JP4862915B2 - Tape cassette - Google Patents

Tape cassette Download PDF

Info

Publication number
JP4862915B2
JP4862915B2 JP2009086201A JP2009086201A JP4862915B2 JP 4862915 B2 JP4862915 B2 JP 4862915B2 JP 2009086201 A JP2009086201 A JP 2009086201A JP 2009086201 A JP2009086201 A JP 2009086201A JP 4862915 B2 JP4862915 B2 JP 4862915B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
tape
cassette
shaft
tape cassette
opening
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009086201A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010234697A (en )
Inventor
朗 佐郷
晃志郎 山口
Original Assignee
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、テープ印字装置に着脱自在なテープカセットに関する。 The present invention relates to a freely tape cassette attachment to a tape printer.

従来、テープ印字装置のカセット装着部に箱状のテープカセットが装着される場合、上方に開口するカセット装着部に対してテープカセットの平面部(つまり、上下面)が一致するように垂直に嵌め込まれる。 Conventionally, when the cassette mounting portion a box-like tape cassette of the tape printer is attached, the planar portion of the tape cassette relative to the cassette mount opening upward (i.e., upper and lower surfaces) fitted vertically so match It is. より具体的には、所定高さの側面を有する直方体状のテープカセットでは、ユーザが側面部を指で挟持しながら、その平面部を略水平に維持しつつカセット装着部に垂直に嵌め込んでいる(例えば、特許文献1参照)。 More specifically, predetermined by the height side rectangular tape cassette having a, while the user is pinched side portion with a finger, is fitted vertically in the cassette housing portion while maintaining the flat portion substantially horizontally are (e.g., see Patent Document 1).

特許第3543659号公報 Patent No. 3543659 Publication

しかしながら、テープカセットの内部に収納されたテープやインクリボンなどの配設位置によっては、テープカセットの装着時にその平面部を略水平に維持することが困難となり、テープカセットが傾斜した状態でカセット装着部に嵌め込まれることがある。 However, depending on the arrangement position of such as a tape or an ink ribbon housed inside of the tape cassette, it is difficult to maintain the flat portion when mounting the tape cassette substantially horizontally, the cassette housing in a state where the tape cassette is inclined it may be fitted to the part. テープ印字装置では、このように傾斜したテープカセットが装着された状態で印字が行われると、テープやインクリボンの走行不良や印字ヘッドでの印字不良が発生するおそれがあった。 In the tape printing apparatus, when thus inclined printing in a state where the tape cassette is mounted is performed, printing defects in the tape or ink running defects and printhead ribbon may occur.

本発明は、上記課題を解決するためになされたものであり、テープ印字装置に対して正確かつスムーズに着脱可能なテープカセットを提供することにある。 The present invention has been made to solve the above problems, it is to provide a tape cassette detachable accurately and smoothly with respect to the tape printer.

上記課題を解決するために、請求項1に係る発明のテープカセットは、対向配置された矩形状の平面をなす一対の壁面と、前記一対の壁面の周縁部に沿って所定高さで形成された側壁とを有する箱状のカセットケースと、前記一対の壁面の少なくとも一方における一の角部に設けられた第1開口部と、前記一対の壁面の少なくとも一方における前記一の角部の対角上に位置する他の角部に設けられ、テープ印字装置への装着を案内する案内軸を挿入可能な第2開口部と、前記第1開口部と前記第2開口部とを結ぶ線上に位置するように前記カセットケースの内部に収納され、印字媒体であるテープが巻回されたテープロールとを備えている。 In order to solve the above problem, the tape cassette of the invention according to claim 1 includes a pair of wall surfaces forming the oppositely disposed rectangular plane is formed at a predetermined height along the periphery of said pair of wall surfaces and a box-shaped cassette case having a side wall, at least one a first opening portion provided on one of the corners of the diagonal of the one corner portion of at least one of the pair of wall surfaces of the pair of wall surfaces provided other corner portion located above a position on a line connecting the second opening can be inserted a guide shaft for guiding the mounting of the tape printing apparatus, and said first opening and said second opening housed inside the cassette case so as to, and a tape roll tape is wound is the print medium.

請求項2に係る発明のテープカセットは、請求項1に記載の発明の構成に加えて、前記一対の壁面間に回転自在に設けられ、前記テープロールから前記テープを引き出す筒状のテープ送りローラを備え、前記テープ送りローラは、前記テープ送りローラを回転自在に支持するローラ支持軸が挿嵌される挿嵌孔を有しており、前記第1開口部は、前記テープ送りローラの挿嵌孔を臨むことを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 2, in addition to the configuration of the invention according to claim 1, wherein the rotatably mounted between a pair of wall surfaces, cylindrical feeding roller to draw the tape from the tape roll wherein the tape feed roller has a fitted hole that the roller supporting shaft for rotatably supporting the tape feed roller is inserted, the first opening, inserting the tape feed roller wherein the facing holes.

請求項3に係る発明のテープカセットは、請求項1または2に記載の発明の構成に加えて、前記テープロールから引き出されて印字が施された前記テープに貼り合わせられる両面粘着テープが巻回された粘着テープロールと、前記テープへの印字に使用されるインクリボンが巻回されたリボンロールと、前記リボンロールから引き出されて印字に使用された前記インクリボンを巻き取るリボン巻取スプールとを備え、前記粘着テープロールは、前記第1開口部と前記第2開口部とを結ぶ線を基準として前記カセットケースが分けられる2つの領域のうちの第1領域に、前記粘着テープロールの重心が位置するように前記カセットケースの内部に収納され、前記リボンロールは、前記2つの領域のうちの前記第1領域とは異なる第2領域に、前 The tape cassette of the invention according to claim 3, in addition to the configuration of the invention according to claim 1 or 2, wherein the double-sided adhesive tape printing pulled out from the tape roll is bonded to the tape has been subjected to winding an adhesive tape roll which is a ribbon roll the ink ribbon is wound to be used for printing on the tape, and the ribbon take-up spool for taking up the ink ribbon used in printing is drawn from the ribbon roll wherein the adhesive tape roll, in the first region of the two regions in which the cassette case is divided into first line connecting the opening and the second opening as a reference, the center of gravity of the adhesive tape roll There is accommodated inside the cassette case so as to be positioned, the ribbon roll, the different second regions and two said first region of the region, before リボンロールの重心が位置するように前記カセットケースの内部に収納され、前記リボン巻取スプールは、前記第2領域に前記リボン巻取スプールの重心が位置するように前記カセットケースの内部に設けられ、かつ、前記カセットケースに回転自在に支持されることを特徴とする。 The center of gravity of the ribbon roll is accommodated inside the cassette case so as to be positioned, the ribbon take-up spool is provided inside of the cassette case as the center of gravity of the ribbon take-up spool in said second region is located and characterized in that it is rotatably supported by the cassette case.

請求項4に係る発明のテープカセットは、請求項1または2に記載の発明の構成に加えて、前記第1開口部と前記第2開口部とを結ぶ線を基準として前記カセットケースが分けられる2つの領域のうちの第1領域に位置するように前記カセットケースの内部に収納され、前記テープロールから引き出されて印字が施された前記テープに貼り合わせられる両面粘着テープが巻回中心に孔を有するように巻回される粘着テープロールと、前記一対の壁面の少なくとも一方に設けられ、前記粘着テープロールの孔を臨む第3開口部とを備えたことを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 4, in addition to the configuration of the invention according to claim 1 or 2, wherein the cassette case is divided based on the line connecting the second opening and the first opening housed inside the cassette case so as to be positioned in a first region of two regions, the double-sided adhesive tape hole in the winding center of the print is pulled out from the tape roll is bonded to the tape which has been subjected an adhesive tape roll being wound to have, on at least one of the pair of wall surfaces, characterized in that a third opening facing the holes of the adhesive tape roll.

請求項5に係る発明のテープカセットは、請求項1乃至4のいずれかに記載の発明の構成に加えて、前記第1開口部および前記第2開口部は、前記一対の壁面のうちで、前記テープカセットの装着時に前記テープ印字装置に対向する第1壁面に設けられたことを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 5, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 4, wherein the first opening and the second opening, at one of the pair of wall surfaces, characterized in that provided in the first wall that faces the tape printing apparatus when mounting the tape cassette.

請求項6に係る発明のテープカセットは、請求項5に記載の発明の構成に加えて、前記第1開口部および前記第2開口部の少なくとも一つは、前記テープカセットの着脱方向に前記一対の壁面に対向して設けられた貫通孔であることを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 6, in addition to the structure of the invention according to claim 5, wherein said at least one first opening and said second opening, said pair of detaching direction of said tape cassette characterized in that it is a through hole provided to face the wall.

請求項7に係る発明のテープカセットは、請求項5に記載の発明の構成に加えて、前記第1開口部および前記第2開口部の少なくとも一つは、前記第1壁面に設けられた孔から前記テープカセットの着脱方向に前記カセットケースの内部に向けて延設される凹部であることを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 7, in addition to the structure of the invention according to claim 5, wherein said at least one first opening and the second opening holes formed in the first wall toward the inside of the cassette case in the detaching direction of the tape cassette from, characterized in that a recess extends.

請求項8に係る発明のテープカセットは、請求項1乃至7のいずれかに記載の発明の構成に加えて、前記第2開口部は、前記第2開口部に対応して前記テープ印字装置に設けられた前記案内軸が挿入された場合に、前記案内軸の側面の少なくとも一部と緊密に係止される開口幅を有する長孔であることを特徴とする。 Tape cassette according to the invention of claim 8, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 7, wherein the second opening, the tape printing device in response to the second opening when the guide shaft provided has been inserted, characterized in that it is a long hole having at least a portion and tightly locked by the opening width of the side surface of the guide shaft.

請求項1に係る発明のテープカセットによれば、カセットケースにおける対角位置に第1開口部および第2開口部が設けられる。 According to the tape cassette of the invention according to claim 1, the first opening and the second opening is provided in diagonal positions in the cassette case. カセットケースの内部には、印字媒体であるテープが巻回されたテープロールが、第1開口部と第2開口部とを結ぶ線上に位置するよう収納される。 Inside the cassette case, a tape roll is print media tape is wound is housed to be positioned on a line connecting the first opening and the second opening. 従って、カセットケース内に重量物であるテープロールを収納されていても、テープロールの重心位置がカセットケースの対角位置を結ぶ線上に位置しているため、テープカセットの重量バランスの偏りを抑制することができる。 Therefore, be housed tape roll is heavy in the cassette case, since the center of gravity of the tape roll is positioned on a line connecting the diagonal positions of the cassette case, suppress the deviation of the weight balance of the tape cassette can do. また、少なくとも第2開口部に挿入される案内軸に沿って、テープカセットをテープ印字装置に対してスムーズに着脱することができる。 Also, along the guide shaft which is inserted into at least the second opening, it can be attached to and detached from a smooth tape cassette to the tape printing apparatus. さらに、2つの開口部のそれぞれに挿入される2つの案内軸に沿ってテープカセットを着脱する場合は、テープ印字装置に対する着脱をより正確に行うことができる。 Further, when attaching and detaching the tape cassette along the two guide shafts are inserted into each of the two openings, it can be attached and detached to the tape printing apparatus more accurately.

請求項2に係る発明のテープカセットによれば、第1開口部はテープ送りローラの挿嵌孔を臨む位置に設けられる。 According to the tape cassette of the invention according to claim 2, the first opening is provided at a position facing the inserting hole of the tape feed roller. これによれば、第1開口部に挿入される案内軸を、テープ送りローラを回転駆動させるローラ支持軸とすることができる。 According to this, a guide shaft which is inserted into the first opening portion may be a roller support shaft rotationally driving the tape feed roller. 従って、請求項1に係る発明の効果に加えて、テープ走行や印字品質の大きいテープ送りローラおよびその近傍を、ローラ支持軸に沿って正確に案内および位置決めすることができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 1, the greater the feeding roller and its vicinity of the tape traveling and the printing quality can be accurately guided and positioned along the roller support shaft. また、第1開口部に挿入される案内軸を別途設ける必要がなく、テープ印字装置側の構成を簡素化することができる。 Further, there is no need to provide a guide shaft that is inserted into the first opening without separately, to simplify the configuration of the tape printer side.

請求項3に係る発明のテープカセットによれば、第1開口部と第2開口部とを結ぶ線を基準としてカセットケースが分けられる2つの領域のうち、テープロールの重心が第1領域に位置する一方、インクリボンが巻回されたリボンロールおよびインクリボンを巻き取るリボン巻取スプールの各重心が第2領域に位置する。 According to the tape cassette of the invention according to claim 3, of the two regions cassette case is divided into a line connecting the first opening and the second opening as a reference, the center of gravity of the tape roll is positioned in the first region to one, the center of gravity of the ribbon take-up spool for winding the ribbon roll and the ink ribbon ink ribbon is wound are positioned in the second region. 従って、請求項1または2に係る発明の効果に加えて、重量物であるテープロールをリボンロールおよびリボン巻取スプールとは異なる領域に分散配置することで、第1領域と第2領域との重量差を小さくしてテープカセットの重量バランスの偏りを抑制することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 1 or 2, by a tape roll is heavy, distributing to a region different from the ribbon roll and the ribbon take-up spool, the first region and the second region it is possible to suppress the deviation of the weight balance of the tape cassette by reducing the weight difference.

請求項4に係る発明のテープカセットによれば、第1開口部と第2開口部とを結ぶ線を基準としてカセットケースが分けられる2つの領域のうち、両面粘着テープが巻回された粘着テープロールが第1領域に位置する。 According to the tape cassette of the invention according to claim 4, of the two regions cassette case is divided into a line connecting the first opening and the second opening as a reference, an adhesive tape double-sided adhesive tape is wound roll is positioned in the first region. 粘着テープロールの巻回中心に設けられた孔を臨む位置に、第3開口部が設けられる。 At a position facing the hole provided in the winding center of the adhesive tape roll, the third opening is provided. 従って、請求項1または2に係る発明の効果に加えて、重量物である粘着テープロールが収納された第1領域の重量が大きくても、粘着テープロールの重心位置に設けられた第3開口部によって、テープカセットの重量バランスの偏りを抑制することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 1 or 2, even if the first region increases the weight of the adhesive tape roll which is a heavy object is housed, a third opening provided in the center of gravity position of the adhesive tape roll the parts, it is possible to suppress the deviation of the weight balance of the tape cassette. さらに、3つの開口部のそれぞれに挿入される3つの案内軸に沿ってテープカセットを着脱する場合は、テープ印字装置に対する着脱をより正確に行うことができる。 Further, when attaching and detaching the tape cassette along the three guide shafts are inserted into each of the three openings can be attached and detached to the tape printing apparatus more accurately.

請求項5に係る発明のテープカセットによれば、第1開口部および第2開口部の少なくとも一つは、テープカセットの装着時にテープ印字装置に対向する第1壁面に設けられている。 According to the tape cassette of the invention according to claim 5, at least one first opening and the second opening is provided on the first wall surface which faces the tape printing apparatus when mounting the tape cassette. 従って、請求項1乃至4のいずれかに係る発明の効果に加えて、テープカセットの装着時に、テープカセットの第1開口部および第2開口部の少なくとも一つに、それぞれ対応する案内軸を挿入させることができる。 Therefore, insertion in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 4, when mounting the tape cassette, the at least one first opening and the second opening of the tape cassette, the guide shaft corresponding it can be.

請求項6に係る発明のテープカセットによれば、第1開口部および第2開口部の少なくとも一つは、一対の壁面に対向して設けられた貫通孔である。 According to the tape cassette of the invention according to claim 6, at least one first opening and the second opening is a through hole provided so as to face the pair of wall surfaces. 従って、請求項5に係る発明の効果に加えて、第1開口部および第2開口部の少なくとも一つを簡易に形成することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 5, to form at least one first opening and the second opening easily. また、第1開口部および第2開口部の少なくとも一つに挿入される案内軸の軸長に左右されることなく、その案内軸に沿ってテープカセットをスムーズに案内することができる。 Further, Without being influenced by the axial length of the guide shaft which is inserted into at least one first opening and the second opening, it is possible to guide the tape cassette smoothly along the guide shaft.

請求項7に係る発明のテープカセットによれば、第1開口部および第2開口部の少なくとも一つは、カセットケースの内部に向けて延設される凹部である。 According to the tape cassette of the invention according to claim 7, at least one first opening and the second opening is a recess which extends towards the interior of the cassette case. 従って、請求項5に係る発明の効果に加えて、第1開口部および第2開口部の少なくとも一つに挿入される案内軸は、各開口部の内壁によって周方向への移動が規制されるため、この案内軸に沿ってテープカセットを正確且つスムーズに案内することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 5, the guide shaft which is inserted into at least one first opening and the second opening, the movement is restricted in the circumferential direction by the inner wall of each opening Therefore, it is possible to guide the accurate and smooth the tape cassette along the guide shaft.

請求項8に係る発明のテープカセットによれば、第2開口部は、その内部に挿入された案内軸の側面の少なくとも一部と緊密に係止される開口幅を有する長孔である。 According to the tape cassette of the invention according to claim 8, the second opening is an elongated hole having at least a portion and tightly locked by the opening width of the side surface of the guide shaft inserted therein. 従って、請求項1乃至7のいずれかに係る発明の効果に加えて、テープ印字装置がテープカセットに装着されると、第2開口部が案内軸と緊密に係止される方向についてテープカセットを位置決めすることができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 7, when the tape printer is attached to the tape cassette, the direction in which the second opening is locked tightly engaged with the guide shaft of the tape cassette it can be positioned.

カセットカバー6が閉じた状態にあるテープ印字装置1の斜視図である。 It is a perspective view of a tape printer 1 when a cassette cover 6 is closed. 第1の実施形態における、カセットカバー6が開いた状態にあるテープ印字装置1の斜視図である。 In the first embodiment, a perspective view of a tape printer 1 when a cassette cover 6 is opened. 第1の実施形態における、テープカセット30およびカセット装着部8を説明するための斜視図である。 In the first embodiment, it is a perspective view for illustrating a tape cassette 30 and a cassette housing portion 8. 第1の実施形態における、カセット装着部8の平面図である。 In the first embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8. 第1の実施形態における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In the first embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. 第1の実施形態における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In the first embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. テープカセット30とプラテンホルダ12とが対向配置された状態を説明するための側面断面図である。 It is a side cross-sectional view for explaining a state where the tape cassette 30 and the platen holder 12 is opposed. テープカセット30の平面図である。 It is a plan view of the tape cassette 30. テープカセット30の底面図である。 It is a bottom view of the tape cassette 30. 第1テープ支持孔65および第1テープスプール40を中心としたテープカセット30の正面断面図である。 It is a front sectional view of the tape cassette 30 around the first tape support hole 65 and the first tape spool 40. 巻取支持孔67およびリボン巻取スプール44を中心としたテープカセット30の正面断面図である。 It is a front sectional view of the tape cassette 30 around the take-up support hole 67 and the ribbon take-up spool 44. ローラ支持孔64およびテープ送りローラ46の分解斜視図である。 It is an exploded perspective view of the roller support hole 64 and the tape feed roller 46. ガイド孔47を中心としたテープカセット30の側面断面図である。 The guide hole 47 is a side cross-sectional view of the tape cassette 30 around the. 第1の実施形態における、カセット装着部8に対するテープカセット30の装着過程を示す右側面図である。 In the first embodiment, it is a right side view showing the mounting process of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8. 第1の実施形態における、カセット装着部8に対するテープカセット30の装着過程を示す右側面図である。 In the first embodiment, it is a right side view showing the mounting process of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8. 第1の実施形態における、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 In the first embodiment, it is a right side view showing a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8. テープ駆動軸100がテープ送りローラ46に挿入された状態を示す正面断面図である。 Tape drive shaft 100 is a front sectional view showing a state of being inserted into the feeding roller 46. リボン巻取軸95がリボン巻取スプール44に挿入された状態を示す正面断面図である。 Ribbon take-up shaft 95 is a front sectional view showing a state of being inserted into the ribbon take-up spool 44. 第1の実施形態の別例における、カセット装着部8の平面図である。 In another example of the first embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8. 第1の実施形態の別例における、テープカセット30の平面図である。 In another example of the first embodiment and is a plan view of the tape cassette 30. 第1の実施形態の別例における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In another example of the first embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. 第1の実施形態の別例における、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 In another example of the first embodiment, it is a right side view showing a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8. 第1の実施形態の別例における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の第1テープ支持孔65を中心に拡大した平面図である。 In another example of the first embodiment and is a plan view a tape cassette 30 is expanded around the first tape support hole 65 of the cassette housing portion 8 attached. 第2の実施形態における、テープカセット30およびカセット装着部8を説明するための斜視図である。 In the second embodiment, a perspective view for illustrating a tape cassette 30 and a cassette housing portion 8. 第2の実施形態における、カセット装着部8の平面図である。 In the second embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8. 第2の実施形態における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In the second embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. 第2の実施形態における、カセット装着部8に対するテープカセット30の装着過程を示す右側面図である。 In the second embodiment, a right side view showing the mounting process of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8. 第2の実施形態における、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 In the second embodiment, a right side view showing a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8. 第2の実施形態の別例における、カセット装着部8の平面図である。 In another example of the second embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8. 第2の実施形態の別例における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In another example of the second embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. 第2の実施形態の別例における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In another example of the second embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. 第3の実施形態における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In the third embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. 第3の実施形態の別例における、テープカセット30の平面図である。 In another example of the third embodiment is a plan view of the tape cassette 30. 第3の実施形態の別例における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In another example of the third embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. 第3の実施形態の別例における、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 In another example of the third embodiment is a right side view showing a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8. 第4の実施形態における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In the fourth embodiment and is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. 第4の実施形態における、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 In the fourth embodiment, it is a right side view showing a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8. 第1の変形例における、テープカセット30およびカセット装着部8を説明するための斜視図である。 In the first modification is a perspective view for illustrating a tape cassette 30 and a cassette housing portion 8. 第1の変形例における、カセット装着部8の平面図である。 In the first modification is a plan view of the cassette housing portion 8. 第1の変形例における、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 In the first modification, a right side view showing a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8. 第1の変形例における、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 In the first modification, a right side view showing a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8. 第2の変形例における、テープカセット30およびカセット装着部8を説明するための斜視図である。 In the second modification is a perspective view for illustrating a tape cassette 30 and a cassette housing portion 8. 第2の変形例における、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 In the second modification, a right side view showing a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8. 第3の変形例における、テープカセット30およびカセット装着部8を説明するための斜視図である。 In the third modification is a perspective view for illustrating a tape cassette 30 and a cassette housing portion 8. 第4の変形例における、テープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 In the fourth modification is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is installed. ガイド孔47の変形例を示すテープカセット30の平面図である。 Modification of the guide hole 47 is a plan view of the tape cassette 30 showing a. ガイド孔47の変形例を示すテープカセット30の平面図である。 Modification of the guide hole 47 is a plan view of the tape cassette 30 showing a. ガイド孔47の変形例を示すテープカセット30の平面図である。 Modification of the guide hole 47 is a plan view of the tape cassette 30 showing a. ガイド孔47の変形例を示すテープカセット30の右側面を拡大した斜視図である。 It is an enlarged perspective view of the right side of the tape cassette 30 illustrating a modification of the guide hole 47. 図49に示すテープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 The tape cassette 30 shown in FIG. 49 is a right side view showing a state in which it is installed in the cassette housing portion 8. ガイド孔47の変形例を示すテープカセット30の平面図である。 Modification of the guide hole 47 is a plan view of the tape cassette 30 showing a. ガイド孔47の変形例を示すテープカセット30の平面図である。 Modification of the guide hole 47 is a plan view of the tape cassette 30 showing a. ガイド孔47の変形例を示すテープカセット30の平面図である。 Modification of the guide hole 47 is a plan view of the tape cassette 30 showing a. ガイド孔47の変形例を示すテープカセット30の右側面を拡大した斜視図である。 It is an enlarged perspective view of the right side of the tape cassette 30 illustrating a modification of the guide hole 47. 図54に示すテープカセット30がカセット装着部8に装着された状態を示す右側面図である。 The tape cassette 30 shown in FIG. 54 is a right side view showing a state in which it is installed in the cassette housing portion 8. 変形例における第1テープ支持孔65および第1テープスプール40を中心としたテープカセット30の正面断面図である。 A first tape support hole 65 and the first tape spool 40 in a modified example is a front sectional view of the tape cassette 30, centered. テープカセット30が展示された状態を例示する右側面図である。 It is a right side view illustrating a state where the tape cassette 30 is exhibited.

以下、本発明を具体化した実施の形態について、図面を参照して説明する。 Hereinafter, embodiments embodying the present invention will be described with reference to the drawings. なお、参照する図面は、本発明が採用しうる技術的特徴を説明するために用いられるものであり、記載されている装置の構成、各種処理のフローチャートなどは、特に特定的な記載がない限り、それのみに限定する趣旨ではなく、単なる説明例である。 The drawings to be referred to are those used to explain technological features that the present invention may adopt a configuration of the devices described, such as the flow chart of the various processes, unless otherwise specifically noted rather than limit the present disclosure to only those are merely illustrative examples.

なお、以下の説明では、図1の左下側をテープ印字装置1の前側とし、図1の右上側をテープ印字装置1の後側とし、図1の右下側をテープ印字装置1の右側とし、図1の左上側をテープ印字装置1の左側とし、図1の上側をテープ印字装置1の上側とし、図1の下側をテープ印字装置1の下側とする。 In the following description, the lower left side of FIG. 1 as a front side of the tape printer 1, the upper right side of FIG. 1 and the rear side of the tape printer 1, the lower right side of FIG. 1 and the right side of the tape printer 1 the upper left side of FIG. 1 with the left side of the tape printer 1, the upper side of FIG. 1 with the upper of the tape printer 1, the lower side of FIG. 1 and the lower side of the tape printer 1. また、図3の右下側をテープカセット30の前側とし、図3の左上側をテープカセット30の後側とし、図3の右上側をテープカセット30の右側とし、図3の左下側をテープカセット30の左側とし、図3の上側をテープカセット30の上側とし、図3の下側をテープカセット30の下側とする(図24、図38、図42、図44も同様)。 In addition, the lower right side of FIG. 3 and the front side of the tape cassette 30, the upper left side of FIG. 3 and the rear side of the tape cassette 30, the upper right side of FIG. 3 to the right side of the tape cassette 30, tape the lower left side of FIG. 3 and left cassette 30, the upper side in FIG. 3 and the upper side of the tape cassette 30, the lower side of FIG. 3, the lower side of the tape cassette 30 (FIG. 24, FIG. 38, FIG. 42, FIG. 44 as well).

なお、実際には、図3に示されているギヤ91、93、94、97、98、101を含むギヤ群は、凹陥部8aの底面により覆い隠されているが、これらのギヤ群を説明する必要上、図3には凹陥部8aの底面は図示されていない(図24、図38、図42、図44も同様)。 In practice, gears comprising gear 91,93,94,97,98,101 shown in FIG. 3 are covered by the bottom surface of the recessed portion 8a, explain these gears on needs to be, the bottom surface of the recessed portion 8a in FIG. 3 are not shown (Figure 24, Figure 38, Figure 42, Figure 44 is similar). また、図3では、カセット装着部8の周囲を形成する側壁が図示されているが、これはあくまでも模式図であって図中に示す側壁は実際よりも厚く描かれている(図24も同様)。 Further, in FIG. 3, but the side walls forming the periphery of the cassette housing portion 8 are shown, this side wall shown in figure is merely schematic diagram is illustrated thicker than an actual (Figure 24 similarly ). 一方、図38では、理解を容易にするために、カセット装着部8の周囲を形成する側壁を取り除いて図示している(図42、図44も同様)。 On the other hand, in FIG. 38, (similar Figure 42, also FIG. 44) in order to facilitate understanding, it is shown to remove the side walls forming the periphery of the cassette housing portion 8. また、図5および図6では、カセット装着部8にテープカセット30が装着された状態を、上ケース31aを取り除いて示している(図21、図26、図30、図31、図32、図34、図36、図45も同様)。 Further, in FIGS. 5 and 6, a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is shown to remove the upper case 31a (FIG. 21, 26, 30, 31, 32, FIG. 34, FIGS. 36 and 45 as well).

<第1の実施形態> <First embodiment>
図1〜図23を参照して、第1の実施形態に係るテープ印字装置1およびテープカセット30について説明する。 Referring to FIGS. 1 to 23, it will be described tape printer 1 and a tape cassette 30 according to the first embodiment. 第1の実施形態では、テープカセット30が一の印字媒体(具体的には、感熱紙テープ)を収納するとともに、テープ印字装置1への着脱を案内するための3つの案内孔を有する場合を例示する。 In the first embodiment, exemplifying a case the tape cassette 30 (specifically, heat-sensitive paper tape) one printing medium as well as accommodating, with three guide holes for guiding the attachment and detachment of the tape printer 1 to. また、テープ印字装置1が上記の3つの案内孔に対応して、テープカセット30を適正な装着位置(以下、適正位置)に案内する3つの案内軸を有する場合を例示する。 Further, the tape printer 1 in response to three of the guide hole described above illustrate a case with three guide shafts for guiding the tape cassette 30 proper mounting position (hereinafter, proper position).

はじめに、第1の実施形態に係るテープ印字装置1の概略構成について説明する。 First, the outline configuration of the tape printer 1 according to the first embodiment. 以下では、感熱紙テープのみが収納されたサーマルタイプのテープカセット30、印字テープとインクリボンとが収納されたレセプタータイプのテープカセット30、両面粘着テープとフィルムテープとインクリボンとが収納されたラミネートタイプのテープカセット30等、テープ種類が異なる複数のテープカセット30を共通して使用可能な汎用機として構成されたテープ印字装置1を例示する。 Hereinafter, a thermal type tape cassette 30 that only heat-sensitive paper tape is accommodated, the printing tape and the ink ribbon and the tape cassette 30 housed receptor type, double-sided adhesive tape and film tape and the ink ribbon and is housed laminate type the tape cassette 30, etc., the tape type is illustrated tape printer 1 configured as a general-purpose machine that can be used in common a plurality of tape cassettes 30 different.

図1および図2に示すように、テープ印字装置1は、平面視長方形状の本体カバー2を備えている。 As shown in FIGS. 1 and 2, the tape printer 1 is provided with a rectangular shape in a planar view body cover 2. 本体カバー2の前側には、文字、記号及び数字等の文字キーや、種々の機能キー等を含むキーボード3が配設されている。 The front side of the body cover 2, characters, and character keys, such as symbols and numerals, are arranged a keyboard 3 including various function keys, and the like. キーボード3の後側には、入力した文字や記号を表示可能な液晶ディスプレイ5が設けられる。 The rear side of the keyboard 3, the liquid crystal display 5 capable of displaying provided the input characters. 液晶ディスプレイ5の後側には、テープカセット30の交換時に開閉される蓋状のカセットカバー6が設けられている。 The rear side of the liquid crystal display 5, a lid-shaped cassette cover 6 is opened and closed when replacing the tape cassette 30 is provided. カセットカバー6に対応する本体カバー2の内部には、テープカセット30を着脱自在な領域を形成するカセット装着部8が設けられている。 Inside the main unit cover 2 below the cassette cover 6, the cassette housing portion 8 to form a freely region detachable tape cassette 30 is provided. カセット装着部8には、テープカセット30からテープを引き出して搬送する搬送機構や、テープの表面に文字等を印字する印字機構等が設けられているが、詳細は後述する。 The cassette housing portion 8, and the conveying mechanism for conveying from the tape cassette 30 is pulled out of the tape, but the print mechanism for printing characters and the like on the surface of the tape or the like is provided, the details will be described later.

本体カバー2の左側面後方には、印字済みのテープを外部に排出するための排出スリット9が設けられている。 The left side rear of the main body cover 2, the discharge slit 9 for discharging the printed tape to the outside. カセットカバー6の左側面には、カセットカバー6を閉じた状態で排出スリット9を外部に露出させる排出窓11が形成されている。 On the left side surface of the cassette cover 6, the discharge window 11 for exposing the discharge slit 9 to the outside with closed cassette cover 6 is formed. カセットカバー6の前面略中央には、その下面から下方に突出する鉤状の係止ロック4が設けられている。 In substantially the center of the front face of the cassette cover 6, hook-shaped latch lock 4 is provided protruding from a lower surface thereof downwardly. 本体カバー2には、係止ロック4に対応する位置にロック孔7が設けられており、カセットカバー6が閉じられると係止ロック4がロック孔7に嵌め込まれて係止されることで、カセットカバー6の自然開放が防止される。 The body cover 2, and the lock hole 7 is provided at a position corresponding to the latch lock 4, that when the cassette cover 6 is closed latch lock 4 is locked fitted into the lock hole 7, natural opening of the cassette cover 6 is prevented.

次に、本体カバー2の内部構造について、図2〜図7を参照してカセット装着部8を中心に説明する。 Next, the internal structure of the body cover 2, with reference to FIGS. 2-7 will be mainly described cassette housing portion 8. なお、図3〜図6では、理解を容易にするために、本体カバー2の内部構造(特に、カセット装着部8の形状や構造など)を模式的に図示している。 In 3 to 6, for ease of understanding, internal structure of the cover 2 (in particular, the shape, etc. and the structure of the cassette housing portion 8) are shown schematically. 図2〜図7に示すように、カセット装着部8の前部には、発熱体(図示外)を備えるサーマルヘッド10を搭載したヘッドホルダ74が固設されている。 As shown in FIGS. 2-7, the front portion of the cassette housing portion 8, the head holder 74 is fixed mounted thermal head 10 having a heating element (not shown). カセット装着部8の外側(図3では右上側)には、ステッピングモータであるテープ送りモータ23が配設されている。 On the outside of the cassette housing portion 8 (in FIG. 3 the upper right side), the tape feed motor 23 is disposed a stepping motor. テープ送りモータ23の駆動軸の下端には駆動ギヤ91が固着されており、駆動ギヤ91は開口を介してギヤ93に噛合され、ギヤ93はギヤ94に噛合されている。 The lower end of the drive shaft of the tape feed motor 23 is secured drive gear 91 is drive gear 91 is meshed with the gear 93 through the opening, the gear 93 is meshed with the gear 94. ギヤ94の上面には、後述するリボン巻取スプール44の回転駆動を行う略円柱状のリボン巻取軸95が立設されている。 On the upper surface of the gear 94, a substantially cylindrical ribbon take-up shaft 95 for rotating drive of the ribbon take-up spool 44 to be described later it is erected. リボン巻取軸95には、その軸体の基端側から先端側に向けて延びる複数のカム部材95aが、平面視で放射状をなすように外周側に設けられている(図14参照)。 The ribbon take-up shaft 95, a plurality of cam members 95a which extend toward the distal side from the proximal end side of the shaft body is provided on the outer peripheral side so as to form a radially in plan view (see FIG. 14). さらに、ギヤ94にはギヤ97が噛合され、ギヤ97にはギヤ98が噛合され、ギヤ98にはギヤ101が噛合されている。 Furthermore, the gear 97 is meshed with the gear 94, the gear 98 is meshed with the gear 97, the gear 101 is meshed with the gear 98. ギヤ101の上面には、後述するテープ送りローラ46の回転駆動を行う略円柱状のテープ駆動軸100が立設されている。 On the upper surface of the gear 101, a substantially cylindrical tape drive shaft 100 for rotating drive of the feeding roller 46 to be described later it is erected. テープ駆動軸100には、その軸体の基端側から先端側に向けて延びる複数のカム部材100aが、平面視で放射状をなすように外周側に設けられている(図14参照)。 The tape drive shaft 100, a plurality of cam members 100a extending toward the tip end from the base end side of the shaft body is provided on the outer peripheral side so as to form a radially in plan view (see FIG. 14).

テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態でテープ送りモータ23が反時計回り方向に回転駆動されると、駆動ギヤ91、ギヤ93、ギヤ94を介して、リボン巻取軸95が反時計回り方向に回転駆動される。 When the tape feed motor 23 in a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is rotated in the counterclockwise direction, the driving gear 91, the gear 93, via the gear 94, the ribbon take-up shaft 95 is counterclockwise It is driven to rotate in the clockwise direction. リボン巻取軸95は、リボン巻取軸95が嵌挿されたリボン巻取スプール44を回転駆動させる。 Ribbon take-up shaft 95, the ribbon take-up spool 44 to the ribbon take-up shaft 95 is fitted to rotate. さらに、ギヤ94の回転は、ギヤ97、ギヤ98、ギヤ101を介してテープ駆動軸100に伝達されて、テープ駆動軸100が時計回り方向に回転駆動される。 Furthermore, the rotation of the gear 94, gear 97, gear 98, is transmitted to the tape drive shaft 100 via the gear 101, the tape drive shaft 100 is rotated in the clockwise direction. テープ駆動軸100は、テープ駆動軸100が嵌挿されたテープ送りローラ46を回転駆動させる。 Tape drive shaft 100, rotates the feeding roller 46 to the tape drive shaft 100 is inserted. なお、ギヤ98の後側には、後述する第1テープ支持孔65に挿脱される略円柱状の補助軸110が立設されている。 Incidentally, the rear side of the gear 98 is substantially cylindrical auxiliary shaft 110 to be inserted into and removed from the first tape support hole 65 to be described later is erected.

カセット装着部8の周縁には、2つの位置決めピン102,103が設けられている。 The periphery of the cassette housing portion 8, two positioning pins 102 and 103 are provided. 位置決めピン102は、テープカセット30の底面に形成された後述のピン孔53に対応して、カセット装着部8における左縁部に設けられる。 Positioning pins 102, corresponding to the pin hole 53 will be described later, formed on the bottom surface of the tape cassette 30, is provided in the left edge portion of the cassette housing portion 8. 位置決めピン102は、カセット装着部8に装着されたテープカセット30の左縁側において、テープカセット30の高さ位置および平面位置を位置決めする。 The positioning pin 102, at the left edge of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, to position the height position and the planar position of the tape cassette 30. 位置決めピン103は、テープカセット30の右側後部に位置する後述の共通部32に対応して、カセット装着部8における右縁部に設けられる。 Positioning pins 103, corresponding to the common portion 32 (described later) located on the right rear portion of the tape cassette 30 is provided on the right edge of the cassette housing portion 8. 位置決めピン103は、カセット装着部8に装着されたテープカセット30の右縁側において、テープカセット30の高さ位置を位置決めする。 The positioning pin 103, at the right edge of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, to position the height position of the tape cassette 30.

カセット装着部8の右側後部には、後述するガイド孔47に挿脱されるガイド軸120が立設されている。 To the right rear portion of the cassette housing portion 8, the guide shaft 120 is provided upright to be inserted into and removed from the guide hole 47 to be described later. ガイド軸120は、略円柱状をなす軸体であるが、直径が異なる2つの軸部(大径軸部120aおよび小径軸部120b)と、大径軸部120aと小径軸部120bとを連設させるテーパ部120cとからなる(図14参照)。 The guide shaft 120 is a shaft body having a substantially cylindrical shape, communicating two shaft portions having a diameter different from the (large-diameter shaft portion 120a and the small-diameter shaft portion 120b), and a large diameter shaft portion 120a and the small diameter shaft portion 120b consisting of a tapered portion 120c to set (see FIG. 14). 大径軸部120aは、ガイド軸120の基端側を構成する軸部であり、ガイド軸120において直径が最も大きい部位である。 Large diameter shaft portion 120a is a shaft portion constituting the base end of the guide shaft 120, the guide shaft 120 with a diameter of the largest portion. 小径軸部120bは、ガイド軸120の先端側を構成する軸部であり、大径軸部120aよりも直径が小さい。 Small-diameter shaft portion 120b is a shaft portion which constitutes the distal end side of the guide shaft 120, is smaller in diameter than the large diameter shaft portion 120a. 大径軸部120aと小径軸部120bとの間には、大径軸部120aから小径軸部120bに向けて軸径が漸減してテーパ状の傾斜面を形成するテーパ部120cが設けられている。 Between the large diameter portion 120a and the small diameter shaft portion 120b, and the tapered portion 120c is provided to form a tapered inclined surface axis diameter gradually decreases toward the small diameter portion 120b from the large diameter shaft portion 120a there.

ところで、カセット装着部8は、テープカセット30が装着されると、後述するカセットケース31の平面形状と略対応するように、平面視で丸みを帯びた角部を有する略長方形状の凹陥部8aを有する。 Meanwhile, the cassette housing portion 8, the tape cassette 30 is mounted, so as to substantially correspond to the plane shape of the cassette case 31 to be described later, substantially rectangular recess 8a having corners rounded in a plan view having. 凹陥部8aから上方に延設されて段差状を形成する平面が、カセット装着部8に装着されたテープカセット30の共通部32の下面(詳細は後述)に対向するカセット支持部8bである。 Plane from the concave portion 8a is extended upward to form a step shape, the lower surface of the common portion 32 of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8 (the details will be described later) is a cassette support portion 8b opposed to.

また、図7に示すように、プラテンホルダ12の後側面(つまり、サーマルヘッド10と対向する面)には、複数の検出スイッチ21が配置されたスイッチ部20が設けられている。 Further, as shown in FIG. 7, the rear side surface of the platen holder 12 (i.e., the thermal head 10 and the surface facing), the switch section 20 is provided with a plurality of detecting switches 21 are arranged. 詳細には、スイッチ部20は、複数の貫通孔が設けられるとともに、各貫通孔からは検出センサ基板22に設けられた検出スイッチ21の端子軸がそれぞれ後方に突出している。 In detail, switch unit 20, a plurality of through holes are provided, the terminal axis of the detection switch 21 provided on the sensor substrate 22 are protruded rearward respectively from the through holes. 各検出スイッチ21は、後述するように、テープカセット30のアーム識別部80(非押圧部81および押圧部82の組み合わせ)によって、カセット装着部8に装着されたテープカセット30の種類を検出するためのものである。 Each detecting switch 21, as will be described later, the arm indicator portion 80 of the tape cassette 30 (combination of the non-pressing portion 81 and the pressing portion 82), for detecting the type of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8 belongs to.

ここで、カセット装着部8に立設された各部材の位置関係について、図4を参照して説明する。 Here, the positional relationship of each member is erected in the cassette housing portion 8 will be described with reference to FIG. なお、図4における二点鎖線は、後述する分割線Jを示している。 Incidentally, the two-dot chain line in FIG. 4 shows the division line J to be described later. 先述のテープ駆動軸100、ガイド軸120、補助軸110、リボン巻取軸95、位置決めピン102、ヘッドホルダ74は、カセット装着部8に装着されるテープカセット30のローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65、巻取支持孔67、ピン孔53、ヘッド装着部39(いずれも後述する。)と対向する位置にそれぞれ設けられている。 Foregoing tape drive shaft 100, the guide shaft 120, the auxiliary shaft 110, the ribbon take-up shaft 95, the positioning pin 102, the head holder 74, the roller support hole 64 of the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the guide hole 47 the first tape support hole 65, the take-up support hole 67, pin holes 53, and the head mounting portion 39 provided on each of the (both to. later) and opposed position.

テープ駆動軸100は、カセット装着部8における左前方に位置する角部を含む第1軸設置領域8cに立設されている。 Tape drive shaft 100 is erected on the first shaft arrangement region 8c including the corner portion located on the left front of the cassette housing portion 8. より具体的には、第1軸設置領域8cは、平面視で略長方形状をなすカセット装着部8を、例えばその前後方向および左右方向でそれぞれ3等分した場合に形成される9つの領域のうち、最も左前方に位置する領域である。 More specifically, the first shaft arrangement region 8c is a cassette housing portion 8 having a substantially rectangular shape in plan view, for example, longitudinal and left and right directions of the nine areas formed when each of the three equal portions thereof of a region located in the most left forward. 第1軸設置領域8cは、カセット装着部8の前部中央に固設されたヘッドホルダ74の左側に隣接しており、後述するテープ搬送方向におけるサーマルヘッド10の印字位置よりも下流側に位置している。 The first shaft arrangement region 8c is adjacent to the left side of the head holder 74 which is fixed to the front center of the cassette housing portion 8, located downstream from the printing position of the thermal head 10 in the tape feeding direction to be described later doing.

ガイド軸120は、カセット装着部8における右後方に位置する角部を含む第2軸設置領域8dに立設されている。 The guide shaft 120 is erected on the second shaft arrangement region 8d including the corner portion located on the right rear of the cassette housing portion 8. より具体的には、第2軸設置領域8dは、平面視で略長方形状をなすカセット装着部8を、例えばその前後方向および左右方向でそれぞれ3等分した場合に形成される9つの領域のうち、最も右後方に位置する領域である。 More specifically, the second shaft arrangement region 8d is a cassette housing portion 8 having a substantially rectangular shape in plan view, for example, longitudinal and left and right directions of the nine areas formed when each of the three equal portions thereof of a region located in the most right rear. つまり、カセット装着部8を平面視した場合に、第2軸設置領域8dに含まれる角部は、第1軸設置領域8cに含まれる角部の対角に位置している。 That is, in plan view of the cassette housing portion 8, the corner portions included in the second shaft arrangement region 8d is positioned diagonal corner portions included in the first shaft arrangement region 8c.

テープ駆動軸100とガイド軸120とを平面視で結ぶ分割線Jを基準として、カセット装着部8を平面視で分割した場合に、分割線Jよりも後側を占めるのが第1設置領域8eであり、分割線Jよりも前側を占めるのが第2設置領域8fである。 Based on the division line J connecting the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120 in a plan view, in case of dividing the cassette housing portion 8 in a plan view, occupy rearward of the dividing line J is first installed region 8e , and the occupy front of the division line J is the second installation area 8f. 補助軸110は、第1設置領域8eに立設されており、詳細にはカセット装着部8の平面視中央からみた左後側に位置している。 Auxiliary shaft 110 is erected on the first installation area 8e, located on the left rear side as viewed from the plan view center of the cassette housing portion 8 in detail. リボン巻取軸95は、第2設置領域8fに立設されており、詳細にはカセット装着部8の平面視中央からみた右前側に位置している。 Ribbon take-up shaft 95 is erected in the second installation area 8f, it is located right front side as seen from the plan view center of the cassette housing portion 8 in detail. ここでは、補助軸110およびリボン巻取軸95は、平面視で分割線Jを中心としてほぼ対称に位置している。 Here, the auxiliary shaft 110 and the ribbon winding shaft 95 is positioned substantially symmetrically around the parting line J in a plan view.

テープ駆動軸100の後側には、位置決めピン102が隣接して設けられている。 On the rear side of the tape drive shaft 100, positioning pins 102 are provided adjacent. ガイド軸120の前側には、位置決めピン103が隣接して設けられている。 The front guide shaft 120, the positioning pin 103 is provided adjacent. 位置決めピン102,103は、カセット装着部8に装着されたテープカセット30を、それぞれテープ駆動軸100およびガイド軸120の近傍で支持する。 Positioning pins 102 and 103, the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, respectively supported in the vicinity of the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120.

カセット装着部8に立設された各部材は、以上のような平面上での位置関係を有している。 Each member erected in the cassette housing portion 8 has a positional relationship on the above-mentioned plane. これらの部材がそれぞれ立設される高さ位置は、先述の凹陥部8aおよびカセット支持部8bのいずれに設けられているかによって異なる。 Height position which these members are respectively erected varies depending provided in any of the recessed portion 8a and the cassette supporting portion 8b of the foregoing. つまり、カセット支持部8bに設けられる部材(ここでは、ガイド軸120、位置決めピン102,103)のほうが、凹陥部8aに設けられる部材(ここでは、リボン巻取軸95、テープ駆動軸100、補助軸110、ヘッドホルダ74)よりも上方から立設される。 In other words, members (in this case, the guide shaft 120, positioning pins 102 and 103) provided in the cassette support portion 8b more of, the member (here provided in the recessed portion 8a, the ribbon take-up shaft 95, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110 is erected from above the head holder 74). なお、カセット装着部8に立設された各部材の高さ関係については、後述する。 Note that the height relationship of each member is erected in the cassette housing portion 8 will be described later.

図2〜図6に戻り、ヘッドホルダ74の前側には、アーム状のプラテンホルダ12が軸支部12aを中心に揺動可能に軸支されている。 Returning to FIGS. 2-6, the front side of the head holder 74, an arm shaped platen holder 12 is pivotably supported around a shaft supporting portion 12a. プラテンホルダ12の先端側には、サーマルヘッド10に相対して接離可能に設けられたプラテンローラ15と、テープ駆動軸100が嵌挿されるテープ送りローラ46に相対して接離可能に設けられた可動搬送ローラ14とが、共に回転可能に軸支されている。 The distal end side of the platen holder 12, a platen roller 15 provided to be separable relative to the thermal head 10, provided to be separable relative to the tape feed roller 46 to the tape drive shaft 100 is fitted a movable feed roller 14, are both rotatably supported.

プラテンホルダ12には、カセットカバー6の開閉に連動して左右方向に移動する図示外のリリースレバーが連結されている。 The platen holder 12, not shown in the release lever moves in the left-right direction in conjunction with opening and closing of the cassette cover 6 it has been linked. カセットカバー6が開放されると、リリースレバーが右方向に移動して、プラテンホルダ12が図5に示す待機位置に向けて移動する。 When the cassette cover 6 is opened, the release lever moves in the right direction, the platen holder 12 moves toward the standby position shown in FIG. 図5に示す待機位置では、プラテンホルダ12がカセット装着部8から離間する方向に移動して、テープカセット30をカセット装着部8に着脱することができる。 In the standby position shown in FIG. 5, moving in the direction of the platen holder 12 moves away from the cassette housing portion 8, it is possible to attach and detach the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8. なお、プラテンホルダ12は、図示外の巻きバネにより常に待機位置に弾性付勢されている。 The platen holder 12 is constantly elastically urged to the waiting position by an unillustrated coil spring.

カセットカバー6が閉鎖されると、リリースレバーが左方向に移動して、プラテンホルダ12が図6に示す印字位置に向けて移動する。 When the cassette cover 6 is closed, the release lever moves in the left direction and the platen holder 12 moves toward the print position shown in FIG. 図6に示す印字位置では、プラテンホルダ12がカセット装着部8に近接する方向に移動する。 In the print position shown in FIG. 6, it moves in a direction platen holder 12 comes close to the cassette housing portion 8. そして、カセット装着部8にテープカセット30が装着されていれば、プラテンローラ15が印字媒体のテープ(ここでは、感熱紙テープ55)を介してサーマルヘッド10を押圧するとともに、可動搬送ローラ14がテープを介してテープ送りローラ46を押圧する。 Then, if it is mounted tape cassette 30 in the cassette housing portion 8 (here, heat-sensitive paper tape 55) the platen roller 15 is a tape of the print medium while pressing the thermal head 10 via a movable feed roller 14 is a tape It presses the tape feed roller 46 via the. これにより、図6に示す印字位置では、カセット装着部8に装着されたテープカセット30を使用して印字を行うことが可能となる。 Thus, in the print position shown in FIG. 6, using the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8 it is possible to perform printing.

テープ排出口49から排出スリット9までの間には、印字済テープが搬送される搬送経路が設けられている。 Between the tape discharge port 49 to the discharge slit 9, the conveyance path is provided with the printed tape is conveyed. この搬送経路には、印字済テープを所定位置で切断するカット機構17が設けられている。 The transport path, cutting mechanism 17 that cuts the printed tape at a predetermined position is provided. カット機構17は、固定刃18と、固定刃18に対向して前後方向(図5および図6に示す上下方向)に移動可能に支持された移動刃19とで構成されている。 Cutting mechanism 17 includes a fixed blade 18, and a fixed blade 18 in opposite to the front-rear direction moving blade 19 which is movably supported in the (vertical direction in FIG. 5 and FIG. 6). 移動刃19は、カッターモータ(図示外)によって前後方向に移動される。 Movable blade 19 is moved in the longitudinal direction by a cutter motor (not shown).

次に、第1の実施形態に係るテープカセット30の構造について説明する。 Next, the structure of the tape cassette 30 according to the first embodiment. 以下では、その内部に収納されるテープの種類、および、インクリボンの有無などを適宜変更することによって、先述のサーマルタイプ、レセプタータイプ、ラミネートタイプ等、各種のテープ種類を実装可能な汎用カセットとして構成されたテープカセット30を例示する。 In the following, the kind of the tape housed therein, and, by appropriately changing the presence or absence of the ink ribbon, a thermal type described above, receptor type, laminated type and the like, as various tape type to be implemented universal cassette illustrate the tape cassette 30 configured.

図3、図5、図6〜図9を参照して、テープカセット30の全体構成について説明する。 3, 5, with reference to FIGS. 6-9, there will be explained an overall construction of the tape cassette 30. テープカセット30は、下ケース31bおよび下ケース31bの上部に固定される上ケース31aにより構成された略直方体状の筐体であるカセットケース31を有している。 The tape cassette 30 has a cassette case 31 is a substantially rectangular parallelepiped casing constituted by upper case 31a fixed to the upper portion of the lower case 31b and the lower case 31b. 上ケース31aにおいて下ケース31bと対向する方向と直交する左右方向長手の長方形状の平面部が、カセットケース31の上壁面35を形成する。 Planar portions of the rectangular shape in the horizontal direction longitudinally perpendicular to the direction facing the lower casing 31b in the upper case 31a forms the upper wall 35 of the cassette case 31. 下ケース31bにおいて上ケース31aと対向する方向と直交して上壁面35とほぼ同一形状をなす平面部が、カセットケース31の下壁面36を形成する。 Flat portion formed substantially the same shape as the upper wall surface 35 perpendicular to the upper case 31a opposite to the direction in the lower case 31b forms a lower wall surface 36 of the cassette case 31. 上壁面35の外縁全周から下ケース31bに向けて延びる上ケース31aの側部と、下壁面36の外縁全周から上ケース31aに向けて延びる下ケース31bの側部とが、カセットケース31の側壁37を形成する。 And the side of the upper case 31a extending toward the lower case 31b from the entire circumference edge of the upper wall 35, and a side portion of the lower case 31b extending toward the upper case 31a from the entire circumference edge of the lower wall 36, the cassette case 31 forming sidewall 37. つまり、カセットケース31は、その上下方向で対向配置された矩形状の平面をなす一対の上壁面35および下壁面36と、上壁面35および下壁面36の外縁に亘って所定高さで形成された側壁37とを有する箱状のケース体である。 In other words, the cassette case 31 includes a pair of upper wall 35 and lower wall 36 which forms the vertical direction oppositely disposed rectangular plane over the outer edge of the upper wall 35 and lower wall 36 is formed at a predetermined height and a box-shaped case body having a side wall 37. カセットケース31は、上壁面35および下壁面36の周縁部全体が側壁37によって囲われている必要はなく、側壁37の一部(例えば後壁)にカセットケース31内を露出させるような開口部が設けられていたり、その開口部を臨む位置に上壁面35および下壁面36を接続するボスが設けられたりしてもよい。 Cassette case 31 is not required to periphery entire upper wall surface 35 and the lower wall surface 36 is surrounded by the side wall 37, a part of the side wall 37 (e.g., the rear wall) in such expose the cassette case 31 opening or it provided that may or boss provided to connect the upper wall surface 35 and the lower wall 36 at a position facing the opening. なお、カセットケース31の上下方向(つまり、上壁面35および下壁面36が対向する方向)は、テープカセット30がカセット装着部8に対して着脱される方向(以下、テープカセット30の着脱方向)と略一致する。 Incidentally, the vertical direction of the cassette case 31 (i.e., the direction in which the upper wall 35 and lower wall 36 are opposed), the direction in which the tape cassette 30 is attached to and detached from the cassette housing portion 8 (hereinafter, detachment direction of the tape cassette 30) substantially coincides with.

テープカセット30の平面視中央からみた左後側には、第1のテープが巻回された第1テープスプール40を回転可能に支持する第1テープ支持孔65が形成されている。 The left rear side as viewed from the plan view center of the tape cassette 30, the first tape support hole 65 in which the first tape rotatably supports the first tape spool 40 wound is formed. テープカセット30の平面視中央からみた右後側には、第2のテープが巻回された第2テープスプール(図示外)を回転可能に支持する第2テープ支持孔66が形成されている。 The right rear side as seen from the plan view center of the tape cassette 30, the second second tape support hole 66 for rotatably supporting a tape spool (not shown) in which the second tape is wound is formed. テープカセット30の平面視中央からみた右前側には、インクリボンが巻回されたリボンスプール(図示外)を回転可能に支持するリボン支持孔68が形成されている。 The right front side as seen from the plan view center of the tape cassette 30, the ribbon support hole 68 ink ribbon for rotatably supporting the ribbon spool (not shown) wound is formed. 第1テープ支持孔65とリボン支持孔68との間には、リボンスプールからインクリボンを引き出すとともに、文字等の印字にて使用されたインクリボンを巻き取るリボン巻取スプール44を回転可能に支持する巻取支持孔67が形成されている。 Between the first tape support hole 65 and the ribbon support hole 68, with pull out the ink ribbon from the ribbon spool, rotatably supporting the ribbon take-up spool 44 for taking up the ink ribbon used in printing characters and the like winding support hole 67 is formed.

第1の実施形態に係るテープカセット30は、第1テープスプール40に第1のテープとして感熱紙テープ55が巻回された所謂サーマルタイプのテープカセットとして実装されている。 The tape cassette 30 according to the first embodiment, the heat-sensitive paper tape 55 is implemented as wound in a so-called thermal type tape cassette as a first tape to the first tape spool 40. サーマルタイプのテープカセット30は、他の印字媒体を収納する必要がないため、第2のテープが巻回される第2テープスプールを備えていない。 Thermal type tape cassette 30 does not need to house the other print medium, the second tape is not provided with the second tape spool being wound. また、インクリボンを収納する必要がないため、インクリボンが巻回されるリボンスプールも備えていない。 Moreover, since there is no need for housing the ink ribbon, the ink ribbon is not also comprise a ribbon spool wound.

テープカセット30の前面右側には、テープカセット30の前方にやや延びるとともに中央に向かって直角に折り返されたアーム部34が設けられている。 The right front of the tape cassette 30, the arm portion 34 bent at right angles toward the center is provided with slightly extending forward of the tape cassette 30. アーム部34は、未使用のテープやインクリボンを案内して、その先端に設けられた開口34aからヘッド装着部39に供給する。 The arm portion 34 is to guide the unused tape or an ink ribbon, supplied from an opening 34a provided at the front end to the head mounting portion 39. ヘッド装着部39は、アーム部34の内面とテープカセット30の前面とに囲まれる隙間であって、テープ印字装置1のサーマルヘッド10が嵌め込まれる部位である。 Head mounting unit 39, a gap surrounded by the front surface of the inner surface and the tape cassette 30 of the arm portion 34 is a portion where the thermal head 10 of the tape printer 1 is fitted. なお、ヘッド装着部39は、サーマルヘッド10を備えたヘッドホルダ74が装着されたときにヘッドホルダ74に対して前後左右方向の遊びが生じるように、ヘッドホルダ74の厚み(前後方向長さ)および横幅(左右方向長さ)よりも大きな開口幅を有している。 The head mounting unit 39, as the left-right direction of the play occurs back and forth relative to the head holder 74 when the head holder 74 with the thermal head 10 is mounted, the thickness of the head holder 74 (the front-rear direction length) and the lateral width (left-right length) has a larger opening width than.

アーム部34の前面を構成するアーム側面33には、テープカセット30の種類(例えば、テープ幅やテープ種類など)に応じたパターンで構成されたアーム識別部80が設けられている。 The arm side 33 constituting the front surface of the arm portion 34, the type of the tape cassette 30 (e.g., tape width and tape type) arm indicator portion 80 is provided which is configured in a pattern corresponding to. アーム識別部80は、複数の検出スイッチ21にそれぞれ対応する識別部として、スイッチ端子を挿脱可能なスイッチ孔である非押圧部81およびスイッチ端子を挿脱不可能な面部である押圧部82のいずれかを有する。 Arm indicator portion 80 may, as an identification portion corresponding to a plurality of detection switches 21, the pressing portion 82 is a non-pressing portion 81 and the insertion and removal impossible face the switch terminal is a switch terminal in a detachably switch hole having any.

テープカセット30の左前部には、ローラ支持孔64が設けられている。 The left front of the tape cassette 30 is provided with roller support hole 64. ローラ支持孔64の内側には、テープ送りローラ46が回転可能に軸支されている。 Inside the roller support hole 64, the tape feed roller 46 is rotatably supported. テープ送りローラ46は、対向する可動搬送ローラ14との協働により、未使用のテープを引き出す。 Feeding roller 46, the movable feed roller 14 in cooperation with the opposing draws unused tape. テープ送りローラ46からみたテープ搬送方向の上流側には、上下一対の規制部材63が設けられている。 On the upstream side of the tape transport direction as viewed from the feeding roller 46, a pair of upper and lower regulating members 63 are provided. 規制部材63は、サーマルヘッド10からみたテープ搬送方向の下流側に、印字済テープを幅方向に規制してテープ排出口49に向かって案内する。 Regulating member 63, on the downstream side of the thermal head 10 viewed from the tape conveying direction, to restrict the printed tape to the width direction to guide toward the tape discharge port 49. なお、テープ搬送方向は、テープ印字装置1での印字実行時に、カセット装着部8内でテープカセット30に収納されたテープが搬送される方向である。 Incidentally, the tape transport direction, when the printing run of the tape printing apparatus 1, tape accommodated in the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8 is the direction to be conveyed.

第1の実施形態のガイド孔47は、平面視で前後方向に対向する両辺が直線状をなし、かつ、左右方向に対向する両辺がガイド孔47の開口中心からの距離が一定となる曲線状をなすような開口形状を有する。 The guide hole 47 of the first embodiment, without both sides are straight opposite to the front-rear direction in a plan view, and curved that sides opposed in the lateral direction distance from the aperture center of the guide hole 47 is constant It has an opening shaped so as to form a. ガイド孔47の開口幅は、平面視でガイド孔47の開口中心を通る全ての方向について、ガイド軸120の小径軸部120bの直径よりも大きい。 Opening width of the guide hole 47, for all directions through the opening center of the guide hole 47 in plan view is greater than the diameter of the small diameter shaft portion 120b of the guide shaft 120. ただし、ガイド孔47は、平面視でガイド孔47の開口中心を通る左右方向の開口幅が最も大きく、平面視でガイド孔47の開口中心を通る前後方向の開口幅が最も小さい。 However, the guide hole 47 is the largest right and left direction of the opening width through the aperture center of the guide hole 47 in a plan view, the smallest longitudinal direction of the opening width through the aperture center of the guide hole 47 in a plan view. このガイド孔47の開口中心を通る前後方向の開口幅は、ガイド軸120の大径軸部120aの直径と略等しい。 The opening width of the front-rear direction through the opening center of the guide hole 47 is substantially equal to the diameter of the large diameter shaft portion 120a of the guide shaft 120.

なお、規制部材63の近傍には、案内壁38が立設されている。 Incidentally, in the vicinity of the regulating member 63, the guide walls 38 are erected. 案内壁38とリボン巻取スプール44との間には、分離壁48が立設されている。 Between the guide wall 38 and the ribbon take-up spool 44, the separation wall 48 is erected. これらの構成は、テープカセット30がラミネートタイプである場合に機能を発揮する。 These configurations, serves the function when the tape cassette 30 is the laminated type. すなわち、案内壁38は、ヘッド装着部39を経由して搬送された使用済みのインクリボンをフィルムテープから離間させ、リボン巻取スプール44に向かって案内する。 That is, the guide wall 38, the ink ribbon already used, which is conveyed via the head mounting portion 39 is separated from the film tape guides toward the ribbon take-up spool 44. 分離壁48は、案内壁38に沿って案内される使用済みのインクリボンと、第1テープスプール40に巻回して支持された両面粘着テープとが互いに接触するのを防止する。 Separation wall 48 prevents the used ink ribbon which is guided along the guide wall 38, that the double-sided adhesive tape which is supported by turning the first tape spool 40 wound contact each other.

ところで、カセットケース31は、先述したように、全体としては平面視で丸みを帯びた角部を有する略直方体状をなす。 Meanwhile, the cassette case 31, as described above, as a whole form a substantially rectangular parallelepiped shape having corners rounded in a plan view. 一方、カセットケース31の全側面の所定高さに亘って、テープカセット30の種類(例えば、テープ幅)に拘らず一定幅(後述する高さ寸法T)の共通部32が設けられている。 On the other hand, over a predetermined height of all aspects of the cassette case 31, the common portion 32 is provided in the type of the tape cassette 30 (e.g., tape width) constant irrespective width (height T to be described later). そして、カセットケース31が有する所定の角部(詳細には、テープ排出口49が設けられていない角部)では、平面視で直角をなすように外側方向に共通部32が側方に突出している。 A predetermined corner cassette case 31 has (specifically, corner tape discharge port 49 is not provided), the common unit 32 in an outward direction to form a right angle in plan view protrudes laterally there. 共通部32は、テープカセット30がカセット装着部8に装着されたときに、カセット装着部8内において先述のカセット支持部8bに対向する。 Common unit 32, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, facing the cassette support portion 8b of the foregoing in the cassette housing portion 8. このとき、カセット装着部8では、カセットケース31の下面から所定高さ(つまり、共通部32の下面)までが凹陥部8aに入り込んだ状態となる。 In this case, the cassette housing portion 8, the lower surface from the predetermined height of the cassette case 31 (i.e., the lower surface of the common portion 32) until a state of entering into recess 8a. これにより、テープカセット30の厚み(カセットケース31の上下方向長さ)に関わらず、共通部32がカセット支持部8bによって同一の高さ位置に保持される。 Thus, regardless of the thickness of the tape cassette 30 (vertical length of the cassette case 31), the common portion 32 is held at the same height position by the cassette supporting portion 8b.

具体的には、共通部32は、図7に示すようにカセットケース31の高さ(幅)方向における中心線Nに関して、上下方向に対称に形成された高さ寸法Tを有する部位である(図13参照)。 Specifically, the common portion 32, with respect to the center line N in the height (width) direction of the cassette case 31 as shown in FIG. 7, a region having a height dimension T which is formed symmetrically in the vertical direction ( see FIG. 13). 共通部32の高さ寸法Tは、テープカセット30に収納される印字媒体のテープ幅に拘らず同一寸法に設定されている。 Height T of the common portion 32 is set to regardless same size on the tape width of the print medium housed in the tape cassette 30. 一例として、共通部32の高さ寸法Tは「12mm」であるものとする。 As an example, the height T of the common portion 32 is assumed to be "12mm". 具体的には、テープ幅が大きくなると(例えば、18mm、24mm、36mmなど)、それに応じてカセットケース31の高さ寸法も大きくなるが、共通部32の高さ寸法Tは一定である。 Specifically, when the tape width increases (e.g., 18 mm, 24 mm, 36 mm, etc.), but also increases the height of the cassette case 31 in response thereto, the height T of the common portion 32 remains constant. なお、テープ幅が高さ寸法T以下である場合(例えば、6mm、12mmなど)、カセットケース31の高さ寸法は共通部32の高さ寸法T+4mmの16mmである。 In the case the tape width is less than the height dimension T (e.g., 6 mm, 12 mm, etc.), the height of the cassette case 31 is the height dimension T + 4 mm in 16mm of the common portion 32.

図10〜図13を参照して、テープカセット30を構成する各部の詳細について説明する。 Referring to FIGS. 10 to 13, the details of each unit constituting the tape cassette 30. 以下では、テープカセット30に形成される孔部(第1テープ支持孔65、巻取支持孔67、ローラ支持孔64、ガイド孔47)、および、これらの孔部に関連する部材について説明する。 In the following, the hole portion formed in the tape cassette 30 (the first tape support hole 65, the take-up support hole 67, the roller support hole 64, the guide hole 47), and is described members associated with these holes.

図10に示すように、第1テープスプール40は、カセットケース31を上下方向に貫通する第1テープ支持孔65を介して回転可能に支持されている。 As shown in FIG. 10, the first tape spool 40 is rotatably supported via a first tape support hole 65 that penetrates the cassette case 31 in the vertical direction. 詳細には、第1テープ支持孔65は、上壁面35および下壁面36から互いに対向する方向にそれぞれ延設される凹陥孔である開口部65aおよび開口部65bと、開口部65a,65b間を連通する軸孔65cからなる。 In particular, the first tape support hole 65, and the opening 65a and the opening 65b is recessed holes are respectively extending in opposite directions to each other from the upper wall 35 and lower wall 36, openings 65a, the inter-65b consisting of a shaft hole 65c which communicates with. 上ケース31aは、開口部65aから下壁面36に向けて延設され、平面視で開口部65aの中心から放射状に複数の係止リブ84を備える。 The upper case 31a is provided with the opening 65a extending toward the bottom wall surface 36, a plurality of locking ribs 84 radially from a center of the opening 65a in plan view. 各係止リブ84は、それぞれの先端側がカセットケース31の内部で互いに対向する方向に突起する鉤状体である。 Each locking rib 84 is a hook-shaped body, each of the tip side projecting in opposite directions to each other inside the cassette case 31. 下ケース31bは、開口部65bから上壁面35に向けて延設される円筒状の筒壁部85を備える。 Lower case 31b is provided with a cylindrical tubular wall portion 85 that extends toward the upper wall surface 35 from the opening 65b. 筒壁部85には、その上下方向に切り込まれた複数のスリット87が、平面視で開口部65bの中心から放射状に形成される。 The cylindrical wall portion 85, a plurality of slits 87 cut into the vertical direction, are formed radially from the center of the opening 65b in a plan view. 筒壁部85における各スリット87の上端側には、各スリット87の開口端を閉じるための頭部86がそれぞれ設けられている。 The upper end of each slit 87 in the cylindrical wall portion 85, a head 86 for closing the open end of each slit 87 are respectively provided. カセットケース31の内部では、筒壁部85の先端側に設けられた各頭部86に、それぞれ対応する係止リブ84が各スリット87を介して係止されている。 Inside the cassette case 31, each head 86 provided on the distal end side of the cylindrical wall portion 85, the locking ribs 84, each corresponding is engaged through a respective slit 87. なお、筒壁部85の内部では、カセットケース31を上下方向に貫通する軸孔65cが開口部65a,65bを連通させる。 In the interior of the cylindrical wall portion 85, a shaft hole 65c which penetrates the cassette case 31 in the vertical direction opening 65a, communicates the 65b.

第1テープスプール40は、内壁40aと外壁40bとの二重壁構造を有する。 The first tape spool 40 has a double wall structure between the inner wall 40a and outer wall 40b. 内壁40aは、筒壁部85の外径よりも若干内径が大きい円筒体であり、印字媒体のテープ幅よりも小さい高さ寸法を有する。 The inner wall 40a is slightly inner diameter larger cylinder than the outer diameter of the cylindrical wall portion 85 has a smaller height than the tape width of the print medium. 内壁40aの内部には、その上下方向に貫通する軸孔40dが形成されている。 Inside the inner wall 40a, a shaft hole 40d that penetrates in the vertical direction is formed. 外壁40bは、内壁40aの径外側に設けられて内壁40aを全周に亘って取り囲む円筒体であり、印字媒体のテープ幅とほぼ同一の高さ寸法を有する。 The outer wall 40b is a cylindrical member which surrounds over the inner wall 40a to the entire circumference provided on the radially outer side of the inner wall 40a, having substantially the same height as the tape width of the print medium. 外壁40bの外周面には、第1のテープ(第1の実施形態では感熱紙テープ55)が巻回されている。 The outer peripheral surface of the outer wall 40b, the first tape (heat-sensitive paper tape 55 in the first embodiment) is wound. 内壁40aと外壁40bとの間には、上下方向を長手とする板状部材である連結体40cが、平面視で内壁40aおよび外壁40bの中心から放射状に架設されている。 Between the inner wall 40a and outer wall 40b, a plate-shaped member with the vertical direction as the longitudinal connecting member 40c, it is laid radially from the center of the inner wall 40a and outer wall 40b in a plan view. 第1テープスプール40は、これらの連結体40cによって内壁40aおよび外壁40bが同軸をなす二重筒状に構成される。 The first tape spool 40 includes an inner wall 40a and outer wall 40b by these coupling body 40c is a double cylindrical shape coaxially. 第1テープスプール40は、軸孔40dに挿入された筒壁部85によって軸支されつつ、カセットケース31内で軸線中心に回転自在となる。 The first tape spool 40 while being rotatably supported by the cylindrical wall portion 85 which is inserted into the shaft hole 40d, the rotatable axis center in the cassette case 31. なお、第1テープスプール40では、軸孔65cに挿入された補助軸110に対して生じる周方向の遊びを小さくするために、軸孔65cの開口幅が補助軸110の軸径と比較して略等しいか若干大きい程度である。 In the first tape spool 40, in order to reduce the circumferential direction of the play caused to the auxiliary shaft 110 which is inserted into the shaft hole 65c, the opening width of the shaft hole 65c is compared with the shaft diameter of the auxiliary shaft 110 is substantially to or slightly greater equal.

図11に示すように、リボン巻取スプール44は、カセットケース31を上下方向に貫通する巻取支持孔67を介して回転可能に支持されている。 As shown in FIG. 11, the ribbon take-up spool 44 is rotatably supported via a winding support hole 67 that penetrates the cassette case 31 in the vertical direction. 詳細には、巻取支持孔67は、上壁面35および下壁面36において互いに対向する位置にそれぞれ形成される貫通孔である開口部67aおよび開口部67bからなる。 In particular, the take-up support hole 67 is composed of the openings 67a and the opening 67b is a through hole formed at a position facing each other in the upper wall surface 35 and the lower wall 36. リボン巻取スプール44は、カセットケース31の幅長(つまり、上下方向の長さ)とほぼ等しい高さ寸法を有する円筒状をなす。 Ribbon take-up spool 44, having a cylindrical shape having a width dimension (i.e., the vertical length) substantially equal to the height and the cassette case 31. リボン巻取スプール44の外周面における上端縁および下端縁には、それぞれ径外方向の全周に亘って突出するフランジ状の支持部44eが設けられている。 The upper edge and the lower edge of the outer peripheral surface of the ribbon take-up spool 44, the flange-shaped supporting portion 44e projecting respectively along the entire circumference of the radially outward direction.

カセットケース31の内部では、上端部44aが上壁面35の開口部67aに嵌合されるとともに、下端部44bが下壁面36の開口部67bに嵌合されている。 Inside the cassette case 31, together with the upper end portion 44a is fitted into the opening 67a of the upper wall 35, a lower end portion 44b is fitted into the opening 67b of the lower wall 36. リボン巻取スプール44の上端縁に設けられた支持部44eは、上ケース31aに下方から当接してリボン巻取スプール44の上方向への移動を規制する。 Supporting portion 44e provided on the upper edge of the ribbon take-up spool 44 to restrict the movement of the contact from below to the upper case 31a equivalent to the upward direction of the ribbon take-up spool 44. リボン巻取スプール44の下端縁に設けられた支持部44eは、下ケース31bに上方から当接してリボン巻取スプール44の下方向への移動を規制する。 Supporting portion 44e provided on the lower edge of the ribbon take-up spool 44, regulates the downward movement of the ribbon take-up spool 44 abuts from above the lower case 31b. これにより、リボン巻取スプール44は、両端部44a,44bにて支持されつつ、カセットケース31内で軸線中心に回転自在となる。 Thus, the ribbon take-up spool 44, both end portions 44a, while being supported at 44b, to be rotatable about its axis in the cassette case 31.

リボン巻取スプール44の内部には、その上下方向に貫通する軸孔44cが形成されている。 Inside the ribbon take-up spool 44, the shaft hole 44c penetrating in the vertical direction is formed. リボン巻取スプール44の内周面(つまり、軸孔44cを形成する内壁)には、その上下方向の中央位置から若干下方に複数の係合リブ44dが設けられている。 The inner peripheral surface of the ribbon take-up spool 44 (i.e., the inner wall forming the shaft hole 44c), the plurality of engagement ribs 44d are provided slightly downward from its vertical center. テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、先述のリボン巻取軸95が開口部67bを介して軸孔44cに挿入される。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the foregoing ribbon take-up shaft 95 is inserted into the shaft hole 44c through the opening 67b. そして、リボン巻取スプール44に設けられた複数の係合リブ44dに、リボン巻取軸95の周囲に形成された複数のカム部材95aが噛合される。 Then, a plurality of engagement ribs 44d provided on the ribbon take-up spool 44, a plurality of cam members 95a which are formed around the ribbon winding shaft 95 is engaged. これにより、リボン巻取軸95の回転がリボン巻取スプール44に伝達される(つまり、リボン巻取軸95の回転に伴ってリボン巻取スプール44が回転する)。 Thus, the rotation of the ribbon winding shaft 95 is transmitted to the ribbon take-up spool 44 (i.e., the ribbon take-up spool 44 is rotated with the rotation of the ribbon take-up shaft 95). なお、リボン巻取スプール44は、リボン巻取軸95が装着されたときにリボン巻取軸95に対して周方向の遊びが生じるように、軸孔44cの開口幅がリボン巻取軸95の軸径よりも大きくなっている。 Incidentally, the ribbon take-up spool 44, as the circumferential direction of the play occurs for ribbon take-up shaft 95 when the ribbon take-up shaft 95 is attached, the opening width of the shaft hole 44c is of the ribbon take-up shaft 95 It is larger than the shaft diameter.

図12に示すように、テープ送りローラ46は、カセットケース31を上下方向に貫通するローラ支持孔64を介して回転可能に支持されている。 As shown in FIG. 12, the tape feed roller 46 is rotatably supported via a roller support hole 64 that penetrates the cassette case 31 in the vertical direction. 詳細には、ローラ支持孔64は、上壁面35および下壁面36において互いに対向する位置にそれぞれ形成される貫通孔である開口部64aおよび開口部64bからなる。 In particular, the roller support hole 64 is composed of the openings 64a and the opening 64b is a through hole formed at a position facing each other in the upper wall surface 35 and the lower wall 36. 開口部64a,64bの各近傍位置には、カセットケース31の前端縁に沿って、それぞれ対向する方向に突出する一対の規制部材63が形成されている。 Opening 64a, at each vicinity of 64b along the front edge of the cassette case 31, a pair of regulating members 63 projecting in opposite directions are respectively formed. 一対の規制部材63の後側には、一対の規制部材63と隣接して案内壁38が上ケース31aと下ケース31bとに亘って立設されている。 The rear side of the pair of regulating members 63, guide wall 38 adjacent the pair of regulating members 63 are erected across the top case 31a and a lower case 31b. 一対の規制部材63の基端の間隔幅は、印字媒体のテープ幅と同一に設定されている。 Spacing width of the base end of the pair of regulating members 63 is set to be equal to the tape width of the print medium.

テープ送りローラ46は、カセットケース31の幅長(つまり、上下方向の長さ)とほぼ等しい高さ寸法を有する円筒状をなす。 Feeding roller 46 having a cylindrical shape having a width dimension (i.e., the vertical length) substantially equal to the height and the cassette case 31. テープ送りローラ46の本体部46eは、開口部64a,64bよりも径が大きく、その外周面が印字媒体に当接するローラ面46cである。 The main body portion 46e of the feeding roller 46 has an opening 64a, a diameter larger than 64b, the outer peripheral surface thereof is in contact with the roller surface 46c to the print medium. ローラ面46cの上下方向長さ(つまり、テープ送りローラ46におけるテープ送り幅)は、印字媒体のテープ幅と同一に設定されている。 Vertical length of the roller surface 46c (i.e., the tape feed width in the tape feed roller 46) is set to be equal to the tape width of the print medium. テープ送りローラ46の本体部46eから上下方向にそれぞれ突出する上端部46aおよび下端部46bは、それぞれ開口部64a,64bよりも径が若干小さい。 Upper portion 46a and lower portion 46b respectively protrude from the main body portion 46e of the feeding roller 46 in the vertical direction, respectively openings 64a, slightly smaller diameter than 64b. なお、テープ送りローラ46の内部では、本体部46eを上下方向に貫通する軸孔46dが両端部46a,46bを連通させる。 In the interior of the feeding roller 46, a shaft hole 46d penetrating the main body portion 46e vertically communicates the both end portions 46a, 46b.

カセットケース31の内部では、上端部46aが上壁面35の開口部64aに嵌合されるとともに、下端部46bが下壁面36の開口部64bに嵌合されている。 Inside the cassette case 31, together with the upper end portion 46a is fitted into the opening 64a of the upper wall 35, a lower end portion 46b is fitted into the opening 64b of the lower wall 36. 本体部46eは、上ケース31aに下方から当接してテープ送りローラ46の上方向への移動を規制し、下ケース31bに上方から当接してテープ送りローラ46の下方向への移動を規制する。 The body portion 46e is in contact from below the upper case 31a equivalent to restrict the upward movement of the tape feed roller 46 to restrict the downward movement of the feeding roller 46 abuts from above the lower case 31b . これにより、テープ送りローラ46は、両端部46a,46bにて支持されつつ、カセットケース31内で軸線中心に回転自在となる。 Thus, the tape feed roller 46, both end portions 46a, while being supported at 46b, to be rotatable about its axis in the cassette case 31.

テープ送りローラ46の内周面(つまり、軸孔46dを形成する内壁)には、その下端側に複数の係合リブ46f(図17参照)が設けられている。 The inner peripheral surface of the feeding roller 46 (i.e., the inner wall forming the shaft hole 46d), the plurality of engagement ribs 46f (see FIG. 17) is provided on its lower end. テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、先述のテープ駆動軸100が開口部64bを介して軸孔46dに挿入される。 When the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the foregoing tape drive shaft 100 is inserted into the shaft hole 46d through the opening 64b. そして、テープ送りローラ46に設けられた複数の係合リブ46fに、テープ駆動軸100の周囲に形成された複数のカム部材100aが噛合される。 Then, a plurality of engaging ribs 46f provided in the tape feed roller 46, a plurality of cam members 100a formed around the tape drive shaft 100 is engaged. これにより、テープ駆動軸100の回転がテープ送りローラ46に伝達される(つまり、テープ駆動軸100の回転に伴ってテープ送りローラ46が回転する)。 Thus, rotation of the tape drive shaft 100 is transmitted to the feeding roller 46 (i.e., the feeding roller 46 is rotated with the rotation of the tape drive shaft 100). なお、テープ送りローラ46は、テープ駆動軸100が装着されたときにテープ駆動軸100に対して周方向の遊びが若干生じるように、軸孔46dの開口幅がテープ駆動軸100の軸径よりも若干大きくなっている。 Incidentally, the feeding roller 46 so as to produce the circumferential direction of the play a little with respect to the tape drive shaft 100 when the tape drive shaft 100 is attached, the opening width of the shaft hole 46d is than the shaft diameter of the tape drive shaft 100 It is slightly larger.

図13に示すように、カセットケース31の右側後部には、カセットケース31の上下方向に貫通するガイド孔47が形成されている。 As shown in FIG. 13, the right rear portion of the cassette case 31, the guide hole 47 which penetrates in the vertical direction of the cassette case 31 is formed. 詳細には、ガイド孔47は、上壁面35および下壁面36から互いに対向する方向にそれぞれ延設される凹陥孔である開口部47aおよび開口部47bと、開口部47a,47b間を連通する軸孔47cからなる。 Specifically, the guide hole 47 communicates with the opening 47a and the opening 47b is recessed holes are respectively extending in opposite directions to each other from the upper wall 35 and lower wall 36, openings 47a, the inter-47b shaft consisting of the hole 47c. ここでは、ガイド孔47が平面視でカセットケース31の右側後部に位置する共通部32の範囲内に位置しているため、開口部47bはその共通部32の下面に形成されている。 Here, since the guide hole 47 is positioned within the common portion 32 on the right side rear portion of the cassette case 31 in plan view, the opening 47b is formed on the lower surface of the common portion 32. カセットケース31の内部には、開口部47a,47bを連通させる軸孔47cを内部に形成する円筒状の筒壁部89が、上壁面35および下壁面36(ここでは、共通部32の下面)に亘って設けられている。 Inside the cassette case 31, a cylindrical tubular wall portion 89 to form openings 47a, a shaft hole 47c which communicates the 47b therein, the upper wall 35 and lower wall 36 (in this case, the lower surface of the common portion 32) It is provided over the.

なお、図8および図9に示すように、第2テープ支持孔66も、上壁面35および下壁面36において互いに対向する位置にそれぞれ形成される一対の開口部66a,66bからなる。 Incidentally, as shown in FIGS. 8 and 9, the second tape support hole 66, a pair of openings 66a which are respectively formed on mutually opposing positions in the upper wall surface 35 and the lower wall 36, made of 66b. 各開口部66a,66bは、カセットケース31の内部にそれぞれ対向する方向に陥入する凹部に連設されている。 Each opening 66a, 66b is provided continuously in the recess of recessed in a direction respectively opposed to the interior of the cassette case 31. 第2テープスプール(図示外)は、印字媒体のテープ幅とほぼ同一の高さ寸法を有する円筒体であって、その外周面に第2のテープが巻回される。 The second tape spool (not shown) is a cylindrical body having substantially the same height as the tape width of the print medium, the second tape is wound on the outer peripheral surface thereof. カセットケース31内に第2のテープを収納する場合は、第2テープスプールを上下方向に貫通する軸孔が有する両端開口に、各開口部66a,66bから連設される凹部がそれぞれ挿入される。 When accommodating the second tape in the cassette case 31, the openings at both ends with the shaft hole penetrating the second tape spool in the vertical direction, the openings 66a, recess is continuously provided from 66b are inserted respectively . これにより、第2テープスプールは、第2テープ支持孔66にて軸支されつつ、カセットケース31内で軸線中心に回転自在となる。 Thus, the second tape spool being rotatably supported by the second tape support hole 66, to be rotatable about its axis in the cassette case 31. なお、第1の実施形態のテープカセット30は、カセットケース31内に第2テープスプールを備えていない。 Incidentally, the tape cassette 30 of the first embodiment does not include the second tape spool in the cassette case 31.

同様に、リボン支持孔68も、上壁面35および下壁面36において互いに対向する位置にそれぞれ形成される一対の開口部68a,68bからなる。 Similarly, the ribbon support hole 68 also, a pair of openings 68a which are respectively formed on mutually opposing positions in the upper wall surface 35 and the lower wall 36, made of 68b. 各開口部68a,68bは、カセットケース31の内部にそれぞれ対向する方向に陥入する凹部に連設されている。 Each opening 68a, 68b is provided continuously in the recess of recessed in a direction respectively opposed to the interior of the cassette case 31. リボンスプール(図示外)は、印字媒体のテープ幅とほぼ同一の高さ寸法を有する円筒体であって、その外周面にインクリボンが巻回される。 Ribbon spool (not shown) is a cylindrical body having substantially the same height as the tape width of the print medium, the ink ribbon is wound on the outer peripheral surface thereof. カセットケース31内にインクリボンを収納する場合は、リボンスプールの上下方向に貫通する軸孔が有する両端開口に、各開口部68a,68bから連設される凹部がそれぞれ挿入される。 If for accommodating the ink ribbon in the cassette case 31, the openings at both ends with the shaft hole penetrating in the vertical direction of the ribbon spool, the openings 68a, recess is continuously provided from 68b are inserted respectively. これにより、リボンスプールは、リボン支持孔68にて軸支されつつ、カセットケース31内で軸線中心に回転自在となる。 Thus, the ribbon spool being journalled in the ribbon support hole 68, to be rotatable about its axis in the cassette case 31. なお、第1の実施形態のテープカセット30は、カセットケース31内にリボンスプールを備えていない。 Incidentally, the tape cassette 30 of the first embodiment is not provided with a ribbon spool in the cassette case 31.

ここで、第1の実施形態における、テープカセット30に設けられた各部の位置関係について、図3、図8および図9を参照して説明する。 Here, in the first embodiment, the positional relationship of each portion provided in the tape cassette 30, FIG. 3 will be described with reference to FIGS. なお、図8および図9における二点鎖線は、後述する分割線Kを示している。 Incidentally, the two-dot chain line in FIG. 8 and FIG. 9 shows the dividing line K which will be described later. 先述のローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65、巻取支持孔67、ピン孔53、ヘッド装着部39は、テープカセット30が装着されるカセット装着部8のテープ駆動軸100、ガイド軸120、補助軸110、リボン巻取軸95、位置決めピン102、ヘッドホルダ74と対向する位置にそれぞれ形成されている。 Aforementioned roller support hole 64, the guide hole 47, the first tape support hole 65, the take-up support hole 67, pin holes 53, head mounting section 39, the tape drive shaft 100 of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 is mounted , the guide shaft 120, the auxiliary shaft 110, the ribbon take-up shaft 95, the positioning pins 102 are formed at positions facing the head holder 74.

詳細には、ローラ支持孔64は、テープカセット30における左前方に位置する角部を含む第1孔形成領域30aに形成されている。 In particular, the roller support hole 64 is formed in the first porous region 30a including the corner portion located on the left front of the tape cassette 30. より具体的には、第1孔形成領域30aは、平面視で略長方形状をなすテープカセット30を例えばその前後方向および左右方向でそれぞれ3等分した場合に形成される9つの領域のうち、最も左前方に位置する領域である。 More specifically, the first porous region 30a, among the nine regions formed when three equal respectively tape cassette 30 having a substantially rectangular shape for example, in its longitudinal direction and the lateral direction in a plan view, it is a region located in the most left forward. 第1孔形成領域30aは、テープカセット30の前部中央に設けられたヘッド装着部39の左側に隣接している。 The first porous region 30a is adjacent to the left side of the head mounting portion 39 provided on the front center of the tape cassette 30. 言い換えると、第1孔形成領域30aはヘッド装着部39からみたテープ搬送方向の下流側に位置している。 In other words, the first porous region 30a is located on the downstream side of the tape transport direction as viewed from the head mounting section 39. そのため、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されると、第1孔形成領域30aに含まれる角部が先述の第1軸設置領域8cに対向する。 Therefore, when the tape cassette 30 is mounted in proper position in the cassette housing portion 8, the corner portions included in the first porous region 30a is opposed to the first shaft arrangement region 8c of the foregoing.

ガイド孔47は、テープカセット30における右後方に位置する角部を含む第2孔形成領域30bに形成されている。 The guide hole 47 is formed in the second porous region 30b including the corner portion located on the right rear of the tape cassette 30. より具体的には、第2孔形成領域30bは、平面視で略長方形状をなすテープカセット30を例えばその前後方向および左右方向でそれぞれ3等分した場合に形成される9つの領域のうち、最も右後方に位置する領域である。 More specifically, the second porous region 30b, among the nine regions formed when three equal respectively tape cassette 30 having a substantially rectangular shape for example, in its longitudinal direction and the lateral direction in a plan view, it is a region located in the most right rear. つまり、テープカセット30を平面視した場合に、第2孔形成領域30bに含まれる角部は第1孔形成領域30aに含まれる角部の対角に位置している。 That is, in plan view of the tape cassette 30, the corner portions included in the second porous region 30b are positioned diagonally of the corner portions included in the first porous region 30a. そのため、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されると、第2孔形成領域30bに含まれる角部が先述の第2軸設置領域8dに対向する。 Therefore, when the tape cassette 30 is mounted in proper position in the cassette housing portion 8, the corner portions included in the second porous region 30b faces the second shaft arrangement region 8d of the foregoing.

ローラ支持孔64とガイド孔47とを平面視で結ぶ分割線Kを基準としてテープカセット30を平面視で分割した場合に、分割線Kよりも後側を占めるのが第1収納領域30cであり、分割線Kよりも前側を占めるのが第2収納領域30dである。 When the tape cassette 30 and the roller support hole 64 and the guide hole 47 relative to the dividing line K connecting a plan view is divided in a plan view, occupy rearward of the dividing line K is the first storage area 30c , occupy front of the dividing line K is the second storage area 30d. 第1テープ支持孔65は、平面視で三角形状をなす第1収納領域30cの重心(つまり、第1収納領域30cを形成する3辺の中線を結ぶ交点)またはその近傍に形成される。 First tape support hole 65, the first center of gravity of the housing area 30c (that is, intersection connecting the three sides of the midline to form the first housing area 30c) forming a triangular shape in a plan view are formed on or near. 巻取支持孔67は、平面視で三角形状をなす第2収納領域30dの重心(つまり、第2収納領域30dを形成する3辺の中線を結ぶ交点)またはその近傍に形成される。 Winding support hole 67, the second center of gravity of the housing area 30d (i.e., intersection connecting the three sides of the midline to form the second accommodating region 30d) forming a triangular shape in a plan view are formed on or near. ここでは、第1テープ支持孔65および巻取支持孔67は、平面視で分割線Kを中心としてほぼ対称に位置している。 Here, the first tape support hole 65 and the take-up support hole 67 are located substantially symmetrically about the dividing line K in a plan view.

下ケース31bにおけるローラ支持孔64の後側には、位置決めピン102の高さ寸法とほぼ等しい深さで上方に凹陥するピン孔53が、ローラ支持孔64に隣接して形成されている。 The rear side of the roller support hole 64 in the lower casing 31b, the pin hole 53 recessed upwardly at substantially equal depth and the height of the positioning pins 102 are formed adjacent to the roller support hole 64. カセット装着部8に装着されたテープカセット30は、ピン孔53に挿入される位置決めピン102によってローラ支持孔64の近傍で支持され、共通部32に接触する位置決めピン103によってガイド孔47の近傍で支持される。 The tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, the positioning pin 102 which is inserted into the pin holes 53 is supported in the vicinity of the roller support hole 64, in the vicinity of the guide hole 47 by the positioning pin 103 in contact with the common portion 32 It is supported.

なお、第2テープ支持孔66は平面視で分割線K上に形成されており、詳細にはテープカセット30の平面視中央とガイド孔47との略中間に位置している。 Note that the second tape support hole 66 is formed on the dividing line K in a plan view, in particular being located approximately midway between the plane view center and the guide hole 47 of the tape cassette 30. リボン支持孔68は第2収納領域30dに形成されており、詳細には巻取支持孔67よりもテープカセット30の右前側に位置している。 Ribbon support hole 68 is formed in the second housing area 30d, in particular located right front of the tape cassette 30 than the winding support hole 67.

上記のような位置関係によって、第1の実施形態に係るテープカセット30の重量バランスは次のようになる。 The positional relationship as described above, the weight balance of the tape cassette 30 according to the first embodiment is as follows. 先述したように第1テープ支持孔65では、テープカセット30の内部で第1テープスプール40が回転支持されている。 In the first tape support hole 65 as previously described, the first tape spool 40 is rotatably supported within the tape cassette 30. これは、少なくとも第1テープスプール40の回転中心(つまり、軸孔40d)が、平面視で第1収納領域30cの範囲内に設けられていることを意味する。 This means that at least a center of rotation of the first tape spool 40 (i.e., the shaft hole 40d) is provided within the first housing area 30c in plan view. 言い換えると、第1テープスプール40に巻回されている第1のテープ(ここでは、感熱紙テープ55)の重心が、平面視で第1収納領域30cの範囲内に位置していることを意味する。 In other words, (in this case, heat-sensitive paper tape 55) the first tape which is wound first tape spool 40 wound centroid of means that are located within the first housing area 30c in a plan view .

一方、第1の実施形態のテープカセット30は、他の印字媒体(第2のテープ)やインクリボンを備えていない。 On the other hand, the tape cassette 30 of the first embodiment is not provided with other printing medium (second tape) and the ink ribbon. つまり、テープカセット30では、感熱紙テープ55の重心が位置する第1収納領域30cのほうが第2収納領域30dよりも重量が大きい。 In other words, the tape cassette 30, towards the first housing area 30c where the center of gravity of the heat-sensitive paper tape 55 is located, the weight is greater than the second storage area 30d. このような重量バランスを有するテープカセット30を、例えばユーザが左右両端の側壁37を指で挟持しながら上壁面35および下壁面36を略水平に維持しつつカセット装着部8に垂直に嵌め込む。 The tape cassette 30 having such a weight balance, for example, a user fitted vertically sidewalls 37 of the right and left ends in the cassette housing portion 8 substantially while maintaining horizontal upper wall 35 and lower wall 36 while held between fingers. このとき、テープカセット30の重量の偏りによって、分割線Kを回転中心として第1収納領域30c側が下方傾斜しやすい。 At this time, the weight of the deviation of the tape cassette 30, the first housing area 30c side tends to lower tilted rotation about the dividing line K.

それに対し、上記説明したテープ印字装置1およびテープカセット30では、テープカセット30がカセット装着部8に装着される場合、カセット装着部8に立設された3つの案内軸(テープ駆動軸100、ガイド軸120、補助軸110)がテープカセット30に設けられた3つの案内孔(ローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65)にそれぞれ挿入されることによって、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に案内される。 In contrast, in the tape printer 1 and a tape cassette 30 described above, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the three guide shafts erected on the cassette housing portion 8 (the tape drive shaft 100, guide axis 120, three guide holes auxiliary shaft 110) is provided on the tape cassette 30 (the roller support hole 64, the guide hole 47, by being inserted into the first tape support hole 65), the tape cassette 30 is a cassette mount It is guided to the proper position of the part 8. なお、テープカセット30がカセット装着部8に着脱される態様については、詳細を後述する。 Note that the embodiments in which the tape cassette 30 is detachably attached to the cassette housing portion 8 will be described later in detail.

テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されると、テープ駆動軸100がテープ送りローラ46に嵌挿され、リボン巻取軸95がリボン巻取スプール44に嵌挿される。 When the tape cassette 30 is mounted in proper position in the cassette housing portion 8, the tape drive shaft 100 is inserted into the tape feed roller 46, ribbon take-up shaft 95 is fitted into the ribbon take-up spool 44. そして、カセットカバー6が閉鎖されるとプラテンホルダ12が印字位置に移動して、プラテンローラ15がサーマルヘッド10に相対するとともに、可動搬送ローラ14がテープ送りローラ46を押圧する。 Then, when the cassette cover 6 is closed by moving the platen holder 12 is in the printing position, the platen roller 15 with relative to the thermal head 10, the movable feed roller 14 presses the tape feed roller 46. これにより、テープ印字装置1は印字媒体への印字を実行することが可能な状態となる。 Accordingly, the tape printer 1 is in a state capable of performing the printing on the print medium.

また、プラテンホルダ12が待機位置から印字位置に移動すると、プラテンホルダ12に設けられたスイッチ部20がテープカセット30に設けられたアーム識別部80に対向する。 Further, when the platen holder 12 moves to the printing position from the standby position, the switch unit 20 provided on the platen holder 12 faces the arm indicator portion 80 provided on the tape cassette 30. このとき、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されていれば、アーム識別部80を構成する識別部(非押圧部81および押圧部82)のパターンに応じて、各検出スイッチ21がそれぞれオン状態またはオフ状態となる。 At this time, if the tape cassette 30 is attached to the proper position in the cassette housing portion 8, in accordance with the pattern of the identification portion constituting the arm indicator portion 80 (the non-pressing portions 81 and the pressing portion 82), the detection switch 21 There the respective oN or oFF state. 詳細には、非押圧部81に対向する検出スイッチ21は、非押圧部81に挿入されてオフ状態となる。 Specifically, the detection switch 21 facing the non-pressing portion 81 is inserted into the non-pressing portion 81 in the OFF state. 押圧部82に対向する検出スイッチ21は、押圧部82に押圧されてオン状態となる。 Detection switch 21 facing the pressing portion 82 is turned on by being pressed by the pressing portion 82.

テープ印字装置1では、各検出スイッチ21のオン・オフの組合せに基づいてテープカセット30に関する情報が取得される。 In the tape printing apparatus 1, information about the tape cassette 30 is obtained based on a combination of the on and off states of the respective detection switches 21. 第1実施形態のテープカセット30は各種のテープ種類を実装可能な汎用カセットであるが、印字媒体として感熱紙テープ55のみを収納したサーマルタイプのテープカセットとして実装されている。 The tape cassette 30 of the first embodiment is one of various tape type to be implemented generic cassette, is implemented as a thermal type tape cassette housing only heat-sensitive paper tape 55 as the print medium. そのため、テープ印字装置1ではスイッチ部20での検出結果に基づいて、テープカセット30の種類として例えば「テープ幅36mmのサーマルタイプ」が検出される。 Therefore, based on the detection result of the tape printer switch section 20 in 1, for example, as a type of the tape cassette 30 "thermal type tape width 36mm" is detected.

第1の実施形態では、テープ印字装置1における印字実行時に、テープ駆動軸100を介して回転駆動されるテープ送りローラ46が、可動搬送ローラ14との協働によって第1テープスプール40から感熱紙テープ55を引き出す。 In the first embodiment, when the print run in the tape printing apparatus 1, heat-sensitive paper tape feeding roller 46 which is driven to rotate via the tape drive shaft 100, from the first tape spool 40 by the movable feed roller 14 in cooperation with pull out the 55. 第1テープスプール40から引き出された感熱紙テープ55は、平面視でリボン支持孔68の外側を通過しながらアーム部34内の搬送経路に沿って搬送される。 Heat-sensitive paper tape 55 that has been pulled out from the first tape spool 40 is conveyed along the feed path within the arm portion 34 while passing through the outside of the ribbon support hole 68 in plan view. さらに、感熱紙テープ55はアーム部34の開口34aからヘッド装着部39に供給されて、サーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に搬送される。 Furthermore, heat-sensitive paper tape 55 is supplied from the opening 34a of the arm portion 34 to the head mounting portion 39, it is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15. そして、サーマルヘッド10によって感熱紙テープ55の印字面に対して文字、図形、記号等が印字される。 The character with respect to the print surface of the heat-sensitive paper tape 55 by the thermal head 10, figures, symbols, etc. are printed. その後、テープ送りローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、印字済みの感熱紙テープ55はさらにテープ排出口49に向かって搬送され、カット機構17によって切断される。 Thereafter, the feeding roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with, the printed heat-sensitive paper tape 55 is conveyed further toward the tape discharge port 49, is cut by cutting mechanism 17.

なお、上記の印字実行時には、リボン巻取軸95を介してリボン巻取スプール44も回転駆動される。 Note that during the above printing execution, the ribbon take-up spool 44 via the ribbon take-up shaft 95 is also rotated. しかしながら、第1の実施形態のテープカセット30にはリボンスプールが収納されていない。 However, the tape cassette 30 of the first embodiment the ribbon spool is not housed. そのため、リボン巻取スプール44による未使用のインクリボンの引き出しや使用済みのインクリボンの巻き取りは行われない。 Therefore, winding of the drawers and the used ink ribbon unused ink ribbon by the ribbon take-up spool 44 is not performed. 言い換えると、リボン巻取軸95を備えたテープ印字装置1にサーマルタイプのテープカセット30が使用された場合でも、リボン巻取軸95の回転駆動が感熱紙テープ55への印字動作に影響を与えることなく適正に印字を行うことができる。 In other words, even when the thermal type tape cassette 30 is used in the tape printer 1 having the ribbon take-up shaft 95, the rotation drive of the ribbon take-up shaft 95 affects the printing operation of the heat-sensitive paper tape 55 without it is possible to perform proper printing. なお、上記のテープカセット30において、リボン巻取スプール44を設けることなく、巻取支持孔67内でリボン巻取軸95を同様に空転させてもよい。 Incidentally, in the tape cassette 30 described above, without providing a ribbon take-up spool 44, may be idle similarly ribbon take-up shaft 95 in the take-up support hole 67.

ここで、第1の実施形態における、カセット装着部8に対するテープカセット30の着脱態様について、図14〜図18を参照して説明する。 Here, in the first embodiment, the detachable embodiment of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8 will be described with reference to FIGS. 14 to 18. 図14〜図16では、テープカセット30の右側面を示しているが、理解を容易にするためにテープカセット30の着脱に関する孔部のみを仮想線(二点鎖線)で示している。 In 14 to 16, are shown on the right side of the tape cassette 30, it shows only hole about detachment of the tape cassette 30 by a virtual line (two-dot chain line) in order to facilitate understanding. また、カセット装着部8を右側からみた概略断面を示しているが、理解を容易にするためにテープカセット30の着脱に関する軸部のみを図示している。 Although shows a schematic cross-section viewed cassette housing portion 8 from the right side, shows only the shaft portion about the attachment and detachment of the tape cassette 30 for ease of understanding. ただし、図16では、ガイド孔47およびその近傍を右側面視での断面図として表している。 However, in FIG. 16 represents a guide hole 47 and the vicinity thereof as a cross-sectional view of the right side view.

まず、カセット装着部8に立設された各部材の高さ関係について説明する。 First, a description will be given height relationship of each member is erected in the cassette housing portion 8. 第1実施形態では、ヘッドホルダ74、テープ駆動軸100、リボン巻取軸95、補助軸110、ガイド軸120は、少なくとも共通部32の高さ寸法Tよりも大きな軸長(上下方向長さ)を有する。 In the first embodiment, the head holder 74, the tape drive shaft 100, the ribbon take-up shaft 95, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120 is at least larger axial length than the height T of the common portion 32 (vertical length) having. このうち、3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)は、それぞれの軸長が略等しい。 Of these, three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) is substantially equal to the respective axial length. さらに、テープ駆動軸100、補助軸110およびガイド軸120の各軸長は、リボン巻取軸95の軸長およびヘッドホルダ74の縦サイズよりも大きい。 Furthermore, the axial length of the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110 and the guide shaft 120 is greater than the vertical size of the axial length and the head holder 74 of the ribbon take-up shaft 95. そのため、ヘッドホルダ74、テープ駆動軸100、リボン巻取軸95、補助軸110が立設された状態では、凹陥部8aの平面部の高さ位置を基準として、テープ駆動軸100および補助軸110の上端における高さ位置が最も大きく、次いでヘッドホルダ74の上端における高さ位置が大きく、リボン巻取軸95の上端における高さ位置が最も小さい。 Therefore, the head holder 74, the tape drive shaft 100, the ribbon take-up shaft 95, in the state where the auxiliary shaft 110 is erected, on the basis of the height position of the flat portion of the recessed portion 8a, the tape drive shaft 100 and auxiliary shaft 110 of the largest height at the upper end, and then increases the height position of the upper end of the head holder 74, the smallest height of the upper end of the ribbon take-up shaft 95. ただし、リボン巻取軸95の上端における高さ位置は、ヘッドホルダ74に固着されているサーマルヘッド10の上端における高さ位置とほぼ等しくなっている。 However, the height position of the upper end of the ribbon winding shaft 95 is substantially equal to the height position of the upper end of the thermal head 10 is fixed to the head holder 74.

先述したようにガイド軸120は、凹陥部8aよりも上方に位置するカセット支持部8b上に立設されている。 Guide shaft 120 as previously described is erected on a cassette support portion 8b which is located above the recess 8a. そして、ガイド軸120の上端は、ヘッドホルダ74、テープ駆動軸100、リボン巻取軸95、補助軸110のいずれの上端よりも高さ位置が大きい。 An upper end of the guide shaft 120, the head holder 74, the tape drive shaft 100, the ribbon take-up shaft 95, a large height than both the upper end of the auxiliary shaft 110. なお、テープ駆動軸100および補助軸110の各上端からガイド軸120の上端までの高さ(上下方向長さ)は、テープカセット30の下壁面36から共通部32の下面までの高さ(上下方向長さ)にほぼ等しい。 The height from the upper end of the tape drive shaft 100 and auxiliary shaft 110 to the upper end of the guide shaft 120 (vertical length), the height from the bottom wall 36 of the tape cassette 30 to the bottom surface of the common portion 32 (upper and lower substantially equal to the length in the direction). つまり、ガイド軸120は、テープカセット30の厚みが共通部32の段差形状によって小さくなっている分だけ、テープ駆動軸100および補助軸110の高さ位置よりも上方に延びている。 That is, the guide shaft 120, an amount corresponding to the thickness of the tape cassette 30 is reduced by the step shape of the common portion 32 extends above the height position of the tape drive shaft 100 and auxiliary shaft 110.

図14に示すように、ユーザがテープカセット30をカセット装着部8に装着する場合は、ローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47をそれぞれテープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120に対して平面視での相対位置をほぼ一致させ、先述したように上壁面35および下壁面36を略水平に維持しつつ垂直に嵌め込む。 As shown in FIG. 14, when the user wears the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, the roller support hole 64, the first tape support hole 65, the tape drive shaft 100 of the guide hole 47, respectively, the auxiliary shaft 110, the guide substantially coincide the relative position in a plan view with respect to the axis 120, fitted vertically while maintaining the upper wall surface 35 and the lower wall 36 substantially horizontally as previously described. テープカセット30をカセット装着部8に向けて下方に移動させると、図15に示すようにテープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の各上端が、テープカセット30の下壁面36に設けられた開口部64b,65b,47bにほぼ同時にそれぞれ進入する。 Moving the tape cassette 30 downwardly toward the cassette housing portion 8, the tape drive shaft 100, as shown in FIG. 15, the auxiliary shaft 110, the upper end of the guide shaft 120 is provided on the lower wall surface 36 of the tape cassette 30 openings 64b, 65b, respectively enters almost simultaneously 47b. 一方、ヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95は、それぞれの上端が下壁面36の下方に位置している状態であるため、テープカセット30の内部に進入していない。 On the other hand, the head holder 74 and the ribbon winding shaft 95, since each of the upper end is in a state which is located below the lower wall 36, it does not enter the interior of the tape cassette 30.

図15に示す状態から、テープカセット30をさらに下方に移動させると、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120はそれぞれ開口部64b,65b,47bを介して軸孔46d,65c,47cに下方から挿入される。 From the state shown in FIG. 15, is moved further down the tape cassette 30, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, respectively the guide shaft 120 is opening 64b, 65b, shaft holes through 47b 46d, 65c, to 47c It is inserted from below. 軸孔46d,65c,47cの内部では、それぞれに挿入されたテープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120が、各軸孔46d,65c,47cの内壁によって周方向への移動が規制され、その立設方向(つまり、上下方向)に沿って摺動可能な状態となる。 Shaft hole 46d, 65c, the inside of 47c, the tape drive shaft 100 is inserted into each of the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120, Kakujikuana 46d, 65c, to move in the circumferential direction by an inner wall of 47c is restricted, its standing direction (i.e., vertical direction) becomes slidable state along. 言い換えると、テープカセット30は、軸孔46d,65c,47cにそれぞれ挿入されるテープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の立設方向に沿って案内されつつ、自重の作用も加わって下方に移動する。 In other words, the tape cassette 30, the shaft hole 46d, 65c, the tape drive shaft 100 to be inserted respectively into 47c, the auxiliary shaft 110, while being guided along the standing direction of the guide shaft 120, the lower also joined the action of its own weight to move to.

なお、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の上端縁は、その上端に向けて軸径が小さくなるようなテーパ形状となっている。 Incidentally, the upper edge of the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120 has a such a tapered axial diameter decreases toward its upper end. そのため、ローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47に対して平面視での相対位置に若干ズレが生じていても、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120を適切かつ円滑に挿入可能である。 Therefore, the roller support hole 64, the first tape support hole 65, even if caused slight deviation in relative position in the plan view with respect to the guide hole 47, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110 and the guide shaft 120 suitably it is smoothly can be inserted. また、テープ駆動軸100の軸径がテープ送りローラ46(軸孔46d)の開口幅よりも若干小さいため、ローラ支持孔64内でテープ送りローラ46の平面位置が振動や傾斜等によって若干変化しても、テープ駆動軸100を円滑に挿入可能である。 Further, since the shaft diameter of the tape drive shaft 100 is slightly smaller than the opening width of the tape feed roller 46 (the shaft hole 46d), the plane position of the feeding roller 46 is slightly varied due to vibration or inclination like a roller support hole 64. also, it is smoothly insertable tape drive shaft 100.

さらに、先述したように、ガイド孔47は、ガイド軸120の先端部(先述の小径軸部120b)の軸径よりも開口幅が大きく、特に前後方向の開口幅よりも左右方向の開口幅が大きい。 Further, as described above, the guide hole 47 has an opening width larger than the shaft diameter of the distal portion of the guide shaft 120 (small-diameter shaft portion 120b of the foregoing), the opening width in the lateral direction than in particular longitudinal opening width large. そのため、テープカセット30の装着時には、ガイド軸120に対する平面視でのガイド孔47の相対位置が若干左右方向にずれていても、ガイド孔47にガイド軸120を挿入可能である。 Therefore, when mounting the tape cassette 30, be shifted relative position of the guide hole 47 is slightly left-right direction in plan view with respect to the guide shaft 120, it is possible to insert the guide shaft 120 in the guide hole 47. これにより、カセット装着部8に設けられた3つの案内軸の全てに対してテープカセット30の対応する各孔部を正確に位置決めする必要はないため、テープカセット30の装着時におけるユーザの負担が軽減される。 Accordingly, since it is not necessary to accurately position the respective holes corresponding tape cassette 30 for all three guide shafts provided in the cassette housing portion 8, the user's burden at the time of mounting the tape cassette 30 It is reduced. また、テープカセット30の製造時において、ローラ支持孔64およびガイド孔47との寸法幅を、テープ駆動軸100とガイド軸120との寸法幅と完全一致させるためには、作業者に高度な寸法精度が要求される。 Further, at the time of manufacture of the tape cassette 30, the dimensional width of the roller support hole 64 and the guide hole 47, in order to exactly match the dimensions width and the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120 is advanced dimensions worker precision is required. その点、ガイド孔47に左右方向の遊びを形成することで、ガイド孔47を形成する寸法精度の僅かな誤差が許容されるため、テープカセット30の製造時の負担も軽減される。 That respect, by forming a lateral direction of the play in the guide hole 47, since a slight error in the dimensional accuracy for forming the guide hole 47 is allowed, the burden at the time of manufacture of the tape cassette 30 is also reduced.

そして、テープカセット30が下方に案内されるのに伴って、サーマルヘッド10を備えたヘッドホルダ74がヘッド装着部39に下方から挿入され、リボン巻取軸95が開口部67bを介して軸孔44cに下方から挿入される。 Then, as the tape cassette 30 is guided downward, the head holder 74 with the thermal head 10 is inserted from below into the head mounting portion 39, the ribbon take-up shaft 95 via the opening 67b axial hole It is inserted from below 44c. 先述したように、ヘッド装着部39ではヘッドホルダ74が装着されても遊びが生じるため、ヘッド装着部39内でヘッドホルダ74が前後左右方向に変位可能な遊挿状態となる。 As mentioned previously, because the play be the head holder 74 in the head mounting portion 39 is mounted occurs, the head holder 74 is displaceable loosely fitted state longitudinal and lateral direction in the head mounting portion 39. また、リボン巻取スプール44(軸孔44c)の開口幅はリボン巻取軸95の軸径よりも大きいため、リボン巻取スプール44内でリボン巻取軸95が周方向に変位可能な遊挿状態となる。 Further, since the opening width of the ribbon winding spool 44 (the shaft hole 44c) is greater than the shaft diameter of the ribbon take-up shaft 95, the ribbon take-up shaft 95 is displaceable in the circumferential direction in the ribbon take-up spool 44 movably inserted the state.

図16に示すように、テープカセット30をテープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120に沿って下方に移動させていくと、カセット支持部8b上に立設された位置決めピン103がテープカセット30の右後部に位置する共通部32の下面に接触する。 As shown in FIG. 16, the tape drive shaft 100 of the tape cassette 30, the auxiliary shaft 110 and along the guide shaft 120 will move downwardly, the positioning pins 103 tape cassette that are disposed on the cassette support portion 8b in contact with the lower surface of the common portion 32 located in the right rear portion of 30. 同時に、図16に図示しないが、カセット支持部8b上に立設された位置決めピン102がピン孔53に挿入され、位置決めピン102の上端がピン孔53内の天壁に接触する。 At the same time, although not shown in FIG. 16, the positioning pins 102 that are disposed on the cassette support portion 8b is inserted into the pin hole 53, the upper end of the positioning pin 102 comes into contact with the top wall of the pin hole 53. つまり、カセット装着部8に装着されたテープカセット30の高さ位置は、位置決めピン102,103によって支持される高さ位置に規定される。 In other words, the height position of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8 is defined at a height position which is supported by the positioning pins 102 and 103.

同時に、ガイド軸120の基端側(先述の大径軸部120a)がテーパ部120cに沿って案内されながらガイド孔47(軸孔47c)に嵌め込まれる。 At the same time, the base end side of the guide shaft 120 (the large diameter portion 120a of the aforementioned) are fitted into the guide hole 47 while being guided along the tapered portion 120c (shaft hole 47c). 先述したように、大径軸部120aの軸径はガイド孔47の開口幅に略等しいため、大径軸部120aはガイド孔47の前後方向から緊密に係止されて、ガイド軸120の周方向(特に、前後方向)への変位が規制される。 As mentioned previously, because the shaft diameter of the large diameter shaft portion 120a is substantially equal to the opening width of the guide hole 47, the large diameter shaft portion 120a is locked tightly engaged from the front and rear direction of the guide hole 47, the peripheral guide shaft 120 direction (in particular, the front-rear direction) is displaced to be regulated. また、位置決めピン102はピン孔53の内部で係止されて、位置決めピン102の周方向への変位が規制される。 The positioning pin 102 is locked inside the pin holes 53, displacement is regulated in the circumferential direction of the positioning pin 102. つまり、カセット装着部8に装着されたテープカセット30の平面位置は、ガイド軸120および位置決めピン102によって係止される平面位置に規定される。 That is, the planar position of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8 is defined in the planar position to be locked by the guide shaft 120 and the positioning pin 102.

ところで、サーマルヘッド10による印字は、テープ搬送方向と直交する方向(ここでは、テープカセット30の前後方向)に沿って行われる。 Incidentally, the printing by the thermal head 10 (here, the longitudinal direction of the tape cassette 30) direction perpendicular to the tape feeding direction is performed along. そのため、テープに対する印字位置のズレを防止するためには、テープカセット30の前後方向の装着位置が正確に規定されることが好適である。 Therefore, in order to prevent the displacement of the printing position relative to the tape, it is preferable that the longitudinal direction of the mounting position of the tape cassette 30 is accurately defined. 一方、テープカセット30の装着位置がテープ搬送方向(ここでは、テープカセット30の左右方向)に沿って多少ズレが生じたとしても、印字品質に大きな影響を与えない。 On the other hand, the mounting position of the tape cassette 30 is the tape transport direction (here, the left-right direction of the tape cassette 30) slightly offset along even as occurs, does not have a significant effect on the printing quality. 第1の実施形態のガイド孔47は、ガイド軸120が挿入されると大径軸部120aに対して左右方向に若干の遊びを生じるため、印字品質を犠牲にすることなくテープカセット30の着脱をスムーズにすることができる。 The guide hole 47 of the first embodiment, to produce a slight play in the lateral direction and the guide shaft 120 is inserted into the large diameter shaft portion 120a, attachment and detachment of the tape cassette 30 without sacrificing print quality it is possible to smoothly.

このように、第1の実施形態では、テープカセット30が3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内される。 Thus, in the first embodiment, the tape cassette 30 has three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) is guided by up proper position in the cassette housing portion 8. そして、テープカセット30は、ガイド軸120および位置決めピン102によって適正な平面位置に位置決めされるとともに、位置決めピン102,103によって適正な高さ位置に位置決めされる。 Then, the tape cassette 30, while being positioned in the proper plane position by the guide shaft 120 and the positioning pins 102 is positioned at the correct height position by the positioning pins 102 and 103. そして、テープカセット30が適正位置に位置決めされた状態では、図17に示すように、テープ駆動軸100の基端側に設けられたカム部材100aが、テープ送りローラ46の係合リブ46fに適正に噛合される。 In a state where the tape cassette 30 is positioned in the proper position, as shown in FIG. 17, the cam member 100a provided on the base end side of the tape drive shaft 100 is suitably from engaging rib 46f of the feeding roller 46 It is engaged in. また、図18に示すように、リボン巻取軸95に設けられたカム部材95aが、リボン巻取スプール44の係合リブ44dに適正に噛合される。 Further, as shown in FIG. 18, the cam member 95a provided on the ribbon take-up shaft 95 is properly engaged with the engaging rib 44d of the ribbon take-up spool 44. また、ヘッドホルダ74に設けられたサーマルヘッド10が、ヘッド装着部39の適正な印字位置に配置される。 The thermal head 10 provided on the head holder 74 is placed in the proper printing position of the head mounting portion 39. つまり、先述したように、テープ印字装置1が印字媒体への印字を適切に実行することが可能な状態となる。 That is, as described above, the tape printer 1 is in a state capable of appropriately execute the printing on the print medium.

なお、テープカセット30をカセット装着部8から取り外す場合は、例えばユーザが左右両端の側壁37を指で挟持しながら、テープカセット30をカセット装着部8から上方に引き抜けばよい。 Note that when removing the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8, for example, while the user side walls 37 of the left and right ends pinched with the fingers, it is pulled out upward of the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8. このときも、テープカセット30が3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)によってテープカセット30が上下方向に案内される。 In this case, the tape cassette 30 has three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) the tape cassette 30 is guided in the vertical direction by. よって、テープカセット30をカセット装着部8から取り外す過程で、テープカセット30に傾きが生じてカセット装着部8の内壁等に引っ掛かるおそれが防止される。 Therefore, in the process of removing the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8, could get caught on the inner wall and the like of the cassette housing portion 8 occurs is inclined to the tape cassette 30 is prevented.

ところで、第1の実施形態のテープカセット30は、第1収納領域30c側が下方傾斜しやすい重量バランスを有する。 Incidentally, the tape cassette 30 of the first embodiment, the first housing area 30c side has a easy weight balance inclined downward. 一方、第1収納領域30cには、第1のテープ(感熱紙テープ55)の重心を貫通する第1テープ支持孔65が設けられている。 On the other hand, in the first storage region 30c, the first tape support hole 65 penetrating the center of gravity of the first tape (heat-sensitive paper tape 55) is provided. また、テープ印字装置1には、第1テープ支持孔65に挿入される補助軸110が設けられている。 Further, the tape printing apparatus 1, the auxiliary shaft 110 is provided to be inserted into the first tape support hole 65. テープカセット30の着脱時には、カセット装着部8の内部で浮きや傾きが生じやすい第1収納領域30cが、第1テープ支持孔65に挿入される補助軸110によって上下方向に案内される。 During attachment and detachment of the tape cassette 30, the first housing area 30c of inside prone to lifting and inclination of the cassette housing portion 8 is guided in the vertical direction by the auxiliary shaft 110 to be inserted into the first tape support hole 65. そのため、テープカセット30の装着時において、第1収納領域30cが下方傾斜することに起因するテープカセット30の浮きや傾きの発生が抑制される。 Therefore, at the time of mounting of the tape cassette 30, the occurrence of floating and inclination of the tape cassette 30 in which the first housing area 30c is caused by inclined downward it is suppressed.

また、テープカセット30は、平面視でテープカセット30の一対の対角部(具体的には、ローラ支持孔64およびガイド孔47)と第1のテープの重心位置(具体的には、第1テープ支持孔65)との3点において上下方向に案内される。 The tape cassette 30 has a pair of opposite corners of the tape cassette 30 (specifically, the roller support hole 64 and the guide hole 47) in a plan view the position of the center of gravity of the first tape (specifically, the first It is guided in the vertical direction in three points with the tape support hole 65). そのため、カセット装着部8に装着される過程で、テープカセット30に位置ズレや傾きが生じることが適切に防止される。 Therefore, in the process of being installed in the cassette housing portion 8, positional deviation and inclination in the tape cassette 30 that may occur it is properly prevented. なお、テープカセット30の全体の重心が、平面視でローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47を結ぶ領域内に位置することが好適である。 The overall center of gravity of the tape cassette 30 is, the roller support hole 64 in plan view, the first tape support hole 65, to be located within the region connecting the guide hole 47 is suitable. これによれば、平面視でテープカセット30が案内される3点(すなわち、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)に、テープカセット30の自重が均等に分散して作用する。 According to this, three points tape cassette 30 is guided in a plan view (i.e., the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120), the own weight of the tape cassette 30 acts evenly distributed. そして、テープカセット30の着脱方向への移動がスムーズになるとともに、テープカセット30が装着される過程での位置ズレや傾きの発生がより確実に防止される。 Then, with the movement of the detaching direction of the tape cassette 30 becomes smooth, the generation of positional deviation and inclination of the process of the tape cassette 30 is mounted is prevented more reliably.

また、テープカセット30は平面視で4つの角部を有するところ、ローラ支持孔64が設けられた左前方の角部と、その対角に位置してガイド孔47が設けられた右後方の角部との少なくとも2点において、テープカセット30の着脱が案内される。 Further, the tape cassette 30 is place having four corners in plan view, a left front corner of the roller support hole 64 is provided, the right rear corner of the guide hole 47 located in its diagonal is provided in at least two points of the parts, attachment and detachment of the tape cassette 30 is guided. テープカセット30の左前方の角部およびその近傍では、テープ送りローラ46によるテープ送り出しが行われるとともに、サーマルヘッド10による印字が行われる。 In corners and near the left front of the tape cassette 30, along the tape feeding by the feeding roller 46 is performed, printing by the thermal head 10 is performed. また、テープの送り出しおよび印字のために、カセットケース31からテープが外部に露出している。 Moreover, because of the tape feed and the print tape is exposed to the outside from the cassette case 31. そのため、この左前方の角部におけるテープカセット30の位置決めが、印字品質やテープ走行に大きな影響を与える。 Therefore, positioning of the tape cassette 30 at the corner of the left front, a significant impact on print quality and tape travel. また、テープ送りローラ46によるテープ送り出しを行うためには、テープ送りローラ46を回転させるテープ駆動軸100が必須となる。 Further, in order to feed the tape by the tape feed roller 46, the tape drive shaft 100 for rotating the feeding roller 46 is essential.

以上のことから、テープカセット30が左前方の角部にて着脱方向に案内される構成を採用することで、テープの送り出しおよび印字が行われる位置の近傍でテープカセット30の位置決めを正確に行うことができる。 From the above, by employing the configuration in which the tape cassette 30 is guided in the detachable direction in the left front corner, accurately position the tape cassette 30 in the vicinity of the position where the tape feed and printing is performed be able to. また、テープカセット30の装着過程で外部に露出したテープが他の部材に絡んでしまう不具合(いわゆる、ジャム)の発生を抑制できる。 Further, it is possible to suppress the occurrence of an inconvenience tape exposed to the outside in the mounting process of the tape cassette 30 will entangled with other members (so-called jamming). また、テープ駆動軸100を案内軸の一つとして利用することで、テープカセット30の左前方の角部を案内する軸体を別途立設する必要がなく、テープ印字装置1の構造を簡素化することができる。 Further, by using the tape drive shaft 100 as one of the guide shaft, it is not necessary to separately erected shaft for guiding the corners of the left front of the tape cassette 30, simplifying the structure of the tape printer 1 can do. さらに、テープカセット30が右後方の角部にて着脱方向に案内される構成によって、平面視でテープカセット30において最も大きい2点間距離を確保できる両対角位置にてテープカセット30を安定的に着脱方向に案内することができる。 Further, the configuration where the tape cassette 30 is guided in the detachable direction at the rear right corner portion, stably tape cassette 30 at both diagonal positions of the largest distance between two points can be secured in the tape cassette 30 in a plan view it can be guided to the attaching and detaching direction.

テープカセット30が適正位置に装着された状態では、平面視で分割線Jと分割線Kとが略一致する(図5、図6参照)。 In a state where the tape cassette 30 is installed in the proper position, the dividing line J in plan view and the dividing line K substantially coincides (see FIGS. 5 and 6). そして、カセット装着部8に対して傾きや位置ズレを生じることなく、テープカセット30が凹陥部8aに収容されるとともに共通部32がカセット支持部8bで支持される。 Then, without causing tilt or misalignment with respect to the cassette housing portion 8, the common portion 32 with the tape cassette 30 is accommodated in the concave portion 8a is supported by the cassette supporting portion 8b. ヘッドホルダ74に固設されたサーマルヘッド10が、ヘッド装着部39内の適正な印字位置に配置される。 The thermal head 10 which is fixed to the head holder 74 is placed in the proper printing position within the head mounting portion 39. テープ駆動軸100およびリボン巻取軸95が、それぞれテープ送りローラ46およびリボン巻取スプール44に対して軸ズレを生じることなく適切に嵌挿される。 The tape drive shaft 100 and the ribbon winding shaft 95 is inserted properly fit without causing axial misalignment with respect to the feeding roller 46 and the ribbon take-up spool 44, respectively. プラテンホルダ12に設けられたスイッチ部20(複数の検出スイッチ21)が、アーム側面33に設けられたアーム識別部80(非押圧部81および押圧部82)と位置ズレを生じることなく対向して、テープカセット30の種類が正確に検出される。 Switch portion provided on the platen holder 12 20 (plurality of detection switches 21), facing without causing a positional shift between the arm indicator portion 80 provided on the arm side 33 (the non-pressing portions 81 and the pressing portion 82) , the type of the tape cassette 30 is detected accurately. そのため、テープ印字装置1では、テープやインクリボンの走行不良やサーマルヘッド10での印字不良が発生するおそれが大幅に低減され、適正な印字を実行することが可能である。 Therefore, in the tape printing apparatus 1, a possibility that bad printing on the running failure and the thermal head 10 of the tape and the ink ribbon is generated is greatly reduced, it is possible to perform proper printing.

尚、上記実施形態では、汎用カセットをサーマルタイプに構成したテープカセット30を、汎用機であるテープ印字装置1にて使用している。 In the above embodiment, the tape cassette 30 configured general purpose cassette thermal type, are used in the tape printer 1 is a general-purpose machine. それにより、テープ印字装置1は1台でサーマルタイプ、レセプタータイプ、ラミネートタイプ等、各種のテープカセットに対応させることが可能であり、1台毎に異なるテープ印字装置を用いる必要がない。 Thereby, the tape printing apparatus 1 is a thermal type in one, receptor type, laminated type etc., it is possible to correspond to various tape cassettes, it is not necessary to use a tape printer which is different for each one. また、テープカセットの製造に際し、カセットケースは通常複数の金型を組み合わせた上で樹脂を流し込んで形成するが、同じテープ幅のテープに対応したテープカセットであれば、アーム識別部80を形成する部分に含む金型等、一部の金型を除いて共通の金型を使用可能なため大変なコスト削減になる。 Further, in the production of the tape cassette, the cassette case normally will form by pouring resin on a combination of a plurality of molds, as long as the tape cassette corresponding to a tape of the same tape width, to form the arm indicator portion 80 dies, etc., including the portion becomes very cost reduction because it can use a common mold except a portion of the mold. この利点を生かした形で、サーマルタイプのテープカセットを作成しようとした場合、上記実施形態のように、汎用のカセットケースに対し、感熱紙テープ55は第1テープスプール40に巻回することが、長い感熱紙テープ55を収納するためには有効である。 In the form of utilizing this advantage, if you try to create a thermal type tape cassette, as in the above embodiment, with respect to general purpose cassette case, heat-sensitive paper tape 55 to be wound around the first tape spool 40, it is effective for accommodating the long heat-sensitive paper tape 55.

ところで、上記実施形態では、汎用カセットをサーマルタイプに構成したテープカセット30を、汎用機であるテープ印字装置1に使用する場合を例示したが、これに限定されない。 In the above embodiment, the tape cassette 30 configured general purpose cassette thermal type, a case has been exemplified for use in the tape printer 1 is a general-purpose machine, but is not limited thereto.

例えば、図19および図21に示すように、印字媒体への印字にインクリボンを使用しないサーマルタイプ専用のテープ印字装置1を構成する。 For example, as shown in FIGS. 19 and 21, constituting the thermal type only the tape printer 1 that does not use ink ribbon for printing to the print medium. すなわち、テープ印字装置1がサーマルタイプのテープカセット30のみが使用される専用機であれば、リボン巻取スプール44を回転させるリボン巻取軸95を備えていなくてもよい。 That is, if a dedicated machine tape printer 1 is only the thermal type tape cassette 30 is used, may not include the ribbon take-up shaft 95 for rotating the ribbon take-up spool 44. そのため、ギヤ94にリボン巻取軸95が立設されていない。 For this reason, the ribbon take-up shaft 95 to the gear 94 has not been erected.

一方、図20および図21に示すように、感熱紙テープのみを収納可能なサーマルタイプ専用のテープカセット30を構成する。 On the other hand, as shown in FIGS. 20 and 21, constituting the thermal type only the tape cassette 30 capable of accommodating only heat-sensitive paper tape. すなわち、テープカセット30がサーマルタイプ専用であれば、他の印字媒体やインクリボンを収納するための構成を備えていなくてもよい。 That is, if the tape cassette 30 is a thermal type only may not include a configuration for receiving the other of the print medium and the ink ribbon. そのため、第2テープスプールおよび第2テープスプールを支持するための第2テープ支持孔66と、リボン巻取スプール44およびリボン巻取スプール44を支持するための巻取支持孔67と、リボンスプールおよびリボンスプールを支持するリボン支持孔68とが設けられていない。 Therefore, the second tape support hole 66 for supporting the second tape spool and the second tape spool, a take-up support hole 67 for supporting the ribbon take-up spool 44 and the ribbon take-up spool 44, the ribbon spool and a ribbon support hole 68 for supporting the ribbon spool is not provided.

このような構成を採用した場合も、先述と同様の態様で、テープカセット30がテープ印字装置1に着脱される。 Even when adopting such a configuration, in the foregoing and similar embodiments, the tape cassette 30 is detachably attached to the tape printer 1. すなわち、3つの案内軸(テープ駆動軸100、ガイド軸120、補助軸110)が対応する3つの案内孔(ローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65)にそれぞれ挿入されることによって、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に案内される(図22参照)。 That is, three guide shafts (the tape drive shaft 100, the guide shaft 120, auxiliary shaft 110) the three corresponding guide holes (roller support hole 64, the guide hole 47, the first tape support hole 65) each being inserted it into Accordingly, the tape cassette 30 is guided to the proper position in the cassette housing portion 8 (see FIG. 22).

なお、図20および図21に示す専用カセットのテープカセット30では、図8および図9に示す汎用カセットのテープカセット30と比較して、第2収納領域30d側にリボン巻取スプール44等が存在しない分だけ、第1収納領域30cの重量がさらに大きくなる。 In the tape cassette 30 of the dedicated cassette shown in FIGS. 20 and 21, as compared with the tape cassette 30 of the general purpose cassette shown in FIGS. 8 and 9, like the ribbon winding spool 44 to the second storage region 30d side there only local content, the weight of the first housing area 30c is further increased. そうすると、テープカセット30の装着時に第1収納領域30c側がさらに下方傾斜しやすくなり、カセット装着部8においてテープカセット30の傾きや浮きが生じやすくなる。 Then, the first housing area 30c side is more easily inclined downward when mounting the tape cassette 30, tilt and lifting of the tape cassette 30 is likely to occur in the cassette housing portion 8. 第1の実施形態によれば、先述したように第1収納領域30cを貫通するガイド孔47に補助軸110が挿入されて、テープカセット30の着脱が案内される。 According to the first embodiment, the auxiliary shaft 110 is inserted into the guide hole 47 penetrating the first housing area 30c as previously described, attachment and detachment of the tape cassette 30 is guided. そのため、テープカセット30における第1収納領域30cの重量が大きくなったとしても、テープカセット30の傾きや浮きを防止することができる。 Therefore, even if the weight of the first housing area 30c in the tape cassette 30 is increased, it is possible to prevent inclination or lifting of the tape cassette 30.

また、上記実施形態では、平面視で第1テープ支持孔65の軸孔65cの開口中心に、軸孔65cの開口幅よりも若干軸径が小さい補助軸110が挿脱される場合を例示したが(図5、6等参照)、これに限定されない。 In the above embodiment, the opening center of the first shaft hole 65c of the tape support hole 65 in a plan view, and illustrates the case where the auxiliary shaft 110 slightly shaft diameter is small is inserted and removed than the opening width of the shaft hole 65c There (see FIGS. 5 and 6, etc.), but is not limited thereto. すなわち、補助軸110は、平面視でカセット装着部8に着脱されるテープカセット30が傾斜しやすい方向に位置し、且つ、軸孔65cの内周面に接触するように設けられてもよい。 That is, the auxiliary shaft 110 is positioned in the direction the tape cassette 30 is easily inclined to be detachable in the cassette housing portion 8 in a plan view, and may be provided so as to contact with the inner peripheral surface of the shaft hole 65c.

例えば、図23に示す補助軸110は、軸孔65cの開口幅よりも軸径が小さく(ここでは、軸孔65cの1/2程度)、カセット装着部8にテープカセット30を装着した場合に平面視で軸孔65cの開口中心よりも左上側に位置するように設けられている。 For example, auxiliary shaft 110 shown in FIG. 23 has a smaller shaft diameter than the opening width of the shaft hole 65c (in this case, about 1/2 of the axial hole 65c), when mounting the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8 It is provided so as to be positioned on the upper left side of the aperture center of the shaft hole 65c in plan view. 補助軸110は、軸孔65cの開口幅よりも軸径が小さい一方、軸孔65cの内周面における平面視で左上部分(以下、左後側面)に接触する。 Auxiliary shaft 110, while the shaft diameter is smaller than the opening width of the shaft hole 65c, the upper left portion in plan view of the inner peripheral surface of the shaft hole 65c (hereinafter, rear left side) in contact with. そのため、テープカセット30の着脱時には、上記実施形態と同様に、補助軸110が軸孔65cの内周面に接触しながら挿脱されることによって、テープカセット30が補助軸110に沿って案内される。 Therefore, when attaching and detaching of the tape cassette 30, similarly to the above embodiment, the auxiliary shaft 110 by being inserted and removed while being in contact with the inner peripheral surface of the shaft hole 65c, the tape cassette 30 is guided along the auxiliary shaft 110 that.

ここで、カセット装着部8に着脱されるテープカセット30は、2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)に沿って案内された場合、その着脱時に傾きが生じやすい方向は分割線Kと直交する方向F(図23の一点鎖線)となる。 Here, the tape cassette 30 which is detachably attached to the cassette housing portion 8, if it is guided along two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120), the direction prone inclination at the time of detaching the dividing line K the direction perpendicular to the F (one-dot chain line in FIG. 23). 一方、図23に示す補助軸110が接触する軸孔65cの左後側面は、軸孔65cを平面視したときに、テープカセット30に傾きが生じやすい直交方向Fにおける回転中心(分割線K)から最も離間した位置である。 On the other hand, the left rear side of the shaft hole 65c of the auxiliary shaft 110 shown in FIG. 23 is in contact, when the shaft hole 65c is viewed in plane, the rotation in the orthogonal direction F inclination is likely to occur in the tape cassette 30 center (dividing line K) is the most spaced apart position from.

つまり、図23に示す補助軸110は、第1テープ支持孔65の適正な平面位置を、平面視で分割線Kからの距離によって規定している。 That is, the auxiliary shaft 110 shown in FIG. 23, the proper plane position of the first tape support hole 65, are defined by the distance from the dividing line K in a plan view. そして、補助軸110が軸孔65cの左後側面に接触していることで、テープカセット30が平面視で分割線Kを回転中心として直交方向Fに傾斜することが抑止される。 Then, the auxiliary shaft 110 that is in contact with the left rear side of the shaft hole 65c, it is prevented that the tape cassette 30 is inclined in the orthogonal direction F as the center of rotation of the dividing line K in a plan view. なお、図23では補助軸110を軸孔65cの開口中心よりも左上側に位置するように設けているが、テープカセット30が傾斜しやすい他の方向(例えば、軸孔65cの開口中心よりも左側または上側)に位置するように設けても、上記と同様の効果が得られる。 Although provided so as to be positioned on the upper left side of the aperture center of FIG. 23 the auxiliary shaft 110 shaft hole 65c, the tape cassette 30 is easily inclined in another direction (e.g., than the opening center of the shaft hole 65c be provided so as to be positioned on the left or upper side), the same effect as described above can be obtained.

<第2の実施形態> <Second Embodiment>
図24〜図31を参照して、第2の実施形態に係るテープ印字装置1およびテープカセット30について説明する。 Referring to FIGS. 24 through 31, it will be described tape printer 1 and a tape cassette 30 according to the second embodiment. 第2の実施形態では、テープカセット30が一の印字媒体(具体的には、非感熱式の印字テープ)およびインクリボンを収納するとともに、テープ印字装置1への着脱を案内するための2つの案内孔を有する場合を例示する。 In the second embodiment (specifically, the non-heat-sensitive printing tape) tape cassette 30 in the one print medium as well as accommodating and the ink ribbon, the tape printing apparatus detachably two for guiding to 1 It illustrates a case having a guide hole. また、テープ印字装置1が上記の2つの案内孔に対応して、テープカセット30を適正位置に案内する2つの案内軸を有する場合を例示する。 Further, the tape printer 1 in response to two of the guide hole described above illustrate a case with two guide shafts for guiding the tape cassette 30 in a proper position.

図24〜図26に示すように、第2の実施形態に係るテープ印字装置1は、第1の実施形態に係るテープ印字装置1(図1〜図7参照)と同様に、テープ種類が異なる複数のテープカセット30を共通して使用可能な汎用機である。 As shown in FIGS. 24 to 26, the tape printer 1 according to the second embodiment, similarly to the tape printer 1 according to the first embodiment (see FIGS. 1 to 7), the tape type is different of a general-purpose machines can be used in common to a plurality of the tape cassette 30. ただし、補助軸110が設けられていない点が、第1の実施形態に係るテープ印字装置1とは異なる。 However, that the auxiliary shaft 110 is not provided, different from the tape printer 1 according to the first embodiment.

図24に示すように、第2の実施形態に係るテープカセット30は、第1の実施形態に係るテープカセット30(図3、図7〜図13参照)と同様に、各種のテープ種類を実装可能な汎用カセットである。 As shown in FIG. 24, the tape cassette 30 according to the second embodiment, similarly to the tape cassette 30 according to the first embodiment (see FIGS. 3, 7 to 13), implements the various tape type it is a general purpose cassette. ただし、図26に示すように、第2の実施形態のテープカセット30は、第1テープ支持孔65によって第1テープスプール40が回転支持されるとともに、第1のテープとして非感熱式の印字テープ57が第1テープスプール40に巻回されている。 However, as shown in FIG. 26, the tape cassette 30 of the second embodiment, together with the first tape support hole 65 is the first tape spool 40 is rotatably supported, non-heat-sensitive printing tape as a first tape 57 is wound first tape spool 40 wound. また、リボン支持孔68によってリボンスプール42が回転支持されるとともに、印字テープ57への印字に使用されるインクリボン60がリボンスプール42に巻回されている。 Further, the ribbon spool 42 is rotatably supported by the ribbon support hole 68, the ink ribbon 60 used for printing on the print tape 57 is wound around the ribbon spool 42 wound. つまり、第2の実施形態のテープカセット30は、所謂レセプタータイプのテープカセットとして実装されている。 In other words, the tape cassette 30 of the second embodiment is implemented as a tape cassette so-called receptor type. なお、レセプタータイプのテープカセット30は他の印字媒体を収納する必要がないため、第2のテープが巻回される第2テープスプールを備えていない。 Incidentally, the tape cassette 30 of the receptor type does not need to house the other print medium, the second tape is not provided with the second tape spool being wound.

上記説明したテープ印字装置1およびテープカセット30では、テープ印字装置1における印字実行時に、テープ駆動軸100を介して回転駆動されるテープ送りローラ46が、可動搬送ローラ14との協働によって第1テープスプール40から印字テープ57を引き出す。 In the tape printer 1 and a tape cassette 30 described above, when the print execution in the tape printer 1, the tape feed roller 46 which is driven to rotate via the tape drive shaft 100, first the movable feed roller 14 in cooperation with 1 pull out the print tape 57 from the tape spool 40. また、リボン巻取軸95を介して回転駆動されるリボン巻取スプール44が、印字スピードと同期してリボンスプール42から未使用のインクリボン60を引き出す。 Further, the ribbon take-up spool 44 which is driven to rotate via the ribbon take-up shaft 95, pulls out the unused ink ribbon 60 from the ribbon spool 42 in synchronization with the print speed. 第1テープスプール40から引き出された印字テープ57は、平面視でリボン支持孔68の外側を通過しながらアーム部34内の搬送経路に沿って搬送される。 Print tape 57 pulled out from the first tape spool 40 is conveyed along the feed path within the arm portion 34 while passing through the outside of the ribbon support hole 68 in plan view. さらに、印字テープ57はその表面にインクリボン60が重合された状態で開口34aからヘッド装着部39に供給され、テープ印字装置1のサーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に搬送される。 Further, the print tape 57 is supplied to the head mounting portion 39 from the opening 34a in a state where the ink ribbon 60 is polymerized on the surface, it is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15 of the tape printer 1. そして、サーマルヘッド10によって印字テープ57の印字面に対して文字、図形、記号等が印字される。 Then, characters, figures, symbols, etc. are printed with respect to the print surface of the print tape 57 by the thermal head 10. その後、使用済みのインクリボン60は案内壁38にて印字済みの印字テープ57から剥がされ、リボン巻取スプール44に巻き取られる。 Thereafter, the used ink ribbon 60 is separated from the printed print tape 57 at the guide wall 38, and wound onto the ribbon take-up spool 44. 一方、印字済みの印字テープ57はさらにテープ排出口49に向かって搬送され、カット機構17によって切断される。 On the other hand, the printed print tape 57 is transported further towards the tape exit 49, is cut by cutting mechanism 17.

図8、図9、図26に示すように、第2の実施形態に係るテープカセット30に設けられた各部の位置関係は、第1の実施形態と同様であるが次の点で異なる。 8, 9, 26, the positional relationship of respective portions provided in the tape cassette 30 according to the second embodiment is the same as the first embodiment differs in the following points. すなわち、第1テープ支持孔65では、印字テープ57が巻回された第1テープスプール40が回転支持されている。 That is, in the first tape support hole 65, the first tape spool 40 the print tape 57 is wound is rotatably supported. そのため、印字テープ57の重心が、平面視で第1収納領域30cの範囲内に位置している。 Therefore, the center of gravity of the print tape 57 is positioned within the first housing area 30c in plan view. 一方、リボン支持孔68では、未使用のインクリボン60が巻回されたリボンスプール42が回転支持されている。 On the other hand, the ribbon support hole 68, the ribbon spool 42 in which the ink ribbon 60 not yet used wound therearound is rotatably supported. 巻取支持孔67では、使用済みのインクリボン60が巻回されたリボン巻取スプール44が回転支持されている。 In the take-up support hole 67, the ribbon take-up spool 44 which used ink ribbon 60 is wound is rotatably supported. そのため、インクリボン60の重心が、平面視で第2収納領域30dの範囲内に位置している。 Therefore, the center of gravity of the ink ribbon 60 is positioned within the second housing area 30d in plan view.

上記のような位置関係によって、第2の実施形態に係るテープカセット30では、分割線Kを基準とした第1収納領域30cと第2収納領域30dとの重量が近似する。 The positional relationship as described above, in the tape cassette 30 according to the second embodiment, the weight of the first storage area 30c relative to the dividing line K and the second housing area 30d approximates. このような重量バランスを有するテープカセット30を、例えばユーザが左右両端の側壁37を指で挟持しながら上壁面35および下壁面36を略水平に維持しつつカセット装着部8に垂直に嵌め込む。 The tape cassette 30 having such a weight balance, for example, a user fitted vertically sidewalls 37 of the right and left ends in the cassette housing portion 8 substantially while maintaining horizontal upper wall 35 and lower wall 36 while held between fingers. このとき、テープカセット30における重量の偏りが少ないことによって、分割線Kを回転中心としてテープカセット30が傾斜することが抑制される。 At this time, by the weight of the bias in the tape cassette 30 is small, the tape cassette 30 is inclined can be suppressed as the center of rotation of the dividing line K. さらに、一般に印字テープ57のほうがインクリボン60よりも重量が大きいところ、リボン巻取スプール44の重みによって第1収納領域30cと第2収納領域30dとの重量差がさらに小さくなっている(つまり、テープカセット30の重量の偏りが軽減されている)。 Furthermore, generally at a weight than the ink ribbon 60 towards the print tape 57 is large, the weight difference between the first housing area 30c and the second storage region 30d becomes even smaller by the weight of the ribbon take-up spool 44 (i.e., weight bias of the tape cassette 30 is reduced).

第2の実施形態における、カセット装着部8に対するテープカセット30の着脱態様について、図27および図28を参照して説明する。 In the second embodiment, the detachable embodiment of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8 will be described with reference to FIGS. 27 and 28. なお、カセット装着部8に立設された各部材の高さ関係については、補助軸110が設けられていない点を除いて、第1の実施形態と同様である。 Note that the height relationship of each member is erected in the cassette housing portion 8, except that the auxiliary shaft 110 is not provided is the same as the first embodiment.

ユーザがテープカセット30をカセット装着部8に装着する場合は、ローラ支持孔64およびガイド孔47をそれぞれテープ駆動軸100およびガイド軸120に対して平面視での相対位置をほぼ一致させ、先述したように上壁面35および下壁面36を略水平に維持しつつ垂直に嵌め込む。 If the user wears the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, substantially to match the relative positions in a plan view a roller support hole 64 and the guide hole 47 with respect to the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120, respectively, previously described fitted vertically substantially while maintaining horizontal upper wall 35 and lower wall 36 as. テープカセット30をカセット装着部8に向けて下方に移動させると、図27に示すようにテープ駆動軸100およびガイド軸120の各上端が、テープカセット30の下壁面36に設けられた開口部64b,47bにほぼ同時にそれぞれ進入する。 Moving downward toward the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, the upper end of the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120 as shown in FIG. 27, the opening 64b provided in the lower wall 36 of the tape cassette 30 , respectively, entering at about the same time to 47b.

図27に示す状態から、テープカセット30をさらに下方に移動させると、テープ駆動軸100およびガイド軸120はそれぞれ開口部64b,47bを介して軸孔46d,47cに下方から挿入される。 From the state shown in FIG. 27, is moved further down the tape cassette 30, respectively the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120 is opening 64b, a shaft hole through 47b 46d, it is inserted from below 47c. そして、テープカセット30は、軸孔46d,47cにそれぞれ挿入されるテープ駆動軸100およびガイド軸120の立設方向(つまり、上下方向)に沿って案内されつつ、自重の作用も加わって下方に移動する。 Then, the tape cassette 30, the shaft hole 46d, standing direction of the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120 is inserted into the 47c (i.e., vertical direction) while being guided along a, downwardly also joined the action of its own weight Moving. これに伴って、サーマルヘッド10を備えたヘッドホルダ74がヘッド装着部39に挿入されるとともに、リボン巻取軸95が開口部67bを介して軸孔44cに下方から挿入される。 Along with this, together with the head holder 74 with the thermal head 10 is inserted into the head mounting portion 39, the ribbon take-up shaft 95 is inserted from below into the shaft hole 44c through the opening 67b.

図28に示すように、テープカセット30をテープ駆動軸100およびガイド軸120に沿って下方に移動させていくと、カセット支持部8b上に立設された位置決めピン103がテープカセット30の右後部に位置する共通部32の下面に接触する。 As shown in FIG. 28, when the tape cassette 30 will be moved downwardly along the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120, positioning pins 103 that are disposed on the cassette support portion 8b of the tape cassette 30 right rear in contact with the lower surface of the common portion 32 positioned. 同時に、図28に図示しないが、カセット支持部8b上に立設された位置決めピン102がピン孔53に挿入され、位置決めピン102の上端がピン孔53内の天壁に接触する。 At the same time, although not shown in FIG. 28, the positioning pins 102 that are disposed on the cassette support portion 8b is inserted into the pin hole 53, the upper end of the positioning pin 102 comes into contact with the top wall of the pin hole 53. このように、第2実施形態では、テープカセット30が2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内される。 Thus, in the second embodiment, the tape cassette 30 is guided to a proper position in the cassette housing portion 8 by two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120). そして、テープカセット30は、ガイド軸120および位置決めピン102によって適正な平面位置に位置決めされるとともに、位置決めピン102,103によって適正な高さ位置に位置決めされる。 Then, the tape cassette 30, while being positioned in the proper plane position by the guide shaft 120 and the positioning pins 102 is positioned at the correct height position by the positioning pins 102 and 103. テープカセット30をカセット装着部8から取り外す場合も、テープカセット30が2つの案内軸に沿って上方に案内される。 When removing the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8 is also guided upwardly tape cassette 30 along the two guide shafts.

なお、第2の実施形態のガイド孔47は、平面視で左右方向を長径とし、前後方向を短径とする楕円形状の開口をなす。 The guide hole 47 of the second embodiment, the left-right direction and the major axis in plan view, forms an opening of oval shape with the minor axis in the longitudinal direction. ガイド孔47の径(長径および短径)は、ガイド軸120の小径軸部120bの直径よりも大きく、特に前後方向の開口幅よりも左右方向の開口幅が大きい。 Diameter of the guide hole 47 (long diameter and short diameter) is larger than the diameter of the small diameter shaft portion 120b of the guide shaft 120, a large opening width in the lateral direction than the particular longitudinal direction of the opening width. また、ガイド孔47の短径はガイド軸120の大径軸部120aの直径と略等しいため、ガイド軸120が挿入されると大径軸部120aに対して前後方向から緊密に係止する一方、大径軸部120aの左右方向に遊びを生じる。 Further, since the short diameter of the guide hole 47 is substantially equal to the diameter of the large diameter shaft portion 120a of the guide shaft 120, while closely engaging the back and forth with respect to the large diameter shaft portion 120a guide shaft 120 is inserted , resulting in a play on the left and right direction of the large diameter shaft portion 120a. よって、第1の実施形態と同様に、カセット装着部8に設けられた2つの案内軸の全てに対してテープカセット30の対応する各孔部を正確に位置決めする必要がなく、テープカセット30の装着時におけるユーザの負担などが軽減される。 Therefore, as in the first embodiment, exactly it is not necessary to position each corresponding hole of the tape cassette 30 for all of the two guide shafts provided in the cassette housing portion 8, the tape cassette 30 such as the user's burden at the time of mounting can be reduced. また、印字品質を犠牲にすることなくテープカセット30の着脱をスムーズにすることができる。 Further, it is possible to smoothly attachment and detachment of the tape cassette 30 without sacrificing print quality.

第2の実施形態のテープカセット30は、第1収納領域30cと第2収納領域30dとで重量が近似した重量バランスを有する。 The tape cassette 30 of the second embodiment has a weight balance weight is approximated by a first storage region 30c and the second storage region 30d. そのため、テープカセット30をカセット装着部8に装着する過程で、テープカセット30の自重による傾きが生じにくい。 Therefore, in the process of mounting the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, the slope is less likely to occur due to the weight of the tape cassette 30. よって、第1の実施形態のように補助軸110を設けなくても、テープカセット30を2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内することができる。 Therefore, even without providing the auxiliary shaft 110 as in the first embodiment, be guided by the tape cassette 30 the two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) to the proper position in the cassette housing portion 8 it can.

さらに、テープカセット30は、平面視でテープカセット30の一対の対角部(具体的には、ローラ支持孔64およびガイド孔47)の2点において上下方向に案内される。 Further, the tape cassette 30 includes a pair of diagonal corners of the tape cassette 30 (specifically, the roller support hole 64 and the guide hole 47) in plan view is guided in the vertical direction in two points. つまり、印字テープ57の重心位置とインクリボン60の重心位置との間を通る分割線Kを中心に、テープカセット30が着脱方向に案内される。 In other words, around the dividing line K passing between the gravity center position of the center of gravity position and the ink ribbon 60 of the print tape 57, the tape cassette 30 is guided in the detachable direction. そのため、カセット装着部8に装着される過程で、テープカセット30に位置ズレや傾きが生じることが適切に防止される。 Therefore, in the process of being installed in the cassette housing portion 8, positional deviation and inclination in the tape cassette 30 that may occur it is properly prevented.

ところで、上記実施形態では、汎用カセットをレセプタータイプに構成したテープカセット30を、汎用機であるテープ印字装置1に使用する場合を例示したが、これに限定されない。 In the above embodiment, the tape cassette 30 configured general purpose cassette receptor type, a case has been exemplified for use in the tape printer 1 is a general-purpose machine, but is not limited thereto.

例えば、図29および図30に示すように、印字テープおよびインクリボンのみを収納可能なレセプタータイプ専用のテープカセット30を構成する。 For example, as shown in FIGS. 29 and 30, constituting the receptor type only the tape cassette 30 capable of accommodating only the printing tape and the ink ribbon. すなわち、テープカセット30がレセプタータイプ専用であれば、他の印字媒体を収納するための構成を備えていなくてもよい。 That is, the tape cassette 30 is as long as receptor type only may not include a configuration for receiving the other of the print medium. そのため、第2テープスプールおよび第2テープスプールを支持するための第2テープ支持孔66が設けられていない。 Therefore, the second tape support hole 66 for supporting the second tape spool and the second tape spool is not provided.

また、第2の実施形態のテープ印字装置1は補助軸110を備えていないため、テープカセット30に補助軸110が挿入される第1テープ支持孔65を設けなくてもよい。 Further, since the tape printer 1 of the second embodiment is not provided with an auxiliary shaft 110 may not be provided with the first tape support hole 65 of the auxiliary shaft 110 is inserted into the tape cassette 30. 例えば、図29に示すように第1テープ支持孔65に代えて、カセットケース31の内部で第1テープスプール40を軸支する筒壁部65dを、上壁面35および下壁面36に亘って立設してもよい。 For example, instead of the first tape support hole 65 as shown in FIG. 29, the inside cylindrical wall portion 65d for supporting the first tape spool 40 of the cassette case 31, standing over the upper wall surface 35 and the lower wall surface 36 it may be set.

このような構成を採用した場合も、先述と同様の態様で、テープカセット30がテープ印字装置1に着脱される。 Even when adopting such a configuration, in the foregoing and similar embodiments, the tape cassette 30 is detachably attached to the tape printer 1. すなわち、2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)が対応する2つの案内孔(ローラ支持孔64およびガイド孔47)にそれぞれ挿入されることによって、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に案内される(図28参照)。 That is, by two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) are respectively inserted into the two corresponding guide holes (roller support hole 64 and the guide hole 47), the tape cassette 30 is a cassette housing portion 8 is guided to the correct position (see FIG. 28).

なお、上記実施形態では、印字テープ57の重心が第1収納領域30cに位置し、インクリボン60の重心が第2収納領域30dに位置する構成によって、テープカセット30の重量バランスが調整されている。 In the above embodiment, the center of gravity of the print tape 57 is positioned in the first housing area 30c, the configuration of the center of gravity of the ink ribbon 60 are positioned in the second housing area 30d, the weight balance of the tape cassette 30 is adjusted . しかしながら、印字テープ57はそのテープの厚みや材質の違いによって重量が変化する。 However, the print tape 57 by weight is changed by the difference of the thickness and material of the tape. 例えばテープの材質等によって重量の大きい印字テープ57が使用されると、2つの案内孔(ローラ支持孔64およびガイド孔47)で結んだ線上にテープカセット30の重心が位置せず、第1収納領域30c側に偏ることが想定される。 For example, large print tape 57 having a weight depending on the material, etc. of the tape is used, the line connecting the two guide holes (roller support hole 64 and the guide hole 47) without a position the center of gravity of the tape cassette 30 is first housed it is envisioned that biased to region 30c side.

この場合は、図31に示すように、第1の実施形態と同様に、テープカセット30を第1テープ支持孔65が設けられた構成(図24参照)とし、テープ印字装置1を先述の補助軸110が設けられた構成(図3、図4等参照)とすればよい。 In this case, as shown in FIG. 31, as in the first embodiment, a configuration in which the tape cassette 30 is first tape support hole 65 provided (see FIG. 24), assists the tape printer 1 of the aforementioned configuration shaft 110 is provided (FIG. 3, see FIG. 4) may be set. そうすると、第1の実施形態と同様に、カセット装着部8に対して着脱されるテープカセット30は、2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)に加えて補助軸110によっても案内される(図14〜図16参照)。 Then, as in the first embodiment, the tape cassette 30 to be attached to and detached from the cassette housing portion 8 is also guided by the auxiliary shaft 110 in addition to the two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) that (see FIGS. 14 to 16). つまり、印字テープ57の重量が大きいためにテープカセット30全体の重心が第1収納領域30c側に偏った場合でも、第1の実施形態と同様にテープカセット30をカセット装着部8にスムーズに装着することができる。 In other words, even if the center of gravity of the entire tape cassette 30 is biased to the first housing area 30c side for the weight of the print tape 57 is large, smoothly mounting the tape cassette 30 similarly to the first embodiment in the cassette housing portion 8 can do.

<第3の実施形態> <Third Embodiment>
図32〜図35を参照して、第3の実施形態に係るテープ印字装置1およびテープカセット30について説明する。 Referring to FIGS. 32 to 35, it will be described tape printer 1 and a tape cassette 30 according to the third embodiment. 第3の実施形態では、テープカセット30が一の印字媒体(具体的には、感熱紙テープ)を収納するとともに、テープ印字装置1への着脱を案内するための2つの案内孔を有する場合を例示する。 In the third embodiment, exemplifying a case the tape cassette 30 (specifically, heat-sensitive paper tape) one printing medium as well as accommodating, with two guide holes for guiding the attachment and detachment of the tape printer 1 to. また、テープ印字装置1が上記の2つの案内孔に対応して、テープカセット30を適正位置に案内する2つの案内軸を有する場合を例示する。 Further, the tape printer 1 in response to two of the guide hole described above illustrate a case with two guide shafts for guiding the tape cassette 30 in a proper position.

図32に示すように、第3の実施形態に係るテープ印字装置1は、第2の実施形態に係るテープ印字装置1(図24〜図26参照)と同様に、テープ種類が異なる複数のテープカセット30を共通して使用可能な汎用機であって、第1の実施形態とは異なり補助軸110は設けられていない。 As shown in FIG. 32, the tape printer 1 according to the third embodiment, similarly to the tape printer 1 according to the second embodiment (see FIGS. 24 26), a plurality of tapes tape type is different a general-purpose machine that can use cassette 30 commonly, unlike the first embodiment the auxiliary shaft 110 is not provided.

第3の実施形態に係るテープカセット30は、第1の実施形態に係るテープカセット30(図3、図7〜図13参照)と同様に、各種のテープ種類を実装可能な汎用カセットである。 The tape cassette 30 according to the third embodiment, the tape cassette 30 (see FIGS. 3 and 7 to 13) according to the first embodiment as well as a variety of tape types of implementable general purpose cassette. ただし、図32に示すように、第3の実施形態のテープカセット30は、第2テープ支持孔66によって第2テープスプール41が回転支持されるとともに、第2のテープとして感熱紙テープ55が第2テープスプール41に巻回されている。 However, as shown in FIG. 32, the tape cassette 30 of the third embodiment, with the second tape support hole 66 and the second tape spool 41 is rotatably supported, heat-sensitive paper tape 55 as the second tape is second It is wound tape spool 41 wound. つまり、第3の実施形態のテープカセット30は、所謂サーマルタイプのテープカセットとして実装されている。 In other words, the tape cassette 30 of the third embodiment is implemented as a so-called thermal type tape cassette. なお、サーマルタイプのテープカセット30は他の印字媒体およびインクリボンを収納する必要がないため、第1のテープが巻回される第1テープスプールおよびインクリボンが巻回されるリボンスプールを備えていない。 Incidentally, the thermal type tape cassette 30 does not need to house the other print media and an ink ribbon, provided with a ribbon spool first tape spool and the ink ribbon first tape is wound is wound Absent.

上記説明したテープ印字装置1およびテープカセット30では、第1の実施形態と同様に、感熱紙テープ55への印字が実行される。 In the tape printer 1 and a tape cassette 30 described above, as in the first embodiment, printing on the heat-sensitive paper tape 55 is performed. ただし、第1の実施形態とは異なり、感熱紙テープ55は第2テープスプール41から引き出される。 However, unlike the first embodiment, the heat-sensitive paper tape 55 is pulled out from the second tape spool 41.

図8、図9、図32に示すように、第3の実施形態に係るテープカセット30に設けられた各部の位置関係は、第1の実施形態と同様であるが次の点で異なる。 8, 9, 32, the positional relationship of respective portions provided in the tape cassette 30 according to the third embodiment is the same as the first embodiment differs in the following points. すなわち、第2テープ支持孔66では、感熱紙テープ55が巻回された第2テープスプール41が回転支持されている。 That is, in the second tape support hole 66, the second tape spool 41 heat-sensitive paper tape 55 is wound is rotatably supported. そのため、感熱紙テープ55の重心が、平面視で分割線K上に位置している。 Therefore, the center of gravity of the heat-sensitive paper tape 55 is located on the dividing line K in a plan view.

上記のような位置関係によって、第3の実施形態に係るテープカセット30では、テープカセット30全体の重心が平面視で分割線K上またはその近傍に位置する。 The positional relationship as described above, in the tape cassette 30 according to the third embodiment, the center of gravity of the entire tape cassette 30 is positioned at the dividing line K on or near the in plan view. このような重量バランスを有するテープカセット30を、例えばユーザが左右両端の側壁37を指で挟持しながら上壁面35および下壁面36を略水平に維持しつつカセット装着部8に垂直に嵌め込む。 The tape cassette 30 having such a weight balance, for example, a user fitted vertically sidewalls 37 of the right and left ends in the cassette housing portion 8 substantially while maintaining horizontal upper wall 35 and lower wall 36 while held between fingers. このとき、テープカセット30の重心が分割線K上またはその近傍に位置することによって、分割線Kを回転中心としてテープカセット30が傾斜することが抑制される。 At this time, by the center of gravity of the tape cassette 30 is positioned on or near the division line K, the tape cassette 30 is inclined can be suppressed as the center of rotation of the dividing line K.

第3の実施形態におけるカセット装着部8に対するテープカセット30の着脱態様は、第2の実施形態(図27および図28参照)と同様である。 Removable aspect of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8 in the third embodiment is similar to the second embodiment (see FIGS. 27 and 28). すなわち、テープカセット30は、2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内される。 That is, the tape cassette 30 is guided to a proper position in the cassette housing portion 8 by two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120). テープカセット30をカセット装着部8から取り外す場合も、テープカセット30が2つの案内軸に沿って上方に案内される。 When removing the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8 is also guided upwardly tape cassette 30 along the two guide shafts.

なお、第3の実施形態のガイド孔47は、平面視で真円形状の開口をなし、ガイド軸120の小径軸部120bの軸径よりも開口幅が大きい。 The guide hole 47 of the third embodiment, without a true circular opening in plan view, the opening width is larger than the shaft diameter of the small diameter shaft portion 120b of the guide shaft 120. そのため、第1の実施形態と同様に、カセット装着部8に設けられた2つの案内軸の全てに対してテープカセット30の対応する各孔部を正確に位置決めする必要がなく、テープカセット30の装着時におけるユーザの負担などが軽減される。 Therefore, as in the first embodiment, exactly it is not necessary to position each corresponding hole of the tape cassette 30 for all of the two guide shafts provided in the cassette housing portion 8, the tape cassette 30 such as the user's burden at the time of mounting can be reduced. ただし、ガイド孔47の直径は、ガイド軸120の大径軸部120aの軸径と略等しい。 However, the diameter of the guide hole 47 is substantially equal to the shaft diameter of the large diameter shaft portion 120a of the guide shaft 120. そのため、ガイド孔47にガイド軸120が挿入された場合は、大径軸部120aがガイド孔47の全周方向から緊密に係止される。 Therefore, if the guide shaft 120 is inserted into the guide hole 47, the large diameter shaft portion 120a is locked tightly engaged from the entire circumferential direction of the guide hole 47. これによれば、カセット装着部8に装着されたテープカセット30をより正確な平面位置に位置決めすることができる。 According to this, it is possible to position the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8 in a more precise plane position.

第3の実施形態のテープカセット30は、平面視で分割線K上またはその近傍に重心が位置する重量バランスを有する。 The tape cassette 30 of the third embodiment has a weight balance the center of gravity is positioned in or near the on parting line K in a plan view. そのため、テープカセット30をカセット装着部8に装着する過程で、テープカセット30の自重による傾きが生じにくい。 Therefore, in the process of mounting the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, the slope is less likely to occur due to the weight of the tape cassette 30. よって、第1の実施形態のように補助軸110を設けなくても、テープカセット30を2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内することができる。 Therefore, even without providing the auxiliary shaft 110 as in the first embodiment, be guided by the tape cassette 30 the two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) to the proper position in the cassette housing portion 8 it can.

さらに、テープカセット30は、平面視でテープカセット30の一対の対角部(具体的には、ローラ支持孔64およびガイド孔47)の2点において上下方向に案内される。 Further, the tape cassette 30 includes a pair of diagonal corners of the tape cassette 30 (specifically, the roller support hole 64 and the guide hole 47) in plan view is guided in the vertical direction in two points. つまり、感熱紙テープ55の重心位置またはその近傍を通る分割線Kを中心に、テープカセット30が着脱方向に案内される。 In other words, around the dividing line K passing through the center of gravity position or near the heat-sensitive paper tape 55, the tape cassette 30 is guided in the detachable direction. そのため、カセット装着部8に装着される過程で、テープカセット30に位置ズレや傾きが生じることが適切に防止される。 Therefore, in the process of being installed in the cassette housing portion 8, positional deviation and inclination in the tape cassette 30 that may occur it is properly prevented.

ところで、上記実施形態では、汎用カセットをサーマルタイプに構成したテープカセット30を、汎用機であるテープ印字装置1に使用する場合を例示したが、これに限定されない。 In the above embodiment, the tape cassette 30 configured general purpose cassette thermal type, a case has been exemplified for use in the tape printer 1 is a general-purpose machine, but is not limited thereto.

例えば、図19および図34に示すように、印字媒体への印字にインクリボンを使用しないサーマルタイプ専用のテープ印字装置1を構成する。 For example, as shown in FIG. 19 and FIG. 34, constituting the thermal type only the tape printer 1 that does not use ink ribbon for printing to the print medium. 先述したように、サーマルタイプ専用のテープ印字装置1はリボン巻取軸95を備えていないが、ここでは図19に示すテープ印字装置1とは異なり補助軸110も備えていない(図34参照)。 As previously described, the tape printing device 1 of the thermal type only is not provided with the ribbon take-up shaft 95 does not comprise also different auxiliary shaft 110 and the tape printer 1 shown in FIG. 19 here (see FIG. 34) . 一方、図33および図34に示すように、感熱紙テープのみを収納可能なサーマルタイプ専用のテープカセット30を構成する。 On the other hand, as shown in FIGS. 33 and 34, constituting the thermal type only the tape cassette 30 capable of accommodating only heat-sensitive paper tape. ただし、図20および図21に示すサーマルタイプ専用のテープカセット30とは異なり、先述のように感熱紙テープ55を分割線K上に収納可能に構成される。 However, unlike the thermal type tape cassette 30 only shown in FIGS. 20 and 21, housing configured to allow the heat-sensitive paper tape 55 as previously described on the dividing line K. そのため、第1テープスプールおよび第1テープスプールを支持するための第1テープ支持孔65と、リボン巻取スプール44およびリボン巻取スプール44を支持するための巻取支持孔67と、リボンスプールおよびリボンスプールを支持するリボン支持孔68とが設けられていない。 Therefore, the first tape support hole 65 for supporting a first tape spool and the first tape spool, a take-up support hole 67 for supporting the ribbon take-up spool 44 and the ribbon take-up spool 44, the ribbon spool and a ribbon support hole 68 for supporting the ribbon spool is not provided.

このような構成を採用した場合も、先述と同様の態様で、テープカセット30がテープ印字装置1に着脱される。 Even when adopting such a configuration, in the foregoing and similar embodiments, the tape cassette 30 is detachably attached to the tape printer 1. すなわち、図35に示すように、2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)が対応する2つの案内孔(ローラ支持孔64およびガイド孔47)にそれぞれ挿入されることによって、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に案内される。 That is, as shown in FIG. 35, by the two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) are respectively inserted into the two corresponding guide holes (roller support hole 64 and the guide hole 47), the tape cassette 30 is guided to the proper position in the cassette mounting portion 8.

<第4の実施形態> <Fourth Embodiment>
図36および図37を参照して、第4の実施形態に係るテープ印字装置1およびテープカセット30について説明する。 Referring to FIGS. 36 and 37, the tape printer 1 and a tape cassette 30 will be described according to the fourth embodiment. 第4の実施形態では、テープカセット30が二の印字媒体(具体的には、両面粘着テープおよびフィルムテープ)およびインクリボンを収納するとともに、テープ印字装置1への着脱を案内するための2つの案内孔を有する場合を例示する。 In the fourth embodiment (specifically, the double-sided adhesive tape and film tape) tape cassette 30 are two of the print medium as well as accommodating and the ink ribbon, the tape printing apparatus detachably two for guiding to 1 It illustrates a case having a guide hole. また、テープ印字装置1が上記の2つの案内孔に対応して、テープカセット30を適正位置に案内する2つの案内軸を有する場合を例示する。 Further, the tape printer 1 in response to two of the guide hole described above illustrate a case with two guide shafts for guiding the tape cassette 30 in a proper position.

図36および図37に示すように、第4の実施形態に係るテープ印字装置1は、第2の実施形態に係るテープ印字装置1(図24〜図26参照)と同様に、テープ種類が異なる複数のテープカセット30を共通して使用可能な汎用機であって、第1の実施形態とは異なり補助軸110は設けられていない。 As shown in FIGS. 36 and 37, the tape printer 1 according to the fourth embodiment, similarly to the tape printer 1 according to the second embodiment (see FIGS. 24 26), the tape type is different a plurality of tape cassettes 30 is commonly available general-purpose machine, unlike the first embodiment the auxiliary shaft 110 is not provided.

第4の実施形態に係るテープカセット30は、第1の実施形態に係るテープカセット30(図3、図7〜図13参照)と同様に、各種のテープ種類を実装可能な汎用カセットである。 The tape cassette 30 according to the fourth embodiment, the tape cassette 30 (see FIGS. 3 and 7 to 13) according to the first embodiment as well as a variety of tape types of implementable general purpose cassette. ただし、図36および図37に示すように、第4の実施形態のテープカセット30は、第1テープ支持孔65によって第1テープスプール40が回転支持されるとともに、第1のテープとして両面粘着テープ58が第1テープスプール40に巻回されている。 However, as shown in FIGS. 36 and 37, the tape cassette 30 of the fourth embodiment, together with the first tape support hole 65 is the first tape spool 40 is rotatably supported, double-sided adhesive tape as a first tape 58 is wound around the first tape spool 40 wound. 第2テープ支持孔66によって第2テープスプール41が回転支持されるとともに、第2のテープとしてフィルムテープ59が第2テープスプール41に巻回されている。 With the second tape support hole 66 and the second tape spool 41 is rotatably supported, the film tape 59 as a second tape is wound around the second tape spool 41. リボン支持孔68によってリボンスプール42が回転支持されるとともに、インクリボン60がリボンスプール42に巻回されている。 With the ribbon spool 42 is rotatably supported by the ribbon support hole 68, the ink ribbon 60 is wound around the ribbon spool 42 wound. つまり、第4の実施形態のテープカセット30は、所謂ラミネートタイプのテープカセットとして実装されている。 In other words, the tape cassette 30 of the fourth embodiment is implemented as a so-called laminated type tape cassette.

上記説明したテープ印字装置1およびテープカセット30では、テープ印字装置1における印字実行時に、テープ駆動軸100を介して回転駆動されるテープ送りローラ46が、可動搬送ローラ14との協働によって第2テープスプール41からフィルムテープ59を引き出す。 In the tape printer 1 and a tape cassette 30 described above, when the print execution in the tape printer 1, the tape feed roller 46 which is driven to rotate via the tape drive shaft 100, first the movable feed roller 14 in cooperation with 2 from the tape spool 41 pull out the film tape 59. また、リボン巻取軸95を介して回転駆動されるリボン巻取スプール44が、印字スピードと同期してリボンスプール42から未使用のインクリボン60を引き出す。 Further, the ribbon take-up spool 44 which is driven to rotate via the ribbon take-up shaft 95, pulls out the unused ink ribbon 60 from the ribbon spool 42 in synchronization with the print speed. 第2テープスプール41から引き出されたフィルムテープ59は、平面視でリボン支持孔68の外側を通過しながらアーム部34内の搬送経路に沿って搬送される。 Film tape 59 pulled out from the second tape spool 41 is conveyed along the feed path within the arm portion 34 while passing through the outside of the ribbon support hole 68 in plan view. さらに、フィルムテープ59はその表面にインクリボン60が重合された状態で開口34aからヘッド装着部39に供給され、テープ印字装置1のサーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に搬送される。 Further, the film tape 59 is supplied to the head mounting portion 39 from the opening 34a in a state where the ink ribbon 60 is polymerized on the surface, it is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15 of the tape printer 1. そして、サーマルヘッド10によってフィルムテープ59の印字面に対して文字、図形、記号等が印字される。 Then, characters, figures, symbols, etc. are printed by the thermal head 10 with respect to the print surface of the film tape 59. その後、使用済みのインクリボン60は案内壁38にて印字済みのフィルムテープ59から剥がされ、リボン巻取スプール44に巻き取られる。 Thereafter, the used ink ribbon 60 is separated from the printed film tape 59 at the guide wall 38, and wound onto the ribbon take-up spool 44. 一方、テープ送りローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第1テープスプール40から両面粘着テープ58が引き出される。 On the other hand, the feeding roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with double-sided adhesive tape 58 is pulled out from the first tape spool 40. この両面粘着テープ58は、テープ送りローラ46と可動搬送ローラ14との間にガイドされて巻き込まれながら、印字済みのフィルムテープ59の印字面に重ねられて貼着される。 The double-sided adhesive tape 58, while being caught by being guided between the tape feed roller 46 and the movable feed roller 14, is stuck in superimposed with the printed surface of the printed film tape 59. 両面粘着テープ58が貼着された印字済みのフィルムテープ59(つまり、印字済テープ50)は、さらにテープ排出口49に向かって搬送されてカット機構17によって切断される。 Double-sided adhesive tape 58 already print that was adhered film tape 59 (i.e., the printed tape 50) is cut by cutting mechanism 17 is further conveyed toward the tape discharge port 49.

図8、図9、図36に示すように、第4の実施形態に係るテープカセット30に設けられた各部の位置関係は、第1の実施形態と同様であるが次の点で異なる。 8, 9, 36, the positional relationship of respective portions provided in the tape cassette 30 according to the fourth embodiment is the same as the first embodiment differs in the following points. すなわち、第1テープ支持孔65では、両面粘着テープ58が巻回された第1テープスプール40が回転支持されている。 That is, in the first tape support hole 65, the first tape spool 40 double-sided adhesive tape 58 is wound is rotatably supported. そのため、両面粘着テープ58の重心が、平面視で第1収納領域30cの範囲内に位置している。 Therefore, the center of gravity of the double-sided adhesive tape 58 is positioned within the first housing area 30c in plan view. 一方、リボン支持孔68では、未使用のインクリボン60が巻回されたリボンスプール42が回転支持されている。 On the other hand, the ribbon support hole 68, the ribbon spool 42 in which the ink ribbon 60 not yet used wound therearound is rotatably supported. 巻取支持孔67では、使用済みのインクリボン60が巻回されたリボン巻取スプール44が回転支持されている。 In the take-up support hole 67, the ribbon take-up spool 44 which used ink ribbon 60 is wound is rotatably supported. そのため、インクリボン60の重心が、平面視で第2収納領域30dの範囲内に位置している。 Therefore, the center of gravity of the ink ribbon 60 is positioned within the second housing area 30d in plan view. なお、第2テープ支持孔66では、フィルムテープ59が巻回された第2テープスプール41が回転支持されている。 In the second tape support hole 66, the second tape spool 41 where the film tape 59 is wound is rotatably supported. そのため、フィルムテープ59の重心が、平面視で分割線K上に位置している。 Therefore, the center of gravity of the film tape 59 is located on the dividing line K in a plan view.

上記のような位置関係によって、第4の実施形態に係るテープカセット30では、分割線Kを基準とした第1収納領域30cと第2収納領域30dとの重量が近似する。 The positional relationship as described above, in the tape cassette 30 according to the fourth embodiment, the weight of the first storage area 30c relative to the dividing line K and the second housing area 30d approximates. さらに、テープカセット30全体の重心が、平面視で分割線K上またはその近傍に位置する。 Furthermore, the center of gravity of the entire tape cassette 30 is positioned on the dividing line K in a plan view or in the vicinity thereof. このような重量バランスを有するテープカセット30を、例えばユーザが左右両端の側壁37を指で挟持しながら上壁面35および下壁面36を略水平に維持しつつカセット装着部8に垂直に嵌め込む。 The tape cassette 30 having such a weight balance, for example, a user fitted vertically sidewalls 37 of the right and left ends in the cassette housing portion 8 substantially while maintaining horizontal upper wall 35 and lower wall 36 while held between fingers. このとき、テープカセット30における重量の偏りが少ないことと、テープカセット30の重心が分割線K上またはその近傍に位置することとが相まって、分割線Kを回転中心としてテープカセット30が傾斜することが抑制される。 In this case, the possible weight of bias in the tape cassette 30 is small, it and is coupled to the center of gravity of the tape cassette 30 is positioned on or near the division line K, the tape cassette 30 is inclined as a rotation about the dividing line K There is suppressed. さらに、一般に両面粘着テープ58のほうがインクリボン60よりも重量が大きいところ、リボン巻取スプール44の重みによって第1収納領域30cと第2収納領域30dとの重量差がさらに小さくなっている(つまり、テープカセット30の重量の偏りが軽減されている)。 Furthermore, generally at a weight than the ink ribbon 60 towards the double-sided adhesive tape 58 is large, the weight difference between the first housing area 30c and the second housing area 30d by the weight of the ribbon take-up spool 44 becomes even smaller (i.e. , the weight of the deviation of the tape cassette 30 is reduced).

第4の実施形態におけるカセット装着部8に対するテープカセット30の着脱態様は、第2の実施形態(図27および図28参照)と同様である。 Removable aspect of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8 in the fourth embodiment is similar to the second embodiment (see FIGS. 27 and 28). すなわち、図37に示すように、テープカセット30は、2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内される。 That is, as shown in FIG. 37, the tape cassette 30 is guided to a proper position in the cassette housing portion 8 by two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120). テープカセット30をカセット装着部8から取り外す場合も、テープカセット30が2つの案内軸に沿って上方に案内される。 When removing the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8 is also guided upwardly tape cassette 30 along the two guide shafts.

なお、第4実施形態のガイド孔47は、平面視で左右方向の開口幅が前後方向の開口幅よりも大きい略長方形状の開口をなし、かつ、平面視でその四隅が丸みを帯びるような開口形状を有する長孔である。 The guide hole 47 of the fourth embodiment has a substantially rectangular opening larger than the opening width in the lateral direction is an opening width of the longitudinal direction in a plan view, and, as its four corners in plan view rounded is a long hole having an opening shape. ガイド孔47の前後方向および左右方向の各開口幅は、ガイド軸120の小径軸部120bの直径よりも大きく、特に前後方向の開口幅よりも左右方向の開口幅が大きい。 Each opening width of longitudinal and lateral directions of the guide hole 47 is larger than the diameter of the small diameter shaft portion 120b of the guide shaft 120, the opening width in the lateral direction is greater than the particular longitudinal direction of the opening width. また、ガイド孔47の前後方向の開口幅は、ガイド軸120の大径軸部120aの直径と略等しいため、ガイド軸120が挿入されると大径軸部120aに対して前後方向から緊密に係止する一方、大径軸部120aの左右方向に遊びを生じる。 Further, the front-rear direction of the opening width of the guide hole 47, since substantially equal to the diameter of the large diameter shaft portion 120a of the guide shaft 120, close the back and forth with respect to the large diameter shaft portion 120a guide shaft 120 is inserted while locking, produces a play in the lateral direction of the large diameter shaft portion 120a. よって、第1の実施形態と同様に、カセット装着部8に設けられた2つの案内軸の全てに対してテープカセット30の対応する各孔部を正確に位置決めする必要がなく、テープカセット30の装着時におけるユーザの負担などが軽減される。 Therefore, as in the first embodiment, exactly it is not necessary to position each corresponding hole of the tape cassette 30 for all of the two guide shafts provided in the cassette housing portion 8, the tape cassette 30 such as the user's burden at the time of mounting can be reduced. また、印字品質を犠牲にすることなくテープカセット30の着脱をスムーズにすることができる。 Further, it is possible to smoothly attachment and detachment of the tape cassette 30 without sacrificing print quality.

第4の実施形態のテープカセット30は、第1収納領域30cと第2収納領域30dとで重量が近似し、かつ、平面視で分割線K上またはその近傍に重心が位置する重量バランスを有する。 The tape cassette 30 of the fourth embodiment, the weight in the first storage region 30c and the second storage region 30d is approximate, and has a weight balance the center of gravity is located in the dividing line K on or near the in plan view . そのため、テープカセット30をカセット装着部8に装着する過程で、テープカセット30の自重による傾きが生じにくい。 Therefore, in the process of mounting the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, the slope is less likely to occur due to the weight of the tape cassette 30. よって、第1の実施形態のように補助軸110を設けなくても、テープカセット30を2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内することができる。 Therefore, even without providing the auxiliary shaft 110 as in the first embodiment, be guided by the tape cassette 30 the two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) to the proper position in the cassette housing portion 8 it can.

さらに、テープカセット30は、平面視でテープカセット30の一対の対角部(具体的には、ローラ支持孔64およびガイド孔47)の2点において上下方向に案内される。 Further, the tape cassette 30 includes a pair of diagonal corners of the tape cassette 30 (specifically, the roller support hole 64 and the guide hole 47) in plan view is guided in the vertical direction in two points. つまり、両面粘着テープ58の重心位置とインクリボン60の重心位置との間を通り、かつ、フィルムテープ59の重心位置またはその近傍を通る分割線Kを中心に、テープカセット30が着脱方向に案内される。 That is, passes between the center of gravity of the gravity center position and the ink ribbon 60 of the double-sided adhesive tape 58, and, around the dividing line K passing through the center of gravity position or near the film tape 59, the guide tape cassette 30 in the detachable direction It is. そのため、カセット装着部8に装着される過程で、テープカセット30に位置ズレや傾きが生じることが適切に防止される。 Therefore, in the process of being installed in the cassette housing portion 8, positional deviation and inclination in the tape cassette 30 that may occur it is properly prevented.

ところで、上記実施形態では、2つの案内軸を備えたテープ印字装置1に、汎用カセットをラミネートタイプに構成したテープカセット30を使用する場合を例示したが、これに限定されない。 In the above embodiment, the tape printing apparatus 1 having the two guide shafts, a case has been exemplified to use the tape cassette 30 configured general purpose cassette laminated type, but is not limited thereto. 例えば、第4の実施形態に係るテープカセット30を、第1の実施形態に係る3つの案内軸を備えたテープ印字装置1に装着してもよい。 For example, the tape cassette 30 according to the fourth embodiment, may be mounted to the tape printer 1 having three guide shafts according to a first embodiment. この場合は、第1の実施形態と同様に、3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)が対応する3つの案内孔(ローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47)にそれぞれ挿入されることによって、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に案内される(図14〜図16参照)。 In this case, as in the first embodiment, three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) is the corresponding three guide holes (roller support hole 64, the first tape support hole 65 by being inserted into the guide hole 47), the tape cassette 30 is guided to the proper position in the cassette housing portion 8 (see FIGS. 14 to 16).

<第1〜第4の実施形態の共通要素について> <The common elements of the first to fourth embodiments>
上記第1〜第4の実施形態では、各種のテープカセット30およびテープ印字装置1に本発明を適用した場合を個別具体的に説明した。 In the first to fourth embodiments, a case of applying the present invention to various tape cassette 30 and the tape printer 1 of the described separately detail. ここで、第1〜第4の実施形態に例示したテープカセット30およびテープ印字装置1において、本発明を実現するために必要となる共通要素について説明する。 Here, in the tape cassette 30 and the tape printer 1 illustrated in the first to fourth embodiments, description of the common elements required to implement the present invention.

第1〜第4の実施形態に係るテープカセット30は、略矩形状をなす箱状ケース(カセットケース31)を備える。 The tape cassette 30 according to the first to fourth embodiment comprises a box-like casing having a substantially rectangular shape (cassette case 31). 箱状ケースは、その角部を規定する上面(上壁面35)、下面(下壁面36)および前面,背面,左側面,右側面(側壁37)を備える。 Box-shaped case is provided with an upper surface (upper wall surface 35) defining a corner portion, the lower surface (lower wall surface 36) and front, rear, left side, right side (the side wall 37). 箱状ケースの内部では、その角部内で規定されたテープ収納領域(第1収納領域30c,第2収納領域30d)に、少なくとも一のテープ(感熱紙テープ55,印字テープ57,両面粘着テープ58,フィルムテープ)が支持される。 Inside the box-shaped case, the tape housing area (first storage area 30c, a second storage region 30d) defined by the Tsunobeuchi, at least one tape (heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, the double-sided adhesive tape 58, film tape) is supported. 下面から延びる一対の凹部(ローラ支持孔64およびガイド孔47)が、テープ収納領域と、略矩形状をなす箱状ケースにおける対角上に対向する両端の角部(第1孔形成領域30aおよび第2孔形成領域30b)との間に設けられる。 Pair of recesses extending from the lower surface (the roller support hole 64 and the guide hole 47), and the tape housing area, the corners of the opposite ends on the diagonal in the box-shaped case having a substantially rectangular shape (first porous region 30a and is provided between the second porous region 30b).

第1〜第4の実施形態に係るテープ印字装置1は、上記のテープカセット30が装着されると、一対の凹部(ローラ支持孔64およびガイド孔47)にそれぞれ挿入されて、テープカセット30を着脱方向に案内する2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)を少なくとも備えている。 The tape printer 1 according to the first to fourth embodiments, when the tape cassette 30 is mounted, is inserted into the pair of recesses (roller support hole 64 and the guide hole 47), the tape cassette 30 two guide shafts for guiding the detachable direction (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) comprises at least.

上記のような共通要素により、第1〜第4の実施形態では、テープ収納領域に収納された重量物であるテープがテープカセット30の重量バランスに与える影響に関わらず、一対の凹部のそれぞれに挿入される2つの案内軸に沿って、テープ印字装置1に対するテープカセット30の着脱をより正確かつスムーズに行うことができるという共通の効果を奏する。 The common element as described above, in the first to fourth embodiments, the tape is a heavy housed in the tape housing area regardless of impact on weight balance of the tape cassette 30, each of the pair of recesses along two guide shafts to be inserted, it exerts a common effect that it is possible to perform attachment and detachment of the tape cassette 30 with respect to the tape printer 1 to more accurately and smoothly. さらに、第1〜第4の実施形態では、上記の共通要素およびその効果を基礎として、各実施形態に個別の構成および効果を奏することは、先述したとおりである。 Furthermore, in the first to fourth embodiments, on the basis of common elements and their effect described above, it exhibits the separate configuration and effects to the respective embodiments are as previously described.

ところで、上記実施形態において、ローラ支持孔64が本発明の「第1開口部」に相当する。 Incidentally, in the above embodiment, the roller support hole 64 corresponds to the "first opening" in the present invention. ガイド孔47が本発明の「第2開口部」に相当する。 The guide hole 47 corresponds to the "second opening" in the present invention. 第3の実施形態において第2テープスプール41に巻回された感熱紙テープ55と、第4の実施形態において第2テープスプール41に巻回されたフィルムテープ59と、後述する変形例において第2テープスプール41に巻回された感熱紙テープ55とが、本発明の「テープロール」に相当する。 In a third embodiment the second tape spool 41 wound on the heat-sensitive paper tape 55, the second tape spool 41 wound on the film tape 59 in the fourth embodiment, the second tape in the modification described later and heat-sensitive paper tape 55 wound spool 41 wound corresponds to the "tape roll" of the present invention. 第4の実施形態において第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58と、後述する変形例において第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58とが、本発明の「粘着テープロール」にそれぞれ相当する。 A double-sided adhesive tape 58 which is wound first tape spool 40 wound in the fourth embodiment, the double-sided adhesive tape 58 which is wound first tape spool 40 wound in the modification to be described later, "pressure-sensitive adhesive tape of the present invention respectively correspond to the role. " 第1テープ支持孔65が本発明の「第3開口部」に相当する。 First tape support hole 65 corresponds to the "third opening" in the present invention.

なお、本発明は上記第1〜第4の実施形態に限定されるものではなく、発明の要旨を変更しない範囲での変更が可能である。 The present invention is not limited to the above first to fourth embodiments, and may be modified in a range not changing the gist of the invention. また、上記第1〜第4の実施形態を適宜組み合わせて、テープ印字装置1およびテープカセット30を実装することが可能である。 Further, in appropriate combination of the above first to fourth embodiments, it is possible to implement the tape printer 1 and a tape cassette 30. 以下、上記実施形態に係るテープ印字装置1およびテープカセット30の変形例について説明する。 Hereinafter, a description will be given of a variation of the tape printer 1 and a tape cassette 30 according to the embodiment.

例えば、上記実施形態では、カセット装着部8がテープカセット30の平面形状と略対応する矩形状開口を有する収容部として構成されているが、これに限定されない。 For example, in the above embodiment, the cassette housing portion 8 is configured as a housing portion having a rectangular opening corresponding substantially to the plane shape of the tape cassette 30 is not limited to this. また、カセット装着部8の内部に共通部32を下方から支持するカセット支持部8bが設けられているが、これに限定されない。 Although cassette support portion 8b for supporting the common portion 32 from below into the interior of the cassette housing portion 8 is provided, but is not limited thereto. 具体的には、図38および図39に示すように、カセット装着部8をテープカセット30の平面形状よりも大きな平面部として構成してもよい。 Specifically, as shown in FIGS. 38 and 39, the cassette housing portion 8 may be constructed as a large flat section than the planar shape of the tape cassette 30. この場合、図40に示すように、テープ駆動軸100、ガイド軸120、補助軸110、リボン巻取軸95、位置決めピン102,103、ヘッドホルダ74は、上記実施形態と同様の位置関係かつ、それらの上端は上記実施形態と同様の高さ関係で、カセット装着部8における同一の高さ位置から立設される(言い換えると、共通の平面上に立設される)。 In this case, as shown in FIG. 40, the tape drive shaft 100, the guide shaft 120, the auxiliary shaft 110, the ribbon take-up shaft 95, the positioning pins 102 and 103, the head holder 74, and the same positional relationship as in the above embodiment, at their upper end like the height relationship of the above-described embodiment, it is erected from the same height position in the cassette housing portion 8 (in other words, is erected on a common plane). なお、位置決めピン102,103およびガイド軸120は、上記実施形態と比較して、カセット支持部8bの高さ分だけ軸長が大きくなっている。 The positioning pins 102, 103 and the guide shaft 120, as compared with the above embodiment, by the height of the axial length of the cassette support portion 8b is larger.

カセット装着部8をテープカセット30の平面形状よりも大きな平面部として構成しても、テープカセット30の着脱態様は上記実施形態と同様である。 Also the cassette housing portion 8 constitute a major planar portion than the planar shape of the tape cassette 30, a removable manner of the tape cassette 30 is the same as the above embodiment. すなわち、テープカセット30が3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内される。 That is, the tape cassette 30 has three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) is guided by up proper position in the cassette housing portion 8. そして、テープカセット30は、ガイド軸120および位置決めピン102によって適正な平面位置に位置決めされるとともに、位置決めピン102,103によって適正な高さ位置に位置決めされる。 Then, the tape cassette 30, while being positioned in the proper plane position by the guide shaft 120 and the positioning pins 102 is positioned at the correct height position by the positioning pins 102 and 103. 言い換えると、カセット装着部8の適正位置は、ガイド軸120および位置決めピン102,103によって規定される。 In other words, the proper position in the cassette housing portion 8 is defined by a guide shaft 120 and the positioning pins 102 and 103. そのため、カセット装着部8がテープカセット30の平面形状と対応していない場合でも、テープカセット30を適正位置に位置決めすることができる。 Therefore, even when the cassette housing portion 8 does not correspond to the planar shape of the tape cassette 30, it is possible to position the tape cassette 30 in a proper position.

ところで、先述したように、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120は、カセット装着部8に装着されるテープカセット30の開口部64b,65b,47bに、それぞれ同タイミングで挿入されることが好ましい。 Incidentally, as described above, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120, the opening 64b of the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, 65b, to 47b, that each is inserted at the same time It is preferred. 図40に示すように、テープ幅が大きいテープカセット30(例えば、36mm)では、共通部32において厚み方向(つまり、上下方向)に段差を生じる。 As shown in FIG. 40, the tape the tape width is large cassette 30 (e.g., 36 mm) in, the common portion 32 the thickness direction (i.e., vertical direction) results in a difference in level. そのため、共通部32の下面に形成された開口部47bに挿入されるガイド軸120は、共通部32にて形成される段差分だけ、テープ駆動軸100および補助軸110よりも上端の高さ位置が大きい。 Therefore, the guide shaft 120 is inserted into the opening 47b formed in the lower surface of the common portion 32, only the step amount to be formed by a common portion 32, the height position of the upper end than the tape drive shaft 100 and auxiliary shaft 110 It is large. つまり、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の各上端の高さ位置は、カセット装着部8に装着されるテープカセット30の開口部64b,65b,47bの高さ位置によって規定される。 That is, the tape drive shaft 100, the height position of each upper end of the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120 is defined openings 64b of the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, 65b, the height position of the 47b .

図41に示すように、テープ幅が小さいテープカセット30(例えば、12mm)では、共通部32において厚み方向(つまり、上下方向)に段差を生じないため、開口部64b,65b,47bの高さ位置がほぼ等しい。 As shown in FIG. 41, the tape the tape width is small cassette 30 (e.g., 12 mm) in, the common portion 32 the thickness direction (i.e., vertical direction) for the no a step, the height of the openings 64b, 65b, 47b position are substantially equal. そのため、テープ幅が小さいテープカセット30が使用されるテープ印字装置1では、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の各上端の高さ位置をほぼ等しくすることが好適である。 Therefore, in the tape printing apparatus 1 the tape cassette 30 the tape width is small is used, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, it is preferable to substantially equal the height position of the upper end of the guide shaft 120. つまり、カセット装着部8に装着されるテープカセット30の開口部64b,65b,47bの高さ位置に応じて、テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120の各上端の高さ位置を適宜変更することが好適である。 In other words, the opening 64b of the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, 65b, depending on the height position of the 47b, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the respective upper ends of the guide shaft 120 the height position appropriately it is preferable to change. これによれば、テープカセット30の厚み(上下方向長さ)に対応して、3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)を3つの案内孔(ローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65)にそれぞれ同タイミングで挿入させることができる。 According to this, corresponding to the thickness of the tape cassette 30 (vertical length), three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) the three guide holes (roller support hole 64, the guide hole 47, can be inserted at the same timing to the first tape support hole 65).

さらに、テープ幅がより大きいテープカセット30(例えば、48mm)に対応して、ガイド軸120をより高い位置まで立設する(例えば、ガイド軸120の軸長を大きくする)ことが考えられる。 Moreover, larger tape width tape cassette 30 (e.g., 48 mm) corresponding to, upright guide shaft 120 to a higher position (e.g., increasing the axial length of the guide shaft 120) can be considered. しかしながら、テープ印字装置1(特に、カセット装着部8)の形状や大きさ等によって、ガイド軸120の軸長に制約が生じることがある。 However, the tape printer 1 (especially, the cassette housing portion 8) by the shape and size of the, sometimes restrictions on the axial length of the guide shaft 120 occurs. この場合には、テープカセット30をカセット装着部8に装着するときに、まず2つの案内軸(テープ駆動軸100および補助軸110)が2つの案内孔(ローラ支持孔64および第1テープ支持孔65)に挿入される。 In this case, when mounting the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, first, two guide shafts (the tape drive shaft 100 and auxiliary shaft 110) has two guide holes (roller support hole 64 and the first tape support hole It is inserted into the 65). そして、テープカセット30が2つの案内軸によって案内されつつ下方に移動する過程で、3つ目の案内軸(ガイド軸120)が3つ目の案内孔(ガイド孔47)に挿入される装着態様となる。 Then, in the course of moving downward while the tape cassette 30 is guided by two guide shafts, mounted aspects third guide shaft (guide shaft 120) is inserted into the third guide hole (guide hole 47) to become. かかる装着態様では、ガイド軸120がガイド孔47に挿入される前に、ヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95がそれぞれヘッド装着部39および巻取支持孔67に挿入されることがある。 In such aspects of mounting, before the guide shaft 120 is inserted into the guide hole 47, the head holder 74 and the ribbon winding shaft 95 may be inserted into the head mounting unit 39 and the take-up support hole 67, respectively.

しかしながら、先述したようにヘッド装着部39および巻取支持孔67は、ヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95がそれぞれ遊挿される開口幅を有する。 However, the head mounting unit 39 and the take-up support hole 67 as previously described has an opening width that the head holder 74 and the ribbon winding shaft 95 is loosely inserted, respectively. そのため、テープカセット30の装着過程において、ヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95が他の部材に接触してテープカセット30の装着を妨げるような不具合の発生が抑制される。 Therefore, in the process of mounting the tape cassette 30, occurrence of problems that would prevent the mounting of the tape cassette 30 head holder 74 and the ribbon winding shaft 95 is in contact with another member can be suppressed. また、テープカセット30が2つの案内軸のみによって案内される過程で、ヘッド装着部39に対するヘッドホルダ74への装着状態に位置ズレや傾斜を生じたとしても、ガイド軸120がガイド孔47に挿入されると適正な装着状態に補正される(巻取支持孔67およびリボン巻取軸95も同様)。 The insertion in the process of the tape cassette 30 is guided only by the two guide shafts, even misaligned or inclined to the mounting state of the head holder 74 with respect to the head mounting portion 39, the guide shaft 120 in the guide hole 47 It is corrected to a proper mounted state when it is (as well as the take-up support hole 67 and the ribbon winding shaft 95). よって、ガイド軸120の上端位置に制約がある場合でも、テープカセット30をカセット装着部8の適正位置に案内および位置決めすることができる。 Therefore, even when there are restrictions on the upper end position of the guide shaft 120 can be guided and positioned tape cassette 30 in the proper position in the cassette housing portion 8.

さらにいえば、テープ駆動軸100および補助軸110がそれぞれヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95の高さと比較して同等または低く、かつ、テープカセット30の装着開始時にガイド軸120がガイド孔47に臨んでいなくても、上記実施形態と同様の効果を奏する。 More, equal or lower tape drive shaft 100 and auxiliary shaft 110 is compared to the height of the head holder 74 and the ribbon winding shaft 95, respectively, and the guide shaft 120 when wearing the start of the tape cassette 30 is in the guide hole 47 even though faces, the same effects as in the above embodiment. ここで、テープカセット30をカセット装着部8に装着する過程で、テープ駆動軸100、補助軸110およびガイド軸120がそれぞれ第1テープ支持孔65、ローラ支持孔64およびガイド孔47に挿入されるよりも先に、ヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95がそれぞれヘッド装着部39および巻取支持孔67に挿入されるような場合を例示する。 Here, in the process of mounting the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8 is inserted into the tape drive shaft 100, the first tape support hole 65 auxiliary shaft 110 and the guide shaft 120 respectively, the roller support hole 64 and the guide hole 47 earlier than, for example where the head holder 74 and the ribbon winding shaft 95 to be inserted into the head mounting unit 39 and the take-up support hole 67, respectively.

この場合、ヘッドホルダ74およびリボン巻取軸95がそれぞれヘッド装着部39および巻取支持孔67に挿入された時点では、テープカセット30は3つの案内軸のいずれにも案内されていないので、先述のようにテープカセット30の装着状態に位置ズレや傾斜を生じやすい。 In this case, at the time when the head holder 74 and the ribbon winding shaft 95 is inserted into the head mounting unit 39 and the take-up support hole 67, respectively, since the tape cassette 30 is not guided in any of the three guide shafts, the foregoing prone to misalignment and tilt the mounting state of the tape cassette 30 as. しかしながら、テープカセット30をさらに下方に移動させることによって、テープ駆動軸100、補助軸110およびガイド軸120がそれぞれ第1テープ支持孔65、ローラ支持孔64およびガイド孔47に挿入されると、テープカセット30が適正な装着状態に補正される。 However, by moving further down the tape cassette 30, the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110 and the guide shaft 120 is inserted into the first tape support hole 65, the roller support hole 64 and the guide holes 47, respectively, the tape cassette 30 is corrected to the proper mounting state. その後は、カセット装着部8の適正位置に対して、テープカセット30を3つの案内軸に沿ってスムーズに装着することができる。 Thereafter, to the proper position in the cassette housing portion 8 can be mounted smoothly along the tape cassette 30 into three guide shafts. また、テープカセット30の取り出しについては、最初からテープカセット30を3つの案内軸に沿ってスムーズに行うことができる。 As for the removal of the tape cassette 30 can be smoothly performed along the first tape cassette 30 into three guide shafts. このように、3つの案内軸全ての上端位置に制約がある場合でも、テープカセット30をカセット装着部8の適正位置に案内および位置決めすることができる。 Thus, it is possible even when there are restrictions on the three guide shafts all upper end position, guiding and positioning the tape cassette 30 in the proper position in the cassette housing portion 8.

また、上記実施形態では、カセット装着部8に装着されたテープカセット30の高さ位置を、位置決めピン102,103によって規定しているが、これに限定されない。 In the above embodiment, the height position of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8, defines the positioning pins 102 and 103, but is not limited thereto. 具体的には、図42に示すように、カセット装着部8に位置決めピン103を設けなくてもよい。 Specifically, as shown in FIG. 42 may not be provided positioning pins 103 in the cassette housing portion 8. この場合、図43に示すように、ガイド孔47はテープカセット30の上壁面35を貫通する開口部47aを有しておらず、ガイド孔47の上端が天壁部47dによって閉塞されている。 In this case, as shown in FIG. 43, the guide hole 47 has no opening 47a penetrating the upper wall surface 35 of the tape cassette 30, the upper end of the guide hole 47 is closed by the top wall portion 47d. なお、図43では、ガイド孔47およびその近傍を右側面視での断面図として表している。 In FIG. 43 depicts a guide hole 47 and the vicinity thereof as a cross-sectional view of the right side view.

このような構成を採用しても、テープカセット30の着脱態様は上記実施形態と同様である。 Be adopted such a configuration, detachment aspects of the tape cassette 30 is the same as the above embodiment. すなわち、テープカセット30が3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内される。 That is, the tape cassette 30 has three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) is guided by up proper position in the cassette housing portion 8. そして、テープカセット30は、ガイド軸120および位置決めピン102によって適正な平面位置に位置決めされる。 Then, the tape cassette 30 is positioned in the proper plane position by the guide shaft 120 and the positioning pin 102. ただし、テープカセット30の右側縁では、ガイド孔47に挿入されたガイド軸120の上端が天壁部47dに接触することによって適正な高さ位置に位置決めされる。 However, the right side edge of the tape cassette 30 is positioned at the correct height position by the upper end of the guide shaft 120 inserted into the guide hole 47 comes into contact with the top wall portion 47d. 一方、テープカセット30の左側縁では、上記実施形態と同様にピン孔53に挿入される位置決めピン102によって適正な高さ位置に位置決めされる。 On the other hand, the left side edge of the tape cassette 30 is positioned at the correct height position by the positioning pin 102 which is inserted into the above-described embodiment and likewise the pin hole 53.

先述したように、ガイド軸120は位置決めピン103と隣接した位置に立設されている。 As previously described, the guide shaft 120 is erected on a position adjacent to the positioning pin 103. そのため、ガイド軸120の上端がガイド孔47内で係止される構成を採用することで、ガイド軸120が位置決めピン103と同様に高さ位置も位置決めすることができる。 Therefore, by employing the configuration in which the upper end of the guide shaft 120 is locked in the guide hole 47, it is possible to guide shaft 120 is also positioned similarly height as the positioning pins 103. このように、ガイド軸120を高さ方向の位置決め軸の一つとして利用することで、位置決めピン103を別途立設する必要がなく、テープ印字装置1の構造を簡素化することができる。 Thus, by using the guide shaft 120 as one of the height direction of the positioning shaft, it is not necessary to upright positioning pins 103, the structure of the tape printer 1 can be simplified. また、上記のようにテープカセット30の高さ位置を共通部32で位置決めしない構成であれば、図42に示すようにテープカセット30に共通部32を設けない形状のカセットケース31を採用してもよい。 Further, with the configuration that does not position the height position of the tape cassette 30 as described above a common portion 32, employs a cassette case 31 of the shape without the common portion 32 in the tape cassette 30 as shown in FIG. 42 it may be.

上記の変形例(図38〜図43参照)では、テープカセット30が3つの案内軸によって案内される場合を説明したが、テープカセット30が2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)によって案内される場合も同様である。 The above modification (see FIGS. 38 to 43), has described the case where the tape cassette 30 is guided by three guide shafts, the tape cassette 30 has two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) when guided by the same is true. すなわち、図44に示すように、カセット装着部8に補助軸110を設けない場合も、カセット装着部8をテープカセット30の平面形状よりも大きな平面部として構成してもよい。 That is, as shown in FIG. 44, even if the cassette housing portion 8 is not provided with the auxiliary shaft 110, the cassette housing portion 8 may be constructed as a large flat section than the planar shape of the tape cassette 30. また、カセット装着部8に装着されるテープカセット30の開口部64b,47bの高さ位置に応じて、テープ駆動軸100およびガイド軸120の各上端の高さ位置を適宜変更してもよい。 The opening 64b of the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, in accordance with the height position of 47b, may change the height position of the upper end of the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120 as appropriate. また、位置決めピン103を設けずにガイド軸120がテープカセット30の高さ位置を位置決めしてもよい。 Further, the guide shaft 120 without providing the positioning pin 103 may be positioned a height position of the tape cassette 30. なお、補助軸110が設けられていない場合は、先述と同様にテープカセット30に第1テープ支持孔65を設けなくてもよい。 Incidentally, when the auxiliary shaft 110 is not provided may not be provided a first tape support hole 65 in the tape cassette 30 in the same manner as described above. 例えば、第1テープ支持孔65に代えて、カセットケース31の内部で第1テープスプール40を軸支する筒壁部65dを、上壁面35および下壁面36に亘って立設してもよい(図29参照)。 For example, instead of the first tape support hole 65, the inside cylindrical wall portion 65d for supporting the first tape spool 40 of the cassette case 31, may be erected over the upper wall surface 35 and the lower wall 36 ( see FIG. 29).

また、上記実施形態では、汎用カセットをサーマルタイプ、レセプタータイプ、ラミネートタイプとして実装したテープカセット30を例示したが、これに限定されない。 In the above embodiment, the general purpose cassette thermal type, the receptor type, has been illustrated tape cassette 30 which is implemented as a laminate-type, but is not limited thereto. 例えば、図45に示すように、所謂感熱ラミネートタイプのテープカセットとして実装してもよい。 For example, as shown in FIG. 45 may be implemented as a so-called heat-sensitive laminated type tape cassette. この場合、第1テープ支持孔65では、第1のテープとして両面粘着テープ58が巻回された第1テープスプール40が回転支持される。 In this case, the first tape support hole 65, the double-sided adhesive tape 58 is first tape spool 40 wound is rotatably supported as the first tape. 第2テープ支持孔66では、第2のテープとして感熱紙テープ55が巻回された第2テープスプール41が回転支持される。 In the second tape support hole 66, the second tape spool 41 heat-sensitive paper tape 55 is wound as a second tape is rotatably supported. 所謂感熱ラミネートタイプのテープカセットではインクリボンは使用されないため、リボンスプールは設けられない。 The ink ribbon is not used in the so-called heat-sensitive laminated type tape cassette, the ribbon spool is not provided.

図45に示すテープカセットが使用されるテープ印字装置1は、第1の実施形態と同様である。 Tape printer 1 tape cassette is used as shown in FIG. 45 is similar to the first embodiment. テープ印字装置1の印字実行時には、テープ駆動軸100を介して回転駆動されるテープ送りローラ46が、可動搬送ローラ14との協働によって第2テープスプール41から感熱紙テープ55を引き出す。 When printing run of the tape printer 1, the tape feed roller 46 which is driven to rotate via the tape drive shaft 100 pulls out the heat-sensitive paper tape 55 from the second tape spool 41 by the movable feed roller 14 in cooperation with. 第2テープスプール41から引き出された感熱紙テープ55は、平面視でリボン支持孔68の外側を通過しながらアーム部34内の搬送経路に沿って搬送される。 Heat-sensitive paper tape 55 pulled out from the second tape spool 41 is conveyed along the feed path within the arm portion 34 while passing through the outside of the ribbon support hole 68 in plan view. さらに、感熱紙テープ55はアーム部34の開口34aからヘッド装着部39に供給されて、サーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に搬送される。 Furthermore, heat-sensitive paper tape 55 is supplied from the opening 34a of the arm portion 34 to the head mounting portion 39, it is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15. そして、サーマルヘッド10によって印字テープ57の印字面に対して文字、図形、記号等が印字される。 Then, characters, figures, symbols, etc. are printed with respect to the print surface of the print tape 57 by the thermal head 10. 一方、テープ送りローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第1テープスプール40から両面粘着テープ58が引き出される。 On the other hand, the feeding roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with double-sided adhesive tape 58 is pulled out from the first tape spool 40. この両面粘着テープ58は、テープ送りローラ46と可動搬送ローラ14との間にガイドされて巻き込まれながら、印字済みの感熱紙テープ55の印字面に重ねられて貼着される。 The double-sided adhesive tape 58, while being caught by being guided between the tape feed roller 46 and the movable feed roller 14, is stuck in superimposed with the printed surface of the printed heat-sensitive paper tape 55. 両面粘着テープ58が貼着された印字済みの感熱紙テープ55(すなわち、印字済テープ50)は、さらにテープ排出口49に向かって搬送されてカット機構17によって切断される。 Double-sided adhesive tape 58 is adhered to the printed heat-sensitive paper tape 55 (namely, the printed tape 50) is cut by cutting mechanism 17 is further conveyed toward the tape discharge port 49.

図45に示すテープカセット30に設けられた各部の位置関係は、第1の実施形態と同様であるが次の点で異なる。 Positional relation of each part provided in the tape cassette 30 shown in FIG. 45 is similar to the first embodiment differs in the following points. すなわち、第1テープスプール40に巻回されている両面粘着テープ58の重心が、平面視で第1収納領域30cの範囲内に位置している。 That is, the center of gravity of the double-sided adhesive tape 58 that are wound first tape spool 40 wound is positioned within the first housing area 30c in plan view. 第2テープスプール41に巻回されている感熱紙テープ55の重心が、平面視で分割線K上に位置している。 The center of gravity of the heat-sensitive paper tape 55 that are wound second tape spool 41 wound is located on the dividing line K in a plan view. このような位置関係によって、図45に示すテープカセット30では、両面粘着テープ58の重心が位置する第1収納領域30cのほうが第2収納領域30dよりも重量が大きい。 Such positional relationship, in the tape cassette 30 shown in FIG. 45, towards the first housing area 30c where the center of gravity of the double-sided adhesive tape 58 is located, the weight is greater than the second storage area 30d. このテープカセット30の重量の偏りによって、分割線Kを回転中心として第1収納領域30c側が下方傾斜しやすい。 By weight of the bias of the tape cassette 30, the first housing area 30c side tends to lower tilted rotation about the dividing line K.

図45に示すカセット装着部8に対するテープカセット30の着脱態様は、第1の実施形態(図14〜図16参照)と同様である。 Removable aspect of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8 shown in FIG. 45 is similar to the first embodiment (see FIGS. 14 to 16). すなわち、テープカセット30は、3つの案内軸(テープ駆動軸100、補助軸110、ガイド軸120)によってカセット装着部8の適正位置まで案内される。 That is, the tape cassette 30, three guide shafts (the tape drive shaft 100, the auxiliary shaft 110, the guide shaft 120) is guided by up proper position in the cassette housing portion 8. また、テープカセット30をカセット装着部8から取り外す場合も、テープカセット30が3つの案内軸に沿って上方に案内される。 Also, when removing the tape cassette 30 from the cassette housing portion 8, it is guided upward tape cassette 30 along the three guide shafts. もちろん、テープカセット30の重量の偏りが小さい場合には、2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)によってテープカセット30を案内してもよい。 Of course, if the weight of the deviation of the tape cassette 30 is small, it may guide the tape cassette 30 by two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120).

なお、第1の実施形態と同様に、テープカセット30の全体の重心が、平面視でローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47を結ぶ領域内に位置することが好適である。 As in the first embodiment, the whole of the center of gravity of the tape cassette 30 is, the roller support hole 64 in plan view, it is preferable to position the first tape support hole 65, the area connecting the guide hole 47 . その点、図45に示すテープカセット30では分割線K上に感熱紙テープ55の重心が位置しているため、この感熱紙テープ55が収納されていない場合よりもテープカセット30の重心位置が分割線K側に近づく。 In this respect, since the center of gravity of the heat-sensitive paper tape 55 is positioned in the tape cassette 30 in the dividing line K shown in FIG. 45, the center of gravity of the tape cassette 30 than when the heat-sensitive paper tape 55 is not accommodated division line K closer to the side. そのため、図45に示すテープカセット30は、平面視でローラ支持孔64、第1テープ支持孔65、ガイド孔47を結ぶ領域内に重心が位置しやすい重量バランスを有している。 Therefore, the tape cassette 30 shown in FIG. 45 includes roller support hole 64 in plan view, the first tape support hole 65, the center of gravity is located tends weight balance in a region connecting the guide hole 47.

図45に示すガイド孔47は、第2の実施形態(図24等参照)と同様の楕円形状孔であるが、平面視で分割線Kに沿う方向を長径かつ分割線Kと直交する方向を短径とする点で異なる。 The guide hole 47 shown in FIG. 45 is a similar elliptical hole and the second embodiment (see FIG. 24 or the like), a direction orthogonal to the direction along the dividing line K in a plan view with long diameter and dividing line K except that a minor. このガイド孔47によれば、ガイド軸120の平面位置に対する位置決め精度の許容幅を分割線Kに沿って大きくして、テープカセット30の位置決めを行うユーザの負担を軽減することができる。 According to the guide hole 47, it is possible to increase the tolerance of the positioning precision with respect to the plane position of the guide shaft 120 along the dividing line K, to reduce the burden on the user to position the tape cassette 30. このように、ガイド孔47は、丸孔、楕円形状孔、長孔などに例示される任意の開口形状で構成することができる。 Thus, the guide hole 47 may be configured in any opening shape illustrated circular holes, elliptical holes, such as the long hole.

例えば、図46に示すガイド孔47は、第1の実施形態(図8等参照)と同様の長孔であるが、平面視で前後方向を長辺かつ左右方向を短辺とする点で異なる。 For example, the guide hole 47 shown in FIG. 46 is similar to the elongated hole in the first embodiment (see FIG. 8, etc.), different long side and the left-right direction in the front-rear direction in a plan view in that the short side . このガイド孔47によれば、ガイド軸120の平面位置に対する位置決め精度の許容幅を前後方向に沿って大きくして、テープカセット30の位置決めを行うユーザの負担を軽減することができる。 According to the guide hole 47, it is possible to increase the tolerance of the positioning precision with respect to the plane position of the guide shaft 120 along the longitudinal direction, to reduce the burden on the user to position the tape cassette 30. 図46ではガイド孔47を長孔とした場合を例示したが、ガイド孔47を前後方向が長径をなす楕円形状孔としても同様である。 In Figure 46 the guide hole 47 exemplifying a case of a long hole, but the guide hole 47 is the front-rear direction is the same as the elliptic hole forming the major axis.

また、図47に示すガイド孔47は、第1の実施形態(図8等参照)と同様の長孔であるが、平面視で分割線Kに沿う方向を長辺かつ分割線Kと直交する方向を短辺とする点で異なる。 Further, the guide hole 47 shown in FIG. 47 is similar to the elongated hole in the first embodiment (see FIG. 8, etc.), perpendicular to the direction along the dividing line K in a plan view with long sides and a dividing line K except that the direction and short sides. このガイド孔47によれば、図45に示すガイド孔47と同様に、ガイド軸120の平面位置に対する位置決め精度の許容幅を分割線Kに沿って大きくして、テープカセット30の位置決めを行うユーザの負担を軽減することができる。 According to the guide hole 47, the user similarly to the guide hole 47 shown in FIG. 45, by increasing the tolerance of the positioning precision with respect to the plane position of the guide shaft 120 along the dividing line K, the positioning of the tape cassette 30 it is possible to reduce the burden.

また、図48に示すガイド孔47は、第1の実施形態(図8等参照)と同様の長孔であるが、平面視で分割線Kと直交する方向を長辺かつ分割線Kに沿う方向を短辺とする点で異なる。 Further, the guide hole 47 shown in FIG. 48 is similar to the elongated hole in the first embodiment (see FIG. 8, etc.), along a direction perpendicular to the dividing line K in a plan view in the long side and the dividing line K except that the direction and short sides. このガイド孔47によれば、ガイド軸120の平面位置に対する位置決め精度の許容幅を分割線Kの直交方向に沿って大きくして、テープカセット30の位置決めを行うユーザの負担を軽減することができる。 According to the guide hole 47, it is possible to increase the tolerance of the positioning precision with respect to the plane position of the guide shaft 120 along the direction perpendicular to the parting line K, to reduce the burden on the user to position the tape cassette 30 . 図48ではガイド孔47を長孔とした場合を例示したが、ガイド孔47を分割線Kの直交方向が長径をなす楕円形状孔としても同様である。 Figure 48 the guide hole 47 exemplifying a case of a long hole, but the guide hole 47 perpendicular direction of the dividing line K is the same as elliptical holes forming the major axis.

また、図49および図50に示すガイド孔47は、カセットケース31の右側後部における上下方向(ここでは、上壁面35と右側後部の共通部32の下面)に亘って、テープカセット30の右側面を構成する側壁37に形成され、平面視で左方向に向けて凹陥したU字型断面をなす溝部である。 Further, the guide hole 47 shown in FIGS. 49 and 50 (here, the lower surface of the upper wall 35 and the right rear of the common portion 32) vertical direction in the right rear portion of the cassette case 31 over the right side of the tape cassette 30 it is formed on the side wall 37 forming the a groove forming a U-shaped cross-section which is recessed toward the left direction in plan view. ガイド孔47の開口幅は、小径軸部120bの軸径よりも大きく、大径軸部120aの軸径と略等しい。 Opening width of the guide hole 47 is larger than the shaft diameter of the small diameter shaft portion 120b, substantially equal to the shaft diameter of the large diameter shaft portion 120a. この場合、テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、ガイド孔47が貫通孔および凹陥部である場合と同様に、U字溝状のガイド孔47にガイド軸120が下方から挿入され、ガイド軸120の立設方向に沿ってテープカセット30が案内される。 In this case, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, as in the case the guide hole 47 is a through-hole and recess, the guide shaft 120 is inserted from below into the U-shaped groove-like guide hole 47 , the tape cassette 30 is guided along the standing direction of the guide shaft 120. そして、ガイド孔47に大径軸部120aが嵌め込まれると、テープカセット30の位置決めが行われる。 When the large diameter shaft portion 120a is fitted into the guide hole 47, the positioning of the tape cassette 30 is carried out.

図49および図50に示すガイド孔47では、第1の実施形態(図8等参照)で例示した横長長孔のガイド孔47等と同様に、テープカセット30の装着時におけるユーザの負担などが軽減され、テープカセット30の着脱をスムーズにすることができる。 In the guide hole 47 shown in FIGS. 49 and 50, similarly to such as the first embodiment (see FIG. 8, etc.) Horizontal slot of the guide hole 47 exemplified in, such as the user's burden at the time of loading of the tape cassette 30 is is reduced, it is possible to smoothly attachment and detachment of the tape cassette 30. なお、ガイド孔47に挿入されたガイド軸120は、テープカセット30を右側方から目視可能に露出する。 The guide shaft 120 inserted into the guide hole 47 visibly expose the tape cassette 30 from the right side. ガイド孔47に挿入されたガイド軸120を目視することによって、カセット装着部8に対するテープカセット30の着脱状態を確認することも可能となる。 By viewing the inserted guide shaft 120 in the guide hole 47, it is possible to check the detachment state of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8.

図49および図50に示すU字溝状のガイド孔47についても、任意の溝状で構成することができる。 For even U-shaped groove-like guide hole 47 shown in FIGS. 49 and 50, may be configured in any of the grooved. 例えば、図51〜図53に示すガイド孔47は上記と同様の溝部であるが、以下の点で異なる。 For example, the guide hole 47 shown in FIG. 51 to FIG. 53 is a groove similar to the above, it differs in the following respects. 図51に示すガイド孔47は、テープカセット30の背面を構成する側壁37に形成され、平面視で前方向に向けて凹陥した溝部である点で異なる。 The guide hole 47 shown in FIG. 51 is formed on the side wall 37 which constitutes the rear surface of the tape cassette 30 differs in that a groove which is recessed toward the front direction in a plan view. この場合、図46に示すガイド孔47と同様に、ガイド軸120の平面位置に対する位置決め精度の許容幅を前後方向に沿って大きくすることができる。 In this case, similarly to the guide hole 47 shown in FIG. 46, the tolerance of the positioning precision with respect to the plane position of the guide shaft 120 can be increased along the longitudinal direction. 図52に示すガイド孔47は、テープカセット30の右側面を構成する側壁37に形成され、平面視で分割線Kに沿って凹陥した溝部である点で異なる。 The guide hole 47 shown in FIG. 52 is formed on the side wall 37 constituting the right side of the tape cassette 30 differs in that a groove portion recessed along the dividing line K in a plan view. この場合、図47に示すガイド孔47と同様に、ガイド軸120の平面位置に対する位置決め精度の許容幅を分割線Kに沿って大きくすることができる。 In this case, similarly to the guide hole 47 shown in FIG. 47, it is possible to increase the tolerance of the positioning precision with respect to the plane position of the guide shaft 120 along the dividing line K. 図53に示すガイド孔47は、テープカセット30の背面を構成する側壁37に形成され、平面視で分割線Kの直交方向に沿って凹陥した溝部である点で異なる。 The guide hole 47 shown in FIG. 53 is formed on the side wall 37 which constitutes the rear surface of the tape cassette 30 differs in that a groove which is recessed along the orthogonal direction of the dividing line K in a plan view. この場合、図48に示すガイド孔47と同様に、ガイド軸120の平面位置に対する位置決め精度の許容幅を分割線Kの直交方向に沿って大きくすることができる。 In this case, it is possible to greatly like the guide hole 47 shown in FIG. 48, along the tolerance of the positioning precision with respect to the plane position of the guide shaft 120 in the direction perpendicular to the dividing line K.

また、図54および図55に示すガイド孔47は、テープカセット30の右側面を構成する側壁37および下壁面36に形成され、平面視で左方向に向けて凹陥したU字型断面をなす溝部である。 Further, the guide hole 47 shown in FIGS. 54 and 55 are formed in the side wall 37 and bottom wall 36 constituting the right side of the tape cassette 30, the groove forming a U-shaped cross-section which is recessed toward the left direction in plan view it is. このU字溝状のガイド孔47は、カセットケース31の右側後部における下壁面36から上壁面35のやや下方に亘って形成されており、天壁部47eによって溝部の上端が閉塞されている(つまり、ガイド孔47は上方に開口されていない)。 The U-shaped groove shaped guide hole 47 is formed over slightly below the upper wall 35 from bottom wall 36 in the right rear portion of the cassette case 31, the upper end of the groove is closed by a top wall portion 47e ( that is, the guide hole 47 is not opened upward). ガイド孔47のU字型断面の開口幅は、小径軸部120bの軸径よりも大きく、大径軸部120aの軸径と略等しい。 The opening width of the U-shaped cross-section of the guide hole 47 is larger than the shaft diameter of the small diameter shaft portion 120b, substantially equal to the shaft diameter of the large diameter shaft portion 120a. この場合、テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、ガイド孔47が貫通孔および凹陥部である場合と同様に、U字溝状のガイド孔47にガイド軸120が下方から挿入され、ガイド軸120の立設方向に沿ってテープカセット30が案内される。 In this case, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, as in the case the guide hole 47 is a through-hole and recess, the guide shaft 120 is inserted from below into the U-shaped groove-like guide hole 47 , the tape cassette 30 is guided along the standing direction of the guide shaft 120. そして、ガイド孔47に大径軸部120aが嵌め込まれると、テープカセット30の位置決めが行われる。 When the large diameter shaft portion 120a is fitted into the guide hole 47, the positioning of the tape cassette 30 is carried out. 特に、テープカセット30の右側縁では、ガイド孔47に挿入されたガイド軸120の上端が天壁部47eに接触することによって適正な高さ位置に位置決めされる。 In particular, the right side edge of the tape cassette 30 is positioned at the correct height position by the upper end of the guide shaft 120 inserted into the guide hole 47 comes into contact with the top wall portion 47e.

図54および図55に示すガイド孔47では、図49および図50に示すU字溝状のガイド孔47等と同様に、テープカセット30の装着時におけるユーザの負担などが軽減され、テープカセット30の着脱をスムーズにすることができる。 In the guide hole 47 shown in FIGS. 54 and 55, as with such U-shaped groove-like guide hole 47 shown in FIGS. 49 and 50, such as the user's burden at the time of loading of the tape cassette 30 is reduced, the tape cassette 30 it can be a detachable smooth. また、ガイド孔47に挿入されたガイド軸120を目視することによって、カセット装着部8に対するテープカセット30の着脱状態を確認することも可能となる。 Further, by viewing the guide shaft 120 inserted into the guide hole 47, it is possible to check the detachment state of the tape cassette 30 with respect to the cassette housing portion 8. さらに、ガイド軸120を高さ方向の位置決め軸の一つとして利用することで、位置決めピン103を別途立設する必要がなく、テープ印字装置1の構造を簡素化することができる。 Further, by using the guide shaft 120 as one of the height direction of the positioning shaft, it is not necessary to upright positioning pins 103, the structure of the tape printer 1 can be simplified.

また、上記実施形態では、第1テープスプール40がその軸孔40dを貫通する筒壁部85によって回転自在に支持されるとともに、テープカセット30の着脱時に第1テープ支持孔65に挿脱される補助軸110が軸孔40dにも挿脱されるが、これに限定されない。 In the above embodiment, is inserted and removed while being rotatably supported, the first tape support hole 65 during attachment and detachment of the tape cassette 30 by the cylindrical wall portion 85 of the first tape spool 40 passes through the shaft hole 40d the auxiliary shaft 110 is inserted and removed in the shaft hole 40d, but is not limited thereto. 例えば、図56に示すように、第1テープ支持孔65において、開口部65a,65bの開口縁全周からカセットケース31内にそれぞれ対向するように延設される一対の短筒部88を設ける。 For example, as shown in FIG. 56, the first tape support hole 65, providing a pair of short tubular portion 88 that extends so as to respectively face the openings 65a, the opening edge all around in 65b into the cassette case 31 . 第1テープスプール40を、印字媒体のテープ幅とほぼ同一の高さ寸法を有する円筒体であるスプール本体40eに感熱紙テープ55が巻回される一重壁構造とする(印字テープ57、フィルムテープ59も同様)。 The first tape spool 40, the heat-sensitive paper tape 55 is to single-wall structure wound around the spool body 40e is a cylindrical member having approximately the same height as the tape width of the print medium (print tape 57, the film tape 59 as well). カセットケース31内では、一対の短筒部88がスプール本体40eの両端開口にそれぞれ挿入される。 In the cassette case 31, a pair of short tubular portion 88 is inserted into the openings at both ends of the spool body 40e. かかる構造を採用しても、第1テープスプール40がその軸孔40dに挿入される一対の短筒部88によって回転自在に支持されるとともに、テープカセット30の着脱時に第1テープ支持孔65に挿脱される補助軸110が軸孔40dにも挿脱される。 It is adopted such a structure, rotatably supported by a pair of short tubular portion 88 of the first tape spool 40 is inserted into the shaft hole 40d, the first tape support hole 65 during attachment and detachment of the tape cassette 30 auxiliary shaft 110 to be inserted and removed is inserted and removed in the shaft hole 40d.

つまり、第1テープ支持孔65は、第1テープスプール40の軸孔40dに補助軸110を挿脱可能とするために、軸孔40dを臨むように設けられていればよい。 That is, the first tape support hole 65, the auxiliary shaft 110 to allow insertion and removal into the shaft hole 40d of the first tape spool 40, may be provided so as to face the shaft hole 40d. 言い換えると、補助軸110が第1テープ支持孔65に挿脱される場合にその補助軸110が軸孔40dにも挿脱されるように、第1テープ支持孔65と軸孔40dとが連通していればよい。 In other words, as the auxiliary shaft 110 is inserted and removed in the shaft hole 40d when the auxiliary shaft 110 is inserted into and removed from the first tape support hole 65, communicating with the first tape support hole 65 and the shaft hole 40d is it is sufficient to. 例えば、上記実施形態(図10参照)では、第1テープ支持孔65の軸孔65cは第1テープスプール40の軸孔40d内を貫通していることから、補助軸110が挿脱される開口部65bが軸孔40dと間接的に連通している。 For example, the opening in the above embodiment (see FIG. 10), the shaft hole 65c of the first tape support hole 65 since it extends through the axial hole 40d of the first tape spool 40, the auxiliary shaft 110 is inserted and removed part 65b is communicated indirectly communicating with the shaft hole 40d. また、上記変形例(図56参照)では、補助軸110が挿脱される開口部65bが、短筒部65eを介して軸孔40dと直接的に連通している。 Further, in the modified example (see FIG. 56), the opening 65b of the auxiliary shaft 110 is inserted and removed has direct communication with the axial hole 40d via a short cylindrical portion 65e. いずれの場合であっても、第1テープ支持孔65が第1テープスプール40の軸孔40dを臨んでいるため、第1テープ支持孔65に挿脱された補助軸110が軸孔40dにも挿脱されることになる。 In any case, since the first tape support hole 65 faces the shaft hole 40d of the first tape spool 40, in the first auxiliary shaft 110 inserted into and removed from the tape support hole 65 is a shaft hole 40d It is to be inserted and removed. その結果、テープカセット30の着脱時には、感熱紙テープ55等が巻回されたテープスプール40の重心位置が補助軸110に沿って案内される。 As a result, at the time of attachment and detachment of the tape cassette 30, the heat-sensitive paper tape 55 such that the center of gravity of the tape spool 40 wound is guided along the auxiliary shaft 110.

また、ローラ支持孔64も、第1テープ支持孔65と同様に、テープ送りローラ46の軸孔46dにテープ駆動軸100を挿脱可能とするために、軸孔46dを臨むように設けられていればよい。 The roller support hole 64, similarly to the first tape support hole 65, the tape drive shaft 100 to allow insertion and removal into the shaft hole 46d of the feeding roller 46, provided so as to face the shaft hole 46d it may be Re. つまり、テープ駆動軸100がローラ支持孔64に挿脱される場合にそのテープ駆動軸100が軸孔46dにも挿脱されるように、ローラ支持孔64(ここでは、開口部64b)と軸孔46dとが連通していればよい。 That is, as the tape drive shaft 100 is inserted and removed in the shaft hole 46d when the tape drive shaft 100 is inserted into and removed from the roller support hole 64, (in this case, the opening 64b) roller support hole 64 and the shaft and the hole 46d has only to communicate.

なお、上記実施形態では、各種テープやインクリボン(具体的には、感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58、フィルムテープ59、インクリボン60)が、それぞれスプール(具体的には、第1テープスプール40、第2テープスプール40、リボンスプール42)に巻回されているが、これに限定されない。 In the above embodiment (specifically, the heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, double-sided adhesive tape 58, the film tape 59, the ink ribbon 60) various tape and the ink ribbon, each spool (specifically, the 1 tape spool 40, a second tape spool 40, have been wound on the ribbon spool 42) is not limited to this. 例えば、上記のスプールを用いずに、各種テープやインクリボンを巻回中心に孔を形成するように巻回させた構成を採用してもよい(所謂、コアレスタイプ)。 For example, without using the spool may be employed a configuration in which is wound to form a hole various tape and the ink ribbon winding center (so-called coreless type).

ところで、上記実施形態では、テープカセット30に設けられた2つの案内孔(ローラ支持孔64およびガイド孔47)を使用して、2つの案内軸(テープ駆動軸100およびガイド軸120)に沿ってカセット装着部8への装着が案内される場合を例示したが、これに限定されない。 In the above embodiment, by using two guide holes provided in the tape cassette 30 (the roller support hole 64 and the guide hole 47), along two guide shafts (the tape drive shaft 100 and the guide shaft 120) attachment to the cassette housing portion 8 has exemplified the case where it is guided, but is not limited thereto. 例えば、図57に示すように、テープカセット30の展示が行われる場所に、あらかじめローラ支持孔64およびガイド孔47に対応する一対の軸体140を立設しておく。 For example, as shown in FIG. 57, in a location that exhibits the tape cassette 30 is done, keep upright a pair of shafts 140 corresponding to the advance roller support hole 64 and the guide hole 47. 一対の軸体140は、それぞれローラ支持孔64およびガイド孔47に挿脱自在の軸径を有する軸部140aと、その軸部140aがそれぞれ立設される所定高さの基部140bとを有する。 A pair of shafts 140 includes a shaft portion 140a having a shaft diameter of detachably to the roller support hole 64 and the guide holes 47, respectively, and a base portion 140b of a predetermined height the shaft portion 140a is respectively erected. そして、テープカセット30を展示する場合に、ローラ支持孔64およびガイド孔47にそれぞれ対応する軸部140aを挿入させる。 When the Display tape cassette 30, to insert the shaft portion 140a corresponding respectively to the roller support hole 64 and the guide hole 47. そして、テープカセット30を各軸部140aに沿って下方に移動させていくと、そのテープカセット30は各軸部140aの下端に位置する基部140b上に載置される。 When gradually moving downward along the tape cassette 30 in the shaft portions 140a, the tape cassette 30 is placed on the base 140b is positioned at the lower end of the shaft portions 140a. これにより、展示対象のテープカセット30が、一対の軸体140によって視認しやすい所定の高さ位置に保持される。 Thus, the tape cassette 30 of the display object is held in the viewing easy predetermined height position by a pair of shaft 140.

また、図57に示す一対の軸体140の高さ位置を大きくして(例えば、各軸部140aの軸長を大きくする等)、各軸部140aに沿って複数のテープカセット30を基部140b上に順に積み上げる。 Also, by increasing the height position of the pair of the shaft 140 shown in FIG. 57 (e.g., equal to increase the axial length of the shaft portions 140a), the base 140b of the plurality of tape cassettes 30 along the shaft portions 140a pile up in the order above. これによって、複数のテープカセット30をまとめて保管、回収、運搬等を行うことができる。 Thus, storage together multiple of the tape cassette 30, the recovery can be performed such as transportation. また、一対の軸体140の上端位置にて一つのテープカセット30が位置決めされるようにすれば、そのテープカセット30をより視認しやすい高さ位置で展示することもできる。 Further, if such a tape cassette 30 is positioned at the upper end position of the pair of the shaft 140, it is also possible to display the tape cassette 30 in a more visually easily height. もちろん、このような利用法は、テープカセット30に3つの案内孔(ローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65)が設けられている場合も、各案内孔に対応する一組(ここでは、3つ)の軸体140を使用して同様に行うことができる。 Of course, such usage is, three guide holes in the tape cassette 30 (the roller support hole 64, the guide hole 47, the first tape support hole 65) may have provided a set corresponding to the guide holes (three in this case) can be carried out in the same manner by using the shaft member 140.

1 テープ印字装置8 カセット装着部8a 凹陥部8b カセット支持部8c 第1軸設置領域8d 第2軸設置領域8e 第1設置領域8f 第2設置領域10 サーマルヘッド30 テープカセット30a 第1孔形成領域30b 第2孔形成領域30c 第1収納領域30d 第2収納領域31 カセットケース35 上壁面36 下壁面37 側壁39 ヘッド装着部40 第1テープスプール41 第2テープスプール42 リボンスプール44 リボン巻取スプール46 テープ送りローラ47 ガイド孔55 感熱紙テープ57 印字テープ58 両面粘着テープ59 フィルムテープ60 インクリボン64 ローラ支持孔65 第1テープ支持孔66 第2テープ支持孔67 巻取支持孔68 リボン支持孔74 ヘッドホルダ95 リボン巻取軸100 テープ駆動軸11 1 tape printing apparatus 8 cassette mount 8a recess 8b cassette supporting portions 8c first shaft arrangement region 8d second shaft arrangement region 8e first installation region 8f second setting region 10 thermal head 30 a tape cassette 30a first porous region 30b the second porous region 30c first housing area 30d second housing area 31 cassette case 35 top wall 36 bottom wall 37 side wall 39 head mounting portion 40 first tape spool 41 and the second tape spool 42 ribbon spool 44 ribbon take-up spool 46 tape feed rollers 47 guide hole 55 heat-sensitive paper tape 57 print tape 58 double-sided adhesive tape 59 film tape 60 the ink ribbon 64 roller support hole 65 first tape support hole 66 the second tape support hole 67 winding support hole 68 ribbon support hole 74 head holder 95 ribbon winding shaft 100 tape drive shaft 11 補助軸120 ガイド軸 Auxiliary shaft 120 guide shaft

Claims (8)

  1. 対向配置された矩形状の平面をなす一対の壁面と、前記一対の壁面の周縁部に沿って所定高さで形成された側壁とを有する箱状のカセットケースと、 A pair of wall surfaces forming the oppositely disposed rectangular planar, and box-like cassette case and a side wall formed with a predetermined height along the periphery of said pair of wall surfaces,
    前記一対の壁面の少なくとも一方における一の角部に設けられた第1開口部と、 A first opening provided on one of the corners of at least one of said pair of wall surfaces,
    前記一対の壁面の少なくとも一方における前記一の角部の対角上に位置する他の角部に設けられ、テープ印字装置への装着を案内する案内軸を挿入可能な第2開口部と、 Provided other corner portion located on the diagonal of the one corner portion of at least one of said pair of wall surfaces, and a second opening capable of inserting a guide shaft for guiding the attachment to the tape printer,
    前記第1開口部と前記第2開口部とを結ぶ線上に位置するように前記カセットケースの内部に収納され、印字媒体であるテープが巻回されたテープロールとを備えたことを特徴とするテープカセット。 Housed inside the cassette case so as to be positioned on a line connecting the said first opening and said second opening, characterized in that a tape roll tape is wound is printed medium tape cassette.
  2. 前記一対の壁面間に回転自在に設けられ、前記テープロールから前記テープを引き出す筒状のテープ送りローラを備え、 The rotatably mounted between a pair of wall surfaces, comprising a cylindrical feeding roller to draw the tape from the tape roll,
    前記テープ送りローラは、前記テープ送りローラを回転自在に支持するローラ支持軸が挿嵌される挿嵌孔を有しており、 The tape feed roller has a fitted hole that the roller supporting shaft for rotatably supporting the tape feed roller is inserted,
    前記第1開口部は、前記テープ送りローラの挿嵌孔を臨むことを特徴とする請求項1に記載のテープカセット。 The first opening, the tape cassette according to claim 1, characterized in that facing the inserted hole of the tape feed roller.
  3. 前記テープロールから引き出されて印字が施された前記テープに貼り合わせられる両面粘着テープが巻回された粘着テープロールと、 An adhesive tape roll in which the double-sided adhesive tape printing pulled out from the tape roll is bonded to the tape which has been subjected is wound,
    前記テープへの印字に使用されるインクリボンが巻回されたリボンロールと、 A ribbon roll the ink ribbon to be used for printing on the tape is wound,
    前記リボンロールから引き出されて印字に使用された前記インクリボンを巻き取るリボン巻取スプールとを備え、 And a ribbon take-up spool for taking up the ink ribbon used in printing is drawn from the ribbon roll,
    前記粘着テープロールは、前記第1開口部と前記第2開口部とを結ぶ線を基準として前記カセットケースが分けられる2つの領域のうちの第1領域に、前記粘着テープロールの重心が位置するように前記カセットケースの内部に収納され、 The adhesive tape roll, the first region of the two regions in which the cassette case is divided into a line connecting the second opening and the first opening as a reference, the center of gravity of the adhesive tape roll is located housed inside the cassette case so as,
    前記リボンロールは、前記2つの領域のうちの前記第1領域とは異なる第2領域に、前記リボンロールの重心が位置するように前記カセットケースの内部に収納され、 The ribbon roll, the different second regions and two said first region of the region, the center of gravity of the ribbon roll is accommodated inside the cassette case so as to be located,
    前記リボン巻取スプールは、前記第2領域に前記リボン巻取スプールの重心が位置するように前記カセットケースの内部に設けられ、かつ、前記カセットケースに回転自在に支持されることを特徴とする請求項1または2に記載のテープカセット。 The ribbon take-up spool, the center of gravity of the ribbon take-up spool in a second region is provided inside the cassette case so as to be located, and characterized in that it is rotatably supported by the cassette case tape cassette according to claim 1 or 2.
  4. 前記第1開口部と前記第2開口部とを結ぶ線を基準として前記カセットケースが分けられる2つの領域のうちの第1領域に位置するように前記カセットケースの内部に収納され、前記テープロールから引き出されて印字が施された前記テープに貼り合わせられる両面粘着テープが巻回中心に孔を有するように巻回される粘着テープロールと、 Housed inside the cassette case so as to be positioned in the first region of the two regions in which the cassette case is divided into a line connecting the second opening and the first opening as a reference, the tape roll an adhesive tape roll from drawn by printing with stuck on the tape which has been subjected to double-sided adhesive tape is wound so as to have a hole in the winding center,
    前記一対の壁面の少なくとも一方に設けられ、前記粘着テープロールの孔を臨む第3開口部とを備えたことを特徴とする請求項1または2に記載のテープカセット。 Said provided at least one of the pair of wall surfaces, the tape cassette according to claim 1 or 2, characterized in that a third opening facing the holes of the adhesive tape roll.
  5. 前記第1開口部および前記第2開口部は、前記一対の壁面のうちで、前記テープカセットの装着時に前記テープ印字装置に対向する第1壁面に設けられたことを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載のテープカセット。 The first opening and the second opening, at one of the pair of wall surfaces, 1 to claim, characterized in that provided in the first wall that faces the tape printing apparatus when mounting the tape cassette tape cassette according to any one of 4.
  6. 前記第1開口部および前記第2開口部の少なくとも一つは、前記テープカセットの着脱方向に前記一対の壁面に対向して設けられた貫通孔であることを特徴とする請求項5に記載のテープカセット。 Said at least one first opening and said second opening, according to claim 5, wherein a through hole provided so as to face the pair of wall surfaces in the removable direction of the tape cassette tape cassette.
  7. 前記第1開口部および前記第2開口部の少なくとも一つは、前記第1壁面に設けられた孔から前記テープカセットの着脱方向に前記カセットケースの内部に向けて延設される凹部であることを特徴とする請求項5に記載のテープカセット。 Said at least one first opening and said second opening is a recess which extends towards the interior of the cassette case in the detaching direction of the tape cassette through a hole provided in the first wall tape cassette according to claim 5, characterized in.
  8. 前記第2開口部は、前記第2開口部に対応して前記テープ印字装置に設けられた前記案内軸が挿入された場合に、前記案内軸の側面の少なくとも一部と緊密に係止される開口幅を有する長孔であることを特徴とする請求項1乃至7のいずれかに記載のテープカセット。 The second opening, when said guide shaft provided in the tape printing device in response to the second opening is inserted, is locked tightly engaged with at least a portion of the side surface of the guide shaft tape cassette according to any one of claims 1 to 7, characterized in that a long hole having an opening width.
JP2009086201A 2009-03-31 2009-03-31 Tape cassette Active JP4862915B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009086201A JP4862915B2 (en) 2009-03-31 2009-03-31 Tape cassette

Applications Claiming Priority (65)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009086201A JP4862915B2 (en) 2009-03-31 2009-03-31 Tape cassette
CN 201410723249 CN104442030B (en) 2009-03-31 2009-12-25 Cassette
CN 200980158165 CN102361760B (en) 2009-03-31 2009-12-25 Tape cassette
PCT/JP2009/071568 WO2010113365A1 (en) 2009-03-31 2009-12-25 Tape cassette
EP20090842716 EP2415612A4 (en) 2009-03-31 2009-12-25 Tape cassette
JP2011506968A JP5282815B2 (en) 2009-03-31 2009-12-25 Tape cassette
CN 201510088755 CN104691118B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
KR20117021938A KR101719013B1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and a tape printer
CN 201010150088 CN101850673B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
BRPI1016201A2 BRPI1016201A2 (en) 2009-03-31 2010-03-26 cassette and tape printer
DE201011001461 DE112010001461T5 (en) 2009-03-31 2010-03-26 tape cartridge
PCT/JP2010/055324 WO2010113780A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
DE201020018092 DE202010018092U1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cartridge and tape printing apparatus
CN 201711461753 CN108312723A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
SG2011067667A SG174468A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
CN 201510714069 CN105398240B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
JP2011507143A JP5445582B2 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
DE201010012892 DE102010012892A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cartridge and tape printer
PCT/JP2010/002165 WO2010113443A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
EP20120160324 EP2468520A3 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette for tape printer
CN 201210070147 CN102616025B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and the tape printer
EP20100711776 EP2414170B1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
KR20157014871A KR101719082B1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
EP20120160192 EP2468519A3 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette for tape printer
CN 201510088644 CN104691113B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
CN 201090000526 CN201824652U (en) 2009-03-31 2010-03-26 Belt box and belt printer
US12732404 US8757907B2 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
CN 201080013339 CN102361758B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
PCT/JP2010/055326 WO2010113782A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
CA 2755882 CA2755882C (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
CN 201510711758 CN105398230B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
AU2010231425A AU2010231425C1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
RU2011143791A RU2523234C2 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and belt printer
PCT/JP2010/002169 WO2010113444A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
EP20120161271 EP2471668A3 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
CN 201210070968 CN102616026B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
NZ59604410A NZ596044A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
CA 2936621 CA2936621A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
CN 201510316339 CN105034622B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
MY163211A MY163211A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
CN 201510349732 CN105150699B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
CN 201210071810 CN102673196B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and the tape printer
CN 201090000527 CN201989424U (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and the tape printer
EP20100758552 EP2415610A4 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
US12732747 US8764325B2 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
NZ59606110A NZ596061A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
NZ61660210A NZ616602A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
CN 201010150090 CN101850664B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
NZ61728010A NZ617280A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
EP20100711477 EP2414168B1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette and tape printer
US13240322 US9566808B2 (en) 2009-03-31 2011-09-22 Tape cassette
US13240216 US9011028B2 (en) 2009-03-31 2011-09-22 Tape cassette
US13431277 US9370949B2 (en) 2009-03-31 2012-03-27 Tape cassette
US13431371 US9346296B2 (en) 2009-03-31 2012-03-27 Tape cassette
US13431350 US9403389B2 (en) 2009-03-31 2012-03-27 Tape cassette
US14141568 US9616690B2 (en) 2009-03-31 2013-12-27 Tape cassette
PH12014500125A PH12014500125A1 (en) 2009-03-31 2014-01-13 Tape cassette
PH12014500140A PH12014500140B1 (en) 2009-03-31 2014-01-14 Tape cassette and tape printer
US14643865 US9381756B2 (en) 2009-03-31 2015-03-10 Tape cassette
PH12015501509A PH12015501509A1 (en) 2009-03-31 2015-07-02 Tape casette and tape printer
PH12015501641A PH12015501641A1 (en) 2009-03-31 2015-07-23 Tape casette
AU2015243050A AU2015243050B2 (en) 2009-03-31 2015-10-15 Tape cassette and tape printer
US15226188 US20160361918A1 (en) 2009-03-31 2016-08-02 Tape Cassette
US15389497 US20170100948A1 (en) 2009-03-31 2016-12-23 Tape cassette
AU2018203326A AU2018203326A1 (en) 2009-03-31 2018-05-11 Tape cassette and tape printer

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010234697A true JP2010234697A (en) 2010-10-21
JP4862915B2 true JP4862915B2 (en) 2012-01-25

Family

ID=43089502

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009086201A Active JP4862915B2 (en) 2009-03-31 2009-03-31 Tape cassette

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4862915B2 (en)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104589815B (en) 2009-03-31 2017-04-12 兄弟工业株式会社 Tape cassette and the tape printer
EP2752299B1 (en) 2008-12-25 2018-08-15 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette and tape printer
CN105398240B (en) 2009-03-31 2018-06-22 兄弟工业株式会社 Cassette
CN104442030B (en) 2009-03-31 2017-04-12 兄弟工业株式会社 Cassette
EP2236303B1 (en) 2009-03-31 2012-10-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape printer
US8641304B2 (en) 2009-06-30 2014-02-04 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
CN102510806B (en) 2009-12-16 2014-06-18 兄弟工业株式会社 Tape cassette
EP2520437B1 (en) 2009-12-28 2015-05-20 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3893398B2 (en) * 1992-09-28 2007-03-14 オリンパス株式会社 Printing device
JP5228766B2 (en) * 2008-09-30 2013-07-03 ブラザー工業株式会社 The tape printing apparatus
JP5233800B2 (en) * 2008-12-25 2013-07-10 ブラザー工業株式会社 Tape cassette

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2010234697A (en) 2010-10-21 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8162553B2 (en) Cassettte locking and ejecting arrangement
WO2010113782A1 (en) Tape cassette
US5419643A (en) Attachment for ink ribbon replacement and ink ribbon cassette applicable thereto
US20060233582A1 (en) Tape cassette
US20110058884A1 (en) Tape cassette
JP3543659B2 (en) Tape cassette
JPH07314864A (en) Tape cassette
US5399036A (en) Tape taking-up mechanism
JP2011011407A (en) Tape cassette
JPH0621953U (en) Mounting structure of the ribbon cassette into the carriage
JPH07314865A (en) Tape cassette
US20120008999A1 (en) Tape cassette
CN101758676A (en) The tape printer
JPH07314866A (en) Tape cassette
JPH11263056A (en) Tape cassette
JP2006272977A (en) Cassette and tape printing apparatus
JP2011110845A (en) Ribbon cassette
JP2011110843A (en) Tape cassette
JP2009184832A (en) Tape cassette and tape printer
JP2005088597A (en) Tape cassette
JP2004323241A (en) Tape cassette and tape printing device
US7104712B2 (en) Roll sheet holder and tape printer
JP2012020543A (en) Tape cartridge and tape printer
JPH10329378A (en) Mount structure for heat-sensitive recording ink ribbon
JP2010234697A (en) Tape cassette

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110318

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20111011

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111024

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141118

Year of fee payment: 3