JP5570970B2 - 遊技台 - Google Patents

遊技台 Download PDF

Info

Publication number
JP5570970B2
JP5570970B2 JP2010291495A JP2010291495A JP5570970B2 JP 5570970 B2 JP5570970 B2 JP 5570970B2 JP 2010291495 A JP2010291495 A JP 2010291495A JP 2010291495 A JP2010291495 A JP 2010291495A JP 5570970 B2 JP5570970 B2 JP 5570970B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
special
game
control unit
opening
winning
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010291495A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012135558A (ja
Inventor
剛 宮原
Original Assignee
株式会社大都技研
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社大都技研 filed Critical 株式会社大都技研
Priority to JP2010291495A priority Critical patent/JP5570970B2/ja
Publication of JP2012135558A publication Critical patent/JP2012135558A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5570970B2 publication Critical patent/JP5570970B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、回胴遊技機(スロットマシン)や弾球遊技機(パチンコ機)に代表される遊技台に関する。

近年の遊技台においては、多種多様なゲーム性が市場に提供されており、例えば、液晶表示装置などを用いて遊技者に対して報知を行うことにより、遊技者の興趣を高めるようにした遊技台が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

特開2008−200302号公報

しかしながら、従来の遊技台では、遊技者に必ずしも有利とならないタイミングで報知を行う場合があるため、報知に対する期待感が高まらず、遊技者の遊技意欲が減退してしまうおそれがあった。

本発明は、このような従来の問題点を解決するためになされたものであって、遊技者にとって有利な状態となり得るタイミングで報知を行うことにより、遊技者の報知に対する期待感や遊技者の遊技意欲を高めることができる遊技台を提供することを目的とする。

本発明は、大当り判定を少なくとも実行可能な大当り判定手段と、当り判定を少なくとも実行可能な当り判定手段と、前記当り判定の結果が当りである場合に複数のパターンのうちのいずれかのパターンで少なくとも開閉可能な電チューと、複数の演出を少なくとも実行可能な演出手段と、を備えた遊技台であって、前記複数のパターンのうちの少なくとも一つは、第一のパターンであり、前記複数のパターンのうちの少なくとも一つは、第二のパターンであり、前記第二のパターンは、前記第一のパターンよりも少なくとも有利なパターンであり、前記複数の演出のうちの少なくとも一つは、第一の演出であり、前記複数の演出のうちの少なくとも一つは、第二の演出であり、前記第一の演出は、前記電チューが前記第二のパターンで開放するかどうかを少なくとも予告可能な演出であり、前記第二の演出は、前記電チューが前記第二のパターンで開放していることを少なくとも示唆可能な演出であり、前記演出手段は、大当り遊技状態において前記第一の演出を行わず、前記第二の演出を実行可能なものである、ことを特徴とする遊技台である。

本発明に係る遊技台によれば、遊技者にとって有利な状態となり得るタイミングで報知を行うことにより、遊技者の報知に対する期待感や遊技者の遊技意欲を高めることができる。

パチンコ機を正面側(遊技者側)から見た外観斜視図である。 パチンコ機を背面側から見た外観図である。 遊技盤を正面から見た略示正面図である。 制御部の回路ブロック図を示したものである。 (a)特図の停止図柄態様の一例を示したものである。(b)装飾図柄の停止図柄態様の一例を示したものである。 特図の種類、特図変動遊技の遊技状態(確変状態/非確変状態)、電サポの内容、大当り遊技中または小当り遊技中の獲得出玉、およびアタッカー開放状態の関係を示した図である。 (a)当否判定用高確率テーブルの一例である。(b)当否判定用低確率テーブルの一例である。(c)特図決定用テーブルの一例である。 特図1変動パターンテーブルの一例である。 (a)特図2変動パターンテーブル(電サポ無し)の一例である。(b)特図2変動パターンテーブル(電サポあり)の一例である。 (a)普図の停止表示図柄の一例を示したものである。(b)普図当否判定テーブルの一例である。(c)普図決定用テーブルの一例である。(d)普図の変動時間決定テーブルの一例である。 主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。 主制御部タイマ割込処理の流れを示すフローチャートである。 普図関連抽選処理の流れを示すフローチャートである。 特図2関連抽選処理の流れを示すフローチャートである。 特図1関連抽選処理の流れを示すフローチャートである。 (a)第1副制御部のCPUが実行するメイン処理のフローチャートである。(b)第1副制御部のコマンド受信割込み処理のフローチャートである。(c)第1副制御部のタイマ割込処理のフローチャートである。(d)第1副制御部の画像制御処理のフローチャートである。 変動開始時処理(サブ)の流れを示すフローチャートである。 普通電動役物開放予告演出処理の流れを示すフローチャートである。 予告演出実行可否判定処理の流れを示すフローチャートである。 報知演出実行可否判定処理の流れを示すフローチャートである。 当り中サブ予告制御処理の流れを示すフローチャートである。 予告禁止期間タイマ設定処理1の流れを示すフローチャートである。 予告禁止期間タイマ設定処理2の流れを示すフローチャートである。 (a)第2副制御部500のCPU504が実行するメイン処理のフローチャートである。(b)第2副制御部500のコマンド受信割込処理のフローチャートである。(c)第2副制御部500のタイマ割込処理のフローチャートである。 予告と開放報知の一例を示した図である。 予告と開放報知の一例を示した図である。 大当り中の予告と開放報知の一例を示した図である。 大当り中の予告と開放報知の一例を示した図である。 変形例1に係るパチンコ機700の遊技盤を正面から見た略示正面図である。 変形例1に係る報知演出実行可否判定処理の流れを示したフローチャートである。 変形例1に係る変動開始時処理の流れを示したフローチャートである。

以下、図面を用いて、本発明の実施形態1に係る遊技台(例えば、パチンコ機100等の弾球遊技機やスロット機等の回胴遊技機)について詳細に説明する。

<全体構成>
まず、図1を用いて、本発明の実施形態1に係るパチンコ機100の全体構成について説明する。なお、同図はパチンコ機100を正面側(遊技者側)から見た外観斜視図である。

パチンコ機100は、外部的構造として、外枠102と、本体104と、前面枠扉106と、球貯留皿付扉108と、発射装置110と、遊技盤200と、をその前面に備える。

外枠102は、遊技機設置営業店に設けられた設置場所(島設備等)へと固定させるための縦長方形状から成る木製の枠部材である。

本体104は、内枠と呼ばれ、外枠102の内部に備えられ、ヒンジ部112を介して外枠102に回動自在に装着された縦長方形状の遊技機基軸体となる部材である。また、本体104は、枠状に形成され、内側に空間部114を有している。また、本体104が開放された場合、本体104の開放を検出する不図示の内枠開放センサを備える。

前面枠扉106は、ロック機能付きで且つ開閉自在となるようにパチンコ機100の前面側となる本体104の前面に対しヒンジ部112を介して装着され、枠状に構成されることでその内側を開口部とした扉部材である。なお、この前面枠扉106には、開口部にガラス製又は樹脂製の透明板部材118が設けられ、前面側には、スピーカ120や枠ランプ122が取り付けられている。前面枠扉106の後面と遊技盤200の前面とで遊技領域124を区画形成する。また、前面枠扉106が開放された場合、前面枠扉106の開放を検出する不図示の前面枠扉開放センサを備える。

球貯留皿付扉108は、パチンコ機100の前面において本体104の下側に対して、ロック機能付きで且つ開閉自在となるように装着された扉部材である。球貯留皿付扉108は、複数の遊技球(以下、単に「球」と称する場合がある)が貯留可能で且つ発射装置110へと遊技球を案内させる通路が設けられている上皿126と、上皿126に貯留しきれない遊技球を貯留する下皿128と、遊技者の操作によって上皿126に貯留された遊技球を下皿128へと排出させる球抜ボタン130と、遊技者の操作によって下皿128に貯留された遊技球を遊技球収集容器(俗称、ドル箱)へと排出させる球排出レバー132と、遊技者の操作によって発射装置110へと案内された遊技球を遊技盤200の遊技領域124へと打ち出す球発射ハンドル134と、遊技者の操作によって各種演出装置206の演出態様に変化を与えるチャンスボタン136と、チャンスボタン136を発光させるチャンスボタンランプ138と、遊技店に設置されたカードユニット(CRユニット)に対して球貸し指示を行う球貸操作ボタン140と、カードユニットに対して遊技者の残高の返却指示を行う返却操作ボタン142と、遊技者の残高やカードユニットの状態を表示する球貸表示部144と、を備える。また、下皿128が満タンであることを検出する不図示の下皿満タンセンサを備える。

発射装置110は、本体104の下方に取り付けられ、球発射ハンドル134が遊技者に操作されることによって回動する発射杆146と、遊技球を発射杆146の先端で打突する発射槌148と、を備える。

遊技盤200は、前面に遊技領域124を有し、本体104の空間部114に臨むように、所定の固定部材を用いて本体104に着脱自在に装着されている。なお、遊技領域124は、遊技盤200を本体104に装着した後、開口部から観察することができる。

図2は、図1のパチンコ機100を背面側から見た外観図である。

パチンコ機100の背面上部には、上方に開口した開口部を有し、遊技球を一時的に貯留するための球タンク150と、この球タンク150の下方に位置し、球タンク150の底部に形成した連通孔を通過して落下する球を背面右側に位置する払出装置152に導くためのタンクレール154とを配設している。

払出装置152は、筒状の部材からなり、その内部には、不図示の払出モータとスプロケットと払出センサとを備えている。

スプロケットは、払出モータによって回転可能に構成されており、タンクレール154を通過して払出装置152内に流下した遊技球を一時的に滞留させると共に、払出モータを駆動して所定角度だけ回転することにより、一時的に滞留した遊技球を払出装置152の下方へ1個ずつ送り出すように構成している。

払出センサは、スプロケットが送り出した遊技球の通過を検知するためのセンサであり、遊技球が通過しているときにハイまたはローの何れか一方の信号を、遊技球が通過していないときはハイまたはローの何れか他方の信号を払出制御部600へ出力する。なお、この払出センサを通過した遊技球は、不図示の球レールを通過してパチンコ機100の表側に配設した上皿126に到達するように構成しており、パチンコ機100は、この構成により遊技者に対して球の払い出しを行う。

払出装置152の図中左側には、遊技全般の制御処理を行う主制御部300を構成する主基板156を収納する主基板ケース158、主制御部300が生成した処理情報に基づいて演出に関する制御処理を行う第1副制御部400を構成する第1副基板160を収納する第1副基板ケース162、第1副制御部400が生成した処理情報に基づいて演出に関する制御処理を行う第2副制御部500を構成する第2副基板164を収納する第2副基板ケース166、遊技球の払出に関する制御処理を行う払出制御部600を構成するとともに遊技店員の操作によってエラーを解除するエラー解除スイッチ168を備える払出基板170を収納する払出基板ケース172、遊技球の発射に関する制御処理を行う発射制御部630を構成する発射基板174を収納する発射基板ケース176、各種電気的遊技機器に電源を供給する電源制御部660を構成するとともに遊技店員の操作によって電源をオンオフする電源スイッチ178と電源投入時に操作されることによってRWMクリア信号を主制御部300に出力するRWMクリアスイッチ180とを備える電源基板182を収納する電源基板ケース184、および払出制御部600とカードユニットとの信号の送受信を行うCRインターフェース部186を配設している。

図3は、遊技盤200を正面から見た略示正面図である。遊技盤200には、はずれル202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成している。

遊技領域124の略中央には、演出装置206を配設している。この演出装置206には、略中央に装飾図柄表示装置208を配設し、その周囲に、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄保留ランプ216と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、高確中ランプ222を配設している。なお、以下、普通図柄を「普図」、特別図柄を「特図」と称する場合がある。演出装置206は、演出可動体224を動作して演出を行うものであり、詳細については後述する。

装飾図柄表示装置208は、装飾図柄ならびに演出に用いる様々な表示を行うための表示装置であり、本実施例では液晶表示装置(Liquid Crystal Display)によって構成する。この装飾図柄表示装置208は、左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208b、右図柄表示領域208cおよび演出表示領域208dの4つの表示領域に分割し、左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208bおよび右図柄表示領域208cはそれぞれ異なった装飾図柄を表示し、演出表示領域208dは演出に用いる画像を表示する。さらに、各表示領域208a、208b、208c、208dの位置や大きさは、装飾図柄表示装置208の表示画面内で自由に変更することを可能としている。なお、装飾図柄表示装置208として液晶表示装置を採用しているが、液晶表示装置でなくとも、種々の演出や種々の遊技情報を表示可能に構成されていればよく、例えば、ドットマトリクス表示装置、7セグメント表示装置、有機EL(ElectroLuminescence)表示装置、リール(ドラム)式表示装置、リーフ式表示装置、プラズマディスプレイ、プロジェクタを含む他の表示デバイスを採用してもよい。

普図表示装置210は、普図の表示を行うための表示装置であり、本実施例では7セグメントLEDによって構成する。第1特図表示装置212および第2特図表示装置214は、特図の表示を行うための表示装置であり、本実施例では7セグメントLEDによって構成する。

普図保留ランプ216は、保留している普図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施例では、普図変動遊技を所定数(例えば、2つ)まで保留することを可能としている。第1特図保留ランプ218および第2特図保留ランプ220は、保留している特図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施例では、特図変動遊技を所定数(例えば、4つ)まで保留することを可能としている。高確中ランプ222は、遊技状態が大当りが発生し易い高確率状態であること、または高確率状態になることを示すためのランプであり、遊技状態を大当りが発生し難い低確率状態から高確率状態にする場合に点灯し、高確率状態から低確率状態にする場合に消灯する。

また、この演出装置206の周囲には、所定の球進入口、例えば、一般入賞口226と、普図始動口228と、第1特図始動口230と、第2特図始動口232と、可変入賞口234を配設している。

一般入賞口226は、本実施例では遊技盤200に複数配設しており、この一般入賞口226への入球を所定の球検出センサ(図示省略)が検出した場合(一般入賞口226に入賞した場合)、払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、10個)の球を賞球として上皿126に排出する。上皿126に排出した球は遊技者が自由に取り出すことが可能であり、これらの構成により、入賞に基づいて賞球を遊技者に払い出すようにしている。なお、一般入賞口226に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。本実施例では、入賞の対価として遊技者に払い出す球を「賞球」、遊技者に貸し出す球を「貸球」と区別して呼ぶ場合があり、「賞球」と「貸球」を総称して「球(遊技球)」と呼ぶ。

普図始動口228は、ゲートやスルーチャッカーと呼ばれる、遊技領域124の所定の領域を球が通過したか否かを判定するための装置で構成しており、本実施例では遊技盤200の左側に1つ配設している。普図始動口228を通過した球は一般入賞口226に入球した球と違って、遊技島側に排出することはない。球が普図始動口228を通過したことを所定の球検出センサが検出した場合、パチンコ機100は、普図表示装置210による普図変動遊技を開始する。

第1特図始動口230は、本実施例では遊技盤200の中央に1つだけ配設している。この第1特図始動口230への入球を所定の球検出センサが検出した場合、後述する払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、3個)の球を賞球として上皿126に排出するとともに、第1特図表示装置212による特図変動遊技を開始する。なお、第1特図始動口230に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

第2特図始動口232は、電動チューリップ(電チュー)と呼ばれ、本実施例では第1特図始動口230の真下に1つだけ配設している。この第2特図始動口232は、左右に開閉自在な羽根部材232aを備え、羽根部材232aの閉鎖中は球の入球が不可能であり、普図変動遊技に当選し、普図表示装置210が当り図柄を停止表示した場合に羽根部材232aが所定の時間間隔、所定の回数で開閉する。第2特図始動口232への入球を所定の球検出センサが検出した場合、払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、4個)の球を賞球として上皿126に排出するとともに、第2特図表示装置214による特図変動遊技を開始する。なお、第2特図始動口232に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

可変入賞口234は、大入賞口またはアタッカーと呼ばれ、本実施例では遊技盤200の中央部下方に1つだけ配設している。この可変入賞口234は、開閉自在な扉部材234aを備え、扉部材234aの閉鎖中は球の入球が不可能であり、特図変動遊技に当選して特図表示装置が大当り図柄を停止表示した場合に扉部材234aが所定の時間間隔(例えば、開放時間29秒、閉鎖時間1.5秒)、所定の回数(例えば15回)で開閉する。可変入賞口234への入球を所定の球検出センサが検出した場合、払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、15個)の球を賞球として上皿126に排出する。なお、可変入賞口234に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

さらに、これらの入賞口や始動口の近傍には、風車と呼ばれる円盤状の打球方向変換部材236や、遊技釘238を複数個、配設していると共に、内レール204の最下部には、いずれの入賞口や始動口にも入賞しなかった球をパチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出するためのアウト口を設けている。

このパチンコ機100は、遊技者が上皿126に貯留している球を発射レールの発射位置に供給し、遊技者の操作ハンドルの操作量に応じた強度で発射モータを駆動し、発射杆146および発射槌148によってはずれル202、内レール204を通過させて遊技領域124に打ち出す。そして、遊技領域124の上部に到達した球は、打球方向変換部材236や遊技釘238等によって進行方向を変えながら下方に落下し、入賞口(一般入賞口226、可変入賞口234)や始動口(第1特図始動口230、第2特図始動口232)に入賞するか、いずれの入賞口や始動口にも入賞することなく、または普図始動口228を通過するのみでアウト口240に到達する。

<演出装置206>
次に、パチンコ機100の演出装置206について説明する。この演出装置206の前面側には、遊技球の転動可能な領域にワープ装置242およびステージ244を配設し、遊技球の転動不可能な領域に演出可動体224を配設している。また、演出装置206の背面側には、装飾図柄表示装置208および遮蔽装置246(以下、扉と称する場合がある)を配設している。すなわち、演出装置206において、装飾図柄表示装置208および遮蔽手段は、ワープ装置242、ステージ244、および演出可動体224の後方に位置することとなる。

ワープ装置242は、演出装置206の左上方に設けたワープ入口242aに入った遊技球を演出装置206の前面下方のステージ244にワープ出口242bから排出する。
ステージ244は、ワープ出口242bから排出された球や遊技盤200の釘などによって乗り上げた球などが転動可能であり、ステージ244の中央部には、通過した球が第1特図始動口230へ入球し易くなるスペシャルルート244aを設けている。

演出可動体224は、本実施形態では人間の右腕の上腕と前腕を模した上腕部224aと前腕部224bとからなり、肩の位置に上腕部224aを回動させる不図示の上腕モータと肘の位置に前腕部224bを回動させる不図示の前腕モータを備える。演出可動体224は、上腕モータと前腕モータによって装飾図柄表示装置208の前方を移動する。
遮蔽装置246は、格子状の左扉246aおよび右扉246bからなり、装飾図柄表示装置208および前面ステージ244の間に配設する。左扉246aおよび右扉246bの上部には、不図示の2つのプーリに巻き回したベルトをそれぞれ固定している。すなわち、左扉246aおよび右扉246bは、モータによりプーリを介して駆動するベルトの動作に伴って左右にそれぞれ移動する。遮蔽手段は、左扉246aおよび右扉246bを閉じた状態ではそれぞれの内側端部が重なり、遊技者が装飾図柄表示装置208を視認し難いように遮蔽する。左扉246aおよび右扉246bを開いた状態ではそれぞれの内側端部が装飾図柄表示装置208の表示画面の外側端部と若干重なるが、遊技者は装飾図柄表示装置208の表示の全てを視認可能である。また、左扉246aおよび右扉246bは、それぞれ任意の位置で停止可能であり、例えば、表示した装飾図柄がどの装飾図柄であるかを遊技者が識別可能な程度に、装飾図柄の一部だけを遮蔽するようなことができる。なお、左扉246aおよび右扉246bは、格子の孔から後方の装飾図柄表示装置208の一部を視認可能にしてもよいし、格子の孔の障子部分を半透明のレンズ体で塞ぎ、後方の装飾図柄表示装置208による表示を漠然と遊技者に視認させるようにしてもよいし、格子の孔の障子部分を完全に塞ぎ(遮蔽し)、後方の装飾図柄表示装置208を全く視認不可にしてもよい。

<制御部>
次に、図4を用いて、このパチンコ機100の制御部の回路構成について詳細に説明する。なお、同図は制御部の回路ブロック図を示したものである。

パチンコ機100の制御部は、大別すると、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号(以下、単に「コマンド」と呼ぶ)に応じて主に演出の制御を行う第1副制御部400と、第1副制御部400より送信されたコマンドに基づいて各種機器を制御する第2副制御部500と、主制御部300が送信するコマンドに応じて主に遊技球の払い出しに関する制御を行う払出制御部600と、遊技球の発射制御を行う発射制御部630と、パチンコ機100に供給される電源を制御する電源制御部660と、によって構成している。

<主制御部>
まず、パチンコ機100の主制御部300について説明する。

主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備えており、この基本回路302には、CPU304と、制御プログラムや各種データを記憶するためのROM306と、一時的にデータを記憶するためのRAM308と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O310と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ312と、プログラム処理の異常を監視するWDT314を搭載している。なお、ROM306やRAM308については他の記憶装置を用いてもよく、この点は後述する第1副制御部400についても同様である。この基本回路302のCPU304は、水晶発振器316bが出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。

また、基本回路302には、水晶発振器316aが出力するクロック信号を受信する度に0〜65535の範囲で数値を変動させるハードウェア乱数カウンタとして使用しているカウンタ回路318(この回路には2つのカウンタを内蔵しているものとする)と、所定の球検出センサ、例えば各始動口、入賞口、可変入賞口を通過する遊技球を検出するセンサや、前面枠扉開放センサや内枠開放センサや下皿満タンセンサを含む各種センサ320が出力する信号を受信し、増幅結果や基準電圧との比較結果をカウンタ回路318および基本回路302に出力するためのセンサ回路322と、所定の図柄表示装置、例えば第1特図表示装置212や第2特図表示装置214の表示制御を行うための駆動回路324と、所定の図柄表示装置、例えば普図表示装置210の表示制御を行うための駆動回路326と、各種状態表示部328(例えば、普図保留ランプ216、第1特図保留ランプ218、第2特図保留ランプ220、高確中ランプ222等)の表示制御を行うための駆動回路330と、所定の可動部材、例えば第2特図始動口232の羽根部材232aや可変入賞口234の扉部材234a等を開閉駆動する各種ソレノイド332を制御するための駆動回路334を接続している。

なお、第1特図始動口230に球が入賞したことを球検出センサ320が検出した場合には、センサ回路322は球を検出したことを示す信号をカウンタ回路318に出力する。この信号を受信したカウンタ回路318は、第1特図始動口230に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、第1特図始動口230に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。また、カウンタ回路318は、第2特図始動口232に球が入賞したことを示す信号を受信した場合も同様に、第2特図始動口232に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、第2特図始動口232に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。

さらに、基本回路302には、情報出力回路336を接続しており、主制御部300は、この情報出力回路336を介して、外部のホールコンピュータ(図示省略)等が備える情報入力回路350にパチンコ機100の遊技情報(例えば、遊技状態)を出力する。

また、主制御部300には、電源制御部660から主制御部300に供給している電源の電圧値を監視する電圧監視回路338を設けており、この電圧監視回路338は、電源の電圧値が所定の値(本実施例では9v)未満である場合に電圧が低下したことを示す低電圧信号を基本回路302に出力する。

また、主制御部300には、電源が投入されると起動信号(リセット信号)を出力する起動信号出力回路(リセット信号出力回路)340を設けており、CPU304は、この起動信号出力回路340から起動信号を入力した場合に、遊技制御を開始する(後述する主制御部メイン処理を開始する)。

また、主制御部300は、第1副制御部400にコマンドを送信するための出力インタフェースと、払出制御部600にコマンドを送信するための出力インタフェースをそれぞれ備えており、この構成により、第1副制御部400および払出制御部600との通信を可能としている。なお、主制御部300と第1副制御部400および払出制御部600との情報通信は一方向の通信であり、主制御部300は第1副制御部400および払出制御部600にコマンド等の信号を送信できるように構成しているが、第1副制御部400および払出制御部600からは主制御部300にコマンド等の信号を送信できないように構成している。

<副制御部>
次に、パチンコ機100の第1副制御部400について説明する。第1副制御部400は、主に主制御部300が送信したコマンド等に基づいて第1副制御部400の全体を制御する基本回路402を備えており、この基本回路402には、CPU404と、制御プログラムや各種演出データを記憶するためのROM406と、一時的にデータを記憶するためのRAM408と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O410と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ412を搭載している。この基本回路402のCPU404は、水晶発振器414が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。なお、ROM406は、制御プログラムと各種演出データとを別々のROMに記憶させてもよい。

また、基本回路402には、スピーカ120(およびアンプ)の制御を行うための音源IC416と、各種ランプ418(例えば、チャンスボタンランプ138)の制御を行うための駆動回路420と、遮蔽装置246の駆動制御を行うための駆動回路432と、遮蔽装置246の現在位置を検出する遮蔽装置センサ430と、チャンスボタン136の押下を検出するチャンスボタン検出センサ426と、遮蔽装置センサ430やチャンスボタン検出センサ426からの検出信号を基本回路402に出力するセンサ回路428と、CPU404からの信号に基づいてROM406に記憶された画像データ等を読み出してVRAM436のワークエリアを使用して表示画像を生成して装飾図柄表示装置208に画像を表示するVDP434(ビデオ・ディスプレイ・プロセッサー)と、を接続している。

次に、パチンコ機100の第2副制御部500について説明する。第2副制御部500は、第1副制御部400が送信した制御コマンドを入力インタフェースを介して受信し、この制御コマンドに基づいて第2副制御部500の全体を制御する基本回路502を備えており、この基本回路502は、CPU504と、一時的にデータを記憶するためのRAM508と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O510と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ512を搭載している。基本回路502のCPU504は、水晶発振器514が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作し、第2副制御部500の全体を制御するための制御プログラム及びデータ、画像表示用のデータ等が記憶されたROM506が設けられている。

また、基本回路502には、演出可動体224の駆動制御を行うための駆動回路516と、演出可動体224の現在位置を検出する演出可動体センサ424と、演出可動体センサ424からの検出信号を基本回路502に出力するセンサ回路518と、遊技盤用ランプ532の制御を行うための遊技盤用ランプ駆動回路530と、遊技台枠用ランプ542の制御を行うための遊技台枠用ランプ駆動回路540と、遊技盤用ランプ駆動回路530と遊技台枠用ランプ駆動回路540との間でシリアル通信による点灯制御を行うシリアル通信制御回路520と、を接続している。

<払出制御部、発射制御部、電源制御部>
次に、パチンコ機100の払出制御部600、発射制御部630、電源制御部660について説明する。

払出制御部600は、主に主制御部300が送信したコマンド等の信号に基づいて払出装置152の払出モータ602を制御すると共に、払出センサ604が出力する制御信号に基づいて賞球または貸球の払い出しが完了したか否かを検出すると共に、インタフェース部606を介して、パチンコ機100とは別体で設けられたカードユニット608との通信を行う。

発射制御部630は、払出制御部600が出力する、発射許可または停止を指示する制御信号や、球発射ハンドル134内に設けた発射強度出力回路が出力する、遊技者による球発射ハンドル134の操作量に応じた発射強度を指示する制御信号に基づいて、発射杆146および発射槌148を駆動する発射モータ632の制御や、上皿126から発射装置110に球を供給する球送り装置634の制御を行う。

電源制御部660は、パチンコ機100に外部から供給される交流電源を直流化し、所定の電圧に変換して主制御部300、第1副制御部400等の各制御部や払出装置152等の各装置に供給する。さらに、電源制御部660は、外部からの電源が断たれた後も所定の部品(例えば主制御部300のRAM308等)に所定の期間(例えば10日間)電源を供給するための蓄電回路(例えば、コンデンサ)を備えている。なお、本実施形態では、電源制御部660から払出制御部600と第2副制御部500に所定電圧を供給し、払出制御部600から主制御部300と第2副制御部500と発射制御部630に所定電圧を供給しているが、各制御部や各装置に他の電源経路で所定電圧を供給してもよい。

<図柄の種類>
次に、図5(a)〜(b)および図10(a)を用いて、パチンコ機100の第1特別図柄表示装置212、第2特別図柄表示装置214、装飾図柄表示装置208、普通図柄表示装置210が停止表示する特図および普図の種類について説明する。なお、同図(a)は特図の停止図柄態様の一例を示したものである。

第1特図始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したことを条件として特図1変動遊技が開始され、第2特図始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件として特図2変動遊技が開始される。特図1変動遊技が開始されると、第1特別図柄表示装置212は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「特図1の変動表示」を行う。また、特図2変動遊技が開始されると、第2特別図柄表示装置214は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「特図2の変動表示」を行う。

これらの「特図1の変動表示」および「特図2の変動表示」が本発明にいう図柄の変動表示の一例に相当する。そして、特図1の変動開始前に決定した変動時間(本発明にいう変動時間が相当)が経過すると、第1特別図柄表示装置212は特図1の停止図柄態様を停止表示し、特図2の変動開始前に決定した変動時間(これも本発明にいう変動時間が相当)が経過すると、第2特別図柄表示装置214は特図2の停止図柄態様を停止表示する。したがって、「特図1の変動表示」を開始してから特図1の停止図柄態様を停止表示するまで、あるいは「特図2の変動表示」を開始してから特図2の停止図柄態様を停止表示するまでが本発明にいう図柄変動停止表示の一例に相当し、以下、この「特図1又は2の変動表示」を開始してから特図1又は2の停止図柄態様を停止表示するまでの一連の表示を図柄変動停止表示と称する。後述するように、図柄変動停止表示は複数回、連続して行われることがある。

同図(a)には、図柄変動停止表示における停止図柄態様として「特図A」から「特図V」までの22種類の特図が示されており、図中の白抜きの部分が消灯するセグメントの場所を示し、黒塗りの部分が点灯するセグメントの場所を示している。

ここで、後述する特図当否判定において大当りや小当りに当選する確率が高い状態のことを特図高確率状態(確変状態、または特図確率変動フラグがオン)と称し、その確率が低い状態のことを特図低確率状態(非確変状態、または特図確率変動フラグがオフ)と称する。また、後述する普図当否判定において当りに当選する確率が高い状態のことを普図高確率状態(普図確率変動フラグがオン)と称し、その確率が低い状態のことを普図低確率状態(普図確率変動フラグがオフ)と称する。

図6は、特図の種類、特図変動遊技の遊技状態(確変状態/非確変状態)、電サポの内容、大当り遊技中または小当り遊技中の獲得出玉、およびアタッカー開放状態の関係を示した図である。

同図の確変/非確変の項目は、上述の特図変動遊技の遊技状態を示している。例えば、特図Aは特図高確率状態(確変状態)であることを示し、特図Hは特図低確率状態(非確変状態)であることを示している。また、電サポの項目は、電サポ(第2特図始動口232の開閉制御)の内容を示している。例えば、特図Aは次回の大当り遊技まで電サポを行うことを示しており、特図Hは大当り遊技後の特図変動遊技100回の期間中、電サポを行うことを示している。

また、獲得出玉は、特図の種類に対応する大当り遊技中または小当り遊技中に獲得可能な球の目安を示している。例えば、特図Aに対応する大当り遊技中(15R特別大当り中)には、15ラウンドで15ラウンド分の球が獲得可能であることを示し、特図E〜Gに対応する大当り遊技中(実質8Rジャンプアップボーナス大当り遊技中)には、15ラウンドで8ラウンド分の球が獲得可能であることを示し、特図Lに対応する大当り遊技中(2R大当り遊技中)には、2ラウンドで球がほとんど獲得できないことを示している。

また、アタッカー開放状態は、可変入賞口234の開放時間と開放回数を示している。例えば、特図Aに対応する大当り遊技中(15R特別大当り中)には、可変入賞口234の扉部材232aを、1ラウンドにつき25秒間、1回開放することを示し、特図B〜Dに対応する大当り遊技中(実質15Rジャンプアップボーナス大当り遊技中)には、可変入賞口234の扉部材232aを、1ラウンドと9ラウンドのみ0.4秒間、2回開放した後、24.2秒間、1回開放し、それ以外のラウンドでは、25秒間、1回開放することを示している。

また、特図E〜Gに対応する大当り遊技(実質8Rジャンプアップボーナス大当り遊技)中には、可変入賞口234の扉部材232aを、1ラウンドのみ0.4秒間、2回開放した後、2ラウンド〜9ラウンドは25秒間、1回開放した後、9ラウンド〜15ラウンドは0.4秒間、1回開放することを示し、特図L〜特図Sに対応する大当り遊技(突然確変、突然時短、隠れ確変、突然通常)中は、1ラウンドにつき0.4秒間、1回開放することを示し、特図T〜特図Uに対応する小当り遊技(第1小当り遊技、または第2小当り遊技)中は、0.4秒間、2回開放することを示している。

ただし、特図2変動遊技による停止図柄が特図B〜特図Kに該当する場合には、特図Aに対応するアタッカー開放状態と同じ態様(可変入賞口234の扉部材232aを、1ラウンドにつき25秒間、1回開放する)で、15ラウンドで15ラウンド分の球が獲得可能であり、特図1変動遊技による停止図柄が特図B〜特図Kに該当する場合よりも遊技者にとって有利な状態となっている。また、毎回のラウンドにおいて可変入賞口234に所定球数(例えば10球)の遊技球の入賞を検出した場合には、図6のアタッカー開放状態に規定する開放時間が経過する前であっても可変入賞口234の扉部材232aを閉鎖するように構成している。

本実施形態では、大当り遊技または小当り遊技のオープニング演出の開始直後に可変入賞口234の扉部材232aが0.4秒間、2回開放した後にエンディング演出が行われた場合には、当該遊技が特図L〜特図Sに対応する大当り遊技(突然確変、突然時短、隠れ確変、突然通常)、または特図T〜特図Uに対応する小当り遊技(第1小当り遊技、または第2小当り遊技)であることが確定する。

また、大当り遊技または小当り遊技のオープニング演出の開始直後に可変入賞口234の扉部材232aが0.4秒間、2回開放し、次に可変入賞口234が長い期間開放(ロング開放)した後にエンディング演出が行われた場合には、当該遊技が15R大当り遊技であることが確定するが、9ラウンド目以降に可変入賞口234の扉部材232aが0.4秒間、3回以上開放した場合には、特図E〜Gに対応する大当り遊技(実質8Rジャンプアップボーナス大当り遊技)であることが確定し、9ラウンド目に可変入賞口234の扉部材232aが長い期間開放(ロング開放)した場合には、特図B〜Dに対応する大当り遊技(実質15Rジャンプアップボーナス大当り遊技)であることが確定する。

すなわち、本実施形態に係るパチンコ機100では、大当り遊技または小当り遊技のオープニング演出の開始直後、または、大当り遊技の9ラウンドにおける可変入賞口234の扉部材232aの開閉制御によって、大当り遊技または小当り遊技の種別を把握することが可能となっている。

図5(b)は装飾図柄の一例を示したものである。本実施形態の装飾図柄には、「装飾1」〜「装飾10」の10種類がある。第1特図始動口230または第2特図始動口232に球が入賞したこと、すなわち、第1特図始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは第2特図始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件にして、装飾図柄表示装置208の左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208b、右図柄表示領域208cの各図柄表示領域に、「装飾1」→「装飾2」→「装飾3」→・・・・「装飾9」→「装飾10」→「装飾1」→・・・の順番で表示を切り替える「装飾図柄の変動表示」を行う。

そして、15Rの特別大当り(または大当り)のいずれかを報知する場合には、図柄表示領域208a〜208cに、同じ装飾図柄が3つ並んだ図柄組合せ(この例では、同図に示す「装飾1−装飾1−装飾1」や「装飾2−装飾2−装飾2」)を停止表示する。また、15Rの特別大当りを報知する場合には、同じ奇数の装飾図柄が3つ並んだ図柄組合せ(この例では、「装飾3−装飾3−装飾3」または「装飾7−装飾7−装飾7」)を停止表示する。また、ジャンプアップボーナス大当り、突然確変、突然時短、隠れ確変、突然通常、小当りを報知する場合には、「装飾1−装飾2−装飾3」や「装飾1−装飾3−装飾5」の図柄組合せ(チャンス目)を停止表示する。一方、「特図V」のはずれを報知する場合には、図柄表示領域208a〜208cに同図(b)に示す図柄組合せ以外の図柄組合せを停止表示する。

図10(a)は普図の停止表示図柄の一例を示したものである。本実施形態の普図の停止表示態様には、第1当り図柄である「普図A」と、第2当り図柄である「普図B」と、はずれ図柄である「普図C」の3種類がある。普図始動口228を球が通過したことを上述のゲートセンサが検出したことに基づいて、普通図柄表示装置210は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「普図の変動表示」を行う。そして、普図変動遊技の当選を報知する場合には「普図A」または「普図B」を停止表示し、普図変動遊技のはずれを報知する場合には「普図C」を停止表示する。この同図(c)においても、図中の白抜きの部分が消灯するセグメントの場所を示し、黒塗りの部分が点灯するセグメントの場所を示している。

また、詳細は後述するが、普図表示装置210が当り図柄である「普図A」を停止表示した場合には、第2特図始動口232の羽根部材232aを6.0s(6000ms)の期間中、1回だけ開放し、普図表示装置210が当り図柄である「普図B」を停止表示した場合には、第2特図始動口232の羽根部材232aを0.2s(200ms)の期間中、1回だけ開放する。

<主制御部のデータテーブル>
次に、パチンコ機100の主制御部300のROM306が記憶しているデータテーブルについて説明する。

<特図当否判定用テーブル>
図7(a)に示す当否判定用高確率テーブルは、上述の特図高確率状態における当否判定に用いるテーブルの一例であり、特図当選乱数値の範囲と特図の当否結果を関連付けして記憶したテーブルである。また、同図(b)に示す当否判定用低確率テーブルは、上述の特図低確率状態における当否判定に用いるテーブルの一例であり、特図当選乱数値の範囲と特図の当否結果を関連付けして記憶したテーブルである。

主制御部300の基本回路302は、特図高確率状態においては、当否判定用高確率テーブルを参照し、取得した特図当選乱数値(詳細は後述)に基づいて、特図変動遊技を当選(大当り)とするか、特図変動遊技を当選(小当り)とするか、不当選(はずれ)とするかの判定(特図当否判定)を行い、特図低確率状態においては、当否判定用低確率テーブルを参照し、取得した特図当選乱数値に基づいて特図当否判定を行う。

例えば、特図高確率状態であって、取得した特図当選乱数値が10001〜12000である場合は、特図変動遊技の当選(大当り)と判定してRAM308に設けた大当りフラグの格納領域に大当りとなることを示す情報を設定する(以下、大当りフラグの格納領域に大当りの情報を設定することを「大当りフラグをオンに設定する」という)。

また、特図高確率状態であって、取得した特図当選乱数値が12001〜12300である場合は、特図変動遊技の当選(小当り)と判定してRAM308に設けた小当りフラグの格納領域に小当りとなることを示す情報を設定する(以下、小当りフラグの格納領域に小当りの情報を設定することを「小当りフラグをオンに設定する」という。

また、特図高確率状態であって、取得した特図当選乱数値が0〜10000、または12301〜65535である場合には、特図変動遊技のはずれと判定して上述の大当りフラグおよび小当りフラグの格納領域にはずれとなることを示す情報を設定する(以下、大当りフラグの格納領域にはずれの情報を設定することを「大当りフラグをオフに設定する」といい、小当りフラグの格納領域にはずれの情報を設定することを「小当りフラグをオフに設定する」という)。

なお、本実施例では、特図当選乱数値の取り得る数値範囲は0〜65535(数値範囲の大きさは65536)、特図低確率状態における大当りの抽選データの数値範囲は10218〜10464(数値範囲の大きさは247)であるから、低確率状態の特図変動遊技の大当りの当選確率は、247/65536である。これに対して、特図高確率状態における大当りの抽選データの数値範囲は10001〜12000(数値範囲の大きさは2000)であるから、高確率状態の特図変動遊技の大当りの当選確率は、2000/65536であり、特図変動遊技の大当りの当選確率は、特図低確率状態よりも特図高確率状態の方が高くなるように設定している。

<特図決定用テーブル>
図7(c)に示す特図決定用テーブルは、上述の大当りフラグおよび小当りフラグ(当否判定結果)と、図柄乱数値と、第1、第2特図表示装置212、214による特図停止図柄の種類を関連付けして記憶したデータテーブルである。

主制御部300の基本回路302は、この特図決定用テーブルと、上述の大当り判定結果(大当りフラグの値)、小当り判定結果(小当りフラグの値)、および、取得した図柄乱数値(詳細は後述)に基づいて、特図停止図柄の種類を決定する特図図柄抽選を行う。なお、大当りフラグがオンの場合には、取得した大当り用図柄乱数値を図柄乱数値として使用し、小当りフラグがオンの場合には、上述の特図当選乱数値から生成した小当り用図柄乱数値を図柄乱数値として使用し、大当りフラグおよび小当りフラグがオフの場合(大当り判定結果および小当り判定結果がはずれの場合)には、取得したはずれ用図柄乱数値を図柄乱数値として使用する。

例えば、大当りフラグがオンの場合(当否判定結果が大当りの場合)には、取得した図柄乱数値が0〜29のときに特図Aを30/100の確率で選択し、小当りフラグがオンの場合(当否判定結果が小当りの場合)には図柄乱数値に関わらず特図Tまたは特図Uをそれぞれ50%の確率で選択し、大当りフラグおよび小当りフラグがオフの場合(当否判定結果がはずれの場合)には図柄乱数値に関わらず特図Vを100%の確率で選択する。

なお、大当りフラグがオンの場合(当否判定結果が大当りの場合)であって、取得した図柄乱数値が30〜49の場合には、特図B〜特図Dのいずれかを選択するが、特図B〜特図Dの各々を選択する確率は同一に設定している。また、特図E〜特図G、特図I〜特図K、特図N〜特図P、および特図Q〜特図Sも同様に、同一の図柄乱数値の数値範囲に複数種類の停止図柄を割り当てているが、同一の図柄乱数値の数値範囲において各々の停止図柄を選択する確率は同一に設定している。

<変動パターンテーブル>
図8は、特図1の変動時間を決定するために使用する特図1変動パターンテーブルの一例であり、図9は、特図2の変動時間を決定するために使用する特図2変動パターンテーブルの一例である。

変動パターンテーブルは、上述の特図停止図柄の種類と、特図の変動時間と、特図変動時において装飾図柄表示装置208を用いて行う演出と、乱数値を関連付けして記憶したテーブルである。本実施形態では、特図1の変動時間を決定する際には、電サポの有無に関わらず、図8に示す特図1変動パターンテーブルを使用する。一方、特図2の変動時間を決定する際には、電サポの有無によって変動パターンテーブルを使い分けるように構成しており、電サポが無い場合には、図9(a)に示す特図2変動パターンテーブル(電サポ無し)を使用し、電サポがある場合には、図9(b)に示す特図2変動パターンテーブル(電サポあり)を使用する。

主制御部300の基本回路302は、これらの変動パターンテーブルと、取得した乱数値に基づいて、特図の変動時間と、装飾図柄表示装置208の演出を決定する変動パターン抽選を行う。例えば、特図1の変動時間を決定する場合には、特図1変動パターンテーブルを参照し、特図停止図柄の種類が特図Aで、取得した乱数値の範囲が1001〜20000の場合には、変動時間として45000ms、装飾図柄表示装置208の演出としてスーパーリーチA当りを選択する。

また、電サポ無しの状態で特図2の変動時間を決定する場合には、特図2変動パターンテーブル(電サポ無し)を参照し、特図停止図柄の種類が特図L〜Uの場合には、取得した乱数値に関わらず、変動時間として18000ms、装飾図柄表示装置208の演出としてチャンス目を選択する。また、電サポありの状態で特図2の変動時間を決定する場合には、特図2変動パターンテーブル(電サポあり)を参照し、特図停止図柄の種類が特図Vで、特図2変動遊技の保留数が0で、乱数値の範囲が65001〜65500の場合には、変動時間として15000ms、装飾図柄表示装置208の演出としてノーマルリーチはずれを選択する。

<普図当否判定用テーブル>
図10(b)に示す普図当否判定テーブルは、普図変動遊技の当否判定に用いるテーブルの一例であり、普図当選乱数値の範囲と普図の当否結果を関連付けして記憶したテーブルである。

主制御部300の基本回路302は、この普図当否判定テーブルを参照し、取得した普図当選乱数値(詳細は後述)に基づいて、普図変動遊技を当選(当り)とするか、不当選(はずれ)とするかの判定(普図当否判定)を行う。

例えば、普図低確率状態において取得した普図当選乱数値が0〜4093である場合は、普図変動遊技の当選(当り)と判定してRAM308に設けた普図当りフラグの格納領域に当りとなることを示す情報を設定する(以下、普図当りフラグの格納領域に当りの情報を設定することを「普図当りフラグをオンに設定する」という)。一方、普図低確率状態において取得した取得した普図当選乱数値が4094〜4095である場合には、普図変動遊技のはずれと判定して上述の普図当りフラグの格納領域にはずれとなることを示す情報を設定する(以下、普図当りフラグの格納領域にはずれの情報を設定することを「普図当りフラグをオフに設定する」という)。

本実施形態では、普図当選乱数値の取り得る数値範囲は0〜4095(数値範囲の大きさは4096)、普図低確率状態における当りの抽選データの数値範囲は0〜4093(数値範囲の大きさは4094)であるから、普図低確率状態の普図変動遊技の当りの当選確率は、4094/4096である。これに対して、普図高確率状態における当りの抽選データの数値範囲は0〜4094(数値範囲の大きさは4095)であるから、普図高確率状態の普図変動遊技の大当りの当選確率は、4095/4096であり、普図変動遊技の大当りの当選確率は、普図低確率状態よりも普図高確率状態の方が高くなるように設定している。なお、本実施形態では、普図低確率状態と普図高確率状態で当りとはずれの当選確率を異ならせたが、普図低確率状態と普図高確率状態における当りの当選確率を同一に設定してもよい。

<普図決定用テーブル>
図10(c)に示す普図決定用テーブルは、普図当選乱数値の範囲と、普図表示装置210による普図停止図柄の種類を関連付けして記憶したテーブルである。

主制御部300の基本回路302は、この普図決定用テーブルと、取得した図柄乱数値(詳細は後述)に基づいて、普図停止図柄の種類を決定する普図図柄抽選を行う。例えば、普図低確率状態の場合には、取得した図柄乱数値が0〜3のときに普図Aを4/255の確率で選択し、取得した図柄乱数値が4〜255のときに普図Bを252/255の確率で選択し、普図当りフラグがオフの場合(普図当否判定結果がはずれの場合)には図柄乱数値に関わらず特図Cを100%の確率で選択する。

<変動時間決定テーブル>
図10(d)は、普図の変動時間を決定するために使用する普図の変動時間決定テーブルの一例であり、普図変動時間と乱数値を関連付けして記憶したテーブルである。

主制御部300の基本回路302は、これらの変動時間決定テーブルと、取得した乱数値に基づいて、普図変動時間を決定する普図変動時間抽選を行う。なお、本実施形態では、普図低確率状態では、取得した乱数値に関わらず、普図変更時間として15000msを選択し、普図高確率状態では、取得した乱数値に関わらず、普図変更時間として3000msを選択する。

<主制御部メイン処理>
次に、図11を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部メイン処理について説明する。なお、同図は主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。

上述したように、主制御部300には、電源が投入されると起動信号(リセット信号)を出力する起動信号出力回路(リセット信号出力回路)340を設けている。この起動信号を入力した基本回路302のCPU304は、リセット割込によりリセットスタートしてROM306に予め記憶している制御プログラムに従って、主制御部メイン処理を実行する。

ステップS101では、初期設定1を行う。この初期設定1では、CPU304のスタックポインタ(SP)へのスタック初期値の設定(仮設定)、割込マスクの設定、I/O310の初期設定、RAM308に記憶する各種変数の初期設定、WDT314への動作許可及び初期値の設定等を行う。なお、本実施形態では、WDT314に、初期値として32.8msに相当する数値を設定する。

ステップS103では、WDT314のカウンタの値をクリアし、WDT314による時間計測を再始動する。

ステップS105では、低電圧信号がオンであるか否か、すなわち、電圧監視回路338が、電源制御部660から主制御部300に供給している電源の電圧値が所定の値(本実施形態では9v)未満である場合に電圧が低下したことを示す低電圧信号を出力しているか否かを監視する。そして、低電圧信号がオンの場合(CPU304が電源の遮断を検知した場合)にはステップS103に戻り、低電圧信号がオフの場合(CPU304が電源の遮断を検知していない場合)にはステップS107に進む。なお、電源が投入された直後で未だ上記所定の値(9V)に達しない場合にもステップS103に戻り、供給電圧がその所定の値以上になるまで、ステップS105は繰り返し実行される。

ステップS107では、初期設定2を行う。この初期設定2では、後述する主制御部タイマ割込処理を定期毎に実行するための周期を決める数値をカウンタタイマ312に設定する処理、I/O310の所定のポート(例えば試験用出力ポート、第1副制御部400への出力ポート)からクリア信号を出力する処理、RAM308への書き込みを許可する設定等を行う。

ステップS109では、電源の遮断前(電断前)の状態に復帰するか否かの判定を行い、電断前の状態に復帰しない場合(主制御部300の基本回路302を初期状態にする場合)には初期化処理(ステップS113)に進む。

具体的には、最初に、電源基板に設けたRWMクリアスイッチ180を遊技店の店員などが操作した場合に送信されるRAMクリア信号がオン(操作があったことを示す)であるか否か、すなわちRAMクリアが必要であるか否かを判定し、RAMクリア信号がオンの場合(RAMクリアが必要な場合)には、基本回路302を初期状態にすべくステップS113に進む。一方、RAMクリア信号がオフの場合(RAMクリアが必要でない場合)には、RAM308に設けた電源ステータス記憶領域に記憶した電源ステータスの情報を読み出し、この電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報であるか否かを判定する。そして、電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報でない場合には、基本回路302を初期状態にすべくステップS113に進み、電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報である場合には、RAM308の所定の領域(例えば全ての領域)に記憶している1バイトデータを初期値が0である1バイト構成のレジスタに全て加算することによりチェックサムを算出し、算出したチェックサムの結果が特定の値(例えば0)であるか否か(チェックサムの結果が正常であるか否か)を判定する。そして、チェックサムの結果が特定の値(例えば0)の場合(チェックサムの結果が正常である場合)には電断前の状態に復帰すべくステップS111に進み、チェックサムの結果が特定の値(例えば0)以外である場合(チェックサムの結果が異常である場合)には、パチンコ機100を初期状態にすべくステップS113に進む。同様に電源ステータスの情報が「サスペンド」以外の情報を示している場合にもステップS113に進む。

ステップS111では、復電時処理を行う。この復電時処理では、電断時にRAM308に設けられたスタックポインタ退避領域に記憶しておいたスタックポインタの値を読み出し、スタックポインタに再設定(本設定)する。また、電断時にRAM308に設けられたレジスタ退避領域に記憶しておいた各レジスタの値を読み出し、各レジスタに再設定した後、割込許可の設定を行う。以降、CPU304が、再設定後のスタックポインタやレジスタに基づいて制御プログラムを実行する結果、パチンコ機100は電源断時の状態に復帰する。すなわち、電断直前にタイマ割込処理(後述)に分岐する直前に行った(ステップS115内の所定の)命令の次の命令から処理を再開する。また、主制御部300における基本回路302に搭載されているRAM308には、送信情報記憶領域が設けられている。このステップS111では、その送信情報記憶領域に、復電コマンドをセットする。この復電コマンドは、電源断時の状態に復帰したことを表すコマンドであり、後述する、主制御部300のタイマ割込処理におけるステップS233において、第1副制御部400へ送信される。

ステップS113では、初期化処理を行う。この初期化処理では、割込禁止の設定、スタックポインタへのスタック初期値の設定(本設定)、RAM308の全ての記憶領域の初期化などを行う。さらにここで、主制御部300のRAM308に設けられた送信情報記憶領域に正常復帰コマンドをセットする。この正常復帰コマンドは、主制御部300の初期化処理(ステップS113)が行われたことを表すコマンドであり、復電コマンドと同じく、主制御部300のタイマ割込処理におけるステップS233において、第1副制御部400へ送信される。

ステップS115では、割込禁止の設定を行った後、基本乱数初期値更新処理を行う。この基本乱数初期値更新処理では、普図当選乱数カウンタ、および特図乱数値カウンタの初期値をそれぞれ生成するための2つの初期値生成用乱数カウンタと、普図タイマ乱数値、および特図タイマ乱数値それぞれを生成するための2つの乱数カウンタを更新する。例えば、普図タイマ乱数値として取り得る数値範囲が0〜100とすると、RAM308に設けた普図タイマ乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が101であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。他の初期値生成用乱数カウンタ、乱数カウンタもそれぞれ同様に更新する。なお、初期値生成用乱数カウンタは、後述するステップS207でも更新する。

主制御部300は、所定の周期ごとに開始するタイマ割込処理を行っている間を除いて、ステップS115の処理を繰り返し実行する。

<主制御部タイマ割込処理>
次に、図12を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部タイマ割込処理について説明する。なお、同図は主制御部タイマ割込処理の流れを示すフローチャートである。

主制御部300は、所定の周期(本実施形態では約2msに1回)でタイマ割込信号を発生するカウンタタイマ312を備えており、このタイマ割込信号を契機として主制御部タイマ割込処理を所定の周期で開始する。

ステップS201では、タイマ割込開始処理を行う。このタイマ割込開始処理では、CPU304の各レジスタの値をスタック領域に一時的に退避する処理などを行う。

ステップS203では、WDT314のカウント値が初期設定値(本実施形態では32.8ms)を超えてWDT割込が発生しないように(処理の異常を検出しないように)、WDTを定期的に(本実施形態では、主制御部タイマ割込の周期である約2msに1回)リスタートを行う。

ステップS205では、入力ポート状態更新処理を行う。この入力ポート状態更新処理では、I/O310の入力ポートを介して、上述の前面枠扉開放センサや内枠開放センサや下皿満タンセンサ、各種の球検出センサを含む各種センサ320の検出信号を入力して検出信号の有無を監視し、RAM308に各種センサ320ごとに区画して設けた信号状態記憶領域に記憶する。球検出センサの検出信号を例にして説明すれば、前々回のタイマ割込処理(約4ms前)で検出した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を、RAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた前回検出信号記憶領域から読み出し、この情報をRAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた前々回検出信号記憶領域に記憶し、前回のタイマ割込処理(約2ms前)で検出した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を、RAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた今回検出信号記憶領域から読み出し、この情報を上述の前回検出信号記憶領域に記憶する。また、今回検出した各々の球検出センサの検出信号を、上述の今回検出信号記憶領域に記憶する。

また、ステップS205では、上述の前々回検出信号記憶領域、前回検出信号記憶領域、および今回検出信号記領域の各記憶領域に記憶した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を比較し、各々の球検出センサにおける過去3回分の検出信号の有無の情報が入賞判定パターン情報と一致するか否かを判定する。一個の遊技球が一つの球検出センサを通過する間に、約2msという非常に短い間隔で起動を繰り返すこの主制御部タイマ割込処理は何回か起動する。このため、主制御部タイマ割込処理が起動する度に、上述のステップS205では、同じ遊技球が同じ球検出センサを通過したことを表す検出信号を確認することになる。この結果、上述の前々回検出信号記憶領域、前回検出信号記憶領域、および今回検出信号記領域それぞれに、同じ遊技球が同じ球検出センサを通過したことを表す検出信号が記憶される。すなわち、遊技球が球検出センサを通過し始めたときには、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りになる。本実施形態では、球検出センサの誤検出やノイズを考慮して、検出信号無しの後に検出信号が連続して2回記憶されている場合には、入賞があったと判定する。図4に示す主制御部300のROM306には、入賞判定パターン情報(本実施形態では、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りであることを示す情報)が記憶されている。このステップS205では、各々の球検出センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が、予め定めた入賞判定パターン情報(本実施形態では、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りであることを示す情報)と一致した場合に、一般入賞口226、可変入賞口234、第1特図始動口230、および第2特図始動口232への入球、または普図始動口228の通過があったと判定する。すなわち、これらの入賞口226、234やこれらの始動口230、232、228への入賞があったと判定する。例えば、一般入賞口226への入球を検出する一般入賞口センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が上述の入賞判定パターン情報と一致した場合には、一般入賞口226へ入賞があったと判定し、以降の一般入賞口226への入賞に伴う処理を行うが、過去3回分の検出信号の有無の情報が上述の入賞判定パターン情報と一致しなかった場合には、以降の一般入賞口226への入賞に伴う処理を行わずに後続の処理に分岐する。なお、主制御部300のROM306には、入賞判定クリアパターン情報(本実施形態では、前々回検出信号有り、前回検出信号無し、今回検出信号無しであることを示す情報)が記憶されている。入賞が一度あったと判定した後は、各々の球検出センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が、その入賞判定クリアパターン情報に一致するまで入賞があったとは判定せず、入賞判定クリアパターン情報に一致すれば、次からは上記入賞判定パターン情報に一致するか否かの判定を行う。

ステップS207およびステップS209では、基本乱数初期値更新処理および基本乱数更新処理を行う。これらの基本乱数初期値更新処理および基本乱数更新処理では、上記ステップS115で行った初期値生成用乱数カウンタの値の更新を行い、次に主制御部300で使用する、普図当選乱数値、特図1乱数値、および特図2乱数値をそれぞれ生成するための2つの乱数カウンタを更新する。例えば、普図当選乱数値として取り得る数値範囲が0〜100とすると、RAM308に設けた普図当選乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が101であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。また、取得した値に1を加算した結果、乱数カウンタが一周していると判定した場合にはそれぞれの乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタの値を取得し、乱数カウンタの記憶領域にセットする。例えば、0〜100の数値範囲で変動する普図当選乱数値生成用の乱数カウンタから値を取得し、取得した値に1を加算した結果が、RAM308に設けた所定の初期値記憶領域に記憶している前回設定した初期値と等しい値(例えば7)である場合に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタから値を初期値として取得し、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタにセットすると共に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するために、今回設定した初期値を上述の初期値記憶領域に記憶しておく。また、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するための上述の初期値記憶領域とは別に、特図乱数生成用の乱数カウンタが1周したことを判定するための初期値記憶領域をRAM308に設けている。なお、本実施形態では特図1の乱数値を取得するためのカウンタと特図2の乱数値を取得するためのカウンタとを別に設けたが、同一のカウンタを用いてもよい。

ステップS211では、演出乱数更新処理を行う。この演出乱数更新処理では、主制御部300で使用する演出用乱数値を生成するための乱数カウンタを更新する。

ステップS213では、タイマ更新処理を行う。このタイマ更新処理では、普通図柄表示装置210に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための普図表示図柄更新タイマ、第1特別図柄表示装置212に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための特図1表示図柄更新タイマ、第2特図表示装置214に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための特図2表示図柄更新タイマ、所定の入賞演出時間、所定の開放時間、所定の閉鎖時間、所定の終了演出期間などを計時するためのタイマなどを含む各種タイマを更新する。

ステップS215では、入賞口カウンタ更新処理を行う。この入賞口カウンタ更新処理では、入賞口226、234や始動口230、232、228に入賞があった場合に、RAM308に各入賞口ごと、あるいは各始動口ごとに設けた賞球数記憶領域の値を読み出し、1を加算して、元の賞球数記憶領域に設定する。

また、ステップS217では、入賞受付処理を行う。この入賞受付処理では、第1特図始動口230、第2特図始動口232、普図始動口228および可変入賞口234への入賞があったか否かを判定する。ここでは、ステップS203における入賞判定パターン情報と一致するか否かの判定結果を用いて判定する。第1特図始動口230へ入賞があった場合且つRAM308に設けた対応する保留数記憶領域が満タンでない場合、カウンタ回路318の当選用カウンタ値記憶用レジスタから値を特図1当選乱数値(特図当選乱数値)として取得するとともに特図1乱数値生成用の乱数カウンタから値を特図1乱数値として取得して対応する乱数値記憶領域に格納する。第2特図始動口232へ入賞があった場合且つRAM308に設けた対応する保留数記憶領域が満タンでない場合、カウンタ回路318の当選用カウンタ値記憶用レジスタから値を特図2当選乱数値(特図当選乱数値)として取得するとともに特図2乱数値生成用の乱数カウンタから値を特図2乱数値として取得して対応する乱数値記憶領域に格納する。普図始動口228へ入賞があった場合且つRAM308に設けた対応する保留数記憶領域が満タンでない場合、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタから値を普図当選乱数値として取得して対応する乱数値記憶領域に格納する。可変入賞口234へ入賞があった場合には、可変入賞口用の入賞記憶領域に、可変入賞口234に球が入球したことを示す情報を格納する。

ステップS219では、払出要求数送信処理を行う。なお、払出制御部600に出力する出力予定情報および払出要求情報は、例えば1バイトで構成しており、ビット7にストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット6に電源投入情報(オンの場合、電源投入後一回目のコマンド送信であることを示す)、ビット4〜5に暗号化のための今回加工種別(0〜3)、およびビット0〜3に暗号化加工後の払出要求数を示すようにしている。

ステップS221では、普図状態更新処理を行う。この普図状態更新処理は、普図の状態に対応する複数の処理のうちの1つの処理を行う。例えば、普図変動表示の途中(上述する普図表示図柄更新タイマの値が1以上)における普図状態更新処理では、普通図柄表示装置210を構成する7セグメントLEDの点灯と消灯を繰り返す点灯・消灯駆動制御を行う。この制御を行うことで、普通図柄表示装置210は普図の変動表示(普図変動遊技)を行う。

また、上述の普図変動時間抽選で決定した普図変動時間が経過したタイミング(普図表示図柄更新タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理では、普図当りフラグがオンの場合には、当り図柄(上述の普図Aまたは普図B)の表示態様となるように普通図柄表示装置210を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行い、普図当りフラグがオフの場合には、はずれ図柄の表示態様(上述の普図C)となるように普通図柄表示装置210を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行う。また、主制御部300のRAM308には、普図状態更新処理に限らず各種の処理において各種の設定を行う設定領域が用意されている。ここでは、上記点灯・消灯駆動制御を行うとともに、その設定領域に普図停止表示中であることを示す設定を行う。その後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)、その表示を維持するためにRAM308に設けた普図停止時間管理用タイマの記憶領域に停止期間を示す情報を設定する。この設定により、確定表示された図柄が所定期間停止表示され、普図変動遊技の結果が遊技者に報知される。

また、普図当りフラグがオンの場合には、所定の停止表示期間が終了したタイミング(普図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理では、RAM308の設定領域に普図作動中を設定するとともに、所定の開放期間(本実施形態では、普図Aの場合には6秒間、普図Bの場合には0.2秒間)、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉駆動用のソレノイド(332)に、羽根部材232aを開放状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた羽根開放時間管理用タイマの記憶領域に開放期間を示す情報を設定する。

また、所定の開放期間が終了したタイミング(羽根開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、所定の閉鎖期間(例えば500m秒間)、羽根部材の開閉駆動用のソレノイド332に、羽根部材を閉鎖状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた羽根閉鎖時間管理用タイマの記憶領域に閉鎖期間を示す情報を設定する。

また、所定の閉鎖期間が終了したタイミング(羽根閉鎖時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、RAM308の設定領域に普図非作動中を設定する。普図当りフラグがオフの場合には、上述した所定の停止表示期間が終了したタイミング(普図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理でも、RAM308の設定領域に普図非作動中を設定する。普図非作動中の場合における普図状態更新処理では、何もせずに次のステップS223に移行するようにしている。

ステップS223では、普図関連抽選処理を行う。詳細は後述するが、この普図関連抽選処理では、普図変動遊技および第2特図始動口232の開閉制御を行っておらず(普図の状態が非作動中)、且つ、保留している普図変動遊技の数が1以上である場合に、上述の普図当否判定や普図変動時間抽選などを行う。なお、保留している普図変動遊技の数は、RAM308に設けた普図保留数記憶領域に記憶するようにしており、普図当否判定を行うたびに、保留している普図変動遊技の数から1を減算した値を、この普図保留数記憶領域に記憶し直すようにしている。

次いで、特図1および特図2それぞれについての特図状態更新処理を行うが、最初に、特図2についての特図状態更新処理(特図2状態更新処理)を行う(ステップS225)。この特図2状態更新処理は、特図2の状態に応じて、次の8つの処理のうちの1つの処理を行う。例えば、特図2変動表示の途中(上述の特図2表示図柄更新タイマの値が1以上)における特図2状態更新処理では、第2特別図柄表示装置214を構成する7セグメントLEDの点灯と消灯を繰り返す点灯・消灯駆動制御を行う。この制御を行うことで、第2特別図柄表示装置214は特図2の変動表示(特図2変動遊技)を行う。また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で回転開始設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶してから処理を終了する。

また、上述の変動パターン抽選で決定した特図2の変動時間が経過したタイミング(特図2表示図柄更新タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図2状態更新処理では、上述の特図図柄抽選で選択した特図の態様(特図A〜特図V)となるように、第2特別図柄表示装置214を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行い、RAM308の設定領域に特図2停止表示中であることを表す設定を行う。その後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)その表示を維持するためにRAM308に設けた特図2停止時間管理用タイマの記憶領域に停止期間を示す情報を設定する。この設定により、確定表示された特図2が所定期間停止表示され、特図2変動遊技の結果が遊技者に報知される。また、RAM308に設けられた時短回数記憶部に記憶された時短回数が1以上であれば、その時短回数から1を減算し、減算結果が1から0となった場合は、特図確率変動中でなければ、時短フラグをオフする。さらに、大当り遊技中(特別遊技状態中)にも、時短フラグをオフする。

また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で回転停止設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶するとともに、変動表示を停止する図柄が特図2であることを示す特図2識別情報を、後述するコマンドデータに含める情報としてRAM308に追加記憶してから処理を終了する。

また、特図2変動遊技の結果が大当りであれば、大当りフラグがオンされる。この大当りフラグがオンの場合には、所定の停止表示期間が終了したタイミング(特図2停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における特図2状態更新処理では、RAM308の設定領域に特図2作動中を設定するとともに、所定の入賞演出期間(本実施形態では、特図の停止図柄に関わらず一律に5000ms)すなわち装飾図柄表示装置208による大当りを開始することを遊技者に報知する演出(オープニング演出)を表示している期間待機するために、RAM308に設けた特図2待機時間管理用タイマの記憶領域に入賞演出期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で入賞演出設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶する。

また、所定の入賞演出期間が終了したタイミング(特図2待機時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図2状態更新処理では、特図の停止図柄に応じて定められた所定の開放期間、可変入賞口234の扉部材234aの開閉駆動用のソレノイド(332)に、扉部材234aを開放状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた扉開放時間管理用タイマの記憶領域に開放期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で大入賞口開放設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶する。

また、所定の開放期間が終了したタイミング(扉開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図2状態更新処理では、所定の閉鎖期間(本実施形態では、特図の停止図柄に関わらず一律に1500ms)可変入賞口234の扉部材234aの開閉駆動用のソレノイド(332)に、扉部材234aを閉鎖状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた扉閉鎖時間管理用タイマの記憶領域に閉鎖期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で大入賞口閉鎖設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶する。

また、この扉部材の開放・閉鎖制御を所定回数(特図の停止図柄に応じて定められた回数)繰り返し、終了したタイミングで開始する特図2状態更新処理では、所定の終了演出期間(本実施形態では、特図の停止図柄に関わらず一律に5000ms)すなわち装飾図柄表示装置208による大当りを終了することを遊技者に報知する演出(エンディング演出)を表示している期間待機するように設定するためにRAM308に設けた演出待機時間管理用タイマの記憶領域に演出待機期間を示す情報を設定する。さらに、コマンド設定送信処理(ステップS233)で終了演出設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶する。

また、所定の終了演出期間が終了したタイミング(演出待機時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図2状態更新処理では、RAM308の設定領域に特図2非作動中を設定する。さらに、特図2変動遊技の結果がはずれであれば、後述するように、はずれフラグがオンされる。このはずれフラグがオンの場合には、上述した所定の停止表示期間が終了したタイミング(特図2停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における特図2状態更新処理でも、RAM308の設定領域に特図2非作動中を設定する。特図2非作動中の場合における特図2状態更新処理では、何もせずに次のステップS227に移行するようにしている。

続いて、特図1についての特図状態更新処理(特図1状態更新処理)を行う(ステップS227)。この特図1状態更新処理では、特図1の状態に応じて、上述の特図2状態更新処理で説明した各処理を行う。この特図1状態更新処理で行う各処理は、上述の特図2状態更新処理で説明した内容の「特図2」を「特図1」と読み替えた処理と同一であるため、その説明は省略する。なお、特図2状態更新処理と特図1状態更新処理の順番は逆でもよい。

ステップS225およびステップS227における特図状態更新処理が終了すると、今度は、特図1および特図2それぞれについての特図関連抽選処理を行う(詳細は後述する)。ここでも先に、特図2についての特図関連抽選処理(特図2関連抽選処理)を行い(ステップS229)、その後で、特図1についての特図関連抽選処理(特図1関連抽選処理)を行う(ステップS231)。これらの特図関連抽選処理についても、主制御部300が特図2関連抽選処理を特図1関連抽選処理よりも先に行うことで、特図2変動遊技の開始条件と、特図1変動遊技の開始条件が同時に成立した場合でも、特図2変動遊技が先に変動中となるため、特図1変動遊技は変動を開始しない。また、装飾図柄表示装置208による、特図変動遊技の大当り判定の結果の報知は、第1副制御部400によって行われ、第2特図始動口232への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知が、第1特図始動口230への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知よりも優先して行われる。

ステップS233では、コマンド設定送信処理を行い、各種のコマンドが第1副制御部400に送信される。なお、第1副制御部400に送信する出力予定情報は例えば16ビットで構成しており、ビット15はストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット11〜14はコマンド種別(本実施形態では、基本コマンド、図柄変動開始コマンド、図柄変動停止コマンド、入賞演出開始コマンド、終了演出開始コマンド、大当りラウンド数指定コマンド、復電コマンド、FRAMクリアコマンドなどコマンドの種類を特定可能な情報)、ビット0〜10はコマンドデータ(コマンド種別に対応する所定の情報)で構成している。

具体的には、ストローブ情報は上述のコマンド送信処理でオン、オフするようにしている。また、コマンド種別が図柄変動開始コマンドの場合であればコマンドデータに、15R大当りフラグや2R大当りフラグの値、特図確率変動フラグの値、特図関連抽選処理で選択したタイマ番号などを示す情報を含み、図柄変動停止コマンドの場合であれば、15R大当りフラグや2R大当りフラグの値、特図確率変動フラグの値などを含み、入賞演出コマンドおよび終了演出開始コマンドの場合であれば、特図確率変動フラグの値などを含み、大当りラウンド数指定コマンドの場合であれば特図確率変動フラグの値、大当りラウンド数などを含むようにしている。コマンド種別が基本コマンドを示す場合は、コマンドデータにデバイス情報、第1特図始動口230への入賞の有無、第2特図始動口232への入賞の有無、可変入賞口234への入賞の有無などを含む。

また、上述の回転開始設定送信処理では、コマンドデータにRAM308に記憶している、15R大当りフラグや2R大当りフラグの値、特図確率変動フラグの値、特図1関連抽選処理および特図2関連抽選処理で選択したタイマ番号、保留している第1特図変動遊技または第2特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の回転停止設定送信処理では、コマンドデータにRAM308に記憶している、15R大当りフラグや2R大当りフラグの値、特図確率変動フラグの値などを示す情報を設定する。上述の入賞演出設定送信処理では、コマンドデータに、RAM308に記憶している、入賞演出期間中に装飾図柄表示装置208・各種ランプ418・スピーカ120に出力する演出制御情報、特図確率変動フラグの値、保留している第1特図変動遊技または第2特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の終了演出設定送信処理では、コマンドデータに、RAM308に記憶している、演出待機期間中に装飾図柄表示装置208・各種ランプ418・スピーカ120に出力する演出制御情報、特図確率変動フラグの値、保留している第1特図変動遊技または第2特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の大入賞口開放設定送信処理では、コマンドデータにRAM308に記憶している大当りラウンド数、特図確率変動フラグの値、保留している第1特図変動遊技または第2特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の大入賞口閉鎖設定送信処理では、コマンドデータにRAM308に記憶している大当りラウンド数、特図確率変動フラグの値、保留している第1特図変動遊技または第2特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。また、このステップS233では一般コマンド特図保留増加処理も行われる。この一般コマンド特図保留増加処理では、コマンドデータにRAM308の送信用情報記憶領域に記憶している特図識別情報(特図1または特図2を示す情報)、予告情報(事前予告情報、偽事前予告情報、または事前予告無情報のいずれか)を設定する。

第1副制御部400では、受信した出力予定情報に含まれるコマンド種別により、主制御部300における遊技制御の変化に応じた演出制御の決定が可能になるとともに、出力予定情報に含まれているコマンドデータの情報に基づいて、演出制御内容を決定することができるようになる。

ステップS235では、外部出力信号設定処理を行う。この外部出力信号設定処理では、RAM308に記憶している遊技情報を、情報出力回路336を介してパチンコ機100とは別体の情報入力回路350に出力する。

ステップS237では、デバイス監視処理を行う。このデバイス監視処理では、ステップS205において信号状態記憶領域に記憶した各種センサの信号状態を読み出して、所定のエラーの有無、例えば前面枠扉開放エラーの有無または下皿満タンエラーの有無などを監視し、前面枠扉開放エラーまたは下皿満タンエラーを検出した場合に、第1副制御部400に送信すべき送信情報に、前面枠扉開放エラーの有無または下皿満タンエラーの有無を示すデバイス情報を設定する。また、各種ソレノイド332を駆動して第2特図始動口232や、可変入賞口234の開閉を制御したり、表示回路324、326、330を介して普通図柄表示装置210、第1特別図柄表示装置212、第2特別図柄表示装置214、各種状態表示部328などに出力する表示データを、I/O310の出力ポートに設定する。また、払出要求数送信処理(ステップS219)で設定した出力予定情報を出力ポート(I/O310)を介して第1副制御部400に出力する。

ステップS239では、低電圧信号がオンであるか否かを監視する。そして、低電圧信号がオンの場合(電源の遮断を検知した場合)にはステップS243に進み、低電圧信号がオフの場合(電源の遮断を検知していない場合)にはステップS241に進む。

ステップS241では、タイマ割込終了処理を行う。このタイマ割込終了処理では、ステップS201で一時的に退避した各レジスタの値を元の各レジスタに設定したり、割込許可の設定などを行い、その後、主制御部メイン処理に復帰する。一方、ステップS243では、復電時に電断時の状態に復帰するための特定の変数やスタックポインタを復帰データとしてRAM308の所定の領域に退避し、入出力ポートの初期化等の電断処理を行い、その後、主制御部メイン処理に復帰する。

<普図関連抽選処理>
次に、図13を用いて、上記主制御部タイマ割込処理における普図関連抽選処理(ステップS223)について説明する。なお、同図は普図関連抽選処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS301では、普通図柄または普通電動役物が作動中であるか否か、すなわち、普図変動遊技中でないかどうか、または第2特図始動口232の開閉制御を行っていないかどうかを判定し、作動中の場合には処理を終了し、作動中ではない場合にはステップS302に進む。ステップS302では、普図変動遊技の保留があるか無いかを判定し、普図変動遊技の保留が無い場合には処理を終了し、保留がある場合にはステップS303に進む。

ステップS303では、上述の普図確率変動フラグがONかOFFかを判定し、普図確率変動フラグがONの場合には、ステップS304において、上述の普図当否判定テーブル(高確率時)を用いて普図当否判定を行い、普図確率変動フラグがOFFの場合には、ステップS305において、上述の普図当否判定テーブル(低確率時)を用いて普図当否判定を行う。なお、本実施形態では、普図当否判定により普図の当りとはずれを決定するように構成したが、普図が当りと判定される確率を100%に設定してもよく、この場合、第2特図始動口232の開放時間が長く遊技者に有利な第一の遊技状態と、当該開放時間が短く遊技者に不利な第二の遊技状態を備えればよい。

ステップS306では、普図当否判定の結果が当りであるか否かを判定し、該当する場合にはステップS307に進み、該当しない場合にはステップS308に進む。ステップS307では、上述の普図決定用テーブルを用いた普図図柄抽選を行って普図当り図柄(本実施形態では、普図Aまたは普図B)を決定した後に、ステップS309に進む。ステップS308では、上述の普図決定用テーブルを用いた普図図柄抽選を行って普図はずれ図柄(本実施形態では、普図C)を決定した後に、ステップS309に進む。

ステップS309では、上述の変動時間決定テーブルを用いた普図変動時間抽選を行って普図変動時間を決定した後に、この普図変動時間と、上記ステップS307〜S308で決定した普図当否結果(普図の種類)を含む普図コマンドを第1副制御部400に送信する準備を行って処理を終了する。

<特図2関連抽選処理>
次に、図14を用いて、上記主制御部タイマ割込処理における特図2関連抽選処理(ステップS229)について説明する。なお、同図は特図2関連抽選処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS401では、特別図柄または特別電動役物が作動中であるか否か、すなわち、特図2変動遊技中または大当り遊技中であるか否かを判定し、該当する場合には処理を終了し、該当しない場合にはステップS402に進む。ステップS402では、特図2変動遊技の保留があるか無いかを判定し、特図2変動遊技の保留が無い場合には処理を終了し、保留がある場合にはステップS403に進む。

ステップS403では、上述の特図確率変動フラグがONかOFFかを判定し、特図確率変動フラグがONの場合には、ステップS404において、上述の当否判定用低確率テーブルを用いた特図当否判定を行い、特図確率変動フラグがOFFの場合には、ステップS405において、上述の当否判定用高確率テーブルを用いた特図当否判定を行う。

ステップS406では、特図当否判定の結果が大当りであるか否かを判定し、該当する場合にはステップS407に進み、該当しない場合にはステップS408に進む。ステップS407では、上述の特図決定用テーブルを用いた特図図柄抽選を行って大当り特図を決定した後に、ステップS411に進む。

ステップS408では、特図当否判定の結果が小当りであるか否かを判定し、該当する場合にはステップS409に進み、該当しない場合にはステップS410に進む。ステップS409では、上述の特図決定用テーブルを用いた特図図柄抽選を行って小当り特図(本実施形態では、特図T、特図U)を決定した後に、ステップS411に進む。ステップS410では、特図はずれ図柄(本実施形態では、特図V)を決定した後に、ステップS411に進む。

ステップS411では、上述の変動パターンテーブルを用いた変動パターン抽選を行って特図2の変動時間と、装飾図柄表示装置208の演出を決定した後に処理を終了する。

<特図1関連抽選処理>
次に、図15を用いて、上記主制御部タイマ割込処理における特図1関連抽選処理(ステップS231)について説明する。なお、同図は特図1関連抽選処理の流れを示すフローチャートである。

この特図1関連抽選処理では、特図1に関する抽選処理を行うが、上述の特図2関連抽選処理のうちの、第2特図変動遊技を第1特図変動遊技に、特図2を特図1に、それぞれ読み替えた処理と同一であるため、その説明は省略する。

<第1副制御部400の処理>
図16を用いて、第1副制御部400の処理について説明する。なお、同図(a)は、第1副制御部400のCPU404が実行するメイン処理のフローチャートである。同図(b)は、第1副制御部400のストローブ割込み処理のフローチャートである。同図(c)は、第1副制御部400のタイマ変数更新割込処理のフローチャートである。同図(d)は、第1副制御部400の画像制御処理のフローチャートである。

まず、同図(a)のステップS601では、各種の初期設定を行う。電源投入が行われると、まずS601で初期化処理が実行される。この初期化処理では、入出力ポートの初期設定や、RAM408内の記憶領域の初期化処理等を行う。

ステップS603では、タイマ変数が10以上か否かを判定し、タイマ変数が10となるまでこの処理を繰り返し、タイマ変数が10以上となったときには、ステップS605の処理に移行する。ステップS605では、タイマ変数に0を代入する。ステップS607では、コマンド処理を行う。第1副制御部400のCPU404は、主制御部300からコマンドを受信したか否かを判別する。

ステップS609では、演出制御処理を行う。例えば、ステップS607で新たなコマンドがあった場合には、このコマンドに対応する演出データをROM406から読み出す等の処理を行い、演出データの更新が必要な場合には演出データの更新処理を行う。

ステップS611では、チャンスボタンの押下を検出していた場合、ステップS609で更新した演出データをチャンスボタンの押下に応じた演出データに変更する処理を行う。

ステップS613では、ステップS609で読み出した演出データの中にVDP434への命令がある場合には、この命令をVDP434に出力する(詳細は後述)。ステップS615では、ステップS609で読み出した演出データの中に音源IC416への命令がある場合には、この命令を音源IC416に出力する。

ステップS617では、ステップS609で読み出した演出データの中に各種ランプ418への命令がある場合には、この命令を駆動回路420に出力する。ステップS619では、ステップS609で読み出した演出データの中に遮蔽装置246への命令がある場合には、この命令を駆動回路432に出力する。

ステップS621では、ステップS609で読み出した演出データの中に第2副制御部500に送信する制御コマンドがある場合には、この制御コマンドを出力する設定を行い、ステップS603へ戻る。

次に、同図(b)を用いて、第1副制御部400のコマンド受信割込処理について説明する。このコマンド受信割込処理は、第1副制御部400が、主制御部300が出力するストローブ信号を検出した場合に実行する処理である。コマンド受信割込処理のステップS701では、主制御部300が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM408に設けたコマンド記憶領域に記憶する。

次に、同図(c)を用いて、第1副制御部400のCPU404によって実行する第1副制御部タイマ割込処理について説明する。第1副制御部400は、所定の周期(本実施例では2msに1回)でタイマ割込を発生するハードウェアタイマを備えており、このタイマ割込を契機として、タイマ割込処理を所定の周期で実行する。

第1副制御部タイマ割込処理のステップS801では、第1副制御部メイン処理におけるステップS603において説明したRAM408のタイマ変数記憶領域の値に、1を加算して元のタイマ変数記憶領域に記憶する。従って、ステップS603において、タイマ変数の値が10以上と判定されるのは20ms毎(2ms×10)となる。

第1副制御部タイマ割込処理のステップS803では、ステップS619で設定された第2副制御部500への制御コマンドの送信や、演出用乱数値の更新処理等を行う。

次に、同図(d)を用いて、第1副制御部400のメイン処理におけるステップS613の画像制御処理について説明する。同図は、画像制御処理の流れを示すフローチャートを示した図である。

ステップS901では、画像データの転送指示を行う。ここでは、CPU404は、まず、VRAM436の表示領域Aと表示領域Bの描画領域の指定をスワップする。これにより、描画領域に指定されていない表示領域に記憶された1フレームの画像が装飾図柄表示装置208に表示される。次に、CPU404は、VDP434のアトリビュートレジスタに、位置情報等テーブルに基づいてROM座標(ROM406の転送元アドレス)、VRAM座標(VRAM436の転送先アドレス)などを設定した後、ROM406からVRAM436への画像データの転送開始を指示する命令を設定する。VDP434は、アトリビュートレジスタに設定された命令に基づいて画像データをROM406からVRAM436に転送する。その後、VDP436は、転送終了割込信号をCPU404に対して出力する。

ステップS903では、VDP434からの転送終了割込信号が入力されたか否かを判定し、転送終了割込信号が入力された場合はステップS905に進み、そうでない場合は転送終了割込信号が入力されるのを待つ。ステップS905では、演出シナリオ構成テーブルおよびアトリビュートデータなどに基づいて、パラメータ設定を行う。ここでは、CPU404は、ステップS901でVRAM436に転送した画像データに基づいてVRAM436の表示領域AまたはBに表示画像を形成するために、表示画像を構成する画像データの情報(VRAM436の座標軸、画像サイズ、VRAM座標(配置座標)など)をVDP434に指示する。VDP434はアトリビュートレジスタに格納された命令に基づいてアトリビュートに従ったパラメータ設定を行う。

ステップS907では、描画指示を行う。この描画指示では、CPU404は、VDP434に画像の描画開始を指示する。VDP434は、CPU404の指示に従ってフレームバッファにおける画像描画を開始する。

ステップS909では、画像の描画終了に基づくVDP434からの生成終了割込み信号が入力されたか否かを判定し、生成終了割込み信号が入力された場合はステップS911に進み、そうでない場合は生成終了割込み信号が入力されるのを待つ。ステップS911では、RAM408の所定の領域に設定され、何シーンの画像を生成したかをカウントするシーン表示カウンタをインクリメント(+1)して処理を終了する。

<変動開始時処理>
次に、図17を用いて、上述のコマンド処理(ステップS607)の一部の処理である変動開始時処理について詳細に説明する。なお、同図は、変動開始時処理の流れを示すフローチャートである。

この変動開始時処理は、主制御部300から図柄変動開始コマンドを受信した場合に実行する処理である。具体的には、ステップS1001では、主制御部300から受信した図柄変動開始コマンドに含まれる遊技状態、特図の停止図柄、特図変動時間の情報を取得し、これらの情報に基づいて装飾図柄の態様を決定する。

ステップS1002では、RAM408に記憶している秘匿フラグがオンかオフかを判定し、オンの場合にはステップS1006に進み、オフの場合にはステップS1003に進む。ステップS1003では、電サポ中か否かを判定し、電サポ中の場合には処理を終了し、電サポ中ではない場合にはステップS1004に進む。

ステップS1004では、ステップS1001で取得した特図の停止図柄が特図N〜特図Uのいずれかであるか否か、すなわち、遊技状態が特図高確率普図低確率状態、特図低確率普図低確率状態、または小当り状態であるか否かを判定し、該当する場合にはステップS1005に進み、該当しない場合には処理を終了する。ステップS1005では、上述の秘匿フラグをオンに設定した後に処理を終了する。

ステップS1006では、ステップS1001で取得した特図の停止図柄が特図Vであるか否か、すなわち、当否判定結果がはずれであるか否かを判定し、該当する場合にはステップS1007に進み、該当しない場合にはステップS1009に進む。ステップS1007では、RAM408に記憶している秘匿期間変動回数に1を加算し、次のステップS1008では、加算後の秘匿期間回数が所定数(本実施形態では、30)と一致したか否かを判定し、該当する場合にはステップS1008に進み、該当しない場合には処理を終了する。

ステップS1009では、ステップS1001で取得した特図の停止図柄が特図N〜特図Uのいずれかであるか否かを判定し、該当する場合にはステップS1010に進み、該当しない場合にはステップS1011に進む。

ステップS1010では、秘匿期間変動回数をリセットした後(0に初期化した後)、処理を終了する。ステップS1011では、秘匿フラグをオフにした後に処理を終了する。

<普通電動役物開放予告演出処理>
次に、図18を用いて、上述のコマンド処理(ステップS607)の一部の処理である普通電動役物開放予告演出処理について詳細に説明する。なお、同図は、普通電動役物開放予告演出処理の流れを示すフローチャートである。

この普通電動役物開放予告演出処理は、主制御部300から普図コマンドを受信した場合に実行する処理である。具体的には、ステップS1101では、普図コマンドを受信したか否かを判定し、該当しない場合には処理を終了し、該当する場合にステップS1102に進む。ステップS1102では、普図コマンドに含まれる普図の停止図柄の情報を取得し、普図の停止図柄が普図Aであるか否かを判定し、該当しない場合には処理を終了し、該当する場合にはステップS1103に進む。ステップS1103では、遊技状態が普図低確率状態であるか否かを判定し、該当しない場合には処理を終了し、該当する場合にはステップS1104に進む。

ステップS1104では、RAM408に記憶している予告演出待機タイマに所定時間に相当する数値(本実施形態では、10000msに相当する数値)をセットする。また、ステップS1105では、予告演出待機タイマの値を1減算し、次のステップS1106では、減算後の予告演出待機タイマの値が0であるか否かを判定し、0でない場合にはステップS1105に戻り、0の場合にはステップS1107に進む。ステップS1107では、予告演出実行可否判定処理(詳細は後述)を行う。

ステップS1108では、RAM408に記憶している報知演出待機タイマに所定時間に相当する数値(本実施形態では、5000msに相当する数値)をセットする。また、ステップS1109では、報知演出待機タイマの値を1減算し、次のステップS1110では、減算後の報知演待機タイマの値が0であるか否かを判定し、0でない場合にはステップS1109に戻り、0の場合にはステップS1111に進む。ステップS1111では、報知演出実行可否判定処理(詳細は後述)を行った後に、処理を終了する。

<予告演出実行可否判定処理>
次に、図19を用いて、上述の普通電動役物開放予告演出処理(ステップS1101)における予告演出実行可否判定処理について詳細に説明する。なお、同図は、予告演出実行可否判定処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS1201では、大当り中または小当り中であるか否かを判定し、該当する場合にはステップS1202に進み、該当しない場合にはステップS1204に進む。ステップS1202では、RAM408に記憶している予告禁止期間フラグがオフか否かを判定し、オフの場合にはステップS1203に進み、オンの場合にはステップS1205に進む。ステップS1203では、予告(詳細は後述する)を実行した後に処理を終了する。

ステップS1204では、上述の秘匿フラグがオフか否かを判定し、オフの場合にはステップS1205に進み、オンの場合にはステップS1203に進む。ステップS1205では、予告を規制した後に(予告を行わずに)処理を終了する。

<報知演出実行可否判定処理>
次に、図20を用いて、上述の普通電動役物開放予告演出処理(ステップS1101)における報知演出実行可否判定処理について詳細に説明する。なお、同図は、報知演出実行可否判定処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS1301では、大当り中または小当り中であるか否かを判定し、該当する場合にはステップS1302に進み、該当しない場合にはステップS1304に進む。ステップS1302では、上述の予告禁止期間フラグがオフか否かを判定し、オフの場合にはステップS1303に進み、オンの場合にはステップS1305に進む。ステップS1303では、開放報知(詳細は後述する)を実行した後に処理を終了する。

ステップS1204では、上述の秘匿フラグがオフか否かを判定し、オフの場合にはステップS1305に進み、オンの場合にはステップS1303に進む。ステップS1305では、開放報知を規制した後に(開放報知を行わずに)処理を終了する。

<当り中サブ予告制御処理>
次に、図21を用いて、上述のコマンド処理(ステップS607)の一部の処理である当り中サブ予告制御処理について詳細に説明する。なお、同図は、当り中サブ予告制御処理の流れを示すフローチャートである。

この当り中サブ予告制御処理は、主制御部300から当り開始コマンドを受信した場合に実行する処理である。具体的には、ステップS1401では、当り開始コマンドに含まれる特図の停止図柄の情報を取得し、特図の停止図柄が特図Aおよび特図H以外であるか否かを判定し、該当する場合にはステップS1402に進み、該当しない場合にはステップS1403の処理を実行することなくステップS1404に進む。ステップS1403では、予告禁止期間タイマ設定処理1(詳細は後述)を行う。

ステップS1404では、特図の停止図柄が特図B〜特図Gおよび特図I〜特図Kであるか否かを判定し、該当する場合にはステップS1405に進み、該当しない場合には処理を終了する。ステップS1405では、大当り遊技の9ラウンド開始時点で主制御部300が第1副制御部400に送信する9R指定コマンドを受信した否かを判定し、当該コマンドを受信した場合には次のステップS1403に進んで予告禁止期間タイマ設定処理2(詳細は後述)を行った後に処理を終了する。

<予告禁止期間タイマ設定処理1>
次に、図22を用いて、当り中サブ予告制御処理における予告禁止期間タイマ設定処理1(ステップS1403)について詳細に説明する。なお、同図は、予告禁止期間タイマ設定処理1の流れを示すフローチャートである。

ステップS1501では、上述の予告禁止期間フラグをオンし、ステップS1502では、RAM408に記憶しているタイマに所定時間に相当する数値(本実施例では、13000msに相当する数値)をセットする。

ステップS1503では、タイマの値を1減算し、次のステップS1504では、減算後のタイマの値が0であるか否かを判定し、0でない場合にはステップS1503に戻り、0の場合にはステップS1505に進む。ステップS1505では、予告禁止期間フラグをオフにした後に、処理を終了する。

<予告禁止期間タイマ設定処理2>
次に、図23を用いて、当り中サブ予告制御処理における予告禁止期間タイマ設定処理2(ステップS1406)について詳細に説明する。なお、同図は、予告禁止期間タイマ設定処理2の流れを示すフローチャートである。

ステップS1601では、上述の予告禁止期間フラグをオンし、ステップS1602では、RAM408に記憶しているタイマに所定時間に相当する数値(本実施例では、18000msに相当する数値)をセットする。

ステップS1603では、タイマの値を1減算し、次のステップS1604では、減算後のタイマの値が0であるか否かを判定し、0でない場合にはステップS1603に戻り、0の場合にはステップS1605に進む。ステップS1605では、予告禁止期間フラグをオフにした後に、処理を終了する。

<第2副制御部500の処理>
図24を用いて、第2副制御部500の処理について説明する。なお、同図(a)は、第2副制御部500のCPU504が実行するメイン処理のフローチャートである。同図(b)は、第2副制御部500のコマンド受信割込処理のフローチャートである。同図(c)は、第2副制御部500のタイマ割込処理のフローチャートである。

まず、同図(a)のステップS1701では、各種の初期設定を行う。電源投入が行われると、まずステップS1701で初期化処理が実行される。この初期化処理では、入出力ポートの初期設定や、RAM508内の記憶領域の初期化処理等を行う。

ステップS1703では、タイマ変数が10以上か否かを判定し、タイマ変数が10となるまでこの処理を繰り返し、タイマ変数が10以上となったときには、ステップS1705の処理に移行する。

ステップS1705では、タイマ変数に0を代入する。ステップS1707では、コマンド処理を行う。第2副制御部500のCPU504は、第1副制御部400のCPU404からコマンドを受信したか否かを判別する。

ステップS1709では、演出制御処理を行う。例えば、ステップS1707で新たなコマンドがあった場合には、このコマンドに対応する演出データをROM506から読み出す等の処理を行い、演出データの更新が必要な場合には演出データの更新処理を行う。

ステップS1711では、第1副制御部400からの遊技盤用ランプ532や遊技台枠用ランプ542への命令がある場合には、この命令をシリアル通信制御回路520に出力する。

ステップS1713では、第1副制御部400からの演出可動体224への命令がある場合には、この命令を駆動回路516に出力し、ステップS1703に戻る。

次に、同図(b)を用いて、第2副制御部500のコマンド受信割込処理について説明する。このコマンド受信割込処理は、第2副制御部500が、第1副制御部400が出力するストローブ信号を検出した場合に実行する処理である。コマンド受信割込処理のステップS1801では、第1副制御部400が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM508に設けたコマンド記憶領域に記憶する。

次に、同図(c)を用いて、第2副制御部500のCPU504によって実行する第2副制御部タイマ割込処理について説明する。第2副制御部500は、所定の周期(本実施例あでは2msに1回)でタイマ割込を発生するハードウェアタイマを備えており、このタイマ割込を契機として、タイマ割込処理を所定の周期で実行する。

第2副制御部タイマ割込処理のステップS1901では、上記第2副制御部メイン処理におけるステップS1703において説明したRAM508のタイマ変数記憶領域の値に、1を加算して元のタイマ変数記憶領域に記憶する。従って、ステップS1703において、タイマ変数の値が10以上と判定されるのは20ms毎(2ms×10)となる。第2副制御部タイマ割込処理のステップS1903では、演出用乱数値の更新処理等を行う。

<予告と開放報知>
次に、図25および図26を用いて、上述の予告と開放報知について説明する。なお、図25および図26は、予告と開放報知の一例を示した図である。

<予告と開放報知/特図変動遊技>
主制御部300は、主制御タイマ割込処理の入賞受付処理(ステップS217)において、第2特図始動口232に入賞があり、かつ特図2に対応する保留数記憶領域が満タンでないと判定した場合(例えば、特図2変動遊技の保留数が4未満である場合)に、上述の特図2当選乱数値(特図当選乱数値)と特図2乱数値(図柄乱数値)を取得するとともに、特図2変動遊技の保留数に1を加算する。なお、ここでは、第2特図始動口232に入賞があった場合についてのみ説明を行うが、第1特図始動口230に入賞があった場合も特図2を特図1と読み替えた場合と同様の処理が実行される。

特図始動口の入賞を検出した主制御部300は、上述の特図2関連抽選処理のステップS403において特図確変変動フラグがOFF(特図低確率状態)であると判定した場合に、ステップS405において当否判定用低確率テーブルを用いて特図当否判定を行うが、ここでは、特図確変変動フラグがOFF(特図低確率状態)で、特図当否判定で当否判定結果が大当りに決定したと仮定する。この場合、主制御部300は、ステップ407において図柄抽選を行って大当り図柄を決定するが、ここでは、図柄抽選で停止図柄が特図Nに決定したと仮定する。

続いて、主制御部300は、ステップS411において変動パターンテーブルを選択するが、この例では、図9(a)の特図2変動パターンテーブル(電サポ無し)を参照し、特図Nに対応する変動時間である18000msと、特図Nに対応する装飾図柄表示装置208の演出であるチャンス目を選択する。

続いて、主制御部300は、上述の特図2状態更新処理(ステップS225)において、特図2の変動表示(特図2変動遊技)を開始し、変動パターンテーブルに規定された変動時間(この例では、18000ms)の経過後に、図柄抽選で決定した停止図柄である特図Nの停止態様で特図2の停止表示を行う。また、主制御部300は、上述のコマンド設定送信処理(ステップS233)において、第1副制御部400に対して、遊技状態(この例では、特図低確率状態)、特図の停止図柄(この例では、特図N)、変動時間(この例では、18000ms)、および装飾図柄表示装置208の演出(この例では、チャンス目)の各情報を含む、図柄変動開始コマンドを送信する。

この図柄変動開始コマンドを受信した第1副制御部400は、ステップS1001において、図柄変動開始コマンドに含まれる遊技状態、特図の停止図柄、変動時間、装飾図柄表示装置208の演出などを参照し、装飾図柄の種類を決定するが、この例では、特図Nに対応する装飾図柄の組み合わせとして「装飾1−装飾3−装飾5」(チャンス目)を選択する。また、第1副制御部400は、秘匿フラグがオフ(ステップS1002がNo)、電サポ中ではなく(ステップS1003がNo)、特図の停止図柄が特図Nである(ステップS1004がYes)と判定し、ステップS1005において秘匿フラグをオンに設定する。

続いて、第1副制御部400は、図25(a)に示すように、特図の変動表示に同期させて、装飾図柄表示装置208を用いた装飾図柄の変動表示を行った後、同図(b)に示すように、図柄変動開始コマンドに含まれる変動時間(この例では、18000ms)の経過後に、装飾図柄の停止表示(この例では、特図Nに対応する大当りの装飾図柄の組合せ「装飾1−装飾3−装飾5」(チャンス目)を表示)を行う。また、主制御部300は、上述のコマンド設定送信処理(ステップS233)において、第1副制御部400に対して、特図の停止図柄(この例では、特図N)の情報を含む、当り開始コマンドを送信する。

この当り開始コマンドを受信した第1副制御部400は、上述の当り中サブ予告制御処理のステップS1401において当り開始コマンドに含まれる特図の停止図柄の情報を取得し、特図の停止図柄が特図Aおよび特図H以外であるか否かを判定するが、この例では、特図の停止図柄が特図N、すなわち、特図Aおよび特図H以外であると判定し、ステップS1403の予告禁止期間タイマ設定処理1を実行する。なお、次のステップS1404では、特図の停止図柄が特図B〜特図Gおよび特図I〜Kのいずれかであるか否かを判定するが、この例では、いずれにも該当しないため、ステップS1406の予告禁止期間タイマ設定処理2は実行しない。

第1副制御部400は、予告禁止期間タイマ設定処理1のステップS1501において予告禁止期間フラグをオンに設定した後、ステップS1502〜S1504において所定時間(この例では、13000ms)の時間の経過を待って、ステップS1505において予告禁止期間フラグをオフに設定する。

<予告と開放報知/大当り遊技>
続いて、主制御部300は、上述の特図2状態更新処理(ステップS225)において、図25(c)に示すように、装飾図柄表示装置208を用いて、2R大当り遊技を開始することを遊技者に報知する画像(オープニング演出)を表示した後、所定の開放期間(この例では、0.4秒間)、可変入賞口234の扉部材234aの開閉駆動用のソレノイド(332)に、扉部材234aを開放状態に保持する信号を出力する。また、所定の開放期間が終了したタイミング(扉開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で、所定の閉鎖期間、可変入賞口234の扉部材234aの開閉駆動用のソレノイド(332)に、扉部材234aを閉鎖状態に保持する信号を出力する。主制御部300は、この扉部材234aの開放・閉鎖制御を所定回数(この例では、2回)繰り返した後、装飾図柄表示装置208を用いて、大当りを終了することを遊技者に報知する画像(エンディング演出)を表示する。

<予告と開放報知/普図変動遊技>
また、主制御部300は、主制御タイマ割込処理の入賞受付処理(ステップS217)において、普図始動口228に入賞があり、かつ普図に対応する保留数記憶領域が満タンでないと判定した場合(例えば、普図変動遊技の保留数が2未満である場合)に、上述の普図当選乱数値と普図乱数値(図柄乱数値)を取得するとともに、普図変動遊技の保留数に1を加算する。

普図動口の入賞を検出した主制御部300は、上述の普図関連抽選処理のステップS303において普図確変変動フラグがOFF(特図低確率状態)であると判定した場合に、ステップS305において普図当否判定テーブル(低確率時)を用いて普図当否判定を行うが、ここでは、普図確変変動フラグがOFF(普図低確率状態)で、普図当否判定で当否判定結果が当りに決定したと仮定する。この場合、主制御部300は、ステップ307において図柄抽選を行って当り図柄を決定するが、ここでは、図柄抽選で停止図柄が普図Aに決定したと仮定する。

続いて、主制御部300は、ステップS309において普図変動時間抽選を行って普図変動時間を決定するが、この例では、図10(d)の変動時間決定テーブルを参照し、普図低確率時に対応する変動時間である15000msを選択する。また、ステップS309では、選択した普図変動時間(この例では、15000ms)と、普図当否結果(この例では、普図A)の情報を含む普図コマンドを第1副制御部400に送信する準備を行う。

続いて、主制御部300は、上述の普図状態更新処理(ステップS221)において、普図の変動表示(普図変動遊技)を開始し、普図の変動時間(この例では、15000ms)の経過後に、図柄抽選で決定した停止図柄である普図Aの停止態様で普図の停止表示を行う。

一方、普図コマンドを受信した第1副制御部400は、上述の普通電動役物開放予告演出処理において、普図コマンドを受信し(ステップS1101がYes)、普図の停止図柄が普図Aであり(ステップS1102がYes)、遊技状態が普図低確率状態であると判定し(ステップS1103がYes)、ステップS1104において予告演出待機タイマをセットする。続いて、第1副制御部400は、ステップS1105〜S1106において予告演出待機タイマ(この例では、10000ms)の時間の経過を待って、ステップS1107において予告演出実行可否判定処理を実行する。

この予告演出実行可否判定処理では、大当り中または小当り中、かつ予告禁止中期間フラグがオフの場合、または、大当り中または小当り中以外、かつ秘匿フラグがオンの場合に、予告を実行し、それ以外の場合に、予告を実行しないように構成している。

この例では、大当り遊技の時間が約12300ms(=オープニング演出5000ms+扉部材234aの1回目の開放期間400ms+扉部材234aの閉鎖期間1500ms+扉部材234aの2回目の開放期間400ms+エンディング演出5000ms)であり、予告禁止中期間フラグがオフとなる時間が13000msであり、同図(c)に示すタイミングでは特図高確率普図低確率であるが予告禁止中期間フラグがオンのため、当該タイミングでは、同図(d)における、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を予告する演出を行っていない。

一方、図26(e)に示すタイミングでは大当り中または小当り中以外、かつ秘匿フラグがオンのため、当該タイミングでは、同図(f)における、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を予告する演出(この例では、姫のキャラクタ画像と、「電チュー開くよ!」という文字の表示)を行っている。このため、特図高確率状態において遊技者に第2特図始動口232の羽根部材232aが開放されること(特図変動遊技が開始可能なこと)を予め知らせることができ、遊技者の遊技意欲を高めることができる。

続いて、主制御部300は、上述の普図状態更新処理(ステップS223)において、図25(d)に示すように、所定の開放期間、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉駆動用のソレノイド(332)に、羽根部材232aを開放状態に保持する信号を出力する。また、所定の開放期間が終了したタイミング(扉開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で、所定の閉鎖期間(本実施形態では、1500ms)、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉駆動用のソレノイド(332)に、羽根部材232aの閉鎖状態に保持する信号を出力する。以降、主制御部300は、第2特図始動口232の羽根部材232aの開放・閉鎖制御(電サポ)を行う。

一方、普図コマンドを受信した第1副制御部400は、上述の予告演出実行可否判定処理を行った後に、ステップS1107において報知演出待機タイマをセットする。続いて、第1副制御部400は、ステップS1109〜S1110において報知演出待機タイマ(この例では、5000ms)の時間の経過を待って、ステップS1111において報知演出実行可否判定処理を実行する。

この報知演出実行可否判定処理では、大当り中または小当り中、かつ予告禁止中期間フラグがオフの場合、または、大当り中または小当り中以外、かつ秘匿フラグがオンの場合に、開放報知を実行し、それ以外の場合に、開放報知を実行しないように構成している。この例では、大当り遊技の時間が約12300ms(=オープニング演出5000ms+扉部材234aの1回目の開放期間400ms+扉部材234aの閉鎖期間1500ms+扉部材234aの2回目の開放期間400ms+エンディング演出5000ms)で、予告禁止中期間フラグがオフとなる時間が13000msであり、図25(d)に示すタイミングでは特図高確率普図低確率であるが予告禁止中期間フラグがオンのため、当該タイミングでは、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を報知する開放演出を行っていない。

一方、図26(f)に示すタイミングでは大当り中または小当り中以外、かつ秘匿フラグがオンのため、当該タイミングでは、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を報知する開放演出(この例では、姫のキャラクタ画像と、「入賞したらチャンス!」という文字の表示)を行っている。

このように、秘匿フラグがオンであるとき、すなわち、特図変動遊技の当否結果が大当りとなる可能性が高い(大当りへの期待度が高い)ときに、開放報知を行うようにしているため、第2特図始動口232の入賞がチャンスであることを遊技者に分かりやすく報知することができ、遊技者の遊技意欲を高めることができる場合がある。

特に、本実施形態では、上述のとおり、第2特図始動口232の入賞を契機とした当否結果が特図B〜特図G、特図I〜特図Kの場合に遊技者が得られる利益(本実施形態では、出玉)は、第1特図始動口230の入賞を契機とした当否結果が特図B〜特図G、特図I〜特図Kの場合に遊技者が得られる利益よりも大きいため、第2特図始動口232の開放報知を行うことによって、第2特図始動口232の入賞がチャンスであることを遊技者に分かりやすく報知することができ、遊技者の遊技意欲を高めることができる場合がある。

<大当り中の予告と開放報知>
次に、図27および図28を用いて、大当り中の予告と開放報知について説明する。なお、図27および図28は、大当り中の予告と開放報知の一例を示した図である。

上述のとおり、予告演出実行可否判定処理では、大当り中または小当り中、かつ予告禁止中期間フラグがオフの場合、または、大当り中または小当り中以外、かつ秘匿フラグがオンの場合に、予告を実行し、それ以外の場合に、予告を実行しないように構成している。この例では、予告禁止中期間フラグがオフとなる時間が13000msであり、同図(b)に示す1ラウンド実行中のタイミングでは予告禁止中期間フラグがオンのため、同図(c)における、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を予告する演出を行っていない。

また、上述のとおり、報知演出実行可否判定処理では、大当り中または小当り中、かつ予告禁止中期間フラグがオフの場合、または、大当り中または小当り中以外、かつ秘匿フラグがオンの場合に、開放報知を実行し、それ以外の場合に、開放報知を実行しないように構成している。この例では、同図(b)に示す1ラウンド実行中のタイミングでは、予告禁止中期間フラグがオンのため、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を報知する開放演出を行っていない。

一方、図28(d)に示す2ラウンド実行中のタイミングでは予告禁止中期間フラグがオフのため、大当り遊技中であるが第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を報知する開放演出(この例では、殿と姫のキャラクタ画像と、「おまけボーナスよ!」という文字の表示)を行っている。この例では、2ラウンドにおける可変入賞口234の開放時間を長く設定しているため、当該開放時間が経過する前に上限数(例えば10球)の遊技球が可変入賞口234に入賞し、当該開放時間が経過する前に可変入賞口234が閉鎖する可能性が高い。このため、開放報知によって第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を知った遊技者は、大当り遊技による利益に加えて、第2特図始動口232の入賞による利益(おまけの利益)を得ることができ、遊技意欲がより高まることになる。

また、上述の当り中サブ予告制御処理のステップS1405〜S1406では、特図A、特図H以外の大当り遊技の9ラウンド開始時に予告禁止期間タイマ設定処理2を行い、予告禁止期間タイマ設定処理2のステップS1601において予告禁止期間フラグをオンに設定した後、ステップS1602〜S1604において所定時間(この例では、18000ms)の時間の経過を待って、ステップS1605において予告禁止期間フラグをオフに設定する。このため、同図(e)に示す9ラウンド実行中のタイミング(可変入賞口234の開放時間が他のラウンドよりも短時間になるタイミング)では、予告禁止中期間フラグがオンのため、第2特図始動口232の羽根部材232aの開閉を報知する開放演出を行っていない。

<変形例1>
図29は、変形例1に係るパチンコ機700の遊技盤を正面から見た略示正面図であり、上記図3に対応する図面である。なお、上述のパチンコ機100と同一の箇所については、図において同一の符号を付すとともに、その説明は省略する。

変形例1に係るパチンコ機700では、上述のパチンコ機100では遊技領域124の右側の領域に配設していた演出可動体224を取り除き、この場所に第2特図始動口232を配設している。また、第1特図始動口230の右上から右下に亘って複数の遊技釘238を配設することによって、遊技領域124の右側の領域に進入した遊技球が第1特図始動口230や可変入賞口234に入球することを阻止している。したがって、パチンコ機700では、第1特図始動口230や可変入賞口234に遊技球を入球させるためには遊技領域124の左側の領域に遊技球を打ち出すことが必要で、第2特図始動口232に遊技球を入球させるためには遊技領域124の右側の領域に遊技球を打ち出すことが必要である。

このように、特別遊技状態中に開放可能な入賞手段(この例では、可変入賞口234)を備え、当該入賞手段と始動領域(この例では、特図2始動口232)を左右方向に離間して配設してもよい。このような構成とすれば、第2特図始動口232の開放時間が長い場合(第2特図始動口232が遊技者にとって有利な状態になっている場合)には遊技球を右側の領域に打ち出すことによって第2特図始動口232の入賞による利益を得る一方で、第2特図始動口232の開放時間が短い(または閉鎖している)場合(第2特図始動口232が遊技者にとって不利な状態になっている場合)には遊技球を左側の領域に打ち出すことによって第1特図始動口230や可変入賞口234の入賞による利益を得ることで、遊技者が得ることができる利益量を高め、遊技者の遊技意欲を向上できる場合がある。なお、上述のパチンコ機100のように、入賞手段(可変入賞口234)と始動領域(特図1始動口230または特図2始動口232)を上下に配設すれば、遊技球の発射強度の調整を頻繁に行う必要がないため、遊技に不慣れな初心者でも遊技を楽しむことができ、パチンコ機の稼働率を高めることができる場合がある。

図30は、変形例1に係る報知演出実行可否判定処理の流れを示したフローチャートであり、上記図21に対応する図面である。なお、上述の報知演出実行可否判定処理と同一の箇所については、図において同一の符号を付すとともに、その説明は省略する。

変形例1に係る報知演出実行可否判定処理では、ステップS1304において秘匿フラグがオフではないと判定した場合には、一律に開放報知を行うのではなく、ステップS1310において、乱数値などを用いた予告実行可否抽選を行い、ステップS1311において当該抽選に当選したと判定した場合にのみ、開放報知を行うように構成している。また、予告実行可否抽選では、確変における当選確率を、非確変における当選確率よりも高く設定しており、非確変よりも確変のほうが開放報知を行う頻度が高くなるように構成している。

また、図31は、変形例1に係る変動開始時処理の流れを示したフローチャートであり、上記図17に対応する図面である。なお、上述の変動開始時処理と同一の箇所については、図において同一の符号を付すとともに、その説明は省略する。

変形例1に係る変動開始時処理では、ステップS1021において確変か否かを判定し、確変と判定した場合には、ステップS1021において秘匿期間回数に50を設定し、確変ではないと判定した場合には、ステップS1022において秘匿期間回数に30を設定することによって、確変の有無によって秘匿期間を異ならせるように構成している。

以上説明したように、本実施形態に係るパチンコ機100は、遊技球が始動領域(例えば、第1特図始動口230、第2特図始動口232)に進入した場合に、始動情報(例えば、特図当選乱数値、図柄乱数値などの乱数値)を導出する(例えば、ソフトウェア乱数カウンタからカウンタ値を乱数値として取得する、ハードウェア乱数カウンタからカウンタ値を乱数値として取得する)始動情報導出手段(例えば、入賞判定処理)と、前記始動情報に基づいて当否判定(例えば、特図当否判定)を行なう当否判定手段(例えば、特図1関連抽選処理、特図2関連抽選処理)と、前記当否判定の結果が特定の当否判定結果(例えば、大当り、小当り)である場合に、通常状態(例えば、可変入賞口234の扉部材234aが閉鎖中であり遊技球が入賞口に入り難い状態)から該通常遊技状態よりも遊技者にとって有利となる特別遊技状態(例えば15R大当り遊技、2R大当り遊技。すなわち、可変入賞口234の扉部材234aが開放中の状態や、可変入賞口234の扉部材234aが開放と閉鎖を繰り返す状態)へ移行させる特別遊技状態制御手段(例えば、主制御部300の基本回路302、特図1状態更新処理、特図2状態更新処理、RAM308に設けた制御状態格納領域に記憶している情報を更新する処理など)と、図柄を変動表示させた後、前記当否判定の結果に対応した図柄態様(例えば、特図、装飾図柄)を停止表示する図柄変動停止表示を行なう図柄表示手段(例えば、第1特図表示装置212、第2特図表示装置214、装飾図柄表示装置208)と、補助当否判定(例えば、普図当否判定)を行なう補助当否判定手段(例えば、普図関連抽選処理)と、前記補助当否判定の結果が特定の補助当否判定結果(例えば、当り)である場合に、前記始動領域(例えば、第2特図始動口232)への遊技球の入賞のしやすさが第一の有利度となる第一制御状態(例えば、第2特図始動口232の羽根部材232aが閉鎖中であり遊技球が始動口に入り難い状態)から該第一制御状態よりも有利となる第二制御状態(例えば、第2特図始動口232の扉部材232aが開放中の状態や、第2特図始動口232の扉部材232aが開放と閉鎖を繰り返す状態)へ移行させる始動領域制御手段(例えば、普図状態更新処理)と、を備えた遊技台であって、前記第二制御状態として前記始動領域への遊技球の入賞を容易にする開放制御パターンを複数備え(例えば、6秒開放や0.2秒開放を備え)、前記複数の開放制御パターンのうちの一部は、他の開放制御パターンに比して開放時間が長い特別開放制御パターン(例えば、6秒開放)を有しており、前記特別開放制御パターンとなる前記特定の補助当否判定結果であるかどうかを予告する予告手段(例えば、普通電動役物開放予告演出処理)を備え、前記予告手段は、前記特別遊技状態中に前記予告(例えば、図28(d)に示す予告)を実行可能に構成したことを特徴とする遊技台である。

本実施形態に係るパチンコ機100は、特別遊技状態において遊技球の獲得に関する予告を行うことが可能なため、特別遊技状態における期待感に加えて、より多くの遊技球を得られるかもしれないといった期待感を与えることができ、遊技者の遊技意欲を高めることができる場合がある。

また、前記特別遊技状態制御手段は、所定の入賞手段(例えば、可変入賞口234)を開放可能に制御し、前記特定の当否判定結果を複数種類(例えば、特図A〜特図U)備えているとともに、当該特定の当否判定結果の種別に応じて前記所定の入賞手段の開放パターン(例えば、図6のアタッカー開放状態)が異なるように設定されており、前記予告手段は、前記特定の当否判定結果の種別に応じて前記予告を実行可能に構成してもよい(例えば、特図A、特図H以外は予告を行わない、など)。

このように、大当りの種類(所定の入賞手段の開放パターン)により電チュー開放の報知を可能とすることで、予告(おまけ)の有無を設定することができ、遊技のバリエーションを増やすことができる場合がある。

また、前記特定の当否判定結果は、前記所定の入賞手段の開放パターンとして短時間開放(例えば、0.4秒開放)を所定回数繰り返す第一の開放パターンとなる第一当否判定結果(例えば、特図L〜特図U)と、前記短時間開放よりも長い長時間開放(例えば、25秒開放)を含んで構成される第二の開放パターンとなる第二当否判定結果(例えば、特図A,特図H)を備えており、前記予告手段は、前記所定の入賞手段が前記第二の開放パターンとなる場合に前記予告を実行可能に構成してもよい。

このような構成とすれば、入賞手段の開放時間の違いによって予告に対する期待感を異ならせることができ、特に、入賞手段が長時間開放となる場合には、入賞手段への入賞による利益が大きくなることに加えて、予告によって、より多くの遊技球を得られるかもしれないといった期待感を与えることができ、遊技者の遊技意欲を高めることができる場合がある。

また、前記所定の入賞手段は、前記第一の開放パターンおよび前記第二の開放パターンにより規定される開放時間中に所定個数の遊技球が入賞した場合には前記開放時間中であっても当該入賞手段の開放動作を終了し、前記第一の開放パターンでは、前記所定個数の遊技球の入賞の前に開放時間が終了しやすい一方、前記第二の開放パターンでは、前記開放時間の終了前に前記所定個数の遊技球が入賞しやすく構成されていてもよい。

短時間開放では、規定上限個数の入球よりも先に閉鎖時間が到来して入賞手段が閉鎖してしまうため、一般的に賞球数の少ない始動領域について開放を報知する演出は遊技者にとって好ましいものではないが、このように、長時間開放中に予告を行い、短時間開放中は予告しないことで、大当りの出玉のおまけとして最適なタイミングでのみ予告を実行することができ、遊技者の遊技意欲の減退を防ぐことができる場合がある。

また、前記第二の開放パターンは、前記所定の入賞手段が前記特別遊技状態開始時に、前記短時間開放の後、前記長時間開放を実行する開放パターン(例えば、図6に示す、特図B〜特図Kに対応するアタッカー開放状態)を含んで構成されるとともに、前記特別遊技状態の開始時の初期動作が前記第一の開放パターンと識別困難に設定されてなり(例えば、特図L〜特図Uにおける可変入賞口234の最初の開放時間は0.4秒であるのに対して、特図B〜特図Kにおける可変入賞口234の最初の開放時間も0.4秒である)、前記予告手段は、前記所定の入賞手段が前記短時間開放時に前記予告の実行を規制してもよい。

例えば、第二のパターン全般で予告を行うと、予告の有無で大当り種別が遊技者に分かってしまう場合がある。つまり、予告が行われた場合には長時間開放を含む有利な当りであることも合わせて報知してしまうことになってしまうが、このように、第二のパターンに長時間開放はあるが短時間開放中は予告を規制し、第一の開放パターンと第二の開放パターンを同じように見せることで、第二の開放パターンでの大当りを期待させることができる場合がある。

また、前記予告手段は、前記補助当否判定の結果が導出される所定時間前に前記予告を実行開始可能に構成するとともに、当該時点で前記予告を実行可能な状態か否かを判定する実行判定手段(例えば、図30のステップS1310〜S1311の処理)を備え、該実行判定手段の判定結果に基づき前記予告を実行可能に構成してもよい。

このような構成とすれば、実際の予告の実行開始時点で実行可能な状態か判定することで適切な条件下で予告を実行できる場合がある。

また、前記始動領域および前記所定の入賞手段へ前記遊技球が入賞した場合にそれぞれ賞球を付与可能となっており、前記始動領域の賞球数は前記所定の入賞手段の賞球数に比して少なく設定されていてもよい。

このような構成とすれば、始動領域は所定の入賞手段(可変入賞口)よりも賞球数が少ないため、おまけの賞球として機能しやすいタイミングでは予告を行い、そうでない場合は予告を規制することで、予告に対する遊技者の期待を向上させることができる場合がある。

また、前記予告手段は、前記補助当否判定の結果が前記特定の補助当否判定結果(例えば、電チューの開放時間が長い普図A)である場合にのみ前記予告を実行可能にしてもよい。

このような構成とすれば、遊技者の報知に対する期待感や遊技者の遊技意欲を一層高めることができる場合がある。
また、前記始動領域制御手段が、前記特別開放制御パターンによる制御中であることを報知する報知手段を備え、前記報知手段は、前記予告手段が前記予告を実行可能なタイミングでは、前記報知を実行可能に構成する一方、前記予告手段が予告を規制するタイミングでは、前記報知を規制してもよい。

遊技球を増やせる可能性が高い場合は報知を行う方が好ましく、大当り中の電チュー開放時には可変入賞口への入賞を妨げてしまう可能性が高いため予告を規制したほうが好ましいが、このように、予告と開放中報知を適切なタイミングで実行することによって、大当り中に最適な電チュー開放予告および報知を実現できる場合がある。

また、前記遊技球を所定の発射強度で発射した際に前記始動領域および前記所定の入賞手段へ前記遊技球が入賞可能になっており、前記遊技球の流下経路において、前記始動領域を前記所定の入賞手段よりも上流側に配設してもよい。

このように、入賞手段(可変入賞口234)と始動領域(特図1始動口230または特図2始動口232)を上下に配設すれば、遊技球の発射強度の調整を頻繁に行う必要がないため、遊技に不慣れな初心者でも遊技を楽しむことができ、パチンコ機の稼働率を高めることができる場合がある。

また、前記特別遊技状態中、前記遊技球の発射強度を変化させた場合に前記遊技球が入賞可能となるように前記始動領域を前記所定の入賞手段と離間して配設してもよい(例えば、図29に示すように、特別遊技状態中に開放可能な入賞手段(この例では、可変入賞口234)を備え、当該入賞手段と始動領域(この例では、特図2始動口232)を左右方向に離間して配設してもよい)。

このような構成とすれば、第2特図始動口232の開放時間が長い場合(第2特図始動口232が遊技者にとって有利な状態になっている場合)には遊技球を右側の領域に打ち出すことによって第2特図始動口232の入賞による利益を得る一方で、第2特図始動口232の開放時間が短い(または閉鎖している)場合(第2特図始動口232が遊技者にとって不利な状態になっている場合)には遊技球を左側の領域に打ち出すことによって第1特図始動口230や可変入賞口234の入賞による利益を得ることで、遊技者が得ることができる利益量を高め、遊技者の遊技意欲を向上できる場合がある。

また、前記始動領域は、前記始動領域制御手段が前記第一制御状態または前記第二制御状態に制御している状態で前記遊技球が進入可能な第一の始動領域(例えば、第1特図始動口230)と、前記始動領域制御手段が前記第二制御状態に制御している状態でのみ前記遊技球が進入可能な第二の始動領域(例えば、第2特図始動口232)を備えるとともに、前記始動情報導出手段は、前記遊技球が前記第一の始動領域に進入した場合に前記始動情報として第一の始動情報を導出する一方、前記遊技球が前記第二の始動領域に進入した場合に前記始動情報として第二の始動情報を導出し、前記第一の始動情報に基づいて導出される前記当否判定の結果が前記特定の当否判定結果である場合に移行する前記特別遊技状態で得られる利益量(例えば、遊技球の払出数)よりも、前記第二始動情報に基づいて導出される前記当否判定の結果が前記特定の当否判定結果である場合に移行する前記特別遊技状態で得られる利益量が大きくなるように設定してもよい。

このような構成とすれば、遊技者にとって利益量が大きい始動領域に関する予告を優先して行うことが可能となるため、遊技者の報知に対する期待感や遊技者の遊技意欲を高めることができる場合がある。

また、前記第一の始動情報を所定の上限数まで記憶可能な第一の始動情報記憶手段(例えば、特図1に対応する保留数記憶領域)と、前記第二の始動情報を所定の上限数まで記憶可能な第二の始動情報記憶手段(例えば、特図2に対応する保留数記憶領域)とを備え、前記第一の始動情報記憶手段および前記第二の始動情報記憶手段のうちの両方に前記始動情報が記憶されている場合には、前記第二の始動情報記憶手段から前記第二の始動情報を取得し、前記第一の始動情報記憶手段および前記第二の始動情報記憶手段のうちの一方に前記始動情報が記憶されている場合には、前記始動情報が記憶されている前記一方の始動情報記憶手段から始動情報を取得するように構成してもよい。

このような構成とすれば、遊技者にとっての利益量が異なる始動情報が複数記憶されている場合でも、遊技者にとって利益量が大きい始動領域に関する予告を優先して行うことが可能となるため、遊技者の報知に対する期待感や遊技者の遊技意欲を高めることができる場合がある。

なお、本発明に係るパチンコ機の構成は、上記実施形態に係るパチンコ機100の構成に限定されるものではなく、例えば、本発明に係る「所定期間」は、特図変動遊技の回数や特図の変動時間などに基づいて決定してもよく、また、特図変動ごとの転落抽選や、はずれリーチ時の継続抽選などを期間終了の契機としてもよい。

また、前記補助当否判定手段は、前記補助当否判定に要する時間が短い状態となる第一状態と、該第一状態よりも長い状態となる第二状態を備えており、前記予告手段は、前記補助当否判定手段が前記第一状態である場合に前記予告を実行可能に構成してもよい。

また、特図1変動遊技よりも特図2変動遊技を優先する例を示したが、第1特図始動口230または第2特図始動口232への入球(入賞)の順番にしたがって特図1変動遊技または特図2変動遊技を行うように構成してもよい。また、この場合、大当りのラウンド数が多い(遊技者にとって有利な)特図変動遊技を優先して行うように構成してもよい。

また、本発明に係る「特別開放制御パターン」は、6秒の1回開放に限定されず、例えば、6秒の1回開放を、3秒の1回開放+1秒の1回閉鎖+3秒の1回開放のように、複数回の開放を行う開放パターンとしてもよい。すなわち、複数の開放制御パターンのうちの一部が、他の開放制御パターンに比して開放時間が長い特別開放制御パターンを有していればよい。

また、上記パチンコ機100(1種)以外に、パチンコ機(2種、3種)、封入式パチンコ機、およびパチロット等にも適用することができるし、アレンジボール遊技機、じゃん球遊技機、スマートボール等にも適用することができる。また、例えば、パチンコ機等の実機の動作を家庭用ゲーム機用として擬似的に実行するようなゲームプログラムにおいても、本発明を適用してゲームを実行することができる。

また、本発明の実施例に記載された作用および効果は、本発明から生じる最も好適な作用および効果を列挙したに過ぎず、本発明による作用および効果は、本発明の実施例に記載されたものに限定されるものではない。

本発明に係る遊技台は、スロットマシンや遊技機(パチンコ等)に代表される遊技台に適用することができる。

100 パチンコ機
136 発射ボタン
152 払出装置
200 遊技盤
206 演出装置
208 装飾図柄表示装置
210 普図表示装置
212 第1特図表示装置
214 第2特図表示装置
218 第1特図保留ランプ
220 第2特図保留ランプ
226 一般入賞口
228 普図始動口
230 第1特図始動口
232 第2特図始動口
234 可変入賞口
300 主制御部
400 第1副制御部
500 第2副制御部

Claims (6)

  1. 大当り判定を少なくとも実行可能な大当り判定手段と、
    当り判定を少なくとも実行可能な当り判定手段と、
    前記当り判定の結果が当りである場合に複数のパターンのうちのいずれかのパターンで少なくとも開閉可能な電チューと、
    複数の演出を少なくとも実行可能な演出手段と、
    を備えた遊技台であって、
    前記複数のパターンのうちの少なくとも一つは、第一のパターンであり、
    前記複数のパターンのうちの少なくとも一つは、第二のパターンであり、
    前記第二のパターンは、前記第一のパターンよりも少なくとも有利なパターンであり、
    前記複数の演出のうちの少なくとも一つは、第一の演出であり、
    前記複数の演出のうちの少なくとも一つは、第二の演出であり、
    前記第一の演出は、前記電チューが前記第二のパターンで開放するかどうかを少なくとも予告可能な演出であり、
    前記第二の演出は、前記電チューが前記第二のパターンで開放していることを少なくとも示唆可能な演出であり、
    前記演出手段は、大当り遊技状態において前記第一の演出を行わず、前記第二の演出を実行可能なものである、
    ことを特徴とする遊技台。
  2. 請求項1に記載の遊技台であって、
    複数の遊技状態のうちのいずれかの遊技状態を少なくとも開始可能な制御手段を備え、
    前記複数の遊技状態のうちの少なくとも一つは、電サポ状態であり、
    前記複数の遊技状態のうちの少なくとも一つは、非電サポ状態であり、
    前記演出手段は、前記電サポ状態において前記第一の演出を少なくとも実行しないものであり、
    前記演出手段は、前記電サポ状態において前記第二の演出を少なくとも実行しないものである、
    ことを特徴とする遊技台。
  3. 請求項2に記載の遊技台であって、
    前記演出手段は、前記非電サポ状態において前記第一の演出を少なくとも実行可能なものであり、
    前記演出手段は、前記非電サポ状態において前記第二の演出を少なくとも実行可能なものである、
    ことを特徴とする遊技台。
  4. 請求項1乃至3のいずれか1項に記載の遊技台であって、
    前記第二の演出は、前記第一の演出が行われた後で該第二の演出を実行する場合は、第一の態様で少なくとも実行可能なものであり、
    前記第二の演出は、該第二の演出のみ実行する場合は、第二の態様で少なくとも実行可能なものであり、
    前記第二の態様は、前記第一の態様と少なくとも異なる態様である、
    ことを特徴とする遊技台。
  5. 請求項1乃至4のいずれか1項に記載の遊技台であって、
    前記大当り遊技状態は、アタッカが少なくとも開閉可能な遊技状態であり、
    遊技領域が少なくとも設けられた遊技盤を備え、
    前記電チューは、前記遊技領域において、前記アタッカよりも少なくとも上方に設けられたものである、
    ことを特徴とする遊技台。
  6. 請求項1乃至5のいずれか1項に記載の遊技台であって、
    前記遊技台は、パチンコ機であり、
    前記演出手段は、前記電チューが前記第一のパターンで開放するかどうかを予告可能な演出を少なくとも実行しないものであり、
    前記演出手段は、前記電チューが前記第一のパターンで開放していることを示唆可能な演出を少なくとも実行しないものである、
    ことを特徴とする遊技台。
JP2010291495A 2010-12-28 2010-12-28 遊技台 Active JP5570970B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010291495A JP5570970B2 (ja) 2010-12-28 2010-12-28 遊技台

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010291495A JP5570970B2 (ja) 2010-12-28 2010-12-28 遊技台

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012135558A JP2012135558A (ja) 2012-07-19
JP5570970B2 true JP5570970B2 (ja) 2014-08-13

Family

ID=46673515

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010291495A Active JP5570970B2 (ja) 2010-12-28 2010-12-28 遊技台

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5570970B2 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6128675B2 (ja) * 2012-12-12 2017-05-17 豊丸産業株式会社 遊技機
JP6028281B2 (ja) * 2013-10-07 2016-11-16 豊丸産業株式会社 遊技機
JP6342846B2 (ja) * 2015-05-20 2018-06-13 株式会社三共 遊技機
JP5986264B2 (ja) * 2015-05-20 2016-09-06 株式会社三共 遊技機
JP6391627B2 (ja) * 2016-06-13 2018-09-19 株式会社三共 遊技機
JP6391628B2 (ja) * 2016-06-13 2018-09-19 株式会社三共 遊技機
JP2016193264A (ja) * 2016-07-22 2016-11-17 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016214979A (ja) * 2016-09-26 2016-12-22 豊丸産業株式会社 遊技機

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003199930A (ja) * 2001-12-28 2003-07-15 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機
JP2005137424A (ja) * 2003-11-04 2005-06-02 Baizakku:Kk 遊技機
JP2007313161A (ja) * 2006-05-29 2007-12-06 Jb:Kk 弾球遊技機
JP2009213756A (ja) * 2008-03-12 2009-09-24 Abilit Corp パチンコ遊技機
JP2010104758A (ja) * 2008-09-30 2010-05-13 京楽産業.株式会社 遊技機
JP5231193B2 (ja) * 2008-12-15 2013-07-10 株式会社三共 遊技機
JP5062223B2 (ja) * 2009-06-05 2012-10-31 タイヨーエレック株式会社 弾球遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012135558A (ja) 2012-07-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5845508B1 (ja) Amusement stand
JP5888575B1 (ja) 遊技台
JP5560476B1 (ja) 遊技台
JP5256478B2 (ja) 遊技台
JP5344442B1 (ja) 遊技台
JP5258007B1 (ja) 遊技台
JP5958969B2 (ja) 遊技台
JP5194269B2 (ja) 遊技台
JP5857325B1 (ja) Amusement stand
JP4897090B1 (ja) 遊技台
JP4897061B2 (ja) Amusement stand
JP5994174B2 (ja) 遊技台
JP5636543B2 (ja) Amusement stand
JP6340615B2 (ja) 遊技台
JP4897091B1 (ja) Amusement stand
JP5564675B2 (ja) 遊技台
JP5761631B1 (ja) 遊技台
JP5509308B1 (ja) Amusement stand
JP6159999B2 (ja) 遊技台
JP5344632B2 (ja) 遊技台
JP5466775B1 (ja) 遊技台
JP5990757B2 (ja) 遊技台
JP5775120B2 (ja) 遊技台
JP2012100872A (ja) 遊技台
JP5770879B1 (ja) 遊技台

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120802

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130813

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130827

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20131028

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140603

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140625

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5570970

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250