JP5038308B2 - Needle guard mechanism having a spring member extending beyond the side edges of strut - Google Patents

Needle guard mechanism having a spring member extending beyond the side edges of strut Download PDF

Info

Publication number
JP5038308B2
JP5038308B2 JP2008526009A JP2008526009A JP5038308B2 JP 5038308 B2 JP5038308 B2 JP 5038308B2 JP 2008526009 A JP2008526009 A JP 2008526009A JP 2008526009 A JP2008526009 A JP 2008526009A JP 5038308 B2 JP5038308 B2 JP 5038308B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
needle
clip
state
wall
catheter device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008526009A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2009504242A (en )
Inventor
アラン・ディー・キング
ショーン・ジェイ・アルバート
デイヴィッド・ジェイ・ゴラル
デニス・エム・ビアレッキ
トーマス・エフ・リリー・ジュニア
トーマス・ケー・サットン
Original Assignee
スミス・メディカル・エイエスディ・インコーポレーテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/31Details
    • A61M5/32Needles; Details of needles pertaining to their connection with syringe or hub; Accessories for bringing the needle into, or holding the needle on, the body; Devices for protection of needles
    • A61M5/3205Apparatus for removing or disposing of used needles or syringes, e.g. containers; Means for protection against accidental injuries from used needles
    • A61M5/321Means for protection against accidental injuries by used needles
    • A61M5/3243Means for protection against accidental injuries by used needles being axially-extensible, e.g. protective sleeves coaxially slidable on the syringe barrel
    • A61M5/3273Means for protection against accidental injuries by used needles being axially-extensible, e.g. protective sleeves coaxially slidable on the syringe barrel freely sliding on needle shaft without connection to syringe or needle
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/31Details
    • A61M5/32Needles; Details of needles pertaining to their connection with syringe or hub; Accessories for bringing the needle into, or holding the needle on, the body; Devices for protection of needles
    • A61M5/3205Apparatus for removing or disposing of used needles or syringes, e.g. containers; Means for protection against accidental injuries from used needles
    • A61M5/321Means for protection against accidental injuries by used needles
    • A61M5/3243Means for protection against accidental injuries by used needles being axially-extensible, e.g. protective sleeves coaxially slidable on the syringe barrel
    • A61M5/3245Constructional features thereof, e.g. to improve manipulation or functioning
    • A61M2005/3247Means to impede repositioning of protection sleeve from needle covering to needle uncovering position
    • A61M2005/325Means obstructing the needle passage at distal end of a needle protection sleeve

Description

本発明は、医療用ニードル(例えば、皮下注射針や、カテーテル挿入ニードルや、カテーテル挿入カニューレや、他の尖鋭先端を有した中空のカニューレや、あるいは、他の尖鋭先端を有した中実のカニューレ)に関するものであり、より詳細には、患者から抜き出し後にニードルの尖鋭先端から使用者および他の人を保護するためのニードルガードに関するものである。 The present invention is a medical needle (for example, a hypodermic needle, or a catheter insertion needle, a catheter insertion cannula or hollow cannula and having an other sharp tip, or solid cannulae having other sharp tip ) relates, more particularly, to a needle guard for protecting other people and the user from sharp tip of the needle after withdrawal from a patient.

偶発的なニードル刺しを低減させるあるいは無くすことの必要性により、尖鋭なニードル先端を保護するための、すなわち、囲むための、あるいは、他の手法で遮蔽するための、様々なタイプのニードルガードが、開発され提案されている。 The need of accidental needle stabbing reduced to or eliminate it, to protect the sharp needle tip, i.e., for enclosing, or for shielding in other manners, various types of needle guard , it has been proposed are developed. いくつかのニードルガードは、例えば本出願人であるMedex社によって市販されている PROTECTIV Safety IV カテーテルのように、ニードルシャフトおよびニードル先端の実質的に全体を包囲するためのハウジングを備えている。 Some needle guard, as the PROTECTIV Safety IV catheter marketed by Medex, Inc. such as the present applicant, comprises a housing for substantially enclosing the entire needle shaft and needle tip. 他のニードルガードは、例えば特許文献1に開示されているように、使用後に先端を包囲し得るようニードルシャフトに沿って移動するクリップを備えている。 Other needle guard, for example, as disclosed in Patent Document 1 is provided with a clip that moves along the needle shaft so that can surround the tip after use. さらに他のニードルガードは、先端がハウジングの内部に位置した状態にニードルの先端部を固定し得るよう、機能部材を封入した状態でニードルシャフトに沿って移動するハウジングを提供する。 Still other needle guard tip so capable of fixing the tip of the needle in a state positioned in the housing, providing a housing that moves along the needle shaft while enclosing the functional component. 特に有利な形態のニードルガードは、特許文献2に開示されているように、機能部材として、傾斜プレート(カンテッドプレート)を備えている。 Particularly advantageous embodiments of the needle guard, as disclosed in Patent Document 2, as a function member, and a tilt plate (Kang Ted plate).

特許文献2の傾斜プレートデバイスにおいては、ハウジングは、ニードルが貫通するものとして、提供される。 In tilt plate device of Patent Document 2, the housing, as the needle penetrates are provided. ハウジングの内部において、傾斜プレートは、開口付きの壁によって形成される。 Inside the housing, the inclined plate is formed by an apertured wall. 開口は、第1状態においては、この開口を通してニードルシャフトをスライド的に受領するとともに、第1状態に対して傾斜した第2状態においては、ニードルシャフトを把持するあるいは噛み込む。 Opening, in the first state, as well as receive a needle shaft sliding manner through the opening in the second state which is inclined with respect to the first condition, biting or gripping the needle shaft. 第2壁が、中間壁を介して第1壁に対して連結されている。 The second wall is connected to the first wall via an intermediate wall. これにより、全体的に剛直な単一ピースのクリップを形成している。 Thus forming a clip generally rigid single piece. 第2壁は、第1状態においてクリップを保持し得るよう、ニードルシャフトに沿って乗るための部分を備えている。 The second wall is so capable of retaining clip in the first state, and a portion for riding along the needle shaft. ニードルの先端がハウジング内へと引き込まれて、第2壁部分を通過した際には、クリップは、第2状態へと傾斜することができる。 The tip of the needle is drawn into the housing, when passing through the second wall portion, the clip can tilt into the second state. これにより、傾斜プレートが、ニードルシャフトを把持し、これにより、ニードルをそれ以上引っ張ることができなくなる。 Thus, the inclined plate grips the needle shaft, thereby, the needle can not be pulled further. また、第2壁は、ニードル先端をブロックする。 The second wall blocks the needle tip. これにより、ニードルを、ハウジングの外部へと押し戻すことができなくなる。 Thus, the needle, can not be pushed back to the outside of the housing. 第1壁に抗して、付勢スプリングが設けられている。 Against the first wall, the biasing spring is provided. これにより、クリップを第2状態に向けて付勢することができる。 This makes it possible to urge the clip to the second state. クリップの第2壁と中間壁とは、第1状態においては、ニードルシャフトの一側部に対して位置しており、ニードルシャフトの他方の側部は、スプリングが位置している。 The second wall and the intermediate wall of the clip, in the first state, located to one side of the needle shaft, the other side of the needle shaft, the spring is located. 特許文献2におけるクリップの構成は、多くの利点を有するものではあるけれども、さらなる改良と補強とが要望されている。 Clip arrangement in Patent Document 2, although there are those having a number of advantages, the reinforcement and further improvement has been demanded.

特許文献2のクリップの改良に関する1つの試みが、特許文献3に開示されている。 One attempt about a clip improvement of Patent Document 2 is disclosed in Patent Document 3. 特許文献3のクリップは、ガイドワイヤと一緒にクリップを使用することを可能とすることを意図した特徴点を備えている。 Clip in Patent Document 3 is provided with the feature points intended to enable the use of clip with a guide wire. 特許文献3のデバイスの市販の一形態と考えられるものは、Arrow Radial Artery Catheterization デバイスである。 What is considered to be a commercial one embodiment of the Patent Document 3 device is Arrow Radial Artery Catheterization device. 市販の形態は、構成に欠点を有したものと考えられる。 Commercially available forms are considered to have a drawback in the configuration. さらに、ニードルシャフトに対して、かなりの引っ張り力が印加される。 Further, with respect to the needle shaft, a considerable pulling force is applied. このため、使用が困難となり、好ましくない。 For this reason, it is difficult to use, which is not preferable.

さらに、いくつかのニードルガードは、カテーテルアセンブリと一緒に使用することを意図したものとされている。 Further, some needle guards are as intended to be used with the catheter assembly. そのようなニードルガードにおいては、有利には、ニードルガードの一部が、カテーテルハブを保持するとともに、ニードルが、カテーテルチューブから突出する。 In such a needle guard, advantageously, a portion of the needle guard holds the catheter hub, the needle is protruded from the catheter tube. しかしながら、その後、ニードルの引き抜き時には、先端が保護された状態へと、ニードルガードを除去する待ち受け状態となることができる。 However, then, at the time of withdrawal of the needle can be made into a state in which the leading end is protected, the standby state to remove the needle guard. 1つの提案は、ニードルガードにノーズ部分を設けることであり、ニードルガードハウジングから延出させた一対の協働部材を設けることである。 One proposal is to provide a nose portion to the needle guard, it is to provide a pair of cooperating members which is extended from the needle guard housing. 協働部材は、カテーテルハブ内に適合し得るサイズとされ、通常は、協働部材どうしの間に通路を形成する。 Cooperating members are sized to be fit within the catheter hub, typically forms a passageway between each other cooperating members. この通路のサイズは、この通路を通してニードルシャフトをスライド的に受領し得るようなサイズとされる。 The size of this passage, the needle shaft is sized to be received sliding manner through this passage.
協働部材の一方または双方は、先端部のところに、戻り止めを備えている。 One or both of cooperating members are at the distal end, and a detent. 戻り止めは、カテーテルハブの内部壁に形成されたそれぞれ対応する径方向外向き凹所内に受領可能なものとされる。 Detents are capable received in radially outward recess corresponding respectively formed inside the wall of the catheter hub. 戻り止めは、協働部材に対して、ダックビルのような外観性をもたらす。 Detents, against cooperating members, resulting in the appearance of such as duck-bill. 理解されるうに、カテーテルハブ内表面の少なくとも先端部は、メス型ルアー規格に応じたテーパー形状とされる。 Uni will be appreciated, at least the tip portion of the catheter hub interior surface is tapered in accordance with the female luer standards. 凹所は、ルアーテーパー表面の先端側に位置し、カテーテルハブ内においては、戻り止めが凹所内に通常的に適合する。 Recess, located on the distal end side of the luer taper surface, in the catheter hub, the detent is usually fits in the recess. ニードルシャフトが通路から取り外される際には、ダックビル部材の一方または双方は、容易に撓むことができ、これにより、ハウジングに対するわずかな引っ張り力によって、ダックビルは、凹所に対して曲がることができる。 When the needle shaft is removed from the passageway, one or both of the duckbill members is able to easily flex, Thus, a slight pulling force on the housing, duckbill may be bent with respect to the recess . これにより、ニードルガードは、カテーテルハブから離れ始める。 As a result, the needle guard begins away from the catheter hub. しかしながら、ニードルシャフトが存在するときには、協働部材の撓みが制限され、これにより、保持力が非常に大きなものとなる。 However, when the needle shaft is present, it is limited deflection of the cooperating members, thereby, the holding force is very large. 戻り止めは、径方向外向きの凹所内に適合するサイズとされたダックビルの外径を規定する。 Detents define an outer diameter of the duckbill that is compatible size radially outward in the recess. しかしながら、ルアーテーパー表面の内径は、先端側の大部分にわたって、ダックビルの外径よりも、小さなものである。 However, the inner diameter of the luer tapered surface, over most of the distal end side than the outer diameter of the duckbill is small. その結果、継続した取り外し時には、ダックビル部材は、曲げられたままであり、カテーテルハブの内表面にわたって引きずられるかあるいは擦る。 As a result, during continued removal, duckbill member remains bent, or rubbing dragged across the inner surface of the catheter hub. これにより、医療従事者にとって望ましいものと比較して、より大きな引き抜き力が感じられる。 Thus, as compared to that desired for medical personnel, greater pulling force is felt.

Arrow Radial Artery Catheterization デバイスは、ダックビル構成の一例である。 Arrow Radial Artery Catheterization device is an example of a duckbill configuration. しかしながら、そのニードルガードハウジングは、カテーテルハブに対して回転することができない。 However, the needle guard housing, can not rotate relative to the catheter hub. ダックビルの戻り止めは、カテーテルハブの凹所に対して、限られた周縁長さしか有していない。 Detent duckbill, relative to the recess of the catheter hub has only a limited peripheral length. そのため、ダックビルが回転することができない。 Therefore, it is impossible duckbill rotates. 多くの場合、カテーテルハブに対してニードルガードハウジングを回転させ得ることが望ましい。 Often, it is desirable to be able to rotate the needle guard housing relative to the catheter hub. 例えば、構成部材が回転可能であれば、患者内へとカテーテルチューブをねじ込むことができて、効果的なことがある。 For example, the components are rotated If possible, it is possible to screw the catheter tube into the patient, be effective. 1つの提案された解決手法は、特許文献4に開示されているように、ダックビルの戻り止めを内部で回転可能とし得るよう、カテーテルハブ内に、連続した径方向外向きの環状溝を設けることである。 One proposed solution technique, as disclosed in Patent Document 4, so as to be rotatable detent duckbill internally in the catheter hub, providing an annular groove in the radially outward consecutive it is. しかしながら、上述した擦るという問題点に加えて、カテーテルハブ内の完全に周縁的な環状溝または凹所は、製造上の問題点と、製品性能上の問題点と、を呈するものと考えられる。 However, in addition to the problem that rubbing mentioned above, completely marginal annular groove or recess in the catheter hub, and manufacturing problems, believed to exhibit, and problems in product performance. 特許文献4の発明者らは、後者の問題点を見かけ的に認識し、その後、特許文献5に開示されているように、カテーテルハブ内における戻り止めの回転を阻止し得るよう、限られた長さの凹所を有した構成を提案した。 The inventors of the patent document 4 recognizes apparent to the latter problem, then, as disclosed in Patent Document 5, as capable of preventing rotation of the detent in the catheter hub, a limited It proposed a structure having a recess length. よって、ダックビルに関して実行可能な回転可能構成がなおも要望されているとともに、引き抜き時に、カテーテルハブの内表面を戻り止めが擦ることによって引き起こされる問題点を低減または除去することが要望されている。 Thus, together with the rotatable structure feasible are desired still regard duckbill, during withdrawal, it is desired to reduce or eliminate the problems caused by rubbing the detent the inner surface of the catheter hub.
米国特許第6,652,486号明細書 US Pat. No. 6,652,486 米国特許第5,322,517号明細書 US Pat. No. 5,322,517 米国特許第6,280,419号明細書 US Pat. No. 6,280,419 米国特許第6,221,047号明細書 US Pat. No. 6,221,047 米国特許第6,689,102号明細書 US Pat. No. 6,689,102

本発明の1つの原理によれば、従来技術による傾斜プレート構成と比較して、要望された改良と補強とを有した傾斜プレート型のニードルガードが提供される。 According to one of the principles of the present invention, as compared to the inclined plate structure according to the prior art, the inclined plate-type needle guard having a reinforcing and requests have been improved is provided. この目的のために、1つの見地においては、ニードルガードは、スプリング部材を備えており、スプリング部材は、リーフスプリングとすることができ、スプリング部材は、中間壁のエッジを超えて第1壁から延出され、中間壁は、1つまたは2つのストラットから形成することができ、スプリング部材は、当接面に対して動作可能に係合し、スプリング部材の延出部分と中間壁とは、有利には、ニードルに関して同じ側に配置されている。 To this end, in one aspect, the needle guard includes a spring member, the spring member may be a leaf spring, the spring member from the first wall beyond the edge of the intermediate wall extending, intermediate wall, one or can be formed from two strut, the spring member is operably engaged against the abutment surface, the extended portion and the intermediate wall of the spring member, advantageously, they are arranged on the same side with respect to the needle. 当接面は、クリップとスプリング部材とを収容したハウジング内にあるいはそのようなハウジングによって、形成することができる。 Abutment surface may be by clips and or such housing in a housing which accommodates a spring member, it is formed. スプリング部材と、クリップおよび/またはハウジングに対してのスプリング部材の協働関係は、クリップの第2壁とニードルシャフトとの間の過度の引きずり力をもたらすことなく、嵩低いクリップにおいて適切な付勢力を提供するものと、考えられる。 A spring member, cooperating relationship of the spring member relative to the clip and / or the housing without causing excessive drag force between the second wall and the needle shaft of the clip, suitable biasing force in the low bulk clip and intended to provide a, it is considered.

第2の見地においては、1つまたは複数のストラットは、すなわち中間壁は、有利には、第1壁に対して90°未満という形成角度でもってクリップの第1壁から延出され、より有利には、形成角度は、83°〜87°という範囲とされる。 In a second aspect, one or more struts, or intermediate wall, advantageously, with the formation angle of less than 90 ° relative to the first wall extending from the first wall of the clip, and more preferably the formation angle is a range of 83 ° to 87 °. このような傾斜により、ニードルシャフトを把持するに際してのクリップの回転度合いを増大させることができ、これにより、より信頼性高くニードル先端をブロックまたは遮蔽することができる。 Such tilting, rotation degree of clip when gripping the needle shaft can be increased, thereby, a more reliable needle tip can be blocked or shielded. 第3の見地においては、ニードルシャフトに当接するためのスタイラスが、第2壁に設けられる。 In a third aspect, a stylus for abutting the needle shaft is provided on the second wall. これにより、円滑な表面が提供されてニードルに対する引きずり力を低減し得るとともに、触覚的感覚と聴覚的感覚とニードルガードの動作とを改良することができる。 This makes it possible to smooth the surface is provided with may reduce the drag force on the needle, to improve the operation of the tactile sensory and auditory sensations and the needle guard. 第4の見地においては、第2壁は、全体的にL字形状とすることができ、これにより、自由端のところに、第1壁に向けて突出するリップを形成することができる。 In a fourth aspect, the second wall may be generally L-shaped, whereby at the free end, it is possible to form a lip which projects toward the first wall. リップは、クリップの第1状態においてはニードルシャフトの一側方に配置され、クリップの第2状態においてはニードル先端の閉じ込めまたは遮蔽を補助する。 Lip, in the first state of the clip it is located on one side of the needle shaft in a second state of the clip to assist containment or shielding the needle tip. スタイラスは、L字形状壁のコイニング加工箇所とすることができる。 Stylus may be a coined portion of the L-shaped wall.

第5の見地においては、ヒールが、第1壁から延出され、第1壁とヒールとが、中間壁またはストラットに関して互いに反対側に配置されている。 In a fifth aspect, heel, extending from the first wall, the first wall and heel are disposed on opposite sides with respect to the intermediate wall or strut. 棚が設けられており、クリップの第1状態においては、ヒールが、棚に対して当接しており、クリップが第1状態から第2状態へと移行する際には、ヒールが、棚まわりに回転するようになっている。 Shelf is provided with, in the first state of the clip, heel, abuts against the ledge, when the clip moves from the first state to the second state, heel, around the shelf so as to rotate. これにより、性能を増強することができる。 Thus, it is possible to enhance the performance.

第1壁による把持力に応答してニードルシャフトが撓んでしまう可能性が考えられる。 Possibility that is bent needle shaft in response to the gripping force of the first wall is considered. シャフトは、第1壁の開口に対して位置合わせしようとし、これにより、把持力が低減してしまう。 Shaft attempts to align with respect to the opening of the first wall, thereby, the gripping force will be reduced. この目的のために、第6の見地においては、ニードル支持体は、ニードルシャフトが規定する円筒形状に対する横断方向に固定的に配置されている。 For this purpose, in the sixth aspect, the needle support is fixedly disposed transversely with respect to cylindrical needle shaft defines. これにより、ニードル先端がニードルガード内へと引き込まれる際に、ニードルシャフトの撓みを制限することができる。 Thus, when the needle tip is pulled into the needle guard, it is possible to limit the deflection of the needle shaft. よって、クリップの第2状態においては、ニードルシャフトが撓む傾向は、ニードル支持体によって最小化される。 Therefore, in the second state of the clip, the tendency of the needle shaft to flex is minimized by the needle support.

個別的に使用し得るようなあるいは所望に組み合わせて使用し得るような本発明の上記の様々な見地に加えて、本発明は、傾斜プレート型クリップと一緒に使用し得るだけではなく他のニードルガード構成に関しても同様に使用し得るように、ニードルガードに対する改良を提供する。 In addition to the various aspects of the invention described above as may be used in combination such or desired may be used individually, the present invention not only can be used in conjunction with the inclined plate-shaped clip other needle as can be used as well with respect to the guard structure, it provides improvements to needle guards. 例示するならば、複数のニードル付きのニードルアセンブリまたはカテーテルアセンブリは、通常、少なくともニードル先端を包囲するための保護シースを備えている。 By way of example, the needle assembly or a catheter assembly with a plurality of needles are usually provided with a protective sheath to enclose at least the needle tip. 保護シースは、使用前には、ニードルガードの少なくとも一部に対して位置合わせされる。 Protective sheath prior to use, is aligned with respect to at least a portion of the needle guard. ニードルが取り付けられたニードルハブを把持しつつ、シースを取り外そうとして、ニードルガード上に位置合わせされたシース部分を引っ張ってしまうと、カテーテルハブからニードルガードを不用意に取り外してしまいかねない。 While gripping the needle hub the needle is attached, an attempt to remove the sheath and thereby pull the aligned sheath portion on the needle guard, could cause it inadvertently remove the needle guard from the catheter hub. これにより、デバイスを使用できなくなってしまう。 As a result, it becomes impossible to use the device. 1つの提案された解決手段は、ニードルハブ上に、シュラウドを設けることである。 One proposed solution is, on the needle hub, is to provide a shroud. シュラウドは、ニードルガードとニードルハブとが互いに隣接しているときには、ニードルガードを実質的に包囲する。 Shroud, when the needle guard and the needle hub is adjacent to each other, substantially surrounds the needle guard. これにより、ニードルガード上に位置したシース部分を把持したにしても、把持力は、シュラウドに対して伝達されることとなり、ニードルガードに対して伝達されることがない。 Thus, even if the holding the sheath portion located on the needle guard, the gripping force becomes to be transmitted to the shroud, it will not be transmitted to the needle guard. これにより、カテーテルハブからニードルガードを不用意に取り外してしまうというリスクを低減させることができる。 Thus, it is possible to reduce the risk of inadvertent removal of the needle guard from the catheter hub. しかしながら、そのようなシュラウドは、使用時にカテーテルからニードルを迅速に取り外すことに関しての障害となる。 However, such shroud is an obstacle in terms of quickly removing the needle from the catheter in use. この目的のために、本発明の他の原理によれば、ニードルガードの対向部分上に位置合わせされた分離型のシュラウドが提供される。 For this purpose, according to another principle of the present invention, the shroud of the separation-type which are aligned on opposing portions of the needle guard is provided. 例えばフィンガータブといったような他の部分は、分離型シュラウドを通して露出されたままとされる。 For example, other parts such as finger tab, are left exposed through separation shroud. これにより、使用時のカテーテルからのニードルの迅速な除去を可能とすることができる。 Thus, it is possible to enable rapid removal of the needle from the catheter in use.

本発明のさらに他の原理によれば、ニードルによる穿刺を開始する際の安定性を増大させ得るようニードルガードの延出前にはニードルハブとニードルガードとを相対回転不可能に保持することが望ましい。 According to yet another principle of the present invention, it is desirable to retain the needle hub and the needle guard relative rotation impossible to extend Delivery of the needle guard so that can increase the stability in starting the puncture by the needle . この目的のために、ニードルハブとニードルガードとの各対向面には、協働構造が設けられる。 For this purpose, each opposed surfaces of the needle hub and the needle guard, cooperating structures are provided. 協働構造は、例えば、非円形の周縁形状を有したラグ、および、非円形の周縁形状を有した凹所、とされる。 Cooperating structure, for example, lug having a non-circular peripheral shape, and a recess having a non-circular peripheral shape, are. ニードルハブがニードルガードに対して隣接配置されたときには、協働構造が係合する。 When the needle hub is arranged adjacent relative to the needle guard, cooperating structure engages. これにより、ニードルハブとニードルガードとが相対回転不可能に保持される。 Thus, the needle hub and needle guard are held relative rotation impossible. しかしながら、協働構造をなす各部材どうしを引き離した際には、それら部材どうしの係合が解除され、これにより、相対回転が可能とされる。 However, when pulled apart the members to each other is forming a cooperating structure, the engagement of these members to each other is canceled, thereby, are capable of relative rotation.

本発明のなおもさらなる原理によれば、特に、カテーテルアセンブリに対する使用においては、改良されたニードルガードダックビルカテーテルハブ解放機構が提供される。 According to a still further principles of the present invention, in particular, in the use for a catheter assembly, an improved needle guard duckbill catheter hub release mechanism is provided. この場合、引き離し時の擦れという欠点がなく、ニードルガードとカテーテルハブとが相対回転される。 In this case, there is no disadvantage that rubbing during detachment, the needle guard and the catheter hub are relatively rotated. この目的のために、カテーテルハブには、径方向外向きに延在する凹所や溝ではなく、径方向内向きに延在する環状リブが設けられる。 For this purpose, the catheter hub, rather than a recess or a groove extending radially outwardly, the annular rib is provided which extends radially inward. このリブに対しては、協働部材の戻り止めが、選択的に係合することができる。 For the rib, detents cooperating members are able to selectively engage. このリブは、カテーテルハブの内面のルアーテーパー部分よりも先端側に配置される。 The rib is disposed frontward of the luer tapered portion of the inner surface of the catheter hub. ダックビルの戻り止めは、取り外し時にカテーテルハブの内面を無用に擦らないようなサイズのものとすることができ、なおかつ、取り外し前にはリブを保持し得るようなサイズのものとすることができる。 Detent duckbill may be of the size that does not rub useless the inner surface of the catheter hub during removal, yet, before removal can be of a size such as to be able to hold the rib. リブは、連続的なものとも、あるいは、隙間を有したものとも、することができる。 Ribs, successive ones and also, or even to that a gap can be. リブは、従来技術によるダックビル解放機構における凹所や溝と比較して、製造面で利点をもたらすとともに、デバイスの性能面で利点をもたらす。 Ribs, as compared to recesses or grooves in a duckbill release mechanism according to the prior art, with results in advantages in terms of production, provides advantages in performance of the device.

上記により、個別的にまた様々な組合せにより、従来技術による傾斜プレート構成と比較して改良と補強とを行った傾斜プレート型ニードルガードが、提供される。 The above, by individually or various combinations, inclined plate-type needle guard subjected to a reinforcing and improvements as compared to the inclined plate structure according to the prior art, is provided. また、上記により、個別的にまた様々な組合せにより、傾斜プレート型クリップと一緒に使用し得るのみならず、他のニードルガードの構成とも一緒に使用し得るような、ニードルガードに対する改良が提供される。 Further, the above, by individually or various combinations not only be used in conjunction with the inclined plate-type clip, with construction of the other needle guard as may be used together, improvements are provided for the needle guard that. 本発明の上記の目的や他の目的や様々な利点は、添付図面により、また、以下の説明により、明瞭となるであろう。 The above and other objects and various advantages of the present invention, the accompanying drawings and by the following description will become apparent.

本明細書の一部をなす添付図面は、本発明の様々な実施形態を図示している。 Accompanying drawings that form a part of this specification, illustrate various embodiments of the present invention. これら添付図面と、上述したような本発明に関する一般的説明と、本発明の様々な実施形態に関する以下の詳細な説明とは、本発明の原理を説明するように、機能する。 With these drawings, a general description of the present invention as described above, the following detailed description of various embodiments of the present invention, to explain the principles of the present invention, functions.

図1は、傾斜プレートクリップによって形成されたニードルガードの一実施形態を示す斜視図であって、本発明の原理に基づき、リーフスプリング部材を備えている。 Figure 1 is a perspective view showing an embodiment of a needle guard formed by the tilt plate clip, based on the principles of the present invention includes a leaf spring member.

図2Aおよび図2Bは、ハウジングと図1のクリップとを備えてなるニードルガードの第2実施形態を示す断面図であって、本発明の特定の原理を説明する目的で、ニードルの尖鋭先端が露出された第1状態と、ニードルの尖鋭先端が保護された第2状態と、のそれぞれを示している。 2A and 2B, a cross-sectional view showing a second embodiment of a needle guard comprising a clip housing and FIG. 1, for the purpose of describing particular principles of the present invention, sharp tip of the needle a first state in which it is exposed, shows a second state of being protected sharp tip of the needle, respectively.

図2A'(図2A−1とも表記する)および図2B'(図2B−1とも表記する)は、本発明の特定の原理を説明する目的のためのものであって、図2Aおよび図2Bのそれぞれ細部を示している。 Figure 2A '(FIG. 2A-1 both hereinafter) and 2B' (referred to both FIG. 2B-1) is for the purpose of describing particular principles of the present invention, FIGS. 2A and 2B It shows the details of each.

図3A〜図3Cは、本発明の様々な見地を備えたカテーテルアセンブリを示す側面図であって、カテーテルアセンブリのニードルのためのニードルガードの第3実施形態を備えている。 Figure 3A~ Figure 3C is a side view of the catheter assembly with various aspects of the present invention, a third embodiment of a needle guard for a needle of the catheter assembly.

図4Aは、本発明の特定の追加的な原理および見地を説明するためのものであって、図3A〜図3Cのニードルガードハウジングのノーズ部分を示す斜視図である。 Figure 4A is for explaining certain additional principles and aspects of the present invention, is a perspective view showing the nose portion of the needle guard housing of FIGS 3A~ Figure 3C.

図4Bは、図4Aのノーズ部分の基端部を示す背面図である。 Figure 4B is a rear view of the proximal end of the nose portion of Figure 4A.

図5は、本発明におけるダックビルカテーテルハブ解放機構を説明するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるカテーテルハブを示す断面図である。 Figure 5 is for explaining the duckbill catheter hub release mechanism of the present invention, it is a cross-sectional view showing a catheter hub in FIG 3A~ Figure 3C.

図6A〜図6Dは、本発明の特定の原理に基づくニードルガードの第2実施形態におけるダックビルカテーテルハブ解放機構の動作を説明するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるカテーテルアセンブリを示す断面図である。 Figure 6A~ Figure 6D is for explaining the operation of the duckbill catheter hub release mechanism of the second embodiment of the needle guard based on specific principles of the present invention, the catheter assembly shown in FIG 3A~ Figure 3C it is a cross-sectional view.

図7Aおよび図7Bは、本発明における回転防止という特徴点を例示するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるニードルガードの対向面とニードルハブの対向面とのそれぞれを示す端面図である。 7A and 7B is for illustrating a feature point that the rotation prevention in the present invention, in end view showing the respective the opposing surface and the facing surface of the needle hub of the needle guard of FIG 3A~ Figure 3C is there.

図7Cは、図7における7C−7C線に沿った矢視断面図であって、本発明における回転防止という特徴点を説明する目的で、図7Aおよび図7Bにおけるニードルハブおよびニードルガードハウジングを示している。 Figure 7C is a cross-sectional view taken along 7C-7C line in FIG. 7, for purposes of describing the characteristic points of the rotation prevention in the present invention, it shows a needle hub and needle guard housing of FIGS. 7A and 7B ing.

図8は、図3Cにおけるニードルハブおよびニードルカニューレを示す斜視図であって、ニードルハブの先端部に設けられたシュラウドを示している。 Figure 8 is a perspective view of a needle hub and needle cannula of FIGS. 3C, shows a shroud provided at a tip portion of the needle hub.

図9は、本発明の特定の原理に基づくシュラウドの動作を説明する目的で、保護シースが付設された図3Aのカテーテルアセンブリを部分的に示す断面図である。 Figure 9 is a cross-sectional view for purposes of describing the operation of the shroud, showing the catheter assembly of the protective sheath is attached Figures 3A partially based on a particular principle of the present invention.

図1には、ニードルガード10の一実施形態が示されており、傾斜プレートクリップ12と、スプリング部材14と、を備えている。 FIG 1, there is shown one embodiment of a needle guard 10, the inclined plate clip 12, and a spring member 14, the. クリップ12は、貫通タイプの例えば円形穴といったような開口18を有した第1壁16と、中間壁22を介して第1壁に対して連結された第2壁20と、を備えている。 Clip 12 includes a first wall 16 having an opening 18, such as for example a circular hole of the through-type, and the second wall 20 connected to the first wall via an intermediate wall 22. 中間壁22は、ここで示された例においては、第1ストラット24と、第2ストラット26と、を備えている。 Intermediate wall 22, in the example shown here, comprises a first strut 24, a second strut 26. 各ストラットは、壁16,20間にわたって延在するとともにそれらの間に開口32を形成する内方エッジ27,28と、外方エッジ29,30と、を有している。 Each strut includes a inner edge 27, 28 to form an opening 32 therebetween with extending across between the walls 16 and 20 has an outer edge 29 and 30, the. 第1壁16からは、ヒール34が延出されている(図1において破線で示されている)。 From the first wall 16, (shown in broken lines in FIG. 1) the heel 34 is extended. 第1壁16とヒール34とは、ストラット24,26に関して互いに反対側に位置するようにして、配置されている。 The first wall 16 and heel 34, so as to be positioned opposite each other with respect to the struts 24 and 26 are arranged. 第2壁20は、全体的に第1壁に向けて突出するリップ部36を有することができる。 The second wall 20 may have a lip portion 36 protruding toward the overall first wall. これにより、第2壁20は、全体的にL字形状を有することとなる。 Thus, the second wall 20 will have a generally L-shaped. L字形状の第2壁20の外側コーナー表面37は、コイニング加工することができる。 Outer corner surface 37 of the second wall 20 of the L-shape can be coining. これにより、コーナー表面のところに、円弧状スタイラス38を形成することができる。 Thus, at the corner surface, it is possible to form the arcuate stylus 38. クリップ12は、有利には、剛直な金属(それの例は、ステンレス鋼である)またはプラスチックからなる一体部材とされる。 Clip 12 is advantageously rigid metal (it example, a is stainless steel) is integral member made of or plastic.

図1においては、2つの個別のストラット24,26を備えるものとしてクリップ12が図示されているけれども、当業者であれば、クリップ12の代替可能な実施形態においては、中間壁22が一方のストラット24または26だけを備え得ることは、理解されるであろう。 In Figure 1, although clip 12 is illustrated as comprising two separate struts 24 and 26, those skilled in the art, in the alternative embodiment of the clip 12, the intermediate wall 22 of one strut be obtained with only 24 or 26 it will be appreciated. さらに、ストラット24または26は、図示されているものよりも、幅の広いものとすることができる。 Further, the struts 24 or 26, than what is shown, can be made wide. ストラットは、第1壁16および第2壁20の間にわたって中実壁が形成される程度にまで、広げることができる。 Struts, to the extent that solid walls is formed over between the first wall 16 and second wall 20 can be widened. その場合、外方エッジ29または30を超えて延在する代替可能なスプリング部材(図示せず)を使用することができる。 In that case, it is possible to use the alternative spring member extending beyond the outer edge 29 or 30 (not shown).

スプリング部材14は、所望の任意の形態のエネルギー貯蔵デバイスとすることができる。 The spring member 14 may be a energy storage device of any desired form. 例えば、コイルや、他の巻回スプリングや、圧縮可能な発泡体材料や他の材料や、圧縮可能な気泡、とすることができる。 For example, a coil or other or wound springs, foam or materials and other materials that can be compressed, may be compressible air bubbles, to. しかしながら、ここでは、リーフスプリングという有利な態様のものとして説明されている。 Here, however, it has been described as preferred embodiments of a leaf spring. リーフスプリングは、クリップの第1壁16の内表面42と関連した第1壁40を備えている。 Leaf spring includes a first wall 40 associated with the inner surface 42 of the first wall 16 of the clip. この第1壁40には、開口41を有している。 This first wall 40 has an opening 41. この場合、開口41は、開口18よりも大きなものとされている(あるいは、開口18に対してオーバーライドされている)。 In this case, the opening 41 is the larger than the opening 18 (or, which is overridden with respect to the opening 18). リーフスプリングは、さらに、長尺のリーフ44を備えている。 Leaf springs further comprises a leaf 44 long. リーフ44は、第1壁16を起点として、ストラット24,26のエッジ27,28を超えて、開口32を超えて、延出されており、リーフ44の自由端46へと至っている。 Leaf 44, the first wall 16 as a starting point, beyond the edges 27, 28 of the struts 24, 26, beyond opening 32, which extends, has come to the free end 46 of the leaf 44. スプリング部材14は、クリップ12に対して一体的な部材とすることができる。 The spring member 14 may be a unitary member with respect to the clip 12. これにより、第1端部40は、リーフ44の延在起点をなす第1壁16の一部となる。 Thus, the first end 40 is a part of the first wall 16 forming the extension origin of leaf 44. その場合、リーフ44は、有利には、より薄いものとなり、後述する目的のために、第1壁16よりも弾性的なものとなる。 In that case, leaf 44 is advantageously made as thinner, for later purposes, it becomes elastically than the first wall 16. あるいは、図1に示すように、スプリング部材14は、第1端部40を有した個別の弾性部材とされる。 Alternatively, as shown in FIG. 1, the spring member 14 is a separate elastic member having a first end portion 40. この場合、第1端部40は、内表面42に対して当接され、有利には、例えば溶接等の手法によって内表面42に対して固定される。 In this case, first end portion 40 is abutted against the inner surface 42, advantageously, for example, it is fixed to the inner surface 42 by a method such as welding.

図2Aおよび図2Bには、ニードル52のためのニードルガード50の第2実施形態が示されている。 FIG 2A and 2B, there is shown a second embodiment of a needle guard 50 for a needle 52. ニードル52は、例えば、中空の皮下注射ニードルや、中空または中実のカテーテル挿入ニードルや、あるいは、他の類似の尖鋭なカニューレ、等であって、ニードルハブ54に対して取り付けられていて、ニードルハブ54から延出されている。 The needle 52 is, for example, a hollow hypodermic needle, and a hollow or solid catheter insertion needle, or other similar sharp cannulae, an equal, though attached to a needle hub 54, needle It is extended from the hub 54. ニードルハブ54は、この実施形態においては、皮下注射ニードルに適合するものとして図示されている。 The needle hub 54 is in this embodiment is illustrated as adapted to hypodermic needles. よって、メス型ルアーロックアタッチメントを形成している。 Thus, to form a female luer lock attachment. しかしながら、これに代えて、ニードルハブは、フラッシュチャンバを形成することもできる。 However, instead of this, the needle hub, can also form a flash chamber. ニードル52は、ニードルシャフト56を備えている。 The needle 52 has a needle shaft 56. ニードルシャフト56は、ニードルハブ54に対して固定されているとともに、ニードルハブ54から尖鋭先端58までにわたって延在している。 Needle shaft 56 with being fixed to the needle hub 54, extends over the needle hub 54 until sharp tip 58. 必須ではないものの、シャフト56は、一定の横断面形状を有した一定の直径のものとすることができる。 Although not essential, the shaft 56 may be of constant diameter having a constant cross-sectional shape. ニードルガード50は、ハウジング60を備えている。 Needle guard 50 includes a housing 60. ハウジング60は、基端側の開口62と先端側の開口64とを有している。 The housing 60 has an opening 64 of the aperture 62 and the tip side of the base end side. これら開口62,64は、ハウジングを通してニードルカニューレ52のシャフト56をスライド的に受領し得るようなサイズとされている。 These openings 62 and 64 are sized to be received a shaft 56 of the needle cannula 52 slides to through the housing. これにより、ニードル52の第1状態においては、図2Aに示すように、尖鋭先端58は、先端側において露出されることができる。 Thus, in the first state of the needle 52, as shown in FIG. 2A, sharp tip 58 may be exposed at the distal end side. また、ニードルカニューレ52の第2状態においては、尖鋭先端58は、図2Bに示すように、ハウジング60内へと引き戻される(ニードルシャフト56を基端向きに引っ張ることによって、あるいは、ハウジング60を先端向きに押すことによって、引き戻される。ここでは、これらの双方を、ニードルカニューレ52の基端向き移動として表記する)。 In the second state of the needle cannula 52, sharp tip 58, the tip as shown in Figure 2B, by pulling the (needle shaft 56 is pulled back into the housing 60 to the proximal end direction, or the housing 60 by pressing the direction and. where retracted, both of them, referred to as a base end facing the movement of the needle cannula 52). ニードルシャフト56を選択的にスライド受領可能とされた公称サイズのものとされたあるいはニードルシャフト56を把持し得るような公称サイズのものとされたクリップ12と、図1のニードルガード10のスプリング部材14とは、以下において説明するように、ハウジング60内に先端58を保護するための機能部材として、設けられている。 A needle shaft 56 selectively as the clip 12 of nominal size such as to be able to grip the or needle shaft 56 as the slide receivable and nominal size, spring member of the needle guard 10 of FIG. 1 14 and, as explained below, as a functional component for protecting the tip 58 into housing 60, is provided.

クリップ12は、開口18が通常はニードルカニューレ52の長手方向軸線65に沿って位置合わせされているようにしてまたハウジング60の開口62,64の間の軸線をもなす長手方向軸線65に沿って位置合わせされているようにして、さらに、そのスプリング部材14が、例えばハウジング60の内壁70に沿って形成されたといったような態様で形成された係止面68に対して係合するようにして、ハウジング60の中に配置されている。 Clip 12, the aperture 18 is generally along the longitudinal axis 65 also forms the axis between the openings 62, 64 in the longitudinal along the axis 65 as being aligned Also housing 60 of the needle cannula 52 as being aligned, further the spring member 14, for example so as to engage against the locking surface 68 formed in a manner such as is formed along the inner wall 70 of the housing 60 It is disposed within the housing 60. これにより、スプリング部材14のリーフ44と中間壁22とは、ニードルシャフト56に関して同じ側に位置している。 Thus, the leaf 44 and the intermediate wall 22 of the spring member 14, are located on the same side with respect to the needle shaft 56. クリップ12は、図2Aに示すような第1状態を有している。 Clip 12 has a first state as shown in Figure 2A. この第1状態においては、第1壁16は、ほぼ垂直に配置されている。 In the first state, the first wall 16 is disposed substantially vertically. しかしながら、有利には、中心を超えて少しだけ先端向きに傾斜して配置されている。 However, preferably, it is disposed inclined to the forward-facing slightly beyond center. これにより、ニードルシャフト56は、開口18を通してスライド的に受領される。 Thus, needle shaft 56 may slide to be received through the opening 18. これにより、開口18の内周縁18'は、図2A'に示すように、ニードルシャフト56を噛んだり把持したりすることがない。 Thus, the inner peripheral edge 18 ', FIG. 2A' of the opening 18 as shown in, never or gripping biting needle shaft 56. クリップ12のそのような第1状態においては、第2壁20は、有利にはスタイラス38といったような、シャフト56に対して当接するように構成された部分を有している。 In such a first state of the clip 12, second wall 20 is preferably such as stylus 38 has a portion configured to abut against the shaft 56. さらに、ヒール34は、ハウジング60の内面70に隣接しているとともに、ハウジング60の当接棚72に対して当接している。 Furthermore, the heel 34, as well as adjacent to the inner surface 70 of the housing 60 abuts against the abutment ledge 72 of the housing 60. ニードル52が第1状態にあるときには、先端58は、クリップ12を超えて先端側に延出されており、特に、ハウジング60の開口64を超えて先端側に延在しており、シャフト56は、スタイラス38に対して当接している。 When the needle 52 is in the first state, the tip 58 beyond the clip 12 and extends distally, in particular, extends distally beyond the opening 64 of the housing 60, the shaft 56 is It abuts against the stylus 38.

スプリング部材14は、図2Bに示すような第2状態に向けて第1壁16が基端向きに傾斜するように、クリップ12を付勢する。 The spring member 14, the first wall 16 toward the second state as shown in FIG. 2B is to be inclined to the base end direction, to urge the clip 12. 第2状態においては、ニードルの尖鋭先端58は、リップ36よりも基端側の位置でもって、ハウジング60の内部に位置している。 In the second state, sharp tip 58 of needle has at a position proximal to the lip 36, positioned inside the housing 60. 図2B'に示すように、先端58がリップ36を超えた時点で、ヒール34が棚72回りに回転して、第1壁16が傾斜する。 As shown in FIG. 2B ', when the tip 58 is greater than the lip 36, heel 34 rotates the shelf 72 about the first wall 16 is inclined. これにより、開口の内周縁18'は、シャフト56に対して噛み込むようにして係合する。 Accordingly, the opening of the inner peripheral edge 18 'is engaging as biting against the shaft 56. これにより、シャフトを把持する。 As a result, gripping the shaft. これにより、ハウジング60に対してのニードル52のさらなる基端向き移動に対して、抵抗性が付与される。 Thus, for further base end facing the movement of the needle 52 relative to housing 60, resistance is imparted. 第2壁20は、特にそのリップ36は、図2Bに示すように、軸線65を超えて移動するとともに、先端58を超えて移動する。 Second wall 20, in particular its lip 36, as shown in Figure 2B, together with moving beyond the axis 65, moving beyond the distal end 58. これにより、第2壁20は、この時点で、先端58に対して対向し、これにより、先端58がハウジング60から先端側へと再度延出することを阻止する。 Thus, the second wall 20, at this point, to face the tip 58, thereby, the tip 58 is prevented from extending back and distally from the housing 60. リップ36は、先端58を閉じ込めるように機能する。 Lip 36 functions to confine the tip 58. 先端は、基端側へと少しくらいであれば移動可能ではあるものの、先端58は、第2状態とされたクリップ12によって蓋をされている。 Tip, although The movable if a little much proximally, tip 58 is capped by clip 12 which is in the second state.

特に図2Aに示すように、中間壁22は、第1壁16に対して直角ではない。 In particular, as shown in FIG. 2A, intermediate wall 22 is not at right angles to the first wall 16. むしろ、中間壁22は、90°未満という形成角度αでもって延在しており、有利には、およそ83°〜およそ87°という角度αでもって延在しており、ニードルシャフト56に向けて延在している。 Rather, intermediate wall 22 extends with the formation angle α of less than 90 °, advantageously extends at an angle α of approximately 83 ° ~ approximately 87 °, towards needle shaft 56 It extends. 中間壁22がこのような角度であることにより、第1壁16は、中心を超えてわずかに先端側に傾斜することができる(ニードル52のゲージに応じて)。 By the intermediate wall 22 is such an angle, the first wall 16 may be slightly inclined to the distal end side beyond the center (depending on the gauge of the needle 52). このため、第2状態へと移行する際のクリップの回転度合いは、従来技術における垂直壁16の場合と比較して、増大することとなる。 Therefore, the rotation degree of the clip at the transition to the second state, so that in comparison with the case of the vertical wall 16 in the prior art, increases. 先端側への傾斜の程度は、壁16の先端側への傾斜に伴って穴18がニードルシャフト56を噛み込まないサイズのものとなるように、ほんの数°だけとされる。 The degree of inclination in the front end side, the hole 18 with the inclination in the front end side of the wall 16 is such that as the size not bitten the needle shaft 56, are only a few °. クリップの回転度合いの増大化は、図2Bに示すように先端58の配向性が最悪の場合であってさえも尖鋭先端58を蓋で覆うことを確実になし得ることを、補助する。 Increase in the rotational degree of clip that may be made to ensure that even in the case the orientation of the tip 58 as shown in Figure 2B is the worst cover the sharp tip 58 in the cover assists. 有利には、ニードル52は、図2Bに示す配向性から、90°または180°だけ回転させた配向性のものとされる。 Advantageously, needle 52 from orientation shown in Figure 2B, is intended orientation rotated by 90 ° or 180 °. また、壁16,22の間の形成角度を90°未満とすることにより、壁22は、典型的には、ニードルシャフト56に向けて曲がる。 Further, by setting the angle formed between the walls 16 and 22 less than 90 °, wall 22 typically bends toward the needle shaft 56. これにより、クリップ12は、より大きなゲージのニードル52の場合であってさえも、ハウジング60に対して係合してしまうことがなくなる。 Thus, the clip 12, even in the case of a needle 52 of a larger gauge, it is no longer become engaged against the housing 60. また、ヒール34は、壁22に対しておよそ90°という角度を形成することができる。 Also, heel 34 may form an angle of approximately 90 ° to the wall 22. これは、ヒール34と壁16とが同一平面上である必要がないからである。 This is because the heel 34 and wall 16 need not be coplanar.

ニードル52の第2状態においては、クリップ12が第2状態とされており、ニードル52の先端58に対して印加される撓み力が存在することは、理解されるであろう。 In the second state of the needle 52, the clip 12 is in the second state, the bending force applied to the distal end 58 of the needle 52 is located will be appreciated. この撓み力は、ニードルシャフト56の対応部分を、開口18に対して位置合わせしようとする。 This bending force is, the corresponding portion of the needle shaft 56, attempts to align with respect to the opening 18. もしもシャフト56がそのように撓むならば、シャフト56に対しての周縁部18'による噛み込みが低減しまたは消失することとなり、ニードル52は、ニードルガード50から基端向きに引っ張られ得ることとなってしまう。 If if the shaft 56 is so bent, the periphery 18 will be biting is reduced or eliminated by 'of the shaft 56, the needle 52 is that the needle guard 50 may be pulled proximally facing it becomes. そのような可能性を低減させ得るよう、ニードル支持体80が設けられている。 So that may reduce such a possibility, a needle support 80 is provided. ニードル支持体80は、第1状態におけるニードルシャフト56によって規定される円筒形状84(図4B参照)に対して横方向に延在する可能であれば接線方向に延在する平面82に隣接している。 Needle support 80 may be adjacent to a plane 82 extending in the possible tangentially extending transversely to the cylindrical 84 defined by needle shaft 56 (see FIG. 4B) in the first state there. ニードル支持体80は、ハウジング60の一体的突出部材88の端部のところに形成することができ、有利には、ニードルシャフト56の一部をスライド的に受領し得るようなサイズとされた座90(図4A)を備えることができる。 Needle support 80 may be formed at the ends of integral projecting member 88 of housing 60, advantageously, the seat which is the sized to be slid to receive a portion of needle shaft 56 it can comprise 90 (Figure 4A). 座90は、ニードルシャフト56の外面円筒形状に対して相補的な形状のスロットまたは溝とすることができる。 Seat 90 may be a slot or groove of complementary shape with respect to the outer surface cylindrical needle shaft 56. ニードル支持体80に加えて、ニードル52は、さらに、ハウジング60の基端側開口62によっても、支持される。 In addition to the needle support 80, needle 52, further, by the proximal end side opening 62 of the housing 60, is supported. これら2つのポイント(ニードル支持体80、および、基端側の開口62)が協働することにより、ニードル52を水平な固定状態に保持することができ、クリップ12は、ニードルシャフト56を撓ませることなく、ニードルシャフト56に対して把持力を印加することができる。 These two points (needle support 80, and an opening 62 on the base end side) to work it together, it is possible to hold the needle 52 in a horizontal fixed state, the clip 12 may deflect the needle shaft 56 it is possible to apply without gripping force on needle shaft 56 that. リブ91(図4Aにおいては、横方向リブとして破線で示されているけれども、長手方向リブとすることができる)という形態での撓み制限用係止体を、突出部材88の上面に設けることができる。 Ribs 91 (in FIG. 4A, but it is shown in dashed lines as a lateral rib may be a longitudinal rib) deflection limiting stoppers in the form of, be provided on the upper surface of projecting member 88 it can. あるいは、これに代えて、撓み制限用係止リブ91'(図2Aおよび図2Bにおいて破線で示されている)を、突出部材88の上方においてハウジングの内表面70の一部として、設けることができる。 Alternatively, instead of this, the deflection limiting locking rib 91 '(shown in broken lines in FIGS. 2A and 2B), as part of the inner surface 70 of the housing above the projecting member 88, be provided it can. これにより、例えばニードルシャフト56のてこ作用に基づく撓みといったような部材88の撓み(有利には、0.15mm(0.006インチ)の程度)を制限することができる。 Thus, for example, deflection of the member 88, such as deflection based on leverage of needle shaft 56 (preferably, 0.15 mm (degree 0.006 inches)) can be limited.

ハウジング60は、バレルすなわち容器基端部94と、先端キャップ部96と、を備えている。 The housing 60 includes a barrel i.e. the container base portion 94, a distal cap portion 96, a. 容器部94は、内壁70(および、設けられている場合には、リブ91')と、開口62付きの背面壁98と、キャップ96を係合的に受領し得るようなサイズとされたマウス100と、を備えている。 Mouse container portion 94, the inner wall 70 (and, if provided, the ribs 91 '), a back wall 98 with opening 62, is sized to be received a cap 96 engaged manner It is provided with a 100, a. キャップ96は、開口64を備えているとともに、有利には、容器94のマウス100に対して、例えばスナップ取付や嵌合や接着剤や超音波溶接といったような手法によって、固定されている。 Cap 96, together has an opening 64, advantageously, to mouse 100 of the container 94, by a technique such as for example snap-mounted or fit or adhesive or ultrasonic welding, is fixed. 容器94とキャップ96とは、任意の所望の横断面形状を有することができる。 The container 94 and the cap 96 may have any desired cross-sectional shape. 例えば全体的に円筒形状とすることができる。 For example, it is a generally cylindrical shape. これにより、ハウジング60は、全体的に円筒形状とされる。 Thus, the housing 60 is a generally cylindrical shape. 有利には、横断面形状は、互いに反対側に位置する面を平坦化することによって、矩形とされる(図7A参照)。 Advantageously, cross-sectional shape, by flattening the surface positioned opposite to each other, is a rectangular (see FIG. 7A). これにより、嵩低い構成とすることができて、挿入角度を浅いものとすることができて、望ましい。 Thus, it is possible to low bulk configuration, can be made shallow insertion angle, desirable. ハウジング60は、さらに、ニードルガード50のためのフィンガーリッジ(図示せず)を備えることができる。 The housing 60 may further comprise finger ridges for needle guard 50 (not shown). これにより、医療従事者(また、図示されていない)による使用を容易なものとすることができる。 Thus, health care workers (also not shown) can be made easy to use by. さらに、ニードル52の先端部58が、ニードルガード50から自由に延出されているものとして図示されているけれども、当業者であれば、ニードルシャフト56は、また、カテーテルアセンブリ(例えば、図3Aにおけるアセンブリ200)を通して受領され得ることは、理解されるであろう。 Furthermore, the tip 58 of the needle 52, but is shown as being freely extending from the needle guard 50, those skilled in the art, needle shaft 56 is also a catheter assembly (e.g., in Figure 3A it may be received through the assembly 200) it will be understood. さらに、第1壁16が矩形のものとして図示されているけれども、第1壁16は、例えば正方形またはディスク形状といったような他の任意の形状とすることができ、開口18は、クリップ12の第2状態に向けての第1壁16の傾斜によってニードルシャフト56を把持し得る限りにおいては、円形穴以外の形状とすることができる。 Furthermore, although the first wall 16 is shown as being rectangular, first wall 16 may be, for example, a square or disc shaped like such any other shape, the opening 18, the clip 12 second by the inclination of the first wall 16 toward the second state as long as capable of gripping the needle shaft 56 may be a shape other than a circular hole.

上記構成および構成部材どうしの上記関係は、かなり小さな引っ張り力を有したニードルガードを提供すると考えられる。 The relationship between the structure and the components to each other is believed to provide a needle guard having a fairly small tensile force. これにより、医療従事者(図示せず)にとっては、触覚的な感覚および聴覚的な感覚が容認し得るものであり、これと同時に、信頼性の高い先端58の保護を提供することができて、偶発的なニードル刺しというリスクを最小化することができる。 Thus, for the medical practitioner (not shown), which tactile sensory and auditory sensation can tolerate, and at the same time, able to provide protection reliable tip 58 , it is possible to minimize the risk of accidental needle stabbing.

使用時には、ニードル52が、可能であればシリンジ(図示せず)をニードルハブ54に取り付けた状態で、患者(図示せず)内へと挿入される。 In use, the needle 52 is in a state of attaching the possible syringe (not shown) in the needle hub 54 is inserted into the patient (not shown). 薬物を注射した後に、例えば、ハウジング60が安定状態に維持したまま、ニードルハブ54とニードル52とを、患者からニードル52を抜くようにして引っ張り、ニードル先端58をハウジング60内へと基端向きに引っ張る。 After injection of the drug, for example, while housing 60 is kept in a stable state, a needle hub 54 and needle 52, tension so as to pull the needle 52 from the patient, proximal direction and the needle tip 58 into housing 60 pull in. これに代えて、ハウジング60をハブ54に対して隣接させたまま、ニードル52を患者から引き抜くことができる。 Alternatively, while keeping the adjacent housing 60 to the hub 54, the needle 52 can be withdrawn from the patient. その後、シャフト52に沿ってハウジング60を押し込むことができ、これにより、ニードル先端58をハウジング60内へと基端向きに受領することができる。 Then, along the shaft 52 can be pushed into the housing 60, thereby, it is possible to receive the needle tip 58 to the proximal end facing into the housing 60. いずれにせよ、スプリング部材14は、ニードル先端58を保護するための第2状態に向けて、クリップ12を付勢する。 In any case, the spring member 14, toward the second state to protect the needle tip 58, to urge the clip 12. さらに継続してニードル52を基端向きに移動させることにより、ニードルシャフト56に対して印加される拘束力を増大させることができる。 By further continuing to move the needle 52 in the proximal end direction, thereby increasing the restraining force applied to needle shaft 56. これにより、ニードル先端の基端向き移動に対して抵抗することができる。 Thus, it is possible to resist proximal direction movement of the needle tip. さらに、クリップの第2壁20のリップ36は、この時点においては、ニードル52の先端58を超えて、長手方向軸線65に関する反対側に、位置している。 Furthermore, the lip 36 of the second wall 20 of clip, in this point, beyond the tip 58 of the needle 52, on the opposite side relative to the longitudinal axis 65, is located. その結果、ニードル52を先端側へと押そうとしても、先端58は、リップ36の下方に衝突するおよび/または第2壁20に阻止される。 As a result, even tries to push the needle 52 to the distal side, the tip 58 is prevented and / or in the second wall 20 collides with the lower lip 36. これにより、ニードル先端58の先端向き移動は阻止される。 Thus, forward-facing movement of the needle tip 58 is prevented.

図3A〜図3Cには、ニードル52の先端58を保護するためのニードルガード202の第3実施形態を備えているカテーテルアセンブリ200が示されている。 Figure 3A~ 3C are third catheter assembly 200 that includes an embodiment of a needle guard 202 for protecting the tip 58 of the needle 52 is shown. ニードルガード202は、図2Aおよび図2Bのニードルガード50と実質的に同じものとすることができ、相違点は、フィンガータブタブ203と、上述したようなダックビル204,206(図3C参照)と、をさらに備えている点である。 The needle guard 202 can be as needle guard 50 is substantially the same as in FIGS. 2A and 2B, difference, the finger tab tab 203, a duckbill 204, 206 (see FIG. 3C) as described above, in that further comprises a. さらに、ニードル52は、フラッシュチャンバを形成するものとして図示されたニードルハブ208を有したカテーテル挿入ニードルである。 Further, needle 52 is a catheter insertion needle having a needle hub 208 shown as forming a flash chamber. フラッシュチャンバ208は、ベントポート210を備えることができる。 Flash chamber 208 may include a vent port 210.

カテーテルアセンブリ200は、基端部224のところにルアーラグ222を形成するカテーテルハブ220と、カテーテルハブ220に対してアイレット227(図5)を介して固定されるカテーテルチューブ226と、を備えている。 The catheter assembly 200 includes a catheter hub 220 to form a Ruaragu 222 at the proximal end 224, a catheter tube 226 which is fixed through the eyelet 227 (FIG. 5) relative to the catheter hub 220, a. カテーテルチューブ226は、先端228よりも先端側へと延出されている。 The catheter tube 226 is extended to the distal end side than the tip 228. 図3Aに示すように、ニードルシャフト56は、ニードルガード202のハウジング230を通して、さらに、カテーテルハブ220を通して、延在しており、カテーテルチューブ226は、ニードル52の第1状態においては、先端58を、カテーテルチューブ226の先端232から突出させている。 As shown in FIG. 3A, needle shaft 56, through the housing 230 of needle guard 202, further through the catheter hub 220 extends, the catheter tube 226, in the first state of the needle 52, the tip 58 , and protrudes from the distal end 232 of the catheter tube 226. ニードルガード202のハウジング230は、基端側の容器94と、図2Aのキャップ96と同様の修正されたキャップ234と、を備えている。 Housing 230 of needle guard 202 includes a container 94 on the base end side, and a, a cap 234 which is similar modifications to the cap 96 of Figure 2A. しかしながら、ノーズ部236は、ダックビル204,206を備えている。 However, the nose portion 236 is provided with a duckbill 204. ニードル支持体208は、ニードルガード202のハウジング230に対して基端向きに引っ張られる。 Needle support 208 is pulled proximally facing relative to the housing 230 of needle guard 202. これにより、図3Bに示すように、ニードル支持体208とニードルガード202とが離れ始める。 Thus, as shown in FIG. 3B, starts away the needle support 208 and needle guard 202.. ニードル52の基端向き移動を継続すると、先端58が、ハウジング230内における固定位置において保護される(図2Bおよび図2B'に関連して上述したようにして)。 Continuing the proximal direction movement of the needle 52, the tip 58, (in the manner described above in connection with FIGS. 2B and 2B ') to be secured in a fixed position in the housing 230. さらに、図3Cに示すように、カテーテルハブ220から、ハウジング230を解放することができる。 Furthermore, as shown in FIG. 3C, it can be from the catheter hub 220, to release the housing 230.

さらに図4Aに示すように、ハウジング230のキャップ234のノーズ部236からは、先端向きに、一対をなす協働部材250,252が、延出されている。 As further shown in FIG. 4A, from the nose portion 236 of cap 234 of housing 230, the forward-facing, eggplant cooperating members 250, 252 a pair have been extended. 部材250,252は、先端254,256までにわたって延在しており、これら部材250,252の間に、通路258を形成している。 Member 250, 252 extends over to the tip 254, between these members 250, 252 form a passageway 258. 通路258の公称的なサイズ(ここでは、内径とも称される)は、通路258のサイズを変更することなく、通路258を通してニードル52のシャフト56を自由に受領し得るようなサイズとされている。 Nominal size (here, referred to as the inner diameter) of the passage 258, without changing the size of passageway 258 and is sized to be received freely shaft 56 of the needle 52 through the passageway 258 . これにより、シャフト56に対しては、通常、大きな引きずり力が印加されることがない。 Thus, for the shaft 56, typically, it is not a large drag force is applied. 部材250,252のうちの少なくとも一方は、有利には双方は、先端部254,256のところに、戻り止め260を備えることができる。 At least one of the members 250 and 252, both advantageously can comprise at the distal end portion 254, 256, the detent 260. これにより、環状リング262の複数のセグメントを規定することができ、協働部材250,252に対して、それぞれのダックビル204,206の形状を与えることができる。 Thus, it is possible to define a plurality of segments of an annular ring 262, against the cooperating members 250, 252 may provide the shape of the respective duckbills 204, 206. 戻り止め260は、場所263に示すように、先端側のところを丸めることができる。 Detent 260, as shown in location 263, it can be rounded at the tip side.

図5により、カテーテルハブ220が、カテーテルハブ220の内表面266によって規定された内部チャンバ264を備えていることを、理解されるであろう。 The Figure 5, the catheter hub 220, in that it comprises an internal chamber 264 defined by the inner surface 266 of the catheter hub 220, it will be appreciated. 内部チャンバ264は、メス型ルアーのためのISO規格または他の適用可能な規格に応じてテーパー形状とされた基端部267を備えている。 Internal chamber 264 is provided with a proximal portion 267 that is tapered in accordance with the ISO standard or other applicable standards for female luer. 全体的に環状のリブ268が、内表面266からチャンバ264内へと径方向内向きに突出している。 Overall annular rib 268 protrudes from the inner surface 266 and radially inward into the chamber 264. リブ268は、有利には、ルアーテーパー部分267よりも先端側に位置している。 Rib 268 is advantageously positioned on the distal end side than the luer tapered portion 267. これにより、カテーテルハブ220に対するオス型ルアーテーパー連結に対して干渉することがない。 Thus, it does not interfere against the male luer taper connection to the catheter hub 220. 環状リブ268と戻り止め260とが協働することにより、ニードルカニューレ52の第1状態においては、ニードルガード202をカテーテルハブ220に対して保持することができ(図3A)、なおかつ、第2状態に向けてニードルカニューレ52を基端向きに移動させることによりニードルガード202を解放することができる(図3C)。 By stopping 260 cooperate returns annular rib 268, in the first state of the needle cannula 52, a needle guard 202 can be held to the catheter hub 220 (FIG. 3A), and yet, the second state it is possible to release the needle guard 202 by moving the needle cannula 52 to the proximal end facing towards (Fig. 3C). この点については、図6Aをさらに参照することにより、ニードルカニューレ52の第1状態においては、そのシャフト56が通路258内にあることを、理解されるであろう。 In this regard, by further reference to FIG. 6A, in the first state of the needle cannula 52, that the shaft 56 is in passageway 258 will be understood. これにより、協働部材250,252の一方または双方の圧縮可能性(すなわち、径方向内向きの撓み性)を制限している。 Thus, it limits one or both of the compressibility of the cooperating members 250, 252 (i.e., radially inward of the flexible). 同時に、戻り止め260は、環状リング262の外径を規定している。 At the same time, detents 260 defines the outer diameter of the annular ring 262. この外径は、環状リブ268の内径よりもわずかに大きなものであって、場所270といったような環状リブ268の先端側箇所においては、カテーテルハブ内表面266の内径と密接に対応することができる。 The outer diameter is a is slightly larger than the inner diameter of the annular rib 268 in the distal side portion of the annular rib 268, such as location 270, it is possible to closely corresponds with the inner diameter of catheter hub interior surface 266 . よって、図6Aに示すように、ニードルシャフト56が、協働部材250,252の間に位置している状態においては、戻り止め260は、リブ268の先端側の対向面272と協働することによって、一般に強固な保持力を、カテーテルハブ220に対して提供する。 Therefore, as shown in FIG. 6A, needle shaft 56, in a state of being positioned between the cooperating members 250, 252, detents 260, facing surface 272 cooperates with the distal side of the rib 268 the generally strong holding force, be provided to the catheter hub 220. 図6Bに示すように、ニードルカニューレを基端向きに引っ込めることによって、先端58をハウジング230に向けて移動させた際であってさえも、シャフト56は、なおもまだ、部材250,252の径方向内向き撓み移動を阻止している。 As shown in FIG. 6B, by retracting the needle cannula to the proximal end direction, even the tip 58 there is when moving toward the housing 230, the shaft 56 is still yet, the diameter of the members 250 and 252 It has been prevented from moving deflection direction inward.

ニードルカニューレ52が第1状態(図6A)にある際には、戻り止め260は、リブ268を超えて、カテーテルハブ220内に着座しており、軽く摩擦係合している。 When the needle cannula 52 is in the first state (FIG. 6A) is detents 260 beyond ribs 268, it sits on the catheter hub 220 within and engaged lightly frictionally. これにより、好ましくは、ヘルスケア使用者(図示せず)は、ニードルガード202に対してカテーテルハブ220を回転させることができる。 Thus, preferably, the healthcare user (not shown) can rotate the catheter hub 220 relative to needle guard 202. この時点では、いまだ、ニードルシャフト56は、部材250,252の一方または双方が容易に撓み得るような図6Cに示すニードル52の第2状態において先端58がニードルガード202によって保護されるまでにはなっておらず、通路258を超えて十分には基端向きには移動していない。 At this point, still, the needle shaft 56 until the tip 58 in the second state of the needle 52 shown in Figure 6C as one or both of the members 250, 252 obtained easily deflected is protected by the needle guard 202 is it not without, the well beyond the passageway 258 does not move in the proximal direction. よって、ニードルガード202を継続的に基端向きに引っ込めることにより、ダックビル204,206の一方または双方は、容易に撓み得る状態となる。 Thus, by retracting the continuous base end facing the needle guard 202, one or both of the duckbill 204 is in a state which can easily deflectable. これにより、戻り止め260が環状リブ268を通り抜けることができる。 As a result, the detent 260 can pass through the annular rib 268. その後、ダックビルは、元々の形状にまで弾性復帰することができる。 Thereafter, duckbill may be elastically restored to the original shape. 内表面267の一部が、ルアー規格に基づいてテーパー形状とされていることにより、内表面の最小内径は、通常は、戻り止め260によって規定される最大外径よりも小さなものではなく、有利には、それよりも大きなものである。 Part of the inner surface 267, by being tapered on the basis of the Luer standard, the minimum inner diameter of the inner surface is usually not smaller than the maximum outer diameter defined by detents 260, preferably in is larger than that. これにより、部材250,252の引っ張り時に、戻り止めは、一般に、リブ268よりも基端側において、表面266を擦ってしまうことがない。 Thus, when tension members 250 and 252, detents, generally, at the base end side than the rib 268, never would rub the surface 266. これにより、図6Dに示すように、ニードルガード202は、擦る感じを一切もたらすことなくまた使用者(図示せず)に対しての引っ張り作用を一切もたらすことなく、カテーテルハブ220から容易に離れることができる。 Thus, as shown in FIG. 6D, the needle guard 202, without causing any tension action against The user no (not shown) to bring the feeling of rubbing at all, leaving easily from catheter hub 220 can. 同様に、ニードルシャフト52が通路258内から抜け出た状態においては、ダックビル204,206をハブ220内へと押し込むことによって(あるいは、ダックビル204,206上へとハブ220を押し込むことによって)、ダックビル204,206を、カテーテルハブ220内へと容易に結合させることができる。 Similarly, in a state where the needle shaft 52 has exited from the inside passage 258, by pushing duckbill 204 into the hub 220 within (or by pressing the hub 220 to the upper duckbill 204), duckbill 204 , 206 can be easily coupled to the catheter hub 220 within. この際、戻り止め260は、リブ268に対して衝突する。 In this case, the detent 260, collides against the rib 268. この時点で、協働部材250,252がわずかに撓むことによって、戻り止め260は、リブ268を超えて先端向きに移動することができる。 At this point, by flexing slightly cooperating members 250, 252, detents 260 can be moved to the front end facing beyond rib 268. そして、協働部材250,252の弾性復元によって、戻り止めがカテーテルハブ220を軽く保持することができる。 Then, by elastic restoration of the cooperating members 250, 252, detent can be held lightly catheter hub 220. その後、ニードルシャフト52を、部材25 Thereafter, the needle shaft 52, member 25
0,252の内向き撓み力に抗して、押し込むことができる。 Against the inward bending force of 0,252, it can be pushed. これにより、部材250,252による保持力が大いに増大する。 Thus, the holding force by the member 250, 252 is increased greatly. これに代えて、シャフト52を所定に保持した状態のダックビル204,206を、ハブ220内へと押し込むことができる。 Alternatively, duckbill 204, 206 while maintaining the shaft 52 in a predetermined, can be pressed into the hub 220 a. カテーテルハブ220内へのダックビル204,206の押し込みは、面取り面263によって補助することができる。 Pushing duckbill 204 into catheter hub 220 in may be assisted by the chamfered surface 263.

リブ268の使用は、従来技術における凹所に基づいたダックビル解放機構と関連した欠点を克服する。 The use of ribs 268, overcomes the disadvantages associated with the duckbill release mechanism is based on a recess in the prior art. この目的のために、リブは、より容易に製造することができ、引き抜き時にカテーテルハブの内表面を引きずったり擦ったりしてしまうような大きな直径の戻り止めを、必要としない。 For this purpose, the ribs can be more easily manufactured, detents larger diameter that would rub or dragging an inner surface of the catheter hub, not required at the time of withdrawal.

通路258のサイズは、ニードルシャフト56の直径とほぼ同じ大きさとすることができる。 The size of the passages 258 may be substantially the same size as the diameter of the needle shaft 56. これにより、通路258は、ニードルシャフト56の存在によって大いに占有される。 Thus, passageway 258 is largely occupied by the presence of needle shaft 56. 協働部材250,252の圧縮または他の内向き撓みが、これにより、制限される。 Deflection compression or other inwardly of cooperating members 250, 252, thereby, is limited. これにより、カテーテルハブ220からの協働部材250,252の解放が制限される。 Thus, release of cooperating members 250, 252 from catheter hub 220 is limited. 協働部材250,252の通路258の相対的な内径と、ニードルシャフト56の外径と、の間のギャップの許容誤差は、ニードル52が存在するときのカテーテルハブ220からのダックビル204,206の抜け出し可能性を低減させ得るように選択することができる。 Association and relative inner diameter of the operating parts material 250, 252 of the passage 258, the outer diameter of needle shaft 56, the tolerance of the gap between the, duckbill 204 from catheter hub 220 when needle 52 is present it can be selected so may reduce the likelihood escape to. 許容誤差は、様々なゲージのニードルに応じて、変えることができる。 Tolerances, depending on the various gauge needles can be varied. しかしながら、0.165mm(0.0065インチ)〜0.343mm(0.0135インチ)というクリアランスが有利である。 However, clearance of 0.165mm (0.0065 inch) ~0.343mm (0.0135 inch) is advantageous.

部材250,252は、スプリットシリンダとして、図示されている。 Members 250 and 252, as a split cylinder, are illustrated. 部材250,252は、半月形状という横断面のものとし得るけれども、有利には、各部材250,252は、円弧形状とされるとともに、内向きに突出した長手方向リッジ280(図4A)を有している。 Members 250 and 252, but be of a cross-section of semicircular, advantageously, each member 250, 252 closed together are arcuate, longitudinal ridges 280 protruding inwardly (Fig. 4A) are doing. これらリッジが、実質的に、通路258の内直径を規定することとなる。 These ridges, substantially it becomes possible to define the inner diameter of the passageway 258. この目的のために、各リッジ280の径方向の深さは、ニードル52のゲージに基づいて選択することができる。 For this purpose, the depth of the radial direction of each ridge 280 may be selected based on the gauge of the needle 52. その際、リッジ280の径方向の深さは、ニードル52のゲージに対して反比例する。 At that time, the depth of the radial ridges 280, inversely proportional to the gauge of the needle 52. つまり、径方向深さは、小さなゲージのニードルの場合には、より大きなものとされ、また逆に、径方向深さは、大きなゲージのニードルの場合には、より小さなものとされる。 In other words, the radial depth, in the case of small gauge needles is a larger one, and conversely, the radial depth, in the case of a large-gauge needle is the smaller ones. リッジ280は、より大きなゲージのニードル52の場合には、全く省略することができる。 Ridge 280, in the case of the needle 52 of a larger gauge, can be omitted altogether. 円弧形状と、通路258の内径を規定するためのリッジ280の選択的な深さと、により、広範囲のゲージのニードルに関して、ダックビル204,206とカテーテルハブ220との間の力の度合いを、ほぼ一定とすることができる。 An arc shape, and selective depth of ridges 280 to define the inner diameter of the passage 258, by, for needles of a wide range of gauges, the degree of force between the duckbills 204, 206 and catheter hub 220, substantially constant it can be. これにより、医療従事者(図示せず)は、広範囲のゲージのニードルに関して、同じ触感を感じることとなる。 As a result, health care workers (not shown), with respect to the needle of a wide range of gauges, and feel the same tactile sensation. 協働部材250,252は、スプリットシリンダの上下のセグメントとすることができる、あるいは、スプリットシリンダの大きなセグメントおよび小さなセグメントとすることができる、および/または、互いに並置されたセグメントとすることができる。 Cooperating members 250, 252 may be upper and lower segments of a split cylinder, or may be a large segment and a small segment of a split cylinder, and / or can be a segment which is juxtaposed to one another . さらに、協働部材250,252は、双方ともが、撓み得るものでありかつ先端部に戻り止めを有したものとして、図示されているけれども、当業者であれば、協働部材250,252のうちの一方だけを十分な撓み性を有したものとし得ることを、また、協働部材250,252のうちの一方だけを戻り止めを有したものとし得ることを、また、戻り止めを先端部から離間した場所に設け得ることを、理解されるであろう。 Moreover, cooperating members 250, 252, both are, as having a detent is and tip those deflectable, but are illustrated, those skilled in the art, the cooperating members 250, 252 that one out only be assumed that has sufficient flexibility, also together that one only of the movement portion material 250, 252 return may be a one having a stop, also the detent tip that may be provided in a location spaced from, it will be understood. また、リブ268は、全体的に連続したものとして図示されているけれども、リブは、1つまたは複数の隙間(図示せず)を有することができる。 Further, the ribs 268, but is shown as being generally continuous, the ribs may have one or more gaps (not shown). 有利には、そのような隙間が設けられる場合には、各隙間は、戻り止め260の周縁方向の幅よりも、狭いものとされる。 Advantageously, when such a gap is provided, the gaps are from an edge width of the detents 260, are narrow.

ニードルガードのダックビル204,206とカテーテルハブのリブ268とが協働することにより、ダックビル解放機構を形成することができる。 By rib 268 cooperate duckbill 204, 206 and catheter hub of the needle guard, it is possible to form the duckbill release mechanism. この例においては、ダックビル解放機構は、傾斜プレート型クリップという形態でニードル先端58を保護するための機能部材と組み合わせることができる。 In this example, duckbill release mechanism may be combined with functional member for protecting the needle tip 58 in the form of inclined plate-type clip. しかしながら、本発明によるダックビル解放機構は、そのような機能部材に対する使用に制限されるものではなく、他の構成のクリップと一緒に使用することもでき、さらには、例えばニードルガードとして機能するハウジングを備えてなるニードルガードといったような非クリップ型のニードルガードと一緒に使用することさえもできる。 However, the duckbill release mechanism according to the present invention is not limited to use for such functional member, can also be used with the clip of another configuration, the housing further, functioning as for example needle guard It can even be used in conjunction with non-clip type of the needle guard, such as a needle guard consisting equipped. 例示するならば、ニードルガードは、本出願人であるMedex社によって市販されている PROTECTIV Safety IV カテーテルのニードルガードハウジングとすることができる、および/または、米国特許第4,762,516号明細書や米国特許第4,747,831号明細書に開示されたニードルガードハウジングとすることができる。 By way of example, the needle guard can be the needle guard housing of the PROTECTIV Safety IV catheter marketed by Medex, Inc., assignee of the present application, and / or U.S. Pat. No. 4,762,516 it can be and U.S. Pat needle guard housing disclosed No. 4,747,831 in the specification. あるいは、機能部材は、米国特許第4,978,344号明細書や米国特許第5,215,528号明細書や米国特許第5,332,517号明細書や米国特許第5,328,482号明細書や米国特許第5,558,651号明細書や欧州特許第0,352,928 B2号明細書や米国特許出願第10/905,047号明細書や米国特許出願第10/906,171号明細書に開示されているような、ニードルを把持および/またはブロックするための他の構造を備えることができる。 Alternatively, the functional component, U.S. Patent No. 4,978,344 Pat and U.S. Patent No. 5,215,528 and U.S. Pat. No. 5,332,517 and U.S. Patent No. 5,328,482 Pat and U.S. Patent No. 5,558,651 Pat and European Patent No. 0,352,928 B2 Pat and U.S. Patent application No. 10 / 905,047 Pat and U.S. Patent application No. 10/906, as disclosed in 171 Pat may comprise other structures for gripping and / or block the needle. 本発明の他の特徴点は、後述するように、傾斜プレートクリップに基づいたニードルガードに制限されるものでもない。 Other features of the present invention, as described below, nor is it intended to be limited to a needle guard that is based on the tilt plate clip.

図7A〜図7Cに示すように、1つの見地においては、ニードルハブ208とハウジング230とは、協働構造300,302を備えている。 As shown in FIG 7A~ Figure 7C, in one aspect, the needle hub 208 and housing 230, and a cooperating structure 300, 302. 協働構造300,302は、ニードル52の第1状態においては、ニードルハブ208とハウジング230とを相対回転不可能に保持する。 Cooperating structure 300, 302 in the first state of the needle 52, to hold the needle hub 208 and housing 230 relative rotation impossible. これにより、ニードルによる穿刺を開始する際の安定性を増強することができる。 Thus, it is possible to enhance the stability in starting the puncture by the needle. より詳細には、ハウジング230は、基端面304のところに、突出ラグ300を備えている。 More specifically, the housing 230, at the proximal end surface 304, and a protruding lug 300. この突出ラグ300は、非円形の周縁エッジ306を有している。 The projecting lug 300 has a non-circular peripheral edge 306. 同様の非円形周縁エッジ308を有した凹所またはデプレション302が、ニードルハブ208の先端面310のところに配置されている。 Similar recesses or depletion 302 having a non-circular peripheral edge 308 is disposed at the distal end face 310 of the needle hub 208. 結果として、ニードル52の第1状態において、ニードル支持体208をハウジング230に対して隣接配置した際には、図7Cに示すように、面304,310が対向して、ラグ300が、凹所302に対して係合する。 As a result, in the first state of the needle 52, the needle support 208 when adjacent disposed relative to the housing 230, as shown in FIG. 7C, faces 304, 310 are opposite the lugs 300, the recess It engages with 302. これにより、構成部材どうしの回転が阻止される。 Thus, the rotation of each other component is prevented. ニードル52が、第1状態から移行した際には、ラグ300と凹所302とは、係合を解除する。 Needle 52 is, upon transition from the first state, the lug 300 and recess 302, to release the engagement. これにより、ハブ208とニードルガード202との相対回転が可能となる。 This allows relative rotation between the hub 208 and the needle guard 202. ラグ300および凹所302の周縁エッジ306,308は、互いに相補的な対応形状のものであり、有利には、例えば正方形や楕円形や六角形といったような非円形のエッジを形成している。 Peripheral edges 306, 308 of lug 300 and recess 302 are of complementary corresponding shapes, advantageously, form a non-circular edge, such as for example square, oval, hexagonal. しかしながら、ハウジング230とニードルハブ208との間の相対回転を防止するに際しては、他の相補形状を使用し得ることは、理解されるであろう。 However, when preventing the relative rotation between the housing 230 and needle hub 208 is able to be used with other complementary shapes, it will be understood. さらに、凹所302の周縁エッジ308は、符号312で示すように、1つまたは複数のノッチを備えることができる。 Further, the peripheral edge 308 of the recess 302, as indicated by reference numeral 312, may comprise one or more notches. ニードル52は、例えば、ニードル52と同心とされた接着剤井戸314内の接着剤313によって、ハブ208に対して固定される。 The needle 52 is, for example, by an adhesive 313 in adhesive well 314 and needle 52 concentrically is fixed to the hub 208.

図8および図9に示すように、他の見地においては、ニードルハブ208は、有利には、分離型のシュラウド320と関連している。 As shown in FIGS. 8 and 9, in another aspect, needle hub 208 advantageously has associated with separation type shroud 320. 分離型のシュラウド320は、ハブ208の先端部から延出されかつ互いに対向している円弧状レッグ322,324を備えている。 Separated shroud 320 has an arcuate legs 322, 324 that extends out and having opposed from the distal end of the hub 208. レッグ322,324は、図3Aおよび図9に示すようなニードル52の第1状態においては、ニードルガード202の対向部分326,328に対して位置合わせされるような可能であれば一致するような、サイズおよび配置とされている(よって、ニードルガードハウジング230の容器94の対向円弧状部分と、クリップ12の対向部分と、にも位置合わせされる)。 Legs 322 and 324, as in the first state of the needle 52, as shown in FIGS. 3A and 9, if possible matches as aligned with opposing portions 326, 328 of needle guard 202 It is sized and arranged (thus facing arcuate portion of the container 94 of the needle guard housing 230 and opposed portions of clip 12 is aligned to). レッグ322,324は、図3Cに示すようなニードル52の第2状態においては、それら対向部分から離間する。 Legs 322 and 324, in the second state of the needle 52, as shown in FIG. 3C, away from their opposed portion. 有利には、レッグ322,324は、例えばフィンガータブ203といったような、ニードルガード220の一部が、図3Aに示すようなニードルカニューレ52の第1状態においては、それらレッグどうしの間において露出されるようにして、配置される。 Advantageously, legs 322 and 324, for example, such as finger tab 203, a portion of the needle guard 220, in the first state of the needle cannula 52 as shown in FIG. 3A, is exposed between them legs each other in the so that, it is placed. ニードルカニューレ52の第1状態においては、図9に示すように、分離型のシュラウド320は、ニードルガード202の一部に対して位置合わせされる、例えば、ハウジング230の容器部分94、および/または、フィンガータブ203が露出されたクリップ12、に対して位置合わせされる。 In the first state of the needle cannula 52, as shown in FIG. 9, the separation type of the shroud 320 is aligned with respect to a portion of the needle guard 202, for example, container portion 94 of the housing 230, and / or , clip 12 finger tab 203 is exposed, is aligned with respect. 分離型のシュラウド320のレッグ322,324は、それらレッグ322,324がハウジング230に対して摩擦係合し得るような、サイズおよび配置とすることができる。 Leg 322, 324 of the separation-type shroud 320, they legs 322, 324 such as may frictionally engage the housing 230 can be sized and positioned. 使用前においては、保護シース370が、少なくともカテーテルチューブ226と、可能であればカテーテルハブ220と、ニードル先端58と、分離型シュラウド320の一部または全体と、をカバーする。 Before use, a protective sheath 370 covers at least catheter tube 226, and possibly catheter hub 220, needle tip 58, and part or all of the separation-type shroud 320, a. 有利には、分離型のシュラウド320は、シース370の基端側マウス部372と、ニードルガード202と、の間に配置される。 Advantageously, the separation type of shroud 320 includes a base end mouth portion 372 of sheath 370, a needle guard 202 is disposed between the. その結果、最終的な使用者(図示せず)が、シースの部分372を把持した際には、その把持力は、ニードルガード202に対して直接的に伝達されるのではなく、分離型のシュラウド320に対して伝達される。 As a result, the final user (not shown), when the gripping portion 372 of the sheath, the gripping force, rather than being directly transmitted to the needle guard 202, the separation-type It is transmitted to the shroud 320. このため、不注意にニードルガード202を機能させてしまう可能性を低減することができる、また、装置の使用前にカテーテルハブ220からニードルガード202を引き離してしまう可能性を低減することができる。 Therefore, it is possible to reduce the possibility of inadvertently made to function the needle guard 202, also it is possible to reduce the possibility of pull the needle guard 202 from catheter hub 220 before using the device. マウス部372は、フィンガータブ203を露出させるためのギャップ(図示せず)を有することができる。 Mouse 372 may have a gap for exposing the finger tab 203 (not shown). しかしながら、使用時には、ニードル52は、例えば分離型シュラウド320を通して露出されたフィンガータブ203を押し込むことによって、容易に取り外すことができる。 However, in use, the needle 52, for example by pressing a finger tab 203 exposed through the separation shroud 320 can be easily removed.

カテーテルアセンブリ200の使用時には、シース370が取り外され、上述したようにして、患者(図示せず)内へと挿入したニードル先端58がカテーテルチューブ226を位置決めする。 In use of catheter assembly 200, sheath 370 is removed, as described above, the needle tip 58 inserted into the patient (not shown) to position catheter tube 226. ここで、要望された場合には、ニードルガード202に対してカテーテルハブを回転させる。 Here, when it is desired rotates the catheter hub against the needle guard 202. しかしながら、有利には、ニードルハブ208とニードルガード202とは、相対回転されない。 However, advantageously, the needle hub 208 and needle guard 202, no relative rotation. 要望通りに配置された後に、例えば十分に理解されるように(分離型シュラウド320を通して露出された)フィンガータブ203を使用することによって、ニードルハブ208とニードル52とが、基端向きに引っ張られる。 After being placed as desired, by using (exposed through separation shroud 320) finger tab 203 as for example is well understood, and the needle hub 208 and needle 52, is pulled proximally facing . これにより、シャフト56が、カテーテルチューブ226およびカテーテルハブ220から引き抜かれ、先端58は、ニードルガード202によって保護された第2状態となる。 Thus, the shaft 56 is withdrawn from the catheter tube 226 and catheter hub 220, distal end 58 becomes the second state of being protected by the needle guard 202. ニードルガード202は、同様にカテーテルハブ220から引き抜かれ、ハブ220を使用待ち受け状態とする。 Needle guard 202 is similarly withdrawn from the catheter hub 220, and a standby state using the hub 220. 有利には、ニードルシャフト56に対しての、クリップ12に基づく引きずり力は、できる限り小さなものである。 Advantageously, the relative needle shaft 56, forces the drag based on the clip 12 is small as possible. さらに、引きずり力は、有利には、シャフト56が通路258内にあるかどうかにかかわらず、ダックビル204,206をカテーテルハブ202から分離させるのに必要とされる力よりも、小さい。 Additionally, the drag force, advantageously, regardless of whether the shaft 56 is in passageway 258, than the force required to separate the duckbills 204, 206 from catheter hub 202, small. また、さらに有利には、シャフト56が通路258内に存在している状態でダックビル204,206をカテーテルハブ220から切り離すに際して必要とされる力(『カテーテル切り離し力』と称される)は、例えばニードル52の第2状態といったように通路258がニードルシャフト56によって占有されていない状態でダックビル204,206をカテーテルハブ220から解放するに際して必要とされる力(『カテーテル解放力』と称される)と比較して、より大きなものとされ、最も有利には2倍以上とされる。 Moreover, further advantageous, the force required when disconnecting duckbill 204, 206 in a state where the shaft 56 is present in the passageway 258 from catheter hub 220 (referred to as "catheter disconnection force"), for example the force required during passage 258 as such a second state of the needle 52 releases the duckbill 204, 206 in a state that is not occupied by the needle shaft 56 from the catheter hub 220 (referred to as "catheter release force") compared to, it is the larger one, is most preferably 2-fold or more. カテーテル解放力は、『ダックビルフリー長さ』と称することができる。 The catheter release force may be referred to as a "duckbill free length". これは、ノーズ部236(あるいは、例えば符号380で示すような任意の連続部分)からの、協働部材250,252の長さである。 This nose portion 236 (or, for example, any continuous portion such as indicated at 380) from the length of the cooperating members 250, 252. この長さは、協働部材250,252の硬さに影響を及ぼす。 This length affects the stiffness of the cooperating members 250, 252. そして、さらに、カテーテル解放力に影響を及ぼす。 Then, further, it influences the catheter release force. 例えば、協働部材250または252のダックビルフリー長さが長くなればなるほど、硬さは、より小さなものとされ、よりフレキシブルな部材となる。 For example, co duckbill free movement portion member 250 or 252 the greater the longer the length, the hardness is the smaller ones, a more flexible member.
また、部材250,252,260に対しての円弧形状の使用およびリッジ280の使用は、広範囲のゲージのニードル52に対して、全体的に一様な度合いのカテーテル解放力(および/または、カテーテル引き離し力)を提供する。 Moreover, the use and the use of ridges 280 of arcuate shape with respect to members 250,252,260, relative to the needle 52 of the wide gauge, the catheter release force of generally uniform degree (and / or catheter to provide a pull-off force). その一様さは、また、戻り止め260とカテーテルハブ面267との間に擦れがないことによっても、増強される。 Its uniform is also by no rubbing between the detents 260 and catheter hub surface 267 is enhanced. これにより理解されるように、カテーテルアセンブリ200は、カテーテルハブ220からのニードルガード202の受動的な解放を提供する。 Thus, as will be appreciated, catheter assembly 200 provides a passive release of needle guard 202 from catheter hub 220. カテーテルハブ220からのニードルハブ208の引き抜きの通常的活性により、ヘルスケア作業者(図示せず)による一切の追加的な操作を必要とすることなく、ニードルガード202が駆動される。 The normal activity of the withdrawal of the needle hub 208 from catheter hub 220, without the need for any additional manipulation by the healthcare worker (not shown), the needle guard 202 is driven. 同様に、その駆動後に、ニードルハブ208をさらに引っ張ることにより、ヘルスケア作業者による追加的な操作を必要とすることなく、容易にニードルガード202をカテーテルハブ220から解放することができる。 Similarly, after the driving in, by further pulling the needle hub 208, without the need for additional manipulation by the healthcare worker can easily release the needle guard 202 from catheter hub 220.

上記により、個別的にまた様々な組合せにより、従来技術による傾斜プレート構成と比較して改良と補強とを行った傾斜プレート型ニードルガードが、提供される。 The above, by individually or various combinations, inclined plate-type needle guard subjected to a reinforcing and improvements as compared to the inclined plate structure according to the prior art, is provided. また、上記により、個別的にまた様々な組合せにより、傾斜プレート型クリップと一緒に使用し得るのみならず、他のニードルガードの構成とも一緒に使用し得るような、ニードルガードに対する改良が提供される。 Further, the above, by individually or various combinations not only be used in conjunction with the inclined plate-type clip, with construction of the other needle guard as may be used together, improvements are provided for the needle guard that.

本発明について、本発明の様々な実施形態に関して説明して例示したけれども、また、それら実施形態に関してかなり詳細に説明したけれども、特許請求の範囲は、それら細部によっては何らの制限も受けない。 The present invention, although the described and illustrated with respect to various embodiments of the present invention, also, although described in considerable detail with regard to their embodiments, the appended claims are not subject to any restrictions by these details. 当業者であれば、追加的な利点および修正点が、自明であろう。 Those skilled in the art, additional advantages and modifications point, will be obvious. 例えば、クリップ12を、ニードル52の引き抜き時に基端向きに傾斜する第1壁16を備えたものとして、図示して説明したけれども、当業者であれば、壁16が先端向きに傾斜するようにクリップ12を構成し得ることは、理解されるであろう。 For example, the clip 12, as with the first wall 16 which is inclined to the base end facing during withdrawal of the needle 52, although illustrated and described, those skilled in the art, so wall 16 is inclined forward-facing it may constitute a clip 12 will be appreciated. さらに、クリップ12の第2壁20は、ガイドワイヤのための開口(図示せず)を備えていることができ、さらに、クリップ12の第2状態においてニードル52に対してクリアランスを有していないものとすることができる。 Further, second wall 20 of clip 12 may be provided with an opening (not shown) for a guide wire, further, it does not have a clearance with respect to the needle 52 in the second state of clip 12 it can be a thing. さらに、第2壁20のスタイラス38は、スタイラスが第2壁を形成するようにして、クリップ12の中間壁22に対して直接的に連結することができる。 Further, the stylus 38 of second wall 20 may stylus so as to form a second wall, directly linked to the intermediate wall 22 of clip 12. さらに、スプリング部材14は、中間壁22の内方エッジ27,28を超えてではなく、中間壁22の外方エッジ29,30を超えて、延在することができる。 Further, the spring member 14 is not beyond the inner edge 27, 28 of the intermediate wall 22, beyond the outer edges 29, 30 of intermediate wall 22 can extend. また、クリップ12およびスプリング部材14が十分に小さいものである場合には、クリップ12およびスプリング部材14は、カテーテルハブ内に当接面を有したカテーテルハブの内部に直接的に設置することができる。 Also, if clip 12 and spring member 14 is sufficiently small, the clip 12 and spring member 14 can be directly placed inside a catheter hub having an abutment surface in the catheter hub . したがって、本発明のより広い見地は、図示されまた上述されたような、特定の詳細や、代表的な装置および方法や、様々な実施形態、によって、何ら制限されるものではない。 Therefore, broader aspects of the present invention, as has been shown also above, specific details or, and representative apparatus and method, various embodiments by, shall by no means be restricted. したがって、本発明の一般的概念からなる精神および範囲から逸脱することなく、それら詳細に対して、変更を加えることができる。 Therefore, without departing from the spirit and scope consists general concept of the present invention, they to the details can be modified.

傾斜プレートクリップによって形成されたニードルガードの一実施形態を示す斜視図であって、本発明の原理に基づき、リーフスプリング部材を備えている。 A perspective view showing an embodiment of a needle guard formed by the tilt plate clip, based on the principles of the present invention includes a leaf spring member. ハウジングと図1のクリップとを備えてなるニードルガードの第2実施形態を示す断面図であって、本発明の特定の原理を説明する目的で、ニードルの尖鋭先端が露出された第1状態を示している。 A cross-sectional view showing a second embodiment of a needle guard comprising a clip housing and FIG. 1, for the purpose of describing particular principles of the present invention, the first state where the sharp tip of the needle is exposed shows. 本発明の特定の原理を説明する目的のためのものであって、図2Aの細部を示している。 It is for the purpose of describing particular principles of the present invention, shows the detail of Figure 2A. ハウジングと図1のクリップとを備えてなるニードルガードの第2実施形態を示す断面図であって、本発明の特定の原理を説明する目的で、ニードルの尖鋭先端が保護された第2状態を示している。 A cross-sectional view showing a second embodiment of a needle guard comprising a clip housing and FIG. 1, for the purpose of describing particular principles of the present invention, a second state in which the sharp tip of the needle is protected shows. 本発明の特定の原理を説明する目的のためのものであって、図2Bの細部を示している。 Be for the purpose of describing particular principles of the present invention, shows the detail of Figure 2B. 本発明の様々な見地を備えたカテーテルアセンブリを示す側面図であって、カテーテルアセンブリのニードルのためのニードルガードの第3実施形態を備えている。 A side view of a catheter assembly with various aspects of the present invention, a third embodiment of a needle guard for a needle of the catheter assembly. 本発明の様々な見地を備えたカテーテルアセンブリを示す側面図であって、カテーテルアセンブリのニードルのためのニードルガードの第3実施形態を備えている。 A side view of a catheter assembly with various aspects of the present invention, a third embodiment of a needle guard for a needle of the catheter assembly. 本発明の様々な見地を備えたカテーテルアセンブリを示す側面図であって、カテーテルアセンブリのニードルのためのニードルガードの第3実施形態を備えている。 A side view of a catheter assembly with various aspects of the present invention, a third embodiment of a needle guard for a needle of the catheter assembly. 本発明の特定の追加的な原理および見地を説明するためのものであって、図3A〜図3Cのニードルガードハウジングのノーズ部分を示す斜視図である。 Provided for the purpose of explaining certain additional principles and aspects of the present invention, it is a perspective view showing the nose portion of the needle guard housing of FIGS 3A~ Figure 3C. 図4Aのノーズ部分の基端部を示す背面図である。 It is a rear view of the proximal end of the nose portion of Figure 4A. 本発明におけるダックビルカテーテルハブ解放機構を説明するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるカテーテルハブを示す断面図である。 Provided for the purpose of explaining the duckbill catheter hub release mechanism of the present invention, it is a cross-sectional view showing a catheter hub in FIG 3A~ Figure 3C. 本発明の特定の原理に基づくニードルガードの第2実施形態におけるダックビルカテーテルハブ解放機構の動作を説明するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるカテーテルアセンブリを示す断面図である。 Provided for the purpose of explaining the operation of the duckbill catheter hub release mechanism of the second embodiment of the needle guard based on specific principles of the present invention, it is a cross-sectional view of the catheter assembly shown in FIG 3A~ Figure 3C. 本発明の特定の原理に基づくニードルガードの第2実施形態におけるダックビルカテーテルハブ解放機構の動作を説明するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるカテーテルアセンブリを示す断面図である。 Provided for the purpose of explaining the operation of the duckbill catheter hub release mechanism of the second embodiment of the needle guard based on specific principles of the present invention, it is a cross-sectional view of the catheter assembly shown in FIG 3A~ Figure 3C. 本発明の特定の原理に基づくニードルガードの第2実施形態におけるダックビルカテーテルハブ解放機構の動作を説明するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるカテーテルアセンブリを示す断面図である。 Provided for the purpose of explaining the operation of the duckbill catheter hub release mechanism of the second embodiment of the needle guard based on specific principles of the present invention, it is a cross-sectional view of the catheter assembly shown in FIG 3A~ Figure 3C. 本発明の特定の原理に基づくニードルガードの第2実施形態におけるダックビルカテーテルハブ解放機構の動作を説明するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるカテーテルアセンブリを示す断面図である。 Provided for the purpose of explaining the operation of the duckbill catheter hub release mechanism of the second embodiment of the needle guard based on specific principles of the present invention, it is a cross-sectional view of the catheter assembly shown in FIG 3A~ Figure 3C. 本発明における回転防止という特徴点を例示するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるニードルガードの対向面を示す端面図である。 A intended to illustrate a feature point that the rotation prevention in the present invention, an end view showing the opposing faces of the needle guard of FIG 3A~ Figure 3C. 本発明における回転防止という特徴点を例示するためのものであって、図3A〜図3Cにおけるニードルハブの対向面を示す端面図である。 A intended to illustrate a feature point that the rotation prevention in the present invention, an end view showing the opposing surface of the needle hub in FIG 3A~ Figure 3C. 図7における7C−7C線に沿った矢視断面図であって、本発明における回転防止という特徴点を説明する目的で、図7Aおよび図7Bにおけるニードルハブおよびニードルガードハウジングを示している。 A cross-sectional view taken along 7C-7C line in FIG. 7, for purposes of describing the characteristic points of the rotation prevention in the present invention, showing the needle hub and needle guard housing of FIGS. 7A and 7B. 図3Cにおけるニードルハブおよびニードルカニューレを示す斜視図であって、ニードルハブの先端部に設けられたシュラウドを示している。 A perspective view of a needle hub and needle cannula of FIGS. 3C, shows a shroud provided at a tip portion of the needle hub. 本発明の特定の原理に基づくシュラウドの動作を説明する目的で、保護シースが付設された図3Aのカテーテルアセンブリを部分的に示す断面図である。 For purposes of describing the operation of the shroud that is based on specific principles of the present invention, it is a cross-sectional view partially showing the catheter assembly of Figure 3A protective sheath is attached.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 ニードルガード 12 傾斜プレートクリップ 14 スプリング部材 16 第1壁 18 開口 20 第2壁 24 第1ストラット 26 第2ストラット 34 ヒール 38 円弧状スタイラス 50 ニードルガード 52 ニードル 54 ニードルハブ 56 ニードルシャフト 58 尖鋭先端 60 ハウジング 62 基端側の開口 64 先端側の開口 10 needle guard 12 tilt plate clip 14 the spring member 16 the first wall 18 opening 20 second wall 24 first strut 26 second strut 34 heel 38 arcuate stylus 50 needle guard 52 Needle 54 Needle hub 56 needle shaft 58 pointed tip 60 housing 62 proximal side opening 64 the distal end side of the opening

Claims (42)

  1. 安全カテーテルデバイスであって、 A safety catheter device,
    カテーテルハブ、および、このカテーテルハブから延出されたカテーテルチューブと; Catheter hub, and a catheter tube extending from the catheter hub;
    尖鋭先端で終端しているニードルシャフトを備えたニードルと; A needle having a needle shaft terminating in a sharp tip;
    一体型のクリップと; And integrated clip;
    スプリング部材と; A spring member;
    を具備し、 Equipped with,
    前記クリップが、 The clip is,
    このクリップの第1状態においては前記ニードルシャフトを貫通させつつ前記ニードルシャフトをスライド的に受領し得るよう構成された開口であるとともにこれによりこの第1状態においては前記ニードルをニードル経路に沿って移動可能なものとしさらに前記クリップの第2状態においては前記ニードルシャフトを把持し得るよう構成された開口を有した第1壁と、 Moving in a first state of the clip the In this way the first state with the needle shaft while penetrating the needle shaft is opening configured to be received the slide to the said needle along a needle path a first wall having an opening configured to be gripping the needle shaft in yet a second state of the clip and capable,
    前記第1状態においては前記ニードルシャフトに対して当接し得るよう構成された部分であるとともに前記第2状態においてはこの部分が前記ニードル経路を横断するように延出されこれにより前記ニードルの先端に対向して前記ニードル経路を通行阻止し得るよう構成された部分を有した第2壁と、 The tip of the extending issued whereby said needle as said in the second state with a structural portion that can abut against the needle shaft in the first state this part transverse to the needle path a second wall having a structure portion to be passing prevent the needle path opposite,
    前記第1壁と前記第2壁とを連結しているストラットであるとともに、平面を規定しており、さらに、前記第1壁と前記第2壁との間に延在する側方エッジを有したストラットと、 Yes with a strut which connects the first wall and the second wall, which defines a plane, further, the extending side edges between said first wall and said second wall and struts were,
    を備え、 Equipped with a,
    前記第1壁と前記ストラットと前記第2壁とが、連続した一体部材を形成し、 It said first wall and said struts and said second wall forms a continuous integral member,
    前記スプリング部材が、前記第1壁を起点として延出され、さらに、当接面に対して動作可能に係合しており、これにより、前記クリップを前記第2状態に向けて付勢し、 Said spring member, said are extending the first wall starting, further, engages operable against the abutment surface, thereby, urges the clip to the second state,
    前記ニードルが、 Said needle,
    前記クリップの前記第1状態において、前記クリップの前記第1壁の前記開口を通してスライド的に受領されておりなおかつ前記クリップの前記第2壁の前記部分に対して当接しておりさらに前記尖鋭先端を露出させた状態で前記カテーテルチューブを通って延在しているような第1状態と、 In the first state of the clip, the said slide to said further the pointed tip abuts against part of the receipt has been provided yet the second wall of the clip through an opening in the first wall of said clip a first state as extending through said catheter tube being exposed,
    前記ニードル先端が前記クリップの前記第2壁を超える程度にまで前記カテーテルチューブから引っ込められ、これにより、前記クリップがその前記第2状態へと移行して、前記先端が前記クリップの前記第2壁によってブロックされた状態で前記ニードルシャフトが把持されたような第2状態と、 The needle tip is retracted from said catheter tube to an extent exceeding the second wall of the clip, thereby, the clip is shifted to its second state, said second wall of said tip said clip a second state as the needle shaft is gripped in a state of being blocked by,
    を備え Equipped with a,
    前記第2壁と前記ニードルシャフトとが、前記ニードル先端が前記第2壁を超えて引き抜かれるまでは、前記第1状態において、前記クリップを保持し得るように協働し、 Said second wall and said needle shaft until said needle tip is withdrawn beyond the second wall, in said first state, cooperate as capable of holding the clip,
    前記スプリング部材が、前記ストラットの前記側方エッジを超えるようにして、前記ストラットがなす前記平面の一方の側から他方の側へと延在していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device, wherein the spring member, so as to exceed the lateral edges of the struts, characterized in that it extends from one side of the plane in which the struts are formed to the other side.
  2. 請求項1記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 1, wherein,
    さらに、前記ニードルを貫通させながら前記ニードルをスライド的に受領し得るよう構成されたハウジングを具備し、 Further comprising a housing configured capable of receiving said needle while penetrating the needle slide to,
    前記クリップと前記スプリング部材とが、前記ハウジングの内部に収容され、 The clip and said spring member is accommodated in the housing,
    さらに、前記ハウジングの内部に配置されたニードル支持体を具備し、 Further comprising a needle support positioned in the housing,
    このニードル支持体が、前記ニードルの前記第1状態において前記ニードルシャフトが規定する円筒形状に対する横方向平面に対して隣接して配置されていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device the needle support, characterized in that it is located adjacent to the transverse direction plane to a cylindrical shape defining said needle shaft in the first state of the needle.
  3. 請求項2記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 2, wherein,
    前記ニードル支持体が、前記ハウジングに対して固定された突起上に形成されていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device in which the needle support, characterized in that it is formed on the fixed projection relative to the housing.
  4. 請求項1記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 1, wherein,
    さらに、前記ニードルに対して固定的に連結されたニードルハブを具備し、 Furthermore, comprising a fixedly linked needle hub relative to said needle,
    このニードルハブが、前記ニードルの前記第1状態においては前記クリップの対向部分に対して位置合わせされるサイズとされなおかつ前記ニードルの前記第2状態においては前記ニードルから離間されるサイズとされたシュラウドを備え、 Shroud the needle hub, in the second state of the in the first state and yet the needle is sized to be aligned relative to the opposing portion of the clip of the needle that is sized to be spaced from the needle equipped with a,
    さらに、前記カテーテルチューブと前記ニードル先端とを少なくとも包囲するとともに、前記シュラウドの少なくとも一部に対して位置合わせされるシースを具備していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Furthermore, the safety catheter device with at least surrounds and the needle tip and the catheter tube, characterized in that it comprises a sheath which is aligned with respect to at least a portion of the shroud.
  5. 請求項1記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 1, wherein,
    さらに、前記ニードルの前記第1状態において前記ニードルシャフトが規定する円筒形状に対する横方向平面に対して隣接して配置されたニードル支持体を具備していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Furthermore, the safety catheter device, characterized in that it comprises a needle support positioned adjacent to the transverse direction plane to a cylindrical shape in which the needle shaft in the first state of the needle is defined.
  6. 請求項2,3,または,5記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 Claim 2, or, in the safety catheter device 5 described,
    前記ニードル支持体が、前記ニードルシャフトの一部をスライド的に受領し得るようなサイズとされた座を備えていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device in which the needle support, characterized in that it comprises a part sliding manner is sized to be received seat of the needle shaft.
  7. 請求項2,3,5,または,6記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 Claim 2,3,5, or, in the safety catheter device as claimed 6,
    前記ニードル支持体と前記クリップの前記第2壁とが、前記クリップの前記第1状態においては、前記ニードルシャフトに関して互いに反対側に配置されていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device and the second wall of the clip and the needle support is in the first state of the clip, characterized in that it is disposed to opposite sides of the needle shaft.
  8. 請求項1記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 1, wherein,
    さらに、前記ニードルを貫通させながら前記ニードルをスライド的に受領し得るよう構成されたハウジングを具備し、 Further comprising a housing configured capable of receiving said needle while penetrating the needle slide to,
    前記クリップと前記スプリング部材とが、前記ハウジングの内部において連結され、 The clip and said spring member is connected in the interior of the housing,
    前記ハウジングが、前記当接面を形成する内壁を備えていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device, wherein the housing, characterized in that it comprises an inner wall forming the abutment surface.
  9. 請求項1〜8のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 8,
    前記クリップの前記第2壁の前記部分が、スタイラスを形成していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device, wherein the portion of the second wall of the clip, characterized in that it forms a stylus.
  10. 請求項1〜9のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 9,
    前記クリップの前記第2壁が、前記クリップの前記第2状態においては前記ニードル先端を閉じ込め得るよう構成されたリップを備えていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device the second wall of the clip, in the second state of the clip, characterized in that it comprises a lip configured to confine the needle tip.
  11. 請求項1〜10のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 10,
    前記ストラットが、前記第1壁に対して90°未満という形成角度でもって前記クリップの前記第1壁から延出されていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device in which the struts, characterized in that is extended from the first wall of the clip has in the form angles of less than 90 ° relative to the first wall.
  12. 請求項1〜11のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 11,
    前記クリップの前記第1壁が、前記クリップの前記第1状態においては中心を超えて傾斜していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device the first wall of the clip, in the first state of the clip, characterized in that inclined beyond the center.
  13. 請求項1〜12のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 12,
    前記ストラットの前記エッジが、内方エッジであることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device, wherein the edge of the strut, a inner edge.
  14. 請求項1〜13のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 13,
    前記クリップが、さらに、前記第1壁と前記第2壁とを連結する第2ストラットを備え、 Said clip further comprises a second strut connecting the first wall and the second wall,
    前記スプリング部材が、前記第2ストラットのエッジを超えて延在していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device, wherein the spring member, characterized in that it extends beyond the edge of the second strut.
  15. 請求項14記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 14,
    前記2つのストラットのエッジどうしが協働することにより、それらエッジどうしの間に開口を形成しており、 By working edge each other are together of the two struts, forms an opening therebetween edges to each other,
    前記スプリング部材が、その開口を超えて延在していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device, wherein the spring member, characterized in that it extends beyond the opening.
  16. 請求項1〜15のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 15,
    前記スプリング部材が、前記クリップの前記第1壁に対して動作可能に関連する第1端部を備えていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device in which the spring member, characterized in that it comprises a first end operatively associated to said first wall of said clip.
  17. 請求項1〜16のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of any one of claims 1 to 16,
    さらに、棚を具備し、 In addition, equipped with a shelf,
    前記クリップが、さらに、ヒールを備え、 Said clip further comprises a heel,
    前記第1壁と前記ヒールとが、前記ストラットに関して互いに反対側に配置され、 The first wall and heel being disposed to opposite sides of the strut,
    前記クリップの前記第1状態においては、前記ヒールが、前記棚に対して当接しており、 Wherein in the first state of the clip, the heel abuts against the shelf,
    前記クリップが前記第1状態から前記第2状態へと移行する際には、前記ヒールが、前記棚まわりに回転するようになっていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device when said clip is shifted to the second state from the first state, in which the heel, characterized in that the are adapted to rotate around the shelf.
  18. 請求項17記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 17, wherein,
    さらに、前記ニードルを貫通させながら前記ニードルをスライド的に受領し得るよう構成されたハウジングを具備し、 Further comprising a housing configured capable of receiving said needle while penetrating the needle slide to,
    前記クリップと前記スプリング部材と前記棚とが、前記ハウジングの内部に収容されていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device in which the clip and the spring member and said shelf, characterized in that it is accommodated in the housing.
  19. 請求項1〜 18のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 18
    さらに、前記ニードルを貫通させながら前記ニードルをスライド的に受領し得るよう構成されたハウジングを具備し、 Further comprising a housing configured capable of receiving said needle while penetrating the needle slide to,
    前記クリップと前記スプリング部材とが、前記ハウジングの内部に収容されていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device and said spring member and said clip, characterized in that it is accommodated in the housing.
  20. 請求項19記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 19,
    前記ハウジングが、前記カテーテルハブに対して着脱可能に連結されていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device, wherein the housing, characterized in that it is detachably connected to the catheter hub.
  21. 請求項20記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 20,
    さらに、前記ハウジングを前記カテーテルハブに対して着脱可能に連結させ得るよう、前記ハウジングから延出されたダックビルを具備していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Furthermore, the safety catheter device, characterized in that the to the housing may removably be linked to the catheter hub, is provided with a duckbill extending from the housing.
  22. 請求項19記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 19,
    さらに、前記ニードルに対して固定的に連結されたニードルハブを具備し、 Furthermore, comprising a fixedly linked needle hub relative to said needle,
    このニードルハブが、前記ニードルの前記第1状態においては前記クリップの対向部分に対して位置合わせされるサイズとされなおかつ前記ニードルの前記第2状態においては前記ニードルから離間されるサイズとされたシュラウドを備え、 Shroud the needle hub, in the second state of the in the first state and yet the needle is sized to be aligned relative to the opposing portion of the clip of the needle that is sized to be spaced from the needle equipped with a,
    さらに、前記カテーテルチューブと前記ニードル先端とを少なくとも包囲するとともに、前記シュラウドの少なくとも一部に対して位置合わせされるシースを具備していることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Furthermore, the safety catheter device with at least surrounds and the needle tip and the catheter tube, characterized in that it comprises a sheath which is aligned with respect to at least a portion of the shroud.
  23. 請求項19記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device of claim 19,
    さらに、前記ニードルに対して固定的に連結されたニードルハブを具備し、 Furthermore, comprising a fixedly linked needle hub relative to said needle,
    このニードルハブが、前記ニードルの前記第1状態においては、前記ハウジングに対して隣接配置され、 The needle hub is in the first state of the needle is positioned adjacent to said housing,
    前記ニードルハブと前記ハウジングとが、前記ニードルの前記第1状態において、前記ニードルハブと前記ハウジングとを相対回転不可能に保持するための協働構造を備えていることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device with the needle hub and the housing, in the first state of the needle, characterized in that it comprises a cooperating structure for holding said said needle hub housing relative rotation impossible .
  24. 請求項1〜 18のいずれか1項に記載の安全カテーテルデバイスにおいて、 In safety catheter device as claimed in any one of claims 1 to 18
    前記スプリング部材が、リーフスプリングであることを特徴とする安全カテーテルデバイス。 Safety catheter device the spring member, which is a leaf spring.
  25. ニードルプロテクタであって、 A needle protector,
    ニードルを貫通させながらこのニードルをスライド的に受領し得るよう構成されこれによりニードルをニードル経路に沿って移動可能なものとするとともに、当接面を備えた、ハウジングと; Together we shall movable along the needle path of the needle by which is configured to the needle while penetrating the needle may receive a slide manner, with an abutment surface, and the housing;
    このハウジング内に配置された一体型のクリップと; And integral clip disposed within the housing;
    スプリング部材と; A spring member;
    を具備し、 Equipped with,
    前記クリップが、 The clip is,
    このクリップの第1状態においては前記ニードル経路に沿って前記ニードルのニードルシャフトを貫通させつつニードルシャフトをスライド的に受領し得るよう構成された開口であるとともに前記クリップの第2状態においては前記ニードルシャフトを把持し得るよう構成された開口を有した第1壁と、 The needle in the second state of the clip with a opening configured to be received the needle shaft while penetrating the needle shaft of the needle along the needle paths slidingly in a first state of the clip a first wall having a opening configured to be gripping the shaft,
    前記第1状態においては前記ニードルシャフトに対して当接し得るよう構成された部分であるとともに前記第2状態においてはこの部分が前記ニードル経路を横断するように延出されこれにより前記ニードルの先端に対向して前記ニードル経路を通行阻止し得るよう構成された部分を有した第2壁と、 The tip of the extending issued whereby said needle as said in the second state with a structural portion that can abut against the needle shaft in the first state this part transverse to the needle path a second wall having a structure portion to be passing prevent the needle path opposite,
    前記第1壁と前記第2壁とを連結しているストラットであるとともに、平面を規定しており、さらに、前記第1壁と前記第2壁との間に延在する側方エッジを有したストラットと、 Yes with a strut which connects the first wall and the second wall, which defines a plane, further, the extending side edges between said first wall and said second wall and struts were,
    を備え、 Equipped with a,
    前記第1壁と前記ストラットと前記第2壁とが、連続した一体部材を形成し、 It said first wall and said struts and said second wall forms a continuous integral member,
    前記スプリング部材が、前記第1壁を起点として延出され、さらに、当接面に対して動作可能に係合しており、これにより、前記クリップを前記第2状態に向けて付勢し Said spring member, said are extending the first wall starting, further, engages operable against the abutment surface, thereby, urges the clip to the second state,
    前記第2壁が、前記ニードル先端が前記第2壁を超えて引き抜かれるまでは、前記第1状態において、前記クリップを保持し得るように前記ニードルのシャフトと協働し得るものとされ、 It said second wall, until said needle tip is withdrawn beyond the second wall, in the first state, is assumed to be in cooperation with the shaft of the needle so as to hold the clip,
    前記スプリング部材が、前記ストラットの前記側方エッジを超えるようにして、前記ストラットがなす前記平面の一方の側から他方の側へと延在していることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector the spring member, so as to exceed the lateral edges of the struts, characterized in that it extends from one side of the plane in which the struts are formed to the other side.
  26. 請求項25記載のニードルプロテクタにおいて、 In the needle protector of claim 25 wherein,
    前記ハウジングが、前記当接面を形成する内壁を備えていることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector said housing, characterized in that it comprises an inner wall forming the abutment surface.
  27. 請求項25または26記載のニードルプロテクタにおいて、 In the needle protector according to claim 25 or 26, wherein,
    さらに、ニードルハブ、および、このニードルハブから延出されたニードルであるとともに尖鋭先端で終端しているニードルシャフトを備えたニードル、を具備し、 Further, the needle hub, and comprises a needle having a needle shaft terminating in a sharp tip with a needle extending from the needle hub,
    前記ニードルが、 Said needle,
    前記クリップの前記第1状態において、前記クリップの前記第1壁の前記開口を通してスライド的に受領されておりなおかつ前記クリップの前記第2壁の前記部分に対して当接しておりさらに前記尖鋭先端を前記ハウジングから露出させた第1状態と、 In the first state of the clip, the said slide to said further the pointed tip abuts against part of the receipt has been provided yet the second wall of the clip through an opening in the first wall of said clip a first state of being exposed from the housing,
    前記ニードル先端が前記クリップの前記第2壁を超える程度にまで前記ハウジング内へと引っ込められ、これにより、前記クリップがその前記第2状態へと移行して、前記先端が前記クリップの前記第2壁によってブロックされた状態で前記ニードルシャフトが把持されたような第2状態と、 Wherein to the extent that the needle tip is more than the second wall of the clip retracted into the housing, thereby, the clip is shifted to its second state, wherein the second tip is the clip a second state as the needle shaft is gripped in a state of being blocked by the wall,
    を備えていることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector characterized in that it comprises.
  28. 請求項27記載のニードルプロテクタにおいて、 In the needle protector of claim 27,
    前記ニードルハブが、前記ニードルの前記第1状態においては前記ハウジングの対向部分に対して位置合わせされるサイズとされなおかつ前記ニードルの前記第2状態においては前記ニードルから離間されるサイズとされたシュラウドを備え、 Shroud the needle hub, in the second state of yet the needle is sized to be aligned the in the first state to the counter part of the housing of the needle that is sized to be spaced from the needle equipped with a,
    さらに、前記ニードル先端を少なくとも包囲するとともに、前記シュラウドの少なくとも一部に対して位置合わせされるシースを具備していることを特徴とするニードルプロテクタ。 Moreover, enclosing at least the needle tip, the needle protector, characterized in that it comprises a sheath which is aligned with respect to at least a portion of the shroud.
  29. 請求項27または28記載のニードルプロテクタにおいて、 In the needle protector according to claim 27 or 28, wherein,
    前記ニードルハブが、前記ニードルの前記第1状態においては前記ハウジングに対して隣接して配置され、 It said needle hub, in the first state of the needle is disposed adjacent to said housing,
    前記ニードルハブと前記ハウジングとが、協働構造を備え、 And said needle hub and said housing is provided with a cooperating structure,
    この協働構造が、前記ニードルの前記第1状態においては前記ニードルハブと前記ハウジングとを相対回転不可能に保持することを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector The cooperating structure is in said first state of said needle, characterized in that to hold the said and the needle hub housing relative rotation impossible.
  30. 請求項2529のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 25-29,
    前記ハウジングが、導入開口と導出開口とを備え、 Said housing and a lead-out opening and the introduction opening,
    前記導入開口のエッジと前記導出開口のエッジとが、交差平面を横断しており、 The edge of the edge and the derived opening of the inlet opening, and across the cross plane,
    さらに、前記ハウジング内にニードル支持体を具備し、 Further comprising a needle support in the housing,
    このニードル支持体が、前記交差平面を横断していることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector the needle support, characterized in that across the cross-plane.
  31. 請求項30記載のニードルプロテクタにおいて、 In the needle protector of claim 30,
    前記ニードル支持体が、前記ハウジングに対して固定された突起上に形成されていることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector said needle support, characterized in that it is formed on the fixed projection relative to the housing.
  32. 請求項30または31記載のニードルプロテクタにおいて、 In the needle protector according to claim 30 or 31, wherein,
    前記ニードル支持体が、前記ニードルシャフトの一部をスライド的に受領し得るようなサイズとされた座を備えていることを特徴とするニードルプロテクタ。 The needle protector needle cage, characterized in that it comprises a part sliding manner is sized to be received seat of the needle shaft.
  33. 請求項3032のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 30-32,
    前記ニードル支持体と前記クリップの前記第2壁とが、前記クリップの前記第1状態においては、前記交差平面に関して互いに反対側に配置されていることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector and the second wall of the clip and the needle support is in the first state of the clip, characterized in that it is disposed to opposite sides of the intersection plane.
  34. 請求項2533のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 25-33,
    前記クリップの前記第2壁の前記部分が、スタイラスを形成していることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector, characterized in that the said portion of the second wall of the clip forms a stylus.
  35. 請求項2534のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 25-34,
    前記クリップの前記第2壁が、前記クリップの前記第2状態においては前記ニードル先端を閉じ込め得るよう構成されたリップを備えていることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector and the second wall of the clip, in the second state of the clip, characterized in that it comprises a lip configured to confine the needle tip.
  36. 請求項2535のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 25-35,
    前記ストラットが、前記第1壁に対して90°未満という形成角度でもって前記クリップの前記第1壁から延出されていることを特徴とするニードルプロテクタ。 It said struts, needle protector, characterized in that with the above formed angle of less than 90 ° relative to the first wall is extended from the first wall of the clip.
  37. 請求項2536のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 25-36,
    前記ストラットの前記エッジが、内方エッジであることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector characterized in that the edge of the strut, a inner edge.
  38. 請求項2537のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 25-37,
    前記クリップが、さらに、前記第1壁と前記第2壁とを連結する第2ストラットを備え、 Said clip further comprises a second strut connecting the first wall and the second wall,
    前記スプリング部材が、前記第2ストラットのエッジを超えて延在していることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector the spring member, characterized in that it extends beyond the edge of the second strut.
  39. 請求項38記載のニードルプロテクタにおいて、 In the needle protector according to claim 38,
    前記2つのストラットのエッジどうしが協働することにより、それらエッジどうしの間に開口を形成しており、 By working edge each other are together of the two struts, forms an opening therebetween edges to each other,
    前記スプリング部材が、その開口を超えて延在していることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector the spring member, characterized in that it extends beyond the opening.
  40. 請求項2539のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 25-39,
    前記スプリング部材が、前記クリップの前記第1壁に対して動作可能に関連する第1端部を備えていることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector the spring member, characterized in that it comprises a first end operatively associated to said first wall of said clip.
  41. 請求項2540のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In needle protector of any one of claims 25-40,
    さらに、棚を具備し、 In addition, equipped with a shelf,
    前記クリップが、さらに、ヒールを備え、 Said clip further comprises a heel,
    前記第1壁と前記ヒールとが、前記ストラットに関して互いに反対側に配置され、 The first wall and heel being disposed to opposite sides of the strut,
    前記クリップの前記第1状態においては、前記ヒールが、前記棚に対して当接しており、 Wherein in the first state of the clip, the heel abuts against the shelf,
    前記クリップが前記第1状態から前記第2状態へと移行する際には、前記ヒールが、前記棚まわりに回転するようになっていることを特徴とするニードルプロテクタ。 Wherein the clip from the first state in the transition to the second state, the needle protector said heel, characterized in that the are adapted to rotate around the shelf.
  42. 請求項2541のいずれか1項に記載のニードルプロテクタにおいて、 In the needle protector according to any one of claims 25 to 41
    前記クリップの前記第1壁が、前記クリップの前記第1状態においては中心を超えて傾斜していることを特徴とするニードルプロテクタ。 Needle protector said first wall of said clip, characterized in that inclined beyond the center in the first state of the clip.
JP2008526009A 2005-08-08 2006-06-28 Needle guard mechanism having a spring member extending beyond the side edges of strut Active JP5038308B2 (en)

Priority Applications (21)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US11161541 US20070073221A1 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard mechanism with leaf spring
US11161554 US7632243B2 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Duckbill catheter release mechanism
US11161552 US7597681B2 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard mechanism with shroud
US11/161,551 2005-08-08
US11161547 US20070038183A1 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard clip with stylus
US11161543 US8162881B2 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard mechanism with angled strut wall
US11/161,549 2005-08-08
US11161553 US20070038187A1 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard mechanism with anti-rotation feature
US11161548 US8403886B2 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard clip with lip
US11/161,543 2005-08-08
US11/161,546 2005-08-08
US11161546 US20070038182A1 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard mechanism with needle support
US11161551 US7753877B2 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard strut wall clip
US11161549 US8251950B2 (en) 2005-08-08 2005-08-08 Needle guard clip with heel
US11/161,541 2005-08-08
US11/161,547 2005-08-08
US11/161,553 2005-08-08
US11/161,548 2005-08-08
US11/161,552 2005-08-08
US11/161,554 2005-08-08
PCT/US2006/025530 WO2007018824A3 (en) 2005-08-08 2006-06-28 Needle guard mechanisms

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009504242A true JP2009504242A (en) 2009-02-05
JP5038308B2 true JP5038308B2 (en) 2012-10-03

Family

ID=40403921

Family Applications (7)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008526009A Active JP5038308B2 (en) 2005-08-08 2006-06-28 Needle guard mechanism having a spring member extending beyond the side edges of strut
JP2011268830A Pending JP2012045434A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard mechanism having inclined strut
JP2011268835A Pending JP2012071170A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Duckbill and needle guard mechanism with equally treated releasing force of duckbill release mechanism
JP2011268832A Active JP5259810B2 (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard clip having a heel
JP2011268834A Pending JP2012045438A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard mechanism having shroud
JP2011268831A Pending JP2012045435A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard clip having clip subjected to coining processing
JP2011268833A Pending JP2012045437A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard clip equipped with strut having opening

Family Applications After (6)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011268830A Pending JP2012045434A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard mechanism having inclined strut
JP2011268835A Pending JP2012071170A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Duckbill and needle guard mechanism with equally treated releasing force of duckbill release mechanism
JP2011268832A Active JP5259810B2 (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard clip having a heel
JP2011268834A Pending JP2012045438A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard mechanism having shroud
JP2011268831A Pending JP2012045435A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard clip having clip subjected to coining processing
JP2011268833A Pending JP2012045437A (en) 2005-08-08 2011-12-08 Needle guard clip equipped with strut having opening

Country Status (1)

Country Link
JP (7) JP5038308B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102009020061A1 (en) * 2009-05-06 2010-11-11 B. Braun Melsungen Ag Needle protection device for a medical hollow needle
JP6144936B2 (en) * 2013-03-19 2017-06-07 三菱鉛筆株式会社 Puncture tool

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5344408A (en) * 1993-08-06 1994-09-06 Becton, Dickinson And Company Break-away safety shield for needle cannula
US5882337A (en) * 1995-06-07 1999-03-16 Johnson & Johnson Medical, Inc. Tip protection device
US5584810A (en) * 1995-07-11 1996-12-17 Becton Dickinson And Company Needle point guard assembly
US5830190A (en) * 1996-06-11 1998-11-03 Becton Dickinson And Company Protected needle catheter placement device having needle placement visualization features and method for its use
DE20104539U1 (en) * 2000-08-14 2001-12-20 Braun Melsungen Ag Intravenous catheter device
US6280419B1 (en) * 1999-08-09 2001-08-28 Arrow International, Inc. Hypodermic needle guard
US6210373B1 (en) * 1999-12-30 2001-04-03 Ethicon, Inc. Needle safety cover
JP2002028246A (en) * 2000-07-13 2002-01-29 Mitsubishi Pencil Co Ltd Safety device for intravenous cannula
US7458954B2 (en) * 2002-11-07 2008-12-02 Specialized Health Products, Inc. Safety shield for medical needles
US7413562B2 (en) * 2001-03-15 2008-08-19 Specialized Health Products, Inc. Safety shield for medical needles
JP2004073403A (en) * 2002-08-14 2004-03-11 Terumo Corp Indwelling needle assembly
JP2004113394A (en) * 2002-09-25 2004-04-15 Terumo Corp Protector

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2012045436A (en) 2012-03-08 application
JP2012045434A (en) 2012-03-08 application
JP5259810B2 (en) 2013-08-07 grant
JP2012045438A (en) 2012-03-08 application
JP2009504242A (en) 2009-02-05 application
JP2012045435A (en) 2012-03-08 application
JP2012071170A (en) 2012-04-12 application
JP2012045437A (en) 2012-03-08 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6916311B2 (en) Hypodermic needle guard
US6969376B2 (en) Safety indwelling needle
US20080103453A1 (en) Medical Needle Safety Devices
EP2016963A1 (en) Needle safety device
US20050080378A1 (en) Method and apparatus for shielding the tip of a catheter introducer needle
US5279591A (en) Protector for needle catheter
US7428773B2 (en) Method for making a safety shield assembly and related combinations thereof
US7347838B2 (en) Needle tip protector
US20020065488A1 (en) Needlepoint-covering member, method of assembling an injection needle with a needlepoint-covering member, and injection syringe with a needlepoint-covering member
US6585704B2 (en) Method of retaining a tip protector on a needle with a curved tip
US6648855B2 (en) Safety needle assembly
EP0281421A2 (en) Assembly of needle and protector
US7988664B2 (en) Locking clip with trigger bushing
US6749588B1 (en) Catheter and introducer needle assembly with needle shield
US20110257603A1 (en) Safety pen needle assembly having shielding for patient and non-patient ends
WO2008014908A1 (en) Needle tip protector housing positioned inside a catheter hub
WO1993005840A2 (en) Catheter placement units
US6780169B2 (en) Safety shield assembly
US7935080B2 (en) Catheter and introducer needle assembly with needle shield
US7651476B2 (en) Protective clips
WO2002045786A2 (en) Catheter and introducer needle assembly with needle shield
US7931622B2 (en) Tip protector for cannula, trocar and/or cannula trocar combination
US20120035552A1 (en) Needle safety device and assembly
JP2002248168A (en) Placed needle constructed body
JPH0999073A (en) Intravenous catheter assembly with automatic cannula tip guard

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090604

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090604

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110830

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20111130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111207

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20111207

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120619

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120705

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150713

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250