JP3205851U - 照明灯具 - Google Patents

照明灯具 Download PDF

Info

Publication number
JP3205851U
JP3205851U JP2016002583U JP2016002583U JP3205851U JP 3205851 U JP3205851 U JP 3205851U JP 2016002583 U JP2016002583 U JP 2016002583U JP 2016002583 U JP2016002583 U JP 2016002583U JP 3205851 U JP3205851 U JP 3205851U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
housing
millimeters
transparent substrate
light
frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2016002583U
Other languages
English (en)
Inventor
哲彰 胡
哲彰 胡
Original Assignee
光葉緑力股▲ふん▼有限公司BriLeaf Co.,Ltd.
光葉緑力股▲ふん▼有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to TW104211331 priority Critical
Priority to TW104211331U priority patent/TWM512098U/zh
Application filed by 光葉緑力股▲ふん▼有限公司BriLeaf Co.,Ltd., 光葉緑力股▲ふん▼有限公司 filed Critical 光葉緑力股▲ふん▼有限公司BriLeaf Co.,Ltd.
Application granted granted Critical
Publication of JP3205851U publication Critical patent/JP3205851U/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

【課題】建築物の支持面に直接実現することができる間接照明の照明灯具を提供する。【解決手段】外部ハウジング体110と、透明基板120と、少なくとも1つの光源130とを含む。外部ハウジング体110は開口111及び少なくとも1つの収容室112を有し、収容室112は開口111の片側に位置し、外部ハウジング体110は、互いに平行な少なくとも2つの縦方向支持フレームに実装されている。外部ハウジング体110は、複数のネジ穴113が設けられ、ネジ穴113に対応する複数のネジ140によって、縦方向支持フレームに固定されており、ネジ穴113の距離は、縦方向支持フレームの距離に対応する。透明基板120は外部ハウジング体110の収容室112内に設けられ、外部ハウジング体110の開口111から透明基板120の発光面121が露出している。光源130は外部ハウジング体110の収容室112内に設けられ、光源130が発する光線は発光面121を通して外部に射出する。【選択図】図1

Description

本考案は照明灯具に関し、特に間接照明のための照明灯具に関する。
近年、発光ダイオード(LED)の高出力化及び高効率化に伴って、光源としてLEDを用いた室内又は室外で使用され長寿命化が期待できる照明器具が開発されている。前記照明器具は、基板に複数のLEDを実装して所定の光量を得るようにしたものである。
しかし、前記照明器具において、LEDから出射される光は指向性が強くグレア(glare)が生じやすい。
また、現在の室内用の間接照明は主にスペーサーを用いて光線の直接照射を回避している。しかしながら、この間接照明方式では、光線は複数回の反射又は拡散を受けてから照明に用いられるため、光線の利用効率が低く、エネルギーを消耗する。
また、現在の照明灯具は、天井の支持フレームに固定するための設計がないため、統一規格の固定方式を有していない。
そのため、従来技術に存在している問題を解決するための照明灯具を提供する必要がある。
本考案の主な目的は、照明灯具を提供することである。前記照明灯具は、外部ハウジング体と、透明基板と、少なくとも1つの光源とを含む。前記外部ハウジング体は開口及び少なくとも1つの収容室を有し、前記収容室は前記開口の少なくとも片側に位置し、前記外部ハウジング体は、互いに平行な少なくとも2つの縦方向支持フレームに実装されており、前記外部ハウジング体は、複数のネジ穴が設けられ、これらのネジ穴に対応する複数のネジによって、これらの縦方向支持フレームに固定されており、隣接するこれらのネジ穴の距離は、隣接するこれらの縦方向支持フレームの距離に対応する。前記透明基板は前記外部ハウジング体の収容室内に設けられ、前記外部ハウジング体の前記開口から前記透明基板の発光面が露出している。前記少なくとも1つの光源は、前記外部ハウジング体の収容室内に設けられて、透明基板に発光し、前記光源から発する光線は前記透明基板の前記発光面を通して外部に射出する。
本考案の1つの実施例において、これらのネジ穴は、前記外部ハウジング体の外周枠部材に設けられている。
本考案の1つの実施例において、前記外部ハウジング体は矩形であり、且つ前記外部ハウジング体の外周枠部材には縦方向枠部材及び横方向枠部材が設けられ、前記横方向枠部材において隣接するこれらのネジ穴の距離の範囲は、188.5ミリメートル〜266.5ミリメートルであり、又は264ミリメートル〜342ミリメートルである。
本考案の1つの実施例において、前記外部ハウジング体の、前記縦方向枠部材に対応する長さの範囲は、903.5ミリメートル〜913.5ミリメートルである。
本考案の1つの実施例において、前記外部ハウジング体の、前記横方向枠部材に対応する幅の範囲は、187.5ミリメートル〜267.5ミリメートル、263ミリメートル〜343ミリメートル、449.5ミリメートル〜461.5ミリメートル、及び903ミリメートル〜914ミリメートルからなる群から選択される。
本考案の1つの実施例において、前記外部ハウジング体には、前記縦方向枠部材又は前記横方向枠部材に位置する少なくとも1つのケーブル引出孔が更に設けられている。
本考案の1つの実施例において、前記外部ハウジング体の外周枠部材は傾斜包囲壁を有し、前記傾斜包囲壁と前記天井との夾角は0度より大きく、90度未満である。
本考案の1つの実施例において、前記夾角は30度と60度との間にある。
本考案の1つの実施例において、前記外部ハウジング体は更に、前記天井において互いに平行する少なくとも2つの横方向支持フレームに実装されており、且つ前記外部ハウジング体は、これらのネジによりこれらの横方向支持フレームに固定されている。
本考案の1つの実施例において、前記外部ハウジング体で露出した前記発光面は、矩形、円形、楕円形又は三角形である。
従って、本考案の照明灯具は、間接照明を提供し、グレアを回避するために、建築物の支持面に直接実装することができる。光源の光線は一回の反射のみを受け、間接照明として射出することができるため、光エネルギーの損失を回避し、光線の利用率を向上させるとともに、更に省エネルギーの効果を達成することができる。さらに、前記照明灯具の外部ハウジング体は、複数のネジ穴が設けられ、且つ隣接するこれらのネジ穴の距離が隣接するこれらの縦方向支持フレームの距離に対応するため、前記照明灯具に対してこれらの縦方向支持フレームに固定する統一規格の固定方式を提供する。
図1は、本考案の実施例に係る照明灯具の天井における状態の断面模式図である。 図2は、本考案の実施例に係る照明灯具が天井の縦方向支持フレームに固定された状態の底面図である。 図3は、本考案の他の実施例に係る照明灯具が天井の縦方向支持フレームに固定された状態の底面図である。 図4は、本考案の別の実施例に係る照明灯具が天井の縦方向支持フレームに固定された状態の底面図である。 図5は、本考案の更に別の実施例に係る照明灯具の天井における状態の断面模式図である。
本考案の上述と他の目的、特徴、利点を更に詳しく分かりやすくさせるために、下記では好ましい実施例と図面を用いて、詳細に説明する。更に、本考案で用いる用語、例えば、上、下、頂部、底部、前、後、左、右、側面、周囲、中央、水平、横方向、垂直、縦方向、軸方向、径方向、最上層または最下層等は、図面を参考するためのものである。そのため、使用される用語は本考案を説明と理解させるためのものであり、本考案を制限するものではない。
本質上で、図面と明細書に記載されたものは本考案を説明するためであり、本考案を制限するものではない。図面において、構造の類似するユニットは同じ符号を用いて説明する。更に、本考案を理解、更に詳細に説明するために、図面に示される各部材のサイズと厚さは任意で示し、本考案を制限するのもではない。
図面において、更に明確にさせるため、層、膜、パネル、領域などにおける厚さを拡大している。図面では、本考案を理解、更に詳細に説明するため、一部の層と領域の厚さを拡大している。ここで、理解すべきことは、例えば層、膜、領域または基底の部材は他の部材"上"に"位置"する時、前記部材は直接前記他の部材上に位置し、または介在部材が存在されることも可能である。
具体的実施方式において、図面を用いて本考案の実施例を更に詳しく説明し、図面では本考案の実施例が示されている。しかし、本考案は多くの異なる形式により示されているが、本考案の実施例に制限されない。これに反して、前記実施例により本考案で公開された技術手段を更に簡単で徹底的に理解して、当業者に本考案の技術範囲を伝達することができる。同じ符号は各箇所で同じ部材を示している。
本考案の用語における第1、第2等で各種部材を記述するが、これらの部材は前記用語により制限されないことを理解すべきである。これらの用語は部材と他の部材を区別するためである。例えば、本考案の技術的範囲から離れない状態で、第1部材は第2部材として称することが可能で、同じく、第2部材も第1部材として称されることができる。本考案で使用される、用語"及び/または"は1つ以上の関連する項目の任意の組合せと全ての組合せを含んでいる。
ここで理解すべきことは、モジュール(例えば、層、領域またはは基底)は他のモジュール上で、または他のモジュール上に延伸されることは、直接他のモジュール上で、または他のモジュール上に直接延伸され、または介在するモジュールが存在することができる。これに反して、部材が、直接他のモジュール上で、または他のモジュール上に直接延伸されることは、介在するモジュールが存在しないことを示す。更に、部材が、他の部材上に"連結"または"接続"されることは、他の部材上に直接連結または接続され、または介在するモジュールが存在可能と理解することができる。これに反して、部材が、他の部材上に"直接連結"または"直接接続"されることは、介在する部材の連結が存在しないと理解すべきである。
本考案に用いる用語は、具体的実施例を記述するためであり、本考案を制限するものではない。本考案に用いる、単数形式"1つ"、"1種"、"これ"は複数形式を含むが、上下文が他の記述によりはっきりと指摘された場合はこの限りではない。ここで理解すべきことは、本考案に用いる用語"含む"、"包含"、"有する"及び/または"設けられている"を使用する時、記述する特徴、全体、手順、操作、部材、及び/または構造部品の存在を指定するが、1つまたは複数の他の特徴、全体、手順、操作、部材、構造部品、及び/またはそれらの組合せの存在または付加は除かない。
特に限定しない限り、本考案で用いる全ての用語(技術用語と科学用語を含む)は、全て本考案の当業者における一般の技術員が通常理解できる意味と同じ意味である。更に理解すべきことは、本考案で用いる用語は、明細書の上下文と関連領域での意味が一致し、明細書で明確に提言された場合を除く、理想化または過度形式の意味として解釈してはいけない。
他に明確に指摘されていない限り、比較的用語(例えば、"比較的少ない"と"比較的大きい")は包含するものが同じである概念を示す。例えば、"比較的少ない"用語は、数学での意味"比較的少ない"を示し、更に"少ないまたは同等"の意味も示す。
図1及び図2に示すように、図1は、本考案の実施例に係る照明灯具の天井における状態を示す断面模式図であり、図2は、本考案の実施例に係る照明灯具が壁に実装された状態を示す底面図である。本考案の照明灯具は部屋の室内又は屋外環境に設けられて、室内又は屋外照明に使用されてもよい。具体的には、本考案の照明灯具は建築物の支持面、例えば室内の天井(例えば天井ボード)、壁若しくはガラス基板、又は屋外の建物の外壁若しくはガラス幕に直接実装することができる。
先ず、本考案は、中華民国実用新案第104211331号による優先権を主張する。この内容は全てここに含めておく。図1と2を参照する。図1は、本考案の実施例に係る照明灯具の天井における状態を示す断面模式図である。図2は、本考案の実施例に係る照明灯具が天井の縦方向支持フレームに固定された状態の底面模式図である。本考案の照明灯具は部屋の室内環境に設けられて、室内照明に使用されてもよい。具体的には、本考案の照明灯具は建築物の支持面、例えば室内の天井(例えば天井ボード)において互いに平行する少なくとも2つの縦方向支持フレームに設置又は実装することができる。
図1及び図2に示すように、本実施例の照明灯具は、外部ハウジング体110、透明基板120及び少なくとも1つの光源130を含んでもよい。透明基板120及び光源130は外部ハウジング体110内に設けられている。光源130は、透明基板120の少なくとも片側に位置して、透明基板120内に光線を射出することに用いられる。
本実施例の照明灯具が室内又は屋外照明に用いられるとき、外部ハウジング体110は建築物の支持面(例えば室内の天井、壁若しくはガラス基板、又は屋外の建物の外壁若しくはガラス幕)に実装されて、透明基板120及び光源130を保持し、透明基板120の発光面121のみを露出する。照明灯具が照明を提供するとき、光源130から発した光線は透明基板120内に進入し、発光面121を通して部屋内又は屋外に射出することができる。
本実施例の照明灯具が室内で用いられるとき、外部ハウジング体110は、室内の天井において互いに平行する少なくとも2つの縦方向支持フレームに実装されて、前記透明基板120及び前記光源130を保持し、前記透明基板120の発光面121のみを露出する。照明灯具が照明を提供するとき、前記光源130から発した光線は前記透明基板120内に進入し、発光面121を通して部屋内に射出することができる。
図1及び図2に示すように、照明灯具の外部ハウジング体110は非光透過性材料、例えば金属材料、可塑化材料又は上述の材料の組み合わせからなってもよい。外部ハウジング体110は、高熱伝導性の金属材料からなっており、照明灯具の放熱効率を向上させる。外部ハウジング体110は、開口111及び少なくとも1つの収容室112を有し、開口111は室内又は屋外に向かって、透明基板120の発光面121を露出しており、収容室112は開口111の少なくとも片側に位置し、開口111で連通して、光源130を収容する。
図1及び図2に示すように、本実施例の照明灯具100の透明基板120は完全に透明又は半透明であってもよい。透明基板120は平板形構造と構成されてもよく、且つ透明基板120は任意形状の平板、例えば矩形、円形、楕円形、長方形、三角形又は不規則な形状の平板であってもよい。透明基板120の材料は、例えばガラス、ケイ素含有材料、光硬化型樹脂、ポリメタクリル酸メチル(PMMA)、又はポリカーボネート(PC)であってもよい。照明灯具100が屋外照明のために用いられるとき、この透明基板120は強化ガラスからなっており、基板の強度及び耐久性を向上させる。透明基板120の材料に透明又は白色の顔料を用いた光拡散材料を混合してもよい。透明基板120は、発光面121、反射面122、側入光面123、及び反射微細構造124を有してもよい。発光面121は、透明基板120の正面に位置して、光線を透明基板120の内部から外部環境に射出することができる。反射面122は透明基板120の底面に位置し、且つ発光面121に対向する。ここで、外部ハウジング体110の露出された発光面121は任意の形状、例えば矩形、円形、楕円形、長方形、三角形又は不規則な形状であって、様々な形状の平面照明を提供する。
図1及び図2に示すように、透明基板120の側入光面123は、透明基板120の少なくとも片側に形成され、光源130の位置に対応して、光源130から発した光線を透明基板120内に進入させる。1つの実施例において、この側入光面123は、例えばV字形の構造(V−Cut)、S字形の波形構造又は表面粗化処理を有して(図示せず)、光線の入射効率及び光結合効率を向上させる。本実施例において、この側入光面123は平面であって、実質的に発光面121及び反射面122に直交する。
本実施例の反射微細構造124は透明基板120の反射面122に配置されてもよく、反射微細構造124は連続的に又は非連続的に反射面122の全部又は局所領域に配置されてもよい。反射微細構造124の断面形状は三角形、矩形、台形又は半円形であってもよい。又は、反射微細構造124は、複数の柱状、円錐、ピラミッド状又は半球状の形式であってもよい。又は、反射微細構造124の底面は多角形、円形、不規則な形状又は任意の形状であってもよい。反射微細構造124は少なくとも1つの幅対深さ比率(width−depth ratio、W/D)を有してもよい。なお、反射微細構造124の幅対深さ比率は反射微細構造124の幅と深さの比率(W/D)である。この幅Wは反射微細構造124が反射面122に形成した凹部の開口の幅であり、深さは反射微細構造124が反射面122に形成した凹部の深さである。本実施例において、反射微細構造124の幅は約500ミクロン(μm)〜1500μmであり、その深さは約50μm〜150μmである。
1つの実施例において、反射微細構造124の幅対深さ比率(W/D)を調整することで、照明灯具100の輝度分布を調整することができる。実際には、透明基板120における各反射微細構造124の間の幅対深さ比率は微小な差異が存在する可能性があるが、本実施例の照明灯具100の各反射微細構造124の幅対深さ比率は適切な幅対深さ比率の範囲内にあり、例えば10以上であり、これにより照明灯具100が射出した光線の輝度分布を期待される照明要求に符合させることができ、即ち透明基板120の内部の光線は適切な距離まで伝播し、且つ照明灯具100の輝度は予想の輝度より高くできる。1つの実施例において、反射微細構造124の幅対深さ比率は約10〜30であり、これにより照明灯具100の輝度分布を調整する。1つの実施例において、反射微細構造124の幅対深さ比率は約13〜27であり、これにより照明灯具100の輝度分布を調整する。
図1及び図2に示すように、照明灯具の光源130は外部ハウジング体110の収容室112内に設けられ、且つ透明基板120の側入光面123に対向して、光線を射出して側入光面123を通過する。光源130は、例えば、冷陰極蛍光ランプ(Cold Cathode Fluorescent Lamp、CCFL)、熱陰極蛍光ランプ(Hot Cathode Fluorescent Lamp、HCFL)、発光ダイオード(Light−Emitting Diode、LED)、有機発光ダイオード(Organic Light Emitting Diode、OLED)、平面蛍光ランプ(Flat Fluorescent Lamp、FFL)、エレクトロルミネセンス(Electro−Luminescence、EL)、ライトバー(Light Bar)、無電極ランプ、又はこれらの任意の組み合わせであってもよい。
1つの実施例において、光源130はLEDライトバーであってもよく、LED素子(図示せず)及び基板(図示せず)を含み、LED素子が表面実装型LEDパッケージである。複数の前記LEDパッケージを基板の長手方向に沿って直線状に配列する。LEDパッケージは本質的に、磁器又は合成樹脂からなる中空キャビティ内に配置されたLEDウェーハー、及び前記LEDウェーハーを封止するエポキシ系樹脂又はシリコーン(silicone)などの鋳型用光透過性樹脂により構成される。LEDウェーハーは、青色光を発光するLEDウェーハーであってもよい。光透過性樹脂に蛍光体を混入し、白色光を発光するために、青色光と補色の関係になる黄色光を発光する黄色の蛍光体を用いる。
照明灯具100はアダプタ(図示せず)及び点灯装置(図示せず)を更に含んでもよい。点灯装置は、箱状の外部ハウジング内に収容された回路基板及び前記基板に実装された回路部品を含んでもよい。点灯装置は、アダプタを介して商用交流電源に接続し、且つ前記交流電源を受けて直流出力を生成する。よって、点灯装置は、光源130と電気接続することができ、前記直流出力を光源130に提供して、光源130を点灯制御する。この点灯装置は外部ハウジング体110の外部又は内部(例えば収容室112内)に位置して実装されてもよい。
図3は、本考案の1つの実施例に係る天井に固定された照明灯具の断面を示す図である。1つの実施例において、外部ハウジング体110はネジ140により支持面(例えば天井板材又は壁)に固定されてもよい。外部ハウジング体110には複数のネジ穴113が設けられてもよく、ネジ穴113は外部ハウジング体110の外側に設置されてもよい。そのため、ネジ140と外部ハウジング体110のネジ穴113との螺着により、外部ハウジング体110を支持面に固定することができる。しかしながら、これに限らない。照明灯具の外部ハウジング体110は、他の固定素子又は補助素子(図示せず)により支持面に固定されてもよい。
照明灯具が天井に固定されるとき、照明灯具の外部ハウジング体110は天井の支持枠に実装することができ、外部ハウジング体110のサイズ又はその少なくとも1つの長さは隣接の支持枠の間の天井開口の幅より大きい。天井の異なる仕様に応じて、隣接の支持枠の間の天井開口の幅は910mm〜450mmであってもよく、例えば910mm、900mm、600mm、590mm、455mm又は450mmであってもよい。このように、照明灯具が天井の支持枠の間に実装されるとき、外部ハウジング体110の両側又は少なくとも片側は天井の支持枠と接触でき、且つ外部ハウジング体110の両側又は少なくとも片側は枠を支持することができる。そのため、照明灯具の外部ハウジング体110と天井の支持枠の間の固定により、照明灯具を天井に実装することができ、且つ外部ハウジング体110の開口111が露出した発光面121は支持枠の間の天井開口内に位置する。1つの実施例にいて、照明灯具の発光面121のサイズは、天井開口(又は天井板材)のサイズと実質的に等しく又はわずかに小さく、例えば910mm*455mm、600mm*600mm又は910 mm*910mmであってもよい。または、発光面121の長さは天井開口の幅Wと実質的に等しく又はわずかに小さく、例えば910mm、900mm、600mm、590mm、455mm又は450mmであってもよい。よって、本考案の照明灯具は少なくとも1つの天井板材の代りに天井に実装され、同時に照明を提供することができる。
本実施例の照明灯具100が例えば室内照明に用いられるとき、外部ハウジング体110は室内の壁又は天井に実装されて、透明基板120及び光源130を載置し、透明基板120の発光面121のみを露出する。照明灯具100が照明を提供するとき、光源130が発生する光線は透明基板120内に進入し、反射面122における反射微細構造124又はドットパターン(図示せず)により一次反射され、透明基板120の内部の光線が発光面121を通して部屋内(外部環境)に射出される。
照明灯具100が照明を提供するとき、光源130から発する光線は側入光面123を通過して透明基板120内に進入し、透明基板120の内部において伝播する。反射面122における反射微細構造124により光線の全反射伝播を破壊することができ、透明基板120の内部の光線を発光面121の外部に反射する。なお、このとき、反射微細構造124の適当の幅対深さ比(W/D)により、照明灯具100の輝度分布を調整することができる。
図1及び図2に示すように、前記外部ハウジング体110は、複数のネジ140により前記天井900において互いに平行する少なくとも2つの縦方向支持フレーム910に固定することができる。外部ハウジング体110には複数のネジ穴113が設けられてもよい。これらのネジ穴113に対応するこれら複数のネジ140により、前記外部ハウジング体110はこれらの縦方向支持フレーム910に固定され、隣接するこれらのネジ穴113の距離L1は隣接するこれらの縦方向支持フレーム910の距離L2に対応する。詳しくは、距離L1は1つのネジ穴113の中心軸から隣接する他のネジ穴113までの長さを指し、距離L2は1つの縦方向支持フレーム910の中央線から隣接する他の縦方向支持フレーム910の中央線までの距離を指す。
本考案の1つの実施例において、これらのネジ穴113は、前記外部ハウジング体110の外周枠部材114に設けられている。図2に示すように、前記外部ハウジング体110は略矩形であり、且つ前記外周枠部材114には縦方向枠部材114A及び横方向枠部材114Bが設けられている。前記横方向枠部材114Bにおいて隣接するこれらのネジ穴113の距離L1の範囲は、188.5ミリメートル〜266.5ミリメートル、又は264ミリメートル〜342ミリメートルである。1つの例示的な実施例において、日本の建築関連法規によって、本考案に記載の隣接する縦方向支持フレーム910の距離L2は、227.5ミリメートル又は303ミリメートルとする必要があるので、本考案の実施例は日本の建築関連法規に適用することができる。なお、隣接するこれらのネジ穴113の距離L1は、実際に前記外部ハウジング体110を縦方向支持フレーム910に実装するとき調整されてもよい。これは以下の理由による。実際に適用するとき不可避的な公差が生じ、例えば距離L1が227.5ミリメートル又は303ミリメートルの±0.01%〜25%で変動する可能性があり、且つ、縦方向支持フレーム910自身が空間に占める一定の体積があるため、距離L1がちょうど227.5ミリメートル又は303ミリメートルに等しくない場合、前記外部ハウジング体110はまだこれらのネジ140によりこれらの縦方向支持フレーム910に固定することができる。例えば、各縦方向支持フレームの幅(単一の縦方向支持フレーム910の横方向距離のサイズ)の範囲は25ミリメートル〜50ミリメートルであってもよい。例えば幅が50ミリメートルである場合、隣接するこれらの縦方向支持フレームの距離L2は227.5ミリメートルであるが、隣接するこれらの縦方向支持フレームの最も近い境界の距離は実際に177.5ミリメートルである。このため、前記横方向枠部材114Bにおいて隣接するこれらのネジ穴113の距離L1が188.5ミリメートルであっても、これらのネジ140によりこれらの縦方向支持フレーム910に固定することができる。同様の理由で、隣接するこれらの縦方向支持フレームの最も遠い境界の距離は実際に277.5ミリメートルであり、前記横方向枠部材114Bにおいて隣接するこれらのネジ穴113の距離L1が266.5ミリメートルであっても、これらのネジ140によりこれらの縦方向支持フレーム910に固定することができる。
1つの実施例において、略矩形である前記外部ハウジング体110は長さX及び幅Yを有する。前記外部ハウジング体110の外周枠部材114は実質的に前記外部ハウジング体110と外部環境との境界を画定するため、前記縦方向枠部材114Aの全体的な距離は前記外部ハウジング体110の長さXとしてもよく、前記横方向枠部材114Bの全体的な距離は前記外部ハウジング体110の幅Yとしてもよい。1つの例示的な実施例において、前記外部ハウジング体110の長さXの範囲は、903.5ミリメートル〜913.5ミリメートルであってもよい。また、前記外部ハウジング体110の長さXは、0より大きい任意の数値であってもよい。これは次の理由による。本考案は主に前記外部ハウジング体110を少なくとも2つの縦方向支持フレーム910に固定するため、前記外部ハウジング体110の長さXは必要に応じて自由に変更し得る。
前述のように、前記外部ハウジング体110の幅Yの範囲は、これらの縦方向支持フレームの距離L2を考慮する必要がある。1つの実施例において、これらの縦方向支持フレームの距離L2に基づいて、前記外部ハウジング体110の幅Yの範囲は、187.5ミリメートル〜267.5ミリメートル、263ミリメートル〜343ミリメートル、449.5ミリメートル〜461.5ミリメートル、及び903ミリメートル〜914ミリメートルからなる群から選択されてもよい。具体的な実施例において、前記外部ハウジング体110の幅Yは、隣接するこれらの縦方向支持フレームの距離L2の略整数倍となり、例えば略2倍、略3倍、略4倍又は略5倍以上であり、これにより前記外部ハウジング体110は複数のネジ140により同時に3つ以上の縦方向支持フレーム910に固定することができる。図2に示すように、前記外部ハウジング体110の幅Yはこれらの縦方向支持フレームの距離L2の略4倍であるため、前記外部ハウジング体110は同時に5つの縦方向支持フレーム910に固定されて、前記外部ハウジング体110は縦方向支持フレーム910に安定的に固定される。他の実施例において、図3を参照する。図3は、本考案の他の実施例に係る照明灯具300が天井における縦方向支持フレーム910に固定される状態を示す底面図である。前記照明灯具300の構造は照明灯具100と略同じであり、違いは、前記照明灯具300が2つの縦方向支持フレーム910のみに固定されることである。即ち、本考案の照明灯具は外部ハウジング体110の異なる幅Yに基づいて、隣接する2つの縦方向支持フレーム910又は3つ以上の縦方向支持フレーム910に固定されてもよい。別の実施例において、図4を参照する。図4は、本考案の別の実施例に係る照明灯具400が天井における縦方向支持フレーム910に固定されている状態を示す底面図である。前記照明灯具400の構造は照明灯具100と略同じであり、違いは、前記照明灯具400の外部ハウジング体110が複数のネジ140により縦方向支持フレーム910に固定するとともに、前記天井において互いに平行する少なくとも2つの横方向支持フレーム920に実装され、且つ前記外部ハウジング体はこれらのネジ140によりこれらの横方向支持フレーム920に固定されることである。
図1及び図2に示すように、1つの実施例において、前記外部ハウジング体110には、少なくとも1つのケーブル引出孔115が更に設けられている。前記ケーブル引出孔115は主に、前記外部ハウジング体110内に装着された電子部品(例えば前記光源を提供する発光ユニット)のケーブルを外部の電力源に接続するために用いられる。前記ケーブル引出孔115は、例えば図2に示すように、前記横方向枠部材114Bに設けられてもよい。なお、前記ケーブル引出孔115の位置は、横方向枠部材114Bにおけるネジ穴113と重畳し又は部分的に重畳することができない。他の実施例において、前記ケーブル引出孔115は、例えば図4に示すように、前記縦方向枠部材114Aに設けられてもよい。なお、ケーブル引出孔115が前記縦方向枠部材114Aに設けられる場合、ケーブルは前記ケーブル引出孔115から伸びるとき、縦方向支持フレーム910の挟み込みを受けて変形し破壊される可能性がある。よって、上述の問題を回避するために、前記ケーブル引出孔115と前記縦方向支持フレーム910との間には段差を形成してもよい。
1つの実施例において、図5を参照する。図5は、本考案の更に別の実施例に係る照明灯具500の天井900における状態の断面模式図である。照明灯具500の構造は照明灯具100と略同じであり、違いは、前記外部ハウジング体110の外周枠部材114が傾斜包囲壁114Cを有し、前記傾斜包囲壁114Cと前記天井900との夾角θが0度より大きく、90度未満であることである。1つの例示的な実施例において、前記夾角θは30度と60度との間にあってもいい。前記傾斜包囲壁114Cは、前記外部ハウジング体110と天井900とに直角でない夾角を形成させて、例えば夾角θが90度である場合、照明灯具500と天井900との間のすき間を清掃し難しくなる問題がない。この利点は人手による清掃に限らず、自動清掃装置(例えば清掃ロボット)にも適用される。
以上のことから、本考案の照明灯具は建築物の支持面、例えば天井又は壁に直接実装することができ、間接照明を提供し、グレアを回避する。光源の光線は反射を一回だけ受け、間接照明として射出することができるため、光エネルギーの損失を回避し、光線の利用率を向上させるとともに、更に省エネルギーの効果を達成することができる。さらに、前記照明灯具の外部ハウジング体は、複数のネジ穴が設けられ、且つ隣接するこれらのネジ穴の距離が隣接するこれらの縦方向支持フレームの距離に対応するため、前記照明灯具に対してこれらの縦方向支持フレームに固定する統一規格の固定方式を提供できる。
これらの実施例におけるいろんな様態は当業者が、その領域の技術を他の当業者に伝達する時に使用される用語を用いて本考案に記述する。当業者が理解すべきことは、本考案の実施例はいくつかの記述された様態のみを用いて実施することができる。説明するめに開示された、特定の数、材料と配置は、本考案の実施例を完全に理解させる目的である。しかし、当業者が理解すべきことは、本考案の実施例は特定の内容がない状態でも実施することができる。他の例で、従来の特徴は省略または簡素化することで、好ましい実施例を妨げないようにしている。
"いくつかの実施例で"と"いろんな実施例で"などの用語は繰返して使用される。前記用語は同じ実施例を示していないが、同じ実施例を示すこともできる。"含む"、"有する"と"含有"などの用語は同義語で、前後文で他の意味を示す場合はこの限りではない。
本考案は好ましい実施例を掲示しているが、これに制限されず、本考案における技術手段に習熟している技術者は、本考案の精神と範囲内から離れない状態で、いろんな変動と修飾を行うことができるため、本考案の保護範囲に属する実用新案登録請求の範囲を基準にする。
100 照明灯具
110 外部ハウジング体
111 開口
112 収容室
113 ネジ穴
114 外周枠部材
114A 縦方向枠部材
114B 横方向枠部材
115 ケーブル引出孔
120 透明基板
121 発光面
122 反射面
123 側入光面
124 反射微細構造
130 光源
140 ネジ
300 照明灯具
400 照明灯具
500 照明灯具
900 天井
910 縦方向支持フレーム
920 横方向支持フレーム
L1 距離
L2 距離
X 長さ
Y 幅
θ 夾角

Claims (10)

  1. 照明灯具であって、外部ハウジング体と、透明基板と、少なくとも1つの光源とを含み、
    前記外部ハウジング体は開口及び少なくとも1つの収容室を有し、前記収容室は前記開口の少なくとも片側に位置し、前記外部ハウジング体は、天井において互いに平行する少なくとも2つの縦方向支持フレームに実装されており、前記外部ハウジング体は、複数のネジ穴が設けられ、これらのネジ穴に対応する複数のネジによって、これらの縦方向支持フレームに固定されており、隣接するこれらのネジ穴の距離は、隣接するこれらの縦方向支持フレームの距離に対応しており、
    前記透明基板は、前記外部ハウジング体の収容室内に設けられ、前記外部ハウジング体の前記開口から前記透明基板の発光面が露出しており、
    前記少なくとも1つの光源は、前記外部ハウジング体の収容室内に設けられて、透明基板に発光し、前記光源から発する光線は前記透明基板の前記発光面を通して外部に射出する、ことを特徴とする照明灯具。
  2. これらのネジ穴は、前記外部ハウジング体の外周枠部材に設けられていることを特徴とする請求項1に記載の照明灯具。
  3. 前記外部ハウジング体は矩形であり、且つ前記外部ハウジング体の外周枠部材には縦方向枠部材及び横方向枠部材が設けられ、前記横方向枠部材において隣接するこれらのネジ穴の距離の範囲は、188.5ミリメートル〜266.5ミリメートルであり、又は264ミリメートル〜342ミリメートルであることを特徴とする請求項2に記載の照明灯具。
  4. 前記外部ハウジング体の、前記縦方向枠部材に対応する長さの範囲は、903.5ミリメートル〜913.5ミリメートルであることを特徴とする請求項3に記載の照明灯具。
  5. 前記外部ハウジング体の、前記横方向枠部材に対応する幅の範囲は、187.5ミリメートル〜267.5ミリメートル、263ミリメートル〜343ミリメートル、449.5ミリメートル〜461.5ミリメートル、及び903ミリメートル〜914ミリメートルからなる群から選択されることを特徴とする請求項3に記載の照明灯具。
  6. 前記外部ハウジング体には、前記縦方向枠部材又は前記横方向枠部材に位置する少なくとも1つのケーブル引出孔がさらに設けられていることを特徴とする請求項3に記載の照明灯具。
  7. 前記外部ハウジング体の外周枠部材は傾斜包囲壁を有し、前記傾斜包囲壁と前記天井との夾角は0度より大きく、90度未満であることを特徴とする請求項2に記載の照明灯具。
  8. 前記夾角は、30度と60度との間であることを特徴とする請求項7に記載の照明灯具。
  9. 前記外部ハウジング体は更に、前記天井において互いに平行する少なくとも2つの横方向支持フレームに実装されており、且つ前記外部ハウジング体は、これらのネジによりこれらの横方向支持フレームに固定されていることを特徴とする請求項1に記載の照明灯具。
  10. 前記外部ハウジング体で露出した前記発光面は、矩形、円形、楕円形又は三角形であることを特徴とする請求項1に記載の照明灯具。
JP2016002583U 2015-07-14 2016-06-06 照明灯具 Expired - Fee Related JP3205851U (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
TW104211331 2015-07-14
TW104211331U TWM512098U (zh) 2015-07-14 2015-07-14 照明燈具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3205851U true JP3205851U (ja) 2016-08-18

Family

ID=54784239

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015004901U Expired - Fee Related JP3201464U (ja) 2015-07-14 2015-09-28 照明灯具
JP2016002583U Expired - Fee Related JP3205851U (ja) 2015-07-14 2016-06-06 照明灯具

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015004901U Expired - Fee Related JP3201464U (ja) 2015-07-14 2015-09-28 照明灯具

Country Status (2)

Country Link
JP (2) JP3201464U (ja)
TW (1) TWM512098U (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JP3201464U (ja) 2015-12-10
TWM512098U (zh) 2015-11-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6345749B2 (ja) 照明装置
US9500328B2 (en) Lighting assembly
JP2009266780A (ja) 発光体および照明器具
KR20120017234A (ko) 램프 장치
CA2826903C (en) Blade of light luminaire
JP2008010305A (ja) 光源装置及び照明装置
US9109774B1 (en) Systems, methods and devices for an LED lighting module with a light transmissive cover
JP2013182730A (ja) 照明モジュールおよびそれを備えた照明装置
WO2013128761A1 (ja) 照明モジュールおよびそれを備えた照明装置
KR101063955B1 (ko) 엘이디 조명패널
KR20110088130A (ko) 양면 조명용 led 렌즈와 led 모듈 및 이를 이용한 led 양면 조명장치
EP2589853B1 (en) LED lighting module and lighting device comprised thereof
JP3211553U (ja) 照明装置
JP3205851U (ja) 照明灯具
CN103672634B (zh) 模块式平板灯
JP2008234876A (ja) 照明装置
KR101549028B1 (ko) 조명장치
JP3179339U (ja) 天井板用発光ダイオード照明装置
CN203309718U (zh) 模块式平板灯
KR20170054118A (ko) 탈착형 평판조명장치
KR20210014344A (ko) 조명광고장치용 led 모듈
KR101894836B1 (ko) 조명 장치
TWM610331U (zh) 平板燈具
CN104676500A (zh) 一种导光单元及具有该导光单元的发光装置
US20130272025A1 (en) Lighting device and cove lighting module using the same

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3205851

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees