New! View global litigation for patent families

JP4008280B2 - Display method, a display device, a display program, and a recording medium recording the display program - Google Patents

Display method, a display device, a display program, and a recording medium recording the display program

Info

Publication number
JP4008280B2
JP4008280B2 JP2002112714A JP2002112714A JP4008280B2 JP 4008280 B2 JP4008280 B2 JP 4008280B2 JP 2002112714 A JP2002112714 A JP 2002112714A JP 2002112714 A JP2002112714 A JP 2002112714A JP 4008280 B2 JP4008280 B2 JP 4008280B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2002112714A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003308310A (en )
Inventor
昌司 広沢
Original Assignee
シャープ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、文字、文字列または画像等の表示対象要素を座標空間にレイアウト(配置)して、表示装置に表示する方法、その方法を実施するための装置、プログラムおよびプログラム媒体に関する。 The present invention, characters, and the layout display target element such as a character string or an image coordinate space (arrangement) method for displaying on a display device, a device for implementing the method, a program, and a program medium.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来、文書などを電子的に見るプログラムや装置において、書き込みやメモ(付箋)を貼り付けることができるものが存在する。 Conventionally, in a program or device to view and document electronically, there is what can be pasted writing and notes (sticky).
【0003】 [0003]
例えば、Adobe社の文書処理プログラムAcrobat Exchangeでは、レイアウト上にメモを追加することができ、テキストを入力できる。 For example, in Adobe's document processing program Acrobat Exchange, it is possible to add a note on the layout, text can be entered. 文書の本文は固定したレイアウトで表示され、メモはユーザによって指定された位置に表示される。 Body of the document is displayed in a fixed layout, notes are displayed at the position specified by the user. もし既存の本文レイアウトと重なるような位置にメモを表示した場合、メモの表示で重なる部分の本文の表示は隠れてしまう。 If you view the notes in position as to overlap with the existing text layout, view of a portion overlapping the display of the note text hidden.
【0004】 [0004]
また、Microsoft社のワープロ(ワードプロセッサ)ソフトWordは、文字の大きさなどの変更によってレイアウトが動的に変わるが、選択したテキストに対して「コメント」(メモ)情報を関連付けることができ、テキストや音声データ、画像などを貼り付けることができる。 In addition, Microsoft's word processing (word processor) software Word is, but the layout by changes, such as character size is changed to dynamic, can be associated with a "comment" (memo) information for the selected text, text Ya voice data, image, or the like can be a paste. また、レイアウトの変更があれば追従してコメントの位置も変化する。 In addition, also changes the position of the comments to follow if there is a change of layout. 文書ウィンドウ上で、コメントに対応するテキスト部分はハイライト表示され、マウスカーソルを重ねることで、文書ウィンドウ上にコメントの内容がポップアップウィンドウとして表示される。 On the document window, the text portion corresponding to the comments are highlighted, by superimposing the mouse cursor, the contents of the comment is displayed as a pop-up window on the document window. コメントの編集は、文書表示範囲とは別のウィンドウで行う。 Edit Comment is carried out in a separate window from the document display range. コメントにはそれぞれ固有の識別文字列が自動的に振られ、選択したテキストと編集ウィンドウの対応は識別文字列によって視認可能となっている。 Each of the comment swung to automatically have a unique identification string, the corresponding editing window with the selected text is made visible by the identification string.
【0005】 [0005]
また、電子書籍コンソーシアムの電子書籍リーダーPC Viewerでは、文書は固定したレイアウトで表示され、文書の上に直接、手書き入力することができる。 Further, the electronic book reader PC Viewer e-book consortium document is displayed at a fixed layout, directly on the document, it is possible to handwriting input. レイアウトが固定されているので、入力された手書きデータに対応する文字などを選択する必要はなく、必要ならば対応するテキストに対して下線や矢印を手書き入力したりするなどして対応関係を示すことができる。 Because the layout is fixed, there is no need to select the characters corresponding to the input handwritten data, showing the relationship by, for example, or handwriting input underlining and arrows for text corresponding if necessary be able to. また独立したウィンドウとして「付箋」を貼り付けることができ、付箋内にテキストや手書き文字を入力することができる。 Also can paste a "sticky note" as a separate window, it is possible to input the text and handwritten characters in the tag. 付箋はAcrobat Exchange同様、固定したレイアウト上の位置情報を持っている。 Tag has the position information on the Acrobat Exchange Similarly, fixed layout.
【0006】 [0006]
また、Microsoft社のワープロソフトPocketWordでは、テキストと手書き文字、手書き図を一緒に扱うことができる。 In addition, Microsoft's word processing software PocketWord, can handle text and handwritten characters, handwritten diagrams together. 手書き文字は通常のテキストと同様、「文字」として扱われ、編集の対象となり、属する行があり、その行内では他のテキスト文字と重なることはない。 As with handwritten characters normal text, is treated as a "character", subject to editing, there belongs line, it does not overlap with other text characters in the row. 手書き図は手書き文字のようには分離できず、全体が一塊となって表示され、その一塊を単位として編集の対象となり、属する行があるが、その属する行以外では他のテキスト文字と重ねて表示される。 Handwriting view can not be separated as handwriting, appears entirely a lump, are subject to edit the lump as a unit, there belongs row, except that belongs row overlapping with other text characters Is displayed.
【0007】 [0007]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
ところが、上記従来の表示方法では、メモを本文の該当個所と関連付けた状態で、かつ本文がメモに隠されないように、メモをレイアウトして表示するという使い勝手の良い表示状態を得ることが困難である。 However, in the conventional display method, in a state associated notes and relevant sections of the text, and as body is not hidden in the memo, is difficult to obtain a good display state convenient that displays the layout notes is there.
【0008】 [0008]
また、上記の使い勝手の良い表示状態が得られたとしても、本文のレイアウトを変更した場合には、その表示状態が崩れてしまうという問題点もある。 Further, even a good display state of said usability is obtained, when you change the layout of the text, there is also a problem that the display state is lost.
【0009】 [0009]
具体的には、Acrobat ExchangeやPC Viewerなどは固定レイアウトの文書データを持つので、表示デバイスの大きさや文字の大きさなどを変更してレイアウトし直して表示することはできず、小さな表示デバイス上ではスクロールや縮小表示などをせねばならず、またユーザが見やすいように文字の大きさなどを自由に変更することもできないという欠点がある。 Specifically, Acrobat since such Exchange or PC Viewer has document data of a fixed layout, can not change the size and the character size of the display device displays re-laid, on a small display device in not a Senebanara such as scrolling or reduced display, also there is the drawback that the user can not also be free to change font size, etc. for easy viewing.
【0010】 [0010]
また、Wordは、動的にレイアウトを変更でき、レイアウトの変更に伴い、コメントに関連付けられたテキスト部分も追従して移動するが、コメントの内容の表示は、編集時は文書ウィンドウに隣接する別ウィンドウで、閲覧時は文書ウィンドウに重ねて表示されて下の文書の一部が隠れてしまうようなポップアップウィンドウで行われる。 In addition, Word is, dynamically can change the layout, another with the change of the layout, but moves following also text portion that is associated with the comment, the display of the contents of the comment, when editing is adjacent to the document window in the window, when browsing is carried out in a pop-up window, such as hidden it is part of the document below is displayed over the document window.
【0011】 [0011]
紙の本に手で書き込むメモは、通常は関連する本文の近くに書き込むので、対応関係が分かりやすいが、Wordの様に編集時に隣接する別ウィンドウで表示させると、コメントに関連付けられたテキストと距離的に離れて表示されるので、対応関係が分かりにくい欠点がある。 Note to be written by hand on paper of the book, because usually writes in the vicinity of the relevant text, easy to understand the correspondence, but when is displayed in a separate window that is adjacent to the time of editing as the Word, and the text associated with the comment since the distance to be displayed apart, there is hardly found correspondence drawbacks.
【0012】 [0012]
また、紙の本に手で書き込むメモは、通常は関連する本文と重ならない様に、あるいは読むのに支障が無い程度にしか重ならない様に書き込まれるが、Wordの様に閲覧時にポップアップウィンドウでメモが表示されると、文書に重ねて表示されるため、下の文書の一部が隠れてしまう。 In addition, notes written by hand on paper books, as usually does not overlap with the associated text, or has trouble is written so as not to overlap only to a degree not to read, in the pop-up window at the time of viewing as the Word When note is displayed, to be displayed over the document, it might cover a part of the document below. すなわち、文書とコメントを同時に見ることができないという欠点がある。 In other words, there is a disadvantage that can not see the documents and comment at the same time.
【0013】 [0013]
また、紙の本に手で書き込むメモでは、複数のテキストや図などの間で矢印などで関連付けの表現をしたり、複数のテキストや図などに対して同じ内容のメモを関連付けたりすることができる。 Further, the notes written by hand in this paper, that the or associate or the associations represented in such arrows between such multiple text and figures, the notes of the same content to such multiple text and figures it can. これに対し、Wordのコメントの関連付けは、一つのコメントに対して一つのテキスト範囲だけであり、一つのコメントに対して複数のテキスト範囲を関連付けたり、一つのテキスト範囲に対して複数のコメントを関連付けたりすることはできないという欠点がある。 In contrast, the association of Word comment is only one text range for one comment, or associate multiple text range to one comment, a plurality of comments for one text range there is a disadvantage that can not be or associate.
【0014】 [0014]
また、PocketWordでは、手書き文字や手書き図をレイアウト変更に追従して移動させることはできるが、それらは通常の文字同様、本文の一部となっている為に追従できるだけであり、そのレイアウト範囲は、本文のレイアウト範囲内にとどまる。 Further, the PocketWord, although it is possible to move the handwritten characters and handwritten diagram to follow the layout change, they are similar normal characters, is only able to follow in order to have a part of the body, the layout range , stay in the layout range of text. また、他の本文の部分を参照するような情報も持っていない。 In addition, and it does not have the information, such as reference to the part of the other body. 従って、紙の本に書き込むような、本文のレイアウト範囲の外(行間など)で、本文の一部を下線や矢印で参照するような形では表示させることができないという欠点がある。 Thus, as written in the paper, outside the layout range of text (such as line spacing), there is a drawback that can not be displayed in such a way as to refer to the part of the body are underlined and arrows.
【0015】 [0015]
また、手書き入力は複数の行にまたがったようなものも入力できるが、属する行は1つであり、手書き文字は属する行内では他の文字とは重ならないが、その行をはみでる部分は他の行の表示と重なってしまう欠点がある。 Although handwriting input also can be entered like over a plurality of rows, it belongs row is one, in the row that handwriting belongs does not overlap the other characters, the portion protrude to the row of the other there is a disadvantage that overlaps with the display of the line.
【0016】 [0016]
また、手書き図は属する行内でも重なってしまう欠点がある。 Also, the handwritten figure is disadvantageously overlap also in the row belongs.
【0017】 [0017]
本発明の目的は、レイアウトを動的に変更できるという紙の本にない特徴を持ちながら、手書きデータやテキストデータなどからなるメモで、本文のレイアウト変更に追従して自動的にメモのレイアウトを変更して表示したり、紙の書籍と同じような使い勝手、すなわち文書本文とメモの表示ができるだけ重ならずに同時に視認できることや、本文の該当個所と関連付けて使えること、該当個所とメモの関連付けがお互いに複数に対して行えることなど、を実現する表示方法、その方法を実施するための装置、プログラムおよびプログラム媒体を提供することにある。 An object of the present invention, while having the feature is not in the paper of the book can be dynamically change the layout, in a memo made of handwritten data and text data, automatically notes layout to follow the layout change of the body you can view and change, the same kind of ease of use and books of paper, that is or can be visually document text and display of notes as much as possible do not overlap at the same time, be used in conjunction with the relevant sections of the body, of the relevant sections and notes the association there display method for realizing, etc. can be performed for a plurality of each other, an apparatus for carrying out the method is to provide a program and a program medium.
【0018】 [0018]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、表示対象要素の一つ以上を座標空間上に配置したレイアウトの中から、表示対象要素が配置されていない余白範囲を、上記レイアウトを記述したレイアウトデータを用いて特定する余白特定ステップと、メモを表すメモデータを、上記余白範囲に配置することによって、表示対象要素との重なりが無い、あるいは所定割合以下、あるいは所定面積以下となるメモデータのレイアウトを記述したメモレイアウトデータを生成するメモレイアウト生成ステップとを有している Margins display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, not from the layout of arranging the one or more displayed elements on the coordinate space, are arranged the display target element range, and margins specifying step of specifying with the layout data describing the layout, the memo data representing the note, by placing the margin range, there is no overlap between the display target element, or a predetermined percentage or less, or it is closed and a note layout generation step of generating a note layout data describing the layout follows becomes memo data given area.
【0019】 [0019]
ここで、「表示対象要素」とは、文字、文字列、画像などのレイアウトされる単位を意味し、レイアウトとは、座標空間における表示対象要素の配置を意味する。 Here, the "displayed element", a character refers to units string is laid, such as images, the layout, means an arrangement of display target element in the coordinate space. したがって、座標空間における表示対象要素の配置、すなわちレイアウトに従って、出力先の表示装置、印刷装置等における出力/表示媒体に、表示対象要素を出力/表示することができる。 Accordingly, the arrangement of the displayed element in the coordinate space, that is in accordance with the layout, the output destination of the display device, the output / display medium in the printing apparatus or the like, can be output / display the display target element.
【0020】 [0020]
分かり易くする為に「表示対象要素」と呼んでいるが、必ずしも「表示」だけに限らず、印刷やデータ出力、ファイル出力などのあらゆる「出力」に関わる要素を含むものである。 But is referred to as a "display target element" for the sake of clarity, one in which not necessarily limited to "display", including the elements involved in any "output" of such as printing and data output, file output. したがって、ここで使われている「表示」という言葉は全て「出力」の意味も含まれている。 Therefore, the word used here is to have "display" is also included meaning of all "output". なお、以降、単に「要素」と述べた場合は、「表示対象要素」を意味する。 It should be noted that, since, is simply the case that he said "elements", which means "display target element".
【0021】 [0021]
また、表示対象要素の数は、レイアウトの枠組みの中に1つ以上あれば、特に限定されない。 The number of displayed elements, if more than one in the framework of the layout is not particularly limited. 例えば、出力先の表示媒体が印刷用紙の場合に、白い紙面中の一部領域に写真が1枚、あるいは文字が1文字、レイアウトされるような場合や、2枚の紙面にまたがるように写真が1枚、レイアウトされるような場合にも本発明が適用される。 For example, when the output destination of the display medium is printed paper, white photo one part region in the paper, or character is one character, if, as layout or photo to span two paper but one, also present invention when as layout is applied.
【0022】 [0022]
「余白範囲」は、レイアウトの枠組みの中で表示対象要素をレイアウトした残り部分を指す。 "Margin range" refers to the remainder obtained by layout-displayed elements within the framework of the layout. データとして説明すると、レイアウトの枠組みに対応する座標空間に、表示対象要素のデータの一つ以上の集まりとしてのコンテンツデータをレイアウトした残り部分であり、メモデータをレイアウトできる範囲を指す。 When described as data, the coordinate space corresponding to the framework of the layout, a remainder obtained by laying out content data as one or more collection of data of the display target element, refers to a range that can be laid out memo data.
【0023】 [0023]
よりわかりやすく「余白範囲」を言い表せば、紙面(全レイアウト範囲=最大のレイアウト可能範囲)の周囲の余白部分と、コンテンツデータのレイアウトの行間の余白部分とに大きく分けられる。 If beyond description more clearly "margin range", and the surrounding margin of the paper (full layout range = maximum layout range) it is roughly divided into a line spacing margin of the layout of the content data. 厳密に言えば、文字間や文字や図形の中の空白部なども余白と言えなくもないが、実際にメモデータをレイアウト可能な範囲と考えると、周囲と行間が主な余白範囲となる。 Strictly speaking, there is no also not say that also the margin, such as blank part in the inter-character or characters and figures, and actually think about the memo data and layout possible range, around and between the lines is the main margin range.
【0024】 [0024]
なお、上記の「紙面(全レイアウト範囲)の周囲の余白部分」とは、表示対象要素をレイアウトできる範囲として、例えば行内文字数および頁内行数の指定等によって設定されるレイアウト可能範囲と、レイアウト可能範囲の最大範囲としての全レイアウト範囲との差分に相当する。 The above and "margin of the surrounding paper (full layout range)", as a range that can be laid out display target element, for example a layout range set by row number and page in the row number of the designation, can be laid corresponding to the difference between the full layout range of the maximum range of the range.
【0025】 [0025]
そこで、本発明に係る表示方法によれば、表示対象要素の一つ以上を座標空間上に配置したレイアウト範囲を得たら、得られたレイアウト範囲を全レイアウト範囲から除いた範囲も求めることができるので、それを余白範囲として余白特定ステップで特定する。 Therefore, according to the display method according to the present invention can be obtained even after excluding one or more displayed elements After obtaining the layout range placed on the coordinate space, the layout ranges obtained from the entire layout range since, identified in the margin specifying step it as blank range.
【0026】 [0026]
次に、ユーザが入力する、あるいは別ファイルとして保存された文書中から複写するなどして得られたメモデータを、余白特定ステップで得られた余白範囲に配置してみることで、表示対象要素との重なり具合を求めることができる。 Next, the user inputs, or the memo data obtained by, for example, copied from the stored in the document as a separate file, that try to place the margin range obtained in the margin specifying step, the display target element it is possible to determine the degree of overlap between. その重なり具合が、重なりが無い、あるいは所定割合以下、あるいは所定面積以下となる時のメモデータのレイアウトを選ぶことで、このような重なり具合の条件を満たしたメモデータのレイアウトを記述したメモレイアウトデータをメモレイアウト生成ステップで生成することができる。 The overlapping degree is, the overlap is not, or a predetermined percentage or less, or by selecting the layout of the memo data when a predetermined area or less, note layout describing the layout of the notes data satisfying such overlapping condition conditions data can be generated by a note layout generation step.
【0027】 [0027]
これによって、例えば文字サイズ、行内文字数、頁内行数のような表示設定を変更する等してコンテンツのレイアウトが動的に変更されても、変更されたレイアウトについて余白範囲を特定するので、レイアウトの変更に追従して、上述した重なり具合の条件を常に満たすメモデータのレイアウトを得ることができる。 Thereby, for example, a character size, row number, and the like to change the display settings, such as pages in the number of rows is the layout of the contents be changed dynamically, so to identify the margin range for modified layout, the layout following the change, it is possible to obtain the layout of always satisfy memo data that aforementioned overlapping degree conditions.
【0028】 [0028]
したがって、それらのレイアウトに従ってコンテンツデータ及びメモデータを出力することで、文字サイズ等の表示設定を読みやすい様に動的に変えるなどという紙の本にない特徴を持ちながら、手書きデータやテキストデータなどからなるメモで、紙の書籍と同じような使い勝手、すなわち文書本文とメモの表示が同時に視認できるという効果が出てくる。 Therefore, by outputting the content data and the memo data in accordance with their layout, while having the features which are not included in the paper that such change dynamically as easy to read the display settings such as text size, handwritten data and text data, etc. in consisting of notes, the same kind of ease of use and books of paper, ie display of the document text and notes come out is an effect that can be viewed at the same time.
【0029】 [0029]
言い換えれば、コンテンツのレイアウトを例えば見やすく変更しても、常に文書本文に重ならないように、新たな余白にレイアウトし直された状態でメモを見ることができるという、特有の効果を得ることができる。 In other words, changing the layout of content e.g. legible at all times so as not to overlap the document body, being able to see the notes in a state in which the re-layout with a new blank, it is possible to obtain the unique effect .
【0030】 [0030]
また、コンテンツがメモデータに影響されずにレイアウトされるので(例えば余白や行間の大きさがメモデータによって変えられることがない)、コンテンツのレイアウトをコンテンツデータが最も見やすい状態でレイアウトすることができるという効果が出てくる。 Further, the content (it is not to be changed by the memo data, for example, margins, line spacing size) because it is laid without being affected by the memo data, the layout of the content by the content data can be laid in the most easy-to-view state effect comes out of.
【0031】 [0031]
なお、表示対象要素とメモとの重なりが全く無いことを、メモデータのレイアウトを決めるときの第1条件とし、この第1条件を満たせないときに、重なりが所定割合以下または所定面積以下となる第2条件を満たすようにメモデータのレイアウトを決めてもよい。 Note that the absence of any overlap between displayed elements and notes, as a first condition when deciding the layout of memo data, when not meet the first condition, the overlap is less or less or the predetermined area a predetermined ratio it may be determined layout of the memo data so as to satisfy the second condition.
【0032】 [0032]
また、メモと関連付けたい表示対象要素のできるだけ近くにメモを配置することを第1条件とし、その場合の重なりが所定割合以下または所定面積以下となるようにメモデータのレイアウトを決めてもよい。 Also, placing a note as close as possible to the display target element to be associated with a note to the first condition may be determined the layout of memo data as the overlapping of the case is less or less or the predetermined area a predetermined ratio.
【0033】 [0033]
また、メモデータが大き過ぎて、余白特定ステップで特定した余白範囲にメモを配置し切れない場合には、配置できるだけのメモの一部のレイアウトデータを生成してもよいし、メモレイアウトデータの生成を行わないか、あるいはメモデータが大き過ぎることを知らせるメッセージ表示を行うような他のルーチンへ処理を移行するようにしてもよい。 Moreover, the memo data is too large, if not completely disposed a note in the margin ranges specified in the margin specifying step may generate a portion of the layout data of only notes can be placed, memo layout data or does not perform generation, or the process to other routines may shift as a message is displayed that the memo data is too large.
【0034】 [0034]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、表示対象要素のデータの1つ以上の集まりとしてのコンテンツデータの内、メモと対応付けたい参照部分のコンテンツデータと、前記メモデータとを関連付ける情報を得る関連付け情報取得ステップを有している Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, of the content data as a collection of one or more data of the display target element, the content data of the reference portion to be associated with the notes When, and possess the association information obtaining step of obtaining information that associates with the memo data.
【0035】 [0035]
上記の処理により、参照部分のコンテンツデータとメモデータとを関連付ける情報(以下、関連付け情報と呼ぶ)が得られるので、例えば、あるメモデータのレイアウトを作成する際、そのメモデータに関連付けられた参照部分を特定することができる。 The above process, information for associating the contents data and the memo data of the reference portion so (hereinafter, referred to as association information) is obtained referring, for example, when creating a layout of a memo data, associated with the memo data it is possible to identify the part. あるいは、メモと参照部分とを線で結んだ状態で表示する等によって、メモと参照部分との関連付けを示す場合、関連付け情報を利用することができる。 Alternatively, such as by displaying a state of connecting the notes and references section at the line, indicating an association between the notes and references section, it is possible to use the association information.
【0036】 [0036]
これによって、メモデータのレイアウトを作成したり、参照部分やメモデータを表示する際に、関連付け情報を利用した処理が行えるようになる。 Thus, to create the layout of memo data, when displaying the reference partial or memo data, so perform processing using the association information.
【0037】 [0037]
具体的な処理としては、例えば、メモデータのレイアウトを作成する際、表示対象要素のレイアウトは既に存在しているので、参照部分の表示対象要素のレイアウト範囲も得ることができる。 As a specific process, for example, when creating the layout of the memo data, since the layout of the displayed elements already present, it is possible to obtain the layout range of the display target element of the reference portion. 余白特定ステップから得られた余白範囲の中から、得られた参照部分のレイアウト範囲に近い余白範囲を関連付け情報を用いて選ぶことで、参照部分に近い位置にメモデータをレイアウトすることができるようになる。 From the margin range obtained from the margin specifying step, by selecting with information associating the close margins range layout range of the obtained reference portion, to be able to lay the memo data in a position close to the reference part become.
【0038】 [0038]
あるいは、例えば、表示の際、参照部分のレイアウト位置とメモデータのレイアウト位置とが分かるので、関連付け情報を用いて両者を線分で結ぶ、あるいはそれぞれの背景部分を通常の背景部分と異なる表示色を用いて同色に揃えるなどといった関連付け表示も可能となる。 Alternatively, for example, when displaying, the layout position of the reference part and the layout position of the memo data is known, connected by line segments both using the association information, or display color different respective background portion and normal background portion a possible display associated, such as aligning the same color with.
【0039】 [0039]
また、例えば、表示の際、参照部分やメモデータのレイアウトが、ペンやマウスなどによって選択された状態になった時、それに関連付けられた他方の参照部分やメモデータをハイライト表示するなど目立たせて表示させることが可能になる。 Further, for example, when displaying the layout of the reference partial and notes data, when in a state of being selected by a pen or a mouse, to lighten such as highlight other reference partial or memo data associated with it it is possible to display Te.
【0040】 [0040]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、前記メモレイアウト生成ステップにおいて、前記参照部分のレイアウトの近くにメモデータを配置したメモレイアウトデータを生成する Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, the in note layout generation step, generating a note layout data of arranging the memo data in the vicinity of the layout of the reference portion.
【0041】 [0041]
前述の関連付け情報取得ステップから、参照部分とメモデータとを関連付ける情報が得られるので、あるメモデータのレイアウトを作成する際、そのメモデータに関連付けられた参照部分を特定することができる。 From the foregoing association information acquisition step, information for associating the reference portion and a memo data can be obtained, when creating the layout of a memo data, it is possible to identify a reference portion associated with the memo data. メモデータのレイアウトを作成する際、表示対象要素のレイアウトは既に存在しているので、参照部分の表示対象要素のレイアウト範囲も得ることができる。 When creating the layout of the memo data, since the layout of the displayed elements already present, it is possible to obtain the layout range of the display target element of the reference portion. 余白特定ステップから得られた余白範囲の中から、参照部分のレイアウト位置の近くで、コンテンツデータの表示対象要素のレイアウトと重ならない/重なりが少ない範囲を選べば良い。 From the margin range obtained from the margin specifying step, in the vicinity of the layout position of the reference portion, it may be selected display does not overlap with the layout of the target element / overlap small range of the content data.
【0042】 [0042]
これによって、関連付けられた参照部分とメモデータが近くにレイアウトされるので、両者を一度に見易くなり、理解しやすくなるという利点が出てくる。 Thus, since the reference portion and memo data associated is laid near, easier to see it at once both come out the advantage of easy to understand.
【0043】 [0043]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、前記関連付ける情報に基づいて、前記参照部分と前記メモデータとを関連付けて自動的に表示する表示ステップを有している Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, based on the associating information, have a display step of automatically displaying in association with the memo data and the reference part to have.
【0044】 [0044]
前述の関連付け情報取得ステップから参照部分とメモデータとを関連付ける情報が得られるので、表示の際、表示対象要素のレイアウトデータとメモレイアウトデータとから、参照部分のレイアウト位置と、参照部分のデータに関連付けられたメモデータのレイアウト位置を特定することができる。 Since the information associating the previously described association reference portion from the information acquisition step and memo data are obtained, when displayed, and a layout data and memory layout data of the display target element, the layout position of the reference portion, the data of the reference part layout position of the associated memo data can be identified. これにより、両者を線分で結んだ表示を行ったり、矢印で結んだ表示を行ったり、参照部分からメモデータを吹き出し表示にしたり、それぞれの背景部分を通常の背景部分と異なる表示色を用いて同色に揃えるなどといった関連付け表示も可能となる。 Thus, using or perform display which connects both the line segments, or performs display which connects with an arrow, or a balloon display the note data from the reference portion, the display color different respective background portion and normal background portion display association, such as aligning the same color Te also becomes possible.
【0045】 [0045]
これによって、両者に関係のあることが視覚的に分かり易くなる、などといった効果がある。 Thus, it is relevant to both easily understandable visually, there is an effect such as.
【0046】 [0046]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、表示対象要素をレイアウト可能なレイアウト可能範囲を得るレイアウト可能範囲取得ステップを有し、前記余白特定ステップにおいて、前記レイアウト可能範囲の最大範囲としての全レイアウト範囲から前記レイアウト可能範囲を除いた部分を余白範囲として特定する Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic includes a layout range acquiring step of obtaining a possible layout range layout display target element, in the margin specifying step, wherein identifying a portion except for the layout range of the entire layout range of the maximum range of the layout range as the margin range.
【0047】 [0047]
コンテンツデータがレイアウトされていない余白範囲には、大きく分けて、レイアウト可能範囲の外側の余白範囲と内側の余白範囲とがある。 The margin range where the content data is not laid, roughly, there is an outer margin range and inner margins range layout range. 一般に、外側の余白範囲は紙の本で言う紙面周囲の余白に相当し、内側の余白範囲は行間の余白に相当する。 Generally, outer margin range corresponds to a margin of the paper surrounding referred to in this paper, the inner margins range corresponding to a margin between rows. 従って、余白特定ステップで、全レイアウト範囲からレイアウト可能範囲を除いた場合、外側の余白範囲が抽出されることになる。 Accordingly, in the margin specifying step, if excluding the layout range from whole layout range, so that the outer margin range is extracted.
【0048】 [0048]
この余白範囲にメモデータをレイアウトすることで、コンテンツデータとの重なりが無くなったり、少なくしたりすることができるようになる。 By laying the memo data in this margin range, or no longer overlap with the content data, it is possible to or less. また、レイアウト可能範囲の内側の余白範囲にメモデータをレイアウトする場合に比べて、コンテンツデータとメモデータとが混在しないので、コンテンツデータの見やすさの点で優れている。 Moreover, compared with the case of laying the memo data inside the margin range of layout range, since the content data and memo data are not mixed, it is superior in terms of viewability of the content data.
【0049】 [0049]
また、行間などの余白を抽出するには行や文字のレイアウトデータが必要だが、レイアウト可能範囲を使う場合は行や文字のレイアウトデータが不要なので、抽出処理も簡単に素早く行うことができる利点がある。 In addition, in order to extract the margin, such as between the lines is a necessary layout data of the line and characters, because it is unnecessary layout data of the line, character, or if you use the layout range, is an advantage that the extraction process can also be carried out easily and quickly is there. また、レイアウト可能範囲は、コンテンツデータのレイアウト処理前に決まっているので、コンテンツデータのレイアウト前に余白の抽出処理を行うことが可能となる利点もある。 The layout range, so are determined before the layout processing of the content data, there is an advantage that it is possible to perform the extraction process margin before the layout of the content data.
【0050】 [0050]
また、コンテンツデータは必ずレイアウト可能範囲内にレイアウトされているが、レイアウト可能範囲の外側の余白部分にメモデータを表示することで、レイアウト全体としてみると一部が飛び出した形になり、結果的にその部分にメモデータの書き込みがあることを視覚的に目立たせることができる効果が出てくる。 Although the content data is always laid out in the layout range, by displaying the memo data outside the margin of the layout range, it takes the form of partially pop out when viewed as a whole layout, resulting coming out of the effect that can be visually noticeable that there is a writing of the memo data in that part.
【0051】 [0051]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、前記余白特定ステップにおいて、前記レイアウト可能範囲取得ステップから得られたレイアウト可能範囲の中で、前記表示対象要素が配置されていない部分を余白範囲として特定する。 Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, in the margin specifying step, in the layout range obtained from the layout range acquiring step, the display target element identifying a placement that is not part as the margin range.
【0052】 [0052]
上で説明した通り、一般に、レイアウト可能範囲の外側の余白は紙の本で言う紙面周囲の余白に相当し、内側の余白は行間の余白に相当する。 As explained above, generally, the outer margin of the layout range is equivalent to a margin of the paper surrounding referred to in this paper, inner margin corresponding to a margin between rows. 従って、余白特定ステップで、レイアウト可能範囲取得ステップで得られたレイアウト可能範囲内で、コンテンツデータがレイアウトされていない部分を余白範囲とした場合、行間などの余白が抽出されることになる。 Accordingly, in the margin specifying step, in the layout range obtained in layout range acquiring step, when the portion where content data is not laid a margin range, so that the margin of such rows are extracted.
【0053】 [0053]
この行間等の余白範囲にメモデータをレイアウトすることで、コンテンツデータとの重なりが無くなったり、少なくしたりすることができるようになる。 By laying the memo data in the margin range of the line spacing, etc., or no longer overlap with the content data, it is possible to or less. また、周囲の余白範囲にメモデータをレイアウトする場合と比べ、関連付けられたコンテンツデータとメモデータとの表示の距離を、多くの場合、近くすることができる。 Further, as compared with the case of laying out memo data around the margin range, the display distance between the associated content data and memo data, in many cases, can be close.
【0054】 [0054]
これによって、コンテンツデータとメモデータの重なりを無くす/少なくすることができるので、見やすくなるという効果があり、また、多くの場合、両者の距離を近くして表示することができるので、メモと対応付けたい表示対象要素の参照部分とメモとの対応関係がより分かり易くなる効果が出てくる。 Thereby, it is possible to reduce / eliminate the overlap of the content data and the memo data, there is an effect that becomes easier to see, also, in many cases, it is possible to display the distance between them near to, note the corresponding likely to become effect relationship between the reference portion of the display target element to which you want to add a memo to understand more comes out.
【0055】 [0055]
また、コンテンツデータのレイアウトが規則正しくレイアウトされていれば、例えば、行の高さがほぼ同じで、行間もほぼ同じ場合、行間にメモデータを表示することで、レイアウト全体としてみるとメモデータのレイアウト部分が行のレイアウトの規則正しさを乱す形になり、結果的にその部分にメモデータの書き込みがあることを視覚的に目立たせることができる効果が出てくる。 Also, the layout of the contents data has been regularly laid, for example, the line height is about the same, if line spacing is also almost the same, by displaying the memo data in rows, the layout of the memo data when viewed as a whole layout moiety is in the form of disturbing the regularity of the layout of the line, resulting in exiting the effect that can be visually inconspicuous that there is a writing memo data in that portion.
【0056】 [0056]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、前記関連付ける情報に含まれる、関連付け表示の仕方に関する関連付け表示情報に基づいて、メモと対応付けたい表示対象要素の参照部分とメモとを線で結んで表示する表示ステップを有している Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, the associates included in the information, based on the association display information on how to display association, the display target element to be associated with the notes by connecting the reference part and the notes in line is have a display step of displaying.
【0057】 [0057]
コンテンツデータのレイアウトとメモデータのレイアウトとは取得できているので、後はその間を直線や折れ線、曲線などの線で結んで、関連付けを視覚化すればよい。 Since been acquired from the layout of the layout and memo data of the content data, after the straight or line therebetween, by connecting a line, such as curves may be visualized association.
【0058】 [0058]
ところで、関連付け表示情報は表示態様を指定する情報であり、関連付け表示の対象にする参照部分とメモとが特定できてさえいれば、コンテンツデータのレイアウトに依存せずに、メモと参照部分とを線で結んで表示する表示処理を行わせることができる。 Meanwhile, an information related display information for designating a display mode, if only able to identify the reference portion subject to associated display and the note, without depending on the layout of the content data, and notes with a reference part it is possible to perform display processing for displaying tied by lines.
【0059】 [0059]
これによって、コンテンツデータのレイアウトが変わった場合、例えば文字の大きさを変えた場合、メモデータのレイアウトもそれに応じて変わり、メモデータのレイアウト位置と参照部分のレイアウト位置とが両方変わることになるが、その変化に応じて、メモと参照部分とが線で結んで表示される。 Thereby, when changing the layout of the content data, when, for example, changing the font size, change accordingly the layout of memo data will vary both with the layout position of the memo data and the layout position of the reference part but according to the change, note the reference part and is displayed by connecting a line. したがって、レイアウトの変更に応じて自動的に対応関係の表示が適切なものに更新されるという利点がある。 Therefore, there is an advantage that the display automatically relationship in accordance with the change of the layout is updated as appropriate.
【0060】 [0060]
また、関連付け表示によって、参照部分とメモとの対応関係が分かり易くなるという効果が出てくる。 In addition, the associated display, the reference part and the notes and correspondence comes out is an effect that easily can see. メモデータのレイアウトと関連付けられた参照部分のコンテンツデータのレイアウトが、レイアウト的に離れていたとしても、線で結んで表示することで、両者に対応関係があることを視覚的に理解しやすくするという効果がある。 Content layout data of the reference section associated with the layout of the memo data, even though the layout-apart, by displaying tied by lines, visually easy to understand that there is a correspondence between them there is an effect that.
【0061】 [0061]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、前記関連付ける情報に含まれる、メモと対応付けたい表示対象要素の複数の参照部分のコンテンツデータと一つのメモデータとを関連付ける情報と、関連付け表示の仕方に関する関連付け表示情報とに基づいて、一つのメモから複数の参照部分に対して、線で結んで表示する表示ステップを有している Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematically, is included in the associated information, content data and one memo data of a plurality of reference portion of the display target element to be associated with the notes and information associating the door, on the basis of the association display information on how to display association, for a plurality of reference portions from one note, and have a display step of displaying by connecting a line.
【0062】 [0062]
上記関連付け表示情報の特性については既に説明したとおりなので、これによって、一つのコンテンツデータの部分に対して、異なる内容のメモを関連付けることができる効果があり、あるコンテンツ部分が複数のメモデータを持っていることが同時に視覚的に一目でわかるという効果も出てくる。 Since as already described for the characteristics of the associated display information, whereby, for the portion of one content data, different content is effective which can be associated with a note, certain content portions with a plurality of memo data it has come out also an effect that can be seen in the visual glance at the same time. メモしたい内容が複数ある場合、一つのメモにまとめるより複数のメモに分けた方が別の内容であることが視覚的に分かり易くなるという効果もある。 Note If you want content there is more than one, it is also an effect that it becomes easier to understand visually those who divided into a plurality of notes than summarized in one of the note is another content.
【0063】 [0063]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、前記関連付ける情報に含まれる、メモと対応付けたい表示対象要素の一つの参照部分のコンテンツデータに、複数のメモデータを関連付ける情報と、関連付け表示の仕方に関する関連付け表示情報とに基づいて、一つの参照部分から関連付けられた複数のメモに対して、線で結んで表示する表示ステップを有している Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, the associates included in the information, the content data of one reference portion of the display target element to be associated with the notes, a plurality of notes and information associating data, based on the association display information on how to display associated to a plurality of notes associated from one of the reference portion, which have a display step of displaying by connecting a line.
【0064】 [0064]
上記関連付け表示情報の特性については既に説明したとおりなので、これによって、複数の参照部分に共通するメモデータをまとめることができ、まとめない場合に比べて無駄なメモデータの表示を抑える効果があり、また、複数の参照部分に同じ内容のメモデータを対応付けていることが視覚的に一目でわかるという効果も出てくる。 Since as already described for the characteristics of the associated display information, which makes it possible to combine the memo data common to a plurality of reference portions, has the effect of suppressing the display of useless memo data compared with the case of no summary, in addition, it comes out also an effect that visually can be seen at a glance that is associated with the memo data of the same content to a plurality of reference part.
【0065】 [0065]
本発明に係る表示方法は、上記の課題を解決するために、 概略的には、前記メモデータが、表示の有無を表す情報を持ち、前記メモデータが表示しないという情報を持つ場合は、前記メモデータのレイアウトの表示とそのメモデータに関連付けられた関連付ける情報に基づく関連付け表示を行わない。 Display method according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, if the memo data has the information indicating whether to display, having information that the memo data is not displayed, the displaying the layout of the memo data is not performed an association display based on the associated add information associated with the memo data.
【0066】 [0066]
この処理によれば、コンテンツデータやメモデータのレイアウトを取得する際、また、関連付ける情報を表示する際、メモデータの表示の有無を表す情報を参照し、メモデータ表示をしない時はコンテンツデータのレイアウトだけを取得して表示することで、コンテンツデータだけの表示と、メモデータや関連付ける情報の表示を含んだ表示とを切り替えることができるようになる。 According to this process, when acquiring the layout of the content data and notes data and associates when displaying information refers to information indicating whether to display the memo data, when not the memo data display of the content data by acquiring and displaying only the layout, and display only the content data, it is possible to switch the display and including a display of the memo data and associated information.
【0067】 [0067]
これによって、コンテンツだけに集中して理解したい時とメモなどを参照しながら理解したい時とを切り替えられるという効果が出てくる。 As a result, content only effect that can switch and when you want to understand with reference to, such as when a memo to understand concentrate on to come out.
【0068】 [0068]
また、各メモデータが個別に表示の有無の情報を持つことで、全メモデータの表示の有無ではなく、個別に表示の有無を切り替えることができる利点がある。 Further, by the memo data has the information of the presence or absence of individually displayed, rather than the presence or absence of the display of all the memo data, there is an advantage that it is possible to switch whether the individually displayed.
【0069】 [0069]
本発明に係る表示装置は、上記の課題を解決するために、 概略的には、表示対象要素の一つ以上を座標空間上に配置したレイアウトを記述したレイアウトデータが入力され、レイアウトの中から、表示対象要素が配置されていない余白範囲を特定する余白レイアウトデータを、上記レイアウトデータを用いて生成する余白特定手段と、メモを表すメモデータが入力され、上記余白レイアウトデータに従ってメモデータを上記余白範囲に配置することにより、表示対象要素との重なりが無い、あるいは所定割合以下、あるいは所定面積以下となるメモデータのレイアウトを記述したメモレイアウトデータを生成するメモレイアウト生成手段とを有している Display device according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, layout data describing the layout of arranging the one or more displayed elements on the coordinate space is input, from the layout the blank layout data identifying the margin range display target element is not arranged, and margins specifying means for generating by using the layout data, memo data representing the note is input, the note data according to the blank layout data by placing the margin range, the display is not overlapped with the target element, or a predetermined percentage or less, or possess a note layout generation means for generating a note layout data describing the layout of the predetermined area or less become memo data there.
【0070】 [0070]
上記の構成によれば、レイアウトデータには、座標空間上における表示対象要素の配置が記述されているから、座標空間上における表示対象要素の配置されていない余白範囲をレイアウトデータから求めることができる。 According to the above configuration, the layout data, because the arrangement of the displayed element in the coordinate space is described, it is possible to obtain an arrangement that is not blank range of the display target element in the coordinate space from the layout data . この余白範囲を特定する処理、言い換えれば余白範囲を記述した余白レイアウトデータを生成する処理を余白特定手段が行う。 Processing of specifying the margin range, a margin specifying means performs a process of generating a blank layout data describing the blank range in other words.
【0071】 [0071]
余白特定手段によって余白範囲が特定されるので、メモレイアウト生成手段は、入力されたメモデータを余白範囲に配置することができる。 Since the margin range is specified by the margin specifying means, note layout generating means may be arranged the input memo data in the margin range. すなわち、メモデータを余白レイアウトデータに従って、余白範囲に配置し、メモデータのレイアウトを記述したメモレイアウトデータを生成することができる。 That is, the memo data in accordance with the margin layout data, and rearranged in a blank range, it is possible to generate a note layout data describing the layout of the memo data.
【0072】 [0072]
このメモレイアウトデータの生成にあたって、メモデータをレイアウトする条件が課される。 In generation of this memo layout data, conditions for laying the memo data are imposed. その結果、メモレイアウト生成手段は、メモと表示対象要素との重なりが無い、あるいは所定割合以下、あるいは所定面積以下となるメモレイアウトデータを生成する。 As a result, note layout generating means, notes and overlap with the displayed element is not, or a predetermined percentage or less, or to produce a less become note layout data given area.
【0073】 [0073]
これによる種々の効果は、上記表示装置の構成に対応する表示方法による効果として、前述したとおりである。 Various advantages of this is as the effect of the display method corresponding to the configuration of the display device are as described above.
【0074】 [0074]
本発明に係る表示装置は、上記の課題を解決するために、 概略的には、表示対象要素のデータの一つ以上の集まりとしてのコンテンツデータの内、メモと対応付けたい参照部分のコンテンツデータと、前記メモデータとを関連付ける情報を得る関連付け情報取得手段を有している Display device according to the present invention, in order to solve the above problems, the schematic, of the content data as one or more collection of data of the display target element, the content data of the reference portion to be associated with the notes When, and possess the association information obtaining means for obtaining information associating said memo data.
【0075】 [0075]
上記の構成により、関連付け情報取得手段が、参照部分のコンテンツデータとメモデータとを関連付ける情報(以下、関連付け情報と呼ぶ)を得るので、例えば、メモレイアウト生成手段が、あるメモデータのレイアウトを作成する際、そのメモデータに関連付けられた参照部分を特定することができる。 With the above configuration, associated information acquisition means, information associating the content data and the memo data of the reference portion so obtaining (hereinafter association referred to as information), for example, note layout generation means, create a layout of a memo data when it is possible to identify a reference portion associated with the memo data. あるいは、メモと参照部分とを線で結んだ状態で表示する等によって、メモと参照部分との関連付けを示す場合、関連付け情報を利用することができる。 Alternatively, such as by displaying a state of connecting the notes and references section at the line, indicating an association between the notes and references section, it is possible to use the association information.
【0076】 [0076]
これによる種々の効果は、上記表示装置の構成に対応する表示方法による効果として、前述したとおりである。 Various advantages of this is as the effect of the display method corresponding to the configuration of the display device are as described above.
【0077】 [0077]
本発明に係る表示プログラムは、上記の課題を解決するために、上記表示方法が備える各ステップをコンピュータに実行させることを特徴とする。 Display program according to the present invention, in order to solve the above problems, is characterized in that to execute the steps of the display method is provided to the computer.
【0078】 [0078]
本発明に係る表示プログラムは、上記の課題を解決するために、上記表示装置が備える各手段として、コンピュータを機能させることを特徴とする。 Display program according to the present invention, in order to solve the above problem, as each unit to which the display device is provided, characterized in that causes a computer to function.
さらに、本発明に係る記録媒体は、上記の課題を解決するために、上記表示プログラムを記録したことを特徴とする。 Further, a recording medium according to the present invention, in order to solve the above problems, is characterized in that recording the display program.
これにより、上記記録媒体、またはネットワークを介して、一般的なコンピュータに表示プログラムをインストールすることによって、該コンピュータを用いて上記の表示方法を実現する、言い換えれば、該コンピュータを表示装置として機能させることができる。 Thus, via the recording medium or a network, by installing a generic display programs the computer to realize the above display method using the computer, in other words, to function the computer as a display device be able to.
【0079】 [0079]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、本発明の実施の形態を図面を参照して説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings.
【0080】 [0080]
「表示」とは、一般には何らかの情報を視覚的に認知できるような状態で表示/出力媒体に対して出力することを言い、通常はモニターなどのディスプレイに画素として表示することになる。 The "Display", generally refers to output to the display / output medium in such a state that can be visually recognized some information, usually will be displayed as pixels on a display such as a monitor. ここでは、モニターなどへの表示の他にも、紙への印刷出力やPDFなどのレイアウト情報を有したデータ形式でのデータ出力(ファイル出力)なども含まれるとする。 Here, in addition to the display on the monitor, etc., and also it includes such data output in a data format having a layout information such as print output or PDF to paper (file output). 「出力」という言葉とほぼ同様の意味だが、ここでは分かりやすいように「表示」としている。 Almost the same meaning as the term "output", but the simplicity purposes "display".
【0081】 [0081]
「表示対象要素」は、表示手段に表示することのできる要素をさしており、例えば文字、画像、図などがある。 "Display target element" refers to a component that can be displayed on the display means, for example, a character, an image, and the like FIG.
【0082】 [0082]
「レイアウト」は、表示対象要素を表示範囲に収まるように配置することであり、2次元または3次元の座標空間における表示対象要素の表示位置、大きさ、外形などの情報を持っている。 "Layout" is to arrange to fit the display range of the display target element, the display position of the display target element in a two-dimensional or three-dimensional coordinate space, size, and has information such as outline. 出力手段では、表示対象要素のレイアウトを記述したレイアウトデータに従い、指定された表示位置に指定された大きさや外形で表示対象要素を表示する。 The output means, in accordance with the layout data describing the layout of the display target element displays the display target element in size and contour specified in the specified display position.
【0083】 [0083]
図1は、レイアウトを説明する図である。 Figure 1 is a diagram illustrating a layout. 例えば、2次元の座標空間に全ての表示対象要素を配置した状態を表すレイアウト全体40(レイアウトの枠組み)の中に表示対象要素41、42、43などが配置されている。 For example, a display target element 41, 42 and 43 in the overall layout representing a state of arranging all the displayed elements in a two-dimensional coordinate space 40 (the framework of layout) are arranged. 図ではわかり易いように表示対象要素のそれぞれを点線の枠で囲ってあるが、実際に表示する際はこの枠は表示されない。 They are surrounding the respective display target element as straightforward as dashed boxes in FIG., But when actually displaying the frame is displayed. なお以降、特に必要が無ければ表示対象要素を、中身の表示を省略して、空の単なる枠線で示すことがある。 Note later, the displayed elements unless otherwise required, to omit the display of the contents may exhibit a mere border empty.
【0084】 [0084]
テキストの場合、表示対象要素として文字が配置され、図1のように縦あるいは横に文字が並んで行を構成するのが一般的である。 For text, is arranged a character for display elements, it is common to configure a row alongside characters vertically or horizontal as in Figure 1. 表示する際は、レイアウト全体40の中で、表示/出力媒体の表示可能な大きさによって規定される表示範囲44(後述するレイアウト可能範囲に相当する)に含まれる表示対象要素だけが表示される。 When displaying, within the layout overall 40, is displayed by the display target elements included in the display range 44 which is defined by the visible size of the display / output medium (corresponding to the layout range to be described later) is .
【0085】 [0085]
なお、「レイアウトされたコンテンツデータ」のことを「レイアウト」と呼ぶこともある(コンテンツデータについては後述する)。 Also (will be described later content data) sometimes referred to as a "layout" to a "Layout content data."
【0086】 [0086]
図2は、表示対象要素のレイアウトデータ構造例を説明する図である。 Figure 2 is a diagram illustrating a layout example of the data structure of the display target element. 各行が一つの表示対象要素のレイアウトデータで、全体は複数のレイアウトデータの配列になっており、それぞれのレイアウトデータにインデックス番号でアクセスできる。 Each line in the layout data of one display target element, the whole has become a sequence of a plurality of layout data can be accessed by an index number to each of the layout data.
【0087】 [0087]
各レイアウトデータの中身は、図のように、「種類」、位置「X」「Y」、大きさ「W」「H」、「データ位置」、「内容」からなる。 The contents of each layout data, as shown in the figure, "type", the position "X", "Y", the size "W" "H", "data position", consisting of "content".
【0088】 [0088]
「種類」は、文字(CHAR)や画像(IMAGE)など、表示対象要素の種類を示す。 "Type", such as a character (CHAR) and image (IMAGE), indicating the type of display target element.
【0089】 [0089]
幅「W」と高さ「H」は、表示対象要素を表示させた時の大きさを示す。 Height and width "W" "H" indicates the size of the case of displaying the display target element. 表示させた時の形状は実際には様々だが、ここでは簡単に矩形で統一してある。 Shape when allowed to display is a variety in practice, but here are easily unified by a rectangle.
【0090】 [0090]
X座標位置「X」とY座標位置「Y」は、表示対象要素をX−Y座標空間に表示させた時の位置を示す。 X-coordinate position "X" Y-coordinate position "Y" indicates the position at which to display the display target element onto the X-Y coordinate space. ここでは、位置「X」「Y」を、各表示対象要素に割り当てた矩形領域の1隅の点の座標位置とする。 Here, the position "X" and "Y", and the coordinate position of one corner point of the rectangular area assigned to each displayed element. レイアウト全体40の左上隅を原点とする座標系を使う場合、各矩形領域の左上隅の点を使って座標位置を表すことが多い。 When using a coordinate system with its origin at the upper left corner of the layout entire 40 often represents the coordinate position with the point of the upper left corner of each rectangular area.
【0091】 [0091]
「内容」は、表示対象要素の種類によって変わり、例えば文字(CHAR)なら文字コードやそのフォント情報(フォントサイズやフォント色など)、画像ならビットマップデータやその記憶場所を指し示すデータなどとなる。 "Content" will vary depending on the type of display target element, for example, a character (CHAR) if the character code and the font information (font size, font color, etc.), etc. become data that points to bitmap data and its storage location if images. すなわち、「内容」は、コンテンツデータの構成要素データに相当する。 That is, "content" corresponds to a component data of the content data.
【0092】 [0092]
「データ位置」は、コンテンツデータ中で、このレイアウトデータを作成する元となったデータ範囲を特定する情報である。 "Data position" in the content data, which is information for specifying the data range from which it was created the layout data. 単位は様々なものが考えられるが、例えば先頭からの表示対象要素としての順番であるとか、コンテンツデータの先頭から見て、その表示対象要素を記述する構成要素データのバイト位置などがある。 Units are considered are various but Toka an order as a display target element from the head for example, when viewed from the head of content data, and the like byte position of the component data describing the display target element. さらに細かい情報を求めるのならば、1つの表示対象要素内部のどこであるかまで「データ位置」として指定しても良い。 If further seek fine information may specify how far a either inside one displayed element as "data position". 例えば画像内部の座標位置などである。 For example, the image inside the coordinate position and the like. ここでは「データ位置」を、ひとまず先頭から何番目の表示対象要素であるかにしておく。 Here, keep to whether the "data position", which is what th display target element from the beginning the time being.
【0093】 [0093]
図3は、行のレイアウトを説明する図である。 Figure 3 is a diagram for explaining a layout of rows. レイアウトは必ず行の構造を持っているとは限らないが、テキストなどが主体となるコンテンツは多くの場合、行構造を持ったレイアウトを作成することが多いので、ここでは行を使ったレイアウトで説明する。 But are not limited to the layout is sure to have a structure of the line, in many cases content such as text is mainly, because it is often to create a layout with a line structure, here is a layout using the line explain.
【0094】 [0094]
行は、位置「X」「Y」、大きさ「W」「H」、表示対象要素のレイアウトの配列を持つ。 Line position "X", "Y", the size "W" "H", having the sequence of the layout of the display target element. 1行が持つ配列の個数はレイアウト結果によって変わってくる。 The number of sequences that one line has come changed by the results layout. 図3では、図2の表示対象要素のレイアウトデータそのものではなく、表示対象要素のレイアウトデータの「参照データを特定する情報」(参照情報と略記する)を持たせている。 In Figure 3, rather than the layout data itself of the display target elements in FIG. 2, it is to have a "information specifying the reference data" in the layout data of the display target element (abbreviated as Reference).
【0095】 [0095]
すなわち、行80は、1〜5番目の表示対象要素の参照情報を配列として持ち、行81は6〜11番目の表示対象要素の参照情報を配列として持つ。 That is, the line 80 has a reference information 1-5 th display target element as an array, the row 81 has the reference information of 6 to 11 th display target element as an array. 位置「X」「Y」、大きさ「W」「H」は、各行80・81等に配列された表示対象要素の全てを包含する矩形の属性情報である。 Position "X", "Y", the size "W" "H" is the rectangle of the attribute information includes all of the display target elements arranged in rows 80, 81 and the like.
【0096】 [0096]
「参照データを特定する情報」とは、参照されている構成要素データが記録されている場所などを示す情報であり、例えば主記憶上に記録されているなら、その主記憶アドレスなどである。 The "information specifying the reference data" is information indicating, for example, where the component data referenced is recorded, if for example recorded in the main memory, the main memory address, and the like.
【0097】 [0097]
「手書きデータ」は、例えばマウスやタブレットなどを使ってユーザがフリーハンドで入力したデータで、データ形式としては上下左右斜めの方向を持ったストロークの集まりとして表現されることが多いが、ビットマップ画像として表現されることもある。 "Handwritten data", for example, a mouse or a data user using a tablet entered freehand, as the data format are often represented as a collection of strokes having the direction of the vertical and horizontal diagonal, bitmaps sometimes represented as an image. いずれにしろ、「手書きデータ」は表示単位としては一塊のデータであり、データを分解して、再レイアウトして表示することはできないものとここでは定義しておく。 In any case, "handwritten data" as the display unit is the data of lump decomposes the data, be defined here as those can not be displayed by relayout.
【0098】 [0098]
なお、分解して、再レイアウトして表示できるデータとしては、例えばキーボードなどを使って入力された「テキストデータ」などがあり、ワープロなどでは1行の文字数を変更したり文字の大きさを変更したりしてレイアウトを変更して表示させることができる。 It should be noted, decompose and, as the data that can be displayed, and then re-layout, for example, there is such as has been entered using a keyboard "text data", change the font size or change the number of characters per line in such as word processing it is possible to display and change the layout and or. もし、前述のPocketWordの様に、手書き入力された文字ではあるが、文字単位で分解でき、再レイアウトできるのならば、テキストデータの一種と解釈してもよい。 If, like the aforementioned PocketWord, albeit at handwritten input character, can be decomposed in characters, if can relayout it may be interpreted as a kind of text data.
【0099】 [0099]
「メモデータ」は、手書きデータやテキストデータなど、ユーザがコンテンツデータに対して入力したデータの総称である。 "Memo data", such as handwritten data and text data, the user is a generic term for a data input for the content data. テキストデータの様に分解して再レイアウトできるものも、手書きデータの様に分解、再レイアウトできないものも含んでいる。 Even those that can be disassembled and re-layout as the text data, decomposition as of handwritten data, which also include those that can not be re-layout. なお、手書きデータやテキストデータ以外でも、表示できる対象ならばほとんどのデータはメモデータとして扱え、例えば画像なども含まれる。 Even outside the handwritten data and text data, most data if the object can be displayed handled as memo data, for example images, etc. are also included.
【0100】 [0100]
「コンテンツデータ」は、ここでは、表示対象要素を表す構成要素データの一つ以上の集まりからなり、文字サイズなどの表示設定によって表示対象要素のレイアウトが変わるようなデータとしている。 "Content data" here, the display consists of one or more set of component data representing the target element, and the data as changes the layout of the display target element by the display setting such as a character size. 例えばエディタやワープロ、WWW(World Wide Web)ブラウザなどで扱うデータが相当するが、文字サイズや全レイアウト範囲(ウィンドウ)の大きさなどを変えると、コンテンツデータは再レイアウトされ、表示結果は異なってくる。 For example, editor or word processor, WWW (World Wide Web), but data handled by such as a browser is equivalent to, and change the such as the size of the character size and the entire layout range (window), content data is re-layout, display the results differently come.
【0101】 [0101]
「関連付け情報」とは、コンテンツデータの一部とメモ情報とを関連付ける情報である。 The "association information" is information that associates the part of the content data and the memo information. なお、以降、メモ情報と関連付けられたコンテンツデータの一部を、「参照部分」や「参照データ」と呼ぶことにする。 Incidentally, since a part of content data associated with the note information, it will be referred to as "reference portion" and "reference data".
【0102】 [0102]
例えば、コンテンツとしての文書中のある文章に対して下線を引き、そこから引き込み線を余白まで引っ張り、余白にその文章に対するコメントなどをユーザがメモとして記したとすると、下線を引いた文章が参照部分であり、参照部分とメモとを下線や引き込み線などを使って関連付けたことになる。 For example, underlined to the text of the document as the content, pulling up to the margin of the lead-in from there, if the user, such as comments on the sentence in the margin is marked as a note, reference sentence underlined a portion, so that the reference part and the notes associated with the like underline or drop wire.
【0103】 [0103]
視覚的にはこのような形で表現されるが、データ的には関連付け情報とは、例えば参照部分、すなわち参照データとメモデータとの対応関係を特定する情報であり、参照データのデータ範囲をコンテンツデータ内で特定するような情報やメモデータを特定するような情報の組ということになる。 Although visually represented in this way, the association data information, e.g., see section, that is, information specifying the correspondence between the reference data and the memo data, the data range of the reference data it comes to a set of information that identifies information and notes data as identified in the content data. 特定の仕方については後で述べる。 It described later for a particular way. 対応関係は1対1に限らず、1対多、多対1、多対多なども可能である。 Correspondence is not limited to one-to-one, one-to-many, many-to-one, many-to-many, or the like can be.
【0104】 [0104]
また、対応関係の情報だけに限らず、参照部分をどのように指定したのか(先の例では「下線」と「引き込み線」を使っている)とか、どこにメモを記したのか(先の例では余白部分)、などの情報も関連付け情報は含むが、このような情報はメモデータに持たすことも可能である。 Further, the present invention is not limited only to the information of the corresponding relation, how the specified for the reference part Toka (In the above example are using a "lead-in" and "underline"), where it was noted a note (the previous example in margin), but also associated information includes information such as, such information is also possible to Motas the memo data. 1対1の場合はどちらが持っても良いが、1対多、多対1、多対多などでメモデータや参照データが複数の時、メモデータ毎に関連付けの表示の仕方を変えたいという場合にはメモデータに持たせた方が良い場合もある。 May be better, with the case of one-to-one, but the one-to-many, many-to-one, when such as in the many-to-many memo data and reference data is plural, the case that you want to change the display of how associated with each memo data in some cases it is better to not have to memo data is in.
【0105】 [0105]
関連付け情報に関しては、後で図13を用いて具体的に詳しく説明する。 For the association information, later specifically described in detail with reference to FIG. 13.
【0106】 [0106]
「余白範囲」は、メモデータをレイアウトできる範囲を指し、基本的に表示範囲44にコンテンツデータをレイアウトした残り部分が対象となる。 "Margin range" refers to a range that can be laid out memo data, essentially the remainder portion of laying out the contents data in the display range 44 of interest. したがって、余白範囲は、紙面(全レイアウト範囲)の周囲の部分と、コンテンツデータのレイアウトの行間の部分とに大きく分けられる。 Therefore, the margin range, and the surrounding portion of the paper (full layout range) is roughly divided into a line spacing portion of the layout of the content data. 厳密に言えば、文字間や文字や図形の中の空白部なども余白と言えなくもないが、実際にメモデータをレイアウト可能な範囲と考えると、周囲と行間が主な余白範囲となる。 Strictly speaking, there is no also not say that also the margin, such as blank part in the inter-character or characters and figures, and actually think about the memo data and layout possible range, around and between the lines is the main margin range.
【0107】 [0107]
図4は、本発明の実施の一形態に係り、後述する表示方法を実施する表示装置を示す構成図である。 Figure 4 relates to an embodiment of the present invention, it is a block diagram showing a display device for implementing the display method described later.
【0108】 [0108]
すなわち、表示装置の要部を、メモデータレイアウト範囲取得手段59、入力手段60、表示範囲取得手段61、コンテンツデータ取得手段62、メモデータ取得手段63、関連付け情報取得手段64、コンテンツデータレイアウト取得手段65、メモデータレイアウト取得手段66、レイアウト出力手段67、コンテンツレイアウト範囲取得手段68、およびコンテンツ余白特定手段69の主要な機能ブロックに展開して示すことができる。 That is, a main part of a display device, the memo data layout range acquiring unit 59, input unit 60, the display range acquisition unit 61, content data acquisition unit 62, the memo data acquisition unit 63, the association information obtaining unit 64, the contents data layout acquisition unit 65, the memo data layout acquisition unit 66, can be shown to expand the main functional blocks of the layout output unit 67, a content layout range acquisition means 68, and the content margin specifying means 69.
【0109】 [0109]
処理の概要をこれら各手段59〜69間のデータの授受の観点から説明する。 Outline of the processing will be described in terms of data exchange between these respective means 59 to 69.
【0110】 [0110]
まず、表示範囲取得手段61では、レイアウト出力手段67に接続されたモニターやプリンタで使用される印刷用紙等の表示/出力媒体のサイズに相当するレイアウト可能範囲を得て、レイアウト出力手段67、コンテンツレイアウト範囲取得手段68、コンテンツ余白特定手段69に送る。 First, the display range acquisition unit 61 to obtain a layout range corresponding to the size of the display / output medium such as printing paper to be used in a monitor or printer connected to the layout output unit 67, the layout output unit 67, the content layout range acquisition unit 68, and sends the content margin specifying means 69.
【0111】 [0111]
なお、表示/出力媒体のレイアウト可能範囲とは、コンテンツデータやメモデータも含めて、表示対象要素をレイアウトして表示が可能となる範囲であり、表示/出力媒体の表示できない端の部分や、ウィンドウ枠その他の表示に使われるのでコンテンツデータやメモデータのレイアウト/表示に使えない部分を除いた部分、本当はレイアウト可能だが見易くするためにわざとレイアウトさせない端の部分(先に説明した意味ではなく、一般的に言う「余白」)などを除いた範囲である。 Note that the layout range of the display / output media content data and notes data included, a range of possible display layout display target element, or portion of the end can not be displayed in the display / output medium, not in the sense described so used to the other of the display window frame portion excluding the portion that can not be used in the layout / display of the content data and notes data, really to deliberately portion of the end that does not layout (earlier in order but can be laid out to make it easy to see, generally speaking, "margin") is in the range excluding the like. ここでは説明を簡単にする為、図1の表示範囲44の全てがレイアウト可能範囲として得られるとする。 Here for simplicity of explanation, the entire display range 44 of FIG. 1 is obtained as the layout range.
【0112】 [0112]
上記のレイアウト可能範囲は、後で詳述するように、キーボード、マウス等を介したユーザの操作や、文書表示プログラムや、表示/出力先の装置によって指定され、表示範囲取得手段61に入力される。 Layout range of the above, is input as will be discussed in more detail below, a keyboard, operation or the user via the mouse or the like, and a document display program, as specified by the display / output destination device, the display range acquisition means 61 that.
【0113】 [0113]
次に、コンテンツレイアウト範囲取得手段68は、表示範囲取得手段61から得たレイアウト可能範囲や、ユーザが指定した行内文字数の情報、余白の設定情報などを元に、コンテンツデータをレイアウトする範囲(以下、コンテンツレイアウト範囲と呼ぶ)を得る。 Next, the content layout range acquisition means 68, the layout range and obtained from the display range acquisition unit 61, a row number of the information specified by the user, etc. based on the margin setting information, the range of laying out the contents data (hereinafter to obtain the referred content layout range).
【0114】 [0114]
コンテンツレイアウト範囲は、通常、レイアウト可能範囲より上下左右に余白を取った分、狭い範囲として得られる。 Content layout range, usually, minutes took margins vertically and horizontally from the layout range is obtained as a narrow range. 得られたコンテンツレイアウト範囲は、コンテンツデータレイアウト取得手段65、コンテンツ余白特定手段69へ送られる。 The resulting content layout range, content data layout acquisition unit 65 is sent to the content margin specifying unit 69.
【0115】 [0115]
コンテンツデータ取得手段62は、コンテンツデータを外部記憶装置や、ユーザが操作するキーボード、マウス等などから得て、コンテンツデータレイアウト取得手段65へ送る。 Content data acquisition means 62, and the external storage device the content data, a keyboard operated by the user, obtained from a mouse or the like, and sends to the content data layout acquisition unit 65.
【0116】 [0116]
コンテンツデータレイアウト取得手段65は、コンテンツレイアウト範囲取得手段68から得たコンテンツレイアウト範囲の中で、コンテンツデータ取得手段62から得たコンテンツデータ(の各表示対象要素)をレイアウトする。 Content data layout acquisition unit 65, in the content layout range obtained from the content layout range acquisition unit 68 lays out the contents data from the contents data acquisition unit 62 (the display target elements). これによって、コンテンツデータの各表示対象要素のレイアウト位置が決まり、コンテンツデータを表示できることになる。 This determines the layout position of each displayed element of the content data, will be able to view the content data. コンテンツデータのレイアウトを記述したレイアウトデータは、コンテンツデータレイアウト取得手段65で生成された後、コンテンツ余白特定手段69、メモデータレイアウト取得手段66、レイアウト出力手段67へ送られる。 Layout data describing the layout of the content data, after being generated by the contents data layout acquisition unit 65, the content margin specifying unit 69, the memo data layout acquisition unit 66 is sent to the layout output means 67.
【0117】 [0117]
コンテンツデータのレイアウトデータを生成する構成を説明したので、次に、メモデータのレイアウトデータを生成する構成を説明する。 Having described the structure of generating layout data of the content data, it will now be described an arrangement for generating layout data of the memo data.
【0118】 [0118]
入力手段60は、タブレット、ペン、キーボードなどで入力されたデータを受け取り、メモデータ取得手段63、関連付け情報取得手段64へ送る。 Input means 60 sends a tablet, pen, receives the input data such as a keyboard, note data acquiring unit 63, associated to the information acquisition unit 64.
【0119】 [0119]
メモデータ取得手段63は、入力手段60から得た入力データを解釈したり、外部記憶装置などに記録されたデータからメモデータを読み取ったりして、メモデータを取得し、メモデータレイアウト取得手段66、メモデータレイアウト範囲取得手段59へ送る。 Note the data acquisition means 63, or interprets the input data obtained from the input unit 60, and or read memo data from the data recorded in an external storage device, acquires the memo data, the memo data layout acquisition unit 66 , and sends it to the memo data layout range acquisition means 59.
【0120】 [0120]
同様に、関連付け情報取得手段64は、入力手段60から得た入力データを解釈したり、外部記憶装置などに記録されたデータから関連付け情報を読み取ったりして、関連付け情報を取得し、メモデータレイアウト取得手段66、レイアウト出力手段67へ送る。 Similarly, the association information obtaining means 64, or interprets the input data obtained from the input unit 60, and or read information associated from the data recorded in an external storage device, acquires the association information, memo data layout acquisition means 66, and sends it to the layout output means 67.
【0121】 [0121]
コンテンツ余白特定手段69では、表示範囲取得手段61から得たレイアウト可能範囲、コンテンツレイアウト範囲取得手段68から得たコンテンツレイアウト範囲、コンテンツデータレイアウト取得手段65から得たコンテンツデータ(の各表示対象要素)のレイアウトデータから、コンテンツデータがレイアウトされていない余白範囲を特定して抽出する。 The content margin specifying unit 69, the layout can range from the display range acquisition unit 61, the content layout range obtained from the content layout range acquisition means 68, (each displayed element of) the content data from content data layout acquisition unit 65 from the layout data, the content data is extracted to identify the margin range not laid. 抽出された余白範囲は、メモデータレイアウト範囲取得手段59へ送られる。 The extracted margin range is sent to the memo data layout range acquiring section 59.
【0122】 [0122]
メモデータレイアウト範囲取得手段59は、コンテンツ余白特定手段69から得た余白範囲と、メモデータ取得手段63から得たメモデータとから、コンテンツデータ(の各表示対象要素)のレイアウトと重なりが無い、あるいは所定割合以下、あるいは所定面積以下のメモデータのレイアウト範囲(以下、メモレイアウト範囲と呼ぶ)を得る。 Note the data layout range acquiring section 59, and margins range obtained from the content margin specifying unit 69, and a memo data obtained from memo data acquisition means 63, there is no overlap with the layout of the content data (the display target elements), or a predetermined percentage or less, or a predetermined area layout scope of the following memo data (hereinafter, referred to as a note layout range) is obtained. 得られたメモレイアウト範囲は、メモデータレイアウト取得手段66へ送られる。 The resulting note layout range is sent to the memo data layout acquisition unit 66.
【0123】 [0123]
メモデータレイアウト取得手段66は、関連付け情報取得手段64から得た関連付け情報とコンテンツデータレイアウト取得手段65から得たコンテンツデータのレイアウトデータとから、レイアウトされているコンテンツデータに関連付けられたメモデータを得る。 Note the data layout acquisition unit 66 is obtained from the layout data of the obtained content data from the association information obtaining means 64 association information and content data layout acquisition unit 65 from the memo data associated with the content data being laid .
【0124】 [0124]
続いて、メモデータレイアウト取得手段66は、そのメモデータのレイアウト方針(ユーザまたは表示プログラム等によって設定される)などに従って、メモデータレイアウト範囲取得手段59から得たメモレイアウト範囲の中で、メモデータ取得手段63から得たメモデータをレイアウトし、メモデータのレイアウトを記述したメモレイアウトデータを生成する。 Then, memo data layout acquisition unit 66 in accordance with such layout policy of the memo data (set by the user or the display program, etc.), in a note layout range from memo data layout range acquiring unit 59, the memo data lay the memo data obtained from the acquisition unit 63, generates a note layout data describing the layout of the memo data. 生成されたメモレイアウトデータは、レイアウト出力手段67へ送られる。 Note layout data generated is sent to the layout output means 67.
【0125】 [0125]
なお、メモデータレイアウト範囲取得手段59およびメモデータレイアウト取得手段66は、メモレイアウト生成手段に相当する。 Incidentally, the memo data layout range acquiring section 59 and the memo data layout acquisition unit 66 is equivalent to the note layout generation means.
【0126】 [0126]
レイアウト出力手段67は、コンテンツデータレイアウト取得手段65から得たコンテンツデータのレイアウトデータと、メモデータレイアウト取得手段66で生成されたメモレイアウトデータとに従って、コンテンツデータおよびメモデータを、関連付け表示情報などに基づいて関連付けて、モニターなどに表示する。 Layout output means 67, the layout data of the content data from content data layout acquisition unit 65, according to the generated notes layout data memorandum data layout acquisition unit 66, the content data and the memo data, such as the association display information in association with the basis, to display such as a monitor. なお、関連付け表示情報は、関連付け情報取得手段64から得られた関連付け情報に含まれている。 Incidentally, the association display information is included in the association information obtained from the associated information acquisition unit 64.
【0127】 [0127]
図5は、図4の各手段59〜69を具体的に実現する装置の構成例である。 Figure 5 is a configuration example of a realized specifically to apparatus the means 59-69 of FIG.
【0128】 [0128]
CPU(central processing unit)70は、メモデータレイアウト範囲取得手段59、上記入力手段60、表示範囲取得手段61、コンテンツデータ取得手段62、メモデータ取得手段63、関連付け情報取得手段64、コンテンツデータレイアウト取得手段65、メモデータレイアウト取得手段66、レイアウト出力手段67、コンテンツレイアウト範囲取得手段68、およびコンテンツ余白特定手段69として機能し、これら各手段59〜69による処理手順が記述されたプログラムを主記憶74、外部記憶75、通信デバイス77が仲介するネットワークなどから得る。 CPU (central processing unit) 70, the memo data layout range acquiring section 59, the input unit 60, the display range acquisition unit 61, content data acquisition unit 62, the memo data acquisition unit 63, the association information obtaining unit 64, the contents data layout acquisition means 65, the memo data layout acquisition unit 66, the layout output unit 67 functions as a content layout range acquisition means 68 and the content margin specifying unit 69, a main memory a program procedure is described by respective means 59 to 69 74 , obtained from such a network to an external storage 75, a communication device 77 mediated.
【0129】 [0129]
なお、主記憶74または外部記憶75は、本発明の表示プログラムを記録した記録媒体に相当する。 The main memory 74 or the external storage 75 is equivalent to a recording medium recording the display program of the present invention.
【0130】 [0130]
また、CPU70は、CPU70を含めてバス79を通じ相互に接続されたディスプレイ71、プリンター72、タブレット73、主記憶74、外部記憶75、マウス76、通信デバイス77、キーボード78とデータのやりとりを行ないながら、既に説明した各処理を行なう。 Further, CPU 70 may display 71 are connected to each other through a bus 79 including a CPU 70, a printer 72, a tablet 73, main memory 74, external memory 75, a mouse 76, a communication device 77, while performing exchange of the keyboard 78 and data performs the processes described above.
【0131】 [0131]
なお、データのやりとりは、バス79を介して行う形態に限定されるものではなく、データを送受信できるならば、通信ケーブルや無線通信装置などを介する形態でもよい。 Incidentally, the exchange of data is not limited to the embodiment performed through the bus 79, if the data can be transmitted and received, may be in the form via a communication cable or wireless communication device. また、各手段59〜69の実現手段としては、CPUに限らず、DSP(digital signal processor)や処理手順が回路として組み込まれているロジック回路などを用いることもできる。 Further, as means for realizing each means 59-69 is not limited to the CPU, DSP (digital signal processor) or the procedure can also be used as a logic circuit that is built as a circuit.
【0132】 [0132]
主記憶74は、通常はDRAM(dynamic random access memory)やフラッシュメモリなどのメモリデバイスで構成される。 The main memory 74 is typically comprised of a memory device such as DRAM (dynamic random access memory) or a flash memory. 外部記憶75は、HDD(hard disk drive)やPC(personal computer)カードなどの装脱着可能な記憶手段である。 The external storage 75 is a HDD (hard disk drive) or PC (personal computer) instrumentation removable storage means such as a card. あるいはCPU70とネットワークを介して有線または無線で接続された他のネットワーク機器に取り付けられた主記憶や外部記憶を外部記憶75として用いることもできる。 Alternatively it is also possible to use a main memory or external memory attached to other network devices connected by wire or wirelessly via the CPU70 and network as an external memory 75.
【0133】 [0133]
ユーザの指示を入力する手段として、マウス76、タブレット73、キーボード78などがあり、ユーザの指示はバス79を介して入力手段60に入力される。 As means for inputting a user's instruction, a mouse 76, a tablet 73, include a keyboard 78, a user instruction is input to the input unit 60 via the bus 79. この他にもボタン、マイクによる音声入力など、様々な手段が使用可能である。 In addition to buttons, voice input by a microphone, a variety of means available.
【0134】 [0134]
ディスプレイ71は、通常はグラフィックカードなどと組み合わされて実現され、グラフィックカード上にVRAM(video random access memory)を有し、VRAM上のデータを表示信号に変換して、モニターなどのディスプレイ(表示/出力媒体)に送り、ディスプレイは表示信号を画像として表示する。 Display 71 is typically implemented in combination with such graphics card has a VRAM (video random access memory) on the graphics card, it converts the data of the VRAM to the display signal, a display such as a monitor (display / feeding the output medium), the display displays the display signal as the image.
【0135】 [0135]
プリンタ72は、バス79を介して得た印刷データを用紙(表示/出力媒体)に印刷する。 The printer 72 prints the print data obtained via the bus 79 to the paper (the display / output medium). 通信デバイス77は、ネットワークカードなどにより実現され、無線や有線などにより接続された他のネットワーク機器とデータをやりとりする。 Communication device 77 is implemented by a network card, to exchange other network devices and data connected by such as a wireless or wired.
【0136】 [0136]
図4の表示範囲取得手段61としてのCPU70は、表示/出力範囲(レイアウト可能範囲)のデータを主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムから得たり、ユーザの操作によりマウス76、タブレット73、キーボード78から入力されたデータとして得たり、ディスプレイ71、主記憶74、外部記憶75、プリンタ76、ネットワークからデータとして得たりする。 CPU70 as a display range acquisition means 61 of FIG. 4, the main memory 74 the data of the display / output range (layout range), an external storage 75, or obtained from a program read from such a network, a mouse 76 by a user operation, tablet 73, or obtained as data input from the keyboard 78, a display 71, a main memory 74, external memory 75, a printer 76, or obtained as data from the network.
【0137】 [0137]
例えばディスプレイ71上に表示されているウィンドウのサイズをレイアウト可能範囲とするならば、CPU70は、主記憶74上のウィンドウサイズデータを参照したり、ウィンドウサイズ取得APIを呼び出すなどしてレイアウト可能範囲のデータを得る。 For example, if the size of the window displayed on the display 71 to the layout range, CPU 70 can reference the window size data on the main memory 74, the layout range and the like calling a window size acquisition API obtain the data. また印刷ならば、プリンタ72、あるいは用紙設定が記録された主記憶74や外部記憶75上の用紙設定データをCPU70が参照したり、用紙サイズ取得APIを呼び出すなどして用紙サイズのデータを得ればよい。 Further, if printing, the printer 72 or the paper setting or reference CPU70 sheet setting data in the main memory 74 and external storage 75 is recorded, and the like calls a paper size obtaining API is to give the data of the sheet size, Bayoi.
【0138】 [0138]
コンテンツレイアウト範囲取得手段68としてのCPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから既に設定済みのコンテンツレイアウト範囲を得たり、あるいは主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づき、表示範囲取得手段61から得たレイアウト可能範囲などを元に、コンテンツレイアウト範囲を得る。 CPU70 as the content layout range acquisition means 68, a main memory 74, external memory 75, or to give the already content layout range configured from such network or the main memory 74, based on a program read external storage 75, network etc. and based on the layout range obtained from the display range acquisition unit 61 to obtain the content layout range.
【0139】 [0139]
コンテンツデータ取得手段62としてのCPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどからコンテンツデータを得る。 CPU70 as the content data acquisition means 62, a main memory 74, the external memory 75 to obtain content data from such a network. コンテンツデータは予め用意されているとする。 Content data is assumed to be prepared in advance.
【0140】 [0140]
コンテンツデータレイアウト取得手段65としてのCPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから既に作成済みのレイアウトデータを得たり、あるいは、コンテンツデータ取得手段62から得たコンテンツデータ(の各表示対象要素)を、コンテンツレイアウト範囲取得手段68から得たコンテンツレイアウト範囲の中でレイアウトし、レイアウトデータを生成する。 CPU70 as content data layout acquisition unit 65, a main memory 74, external memory 75, already or give created layout data from such a network, or the content data (the display target elements obtained from the content data acquisition means 62 ) was laid in the content layout range obtained from the content layout range acquisition unit 68, it generates layout data. なお、レイアウトデータの生成処理は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づく。 The generation processing of the layout data, a main memory 74, external memory 75, based on a program read from such a network.
【0141】 [0141]
図4の入力手段60としてのCPU70は、ユーザからの入力データを、ユーザの操作によりマウス76、タブレット73、キーボード78などから入力されたデータとして得、必要に応じて、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムを利用してその入力データを加工してから、他の手段に渡したりする。 CPU70 as an input means 60 in FIG. 4, the input data from a user, a mouse 76 by a user operation, the tablet 73, as a data input from the keyboard 78, as needed, a main memory 74, an external storage 75, by utilizing the program read from such a network after processing the input data, or to an other means.
【0142】 [0142]
例えば、タブレット73やマウス76から入力されたペンやマウス76の動きデータをストロークデータの形式にしたり、そのストロークデータを手書き文字認識してテキストデータに変換したり、キーボードから得られる文字を仮名漢字変換して漢字仮名混じりのテキストにしたり、マイクから入力された音声を認識してテキストデータに変換したり、などといった処理などを入力手段60が実行する。 For example, the kana-kanji or the motion data of the tablet 73 and a mouse 76 are input from the pen or mouse 76 to form the stroke data, or converted into text data by handwriting recognition that stroke data, a character derived from the keyboard or the text of the kanji kana are converted, or converted into text data by recognizing the voice input from the microphone, the input unit 60 processes the like, such as run.
【0143】 [0143]
メモデータ取得手段63としてのCPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどからメモデータを得たり、あるいは主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づき、入力手段60から得たユーザ入力を処理してメモデータとして解釈してメモデータを得る。 CPU70 as memo data acquisition unit 63, based on the main memory 74, external memory 75, or obtained network from such a note data or the main memory 74, an external storage 75, a program read from such a network, obtained from the input means 60 obtaining memo data interpreted as a memo data by processing the user input. 主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから直接メモデータを読み込む時は、予め用意されているとする。 A main memory 74, external memory 75, when directly reading the memo data from such a network is assumed to be prepared in advance.
【0144】 [0144]
関連付け情報取得手段64としてのCPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから関連付け情報を得たり、あるいは、入力手段60から得たユーザ入力を処理して関連付け情報として解釈した後、関連付け情報を取得する。 The CPU70 as an information acquisition unit 64 associates, a main memory 74, external memory 75, or obtain information associated with the network or the like or, after interpreted as information associated with processing the user input from the input unit 60, association information to get. なお、ユーザ入力を処理して関連付け情報を取得する処理は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づく。 The processing for acquiring information associated with processing the user input, based on the main memory 74, external memory 75, a program read from such a network. また、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから直接関連付け情報を読み込む時は、予め用意されているとする。 The main memory 74, external memory 75, when reading directly associated information from such networks, and have been prepared in advance.
【0145】 [0145]
なお、メモデータと関連付け情報とはお互いに対応しているデータなので、記録する時は一体のデータとして記録した方が多くの場合、扱いが便利である。 It is to be noted that the information associated with the memo data because the data corresponding to each other, when many of those who were recorded as an integral of the data when recording, handling is convenient. コンテンツデータと一体とした方が便利かどうかは使い方による。 Whether more convenient to the content data and the integral by use.
【0146】 [0146]
コンテンツ余白特定手段69としてのCPU70は、取得したレイアウト可能範囲と、コンテンツレイアウト範囲取得手段68から得たコンテンツレイアウト範囲と、コンテンツデータレイアウト取得手段65から得たコンテンツデータ(の各表示対象要素)のレイアウトデータとから、コンテンツデータがレイアウトされていない余白範囲を抽出する。 As a content margin specifying unit 69 CPU 70 includes a layout range obtained, a content layout range obtained from the content layout range acquisition unit 68, the content data from content data layout acquisition unit 65 of the (each displayed element of) from the layout data, the content data is extracted margins range not laid.
【0147】 [0147]
なお、CPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから既に設定済みのレイアウト可能範囲を得たり、あるいは主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づき、表示範囲取得手段61からレイアウト可能範囲を取得する。 Incidentally, CPU 70, based on the main memory 74, external memory 75, or to give the already set layout range of such a network or the main memory 74, an external storage 75, a program read from such a network, the display range acquisition means 61 to get the layout can range from.
【0148】 [0148]
メモデータレイアウト範囲取得手段59としてのCPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づき、コンテンツ余白特定手段69から得られた余白範囲と、メモデータ取得手段63から得られたメモデータとから、コンテンツデータ(の各表示対象要素)のレイアウトと重なりが無い、あるいは所定割合以下、あるいは所定面積以下のメモレイアウト範囲を得る。 CPU70 as memo data layout range acquiring unit 59, a main memory 74, external memory 75, based on a program read from such a network, and margins range obtained from the content margin specifying means 69, obtained from the memo data acquisition means 63 from the memo data, there is no overlap with the layout of the content data (the display target elements), or a predetermined percentage or less, or obtain the following note layout range predetermined area.
【0149】 [0149]
メモデータレイアウト取得手段66としてのCPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから既に作成済みのメモデータを得たり、あるいは、レイアウトされているコンテンツデータに関連付けられたメモデータをメモデータ取得手段63から得て、メモデータレイアウト範囲取得手段59から得られたメモレイアウト範囲の中で、そのメモデータのレイアウト方針などに従って、レイアウトし、メモレイアウトデータを得る。 CPU70 as memo data layout acquisition unit 66, a main memory 74, external memory 75, already or give created note data from such a network, or the memo data acquires memo data associated with the content data being laid obtained from the means 63, in a note layout range obtained from memo data layout range acquiring unit 59, in accordance with such layout policy of the memo data, and layout to obtain a note layout data.
【0150】 [0150]
なお、メモデータレイアウト取得手段66は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づき、関連付け情報取得手段64から得られた関連付け情報とコンテンツデータレイアウト取得手段65から得られたコンテンツデータのレイアウトデータとから、コンテンツデータに関連付けられたメモデータを取得する。 Incidentally, the memo data layout acquisition unit 66, based on the main memory 74, external memory 75, a program read from such a network, obtained from the association information and the contents data layout acquisition unit 65 obtained from the association information obtaining means 64 content from the layout data of the data, to acquire the memo data associated with the content data.
【0151】 [0151]
レイアウト出力手段67としてのCPU70は、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づき、コンテンツデータレイアウト取得手段65から得られたコンテンツデータのレイアウトデータと、メモデータレイアウト取得手段66から得られたメモレイアウトデータとに従って、コンテンツデータおよびメモデータを、関連付け情報に含まれる関連付け表示情報などに基づいて関連付けて、ディスプレイ71、プリンター72などに表示/出力する。 CPU70, the main memory 74 as the layout output unit 67, based on a program read external storage 75, a network etc., and the layout data of the content data obtained from content data layout acquisition unit 65, the memo data layout acquisition unit 66 accordance with the obtained note layout data, the content data and the memo data, in association with the like based on the association display information included in the associated information, a display 71, for displaying / output to a printer 72.
【0152】 [0152]
図6は、本発明に係る表示装置の外観例を示している。 Figure 6 shows an appearance example of a display device according to the present invention. 本体90上に表示部兼タブレット91があり、入力手段としてペン92がある。 There is a display unit and the tablet 91 on the body 90, there is a pen 92 as an input means. 表示部兼タブレット91は出力先の装置(ディスプレイ71およびタブレット73等)に相当し、図では表示部兼タブレット91の大きさがレイアウト可能範囲の大きさとなる。 Display and tablet 91 corresponds to the apparatus of the output destination (display 71 and a tablet 73, etc.), the size of the display unit and the tablet 91 is the size of the layout range is in FIG.
【0153】 [0153]
表示部兼兼タブレット91上でペン92を操作することで、手書きデータなどが入力できる。 By operating the pen 92 on the display unit and cum tablet 91, handwriting data can be input. 表示部兼タブレット91の表示機能は図5のディスプレイ71に相当し、表示部兼タブレット91のタブレット機能とペン92の組み合わせが図5のタブレット73に相当する。 Display function of the display unit and the tablet 91 is equivalent to the display 71 of FIG. 5, the combination of tablet function and pen 92 of the display unit and the tablet 91 corresponding to the tablet 73 of FIG. 表示部兼タブレット91上には、図6のように、コンテンツ(例えば文章)のレイアウト、メモのレイアウト、関連付け情報(例えば下線)などが表示される。 On the display unit and the tablet 91, as shown in FIG. 6, the layout of the content (e.g. text), note layout, such as association information (e.g., underlined) is displayed.
【0154】 [0154]
この装置を使った操作例として、あるテキストにメモを関連付けて、メモを表示させる一連の操作について説明する。 As an operation example of using this apparatus, in association with a note to a text, it described a series of operations for displaying the note.
【0155】 [0155]
図7は、表示部兼タブレット91を抜き出して書いたもので、コンテンツデータとして、「従来、文書・・」というテキストがレイアウトされて表示されている。 7, which was written by extracting the display unit and the tablet 91, as content data, "conventional, Document ..." text is displayed is laid that. この時点ではメモデータは存在しないとする。 At this point, the memo data does not exist.
【0156】 [0156]
図8は、表示部兼タブレット91上で、ペン92を用いて、コンテンツデータのテキストの一部を選択している状態を示す図である。 8, on the display unit and the tablet 91, with a pen 92 is a diagram showing a state of selecting a portion of text of the content data. 図8では、テキスト中の「文書」という部分を選択している。 In FIG. 8, we have selected the part of "document" in the text. この「文書」がメモの参照部分となる。 This "document" is the reference section of the memo. 選択の方法は、マウスやキーボードなどを使った方法など色々あるが、ここではペン92によって、選択部分の範囲をドラッグするという方法であるとする。 The method of choice, there are various such methods using a mouse or keyboard, where the pen 92 is directed to a method of dragging a range of selection. 選択されたテキスト部分が分かり易いように、選択されたテキスト部分の色を反転させて表示している。 The so selected text portion intelligible, are displayed by inverting the color of the selected text portion.
【0157】 [0157]
なお、これらの選択方法は、GUI(Graphical User Interface)を扱うOS(Operating System)やアプリケーションならば一般的な方法なので、具体的な実現方法についての説明は省略する。 Note that these selection methods, since GUI (Graphical User Interface) of OS (Operating System) and application if it common way to deal with, a description of the specific implementation thereof is omitted.
【0158】 [0158]
コンテンツデータのテキストの一部を選択したら、メモデータを設定する。 Once you have selected the part of the text of the content data, to set the memo data. 設定方法は様々考えられるが、図9は、設定を行うダイアログウィンドウを表示させた例である。 Configuration methods are different idea, FIG. 9 is an example of displaying a dialog window for setting. このダイアログウィンドウは、コンテンツデータのテキスト表示の上に重ねて表示されているとする。 This dialog window is assumed to be displayed on top of the text display of the content data.
【0159】 [0159]
図9の「テキスト」部分の横の枠内は文字入力することができ、ユーザがメモの内容を入力する入力部である。 "Text" portion next to the frame of FIG. 9 may be character input, an input unit for the user to input the contents of the memo. 図9では、「ドキュメント」という内容を入力した状態になっている。 In FIG. 9, in the state you enter the content of "document".
【0160】 [0160]
なお、テキストの入力に関しては、ペン92と表示部兼タブレット91を使った文字認識やソフトキーボード、あるいは外部キーボードなどによって入力されるとする。 Incidentally, the terms input text is input pen 92 character recognition and software keyboard with a display and a tablet 91 or by an external keyboard.
【0161】 [0161]
図9のダイアログウィンドウにおいて、「テキスト」の下の「表示位置」は、メモをコンテンツデータの参照部分に対してどのような位置の余白に表示するかを指定する入力部である。 In the dialog window of Fig. 9, "Position" under "text" is an input unit for designating whether to display the margin of any position with respect to the reference portion of the content data memory. ここでは、余白として「行間」と「周囲」がラジオボタンで選択でき、図9では「行間」が指定されている。 Here, "ambient" and "rows" as the margin can be selected with the radio button, 9 "rows" is specified.
【0162】 [0162]
その下の「参照表示」は、コンテンツデータの参照部分の表示の仕方をどうするかを指定する入力部である。 "Reference Display" below it, an input unit to specify what to do with the manner of display of the reference portion of the content data. ここでは、「下線」と「枠」とがラジオボタンで選択でき、図9では「下線」が指定されている。 Here, the "underline" and "frame" can be selected in the radio button, in FIG. 9 "underline" is specified.
【0163】 [0163]
メモデータの設定は、「表示位置」や「参照表示」以外にも様々な種類の設定が考えられるが、ここでは説明の為、この2つに絞っただけであり、実際には必要に応じてユーザが設定できるようにしておけばよい。 Set of memo data, "Position" and "Reference Display" is also a wide variety of settings other than may be considered, but here for the description is only focused on these two, in fact, if necessary it is sufficient to allow the user to set Te.
【0164】 [0164]
図9でメモ設定ダイアログによる設定が終われば、「OK」ボタンを押して、設定を確定する。 When you're finished configuring by memo Settings dialog in Figure 9, by pressing the "OK" button to enter the setting. すると後で説明するようなメモデータとコンテンツデータのレイアウト処理と表示処理が行われ、後で説明する図10のように参照部分「文書」に下線が引いて表示され、その下の行間に「文書」に関連付けられたメモの内容「ドキュメント」が表示される。 Then it is performed the display processing layout processing of memo data and content data as described later, is displayed underlined in the reference portion "document" as shown in FIG. 10 to be described later, "the rows below it the contents of the note associated with the document "," document "is displayed. なお、図10では後で説明に使う必要上、行範囲に点線で枠が描かれているが、これは説明上のもので実際には表示されない。 Incidentally, the need to use in FIG. 10 described later, but the frame by a dotted line is drawn in the range of lines, which are not actually displayed in the ones of description.
【0165】 [0165]
以上、コンテンツデータの表示から、参照部分の選択、メモデータの設定、レイアウト、表示という一連の手順の概要を説明した。 Above, the display of the content data, selection of a reference part, setting the memo data, layout, outlined a series of steps that display. 以降、主にレイアウトと表示の処理に関して、詳しく説明する。 And later, mainly in relation to the processing of layout and display, it will be described in detail.
【0166】 [0166]
図11は、本発明の実施の一形態に係る表示方法を示すフローチャート図である。 Figure 11 is a flowchart illustrating a display method according to an embodiment of the present invention. 前述した表示装置の各手段上で実施される処理に対応する。 It corresponds to the processing performed on each unit of the above-mentioned display device.
【0167】 [0167]
まずステップS1(以下、「ステップS」を「S」と略記する。)でメモデータ取得手段63がメモデータを取得すると、S2へ処理が進む。 First step S1 (hereinafter "step S" is abbreviated as "S".) When the memo data acquisition means 63 acquires the memo data, the process to S2 proceeds. メモデータの定義については、先に説明した通りである。 For the definition of memo data, it is as described above. メモデータの取得方法は本発明の主旨ではないので詳しい説明は省くが、入力手段60から得たデータ、すなわちキーボード78やタブレット73などで入力され、入力手段60の処理を経たテキストデータや手書きデータであったり、あるいは主記憶74や外部記憶75に予め記録されていたデータから読み込んだデータであったりする。 How to get the memo data in the detailed description because it is not the gist of the present invention omitted, but the data obtained from the input unit 60, that is, input keyboard 78, a tablet 73, the text data and the handwritten data has been processed in the input means 60 or a data read from the prerecorded have data or, or in the main memory 74 and the external storage 75 comprising a.
【0168】 [0168]
図12はメモデータ構造の一例を説明する図である。 Figure 12 is a diagram illustrating an example of memo data structures. 各横行1〜3が一つのメモデータで、全体は複数のメモデータの配列になっており、それぞれのメモデータにインデックス番号でアクセスできる。 Each transverse 1-3 One of memo data, the whole has become a sequence of a plurality of memo data can be accessed by an index number to each of the memo data.
【0169】 [0169]
各メモデータの中身は、図のように、「種類」、位置「X」「Y」、大きさ「W」「H」、「関連付けデータ」、「内容」、「レイアウト」からなる。 The contents of each memory data, as shown in the figure, consisting of "type", the position "X", "Y", the size "W" "H", "association data," "content", "Layout".
【0170】 [0170]
「種類」は、テキスト(TEXT)、手書きデータ(FREEHAND)、画像(IMAGE)などのように、メモデータの種類を示す。 "Type", the text (TEXT), handwritten data (FREEHAND), such as image (IMAGE), indicating the type of memo data.
【0171】 [0171]
位置「X」「Y」は、全レイアウト(レイアウト全体40)中の位置であり、図1の表示対象要素の位置と同じ座標系である。 Position "X", "Y" is the position in the entire layout (layout overall 40) is the same coordinate system as the position of the display target element of FIG.
【0172】 [0172]
大きさ「W」「H」は、メモデータを表示させた時の標準的な大きさであり、テキストデータのように分解、再レイアウトが可能なものは、大きさは「可変」であり、手書きデータや画像などは固定した大きさを持つ(但し、手書きデータや画像などを全体として伸縮することも不可能ではない)。 Size "W", "H" is the standard size of when to display the memo data, decomposed as text data, those re-layout is possible, the size is a "variable", handwritten data and images with fixed size (but it is not impossible to stretch as a whole, such as handwritten data and images).
【0173】 [0173]
「関連付けデータ」は、このメモと関連付けされている関連付け情報のデータへのアクセス手段を示す。 "Association data" indicates the access means to data association information that is associated with this memo. 例えばメモリ中に関連付けデータを保持する形態では、「関連付けデータ」は、そのデータのアドレスなどになる。 For example, in the form which holds the data associated with the memory, "association data" will like to the address of that data. ここでは分かり易くする為に、図13の関連付けデータに付与した番号で表現しておく。 Here, for clarity, the previously expressed in number assigned to the association data in Figure 13. 場合によっては、関連付けデータは、複数となることもある。 In some cases, the association data may also be a plurality.
【0174】 [0174]
「内容」は、メモデータの種類によって変わり、例えばテキストデータなら文字列やそのフォント情報、手書きデータならばストロークデータ(stroke data)、画像ならビットマップデータ(image data)やその記録場所を指し示すデータなどとなる。 "Content" will vary depending on the type of memo data, pointing For example, if the text data string and the font information, if handwritten data stroke data (stroke data), image if the bit map data (image data) and the recorded location data and so on.
【0175】 [0175]
「レイアウト」は後で作成するメモデータのレイアウトデータを指す。 "Layout" refers to the layout data of the memo data that you create later.
【0176】 [0176]
S2(関連付け情報取得ステップ)では、関連付け情報取得手段64が参照データとメモデータとの関連付け情報を得て、S3へ処理が進む。 In S2 (association information acquisition step), to obtain the association information of the association information obtaining means 64 is reference data and memo data, the process to step S3 proceeds. 関連付け情報の定義については、先に説明した通りである。 The definition of the association information is as described above. 関連付け情報取得手段64におけるデータの入手方法についてはメモデータと同様、キーボード78やタブレット73などで入力され、入力手段60の処理を経たテキストデータや手書きデータに併せて入力された関連付けの仕方に関する情報であったり、あるいは主記憶74や外部記憶75に予め記録されていた関連付け情報を読み込んだデータであったりする。 Information same as memo data about how to obtain the data in the information obtaining unit 64 associates, entered at keyboard 78, a tablet 73, relevant to association manner entered in conjunction with the text data and the handwritten data has been processed in the input means 60 or a data read association information a or, or which it has previously been recorded in the main memory 74 and the external storage 75 in.
【0177】 [0177]
図13は関連付け情報のデータ構造の一例を説明する図である。 Figure 13 is a diagram illustrating an example of a data structure of the association information. 点線で囲われたデータ10、20、30が一つの関連付けデータで、全体は複数の関連付けデータの配列になっており、それぞれの関連付けデータにインデックス番号でアクセスできる。 In the data 10, 20 and 30 One of the association data surrounded by the dotted line, the whole has become a plurality of sequences of association data may be accessed by an index number to each of the association data. 関連付けデータは、大きく「メモデータリスト」、「参照データリスト」、「関連表示方法」の3つに分けられる。 Association data is greater "memo data list", "reference data list" is divided into three "associated display method".
【0178】 [0178]
「メモデータリスト」は、関連付けデータによって関連付けられている「メモデータに関する情報」の配列である。 "Memo data list" is a sequence of "information relating to memo data" associated with the association data. ここでは、「メモデータに関する情報」を、「メモデータを特定する情報」と「メモデータを表示する方法についての情報」の組としている。 Here, it is the set of the "information about the memo data", "to identify the memo data information" and "information on how to display the memo data".
【0179】 [0179]
「メモデータを特定する情報」は、例えば、図13では、データ11、21、31、33であり、ここでは図12に示すメモデータの番号を記録してある。 "Information specifying the memo data", for example, in FIG. 13, a data 11,21,31,33, here is reported the number of the memo data shown in FIG. 12. 「メモデータを表示する方法についての情報」は、図13では、データ12、22、32、34であるが、データの中身の意味については、後で説明する。 "Information on how to display the memo data" in FIG. 13, is a data 12,22,32,34, the meaning of the data contents will be described later.
【0180】 [0180]
「参照データリスト」は、関連付けデータで関連付けられている「参照データに関する情報」の配列である。 "Reference data list" is a sequence of "information relating to the reference data" are associated with the association data. ここでは、「参照データに関する情報」として、「参照データを特定する情報」と「参照部分を視認可能に表示する方法(参照データの関連表示を表示する方法)についての情報」の組としている。 Here, the "information relating to the reference data", and the set of "information on how to visibly display the reference portion (the method to display the related display of reference data)" "specifying the reference data information" and. 図13では、「参照データを特定する情報」はデータ13、23、25、35であり、「参照部分を視認可能に表示する方法についての情報」はデータ14、24、26、36である。 In Figure 13, "information for specifying the reference data" is data 13,23,25,35, "information on how to visibly display the reference portion" is data 14,24,26,36.
【0181】 [0181]
「参照データを特定する情報」は、図2の表示対象要素のレイアウトデータの「データ位置」に対応するものとなる。 "Information specifying the reference data" will correspond to the "data position" in the layout data of the display target element of FIG. 例えば、先頭から5番目の表示対象要素から7番目の表示対象要素までを参照部分とするなら、参照データを特定する情報は、「5〜7」となる。 For example, if From 5 th display target element from the beginning and 7 th display target element to the reference portion, information specifying the reference data is "5-7".
【0182】 [0182]
「参照部分を視認可能に表示する方法についての情報」の意味については、後で説明する。 The meaning of "information on how to visibly display the reference portion" will be described later.
【0183】 [0183]
「関連表示方法」は、参照データとメモデータとの関連付けを表示する方法を表しており、図13ではデータ15、27、37である。 "Related display method" represents a method of displaying the association between reference data and the memo data is data 15,27,37 in Figure 13. データの中身の意味については後で説明する。 It will be described later meaning of the contents of the data.
【0184】 [0184]
S3では、コンテンツデータ取得手段62がコンテンツデータを取得する。 In S3, the content data acquisition means 62 acquires the content data. コンテンツデータの定義については、先に説明した通りである。 For the definition of the content data is the same as that described above. 以降では、説明を分かり易くする為、プレーンテキストで記述されているとする。 In the following, in order to facilitate understanding of the description, and are described in plain text. コンテンツデータは、コンテンツデータ取得手段62が主記憶74や外部記憶75に予め記録されていたコンテンツデータを読み込んだり、ネットワークを介して読み込むことで得られる。 Content data, reads the content data by the content data acquisition means 62 has been pre-recorded in the main memory 74 and external storage 75 is obtained by reading via the network.
【0185】 [0185]
S4では、メモデータレイアウト取得手段66が、メモ表示を行うかどうかの情報を得て、S5へ処理が進む。 In S4, the memo data layout acquisition unit 66 to obtain information on whether performing memo display, the processing proceeds to S5. .
【0186】 [0186]
メモ表示を行うかどうかの情報(メモON/OFF情報と呼ぶ)は、本発明を実施するアプリケーションや装置などから得ることがある。 (Referred to as memo ON / OFF information) whether information carried notes display may be obtained from an application or device that implements the present invention. つまり、主記憶74や外部記憶75に予め記録されたメモON/OFF情報を、メモデータレイアウト取得手段66が取得する。 In other words, a note ON / OFF information previously recorded in the main memory 74 and the external storage 75, the memo data layout acquisition unit 66 acquires. また、ユーザに尋ねることによって、メモデータレイアウト取得手段66が入力手段60を介してメモON/OFF情報を取得する場合もある。 Also, by asking the user, there is a case where memo data layout acquisition unit 66 acquires a note ON / OFF information via the input means 60. あるいはそれぞれのメモデータに既にその情報が含まれていて、メモデータレイアウト取得手段66がメモデータと合わせてメモON/OFF情報を取得することもある。 Or already contains the information to the respective memo data, the memo data layout acquisition unit 66 is also obtain the note ON / OFF information together with the memo data.
【0187】 [0187]
メモ表示を行うかどうかは、予めアプリケーションあるいは装置の設定によって全てのメモデータに対して一律に決める場合もあれば、それぞれのメモデータ毎に、またはメモデータの種類毎に決める場合もある。 Whether performing memo display, advance In some cases decide uniformly to all memo data by setting the application or device, for each memo data, or it may decide for each type of memo data.
【0188】 [0188]
ここでは、アプリケーションあるいは装置の設定によって全てのメモデータに関してまとめて決めるとしておく。 Here, keep the determined collectively for all the memo data by setting the application or device. なお、ここではメモON/OFF情報をメモデータ全体で一括した値として得ているが、図12のメモデータや図13の関連付け情報にメモON/OFF情報をメモデータ毎に持たせる形態を採用すれば、メモデータ毎に表示の有無を指定することができる。 Here, although to obtain a note ON / OFF information as a value obtained by collectively throughout memo data, take the form to have a note ON / OFF information for each memo data to the association information of the memo data and 13 in FIG. 12 if, it is possible to specify the presence or absence of display for each memo data.
【0189】 [0189]
S5では、S4で得られたメモON/OFF情報に基づき、メモデータレイアウト取得手段66がメモを表示させるか否かを判断する。 In S5, based on the note ON / OFF information obtained in S4, the memo data layout acquisition unit 66 determines whether to display the note. メモを表示させる場合は、連結点P10(以降、「連結点P」を「P」と略記する)を経てS6へ処理が進み、メモを表示させない場合はS5からS7へ処理が進み、コンテンツデータの表示処理を行う。 When displaying a note, connecting point P10 (hereinafter, "connection point P" to be abbreviated as "P") process to S6 is advances through, if you do not want to see the note advances the process S5 to the S7, the content data perform the display processing. なお、S7の内容については、後述のS6−6の説明が該当する。 Incidentally, the content of S7, a description of S6-6 described later corresponds.
【0190】 [0190]
S6(表示ステップ)では、コンテンツデータのレイアウトをメモデータ表示の為に変更せずにコンテンツデータやメモデータなどをレイアウト出力手段67によって表示させて、P100を経て処理を終了する。 In S6 (display step), and the content data and notes data without changing the layout of the content data for the memo data displayed by the display by the layout output unit 67, the processing is ended after P100. S6での処理の詳細は後で述べる。 Details of the processing in S6 will be described later.
【0191】 [0191]
これによって、メモデータとコンテンツデータとを関連付けて表示させる一連の処理を行うことができる。 Thus, a series of processes of displaying in association with the memo data and the content data can be performed. なお、S1〜S3の処理の順番は特にこの順でなくても良く、適宜入れ替わっても良い。 The order of the processing of S1~S3 may not particularly this order may be reversed as appropriate.
【0192】 [0192]
図14は、図11のS6の処理、すなわちレイアウト出力手段67が、レイアウトされたメモデータおよびコンテンツデータを、例えば前述の表示部兼タブレット91に表示する処理の一詳細例を説明するフローチャート図である。 14, the processing in S6 of FIG. 11, namely the layout output unit 67, a laid-out memo data and content data, for example, in flow chart describing one detailed example of a process of displaying on the display unit and the tablet 91 of the above is there.
【0193】 [0193]
P10からS6−1(レイアウト可能範囲取得ステップ)に進むと、表示範囲取得手段61が表示/出力媒体のレイアウト可能範囲を取得して、S6−2へ処理が進む。 Proceeding from P10 to S6-1 (layout range acquiring step) acquires the layout range of the display range acquisition means 61 displays / outputs medium, processing to S6-2 proceeds. すなわち、S6−1では、レイアウト可能範囲は、キーボード、マウス等を介したユーザの操作や、文書表示プログラムや、表示/出力先の装置によって指定され、表示範囲取得手段61に入力される。 That is, in S6-1, the layout range is a keyboard, operation or the user via the mouse or the like, and a document display program, as specified by the display / output destination device is input to the display range acquisition means 61.
【0194】 [0194]
S6−2では、コンテンツレイアウト範囲取得手段68がコンテンツデータの表示レイアウト範囲(コンテンツレイアウト範囲)を取得して、S6−3へ処理が進む。 In S6-2, the content layout range acquisition means 68 acquires the display layout range of the content data (content layout range), the process to S6-3 proceeds. コンテンツレイアウト範囲取得手段68は、前述したように、主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから既に設定済みのコンテンツレイアウト範囲を得たり、あるいは主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから読み取られるプログラムに基づき、表示範囲取得手段61から得たレイアウト可能範囲などを元に、コンテンツレイアウト範囲を得る。 Content layout range acquisition means 68, as described above, a main memory 74, external memory 75, or to give the already set content layout range such as network or the main memory 74, an external storage 75, a program read from such a network based on, such as based on the layout range obtained from the display range acquisition unit 61 to obtain the content layout range.
【0195】 [0195]
例えば図1では、X軸方向のコンテンツレイアウト範囲は、左右の余白XL,XRを除いた行の幅CWの部分、X座標値で言えば、XL〜(XL+CW)の範囲となる。 1, for example, the content layout range of the X-axis direction, left and right margins XL, part of the width CW of the line except the XR, in terms of the X coordinate value, a range of XL~ (XL + CW). Y軸方向のコンテンツレイアウト範囲は、上下の余白YT,YBを除いた部分であり、Y座標値で言えば、YT〜(YT+CH)の範囲であるが、コンテンツデータのレイアウトはまだ取得されていないので、CHの値はまだ確定していない。 Content layout range of the Y-axis direction, the top and bottom margins YT, a portion excluding the YB, speaking in the Y coordinate value is in the range of YT~ (YT + CH), layout of the content data has not yet been acquired since, the value of the CH is not yet finalized. 逆に、コンテンツデータのレイアウトが決まり、CHが確定してから、(YT+CH+YB)をレイアウト全体40の高さと設定することになる。 Conversely, determines the layout of the content data, from stable CH becomes to set the height of the (YT + CH + YB) layout whole 40. 従って、コンテンツデータのレイアウト範囲の高さがCHの値によって制限される訳ではなく、実際上はYTの値にだけに制限されることになる。 Accordingly, the height of the layout range of the content data does not mean to be limited by the value of the CH, in practice will be limited only to the value of YT.
【0196】 [0196]
S6−3では、コンテンツデータレイアウト取得手段65がコンテンツデータの表示レイアウト(各表示対象要素のレイアウトデータ)を取得ないし生成して、P30を経てS6−4へ処理が進む。 In S6-3, the contents data layout acquisition unit 65 acquires or generates a display layout (layout data of each display target element) in the content data, the processing to S6-4 goes through P30. すなわち、コンテンツデータレイアウト取得手段65は、既に作成済みのレイアウトデータを主記憶74、外部記憶75、ネットワークなどから取得する。 That is, the content data layout acquisition unit 65 acquires already created layout data main memory 74, external memory 75, a network or the like.
【0197】 [0197]
あるいは、コンテンツデータレイアウト取得手段65は、S3で取得されたコンテンツデータをコンテンツデータ取得手段62から得、S6−2で取得されたコンテンツレイアウト範囲をコンテンツレイアウト範囲取得手段68から得て、レイアウトデータを生成する。 Alternatively, the contents data layout acquisition unit 65 to obtain the content data acquired in S3 from the content data acquisition means 62, with the acquired content layout range S6-2 from the content layout range acquisition means 68, the layout data generated.
【0198】 [0198]
ここでは、コンテンツデータの表示レイアウトは行の配列からなり、各行は図3のように表示対象要素の配列を持ち、表示対象要素のレイアウトは図2のようになっているとする。 Here, the display layout of the content data consists of an array of rows, each row has an array of display target element as shown in Figure 3, the layout of the displayed elements and are as shown in FIG.
【0199】 [0199]
一般に図2のレイアウトデータは、位置X、Y以外は、S6−3でレイアウトする前に設定することができる。 In general layout data of Figure 2, position X, except Y, it can be set prior to layout S6-3. 例えば文字や画像の大きさなどは予め設定されていて、知ることができる(なお、文字の大きさが表示設定によって変わるとしても、表示設定を知ることができれば、文字の大きさも知ることができる、という意味である)。 For example, the size of the characters and images have been set in advance, it is possible to know (Note that the character size even change the display setting, if it is possible to know the display setting can be known even size of characters , it is meant that).
【0200】 [0,200]
従って、レイアウトを作成するとは、図2に示すように、レイアウトに即して配列させた表示対象要素のデータ(構成要素データ)であって、XとYの項以外のデータが予め定められた各構成要素データに対して、XとYの項を設定することである。 Therefore, to create a layout, as shown in FIG. 2, a data of the display target elements are arranged in line with the layout (component data), data other than X and Y terms are predetermined for each component data, it is to set the term of X and Y.
【0201】 [0201]
また、図3に示すような行構造のレイアウトデータを作成する場合は、行の位置(X,Y)、大きさ(W,H)、どの行にどの表示対象要素を入れるか(表示対象要素配列)、なども設定することになる。 Also, when creating the layout data of the line structure as shown in FIG. 3, the position of the row (X, Y), the size (W, H), or put any displayed elements which line (display target element sequences), it becomes possible to set forth.
【0202】 [0202]
以降、コンテンツデータのレイアウト範囲に、コンテンツデータ(表示対象要素)をレイアウトする方法を説明する。 Later, the layout range of the content data, a method for laying out content data (display target element).
【0203】 [0203]
例えば、プレーンテキストを横方向の行に図1のレイアウト範囲内(幅CW)でレイアウトするとする。 For example, the laying plain text in the transverse direction of the line in the layout range of 1 (width CW). レイアウト範囲の上余白をYT,文字の大きさは全て同じで(WC、HC)、文字間幅をIC、行間高さをILとする。 YT margin over the layout range, font size all the same (WC, HC), an IC inter-character width, line spacing height as IL.
【0204】 [0204]
まず、最初の文字をレイアウトする。 First, the layout of the first character. 位置を余白ぎりぎりの左上位置(XL、YT)と決める。 Position the upper-left position of the margin barely the (XL, YT) and decide. そして現在の行80(図3参照)の表示対象要素配列の項に最初の文字(表示対象要素)の識別情報(例えばデータ位置)を代入する。 And substituting the identity of the current row 80 the first character (display target element) in the section of the display target element array (see FIG. 3) (e.g., data position). ここでは、行80の表示対象要素配列として、最初の文字のデータ位置である1が代入される。 Here, as the display target element array of rows 80, 1 is a data position of the first character is assigned.
【0205】 [0205]
表示対象要素配列を更新したら、行の位置(X,Y)、大きさ(W,H)も更新する。 After updating the display target element array, the position of the row (X, Y), the size (W, H) is also updated. 上記の場合、表示対象要素は最初の文字なので、行80の位置(XL、YT)はそのまま変わらず、大きさ(W,H)には文字の大きさ(WC、HC)が代入される。 In the above case, the display target element so the first character position of the line 80 (XL, YT) does not change as it is, the character size is the size (W, H) (WC, HC) is substituted.
【0206】 [0206]
次の文字をレイアウトする場合、まず、次の文字の識別情報(データ位置の2)を行80の表示対象要素配列に追加する。 When laying the next character, first, it adds the identification information of the next character (second data location) to the display target element array of lines 80. なお、次の文字の位置は、(その前の文字の幅+文字間幅)だけ横にずらした位置(XL+WC+IC、YT)となる。 The position of the next character is (width + character width between the preceding character) only shifted in the lateral position (XL + WC + IC, YT). 行80の位置は変わらず、大きさとして((1文字分の幅)+(文字間幅))だけ幅が増えて(WC×2+IC、HC)となる。 Location of the row 80 does not change, the as the magnitude ((one character width) + (inter-character width)) only increasing width (WC × 2 + IC, HC).
【0207】 [0207]
同様にその次の文字をレイアウトすると、文字の位置は(XL+(WC+IC)×2、YT)、行80の位置は変わらず、大きさが(WC×3+IC×2、HC)となる。 When laying out similarly the next character, the position of the character becomes (XL + (WC + IC) × 2, YT), the position of the line 80 does not change in magnitude (WC × 3 + IC × 2, HC).
【0208】 [0208]
同様の要領で、次々と文字を行に追加していくことができる。 In a similar manner, it is possible to continue to add one after the other characters in the line. 表示対象要素が行の横方向に追加されるので、表示対象要素のY座標値は全て同じで、X座標値だけが増えていくことになる。 Since the display target element is added to the horizontal rows, all the same Y-coordinate value of the display target elements, only the X-coordinate value is gradually increased. また、行の位置と高さは変わらず、幅だけが増えていくことになる。 In addition, no change in the position and height of the line, so that, with a growing only width.
【0209】 [0209]
そして、レイアウト範囲の幅を超えてしまう時、すなわち、1行に配列されるn番目の文字で、 Then, when exceed the width of the layout range, i.e., the n-th character to be arranged in one row,
(文字の右端位置)−(レイアウト範囲右端位置) (Character rightmost position) - (layout range right end position)
=(XL+WC×n+IC×(n−1))−(XL+CW) < 0 = (XL + WC × n + IC × (n-1)) - (XL + CW) <0
となった時、次の行81にレイアウトすべき行が変わる。 When he became, the line should be changes laid out in the next line 81. あるいは、改行文字が来た場合も、次の行81がレイアウトすべき行となる。 Alternatively, even if the newline character came, the next line 81 is to be line layout.
【0210】 [0210]
次の行81に最初に追加する文字のX座標値は、前の行80の行頭の位置に戻してXLとし、Y座標値は(前行位置+前行の高さ+行間高さ)とすれば良い。 X-coordinate value of the character to be added to the first to the next line 81, and XL back to the beginning position of the previous line 80, Y-coordinate value (the front row position + previous row height + line space height) it is sufficient. 従って、次の行81の最初の文字の位置(=次の行81の位置)は、(XL,YT+HC+IL)となる。 Therefore, the position of the first character in the next line 81 (= position of the next line 81) becomes (XL, YT + HC + IL).
【0211】 [0211]
これらの処理を繰り返すことで、行構造を持つ表示対象要素のレイアウトを作成することができる。 By repeating these processes, it is possible to create the layout of the display target elements with row structure.
【0212】 [0212]
コンテンツデータによっては、もっと複雑なレイアウト処理を行う必要がある場合もあるが、ここではS6−2で得たコンテンツレイアウト範囲を定めて、コンテンツデータレイアウト取得手段65にコンテンツデータを流し込んでいけば、上記のレイアウト処理をベースとするような処理が同手段65で行われ、レイアウトデータが得られるとする。 The content data, there may need to perform more complex layout process, here defines the content layout range obtained in S6-2, if we poured the contents data in the contents data layout acquisition unit 65, process as based on the above layout processing is performed in the same unit 65, the layout data is obtained.
【0213】 [0213]
S6−4では、コンテンツ余白特定手段69が求めたレイアウトの余白範囲に基づいて、メモデータレイアウト範囲取得手段59が、メモデータの表示レイアウト範囲、すなわちメモレイアウト範囲を求め、P40を経てS6−5へ処理が進む。 In S6-4, on the basis of the margin range of layout content margin specifying means 69 is determined, the memo data layout range acquiring unit 59, the display layout range of memo data, i.e. determine the note layout range, through P40 S6-5 the process proceeds to. ここでの処理の詳細は後で述べる。 Here the details of the processing will be described later.
【0214】 [0214]
S6−5(メモレイアウト生成ステップ)では、メモデータレイアウト取得手段66がメモレイアウトデータを生成して、S6−6へ処理が進む。 In S6-5 (note layout generation step), the memo data layout acquisition unit 66 generates a note layout data, processing to S6-6 proceeds. すなわち、S6−5では、S6−4で生成されたメモレイアウト範囲に、S1で得たメモデータをレイアウトすることになる。 That is, in S6-5, the note layout range generated in S6-4, will layout memo data obtained in S1.
【0215】 [0215]
メモデータのレイアウトは、メモデータの種類によって異なるが、基本的なデータ構造は図2と同じと考えてよい。 Layout of memo data may vary depending on the type of memo data, the basic data structure can be considered the same as FIG. 例えば、メモデータが分解、再レイアウトできない画像や手書きデータならば、大きさ(W,H)は固定で、位置(X,Y)のみが変更可能である。 For example, the memo data is decomposed, if the image and the handwritten data can not be re-layout, the size (W, H) is fixed, the position (X, Y) only can be changed. 従って、メモデータをそのままレイアウトして、位置決めするだけになる。 Therefore, the memo data as it is laid, the only position.
【0216】 [0216]
一方、分解、再レイアウトできるようなテキストデータの場合は、それぞれの文字が表示対象要素となり、メモレイアウトデータは複数の構成要素データの配列となる。 On the other hand, degradation in the case of text data, such as re layout, each character is a display target element, memo layout data is an array of a plurality of component data.
【0217】 [0217]
なお、決められたメモレイアウト範囲内での各表示対象要素のレイアウト方法は、S6−3のコンテンツデータのレイアウト方法と同様である。 Incidentally, the layout method of the display target element in a note layout range determined is the same as the layout method of the content data S6-3.
【0218】 [0218]
S6−6では、S6−3でコンテンツデータレイアウト取得手段65が取得したコンテンツデータのレイアウトデータに従って、S6−1で表示範囲取得手段61が取得したレイアウト可能範囲に対して、レイアウト出力手段67が、コンテンツを表示/出力媒体に表示する。 In S6-6, according to the layout data of the content data by the content data layout acquisition unit 65 has acquired at S6-3, relative layout range of the display range acquisition unit 61 has acquired at S6-1, the layout output means 67, It is displayed on the display / output media content. S6−6の処理が済むと、P90を経て、S6−7へ処理が進む。 When the processing of S6-6 is completed, through the P90, processing to S6-7 proceeds.
【0219】 [0219]
S6−7では、S6−5でメモデータレイアウト取得手段66が得たメモレイアウトデータに従って、S1でメモデータ取得手段63が取得したメモデータと、S2で関連付け情報取得手段64が得た関連付け情報とをレイアウト出力手段67が表示して、P100へ処理が抜ける。 In S6-7, in accordance with note layout data memo data layout acquisition unit 66 is obtained in S6-5, the memo data memo data acquisition unit 63 has acquired at S1, the association information information acquisition means 64 associated got in S2 to display the layout output means 67, processing to P100 comes out. ここでの処理の詳細については後で処理例と共に述べる。 Wherein the processing details described together with later processing example for.
【0220】 [0220]
これらS6−1〜S6−7の処理によって、図11のS6の処理、すなわちメモデータやコンテンツデータをレイアウトして表示する処理を行うことができる。 By treatment of these S6-1~S6-7, it is possible to treat a S6 in FIG. 11, i.e., a process of displaying to lay the memo data and content data.
【0221】 [0221]
図15は、図14のS6−4の処理、すなわちメモデータレイアウト範囲取得手段59が、メモレイアウト範囲を求める処理の一詳細例を説明するフローチャート図である。 Figure 15 is a process in S6-4 in FIG. 14, namely the memo data layout range acquiring section 59 is a flow chart describing one detailed example of the processing for obtaining the note layout range. ここでの処理は、S6−7の表示処理とも絡んで、どのような方針でレイアウトを行うかによって変わってくる。 Processing here is, at stake is also a display processing of S6-7, will vary depending on whether the layout in any policy. ここでの説明では、ユーザの指定に沿い、参照部分の近くで、重なりの少ないメモデータのレイアウト範囲をできるだけ求めるようにする一つの処理例を示している。 Here in the description of the illustrate one example of processing along the specified user, near the reference portion, to seek possible fewer notes layout range of the data of the overlap.
【0222】 [0222]
図16は、メモレイアウト範囲を定める為の余白範囲を説明する図である。 Figure 16 is a diagram illustrating a margin range for determining a note layout range. 図1のレイアウト全体図と同様に、コンテンツデータのレイアウトは、ここでは処理し易い様に、斜線部の行80〜85のように行単位で示してある。 As with the overall layout diagram of FIG. 1, the layout of the content data, wherein as easy to process, is shown in units of rows as the rows 80-85 of the hatched portion. 余白範囲は、範囲101〜136で示されている。 Margin range is indicated in a range from 101 to 136. ここではコンテンツデータのレイアウト、すなわち行80〜85と重なりが全く無い余白範囲を示している。 Wherein the layout of the contents data, i.e. overlap with the line 80-85 indicates the absence of any margin range.
【0223】 [0223]
図17は、図16の範囲101〜136のデータ構造とデータ例を説明する図である。 Figure 17 is a diagram illustrating a data structure and data examples in the range from 101 to 136 in FIG. 16. 各範囲101〜136は、「種類」、「X」、「Y」、「W」,「H」、「隣接余白範囲配列」のデータを持つ。 Each range 101-136 has a data "type", "X", "Y", "W", "H", "adjacent margin range sequences". 「種類」は、範囲の種類を表すが、ここではレイアウト全体40の中での配置をもとに、余白範囲の種類(周囲、行間等)を表している。 "Type" is representative of the type of the range, wherein based on the arrangement of in the layout whole 40 represents a kind of margin range (ambient, line spacing, etc.).
【0224】 [0224]
例えば、「種類」の具体的な情報として、「Lt」(「Left」の略号)は左端に配置された余白範囲を意味し、「Rt」(Right)は右端、「Tp」(Top)は上端、「Bm」(Bottom)は下端にそれぞれ配置された余白範囲を意味する。 For example, the specific information of "type", "Lt" (abbreviation for "Left") means a margin range disposed at the left, "Rt" (Right) is the right end, "Tp" (Top) is upper, "Bm" (bottom) means a margin ranges respectively disposed at the lower end.
【0225】 [0225]
また、「Bd」(Border)は、コンテンツレイアウト範囲の周囲の余白範囲を意味する。 In addition, "Bd" (Border) refers to the margin range of the periphery of the range content layout. さらに、「BL」(Between Lines)は行間、「OL」(On Line)は行の延長上に配置された余白範囲を意味する。 Furthermore, "BL" (Between Lines) is between rows, means "OL" (On Line) arranged margin range on an extension of the line.
【0226】 [0226]
なお、これらの種類は、複合して持つことができる。 Note that these types may have been combined. また、ここでは分かり易くする為に「種類」の情報を文字列で示しているが、通常は文字列でなくフラグのような形で持つことが多い。 In addition, is shown here in a string the information in the "Type" for the sake of clarity, usually often have in such a way that the flag instead of a string.
【0227】 [0227]
「X」、「Y」、「W」,「H」は、X位置、Y位置、幅、高さを表す。 "X", "Y", "W", "H", X position, Y position, width, represents the height. 位置は、ここでは各範囲101〜136の左上隅の位置で表す。 Position, denoted here as the position of the upper left corner of each of the ranges 101-136. そのための座標系には、前記と同様、レイアウト全体40の左上隅を原点とし、右方向を+X方向、下方向を+Y方向としたX−Y直交座標系を用いる。 The coordinate system for the, same manner as described above, relative to the upper-left corner of the layout whole 40, a right direction + X direction, the X-Y orthogonal coordinate system with the lower direction + Y direction is used.
【0228】 [0228]
「隣接余白範囲配列」は、着目した範囲に隣接する範囲を示す。 "Adjacent margin range sequence" refers to a range adjacent to the range which focuses. ここでは斜めに位置する範囲は「隣接余白範囲配列」に含めず、上下左右に位置する範囲だけに限定している。 Here range located diagonally is not included in "the adjacent margin range sequences", it is limited to a range which is located vertically and horizontally. また、行のレイアウト範囲80〜85も、隣接する範囲の対象には含めていない。 The layout range of rows 80 to 85 are also not included in the scope of coverage adjacent.
【0229】 [0229]
図15に示すP30を経たS6−4−1(余白特定ステップ)では、コンテンツ余白特定手段69が、コンテンツデータがレイアウトされていない余白範囲を特定し、余白レイアウトデータを生成する。 In S6-4-1 through the P30 shown in FIG. 15 (a margin specifying step), the contents margin specifying unit 69 specifies the margin range where the content data has not been laid, to produce a blank layout data. S6−4−1の処理が完了すると、P31を経て、S6−4−2へ処理が進む。 When the processing of S6-4-1 is completed, through the P31, processing to S6-4-2 proceeds. ここでの余白特定処理については後で詳しく述べるとし、処理の結果、図17のような余白レイアウトデータが得られるとする。 And described later in detail margins particular process here, as a result of the process, the blank layout data as shown in FIG. 17 is obtained.
【0230】 [0230]
S6−4−2では、メモデータレイアウト取得手段66が、S2で関連付け情報取得手段64が得た関連付け情報からコンテンツデータの参照部分の位置を得て、S6−4−3へ処理が進む。 In S6-4-2, memo data layout acquisition unit 66 obtains the position of the reference portion of the content data from the association information information acquisition means 64 associated with it obtained in S2, the process to S6-4-3 proceeds.
【0231】 [0231]
参照部分の位置に関しては、図13の「参照データリスト」中の「参照データを特定する情報」(データ13、23、35、または35)から参照データのデータ位置が得られる。 Regarding the position of the reference portion, the data position of the reference data from the "information specifying the reference data" in the "reference data list" in FIG. 13 (data 13,23,35 or 35) is obtained. 例えば図13の関連付け情報10の参照データを特定する情報13の場合、参照データのデータ位置は「5〜7」となっている。 For example, in the case of association information 10 of the reference information 13 for specifying the data of FIG. 13, data position of the reference data is "5-7". これによって、参照部分が5番目から7番目の表示対象要素であることが分かる。 Thus, it can be seen referencing portion is 7 th display target element from the fifth.
【0232】 [0232]
また、それらがどの行範囲に属するかも、図3の各行80…の表示対象要素配列の中に、参照部分として特定されたデータ位置の表示対象要素が含まれるかどうかで判断できる。 Further, they may belong to which line range, can be judged by whether in the row 80 ... display target element array of FIG. 3, includes a display target element of the specified data position as the reference portion. 参照部分が属する行は1行の場合も複数行の場合もあるので、参照部分が属する行の情報を、行の配列として得ておく。 Since line referencing portion belongs sometimes multiline case one line, the line information referencing portion belongs, previously obtained as an array of rows.
【0233】 [0233]
そして、メモデータレイアウト取得手段66が、図2のコンテンツレイアウトデータを順に走査していき、図2の「データ位置」と図13の参照データのデータ位置とを比較して等しいときに、そのデータ位置の表示対象要素をメモデータに対応する参照データとして特定できたことになる。 Then, memo data layout acquisition unit 66, when the content layout data of FIG. 2 will be sequentially scanned, equal by comparing the data position of the reference data in FIG. 13 as "data position" in FIG. 2, the data it means that can identify displayed element position as reference data corresponding to the note data.
【0234】 [0234]
そして、その参照データのレイアウトデータ(図2)の位置「X」、「Y」、「W」、「H」を見れば、その参照データのレイアウト範囲が得られる。 The position of the layout data (FIG. 2) of the reference data "X", "Y", "W", if you look at the "H", the layout range of the reference data is obtained. 例えば後で説明する図16では、参照部分として行81中のやや右寄りに位置する範囲100が得られたとする。 For example, in FIG. 16 will be described later, the range 100 located slightly to the right in row 81 as the reference portion was obtained. なお、参照部分が複数の表示対象要素からなる場合は、参照データはそれらの構成要素データの配列となるが、参照データが各表示対象要素に分かれていると扱いにくい。 Incidentally, when the reference portion comprises a plurality of display target element, the reference data is a sequence of their component data, the reference data is cumbersome and are divided into the display target element. そこで、同じ行に含まれる複数の表示対象要素は、それらの外接矩形としての一つの範囲に属するとしてしまった方が扱い易い。 Therefore, a plurality of display target element contained in the same row, is easy to handle who had to belong to one of the range as those of the circumscribed rectangle.
【0235】 [0235]
また、図13のデータ30のように、一つの参照データに対して、複数のメモデータが関連付けられている場合は、S6−4−3以降の処理で、関連付けられたメモデータ分だけループ処理して、レイアウトの生成処理や表示処理をしてやればよい。 Moreover, as the data 30 in FIG. 13, for one of the reference data, when the plurality of memo data are associated, in the subsequent processing S6-4-3, only memo data amount associated loop and it may be Shiteyare generation processing and display processing of the layout. 但し、ここでは説明を簡単にする為、ループ処理に関しては、図15などでは省いている。 However, where for simplicity of explanation, with respect to the loop processing is omitted in such FIG.
【0236】 [0236]
また、図13のデータ20のように、一つのメモデータが複数の参照データと関連付けられている場合もある。 Moreover, as the data 20 in FIG. 13, there is a case where one of the memo data is associated with a plurality of reference data. この場合、先にレイアウトされた参照データが処理された時点で、メモレイアウトが決まってしまう。 In this case, when the reference data is laid out previously it has been processed, the note layout will determined. 従って、後から処理された参照データは、メモレイアウトを再度作成する必要はない。 Accordingly, the reference data processed later, there is no need to create a note layout again.
【0237】 [0237]
メモレイアウトが既に作成されているかどうかは、図12の「レイアウト」の項を見れば分かる。 Whether memo layout has already been created, you can see the "layout" in FIG. 12. もし、メモレイアウトが既に作成されている場合は、そのメモデータに関して、S6−4−2以降の処理とS6−5の処理とを行う必要はない。 If, when the note layout has already been created, the terms memo data, there is no need to perform the processing of the subsequent S6-4-2 processing and S6-5. 但し、ここでは説明を簡単にする為、S6−4−2以降とS6−5のステップでは、既にメモレイアウトを作成済みかどうかをチェックするステップは省いている。 However, here in order to simplify the explanation, in the S6-4-2 later and S6-5 of the step, it is omitted the step of checking the already whether already created or a note layout.
【0238】 [0238]
S6−4−3では、メモデータレイアウト取得手段66が、メモデータに関して指定されている指定レイアウト方法(レイアウトの仕方)を取得して、S6−4−4へ処理が進む。 In S6-4-3, memo data layout acquisition unit 66, notes (how the layout) specified layout method that is specified for the data to obtain a process to S6-4-4 proceeds. 指定レイアウト方法とは、メモを作成した時に、レイアウト可能範囲の中でユーザがメモを書き込んだ場所や表示方法などに関する情報であり、図9などに示すダイアログウィンドウでユーザから指定されるなどして設定される。 The specified layout method, when you create a note, an information such as user location and display method written a note in the layout range, by, for example, is designated by the user in the dialog window shown in such Figure 9 It is set.
【0239】 [0239]
例えば、メモを行間に表示させるのなら「行間」、余白に表示させるのなら「余白」などが、レイアウトの仕方に関する情報である。 For example, the if "between the lines" to display a memo between the lines, such as you are to be displayed on the margin "margin" is the information on how to layout. これは、S2で関連付け情報取得手段64が、関連付け情報を読み込んだ際、図13の「メモデータを表示する方法についての情報」(データ12、22、32、または34)から得られる。 This information acquisition unit 64 associates in S2 is, when reading the association information obtained from the "information on how to display the memo data" (data 12, 22, 32 or 34) of FIG. 13.
【0240】 [0240]
メモの作成位置でメモの意味が変わったり、分かりやすさや記憶のとどまり具合などが変わったりするので、できるだけオリジナルの作成位置にメモを表示する方が良いと思われる為、ここで指定レイアウト方法に関する情報を得ている。 Notes or changed memo meaning in creating the position, since such condition remains of clarity and storage of or change, because you think that it is better to display the memo as possible to the original created position, for the specified layout method here to obtain the information. 特に指定がなければ適当に「行間」などをデフォルトとして設定してしまえばよい。 Unless otherwise specified appropriately "between the lines" or the like may Once you have set as the default.
【0241】 [0241]
S6−4−4では、メモデータレイアウト取得手段66が、指定レイアウト方法が「行間」かどうか判断し、行間だったらP32を経由してS6−4−5へ処理が進み、そうでなかったらP34を経由してS6−4−7へ処理が進む。 In S6-4-4, memo data layout acquisition means 66, specify layout method, it is determined whether or not the "between the lines", the process to S6-4-5 proceeds via the you were between the lines P32, if not P34 the processing proceeds to S6-4-7 via the.
【0242】 [0242]
S6−4−5では、メモデータレイアウト取得手段66が、参照部分の近くの行間にメモデータが入りきるかどうかを判断し、入りきればP33を経由してS6−4−6へ処理が進み、入りきらないならばP34を経由してS6−4−7へ処理が進む。 In S6-4-5, memo data layout acquisition means 66, in the vicinity of the line spacing of the reference part to determine whether the memo data as possible to enter, enter you wear it via the P33 to S6-4-6 the process proceeds , processing to S6-4-7 via the P34 if you do not fit proceeds. S6−4−5での処理は後で詳しく説明する。 Processing in the S6-4-5 will be described in detail later.
【0243】 [0243]
なお、S6−4−5では、メモデータレイアウト取得手段66が、参照部分の近くの行間を特定する。 In S6-4-5, memo data layout acquisition unit 66, identifies the near line spacing of the reference portion. このとき、メモデータレイアウト取得手段66は、S6−4−1でコンテンツ余白特定手段69から得た余白範囲を基にして行間の特定を行う。 In this case, the memo data layout acquisition unit 66 performs a specific line spacing based on the margin range obtained from the content margin specifying means 69 S6-4-1.
【0244】 [0244]
S6−4−6では、メモデータレイアウト取得手段66が、S6−4−5で特定した余白範囲をメモレイアウト範囲に設定して、P40へ処理が抜ける。 In S6-4-6, memo data layout acquisition unit 66 sets the specified margin range S6-4-5 note layout range, processing to P40 comes out.
【0245】 [0245]
S6−4−7では、S6−4−4で指定レイアウト方法が「行間」ではない場合、あるいはS6−4−5で参照部分の近くの行間にメモデータが入りきらない場合に、メモデータレイアウト取得手段66が、参照部分の近くの周囲の余白にメモデータが入りきるかどうか判断する。 In S6-4-7, if the if the specified layout method is not "between the lines", or in the vicinity of the line spacing of the reference part in S6-4-5 does not fit the memo data in S6-4-4, memo data layout acquisition means 66, whether to determine whether to close around the margins of the reference part will fit the memo data. その結果、入りきるならばP35を経由してS6−4−8へ処理が進み、入りきらないならばP36を経由してS6−4−9へ処理が進む。 As a result, the process to via the P35 if will fit S6-4-8 advances, processing to S6-4-9 via the P36 If you do not fit proceeds. S6−4−7での処理は、後で詳しく説明する。 Processing in the S6-4-7 will be described in detail later.
【0246】 [0246]
S6−4−8では、S6−4−7でメモデータが入りきるとメモデータレイアウト取得手段66が判断した余白範囲を、同手段66がメモデータのレイアウト範囲に設定して、処理がP40へ抜ける。 In S6-4-8, the margin range the wear enters the memo data memory data layout acquisition unit 66 determines in S6-4-7, the means 66 is set in the layout range of memo data, the process exits to P40 .
【0247】 [0247]
S6−4−9では、S6−4−7で参照部分の近くの周囲の余白にもメモデータが入りきらない場合に、参照部分にできるだけ近い大きな余白部分にメモデータが入りきるかどうかをメモデータレイアウト取得手段66が判断し、入りきるならばP37を経由してS6−4−10へ処理が進み、入りきらないならばP38を経由してS6−4−11へ処理が進む。 In S6-4-9, whether in the case also in the margin near the periphery of the reference part in S6-4-7 does not fit the memo data, as close as possible to a large margin in the reference section as possible to enter the memo data memory to determine the data layout acquisition means 66, to S6-4-10 via the P37 if as possible into the process proceeds, the process to S6-4-11 via the P38 if you do not fit proceeds. S6−4−9での処理は、後で詳しく説明する。 Processing in the S6-4-9 will be described in detail later.
【0248】 [0248]
S6−4−10では、S6−4−9で得た大きな余白範囲を、同手段66がメモデータのレイアウト範囲に設定して、処理がP40へ抜ける。 In S6-4-10, a large margin range obtained in S6-4-9, the means 66 is set in the layout range of memo data, the process exits to P40.
【0249】 [0249]
S6−4−11では、S6−4−9でもメモデータが入りきる余白を特定できない場合に、レイアウトされたコンテンツとメモとができるだけ重なりの少ない範囲をメモデータレイアウト取得手段66が探し、その結果特定した余白範囲をメモデータのレイアウト範囲に設定して、P40へ処理が抜ける。 In S6-4-11, if it can not identify a margin as possible contain the memo data even S6-4-9, locate the layout content and notes and is possible overlapping less range memo data layout acquisition unit 66, as a result set the identified margin range to the layout range of memo data, processing to P40 comes out. ここで特定する余白範囲は、後述するS6−4−8−2で保持してある最も重なりが少ない余白範囲から選択すればよい。 Margin range specified herein may be selected from the most overlap small margin range are held by the later-described S6-4-8-2.
【0250】 [0250]
メモレイアウト範囲に関しては、表示のさせ方にも関係するので、S6−7の詳細処理の説明でも関連して述べる。 With respect to Note layout range, also relates to the way of displaying, described with reference in the description of the detailed processing of S6-7.
【0251】 [0251]
これらのS6−4−1からS6−4−11の処理によって、図14のS6−4の処理を行うことができる。 By treatment from these S6-4-1 S6-4-11, it is possible to perform the processing of S6-4 in FIG.
【0252】 [0252]
図18は、図15のS6−4−1の処理の一詳細例を説明するフローチャート図である。 Figure 18 is a flow chart describing one detailed example of the processing of S6-4-1 of FIG. 15.
【0253】 [0253]
P30を経たS6−4−1−1では、S6−1で表示範囲取得手段61が得たレイアウト可能範囲と、S6−2でコンテンツレイアウト範囲取得手段68が取得ないし生成したコンテンツレイアウト範囲との差の範囲を、コンテンツ余白特定手段69が求める。 In S6-4-1-1 through the P30, the layout range of the display range acquisition means 61 obtained in S6-1, the difference between the content layout range content layout range acquisition unit 68 has acquired or produced by S6-2 the range of the content margin specifying unit 69 obtains. 続いて、同手段69は、この差の範囲を、図16に示すように、各行80…の外枠の延長線で分割して新たな余白範囲として特定し、図17に示すように、各範囲のX、Y、W、H、隣接余白配列を設定し、S6−4−1−2に処理を進める。 Subsequently, the unit 69, the range of the difference, as shown in FIG. 16, it is divided by an extension of each row 80 ... outer frame identified as a new margin range, as shown in FIG. 17, each range of X, Y, W, H, and sets the adjacent margins sequence, the process proceeds to S6-4-1-2.
【0254】 [0254]
図19はこの処理を説明する図であり、図の基本構造は図16と同様であるが、図16のようにはまだ範囲が細かく分かれていない。 Figure 19 is a diagram explaining this process, the basic structure of FIG. Is similar to FIG. 16, is not divided finely still range as shown in FIG. 16. 図19では、レイアウト可能範囲はレイアウト全体40として示され、コンテンツレイアウト範囲はレイアウト範囲140として斜線で示されている。 In Figure 19, the layout range is indicated as a whole 40 layout, content layout range is indicated by hatching as the layout range 140.
【0255】 [0255]
レイアウト可能範囲とコンテンツレイアウト範囲との差の範囲とは、ここではレイアウト全体40からレイアウト範囲140を除いた部分であり、レイアウト範囲140の周囲の白い部分である。 The range of the difference between the layout range and content layout range, here a portion excluding the layout range 140 from the layout whole 40, a white portion of the periphery of the layout range 140.
【0256】 [0256]
図19では既にその白い部分が、範囲101、113、114、126、127、136、141、142に分割されているが、この範囲101、113、114、126、127、136、141、142を求めるには、まずレイアウト範囲140の上下左右の端の線を延ばして、レイアウト全体40を分割する。 Already the white portion in FIG. 19 is divided into a range 101,113,114,126,127,136,141,142, but this range 101,113,114,126,127,136,141,142 to determine, first to extend the line of the upper and lower left and right edges of the layout range 140 to divide the layout whole 40. 図19では分割線を点線で示してある。 Dividing lines in Fig. 19 are shown by dotted lines.
【0257】 [0257]
上下左右の余白YT、YB、XL、XRが0で無ければ、レイアウト全体40は全部で9個の範囲に分かれる。 Top, bottom, left and right margins YT, YB, XL, unless the XR is zero, the entire 40 is divided into nine ranges total layout. その中からレイアウト範囲140と同じ範囲を除いた残りが(余白)範囲101、113、114、126、127、136、141、142となる。 After deducting the same range as the layout range 140 from its becomes (margin) range 101,113,114,126,127,136,141,142.
【0258】 [0258]
各範囲101…の位置と大きさの値は、レイアウト全体40の大きさとレイアウト範囲140の位置、大きさとを使って求めることができる。 The value of each of the ranges 101 ... location and size of the position size and layout range 140 layout overall 40, can be determined using the magnitude. 例えば、範囲101の大きさは、 For example, the size of the range 101,
(W(101)、H(101))=(X(140)、Y(140)) (W (101), H (101)) = (X (140), Y (140))
=(XL、YT)、 = (XL, YT),
となり、範囲142の位置は、 Next, the position of the range 142,
(X(142)、Y(142))=(X(140)+W(140)、Y(140)) (X (142), Y (142)) = (X (140) + W (140), Y (140))
=(XL+CW、YT)、 = (XL + CW, YT),
となる。 To become.
【0259】 [0259]
同様にして各範囲101…の位置と大きさなどを求めたデータが図20である。 Data determined and the range 101 ... position and size of a diagram 20 in a similar manner. 図20に示す各項目は図17と同じである。 Each item shown in FIG. 20 is the same as FIG. 17. 隣接余白配列は、この時点では求める必要はないのだが、念のため記しておく。 Adjacent margin array is, he does not need to be determined at this time, but keep wrote just in case. 隣接余白配列の求め方は後で説明する。 How to determine the adjacent margin array will be described later. なお、ここでは上下左右の余白YT、YB、XL、XRの値は全て20、行と行間の高さは全て14としてある。 Here, some vertical and horizontal margins YT, YB, XL, the value of XR All 20, as all the height of the row and between rows 14.
【0260】 [0260]
例えば、範囲101は、原点に位置し、大きさは20×20である。 For example, range 101 is located at the origin, the size is 20 × 20. 範囲113、114、126、127、136、141、142も同様の形で記録されている。 Range 113,114,126,127,136,141,142 are recorded in a similar manner also.
【0261】 [0261]
S6−4−1−1での処理と説明の為、レイアウト全体40とレイアウト範囲140に関するデータも図20に示してある。 Processing for description in S6-4-1-1, also data related to the entire 40 and layout range 140 layout is shown in Figure 20. レイアウト全体40は、原点に位置し、大きさ140×194であり、そこから上下左右に20の余白を取ったレイアウト範囲140は、(20,20)に位置し、その大きさは100×154である。 Layout whole 40 is located at the origin, a size 140 × 194, the layout range 140 took margins of the upper and lower left and right 20 therefrom is located (20, 20), whose magnitude is 100 × 154 it is.
【0262】 [0262]
S6−4−1−2では、コンテンツ余白特定手段69がS6−4−1−1で得た図20の範囲101、113、114、126、127、136、141、142の種類を設定して、S6−4−1−3へ処理を進める。 In S6-4-1-2, set the type of range 101,113,114,126,127,136,141,142 of the contents margin specifying means 20 69 was obtained in S6-4-1-1 , the processing proceeds to S6-4-1-3. 範囲101、113、114、126、127、136、141、142は、レイアウト範囲140の周囲の範囲なので、「Bd」の値を全て持つ。 Range 101,113,114,126,127,136,141,142, since the range of the periphery of the layout range 140, with all the values ​​of "Bd".
【0263】 [0263]
S6−4−1−3では、コンテンツ余白特定手段69が、レイアウト範囲140と図19、図20の範囲101、113、114、126、127、136、141、142を、図16の行80〜85の各外枠の延長線で分割し、行80〜85の範囲を除き、新たな範囲102〜112、115〜125を生成し、各範囲102〜112、115〜125のX、Y、W、H、隣接余白配列を設定し、S6−4−1−4へ処理を進める。 In S6-4-1-3, content margin specifying unit 69, a layout range 140 and 19, the range 101,113,114,126,127,136,141,142 in FIG. 20, line 80 of FIG. 16 is divided by the extension line of the outer frame 85, except for the range of rows 80 to 85, it generates a new range 102~112,115~125, X of each of the ranges 102~112,115~125, Y, W , H, set the adjacent margins sequence, the processing advances to S6-4-1-4.
【0264】 [0264]
レイアウト全体40を分割して、行80〜85の範囲を除いた範囲が、図16の(余白)範囲101〜136である。 By dividing the layout entire 40 range excluding the range of rows 80-85 are the 101-136 (margin) range of FIG. 図19同様、分割線は点線で示してある。 19 Similarly, the dividing line is indicated by dotted lines. 例えば、図19の範囲141は、行80〜85の外枠線で分割されて、範囲102〜112に分割されている。 For example, a range 141 of FIG. 19 is divided by borders lines 80-85 is divided into a range from 102 to 112. 範囲127、142、136も同様に分割されている。 Range 127,142,136 are divided similarly.
【0265】 [0265]
また、レイアウト範囲140を分割して行80〜85の範囲を除いた範囲は、範囲128〜135である。 Also, a range excluding the range of lines 80 to 85 by dividing the layout range 140 is in the range from 128 to 135. 行80〜82、84、85は同じ幅であるが、行83は短いので、範囲130〜134は細かく分割されている。 Although line 80~82,84,85 have the same width, because the line 83 is short, the range 130-134 are finely divided.
【0266】 [0266]
各余白範囲の位置と大きさの値は、行80〜85の位置と大きさ(図3)と図20のデータなどを使って求めることができる。 The value of the position and size of each margin range, the position and size of the line 80-85 can be determined using, for example, data of (3) and FIG. 20.
【0267】 [0267]
例えば、範囲103の位置と大きさは、範囲103を分割に寄与した行80、81を「上行」、「下行」と表現すれば、 For example, the position and size of the range 103 is "ascending" lines 80 and 81 that contributed to the range 103 to split, if the expression "descending",
(X(103)、Y(103))=(0、Y(上行)+H(上行)) (X (103), Y (103)) = (0, Y (ascending) + H (ascending))
=(0、Y(80)+H(80)) = (0, Y (80) + H (80))
(W(103)、H(103))=(W(141)、Y(下行)−Y(103)) (W (103), H (103)) = (W (141), Y (descending) -Y (103))
=(W(141)、Y(81)−Y(80)− = (W (141), Y (81) -Y (80) -
H(80)) H (80))
となる。 To become.
【0268】 [0268]
また、範囲132の位置と大きさは、行83を「同行」と表現すれば、 The position and size of the range 132, the line 83 if expressed as "bank",
(X(132)、Y(132))=(X(同行)+W(同行)、Y(同行)) (X (132), Y (132)) = (X (bank) + W (bank), Y (bank))
=(X(83)+W(83)、Y(83)) = (X (83) + W (83), Y (83))
(W(132)、H(132))=(W(140)−W(同行)、H(同行)) (W (132), H (132)) = (W (140) -W (bank), H (bank))
=(W(140)−W(83)、H(83)) = (W (140) -W (83), H (83))
となる。 To become.
【0269】 [0269]
同様にして求めたデータが、図17の101〜136の位置と大きさとなる。 Similarly obtained data, the position and size of from 101 to 136 in FIG. 17.
【0270】 [0270]
S6−4−1−4では、コンテンツ余白特定手段69が範囲101〜136の種類を設定して、S6−4−1−5へ処理を進める。 In S6-4-1-4, content margin specifying unit 69 sets the type of range 101-136, the processing advances to S6-4-1-5.
【0271】 [0271]
範囲141、142は分割されて、範囲102〜112、115〜125になっているが、レイアウト範囲140の周囲の余白であるという状態は変わらないので、範囲141,142の種類「Bd」はそのまま引き継ぎ、必要に応じて種類を追加する。 Range 141 and 142 is divided, it has become range 102~112,115~125, and the state is not changed that it is the margins around the layout range 140, the type of the range 141 and 142 "Bd" intact takeover, to add the type, if necessary.
【0272】 [0272]
レイアウト全体40にどこかで接している場合、Lt(左端)、Tp(上端)、Rt(右端)、Bm(下端)などの値を持つことになる。 If in contact somewhere in the layout entire 40, Lt (left), Tp (upper end), Rt (right end), will have a value, such as Bm (bottom). 判定条件は、 Determination condition,
Ltの場合:X(範囲)=0 In the case of Lt: X (range) = 0
Tpの場合:Y(範囲)=0 In the case of Tp: Y (range) = 0
Rtの場合:X(範囲)+W(範囲)=W(40) In the case of Rt: X (range) + W (range) = W (40)
Bmの場合:Y(範囲)+H(範囲)=H(40) For bm: Y (range) + H (range) = H (40)
の各式を満たすかどうかで決まる。 Determined by whether it satisfies each formula.
【0273】 [0273]
範囲101〜126、127、136は、レイアウト全体40にどこかで接しているので、Lt、Rt、Tp、Bmのうち少なくとも一つの値は持つことになる。 Range 101~126,127,136 Since in contact somewhere in the layout entire 40, Lt, Rt, Tp, will have at least one value of the Bm. 例えば、範囲101は、レイアウト全体40の左端と上端とに接しているので、種類が「Lt、Tp、Bd」となっている。 For example, range 101 is therefore in contact with the left and top of the layout entire 40, the type is "Lt, Tp, Bd."
【0274】 [0274]
範囲102、104、106、108、110、112、115、117、119、121、123、125、132には、種類「OL」(行の延長上)が追加される。 The range 102,104,106,108,110,112,115,117,119,121,123,125,132, type "OL" (on the extension of the line) is added. これはY座標で考えて、各範囲に、行80〜85が含まれるかどうかを比較すれば良い。 This is considered in Y coordinate, in each range, it may be compared to see if it contains a line 80-85. 式で表すならば、 If represented by the formula,
Y(行)+H(行)<Y(余白範囲) Y (line) + H (line) <Y (margin range)
あるいは、 Alternatively,
Y(余白範囲)+H(余白範囲)<Y(行) Y (margin range) + H (margin range) <Y (line)
のどちらかを満たすならば「OL」でなく、それ以外は「OL」となる。 Not if if "OL" satisfy either, the "OL" otherwise.
【0275】 [0275]
図の例で言えば、範囲102は行80の左横に位置するので、「OL」となり、範囲103は、行80と行81の間に位置し、行80、81とY座標に関して重なる範囲がないので、「OL」ではない。 In the example shown, since the position on the left side of the range 102 rows 80, "OL" and the range 103, located between the lines 80 and line 81, overlap each other in rows 80, 81 and Y-coordinate ranges since there is no, not "OL".
【0276】 [0276]
レイアウト範囲140を分割して生成した範囲128〜135の中で、 Among the range from 128 to 135 generated by dividing the layout range 140,
Y(行)+H(行)<=Y(余白範囲) Y (row) + H (line) <= Y (blank range)
かつ、 And,
Y(余白範囲)+H(余白範囲)<=Y(次行) Y (blank range) + H (blank range) <= Y (next line)
を満たすものは、行間「BL」の値を持つ。 Those that meet the has a value of between the lines "BL". 従って、範囲132以外は「BL」の値を持つことになる。 Thus, outside the range 132 will have a value of "BL".
【0277】 [0277]
S6−4−1−5では、コンテンツ余白特定手段69が範囲101〜136の隣接余白配列を設定して、P31へ処理が抜ける。 In S6-4-1-5, content margin specifying unit 69 sets the adjacent margins sequence ranging from 101 to 136, the process to P31 comes out.
【0278】 [0278]
隣接余白配列を設定する場合、分割手順を使って、どの余白は隣接になりうるかの候補を絞ったり、あるいは分割する度に相互に隣接しているという情報を加えていっても良いのだが、ここでは単純に全ての範囲と相互に比較する方法で説明する。 When setting the adjacent margins sequence, using the splitting procedure, which margin or squeezing of or can be a candidate adjacent, or although he may go added the information that mutually adjacent in time to split, here it will be described a method of comparing the simple interface with all ranges.
【0279】 [0279]
範囲Aと範囲Bは、 Range A and range B is,
(Aの右にBが隣接):X(A)+W(A)=X(B) (Right to the adjacent B of A): X (A) + W (A) = X (B)
(Aの下にBが隣接):Y(A)+H(A)=Y(B) (Adjacent B under A): Y (A) + H (A) = Y (B)
(Aの左にBが隣接):X(B)+W(B)=X(A) (Adjacent B to the left of A): X (B) + W (B) = X (A)
(Aの上にBが隣接):Y(B)+H(B)=Y(A) (Adjacent B over A): Y (B) + H (B) = Y (A)
のいずれかの条件を満たせば、互いに隣接していることになる。 Satisfy one of the conditions will be adjacent to each other.
【0280】 [0280]
この条件検索処理を全ての余白範囲同士に関して、行えば良い。 For all of the margin range between this condition search process, it may be performed. 行範囲80〜85と余白範囲101〜136の間でも同様の処理方法を使うことで、行範囲に隣接する余白範囲の配列を図3のように求めることができる。 By using the same processing method in between the rows ranging from 80 to 85 and the margin range 101-136, the array of margin range adjacent row range can be obtained as shown in Figure 3.
【0281】 [0281]
以上のS6−4−1−1〜S6−4−1−5の処理により、図15のS6−4−1の処理を行うことができ、図16、図17の余白範囲を特定できることになる。 By the above processing of S6-4-1-1~S6-4-1-5, processing can be performed S6-4-1 of FIG. 15, it becomes possible to identify the margin range of 16, 17 .
【0282】 [0282]
図21は、図15のS6−4−5の処理の一詳細例を説明するフローチャート図である。 Figure 21 is a flow chart describing one detailed example of the processing of S6-4-5 of FIG. 15.
【0283】 [0283]
P32を経たS6−4−5−1では、メモデータレイアウト取得手段66が、S6−4−2で同手段66が得た参照部分の属する行(以降、参照行と呼ぶ)に隣接する、種類がBLの余白範囲を得る。 In S6-4-5-1 through the P32, memo data layout acquisition unit 66, adjacent to the row belongs reference part the means 66 obtained in S6-4-2 (hereinafter, referred to as reference line), type but get a margin range of BL.
【0284】 [0284]
行に隣接する余白範囲は、図3のデータの隣接余白配列から得られるので、この隣接余白配列の中から、BL(行間)の種類の余白範囲を抜き出せば良い。 Margin range adjacent in the row, so obtained from the adjacent margin sequence data of Figure 3, from the adjacent margins sequences may be Nukidase types margin range BL (line spacing).
【0285】 [0285]
着目した行の上下に隣接する行間が存在する場合や、行間が横方向に分かれている場合(図16に示す範囲130,131など)もあるので、得られる余白範囲は配列の形態を取る。 And if line spacing vertically adjacent rows focused exists, since line spacing may divided in the lateral direction (such as in the range 130 and 131 shown in FIG. 16) may also be obtained margin range takes the form of an array. 例えば、図16の参照部分100の場合、隣接する余白範囲は、参照部分100が属する行81に対して上の範囲128と下の範囲129となる。 For example, when the reference portion 100 of FIG. 16, the adjacent margins range is a range 128 and underneath the range 129 above the row 81 of reference portion 100 belongs.
【0286】 [0286]
なお、この時点で例えば上の行間と下の行間のどちらかに絞る/優先度をつける処理をしても良い。 Incidentally, squeeze either rows between rows and beneath the upper example at this point / priority may be a process to put a. どちらにするかは、図13のメモデータリストの「メモデータを表示する方法についての情報」において「上の行間」、または「下の行間」という指定を行うようにすれば良い。 Either or it may be to perform the specified called "line spacing on" or "under the rows" in the "information on how to display the memo data," memo data list of FIG. これにより、メモデータレイアウト取得手段66が、図13の関連付け情報を記憶した外部記憶75等にアクセスし、指定された行間の情報を取得することができる。 Thus, memo data layout acquisition unit 66 accesses the external storage 75, etc. that stores the association information shown in FIG. 13, it is possible to obtain information of the specified line spacing. 指定がなければ、どちらかに予め決めるルーチンを設定しておいても良い。 If not specified, it may be set in advance decide routine either.
【0287】 [0287]
S6−4−5−2では、メモデータレイアウト取得手段66が、S6−4−5−1で余白範囲が得られたかどうかを判断し、余白範囲が得られた場合はS6−4−5−3へ処理が進み、得られない場合はP34へ処理が抜ける。 In S6-4-5-2, memo data layout acquisition unit 66 determines whether the blank range is obtained in S6-4-5-1, if the margin range is obtained S6-4-5- 3 to the processing advances the processing to if not obtained P34 comes out.
【0288】 [0288]
S6−4−5−3では、メモデータレイアウト取得手段66が、S6−4−5−1で得られた余白範囲を拡張して、S6−4−5−4へ処理が進む。 In S6-4-5-3, memo data layout acquisition unit 66 extends the margin range obtained in S6-4-5-1, process to S6-4-5-4 proceeds. この拡張は必ずしも行わなくても良いが、後で説明する図37のように、S6−4−5−1で得られた余白範囲だけではメモを配置するのに足りない場合に、周囲の余白にまで、メモのテキストをレイアウトする場合を想定している。 This extension may not necessarily carried out, but as in FIG. 37 to be described later, if only the margin range obtained in S6-4-5-1 not sufficient to place the notes, around the margin until, on the assumption that to lay out the text of the memo to.
【0289】 [0289]
但し、拡張する際も拡張の方針は決めておかないと、際限なく拡張が行われてしまう。 However, even unless decided extension of the policy when expanding, endlessly expansion will be carried out. 例えば、最初の行間の余白に関しては、横に隣接する余白範囲に拡張しても良い、という方針の場合、図16の範囲129の行間から左右の範囲105、118には拡張できることになる。 For example, with respect to the margin of the first rows, it may be extended to the margin range laterally adjacent, when the policy of, would be extended in the range 105, 118 rows of the left and right range 129 in FIG. 16. あるいは、右方向と下方向に隣接する余白範囲は全て拡張して良いとすると、範囲130から拡張する場合、範囲131〜134、120〜126が拡張できることになる。 Alternatively, if all the margin range which is adjacent to the right and downward directions may be expanded, to extend the range 130, range 131~134,120~126 is can be extended. 横行の場合、右方向および下方向は自然な拡張方向なので、馴染みやすいという利点がある。 In the case of rampant, because the right direction and the lower direction is a natural extension direction, there is an advantage in that familiar. 隣接を調べる方法は、S6−4−1−5で既に説明したとおりである。 How to determine the neighbor is as already described in S6-4-1-5.
【0290】 [0290]
S6−4−5−4で、メモデータレイアウト取得手段66が、S6−4−5−3で得られた余白範囲にメモデータをレイアウトできるかどうかを判定し、レイアウトできる場合はP33へ処理が抜け、できない場合はP34へ処理が抜ける。 In S6-4-5-4, memo data layout acquisition unit 66 determines whether the layout of the memo data in the margin range obtained in S6-4-5-3, the process to P33 if possible layout omission, processing to P34 If you can not escape.
【0291】 [0291]
レイアウトできるかどうかは、同手段66が通常のレイアウト処理を試してみることで判断できる。 Whether or not can be laid, it can be judged by the same means 66 try out the normal layout process. 例えば、図12のFREEHANDやIMAGEのメモデータの場合、大きさは固定なので、その大きさを、特定した余白範囲の大きさと比較すれば良い。 For example, for FREEHAND or IMAGE the memo data in FIG. 12, since the size fixed, the size may be compared to the magnitude of the specified margin range.
【0292】 [0292]
TEXTのメモデータの場合、1文字1文字をレイアウトしていくことになるので、図14のS6−3でコンテンツデータのレイアウトについて説明した処理と同様の処理を行えばよい。 For memo data of TEXT, 1 because character 1 character would continue to lay out, it may be performed the same processing as that described layout of the content data S6-3 of FIG. 14. この時、余白範囲の高さが文字の高さより低い場合は、行のレイアウトとメモのレイアウトとが重ならないように、メモをレイアウトすることはできないことになる。 In this case, when the height of the margin range is lower than the height of the character, so as not to overlap with each other and the layout of the layout and note line, it will not be able to lay a note. レイアウトの方針として、コンテンツのレイアウトとメモのレイアウトとの重なりが全く無いことを定めている場合は、この時点でメモのレイアウトが不可能と判断することになる。 As the layout policy, if the overlap between the layout and notes layout of content is to be determined by a complete absence would layout memo at this time is determined impossible.
【0293】 [0293]
レイアウトの方針として、コンテンツのレイアウトとメモのレイアウトの重なりが所定の面積あるいは所定の割合以下の時は、レイアウト可能とすることを定めている場合、メモの1文字をレイアウトする度、重なり部分の面積や割合を計算して、所定の面積あるいは所定の割合以下かどうかを、上記手段66が判断すればよい。 As the layout policy, when the overlap layout and notes layout of content is equal to or less than the predetermined area or a predetermined percentage, if determined to be a possible layout, time to lay out one character notes, overlapping portions of the area and percentage to calculate, if a predetermined area or a predetermined percentage or less, the means 66 may be determined.
【0294】 [0294]
行レイアウトとメモの文字レイアウト(表示対象要素)の重なりは、S6−4−5−3で得た全ての余白範囲に対して、文字レイアウトの範囲と重なる部分を除いて、残った範囲として求められる。 Overlap line layout and note text layout (display target element), for all margins range obtained in S6-4-5-3, except for a portion overlapping with the range of characters layout, determined as remaining range It is.
【0295】 [0295]
重なる部分を除くとは、例えば、 And excluding the portion that overlaps, for example,
Y(余白)<Y(文字)<Y(余白)+H(余白)<Y(文字)+H(文字) Y (margin) <Y (character) <Y (margin) + H (margin) <Y (character) + H (characters)
などという場合、文字の上側部分、すなわちY(文字)からY(余白)+H(余白)の範囲、が余白と重なっている。 If that such a range the upper portion of the character, that is, from Y (characters) Y in (margin) + H (margin), but it overlaps the margin. 従って、重なっている文字の上側部分を除いた文字の下側部分は、Y(余白)+H(余白)からY(文字)+H(文字)の範囲となるので、文字の下側部分の位置Y'(文字残り)と高さH'(文字残り)は、 Thus, the lower portion of the character excluding the upper portion of the overlap characters, since the Y (margin) + H (margin) in the range of Y (characters) + H (characters), the lower portion of the character position Y '(letter remaining) and height H' (letter rest) is
Y'(文字残り)=Y(余白)+H(余白) Y '(characters remaining) = Y (margin) + H (margin)
H'(文字残り)=Y(文字)+H(文字)−Y'(文字)、 H '(letter remainder) = Y (characters) + H (characters) -Y' (letter),
となる。 To become. X方向についても同様に、X'(文字残り)、W'(文字残り)が求められる。 For similarly X direction, X '(letter remaining), W' (letter remainder) is obtained.
【0296】 [0296]
この部分は、余白範囲から外れているので、行と重なっている。 This part, because it deviates from the margin range, overlaps with the line. つまり、もしこの状態でメモを表示させたら、メモと本文行が重なって見えてしまう。 In other words, If you display the notes in this state, it would appear to overlap notes and text lines. この時、メモと本文行の重なり部分の面積SO(文字重なり)は、 At this time, the notes and the text line overlapping portion of the area SO (overlapping characters)
SO(文字重なり)=H'(文字残り)×W(文字)+H(文字)×W'(文字残り)−H'(文字残り)×W'(文字残り)、 SO (overlapping characters) = H '(letter remaining) × W (characters) + H (character) × W' (letter remaining) -H '(letter remaining) × W' (letter rest)
となる。 To become.
【0297】 [0297]
これを全ての文字について足し合わせれば、重なった部分の面積SO(全文字重なり)が求められる(なお、重なった部分が上下2つの余白範囲に分かれる場合は、重なった部分を範囲の配列として個別に重なった部分などを管理し、面積などの計算ではそれらを足し合わせばよい)。 Taken together add up all of the characters, overlapping portions of the area SO (overlapping all characters) is determined (Note that if the overlapping portion is divided into two upper and lower margins range, individually overlapped portion as an array of range such as managing the overlapping portion may be the sum them in calculations such area).
【0298】 [0298]
一方、レイアウトされた1文字の面積SL(文字)は、 On the other hand, it laid out one character area SL (characters),
SL(文字)=W(文字)×H(文字)、 SL (character) = W (character) × H (character),
であり、これを全ての文字について足し合わせれば、メモのレイアウト部分の面積SL(全文字)が求められる。 , And the Together we add this for all of the characters, the area of ​​the layout section of the memo SL (all characters) is obtained.
【0299】 [0299]
重なりが所定の面積以下かどうかを判断するならば、SO(全文字重なり)が所定の面積を超えた時点で、メモをレイアウトできないと判断し、最後の文字までレイアウトしても、SO(全文字重なり)が所定の面積を超えなければメモのレイアウトが可能と判断する。 If overlap is determined whether a predetermined area or less, when the SO (overlapping all characters) exceeds a predetermined area, determines that it can not layout notes, even if the layout to the last character, SO (total character overlap) is determined to be the layout of notes does not exceed a predetermined area.
【0300】 [0300]
重なりの面積が所定の割合以下かどうかを判断するなら、(SO(全文字重なり)/SL(全文字))が、所定の割合を超えたらメモをレイアウトできないと判断し、超えない場合はメモのレイアウトが可能と判断する。 If the area of ​​overlap is determined whether a predetermined percentage or less, (SO (overlapping all characters) / SL (all characters)) is determined that it can not lay out Note After exceeds a predetermined rate, if not exceeded notes the layout is determined to be of. なお、割合の場合、判断を1文字ずつ逐次的に行う場合と、最後の文字までレイアウトして最終的に割合を比較する場合とが考えられる。 In the case of the ratio, and if a determination is sequentially character by character, it can be considered a case of comparing the final proportion laid to the last character.
【0301】 [0301]
なお、余白範囲が範囲105、129、118などのように横一列に並んでいる場合は、余白範囲の高さとメモの文字の高さとに基づいて、各文字がコンテンツのレイアウトと重なりあう面積や割合は求まるので、上記手段66の判断処理を簡易化することもできる。 Incidentally, if the margin range are arranged in a horizontal row, such as ranges 105,129,118, based on the heights of the notes text margin range, Ya areas each character overlap the content layout the ratio is calculated, it is also possible to simplify the determination processing of the means 66.
【0302】 [0302]
また、メモの文字サイズが一定の場合、メモの文字の高さから余白範囲の高さを引き算した正の値(重なり高さ)が、行の高さに対してどのくらいの割合になるかを求め、この割合が所定値以下になることを、メモのレイアウトを許可する条件としてもよい。 Also, if the character size of the note is constant, note character height from subtracting the height of the margin range positive value (overlapping height), or at a ratio of how much the height of the row determined, that this ratio is equal to or less than a predetermined value may be a condition for permitting layout of notes.
【0303】 [0303]
なお、メモデータと本文データのレイアウトが所定の割合や面積以下ならば重なってもよいと判断した場合、表示結果はメモデータと本文データのレイアウトが一部重なってしまうが、この状態を「上書き表示」と呼ぶことにする。 Incidentally, if the memo data and the layout of the text data is determined to be overlapped if a predetermined percentage or area below, the display results memo data and the layout of the text data overlaps part, the state "Overwrite It will be referred to as a display. "
【0304】 [0304]
以上のS6−4−5−1〜S6−4−5−4の処理によって、図15のS6−4−5を処理することができる。 By treatment of the above S6-4-5-1~S6-4-5-4, it can process S6-4-5 of FIG.
【0305】 [0305]
図22は、図15のS6−4−7の処理の一詳細例を説明するフローチャート図である。 Figure 22 is a flow chart describing one detailed example of the processing of S6-4-7 of FIG. 15.
【0306】 [0306]
図21とほぼ同様の処理で、S6−4−7−1だけ異なる。 In substantially the same processing as FIG. 21, different only S6-4-7-1.
【0307】 [0307]
P34を経たS6−4−7−1では、メモデータレイアウト取得手段66が、S6−4−1で参照部分が属する行に隣接する、種類がBdの余白範囲を得る。 In S6-4-7-1 through the P34, memo data layout acquisition unit 66, adjacent to the row that belongs reference part S6-4-1, type get margin range Bd.
【0308】 [0308]
行に隣接する余白範囲は、図3のデータの隣接余白配列から得られるので、この隣接余白配列の中から、種類がBd(周囲)の余白範囲を抜き出せば良い。 Margin range adjacent in the row, so obtained from the adjacent margin sequence data of Figure 3, from among the adjacent margin arrangement, the type may be Nukidase margins range Bd (ambient). 該当する余白範囲が、行の上下左右に存在する場合もあるので、得られる余白範囲は配列の形態を取る。 Appropriate margin range, since it may be present in the vertical and horizontal line, the resulting margin range takes the form of an array. 例えば、図16の参照部分100の場合、隣接する種類がBdの余白範囲は左の範囲104と右の範囲117となる。 For example, when the reference portion 100 of FIG. 16, the margin adjacent range of types Bd is the left range 104 and right range 117.
【0309】 [0309]
なお、この時点で例えば左の範囲と右の範囲のどちらかに絞る/優先度をつける処理を行っても良い。 It should be noted that the squeeze on either of the range and the right of the range of, for example, left this point / priority may be subjected to a treatment to put a. どちらにするかは、図13のメモデータリストの「メモデータを表示する方法についての情報」において上下左右のどちらの方向に絞るか/優先するかの指定を行うようにしても良い。 Either or may be performed designation of whether / priority Narrow vertically and horizontally in either direction in the memo data list "information on how to display the memo data" in FIG. 13. 指定がなければ、いずれかに予め決めるルーチンを設定しておいても良い。 If not specified, it may be set in advance decide routine to either. あるいは、参照部分から一番距離的に近い余白範囲を選ぶ、あるいは一番幅が大きい(XL、XR、YT、YBの間で一番大きい)余白範囲を選ぶ、という方法もある。 Alternatively, choosing the most distantly close margin range from the reference portion, or choosing the most large width a (XL, XR, YT, largest among YB) margin range, there is a method called.
【0310】 [0310]
例えば距離で選ぶ場合、図16では、参照部分100が行範囲81の中で少し右よりなので、範囲104より近い範囲117の方を選ぶということになる。 For example, to select the distance, in FIG. 16, the reference portion 100 is because little more right in the line range 81, it comes to choosing the direction of closer range 117 than the range 104.
【0311】 [0311]
以上の処理によって、図15のS6−4−7を処理することができる。 Through the above process, it can be processed S6-4-7 of FIG.
【0312】 [0312]
図23は、図15のS6−4−9の処理の一詳細例を説明するフローチャート図である。 Figure 23 is a flow chart describing one detailed example of the processing of S6-4-9 of FIG. 15.
【0313】 [0313]
P36を経たS6−4−9−1では、メモデータレイアウト取得手段66が、「余白範囲最大矩形リスト」を得て、P37を経てS6−4−9−2へ処理が進む。 In S6-4-9-1 through the P36, memo data layout acquisition unit 66 to obtain a "margin range maximum rectangle list" process to S6-4-9-2 through P37 progresses.
【0314】 [0314]
「余白範囲最大矩形」とは、ある余白範囲に隣接する余白範囲を、矩形となるような状態で統合して余白範囲を拡張していき、もう拡張しきれない状態の余白範囲の集まりを言う。 The term "margin range maximum rectangle", a margin range that is adjacent to a certain margin range, integrated in such a state that a rectangular continue to extend the margin range, refers to the collection of margin range of state that can not be longer extension . 例えば、図16の範囲131を拡張していくと、範囲131、132、134、120〜122の6つの範囲を統合した矩形が得られる。 For example, if continue to extend the range 131 of FIG. 16, integrated rectangle is obtained six scope 131,132,134,120~122. また、範囲130を拡張していくと、範囲107、130、131、120を統合した横長の矩形が得られる。 Also, when going to extend the range 130, horizontally long rectangles is obtained by integrating range 107,130,131,120. 「余白範囲最大矩形リスト」とは、このようにして定められた余白範囲最大矩形が複数集まったものである。 The "margin range maximum rectangle list", in which this way a defined margin range maximum rectangle gathered more.
【0315】 [0315]
S6−4−9−1の処理の詳細は後で説明する。 S6-4-9-1 details of the processing will be described later.
【0316】 [0316]
S6−4−9−2では、メモデータレイアウト取得手段66が、S6−4−9−1で得られた余白範囲最大矩形リスト中の余白範囲最大矩形から、メモをレイアウト可能な余白範囲最大矩形を抽出して、S6−4−9−3へ処理が進む。 In S6-4-9-2, memo data layout acquisition unit 66, the margin range maximum rectangle in the resulting margin range up list of rectangles in S6-4-9-1, layout notes possible margin range up to rectangular by extracting, processing to S6-4-9-3 proceeds. レイアウト可能かどうかは、S6−4−5−4と同様の判断方法によればよい。 Whether possible layout may according to the same determination method as S6-4-5-4. 抽出の結果、該当する余白範囲最大矩形は無い場合もあるし、複数の場合もある。 Result of the extraction, to the appropriate margin range maximum rectangle is sometimes not, in some cases more than one.
【0317】 [0317]
なお、S6−4−11での処理用に、該当する余白範囲最大矩形が無い場合でも、最も重なり(面積、割合など)が少ない余白範囲最大矩形は、一つ保持しておく。 Incidentally, for processing in S6-4-11, even if appropriate margin range maximum rectangle is not the most overlap (area ratio, etc.) is less margin range maximum rectangle, keep one held.
【0318】 [0318]
S6−4−9−3では、上記手段66が、S6−4−9−2で得たメモが入りきる余白範囲最大矩形があるかどうか判断し、あればS6−4−9−4へ処理が進み、なければP39へ処理が抜ける。 In S6-4-9-3, the means 66 determines whether there is a margin range maximum rectangle will fit memo obtained by S6-4-9-2, process to S6-4-9-4 if advances, no if to P39 processing comes out.
【0319】 [0319]
S6−4−9−4では、上記手段66が、S6−4−9−2で得たメモが入りきる余白範囲最大矩形の内、参照部分に最も距離的に近いものを選び、P38へ処理が抜ける。 In S6-4-9-4, the means 66, of the margin range maximum rectangle will fit memo obtained by S6-4-9-2, choose the one most distantly close to the reference portion, the process to P38 It comes off.
【0320】 [0320]
以上の処理によって、図15のS6−4−9を処理することができる。 Through the above process, it can be processed S6-4-9 of FIG.
【0321】 [0321]
図24は、図23のS6−4−9−1の処理の一詳細例を説明するフローチャート図である。 Figure 24 is a flow chart describing one detailed example of the processing of S6-4-9-1 in Figure 23.
【0322】 [0322]
P36を経たS6−4−9−1−1では、メモデータレイアウト取得手段66が、図17の隣接余白配列を下記のループリストに設定し、ループリストの最初の余白範囲をカレント余白矩形に設定し、S6−4−9−1−2へ処理が進む。 In S6-4-9-1-1 through the P36, memo data layout acquisition unit 66, sets the adjacent margins arrangement of Figure 17 the loop list below, set the first margin range of loop lists the current margin rectangular and, processing to S6-4-9-1-2 proceeds.
【0323】 [0323]
「ループリスト」とは、S6−4−9−1−2からS6−4−9−1−8の処理ループを回していく際に、カレント余白矩形を作成するもととなる余白矩形のリストである。 The "loop list", when you turn the processing loop of S6-4-9-1-8 from S6-4-9-1-2, the list of margin rectangle with master to create a current margin rectangle it is. この時点では、ループリストに個々の余白範囲が入っているだけだが、S6−4−9−1−5で新たな余白範囲が追加されることもある。 At this point, it's just that contains the individual margin range to loop list, there is also that the new margin range in S6-4-9-1-5 is added.
【0324】 [0324]
「余白矩形」とは、余白範囲の一つ以上の集まりからなるもので、隣接していて、全体として矩形の形状になっているものである。 The "margin rectangle", made of one or more set of margin range, be contiguous, but that is a rectangular shape as a whole.
【0325】 [0325]
「カレント余白矩形」とは、現在ループ処理中の余白矩形のことである。 The "current margin rectangle", is that the margin rectangle of the current in the loop processing.
【0326】 [0326]
S6−4−9−1−2では、同手段66が、カレント余白矩形が存在するかどうか判断し、存在すればS6−4−9−1−3へ処理が進み、存在しなければP37へ処理が抜ける。 In S6-4-9-1-2, the means 66 determines whether the current margin rectangle is present, if there process to S6-4-9-1-3 advances, the P37 if there processing comes out.
【0327】 [0327]
S6−4−9−1−3では、同手段66がカレント余白矩形をワークリストに設定して、S6−4−9−1−4へ処理が進む。 In S6-4-9-1-3, the means 66 sets the current margin rectangle worklist, the process to S6-4-9-1-4 proceeds.
【0328】 [0328]
「ワークリスト」は、S6−4−9−1−4からS6−4−9−1−6のループを処理する際に使われるカレント余白矩形である。 "Work list" is a current margin rectangle that is used in processing the loop of S6-4-9-1-6 from S6-4-9-1-4.
【0329】 [0329]
S6−4−9−1−4では、同手段66がワークリスト中の4隅の余白範囲を取得して、S6−4−9−1−5へ処理が進む。 In S6-4-9-1-4, the means 66 acquires the four corners of the margin range in worklist, the process to S6-4-9-1-5 proceeds. 4隅とはカレント余白矩形の4隅であり、ワークリスト中の余白範囲が2行2列未満の場合は、一部、重複することになる。 4 corners and is four corners of the rectangular current margin when the margin range in worklist is less than two rows and two columns, in part, will be duplicated.
【0330】 [0330]
例えば、ワークリストが図16に示す範囲131〜134、120〜122ならば、4隅の余白範囲は範囲131、134、120、122となる。 For example, if the range 131~134,120~122 worklist shown in FIG. 16, the four corners of the margin range is a range 131,134,120,122. ワークリストが範囲131、132ならば、4隅の余白範囲は範囲131、132となる。 If the work list in the range 131 and 132, the four corners of the margin range is in the range 131 and 132. ワークリストが範囲131だけならば、4隅の余白範囲は範囲131となる。 If the work list in the range 131 only, the four corners of the margin range is in the range 131.
【0331】 [0331]
S6−4−9−1−5では、同手段66が4隅の余白範囲を、矩形形状を保ったまま拡張する。 In S6-4-9-1-5, the means 66 is a four corner margins range, to expand while maintaining a rectangular shape.
【0332】 [0332]
図25は拡張の仕方を説明する説明図である。 Figure 25 is an explanatory view illustrating how extension. 斜線を引いた6つの余白範囲がワークリストだとし、右上の範囲150を拡張する場合を考える。 And six of the margin range hatched is that it is a work list, consider the case to extend the upper-right corner of the range 150. 上に拡張する場合は、範囲151だけを拡張しただけでは、右上に飛び出た形状になってしまい、矩形にならない。 When expanding the above, only an extension of only the range 151, becomes in a shape protruding to the upper right, not rectangular. そこで、範囲151から左方向に余白範囲を調べにいき、左上隅の範囲156の上の範囲153まで全て、すなわち範囲151、152、153全てを一度に拡張する。 Therefore, go to examine the margin range from the scope 151 in the left direction, it extends all to the extent 153 on the upper left corner of the range 156, i.e. the range 151, 152, 153 all at once. 例えば、範囲152が行範囲などである場合、余白範囲のワークリストとして拡張はできないので、範囲150から上へは拡張できないことが分かる。 For example, if the range 152 is like row range, can not be extended as a worklist margin range, it can be seen can not be extended in upward from the scope 150.
【0333】 [0333]
範囲150から右に拡張する場合も同様で、範囲154から下方向に余白範囲を調べにいき、右下隅の範囲157の右の範囲155まで全て、すなわち範囲154、155全てを一度に拡張する。 The same applies to the case of extending the range 150 to right, go to examine the margin range downward from the scope 154 extends all to the right of the range 155 of the lower right corner of the range 157, i.e. the range 154 and 155 all at once.
【0334】 [0334]
他の隅に関しても、余白範囲を調べる方向を変えることで同様の拡張方法を実行することとなる。 For the other corners, and executes the same enhancement methods by changing the direction to investigate the margin range. 但し、範囲156から上に拡張する場合、範囲150から上に拡張する場合と同じになるので、実際は4隅全て拡張できるか調べる必要はなく、対角となる2隅を調べれば十分である。 However, if extended over the range 156, since the same in the case of expanding on the range 150, actually is not necessary to examine 4 or corners can all be extended, it is sufficient to examining the two corners of the diagonal. 図25で言えば、範囲150と範囲158の組、あるいは範囲156と範囲157の組のいずれかが、対角となる2隅として選択される。 In terms of Figure 25, set in the range 150 and the range 158, or any range 156 and the range 157 pairs is selected as the two corners of the diagonal.
【0335】 [0335]
4隅から拡張が可能となる場合は、結局、上下左右に4通り考えられるが、それぞれ拡張した結果は異なる余白範囲となるので、ここで処理を分岐させる必要がある。 4 is a case where it is possible to extend the corner, after all, it can be considered are four vertically and horizontally, since each the expanded results different margins range, it is necessary to herein the process to branch. なお、以下、拡張して得られた新たな余白範囲を余白矩形と呼ぶ。 Incidentally, hereinafter referred to as new margin range which is obtained by expanding the margin rectangle.
【0336】 [0336]
ここでは簡易的に、ワークリストに登録する拡張した余白矩形は一つとし、残りの最大3通りの拡張した余白矩形は次回以降に処理されるように、ループリストに登録しておく。 Here in a simple manner, the expanded blank rectangle is registered in the work list as one, as the expanded margins rectangular remaining up to 3 types are processed in the next time, is registered in the loop list.
【0337】 [0337]
例えば図25では、範囲150から上と右に拡張可能だった場合、範囲151、153、158、157を4隅とする余白矩形をワークリストに登録し、範囲154、156、158、156を4隅とする余白矩形はループリストに登録することとなる。 In Figure 25 for example, if it was extensible into the top and right from the scope 150, and registers the margin rectangle that range 151,153,158,157 and four corners worklist range 154,156,158,156 4 margin rectangle that the corner will be able to register in the loop list.
【0338】 [0338]
S6−4−9−1−6では、同手段66がS6−4−9−1−5で拡張が行われたかどうか判定し、拡張が何も行われなかった場合は、S6−4−9−1−7へ処理が進み、拡張が行われた場合はS6−4−9−1−4へ処理が戻る。 In S6-4-9-1-6, if the same means 66, it is determined whether or not the expansion is carried out in S6-4-9-1-5, expansion has not been done anything, S6-4-9 to -1-7 process proceeds, the process returns to S6-4-9-1-4 If the extension has been made.
【0339】 [0339]
S6−4−9−1−7では、同手段66がワークリストを余白範囲最大矩形リストに追加して、S6−4−9−1−8へ処理が進む。 In S6-4-9-1-7, the means 66 adds the worklist in the margin range maximum rectangle list, the process to S6-4-9-1-8 proceeds.
【0340】 [0340]
S6−4−9−1−8では、同手段66がカレント余白矩形をループリスト中の次の余白矩形に設定して、S6−4−9−1−2へ処理が戻る。 In S6-4-9-1-8, the means 66 is to set the current margin rectangle to the next margin rectangle in the loop list, processing to S6-4-9-1-2 returns.
【0341】 [0341]
以上の処理によって、図23のS6−4−9−1を処理することができる。 Through the above process, it can be processed S6-4-9-1 in Figure 23.
【0342】 [0342]
ここまでの説明で主にコンテンツデータとメモデータのレイアウトを作成する方法について述べたので、以降では、その表示の仕方について具体例を使って説明する。 Since describes how to primarily create a layout of contents data and memo data in the previous sections, in the following, be described with reference to specific examples of how the display.
【0343】 [0343]
図10は、参照部分がコンテンツデータの「文書」の部分、それに関連付けられたメモデータが「ドキュメント」というテキストデータとなっている状態で関連付け表示を行った例である。 FIG. 10 is a part of the "document" of the reference portion of the content data, the memo data associated with it is an example in which a display associated with the state that is the text data of "document". 図10では、参照部分とメモとの関連付けを下線を使って表し、メモを行間にレイアウトしているが、表示の仕方については後で説明するとし、本文のレイアウトが変わった際の表示の変化について説明する。 In FIG. 10, represents the association between the reference part and the notes with the underline, although laid notes between lines, and will be explained later how the display, change of display when the layout of the text is changed It will be described.
【0344】 [0344]
図26は、コンテンツデータとしてのテキストの文字の大きさを倍にして、図10に示すメモデータと関連付けて表示した例である。 Figure 26 is a character size of the text as a content data doubles, an example of displaying in association with memo data shown in FIG. 10. 既に説明した処理によって、文字の大きさを倍にしたコンテンツデータをコンテンツレイアウト範囲内に再レイアウトした結果、「文書」の部分のレイアウト位置が、図10のレイアウト位置よりも右下に変更されている。 By treatment already described, a result of the re-layout the content data in which the character size is doubled in the content layout within the layout position of the portion of the "document" is, is changed to the lower right than the layout position of FIG. 10 there. これに対し、既に説明した処理によってメモレイアウトが再作成された結果、「文書」に関連付けられた「ドキュメント」のメモデータは、参照部分「文書」のレイアウト位置変更に追従して、メモの文字が参照部分に重ならないように、下線と共にレイアウト位置が変更されている。 In contrast, a result of note layout is recreated already by the processes described, the memo data of the "document" in the associated "document" is to follow the layout position change of the reference portion "document", notes text so they do not overlap with the reference portion, the layout position is changed with underscores.
【0345】 [0345]
図27は、本発明の技術を使わず、メモデータの表示位置だけを単に記録していた場合の処理例である。 27, without using the technique of the present invention, an example of processing when simply were recorded only display position of the memo data. 図10の状態で適正な表示となるように下線と「ドキュメント」というメモが入力されていたとする。 And underlined in such a way that the proper display in the state shown in FIG. 10 to the memo has been input of "document". この状態の下線とメモの表示位置を記録していて、図26同様、コンテンツデータのテキストの文字の大きさを倍にして再表示した状態が図27である。 The display position of the underline and notes in this state are recorded, Fig. 26 Similarly, the state where the redisplay the character size of the text of the content data to multiple diagrams 27.
【0346】 [0346]
図10の下線やメモの表示位置だけを記録しているので、図10と同じ位置に下線やメモの内容を表示させると、コンテンツデータ本文の表示と重なってしまうという不具合が生じている。 Since only is recorded the display position of the underline or notes in FIG. 10, when displaying the contents of the underline or notes in the same position as FIG. 10, it has arisen a problem that overlaps with the display of the content data body. また、下線の位置も参照部分に対してずれてしまっているので、コンテンツとメモとの関連付けが誤って解釈されてしまうかもしれないという不具合も生じている。 Further, since the position of the underline deviated with respect to the reference portion, which occur inconvenience that might association from being misinterpreted the content and the memo.
【0347】 [0347]
図26と図27を比較したら分かるように、本発明の技術を使い、参照部分とメモデータを関連付け、コンテンツデータのレイアウト後に、参照部分のレイアウトに対応してメモデータのレイアウトを行うことで、コンテンツデータのレイアウト位置の変更に追従して、見易く、解釈間違いのないメモデータの表示を行うことができる効果が出てくる。 As it is seen After comparing FIGS. 26 and 27, using the technique of the present invention, associating a reference portion and a memo data, after the layout of the contents data, corresponding to the layout of the reference portion by the layout of the memo data, to follow the change of the layout position of the content data, easy to see, come out the effect of display can be performed with no interpretation mistake memo data.
【0348】 [0348]
図14のS6−7での参照部分、メモデータ、関連付けなどの表示の仕方は様々な方法が考えられる。 Referencing portion at S6-7 in FIG. 14, memo data, the display manner, such as association are conceivable various methods.
【0349】 [0349]
まず、参照部分の表示の仕方であるが、これは紙の本で人が文章などをマークする場合に行う方法はほとんどそのまま適用できる。 First, it is a representation of how the reference part, this is how to do if the person in this paper is to mark such sentences can almost directly applied. その場合、ユーザにとってなじみ易く、説明も不要であるという効果が出てくる。 In that case, it is easy familiar to the user, also described coming out of the effect that it is unnecessary.
【0350】 [0350]
例えば、図10は関連付けを下線で示した例である。 For example, FIG. 10 is an example showing underlined association. 縦行ならば行の右側あるいは左側の傍線となる。 If the vertical line on the right side or the left side of the underline of the line. 図13の参照データから、図2のような表示対象要素のデータ中の参照部分となるべき表示対象要素を特定できるので、特定された表示対象要素の位置や大きさのデータから下線を引くべき位置が求められる。 From the reference data of FIG. 13, it is possible to identify the displayed element to the reference portion in the data of the display target element as in FIG. 2, to underline from the data of the position and size of the specified display object elements position is required.
【0351】 [0351]
なお、文字や直線、曲線などの表示は、グラフィカルデバイスを扱えるOS(Operating System)ならば、API(Applications Programming Interface)やライブラリなどで命令として用意されているのが一般的なので、それらの命令を組み合わせることで、複雑な形状の表示なども行うことができる。 The character and the linear display, such as curves, if OS (Operating System) to handle graphical devices, API (Applications Programming Interface) and because of such by being provided as instruction library is generally, those instructions by combining, it can also be performed such as display of complex shapes. そこで、ここでは詳細には説明せず、命令を作成する為に必要な表示位置などの情報の取得方法などを説明するにとどめる。 Therefore, here not described in detail, it kept in explaining a method acquire information such as display positions required to create instructions.
【0352】 [0352]
下線は紙の本などでも最も一般的な表示方式である。 Underlined is the most common display method in a paper book. 直線でなく、点線や波線にしたり、太さ、色を変えたりというようなバリエーションも色々考えられる。 Not a straight line, or on the dotted line and the wavy line, thickness, may also be various thought variations, such as that or change the color. また、線の太さを行と同じくらいの太さにして行に重ねるようにすれば、蛍光ペンでマークを入れたのと同じようになる。 In addition, if in the thickness of the line about the same thickness as the line to overlap in a row, the same as if you had put a mark with a fluorescent pen. 色も下の文字が透けるように透明度を持たせた半透明にするとさらに蛍光ペンのマークのようになり、下の文字を隠さない効果や目立たせる効果が出てくる。 The color also look like the mark of a further fluorescent pen and a semi-transparent character is to have a transparency as seen through the bottom, comes out effect and conspicuous to effect does not hide under the character.
【0353】 [0353]
また、直線などの規則的な線分ではなく、不規則に乱れた線分にして、手書きの線分のように見せると目立ち易いという効果も得られる。 Further, instead of the regular segments, such as straight lines, and the line segment irregularly disturbed, there is also an effect that conspicuous and appear as handwritten line segments. 線に関するこれらの工夫は関連情報の表示全てに当てはまるので、以降では説明は省く。 Since these contrivances regarding line applies to all display relevant information, in the following description is omitted.
【0354】 [0354]
下線などを使う場合、参照部分が短い時は良いが、長くなって何行にも渡るようになると、線分が多くなり、邪魔になってくる欠点がある。 If you are using, such as underlining, but when the reference part is short good, there is and so over many lines longer, the number of line segments, come in the way drawbacks.
【0355】 [0355]
図28は、参照部分を線分で囲んだ例である。 Figure 28 is an example of surrounding the reference portion in the line. 囲み方も色々考えられ、矩形や多角形で囲んだり、図28のように矩形の角を丸めた形や楕円に近いような形も考えられる。 Also how enclose been variously considered, Guests enclosed in a rectangular or polygonal, shape is also conceivable, such as close to the shape or oval with rounded rectangular corners as shown in FIG. 28. 囲む範囲の位置と大きさは、参照部分のレイアウトデータから得られる。 Range position and size of the surrounding is obtained from the layout data of the reference portion.
【0356】 [0356]
図29は参照部分が複数の行に渡った場合に、参照部分全体を線分で囲んだ例である。 Figure 29 is when the reference portion is over a plurality of rows, an example that enclose the entire reference part by line segments. この方式は、参照部分が長くなっても、図10のような下線を用いる方法に比べて線分がそれほど増えない利点がある。 This method, even if the reference portion is long, there is an advantage that does not increase so much line as compared to the method using an underline as shown in FIG. 10. 図3の行データの表示対象要素配列と、参照部分のデータとを比較すれば、参照部分の属する行を特定できるので、その結果、参照部分が複数の行に渡っているかどうかが判断できる。 By comparing the display target element array row data in Figure 3, the reference portions and data, since belonging row of reference portion can be identified, as a result, whether the reference portion is over a plurality of rows it can be determined.
【0357】 [0357]
1つのメモに対して参照部分が複数有る場合は、メモデータを行間にレイアウトするよりは、図29のように周囲の余白部分にレイアウトした方が、一般に見易い。 If the reference part is more than for a single note, than to lay the memo data in rows, the better to lay around the margin as shown in Figure 29, generally legible.
【0358】 [0358]
なお、参照部分が複数の行に渡っている場合、個々の行内で参照部分を矩形などで囲ってもよいし、図29のようにそれらを統合した多角形としてもよい。 Incidentally, when the reference portion is over a plurality of rows, may be surrounded reference portion at each row rectangular, etc., may be polygon integrates them as shown in Figure 29. 統合するには、例えば、矩形の高さを矩形の上端、下端が行間の真中にくるような高さにし、各行の参照部分に矩形の上端、下端が重ならないようにする、などという方法が考えられる。 To integrate, for example, the height of the rectangle of the rectangular upper, lower end and a height which comes in the middle of the rows, so as not to overlap the rectangular upper and lower reference part of each line, it is a method of such Conceivable.
【0359】 [0359]
また、参照部分の囲み部分の表示方法として、内部を半透明色で塗りつぶしたり、斜線や網点などの模様を上書きするという方法も考えられる。 Further, as a display method of enclosing part of the reference part, or to fill the inside semi-transparent color, it is also conceivable that overwrites a pattern such as diagonal lines and halftone dots. 参照部分を強調したい時などには有効である。 If you want to emphasize the reference section is effective for such.
【0360】 [0360]
図30は、参照部分を線分では囲まず、行左右の余白部分での線分で参照部分を示した例である。 Figure 30, a reference part not surrounded by the line segment is an example showing a reference part by line segments in the margin of the line left and right. 参照部分を線分で枠線として囲むよりは線分が少ない分、視覚的に邪魔にならない効果がある。 Min segment from surrounding the reference portion as a frame line by line segments is less, there is a visually unobtrusive effect.
【0361】 [0361]
以上の例は主に参照部分の特定の仕方に関するものだが、表示の仕方によっては、別の意味を持たせる効果が出てくることがある。 Above example it relates to a particular manner of referring mainly to parts, depending on the manner of display, the effect to have a different meaning emerges.
【0362】 [0362]
図31は、打ち消し線を参照部分に上書きしたものである。 Figure 31 is obtained by overwriting the strikethrough reference portion. 打ち消しを示唆する表示をすることで、関連付け表示に打ち消しという意味を与えることができる効果がある。 By the display suggesting cancellation, there is an effect that it is possible to give meaning that counteract associated display. また、打ち消し線は、誤った内容を削除したい時に紙の文書で行われる手法であり、ユーザに取ってなじみ易く、説明も不要という効果も出てくる。 In addition, the cancellation line, is a technique that is carried out in the paper document when you want to delete the wrong content, easy familiar take on the user, also described coming also out effect that unnecessary. また、打消し線に加えてメモデータを参照部分付近に表示させることで、そのメモデータに書き換えたことを示唆する効果が出てくる。 In addition to the cancellation lines by displaying the memo data in the vicinity of the reference portion, it emerges suggest effects that rewriting to the memo data. 打ち消し線の位置は、下線の時と同様、参照部分のレイアウト範囲の情報から算出できる。 Position of strikethrough, like the case of the underline can be calculated from the information of the layout range of the reference portion.
【0363】 [0363]
図32と図33は、コンテンツの文章にメモを挿入する例である。 Figure 32 and Figure 33 is an example of inserting notes to text content. 図32が割り込み、図33が吹き出しを使ってメモおよび関連付けを表示した例である。 Figure 32 is an interrupt, an example of displaying the notes and associated with the balloon in FIG. 33. 割り込みの表示位置は、どの文字(表示対象要素)とどの文字の間にメモを割り込ませれば良いかが参照データとして示されている(参照データでの具体的な表現の仕方は後で説明する)。 The display position of the interrupt, which character specific representation in or it is sufficient interrupted notes between (display target element) and which character is shown as reference data (reference data way will be described later ). 割り込みの表示位置の両側に位置する文字のレイアウト位置は求めることができるので、割り込み位置も求めることができる。 Since the layout position of the character to be located on both sides of the display position of the interrupt can be determined, can be determined also interrupt position. 吹き出しの大きさは、メモのレイアウトデータから外接矩形や外接楕円などを算出することによって決める。 The size of the balloon is determined by calculating the like circumscribed rectangle and circumscribing ellipse from notes of the layout data.
【0364】 [0364]
挿入を示唆する表示をすることで、関連付け表示に挿入という意味を与えることができる効果がある。 By the display suggesting insertion, there is an effect capable of providing a sense of association inserted in the display. これは、行内で並んでいる表示対象要素間に、吹き出しや割り込みの記号などを用いて書き込みを挿入したい時に紙の文書で行われる手法であり、これもユーザに取ってなじみ易く、説明も不要という効果も出てくる。 This is between the displayed elements are arranged in a row, a technique that is performed by the paper documents when you want to insert the write by using a balloon or interrupt symbols, which is also amenable to take the user, also unnecessary description come even out the effect of.
【0365】 [0365]
なお、挿入の場合、参照部分は表示対象要素ではなく、複数の表示対象要素の間なので、「参照データを特定する情報」の扱いを工夫する必要がある。 In the case of insertion, the reference portion is not the display target element, so between the plurality of display target element, it is necessary to devise a treatment of "information specifying the reference data." 例えば表示対象要素の先頭からの数を使う場合、11文字目と12文字目の間に挿入したいときは、図13にデータ35として示すように、その中間の値を取って「12.5」番目とするとか、挿入であることが識別できるように負の値にして「−13」番目とする方法や挿入を示すフラグ情報の追加などが考えられる。 For example when using the number from the beginning of the display target element, if you want to insert between the 11 th character and 12 character position, as shown as data 35 in FIG. 13, taking the value of the intermediate "12.5" th Toka and, such as adding flag information indicating and insertion method of the "-13" th in the negative value so as to identify that an insertion can be considered. 同様に、先頭からのバイト数の場合、15バイト目の文字と17バイト目の文字の間なら、「16」バイト目や「−17」バイト目とする方法などが考えられる。 Similarly, in the case of the number of bytes from the beginning, if during the 15 byte characters and 17 byte characters, such as how to "16" byte and "-17" byte can be considered.
【0366】 [0366]
参照部分として、表示対象要素単位だけでなく、表示対象要素内部の位置まで指定したい場合、内部の座標位置をさらに使うということも可能である。 As a reference part, not only the display target elements units, if you want to specify to the position of the internal display target element, it is possible that further use of internal coordinates. 例えば地図画像の中のある場所を指し示したい時などである。 For example, a when you want to point to a certain location in the map image. 図34はこの例を示しているが、この場合、例えば地図画像の表示対象要素が5番目だとして、その地図画像の中の(50,50)の座標値の位置を参照部分としたい場合、「参照データを特定する情報」を例えば、「5:(50,50)」などという書式で表すようにすれば良い。 Although Figure 34 shows an example, in this case, for example, as it fifth display target element of the map image is, if you want a reference portion position of the coordinate values ​​(50, 50) in the map image, the "information specifying the reference data" for example, "5: (50, 50)" may be as represented in the format like. 表示する際は、「:」がある場合は続く文字列を座標値と解釈して、参照部分を指し示すような表示を行えば良い。 When displayed, ":" If there is to be construed as coordinate values ​​followed by a string, it may be performed to display, such as pointing to the reference part.
【0367】 [0367]
また、メモデータの表示の仕方によっては、参照部分は容易に推測できるので、特に参照部分を示すことはしないという場合も考えられる。 Further, the display manner of the memo data, the reference portion can easily be guessed, there may be cases that are not in particular indicating the reference portion. 図35はこれを示す例であり、参照部分の漢字「文書」にメモデータとして上ルビ「ぶんしょ」を振るケースである。 Figure 35 is an example to illustrate this, kanji "document" in the reference part is a case of swinging the upper ruby ​​"document" as memo data. この場合、メモデータを参照部分のごく近く、できれば行間に表示させる方が関連を推測し易くて良い。 In this case, very close to the reference part the memo data, those to be displayed on the rows as long as it may be easy to guess the association.
【0368】 [0368]
メモデータの表示の仕方も色々考えられる。 Display of how the memo data can also be various thought.
【0369】 [0369]
メモデータの内容自体は、レイアウト可能範囲が決まれば、通常はレイアウト可能範囲の中で文字や手書きメモなどをレイアウトするだけだが、場合によっては、文字の大きさや色を変えたり、表示レイアウト範囲に収まるように文字や全体の大きさを変えたりということもあるかもしれない。 Note the contents of the data itself is, once the layout range, is usually but just to lay out the characters and handwritten notes in the layout range, in some cases, changing the font size and color, to display layout range It might also be referred to or changing the size of the character and overall to fit. なお、文字の大きさや色などの属性情報は、メモデータに記録されていて、それに従って文字などは表示されるとする。 Incidentally, the attribute information such as character size and colors, have been recorded in the memo data, and accordingly characters, etc. are displayed. それらの属性情報は、図9のメモデータ設定ダイアログなどでユーザが指定、修正すればよい。 These attribute information, the user or the like memo data setting dialog of FIG. 9 specified, it may be modified.
【0370】 [0370]
メモデータの内容表示の周囲や背景、位置にはいろいろバリエーションが考えられる。 Note the data of the contents display of ambient or background, it can be considered various variations of the position. 以降では、S6−4でメモデータのレイアウト範囲を決める例についても同時に説明する。 In the following, it will also be described at the same time for an example for determining the layout range of the memo data in S6-4.
【0371】 [0371]
図36はS6−4での処理と異なり、コンテンツデータがレイアウトされている範囲を考慮せずにコンテンツに上書き表示している例である。 Figure 36 is different from the process in S6-4, an example in which overwriting displayed in the content without considering the extent to which the contents data is laid. 参照部分の近くではあるが、コンテンツデータとメモデータが重なってしまい、非常に見にくい。 Although there is in the vicinity of the reference part, it will overlap the content data and the memo data, very hard to see.
【0372】 [0372]
このような場合には、図28に示すように、S6−4での処理の結果、コンテンツデータがレイアウトされている範囲を避けるように余白部分にメモを表示することが好ましい。 In such a case, as shown in FIG. 28, the result of processing in S6-4, it is preferable to display a note in the margin to avoid range contents data is laid out. 参照部分「文書」からメモデータ「ドキュメント」は少し離れてしまっているが、コンテンツデータとメモデータが重ならず、図36よりは見やすい。 Note data from the reference section, "document", "document" has gone a little bit away, but do not overlap the content data and the memo data, easy-to-read than Figure 36.
【0373】 [0373]
図10は参照部分の下の行間に表示させた例である。 Figure 10 is an example of displaying the rows below the reference portion. メモの量が行間に表示できる程度の量であるならば、参照部分を含む行の下あるいは上(縦書きの場合は左か右)にメモを表示させるのがコンテンツに重ならない範囲では最も参照部分に近い。 If the amount of the note is an amount enough to be displayed on the rows, (for vertical or right left) below the line that contains the reference part or uppermost reference to the extent that the displaying the memo does not overlap the content close to the part. 図35のルビや、図32の挿入、図31の修正の例も同様の例と言える。 Ruby and of Figure 35, inserted in Figure 32, it can be said that examples are also the same example modification of Figure 31.
【0374】 [0374]
図37は、行間に入りきらないような長いメモデータを、行間と周囲の余白部分との両方に表示した例であり、図28と図10とを組み合わせた状態である。 Figure 37 is a long memo data that does not fit in rows, an example of displaying both the rows and the surrounding margin, a state in which the combination of the FIGS. 28 and 10. S6−4の説明では行間か左右の余白かどちらかとなっていたが、このように両者を結合して扱うことも可能である。 In the description of S6-4 has been a either or line spacing or the left and right margins, it is possible to handle this manner by combining the two. メモデータが多い場合などには有効である。 Note: If data is often effective for such.
【0375】 [0375]
なお、図37の場合、メモレイアウト範囲は矩形ではなく、行間と左右の余白が結合された多角形となる。 In the case of Figure 37, note layout range is not a rectangle, a polygon rows and the left and right margins are combined. これは、図21などのS6−4−5−3の処理により、行間から周囲の余白にまで、メモデータをレイアウトする余白範囲を拡張したことによる。 This is the process of S6-4-5-3 such Figure 21, the line spacing to ambient margin, due to the fact that an extension of the margin range for laying the memo data. 横行の場合、右方向および下方向は余白範囲の拡張方向として自然なので、馴染みやすいという利点がある。 For rampant, since the right and downward directions is natural as an extension direction of the margin range, there is an advantage that familiar.
【0376】 [0376]
図30では、大きな参照部分をまとめて指示する括弧のような曲線の横にメモデータを表示している。 In Figure 30, displaying the memo data next to the curve as shown in parentheses to indicate collectively large reference portion. 参照部分の近くというより、正確には参照部分を示す関連情報表示の近くであるが、参照部分と参照部分を示す関連情報表示は一体と考えれば、これも参照部分の近くに表示している例に含まれると言える。 Rather than close to the reference portion, although accurate to near the display-related information indicating the reference portion, the related information display indicating the reference portions and the reference portions are displayed near the think if, also reference partial To integrally it can be said to be included in the example.
【0377】 [0377]
図38は、コンテンツレイアウト範囲の中でコンテンツデータが配置されていない余白範囲にメモデータを表示した例である。 Figure 38 is an example of displaying the memo data in the margin range in which content data is not arranged within the scope content layout. メモがレイアウトできる周囲や行間の余白がうまく発見できなかった場合などに、離れた余白が使われる。 Note that in a case that could not be successfully found margins around and between the lines that can be laid, distant margin is used. そのための処理は、図15のS6−4−10における処理に対応している。 The process for corresponds to the processing in S6-4-10 in FIG. コンテンツデータとメモデータの重なりが少ないので、メモと参照部分とが多少離れても、関連付けを矢印などでうまく表示することで、見やすくなる効果が出てくる。 Because there is little overlap between the content data and the memo data, even if notes and reference part and is somewhat distant, associations by displaying well in, such as the arrow, comes out is easy to see the effect.
【0378】 [0378]
次にメモデータの周囲や背景を強調する表示についてだが、短いメモデータならば、そのような強調は特に必要ない場合が多い。 Then I will emphasize display around and the background of the memo data, but short if the memo data, such emphasis is often not particularly necessary. ある程度長くなったり、参照部分から離れている時、上書き表示している時などに特に有効である。 Or become long to some extent, when you are away from the reference part, it is particularly effective, such as when you are overwriting display. (なお、「上書き表示」とは、S6−4−5で説明したように、メモレイアウトと本文データレイアウトが重なった状態をいう)。 (It should be noted that the "Overwrite display", as described in the S6-4-5, refers to a state in which the note layout and text data layout overlap).
【0379】 [0379]
図33はメモデータの表示の周囲を吹き出し線で囲って、メモを強調している例である。 Figure 33 is surrounding the periphery of the display of the memo data in the balloon lead line, an example in which emphasizes the note. メモが他のメモと近接している時などに、参照部分がどちらのメモと関連付けられているのかを判断しやすくなる効果がある。 Notes such as when in close proximity with other notes, there is a reference portion is likely to determine whether the associated with either memo effect.
【0380】 [0380]
さらに、参照部分の表示とメモデータの表示の間を結ぶ関連付けの表示に関しても、いつくか種類はある。 Furthermore, with regard associations display connecting between the display of the display and memo data of the reference portion, worship or types are.
【0381】 [0381]
一番シンプルなのは、図10のように参照部分の表示(下線)とメモデータの表示以外は何も書かない場合である。 The simplest Nanoha, except display display of the reference portion and the (underlined) of the memo data as shown in FIG. 10 is a case not to write anything.
【0382】 [0382]
図28は、参照部分とメモデータとを引き出し線で結んでいる。 Figure 28 is entered into the reference part and the memo data in the lead lines. このような引き出し線は、図13の関連付けデータにおけるデータ15、27などによって指定される。 Such lead wires are designated by like data 15 and 27 in the association data in Figure 13. 引き出し線を使うことで、メモデータを参照部分から多少離れた場所に配置する時でも、対応関係がわかり易いという効果がある。 By using the lead wire, even when placed somewhat away the memo data from the reference portion, correspondence there is an effect that meaningful. メモデータがコンテンツ上に重なると、例えば文字と文字が重なるので、非常に見にくくなるが、一般に1本の引き出し線程度ならば、コンテンツデータの上に重なってもそれほど見にくくはならない。 If memo data overlaps on the content, for example, since the character and the character overlap, it becomes very hard to see, if generally one lead wire about, not so much difficult to see even overlies the content data.
【0383】 [0383]
また、図28のように引き出し線に矢印をつけると、方向性を示せるので対応関係がより分かりやすくなり、また、時間や論理展開の順序の意味など、他の意味を加えることができる効果も出てくる。 Moreover, when put arrows by the lead line as shown in FIG. 28, the correspondence relationship so can show a directional property easier to understand, and also the effect capable of applying a meaning like, other meanings of the order of time or a logical development Come out.
【0384】 [0384]
これまでは主に参照部分とメモデータが1対1の場合について説明してきたが、図13のメモデータリストや参照データリストを見ると分かるように、複数のメモデータや参照データとの関係を扱うこともできる。 Previously mainly the reference portion and a memo data have been described for the case of one-to-one, as can be seen the memo data lists and reference data list shown in FIG. 13, the relationship between the plurality of memo data and reference data It can also be treated.
【0385】 [0385]
図38は、複数の参照部分と一つのメモデータとを関連付けて表示した例である。 Figure 38 is an example of displaying in association with the plurality of reference portions and one memo data. この場合、図13のデータ20のように、メモデータリストには1つのメモデータが入り、参照データリストに2つの参照データが入っている。 In this case, as the data 20 in FIG. 13, the memo data list contains two reference data contains one of the memo data, the reference data list. 同じ内容のメモデータならば、別々に表示させるよりも引き出し線などを利用してまとめて表示させた方が、無駄な表示をしなくて済むのでコンテンツの表示が多くできる点や、参照部分が同じメモに関連付けられていることをユーザに視覚的に知らせることができる利点が出てくる。 If the same contents of the memo data, is better to be displayed together by using, for example, lead lines than to be displayed separately, need and that can do a lot display of content because without a wasteful display, a reference part It emerges the advantage that it can inform visually to the user associated with the same memory.
【0386】 [0386]
図39は、逆に、一つの参照部分に複数のメモデータを関連付け表示させた例である。 Figure 39, on the contrary, an example of displaying associate multiple memo data in one reference section. 一つの参照部分に対して、複数の異なるコメントをつけたい場合などに有効である。 For one of the reference part, it is effective, for example, if you want to add a number of different comments. この場合、図13のデータ30のように、メモデータリストには2つのメモデータが入り、参照データリストに1つの参照データが入っている。 In this case, as the data 30 in FIG. 13, the memo data list contains the two memo data, one reference data in the reference data list is on.
【0387】 [0387]
これによって、一つの参照部分に対して、異なる内容のメモを関連付けることができる効果があると同時に、ある参照部分が複数のメモデータを持っていることが視覚的に一目でわかるという効果も出てくる。 Thus, output for one reference portion, an effect that different content at the same time an effect that may be associated with the notes, the reference portion of has a plurality of memo data can be known by visually glance come. 一つのメモにまとめるより複数のメモにした方が別の内容であることが視覚的に分かり易くなるという効果もある。 It is also an effect that it becomes easier to understand visually better to the multiple of notes than summarized in one of the note is another content.
【0388】 [0388]
以上の様に、関連付け表示、メモデータ表示には非常に多くのバリエーションがあるので、目的や効果、レイアウトの状態などを見極めて、適したものを選ぶようにすると良い。 As described above, association display, since the memo data display there are so many variations, objects and advantages, and assess the current state of the layout may be to choose what suitable. 全てのメモについて同じ設定にしたり、メモ毎に、またはメモの種類毎に変更するようにしたり、メモデータや関連付けデータ毎にユーザに尋ねたり(例えば、メモ作成時にユーザに指定してもらう)、メモデータの種類や量、参照部分の種類や量に応じて、表示の仕方を自動的に設定する、などが考えられる。 Or the same setting for all of the notes, every note, or notes or to be changed for each type of, or ask the user for each memo data and association data (for example, ask them to specify to the user at the time of memo creation), type and amount of memo data, depending on the type and amount of the reference part, automatically sets the manner of display, it can be considered like.
【0389】 [0389]
なお、メモデータの表示と関連付け情報の表示の順番は、互いの表示が重なるのでなければほとんどの場合、どちらが先でも良い。 It should be noted that the display of the order of the information associated with the display of the memo data is, in most cases unless the display of each other overlap, which may be in the previous.
【0390】 [0390]
また、ここではコンテンツデータのレイアウトを行った後にメモデータのレイアウトを決めているが、両者のレイアウト処理を逐次的に行うことも可能である。 Although here is determined layout of memo data after the layout of the contents data, it is possible to perform layout processing of both sequentially.
【0391】 [0391]
以上説明したような処理で、コンテンツデータのレイアウトに重ならない、あるいは重なりが所定割合以下あるいは所定面積以下になるようなメモデータのレイアウトを得ることができるので、結果的に、参照部分以外の部分も含めた文書の表示とメモの表示ができるだけ重ならずに同時に視認できるようになる効果が出てくる。 In the process as described above, does not overlap the layout of the content data, or because the overlap can get the layout of memo data such that less or not less than a predetermined area a predetermined ratio, as a result, portions other than the reference partial come out the effect of display and memo display of the document, which was also included will be able to visually recognize as much as possible do not overlap at the same time.
【0392】 [0392]
また、メモデータをレイアウトする範囲として、コンテンツデータのレイアウトの周囲の余白にすることで、コンテンツデータとメモデータの重なりを無くす/少なくすることができるという効果が出てきて、上述した効果を引き出す。 Further, as the range of laying the memo data, by the margins around the layout of the content data, the effect comes out that it is possible to reduce / eliminate the overlap of the content data and the memo data, bring out the above effect .
【0393】 [0393]
また、関連付けられたコンテンツとメモデータの表示をレイアウト的に近くにすることで、両者を一度に見やすくなり、理解しやすくなるという効果が出てくる。 In addition, by near the display of the associated content and the memo data of layout, both of them easier to see it at once, come out the effect that it becomes easier to understand.
【0394】 [0394]
また、メモデータをレイアウトする範囲として、コンテンツデータのレイアウトの間の行間にすることで、コンテンツデータとメモデータの重なりを無くす/少なくすることができるので、見やすくなるという効果があり、また、参照部分とメモとの距離を非常に近くして表示することができるので参照部分とメモデータの対応関係がより分かり易くなる効果が出てくる。 Further, as the range of laying the memo data, by the line spacing between the layout of the content data, it is possible to reduce / eliminate the overlap of the content data and the memo data, there is an effect that becomes easier to see, also, see correspondence between the reference part and the memo data it is possible to display the distance between the part and the notes very close to come out more to understand easy to become effective.
【0395】 [0395]
また、コンテンツがメモデータに影響されずにレイアウトされるので(例えば余白や行間の大きさがメモデータによって変えられることがない)、コンテンツのレイアウトをコンテンツデータが最も見やすい状態でレイアウトすることができるという効果が出てくる。 Further, the content (it is not to be changed by the memo data, for example, margins, line spacing size) because it is laid without being affected by the memo data, the layout of the content by the content data can be laid in the most easy-to-view state effect comes out of.
【0396】 [0396]
また、コンテンツデータとメモデータの関連付け表示において、線で結んで表示することで、コンテンツデータとメモデータの対応関係が分かり易くなるという効果が出てくる。 In addition, in connection with the display of the content data and the memo data, by displaying signed in line, correspondence between the content data and the memo data comes out is an effect that it becomes easier to understand.
【0397】 [0397]
また、メモデータと関連付け情報の表示の有無を指定できることで、コンテンツだけに集中して理解したい時とメモなどを参照しながら理解したい時を切り替えられるという効果が出てくる。 In addition, the ability to specify the presence or absence of the display of information associated with the memo data, only effect that can switch when you want to understand with reference to, such as when a memo to understand concentrate on to come out content.
【0398】 [0398]
このように、参照部分とメモデータを関連付け表示させることで、レイアウトが動的に変更されても、それに追従してメモデータや関連付けデータが表示されるので、文字サイズを読みやすい様に変えるなどという紙の本にない特徴を持ちながら、手書きデータやテキストデータなどからなるメモで、紙の書籍と同じような使い勝手、すなわち文書本文とメモの表示ができるだけ重ならずに同時に視認できることや、本文の該当個所と関連付けて使えること、該当個所とメモの関連付けがお互いに複数に対して行えることなど、を実現することができるようになる。 In this way, by displaying associated with the reference portion and a memo data, it is layout dynamically change, because it in to follow memo data and the association data is displayed, such as the change as easy to read the text size while having the features which are not included in the paper that, in the memo, which consists of handwritten data and text data, and can be visually similar usability and books of paper, ie display of the document text and notes to not overlap as much as possible at the same time, the body the ability to use in association with relevant sections, such that the association of relevant sections and notes can be performed for a plurality of each other, it is possible to realize.
【0399】 [0399]
また、本発明の目的は、前述した実施形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記憶媒体を、システムあるいは装置に供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読み出し実行することによっても、達成されることは言うまでもない。 Another object of the present invention, a storage medium storing software program codes for realizing the functions of the above embodiments is supplied to a system or an apparatus and a computer (or CPU or MPU) storage medium You may read and execute the program code stored in, of course, be achieved.
【0400】 [0400]
この場合、記憶媒体から読み出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。 In this case, the program code itself read from the storage medium realizes the functions of the embodiments and the storage medium storing the program code constitutes the present invention.
【0401】 [0401]
プログラムコードを供給するための記憶媒体としては、例えば、フロッピディスク,ハードディスク,光ディスク,光磁気ディスク,磁気テープ,不揮発性のメモリカード,等を用いることができる。 As the storage medium for supplying the program code, for example, it can be used a floppy disk, a hard disk, an optical disk, magnetic tape, nonvolatile memory card, and the like.
【0402】 [0402]
また、上記プログラムコードは、通信ネットワークのような伝送媒体を介して、他のコンピュータシステムから表示装置の主記憶74または外部記憶75へダウンロードされるものであってもよい。 Further, the program code via a transmission medium such as a communication network, or may be downloaded from another computer system of the display device to the main memory 74 or the external storage 75.
【0403】 [0403]
また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペレーティングシステム)などが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Further, by executing the read program by computer, as well as functions of the above embodiments are realized on the basis of the instructions of the program code, OS (operating system) running on the computer, etc. It performs a part or entire process but also to a case where the functions of the above-described embodiments are realized by those processes.
【0404】 [0404]
さらに、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Furthermore, the program code read from the storage medium are written in a memory of a function expansion unit connected to a function expansion board inserted into the computer or on the basis of the instructions of the program code, the function expansion board or function expansion unit CPU performs part or all of the actual processing so that the program codes and the functions of the above embodiments are realized by those processes.
【0405】 [0405]
本発明を上記記憶媒体に適用する場合、その記憶媒体には、先に説明したフローチャートに対応するプログラムコードを格納することになる。 When the present invention is applied to the storage medium, the storage medium will store program code corresponding to the flowcharts described above.
【0406】 [0406]
本発明は上述した各実施形態に限らず、請求項に示した範囲で種々の変更が可能である。 The present invention is not limited to the above embodiments, and various modifications are possible within the scope of the claims.
【0407】 [0407]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明に係る表示方法は、以上のように、 メモデータ取得手段、関連付け情報取得手段、余白特定手段、およびメモレイアウト生成手段とを備えた表示装置が実行する表示方法であって、 Display method according to the present invention, as described above, note data acquiring unit, the association information obtaining unit, a display method margin specifying means, and a display device that includes a note layout generation means is executed,
上記メモデータ取得手段が、メモを表すメモデータを取得するメモデータ取得ステップと、 The memo data acquisition means includes memo data acquisition step of acquiring a note data representing notes,
上記関連付け情報取得手段が、表示対象要素を表す構成要素データの一つ以上の集まりからなるコンテンツデータの一部である参照データと上記メモデータとの表示状態における対応関係を特定した関連付け情報であって、上記参照データのデータ範囲を上記コンテンツデータ内で特定したデータ位置およびメモデータのレイアウトの仕方に関する情報を含む関連付け情報を取得する関連付け情報取得ステップと、 The association information obtaining means, there by association information identifying the correspondence between the display state of the reference data and the memo data that is part of the content data consisting of one or more set of component data representing the display target element Te, the association information obtaining step of the data range of the reference data to obtain the association information including information on how the layout of the data position and the memo data specified in the content data,
上記余白特定手段が、上記表示対象要素の一つ以上を座標空間上に配置したレイアウトの中から、表示対象要素が配置されていない余白範囲を、上記レイアウトを記述したレイアウトデータに含まれる、上記座標空間上の座標位置および大きさによって特定する余白特定ステップと、 The margin specified means, from the layout of arranging the one or more of the displayed elements on the coordinate space, the margin range display target element is not arranged, is included in the layout data describing the layout, the and margins specifying step of specifying the coordinate position and size of the coordinate space,
上記余白特定手段が、表示対象要素が配置されたレイアウト範囲および上記余白範囲を、複数の分割レイアウト範囲および複数の分割余白範囲に分割し、各分割レイアウト範囲および分割余白範囲の上記座標空間上の座標位置および大きさを求め、求めた座標位置および大きさを基にして、各分割レイアウト範囲に隣接する分割余白範囲の配列を求める隣接余白配列特定ステップと、 The margin specific means, a layout range and the margin range display target elements are arranged is divided into a plurality of divided layout range and a plurality of division margin range of each divided layout range and dividing the margin range on the coordinate space obtains the coordinate position and size, based on the coordinate position and size determined, the adjacent margins sequence specifying step of determining the sequence of the division margin range adjacent to each divided layout range,
上記メモレイアウト生成手段が、上記レイアウトデータを走査し、上記レイアウトデータに含まれる、上記表示対象要素の上記コンテンツデータ内におけるデータ位置と、上記関連付け情報に含まれる、上記参照データの上記データ位置とを比較して等しいときに、上記関連付け情報によってメモデータと対応付けられた参照データを上記レイアウトデー タの中から特定する参照データ特定ステップと、 The note layout generating means scans the layout data, included in the layout data, and the data position within the content data of the display target element, included in the association information, and the data position of the reference data when equal by comparing the reference data specifying step of specifying the reference data associated with the memo data by the association information from among the layout data,
上記メモレイアウト生成手段が、上記参照データ特定ステップにて特定した参照データのデータ位置と、上記分割レイアウト範囲のレイアウトデータに含まれるデータ位置とを比較することによって、上記参照データが属する分割レイアウト範囲を特定するとともに、この特定した分割レイアウト範囲に隣接する分割余白範囲の配列の中から、上記関連付け情報に含まれる、メモデータのレイアウトの仕方に関する情報を参照して、メモデータを配置すべき分割余白範囲を特定する余白範囲特定ステップと、 The note layout generating means, and a data position of the reference data specified by the reference data specifying step, by comparing the data position included in the layout data of the divided layout range, division layout range in which the reference data belongs as well as identifying, from among the array of the division margin range adjacent to the specified partition layout range, the included in the association information, divided by referring to information relating to a layout of how memo data, it should be placed memo data and margins range specifying step of specifying a margin range,
上記メモレイアウト生成手段が、メモデータを、 上記余白範囲特定ステップで特定した上記分割余白範囲に配置することによって、 メモデータのレイアウト部分と表示対象要素との重なり部分が無いメモデータ 、あるいはメモデータのレイアウト部分の面積に対する上記重なり部分の面積の割合が所定割合以下となるメモデータ 、あるいは上記重なり部分の面積が所定面積以下となるメモデータのレイアウトを記述したメモレイアウトデータを生成するメモレイアウト生成ステップと、を有することを特徴とする。 The note layout generating means, the memo data, by placing the split margin ranges specified above margin range identification step, the overlapping portion is no memo data with displayed elements and layout portion of memo data or memo data, Note layout generation ratio of the area of the overlapping portion to the area of the layout section generates a note layout data memorandum data becomes a predetermined ratio or less, or the area of the overlapping portion describing the layout of the memo data equal to or less than a predetermined area of the a method, characterized by having a.
【0408】 [0408]
これによって、コンテンツのレイアウトが動的に変更されても、それに追従してコンテンツのレイアウトと重ならないような、あるいは重なりが少ないようなメモデータのレイアウトが得られるので、それらのレイアウトに従ってコンテンツデータ及びメモデータを出力することで、文字サイズを読みやすい様に動的に変えるなどという紙の本にない特徴を持ちながら、手書きデータやテキストデータなどからなるメモで、紙の書籍と同じような使い勝手、すなわち本文の該当個所とメモを関連付けて使えることや、文書本文とメモの表示が同時に視認しやすいこと、などの効果が出てくる。 Thereby, the layout of the content is dynamically changed, so as not to overlap with the layout and following it the content, or because the overlap is small such note layout data is obtained, and the content data according to their layout by outputting the memo data, while having the features which are not included in the paper that such an easy-to-read dynamically change as the character size, in a memo made of handwritten data and text data, similar ease of use with the book of paper , ie, and that can be used in conjunction with the relevant sections and notes the text, the display of the document text and notes come out the effect of such things, easily visible at the same time.
【0409】 [0409]
また、コンテンツがメモデータに影響されずにレイアウトされるので(例えば余白や行間の大きさがメモデータによって変えられることがない)、コンテンツのレイアウトをコンテンツデータが最も見やすい状態でレイアウトすることができるという効果が出てくる。 Further, the content (it is not to be changed by the memo data, for example, margins, line spacing size) because it is laid without being affected by the memo data, the layout of the content by the content data can be laid in the most easy-to-view state effect comes out of.
【0410】 [0410]
さらに 、参照部分のコンテンツデータとメモデータを関連付ける情報が得られるので、例えば、あるメモデータのレイアウトを作成する際、そのメモデータに関連付けられた参照部分を特定することができる。 Furthermore, since the information associating content data and memo data of the reference part can be obtained, for example, when creating a layout of a memo data, it is possible to identify a reference portion associated with the memo data. あるいは、メモと参照部分との関連付けを示す場合、関連付け情報を利用することができる。 Alternatively, when indicating the association between the notes and references section, it is possible to use the association information.
【0411】 [0411]
これによって、メモデータのレイアウトを作成したり、参照部分やメモデータを表示する際に、関連付け情報を利用した処理(参照部分に近い位置にメモデータをレイアウトする、参照部分とメモとを関連付けを視認できるように表示する等)が行えるようになる。 Thus, to create the layout of memo data, when displaying the reference partial or memo data, a position close to the process (see the portion using the association information to the layout of the memo data, the associate reference part and the notes etc. to be displayed so as to be seen) so can be performed.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 全レイアウト範囲に対するレイアウト可能範囲と、レイアウト可能範囲にコンテンツをレイアウトした状態とを説明する図である。 [1] and the layout range for all layout range is a diagram for explaining a state in which layout the content in the layout range.
【図2】 表示対象要素のレイアウトデータ構造を説明する図である。 2 is a diagram illustrating a layout data structure of the display target element.
【図3】 行レイアウトのデータ構造例を説明する図である。 3 is a diagram illustrating a data structure example of the line layout.
【図4】 本発明の表示装置の機能的な構成を示すブロック図である。 4 is a block diagram showing a functional configuration of a display device of the present invention.
【図5】 上記表示装置の一実施形態における構成例を示すブロック図である。 5 is a block diagram showing an example configuration of an embodiment of the display device.
【図6】 上記表示装置の概観例を示す模式的な斜視図である。 6 is a schematic perspective view showing an overview example of the display device.
【図7】 表示部兼タブレット上に、コンテンツデータのテキストの一部をレイアウトして表示した状態を示す説明図である。 In [7] the display unit and on the tablet, it is an explanatory view showing a state where the display layout of the part of the text of the content data.
【図8】 表示部兼タブレット上で、ペンを用いて、コンテンツデータのテキストの一部を選択している状態を示す説明図である。 In Figure 8 the display unit and on the tablet, using a pen, it is an explanatory diagram showing a state of selecting a portion of text of the content data.
【図9】 メモデータの設定を行うダイアログウィンドウを表示させた状態を説明する説明図である。 FIG. 9 is an explanatory diagram for explaining a state in which to display a dialog window for setting the memo data.
【図10】 参照部分を下線で示した表示例を示す説明図である。 10 is an explanatory view showing a display example showing the reference portions are underlined.
【図11】 本発明の表示方法による表示処理の手順を示すフローチャート図である。 11 is a flowchart showing a procedure of a display process by the display method of the present invention.
【図12】 メモデータ構造を説明する図である。 FIG. 12 is a diagram to explain the memo data structure.
【図13】 関連付けデータ構造を説明する図である。 13 is a diagram for explaining the data structure associated.
【図14】 図7のコンテンツのレイアウトに合わせてメモデータのレイアウトを設定する処理の手順を示すフローチャート図である。 [14] in accordance with the layout of the contents of FIG. 7 is a flow chart showing the steps in the process of setting the layout of the memo data.
【図15】 図14のS6−4におけるメモデータのレイアウト範囲を設定する処理の一方法を説明するフローチャート図である。 15 is a flow chart describing one method of processing for setting the layout range of the memo data in S6-4 of FIG.
【図16】 メモデータの表示レイアウト範囲を設定する為の余白範囲を説明する説明図である。 FIG. 16 is an explanatory diagram for explaining the margin range for setting the display layout range of memo data.
【図17】 図16に示す余白範囲のデータ構造を説明する説明図である。 17 is an explanatory diagram for explaining the data structure of the margin range shown in FIG. 16.
【図18】 図15のS6−4−1におけるメモデータの表示レイアウト範囲を取得する処理の一方法を説明するフローチャート図である。 18 is a flow chart describing one method of processing of acquiring the display layout range of the memo data in S6-4-1 of FIG.
【図19】 コンテンツレイアウト範囲の周囲に設定された余白を示す説明図である。 19 is an explanatory diagram showing a margin which is set around the content layout range.
【図20】 図19に示す余白範囲のデータ構造を説明する説明図である。 FIG. 20 is an explanatory diagram for explaining the data structure of the margin range shown in FIG. 19.
【図21】 図15のS6−4−5の処理の詳細であって、行間にメモデータをレイアウトできるかどうかを判断する処理の手順を示すフローチャート図である。 [Figure 21] A detailed processing in S6-4-5 of FIG. 15 is a flowchart showing a procedure of a process to determine whether the layout of the memo data in the rows.
【図22】 図15のS6−4−7の処理の詳細であって、周囲の余白にメモデータをレイアウトできるかどうかを判断する処理の手順を示すフローチャート図である。 [Figure 22] A detailed processing in S6-4-7 of FIG. 15 is a flowchart showing a procedure of a process to determine whether the layout of the memo data around the margins.
【図23】 図15のS6−4−9の処理の詳細であって、コンテンツレイアウト範囲内の大きな余白にメモデータをレイアウトできるかどうかを判断する処理の手順を示すフローチャート図である。 [Figure 23] A detailed processing in S6-4-9 of FIG. 15 is a flowchart showing a procedure of a process to determine whether the layout of the memo data to the large margin in the range content layout.
【図24】 図23のS6−4−9−1の処理の詳細であって、余白範囲最大矩形リストを生成する処理の手順を示すフローチャート図である。 [Figure 24] A detailed processing in S6-4-9-1 in FIG. 23 is a flow chart showing the steps in the process of generating the margin range maximum rectangle list.
【図25】 特定された余白範囲を上下左右に拡張する処理を示す説明図である。 FIG. 25 is an explanatory diagram showing the process to extend the specified margins range vertically and horizontally.
【図26】 図10の表示状態に対し、コンテンツの文字サイズを2倍にするレイアウト変更を行っても、メモデータが参照部分に追随してレイアウトし直された状態を示す説明図である。 To the display state of FIG. 26 FIG. 10, even if the layout change of the font size Content doubling is an explanatory diagram showing a state where the memorandum data has been re-laid to follow the reference portion.
【図27】 図10の表示状態に対し、コンテンツのレイアウト変更を行ったときに、従来の処理によってメモデータをレイアウトした結果を示す説明図である。 To the display state of FIG. 27 FIG. 10, when performing the layout change of the content is an explanatory diagram showing a result of laying out the memo data with conventional processing.
【図28】 1行内の参照部分を線分で囲ってメモとの関連付けを示した表示例を示す説明図である。 FIG. 28 is an explanatory diagram showing a display example showing the association of the note encloses a row of reference part line.
【図29】 複数行に渡る参照部分を線分で囲ってメモとの関連付けを示した表示例を示す説明図である。 FIG. 29 is an explanatory diagram showing a display example showing the association of the note encloses reference portion over multiple lines line segments.
【図30】 複数行に渡る参照部分に線分を付してメモとの関連付けを示した表示例を示す説明図である。 Figure 30 is an explanatory diagram showing a display example showing the association of the notes designated by the line segment to the reference portion over multiple lines.
【図31】 参照部分の打ち消しを打ち消し線表示で示した表示例を示す説明図である。 FIG. 31 is an explanatory view showing a display example shown in canceling the strikethrough display reference portion.
【図32】 参照部分へのメモ挿入を割り込み表示で示した表示例を示す説明図である。 Figure 32 is an explanatory diagram showing a display example showing a note inserted into the reference part interrupts the display.
【図33】 参照部分へのメモ挿入を吹き出し表示で示した表示例を示す説明図である。 FIG. 33 is an explanatory view showing a display example shown on the display balloon notes inserted into the reference section.
【図34】 表示対象要素内部の一部を参照部分としてメモと関連付けた表示例を示す説明図である。 FIG. 34 is an explanatory diagram showing a display example associated with a note as a reference portion a part of the internal display target element.
【図35】 参照部分を特に示さずに、ルビとしてメモの表示を行った表示例を示す説明図である。 Without specifically indicated [35] Referring moiety is an explanatory diagram showing a display example in which the display of the note as ruby.
【図36】 コンテンツデータがレイアウトされている範囲を考慮しない従来方法のレイアウト処理によって、メモがコンテンツに上書きされた表示例を示す説明図である。 The Figure 36 the layout processing of the conventional method in which the content data does not consider the scope laid out, the note is an explanatory view showing a display example that is overwritten to the content.
【図37】 行間と周囲の余白部分にわたってメモデータをレイアウトした例を示す説明図である。 Figure 37 is an explanatory diagram showing an example of layout of the memo data over the margin between lines and the surrounding.
【図38】 コンテンツレイアウト範囲内の大きな余白を利用して、複数の参照部分に1つのメモを関連付けてレイアウトした例を示す説明図である。 [Figure 38] using a large margin in the range content layout is an explanatory diagram showing an example of layout in association with a note to a plurality of reference portions.
【図39】 一つの参照部分に複数のメモを関連付けて表示した例を示す説明図である。 Figure 39 is an explanatory diagram showing an example of displaying a plurality of associated notes in one of the reference portion.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 横行(メモデータ) 1 rampant (memo data)
10 データ(関連付け情報) 10 data (association information)
15 データ(関連付け表示情報) 15 data (associated with display information)
41 表示対象要素 42 表示対象要素 43 表示対象要素 44 表示範囲(レイアウト可能範囲) 41 displayed element 42 displays target element 43 displays target element 44 display range (layout range)
59 メモデータレイアウト範囲取得手段(メモレイアウト生成手段) 59 memo data layout range acquisition unit (Note layout generation means)
63 メモデータ取得手段 63 memo data acquisition means
64 関連付け情報取得手段 66 メモデータレイアウト取得手段(メモレイアウト生成手段) 64 association information obtaining means 66 memo data layout acquisition unit (note layout generation means)
69 コンテンツ余白特定手段(余白特定手段) 69 Content margin specifying means (margin specifying means)
70 CPU 70 CPU
74 主記憶(記録媒体) 74 main storage (recording medium)
75 外部記憶(記録媒体) 75 external storage (recording medium)
80 行(レイアウトデータ、分割レイアウト範囲 80 rows (layout data, division layout range)
90 本体機器(表示装置) 90 main device (display device)
91 表示部兼タブレット 92 ペン100 参照部分101 範囲(余白範囲、分割余白範囲 91 display unit and the tablet 92 pen 100 reference partial 101 range (margin range, dividing the margin range)
127 範囲(余白範囲、分割余白範囲 127 range (margin range, dividing the margin range)
X,Y 位置(座標位置) X, Y position (coordinate position)
W,H 大きさ W, H size

Claims (10)

  1. メモデータ取得手段、関連付け情報取得手段、余白特定手段、およびメモレイアウト生成手段とを備えた表示装置が実行する表示方法であって、 Memo data acquisition unit, the association information obtaining unit, a display method margin specifying means, and a display device that includes a note layout generation means is executed,
    上記メモデータ取得手段が、メモを表すメモデータを取得するメモデータ取得ステップと、 The memo data acquisition means includes memo data acquisition step of acquiring a note data representing notes,
    上記関連付け情報取得手段が、表示対象要素を表す構成要素データの一つ以上の集まりからなるコンテンツデータの一部である参照データと上記メモデータとの表示状態における対応関係を特定した関連付け情報であって、上記参照データのデータ範囲を上記コンテンツデータ内で特定したデータ位置およびメモデータのレイアウトの仕方に関する情報を含む関連付け情報を取得する関連付け情報取得ステップと、 The association information obtaining means, there by association information identifying the correspondence between the display state of the reference data and the memo data that is part of the content data consisting of one or more set of component data representing the display target element Te, the association information obtaining step of the data range of the reference data to obtain the association information including information on how the layout of the data position and the memo data specified in the content data,
    上記余白特定手段が、上記表示対象要素の一つ以上を座標空間上に配置したレイアウトの中から、表示対象要素が配置されていない余白範囲を、上記レイアウトを記述したレイアウトデータに含まれる、 上記表示対象要素についての上記座標空間上の座標位置および大きさによって特定する余白特定ステップと、 The margin specified means, from the layout of arranging the one or more of the displayed elements on the coordinate space, the margin range display target element is not arranged, is included in the layout data describing the layout, the and margins specifying step of specifying the coordinate position and size of on the coordinate space of the display target element,
    上記余白特定手段が、表示対象要素が配置されたレイアウト範囲および上記余白範囲を、複数の分割レイアウト範囲および複数の分割余白範囲に分割し、各分割レイアウト範囲および分割余白範囲の上記座標空間上の座標位置および大きさを、上記レイアウトデータに含まれる、上記表示対象要素についての座標位置および大きさによって求め、求めた座標位置および大きさを基にして、各分割レイアウト範囲に隣接する一つ以上の分割余白範囲を求める隣接余白特定ステップと、 The margin specific means, a layout range and the margin range display target elements are arranged is divided into a plurality of divided layout range and a plurality of division margin range of each divided layout range and dividing the margin range on the coordinate space the coordinate position and size, included in the layout data, determined by the coordinate position and size of the display target element, based on the coordinate position and size determined, or one adjacent to each of the divided layout range and adjacent margin specifying step of determining the division margin range,
    上記メモレイアウト生成手段が、上記レイアウトデータを走査し、上記レイアウトデータに含まれる、上記表示対象要素の上記コンテンツデータ内におけるデータ位置と、上記関連付け情報に含まれる、上記参照データの上記データ位置とを比較して等しいときに、上記関連付け情報によってメモデータと対応付けられた参照データを上記レイアウトデータの中から特定する参照データ特定ステップと、 The note layout generating means scans the layout data, included in the layout data, and the data position within the content data of the display target element, included in the association information, and the data position of the reference data when equal by comparing the reference data specifying step of specifying the reference data associated with the memo data by the association information from among the layout data,
    上記メモレイアウト生成手段が、上記参照データ特定ステップにて特定した参照データのデータ位置と、上記分割レイアウト範囲のレイアウトデータに含まれるデータ位置とを比較することによって、上記参照データが属する分割レイアウト範囲を特定するとともに、この特定した分割レイアウト範囲に隣接する上記一つ以上の分割余白範囲の中から、上記関連付け情報に含まれる、メモデータのレイアウトの仕方に関する情報を参照して、メモデータを配置すべき分割余白範囲を特定する余白範囲特定ステップと、 The note layout generating means, and a data position of the reference data specified by the reference data specifying step, by comparing the data position included in the layout data of the divided layout range, division layout range in which the reference data belongs as well as identifying, from among the one or more division margin range adjacent to the specified partition layout range, it included in the association information, by referring to the information relating to a layout of how memo data, place the memo data and margins range specifying step of specifying a should do division margin range,
    上記メモレイアウト生成手段が、 上記メモデータ取得ステップにて取得したメモデータを、上記余白範囲特定ステップで特定した上記分割余白範囲に配置することによって、 配置されたメモデータと表示対象要素との重なり部分が無いメモデータ、あるいは配置されたメモデータの面積に対する上記重なり部分の面積の割合が所定割合以下となるメモデータ、あるいは上記重なり部分の面積が所定面積以下となるメモデータのレイアウトを記述したメモレイアウトデータを生成するメモレイアウト生成ステップと、を有することを特徴とする表示方法。 The note layout generating means, the memo data acquired by the memo data acquisition step, by placing the split margin ranges specified above margin range identifying step, overlap between the arranged memo data display target element part no memo data or the ratio of the area of the overlapping portion of the to the area arranged memo data is a predetermined rate or less memo data, or the area of the overlapped portion describes the layout of the memo data equal to or less than a predetermined area display method comprising: the note layout generation step of generating a note layout data.
  2. 上記表示装置は、さらにレイアウト出力手段を備え、 The display device may further include a layout output means,
    上記メモレイアウト生成手段が、上記参照データ特定ステップにて特定した上記参照データのデータ位置に基づいて、上記レイアウトデータから、上記参照データの座標位置を取得するとともに、生成された上記メモレイアウトデータに含まれた、上記メモデータの座標位置を取得し、 The note layout generating means, based on the data position of the reference data specified by the reference data specifying step, from the layout data, obtains the coordinate position of the reference data, in the generated the memo layout data the included, it obtains the coordinate position of the memo data,
    上記レイアウト出力手段が、前記関連付け情報に含まれた参照データとメモデータとの関連付け表示の仕方に関する関連付け表示情報と、 上記メモレイアウト生成手段が取得した上記参照データおよびメモデータの各座標位置とに基づいて、前記参照データと前記メモデータとを関連付けて自動的に表示する表示ステップを有することを特徴とする請求項1に記載の表示方法。 The layout output means, wherein the associated reference data included in the information and memo data and the association display information relevant to association display of how, in the each coordinate position of the reference data and the memo data which the note layout generating unit has acquired based on, the display method according to claim 1, characterized in that it comprises a display step of automatically displaying in association with said reference data the memo data.
  3. 上記関連付け表示情報が、参照データとメモデータとの関連付け表示の仕方として引き出し線を指定している場合、上記表示ステップにおいて、上記レイアウト出力手段が、前記参照データと前記メモデータとを線で結んで表示することを特徴とする請求項2に記載の表示方法。 The association display information, when you specify the lead wire as a way of associating the display of the reference data and the memo data, in the display step, the layout output means, connecting the said memo data and the reference data in the line the display method of claim 2, wherein the displaying in.
  4. 上記関連付け情報が、コンテンツデータの複数部分の参照データとメモデータとの表示状態における対応関係を特定しており、上記関連付け表示情報が、参照データとメモデータとの関連付け表示の仕方として引き出し線を指定している場合、上記表示ステップにおいて、上記レイアウト出力手段が、上記複数部分の参照データと一つのメモデータとを線で結んで表示する表示ステップを有することを特徴とする請求項2に記載の表示方法。 The association information to identify the correspondence between the display state of the reference data and the memo data of portions of content data is, the association display information, the lead wire as a method of associating the display of the reference data and the memo data if specified, in the display step, the layout output means, according to claim 2, characterized in that it comprises a display step of displaying by connecting the reference data and one memo data of the plurality of portions by lines display method.
  5. 上記関連付け情報が、参照データと複数のメモデータとの表示状態における対応関係を特定しており、上記関連付け表示情報が、参照データとメモデータとの関連付け表示の仕方として引き出し線を指定している場合、上記表示ステップにおいて、上記レイアウト出力手段が、上記参照データと上記複数のメモデータとを線で結んで表示することを特徴とする請求項2に記載の表示方法。 The association information, reference data and which identifies the correspondence between the display state of the plurality of memo data, the association display information specifies a lead line as a method of associating the display of the reference data and the memo data If, in the display step, the layout output means, display method according to claim 2, wherein the displaying by connecting and the reference data and the plurality of memo data in a line.
  6. 前記メモデータが、表示の有無を表す情報を持ち、 The memo data has the information indicating whether to display,
    前記メモデータが表示しないという情報を持つ場合は、上記表示ステップにおいて、上記レイアウト出力手段が、前記メモデータのレイアウトの表示とそのメモデータに関連付けられた関連付け情報に基づく関連付け表示を行わないことを特徴とする請求項2からのいずれか一項に記載の表示方法。 When having information that the memo data is not displayed, in the display step, that the layout output means does not perform the association display based on the association information associated the notes and display of the data layout in the note data display method according to claim 2 in any one of 5, wherein.
  7. メモを表すメモデータを取得するメモデータ取得手段と、 And notes data acquisition means for acquiring a note data representing notes,
    表示対象要素を表す構成要素データの一つ以上の集まりからなるコンテンツデータの一部である参照データと上記メモデータとの表示状態における対応関係を特定した関連付け情報であって、上記参照データのデータ範囲を上記コンテンツデータ内で特定したデータ位置およびメモデータのレイアウトの仕方に関する情報を含む関連付け情報を取得する関連付け情報取得手段と、 A association information identifying the correspondence between the display state of the reference data and the memo data that is part of the content data consisting of one or more set of component data representing the display target element, the data of the reference data an association information obtaining means for obtaining the association information including information on how the layout of the specified data position and the memo data in the content data range,
    上記表示対象要素の一つ以上を座標空間上に配置したレイアウトの中から、表示対象要素が配置されていない余白範囲を、上記レイアウトを記述したレイアウトデータに含まれる、 上記表示対象要素についての上記座標空間上の座標位置および大きさによって特定する余白特定ステップと、表示対象要素が配置されたレイアウト範囲および上記余白範囲を、複数の分割レイアウト範囲および複数の分割余白範囲に分割し、各分割レイアウト範囲および分割余白範囲の上記座標空間上の座標位置および大きさを、上記レイアウトデータに含まれる、上記表示対象要素についての座標位置および大きさによって求め、求めた座標位置および大きさを基にして、各分割レイアウト範囲に隣接する一つ以上の分割余白範囲を求める隣接余白特定ステッ One or more of the display target element from the layout arranged in the coordinate space, the margin range display target element is not arranged, it is included in the layout data describing the layout described above for the display target element and margins specifying step of specifying the coordinate position and size of the coordinate space, the layout range and the margin range display target elements are arranged is divided into a plurality of divided layout range and a plurality of division margin range, the divided layout range and the coordinate position and size of the on the coordinate space divided margin range, included in the layout data, determined by the coordinate position and size of the display target element, based on the coordinate position and size determined , adjacent margins specific step of obtaining one or more division margin range adjacent to the divided layout range とを実行する余白特定手段と、 And margins particular means for performing the door,
    上記レイアウトデータを走査し、上記レイアウトデータに含まれる、上記表示対象要素の上記コンテンツデータ内におけるデータ位置と、上記関連付け情報に含まれる、上記参照データの上記データ位置とを比較して等しいときに、上記関連付け情報によってメモデータと対応付けられた参照データを上記レイアウトデータの中から特定する参照データ特定ステップと、上記参照データ特定ステップにて特定した参照データのデータ位置と、上記分割レイアウト範囲のレイアウトデータに含まれるデータ位置とを比較することによって、上記参照データが属する分割レイアウト範囲を特定するとともに、この特定した分割レイアウト範囲に隣接する上記一つ以上の分割余白範囲の中から、上記関連付け情報に含まれる、メモデータのレイアウ Scans the layout data, included in the layout data, and the data position within the content data of the display target element, included in the association information, when equal to comparing the data position of the reference data the association and reference data specifying step of specifying the reference data associated with the memo data from among the layout data by the information, and data position of the reference data specified by the reference data specifying step, the division layout range by comparing the data position included in the layout data, along with specifying the division layout range where the reference data belongs, from among the one or more division margin range adjacent to the specified partition layout range, the associated It is included in the information, the memo data layout の仕方に関する情報を参照して、メモデータを配置すべき分割余白範囲を特定する余白範囲特定ステップと、 上記メモデータ取得手段が取得したメモデータを、上記余白範囲特定ステップで特定した上記分割余白範囲に配置することによって、 配置されたメモデータと表示対象要素との重なり部分が無いメモデータ、あるいは配置されたメモデータの面積に対する上記重なり部分の面積の割合が所定割合以下となるメモデータ、あるいは上記重なり部分の面積が所定面積以下となるメモデータのレイアウトを記述したメモレイアウトデータを生成するメモレイアウト生成ステップとを実行するメモレイアウト生成手段と、 With reference to information on how to, and margins range specifying step of specifying a division margin range should be placed memo data, the memo data which the memo data acquisition means has acquired, the division margin specified above margin range identifying step by placing the range, memo data ratio of the area of the deployed memo data and display target element and the overlapped portion is not memo data or arranged Note the overlap to the area of the data portion, is a predetermined ratio or less, Alternatively and note layout generating means for executing a memo layout generation step of generating a note layout data area describing the layout of the memo data equal to or less than a predetermined area of ​​the overlapping portion,
    を有することを特徴とする表示装置。 Display device characterized by having.
  8. 請求項1ないしのいずれか一項に記載の表示方法が備える各ステップを、コンピュータに実行させるための表示プログラム。 The steps included in the display method according to any one of claims 1 to 6, the display program for causing a computer to execute.
  9. 請求項に記載の表示装置が備える各手段として、コンピュータを機能させるための表示プログラム。 As each unit included in the display device according to claim 7, the display program for causing a computer to function.
  10. 請求項またはに記載の表示プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 A computer-readable recording medium a display program according to claim 8 or 9.
JP2002112714A 2002-04-15 2002-04-15 Display method, a display device, a display program, and a recording medium recording the display program Expired - Fee Related JP4008280B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002112714A JP4008280B2 (en) 2002-04-15 2002-04-15 Display method, a display device, a display program, and a recording medium recording the display program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002112714A JP4008280B2 (en) 2002-04-15 2002-04-15 Display method, a display device, a display program, and a recording medium recording the display program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003308310A true JP2003308310A (en) 2003-10-31
JP4008280B2 true JP4008280B2 (en) 2007-11-14

Family

ID=29395101

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002112714A Expired - Fee Related JP4008280B2 (en) 2002-04-15 2002-04-15 Display method, a display device, a display program, and a recording medium recording the display program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4008280B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017012111A1 (en) * 2015-07-23 2017-01-26 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Presenting display data on a text display

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4565317B2 (en) * 2004-04-12 2010-10-20 ソニー株式会社 An information processing apparatus and method, and program
JP4733415B2 (en) 2005-04-05 2011-07-27 シャープ株式会社 Display device and method of an electronic document, and computer program
JP4248584B2 (en) 2006-07-31 2009-04-02 シャープ株式会社 Display device, the display program and a computer-readable recording medium
CN101118738B (en) * 2006-07-31 2011-02-02 夏普株式会社 Display device and display method
JP2009294788A (en) * 2008-06-03 2009-12-17 Ricoh Co Ltd Information processor, information processing method, control program, and recording medium
JP4529020B1 (en) * 2009-02-05 2010-08-25 株式会社ヤッパ Information display device
JP5664164B2 (en) * 2010-11-18 2015-02-04 株式会社リコー Electronic information board apparatus, information display method, program
JP5605963B2 (en) * 2013-01-31 2014-10-15 キヤノンソフトウェア株式会社 Control method and a program and recording medium of the form system and form system
JP6244647B2 (en) * 2013-04-23 2017-12-13 大日本印刷株式会社 Computer equipment and programs
JP2015041309A (en) * 2013-08-23 2015-03-02 株式会社ナカヨ Method of displaying reference information during document display
JP2016076021A (en) * 2014-10-03 2016-05-12 富士通株式会社 Display control program, display control method and information processor

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017012111A1 (en) * 2015-07-23 2017-01-26 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Presenting display data on a text display

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2003308310A (en) 2003-10-31 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5577188A (en) Method to provide for virtual screen overlay
US5262760A (en) Modifying a graphics display image
US20050168782A1 (en) Layout adjustment method and apparatus and layout adjustment program
US20040028290A1 (en) System, method and program product for creating composite images
US5689718A (en) System and method for processing document information using password protected icons that represent document content
US20050243371A1 (en) Document processing apparatus and method
US20050172225A1 (en) Document processing apparatus, document processing method, and document processing program
US4800510A (en) Method and system for programmed control of computer generated graphics layout
US20050179947A1 (en) Document processing apparatus, document processing method, and document processing program
US7188311B2 (en) Document processing method and apparatus, and print control method and apparatus
JP5266384B2 (en) In the document editor, communication between the in-space user interface and out-space user interface
US20100202010A1 (en) Method and system for printing a web page
US5737558A (en) Multi-column windows
US20060075339A1 (en) Document processing method and system therefor
US20060168514A1 (en) Information processing apparatus, control method therefor, and program
US20080120071A1 (en) Scrapbook server, method of controlling same, and control program therefor
US20060221064A1 (en) Method and apparatus for displaying electronic document including handwritten data
US20060232836A1 (en) Information Processing Apparatus, Image Forming Apparatus and Method, and Storage Medium Readable by Computer Therefor
JP2000322417A (en) Device and method for filing image and storage medium
JP2007172573A (en) Document production system, document production method, program and storage medium
EP0051857A1 (en) Method for editing document
JP2004214991A (en) Document image data management system, its program, its apparatus, and its method
US20080117455A1 (en) Apparatus for controlling printing of part images of scrapbook, method of controlling same, and control program therefor
JPH10105153A (en) Information processor and its enlargement display method, and storage medium
US20080024501A1 (en) Document editing support device, program, and storage medium

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050225

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061212

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20070213

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070605

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070803

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070828

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070829

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100907

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110907

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120907

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130907

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees