JP5203718B2 - Display device, and an image processing apparatus including the same - Google Patents

Display device, and an image processing apparatus including the same Download PDF

Info

Publication number
JP5203718B2
JP5203718B2 JP2008001437A JP2008001437A JP5203718B2 JP 5203718 B2 JP5203718 B2 JP 5203718B2 JP 2008001437 A JP2008001437 A JP 2008001437A JP 2008001437 A JP2008001437 A JP 2008001437A JP 5203718 B2 JP5203718 B2 JP 5203718B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
file name
display
characters
character
number
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008001437A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2009163561A (en )
Inventor
一幸 大西
Original Assignee
シャープ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、表示部にデータのファイル名を表示する表示装置と、それを備えた画像処理装置に関する。 The present invention includes a display device for displaying the file name of the data on the display unit, an image processing apparatus having the same.

現在の画像処理装置は、例えば、USBメモリに格納したAdobe社のPDFデータやMicrosoft社のエクセルデータといった画像データのファイル名を表示部で表示し、利用者が表示されたファイル名を選択すると、ファイルに対してコピーやファックスといった処理をする機能が搭載されている。 Current image processing apparatus, for example, displayed on the display unit the file name of the image data such as the Adobe PDF data and Microsoft's Excel data stored in the USB memory, select a file name by the user is displayed, ability to process such copying and fax is mounted on the file.

ところで、画像処理装置に搭載される表示部は、コストや設置面積の点で表示画素数が限られた低解像度の表示部を採用する場合が多い。 Incidentally, the display unit to be mounted on an image processing apparatus, often employing the display unit of the low-resolution display pixel number is limited in terms of cost and installation area. そのため、表示部は、画面に表示できる文字数が制限されるので、ファイル名を全て表示しきれない場合がある。 Therefore, the display unit, since the number of characters that can be displayed on the screen is limited, there is a case that can not be displayed all of the file name. この場合、例えば、複数のファイル名を表示するとき、ファイル名の先頭から表示可能文字数内の文字が他のファイル名と同じだと、表示されたファイル名ではどのファイルなのか区別がつかないといった問題がある。 In this case, for example, when you display a plurality of file names, and character in the display possible number of characters from the beginning of the file name is the same as another file name, to distinguish what files to a file name that is displayed told not stick There's a problem.

そこで、特許文献1では、長いファイル名を処理して短いファイル名とする方法が記載されている。 Therefore, Patent Document 1, a method for the short filename to handle long file name is described.
特開2006−92087公報 JP 2006-92087 Publication

特許文献1は、コンピュータによるファイル管理のためのものである。 Patent Document 1 is for file management by a computer. そのため、特許文献1は、ほとんど同一名称の複数のファイル名を単純に短くしても、視認性の悪い操作部でのファイル選択の利便性、効率は改善されない。 Therefore, Patent Document 1, even if most simply shorten the multiple file name of the same name, the convenience of file selection in visibility poor operation unit, the efficiency is not improved.

また、表示部の表示面積が比較的小さい上、利用者が立ち姿勢で表示部を見ることが多いため、文字の識別が困難である。 Further, on a relatively small display area of ​​the display unit, because you often see the display unit at the falling the user posture, it is difficult to distinguish the characters. そのため、仮に、ファイル名をすべて表示できたとしても、他のファイル名と比べて一部だけが異なる場合は、ファイル名の識別は困難である。 Therefore, even if were able to display all of the file name, if only are different part compared with other file name, the identity of the file name is difficult.

本発明は、上記に鑑み、複数のファイル名を表示する際に、他のファイル名と識別しやすいファイル名を作成する表示装置、および、それを備えた画像処理装置の提供を目的とする。 In view of the above, when displaying a plurality of file names, the display device to create easily identifiable file name and other file names, and aims to provide an image processing apparatus having the same.

上記目的を達成するために、本発明では、ファイル名を表示するエリアに字数制限が設けられた表示部と、前記ファイル名に基づいて、エリアの表示可能文字数に対応する表示ファイル名を作成する制御部とを備えた表示装置であって、複数のファイル名を表示するとき、前記制御部は、他の表示ファイル名と異なる表示ファイル名を作成することを特徴とする。 To achieve the above object, the present invention creates a display unit word limit is provided in an area for displaying a file name, based on the file name, the display file name corresponding to the displayable characters of the area a display device and a control unit, when displaying a plurality of file names, the control unit may create a different display file name and other display file name.

表示部は、ファイル名を表示するエリアを有する画面を備える。 The display unit is provided with a screen having an area that displays the file name. 制御部は、前記画面に複数のファイル名を表示する場合、他の表示ファイル名と異なる表示ファイル名を各ファイル名に基づいて作成する。 Control unit, when displaying a plurality of file names on the screen, created based different display file name and other display file name to each file name.

また、制御部は、表示部の表示可能文字数に応じた表示ファイル名を作成する。 In addition, the control unit, to create a display file names corresponding to the display possible number of characters of the display unit. 表示部は、制御部からの指示に基づいて、決められたエリアの表示可能文字数以内で作成された表示ファイル名を表示する。 Display unit based on an instruction from the control unit displays the display file names created within the displayable characters of a predetermined area.

具体的には、制御部は、表示部に表示する他のファイル名と比較して異なる文字を検出する。 Specifically, the control unit detects a different character compared to other file names to be displayed on the display unit. 検出手段としては、制御部がファイル名の先頭の文字から順に比較して異なる文字を検出する。 The detecting means, the control unit detects a different character compared from the beginning of the character of the file name in order. 例えば、制御部は、ファイル名から連続する複数の文字を抽出し、前記連続する複数の文字ごとに比較して異なる文字を検出する。 For example, the control unit extracts a plurality of consecutive characters from the file name, to detect a different character compared to each of a plurality of characters said consecutive.

異なる文字を検出すると、制御部は、その異なる文字を抽出し、抽出した異なる文字を含ませた表示ファイル名を作成する。 Upon detection of a different character, the control unit extracts the different characters, to create a display file name contained the extracted different character. 具体的には、制御部は、異なる文字を含む連続する文字からなるブロックを抽出する。 Specifically, the control unit extracts a block of consecutive characters including different character. そして、制御部は、抽出したブロックを組み合わせて表示ファイル名を作成する。 Then, the control unit creates a display file name by combining the extracted blocks. 具体的には、制御部は、同じ文字からなるブロックを記号に置換し、文字と記号とを組み合わせて表示ファイル名を作成する。 Specifically, the control unit replaces a block of the same characters in the symbol, to create a display file name by combining the characters and symbols.

抽出するブロックは、ファイル名の先頭あるいは末尾から所定数の文字とするとよい。 Block extraction may be from the beginning or end of the file name and a predetermined number of characters. 通常、ファイル名は、その先頭あるいは末尾において、他のファイル名と異ならして、差別化を図ることが多いので、先頭あるいは末尾の文字を表示ファイル名に用いることで、利用者は判別し易くなる。 Usually, the file name is in the head or tail, and different from the other file name, so it is often to differentiate, by using the first or last character in the display file name, the user easily determines Become.

なお、ブロックとは、複数の連続する文字から構成されるものであって、例えば、異なる文字と、その前後の複数の文字を含む。 Note that the block includes a be composed of a plurality of successive characters, for example, a different character, a plurality of characters before and after.

制御部は、他の表示ファイル名と比較して異なる文字を検出し、前記異なる文字の表示を変化させることを特徴とする。 Control unit detects a different character compared to other display file name, and wherein the changing the display of the different character. 制御部は、作成した表示ファイル名同士を比較し、異なる文字を検出する。 The control unit compares the display file names with each other that you created, to detect different character. 検出した異なる文字を他の文字の表示と異なる表示に変更する。 Changing the detected different characters in a different display and display of other character. 例えば、文字の表示色を変える、文字を点滅させる、文字を太字にするといったことが考えられる。 For example, changing the display color of characters, blinking characters, it is considered such that the characters to bold. これにより、利用者は、一目で異なる文字を判別することができるので、出力するファイルを表示されたファイルの中から選択することが容易となる。 Thus, the user, it is possible to determine at a glance different character, it can be easily selected from among files displayed output file.

これら表示装置を画像処理装置に供える。 Dedicate these display devices to the image processing apparatus. 画像処理装置は、コピー機、プリンタ、ファクシミリ、スキャナ、もしくは、これら2つ以上を組み合わせた複合機である。 The image processing apparatus, a copier, a printer, a facsimile, a scanner or a multifunction device that combines the two or more.

本発明によると、表示可能な限られた字数の中で、他とは異なるファイル名にすることにより、利用者は、出力したいデータのファイル名を一目で判別することができる。 According to the present invention, in number of characters with a limited displayable by the file name different from other, the user can determine the file name of the data to be output at a glance. これにより、利用者は、必要な画像データの処理を行なう際、容易に処理をしたいファイルを選択することができる。 Thus, the user, when performing the processing of the image data required, it is possible to select the file to be easily processed. したがって、処理の開始までの時間が早くなり、処理時間の短縮を図ることができる。 Thus, faster time to start of the process, it is possible to shorten the processing time.

〔第1実施形態〕 First Embodiment
以下、本発明の第1実施形態にかかる表示装置を詳細に説明する。 Hereinafter will be described a display device according to a first embodiment of the present invention in detail. なお、説明の便宜上、表示装置をコピーモード、プリンタモード、スキャナモード、ファクシミリモード、および、データファイリングモードを有する画像処理装置に装着した場合で説明する。 For convenience of explanation, the copy mode display device, a printer mode, scanner mode, facsimile mode, and will be described in the case of mounting the image processing apparatus having a data filing mode.

図1は、画像処理装置の一実施形態を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing an embodiment of an image processing apparatus. 画像処理装置は、原稿の画像を読み取って記録用紙に印刷するコピーモード、原稿の画像を読み取って送信したり、原稿の画像を受信して記録用紙に印刷したりするファクシミリモード、情報端末装置1からネットワークを通じて受信した画像を記録用紙に印刷するプリンタモード、原稿の画像を読み取ってハードディスクやメモリ等の記憶部に記憶するデータファイリングモード等を選択的に行なうことができる。 The image processing apparatus, a copy mode, and transmits an image of a document is read, the facsimile mode or to print on the recording paper by receiving an image of a document to be printed by reading an image of an original on a recording sheet, the information terminal device 1 printer mode for printing an image received through a network to a recording paper, data filing mode for storing in the storage unit such as a hard disk or a memory by reading an image of a document can be selectively performed from.

画像処理装置は、画像処理・プリント処理部2と、プリントエンジン9と、操作部5とを備える。 The image processing apparatus includes an image processing and print processing unit 2, a print engine 9, an operation unit 5. 画像処理・プリント処理部2と、プリントエンジン9と、操作部5は、それぞれが通信可能に接続される。 And image processing and print processing unit 2, a print engine 9, the operation unit 5, each of which is communicably connected.

画像処理・プリント処理部2は、LAN3を介して情報端末装置であるパソコン1と通信可能に接続されるLANI/F2aと、スキャナ14と通信可能に接続されるスキャナI/F2bと、通信ライン13を介して操作部5と通信可能に接続される操作部I/F2cと、画像転送用バス10を介してプリントエンジン9と通信可能に接続されるプリントエンジンI/F2dと、USBメモリ4が接続されるUSBI/F11と、これらの制御を司るCPU12とを備える。 Image processing and print processing unit 2 includes a LAN I / F2a which is communicably connected to the personal computer 1 is an information terminal device via the LAN 3, and a scanner I / F2b communicatively connected to the scanner 14, the communication line 13 an operation unit I / F2c which is communicably connected to the operation unit 5 via a print engine I / F2d communicatively connected to the print engine 9 via the image transfer bus 10, USB memory 4 is connected It includes a USB I / F11 is, the CPU12 which controls these control.

LANI/F2aは、LAN3に接続される。 LANI / F2a is connected to the LAN3. 画像処理・プリント処理部2は、LAN3を通してパソコン1と通信可能とされる。 Image processing and print processing unit 2 is capable of communicating with the personal computer 1 through the LAN 3. CPU12は、パソコン1からの画像データを受けてプリントやファックス等の種々の処理を行なう。 CPU12 performs various processing such as printing or facsimile receiving image data from the personal computer 1.

スキャナI/F2bには、スキャナ14が接続される。 The scanner I / F2b, scanner 14 is connected. CPU12は、スキャナ13から読み込まれた原稿の画像データを受けて、印字用データを生成する。 CPU12 receives the image data of the document read by the scanner 13, generates the printing data. そして、CPU12は、生成した印字用データを用いてプリントやファックス等の種々の処理を行なう。 Then, CPU 12 performs various processing such as print and fax using the generated print data.

USBI/F11には、画像データ等の各種データが格納されたUSBメモリ4が接続される。 The USB I / F11, USB memory 4 in which various data such as image data is stored is connected. CPU12は、USBI/F11に接続されたUSBメモリ4から画像データを読み出す。 CPU12 reads the image data from the USB memory 4 connected to the USB I / F11. そして、CPU12は、USBメモリ4から読み出した画像データを用いてプリントやファックス等の種々の処理を行なう。 Then, CPU 12 performs various processing such as print and fax using the image data read from the USB memory 4. また、CPU12は、読み出した画像データのファイル名20を操作部I/F2cと通信ライン13を介して操作部5に送信する。 Further, CPU 12 sends the image data file name 20 read operation unit through the communication line 13 and I / F2c on the operation unit 5.

プリントエンジンI/F2dには、プリントエンジン9が接続される。 The print engine I / F2d, print engine 9 is connected. CPU12は、画像転送用バス10を通して、画像データから生成された印字用データをプリントエンジン9に送信する。 CPU12 transmits through the image transfer bus 10, the print data generated from the image data to the print engine 9. プリントエンジン9は、受信した印字用データに基づいてレーザ光で静電複写を行なう。 The print engine 9 performs an electrostatic copying a laser beam on the basis of print data received.

操作部I/F2cには、通信ライン13を介して操作部5に通信可能に接続される。 The operation unit I / F2c, is through the communication line 13 communicatively connected to the operation unit 5. CPU12は、USBI/F11に接続されたUSBメモリ4、スキャナI/F2bに接続されたスキャナ14、あるいは、LANI/F2aに接続されたパソコン1等からの画像データを通信ライン13を介して操作部5に送信する。 CPU12 is, USB I / F11 to a connected USB memory 4, the scanner I / F2b connected to the scanner 14 or image data via the communication line 13 to the operation unit from the personal computer 1 or the like connected to the LAN I / F2a and transmits it to the 5.

操作部5は、図2に示すように、画像データのファイル名20を表示する表示部6と、操作用のキー7と、操作部5の処理を記述したプログラム、表示用のデータおよび表示用のフォント等を格納するROM15と、作業用の記憶域であるRAM16と、これらの制御を司る制御部であるCPU8とを備える。 Operation unit 5, as shown in FIG. 2, a display unit 6 for displaying the file name 20 of the image data, a key 7 for operation, program describing the processing of the operation unit 5, data and display for display provided with ROM15 for storing fonts, etc., and RAM16 is a storage area for working, a CPU8 and a control unit which controls these control. なお、表示部6とCPU8とから表示装置を構成する。 Note that a display device and a display unit 6 CPU 8 Prefecture.

表示部6は、ファイル名20を表示する液晶パネル6aと、前記液晶パネル6aを駆動制御する液晶ドライバ6bとを備える。 The display unit 6 includes a liquid crystal panel 6a to display the file name 20, and a liquid crystal driver 6b for driving and controlling the liquid crystal panel 6a. 表示部6は、CPU8からの指示に基づいて、画像処理・プリント処理部2から受信したファイルの属性を表示する。 The display unit 6, based on an instruction from the CPU 8, and displays the attributes of the file received from the image processing and print processing unit 2. ここで、属性とは、ファイルのファイル名、ファイルのサイズ、記憶あるいは更新された日時等である。 Here, the attribute, the file name of the file, the size of the file, which is a storage or updated date and time.

キー7は、キーマトリクス7aを通してCPU8に接続される。 Key 7 is connected to the CPU8 through key matrix 7a. キー7は、利用者のファイル選択作業等に使用される。 Key 7 is used in the user's file selection work and the like.

次に、プリンタモードを例に挙げて、画像処理装置の動作を説明する。 Next, a printer mode as an example, the operation of the image processing apparatus. なお、説明の便宜上、出力する画像データは、USBメモリ4に格納されているものとする。 The image data for convenience, the output of the explanation is assumed to be stored in the USB memory 4.

利用者が、USBメモリ4をUSBI/F11に接続する。 The user connects the USB memory 4 to USBI / F11. CPU12は、USBメモリ4に格納されている画像データのファイルを一覧にしたテーブルを読み出す。 CPU12 reads the table in which the file of the image data stored in the USB memory 4 in the list. CPU12は、読み出したテーブルから各ファイルの属性を操作部5のCPU8に送信する。 CPU12 transmits a read table attributes of each file CPU8 of the operation unit 5.

CPU8は、受信したファイルの属性から各ファイルのファイル名を抽出する。 CPU8 extracts the file name of each file from the attribute of the received file. CPU8は、液晶ドライバ6bを駆動制御して、抽出したファイル名20を表示部6に表示させる。 CPU8 is a liquid crystal driver 6b controls and drives, displays the extracted file name 20 to the display unit 6. 利用者は、表示部6に表示されたファイル名20からプリントしたい画像データを選択する。 The user selects the image data to be printed from the file name 20 is displayed on the display unit 6.

具体的には、利用者は、キー7を操作して、表示部6に表示されたファイル名20を選択する。 Specifically, the user operates the key 7, to select the file name 20 displayed on the display unit 6. ファイル名20が選択されると、CPU8は、選択されたファイル名20をCPU12に送信する。 If the file name 20 is selected, CPU 8 transmits the file name 20 selected to CPU 12.

CPU12は、受信したファイル名20からプリントする画像データをUSBメモリ4から読み出す。 CPU12 reads the image data to be printed from the file name 20 received from the USB memory 4. CPU12は、読み出した画像データを、印字可能な形式の印字用データに変換する。 CPU12 is the read image data into print data printable format. CPU12は、印字用データをプリントエンジン9に送信する。 CPU12 transmits the print data to the print engine 9. プリントエンジン9は、印字用データに基づいてプリントを実行する。 The print engine 9 executes printing based on the printing data.

ところで、表示部6は、コストや設置面積の点で表示画素数が限られた低解像度の物を採用する場合が多い。 Incidentally, the display unit 6 are often employed things low resolution number of display pixels in terms of cost and installation area is limited. 表示部6は、ファイル名20を表示するためのエリアに表示できる文字数を制限する。 The display unit 6, which limits the number of characters that can be displayed in the area for displaying the file name 20. 画像データのファイル名20が長いと、表示部6に全ての文字を表示することができない場合がある。 If the file name 20 of the image data is long, it may not be possible to display all of the characters on the display unit 6.

例えば、表示部6の表示可能文字数が16文字の場合、図3(a)に示す23文字のファイル名20は、図3(b)のように、ファイル名20の先頭から16文字までしか表示されない。 For example, if the displayable characters of the display unit 6 is 16 characters, 23 characters of the file name 20 shown in FIG. 3 (a), as shown in FIG. 3 (b), the display only from the beginning of the file name 20 to 16 characters not. そのため、末尾の文字だけが異なる複数のファイル名20を同時に表示する場合、表示部6は、全て同じ名称のファイル名20が表示される。 Therefore, if only the end of the character to display a plurality of different file name 20 simultaneously, the display unit 6, a file name 20 of all the same name is displayed. そのため、利用者は、どのファイル名20が目的のファイルなのかを判別することができない。 Therefore, the user, which file name 20 is not able to determine whether the purpose of the files of.

そこで、操作部5のCPU8には、利用者の操作性を向上するために、表示部6に表示されるファイル名20を、他のファイル名20と異なるように表示可能文字数に対応する表示ファイル名21を作成する表示ファイル名作成機能を備える。 Therefore, the CPU8 of the operation unit 5, in order to improve the operability of the user, the display file corresponding the file name 20 is displayed on the display unit 6, the display number of characters to be different from the other file name 20 and a display file name creation function to create a name 21.

表示ファイル作成機能が実行されると、CPU8は、同時に表示されるファイル名同士の先頭の文字から順に比較して異なる文字を検出し、抽出する。 When the display file creation function is executed, CPU 8 detects a different character compared to the order from the first character of the file name each other are displayed at the same time, extracts. そして、CPU8は、抽出した文字を含ませた表示ファイル名21を作成する。 And, CPU8 is, to create a display file name 21, which included the extracted character. 抽出する文字は、例えば、ファイル名20の先頭および末尾から所定数の文字が考えられる。 Character to be extracted, for example, a character leading and the trailing number of predetermined file name 20 is considered. CPU8は、ファイル名20の先頭および末尾から所定数の文字からなるブロックB1,B2で抽出し、そのブロックを組み合わせて表示ファイル名21を作成する。 CPU8 extracts from the beginning and end of the file name 20 in the block B1, B2 composed of a predetermined number of characters, to create a display file name 21 in combination the block.

なお、ファイル名20の中間は省略して、「…」、「@」、「*」あるいは「¥」といった記号を用いる。 It should be noted that the middle of the file name 20 is omitted, "...", "@", using a symbol such as "*" or "¥". すなわち、抽出したブロックB1,B2同士の間に文字が有る場合は、その省略した文字を記号に置換する。 That is, if the character between the extracted blocks B1, B2 each other there replaces the abbreviated character to the symbol. ブロックB1,B2同士の間に文字が無い場合は、ブロックB1,B2同士の間に記号挿入する。 If the character is not between the blocks B1, B2 with each other, to insert a symbol between the blocks B1, B2 with each other. 記号は、ファイル名20に使用不可能なものを使うと良い。 Symbols, may use the ones that can not use the file name 20.

具体的には、CPU8は、抽出した文字、例えば、ファイル名20の先頭から7文字からなるブロックB1と、ファイル名20の末尾から8文字からなるブロックB2を抽出した場合、「ブロックB1」+「記号」+「ブロックB2」とする表示ファイル名21を作成する。 Specifically, in the case CPU8 the extracted character, for example, and the extracted block B1, which consists of seven characters from the beginning of the file name 20, a block B2 of eight characters from the end of the file name 20, "block B1" + to create a display file name 21, "symbol" + "block B2".

次に、具体的な表示ファイル名21の作成動作を、図5のフローチャートに基づいて説明する。 Next, a creation operation of specific display file name 21, will be described with reference to the flowchart of FIG.

なお、説明の便宜上、表示部6の表示可能文字数は16文字とする。 For convenience of explanation, the displayable characters of the display unit 6 to 16 characters. ファイル名20の先頭および末尾から抽出するブロックの文字数は、先頭から7文字、末尾から8文字とする。 The number of characters of the block to be extracted from the beginning and the end of the file name 20 is, from the beginning 7 letter, the eight characters from the end. 画像データは、USBメモリ4に格納されているものとする。 Image data is assumed to be stored in the USB memory 4. USBメモリ4に格納される画像データのファイル名20は図4に示す。 File name 20 of the image data stored in the USB memory 4 is shown in FIG.

利用者がUSBI/F11にUSBメモリ4を接続すると、CPU12は、USBメモリ4から画像データのファイルを一覧にしたテーブルを読み出す。 When the user connects the USB memory 4 to USBI / F11, CPU12 reads the table that lists the image data file from the USB memory 4. CPU12は、読み出したテーブルから各ファイルの属性を操作部5のCPU8に送信する。 CPU12 transmits a read table attributes of each file CPU8 of the operation unit 5.

CPU8は、受信したファイルの属性から各ファイルのファイル名F1,F2,F3を抽出する(S40)。 CPU8 extracts the file name F1, F2, F3 of the respective files from the attribute of the received file (S40). CPU8は、抽出したファイル名F1,F2,F3が表示ファイル名21で表示するか、そのままのファイル名20を先頭から表示すべきかの表示フラグを初期化(f1,f2,f3=0)する(S41)。 CPU8 either extract file name F1, F2, F3 was to display the display file name 21, as if the display flag initialize should display the file name 20 from the beginning (f1, f2, f3 = 0) to ( S41). なお、表示フラグは、表示ファイル名21で表示する場合は「1」、そのままのファイル名20を先頭から表示する場合は「0」である。 It should be noted that the display flag, if you want to display in the display file name 21 If you want to view from the top "1", as it is of the file name 20 is "0".

CPU8は、ファイル名F1とファイル名F2、ファイル名F1とファイル名F3、ファイル名F2とファイル名F3の順にそれぞれで、先頭から何番目の文字が異なっているかを比較する。 CPU8, the file name F1 and the file name F2, file name F1 and the file name F3, respectively in the order of the file name F2 and the file name F3, to compare what number of characters from the beginning is different.

CPU8は、比較する文字の番数Nを初期化(N=1)する(S42)。 CPU8 is the ordinal number N of the character to be compared is initialized (N = 1) (S42). CPU8は、比較する文字数Lを設定する(S43)。 CPU8 is, to set the number of characters L to be compared (S43). 文字数Lは、比較するファイル名20の内、文字数が少ない方のファイル名20の文字数に設定する。 The number of characters L, of the file name 20 to be compared, is set to the number of characters in the file name 20 having the smaller number of characters. 本実施例では、ファイル名F1が17文字、ファイル名F2およびファイル名F3が23文字である。 In this embodiment, the file name F1 is 17 characters, the file name F2 and file name F3 is 23 characters. したがって、ファイル名F1とファイル名F2を比較する場合、文字数Lは、L=17と設定する。 Therefore, when comparing the file name F1 and the file name F2, the number L of characters is set to L = 17. なお、ファイル名F1とファイル名F3を比較するときの文字数LはL=17、ファイル名F2とファイル名F3を比較するときの文字数LはL=23となる。 Incidentally, the number L of characters when comparing the file name F1 and the file name F3 is number L when comparing L = 17, the file name F2 and file name F3 becomes L = 23.

CPU8は、ファイル名F1とファイル名F2の先頭からN番目の文字を比較する(S44)。 CPU8 compares the N-th character from the beginning of the file name F1 and the file name F2 (S44). 文字が一致する場合、CPU8は、番数Nを「N+1」に変更する。 If the characters match, CPU8 changes the ordinal number N to "N + 1". そして、変更した番数N(N=N+1)が文字数Lより大きいか否かを判定する。 Then, it is determined whether the modified ordinal number N (N = N + 1) is greater than the number of characters L. 番数N(N=N+1)が文字数Lより大きい場合は、ファイル名F1とファイル名F2の比較を終了する。 If ordinal number N (N = N + 1) is greater than the number L of characters ends the comparison of the file name F1 and the file name F2. そして、次のファイル名F1とファイル名F3の比較を開始する(S47)。 Then, to start the comparison of the next file name F1 and the file name F3 (S47).

番数N(N=N+1)が文字数L以下の場合は、ファイル名F1の先頭からN+1番目の文字とファイル名F2の先頭からN+1番目の文字を比較する。 If ordinal number N (N = N + 1) is less than the number of characters L, to compare from the head N + 1-th character from the beginning of the file name F1 (N + 1) th character and file name F2. このように、ファイル名F1のN番目の文字とファイル名F2のN番目の文字とが異なるまで比較する。 Thus, an N-th character in the N-th character and file name F2 filename F1 compared to different.

ファイル名F1とファイル名F2のN番目の文字を比較した結果、異なる文字を検出すると(S44)、CPU8は、番数Nが表示部6の表示可能文字数より大きいか否かを判定する(S45)。 Result of comparing the N-th character in the file name F1 and the file name F2, detects different character (S44), CPU 8 determines whether or not the ordinal number N is greater than the displayable characters of the display unit 6 (S45 ). 番数Nが表示可能文字数より小さい場合は、ファイル名F1とファイル名F2の比較を終了する。 If ordinal number N is less than the displayable characters terminates the comparison of the file name F1 and the file name F2. そして、次のファイル名F1とファイル名F3の比較を開始する(S47)。 Then, to start the comparison of the next file name F1 and the file name F3 (S47).

番数Nが表示可能文字数以上の場合は、CPU8は、ファイル名F1とファイル名F2の表示フラグをf1,f2=0からf1,f2=1に変更する(S46)。 If ordinal number N is equal to or greater than the displayable characters, CPU 8 changes the display flag of the file name F1 and file name F2 from f1, f2 = 0 to f1, f2 = 1 (S46) . そして、次のファイル名F1とファイル名F3の比較を開始する(S47)。 Then, to start the comparison of the next file name F1 and the file name F3 (S47).

次にCPU8は、S47、S48、S52〜S56のステップで、ファイル名F1とファイル名F3の比較を行なう。 Then CPU8 are, S47, S48, in step S52 to S56, and compares the file name F1 and the file name F3. このときの動作は、ファイル名F1とファイル名F2の比較動作(S42〜S46、S50、S51)と同じである。 At this time, the operation comparison operation (S42 to S46, S50, S51) of the file name F1 and the file name F2 is the same as.

ファイル名F1とファイル名F3の比較が終了すると、CPU8は、S57〜S63のステップで、ファイル名F2とファイル名F3の比較を行なう。 By comparison of the file name F1 and the file name F3 is completed, CPU 8 is a step S57~S63, and compares the file name F2 and file name F3. このときの動作は、ファイル名F1とファイル名F2の比較動作(S42〜S46、S50、S51)と同じである。 At this time, the operation comparison operation (S42 to S46, S50, S51) of the file name F1 and the file name F2 is the same as.

ファイル名F1,F2,F3の比較が終了すると、CPU8は、ファイル名F1の表示フラグがf1=1であるか否かを判定する(S64)。 By comparison of the file name F1, F2, F3 is completed, CPU 8, the display flag of the file name F1 is judged whether or not f1 = 1 (S64). f1=1でない場合、すなわち、f1=0の場合、CPU8は、ファイル名F1の先頭から16文字を抽出し、抽出した文字で表示ファイル名21を作成する(S66)。 If not f1 = 1, i.e., the case of f1 = 0, CPU 8 extracts the 16 characters from the beginning of the file name F1, in the extracted character create display file name 21 (S66). 本実施例の場合、CPU8は、ファイル名F1の表示ファイル名21を「特許出願2007年進捗資料作成−」と作成する。 In the case of the present embodiment, CPU8 is, the display file name 21 of the file name F1 "patent application 2007 progress material creation -" to create with.

f1=1の場合、CPU8は、ファイル名F1の先頭および末尾から所定数の文字からなるブロックB1,B2を抽出する。 For f1 = 1, CPU 8 extracts the blocks B1, B2 from the head and end of the file name F1 consisting of a predetermined number of characters. すなわち、CPU8は、「先頭から7文字」のブロックB1と「末尾から8文字」のブロックB2を抽出する。 In other words, CPU8 extracts the block B2 of the "eight characters from the end," said block B1 of the "top from seven characters". そして、CPU8は、抽出したブロックB1,B2を用いて表示ファイル名21を作成する(S65)。 Then, CPU 8 is a block B1, B2 extracted create display file name 21 using (S65). 本実施例の場合、CPU8は、ファイル名F1の表示ファイル名21を「特許出願200…進捗資料作成−1」と作成する。 In the case of the present embodiment, CPU8 is, the display file name 21 of the file name F1 to create a "patent application 200 ... progress material creation -1".

ファイル名F1の表示ファイル名21を作成すると、CPU8は、S67〜S69のステップでファイル名F2の表示ファイル名21を作成する。 When you create a display file name 21 of the file name F1, CPU8 is, to create a display file name 21 of the file name F2 in the step of S67~S69. このときの動作は、ファイル名F1の表示ファイル名21の作成動作(S64〜S66)と同じである。 At this time, the operation is the same as the display file name 21 of the creation operation of the file name F1 (S64~S66).

ファイル名F2の表示ファイル名21を作成すると、CPU8は、S70〜S72のステップでファイル名F3の表示ファイル名21を作成する。 When you create a display file name 21 of the file name F2, CPU8 is, to create a display file name 21 of the file name F3 in the step of S70~S72. このときの動作は、ファイル名F1の表示ファイル名21の作成動作(S64〜S66)と同じである。 At this time, the operation is the same as the display file name 21 of the creation operation of the file name F1 (S64~S66).

ファイル名F1,F2,F3の表示ファイル名21の作成が終了すると、CPU8は、液晶ドライバ6bを駆動制御して、作成したファイル名F1,F2,F3の表示ファイル名21(図6参照)を表示部6に表示させる(S73)。 If the file name F1, F2, creating the display file name 21 of F3 is completed, CPU 8 is a liquid crystal driver 6b controls and drives, display file name 21 of the file name F1, F2, F3 that created (see Figure 6) on the display unit 6 (S73).

これにより、表示部6にファイル名20のすべてを表示できない場合であっても、互いに異なる表示ファイル名21を表示することができる。 Accordingly, even when the display section 6 can not display all of the file name 20, it is possible to display different display file name 21 from each other. そのため、利用者は、容易に所望するファイル名20を選択することができるので、設定時間の短縮を図ることができる。 Therefore, the user can select a file name 20 to easily desired, it is possible to shorten the setting time.

〔第2実施例〕 Second Embodiment]
次に、図7〜図9を用いて、第2実施形態にかかる表示装置を詳細に説明する。 Next, with reference to FIGS, detailed description of the display device according to a second embodiment. なお、本実施形態は、表示ファイル作成機能が第1実施形態と異なる。 The present embodiment, the display file generation function is different from the first embodiment. すなわち、CPU8がファイル名同士を比較する方法と、比較した結果から表示ファイル名171を作成する方法が第1実施形態と異なる。 That is, different CPU8 and a method of comparing with each other file names, how to create a display file name 171 from the result of comparison is the first embodiment. その他の構成および作用効果は、第1実施形態と同じである。 Other configurations and advantages are the same as the first embodiment.

本実施形態の表示ファイル作成機能は、ファイル名170から連続する複数の文字を抽出し、前記連続する複数の文字ごとに他のファイル名170と比較して異なる文字を検出する。 Display file generation function of the present embodiment extracts a plurality of consecutive characters from the file name 170, detects a different character compared to other file names 170 for each of a plurality of characters said consecutive. 例えば、表示する文字が図7に示すようなファイル名F'1「特許出願2007年度進捗率報告用資料−1」とした場合、CPU8は、ファイル名F'1の先頭から所定の文字、例えば、所定文字が2文字の場合は、ファイル名F'1から「特許」を抽出する。 For example, if the character to be displayed is the file name F'1 "patent application 2007 progress rate report for material -1" as shown in Figure 7, CPU8 a predetermined character from the beginning of the file name F'1, for example , the predetermined character is the case of the two characters, to extract the "patent" from the file name F'1. そして、CPU8は、抽出した「特許」と同じ文字が他のファイル名170にあるかを先頭から順に比較する。 And, CPU8 is, the same character as the extracted "patent" is to compare from the beginning or in the other file name 170 in order.

比較するファイル名F'2が、図7に示す「特許出願2007年度上期進捗報告用資料−1」の場合、CPU8は、「特許」、「許出」、「出願」、・・・、「N,(N+1)」の順に比較する。 File name F'2 to be compared, the case shown in FIG. 7 of the "patent application 2007 first half of fiscal progress report for material -1", CPU8 is, "patent", "original and out", "application",..., " N, compared to the order of (N + 1) ". CPU8は、比較した結果、ファイル名F'1から抽出した文字とファイル名F'2から抽出した文字とが異なるときは不一致文字位置フラグp1をp1〔N〕=0にし、同じときは不一致文字位置フラグp1をp1〔N〕=1にする。 CPU8 a result of the comparison, a mismatch character position flag p1 when the character extracted from the file name character and the file name F'2 extracted from F'1 different p1 (N) = 0, discrepancy same time character the position flag p1 to p1 (N) = 1.

この比較を、ファイル名170の各番数Nで行ない、各番数Nで不一致文字位置フラグp1を付す。 The comparison, conducted by the ordinal number N of the file name 170, given the inconsistency character position flag p1 in each ordinal number N. そして、次の番数N、ファイル名F'1では、「許出」を抽出して、ファイル名F'2と比較する。 Then, the next ordinal number N, the file name F'1, to extract the "original and out", compared with the file name F'2. この比較動作を、ファイル名F'1の全ての番数Nが終了するまで行なう。 This comparison operation, carried out until all of the turn number N of the file name F'1 is completed.

CPU8は、検出した異なる文字を抽出する。 CPU8 extracts the detected different character. そして、CPU8は、抽出した文字を含ませた表示ファイル名171を作成する。 And, CPU8 is, to create a display file name 171 included the extracted character. 例えば、CPU8は、不一致文字位置フラグp1,p2,p3に基づいて異なる文字を含む連続する文字からなるブロックbを抽出する。 For example, CPU 8 extracts the block b composed of characters successive containing different characters on the basis of the discrepancy character position flag p1, p2, p3. そして、CPU8は、抽出したブロックbを含ませた表示ファイル名171を作成する。 And, CPU8 is, to create a display file name 171, which was included in the block b extracted.

具体的には、CPU8は、不一致文字位置フラグp1,p2,p3からファイル名170の途中で異なる文字がないか否かを判定する。 Specifically, CPU 8 determines whether or not there is the way different characters of the file name 170 from the mismatch character position flag p1, p2, p3. CPU8は、不一致文字位置フラグp1,p2,p3からファイル名170の途中で異なる文字がないと判断した場合、ファイル名170の先頭、および、末尾から所定数の文字を含むブロックb1,b2を抽出し、抽出したブロックb1,b2を組み合わせて表示ファイル名171を作成する。 CPU8, when the disagreement character position flag p1, p2, p3 is determined that there is no way with different characters of the file name 170, the beginning of the file name 170, and the block b1, b2, including a predetermined number of characters from the end extraction and, it extracted a combination of the block b1, b2 to create a display file name 171. 例えば、ファイル名170の先頭から4文字からなるブロックb1と、ファイル名170末尾から11文字のブロックb2とを抽出した場合、「b1」+「記号」+「b2」とする表示ファイル名171を作成する。 For example, the block b1 of four characters from the beginning of the file name 170, when extracting the block b2 of 11 characters from the file name 170 end, the display file names 171 to "b1" + "symbol" + "b2" create.

不一致文字位置フラグp1,p2,p3からファイル名170の途中で異なる文字があると判断した場合は、ファイル名170の先頭、途中の異なる部分、および、末尾から所定数の文字からなるブロックb1,b2,b3を抽出し、抽出したブロックb1,b2,b3を組み合わせて表示ファイル名171を作成する。 If the disagreement character position flag p1, p2, p3 is determined that there is a middle different characters of the file name 170, the beginning of the file name 170, different portions of the middle, and a block b1 having a predetermined number of characters from the end, b2, b3 to extract, extracted by combining the block b1, b2, b3 to create a display file name 171.

例えば、ファイル名170の先頭から2文字からなるブロックb1と、ファイル名170の途中で異なる文字を含む前後6文字からなるブロックb3と、ファイル名170の末尾から6文字からなるブロックb2とを抽出した場合、「b1」+「記号」+「b3」+「記号」+「b2」とする表示ファイル名171を作成する。 For example, the extraction block b1 of two characters from the beginning of the file name 170, a block b3 consisting longitudinal six characters including the middle different characters of the file name 170, and a block b2 of the end of the file name 170 of 6 characters If you have, to create a display file name 171 and "b1" + "symbol" + "b3" + "symbol" + "b2".

「先頭から2文字」、「異なる文字を含む前後6文字」、「末尾から6文字」のブロックb1,b2,b3で抽出した結果、重複する文字を有する場合がある。 "Two characters from the head", "6 characters before and after including different character", the result extracted in block b1, b2, b3 of the "six characters from the end", may have overlapping characters. すなわち、「b1」と「b3」、あるいは、「b3」と「b2」の各ブロックb1,b2,b3に含まれる文字が重複する場合がある。 That is, the "b1," "b3", or characters included in each block b1, b2, b3 and "b3", "b2" in some cases overlap. この場合、CPU8は、ファイル名170の途中で異なる文字がない場合と同様に、ファイル名170の先頭から4文字からなるブロックb1と、ファイル名170の末尾から11文字からなるブロックb2とを抽出し、表示ファイル名171を作成する。 In this case, CPU 8, as in the case where there is no way with different characters of the file name 170, extracts the block b1 from the beginning of the file name 170 consisting of 4 characters, and a block b2 of the end of the file name 170 consists of 11 characters and, to create a display file name 171.

ファイル名170の途中で異なる文字が有るかないかの判断は、不一致文字位置フラグp1,p2,p3に基づいて行なわれる。 Middle of or different character is missing or there determine the file name 170 is performed based on the mismatched character position flag p1, p2, p3. CPU8は、不一致文字位置フラグp1,p2,p3から文字が異なると判定された最初の文字位置Q11(以下、第1不一致文字位置Q11とする)の番数Nを判定する。 CPU8 the first character position Q11 characters from mismatched character position flag p1, p2, p3 is determined to differ (hereinafter referred to as a first discrepancy character position Q11) determines ordinal number N of the. 番数Nと判定するには、以下の2つの式を満たす必要がある。 To determine the ordinal number N, it is necessary to satisfy the following two equations.

p〔N〕 =1 ・・・(1) p [N] = 1 (1)
p〔N+1〕=0 ・・・(2) p [N + 1] = 0 (2)

CPU8は、(1)式および(2)式を満たす番数Nを検出し、第1不一致文字位置Q11を特定する。 CPU8 are (1) and (2) detecting the turn number N satisfying equations to identify the first mismatched character position Q11. なお、第1不一致文字位置Q11は、 The first discrepancy character position Q11 is,
Q11=N+1 ・・・(3) Q11 = N + 1 ··· (3)
とする。 To. したがって、CPU8は、第1不一致文字が有る場合は第1不一致文字位置Q11をQ11=N+1と付す。 Thus, CPU 8, when the first mismatch character is present given the first mismatched character position Q11 and Q11 = N + 1. ない場合は、Q11=0と付す。 If not, attached with the Q11 = 0.

更に、異なる文字と判定された次の文字位置Q12(以下、第2不一致文字位置Q12とする)がないかを判定する。 Furthermore, different character and the determined next character position Q12 (hereinafter, second mismatch and character position Q12) determines whether there. この場合も、第1不一致文字位置Q11と同様に、(1)式および(2)式を満たす番数Nを検出し、第2不一致文字位置Q12を特定する。 In this case, as in the first mismatched character position Q11, (1) and Equation (2) detects the ordinal number N satisfying equation identifies a second mismatch character position Q12. なお、第2不一致文字位置Q12は、 Incidentally, the second discrepancy character position Q12,
Q12=N+1 ・・・(4) Q12 = N + 1 ··· (4)
とする。 To. したがって、CPU8は、第2不一致文字が有る場合は第2不一致文字位置Q12をQ12=N+1と付す。 Thus, CPU 8, when the second mismatch letter is present given the second discrepancy character position Q12 and Q12 = N + 1. ない場合は、Q12=0と付す。 If not, attached with the Q12 = 0.

CPU8は、異なる文字が2箇所有る場合、すなわち、第1不一致文字位置Q11と第2不一致文字位置Q12が共に番数Nが付されている場合は、ファイル名170の先頭、途中の異なる部分、および、末尾から所定数の文字を含む各ブロックb1,b2,b3を抽出し、抽出したブロックb1,b2,b3を組み合わせて表示ファイル名171を作成する。 CPU8, if different character there two places, i.e., when the first mismatched character position Q11 second discrepancy character position Q12 are both assigned the ordinal number N is the beginning of the file name 170, different portions of the middle, and extracts the blocks b1, b2, b3 containing the predetermined number of characters from the end, a combination of block b1, b2, b3 which extracted create display file name 171.

異なる文字が1箇所しかない場合、すなわち、第1不一致文字位置Q11に番数Nが付され、第2不一致文字位置Q12に「0」が付されている場合、CPU8は、ファイル名170の先頭、および、末尾から所定数の文字からなるブロックb1,b2を抽出し、抽出したブロックb1,b2を組み合わせて表示ファイル名171を作成する。 If different character there is only one place, i.e., the first discrepancy character position Q11 double dip number N is assigned, if the "0" to the second discrepancy character position Q12 are given, CPU 8 is the beginning of the file name 170 , and extracts the blocks b1, b2 composed of a predetermined number of characters from the end, the extracted combination block b1, b2 create display file name 171.

異なる文字が2箇所以上有る場合、すなわち、第1不一致文字位置Q11および第2不一致文字位置Q12に番数Nが付されている場合、CPU8は、重複する文字を有するか否かを判定する。 If different characters have more than two positions, namely, when the first mismatched character position Q11 and a second discrepancy character position Q12 double dip number N is attached, CPU 8 determines whether or not with overlapping characters. 例えば、ファイル名F'1の文字数Lが20文字(L1=20)で、ファイル名F'1の第1不一致文字位置Q11がQ11=17、第2不一致文字位置Q12がQ12=19とすると、CPU8がファイル名F'1から抽出する文字からなる各ブロックb1,b2,b3は、ブロックb1が「先頭から1〜2文字目の文字」、ブロックb2が「先頭から17〜22文字目の文字」、ブロックb3が「先頭から15〜20文字目の文字」となる。 For example, in characters L is 20 characters of the file name F'1 (L1 = 20), the first discrepancy character position Q11 is Q11 = 17 filename F'1, the second discrepancy character position Q12 to the Q12 = 19, CPU8 each block consisting of characters to extract from the file name F'1 b1, b2, b3, the block b1 is "1-2 th character from the first character", block b2 from "the beginning of the 17 to 22-th character character ", block b3 is" 15 to 20-th character from the beginning. " そうすると、先頭から17〜20文字目の文字がブロックb2とブロックb3で重複する。 Then, the character of the 17 to 20-th character from the beginning to overlap in block b2 and the block b3.

そこで、CPU8は、異なる文字が2箇所以上有る場合は、第1不一致文字位置Q11の番数Nが次式の条件を満たすかを判定する。 Therefore, CPU 8, if different character there two or more locations, ordinal number N of the first mismatched character position Q11 determines whether satisfies the following equation.

2<Q11<L1−10 ・・・(5) 2 <Q11 <L1-10 ··· (5)

CPU8は、第1不一致文字位置Q11の番数Nが(5)式の条件を満たす場合、ファイル名170の先頭、途中の異なる部分、および、末尾から所定数の文字からなるブロックb1,b2,b3を抽出し、抽出したブロックb1,b2,b3を組み合わせて表示ファイル名171を作成する。 CPU8, when ordinal number N of the first mismatched character position Q11 is (5) satisfies the condition, the head of the file name 170, different portions of the middle, and the block b1, b2 composed of a predetermined number of characters from the end, to extract the b3, a combination of the block b1, b2, b3, which extracted to create the display file name 171.

第1不一致文字位置Q11の番数Nが(5)式の条件を満たさない場合、ファイル名170の先頭、および、末尾から所定数の文字からなるブロックb1,b2を抽出し、抽出したブロックb1,b2を組み合わせて表示ファイル名171を作成する。 If ordinal number N of the first mismatched character position Q11 is (5) is not satisfied expression conditions, the beginning of the file name 170, and extracts the block b1, b2 composed of a predetermined number of characters from the end, the extracted blocks b1 , to create a display file name 171 in combination with b2.

次に、具体的な表示ファイル名171の作成動作を、図8のフローチャートに基づいて説明する。 Next, a creation operation of specific display file name 171, will be described with reference to the flowchart of FIG.

なお、説明の便宜上、表示部6の表示可能文字数は16文字とする。 For convenience of explanation, the displayable characters of the display unit 6 to 16 characters. ファイル名170の途中で異なる文字がない場合のファイル名170から抽出するブロックb1,b2の文字数は、先頭から4文字、末尾から11文字とする。 Middle different character in the absence of the file name of the block b1, b2 extracted from 170 the number of characters in the file name 170 leading from four characters from the end and 11 characters. ファイル名170の途中で異なる文字がある場合のファイル名170から抽出するブロックb1,b2,b3の文字数は、先頭から2文字、途中で異なる文字を含む前後6文字、末尾から6文字とする。 Filename characters of blocks b1, b2, b3 extracted from 170 when there is a middle different characters of the file name 170, from the beginning two characters, 6 characters before and after including in the middle different character, and 6 last character. 画像データは、USBメモリ4に格納されているものとする。 Image data is assumed to be stored in the USB memory 4. USBメモリ4に格納される画像データのファイル名170は図7に示す。 File name 170 of the image data stored in the USB memory 4 is shown in FIG. 比較の基礎とするファイル名170の文字の番数を「N」とし、比較の対象とするファイル名170の文字の番数を「M」とする。 The number of a character in the file name 170 as a basis for comparison with the "N", the number of a character in the file name 170 to be compared to "M".

利用者がUSBI/F11にUSBメモリ4を接続すると、CPU12は、USBメモリ4から画像データのファイルを一覧にしたテーブルを読み出す。 When the user connects the USB memory 4 to USBI / F11, CPU12 reads the table that lists the image data file from the USB memory 4. CPU12は、読み出したテーブルから各ファイルの属性を操作部5のCPU8に送信する(S140)。 CPU12 transmits a read table attributes of each file CPU8 of the operation unit 5 (S140).

CPU8は、受信したファイルの属性から各ファイルのファイル名F'1,F'2,F'3の不一致文字位置フラッグp1,p2,p3を初期化(p1,p2,p3=1)する(S141)。 CPU8 the file name of each file from the attribute of the received file F'1, F'2, mismatched character position flag p1 of F'3, p2, p3 initialization (p1, p2, p3 = 1) to (S141 ). なお、不一致文字位置フラグp1,p2,p3は、不一致の場合は「0」、同じ場合は「1」である。 It should be noted that the discrepancy character position flag p1, p2, p3 is, in the case of disagreement "0", when the same is "1".

CPU8は、ファイル名F'1とファイル名F'2、ファイル名F'1とファイル名F'3、ファイル名F'2とファイル名F'3の順にそれぞれを比較し、異なっている文字が先頭から何番目かを検出する。 CPU8, the file name F'1 and file name F'2, file name F'1 and file name F'3, compared each in the order of the file name F'2 and file name F'3, it is different from that character to detect what number from the beginning.

CPU8は、比較する文字の番数N,Mを初期化(N,M=1)する(S142)。 CPU8 are ordinal number N of characters to be compared, it initializes M (N, M = 1) to (S142). CPU8は、比較する各ファイル名F'1,F'2のそれぞれの文字数L'1,L'2を設定する(S143)。 CPU8 are each filename F'1 comparing each character L'1 of F'2, sets the L'2 (S143). 本実施例では、ファイル名F'1が17文字、ファイル名F'2が23文字であるから、文字数L'1,L'2はL'1=17、L'2=23と設定する。 In this embodiment, the file name F'1 is 17 characters, since the file name F'2 is 23 characters, the number of characters L'1, L'2 is set as L'1 = 17, L'2 = 23.

CPU8は、ファイル名F'1から「N,(N+1)」文字目の文字を抽出する。 CPU8 extracts the "N, (N + 1)" th character from the file name F'1. 例えば、N=1の場合、本実施例では、ファイル名F'1から「特許」を抽出する。 For example, the case of N = 1, in this embodiment, to extract the "patent" from the file name F'1. そして、CPU8は、抽出した「特許」と同じ文字がファイル名F'2にあるかを先頭から順に比較する(S144)。 And, CPU8 is, the same character as the extracted "patent" is to compare from the beginning or in the file name F'2 in order (S144).

文字が一致する場合、CPU8は、番数Nを「N+1」に変更する(S146)。 If the characters match, CPU8 changes the ordinal number N to "N + 1" (S146). 文字が一致しない場合、CPU8は、不一致文字位置フラッグp1,p2をそれぞれ、p1〔N〕=0、p2〔M〕=0にする(S145)。 If the character does not match, CPU 8 is mismatched character position flag p1, p2, respectively, to p1 (N) = 0, p2 [M] = 0 (S145). そして、CPU8は、番数Nを「N+1」に変更する(S146)。 And, CPU8 changes the ordinal number N to "N + 1" (S146).

変更した番数Nが文字数L'1より大きいか否かを判定する(S147)。 Modified ordinal number N is equal to or characters L'1 or greater (S147). 番数Nが文字数L'1より小さい場合は、CPU8は、ファイル名F'1から次の番数Nの文字を抽出する。 If the turn number N is the number of characters L'1 less than, CPU8 is, from the file name F'1 to extract the character of the next ordinal number N. 例えば、先の番数NがN=1の場合はN=2とし、その番数Nの文字を抽出する。 For example, previous turn number N in the case of N = 1 and N = 2, and extracts the characters of the ordinal number N. 本実施例では、ファイル名F'1から「許出」を抽出する。 In the present example, to extract the "original and out" from the file name F'1.

そして、CPU8は、S144〜S146のステップを行ない、再び、変更した番数Nが文字数L'1より大きいか否かを判定する(S147)。 Then, CPU 8 performs a step of S144~S146, again determines whether the ordinal number N for changing is larger than the number of characters L'1 (S147). 番数Nが文字数L'1より大きくなるまで、S144〜S146のステップを繰り返し行なう。 Until ordinal number N is greater than the number of characters L'1, repeating the steps of S144~S146.

変更した番数Nが文字数L'1より大きいと判断すると、CPU8は、ファイル名F'1の番数Nを「1」に変更し、ファイル名F'2の番数Mを「M+1」に変更する(S148)。 When the modified ordinal number N to determine the number of characters L'greater than 1, CPU8 is to change the turn number N of the file name F'1 to "1", the ordinal number M of the file name F'2 to "M + 1" to change (S148). そして、変更した番数Mが文字数L'2より大きいか否かを判定する(S149)。 Then, it is determined whether ordinal number M changing is larger than the number of characters L'2 (S149).

番数Mが文字数L'2より小さい場合、CPU8は、再度、S144〜S148のステップを行ない、変更した番数Mが文字数L'2より大きいか否かを判定する(S149)。 If ordinal number M is the number of characters L'2 smaller, CPU 8 again performs steps S144~S148, determines whether ordinal number M changing is larger than the number of characters L'2 (S149). 番数Mが文字数L'2より大きくなるまで、S144〜S148のステップを繰り返し行なう。 Until ordinal number M is greater than the number of characters L'2, repeating the steps of S144~S148.

変更した番数Mが文字数L'2より大きいと判断すると、CPU8は、ファイル名F'1とファイル名F'2の比較を終了する。 When the modified ordinal number M is determined that the number of characters L'2 greater than, CPU8 ends the comparison of the file name F'1 and file name F'2.

CPU8は、ファイル名F'1とファイル名F'2の比較を終了すると、次のファイル名F'3とファイル名F'2の比較を開始する(S150)。 CPU8 has finished the comparison of the file name F'1 and file name F'2, to start a comparison of the following file name F'3 and file name F'2 (S150). このときの動作は、ファイル名F'1とファイル名F'2の比較動作(S144〜S149)と同じである。 At this time, the operation is the same as the comparison operation of the file name F'1 and file name F'2 (S144~S149).

ファイル名F'3とファイル名F'2の比較が終了すると、CPU8は、ファイル名F'1とファイル名F'3の比較を開始する(S151)。 If the comparison of the file name F'3 and file name F'2 is finished, CPU8 starts the comparison of the file name F'1 and file name F'3 (S151). このときの動作は、ファイル名F'1とファイル名F'2の比較動作(S144〜S149)と同じである。 At this time, the operation is the same as the comparison operation of the file name F'1 and file name F'2 (S144~S149).

ファイル名F'1,F'2,F'3の比較が終了すると、CPU8は、ファイル名F'1の不一致文字位置フラグp1に基づいて第1不一致文字位置Q11を特定する(S160)。 Filename F'1, F'2, comparison of F'3 is completed, CPU 8 specifies the first mismatched character position Q11 on the basis of the discrepancy character position flag p1 filename F'1 (S160). 第1不一致文字位置Q11が有る場合はQ11=N+1とし、第1不一致文字位置Q11がない場合はQ11=0とする。 If the first mismatched character position Q11 is present Q11 = a N + 1, if there is no first mismatched character position Q11 is the Q11 = 0.

第1不一致文字位置Q11を特定すると、CPU8は、第2不一致文字位置Q12を特定する(S161)。 When identifying a first discrepancy character position Q11, CPU 8 specifies the second discrepancy character position Q12 (S161). 第2不一致文字位置Q12が有る場合はQ12=N+1とし、第2不一致文字位置Q12がない場合はQ12=0とする。 If the second discrepancy character position Q12 is present and Q12 = N + 1, if there is no second discrepancy character position Q12 is the Q12 = 0.

CPU8は、第2不一致文字位置Q12が「0」であるか否かを特定する(S162)。 CPU8 the second discrepancy character position Q12 to identify whether or not "0" (S162). Q12=0の場合、CPU8は、ファイル名F'1の先頭および末尾から所定数の文字からなるブロックb1,b2を抽出する。 For Q12 = 0, CPU 8 extracts the block b1, b2 from the beginning and end of the file name F'1 a predetermined number of characters. すなわち、CPU8は、「先頭から4文字」のブロックb1と「末尾から11文字」のブロックb2を抽出する。 That, CPU 8 extracts the block b2 of the block b1 of the "four characters from the beginning," "trailing from 11 characters". そして、CPU8は、抽出したブロックb1,b2を用いて表示ファイル名171を作成する(S163)。 And, CPU8 is, a block b1, b2, which was extracted to create a display file names 171 using (S163). 本実施例の場合、図9に示すように、CPU8は、ファイル名F'1の表示ファイル名171を「特許出願…度進捗率報告用資料−1」と作成する。 In this embodiment, as shown in FIG. 9, CPU 8 is a display file name 171 of the file name F'1 create a "patent application ... of progress rate reported for article -1".

Q12=0の場合、CPU8は、表示区切り位置の仮計算をする(S164')。 For Q12 = 0, CPU 8 makes the provisional calculation of the display-separated position (S164 '). そして、重複する文字を有するか否かを判定する(S164'')。 Then, it is determined whether or not with overlapping characters (S164 ''). 重複する文字を有する場合は、CPU8は、ファイル名F'1の先頭および末尾から所定数の文字からなるブロックb1,b2を抽出し、抽出したブロックb1,b2を用いて、表示ファイル名171を作成する(S163)。 If with overlapping characters, CPU 8 extracts the block b1, b2 from the beginning and end of the file name F'1 a predetermined number of characters, using the block b1, b2 extracted, the display file name 171 to create (S163).

重複する文字がない場合は、CPU8は、ファイル名170の先頭、途中の異なる部分、および、末尾から所定数の文字からなるブロックb1,b3,b2を抽出する。 If no character duplicate the CPU 8 is the beginning of the file name 170, different portions of the middle, and extracts the block b1, b3, b2 composed of a predetermined number of characters from the end. すなわち、CPU8は、「先頭から2文字」のブロックb1と、「異なる文字を含む前後6文字」のブロックb3と、「末尾から6文字」のブロックb2を抽出する。 That, CPU 8 extracts the block b1 of the "two characters from the head", and block b3 "6 characters before and after including different character", the block b2 of the "six characters from the end." そして、CPU8は、抽出したブロックb1,b2,b3を用いて表示ファイル名171を作成する(S164)。 And, CPU8 is, to create a display file name 171 by using the block b1, b2, b3, which was extracted (S164).

本実施例の場合、ファイル名F'1はS164のステップに進まないので、ファイル名F'2を例にすると、図9に示すように、CPU8は、ファイル名F'2の表示ファイル名171を「特許…度上期進捗報…告用資料−1」と作成する。 In this embodiment, since the file name F'1 will not proceed to S164 of the step, when the file name F'2 example, as shown in FIG. 9, CPU 8 is the file name F'2 Display file name 171 creating a "patent ... first half of fiscal progress report ... tell for material -1".

ファイル名F'1の表示ファイル名171を作成すると、CPU8は、ファイル名F'2の表示ファイル名171を作成する。 When you create a display file name 171 of the file name F'1, CPU8 is, to create a display file name 171 of the file name F'2. このときの動作は、ファイル名F'1の表示ファイル名171の作成動作(S160〜S164)と同じである。 At this time, the operation is the same as the operation of creating a display file name 171 of the file name F'1 (S160~S164).

ファイル名F'2の表示ファイル名171を作成すると、CPU8は、ファイル名F'3の表示ファイル名171を作成する。 When you create a display file name 171 of the file name F'2, CPU8 is, to create a display file name 171 of the file name F'3. このときの動作は、ファイル名F'1の表示ファイル名171の作成動作(S160〜S164)と同じである。 At this time, the operation is the same as the operation of creating a display file name 171 of the file name F'1 (S160~S164).

ファイル名F'1,F'2,F'3の表示ファイル名171の作成が終了すると、CPU8は、液晶ドライバ6bを駆動制御して、作成したファイル名F'1,F'2,F'3の表示ファイル名171(図9参照)を表示部6に表示させる(S167)。 File name F'1, F'2, the creation of the display file name 171 of F'3 is finished, CPU8 is, the liquid crystal driver 6b controls and drives, file name F'1 that you created, F'2, F ' 3 display file name 171 is displayed on the display unit 6 (see FIG. 9) (S167).

これにより、表示部6にファイル名170のすべてを表示できない場合であっても、互いに異なる表示ファイル名171を表示することができる。 Thus, even if it is not possible to display all of the file names 170 to the display section 6 can display a different display file names 171 to each other. そのため、利用者は、容易に所望するファイル名170を選択することができるで、設定時間の短縮を図ることができる。 Therefore, the user be able to select the file name 170 easily desired, it is possible to shorten the setting time.

〔第3実施形態〕 Third Embodiment
次に、図10〜図14を用いて、第3実施形態にかかる表示装置を詳細に説明する。 Next, with reference to FIGS. 10 to 14, detailed description of the display device according to a third embodiment. なお、本実施形態は、表示部6に表示されるファイル名180あるいは表示ファイル名181において、他のファイル名180あるいは表示ファイル名181と異なる文字の表示を変化させる表示変更機能を備える。 The present embodiment, in the file name 180 or the display file names 181 displayed on the display unit 6 includes a display changing function of changing the display of the different character other file name 180 or display the file name 181. 構成および作用効果は、第1実施形態と同じである。 Configuration and advantages are the same as the first embodiment. 本実施形態の表示ファイル作成機能は、第1実施形態および第2実施形態のいずれの表示ファイル作成機能を採用しても良い。 Display file generation function of the present embodiment may be adopted any of the display file creation function of the first and second embodiments.

次に、本実施形態の表示変更機能について説明する。 Next, a description will be given of a display changing function of the present embodiment. 表示変更機能は、操作部5のCPU8によって行なわれる。 Display changing function is performed by CPU8 of the operation unit 5. CPU8は、同時に表示する他の表示ファイル名181と比較して異なる文字を検出し、前記異なる文字の表示を変化させる。 CPU8 detects a different character compared to other display file name 181 to be displayed at the same time, changes the display of the different character.

具体的には、CPU8は、同時に表示されるファイル名同士の先頭の文字から順に比較して異なる文字を検出する。 Specifically, CPU 8 detects a different character compared to the order from the first character of the file name each other are displayed at the same time. CPU8は、検出した異なる文字の表示を変化させる。 CPU8 changes the display of the detected different character.

ここで、変化とは、表示色を変える、表示色を反転させる、表示を拡大させる、表示を点滅させる等である。 Here, changes may alter the display color, reversing the display colors, to enlarge the display, and the like for flashing display.

単純に他の表示ファイル名181と異なる文字の表示を変化させたのでは、表示ファイル名181の全てが他の表示ファイル名181と異なる場合、全ての文字の表示を変化させる必要がある。 Simply than changing the display of the different character and other display file name 181, if all the display file name 181 is different from the other display file name 181, it is necessary to change the display of all characters. そうすると、見栄えが悪くなる上、見にくくなる。 Then, on the appearance becomes worse, it becomes hard to see.

そこで、所定値の判定値Jとマーキング許可判定値Kとを設け、表示する表示ファイル名181の異なる文字が多すぎる場合の表示の変更を規制する。 Therefore, it provided a determining value J and marking permission determination value K of a predetermined value, restricts the display changes when different characters of the display file names 181 to display too much.

判定値Jは、表示ファイル名181のうちで表示を変更する文字数を制限するための判断基準に使用する規定値である。 Determination value J is a predetermined value used to determine criteria for limiting the number of characters to change the display among the display file name 181. 判定値Jは、利用者や管理者等によって設定される。 Determination value J is set by a user or an administrator or the like. また、マーキング許可判定値Kは、表示を変更することを許可する境界値である。 Further, the marking permission determination value K is a boundary value that allows to change the display. 例えば、他の表示ファイル名181と異なる文字がマーキング許可判定値K以上有る場合、他の表示ファイル名181と比べて異なる文字が多いので、表示を変更しなくても判別ができるとして表示の変更をしない。 For example, when a character different from the other display file name 181 is present above the marking permission determination value K, since different character compared to other display file name 181 is large, change the display as it is determined without changing the display do not do. マーキング許可判定値K未満しかない場合、異なる文字が少ないので、表示を変更しないと判別がしにくいとして表示の変更をする。 If there is only marking permission determination value less than K, because different characters is small, the change in the display as a difficult to be discriminated not to change the display.

次に、具体的な表示ファイル名181の表示変更動作を、図14のフローチャートに基づいて説明する。 Then, the display change operation of the specific display file name 181, will be described with reference to the flowchart of FIG. 14. なお、説明の便宜上、表示部6の表示可能文字数は16文字とする。 For convenience of explanation, the displayable characters of the display unit 6 to 16 characters. 表示部6が同時に表示できる表示ファイル名181の数は4個とする。 Number of display file name 181 which the display section 6 can display at the same time to four. 画像データのファイル名180は図10に示す。 File name 180 of the image data shown in FIG. 10. 表示ファイル名181は図11に示し、それぞれの表示ファイル名181を図中の上から順にF''1,F''2,F''3,F''4,F''5,F''6,F''7,F''8とする。 Display file name 181 shown in FIG. 11, F''1 the respective display file name 181 from the top in FIG sequentially, F''2, F''3, F''4, F''5, F ' '6, F''7, and F''8. マーキング許可判定値Kは「5」とする。 Marking permission determination value K is "5".

ファイル名180から表示ファイル名F''1,F''2,F''3,F''4,F''5,F''6,F''7,F''8が作成されると、CPU8は、表示部6に一度に表示できる表示ファイル名181を特定する(S200)。 Display file name F''1 from the file name 180, F''2, F''3, F''4, F''5, F''6, F''7, F''8 is created If, CPU 8 specifies the display file name 181 that can be displayed at one time on the display unit 6 (S200). 本実施形態では、同時に表示される表示ファイル名181は4個なので、先ず、表示ファイル名F''1,F''2,F''3,F''4を表示する表示ファイル名181とする。 In the present embodiment, since four display file name 181 are displayed at the same time, First, the display file name F''1, F''2, F''3, a display file names 181 for displaying F''4 to. 表示する表示ファイル名F''1,F''2,F''3,F''4を特定すると、CPU8は、判定値Jを設定する(S201)。 Display file name F''1 displaying, F''2, F''3, when specifying the F''4, CPU 8 sets the determination value J (S201). 本実施形態では、判定値Jは、 In the present embodiment, the determination value J is
判定値J=一度に表示するファイル数−1 ・・・(6) The determination value J = file number -1 ... to be displayed at a time (6)
とする。 To. そうすると、表示部6の表示可能なファイル数は4個なので、判定値JはJ=3となる。 Then, since the number of displayable files display unit 6 is a four, the determination value J is the J = 3.

CPU8は、表示される表示ファイル名同士を比較する。 CPU8 compares the display file names with each other to be displayed. すなわち、CPU8は、表示ファイル名F''1,F''2,F''3,F''4の番数Nごとに、比較する番数Nの文字が他の表示ファイル名F''1,F''2,F''3,F''4の番数Nの文字と異なるかを比較する。 That, CPU 8 is displayed filename F''1, F''2, F''3, every ordinal number N of F''4, display file name F characters of other ordinal number N to be compared '' 1, F''2, F''3, be compared for different and ordinal number N of characters F''4. CPU8は、図12に示すように、番数Nごとに異なる他の表示ファイル名F''1,F''2,F''3,F''4の数である不一致数Eを記憶する(S202)。 CPU8, as shown in FIG. 12, turn different from the display file name for each number N F''1, F''2, F''3, stores the number of mismatches E is the number of F''4 (S202).

全ての文字の比較が終了すると、CPU8は、ファイル名F''1の不一致数EがE〔N〕≧判定値JかE〔N〕<判定値Jかを確認し、番数Nの文字の不一致数E〔N〕を「1」か「0」に設定する(S203)。 When the comparison of all of the characters to the end, CPU8, the file name F''1 of the number of mismatches E is to check E [N] ≧ judgment value J or E [N] <determination value J, turn number N of character of the number of mismatches E [N] is set to "1" or "0" (S203).

具体的には、CPU8は、ファイル名F''1の不一致数EがE〔N〕≧判定値Jの時、番数Nの文字の不一致数Eを「1」と付し、ファイル名F''1の不一致数EがE〔N〕<判定値Jの時、番数Nの文字の不一致数Eを「0」とする。 Specifically, subjected CPU8 when the number of mismatches E filename F''1 is E [N] ≧ determination value J, the number of mismatches E of turn number N characters "1", the file name F 'when the first number of mismatches E is E [N] <determination value J, the number of mismatches E of turn number N characters to "0".

なお、E=0の場合は番数Nの文字の表示を変更しない。 It should be noted that, in the case of E = 0 do not want to change the character of the ordinal number N. E=1の場合は番数Nの文字の表示を変更する。 In the case of E = 1 to change the display of the character of the ordinal number N. また、S203において、不一致数Eは、表示フラグEに変換される。 Further, in S203, the number of mismatches E is converted into the display flag E.

表示ファイル名F''1の番数Nの文字の表示変更フラグEを付したら、CPU8は、他の表示ファイル名F''2,F''3,F''4の表示変更フラグEを、S203のステップと同様に判定する(S204〜S206)。 Once given the display change flag E of the character of the turn number N of the display file name F''1, CPU8 is, other display file names F''2, F''3, the display change flag E of F''4 , similarly to the step S203 determines (S204 to S206).

表示ファイル名F''1,F''2,F''3,F''4の表示変更フラグEが付されると、CPU8は、表示ファイル名F''1の表示変更フラグEの数がマーキング許可判定値K以下か否かを判定する(S207)。 Display file name F''1, F''2, F''3, when given the display change flag E of F''4, CPU8, the number of display change flag E of the display file name F''1 It is equal to or less than the marking permission determination value K (S207). 表示変更フラグEがマーキング許可判定値Kより大きい場合は、表示ファイル名F''1をそのまま表示する(S208)。 If display change flag E is greater than the marking permission determination value K, it displays the display file name F''1 (S208). 表示変更フラグEがマーキング許可判定値K以下の場合は、表示ファイル名F''1の表示変更フラグEがE=1の文字の表示を変更して表示する(S209)。 Display change flag E is the case of the following marking permission determination value K, the display change flag E Display file name F''1 is displayed by changing the display of E = 1 character (S209).

具体的には、本実施形態では、図12に示すように、表示ファイル名F''1は、表示変更フラグEの数(E=1)がマーキング許可判定値K(K=5)以下である。 Specifically, in this embodiment, as shown in FIG. 12, the display file name F''1, the number of display change flag E (E = 1) marking permission determination value K (K = 5) below is there. 従って、CPU8は、図11に示すように、表示ファイル名F''1の表示変更フラグEがE=1の文字の表示を変更して表示する。 Therefore, CPU 8, as shown in FIG. 11, the display change flag E Display file name F''1 is displayed by changing the display of E = 1 character.

表示ファイル名F''1の表示変更動作を終了すると、CPU8は、表示ファイル名F''2の表示変更動作を開始する(S210)。 When you exit the display change operation of the display file name F''1, CPU8 starts the display change operation of the display file name F''2 (S210). このときの動作は、表示ファイル名F''1の表示変更動作(S207〜S209)と同じである。 At this time, the operation is the same as the display change operation of the display file name F''1 (S207~S209).

表示ファイル名F''2の表示変更動作を終了すると、CPU8は、表示ファイル名F''3の表示変更動作を開始する(S211)。 When you exit the display change operation of the display file name F''2, CPU8 starts the display change operation of the display file name F''3 (S211). このときの動作は、表示ファイル名F''1の表示変更動作(S207〜S209)と同じである。 At this time, the operation is the same as the display change operation of the display file name F''1 (S207~S209).

表示ファイル名F''3の表示変更動作を終了すると、CPU8は、表示ファイル名F''4の表示変更動作を開始する(S212)。 When you exit the display change operation of the display file name F''3, CPU8 starts the display change operation of the display file name F''4 (S212). このときの動作は、表示ファイル名F''1の表示変更動作(S207〜S209)と同じである。 At this time, the operation is the same as the display change operation of the display file name F''1 (S207~S209).

表示ファイル名F''1の表示変更動作を終了すると、表示変更動作を終了する。 When you exit the display change operation of the display file name F''1, to end the display change operation. なお、残りの表示ファイル名F''5,F''6,F''7,F''8を表示部6に表示する際、CPU8は、S200〜S212の動作をする。 It should be noted that, the rest of the display file name F''5, F''6, F''7, when displaying on the display unit 6 F''8, CPU8 is, to the operation of the S200~S212. これにより、表示ファイル名F''5,F''6,F''7,F''8は、図11に示すように、異なる文字の表示を変更して表示される。 Thus, the display file name F''5, F''6, F''7, F''8, as shown in FIG. 11, is displayed by changing the display of the different character.

これにより、表示部6は、第1および第2実施形態の表示ファイル名181の作成による他の表示ファイル名181との差別化に加え、複数の表示ファイル名181の異なる文字の表示を変更することで利用者が所望のファイルを識別しやすくなる。 Thus, the display unit 6, in addition to differentiation with other display file name 181 by creating the display file name 181 of the first and second embodiment, to change the display of characters of different multiple display file name 181 user in it becomes easier to identify the desired file.

なお、本発明は、上記実施形態に限定されるものではなく、本発明の範囲内で上記実施形態に多くの修正および変更を加え得ることは勿論である。 The present invention is not limited to the above embodiments, it is needless to say that within the scope of the present invention may be made of many modifications and variations to the embodiments described above. 本実施形態では、コピーモードで説明したが、ファイリングモードやFAXモードであってもよい。 In the present embodiment it has been described in the copy mode, or may be a filing mode or FAX mode.

また、USBメモリに格納された画像データを例に説明したが、接続されるパソコンから送信された画像データ、スキャナから読み込まれた画像データ、画像処理装置の記憶部にあらかじめ記憶された画像データであっても良い。 Although described image data stored in the USB memory as an example, image data transmitted from the personal computer to be connected, the image data read from the scanner, with pre-stored image data in the storage unit of the image processing apparatus it may be.

本実施形態では、表示部を画像処理装置の操作部に備えた場合で説明したが、特にこの限りではなく、洗濯機、電子レンジ、エアコンといった各種機能を設定する操作部に表示部を有する電気機器に用いることができる。 In the present embodiment has been described the case having a display portion on the operation unit of the image processing apparatus is not particularly this limitation, washing machine, microwave oven, electric having a display portion on the operation unit for setting various functions such air conditioning it can be used in the device.

第2実施形態では、ファイル名同士の比較を同時に表示する全てのファイル名で行なっているが、特にこの限りではない。 In the second embodiment, it is performed in all the file names for displaying the comparison between file names at the same time, especially not limited. 表示順に隣り合うファイル名同士のみを比較しても良い。 It may be compared only the file names that are adjacent to each other in the display order.

操作部のCPUが、第1実施形態のファイル名作成機能と第2実施形態のファイル名作成機能の2つの機能を備えても良い。 Operation of the CPU may be provided with two functions of the file name creation functions of the first embodiment and the file name creation function of the second embodiment. この場合、CPUは、ファイル名を比較して、どちらの機能を利用すれば、効率良く、かつ、違いが分かるように表示できるかを判断して、使用する機能を選択する。 In this case, CPU compares the file name, given the benefit of both features, efficiently, and to determine whether differences can be displayed as can be seen, to select a function to be used.

操作部のCPUは、ファイル名の比較を第1実施形態の比較方法を採用し、表示ファイル名の作成を第2実施形態の作成方法を採用しても良い。 Operation of the CPU employs a method of comparing the first embodiment compares the file name, the creation of the display file name may be employed to create a second embodiment. また、比較を第2実施形態の比較方法を採用し、表示ファイル名の作成を第1実施形態の作成方法を採用しても良い。 Moreover, adopting the method of comparing the second embodiment the comparison, the creation of the display file name may be employed to create a first embodiment.

ファイル名からブロックとして抽出する文字数は、利用者や管理者といった者が設定しても良い。 The number of characters to be extracted from the file name as a block, may be set person such as a user or administrator. あるいは、表示部の表示可能文字数に応じて、CPUが設定しても良い。 Alternatively, in accordance with the display number of characters of the display unit, CPU may be set.

表示ファイル名は、その分割数は限定されない。 Display file name, the number of divisions is not limited. 本実施例においては2分割、あるいは、3分割して作成しているが、4分割、もしくは、それ以上に分割しても良い。 2 split, in this embodiment or 3 divided and are created, divided into four, or may be divided further into. ただし、分割しすぎてファイル名が細切れになると、逆に読み難くなる。 However, when the file name is too divided it becomes choppy, it is difficult to read in reverse. したがって、2分割、あるいは、3分割することが理想である。 Therefore, divided into two or three be divided is ideal.

第1実施形態に係る画像処理装置を示すブロック図 Block diagram of an image processing apparatus according to a first embodiment 操作部を示すブロック図 Block diagram of the operation unit 従来のファイル名を表示部に表示した表示例を示す図 It shows a display example displayed on the display unit of a conventional file name 表示ファイル作成機能で使用する一例のファイル名を示す図 It shows the file name of an example to be used in the display file creation function 表示ファイル作成機能の動作を示すフローチャート図 Flowchart showing the operation of the display file generation function 図4のファイル名に基づいて作成された表示ファイル名を表示部に表示した表示例を示す図 It shows a display example displayed on the display unit to display the file name created based on the file name in FIG. 4 第2実施形態に係る表示ファイル作成機能で使用する一例のファイル名を示す図 It shows the file name of an example used in the display file generation function according to the second embodiment 表示ファイル作成機能の動作を示すフローチャート図 Flowchart showing the operation of the display file generation function 図7のファイル名に基づいて作成された表示ファイル名を表示部に表示した表示例を示す図 It shows a display example displayed on the display unit to display the file name created based on the file name in FIG. 7 第3実施形態に係る表示変更機能で使用する一例のファイル名を示す図 Diagram illustrating an example of a file name to be used in the display changing function according to the third embodiment 変更された表示ファイル名を表示部に表示した表示例を示す図 Diagram showing a display example of displaying the changed display file names on the display unit 表示ファイル名F''1〜F''4の表示変更フラグEを付した時を示す図 Shows the time denoted by the display change flag E of the display file name F''1~F''4 表示ファイル名F''5〜F''8の表示変更フラグEを付した時を示す図 Shows the time denoted by the display change flag E of the display file name F''5~F''8 表示変更機能の動作を示すフローチャート図 Flowchart showing the operation of the display changing function

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 パソコン 2 画像処理・プリント処理部 4 USBメモリ 5 操作部 6 表示部 8 CPU 1 PC 2 image processing and print processing unit 4 USB memory 5 the operation section 6 display unit 8 CPU
9 プリントエンジン 12 CPU 9 print engine 12 CPU
20 第1実施形態のファイル名 21 第1実施形態の表示ファイル名170 第2実施形態のファイル名171 第2実施形態の表示ファイル名180 第3実施形態のファイル名181 第3実施形態の表示ファイル名Q11 第1不一致文字位置Q12 第2不一致文字位置N,M 番数 L ファイル名の文字数 E ファイル名の不一致数および表示変更フラグ J 判定値 K マーキング許可判定値 20 a first embodiment of the file name 21 display file named 181 third embodiment of a display file names 180 a third embodiment of the file name 171 second embodiment of the display file names 170 a second embodiment of the first embodiment name Q11 first mismatched character position Q12 second discrepancy character position N, the number of mismatches and display change of characters E filename of M-th number L filename flag J determination value K marking permission determination value

Claims (10)

  1. ファイル名を表示するエリアに字数制限が設けられた表示部と、前記ファイル名に基づいて、エリアの表示可能文字数に対応する表示ファイル名を作成する制御部とを備えた表示装置であって、 A display unit which word limit is provided in an area for displaying a file name, based on the file name, a display device and a control unit for creating the display file name corresponding to the displayable characters of the box,
    複数のファイル名を表示するとき、前記制御部は、 ファイル名同士を比較して異なる文字を検出して、前記ファイル名から所定数の文字数からなる複数のブロックを抽出し、ブロック同士の間に記号を挿入して、他の表示ファイル名とは異なる前記表示ファイル名を作成し、前記表示ファイル名を構成する最初のブロックは、前記ファイル名の先頭から所定数の文字からなることを特徴とする表示装置。 When displaying a plurality of file names, the control unit detects a different character by comparing the file name to each other, extracting a plurality of blocks of a predetermined number of characters from the file name, while between blocks insert the symbols, to create the display file name that is different from the other display file name, the first blocks composing the display file name, and characterized by comprising a predetermined number of characters from the beginning of the file name a display device for.
  2. 制御部は、検出された異なる文字の先頭からの番数が表示可能文字数以上のとき、ファイル名の先頭から所定数の文字からなるブロックと、ファイル名の末尾から所定数の文字からなるブロックとを抽出することを特徴とする請求項1に記載の表示装置。 Control unit, when ordinal number from the beginning of the detected different character than displayable characters, and the block consisting of a predetermined number of characters from the beginning of the file name, and a block from the end of the file name composed of a predetermined number of characters the display device according to claim 1, characterized in that to extract.
  3. 制御部は、検出された異なる文字の先頭からの番数が表示可能文字数より小さいとき、ファイル名の先頭から表示可能文字数の文字を抽出して、表示ファイル名とすることを特徴とする請求項1または2に記載の表示装置。 Claim control unit, when ordinal number from the beginning of the detected different character is less than the displayable characters, which extracts character displayable characters from the beginning of the file name, characterized by a display file name the display device according to 1 or 2.
  4. 制御部は、ファイル名の途中に異なる文字がある場合、異なる文字を含む前後所定数の文字からなるブロックと、ファイル名の末尾から所定数の文字からなるブロックとを抽出することを特徴とする請求項1または2に記載の表示装置。 Control unit, if there is a different character in the middle of the file name, and extracts a block having a predetermined number of characters before and after including different character, and a block from the end of the file name composed of a predetermined number of characters the display device according to claim 1 or 2.
  5. 表示ファイル名に使用される記号は、ファイル名に使用不可能な記号とされることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の表示装置。 The symbols used in the display file name display device according to claim 1, characterized in that it is an unusable symbol file name.
  6. 制御部は、ブロック同士の間に文字がある場合、省略する文字を記号に置換し、ブロック同士の間に文字がない場合、記号を挿入することを特徴とする請求項5に記載の表示装置。 Control unit, if there is a character between the blocks together, to replace the omitted characters to a symbol, if there is no character between between blocks, the display device according to claim 5, characterized in that to insert the symbol .
  7. 制御部は、ファイル名の先頭の文字から順に比較して異なる文字を検出することを特徴とする請求項2に記載の表示装置。 Controller, a display device according to claim 2, characterized in that detecting a different character from the first character of the file name compared sequentially.
  8. 制御部は、ファイル名から連続する複数の文字を抜き出し、前記連続する複数の文字ごとに比較して異なる文字を検出することを特徴とする請求項6に記載の表示装置。 The control unit extracts a plurality of consecutive characters from the file name, the display device according to claim 6, characterized in that detecting the comparison to different character for each of a plurality of characters said consecutive.
  9. 制御部は、異なる文字の表示を変化させることを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載の表示装置。 Controller, a display device according to any one of claims 1 to 8, wherein the changing the display of the different characters.
  10. 請求項1〜9のいずれかに記載の表示装置が、コピー機、プリンタ、ファクシミリ、スキャナ、もしくは、これら2つ以上を組み合わせた複合機器に装着されたことを特徴とする画像処理装置。 Display device according to any one of claims 1 to 9, copier, printer, facsimile, scanner, or an image processing apparatus characterized by being mounted on the composite instrument that combines two or more.
JP2008001437A 2008-01-08 2008-01-08 Display device, and an image processing apparatus including the same Active JP5203718B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008001437A JP5203718B2 (en) 2008-01-08 2008-01-08 Display device, and an image processing apparatus including the same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008001437A JP5203718B2 (en) 2008-01-08 2008-01-08 Display device, and an image processing apparatus including the same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009163561A true JP2009163561A (en) 2009-07-23
JP5203718B2 true JP5203718B2 (en) 2013-06-05

Family

ID=40966097

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008001437A Active JP5203718B2 (en) 2008-01-08 2008-01-08 Display device, and an image processing apparatus including the same

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5203718B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6083200B2 (en) * 2012-11-12 2017-02-22 コニカミノルタ株式会社 Image forming apparatus and a print control program

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08106453A (en) * 1994-10-03 1996-04-23 Fuji Xerox Co Ltd Sort processor
JPH1011409A (en) * 1996-06-25 1998-01-16 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> File transfer method and device
JP4239940B2 (en) * 2004-09-22 2009-03-18 セイコーエプソン株式会社 File management program, and file management apparatus
JP2006099898A (en) * 2004-09-30 2006-04-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd Recording medium controller
JP2007122297A (en) * 2005-10-27 2007-05-17 D & M Holdings Inc Character data display device

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2009163561A (en) 2009-07-23 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6043826A (en) Transferring outline fonts to devices requiring raster fonts
US6621590B1 (en) Method and control for summarizing distribution of page-specific features within a multi-page print job
US20050105116A1 (en) Document processing apparatus and document processing method
US6433882B1 (en) Device for processing intermediate files in printer control system
US20030160975A1 (en) N-up printing methods and systems
US5878198A (en) Information processing apparatus and method and memory medium storing information processing program
US20070121131A1 (en) Systems and methods for printing artwork containing overlapped inks
US20050289460A1 (en) Document processing apparatus, control method therefor, and computer program
JPH10187364A (en) Network printer
US20060152758A1 (en) Systems and methods for changing settings for selected objects within a print job
JP2005228243A (en) Information processor and control method therefor and program
JP2006285900A (en) Print control program, print controller and print control method
US20070236717A1 (en) Printer, Print Data Output Device, Method, Computer Readable Medium, And Computer Data Signal
JP2006293598A (en) Document processing system
US6021257A (en) Merged image print out system and method therefor
JP2001084245A (en) Device and method for processing document
JP2006172203A (en) Document inspection method and document output system
JP2004318581A (en) Information processor and method of displaying print preview
US20040085551A1 (en) Methods and systems for estimating print imaging material usage
US20040036917A1 (en) Variable printing processing apparatus, and variable printing processing program storage medium
US20060262344A1 (en) Image forming apparatus and image forming system
US20070292003A1 (en) Image Forming Apparatus and Method of Controlling the Apparatus
JP2003177905A (en) Unit and system for information processing, print control method, storage medium, and program
US7408556B2 (en) System and method for using device dependent fonts in a graphical display interface
JP2009053789A (en) Information processor, program, and computer-readable recording medium

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100218

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120525

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120605

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120717

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130122

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130214

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160222

Year of fee payment: 3