JP4336386B2 - Using a surgical stapling and cutting device and this device - Google Patents

Using a surgical stapling and cutting device and this device Download PDF

Info

Publication number
JP4336386B2
JP4336386B2 JP2008524042A JP2008524042A JP4336386B2 JP 4336386 B2 JP4336386 B2 JP 4336386B2 JP 2008524042 A JP2008524042 A JP 2008524042A JP 2008524042 A JP2008524042 A JP 2008524042A JP 4336386 B2 JP4336386 B2 JP 4336386B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
actuator
end effector
stapling
articulation joint
articulation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008524042A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2009507526A (en )
Inventor
クライン,コーリ,ロバート
スミス,ケビン,ダブリュー.
ドゥビル,デレク,ディー
パーマー,マシュー,エイ.
Original Assignee
エシコン エンド−サージェリー,インク.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/068Surgical staplers, e.g. containing multiple staples or clamps
    • A61B17/072Surgical staplers, e.g. containing multiple staples or clamps for applying a row of staples in a single action, e.g. the staples being applied simultaneously
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/28Surgical forceps
    • A61B17/29Forceps for use in minimally invasive surgery
    • A61B2017/2926Details of heads or jaws
    • A61B2017/2927Details of heads or jaws the angular position of the head being adjustable with respect to the shaft
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B90/00Instruments, implements or accessories specially adapted for surgery or diagnosis and not covered by any of the groups A61B1/00 - A61B50/00, e.g. for luxation treatment or for protecting wound edges
    • A61B90/50Supports for surgical instruments, e.g. articulated arms
    • A61B2090/508Supports for surgical instruments, e.g. articulated arms with releasable brake mechanisms

Description

本発明は、医療用デバイスの分野に関し、特に、組織にステープルのラインを当てながら、これらのステープルラインの間の組織を切断することができる外科用ステープラ器具の分野に関し、更に、ステープラ器具の改良及び、連接型シャフトを含むこれらのステープラ器具の様々な構成部品を形成するプロセスの改良に関する。 The present invention relates to the field of medical devices, in particular, while applying the tissue to staple line relates to the field of surgical stapler instruments that tissue can cleave between these staple lines, further improvement of the stapler instruments and relates to an improvement in a process for forming the various components of these stapler instruments including articulating shaft. このデバイスは、特に、内視鏡または腹腔鏡外科手順を行う間に組織のステープリングおよび切断を行うのに用いることができる。 The device may in particular be used to perform stapling and cutting of tissue while performing endoscopic or laparoscopic surgical procedures.

内視鏡外科器具は、しばしば伝統的な開外科デバイスより好まれる。 The instrument is often preferred over traditional Hirakigeka device. なぜなら、より小さい切開が、術後の回復時間と合併症を低減する傾向にあるためである。 This is because a smaller incision is because there is a tendency to reduce the recovery time and postoperative complications. この結果、外套針のカニューラを通して所望の外科部位に遠位側端部作動体を正確に配置するのに好適な内視鏡外科器具の作動範囲に有意な開発がなされた。 Consequently, significant development has been made in the operating range of the preferred endoscopic surgical instrument for precise placement of a distal end effector at a desired surgical site through a cannula of a trocar. これらの遠位側端部作動体は、様々な方法で組織に係合して診断または治療効果をあげている(例えば、エンドカッタ、把持器、カッタ、ステープラ、クリップアプライヤ、アクセスデバイス、薬剤/遺伝子セラピィ送出デバイス、超音波、RF、レーザなどを用いたエネルギィデバイス、他)。 These distal end effectors has raised a diagnostic or therapeutic effect engage the tissue in a variety of ways (e.g., endocutter, grasper, cutter, staplers, clip applier, access device, drug / gene Serapyi delivery device, ultrasonic, RF, energy I device using laser or the like, etc.).

端部作動体の位置決めは、外套針によって強制される。 Positioning of the end effector is forced by the trocar. 一般的に、これらの内視鏡外科器具は、端部作動体と外科医が操作するハンドル部分との間に長いシャフトがある。 Generally, these endoscopic surgical instruments is a long shaft between the handle portion for operating the end effector and the surgeon. この長いシャフトが、所望の深さへの挿入と、このシャフトの長軸を中心とする回転を可能にし、これによって、端部作動体を幾分位置決めすることができる。 This long shaft, and insertion into the desired depth, to allow rotation about the long axis of the shaft, which makes it possible to somewhat positioning the end effector. 外套針を賢明に配置し、例えば、別の外套針を介して把持器を使用することで、多くの場合この位置決め量で十分である。 The trocar wisely arranged, for example, by using a grasper through another trocar, it is sufficient in this positioning value in many cases. 例えば、Knodel et al. For example, Knodel et al. に付与された米国特許第5、465、895号などの外科用ステープリング及び切断器具は、挿入と回転によって端部作動体をうまく位置決めする内視鏡外科器具の一例である。 Surgical stapling and cutting instrument, such as a granted US Patent No. 5,465,895 to is one example of an endoscopic surgical instrument that successfully positions an end effector by rotating the insertion.

United States Surgical Corporation社によって製造され、Green et al. United are manufactured by States Surgical Corporation, Inc., Green et al. に付与された米国特許第6,644,532号及び第6,250,532号に記載されているステープラは、同じステップで単一の面に沿って相応して移動するレバーの作動に応じて、単一の面に沿ってステップで回動する端部作動体を具える。 The stapler is described in granted U.S. Patent Nos. 6,644,532 and No. 6,250,532, in accordance with the operation of the lever that moves correspondingly along a single plane at the same step comprises an end effector to rotate in steps along a single plane. 図31および図32を参照されたい。 Please refer to FIG. 31 and FIG. 32. しかしながら、United States Surgical Corporation社のステープラは、達成できる所定の角度と、左右の回動の制限(−45°から+45°)によって制限を受け、操作に二本の手を必要とする。 However, United States Surgical Corporation's stapler, a predetermined angle that can be achieved, restricted by the restriction of the right and left rotation (-45 ° from + 45 °), require two hands for operation.

挿入と回転に制限されるのではなく、操作の特性に依存して、内視鏡外科器具の端部作動体の位置決めを更に調整することが望まれる。 Inserted rather than being restricted to rotate, depending on the nature of the operation, it is desirable to further adjust the positioning of the end effector of an endoscopic surgical instrument. 特に、端部作動体をこの器具のシャフトの長軸を横切る軸に向けることがしばしば望まれている。 In particular, it directs the end effector to the shaft transverse to the longitudinal axis of the shaft of the instrument are often desired. この器具のシャフトに対する端部作動体の横径移動は、従来より、「連接」と呼ばれている。 Transverse diameter movement of the end effector relative to the shaft of the instrument is conventionally referred to as "articulation". この連接型位置決めによれば、外科医は、いくつかの場合、より容易に組織に係合させることができる。 According to the articulated positioning, the surgeon may in some cases, can be engaged more easily organized. また、有利なことに、連接型位置決めによれば、器具のシャフトによってブロックされることなく、端部作動体の背後に内視鏡を配置することができる。 Moreover, advantageously, according to the articulating positioning, without being blocked by the instrument shaft can be arranged endoscope behind the end effector.

上述した非連接型ステープリングおよび切断器具は、実用性が高く多くの外科的手順にうまく利用することができるが、端部作動体を連接する能力をもってこの動作を強化して、これによって使用に際して外科医により優れたフレキシビリティを与えることが望まれる。 Non articulating stapling and cutting instruments described above can be successfully used in high number of surgical procedures practicality, to strengthen this operation with the ability to articulate the end effector, in use thereby it is desired to provide superior flexibility by the surgeon. 連接型外科器具は、一般的に、器具シャフト内で、連接ジョイントを通って縦方向に移動して、カートリッジからステープルを発射して、最も内側のステープルライン間の組織を切断する一又それ以上の発射バーを使用している。 Articulating surgical instrument is generally within the instrument shaft, to move longitudinally through the articulation joint, and fire staples from the cartridge, one also cuts the tissue between the innermost staple line more We are using the firing bar of. これらの外科器具の一つの共通の問題は、連接ジョイントを通る発射バーの制御である。 One common problem with these surgical instruments is control of the firing bar through the articulation joint. 端部作動体は、シャフトと端部作動体のエッジが連接中にぶつからないように、連接ジョイントにおいてシャフトから縦方向にスペースを空けて配置されている。 End effector, as the edge of the shaft and end effector do not collide during articulation, it is disposed at a space in the vertical direction from the shaft in the articulation joint. このギャップは、支持材料で満たされているか、あるいは、単一または複数の発射バーに縦方向の発射負荷がかかっているときに、発射バーのジョイントの留め金が外れてしまわないような構造でなくてはならない。 This gap, or is filled with supporting material, or single or when the longitudinal direction of the firing load spans multiple firing bars, in structures such as clasp firing bar joint is not Shimawa out Must-have. 必要なものは、連接ジョイントを通して単一又は複数の発射バーを案内して支持する潮路構造、あるいは端部作動体が連接される時に曲がるあるいは湾曲する支持構造である。 What is needed is a support structure that bends or curved when Fraxinus platypoda structure for supporting and guiding the single or multiple firing bars through the articulation joint or end effector is articulated.

Schulze et al. Schulze et al. に付与された米国特許第5,673,840号は、エラストマ材料またはプラスチック材料で形成され、フレキシブル連接ジョイントを開示している。 U.S. Patent No. 5,673,840, issued to is formed from an elastomeric or plastic material, discloses a flexible articulation joint. これはフレキシブルジョイントまたは「フレックスネック」で曲がる。 This bend in the flexible joint or "flex neck". 発射バーは、フレックスネック内の中空チューブを通って支持され案内される。 Firing bar is supported through a hollow tube within the flex neck is guided. フレックスネックは、こう合閉鎖機構の一部であり、組織上でこう合部が閉じるときに、端部作動体、シャフト、発射バーに対して縦方向に移動する。 Flex neck is a part of said case closing mechanism, when said engaging portion is closed on tissue, the end effector, moving the shaft in the vertical direction with respect to the firing bar. 次いで、ステープルが発射され組織が切断されるときに、発射バーがフレックスネック内を縦方向に移動する。 Then, when the staple is fired tissue is cut, the firing bar moves within the flex neck longitudinally.

Oberlin et al. Oberlin et al. に付与された米国特許第5,797,537号(Richard−Allan Medical Industries、Inc.が所有)は、フレックスジョイントを中心に曲がるのではなく、ピンの回りを回動する連接ジョイントを開示している。 U.S. Patent No. 5,797,537, issued to (Richard-Allan Medical Industries, Inc. Owned), rather than bends around a flex joint, discloses an articulated joint that pivots around a pin there. この器具では、発射バーは、一対のスペースを空けて配置された支持プレートの間に支持されている。 In this instrument, firing bars are supported between the support plates arranged at a pair of space. このプレートは、一端部がシャフトに、他端部が端部作動体に連結されている。 This plate is the one end shaft, the other end is connected to the end effector. これらの連結の少なくとも一方が、摺動可能な連結である。 At least one of these coupling is a slidable connection. 支持プレートは、連接面においてフレキシブルな駆動部材近傍の連接ジョイントを通って延在しており、支持プレートは、先端がこの連接面内のギャップを通って曲がり、フレキシブル発射バーは、先端がその整合位置から一方向に連接される時に、支持プレートに対して曲がる。 Support plate, extends through the articulation joint of the flexible drive member near the articulating surface, the support plate, the tip is bent through the gap in the connecting plane, the flexible firing bar tip thereof aligned when it is articulated in one direction from the position, bend relative to the support plate. U. U. S. S. Surgicalからの Milliman et al. Milliman et al from the Surgical. に付与された米国特許第6,330,965号は、シャフトに固定的に取り付けられ、端部作動体に摺動可能に取り付けられた支持プレートの使用を教示している。 The granted U.S. Pat. No. 6,330,965, fixedly attached to the shaft, teaches the use of slidably mounted support plates to the end effector.

これらの公知の支持プレートは、連接ジョイントを通って発射バーを案内しているが、性能を強化しうると考えられる。 These known support plate, although to guide the firing bar through the articulation joint is believed that may enhance performance. 例えば、多くの場合、発射バーが発射の間に急速に加速して、組織を効果的に切断するのに十分な運動量を確保することが望まれる。 For example, in many cases, firing bar rapidly accelerated during firing, it is desirable to ensure sufficient momentum to effectively cut tissue. 強固に取り付けられた支持プレートは、応答において無理に移動する傾向にあり、発射バーを連接ジョイントから飛び出させる。 Support plate rigidly attached will tend to forcibly move in response to pop the firing bar from articulation joint. 更なる例としては、連接しているかどうかにかかわらず、器具が同じ態様で動作することが望ましい。 As a further example, regardless of whether they are connected, it is desirable that the instrument is operated in the same manner. 連接時の摩擦が大きくなることは好ましくなく、発射力の変化量を用いる必要がある場合、外科医を混乱させる。 Without it preferably to friction during articulation increases, when it is necessary to use a variation of the firing force, confuse surgeon.

この結果、連接ジョイントを介して発射バーへの支持を強化する外科器具機構用の改良した連接機構が有意に求められている。 As a result, improved articulation mechanism for a surgical instrument mechanisms to strengthen the support for the firing bar through the articulation joint is demanded significant.

従って、本発明の目的は、一般的なタイプの公知のデバイスと方法の上述した欠点を克服し、連接型外科用端部作動体を提供する外科用ステープリング及び切断デバイス及びこのデバイスを使用する方法を提供することである。 Accordingly, an object of the present invention is to overcome the aforementioned disadvantages of the general type of known devices and methods, using a surgical stapling and cutting device and this device provides the articulating surgical end effectors it is to provide a method.

上述の目的及びその他の目的を鑑みると、本発明によれば、端部作動体を制御ハンドルに連結する受動的連接ジョイントを具える、医療用デバイス端部作動体連結アッセンブリが提供されている。 In view of the above and other objects, according to the present invention comprises a passive articulation joint connecting the end effector to the control handle, is provided medical devices end effector coupling assembly.

本発明の目的を鑑みると、制御ハンドルに連結された端部作動体を有する医療デバイスにおいて、当該端部作動体を制御ハンドルに連結する受動的連接ジョイントを具える作動体連結アッセンブリが提供されている。 In view of the object of the present invention, the control in medical devices having a linked end effector to the handle and actuating member coupling assembly comprising a passive articulation joint connecting said end effector to a control handle is provided there.

本発明の目的を鑑みると、また、制御ハンドルと、受動的連接接続を介してこの制御ハンドルに連結した外科用端部作動体を具える、医療デバイスが提供されている。 In view of the object of the present invention, also, a control handle, through a passive articulating connection comprises a surgical end effector that is coupled to the control handle, the medical device is provided.

本発明の目的を鑑みると、また、制御ハンドルと、この制御ハンドルに対して受動的に連接された外科用端部作動体を具える医療用デバイスが提供されている。 In view of the object of the present invention, also, a control handle, the medical device is provided comprising a passively articulated surgical end effectors relative to the control handle.

本発明の目的を鑑みると、また、受動的連接ジョイントの第1の部分を有する制御ハンドルと、受動的連接ジョイントの第2の部分を有する外科用端部作動体を具え、この受動的連接ジョイントの第1及び第2の部分が端部作動体を制御ハンドルに連結している医療用デバイスが提供されている。 In view of the object of the present invention, also, a control handle having a first portion of the passive articulation joint, the surgical end effector having a second portion of the passive articulation joint comprises, the passive articulation joint the first and second portions medical device which connects an end effector to a control handle is provided for.

本発明の目的を鑑みると、また、制御ハンドルと、端部作動体を制御ハンドルに連結する受動的連接ジョイントを有する外科用端部作動体を具える医療用デバイスが提供されている。 In view of the object of the present invention, also, a control handle, a medical device comprising a surgical end effector having a passive articulation joint connecting the end effector to a control handle is provided.

本発明の目的を鑑みると、また、制御ハンドルと、外科用端部作動体と、この端部作動体を制御ハンドルに連結する受動的連接ジョイントを具える医療用デバイスが提供されている。 In view of the object of the present invention, also, a control handle, the surgical end effector, a medical device comprising a passive articulation joint connecting the end effector to a control handle is provided.

本発明の目的を鑑みると、また、非作動状態および作動状態にある連接ジョイントアクチュエータを有する制御ハンドルと、外科用端部作動体と、この外科用端部作動体を制御ハンドルに連結する受動的連接ジョイントを具える医療用デバイスが提供されている。 In view of the object of the present invention, also, a control handle having a articulation joint actuator in an unactuated state and the operating state, the surgical end effector, passive connecting the surgical end effector to a control handle medical device comprising a connecting joint is provided. この連接ジョイントアクチュエータは、非作動状態にあるとき、受動的連接ジョイントを保持し、これによって端部作動体を実質的に固定された連接位置とし、作動状態にあるときに、受動的連接ジョイントを連接自在な状態に解放し、端部作動体に作用する外力に応じて、制御ハンドルに対して端部作動体を自在に連接させる。 The articulation joint actuator, when in the unactuated state, holds a passive articulation joint, whereby a substantially fixed articulated position end effector, when in the actuated state, the passive articulation joint releasing the articulated freely state, in response to an external force acting on the end effector, articulating freely end effector relative to the control handle.

本発明の目的を鑑みると、また、ステープル付ステープリングデバイスと、刃付切断デバイスの少なくとも一つを有する外科用ステープリング端部作動体と、作動時にステープリングデバイスを閉じるステープラ閉鎖アクチュエータを有する制御ハンドルと、作動時にステープルの止め付けと、切断デバイスでの組織の切断の少なくとも一方を行うステープル発射アクチュエータと、非作動状態と作動状態とを有する連接型ジョイントアクチュエータと、端部作動体を制御ハンドルに連結する受動的連接型ジョイントとを具える医療用デバイスが提供されているこの端部作動体は、連接型ジョイントが作動して、連接型ジョイントアクチュエータが作動していないときに所定の連接位置に係止したときに、端部作動体にかかる力に応じて、自 In view of the object of the present invention, also, control with a stapling device with staples and surgical stapling end effector having at least one blade with cutting device, a stapler closing actuator closing the stapling device during operation handle and a stopper with staples upon actuation, control and staple firing actuator performing at least one of cutting tissue of the cutting device, the articulating joint actuator having an actuated state and non-operating state, the end effector handle the end effector of a medical device comprising a passive articulating joint for connecting is provided in a predetermined articulated position when articulating joint is actuated articulating joint actuator is not actuated when locked, depending on the force applied to the end effector, the own に連接する。 It is connected to.

本発明の一の態様によれば、外科用器具は、係止を解放して、端部作動体の連接と連接されている間の発射を可能とするハンドル部分を有している。 According to one aspect of the present invention, a surgical instrument, to release the locking, and a handle portion to allow firing while it is connected with the articulation of the end effector. この解放および発射機構は、シャフトを介して連接機構へ伝達される。 The release and firing mechanism, is transmitted to the articulation mechanism through the shaft. 連接機構は、ユーザが端部作動体に与える力に対応しており、シャフトの縦軸のラインの外への端部作動体の連接を可能にする。 Articulation mechanism allows the user corresponds to the force applied to the end effector, to allow articulation of the end effector to the outside line of the longitudinal axis of the shaft. 発射機構は、発射動作に対応しており、連接機構と端部作動体を介して移動させるために連結されている。 Firing mechanism corresponds to the firing operation, is connected to move through the articulation mechanism and end effector. 発射支持デバイスによって、連接が生じると、発射機構が発射機構を支持して適所に保持することができる。 By the firing support device, the articulation occurs can firing mechanism held in place by supporting the firing mechanism.

本発明の別の特徴によれば、制御ハンドルは、非作動状態と作動状態を有する連接ジョイントアクチュエータを具え、端部作動体は、係止連接状態と、非係止連接状態を有する連接ロックを有し、連接ジョイントアクチュエータは、非作動状態から作動状態に変わったときに、連接ロックを係止連接状態から非係止連接状態に変更し、作動状態から非作動状態に変わったときに、連接ロックを非係止連接状態から係止連接状態に変更する。 According to another feature of the present invention, the control handle comprises a articulation joint actuator having an inoperative state operating state, the end effector includes a locking connecting state, the articulation lock having unlocked articulation state It has, articulation joint actuator, when changed from the non-operating state to the operating state, to change the articulation lock from the locking connected state to the unlocked articulation state when changed from the operating state to the non-operating state, articulated to change the lock from the unlocked connected state to the locking connecting state.

本発明の更なる特徴によれば、ステープラ閉鎖アクチュエータとステープル発射アクチュエータが、連接ジョイントアクチュエータと異なる。 According to a further feature of the present invention, the stapler closing actuator and the staple firing actuator, different from the articulation joint actuator.

本発明の追加の特徴によれば、受動的連接ジョイントを介して制御ハンドルをステープル発射アクチュエータに連結する少なくとも一の第1のフレキシブルビームと、受動連接ジョイントを介して端部作動体を制御ハンドルに縦方向に連結する少なくとも第2のフレキシブルビームが提供されている。 According to an additional feature of the invention, the control handle through a passive articulation joint and at least one first flexible beam coupled to the staple firing actuator, the control handle end effector via a passive articulation joint at least a second flexible beam connecting the longitudinal direction is provided. この第1及び第2のフレキシブルビームは、受動的連接ジョイントの連接に対応して撓む。 The first and second flexible beam flexes in response to articulation of the passive articulation joint.

本発明の更なる特徴によれば、制御ハンドルが第1の縦軸を有し、端部作動体が第2の縦軸を有し、制御ハンドルと、端部作動体、および受動連悦ジョイントの少なくとも一つが、整列デバイスを有する。 According to a further feature of the present invention, the control handle has a first longitudinal axis, the end effector has a second longitudinal axis, the control handle and, the end effector, and passive RenEtsu joint at least one has an alignment device. 例示的な実施例では、整列デバイスは、端部作動体にバイアスをかけて、連接ジョイントアクチュエータが作動したときに、第1及び第2の縦軸を実質的に整列させる。 In an exemplary embodiment, the alignment device may bias the end effector, when the articulation joint actuator is operated, substantially aligning first and second longitudinal axis. 整列デバイスは、中央にバイアスするデバイスであっても良い。 Alignment device may be a device that biases the center. このような実施例では、中央バイアスデバイスは、第1の縦軸の対向する側に配置したばね式プランジャセットであり、これは、端部作動体を個別に押圧して、第1の縦軸に第2の縦軸を整列させている。 In such an embodiment, the central bias device is a spring-loaded plunger set arranged on opposite sides of the first longitudinal axis, which is the end effector is pressed individually, first longitudinal axis and aligning the second longitudinal axis.

本発明のもう一つの利点は、移動可能な遠位側端部作動体が中央にバイアスされていることである。 Another advantage of the present invention is that the movable distal end effector is biased to the center. これは、まず遠位端が、安定位置から自由であり、次いで、周辺組織などの環境構造に対して端部作動体押圧することで新たな位置に受動的に動くことを意味する。 This first distal end is free from a stable position, then, it means that move passively by the end effector pressed against environmental structure a new position, such as surrounding tissues. 端部作動体を安定位置から自由にするアクチュエータが解放されたときに、中央バイアスデバイス、好ましくは少なくとも一のバイアスばね、特に、対向しており、従って、中央方向にバイアス力をかける2本のバイアスばねを押圧した状態で、遠位側端部作動体が、中央位置に戻る。 When the actuator to free the end effector from the stable position is released, the central bias device, preferably at least one bias spring, in particular, faces, therefore, two biasing force toward the center while pressing the biasing spring, the distal end effector is, returns to the center position. 代替的に、中央バイアスデバイスが、クレビスにおいて端部作動体のどちらかの側部に配置したばね式プランジャセットであり、中央位置に向けて個別に端部作動体を押圧するものであってもよい。 Alternatively, the central bias device is a spring-loaded plunger sets disposed on either side of the end effector in the clevis, even those that presses the end effector individually toward the center position good.

本発明の更なる特徴によれば、連接型ジョイントアクチュエータは、遠位側を向いた歯を有するプルロックを有しており、受動的連接ジョイントは、連接ジョイントアクチュエータが非作動状態にあるときにこの遠位側を向いた歯に相互係合する近位側を向いた歯を有するギアを有する。 According to a further feature of the present invention, articulating joint actuator has a Pururokku having teeth facing distally, passive articulation joint, this when the articulation joint actuator is inoperative having a gear having teeth facing proximally to interengaging with the teeth facing distally. また、この連接型ジョイントアクチュエータは、連接型ジョイントアクチュエータが非作動状態にあるときに、近位側を向いた歯から遠位側を向いた歯の係合を解除して、端部作動体の連接ロックを解除する。 Moreover, the articulating joint actuator, when the articulating joint actuator is inoperative, to release the engagement of the teeth facing the distal side from the tooth facing proximally of the end effector to release the articulation lock.

本発明の更なる特徴によれば、遠位側への移動の作動は、プルツーリリース(pull−to−release)、およびリリースツーリロック(release−relock)のトリガによって生じる。 According to a further feature of the present invention, the operation of moving distally is caused by trigger Ple release (pull-to-release), and release Tsuri lock (release-relock). 受動的な動きを制御するこのトリガは、通常は、係止されている。 The trigger for controlling the passive movements are usually is locked. この係止は、トリガにおいて引っ張られることによって解放される。 The locking is released by being pulled in the trigger. 遠位側端部作動体が所望の位置にくると、ユーザがこのトリガを解除して、遠位側端部作動体を新しい位置に係止させる。 When the distal end effector is at the desired position, the user to release the trigger, locking the distal end effector to a new location.

本発明によるデバイスは、外科用ステープラおよびカッタ、あるいは特に、組織の部分を互いにステープルし、所望の時に組織を切断するのに使用することができるその他の内視鏡デバイスである。 The device according to the invention, a surgical stapler and cutter, or in particular, a section of tissue to staple together are other endoscopic devices can be used to cut the tissue when desired. 端部作動体の一の実施例では、ステープリング機能と切断機能の両方を実行する手段が、デバイスの遠位側端部作動体内に全体的に保持されている。 In one embodiment of the end effector, it means for performing both the stapling function and cutting function, are generally retained on the distal end working body of the device.

再び、本発明のもう一つの利点は、ハンドルが、電子的に制御され、ユニバーサルであり、電動式であることである。 Again, another advantage of the present invention, handle, electronically controlled, a universal, is that it is motorized. ハンドルは、多数の製品構成用にプログラムされたマイクロプロセッサを具える。 The handle comprises a large number of programmed microprocessor for product configuration. 例えば、ステープラの場合、ハンドルは30mm、45mm、あるいは60mmのステープルカートリッジ用にプログラムされている。 For example, if the stapler, the handle 30 mm, is programmed for 45mm or 60mm staple cartridge. ステープラの遠位シャフトは、ユニバーサルハンドルに差し込む近位端を有する。 The distal shaft of the stapler has a proximal end that plugs into the universal handle. この遠位シャフトは、電気的コンタクトアレイを具え、これが、接続位置においてハンドル側の合致するアレイと対応して接触する。 The distal shaft, comprises an electrical contact array, which is in contact in correspondence with matching array of the handle side in the connection position. この接触は、様々な遠位シャフトの各々でユニークなものであり、ハンドルがシャフトを「認識」して、そのシャフト用の適宜のプログラムを稼働する。 This contact is intended unique in each of the various distal shaft, handle and "see" the shaft, running an appropriate program for that shaft. ハンドルは、安全なロックアウト、ステープラ送出速度、ストロークの距離、その他のロジックを含むようにプログラムされている。 The handle is programmed to include a safety lock-out, the stapler delivery rate, length of stroke, other logic. このような、モジュール性によって、複数の端部作動体を有する一つのハンドルをシャフトに合致するように製造することができる。 Such, the modularity, the one handle having a plurality of end effectors may be manufactured to conform to the shaft.

デバイスの作動は、電気モータを用いて行われる。 Operation of the device is performed using the electric motor. デバイスは、又、複数の電気モータによって、油圧モータまたは空気圧モータによって、あるいは、作動アッセンブリをデバイスの遠位部分に一義的にあるいは全体的に含めることができるようなあらゆる方法でフレキシブル駆動シャフトを介してエネルギィを伝達することによって、駆動させることができる。 The device, also, a plurality of electric motors, by a hydraulic motor or pneumatic motor, or via a flexible drive shaft in any manner can be included uniquely or in whole to the distal portion of the actuating assembly device by transferring energy Te, it can be driven.

これらの手段のいずれかによって行われた仕事は、スクリュドライブ、ギアドライブ、ウエッジ、トグル、カム、ベルト、プーリ、ケーブル、ベアリング、あるいは押出ロッドのようなものを単一で、あるいはこれらを組み合わせて所望の動きに変換することができる。 Work done by any of these means, screw drive, gear drive, wedge, toggle, cam, belt, pulleys, cables, bearings or a single things like the push rod, or a combination thereof it can be converted to the desired movement. 特に、スクリュドライブは、電気モータの動きを線形の動きに変換するのに使用される。 In particular, the screw drive is used the movement of the electric motor to convert a linear motion. 一の実施例では、スクリュドライブのモータが、ハンドルに設けられている。 In one embodiment, the motor of the screw drive is provided on the handle. フレキシブルに回転するケーブルがモータからねじ式シャフトに連結されている。 Cable to rotate the flexible is connected from the motor to the threaded shaft. 従って、モータがいずれかの方向に回転すると、フレキシブルケーブルの回転がねじ式駆動シャフトに伝わって、ステープリングアクチュエータと切断スライドが駆動シャフトの上に配置されているので、スライドの遠位側の動きによって両方の機能が実行される。 Therefore, when the motor is rotated in either direction, the rotation of the flexible cable is transmitted to the threaded drive shaft, the stapling actuator and cutting slide is arranged on the drive shaft, distal movement of the slide both functions are performed by the. 第2の実施例では、モータ全体が端部作動体内に設けられており、直接にあるいはトランスミッションギアを介してスライド駆動シャフトに連結されたシャフトを有する。 In the second embodiment, the whole is provided on the end effector body having a shaft connected to the slide drive shaft via a directly or transmission gear motor. この場合、ハンドル内に必要なものは、オン/オフ及び駆動シャフト方向アクチュエータであり、前者はモータのオンとオフを切り替えるためのものであり、後者は、モータがスピンする方向を決定するためのものである。 In this case, what is needed in the handle is on / off and the drive shaft direction actuator, the former is for switching the motor on and off, the latter, for determining the direction in which the motor spins it is intended.

このデバイスは、スクリュドライブで駆動されるキャリッジを有しており、ステープラこう合を閉じる、切断刃を前進させる、ステープルを発射するといった機能を含めて、多くの機能を行う。 The device has a carriage which is driven by the screw drive, closing the stapler this case, to advance the cutting blade, including features such as fire staples, it performs many functions. キャリッジは、これらのタスクを行うための唯一の方法ではない。 The carriage is not the only way to perform these tasks. 二次的なあるいは多くの仕事源が、これらの機能のいずれかを行うのに必要な仕事を提供する。 Secondary or more work sources, to provide a work required to perform any of these functions.

端部作動体の第2の実施例では、ステープリング及び切断作動デバイス全体が自蔵式であり、動作ジョイントの遠位側に配置されている。 In a second embodiment of the end effector, the entire stapling and cutting operation device is a self-contained, are disposed on the distal side of the operation joint.

作動デバイス全体を挿入し、オペレータによって所望されるあらゆる動きあるいは制限を行う多軸「ボール」ジョイントあるいは「ユニバーサル」ジョイントによって操作することができる。 Insert the entire actuating device can be operated by any movement or multi-axis "ball" joint performing restriction or "universal" joint is desired by the operator.

更に、作動デバイス全体は、ハンドルから完全にフリーであり、別の角度から再度把持することができ、より良好な位置的フレキシビリティが可能である。 Furthermore, the entire actuating device is completely free from the handle, can again be gripped from a different angle, it is possible to better positional flexibility.

本発明の更なる特徴によれば、受動的連接ジョイントが、ボールと、カップデバイスと、当該ボールとカップデバイスを互いに係止し、係止を解除するボール−カップ係止デバイスを有するボールジョイントであり、このボール−カップ係止デバイスは、制御ハンドルが非作動状態にあるときに係止状態にあり、制御ハンドルが作動状態にあるときに係止が解除された状態になる。 According to a further feature of the present invention, the passive articulation joint comprises a ball, a cup devices, the ball and the cup device engage each other, the ball to release the locking - the ball joint having a cup locking device There, the ball - cup locking device, the control handle is in the locked state when in an unactuated state, the state in which the lock is released when the control handle is in operation. 端部作動体は、このボールとカップデバイスの一方を有し、制御ハンドルがこのボールとカップデバイスの他方を有する。 End effector has one of the ball and cup devices, the control handle has the other of the ball and the cup device. ボールは、カップデバイスに取り外し可能に連結されている。 Ball is removably coupled to the cup device.

本発明の更なる特徴によれば、端部作動体は、縦方向に二つの端部を有し、前記ボールが二つのボールである。 According to a further feature of the present invention, the end effector is longitudinally has two ends, the ball is a two ball. この二つのボールはそれぞれ、縦方向の二つの端部の一方の上に配置されており、二つのボールは各々カップデバイスに取り外し可能に連結することができる。 Each of these two ball longitudinal are arranged on one of the two ends, two balls can be removably coupled to each cup device.

本発明の一の態様では、縦方向に移動する発射機構を用いて器具が端部作動体を作動させる。 In one aspect of the present invention, the instrument using a firing mechanism for moving vertically actuates the end effector. この発射機構は、側方支持プレートあるいは固い支持チャネルによって連接機構を介して有利に支持されている。 The firing mechanism is advantageously supported via an articulated mechanism by the side support plate or rigid support channel. 前者の実施例では、発射機構上の負荷の発射によりよく応答するために、各支持プレートの一又はそれ以上の端部が、連接機構の一方の側に弾性あるいはバネで係合しており、従って、発射機構の座屈をより良好に防止することができる。 In the former embodiment, in order to respond better firing load on the firing mechanism, one or more edges of each support plate is engaged with an elastic or spring on one side of the articulation mechanism, Therefore, it is possible to better prevent the buckling of the firing mechanism. 例えば、支持プレート対は、連接機構を横切って発射機構の側面に位置し、各支持プレートは連接機構に形成されたフレーム溝にばねで係合した端部を具えており、連接機構内あるいは外の発射機構の座屈の防止を補助する。 For example, the support plate pairs across the articulation mechanism flank the firing mechanism, the support plate is equipped with a end engaged by a spring to a frame groove formed in the articulation mechanism, the articulation mechanism in or out to assist in the prevention of buckling of the firing mechanism.

チャネルの実施例においては、連接機構内をチャネルが浮動しており、連接がいずれかの方向で生じると発射機構のいずれかの側を支持する面を有する。 In the embodiment of a channel, having a the articulation mechanism and channel floating supports one side of the resulting firing mechanism in either direction connecting the surface. 従って、発射機構の座屈を防止することができる。 Therefore, it is possible to prevent buckling of the firing mechanism. チャネルはフロアと二つの側部を有する。 Channel has a floor and two side. 支持チャネルは、連接機構内部のキャビティ内に自在に乗っている。 Support channels, ride freely in articulation mechanism within the cavity. チャネルの端部は、このキャビティの湾曲に合致するように湾曲している。 End of the channel is curved to match the curvature of the cavity. 支持チャネルは、連接機構内で曲がったときに発射機構に接触して支持するさまざまな内部表面を有しており、これによって、連接機構内部あるいは外部における発射機構の座屈を防止することができる。 Supporting channel has a different inner surface for supporting contact with the firing mechanism when bent in the articulation mechanism, thereby, it is possible to prevent buckling of the firing mechanism in the articulation mechanism inside or outside .

従って、さまざまなタイプの作動した診断又は治療端部作動体を、強い発射力であっても、内視鏡仕様に部品寸法を小さくしても、連接機構で座屈を生じることなく、本発明の連接型医療器具に組み込むことができる。 Therefore, the operated various types diagnostic or therapeutic end effectors, even strong firing force, even if reduced component size to the endoscope specifications, without causing buckling in the articulation mechanism, the present invention it can be incorporated into the articulating medical equipment.

本発明の更なる態様においては、医療器具が、閉鎖動作、発射動作、連接機構の係止解除動作、及び連接動作を生じるハンドル部分を有している。 In a further aspect of the present invention, a medical instrument, the closure operation, firing operation, has a handle portion caused unlocking operation, and an articulated operation of the articulation mechanism. これらの動作は、各々シャフトを取って伝達される。 These operations are transmitted respectively taking shaft. 端部作動体は、ステープルまたはステープルカートリッジを受けるシャフトに連接された細長チャネルと、この細長チャネルに回動可能に連結され、シャフトからの閉鎖動作に応答する台座を具える。 End effector includes an elongated channel which is connected to a shaft for receiving a staple or staple cartridge is pivotally connected to the elongate channel comprises a pedestal in response to the closing operation from the shaft. 発射デバイスは細長デバイスと台座との間で縦方向に受けられている、遠位側にある切断デバイスを具える。 Launch device comprises are received in the longitudinal direction between the elongate device and the base, the cutting device at a distal side. 発射デバイスは、ハンドルから端部作動体へ、シャフトと連接機構を介して連結されている。 Launch device, the end effector from the handle, are connected through a shaft and articulation mechanism. 発射デバイスは、ステープリングを利用して、発射動作によって切断を行う。 Launch device utilizes stapling, for cutting by the firing operation. 連接機構は、シャフトに対して端部作動体を移動させる。 Articulation mechanism moves the end effector relative to the shaft. 連接機構は、遠位側でシャフトに連結されており、連接ロックが解除された(すなわち、アンロック)後、及び、端部作動体に働いて連接動作を生じさせる力に応答して、端部作動体を連接させる。 Articulating mechanism is connected to the shaft at a distal side, articulated lock is released (i.e., unlocked) after, and, in response to a force causing articulation operation working end effector, the end articulating the department operating body. 換言すれば、連接ロックが解除されると、端部作動体の環境に対する圧力が端部作動体をシャフトに対して連接させる。 In other words, the articulation lock is released, the pressure on the environment of the end effector is articulating the end effector relative to the shaft. 発射機構を支持するために、一対の支持プレートを連接機構にわたって発射機構の側面に位置することができる。 To support the firing mechanism, it can flank the firing mechanism of the pair of support plates across the articulation mechanism. 各支持プレートは連接機構内に形成されたフレーム溝にスプリングで係合された端部を具える、あるいは、固いチャネルが連接機構にわたって発射機構を取り囲むようにしても良い。 Each support plate comprises a engaged end by a spring to a frame groove formed in the articulation mechanism, or rigid channel may be surround the firing mechanism across the articulation mechanism. これによって、改良されたステープリングおよび切断器具が、高い発射負荷に耐える発射デバイスを含んでおり、連接時に有意に大きくなった発射力を導入することがない。 Thus, an improved stapling and cutting instruments, includes a launch device to withstand high firing loads, is not to introduce the firing force significantly greater during articulation.

作動デバイスは、様々な長さで製造しても良く、及び/又は、腹腔鏡用あるいは内視鏡用のいずれか、あるいは両方に好適な直径に製造しても良い。 Actuating device may be manufactured in various lengths, and / or, either for or endoscopic laparoscopic, or may be produced in a suitable diameter for both. 交換可能なステープルカートリッジを使用することができる。 It can be used replaceable staple cartridge. また、作動デバイスは、フレキシブルな内視鏡の遠位端に取り付けるように構成することができる。 Also, operating device can be configured to attach to a distal end of a flexible endoscope.

本発明の有意な利点は、端部作動体の動きが受動的であり、係止可能であることである。 A significant advantage of the present invention, the movement of the end effector is passive, is that it is lockable. 換言すると、端部作動器は、係止を解除して、次いで所望の位置に移動させ、次いで、その新しい位置に保持することができる。 In other words, the end actuator releases the locking, then moved to a desired position, then it can be held in its new position. これらの動作は、全て片手の操作で行うことができる。 These operations can be carried out in any one-handed operation. 内視鏡及び腹腔鏡外科手術は、外科医が両方の手を別個に使用できることが必要である。 Endoscopic and laparoscopic surgery, it is necessary that the surgeon can separate use of both hands. この必要性をなくすことは、外科手術をものすごく困難なものにするか、あるいは不可能にする。 Eliminating the need, either surgery to extremely difficult ones, or impossible. 本発明のハンドルは、二本めの手を用いることなく移動解除/係止を作動でき、真の片手でのデバイスの操作を可能にしている。 Handle of the present invention can operate the mobile release / locking without using hands Me two, allowing the operation of the device in the true hand.

本発明の更なる利点は、端部作動体の軸方向の動きが別であり、手動であることである。 A further advantage of the present invention is another axial movement of the end effector, is that manually is. 例えば、ユーザは、挿入の前にデバイスの縦軸を中心に遠位側端部作動体を回転させることによって軸方向の動きを設定することができる。 For example, the user may set the motion in the axial direction by rotating the distal end effector about the longitudinal axis of the device prior to insertion. この予め設定した位置決めは、端部作動体をシャフトから離れる方向に引っ張り、次いで遠位側端部作動体を所望の方向にひねることによって生じる。 Positioning set this in advance, pulling away the end effector from the shaft, and then caused by twisting the distal end effector in a desired direction. この軸方向の動きは、軸外の動き(横方向の動き)と組み合わせて、遠位端で合成角を作って、端部作動体(または複数の端部作動体)の正確な位置決めを助ける。 Movement of the axial direction, in combination with the movement of the off-axis (lateral movement), making compound angle at the distal end to aid accurate positioning of the end effector (or end effector) . 別の変形例では、ユーザは、シャフト、連接機構、及び端部作動体を含む遠位側構成部品に、ハンドルを軸方向に固定して、回転方向には自在に連結する回転デバイスを提供することによって、いつでも、動的に遠位側端部作動体をデバイスの縦軸を中心に回転させることができる。 In another variation, the user, the shaft, the articulation mechanism, and the distal component including the end effector, and secure the handle in the axial direction, in the direction of rotation to provide a rotary device that rotatably connected to by, at any time, it is possible to dynamically rotate the distal end effector about the longitudinal axis of the device. 遠位側構成部品の回転は、ベル形状の回転デバイスを端部作動体から離れる方向に引っ張って生じ、次いで、所望の方向にシャフトの縦軸を中心に回転デバイスの回転が生じる。 Rotation of the distal components, caused by pulling away the rotation device of the bell-shaped from the end effector, then the rotation of the rotary device is generated about the longitudinal axis of the shaft in the desired direction. この回転運動が、端部作動体の軸外運動と組み合わされて、デバイスの遠位端に合成角を作り、端部作動体(または複数の端部作動体)の正確な位置決めを補助する。 This rotary motion is combined with off-axis movement of the end effector, make compound angle at the distal end of the device, to assist accurate positioning of the end effector (or end effector).

本発明の更に別の利点は、ステープラ/カッタを、標準的なフレキシブル内視鏡の端部に装着するように構成できることである。 Yet another advantage of the present invention is that the stapler / cutter may be configured to mount to an end of a standard flexible endoscopes. この制御は、内視鏡の作業チャネルを通って送り戻され、制御ハンドルまたは制御モジュールに合致する。 This control, feed back through the working channel of an endoscope, to match the control handle or control module.

本発明の目的を鑑みると、医療デバイスの端部作動体を操作する方法も提供されている。 In view of the object of the present invention, it is provided a method of operating the end effector of a medical device. この方法は、連接ロックを用いて安定した位置で端部作動体の連接動作を制御する受動的連接ジョイントを維持するステップと、連接ロックの解放を作動して、受動的連接ジョイントの係止を解き、端部作動体に係る外力に応じて受動的連接ジョイントを介して端部作動体を連接動作させるステップと、を具える。 The method includes the step of maintaining a passive articulation joint for controlling the articulation operation of the end effector in a stable position with a connecting lock, by operating the release of the connecting lock, the locking of the passive articulation joint solving, comprising a step of connecting operate the end effector via a passive articulation joint in accordance with the external force of the end effector, a.

本発明の目的を鑑みると、医療デバイスの端部作動体を操作する方法が提供されており、この方法は、連接ロックによって係止状態にある受動的連接ジョイントを保持するステップと、連接ロックを作動してこの受動的連接ジョイントの係止を解き、端部作動体に作用する外力に応じて受動的連接ジョイントに連接動作をさせるステップと、を具える。 In view of the object of the present invention, a method of operating an end effector of a medical device is provided, the method comprising the step of holding the passive articulation joint in a locked state by the connecting lock, the articulated locking working to solve the engagement of the passive articulation joint comprises a step of the connecting operation passive articulation joint in accordance with the external force acting on the end effector, a.

本発明の別のモードによれば、端部作動体は、連接位置へ受動的に移動する。 According to another mode of the present invention, the end effector is passively moved to articulated position.

本発明の更なるモードによれば、端部作動体は端部作動体の一部を環境の構造に対して押圧することによって連接位置に受動的に移動する。 According to a further mode of the present invention, the end effector is passively moved to the articulated position by pressing a portion of the end effector relative to the structure of the environment.

本発明の更なるモードによれば、端部作動体を所望の連接位置に連接するために、端部作動体に力が加えられる。 According to a further mode of the present invention, in order to articulate the end effector in a desired articulated position, force is applied to the end effector.

本発明の更なるモードによれば、連接ロックの作動が取り除かれて受動的連接ジョイントを係止し、これによって、端部作動体が更に連接動作を行うことを防止する。 According to a further mode of the present invention, it is removed actuation of articulation lock locks the passive articulation joint, thereby, the end effector can be prevented from further performing the concatenation operation.

有利なことに、上述のステップの全てが片手で行われる。 Advantageously, all of the above steps are performed with one hand.

本発明の特徴と考えられるその他の特徴は、請求の範囲に記載されている。 Other features which are considered as characteristic for the invention are set forth in the claims.

本発明は、外科用ステープル及び切断デバイス及びこのデバイスを使用する方法として、図に示し、記載したが、さまざまな変形例と構造的な変形を、本発明の精神から外れることなく、請求の範囲の範囲および均等の範囲内で行うことができるので、図に示す詳細に限定するものではない。 The present invention, as a method of using a surgical stapling and cutting device and this device, shown in Figure, has been described, various modifications and structural deformation, without departing from the spirit of the present invention, the scope of the claims it can be performed within the scope and equivalents of, not limited to the details shown in FIG.

本発明の構成及び操作方法は、追加の目的と利点と共に、添付の図面と共に読む場合に以下の特定の実施例の記載から最も良く理解される。 Organization and method of operation of the present invention, together with additional objects and advantages, will be best understood from the following description of specific embodiments when read in conjunction with the accompanying drawings.

本発明の態様を、本発明の特定の実施例に関する以下の説明と図面に開示する。 The aspects of the present invention are disclosed in the following description and drawings of specific embodiments of the present invention. 本発明の精神または範囲から外れることなく代替の実施例を考案することができる。 It is possible to devise alternative embodiments without departing from the spirit or scope of the invention. 更に、本発明の例示的な実施例のよく知られた要素は、詳細には説明しない、あるいは、本発明の関連する詳細を邪魔しないように、説明を省略する。 Furthermore, well-known elements of exemplary embodiments of the present invention will not be described in detail, or, so as not to disturb the relevant details of the present invention, the description thereof is omitted.

本発明を開示して説明する前に、ここで使用する用語は、特定の実施例を記載するだけの目的であり、限定を意図するものではない。 Before describing disclose the present invention, terms used herein is for the purpose of simply describing particular embodiments and is not intended to be limiting. 明細書及び特許請求の範囲に使用されているように、単数形の冠詞は、コンテキストから明らかでない限り、複数の意味もあることに留意すべきである。 Specification and as used in the claims, the singular forms, unless it is obvious from the context, it should be noted that there is also more than one meaning.

本明細書は、新規と考えられる本発明の特徴を規定する請求の範囲で結ばれているが、本発明は、図面と併せて以下の説明を考慮することでより良く理解されると考えられる。 Herein, have been connected by the claims defining the features of the invention believed to be novel, the present invention is believed to better understood upon consideration of the following description in conjunction with the drawings . 図面には、同じ符号が用いられている。 In the drawings, like reference numerals are used. 図面は、スケールどおり記載されていない。 The drawings are not listed on scale.

図面を詳細に、特にまず図1を参照すると、本発明によるステープリング及び切断用端部作動体1の第1の例示的実施例が示されている。 Drawings in detail, particularly Referring first to FIG. 1, a first exemplary embodiment of a stapling and cutting end effector 1 according to the present invention is shown. 端部作動体の主要部品には、クレビス10、台座20、ステープルカートリッジ100を受けるカートリッジホルダ30、アダプタスリーブ40、及び横方向移動又は連接デバイス50が含まれる。 The main components of the end effector, the clevis 10, the pedestal 20, the cartridge holder 30 to receive a staple cartridge 100 includes the adapter sleeve 40 and the lateral movement or articulation device 50,. 図1は、カートリッジホルダ30からのステープルカートリッジ100の着脱性を示している。 Figure 1 shows the removability of the staple cartridge 100 from the cartridge holder 30.

台座20をカートリッジホルダ30と、ステープルカートリッジ100に連結しているのは、ステープル作動及び組織切断スライド60である。 The pedestal 20 and the cartridge holder 30, the linked to the staple cartridge 100 is a staple operation and the tissue cutting slide 60. スライド60は、台座20とカートリッジホルダ30に動作可能に係合しており、この二つの部品20と30を正しく整列させて保持し、カートリッジ100の中で作動したステープルが、台座20内の各ステープラ台座に当たり、台座20とカートリッジ100の間に配置された組織の回りにこのステープルを固定するようにする。 Slide 60, pedestal 20 and is operatively engaged in the cartridge holder 30, and held correctly aligned so the two parts 20 and 30, staples operating within the cartridge 100, each of the pedestals 20 It hits the stapler base, so as to secure the staples around the tissue disposed between the pedestal 20 and the cartridge 100. スライド60の遠位側を向いた面は、組織を互いにステープルするときに、こう合20、30内に配置された組織を切断する刃62を有する。 Surface facing the distal side of the slide 60, when staples tissue together and has a blade 62 for cutting the disposed said the case 20, 30 organization. このスライドの近位側の動きが、図1乃至3に線図的に示されている。 Proximal movement of the slide, are diagrammatically illustrated in FIGS. 1-3. スライド60は、図1及び3に見ることができ、台座20は、スライド60の先端から外れている。 Slide 60 can be seen in FIGS. 1 and 3, the pedestal 20 is out of the distal end of the slide 60. しかしながら、動作中は、スライド60は、図2、特に図13に示すように、台座20に連結されていなければならない。 However, during operation, the slide 60 is 2, especially as shown in FIG. 13, must be connected to the base 20.

図2は、アダプタスリーブ内での移動のさまざまな特徴を見せるために、アダプタスリーブ40を取り除いた端部作動体1を示す図である。 2, to show the various features of the movement within the adapter sleeve is a diagram showing the end effector 1 by removing the adapter sleeve 40.

横方向移動デバイス50の二つの主要部品の第1の部品が、図1乃至3に明らかである。 Two first parts of the main components of lateral movement device 50 is apparent in FIGS. 1 to 3. 近位側部品52は、近位側スプロケット522と、中間スプライン加工コネクタ524、及び遠位側ロッド526を具える。 Proximal part 52 comprises a proximal sprocket 522, an intermediate splined connector 524, and a distal rod 526. 例示的な実施例では、中間スプライン加工コネクタ524は、図2に明瞭に示すように、4本の遠位側に突出した歯5242を有する。 In the exemplary embodiment, the intermediate splined connector 524, as shown clearly in FIG. 2, with teeth 5242 projecting distally four.

また、図2には、引っ張りケーブルアダプタ70が示されている。 Further, in FIG. 2 is a cable adapter 70 tensile shown. この引っ張りケーブルアダプタ70は、近位側側部が引っ張りケーブル110(破線)に連結されており、遠位側側部がカートリッジホルダ30に連結されている。 The tension cable adapter 70 is connected to the cable 110 (dashed line) tensile proximal side, the distal side is connected to the cartridge holder 30. 従って、引っ張りケーブルアダプタ70を用いて、台座20に対してカートリッジホルダ30を押したり引いたりして、これによって、カートリッジホルダ30の動きに応じて、台座20が開位置から閉位置へ、あるいは、反対に回動する。 Thus, by using the traction cable adapter 70, and pushing and pulling the cartridge holder 30 with respect to base 20, whereby, in response to the movement of the cartridge holder 30, to the closed position the pedestal 20 from the open position or, It rotates in the opposite. 台座20の近位端は、両側部にカムフォロワ22を有する。 The proximal end of the pedestal 20 has a cam follower 22 on both sides. カートリッジホルダ30の近位端は、両側部に二つのカム面32を規定しており、各カムフォロワ22を受けるように整列している。 The proximal end of the cartridge holder 30 is defines two cam surfaces 32 on both sides, are aligned to receive a respective cam follower 22. 従って、遠位方向あるいは近位方向へのカートリッジホルダの動きによって、台座20に対応する開回動または閉回動が生じる。 Accordingly, the distal or movement of the cartridge holder in the proximal direction, opening rotation or closed kinematic corresponding to the pedestal 20 results.

図4は、クレビス10に対するステープラ20、30の横方向の連接動作を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing the lateral articulating operation of the stapler 20 and 30 relative to the clevis 10.

図5乃至8では、アダプタスリーブ40と、クレビス10を含む全ての部品がワイヤフレームで示されており、これによって、内部の特徴がわかる。 In Figure 5-8, the adapter sleeve 40, all parts, including clevis 10 is shown in wireframe, whereby, seen internal features. クレビス10は、4つのルーメンを具えており、その内の二つが図5に示されており、図6および図7には、4つのルーメン全てが示されている。 Clevis 10 is equipped with four lumens, two of which are shown in Figure 5, 6 and 7, all four lumens are shown. これらのルーメンの内、第1のルーメン12は、端部作動体横方向移動係止ピン120の遠位側及び近位側への移動を制御する、図示しないシャフトを含むように形成されている。 Of these lumens, the first lumen 12 controls the movement of the distal and proximal end effectors lateral movement locking pin 120, is formed to include a shaft (not shown) . このピン120は、図8及び図9にまず示されている。 The pin 120 is first shown in FIGS. 二つの横方向ルーメン14は、引っ張りケーブルアダプタ70を近位側に移動させる引っ張りワイヤを受けるような形状をしている(引っ張りケーブルアダプタ70の遠位側への移動は、バネによって生じる)。 Two lateral lumen 14, pulling the cable adapter 70 proximally has a shape to receive a pull wire is moved to the side (distal movement of the pull cable adapter 70 is caused by the spring). 二つのルーメン14の他のルーメンは、余分なルーメンであり、追加の器具をいくつでも受けることができる。 Other lumens two lumens 14 are extra lumen, can receive any number of additional instruments. 駆動ケーブルルーメン16は、4つのルーメンの最後のルーメンであり、スライド60の動きを制御する駆動スクリュ34(図1参照)を回転させるフレキシブル駆動ケーブルを受けるように構成されている。 Drive cable lumen 16 is the last lumen four lumens are configured to receive a flexible drive cable to rotate the drive screw 34 (see FIG. 1) to control the movement of the slide 60.

駆動ケーブルルーメン16の遠位端において、クレビス20は、横方向移動係止ピン120を受ける長円キャビティ18を規定している。 At the distal end of the drive cable lumen 16, the clevis 20 defines an oblong cavity 18 for receiving the lateral movement locking pin 120. 図6乃至9は、特に、このキャビティ18の例示的な形状を示す。 6 to 9, in particular, it illustrates an exemplary shape of the cavity 18. 横方向移動係止ピン120は円周形状が長円形であるため、ピン120はスプロケット522の歯に整列した位置から回転しない。 For lateral movement locking pin 120 has a circumferential shape is oval, the pin 120 does not rotate from a position aligned with the teeth of the sprocket 522.

また、図5に示すクレビス10の先端側の下には、二つの復心ばね130が見える。 Further, under the front end side of the clevis 10 shown in FIG. 5, two Fukukokoro spring 130 is visible. これらのばね130は、図6乃至9、特に図10にも示されている。 These springs 130, 6 to 9, are particularly well illustrated in FIG. 10. ばね130間の望ましくない相互作用を防ぐために、バネ130を挟んで分離プレート140が設けられている。 To prevent unwanted interaction between the spring 130, the separation plate 140 is provided across the spring 130. 図10は、間に分離プレート140を有する二つのバネ130を示す図である。 Figure 10 is a diagram showing the two springs 130 having a separating plate 140 between.

透明のスリーブ40の下側の機構は、図7乃至10でよりよく説明される。 Lower mechanism of sleeve 40 of transparent will be better described in FIG. 7 to 10. スリーブ40は、二つの外側構造と、二つの内部ボアを規定している。 The sleeve 40 defines the two outer structure, two inner bore. 第1の外側構造は、近位側シリンダ42である。 First outer structure is proximal cylinder 42. 近位側シリンダ42は、その近位端にスプライン構造422を規定している。 Proximal cylinder 42 defines a spline structure 422 at its proximal end. これらのスプライン構造422は、近位側部分52の中間のスプライン付コネクタ524に合致して相互作用する。 These spline structure 422 interacts conform to the middle of the splined connector 524 of the proximal portion 52. 近位側シリンダ42は、第1のボア44も規定しており、これは、近位側部分52の遠位側ロッド526を受けるような形状をしている。 Proximal cylinder 42 has a first bore 44 also defines, which is shaped to receive the distal rod 526 of the proximal portion 52. ロッド526と第1のボア44の内側面との間には円筒状の半径方向クリアランスが、ケーブルアダプタ70の近位端と第1のボア44の近位内側面との間は縦方向クリアランスがある。 Cylindrical radial clearance between the rod 526 inside surface of the first bore 44, between the proximal end and the proximal inner surface of the first bore 44 of the cable adapter 70 is longitudinally clearance is there. この筒状クリアランスは、明瞭化のために図示していない第1の筒状バイアスデバイス(例えば、コイルばね)を受けることができる。 The cylindrical clearance can receive the first cylindrical biasing device not shown for clarity (e.g., a coil spring). 第1のバイアスデバイスは、アダプタスリーブ40の最も近位側端部に近位側を向いた力をかける位置にある。 First bias device is in a position to apply a force oriented in the proximal most proximal end of the adapter sleeve 40. このような構成において、第1のバイアスデバイスによってかかる力が、遠位側スプライン構造422を近位側スプライン構造5242に向けて、これに対して押圧する。 In such a configuration, the force exerted by the first biasing device, the distal spline structure 422 toward the proximal spline structure 5242, and presses against this.

スリーブ40の第2の外側構造は、遠位側シリンダ46である。 Second outer structural sleeve 40 is distal cylinder 46. この遠位側シリンダ46は、そこで引っ張りケーブルアダプタ70を受ける形状をしている第2のボア48を規定する。 The distal cylinder 46, where pulling defines a second bore 48 which has a shape to receive a cable adapter 70. 引っ張りケーブルアダプタ70も、近位側部分52の遠位ロッド526を受ける形状の内側ボア72を規定している。 Cable adapter 70 tension also defines an inner bore 72 of the shaped to receive a distal rod 526 of the proximal portion 52. この構造を明確にするために、ロッド526は、図9において破線で内側ボア72に完全に延在している様子が示されている。 To clarify this structure, the rod 526, state extending completely to the inner bore 72 by a broken line is shown in FIG. 作動時は、ロッド526は、内側ボア72内へ完全に延在する。 During operation, the rod 526 is fully extended into the inner bore 72. 内側ボア72は、同軸であり、例示的な実施例では、第1のボア44と同じ内径を有する。 Inner bore 72 are coaxial, in the exemplary embodiment has the same inner diameter as the first bore 44. 従って、ロッド526と内側ボア72の内側面との間には円筒状半径方向のクリアランスがあり、ケーブルアダプタ70の遠位側表面と、内側ボア72の内側遠位側表面との間には縦方向のクリアランスがある。 Thus, between the inner surface of the rod 526 and the inner bore 72 there is a cylindrical radial clearance between the distal surface of the cable adapter 70, an inner distal surface of the inner bore 72 longitudinally there is a direction of clearance. これは、第2の筒状バイアスデバイス(例えば、コイルスプリング)を収容する形状をしているためであり、明瞭にするために図には示していない。 This second cylindrical biasing device (e.g., a coil spring) is because that the shape for accommodating a, not shown for clarity. 第2のバイアスデバイスは、引っ張りケーブルアダプタ70に対して遠位側に向けたバイアス力を与えるように設けられている。 Second bias device is arranged to provide a biasing force toward the distal side with respect to tensile cable adapter 70. このような力は、こう合20、30を開位置に保つ。 Such forces, this keeps the case 20, 30 in the open position. 従って、こう合20、30は安定した開位置を有する。 Therefore, this case 20 and 30 has a stable open position.

中間部分を設けることなく、図示しない二つのバイアスデバイスが連結しており、従って、単一のバネを形成している。 Without providing the intermediate portion, and connected two biasing device (not shown), thus, forming a single spring. しかしながら、二つのバイアスデバイスは相互作用しないことが望ましい。 However, the two bias device it is desirable not to interact. なぜなら、スプライン部分の分離によって、キャリッジに望ましくない力がかかり、キャリッジホルダ30の動きがスプライン部分の連結を緩めることがあるからである。 This is because, by the separation of the spline portions, it takes an undesirable force on the carriage, because the movement of the carriage holder 30 may loosen the connection of the spline portion. 従って、引っ張りケーブルアダプタ70の近位端表面と、第2のボア48の遠位端表面とによって規定される筒状キャビティ74内の二つのバイアスデバイス間に、図示しないワッシャが配置されている。 Therefore, a proximal end surface of the pull cable adapter 70, between the two bias device in the cylindrical cavity 74 defined by the distal end surface of the second bore 48, the washer (not shown) is disposed. 図7は、このワッシャを保持するための近位側側部を特に示す図であり、このワッシャはそこを通る遠位側ロッド526を受けるだけの形状をしている。 Figure 7 is a view particularly showing the proximal side to hold the washer, the washer is in the form of just receiving the distal rod 526 therethrough. 従って、ワッシャが引っ張りケーブルアダプタ70とスリーブ40との間にはまるので、二つのバネが外れ、互いに独立したバイアス力を提供する。 Accordingly, since the fit between the cable adapter 70 and the sleeve 40 washers tension, it disconnected two springs, to provide mutually independent biasing force.

図11および12の下側の図は、スライド60の駆動シャフト34と、カートリッジホルダ30内の適所に駆動シャフト34を保持する近位側アイドラブッシュ36を示す。 Lower side of FIG. 11 and 12 show a drive shaft 34 of the slide 60, the proximal idler bushing 36 to hold the drive shaft 34 in place of the cartridge holder 30. アイドラブッシュ36のこの位置では、駆動シャフト34にはねじがついていない。 In this position the idler bushing 36, does not have a screw to the drive shaft 34. しかしながら、アイドラブッシュ36の近位側では、駆動シャフト34に、駆動シャフト34の遠位端へ延在するねじが設けられている(図示せず)。 However, the proximal side of the idler bush 36, the drive shaft 34, (not shown) are provided screws which extend into the distal end of the drive shaft 34. 図11及び12は、駆動シャフト34の対向する端部上にスラストベアリング38を示していないが、図1は、このベアリング38を明確に示している。 11 and 12 are not shown a thrust bearing 38 on the opposite ends of the drive shaft 34, FIG. 1 shows the bearing 38 clearly. 図11、12、及び13には、駆動ナット64の形状をしたスライド60の底部が示されている。 Figure 11, 12 and 13, the bottom of the slide 60 in the form of a drive nut 64 is shown. 例示的な実施例では、この駆動ナット64は、スライド60の刃62から分離された一部であるが、刃62の底部に固定的に連結されている。 In an exemplary embodiment, the drive nut 64 is a part that is separated from the blade 62 of the slide 60, which is fixedly connected to the bottom portion of the blade 62. 図に示す形状の駆動ナット64は、ダンベル形状の断面を有し、ねじの上にかかる力をいくらか軽減している。 Drive nut 64 having a shape shown in the figures, has a cross section of dumbbell shape, is somewhat reduce the force exerted on the screw. 図11では、駆動ナット64は、台座20が開位置にある近位側位置にある。 In Figure 11, the driving nut 64, the pedestal 20 is in the proximal position in the open position. 図12および13は、反対に、台座20が部分的に閉じた位置にある中間位置の駆動ナット64を示す。 12 and 13, on the contrary, shows the drive nut 64 in an intermediate position the pedestal 20 is in the partially closed position.

図13は、刃62と駆動ナット64を具えるスライド60の形状と構造を示すのに特に有益である。 Figure 13 is particularly useful for showing the shape and structure of the slide 60 comprising a blade 62 and the drive nut 64.

図14及び図15に示す端部作動体のほぼ縦軸に沿った水平断面は、遠位ロッド526の周囲のボアを示すのに特に有益である。 Horizontal section substantially along the longitudinal axis of the end effector shown in FIGS. 14 and 15 is particularly useful to indicate the periphery of the bore of the distal rod 526. また、ロッド526は、引っ張りケーブルアダプタ70のボア72の遠位側表面への経路全体に延在しているが、明瞭にするために、そのようには示されていない。 Further, rod 526 is extends across the path of the distal surface of the bore 72 of the traction cable adapter 70, for clarity, not shown that way. ロッド526の近位端の周囲には、アダプタスリーブ46内の第1のボア44がある。 Around the proximal end of the rod 526, there is a first bore 44 in the adapter sleeve 46. 第1のボア44のすぐ遠位側に、その中のワッシャを受けるキャビティ74があり、キャビティ74のすぐ遠位側には、第2のバイアスデバイスを受ける引っ張りケーブルアダプタ70の内側ボア72がある。 Just distal of the first bore 44, there is a cavity 74 for receiving the washer therein, to immediately distal the cavity 74, there is an inner bore 72 of the cable adapter 70 pull receiving a second bias device .

図16に示す端部作動体の縦軸にほぼ沿った縦断面は、駆動ナット64と駆動シャフト34の間の連結を示すのに特に有益である。 Vertical section taken generally along the longitudinal axis of the end effector shown in FIG. 16 is particularly useful to indicate the connection between the drive nut 64 and the drive shaft 34. 同様に、明瞭可のために、引っ張りケーブルアダプタ70内のボア72の近位側表面への全ての経路に延在しているロッド526は示されていない。 Similarly, for the sake of clarity Friendly, rod 526 that extends all the way to the proximal surface of the bore 72 of the pull cable adapter 70 is not shown.

図17に示す端部作動体の縦軸にほぼ沿った縦断面は、スライド60と台座20及びカートリッジホルダ30との間の連結を見るのに特に有益である。 Vertical section taken generally along the longitudinal axis of the end effector shown in FIG. 17 is particularly useful to see the connection between the slide 60 and the base 20 and the cartridge holder 30. 二つの上側ウイング66は、台座20内の溝内に配置されており、二つの下側ウイング68は、下側ウイング68と駆動ナット64によって形成されたI字形状の上側保持表面を形成している。 Two upper wing 66 is disposed in the groove in the base 20, two lower wings 68, to form the upper retaining surfaces of the I-shape formed by the lower wing 68 and the drive nut 64 there.

図18乃至24は、本発明に係るステープリングデバイスの縦方向の全寸法を示す図であり、遠位側端部作動体1と、作動ハンドル2の第1の例示的実施例を示す。 18 to 24 are views showing the vertical overall dimensions of the stapling device according to the present invention, a distal end effector 1 shows a first exemplary embodiment of the actuating handle 2. 図60に示すように、こう合20、30は開位置で安定している。 As shown in FIG. 60, this case 20, 30 is stable in the open position.

引っ張りケーブルアダプタ70で終端している引っ張りケーブルの近位端に親指トリガが連結している。 Thumb trigger is coupled to the proximal end of the pull cable terminating in a pull cable adapter 70. 従って、親指トリガ3が作動すると(図19参照)、カートリッジホルダ30が近位方向に引っ張られる。 Therefore, when the thumb trigger 3 is actuated (see FIG. 19), the cartridge holder 30 is pulled in the proximal direction. カム面32の形状によって、カムフォロワ22が移動し、これによって、台座20をほぼステープリング位置に回動させる。 The shape of the cam surface 32, the cam follower 22 is moved, thereby to rotate the base 20 substantially stapling position. 上述したとおり、カートリッジホルダ30、従って、ステープルカートリッジ100に対して台座20を確実に正しい平行方向に向けるのは親指トリガ3ではない。 As described above, the cartridge holder 30, therefore, is not a thumb trigger 3 directing the pedestal 20 to ensure the correct direction parallel relative to the staple cartridge 100. むしろ、正しい平行方向を確実にしているのはスライド60である。 Rather, it is the slide 60 are you ensure correct parallel.

図20乃至22は、端部作動体1が横方向においてどのように受動的に連接しているかを示す図である。 20 to 22 are views showing how are passively articulated end effector 1 in the transverse direction. 人差し指トリガ4を押すと、横方向移動係止ピン120が後側に移動して、スプロケット522から外れる。 Pressing the index finger trigger 4, lateral movement locking pin 120 moves to the rear side, out of the sprocket 522. 端部作動体1に何ら力が加わらなければ、二つの復心ばね130によって、端部作動体1は、図18及び19に示すように、軸方向に整列した方向に残る。 If no force is applied to the end effector 1, by two Fukukokoro spring 130, the end effector 1, as shown in FIGS. 18 and 19, remains in a direction axially aligned. しかしながら、外からの力が端部作動体1に与えられると(図20に示すように)、横方向に自在である端部作動体1は、スプロケット522の軸を中心に、例えば、図20に示すほぼ45度左の位置、あるいは、その他の方向といった、どの位置へでも回動できる。 However, the force from outside is applied to the end effector 1 (as shown in FIG. 20), the end effector 1 is freely laterally, around the axis of the sprocket 522, for example, FIG. 20 approximately 45 degree position of the left as shown in, or such other directions, can be rotated from any-position. 例えば図22を参照されたい。 See, e.g., Figure 22. 人差し指トリガ4を解放すると、スプロケット522の二本の歯の間の係止ピン120の遠位端を戻すことによって、横方向の動きは防止される。 Releasing the index finger trigger 4, by returning the distal end of the locking pin 120 between the two teeth of the sprocket 522, lateral movement is prevented. このように、図21及び22に例示するように、端部作動体は、多数の横方向に連接した位置に係止させることができる。 Thus, as illustrated in FIGS. 21 and 22, the end effector can be locked in position connected to a number of laterally. 明瞭可のために、ステープルカートリッジ100は図18ないし24には記載されていないことに留意されたい。 For clarity Friendly, staple cartridge 100 should be noted that not described in FIG. 18 to 24.

図23と24は、端部作動体の軸方向の回転制御を示す図である。 Figure 23 and 24 are diagrams illustrating the rotation control of the axial end effector. このような軸方向の回転制御は、アダプタスリーブ40と横方向の移動デバイス50のそれぞれの二つのスプライン構造422、5242によって提供される。 Such rotation control of the axial direction is provided by each of the two spline structure 422,5242 adapter sleeve 40 and the lateral movement device 50. 図23では、スプライン構造が係合しており、台座20は、ハンドルに対して90度の位置にある。 In Figure 23, has a spline structure is engaged, the base 20 is in a position of 90 degrees with respect to the handle. スプライン構造の係合をはずすために、第1のバイアスデバイスに打ち勝つ十分な力が端部作動体1にかかり、スプライン構造422、5242が分離する。 To disengage the spline structure, sufficient force to overcome the first biasing device is applied to the end effector 1, a spline structure 422,5242 separates. 次いで、端部作動体1が、時計方向または半時計方向に回転することができる。 Then, it is possible to end effector 1 is rotated in a clockwise or counterclockwise direction. 図68は、例えば、台座20が反時計方向に、約9時の位置に回転した状態を示す。 Figure 68 is, for example, the base 20 is counterclockwise, illustrating a state of being rotated o'clock position about 9.

図1乃至3は、本発明のステープリングデバイスの電動式ステープリング機能の動作を示すのに使用することができる。 1 through 3 can be used to indicate the operation of the electric stapling functions of the stapling device of the present invention. 図1では、スライド60が近位位置にある。 In Figure 1, the slide 60 is in the proximal position. 可逆モータは、ハンドル内部に収納されている。 Reversible motor is housed within the handle. 3方向スイッチがモータに連結されている。 3-way switch is connected to a motor. 中央位置にあるときに、例えば、モータがオフになる。 When in the center position, for example, the motor is turned off. 近位側にあるときは、モータがオンになって、駆動シャフト34を回転させ、スライド60が近位方向に移動する。 When the proximal side, the motor is turned on, the drive shaft 34 is rotated, the slide 60 is moved in the proximal direction. 逆に、スイッチが遠位位置にあると、モータがオンになって、スライド60が遠位方向に移動するように駆動シャフト34を回転させる。 Conversely, when the switch is in the distal position, the motor is turned on to rotate the drive shaft 34 so that the slide 60 is moved in a distal direction. もちろん、スイッチは、オフ位置のない、単なる2方向スイッチでも良い。 Of course, the switch is no OFF position, it may be a simple two-way switch.

図25及び26は、本発明のステープリング及び切断システム200の第2の例示的実施例を示す図である。 25 and 26 are diagrams showing a second exemplary embodiment of a stapling and cutting system 200 of the present invention. このシステム200は、電動式ステープリングアッセンブリ全体が端部作動体210に含まれている点で、第1の実施例と異なる。 The system 200, in that the entire electric stapling assembly is included in the end effector 210, different from the first embodiment. 従って、ハンドル220は、二つの作動デバイスを必要とするのみである。 Thus, the handle 220 only requires two operating devices. 第1の作動デバイス222は、ボールジョイント解除レバーであり、第2の作動デバイスは、ステープリング/切断モータオン/オフボタン224である。 First actuating device 222 is a ball joint release lever, the second actuating device is a stapling / cutting motor on / off button 224.

端部作動体210は、ボールジョイントコネクタ228におけるハンドル220の作動シャフト226の遠位端に連結されている。 End effector 210 is coupled to the distal end of actuation shaft 226 of the handle 220 in the ball joint connector 228. 端部作動体210は、最も遠位端に、ボールジョイント212を有する。 End effector 210, the most distal end, having a ball joint 212. ボールジョイント212は、二つの対向するカップ形状クランプ2122、2124を有する。 Ball joint 212 has a cup-shaped clamp 2122,2124 the two opposite. クランプ2122、2124の内側面は、ボールジョイント212の外側形状に対応する形状をしている。 The inner surface of the clamp 2122,2124 has a shape corresponding to the outer shape of the ball joint 212. クランプ2122、2124は、レバー222の作動に基づいて、互いに向けてあるいは互いから離れるように移動する。 Clamp 2122,2124, based on the operation of the lever 222, to move away from or to one another toward one another.

クランプ2122、2124は、閉位置において互いに対してバイアスしており、ボールジョイント212がその中に配置されている場合は、二つのクランプ2122、2124がボールジョイント212をしっかり把持する。 Clamp 2122,2124 are biased relative to one another in the closed position, when the ball joint 212 is disposed therein, two clamp 2122,2124 to firmly grip the ball joint 212. レバー222の作動によって、クランプ2122、2124が分離し、これによって、ボールジョイント212が二つのクランプ2122、2124内で自在に回転できる。 By actuation of the lever 222, the clamp 2122,2124 are separated, whereby the ball joint 212 can rotate freely within the two clamp 2122,2124. 従って、レバー222が作動すると、端部作動体210は、ステープリング/切断部位近傍の組織などの環境内の構造に対する圧力に基づいて「自在」に動く。 Therefore, when the lever 222 is actuated, the end effector 210, based on the pressure to the structure in the environment, such as stapling / cleavage site near the tissue moves to "free". レバー222を十分に押し下げて、ボールジョイント212をクランプ2122、2124の外に完全に移動させる。 Press down on the lever 222 sufficiently to completely move the ball joint 212 to the outside of the clamp 2122,2124. 従って、第1の端部作動体210が第1の部位でクランプされ、第2の端部作動体210が第2の部位でとまって切断することが所望される場合は、第1の端部作動体210は第1の端部でクランプされたままで、シャフト226を本体から取り外して、第2の端部作動体210に負荷をかけて、第2の端部作動体210を第2の部位に案内することができる。 Therefore, when the first end effector 210 is clamped by the first portion, the second end effector 210 that is desired to cut stopped at the second site, the first end operating body 210 will remain clamped at a first end, remove the shaft 226 from the body, over a load to the second end effector 210, the second end effector 210 second portion it can be guided to.

第2の作動デバイス224は、ユーザが端部作動体210を用いてステープリング及び切断を行うことを所望するときに必要である。 Second actuating device 224 is necessary when the user desired to perform the stapling and cutting using the end effector 210. 端部作動体210は、ステープリング/切断の所望の位置にあるときに、アクチュエータ224(例えば、ボタン)を押す。 End effector 210, when in the desired position of the stapling / cutting, press the actuator 224 (e.g., buttons). 好ましくは、この作動が、端部作動体210内部のモータへ電力を供給する回路を接続し(あるいは遮断する)、これによってスライド60を遠位側へ移動させて、こう合のステープリングと切断機能を実行する。 Preferably, this operation is to connect the circuits supplying power to the end effector 210 inside the motor (or blocking), thereby moving the slide 60 distally, said engagement of the stapling and cutting to perform the function.

図25は、ボールジョイント212に対していずれかの位置に端部作動体210を方向付けるための全く自在な状態を示す。 Figure 25 shows a completely free state for directing the end effector 210 at any position relative to the ball joint 212. 図25では、端部作動体210は、右横方向に約45度の位置に、台座は約90度の位置に示されている。 In Figure 25, the end effector 210, to the position of approximately 45 degrees to the right direction, the base is shown at the position of about 90 degrees.

図27及び28は、図25と26に示す端部作動体の第2の実施例の変形例を示す図である。 27 and 28 are views showing a modification of the second embodiment of the end effector shown in FIG. 25 and 26. 特に、ハンドル220は、図25と26に示すものと同じである。 In particular, the handle 220 is the same as that shown in FIG. 25 and 26. しかしながら、端部作動体310は異なる。 However, the end effector 310 is different. 特に、端部作動体310は、図25及び26に示すボールジョイント212と同じ近位側ボールジョイント312を有するが、近位側ボールジョイント312とほとんど同じ形状の第2の遠位側ボールジョイント314も有する。 In particular, the end effector 310 has the same proximal ball joint 312 and a ball joint 212 shown in FIGS. 25 and 26, the second distal ball joint 314 of the almost same shape as the proximal ball joint 312 also it has. 従って、レバー222を押し下げてボールジョイント312、314を解放すると、端部作動体310を本体内に位置させることができ、反対側の端部をクランプ2122、2124で挟むことができる。 Therefore, when releasing the ball joint 312, 314 press down the lever 222, the end effector 310 can be positioned within the body, it is possible to sandwich the opposite end by the clamp 2122,2124. このような図27に示す方向において、開いたこう合がユーザに対向しているときに、ステープリング/切断を作動することができる。 In the direction shown in this FIG. 27, this case was opened when facing the user can operate the stapling / cutting.

端部作動体210、310を手術部位に配置することは、端部作動体210、310の開いたこう合に比較して、手術部位へのアクセスがむしろ小さいことが求められる。 Placing the end effector 210 and 310 to the surgical site, in comparison with this case an open end effector 210 and 310, access to the surgical site is required that rather small. 端部作動体310を反転させる能力によって、シングルボールジョイント端部作動体210をもっては到達できない、到達が困難であったいくつかの部位にアクセすることができる。 The ability to reverse the end effector 310, is has a single ball joint end effector 210 can not be reached, it is possible to access to several sites arrival is difficult.

図29及び30は、図25乃至28の端部作動体210、310のボールジョイント212、312、314を保持している図25乃至28に示す外科用ステープリング及び切断デバイス200、300の作動シャフト226の最も遠位端にあるクランプ2122、2124を示す。 29 and 30, the actuating shaft of the surgical stapling and cutting devices 200 and 300 shown in FIGS. 25 to 28 in possession of the ball joint 212,312,314 of end effectors 210 and 310 in FIGS. 25 to 28 showing the clamp 2122,2124 in most distal end 226. これらの図面は、レバー222が、その遠位端にプランジャ232を有する押出ロッド230に連結されていることを示す。 These figures indicate that the lever 222 is coupled to a push rod 230 having a plunger 232 on its distal end. このプランジャ232は、最も遠位端に、ボールジョイント212、312、314の外側形状に対応する形状を持つカップ状面234を有する。 The plunger 232, the most distal end, has a cup-shaped surface 234 having a shape corresponding to the outer shape of the ball joint 212,312,314. 従って、プランジャ232が最も遠位側位置において、ボールジョイント212、312、314と接触しているとき、ボールが捕捉され、移動あるいは回転しない。 Thus, the plunger 232 is the distal-most position, when in contact with the ball joint 212,312,314, ball is caught and does not move or rotate. 逆に、プランジャ232が図30に示すように近位側に移動すると、ボールジョイント212、312、314のボールがクランプ2122、2124の間で自在に回転する。 Conversely, when the plunger 232 is moved proximally as shown in FIG. 30, the ball of the ball joint 212,312,314 rotate freely between the clamp 2122,2124.

図31乃至70に示すエンドステープラは、図1乃至30に示すエンドステープラに、様々な異なる代替及び/又は追加の特徴を加えたものである。 End stapler shown in FIG. 31 through 70, the end stapler shown in FIGS. 1 to 30, is obtained by adding a variety of different alternatives and / or additional features.

図31乃至70において、明瞭化のために、先端こう合又は台座1020が示されているのは図30と40のみである。 In Figure 31 to 70, for the sake of clarity, is only 30 and 40 of the tip this case or base 1020 is shown. 更に、台座20は、図1乃至30を参照して上記に詳述されており、従って、以下では繰り返しの説明を避ける。 Furthermore, the pedestal 20, with reference to FIGS. 1 to 30 are described in detail in the above, therefore, in the following avoid repetition of description.

図31に示す例示的ハンドルは、Ethicon Endo−Surgery、Inc. Exemplary handle shown in FIG. 31, Ethicon Endo-Surgery, Inc. 社で製造されたものであり、Ethicon社のリニアカッタ、モデルECHELON60 Endopath Staplerに見ることができる。 Has been produced by the company, it can be seen Ethicon, Inc. of the linear cutter, the model ECHELON60 Endopath Stapler. 従って、このハンドルの説明は、このハンドルの部品及び機能的説明がこの技術で公開されているので、冗長であると考えられる。 Therefore, a description of the handle parts and functional description of the handle since it is published in the art are considered to be redundant. このような説明は、本明細書に全体的な引用として組み込まれている。 Such description is incorporated as an overall reference herein.

上述したとおり、本発明のエンドステープラの遠位端は、標準ステープルカートリッジ100を収納するように構成されている。 As described above, the distal end of the end stapler of the present invention is configured to house a standard staple cartridge 100. カートリッジ100も、先行する刊行物に開示されており、ここで繰り返して述べる必要はない。 Cartridge 100 also are disclosed in the preceding publications, and need not be described again here. この刊行物は、従って、本明細書に全体的な引用として組み込まれている。 This publication, therefore, is incorporated as an overall reference herein.

図31は、本発明のエンドステープラ1000の代替の実施例を部分的に示す図である。 Figure 31 is a diagram partially showing an example of an alternative end stapler 1000 of the present invention. エンドステープラ1000のハンドル1200上の二つの遠位側作動レバーは、図31では、明確化のために隠れて見えない。 Two distal actuating lever on the handle 1200 of the end stapler 1000 in FIG. 31, not visible for clarity.

ハンドル1200の遠位端は、ベル状のアクチュエータ1100を具える。 The distal end of the handle 1200 comprises an actuator 1100 of the bell. これは、エンドステープラ1000の連接部分に二つの制御角度を提供する。 This provides two control angles connecting portion of the end stapler 1000. 第1に、ベルアクチュエータ1100は、ハンドル1200の遠位端上で、エンドステープラ1000の中央軸を中心に自在に回動する。 First, bell actuator 1100 on the distal end of the handle 1200, freely rotates around a central axis of the end stapler 1000. ベルアクチュエータ1100は外側チューブ1100に回動可能に固定的に連接されているため、ベルアクチュエータ1100が時計方向あるいは反時計方向に回転すると、エンドステープラ1000の遠位端全体が対応して回転する。 Bell actuator 1100 because it is connected in a fixed manner to be rotatable in the outer tube 1100, when the bell actuator 1100 is rotated in the clockwise direction or counterclockwise direction, the distal end entire end stapler 1000 is rotated correspondingly. 第2に、ベルアクチュエータ1100は、ハンドル1200の遠位端上で、近位方向に所定の距離を超えて移動することができる。 Second, bell actuator 1100 on the distal end of the handle 1200 can be moved beyond a predetermined distance in the proximal direction. 以下に更に詳細に記載するように、ベルアクチュエータ1100の近位側の移動によって、連接ロック解放スライド120、1120の対応する動きが、遠位側端部作動体1002を伝達デバイス50、1050において連接させる。 As described in further detail below articulation, the movement of the proximal side of the bell actuator 1100, corresponding movement of the connecting lock release slide 120,1120 is, the distal end effector 1002 in the transmission device 50,1050 make. 例えば、ベルアクチュエータ1100の遠位部分に位置する図示しないバイアスデバイス(例えば、圧縮ばね)を用いて、ベルアクチュエータ1100と、連接係止解除スライド1120に遠位方向にバイアスを与え、ベルアクチュエータ1100を非作動状態にしたまま、連接ロック解除スライド120、1120が動作位置あるいは係止位置に残る。 For example, a bias device (not shown) located at the distal portion of the bell actuator 1100 (e.g., a compression spring) with a bell actuator 1100 provides a bias distally articulation lock release slide 1120, the bell actuator 1100 while the non-operating state, articulation lock release slide 120,1120 remains in the operative position or locking position. 図8及び9を参照されたい。 See Figure 8 and 9. このバイアスデバイスは、ベルアクチュエータ1100の内側に収納されているが、明瞭化のために図32には、示されていない。 The biasing device has been housed inside the bell actuator 1100, in FIG. 32 for clarity, are not shown. 内側チューブ1130の回りの溝1139に嵌るスナップリングも示されていない。 Snap ring which fits around the groove 1139 of the inner tube 1130 is not also shown. このバイアスデバイスは、ロッド引っ張りブロック1105(図34)の近位側と、スナップリングの遠位側で区切られている。 The biasing device includes a proximal side of the rod pulling the block 1105 (FIG. 34), are separated by a distal snap ring. このような構造では、ベルアクチュエータ1100が近位側に引っ張られると、このアクチュエータ1100がロッド引っ張りブロック1105に近位側へ力を加え、これによって、連接係止解除スライド120、1120が係止解除位置に移動する。 In this structure, when the bell actuator 1100 is pulled proximally, apply force to the proximal side block 1105 tensile The actuator 1100 is a rod, whereby, articulation lock release slide 120,1120 is unlocking It moved to the position. ベルアクチュエータ1100の内面のキー孔は、形状で係止するように、ロッド引っ張りブロック1105を囲んでおり、内側チューブ1130の縦軸を中心としたベルアクチュエータ1100の回転で、ロッド引っ張りブロック1105に力がかかり、対応する回転がなされる。 The inner surface of the key hole of the bell actuator 1100, as locking in shape, surrounds the rod pulling block 1105, by the rotation of the bell actuator 1100 about the longitudinal axis of the inner tube 1130, the force to the rod pulling block 1105 consuming, corresponding rotation is made. 形状で係止するあるいは形状でフィットする連結は、要素形状自体で二つの要素を互いに連結するものであり、要素への外力によって要素を互いに係止させる力係止連結とは逆である。 Coupling to fit in locking to or shaped in the form is for connecting together the two elements at the element shapes itself, the external force force locking connecting the engaged elements together by to elements is reversed. このように、内側チューブと、デバイス1000の遠位側アッセンブリ全体は、同様に回転する。 Thus, the inner tube, the entire distal assembly of the device 1000 is rotated similarly. 代替の構成では、ベルアクチュエータ1100の縦の動きが、スライド120、1120を非係止状態に位置させる第1の作動と、スライド120、1120を係止状態に位置させる第2の作動とによって、標準的なボールペンと同様に機能する。 In an alternative arrangement, the vertical movement of the bell actuator 1100, first and actuated to position the slide 120,1120 to Hikakari stopped state, the second operation and to position the slide 120,1120 to the locking state, functions in the same manner as a standard ballpoint pen.

本発明のベルアクチュエータ1100を用いて、外科医は、エンドステープラ1000のあらゆる機能を片手で取り扱うことができる。 With bell actuator 1100 of the present invention, the surgeon can handle all the features of the end stapler 1000 with one hand.

図32は、ハンドル1200のないエンドステープラ1000の近位端を示す図である。 Figure 32 is a diagram showing the proximal end of the no handle 1200 End stapler 1000. ベルアクチュエータ1100内で同軸に配置した押出ロッド1102は、ステープラが発射方向にあるときに、切断刃1060を移動させるのに用いる。 Pushrod 1102 arranged coaxially with the bell actuator 1100 within, when the stapler is in the firing direction, used to move the cutting blade 1060.

図33は、エンドステープラ1000の近位端における部品を示す図であり、この部品は、軸方向に固定的に、及び自在に回転するように、遠位アッセンブリをベルアクチュエータ1100に連結している。 Figure 33 is a diagram showing the components at the proximal end of the end stapler 1000, this component is fixedly in the axial direction and to rotate freely, and connects the distal assembly to the bell actuator 1100 . 特に、内側チューブ1130(外側チューブ1110内部に配置される)は、内側チューブ連結チャンバ1134を規定する近位側エクステンション1132を有する。 In particular, the inner tube 1130 (disposed within the outer tube 1110) has a proximal extension 1132 that defines an inner tube coupling chamber 1134. クラムシェル套管1131は、内側チューブ1130のエクステンション1132にほぼ等しい長さと、近位側エクステンション1132の連結チャンバ1134に対応すると套管連結チャンバ1333を有する。 Clamshell sleeve 1131 includes a cannula coupling chamber 1333 and length substantially equal to the extension 1132 of the inner tube 1130 and corresponding to the coupling chamber 1134 of the proximal extension 1132. 回転カップル1141は、連結チャンバ1133と1134の双方に対応する外側形状を有する遠位側T字型状回転リンク1143を有しており、リンク1143がエクステンション1132と套管1131との間に配置されているときに、リンク1143は自在でありそこで回転する。 Rotation couple 1141 has a distal T-shaped shaped rotating link 1143 having an outer shape corresponding to both of the connecting chamber 1133 and 1134, the link 1143 is disposed between the extension 1132 and cannula 1131 when is the link 1143 is a freely where it rotates. このカップル1141は、カップル1141の近位端上の近位側ポート1145を通ってハンドル1200の内側に固定されている。 This couple 1141 is fixed to the inside of the handle 1200 through a proximal port 1145 on the proximal end of the couple 1141.

一緒に配置したときに、内側チューブ1130は、カップル1141に対して軸方向に保持されているが、カップル1141とは独立して回転する。 When placed together, the inner tube 1130 is held in the axial direction with respect to the couple 1141, it rotates independently of the couple 1141. 3つの連結部1130、1131、1141が、外側チューブ1110の内側に嵌るサイズなので、これらの部品が外側チューブ1110の内側に配置されると、外側チューブ1110は形状による係止連結となり、内側チューブ1130と套管1131のあらゆる分離を防止する(外側チューブ1110がこの領域を十分にカバーしている限り)。 Three connecting portions 1130,1131,1141 are so sized to fit inside the outer tube 1110, when these components are positioned inside the outer tube 1110 and the outer tube 1110 becomes a locking connection by the shape, the inner tube 1130 and to prevent any separation of the cannula 1131 (unless the outer tube 1110 covers this area sufficiently). 従って、ベルアクチュエータ1100が、内側チューブ1130の縦軸を中心に回転すると、内側及び外側チューブ1110、1130は、チューブ1110、1130の同軸を中心に回転可能であるが、ハンドル1200内側に縦方向に固定されているカップル1141に対しては縦方向に安定している。 Thus, the bell actuator 1100 has been rotated about the longitudinal axis of the inner tube 1130, the inner and outer tubes 1110,1130 is rotatable about a coaxial tube 1110,1130, longitudinally to the handle 1200 inward It is stable in the vertical direction with respect to a couple 1141 which is fixed.

図34は、ハンドル1200、ベルアクチュエータ1100、および外側チューブ1110のないエンドステープラ1000の近位端を示す図である。 Figure 34 is a handle 1200, which is a diagram showing the proximal end of the bell actuator 1100 and the end stapler 1000 without the outer tube 1110,. 図に示すように、内側チューブ1130は中空形状であり、ここを通って押出ロッド1102を受ける。 As shown, inner tube 1130 is hollow, receiving the extruded rod 1102 through here. このロッドについては、以下に詳細に述べる。 This rod is described in detail below. これらの図面に示すように、クレビス1010とドラムスリーブ1040は、互いに、エンドステープラ1000の連接接合またはジョイント1050を形成している。 As shown in these drawings, the clevis 1010 and the drum sleeve 1040 with each other to form an articulating joint or joints 1050 of the end stapler 1000.

この時点では、下側こう合/ステープルカートリッジホルダ1030はハンドル1200に対して縦方向に固定されている点に留意されたい。 At this point, the lower said coupling / staple cartridge holder 1030 is noted that they are longitudinally fixed with respect to the handle 1200. この固定は、回動可能であり、こう合を閉じる及び/又は開けるためにキー孔形状のカム面32を通って摺動するときにいくらか縦方向に移動する上側台座1020と対照的である(カム面1032について、以下に/上記に更に詳細に述べる)。 This fixing is rotatable, somewhat opposed to the upper base 1020 which moves in the longitudinal direction when sliding through the cam surface 32 of the keyhole-shaped to open said closing engagement and / or ( for the cam surfaces 1032, described in more detail below in / above).

ステープルカートリッジホルダ1030とハンドル1200の縦方向に固定した連結を形成するためには、内側チューブ1130が、ステープルカートリッジホルダ1030に連結されていなければならない。 To form a connection which is fixed in the longitudinal direction of the staple cartridge holder 1030 and the handle 1200, the inner tube 1130, must be connected to the staple cartridge holder 1030. しかし、同時に、ステープルカートリッジホルダ1030が内側チューブ1130の縦方向のエクステントに対して連接可能でなければならない。 However, at the same time, the staple cartridge holder 1030 should be connected to the longitudinal extent of the inner tube 1130. 従って、二つの部品1030、1130の間は、軸方向には固定されているが、横方向に連接されていなければならない。 Thus, between the two parts 1030,1130 has been fixed in the axial direction, it must be connected to the lateral direction.

このような連結を提供するために、本発明は、例えば図35乃至38に示すような、少なくとも一のプルバンド1140を具える。 To provide such a connection, the present invention is, for example, as shown in FIG. 35 to 38, comprising at least one Purubando 1140. 例示的構造においては、多数のプルバンド1140が隣り合って設けられている。 In the exemplary structure, it provided adjacent a number of Purubando 1140. 3つまたは4つのバンドで、二つの構造を形成している。 In three or four bands, to form a two structures. 対向する二本のプルバンド1140が、縦方向の強度はほぼ同じであるが、プルバンド1140を横方向に曲げるのに必要な力は低減する。 Two of Purubando 1140 opposing, the strength in the longitudinal direction are almost the same, the force required to reduce to bend the Purubando 1140 laterally. おなじことが3本、または4本のプルバンド1140にも言える。 The same is true in three or four of Purubando 1140,. 図37は、プルバンド1140の近位端を示す図であり、この近位端は、近位側プルバンドピン1142で内側チューブ1130の遠位端に縦方向に止めつけられている。 Figure 37 is a diagram showing the proximal end of Purubando 1140, the proximal end is attached stopped longitudinally at the distal end of the inner tube 1130 proximally pull band pin 1142. プルバンド1140と内側チューブ1130の間を強く連結するために、例えば、内側チューブ1130の遠位端とプルバンド1140の間に真鍮製の近位ガイドブロック1150を配置している。 To strongly connected between Purubando 1140 and inner tube 1130, for example, it is disposed proximal guide block 1150 brass between a distal end and Purubando 1140 of the inner tube 1130.

プルバンド1140は、図35に示すように、連接ジョイント1050の全長にわたっており、図38に示すように、遠位ガイドブロック1160に連結されている。 Purubando 1140, as shown in FIG. 35, and over the entire length of the articulation joint 1050, as shown in FIG. 38 is connected to the distal guide block 1160. 遠位ガイドブロック1160(これも、例えば真鍮でできている)は、ステープルカートリッジホルダ1030の近位端の上の少なくとも一の溝に嵌る少なくとも一の突起を有する。 The distal guide block 1160 (which is also, for example, made of brass) has at least one projection fits into at least one groove on the proximal end of the staple cartridge holder 1030. 以降の図面は、遠位ガイドブロック1160をステープルカートリッジホルダ1030に連結する手段を示しており、最終的に、ステープルカートリッジホルダ1030は、ハンドルに軸方向には固定的に連結されているが、内側チューブ1130に対しては連接できる。 Subsequent drawings illustrate the means for connecting the distal guide block 1160 to the staple cartridge holder 1030, finally, the staple cartridge holder 1030 is fixedly connected in the axial direction to the handle, the inner It can be connected for the tube 1130. 図38に示すように、遠位側プルバンドピン1144は、プルバンド1140を遠位ガイドブロック1160に軸方向に係止している。 As shown in FIG. 38, the distal pull band pin 1144 is engaged in the axial direction Purubando 1140 distally guide block 1160.

こう合20、30の動きに関する第1の実施例が上述されている。 The first embodiment relating to the movement of the coupling 20 and 30 this is described above. ここでは、ステープルカートリッジ30は軸方向に移動し、台座20は相対的に静止している。 Here, the staple cartridge 30 is moved in the axial direction, the pedestal 20 is relatively stationary. 図31、及び以下に示すようにエンドステープラ1000の構成では、操作上反対に移動する。 In the configuration of the end stapler 1000 as shown in FIG. 31, and hereinafter, to move on to the opposite operation.

ステープルカートリッジホルダ1030がハンドル1200に対して縦方向に固定されていることを鑑みると、二つのこう合20、30;1020、1030を閉じるアッセンブリがなくてはならない。 Considering that the staple cartridge holder 1030 is longitudinally fixed relative to the handle 1200, two way multiplexer 20, 30; there must be close assembly of 1020 and 1030. 従って、閉鎖は、以下に述べるように、上側こう合/台座1020の移動によって行われる。 Thus, the closure, as described below, is performed by the movement of the upper this case / pedestal 1020.

ハンドル1200の2本のレバーのうちの第1のレバー(例えば、近位側ハンドル)は、外側チューブ1110に操作可能に連結されており、第1のレバーが圧縮され/作動すると、外側チューブ1110を遠位側に動かす。 The first lever of the two levers of the handle 1200 (e.g., proximal handle) is operably connected to the outer tube 1110, when the first lever is compressed / operated, the outer tube 1110 the move to the distal side. クレビス1010、連接ジョイント1050、及びドラムスリーブ1040は、外側チューブ1110に軸方向に固定的に連結されているため(また、外側チューブ1110が内側チューブ1130に沿って縦方向にスライド可能であるため)、第1のレバーの作動で、ドラムスリーブ1040を遠位側に移動させる。 Clevis 1010, (since also the outer tube 1110 is slidable longitudinally along the inner tube 1130) articulation joint 1050 and the drum sleeve 1040, is because it is fixedly connected to the outer tube 1110 in the axial direction , by operation of the first lever, moving the drum sleeve 1040 distally.

図39は、開状態にある台座1020を示す図である。 Figure 39 is a diagram showing a base 1020 in an open state. ここに見られるように、ギャップ1031は、ドラムスリーブ1040の遠位端と、ステープルカートリッジホルダ1030底部の近位シェルフとの間にギャップ1031がある。 Here to be seen, the gap 1031, a distal end of the drum sleeve 1040, a gap 1031 between the proximal shelves of the staple cartridge holder 1030 bottom. この方向において、ドラムスリーブ1040、クレビス1010、及び外側チューブ1110は、シェルフからある距離、近位側に配置されている。 In this direction, the drum sleeve 1040, clevis 1010 and outer tube 1110, is a distance from the shelf, are arranged on the proximal side.

図40は、閉状態にある台座1020を示す図である。 Figure 40 is a diagram showing a base 1020 in a closed state. ここに示すように、ドラムスリーブ1040とステープルカートリッジホルダ1030の近位シェルフとの間にはギャップ1031がない。 As shown here, there is no gap 1031 between the proximal shelves of the drum sleeve 1040 and the staple cartridge holder 1030. この方向において、ドラムスリーブ1040、クレビス1010、外側チューブ1110は、ドラムスリーブ1040がシェルフと接触する位置にある。 In this direction, the drum sleeve 1040, the clevis 1010, the outer tube 1110 is in a position where the drum sleeve 1040 is in contact with the shelf.

ハンドル1200に対するステープルカートリッジホルダ1030の軸方向に固定された位置と反対に、また、ドラムスリーブ1040の移動と同様に、ナイフ60、1060は、縦軸に沿ってハンドル1200に対して移動しなければならない。 Contrary to a fixed position in the axial direction of the staple cartridge holder 1030 relative to the handle 1200, also similar to the movement of the drum sleeve 1040, knife 60,1060 is to be moved relative to the handle 1200 along the longitudinal axis not not. 図35、36、及び38乃至41は、ハンドル1200のナイフ移動構造に対するナイフ1060の軸方向に変位可能な連結を示す。 Figure 35, 36, and 38 to 41 show a displaceable axially connected the knife 1060 with respect to the knife movement structure of the handle 1200.

図35を参照すると、押出ロッド1102がハンドル1200から延在しており、ハンドル1200の第2の図示しないレバー(例えば、遠位側レバー)に連結されている。 Referring to FIG. 35, pushrod 1102 extends from the handle 1200 is coupled to a second lever (not shown) of the handle 1200 (e.g., distal levers). 押出ロッド1102の遠位端は、押出ピン1122を通って少なくとも一のフレキシブルなナイフ刃1062の遠位端に連結されている。 The distal end of the push rod 1102 passes through the extrusion pin 1122 is connected to the distal end of the at least one flexible knife blade 1062. このナイフ刃1062の遠位端は、切断刃1060の近位側に連結されており、切断刃1060は、押出ロッドの1102の対応する動きを追って遠位側あるいは近位側に移動する。 The distal end of the knife blade 1062 is connected to the proximal side of the cutting blade 1060, the cutting blade 1060 is moved 1102 corresponding chasing movement distally or proximally to the extrusion rod. ナイフ刃1062は、近位側に上方向に延在するフランジ1064を有し、これは、押出ロッドピン1122を受けるボアを収納している。 Knife blade 1062 has a flange 1064 that extends upwardly proximally, which houses a bore for receiving the extruded rod pin 1122. 押出ロッド1102とナイフ刃1062との間のこの軸外連結によって遠位方向に押されると、ナイフ刃1062の遠位端に下側に力が加わり、従って、例えば図36及び図42に示すように、押出ロッド刃サポート1070の内側の位置に留まる。 When pushed in the distal direction by the off-axis connection between the push rod 1102 and the knife blade 1062, a force is applied to the lower distal end of the knife blade 1062, therefore, for example, as shown in FIGS. 36 and 42 to remain in a position inside of the push rod blade support 1070.

ナイフ刃1062は十分にフレキシブルであり、連接ジョイント105が曲がるいずれの方向にも曲がる。 Knife blade 1062 is sufficiently flexible to bend in either direction to articulation joint 105 to bend. 従って、ナイフ刃1062も、支持されていなければ屈曲するのに十分にフレキシブルである。 Therefore, the knife blade 1062 is also sufficiently flexible to bend if not supported. 本発明は、従って、図36及び42に示す押出ロッド−刃サポート1070を提供する。 The present invention, therefore, the push rod shown in FIG. 36 and 42 - to provide a blade support 1070. ここで、押出ロッド−刃サポート1070の近位端は、矩形ナイフ刃1062を摺動可能に支持する矩形刃チャネル1072を明らかにしている。 Here, the push rod - the proximal end of the blade support 1070, reveals a rectangular blade channel 1072 for supporting the rectangular knife blade 1062 slidably. また、押出ロッド1102の湾曲した(例えば円筒形)の外面を摺動可能に支持する、湾曲した押出ロッドチャネル1074が示されている。 Further, the outer surface slidably supporting the curved of the push rod 1102 (for example cylindrical), the push rod channel 1074 that is curved is shown. このように、押出ロッド−刃サポート1070は、押出ロッド1102がサポート1070内部にある位置で押出ロッド1102を支持しており、また、ナイフ刃1062がサポート1070内部にある位置で、ナイフ刃1062を支持している。 Thus, the push rod - blade support 1070, pushrod 1102 supports a push rod 1102 at a location that is internal support 1070, and in the position knife blade 1062 is located inside support 1070, the knife blade 1062 We are supporting.

図36は、サポート1070の連結と、近位ガイドブロック1150に対する関係を示す。 Figure 36 shows the connection of the support 1070, the relationship proximal guide block 1150.

プルバンド1140と同様に、一又はそれ以上のナイフブレード1062を並べることができる。 Similar to Purubando 1140, can be arranged one or more knife blade 1062. このような構成において、複数のブレード1062は同じ縦方向の剛性を有するが、連接ジョイント1050に曲げがある場合にはより大きな可撓性を提供する。 In such a configuration, the plurality of blades 1062 have a stiffness in the same longitudinal direction, when there is a bending in the articulation joint 1050 to provide greater flexibility.

図41に明らかなものは、こう合1020、1030の連接を係止する連接ロック解除スライド1120である。 Be apparent in FIG. 41 is a connecting lock release slide 1120 to lock the articulation of said coupling 1020, 1030.

図42乃至50は、エンドステープラ1000の縦軸に直交する面に沿った、ハンドル1200の筒状部分遠位側の縦断面を示す図である。 Figure 42 to 50, along a plane perpendicular to the longitudinal axis of the end stapler 1000, shows a longitudinal section of the tubular portion distal of the handle 1200.

図42は、ナイフ刃1062と押出ロッドピン1122の連結ジャンクションの断面を示す。 Figure 42 shows a cross-section of the connecting junctions of the knife blade 1062 and the extrusion rod pin 1122. 押出ロッドピン1122は、2枚の隣接する刃1062と押出ロッド1102の全体を通過するが、押出ロッドの外側面の外へは延在しない。 Extrusion rod pin 1122 is passed through the entire two adjacent blades 1062 and pushrod 1102, it does not extend out of the outer surface of the push rod. この図面は、内側及び外側チューブ1130、1110及び押出ロッド−刃サポート1070の関係も示している。 This figure, the inner and outer tubes 1130,1110 and push rod - shows the relationship of the blade support 1070. また、この図から明らかなことは、係止解除スライド1120のロックを解除するのに使用する解除押出ロッド1104である。 Moreover, it is clear from this figure, a releasing push rod 1104 to be used to unlock the unlocking slide 1120. 解除プルロッド1104の縦方向のエキスステントは、まず、図35に示されており、また、図36、37、41、52および53にも示されている。 Longitudinal extract stent releasing pull rod 1104, first, is shown in Figure 35, it is also shown in Figure 36,37,41,52 and 53. 特に、図41は、外側部品は隠されているが、プルロッド1104がどのようにベルアクチュエータ1100を連接係止解除スライド1120に連結しているかを示す。 In particular, FIG. 41, but the outer part is hidden, indicating pull rod 1104 how connecting the bell actuator 1100 to articulation lock release slide 1120. 図37に示すように、連接係止解除スライド1120の遠位端を通り、遠位端の回りに巻き付けられているプルロッド1104の遠位端で、解除プルロッド1104は、ベルアクチュエータ1100と連接係止解除スライド1120の間の縦方向の固定的連結を行う。 As shown in FIG. 37, through the distal end of the articulation lock release slide 1120, at the distal end of the pull rod 1104 that is wrapped around the distal end, releasing pull rod 1104 is connected locking bell actuator 1100 performing vertical fixed connection between the release slide 1120. このように、ベルアクチュエータ1100は近位側に移動するときに、連接係止解除スライド1120が対応して近位方向に移動し、連接係止解除スライド1120の遠位側の歯1121とスプロケット1522のスポーク1041を分離する。 Thus, the bell actuator 1100 when moving proximally, and correspondingly articulated lock release slide 1120 moves proximally, the distal side of the tooth 1121 of the articulation lock release slide 1120 sprocket 1522 to separate the spokes 1041. 特に、図46と52を参照されたい。 In particular, see Figure 46 and 52. プルロッド1104と連接係止解除スライド1120の間の巻かれている連結は、例示的実施例にすぎない。 Linkages are wound between the pull rod 1104 and articulation lock release slide 1120 are merely exemplary embodiments. その他の形状による係止、力による係止連結も同様に可能である。 Locking by other shapes, locking connection by force is likewise possible.

図43は、プルバンド1140と内側チューブ1130によるピンジョイントの連結を示す。 Figure 43 shows the connection of the pin joint due Purubando 1140 and inner tube 1130. 上述したとおり、近位側プルバンドピン1142は、刃1062、近位ガイドブロック1150、及び内側チューブ1130を全体的に通過しているが、外側チューブ1110には及ばない。 As described above, the proximal pull band pin 1142, blade 1062, the proximal guide block 1150, and has an inner tube 1130 totally passage, falls short of the outer tube 1110.

図44は、連接係止解除スライド1120の近位端のすぐ近位側の領域を示す。 Figure 44 shows just proximal region of the proximal end of the articulation lock release slide 1120. この例示的実施例では、プルバンド1140が二本の刃1062の上に配置されている。 In this illustrative embodiment, it is disposed on Purubando 1140 of two blades 1062. プルバンド1140と刃1062のうちの少なくとも一方を支持するために、一対のハンモック1066がプルバンド1140と刃1062の連接部分の側部に沿って配置されている。 For supporting at least one of Purubando 1140 and blade 1062, a pair of hammock 1066 are arranged along the side of the connecting portion of Purubando 1140 and blade 1062. 例えば、図50に示すように、各ハンモック1066はU字形状(縦断面に沿って)をしており、各ハンモック1066の近位側アームは、クレビス1010の近位側面を中心に曲がっており、各ハンモック1066の遠位側アームは、ドラムスリーブ1040内のキャッチ面を中心に曲がっている。 For example, as shown in FIG. 50, each hammock 1066 is of a U-shaped (along the vertical section), the proximal side arms of each hammock 1066 is bent around the proximal side of the clevis 1010 the distal arm of each hammock 1066 is bent around the catch surface of the drum sleeve 1040.

クレビス1010内部には、2本のスプリングロッド1012が配置されており、この回りに各スプリングロッドカラー1014がある。 Inside the clevis 1010 is arranged two spring rods 1012, there is the spring rod collar 1014 in this direction. このカラーは、縦軸に向けて及び縦軸に沿って連接ジョイント1050のアッセンブリ遠位側全体を横方向にバイアスするように機能する。 The collar, the entire assembly distal articulation joint 1050 along with and the vertical axis toward the vertical axis functions to bias laterally. スプリングロッドとカラー1012、1014については、以下に更に詳細に述べる。 The spring rod and collar 1012, 1014, described in more detail below.

図45は、プルロッド1104(この図には示されていない)の曲がった部分を受ける連接係止解除スライド1120の中央の開領域を示す。 Figure 45 shows a central open region of the articulation lock release slide 1120 which receives the bent portion of the pull rod 1104 (in this figure not shown). また、キャビティ1016も示されており、この中に図示しないスプリングロッド1012のバイアスばねが入っている。 Also, the cavity 1016 is also shown, containing the biasing spring of the spring rod 1012 (not shown) therein. この断面領域には、二本のナイフ刃1062の上に配置された二本のプルバンド1140の部分が含まれている。 This is the cross-sectional area includes a arranged two parts of Purubando 1140 on top of two of the knife blade 1062.

図46は、スプリングロッド1012がカム面1018に対して作動している開領域を示す。 Figure 46 shows an open area in which the spring rod 1012 is running against the cam surface 1018. カム面1018は、アーチ形状をしており、スプリングロッド1012とカム面1018間の接触が常に、スプリングロッド1012の最も遠位側の表面に垂直な軸方向に作用する。 Cam surface 1018 has an arch shape, the contact between the spring rod 1012 and the cam surface 1018 is always acting on the axis perpendicular to the distal-most surface of the spring rod 1012. 例えば、図56を参照されたい。 For example, see Figure 56. このような構成において、遠位側連接アッセンブリ(例えば、台座1020、ステープルカートリッジホルダ1030、ドラムスリーブ1040)を内側及び外側チューブ1130、1110の縦軸に対してバイアスするためにカム面1018に対してスプリングロッド1012によって与えられる力は、常に、連接テープルカートリッジホルダ1030の連接軸を中心に同じ半径にある。 In such a configuration, the distal articulation assembly (e.g., the base 1020, the staple cartridge holder 1030, the drum sleeve 1040) with respect to the cam surface 1018 to bias relative to the longitudinal axis of the inner and outer tubes 1130,1110 force provided by the spring rod 1012 is always the same radius around the articulation axis of the connecting tables cartridge holder 1030. このような構成の利点の一つは、どのような場合でもスプリングロッド1012に横方向に力がかからないことであり、この場合、スプリングロッド1012の最も遠位端が、カム面1018をとらえて係止することができる。 One advantage of this arrangement is that there is no force in the lateral direction to the spring rod 1012 in any case, in this case, the most distal end of the spring rod 1012, captures the cam surface 1018 engaging it is possible to stop.

図47は、エンドステープラ連接ジョイント1050内の領域を断面で示す。 Figure 47 shows the region of the end stapler articulation joint 1050. In section. 再び、二本のプルバンド1140と、二本の刃1062、及び二つのハンモック1066の一部がこの領域に含まれている。 Again, the two of Purubando 1140, two blades 1062, and a portion of the two hammocks 1066 are included in this region. 上側及び下側軸パック1152がドラムスリーブ1040の表面上及び下のオリフィス1042内に挿入されている。 Upper and lower shaft pack 1152 is inserted on the surface of the drum sleeve 1040 and the lower orifice 1042. 連接ジョイント1050におけるドラムスリーブ1040に対するクレビス1010の連結は、上部と底部において対称である。 Connecting the clevis 1010 with respect to the drum sleeve 1040 in articulation joint 1050 is symmetrical in top and bottom. パック1152は、ドラムスリーブ1040の近位端の上部と底部において、オリフィス1042に挿入される。 Pack 1152, in the top and bottom of the proximal end of the drum sleeve 1040 is inserted into the orifice 1042. この方向において、アッセンブリはクレビス1040の遠位端に挿入され、スクリュ孔1011をパック1152の中央ねじ付きボア1153に整列させる。 In this direction, the assembly is inserted into the distal end of the clevis 1040, aligning the screw holes 1011 in the central threaded bore 1153 of the pack 1152. 整列したときに、スクリュ1013がパック1152に螺合して、ドラムスリーブ1040をクレビス1010に軸方向に固定すると共に、ドラムスリーブ1040を二本のスクリュ1013の縦軸によって規定される軸を中心に連接させる。 When aligned, the screw 1013 is screwed in the pack 1152, the drum sleeve 1040 with fixed clevis 1010 axially about the axis defined the drum sleeve 1040 by the longitudinal axis of the two screw 1013 to be connected.

図48は、遠位側プルバンドピンジョイントの領域を示す。 Figure 48 shows the region of the distal pull band pin joint. この領域では、プルバンド1140の遠位側端部が、遠位側ガイドブロック1160のボア内に配置されている遠位側プルバンドピン1144で固定されている。 In this region, the distal end of the Purubando 1140 is fixed at the distal side pull band pin 1144 disposed within the bore of the distal guide block 1160. 遠位側ガイドブロック1160は、ステープルカートリッジホルダ1030内に配置されており、上述したようにそこに固定されている。 Distal guide block 1160 is disposed within the staple cartridge holder 1030 is secured thereto as described above.

図49は、切断刃1060のすぐ近位側の領域を示しており、切断刃1060の近位側オリフィス内の二本のナイフ刃1062の固定した連結を示す。 Figure 49 shows the proximal region immediately cutting blade 1060, shows a fixed connection of two of the knife blade 1062 of the proximal side in the orifice of the cutting blade 1060. この図も、台座1020を回動させてステープルカートリッジホルダ1030に対して移動させるカム面1032を明確に示している。 FIG even, clearly shows the cam surface 1032 to move relative to the staple cartridge holder 1030 rotates the pedestal 1020.

図50は、スプリングロッド1012を通る縦断面を示す。 Figure 50 shows a longitudinal section through the spring rod 1012. この図では、ハンモック1066の縦方向のエクステント全体が見られる。 In this figure, the entire longitudinal extent of the hammock 1066 is seen. ハンモック1066の遠位側部分は、ハンモック1066の遠位端近傍の垂直軸を中心に連接している。 The distal portion of the hammock 1066 are connected around a vertical axis near the distal end of the hammock 1066. 図50では、スプリングロッド1012とハンモック1066の間に実質的にギャップが存在する。 In Figure 50, substantially there is a gap between the spring rod 1012 and hammock 1066. ハンモック1066がなければ、薄いナイフ刃1062が曲がって、これらのギャップ内で反ったり、あるいは曲がる可能性がある。 Without hammock 1066, bent thin knife blade 1062, or warp in these gaps, or is likely to bend. ハンモック1066をこれらの間に配置することによって、ナイフ刃1062の許されない曲がりが生じすることを防ぐ。 The hammock 1066 by placing between them, preventing the bending is caused not allowed the knife blade 1062. 図51は、このような目的で作ったテストベッドにおける、ハンモック1066と刃1062の極端に曲がっているエクステントを示す図である。 Figure 51 is in a test bed made with such a purpose is a diagram showing the extent that excessive bending in the hammock 1066 and blade 1062. 上側ハンモック1066は、臨界的曲がり領域におけるカーブの内側表面を追従しているので、図51に関して上側の曲がりには用いられていない。 The upper hammock 1066, since the follow the inner surface of the curve in the critical bending zone, not used in the bend of the upper with respect to FIG. 51. 対照的に、下側ハンモック1066が、ナイフ刃1062(例示的実施例では二本)がテストベッドのギャップ内へ許されない曲がりが生じることを実質的に防ぐために用いられている。 In contrast, the lower hammock 1066 have been used to prevent substantially that bending is not allowed into the gap testbed occurs (two in the exemplary embodiment) the knife blade 1062. 各ハンモック1066は、両側にしっかりと保持されており、実質的に非弾性材料(例えば、ステンレススチール)でできているので、その間に曲がったナイフ刃1062を支持するスリングまたは「ハンモック」を形成する。 Each hammock 1066 is securely held on each side, substantially non-elastic material (e.g., stainless steel) because it can be in form a sling or "hammock" supports the knife blade 1062 bent therebetween .

図52は、連接係止解除スライド1120を通る断面を示す図であり、解除プルロッド1104のスライド1120内への遠位側連結曲がりを明確に示している。 Figure 52 is a diagram showing a cross-section through the articulation lock release slide 1120, clearly shows the bending distal linkage to the slide 1120 of release pull rod 1104. このような構成では、係止解除プルロッド1104の近位側への変位によって、スライド1120が対応して近位側に変位し、スライド1120の歯1121をドラムスリーブ1040の近位側の対応する歯1041間から解除する。 In such a configuration, the displacement of the proximal unlocking pull rod 1104, teeth slide 1120 is displaced in response to proximally, the corresponding proximal side of the teeth 1121 drum sleeve 1040 slides 1120 It is released from between 1041. 図示しないバイアスデバイスによって、連接係止解除スライド1120に遠位側のバイアスがかかる。 By an unillustrated biasing device biasing the distally according to articulation lock release slide 1120. このバイアスデバイスは、中空1123内にあり、中空1123の遠位端と、クレビス1010に対して固定されているブロック1124に対して押圧している。 The biasing device is located in the hollow 1123, a distal end of the hollow 1123, has been pressed against the block 1124 is fixed with respect to the clevis 1010.

図35は、解除プルロッド1104とハンドル1200との間の連結を示す。 Figure 35 shows the connection between the release pull rod 1104 and the handle 1200. ロッドプルブロック1105は、プルロッド1104を受けるための縦方向のボア1107を有する。 Rod pull block 1105 has a longitudinal bore 1107 for receiving the pull rod 1104. ロッドプルブロック1105は、横方向のボア1109も有しており、ロッドプルブロック1105内にプルロッド1104を固定するために、そこで図示しないスクリュセットを受ける。 Rod pull block 1105, the lateral bore 1109 also has, in order to fix the pull rod 1104 to the rod pull block 1105, where it undergoes a screw set (not shown). ベルアクチュエータ1100の内側部分は、ロッドプルブロックと係合し、ベルアクチュエータ1100が近位側に移動すると、ロッドプルブロック1105(例えば、キー孔などの形状嵌合連結など)を近位側に偏位させるような形状をしている。 The inner portion of the bell actuator 1100 engages the rod pull block, when the bell actuator 1100 is moved proximally, polarized rod pull block 1105 (e.g., a form-fitting connection such as keyhole) proximally It has a shape such as to place.

図53は、遠位端から見たエンドステープラの遠位部分の分解斜視図である。 Figure 53 is an exploded perspective view of a distal portion of the end stapler as seen from the distal end.

図34乃至53に示すクレビス1010は、一体型である。 34 to the clevis 1010 shown in 53 is integrated. 代替的に、クレビス1010を、二等分にモールドすることができる。 Alternatively, a clevis 1010 can be molded in two halves. このような場合、パック1152を除いて、代わりに、二等分したクレビスの各部分を形成し、これによって、スクリュ1013を不要とすることができる。 In this case, except for the pack 1152, instead, to form a respective portion of the clevis which is bisected, which makes it possible to screw 1013 is unnecessary. なぜなら、外側チューブ1110は、クレビス1010の近位端に取り付けるときに、二等分したものを互いに保持するからである。 This is because the outer tube 1110, when attached to the proximal end of the clevis 1010, because holding together those two halves. このような構成が、図54以下のエンドステープラの実施例に記載されている。 Such an arrangement is described in the examples end stapler follows Figure 54.

図54は、端部作動体の第4実施例の内部部品をいくつか示す図である。 Figure 54 is a diagram showing some internal parts of the fourth embodiment of the end effector. 台座1020は、ステープルカートリッジホルダ1030の反対側に配置されており、閉リング1040は、ステープルカートリッジホルダ1030の近位端を囲んでいる。 Pedestal 1020 is disposed on the opposite side of the staple cartridge holder 1030, a closed ring 1040 surrounds the proximal end of the staple cartridge holder 1030. 内側及び外側チューブ1130、1110は除去されており、連接係止解除スライド1120、押出ロッド1102、および押出ロッド刃サポート1070をはっきり見ることができる。 Inner and outer tubes 1130,1110 are removed, can be seen clearly articulation lock release slide 1120, pushrod 1102 and extrusion rod blade support 1070,. スクリーンドア1103が、押出ロッド1102の周囲で、内側及び外側チューブ1130、1110、及びベルアクチュエータ1100の内側に装着されている。 Screen doors 1103, around the extrusion rod 1102 is mounted inside the inner and outer tubes 1130,1110, and the bell actuator 1100. ハンドル1200とベルアクチュエータ1100は、明瞭化のための取り除かれている。 Handle 1200 and Bell actuator 1100 has been removed for clarity. スクリーンドア1103は、ナイフ/切断刃1060が遠位方向に移動するのみなので、押出ロッド1102の動きを一方向(遠位側)のみに制限している。 Screen doors 1103, because only the knife / cutting blade 1060 is moved in a distal direction, which limits the movement of the push rod 1102 in one direction (distal) only.

二等分したクレビスは、図55及び56に最も良く示されている。 Bisected clevis is best shown in FIGS. 55 and 56. これらの図面では、外側チューブ1110は除かれており、図54に示す端部作動体の様々な内部構造を示す。 In these figures, the outer tube 1110 has been removed, showing the various internal structures of the end effector shown in FIG. 54. 図55の分解図において、プルバンド1140のステープルカートリッジホルダ1030への連結が明らかである。 In the exploded view of FIG 55, it is clear linkage to the staple cartridge holder 1030 Purubando 1140. 図示しないピン(図59も参照されたい)は、ホルダ1030の第1の近位側フランジと、第1のスペーサ1170と、プルバンド1140の遠位側フランジと、第2のスペーサ1170と、ホルダ1030の第2の対向する近位側フランジとを、それぞれ、通っている。 Not shown pin (Fig. 59 see also), the first and the proximal flange of the holder 1030, a first spacer 1170, and a distal flange of Purubando 1140, the second spacers 1170, holder 1030 a proximal flange to a second opposed, respectively, passes through. 図59に示すような閉鎖リング1040は、ピンをここに保持して、これらの部品の縦方向の連結を提供する。 Closure ring 1040 as shown in FIG. 59, holds the pin here, provides a longitudinal coupling of these components.

ナイフ/切断刃1060の様々な構造も、図55に明らかである。 Various structures of the knife / cutting blade 1060 is also evident in Figure 55. 歯1060は、ナイフ刃1062の遠位端を連結する近位側溝1061を有する。 Tooth 1060 has a proximal groove 1061 for connecting the distal end of the knife blade 1062. 例示的な実施例は、溝1061と遠位端が、キー孔形状の係止を形成している。 Exemplary embodiments, the groove 1061 and the distal end forms a locking key hole shape. 刃1060の上側ハーフは、上側台座1020の底面内の対応する溝に嵌る外側形状を有する二つの対向するガイドウイング1063を有する。 The upper half of the blade 1060 has two opposite guide wings 1063 have an outer shape which fits in a corresponding groove in the bottom surface of the upper base 1020. 刃1060の下側ハーフも、二つの対向するガイドウイング1065を有する。 Lower half of the blade 1060 also has a guide wings 1065 the two opposite. ホルダ1030は、下側ウイング1065をそこに受けるために、上側表面内に溝を有する。 Holder 1030, to receive therein the lower wing 1065 has a groove in the upper surface. これらの二対のウイング1063、1065によって、刃1060が切断及びステープリング手順中にそこに沿って移動しているときに、台座1020とホルダ1030が確実に、固定した平行位置にある。 The wings 1063,1065 of these two pairs, when the blade 1060 is moved therealong during the cutting and stapling procedure, to ensure the pedestal 1020 and the holder 1030 is in fixed parallel position. 刃1060の下側ハーフには、近位側に延在するフランジ1067が配置されている。 The lower half of the blade 1060 is disposed a flange 1067 that extends proximally. 板ばね1090が、リベット1036によってステープルカートリッジホルダ1030に取り付けられている。 The leaf spring 1090 is attached to the staple cartridge holder 1030 by rivets 1036. 板ばね1090と、刃1060のその他の特徴を、以下により詳細に記載する。 A plate spring 1090, the other features of the blade 1060, described in more detail below.

図55及び56は、また、二等分したクレビス2010、2020の様々な部品を示す。 Figure 55 and 56, also shows the various parts of the clevis 2010 and 2020 were bisected. 図56及び58に見られるように、クレビスの上側ハーフ2010の内側表面は、二つのキャビティ2011を規定しており、これらのキャビティは各々、スプリングロッド1012と、このスプリングロッド1012用の図示しないバイアスデバイスとを収納する。 As seen in FIGS. 56 and 58, the inner surface of the upper half 2010 of the clevis are defined two cavities 2011, each of these cavities, the spring rod 1012, not shown for the spring rod 1012 biased to accommodate the device. 図に示す例示的実施例では、クレビスの上側ハーフ2010が、スプリングロッド1012用のキャビティ2011全体を規定しており、クレビスの下側ハーフ2020は、バイアスデバイスを収容するためだけのキャビティの底部分2021を規定している。 In the exemplary embodiment shown, the upper half 2010 of the clevis, and defines a cavity 2011 entire spring rod 1012, the lower half 2020 of the clevis bottom portion only of the cavity for accommodating the biasing device It defines the 2021. これらのクレビスハーフ2010、2020は、ドッグボーンクレビスの二つの部分2030、2040の各々の上の連接ボス2031、2041をそこで受けるための連接ポート2012、2022を規定している。 These clevis half 2010 and 2020 defines a connecting port 2012,2022 for receiving a connecting boss 2031,2041 on each of the two parts 2030 and 2040 of the dogbone clevis therein.

図56及び57は、外側チューブ1110内の構造の縦方向の連結を示す。 Figure 56 and 57 show a longitudinal coupling of the structures in the outer tube 1110. 押出ロッド刃サポート1070は、内側チューブ1130の下側チャネル内に配置されている。 Pushrod blade support 1070 is disposed within a lower channel of the inner tube 1130. この押出ロッド刃サポート1070も、狭い近位側ネック1074と比較的広い遠位側ヘッド1075を有する遠位エクステンション1071を有する。 The extruded rod blade support 1070 also has a distal extension 1071 having a relatively wide distal head 1075 and a narrow proximal neck 1074. クレビスの下側ハーフ2020の底部にある対応する溝2023によって、遠位側エクステンション1071は、クレビスハーフ2020、従って、クレビスの残りのハーフに、縦方向に固定することができる。 By corresponding grooves 2023 in the bottom of the lower half 2020 of the clevis, the distal extension 1071, clevis half 2020, therefore, can be fixed to the remaining half of the clevis, in the vertical direction.

外側チューブ1110とクレビスの下側ハーフ2020は、スプリングロッドキャビティ2011内のスプリングロッド1012の構造を示すために、図56では取り除かれている。 Lower half 2020 of the outer tube 1110 and the clevis in order to show the structure of the spring rod 1012 of the spring rod cavity 2011 has been removed in FIG. 56. 再び、スプリングロッドバイアスデバイス(例えば、コイルスプリング)は、明瞭にするために、キャビティ2011には示されていない。 Again, the spring rod biasing device (e.g., a coil spring) is for clarity, not shown in the cavity 2011. 様々な部品を取り除いて、プルバンド1140の連接エクステントが図56に明確に示されている。 Remove the various components, articulated extents Purubando 1140 is clearly shown in Figure 56. クレビスの上側ハーフ2010内部のプルバンド1140用支持面は、図58の断平面に見ることができる。 The upper half 2010 supporting surface for internal Purubando 1140 of the clevis can be seen in the cross-sectional plane of FIG. 58. 上側ドッグボーンクレビス2030は、二つの対向する支持面2032を有し、この面は各々が、非連接プルバンド1140の中央線に対して同じ鋭角をなしている。 Upper dogbone clevis 2030, has a support surface 2032 of two opposed, each this surface has no the same acute angle to the center line of the non-articulating Purubando 1140. 同様に、クレビスの上側ハーフ2010は、二つの対向する面2013を有し、これらの面も、各々、非連接プルバンド1140の中央線に対して鋭角を成している。 Similarly, the upper half 2010 of the clevis has two opposing surfaces 2013, also these surfaces, respectively, forms an acute angle with the center line of the non-articulating Purubando 1140.

図55及び58に、クレビスの下側ハーフ2020の内側に向かう方向の反対側の図を示す。 Figure 55 and 58 shows a view of the opposite direction towards the inside of the lower half 2020 of the clevis. ナイフ刃1062用連接部が、下側ドッグボーンクレビス2040内部のドッグボーン1080用支持面2042、及びクレビスの下側ハーフ2010内部のドッグボーン1080用支持面2024と共に示されている。 Articulation knife blade 1062 is shown with the lower dogbone clevis 2040 inside the dogbone 1080 supporting surfaces 2042, and clevis of the lower half 2010 inside the dogbone 1080 supporting surface 2024. また、この方向においては、ドッグボーンガイド1080用ガイド面及び支持面を見ることができる。 Further, in this direction, it is possible to see the guide surface and the support surface for the dogbone guide 1080. 図57では、下側ドッグボーンクレビスが、キドニー形状の遠位側ドッグボーン凹部2043を有し、クレビスの下側ハーフ2010がキドニー形状の近位側ドッグボーン凹部2025を有することわかる。 In Figure 57, the lower dogbone clevis has a distal dogbone recess 2043 of kidney shape, the lower half 2010 of the clevis is seen that has a proximal dogbone recess 2025 of kidney shape. これらの凹部2025、2043及び面2024、2042は、図66にも示されており、以下に詳細に説明する。 These recesses 2025,2043 and surface 2024,2042 is also illustrated in FIG. 66, described in detail below. 図59、62及び66に更に見られる特徴は、左右の面1082を有するドッグボーンガイド1080の内側通路であり、これを以下に更に詳細に説明する。 Wherein further seen in FIGS. 59 and 62 and 66 are inner passage of the dogbone guide 1080 having left and right surfaces 1082 will be further described in more detail below.

ドッグボーンガイド1080の遠位端が、図59の縦断面図に示されている。 The distal end of the dogbone guide 1080 is shown in the longitudinal sectional view of FIG. 59. 遠位側ドッグボーン凹部2043は、ドッグボーンガイド1080の遠位端を収納しており、非連接時には、ドッグボーンガイド1080が下側ドッグボーンクレビス2040の支持面2042に接触しない。 Distal dogbone recess 2043 is housed the distal end of the dogbone guide 1080, at the time of non-articulating, dogbone guide 1080 does not contact the support surface 2042 of the lower dogbone clevis 2040.

ドッグボーンガイド1080の遠位端用近位側ハウジングが図60に示されている。 The distal end proximal housing for dogbone guide 1080 is shown in Figure 60. 近位側ドッグボーン凹部2025の構造をより明らかにするために、ドッグボーンガイド1080をこれらの構造から取り除いている。 To more clarify the structure of the proximal dogbone recess 2025, it is removed dogbone guide 1080 from these structures.

凹部2025、2043の両方が、ここに配置されたドッグボーンガイド1080の下側延在部を共に、図57の水平方向の、縦断面に示されている。 Both recesses 2025,2043 are both a lower extending portion of the dogbone guide 1080 arranged here, the horizontal direction in FIG. 57, is shown in longitudinal section. ここには、押出ロッド刃サポート1070、切断刃1060、及びステープルスレッド102(取り外し可能なステープルカートリッジ100の一部である)の下側構造が示されている。 Here, the extrusion rod blade support 1070, the lower structure of the cutting blade 1060, and staple sled 102 (which is part of the removable staple cartridge 100) is shown. これらの構造を、図61及び62に拡大して示す。 These structures, shown enlarged in FIGS. 61 and 62.

図63、64および65は、ナイフ刃1060閉鎖構造を示す図である。 Figure 63, 64 and 65 are diagrams showing a knife blade 1060 closure structure. 換言すると、ステープルカートリッジ100がないとき、あるいはすでに発射されたステープルカートリッジがステープルカートリッジホルダ1030内にあるときに、ナイフ刃1060が前進しないようにする安全装置である。 In other words, when there is no staple cartridge 100, or when already fired staple cartridge is in the staple cartridge holder 1030, a safety device knife blade 1060 is prevented from moving forward. 理解を容易にするために、この図に示されているステープルカートリッジ100の部分のみが、ステープルスレッド102である。 For ease of understanding, only a portion of the staple cartridge 100 shown in this figure, a staple sled 102.

ナイフ刃1060は、ステープルスレッド102が発射用意位置にあるとき、すなわち、スレッド102が図65に示す位置にあるときにのみ、遠位側に移動できるようにするべきである。 Knife blade 1060 when the staple sled 102 is in the firing ready position, i.e., the thread 102 only when in the position shown in FIG. 65, it should be able to move distally. スレッド102がこの位置にないときは、二つの事態を意味する。 When the thread 102 is not in this position means two things. すなわち、ホルダ1030内にステープルカートリッジ100がないか、あるいはスレッド102がすでに遠位側に移動している、換言すると、ロード済みステープルカートリッジ100によって部分的あるいは完全な発射がすでに成されたという事態である。 That is, if there is a staple cartridge 100 in the holder 1030 or the thread 102 is already moved distally, in other words, in a situation of a partial or full firing by loaded staple cartridge 100 has already been made is there. 従って、スレッド102には、閉塞接触面104が設けられており、刃1060には、対応する形状の接触ノーズ1069が設けられている。 Accordingly, the thread 102 is closed contact surface 104 is provided to the blade 1060 contacts the nose 1069 of the corresponding shape is provided. この時点において、下側ガイドウイング1065は、刃1060が遠位側にエッジ1035をすぎて移動するまでカートリッジホルダ1030内のフロア1034に乗らない。 At this point, the lower guide wings 1065 do not ride on the floor 1034 in the cartridge holder 1030 until the blade 1060 is moved past the edge 1035 distally. このような構成によって、スレッド102が刃1060の遠位端になく、ノーズ1069をたたかない場合、下側ガイドウイング1065がエッジ1035のすぐ近位側の凹部1037を追跡し、フロア1034の上に進む代わりに、エッジ1035をたたいて刃1060が更に前側に移動することを止める。 With this configuration, without the distal end of the thread 102 is the blade 1060, if not hit the nose 1069, the lower guide wings 1065 tracks the recess 1037 of the immediately proximal edge 1035, on the floor 1034 instead proceeding, the blade 1060 hit the edge 1035 stops further moves forward. スレッド102が存在しないときにこのような接触を補助するために、ステープルカートリッジ1030は、板ばね1090を有する(リベット1036によって取り付けられている)。 To assist in such contact when the thread 102 is not present, the staple cartridge 1030, (attached by rivets 1036) has a leaf spring 1090. 上向きに固定されており、フランジ1067を下向きに押圧している板ばね1090(少なくとも、フランジ1067が板ばね1090の遠位端の遠位側にくるまで)によって、下向きの力が刃1060にかかり、ウイング1065を凹部1037に押し下げる。 Are upwardly fixed by a leaf spring 1090 presses the flange 1067 downward (at least until the flange 1067 comes to the distal side of the distal end of the plate spring 1090), a downward force is applied to the blade 1060 , it pushes down the wing 1065 into the recess 1037. このように、スレッド102が存在することなく刃1060が遠位側に進むと、ウイング1065を凹部1037の下側カーブを追跡して、ウイング1065の遠位エッジがエッジ1035に当たるときに、止まってこれ以上遠位側に移動しないようにする。 Thus, when the blade 1060 without thread 102 exists advances distally, the wings 1065 to track the lower curve of the concave portion 1037, when the distal edge of the wings 1065 hit the edge 1035, stopped by more so as not to move distally. 図63は、例えば、遠位エッジ1035と二つの立ち上がりボス1038を示す。 Figure 63 shows, for example, the distal edge 1035 and two rising boss 1038. このボスは、エッジ1035の高さに延在して、スレッド102が内場合にウイング1065がエッジ1035を超えて押されることがないようにする。 The boss, extends to the height of the edge 1035, the wings 1065 when threads 102 the inner is so as not be pushed beyond the edge 1035.

図66は、クレビスの下側ハーフ2020と下側ドッグボーンクレビス2040内のドッグボーン1080の例示的な動きを示す図である。 Figure 66 is a diagram illustrating an exemplary movement of the dogbone 1080 of the lower half 2020 and the lower dogbone clevis 2040 of the clevis. 図66の完全に左側に曲がった位置では、ドッグボーン1080の遠位側底部突出部が、遠位側ドッグボーン凹部2043内の回転位置にあり、近位側底部突出部が、近位側ドッグボーン凹部2025内の回転位置にある。 In the position fully bent to the left side of FIG. 66, the distal bottom protrusion of the dogbone 1080 is in the rotational position of the distal dogbone recess 2043, is proximal the bottom protrusion proximal dog in rotational position of the bone recess 2025. 重要なことは、ドッグボーン1080の左側垂直面が、左側ドッグボーン支持面2024、2042の上でほぼ完全に支持されていることである。 Importantly, the left vertical surface of the dogbone 1080 is that it is almost completely supported on the left dogbone support surface 2024,2042. 凹部2025、2043の形状、及びドッグボーン1080の底部突出部は、ドッグボーン1080の伸張あるいは圧縮がなく、端に、端部作動体の連接が生じるときに左から右へ揺れ動くように選択される。 The shape of the recess 2025,2043, and bottom protrusions dogbone 1080 is selected such swings from left to right when no stretching or compression of the dogbone 1080, that the end results are articulated the end effector .

三本の並んだナイフ刃1062が、クレビスの下側ハーフ2020、2040の左側のアーチ状位置内において、図66に図示されている。 Knife blade 1062 aligned with three is, in the arched position of the left side of the lower half 2020,2040 clevis is shown in Figure 66. 左側に曲がると、ナイフ刃1062がドッグボーン1080の右側内側面1082に押しつけられる。 And turn to the left, knife blade 1062 is pressed against the right inner side surface 1082 of the dogbone 1080. 従って、内側面1082は、端部作動体が曲がるであろうエクステントに応じた形状をしている。 Accordingly, the inner surface 1082 has a shape corresponding to the would end effector bends extent. 本発明の特徴を画のに制限があるため、刃1062は、ほぼカーブした方向に概略的に示されているだけである。 Due to the limitations in image features of the present invention, the blade 1062 is only shown schematically in the direction which is substantially curved.

ナイフ刃1062のいくつかの特徴をよりよく理解するために、押出ロッド1102と押出ロッド刃サポート1070との近位側連結の拡大図が図67に示されている。 To better understand some of the features of the knife blade 1062, enlarged view of the proximal connection of the push rod 1102 and the extrusion rod blade support 1070 is shown in Figure 67. 同軸に整列したナイフ刃1062と押出ロッド1102を有する構造を想像することが可能であるが、例えば図41、67に示すオフセット連結が用いられる。 Although it is possible to imagine a structure having a knife blade 1062 and pushrod 1102 aligned coaxially offset coupling is used as shown in example FIG. 41,67. 上述したとおり、ナイフ刃1062の長さが、ナイフ刃1062が、押出ロッド刃サポート1070内で刃チャンネル1072へ完全に押し下げることが好ましいものにする。 As described above, the length of the knife blade 1062, knife blade 1062, to be preferable to depress fully into the blade channel 1072 at an extrusion rod blade support within 1070. 図41は、刃1062をチャネル1072にバイアスするオフセット連結の第1の実施例を示す。 Figure 41 shows a first embodiment of an offset coupling to bias the blade 1062 in the channel 1072. 図67は、このオフセット連結の第2の実施例を示す。 Figure 67 shows a second embodiment of the offset coupling. この第2の実施例では、刃1062が、第1の実施例(横方向押出ピン1122で連結されている)のように押出ロッド1102に固定的に連結されていない。 In this second embodiment, the blade 1062 is not fixedly connected to the extrusion rod 1102 as in the first embodiment (which is connected by lateral extrusion pin 1122). 代わりに、押出ロッド1102にチャンバ1108が形成されており、この中に刃1062の近位端が挿入される。 Alternatively, and chamber 1108 is formed in the extruded rod 1102, the proximal end of the blade 1062 is inserted therein. チャンバ1108を、刃1062を軸方向に縦に保持する(例えば、横方向オフセット)形状に形成することによって、固定的な連結が不要になる。 The chamber 1108 is held in a vertical blade 1062 in the axial direction (e.g., laterally offset) by forming into a shape, fixed connection is not required. この実施例では、チャンバ1108が縦断面においてほぼL字形状であり、このような横方向のオフセットを提供しているが、様々な異なる形状であっても良い。 In this embodiment, a substantially L-shape in the chamber 1108 is longitudinal section, although providing such lateral offset, may be a variety of different shapes.

プルバンド1140の遠位側連結が図59に特によく示されている。 Distal connection Purubando 1140 is particularly well illustrated in Figure 59. このような構成では、左右のアーチが、二つ、三つ、四つ、あるいはそれ以上の隣接するプルバンド1140の各々を曲げる。 In such a configuration, the left and right arches, bend two, three, four, or more of each of the adjacent Purubando 1140. 各プルバンド1140は固定長を有しており、またプルバンド1140が側部に沿って互いに積み重なっているので、所定の方向のアーチが、差はわずかであるにしても、各プルバンド1140を異なる方向に曲げる。 Each Purubando 1140 has a fixed length, also because Purubando 1140 are stacked with each other along the side, a predetermined direction of the arch is, differences also in the a little, each Purubando 1140 in different directions bend. このような曲がりの差を補償するための、遠位側連結の代替の実施例が、図68乃至70に示されている。 To compensate such a difference in bending, an alternative embodiment of the distal connection is shown in Figure 68 to 70. 明瞭化と、簡単にするために、これらの図面には上側ドッグボーンクレビス2030の一部のみを略図で示す。 And clarity, in order to simplify, only a portion of the upper dogbone clevis 2030 schematically in these drawings.

この代替の実施例では、第1の実施例のスペーサ1170を置き換えている。 In this alternative embodiment, it replaces the spacer 1170 of the first embodiment. ここでは、5本のプルバンド1140が側部に並べて配置されている。 Here, five Purubando 1140 are arranged on the side. 上側ドッグボーンクレビス2030が、内側ボア2033(例えば円形ボア)を規定しており、この中に、ボア2033の内側形状に対応する外側形状を有するピストン2050が挿入される。 The upper dogbone clevis 2030, stipulates the inner bore 2033 (eg, circular bore) into which a piston 2050 having an outer shape corresponding to the inner shape of the bore 2033 is inserted. ボア2033は、近位側窓2034を具えており、これを通ってプルバンド1140がボア2033内に突出している。 Bore 2033, equipped with a proximal window 2034, Purubando 1140 through which protrudes into the bore 2033. 窓2034は、プルバンド1140の全幅とほぼ同じ幅(わずかにこれより大きいが)を有する。 Window 2034 has substantially the same width (slightly larger than this) and the total width of Purubando 1140.

ピストン2050は、横方向ボアを有し、この中に、近位側プルバンドピン2060が螺合している。 The piston 2050 has a transverse bore into which is screwed the proximal pull band pin 2060. このピンはピストン2050と、及び各プルバンド1140の遠位側プルバンドボア1145と螺合するときに、軸として機能する。 The pin and the piston 2050, and when engaged with the distal Purubandoboa 1145 of each Purubando 1140, serving as an axis. 図70を参照されたい。 See Figure 70. ピストン2050の内部2051は、重なったプルバンド1140の幅に対応する形状を有していない。 Internal 2051 of the piston 2050 does not have a shape corresponding to the width of the overlapping Purubando 1140. 代わりに、プルバンド1140の遠位端を受ける内側開口が、ウイング付きの水平方向断面形状を有する。 Alternatively, the inner opening for receiving the distal end of Purubando 1140 has a horizontal cross-sectional shape with wings.

端部作動体が連接するときに、プルバンド1140の遠位端が曲がってカーブになる。 When the end effector is articulated, the curve bent distal end of Purubando 1140. プルバンド1140などの隣接する平行プレートが共に曲がって、外側プレートが、中央あるいは内側プレートと異なる方向に移動する。 Purubando 1140 bent adjacent parallel plates together, such as, the outer plates are moved in a direction different from a center or inner plate. この不均質な動きは、ウイング付開口2051と、楕円形状の遠位側プルバンドボア1145によって補償される。 The heterogeneous movement, the winged opening 2051 is compensated by the distal side Purubandoboa 1145 elliptical. 端部作動体が連接すると、プルバンド1140にかかる曲げ力が、上側ドッグボーンクレビス2030のボア2033内でピストン2050を回動させる。 When the end effector is articulated, bending force applied to the Purubando 1140, the piston 2050 is rotated within the bore 2033 of the upper dogbone clevis 2030. 端部作動体が連接するほど、ピストン2050が、完全な連接が外側プルバンド1140をウイング付開口2051の内側面に対して押圧するまで、更に回動する。 As the end effector is articulated, the piston 2050 is fully articulated until presses the outer Purubando 1140 against the inner surface of the wing with the opening 2051, further rotated. この時点で、各プルバンド1140の近位端は整列するが、図68ないし70に示す遠位端は整列しない。 At this point, the proximal end of each Purubando 1140 is aligned, but the distal end shown in Figures 68 70 are not aligned. 卵形開口1145の存在によって、プルバンド1140は互いに対して若干移動することができる。 The presence of oval openings 1145, Purubando 1140 can move somewhat relative to each other.

上述した説明及び図面は、本発明の原理、好ましい実施例、及び操作モードを示すものである。 The foregoing description and drawings, the principles of the present invention, showing the preferred embodiment, and the operation mode. しかしながら、本発明は、上述した特定の実施例に限定されると介すべきではない。 However, the present invention should not be through as limited to the particular embodiments described above. 上述の実施例の更なる変形例は、当業者には自明である。 Further modification of the above-described embodiments will be apparent to those skilled in the art.

従って、上述の実施例は、限定ではなく、例示であると考えるべきである。 Accordingly, the above-described embodiments, and not limitation, should be considered as illustrative. 従って、当業者が特許請求の範囲によって規定される本発明の範囲から外れることなくこれらの実施例の変形例を作ることができることは自明である。 Therefore, it is obvious that it is possible to make modifications of these embodiments without departing from the scope of the invention as those skilled in the art is defined by the appended claims.

本発明の実施例の利点は、本発明の好ましい実施例の以下の詳細な説明から明らかである。 An advantage of embodiments of the present invention are apparent from the following detailed description of a preferred embodiment of the present invention. この説明は、添付の図面と共に考慮すべきである。 This description should be considered in conjunction with the accompanying drawings.
図1は、本発明に係る遠位ステープリング及び切断端部作動体と、それに連結されたシャフトの一部の第1実施例を、遠位端から見て、拡大して、断片的に示す斜視図であり、端部作動体のステープルカートリッジこう合からステープルカートリッジが約半分引き出されており、ステープル連接及び組織切断スライドから分離したステープラの台座を有する。 Figure 1 is a distal stapling and cutting end effector according to the present invention, a part of the first embodiment of the shaft connected thereto, as viewed from the distal end, enlarged, showing fragmentary It is a perspective view, the staple cartridge from the staple cartridge this case the end effector have been drawn about half, with the base of the stapler separated from the staple connecting and tissue cutting slide. 図2は、図1に示す端部作動体を拡大して、断片的に示す側面図であり、遠位側カウリングと、近位側のスプライン加工した軸方向の移動部分を具え、明瞭化のために除去したカートリッジと、スライドに連結したステープラの台座を具える。 Figure 2 is an enlarged end effector shown in FIG. 1 is a side view showing a fragmentary, comprising a distal side cowling, the mobile part of the axial direction which is splined proximal, clarity comprising a cartridge removed for the base of the stapler which is connected to the slide. 図3は、図1に示す端部作動体を拡大して、断片的に示す斜視図であり、遠位側部分にステープル作動及び組織切断スライドを有し、当該スライドから離れたステープラの台座を具える。 Figure 3 is an enlarged end effector shown in FIG. 1 is a perspective view showing a fragmentary, has a staple actuation and tissue cutting slide distally portion, the base of the stapler away from the slide comprising. 図4は、図1に示す端部作動体を拡大して、断片的に示す斜視図であり、下側こう合/ステープルカートリッジホルダから取り外したステープルカートリッジと、中央に対して約45°の角度に回転したクレビスを示す。 Figure 4 is an enlarged end effector shown in FIG. 1 is a perspective view showing a fragmentary, a staple cartridge removed from the lower said coupling / staple cartridge holder, an angle of approximately 45 ° to the central shows the clevis rotated to. 図5は、図1に示す端部作動体の遠位側部分を拡大して、断片的に示す、ワイヤフレーム側正面図である。 Figure 5 is an enlarged distal portion of the end effector shown in FIG. 1, fragmentarily shown, a wire frame side elevational view. 図6は、約90°回転した図1に示す端部作動体のスプライン加工した軸移動アッセンブリを、拡大して、断片的に示す、ワイヤフレーム側斜視図であり、明瞭化のために、端部作動体の横方向の動作係止ピンと近位側スクリュは除いてある。 6, the axial movement assembly which is splined the end effector shown in FIG. 1 rotated approximately 90 °, enlarged, fragmentarily shown, a wire frame side perspective view, for clarity, the end part transverse operating locking pin and proximal screw of the working body are excluded. 図7は、図6に示す端部作動体を底側から見て、拡大して、断片的に示すワイヤフレーム側側面図であり、横に移動するスプロケットの歯に係合する端部作動体横移動係止ピンと、ばねとを具え、明瞭化のために近位側スクリュは除いてある。 Figure 7 sees the end effector shown in FIG. 6 from the bottom side, enlarged, a wire frame side side view showing fragmentary, end effector to engage the teeth of the sprocket moves laterally a lateral movement locking pin, comprising a spring, a proximal side screw for clarity are the exception. 図8は、図7に示す端部作動体を拡大して、断片的に示すワイヤフレーム側底面図であり、横に移動するスプロケットの歯に係合する端部作動体横移動係止ピンを具える。 Figure 8 is an enlarged end effector shown in FIG. 7, a wire frame side bottom view of fragmentary, an end effector transverse movement locking pin that engages the teeth of the sprocket moves laterally comprising. 図9は、図8に示す端部作動体を拡大して、断片的に示す、底側から見た縦断面図であり、横に移動するスプロケットの歯に係合する端部作動体横移動係止ピンを具え、明瞭化のためにばねは除いている。 Figure 9 is an enlarged end effector shown in FIG. 8, fragmentarily shown a longitudinal sectional view seen from the bottom, end effector transverse movement which engages the teeth of the sprocket moves laterally comprises a locking pin, spring is except for clarity. 図10は、図2に示す、縦軸を中心に回転した端部作動体を拡大して、断片的に示す斜視図であり、明瞭化のために、クレビス、スクリュ、遠位側でスプライン加工したスリーブ軸の動きと、バネ部分は除いている。 Figure 10 illustrates in FIG. 2, the vertical axis to expand the rotated end effector around the is a perspective view showing a fragmentary, for clarity, splined clevis screw at the distal end the movement of the sleeve axis, and a spring portion are excluded. 図11は、図1に示す端部作動体の遠位側部分を拡大して、断片的に示す底面図であり、近位側位置のステープル作動および組織切断スライドを示す。 Figure 11 is an enlarged distal portion of the end effector shown in FIG. 1 is a bottom view showing fragmentary, showing a staple operation and tissue cutting slide proximal position. 図12は、図11に示す端部作動体の遠位側部分を拡大して、断片的に示す底面図であり、中間位置のステープル作動および組織切断スライドを示す。 Figure 12 is an enlarged distal portion of the end effector shown in FIG. 11 is a bottom view showing fragmentary, showing a staple operation and tissue cutting slide intermediate position. 図13は、図2に示す端部作動体のステープリング作動及び組織切断スライドを通る、拡大した、断片的に示す半径方向の断面図である。 13, through the stapling operation and tissue cutting slide end effector shown in FIG. 2, enlarged, cross-sectional views of a radial showing fragmentarily. 図14は、図1に示す端部作動体の下側半分を通る、拡大した、断片的に示す水平方向の縦断面図である。 14 passes through the lower half of the end effector shown in FIG. 1, enlarged, a longitudinal sectional view of the horizontal direction shown in fragmentary. 図15は、図1に示す端部作動体の近位側部分の上側半分を通る、拡大した、断片的に示す水平方向の縦断面図である。 15 passes through the upper half of the proximal portion of the end effector shown in FIG. 1, enlarged, a longitudinal sectional view of the horizontal direction shown in fragmentary. 図16は、図1に示す端部作動体の近位側部分の縦軸を通る、拡大した、断片的に示す水平方向の縦断面図である。 16 passes through the longitudinal axis of the proximal portion of the end effector shown in FIG. 1, enlarged, a longitudinal sectional view of the horizontal direction shown in fragmentary. 図17は、図1に示す端部作動体の近位側部分の右側半分を通る、拡大した、断片的に示す水平方向の縦断面図である。 17, through the right half of the proximal portion of the end effector shown in FIG. 1, enlarged, a longitudinal sectional view of the horizontal direction shown in fragmentary. 図18は、本発明に係る外科用ステープラの左側面を示す図であり、作動ハンドルの安定位置における端部作動体の開いた状態のこう合を示す。 Figure 18 is a diagram showing the left side of the surgical stapler according to the present invention, showing the way if the open state of the end effector in the stable position of the actuating handle. 図19は、図18に示す外科用ステープラの左側面を示す図であり、作動ハンドルの親指トリガの作動位置における端部作動体のこう合が閉じている状態を示す。 Figure 19 is a diagram showing the left side of the surgical stapler shown in FIG. 18 shows the way a state where coupling is closed in the end effector at the operating position of the thumb trigger actuation handle. 図20は、図18の外科用ステープラの上方から左側を示す図であり、横方向動作トリガを押圧した状態で、表面などの環境との接触に依存して、横方向に自在に移動する状態の位置にある遠位側端部作動体と、作動ハンドルの安定位置における端部作動体が開いた状態にあり、約45°の角度で横方向に位置するこう合を示す。 Figure 20 is a diagram showing the left side from the top of the surgical stapler of FIG. 18, while pressing the lateral operation trigger, depending on the contact with the environment, such as the surface, to move freely laterally state a distal end effector at the position, in a state in which the end effector is opened in the stable position of the actuating handle, showing the way if positioned laterally at an angle of approximately 45 °. 図21は、図18の外科用ステープラの上方から左側を示す図であり、安定位置における横方向移動トリガと、横方向に捕捉した移動状態にある遠位側端部作動体と、作動ハンドルの安定位置において端部作動体が開いた状態にあり、約30°の角度で横方向に位置するこう合を示す。 Figure 21 is a diagram showing the left side from the top of the surgical stapler of FIG. 18, the lateral moving trigger in the stable position, the distal end effector in the moving state of capturing laterally of actuation handle in a state where the end effector is opened in a stable position, showing the way if positioned laterally at an angle of approximately 30 °. 図22は、図18の端部作動体の左側を断片的に示す図であり、安定位置において、及び約75°で横方向に位置するこう合を示す。 Figure 22 is a diagram showing the left side of the end effector of FIG. 18 fragmentary shows in a stable position, and this case is positioned laterally at about 75 °. 図23は、図18に示すステープラの端部作動体の左側を断片的に示す図であり、安定位置において、及び回転した第1の軸方向の位置において開いた状態のこう合を示す。 Figure 23 is a diagram showing the left side of the end effector of the stapler shown in Figure 18 fragmentary shows in a stable position, and this case of the opened state at the position of the rotated first axis. 図24は、図23に示す端部作動体の左側を断片的に示す図であり、安定位置において及び、図23に対して反時計回りに回転した正常位置において開いた状態のこう合を示す。 Figure 24 is a diagram showing the left side of the end effector shown in FIG. 23 fragmentary shows in a stable position and, a said case of the opened state in the normal position rotated counterclockwise with respect to FIG. 23 . 図25は、本発明の外科用ステープリングデバイスの第2実施例を遠位端から見た斜視図であり、組み込み式のステープリングモータを有する取り外し可能な端部作動体と、開いている安定位置と、約45°の右側横方向の位置にあるステープリングこう合と安定位置でボールを捕捉しているボール解放レバーと、安定したモータオフ位置にあるモータ作動ボタンとを示す。 Figure 25 is a perspective view from the distal end of a second embodiment of the surgical stapling device of the present invention, a removable end effector having a stapling motor built-in, stable open shows the position, the ball release lever entrapping ball stapling this case a stable position on the right lateral position of approximately 45 °, and a motor actuating button in a stable motor-off position. 図26は、図25に示す取り外し可能な端部作動体の拡大した斜視図であり、安定開位置にあるこう合を示し、明瞭化のためにスライドは除いている。 Figure 26 is an enlarged perspective view of a removable end effector shown in FIG. 25 shows the way if in a stable open position, the slide for clarity are the exception. 図27は、本発明の外科用ステープリングデバイスの第3実施例を遠位端から見た斜視図であり、二つのボール連結端部と組み込み式のステープリングモータを有する取り外し可能な端部作動体と、安定開位置にあり、約45°の右側横方向の位置にあるステープリングこう合と、逆向きで近位側を向いているステープルこう合と、作動したボール解放位置におけるボール解放レバーと、安定したモータオフ位置におけるモータ作動ボタンとを示す。 Figure 27 is a perspective view from the distal end of a third embodiment of the surgical stapling device of the present invention, a removable end effector having a stapling motor of the two ball coupling end and embedded and body, is in the stable open position, the stapling this case to the right lateral position of approximately 45 °, a staple this case that in opposite facing proximal ball release lever in the actuated ball release position If, showing the motor operation button in a stable motor-off position. 図28は、右側及び遠位端から見た図27に示す取り外し可能な端部作動体の拡大した斜視図であり、安定開位置にあるこう合を示し、明瞭可のためにスライドは除いている。 Figure 28 is an enlarged perspective view of a removable end effector shown in FIG. 27 as viewed from the right side and a distal end, indicates this case is in the stable open position, the slide except for clarity Friendly there. 図29は、図25及び26に示す外科用ステープリング及び切断デバイス、及び図25及び26の取り外し可能なステープリング端部作動体のボールジョイントを捕捉して整列した状態で示す、作動ハンドルの最も遠位端の、断片的な、拡大した側部断面ワイヤフレームの図である。 Figure 29 shows a state aligned to trap surgical stapling and cutting device, and a ball joint of a removable stapling end effector of FIGS. 25 and 26 shown in FIGS. 25 and 26, most of the actuation handle the distal end, fragmentary diagrams enlarged side cross-sectional wire frame. 図30は、図29に示す作動の反対側の最も遠位端の断片的な、拡大した側断面図であり、不整列で、解放された状態にあるが作動ハンドルのクランプの間に捕捉されているボールジョイントを示す。 Figure 30 is a fragmentary distal most end opposite the working shown in FIG. 29 is a side cross-sectional view enlarged, with misaligned, there is a state of being released is trapped between the clamp operating handle and it has shown a ball joint. 図31は、本発明のステープリング及び切断デバイスの近位端から見た斜視図であり、台座は除いてある。 Figure 31 is a perspective view from the proximal end of the stapling and cutting device of the present invention, pedestal are excluded. 図32は、図31のデバイスの近位端から見た、断片的な斜視図であり、押出ロッド付きの連接解除デバイスの近位側を示すためにハンドルを除いてある。 Figure 32 is viewed from the proximal end of the device of FIG. 31 is a fragmentary perspective view, it is the exception of the handle to indicate the proximal end of the articulation release device with the push rod. 図33は、図31に示すデバイスの内側チューブの近位端部分を拡大して、分解した図である。 Figure 33 is an enlarged proximal end portion of the inner tube of the device shown in FIG. 31, an exploded FIG. 図34は、外側チューブを取り除いて、端部作動体の連接ジョイントに連接解除デバイスを連結している内部部品を遠位端から見た、断片的な斜視図である。 Figure 34 is removed outer tube, viewed from the distal end of the inner part which connects a connecting release device articulation joint of the end effector is a fragmentary perspective view. 図35は、図34の一部の、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 35 is a part of FIG. 34, a fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図36は、図31に示すナイフガイドアッセンブリの、断片的な、拡大した斜視図であり、外側及び内側のチューブを取り外した、ナイフガイドの近位側からナイフブレードの遠位側にかけての図である。 Figure 36 is a knife guide assembly shown in FIG. 31, a fragmentary, an enlarged perspective view, removing the outer and inner tubes, in view from the proximal side of the knife guide toward the distal side of the knife blade is there. 図37は、図35の部分の一部の、プルバンドの近位側端部における、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 37 is a part of a portion of FIG. 35, at the proximal end of the Purubando, fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図38は、図35の部分の一部の、プルバンドの遠位側端部における、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 38 is a part of a portion of FIG. 35, at the distal end of the Purubando, fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図39は、図31のデバイスの、ステープラアッセンブリ、ドラムスリーブ、連接ジョイント、及びデバイスのクレビスの、断片的な、拡大した側部断面図であり、開いた状態の台座を示す。 Figure 39 is the device of FIG. 31, the stapler assembly, the drum sleeve, articulation joint, and the device of the clevis, fragmentary, an enlarged cross-sectional side view, showing the open state pedestal. 図40は、図31のデバイスの、ステープラアッセンブリ、ドラムスリーブ、連接ジョイント、及びデバイスのクレビスの、断片的な、拡大した側部断面図であり、閉じた発射状態の台座を示す。 Figure 40 is the device of FIG. 31, the stapler assembly, the drum sleeve, articulation joint, and the device of the clevis, fragmentary, an enlarged cross-sectional side view, showing the base in a closed firing state. 図41は、ナイフガイドの近位側からナイフブレードにかけての、ナイフガイドサブアッセンブリの断片的な、拡大した斜視図であり、ナイフガイドと、クレビスと、左ハンモックと、ドラムスリーブと、カートリッジホルダは取り除いている。 Figure 41 is a proximal side of the knife guide toward knife blade, fragmentary knife guide subassembly, an enlarged perspective view, and the knife guide, a clevis, a left hammock, and the drum sleeve, the cartridge holder It is removed. 図42は、図31のデバイスの、ナイフ−押出ロッドピンジョイントの、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 42, of the device of Figure 31, the knife - of the push rod pin joint, fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図43は、図31に示すデバイスのプルバンド−アルミニウムチューブピンジョイントの断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 43 Purubando of the device shown in FIG. 31 - piecemeal aluminum tube pin joint, enlarged, a longitudinal sectional view. 図44は、図31に示すデバイスのクレビス近位面の、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 44 is a clevis proximal face of the device shown in FIG. 31, a fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図45は、図31に示すデバイスのプランジャピンスプリングポケットと、連接解除ピンの、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 45 is a plunger pin spring pockets of the device shown in FIG. 31, the articulation release pin, fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図46は、図31に示すデバイスのプランジャピンカム面と連接係止スプロケットの、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 46 is articulated locking sprocket and the plunger pin cam surface of the device shown in FIG. 31, a fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図47は、図31に示すデバイスの端部作動体連接ジョイントの、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 47 is the end effector articulation joint of the device shown in FIG. 31, a fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図48は、図31に示すデバイスの、遠位側プルバンドピンジョイントの、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 48 of the device shown in Figure 31, the distal pull band pin joint, fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図49は、図31に示すデバイスの、台座/上側こう合ピボットスロットの断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 49 of the device shown in FIG. 31, a fragmentary pedestal / upper said engagement pivot slot, expanded, is a longitudinal sectional view. 図50は、図31に示すデバイスの、スプリングロッドを通る連接ジョイント部の、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 50 is the device shown in FIG. 31, the articulation joint portion through the spring rod, fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図51は、図31に示す、ナイフ案内ブレード用テストベッドと、デバイスのハンモックを示す図である。 Figure 51 illustrates in FIG. 31 is a diagram showing a test knife guide blades bed, a hammock devices. 図52は、図31に示すデバイスの連接ジョイント部の連接係止解除スライドを通る、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 52, through the articulation lock release slide of the connecting joint portion of the device shown in FIG. 31, a fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図53は、図31に示すデバイスの遠位側部品を、台座のない、遠位端から見た分解斜視図である。 Figure 53 is a distal part of the device shown in FIG. 31, no base is an exploded perspective view from the distal end. 図54は、内側及び外側チューブを取り外した、本発明の端部作動体の第4の実施例の連接遠位部分を示す斜視図である。 Figure 54 is removal of the inner and outer tube is a perspective view showing a connecting distal portion of a fourth embodiment of the end effector of the present invention. 図55は、外側チューブを取り外した、図54に示す端部作動体の連接部分の断片的な、拡大した、分解斜視図であり、看者に対して先端が内側を向いている。 Figure 55 is removal of the outer tube, fragmentary articulating portion of the end effector shown in FIG. 54, enlarged, an exploded perspective view, the tip relative to viewer is facing inward. 図56は、図54に示す端部作動体の連接部分の、断片的な、拡大した、底面図であり、外側クレビスと、閉鎖リングが取り除かれている。 Figure 56 of the connecting portion of the end effector shown in FIG. 54, a fragmentary, enlarged, a bottom view, and the outer clevis, the closure ring has been removed. 図57は、図54に示す端部作動体の連接部分の、ドッグボーンガイドの下側端部を通る、断片的な、拡大した、断面図である。 Figure 57 is articulated portion of the end effector shown in FIG. 54, through the lower end portion of the dogbone guide, fragmentary, enlarged, cross-sectional views. 図58は、図54に示す端部作動体の連接部分の、スプリングロッドを通る、断片的な、縦断面図であり、内側チューブ及び押出ロッド−ブレードサポートは除去されている。 Figure 58 is the articulated portion of the end effector shown in FIG. 54, through the spring rod, fragmentary, a longitudinal sectional view, the inner tube and the push rod - blade support has been removed. 図59は、図54に示す端部作動体の連接部分の、ドッグボーンガイドの遠位端を通る、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 59 is articulated portion of the end effector shown in FIG. 54, through the distal end of the dogbone guide, fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図60は、図54に示す端部作動体の連接部分の、下側クレビスのドッグボーンガイド室の近位端を通る断片的な、拡大した、縦断面図であり、ドッグボーンガイドは除去されている。 Figure 60 of the connecting portion of the end effector shown in FIG. 54, a fragmentary through the proximal end of the dogbone guide chamber of the lower clevis, enlarged, a longitudinal sectional view, dogbone guide is removed ing. 図61は、図54に示す端部作動体の連接部分の、ドッグボーンガイドの下側中間部分を通る、断片的な、拡大した、縦断面図である。 Figure 61, of the connecting portion of the end effector shown in FIG. 54, through the lower middle portion of the dogbone guide, fragmentary, enlarged, a longitudinal sectional view. 図62は、図54に示す端部作動体の連接部分の、ドッグボーンガイドの中央部分を通る、断片的な水平方向の縦断面図である。 Figure 62, of the connecting portion of the end effector shown in FIG. 54, through the center portion of the dogbone guide is a longitudinal sectional view of a fragmentary horizontal. 図63は、図54に示す端部作動体の連接部分を、内側チューブ、押出ロッド刃サポート、台座、及び、ステープルスレッドのほぼ半分を除去したスプリングロッドを通る縦断面図である。 Figure 63 is a connecting portion of the end effector shown in FIG. 54, the inner tube, the push rod blade support, pedestal, and is a longitudinal sectional view through the spring rod to remove approximately half of the staple sled. 図64は、図54に示す端部作動体の連接部分のスプリングロッドを通る縦断面図であり、スプリングプレート、台座、及び、ステープルスレッドのほぼ半分を除いている。 Figure 64 is a longitudinal sectional view through the spring rod of the connecting portion of the end effector shown in FIG. 54, spring plate, pedestal, and is except for the almost half of the staple sled. 図65は、図54に示す端部作動体の連接部分の遠位端の、内側チューブ、押出ロッド刃サポート、台座、及び、ステープルスレッドのほぼ半分を除去した縦断面図である。 Figure 65 is a distal end of the connecting portion of the end effector shown in FIG. 54, the inner tube, the push rod blade support, pedestal, and a longitudinal sectional view of the removal of the approximately half of the staple sled. 図66は、図54に示す端部作動体の、下側クレビス、下側ドッグボーンクレビス、ドッグボーンガイド、及び3つの隣接するナイフブレードを示す斜視図である。 Figure 66 is a perspective view showing the end effector shown in FIG. 54, the lower clevis, lower dogbone clevis, dogbone guide, and three adjacent knife blade. 図67は、図54の端部作動体の、断片的な、ワイヤフレーム縦断面図である。 Figure 67 is the end effector of FIG. 54, a fragmentary, a wire frame longitudinal sectional view. 図68は、図54の端部作動体の、プルバンドの遠位側連結部の代替の実施例の、断片的な、ワイヤフレーム斜視図である。 Figure 68, the end effector of FIG. 54, an alternative embodiment of the distal connection of Purubando, fragmentary, a wire frame perspective view. 図69は、図68の遠位側連結部の、断片的な、縦断面図である。 Figure 69, the distal connection of FIG. 68, a fragmentary, a longitudinal sectional view. 図70は、図68の遠位側連結部の一部を下から見た断片的な斜視図である。 Figure 70 is a fragmentary perspective view from below the portion of the distal-side connecting portion of Figure 68.

Claims (18)

  1. 医療デバイスにおいて; In the medical device;
    ステープリングアクチュエータと; Stapling actuator and;
    前記ステープリングアクチュエータと異なり、非作動状態と作動状態を有する連接ジョイントアクチュエータと; Unlike the stapling actuator and articulation joint actuator having an inoperative state operating condition;
    前記ステープリングアクチュエータと前記連接ジョイントアクチュエータを収納し、遠位端を有する第1の縦軸を画定する本体と; Accommodating the articulation joint actuator and the stapling actuator, a body defining a first longitudinal axis having a distal end;
    を具える制御ハンドルと; A control handle comprising a;
    台座と; And the pedestal;
    近位端と; And a proximal end;
    第2の縦軸と; A second longitudinal axis;
    少なくとも一のステープルを有するステープラカートリッジと; A stapler cartridge having at least one staple;
    前記ステープリングアクチュエータと、前記台座と、前記ステープラカートリッジに動作可能に連結しており、前記ステープリングアクチュエータが作動するときに少なくとも一のステープルをステープリングする台座カートリッジ制御デバイスと;を具える外科用ステープリング端部作動体と; Said stapling actuator, and the pedestal, the stapler is operably linked to the cartridge, the base cartridge control device which the stapling actuator stapling at least one staple when operating; surgical comprising a stapling end effector and;
    前記ステープリング端部作動体を前記制御ハンドルに連結し、連接軸を中心に連接する受動的連接ジョイントと; Connecting the stapling end effector to said control handle, a passive articulation joint which connects around the articulation axis;
    前記受動的連接ジョイントを介して、前記受動的連接ジョイントの連接に対応する態様で撓む前記ステープリングアクチュエータの一部と;を具え、 Through said passive articulation joint, a portion of the stapling actuator deflects in the corresponding manner to the articulation of the passive articulation joint; a comprises,
    前記連接ジョイントアクチュエータが: The articulation joint actuator is:
    前記非作動状態にあるときに、前記受動的連接ジョイントと、これによって、前記端部作動体を実質的に固定された連接位置に保持し; Wherein when in an unactuated state, and the passive articulation joint, thereby, held in a substantially fixed articulated position said end effector;
    前記作動状態にあるときに、前記受動的連接ジョイントを自在に連接する状態に解放して、前記端部作動体に作用する外力に応じて前記端部作動体を自在に連接させ; Wherein when in the actuated state, to release the state of articulating freely said passive articulation joint, it is connected freely said end effector in accordance with the external force acting on said end effector;
    前記本体の遠位端と前記端部作動体の前記近位端のうちの一方の第1の部分に配置され、当該第1の部分が一対のプランジャキャビティを画定するセンタリング装置と; Wherein a distal end of said body of said end effector disposed on one first portion of the of the proximal end, a centering device to which the first portion defines a pair of plungers cavity;
    前記本体の遠位端と前記端部作動体の前記近位端のうちの他方の第2の部分に配置され、前記センタリング装置が一対の予負荷バネバイアスプランジャであって、各々が前記プランジャキャビティに配置され、前記プランジャを前記第2の部分の方向へ当該部分に対してバイアスして、前記連接ジョイントアクチュエータが前記作動状態にある時に前記第1及び第2の縦軸を実質的に整列させる整合面とを具えることを特徴とする、医療デバイス。 Wherein said end effector and a distal end of said body disposed on the other of the second portion of the proximal end, wherein the centering device is a pair of preloading spring biased plunger, each said plunger cavity disposed, the plunger is biased against the portion in the direction of the second portion, substantially aligning said first and second longitudinal axes when said articulation joint actuator is in the actuated state characterized in that it comprises an alignment surface, a medical device.
  2. 請求項1に記載の医療デバイスにおいて:前記連接ジョイントアクチュエータが、前記作動状態にあるときに、前記受動的連接ジョイントを自在に連接する状態に解放して、前記端部作動体に作用する外力に応じて前記制御ハンドルに対して前記端部作動体を自在に連接させることを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 1: wherein the articulation joint actuator, when in the actuated state, to release the state of articulating freely said passive articulation joint, the external force acting on the end effector medical devices for causing articulated freely said end effector to said control handle in accordance.
  3. 請求項1に記載の医療デバイスにおいて:前記連結ジョイントアクチュエータが、前記作動状態にあるときに、前記受動的連接ジョイントを自在に連接する状態に解放して、前記端部作動体に作用する外力に応じて前記連接軸を中心にして前記端部作動体を自在に連接させることを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 1: wherein the connecting joint actuator, when in the actuated state, to release the state of articulating freely said passive articulation joint, the external force acting on the end effector medical devices for causing articulated freely said end effector about the said articulation axis depending.
  4. 請求項1に記載の医療デバイスにおいて、前記受動的連接ジョイントの前記連接軸が前記縦軸に直交していることを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 1, medical device, characterized in that the articulation axis of the passive articulation joint is perpendicular to the longitudinal axis.
  5. 請求項1に記載の医療デバイスにおいて、前記外科的ステープリング端部作動体が、刃付切断デバイスを具え; The medical device of claim 1, wherein the surgical stapling end effector is equipped with a cutting device with blades;
    前記制御ハンドルの前記ステープリングアクチュエータが: It said stapling actuator of the control handle:
    作動時に、前記台座と前記ステープリングカートリッジを閉じるステープラ閉鎖アクチュエータと; In operation, closing the said pedestal stapling cartridge and a stapler closing actuator;
    作動時に、少なくとも一のステープルをステープリングし、前記切断デバイスで切断するステープル発射アクチュエータと; In operation, the staple firing actuator and stapling the at least one staple and cut by the cutting device;
    を具え: The comprising:
    前記ステープラ閉鎖アクチュエータと前記ステープル発射アクチュエータが前記連接ジョイントアクチュエータと異なることを特徴とする医療デバイス。 Medical device wherein said stapler closing actuator staple firing actuator, characterized in that different from the articulation joint actuator.
  6. 請求項1に記載の医療デバイスにおいて: The medical device of claim 1:
    前記連接ジョイントアクチュエータが遠位側を向いた歯を有するプルロックを具え; Comprising a Pururokku having teeth the articulation joint actuator facing distally;
    前記ステープリング端部作動体が: The stapling end effector is:
    前記連接ジョイントアクチュエータが非作動状態にあるときに、前記遠位側を向いた歯に相互係合して; Wherein when the articulation joint actuator is in inoperative state, mutual engagement with the teeth facing the distal side;
    前記連接ジョイントアクチュエータが前記作動状態にあるときに、遠位側を向いた歯からの係合が解除されて、これによって、前記受動的連接ジョイントを前記自在な連接状態に解放する;近位側を向いた歯を有するギアを具えることを特徴とする医療デバイス。 When the articulation joint actuator is in the operating state, is released engagement from the teeth facing distally, thereby releasing the passive articulation joint to the freely articulating state; proximally medical device characterized in that it comprises a gear having teeth facing.
  7. 請求項1に記載の医療デバイスにおいて、前記連接ジョイントアクチュエータがプルツーリリース及びリリースツーリロックトリガアッセンブリであることを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 1, medical device, wherein the articulation joint actuator is Ple release and release Tsuri locking trigger assembly.
  8. 請求項1に記載の医療デバイスにおいて、前記ステープリングアクチュエータと前記連接ジョイントアクチュエータが片手用アクチュエータであることを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 1, medical device, wherein the articulation joint actuator and the stapling actuator is a hand actuator.
  9. 医療デバイスにおいて: In the medical device:
    ステープリングアクチュエータと; Stapling actuator and;
    前記ステープリングアクチュエータと異なり、非作動状態と作動状態を有する連接ジョイントアクチュエータと; Unlike the stapling actuator and articulation joint actuator having an inoperative state operating condition;
    前記ステープリングアクチュエータと前記連接ジョイントアクチュエータを収納し、遠位端を有する第1の縦軸を画定する本体と; Accommodating the articulation joint actuator and the stapling actuator, a body defining a first longitudinal axis having a distal end;
    を具える制御ハンドルと; A control handle comprising a;
    台座と; And the pedestal;
    近位端と; And a proximal end;
    第2の縦軸と; A second longitudinal axis;
    少なくとも一のステープルを有するステープラカートリッジと; A stapler cartridge having at least one staple;
    前記ステープリングアクチュエータと、前記台座と、前記ステープラカートリッジに動作可能に連結しており、前記ステープリングアクチュエータが作動するときに少なくとも一のステープルをステープリングする台座カートリッジ制御デバイスと、 Said stapling actuator, said pedestal, it said have been operably linked to the stapler cartridge, a pedestal cartridge control device for stapling at least one staple when said stapling actuator is actuated,
    連接ロックと、 And connecting lock,
    を具える外科用ステープリング端部作動体と; A surgical stapling end effector comprising a;
    前記ステープリング端部作動体を前記制御ハンドルに連結し、連接軸を中心に連接する受動的連接ジョイントと; Connecting the stapling end effector to said control handle, a passive articulation joint which connects around the articulation axis;
    前記受動的連接ジョイントを通り、前記受動的連接ジョイントの連接に対応する態様で撓む前記ステープリングアクチュエータの一部と;を具え、 As the passive articulation joint, a portion of the stapling actuator deflects in the corresponding manner to the articulation of the passive articulation joint; a comprises,
    前記連接ジョイントアクチュエータが: The articulation joint actuator is:
    前記非作動状態にあるときに、前記連接係止に連結されて、これによって、前記端部作動体を適所に保持する前記受動的連接ジョイントを所定の連接位置に係止して; Wherein when in an unactuated state, the coupled in articulated engagement, whereby, with the passive articulation joint for holding the end effector in position locked to a predetermined articulated position;
    前記作動状態にあるときに、前記連接係止からの連結を解除して、これによって、前記端部作動体に作用する外力に応じて自在に連接させる前記受動的連接ジョイントを連接的に解放し; When in the actuated state, to release the connection from the articulation locking, thereby, the passive articulation joint connecting to releasing of articulating freely in response to an external force acting on the end effector ;
    前記本体の遠位端と前記端部作動体の前記近位端のうちの一方の第1の部分に配置され、当該第1の部分が一対のプランジャキャビティを画定するセンタリング装置と; Wherein a distal end of said body of said end effector disposed on one first portion of the of the proximal end, a centering device to which the first portion defines a pair of plungers cavity;
    前記本体の遠位端と前記端部作動体の前記近位端のうちの他方の第2の部分に配置され、前記センタリング装置が一対の予負荷バネバイアスプランジャであって、各々が前記プランジャキャビティに配置され、前記プランジャを前記第2の部分の方向へ当該部分に対してバイアスして、前記連接ジョイントアクチュエータが前記作動状態にある時に前記第1及び第2の縦軸を実質的に整列させる整合面とを具えることを特徴とする、医療デバイス。 Wherein said end effector and a distal end of said body disposed on the other of the second portion of the proximal end, wherein the centering device is a pair of preloading spring biased plunger, each said plunger cavity disposed, the plunger is biased against the portion in the direction of the second portion, substantially aligning said first and second longitudinal axes when said articulation joint actuator is in the actuated state characterized in that it comprises an alignment surface, a medical device.
  10. 請求項9に記載の医療デバイスにおいて、前記作動状態にあるときに、前記連接ジョイントアクチュエータが前記連接係止からの連結を解除して、これによって、前記制御ハンドルに対して前記受動的連接ジョイントを連接的に解除することを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 9, when in the actuated state, the articulation joint actuator to release the connection from the articulation locking, thereby, the passive articulation joint relative to the control handle medical device and cancels articulated manner.
  11. 請求項9に記載の医療デバイスにおいて、前記連接ジョイントアクチュエータが、前記作動状態にあるときに、前記連接係止からの連結を解除して、これによって、前記連接軸を中心に前記受動的連接ジョイントを連接的に解放することを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 9, wherein the articulation joint actuator, when in the actuated state, to release the connection from the articulation locking, thereby, the passive articulation joint about said articulation axis medical device characterized by articulated manner to release the.
  12. 請求項9に記載の医療デバイスにおいて、前記受動的連接ジョイントの前記連接軸が前記縦軸に直交していることを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 9, a medical device, characterized in that the articulation axis of the passive articulation joint is perpendicular to the longitudinal axis.
  13. 請求項9に記載の医療デバイスにおいて、前記外科的ステープリング端部作動体が、刃付切断デバイスを具え; The medical device of claim 9, wherein the surgical stapling end effector is equipped with a cutting device with blades;
    前記制御ハンドルの前記ステープリングアクチュエータが: It said stapling actuator of the control handle:
    作動時に、前記台座と前記ステープリングカートリッジを閉じるステープラ閉鎖アクチュエータと; In operation, closing the said pedestal stapling cartridge and a stapler closing actuator;
    作動時に、少なくとも一のステープルをステープリングし、前記切断デバイスで切断するステープル発射アクチュエータと; In operation, the staple firing actuator and stapling the at least one staple and cut by the cutting device;
    を具え: The comprising:
    前記ステープラ閉鎖アクチュエータと前記ステープル発射アクチュエータが前記連接ジョイントアクチュエータと異なることを特徴とする医療デバイス。 Medical device wherein said stapler closing actuator staple firing actuator, characterized in that different from the articulation joint actuator.
  14. 請求項9に記載の医療デバイスにおいて、 The medical device of claim 9,
    前記連接ジョイントアクチュエータが遠位側を向いた歯付プルロックを有しており、 Said articulation joint actuator has a toothed Pururokku facing distally,
    前記連接係止が: The articulation lock is:
    前記連接ジョイントアクチュエータが前記非作動状態にあるときに前記遠位側を向いた歯と相互に係合し; It said articulation joint actuator is the distally facing teeth and mutually engage when in the inoperative;
    前記連接ジョイントが前記作動状態にあるときに、前記遠位側を向いた歯からの係合が解除されて、これによって前記受動的連接ジョイントを解放して、外力に応じて自在に連接する; Wherein when the articulation joint is in the operating state, is released engagement from the teeth facing the distal side, thereby to release said passive articulation joint, articulating freely in response to an external force;
    近位側を向いた歯のついたギアを有していることを特徴とする医療デバイス。 Medical device, characterized in that it has a gear toothed facing proximally.
  15. 請求項9に記載の医療デバイスにおいて、前記連接ジョイントアクチュエータがプルツーリリース及びリリースツーリロックトリガアッセンブリであることを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 9, a medical device, wherein the articulation joint actuator is Ple release and release Tsuri locking trigger assembly.
  16. 請求項9に記載の医療デバイスにおいて、前記ステープリングアクチュエータと前記連接ジョイントアクチュエータが片手用アクチュエータであることを特徴とする医療デバイス。 The medical device of claim 9, a medical device, wherein the articulation joint actuator and the stapling actuator is a hand actuator.
  17. 医療デバイスにおいて: In the medical device:
    ステープリングアクチュエータと; Stapling actuator and;
    前記ステープリングアクチュエータと異なり、前記連接ジョイントアクチュエータが静止している非作動状態と、前記連接ジョイントアクチュエータが近位方向に移動する作動状態を有するプルツーリリースおよびリリースツーリロック連接ジョイントアクチュエータと; Unlike the stapling actuator and a non-operating state in which the articulation joint actuator is stationary, and Ple release and release Tsuri locking articulation joint actuator having an operating state of the articulation joint actuator is moved in a proximal direction;
    前記ステープリングアクチュエータと前記連接ジョイントアクチュエータを収納し、遠位端を有する第1の縦軸を画定する本体と; Accommodating the articulation joint actuator and the stapling actuator, a body defining a first longitudinal axis having a distal end;
    を具える制御ハンドルと; A control handle comprising a;
    台座と; And the pedestal;
    近位端と; And a proximal end;
    第2の縦軸と; A second longitudinal axis;
    少なくとも一のステープルを有するステープラカートリッジと; A stapler cartridge having at least one staple;
    前記ステープリングアクチュエータと、前記台座と、前記ステープラカートリッジに動作可能に連結しており、前記ステープリングアクチュエータが作動するときに少なくとも一のステープルをステープリングする台座カートリッジ制御デバイスと、 Said stapling actuator, said pedestal, it said have been operably linked to the stapler cartridge, a pedestal cartridge control device for stapling at least one staple when said stapling actuator is actuated,
    連接係止と、 And connecting locking,
    を具える外科用ステープリング端部作動体と; A surgical stapling end effector comprising a;
    前記ステープリング端部作動体を前記制御ハンドルに連接し、連接軸を中心に前記ステープリング端部作動体を連接する受動的連接ジョイント; Passive articulation joint and connecting the stapling end effector to said control handle, to articulate the stapling end effector about the articulation axis;
    前記受動的連接ジョイントを通り、前記受動的連接ジョイントの連接に対応する態様で撓む前記ステープリングアクチュエータの一部と;を具え、 As the passive articulation joint, a portion of the stapling actuator deflects in the corresponding manner to the articulation of the passive articulation joint; a comprises,
    前記連接ジョイントアクチュエータが: The articulation joint actuator is:
    前記非連接状態で静止しているときに、前記連接ロックに連結されて、これによって、前記受動的連接ジョイントを前記端部作動体を適所に保持する所定の連接位置に係止し; Wherein when at rest in a non-articulated state, the coupled in articulated lock, thereby, locked to a predetermined articulated position holding said passive articulation joint in position the end effector;
    前記連接状態で近位側に移動するときに、前記連接係止からの連結を解除して、これによって、前記受動的連接ジョイントを前記端部作動体にかかる外力に応じて自在に連接させるように連接的に解放し; When moving proximally by the articulation condition, and uncoupled from the articulation locking, thereby, to articulating freely said passive articulation joint in accordance with the external force applied to said end effector connected to and released;
    前記本体の遠位端と前記端部作動体の前記近位端のうちの一方の第1の部分に配置され、当該第1の部分が一対のプランジャキャビティを画定するセンタリング装置と; Wherein a distal end of said body of said end effector disposed on one first portion of the of the proximal end, a centering device to which the first portion defines a pair of plungers cavity;
    前記本体の遠位端と前記端部作動体の前記近位端のうちの他方の第2の部分に配置され、前記センタリング装置が一対の予負荷バネバイアスプランジャであって、各々が前記プランジャキャビティに配置され、前記プランジャを前記第2の部分の方向へ当該部分に対してバイアスして、前記連接ジョイントアクチュエータが前記作動状態にある時に前記第1及び第2の縦軸を実質的に整列させる整合面とを具えることを特徴とする、医療デバイス。 Wherein said end effector and a distal end of said body disposed on the other of the second portion of the proximal end, wherein the centering device is a pair of preloading spring biased plunger, each said plunger cavity disposed, the plunger is biased against the portion in the direction of the second portion, substantially aligning said first and second longitudinal axes when said articulation joint actuator is in the actuated state characterized in that it comprises an alignment surface, a medical device.
  18. 医療デバイスにおいて: In the medical device:
    ステープリングアクチュエータと; Stapling actuator and;
    前記ステープリングアクチュエータと別に、係止状態と非係止状態を有する連接の係止を解除する手段と; It said stapling actuator Separately, a means for releasing the locking of the articulation with locking state and Hikakari stopped state;
    前記ステープリングアクチュエータと前記連接の係止を解除する手段を収納し、遠位端を有する第1の縦軸を画定する本体と; Accommodating means for releasing the locking of the articulation between the stapling actuator, a body defining a first longitudinal axis having a distal end;
    を具える制御ハンドルと: And a control handle comprising a:
    台座と; And the pedestal;
    近位端と; And a proximal end;
    第2の縦軸と; A second longitudinal axis;
    少なくとも一のステープルを有するステープラカートリッジと; A stapler cartridge having at least one staple;
    前記ステープリングアクチュエータと、前記台座と、前記ステープラカートリッジに動作可能に連結しており、前記ステープリングアクチュエータが作動するときに少なくとも一のステープルをステープリングする台座カートリッジ制御デバイスと、 Said stapling actuator, said pedestal, it said have been operably linked to the stapler cartridge, a pedestal cartridge control device for stapling at least one staple when said stapling actuator is actuated,
    を具える外科用ステープリング端部作動体と; A surgical stapling end effector comprising a;
    前記制御ハンドルに対して前記ステープリング端部作動体を受動的に連接する手段と; It means for passively connecting the stapling end effector to said control handle;
    前記受動的連接ジョイントを通り、前記受動的連接ジョイントの連接に対応する態様で撓む前記ステープリングアクチュエータの一部と;を具え、 As the passive articulation joint, a portion of the stapling actuator deflects in the corresponding manner to the articulation of the passive articulation joint; a comprises,
    前記連接の係止を解除する手段が: Means for releasing the locking of the connecting is:
    前記係止状態にあるときに、前記端部作動体を実質的に固定した連接位置に保持し; When in the latched state, and held in a substantially fixed articulated position said end effector;
    前記非係止状態にあるときに、前記端部作動体に作用する外力に応じて前記端部作動体を解放して自在に連接させる; Wherein when in the unlocked state, it is connected freely to release the said end effector in accordance with the external force acting on said end effector;
    前記本体の遠位端と前記端部作動体の前記近位端のうちの一方の第1の部分に配置され、当該第1の部分が一対のプランジャキャビティを画定するセンタリング装置と; Wherein a distal end of said body of said end effector disposed on one first portion of the of the proximal end, a centering device to which the first portion defines a pair of plungers cavity;
    前記本体の遠位端と前記端部作動体の前記近位端のうちの他方の第2の部分に配置され、前記センタリング装置が一対の予負荷バネバイアスプランジャであって、各々が前記プランジャキャビティに配置され、前記プランジャを前記第2の部分の方向へ当該部分に対してバイアスして、前記連接ジョイントアクチュエータが前記作動状態にある時に前記第1及び第2の縦軸を実質的に整列させる整合面とを具えることを特徴とする、医療デバイス。 Wherein said end effector and a distal end of said body disposed on the other of the second portion of the proximal end, wherein the centering device is a pair of preloading spring biased plunger, each said plunger cavity disposed, the plunger is biased against the portion in the direction of the second portion, substantially aligning said first and second longitudinal axes when said articulation joint actuator is in the actuated state characterized in that it comprises an alignment surface, a medical device.
JP2008524042A 2005-07-26 2006-07-25 Using a surgical stapling and cutting device and this device Active JP4336386B2 (en)

Priority Applications (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US70264305 true 2005-07-26 2005-07-26
US60/702,643 2005-07-26
US76000006 true 2006-01-18 2006-01-18
US60/760,000 2006-01-18
US81195006 true 2006-06-08 2006-06-08
US60/811,950 2006-06-08
PCT/US2006/028752 WO2007016060A3 (en) 2005-07-26 2006-07-25 Surgical stapling and cutting device and method for using the device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009507526A true JP2009507526A (en) 2009-02-26
JP4336386B2 true JP4336386B2 (en) 2009-09-30

Family

ID=39167223

Family Applications (9)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008524042A Active JP4336386B2 (en) 2005-07-26 2006-07-25 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2008257807A Active JP4611410B2 (en) 2005-07-26 2008-10-02 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2009118008A Active JP5020995B2 (en) 2005-07-26 2009-05-14 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2011111900A Active JP5623980B2 (en) 2005-07-26 2011-05-18 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2011111899A Active JP5686373B2 (en) 2005-07-26 2011-05-18 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2013120535A Active JP5889834B2 (en) 2005-07-26 2013-06-07 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2015168464A Active JP5969670B2 (en) 2005-07-26 2015-08-28 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2017019295A Active JP6298185B2 (en) 2005-07-26 2017-02-06 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2017156785A Pending JP2017213426A (en) 2005-07-26 2017-08-15 Surgical stapling and cutting device and method for using the device

Family Applications After (8)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008257807A Active JP4611410B2 (en) 2005-07-26 2008-10-02 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2009118008A Active JP5020995B2 (en) 2005-07-26 2009-05-14 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2011111900A Active JP5623980B2 (en) 2005-07-26 2011-05-18 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2011111899A Active JP5686373B2 (en) 2005-07-26 2011-05-18 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2013120535A Active JP5889834B2 (en) 2005-07-26 2013-06-07 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2015168464A Active JP5969670B2 (en) 2005-07-26 2015-08-28 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2017019295A Active JP6298185B2 (en) 2005-07-26 2017-02-06 Using a surgical stapling and cutting device and this device
JP2017156785A Pending JP2017213426A (en) 2005-07-26 2017-08-15 Surgical stapling and cutting device and method for using the device

Country Status (1)

Country Link
JP (9) JP4336386B2 (en)

Families Citing this family (120)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8215531B2 (en) 2004-07-28 2012-07-10 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical stapling instrument having a medical substance dispenser
US7934630B2 (en) 2005-08-31 2011-05-03 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Staple cartridges for forming staples having differing formed staple heights
US20130334284A1 (en) 2005-08-31 2013-12-19 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Fastener cartridge assembly comprising a fixed anvil and different staple heights
US20070194082A1 (en) 2005-08-31 2007-08-23 Morgan Jerome R Surgical stapling device with anvil having staple forming pockets of varying depths
US7669746B2 (en) 2005-08-31 2010-03-02 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Staple cartridges for forming staples having differing formed staple heights
US9237891B2 (en) 2005-08-31 2016-01-19 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Robotically-controlled surgical stapling devices that produce formed staples having different lengths
US20070106317A1 (en) 2005-11-09 2007-05-10 Shelton Frederick E Iv Hydraulically and electrically actuated articulation joints for surgical instruments
US7845537B2 (en) 2006-01-31 2010-12-07 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instrument having recording capabilities
US20120292367A1 (en) 2006-01-31 2012-11-22 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Robotically-controlled end effector
US8820603B2 (en) 2006-01-31 2014-09-02 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Accessing data stored in a memory of a surgical instrument
US20110290856A1 (en) 2006-01-31 2011-12-01 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Robotically-controlled surgical instrument with force-feedback capabilities
US8186555B2 (en) 2006-01-31 2012-05-29 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Motor-driven surgical cutting and fastening instrument with mechanical closure system
US9861359B2 (en) 2006-01-31 2018-01-09 Ethicon Llc Powered surgical instruments with firing system lockout arrangements
US8992422B2 (en) 2006-03-23 2015-03-31 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Robotically-controlled endoscopic accessory channel
US20070225562A1 (en) 2006-03-23 2007-09-27 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Articulating endoscopic accessory channel
US10130359B2 (en) 2006-09-29 2018-11-20 Ethicon Llc Method for forming a staple
US7665647B2 (en) 2006-09-29 2010-02-23 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical cutting and stapling device with closure apparatus for limiting maximum tissue compression force
US8652120B2 (en) 2007-01-10 2014-02-18 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instrument with wireless communication between control unit and sensor transponders
US20080169332A1 (en) 2007-01-11 2008-07-17 Shelton Frederick E Surgical stapling device with a curved cutting member
US7731072B2 (en) * 2007-06-18 2010-06-08 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical stapling and cutting instrument with improved anvil opening features
US8408439B2 (en) * 2007-06-22 2013-04-02 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical stapling instrument with an articulatable end effector
US7669747B2 (en) 2007-06-29 2010-03-02 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Washer for use with a surgical stapling instrument
US8561870B2 (en) 2008-02-13 2013-10-22 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical stapling instrument
US7866527B2 (en) 2008-02-14 2011-01-11 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical stapling apparatus with interlockable firing system
US7819298B2 (en) 2008-02-14 2010-10-26 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical stapling apparatus with control features operable with one hand
US8657174B2 (en) 2008-02-14 2014-02-25 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Motorized surgical cutting and fastening instrument having handle based power source
US8752749B2 (en) 2008-02-14 2014-06-17 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Robotically-controlled disposable motor-driven loading unit
US9770245B2 (en) 2008-02-15 2017-09-26 Ethicon Llc Layer arrangements for surgical staple cartridges
US9386983B2 (en) 2008-09-23 2016-07-12 Ethicon Endo-Surgery, Llc Robotically-controlled motorized surgical instrument
US8608045B2 (en) 2008-10-10 2013-12-17 Ethicon Endo-Sugery, Inc. Powered surgical cutting and stapling apparatus with manually retractable firing system
US20110006101A1 (en) 2009-02-06 2011-01-13 EthiconEndo-Surgery, Inc. Motor driven surgical fastener device with cutting member lockout arrangements
US8444036B2 (en) 2009-02-06 2013-05-21 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Motor driven surgical fastener device with mechanisms for adjusting a tissue gap within the end effector
US8851354B2 (en) 2009-12-24 2014-10-07 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical cutting instrument that analyzes tissue thickness
US8608046B2 (en) 2010-01-07 2013-12-17 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Test device for a surgical tool
EP2471472B1 (en) * 2010-03-11 2014-10-29 Olympus Medical Systems Corp. Intra-abdominal cavity operation supporting forceps and medical procedure using intra-abdominal cavity operation supporting forceps
US8783543B2 (en) 2010-07-30 2014-07-22 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Tissue acquisition arrangements and methods for surgical stapling devices
US8632525B2 (en) 2010-09-17 2014-01-21 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Power control arrangements for surgical instruments and batteries
US9289212B2 (en) 2010-09-17 2016-03-22 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instruments and batteries for surgical instruments
US8733613B2 (en) 2010-09-29 2014-05-27 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Staple cartridge
US9629814B2 (en) 2010-09-30 2017-04-25 Ethicon Endo-Surgery, Llc Tissue thickness compensator configured to redistribute compressive forces
US9220501B2 (en) 2010-09-30 2015-12-29 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Tissue thickness compensators
US9517063B2 (en) 2012-03-28 2016-12-13 Ethicon Endo-Surgery, Llc Movable member for use with a tissue thickness compensator
US9386984B2 (en) 2013-02-08 2016-07-12 Ethicon Endo-Surgery, Llc Staple cartridge comprising a releasable cover
US9433419B2 (en) 2010-09-30 2016-09-06 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Tissue thickness compensator comprising a plurality of layers
US9301753B2 (en) 2010-09-30 2016-04-05 Ethicon Endo-Surgery, Llc Expandable tissue thickness compensator
US9332974B2 (en) 2010-09-30 2016-05-10 Ethicon Endo-Surgery, Llc Layered tissue thickness compensator
US9314246B2 (en) 2010-09-30 2016-04-19 Ethicon Endo-Surgery, Llc Tissue stapler having a thickness compensator incorporating an anti-inflammatory agent
US9364233B2 (en) 2010-09-30 2016-06-14 Ethicon Endo-Surgery, Llc Tissue thickness compensators for circular surgical staplers
US9615826B2 (en) 2010-09-30 2017-04-11 Ethicon Endo-Surgery, Llc Multiple thickness implantable layers for surgical stapling devices
US9211120B2 (en) 2011-04-29 2015-12-15 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Tissue thickness compensator comprising a plurality of medicaments
US9016542B2 (en) 2010-09-30 2015-04-28 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Staple cartridge comprising compressible distortion resistant components
US9700317B2 (en) 2010-09-30 2017-07-11 Ethicon Endo-Surgery, Llc Fastener cartridge comprising a releasable tissue thickness compensator
RU2606493C2 (en) 2011-04-29 2017-01-10 Этикон Эндо-Серджери, Инк. Staple cartridge, containing staples, located inside its compressible part
US8632462B2 (en) 2011-03-14 2014-01-21 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Trans-rectum universal ports
US9050084B2 (en) 2011-09-23 2015-06-09 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Staple cartridge including collapsible deck arrangement
RU2014143245A (en) 2012-03-28 2016-05-27 Этикон Эндо-Серджери, Инк. Compensator tissue thickness, comprising a capsule for a medium with a low pressure
US9307989B2 (en) 2012-03-28 2016-04-12 Ethicon Endo-Surgery, Llc Tissue stapler having a thickness compensator incorportating a hydrophobic agent
US9101358B2 (en) 2012-06-15 2015-08-11 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Articulatable surgical instrument comprising a firing drive
US9364230B2 (en) 2012-06-28 2016-06-14 Ethicon Endo-Surgery, Llc Surgical stapling instruments with rotary joint assemblies
US9408606B2 (en) 2012-06-28 2016-08-09 Ethicon Endo-Surgery, Llc Robotically powered surgical device with manually-actuatable reversing system
US9282974B2 (en) 2012-06-28 2016-03-15 Ethicon Endo-Surgery, Llc Empty clip cartridge lockout
KR101379964B1 (en) 2012-09-12 2014-04-01 가톨릭대학교 산학협력단 Forceps for partial turbinectomy
US9386985B2 (en) 2012-10-15 2016-07-12 Ethicon Endo-Surgery, Llc Surgical cutting instrument
US9421003B2 (en) * 2013-02-18 2016-08-23 Covidien Lp Apparatus for endoscopic procedures
US9216013B2 (en) 2013-02-18 2015-12-22 Covidien Lp Apparatus for endoscopic procedures
US9307986B2 (en) 2013-03-01 2016-04-12 Ethicon Endo-Surgery, Llc Surgical instrument soft stop
US20140263552A1 (en) 2013-03-13 2014-09-18 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Staple cartridge tissue thickness sensor system
US9629629B2 (en) 2013-03-14 2017-04-25 Ethicon Endo-Surgey, LLC Control systems for surgical instruments
US9629623B2 (en) 2013-03-14 2017-04-25 Ethicon Endo-Surgery, Llc Drive system lockout arrangements for modular surgical instruments
US9687230B2 (en) 2013-03-14 2017-06-27 Ethicon Llc Articulatable surgical instrument comprising a firing drive
US9572577B2 (en) 2013-03-27 2017-02-21 Ethicon Endo-Surgery, Llc Fastener cartridge comprising a tissue thickness compensator including openings therein
US9332984B2 (en) 2013-03-27 2016-05-10 Ethicon Endo-Surgery, Llc Fastener cartridge assemblies
US9795384B2 (en) 2013-03-27 2017-10-24 Ethicon Llc Fastener cartridge comprising a tissue thickness compensator and a gap setting element
US9649110B2 (en) 2013-04-16 2017-05-16 Ethicon Llc Surgical instrument comprising a closing drive and a firing drive operated from the same rotatable output
US9801626B2 (en) 2013-04-16 2017-10-31 Ethicon Llc Modular motor driven surgical instruments with alignment features for aligning rotary drive shafts with surgical end effector shafts
US9574644B2 (en) 2013-05-30 2017-02-21 Ethicon Endo-Surgery, Llc Power module for use with a surgical instrument
US9987006B2 (en) 2013-08-23 2018-06-05 Ethicon Llc Shroud retention arrangement for sterilizable surgical instruments
US20150173749A1 (en) 2013-12-23 2015-06-25 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical staples and staple cartridges
US9839428B2 (en) 2013-12-23 2017-12-12 Ethicon Llc Surgical cutting and stapling instruments with independent jaw control features
US9681870B2 (en) 2013-12-23 2017-06-20 Ethicon Llc Articulatable surgical instruments with separate and distinct closing and firing systems
US9642620B2 (en) 2013-12-23 2017-05-09 Ethicon Endo-Surgery, Llc Surgical cutting and stapling instruments with articulatable end effectors
US9962161B2 (en) 2014-02-12 2018-05-08 Ethicon Llc Deliverable surgical instrument
US9757124B2 (en) 2014-02-24 2017-09-12 Ethicon Llc Implantable layer assemblies
US10013049B2 (en) 2014-03-26 2018-07-03 Ethicon Llc Power management through sleep options of segmented circuit and wake up control
US9913642B2 (en) 2014-03-26 2018-03-13 Ethicon Llc Surgical instrument comprising a sensor system
US10004497B2 (en) 2014-03-26 2018-06-26 Ethicon Llc Interface systems for use with surgical instruments
US20150280384A1 (en) 2014-03-26 2015-10-01 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instrument comprising a rotatable shaft
JP2017513567A (en) 2014-03-26 2017-06-01 エシコン・エンド−サージェリィ・エルエルシーEthicon Endo−Surgery, LLC Power management with segmentation circuit and variable voltage protection
US20150297229A1 (en) 2014-04-16 2015-10-22 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Fastener cartridge comprising deployable tissue engaging members
US10045781B2 (en) 2014-06-13 2018-08-14 Ethicon Llc Closure lockout systems for surgical instruments
US9999423B2 (en) * 2014-06-25 2018-06-19 Ethicon Llc Translatable articulation joint unlocking feature for surgical stapler
US9693774B2 (en) * 2014-06-25 2017-07-04 Ethicon Llc Pivotable articulation joint unlocking feature for surgical stapler
US9737301B2 (en) 2014-09-05 2017-08-22 Ethicon Llc Monitoring device degradation based on component evaluation
US9801628B2 (en) 2014-09-26 2017-10-31 Ethicon Llc Surgical staple and driver arrangements for staple cartridges
US9801627B2 (en) 2014-09-26 2017-10-31 Ethicon Llc Fastener cartridge for creating a flexible staple line
US10076325B2 (en) 2014-10-13 2018-09-18 Ethicon Llc Surgical stapling apparatus comprising a tissue stop
US9924944B2 (en) 2014-10-16 2018-03-27 Ethicon Llc Staple cartridge comprising an adjunct material
US9844376B2 (en) 2014-11-06 2017-12-19 Ethicon Llc Staple cartridge comprising a releasable adjunct material
US9968355B2 (en) 2014-12-18 2018-05-15 Ethicon Llc Surgical instruments with articulatable end effectors and improved firing beam support arrangements
US10085748B2 (en) 2014-12-18 2018-10-02 Ethicon Llc Locking arrangements for detachable shaft assemblies with articulatable surgical end effectors
US9844375B2 (en) 2014-12-18 2017-12-19 Ethicon Llc Drive arrangements for articulatable surgical instruments
US9844374B2 (en) 2014-12-18 2017-12-19 Ethicon Llc Surgical instrument systems comprising an articulatable end effector and means for adjusting the firing stroke of a firing member
US9987000B2 (en) 2014-12-18 2018-06-05 Ethicon Llc Surgical instrument assembly comprising a flexible articulation system
US10117649B2 (en) 2014-12-18 2018-11-06 Ethicon Llc Surgical instrument assembly comprising a lockable articulation system
CN104434250B (en) * 2014-12-30 2017-01-18 苏州天臣国际医疗科技有限公司 The staple cartridge assembly and use of the cartridge assembly of the medical stapler
US20160249916A1 (en) 2015-02-27 2016-09-01 Ethicon Endo-Surgery, Llc System for monitoring whether a surgical instrument needs to be serviced
US20160249927A1 (en) 2015-02-27 2016-09-01 Ethicon Endo-Surgery, Llc Modular stapling assembly
US9808246B2 (en) 2015-03-06 2017-11-07 Ethicon Endo-Surgery, Llc Method of operating a powered surgical instrument
US10052044B2 (en) 2015-03-06 2018-08-21 Ethicon Llc Time dependent evaluation of sensor data to determine stability, creep, and viscoelastic elements of measures
US9901342B2 (en) 2015-03-06 2018-02-27 Ethicon Endo-Surgery, Llc Signal and power communication system positioned on a rotatable shaft
US9895148B2 (en) 2015-03-06 2018-02-20 Ethicon Endo-Surgery, Llc Monitoring speed control and precision incrementing of motor for powered surgical instruments
US9924961B2 (en) 2015-03-06 2018-03-27 Ethicon Endo-Surgery, Llc Interactive feedback system for powered surgical instruments
US10045776B2 (en) 2015-03-06 2018-08-14 Ethicon Llc Control techniques and sub-processor contained within modular shaft with select control processing from handle
US9993248B2 (en) 2015-03-06 2018-06-12 Ethicon Endo-Surgery, Llc Smart sensors with local signal processing
US20160367246A1 (en) 2015-06-18 2016-12-22 Ethicon Endo-Surgery, Llc Dual articulation drive system arrangements for articulatable surgical instruments
US20170056008A1 (en) 2015-08-26 2017-03-02 Ethicon Endo-Surgery, Llc Surgical staples comprising hardness variations for improved fastening of tissue
US10105139B2 (en) 2015-09-23 2018-10-23 Ethicon Llc Surgical stapler having downstream current-based motor control
US10085751B2 (en) 2015-09-23 2018-10-02 Ethicon Llc Surgical stapler having temperature-based motor control
US10076326B2 (en) 2015-09-23 2018-09-18 Ethicon Llc Surgical stapler having current mirror-based motor control
WO2018060411A1 (en) * 2016-09-30 2018-04-05 Koninklijke Philips N.V. Control handle for steerable medical devices

Family Cites Families (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4566620A (en) * 1984-10-19 1986-01-28 United States Surgical Corporation Articulated surgical fastener applying apparatus
US5289963A (en) * 1991-10-18 1994-03-01 United States Surgical Corporation Apparatus and method for applying surgical staples to attach an object to body tissue
US5626587A (en) * 1992-10-09 1997-05-06 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Method for operating a surgical instrument
US5330502A (en) * 1992-10-09 1994-07-19 Ethicon, Inc. Rotational endoscopic mechanism with jointed drive mechanism
US5409498A (en) * 1992-11-05 1995-04-25 Ethicon, Inc. Rotatable articulating endoscopic fastening instrument
US5827323A (en) * 1993-07-21 1998-10-27 Charles H. Klieman Surgical instrument for endoscopic and general surgery
US5465894A (en) * 1993-12-06 1995-11-14 Ethicon, Inc. Surgical stapling instrument with articulated stapling head assembly on rotatable and flexible support shaft
US5743456A (en) * 1993-12-16 1998-04-28 Stryker Corporation Hand actuable surgical handpiece
US5465895A (en) * 1994-02-03 1995-11-14 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical stapler instrument
US5643285A (en) * 1994-10-18 1997-07-01 Blairden Precision Instruments, Inc. Vaginal extender for colpotomy surgery
US5632432A (en) * 1994-12-19 1997-05-27 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instrument
US5582615A (en) * 1995-10-30 1996-12-10 Pilling Weck, Incorporated Handle for surgical clip applicator systems
US5669875A (en) * 1996-04-16 1997-09-23 United States Surgical Corporation Endoscopic surgical apparatus with longitudinal actuation
US5984864A (en) * 1997-10-07 1999-11-16 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Tissue stabilization device for use during surgery
US6506149B2 (en) * 1999-09-07 2003-01-14 Origin Medsystems, Inc. Organ manipulator having suction member supported with freedom to move relative to its support
JP2001190563A (en) * 2000-01-06 2001-07-17 Olympus Optical Co Ltd Cauter
JP4078518B2 (en) * 2001-12-11 2008-04-23 株式会社コーナン・メディカル Medical microscope
WO2004019710A1 (en) * 2002-08-27 2004-03-11 Bmh Holdings Inc. Compartmentalized cigarette snuffer and receptacle
US6755837B2 (en) * 2002-09-23 2004-06-29 Maxilon Laboratories, Inc. Apparatus and method for harvesting bone
JP2004255082A (en) * 2003-02-27 2004-09-16 Olympus Corp Surgical treatment appliance
EP1635713B1 (en) * 2003-06-17 2012-04-11 Tyco Healthcare Group LP Surgical stapling device

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5686373B2 (en) 2015-03-18 grant
JP2017213426A (en) 2017-12-07 application
JP5969670B2 (en) 2016-08-17 grant
JP6298185B2 (en) 2018-03-20 grant
JP5623980B2 (en) 2014-11-12 grant
JP2013208476A (en) 2013-10-10 application
JP2009056316A (en) 2009-03-19 application
JP5020995B2 (en) 2012-09-05 grant
JP2011200664A (en) 2011-10-13 application
JP2009507526A (en) 2009-02-26 application
JP2016152925A (en) 2016-08-25 application
JP4611410B2 (en) 2011-01-12 grant
JP2016025898A (en) 2016-02-12 application
JP2017109123A (en) 2017-06-22 application
JP2009213903A (en) 2009-09-24 application
JP2011200663A (en) 2011-10-13 application
JP5889834B2 (en) 2016-03-22 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7159750B2 (en) Surgical stapling device
US7967178B2 (en) Grasping jaw mechanism
US8875972B2 (en) End effector coupling arrangements for a surgical cutting and stapling instrument
US8939343B2 (en) Surgical stapling apparatus including a drive beam
US7055731B2 (en) Surgical stapling instrument incorporating a tapered firing bar for increased flexibility around the articulation joint
US7380696B2 (en) Articulating surgical stapling instrument incorporating a two-piece E-beam firing mechanism
US7494039B2 (en) Surgical stapling device
EP2090235B1 (en) End effectors for a surgical cutting and stapling instrument
US8342378B2 (en) One handed stapler
US5797538A (en) Articulating apparatus for applying surgical fasteners to body tissue
EP2005900B1 (en) Surgical stapling and cutting instrument with improved anvil opening features
US8789741B2 (en) Surgical instrument with trigger assembly for generating multiple actuation motions
US20060289602A1 (en) Surgical instrument with articulating shaft with double pivot closure and single pivot frame ground
US7784662B2 (en) Surgical instrument with articulating shaft with single pivot closure and double pivot frame ground
US20150289874A1 (en) Surgical stapling device with lockout system for preventing actuation in the absence of an installed staple cartridge
EP2090253A2 (en) Disposable loading units for a surgical cutting and stapling instrument
US20110147433A1 (en) Articulating surgical stapling instrument incorporating a two-piece e-beam firing mechanism
US7455208B2 (en) Surgical instrument with articulating shaft with rigid firing bar supports
US8424739B2 (en) Surgical stapling device with independent tip rotation
US8186558B2 (en) Locking mechanism for use with loading units
EP1980214A2 (en) Surgical stapling apparatus with powered retraction
US20050184124A1 (en) Surgical stapling apparatus with locking mechanism
US20150173755A1 (en) Surgical cutting and stapling instruments with articulatable end effectors
US20120018326A1 (en) Tool Assembly For A Surgical Stapling Device
EP1749485A1 (en) Surgical instrument with an articulating shaft locking mechanism

Legal Events

Date Code Title Description
A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20090115

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090120

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090417

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090424

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090514

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090609

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090626

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120703

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130703

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250