JP3166750U - 組み合わせ式縫い針ソケット構造 - Google Patents

組み合わせ式縫い針ソケット構造 Download PDF

Info

Publication number
JP3166750U
JP3166750U JP2010007156U JP2010007156U JP3166750U JP 3166750 U JP3166750 U JP 3166750U JP 2010007156 U JP2010007156 U JP 2010007156U JP 2010007156 U JP2010007156 U JP 2010007156U JP 3166750 U JP3166750 U JP 3166750U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
thread guide
needle socket
sewing
thread
holes
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2010007156U
Other languages
English (en)
Inventor
瑞椅 呉
瑞椅 呉
瑞祥 呉
瑞祥 呉
Original Assignee
瑞椅 呉
瑞椅 呉
瑞祥 呉
瑞祥 呉
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 瑞椅 呉, 瑞椅 呉, 瑞祥 呉, 瑞祥 呉 filed Critical 瑞椅 呉
Priority to JP2010007156U priority Critical patent/JP3166750U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3166750U publication Critical patent/JP3166750U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Landscapes

  • Sewing Machines And Sewing (AREA)

Abstract

【課題】糸ガイド孔が長期の使用で摩耗損壊時、単独で糸ガイド部材を交換でき、針ソケット体及び縫い針を交換不要であり、大幅に人力、物力及び工程時間を節約し、コストを低減する組み合わせ式縫い針ソケット構造を提供する。【解決手段】針ソケット体及び糸ガイド部材を含み、糸ガイド部材及び針ソケット体は、固定部材を設け相互に組み合され、針ソケット体内部に下向きに開放する複数の挿入孔を配列して設け、複数の縫い針上段を挿入設置定位させ、糸ガイド部材は、複数の糸ガイド孔を設け、複数の糸ガイド孔は、針ソケット体の下段に位置し、糸ガイド部材に複数の縫い糸を下向きに導引し、相対する糸ガイド孔を経由させ、更に相対する縫い針の糸貫通孔を通過させる。【選択図】図5

Description

本考案は、組み合わせ式縫い針ソケット構造に関し、特に、ミシンステッチ機構に専門に使用させる組み合わせ式縫い針ソケット構造に関する。
一般のミシン、工業用ミシン及びロックミシン等の設備は、上マシンアーム、マシンヘッド及び下方に相対する下マシンアーム及び針板ソケットを配置する必要がり、上マシンアーム内部は、主軸により糸供給機構及び曲軸装置を同期して連動し、マシンヘッド部位の押え装置、ステッチ機構及びカッター伝動機構を相対駆動し、針板ソケットは、布送り機構及を設け、下方に糸フック装置を内設し、ステッチ機構の複数の縫い針により縫い糸を連動し、布料を貫通し上下に往復させ、糸フック装置のフック針の左右往復振動を合わせ、縫い糸をフック制御し、ロック裁縫作業を行う。
現在のミシンのステッチ機構は、主に縫い針ソケット91を一体に鋳造成型し、例えば、図1,図2,図3に示すように、縫い針ソケット91は、上部接続ロッド91により針棒93を固定設置し、更に貫通孔94を配列することにより複数の縫い針95を組み合わせ、螺子96を螺合し、定位する。縫い針ソケット91の一側に糸ガイド孔97を設置し、縫い糸98を下向きに導引し、縫い針95の糸貫通孔99に通過させ、針と糸の裁縫作業を行なう。
しかしながら、従来の縫い針ソケット91は、鋳造成型方式を採用し、縫い針ソケット91自身の材質の硬度及び耐摩擦性が理想的でない。ステッチ機構が長期間ミシンで使用される時、複数の縫い糸98が引っ張り力を持続し、相対する糸ガイド孔97を摩擦し、糸ガイド孔97の損壊を容易に引き起こし、これにより縫い針ソケット91全体を交換しなければならず、各縫い針95を新たに装着し、人力、物力及び時間を浪費し、コストを増加させる。従って、上記問題及び欠陥を如何に改善するかが関連業者の研究すべき課題となっている。
登録実用新案第3142207号公報
本考案の目的は、縫い針ソケットが糸ガイド部材及びその糸ガイドロッドを活動的に組み合わせ針ソケット体に定位するようにし、これにより、糸ガイド孔が長期の使用で摩耗損壊した時、単独で糸ガイド部材を交換すればよく、針ソケット体及び縫い針を交換する必要がなく、大幅に人力、物力及び工程時間を節約でき、コストを低減し、使用効果を増進できるようにすることにある。
上記の目的を達成するため、本考案の縫い針ソケットは、針ソケット体及び糸ガイド部材が相互に組み合わさって構成され、該針ソケット体内部に開放する複数の挿入孔を配列して設け、複数の縫い針上段を挿入設置定位させる。該糸ガイド部材は、複数の糸ガイド孔を設け、それは、縫い針ソケットの下段に位置し、糸ガイド部材に複数の縫い糸を下向きに導引し、相対する糸ガイド孔を経由させ、更に相対する縫い針の糸貫通孔を通過させる。
好適実施例において、糸ガイドロッドを更に含み、それは、糸ガイド部材後下方と複数の縫い針の間に位置し、複数の縫い糸を導引し、相対する縫い針の糸貫通孔に通過させる。
好適実施例において、該糸ガイド部材は、横向き糸ガイドストリップを設け、それは、複数の相互に隔離された糸ガイド孔を設け、該糸ガイド部材及び針ソケット体は、固定部材を設け相互に組み合わせて定位する。該糸ガイドロッドは、糸ガイド部材に接続し、糸ガイドストリップを糸ガイドロッドと相互に平行にする。
好適実施例において、該糸ガイド部材の糸ガイドストリップが上部湾折側片を設け、固定部材により針ソケット体に定位される。更に、該糸ガイドストリップの上部湾折側片上段に湾折片を設け、該針ソケット体及び湾折片がそれぞれ相対して固定孔を設け、対応する固定部材により両固定孔を経由して組み合わさり定位する。
好適実施例において、該糸ガイド部材の糸ガイドストリップは、針ソケット体底部の下面又は前方に位置することができ、該針ソケット体下段表面に内傾斜壁を設け、下方の糸ガイドストリップに露出する複数の糸ガイド孔に対応する。
本考案は、従来技術の不足及び欠陥を解決することができ、縫い針ソケットが糸ガイド部材2及びその糸ガイドロッド28を活動的に組み合わせ針ソケット体1に定位することにより、糸ガイド孔22が長期の使用で摩耗損壊を発生する時、単独で糸ガイド部材2を交換するだけでよく、針ソケット体1及び縫い針3を交換する必要がなく、人力、物力および工程時間を大幅に節約でき、コストを低減する。
従来のミシンステッチ機構及びその縫い針ソケットの組み立て図である。 図1の縫い針ソケットの立体図である。 図1の使用状態の断面図である。 本考案の好適実施例の縫い針ソケット及びそのステッチ機構の組み立て図である。 図4の縫い針ソケットの立体図である。 図4の縫い針ソケットの立体分解図である。 図4のステッチ機構及びその縫い針ソケットの局部断面図1である。 図4のステッチ機構及びその縫い針ソケットの局部断面図2である。 図4のステッチ機構及びその縫い針ソケットの使用状態図である。 図4のステッチ機構及びその縫い針ソケットの立体図である。 図10の糸ガイド部材及びその糸ガイドロッドの立体図である。 図10のステッチ機構及びその縫い針ソケットの使用状態図である。
本考案は、上記の目的を達成するために採用する技術手段及びその効果について、実施例を挙げ図面に併せて以下に説明する。
先ず、図4を参照し、本考案の縫い針ソケット構造は、主に家庭用ミシン、工業用ミシン、ロックミシン等の設備のステッチ機構中に適用され、針ソケット体1は、上向きに針棒4底端に組み合わせされ、針ソケット体1が下向きに配列される複数の縫い針3を組み合わせてなる。
図4〜図7に示す好適実施例において、本考案の縫い針ソケットは、主に金属材質の針ソケット体1及び糸ガイド部材2が相互に組み合わさって構成され、針ソケット体1内部に複数の配列された下向きに開放した挿入孔11を設け、複数の縫い針3上段を挿入設置させ、固定螺子栓17を組み合わせ、螺子孔13に螺合挿入し、縫い針3外縁の定位を制御し、針ソケット体1上端の接続ロッド12は、螺子山14により針棒4底端に固定される。本考案の糸ガイド部材2は、複数の糸ガイド孔22を設け、針ソケット体1の下段又は底部に位置し、図9に示すように、糸ガイド部材2に複数の縫い糸5を下向きに導引させ、相対する糸ガイド孔22を経由し、更に、縫い針3の糸貫通孔31及びその糸溝32を通過させる。
図9に示す使用状態において、ステッチ機構及びその針棒4は、針ソケット体1及び縫い針3の上下往復動作を駆動し、複数の縫い糸5は、傾斜角度を有し下向きに糸ガイド部材2の相対する糸ガイド孔22を貫通し、更に相対する縫い針3の糸貫通孔31を通過し、針と糸の裁縫作業を行い、縫い糸5が損傷し、断線することを回避する。本考案の縫い針ソケットが糸ガイド部材2を活動的に針ソケット体1に組み合わせ定位することにより、糸ガイド部材22が長期使用により摩耗損壊時、糸ガイド部材2のみを単独で交換すればよく、針ソケット体1及び縫い針3を交換する必要がなく、大幅に人力、物力、工程時間を節約し、コストを低減する。
続いて本考案の縫い針ソケットの組み合わせ構造を説明し、図4〜図9に示すように、糸ガイド部材2は、横向き糸ガイドストリップ21を設け、複数の相互に隔離された糸ガイド孔22を設け、糸ガイド部材2及び針ソケット体1は、螺子栓類の固定部材23を設け相互に組み合わせて定位する。好適実施構造において、糸ガイド部材2の糸ガイドストリップ21は、上部湾折側片26を設け、糸ガイドストリップ21の上部湾折側片36上段に湾折片27を設けることができ、針ソケット体1及び湾折片27は、それぞれ相対して固定孔15,25を設け、対応する螺子栓類の固定部材23が両固定孔15,25を経由し、螺合し定位し、着脱交換に便利である。
図4〜図9に示す組み合わせ式縫い針ソケット構造において、糸ガイド部材2の糸ガイドストリップ21は、針ソケット体1底部の下面又は前方に位置し、針ソケット体1下段表面に内傾斜壁16を設け、下方の糸ガイドストリップ21に露出する複数の糸ガイド孔22に対応し、縫い糸3を相対する糸ガイド孔22に円滑に通過させる。好適な実施構造において、糸ガイド部材2の金属材質の硬度は、ソケット体1の硬度より高く、より耐摩耗性を有することができる。糸ガイドストリップ21は、溝孔24を設けることができ、縫い糸3を溝孔24に経由し下向きに伸出させ、上下往復貫通動作させる。
図10、図11、図12に示す他の好適実施例において、本考案の糸ガイド部材2は、更に、糸ガイドロッド28を含み、それは、糸ガイド部材2及びその糸ガイドストリップ21の後ろ下方と複数の縫い針3の間に位置し、複数の縫い糸5を導引し、糸ガイドストリップ21、糸ガイドロッド28を経由させ、その他の構成要素に接触することを回避し、更に下向きに縫い針3の糸貫通孔31を通過する。図に示すように、糸ガイドロッド28の一端は、糸ガイド部材2に一体に接続でき、糸ガイドストリップ21を糸ガイドロッド28と相互に平行にし、製造加工に便利に使用できる。
本考案は、従来技術の不足及び欠陥を解決することができ、その鍵となる技術は、縫い針ソケットが糸ガイド部材2及びその糸ガイドロッド28を活動的に組み合わせ針ソケット体1に定位することにより、糸ガイド孔22が長期の使用で摩耗損壊を発生する時、単独で糸ガイド部材2を交換するだけでよく、針ソケット体1及び縫い針3を交換する必要がなく、人力、物力および工程時間を大幅に節約でき、コストを低減することである。
なお、本考案では好ましい実施例を前述の通り開示したが、これらは決して本考案に限定するものではなく、当該技術を熟知する者なら誰でも、本考案の精神と領域を脱しない均等の範囲内で各種の変動や潤色を加えることができることは勿論である。
1 針ソケット体
11 挿入孔
12 接続ロッド
13 螺子孔
14 螺子山
15 固定孔
16 内傾斜壁
17 固定螺子栓
2 糸ガイド部材
21 糸ガイドストリップ
22 糸ガイド孔
23 固定部材
24 溝孔
25 固定孔
26 上部湾折側片
27 湾折片
28 糸ガイドロッド
3 縫い針
31 糸貫通孔
32 糸溝
4 針棒
5 縫い糸

Claims (9)

  1. 針ソケット体及び糸ガイド部材が相互に組み合わさって構成され、該針ソケット体内部に下向きに開放する複数の挿入孔を配列して設け、複数の縫い針上段を挿入設置定位させ、該糸ガイド部材は、複数の糸ガイド孔を設け、該複数の糸ガイド孔は、縫い針ソケットの下段に位置し、糸ガイド部材に複数の縫い糸を下向きに導引し、相対する糸ガイド孔を経由させ、更に相対する縫い針の糸貫通孔を通過させる組み合わせ式縫い針ソケット構造。
  2. 前記糸ガイド部材は、横向き糸ガイドストリップを設け、該糸ガイドストリップは、複数の相互に隔離された糸ガイド孔を設け、該糸ガイド部材及び針ソケット体は、固定部材を設け相互に組み合わせて定位する請求項1に記載の組み合わせ式縫い針ソケット構造。
  3. 更に、糸ガイドロッドを含み、該糸ガイドロットは、糸ガイド部材後下方と複数の縫い針の間に位置し、複数の縫い糸を導引し、相対する縫い針の糸貫通孔に通過させる請求項1に記載の組み合わせ式縫い針ソケット構造。
  4. 前記糸ガイド部材は、横向き糸ガイドストリップを設け、該糸ガイドストリップは、複数の相互に隔離された糸ガイド孔を設け、該糸ガイド部材及び針ソケット体は、固定部材を設け相互に組み合わせて定位し、該糸ガイドロッドは、糸ガイド部材に接続し、糸ガイドストリップを糸ガイドロッドと相互に平行にする請求項3に記載の組み合わせ式縫い針ソケット構造。
  5. 前記糸ガイド部材の糸ガイドストリップが上部湾折側片を設け、固定部材により針ソケット体に定位される請求項2又は4に記載の組み合わせ式縫い針ソケット構造。
  6. 前記糸ガイドストリップの上部湾折側片上段に湾折片を設け、該針ソケット体及び湾折片がそれぞれ相対して固定孔を設け、対応する固定部材により両固定孔を経由して組み合わさり定位する請求項5に記載の組み合わせ式縫い針ソケット構造。
  7. 前記ガイド部材は、針ソケット体の底部に位置し、複数の糸ガイド孔を露出する請求項2又は4に記載の組み合わせ式縫い針ソケット構造。
  8. 前記糸ガイド部材の糸ガイドストリップは、針ソケット体底部の下面又は前方に位置することができ、該針ソケット体下段表面に内傾斜壁を設け、下方の糸ガイドストリップに露出する複数の糸ガイド孔に対応する請求項7に記載の組み合わせ式縫い針ソケット構造。
  9. 前記糸ガイドストリップは、針ソケット体底部の前方に位置する請求項2又は4に記載の組み合わせ式縫い針ソケット構造。
JP2010007156U 2010-10-28 2010-10-28 組み合わせ式縫い針ソケット構造 Expired - Fee Related JP3166750U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010007156U JP3166750U (ja) 2010-10-28 2010-10-28 組み合わせ式縫い針ソケット構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010007156U JP3166750U (ja) 2010-10-28 2010-10-28 組み合わせ式縫い針ソケット構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3166750U true JP3166750U (ja) 2011-03-24

Family

ID=54877897

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010007156U Expired - Fee Related JP3166750U (ja) 2010-10-28 2010-10-28 組み合わせ式縫い針ソケット構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3166750U (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20170218544A1 (en) * 2016-02-03 2017-08-03 Shing Ray Sewing Machine Co., Ltd. Sewing machine needle clamp
JP2017136220A (ja) * 2016-02-04 2017-08-10 星鋭縫▲じん▼機股▲ふん▼有限公司 ミシン針留め
CN115262110A (zh) * 2022-09-02 2022-11-01 美盛文化创意股份有限公司 一种多工位自动裁缝生产线

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20170218544A1 (en) * 2016-02-03 2017-08-03 Shing Ray Sewing Machine Co., Ltd. Sewing machine needle clamp
JP2017136220A (ja) * 2016-02-04 2017-08-10 星鋭縫▲じん▼機股▲ふん▼有限公司 ミシン針留め
CN115262110A (zh) * 2022-09-02 2022-11-01 美盛文化创意股份有限公司 一种多工位自动裁缝生产线
CN115262110B (zh) * 2022-09-02 2023-09-08 美盛文化创意股份有限公司 一种多工位自动裁缝生产线

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN203513986U (zh) 领头毛边拉筒
JP3166750U (ja) 組み合わせ式縫い針ソケット構造
CN109667070A (zh) 一种锁眼机
CN202766758U (zh) 压脚装置
CN103726281B (zh) 缝纫熨烫装置
CN102776703A (zh) 压脚装置
CN208776950U (zh) 一种双针针杆机构
CN203855783U (zh) 一种矫直型缝纫机压脚
CN204325725U (zh) 一种用于缝绣花机中的过线机构
CN202359307U (zh) 电脑针织横机纱导
CN201610471U (zh) 一种工业缝纫机的起缝夹线器
CN103122558A (zh) 无梭芯单针平缝机
CN218521435U (zh) 一种成衣刺绣定位装置
CN214655703U (zh) 一种独立安装的手动针杆跳跃制动器
CN205329327U (zh) 一种家用补衣辅助装置
CN203475121U (zh) 一种缝纫机的摆针摆动装置
CN103643408A (zh) 布料卷边缝纫装置
CN205242052U (zh) 单针刺绣机器人穿线钩
CN201793908U (zh) 缝纫机针改进构造
CN204097702U (zh) 一种缝纫机的辅助压脚
CN219157167U (zh) 一种缝纫机的线勾
CN203159896U (zh) 刺绣机独立压脚机构
CN208857461U (zh) 一种圆头锁眼机
CN210194167U (zh) 一种便于更换定位板的电脑针车机
CN210262255U (zh) 缝纫机的新型压脚

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140302

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees