol, menthol, mint, citronellal, myrcene, pinene, limonene, Terepineroru, carboxylic, ionone, camphor (camphor), and the like borneol.
前記天然香料としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、オレンジ油、レモン油、ライム油、プチグレン油、ユズ油、ネロリ油、ベルガモット油、ラベンダー油、ラバンジン油、アビエス油、アニス油、ベイ油、ボアドローズ油、イランイラン油、シトロネラ油、ゼラニウム油、ペパーミント油、ハッカ油、スペアミント油、ユーカリ油、レモングラス油、パチュリ油、ジャスミン油、ローズ油、シダー油、ベチバー油、ガルバナム油、オークモス油、パイン油、樟脳油、白檀油、芳樟油、テレピン油、クローブ油、クローブリーフ油、カシア油、ナツメッグ油、カナンガ油、タイム油などの精油が挙げられる。 As the natural fragrances are not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, orange oil, lemon oil, lime oil, petitgrain oil, citron oil, neroli oil, bergamot oil, lavender oil, lavandin oil , abies oil, anise oil, bay oil, bois de rose oil, ylang ylang oil, citronella oil, geranium oil, peppermint oil, peppermint oil, spearmint oil, eucalyptus oil, lemon grass oil, patchouli oil, jasmine oil, rose oil, cedar oil , vetiver oil, galbanum oil, oakmoss oil, pine oil, camphor oil, sandalwood oil, Yoshikusunokiyu, turpentine oil, clove oil, clove oil, cassia oil, nutmeg oil, cananga oil, and essential oils such as thyme oil .
前記動物性香料としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、じゃ香、霊猫香、海狸香、竜涎香などが挙げられる。 As the animal perfume is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, Well incense, Reinekoko, Castoreum, ambergris, and the like.

香料には通常用いる溶剤を配合してもよい。 Usually it may be blended solvent used in perfumery. 香料用溶剤としては、アセチン(トリアセチン)、MMBアセテート(3−メトキシ−3−メチルブチルアセテート)、スクロースジアセテートヘキサイソブチレート、エチレングリコールジブチレート、ヘキシレングリコール、ジブチルセバケート、デルチールエキストラ(イソプロピルミリステート)、メチルカルビトール(ジエチレングリコールモノメチルエーテル)、カルビトール(ジエチレングリコールモノエチルエーテル)、TEG(トリエチレングリコール)、安息香酸ベンジル(BB)、プロピレングリコール、フタル酸ジエチル、トリプロピレングリコール、アボリン(ジメチルフタレート)、デルチルプライム(イソプロピルパルミテート)、ジプロピレングリコール(DPG)、ファルネセン、ジオクチルアジペート The flavor solvent, acetins (triacetin), MMB acetate (3-methoxy-3-methyl-butyl acetate), sucrose diacetate hexa-isobutyrate, ethylene glycol dibutyrate, hexylene glycol, dibutyl sebacate, Del steel Extra ( isopropyl myristate), methyl carbitol (diethylene glycol monomethyl ether), carbitol (diethylene glycol monoethyl ether), TEG (triethylene glycol), benzyl benzoate (BB), propylene glycol, diethyl phthalate, tripropylene glycol, Aborin ( dimethyl phthalate), de rutile prime (isopropyl palmitate), dipropylene glycol (DPG), farnesene, dioctyl adipate トリブチリン(グリセリルトリブタノエート)、ヒドロライト−5(1,2−ペンタンジオール)、プロピレングリコールジアセテート、セチルアセテート(ヘキサデシルアセテート)、エチルアビエテート、アバリン(メチルアビエテート)、シトロフレックスA−2(アセチルトリエチルシトレート)、シトロフレックスA−4(トリブチルアセチルシトレート)、シトロフレックスNo. Tributyrin (glyceryl tributyl Tano benzoate), hydroperoxides write -5 (1,2-pentanediol), propylene glycol diacetate, cetyl acetate (hexadecyl acetate), ethyl abietate, Abarin (methyl abietate), Citroflex A-2 (acetyl triethyl citrate), Citroflex A-4 (tributyl acetyl citrate), Citroflex No. 2(トリエチルシトレート)、シトロフレックスNo. 2 (triethyl citrate), Citroflex No. 4(トリブチルシトレート)、ドゥラフィックス(メチルジヒドロアビエテート)、MITD(イソトリデシルミリステート)、ポリリモネン(リモネンポリマー)、1,3−ブチレングリコール等が挙げられる。 4 (tributyl citrate), de la fix (methyl dihydro abietates), MITD (isotridecyl myristate), polylimonene (limonene polymer), 1,3-butylene glycol, and the like.
これら溶剤の使用量は、香料組成物中に、例えば、0.1〜30質量%配合されるが、好ましくは1〜20質量%配合される。 The amount of these solvents, in the perfume composition, for example, but is blended 0.1 to 30 wt%, preferably blended 1 to 20 mass%.

本発明の繊維製品用処理剤組成物において用いられるフリーの香料組成物中、香りのフレッシュ感と嗜好性の点から、ClogP値が1.0以上8.0以下である香料成分を、フリーの香料組成物の総質量に対して、好ましくは30質量%以上、より好ましくは45質量%以上、更に好ましくは50質量%以上、更により好ましくは80質量%以上、更に特に好ましくは90%以上含有することが望ましい。 During free perfume composition used in the textile treating agent composition of the present invention, in terms of palatability and freshness of the scent, the perfume ingredients ClogP value of 1.0 to 8.0, free of containing the total weight of the perfume composition, preferably 30 wt% or more, more preferably 45 mass% or more, more preferably 50 wt% or more, even more preferably 80 wt% or more, more especially preferably 90% or more it is desirable to.
ClogP値とは、化学物質について、1−オクタノール中及び水中の平衡濃度の比を表す1−オクタノール/水分配係数Pを、底10に対する対数logPの形態で表した値である。 The ClogP values, the chemical substance, the 1-octanol representative of and in the ratio of the equilibrium concentration in water 1-octanol / water partition coefficient P, is a value expressed in the form of a logarithmic logP to the base 10. 前記ClogP値は、f値法(疎水性フラグメント定数法)により、化合物の化学構造をその構成要素に分解し、各フラグメントの有する疎水性フラグメント定数・f値を積算して求めることができる(例えば、Clog 3 Reference Manual DaylightSoftware 4.34,Albert Leo,David Weininger, Version 1,March 1994 参照)。 The ClogP values, the f value method (hydrophobic fragment constant method), to decompose the chemical structure of the compound to its components, can be obtained by integrating the hydrophobic fragment constant · f value included in each fragment (e.g. , Clog 3 reference Manual DaylightSoftware 4.34, Albert Leo, David Weininger, see Version 1, March 1994).
一般に、香料はClogP値が大きいほど疎水的であることから、ClogP値が小さい香料成分を多く含む香料組成物は、ClogP値が大きい香料成分を多く含む香料組成物よりも親水的な香料組成物であるといえる。 In general, since the perfume is hydrophobic higher the ClogP value, the perfume composition containing a large amount of small perfume ingredients ClogP values, hydrophilic perfume composition than the perfume composition containing a large amount of large perfume ingredients ClogP value You can say that.

本発明の繊維製品用処理剤組成物において、好適に使用されるフリーの香料組成物中の香料成分として、具体的には、アルデヒド類として、ウンデシレンアルデヒド、ラウリルアルデヒド、アルデヒドC−12MNA、ミラックアルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド、シクラメンアルデヒド、シトラール、シトロネラール、ヘリオトロピン、アニスアルデヒド、α−ヘキシルシンナミックアルデヒド、オクタナール、リグストラール、リリアール、リラール、トリプラール、バニリン、エチルバニリン、ヘリオナール、ケトン類として、α−ヨノン、β−ヨノン、メチル−β−ナフチルケトン、α−ダマスコン、β−ダマスコン、δ−ダマスコン、シス−ジャスモン、メチルヨノン、アリルヨノン、カシュメラン、ジハイドロジャスモン In textile treating agent composition of the present invention, as a preferred free perfume ingredients of the perfume composition of the used, specifically, as aldehydes, undecylenic aldehyde, lauric aldehyde, aldehyde C-12MNA, MIRUC aldehyde, alpha-amyl cinnamic aldehyde, cyclamen aldehyde, citral, citronellal, heliotropin, anisaldehyde, alpha-hexyl cinnamic aldehyde, octanal, Rigusutoraru, lilial, lyral, Toripuraru, vanillin, ethyl vanillin, ocean propanal, as ketones, alpha-ionone, beta-ionone, methyl -β- naphthyl ketone, alpha-damascone, beta-damascone, .delta.-damascone, cis - jasmone, methyl ionone, Ariruyonon, Kashumeran, dihydrochloride jasmonic 、イソイースーパー、ベルトフィックス、イソロンジフォラノン、コアボン、ローズフェノン、ラズベリーケトン、ダイナスコン、マルトール、ハイドロカーボン類として、リモネン、α−ピネン、β−ピネン、ミルセン、テルピノーレン、等が挙げられるが、本発明において用いられる香料成分がこれらに限定されるものではない。 , Iso E super, belt fixes, iso longitudinals follower la non, Koabon, rose phenone, raspberry ketone, Dainasukon, maltol, as hydrocarbon ethers, limonene, alpha-pinene, beta-pinene, myrcene, terpinolene, but and the like, the perfume ingredients used in the invention is not limited thereto.
本発明の繊維製品用処理剤組成物において、フリーの香料組成物の配合量は、特に限定されないが、繊維製品用処理剤組成物全体の総質量に対して、0.01〜5質量%、好ましくは0.3〜5質量%、より好ましくは0.5〜3質量%である。 In textile treating agent composition of the present invention, the amount of free perfume composition is not particularly limited with respect to the total mass of the entire fiber product treating agent composition, 0.01 to 5 mass%, preferably 0.3 to 5 wt%, more preferably from 0.5 to 3 wt%. フリーの香料組成物の配合量が0.01質量%より少ないと香気が弱く、香り持続性効果が分かりにくい。 Amount of perfume composition-free weak aroma and less than 0.01 wt%, confusing fragrance lasting effect. フリーの香料組成物の配合量が5質量%より多いと高温での保存安定性が低下する場合がある。 In some cases the amount of the perfume composition-free is more than 5 wt% the storage stability at high temperatures decreases.
フリーの香料組成物と(A)成分の配合比は、特に限定されないが、「(A)成分/フリーの香料組成物」の質量比率が好ましくは1/500〜5、より好ましくは1/100〜1、更に好ましくは1/20〜1/5である。 Free perfume composition component (A) mixing ratio is not particularly limited, is preferably a mass ratio of "component (A) / free perfume composition" 1 / 500-5, more preferably 1/100 to 1, more preferably from 1/20 to 1/5.

前記の任意成分以外にも、本発明の繊維製品用処理剤組成物に配合され得る機能向上剤として、縮み防止剤、洗濯じわ防止剤、形状保持剤、ドレープ性保持剤、アイロン性向上剤、酸素漂白防止剤、増白剤、白化剤、布地柔軟化クレイ、帯電防止剤、ポリビニルピロリドンなどの移染防止剤、高分子分散剤、汚れ剥離剤、スカム分散剤、4,4−ビス(2−スルホスチリル)ビフェニルジナトリウム(チバスペシャルティケミカルズ製チノパールCBS−X)などの蛍光増白剤、染料固定剤、1,4−ビス(3−アミノプロピル)ピペラジンなどの退色防止剤、染み抜き剤、繊維表面改質剤としてセルラーゼ、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ケラチナーゼなどの酵素、抑泡剤、水分吸放出性など絹の風合い・機能を付与できるものと Besides optional components described above, as a functional improvement agent, which may be formulated in textile treating agent composition of the present invention, shrinkage inhibitors, laundry wrinkle agents, shape retention agents, drape retention agents, ironing improver , oxygen bleaching agents, brighteners, whitening agents, fabric softening clay, anti-static agents, dye transfer inhibiting agents such as polyvinyl pyrrolidone, polymeric dispersing agents, soil release agents, scum dispersants, 4,4-bis ( 2-sulfostyryl) a fluorescent whitening agent such as biphenyl disodium (Ciba Specialty Chemicals Ltd. Tinopal CBS-X), dye fixatives, 1,4-bis (3-aminopropyl) anti-fading agent such as piperazine, stain removers, and that as the fiber surface modifier cellulase, can be granted amylase, protease, lipase, an enzyme such as keratinase, a foam inhibitor, a silk texture and functions such as moisture absorption and release properties てシルクプロテインパウダー、それらの表面改質物、乳化分散液等が挙げられる。 Silk protein powder Te, their surface reformate, emulsified dispersion, and the like. 具体的には、K−50、K−30、K−10、A−705、S−702、L−710、FPシリーズ(出光石油化学)、加水分解シルク液(上毛)、シルクゲンGソルブルS(一丸ファルコス)、アルキレンテレフタレートおよび/またはアルキレンイソフタレート単位とポリオキシアルキレン単位からなる非イオン高分子化合物、例えば互応化学工業製FR627、クラリアントジャパン製SRC−1などの汚染防止剤などを配合することができる。 Specifically, K-50, K-30, K-10, A-705, S-702, L-710, FP series (manufactured by Idemitsu Petrochemical), hydrolyzed silk liquid (Ueke), Shirukugen G Soruburu S (Ichimaru Pharcos), non-ionic polymeric compound composed of alkylene terephthalate and / or alkylene isophthalate units and polyoxyalkylene units, e.g. Goo chemical Ltd. FR627, blending and antifouling agent such as Clariant Japan KK SRC-1 can.

[組成物のpH] [PH of the composition]
本発明の繊維製品用処理剤組成物のpHは特に限定されないが、液体柔軟剤組成物の場合には、保存経日に伴う(C)成分の加水分解を抑制する等の観点から、25℃におけるpHが1〜6の範囲内であることが好ましく、2〜4の範囲内であることがより好ましい。 The pH of the fiber product treating agent composition of the present invention is not particularly limited, in the case of liquid softener compositions, from the viewpoint of suppressing the hydrolysis of component (C) associated with the storage passage of days, 25 ° C. preferably pH is in the range of 1 to 6 in, and more preferably in the range of 2-4.
pH調整を行う場合、pH調整には、塩酸、硫酸、リン酸、アルキル硫酸、安息香酸、パラトルエンスルホン酸、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、乳酸、グリコール酸、ヒドロキシエタンジホスホン酸、フィチン酸、エチレンジアミン四酢酸、ジメチルアミン等の短鎖アミン化合物、水酸化ナトリウム等のアルカリ金属水酸化物、アルカリ金属炭酸塩、アルカリ金属珪酸塩などのpH調整剤を用いることができる。 When performing pH adjustment, the pH adjustment include hydrochloric acid, sulfuric acid, phosphoric acid, alkyl sulfate, benzoic acid, p-toluenesulfonic acid, citric acid, malic acid, succinic acid, lactic acid, glycolic acid, hydroxyethane diphosphonic acid, phytic acid, ethylenediaminetetraacetic acid, short-chain amine compounds such as dimethylamine, alkali metal hydroxides, alkali metal carbonates such as sodium hydroxide, can be used a pH adjusting agent such as an alkali metal silicate.

[組成物の粘度] [Viscosity of Composition]
本発明の繊維製品用処理剤組成物の粘度は、液体柔軟剤組成物の場合には、1000mPa・s(B型粘度計、TOKIMEC社製、25℃、以下同様)未満であることが好ましい。 The viscosity of the fiber product treating agent composition of the present invention, when the liquid softener compositions, 1000 mPa · s is preferably less than (B-type viscometer, TOKIMEC, Inc., 25 ° C., hereinafter the same). 保存経日による粘度上昇を考慮すると、製造直後の粘度は800mPa・s未満であるのがより好ましく、500mPa・s未満であるのがさらに好ましい。 In view of the viscosity increase due to storage over date, the viscosity immediately after the preparation is more preferably less than 800 mPa · s, further preferably less than 500 mPa · s. このような範囲にあると、洗濯機への投入の際のハンドリング性等の使用性が良好である。 When in this range, it is better use of the handling property and the like when the introduction into the washing machine.

[製造方法] [Production method]
本発明の繊維製品用処理剤組成物の調製方法は特に限定されない。 Method of preparing a fiber product treating agent composition of the present invention is not particularly limited. 液体柔軟剤組成物の場合には、公知の方法、例えば主剤として陽イオン界面活性剤を用いる従来の液体柔軟剤組成物の製造方法と同様の方法により製造できる。 In the case of liquid softener compositions may be prepared by the same method as the manufacturing method of the conventional liquid softener compositions using cationic surfactants known methods, for example, as a main agent.
例えば、(C)成分及び非イオン界面活性剤を含む油相と、(B)成分を含む水相とを、(C)成分の融点以上の温度条件下で混合して乳化物を調製し、その後、得られた乳化物に、(A)成分、及び必要に応じて、他の成分を添加、混合することにより製造することができる。 For example, an emulsion prepared by mixing with the component (C) and an oil phase containing a non-ionic surfactant, (B) an aqueous phase containing the component, the component (C) a temperature above the melting point of, Thereafter, the obtained emulsion, (a) component, and, optionally, addition of other components, can be produced by mixing. 油相は、(C)成分の融点以上の温度で、(C)成分と非イオン界面活性剤と、必要に応じて他の任意成分とを混合することにより調製できる。 The oily phase may be prepared by mixing the (C) at a temperature above the melting point of the component, (C) component and a nonionic surfactant, optionally other optional ingredients. 水相は、水と(B)成分と必要に応じて他の任意成分とを混合することにより調製できる。 The aqueous phase can be prepared by mixing the other optional ingredients if necessary, water and the component (B).

[用途・使用方法] [Use and how to use]
本発明の繊維製品用処理剤組成物の用途は特に限定はされないが、洗浄剤組成物、漂白剤組成物、液体柔軟剤組成物、スプレー式繊維処理剤等に応用することができる。 Application of textile treating agent composition of the present invention is not particularly limited, the detergent compositions, bleach compositions, liquid softener composition can be applied to spray fiber treatment agent. 中でも、液体柔軟剤組成物として応用することが好ましい。 Among them, it is preferable to apply a liquid softener composition.
本発明の繊維製品用処理剤組成物による衣類等の繊維製品の処理方法は特に制限されるものではなく、従来知られている洗剤、仕上げ剤(柔軟剤、糊剤等)、スプレー式繊維処理剤等と同様に処理できる。 Method of treating a textile such as clothing by textile treating agent composition of the present invention is not limited in particular, detergents conventionally known finishing agents (softeners, sizing agents, etc.), spray fiber treatment It can be treated in the same manner as agent.
本発明の繊維製品用処理剤組成物が液体柔軟剤組成物の場合、使用方法は特に限定されないが、例えば洗濯のすすぎの段階ですすぎ水に本発明の組成物を溶解させて処理を行う、またはたらいのような容器を用い本発明の組成物を水に溶解させ、更に衣料を入れて浸漬処理する方法があるが、その場合は適度な濃度に希釈して使用される。 When the fiber product treating agent composition of the present invention is a liquid softener composition, but are not methods used particularly limited, performs processing by dissolving the composition of the present invention in the rinse water at a stage of for example rinsing the laundry, or a composition of the vessel using the present invention, such as basin was dissolved in water, there is a further method of dipping put clothes, if the are used by diluting to an appropriate concentration. その場合、浴比(繊維製品に対する処理液の重量比)は3〜100倍、特に5〜50倍であることが好ましい。 In this case, (the weight ratio of treatment liquid to the textile) bath ratio is 3 to 100 times, particularly preferably 5 to 50 times. 具体的には、柔軟処理を行う際は、全使用水量に対し、(C)成分の濃度が0.01ppm〜1000ppmとなるような量で使用するのが好ましく、さらに好ましくは0.1ppm〜300ppmとなるような量で使用される。 Specifically, when performing the soft processing, the total water consumption, is preferably used in an amount such that 0.01ppm~1000ppm the concentration of component (C), more preferably 0.1ppm~300ppm It is used in an amount such that.

以下、実施例により本発明を更に詳細に説明するが、本発明はこれに限定されるものではない。 Hereinafter, a more detailed explanation of the present invention through examples, the present invention is not limited thereto. 尚、実施例において成分配合量はすべて質量%(指定のある場合を除き、純分換算)を示す。 Note that (except where specified, purity equivalent) blending amount of component all mass% in Example illustrates the.
[(A)成分] [(A) component]
下記のA−1及びA−2を使用した。 The following were used A-1 and A-2.
・A−1:GREEN BREEZE CAPS:GIVAUDAN社製。 · A-1: ​​GREEN BREEZE CAPS: GIVAUDAN Corporation.
・A−2:RAINBOW CAPS:GIVAUDAN社製。 · A-2: RAINBOW CAPS: GIVAUDAN Corporation.
A−1、A−2のいずれも、メラミン−ホルムアルデヒド系樹脂をカプセル壁とし、香料組成物を芯物質としたマイクロカプセルである。 Any of A-1, A-2, melamine - formaldehyde resin as a capsule wall, a microcapsule in which the perfume composition as a core material.

[(B)成分] [(B) component]
下記のB−1〜B−3を使用した。 The B-1~B-3 below was used.
・B−1:クラスターデキストリン(登録商標、グリコ栄養食品株式会社製) · B-1: cluster dextrin (registered trademark, manufactured by Glico Foods Co., Ltd.)
・B−2(比較例):αシクロデキストリン・B−3(比較例):βシクロデキストリン · B-2 (Comparative Example): alpha-cyclodextrin · B-3 (Comparative Example): beta-cyclodextrin

[(C)成分] [(C) component]
以下のC−1〜C−2を使用した。 Using C-1 through C-2 below.
・C−1:陽イオン界面活性剤(特開2003−12471号公報の実施例4に記載の陽イオン界面活性剤であり、一般式(C1−4)、(C1−5)及び(C1−6)で表される化合物(各式中、R 9は炭素数15〜17のアルキル基及びアルケニル基である)をジメチル硫酸で4級化したものを含む組成物である。) · C-1: a cationic surfactant according to Example 4 of the cationic surfactant (JP 2003-12471, JP-formula (C1-4), (C1-5) and (C1- compounds represented by 6) (wherein, R 9 is a composition, including those quaternized and is) alkyl and alkenyl group of 15-17 carbon atoms in the dimethyl sulfate.)
・C−2:1級イソトリデシルアルコールエチレンオキシド60モル付加物(商品名:TA600−75) · C-2: 1 Grade isotridecyl alcohol ethylene oxide 60 mol adduct (trade name: TA600-75)

[(D)成分] [(D) component]
以下のD−1〜D−7成分を使用した。 Were used following D-1 to D-7 components.
・D−1:オクチルトリメチルアンモニウムクロライド(東京化成工業製) · D-1: octyl trimethyl ammonium chloride (manufactured by Tokyo Kasei Kogyo)
D−1は、上記式(D1)において、R 15が炭素数8の炭化水素基であり、R 16がメチル基であり、Xが塩素である、化合物である。 D1, in the above formula (D1), R 15 is a hydrocarbon group having 8 carbon atoms, R 16 is a methyl group, X is chlorine, a compound.

・D−2:ドデシルトリメチルアンモニウムクロライド(東京化成工業製) · D-2: dodecyltrimethylammonium chloride (manufactured by Tokyo Kasei Kogyo)
D−2は、上記式(D1)において、R 15が炭素数12の炭化水素基であり、R 16がメチル基であり、Xが塩素である、化合物である。 D-2, in the formula (D1), R 15 is a hydrocarbon group of 12 carbon atoms, R 16 is a methyl group, X is chlorine, a compound.

・D−3:オクタデシルトリメチルアンモニウムクロライド(東京化成工業製) · D-3: octadecyl trimethyl ammonium chloride (manufactured by Tokyo Kasei Kogyo)
D−3は、上記式(D1)において、R 15が炭素数18の炭化水素基であり、R 16がメチル基であり、Xが塩素である、化合物である。 D-3, in the above formula (D1), R 15 is a hydrocarbon group of 18 carbon atoms, R 16 is a methyl group, X is chlorine, a compound.

・D−4:ラウリル−N,N−ジメチルアミンオキシド(ライオンアクゾ社製、商品名:アロモックスDM12D−W(c)) · D-4: lauryl -N, N-dimethylamine oxide (Lion Akzo Co., Ltd., trade name: Aromokkusu DM12D-W (c))
D−4は、上記式(D2−1)において、R 17が炭素数12の直鎖アルキル基であり、R 18がメチル基であり、R 19がメチル基である化合物である。 D-4, in the formula (D2-1), R 17 is a linear alkyl group of 12 carbon atoms, R 18 is a methyl group, a compound R 19 is a methyl group.

・D−5:ヤシアルキル(アルケニル)−N,N−ジメチルアミンオキシド(ライオンアクゾ社製、商品名:アロモックスDMC−W) · D-5: coconut alkyl (alkenyl) -N, N-dimethylamine oxide (Lion Akzo Co., Ltd., trade name: Aromokkusu DMC-W)
D−5は、上記式(D2−1)において、R 17が炭素数8〜18のアルキル基又は炭素数8〜18のアルケニル基であり、R 18がメチル基であり、R 19がメチル基である化合物である。 D-5, in the above formula (D2-1), R 17 is an alkenyl group having 8 to 18 alkyl group carbon atoms or 8 to 18 carbon atoms, R 18 is a methyl group, R 19 is a methyl group it is a compound is.

・D−6:塩化ヤシアルキル(アルケニル)メチルアンモニウムエチレンオキサイド15モル付加物(ライオンアクゾ社製、商品名:エソカードC/25) · D-6: coconut alkyl chloride (alkenyl) ammonium ethylene oxide 15 mol adduct (Lion Akzo Co., Ltd., trade name: Ethoquad C / 25)
D−6は、上記式(D3−2)において、R 23が炭素数8〜18のアルキル基又は炭素数8〜18のアルケニル基であり、R 24がメチル基であり、mが1であり、Xが塩素であり、A 1 Oがオキシエチレン基であり、A 2 Oがオキシエチレン基であり、c+dが15である化合物である。 D-6, in the above formula (D3-2), R 23 is an alkyl or alkenyl group having 8 to 18 carbon atoms having 8 to 18 carbon atoms, R 24 is a methyl group, m is 1 , X is chlorine, a 1 O is an oxyethylene group, a 2 O is an oxyethylene group, c + d is a compound which is 15.

・D−7:塩化オレイルメチルアンモニウムエチレンオキサイド2モル付加物(ライオンアクゾ社製、商品名:エソカードO/12E) · D-7: oleylmethylammonium ethylene oxide 2 mol adduct chloride (Lion Akzo Co., Ltd., trade name: Ethoquad O / 12E)
D−7は、上記式(D3−2)において、R 23が炭素数18のアルケニル基であり、R 24がメチル基であり、mが1であり、Xが塩素であり、A 1 Oがオキシエチレン基であり、A 2 Oがオキシエチレン基であり、c+dが2である化合物である。 D-7, in the above formula (D3-2), R 23 is an alkenyl group having 18 carbon atoms, R 24 is a methyl group, m is 1, X is chlorine, A 1 O is an oxyethylene group, a 2 O is an oxyethylene group, a compound c + d is 2.

[共通成分] Common components]
E−1: E-1:
・塩化カルシウム(商品名:粒状塩化カルシウム、(株)トクヤマ):0.5% Calcium chloride (trade name: granular calcium chloride, Tokuyama): 0.5%
・イソチアゾロン液(商品名:ケーソンCG−ICP、ダウケミカル):100ppm - isothiazolone solution (trade name: caisson CG-ICP, Dow Chemical): 100ppm
・香料組成物(下表、香料A):1.0% Perfume composition (see the table below, perfume A): 1.0%
各成分の配合量の表記は、調製される液体柔軟剤組成物の総質量に対するものである。 Representation of the amount of each ingredient are to the total weight of the liquid softener composition to be prepared.

[液体柔軟剤組成物の調製方法] [Preparation method of the liquid softener composition]
液体柔軟剤組成物は、内径100mm、高さ150mmのガラス容器と、攪拌機(アジターSJ型、島津製作所製)を用い、各成分の配合量を、下記表2〜4に記載の通り調整して、次の手順により調製した。 Liquid softener compositions, internal diameter 100 mm, the glass container height 150 mm, stirrer (agitator SJ type, manufactured by Shimadzu Corporation) was used, the amount of each component, and adjust as shown in the following Table 2-4 , it was prepared by the following procedure. 下記表2〜4中、各成分の数値は、液体柔軟剤組成物の総質量に対する配合量(質量%)である。 In Table 2-4, the numerical value of each component is the amount to the total weight of the liquid softener composition (mass%). (A)成分の数値は、液体柔軟剤組成物の総質量に対する、香料としての配合量(質量%)である。 (A) value of component, relative to the total weight of the liquid softener composition, the amount of the perfume (% by weight).
まず、任意成分である(C)成分、並びに共通成分である1級イソトリデシルアルコールエチレンオキシド60モル付加物及び香料組成物を混合撹拌して、油相混合物を得た。 First, an optional component (C) component, and the common component is a primary isotridecyl alcohol ethylene oxide 60 mole adduct and perfume composition are stirred together to give an oil phase mixture. 一方、(B)成分、共通成分であるイソチアゾロン液をバランス用精製水に溶解させて水相混合物を得た。 On the other hand, (B) component was dissolved in the balance of purified water for the isothiazolone solution is common component to obtain an aqueous phase mixture. ここで、バランス用イオン交換水の質量は、980gから油相混合物と(B)の合計質量を差し引いた残部に相当する。 Here, the mass balance for ion-exchange water is equivalent to the remainder obtained by subtracting the oil phase mixture from 980g total mass of (B). 次に、(C)成分の融点以上に加温した油相混合物をガラス容器に収納して攪拌しながら、(C)成分の融点以上に加温した水相混合物を2度に分割して添加し、攪拌した。 Then, added in portions an oil phase mixture was warmed to above the melting point of component (C) with stirring while housed in a glass container, the aqueous phase mixture was warmed to above the melting point of component (C) twice then, the mixture was stirred. ここで、水相混合物の分割比率は30:70(質量比)とし、撹拌は回転速度1,000rpmで、1回目の水相混合物添加後に3分間、2回目の水相混合物添加後に2分間行った。 Here, the dividing ratio of the aqueous phase mixture was 30:70 (mass ratio), stirring at a rotational speed 1,000 rpm, performed first aqueous phase mixture is added after 3 minutes, 2 minutes 2 nd aqueous phase mixture after addition It was. しかる後、(A)成分、(D)成分、共通成分である塩化カルシウムを添加し、必要に応じて、塩酸(試薬1mol/L、関東化学)、または水酸化ナトリウム(試薬1mol/L、関東化学)を適量添加してpH2.5に調整した。 Then, (A) component was added component (D), calcium chloride is a common component, optionally, hydrochloric acid (reagent 1 mol / L, Kanto Chemical Co., Inc.), or sodium hydroxide (reagent 1 mol / L, Kanto chemical) was adjusted to an appropriate amount added to pH 2.5. 更に全体質量が1,000gになるようにイオン交換水を添加して、目的の液体柔軟剤組成物(実施例1〜14及び比較例1〜5)を得た。 Furthermore the whole mass by adding ion-exchanged water to a 1,000 g, to obtain a liquid softener composition of interest (Examples 1 to 14 and Comparative Examples 1 to 5).

[香調変化・残香性の評価] [Evaluation of incense tone change, substantivity]
得られた各液体柔軟剤組成物について、香調変化及び残香性を以下の手順で評価した。 For each liquid softener composition obtained, incense tone change and substantivity was evaluated by the following procedure.
<評価用綿メリヤス布の前処理方法> <Pretreatment method of evaluation for cotton knitted cloth>
綿メリヤス布(綿100%、谷頭商店)を市販洗剤「トッププラチナクリア」(ライオン(株)製)により二槽式洗濯機(東芝製VH-30S)を用いて3回前処理を行った(洗剤標準使用量、浴比30倍、50℃の水道水で、洗浄10分→注水すすぎ10分を2回)。 Cotton knitted fabric (100% cotton, valley head shop) was performed three times before processing by using a commercially available detergent "top Platinum Clear" (Lion Co., Ltd.) by a two-tank type washing machine (Toshiba VH-30S) ( detergent standard usage, the bath ratio 30 times, at 50 ° C. tap water, washed for 10 minutes → injection rinsed 10 minutes twice).

<洗濯時すすぎ工程での柔軟剤処理> <Softener treatment in the laundry during rinsing process>
柔軟剤処理は、二槽式洗濯機(東芝製VH-30S)を用いて、市販洗剤「トッププラチナクリア」(ライオン(株)製)で10分間洗浄し(標準使用量、標準コース、浴比20倍、25℃の水道水使用)、3分間のすすぎに続いて、すすぎ2回目に組成物にて3分間柔軟処理(綿メリヤス布1.5Kgに対し、組成物10mL、浴比20倍、25℃の水道水使用)を行った。 Softener treatment, using a two-tub type washing machine (Toshiba VH-30S), washed 10 minutes with a commercial detergent "top Platinum Clear" (Lion Co., Ltd.) (standard usage, standard course, a bath ratio 20 times, using 25 ° C. tap water), followed by rinsing for 3 minutes, to 3 minutes flexible processing (cotton knitted 1.5Kg at the second time the rinse composition, the composition 10 mL, bath ratio 20 times, 25 ℃ of tap water used) was carried out. 洗浄、すすぎの各工程間で脱水を1分間行った。 Washing was performed for 1 minute dehydration between each step of rinsing.

<香調変化の評価> <Evaluation of incense tone change>
柔軟剤処理後、20℃、45%RHの恒温恒湿条件下で1日乾燥した処理布と基準布のにおいをパネラー15人により下記基準で官能評価した。 After softening agent treatment, 20 ° C., and sensory evaluation by the following criteria by 15 panelists day dry treated fabric and smell of the reference fabric in constant temperature and humidity conditions of RH 45%. 商品価値上、△以上を合格とした。 On the commercial value, it was passed more than △. 結果を下記表2〜4において「変調抑制」の欄に示す。 The results in Table 2-4 in the column "modulation suppression".
ここでは、上記調製方法により得られた各液体柔軟剤組成物を使用して柔軟剤処理した綿メリヤス布を処理布とし、下記表4の比較例1で示される柔軟剤組成物を使用して柔軟剤処理した綿メリヤス布を基準布とする。 Here, the cotton knitted fabric treated softener using the liquid softener composition obtained by the above preparation method and processing cloth using a softener compositions shown in Comparative Example 1 in Table 4 the cotton knitted fabric treated softener as a reference cloth. 比較例1の柔軟剤組成物には、(A)成分は添加されておらず、香料としては上記表1に示されるフリーの香料組成物のみが含まれている。 The softener composition of Comparative Example 1, which contains only the component (A) is not added, free perfume composition as a perfume shown in Table 1 above. そのため、(A)成分を含有する実施例の柔軟剤組成物で処理した処理布と基準布との間でにおいの違いが小さいほど、(A)成分の影響が小さく、(A)成分の内包香料の漏出を抑制し、香調変化が抑制できていると言える。 Therefore, (A) as the odor differences between the treated fabric and reference fabric treated with softener compositions of Examples containing the component is small, small influence of the component (A), containing the component (A) to suppress the leakage of the perfume, it can be said that the incense tone change is possible to suppress.
<評価基準> <Evaluation Criteria>
処理布と基準布の香調◎◎◎:処理布と基準布のにおいが同じだと評価した人が14人以上 ◎◎:処理布と基準布のにおいが同じだと評価した人が11〜13人 Incense tone of the treated fabric and the reference cloth ◎◎◎: processing cloth and the reference human odor was evaluated that it is the same cloth is 14 or more people ◎◎: people who smell of the treated fabric and the reference cloth was evaluated that it is the same is 11 13 people
◎:処理布と基準布のにおいが同じだと評価した人が8〜10人 ○:処理布と基準布のにおいが同じだと評価した人が5〜7人 △:処理布と基準布のにおいが同じだと評価した人が2〜4人 ×:処理布と基準布のにおいが同じだと評価した人が1人以下 ◎: processing cloth and people who smell was evaluated that it is the same of the standard cloth is 8 to 10 people ○: processing cloth and people who smell was evaluated that it is the same of the standard cloth 5 to 7 people △: the treated fabric and the reference cloth smell evaluated people 2 to 4 people × that it is the same: people who smell of the treated fabric and the reference cloth was evaluated that it is the same one person below

<残香性の評価> <Substantivity of the assessment>
また、上記柔軟剤処理後、20℃、45%RHの恒温恒湿条件下で7日間乾燥した処理布および基準布を手のひらで3回さすったときの香気強度を、パネラー15人により、下記6段階臭気強度法に基づき官能評価した。 Further, after the softening agent treatment, 20 ° C., the aroma intensity when the treated fabric and reference fabric was dried at constant temperature and humidity conditions of RH 45% 7 days was rubbed three times with the palm by 15 panelists, the following 6 It was organoleptically evaluated based on grade odor method. 平均点を下記判定基準で判定した。 It was determined the average score by the following criteria. 商品価値上、△以上を合格とした。 On the commercial value, it was passed more than △. 結果を下記表2〜4において「残香性」の欄に示す。 The results in Table 2-4 in the column "substantivity".
ここでは、上記調製方法により得られた各液体柔軟剤組成物を使用して柔軟剤処理した綿メリヤス布を処理布とし、下記表4の比較例1で示される柔軟剤組成物を使用して柔軟剤処理した綿メリヤス布を基準布とする。 Here, the cotton knitted fabric treated softener using the liquid softener composition obtained by the above preparation method and processing cloth using a softener compositions shown in Comparative Example 1 in Table 4 the cotton knitted fabric treated softener as a reference cloth. 比較例1の柔軟剤組成物には、(A)成分は添加されておらず、香料としては上記表1に示されるフリーの香料組成物のみが含まれている。 The softener composition of Comparative Example 1, which contains only the component (A) is not added, free perfume composition as a perfume shown in Table 1 above. そのため、比較例1の柔軟剤組成物で処理した基準布からは発香せず、残香性も弱いため、(A)成分を含有する実施例の柔軟剤組成物で処理した処理布と基準布との間でにおいの違いが大きいほど、(A)成分の内包香料の漏出を抑制できていると言える。 Therefore, not odoriferous from the reference fabric treated with softener composition of Comparative Example 1, since weak substantivity, (A) treated fabric treated with softener compositions of Examples containing the component and a reference cloth as odor difference is large between, it can be said that it is possible to suppress the leakage of encapsulated perfume of the component (a).

<6段階臭気強度表示法> <6 stage odor intensity display method>
0:無臭 1:やっと検知できる程度の香り 2:何の香りか分かる程度の香り 3:楽に感知できる香り 4:強い香り 5:強烈な香り 0: odorless 1: barely scent of a degree that can be detected 2: What the scent or seen degree scent of 3: scent easily perceivable 4: strong smell 5: intense aroma

<判定基準> <Criteria>
◎◎◎:(処理布の香気強度)−(基準布の香気強度)が0.4点以上 ◎◎:(処理布の香気強度)−(基準布の香気強度)が0.3点以上0.4点未満 ◎:(処理布の香気強度)−(基準布の香気強度)が0.2点以上0.3点未満 ○:(処理布の香気強度)−(基準布の香気強度)が0.1点以上0.2点未満 △:(処理布の香気強度)−(基準布の香気強度)が0点以上0.1点未満 ×:(処理布の香気強度)−(基準布の香気強度)が0点未満 ◎◎◎ aroma strength :( treated cloth) - (reference aroma intensity) to 0.4 points ◎◎ :( treatment aroma strength of the fabric cloth) - (reference aroma strength of the fabric) is 0.3 points 0 aroma intensity than ◎ :( treated fabric .4 points) - (reference aroma intensity) aroma strength of less than ○ :( treated fabric 0.3 points to 0.2 points of the fabric) - (aroma intensity of the reference cloth) is less than 0.2 points or more 0.1 points △ :( treatment aroma strength of the fabric) - (aroma intensity) aroma strength of less than × :( treated fabric 0.1 points or more 0 points of the reference cloth) - (reference fabric aroma intensity) is less than 0 points

<凍結復元性の評価> <Frozen restoration of the assessment>
液体柔軟剤組成物を軽量ガラスビン(PS−No.11、田沼硝子工業所製)に80mL入れて密栓し、評価用のサンプルとし、以下の耐久試験を行った。 The liquid softener composition weight glass bottles (PS-No.11, Tanuma Glass Industries) was placed 80mL sealed for, as a sample for evaluation was subjected to a durability test below.
サンプルを−15℃で40時間保持(凍結)し、その後、25℃で8時間保持(溶解)するサイクルを3回繰り返した。 -15 ° C. The samples in 40 hours holding (freezing), followed by repeated 3 cycles to 8 hour hold at 25 ° C. (dissolution).
上記耐久試験後のサンプルについて、25℃における液状態を目視で観察し、専門パネラー8人の平均点により、下記評価基準で評価し、以下の基準に従って凍結復元性評価した。 The samples after the durability test, was visually observed the liquid state at 25 ° C., the average score of expert panelists eight, and evaluated by the following evaluation criteria, and frozen resilient evaluated according to the following criteria. 商品価値上、△以上を合格とした。 On the commercial value, it was passed more than △. 結果を下記表2〜4において「凍結復元性」の欄に示す。 The results in Table 2-4 in the column "frozen resiliency".

<評価基準> <Evaluation Criteria>
5:流動性が充分にあり、かつ耐久試験前と比較して変化がほとんど認められない。 5: There sufficient fluidity, and no is hardly observed changed compared to before the durability test.
4:耐久試験前と比較して粘度の上昇が認められるが、流動性は充分にある。 4: increase in viscosity as compared with before the durability test is observed, the fluidity is sufficient.
3:耐久試験前と比較して粘度の上昇が認められるが、流動性は認められる。 3: increase in viscosity as compared with before the durability test is observed, the fluidity is observed.
2:耐久試験前と比較して粘度が上昇し、あまり流動性がない。 2: Compared with before the durability test viscosity rises, so there is no fluidity.
1:耐久試験前と比較して粘度が著しく上昇し、ほとんど流動性がない。 1: Compared with before the durability test significantly increased viscosity, little fluidity.
0:耐久試験前と比較して粘度が著しく上昇し、流動性が全くない。 0: viscosity compared with before the durability test is significantly increased, there is no fluidity.

<判定基準> <Criteria>
◎◎◎:4.0点以上 ◎◎:3.5〜3.9点 ◎:3.0〜3.4点 ○:2.5〜2.9点 △:2.0〜2.4点 ×:1.9点以下 ◎◎◎: 4.0 points or more ◎◎: 3.5~3.9 points ◎: 3.0~3.4 points ○: 2.5~2.9 points △: 2.0~2.4 points ×: 1.9 or less points

Claims (5)

  1. (A)カプセル香料と、 (A) and the capsule perfume,
    (B)内分岐環状構造部分と外分岐構造部分とを有する、重合度が50から10000の範囲にあるグルカンであって、ここで、内分岐環状構造部分とは、α−1,4−グルコシド結合とα−1,6−グルコシド結合とで形成される環状構造部分であり、外分岐構造部分とは、該内分岐環状構造部分に結合した非環状構造部分である、グルカンと、 (B) within and a branched cyclic structure portion and an outer branched structure portion, a polymerization degree of a glucan in the range of 10000 to 50, wherein the inner branched cyclic structure portion is, alpha-1,4-glucoside a cyclic structure portion formed by coupling the alpha-1,6-glucosidic bonds and, and the outer branched structure portion is a non-cyclic structure portion bound to the inner branched cyclic structure portion, and glucan,
    (C)陽イオン界面活性剤を含む、繊維製品用処理剤組成物。 (C) including a cationic surfactant, textile treating agent composition.
  2. (D)(i)エステル基又はアミド基で分断されていない炭素数6〜24の長鎖炭化水素基を1つ有する4級アンモニウム塩、(ii)半極性界面活性剤及び(iii)ポリオキシアルキレンアルキルアミン、その塩又はその4級化物からなる群から選択される1種以上の化合物を更に含む、請求項に記載の繊維製品用処理剤組成物。 (D) (i) an ester group, or quaternary ammonium salts having one long-chain hydrocarbon group having 6 to 24 carbon atoms that are not interrupted by an amide group, (ii) a semi-polar surfactant and (iii) polyoxy alkylene alkylamine, its further comprises a salt or one or more compounds selected from the group consisting of quaternized products, textile treating agent composition according to claim 1.
  3. (A)カプセル香料と、 (A) and the capsule perfume,
    (B)内分岐環状構造部分と外分岐構造部分とを有する、重合度が50から10000の範囲にあるグルカンであって、ここで、内分岐環状構造部分とは、α−1,4−グルコシド結合とα−1,6−グルコシド結合とで形成される環状構造部分であり、外分岐構造部分とは、該内分岐環状構造部分に結合した非環状構造部分である、グルカンと、 (B) within and a branched cyclic structure portion and an outer branched structure portion, a polymerization degree of a glucan in the range of 10000 to 50, wherein the inner branched cyclic structure portion is, alpha-1,4-glucoside a cyclic structure portion formed by coupling the alpha-1,6-glucosidic bonds and, and the outer branched structure portion is a non-cyclic structure portion bound to the inner branched cyclic structure portion, and glucan,
    (D)(i)エステル基又はアミド基で分断されていない炭素数6〜24の長鎖炭化水素基を1つ有する4級アンモニウム塩、(ii)半極性界面活性剤及び(iii)ポリオキシアルキレンアルキルアミン、その塩又はその4級化物からなる群から選択される1種以上の化合物を含む、繊維製品用処理剤組成物。 (D) (i) an ester group, or quaternary ammonium salts having one long-chain hydrocarbon group having 6 to 24 carbon atoms that are not interrupted by an amide group, (ii) a semi-polar surfactant and (iii) polyoxy alkylene alkyl amines, salts thereof or one or more compounds selected from the group consisting of quaternized products, textile treating agent composition.
  4. (B)成分に対する(A)成分の重量比率が、1/1000〜300である、請求項1〜3のいずれか1項に記載の繊維製品用処理剤組成物。 (B) weight ratio of component (A) to component is from 1 / 1,000 to 300 a, textile treating agent composition according to any one of claims 1 to 3.
  5. (A)成分の芯物質として含まれる香料組成物とは別に、フリーの香料組成物を更に含み、前記フリーの香料組成物に対する(A)成分の重量比率が、1/500〜5である、請求項1〜4のいずれか1項に記載の繊維製品用処理剤組成物。 Apart from the perfume compositions contained as a core material of the component (A), further comprising a free perfume composition, the weight ratio of component (A) with respect to the free perfume composition is 1 / 500-5, textile treating agent composition according to any one of claims 1 to 4.
JP2013243189A 2013-11-25 2013-11-25 Textile treating agent composition Active JP6171200B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013243189A JP6171200B2 (en) 2013-11-25 2013-11-25 Textile treating agent composition

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013243189A JP6171200B2 (en) 2013-11-25 2013-11-25 Textile treating agent composition

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015101806A JP2015101806A (en) 2015-06-04
JP6171200B2 true JP6171200B2 (en) 2017-08-02

Family

ID=53377765

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013243189A Active JP6171200B2 (en) 2013-11-25 2013-11-25 Textile treating agent composition

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6171200B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6494460B2 (en) * 2015-07-24 2019-04-03 ライオン株式会社 Liquid softener composition

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06228880A (en) * 1993-02-01 1994-08-16 Kanebo Ltd Textile structure having fragrance
JP2003238375A (en) * 2002-02-08 2003-08-27 Ezaki Glico Co Ltd Perfume composition and cosmetic
US7980001B2 (en) * 2004-02-27 2011-07-19 The Procter & Gamble Company Fabric conditioning dispenser and methods of use
JP5101135B2 (en) * 2006-05-17 2012-12-19 ライオン株式会社 Antibacterial and deodorant compositions and antibacterial and deodorizing method using the same
WO2009036277A2 (en) * 2007-09-14 2009-03-19 The Procter & Gamble Company Compositions for treating fabric
JP2011130986A (en) * 2009-12-25 2011-07-07 Lion Corp Deodorant composition

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015101806A (en) 2015-06-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE60123811T3 (en) Fabric care compositions comprising cationic silicones and methods for their use
JP3560989B2 (en) Perfume composition
AU768906B2 (en) Fabric softening compositions
US6465419B1 (en) Esters derived from alkanolamines, dicarboxylic acids and fatty alcohols and the cationic surfactants obtainable therefrom
DE60111831T2 (en) Polymer compositions having a specific pH for improved delivery and stability of compositions and their use knittervermindernden
KR100824669B1 (en) Fabric care compositions for lipophilic fluid systems
JP5226782B2 (en) Fabric softening compositions and methods of use
CA2649837A1 (en) Perfume delivery systems for consumer goods
AU604203B2 (en) Mono-esters as fiber and fabric treatment compositions
CN101254157B (en) Preservative compositions
JPH08502522A (en) Perfuming method of fiber
EP2364186A2 (en) Photolabile fragrance storage substances
SK10542000A3 (en) Novel quaternary ammonium compounds, compositions containing them, and uses thereof
DE60121436T2 (en) Fabric softening composition with odor control agent
JP2003507449A (en) New amines and quaternary ammonium compounds consisting of ketones and aldehydes, and compositions containing them
JP4485055B2 (en) Fabric wrinkle inhibiting compositions and methods
CZ20022657A3 (en) Method for controlling wrinkledness of fabrics and composition for controlling fabric wrinkledness
DE102005043188A1 (en) Consumer products with changing smell pictures
DE102005043189A1 (en) Consumption products with fragrance diversity
US6465420B1 (en) Perfume compositions
Mishra Ester quats: the novel class of cationic fabric softeners
CN1332787A (en) Fabrid care composition and method
WO1997036978A1 (en) Betaine ester compounds of active alcohols
EP1948773B1 (en) Fragrant consumer products comprising oxidizing agents
CN101254159A (en) Sensitive skin perfumes

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160726

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170313

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170323

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170519

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170607

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170609

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6171200

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150