JP5897815B2 - Infusion pump - Google Patents

Infusion pump

Info

Publication number
JP5897815B2
JP5897815B2 JP2011093092A JP2011093092A JP5897815B2 JP 5897815 B2 JP5897815 B2 JP 5897815B2 JP 2011093092 A JP2011093092 A JP 2011093092A JP 2011093092 A JP2011093092 A JP 2011093092A JP 5897815 B2 JP5897815 B2 JP 5897815B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2011093092A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012223341A (en )
Inventor
智則 望月
智則 望月
朋子 上村
朋子 上村
Original Assignee
テルモ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、患者へ薬剤等を送液するための輸液ポンプに関する。 The present invention relates to an infusion pump for feeding a drug or the like to the patient.

輸液ポンプは、例えば集中治療室(ICU)等で使用されて、患者に対して薬剤の送液処置を、高い精度で比較的長時間行うことに用いられている。 Infusion pumps, for example, is used in such intensive care unit (ICU), a liquid feeding treatment agents to the patient, have been used to perform a relatively long period of time with high accuracy. 輸液ポンプは本体と開閉扉とを有している。 Infusion pump has a main body and door. 輸液ポンプの上には所定の薬剤バッグ(輸液バッグ)が配置され、本体と開閉扉との間には、薬剤バッグから下げた輸液チューブを挟みこんで、この輸液チューブを本体内に収容して開閉扉を閉じることで保持している。 On top of the infusion pump given medical bag (infusion bag) is disposed between the body and the door, by sandwiching the infusion tube was lowered from the drug bag, the infusion tube housed in the body It is held by closing the opening and closing door.
輸液ポンプの本体内では、定位置にセットされた輸液チューブの外周面が、本体内の複数のフィンガと開閉扉の内面との間に挟まれている。 In the body of the infusion pump, the outer peripheral surface of the infusion tube which is set in position is sandwiched between a plurality of fingers and door of the inner surface of the body. この輸液ポンプは、送液駆動部の複数のフィンガが個別駆動されることで、複数のフィンガが輸液チューブの外周面を長さ方向に沿って順次押圧して薬剤の送液を行う蠕動式輸液ポンプである(特許文献1を参照)。 The infusion pump, by a plurality of fingers of the liquid supply driving unit is individually driven, a peristaltic infusion in which a plurality of fingers sequentially pressed along the outer peripheral surface of the infusion tube in the longitudinal direction perform liquid delivery agent a pump (see Patent Document 1).

特許文献1に記載の輸液ポンプでは、輸液チューブを輸液ポンプの本体内において上から下に向けて垂直に通して保持している。 The infusion pump described in Patent Document 1, is held through vertically from top to bottom within the infusion tube of an infusion pump body.
これに対して、輸液チューブを輸液ポンプの本体内において水平方向に通して保持する輸液ポンプが提案されている。 In contrast, infusion pump holding through a horizontal direction within the infusion tube of an infusion pump body has been proposed. このように、輸液チューブを輸液ポンプの本体において水平方向に通して保持する構造を採用しようとするのは、輸液チューブが輸液ポンプの本体内を上から下に向けて垂直に通っている輸液ポンプとは異なり、複数の輸液ポンプを上下位置にスタックした状態で重ねて保持しても輸液チューブが邪魔にならないという利点があるからである。 Thus, to try to adopt a structure to hold through the horizontally infusion tube in the body of the infusion pump, infusion pump infusion tube is through vertically from top to bottom through the body of the infusion pump Unlike, because the infusion tube be held overlapped while the stack a plurality of infusion pumps in the vertical position is advantageous in that out of the way.

特開2010−200775号公報 JP 2010-200775 JP

ところで、特許文献1の輸液ポンプでは、輸液チューブを上下方向にセットするため、チューブの上流と下流を間違えてセットするおそれはない。 Incidentally, in the infusion pump of Patent Document 1, for setting the infusion tube in the vertical direction, a possibility of setting the wrong upstream and downstream of the tube is not.
しかし、輸液チューブを水平方向に通して保持する輸液ポンプでは、輸液チューブが輸液ポンプの本体において水平方向にセットされるので、医療従事者(使用者)が輸液チューブの上流側と下流側とを間違えて輸液ポンプの本体に対して水平方向に沿って逆方向にセットする可能性がある。 However, the infusion pump to hold through the infusion tube in a horizontal direction, since the infusion tube is set in the horizontal direction in the main body of the infusion pump, medical personnel (users) has an upstream side and a downstream side of the infusion tube it may be set in the opposite direction along the horizontal direction with respect to the main body of the infusion pump by mistake.
例えば、輸液ポンプの本体に対して向かって右側部分に輸液チューブの上流側が配置され、輸液ポンプの本体に対して向かって左側部分に輸液チューブの下流側が配置されるように予め決められている場合には、輸液チューブの上流側を輸液ポンプの本体の右側部分に配置し、輸液チューブの下流側を輸液ポンプの本体の左側部分に配置すれば、送液駆動部が駆動することで、薬剤が上流側から下流側に向かって予め定めた送液方向に沿って送液でき、患者に対して正しく送液できる。 For example, the upstream side of the infusion tube is disposed on the right side portion with respect to the main body of the infusion pump, if predetermined to the downstream side of the infusion tube to the left side portion relative to the body of the infusion pump is disposed to the upstream side of the infusion tube is disposed on the right side portion of the body of the infusion pump, by arranging the downstream side of the infusion tube in the left portion of the body of the infusion pump, by feeding driving unit is driven, drug from the upstream side to the downstream side can liquid feed along the predetermined feeding direction, correctly feeding to the patient.

しかし、医療従事者が、誤って輸液チューブを本体に対して逆方向に配置してしまい、輸液チューブの上流側を輸液ポンプの本体の左側部分に配置し、輸液チューブの下流側を輸液ポンプの本体の右側部分に配置してしまうと、薬剤は正しい方向とは逆の方向に送液されてしまうので、薬剤が患者に対して正しく送液することができない。 However, medical personnel, incorrectly will be placed in the opposite direction to the infusion tube relative to the body, the upstream side of the infusion tube located in the left portion of the body of the infusion pump, downstream of the infusion tube of an infusion pump When thus placed on the right side portion of the body, since the drug would be fed in the opposite direction to the right direction, it is impossible drugs correctly feeding to the patient.
そこで、本発明は、医療従事者が、輸液チューブを装着する場合に輸液チューブの装着方向を誤ってしまうことを目視で容易に確認することができるようにし、薬剤を輸液チューブの上流側から下流側に向かって予め定めた送液方向に沿って正しく送液することができる輸液ポンプを提供することを目的とする。 The present invention, medical personnel, downstream that would erroneously mounting direction of the infusion tube to be able to easily visually confirmed, the drug from the upstream side of the infusion tube when mounting the infusion tube and to provide an infusion pump capable of correctly feeding along the feeding direction a predetermined towards the side.

本発明の輸液ポンプは、薬剤バッグの薬剤を患者に輸液する輸液チューブを横方向に装着するチューブ装着部と、前記輸液チューブを前記横方向に装着した状態で、前記輸液チューブに蠕動運動を与えて前記薬剤を前記横方向に沿って予め定めてある送液方向に送液するための送液駆動部とを有し、前記チューブ装着部には、前記輸液チューブ内に生じる気泡を検出する気泡センサと、前記輸液チューブの閉塞状態を検出する下流側閉塞センサと、前記輸液チューブが前記送液方向とは逆方向に装着された状態で、前記送液駆動部を駆動して前記輸液チューブ内に前記薬剤を満たすプライミングを行った場合に、前記気泡センサが前記輸液チューブ内に前記気泡を検出したことを示す気泡検出信号と、前記輸液チューブの内圧が上昇したこと Infusion pump of the present invention includes a tube attachment section for attaching the infusion tube to the infusion of a medicament medical bag to the patient in the lateral direction, while wearing the infusion tube in the lateral direction, provides a peristaltic motion to the infusion tube the agent and a liquid feed driving unit for feeding the liquid sending direction that is defined in advance along the transverse direction Te, the tube attachment section, the bubble detecting air bubbles occurring in the infusion tube a sensor, a downstream occlusion sensor for detecting the closed state of the infusion tube, wherein the infusion tube is in a state of being mounted in a direction opposite to the feeding direction, the infusion tube by driving the liquid feeding drive unit when said agents were primed satisfying, a bubble detection signal indicating that the bubble sensor detects the air bubbles in the infusion tube, the internal pressure of the infusion tube is increased to 示す前記下流閉塞センサからの下流閉塞信号と、に基づいて、前記輸液チューブが前記送液方向とは逆方向に設定されたことを判別する制御部と、を有することを特徴とする。 And downstream occlusion signal from said downstream occlusion sensor shown, based on the infusion tube and having a control unit for determining that the said feeding direction is set in the reverse direction.
上記構成によれば、送液駆動部を駆動して輸液チューブ内に薬剤を満たすプライミングを行った場合に、制御部は、気泡検出信号(S1)と下流閉塞信号(S3)に基づいて、輸液チューブが送液方向とは逆方向に設定されたことを判別するので、その後誤って薬剤が逆方向に送液されるのを防ぐことができる。 According to the above configuration, when performing priming satisfying drug infusion tube by driving the feeding driving unit, the controller, on the basis of the downstream occlusion signal (S3) and the bubble detection signal (S1), infusion since the tube is determined that the feeding direction is set in the reverse direction, it can then accidentally prevent drug is fed in the reverse direction.

本発明の輸液ポンプは、また、薬剤バッグの薬剤を患者に輸液する輸液チューブを横方向に装着するチューブ装着部と、前記輸液チューブを前記横方向に装着した状態で、前記輸液チューブに蠕動運動を与えて前記薬剤を前記横方向に沿って予め定めてある送液方向に送液するための送液駆動部とを有し、前記チューブ装着部には、前記輸液チューブ内に生じる気泡を検出する気泡センサと、前記輸液チューブの閉塞状態を検出する下流側閉塞センサと、前記輸液チューブが前記送液方向とは逆方向に設定された状態で、前記薬液バッグと前記送液駆動部の間の前記輸液チューブのクランプを開放して前記薬液バッグから前記輸液チューブ内に前記薬剤を満たして患者に対して送液するプライミングを行った場合に、前記輸液チューブの内圧 Infusion pump of the present invention, also, a tube attachment section for attaching the infusion tube to the infusion of a medicament medical bag to the patient in the lateral direction, while wearing the infusion tube in the lateral direction, peristaltic motion to the infusion tube and a liquid feed driving unit for feeding the agent to the liquid sending direction that is defined in advance along the transverse direction given to the tube attachment section, detects a bubble generated in said infusion tube a bubble sensor, a downstream occlusion sensor for detecting the closed state of the infusion tube, in a state in which the infusion tube and the liquid feeding direction are set in the opposite direction, between the liquid feed driving unit and the medical bag wherein the clamping of the infusion tube from the open to the medical bag meets the drug into the infusion tube when performing priming for feeding to the patient, the internal pressure of the infusion tube 上昇したことを示す前記下流閉塞センサからの下流閉塞信号に基づいて、前記輸液チューブが前記送液方向とは逆方向に設定されたことを判別する制御部と を有することを特徴とする。 Based on the downstream occlusion signal from said downstream occlusion sensor which indicates that elevated, the infusion tube and having a control unit for determining that the said feeding direction is set in the reverse direction.
上記構成によれば、クランプを開放してプライミングを行った場合に、制御部は、下流閉塞信号(S3)に基づいて、輸液チューブが送液方向とは逆方向に設定されたことを判別するので、その後誤って薬剤が逆方向に送液されるのを防ぐことができる。 According to the above configuration, when performing priming to open the clamp, the controller, on the basis of the downstream occlusion signal (S3), the infusion tube to the liquid feed direction is determined to have been set in the opposite direction because, it can then accidentally prevent drug is fed in the reverse direction.

好ましくは、前記送液方向とは逆方向に前記輸液チューブが装着されたことを前記制御部が判別した場合には、前記制御部の指令により警告を発生する警告手段を有することを特徴とする。 Preferably, it said feeding direction when the control unit that the infusion tube in the opposite direction is attached has determined is characterized in that it comprises alarm means for generating an alarm in response to a command of the control unit .

上記構成によれば、医療従事者が輸液チューブをチューブ装着部に対して誤って送液方向とは逆方向に設定してしまった場合には、警告手段が警告を発することで、医療従事者に輸液チューブの設定の誤りを知らせることができるので、医療従事者は適切な処置が図れる。 According to the above arrangement, when a health care worker inadvertently selected in a direction opposite to the incorrectly liquid delivery direction infusion tube relative to the tube attachment section, by warning means to warn medical personnel it is possible to notify an error in setting the infusion tube, medical personnel attained appropriate action.

本発明は、医療従事者が、輸液チューブを装着する場合に輸液チューブの装着方向を誤ってしまうことを防止して、薬剤を輸液チューブの上流側から下流側に向かって予め定めた送液方向に沿って正しく送液することができる輸液ポンプを提供することができる。 The present invention, the liquid sending direction a health care worker, and prevented from being erroneously mounting direction of the infusion tube when mounting the infusion tube, a predetermined medicament from an upstream side of the infusion tube toward the downstream side it is possible to provide an infusion pump capable of correctly feeding along. また、医療従事者が、輸液チューブを装着する場合に輸液チューブの装着方向を誤ってしまうことを目視により防止できる輸液ポンプを提供することができる。 Also, medical personnel, it is possible to provide an infusion pump capable of preventing visually that would erroneously mounting direction of the infusion tube when mounting the infusion tube.

本発明の輸液ポンプの好ましい実施形態を示す斜視図。 Perspective view of a preferred embodiment of the infusion pump of the present invention. 図1に示す輸液ポンプをW方向から見た斜視図。 Perspective view of an infusion pump from the W direction shown in FIG. 図1と図2に示す輸液ポンプの開閉カバーを開いて輸液チューブを装着するためのチューブ装着部を示す斜視図。 1 and a perspective view showing a tube mounting portion for mounting the infusion tube by opening the cover of the infusion pump shown in FIG. 図3に示す輸液ポンプをV方向から見た正面図。 A front view of the infusion pump from the V direction shown in FIG. 輸液ポンプの電気的な構成例を示す図。 It shows an electrical configuration example of an infusion pump. 輸液ポンプと、薬剤バッグと、輸液ポンプに対して正しい送液方向に沿って配置された輸液チューブを示す図。 It illustrates the infusion pump, and the drug bag, an infusion tube disposed along the right liquid feeding direction with respect to the infusion pump. 図7(A)は、輸液チューブが輸液ポンプに対して正しい方向であるT方向に沿ってセットされた状態を示し、図7(B)は、輸液チューブが輸液ポンプに対して誤った方向であるN方向に沿ってセットされた状態を示す図。 Figure 7 (A) shows a state in which the infusion tube is set along the correct direction T direction relative infusion pump, FIG. 7 (B), in the direction of the infusion tube is incorrect relative to the infusion pump It shows a set state along a direction N. 図8(A)は、輸液チューブが患者に対して接続される前のプライミング状態を示し、図8(B)は、輸液チューブが患者に対して薬剤が送液されている状態を示し、図8(A)と図8(B)のいずれの場合も、輸液チューブはチューブ装着部に対して誤った方向であるN方向にセットされてしまっている状態を示している図。 Figure 8 (A) shows the priming state before the infusion tube is connected to a patient, FIG. 8 (B) shows a state in which the infusion tube drug is fed to a patient, FIG. for both 8 (a) and FIG. 8 (B), the infusion tube shows a state in which they've been set to N direction is the wrong direction to the tube attachment section FIG. 図9(A)は、図7(A)に示すように輸液チューブが正しい方向であるT方向(順方向)に沿ってセットされている場合の輸液ラインの閉塞状況と、上流閉塞センサと下流閉塞センサの検出内容例を示し、図9(B)は、図7(B)に示すように輸液チューブが誤った方向であるN方向(逆方向)に沿ってセットされている場合の輸液ラインの閉塞状況と、上流閉塞センサと下流閉塞センサの検出内容例を示す図。 9 (A) is a closing status of the infusion line when set along the T direction in the infusion tube is correct, as shown in FIG. 7 (A) (forward), upstream occlusion sensor and the downstream shows the detection example of the contents of occlusion sensor, FIG. 9 (B), the infusion line when set along the direction N (reverse direction) infusion tube in the wrong direction as shown in FIG. 7 (B) It shows a closing condition of the detection content example of an upstream occlusion sensor and the downstream occlusion sensor. 輸液ポンプの動作例を示すフローを示す図。 It shows a flow showing an example of the operation of the infusion pump. 図5の表示部に表示される警告メッセージの例を示す図。 It shows an example of a warning message displayed on the display unit of FIG. 図1と図2に示す複数台の輸液ポンプを、輸液スタンドに搭載した例を示す図。 Shows a plurality of infusion pump shown in FIGS. 1 and 2, an example of mounting the infusion stand.

以下に、本発明の好ましい実施形態を、図面を参照して詳しく説明する。 Hereinafter, a preferred embodiment of the present invention will be described in detail with reference to the drawings.
尚、以下に述べる実施の形態は、本発明の好適な具体例であるから、技術的に好ましい種々の限定が付されているが、本発明の範囲は、以下の説明において特に本発明を限定する旨の記載がない限り、これらの態様に限られるものではない。 Note that the embodiments to be described below are preferred specific examples of the present invention, various technically preferable limitations are imposed, the scope of the present invention, particularly limit the present invention in the following description unless there are descriptions of, not limited to these embodiments.
図1は、本発明の輸液ポンプの好ましい実施形態を示す斜視図である。 Figure 1 is a perspective view showing a preferred embodiment of the infusion pump of the present invention. 図2は、図1に示す輸液ポンプをW方向から見た斜視図である。 Figure 2 is a perspective view of the infusion pump from W direction shown in FIG.

図1と図2に示す輸液ポンプ1は、例えば集中治療室(ICU、CCU,NICU)等で使用され、患者に対して、例えば抗がん剤、麻酔剤、化学療法剤、輸血等、栄養剤等の薬剤の注入を、1〜999mL/h(1時間あたりの注入量、即ち注入速度),1〜9999mL(予定注入量)程度の範囲で、±2%以内の精度で比較的長時間行うことに用いられる注入ポンプである。 Infusion pump 1 shown in Figures 1 and 2, for example, intensive care (ICU, CCU, NICU) is used in such, to the patient, for example, anticancer agents, anesthetics, chemotherapeutic agents, transfusion and the like, Nutrition the injection of the drug agent, 1~999mL / h (1 hour per injection volume, i.e., infusion rate), 1~9999ML in the range of (planned injection volume) about a relatively long time within ± 2% accuracy a infusion pump used to be carried out. この輸液ポンプ1は、例えば薬剤ライブラリから使用する薬剤を選択して、その選択した薬剤を送液するために用いられる場合がある。 The infusion pump 1, for example, selecting an agent to be used from the drug library, which may be used for sending the selected drug. この薬剤ライブラリは、薬剤ライブラリデータベース(DB)において、予め登録された薬剤名を含む薬剤の投与設定群である薬剤情報である。 The drug library is in the drug library database (DB), a medicine information is the administration set group of drugs including preregistered drug name. 医療従事者は、この薬剤ライブラリを用いることにより、複雑な投与設定をその都度行わなくても良く、薬剤の選択および薬剤の設定が図れる。 Medical practitioner, this by using a drug library may complicated administration set even without each time, drug selection and drug settings can be achieved.

図2に示すように、輸液ポンプ1は、薬剤171を充填した薬剤バッグ170から、輸液チューブ200と留置針172を介して、患者Pに対して正確に送液することができる。 As shown in FIG. 2, the infusion pump 1, from the drug bag 170 filled with a drug 171 through the infusion tube 200 and the indwelling needle 172, it is possible to accurately feeding to the patient P. 薬剤は輸液剤ともいう。 The drug is also referred to as an infusion agent. 輸液チューブは輸液ラインともいう。 Infusion tube is also referred to as an infusion line.
輸液ポンプ1は、本体カバー2と取手2Tを有し、この本体カバー2は耐薬品性を有する成型樹脂材料により一体成型されており、仮に薬剤等がかかっても輸液ポンプ1の内部に侵入するのを防ぐことができる防沫処理構造を有している。 Infusion pump 1 has a main body cover 2 and the handle 2T, the body cover 2 is integrally molded by molding resin material having chemical resistance, even if the drug or the like takes entering the interior of the infusion pump 1 and a splash-proof arrangement structure can be prevented from. このように、本体カバー2が防沫処理構造を有しているのは、上方に配置されている薬剤バッグ170内の薬剤171がこぼれ落ちたり、周辺で用いる消毒液等が飛散して付着することがあるためである。 Thus, the body cover 2 has a splash-proof processing structure, the or spillage drug 171 in the drug bag 170 is disposed above, disinfectant solution and the like used in the periphery are adhered to scatter This is because there is.

まず、輸液ポンプ1の本体カバー2に配置された要素について説明する。 First, a description will be given positioned elements in the body cover 2 of the infusion pump 1.
図1と図2に示すように、本体カバー2の上部分2Aには、表示部3と、操作パネル部4が配置されている。 As shown in FIGS. 1 and 2, the upper portion 2A of the cover 2, a display unit 3, the operation panel 4 is disposed. 表示部3は、画像表示装置であり、例えばカラー液晶表示装置を用いている。 The display unit 3, an image display device, for example, a color liquid crystal display device. 表示部3は、本体カバー2の上部分2Aの左上位置であって、開閉カバー5の上側に配置されている。 Display unit 3 is a top left position of the upper portion 2A of the cover 2, it is arranged on the upper side of the cover 5.
図2では、表示部3には、一例として薬剤投与の予定注入量(mL)の表示欄3B、薬剤投与の積算量(mL)の表示欄3C、充電履歴の表示欄3D、注入速度(mL/h)の表示欄3E等が表示されているが、図1に示す表示部3ではこれらの表示内容の図示は、図面の簡単化のために省略している。 In Figure 2, the display unit 3, a display column 3B of the planned injection amount of the drug administered as an example (mL), display column 3C of the integrated amount of drug administration (mL), display field 3D charging history, infusion rate (mL / h) but display column 3E, etc. are displayed in the illustration of the display contents of the display unit 3 shown in FIG. 1 is omitted for simplification of the drawing. 表示部3は、この他に図11に示すような警告メッセージ300,301,302を表示することもできる。 Display unit 3 may also display a warning message 300, 301 and 302 as shown in FIG. 11 In addition.
操作パネル部4は、本体カバー2の上部分2Aにおいて表示部3の右側に配置され、操作パネル部4には、操作ボタンとしては、図示例では、例えば電源スイッチボタン4A、早送りスイッチボタン4B、開始スイッチボタン4C、停止スイッチボタン4D、メニュー選択ボタン4E等が配置されている。 The operation panel unit 4 is disposed on the right side of the display unit 3 in the upper part 2A of the cover 2, the operation panel 4, as the operation button, in the illustrated example, for example, a power switch button 4A, fast forward switch button 4B, start switch button 4C, stop switch button 4D, it is arranged menu selection buttons 4E like.

図1に示すように、本体カバー2の下部分2Bには、開閉カバー5が回転軸5Aを中心として、R方向に開閉可能に設けられている。 As shown in FIG. 1, the lower part 2B of the cover 2, the cover 5 is about the axis of rotation 5A, is provided so as to be opened and closed in R direction. 開閉カバー5はX方向に沿って長く形成されている蓋であり、開閉カバー5の内面側には、例えば軟質塩化ビニル等の可撓性の熱可塑性樹脂製の輸液チューブ200を挟むことで、X方向に沿って水平に装着できるようになっている。 The cover 5 is a cover which is formed to extend in an X direction, on the inner surface side of the cover 5, by for example sandwich the thermoplastic resin of the infusion tube 200 of a flexible soft vinyl chloride, It has to be mounted horizontally along the X direction.
図2に示すように、開閉カバー5の表面には、輸液チューブ200をセットする際に、正しい送液方向であるT方向を明確に表示するための輸液チューブ設定方向表示部150が設けられている。 As shown in FIG. 2, on the surface of the cover 5, in setting the infusion tube 200, and infusion tube set direction display unit 150 is provided to clearly display the T direction is the right solution sending direction there. 輸液チューブ設定方向表示部150は、薬剤バッグ側を表示する薬剤バッグ表示部151と、患者側を表示する患者側表示部152と、薬剤の送液方向を明示する送液方向表示部153を有する。 Infusion tube set direction displaying unit 150 includes a medical bag display unit 151 for displaying the medical bag side and the patient side display unit 152 for displaying the patient, the feeding direction display unit 153 to clearly show the liquid sending direction of the drug .

これらの薬剤バッグ表示部151と患者側表示部152と送液方向表示部153は、例えばシール材に印刷されたものであり、これらの薬剤バッグ表示部151と患者側表示部152と送液方向表示部153は、開閉カバー5の表面のチューブ装着部50に対応する位置に貼り付けられている。 These medical bag display unit 151 and the patient-side display unit 152 and the liquid sending direction display unit 153 is, for example, which has been printed on the sealing material, liquid sending direction and these medical bag display unit 151 and the patient-side display unit 152 display unit 153 is affixed to a position corresponding to the tube attachment portion 50 of the surface of the cover 5. さらに、チューブ装着部50の適所に薬剤バッグ表示部151と患者側表示部152と同様の内容の小さな表示部を貼り付けてもよい。 Further, it may be attached a small display unit of the same content as the medical bag display unit 151 and the patient-side display unit 152 in place of the tube attachment section 50. こうすることで、輸液チューブ200が装着される時、チューブ装着部50への装着方向が正しいか否か直ぐに分かる。 In this way, when the infusion tube 200 is attached, immediately apparent whether the mounting direction of the tube attachment section 50 is correct.
図2に示すように、薬剤バッグ表示部151は、輸液チューブ200の薬剤バッグ170側が開閉カバー5において向かって右側部分にくることを目視で確認するために配置され、患者側表示部152は、輸液チューブ200の患者P側が開閉カバー5において向かって左側部分に位置されることを目視で確認するために配置されている。 As shown in FIG. 2, the medical bag display unit 151, medical bag 170 side of the infusion tube 200 is disposed to visually check that comes on the right side portion in the cover 5, the patient-side display unit 152, patient P side of the infusion tube 200 is disposed to visually check that it is positioned on the left side portion in the cover 5. そして、送液方向表示部153は、開閉カバー5の内側にセットされた輸液チューブ200による薬剤171の正しい方向の送液方向(T方向)を明示するために配置されており、薬剤バッグ表示部151から患者側表示部152に向かっているT方向に沿った矢印である。 Then, the liquid sending direction display unit 153 is arranged in order to demonstrate the correct direction of the feeding direction of the drug 171 by infusion tube 200 which is set inside the cover 5 (T direction), the medical bag display unit 151 is a arrow along the T direction which is towards the patient side display unit 152 from. 薬剤バッグ側を表示する薬剤バッグ表示部151と、患者側を表示する患者側表示部152は、いずれも少なくとも文字で表記され、好ましくは、文字及び図柄で示されている。 A medical bag display unit 151 for displaying the medical bag side, the patient-side display unit 152 for displaying the patient are both expressed in at least characters, preferably, are indicated by characters and symbols. このため、医療従事者の輸液チューブ設定方向の間違いを防止できる。 This prevents the infusion tube set direction of medical personnel mistake.
なお、図1と図2におけるX方向、Y方向、Z方向は互いに直交しており、Z方向は上下方向である。 Incidentally, X direction in FIG. 1 and FIG. 2, Y directions are orthogonal to the Z direction from each other, Z direction is the vertical direction. X方向はT方向と平行であり輸液ポンプ1の左右方向で、Y方向は輸液ポンプ1の前後方向である。 X direction in the lateral direction of the infusion pump 1 is parallel to the T direction, Y direction is the longitudinal direction of the infusion pump 1.

図3は、図1と図2に示す輸液ポンプ1の開閉カバー5を開いて、輸液チューブ200を装着するためのチューブ装着部50を示す斜視図である。 Figure 3 is a perspective view showing a tube attachment portion 50 for opening the cover 5 of the infusion pump 1 shown in FIGS. 1 and 2, mounting the infusion tube 200. 図4は、図3に示す輸液ポンプ1をV方向から見た正面図である。 Figure 4 is a front view of the infusion pump 1 shown in FIG. 3 from the V direction.
図3と図4に示すように、チューブ装着部50は、輸液ポンプ1の本体部1B側に設けられており、チューブ装着部50は、表示部3と操作パネル部4の下部においてX方向に沿って設けられている。 As shown in FIGS. 3 and 4, the tube mounting portion 50 is provided on the body portion 1B side of the infusion pump 1, the tube mounting portion 50, in the X-direction in the lower part of the display section 3 and the operation panel section 4 along it is provided. チューブ装着部50は、図2に示すように開閉カバー5を閉じると開閉カバー5により覆うことができる。 Tube attachment portion 50 may be covered by closing the cover 5 of the cover 5 as shown in FIG.
図3と図4に示すように、チューブ装着部50は、気泡センサ51と、上流閉塞センサ52と、下流閉塞センサ53と、第1輸液チューブガイド部54と第2輸液チューブガイド部55と、開閉カバー5を有している。 As shown in FIGS. 3 and 4, the tube mounting portion 50 includes a bubble sensor 51, an upstream occlusion sensor 52, a downstream occlusion sensor 53, a first infusion tube guide portion 54 and the second infusion tube guide portion 55, and a cover 5. 開閉カバー5の内側には、輸液チューブ押さえ部材5Cと係合部材5D、5Eが設けられている。 Inside the cover 5, the infusion tube pressing member 5C and the engaging member 5D, 5E are provided.
輸液チューブ押さえ部材5Cは、X方向に沿って、長く矩形状かつ面状の突出部として配置されて送液駆動部60に対面する位置にある。 Infusion tube pressing member 5C along the X direction, in a position facing the long rectangular and planar in has been liquid feed driving unit 60 arranged as protrusions. 係合部材5D、5Eは、係合部材5D、5Eに連動するレバー5Fを操作することで、本体部1B側のはめ込み部分1D、1Eに対してそれぞれはまり込むことにより、開閉カバー5が本体部1Bのチューブ装着部50を閉鎖することができる。 Engaging members 5D, 5E, by operating the lever 5F interlocked with the engagement member 5D, 5E, the body portion 1B side of the fitting portion 1D, by fit respectively 1E, the open-close cover 5 is the body part it can be closed tube attachment portion 50 of 1B.

図4に示すように、第1輸液チューブガイド部54は、本体部1Bおいて向かって右側部分に設けられ、第2輸液チューブガイド部55は、本体部1Bにおいて向かって左側部分に設けられている。 As shown in FIG. 4, the first infusion tube guide portion 54, provided on the body portion 1B Oite right side portion, the second infusion tube guide portion 55 is provided on the left side portion in the body portion 1B there. 第1輸液チューブガイド部54は、輸液チューブ200の上流側200Aをはめ込むことで保持でき、第2輸液チューブガイド部55は、輸液チューブ200の下流側200Bをはめ込むことで保持でき、輸液チューブ200をX方向に沿って水平方向に保持するようになっている。 The first infusion tube guide portion 54, can be held by fitting the upstream side 200A of the infusion tube 200, the second infusion tube guide section 55 can hold by fitting the downstream side 200B of the infusion tube 200, infusion tube 200 It adapted to hold in the horizontal direction along the X-direction. このように、水平方向に正しい方向で装着(セット)された輸液チューブ200は、図4において、右から気泡センサ51、上流閉塞センサ52、送液駆動部60、下流閉塞センサ53に対して順に配置されるようになっている。 Thus, infusion tube 200 which is mounted in the correct direction in the horizontal direction (set) in FIG. 4, the bubble sensor 51 from the right, the upstream occlusion sensor 52, liquid supply driving unit 60, in this order with respect to the downstream occlusion sensor 53 It is adapted to be disposed.
本体部1Bでは、第1輸液チューブガイド部54と第2輸液チューブガイド部55の間において、T方向(X方向と平行)に沿って、気泡センサ51、上流閉塞センサ52、送液駆動部60、下流閉塞センサ53が、順番に配置されている。 The main body portion 1B, between the first infusion tube guide portion 54 of the second infusion tube guide portion 55, along the T direction (X-direction and parallel), the bubble sensor 51, an upstream occlusion sensor 52, liquid supply driving unit 60 , the downstream occlusion sensor 53 are arranged in order. 送液駆動部60は、上流閉塞センサ52と下流閉塞センサ53の間に配置されている。 Feeding driving unit 60 is disposed between the upstream occlusion sensor 52 and a downstream occlusion sensor 53.

図4に示す気泡センサ51は、輸液チューブ200内に生じる気泡(空気)を検出するセンサであり、例えば気泡センサ51は、軟質塩化ビニル製などの輸液チューブ200の外側から、輸液チューブ200内に流れる薬剤中に含まれる気泡を監視する超音波センサである。 Bubble sensor 51 shown in FIG. 4 is a sensor for detecting the air bubbles (air) generated in the infusion tube 200, for example, the bubble sensor 51, from the outside of the infusion tube 200, such as made of soft vinyl chloride, the infusion tube 200 an ultrasonic sensor for monitoring the air bubbles contained in the drug flow. 超音波センサの発信部から発生する超音波を輸液チューブ200内に流れる薬剤に当てることで、超音波の薬剤における透過率と超音波の気泡における透過率が異なることから、超音波センサの受信部は、その透過率の差を検出して気泡の有無を監視する。 By applying the agents flowing through the ultrasonic wave generated from the transmitting portion of the ultrasonic sensor to the infusion tube 200, since the transmittance in the transmittance and the ultrasonic bubble in the ultrasonic drug is different, the receiving portion of the ultrasonic sensor monitors the presence or absence of bubbles by detecting the difference in the transmittance.
図4に示す上流閉塞センサ52は、輸液チューブ200の上流側200Aにおいて輸液チューブ200内が閉塞しているかどうかを検出するセンサであり、下流閉塞センサ53は、輸液チューブ200の下流側200Bにおいて輸液チューブ200内が閉塞しているかどうかを検出するセンサである。 Upstream occlusion sensor 52 shown in FIG. 4 is a sensor infusion tube 200 in the upstream side 200A of the infusion tube 200 detects whether the occlusion, the downstream occlusion sensor 53, an infusion downstream 200B of the infusion tube 200 tube 200 is a sensor for detecting whether the closure. 上流閉塞センサ52と下流閉塞センサ53としては、例えば発光部と受光部を組み合わせたフォトカプラ等を用いることができ、発光部から光を輸液チューブ200に照射してその光を受光部により受けることにより、輸液チューブ200内が閉塞されたことを検出することができる。 The upstream occlusion sensor 52 and a downstream occlusion sensor 53, for example, a light emitting portion and the light receiving unit can be used in combination with a photo-coupler or the like, to receive the light by the light receiving unit by irradiating light to the infusion tube 200 from the light emitting portion Accordingly, it is possible to detect that the infusion tube 200 is closed.

図5は、輸液ポンプ1の電気的な構成例を示している。 Figure 5 shows an example of the electrical construction of the infusion pump 1.
図5に示すように、送液駆動部60は、後で説明するが、駆動モータ61と、この駆動モータ61により回転駆動される複数個のカムを有するカム構造体62と、このカム構造体62の各カムにより移動される複数のフィンガを有するフィンガ構造体63を有している。 As shown in FIG. 5, liquid supply driving unit 60 is described later, a drive motor 61, the cam structure 62 having a plurality of cam driven to rotate by the driving motor 61, the cam structure It has a finger structure 63 having a plurality of fingers which are moved by 62 each cam.
カム構造体62は、複数のカム、例えば6個のカム62A〜62Fを有しており、フィンガ構造体63は、6個のカム62A〜62Fに対応して6個のフィンガ63A〜63Fを有している。 Cam structure 62 has a plurality of cams, for example, has six cams 62a to 62f, the finger structure 63, have a six fingers 63A~63F corresponding to the six cams 62a to 62f are doing. 6個のカム62A〜62Fは互いに位相差を付けて配列されており、カム構造体62は、駆動モータ61の出力軸61Aに連結されている。 Six cam 62A~62F are arranged with a phase difference from each other, the cam structure 62 is coupled to an output shaft 61A of the drive motor 61.

図5に示す制御部100の指令により、駆動モータ61の出力軸が回転すると、6個のフィンガ63A〜63Fが順番にY方向に所定ストローク分進退することで、輸液チューブ200はT方向に沿って開閉カバー5の輸液チューブ押さえ部材5Cに対して押し付けられることから、輸液チューブ200内の薬剤を、T方向に送液することができるようになっている。 In response to a command from the controller 100 shown in FIG. 5, when the output shaft of the drive motor 61 is rotated, by six fingers 63A~63F moves forward and backward a predetermined stroke in the Y direction in order, the infusion tube 200 along the T direction since the pressed against the infusion tube pressing member 5C of the cover 5 Te, a drug infusion tube 200, so that it can be sent to the T direction. すなわち、複数のフィンガ63A〜63Fが個別駆動されることで、複数のフィンガ63A〜63Fが輸液チューブ200の外周面をT方向に沿って順次突出することで押圧して輸液チューブ200内の薬剤の送液を行う。 That is, a plurality of fingers 63A~63F are individually driven, drug infusion tube 200 is pressed by a plurality of fingers 63A~63F is sequentially projects along the outer peripheral surface of the infusion tube 200 in the direction T performing a liquid feed. 複数のフィンガ63A〜63Fの蠕動運動を制御することにより、フィンガ63A〜63Fを順次前後進させ、あたかも波動が進行するようにして、輸液チューブ200の閉塞点をT方向に移動させることで、輸液チューブ200をしごいて薬剤を移送する。 By controlling the peristaltic movement of a plurality of fingers 63a to 63f, the fingers 63a to 63f are sequentially forward and backward, as if as the wave progresses, the closure point of the infusion tube 200 is moved in the T direction, infusion It squeezes the tube 200 to transport the drug.

図5に示すように、輸液ポンプ1は、全体的な動作の制御を行う制御部(コンピュータ)100を有している。 As shown in FIG. 5, the infusion pump 1 has a controller (computer) 100 for controlling the overall operation. この制御部100は、例えばワンチップのマイクロコンピュータであり、ROM(読み出し専用メモリ)101,RAM(ランダムアクセスメモリ)102、不揮発性メモリ103、そしてクロック104を有する。 The control unit 100 is, for example, a one-chip microcomputer having a ROM (read only memory) 101, RAM (Random Access Memory) 102, nonvolatile memory 103 and clock 104,. クロック104は、所定の操作により現在時刻の修正ができ、現在時刻の取得や、所定の送液作業の経過時間の計測、送液の速度制御の基準時間の計測等ができる。 Clock 104 can modify the current time by a predetermined operation, acquisition of the current time, measurement of the elapsed time of a predetermined liquid transfer operations, it is measured, such as the reference time for speed control of the liquid feed.

図5に示す制御部100は、電源スイッチボタン4Aと、スイッチ111が接続されている。 Control unit 100 shown in FIG. 5, and a power switch button 4A, the switch 111 is connected. スイッチ111は、電源コンバータ部112と例えばリチウムイオン電池のような充電池113を切り換えることで、電源コンバータ部112と充電池113のいずれかから制御部100に電源供給する。 Switch 111, by switching a power converter section 112 for example a rechargeable battery 113 such as lithium-ion batteries, the power supply to the control unit 100 from either of the power supply converter 112 and the battery 113. 電源コンバータ部112は、コンセント114を介して商用交流電源115に接続されている。 Power converter unit 112 is connected to a commercial AC power source 115 through the outlet 114.

図5に示す送液駆動部60の駆動モータ61の出力軸61Aが制御部100の指令により回転され、複数のフィンガ63A〜63Fの蠕動運動をさせることにより、輸液チューブ200をしごいて薬剤をT方向に移送する。 The output shaft 61A of the driving motor 61 of the liquid feed driving unit 60 shown in FIG. 5 is rotated by a command of the control unit 100, by peristalsis of the plurality of fingers 63a to 63f, the drug squeezing the infusion tube 200 It is transferred to the T direction.
図6は、輸液ポンプ1と、薬剤バッグ170と、輸液ポンプ1に対して正しい送液方向であるT方向に沿ってセットされた輸液チューブ200を示している。 6, the infusion pump 1, a medical bag 170 shows a transfusion tube 200 which is set along the T direction is the right solution sending direction to the infusion pump 1.
図6に示すように、輸液チューブ200の一端部はクランプ(クランプ部材)179を介して薬剤バッグ170に接続され、輸液チューブ200の他端部は患者P側の留置針172に接続される。 As shown in FIG. 6, one end of the infusion tube 200 is connected to the drug bag 170 through the clamp (clamp member) 179, the other end of the infusion tube 200 is connected to the indwelling needle 172 of the patient P side. 薬剤バッグ170内の薬剤171は、送液駆動部60の駆動により、輸液チューブ200と留置針172を通じて正しい方向であるT方向に送液されることで患者Pに投与されるようになっている。 Agent 171 in the medicine bag 170 is driven by the liquid supply driving unit 60 is adapted to be administered to the patient P by being sent to the T direction is the right direction through the infusion tube 200 and the indwelling needle 172 .

図5に戻ると、表示部ドライバ130は、制御部100の指令により表示部3を駆動して、図2に例示する情報内容や図11に示す警告メッセージ300〜302等を表示する。 Returning to FIG. 5, the display unit driver 130 drives the display unit 3 in response to a command from the controller 100 to display a warning message 300-302 for indicating the information content and 11 illustrated in FIG. スピーカ131は、制御部100の指令により各種の警報内容を音声により告知することができる。 Speaker 131, various warning contents in response to a command from the controller 100 may be notified by voice. ブザー132は、制御部100の指令により各種の警報を音により告知することができる。 The buzzer 132 may be notified by sound various alarms in response to a command from the controller 100. スピーカ131は、輸液チューブ200が誤った方向であるN方向(逆方向)にセットされた場合に、医療従事者に対して音声により警告を発する警告手段の一例である。 Speaker 131, when it is set in the N direction infusion tube 200 is in the wrong direction (reverse direction), which is an example of a warning means for giving a warning by voice with respect to medical personnel. ブザー132は、輸液チューブ200が誤った方向であるN方向(逆方向)にセットされた場合に、医療従事者に対して音により警告を発する警告手段の一例である。 The buzzer 132, when it is set in the N direction (reverse direction) is a direction in which the infusion tube 200 is false, which is an example of a warning means for issuing a warning by the sound with respect to medical personnel.

図5において、気泡センサ51からの気泡検出信号S1と、上流閉塞センサ52からの輸液チューブ200の上流側が閉塞したことを示す上流閉塞信号S2と、そして下流閉塞センサ53からの輸液チューブ200の下流側が閉塞したことを示す下流閉塞信号S3は、制御部100に供給される。 5, the bubble detection signal S1 from the bubble sensor 51, an upstream occlusion signal S2 indicating that the upstream side of the infusion tube 200 from the upstream occlusion sensor 52 is blocked and downstream of the infusion tube 200 from the downstream occlusion sensor 53, downstream occlusion signal S3 indicating that the side is blocked is supplied to the control unit 100. 上流閉塞センサ52からの上流閉塞信号S2は、輸液チューブ200の上流側200Aの内圧の大きさを示す信号である。 Upstream occlusion signal S2 from the upstream occlusion sensor 52, a signal indicative of the magnitude of the internal pressure of the upstream side 200A of the infusion tube 200. 下流閉塞センサ53からの下流閉塞信号S3は、輸液チューブ200の下流側200Bの内圧の大きさを示す信号である。 Downstream occlusion signal S3 from the downstream occlusion sensor 53, a signal indicative of the magnitude of the internal pressure of the downstream side 200B of the infusion tube 200.
上流閉塞センサ52と下流閉塞センサ53は、輸液回路の内圧が輸液ポンプ1内の設定圧を越えて、薬剤を送液できない状態を検出することができ、制御部100に出力されるアラームである。 Upstream occlusion sensor 52 and a downstream occlusion sensor 53, the internal pressure of the infusion circuit exceeds the set pressure of the infusion pump 1, the drug can be detected state can not be feeding a is an alarm that is output to the control unit 100 . 輸液回路の内圧が輸液ポンプ1内の設定圧を越える原因としては、輸液用の留置針や輸液チューブ200が詰まっている場合、輸液チューブ200がつぶれているかまたは折れ曲がっている場合、高粘度の薬剤を使用している場合等である。 If the internal pressure of the infusion circuit as the cause of exceeding the set pressure of the infusion pump 1, when the indwelling needle or infusion tube 200 for infusion is jammed, that or bent infusion tube 200 is collapsed, the high viscosity agent it is the case, such as you are using.

図5において、制御部100は、通信ポート140を通じて、例えば、デスクトップコンピュータのようなコンピュータ141に対して双方向に通信可能である。 5, the control unit 100 via the communication port 140, for example, can communicate bidirectionally with respect to computer 141, such as a desktop computer. このコンピュータ141は、薬剤データベース(DB)160に接続されており、薬剤データベース160に格納されている薬剤情報MFは、コンピュータ141を介して、制御部100に取得して、制御部100の不揮発性メモリ103に記憶させることができる。 The computer 141 is connected to the medicine database (DB) 160, drug information MF stored in the agent database 160 via the computer 141, it acquires the control unit 100, a nonvolatile control unit 100 it can be stored in the memory 103. 制御部100は、記憶した薬剤情報MFを基にして、例えば図2に示す表示部3には薬剤情報MF等を表示することができる。 Control unit 100, based on the stored medicine information MF, for example, the display unit 3 shown in FIG. 2 can be displayed drug information MF like.
図5において、早送りスイッチボタン4B、開始スイッチボタン4C、停止スイッチボタン4D、メニュー選択ボタン4Eは、制御部100に電気的に接続されている。 5, fast forward switch button 4B, the start switch button 4C, stop switch button 4D, the menu selection buttons 4E is electrically connected to the control unit 100.

次に、上述した輸液ポンプ1を使用する際の動作を説明する。 Next, an operation when using the infusion pump 1 described above.
図7(A)は、輸液チューブ200が輸液ポンプ1のチューブ装着部50に対して正しい方向であるT方向(順方向)に沿って装着(セット)された状態を示し、図7(B)は、輸液チューブ200が輸液ポンプ1のチューブ装着部50に対して誤った方向であるN方向(逆方向)に沿ってセットされた状態を示している。 FIG. 7 (A) mounted infusion tube 200 along the correct direction T direction with respect to the tube attachment section 50 of the infusion pump 1 (forward) (set) is shown a state, FIG. 7 (B) shows a state in which the infusion tube 200 is set along the direction N (reverse) in the wrong direction with respect to the tube attachment portion 50 of the infusion pump 1.
図3に示すように医療従事者が、開閉カバー5を開けてチューブ装着部50に輸液チューブ200を設定する前に、図2に示す開閉カバー5の上に配置された輸液チューブ設定方向表示部150を見て輸液チューブ200のセット方向を目視で確認する。 Medical personnel, as shown in FIG. 3, before setting the infusion tube 200 to the tube attachment part 50 by opening the cover 5, arranged infusion tube set direction displaying unit on the cover 5 shown in FIG. 2 a look at the 150 to check the set direction of the infusion tube 200 with the naked eye. これにより、輸液チューブ200を送液方向であるT方向に沿って正しく装着でき、薬剤171を輸液チューブ200の上流側200Aから下流側200Bに向かって、送液駆動部60の予め定めた送液方向であるT方向に沿って、正しく送液できることになる。 Thus, the infusion tube 200 properly be mounted along the T direction is the liquid sending direction, the drug 171 from an upstream side 200A of the infusion tube 200 toward the downstream side 200B, a predetermined liquid transfer of the liquid supply driving unit 60 along the T direction which is a direction, so that can be correctly feeding.
図7(A)に示すように、輸液チューブ200が正しい方向であるT方向に沿ってセットされた状態では、輸液チューブ200の上流側200Aが本体部1Bおいて向かって右側部分の第1輸液チューブガイド部54側に配置され、輸液チューブ200の下流側200Bが本体部1Bおいて向かって左側部分の第2輸液チューブガイド部55側に配置される。 As shown in FIG. 7 (A), in the state in which the infusion tube 200 is set along the T direction is the right direction, the first infusion upstream 200A main body portion 1B Oite right side portion of the infusion tube 200 disposed in the tube guide portion 54 side, the downstream side 200B of the infusion tube 200 is disposed in a second infusion tube guide portion 55 of the main body portion 1B Oite left side portion. 図6と図1〜図4に示す輸液チューブ200のセット状態も、輸液チューブ200が正しくセットされた状態であり、薬剤はT方向に沿って送液される。 Set state of the infusion tube 200 shown in FIG. 6 and FIGS also a state in which the infusion tube 200 is set correctly, the agent is fed along the T direction.

これに対して、図7(B)に示すように、輸液チューブ200が輸液ポンプ1に対して誤った方向であるN方向に沿ってセットされた状態では、輸液チューブ200の上流側200Aが第2輸液チューブガイド部55に配置されてしまい、輸液チューブ200の下流側200Bが第1輸液チューブガイド部54に配置されてしまっている。 In contrast, as shown in FIG. 7 (B), in the state in which the infusion tube 200 is set along the direction N is the wrong direction with respect to the infusion pump 1, the upstream side 200A of the infusion tube 200 is first 2 infusion tube guide portion will be located in 55, the downstream side 200B of the infusion tube 200 will have been placed in the first infusion tube guide portion 54. すなわち、輸液チューブ200の装着状態は、医療従事者が輸液チューブ200の上流側200Aと下流側200Bとを左右間違えて、輸液チューブ200を輸液ポンプ1に対して誤った方向であるN方向に装着された状態である。 In other words, the mounted state of the infusion tube 200, mounting medical personnel mistakenly left the upstream side 200A and the downstream side 200B of the infusion tube 200, the N direction is wrong direction the infusion tube 200 to the infusion pump 1 is a state of being. このように、輸液チューブ200が誤って装着された場合には、薬剤は、送液駆動部60の予め定めた送液方向であるT方向とは逆のN方向に沿って送液されてしまうことになる。 Thus, if the infusion tube 200 is attached by mistake, the agent will be fed along the opposite direction N and T direction which is predetermined feeding direction of the feeding driving unit 60 It will be.

そこで、図7(A)と図2に示すように、医療従事者が輸液チューブ200を輸液ポンプ1に対してT方向に沿って正しく装着できるようにするために、まず、医療従事者は、図2に示すように、開閉カバー5上の輸液チューブ設定方向表示部150の薬剤バッグ側を表示する薬剤バッグ表示部151と、患者側を表示する患者側表示部152と、そして薬剤の送液方向を明示する送液方向表示部153を目視で確認する。 Therefore, as shown in FIG. 2 and FIG. 7 (A), for medical personnel to allow the infusion tube 200 can be correctly mounted along the T direction to the infusion pump 1, first, medical personnel, as shown in FIG. 2, the drug bag display unit 151 for displaying the medical bag side of the infusion tube set direction display unit 150 on the cover 5, a patient-side display unit 152 displays the patient, and feeding of the drug check the feeding direction display unit 153 to clearly show the direction visually. これにより、医療従事者は、輸液チューブ200の上流側200Aを薬剤バッグ表示部151側に位置させることと、輸液チューブ200の下流側200Bを患者側表示部152側に位置させることと、そして薬剤の送液方向がT方向であることを送液方向表示部153の矢印により、輸液チューブ200の設定方向を目視で確認することができる。 Thus, medical staff, and positioning the upstream side 200A of the infusion tube 200 in the medical bag display unit 151 side, and it downstream 200B of infusion tube 200 is positioned on the patient-side display unit 152 side, and the drug it can be feeding direction of the arrow in the feeding direction display unit 153 to be a T direction, to verify the configuration direction of the infusion tube 200 visually.

このように、医療従事者が、薬剤バッグ側を表示する薬剤バッグ表示部151と、患者側を表示する患者側表示部152と、そして薬剤の送液方向を明示する送液方向表示部153を目視で確認して、輸液チューブ200の正しい方向であるT方向の向けてあることをチェックした後、図3と図4に示すように、医療従事者はレバー5Fを操作して開閉カバー5を開けて、気泡センサ51と、上流閉塞センサ52と、下流閉塞センサ53と、第1輸液チューブガイド部54と第2輸液チューブガイド部55と、そして送液駆動部60を露出させる。 Thus, medical personnel, and the medical bag display unit 151 for displaying the medical bag side and the patient side display unit 152 displays the patient, and a liquid sending direction display unit 153 to clearly show the liquid sending direction of the drug Check visually after checking that are oriented in the T direction is the right direction of the infusion tube 200, as shown in FIGS. 3 and 4, the medical professional the cover 5 by operating the lever 5F drilled, the bubble sensor 51, an upstream occlusion sensor 52, a downstream occlusion sensor 53, a first infusion tube guide portion 54 and the second infusion tube guide portion 55, and exposing the liquid feed driving unit 60.

そして、医療従事者は、輸液チューブ200を、第1輸液チューブガイド部54、気泡センサ51と、上流閉塞センサ52、送液駆動部60、下流閉塞センサ53、そして第2輸液チューブガイド部55に沿ってT方向に装着する。 Then, the medical professional, the infusion tube 200, the first infusion tube guide section 54, a bubble sensor 51, an upstream occlusion sensor 52, liquid supply driving unit 60, the downstream occlusion sensor 53, and the second infusion tube guide section 55 along attached to the T direction. その後、図1と図2に示すように、開閉カバー5を閉じて、泡センサ51と、上流閉塞センサ52と、下流閉塞センサ53と、第1輸液チューブガイド部54と第2輸液チューブガイド部55と、そして送液駆動部60を覆う。 Thereafter, as shown in FIGS. 1 and 2, by closing the cover 5, the bubble sensor 51, an upstream occlusion sensor 52, a downstream occlusion sensor 53, a first infusion tube guide section 54 a second infusion tube guide portion 55, and covers the liquid feed driving unit 60. これにより、輸液チューブ200は正しい方向であるT方向に沿って装着でき、送液駆動部60を駆動することにより、薬剤は輸液チューブ200を通じてT方向に沿って送液することができる。 Thus, infusion tube 200 can be mounted along the T direction is the right direction, by driving the liquid feeding driving unit 60, the agent can be to feed along the T direction through infusion tube 200.

ところで、図8(A)は、輸液チューブ200が患者に対して接続される前のプライミング状態を示し、図8(B)は、輸液チューブ200の薬剤171が患者に対して誤った方法で送液されている状態を示している。 Incidentally, FIG. 8 (A) shows the priming state before the infusion tube 200 is connected to the patient, FIG. 8 (B) feeding a way that the drug 171 of infusion tube 200 is incorrect for the patient It shows a state that is liquid. 図8(A)と図8(B)のいずれの場合であっても、輸液チューブ200は、チューブ装着部50に対して誤った方向であるN方向に装着されてしまっている。 Even if 8 (A) and in any of FIG. 8 (B), the infusion tube 200, I've been attached to the N direction is wrong direction relative to the tube attachment section 50. このプライミングとは、始動に備えて準備的な作業を行うことであり、輸液チューブ200内に薬剤を満たして、血管確保した留置針に対してすぐに接続できるように準備することである。 The priming is by performing preparatory work in preparation for start-up, meets the drug infusion tube 200, is to prepare to be able to connect immediately with respect to an indwelling needle that vascular access.
図8(A)に示す輸液チューブ200が患者に対して接続される前のプライミング状態では、輸液チューブ200が図7(B)にも示すように誤った方向であるN方向に装着されている。 The priming state before the infusion tube 200 shown in FIG. 8 (A) is connected to the patient, the infusion tube 200 is attached to the N direction is wrong direction as shown in FIG. 7 (B) . この場合には、輸液チューブ200が患者に対して接続される前のプライミング時、すなわち図2,図5に示す早送りスイッチボタン4Bが押されている間であって、制御部100が送液駆動部60を駆動させて薬剤171を輸液チューブ200内に満たしている間には、気泡センサ51からの気泡検出信号S1と、上流閉塞センサ52からの上流閉塞信号S2と、そして下流閉塞センサ53からの下流閉塞信号S3は、輸液チューブ200が図7(A)に示すように正しい方向であるT方向に装着されている場合とは異なる値となるので、このことを利用して輸液チューブ200が図7(B)に示すように誤った方向であるN方向に装着されていることを、制御部100は判別するようになっている。 In this case, when previous priming infusion tube 200 is connected to the patient, i.e. 2, be between the fast-forward switch button 4B shown in FIG. 5 is pressed, the control unit 100 is feeding drive between the parts 60 by driving meets the drug 171 to an infusion tube 200, the bubble detection signal S1 from the bubble sensor 51, an upstream occlusion signal S2 from the upstream occlusion sensor 52, and a downstream occlusion sensor 53 downstream occlusion signal S3, because a different value from the case where the infusion tube 200 is mounted in the T direction is the right direction as shown in FIG. 7 (a), the infusion tube 200 by utilizing this, it is that is attached to the N direction is wrong direction as shown in FIG. 7 (B), the control unit 100 is adapted to determine.

すなわち、輸液チューブ200が図8(A)に示すように誤った方向であるN方向に装着されている場合にプライミングを行うと、輸液チューブ200の端部から薬剤バッグ170方向に向かって気泡199が流入してしまうので、気泡センサ51が輸液チューブ200内の気泡199を検出する。 That is, when performing the priming when the infusion tube 200 is attached to the N direction is wrong direction as shown in FIG. 8 (A), the bubble toward the end of the infusion tube 200 in the medical bag 170 direction 199 There therefore would flow, bubble sensor 51 detects the air bubbles 199 of the infusion tube 200. このため、気泡センサ51が気泡検出信号S1を制御部100に送る。 Therefore, the bubble sensor 51 sends a bubble detection signal S1 to the controller 100.
この時点で、制御部100がスピーカ131とブザー132を駆動することにより、輸液チューブ200が図7(B)に示すように誤った方向であるN方向に装着されていることを、医療従事者に対して警告を発すれば、適切な処置ができるので患者は安全である。 At this point, the control unit 100 drives the speaker 131 and a buzzer 132, that infusion tube 200 is attached to the N direction is wrong direction as shown in FIG. 7 (B), medical personnel such place warnings for, since it is appropriate treated patients is safe.

また、図8(B)において、輸液チューブ200が患者に対して接続される前のプライミングを、クランプ部材179による閉鎖状態の解放により行う場合、つまり制御部100が送液駆動部60を駆動させるのではなく、輸液チューブ200のクレンメ179の閉鎖状態の解放により薬剤バッグ170から輸液チューブ200内を薬剤171で満たす場合には、送液中における下流閉塞センサ53からの下流閉塞信号S3に注目して、この下流閉塞信号S3の値から、輸液チューブ200が図7(B)に示すように誤った方向であるN方向に装着されていることを制御部100は判別することができる。 Further, in FIG. 8 (B), the priming before infusion tube 200 is connected to the patient, if performed by releasing the closed state by the clamp member 179, i.e. the control unit 100 drives the liquid supply driving unit 60 instead of the infusion tube 200 from the drug bag 170 when filled with the drug 171, focused on the downstream occlusion signal S3 from the downstream occlusion sensor 53 during the feeding by the release of the closed state of the forceps 179 of infusion tube 200 Te, from the value of the downstream occlusion signal S3, the infusion tube 200 the control unit 100 that is mounted on the N direction is wrong direction as shown in FIG. 7 (B) can be determined.
輸液チューブ200が図7(B)に示すように誤った方向であるN方向に装着されている場合に、図8(B)において薬剤バッグ170から輸液チューブ200を通じて患者Pに対して薬剤171を送液すると、患者Pから薬剤バッグ170側に向かって、輸液チューブ200内に血液BLがG方向に流入してしまう。 If the infusion tube 200 is attached to the N direction is wrong direction as shown in FIG. 7 (B), the drug 171 to the patient P through the infusion tube 200 from the drug bag 170 in FIG. 8 (B) When feeding, toward the patient P to the medicine bag 170 side, the blood BL will flow into the G direction in the infusion tube 200. このため、気泡センサ51は気泡を検出することはできずに、気泡センサ51からは気泡検出信号S1が制御部100に対して送られない。 Therefore, the bubble sensor 51 to not be able to detect the bubble, the bubble detection signal S1 is not sent to the control unit 100 from the bubble sensor 51.

そこで、図8(B)に示すように、輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に装着されている場合には、輸液チューブ200が患者に対して薬剤171が送液されている状態では、送液時には上流閉塞センサ52からの上流閉塞信号S2の値と下流閉塞センサ53からの下流閉塞信号S3の値が、輸液チューブ200が正しい方向であるT方向に装着されている場合の各値と異なることを利用して、この上流閉塞信号S2の値と下流閉塞センサ53からの下流閉塞信号S3の値の内の下流閉塞信号S3の値に注目して利用する。 Therefore, as shown in FIG. 8 (B), when the infusion tube 200 is attached to the N direction is the wrong direction, in a state where the infusion tube 200 drug 171 is fed to the patient each value when the time feeding the value of the downstream occlusion signal S3 from the value and the downstream occlusion sensor 53 of the upstream occlusion signal S2 from the upstream occlusion sensor 52, that is mounted in the T direction infusion tube 200 is in the correct direction by utilizing the difference between, utilized by focusing on the value of the downstream occlusion signal S3 of the value of the downstream occlusion signal S3 from the value and the downstream occlusion sensor 53 of the upstream occlusion signal S2. 制御部100は、輸液チューブ200の下流側の内圧が上昇する傾向にあることに注目して下流閉塞信号S3をチェックすることで、制御部100は輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に装着されていることを判別することができる。 Control unit 100, by checking the downstream occlusion signal S3 noted that there is a tendency that the downstream side of the inner pressure of the infusion tube 200 is raised, the N direction control unit 100 is in the wrong direction infusion tube 200 it can be determined that they are mounted.

図9(A)は、図7(A)に例示するように輸液チューブ200がT方向に装着されている場合において、輸液ライン200の閉塞状況と、上流閉塞センサ52と下流閉塞センサ53の検出内容例を示している。 9 (A) is in a case where the infusion tube 200 is mounted in the T direction as illustrated in FIG. 7 (A), a closing status of the infusion line 200, detection of upstream occlusion sensor 52 and a downstream occlusion sensor 53 It shows an example of contents. この検出内容は、プライミング時であっても送液時であっても同じである。 This detection content is the same even at the time of even the liquid-feeding a priming.
図9(A)において、ケース1のように、輸液チューブ200の上流側200Aが閉塞されている場合には、上流閉塞センサ52は輸液チューブ200の上流側200Aの内圧が低下したことを検出し、下流閉塞センサ53は輸液チューブ200の下流側200Bの内圧が実質的に変化しない(微動はあり)か、もしくは下流側200Bの内圧がやや低下することを検出して、図5の制御部100に伝える。 In FIG. 9 (A), the manner of the case 1, when the upstream side 200A of the infusion tube 200 is closed, the upstream occlusion sensor 52 detects that the internal pressure of the upstream side 200A of the infusion tube 200 decreases , the downstream occlusion sensor 53 pressure on the downstream side 200B of the infusion tube 200 does not substantially change (fine is) or, or by detecting the internal pressure of the downstream side 200B decreases somewhat, the control unit 100 of FIG. 5 tell.

図9(A)において、ケース2のように、輸液チューブ200の下流側200Bが閉塞されている場合には、上流閉塞センサ52は輸液チューブ200の上流側200Aの内圧には実質的な変化がないこと(微動はあり)を検出し、下流閉塞センサ53は輸液チューブ200の下流側200Bの内圧が上昇することを検出して、図5の制御部100に伝える。 In FIG. 9 (A), the manner of the case 2, when the downstream side 200B of the infusion tube 200 is closed, the upstream occlusion sensor 52 substantial change in the internal pressure of the upstream side 200A of the infusion tube 200 no (fine provided) detects, downstream occlusion sensor 53 detects that the internal pressure of the downstream side 200B of the infusion tube 200 rises, informs the control unit 100 of FIG.
図9(A)において、ケース3のように、輸液チューブ200の上流側200Aと下流側200Bがともに閉塞されておらず通常輸液時である場合には、上流閉塞センサ52は輸液チューブ200の上流側200Aの内圧には実質的な変化がないこと(微動はあり)を検出し、下流閉塞センサ53は輸液チューブ200の下流側200Bの内圧には実質的な変化がないこと(微動はあり)を検出して、図5の制御部100に伝える。 In FIG. 9 (A), the manner of the case 3, when the upstream side 200A and the downstream side 200B of the infusion tube 200 is normal infusion has not been both closed, the upstream occlusion sensor 52 upstream of the infusion tube 200 the pressure side 200A detects that there is no substantial change (fine is), there is no substantial change in the internal pressure of the downstream side 200B of the downstream occlusion sensor 53 infusion tube 200 (fine is) by detecting, it informs the control unit 100 of FIG.

これに対して、図9(B)は、図7(B)に示すように輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に沿ってセットされている場合の、輸液ライン200の閉塞状況と、上流閉塞センサ52と下流閉塞センサ53の検出内容例を示している。 In contrast, FIG. 9 (B), a closing situation of FIG. 7 in the case where the infusion tube 200, as shown in (B) is set along the direction N in the wrong direction, infusion line 200, It shows a detection example of the contents of the upstream occlusion sensor 52 and a downstream occlusion sensor 53.
図9(B)において、ケース4のように、輸液チューブ200の上流側200Aが閉塞されている場合には、上流閉塞センサ52は輸液チューブ200の下流側200Bの内圧が実質的に変化しないこと(微動はあり)を検出し、下流閉塞センサ53は輸液チューブ200の上流側200Aの内圧が上昇することを検出して、図5の制御部100に伝える。 In FIG. 9 (B), the manner of the case 4, when the upstream side 200A of the infusion tube 200 is closed, the the internal pressure of the downstream side 200B of the upstream occlusion sensor 52 infusion tube 200 is substantially unchanged (fine provided) detects, downstream occlusion sensor 53 detects that the internal pressure of the upstream side 200A of the infusion tube 200 rises, informs the control unit 100 of FIG.

図9(B)において、ケース5のように、輸液チューブ200の下流側200Bが閉塞されている場合には、上流閉塞センサ52は輸液チューブ200の下流側200Bの内圧が低下することを検出し、下流閉塞センサ53は輸液チューブ200の上流側200Aの内圧がやや上昇することを検出して、図5の制御部100に伝える。 In FIG. 9 (B), the manner of the case 5, when the downstream side 200B of the infusion tube 200 is closed, the upstream occlusion sensor 52 detects that the internal pressure of the downstream side 200B of the infusion tube 200 decreases , the downstream occlusion sensor 53 detects that the internal pressure of the upstream side 200A of the infusion tube 200 increases slightly, transmitted to the control unit 100 of FIG.
図9(B)において、ケース6のように、輸液チューブ200の上流側200Aと下流側200Bがともに閉塞されておらず通常時である場合には、上流閉塞センサ52は輸液チューブ200の下流側200Bの内圧には実質的な変化がないこと(微動はあり)を検出し、下流閉塞センサ53は輸液チューブ200の上流側200Aの内圧が上昇することを検出して、図5の制御部100に伝える。 In FIG. 9 (B), the manner of the case 6, when the upstream side 200A and the downstream side 200B of the infusion tube 200 is normal not are both closed, the upstream occlusion sensor 52 downstream of the infusion tube 200 detects that there is no substantial change (fine is) the internal pressure of 200B, downstream occlusion sensor 53 detects that the internal pressure of the upstream side 200A of the infusion tube 200 increases, the control unit 100 of FIG. 5 tell.

このように、図9(B)と図7(B)に示すように輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に装着された場合には、図9(A)と図7(A)に示すように輸液チューブ200が正しい方向であるT方向に装着された場合とは異なり、図9(B)に示す破線の枠189で示すように、ケース4の上流閉塞の場合、ケース5の下流閉塞の場合、そしてケース6の通常輸液時の場合のいずれの状況においても、下流閉塞センサ53は、輸液チューブ200の内圧の上昇傾向を検出することを、制御部100が認識できる。 Thus, when it is attached to the N direction infusion tube 200 is in the wrong direction as shown in FIG. 9 (B) and FIG. 7 (B) in FIG. 7 (A) Fig. 9 (A) and Unlike the infusion tube 200 is attached to the T direction is the right direction as shown, as indicated by the dashed box 189 shown in FIG. 9 (B), when the upstream closure of the case 4, downstream of the casing 5 for occlusion, and also in normal any situation where during infusion of the case 6, the downstream occlusion sensor 53, detecting the rise of the internal pressure of the infusion tube 200, the control unit 100 can recognize.
これに対して、図9(A)に示す破線の枠179では、ケース2の下流閉塞の場合だけが内圧上昇があるが、ケース1の上流閉塞の場合とケース3の通常輸液時の場合では内圧は上昇しない。 In contrast, in the dashed box 179 shown in FIG. 9 (A), but only when the downstream occlusion of the case 2 there is a pressure rise, in the case of normal infusion when the upstream closure of case 1 and case 3 the internal pressure does not rise.

図10は、輸液ポンプ1の動作例を示すフロー図である。 Figure 10 is a flow diagram showing an operation example of the infusion pump 1.
図10のステップST1では、図5に示す制御部100は、輸液ポンプ1がプライミングモードであるか、通常輸液モードであるかを判別する。 In step ST1 of FIG. 10, the control unit 100 shown in FIG. 5, the infusion pump 1 is either a priming mode, it is determined whether a normal infusion mode. 医療従事者が図5に示す早送りスイッチボタン4Bを押し続けることで、制御部100は、プライミングモードであることを判別できる。 By medical personnel pressing the fast-forward switch button 4B shown in FIG. 5, the control unit 100 can determine that the priming mode. 判別の結果、輸液ポンプ1がプライミングモードであれば、図10のステップST2に移り、制御部100は送液駆動部60を早送り送液動作させる。 Result of the determination, if the infusion pump 1 is a priming mode, the routine goes to step ST2 in FIG. 10, the control unit 100 causes the fast forward feeding liquid operation the liquid supply driving unit 60. これにより、輸液チューブ200内には薬剤が早送りされる。 Thus, the infusion tube 200 in the medicine is fast-forwarding. この時点では、輸液チューブ200が図7(A)に示すように正しく装着されているか、図7(B)に示すように誤ってセットされているか不明である。 At this point, either the infusion tube 200 is properly seated as shown in FIG. 7 (A), it is unclear is set incorrectly as shown in Figure 7 (B).

図10のステップST3では、図8(A)に示すように気泡センサ51が輸液チューブ200内において連続的に気泡199を検出しているかを確認する。 In step ST3 of FIG. 10, the bubble sensor 51, as shown in FIG. 8 (A) to check whether the detected continuously bubbles 199 in the infusion tube 200. ステップST3において、気泡センサ51が輸液チューブ200内において連続的に気泡199を検出しているのであれば、輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に装着されており、薬剤171が輸液チューブ200内を逆流している可能性がある。 In step ST3, the if the bubble sensor 51 is detecting continuously bubbles 199 in the infusion tube 200, is mounted on N direction infusion tube 200 is in the wrong direction, the agent 171 infusion tube 200 there is a possibility that backflow inner.
そこで、図10のステップST4では、図5の制御部100は、スピーカ131とブザー132の少なくとも一方を駆動することにより、音声アナウンスと警告音の少なくとも一方により、輸液チューブ200が図7(B)に示すように誤った方向であるN方向に装着されていることを、医療従事者に対して警告を発することができる。 Therefore, at step ST4 of FIG. 10, the control unit 100 of FIG. 5, by driving at least one speaker 131 and a buzzer 132, by at least one of voice announcements and alarm sound, infusion tube 200 in FIG. 7 (B) that is attached to the N direction is wrong direction as shown in, it is possible to issue a warning to medical personnel. この警告により、医療従事者は適切な処置ができる。 With this warning, health care workers can appropriate action. この警告の際には、図2に示す表示部3には、図11(A)に示す警告メッセージ300を表示される。 During this warning, the display unit 3 shown in FIG. 2, is displayed a warning message 300 shown in Figure 11 (A).

一方、図10のステップST3において、図8(A)に示すように気泡センサ51が輸液チューブ200内において連続的に気泡199を検出することがなければ、図10のステップST5に移る。 On the other hand, in step ST3 of FIG. 10, if there be bubble sensor 51 as shown in FIG. 8 (A) is detected continuously bubbles 199 in the infusion tube 200, and then proceeds to step ST5 in FIG. 10. ステップST5において、図5の制御部100は、下流閉塞センサ53の検出する輸液チューブ200の内圧が連続的に上昇しているかどうかを確認する。 In step ST5, the control unit 100 of FIG. 5, to determine whether the internal pressure of the infusion tube 200 to detect the downstream occlusion sensor 53 is continuously increased. 図10のステップST5において、制御部100が、下流閉塞センサ53の検出する輸液チューブ200の内圧が連続的に上昇していると判断した場合には、次の2つの事例が考えられる。 In step ST5 in FIG. 10, the control unit 100, when it is determined that the internal pressure of the infusion tube 200 to detect the downstream occlusion sensor 53 is continuously increased can be considered the following two cases.
第1番目の事例としては、図7(B)に示すように輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に沿って装着されている(図9(B)のケース4,5,6を参照)。 As the first-th case, see Case 4, 5 and 6 of which along the N direction in which the infusion tube 200 is erroneous as shown in FIG. 7 (B) is mounted (FIG. 9 (B), ).
第2番目の事例としては、図7(A)に示すように輸液チューブ200は正しい方向であるT方向に装着されているが、輸液チューブ200に下流閉塞が起こっている(図9(A)のケース2を参照)。 The first second case, although the infusion tube 200 is mounted in the T direction is the right direction as shown in FIG. 7 (A), downstream occlusion is happening infusion tube 200 (FIG. 9 (A) referring to the case 2).

この場合には、図10のステップST4に移り、図7(B)に示すように輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に沿って装着されているか、あるいは図7(A)に示すように輸液チューブ200は正しい方向であるT方向に装着されているが輸液チューブ200に下流閉塞現象が起こっているのではないかを、警告する。 In this case, the routine goes to step ST4 in FIG. 10, whether it is mounted along the N direction in which the infusion tube 200 is erroneous as shown in FIG. 7 (B), or as shown in FIG. 7 (A) Although infusion tube 200 is mounted in the T direction is the right direction or not than going downstream blockage in the infusion tubing 200, to alert the. また、図5の表示部3には、図11(B)に示す警告メッセージ301が表示される。 The display unit 3 in FIG. 5, a warning message 301 is displayed as shown in FIG. 11 (B). 制御部100は、スピーカ131とブザー132の少なくとも一方を駆動する。 Control unit 100 drives at least one speaker 131 and a buzzer 132. この音声アナウンスと警告音の少なくとも一方と、表示部3における警告メッセージ301により、医療従事者に対して警告を発することができる。 The voice announcement and at least one of the warning sound, the warning message 301 on the display unit 3 may issue a warning to medical personnel. この警告により、医療従事者は適切な処置ができる。 With this warning, health care workers can appropriate action.

図10のステップST1に戻り、医療従事者が図5に示す早送りスイッチボタン4Bを押しておらず、しかも医療従事者が図5に示す開始スイッチボタン4Cを押すと、制御部100は、輸液ポンプ1が通常輸液モードであると判別して、ステップST6からステップST7に移る。 Returns to step ST1 of FIG. 10, when medical personnel are not pressing the fast-forward switch button 4B shown in FIG. 5, moreover medical practitioner presses a start switch button 4C shown in FIG. 5, the control unit 100, the infusion pump 1 There was judged to be normal infusion mode, and proceeds from step ST6 to step ST7.
ステップST7では、図5の制御部100は、送液駆動部60を通常の送液動作をさせて薬剤の送液を行う。 In step ST7, the control unit 100 of FIG. 5 performs liquid delivery drug liquid feed driving unit 60 is a conventional liquid feeding operation. そして、ステップST5において、制御部100は、下流閉塞センサ53の検出する輸液チューブ200の内圧が連続的に上昇しているかどうかを確認する。 Then, in step ST5, the control unit 100 checks whether the internal pressure of the infusion tube 200 to detect the downstream occlusion sensor 53 is continuously increased. 図10のステップST5において、制御部100は、下流閉塞センサ53の検出する輸液チューブ200の内圧が連続的に上昇していると判断した場合には、次の2つの事例が考えられる。 In step ST5 in FIG. 10, the control unit 100, when it is determined that the internal pressure of the infusion tube 200 to detect the downstream occlusion sensor 53 is continuously increased can be considered the following two cases.
第1番目の事例としては、図7(B)に示すように輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に沿って装着されている。 As the first-th case, it is mounted along the N direction in which the infusion tube 200 is false, as shown in Figure 7 (B).
第2番目の事例としては、図7(A)に示すように輸液チューブ200は正しい方向であるT方向に装着されているが、輸液チューブ200に下流閉塞が起こっている。 The first second case, although the infusion tube 200 is mounted in the T direction is the right direction as shown in FIG. 7 (A), downstream occlusion is happening infusion tube 200.

この場合には、図10のステップST4に移り、図7(B)に示すように輸液チューブ200が誤った方向であるN方向に沿って装着されているか、あるいは図7(A)に示すように輸液チューブ200は正しい方向であるT方向に装着されているが輸液チューブ200に下流閉塞現象が起こっているのではないかを、警告する。 In this case, the routine goes to step ST4 in FIG. 10, whether it is mounted along the N direction in which the infusion tube 200 is erroneous as shown in FIG. 7 (B), or as shown in FIG. 7 (A) Although infusion tube 200 is mounted in the T direction is the right direction or not than going downstream blockage in the infusion tubing 200, to alert the. 制御部100は、スピーカ131とブザー132の少なくとも一方を駆動する。 Control unit 100 drives at least one speaker 131 and a buzzer 132. また、図5の表示部3には、図11(C)に示す警告メッセージ302が表示される。 The display unit 3 in FIG. 5, a warning message 302 is displayed as shown in FIG. 11 (C). この音声アナウンスと警告音の少なくとも一方と、表示部3における警告メッセージ302により、医療従事者に対して警告を発することができる。 The voice announcement and at least one of the warning sound, the warning message 302 on the display unit 3 may issue a warning to medical personnel. この警告により、医療従事者は適切な処置ができる。 With this warning, health care workers can appropriate action.

なお、図10のステップST6において、医療従事者が図5に示す開始スイッチボタン4Cを押さなければ、これ以降の動作は終了する。 Note that, in step ST6 of FIG. 10, medical personnel need to press the start switch button 4C shown in FIG. 5, subsequent operation ends. ステップST4において警告を発した後には、これ以降の動作は終了する。 After a warning in step ST4, the subsequent operation is completed.
以上説明したように、本発明の実施形態の輸液ポンプ1では、医療従事者が、輸液チューブを設定する際に輸液チューブ設定方向表示部を見ることで、輸液チューブの上流側と下流側を目視で確認することができ、輸液チューブを装着する場合に輸液チューブの装着方向を誤ってしまうことを防止して、薬剤を輸液チューブの上流側から下流側に向かって予め定めた送液方向に沿って正しく送液することができる。 As described above, in the infusion pump 1 embodiment of the present invention, medical personnel, by looking at the infusion tube set direction display unit when setting the infusion tube, visually upstream and downstream of the infusion tube in can be confirmed, and prevented from being erroneously mounting direction of the infusion tube when mounting the infusion tube, along a medicament from an upstream side of the infusion tube in the feeding direction a predetermined toward the downstream side correctly it is possible to feed Te.

図11は、図5の表示部3に表示される上述した警告メッセージ300,301,302の例を示している。 Figure 11 shows an example of a warning message 300, 301, 302 described above is displayed on the display unit 3 of FIG. 図5の表示部3は、輸液チューブ200が誤った方向であるN方向(逆方向)にセットされた場合に、警告内容を表示して、医療従事者に対して視覚的に警告を発する警告手段の一例である。 Display unit 3 of FIG. 5, a warning when it is set in the N direction (reverse direction) is a direction in which the infusion tube 200 is incorrect, a warning contents, emits a visual warning to the medical personnel it is an example of a means.
図11(A)に示す警告メッセージ300は、プライミングモード時に、気泡センサ51が連続的に気泡を検出して反応した場合のエラーの例であり、図10のステップST3からステップST4になると表示部3に表示される。 Warning message 300 shown in FIG. 11 (A), during the priming mode, an example of an error when the bubble sensor 51 reacts by detecting continuous bubbles, and the display unit will step ST4 from step ST3 of FIG. 10 It is displayed on the 3. 警告メッセージ300では、「プライミング時エラー:輸液チューブ(輸液ライン)200が逆に装着されていないか確認してください」というメッセージが表示される。 In the warning message 300,: the message "priming time error infusion tube Please check (infusion line) 200 is not attached to the reverse" is displayed.

図11(B)に示す警告メッセージ301は、プライミングモード時に、下流閉塞センサ53が輸液チューブ200の下流側の閉塞を連続的に反応した場合のエラーの例であり、図10のステップST3からステップST5を経てステップST4になると表示部3に表示される。 Warning message 301 shown in FIG. 11 (B), during the priming mode, an example of an error when the downstream occlusion sensor 53 is continuously reacting the occlusion of the downstream infusion tube 200, step from step ST3 of FIG. 10 ST5 through is displayed on the display unit 3 becomes step ST4. 警告メッセージ301では、「プライミング時エラー:輸液チューブ(輸液ライン)200が逆方向に装着されていないか、下流閉塞が発生していないか確認してください」というメッセージが表示される。 In the warning message 301,: the message "priming time error infusion tube (infusion line) 200 may not have been installed in the opposite direction, please check whether the downstream blockage has not occurred" is displayed.
図11(C)に示す警告メッセージ302は、通常送液時に、下流閉塞センサ53が輸液チューブ200の下流側の閉塞を連続的に反応した場合のエラーの例であり、図10のステップST7からステップST5を経てステップST4になると表示部3に表示される。 Warning message 302 shown in FIG. 11 (C), during normal feed liquid, an example of an error when the downstream occlusion sensor 53 is continuously reacting the occlusion of the downstream infusion tube 200, the step ST7 in FIG. 10 step ST5 through is displayed on the display unit 3 becomes step ST4. 警告メッセージ301では、「送液時エラー:輸液チューブ(輸液ライン)200が逆方向に装着されていないか、下流閉塞が発生していないか確認してください」というメッセージが表示される。 In the warning message 301,: the message "feeding time error infusion tube (infusion line) 200 may not have been installed in the opposite direction, please check whether the downstream blockage has not occurred" is displayed.

図12は、図1と図2に示す複数台の輸液ポンプ1を、輸液スタンド70に搭載した例を示しており、必要に応じて複数台の輸液ポンプ1を同時に使用することができる。 Figure 12 is an infusion pump 1 of a plurality as shown in FIGS. 1 and 2 shows an example mounted on the infusion stand 70, can be simultaneously used an infusion pump 1 of a plurality as needed. 輸液ポンプ1は、輸液チューブ200をX方向に沿って水平方向に装着することができるので、複数第の輸液ポンプ1は輸液チューブを上から下向きに垂直方向に装着する従来構造のものに比べて、上下方向に並べて重ねて配置し易く、使い勝手が良い。 Infusion pump 1, since the infusion tube 200 may be mounted in a horizontal direction along the X-direction, the infusion pump of the plurality second as compared with the conventional structure for mounting vertically downwardly infusion tube from the top , easily arranged to overlap side by side in the vertical direction, usability is good.

ところで、本発明は上記実施形態に限定されず、本発明は様々な修正と変更が可能であり、特許請求の範囲に記載された範囲で種々の変形が可能である。 Incidentally, the present invention is not limited to the above embodiments, the present invention is capable of various modifications and changes, various modifications are possible within the scope of the claimed.
本発明の実施形態の輸液ポンプ1では、図2に示すように、輸液チューブ設定方向表示部150の表面は、開閉カバー5の一端部側に配置される薬剤バッグ表示部151と、開閉カバー5の他端部側に配置される患者側表示部152と、T方向を明示する送液方向表示部153を有している。 In the infusion pump 1 embodiment of the present invention, as shown in FIG. 2, the surface of the infusion tube set direction displaying unit 150 includes a medical bag display unit 151 disposed at one end of the cover 5, the cover 5 a patient-side display unit 152 disposed on the other end side, and a liquid sending direction display unit 153 to clearly show the T direction.
しかし、これに限らず、輸液チューブ設定方向表示部150は、開閉カバー5の表面ではなく、開閉カバー5以外の本体カバー2側に配置することもでき、輸液チューブ設定方向表示部150の配置位置は任意に選択できる。 However, not limited thereto, the infusion tube set direction displaying unit 150 is not the surface of the cover 5, can also be arranged in the body cover 2 side other than the cover 5, the arrangement position of the infusion tube set direction displaying unit 150 It can be arbitrarily selected.
また、輸液チューブ設定方向表示部150は、例えば開閉カバーを開くと露出する内面のいずれかの露出面、例えば、図4における気泡センサ51の上方位置等に「矢印」で示してもよい。 Further, the infusion tube set direction displaying unit 150 is, for example any of the exposed surfaces of the inner surface to expose the open-close cover, for example, it may be indicated by "arrow" in the upper position of the bubble sensor 51 in FIG. 4.
図1と図2に示す例では、輸液チューブ200は、チューブ装着部50により水平方向であるT方向に沿って装着されているが、これに限らず、例えばチューブ装着部50は、輸液チューブ200の上流側200Aから下流側200Bにかけて所定の角度分下がるように傾斜して横方向に装着するような構造を採用しても良い。 In the example shown in FIG. 1 and FIG. 2, the infusion tube 200 are mounted along the T direction is a horizontal direction by the tube attachment portion 50 is not limited thereto, for example tube attachment section 50, infusion tube 200 it may be employed a structure for mounting laterally from the upstream side 200A is inclined as to a downstream side 200B falls predetermined angle component of.

1・・・輸液ポンプ、2・・・本体カバー、2A・・・本体カバーの上部分、2B・・・本体カバーの下部分、3・・・表示部(警告手段の一例)、4・・・操作パネル部、5・・・開閉カバー、50・・・チューブ装着部(ライン装着部ともいう)、51・・・気泡センサ、52・・・上流側閉塞センサ、53・・・下流側閉塞センサ、60・・・送液駆動部、100・・・制御部、131・・・スピーカ(警告手段の一例)、132・・・ブザー(警告手段の一例)、150・・・輸液チューブ設定方向表示部、151・・・薬剤バッグ表示部、152・・・患者側表示部、153・・・送液方向表示部、200・・・輸液チューブ(輸液ラインともいう)、200A・・・輸液チューブの上流側、200B・・・輸液チューブの下流側 1 ... infusion pump, 2 ... body cover, the upper portion of the 2A ... body cover, the lower part of the 2B ... body cover, (an example of a warning means) 3 ... display unit, 4 ... and operation panel unit, 5 ... cover, 50 ... tube attachment portion (also referred to as a line attachment portion), 51 ... bubble sensor, 52 ... upstream occlusion sensor, 53 ... downstream occlusion sensor, 60 ... liquid supply driving unit, 100 ... control unit (an example of a warning means) 131 ... speaker, 132 (an example of a warning means) ... buzzer, 150 ... infusion tube set direction display unit, 151 ... drug bag display unit, 152 ... patient-side display unit, 153 ... feeding direction display unit, (also referred to as infusion line) 200 ... infusion tube, 200A ... infusion tube upstream, downstream side of the 200B ··· infusion tube of T・・・正しい方向、N・・・誤った方向、X・・・水平方向(横方向) T · · · right direction, N · · · wrong direction, X · · · horizontal direction (lateral direction)

Claims (3)

  1. 薬剤バッグの薬剤を患者に輸液する輸液チューブを横方向に装着するチューブ装着部と、 The drug in the drug bag and the tube mounting portion for mounting the infusion tube to the infusion to the patient in the lateral direction,
    前記輸液チューブを前記横方向に装着した状態で、前記輸液チューブに蠕動運動を与えて前記薬剤を前記横方向に沿って予め定めてある送液方向に送液するための送液駆動部と を有し、 While wearing the infusion tube in the lateral direction, and a liquid feed driving unit for feeding the drug giving peristaltic motion to the infusion tube in the feeding direction are set in advance along the transverse direction has,
    前記チューブ装着部には、前記輸液チューブ内に生じる気泡を検出する気泡センサと、 The tube attachment portion includes a bubble sensor for detecting air bubbles occurring in the infusion tube,
    前記輸液チューブの閉塞状態を検出する下流側閉塞センサと、 A downstream occlusion sensor for detecting the closed state of the infusion tube,
    前記輸液チューブが前記送液方向とは逆方向に装着された状態で、前記送液駆動部を駆動して前記輸液チューブ内に前記薬剤を満たすプライミングを行った場合に、前記気泡センサが前記輸液チューブ内に前記気泡を検出したことを示す気泡検出信号と、前記輸液チューブの内圧が上昇したことを示す前記下流閉塞センサからの下流閉塞信号と、に基づいて、前記輸液チューブが前記送液方向とは逆方向に設定されたことを判別する制御部と、 If the infusion tube is subjected to priming to meet the in a state of being mounted in the direction opposite to the feeding direction, the drug in the infusion tube by driving the liquid feeding driving unit, wherein the air bubble sensor is the infusion a bubble detection signal indicating the detection of the bubbles in the tube, and downstream occlusion signal from said downstream occlusion sensor which indicates that the internal pressure of the infusion tube is increased, on the basis, the infusion tube is the feeding direction a control unit for determining that it has been set in a direction opposite to the,
    を有することを特徴とする輸液ポンプ。 Infusion pump, characterized in that it comprises a.
  2. 薬剤バッグの薬剤を患者に輸液する輸液チューブを横方向に装着するチューブ装着部と、 The drug in the drug bag and the tube mounting portion for mounting the infusion tube to the infusion to the patient in the lateral direction,
    前記輸液チューブを前記横方向に装着した状態で、前記輸液チューブに蠕動運動を与えて前記薬剤を前記横方向に沿って予め定めてある送液方向に送液するための送液駆動部と を有し、 While wearing the infusion tube in the lateral direction, and a liquid feed driving unit for feeding the drug giving peristaltic motion to the infusion tube in the feeding direction are set in advance along the transverse direction has,
    前記チューブ装着部には、前記輸液チューブ内に生じる気泡を検出する気泡センサと、 The tube attachment portion includes a bubble sensor for detecting air bubbles occurring in the infusion tube,
    前記輸液チューブの閉塞状態を検出する下流側閉塞センサと、 A downstream occlusion sensor for detecting the closed state of the infusion tube,
    前記輸液チューブが前記送液方向とは逆方向に設定された状態で、前記薬液バッグと前記送液駆動部の間の前記輸液チューブのクランプを開放して前記薬液バッグから前記輸液チューブ内に前記薬剤を満たして患者に対して送液するプライミングを行った場合に、前記輸液チューブの内圧が上昇したことを示す前記下流閉塞センサからの下流閉塞信号に基づいて、前記輸液チューブが前記送液方向とは逆方向に設定されたことを判別する制御部と を有することを特徴とする輸液ポンプ。 In a state in which the infusion tube and the liquid feeding direction is set in the reverse direction, the from the medical bag is opened clamp of the infusion tube between the liquid feed driving unit and the medical bag in the infusion tube If the meet the drug was primed to feed to the patient, based on the downstream occlusion signal from said downstream occlusion sensor which indicates that the internal pressure of the infusion tube is increased, the infusion tube is the feeding direction infusion pump; and a control unit for determining that it has been set in a direction opposite to the.
  3. 前記送液方向とは逆方向に前記輸液チューブが装着されたことを前記制御部が判別した場合には、前記制御部の指令により警告を発生する警告手段を有することを特徴とする請求項1または2に記載の輸液ポンプ。 Wherein when the feeding direction of said infusion tube in the opposite direction is determined that the control unit that is mounted, according to claim 1, characterized in that it comprises alarm means for generating an alarm in response to a command of the control unit or infusion pump according to 2.
JP2011093092A 2011-04-19 2011-04-19 Infusion pump Active JP5897815B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011093092A JP5897815B2 (en) 2011-04-19 2011-04-19 Infusion pump

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011093092A JP5897815B2 (en) 2011-04-19 2011-04-19 Infusion pump
PCT/JP2012/002720 WO2012144219A1 (en) 2011-04-19 2012-04-19 Infusion pump
CN 201280018725 CN103491996B (en) 2011-04-19 2012-04-19 Infusion Pump
EP20120774397 EP2700424B1 (en) 2011-04-19 2012-04-19 Infusion pump

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012223341A true JP2012223341A (en) 2012-11-15
JP5897815B2 true JP5897815B2 (en) 2016-03-30

Family

ID=47274227

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011093092A Active JP5897815B2 (en) 2011-04-19 2011-04-19 Infusion pump

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5897815B2 (en)

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB9607471D0 (en) * 1996-04-10 1996-06-12 Baxter Int Volumetric infusion pump
FR2920513A1 (en) * 2007-09-04 2009-03-06 Fresenius Vial Soc Par Actions clamp for flexible tubing, pump provided with means for opening such clamp and infusion set provided with such a clamp.
US8430654B2 (en) * 2008-04-30 2013-04-30 Namiki Seimitsu Houseki Kabushiki Kaisha Tubing misload detection mechanism for an infusion pump

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2012223341A (en) 2012-11-15 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4378014A (en) Apparatus for and method of administering intravenous fluid
US7625354B2 (en) Handpiece for fluid administration apparatus
US7033338B2 (en) Cartridge and rod for axially loading medication pump
US4533347A (en) Controller for a dual drug delivery system
US20030009133A1 (en) Drive system for an infusion pump
US20150157791A1 (en) Syringe Pump Having A Pressure Sensor Assembly
US7938797B2 (en) Infusion pump system
US7041082B2 (en) Syringe pump control systems and methods
US20110004143A1 (en) Drug Delivery Devices And Related Systems And Methods
US20030040700A1 (en) Apparatuses and methods for providing IV infusion administration
US20030163089A1 (en) Child safety cap for syringe pump
US5782805A (en) Medical infusion pump
US6641562B1 (en) Apparatus and method of intravenous fluid infusion
WO2007052277A1 (en) Modular portable infusion pump
US5078683A (en) Programmable infusion system
US20140066880A1 (en) Selectively Controlling Fluid Flow Through A Fluid Pathway
US20140148757A1 (en) Fluid control system and disposable assembly
US8552880B2 (en) Guided user help system for an ambulatory infusion system
JP2006034845A (en) Radio automatic recognition device (rfid) and medicine automatic recognition system
JP2008167888A (en) Medical pump system
JP2012516737A (en) Drug delivery device
JPH0759853A (en) Transfusion pump
US20080281265A1 (en) Handpiece For Fluid Administration Apparatus
WO2010030602A1 (en) Device to indicate priming of an infusion line
US8568361B2 (en) Modular skin-adherable system for medical fluid delivery

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140407

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150722

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150907

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160203

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160303

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5897815

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150