JP3576973B2 - Method and apparatus for improving the food drying capacity to cover Yankee cylinder - Google Patents

Method and apparatus for improving the food drying capacity to cover Yankee cylinder Download PDF

Info

Publication number
JP3576973B2
JP3576973B2 JP2000547309A JP2000547309A JP3576973B2 JP 3576973 B2 JP3576973 B2 JP 3576973B2 JP 2000547309 A JP2000547309 A JP 2000547309A JP 2000547309 A JP2000547309 A JP 2000547309A JP 3576973 B2 JP3576973 B2 JP 3576973B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
hood
hot air
web
air
temperature
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000547309A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002513870A (en )
Inventor
ヘイッキラ、ペルッティ
ミロサヴルエヴィク、ネナド
Original Assignee
メッツォ ペーパー、インク.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • DTEXTILES; PAPER
    • D21PAPER-MAKING; PRODUCTION OF CELLULOSE
    • D21FPAPER-MAKING MACHINES; METHODS OF PRODUCING PAPER THEREON
    • D21F5/00Dryer section of machines for making continuous webs of paper
    • D21F5/02Drying on cylinders
    • D21F5/04Drying on cylinders on two or more drying cylinders
    • D21F5/042Drying on cylinders on two or more drying cylinders in combination with suction or blowing devices
    • D21F5/044Drying on cylinders on two or more drying cylinders in combination with suction or blowing devices using air hoods over the cylinders

Description

【0001】 [0001]
本発明は独立請求項の導入部分に規定されるヤンキーシリンダーをカバーするためのフードの乾燥能力を改良するための方法と装置に関する。 The present invention relates to a method and apparatus for improving the food drying capacity for covering the Yankee cylinder as defined in the introductory part of the independent claims.
【0002】 [0002]
ソフトティッシュを製造することにおいて、しばしば制限となる要因はウェブの乾燥である。 In preparing the soft tissue, it causes often the limiting is a dry web. それゆえ、新しいソフトティッシュ装置においておよび装置の補修においては特にヤンキーフードにより提供される乾燥能力を増大することが目的とされる。 Therefore, it is intended to increase the drying capacity provided by the particular Yankee hood in the repair of the new soft tissue and devices. しかしながらヤンキーフードの直径を増大することにより能力を増大することはもはや可能ではない。 However it is no longer possible to increase the capacity by increasing the diameter of the Yankee hood. なぜならば従来のヤンキーフードのサイズは実際上すでにその最大限のサイズにまで増大してきているからである。 This is because the size of a conventional Yankee hood is because the practice has been already increased to its maximum size.
【0003】 [0003]
乾燥エアジェットの温度と速度を増加させることにより乾燥能力を増大することもすでに目指されている。 Drying is also already aimed to increase the drying capacity by increasing the temperature and velocity of the air jet. 新しいヤンキーフードにおいて、乾燥用エアジェットの温度はこうして500℃ないし550℃にまでさえも上げられてきている。 In the new Yankee hood, the temperature of the drying air jets have been even raised up to this to 500 ℃ to 550 ℃. このレベルからもっと高い温度の増加はフードの構造において新しい高い温度に耐えうる新しい材料を導入することが必要であり、このことは大型のヤンキーフードの構造的なコストを実質的に増大させるであろう。 Increase in higher temperatures from this level is necessary to introduce a new material that can withstand the new high temperatures in the structure of the hood, this is Der substantially increase the structural costs of the large Yankee hood wax. 現在のレベルを超えた温度の増大はまた温度勾配ストレスと熱膨張によってひきおこされる種々の問題を実質的に増加させるであろう。 Increase in temperature beyond the current level would also substantially increase the various problems caused by temperature gradient stress and thermal expansion. このことはすでに現在の大型のフードおよびフードの部分において管理することが比較的困難である。 It is relatively difficult to manage in the hood and the hood portion of this is already the current large.
【0004】 [0004]
ヤンキーフードは一般に二つの部分からなり、すなわちそれらはいわゆるウェットエンド(WE)部とドライエンド(DE)部の二つの別々の部分に分けられる。 Yankee hood generally consists of two parts, namely they are divided into two separate parts of the so-called wet end (WE) section and the dry end (DE) section. 紙ウェブのプロファイルは一般にヤンキーシリンダーでもって行われてヤンキーフードのドライエンドフード部はウェブの横断方向において別々に制御される制御部分に分割される。 Profile of the paper web is generally Yankee performed with a cylinder and dry end hood section of the Yankee hood is divided into a control part which is separately controlled in the transverse direction of the web. 各々の制御部を流れるホットエアの量は別々に、例えばダンパーにより制御することができ、そしてウェブの方に向かって流れるホットエアのジェットに影響を与えることが可能である。 The amount of hot air flowing through each control section separately, for example, can be controlled by the damper, and it is possible to influence the jet of hot air flowing toward the web. しかしながら、この制御はフードの平均的な乾燥効率を下げることになる。 However, this control will be to lower the average drying efficiency of the hood. なぜならばダンパーが完全に開いているこれらの制御部のみが最大能力をもって運転することになるからである。 Only those of the control unit because the damper is fully open is because the motor can operate with the maximum capacity. 現在のヤンキーフードにおける欠点は、実際上の理由により、大きなフード部がプロファイルに関して望ましいであろうようなできるだけ狭い制御部に分割することができないことである。 A disadvantage in the current Yankee hood by practical reasons, large hood portion is can not be divided into the smallest possible control unit such as would be desirable with respect to the profile.
【0005】 [0005]
これまで本出願人の米国特許第4942675号において、ヤンキーフードのウェットエンド部の前でヤンキーシリンダーにIRドライヤを配置することによりウェブのプロファイルを制御することが提案されてきた。 In previous the applicant's U.S. Patent No. 4942675, it has been proposed to control the web of the profile by placing the IR dryer Yankee cylinder before the wet end section of the Yankee hood. しかしながらこの解決の仕方の欠点はIRドライヤが比較的多くのサービスを必要とすることに見ることができる。 However, a disadvantage of how this solution can be seen to require relatively much service IR dryer. なぜならばこれらのIRドライヤは容易に壊れる傾向がありかつ汚れる傾向があるからである。 This is because these IR dryer is because there is easy there is to break trend and soiling tendency. 更にIRドライヤの効率は低く、かつ電力の多くの部分が無駄に消費されることになる。 Even lower efficiency of the IR dryer, and so that many parts of the power is consumed wastefully.
【0006】 [0006]
本発明の目的はそれゆえヤンキーシリンダーをカバーするフードの乾燥能率を増大させる改良された方法および装置を提供することである。 An object of the present invention is to provide a thus method and apparatus improved to increase the drying efficiency of the hood covering the Yankee cylinder.
【0007】 [0007]
特定の目的はヤンキーシリンダーでの乾燥において現在使用されているホットエアジェットよりももっと熱いホットエアジェットの使用を可能ならしめる方法および装置を提供することである。 A particular object is to provide a method and apparatus makes it possible to use the hotter hot air jet than hot air jets that are currently used in the drying in the Yankee cylinder.
【0008】 [0008]
また本発明の目的は、乾燥能率を相当に低下させることなしで、乾燥すべきウェブのプロファイルを改良することができる方法および装置を提供することでもある。 The object of the present invention, without it reduces the drying efficiency considerably, is also to provide a method and apparatus capable of improving the web profile to be dried.
【0009】 [0009]
上述の目的を達成するために、本発明による方法および装置は独立請求項の特徴事項に述べられている特徴を特徴とする。 To achieve the above object, the method and apparatus according to the invention is characterized in the features stated in feature of the independent claims.
【0010】 [0010]
本発明による解決を備えた典型的なヤンキーシリンダーはウェットエンドとドライエンドとのヤンキーフード部に加えて、ヤンキーフードよりももっと小さい少なくとも一つのホットエアフードによってカバーされている。 Typical Yankee cylinder provided with a solution according to the invention, in addition to the Yankee hood portion of the wet end and the dry end, are covered by the smaller of at least one hot air hood than the Yankee hood. ホットエアジェットはヤンキーシリンダーを通り過ぎるウェブに向かってヤンキーフード部から吹き付けられ、そのことにより一般的にホットエアジェットはせいぜい約550℃の温度である。 Hot air jets are blown from the Yankee hood towards the web passing the Yankee cylinder, generally hot air jet by them is at most a temperature of about 550 ° C.. 他方で、550℃以上の温度を有するホットエアジェットがホットエアフードから吹き付けられる。 On the other hand, the hot air jet is blown from the hot air hood having a temperature of more than 550 ° C..
【0011】 [0011]
ホットエアフードはヤンキーシリンダーの周りの位置から別々に引き離されることのできる完全に別個のフードであるか、あるいはヤンキーフードのいずれかのフード部上に支持されおよび/もしくは結合されることができ、したがってヤンキーフード部がヤンキーシリンダーの周囲の位置から引き離される時同時にホットエアフードはシリンダーからさらに離れることになる。 Hot air hood can be either completely a separate hood, or is supported on either hood section of the Yankee hood and / or binding that can be pulled away separately from the positions around the Yankee cylinder, thus At the same time hot air hood when the Yankee hood portion is pulled away from the position of the periphery of the Yankee cylinder will be further away from the cylinder.
【0012】 [0012]
ウェブを横切って延びるホットエアフードのサイズは従来のヤンキーフードのサイズよりも実質的により小さく、したがってホットエアフードのみがヤンキーシリンダーの周面の約20度ないし40度のセクター範囲をカバーし、一方従来の二部分式のヤンキーフードはしばしば180度あるいはそれ以上のセクター範囲わたり、典型的には200度ないし230度のセクター範囲わたり周面を覆う。 The size of the hot air hood extending across the web substantially smaller than the size of a conventional Yankee hood, so that only hot air hood covers about 20 degrees to 40 degrees sector range of the peripheral surface of the Yankee cylinder, whereas the conventional two part formula Yankee hood over often 180 degrees or more sectors range, typically 200 degrees to cover the sector range Watari peripheral surface of 230 degrees. 本発明によるホットエアフードが使用される時、所望であれば実際のヤンキーフードのカバー範囲を対応して減らすことが可能である。 When the hot air hood is used according to the invention, it is possible to reduce correspondingly the coverage of the actual Yankee hood, if desired.
【0013】 [0013]
他方、本発明によるホットエアフードは典型的にはまた従来のヤンキーフードよりもより小さな半径方向の寸法を有しており、そしてしたがってヤンキーシリンダーの周りに実質的により小さなスペースを占める。 On the other hand, hot air hood according to the invention typically also has a smaller radial dimension than conventional Yankee hood, and thus substantially occupy a smaller space around the Yankee cylinder. こうして、ホットエアフードは非常に限定されたスペース内に位置することができ、例えばそれはウェブがプレスロールの助けで該シリンダーの周面にもたらされるヤンキーシリンダーの位置に近いシリンダーの下側の、非常に限定された空間内に位置することができる。 Thus, the hot air hood can be located in a very limited space, for example, it is the lower cylinder close to the position of the Yankee cylinder the web is brought to the peripheral surface of the cylinder with the aid of press rolls, very it can be located in a confined space. さらにホットエアフードは機械方向において垂直断面が周面に沿った方向に下向きに傾斜して、そのことによりホットエアフードの狭い部分がヤンキーシリンダーと該ヤンキーシリンダーに近い他の部品との間の特に狭い空間内に位置を占めることができる。 Further hot air hood is inclined downward in a direction vertical cross section along the circumferential surface in the machine direction, particularly narrow space between the narrow portion of the hot air hood and other components near the Yankee cylinder and the Yankee cylinder by its it can occupy a position within. こうして、ヤンキーシリンダーの全カバー範囲は従来の状況に比較して実質的に増大することができる。 Thus, the total coverage of the Yankee cylinder can be substantially increased as compared with the conventional situation.
【0014】 [0014]
ホットエアフードはその小さなサイズのゆえに、大きなサイズのヤンキーフードと同じような温度勾配ストレスと熱膨張とによる影響を受けない。 Hot air hood because of its small size, is not affected by the same kind of temperature gradient stress and the thermal expansion and the large size of the Yankee hood. その小さなサイズのゆえにホットエアフードは高い温度に耐える、より高価な材料で作ることは考えられることであり、それは一般にはヤンキーフードには適応されないアプローチである。 Withstand the hot air hood is higher temperatures because of the smaller size, it is able to be considered to make a more expensive material, it is generally in the Yankee hood is an approach which is not adapted.
【0015】 [0015]
有利なことに、本発明によるホットエアフードはまたウェブ乾燥プロファイルの制御において使用することができる。 Advantageously, the hot air hood according to the invention can also be used in the control of the web drying profile. そのときホットエアフードはウェブ横断方向において数個の連続した部分に分割され、そして各部分においてホットエアジェットの速度と、および/もしくはまた望む場合、温度の別々の制御が行われる。 Then the hot air hood is divided into several successive portions of the cross-web direction, and if the speed of the hot air jets in each part, and / or or desired, separate control of the temperature is performed. ホットエアフードのサイズが小さいために、このフードはヤンキーフード内の対応する部分に比較して、比較的小さな制御部分にさえも分けることができ、したがって プロファイルの制御は従来よりももっと正確になる。 For the size of the hot air hood is small, this hood is compared to the corresponding portion of the Yankee hood, relatively even can be divided into smaller control portion, thus profile control becomes more than the conventional accuracy. ホットエアフードは、そのダンパーの全てが開である時例えば700℃/150m/sでホットエアジェットを吹き付けるように設計することができる。 Hot air hood can be designed to blow hot air jets when for example 700 ℃ / 150m / s all of the damper is open. ダンパーのいくつかが部分的に閉じた位置に制御される時、他の部分におけるホットエアジェットの速度は対応して僅かに増大する。 When several of the damper is controlled to partially closed position, the speed of the hot air jets in the other portion is slightly increased correspondingly.
【0016】 [0016]
本発明による解決が適用されそして乾燥プロファイルがホットエアフードの助力で制御される時、ホットエアフードのいくつかの小さな部分においてのみトータルの乾燥効果を下げることが必要であり、そのことはヤンキーフードの大部分の助けで乾燥プロファイルが制御される時のように全体の乾燥に比較できる効果を有しない。 When solution according to the invention is applied and dried profile is controlled with the help of a hot air hood, it is necessary to reduce the drying effect of the total only in some small part of the hot air hood, a large of that matter Yankee hood no effect comparable to the total dry as when the drying profile is controlled with the aid of parts. 本発明が適用される時大きなヤンキーフードをウェブを横切る複数の制御部分に分けることおよびヤンキーフードを流れるエアの体積を限定する必要はない。 The present invention is not necessary to limit the volume of air a large Yankee hood flowing and that the Yankee hood into a plurality of control portions across the web when applied. 本発明による解決が適用される時ヤンキーフードから全パワーを持って連続的にホットエアを吹き付けることが可能である。 From the Yankee hood when solved according to the invention is applied with the full power can be continuously blowing hot air. こうしてヤンキーフードは連続的に全乾燥能力を提供することができる。 Thus Yankee hood can provide continuous full drying capacity.
【0017】 [0017]
ホットエアフードの領域からの排出エア、ホットエアフードとヤンキーフードにより画成される空間から排出されるエアは有利にはヤンキーフードのウェットエンド部に直接的に向けることができ、そこで該エアはウェットエンド部の再循環エアと混ぜられる。 Hot air hood emissions from regions air, the air discharged from the space defined by the hot air hood and the Yankee hood can advantageously be directly directed to the wet end of the Yankee hood, where the air is wet end It is mixed with recirculated air parts. もちろん、ホットエアフードに対してそれ自身の再循環エアシステムを配列することが可能であり、そこでは排出された加湿エアの主要な部分は、ウェブに対して吹き付けられるべくホットエアフード内に、補給用のエアが加えられて加熱され再循環される。 Of course, it is possible to arrange itself recirculation air system against hot air hood, where the main part of the discharged humidified air is, so blown against the web in a hot air hood, replenishment of air is recirculated heated is added. しかしながら、再循環システムのダクトはスペースを必要とする。 However, the duct of the recirculation system requires a space. 他方、ホットエアフードとヤンキーフードとの間を直接接続することは簡単にすることができ外部のエアダクト無しでむしろ安価かつスペースを節約できる。 On the other hand, can be saved rather inexpensive and space be directly connected with the air duct without the external can be simplified between the hot air hood and the Yankee hood. ホットエアフードの排出エアがヤンキーフード内に導かれる時対応して、バーナーあるいは対応する装置において例えば500℃ないし700℃、典型的には550℃以上の好適な温度に加熱されている新鮮で比較的乾燥したエアを連続して供給することができる。 Corresponds when the discharge air of the hot air hood is directed into the Yankee hood, to no example 500 ° C. In the apparatus burner or a corresponding 700 ° C., typically relatively fresh and is heated to a suitable temperature above 550 ° C. the dried air may be continuously supplied. こうして、ホットエアフードから吹き付けられるエアジェットは比較的乾燥しており、有利である。 Thus, the air jets blown from the hot air hood is relatively dry, which is advantageous.
【0018】 [0018]
本発明によるホットエアフードはヤンキーフードのウェットエンドでフード部の直前に配置することが有利であり、そのことによりホットエアフードからヤンキーフードのウェットエンド部への排出エアの上述した再循環が容易に配列される。 Hot air hood according to the invention it is advantageous to place immediately before the hood section at the wet end of the Yankee hood, recycled easily arranged as described above the discharge air from the hot air hood to the wet end of the Yankee hood by its It is. しかしながらこれに加えて、もしくはこれとは別に複数のホットエアフードを、必要の場合、ヤンキーフードのドライエンドフード部の後ろ、あるいはウェットエンドフード部とドライエンドフード部との間のような他の複数位置に配列することができる。 However in addition, or separately a plurality of hot air hood, if necessary to this, other multiple such as between the back of the dry end hood section of the Yankee hood, or wet end hood section, and the dry end hood section it can be arranged in position. 必要な場合、多数のホットエアフードをヤンキーシリンダーの周りに配置することもできる。 If necessary, it is also possible to arrange a plurality of hot air hood around the Yankee cylinder.
【0019】 [0019]
上述した本発明は現存するソフトティッシュマシーンもしくはその補修において特に有利に利用することができる。 The present invention described above can be particularly advantageously used in soft tissue machine or its repair existing. 本発明による解決は、よりよいプロファイル制御のゆえに、より高い製造とより良い品質とを提供する。 Solution according to the invention, because of better profile control, to provide a better quality and higher production.
【0020】 [0020]
少なくとも以下に述べる効果が本発明によるホットエアフードを使うことによって得られる: Effects described at least the following are obtained by using a hot air hood according to the present invention:
−非常に高い吹き付けエア温度を使用することが可能となる。 - it is possible to use very high blowing air temperatures. これは熱膨張と熱勾配ストレスが大きなヤンキーフードにおいてよりも小さなフードにおいてより容易に考慮することができるからである; This is because it is possible to thermal expansion and thermal gradients stress is more easily considered in small hood than in a large Yankee hood;
−非常に高い吹き付け温度に耐え得る小さなフードを設計することができる、大きなフードでは不可能であるのに対して、これはより高いコストではあるが; - it is possible to design a small hood can withstand very high blowing temperatures, whereas it is not possible with large hood, this is a higher cost;
−ホットエアフードの乾燥能力は従来のヤンキーフードの乾燥能力よりも高い; - drying capacity of the hot air hood is higher than the drying capacity of a conventional Yankee hood;
−小さなホットエアフードをプロファイル付けのために使用する時従来プロファイルに関してよりもより狭い制御領域を使用することができる; - it can be used narrower control regions than for the conventional profile when using a small hot air hood for a profile with;
−プロファイル付けがより小さなフードで行われるとき、従来の大きなフードの構造はより簡単に作ることが出来る; - when the profile with is carried out in a smaller hood structure of a conventional large hood it can be made easier;
−ヤンキーシリンダーの周面のより大きな部分をフードで覆うことができる; - it is possible to cover a larger portion of the peripheral surface of the Yankee cylinder hood;
−すでに現存しているヤンキーフードに実質的な変更すること無しで、従来存在しているヤンキーシリンダーの周囲にホットエアフードを配列することができる。 - already without that substantive changes in Yankee hood have survived, it is possible to arrange the hot air hood around the Yankee cylinder are conventionally present.
【0021】 [0021]
以下に、従来のヤンキーフードに加えて、乾燥において本発明によるホットエアフードを使うことによりヤンキーシリンダーの乾燥能力を増大することが本発明の解決によってどのように可能であるかの例を示す。 Hereinafter, in addition to conventional Yankee hood, showing an example of how possible either by resolution of the present invention increasing it present invention drying capacity of the Yankee cylinder by using a hot air hood according to the drying. 次のフードを使用する五つの異なった場合について試験された、すなわち− 2×90°、2×100°、もしくは2×110°のいずれかのカバー範囲を有しかつホットエアジェットが500℃/120m/sを有する異なった場合において従来のヤンキーフード、および− 40°のカバー範囲を有し、かつ700℃/120m/sもしくは700℃/150m/sのいずれかのホットエアジェットを有するホットエアフード。 Were tested for the case having different five using the following hood, namely - 2 × 90 °, 2 × 100 °, or have any coverage 2 × 110 ° and the hot air jet is 500 ° C. / 120 m / conventional Yankee hood when different having a s, and - a cover range of 40 °, and the hot air hood with either hot air jets of 700 ° C. / 120 m / s or 700 ° C. / 150 meters / s.
上の表はホットエアフードが約9ないし34%ヤンキーフードの乾燥能力を増大することを示している。 The above table shows that the hot air hood increases the drying capacity of about 9 to 34% Yankee hood. ヤンキーフードがソフトティッシュマシーンにおける蒸発の約60%に対応するとして見積もる時、ホットエアフードは製紙において約5ないし20%の増加を提供することを予測できる。 When the Yankee hood is estimated as corresponding to about 60% of the evaporation in a soft tissue machine, hot air hood can be predicted to provide a 20% increase to about 5 in papermaking.
【0022】 [0022]
本発明を以下に図面に基づいて説明する。 It will be described with reference to the drawings The present invention will be described below.
【0023】 [0023]
図1には直径約4500mmをもつ従来のヤンキーシリンダー10が示してあり、その上に従来の二部品型のヤンキーフード12がウェブ横断方向に伸びており、かつ本発明によるホットエアフード14がまたウェブ横断方向に伸びている。 In Figure 1 is shown the conventional Yankee cylinder 10 with a diameter of about 4500 mm, the conventional two-part Yankee hood 12 on the extend to the cross-web direction, and a hot air hood 14 Kamata web according to the invention and it extends in the transverse direction. このヤンキーフードはいわゆるウェットエンドフード部16とドライエンドフード部18との二つの部16、18に分かれており、これらの各々はシリンダー10の周面の90°以上を覆っている。 The Yankee hood is divided into two parts 16, 18 of the so-called wet end hood section 16 and dry end hood section 18, each of which covers more than 90 ° of the peripheral surface of the cylinder 10. シリンダー周面の小さな部分、20°ないし40°の範囲のみを覆っているホットエアフード14はウェットエンドフード16の直前に配列されている。 Small portion of the cylinder periphery, the hot air hood 14 which covers only the range of from 20 ° 40 ° is arranged just before the wet end hood 16. 所望の場合、ホットエアフードはヤンキーシリンダーの60°までカバーすることができる。 If desired, the hot air hood can cover up to 60 ° of the Yankee cylinder. 各々のフード14、16、18にはバーナーからなるエア加熱装置20、22、24が設けてある。 To each of the hood 14, 16, 18 air heating device 20, 22, 24 made of the burner is provided. バーナー用の燃焼用エアは共通の補給用エアダクト26からとられている。 For combustion of the burner air is taken from a common supply air duct 26.
【0024】 [0024]
エアは補給用エアダクト26からエア加熱装置20内にファン28によって供給され、そこでエアは典型的には550℃以上の温度に加熱される。 Air is supplied by the fan 28 into the air heating device 20 from the supply air duct 26, where air is typically heated to a temperature above 550 ° C.. このように加熱されたエアは更にホットエアフード14に供給され、そこからホットエアはヤンキーシリンダー10に沿ってかつヤンキーシリンダーに直接接触してホットエアフードの範囲内を通過するウェブに対して直接的にホットエアジェットとして向けられる。 This heated air to be further supplied to the hot air hood 14, hot air from which the hot air directly to the web passing through the range of the hot air hood in direct contact with and Yankee cylinder along the Yankee cylinder 10 directed as a jet. ウェブに向かって吹き付けられ、そしてこの関連において冷却されかつ僅かに湿気を与えられるこのエアはホットエアフード14に戻されそして更にそこからヤンキーフード12のウェットエンドフード部16へと向けられる。 Blown towards the web, and the air supplied to the cooling and slightly humid in this connection is directed returned and further from there to the hot air hood 14 to the wet end hood section 16 of the Yankee hood 12. このフード部において部分的に冷却されかつ湿気を与えられたエアは部分16の循環エアと混合される。 Partially cooled and air given moisture in the hood portion is mixed with the circulating air portion 16. フード部16から戻るエアはファン30により、エアを加熱するために、ホットエアヒーター22を通って再循環される。 The air fan 30 returning from the hood section 16, for heating the air is re-circulated through the hot air heater 22. 部分16からの戻りエアの一部は排出エアダクト32を通って排出される。 Some of the return air from the portion 16 and is discharged through the discharge duct 32. 排出されたエアは次いで熱交換器34を通り、そこで排出エアから熱が補給用エアダクト26内に流れているエアに移される。 The discharged air then passes through heat exchanger 34, where heat from the exhaust air is transferred to the air flowing in the supply air duct 26. ウェットエンドフード部16は排出ダクト32より排出される湿り空気を補償するために必要とされる量のエアを一般にホットエアフード14を介して受け取る。 The wet end hood section 16 receives via the hot air hood 14 an air amount required to compensate for the moist air discharged from the discharge duct 32 to the public. このエアの量は典型的にはこのフード部において循環するエアの量の約10ないし20%のみに対応する。 This amount of air is typically corresponding to only about 10 to 20% of the amount of air circulating in this hood section.
【0025】 [0025]
図1は簡単化のために、ホットエアフードに供給される全てのエアがウェットエンドフード部に向けられるということのみを示している。 1 for simplicity, shows only that all air supplied to the hot air hood is directed to the wet end hood section. もちろんまたウェットエンドフード部により必要とされるよりもより大きなあるいはより小さな量のホット用のエアがホットエアフードに供給される場合、および余分のエアがどこかに向けられあるいは必要とされる追加的なエアがどこからか供給される場合他のエア装置を考えることもできる。 Of course also the additional air for hot larger or smaller amount than that required by the wet end hood section may be supplied to the hot air hood, and that excess air is a provided or required directed somewhere it is also possible to consider other air devices if such air is supplied from somewhere.
【0026】 [0026]
補給用エアダクト26はまたヤンキーフード12のドライエアフード部18のエア加熱装置24にもエアを供給し、そこでそのエア加熱装置においてエアが加熱される。 Supply air duct 26 also supplies air to the air heating device 24 of the dry air hood section 18 of the Yankee hood 12, where the air is heated in the air heating device. 加熱されたエアは更にドライエンドフード部18に供給されそしてそこから更にこの部分18の範囲内をシリンダー10に沿って通過するウェブに向かって550℃以下の温度でホットエアジェットとして供給される。 The heated air is further supplied as a hot air jet at a temperature of 550 ° C. or less towards the web passing through the range further in this portion 18 therefrom and is supplied to the dry end hood section 18 along the cylinder 10. フード部18とシリンダー10との間から戻るエアはフード部18に再び向けられそしてそこから再加熱するべく加熱装置24にファン36によって再び向けられる。 Air returning from between the hood portion 18 and the cylinder 10 is redirected by the fan 36 to the heating device 24 in order to reheat and from there is directed back to the receptacle 18. しかしながら、湿り空気の一部分は排出ダクト32に排出される。 However, a portion of the moist air is discharged to the discharge duct 32. 補給用のエアダクト26はドライエンド部18に補給用のエアを、この排出された湿りエアを置き換えるに必要とされる量だけ供給する。 Air duct 26 for replenishing supplies only the amount needed to air for supply to the dry end section 18, replacing the discharged humid air.
【0027】 [0027]
図1に示す場合において、二つの隣り合う一般的に独立した再循環エア装置がヤンキーシリンダーのフード部に配列されている。 In the case shown in FIG. 1, generally independent recirculation air device is arranged in the hood of the Yankee cylinder two adjacent.
【0028】 [0028]
図2は図1のヤンキーシリンダーに主として同様な、フード14、16、18およびエア加熱装置20、22、24を備えたヤンキーシリンダー10を示している。 Figure 2 is a largely similar to the Yankee cylinder in FIG. 1 shows a Yankee cylinder 10 with a hood 14, 16, 18 and air heating devices 20, 22, 24. エアは図1の場合と同じようにウェブに対して吹き付けられ、そしてそのエアはフードとシリンダーとの間から同様にして戻される。 Air blown against the web as in the case of FIG. 1, and the air is returned in a similar manner from between the hood and the cylinder. しかしながら、図2に示した場合において、供給用のエアはまずヤンキーフードのドライエンドフード部18にのみ補給用のエアダクト26から通過されるように設けてある。 However, in the case shown in FIG. 2, is provided so as to be passed from the duct 26 for supply only dry end hood section 18 of the air is first Yankee hood for supplying. このフード部18を離れるエアはファン28によりダクト26'に沿ってヒーター20を経てホットエアフード14に向けられる。 Air leaving the hood portion 18 is directed to the hot air hood 14 through the heater 20 along the duct 26 'by the fan 28. ホットエアフードを離れるエアは図1の場合と同じようにヤンキーフードのウェットエンドフード部16に向けられる。 Air leaving the hot air hood is directed to the wet end hood section 16 of the same as Yankee hood as in Fig. 図2の場合においてこのシステムに供給されるエアはこのようにしてウェットエンドフード部16から排出ダクト32内に最終的に排出される前に全てのフードを連続的に循環することになる。 Air supplied to the system in the case of FIG. 2 will be continuously circulated all hood before being finally discharged from the wet end hood section 16 into the discharge duct 32 in this way.
【0029】 [0029]
図1と2においてホットエアフードはウェットエンドフード部の前に配置されており、したがってこの部へのエアはホットエアフードから供給される。 Hot air hood 1 and 2 is arranged in front of the wet end hood section, thus air to this part is supplied from the hot air hood. この構造的解決は新しいマシーンにおいて最もよくなすことができる。 The structural solutions may be made best in the new machine. 現存するヤンキーシリンダーに、全体に別々のエアシステムを設けたホットエアフードを接続することが最も有利である。 The existing Yankee cylinders it is most advantageous to connect a hot air hood provided with a separate air system as a whole.
【0030】 [0030]
図3は自分自身の個別のエア循環システム36を有するホットエアフード14が連結されているヤンキーシリンダー10を示している。 Figure 3 shows a Yankee cylinder 10 to the hot air hood 14 having a separate air circulating system 36 of itself is connected. エアは補給用のエアチャンネル26によってエア加熱装置20に供給され、そこでエアは550℃以上の温度に加熱され、その後エアはホットエアフードに向けられる。 Air is supplied to the air heating device 20 by an air channel 26 for supply, where the air is heated to a temperature above 550 ° C., then air is directed to the hot air hood. ホットエアフードを去るエアの一部はエア加熱装置に向けられて再循環される。 Some of the air leaving the hot air hood is recycled directed to the air heating device. エアの一部は排出エアダクト32内に直接的に排出される。 Some of the air is directly discharged into the discharge duct 32.
【0031】 [0031]
図1ないし図3はホットエアフードが一つ接続されたヤンキーシリンダーを示している。 1 to 3 show Yankee cylinders hot air hood is one connected. しかしながら、所望の場合、これらのフードの幾つかをシリンダー上に配置することも可能である。 However, if desired, it is also possible to arrange several of these hoods over the cylinder. 図4はヤンキーフード12の前と後との両方にホットエアフード14、14'が配列されているヤンキーシリンダーを示している。 Figure 4 shows a Yankee cylinder the hot air hood 14, 14 'are arrayed in both the before and after the Yankee hood 12. さらにホットエアフード14”をヤンキーフードの部分16と18との間に配列されている。図5は比較的大きなカバー範囲を備えたホットエアフード14、14'がシリンダーの下側部分でヤンキーフードの両側に配列されているヤンキーシリンダーを示している。ホットエアフードは周面の方向に下向きにテーパーしており、そのことによりホットエアフードは一番下の位置でヤンキーシリンダーの近傍で非常に小さなスペースを占めている。ホットエアフード14、14'はプレスロール38とシリンダー10との間で非常に小さなスペース内に場所を得ることができる。 And is further arranged between the hot air hood 14 "to section 16 of the Yankee hood 18. Figure 5 on both sides of the Yankee hood hot air hood 14, 14 'having a relatively large coverage is in the lower portion of the cylinder shows a Yankee cylinder, which is arranged in. the hot air hood is tapered downward in the direction of the circumference, occupies a very small space in the vicinity of the Yankee cylinder at the position of the bottom hot air hood by its to have. hot air hood 14, 14 'it is possible to obtain a very location in a small space between the press roll 38 and the cylinder 10.
【0032】 [0032]
図6はヤンキーフードのウェットエンドフード部16の直前に配列されているホットエアフード14の垂直断面を示している。 Figure 6 shows a vertical cross section of the hot air hood 14 which is arranged just before the wet end hood section 16 of the Yankee hood. ホットエアフードは角度α、典型的にはシリンダーの周面10'の約40°のセクター範囲をカバーしている。 Hot air hood angle alpha, typically covers a sector range of about 40 ° of the circumferential surface 10 'of the cylinder. ホットエアフードは箱状の構造体からなり、この箱状構造体においてシリンダーの周面10'に向かう側はブローボックス40、40'により境界付けられそしてシリンダーから離れた側は壁42、42'により境界付けられている。 Hot air hood comprises a box-like structure, the bounded and the wall side remote from cylinders 42 and 42 'by the peripheral surface 10 of the cylinder' blow boxes 40, 40 side toward the 'in the box-like structure It is bounded. 壁は例えば二重板構造で作られ、そこには断熱材44が板の間に配置されている。 The wall is made of, for example, a double plate structure, where the heat insulating material 44 is disposed between the plates. 下流方向に壁はシリンダー周面10'に近づき、そのことによりホットエアフードはより狭くなり、これは図7にもまた示されている。 Walls in the downstream direction approaches the cylinder periphery 10 ', the hot air hood becomes narrower by that, which is also shown in FIG.
【0033】 [0033]
図6と7とに示されるブローボックス40、40'はウェブを横切って延びかつシリンダーに向かう壁46を有する狭い箱であり、その壁には小さな吹き付け用開口が形成されていて、その開口からエアがシリンダー周面10'と箱40によって画成されたスペース48内に吹き付けられる。 Blow boxes 40, 40 'shown in FIG. 6 and 7 and are narrow boxes having a wall 46 towards the extended and the cylinder across the web, on its walls have been small spray opening is formed, from the opening air is blown into the space 48 defined by the cylinder periphery 10 'and the box 40. 箱40、40'の壁46はシリンダー周面10'の曲率を有するシリンダーに向かうインターフェイスを形成している。 Box 40, 40 'wall 46 of the cylinder periphery 10' to form an interface towards the cylinder with a curvature. エア入力チャンネル50がホットエアフード内に設けられており、そのチャンネルからエアはコントロールチャンネル50'を介して箱40に向けられる。 Air input channel 50 is provided in the hot air hood, the air is directed to the box 40 via the control channel 50 'from that channel. コントロールチャンネルがコントロールチャンネル間を断面として示す図6には示されていない。 Control channels are not shown in FIG 6 illustrating the inter-control-channel in cross-section. ダンパー52がエアインプットチャンネル50とコントロールチャンネル50'の入口側との間に設けられており、そしてこれらのダンパーは、例えば部材54の助けで、ボックス40へのエアの入力をコントロールすることができる。 Damper 52 is provided between the inlet side of the air input channel 50 and the control channel 50 ', and these dampers, for example with the aid of member 54, it is possible to control the air input to the boxes 40 . 隣り合うボックス40および40'の間にはスロット56が形成されており、このスロットを通ってエアがスペース48からかつチャンバー58と開口60を通ってヤンキーフードのウェットエンドフード部16へ排出される。 Between the box 40 and 40 'adjacent and slots 56 are formed, it is discharged to the wet end hood section 16 of the Yankee hood through and chamber 58 and the opening 60 air from the space 48 through the slot . 図7はさらにベローズ状構造体62を示しており、このベローズ状構造体によりホットエアフード14はエア入口ダクト64に接続されている。 Figure 7 shows yet a bellows-like structure 62, a hot air hood 14 by the bellows-like structure is connected to an air inlet duct 64.
【0034】 [0034]
図8はブローボックス40を部分的に切り替えて示す模式図であり、開口66がシリンダーに対向して壁46内に形成されており、これが開口からエアはシリンダー上を運ばれるウェブに対して吹き付けられる。 Figure 8 is a schematic diagram showing switching the blow box 40 partially opening 66 is formed in the wall 46 opposite the cylinder, which air is blown against the web conveyed over the cylinder from the opening It is. エアはウェブを横切って延びているエアインプットチャンネル50(その一部のみが図示されている)からダンパー52を備えた開口を通ってウェブの方向に延びているコントロールチャンネル50'(その幾つかのみが図示されている)にむけられ、そしてそこからさらにブローボックスの壁に形成され、ウェブの反対側でウェブ横断方向に連続した開口68を通って図示の場合三つのみが示されているブローボックス40に向けられる。 Air Air input channel 50 extending across the web from (a part only is shown) through an opening provided with a damper 52 control channel 50 which extends in the direction of the web '(only some of blow but is directed to have) been shown, and from there is further formed in the wall of the blow box, only three in the illustrated case through an opening 68 which is continuous in the cross-web direction on the other side of the web is shown It is directed to the box 40. エアはウェブの領域からブローボックス間のスロット56を通りそしてフードにより画成されるスペース内へと排出される。 Air is discharged into the space defined by the through and the hood slots 56 between the blow box from the web area.
【0035】 [0035]
図9は僅かに異なるブローボックス構造体を示している。 Figure 9 shows a slightly different blow box structure. このボックスはウェブの走行方向において連続的であり、そしてウェブの横断方向において連続した部分74に分割されている箱70により形成されている。 This box is continuous in the running direction of the web, and are formed by a box 70 which is divided into portions 74 that are continuous in the transverse direction of the web. 多数の排出パイプ76が各部に形成されておりこれらのパイプはシリンダーの半径方向に箱を通り抜け、そして排出エアはホットエアフードにより画成されるスペース58(図7)にこれらのパイプを介して向けられてヤンキーフードにさらに供給される。 Numerous discharge pipe 76 of these are formed in each section pipe through the box in the radial direction of the cylinder, and exhaust air is directed through these pipes to the space 58 defined by the hot air hood (Fig. 7) It is further supplied to the Yankee hood. インプットエアはインプットおよびコントロールチャンネル50、50'を経て図8の解決と同じようにしてブローボックスに供給される。 Input air is supplied to the blow box in the same manner as the resolution of Figure 8 through the input and control channels 50, 50 '.
【0036】 [0036]
本発明は上述した実施例に表される適用例に限定されることを意図するものではなく、特許請求の範囲に規定される発明思想内で広く適用可能であることを意図している。 The present invention does not intended to be limited to applications represented in the embodiments described above are intended to be widely applied within the inventive concepts defined in the claims.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】エアシステムを備え、本発明によるホットエアフードを設けたヤンキーシリンダーを模式的に示す図; [1] with an air system, Figure shows schematically a Yankee cylinder provided with a hot air hood according to the present invention;
【図2】エアシステムを備えホットエアフードを設けた図1による別のヤンキーシリンダーを示す図; It shows another Yankee cylinder according to FIG. 2] FIG. 1 provided with a hot air hood provided with an air system;
【図3】ヤンキーフードのエア配列を示すことなしに、ホットエアフードを設けた図1によるヤンキーシリンダーの一部を示す図; Without showing the Figure 3 air sequences Yankee hood shows a part of the Yankee cylinder according to figure 1 provided with a hot air hood;
【図4】本発明による多数のホットエアフードが加えられている、ヤンキーフードを模式的に示す図; [4] Many hot air hood according to the present invention is applied, FIG schematically showing a Yankee hood;
【図5】本発明による2つのホットエアフードが加えられている、図4によるヤンキーフードを模式的に示す図; [5] The two hot air hoods according to the present invention is applied, FIG schematically showing a Yankee hood according to Fig 4;
【図6】機械方向における垂直断面において本発明によるホットエアフードを模式的に示す図; [6] Figure shows a hot air hood schematically according to the invention in a vertical section in the machine direction;
【図7】一つの側から斜めに見てかつ部分的に切り開いた本発明によるホットエアフードを模式的に示す図; 7 shows a hot air hood according to the invention cut open from one side of the watch and partly obliquely schematically Figure;
【図8】一つの側から斜めに見た本発明によるホットエアフード内に配列されているホットエアジェットを発生する幾つかの手段を模式的に示す図;および【図9】本発明によるホットエアフード内に配列されているホットエアジェットを発生させる他の手段を図8に従って示す図。 [8] Figure illustrates several means for generating a hot air jets are arranged from one side to the hot air hood according to the invention as seen obliquely schematically; and 9 present invention by a hot air hood It shows according to Figure 8 other means generating hot air jets which are arranged in a.

Claims (23)

  1. ウェブをシリンダー上に搬送している間に第1のフード(12)の領域で該ウェブに対してホットエアジェットを吹き付けることにより該ヤンキーシリンダーによりウェブを乾燥させる際、前記ホットエアジェットが550℃よりも低い温度を有している、ヤンキーシリンダー(10)をカバーする乾燥フードの乾燥能力を改良するための方法において、該乾燥フードの乾燥能力は該第一のフードよりも小さないわゆるホットエアフード(14、14'、14”)の第二のフードの領域で該シリンダー上を搬送されるウェブに対してホットエアジェットを吹き付けることにより増大され、前記ホットエアジェットは該第一のフードでウェブに対して吹き付けられるホットエアジェットの温度よりも高く、 もしくは550℃以上である温度を有し When drying the web by the Yankee cylinder by blowing hot air jets in the region of the first hood (12) relative to the web while carrying the web on a cylinder, than the hot air jet is 550 ° C. has a lower temperature, in a method for improving the drying hood of the drying capacity to cover the Yankee cylinder (10), said drying hood drying capability are small so-called hot air hood than said first hood (14, 14 ', is increased by blowing hot air jets in the area of ​​the second hood 14 ") to the web to be transported on the cylinder, is blown to the hot air jets web said first hood higher than the temperature of the hot air jets, or has a temperature at 550 ° C. or higher ていることを特徴とする方法。 Wherein the are.
  2. 該ホットエアフード(14)はウェブの走行方向においてみた時該第一のフード(12)の前に配列されており、そのことにより該第一のフードでウェブに対して吹き付けられるエアジェットの温度よりも高い、 もしくは550℃以上の温度を有するエアジェットが最初に該ホットエアフードの領域でウェブに対して吹き付けられ、そして次いで550℃以下の温度を有するホットエアジェットが第一のフードの領域でウェブに対して吹き付けられることを特徴とする請求項1に記載の方法。 The hot air hood (14) is arranged in front of the first hood when tried at the running direction of the web (12), the temperature of the air jets blown against the web at said first hood by its is high, or air jets having a temperature above 550 ° C. initially blown against the web at the hot air hood area, and then the hot air jets having a temperature of 550 ° C. or less web in the region of the first hood the method according to claim 1, characterized in that blown against.
  3. 第一もしくは第二のホットエアフード(14')はウェブの走行方向において、第一のフードの後に配列されており、そのことにより第一のフードでウェブに対して吹き付けられるエアジェットの温度よりも高い温度、 もしくは550℃以上の温度を有するホットエアジェットが第一のフードの後でウェブに対して吹き付けられることを特徴とする請求項1または2に記載の方法。 In the first or second hot air hood (14 ') is the running direction of the web, are arranged after the first hood, than the temperature of the air jets blown against the web at the first hood by its the method according to claim 1 or 2 hot air jets having a high temperature or 550 ° C. or higher temperatures, is characterized in that the blown against the web after the first hood.
  4. 第一のフード(12)はウェブの走行方向において連続的に配列されたウェットエンドフード部(16)とドライエンドフード部(18)とに分割されており、そしてホットエアフード(14”)は第一と第二のフード部の間に配列されており、 しかしてホットエアジェットが、ウェブの走行方向にみた時連続的に、ウェブに対して吹き付けられ、その結果、 The first hood (12) is divided into a wet end hood portion which is continuously arranged in the running direction of the web (16) dry end hood section (18), and a hot air hood (14 ") is first first and are arranged between the second hood part, Thus hot air jets, continuous when viewed in the running direction of the web is blown against the web, as a result,
    −ウェットエンドフード部の領域で550℃以下の温度を有するエアジェットがウェブに対して吹き付けられ、 - air jet having a temperature of 550 ° C. or less in the region of the wet end hood section is blown against the web,
    −ホットエアフードの領域で、第一のフードでウェブに対して吹き付けられるホットエアジェットの温度よりも高い温度、 もしくは550℃以上の温度を有するホットエアジェットがウェブに対して吹き付けられ;そして−ドライエンドフード部の領域で、550℃以下の温度を有するエアジェットがウェブに対して吹き付けられる、 - in the region of the hot air hood, hot air jets having a first temperature higher than the temperature of the hot air jets blown against the web at the hood or 550 ° C. or higher, it is blown against the web; and - dry end hood in the region of the section, the air jet is blown against the web having a temperature of 550 ° C. or less,
    ことを特徴とする請求項1に記載の方法。 The method of claim 1, wherein the.
  5. さらに第二のホットエアフード(14、14')がウェブの走行方向にみた時、第一のフードのウェットエンドフード部の前に、および/または第一のフードのドライエンドフード部の後に配列されており、 しかしてさらなるホットエアジェットがウェットエンドフード部の前および/またはドライエンドフード部の後でウェブに対してホットエアフードの領域で吹き付けられ、これらのさらなるエアジェットは第一のフードで吹き付けられるホットエアジェットの温度よりも高い温度、 もしくは550℃以上であることを特徴とする請求項4に記載の方法。 Further when the second hot air hood (14, 14 ') are viewed in the running direction of the web, are arranged in front of the wet end hood section of the first hood, and / or after the dry end hood section of the first hood and, Thus a further hot air jets are blown at the region of the hot air hood against the web after the pre-and / or dry end hood section of the wet end hood section, these further air jets are blown at the first hood the method according to claim 4, characterized in that the hot temperature higher than the temperature of the air jet, or 550 ° C. or higher.
  6. ホットエアジェットはホットエアフード(14、14'、14”)の領域でウェブに対して吹き付けられ、これらのホットエアジェットは550℃ないし700℃の温度を有していることを特徴とする請求項1に記載の方法。 Hot air jets hot air hood (14, 14 ', 14 ") is blown to the web in the region of, in claim 1 these hot air jets, characterized in that it has a temperature of from 550 ° C. 700 ° C. the method described.
  7. ホットエアフード(14、14'、14”)の領域でウェブに対して吹き付けられるホットエアジェットはウェブの横断方向において連続したホットエアジェット群に分割されており、そして−各ホットエアジェット群の温度は乾燥パワープロファイルを制御するために個々に制御されることを特徴とする請求項1に記載の方法。 Hot air hood (14, 14 ', 14 ") hot air jets blown against the web at the region of being divided into a hot air jet group continuous in the transverse direction of the web, and - the temperature of each hot air jet group is drying power the method according to claim 1, characterized in that it is controlled individually in order to control the profile.
  8. ホットエアフード(14、14'、14”)の領域でウェブに対して吹き付けられるホットエアジェットはウェブの横断方向において連続したホットエアジェット群に分割されており、そして−各ホットエアジェット群のホットエアジェットの速度は乾燥パワープロファイルを制御するために個々に制御されることを特徴とする請求項1に記載の方法。 Hot air hood (14, 14 ', 14 ") is a hot air jet blown in the region of the web is divided into a hot air jet group continuous in the transverse direction of the web, and - the speed of the hot air jets of each hot air jet group the method according to claim 1, characterized in that it is controlled individually in order to control the drying power profile.
  9. ホットエアフード(14)から排出されるエアの少なくとも一部は第一のフード(12)に向けられることを特徴とする請求項1に記載の方法。 The method of claim 1 wherein at least a portion of the air to be discharged, characterized in that it is directed to the first hood (12) from the hot air hood (14).
  10. ホットエアフード(14)から排出されるエアの少なくとも一部は第一のフードのウェットエンド部(16)に向けられることを特徴とする請求項9に記載の方法。 The method according to claim 9, characterized in that it is directed to the wet end section of the first hood (16) at least a portion of the air discharged from the hot air hood (14).
  11. 第一のフードのドライエンド(18)から排出されるエアの少なくとも一部はホットエアフード(14)に向けられることを特徴とする請求項1に記載の方法。 The method of claim 1 wherein at least a portion of the air discharged from the first hood dry end (18), characterized in that the directed hot air hood (14).
  12. ホットエアフード(14)は、それ自身のエアシステム(20)に接続されていて排出されたエアを加熱して該フードに乾燥用エアとして戻すことを特徴とする請求項1に記載の方法。 Hot air hood (14) The method of claim 1, by heating its own air system (20) connected to the discharged have air and returning the air for drying to the food.
  13. ヤンキーシリンダー上を搬送されるウェブに対して550℃以下の温度でホットエアジェットを吹き付けるために、第一のフードを有し、ヤンキーシリンダー(10)をカバーする乾燥用フードの乾燥能力を改良するための装置において、 For blowing hot air jets at a temperature of 550 ° C. or less with respect to the web being conveyed on the Yankee cylinder has a first hood, to improve the drying hood drying capability of covering the Yankee cylinder (10) in the apparatus,
    該装置はさらに該第一のフードよりも小さくそしてヤンキーシリンダー上を搬送されるウェブに対してホットエアジェットを吹き付けるために配列されているホットエアフード(14、14'、14”)を含み、前記ホットエアジェットの温度が第一のフードでウェブに対して吹き付けられるホットエアジェットの温度よりも高く、すなわちそして550℃以上であることを特徴とする装置。 The device smaller than further said first hood and a hot air hood is arranged to blow hot air jets against the web conveyed on the Yankee cylinder (14, 14 ', 14 ") comprises, said hot air higher than the temperature of the hot air jets the temperature of the jet is blown against the web at the first hood, namely and and wherein the at 550 ° C. or higher.
  14. ホットエアフード(14、14')がウェブの搬送方向にみた時、第一のフード(12)の前および/または後ろに配列されていることを特徴とする請求項13に記載の装置。 When the hot air hood (14, 14 ') are viewed in the conveying direction of the web, according to claim 13, characterized in that it is arranged before and / or after the first hood (12).
  15. 第一のフード(12)はウェットエンドフード部(16)とドライエンドフード部(18)に分割されており、そしてホットエアフード(14、14'、14”)は、ウェブの搬送方向にみた時、フード部の前、後、および/またはフード部間に配列されていることを特徴とする請求項13に記載の装置。 The first hood (12) is divided into a wet end hood section (16) and the dry end hood section (18), and a hot air hood (14, 14 ', 14'), when viewed in the conveying direction of the web front of the receptacle, after, and / or apparatus according to claim 13, characterized in that it is arranged between the receptacle.
  16. ホットエアフード(14)の排出エアダクト(60)が第一のフードのウェットエンド部(16)の包囲体に接続されておりこのホットエアフードから第一のフードのウェットエンドのエア循環に排気エアを向けるように構成されていることを特徴とする請求項13に記載の装置。 Directing the hot air hood (14) discharge air duct (60) the exhaust air to the air circulation of the first hood is connected to the enclosure of the wet end section (16) from the hot air hood of the first hood wet end of apparatus according to be composed in claim 13, wherein as.
  17. 第一のフードのドライエンド部(18)のエア排出ダクトはホットエアフード(14)に接続されていてこの第一のフードのドライエンド部から排出エアをホットエアフードに向けるようになっていることを特徴とする請求項13に記載の装置。 The air exhaust duct of the dry end section of the first hood (18) is adapted to be connected to the hot air hood (14) directs the discharged air from the dry end section of this first hood to the hot air hood the apparatus of claim 13, wherein.
  18. ホットエアフード(14)はヤンキーシリンダーの周面の20°ないし60°の範囲をカバーしていることを特徴としている請求項12に記載の装置。 Hot air hood (14) according to claim 12 which is characterized by covering a 20 ° to a range of 60 ° of the peripheral surface of the Yankee cylinder.
  19. 第一のフード(12)はヤンキーシリンダー(10)の上半分の主要部をカバーするように配列されており、そしてホットエアフード(14)はヤンキーシリンダーの下半分の一部をカバーするように配列されていることを特徴とする請求項13に記載の装置。 The first hood (12) is arranged to cover a major portion of the upper half of the Yankee cylinder (10), and a hot air hood (14) is arranged to cover a portion of the lower half of the Yankee cylinder apparatus according to claim 13, characterized in that it is.
  20. 機械方向における垂直断面においてホットエアフード(14)はヤンキーシリンダーに向かって傾斜していることを特徴とする請求項13に記載の装置。 The apparatus of claim 13, wherein the hot air hood (14) which is inclined towards the Yankee cylinder in a vertical section in the machine direction.
  21. ホットエアフード(14)はウェブ横断方向において部分(50')に分割されており、該部分においてホットエアの流れの速度を制御する手段(52)が設けられてウェブの横断方向においてホットエアジェットの乾燥効果を制御するように構成されていることを特徴とする請求項12に記載の装置。 Hot air hood (14) is divided in the web cross direction in a portion (50 '), drying effect of the hot air jets means (52) is provided to control the speed of the hot air flow in the partial in cross direction of the web apparatus according to claim 12, characterized in that it is configured to control.
  22. ホットエアフードにはウェブの横断方向に延びそしてウェブの搬送方向において連続的に配列されているブローボックス(40、40')が設けてあり、 しかして Hot air hood is Yes extending transversely of the web and the blow box that is continuously arranged in the conveying direction of the web (40, 40 ') is provided, Thus,
    開口(66)がヤンキーシリンダーの方に向けられているブローボックスの壁に形成されて、該ヤンキーシリンダー(10)上を搬送されるウェブに対してホットエアを吹き付けるようになっており、そして−排出エアダクト(56)がウェブを横断方向にブローボックス間に配列されていてホットエアフードとヤンキーシリンダーとの間のスペース(48)からエアをホットエアフード(14)内に戻すようになっている、ことを特徴とする請求項13に記載の装置。 - opening (66) is formed in the wall of the blow box directed towards the Yankee cylinder, are adapted to blow hot air against the web conveyed the Yankee cylinder (10) above, and - exhaust air duct (56) is adapted to return the air from the space between the hot air hood and the Yankee cylinder have been arranged between the blow box a web in the cross direction (48) to the hot air hood (14), it the apparatus of claim 13, wherein.
  23. ヤンキーシリンダーに対してホットエアフード(14)のインターフェイス(46)はヤンキーシリンダーと同じ曲率を有する板で主として形成されており、 しかして Interface hot air hood (14) to the Yankee cylinder (46) is mainly formed of a plate having the same curvature as the Yankee cylinder, Thus,
    小さな開口(66)が該板に形成されてホットエアフードからウェブに対してホットエアを吹き付けるようになっており、そして−該排出パイプ(76)を有する大きな連絡用の開口が該板に形成されていてホットエアフードとヤンキーシリンダーとの間のスペース(48)からホットエアフード内にエアを戻すようになっている、ことを特徴とする請求項13に記載の装置。 - small openings (66) are adapted to blow hot air against the web from the hot air hood is formed in the plate, and - is the outlet opening for the large contact having a pipe (76) is formed in the plate apparatus according to claim 13, characterized in that it has, it is to return the air to the hot air hood from the space (48) between the hot air hood and the Yankee cylinder have.
JP2000547309A 1998-04-30 1999-04-30 Method and apparatus for improving the food drying capacity to cover Yankee cylinder Expired - Fee Related JP3576973B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
FI980955 1998-04-30
FI980955A FI110622B (en) 1998-04-30 1998-04-30 Method and apparatus for improving a hood covering a Yankee cylinder drying capacity
PCT/FI1999/000358 WO1999057367A1 (en) 1998-04-30 1999-04-30 Method and apparatus for improving the drying capacity of a hood covering a yankee cylinder

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002513870A true JP2002513870A (en) 2002-05-14
JP3576973B2 true JP3576973B2 (en) 2004-10-13

Family

ID=8551622

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000547309A Expired - Fee Related JP3576973B2 (en) 1998-04-30 1999-04-30 Method and apparatus for improving the food drying capacity to cover Yankee cylinder

Country Status (7)

Country Link
US (1) US6154981A (en)
EP (1) EP1105566B1 (en)
JP (1) JP3576973B2 (en)
DE (2) DE69915646D1 (en)
ES (1) ES2216505T3 (en)
FI (1) FI110622B (en)
WO (1) WO1999057367A1 (en)

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6631566B2 (en) * 2000-09-18 2003-10-14 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Method of drying a web
FI110626B (en) 2000-11-29 2003-02-28 Metso Paper Inc Method and apparatus for fiber-based pulp web in a
DE10218509A1 (en) * 2002-04-25 2003-11-06 Voith Paper Patent Gmbh A process for producing a tissue web
US7597778B2 (en) * 2002-04-25 2009-10-06 Voith Paper Patent Gmbh Method for the production of a web of tissue material
US6964117B2 (en) * 2002-12-20 2005-11-15 Metso Paper Usa, Inc. Method and apparatus for adjusting a moisture profile in a web
JP3966293B2 (en) * 2003-03-11 2007-08-29 セイコーエプソン株式会社 Method for producing a pattern forming method and device
US7448147B2 (en) * 2004-11-22 2008-11-11 Metso Paper Usa, Inc. Nozzle insert for a Yankee impingement hood
US7716850B2 (en) 2006-05-03 2010-05-18 Georgia-Pacific Consumer Products Lp Energy-efficient yankee dryer hood system
US8021518B2 (en) * 2006-11-30 2011-09-20 Nalco Company Method of applying a super-absorbent composition to tissue or towel substrates
DE102006062235A1 (en) * 2006-12-22 2008-06-26 Voith Patent Gmbh Method and apparatus for drying a fibrous web
WO2010046730A1 (en) * 2008-10-24 2010-04-29 L.C. Paper 1881, S. A. Machine for drying tissue paper provided with a cogeneration system
FI8397U1 (en) 2009-05-27 2009-08-14 Metso Paper Inc The device manufacture of the fibrous web
CN102733242B (en) * 2011-04-10 2015-02-11 上海东冠纸业有限公司 Air blowing device for dryer air cover
CN102517819A (en) * 2011-12-15 2012-06-27 江苏红旗印染机械有限公司 Padder of toluene exhaust combine
CN102828434B (en) * 2012-08-30 2016-01-20 华南理工大学 For a ventilating system is a multi-cylinder paper machine dryer section and a method for working
WO2015007482A1 (en) * 2013-07-16 2015-01-22 Voith Patent Gmbh Drying hood

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US28459A (en) * 1860-05-29 Improvement in rendering safes fire-proof
US3432936A (en) * 1967-05-31 1969-03-18 Scott Paper Co Transpiration drying and embossing of wet paper webs
US3576078A (en) * 1970-02-02 1971-04-27 Cons Paper Inc Paper drying process and apparatus
US3874997A (en) * 1973-03-21 1975-04-01 Valmet Oy Multiple cylinder drier in a paper machine
GB1589072A (en) * 1977-04-05 1981-05-07 Greenbank Cast Basalt Eng Co Drying apparatus for paper making machines and other cylinder drying machines
FI63980C (en) * 1982-03-18 1983-09-12 Valmet Oy Foerfarande Foer effektivering of luftkonditioneringen i with sluten Univ foersedda torkpartier i paper machines
FI88630C (en) * 1992-06-08 1993-06-10 Valmet Paper Machinery Inc Foerfarande and the arrangement Foer in that effektivera The functioning of a yankeepressparti in a mjukpappersmaskin
US5553392A (en) * 1993-11-15 1996-09-10 Tokushu Paper Mfg. Co., Ltd. Process and apparatus for drying sheet materials
US5425852A (en) * 1993-12-27 1995-06-20 James River Paper Company, Inc. System for reducing blistering of a wet paper web on a yankee dryer
FR2732044B1 (en) * 1995-03-20 1997-04-30 Kaysersberg Sa Method for dewatering a cellulosic sheet material by hot air passing through under high vacuum

Also Published As

Publication number Publication date Type
FI110622B1 (en) grant
DE69915646D1 (en) 2004-04-22 grant
FI980955A0 (en) 1998-04-30 application
FI980955A (en) 1999-10-31 application
EP1105566A1 (en) 2001-06-13 application
EP1105566B1 (en) 2004-03-17 grant
JP2002513870A (en) 2002-05-14 application
US6154981A (en) 2000-12-05 grant
DE69915646T2 (en) 2005-02-17 grant
WO1999057367A1 (en) 1999-11-11 application
FI110622B (en) 2003-02-28 application
ES2216505T3 (en) 2004-10-16 grant
FI980955D0 (en) grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4324613A (en) Methods and apparatus for the rapid consolidation of moist porous webs
US6119362A (en) Arrangements for impingement drying and/or through-drying of a paper or material web
US3377056A (en) Drying apparatus
US5495678A (en) Drying module and dryer sections that make use of same, in particular for a high-speed paper machine
US5465504A (en) System for modifying the moisture profile of a paper web
US5968590A (en) Method for drying a surface-treated paper web in an after-dryer of a paper machine and after-dryer of a paper machine
US5606805A (en) Process for drying a coated moving web
US3085347A (en) Web breaking control in drying apparatus
US4137645A (en) Laundry dryer
US5937538A (en) Through air dryer apparatus for drying webs
US4942675A (en) Apparatus and method for regulating the profile of a paper web passing over a Yankee cylinder in an integrated IR-dryer/Yankee hood
US4523390A (en) Peripheral exhaust system for high velocity dryer
US4936025A (en) Combination infrared and airborne drying of a web
US4989348A (en) Continuous-flow dryer for material webs, in particular offset dryer process for the thermal operation of a continuous-flow dryer
US5784804A (en) Yankee hood with integral air heating system
CN2336303Y (en) Energy-saving heat-pipe dehumidifying case
CN101259362A (en) Dry air-supplying apparatus and dryer
US4942674A (en) Method in the drying of a paper web or equivalent
US5355595A (en) Steam box
US6869506B2 (en) Apparatus for dewatering a paper web and associated system and method
US2554239A (en) Web drying system
US6003245A (en) Method for optimizing of evaporation drying of paper, runnability, and of paper quality as well as dryer section that makes use of the method in a paper machine
US5799411A (en) Steam blast box method for the zone-wise temperature control of a traveling paper web
US6058626A (en) Dryer for a material web with exhaust gas recirculation
US2218282A (en) Apparatus for printing

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20031224

A601 Written request for extension of time

Effective date: 20040319

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

A521 Written amendment

Effective date: 20040506

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20040609

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040629

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040708

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080716

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090716

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100716

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100716

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 7

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110716

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 8

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120716

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120716

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130716

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees