JP4411861B2 - RFID label producing device, and radio frequency identification label cartridge - Google Patents

RFID label producing device, and radio frequency identification label cartridge Download PDF

Info

Publication number
JP4411861B2
JP4411861B2 JP2003126681A JP2003126681A JP4411861B2 JP 4411861 B2 JP4411861 B2 JP 4411861B2 JP 2003126681 A JP2003126681 A JP 2003126681A JP 2003126681 A JP2003126681 A JP 2003126681A JP 4411861 B2 JP4411861 B2 JP 4411861B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
label
base material
tape
label base
image
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2003126681A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2004330492A (en )
Inventor
康憲 中村
勉 大橋
邦博 安井
拓也 永井
和也 滝
寿生 高橋
Original Assignee
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、無線にて情報データを記録し、または読み出しできる無線識別ラベル、その無線識別ラベルを作成する方法、および無線識別ラベル作成装置、並びにその無線識別ラベル作成装置に搭載可能なカートリッジに関する。 The present invention records information data by radio or reading may RFID label, how to create the RFID label, and radio frequency identification label producing device, and to mounting cartridge to the radio identification label producing device.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来より、ICチップ等が埋め込まれた無線識別ラベルに格納されたデータを、無線にてやりとりするものの一例として、商品のデータ収集を行うデータ収集システムに、この無線識別ラベルを使用するものが知られている(例えば、特許文献1参照)。 Conventionally, the data IC chip or the like is stored in the RFID label embedded, as an example of those that interact wirelessly, the data collection system for collecting data items, those using this RFID label known are (e.g., see Patent Document 1).
【0003】 [0003]
このデータ収集システムで使用される無線識別ラベルは、例えば、電磁誘導方式が適用されており、商品に貼り付けられた無線識別ラベルが磁界の中に入ると、電磁誘導により共振回路に起電力が発生し、その起電力により電波を発信するように構成されている。 RFID label used in the data collection system, for example, an electromagnetic induction method have been applied, the wireless identification label affixed to the product falls within the magnetic field, electromotive force in the resonance circuit by electromagnetic induction occurs, is configured to transmit a radio wave by the electromotive force.
【0004】 [0004]
そして、このシステムでは、受信装置が無線識別ラベルから送信された電波を受信し、受信した電波に基づいて、商品がデータ収集されずに不法に持ち出された旨のアラームを鳴らすことができる。 And, in this system, receives a radio wave receiving apparatus is transmitted from the wireless identification label, based on the received radio wave, goods can sound an alarm indicating that taken out illegally without being data collection.
【0005】 [0005]
また、無線識別ラベルには、バーコードが印刷されており、商品を合法に持ち出す際には、このバーコードを、スキャナにより読み取り、データの収集を行うと同時に、そのスキャナに組み込まれた送信機から電波を発信し、内部の回路を短絡、或いは開放せしめ、無線識別ラベルに内蔵されたICチップの動作を停止させる。 Further, the wireless identification label, which bar code is printed, when bring the product to legal, the bar code read by the scanner, and at the same time to collect data, a transmitter built into the scanner from transmits radio waves, short circuits inside or open allowed to stop the operation of the built-in IC chip in the wireless identification label.
【0006】 [0006]
このようにして、商品からデータを収集し、データを収集した商品のみを持ち出すことができるようにしていた。 In this way, to collect the data from the commodity, it has been data to be able to bring up only items that were collected.
【0007】 [0007]
ところで、このようなシステムに使用される無線識別ラベルに対して、画像を形成する際には、ICチップ等を含むラベルを作成した後に、その無線識別ラベルの片面にバーコード等の画像を形成していた。 Meanwhile, forming the radio identification label for use in such a system, when forming an image, after creating a label that includes the IC chip or the like, the image of the bar code or the like on one side of the wireless identification label Was.
【0008】 [0008]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
特許2843437号公報【0009】 Japanese Patent No. 2843437 [0009]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、このような無線識別ラベルに対して画像形成を行う際に、ICチップ等を含む無線識別ラベルを作成後に画像形成を行うようにすると、ICチップ等の厚みにより生じた画像形成面の凹凸の影響を受け、形成する画像が歪んでしまう虞があった。 However, when an image is formed on such wireless identification label and to perform the image formation after creating said RFID label including an IC chip or the like, irregularity of the imaging surface caused by the thickness of the IC chip or the like receiving the impact, the image to be formed there is a risk that distorted.
【0010】 [0010]
また、画像形成後に画像形成面に物が触れるとかすれてしまい、画像が不鮮明になる虞があった。 Further, after the image formation will be blurred and object touches the image forming surface, there is a possibility that image becomes unclear.
【0011】 [0011]
更に、サーマル方式等の画像形成面に熱を加えて画像形成を行う方法であると、画像形成の際に無線識別ラベルに加えられる熱により、無線識別ラベル内部に収納された共振回路、或いは、ICチップまたはアンテナ導体との接合部等に損傷を与える虞があった。 Furthermore, if it is a method of forming an image by applying heat to the imaging surface such as a thermal method, by heat applied to the RFID label during image formation, the wireless identification label inside the housing resonant circuit, or, there is a risk of damaging the joint portion or the like of the IC chip or the antenna conductor.
【0012】 [0012]
そこで、このような問題点を鑑み、無線でのデータのやりとりに使用される無線識別ラベルを作成する際に、内部のICチップ等に損傷を与えないようにしながら、無線識別ラベルに印刷した画像の状態を良好に保持することを本発明の目的とする。 In view of such problems, when an RFID identification labels used to exchange data by radio, while not damaging internal IC chip or the like, printed on the RFID label image an object of the present invention to the state maintained satisfactorily.
【0013】 [0013]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
【0014】 [0014]
【0015】 [0015]
【0016】 [0016]
【0017】 [0017]
かかる目的を達成するために成された請求項1に記載の無線識別ラベル作成装置は 、透明の第1ラベル基材を保持する第1保持部と、少なくとも無線識別アンテナ導体またはICチップの少なくとも一方を含む第2ラベル基材を保持する第2保持部と、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を搬送しながら、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を幅方向に整合し接合する接合手段と、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を、前記各保持部から前記接合手段による第1ラベル基材および第2ラベル基材の接合位置まで、異なる経路で搬送するための搬送経路を形成する搬送経路形成手段と、該搬送経路形成手段にて形成される第1ラベル基材の搬送経路上にて、前記第1ラベル基材の第2ラベル基材と接合される RFID label producing device of claim 1 was made in order to achieve the above object, a first holding portion for holding the first label base material of the transparent, at least one of the at least RFID antenna conductor or IC chip a second holding portion for holding the second label base material including said first while conveying the label base material and the second label base material, the first label base material and the width direction of the second label base material a joining means for aligning joined to, the first label base material and the second label base material, from the respective holding portions to the joining position of the first label base material and the second label base material by the joining means, different a transport path forming means for forming a transport path for transporting a path at the transport path of the first label base material formed by transport path forming unit, the second label base of the first label base material It is bonded to the wood の面に画像形成を行う画像形成手段と、を備え、 前記接合手段は、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を挟持する一対のローラから成り、該各ローラの回転により、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を、搬送しつつ接合するよう構成され、前記第1保持部と、前記第2保持部と、前記搬送経路形成手段と、前記接合手段を構成する2個のローラのうちの一方と、を当該無線識別ラベル作成装置本体に脱着自在に取り付け可能なカートリッジ内に構成したことを特徴としている。 And an image forming means for forming an image on a surface of said joining means comprises a pair of rollers which sandwich the first label base material and the second label base material, by rotation of the respective roller, wherein the first label base material and the second label base material, is configured to be joined while conveying, constituting said first holding portion, and the second holding portion, and the transport path forming means, said joining means and one of the two rollers, the is characterized by being configured to the wireless identification label producing apparatus detachably attachable in the cartridge to the body.
【0018】 [0018]
つまり、透明の第1ラベル基材と、無線識別アンテナ導体またはICチップの少なくとも一方(以下、ICチップ等という)を含む第2ラベル基材とを接合してから、無線識別ラベルに画像形成を行うのでは、画像形成時に加えられる熱により、無線識別ラベル内部に収納された無線識別アンテナ導体等に損傷を与える虞があると共に、無線識別ラベルの表面に、例えば、ICチップ等の凹凸が現れ、正常な画像形成が行えない虞があるため、本発明(請求項1)のように、第1ラベル基材と第2ラベル基材とを接合する前に、ICチップ等を含まない第1ラベル基材に画像形成するようにしているのである。 That is, the first label base transparent, at least one of the wireless identification antenna conductor or IC chip (hereinafter, referred to as IC chip or the like) after joining the second label base material including, an image formed on the RFID label of performing, by the heat applied during image formation, the there is a risk of damaging the RFID label inside housed a radio frequency identification antenna conductor or the like, on the surface of the RFID label, for example, appear irregularities such as an IC chip , since there is a fear that not be a normal image formation, as in the present invention (claim 1), prior to joining the first label base material and the second label base material, the first without the IC chip or the like with each other to such that the image formed on the label base.
また、形成した画像の品質を保持するために、第1ラベル基材に画像形成を行う際には、第1ラベル基材の第2ラベル基材と接合される側の面に画像形成を行うようにしているのである。 Further, in order to maintain the quality of the formed image, when an image is formed on the first label base material, forming an image on a surface of the side to be joined to the second label base material of the first label base material as than that it is in the.
【0019】 [0019]
また、接合手段は、例えば、無線識別ラベル全体をプレスする等の手段により、第1ラベル基材および第2ラベル基材を接合させてもよいが、 本発明では 、接合手段を第1ラベル基材および第2ラベル基材を挟持する一対のローラから構成し、各ローラの回転により、第1ラベル基材および第2ラベル基材を、搬送しつつ接合するようにしている The joining means is, for example, by means such as pressing the entire RFID label, the first label base material and the second label base material may be bonded, but the present invention is, first label based on the joining means and a pair of rollers for pinching the timber and the second label base material, by the rotation of the rollers, the first label base material and the second label base, so that joined while conveying.
【0020】 [0020]
このようにすると、接合手段は一対のローラにより、各ラベル基材の端から順次接合することができるので、接合された無線識別ラベルから空気がそのローラによって排出される。 In this way, joining means by a pair of rollers, it is possible to sequentially joining the ends of each label base material, the air is discharged by the rollers from the joined radio frequency identification label.
【0021】 [0021]
また、本発明では 、前記第1保持部と、前記第2保持部と、前記搬送経路形成手段と、前記接合手段を構成する2個のローラのうちの一方と、を当該無線識別ラベル作成装置本体に脱着自在に取り付け可能なカートリッジ内に構成している。 Further, in the present invention. The first holding portion, and the second holding portion, wherein the transport path forming means, one of of the two rollers constituting the joining means, the RFID label producing device It constitutes in the cartridge attachable detachably to the body.
【0022】 [0022]
このようにして、無線識別ラベル作成装置の使用者が、各保持部にて保持された各ラベル部材を交換または充填する。 In this way, the user of the wireless identification label producing device, to replace or fill each label member held by each holding unit.
【0023】 [0023]
更に、 請求項1に記載の無線識別ラベル作成装置において、 請求項2に記載のように、前記搬送経路形成手段は、前記第1ラベル基材の搬送径路上の画像形成手段による画像形成位置から、接合手段による両ラベル基材の接合位置に至るまでの区間において、前記第1ラベル基材の画像形成した側の画像形成可能範囲に接触することがないように、空間を形成していることが望ましい。 Further, in the wireless identification label producing apparatus according to claim 1, as claimed in claim 2, wherein the transport path forming unit, the image forming position by the image forming means on the conveying path of the first label base material , in the section up to the joining position of the two label base material by bonding means, so as not to contact the image forming range of the imaged side of the first label base material, it forms a space It is desirable
【0024】 [0024]
つまり、第1ラベル基材に画像形成を行ってから、この第1ラベル基材を第2ラベル基材に接合するまでの間は、第1ラベル基材の画像形成を行った面が露出しているので、この画像形成を行った範囲に搬送路形成手段を触れさせないようにしているのである。 That is, after performing the image formed on the first label base material, until joining the first label base material to the second label base material, the surface of image formation of the first label base material is exposed since it is, with each other to avoid touch the conveying path forming unit in the range subjected to the image formation.
【0025】 [0025]
このようにすれば、第1ラベル基材に画像形成してから第2ラベル基材と接合されるまでの間に画像形成した面に何も触れることがない。 In this way, never anything touching the surface which is imaged during the period from the image formed on the first label base material to be joined to the second label base material.
【0026】 [0026]
次に、 請求項3に記載の発明は、ラベル基材の表面に画像形成を行う画像形成手段を有する無線識別ラベル作成装置に脱着自在に取り付け可能な無線識別ラベル用カートリッジであって、透明の第1ラベル基材を保持する第1保持部と、少なくとも無線識別アンテナ導体、またはICチップの少なくとも一方を含む第2ラベル基材を保持する第2保持部と、前記無線識別ラベル作成装置に設けられたローラと協働して、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を挟持するローラから成り、該各ローラの回転により、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を搬送しつつ接合する接合部と、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を、前記接合部まで搬送するための搬送経路を形成する搬送経路形成手段と、を備え、当該無 Then, according to claim 3 invention is a wireless identification label cartridge mountable detachably on the radio identification label producing apparatus having an image forming means for forming an image on the surface of the label substrate, a transparent a first holding portion for holding the first label base material, a second holding portion for holding the second label base material including at least one of at least RFID antenna conductor or IC chip, is provided on the RFID label producing device It was rollers and cooperate become the first label base material and the second label base material from the roller for clamping, by rotation of the respective roller, the first label base material and the second label base material a joint portion for joining while conveying the first label base material and the second label base material, and a transport path forming means for forming a transport path for transporting to said junction, the Mu 識別ラベル用カートリッジを前記無線識別ラベル作成装置本体に装着した際に、前記第1ラベル基材の搬送経路近傍には、前記第1ラベル基材の前記第2ラベル基材と接合される側の面に画像形成可能なように、前記無線識別ラベル作成装置の画像形成手段が配置されることを特徴としている。 The identification label cartridge when mounted on the wireless identification label producing apparatus main body, wherein in the vicinity conveying path of the first label base material, the side to be joined to the second label base material of the first label base material as can be image formed on the surface, the image forming means of the RFID label producing device is being disposed.
【0027】 [0027]
このようなカートリッジであれば、各ラベル基材の持ち運びを容易に行うことができ、無線識別ラベル作成装置本体に装着して使用すると、第1ラベル基材の第2ラベル基材と接合される側の面に画像形成可能である。 With such a cartridge, the carrying of the label substrate can be easily performed, when used by being mounted to the radio identification label producing apparatus main body, it is joined to the second label base material of the first label base material possible image formed on the face side.
【0028】 [0028]
また、 請求項3に記載の無線識別ラベル用カートリッジにおいて、 請求項4に記載のように、前記搬送経路形成手段は、前記第1ラベル基材の搬送径路上の画像形成手段による画像形成位置から、前記接合部に至るまでの区間において、前記第1ラベル基材の画像形成した側の画像形成可能範囲に接触することがないように、空間を形成していることが好ましい。 In the wireless identification label cartridge according to claim 3, as described in claim 4, wherein the transport path forming unit, the image forming position by the image forming means on the conveying path of the first label base material , in the section up to the joint, so as not to contact the image forming range of the imaged side of the first label base material, it is preferable to form a space.
【0029】 [0029]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下に本発明にかかる実施の形態を図面と共に説明する。 Such embodiments of the present invention will be described with reference to the accompanying drawings.
【0030】 [0030]
図1は、本実施形態の無線識別ラベル作成装置1を示す全体図である。 Figure 1 is an overall view showing the RFID label producing device 1 of the present embodiment.
【0031】 [0031]
図1において、無線識別ラベル作成装置1の前部にはキーボード3が配設されており、キーボード3の後方における無線識別ラベル作成装置1の内部には、サーマル印字機構PM(本発明でいう、画像形成手段:図2参照)が配設されている。 1, the front portion of the radio identification label producing apparatus 1 keyboard 3 and is disposed in the interior of the RFID label producing device 1 in the rear of the keyboard 3, referred to in the thermal printing mechanism PM (present invention, image forming means; see FIG. 2) is disposed. また、キーボード3のすぐ後側には、カートリッジ10(図2参照)を交換するためのカバーケース2が開閉可能に設けられており、このカバーケース2には、入力した文字や記号を表示可能な液晶ディスプレイ4(LCD4)が配設されている。 Further, in the immediate rear of the keyboard 3, the cartridge 10 and the cover case 2 for exchanging (see FIG. 2) provided to be opened and closed, this cover case 2, capable of displaying input characters liquid crystal display 4 (LCD 4) is disposed such. 更に、カバーケース2とキーボード3との間には、カバーケース2を開けるための操作つまみ5が配設されている。 Furthermore, between the cover case 2 and the keyboard 3, the operating knob 5 to open the cover case 2 is disposed.
【0032】 [0032]
キーボード3には、アルフャベット文字、数字、記号を入力するための文字キー、スペースキー、改行キー、カーソルを上下左右方向にそれぞれ移動させるためのカーソル移動キー、作成する頻度が高いラベルを簡単に作成するための定型ラベル作成キー、実行キーや取消しキー等の編集キー、印字を指令する印字キー、電源をON・OFFするための電源キー等が設けられている。 The keyboard 3, Arufuyabetto letters, numbers, character keys for inputting symbols, a space key, return key, cursor moving keys for moving respectively the cursor in the vertical and horizontal directions, easily create high label frequency of making standard label creation key to, execution key and a cancel key, such as editing keys, print key for commanding printing, such as a power key to ON · OFF the power supply is provided.
【0033】 [0033]
次に、カートリッジ10について、図2を用いて説明する。 Next, the cartridge 10 will be described with reference to FIG. 図2は、カートリッジ10の内部、およびカバーケース2を開いた状態におけるサーマル印字機構PM部分の拡大図である。 Figure 2 is an enlarged view of the thermal printing mechanism PM parts in the state inside and open the cover case 2 of the cartridge 10.
【0034】 [0034]
図2に示すように、無線識別ラベル作成装置1には、着脱自在に矩形状のカートリッジ10が装着されており、このカートリッジ10には、例えばPET(ポリエチレンテレフタレート)からなる透明のフィルムであるラミネートテープ11(本発明でいう、第1ラベル基材)が巻回されたテープスプール12(本発明でいう、第1保持部)と、インクリボン13が巻回されたリボンスプール14と、このインクリボン13を巻取るリボン巻取りスプール15と、ラミネートテープ11と略同一幅であって、アンテナ導体、ICチップ、および共振回路等を有する帯状のテープ16(後に詳述。本発明でいう、第2ラベル基材)が巻回された供給スプール17(本発明でいう、第2保持部)と、これらラミネートテープ11と帯状のテープ1 As shown in FIG. 2, the wireless identification label producing apparatus 1, removably and rectangular cartridge 10 is mounted, the cartridge 10 is a transparent film made of, for example, PET (polyethylene terephthalate) laminate tape 11 (referred to in the present invention, the first label base material) (referred to in the present invention, the first holding portion) tape spool 12 wound with a ribbon spool 14 in which the ink ribbon 13 is wound, the ink a ribbon take-up spool 15 to take the ribbon 13 winding, a laminated tape 11 having substantially the same width, the antenna conductor, IC chips, and referred to in detail. the present invention in a strip of tape 16 (after having a resonant circuit, the 2 labels mentioned substrate) is a supply spool 17 (the present invention which is wound, the second holding portion), these laminate tape 11 and the band-shaped tape 1 とを押圧して接合させるテープ送りローラ18(本発明でいう搬送路形成手段、およびサブローラ21と一対で本発明でいう接合手段)とが、それぞれ回転自在に設けられている。 Removing and feeding roller 18 to be joined by pressing the (conveyance path forming means in the present invention, and the sub-roller 21 and the bonding means of the present invention with a pair) but are respectively rotatably provided.
【0035】 [0035]
また、カートリッジ10には、ラミネートテープ11のテープスプール12からテープ送りローラ18の位置まで搬送するための搬送路を形成するガイドコロ28Aおよびガイド壁28B、C(本発明でいう、搬送経路形成手段)を備えており、ラミネートテープ11は、ガイドコロ28Aおよびガイド壁28B、Cにより進路を規定されながら、帯状のテープ16と接触することなくテープ送りローラ18の位置まで搬送される。 Further, the cartridge 10, the guide roller 28A and guide walls 28B to form a conveying path for conveying from the tape spool 12 of the laminate tape 11 to the position of the tape feed roller 18, referred to in C (the present invention, the transport path forming means ) comprises a laminate tape 11, guide roller 28A and guide walls 28B, while being defined the path by C, it is conveyed to the position of the tape feed roller 18 without contacting the strip of tape 16.
【0036】 [0036]
ここで、リボンスプール14とリボン巻取りスプール15とは、ラミネートテープ11の裏面側(つまり、帯状のテープ16と接合される側)に配設されており、無線識別ラベル作成装置1本体に立設されたサーマルヘッド19と、回転可能なプラテン20とにより、ラミネートテープ11とインクリボン13とを重ねて挟持するように構成されている。 Here, the ribbon spool 14 and the ribbon take-up spool 15, the rear surface side of the laminate tape 11 is disposed (that is, the side to be joined with the belt-like tape 16), radio frequency identification label producing apparatus 1 main body to stand a thermal head 19 that is set by a rotatable platen 20, and is configured so as to sandwich overlapping the laminate tape 11 and the ink ribbon 13.
【0037】 [0037]
プラテン20は、後述するサブローラ21と共に、ローラ支持体22に支持されている。 Platen 20, along with the later-described sub roller 21 is supported by the roller support member 22.
【0038】 [0038]
サブローラ21は、テープ送りローラ18と共に、カートリッジ10に収納されたラミネートテープ11と帯状のテープ16とを挟持し、回転することによりラミネートテープ11と帯状のテープ16とを接合しながらテープ送りをする。 Sub-roller 21, together with the tape feed roller 18, sandwiching the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16 contained in the cartridge 10, the tape feeding while joining the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16 by rotating .
【0039】 [0039]
尚、ローラ支持体22に支持されたプラテン20およびサブローラ21は、カートリッジ10の脱着時には、ローラ支持体22が支持軸27を中心に回転することにより、カートリッジ10に対して離間し、カートリッジ10の装着後、無線識別ラベル70(図4(C)参照)の作成時には、カートリッジ10に密着した状態(つまり、図2の状態)になる。 Incidentally, the platen 20 and the sub-roller 21 supported by the roller support 22, at the time of desorption of the cartridge 10, the roller support 22 is rotated about the support shaft 27, apart from the cartridge 10, the cartridge 10 after installation, when creating a RFID label 70 (see FIG. 4 (C)), a state in close contact with the cartridge 10 (i.e., the state in FIG. 2).
【0040】 [0040]
従って、カートリッジ10内の要素(ラミネートテープ11、帯状のテープ16、インクリボン13)を使い切ったときや、テープの幅や種類の変更を行いたいときに、本装置(無線識別ラベル作成装置1)の使用者がカートリッジ10の交換をすることで、それらの補充や変更を容易にすることができる。 Therefore, the elements of the cartridge 10 (laminate tape 11, strip-shaped tape 16, the ink ribbon 13) and when exhausted, when you want to width and type of change of the tape, the apparatus (RFID label producing device 1) by the user to the exchange of the cartridge 10, it is possible to facilitate their replenishment or change.
【0041】 [0041]
サーマルヘッド19は、例えば、128個の発熱素子(図示省略)を備え、この発熱素子は、上下方向に列設されている。 The thermal head 19 includes, for example, 128 heating elements (not shown), the heating element is arrayed in the vertical direction. このサーマルヘッド19での画像形成可能範囲は、テープ幅に応じて、例えば、図6に示す2本の二点鎖線で挟んだ間の範囲に貼り合わされるラミネートテープ11の相当部分である。 Imaging range in the thermal head 19, depending on the tape width, for example, a substantial portion of the laminate tape 11 to be bonded to the range between sandwiched between two two-dot chain line shown in FIG.
【0042】 [0042]
また、本装置(無線識別ラベル作成装置1)を駆動して、無線識別ラベル70を作成する際には、テープ送りモータ36(図3参照)の所定回転方向へ駆動し、このテープ送りモータ36の駆動により、ギヤ機構(図示省略)を介して、テープ送りローラ18とリボン巻取りスプール15とを、所定回転方向にそれぞれ同期して駆動するように構成されている。 Further, by driving the apparatus (RFID label producing device 1), when an RFID identification label 70 is driven to the predetermined rotational direction of the tape feed motor 36 (see FIG. 3), the tape feed motor 36 the drive, via a gear mechanism (not shown), and a tape feed roller 18 and the ribbon take-up spool 15, and is configured to drive synchronously the respective predetermined rotational direction.
【0043】 [0043]
尚、この際、サーマルヘッド19の複数の発熱素子に通電すると、ラミネートテープ11の裏面側には、複数のドット列により文字や記号(バーコードを含む)が鏡像で印字され、しかもラミネートテープ11の裏面側に帯状のテープ16が接合されてテープ状ラベル23が作成され、テープ送り方向Tに送給されて、図1、図2に示すように、本装置(無線識別ラベル作成装置1)の外部に排出される。 At this time, when energized plurality of heating elements of the thermal head 19, on the back side of the laminate tape 11, characters and symbols by a plurality of dot rows (including bar codes) are printed in mirror image, moreover laminate tape 11 tape-shaped label 23 strip tape 16 is bonded to the rear surface side is created in, is fed to the tape feed direction T, as shown in FIGS. 1 and 2, the apparatus (RFID label producing device 1) It is of discharged to the outside. 尚、サーマル印字機構PMの詳細については、公知技術(例えば、特開平2─106555号公報を参照)であるため、ここでの説明は省略する。 Since the details of the thermal printing mechanism PM, is a known technique (for example, see Japanese Unexamined 2─106555 JP), and description thereof is omitted here.
【0044】 [0044]
ところで、前記カートリッジ10には、テープスプール12に巻回されたラミネートテープ11のテープ幅やスプール幅が異なるもの(例えば6mm、9mm、12mm、18mm、24mmの5種類)が準備されており、このカートリッジ10の底壁部には、3つの検出用穴24〜26が形成され、これらのテープ幅が何れかを検出できるように、これら検出用穴24〜26の幾つかが組合せて塞がれている。 Incidentally, the cartridge 10, which tape width or spool width of the laminate tape 11 which is wound the tape spool 12 wound are different (e.g. 6 mm, 9 mm, 12 mm, 18 mm, 5 types of 24 mm) are prepared, the the bottom wall of the cartridge 10, three detection holes 24 to 26 are formed, so that these tape width can be detected either, some of these detection holes 24 to 26 is closed in combination ing. そして、このカートリッジ10の下側を支持する無線識別ラベル作成装置1には、これらの塞がれた検出用穴24〜26の組合せから、テープ幅やテープ種類などを検出してテープカセット情報を出力するカセットセンサ30(図3参照)が取付けられている。 Then, the radio identification label producing device 1 supporting the lower side of the cartridge 10, from the combination of the detection holes 24 to 26 which is closed of these, the tape cassette information by detecting a tape width or tape type cassette sensor 30 outputs (see FIG. 3) is mounted.
【0045】 [0045]
次に、無線識別ラベル作成装置1の電気的な結合関係について、図3のブロック図を用いて説明する。 Next, the electrical coupling relationship RFID label producing device 1 will be described with reference to the block diagram of FIG.
【0046】 [0046]
制御装置6は、CPU40と、このCPU40にデータバスなどのバス45を介して接続された入出力インターフェース44、表示用キャラクタジェネレータROM41(表示用CGROM41)、印字用キャラクタジェネレータROM42(印字用CGROM42)、ROM43およびRAM50とから構成されている。 Controller 6 includes a CPU 40, input-output interface 44 connected via a bus 45 such as a data bus to the CPU 40, a display character generator ROM 41 (display CGROM41), print character generator ROM 42 (printing CGROM42), and a ROM43 and RAM50 Prefecture. 表示用CGROM41には、アルファベット文字や記号などの多数のキャラクタの各々に関して、所定文字サイズの表示用ドットパターンデータが格納されている。 The display CGROM41, for each of a large number of characters, such as alphabetic characters and symbols, the display dot pattern data of predetermined character size are stored. 印字用CGROM42には、アルファベット文字や記号などの多数のキャラクタの各々に関して、印字用ドットパターンデータが、各書体毎にコードデータに対応させて、複数の印字文字サイズ分格納されている。 The printing CGROM42 with respect to each of a large number of characters, such as alphabetic characters and symbols, print dot pattern data, in correspondence with code data for each font is stored a plurality of print character size of.
【0047】 [0047]
制御装置6の入出力インターフェース44には、キーボード3と、カセットセンサ30と、LCD4に表示データを出力する為のビデオRAM31(VRAM31)を有するディスプレイコントローラ32(図3参照)と、サーマルヘッド19を駆動する為の駆動回路35と、テープ送りモータ36を駆動する為の駆動回路37とが、それぞれ接続されている。 Output interface 44 of the control device 6 includes a keyboard 3, the cassette sensor 30, a display controller 32 (see FIG. 3) having a video RAM 31 (VRAM31) for outputting display data to the LCD 4, a thermal head 19 a drive circuit 35 for driving, a driving circuit 37 for driving the tape feed motor 36 are connected respectively.
【0048】 [0048]
制御装置6のROM43には、キーボード3から入力された文字や数字や記号などのキャラクタのコードデータに対応させてディスプレイコントローラ32を制御する表示駆動制御プログラム、印字に供する1ドット列毎のドットパターンデータを順次サーマルヘッド19やテープ送りモータ36に転送して印字する印字駆動制御プログラム、テキスト入力制御、定型ラベル作成制御、ラベル名選択制御、定型ラベルデータ入力制御、テキスト登録制御、バーコード作成制御などの制御プログラムが格納されている。 The ROM43 control device 6, a display drive control program in correspondence with code data of characters such as letters, numbers and symbols input from the keyboard 3 controls the display controller 32, the dot pattern of each dot column to be subjected to printing print drive control program for printing by transferring data sequentially to the thermal head 19 and tape feed motor 36, text input control, standard label production control, label name selection control, standard label data input control, text registration control, barcode creation control the control program is stored, such as.
【0049】 [0049]
CPU40は、キーボード3からの入力、カセットセンサ30によるカートリッジ10の種類の検知、およびROM43に格納された制御プログラムに基づいて、順次、各種CGROM41、42からデータを読み出しながら、LCD4に画像を表示し、駆動回路35、37を介してテープ送りモータの駆動およびサーマルヘッド19の制御を行う。 CPU40 controls input from the keyboard 3, the type of detection of the cartridge 10 by the cassette sensor 30, and based on a control program stored in ROM 43, successively, while reading out data from the various CGROM41,42, to display the image on the LCD4 controls the drive and the thermal head 19 of the tape feed motor via a drive circuit 35, 37.
【0050】 [0050]
次に、カートリッジ10に収納された帯状のテープ16について、図4および図5を用いて説明する。 Next, the strip of tape 16 contained in the cartridge 10 will be described with reference to FIGS. 図4および図5は、帯状のテープ16の側断面図(帯状のテープ16の長手方向に沿って、帯状のテープ16の幅方向に直交する断面図)である。 4 and 5, a side sectional view of a strip of tape 16 is (along the longitudinal direction of the strip tape 16, cross-sectional view perpendicular to the width direction of the strip-shaped tape 16). ただし、図4では、模式的に1枚分の無線識別ラベル70のみを拡大して表示している。 However, in FIG. 4, schematically an enlarged only RFID label 70 of one sheet is displayed.
【0051】 [0051]
図4(A)に示すように、帯状のテープ16は、剥離部材62、第1粘着層60A、不透明の基材61、および第2粘着層60Bの4層が、順に積層されて構成されている。 As shown in FIG. 4 (A), a strip-shaped tape 16, the release member 62, four layers of the first adhesive layer 60A, an opaque base material 61 and the second adhesive layer 60B, is, are stacked in this order there. また、第1粘着層60Aと、基材との間には、電磁誘導方式の無線識別ラベルとして機能するためのアンテナ部63およびICチップ64が挟み込まれている。 Further, a first adhesive layer 60A, between the base material, the antenna unit 63 and the IC chip 64 to function as a wireless identification label of an electromagnetic induction method is sandwiched. このため、帯状のテープ16は、アンテナ部63およびICチップ64が挟み込まれた分だけ、上下の面にそれぞれ凸部65A、Bを有することになる。 Therefore, strip-shaped tape 16, by an amount corresponding to the antenna unit 63 and the IC chip 64 is sandwiched will have respective convex portions 65A in the upper and lower surfaces, the B.
【0052】 [0052]
尚、図4(B)以降で説明する帯状のテープ16の断面図において、帯状のテープ16には、上述の凸部65A、Bを有するが、図を簡単にするため、この凸部65A、Bは省略して表示する。 Incidentally, in the cross-sectional view of the strip of tape 16 described in FIG. 4 (B) and later, a strip of tape 16, the convex portion 65A of the above, has a B, for simplicity of illustration, the convex portion 65A, B displays are omitted. この凸部65A、Bがあっても、帯状のテープ16とラミネートテープ11との接合に問題は無い。 The convex portion 65A, even if B, there is no problem in the bonding of a strip of tape 16 and the laminate tape 11.
【0053】 [0053]
また、アンテナ部63とICチップ64とは、図示しない連結部によって、所定の無線識別機能を果たすように連結されている。 Further, the antenna unit 63 and the IC chip 64, the connecting portion (not shown) are connected so as to perform predetermined radio identification features.
【0054】 [0054]
次に、帯状のテープ16にラミネートテープ11を接合する際には、図4(B)に示すように、インクリボン13の一部であるインク66が付着し、このインク66により画像形成されたラミネートテープ11と、第2粘着層60Bとを、幅方向に整合しながら接合させる。 Next, in joining the laminate tape 11 in a strip of tape 16, as shown in FIG. 4 (B), adhered ink 66 is part of the ink ribbon 13, which is an image formed by the ink 66 a laminate tape 11, and a second adhesive layer 60B, are joined with aligned in the width direction.
【0055】 [0055]
このようにしてラミネートテープ11と、第2粘着層60Bとを接合させると図4(C)に示すような状態になる。 The laminate tape 11 in this manner, a state such as when joining the second adhesive layer 60B shown in FIG. 4 (C). この状態では、ラミネートテープ11のインク66が付着した面は、ラミネートテープ11によって覆われ、外から直接触れられることがない無線識別ラベル70の内側の層に位置する。 In this state, the surface where the ink 66 adheres the laminate tape 11 is covered by the laminate tape 11, located inside the layer of the wireless identification label 70 is not being touched directly from the outside.
【0056】 [0056]
また、上述の帯状のテープ16には、図5(A)に示すように、複数の無線識別ラベル70を作成できるように、一定間隔でアンテナ部63およびICチップ64が配置されている。 Further, a strip of tape 16 described above, as shown in FIG. 5 (A), to allow creation of multiple wireless identification label 70, the antenna unit 63 and the IC chip 64 are arranged at regular intervals.
【0057】 [0057]
そして、このように構成された帯状のテープ16をカートリッジ10に収納されている際の状態は、図6および前述のようにロール状に巻回されており、この状態を模式的に示すと、図5(B)に示すように、帯状のテープ16が幾重にも積層されている。 The state in which is accommodated a strip of tape 16 thus constituted cartridge 10, Fig. 6 and is wound into a roll as described above, indicating this state schematically, as shown in FIG. 5 (B), band-shaped tape 16 are many layers stacked. 剥離部材62の両面には、シリコン処理がなされており、積層しても、適切に引き出せるように、帯状のテープ16は構成されている。 On both sides of the separation member 62, siliconized it has been made, be laminated, as appropriate draw, strip-shaped tape 16 is constructed.
【0058】 [0058]
尚、帯状のテープ16は巻回されてカートリッジ10に収納されているので、図5(B)に示す各層は、本来ならば曲面を有しているのであるが、ここでは、図を簡単にするため直線にて記載している。 Since the strip tape 16 is accommodated wound on the cartridge 10, the respective layers shown in FIG. 5 (B), although the have a curved surface would otherwise, here, briefly to FIG. It is described in a straight line to.
【0059】 [0059]
また、図5(B)に示すように、帯状のテープ16が積層された状態では、帯状のテープ16の第2粘着層60Bが、隣接する帯状のテープ16の剥離部材62に接合するようになっており、順次引き出されながら無線識別ラベル70を形成する。 Further, as shown in FIG. 5 (B), as in the state where the strip-shaped tape 16 are stacked, the second adhesive layer 60B of the strip of tape 16 is bonded to the peeling member 62 of the adjacent strip of tape 16 it is, while being sequentially pulled to form a RFID label 70.
【0060】 [0060]
このようにして作成された無線識別ラベル70は、アンテナ部63およびICチップ64が配置された間隔で、本装置(無線識別ラベル作成装置1)に設けられた切断機構(図示省略)により、図6に示す一点鎖線部分で順次分離されて、個々の無線識別ラベル70(図4(C)参照)として使用可能になる。 RFID label 70 created in this way, at intervals antenna unit 63 and the IC chip 64 is placed, by the device (RFID label producing device 1) to provided a cutting mechanism (not shown), FIG. are sequentially separated by a one-dot chain line portion shown in 6, it becomes available as individual RFID label 70 (see FIG. 4 (C)).
【0061】 [0061]
また、この無線識別ラベル70を商品等に貼り付ける際には、剥離部材62を剥し、第1粘着層60Aの粘着力により貼り付けを行う。 Also, when pasting the radio identification label 70 to the product or the like, the peeling member 62 peeled off, and paste the adhesive strength of the first adhesive layer 60A. 商品等に貼り付けられた無線識別ラベル70においては、不透明な基材61によって、アンテナ部63やICチップ64が視認できず、インク66による画像が見易い。 In the wireless identification label 70 affixed to the product or the like, by an opaque substrate 61, not visible antenna unit 63 and the IC chip 64, the image by the ink 66 is easily seen.
【0062】 [0062]
尚、剥離部材62にはシリコン処理がなされており、第1粘着層60Aと基材61との接着力は、剥離部材62と第1粘着層60Aの粘着力よりも充分強く設定されており、剥離部材62を分離させようとする際に、第1粘着層60Aと基材61とが分離されてしまうことはない。 Incidentally, the peeling member 62 have been made siliconized, adhesive strength between the first adhesive layer 60A and the substrate 61 is strong enough set than the release member 62 the adhesive strength of the first adhesive layer 60A, the peeling member 62 when it is intended to separate the first adhesive layer 60A and the substrate 61 is never become separated.
【0063】 [0063]
また、剥離部材62と第1粘着層60Aの粘着力は、第2粘着層60Bと剥離部材62との接着力よりも、強く設定されており、巻回された状態の帯状のテープ16を引き出す際に、剥離部材62と第1粘着層60Aとが分離されてしまうことはない。 Further, the adhesive strength between the peeling member 62 first adhesive layer 60A, rather than the adhesive strength between the peeling member 62 and the second adhesive layer 60B, is set stronger, draw a strip of tape 16 in the state wound when, the peeling member 62 and the first adhesive layer 60A is never become separated.
【0064】 [0064]
更に、帯状のテープ16を巻回する際には、圧力を加えて隣接する帯状のテープ16と密着させてもよいし、帯状のテープ16の自重により密着させてもよい。 Further, when winding the strip of tape 16 may be brought into close contact with the strip of tape 16 adjacent applying pressure may be brought into close contact by the weight of the strip of tape 16.
【0065】 [0065]
以上のように詳述した無線識別ラベル作成装置1であれば、ラミネートテープ11と帯状のテープ16とを接合する前に、ICチップ64等を含まないラミネートテープ11に画像形成するようにし、形成した画像の品質を保持するために、ラミネートテープ11に画像形成を行う際には、ラミネートテープ11の帯状のテープ16と接合される側の面に画像形成を行うようにしているので、内部のICチップ64等に損傷を与えないようにしながら、無線識別ラベルに印刷した画像の状態を良好に保持することができる。 If RFID label producing device 1 described in detail as above, before joining the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16, so as to image formation in a laminate tape 11 that does not include the IC chip 64 or the like, formed in order to maintain the quality of the image, when an image is formed on the laminate tape 11, so that so as to form an image on the surface of the side to be bonded to the tape 16 of the strip of laminate tape 11, the interior of the while not damaging the IC chip 64 or the like, can be satisfactorily maintain the state of the image printed on the RFID label.
【0066】 [0066]
また、ラミネートテープ11および帯状のテープ16を挟持するテープ送りローラ18およびサブローラ21から成り、該各ローラの回転により、ラミネートテープ11および帯状のテープ16を、搬送しつつ接合するように構成されているので、各ラベル基材の端から順次接合することができ、この際、無線識別ラベル70に空気が封入され、見栄えを損なうことを防止することができる。 Further, consists feeding roller 18 and the sub-roller 21 sandwiching the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16, by the rotation of the respective roller, the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16, it is configured to mate with the transport because there can be successively joined from the end of each label base material, this time, air is enclosed in the wireless identification label 70, it is possible to prevent spoiling the appearance.
【0067】 [0067]
また、テープ送りローラ18およびサブローラ21にてラミネートテープ11および帯状のテープ16を接合するように構成すると、新たに各ラベル基材を搬送する搬送用ローラ等を設ける必要がなくなるため、構成を簡単にすることができ、製造コストを削減することができる。 Further, when configured to bond the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16 at the tape feed roller 18 and the sub-roller 21, since there is no need to provide the transport roller or the like to be newly convey each label base material, simplify the structure can be done, it is possible to reduce the manufacturing cost.
【0068】 [0068]
更に、テープスプール12と、供給スプール17と、ガイドコロ28Aと、カイド壁28B、Cと、接合手段を構成する2個のローラのうちの一方と、を無線識別ラベル作成装置1本体に脱着自在に取り付け可能なカートリッジ内に構成しているので、無線識別ラベル作成装置1の使用者が、各保持部にて保持された各ラベル部材を交換または充填したい場合の作業を簡単にすることができる。 Further, a tape spool 12, a supply spool 17, a guide roller 28A, Kaido wall 28B, and C, and one with one of the two rollers that constitute the joining means, freely detachable to the wireless identification label producing apparatus 1 main body since the structure within the mounting cartridge in, so that the user of the RFID label producing device 1, to simplify the work of the case to be replaced or filled each label member held by each holding portion .
【0069】 [0069]
また、ラミネートテープ11に画像形成を行ってから、このラミネートテープ11を帯状のテープ16に接合するまでの間は、ラミネートテープ11の画像形成を行った面を露出させているが、この画像形成を行った範囲に搬送用の部材(ガイドコロ28A、カイド壁28B、C等)を触れさせないようにしているので、形成された画像をより良好な状態で保持することができる。 Further, after performing the image forming the laminate tape 11 until bonding the laminate tape 11 in a strip of tape 16 is exposes the surface of image formation of the laminate tape 11, the image forming since members for conveying (guide rollers 28A, Kaido walls 28B, C, etc.) so as not to touch and the range was, it is possible to hold the formed image in a more favorable state.
【0070】 [0070]
また、このようなカートリッジ10であれば、各ラベル基材の持ち運びを容易に行うことができ、無線識別ラベル作成装置1本体に装着して使用すると、ラミネートテープ11の帯状のテープ16と接合される側の面に画像形成可能なので、内部のICチップ64等に損傷を与えないようにしながら、無線識別ラベル70に印刷した画像の状態を良好に保持することができる。 In addition, such a cartridge 10, a portable of each label base material can be performed easily, when used by being mounted to the radio identification label producing apparatus 1 main body, joined to the strip of tape 16 of the laminate tape 11 since capable of forming an image on the side surface that, while not damaging internal IC chip 64 and the like, can be satisfactorily maintain the state of the image printed on the RFID label 70. 特にバーコードがインク66によって形成された場合には、画像がゆがまず、その読取に悪影響を及ぼさない。 Especially when the bar code is formed by the ink 66, the image without distortion, do not adversely affect the reading.
【0071】 [0071]
更に、無線識別ラベル作成装置1を使用すれば、無線識別ラベル70を1枚作成する毎に、その都度その動作を停止させることが容易であるため、1枚ずつ異なる画像を形成した無線識別ラベル70を作成することが容易にできる。 Furthermore, the use of RFID label producing device 1, since the radio identification label 70 for each to create one, it is easy to stop the respective operations, radio identification labels to form different images one by one it is easy to create 70.
【0072】 [0072]
また、このように作成された無線識別ラベル70であれば、ラミネートテープ11の帯状のテープ16と接合される側の面に画像形成を行い、直接外部から画像形成面に触れられることがないので、かすれ等から形成された画像を保護することができ、画像を良好な状態で保持することができる。 Further, if the wireless identification label 70 created in this way, an image is formed on the surface of the side to be bonded to the tape 16 of the strip of laminate tape 11, since there is no being touched directly outside the image forming surface the image formed can be protected from such blur, the image can be maintained in good condition.
【0073】 [0073]
そして、基材61が不透明であるので、アンテナ部63やICチップ64がインク66による画像を認識する上で妨げにならない。 Since the substrate 61 is opaque, it does not interfere on the antenna unit 63 and the IC chip 64 recognizes the image by the ink 66. 特にバーコードにおいては、その読取精度に悪影響を及ぼさない。 Especially in the bar code, it does not adversely affect its reading accuracy.
【0074】 [0074]
次に、別形態のラミネートテープ11について、図7を用いて説明する。 Next, the laminate tape 11 of another embodiment will be described with reference to FIG. 図7は無線識別ラベル70の側断面図である。 Figure 7 is a side sectional view of the RFID label 70.
【0075】 [0075]
図7に示す無線識別ラベル70は、無線識別ラベル70を作成するのに用いられたラミネートテープ11のみが前述(図4および図5参照)の無線識別ラベル70とは異なる。 RFID label 70 shown in FIG. 7, only the laminate tape 11 used to create the RFID label 70 is different from the wireless identification label 70 (see FIG. 4 and FIG. 5).
【0076】 [0076]
ここで説明するラミネートテープ11は、単なる透明フィルムではなく、帯状のテープ16に接合される側の面に感熱層11Aを有している。 Laminate tape 11 described here is not just a transparent film, and a heat-sensitive layer 11A on the surface of the side to be bonded to the strip of tape 16.
【0077】 [0077]
このように構成されたラミネートテープ11は、カートリッジ10から引き出され、その搬送経路上にてサーマルヘッド19によりラミネートテープ11の感熱層11Aに熱が加えられると、その熱が加えられた箇所が発色部67となって現れる。 Laminate tape 11 having such a configuration is drawn from the cartridge 10, the heat sensitive layer 11A of the laminate tape 11 by the thermal head 19 is applied at its conveying path, portions where the heat is applied coloring It appears as a part 67. そして、この状態で帯状のテープ16と接合される(図7参照)。 Then, it is bonded to the strip of tape 16 in this state (see FIG. 7).
【0078】 [0078]
尚、このように感熱層11Aを有するラミネートテープ11を使用する場合には、カートリッジ10にインクリボン13、およびインクリボン13を巻回するためのリボンスプール14、リボン巻取りスプール15を備えている必要はない。 Incidentally, when using the laminate tape 11 having the thermosensitive layer 11A in this manner, the ribbon spool 14 for winding the ink ribbon 13 and the ink ribbon 13, the cartridge 10 includes a ribbon take-up spool 15 You need not be.
【0079】 [0079]
このようなラミネートテープ11を使用しても前述の無線識別ラベル70と同様の無線識別ラベル70を作成することができ、感熱層11Aは無線識別ラベル70の内部に位置しているため、無線識別ラベル70の表面が、意図せずに擦られたとしても、その摩擦熱により感熱層11Aが発色してしまうことを防止することができる。 Such be used laminate tape 11 can create a similar wireless identification label 70 with the wireless identification label 70 described above, since the heat sensitive layer 11A is located inside the wireless identification label 70, radio frequency identification surface of the label 70, even rubbed unintentionally can thermosensitive layer 11A by frictional heat is prevented from being colored.
【0080】 [0080]
また、この際、使用するカートリッジ10の構造を簡単にすることができる。 At this time, it is possible to simplify the structure of the cartridge 10 to be used.
【0081】 [0081]
上述した実施形態では、ラミネートテープ11と帯状のテープ16とを貼り合わせるための粘着層60Bが予め基材61に形成されているが、貼り合わせの直前に粘着材をラミネートテープ11か帯状のテープ16かの少なくとも一方に塗布してもよい。 In the above embodiment, the laminate tape 11 and has a strip-shaped tape 16 and the adhesive layer 60B for bonding a is formed on the substrate 61 in advance, bonding laminate tape 11 or strip tape adhesive just before the 16 may be applied Kano least one.
【0082】 [0082]
また、インク66による画像、アンテナ部63、ICチップ64を損傷しない限り、粘着層や粘着剤を用いることなく、ラミネートテープ11か帯状のテープ16かの何れか一方を熱や超音波で溶かして、それらを溶着してもよい。 The image by the ink 66, as long as not to damage the antenna unit 63, IC chip 64, adhesive layer or a pressure-sensitive adhesive without using the tape 16 either Kano either strip or laminate tape 11 is dissolved with heat or ultrasound , it may be welded to them.
【0083】 [0083]
更に、ラミネートテープ11や帯状のテープ16以外の部材をそれらの間に入れて、それを溶かして溶着してもよい。 Furthermore, the members other than the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16 placed therebetween, it may be welded by dissolving it.
【0084】 [0084]
尚、 請求項1の文中に、「幅方向に整合」とあるのは、第1ラベル基材および第2ラベル基材が、同一幅である場合には幅を揃え、同一幅でない場合には、少なくとも幅の狭いラベル基材が、幅の広いラベル基材からはみ出さないように揃えることを意味する( 請求項3での記載についても同様)。 Incidentally, in the sentence according to claim 1, the term "aligned in the width direction", when the first label base material and the second label base material, aligning the width if the same width, not the same width narrow label base material having at least width, it means to align so as not to protrude from a wide label base width (the same applies to the description in claim 3).
【0085】 [0085]
また、本実施形態において、ラミネートテープ11および帯状のテープ16は、同一幅のものを使用したが、特に同一幅のものに限らず、異なる幅のものを使用してもよく、ラミネートテープ11および帯状のテープ16の幅が異なる場合には、少なくとも幅の狭いテープが、幅の広いテープからはみ出さないように揃えていればよい。 Further, in this embodiment, the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16 has been used those same width, not limited to particular ones of the same width, may be used of different widths, the laminate tape 11 and If the width of the strip tape 16 is different, narrow least wide tape may if aligned so as not to protrude from the wide tape width.
【0086】 [0086]
また、画像形成や無線識別ラベル70等の搬送を妨げない限り、幅方向にラミネートテープ11と帯状のテープ16とがずれていてもよい。 Further, so long as they do not interfere with the transport of such an image formation and RFID label 70 may be offset and the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16 in the width direction. 即ち、ラミネートテープ11と帯状のテープ16とが、所望の貼り合わせのために所望の位置関係にあればよい。 That is, the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16, may be in a desired positional relationship for the desired bonding.
【0087】 [0087]
尚、 請求項2の文中に、「画像形成可能範囲」とあるのは、無線識別ラベル作成装置に搭載した画像形成手段によっては、第1ラベル基材の第2ラベル基材に接合される側の面の全領域に画像形成可能であるとは限らないため、その面の全領域に画像形成可能でない場合には、その面の画像形成可能ではない領域には、搬送路形成手段が触れても差し支えないことを意味する。 Incidentally, the side in the statement of claim 2, the term "image forming range", where the image forming means mounted on the wireless identification label producing device, which is joined to the second label base material of the first label base material because of the entire area of ​​the surface not always be an image forming, if not possible imaging the entire area of ​​the surface, the imageable non region of the surface, touches the conveying path forming means which means that no problem also.
【0088】 [0088]
例えば、本実施形態において、カートリッジ10に設けたガイドコロ28Aと、カイド壁28B、Cとは、画像形成された後のラミネートテープ11の画像形成面には触れないように構成したが、ラミネートテープ11の画像形成面であっても、画像形成しない領域には、搬送用の部材(ガイドコロ28A、カイド壁28B、C等)を接触させて、テープ走行をより安定化させるようにしてもよい。 For example, in this embodiment, the guide rollers 28A provided in the cartridge 10, Kaido wall 28B, and C, and configured to touch the image forming surface of the laminate tape 11 after an image has been formed, the laminate tape 11 be an image forming surface of the region where no image formation, members for conveying (guide rollers 28A, Kaido walls 28B, C, etc.) in contact and may be caused to further stabilize the tape traveling .
【0089】 [0089]
更に、本実施形態において 作成した無線識別ラベル70の帯状のテープ16には、アンテナ部63とICチップ64とを備え、電磁誘導方式の無線識別ラベル70として構成したが、特に、この構成に限らず、例えば、静電結合方式、UHF方式、電磁結合方式の無線識別ラベル70として構成してもよいし、アンテナ部63と反射回路とを備え、マイクロ波方式の無線識別ラベル70として構成していてもよい。 Furthermore, a strip of tape 16 of the wireless identification label 70 created in the present embodiment, an antenna unit 63 and the IC chip 64 has been configured as a wireless identification label 70 of the electromagnetic induction method, in particular, limited to this configuration not, for example, an electrostatic coupling system, UHF system may be configured as a wireless identification label 70 of the electromagnetic coupling system, provided with an antenna portion 63 and the reflection circuit, constitute a radio identification label 70 of the microwave system it may be. また、アンテナ部63は印刷により形成してもよい。 The antenna unit 63 may be formed by printing. 更に、アンテナ部63とICチップ64との上下関係は逆であってもよい。 Furthermore, the upper and lower relationship between the antenna unit 63 and the IC chip 64 may be reversed.
【0090】 [0090]
また、本実施形態におけるカートリッジ10では、ラミネートテープ11および帯状のテープ16を支持する部材に、巻芯として作用するテープスプール12および供給スプール17により各テープを保持するように構成したが、特にこのような構成でなくても、ラミネートテープ11および帯状のテープ16の外形を規定する壁面等により、各テープを保持するように構成してもよい。 Further, the cartridge 10 in this embodiment, the member for supporting the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16, the tape spool 12 and the supply spool 17 acts as a winding core is configured so as to hold each tape, in particular the not be a configuration, the wall surface defining the outer shape of the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16 may be configured to hold each tape.
【0091】 [0091]
更に、ラミネートテープ11および帯状のテープ16は、図6に示すように、巻回した状態でカートリッジ10に収納する必要はなく、例えば、アンテナ部63およびICチップ64を1個ずつ備えた複数の各テープを積層して収納してもよく(図5(B)の実線部分で表現される状態となる。)、図8に示すように1枚ずつ各テープを剥しながら搬送し、無線識別ラベル70を作成するように構成してもよい。 Additionally, the laminate tape 11 and the band-shaped tape 16, as shown in FIG. 6 need not be stored in the cartridge 10 in a state where the wound, for example, a plurality of which includes an antenna unit 63 and the IC chip 64 one by one may be housed by laminating the tape (a state represented by the solid line portion in FIG. 5 (B).), one by one, as shown in FIG. 8 and conveyed while peeling each tape, radio frequency identification label it may be configured to create a 70.
【0092】 [0092]
このようにしても、無線識別ラベル70内部のICチップ64等に損傷を与えないようにしながら、無線識別ラベル70に印刷した画像の状態を良好に保持することができる。 Even in this case, while not damaging the RFID label 70 inside the IC chip 64 or the like, can be satisfactorily maintain the state of the image printed on the RFID label 70.
【0093】 [0093]
尚、非常に薄いアンテナ部63やICチップ64を備える場合には、凸部65A、Bは、ほとんど生じないので、印刷に与える影響は少ないが、サーマルヘッド19による熱や、サーマルヘッド19とプラテンとの挟持による圧力によるアンテナ部63やICチップ64の損傷の虞はあり、この場合においても本願発明を適用すれば、その損傷を防止できる。 Incidentally, in the case of providing a very thin antenna unit 63 and the IC chip 64, the convex portions 65A, B, because hardly, but less effect on printing, heat and the thermal head 19, the thermal head 19 and the platen There is damage risk of the antenna unit 63 and the IC chip 64 due to the pressure caused by pinching with, if also applied to the present invention in this case can be prevented from being damaged.
【0094】 [0094]
また、アンテナ部63とICチップ64との両方を備える無線識別ラベル70を作成するが、アンテナ部63かICチップ64かの何れか一方のみを備えたラベルを作成し、その後、他方のものを後付けしてもよい。 Although creating a RFID label 70 having both the antenna portion 63 and the IC chip 64, to create a label having only either one Kano antenna section 63 or IC chip 64, then the other one it may be retrofitted. また、画像形成と同時、または、画像形成と前後して、ICチップ64に読書装置Vによってデータを書き込む、または、予め書き込まれたデータを読み出すように、無線識別ラベル作成装置1を構成してもよい。 The image forming simultaneously or, in the image forming front and rear, and writes the data by reading device V to IC chip 64, or, to read the previously written data, constitute a radio identification label producing device 1 it may be.
【0095】 [0095]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
【0096】 [0096]
【0097】 [0097]
請求項1に記載の無線識別ラベル作成装置によれば、無線識別ラベルの内部の回路等に損傷を与えないようにしながら、無線識別ラベルに形成した画像の状態を良好にすることができる。 According to the wireless identification label producing apparatus according to claim 1, while not damaging the circuit or the like inside the RFID label, it is possible to improve the state of the image formed on the RFID label.
【0098】 [0098]
請求項1に記載の無線識別ラベル作成装置によれば、無線識別ラベルに空気が封入されてしまい、見栄えを損なうことを防止することができる。 According to the wireless identification label producing apparatus according to claim 1, it causes the air is sealed in the RFID label, it is possible to prevent spoiling the appearance.
【0099】 [0099]
請求項1に記載の無線識別ラベルによれば、無線識別ラベル作成装置の使用者が、各保持部にて保持された各ラベル部材を交換または充填したい場合の作業を簡単にすることができる。 According to the wireless identification label according to claim 1, so that the user of the RFID label producing device, to simplify the work of the case to be replaced or filled each label member held by each holding unit.
【0100】 [0100]
請求項2に記載の無線識別ラベルによれば、第1ラベル基材に画像形成してから第2ラベル基材と接合されるまでの間に画像形成した面に何も触れることがないので、形成された画像をより良好な状態で保持することができる。 According to the wireless identification label according to claim 2, since it is not possible to anything touching the surface which is imaged during the period from the image formed on the first label base material to be joined to the second label base material, formed image can be maintained in a more favorable state.
【0101】 [0101]
請求項3に記載の無線識別ラベル用カートリッジによれば、各ラベル基材の持ち運びを容易に行うことができ、無線識別ラベル作成装置本体に装着して使用すると、第1ラベル基材の第2ラベル基材と接合される側の面に画像形成可能なので、内部のICチップ等に損傷を与えないようにすること、若しくは、無線識別ラベルに印刷した画像の状態を良好に保持することの少なくとも一方が実現できる。 According to the wireless identification label cartridge according to claim 3, the carry of each label base material can be performed easily, when used by being mounted to the radio identification label producing apparatus main body, the second first label base since capable of forming an image on the surface of the side to be bonded to the label base, possible to avoid damaging internal IC chip or the like, or at least possible to satisfactorily maintain the state of the image printed on the RFID label one can be realized.
【0102】 [0102]
請求項4に記載の無線識別ラベル用カートリッジによれば、 請求項2の記載と同様に、第1ラベル基材に画像形成してから第2ラベル基材と接合されるまでの間に画像形成した面に何も触れることがないので、形成された画像をより良好な状態で保持することができる。 According to the wireless identification label cartridge according to claim 4, in the same manner as described in claim 2, the image formed during the period from the image formed on the first label base material to be joined to the second label base material since the surface never nothing touches can hold the formed image in a more favorable state.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 無線識別ラベル作成装置を示す全体図である。 1 is an overall diagram of a wireless identification label producing device.
【図2】 カートリッジの内部およびカバーケースを開いた状態におけるサーマル印字機構PM部分の拡大図である。 2 is an enlarged view of the thermal printing mechanism PM portion in an open state inside and cover case of the cartridge.
【図3】 無線識別ラベル作成装置の電気的な結合関係を示すブロック図である。 3 is a block diagram showing an electrical connection relation of a wireless identification label producing device.
【図4】 帯状のテープを示す側断面図である。 4 is a side sectional view showing a band-shaped tape.
【図5】 帯状のテープを示す側断面図である。 5 is a side sectional view showing a band-shaped tape.
【図6】 ロール状に巻回された帯状のテープを示す斜視図である。 6 is a perspective view showing a strip of tape wound into a roll.
【図7】 変形例の無線識別ラベルを示す側断面図である。 7 is a side sectional view of a RFID label of a modification.
【図8】 1枚ずつ各テープを剥がすテープを示す斜視図である。 8 is a perspective view showing the tape one by one peeled off each tape.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1…無線識別ラベル作成装置、2…カバーケース、3…キーボード、4…液晶ディスプレイ(LCD)、5…操作つまみ、6…制御装置、10…カートリッジ、11…ラミネートテープ、12…テープスプール、13…インクリボン、14…リボンスプール、15…リボン巻取りスプール、16…帯状のテープ、17…供給スプール、18…テープ送りローラ、19…サーマルヘッド、20…プラテン、21…サブローラ、22…ローラ支持体、23…テープ状ラベル、24…検出用穴、27…支持軸、28A…ガイドコロ、28B…ガイド壁、30…カセットセンサ、31…ビデオRAM(VRAM)、32…ディスプレイ(LCD)コントローラ、35…駆動回路、36…テープ送りモータ、37…駆動回路、40…CPU、41…印字 1 ... RFID label producing device, 2 ... cover case, 3 ... keyboard, 4 ... liquid crystal display (LCD), 5 ... knob operation, 6 ... control device, 10 ... cartridge 11 ... laminated tape, 12 ... tape spool, 13 ... ink ribbon 14 ... ribbon spool, 15 ... ribbon take-up spool, 16 ... belt-like tape, 17 ... supply spool, 18 ... feeding roller, 19 ... thermal head, 20 ... platen, 21 ... sub-roller, 22 ... roller support body, 23 ... tape-shaped label, 24 ... detection hole 27 ... support shaft, 28A ... guide roller, 28B ... guide wall, 30 ... cassette sensor, 31 ... video RAM (VRAM), 32 ... display (LCD) controller, 35 ... drive circuit, 36 ... tape feed motor, 37 ... driving circuit, 40 ... CPU, 41 ... print キャラクタジェネレータ(CG)ROM、42…表示用キャラクタジェネレータ(CG)ROM、43…ROM、44…入出力インターフェース、45…バス、50…RAM、60A…第1粘着層、60B…第2粘着層、61…基材、62…剥離部材、63…アンテナ部、64…ICチップ、65A…凸部、66…インク、70…無線識別ラベル、PM…サーマル印字機構。 Character generator (CG) ROM, 42 ... display character generator (CG) ROM, 43 ... ROM, 44 ... input-output interface, 45 ... bus, 50 ... RAM, 60A ... first adhesive layer, 60B ... second adhesive layer, 61 ... base, 62 ... peeling member, 63 ... antenna unit, 64 ... IC chip, 65A ... projecting portion, 66 ... ink, 70 ... RFID labels, PM ... thermal printing mechanism.

Claims (4)

  1. 透明の第1ラベル基材を保持する第1保持部と、 A first holding portion for holding the first label base material of the transparent,
    少なくとも無線識別アンテナ導体またはICチップの少なくとも一方を含む第2ラベル基材を保持する第2保持部と、 A second holding portion for holding the second label base material including at least one of at least RFID antenna conductor or IC chip,
    前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を搬送しながら、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を幅方向に整合し接合する接合手段と、 While conveying the first label base material and the second label base material, and joining means for aligning and joining the first label base material and the second label base material in the width direction,
    前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を、前記各保持部から前記接合手段による第1ラベル基材および第2ラベル基材の接合位置まで、異なる経路で搬送するための搬送経路を形成する搬送経路形成手段と、 The first label base material and the second label base material, from the respective holding portions to the joining position of the first label base material and the second label base material by the joining means, the transport path for transporting a different path a transport path forming means for forming for,
    該搬送経路形成手段にて形成される第1ラベル基材の搬送経路上にて、前記第1ラベル基材の第2ラベル基材と接合される側の面に画像形成を行う画像形成手段と、 At first label base material conveyance path on which are formed by transport path forming unit, an image forming unit for forming an image on a surface of the side to be joined to the second label base material of the first label base material ,
    を備え、 Equipped with a,
    前記接合手段は、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を挟持する一対のローラから成り、該各ローラの回転により、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を、搬送しつつ接合するよう構成され、 It said joining means comprises a pair of rollers which sandwich the first label base material and the second label base material, by rotation of the respective roller, the first label base material and the second label base material, the transport It is configured to be joined with,
    前記第1保持部と、前記第2保持部と、前記搬送経路形成手段と、前記接合手段を構成する2個のローラのうちの一方と、を当該無線識別ラベル作成装置本体に脱着自在に取り付け可能なカートリッジ内に構成したこと Wherein the first holding portion, the second holding portion, attached detachably with the transport path forming means, one and, of the two rollers that constitute the joining means to the radio identification label producing device main body by being configured to allow a cartridge
    を特徴とする無線識別ラベル作成装置。 RFID label producing apparatus according to claim.
  2. 前記搬送経路形成手段は、前記第1ラベル基材の搬送径路上の画像形成手段による画像形成位置から、接合手段による両ラベル基材の接合位置に至るまでの区間において、前記第1ラベル基材の画像形成した側の画像形成可能範囲に接触することがないように、空間を形成していること を特徴とする請求項1に記載の無線識別ラベル作成装置。 The transport path forming unit, the image forming means image forming position due on the transport path of the first label base material, in the section up to the joining position of the two label substrate by joining means, the first label base material so as not to contact the image forming range of the imaged side, radio frequency identification label producing apparatus according to claim 1, characterized in that to form a space.
  3. ラベル基材の表面に画像形成を行う画像形成手段を有する無線識別ラベル作成装置に脱着自在に取り付け可能な無線識別ラベル用カートリッジであって、 A radio identification label cartridge mountable detachably on the radio identification label producing apparatus having an image forming means for forming an image on the surface of the label substrate,
    透明の第1ラベル基材を保持する第1保持部と、 A first holding portion for holding the first label base material of the transparent,
    少なくとも無線識別アンテナ導体、またはICチップの少なくとも一方を含む第2ラベル基材を保持する第2保持部と、 A second holding portion for holding at least wireless identification antenna conductor or the second label base material including at least one IC chip,
    前記無線識別ラベル作成装置に設けられたローラと協働して、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を挟持するローラから成り、該各ローラの回転により、前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を搬送しつつ接合する接合部と、 The wireless identification and roller cooperates provided in the label producing apparatus consists the first label base material and the second label base rollers for clamping the, by the rotation of the respective roller, the first label base material and and the junction joining while conveying the second label base material,
    前記第1ラベル基材および前記第2ラベル基材を、前記接合部まで搬送するための搬送経路を形成する搬送経路形成手段と、 The first label base material and the second label base material, the transport path forming means for forming a transport path for transporting to said joint,
    を備え、 Equipped with a,
    当該無線識別ラベル用カートリッジを前記無線識別ラベル作成装置本体に装着した際に、前記第1ラベル基材の搬送経路近傍には、前記第1ラベル基材の前記第2ラベル基材と接合される側の面に画像形成可能なように、前記無線識別ラベル作成装置の画像形成手段が配置されること を特徴とする無線識別ラベル用カートリッジ。 The RFID label cartridge when mounted on the wireless identification label producing apparatus main body, in the vicinity transport path of the first label base material is joined to the second label base material of the first label base material as can be image formed on the surface side, radio frequency identification label cartridge, wherein the image forming means of the RFID label producing device is located.
  4. 前記搬送経路形成手段は、前記第1ラベル基材の搬送径路上の画像形成手段による画像形成位置から、前記接合部に至るまでの区間において、前記第1ラベル基材の画像形成した側の画像形成可能範囲に接触することがないように、空間を形成していること を特徴とする請求項3に記載の無線識別ラベル用カートリッジ。 The transport path forming unit, the image forming position by the image forming means on the conveying path of the first label base material, in the section up to the junction of the first label base the imaged side of the image so as not to contact the formation range, radio frequency identification label cartridge according to claim 3, characterized in that it forms a space.
JP2003126681A 2003-05-01 2003-05-01 RFID label producing device, and radio frequency identification label cartridge Active JP4411861B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003126681A JP4411861B2 (en) 2003-05-01 2003-05-01 RFID label producing device, and radio frequency identification label cartridge

Applications Claiming Priority (9)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003126681A JP4411861B2 (en) 2003-05-01 2003-05-01 RFID label producing device, and radio frequency identification label cartridge
CN 200480011845 CN1784690B (en) 2003-05-01 2004-03-24 Cartridge mounted on creation device for creating radio identification label
CN 200810086181 CN101266658B (en) 2003-05-01 2004-03-24 Sheet material for radio identification label
EP20040723063 EP1626362B1 (en) 2003-05-01 2004-03-24 Radio identification label, creation method and creation device thereof, radio identification label sheet material, and cartridge mounted on creation device for creating radio identification label
PCT/JP2004/004120 WO2004097726A1 (en) 2003-05-01 2004-03-24 Radio identification label, creation method and creation device thereof, radio identification label sheet material, and cartridge mounted on creation device for creating radio identification label
CN 200910206365 CN101859399B (en) 2003-05-01 2004-03-24 Radio identification label making device
US11262828 US7694883B2 (en) 2003-05-01 2005-11-01 RFID label, method for producing the RFID label, device for producing the RFID label, sheet member (tag sheet) used for the RFID label, and cartridge attached to the device for producing the RFID label
US12659030 US8128001B2 (en) 2003-05-01 2010-02-23 RFID label, method for producing the RFID label, device for producing the RFID label, sheet member (tag sheet) used for the RFID label, and cartridge attached to the device for producing the RFID label
US12659031 US8038072B2 (en) 2003-05-01 2010-02-23 RFID label, method for producing the RFID label, device for producing the RFID label, sheet member (tag sheet) used for the RFID label, and cartridge attached to the device for producing the RFID label

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004330492A true JP2004330492A (en) 2004-11-25
JP4411861B2 true JP4411861B2 (en) 2010-02-10

Family

ID=33503530

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003126681A Active JP4411861B2 (en) 2003-05-01 2003-05-01 RFID label producing device, and radio frequency identification label cartridge

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4411861B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4522240B2 (en) * 2004-11-30 2010-08-11 株式会社サトー Rfid label issuing printer
JP2006181829A (en) * 2004-12-27 2006-07-13 Brother Ind Ltd Label tape roll and tape end detecting device
WO2006070790A1 (en) * 2004-12-27 2006-07-06 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Label producing device, device for detecting mark and tape end, tape roll and cartridge for label, and tape with mark
JP4788869B2 (en) * 2005-01-25 2011-10-05 ブラザー工業株式会社 Label cartridge
WO2006112467A1 (en) * 2005-04-19 2006-10-26 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tag label creation device, tape cartridge, and tag tape

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2004330492A (en) 2004-11-25 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008094103A (en) Tape for label writer, and tape cassette in which tape is housed
US20060118229A1 (en) RFID label, method for producing the RFID label, device for producing the RFID label, sheet member (tag sheet) used for the RFID label, and cartridge attached to the device for producing the RFID label
JP2007111863A (en) Tape printer
JPH0839909A (en) Tape device
CN101060985A (en) Tape cassette and tape printer
US8529142B2 (en) RFID circuit element cartridge, roll for producing electromagnetic radiation reaction element label, and tag-label producing device
JP2000006481A (en) Tape-printing apparatus
JP2008279678A (en) Tape printing system, tape cartridge, and tape printing device
JP2000006501A (en) Printing device
RU2297333C2 (en) Device for printing information on the consumable materials
JP2006102953A (en) Printing head and tag label forming apparatus
JP2003132330A (en) Rfid label printer
JP2006021432A (en) Printing tape, tape cartridge, and tape printer
JP2007048126A (en) Wireless tag ic circuit holding body, tag tape roll, and wireless tag cartridge
JP2002123805A (en) Label with noncontact ic tag
JP2003011939A (en) Label printer
JP2005196377A (en) Rfid tag label
JP2002373315A (en) Printer
JP2003159838A (en) Label printer
WO2006033432A1 (en) Tape cassette and tape printing device
US20070262864A1 (en) Container for including at least a rfid tag, apparatus for communicating with a rfid tag, management server for managing production information of a rfid tag, and management system for managing production information of a rfid tag
JP2005141407A (en) Tape for radio tag and printing device for radio tag
EP1626362A1 (en) Radio identification label, creation method and creation device thereof, radio identification label sheet material, and cartridge mounted on creation device for creating radio identification label
JP2001048139A (en) Label issuing device
JPH10244710A (en) Printing apparatus and continuous sheet medium for printing

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060405

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090623

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090820

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091027

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091109

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121127

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131127

Year of fee payment: 4