JP5825407B2 - Temperature measuring device - Google Patents

Temperature measuring device Download PDF

Info

Publication number
JP5825407B2
JP5825407B2 JP2014141193A JP2014141193A JP5825407B2 JP 5825407 B2 JP5825407 B2 JP 5825407B2 JP 2014141193 A JP2014141193 A JP 2014141193A JP 2014141193 A JP2014141193 A JP 2014141193A JP 5825407 B2 JP5825407 B2 JP 5825407B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
temperature
measurement
tout
example
substrate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014141193A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014222240A (en )
Inventor
興子 清水
興子 清水
Original Assignee
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、温度測定装置等に関する。 The present invention relates to a temperature measuring device, and the like.

例えば、基本的なバイタル情報である体温からは健康状態・基礎代謝状態・精神状態などの生体情報が得られる。 For example, biometric information such as health, basal metabolic state and mental state is obtained from the body temperature is the basic vital information. 人体あるいは動物の体温に基づいて、人または動物の健康状態、基礎代謝状態あるいは精神状態を推定する場合には、表層部の温度ではなく、深部の温度(深部温度)の情報が必要である。 Based on the temperature of the human body or animals, in case of estimating health of humans or animals, the basal metabolic or mental condition, not the temperature of the surface layer portion, it is necessary information for deep temperature (core temperature).

また、例えば、炉や配管等の内部における温度を測定する場合に、炉や配管の外側に設けられた温度計測装置によって内部温度(すなわち深部温度)を測定できれば、温度測定装置を、炉や配管等の内部に設置するための工事が不要となり、また、内部の物質によって、温度測定装置が腐食する等の問題も生じない。 Further, for example, in the case of measuring the temperature in the interior of the furnace and pipes, if measuring the internal temperature (i.e., core temperature) by the temperature measuring device provided outside the furnace and pipes, the temperature measuring device, furnaces and piping construction for installation inside becomes unnecessary etc., also, by the internal material, it does not occur problems such as the temperature measuring device is corroded.

深部温度を測定する体温計は、例えば、特許文献1に記載されている。 Thermometer for measuring the core temperature is, for example, described in Patent Document 1. 特許文献1では、人体上において、距離Lを隔てて並列に2つの温度測定部(第1温度測定部および第2温度測定部)を配置する。 In Patent Document 1, arranged on the human body, two temperature measuring unit in parallel at a distance L (the first temperature measuring unit and the second temperature measuring unit). 第1温度測定部の環境(大気)側には第1の断熱材が設けられており、第2温度測定部の環境(大気)側にも第2の断熱材が設けられており、第2の断熱材の材料を、第1の断熱材の材料とは異なる材料とすることによって、2つの温度測定部の熱抵抗値を異ならせ、これによって、2つの異なる熱流束を生じさせる。 The environment (atmosphere) side of the first temperature measuring unit is provided with a first heat insulating material, and a second heat insulating material provided to the environment (air) side of the second temperature measuring unit, the second of insulation material, by a material different from the material of the first insulation material, by varying the thermal resistance of the two temperature measuring unit, thereby causing two different heat flux. 第1温度測定部は、第1の体表面温度ならびに第1の中間温度を測定し、第2温度測定部は、第2の体表面温度ならびに第2の中間温度を測定する。 The first temperature measuring unit, the first body-surface temperature and the first intermediate temperature measured, the second temperature measuring unit measures the second body-surface temperature and a second intermediate temperature. そして、これらの4点の温度データを用いて、所定の演算式によって深部温度を測定する。 Then, by using the temperature data of these four points, to measure the core temperature by a predetermined arithmetic expression.

すなわち、第1の熱流束に関して、第1温度測定部を流れる熱流束と、人体の深部から体表面に至るまでの熱流束が等しい点に着目し、これによって、深部温度と、測定された温度および熱抵抗とを関連付ける一つ目の式が得られる。 That is, for the first heat flux, the heat flux flowing through the first temperature measuring unit, focusing on points equal heat flux from the body of the deep up to the body surface, thereby, core temperature and the measured temperature and wherein the first one for associating the heat resistance can be obtained. 同様に、第2の熱流束に関しても、深部温度と、測定された温度および熱抵抗とを関連付ける二つ目の式が得られる。 Similarly, for the second heat flux, and core temperature, the second equation relating the measured temperature and the thermal resistance is obtained. 連立方程式を解くことによって、人体の熱抵抗値が不明であったとしても、精度よく深部温度を求めることができる。 By solving the simultaneous equations, as the thermal resistance of the human body was unknown, it can be determined accurately core temperature.

特開2006−308538号公報 JP 2006-308538 JP

特許文献1に記載される技術では、深部温度の算出に関して、温度測定部と、その周囲の環境(大気)との間における熱収支が考慮されていない。 In the technique described in Patent Document 1, with respect to the calculation of the core temperature, a temperature measuring unit, the heat balance is not taken into consideration between the environment (air) of the surrounding. つまり、特許文献1に記載される技術では、熱収支が生じない、理想的な系を形成できることを前提としている。 That is, in the technique described in Patent Document 1, the heat balance does not occur, it is assumed to be able to form an ideal system.

しかし、温度測定部の小型化を、さらに促進した場合には、例えば、温度測定部の側面と環境(大気)との間での熱収支が顕在化し、熱収支の差分に対応する測定誤差を無視できなくなる。 However, the size of the temperature measuring section, when further promoted, for example, a measurement error heat balance between the temperature measuring portion of the side surface and the environment (air) is actualized, corresponding to the difference of the heat balance ignore can not. この点で、わずかながら測定誤差が生じるのは否めない。 In this regard, it can not be denied the measurement error occurs slightly.

本発明の少なくとも一つの態様によれば、より高精度な深部温度の測定が可能となる。 According to at least one aspect of the present invention, it is possible to measure more accurately the deep temperature.

(1)本発明の温度測定装置の一態様は、温度測定部と、演算部と、前記温度測定部および前記演算部の動作を制御する制御部と、を含み、前記温度測定部は、被測定体に接触する接触面としての第1面を有する、熱媒体としての基材と、前記基材の第1測定点における温度を第1温度として測定する第1温度センサーと、前記基材の、前記第1測定点とは異なる第2測定点における温度を第2温度として測定する第2温度センサーと、前記基材の、前記第1測定点ならびに前記第2測定点とは異なる第3測定点における温度を、前記基材の周囲の環境の温度として代用する温度である第3温度として測定する第3温度センサーと、を有し、前記第1測定点、前記第2測定点および前記第3測定点は、前記基材の外表面上、または前記基材の (1) One aspect of the temperature measuring device of the present invention, a temperature measuring unit, a calculation unit, wherein the control unit for controlling the operation of the temperature measuring unit and the calculation unit, the temperature measuring unit, the having a first surface as a contact surface for contact with the measuring body, a base material as a heat medium, a first temperature sensor for measuring the temperature in the first measurement point of the substrate as a first temperature, of the base material a second temperature sensor for measuring the temperature in the second measurement point different from the first measurement point as a second temperature, of the base material, a third measurement that is different from the first measurement point and said second measurement point the temperature at point, anda third temperature sensor which measures a third temperature which is a temperature to substitute as the temperature of the surrounding environment of the substrate, wherein the first measuring point, the second measuring point and the 3 measurement points on the outer surface of the substrate or of the substrate 部に位置し、前記第1温度センサー、前記第2温度センサーおよび前記第3温度センサーは、前記環境の温度が異なるという条件の下で、前記第1温度、前記第2温度および前記第3温度を複数回、測定し、前記演算部は、前記複数回の測定によって得られた前記第1温度、前記第2温度および前記第3温度に基づいて、前記第1面から離れた、前記被測定体の深部における深部温度を、深部温度の演算式に基づいて求める。 Located in part, the first temperature sensor, the second temperature sensor and said third temperature sensor, under the condition that the temperature of the environment is different, the first temperature, said second temperature and said third temperature several times, was measured, the arithmetic unit, the plurality of times of the first temperature obtained by the measurement, based on the second temperature and the third temperature, away from the first surface, the object to be measured the core temperature in the deep part of the body, obtained based on the arithmetic expression of core temperature.

従来例では、環境温度が一定であるという条件の下で、2つの温度測定部における断熱材の種類を異ならせて、2つの異なる熱流束を生成していたが、本態様では、環境温度が異なる、少なくとも2つの系の各々において熱流束を生じさせる生成する。 In the conventional example, under the condition that an environmental temperature is constant, by varying the type of insulation material at the two temperature measuring unit, it had generated two different heat flux, in the present embodiment, the ambient temperature is different, to generate resulting heat flux at each of at least two systems. なお、以下の説明で環境という用語を使用するが、環境は、例えば大気等の熱媒体であり、周囲媒体あるいは環境媒体と言い換えることができる。 Although use of the term environment in the following description, the environment is, for example, a heat medium of the atmosphere or the like can be expressed as the surrounding medium or environment medium.

従来例における熱流のモデルでは、2つの温度測定系における環境の温度(以下、環境温度という)は同じ値(つまり一定)となっている。 In the model of heat flow in a conventional example, the environment in two temperature measurement system temperature (hereinafter, referred to as environmental temperature) becomes the same value (i.e. constant). よって、各系における深部温度と環境温度との間に生じる熱流が一定であり、従来例は、このことを前提条件としている。 Thus, a heat flow is constant generated between the core temperature and the ambient temperature at each system, the conventional example is a prerequisite to this. 被測定体から環境に向かう、例えば鉛直方向の熱流が一定であるということは、その鉛直方向の熱流の一部が、例えば基材の側面を経由して環境に逃げるといった熱収支が生じないことを前提として成立する。 Toward the environment from the measured object, for example, that the vertical direction of the heat flow is constant, a part of the vertical heat flow, heat balance such escape to the environment does not occur for example via a side surface of the substrate the established as a premise.

しかし、温度測定装置の小型化が促進され、基材のサイズが小さくなると、被測定体と環境との間の熱収支(例えば、基材の側面からの熱の逃げ等)が顕在化する。 However, promotes miniaturization of the temperature measuring device, the size of the substrate is reduced, which is manifested (relief like heat from the example, the side surface of the substrate) heat balance between the measured object and the environment. この場合、深部温度と環境温度との間に生じる熱流が一定であるという前提が満足されなくなる。 In this case, assuming that the heat flow generated between the core temperature and the ambient temperature is constant is not satisfied.

これに対して、本態様では、複数の熱流の系において、各熱流の一端は、温度変動が許容されている環境である。 In contrast, in the present embodiment, in a system of a plurality of heat flow, one end of each of the heat flow is an environment in which temperature fluctuation is permitted. よって、複数の熱流の系の間で、環境温度と深部温度との間で生じる熱流が一定でなければならない、という、従来例のような制約が生じない。 Therefore, among the systems of a plurality of heat flow, heat flow occurring between the environmental temperature and the core temperature must be constant, that constraints such as in the prior art do not occur. つまり、各系の熱流束には、熱収支による熱の移動が本来的に含まれており、環境温度(任意の温度)と被測定体の深部温度との間で、その熱収支の成分も含むような熱流が生じるだけである。 That is, the heat flux for each system, transfer of heat by the heat balance is included in the original, in between the environmental temperature (any temperature) and core temperature of the object to be measured, also components of the heat balance heat flow as including only occurs.

そして、このような熱流の系のモデルでは、基材における任意の2点(第1測定点と第2測定点)の温度(第1温度および第2温度)は、環境温度を変数(パラメーター)として含む式によって表すことができる。 Then, such a system model of heat flow, the temperature of any two points in the base member (first measurement point and the second measuring point) (first temperature and second temperature), the environmental temperature variable (parameter) it can be represented by the formula comprising a. ここで、深部温度と環境温度とが等しいときは、熱収支はゼロとなる。 Here, when the core temperature and the ambient temperature are equal, the heat balance is zero. よって、例えば、深部温度の演算を行う際に、深部温度と環境温度とが等しい、という条件を与えることによって、熱収支による測定誤差をゼロとすることができる。 Thus, for example, when performing the calculation of the core temperature, the core temperature and the ambient temperature is equal, by giving the condition that can be a measurement error due to heat balance to zero.

また、深部温度を演算する演算式として、系が異なる2つの熱流束に基づいて測定された温度情報の差(の比)をとる形式の演算式を使用したとき、各系から得られた温度情報に含まれている、熱収支に対応する成分は相殺されて見えなくなる。 Further, as an operation expression for calculating the core temperature, when the system is used in the form of a calculation formula taking the difference between the temperature information measured based on the two different heat flux (ratio), the temperature obtained from each system is included in the information, components corresponding to the heat balance becomes invisible offset. つまり、基材と環境との間で熱収支が発生すること、あるいは、被測定体と環境との間で熱収支が発生することは、何ら問題とならない。 In other words, the thermal balance is generated between the substrate and the environment, or the heat balance is generated between the measured object and the environment, not a no problem.

このような測定原理によって、被測定体の深部温度を、より高精度に測定することができる。 Such measurement principle, the core temperature of the object to be measured can be measured with higher accuracy. 熱収支が測定に与える影響は、一般に、温度測定装置を小型にするほど顕在化するが、本態様では、熱収支による誤差を抑制することができるため、温度測定装置の小型化と、極めて高精度な測定とを両立することができる。 Effect of heat balance on the measurement is generally, but manifest the temperature measuring device the more compact, in the present embodiment, it is possible to suppress an error caused by the heat balance, and downsizing of the temperature measuring device, very high it is possible to achieve both accurate measurement.

また、本態様では、環境中に温度計を設けて環境温度Toutを直接的に測定する代わりに、基材の外表面または内部に位置する第3測定点の温度(すなわち、第3温度)Tout'を第3温度センサーで測定する。 Further, in the present embodiment, instead of directly measuring the ambient temperature Tout is provided a thermometer into the environment, the temperature of the third measurement point located inside or outside surface of the substrate (i.e., third temperature) Tout 'to the measurement at the third temperature sensor. そして、第3温度Tout'が、環境温度Toutとして代用される。 The third temperature Tout 'is substituted for the ambient temperature Tout. 環境の温度(環境温度)Toutを測定するために、基材の外に温度センサーを設けた場合、温度測定装置の小型化の点では不利となる。 To measure the temperature (environmental temperature) Tout environment, if a temperature sensor is provided outside the substrate, it is disadvantageous in terms of downsizing of the temperature measuring device. 本態様では、基材に、3つの温度センサー、つまり、第1温度センサー、第2温度センサーならびに第3温度センサーを集約することができる。 In this embodiment, the base material, three temperature sensors, that is, it is possible to aggregate the first temperature sensor, a second temperature sensor and the third temperature sensor. よって、温度測定装置の、さらなる小型化が可能となる。 Therefore, the temperature measuring device, further miniaturization is possible. 上述のとおり、第3温度Tout'は、深部温度の演算の際に、環境温度Toutの代わりに使用される温度であり、環境温度Toutとは区別される概念ではあるが、深部温度の演算上、環境温度Toutに相当する温度として利用されるものである。 As described above, the third temperature Tout ', when the operation of the core temperature is the temperature that is used instead of the ambient temperature Tout, albeit a concept is distinguished from the environmental temperature Tout, the operation of the core temperature are those used as a temperature corresponding to the ambient temperature Tout. つまり、第3温度Tout'は、基材の周囲の環境の温度に相当する温度ということもできる。 That is, the third temperature Tout 'may also be referred to as a temperature corresponding to the temperature of the surrounding environment of the substrate. よって、以下の説明では、「第3温度」を、「環境相当温度」という場合がある。 Therefore, in the following description, the "third temperature" may be referred to as "environmental equivalent temperature".

環境温度をToutとし、第3温度(環境相当温度)をTout'としたとき、Tout=Tout'となるのが理想的ではあるが、実際には、第3温度(環境相当温度)Tout'は、環境温度の影響を受けるだけではなく、被測定体と環境との間に生じる熱流の影響も受けることから、ToutとTout'とは一致しないのが通常である。 The environmental temperature was Tout, 'when a, Tout = Tout' third temperature (environmental temperature corresponding) Tout but become to have some ideal, in practice, the third temperature (environmental temperature corresponding) Tout 'is not only influenced by the environmental temperature, from undergoing the influence of heat flow which occurs between the measured object and the environment, does not coincide with Tout and Tout 'it is usual.

但し、本態様で使用される深部温度の演算式では、測定値の絶対値ではなく、測定された複数の温度データ間の相対関係が重要であり、その相対関係が満たされるのであれば、環境温度Toutを、第3温度Tout'で代用したとしても、測定精度自体には影響がない。 However, the arithmetic expression of deep temperature used in the present embodiment, rather than the absolute value of the measured values, it is important relative relationship between the measured plurality of temperature data, as long as their relative relationship is satisfied, the environment the temperature Tout, even replaced by the third temperature Tout ', does not affect the measurement accuracy itself.

上述の相対関係とは、例えば、第1温度Tbおよび第2温度Tpが、環境温度Toutに対して線形性があるとするとき、環境温度Toutを第3温度Tout'で代用したときでも、同様の線形性が確保される、というような相対関係である。 The relative relationship of the above, for example, the first temperature Tb and the second temperature Tp is, when there is a linearity with respect to the ambient temperature Tout, even when substituting the ambient temperature Tout at the third temperature Tout ', similar linearity of is secured, a relative relationship as that. 基材における任意の一点の温度は、環境温度Toutを変数として含む1次関数で表すことができることから、第3温度Tout'も、環境温度Toutに対する線形性を有しており、環境温度Toutが決まれば、第3温度Tout'も、線形の関数によって一義的に定まる。 Temperature of an arbitrary point in the base material, since it can be represented by a linear function including environmental temperature Tout as a variable, a third temperature Tout 'also has a linearity with respect to the ambient temperature Tout, the environmental temperature Tout in Kimare, third temperature Tout 'also uniquely determined by a linear function. よって、環境温度Toutと、第1温度Tbおよび第2温度Tpとの間に成立する線形の関係は、第3温度Tout'と、第1温度Tbおよび第2温度Tpとの間にも、同様に成立すると考えることができる。 Therefore, the environmental temperature Tout, a linear relationship holds between the first temperature Tb and the second temperature Tp has a third temperature Tout ', also between the first temperature Tb and the second temperature Tp, similar it can be considered to be established. このような理由によって、環境温度Toutを、第3温度Tout'で代用したとしても、高い測定精度を確保することができる。 For these reasons, the environmental temperature Tout, even replaced by the third temperature Tout ', it is possible to ensure high measuring accuracy.

また、本態様の温度測定装置では、異なる環境温度の下で、複数回の温度測定(温度情報の取得)を実行し、得られた複数の温度データを用いて演算を実行することによって、深部温度を求めることができる。 Further, a temperature measuring device of this embodiment, under different environmental temperature, by running the temperature measurement a plurality of times (acquisition of temperature information), to perform a calculation using a plurality of temperature data obtained, deep temperature can be obtained. よって、基本的には、基材は一つ設ければよく、特許文献1に記載される従来例のように、2つの基材(2つの温度測定部)を設ける必要がない。 Therefore, basically, the substrate may be provided one, as in the conventional example described in Patent Document 1, it is not necessary to provide two substrates (two temperature measuring unit). よって、この点でも、温度測定装置の小型化が可能である。 Therefore, in this respect, it is possible to miniaturize the temperature measuring device. また、特許文献1の体温計では、各温度測定部の熱抵抗値を異ならせるために、温度測定部の表層部に、材料が異なる断熱材を設ける必要があったが、本態様では、基本的には、熱を伝達する熱媒体としての基材が一つあればよく、この点で、温度測定装置の構成を簡素化することができる。 Further, the thermometer of Patent Document 1, in order to vary the thermal resistance of the temperature measuring part, the surface layer portion of the temperature measuring unit, but the material had to provide a different heat insulating material, in the present embodiment, basically the well if one substrate as a heat medium for transmitting the heat, in this respect, it is possible to simplify the configuration of the temperature measuring device. なお、基材としては、例えば、所定の熱伝導率(あるいは熱抵抗)をもつ材料(例えばシリコンゴム)を使用することができる。 As the base, for example, it may be a material (e.g. silicone rubber) having a predetermined thermal conductivity (or thermal resistance).

(2)本発明の温度測定装置の他の態様では、前記制御部は、前記第1温度、前記第2温度および前記第3温度の測定の時間帯を、複数の時間帯に分割し、前記第1温度センサーおよび前記第2温度センサーに、一つの時間帯毎に所定間隔で複数回の温度測定を実行させ、また、前記演算部は、前記複数回の測定によって得られた複数の温度の測定データを用いた平均演算によって、一つの時間帯毎に、前記第1温度、前記第2温度および前記第3温度を決定し、前記一つの時間帯毎に決定された前記第1温度、前記第2温度および前記第3温度を用いて、前記深部温度の算出式による演算を実行して、前記被測定体の深部における深部温度を求める。 In another aspect of (2) the temperature measuring device of the present invention, the control unit, the first temperature, the time zone of measurement of the second temperature and the third temperature is divided into a plurality of time zones, the the first temperature sensor and said second temperature sensor, for each one of the time zones to perform the temperature measurements a plurality of times at predetermined intervals, Moreover, the arithmetic unit, a plurality of temperature obtained by the measurement of the plurality of times the average calculation using the measurement data for each one of the time periods, the first temperature, the second temperature and to determine the third temperature, determined for each of the one time period a first temperature, wherein using the second temperature and the third temperature, by performing the operation by the calculating equation of the core temperature, obtaining the core temperature in a deep portion of the body to be measured.

本態様では、「環境温度が異なるという条件の下で、第1温度、第2温度および第3温度を複数回、測定する」ことを担保するための測定方法の一例を明確化している。 In this manner, it clarifies an example of a measurement method for guaranteeing the "under the condition that the ambient temperature is different, the first temperature, a second temperature and a third temperature a plurality of times, the measurement is" possible.

「環境温度を異ならせる」ための方法としては、空調器等を利用する積極方法と、時間軸上での環境温度のゆらぎ(微小な変動)に着目して、測定タイミングを調整するという消極的な方法とがある。 As a method for "varying the environmental temperature", and positive method of using the air conditioning, etc., in view of the environmental temperature fluctuation (micro variations) on the time axis, reluctant of adjusting the measurement timing there are a such way. 本態様は、後者の消極的な方法に関係する。 This aspect relates to the latter passive methods.

例えば、「基材の第1測定点における第1温度、基材の第2測定点における第2温度および基材の第3測定点における第3温度を3回測定する」とき、3回の測定間の時間間隔があまりに短いと、「異なる環境温度の下で3回測定する」という条件を満たすことができない場合がある。 For example, when the "first temperature in the first measuring point of the substrate, is measured three times a third temperature in the third measuring point of the second temperature and the substrate at the second measuring point of the base material", three measurements when too short time interval between, it may not be possible to satisfy the condition "measurement 3 times under different environmental temperature." よって、本態様では、このような場合に、第1回目の測定用の第1時間帯と、第2回目の測定用の第2時間帯と、第3回目の測定用の第3時間帯と、を設ける。 Therefore, in the present embodiment, in such a case, a first time period of the first time for measurement, and a second time period for the second time for measurement, and a third time zone of the third for the measurement , the provision. そして、第1時間帯において、複数回の温度測定を実行し、各測定結果の平均演算(単純な加算平均でもよく、重み付け平均でもよい)によって、第1回目の温度測定値を決定する。 Then, in the first time period, perform the temperature measurements a plurality of times, (may be a simple averaging, which may be a weighted average) average calculation of measurement results by determining the first time temperature measurements. なお、「平均演算」という用語は広義に解釈するものとし、例えば複雑な演算式を利用する場合も含むものとする。 Incidentally, the term "average calculation" is assumed to be interpreted broadly, the case of utilizing for example a complex expression.

例えば、第1時間帯において、第1温度測定を、所定間隔で3回行って、第1温度に関して、3個の温度データが得られた場合に、その3個の温度データに基づく平均演算によって、第1回目の測定における第1温度を決定する。 For example, in the first time zone, a first temperature measurement, carried out three times at predetermined intervals, with respect to the first temperature, when the three temperature data is obtained, the average calculation based on the three temperature data to determine a first temperature in the first measurement. 第2温度についても同様である。 The same applies to the second temperature. 第3温度についても、第1時間帯において3回の測定を実行して、各測定によって得られた温度データに基づく平均演算によって、第1回目の測定に関する第3温度を得ることができる。 For even third temperature, it is possible to perform three measurements at the first time period, the average calculation based on the temperature data obtained by each measurement is performed to obtain a third temperature relating to the first time measurement.

また、第2時間帯においても、複数回の温度測定を実行し、各測定結果の平均演算(単純な加算平均でもよく、重み付け平均でもよい)によって、第2回目の温度測定値を決定する。 Further, in the second time period, perform the temperature measurements a plurality of times, (may be a simple averaging, which may be a weighted average) average calculation of measurement results by determining the second round of temperature measurements. 第3温度に関しても同様である。 The same applies to the third temperature. また、第3時間帯においても、複数回の温度測定を実行し、各測定結果の平均演算(単純な加算平均でもよく、重み付け平均でもよい)によって、第3回目の温度測定値を決定する。 Further, in the third time period, perform the temperature measurements a plurality of times, (may be a simple averaging, which may be a weighted average) average calculation of measurement results by determining the temperature measurement value of the third round. 以上の例は一例であり、この例に限定されるものではない。 Above is one example, but is not limited to this example.

本態様の方法によれば、空調器等を用いて積極的に環境の温度を変化させることなく、第1温度、第2温度および第3温度に関して、異なる環境温度下で測定された複数の温度データを、比較的容易に得ることができる。 According to the method of the present embodiment, positively without changing the temperature of the environment using the air conditioner or the like, the first temperature, with respect to the second temperature and the third temperature, a plurality of measured under different environmental temperatures Temperature data can be to give relatively easily.

(3)本発明の温度測定装置の他の態様は、前記環境の温度を変化させることができる環境温度調整部を、さらに有し、前記制御部は、前記第1温度センサー、前記第2温度センサーおよび前記第3温度センサーに、前記複数回の測定を実行させるとき、1回の測定が終了する毎に、前記環境温度調整部によって前記環境の温度を変化させる。 (3) Other aspects of the temperature measuring device of the present invention, the environmental temperature adjustment unit capable of changing the temperature of the environment, further comprising the control unit, the first temperature sensor, the second temperature the sensor and the third temperature sensor, when to execute measurements of the plurality of times, each time one measurement is completed, changing the temperature of the environment by the environment temperature adjusting unit.

本態様では、「環境温度が異なるという条件の下で、第1温度、第2温度および第3温度を複数回、測定する」ことを担保するための測定方法の他の例を明確化している。 In this manner, it clarifies another example of the measuring method for guaranteeing the "under the condition that the ambient temperature is different, the first temperature, a second temperature and a third temperature a plurality of times, the measurement is" that .

本態様では、温度測定部が、さらに、環境温度調整部を備える。 In this embodiment, the temperature measuring unit further comprises an environmental temperature adjustment unit. 環境温度調整部は、環境温度を変化させる機能をもつ。 Environmental temperature adjustment unit has a function of changing the environmental temperature. 環境温度調整部として、例えば、温度測定装置の外に設けられる外部の空調器の設定温度の調整器を使用することができる。 As the ambient temperature adjusting unit, for example, can be used regulator set temperature of the external air conditioner which is provided outside the temperature measuring device. また、環境温度調整部として、例えば、温度測定装置の内部に設けたファン(扇風機)や、気流を生じさせる気流生成部等を使用することができる。 Further, as the environmental temperature adjusting unit, for example, it can be used fans (fans) and provided inside the temperature measuring device, the air flow generating unit such as to cause the air flow. 環境温度調整部を利用することによって、測定毎に、環境温度を確実に異ならせることができる。 By utilizing the environmental temperature adjusting unit, for each measurement can be varied to ensure environmental temperature. また、環境温度を正確な温度に設定することができる。 Further, it is possible to set the environmental temperature to correct temperature. また、例えば、第1測定時の環境温度と、第2測定時の環境温度との差を大きく設定することができる。 Further, for example, it can be the ambient temperature during the first measurement, setting a large difference between the environmental temperature at the time of the second measurement.

(4)本発明の温度測定装置の他の態様では、前記第1温度センサー、前記第2温度センサーおよび前記第3温度センサーが、前記複数回の測定を実行するタイミングを決めるタイミング制御情報を入力するタイミング制御情報入力部を、さらに有し、前記制御部は、タイミング制御情報入力部から前記タイミング制御情報が入力される毎に、前記第1温度センサー、前記第2温度センサーおよび前記第3温度センサーに温度測定を実行させる。 (4) In another aspect of the temperature measuring device of the present invention, the first temperature sensor, the second temperature sensor and said third temperature sensor, inputs the timing control information to determine when to perform measurements of the plurality of times the timing control information input unit that further includes the control unit, every time the timing control information from the timing control information input unit is inputted, the first temperature sensor, the second temperature sensor and said third temperature sensors to perform a temperature measurement.

本態様では、温度測定部に、複数回の測定を実行するタイミングを決めるタイミング制御情報を入力するタイミング制御情報入力部を設ける。 In this embodiment, the temperature measuring unit, providing the timing control information input unit for inputting a timing control information to determine when to perform measurements of multiple. 本態様では、「各測定毎に、環境温度が異なるという条件」は、ユーザー自身の行為によって担保されることを前提としている。 In this embodiment, "for each measurement, provided that the environmental temperature is different" is assumed to be secured by the act of the user himself.

例えば、ユーザーは、第1回目の測定を行うとき、温度測定装置の外に設けられる外部の空調器の温度を第1の温度に設定し、設定から所定の時間が経過すると、タイミング制御情報入力部を経由して、タイミング制御情報を入力する。 For example, the user, when performing the first time measurement and to set the temperature of the external air-conditioning unit provided in the outside of the temperature measuring device to a first temperature, a predetermined time elapses from the setting, the timing control information input via part, and inputs the timing control information. 制御部は、タイミング制御情報入力部からタイミング制御情報が入力される毎に、第1温度センサー〜第3温度センサーに、例えば1回の温度測定を実行させる。 Control unit, each time the timing control information from the timing control information input unit is inputted, the first temperature sensor to third temperature sensors, for example to perform the temperature measurement of one. 以降、ユーザーは、空調器の温度を第2の温度に設定した後、タイミング制御情報を入力する、といった動作を繰り返し行えばよい。 Thereafter, the user, after setting the temperature of the air conditioning unit to a second temperature, and inputs the timing control information, such as may be performed repeatedly operation.

本態様では、ユーザー自身が、各測定毎の環境温度を異ならせることから、温度測定装置自体が、環境温度を管理する負担が生じない。 In this embodiment, the user himself, since varying the environmental temperature of each measurement, temperature measurement device itself, does not occur burden of managing the environmental temperature. なお、以上の例は一例である。 The above example is one example.

(5)本発明の温度測定装置の他の態様では、前記第1温度が、前記第2温度ならびに前記第3温度を変数とし、かつ、複数の定数を含む関数により表されるとき、前記演算部は、測定された前記第1温度、前記第2温度および、前記第3温度に基づいて、前記複数の定数を算出し、算出された前記複数の定数を用いた、前記深部温度の算出式による演算によって、前記被測定体の深部温度を算出する。 In another aspect of (5) Temperature measuring apparatus of the present invention, when the first temperature, a second temperature and variable the third temperature, and represented by a function including a plurality of constants, the calculation parts are measured the first temperature, the second temperature and, based on the third temperature, and calculates the plurality of constants, using said plurality of constants are calculated, calculation formula of the core temperature by calculation according to calculate the core temperature of the body to be measured.

被測定体の温度が変化すると、基材における被測定体側の第1温度が変化し、基材における環境測の第2温度も変化する。 When changing the temperature of the measured object, the first temperature is the change in the measurement side of the substrate, a second temperature of measurement environment in the substrate also changes. 従来は、このような被測定体を起点とした、基材における2点の温度の変化のみに着目していた。 Conventionally, such an object to be measured and a starting point, has been focusing only on the temperature change of the two points in the substrate. 本態様では、逆に、環境を起点とした、基材における温度の変化にも着目する。 In this embodiment, on the contrary, starting from the environment, focusing on the temperature change in the substrate.

つまり、環境(大気等)の温度が変化すれば、基材における環境側の第2温度Tpが変化し、そして、基材における被測定体測の第1温度Tbも変化する。 That is, when the temperature changes in the environment (air, etc.), a second temperature Tp of the environment-side changes in the substrate, and also changes the first temperature Tb measured object to be measured in the substrate. コンピューターシミュレーションによって、この環境を起点とした、基材における2点の温度変化には、所定の規則性があることがわかった。 By a computer simulation, the environment was a starting point, the temperature change of two points in the substrate, it was found that there is a predetermined regularity.

つまり、第1温度Tbは、第2温度Tpならびに環境温度Toutを変数とし、かつ、複数の定数を含む関数により表すことができる。 That is, the first temperature Tb is a second temperature Tp and the ambient temperature Tout as a variable, and can be represented by a function including a plurality of constants. また、深部温度Tcと環境温度Toutとが等しいときは、熱収支はゼロとなる点に着目して、上述の関数を変形することによって、深部温度の算出式が得られる。 Further, when the the core temperature Tc and the ambient temperature Tout is equal, the heat balance in view of the point where the zero, by modifying the function of the above-described equation for calculating the core temperature is obtained.

但し、算出式に基づいて深部温度を算出するためには、上述の関数に含まれる複数の定数の値を決める必要がある。 However, in order to calculate the core temperature based on the calculation formula, it is necessary to determine the value of a plurality of constants in the above-described functions. そこで、演算部は、まず、例えば、複数回の測定の結果として得られた各温度データに基づいて、上述の複数の定数の値を算出する。 Therefore, calculation unit, first, for example, based on the temperature data obtained as a result of multiple measurements, to calculate the values ​​of a plurality of constants described above. 但し、この演算に際しては、環境温度Toutを、環境相当温度(第3温度)で代用する。 However, in this operation, the ambient temperature Tout, substitute at ambient equivalent temperature (third temperature). このような温度データの代用を行ったとしても、高い測定精度が得られる点については、上述したとおりである。 Even were a substitute for such temperature data for that high measurement accuracy can be obtained, as described above.

次に、演算部は、各定数の値を用いて、算出式(補正演算式)による演算を実行して、深部温度を算出する。 Next, the arithmetic unit, using the value of each constant, by performing the operation by the calculation formula (correction arithmetic expression), and calculates the core temperature. これによって、熱収支による影響が除去された、理想に近い深部温度が求められる。 Thus, influence of the heat balance is removed, core temperature is determined close to the ideal.

(6)本発明の温度測定装置の他の態様では、前記第1温度は、前記第2温度を変数とし、第1の傾きと第1の切片を有する第1の1次関数によって表され、前記第1の1次関数の前記第1の切片は、前記第3温度を変数とし、第2の傾きと第2の切片を有する第2の1次関数によって表され、前記複数の定数は、前記第1の傾きと、前記第2の傾きと、前記第2の切片に相当し、第1測定で得られた前記第1温度をTb1とし、前記第2温度をTp1とし、前記第3温度をTout1'とし、第2測定で得られた前記第1温度をTb2とし、前記第2温度をTp2とし、前記第3温度をTout2'とし、第3測定で得られた前記第1温度をTb3とし、前記第2温度をTp3とし、前記第3温度をTout3'としたとき、前記演算部は、前 (6) In the temperature measuring device of the present invention, the first temperature is represented by the second temperature as a variable, the first linear function having a first slope and a first intercept, wherein the first sections of the first primary function, the third temperature as a variable, represented by a second linear function having a second slope and a second intercept, the plurality of constant, said first slope, said second slope corresponds to said second section, said first temperature obtained in the first measurement and Tb1, the second temperature and Tp1, the third temperature the Tout1 'and, the first temperature obtained by the second measurement and Tb2, the second temperature and Tp2, the third temperature Tout2' and, the first temperature obtained in the third measurement Tb3 and then, the second temperature and Tp3, when the third temperature and Tout3 ', the arithmetic unit, before 第1測定で得られた前記第1温度Tb1、前記第2温度Tp1および前記第3温度Tout1'と、前記第2測定で得られた前記第1温度Tb2、前記第2温度Tp2および前記第3温度Tout2'と、前記第3測定で得られた前記第1温度Tb3、前記第2温度Tp3および前記第3温度Tout3'と、に基づいて、前記第1の傾きと、前記第2の傾きと、前記第2の切片の値を算出し、算出された前記第1の傾きと、前記第2の傾きと、前記第2の切片の値を用いた、前記深部温度の演算式による演算によって、前記被測定体の深部温度を算出する。 The obtained in the first measurement first temperature Tb1, the second temperature Tp1 and the third temperature Tout1 ', the second measuring obtained in the first temperature Tb2, the second temperature Tp2 and the third temperature Tout2 'and, the third measurement obtained in the first temperature Tb3, the second temperature Tp3 and the third temperature Tout3' and, on the basis, said first inclination, and said second slope , calculates the value of the second section, said first tilt calculated, and the second gradient was used the value of the second section, the calculation by the arithmetic expression of the core temperature, wherein calculating the core temperature of the object to be measured.

コンピューターシミュレーションによって、第1温度(基材の被測定体側の温度)は、第2温度(基材の環境側の温度)に対して線形性を有し、よって、第1温度は、第2温度を変数とし、第1の傾きと第1の切片を有する第1の1次関数によって表すことができることがわかった。 By a computer simulation, the first temperature (the temperature of the measurement side of the substrate) has linearity with respect to the second temperature (the temperature of the environment-side of the substrate), thus, the first temperature, a second temperature was a variable, it has been found that can be represented by a first linear function having a first slope and a first intercept. すなわち、(第1温度)=(第1の傾き)・(第2温度)+(第1の切片)と表すことができる。 That is, it can be expressed as (first temperature) = (first slope) - (second temperature) + (a first section).

また、コンピューターシミュレーションによって、第1の1次関数における第1の切片は、第3温度に対して線形性を有し、よって、第1の1次関数の第1の切片は、第3温度を変数とし、第2の傾きと第2の切片を有する第2の1次関数によって表わすことができることがわかった。 Moreover, the computer simulations, the first sections of the first linear function has a linearity with respect to a third temperature, therefore, the first sections of the first linear function is a third temperature a variable, it has been found that can be represented by a second linear function having a second slope and a second intercept. すなわち、(第1の切片)=(第2の傾き)・(第3温度)+(第2の切片)と表すことができる。 That is, it can be expressed as (first section) = (second slope) - (third temperature) + (second section).

この結果、(第1温度)=(第1の傾き)・(第2温度)+(第2の傾き)・(第3温度)+(第2の切片)と表すことができる。 This result can be expressed as (first temperature) = (first slope) - (second temperature) + (second slope) - (third temperature) + (second section). この関係式が、上述の(5)の態様において記載されている、「第2温度と第3温度を変数とし、かつ、複数の定数を含む関数」に相当する。 This relationship is described in embodiments of the above (5), "a variable second temperature and the third temperature, and function including a plurality of constants" corresponds to. したがって、「複数の定数」は、上述の式における、「第1の傾き」と、「第2の傾き」と、「第2の切片」に相当する。 Thus, "a plurality of constants" are in the above equation, the "first inclination", a "second gradient", corresponds to the "second section." つまり、3つの定数の値を求める必要が生じる。 In other words, it is necessary to determine the values ​​of three constants.

そこで、例えば、少なくとも3回の温度測定を実行し、温度測定毎に、一組の第1温度、第2温度ならびに第3温度を得る。 Therefore, to obtain for example, it executes the temperature measurement at least three times for each temperature measurement, a pair of first temperature, the second temperature and the third temperature. 得られた温度値を、上述の関数、すなわち、(第1温度)=(第1の傾き)・(第2温度)+(第2の傾き)・(第3温度)+(第2の切片)という関係式に代入すると、3つの方程式、つまり、(第1の傾き)、(第2の傾き)ならびに(第2の切片)という3つの変数を含む3元連立方程式が得られる。 The resulting temperature values, the function described above, i.e., (first temperature) = (first slope) - (second temperature) + (second slope) - (third temperature) + (second sections ) is substituted into equation that, three equations, i.e., (first slope), the ternary simultaneous equations including three variables (second slope) and (second section) is obtained. この3元連立方程式を解くことによって、「複数の定数」、すなわち、「第1の傾き」と、「第2の傾き」と、「第2の切片」の値を決定することができる(但し、この方法に限定されるものではない)。 By solving the ternary simultaneous equations, the "plurality of constant", i.e., "first inclination" and "second tilt", it is possible to determine the value of the "second section" (where , it is not limited to this method).

(7)本発明の温度測定装置の他の態様では、前記演算部は、前記第1の傾きをaとし、前記第2の傾きをcとし、前記第2の切片をdとしたとき、前記a,c,dの値を、 (7) In the temperature measuring device of the present invention, the operation unit, the first inclination is a, the second gradient is is c, when the second section was a d, the a, c, the value of d,
によって算出し、前記演算部は、前記深部温度Tcを、 Was calculated by the calculation section, the core temperature Tc,
によって表される、前記深部温度の演算式としての第1算出式によって算出する。 Represented by, calculated by the first calculation formula as an arithmetic expression of the deep temperature.

本態様では、上記(5)の態様で説明した複数の定数としての、「第1の傾き」、「第2の傾き」ならびに「第2の切片」を、複数の定数a,c,dと表現する。 In this embodiment, as a plurality of the constants described in the above aspect (5), "first tilt", a "second inclination" and the "second section", a plurality of constants a, c, and d Express.

上述した、(第1温度)=(第1の傾き)・(第2温度)+(第2の傾き)・(第3温度)+(第2の切片)という関数は、具体的には、「Tb=a・Tp+c・Tout'+d」と表すことができる。 Mentioned above, (first temperature) = (first slope) - (second temperature) + (second slope) - (third temperature) + function called (second section), specifically, it can be expressed as "Tb = a · Tp + c · Tout '+ d". Tbは第1温度であり、Tpは第2温度であり、Tout'は第3温度(環境相当温度)であり、a,c,dは定数である。 Tb is the first temperature, Tp is the second temperature, Tout 'is the third temperature (environmental temperature corresponding), a, c, d are constants. よって、上述した3元連立方程式は、下記の式によって表すことができる。 Thus, ternary simultaneous equations described above, can be represented by the following formula.
ゆえに、複数の定数(a,c,d)は、上述の逆行列を含む式によって求めることができる。 Thus, a plurality of constants (a, c, d) can be determined by a formula containing the inverse of the above.

また、求められた、a,c,dの各値を、第1算出式に代入して、演算を実行することによって、熱収支の影響を受けない、ほぼ理想的に補正された深部温度Tcが得られる。 Further, the obtained, a, c, the values ​​of d, by substituting the first calculation formula, by performing the operation, not affected by heat balance, core temperature Tc which is almost ideally corrected It is obtained.

(8)本発明の温度測定装置の他の態様は、第1測定で得られた前記第1温度をTb1とし、前記第2温度をTp1とし、前記第3温度をTout1'とし、第2測定で得られた前記第1温度をTb2とし、前記第2温度をTp2とし、前記第3温度をTout2'とし、かつ、前記Tout2'の値が前記Tout1'とは異なる値であるとき、前記演算部は、前記第1測定で得られた前記第1温度Tb1および前記第2温度Tp1と、前記第2測定で得られた前記第1温度Tb2および前記第2温度Tp2と、を用いて、前記深部温度の演算式としての第2算出式による演算を実行して、前記深部温度Tcを算出し、前記第2算出式は、 (8) Another aspect of the temperature measuring device of the present invention, the first temperature obtained in the first measurement and Tb1, the second temperature and Tp1, the third temperature and Tout1 ', second measurement and Tb2 said first temperature obtained by said second temperature and Tp2, the third temperature Tout2 'and, and the Tout2' when the value of a value different from the Tout1 ', the operation parts, using the first temperature Tb1 and the second temperature Tp1 obtained in the first measurement, a, and the first temperature Tb2 and the second temperature Tp2 obtained in the second measurement, the by performing the operation by the second calculation formula as an arithmetic expression of core temperature, it calculates the core temperature Tc, the second calculation formula,
によって表される。 Represented by.

本態様では、少なくとも2回の温度測定(温度情報の取得)を実行し、各温度測定では、環境温度を異ならせる。 In this embodiment, by performing at least two temperature measurement (acquisition of temperature information), in each temperature measurement, varying the environmental temperature. このことは、第3温度Tout'の値を異ならせることを意味する。 This means varying the value of the third temperature Tout '.

第3温度を異にして、2回の温度測定を実行したとき、第1測定では、例えば、始端を被測定体の深部とし、終端を環境(大気等)とする第1の熱流束の系が構成されることになる。 And different from the third temperature, when executing the temperature measurement twice, in the first measurement, for example, the system of the first heat flux to start a deep object to be measured, to the end with the environment (air, etc.) There will be configured. また、第2測定では、例えば、始端を被測定体の深部とし、終端を環境(大気等)とする第2の熱流束の系が構成される。 In the second measurement, for example, the starting end and the deep portion of the object to be measured, the system of the second heat flux termination environmental (air, etc.) is configured. 環境温度Tout(ならびに第3温度Tout')は、各系で異なることから、各系の熱流束は互いに異なる熱流束である。 Environmental temperature Tout (and the third temperature Tout '), since the different in each system, the heat flux of the system is different from the heat flux to each other.

これらの熱流束の系では、終端が環境であることから、従来例にて問題となる熱収支の差分という概念が生じない。 These heat flux of the system, since the termination is environment, does not occur notion differences heat balance in question in the prior art. つまり、その熱収支も含めて、環境温度Tout(ならびに第3温度Tout')が一義的に定まるというだけである。 That is, including its heat balance, environmental temperature Tout (and the third temperature Tout ') is just a uniquely determined.

また、使用している基材の熱特性(例えば熱伝導率)は、第1の熱流束の系、第2の熱流束の系で同じである(これは、共通の基材を使用しているのだから、当然のことである)。 The thermal properties of the substrate that is being used (e.g., thermal conductivity), the first heat flux of the system is the same in the second heat flux of the system (which uses a common substrate since I have, it is a matter of course). つまり、熱抵抗の分布は、第1の系と第2の系との間で、何ら変化しない。 That is, the distribution of the thermal resistance, between the first system and the second system, not any change. よって、基材に第1測定点と第2測定を設定したとき、(第1測定点と第2測定点の温度の差)/(被測定体の深部温度Tcと第1測定点の温度の差)は、第1の熱流束の系、第2の熱流束の系ともに同じである。 Therefore, when setting a first measurement point of the second measurement to a substrate (the difference between the temperature of the first measurement point and the second measuring point) / (the temperature of the core temperature Tc and the first measuring point of the object to be measured difference), the first heat flux of the system is identical to the system both in the second heat flux. よって、下記の式が成立する。 Thus, the following formula is established.
この式を、Tcについて解くと、上述の第2算出式が得られる。 This equation is solved for Tc, a second calculation formula described above can be obtained. 従来例における、ΔTcという誤差成分の概念自体が生じないことから、第2算出式によれば、ほぼ理想的な深部温度Tcが得られる。 In a conventional example, since no concept itself of the error component that .DELTA.Tc, according to the second calculation formula, is obtained nearly ideal core temperature Tc.

すなわち、第2算出式は、系が異なる2つの熱流束に基づいて測定された温度情報の差の比をとる形式の演算式であることから、各温度情報に含まれている、熱収支に対応する成分は相殺されて見えなくなる。 That is, the second calculation formula, since the system is an expression of the form taking the ratio of the difference between the temperature information measured based on the two different heat flux, contained in each temperature information, the heat balance the corresponding component is invisible is offset. つまり、基材と環境との間で熱収支が発生すること、あるいは、被測定体と環境との間で熱収支が発生することは、何ら問題とならない。 In other words, the thermal balance is generated between the substrate and the environment, or the heat balance is generated between the measured object and the environment, not a no problem.

第2算出式は、形式的には従来例における算出式と同じように見えるが、第2算出式は、従来例の算出式とは、根本的に異なる算出式である。 Second calculation formula, looks like the calculation formula in the prior art formally, the second calculation formula, the conventional calculation formula is fundamentally different calculation formula. つまり、第2算出式は、環境を終端とする2つの熱流束の系から得られたデータに基づいて、基材における熱抵抗の比が同じ(共通)であるという観点から導き出される算出式であり、根本的に異なるものである。 That is, the second calculation formula, based on data obtained from the system of two heat flux to terminate the environment, in the calculation formula the ratio of the thermal resistance in the base material is derived from the viewpoint of the same (common) Yes, one in which fundamentally different.

なお、本態様では、第3温度Tout'は、深部温度Tcの算出自体には直接的には関係しない。 In the present embodiment, the third temperature Tout 'is directly not related to the calculation itself of the core temperature Tc. 但し、上述のとおり、第1測定における環境温度と、第2測定時の環境温度とは異なっている必要があり、両者が同じであるときは、正確な深部温度の算出ができない。 However, as described above, and the ambient temperature in the first measurement, must be different from the ambient temperature during the second measurement, if they are the same can not calculate the correct core temperature. よって、第3温度センサーで測定された第3温度Tout'は、算出可能条件(第1測定と第2測定における第3温度が異なるという条件)が満足されているかを確認するために、つまり、演算の可否の判断に使用することができる。 Therefore, in order third temperature Tout 'is measured by the third temperature sensor, which checks whether calculation enabling condition (first measurement and the third condition that the temperature is different in the second measurement) is satisfied, that is, it can be used to determine the propriety of the operation.

図1(A)〜図1(C)は、第1の実施形態における、深部温度の測定方法を説明するための図。 Figure 1 (A) ~ FIG 1 (C) is, in the first embodiment, diagram for explaining a method of measuring core temperature. 図2(A)〜図2(E)は、温度センサーを、基材に設ける方法の一例について説明するための図。 Figure 2 (A) ~ FIG 2 (E) are diagrams for explaining an example of a method of the temperature sensor, provided in the substrate. 図3(A)および図3(B)は、温度測定方法の一例、ならびに、その温度測定方法を実施するための温度測定装置の構成の一例を示す図。 FIGS. 3 (A) and. 3 (B), an example of the temperature measuring method, and shows an example of a configuration of a temperature measuring apparatus for carrying out the temperature measurement method. 図4(A)および図4(B)は、温度測定方法の他の例、ならびに、その温度測定方法を実施するための温度測定装置の構成の他の例を示す図。 FIGS. 4 (A) and. 4 (B), another example of the temperature measuring method, and a diagram showing another example of the configuration of a temperature measuring apparatus for carrying out the temperature measurement method. 図5(A)および図5(B)は、環境温度が一定であるという条件下における、第1温度と第2温度との間の関係、ならびに、その関係を深部温度の算出式に適用した場合の結果を示す図。 FIGS. 5 (A) and. 5 (B), under conditions that it is environmental temperature is constant, the relationship between the first temperature and the second temperature, and was applied to the relationship equation for calculating core temperature It shows the results of cases. 図6(A)〜図6(C)は、環境温度(ならびに第3温度)が一定であるという条件下における、第1温度と第2温度との間の関係、ならびに、その関係を深部温度の算出式に適用した場合の結果を示す図。 FIG 6 (A) ~ FIG 6 (C) is, in conditions of ambient temperature (and the third temperature) is constant, relationship between the first and second temperatures, and, core temperature that relationship It shows the results of applying the calculation formula. 図7(A)〜図7(D)は、環境温度(ならびに環境相当温度)を変化させた場合における、第1温度と第2温度との間の関係、ならびに、その関係を深部温度の算出式に適用した場合の結果を示す図。 Figure 7 (A) ~ FIG 7 (D) is, with changes in ambient temperature (and environmental equivalent temperature), the relationship between the first and second temperatures, and, calculating the core temperature that relationship It shows the results of applying the expression. 図8(A)〜図8(D)は、第1実施形態における、深部温度の測定方法を示す図。 Figure 8 (A) ~ FIG 8 (D) is, in the first embodiment, shows a method of measuring core temperature. 図9(A)および図9(B)は、温度測定装置の全体構成の例を示す図。 Figure 9 (A) and FIG. 9 (B) shows an example of the overall configuration of a temperature measuring device. 図10(A)および図10(B)は、無線通信を利用した温度測定装置の使用例を説明するための図。 FIG. 10 (A) and FIG. 10 (B), illustration for the use example will be described of a temperature measuring device using wireless communication. 第1実施形態における、深部温度の測定手順を示す図。 In the first embodiment, it shows a procedure for measuring core temperature. 第3温度センサーの設置位置を異ならせたときの、各設置位置毎の、深部温度の算出結果を示す図。 When having different installation position of the third temperature sensor, for each installation position, it shows a calculation result of core temperature. 深部温度の算出結果の一例を示す図。 It illustrates an example of a calculation result of core temperature. 深部温度の算出結果の他の例を示す図。 Diagram showing another example of calculation result of core temperature. 深部温度の算出結果の他の例を示す図。 Diagram showing another example of calculation result of core temperature. 深部温度の算出結果の他の例を示す図。 Diagram showing another example of calculation result of core temperature. 図17(A)および図17(B)は、基材の内部における温度分布と測定結果との関係の一例を示す図。 Figure 17 (A) and FIG. 17 (B) is diagram showing an example of the relationship between the measurement result and the temperature distribution inside the substrate. 図18(A)および図18(B)は、基材の内部における温度分布と測定結果との関係の他の例を示す図。 Figure 18 (A) and FIG. 18 (B) shows another example of the relationship between the measurement result and the temperature distribution inside the substrate. 第2の実施形態における、深部温度の測定方法を説明するための図。 Diagram for explaining the second embodiment, the core temperature measuring method. 図20(A)および図20(B)は、特許文献1に示される従来例において、熱収支に起因する誤差成分が生じる理由を説明するための図。 Figure 20 (A) and FIG. 20 (B) in the conventional example shown in Patent Document 1, views for explaining why the error component caused due to the heat balance. 図21(A)および図21(B)は、本発明の第2実施形態において、熱収支に起因する誤差成分が生じない理由を説明するための図。 Figure 21 (A) and FIG. 21 (B) in the second embodiment of the present invention, diagram for explaining why the error component does not occur due to heat balance. 図22(A)および図22(B)は、第2実施形態における、深部温度の測定手順と、第2実施形態における深部温度の算出結果例を示す図。 Figure 22 (A) and FIG. 22 (B) in the second embodiment, shows the procedure for measuring core temperature, a calculation result example of the deep temperature in the second embodiment. 図23(A)〜図23(C)は、特許文献1(特開2006−308538号公報)の図5に記載される体温計の例を説明するための図。 Figure 23 (A) ~ FIG 23 (C) is a view for explaining an example of the thermometer which is described in FIG. 5 of Patent Document 1 (JP 2006-308538). 熱流束が定常状態であるときの体温計の接触部モデルと、深部温度の算出式を示す図。 It shows the thermometer of the contact portion model when the heat flux is in a steady state, the calculation formula of the core temperature. 従来例における熱収支による測定誤差について説明するための図。 View for explaining measurement by heat balance in the conventional example error.

本発明の実施形態について説明する前に、特許文献1に記載される、深部温度を求めるための演算式について、簡単に説明する。 Before describing embodiments of the present invention, is described in Patent Document 1, the arithmetic expression for obtaining the core temperature will be briefly described.

図23(A)〜図23(C)は、特許文献1(特開2006−308538号公報)の図7に記載される体温計の例を説明するための図である。 Figure 23 (A) ~ FIG 23 (C) are diagrams for explaining an example of the thermometer which is described in FIG. 7 of Patent Document 1 (JP 2006-308538). 図23(A)では、特許文献1の図7の内容を、そのまま記載している。 In FIG. 23 (A), the content of FIG. 7 of Patent Document 1 describes as it is. 図23(B)および図23(C)は、特許文献1の図7に記載される例の動作を説明するために、今回、新規に追加した補助的な図である。 Figure 23 (B) and FIG. 23 (C), in order to explain the operation of the examples described in FIG. 7 of Patent Document 1, this is a supplementary diagram newly added.

図23(A)に示されるように、体温計本体3は、人体2上に設けられている。 As shown in FIG. 23 (A), the thermometer body 3 is provided on the body 2. 体温計本体3は、第1温度測定部3Aと第2温度測定部3Bを備えている。 Thermometer main body 3 is provided with a first temperature measuring unit 3A and the second temperature measuring unit 3B. 第1温度測定部3Aは、人体2の体表面2Aに接触する接触面300Aを有している断熱材37と、熱流束調整手段として、断熱材37と外気との間に設けられた第1の断熱材としての断熱材38Aとを備えている。 The first temperature measuring section 3A, first was a heat insulating material 37 having a contact surface 300A in contact with the body surface 2A of the body 2, as a heat flux adjusting means, provided between the thermal insulating material 37 and the outside air 1 It comprises of a thermal insulating material 38A as insulation. また、温度測定部3Bは、温度測定部3Aの接触位置から距離Lだけ離れた位置における体表面2Aに接触する接触面300Bを有している断熱材37と、熱流束調整手段として、断熱材37と外気との間に第2の断熱材としての断熱材38Bを備えている。 The temperature measuring unit 3B includes a thermal insulating material 37 having a contact surface 300B in contact with the body surface 2A at a position away by a distance L from the contact position of the temperature measuring section 3A, as a heat flux adjusting means, insulation and a thermal insulating material 38B as a second heat insulating material between the 37 and the outside air. すなわち、断熱材37は、第1温度測定部3Aと第2温度測定部3Bとで共通しており、共通の熱抵抗値を有している。 That is, the heat insulating material 37 is common to the first temperature measuring unit 3A and the second temperature measuring unit 3B, have a common heat resistance.

第1温度測定部3Aは、体表面2Aの温度を第1の基準温度として測定する第1基準温度測定部としての体表面センサー31Aと、断熱材37と断熱材38Aとの界面301Aの温度を第1の参照温度として測定する第1参照温度測定部としての中間センサー32Aとを備えている。 The first temperature measuring section 3A, and the body surface sensor 31A as a first reference temperature measuring unit for measuring the temperature of the body surface 2A as the first reference temperature, the temperature at the interface 301A with the thermal insulating material 37 and the heat insulating material 38A and an intermediate sensor 32A as a first reference temperature measuring unit for measuring a first reference temperature.

また、温度測定部3Bは、体表面2Aの温度を第2の基準温度として測定する第2基準温度測定部としての体表面センサー31Bと、断熱材37と断熱材38Bとの界面301Bの温度を第2の参照温度として測定する第2の参照温度測定部としての中間センサー32Bとを備えている。 The temperature measuring unit 3B includes a body surface sensor 31B as a second reference temperature measuring unit for measuring the temperature of the body surface 2A as a second reference temperature, the temperature of the interface 301B of the thermal insulating material 37 and the heat insulating member 38B and an intermediate sensor 32B as a second reference temperature measuring unit for measuring a second reference temperature. 断熱材38の材料は、断熱材37の材料とは異なっている。 Material of the heat insulating material 38 is different from the material of the heat insulating material 37. したがって、第1温度測定部3Aと第2温度測定部3Bとの間の熱抵抗値を異なり、各温度測定部には、異なる熱流束が生じることになる。 Therefore, unlike the thermal resistance between the first temperature measuring unit 3A and the second temperature measuring unit 3B, the respective temperature measurement part, so that the different heat flux occurs.

図23(B)では、図23(A)に示される体温計本体の構造を簡略化して示している。 In FIG. 23 (B), it shows a simplified structure of the thermometer body shown in FIG. 23 (A). 図23(C)では、図23(B)に示される第1温度測定部3Aおよび2温度測定部3Bにおける、熱抵抗と熱流束とが記載されている。 In FIG. 23 (C), at the first temperature measuring unit 3A and the second temperature measuring section 3B shown in FIG. 23 (B), the thermal resistance and the heat flux are described.

図23(C)に示されるように、人体2の表層部の熱抵抗はRsであり、また、各温度測定部3A,3Bと人体2との接触箇所には、接触抵抗Rtが存在する。 As shown in FIG. 23 (C), the thermal resistance of the surface layer portion of the human body 2 is Rs, also, in the region of contact between the respective temperature measurement part 3A, 3B and the body 2, the contact resistance Rt is present. (Rs+Rt)の値は不明である。 The value of (Rs + Rt) is unknown. また、共通の断熱材37の熱抵抗はRu0(既知)である。 The heat resistance of the common heat insulating material 37 is Ru0 (known). また、第1温度測定部3Aの大気側に設けられる断熱材38Aの熱抵抗は(Ru1+RV)である。 Also, thermal resistance of the thermal insulating material 38A provided on the atmosphere side of the first temperature measuring unit 3A is (Ru1 + RV). なお、RVは大気に近い表層部の熱抵抗である。 Incidentally, RV is the thermal resistance of the surface layer portion close to the atmosphere. また、第2温度測定部3Bの大気側に設けられる断熱材38Bの熱抵抗は(Ru2+RV)である。 The heat resistance of the insulation material 38B provided on the atmosphere side of the second temperature measuring unit 3B is (Ru2 + RV).

また、図23(C)では、体表面センサー31A,31Bによって測定された温度をTb1,Tb3とし、中間センサー32A,32Bによって測定された温度をTb2,Tb4とする。 Further, in FIG. 23 (C), the body surface sensors 31A, the temperature measured by 31B and Tb1, Tb3, an intermediate sensor 32A, the temperature measured by 32B and Tb2, Tb4.

図23(C)の左側に太線の矢印で示されるように、第1温度測定部3Aには、人体2の深部から、断熱材37と断熱材38Aとが接触する界面301Aに向かう熱流束が生じる。 As indicated by the bold arrows on the left side of FIG. 23 (C), the first temperature measuring section 3A, from the deep area of ​​the human body 2, the heat flux toward the surface 301A of contact between the heat insulating member 37 and the heat insulating material 38A occur. この熱流束は、人体2の深部(温度Tcore)から体表面2Aに向かう熱流束Q(s+t)と、体表面2Aから界面301Aに向かう熱流束Qu1と、に分けることができる。 The heat flux can be divided and heat flux Q flowing from the body 2 deep (temperature Tcore) to the body surface 2A (s + t), the heat flux Qu1 directed from the body surface 2A in the interface 301A, the. また、第2温度測定部3Bにおいても、人体2の深部から、断熱材37と断熱材38Aとが接触する界面301Aに向かう熱流束が生じ、この熱流束は、人体2の深部(温度Tcore)から体表面2Aに向かう熱流束Q(s+t)と、体表面2Aから界面301Aに向かう熱流束Qu2と、に分けることができる。 Further, in the second temperature measuring unit 3B, the deep area of ​​the human body 2, the heat flux is generated towards the interface 301A of contact between the heat insulating member 37 and the heat insulating material 38A, the heat flux, the human body 2 deep (temperature Tcore) and toward the body surface 2A of the heat flux Q (s + t), the heat flux Qu2 directed from the body surface 2A in the interface 301A, can be divided into.

熱流束は、2点の温度の差を、2点間の熱抵抗値で除算して求めることができる。 The heat flux, a difference in temperature of the two points can be determined by dividing the thermal resistance between the two points. よって、熱流束Q(s+t)は、下記の式(A)で示され、熱流束Qu1は、下記の式(B)で示され、熱流束Qu2は、下記の式(C)で示される。 Therefore, heat flux Q (s + t) is represented by the formula (A) below, the heat flux Qu1 is represented by the following formula (B), heat flux Qu2 is represented by the following formula (C).
Q(s+t)=(Tcore−Tb1)/(Rs+Rt)・・・(A) Q (s + t) = (Tcore-Tb1) / (Rs + Rt) ··· (A)
Qu1=(Tb1−Tb2)/Ru0・・・(B) Qu1 = (Tb1-Tb2) / Ru0 ··· (B)
Qu2=(Tb3−Tb4)/Ru0・・・(C) Qu2 = (Tb3-Tb4) / Ru0 ··· (C)
ここで、人体2における熱流束と、温度測定部3A,3Bにおける熱流束とは等しい。 Here, equal heat flux in the human body 2, the temperature measuring unit 3A, a heat flux at 3B. よって、Q(s+t)=Qu1が成立し、同様に、Q(s+t)=Qu2が成立する。 Thus, Q (s + t) = Qu1 is established, similarly, Q (s + t) = Qu2 is established. したがって、式(A)ならびに式(B)から、下記(D)式が得られ、式(A)と式(C)から、下記の式(E)が得られる。 Therefore, from equation (A) and formula (B), the following (D) equation is obtained from equation (A) and formula (C), the following formula (E) is obtained.
Tcore={(Rs+Rt)/Ru0}・(Tb1―Tb2)+Tb1・・・(D) Tcore = {(Rs + Rt) / Ru0} · (Tb1-Tb2) + Tb1 ··· (D)
Tcore={(Rs+Rt)/Ru0}・(Tb3―Tb4)+Tb3・・・(E) Tcore = {(Rs + Rt) / Ru0} · (Tb3-Tb4) + Tb3 ··· (E)
図24は、熱流束が定常状態であるときの体温計の接触部モデルと、深部温度の算出式を示す図である。 Figure 24 is a diagram showing a thermometer of the contact portion model when the heat flux is in a steady state, the calculation formula of the core temperature. この図24の上側に示される図は、特許文献1の図4の内容を、ほぼそのまま記載した図である。 The view shown in the upper side of FIG. 24, the contents of Patent Document 1 in FIG. 4 is a view taken generally described as it is. 図24の上側の図に示されるように、2つの異なる熱流束(Q(s+t)とQu1、Q(s+t)とQu2)は、傾きが異なる直線で示される。 As shown in the upper diagram of FIG. 24, two different heat flux (Q (s + t) and Qu1, Q (s + t) and Qu2) is the slope are shown in different line. 各熱流束において、人体2における熱流束と、温度測定部3A,3Bにおける熱流束とは等しいという条件より、上述のとおり、深部温度Tcoreの算出式である(D)式と(E)式とが得られる。 In each heat flux, the heat flux in the human body 2, the temperature measuring unit 3A, from the condition that is equal to the heat flux in 3B, as described above, a calculation formula of the core temperature Tcore (D) Formula (E) and formula and It is obtained.

式(D)と式(E)に基づいて、{(Rs+Rt)/Ru0}の項を除去することができる。 Formula (D) and on the basis of the formula (E), it is possible to remove the section {(Rs + Rt) / Ru0}. この結果、深部温度Tcoreの算出式である、下記の式(F)が得られる。 As a result, a calculation formula of the core temperature Tcore, the following formula (F) is obtained.
この式(F)によれば、人体2における熱抵抗値に関係なく、人体2の深部温度Tcoreを精度よく求めることができる。 According to this equation (F), regardless of the thermal resistance in the human body 2 can be determined accurately core temperature Tcore the body 2.

図25は、図23に示した従来例において、熱収支による測定誤差が生じる様子を示している。 Figure 25, in the conventional example shown in FIG. 23, it shows how the measurement error due to heat balance occurs. なお、図25では、説明の便宜上、各体表面センサー31A〜32Bの測定温度を、T1〜T4と表記している。 In FIG. 25, the description convenience, the measured temperature of each body surface sensors 31A~32B, is indicated as T1-T4.

図25において、人体2と環境(ここでは大気)7との間、あるいは、温度測定部3A,3Bと環境7との間に生じる熱収支(熱の授受)が、太線の破線の矢印で示されている。 In Figure 25, between the body 2 and the environment 7 (air in this case), or, the temperature measuring unit 3A, the thermal budget (transfer of heat) generated between the 3B and the environment 7, a bold dashed arrows indicate It is. 上述のとおり、人体2の深部から温度測定部3A,3Bに向かう熱流束が生じるが、実際の温度測定に際して、熱流束の一部は、例えば、温度測定部3A,3Bから環境(大気)7に逃げ、また、例えば、環境(大気)7から温度測定部3A,3Bに熱が流入する。 As described above, although deep from the temperature measuring portion 3A of the human body 2, the heat flux toward 3B occurs, when the actual temperature measurement, some of the heat flux, for example, the temperature measuring unit 3A, the environment from 3B (atmosphere) 7 to escape, also, for example, heat flows from the environment (air) 7 temperature measurement section 3A, a 3B. 先に説明した、特許文献1に記載される技術では、熱収支が生じない、理想的な熱流束を前提としているため、この点で、わずかながら測定誤差が生じるのは否めない。 Described above, in the technique disclosed in Patent Document 1, the heat balance does not occur, because it is assumed ideal heat flux, in this respect, can not be denied the measurement error caused slight.

図25の下側に示される式(F)では、従来例における深部温度Tcoreを、真の深部温度Tcと、熱収支による誤差成分ΔTcとに分けて記載してある。 In formula shown in the lower part of FIG. 25 (F), the core temperature Tcore in the prior art, are described separately in the true core temperature Tc, and the error component ΔTc by heat balance. つまり、特許文献1に記載される測定方法では、測定された深部温度Tcoreには、熱収支に伴う測定誤差が、わずかながら存在することになる。 That is, in the measurement method described in Patent Document 1, the measured core temperature Tcore, measurement errors due to thermal balance, will be present in minor. この熱収支に伴う誤差成分を、例えば、補正演算等によって除去することができれば、深部温度の測定精度を、さらに向上させることができる。 An error component due to the heat balance, for example, if it is possible to remove by the correction operation or the like, the measurement accuracy of the core temperature, can be further improved.

次に、本発明の実施形態について図面を参照して説明する。 It will now be described with reference to the accompanying drawings, embodiments of the present invention.

(第1の実施形態) (First Embodiment)
図1(A)〜図1(C)は、第1の実施形態における、深部温度の測定方法を説明するための図である。 Figure 1 (A) ~ FIG 1 (C) is a diagram for explaining the first embodiment, the core temperature measuring method. 図1では、本実施形態における温度測定装置の要部(温度測定部)のみが記載されている。 In Figure 1, main part of the temperature measuring apparatus in the present embodiment only (temperature measuring unit) is described. なお、温度測定装置の全体の構成例については、図9を用いて後述する。 Note that the overall configuration example of the temperature measuring device will be described later with reference to FIG.

まず、図1(A)を参照する。 First, referring to FIG. 1 (A). 本実施形態における温度測定装置は、基材40と、基材40の第1測定点p1における温度を、第1温度Tbとして測定する第1温度センサー50と、基材40の、第1測定点p1とは異なる第2測定点p2における温度を第2温度Tpとして測定する第2温度センサー52と、基材40の、第1測定点p1および第2測定点p2とは異なる第3測定点p3における温度を、基材40の周囲の環境7の温度として代用する温度である第3温度Tout'として測定する第3温度センサー55と、を有する。 Temperature measurement apparatus according to this embodiment includes a substrate 40, a temperature at the first measurement point p1 of substrate 40, a first temperature sensor 50 for measuring a first temperature Tb, the substrate 40, the first measurement point a second temperature sensor 52 for measuring the temperature at different second measurement point p2 and p1 as a second temperature Tp, the base material 40, the third measuring point different from the first measurement point p1 and the second measurement point p2 p3 and a third temperature sensor 55 for measuring the temperature, the third temperature Tout 'is the temperature to substitute as the temperature of the surrounding environment 7 of the substrate 40, the in.

ここで、環境温度Toutは、例えば、基材40の周囲の環境(例えば大気)7の温度を、例えば、その大気中に設置してある大気温度センサー54で計測して得られる温度情報である。 Here, environmental temperature Tout, for example, the temperature of the surrounding environment (e.g., air) 7 of the substrate 40, for example, at a temperature information obtained by measuring at ambient temperature sensor 54 that is installed in the atmosphere . これに対して、「環境相当温度(第3温度)Tout'」は、例えば、基材40に設けられている第3温度センサー55によって測定される、深部温度の演算に際して、環境温度Toutの代わりに代用される温度情報である。 In contrast, "environmental equivalent temperature (third temperature) Tout '' is measured, for example, by the third temperature sensor 55 provided on the substrate 40, upon operation of the core temperature, instead of the ambient temperature Tout a temperature information is substituted for. 上述のとおり、第3温度Tout'は、深部温度の演算の際に、環境温度Toutの代わりに使用する温度であり、環境温度Toutとは区別される概念ではあるが、深部温度の演算上、環境温度Toutに相当する温度として利用されるものである。 As described above, the third temperature Tout ', when the operation of the core temperature is a temperature used instead of the ambient temperature Tout, albeit a concept is distinguished from the environmental temperature Tout, the operation of the core temperature, are those utilized as the temperature corresponding to the ambient temperature Tout. つまり、第3温度Tout'は、基材の周囲の環境7の温度に相当する温度ということもできる。 That is, the third temperature Tout 'may also be referred to as a temperature corresponding to the temperature of the surrounding environment 7 of the substrate. よって、以下の説明では、「第3温度」を、「環境相当温度」という場合がある。 Therefore, in the following description, the "third temperature" may be referred to as "environmental equivalent temperature". 以下の説明では、正確な説明を行うために、環境温度Toutと、第3温度Tout'を区別して取り扱う。 In the following description, in order to make an accurate description, handled distinction between environmental temperature Tout, the third temperature Tout '.

基材40、第1温度センサー50、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55は、温度測定部43の構成要素である。 Substrate 40, the first temperature sensor 50, the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55 is a component of a temperature measuring unit 43. また、第1測定点p1、第2測定点p2ならびに第3測定点p3は、基材40の、外表面または基材40の内部に位置することができる。 The first measurement point p1, a second measurement point p2 and the third measuring point p3 is the substrate 40, can be positioned inside the outer surface or substrate 40. つまり、第1測定点p1、第2測定点p2ならびに第3測定点p3は、基材40の外表面上、または基材40の内部に位置する任意の3点である。 That is, the first measurement point p1, a second measurement point p2 and the third measuring point p3 is on the outer surface of the substrate 40, or any three points located inside the substrate 40.

第1測定点p1は、基材40における被測定体6側の測定点であり、第2測定点p2は、環境7の側に位置する測定点である。 The first measurement point p1 is a measurement point of the object to be measured 6 side of the substrate 40, the second measurement point p2 is a measurement point located on the side of the environment 7. また、第3測定点は、上述のとおり、環境7の温度(環境温度Tout)に相当する環境相当温度(第3温度)Tout'を測定するための測定点である。 The third measurement point, as described above, the measurement point for measuring the environmental equivalent temperature corresponding to the temperature of the environment 7 (environmental temperature Tout) (third temperature) Tout '.

基材40は、被測定体6に接触する接触面である第1面SR1と、第1面SR1に対向する面であって、環境7側の面(つまり、基材40の上面)である第2面SR2と、を有する。 Substrate 40 includes a first surface SR1 is a contact surface that contacts the object to be measured 6, a surface facing the first surface SR1, is in terms of the environment 7 side (i.e., the upper surface of the base material 40) It has a second surface SR2, a. 基材40の第1面SR1は、被測定体6の表層部5の表面に接触した状態となっている。 First surface SR1 of the substrate 40 is in a state in contact with the surface of the surface layer portion 5 of the object to be measured 6.

基材40の第2面SR2は、例えば、第1面SR1に対して平行な面である。 Second surface SR2 of the substrate 40 is, for example, a plane parallel to the first plane SR1. また、基材40は、熱を伝達する熱媒体である。 Further, the substrate 40 is a heat medium to transfer heat. 基材40としては、例えば、所定の熱伝導率(あるいは熱抵抗)をもつ材料(例えばシリコンゴム)を使用することができる。 As the substrate 40, for example, it may be a material (e.g. silicone rubber) having a predetermined thermal conductivity (or thermal resistance). 被測定体6は、人体であってもよく、また、炉や配管等の無機的な構造物であってもよい。 Measured body 6 may be a human or may be an inorganic structure of the furnace and pipes.

また、第1温度センサー50、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55としては、例えば、温度値を抵抗値に変換するタイプの温度センサーを使用することができ、また、温度値を電圧値に変換するタイプの温度センサー等を使用することができる。 The first temperature sensor 50, the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55, for example, can use a temperature sensor of the type which converts the temperature value to the resistance value, also the voltage value temperature value it can be used a temperature sensor or the like of the type to convert. なお、温度値を抵抗値に変換するタイプの温度センサーとしては、チップサーミスターや、サーミスターパターンがプリントされたフレキシブル基板、白金測温抵抗体等を採用することができる。 As the temperature sensor of the type which converts the temperature value to the resistance value, can be adopted and the chip thermistor, flexible substrate thermistor pattern is printed, the platinum resistance thermometer and the like. また、温度値を電圧値に変換するタイプの温度センサーとしては、熱電対素子や、PN接合素子、ダイオード等を採用することができる。 As the temperature sensor of the type which converts the temperature value to a voltage value, may be employed and the thermocouple element, PN junction element, a diode and the like.

被測定体6の深部4の深部温度はTcであり、この深部温度Tcが測定対象となる温度である。 Core temperature of the deep area 4 of the object to be measured 6 is Tc, is the temperature at which the core temperature Tc is measured. 図1(A)の例では、破線の矢印で示されるように、被測定体6の深部4から環境7に向かう熱流(熱流束)Qaが生じている。 In the example of FIG. 1 (A), as indicated by the dashed arrows, heat flow (heat flux) Qa toward the environment 7 from the deep 4 of the object to be measured 6 has occurred.

環境7は、例えば、大気等の熱媒体である。 Environment 7, for example, a heat medium of the atmosphere or the like. 「環境」という表現は、「周囲媒体」あるいは「環境媒体」と言い換えることができる。 The expression "environment" can be rephrased as "surrounding medium" or "environmental media". 基材40の周囲の媒体に、大気の構成成分ではないガス成分が含まれるような場合であっても、その媒体は環境(周囲媒体、環境媒体)7ということができる。 The medium surrounding the substrate 40, even when the contain gas components that are not constituents of the atmosphere, the medium may be environment (surrounding medium, environmental media) of 7. また、その媒体は、気体に限定されるものではない。 Also, the medium is not limited to gas.

また、第1温度センサー50および第2温度センサー52は、環境7の温度(環境温度)Toutの値が異なるという条件の下で、第1温度Tpおよび第2温度Tbを複数回(本実施形態では3回とする)、測定する。 The first temperature sensor 50 and second temperature sensor 52, under the condition that the value of the temperature (environmental temperature) Tout environment 7 is different, the first temperature Tp and the second temperature Tb a plurality of times (in this embodiment In the three times), it is measured. また、第3温度センサー55は、環境温度Toutに対応して温度値が変化する環境相当温度(第3温度)Tout'を、複数回(本実施形態では3回)、測定する。 The third temperature sensor 55, the environmental temperature corresponding to the temperature value corresponding to the environmental temperature Tout is changed (third temperature) Tout ', a plurality of times (3 times in this embodiment), is measured.

深部温度Tcを求めるためには、環境温度Toutの温度情報が必要であるが、本実施形態では、環境温度Toutを、環境相当温度Tout'で代用する。 To determine the core temperature Tc, it is necessary temperature information in the ambient temperature Tout, in the present embodiment, the environmental temperature Tout, substitute at ambient temperature corresponding Tout '. その理由は以下のとおりである。 The reason for this is as follows. すなわち、環境温度Toutを直接に測定するためには、基材40の外の環境7中に、環境温度測定のための、個別の温度センサー(図1(A)に示される大気温度センサー54)を設ける必要がある。 That is, in order to directly measure the ambient temperature Tout is in an environment outside 7 of the substrate 40, for environmental temperature measurement, a separate temperature sensor (ambient temperature sensor 54 shown in FIG. 1 (A)) it is necessary to provide a. これに対して、環境相当温度Tout'を測定するのであれば、第3温度センサー55を基材40の外表面または内部に設けることができ、結果的に、3個のセンサー(第1温度センサー50、第2温度センサー52および第3温度センサー55)を基材40に集約することができ、温度測定装置の、さらなる小型化が可能となる。 In contrast, if the measured environmental temperature corresponding Tout ', the third temperature sensor 55 can be provided inside or outside surface of the substrate 40, resulting in, three sensors (first temperature sensor 50, the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55) can be aggregated to the substrate 40, the temperature measuring device, further miniaturization is possible. このように、温度測定装置の小型化を促進するという観点から、環境温度Toutを、環境相当温度Tout'で代用するという構成を採用している。 Thus, from the viewpoint of promoting miniaturization of the temperature measuring device, the environmental temperature Tout, adopts a configuration in which substitute environment corresponding temperature Tout '.

ここで、環境温度をToutと、第3温度(環境相当温度)Tout'は、Tout=Tout'となるのが理想的ではあるが、実際には、第3温度(環境相当温度)Tout'は、環境温度の影響を受けるだけではなく、被測定体と環境との間に生じる熱流Qaの影響も受けることから、ToutとTout'とは一致しないのが通常である。 Here, the environmental temperature and Tout, the third temperature (environmental temperature corresponding) Tout 'is, Tout = Tout' but become to have some ideal, in practice, the third temperature (environmental temperature corresponding) Tout 'is not only influenced by the environmental temperature, from undergoing the influence of heat flow Qa caused between the measured object and the environment, does not coincide with Tout and Tout 'it is usual.

但し、本実施形態で使用される深部温度の演算式では、測定値の絶対値ではなく、測定された複数の温度データ間の相対関係が重要であり、その相対関係が満たされるのであれば、環境温度Toutを、第3温度(環境相当温度)Tout'で代用したとしても、測定精度自体には影響がない。 However, the arithmetic expression of deep temperature used in the present embodiment, rather than the absolute value of the measured values, it is important relative relationship between the measured plurality of temperature data, as long as their relative relationship is satisfied, the environmental temperature Tout, even replaced by the third temperature (environmental temperature corresponding) Tout ', does not affect the measurement accuracy itself.

上述の相対関係とは、例えば、第1温度Tbおよび第2温度Tpが、環境温度Toutに対して線形性があるとするとき、環境温度Toutを第3温度Tout'で代用したときでも、同様の線形性が確保される、というような相対関係である。 The relative relationship of the above, for example, the first temperature Tb and the second temperature Tp is, when there is a linearity with respect to the ambient temperature Tout, even when substituting the ambient temperature Tout at the third temperature Tout ', similar linearity of is secured, a relative relationship as that. 基材における任意の一点の温度は、環境温度Toutを変数として含む1次関数で表すことができることから、第3温度Tout'も、環境温度Toutに対する線形性を有しており、環境温度Toutが決まれば、第3温度Tout'も、線形の関数によって一義的に定まる。 Temperature of an arbitrary point in the base material, since it can be represented by a linear function including environmental temperature Tout as a variable, a third temperature Tout 'also has a linearity with respect to the ambient temperature Tout, the environmental temperature Tout in Kimare, third temperature Tout 'also uniquely determined by a linear function. よって、環境温度Toutと、第1温度Tbおよび第2温度Tpとの間に成立する線形の関係は、第3温度Tout'と、第1温度Tbおよび第2温度Tpとの間にも、同様に成立すると考えることができる。 Therefore, the environmental temperature Tout, a linear relationship holds between the first temperature Tb and the second temperature Tp has a third temperature Tout ', also between the first temperature Tb and the second temperature Tp, similar it can be considered to be established. このような理由によって、環境温度Toutを、第3温度Tout'で代用したとしても、高い測定精度を確保することができる。 For these reasons, the environmental temperature Tout, even replaced by the third temperature Tout ', it is possible to ensure high measuring accuracy.

被測定体の深部温度Tcは、基本的には、環境温度Toutと、第1温度Tbならびに第2温度Tpとの間に成立する関係に基づいて、複数回の温度測定による実測値を利用して、演算によって求めることができる。 Core temperature Tc of the object to be measured is basically the environmental temperature Tout, based on the relationship established between the first temperature Tb and the second temperature Tp, by using the actual measurement value measured by the plurality of temperature measurement Te can be obtained by calculation. 上述のとおり、環境温度Toutの代わりに、第3温度(環境相当温度)Tout'を使用した場合でも、同様の関係が成立することから、以下の説明では、適宜、第3温度(環境相当温度)Tout'という表現を使用する。 As described above, instead of the ambient temperature Tout, since even when using the third temperature (environmental temperature corresponding) Tout ', similar relationship is established, in the following description, appropriately, the third temperature (environmental temperature corresponding to use the term) Tout '.

第1測定点p1の温度Tp(すなわち第1温度)ならびに第2測定点p2の温度Tb(すなわち第2温度)は、共に、熱源としての深部温度Tcの影響を受けて変動し、かつ、熱流の終端である環境7の温度Toutの影響を受けて変動する。 Temperature Tp (i.e. the first temperature) and the temperature Tb of the second measurement point p2 of the first measurement point p1 (that is, the second temperature) are both varied under the influence of the core temperature Tc as a heat source, and heat flow varies under the influence of temperature Tout environment 7 is the end of.

例えば、第1温度Tp=T PAとしたとき、第2温度Tb=aT PA +bと表すことができる。 For example, when the first temperature Tp = T PA, can be expressed as the second temperature Tb = aT PA + b. aは一次関数の傾き(第1の傾き)であり、bは、切片(第1の切片)である。 a is the slope of the linear function (the first inclination), b is the intercept (the first section). また、第1の切片bは、環境温度Toutに対して、すなわち、環境相当温度である第3温度Tout'に対して線形に変化する。 The first intercept b is the environment temperature Tout, i.e., varies linearly with respect to the third temperature Tout 'an environmental equivalent temperature. すなわち、b=cTout'+dと表すことができる。 That is, it can be expressed as b = cTout '+ d. cは一次関数の傾き(第2の傾き)であり、dは、切片(第2の切片)である。 c is the slope of the linear function (the second slope), d is the intercept (the second section).

温度測定部に含まれる演算部(図1では不図示,図3〜図5における参照符号74)は、本実施形態においては、3回の測定によって得られた第1温度(Tb1〜Tb3)および第2温度(Tp1〜Tp3)、ならびに3回の測定に対応する異なる値の第3温度(Tout1'〜Tout3')に基づいて、第1面SR1から離れた、被測定体6の深部4における深部温度Tcを、深部温度の演算式である第1算出式(式(1))による演算によって求める。 Calculation unit included in the temperature measurement unit (not shown in FIG. 1, reference numeral 74 in FIGS. 3-5), in the present embodiment, the first temperature (Tb1~Tb3) obtained by three measurements and the second temperature (TP1 to TP3), as well as on the basis of the third temperature (Tout1'~Tout3 ') of different values ​​corresponding to the three measurements, away from the first surface SR1, in deep 4 of the object to be measured 6 the core temperature Tc, determined by calculating a first calculation formula is an arithmetic expression of core temperature by (equation (1)). つまり、Tc=d/(1−a−c)となる。 That is, a Tc = d / (1-a-c).

第1算出式(式(1))は、深部温度Tcと環境温度Tout(つまり、環境相当温度Tout')とが等しいときは、熱収支はゼロとなるという点に着目して導出される(詳しい導出過程については後述する)。 The first calculation formula (Equation (1)), the core temperature Tc and the ambient temperature Tout (i.e., environmental equivalent temperature Tout ') when equal and, the heat balance is derived by focusing on the point of becoming zero ( It will be described later detailed derivation process). 3回の測定によって得られた温度データから、定数a,c,dを決定し、式(1)に代入することによって、深部温度Tcが求まる。 From the temperature data obtained by the three measurements was determined constants a, c, and d, by substituting the equation (1), core temperature Tc is obtained. 以下、式(1)を第1算出式という。 Hereinafter, the equation (1) that the first calculation formula. これが本実施形態における深部温度Tcの算出方法である。 This is the way of calculating the core temperature Tc in the present embodiment.

なお、第1算出式(式(1))は、環境温度Tout(環境相当温度Tout')が、深部温度Tcに等しいという条件の下で、補正演算によって導き出される。 The first calculation formula (Equation (1)), the ambient temperature Tout (environmental equivalent temperature Tout ') is, under the condition that equals the core temperature Tc, is derived by the correction calculation. つまり、補正演算式における条件の仮定上、Tout(Tout')=Tcとされることから、実際に測定された環境相当温度Tout'が、環境温度Toutと若干、異なっていることは、補正演算上、特に影響がない。 That is, the condition of the assumptions in the correction operation expression, 'since it is a = Tc, actual measured environmental temperature corresponding Tout Tout (Tout)' that, environmental temperature Tout slightly differs from the correction calculation Moreover, there is no particular influence.

但し、第1算出式は、基材40における温度分布が、環境温度Toutに対して線形であることを前提としているため、演算に使用する環境温度Tout'の値と、実際の環境温度Toutとの差が拡大した場合には、基材40における温度分布が環境温度Toutに対して線形であるという前提が満足されなくなる可能性があり、この場合には、深部温度の測定結果に誤差が生じる。 However, the first calculation formula, the temperature distribution in the substrate 40, because it is assumed to be linear with respect to the ambient temperature Tout, and the value of the ambient temperature Tout 'for use in computing the actual environmental temperature Tout if the difference is larger, there is a possibility that the temperature distribution in the substrate 40 assumes that it is linear is no longer satisfactory for environmental temperature Tout, in this case, an error occurs in the measurement of core temperature . この観点から、環境相当温度Tout'と環境温度Toutとの差(誤差)は、小さくなるようにするのが好ましい。 In this respect, the difference between the environmental temperature corresponding Tout 'ambient temperature Tout (error) is preferably set to be smaller.

従来例では、環境温度が一定であるという条件の下で、2つの温度測定部における断熱材の種類を異ならせて、2つの異なる熱流束を生成していたが、本実施形態では、環境温度が異なる、少なくとも2つの系において熱流束を生成する。 In the conventional example, under the condition that an environmental temperature is constant, by varying the type of insulation material at the two temperature measuring unit, had generated two different heat flux, in the present embodiment, the environmental temperature It is different, to generate a heat flux in at least two systems. なお、以下の説明で環境という用語を使用するが、環境は、例えば大気等の熱媒体であり、周囲媒体あるいは環境媒体と言い換えることができる。 Although use of the term environment in the following description, the environment is, for example, a heat medium of the atmosphere or the like can be expressed as the surrounding medium or environment medium. 生じさせる。 Cause.

従来例における熱流のモデルでは、2つの温度測定系における環境温度Toutは同じ値(つまり一定)となっている。 In the model of heat flow in a conventional example, environmental temperature Tout at two temperature measurement system is the same value (i.e. constant). よって、各系における深部温度Tcと環境温度Tout間に生じる熱流が一定であり、従来例は、このことを前提条件としている。 Thus, a heat flow caused between core temperature Tc and the ambient temperature Tout in each system is predetermined, the prior art is a prerequisite to this. 被測定体から環境に向かう、例えば鉛直方向の熱流が一定であるということは、その鉛直方向の熱流の一部が、例えば基材の側面を経由して環境に逃げるといった熱収支が生じないことを前提として成立する。 Toward the environment from the measured object, for example, that the vertical direction of the heat flow is constant, a part of the vertical heat flow, heat balance such escape to the environment does not occur for example via a side surface of the substrate the established as a premise.

しかし、温度測定装置の小型化が促進され、基材のサイズが小さくなると、被測定体と環境との間の熱収支(例えば、基材の側面からの熱の逃げ等)が顕在化する。 However, promotes miniaturization of the temperature measuring device, the size of the substrate is reduced, which is manifested (relief like heat from the example, the side surface of the substrate) heat balance between the measured object and the environment. この場合、深部温度Tcと環境温度Tout間に生じる熱流が一定であるという前提が満足されなくなる。 In this case, assuming that the heat flow occurring between core temperature Tc and the ambient temperature Tout is constant is not satisfied.

これに対して、本実施形態では、複数の熱流の系において、各熱流の一端は、温度変動が許容されている環境7であり、例えば、第1の系では、環境温度はTout1(任意の温度)であり、第2の系では環境温度はTout2(Tout1とは異なる任意の温度)である。 In contrast, in the present embodiment, in a system of a plurality of heat flow, one end of each of the heat flow is environmental 7 temperature variation is allowed, e.g., in the first system, environmental temperature Tout1 (optional the temperature), the environmental temperature in the second system are different arbitrary temperature) and Tout2 (Tout1. よって、複数の熱流の系の間で、環境温度(Tout)と深部温度(Tc)との間で生じる熱流が一定でなければならない、という、従来例のような制約が生じない。 Therefore, among the systems of a plurality of heat flow, heat flow must be constant generated between the environmental temperature (Tout) and core temperature (Tc), that restrictions as in the prior art do not occur. つまり、各系の熱流束には、熱収支による熱の移動が本来的に含まれており、環境温度Tout(任意の温度)と被測定体の深部温度Tcとの間で、その熱収支の成分も含むような熱流が生じるだけである。 That is, for each system in the heat flux, heat transfer due to heat balance is included in the original, in between the environmental temperature Tout (any temperature) and core temperature Tc of the object to be measured, the heat balance component also only heat flow is generated to include.

そして、このような熱流の系では、基材における任意の2点(第1測定点と第2測定点)の温度は、環境温度Tout、すなわち、環境相当温度である第3温度Tout'を変数(パラメーター)として含む式によって表すことができる。 Then, in a system such heat flow, the temperature of any two points in the base member (first measurement point and the second measuring point), the ambient temperature Tout, i.e., the variable a third temperature Tout 'an environmental temperature corresponding can be represented by a formula including the (parameter).

また、深部温度Tcと環境温度Tout(つまり、第3温度Tout')とが等しいときは、熱収支はゼロとなる。 Also, core temperature Tc and the ambient temperature Tout (i.e., third temperature Tout ') when are equal, the heat balance is zero. よって、例えば、深部温度Tcの演算を行う際に、深部温度Tcと環境温度Tout(第3温度Tout')とが等しいという条件を与えることによって、熱収支による測定誤差をゼロとすることができる。 Thus, for example, when performing the calculation of the core temperature Tc, by providing the core temperature Tc and the ambient temperature Tout (third temperature Tout '), the condition that are equal, it is possible to make the measurement error due to heat balance to zero .

次に、基材40に位置する任意の3点のうち、どれを第1測定点p1とし、どれを第2測定点p2とし、どれを第3測定点p3とするか、を決定する方法の一例について説明する。 Next, among the three arbitrary points, located on the substrate 40, which one is the first measurement point p1, Which the second measurement point p2, which one is the third measurement point p3, the method for determining the one case will be described. 第1測定点p1の位置(第1温度センサー50の位置)、第2測定点p2の位置(第2温度センサー52の位置)ならびに第3測定点p3の位置(第3温度センサー55の位置)に関しては、種々のバリエーションが考えられる。 Position of the first measurement point p1 (the position of the first temperature sensor 50), the position of the second measurement point p2 (the position of the second temperature sensor 52) and the position of the third measurement point p3 (position of the third temperature sensor 55) for the considered various variations. ここで、図1(B)を参照する。 Referring now to FIG. 1 (B).

上述したように、第1測定点p1、第2測定点p2ならびに第3測定点p3は、基材40の表面上や側面上、すなわち基材40の外表面上に位置することができ、また、基材40の内部に位置することもできる。 As described above, the first measurement point p1, a second measurement point p2 and the third measuring point p3 is ostensibly on or side of the substrate 40, i.e., can be positioned on the outer surface of the substrate 40, also , it may be positioned inside the base 40. ここで、第1測定点p1、第2測定点p2ならびに第3測定点p3は、必ず異なる位置にある。 Here, the first measurement point p1, a second measurement point p2 and the third measuring point p3 is always different positions.

図1(B)の例では、基材40の内部に、3点(点a,点b,点c)を設定している。 In the example of FIG. 1 (B), in the interior of the substrate 40, three points (point a, point b, point c) has set. ここで、第3測定点p3は、環境温度Toutに相当する環境相当温度Toutを計測するための測定点であることから、3点(点a〜点c)のうちの、最も環境7との熱交換がし易い点(最も環境温度Toutの影響を受ける点)を第3測定点に選ぶのが好ましい。 The third measurement point p3, since the measurement point for measuring the environmental temperature corresponding Tout corresponding to the environmental temperature Tout, of the three points (point a~ point c), the most environmentally 7 preferably selected heat exchange easily point a (point affected the most environmental temperature Tout) to the third measurement point. つまり、環境7との間に存在する最小の熱抵抗の値が、他の2点よりも小さい測定点を、第3測定点とするのが好ましい。 That is, the value of the minimum thermal resistance existing between the environment 7, the smaller the measurement points than the other two points, preferably in the third measurement point.

図1(B)において、3つの測定点a〜cにおける、環境7に至る最短の距離をL1,L2,L3とする。 In FIG. 1 (B), the at three measurement points a to c, the distance of the shortest reaching the environment 7, L1, L2, L3. L1,L2,L3は0以上の値であり、また、図1(B)の例では、L2≦L3≦L1である。 L1, L2, L3 is larger than or equal to zero, also in the example of FIG. 1 (B), an L2 ≦ L3 ≦ L1. つまり、L2が最も小さい。 That, L2 is the smallest. よって、測定点bが、最も環境7との熱交換がし易い点である。 Therefore, the measurement point b is a heat exchanger is easy to point the most environment 7. したがって、図1(B)の例では、測定点bを、環境相当温度Tout'を測定するための第3測定点p3とする。 Thus, in the example of FIG. 1 (B), the measurement point b, and the third measuring point p3 for measuring the environmental temperature corresponding Tout '.

次に、残る2点(測定点aと測定点c)のうちの、いずれを第1測定点p1とするかについて説明する。 Then, of the two points remaining (measuring point a and the measuring point c), the description for any whether the first measurement point p1. 第1測定点p1は、被測定体6側の測定点であることから、被測定体6により近い方の測定点、つまり、熱源としての被測定体6の深部4により近い方の測定点を、第1測定点p1とするのが好ましい。 The first measurement point p1, since the measurement points of the object to be measured 6 side, towards the measuring point of closer to the object to be measured 6, i.e., the measuring points closer to the deep fourth measured body 6 as a heat source preferably, the first measurement point p1.

そこで、図1(B)において、基材40の接触面SR1に垂直な垂線の方向における、第1面(接触面)SR1からの距離を考える。 Therefore, in FIG. 1 (B), the in the direction of the line perpendicular to the contact surface SR1 of the substrate 40, considering the distance from the first surface (contact surface) SR1. a点の距離はLAであり、b点の距離はLBであり、c点の距離はLCである。 Distance point a is LA, the distance of point b is LB, the distance of point c is LC. なお、基材40の高さ(第1面SR1から第2面SR2までの距離)をLDとする。 Note that the height of the substrate 40 (the distance from the first surface SR1 to the second surface SR2) and LD. 図1(B)の例では、LA<LB<LCであり、LAが最も小さい。 In the example of FIG. 1 (B), an LA <LB <LC, LA is the smallest.

つまり、測定点aは、測定点cよりも、被測定体6の近くに位置している。 That is, the measurement point a, than the measurement point c, is located near the object to be measured 6. したがって、図1(B)の例では、測定点aを、被測定体6側の測定点p1とする。 Thus, in the example of FIG. 1 (B), the measurement points a, and the measurement point p1 of the object to be measured 6 side. 結果的に、第3測定点cが、環境側の測定点である第2測定点p2となる。 Consequently, the third measuring point c becomes the second measurement point p2 is a measuring point of the environmental side. このようにして、基材40に位置する任意の3点に関して、第1測定点p1〜第3測定点p3を決定することができる。 In this way, for any three points located on the substrate 40, it is possible to determine a first measurement point p1~ third measurement point p3. 但し、この決定方法は一例であり、この方法に限定されるものではない。 However, the determination method is an example, but is not limited to this method.

次に、第1測定点p1と第2測定点p2との位置関係について、図1(C)を参照して説明する。 Next, the positional relationship between the first measurement point p1 and the second measurement point p2, will be described with reference to FIG. 1 (C). なお、第1測定点p1と第2測定点p2を種々、変化させて、深部温度を測定した結果については、図13〜図18を用いて後述する。 Incidentally, various first measurement point p1 and the second measurement point p2, is varied, the results of measurement of the core temperature will be described later with reference to FIGS. 13 to 18.

上述したとおり、第1測定点p1は、被測定体6側の測定点とし、第2測定点p2は、環境(大気)7側の測定点である。 As described above, the first measurement point p1 is a measuring point of the object to be measured 6 side, a second measurement point p2 is a measurement point of the environment (air) 7 side. 図1(C)に示すように、基材40の接触面SR1に垂直な垂線の方向における、第1面(接触面)SR1からの距離を考え、第1測定点p1の距離をLAとし、第2測定点p2の距離をLBとする。 As shown in FIG. 1 (C), in the direction of the line perpendicular to the contact surface SR1 of the substrate 40, considering the distance from the first surface (contact surface) SR1, the distance of the first measurement point p1 and LA, the length of the second measurement point p2 and LB. 基材40の高さをLCとし、基材40の高さ(第1面SR1から第2面SR2までの距離)をLDとする。 The height of the substrate 40 and LC, to the height of the substrate 40 (the distance from the first surface SR1 to the second surface SR2) and LD.

距離LAおよび距離LBについては、0≦LA,LB≦LCが成立し、かつ、LA≦LBが成立する。 The distance LA and the distance LB, 0 ≦ LA, LB ≦ LC is satisfied, and, LA ≦ LB is satisfied. つまり、第1測定点p1および第2測定点p2の、基材40の第1面SR1からの距離LA,LBは、0以上であり、基材40の高さ(頂部における高さ)はLC以内である。 That is, the first measurement point p1 and the second measurement point p2, the distance from the first surface SR1 of the base 40 LA, LB is greater than or equal to 0, the height of the substrate 40 (the height at the top) is LC within it. また、第1測定点p1の、基材40の第1面SR1からの距離LAと、第2測定点p2の、基材40の第1面からの距離LBとを比較した場合、LA<LBであってもよく、また、LA=LBであってもよい。 Also, when comparing the first measurement point p1, and the distance LA from the first surface SR1 of the substrate 40, the second measurement point p2, and the distance LB from the first surface of the substrate 40, LA <LB it may also be, or may be a LA = LB.

また、LA<LBのときは、第1測定点p1の方が、第2測定点p2よりも被測定体6の近くに位置している。 Further, when the LA <of LB, toward the first measurement point p1 is positioned close to the object to be measured 6 than the second measurement point p2. LA=LBのときは、第1測定点p1と第2測定点p2とは、横一線の位置にあり、接触面SR1に垂直な垂線の方向の距離に関しては優劣がない。 When the LA = LB, the first measurement point p1 and the second measurement point p2, in the position of the horizontal clear distinction, there is no superiority or inferiority with respect to the distance in the direction of line perpendicular to the contact surface SR1. この場合、接触面SR1に平行な方向の距離(つまり、基材40の側面までの距離)に関して差があるときは、基材40の側面までの距離が小さい方を、環境7側の測定点である第2測定点p2とすることができる。 In this case, the distance in the direction parallel to the contact surface SR1 (that is, the distance to the side surface of the substrate 40) when there is a difference with respect to the towards the distance to the side surface of the substrate 40 is small, the environmental 7 side measuring point can be a second measurement point p2 is. なお、LA=LBの場合でも、深部温度Tcを正確に測定可能である点に関しては、図16を用いて後述する。 Even when the LA = LB, in terms are precisely capable of measuring the core temperature Tc will be described later with reference to FIG. 16.

次に、図1(D)を参照して、基材における任意の3点(a〜c)が横一線の位置に、並置されている場合について説明する。 Next, referring to FIG. 1 (D), any three points in the base material (a to c) is in the position of the horizontal clear distinction will be described when it is juxtaposed. 図1(D)の例では、LA=LB=LCであり、各点a〜cに関して、接触面SR1に垂直な垂線方向の距離に関しては優劣がない。 In the example of FIG. 1 (D), an LA = LB = LC, for each point a to c, there is no superiority or inferiority with respect to the distance perpendicular direction normal to the contact surface SR1. 但し、接触面SR1に平行な方向の距離(つまり、基材40の側面までの距離)L4〜L6に関して、L5<L6<L4が成立する。 However, the distance in the direction parallel to the contact surface SR1 (that is, the distance to the side surface of the substrate 40) with respect L4~L6, L5 <L6 <L4 is satisfied.

したがって、最も環境温度Toutの影響を受ける点bを、環境相当温度Tout'を測定するための第3測定点とすることができる。 Therefore, the point b affected most environmental temperature Tout, may be a third measuring point for measuring the environmental temperature corresponding Tout '. また、点aと点cに関して、点cは、点aよりも環境7の近くに位置していることから、点cを環境側の温度(第2温度Tp)を測定するための第2測定点p2とすることができる。 Further, with respect to the point a and point c, point c, since it is close to the environment 7 of the point a, the second measurement to the point c measure the environmental side temperature (second temperature Tp) it can be a point p2. 結果的に、点aは、被測定体6側の測定点である第1測定点p1となる。 Consequently, point a, as a first measurement point p1 is a measuring point of the object to be measured 6 side.

このように、基材40に任意の3点を設定したとき、被測定体6から各点までの距離の長短、環境7から各点までの距離の長短を総合的に勘案することによって、第1測定点p1〜第3測定点p3を定めることができる。 Thus, when setting the arbitrary three points on the substrate 40, by taking into consideration the length of the distance from the object to be measured 6 to each point, the length of distance from the environment 7 to each point Overall, the it can be determined one measuring point p1~ third measurement point p3.

次に、温度センサーを基材40に設ける方法の一例について説明する。 Next, an example of a method of providing a temperature sensor to the substrate 40. 図2(A)〜図2(E)は、温度センサーを、基材に設ける方法の一例について説明するための図である。 Figure 2 (A) ~ FIG 2 (E) are diagrams for explaining a temperature sensor, an example of a method of providing a substrate. ここでは、第1温度センサー50(例えば熱電対素子で構成される)を例にとって説明する。 Here, the first temperature sensor 50 (for example, a thermocouple device) will be described as an example. 以下に説明する方法は、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55についても、同様に適用することができる。 Method described below, for the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55 can be applied similarly.

図2(A)は、基材40(第1温度センサー50を含む)の平面図および断面図を示している。 2 (A) is a plan view and a sectional view (including a first temperature sensor 50) the substrate 40. 平面図に示されるように、基材40は、平面視で正方形の形状をしており、縦Y1ならびに横X1は共に、例えば50mmである。 As shown in the plan view, the substrate 40 has a square shape in plan view, the vertical Y1 and the lateral X1 are both, for example, 50 mm. また、断面図に示されるように、基材の高さY3は、例えば5mmである。 Further, as shown in the sectional view, of a substrate height Y3 is, for example, 5 mm. また、第1温度センサー50は、基材40に埋設されている。 The first temperature sensor 50 is embedded in the substrate 40. 第1温度センサー50の横X2は例えば0.5mmであり、縦(高さ)Y2は例えば0.5mmである。 Horizontal X2 of the first temperature sensor 50 is 0.5mm for example, the vertical (height) Y2 is 0.5mm for example. 基材40としては、例えば、発砲ゴム(例えば天然のラテックスゴム)や発泡樹脂(例えば発砲ウレタン)を使用することができる。 As the substrate 40, for example, may be used fire rubber (e.g. natural latex rubber) and foamed resin (e.g. urethane foam).

図2(B)および図2(C)は、第1温度センサー50を基材40に埋め込む方法の、一例を示している。 FIG. 2 (B) and FIG. 2 (C), the method of embedding the first temperature sensor 50 to the substrate 40 shows an example. 図2(B)では、基材40の側面から中央に向う横穴47aを形成し、その横穴47aを経由して、第1温度センサー50を基材40の内部に搬送し、そして、第1温度センサー50を、基材40のほぼ中央に設置する。 In FIG. 2 (B), the forming the horizontal hole 47a toward the side surface of the substrate 40 in the center, via the transverse hole 47a, and carrying the first temperature sensor 50 in the interior of the substrate 40, and, first temperature the sensor 50 is placed substantially at the center of the substrate 40.

また、図2(C)の例では、図2(B)における横穴47aの代わりに、縦穴47bを形成している。 Further, in the example of FIG. 2 (C), the instead of the lateral hole 47a in FIG. 2 (B), to form a longitudinal hole 47b.

図2(D)および図2(E)は、第1温度センサー50を基材40に埋め込む方法の、他の例を示している。 Figure 2 (D) and FIG. 2 (E) is a method of embedding a first temperature sensor 50 to the substrate 40 shows another example. 図2(D)および図2(E)の例では、基材40が、下側部分40aと上側部分40bとに分割されている。 In the example shown in FIG. 2 (D) and FIG. 2 (E), base material 40 is divided into a lower portion 40a and an upper portion 40b. 下側部分40aと上側部分40bとを貼り合わせる際に、第1温度センサー50を、両部分40a,40bによって挟み込むことによって、結果的に、第1温度センサー50を、基材40の内部に位置させることができる。 When bonding the lower part 40a and upper part 40b, the first temperature sensor 50, both portions 40a, by sandwiching the 40b, consequently, the first temperature sensor 50, positioned inside the base 40 it can be.

図2(D)の例の第1工程では、基材40の上側部分40bの一部に凹部39を形成する。 In the first step of example in FIG. 2 (D), the forming recesses 39 in a portion of the upper portion 40b of the substrate 40. 第2工程では、基材40の上側部分40bに形成されている凹部39に、第1温度センサー50を埋め込み、かつ、基材40の下側部分40aの、上側部分40bに対向する面上に、接着材50を形成する。 In the second step, the recess 39 formed in the upper portion 40b of the substrate 40, the first temperature sensor 50 embedded and the lower portion 40a of the substrate 40, on the surface facing the to the upper portion 40b to form an adhesive 50. 第3工程では、基材40の下側部分40aと上側部分40bとを貼り合わせる。 In the third step, bonding the lower portion 40a and an upper portion 40b of the substrate 40. 但し、発砲ゴムや発泡樹脂は柔軟性があるため、凹部39を設けずに、第1温度センサー50を、基材40の下側部分40aと上側部分40bとで直接的に挟むこともできる。 However, since foamed rubber or foamed resin which is flexible, without providing the recess 39, the first temperature sensor 50 may be directly sandwiched between the lower portion 40a and an upper portion 40b of the substrate 40. この例を図2(E)に示す。 The example shown in FIG. 2 (E).

図2(E)の例の第1工程では、基材40の下側部分40aには、凹部を形成しない。 In the first step of the example of FIG. 2 (E), the lower portion 40a of the substrate 40, without forming the recess. そして、第2工程では、基材40の下側部分40aの、上側部分40bに対向する面上に、接着材50を形成し、その接着材50上に、第1温度センサー50を載置する。 Then, in the second step, the lower portion 40a of the substrate 40, on opposite faces in the upper portion 40b, an adhesive 50 is formed, on the adhesive material 50, placing the first temperature sensor 50 . 第3工程では、基材40の下側部分40aと上側部分40bとを貼り合わせる。 In the third step, bonding the lower portion 40a and an upper portion 40b of the substrate 40. 基材40は、柔らかい素材で構成される。 Substrate 40 is composed of a soft material. よって、貼り合わせ時に、基材40の上側部分40bの中央部は、第1温度センサー50を包み込むように変形する。 Therefore, at the time of bonding, the central portion of the upper portion 40b of the substrate 40 is deformed so as to enclose the first temperature sensor 50. なお、以上の例は一例であり、これらの方法に限定されるものではない。 The above example is one example, but is not limited to these methods.

次に、「環境温度Toutの値が異なるという条件の下で、第1温度Tb、第2温度Tpならびに第3温度(環境相当温度)Toutを複数回、測定する」ことを担保するための測定方法の例について説明する。 Next, measurement for guaranteeing the "under the condition that the value of the environmental temperature Tout is different, the first temperature Tb, the second temperature Tp and the third temperature (environmental temperature corresponding) Tout a plurality of times, the measurement is" that examples of methods will be described.

図3(A)および図3(B)は、温度測定方法の一例、ならびに、その温度測定方法を実施するための温度測定装置の構成の一例を示す図である。 FIGS. 3 (A) and. 3 (B), an example of the temperature measuring method, and is a diagram showing an example of a configuration of a temperature measuring apparatus for carrying out the temperature measurement method.

図3(A)に示される温度測定装置は、温度測定部43と、演算部74と、温度測定部43および演算部74の動作を制御する制御部73と、を含む。 Temperature measurement apparatus shown in FIG. 3 (A), it includes a temperature measuring unit 43, an operation unit 74, a control unit 73 for controlling the operation of the temperature measuring unit 43 and the arithmetic unit 74, a. 制御部73は、上述の演算部74に加えて、測定タイミング制御部75を有している。 Control unit 73, in addition to the arithmetic unit 74 described above, and a measurement timing controller 75. 測定タイミング制御部75は、タイミング制御信号ST1を出力し、このタイミング制御信号ST1によって、第1温度センサー50、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55による、第1温度Tb、第2温度Tpならびに第3温度(環境相当温度)Tout3'の測定タイミングを変化させる。 Measuring timing control unit 75 outputs a timing control signal ST1, by the timing control signal ST1, the first temperature sensor 50, by the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55, the first temperature Tb, the second temperature Tp and changing the measurement timing of the third temperature (environmental temperature corresponding) Tout3 '.

なお、環境7の温度を、空調器57によって制御してもよい。 Incidentally, the temperature of the environment 7, may be controlled by the air conditioning unit 57. 但し、図4(A)の例では、環境7の微視的な温度のゆらぎを利用するため、本例では、空調器57の有無(あるいは空調器のオン/オフ)は問題としない。 However, in the example of FIG. 4 (A), in order to utilize the microscopic temperature fluctuation of the environment 7, in this example, the presence or absence of an air conditioner 57 (or air conditioner on / off) is not an issue.

図3(B)に示されるように、第1温度Tb、第2温度Tpならびに第3温度Tout'を得るために、第1測定期間〜第3測定期間が設けられる。 As shown in FIG. 3 (B), the first temperature Tb, in order to obtain a second temperature Tp and the third temperature Tout ', the first measurement period to third measurement period is provided. 制御部73は、各測定期間毎に、複数回の温度測定あるいは温度情報の取得を実行し、得られたデータに基づいて、上述の第1算出式(式(1))による演算を実行して、深部温度Tcを求める。 Control unit 73, for each measurement period, perform the acquisition of multiple temperature measurement or temperature information, based on the obtained data, performs an operation according to the first calculation formula described above (equation (1)) Te, determine the core temperature Tc.

「環境温度Toutの値を異ならせるための方法としては、空調器等を利用する積極方法と、時間軸上での環境温度のゆらぎ(微小な変動)に着目して、測定タイミングを調整するという消極的な方法とがあるが、図3の例では、後者の消極的な方法が採用されている。 As a method for varying the value of the "environmental temperature Tout is referred to a positive method of using the air conditioning, etc., in view of the fluctuation of the environmental temperature on the time axis (micro variations) to adjust the measurement timing there are a passive way, but in the example of FIG. 3, the latter passive methods are employed.

例えば、基材40の第1測定点p1における第1温度Tb、ならびに基材40の第2測定点p2における第2温度Tpを3回測定するとき、各測定間の時間間隔があまりに短いと、異なる環境温度の下で3回測定するという条件を満たすことができない場合がある。 For example, the first temperature Tb in the first measurement point p1 of substrate 40, and when measuring the second temperature Tp 3 times at the second measurement point p2 of the substrate 40, when the too short time interval between each measurement, it may not be possible to satisfy the condition that three measurements under different environmental temperatures. よって、本例では、第1回目の測定用の第1時間帯(つまり第1測定期間)と、第2回目の測定用の第2時間帯(つまり、第2測定期間)と、第3回目の測定用の第3時間帯(つまり、第3測定期間)とを設ける。 Thus, in this example, the first time of the first time period for measurement (that is, the first measurement period), and the second time period for the second time for the measurement (i.e., the second measurement period), the third time the third time period for measurement (i.e., the third measurement period) and provided.

各時間帯(測定期間)は、例えば1分(3つの時間帯の合計が3分)とすることができる。 Each time slot (the measurement period), for example 1 minute (total three time zones 3 minutes) can be. 第1時間帯(第1測定期間)は、時刻t1からt4の期間であり、例えば、20秒毎に温度測定が実行される。 The first time period (first measurement period) is a period from the time t1 t4, for example, temperature measurement is performed every 20 seconds. つまり、時刻t1,時刻t2,時刻t3において、3回の温度測定が実行され、図示されるような9個のデータが得られる。 That is, at time t1, time t2, time t3, is performed 3 times temperature measurement, nine data as shown is obtained. そして、これらのデータの平均演算(単純な加算平均でもよく、重み付け平均でもよい)によって、第1回目の温度測定値(Tb1,Tp1,Tout1')が決定される。 Then, the average calculation of these data (may be a simple averaging, which may be a weighted average) by the first temperature measurement (Tb1, Tp1, Tout1 ') is determined.

また、第2時間帯(第2測定期間)においても、3回の温度測定が実行され、各測定結果の平均演算(単純な加算平均でもよく、重み付け平均でもよい)によって、第2回目の温度測定値(Tb2,Tp2,Tout2')が決定される。 Further, in the second time period (second measurement period), 3 times temperature measurement is performed, (it may be a simple averaging, weighted or on average) average calculation of the measurement result by the second round of temperature measurements (Tb2, Tp2, Tout2 ') is determined.

同様に、第3時間帯(第3測定期間)においても、3回の温度測定が実行され、各測定結果の平均演算(単純な加算平均でもよく、重み付け平均でもよい)によって、第3回目の温度測定値(Tb3,Tp3,Tout3')が決定される。 Similarly, in the third time zone (third measurement period) it is executed three temperature measurements, (may be a simple averaging, which may be a weighted average) average calculation of the measurement result by th 3rd temperature measurements (Tb3, Tp3, Tout3 ') is determined. 以上の処理を、第1ステップST1の処理とする。 The above processing is the processing of the first step ST1. なお、平均演算という用語は、最も広義に解釈するものとする。 Incidentally, the term average operation is to be interpreted in the broadest sense.

次に、ステップS2において、得られたデータに基づいて、先に図1(A)に示した、定数a,c,dを算出する。 Next, in step S2, based on the obtained data, calculated previously shown in FIG. 1 (A), constants a, c, and d. 次に、ステップS3において、第1算出式(式(1))に基づいて、深部温度Tcを測定する。 Next, in step S3, based on the first calculation formula (Equation (1)), to measure the core temperature Tc.

図3に示される例では、空調器等を用いて積極的に環境の温度を変化させることなく、第1温度Tb,第2温度Tpならびに第3温度Toutに関して、異なる環境温度Tout(つまり、異なる環境相当温度Tout')の下で測定された複数の温度データを、比較的容易に得ることができる。 In the example shown in FIG. 3, actively without changing the temperature of the environment using the air conditioner or the like, the first temperature Tb, with respect to the second temperature Tp and the third temperature Tout, different environmental temperatures Tout (i.e., different a plurality of temperature data measured under environmental temperature corresponding Tout '), can be obtained relatively easily.

図4(A)および図4(B)は、温度測定方法の他の例、ならびに、その温度測定方法を実施するための温度測定装置の構成の他の例を示す図である。 FIGS. 4 (A) and. 4 (B), another example of the temperature measuring method, and is a diagram showing another example of the configuration of a temperature measuring apparatus for carrying out the temperature measurement method. 図4(A)に示される温度測定装置には、複数回の温度測定を実行するタイミングを決めるための、タイミング制御情報を入力するタイミング制御情報入力部83が設けられている。 The temperature measuring device shown in FIG. 4 (A), for determining when to perform a temperature measurement a plurality of times, timing control information input unit 83 for inputting the timing control information is provided. 制御部73は、タイミング制御情報入力部83から、タイミング制御情報(ここでは、測定指示トリガーTGとする)が入力される毎に、例えば、第1温度センサー50、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55に、温度測定を実行させる。 Control unit 73, from the timing control information input unit 83, the timing control information (here, a measurement instruction trigger TG) each time is input, for example, the first temperature sensor 50, the second temperature sensor 52 and the third the temperature sensor 55 to perform the temperature measurement.

図4の例では、「第3温度(環境温度Tout)の値を異ならせる」ことは、ユーザー自身の行為によって担保される。 In the example of FIG. 4, "third varying the value of the temperature (environmental temperature Tout)" it is secured by the act of the user himself.

例えば、ユーザーは、第1回目の測定を行うとき、温度測定装置の外に設けられる外部の空調器57の温度を第1の温度に設定し、例えば、設定から所定の時間が経過すると、タイミング制御情報入力部を経由して、タイミング制御情報としての測定指示トリガーTG)を入力する。 For example, the user, when performing the first time measurement, and the temperature of the external air conditioner 57 provided outside the temperature measuring device to a first temperature, for example, when a predetermined time has elapsed from the setting, the timing via the control information input unit inputs a measurement instruction trigger TG) as timing control information. 上述したように、制御部73は、タイミング制御情報入力部83からタイミング制御情報が入力される毎に、例えば、第1温度センサー50、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55に温度測定を実行させる。 As described above, the control unit 73, each time the timing control information from the timing control information input unit 83 is inputted, for example, the first temperature sensor 50, a temperature measurement to the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55 to be executed. 測定タイミングは、測定タイミング制御部75によって制御される。 Measurement timing is controlled by measuring the timing controller 75.

温度測定は、例えば、タイミング制御情報(測定指示トリガーTG)の入力毎に1回行うことができ、また、タイミング制御情報の入力毎に複数回の温度測定を実行して、得られた測定値を平均する等して、測定値を求めてもよい。 Temperature measurement, for example, can be performed once for each input of the timing control information (Measurement instruction trigger TG), also run the temperature measurement a plurality of times for each input of the timing control information, the measurements obtained the by, for example averaging, may be obtained measurements. 以降、ユーザーは、空調器57の温度を第2の温度に設定した後、タイミング制御情報を入力し、次に、空調器57の温度を第3の温度に設定した後、タイミング制御情報を入力する。 Later, user input after the setting temperature of the air conditioning unit 57 to a second temperature, type the timing control information, then after setting the temperature of the air conditioning unit 57 to a third temperature, timing control information to. 例えば、ユーザーは、3回のタイミング制御情報を入力する。 For example, the user inputs the three timing control information.

3回分の温度情報が取得されると、演算部74は、取得された温度情報に基づく、深部温度Tcを求めるための演算(算出式に基づく演算)を自動的に実行し、この結果、深部温度Tcが求められる。 When three times the temperature information is acquired, the calculation unit 74, based on the acquired temperature information, calculation for determining the core temperature Tc (the calculation based on the calculation formula) is automatically executed, the result, deep temperature Tc is required. 求められた深部温度Tcは、例えば、ユーザーに報知(表示、音声による通知等を含む)される。 Core temperature Tc obtained, for example, user notification (display, including notifications, etc. by voice) by the. 図3の例では、ユーザー自身が、空調器等を利用して、各測定毎の環境温度を異ならせることから、温度測定装置自体が、環境温度を管理する負担が生じない。 In the example of FIG. 3, the user himself, using the air conditioner or the like, since varying the environmental temperature of each measurement, temperature measurement device itself, does not occur burden of managing the environmental temperature.

測定手順は、図4(B)のステップS4〜ステップS6のとおりである。 Measurement procedure is as in Step S4~ step S6 in FIG. 4 (B). なお、以上の例は一例である。 The above example is one example.

図5(A)および図5(B)は、温度測定方法の他の例、ならびに、その温度測定方法を実施するための温度測定装置の構成の他の例を示す図である。 FIGS. 5 (A) and. 5 (B), another example of the temperature measuring method, and is a diagram showing another example of the configuration of a temperature measuring apparatus for carrying out the temperature measurement method. 図5の例では、温度測定部が、環境温度Toutを変化させることができる環境温度調整部CDを有している。 In the example of FIG. 5, the temperature measuring unit has an environmental temperature adjuster CD capable of changing the environmental temperature Tout. 制御部73は、そして、1回の温度測定が終了する毎に、環境温度調整部CDによって環境温度Toutを変化させる。 Control unit 73, and, every time the temperature measurement of one is completed, changing the environmental temperature Tout by environmental temperature adjusting unit CD. これによって、Tout1≠Tout2≠Tout3が成立する。 Thereby established Tout1 ≠ Tout2 ≠ Tout3.

図5(A)の例では、環境温度調整部CDとして、例えば、温度測定装置の外に設けられる外部の空調器57の設定温度を、遠隔制御によって調整する機能をもつ調整器CC1を使用している。 In the example of FIG. 5 (A), as an environmental temperature adjusting unit CD, for example, an external preset temperature of the air conditioning unit 57 provided outside the temperature measuring device, using an adjuster CC1 having a function of adjusting by remote control ing. 調整器CC1の動作は、測定タイミング制御部75からの制御信号ST2によって制御される。 Operation of the regulator CC1 is controlled by a control signal ST2 from the measurement timing controller 75.

また、図5(B)の例では、環境温度調整部CDとして、例えば、温度測定装置の内部に設けられた、気流生成部(例えば、気流の温度を変化させる機能を有する)CC2を使用する。 Further, in the example of FIG. 5 (B), an environmental temperature adjusting unit CD, for example, provided in the temperature measuring device, the air flow generator (e.g., a function of changing the temperature of the air flow) using the CC2 . 気流生成部CC2は、ファン(扇風機)や、気流を噴射する微小ノズル等によって構成することができる。 Air flow generating unit CC2 may be constituted by micro-nozzle or the like for injecting and fans (fans), and air flow. 気流生成部CC2の動作は、測定タイミング制御部75からの制御信号ST3によって制御される。 Operation of the air flow generating unit CC2 is controlled by a control signal ST3 from the measurement timing controller 75.

環境温度調整部CDを利用することによって、測定毎に、環境温度Tout(ならびに環境相当温度Tout')を確実に異ならせることができる。 By utilizing the environmental temperature adjustment unit CD, for each measurement can be varied to ensure environmental temperature Tout (and environmental corresponding temperature Tout '). また、環境温度Tout(ならびに環境相当温度Tout')を正確な温度に設定することができる。 Further, it is possible to set the environmental temperature Tout (as well as environmental temperature corresponding Tout ') to the correct temperature. また、例えば、第1測定時の環境温度Tout1(ならびに環境相当温度Tout')と、第2測定時の環境温度Tout2(ならびに環境相当温度Tout')との差を、大きく設定することもできる。 Further, for example, may be 'and, second measuring time environment temperature Tout2 (and environmental corresponding temperature Tout first measurement when the environmental temperature Tout1 (and environmental equivalent temperature Tout)' the difference between), set large. なお、以上の例は一例である。 The above example is one example.

次に、第1算出式(図1(A)の式(1)を用いた深部温度Tcの演算)について、図6〜図8を用いて、具体的に説明する。 Next, a first calculation formula (the calculation of core temperature Tc using the equation (1) in FIG. 1 (A)), with reference to FIGS. 6 to 8, it will be described in detail.

図6(A)〜図6(C)は、環境温度(ならびに第3温度)が一定であるという条件下における、第1温度と第2温度との間の関係、ならびに、その関係を深部温度の算出式に適用した場合の結果を示す図である。 FIG 6 (A) ~ FIG 6 (C) is, in conditions of ambient temperature (and the third temperature) is constant, relationship between the first and second temperatures, and, core temperature that relationship is a diagram illustrating the results of applying the calculation formula.

図6(A)において、基材40には、第1温度センサー50、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55が設けられている。 In FIG. 6 (A), the substrate 40, the first temperature sensor 50, the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55 is provided. 基材40、第1温度センサー50、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55は、温度測定部43の構成要素である。 Substrate 40, the first temperature sensor 50, the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55 is a component of a temperature measuring unit 43. 基材40は、第1面(接触面)SR1と第2面(基材40の上面)SR2とを有している。 Substrate 40 has a first surface (contact surface) SR1 and a second surface (upper surface of the base material 40) SR2. 温度測定部43は、被測定体6(例えば人体)6に、例えば、貼り付けられている。 Temperature measurement unit 43, the object to be measured 6 (e.g. a human body) 6, for example, is attached.

なお、環境7の温度はToutと表記され、第1温度センサー50によって測定される第1温度はTbと表記され、第2温度センサー52によって測定される第2温度はTpと表記され、第3温度センサー55によって測定される第3温度(環境相当温度)はTout'と表記される。 The temperature of the environment 7 is denoted as Tout, a first temperature measured by the first temperature sensor 50 is denoted by Tb, the second temperature measured by the second temperature sensor 52 is denoted as Tp, the third third temperature measured by the temperature sensor 55 (environment corresponding temperature) is denoted as Tout '.

図6(B)は、第2温度Tpと第1温度Tbとの関係を示す図である。 6 (B) is a diagram showing the relationship between the second temperature Tp and the first temperature Tb. 図6(B)において、横軸はTpであり、縦軸は、第2温度Tpおよび第1温度Tbの温度Tである。 In FIG. 6 (B), the horizontal axis is Tp, the vertical axis represents the temperature T of the second temperature Tp and the first temperature Tb. 環境温度(Tout)が一定である状態で、第1温度Tpが線形に変化すると、第2温度Tbも線形に変化する。 While an environmental temperature (Tout) is constant, the first temperature Tp varies linearly, also changes linearly second temperature Tb. つまり、第1温度Tbは、第2温度Tpに対して線形性を有する。 That is, the first temperature Tb has linearity with respect to the second temperature Tp.

図6(B)に示されるように、第1温度Tbは、第2温度Tpを変数とする1次関数によって表される。 As shown in FIG. 6 (B), the first temperature Tb is represented by a linear function of the second temperature Tp and variables. つまり、下記の式(2)が成立する。 That is, the following equation (2) is satisfied.
ここで、aは第1の傾きであり、bは第1の切片(または第1のオフセット値)であり、いずれも定数である。 Here, a is a first slope, b is the first sections (or first offset value), both are constants. TpがT PAであるとき、Tb=aT PA +bとなり、また、TpがT PBであるとき、Tb=aT PB +bとなる。 When Tp is T PA, Tb = aT PA + b becomes also, when Tp is T PB, the Tb = aT PB + b.

図6(C)は、2回の温度測定によって得られた温度データT1〜T4を、先に説明した深部温度の算出式に適用した場合の結果を示す図である。 FIG. 6 (C), the temperature data T1~T4 obtained by two temperature measurements is a diagram illustrating the results of applying the equation for calculating the core temperature as discussed above. 時刻t1における温度測定によって、第1温度T1と第2温度T2が得られたとする。 The temperature measured at time t1, and the first temperature T1 and the second temperature T2 obtained. また、時刻t2における温度測定によって、第1温度T3と第2温度T4が得られたとする。 Further, the temperature measurement at time t2, and the first temperature T3 and a second temperature T4 was obtained. T1〜T4は、下記式(3)によって表される。 T1~T4 is represented by the following formula (3).
ここで、式(3)の各値を、式(4)(図25に示す式(F)と同じ)に代入する。 Here, each value of the formula (3), into equation (4) (shown in FIG. 25 Formula (F) and the same). 式(4)は、深部温度Tcoreを求めるための算出式であるが、先に説明したように、熱収支による誤差ΔTcが含まれている。 Equation (4) is a calculation formula for calculating the core temperature Tcore, as explained above, it contains an error ΔTc by heat balance.
この結果、式(5)が得られる。 As a result, equation (5) is obtained.
次に、図7を参照して、環境温度Toutを変化させた場合、すなわち、環境相当温度Tout'を変化させた場合における、第1温度Tbと、第2温度Tpとの関係について考察する。 Next, with reference to FIG. 7, when changing the environmental temperature Tout, i.e., with changes in environmental temperature corresponding Tout ', discussed a first temperature Tb, the relationship between the second temperature Tp. 図7(A)〜図7(D)は、環境温度(ならびに環境相当温度)を変化させた場合における、第1温度と第2温度との間の関係、ならびに、その関係を深部温度の算出式に適用した場合の結果を示す図である。 Figure 7 (A) ~ FIG 7 (D) is, with changes in ambient temperature (and environmental equivalent temperature), the relationship between the first and second temperatures, and, calculating the core temperature that relationship is a diagram illustrating the results of applying the expression.

図7(A)に示すように、変動する環境相当温度(第3温度)Tout'は、第3温度センサー55によって測定される。 As shown in FIG. 7 (A), varying environmental equivalent temperature (third temperature) Tout 'is measured by the third temperature sensor 55. 先に説明したように、第2温度TpをT PAとしたとき、Tb=aT PA +bと表すことができる。 As described above, when the second temperature Tp was T PA, can be expressed as Tb = aT PA + b. 定数bは、第1切片(第1オフセット値)であり、この第1切片bは、環境相当温度(第3温度)Tout'に対する線形性を有する。 Constant b is a first section (first offset value), the first section b has linearity against environmental equivalent temperature (third temperature) Tout '.

つまり、図7(B)に示すように、環境相当温度(第3温度)Tout'が変動すると、第1切片bの値は、環境相当温度(第3温度)Tout'にしたがって、線形に変化する。 That is, as shown in FIG. 7 (B), 'when varies, the value of the first intercept b is the environment corresponds temperature (third temperature) Tout' environmental equivalent temperature (third temperature) Tout accordingly varies linearly to. したがって、下記の式(6)の関係が成立する。 Therefore, the relationship of the following equation (6) is established.
ここで、c,dは共に定数である。 Here, c, d are both constants. cは、第2の傾きであり、dは、第2の切片である。 c is the second gradient, d is the second section. 環境相当温度(第3温度)Tout'がTout1'であるとき、第1の切片bは、b1(=cTout1'+d)となり、環境相当温度(第3温度)Tout'がTout2'であるとき、第1の切片bは、b2(=cTout2'+d)となる。 When the environmental temperature corresponding (third temperature) Tout 'is Tout1' is time, the first intercept b is b1 (= cTout1 '+ d), and the environmental equivalent temperature (third temperature) Tout' is Tout2 ', the first intercept b becomes b2 (= cTout2 '+ d).

図7(C)は、Tout1'における、第2温度Tpと第1温度Tb(=Tb1)との関係、ならびに、Tout2'における、第2温度Tpと第1温度Tb(=Tb2)との関係を示している。 FIG. 7 (C) 'in the relationship between the second temperature Tp and the first temperature Tb (= Tb1), and, Tout2' Tout1 in, the second temperature Tp and the first temperature Tb (= Tb2) Relationship the shows. Tout'が、Tout1'からTout2'に変化したとき、1次関数の傾き(第1の傾きa)には変化がないが、第1の切片bの値が、b1からb2に変化することから、TpとTbとの関係を示す1次関数は、b1とb2の差分の分だけ、平行にシフトされる。 Tout 'is Tout1' when changes to Tout2 'from but no change in the slope of the linear function (the first inclination a), since the value of the first intercept b is changed from b1 to b2 , a linear function indicating the relationship between Tp and Tb, only minute differences b1 and b2, are shifted in parallel.

このように、第1温度Tbは、第2温度Tpだけでなく、環境相当温度(第3温度)Tout'に対しても線形の関係を示す。 Thus, the first temperature Tb is not only the second temperature Tp, shows the linear relationship for the environment corresponding temperature (third temperature) Tout '. 上記式(6)を、上記式(3)に示されるTb=aTp+bという式に代入すると、下記の式(7)が得られる。 The above equation (6), is substituted into the equation (3) into the expression Tb = ATP + b represented, the following equation (7) is obtained.
この式(7)が、第2温度Tpと、第3温度Tout'を変数として含み、かつ、複数の定数a,b,cを含む関数である。 The equation (7) comprises a second temperature Tp, the third temperature Tout 'as variables, and a function that includes a plurality of constants a, b, c. この関数によって、第1温度Tbと、第2温度Tpおよび第3温度Tout'とが関係付けされる。 This function, and the first temperature Tb, and the second temperature Tp, and the third temperature Tout 'is association.

また、上記の式(6)を、式(5)に代入すると、式(8)が得られる。 Further, the above equation (6), are substituted into Equation (5), equation (8) is obtained.
ここで、熱の移動が温度差によって起こることから、熱収支による誤差ΔTcは、環境温度Tout(すなわち第3温度Tout')と、深部体温Tcの値が等しくなる場合には生じない。 Here, since the heat transfer takes place by a temperature difference, error ΔTc by heat balance, the environmental temperature Tout (i.e. third temperature Tout '), does not occur when the value of the core temperature Tc is equal. よって、式(8)において、Tout'=ΔTcとし、ΔTc=0とする。 Therefore, in the equation (8), and Tout '= .DELTA.Tc, and .DELTA.Tc = 0. すると、式(8)は、式(1)のように変形される。 Then, equation (8) is rewritten as equation (1).
この式(1)が、熱収支による誤差を含まない深部温度Tcを示している。 The equation (1) illustrates the core temperature Tc without the error due to heat balance. 但し、式(1)を解くためには、複数の定数a,c,dの各値を定める必要がある。 However, in order to solve Equation (1), it is necessary to determine a plurality of constants a, c, the values ​​of d. 複数の定数a,c,dは、上記の式(7)で表される関数によって、相互に関連付けられている。 More constants a, c, d is the function represented by the above formula (7) are associated with each other. 3つの定数の値を求めるためには、3元の連立方程式を解けばよい。 To determine the values ​​of the three constants may solving ternary simultaneous equations. よって、時間を異にして、少なくとも3回の温度測定を実行する。 Thus, the different in time, to perform the temperature measurement of at least 3 times.

ここで、第1回目の測定時に、第1温度としてのTb1、第2温度としてのTp1、第3温度としてのTout1'が得られ、第2回目の測定時に、第1温度としてのTb2、第2温度としてのTp2、第3温度としてのTout2'が得られ、第3回目の測定時に、第1温度としてのTb3、第2温度としてのTp3、第3温度としてのTout3'が得られたとする。 Here, during the first measurement, Tb1 as a first temperature, Tp1 as a second temperature, Tout1 'is obtained as a third temperature, during the second measurement, Tb2 as the first temperature, the Tp2 as 2 temperature, Tout2 'is obtained, during the third round of measurement, Tb3 as a first temperature, Tp3 as a second temperature, Tout3 as a third temperature' as the third temperature and is obtained .

これらの9個の測定データは、式(9)の行列式によって表現することができる。 These nine measurement data can be expressed by a matrix equation of Equation (9).
よって、逆行列を含む式(10)によって、複数の定数a,c,dを求めることができる。 Therefore, by equation (10) including an inverse matrix can be obtained more constants a, c, and d.
複数の定数a,c,dの各値が決定されると、各値を、式(1)に代入する。 More constants a, c, when the value of d is determined, each value is substituted into equation (1). これによって、深部温度Tcが得られる。 Thus, core temperature Tc is obtained.

図8(A)〜図8(D)は、第1実施形態における、深部温度の測定方法を示す図である。 Figure 8 (A) ~ FIG 8 (D) is, in the first embodiment, showing a method of measuring core temperature. 図8(A)に示すように、3点の温度、すなわち、第1温度Tb,第2温度Tp,第3温度Tout'を、少なくとも3回測定する。 As shown in FIG. 8 (A), the 3-point temperature, i.e., the first temperature Tb, the second temperature Tp, the third temperature Tout ', measured at least 3 times. 得られた9個の測定データ(Tb1,Tp1、Tout1'、Tb2,Tp2,Tout2'、Tb3,Tp3,Tout3')は、図8(B)に示される行列式(9)によって、関係付けることができる。 Nine measurement data obtained (Tb1, Tp1, Tout1 ', Tb2, Tp2, Tout2', Tb3, Tp3, Tout3 ') is the determinant (9) shown in FIG. 8 (B), be related can. よって、複数の定数a,c,dは、図9(C)に示される、行列式(10)によって求めることができる。 Therefore, a plurality of constants a, c, d are shown in FIG. 9 (C), it can be obtained by the matrix equation (10). そして、図8(D)に示される式(1)によって、深部温度Tcを算出することができる。 Then, the equation (1) shown in FIG. 8 (D), it is possible to calculate the core temperature Tc.

次に、温度測定装置の全体構成について説明する。 Next, a description will be given of the overall structure of the temperature measuring device. 図9(Aおよび図9(B)は、温度測定装置の全体構成の例を示す図である。 Figure 9 (A and FIG. 9 (B) is a diagram showing an example of the overall configuration of a temperature measuring device.

図9(A)の例では、第1温度センサー50および第2温度センサー52は、基材40の内部に埋め込まれている。 In the example of FIG. 9 (A), the first temperature sensor 50 and second temperature sensor 52 is embedded in the substrate 40. また、断熱材20a上に、第3温度センサー55が設けられている。 Further, on the heat insulating material 20a, third temperature sensor 55 is provided. 第1温度センサー50、第2温度センサー52、基材40、第3温度センサー55は、第1ユニット100を構成する。 The first temperature sensor 50, the second temperature sensor 52, substrate 40, the third temperature sensor 55 constitute a first unit 100.

また、断熱材20b上には、第2ユニット200が設けられる。 Further, on the heat insulating material 20b, the second unit 200 is provided. 第2ユニット200は、制御部73および演算部74を含む。 The second unit 200 includes a control unit 73 and the arithmetic unit 74. なお、演算部74は、機能ブロックとして、定数算出部や深部温度算出部を含むことができる。 The arithmetic unit 74 includes, as functional blocks may include a constant calculation unit and the core temperature calculating unit. また、第2ユニット200には、図示はしないが、演算結果を報知する報知部(例えば表示部)を設けることもできる。 The second unit 200, although not shown, may be provided a notification section for notifying the operation result (e.g. display unit).

また、図9(A)の温度測定装置は、基材40における第1面(接触面)SR1を、被測定体6の表面に貼付するための貼付構造10を有している。 The temperature measuring device of FIG. 9 (A), the first surface (contact surface) SR1 in the substrate 40, and has a patch structure 10 to be attached to the surface of the object to be measured 6. 貼付構造10は、例えば、粘着テープにより構成することができる。 Attached structure 10, for example, it can be constituted by an adhesive tape. 粘着テープは、剥離紙8と、支持層(粘着層)9とを有することができる。 Adhesive tape may have a release paper 8, and a support layer (adhesive layer) 9.

貼付構造10によって、第1ユニット100を、被測定体6の表面に貼付することができる。 The attached structure 10, the first unit 100 may be affixed to the surface of the object to be measured 6. したがって、温度測定装置の操作性ならびに携帯性が向上する。 Therefore, the operability and portability of the temperature measuring device is improved. また、例えば、温度測定装置を、幼児や乳幼児などの体温の計測のために使用する場合、幼児等は、頻繁に体を動かすことから、温度測定装置と体表面との接触を、所定時間、良好に保持することが困難である。 Further, for example, a temperature measuring device, when used for the measurement of body temperature, such as infants and infants, toddlers, etc., since the frequent movement of the body, the contact between the temperature measuring device and the body surface, the predetermined time period, it is difficult to satisfactorily maintained. しかし、このような場合でも、貼付構造10を用いて、温度測定装置の全体を、被測定体6の表面に貼付可能であることから、幼児や乳幼児が体を動かしたとしても、体表面と温度測定装置との接触状況を良好に維持できる。 However, even in this case, by using the attached structure 10, the entire temperature measuring device, since it is attachable to the surface of the object to be measured 6, even infants and infants moves the body, and the body surface the contact state between the temperature measuring device can be preferably maintained. よって、正確かつ安定した温度測定な可能である。 Therefore, it is possible to accurately and stable temperature measurement.

図9(B)の例では、第1ユニット100と、第2ユニット200とを分離した、別体の構成が採用されている。 In the example of FIG. 9 (B), the first unit 100, to separate the second unit 200, configured separate is employed. 第1ユニット100は、第1無線通信部CAを含み、第2ユニット200は、第2無線通信部CBを含む。 The first unit 100 includes a first radio communication unit CA, the second unit 200 includes a second wireless communication unit CB.

第1温度(Tb)の情報と第2温度(Tp)の情報、または、第1温度(Tb)の情報、第2温度(Tp)の情報および第3温度(Tout)の情報は、第1無線通信部CAから第2無線通信部CBに送信される。 Information information and the second temperature of the first temperature (Tb) (Tp), or, information of the first temperature (Tb), information of the information and the third temperature of the second temperature (Tp) (Tout), the first It transmitted from the wireless communication unit CA to the second radio communication unit CB. 第2ユニットに設けられている演算部74は、第2無線通信部CBによって受信された、第1温度(Tb)の情報と第2温度(Tp)の情報、または、第1温度(Tb)の情報、第2温度(Tp)の情報および第3温度(Tout)の情報に基づいて演算を実行して、被測定体6の深部温度Tcを求める。 Computing section 74 is provided in the second unit, which is received by the second radio communication unit CB, information of the information and the second temperature of the first temperature (Tb) (Tp), or the first temperature (Tb) information, by performing the operation on the basis of the information and the third information temperature (Tout) of the second temperature (Tp), determine the core temperature Tc of the object to be measured 6.

図9(B)の構成によれば、第1ユニット100(例えば温度測定装置の本体)の構成部品の数を、最小限に抑制することができ、第1ユニット100の軽量化が実現される。 According to the configuration of FIG. 9 (B), the number of components of the first unit 100 (e.g., body temperature measuring device), can be minimized, and weight of the first unit 100 is realized . したがって、例えば、被測定体6としての被検者の体表面に、第1ユニット100を長時間、接触させた場合であっても、被検者に大きな負担を与えることがない。 Thus, for example, the subject's body surface as an object to be measured 6, a long time a first unit 100, even when contacted, never give a heavy burden to the subject. よって、例えば、長時間にわたって、連続的に温度をモニタリングすることが可能となる。 Thus, for example, over time, it is possible to monitor the temperature continuously.

また、第1ユニット100と第2ユニット200との間で、無線通信による温度データの送受信を行うことができることから、第2ユニット200を、第1ユニット100からある程度、離して設置することが可能となる。 Further, between the first unit 100 and second unit 200, since it can transmit and receive temperature data by wireless communication, the second unit 200, to some extent from the first unit 100, can be placed away to become. また、無線通信を利用することから、通信用の配線が不要である。 Moreover, since the present invention utilizes the wireless communication, wiring for communication is not required. よって、第1ユニットの取扱い性が向上する。 Therefore, the handling of the first unit is improved. また、第1ユニット100を、第2ユニット200から完全に分離することができることから、第1ユニット100の軽量化を、より促進することができる。 Further, the first unit 100, since it can be completely separated from the second unit 200, the weight of the first unit 100 can be further promoted.

図10(A)および図10(B)は、無線通信を利用した温度測定装置の使用例を説明するための図である。 FIG. 10 (A) and FIG. 10 (B) are views for explaining an example of use of a temperature measuring device using wireless communication. 図10(A)では、被測定体6としての幼児の胸部の体表面6Aに、第1ユニット100が装着(貼付)されている。 In FIG. 10 (A), the body surface 6A of the infant's chest as the object to be measured 6, the first unit 100 is mounted (attached). また、第2ユニット200は、被測定体6としての幼児を抱いた保護者(温度測定装置のユーザー)MAの左手首に装着されている。 The second unit 200 is mounted to the left wrist of MA (User temperature measuring device) guardian holding the infant as an object to be measured 6. ここでは、第2ユニット200は、表示部としても機能するものとする。 Here, the second unit 200, and also functions as a display unit.

図10(B)に示されるように、第1ユニット100は、第1温度センサー50と、第2温度センサー52と、第3温度センサー55と、A/D変換部56と、無線通信部CAと、アンテナAN1とを有している。 As shown in FIG. 10 (B), the first unit 100 includes a first temperature sensor 50, a second temperature sensor 52, a third temperature sensor 55, an A / D converter 56, the wireless communication unit CA and, and an antenna AN1. また、第2ユニット200は、無線通信部CBと、制御部73と、演算部74と、表示部77と、操作部79と、記憶部81とを有している。 The second unit 200 includes a wireless communication unit CB, and a control unit 73, an operation unit 74, a display unit 77, an operation unit 79, and a storage unit 81. 操作部79は、図4に示されるタイミング制御情報入力部83を兼ねることができる。 Operation unit 79 can also serve as a timing control information input unit 83 shown in FIG.

演算部74には、上述した複数の定数a,b,dを算出するための算出式や、深部体温Tcを算出するための算出式が記憶されている。 The arithmetic unit 74, a plurality of constants a described above, b, calculation formula and for calculating the d, the calculation formula for calculating the core temperature Tc stored. また、記憶部81には、受信された第1温度Tb、第2温度Tp、環境温度Toutが記憶され、また、算出された複数の定数a,b,dの値も記憶され、また、求められた深部体温Tcも記憶される。 Also, the storage unit 81, a first temperature Tb received, the second temperature Tp, the ambient temperature Tout is stored, also, a plurality of constant a calculated, b, the value of d is stored, also determined deep body temperature Tc, which is also stored.

記憶部81は、複数の被測定体(ここでは被検者)に関する温度情報を記憶可能に構成されている。 Storage unit 81 (here subjects) a plurality of object to be measured is configured to be able to store temperature information related. したがって、深部体温Tc等のデータを、被検体である幼児毎に記憶することができる。 Therefore, data such as the deep body temperature Tc, can be stored for each infant is subject. なお、記憶部81には、温度情報以外にも、例えば、被測定体6(ここでは被検者である幼児)の氏名、年齢、測定日時などの測定情報を記憶させてもよい。 Incidentally, the storage unit 81, in addition to temperature information, for example, the name of the object to be measured 6 (where infants are subject), age, may be stored measurement information such as measurement date and time. この場合、これらの測定情報は、保護者(温度測定装置のユーザー)MAが、操作部79を操作して入力することができる。 In this case, these measurement information guardian MA (user of the temperature measurement device), can be input by operating the operation unit 79.

温度測定装置は、例えば、以下のように動作する。 Temperature measuring device, for example, operates as follows. 保護者MAが、第2ユニット200の操作部79を操作することによって、第2ユニット200の電源がオンされる。 Parents MA is, by operating the operation unit 79 of the second unit 200, the power of the second unit 200 is turned on. すると、無線通信部CBから電波を送信する。 Then, it transmits radio waves from the wireless communication unit CB. この電波による電磁誘導によって、アンテナAN1に起電力を発生させ、この起電力によって、第1ユニット100内の電源(電池)をチャージする。 By electromagnetic induction by the radio wave, an electromotive force is generated in the antenna AN1, by the electromotive force, which charges the power supply (battery) of the first unit 100. すると、第1ユニット100が起動し、第1温度センサー50と、第2温度センサー52と、第3温度センサー55が起動する。 Then, the first unit 100 is activated, the first temperature sensor 50, a second temperature sensor 52, the third temperature sensor 55 is activated. そして、第1ユニット100は、第2ユニット200に向けて、スタンバイ信号を送信する。 The first unit 100, toward the second unit 200, and transmits a standby signal.

次に、第1ユニット100内の制御部73は、スタンバイ信号を受信すると、温度測定開始信号の送信を無線通信部CBに指示する。 Next, the control unit 73 of the first unit 100 receives the standby signal, and instructs the transmission of the temperature measurement start signal to the radio communication unit CB. 第1ユニット100は、温度測定開始信号を受信すると、第1温度センサー50、第2温度センサー52ならびに第3温度センサー55による温度測定を開始する。 The first unit 100 receives the temperature measurement start signal, the first temperature sensor 50, starts the temperature measurement by the second temperature sensor 52 and the third temperature sensor 55. なお、第1温度Tbと、第2温度Tpの測定は、被検者6の深部から体表面6Aまでの伝熱が定常状態(平衡状態)となっている状態で行うのが好ましい。 Note that the first temperature Tb, the measurement of the second temperature Tp is preferably performed in a state in which the heat transfer from the deep portion of the subject 6 to the body surface 6A is in the steady state (equilibrium state). よって、温度測定開始信号の受信タイミングから、平衡状態が実現されるのに必要な時間が経過したタイミングで、温度測定を開始するのが好ましい。 Therefore, the reception timing of the temperature measurement start signal, the timing has elapsed the time required to equilibrium is achieved, it is preferable to start temperature measurement.

測定された温度情報(第1温度Tb、第2温度Tp、第3温度Tout)は、A/D変換部56でアナログ信号からデジタル信号に変換され、無線通信部CAによって、第2ユニット200に送信される。 Measured temperature information (first temperature Tb, the second temperature Tp, the third temperature Tout) is the A / D converter 56 is converted from an analog signal to a digital signal, by the wireless communication unit CA, the second unit 200 It is sent. 温度測定は、複数回実行され、測定毎に、測定データが送信される。 Temperature measurement is performed multiple times, for each measurement, the measurement data is transmitted. 各測定の実行間隔は、環境(大気等)の状況や傾向等を考慮して、適宜、調整することができる。 Execution interval of each measurement, considering the conditions and trends of environmental (air, etc.), can be suitably adjusted.

第2ユニット200内の演算部74は、所定間隔で送られてくる、一組の第1温度Tb、第2温度Tp、第3温度Toutのデータを記憶部81に一旦、格納する。 Computing section 74 of the second unit 200 is sent at predetermined intervals, a pair of first temperature Tb, the second temperature Tp, once the data of the third temperature Tout in the storage unit 81, and stores. そして、必要な温度データがすべて得られると、上述した手順で、所定の演算を実行して、被検者(幼児)6の深部温度Tcを測定する。 When the temperature data required to obtain all, in the procedure described above, by executing a predetermined operation, to measure the core temperature Tc of the subject (infant) 6. 測定された深部温度Tcは、例えば、表示部77に表示される。 Measured core temperature Tc is, for example, is displayed on the display unit 77.

図11は、第1実施形態における、深部温度の測定手順を示す図である。 11, in the first embodiment, showing a procedure for measuring core temperature. まず、温度データが取得される(ステップS10)。 First, the temperature data is obtained (step S10). 温度データには、第1測定で得られた第1温度Tb1、第2温度Tp1、第3温度Tout1'と、第2測定で得られた第1温度Tb2、第2温度Tp2、第3温度Tout2'と、第3測定で得られた第1温度Tb3、第2温度Tp3、第3温度Tout3'と、が含まれる。 The temperature data, the first temperature Tb1 obtained in the first measurement, the second temperature Tp1, a third temperature Tout1 ', the first temperature Tb2 obtained in the second measurement, the second temperature Tp2, third temperature Tout2 'and, first temperature Tb3 obtained by the third measurement, the second temperature Tp3, third temperature Tout3' and include.

次に、複数の定数a,c,dが、算出される(ステップS20)。 Then, a plurality of constants a, c, d are calculated (step S20). 次に、先に説明した第1算出式を用いて、深部温度を演算する(ステップS30)。 Next, using a first calculation formula described earlier, it calculates the core temperature (step S30).

(深部温度の測定結果の例) (Example of the measurement results of the core temperature)
次に、第3温度センサー55の設置位置を異ならせたときの、各設置位置毎の、深部温度Tcの、コンピューターシミュレーションによる算出結果について説明する。 Then, when having different installation position of the third temperature sensor 55, for each installation position, the core temperature Tc, the calculation results of the computer simulation will be described. 本実施形態では、上述のとおり、環境7の温度(環境温度)Toutの代わりに、基材40に設けられた第3温度センサー55によって測定された環境相当温度(第3温度)を使用する。 In the present embodiment, as described above, instead of the temperature of the environment 7 (environmental temperature) Tout, using the measured environmental temperature corresponding with the third temperature sensor 55 provided on the substrate 40 (third temperature). 深部温度Tcの測定精度を高めるためには、環境温度Toutに追従して線形に変化する第3温度Tout'を、できるだけ正確に測定することが重要である。 To increase the measurement accuracy of the core temperature Tc is the third temperature Tout 'which varies linearly following the environmental temperature Tout, it is important that as much as possible accurate measurement.

図12は、第3温度センサーの設置位置を異ならせたときの、各設置位置毎の、深部温度の算出結果を示す図である。 12, when having different installation position of the third temperature sensor, for each installation position, is a diagram showing a calculation result of core temperature. 図12の例では、複数の第3温度センサー55を、基材40の異なる位置に配置し、各温度センサーの測定値を用いて深部温度Tcを算出し、測定精度を比較する。 In the example of FIG. 12, a plurality of third temperature sensors 55, arranged at different positions in the substrate 40, and calculates the core temperature Tc by using the measured values ​​of the temperature sensor, it compares the measurement accuracy. このことによって、環境相当温度Tout'を測定する第3温度センサー55の、好ましい設置位置の例が明らかとなる。 Thereby, the third temperature sensor 55 for measuring the environmental temperature corresponding Tout ', examples of preferred installation positions becomes apparent. 以下、具体的に説明する。 It will be specifically described below.

図12の例では、環境相当温度Tout'を測定するための第3温度センサー55を、測定点p3(a)〜測定点p3(d)の4点に設置する。 In the example of FIG. 12, to install a third temperature sensor 55 for measuring the environmental temperature corresponding Tout ', the four points of the measurement points p3 (a) ~ measurement point p3 (d).

測定点p3(a)は、基材40の側面の頂部(基材40の第2面SR2付近)に位置する測定点であり、測定点p3(b)は、基材40の側面の中央に位置する測定点であり、測定点p3(c)は、基材40の側面の底部(基材40の第1面SR1付近)に位置する測定点である。 Measuring point p3 (a) is a measurement point located at the top side of the substrate 40 (near the second surface SR2 of the base 40), the measuring point p3 (b) is in the center of the side surface of the substrate 40 a measurement point located, the measuring point p3 (c) is a measuring point located at the bottom side of the substrate 40 (near the first surface SR1 of the substrate 40). また、測定点p3(d)は、基材40の内部(基材40の中心付近)に位置する測定点である。 The measurement point p3 (d) is a measurement point located in the interior of the substrate 40 (near the center of the substrate 40). なお、測定点p3(b)と測定点p3(d)は、ほぼ横一列に配置されている。 The measurement point p3 (b) and the measurement point p3 (d) is arranged substantially horizontal row.

図12の例では、被測定体6として人体を想定しており、深部4の温度Tcを37℃に設定している。 In the example of FIG. 12, are set assumes a human body as an object to be measured 6, the temperature Tc of deep 4 to 37 ° C.. この実験では、表層部5に相当する構造体の材料として、ポリ塩化ビニール(PVC)を使用している。 In this experiment, as the material of the structure corresponding to the surface layer portion 5, using polyvinyl chloride (PVC). ポリ塩化ビニールの熱伝導率は、0.144283(W/m・K)である。 The thermal conductivity of PVC is 0.144283 (W / m · K). また、表層部5に相当するPVC構造体(直方体)の厚みは20mmに設定している。 The thickness of the PVC structure corresponding to the surface layer portion 5 (cuboid) is set to 20 mm. また、このPVC構造体の上面の中央に、シリコンゴムで構成され、かつ、円柱形状を有する基材40を設けている。 Further, the center of the upper surface of the PVC structure is composed of silicone rubber, and is provided with a substrate 40 having a cylindrical shape. シリコンゴムの熱伝導率は、0.05(W/m・K)である。 The thermal conductivity of the silicone rubber is 0.05 (W / m · K).

また、基材40の断面は円形状であり、その円の直径は20mmである。 Also, the cross section of the base 40 is circular, the diameter of the circle is 20 mm. また、基材40の高さは2mmである。 The height of the substrate 40 is 2 mm. また、第1温度センサー50と第2温度センサー52は、基材40の底面(つまり接触面)SR1に垂直な垂線L1上にある2点(第1測定点と第2測定点)の位置に設けられている。 Further, a first temperature sensor 50 second temperature sensor 52, the position of the bottom surface (i.e. contact surface) two points located on line perpendicular L1 to SR1 of the substrate 40 (first measurement point and the second measuring point) It is provided. 第1温度センサー50と第2温度センサー52との距離は2mmである。 A first temperature sensor 50 distance between the second temperature sensor 52 is 2 mm. つまり、第1測定点は、基材40の底面(接触面)SR1上に設定されており、第2測定点は、基材40の上面SR2上に設定されている。 That is, the first measurement point is set on the bottom surface (contact surface) SR1 of the substrate 40, the second measurement point is set on the upper surface SR2 of the substrate 40.

また、図12の例において、環境(大気)7における熱伝達係数(大気の熱の移動度に比例する定数)は、0.01W/m 2・Kに設定されている。 Further, in the example of FIG. 12, environmental heat transfer coefficient in the (air) 7 (constant proportional to the mobility of atmospheric heat) is set to 0.01W / m 2 · K. なお、環境温度Toutを測定するために、大気温度センサー54が設けられている。 In order to measure the ambient temperature Tout, the atmospheric temperature sensor 54 is provided.

図12の例では、環境温度Tout、環境相当温度Tout'、第1温度Tbならびに第2温度Tpは、n回測定される。 In the example of FIG. 12, the environmental temperature Tout, environment corresponding temperature Tout ', the first temperature Tb and the second temperature Tp is measured n times. 本例では、3回(n=3)の温度測定を実行する。 In this example, to perform a temperature measurement of 3 times (n = 3). また、3回の測定毎に、環境温度Tout(Tout1〜Tout3)の値が変化する。 Further, each of the three measurements, the value of the environmental temperature Tout (Tout1~Tout3) is changed. Tout1は、23℃であり、Tout2は30℃であり、Tout3は35℃である。 Tout1 is 23 ° C., Tout2 is 30 ° C., Tout3 is 35 ° C..

実測データの例が、図3(B)の下側に表形式で示されている。 Examples of measured data are shown in tabular form in the lower part of FIG. 3 (B). Tout1〜Tout3に対応する第2温度Tpを、Tp1〜Tp3とする。 The second temperature Tp corresponding to Tout1~Tout3, and TP1 to TP3. Tp1は27.4605℃であり、Tp2は32.2303℃であり、Tp3は35.6372℃である。 Tp1 is 27.4605 ℃, Tp2 is 32.2303 ℃, Tp3 is 35.6372 ℃.

また、Tout1〜Tout3に対応する第1温度Tbを、Tb1〜Tb3とする。 Also, the first temperature Tb corresponding to Tout1~Tout3, and Tb1~Tb3. Tb1は29.2884℃であり、Tb2は33.1442℃であり、Tb3は35.8983℃である。 Tb1 is 29.2884 ℃, Tb2 is 33.1442 ℃, Tb3 is 35.8983 ℃.

また、測定点p3(a)におけるTout'を、Tout'(a)とし、Tout1〜Tout3に対応するTout'(a)を、Tout'1(a),Tout'2(a),Tout'3(a)とする。 Further, 'a, Tout' Tout at the measurement point p3 (a): (a) and then, Tout '(a) corresponding to Tout1~Tout3, Tout'1 (a), Tout'2 (a), Tout'3 and (a). このとき、Tout'1(a)は26.2482℃であり、Tout'2(a)は31.6241であり、Tout'3(a)は35.8983℃である。 At this time, Tout'1 (a) is 26.2482 ℃, Tout'2 (a) is 31.6241, Tout'3 (a) is 35.8983 ° C..

また、測定点p3(b)におけるTout'を、Tout'(b)とし、Tout1〜Tout3に対応するTout'(b)を、Tout'1(b),Tout'2(b),Tout'3(b)とする。 Further, 'a, Tout' Tout at the measurement point p3 (b) and (b), the Tout '(b) corresponding to Tout1~Tout3, Tout'1 (b), Tout'2 (b), Tout'3 and (b). このとき、Tout'1(b)は27.1235℃であり、Tout'2(b)は32.0617であり、Tout'3(b)は35.5891℃である。 At this time, Tout'1 (b) is 27.1235 ℃, Tout'2 (b) is 32.0617, Tout'3 (b) is 35.5891 ° C..

また、測定点p3(c)におけるTout'を、Tout'(c)とし、Tout1〜Tout3に対応するTout'(c)を、Tout'1(c),Tout'2(c),Tout'3(c)とする。 Further, 'a, Tout' Tout at the measurement point p3 (c) and (c), the Tout '(c) corresponding to Tout1~Tout3, Tout'1 (c), Tout'2 (c), Tout'3 and (c). このとき、Tout'1(c)は28.7516℃であり、Tout'2(c)は32.8758であり、Tout'3(c)は35.8217℃である。 At this time, Tout'1 (c) is 28.7516 ℃, Tout'2 (c) is 32.8758, Tout'3 (c) is 35.8217 ° C..

また、測定点p3(d)におけるTout'を、Tout'(d)とし、Tout1〜Tout3に対応するTout'(d)を、Tout'1(d),Tout'2(d),Tout'3(d)とする。 Further, 'a, Tout' Tout at the measurement point p3 (d) and (d), the Tout '(d) which corresponds to Tout1~Tout3, Tout'1 (d), Tout'2 (d), Tout'3 and (d). このとき、Tout'1(d)は28.371℃であり、Tout'2(d)は32.6855であり、Tout'3(d)は35.8983℃である。 At this time, Tout'1 (d) is 28.371 ℃, Tout'2 (d) is 32.6855, Tout'3 (d) is 35.8983 ° C..

上述のとおり、第1温度Tb,第2温度Tp,環境温度Toutの値または環境相当温度Tout'の値から、a,c,dの各値を求め、d/(1−a−c)の演算によって、深部温度Tcを求めることができる。 As described above, the first temperature Tb, the second temperature Tp, the value of the environment temperature Tout value or environmental equivalent temperature Tout ', a, c, obtains the values ​​of d, d / a (1-a-c) the calculation, it is possible to determine the core temperature Tc.

環境温度Toutを使用して求められた深部温度Tc1は、36.9999であった。 Deep temperature Tc1, which is determined using the environment temperature Tout was 36.9999. 真の深部温度は37℃であることから、測定誤差は、わずかに0.0001℃である。 Since the true core temperature is 37 ° C., the measurement error is slightly 0.0001 ° C..

環境相当温度Tout'(a)を使用して求められた深部温度Tc2は、36.9999であり、Tc1と同様に、高精度な測定結果が得られた。 Core temperature Tc2 obtained using equivalent temperature Tout ': (a) the environment is 36.9999, similarly to Tc1, highly accurate measurement results.

環境相当温度Tout'(b)を使用して求められた深部温度Tc3は、36.9998であった。 Core Temperature Tc3 determined using equivalent temperature Tout 'the (b) environment was 36.9998. 高精度な測定結果ではあるが、測定誤差は0.0002℃であり、Tc1,Tc2に比べて、測定誤差は拡大されている。 Albeit highly accurate measurement results, the measurement error is 0.0002 ° C., as compared to the Tc1, Tc2, the measurement error is enlarged.

環境相当温度Tout'(c)を使用して求められた深部温度Tc4は、36.9996であった。 Core temperature Tc4 obtained using equivalent temperature Tout 'the (c) environment was 36.9996. 高精度な測定結果ではあるが、測定誤差は0.0004℃であり、Tc1〜Tc3に比べて、測定誤差は拡大されている。 Albeit highly accurate measurement results, the measurement error is 0.0004 ° C., as compared to TC1 to TC3, the measurement error is enlarged.

環境相当温度Tout'(d)を使用して求められた深部温度Tc5は、36.9996(Tc4と同じ値)であった。 Environmental temperature corresponding Tout '(d) deep temperature Tc5 determined using was 36.9996 (the same value as Tc4). 高精度な測定結果ではあるが、測定誤差は0.0004℃であり、Tc1〜Tc3に比べて、測定誤差は拡大されており、また、Tc4と同じ精度である。 Albeit highly accurate measurement results, the measurement error is 0.0004 ° C., as compared to TC1 to TC3, the measurement error is enlarged, also, the same precision as Tc4.

以上の測定結果から、まず、環境相当温度Tout'を測定するための第3温度センサー55を、第1測定点p3(a)〜第4測定点p3(d)のいずれに設置した場合でも、かなり高精度な深部温度Tcの測定が可能であることがわかった。 From the above measurement results, first, the third temperature sensor 55 for measuring the environmental temperature corresponding Tout ', even when installed in any of the first measuring point p3 (a) ~ fourth measurement point p3 (d), It was found to be possible considerable measurement with high precision core temperature Tc.

また、第3温度センサー55を、測定点p3(a)に設置したとき、環境温度Toutを直接的に実測した場合と同等の、最も高い測定精度が実現されることがわかった。 Further, the third temperature sensor 55, when installed in the measuring point p3 (a), equivalent to the case of directly measuring the ambient temperature Tout, it was found that the highest measurement accuracy is realized. この点ついては、以下の理由が考えられる。 For this point, for the following reason. まず、上記の第1算出式(式(1))は、環境温度Tout(環境相当温度Tout')が、深部温度Tcに等しいという条件の下で、補正演算によって導き出される。 First, the first calculation formula of (Formula (1)), the ambient temperature Tout (environmental equivalent temperature Tout ') is, under the condition that equals the core temperature Tc, is derived by the correction calculation. つまり、補正演算式における条件の仮定上、Tout(Tout')=Tcとされることから、実際に測定された環境相当温度Tout'が、環境温度Toutと若干、異なっていることは、補正演算上、特に影響がない。 That is, the condition of the assumptions in the correction operation expression, 'since it is a = Tc, actual measured environmental temperature corresponding Tout Tout (Tout)' that, environmental temperature Tout slightly differs from the correction calculation Moreover, there is no particular influence. 但し、補正演算式は、基材における温度分布が、環境温度Toutに対して線形であることを前提としているため、演算に使用する環境温度Tout'の値と、実際の環境温度Toutとの差が拡大した場合には、基材における温度分布が環境温度Toutに対して線形であるという前提が満足されなくなる可能性があり、この場合には、深部温度の測定結果に誤差が生じる。 However, the difference between the correction calculation equation, the temperature distribution in the substrate, because it is assumed to be linear with respect to the ambient temperature Tout, and the value of the ambient temperature Tout 'for use in computation, the actual environmental temperature Tout There when expanding, there is a possibility that the temperature distribution in the substrate assumption that linear is no longer satisfactory for environmental temperature Tout, in this case, an error occurs in the measurement result of the core temperature. この観点から、環境相当温度Tout'と環境温度Toutとの差は、小さい方がよい。 In this respect, the difference between the environmental temperature corresponding Tout 'ambient temperature Tout may be the smaller.

ここで、測定点p3(a)は、基材40の側面の頂部付近に位置しており、他の測定点と比較して、被測定体6から最も遠い位置にある。 Here, the measurement point p3 (a) is located near the top of the side surface of the substrate 40, as compared to other measuring points, located farthest from the object to be measured 6. よって、測定点p3(a)に設置された第3温度センサー55は、被測定体6と環境7との間に生じる熱流の影響を受けにくく、よって、その分、環境相当温度Tout'と環境温度Toutとの差を抑制することができる。 Therefore, the third temperature sensor 55 installed at the measurement point p3 (a) is less susceptible to heat flow that occurs between the object to be measured 6 and the environment 7, thus, correspondingly, environmental equivalent temperature Tout 'and environmental it is possible to suppress the difference between the temperature Tout. したがって、深部温度Tcの測定誤差が最も小さくなったものと考えられる。 Therefore, it is considered that the measurement error of the core temperature Tc becomes smallest.

同様に、測定点p3(b)と測定点p3(c)とを比較したとき、測定点p3(c)の方が、熱源としての、被測定体6の深部4に近くに位置している。 Similarly, when comparing the measurement points p3 and (b) a measuring point p3 (c), towards the measuring point p3 (c) is, as a heat source, located near the deep 4 of the object to be measured 6 . よって、第3温度センサー55を、測定点p3(c)に設置したときには、第3温度センサー55は、測定体6と環境7との間に生じる熱流の影響を、より受け易い。 Therefore, when the third temperature sensor 55, installed in the measuring point p3 (c), the third temperature sensor 55, the influence of the heat flow generated between the measuring body 6 and the environment 7, and more susceptible. よって、その分、測定誤差が拡大されるものと考えられる。 Therefore, that amount is believed that the measurement error is enlarged.

また、測定点p3(d)は、基材40の内部(中央部付近)に位置している。 The measurement point p3 (d) is located inside the base material 40 (near the center). 基材40の第1面SR1からの距離については、測定点p3(b)と同じであるが、基材40の側面までの距離が異なっている。 The distance from the first surface SR1 of the substrate 40 is the same as the measurement point p3 (b), is different from the distance to the side surface of the substrate 40. つまり、第3温度センサー55を、測定点p3(b)に設置したときと、測定点p3(d)に設置したときとでは、環境7との熱交換の容易性に差が生じる。 That is, the third temperature sensor 55, and when placed on the measurement point p3 (b), in the case installed in measurement point p3 (d), a difference occurs in the ease of heat exchange with the environment 7. つまり、測定点p3(d)は、基材40の内部に位置していることから、環境7との間の熱交換という点では、不利である。 That is, the measurement point p3 (d), since it is located inside the substrate 40, in terms of heat exchange between the environment 7, which is disadvantageous. したがって、第3温度センサー55を、測定点p3(d)に設置して得られる深部温度Tc5の測定精度は、Tc1〜Tc3に比べて低下する。 Therefore, the third temperature sensor 55, the measurement accuracy of the core temperature Tc5 obtained by installing the measuring point p3 (d) is reduced compared to TC1 to TC3.

よって、環境相当温度Tout'を測定するための第3温度センサー55は、測定体6と環境7との間に生じる熱流の影響を受けにくく、かつ、環境7との熱交換が行われ易い地点に設置するのが好ましいことがわかる。 Therefore, the third temperature sensor 55 for measuring the environmental temperature corresponding Tout 'are hardly influenced by the heat flow occurring between the measuring body 6 and the environment 7, and likely location is performed heat exchange with the environment 7 it can be seen that it is preferable to install to. 具体的には、基材40の内部よりも外表面上に設置するのが好ましい。 Specifically, it is preferable to set on the outer surface than in the interior of the substrate 40. 例えば、第3温度センサー55は、基材40の側面付近に設置することができる。 For example, the third temperature sensor 55 may be installed in the vicinity of the side surface of the substrate 40. また、第3温度サンサ−55は、被測定体6から遠い位置に配置するのが好ましい。 The third temperature Sansa -55 are preferably arranged at a position far from the object to be measured 6. 例えば、第3温度センサー55は、基材40の側面の頂部付近に設置するのが、最も好ましい(但し、これに限定されるものではない)。 For example, the third temperature sensor 55, is to install near the top of the side surface of the substrate 40, and most preferably (but not limited thereto).

図12の例では、第1温度Tbを測定するための第1測定点p1ならびに第2温度Tpを測定するための第2測定点p2を固定した上で、第3温度Tout'を測定するための第3測定点の位置を変化させていた。 In the example of FIG. 12, after fixing the second measurement point p2 for measuring the first measurement point p1 and the second temperature Tp for measuring the first temperature Tb, for measuring a third temperature Tout ' It had by changing the position of the third measurement point.

次に、第3測定点p3を固定した上で、第1測定点p1ならびに第2測定点p2の位置を変化させた場合についての実験例について説明する。 Then, after fixing the third measurement point p3, described experimental example of the case of changing the position of the first measurement point p1 and the second measurement point p2. この実験例によって、深部温度Tcの測定に際して、第1測定点p1ならびに第2測定点p2が、基材40において、どのような位置にあっても、十分に高精度な深部温度Tcの測定結果が得られることが明らかとなる。 The experiment examples, for the measurement of the core temperature Tc, the first measurement point p1 and the second measurement point p2 is the substrate 40, even in any position, the measurement result of the sufficiently accurate core temperature Tc It becomes clear can be obtained.

以下、環境温度Toutを3段階で変化させたときの、第1温度Tbおよび第2温度Tpのデータ例と、そのデータ例に基づいて算出された深部温度の例(算出結果例)について、図13〜図18を用いて説明する。 Hereinafter, when changing the environmental temperature Tout in three stages, and the data of the first temperature Tb and the second temperature Tp, for example deep temperature calculated on the basis of the data example (calculation result example), FIG. It will be described with reference to 13 through 18. なお、以下の例では、環境温度Toutを、例えば、大気中に設けた大気温度センサー54で3回、測定して、環境温度Toutn(n=1,2,3)を得ている。 In the following example, the environmental temperature Tout, for example, three times at ambient temperature sensor 54 provided in the atmosphere, as measured, to obtain the ambient temperature Toutn (n = 1,2,3).

(図13の例) (Example of FIG. 13)
図13は、深部温度の算出結果の一例を示す図である。 Figure 13 is a diagram showing an example of a calculation result of core temperature. 図13では、被測定体6として人体を想定しており、深部4の温度Tcを37℃に設定している。 In Figure 13, are set assumes a human body as an object to be measured 6, the temperature Tc of deep 4 to 37 ° C.. この実験では、表層部5に相当する構造体の材料として、ポリ塩化ビニール(PVC)を使用している。 In this experiment, as the material of the structure corresponding to the surface layer portion 5, using polyvinyl chloride (PVC). ポリ塩化ビニールの熱伝導率は、0.144283(W/m・K)である。 The thermal conductivity of PVC is 0.144283 (W / m · K).

この表層部5に相当するPVC構造体(直方体)の厚みは20mmに設定している。 The thickness of the PVC structure corresponding to the surface layer portion 5 (cuboid) is set to 20 mm. また、このPVC構造体の上面の中央に、シリコンゴムで構成され、かつ、円柱形状を有する基材40を設けている。 Further, the center of the upper surface of the PVC structure is composed of silicone rubber, and is provided with a substrate 40 having a cylindrical shape. シリコンゴムの熱伝導率は、0.05(W/m・K)である。 The thermal conductivity of the silicone rubber is 0.05 (W / m · K).

また、基材40の断面は円形状であり、その円の直径は20mmである。 Also, the cross section of the base 40 is circular, the diameter of the circle is 20 mm. また、基材40の高さは2mmである。 The height of the substrate 40 is 2 mm. 第1温度センサー50と第2温度センサー52は、基材40の底面(つまり接触面)SR1に垂直な垂線L1上にある2点(第1測定点と第2測定点)の位置に設けられている。 A first temperature sensor 50 second temperature sensor 52 is provided at a position of the bottom surface (i.e. contact surface) two points located on line perpendicular L1 to SR1 of the substrate 40 (first measurement point and the second measuring point) ing. 第1温度センサー50と第2温度センサー52との距離は2mmである。 A first temperature sensor 50 distance between the second temperature sensor 52 is 2 mm. つまり、第1測定点は、基材40の底面(接触面)SR1上に設定されており、第2測定点は、基材40の上面SR2上に設定されている。 That is, the first measurement point is set on the bottom surface (contact surface) SR1 of the substrate 40, the second measurement point is set on the upper surface SR2 of the substrate 40.

また、図13の例において、環境(大気)7における熱伝達係数(大気の熱の移動度に比例する定数)は、0.01W/m 2・Kに設定されている。 Further, in the example of FIG. 13, environmental heat transfer coefficient in the (air) 7 (constant proportional to the mobility of atmospheric heat) is set to 0.01W / m 2 · K. 環境温度(第3温度)Tout、第1温度Tbならびに第2温度Tpは、n回測定される。 Environmental temperature (third temperature) Tout, a first temperature Tb and the second temperature Tp is measured n times. 本例では、3回の温度測定を実行する。 In this example, to perform a temperature measurement of 3 times. よって、nは、1,2,3のいずれかである。 Thus, n is either 1, 2, 3.

Tout1は、23℃であり、Tout2は30℃であり、Tout3は35℃である。 Tout1 is 23 ° C., Tout2 is 30 ° C., Tout3 is 35 ° C.. Tb1は、29.2884℃であり、Tb2は、33.1442℃であり、Tb3は、35.8983℃である。 Tb1 is 29.2884 ℃, Tb2 is 33.1442 ℃, Tb3 is 35.8983 ℃. Tp1は、27.4605℃であり、Tp2は、32.2303℃であり、Tb3は、35.6327℃である。 Tp1 is 27.4605 ℃, Tp2 is 32.2303 ℃, Tb3 is 35.6327 ℃.

測定(算出)された深部温度は、36.99986℃であり、実際の深部温度Tc(=37℃)と比較して、わずかの誤差しか含まない。 Measurements (calculated) The core temperature is 36.99986 ° C., as compared to the actual core temperature Tc (= 37 ° C.), it contains only minor errors. つまり、小型化された基材40を用いて、極めて高精度に深部温度を測定できることがわかった。 In other words, by using the substrate 40 that is miniaturized, it was found to be able to measure core temperature to extremely high accuracy.

(図14の例) (Example of FIG. 14)
図14は、深部温度の算出結果の他の例を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing another example of calculation result of core temperature. 図14の例における測定環境や測定条件は、基本的には、図13の例と同じである。 Measurement environment and measurement conditions in the example of FIG. 14 is basically the same as in the example of FIG. 13. 但し、図14の例では、第1温度センサー50および第2温度センサー52が、基材40の側面上、かつ、垂線L2上に設けられている。 However, in the example of FIG. 14, the first temperature sensor 50 and second temperature sensor 52, on the side of the substrate 40, and it is provided on the perpendicular line L2. 第1温度センサー50および第2温度センサー52との距離は、2mmである。 The distance between the first temperature sensor 50 and second temperature sensor 52 is 2 mm.

Tout1は、23℃であり、Tout2は30℃であり、Tout3は35℃である。 Tout1 is 23 ° C., Tout2 is 30 ° C., Tout3 is 35 ° C.. Tb1は、28.7516℃であり、Tb2は、32.8758℃であり、Tb3は、35.8217℃である。 Tb1 is 28.7516 ℃, Tb2 is 32.8758 ℃, Tb3 is 35.8217 ℃. Tp1は、26.2482℃であり、Tp2は、31.6241℃であり、Tb3は、35.464℃である。 Tp1 is 26.2482 ℃, Tp2 is 31.6241 ℃, Tb3 is 35.464 ℃.

測定(算出)された深部温度は、37.00000℃であり、実際の深部温度Tc(=37℃)と比較して、誤差は認められなかった。 Measurements (calculated) The core temperature is 37.00000 ° C., as compared to the actual core temperature Tc (= 37 ° C.), the error was not observed. つまり、小型化された基材40を用いて、極めて高精度に深部温度を測定できることがわかった。 In other words, by using the substrate 40 that is miniaturized, it was found to be able to measure core temperature to extremely high accuracy.

(図15の例) (Example of FIG. 15)
図15は、深部温度の算出結果の他の例を示す図である。 Figure 15 is a diagram showing another example of calculation result of core temperature. 図15の例における測定環境や測定条件は、基本的には、前掲の例と同じである。 Measurement environment and measurement conditions in the example of FIG. 15 is basically the same as in the previous example. 但し、図15の例では、第1温度センサー50は、基材40の接触面SR1の中心付近に設けられ、また、第2温度センサー52は、基材40の側面上に設けられている。 However, in the example of FIG. 15, the first temperature sensor 50 is provided near the center of the contact surface SR1 of the substrate 40, and the second temperature sensor 52 is provided on the side surface of the substrate 40.

Tout1は、23℃であり、Tout2は30℃であり、Tout3は35℃である。 Tout1 is 23 ° C., Tout2 is 30 ° C., Tout3 is 35 ° C.. Tb1は、29.2884℃であり、Tb2は、33.1442℃であり、Tb3は、35.8983℃である。 Tb1 is 29.2884 ℃, Tb2 is 33.1442 ℃, Tb3 is 35.8983 ℃. Tp1は、26.2482℃であり、Tp2は、31.6241℃であり、Tb3は、35.464℃である。 Tp1 is 26.2482 ℃, Tp2 is 31.6241 ℃, Tb3 is 35.464 ℃.

測定(算出)された深部温度は、37.00000℃であり、実際の深部温度Tc(=37℃)と比較して、誤差は認められなかった。 Measurements (calculated) The core temperature is 37.00000 ° C., as compared to the actual core temperature Tc (= 37 ° C.), the error was not observed. つまり、小型化された基材40を用いて、極めて高精度に深部温度を測定できることがわかった。 In other words, by using the substrate 40 that is miniaturized, it was found to be able to measure core temperature to extremely high accuracy.

(図16の例) (Example of FIG. 16)
図16は、深部温度の算出結果の他の例を示す図である。 Figure 16 is a diagram showing another example of calculation result of core temperature. 図16の例における測定環境や測定条件は、基本的には、前掲の例と同じである。 Measurement environment and measurement conditions in the example of FIG. 16 is basically the same as in the previous example. 但し、図16の例では、第1温度センサー50は、基材40の上面SR2上に設けられている。 However, in the example of FIG. 16, the first temperature sensor 50 is provided on the upper surface SR2 of the substrate 40. 第2温度センサー52は、基材40の側面上に設けられている。 The second temperature sensor 52 is provided on the side surface of the substrate 40. 第2温度センサー52は、第1温度センサー50を通り、かつ、接触面SR2に平行な直線L3上に設けられている。 The second temperature sensor 52, through the first temperature sensor 50, and is provided on the straight line L3 parallel to the contact surface SR2. つまり、第1温度センサー50と第2温度センサー52は、横一線の位置にある。 That is, the first temperature sensor 50 second temperature sensor 52 is in the position of the horizontal clear distinction.

Tout1は、23℃であり、Tout2は30℃であり、Tout3は35℃である。 Tout1 is 23 ° C., Tout2 is 30 ° C., Tout3 is 35 ° C.. Tb1は、28.7516℃であり、Tb2は、32.8758℃であり、Tb3は、35.8217℃である。 Tb1 is 28.7516 ℃, Tb2 is 32.8758 ℃, Tb3 is 35.8217 ℃. Tp1は、26.2482℃であり、Tp2は、31.6241℃であり、Tb3は、35.464℃である。 Tp1 is 26.2482 ℃, Tp2 is 31.6241 ℃, Tb3 is 35.464 ℃.

測定(算出)された深部温度は、37.00000℃であり、実際の深部温度Tc(=37℃)と比較して、誤差は認められなかった。 Measurements (calculated) The core temperature is 37.00000 ° C., as compared to the actual core temperature Tc (= 37 ° C.), the error was not observed. つまり、小型化された基材40を用いて、極めて高精度に深部温度を測定できることがわかった。 In other words, by using the substrate 40 that is miniaturized, it was found to be able to measure core temperature to extremely high accuracy.

以上の実験結果から、第1温度センサー50および第2温度センサー52の相対位置関係は、特に問題とならないことがわかる。 From the above experimental results, the relative positional relationship between the first temperature sensor 50 and second temperature sensor 52, it can be seen that particularly no problem. つまり、第1温度センサー50および第2温度センサー52が、熱源(被測定体の深部)を通る鉛直線上にあってもよく、また、第1温度センサー50および第2温度センサー52が、横一線の位置にあってもよい。 That is, the first temperature sensor 50 and second temperature sensor 52 may be on a vertical line that passes through the heat source (deep object to be measured), also the first temperature sensor 50 and second temperature sensor 52, the lateral clear distinction it may be in the position.

すなわち、第1温度センサー50が設けられる第1測定点および第2温度センサー52が設けられる第2測定点は、基材40の外表面(上記の例でいえば、底面である瀬接触面SR1、上面SR2ならびに側面のいずれか)上、または、基材40の内部に位置する2点であればよい。 That is, the second measurement point first measurement point and the second temperature sensor 52 first temperature sensor 50 is provided is provided, in the example of the outer surface (above the substrate 40, in contact surface is a bottom SR1 , top SR2 and either side) on, or may be any two points located inside the substrate 40. 但し、行列式を使用した深部温度の算出を行うためには、少なくとも、環境温度(第3温度)Tout1,Tout2,Tout3のいずれかに対応する一組のTbとTpが同じ値ではない(Tb≠Tp)という条件を満足する必要がある。 However, in order to calculate the core temperature using the determinant, at least, ambient temperature (third temperature) Tout1, Tout2, a pair of Tb and Tp corresponding to one of Tout3 is not the same value (Tb ≠ Tp) it is necessary to satisfy the condition that. すなわち、3組の第1温度Tbと第2温度Tpのうち、少なくとも1組のTbとTpに温度差が生じていることが必要である。 That is, of the three pairs of the first temperature Tb and the second temperature Tp, it is necessary that the temperature difference in at least one set of Tb and Tp is generated. よって、この条件を満足するように、第1ユニット100を設計する。 Therefore, so as to satisfy this condition, to design the first unit 100.

次に、基材40の内部における温度分布と測定結果との関係について考察する。 Now consider the relationship between the measurement result and the temperature distribution inside the substrate 40. 図17(A)および図17(B)は、基材の内部における温度分布と測定結果との関係の一例を示す図である。 Figure 17 (A) and FIG. 17 (B) is a diagram showing an example of the relationship between the measurement result and the temperature distribution inside the substrate. 図17(A)に示されるデータ例は、図13に示したデータ例と同じである。 Data example shown in FIG. 17 (A) is the same as the data example shown in FIG. 13. 図17(B)は、Tout1(=23℃)における、基材40の垂線方向の温度分布を示す図である。 FIG. 17 (B) is in Tout1 (= 23 ℃), shows the temperature distribution in the normal direction of the substrate 40. 図17(B)では、横軸が、接触面SR1を基準とした、垂線L1方向の距離であり、縦軸が、基材40の温度である。 In FIG. 17 (B), the horizontal axis, the contact surface SR1 as a reference, the distance of a perpendicular line L1 direction, and the vertical axis is the temperature of the substrate 40. 図17(B)に示されるように、基材40の温度は、熱源(被測定体6の深部4)から離れるにつれて、直線状に低下する。 As shown in FIG. 17 (B), the temperature of the substrate 40, as the distance from the heat source (deep fourth object to be measured 6), it decreases linearly.

図17(A)のデータ例は、図17(B)に示すような、基材40の熱分布の下で深部温度を算出した結果であり、先に説明したように、極めて高精度な測定結果が得られている。 Data example of FIG. 17 (A) as shown in FIG. 17 (B), a result of calculating the core temperature under heat distribution of the substrate 40, as described above, a very accurate measurement results have been obtained.

図18(A)および図18(B)は、基材の内部における温度分布と測定結果との関係の他の例を示す図である。 Figure 18 (A) and FIG. 18 (B) is a diagram showing another example of the relationship between the measurement result and the temperature distribution inside the substrate. 図18(A)の例における測定環境や測定条件は、基本的には、図17(A)の例と同じである。 Measurement environment and measurement conditions in the example of FIG. 18 (A) is basically the same as in the example of FIG. 17 (A). 但し、図18(A)の例では、基材40の高さを20mmとし、図17(A)の例における基材40の高さ(2mm)の10倍としている。 However, in the example of FIG. 18 (A), the height of the base material 40 and 20 mm, is 10 times the height of the substrate 40 in the example of FIG. 17 (A) (2mm). このように、基材40の高さを高くすると、円柱の側面の面積が増加することから、円柱状の基材40の側面からの放熱が増加する。 Thus, increasing the height of the substrate 40, since the area of ​​the side surface of the cylinder increases, the heat radiation from the side of a cylindrical substrate 40 is increased. そして、その側面からの放熱の量は、熱源(被測定体6の深部4)からの距離に対応して変化する。 Then, the amount of heat radiation from the side, changes corresponding to the distance from the heat source (deep fourth object to be measured 6).

図18(B)は、Tout1(=23℃)における、基材40の垂線方向の温度分布を示す図である。 FIG. 18 (B) is in Tout1 (= 23 ℃), shows the temperature distribution in the normal direction of the substrate 40. 図18(B)では、横軸が、接触面SR1を基準とした、垂線L1方向の距離であり、縦軸が、基材40の温度である。 In FIG. 18 (B), the horizontal axis, the contact surface SR1 as a reference, the distance of a perpendicular line L1 direction, and the vertical axis is the temperature of the substrate 40. 図18(B)に示されるように、基材40の温度は、熱源(被測定体6の深部4)から離れるにつれて低下するが、温度分布を示す特性線は直線とはならず、曲線となる。 As shown in FIG. 18 (B), the temperature of the substrate 40 is decreased with increasing distance from the heat source (deep fourth object to be measured 6), a characteristic line showing a temperature distribution does not become straight, and the curved Become. 先に説明したように、基材40の高さを高くすると、円柱の側面の面積が増加し、円柱状の基材40の側面からの放熱が増加し、そして、その側面からの放熱の量は、熱源(被測定体6の深部4)からの距離に対応して変化するからである。 As previously described, increasing the height of the substrate 40, the amount of increased area of ​​the side surface of the cylinder, an increase in heat radiation from the side of a cylindrical substrate 40, and heat radiation from the side This is because changes in accordance with the distance from the heat source (deep fourth object to be measured 6).

図18(A)のデータ例は、図18(B)に示すような、基材40の熱分布の下で深部温度を算出した結果である。 Data example of FIG. 18 (A) as shown in FIG. 18 (B), a result of calculating the core temperature under heat distribution of the substrate 40. Tout1は、23℃であり、Tout2は30℃であり、Tout3は35℃である。 Tout1 is 23 ° C., Tout2 is 30 ° C., Tout3 is 35 ° C.. Tb1は、29.62274℃であり、Tb2は、33.31137℃であり、Tb3は、35.94611℃である。 Tb1 is a 29.62274 ℃, Tb2 is 33.31137 ℃, Tb3 is a 35.94611 ℃. Tp1は、23.29526℃であり、Tp2は、30.14763℃であり、Tb3は、35.04218℃である。 Tp1 is a 23.29526 ℃, Tp2 is 30.14763 ℃, Tb3 is a 35.04218 ℃. 測定(算出)された深部温度は、37.00000℃であり、実際の深部温度Tc(=37℃)と比較して、誤差は認められなかった。 Measurements (calculated) The core temperature is 37.00000 ° C., as compared to the actual core temperature Tc (= 37 ° C.), the error was not observed. つまり、基材40の内部の温度分布が、曲線で表される場合であっても、本実施形態の温度測定方法を使用すれば、極めて高精度に深部温度を測定できることがわかった。 That is, the temperature distribution inside the substrate 40, even when expressed by a curve, using the temperature measurement method of the present embodiment, it was found to be able to measure core temperature to extremely high accuracy. したがって、基材40の高さに制約はなく、また、接触面の面積と基材40の高さの比に関する制限もない。 Therefore, there is no restriction on the height of the substrate 40, nor restrictions on the ratio of the height of the area of ​​the contact surface and the substrate 40. よって、かなり自由に、第1ユニット100を構成することができる。 Therefore, quite freely, it is possible to constitute the first unit 100.

(第2の実施形態) (Second Embodiment)
本実施形態では、深部温度の算出式として、前掲の実施形態とは異なる第2の算出式を使用する。 In the present embodiment, as a calculation formula for core temperature, using different second calculation formula as in the previous embodiment. また、本実施形態では、温度の測定(温度情報の取得)を、少なくとも2回、実行する。 Further, in the present embodiment, the measurement of the temperature (acquisition of temperature information), at least twice, to run.

図19は、第2の実施形態における、深部温度の測定方法を説明するための図である。 Figure 19 is a diagram for explaining the second embodiment, the core temperature measuring method. 図19に示すように、本実施形態では、第1測定と第2測定を実行し、第1測定における環境温度Tout1(ならびに第3温度Tout1')と、第2測定における環境温度Tout2(第3温度Tout2')とを異ならせる。 As shown in FIG. 19, in this embodiment, performs the first measurement and the second measurement, the ambient temperature Tout1 in the first measurement (and the third temperature Tout1 '), ambient temperature Tout2 (third in the second measurement temperature Tout2 ') and vary the.

第1測定で得られた第1温度をTb1とし、第2温度をTp1とし、第3温度をTout1'とし、第2測定で得られた第1温度をTb2とし、第2温度をTp2とし、第3温度をTout2'とする。 A first temperature obtained in the first measurement and Tb1, the second temperature and Tp1, the third temperature and Tout1 ', the first temperature obtained by the second measurement and Tb2, the second temperature and Tp2, a third temperature and Tout2 '.

演算部74は、第1測定で得られた第1温度Tb1および第2温度Tp1と、第2測定で得られた第1温度Tb2および第2温度Tp2と、を用いて、第2算出式による演算を実行して、深部温度Tcを算出する。 Calculating unit 74, using the first temperature Tb1 and the second temperature Tp1 obtained in the first measurement, a first temperature Tb2 and second temperature Tp2 obtained in the second measurement, and by the second calculation formula by performing the operation, and calculates the core temperature Tc. 前記第2算出式は、下記の式(11)によって表される。 The second calculation formula is represented by the following formula (11).
式(11)による第2算出式を使用するときは、上述のとおり、第2測定における環境温度Tout2の値(第3温度Tout2')が、第1測定における環境温度Tout1(第3温度Tout1')とは異なる値である必要がある。 When using the second calculation formula according to formula (11), as described above, the value of the environmental temperature Tout2 in the second measurement (third temperature Tout2 ') is, environmental temperature Tout1 in the first measurement (third temperature Tout1' ) there must be a value different from that of the.

式(11)で示される第2算出式によると、熱収支に起因する誤差成分を生じさせずに、深部温度を測定できる理由について、図20および図21を用いて説明する。 According to a second calculation formula represented by the formula (11), without causing an error component due to heat balance, the reason capable of measuring core temperature, will be described with reference to FIGS. 20 and 21.

図20(A)および図20(B)は、特許文献1に示される従来例において、熱収支に起因する誤差成分が生じる理由を説明するための図である。 Figure 20 (A) and FIG. 20 (B) in the conventional example shown in Patent Document 1 is a diagram for explaining the reason why the error component due to the heat balance occurs. 図20(A)は、従来例の温度測定部における、6点の温度(T1,T2,Tt1、T2,T4,Tt2)および熱抵抗の状態を示している。 FIG. 20 (A) at the temperature measuring part in the conventional example, shows the temperature (T1, T2, Tt1, T2, T4, Tt2) and of thermal resistance state of 6 points. 図20(B)は、図20(A)に示される温度測定部における、環境温度(第3温度)Toutと深部温度Tcと間の、熱抵抗と熱流束の状態を示している。 FIG. 20 (B) shows the temperature measuring unit shown in FIG. 20 (A), the ambient temperature between (third temperature) Tout and the core temperature Tc, the state of the heat resistance and heat flux.

従来例では、並列に配置された2つの温度測定部を使用して、2つの熱流の系を形成している。 In the conventional example uses two temperature measuring unit which is arranged in parallel to form two systems of heat flow. また、環境温度(第3温度)Toutは一定であり、また、基材37の上面に設けられた第1断熱材38Aおよび第2断熱材38Bによって、温度測定部は、環境(大気)から、熱的に遮断されている。 The environmental temperature (third temperature) Tout is constant, also the first thermal insulating material 38A and the second insulation material 38B provided on the upper surface of the substrate 37, the temperature measuring unit, from the environment (air), They are thermally isolated. また、環境(大気)における熱伝達係数(気体中の熱の移動度に比例する定数)はnである。 The environmental (constant proportional to the mobility of the heat in the gas) heat transfer coefficient in the (air) is n. また、被測定体の表層部の熱抵抗をRbとし、基材37の熱抵抗をR1とし、第1断熱材38Aの熱抵抗をR2とし、第2断熱材38Bの熱抵抗をR3としている。 Furthermore, the thermal resistance of the surface layer portion of the object to be measured and Rb, the thermal resistance of the base material 37 and R1, the thermal resistance of the first heat insulating member 38A and R2, and the thermal resistance of the second heat insulating member 38B and R3.

従来例では、環境温度Toutが一定であるという前提の下で、断熱材38Aと断熱材38Bとを異ならせることによって、異なる2つの熱流束を形成している。 In the conventional example, under the assumption that an environmental temperature Tout is constant, by varying the thermal insulating material 38A and the heat insulating member 38B, to form two different heat flux. つまり、従来例では、熱流束Qb1と、熱流束Q11と、熱流束Q12との間に、Qb1=Q11=Q12という関係が成立し、また、熱流束Qb2と、熱流束Q21と、熱流束Q22との間に、Qb2=Q21=Q22という関係が成立することを前提としている。 That is, in the prior art, the heat flux Qb1, the heat flux Q11, between the heat flux Q12, satisfied relationship Qb1 = Q11 = Q12, also the heat flux Qb 2, a heat flux Q21, heat flux Q22 in between, it is based on the premise that the relationship that Qb2 = Q21 = Q22 is established.

しかし、温度測定部の小型化が促進されると、第1の系の3点の温度(T1,T2,Tt1)ならびに第2の系における3点の温度(T2,T4,Tt2)は、環境温度(第3温度)Toutの影響を受けるようになる。 However, when the size of the temperature measuring portion is promoted, the temperature of the three points of the first system (T1, T2, Tt1) and the second temperature of the three points in the system (T2, T4, Tt2), the environment temperature so influenced by the (third temperature) Tout. よって、Qb1=Q11=Q12、ならびに、Qb2=Q21=Q22であるという前提が成立しなくなる。 Therefore, Qb1 = Q11 = Q12, and, assuming that it is Qb 2 = Q21 = Q22 may not be established. この場合には、従来例の算出式である式(F)の左辺は、Tc+ΔTcとなり、熱収支の差分に相当する測定誤差ΔTcが生じる。 In this case, the left side of a calculation formula of the prior art formula (F) is, Tc + .DELTA.Tc next, measurement error .DELTA.Tc corresponding to the difference between heat balance occurs.

つまり、特許文献1に記載される温度計では、温度測定部を、表層部に設けられた断熱材によって環境(大気)から遮断した構成となっており、したがって、熱流束は温度測定部の頂部にて終端し、環境(大気)との間の熱収支はほとんどなく、無視できるという設計思想の下で設計されている。 That is, in the thermometer described in Patent Document 1, the temperature measuring section has a configuration which is shielded from the environment (air) by a heat insulating material provided on the surface layer portion, thus, the heat flux the top of the temperature measuring unit terminating at, the heat balance is little between the environment (air), has been designed under the design concept that can be ignored. しかし、温度計の小型化を、さらに促進した場合には、例えば、温度測定部の側面と環境(大気)との間での熱収支が顕在化し、熱収支の差分に対応する測定誤差を無視できなくなる。 However, the size of the thermometer, when further promoted, for example, ignore the measurement errors heat balance between a side surface of the temperature measuring unit and the environment (air) is actualized, corresponding to the difference of the heat balance become unable.

図21(A)および図21(B)は、本発明の第2実施形態において、熱収支に起因する誤差成分が生じない理由を説明するための図である。 Figure 21 (A) and FIG. 21 (B) in the second embodiment of the present invention, is a diagram for explaining the reason why the error component due to the heat balance does not occur. 図21(A)は、第2実施形態にかかる温度測定部における温度と熱抵抗の状態を示している。 Figure 21 (A) shows a state of the temperature and the thermal resistance at a temperature measuring unit according to the second embodiment. 図21(B)は、図21(A)に示される温度測定部における、環境温度Tout1,Tout2と、深部温度Tcと間の、熱抵抗と熱流束の状態を示している。 FIG. 21 (B) at the temperature measuring unit shown in FIG. 21 (A), the environmental temperature Tout1, Tout2, between the core temperature Tc, and shows a state of the heat resistance and heat flux.

本実施形態では、少なくとも2回の温度測定(温度情報の取得)を実行し、各温度測定では、環境温度Toutの値を異ならせている(Tout1≠Tout2)。 In the present embodiment, performing at least two temperature measurement (acquisition of temperature information) at each temperature measurement is made different values ​​of ambient temperature Tout (Tout1 ≠ Tout2). 環境温度を異にして、2回の温度測定を実行したとき、第1測定では、始端を被測定体の深部4とし、終端を環境(大気等)とする第1の熱流束の系が構成されることになる。 And different in ambient temperature, when executing the temperature measurement twice, the first measurement, the starting end and deep 4 of the object to be measured, the system of the first heat flux termination environmental (air, etc.) Configuration It is is will be. また、第2測定では、始端を被測定体の深部とし、終端を環境(大気等)とする第2の熱流束の系が構成される。 In the second measurement, the starting end and the deep portion of the object to be measured, the system of the second heat flux termination environmental (air, etc.) is configured. 環境温度Toutは、各系で異なることから、各系の熱流束は互いに異なる熱流束である。 Environmental temperature Tout, since the different in each system, the heat flux of the system is different from the heat flux to each other.

また、環境(大気)7における熱伝達係数(気体中の熱の移動度に比例する定数)はnである。 Further, (a constant that is proportional to the mobility of the heat in the gas) heat transfer coefficient in the environment (air) 7 is n. 第1温度はTb1(あるいはT1),Tb2(あるいはT3)である。 The first temperature Tb1 (or T1), a Tb2 (or T3). また、第2温度はTp1(あるいはT2),Tp2(あるいはT4)である。 The second temperature Tp1 (or T2), a Tp2 (or T4). 被測定体6の表層部5における熱抵抗はRbであり、基材40の熱抵抗はR1である。 Thermal resistance in the surface layer 5 of the object to be measured 6 is Rb, the thermal resistance of the substrate 40 is R1. また、図21(B)に示されるように、第1の系においては、熱流束Qb1と、熱流束Q11と、熱流束Qa1が生じている。 Further, as shown in FIG. 21 (B), in the first system, the heat flux Qb1, the heat flux Q11, heat flux Qa1 occurs. 第2の系においては、熱流束Qb2と、熱流束Q21と、熱流束Qa2が生じている。 In the second system, the heat flux Qb 2, a heat flux Q21, heat flux Qa2 occurs.

これらの2つの熱流束の系では、熱流束の終端が、温度の変動が許容されている環境7であることから、従来例において問題となる熱収支の差分という概念が生じない。 In these two heat flux of the system, the end of the heat flux, since it is the environment 7 a variation in temperature is permitted, the concept of the difference between the heat balance as a problem in the prior art do not occur. つまり、その熱収支も含めて、環境温度Tout(ならびに第3温度Tout')が一義的に定まる(適宜、変動する)というだけである。 That is, including its heat balance, environmental temperature Tout (and the third temperature Tout ') is uniquely determined (suitably varying) only say.

また、使用している基材40の熱伝導率(つまり熱抵抗)は、第1の熱流束の系、第2の熱流束の系で同じである。 The thermal conductivity of the substrate 40 using (i.e. thermal resistance), a first heat flux of the system is the same in the second heat flux of the system. つまり、熱抵抗の分布は、第1の系と第2の系との間で、何ら変化しない。 That is, the distribution of the thermal resistance, between the first system and the second system, not any change. よって、基材に第1測定点と第2測定を設定したとき、(第1測定点と第2測定点の温度の差)/(被測定体の深部温度Tcと第1測定点の温度の差)は、第1の熱流束の系、第2の熱流束の系ともに同じである。 Therefore, when setting a first measurement point of the second measurement to a substrate (the difference between the temperature of the first measurement point and the second measuring point) / (the temperature of the core temperature Tc and the first measuring point of the object to be measured difference), the first heat flux of the system is identical to the system both in the second heat flux. よって、下記の式が成立する。 Thus, the following formula is established.
この式(12)を、Tcについて解くと、上述の第2算出式(上記の式(11))が得られる。 The equation (12), and solving for Tc, a second calculation formula described above (the above equation (11)) is obtained. 従来例における、ΔTcという誤差成分の概念自体が生じないことから、第2算出式によれば、ほぼ理想的な深部温度Tcが得られる。 In a conventional example, since no concept itself of the error component that .DELTA.Tc, according to the second calculation formula, is obtained nearly ideal core temperature Tc.

第2算出式(式(11))は、形式的には従来例における算出式(式(F))と同じように見えるが、第2算出式(式(11))は、従来例の算出式(式(F))とは、根本的に異なる算出式である。 Second calculation equation (Equation (11)) is formally appear similar to the calculation formula in the conventional example (equation (F)), the second calculation formula (Equation (11)) is calculated in the prior art the formula (formula (F)), which is fundamentally different calculation formula. つまり、第2算出式(式(11))は、環境を終端とする2つの熱流束の系から得られたデータに基づいて、基材における熱抵抗の比が同じであるという観点から導き出される算出式であり、根本的に異なるものである。 That is, the second calculation formula (Equation (11)), based on data obtained from the system of two heat flux to terminate the environment, the ratio of the thermal resistance in the base material is derived from the viewpoint of the same a calculation formula, in which fundamentally different.

なお、本実施形態では、環境温度Tout(ならびに第3温度Tout')は、深部温度Tcの算出自体には直接的には関係しない。 In the present embodiment, the ambient temperature Tout (and the third temperature Tout ') is directly not related to the calculation itself of the core temperature Tc. 但し、上述のとおり、第1測定におけるTout1(ならびにTout1')と、第2測定におけるTout2(ならびにTout2')とは異なっている必要があり、Tout1=Tout2(Tout1'=Tout2')であるときは、正確な深部温度の算出ができない。 However, as described above, 'and, Tout2 the second measurement (and Tout2 Tout1 in the first measurement (and Tout1)' must be different from the), when it is Tout1 = Tout2 (Tout1 '= Tout2') We can not calculate the exact core temperature.

よって、第3温度センサー55で測定された、Toutに相当する第3温度Tout'は、算出可能条件(第1測定と第2測定における環境温度(つまり第3温度)が異なるという条件)が満足されているかを確認するために、つまり、演算の可否の判断に使用することができる。 Thus, measured at the third temperature sensor 55, a third temperature Tout corresponding to Tout 'are calculable condition (first measurement and the environmental temperature in the second measurement (i.e. third temperature) conditions that are different) is satisfied to verify that it is, in other words, it can be used to determine the propriety of the operation.

図22(A)および図22(B)は、第2実施形態における、深部温度の測定手順と、第2実施形態における深部温度の算出結果例を示す図である。 Figure 22 (A) and FIG. 22 (B) in the second embodiment and illustrating the procedure for measuring core temperature, a calculation result example of the deep temperature in the second embodiment. まず、温度データが取得される(ステップS40)。 First, the temperature data is obtained (step S40). 温度データには、第1測定で得られた第1温度Tb1、第2温度Tp1、第3温度Tout1'と、第2測定で得られた第1温度Tb2、第2温度Tp2、第3温度Tout2'(≠Tout1')と、が含まれる。 The temperature data, the first temperature Tb1 obtained in the first measurement, the second temperature Tp1, a third temperature Tout1 ', the first temperature Tb2 obtained in the second measurement, the second temperature Tp2, third temperature Tout2 and '(≠ Tout1'), are included. 次に、第2算出式を用いて、深部温度Tcを演算する(ステップS50)。 Next, using a second calculation formula, and calculates the core temperature Tc (step S50).

図22(B)は、第2実施形態における深部温度の算出結果例を示す図である。 FIG. 22 (B) is a diagram showing a calculation result example of the deep temperature in the second embodiment. ここでは、図13に示される測定環境を使用する。 Here, using the measurement environment illustrated in Figure 13. 第1測定における第3温度(環境相当温度)Tout1'が23℃のとき、第1温度Tb1は28.371℃であり、第2温度Tp1は26.2482℃となる。 Third temperature (environmental temperature corresponding) when Tout1 'is 23 ° C. in the first measurement, the first temperature Tb1 is 28.371 ° C., the second temperature Tp1 becomes 26.2482 ° C.. 第2測定における環境相当温度(第3温度)Tout2'が30℃のとき、第1温度Tb2は32.6855℃であり、第2温度Tp2は31.6241℃となる。 When the environmental temperature corresponding (third temperature) Tout2 'is 30 ° C. in the second measurement, the first temperature Tb2 is 32.6855 ° C., the second temperature Tp2 becomes 31.6241 ° C.. 熱源となる深部温度Tcは37℃に設定されている。 Core temperature Tc as a heat source is set to 37 ° C.. この深部温度に対する算出結果は37.00000であり、誤差は生じなかった。 Calculation results for this core temperature is 37.00000, the error did not occur. よって、本実施形態によれば、極めて高精度に、深部温度を測定できることがわかった。 Therefore, according to this embodiment, it was found that a very high accuracy, can be measured core temperature.

以上説明したように、本発明の少なくとも一つの実施形態によれば、より高精度な深部温度の測定が可能となる。 As described above, according to at least one embodiment of the present invention, it is possible to measure more accurately the deep temperature. また、温度測定部の小型化と、高精度な測定とを両立することができる。 Further, it is possible to achieve both downsizing of the temperature measuring section, and a highly accurate measurement.

以上、いくつかの実施形態について説明したが、本発明の新規事項および効果から実体的に逸脱しない多くの変形が可能であることは当業者には容易に理解できるものである。 Having described several embodiments, it from the novel teachings and advantages of the present invention are possible in substance many do not depart modifications are intended to be readily apparent to those skilled in the art. 従って、このような変形例はすべて本発明の範囲に含まれるものとする。 Therefore intended to be included within the scope of such modifications to the present invention. 例えば、明細書又は図面において、少なくとも一度、より広義または同義な異なる用語と共に記載された用語は、明細書又は図面のいかなる箇所においても、その異なる用語に置き換えることができる。 For example, in the specification and the drawings, it cited with a different term having broader or the same meaning different term in any place in the specification or the drawings can be replaced by the different term.

4 深部、5 表層部、6 被測定体(人体等)、7 環境(周囲媒体、環境媒体)、8 剥離テープ、9 粘着層、10 貼付構造(粘着テープ)、20a,20b 断熱材、40 基材、43 温度測定部、50 第1温度センサー、52 第2温度センサー、55 第3温度センサー、100 第1ユニット、200 第2ユニット。 4 deep, 5 surface portion, 6 the object to be measured (human body), 7 environment (surrounding medium, environmental media), 8 peeling tape, 9 adhesive layer 10 attached structure (adhesive tape), 20a, 20b insulation, 40 group wood, 43 temperature measuring unit, 50 first temperature sensor 52 second temperature sensor, 55 third temperature sensor, 100 a first unit, 200 second unit.

Claims (3)

  1. 被測定体に接触可能となした基材と、 A base material having no possible contact with the object to be measured,
    前記基材の外表面上または内部の第1測定点における第1温度を測定するための第1温度センサーと、 A first temperature sensor for measuring a first temperature at the first measurement point within or on the outer surface of the substrate,
    前記基材の外表面上または内部であって、かつ前記第1測定点とは異なる第2測定点における第2温度を測定するための第2温度センサーと、 A second temperature sensor for measuring a second temperature at different second measuring points with the outer surface or an internal and the first measuring point of the substrate,
    前記基材の外表面上または内部であって、かつ前記第1測定点と前記第2測定点とは異なる第3測定点における第3温度を測定するための第3温度センサーと、 An internal or on the outer surface of the base material, and a third temperature sensor for measuring a third temperature at a different third measurement point and said second measurement point and the first measuring point,
    前記温度の測定を実行するタイミングを決めるタイミング制御情報を入力するタイミング制御情報入力部と、 And timing control information input unit for inputting a timing control information to determine when to perform measurements of the temperature,
    を備え、 Equipped with a,
    前記タイミング制御情報が入力される毎に、前記温度の測定を実行させることが可能で、 Each time the timing control information is input, is possible to perform a measurement of the temperature,
    前記第1温度、前記第2温度、および前記第3温度に基づいて、前記被測定体の深部温度を求める Said first temperature, said second temperature, and on the basis of the third temperature, determine the core temperature of the object to be measured,
    ことを特徴とする温度測定装置。 Temperature measuring device, characterized in that.
  2. 請求項1記載の温度測定装置であって、 A temperature measuring device according to claim 1,
    複数の時間帯において前記温度の測定を実行させ、 To execute the measurement of the temperature at a plurality of time zones,
    前記温度の測定によって得られたデータの平均演算によって、前記各時間帯の前記第1温度、前記第2温度および前記第3温度を決定し、 The average calculation data obtained by the measurement of the temperature, and determining the first temperature for each time zone, the second temperature and the third temperature,
    前記決定された各時間帯の前記第1温度、前記第2温度、および前記第3温度を用いて、前記深部温度を求める、 The first temperature for each time zone said determined second temperature, and using said third temperature, determining the core temperature,
    ことを特徴とする温度測定装置。 Temperature measuring device, characterized in that.
  3. 請求項1記載の温度測定装置であって、 A temperature measuring device according to claim 1,
    前記第3温度を変化させることができる第3温度調整部をさらに備え、 Further comprising a third temperature adjusting unit capable of varying the third temperature,
    前記第1温度センサー、前記第2温度センサー、および前記第3温度センサーによる1回の測定が終了する毎に、前記第3温度調整部によって前記第3温度を変化させる、 Said first temperature sensor, the second temperature sensor, and every time the third temperature sensor one measurement by ends, varying said third temperature by said third temperature adjustment unit,
    ことを特徴とする温度測定装置。 Temperature measuring device, characterized in that.
JP2014141193A 2014-07-09 2014-07-09 Temperature measuring device Active JP5825407B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014141193A JP5825407B2 (en) 2014-07-09 2014-07-09 Temperature measuring device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014141193A JP5825407B2 (en) 2014-07-09 2014-07-09 Temperature measuring device

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010243291 Division 2010-10-29

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014222240A true JP2014222240A (en) 2014-11-27
JP5825407B2 true JP5825407B2 (en) 2015-12-02

Family

ID=52121808

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014141193A Active JP5825407B2 (en) 2014-07-09 2014-07-09 Temperature measuring device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5825407B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102015206938A1 (en) * 2015-04-17 2016-10-20 Robert Bosch Gmbh Apparatus and method for measuring a body temperature of a living
KR101687908B1 (en) * 2015-06-26 2016-12-19 서울대학교산학협력단 Predicting and managing apparatus for heat related illness risk based on core body temperature and method thereof

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2505077B2 (en) * 1991-06-25 1996-06-05 松下電工株式会社 Biological rhythm adjustment device
JP2000014649A (en) * 1998-07-03 2000-01-18 Terumo Corp Ear type thermometer
JP4600170B2 (en) * 2004-09-15 2010-12-15 セイコーエプソン株式会社 An electronic device having a thermometer, and a thermometer
JP5270422B2 (en) * 2009-03-30 2013-08-21 テルモ株式会社 Ear-insertion thermometer
US8716629B2 (en) * 2009-04-06 2014-05-06 Koninklijke Philips N.V. Temperature sensor for body temperature measurement

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2014222240A (en) 2014-11-27 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6852085B2 (en) Fever alarm system
US20030064749A1 (en) Mobile telephone featuring accelerated ambient temperature measurement module
US20070206655A1 (en) Bandage with sensors
US20050209813A1 (en) Temperature sensing device
US20110213559A1 (en) Multi-sensor patch and system
WO2015021039A1 (en) Flexible temperature sensor including conformable electronics
US20080212643A1 (en) Temperature monitoring device
US7299090B2 (en) Arrangement for measuring the body temperature of a living organism
US9031812B2 (en) Notifications on a user device based on activity detected by an activity monitoring device
US20060161074A1 (en) Temperature sensing device
US20050157775A1 (en) Temperature probe and use thereof
US20090299682A1 (en) Surface temperature profile
US6637931B2 (en) Probe for use in an infrared thermometer
JP2009080000A (en) Clinical thermometer
US20100022909A1 (en) Methods and devices for measuring core body temperature
JP2009236624A (en) Deep temperature measurement apparatus of living body
US20080133170A1 (en) Temperature sensor configuration detection in process variable transmitter
US20100037688A1 (en) Flowmeter
CA2583034A1 (en) Bandage with sensors
WO2013136251A1 (en) Monitoring the change in height of a device using an air pressure sensor
US20120076171A1 (en) System and apparatus for determining ambient temperatures for a fluid analyte system
US20140286373A1 (en) Thermal Resistance Measuring Device
Boano et al. Accurate temperature measurements for medical research using body sensor networks
US20120109572A1 (en) Temperature measurement device and temperature measuring method
US20090187115A1 (en) Temperature measurement device

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20150109

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150515

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150623

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150819

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150915

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150928

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5825407

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350