JP3871851B2 - Write-once optical disc recording and reproducing apparatus and a recording medium - Google Patents

Write-once optical disc recording and reproducing apparatus and a recording medium Download PDF

Info

Publication number
JP3871851B2
JP3871851B2 JP2000138346A JP2000138346A JP3871851B2 JP 3871851 B2 JP3871851 B2 JP 3871851B2 JP 2000138346 A JP2000138346 A JP 2000138346A JP 2000138346 A JP2000138346 A JP 2000138346A JP 3871851 B2 JP3871851 B2 JP 3871851B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
cd
data
recording
user
information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000138346A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2001319339A (en )
Inventor
幸秀 大村
洋信 清水
隆一 砂川
Original Assignee
太陽誘電株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、 ライトワンス型光ディスク用データ記録再生装置及び記録媒体に関する。 The present invention relates to a data recording and reproducing apparatus and a recording medium for write-once optical disc. 詳しくは、1回だけデータを書き込むことができるCD−R(Compact Disc Recordable)に代表されるライトワンス型光ディスクに適用するデータ記録再生装置及び記録媒体に関する。 More particularly, to a data recording and reproducing apparatus and a recording medium applicable to write-once optical disk typified by CD-R, which can be written only once data (Compact Disc Recordable).
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
各種コンテンツやコンピュータプログラム等の電子データの配布媒体として、CD−ROM(Compact Disc Read Only Memory)が多用されている。 As the distribution medium of electronic data such as various contents and computer programs, CD-ROM (Compact Disc Read Only Memory) is often used. CD−ROMは、電子データを記録したマスタCDからプレス成型等によって製造された副生物であり、主に大量配布のメディアに用いられるが、配布数(製造数)の少ないサンプル版CDやプライベートCDなどには、ライトワンス型の光ディスク装置、すなわちCD−Rが用いられる。 CD-ROM is a by-product produced by press molding or the like from a master CD recording the electronic data, but mainly used for mass distribution of media, distribution number (production number) less sample plate CD or private CD the like, write-once type optical disk apparatus, that is, CD-R is used. CD−Rは透明なディスク基板と反射層(詳細な構造は後述する。)との間に有機色素からなる記録層を有している点でCD−ROMと構造上の相違があり、専用の記録装置(CD−Rライター)を用いて当該記録層に高出力レーザを照射し、熱的反応によって当該記録層に情報ピットを形成することにより、ユーザ段階で情報の記録を行うことができるものである。 CD-R has a CD-ROM and structural differences in that it has a recording layer comprising an organic dye between the transparent disk substrate and the reflective layer (detailed structure will be described later.), Dedicated using a recording device (CD-R writer) by irradiating a high-power laser to the recording layer, by forming the information pits on the recording layer by thermal reaction, which can be recorded information by the user step it is.
【0003】 [0003]
CD−Rは上記のとおり情報の消去や上書きができない(追記は可能)ライトワンス型である。 CD-R is as previously not be erased or overwritten information (write-once available) write-once above. すなわち、一度書き込んだ情報の消去や書き換えが不可能である。 In other words, it is impossible to erase and rewrite of the once written information. したがって、不正者による情報の消去や改ざんを確実に防止できるという優れた利点を持つことから、特に保全を要する電子データの配布や保管などの用途に欠かせない記憶媒体となっている。 Accordingly, and it has a superior because of its advantages, has all the applications such as distribution and storage of electronic data need special conservation storage medium that can be reliably prevented erasure or alteration of the information by an unauthorized person.
【0004】 [0004]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、従来のライトワンス型光ディスクにあっては、記録情報の消去や改ざんを防止できるという優れた利点があるものの、記録情報の読み出しが自由であるため、記録情報の不正読み出しや不正コピーを防止できないという不都合があった。 However, prevention in the conventional write-once type optical disc, although there is an excellent advantage of preventing erasure or alteration of the recorded information, for reading the recorded information is free, unauthorized reading and unauthorized copying of the record information there is a disadvantage that can not be.
このため、秘匿を要する情報を記録したCD−Rの保管に際しては、厳格な管理規則を適用しなければならないが、このような管理規則の運用は相当困難で、多くの場合、規則の不徹底や馴れなどから安易な傾向に流れやすく、不心得な者によるCD−Rの持ち出しや情報の読み出しを阻止できない結果、秘匿すべき情報の外部流出ないしは不正にコピーされたCD−Rの出現を回避できないという問題点があった。 Therefore, when storage of CD-R that records information requiring concealment is not necessary to apply a strict management rules, the operation of such management rules of considerable difficulty, often, inconsistent conventions and accustomed likely to flow to the simplistic tendency from such, it can not prevent the reading of taking out and information of CD-R due to the unscrupulous who a result, avoid the outflow or unauthorized appearance of the copied CD-R of the information to be confidential there is a problem that can not be the point.
【0005】 [0005]
なお、かかる問題点は、CD−Rに限らず、可搬型の記憶デバイス一般にいえることであるが、CD−Rについては特に深刻である。 Incidentally, such problems are not limited to CD-R, but is true to the storage device generally portable, is particularly acute for CD-R. CD−Rは、そのライトワンス型の特徴を活かして保全を要する電子データの配布や保管などに広く用いられている現実に加え、不要になったCD−Rを物理的に破壊(例えば、意図的に傷をつけたり切断したりする)しない限り、用済み後もその記録情報の不正読み取りが可能であるからである。 CD-R, in addition to the reality that is widely used in such distribution and storage of electronic data that requires protection by utilizing the characteristics of the write-once type, physically destroy the CD-R that are no longer needed (for example, intended to or to cut or scratch) was not as long as, after the obsolete is also because it is possible to incorrect reading of the recorded information.
【0006】 [0006]
したがって、本発明が解決しようとする課題は、ライトワンス型光ディスクの記録情報の不正読み出しを防止し、以て特に保全を必要とする電子データの配布や保管などの用途に適合するライトワンス型光ディスク用データ記録再生装置及び記録媒体を提供することにある。 Accordingly, an object of the present invention is to solve is to prevent unauthorized reading of the recorded information of the write-once optical disk, adapted for applications such as in particular the distribution and storage of electronic data that require integrity Te following write-once optical disc to provide a use data recording and reproducing apparatus and a recording medium.
【0007】 [0007]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
請求項1記載のライトワンス型光ディスク用データ記録再生装置は、 ユーザ領域に暗号化データが書き込まれていると共に、システム領域の一部にユーザ認証のための識別情報と前記暗号化データを復号するための鍵情報とが書き込まれているライトワンス型光ディスクをコピー元ディスクとして他のライトワンス型光ディスクへのディスクコピーを行うライトワンス型光ディスク用記録再生装置であって、前記コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報を用いてユーザ認証を行うユーザ認証手段と、前記ユーザ認証手段によって正規ユーザであると認証された場合には前記コピー元ディスクのユーザ領域に書き込まれている暗号化データと前記コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報及び鍵情報と Write-once optical disk data recording and reproducing apparatus according to claim 1 wherein, together with the encrypted data is written in the user area, decrypting the encrypted data and identification information for the user authentication in a part of the system area It is another recording and reproducing apparatus for a write-once optical disc which performs disk copy to a write-once optical disc write once type optical disk key information and is written as a copy source disk for the system area of said copy source disk user authentication means and the encrypted data written in the user area of the copy source disk if it is authenticated as a legitimate user by the user authentication means for performing user authentication with being written identification information and said copy source disk identification information written in the system area and the key information and コピー先ディスクへの書き込みデータとして出力する一方、前記ユーザ認証手段によって正規ユーザであると認証されなかった場合には前記コピー元ディスクのユーザ領域に書き込まれている暗号化データをコピー先ディスクへの書き込みデータとして出力する出力手段とを備えたことを特徴とする。 While output as write data to the copy destination disk, said if it is not authenticated as a legitimate user by the user authentication means to the copy destination disk encrypted data written in the user area of said copy source disk characterized by comprising an output means for outputting as write data.
請求項2記載の記録媒体は、ユーザ領域に暗号化データが書き込まれていると共に、システム領域の一部にユーザ認証のための識別情報と前記暗号化データを復号するための鍵情報とが書き込まれているライトワンス型光ディスクをコピー元ディスクとして他のライトワンス型光ディスクへのディスクコピーを行う際に、コンピュータに、前記コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報を用いてユーザ認証を行うユーザ認証手段と、前記ユーザ認証手段によって正規ユーザであると認証された場合には前記コピー元ディスクのユーザ領域に書き込まれている暗号化データと前記コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報及び鍵情報とをコピー先ディスクへの書き込みデータとして出力する一方、前記ユ Recording medium according to claim 2, together with the encrypted data is written to the user area, and key information for decrypting the encrypted data and identification information for the user authentication in a part of the system area written when performing disk copying to other write-once optical disc the write-once optical disc which has as a copy source disk is a computer, user authentication by using the identification information written in a system area of said copy source disk a user authentication means for performing, written in a system area of said copy source disk and the encrypted data written in the user area of the copy source disk if it is authenticated as a valid user by the user authentication means while outputting the identification information and the key information as write data to the copy destination disk, said Yu ザ認証手段によって正規ユーザであると認証されなかった場合には前記コピー元ディスクのユーザ領域に書き込まれている暗号化データをコピー先ディスクへの書き込みデータとして出力する出力手段とを実現させるためのプログラムを格納したことを特徴とする。 The if not authenticated as a legitimate user by the authentication means for realizing and output means for outputting the encrypted data written in the user area of said copy source disk as write data to the copy destination disk and characterized by storing a program.
【0015】 [0015]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、図面を参照して本発明の実施の形態を詳細に説明する。 Hereinafter, the embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the accompanying drawings. なお、以下の説明における様々な細部の特定ないし実例および数値や文字列その他の記号の例示は、本発明の思想を明瞭にするための、あくまでも参考であって、それらのすべてまたは一部によって本発明の思想が限定されないことは明らかである。 In the following various details in the description of the specific or examples and numerical values ​​or character strings Illustrative other symbols, for clarifying the concept of the present invention, merely references, this by all of them or some the idea of ​​the invention is not limited is clear. また、周知の手法、周知の手順、周知のアーキテクチャおよび周知の回路構成等(以下「周知事項」)についてはその細部にわたる説明を避けるが、これも説明を簡潔にするためであって、これら周知事項のすべてまたは一部を意図的に排除するものではない。 Also, well-known techniques, well-known procedures, well-known architecture and a well-known circuit configurations, etc. (hereinafter "well-known matters"), but avoid explanation over its details, which even for the sake of brevity, these known it is not intended to eliminate all or part of the matter. かかる周知事項は本発明の出願時点で当業者の知り得るところであるので、以下の説明に当然含まれている。 Since such known matters can be known to those skilled in the art at the time of the filing of the present invention, it is naturally included in the following description.
【0016】 [0016]
図1は、ライトワンス型光ディスク(以下「CD−R」という。)の外観図(a)およびその要部拡大図(b)である。 Figure 1 is an external view of a write-once type optical disk (hereinafter referred to as "CD-R".) (A) and its enlarged view (b). これらの図において、CD−R1は、直径12cm(直径8cmのものもある。以下、直径12cmのもので説明する。)のディスク状を有しており、ディスクの中心に直径15mmのセンターホール1aが形成されている。 In these figures, CD-R1 has a diameter 12cm (also a diameter 8 cm. Below described in diameter 12cm.) Has a disk-shaped, with a diameter of 15mm at the center of the disk center hole 1a There has been formed. ディスクの中心T0からセンタホール1aの壁(ディスク内縁T1)までの距離は7.5mm、T0からディスク外縁T7までの距離は60mmであり、このT1〜T7の間に同心状の複数の記録領域、すなわち、ディスクの内周側から順にPCA(Power Calibration Area)、PMA(Program Memory Area)、リードイン(図では「RI」と略している。)、データエリア(図では「UA」と略している。)およびリードアウト(図では「RO」と略している。)の各領域が設けられている。 Distance from the center T0 of the disk to the wall of the center hole 1a (disc inner edge T1) is 7.5 mm, the distance from T0 to disk outer T7 is 60 mm, concentric plurality of recording areas during this T1~T7 , i.e., PCA from the inner peripheral side of the disk in order (Power Calibration area), PMA (Program Memory area), (in the figure abbreviated as "RI".) lead-in data area (FIG abbreviated as "UA" It is.) and the respective area in the lead-out (in the figure abbreviated as "RO".) is provided.
【0017】 [0017]
各領域を概説すると、T2〜T3に位置するPCAは、CD−R1にデータを記録する際に行われるレーザ強度調整のための試し書き領域である。 To give a general description of the respective regions, PCA located T2~T3 are test writing area for the laser intensity adjustments made in recording the data in the CD-R1. この試し書きは一般に100回程度可能であり、少なくとも1回のデータ記録で1回分の領域を消費する。 The trial writing is generally capable of about 100 times, consuming batch of area data recorded at least once.
T3〜T4に位置するPMAは、CD−R1でまだクローズしていないセッションのトラックがあるとき、そのトラック番号と開始/終了位置を一時的に保存する領域である。 PMA located T3~T4 may, when a track of a session that is not yet closed in CD-R1, an area for temporarily storing the start / end position and the track number.
T4〜T5に位置するリードイン(RI)は、セッショントラックの先頭(ディスクの内周側)にある領域で、セッションのTOC(Table Of Contents:CDに記録されているトラック数、開始位置およびデータ領域の合計の長さ)を保存する領域である。 Lead-in (RI) is located in T4 to T5, the area at the beginning of the session the track (the inner peripheral side of the disk), the session of the TOC (Table Of Contents: number of tracks recorded on a CD, the start position and the data is an area for storing the total length) of the area. セッションをクローズすると、PMAに一時保存されていた情報がこのリードイン(RI)に書き込まれる。 Closing the session, information that has been temporarily stored in the PMA is written to the lead-in (RI).
【0018】 [0018]
T5〜T6に位置するデータエリア(UA)は、ユーザ段階で実際にデータが書き込まれる領域である。 Data area located in T5 to T6 (UA) is an area in which actual data in the user stage are written. データの記録容量は最大約680Mバイト(直径8cmのものは最大約190Mバイト)であり、この記憶容量は録音時間で表すと最大約74分(直径8cmのものは最大約21分)になる。 Recording capacity of data is up to about 680M bytes (up to about 190M bytes in diameter 8 cm), the storage capacity is a maximum of about 74 minutes is represented by recording time (up to about 21 minutes in diameter 8 cm). データエリア(UA)は、リードイン(RI)のすぐ後ろから連続する所定サイズ(2Kバイト)単位の論理ブロックで管理されるようになっており、各論理ブロックごとに0から最大約330000までのLBN(Logical Block Number)が割り当てられるようになっている。 Data area (UA) is a adapted to be managed by the logical blocks of a predetermined size (2K bytes) which is continuous from the immediately behind the lead-in (RI), from 0 for each logical block up to about 330000 LBN (Logical Block Number) is adapted to is assigned.
T6〜T7に位置するリードアウト(RO)は、セッションの最後(ディスクの外周側)にある領域で、データエリア(UA)の最後に到達したことを示す領域である。 Lead-out located in the T6 to T7 (RO) is a region at the end (outer periphery side of the disc) of a session, a region indicating that it has reached the end of the data area (UA).
【0019】 [0019]
これら各領域のディスク上の位置はT2とT3を除いて規格化されている。 Position on the disk of each of these regions is standardized with the exception of the T2 and T3. すなわち、T4はT0から23mm離れた位置、T5はT0から25mm離れた位置、T6はT0から58mm離れた位置となるように規定されている。 That, T4 is a position away 23mm from T0, T5 is a position away 25mm from T0, T6 is defined to be a position away 58mm from T0. なお、図ではディスク外縁とリードアウト(RO)の終了位置とを同一の符号(T7)で示しているが、これは図示の都合である。 Although the figure shows the end position of the disc outer edge and the lead-out (RO) by the same reference numerals (T7), which is a convenience of illustration. リードアウト(RO)の実際の終了位置はT0から58.5mm離れた位置になる。 Actual end position of the lead-out (RO) is in a position away 58.5mm from T0. 以下、特に断りのない限り、T7はリードアウト(RO)の終了位置を表すものとする。 Hereinafter, unless otherwise noted, T7 denote the end position of the lead-out (RO). なお、リードアウト(RO)の開始と終了位置(T6およびT7)はCD−R1に記録するデータの量に応じて変化する。 The start and end position of the lead-out (RO) (T6 and T7) varies depending on the amount of data to be recorded on CD-R1. 上記の実際値(T6=58mm、T7=58.5mm)は記憶データ量を最大にしたときのものである。 Actual value of the (T6 = 58mm, T7 = 58.5mm) are those when the maximum storage amount of data.
【0020】 [0020]
図2は、CD−R1の断面構造図である。 Figure 2 is a cross-sectional view of a CD-R1. CD−R1は、透明で耐熱性、耐湿性および成形性に優れ、且つ、所要の光学的特性(屈折率や複屈折など)を備えた材料(例えばプラスチック)からなる基板1bの上に、有機色素からなる記録層1c、アルミニウムなどの金属材料からなる反射層1dおよび樹脂等の硬質材料からなる保護層1eを積層して形成されており、断面全体の厚さは1.2mmである。 CD-R1 is transparent and heat resistance, moisture resistance and excellent moldability, and, on a substrate 1b made of a material having the required optical properties (such as refractive index and birefringence) (e.g. plastic), organic recording layer 1c made of a dye, and a protective layer 1e made of a hard material such as a reflective layer 1d and a resin made of a metallic material such as aluminum is formed by laminating, the thickness of the entire cross-section is 1.2 mm.
【0021】 [0021]
CD−ROMとの構造上の相違は、記録層1cを有する点、および記録層1cと基板1bとの間にウォッブルグルーブと呼ばれる渦巻状の案内溝1fが形成されている点にある。 Structural differences between the CD-ROM, that it has a recording layer 1c, and a spiral guide groove 1f called wobble groove between the recording layer 1c and the substrate 1b are in that it is formed. CD−R1へのデータの記録は基板1bの裏側から案内溝1fに沿って記録用の強いレーザを照射し、記録層1cを加熱して情報ピット(pit:再生用のレーザ反射光を変調するための物理的変形変質部分)を形成することにより行われる。 Recording of data to the CD-R1 irradiates a strong laser of recording along the guide grooves 1f from the back side of the substrate 1b, the information pit by heating the recording layer 1c (pit: modulating the laser reflected light for reproduction It is performed by forming a physical deformation alteration part) for.
【0022】 [0022]
図3は、CD−R1の各記録領域のフォーマット概念図である。 Figure 3 is a format conceptual diagram of the recording area of ​​the CD-R1. この図において、PCA、PMA、リードイン(RI)、データエリア(UA)およびリードアウト(RO)はそれぞれ、図1(b)における同名部分に対応する。 In this figure, PCA, PMA, the lead-in (RI), data area (UA) and a read-out (RO), respectively, correspond to the same name portion in FIG. 1 (b). PCAおよびPMAのサイズ(情報書き込み可能容量)は製造者ごとに異なり、一定ではないが、上述の試し書き回数(一般に100回程度)やセッション情報の一時記憶回数に見合った必要量、例えば、PCAで約3.5Mバイト程度、PMAで約2Mバイト程度の容量が確保されている。 Vary PCA and size of PMA (information writable capacity) manufacturer, is not constant, (about 100 times in general) test writing number above or the required amount commensurate with the temporary storage number of the session information, for example, PCA in about 3.5M bytes about, capacity of about 2M bytes in the PMA is secured. ちなみに、これらの例示容量からPCAの開始位置(T2)とPMAの開始位置(T3)は、規格化されたリードイン(RI)の開始位置(T4)を基準として、「T2=T4−約35秒」の位置、「T3=T4−約13秒」の位置と書き表すことができる。 Incidentally, the start position of the PCA from these illustrative capacity (T2) and the starting position of PMA (T3), the start position of the standardized lead-in (RI) and (T4) as a reference, "T2 = T4-about 35 the position of the second "can be written with the position of" T3 = T4- about 13 seconds ".
【0023】 [0023]
既述のとおり、PCAはデータ記録を行う際の試し書き領域、PMAはクローズされていないセッション情報を一時的に格納する領域であり、これら二つの領域(PCA/PMA)はデータ記録時にのみ利用(アクセス)される領域である。 As already mentioned, PCA is an area for temporarily storing the test writing area, session information PMA is not closed at the time of performing data recording, these two areas (PCA / PMA) is used only at the time of data recording (access) is a region to be. 一方、リードイン(RI)はクローズされたセッション情報をTOCとして記録する領域、データエリア(UA)は実際にデータが書き込まれる領域、リードアウト(RO)はデータエリアの終わりを明示する領域であり、これら三つの領域(リードイン/データエリア/リードアウト)はデータ記録時と再生時の両方で利用(アクセス)される領域である。 On the other hand, the lead-in (RI) area area for recording session information is closed as TOC, data area (UA) is the actual data to be written, read-out (RO) is a region demonstrates the end of the data area these three regions (lead-in / data area / lead-out) is an area used for both playback and data recording (access).
【0024】 [0024]
他方、これらすべての領域をユーザからのアクセス容易性の点で見ると、すなわち、CD−R1の読み取り装置を備えたパーソナルコンピュータ等の利用者からその記憶内容を通常のツール(典型的には当該パーソナルコンピュータに搭載されたオペレーティングシステム上のファイルシステムなど)を用いて容易にアクセスできるか否かの点で評価すると、データエリア(UA)については当然ながらその記憶内容の全容把握は可能であるが、他の領域(PCA、PMA、リードインおよびリードアウト)の内容把握は不可能である。 On the other hand, looking at all of these regions in terms of accessibility of the user, i.e., CD-R1 reader to the stored contents from the user's personal computer or the like usual with tools (typically the the When easily evaluated in terms of whether or accessible using a file system, etc.) on the onboard operating system in the personal computer, although full picture grasp course the storage contents of the data area (UA) can be , the contents grasp of other area (PCA, PMA, the lead-in and lead-out) is not possible.
【0025】 [0025]
もちろん、特殊なツールを使用すれば可能ではあるが、そのようなツールは一般のユーザにとって入手困難であるから、かかる例外的なツールの利用を除けば、データエリア以外の他の領域(PCA、PMA、リードインおよびリードアウト)は、システムからのアクセスだけが許可された特殊な領域であるということができる。 Of course, there is a possible with the help of special tools, but such because tools are difficult to obtain for ordinary users, except the use of such exceptional tool, another area other than the data area (PCA, PMA, the lead-in and lead-out) can be referred to only access by the system are permitted special regions. 以下、この特殊領域のことを「システム領域」といい、ユーザからのアクセスが許可された領域のことを「ユーザ領域」ということにする。 Below, refers to this special area and the "system area" and that the area to which access is permitted from the user to the fact that the "user area". すなわち、データエリア(UA)はユーザ領域、それ以外のPCA、PMA、リードイン(RI)およびリードアウト(RO)はシステム領域である。 That is, the data area (UA) is a user area, and the other PCA, PMA, the lead-in (RI) and a read-out (RO) is a system area.
【0026】 [0026]
さて、本実施の形態におけるCD−R1の特徴は、製造時に、システム領域の一部にCD−R1の固有情報(以下「ID情報」という。)と所定の暗号鍵情報を書き込む点にある。 Now, features of the CD-R1 in the present embodiment, at the time of manufacture, a portion of the system area-specific information CD-R1 (hereinafter referred to as "ID information".) And lies in writing a predetermined encryption key information. ID情報はCD−R1の全製造数にわたってユニークな値(重複しない値)を持つことが望ましいが、製造数が膨大になる場合、情報ビットが多ビット化してシステム領域の記憶容量を圧迫する懸念があるため、例えば、製造ロットごとや製造ラインごとまたは製造時期ごとに異なる情報としてもよい。 Concern ID information it is desirable to have a unique value (distinct values) over the entire production speed of CD-R1, if the number of manufacturing becomes enormous, the information bits to compress the storage capacity of the system area with multiple bits because there are, for example, it may be different information for each for each and every production line or production time production lot.
【0027】 [0027]
このID情報は、後述するように、ユーザ段階でのCD−R1へのアクセス照合に用いられる。 The ID information, as described later, used for access verification to CD-R1 in the user stage. データの再生を行うアプリケーションでIDの入力を要求し、入力されたIDとシステム領域に書き込まれているIDとの一致を判定して、一致の場合のみアクセスを許可する。 Prompt for ID in an application for reproducing data, to determine a match with ID written in the input ID and system area, to permit access if the only match. これにより、不正なユーザ(IDを知らないユーザ)によるデータの再生や複製を阻止し、データの流出や不正生成物の出現を回避することができる。 Thus, it is possible to avoid the appearance of unauthorized users to prevent playback or duplication of data by (a user who does not know ID), outflow and unauthorized products of data.
【0028】 [0028]
一方、システム領域に一緒に書き込まれる鍵情報は、ユーザ段階でデータエリアに書き込まれる生データを暗号化するために用いられる。 On the other hand, the key information to be written with the system area is used to encrypt the raw data to be written to the data area in the user stage. すなわち、データの記録を行うアプリケーションで暗号鍵を読み出し、この暗号鍵を用いて生データを暗号化データに変換した後、その暗号化データをCD−R1のデータエリアに書き込む。 That is, read the encryption key in an application for recording data, and writes the raw data using the encryption key after conversion to encrypted data, the encrypted data in the data area of ​​the CD-R1. この暗号鍵は暗号化データを復号する際にも用いられる。 The encryption key is also used when decrypting the encrypted data. すなわち、データの再生時に、データの再生を行うアプリケーションでIDの入力を要求し、入力されたIDとシステム領域に書き込まれているIDとの一致を判定して、一致の場合に暗号鍵と暗号化データを読み出し、その暗号鍵を用いて暗号化データを復号し、生データに変換してユーザの利用に供する。 That is, when data is reproduced, prompt for ID in an application for reproducing data, to determine a match with ID written in the input ID and the system area, the encryption key and the encryption in the case of coincidence It reads data, decrypts the encrypted data using the encryption key is subjected to the use of the user is converted into raw data.
【0029】 [0029]
したがって、IDを知らない不正なユーザは、データへのアクセス自体を拒否されるから、不正なデータの読み取りを回避できると共に、万が一、何らかの手段でアクセスが成功したとしても、システム領域に書き込まれた暗号鍵へのアクセスは通常の技術知識では不可能であるから、暗号化データを生データに復号することができず、この点において万全の保全策を講じることができる。 Therefore, the unauthorized user who does not know the ID, because denied access itself to the data, it is possible to avoid the reading of incorrect data, by any chance, even access was successful by some means, it is written in the system area since access to the cryptographic key is not possible with conventional technical knowledge, it is impossible to decrypt the encrypted data to the raw data, it is possible to take conservation measures thorough in this respect.
【0030】 [0030]
図4は、製造時にシステム領域に書き込まれるID情報と暗号鍵を含むデータフォーマットの例示構造図である。 Figure 4 is an exemplary structural diagram of a data format including the ID information and the encryption key to be written in the system area at the time of manufacture. この図において、第一の例(a)は、8バイトのID情報、8バイトのDES(Data Encryption Standard:アメリカ連邦政府標準暗号規格)暗号鍵、2バイトの製造年、1バイトの製造月および1バイトの製造日の各情報から構成された全部で20バイトの大きさを有している。 In this figure, the first example (a) is, 8 bytes of ID information, 8 bytes of the DES (Data Encryption Standard: the United States federal government standard encryption standard) encryption key, 2 bytes of the year of manufacture, 1 byte of the production month and It has a size of 20 bytes in total which is composed of the information of 1 byte date of manufacture. また、第二の例(b)は、8バイトのID情報、24バイトのトリプルDES暗号鍵、2バイトの製造年、1バイトの製造月および1バイトの製造日の各情報から構成された全部で36バイトの大きさを有している。 The total of the second example (b), the 8-byte ID information, which is composed of 24 bytes triple DES encryption key, 2-byte Year of Manufacture, the information of 1 byte manufacturing month and 1-byte date of manufacture in has a size of 36 bytes.
【0031】 [0031]
いずれのフォーマットを採用するかは、もっぱら暗号鍵の信頼性を重視するか、または、システム領域の記憶容量圧迫を回避するかで決まる。 Or to adopt any format, exclusively or to emphasize the reliability of the encryption key, or determined by either avoiding the storage capacity compression system areas. なお、図示のバイト数や暗号鍵の種類およびフォーマット構造はあくまでも例示である。 The types and format structure of bytes shown and cryptographic keys are merely exemplary. 要はCD−R1の固体識別が可能な情報(ID情報)と、生データを暗号化データに変換できる共に暗号化データから生データに復号できる所定のキー情報(暗号鍵)とを製造時にCD−R1のシステム領域に書き込んでおけばよい。 In short capable individual identification of CD-R1 information (ID information), CD at the time of manufacture with a predetermined key information raw data that can be decoded into raw data from both the encrypted data can be converted to the encrypted data (encryption key) it is sufficient is written in the system area of ​​-R1.
【0032】 [0032]
図5は、ライトワンス型光ディスク記録再生装置(以下「CD−R記録再生装置」という。)の概略的なブロック構成図である。 Figure 5 is a schematic block diagram of a write-once type optical disk recording and reproducing apparatus (hereinafter referred to as "CD-R recording and reproducing apparatus".). このCD−R記録再生装置10は、CD−R1のクランピングエリア(図1(a)のT1〜T2の間に設けられた情報非記録エリア)を担持して所定方向に回転駆動するスピンドルモータ12と、CD−R1の基板1bを透して記録層1cに記録用または再生用のレーザ(一般に波長770〜830nmの赤外レーザ)13を照射する光ピックアップ14と、光ピックアップ14の内部に設けられた不図示のシークモータと協調して光ピックアップ14をディスクの半径方向に移動させる粗動モータ15とを備えると共に、スピンドルモータ12の回転速度を制御するディスク回転制御部16と、粗動モータ15の回転速度と回転方向を制御する粗動モータ制御部17と、光ピックアップ14の位置やレーザ強度の制御を行うピックアップ制 The CD-R recording and reproducing apparatus 10 includes a spindle motor for rotating in a predetermined direction and carries (information non-recording area which is provided between the T1~T2 in FIG. 1 (a)) the clamping area of ​​the CD-R1 12, an optical pickup 14 for irradiating the 13 CD-R1 lasers it through substrate 1b recording or reproduction on the recording layer 1c of (infrared lasers generally wavelength 770 to 830 nm), the inside of the optical pickup 14 in cooperation with the seek motor, not shown, provided with and a coarse motor 15 for moving the optical pickup 14 in the radial direction of the disk, the disk rotation control unit 16 for controlling the rotational speed of the spindle motor 12, coarse a coarse motor control unit 17 for controlling the rotational speed and rotational direction of the motor 15, a pickup system for controlling the position and the laser intensity of the optical pickup 14 部18と、光ピックアップ14からの読み取り信号や光ピックアップ14への書き込み信号の波形変換等の制御を行う再生/記録制御部19とを備え、さらに、これらの各制御部を統括するコントローラ20を備える。 A unit (18), and a playback / recording control unit 19 for controlling the waveform converting such a write signal to the read signal and optical pickup 14 from the optical pickup 14, further the controller 20 for performing an overall control of these control unit provided. このコントローラ20は、発明の要旨に記載のアクセス手段、認証手段および許容手段に相当する。 The controller 20, the access means according to the gist of the invention, corresponding to the authentication means and acceptable means.
【0033】 [0033]
CD−R記録再生装置10は、パーソナルコンピュータ等のホスト装置21の拡張スロットに内蔵され(または外付けされ)、ホスト装置21とコントローラ20との間を所定の信号規格(例えば、SCSI:Small Computer System Interface)のケーブル21aで接続して用いられる。 CD-R recording and reproducing apparatus 10 is built into an expansion slot of a host device 21 such as a personal computer (or is external), between the host device 21 and the controller 20 a predetermined signal standard (e.g., SCSI: Small Computer used in connection with a cable 21a of the System Interface).
【0034】 [0034]
このような構成を有するCD−R記録再生装置10は、以下に示すとおり、CD−R1への情報の記録とその記録情報の再生を行うことができる。 CD-R recording and reproducing apparatus 10 having such a configuration, as shown below, it is possible to reproduce the recording and its recording information of the information to the CD-R1. なお、CD−R1はCD−ROMコンパチのデバイスであり、CD−R記録再生装置10は、CD−ROMの情報再生も可能であるが、本発明とは直接の関連がないため説明を省略する。 Incidentally, CD-R1 is a device for CD-ROM compatible, CD-R recording and reproducing apparatus 10 is also possible information reproduction of CD-ROM, omitted because the present invention there is no related directly .
【0035】 [0035]
<CD−R1への情報の記録動作> <Recording operation of information on the CD-R1>
ホスト装置21でCD−R記録専用アプリケーションプログラム(以下「AP」と省略する。)を実行すると、まず、APからのレーザ強度キャリブレーションコマンドがコントローラ20に伝えられる。 CD-R recording dedicated application program (hereinafter abbreviated as "AP".) In the host device 21 when the execution, first, the laser intensity calibration command from the AP is transmitted to the controller 20. コントローラ20はこのコマンドに応答して各制御部に所要の指令を伝え、光ピックアップ14をCD−R1のPCA空領域(試し書きされていない領域)に位置させると共に、スピンドルモータ12の回転速度を制御(光ピックアップ14の現在位置における相対速度が所定速度となるように制御)した後、光ピックアップ14から暫定強度(5.5〜8mWの間の任意パワー)の記録用レーザ13をPCA空領域に照射して試し書きを行う。 The controller 20 conveys the necessary commands to the control unit in response to this command, the positions the optical pickup 14 to the PCA empty area of ​​the CD-R1 (areas not trial writing), the rotational speed of the spindle motor 12 control was (relative speed at the current position of the optical pickup 14 is controlled to a predetermined speed), PCA empty area recording laser 13 interim intensity from the optical pickup 14 (optional power between 5.5~8MW) perform the trial writing by irradiating.
【0036】 [0036]
次いで、コントローラ20は、再生記録制御部19を介してPCAに試し書きされたデータを読み取り、そのデータをホスト装置21のAPに返送する。 Then, the controller 20 reads the test writing data in the PCA via the reproducing and recording control unit 19 and returns the data to the AP of the host device 21. APは、試し書きデータと期待値とを比較してレーザ強度の適否を判定し、判定結果が“否”であればレーザ強度を増減調節して再びレーザ強度キャリブレーションコマンドを発行する一方、判定結果が“適”であれば、CD−R1への情報の記録動作を開始する。 AP, while determining the appropriateness of laser intensity by comparing the expected value with the test writing data, the determination result is issued to "not" a long if again the laser intensity calibration command the laser intensity increases or decreases adjusted, determination if the result is "suitable", to start the recording operation of the information to the CD-R1.
【0037】 [0037]
この記録動作は、ユーザによって適宜に選択された所要の記録データをAPからコントローラ20に伝え、このコントローラ20の制御の下、各制御部を介してスピンドルモータ12の回転制御および光ピックアップ14の位置制御を行いつつ、上記記録データで光ピックアップ14からの記録用レーザ13を変調しながらCD−R1のデータエリアに記録を行っていくというものである。 The recording operation is conveyed the required recording data selected appropriately from the AP to the controller 20 by the user, under the control of the controller 20, the position of the rotation control and the optical pickup 14 of the spindle motor 12 via the respective control unit while performing control, it is that intended to make recording in the data area of ​​the CD-R1 while modulating the recording laser 13 from the optical pickup 14 by the recording data. そして、記録を完了すると、すべてのセッションを閉じ、そのセッション情報のTOCをリードイン(RI)に書き込むと共に、最終セッションの後にリードアウト(RO)を形成する。 When completing the recording, close all sessions, writes the TOC of the session information in the lead-in (RI), to form a lead-out (RO) after the last session.
【0038】 [0038]
<CD−R1の記録情報の再生動作> <Reproducing operation of the recorded information of CD-R1>
CD−R1の記録情報を再生する際に上記AP(CD−R記録専用アプリケーションプログラム)は不要である。 The AP (CD-R recording dedicated application program) when reproducing the recorded information of CD-R1 is not required. 但し、CD−R1のファイルシステムとホスト装置21のファイルシステムとの相互変換を行うためのドライバソフトは必須である。 However, driver software for performing mutual conversion between the file system of the file system and the host device 21 of the CD-R1 is essential. ユーザはこのドライバソフトを介してCD−R記録再生装置10を利用することにより、ホスト装置21に装備されたハードディスク等の他の記憶デバイスとの区別を意識せずにCD−R1のファイルシステムにアクセスすることができる。 The user can use the CD-R recording and reproducing apparatus 10 via the driver software, the file system of the CD-R1 without considering the distinction between the other storage devices such as a hard disk that is provided on the host device 21 it is possible to access. すなわち、ユーザにはオペレーティングシステムのファイルシステムによって認識されたファイル構造が見えるから、ユーザは、他の記憶デバイスに格納されたファイルと同様の手順でCD−R1内の目的とするファイルを選択し、そのファイルをコピーして他の記憶デバイスに貼り付けたり、またはEXE形式等の実行ファイルの場合は当該ファイルをオープンして実行したりすることができる。 That is, since the file structure that is recognized by the file system of the operating system appears to the user, the user selects a file of interest in the CD-R1 in the same procedure as files stored in other storage devices, or pasted into another storage device to copy the file, or in the case of executable files, such as EXE format or can run to open the file.
【0039】 [0039]
CD−R記録再生装置10は、このファイルアクセスに際して、リードイン(RI)内のTOC情報を読み出してホスト装置21のドライバソフトに提供すると共に、当該ドライバソフトから特定ファイルの読み出しコマンドを受け取った場合は、リードイン(RI)内のTOC情報を参照して当該ファイルのデータが書き込まれたデータエリア(UA)のトラックを特定し、そのトラックの開始位置に光ピックアップ14を位置させると共に、スピンドルモータ12の回転速度を制御し、光ピックアップ14から再生用のレーザ(パワーが0.2mW程度に抑えられる点を除き記録用のレーザと同じもの)13をCD−R1に照射して当該ファイルデータを読み取り、その読み取りデータをホスト装置21に転送するという一連の動作を実 CD-R recording and reproducing apparatus 10, upon the file access, if received with providing reads TOC information in the lead-in (RI) in the driver software of the host device 21, a read command of a specific file from the driver software identifies the track of the lead-in (RI) in the data area by referring to the TOC information data of the file has been written in (UA), with positioning the optical pickup 14 to the start of the track, a spindle motor and controlling the rotational speed of 12, the file data by irradiating 13 the CD-R1 (the same as the laser for recording except that power is suppressed to about 0.2 mW) laser for reproduction from the optical pickup 14 reading, real series of operations of transferring the read data to the host device 21 する。 To.
【0040】 [0040]
以上のとおり、本実施の形態のCD−R記録再生装置10は、CD−R1への情報の書き込みを行うことができると共に、CD−R1に書き込まれた情報の再生も行うことができる。 As described above, CD-R recording and reproducing apparatus 10 of the present embodiment, it is possible to write information to the CD-R1, it is also possible to carry out reproduction of information written in the CD-R1. このCD−R記録再生装置10は、ユーザ段階でCD−R1への情報の書き込みを行う場合に必要不可欠な構成要素であるが、ユーザ段階で、CD−R1に書き込まれた情報の再生を行う場合も必要とされる構成要素である。 The CD-R recording and reproducing apparatus 10 is an integral component required when writing data to the CD-R1 in the user stage, performed at the user stage, the reproduction of the information written in the CD-R1 If a component is also needed. CD−R1はCD−ROMコンパチのデバイスで、昨今のパーソナルコンピュータ等のほとんどにはCD−ROM再生装置が搭載されており、そのCD−ROM再生装置を利用してCD−R1の情報再生を行うことも可能であるが、このCD−ROM再生装置は、CD−R1のシステム領域にあらかじめ書き込まれたID情報や暗号鍵にアクセスできないから、やはり、CD−R1に書き込まれた情報の再生を行う場合もCD−R記録再生装置10は欠かせない構成要素である。 CD-R1 is a CD-ROM compatible devices, for most such recent personal computers have been equipped with the CD-ROM reproducing apparatus, reproducing information for CD-R1 by utilizing the CD-ROM reproducing apparatus it is also possible, the CD-ROM reproducing apparatus, can not be accessed previously written ID information and encryption key in the system area of ​​the CD-R1, again, to reproduce information written on the CD-R1 If CD-R recording and reproducing apparatus 10 is also a component indispensable.
【0041】 [0041]
また、CD−R記録再生装置10はもっぱらユーザ段階で使用される装置であるが、CD−R1への情報書き込み機能に注目すると、その基本的動作は、CD−R1の製造段階で行われるID情報や暗号鍵の書き込みにも適用可能であるから、以下の説明では上記のCD−R記録再生装置10をユーザ段階と製造段階の両方で使用されるものとして話を進める。 Further, ID is CD-R recording and reproducing apparatus 10 is exclusively apparatus for use in a user stage, focusing on the information writing function CD-R1, the basic operation is to be performed at the manufacturing stage of the CD-R1 since it is also applicable for writing data and cryptographic keys, in the following description proceeds talking as those used for CD-R recording and reproducing apparatus 10 of the above both user plane and manufacturing stages.
【0042】 [0042]
<出荷時情報記録処理> <Shipment information recording process>
図6は、CD−R1の製造時におけるID情報と暗号鍵の書き込み動作(以下「出荷時情報記録処理」という。)を示すフローチャートである。 Figure 6 is a flow chart illustrating a CD-R1 of ID information and the encryption key of the write operation at the time of manufacturing (hereinafter referred to as "Factory Information recording process".). なお、製造時にはCD−R記録再生装置10の記録機能しか利用しないため、図示のフローチャートでは、CD−R記録再生装置10のことを便宜的に「記録機」と略称している。 Incidentally, at the time of manufacture because it does not use only the recording function of the CD-R recording and reproducing apparatus 10, in the flowchart shown in the figure, are abbreviated to for convenience "recorder" to a CD-R recording and reproducing apparatus 10. 但し、この用語(記録機)には、CD−R記録再生装置10に限らず、製造段階専用の“記録機”であってもよい旨の意図も含まれている。 However, this term (recorder), not limited to the CD-R recording and reproducing apparatus 10 also includes the intention of the effect may be a manufacturing stage only for "recorder".
【0043】 [0043]
図において、出荷時情報記録処理を開始すると、まず、未記録のCD−R1(フロー中では「ディスク」と称する。)を用意し、このCD−R1を記録機に装填する(ステップS11)。 In the figure, when starting the shipping-time information recording process, First, a non-it recorded CD-R1 (in the flow referred to as "disk".) Is loaded with the CD-R1 to the recording machine (step S11). 次に、ホスト装置21を操作してCD−R1への記録情報を手入力または自動生成する(ステップS12)。 Then, by operating the host device 21 manually or automatically generates a recording information to CD-R1 (step S12). この記録情報はCD−R1のID情報や所定の秘密鍵および当日の日付(作成日付)などであり、そのフォーマットは、図4(a)または(b)に示すとおりである。 The recorded information and the like ID information and predetermined private key and the day date of CD-R1 (creation date), the format is as shown in FIG. 4 (a) or (b).
【0044】 [0044]
次いで、ホスト装置21から記録機に対して情報記録命令を発行すると(ステップS13)、記録機はこの命令に応答してレーザ強度キャリブレーション処理を実行し、適正なパワーに記録用レーザ13を設定した後、光ピックアップ14をCD−R1の記録領域の“特定位置”に移動制御する(ステップS14)。 Then, when issuing the information recording instruction to the recording device from the host device 21 (step S13), and the recorder performs the laser intensity calibration process in response to the instruction, sets the recording laser 13 to an appropriate power after, to control the movement of the optical pickup 14 to the "specific position" of the recording area of ​​the CD-R1 (step S14). この特定位置は原理的にはユーザからの直接的なアクセスが認められていない領域、すなわち、システム領域(PCA、PMA、リードインまたはリードアウト)の未使用領域上の任意位置である。 Areas not direct access is permitted from the specific position the user in principle, that is, any position on the unused area of ​​the system area (PCA, PMA, the lead-in or lead-out). 特に好ましくは、データ再生時にその存在が無視される領域として当業者に広く認知されているPCAまたはPMA上の(未使用領域上の)任意位置である。 Particularly preferably, as a region whose presence at the time of data reproduction is ignored those skilled in the widely recognized and have PCA or PMA on (on unused area) is an arbitrary position. 以下、説明の便宜上、上記“特定位置”をPCAの未使用領域上の任意位置とする。 For convenience of description, the "specific position" and any position on the unused area of ​​the PCA.
【0045】 [0045]
次いで、記録機は、ホスト装置21から記録情報(ステップS12で生成した情報)を受け取り、その記録情報を用いて記録用レーザ13を変調しつつ、記録用レーザ13をCD−R1の透明な基板1bを介して記録層1cの案内溝1fに照射し、案内溝1f直下の記録層1cに情報ピットを形成して、前記記録情報のCD−R1への書き込みを行う(ステップS15)。 Then, the recording apparatus receives printing information from a host device 21 (information generated in step S12), the while modulating the recording laser 13 by using the recording information, a recording laser 13 CD-R1 transparent substrate 1b irradiated to guide grooves 1f of the recording layer 1c through, by forming information pits on the recording layer 1c immediately below the guide grooves 1f, writes to CD-R1 of the record information (step S15). 記録情報の書き込み開始位置は、上記ステップS14で実行された光ピックアップ14の移動位置、すなわち、PCAの未使用領域上の任意位置であり、記録情報の書き込み終了位置は当該位置から記録情報のサイズ(例えば、図4のフォーマットに従えば20バイトまたは36バイト)に相当する分だけ離れた位置である。 Write start position of the recorded information, the movement position of the optical pickup 14, which is executed in step S14, i.e., an arbitrary position on the unused area of ​​the PCA, the size of the write end position of the recording information recorded information from the position (e.g., 20 bytes or 36 bytes according to the format of FIG. 4) is a position apart by an amount corresponding to.
【0046】 [0046]
次いで、記録機は、光ピックアップ14を上記特定位置、すなわち、PCAの未使用領域上の任意位置に移動すると共に、当該位置を再生開始位置、記録情報のサイズに相当する分だけ離れた位置を再生終了位置として、システム領域に書き込んだ記録情報の再生を行い、この再生情報をホスト装置21に転送する。 Then, the recording machine, the optical pickup 14 the specific position, i.e., the move to an arbitrary position on the unused area of ​​the PCA, the reproduction start position the position, the partial apart position corresponding to the size of the record information as a reproduction end position, it performs a reproduction of recorded information written in the system area, and transfers the reproduced information to the host device 21. ホスト装置21は、記録機から転送された再生データと上記記録情報とを比較照合してベリファイ検査を行い(ステップS16)、両者が一致していれば正常に書き込みを行えたと判断してその旨を作業者に報知する一方、そうでなければ書き込みを失敗したと判断してその旨を作業者に報知する(ステップS17)。 The host device 21 performs comparison and collation to verify inspect the reproduced data transferred from the recorder and the record information (step S16), and this fact is determined that both are able to write correctly If they coincide while informing the worker, informs the fact to the worker is determined to have failed the write otherwise (step S17). 作業者は、正常書き込み報知の場合に当該CD−R1を出荷棚へ移動し(ステップS18)、書き込み失敗報知の場合に当該CD−R1を不良品棚へ移動する(ステップS19)。 Operator, the CD-R1 moves to factory rack upon successful write notification (step S18), and moves the CD-R1 to defective shelves in the case of write failure notification (step S19). そして、以上の処理を用意されたCD−R1がなくなるまで繰り返して実行する(ステップS20)。 Then, repeatedly executed until there is no CD-R1, which is prepared above processing (step S20).
【0047】 [0047]
したがって、この「出荷時情報記録処理」によれば、未記録のCD−R1のシステム領域にID情報、暗号鍵および作成日付などの隠し情報を書き込んで市場に出荷し、ユーザに届けることができる。 Therefore, according to the "shipping during the recording of information processing", ID information in the system area of ​​the non-recorded CD-R1, and shipped to market by writing the hidden information, such as encryption keys and creation date, it can be delivered to the user . そして、ユーザ段階で、以下に説明するデータ書き込み処理、データ再生処理またはディスクコピー処理を行う際に、上記の隠し情報を利用した本実施の形態特有の処理を実行することができる。 Then, the user stage, the data write processing described below, when data reproduction process or disk copy processing may be performed in the form of specific processing of the present embodiment using the above-mentioned hidden information.
【0048】 [0048]
<ユーザによるデータ書き込み処理> <Data writing process performed by the user>
図7は、ユーザ段階で実行されるデータ書き込み動作(以下「ユーザによるデータ書き込み処理」という。)を示すフローチャートである。 7, the data write operation performed by the user stage (hereinafter referred to as "data write process by the user".) Is a flowchart illustrating a. この処理では、ユーザは、前述の出荷時情報記録処理によって隠し情報が書き込まれたCD−R1を市場で入手し、そのCD−R1をCD−R記録再生装置10にセットして、所要のユーザデータを当該CD−R1に記録する。 In this process, the user of the CD-R1 to hidden information is written by the shipment information recording process described above available on the market, and sets the CD-R1 to CD-R recording and reproducing apparatus 10, the required user the data recorded on the CD-R1. このユーザデータについて、とりわけ重要な点は、特定の人に対してのみ再生を許可する非公開のデータ、すなわち、秘匿を要するデータである点にある。 This user data, especially important, private data that permits playback only to a specific person, i.e., lies in a data requiring confidentiality. 従来、この種の秘匿を要するデータをCD−Rに記録する場合は、例えば、所定の暗号鍵でデータを暗号化してCD−Rに記録し、そのCD−Rと一緒に当該暗号化データの復号鍵を収めたフロッピィディスク等の記憶媒体を配布していた。 Conventionally, when data is recorded that requires this type of concealment to a CD-R is, for example, recorded on a CD-R by encrypting data with a predetermined encryption key, of the encrypted data with its CD-R a storage medium such as a floppy disk that contains the decryption key has been distributed. しかし、このような複数媒体の同時配布は手間がかかる上、配布先での紛失等の可能性もあり、管理が面倒であるという欠点がある。 However, on such simultaneous distribution of a plurality media which is time-consuming, there is also the possibility of loss, etc. at the distribution destination, there is a disadvantage that management is troublesome.
【0049】 [0049]
本実施の形態のCD−R1は、一つの記憶媒体に暗号化データと、その暗号化データの復号鍵とを収めて配布するので、配布先で紛失することもなく、管理を容易にして上記不都合を解消できるというメリットがある。 CD-R1 of the embodiment, the encrypted data into a single storage medium, so distribute videos and decryption key for the encrypted data, without also losing the distribution destination, and ease of administration the there is a merit that inconvenience the can be eliminated.
【0050】 [0050]
図7において、ユーザによるデータ書き込み処理を開始すると、CD−R記録再生装置10は、ホスト装置21からの書き込み命令の有無を判定する(ステップS31)。 7, when starting the data write process by the user, CD-R recording and reproducing apparatus 10 determines whether the write command from the host device 21 (step S31). そして、書き込み命令があると、ホスト装置21に対してID入力要求を発行し(ステップS32)、ホスト装置21は、画面上にID入力を促がす旨の所定のGUI(Graphical User Interface)を表示してユーザによるキーボード等からのID入力を受け付け(ステップS33)、入力されたID情報をCD−R記録再生装置10に転送する。 When there is a write command, issuing an ID input request to the host device 21 (step S32), the host device 21, an ID input on the screen prompting is to effect a predetermined GUI (Graphical User Interface) of receiving an ID input from the keyboard or the like by the user by displaying (step S33), and transfers the ID information input to the CD-R recording and reproducing apparatus 10.
【0051】 [0051]
CD−R記録再生装置10は、CD−R1のシステム領域に書き込まれているID情報を読み出して、ホスト装置21から転送されたID情報との一致を判定し(ステップS34)、不一致であればそのまま処理を終了する一方、一致であれば、CD−R1のシステム領域に書き込まれている暗号鍵を読み出してホスト装置21に転送する(ステップS35)。 CD-R recording and reproducing apparatus 10 reads out the ID information written in a system area of ​​the CD-R1, to determine a match between the ID information transferred from the host device 21 (step S34), if the mismatch while the process is terminated, if coincident, and transfers to the host device 21 reads the encryption key written in a system area of ​​the CD-R1 (step S35). ホスト装置21は、その暗号鍵を用いて上記ユーザデータを暗号化データに変換し(ステップS36)、当該暗号化データをCD−R記録再生装置10に転送する。 The host device 21 converts the user data using the encryption key to encrypt data (step S36), and transfers the encrypted data to the CD-R recording and reproducing apparatus 10. CD−R記録再生装置10は、転送された暗号化データをCD−R1のデータエリアに記録(ステップS37)した後、処理を終了する。 CD-R recording and reproducing apparatus 10, after recording (step S37) in the data area of ​​the CD-R1 the transferred encrypted data, the process ends.
【0052】 [0052]
図8は、上記「ユーザによるデータ書き込み処理」のタイムランを示す図であり、図中のパーソナルコンピュータ31は上述のホスト装置21に相当するもの、CD−Rライター32は上述のCD−R記録再生装置10に相当するもの、CD−R33は上述のCD−R1に相当するものである。 Figure 8 is a diagram showing a time run of the "user by the data writing process", the personal computer 31 in the figure corresponds to the host apparatus 21 described above, CD-R writer 32 above CD-R recording corresponds to the reproducing apparatus 10, CD-R33 is equivalent to the above-described CD-R1.
【0053】 [0053]
この図において、ユーザは、CD−R33をCD−Rライター32に装填すると共に、パーソナルコンピュータ31を操作して所要の書き込み命令をCD−Rライター32に発行する。 In this figure, the user is configured to load the CD-R33 in CD-R writer 32, by operating the personal computer 31 issues a predetermined write command to a CD-R writer 32. CD−Rライター32はこの書き込み命令に応答してID要求をパーソナルコンピュータ31に返し、パーソナルコンピュータ31は画面上にID入力を促がす旨のGUIを表示する。 CD-R writers 32 returns an ID request to the personal computer 31 in response to the write command, the personal computer 31 is prompting the ID input on the screen to display a GUI to effect. ユーザは、そのGUIに従って所定のID情報(CD−R33の購入時に販売員等から知らされたID情報)を入力し、パーソナルコンピュータ31は入力されたID情報をCD−Rライター32に転送する。 The user inputs predetermined ID information (CD-R33 ID information was informed from the salesperson or the like at the time of purchase of) in accordance with the GUI, the personal computer 31 transfers the ID information input to the CD-R writer 32.
【0054】 [0054]
CD−Rライター32は、CD−R33のシステム領域にあらかじめ書き込まれているID情報を読み出し、パーソナルコンピュータ31から転送されたID情報との一致を判定して、不一致であれば処理を中止して書き込みを拒否する一方、一致していれば、CD−R33のシステム領域にあらかじめ書き込まれている暗号鍵を読み出してパーソナルコンピュータ31に転送する。 CD-R writers 32 reads the ID information previously written in a system area of ​​the CD-R33, to determine a match with ID information transferred from the personal computer 31, to abort the process if they do not match while denied write, if they match, it is transferred to the personal computer 31 reads out the encryption key that has been previously written in a system area of ​​the CD-R33. パーソナルコンピュータ31は、その暗号鍵を用いてユーザデータを暗号化し、暗号化データをCD−Rライター32に転送する。 The personal computer 31 encrypts the user data using the encryption key, and transfers the encrypted data to the CD-R writer 32. CD−Rライター32は暗号化データをCD−R33のデータエリアに記録した後、記録動作の完了をパーソナルコンピュータ31に通知して、以上一連の「ユーザによるデータ書き込み処理」を終了する。 After CD-R writer 32 which records the encrypted data in the data area of ​​the CD-R33, and notifies the completion of the recording operation to the personal computer 31, and ends the "data write process by the user" set above.
【0055】 [0055]
したがって、この「ユーザによるデータ書き込み処理」によれば、CD−Rのシステム領域にあらかじめ書き込まれたID情報を用いてユーザ認証を行うことができると共に、認証ユーザ(正規ユーザ)によって行われるデータ書き込みの際に、CD−Rのシステム領域にあらかじめ書き込まれた暗号鍵を用いてユーザデータの暗号化を行い、その暗号化データをCD−Rに書き込むことができる。 Therefore, according to the "data write processing by the user", it is possible to perform user authentication using the previously written ID information in the system area of ​​the CD-R, data writing performed by the authenticated user (authorized user) during, it encrypts the user data using the pre-written encryption key in the system area of ​​a CD-R, write the encrypted data to the CD-R.
【0056】 [0056]
その結果、ユーザは、ホスト装置を操作して書き込み対象のユーザデータの指定とID情報の入力とを行うだけでよく、当該ユーザデータの暗号化処理および暗号化データのCD−Rへの書き込みを自動化して作業性の改善を図ることができる。 As a result, the user can operate the host device need only perform an input specifying the ID information of the user data to be written, the writing to the CD-R of the encryption process and the encrypted data of the user data it is possible to improve the workability by automation.
【0057】 [0057]
<ユーザによるデータ再生処理> <Data reproduction process by the user>
図9は、ユーザ段階で実行されるデータ再生動作(以下「ユーザによるデータ再生処理」という。)を示すフローチャートである。 9, the data reproduction operation executed by the user stage (hereinafter referred to as "data reproduction process by the user".) Is a flowchart illustrating a. この処理では、ユーザは、前述のユーザによるデータ書き込み処理によって暗号化データが書き込まれたCD−R1を入手し、そのCD−R1をCD−R記録再生装置10にセットして、そのCD−R1から暗号鍵と暗号化データを読み出し、暗号鍵を用いて暗号化データを復号するという一連の処理を実行する。 In this process, the user can obtain the CD-R1 to encrypted data is written by the data writing processing by the aforementioned user, and sets the CD-R1 to CD-R recording and reproducing apparatus 10, the CD-R1 It reads the encryption key and the encrypted data from, executes a series of processing of decrypting the encrypted data using the encryption key. この一連の処理において、とりわけ重要な点は、二種類のユーザが存在することにある。 In this series of processes, especially important is that the two types of users exist. 第一のユーザは正当なID情報を知っているユーザ(以下「正規ユーザ」という。)であり、第二のユーザは正当なID情報を知らないユーザ(以下「不正ユーザ」という。)である。 The first of the user user (hereinafter referred to as "regular user".) That knows a valid ID information is a is, the second user is a user who does not know a valid ID information (hereinafter referred to as "unauthorized user".) .
【0058】 [0058]
図9において、ユーザによるデータ再生処理を開始すると、CD−R記録再生装置10は、ホスト装置21からの再生命令の有無を判定する(ステップS41)。 9 starts the data reproduction process by the user, CD-R recording and reproducing apparatus 10 determines whether the reproduction command from the host device 21 (step S41). そして、再生命令があると、ホスト装置21に対してID入力要求を発行し(ステップS42)、ホスト装置21は、画面上にID入力を促がす旨の所定のGUIを表示してユーザによるキーボード等からのID入力を受け付け(ステップS43)、入力されたID情報をCD−R記録再生装置10に転送する。 When a reproduction instruction, issues an ID input request to the host device 21 (step S42), the host device 21 by the user prompting the ID input on the screen displays a predetermined GUI in to effect receiving an ID input from the keyboard or the like (step S43), and transfers the ID information input to the CD-R recording and reproducing apparatus 10.
【0059】 [0059]
CD−R記録再生装置10は、CD−R1のシステム領域に書き込まれているID情報を読み出して、ホスト装置21から転送されたID情報との一致を判定し(ステップS44)、不一致であれば不正ユーザと判断してそのまま処理を終了する一方、一致であれば正規ユーザと判断して、CD−R1のシステム領域に書き込まれている暗号鍵とデータエリアに書き込まれている暗号化データとを読み出してホスト装置21に転送する(ステップS45)。 CD-R recording and reproducing apparatus 10 reads out the ID information written in a system area of ​​the CD-R1, to determine a match between the ID information transferred from the host device 21 (step S44), if the mismatch while the process is terminated is determined that an unauthorized user, it is determined that the authorized user if match, the encrypted data written to the encryption key and the data area are written in a system area of ​​the CD-R1 read out and transferred to the host device 21 (step S45). ホスト装置21は、その暗号鍵を用いて暗号化データを復号し、当該復号データに対する正規ユーザのアクセスを許容した後、処理を終了する。 The host device 21 decrypts the encrypted data using the encryption key, after permitting access authorized user on the decoded data, the process ends.
【0060】 [0060]
図10は、上記「ユーザによるデータ再生処理」のタイムランを示す図であり、図中のパーソナルコンピュータ31は上述のホスト装置21に相当するもの、CD−Rライター32は上述のCD−R記録再生装置10に相当するもの、CD−R33は上述のCD−R1に相当するものである。 Figure 10 is a diagram showing a time run of the "data reproduction process by the user", the personal computer 31 in the figure corresponds to the host apparatus 21 described above, CD-R writer 32 above CD-R recording corresponds to the reproducing apparatus 10, CD-R33 is equivalent to the above-described CD-R1.
【0061】 [0061]
この図において、ユーザは、CD−R33をCD−Rライター32に装填すると共に、パーソナルコンピュータ31を操作して所要の再生命令をCD−Rライター32に発行する。 In this figure, the user is configured to load the CD-R33 in CD-R writer 32, by operating the personal computer 31 issues a predetermined reproduction command to a CD-R writer 32. CD−Rライター32はこの再生命令に応答してID要求をパーソナルコンピュータ31に返し、パーソナルコンピュータ31は画面上にID入力を促がす旨のGUIを表示する。 CD-R writers 32 returns an ID request in response to the reproduction command to the personal computer 31, the personal computer 31 is prompting the ID input on the screen to display a GUI to effect. ユーザは、そのGUIに従って所定のID情報(CD−R33の配布先から正当に通知されたID情報)を入力し、パーソナルコンピュータ31は入力されたID情報をCD−Rライター32に転送する。 The user inputs predetermined ID information (duly notified ID information from the destination of the CD-R33) in accordance with the GUI, the personal computer 31 transfers the ID information input to the CD-R writer 32.
【0062】 [0062]
CD−Rライター32は、CD−R33のシステム領域にあらかじめ書き込まれているID情報を読み出し、パーソナルコンピュータ31から転送されたID情報との一致を判定して、不一致であれば不正ユーザと判断し、処理を中止して再生を拒否する一方、一致していれば正規ユーザと判断し、CD−R33のシステム領域にあらかじめ書き込まれている暗号鍵とデータエリアに書き込まれている暗号化データとを読み出してパーソナルコンピュータ31に転送する。 CD-R writers 32 reads the ID information previously written in a system area of ​​the CD-R33, to determine a match with ID information transferred from the personal computer 31 determines that an unauthorized user if disagreement while refuse playback to stop the process, it is determined that consistent with long as authorized user, the encrypted data written to the encryption key and data areas are pre-written in a system area of ​​the CD-R33 transferred to the personal computer 31 reads. パーソナルコンピュータ31は、その暗号鍵を用いて暗号化データを復号し、正規ユーザからのアクセスを許容した後、以上一連の「ユーザによるデータ再生処理」を終了する。 The personal computer 31 decrypts the encrypted data using the encryption key, after allowing access from the authorized user, to terminate the "data reproduction process by the user" set above.
【0063】 [0063]
したがって、この「ユーザによるデータ再生処理」によれば、CD−Rのシステム領域にあらかじめ書き込まれたID情報を用いて正規ユーザと不正ユーザとを識別することができると共に、正規ユーザによってデータ再生処理が行われている場合に限り、CD−Rのシステム領域に書き込まれた暗号鍵とデータエリアに書き込まれた暗号化データとをホスト装置に転送し、ホスト装置で暗号化データの復号を行い、復号された生データへのアクセス(例えば、データの閲覧ないし実行等)を許容することができる。 Therefore, according to the "data reproduction process by the user", it is possible to identify the illegal user and authorized user using a previously written ID information in the system area of ​​the CD-R, data reproduction processing by the regular user only if is being performed, to transfer CD-R of an encryption key that is written in the system area and the encrypted data written to the data area to the host device, it decodes the encrypted data by the host device, access to the decoded raw data (e.g., viewing or execution of data) can be tolerated.
【0064】 [0064]
その結果、不正ユーザを排除してデータの再生を行うことができ、データの不正閲覧および不正実行等を防止し、以って、CD−Rのセキュリティ性を向上することができる。 As a result, with the exclusion of unauthorized user can be performed to reproduce the data to prevent unauthorized viewing and illegal execution of the data, it hereinafter, it is possible to improve the security of the CD-R.
【0065】 [0065]
<ユーザによるディスクコピー処理> <Disk copy processing by the user>
図11は、ユーザ段階で実行されるディスクコピー動作(以下「ユーザによるディスクコピー処理」という。)を示すフローチャートである。 Figure 11 is a flow chart showing a disk copy operation (hereinafter referred to as "disk copying by the user".) Executed in the user stage. この処理では、ユーザは、前述のユーザによるデータ書き込み処理によって暗号化データが書き込まれたCD−R1を入手し、そのCD−R1をCD−R記録再生装置10にセットして、そのCD−R1から暗号鍵と暗号化データを読み出し、当該暗号鍵を用いて暗号化データを復号し、その復号データを別のCD−R記録再生装置10にセットされた未使用のCD−Rに書き込む(コピーする)という一連の処理を実行する。 In this process, the user can obtain the CD-R1 to encrypted data is written by the data writing processing by the aforementioned user, and sets the CD-R1 to CD-R recording and reproducing apparatus 10, the CD-R1 It reads the encryption key and the encrypted data from, decrypts the encrypted data by using the encryption key and writes the decoded data to a CD-R unused is set to a different CD-R recording and reproducing apparatus 10 (copies to) to perform a series of processing that. この一連の処理においても、正当なID情報を知っている正規ユーザと正当なID情報を知らない不正ユーザの二種類のユーザが存在する。 In this series of processes, two types of users of illegal user who does not know the authorized user and valid ID information to know a valid ID information exists.
【0066】 [0066]
図11において、ユーザによるディスクコピー処理を開始すると、コピー元のCD−R1を装填したCD−R記録再生装置(以下「コピー元CD−R記録再生装置」という。)10は、ホスト装置21からのコピー命令の有無を判定する(ステップS51)。 11, when starting the disc copy process by the user, CD-R recording and reproducing apparatus loaded with copied CD-R1 (hereinafter referred to as "copy source CD-R recording and reproducing apparatus.") 10 from the host device 21 determining the presence or absence of a copy instruction (step S51). そして、コピー命令があると、ホスト装置21に対してID入力要求を発行し(ステップS52)、ホスト装置21は、画面上にID入力を促がす旨の所定のGUIを表示してユーザによるキーボード等からのID入力を受け付け(ステップS53)、入力されたID情報をコピー元CD−R記録再生装置10に転送する。 When a copy instruction, issues an ID input request to the host device 21 (step S52), the host device 21 by the user prompting the ID input on the screen displays a predetermined GUI in to effect receiving an ID input from the keyboard or the like (step S53), and transfers the ID information input to the copy source CD-R recording and reproducing apparatus 10.
【0067】 [0067]
コピー元CD−R記録再生装置10は、CD−R1のシステム領域に書き込まれているID情報を読み出して、ホスト装置21から転送されたID情報との一致を判定し(ステップS54)、不一致であれば不正ユーザと判断してCD−R1のデータエリアに書き込まれた暗号化データを読み出してホスト装置21に転送(ステップS55)する一方、一致であれば正規ユーザと判断してCD−R1のシステム領域に書き込まれているID情報と暗号鍵およびデータエリアに書き込まれている暗号化データを読み出してホスト装置21に転送する(ステップS56)。 Copy source CD-R recording and reproducing apparatus 10 reads out the ID information written in a system area of ​​the CD-R1, to determine a match between the ID information transferred from the host device 21 (step S54), mismatch it is determined that the illegal user transfers to the host device 21 reads the encrypted data written in the data area of ​​the CD-R1 if (step S55) to one of CD-R1 is determined that the legitimate user if match reads the encrypted data written to the ID information and the encryption key and data areas are written to the system area is transferred to the host device 21 (step S56).
【0068】 [0068]
ホスト装置21は、その転送データにID情報と暗号鍵が含まれているか否かを判定し、ID情報と暗号鍵が含まれていればそのID情報と暗号鍵および暗号化データを順次にコピー先のCD−R記録再生装置10(以下「コピー先CD−R記録再生装置」という。)10に転送し、または、ID情報と暗号鍵が含まれていなければ転送データ(暗号化データ)それ自体をコピー先CD−R記録再生装置10に転送する。 The host device 21 copies the ID information and the encryption key and the encrypted data sequentially determines whether contains ID information and the encryption key to the transferred data, if it contains ID information and the encryption key previous CD-R recording and reproducing apparatus 10 (hereinafter referred to as "destination CD-R recording and reproducing apparatus".) was transferred to 10, or, transfers the data (encrypted data) must contain the ID information and the encryption key it transferring itself to the destination CD-R recording and reproducing apparatus 10.
【0069】 [0069]
コピー先CD−R記録再生装置10は、転送されたデータにID情報と鍵情報が含まれている場合、前述の「出荷時情報記録処理」(図6参照)と同様の手順で、そのID情報と鍵情報をコピー先のCD−Rに記録した後、暗号化データをコピー先のCD−Rのデータエリアに記録し、または、転送されたデータにID情報と鍵情報が含まれていない場合は、暗号化データをコピー先のCD−Rのデータエリアに記録した後、記録完了をホスト装置21に通知して一連のディスクコピー処理を終了する。 Destination CD-R recording and reproducing apparatus 10, if it contains ID information and key information to the transferred data, the same procedure as a "shipment information recording processing" (see FIG. 6), the ID after recording the information and key information of the copy destination CD-R, recording the encrypted data in the data area of ​​the copy destination CD-R, or does not include the ID information and key information to the transferred data If, after recording the encrypted data in the data area of ​​the copy destination CD-R, and notifies the completion of recording to the host device 21 ends the series of disk copy processing.
【0070】 [0070]
図12は、上記「ユーザによるディスクコピー処理」のタイムランを示す図であり、図中のパーソナルコンピュータ31は上述のホスト装置21に相当するもの、左側のCD−R33aはコピー元のCD−R1に相当するもの、左側のCD−Rライター32aは上述のコピー元CD−R記録再生装置10に相当するもの、右側のCD−Rライター32bは上述のコピー先CD−R記録再生装置10に相当するもの、右側のCD−R33bはコピー先のCD−Rに相当するものである。 Figure 12 is a diagram showing a time run of the "disk copying by the user", as the personal computer 31 in the figure corresponds to the host apparatus 21 described above, the left CD-R33a is copied CD-R1 those corresponding to those left of the CD-R writers 32a corresponding to the aforementioned copy source CD-R recording and reproducing apparatus 10, the right side of the CD-R writer 32b corresponding to the copy destination CD-R recording and reproducing apparatus 10 described above which, right CD-R33b is equivalent to the CD-R of destination. すなわち、この例では、左側のCD−R33aの記録情報を右側のCD−R33bにディスクコピーする例を示している。 That is, in this example, shows an example of the disk copy information recorded on the left side of the CD-R33a on the right side of the CD-R33b.
【0071】 [0071]
この図において、ユーザは、コピー元とコピー先のCD−R33a、33bをそれぞれCD−Rライター32a、32bに装填すると共に、パーソナルコンピュータ31を操作して所要のコピー命令をコピー元CD−Rライター32aに発行する。 In this figure, the user, the source and destination CD-R33a, 33b each CD-R writers 32a, as well as loaded to 32b, the copy source CD-R writer required copy instruction by operating the personal computer 31 It is issued to the 32a. コピー元CD−Rライター32aはこのコピー命令に応答してID要求をパーソナルコンピュータ31に返し、パーソナルコンピュータ31は画面上にID入力を促がす旨のGUIを表示する。 Copy the original CD-R writer 32a returns the ID request in response to the copy command to the personal computer 31, the personal computer 31 is prompting the ID input on the screen to display a GUI to effect. ユーザは、そのGUIに従って所定のID情報(CD−R33aの配布先から正当に通知されたID情報)を入力し、パーソナルコンピュータ31は入力されたID情報をコピー元CD−Rライター32aに転送する。 The user inputs predetermined ID information (CD-R33a duly notified ID information from the distribution destination) in accordance with the GUI, the personal computer 31 transfers the ID information input to the copy source CD-R writers 32a .
【0072】 [0072]
コピー元CD−Rライター32aは、CD−R33aのシステム領域にあらかじめ書き込まれているID情報を読み出し、パーソナルコンピュータ31から転送されたID情報との一致を判定して、不一致であれば不正ユーザと判断し、暗号化データのみの限定的コピーを許容する一方、一致していれば正規ユーザと判断し、CD−R33aのシステム領域にあらかじめ書き込まれているID情報と暗号鍵およびデータエリアに書き込まれている暗号化データを読み出してパーソナルコンピュータ31に転送する。 Copy source CD-R writers 32a reads the ID information previously written in a system area of ​​the CD-R33a, determines a match with ID information transferred from the personal computer 31, the unauthorized user if disagreement determining, while allowing a limited copy of only the encrypted data, it is determined that consistent with long as the authorized user, written in the ID information and the encryption key and data areas that have been previously written in a system area of ​​the CD-R33a transferred to the personal computer 31 reads out and are encrypted data.
【0073】 [0073]
パーソナルコンピュータ31は、コピー先CD−Rライター32bに書き込み命令を発行すると共に、コピー元のCD−R33aから読み出したID情報、暗号鍵および暗号化データをコピー先CD−Rライター32bに転送する。 The personal computer 31 transfers issues a write command to the copy destination CD-R writer 32 b, ID information read from the copy source CD-R33a, an encryption key and encrypted data to the copy destination CD-R writer 32b. コピー先CD−Rライター32bはそのID情報と暗号鍵をCD−R33bのシステム領域に書き込むと共に、その暗号化データをCD−R33bのデータエリアに書き込み、その書き込み完了をホスト装置21に通知して、以上一連の「ユーザによるディスクコピー処理」を終了する。 Destination CD-R writers 32b are writes the ID information and the encryption key in the system area of ​​the CD-R33b, writes the encrypted data to the data area of ​​the CD-R33b, and notifies the write completion to the host device 21 , to end the "disk copy processing by the user" a series of more.
【0074】 [0074]
したがって、この「ユーザによるディスクコピー処理」によれば、コピー元CD−Rのシステム領域にあらかじめ書き込まれたID情報を用いて正規ユーザと不正ユーザとを識別することができると共に、正規ユーザによってディスクコピー処理が行われている場合に限り、コピー元CD−Rのシステム領域に書き込まれたID情報と暗号鍵およびデータエリアに書き込まれた暗号化データをホスト装置に転送し、ホスト装置からコピー先CD−Rライターに転送して、コピー先CD−Rに書き込む(コピーする)ことができる。 Therefore, according to the "disk copying by the user", it is possible to identify the illegal user and authorized user using a previously written ID information in the system area of ​​the copy source CD-R, the disc by the regular user only if the copy process is performed, to transfer the encrypted data written to the copy source CD-R ID information and the encryption key and the data area is written in the system area of ​​the host apparatus, the copy destination from the host apparatus is transferred to the CD-R writer can write the destination CD-R (copy).
【0075】 [0075]
その結果、正規ユーザだけにディスクコピーを許可してコピー元CD−Rの完全副生物を製造させることができる一方、不正ユーザに対しては暗号化データのみの限定的コピーを許可し、実質的に再利用不能(暗号を解読しない限りデータを利用できない)な未完成副生物を製造させることができ、海賊版CD等の不正複製物の出現を防止して、CD−Rのセキュリティ性の向上を図ることができる。 As a result, while it is possible to produce a full-products only allow disk copy copy source CD-R authorized user, for an unauthorized user to allow limited copies only the encrypted data, substantially reuse impossible can be manufactured (the cipher unavailable data unless decrypted) unfinished products, to prevent the appearance of illegal copies of such pirated CD, the improvement of the security of the CD-R it is possible to achieve.
【0076】 [0076]
<まとめ> <Summary>
以上、説明したとおり、本実施の形態のCD−R1は、ユーザによる直接的なアクセスが認められていない特定の領域(システム領域)にID情報や暗号鍵といった隠し情報を書き込んで出荷するから、ユーザ段階のデータ書き込みやデータ再生の際に用いられるCD−Rライター(CD−R記録再生装置10)に、その隠し情報を利用したセキュリティ機能を実装しておくことにより、CD−R1へのアクセス権限の認証を行うことが可能となり、正規ユーザに対してのみデータ書き込みやデータ再生を許可することができる。 Above, as described, CD-R1 of the embodiment, since ship writes the hidden information, such as specific area ID information and the encryption key (the system area) which is not direct access is permitted by the user, a CD-R writer for use in data writing and data reproducing user stage (CD-R recording and reproducing apparatus 10), by previously implement security function using the hidden information, access to CD-R1 it is possible to authenticate the authority may permit data write or data reproducing only to authorized users.
【0077】 [0077]
したがって、ライトワンス型の特徴(データの消去や改ざんが不可能)に加えて、さらに、積極的なセキュリティ性を持たせたCD−R1を市場に提供することができ、特に秘匿を要するデータの保管や配布の分野に適用してきわめて好ましいライトワンス型光ディスクを実現できるという社会的有益性を奏することができる。 Thus, in addition to the write-once feature (not be erased or falsified data), further, a CD-R1 which gave positive security can be provided to the market, the data need special concealment it is possible to achieve the social benefit that applies to the field of storage and distribution can be achieved very preferred write-once optical disc.
【0078】 [0078]
なお、以上の説明では、ID情報や暗号鍵などの隠し情報をシステム領域に書き込んでいるが、このシステム領域とは、ユーザによる直接的なアクセスが許容された領域(典型的にはデータエリア)以外の領域という意味であり、前述のPCAやPMAはもちろんのこと、リードインであってもよいし、リードアウトであってもよく、あるいは、これ以外の領域が存在するならば、その領域であってもよい。 In the above description, although writing the hidden information, such as ID information and the encryption key in the system area, and the system area, the area where direct access by the user is allowed (typically the data area) a sense that other regions above the PCA and PMA, of course, may be a lead-in may be a lead-out, or if other regions are present, in that region it may be.
【0079】 [0079]
また、暗号鍵については、特に説明を加えなかったが、一般的に知られている様々な暗号化方式(例えば、前述のDES方式以外にも、FEAL:Fast Encipherment Algorithmなどの方式がある。)のいずれを採用してもかまわない。 As for the encryption key, in particular but not added description, various encryption methods that are generally known (e.g., in addition to the aforementioned DES method, FEAL: there is a method such as Fast Encipherment Algorithm.) it may also be any of adoption. 解読の困難性、暗号化処理や復号処理のオーバヘッドおよび暗号化データのボリューム等を勘案して適切な方式を採用すればよい。 Difficulty of decryption, in consideration of the volume and the like of the overhead and the encrypted data of the encryption processing and decoding processing may be employed suitable manner.
【0080】 [0080]
また、前記説明のID情報や暗号鍵を利用したセキュリティ機能は、もっぱらCD−R記録再生装置10のコントローラ20やホスト装置21のメインボードに実装されたマイクロコンピュータならびに各種周辺機器を含むハードウェア資産と、オペレーティングシステムや各種プログラム(ドライバソフトを含む)などのソフトウェア資産との有機的結合によって機能的に実現されるものであるが、ハードウェア資産およびオペレーティングシステムは汎用のものを利用できるから、前記説明のID情報や暗号鍵を利用したセキュリティ機能にとって欠くことのできない必須の事項は、実質的に、前述の「ユーザによるデータ書き込み処理」(図7参照)、「ユーザによるデータ再生処理」(図9参照)および「ユーザによるディスクコピ Also, the security function using the ID information and the encryption key description, hardware assets solely including a microcomputer and various peripheral devices mounted on the main board of the controller 20 and the host device 21 of the CD-R recording and reproducing apparatus 10 If, although intended to be functionally implemented by organically coupling the software assets, such as an operating system, various programs (including driver software), because the hardware assets and operating system can utilize what general purpose, the essential matters indispensable for security function using the ID information and the encryption key of the description are essentially "data write processing by the user" described above (see FIG. 7), "data reproduction process by the user" (FIG. 9 reference) and disk copy by the "user 処理」(図11参照)などのプログラムに集約されているということがいえる。 Processing "it can be said that are aggregated into a program such as (see Figure 11).
【0081】 [0081]
したがって、本発明に係るID情報や暗号鍵を利用したセキュリティ機能は、それらのプログラムのすべてまたはその要部を格納した、フロッピィディスク、光ディスク、コンパクトディスク、磁気テープ、ハードディスクまたは半導体メモリなどの記録媒体若しくはこれらの記録媒体を含む構成品(ユニット品や完成品または半完成品)を包含する。 Thus, the security function using the ID information and an encryption key according to the present invention, all of those programs or stores the main part, floppy disks, optical disks, compact disks, magnetic tape, recording media such as a hard disk or a semiconductor memory or comprising components comprising these recording medium (unit products and finished products or semi-finished product). なお、その記録媒体または構成品は、それ自体が流通経路にのるものはもちろんのこと、ネットワーク上にあって記録内容だけを提供するものも含まれる。 Incidentally, the recording medium or components may itself be a course which rests on distribution channels, also include those be on a network provides only recorded contents.
【0082】 [0082]
また、以上の説明では、ライトワンス型光ディスクとしてCD−Rの例を示したが、これに限らない。 In the above description, an example of a CD-R as a write-once optical disc is not limited thereto. 例えば、DVD(Digital Video DiscまたはDigital Versatile Disc)−Rも1回だけのデータ書き込みを行うことができるから、もちろんライトワンス型光ディスクの仲間である。 For example, since data can be written only DVD (Digital Video Disc or Digital Versatile Disc) -R even once a fellow course write-once optical disc. 上記説明をDVD−Rに適用する場合、CD−RをDVD−Rと読み替えると共に、CD−R記録再生装置やCD−RライターをそれぞれDVD−R記録再生装置、DVD−Rライターと読み替ればよい。 When applying the above described DVD-R, a CD-R with read as DVD-R, CD-R recording and reproducing apparatus and CD-R writers each DVD-R recording and reproducing apparatus, reading the DVD-R writer Kaware Bayoi.
【0083】 [0083]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によれば、正規ユーザによってディスクコピー処理が行われている場合は、コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報と鍵情報およびユーザ領域に書き込まれている暗号化データをコピー先ディスクに出力して、完全複製物の作成を許可する。 According to the present invention, when the disk copy processing is performed by the regular user, the destination encrypted data written in the identification information and the key information and the user area written in a system area of the copy source disk and output to disk, to allow the creation of a complete replica.
一方、不正ユーザによってディスクコピー処理が行われている場合は、ユーザ領域に書き込まれている暗号化データだけをコピー先ディスクに出力して、不完全複製物の作成を許可する。 On the other hand, if disk copy processing is performed by an unauthorized user, and outputs only the encrypted data written in the user area to the copy destination disk, to allow the creation of an incomplete copies.
したがって、不正コピー品(不完全複製物)が市場に出回ったとしても、識別情報と鍵情報を入手しない限り、暗号化データを復元できないので、不正コピー品の利用を阻止できる。 Therefore, even if the illegal copy product (incomplete copies) is on the market, unless obtain identification information and the key information, can not restore the encrypted data, it can be prevented the use of illegal copy products.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】ライトワンス型光ディスクの外観図およびその要部拡大図である。 1 is an external view and a main part enlarged view of the write-once optical disc.
【図2】CD−Rの断面構造図である。 2 is a cross-sectional view of a CD-R.
【図3】CD−Rの各記録領域のフォーマット概念図である。 3 is a format conceptual diagram of the recording area of ​​the CD-R.
【図4】製造時にシステム領域に書き込まれるID情報と暗号鍵を含むデータフォーマットの例示構造図である。 Figure 4 is an exemplary structural diagram of a data format including the ID information and the encryption key to be written in the system area at the time of manufacture.
【図5】ライトワンス型光ディスク記録再生装置の概略的なブロック構成図である。 5 is a schematic block diagram of a write-once type optical disk recording and reproducing apparatus.
【図6】CD−Rの製造時におけるID情報と暗号鍵の書き込み動作(出荷時情報記録処理)を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing CD-R ID information and the encryption key of the write operation at the time of manufacturing the (shipment information recording processing).
【図7】ユーザ段階で実行されるデータ書き込み動作(ユーザによるデータ書き込み処理)を示すフローチャートである。 7 is a flowchart illustrating a data write operation performed by the user stage (data write process by the user).
【図8】ユーザによるデータ書き込み処理のタイムランを示す図である。 8 is a diagram showing a time run of the data write process by the user.
【図9】ユーザ段階で実行されるデータ再生動作(ユーザによるデータ再生処理)を示すフローチャートである。 9 is a flowchart illustrating a data reproduction operation executed by the user stage (data reproduction process by the user).
【図10】ユーザによるデータ再生処理のタイムランを示す図である。 10 is a diagram showing a time run data reproduction processing by the user.
【図11】ユーザ段階で実行されるディスクコピー動作(ユーザによるディスクコピー処理)を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing a disk copy operation (disk copy processing by the user) running in the user stage.
【図12】ユーザによるディスクコピー処理のタイムランを示す図である。 12 is a diagram showing a time run of disk copy processing by the user.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
PCA Power Calibration Area(システム領域、レーザ強度キャリブレーション用領域) PCA Power Calibration Area (system area, area laser power calibration)
PMA Program Memory Area(システム領域、セッション情報の一時格納用領域) PMA Program Memory Area (system area, the temporary storage area of ​​the session information)
RI リードイン(セッション情報格納用領域) RI lead-in (area for storing session information)
RO リードアウト(ユーザ領域の終了位置を明示するための領域) RO lead-out (area for explicit end position of the user area)
UA ユーザエリア(ユーザ領域) UA user area (user area)
1 CD−R(ライトワンス型光ディスク) 1 CD-R (write-once optical disk)
10 CD−R記録再生装置(ライトワンス型光ディスク用記録再生装置) 10 CD-R recording and reproducing apparatus (for write-once type optical disk recording and reproducing apparatus)
20 コントローラ(アクセス手段、認証手段、許容手段) 20 controller (access means, authentication means, permitting means)

Claims (2)

  1. ユーザ領域に暗号化データが書き込まれていると共に、システム領域の一部にユーザ認証のための識別情報と前記暗号化データを復号するための鍵情報とが書き込まれているライトワンス型光ディスクをコピー元ディスクとして他のライトワンス型光ディスクへのディスクコピーを行うライトワンス型光ディスク用記録再生装置であって、 Copied along with encrypted data is written in the user area, a write-once optical disk key information and is written for decrypting the encrypted data and identification information for the user authentication in a part of the system area a recording and reproducing apparatus for a write-once optical disc which performs disk copy of the source disk to the other write-once optical disc,
    前記コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報を用いてユーザ認証を行うユーザ認証手段と、 User authentication means for performing user authentication by using the identification information written in a system area of said copy source disk,
    前記ユーザ認証手段によって正規ユーザであると認証された場合には前記コピー元ディスクのユーザ領域に書き込まれている暗号化データと前記コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報及び鍵情報とをコピー先ディスクへの書き込みデータとして出力する一方、前記ユーザ認証手段によって正規ユーザであると認証されなかった場合には前記コピー元ディスクのユーザ領域に書き込まれている暗号化データをコピー先ディスクへの書き込みデータとして出力する出力手段と And it said copy source disk identification information and the encrypted data written in the user area is written in a system area of the original disc and the key information if it is authenticated as a valid user by the user authentication means one output as write data to the copy destination disk, the encrypted data if it is not authenticated as a legitimate user written in the user area of the copy source disk to the destination disk by said user authentication means and output means for outputting as write data
    を備えたことを特徴とするライトワンス型光ディスク用記録再生装置。 Write-once optical disc recording and reproducing apparatus characterized by comprising a.
  2. ユーザ領域に暗号化データが書き込まれていると共に、システム領域の一部にユーザ認証のための識別情報と前記暗号化データを復号するための鍵情報とが書き込まれているライトワンス型光ディスクをコピー元ディスクとして他のライトワンス型光ディスクへのディスクコピーを行う際に、 Copied along with encrypted data is written in the user area, a write-once optical disk key information and is written for decrypting the encrypted data and identification information for the user authentication in a part of the system area when performing disk copying to other write-once optical disc as a source disk,
    コンピュータに、 On the computer,
    前記コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報を用いてユーザ認証を行うユーザ認証手段と、 User authentication means for performing user authentication by using the identification information written in a system area of said copy source disk,
    前記ユーザ認証手段によって正規ユーザであると認証された場合には前記コピー元ディスクのユーザ領域に書き込まれている暗号化データと前記コピー元ディスクのシステム領域に書き込まれている識別情報及び鍵情報とをコピー先ディスクへの書き込みデータとして出力する一方、前記ユーザ認証手段によって正規ユーザであると認証されなかった場合には前記コピー元ディスクのユーザ領域に書き込まれている暗号化データをコピー先ディスクへの書き込みデータとして出力する出力手段と And it said copy source disk identification information and the encrypted data written in the user area is written in a system area of the original disc and the key information if it is authenticated as a valid user by the user authentication means one output as write data to the copy destination disk, the encrypted data if it is not authenticated as a legitimate user written in the user area of the copy source disk to the destination disk by said user authentication means and output means for outputting as write data
    を実現させるためのプログラムを格納したことを特徴とする記録媒体。 Recording medium characterized by storing a program for realizing.
JP2000138346A 2000-05-11 2000-05-11 Write-once optical disc recording and reproducing apparatus and a recording medium Expired - Fee Related JP3871851B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000138346A JP3871851B2 (en) 2000-05-11 2000-05-11 Write-once optical disc recording and reproducing apparatus and a recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000138346A JP3871851B2 (en) 2000-05-11 2000-05-11 Write-once optical disc recording and reproducing apparatus and a recording medium

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001319339A true JP2001319339A (en) 2001-11-16
JP3871851B2 true JP3871851B2 (en) 2007-01-24

Family

ID=18645972

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000138346A Expired - Fee Related JP3871851B2 (en) 2000-05-11 2000-05-11 Write-once optical disc recording and reproducing apparatus and a recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3871851B2 (en)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2003060910A1 (en) * 2002-01-11 2003-07-24 Fujitsu Limited Security system using optical information recording medium
JP2003281821A (en) 2002-03-22 2003-10-03 Sony Corp Writable recording medium, method for recording identification information, information recorder, method for reproducing identification information and information reproducing device
KR20040028469A (en) 2002-09-30 2004-04-03 엘지전자 주식회사 Method for managing a defect area on optical disc write once
US7233550B2 (en) 2002-09-30 2007-06-19 Lg Electronics Inc. Write-once optical disc, and method and apparatus for recording management information on write-once optical disc
US7355934B2 (en) 2003-01-27 2008-04-08 Lg Electronics Inc. Optical disc of write once type, method, and apparatus for managing defect information on the optical disc
KR101024923B1 (en) 2003-05-09 2011-03-31 엘지전자 주식회사 Write once optical disc, and method and apparatus for recovering disc management information from the write once optical disc
KR20050009031A (en) 2003-07-15 2005-01-24 엘지전자 주식회사 Method for recording management information on optical disc write once
US7313065B2 (en) 2003-08-05 2007-12-25 Lg Electronics Inc. Write-once optical disc, and method and apparatus for recording/reproducing management information on/from optical disc
JP2007505433A (en) 2003-09-08 2007-03-08 エルジー エレクトロニクス インコーポレーテッド Write-once optical disc, and a method for recording management information on a write-once optical disc, and apparatus
KR101049137B1 (en) 2003-09-08 2011-07-15 엘지전자 주식회사 Write-once optical disc, and one method for recording management information on a recordable optical disc and an apparatus
EP1665259B1 (en) 2003-09-08 2013-11-06 LG Electronics Inc. Write-once optical disc and method for recording management information thereon
WO2005027119A1 (en) * 2003-09-12 2005-03-24 Konica Minolta Photo Imaging, Inc. Information recording device and recording medium, and reproducing program
JP2008171487A (en) * 2007-01-10 2008-07-24 Ricoh Co Ltd Data input unit, data output unit, and data processing system

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2001319339A (en) 2001-11-16 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6865550B1 (en) System for secure distribution and playback of digital data
US6938162B1 (en) Optical disk, optical disk recording and reproducing apparatus, method for recording, reproducing and deleting data on optical disk, and information processing system
US20050078822A1 (en) Secure access and copy protection management system
US20020165825A1 (en) Recording medium, license management apparatus, and recording and playback apparatus
US20030091186A1 (en) Apparatus and method for reading or writing user data
US5646993A (en) Information reproducing method and apparatus having protect function and recording medium used in apparatus
US6628591B1 (en) Apparatus and method for recording data onto a predetermined recording medium
US7028011B1 (en) Hybrid optical recording disc with copy protection
US20050154682A1 (en) Secure transfer of content to writable media
US6243796B1 (en) Recording medium and recording or reproduction apparatus that provides protection from unauthorized use of the medium
US20040213408A1 (en) Method for managing copy protection information of recording medium
US20010049662A1 (en) Recordable storage medium with protected data area
US6580682B1 (en) System for copy protection of recorded information
US20030012375A1 (en) Recording device and method, reproducing device and method, and storage medium
US20040030909A1 (en) Recording medium reproduction method and reproduction apparatus, and recording medium recording method and recording apparatus
US20020025039A1 (en) Recording method, producing method, playback method, apparatus, and information recording medium
US20060062073A1 (en) Recording medium and producing method thereof, reproducing method and reproducing apparatus, and copyright managing method
US20060112284A1 (en) Copyright management method, information recording/reproducing method and device, and information recording medium and method of manufacturing the medium
US20040039907A1 (en) Data recording apparatus and method and data reproducing apparatus and method
US7092949B2 (en) Recording medium having a plurality of sections storing root directory information
US6615192B1 (en) Contents copying system, copying method, computer-readable recording medium and disc drive copying contents but not a cipher key via a host computer
JPH10208388A (en) Optical disc cipher key generating method, cipher key recording method, cipher key recording device, information reproducing method, information reproduction permitting method, and information reproducing device
US20060218412A1 (en) Data encryption in a data storage device
JPH0721688A (en) Optical recording medium and reproducing device therefor
JPH0785574A (en) Optical recording medium and reproducing device therefor

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060209

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060216

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060417

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20061003

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20061018

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101027

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101027

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111027

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111027

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121027

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121027

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131027

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees