JP3147262B2 - Knowledge output device - Google Patents

Knowledge output device

Info

Publication number
JP3147262B2
JP3147262B2 JP06202393A JP6202393A JP3147262B2 JP 3147262 B2 JP3147262 B2 JP 3147262B2 JP 06202393 A JP06202393 A JP 06202393A JP 6202393 A JP6202393 A JP 6202393A JP 3147262 B2 JP3147262 B2 JP 3147262B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
knowledge
screen
user
table
output
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP06202393A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH06274536A (en
Inventor
朋子 坂
英昭 小澤
Original Assignee
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電信電話株式会社 filed Critical 日本電信電話株式会社
Priority to JP06202393A priority Critical patent/JP3147262B2/en
Publication of JPH06274536A publication Critical patent/JPH06274536A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3147262B2 publication Critical patent/JP3147262B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、例えばCAIといった、特に英単語、漢字、歴史の年号などの知識を「暗記」するという、人間の知識取得活動を支援する知識出力装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, for example, such as CAI, particularly English words, Chinese characters, the knowledge, such as the era of history that "memorize", about the knowledge output device that supports the human knowledge acquisition activities.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、知識取得活動のために、参考書や単語帳などの印刷出版物やCAIが利用されている。 In recent years, for the sake of knowledge acquisition activities, print publications and CAI, such as reference books and word book it has been used.

【0003】印刷出版物は持ち運び可能なので、いつでもどこででも学習を行なうことが可能である。 [0003] Since the print publication that can be portable, it is possible to perform the learning anytime anywhere. しかし、 But,
全ての利用者に同じ構成、形式によって知識を提示するため、提示された知識が利用者各々の興味や必要を反映しないという状況が生じる。 The same configuration to all users, to present knowledge the format, situation presented knowledge does not reflect the needs and interests of the user each occurring. その結果、利用者の知識取得効率を高いレベルに保てない。 As a result, not keep the knowledge acquisition efficiency of the user to a higher level.

【0004】CAIは、利用者に提示する知識や提示の方法を利用者各々の属性に対応させることが可能であるが、機械の持ち運びが困難なので学習する場が限られる。 [0004] CAI is, it is possible to adapt the knowledge and presentation of the method to be presented to the user on the attributes of the user each, place of learning is limited because the machine of the portable is difficult. また、一度提示された知識を復習するような場合、 In addition, in the case so as to review the once presented knowledge,
利用記録に従って知識提示画面を再作成する必要がある。 There is a need to re-create the knowledge presentation screen in accordance with the usage record. 再作成の必要が無い場合でも、人間にとって、印刷出版物上での検索の方がCAIの画面上での検索よりも簡単である。 Even if the need to re-create is not, for humans, who search in the Printing & Publishing Butsujo is easier than searching on the screen of the CAI.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】上述した、印刷出版物やCAIでは、利用者の知識取得活動効率を高いレベルに保持できない。 Described above [0004] In the printed publication or CAI, it can not hold knowledge acquisition activity efficiency of the user to a higher level.

【0006】本発明の目的は、知識の暗記という知識取得活動において個々の利用者を支援する知識出力装置を提供することになる。 An object of the present invention will provide knowledge output apparatus for supporting individual users in a knowledge acquisition activities that memorization of knowledge.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】本発明の知識出力装置は、予め定められた利用者に関する少なくとも一つの情報を入力する利用者情報入力手段と、利用者に関する情報と個々の取得対象知識に付けられた属性の値を予め定められた項目間で比較することで、少なくとも2段階に分けられた重要度のランクのうちの適当なランクを取得対象候補の知識にその重要度の値として付加することによって知識を分別する知識重要度判定手段と、付加された重要度の値を予め定められた基準と照合することによって少なくとも一面の知識提示画面の構成を決定する画面構成手段と、決定された少なくとも一面の知識提示画面の構成を保存するデータベースを保持し、保存された各画面の構成に関する項目各々の値を予め定められた画面の出力順序を決定 Means for Solving the Problems] knowledge output apparatus of the present invention, a user information input means for inputting at least one of information regarding a predetermined user, with the information and the individual acquisition target knowledge users the value of the attributes that are to compare between predetermined item and adding the value of their importance the appropriate rank of the rank of importance, which is divided into at least two stages of the knowledge of the acquisition target candidates a screen configuration unit for determining the configuration of a knowledge presentation screen at least one surface by matching the knowledge importance determining means for separating knowledge, and the added importance value predetermined criteria of by was determined It maintains a database to store configuration knowledge presentation screen at least one side, determines an output order of the predetermined display the value of an item each about the configuration of each screen saved る規則と照合することで画面の出力順序を決定し、決定された出力順序を画面の構成と共に前記データベースに保存する画面出力順決定手段と、 And rules and determines the output order of the screen by matching the screen output order determining means for storing in the database the determined output order the configuration of the screen that,
決定された出力順序で、予め定められた配置に関する規則を参照することで指定された配置方法で、画面に表示するよう指定された知識を出力する出力手段を有する。 At the determined output order, in the placement process specified by referring to the rules relating to the arrangement of predetermined an output means for outputting the specified knowledge to the screen.

【0008】本発明の知識出力装置は、さらに、制約された表示媒体に知識を出力する場合、特に、予め定められた表示媒体の制約に対する代替表現方法を規定する規則によって画面を構成する要素の変更、削除などの処理を行なう手段と、予め定められた表示媒体の特性に合わせて知識提示画面を出力する手段を有する。 [0008] Knowledge output apparatus of the present invention, further, when outputting the knowledge constrained display medium, in particular, the elements constituting the screen by the rules defining the alternative representation to a constraint of a predetermined display medium change comprises means for performing processing such as deleting, means for outputting a knowledge presentation screen in accordance with the characteristics of the predetermined display medium.

【0009】 [0009]

【作用】本発明は、利用者の属性によって判断された、 [Action] The present invention has been determined by the user of the attribute,
知識の重要度に基づき決定された、知識を提示する画面(知識提示画面)の構成の各項目の値を、予め定められた画面の出力順序を決定する規則と照合することで画面の出力順序を決定し、予め定められた配置に関する規則を参照することで画面構成に関する項目の指定に従い、 Is determined based on the importance of the knowledge, the value of each item of the configuration of the screen (knowledge presentation screen) that presents knowledge, the output order of the screen by matching the rules for determining the output order of the predetermined screen as specified items related to the screen configuration by determining the, referring to rules regarding the placement of predetermined
決定された出力順序で、表示媒体に合わせて、知識提示画面を出力することを要旨とする。 At the determined output order, in accordance with the display medium, and summarized in that for outputting a knowledge presentation screen.

【0010】請求項1の発明は、利用者が入力した利用者個人の特徴と利用者が取得すべき知識の属性によって構成された知識提示画面に対して、その構成の特徴と利用者個人の特徴から出力順序を決定することで、利用者にとって重要な知識を利用者の印象に残り易く提示することを特徴とする。 [0010] The invention according to claim 1, with respect to knowledge presentation screen constituted by the attribute knowledge user should obtain the characteristics of individual user input by the user, the individual user and the characteristics of the structure by determining the output order from the feature, and wherein the presenting apt to remain an important knowledge impression of the user for the user.

【0011】例えば、利用者個人の特徴から複数の知識を記憶することが必要で、そのために複数の知識提示画面が作成され、更に記憶すべき知識の中に最優先に記憶すべきと判断された知識がある場合、この知識の提示された画面を他画面に先んじて利用者に提示するなどの手段を用いることで、利用者は自然にこの単語に注目し易くなる。 [0011] For example, is necessary to store a plurality of knowledge from the characteristics of the individual user, a plurality of knowledge presentation screen is created for it, is determined to be stored in the highest priority in the knowledge to be further stored If you are familiar, by using the means, such as presenting the presented screen of this knowledge to the user ahead of the other screen, the user tends to focus on this word naturally.

【0012】また、画面が出力される媒体は複数種存在する。 Further, medium screen is outputted is present more. しかし、画面が出力される媒体がディスプレイから紙面へと変更されるなどして、知識の表現方法に制約が加えられたとしても、ディスプレイに出力される知識提示画面を見た場合に利用者が判断する相対的な知識の重要度と、紙面に印刷された知識提示画面を見た時に利用者が判断する相対的な知識の重要度とが同じでなければならない。 However, with such media screen is output is changed to paper from the display, even as a constraint is applied to the representation of knowledge, the user when viewed knowledge presentation screen output to the display and the relative importance of the knowledge to determine the importance of the relative knowledge the user determines when viewed knowledge presentation screen printed on the paper must be the same.

【0013】そこで、請求項2の発明は、表現手段が制限された表示媒体においても、その表示媒体で利用が可能な表現手段により利用不可能な表現手段に代替することで、利用者と知識に応じた表現で利用者に知識を提示することを特徴とする。 [0013] Therefore, the invention of claim 2, in the display medium the expression means is limited, by substituting the expression means not available by means of expression that can be used in the display medium, user knowledge characterized in that it presents the knowledge to the user in the representation in accordance with the.

【0014】例えば、ディスプレイにおいて動画像を用いていたのが、紙面では動画像中の1シーンがイラストとして用いられるなどの、変更がなされる。 [0014] For example, had used a moving image on the display is, such a paper is one scene in a moving image is used as an illustration, modifications may be made.

【0015】 [0015]

【実施例】次に、本発明の実施例について図面を参照して説明する。 EXAMPLES will be described with reference to the accompanying drawings embodiments of the present invention. 《実施例1》図1は本発明の一実施例で、知識出力装置の構成を示すブロック図、図2は画面出力順決定部17 In one embodiment of "Example 1" Figure 1 the present invention, a block diagram illustrating the configuration of a knowledge output device, FIG. 2 is a screen output order determining unit 17
の構成図、図3は出力部18の提示機構のみの構成図、 Diagram of FIG. 3 is a diagram showing the construction of a presentation mechanism only output section 18,
図4は出力部18の印刷機構を含む構成図である。 Figure 4 is a configuration diagram including a printing mechanism of the output unit 18.

【0016】利用者情報入力部10は利用者から該利用者に関する情報101を受け取る。 [0016] The user information input unit 10 receives information 101 related to the user from the user. 利用者情報データベース11には利用者自身およびその学習に関する情報が保持される。 Information about the user himself and the learning is held in the user information database 11. 知識重要度判定部12は各知識の重要度を判定する。 Knowledge importance determination unit 12 determines the importance of each knowledge. 知識データベース13には、利用者が取得対象とする知識と、各知識についての情報とが保存されている。 The knowledge database 13, the knowledge which a user is to be acquired, and information about each knowledge is stored. 構成要素データベース14には、知識提示画面を構成する要素および要素に関する情報が保存されている。 The component database 14, information about the elements and components constituting the knowledge presentation screen is saved. 画面構成部15は、知識を提示するために用いる構成要素とその配置方法を決定し、画面設計用テーブル1 Screen configuration unit 15 determines the components and their arrangement method used to present knowledge, the image design table 1
04を作成する。 To create a 04. テーブルデータベース16は、作成された画面設計用テーブル104を保存する。 Table database 16 stores the screen design table 104 that is created. 画面出力順決定部17は、テーブルデータベース16に保管されている画面設計用テーブル104が指定する知識提示画面について、その出力順序を決定する。 Screen output order determining unit 17, knowledge presentation screen screen design table 104 that is stored in the table database 16 specifies, to determine its output order. 出力部18は画面の出力を制御する装置や画面を出力するディスプレイ、 Display output unit 18 for outputting a device or screen for controlling the output of the screen,
プリンタなどから構成され、画面出力順決定部17で決定された順に知識提示画面を出力する。 Printer consists like, and outputs a knowledge presentation screen in the order determined by the screen output order determining unit 17. 出力部18はまた、利用者からの情報を得るためにメッセージを表示するなど、利用者と装置をつなぐ役目もする。 The output unit 18 also such as displaying a message to obtain information from the user, also serves to connect the device and the user.

【0017】次に、図1の装置の各部間のデータの伝達手順を説明する。 Next, a procedure of transmitting data between each part of the apparatus of FIG.

【0018】本装置を初めて使用する利用者は、利用者情報入力部10において利用者情報101を入力する。 The user who are new to the device inputs the user information 101 in the user information input section 10.
利用者情報101を入力する画面を図7に例示する。 It illustrates a screen for inputting the user information 101 in FIG. 一実施例中の利用者情報101には、例えば利用者の「氏名」「年齢」「職業」「専門」「英語歴」「実質学力」 In one embodiment the user information 101 in the examples, for example, the user's "name", "age", "occupation", "professional", "English history" "substantial achievement"
「興味」「希望レベル」「学習済知識」「提示利用要素」「提示利用規則」「利用者番号」「印刷」という項目がある。 There is an item called "interest", "desired level", "learned knowledge" "presentation using elements" "presentation usage rules", "User ID" and "print". 「実質学力」「学習済知識」「提示利用要素」「提示利用規則」「利用者番号」「印刷」の各項目はシステムによって設定されるので、入力対象外の項目である。 Because each item is set by the system of "substantial achievement", "learned knowledge" "presentation using elements" "presentation usage rules", "User ID" and "print", is an item outside the input object. 利用者情報入力部10では、入力された「職業」「英語歴」項目のデータをその所持する変換表によって変換することも行なわれる。 In the user information input unit 10, also performed it is converted by the conversion table to the possession of the data of the input "occupation", "English history" item. 「実質学力」の設定も、利用者情報入力部10において行なわれる。 Setting "substantial academic" is also performed in the user information input section 10. 二度目の利用からは、利用者が名前を入力すると、利用者情報データベース11に保存されていたデータが参照されて利用者情報101が自動的に登録され、利用者は確認修正するだけといったことも可能になる。 From the second time of use, when the user to enter the name, the user information the user information 101 is automatically registered have data is reference that is stored in the database 11, the user things like only modify confirmation it also becomes possible. 利用者情報入力部10において入力、設定された利用者情報101は知識重要度判定部12に送られる。 Input in the user information input unit 10, the user information 101 is set is sent to the knowledge importance degree determination unit 12.

【0019】知識重要度判定部12は、その内部に所持する知識重要度判定ルールと利用者情報入力部10から受け取った利用者情報101に基づいて、知識データベース13内に保存されている知識のうち、提示対象である知識各々についてその重要度を判定し、重要度情報1 [0019] Knowledge importance degree determination unit 12, based on the user information 101 received knowledge importance determination rule possessed therein from the user information input section 10, the knowledge stored in the knowledge database 13 of, knowledge of each is presented objects to determine their importance, importance information 1
02を作成する。 02 to create a. そして、重要度が0でない知識データの知識番号と重要度をそれぞれ知識番号情報103と重要度情報102として、利用者情報101と共に画面構成部15へ送る。 Then, it sends the importance is not 0 of the knowledge data knowledge number and severity as knowledge ID information 103 and importance information 102 respectively, to the screen configuration unit 15 together with the user information 101.

【0020】画面構成部15は、知識重要度判定部12 [0020] The screen configuration unit 15, knowledge importance determination unit 12
から受け取った利用者情報101、重要度情報102、 Received from the user information 101, importance information 102,
知識番号情報103と、その内部に所持する2つのルール(構成要素選択ルールおよび提示画面作成ルール)、 Knowledge number information 103, two rules which possessed therein (component selection rules and presentation screen created rules),
そして構成要素データベース14を用いて画面設定用テーブル104を作成することで、知識提示画面の構成を指定する。 And by creating a screen setting table 104 using the component database 14, to specify the structure of the knowledge presentation screen. 作成された画面設定用テーブル104は全てテーブルデータベース16へ送られる。 Screen setting table 104 that is created are all sent to the table database 16. 画面構成部15 Screen configuration unit 15
はまた、テーブル作成に用いられた知識・構成要素・提示規則の番号を、利用者情報101の「学習済知識」 Also, a number of knowledge-components and presentation rules used in the table creation, the user information 101 "learned knowledge"
「提示利用要素」「提示利用規則」項目へそれぞれ登録し、その後利用者情報101を画面出力順決定部17へ送る。 "Presentation using elements" to register each to "presentation usage rules" item, send then the user information 101 to the screen output order determining unit 17.

【0021】テーブルデータベース16では、画面構成部15から送られた画面設定用テーブル104が保管される。 [0021] In table database 16, screen setting table 104 sent from the screen configuration unit 15 is stored.

【0022】画面設定用テーブル104は、利用者が本装置を起動する度に提示対象として選択される知識に対して作成され、利用者が本装置の起動を終了した時点でテーブルデータベース16から消去されるという、一時的な情報である。 The screen setting table 104 is created for the knowledge that the user is selected as the presentation object every time you start the device, erasing from the table database 16 when the user terminated the activation of the device that is, a temporary information.

【0023】画面出力順決定部17は、画面構成部15 [0023] The screen output order determining section 17, the screen configuration unit 15
から受け取った利用者情報101、テーブルデータベース16内の各テーブル情報、そしてその内部に保持する画面出力順決定ルールによって、画面を提示する順序を決定し、その結果をテーブルデータベース16内の各テーブルの「出力順序」項目に登録する。 From the user information 101 received, the table information in the table database 16, and the screen output order determination rule holding therein, to determine the order in which to present a screen, the results of each table in the table database 16 It is registered in the "output order" item. そして出力部1 Then, the output unit 1
8へ利用者情報101を送る。 8 send the user information 101 to.

【0024】利用者情報101を受け取った出力部18 [0024] The output section 18, which has received the user information 101
は、その保持する構成要素配置基本ルールとテーブルデータベース16内の画面設計用テーブル104に従い、 In accordance with the components arranged basic rules and screen design table 104 in the table database 16 that holds,
知識提示画面をディスプレイに出力する。 And it outputs the knowledge presentation screen on the display. そして利用者に、提示されている画面を紙面へ印刷することを希望するか否かを尋ね、希望すれば印刷を行なう。 Then the user, a screen is presented asking whether you wish to print to the paper, the printing if desired. 印刷を行なった知識については、利用者情報101内の「印刷」項目に印刷を実行した日付を記入しておく。 The knowledge was subjected to printing, you should fill in the date you run the print in the "Print" item in the user information 101. そして、利用者情報101を利用者情報データベース11へ送る。 Then, send the user information 101 to the user information database 11. 利用者情報データベース11は送られた利用者情報101 User information database 11 the user information 101 is sent
を保存、今後の利用に備える。 Save, prepare for future use.

【0025】ところで、図5および6は本実施例における処理手順を表すフローチャートである。 By the way, FIGS. 5 and 6 are flowcharts showing the processing procedure in this embodiment. 図5,6のフローチャートに示される手順で図1に示す装置が処理を実行し知識を提供するまでの様子を説明する。 Apparatus shown in Figure 1 in the procedure shown in the flowchart of FIG. 5 and 6 illustrating how to provide and knowledge execute processing.

【0026】利用者を、高校を卒業し家具類を輸入する貿易会社に勤め始めた会社員とする。 [0026] The user, a company employee began working for a trading company to import furniture graduated from high school. 資格として、英検3級を持つことにする。 As a qualification, it will be with Eiken tertiary.

【0027】利用者情報入力部10はステップ31において、利用者に図7のような利用者情報入力用画面を提示し、自己に関する情報を入力するよう、要請する。 The user information input unit 10 in step 31, the user information input screen as shown in FIG. 7 and presented to the user, to enter the information about the self and requests.

【0028】図8,図9,図10に例示されるように、 FIG. 8, FIG. 9, as illustrated in FIG. 10,
「職業」「専門」「英語歴」「希望レベル」項目のデータ入力において選択候補が提示され、その中から利用者が選択し、入力する。 "Occupation", "professional", "English history" selection candidate in the data input of "hope level" item is presented, the user selects, the input from the.

【0029】利用者が入力した「職業」に対応して「専門」項目の選択対象分野は変化する。 [0029] selected subject areas of in response to user inputs "occupation", "specialty" item is changed. 例えば、「職業」 For example, the "occupation"
を「大学3,4年」と入力すると、「専門」項目の選択対象分野は「文学・農学・工学・物理学・教育・・・・」となり、「職業」を「会社員」としたならば、選択対象分野は「鉄鋼/営業・総務・技術・・・・、銀行/営業・総務・・・・」となる。 If a Type "University of 3, 4 years", if was selected subject areas of "specialty" items, see the "literature, agriculture, engineering, physics and education ...", and the "occupation", "office worker" if, selected subject areas is "steel / sales, general affairs and technology ..., bank / business and general affairs ...". また、「興味」という項目は、その時点において利用者が特に重点を置いて学習したい専門分野などを指定するための項目である。 In addition, the item "interest" is an item for specifying such specialized fields you want to learn the user with particular emphasis at that time. 「希望レベル」項目は、提示される知識のレベルを利用者が取得したいと思うレベルに設定するための項目で、「興味」項目と同様、利用者に希望がある場合のみ設定される。 "Hope level" item, the level of knowledge that is presented user is an item for setting the level you want to get, similar to the "interest" item, is set only when there is a hope to the user. 図10に例示する画面において、希望する学習レベルの番号で選択し、入力する。 In the screen illustrated in FIG. 10, select the number of the learning the desired level inputs. 「実質学力」項目は、「職業」や「希望レベル」、「英語歴」の値からシステムが判断し設定するので、入力要請画面には現われない。 "Substantial achievement" items, "occupation" and "hope level", because the value system it is determined set from the "English history", does not appear in the input request screen.

【0030】さて、今回の利用者からは、氏名=利用者A、年齢19才、職業=会社員、専門=貿易/営業、英語歴=英検3級、興味=特になし、希望レベル=4(大学11,2年、短大程度)との利用者情報101が得られた。 [0030] Now, from this time of the user, name = user A, 19-year-old age, occupation = company employee, professional = trade / business, English history = Eiken tertiary, interest = None, desired level = 4 (University of 11, two years, about junior college) user information 101 and was obtained.

【0031】利用者情報入力部10は、今後のデータ操作を簡易にするため、内部に所持する職業データ変換表を用いて、ステップ32で「職業」データを“会社員” [0031] The user information input unit 10, in order to simplify the future of data manipulation, using a professional data conversion table in possession of inside, the "occupation" data in step 32 "company employee"
から“6”へと変換し、登録し直す。 Converted to "6" from, re-registration. 職業データ変換表を表1として例示する。 Illustrate occupational data conversion table as Table 1.

【0032】 [0032]

【表1】 [Table 1] ステップ32では「英語歴」データも変換され、表2の英語歴対応表の「英語歴記号」項目のデータ値へと置き換えられ、再登録される。 In step 32, "English history" data is also converted, replaced with the data value of "English history symbol" item in English history correspondence table in Table 2, are re-registered. この場合は、“英検3級”から“3”になる。 In this case, it made from "Eiken tertiary" "3".

【0033】 [0033]

【表2】 [Table 2] 英語歴対応表の「英語歴記号」項目は、“1(ランク)”から“6(ランク)”のうちのどれかの値を取る。 "English-winning symbol" item of English history correspondence table, take one of the values ​​of the "1 (rank)" from "6 (rank)". これらのランクは「職業」項目において取られるランクと同じ設定になっている。 These rank is in the same settings as the rank to be taken in the "occupation" item. つまり、「職業」データは“3”という値ならば高校生、“5”ならば大学専門課程生か大学院生を示すように、「英語歴」データが“3”ならば高校生程度の学力を持ち、“5”ならば大学専門課程生か大学院生程度の学力を持っていることを示す。 In other words, "occupation" data is "3" if the value of a high school student, "5" if to indicate the University of specialized courses students or graduate students, has an "English history" data is "3" if the order of a high school student academic achievement, "5" if indicate that you have the academic ability of the order of the University of specialized courses students or graduate students. また、図10と表1の比較から分かるように、 As can be seen from a comparison of FIG. 10 and Table 1,
「希望レベル」項目のランクも「職業」項目のランクと同じに設定されている。 The rank of the "desired level" item has also been set to be the same as the rank of the "occupation" item.

【0034】「職業」「英語歴」データの変換後、ステップ33において「実質学力」がシステムによって設定される。 [0034] "occupation" after the conversion of "English history" data, "substantial achievement" is set by the system in step 33. 「希望レベル」データが無い場合には、「実質学力」データは、変換後の「職業」データと「英語歴」 If there is no "hope level" data, "substantial achievement" data is, after conversion "occupation" data and the "English history"
データのうち大きい方がその値となり、利用者情報10 It is made and its value greater of data, user information 10
1へ登録される。 It is registered to 1. しかし、「希望レベル」データが設定されている場合には、「希望レベル」データと「英語歴」データとが比較され、この2つのうち大きい方の値が「実質学力」項目のデータとして登録される。 However, if the "desired level" data has been set, it is compared with the "desired level" data and the "English history" data, registration value of the greater of the two as the "substantial achievement" item data It is. 今回は、「希望レベル」が“4”、「英語歴」が“3”なので、「実質学力」データは“4”という値を取る。 This time, "hope level" is "4", because "English history" is "3", take a value of "substantial achievement" data is "4".

【0035】このようにして設定された利用者情報10 [0035] The user information 10 that has been set in this way,
1は、ステップ34で知識重要度判定部12へ送られる。 1 is sent in step 34 to knowledge importance determining unit 12.

【0036】知識重要度判定部12は、ステップ35で知識データベース13内から提示対象知識とその付属データを取り出す。 The knowledge importance level determination unit 12 extracts the adjunct data and the presented objects knowledge from the knowledge database within 13 in step 35. そして、ステップ36で知識重要度判定ルールに従い各知識の付属データと利用者情報を照合、その結果をもとにステップ37で重要度を決定する。 Then, matching the user information and accompanying data for each knowledge accordance knowledge significance determination rule at step 36, it determines the importance at step 37 based on the result. ステップ36で照合される知識重要度判定ルール例を図11に示す。 Knowledge importance determination rule example to be matched in step 36 shown in FIG. 11.

【0037】また、英単語とその意味を「知識」として保存している知識データベース13内では、知識データは表3のような形式で保存されている。 Further, in the English words and their meanings Save and are within the knowledge database 13 as "knowledge", the knowledge data are stored in the format shown in Table 3.

【0038】 [0038]

【表3】 [Table 3] 知識データには知識である「単語知識」「意味知識」の他に、「知識番号」「分野」「適性度」という、付属データの項目がある。 The knowledge data in addition to a knowledge of the "word knowledge," "meaning knowledge", referred to as "knowledge number", "field", "suitability", there is an item that comes with data. 「分野」は、「意味知識」がよく用いられる職業/学術分野を示す情報である。 "Field" is information indicating the occupational / academic field of "meaning knowledge" is often used.

【0039】知識重要度判定部12は、表4に例示される分野・専門対応表を利用して、「分野」データと利用者情報101の「専門」項目で入力されるデータとの対応をとる。 The knowledge importance level determination unit 12 uses the field and professional correspondence table illustrated in Table 4, the correspondence between data input in "specialty" item of the user information 101 as a "field" data take. そして、この対応表を参照して行なわれる「分野」データと「専門」データの照合は、知識の重要度を決定する手続きのうちの一処理である。 The matching "field" data and "professional" data performed by referring to the correspondence table is an process of the procedure for determining the importance of the knowledge.

【0040】 [0040]

【表4】 [Table 4] 「適性度」は、その「知識」が教示されるに適当な時期を示す情報である。 "Adequacy" is information indicating an appropriate time to the "knowledge" is taught. 表5に「適性度」の基準を例示する。 It illustrates the criteria of the "adequacy" in Table 5. 「適性度」データと利用者の「職業」データの照合も、知識の重要度を決定する手続きのうちの一処理である。 Collation of the "occupation" data of the user and the "adequacy" data is also one processing of the procedure to determine the importance of knowledge.

【0041】 [0041]

【表5】 [Table 5] 知識重要度判定部12は知識「分野」データに関して検討した結果を入力するM-Result という引数と、知識「適性度」データに関して検討した結果を入れるA-Res Knowledge and importance degree determination unit 12 argument of M-the Result for inputting the result of investigation with respect to knowledge "field" data, A-Res put the result of investigation with respect to knowledge "adequacy" data
ult という引数、そしてvalue という重要度を計算する場を持つ。 Argument that ult, and have the opportunity to calculate the importance of value. 重要度の初期値は0である。 The initial value of importance is 0. 知識重要度判定部12はまた、知識の「分野」データを取り込むためにk−boxという引数を、「適性度」データを取り込むためにd−boxを、利用者の「専門」データを取り込むためにはU−BOX、「職業」データ用にはJ−BO Knowledge importance determination section 12 also, the argument that the k-box in order to capture the "field" data of knowledge, the d-box in order to capture the "suitability" data, in order to take in the "professional" data of the user the U-BOX, is in for the "occupation" data J-BO
X、「興味」データのためにはI−BOX、「希望レベル」データのためにはH−BOX、「英語歴」データのためにはC−BOXという引数を持つ。 X, for the sake of "interest" data is I-BOX, for "hope-level" data is H-BOX, for the sake of "English history" data has the argument that the C-BOX. 重要度判定処理にかけられる知識のデータがこれらの引数へ各々取り込まれ、同様に取り込まれた利用者のデータと、図11に例示されるルールに応じて比較され、その結果がM-Res Importance determining process over is the knowledge of the data is taken each to these arguments, and the user of the data taken in the same manner, are compared in accordance with the rules illustrated in FIG. 11, the result is M-Res
ult やA-Result へ入れられる。 It is put to ult and A-Result. そして、M-Result 、 Then, M-Result,
A-Result 中の値に応じ、value において重要度が計算される。 Depending on the value in the A-the Result, importance in value is calculated.

【0042】知識の重要度を決定する処理は、図12, The process of determining the importance of knowledge, as shown in FIG. 12,
図13のフローチャートで示される。 It is shown in the flowchart of FIG. 13. 図12はM-Resul 12 M-Resul
t とA-Result の値を求める処理、そして図13はM-R Process determine the value of t and A-the Result, and 13 M-R
esult とA-Result の値から重要度を計算する処理ののフローチャートである。 It is a flowchart of a process of calculating the importance degree from the values ​​of esult and A-the Result.

【0043】これから、表3の知識番号121の知識を例として取り上げ、その重要度を計算する。 [0043] Now, pick up the knowledge of knowledge number 121 in Table 3 as an example, to calculate its importance.

【0044】知識重要度判定部12はU−BOX=貿易/営業、J−BOX=6、I−BOX=nil (データ無し)、H−BOX=4、C−BOX=3、k-box =一般、d-box =2と、各引数にデータを入れる。 The knowledge importance level determination unit 12 is U-BOX = Trade / sales, J-BOX = 6, I-BOX = nil (no data), H-BOX = 4, C-BOX = 3, k-box = generally, the d-box = 2, put the data into each argument. これらの値と図11のルールを用いて処理が行なわれる。 Processing using rules for these values ​​and 11 is performed.

【0045】今回I−BOXにデータが存在しないので、まずk-box の値が「一般」か否かのチェックがなされる。 [0045] Since the data in the current I-BOX is not present, first, the value of k-box is checked whether or not the "General" is made. この場合YESなので、M-Result にS1という値が入れられ、M-Result の値を求める処理は終了する。 Since YES in this case, the value is placed in that S1 is M-the Result, the process for obtaining the value of M-the Result ends. 次に、A-Result の値を得る処理が行なわれる。 Next, the process for obtaining the value of the A-the Result is performed. H
−BOXに値が存在するので、H−BOXとd-box の中身が比較される。 Since the value in -BOX is present, the content of H-BOX and d-box are compared. H−BOXのデータの方がd-box のデータより大きいから、A-Result へd-box のデータ値、 Since the direction of the data of the H-BOX is greater than the data of the d-box, the data value of the d-box to the A-Result,
つまり“2”が書き込まれる。 That is "2" is written. そして、M-ResultとA- Then, the M-Result A-
Result の値をもとに重要度が計算される。 Based on the importance of the value of the Result it is calculated. まず、M-Re First, M-Re
sult のデータがS1なので、重要度に1が加わる。 Since data sult is S1, 1 is added to the degree of importance. 次に、A-Result にデータが存在、そのデータにInterest Next, there is data in the A-the Result, Interest in the data
edという記号は付いていないのでさらに1が加えられ、 In addition 1 is added because the symbol does not have that ed,
重要度は2となる。 Importance is 2. そして、C−BOXのデータとA-R Then, the C-BOX data and A-R
esult のデータを比較するとC−BOX中のデータの方が大きい。 If the data in the C-BOX A comparison of the data of the esult is large. これは、利用者の英語歴から判断して知識番号121が既に学習されている可能性が高いことを示す。 This indicates that there is a high possibility that knowledge number 121 Judging from the English history of the user has already been learned. それで重要度から0.5が引かれ、知識番号121 So 0.5 is subtracted from importance, knowledge number 121
の知識の重要度は1.5と決定される。 The importance of knowledge is determined as 1.5.

【0046】こうして決定された重要度は、ステップ3 [0046] thus determined degree of importance, step 3
8において重要度情報102として登録される。 It is registered as the importance information 102 in 8. 知識番号もステップ39で、知識番号情報103として登録される。 Knowledge number in step 39, is registered as knowledge number information 103.

【0047】そして知識重要度判定部12は、ステップ40で利用者情報101と、重要度が0でない知識の重要度情報102と知識番号情報103とを一緒に、画面構成部15へ送る。 [0047] The knowledge importance level determination unit 12, the user information 101 in step 40, together severity and importance information 102 and knowledge number information 103 knowledge not zero, and sends it to the screen configuration unit 15. 画面構成部15は、知識番号12 Screen configuration unit 15, knowledge number 12
1、重要度1.5という情報と利用者情報101とを受け取ることになる。 1, will receive the information that the severity 1.5 and the user information 101.

【0048】画面構成部15は、図14のような画面設計用テーブル104を持ち、ステップ41において提示対象知識各々に関してテーブルの各項目の値を定めて画面設計用テーブル104を作成することで、知識提示画面の構成を指定する。 The screen configuration unit 15, by creating a screen having a design table 104, the image design table 104 defines the values ​​of the fields of the table with respect to the presented objects knowledge each in step 41 as shown in FIG. 14, specify the configuration of knowledge presentation screen.

【0049】画面設計用テーブル104の作成は、以下の手順で行なわれる。 Creating [0049] Screen Design table 104 is performed by the following procedure.

【0050】まず、知識重要度判定部12から受け取った利用者情報101、重要度情報102と知識番号情報103、そして画面構成部15内部に所持される構成要素選択ルール(図15に例示)によって構成要素データベース14から、知識を提示する画面に用いる文章、写真、ビデオ画像などの構成要素データを番号で選択する(構成要素データベース14の中のデータ例を図16に示す)。 [0050] First, the knowledge significance determination unit user information 101 received from the 12, importance information 102 and knowledge number information 103 and screen configuration unit 15 component selection rule which is possessed therein (illustrated in FIG. 15) from the component database 14 (indicating data examples in the component database 14 in Fig. 16) the sentence used in the screen for presenting the knowledge, photographs, the component data, such as a video image selected by number. そして知識提示画面作成ルール(図17に例示)中から提示に用いる規則を選定、適用することによって、構成要素を配置する方法を決定する。 The selection rules for use in presenting the in knowledge presentation screen creation rules (illustrated in FIG. 17), by applying, to determine how to place the component. 同一画面上に提示されるべき知識が存在する場合には、それについても同様に構成要素と提示方法を決定する。 When the knowledge to be presented on the same screen exists, it determines the presentation method similarly to elements about it. これらの処理の結果、画面設計用テーブル104の各項目に値が定まる。 The result of these processes, the value is determined for each item of the screen design table 104.

【0051】こうして作成された画面設計用テーブル1 The screen design for a table 1 thus created
04は、ステップ42においてテーブルデータベース1 04, table database 1 in step 42
6に送られる。 6 is sent to.

【0052】テーブルデータベース16はステップ60 [0052] table database 16 step 60
で、画面構成部15から受け取った画面設計用テーブル104の「テーブル」項目に、テーブルを区別するためのテーブル識別番号を記入し、保管しておく。 In, the "table" option on the screen design table 104 received from the screen construction unit 15, fill in the table identification number to distinguish the table, keep a. テーブル識別番号は単にテーブルが送られてきた順に、A,B, Sequentially table identification number which is simply a table sent, A, B,
C,・・・・と振られる。 C, is swung and .... また、「提示チェック」項目は最初は値を持たず、そのテーブルが指定する画面が出力部18によって提示された後、初めに“1”という値を与えられる。 In addition, "presentation check" item is initially not have a value, after the screen in which the table is specified has been presented by the output section 18, is given a value of "1" at the beginning.

【0053】図18,19に、テーブルデータベース1 [0053] FIG. 18 and 19, table database 1
6中の画面設計用テーブル104の例を示す。 An example of a screen design table 104 in 6. これら7 These 7
つのテーブルA〜Gは、今回出力される知識提示画面を指定する。 One of the table A~G specifies is this output knowledge presentation screen.

【0054】画面構成部15は、知識番号情報103によって示された提示対象知識全てについて提示方法を決定し、その結果作られた画面設計用テーブル104のテーブルデータベース16への送付も完了すると、ステップ43において利用者情報101を画面出力順決定部1 [0054] Screen configuration unit 15, a presentation method was determined for all presented objects knowledge indicated by the knowledge number information 103 completes also sent to the table database 16 of the results made screen designed for table 104, step user information 101 screen output order in 43 determining section 1
7へ送る。 Send to 7. また、画面構成部15はステップ44で、画面設計用テーブル作成に利用した知識・構成要素・提示規則の番号を利用者情報101の「学習済知識」「提示利用要素」「提示利用規則」項目にそれぞれ登録する。 In addition, the screen configuration unit 15 step 44, "learned knowledge", "presented use elements" of the user information 101 the number of knowledge-components and presentation rules that you use to the table created for the screen design "presentation usage rules" item to register, respectively.

【0055】画面出力順決定部17は、その内部に所持する画面出力順決定ルールとテーブルデータベース16 [0055] screen output order determining section 17, the screen output order determination rules and table database 16 for possession in the internal
内の画面設計用テーブル104が示すデータによって、 By data screen design table 104 of the inner shows,
各画面の出力順序を決定する処理を行なう。 It performs a process of determining the output order of each screen. 画面出力順決定部17は出力順序を入れ換える作業を行なうための場所としてOrder という構造を持つ(図2参照)。 The screen output order determining unit 17 has a structure that Order as a place for performing the task of replacing the output sequence (see Figure 2). Orde Orde
r は、テーブル名と出力順序を組合わせて登録する構造になっている。 r has a structure to be registered by combining the output order as the table name. 出力順序決定処理実行以前には全てのテーブルの出力順序が同じ値になっているが、処理の進行に伴い随時書き換えられていく。 Although the output order determining process executed previously output order of all the tables have the same value, it will be rewritten at any time with the progress of processing. 出力順序データに同じ数字が無くなった時が処理の終了時である。 It is at the end of the process when the same number has disappeared in the output order data.

【0056】画面出力順決定部17はまず、ステップ4 [0056] screen output order determining unit 17 First, step 4
5でテーブルデータベース16にアクセスしてOrder 構造を作成する。 5 to create the Order structure to access the table database 16. 次のステップ46では、各画面設計用テーブル104の画面構成型、画面を構成する知識の番号・重要度・分野のデータを参照、これらのデータと図2 In the next step 46, each screen design table 104 screen configuration type, reference data number, severity and fields of knowledge that constitute the screen, and these data Figure 2
0に示される画面出力順序決定ルールによって各テーブルのデータを比較し各画面の出力順序を順次決定、Orde Sequentially determining the output order of each screen to compare data in each table by the screen output order determination rule shown in 0, Orde
r 構造に登録する。 To register to r structure. そしてステップ47で、各画面設計用テーブル104の「出力順序」項目に値を書き込む。 Then in step 47, it writes the value in the "Output Order" item in each screen design table 104.

【0057】では、図18,19の画面設計用テーブル例などを用いて、画面の出力順序を決定する処理について述べる。 [0057] Now, by using a screen design table example of FIG. 18 and 19, will be described processing of determining the output order of the screen.

【0058】最初に、図18,19のデータをもとにOr [0058] First, Or on the basis of the data of FIGS. 18 and 19
der 構造が作られる。 der structure is created. 今回作られるOrder 構造は、 Order structure to be made this time,
{(A,7)(B,7)(C,7)(D,7)(E, {(A, 7) (B, 7) (C, 7) (D, 7) (E,
7)(F,7)(G,7)}である。 7) is a (F, 7) (G, 7)}. 処理開始時は、Or Processing at the start, Or
der 構造の全ての出力順番データは最終出力順位を示す数字に統一されている。 All output order data der structure is unified number indicating the final output order. このOrder 構造は、最初に{(A,1)(B,2)(C,3)(D,4)(E, This Order structure, first {(A, 1) (B, 2) (C, 3) (D, 4) (E,
5)(F,6)(G,7)}としてテーブルの総数を数え、得られたテーブル総数、つまり最後の()内の数字で全出力順序データを統一するという方法で作られる。 5) (F, 6) (G, 7)} counts the total number of tables as a table the total number obtained, i.e. made in a way that unify the entire output order data in numbers in the last ().

【0059】次に、画面出力順決定ルールが適用される。 Next, the screen output order determining rule is applied. このルールはルール01から順に適用される。 This rule applies from the rule 01 in order.

【0060】まず、ルール01の適用で同じ構成型の画面が集められ、ルール02の適用で構成型の順に並べ換えられる。 [0060] First, apply the same configuration type screen is collected in the rule 01, it is rearranged in the order of configuration type in the application of rules 02. ここでOrder 構造は{(A,7)(B,6) Here Order structure {(A, 7) (B, 6)
(C,5)(D,4)(E,6)(F,5)(G, (C, 5) (D, 4) (E, 6) (F, 5) (G,
5)}となる。 5) a}. これはD、C−FG、E−B、Aの順で出力されることを示す。 This indicates that the output D, C-FG, E-B, in the order of A. −記号で繋がれたテーブルは、 - it is tethered table in the symbol,
出力順序未定である。 Output order is pending. それで、引き続き、C−F−G中の出力順序、E−B中の出力順序を決定する処理がルール03の適用により行なわれる。 So, subsequently, the output order in C-F-G, the process of determining the output order in E-B is performed by the application of rules 03.

【0061】ルール03−01によると、重要度によって出力順序が決定される。 [0061] According to rule 03-01, the output order is determined by the severity. F−C−G各テーブルの位置1の知識の重要度を比較すると、FとCのそれは3で等値だが、Gのそれは2である。 Comparing the importance of the position 1 of the knowledge of the F-C-G each table, and that of F and C but equality in 3, and that of G is 2. 従って、GはC,F,G Thus, G is C, F, G
中では2番目に出力されることになる。 It will be output to the second in the middle. EとBについては、Eテーブルの位置1の知識の重要度が2.5、Bの位置1の知識の重要度が2なので、E,Bの順に出力されるとの決定がなされる。 The E and B, the importance of the position 1 of the knowledge of E Table 2.5, since the importance of the position 1 of the knowledge of B is 2, E, determination of the output in the order of B is made. 以上の処理によって、Order Through the above processing, Order
構造は{(A,7)(B,6)(C,4)(D,2) Structure {(A, 7) (B, 6) (C, 4) (D, 2)
(E,5)(F,4)(G,3)}と書き換えられる。 (E, 5) (F, 4) (G, 3)} and rewritten.

【0062】残りは、CとFの出力順の決定である。 [0062] the rest being C and F of the output order of the decision. ルール03−02によって処理が行なわれる。 Processing by the rules 03-02 is performed. しかしテーブルCとFの位置1の知識の分野はどちらも“商業”なので、出力順の決定はできない。 But neither the field of position 1 of the knowledge table C and F since "commercial" can not determine the output order. それでルール03−0 So rule 03-0
3aへ進み、テーブルC,Fの位置2に配置される知識のデータにルール03−01が適用されることになる。 It advances to 3a, table C, so that the rule 03-01 is applied to the data of the knowledge that is disposed at a position 2 of F.
位置2の知識の重要度を見れば、Cが2、Fが2.5なので、FがCよりも先に出力されることになる。 If you look at the importance of the knowledge of the position 2, because C is 2, F 2.5, so that F is output earlier than C.

【0063】以上の処理の結果、Order 構造は{(A, [0063] As a result of the processing, Order structure {(A,
7)(B,6)(C,4)(D,1)(E,5)(F, 7) (B, 6) (C, 4) (D, 1) (E, 5) (F,
2)(G,3)}となり、全テーブルの出力順の決定が完了した。 2) (G, 3)}, and the determination of the output order of all the tables is completed.

【0064】この後画面出力順決定部17は、Order 構造をもとにテーブルデータベース16中の各テーブルの「出力順序」項目に出力順序を書き入れる。 [0064] screen output order determining unit 17 after this, the "output order" item in each table in the table database 16 based on Order structural fill in the output order. 出力順序決定後のテーブル例が、図21,22である。 Table Examples after output order decision diagrams 21 and 22.

【0065】そしてステップ48として、利用者情報1 [0065] and as a step 48, the user information 1
01を出力部18へ送る。 It sends 01 to the output unit 18.

【0066】出力部18において実行される処理には、 [0066] The processing executed in the output unit 18,
知識提示画面をディスプレイ上に提示することと紙面に印刷することの2種類がある。 There are two types of printing the knowledge presentation screen in the paper presented on the display. しかし、本実施例では、 However, in the present embodiment,
ディスプレイ上に提示する場合の処理に関してのみ記述し、紙面に印刷する場合の処理については次の実施例において記述する。 Only described with respect to processing for presenting on the display, described in the following examples for the processing for printing on paper.

【0067】出力部18は、ステップ49でテーブルデータベース16中の各テーブルの「提示チェック」項目を参照し、まだ一度も提示していないテーブルがあるかどうかを調べる。 [0067] The output section 18 refers to the "presentation check" item of each table in the table database 16 in step 49, still determine whether there is a table that is not presented even once. そしてステップ50において、未提示のテーブル中「出力順序」項目のデータが最小であるテーブルの指定に従い、画面を構成するために必要な知識や構成を取り出し配置し、ディスプレイ上に知識提示画面として出力する。 In step 50, the output as specified in the table unpresented in the table of "output order" item data is the smallest, is disposed removed knowledge and configuration required for configuring the screen, as knowledge presentation screen on the display to.

【0068】全ての画面を提示した後には、ステップ5 [0068] After presenting all of the screen, step 5
3で再提示する必要のある画面の有無を利用者に問い、 The presence or absence of the screen that need to be re-presented in a 3 question to the user,
その解答に従って、処理を行なう。 According to its answer, it performs the process.

【0069】ではこれから、知識提示画面をディスプレイへ出力するための一連の処理について、図21,22 [0069] In the future, a series of processes to output a knowledge presentation screen to display, 21 and 22
のテーブル例などを用いて説明する。 It is explained by using a table example.

【0070】出力部18は、全テーブルの「提示チェック」項目を調べる。 [0070] The output section 18, examine the "presentation check" item of the entire table. 全ての「提示チェック」項目には値が無く、これはまだひとつの画面も提示されていないことを示す。 All "presentation check" there is no value to an item, indicate that this has not yet been also presented one of the screen. それで、「出力順序」項目のデータが“1” So, the data of "output order" item is set to "1"
であるテーブル上の知識番号や構成要素番号を参照し、 Referring to knowledge numbers and component number on the table is,
知識データベース13から知識を、構成要素データベース14から構成要素を取り出す。 Knowledge from the knowledge database 13, retrieves the components from the component database 14.

【0071】図16に例示されるように、構成要素データベース14には、データの種類毎に異なる形式で構成要素データが保存されている。 [0071] As illustrated in Figure 16, the component database 14, component data in a different format for each type of data is stored. 文章データは、それ自身が構成要素番号と共に保存されている。 Text data is itself is stored with component numbers. 写真やイラストのデータは、1つ1つがファイルになって保存されていて、構成要素番号とファイル番号が一緒に保存されている。 Data of photos and illustrations, one by one, but have been saved is in the file, component number and file number are stored together. ビデオデータはLDやビデオテープに保存されており、映像開始時のフレーム番号と終了時のフレーム番号が構成要素番号と共に保存されている。 Video data are stored in LD or video tape, the frame number at the end with the frame number when video start is stored with component numbers. 知識提示画面がディスプレイに出力される時にはこのフレーム番号がL The frame number is L when the knowledge presentation screen is output to the display
Dやビデオの再生機に渡され、再生機は映像開始時のフレーム番号のシーンを画面に提示し、利用者から映像開始の要請があるまでそのままの状態で待機することになる。 Is passed to the D and video player, player presents the scene of the frame number at the start of the video on the screen, it will be waiting in the remains until there is a demand of the start of the video from the user.

【0072】さて、取り出された知識や構成要素に対し、出力部18はテーブル上の構成要素の大きさや位置に関するデータ及び図23に例示される構成要素配置基本ルールを適用して配置、ディスプレイ画面へ出力する。 [0072] Now, with respect to the retrieved knowledge and components, the output section 18 applies a component arrangement basic rules illustrated in the data and 23 relating to the size and position of the components on the table arrangement, a display screen to output to. 出力後は、同テーブルの「提示チェック」項目に“1”という値を記入する。 After output is, to fill the value "1" to "presentation check" item of the same table. これは画面が提示済みだという印付けである。 This is a sign with that screen's presented already.

【0073】図24に知識提示画面が出力されたディスプレイの例を示す。 [0073] An example of a display that knowledge presentation screen is output in FIG. 24. この知識提示画面は、図21,22 This knowledge presentation screen, as shown in FIG. 21, 22
に示される「テーブル」項目=D、「出力順序」項目= "Table" item shown in = D, "output order" item =
1の画面設計用テーブル105を指定する画面である。 It is a screen to specify one of the screen design for the table 105.

【0074】次の知識提示画面の提示を利用者が希望すると、出力部18は「出力順序」項目のデータが“2” [0074] When the user the presentation of the next of knowledge presentation screen is desired, the output unit 18 is "output order" item of data "2"
であるテーブルの指定する知識や構成要素を配置、ディスプレイ画面へ出力する。 Placing knowledge and components specified by the table is, and outputs to the display screen.

【0075】このようにして全ての画面の出力が終了すると、出力部18は再提示の必要があるかどうかを利用者に質問する。 [0075] When the output of the way, all of the screen is completed, the output unit 18 to question whether or not there is a need for re-presented to the user. 必要があるとの解答を得ると、その処理において提示された画面が提示順に集められ、図25に例示されるような形態で提示される。 When obtaining answers the need, the screen that is presented in the process is collected in the order of presentation, presented in a form as illustrated in Figure 25. 利用者はこの本をパラパラとめくり、目的の画面を発見し、知識取得を行なう。 The user is turning and sprinkle this book, I found the screen of the purpose, carry out the knowledge acquisition.

【0076】この後、利用者が本装置の起動を終了したいとのメッセージを送ると、出力部18はステップ55 [0076] Thereafter, when the user sends a message would like to end the activation of the device, the output unit 18 step 55
において利用者情報101を利用者情報データベース1 User information database 1 user information 101 in
1へ送る。 Send to 1.

【0077】利用者情報データベース11はステップ6 [0077] The user information database 11 Step 6
1で、受け取った利用者情報を図26に例示される形で保存し、次の利用に備える。 1, stores the user information received in the form illustrated in Figure 26, ready for the next use. 《実施例2》実施例2では、出力部18で知識提示画面がディスプレイに提示され、その後利用者の希望に応じて紙面に印刷される場合の処理について説明する。 In "Example 2" Example 2, knowledge presentation screen is presented on the display by the output unit 18, processing when printed on paper will be described in accordance with the desired subsequent user.

【0078】出力部18に利用者情報101が渡されるステップ48までは、実施例1での処理と同じ処理がなされ、容易に類推できるので、ここでの記述は省略する。 [0078] Until step 48 the user information 101 to the output unit 18 is passed is made the same processing as the processing in Example 1, since easily analogized, description thereof will be omitted.

【0079】さて、出力部18はステップ49でまだ提示していないテーブルがあるかどうかを調べ、ステップ50において、未提示のテーブル中「出力順序」項目のデータが最小であるテーブルの指定に従い、画面を構成するために必要な知識や構成を取り出し配置し、ディスプレイ上に知識提示画面として出力する。 [0079] Now, the output unit 18 checks whether or not there is a table that has not yet been presented in a step 49, in step 50, as specified in the table not yet presented in the table of "output order" item data is the smallest, place removed knowledge and configuration required for configuring the screen, and outputs on the display as knowledge presentation screen. そしてステップ51で、知識提示画面を印刷するか否かを利用者に問い、その答えを保管することも行なう。 In step 51, the question whether or not to print the knowledge presentation screen to the user, carried out also store the answer.

【0080】ステップ49から51の手順を繰り返し全ての画面を提示した後、出力部18はステップ52で画面を紙面に印刷、利用者に提供する。 [0080] After presenting all screens repeat the procedure from step 49 51, the output unit 18 prints the screen on paper at step 52, providing the user. そして、ステップ53で利用者に再提示または印刷する必要のある画面の有無を問い、その解答に従って、画面をディスプレイに提示・紙面に印刷・提示終了などの処理を行なう。 The question whether the screen that needs to be re-presented or printed to the user at step 53, according to the answer, performs processing such as printing and presentation leave the screen presentation-paper to display. ステップ54では、紙面の印刷処理に関し利用者情報101 In step 54, the user information relates to printing of the paper 101
中へ記録を行なう。 To medium performs recording.

【0081】ではこれから、知識提示画面を出力する一連の処理に関し、図21,22のテーブル例などを用いて説明を行なう。 [0081] In the future, relates a series of processing for outputting a knowledge presentation screen will be described by using a table example of FIG. 21 and 22. 紙面に印刷する処理に重点をおいて説明する。 An emphasis on processing to be printed on paper will be described.

【0082】出力部18は、実施例1で記述した方法で、「出力順序」項目のデータが“1”であるテーブルが指定する知識提示画面をディスプレイ上に提示する。 [0082] The output unit 18, by the method described in Example 1, presenting a knowledge presentation screen is "output order" item of data is "1" table is designated on the display.
図24が、知識提示画面が出力されたディスプレイの例である。 Figure 24 is an example of a display that knowledge presentation screen is output.

【0083】図24のディスプレイには、知識提示画面の他、「この画面を紙面に印刷しますか?印刷を希望するならば1を、希望しないならば5という数字を入力して下さい」という質問が提示される。 [0083] in the display of FIG. 24, in addition to the knowledge presentation screen, referred to as "the 1 if you want to do? Print to print the screen to the drawing sheet, enter the figure of 5 If you do not want." question is presented. 印刷を希望する利用者が1を入力すると、さらに「印刷する紙の大きさを以下から選び、入力して下さい」とのメッセージと「A When the user you wish to print to enter 1, further "to select the size of the printing paper from below, enter" message and the "A of the
3:A4:A5:B4:B5」という候補が提示される。 3: A4: A5: B4: B5 "candidate is presented that. これらの紙の大きさは、出力部18に含まれるプリンタの機能によって変化する。 The size of these papers is changed by the function of the printer included in the output unit 18. 利用者がA4サイズの紙面への印刷を希望するならば、'A4'というふうに入力する。 If the user wants to print to paper of A4 size, to enter Fu called 'A4'. これらの解答を保管する場所として、出力部1 As a place to store these answers, the output unit 1
8はPrint という構造を保持する。 8 holds the structure of Print. Printには、テーブル出力順序、利用者がそのテーブルの紙面への印刷を希望するか否か、印刷する紙の大きさ、印刷が完了したか否かの4種の情報が記録されるようになっている。 The Print, table output order, as the user If you wish to print to the paper surface of the table, the size of paper to be printed, the four information whether or not printing is completed are recorded going on. 従って、上記の利用者からの解答は、Print 構造中にPrint Therefore, the answer from the user is, Print to Print structure
={(1,1,A4,0)}と、保存される。 = A {(1,1, A4,0)}, are stored. 最初の数字は提示順序を示し、第2項目の“1”という数字は印刷を希望することを示す。 The first number indicates the presentation order, the numbers of "1" of the second entry indicates that the desired printing. そして第3項目は印刷する紙の大きさを示し、最後の“0”はまだ印刷が完了していないことを示す。 The third term denotes the size of paper to be printed, the final "0" indicates that not yet printed is complete.

【0084】次の知識提示画面の提示を利用者が希望すると、出力部18は「出力順序」項目のデータが“2” [0084] When the user the presentation of the next of knowledge presentation screen is desired, the output unit 18 is "output order" item of data "2"
であるテーブルの指定する知識や構成要素を配置、ディスプレイ画面へ出力する。 Placing knowledge and components specified by the table is, and outputs to the display screen.

【0085】画面の印刷に関する質問も同様に行なわれ、この画面について利用者が印刷をしないとなれば、 [0085] is performed in the same way also questions about the printing of the screen, if the user about this screen does not print,
Print 構造中に次の記録がなされ、Print ={(1, Next recording is made Print structure, Print = {(1,
1,A4,0)(2,0,0,0)}となる。 1, A4,0) becomes (2,0,0,0)}. 印刷の希望がない場合には第2項目の値が“0”になる。 If there is no hope of printing the value of the second item becomes "0".

【0086】以上の処理の繰り返しにより、テーブルデータベース16中の全てのテーブルの指定に従い知識提示画面がディスプレイに出力され、印刷に関する質問も済むと、利用者が印刷することを希望した画面の印刷が行なわれる。 [0086] By repeating the above process, knowledge presentation screen as specified in all of the tables in the table database 16 is output to the display, and avoid having questions about printing, screen printing is that you hope that the user to print It is carried out. 印刷は、Print構造中の第2項が“1”、 Printing, the second term of the Print structure is "1",
第4項が“0”のテーブルの指定する画面に対して行なわれる。 Section 4 is performed on the screen to specify the table "0". 第4項の値は、印刷完了後“1”に置き換えられる。 The value of the fourth term is replaced by "1" after the printing is completed. 第4項の値を“1”に変更することで、画面の印刷が済んだことを表す。 By changing to "1" to the value of the fourth term, indicating that they are done printing screen.

【0087】知識提示画面を紙面へ印刷する場合、画面を出力する媒体がディスプレイから紙面に変わることで、動画像が構成要素として利用できなくなるなど、表現の制約の発生が考えられる。 [0087] When printing the knowledge presentation screen to paper, by medium to output the screen changes to the paper from the display, such as a moving image can not be used as components, is considered the generation of constraints representation. このような制約が生じたとしても、利用者によって判断される、今回の装置の起動によって提示された複数の知識中における当該知識の相対的な重要度は、ディスプレイに提示された時に判断された結果と異なるべきではない。 Even with this limitation occurs is determined by the user, the relative importance of the knowledge in a plurality in the knowledge presented by activation of this device, it is determined when it is presented on the display result and not should be different. 従って、制約のある媒体において代替手段として用いられる表現方法は、利用者に対し、元の表現方法と同程度の重要度を感じさせる方法であることが重要である。 Thus, expression method used as an alternative in the medium with a constraint to the user, it is important that the method of feel the original representation comparable importance. このような代替手段が決められているのが、出力部18がその内部に所持する代替手段規定ルールである。 This kind of alternatives are determined is an alternative provision rule output unit 18 possessed therein.

【0088】図4に記述されるように、出力部18は代替手段規定ルールに基づいて代替手段を決める。 [0088] As described in FIG. 4, the output unit 18 determines the alternative based on the alternatives defined rules. 代替手段規定ルールの例としては、 ・「動画像」の代替手段・・・・写真、図 ・「画像の拡大」の代替手段・・・・例文の拡大、画像を複数利用 ・「画像の縮小」の代替手段・・・・例文の縮小 などがある。 Examples of alternatives defined rules, alternative ... photo · "moving image", expansion alternatives .... sentence of FIG. · "Detailed image", the reduced images of a plurality of available - "image there is such as reduction of alternative means ... sentence of ".

【0089】今回は、動画像のかわりに、動画像のラストの1シーンを図として印刷し、代替する。 [0089] This time, instead of moving images, to print the last one scene of a moving image as a picture, to substitute. しかし、文章など知識を提示に用いられる他構成要素の内容に適すると判断されるシーンを別に指定して印刷を利用してもよいし、また写真や図などの他構成要素に用いることも可能である。 However, also be used for other components, such as to a scene to be determined to be suitable to the content of the other components used the knowledge like sentence presentation may utilize the specified printing separately, also pictures and FIG. it is.

【0090】さて、希望のあった画面の印刷が終了すると、出力部18は再提示または印刷の必要があるかどうかを利用者に質問する。 [0090] Now, when the printing of the screen there was a hope to end, the output unit 18 to question whether or not there is a need for re-presentation or printing to the user. 必要があるとの解答を得ると、 And get the answer that there is a need,
その処理において提示された画面が提示順に集められ、 Its screen presented in the process is collected in the order of presentation,
図25に例示されるような形態で提示される。 It is presented in a form as illustrated in Figure 25. 利用者はこの本をパラパラとめくり、目的の画面を発見し、知識取得を行なったり印刷の手続きをしたりする。 The user is turning and sprinkle this book, I found the screen of purpose, or the printing of the procedure or performing knowledge acquisition. ここでの印刷履歴もPrint 構造に記録される。 Wherein the printing history is also recorded in the Print structure.

【0091】この後、利用者が本装置の起動を終了したいとのメッセージを送ると、出力部18はPrint 構造とテーブルデータベース16を照合し、紙面に印刷した知識の番号を調べる。 [0091] Thereafter, when the user sends a message would like to end the activation of the device, the output unit 18 collates the Print structure and the table database 16, checks the number of knowledge printed on paper. そして利用者情報101の「印刷」 And the user information 101 "print"
項目に、その知識を印刷した日時を記入する。 The item, fill in the date and time of printing that knowledge.

【0092】印刷した知識全部に関して利用者情報10 [0092] The user information 10 with respect to all printed knowledge
1へ記録し終わると、出力部18は、ステップ55において利用者情報101を利用者情報データベース11へ送る。 When finishes recording to 1, the output unit 18 transmits the user information 101 to the user information database 11 in step 55.

【0093】利用者情報データベース11はステップ6 [0093] The user information database 11 Step 6
1で、受け取った利用者情報を図26に例示される形で保存し、次なる利用に備える。 1, stores the user information received in the form illustrated in Figure 26, comprises a next available.

【0094】 [0094]

【発明の効果】新聞記事を用いて実験を行なった。 According to the present invention an experiment was conducted by using a newspaper article. 複数の新聞記事を読んで記憶してもらい、数日置いてからそれらの記事について検索してもらった。 Asked to store read several newspaper articles, I was asked to search for their article from the place a few days. また、読んだ記事について記憶していることを話してもらった。 In addition, they were asked to talk about that you have stored for I read articles.

【0095】実験結果のひとつに、最初に読んだ記事や最後に読んだ記事の記憶が強いという傾向が観察された。 [0095] One of the experimental results, a tendency that memory is strong in the first-read articles and was read last article was observed. また、複数の記事の中に良く似た内容の記事があると、記憶に混乱が見られるなどの影響が発生するとの観察もなされた。 In addition, if there is a very similar to the contents of the article in a plurality of articles, the effect of such confusion in the memory can be seen it was also made the observation that occurs.

【0096】請求項1の発明は、利用者が入力した利用者個人の特徴と利用者が取得すべき知識の属性によって構成された知識提示画面に対して、その構成の特徴と利用者個人の特徴から出力順序を決定することにより、利用者にとって重要な知識を利用者の印象に残り易く提示することが可能になる効果がある。 [0096] The invention according to claim 1, with respect to knowledge presentation screen constituted by the attribute knowledge user should obtain the characteristics of individual user input by the user, the individual user and the characteristics of the structure by determining the output order from the feature, there is an effect that makes it possible to provide easy remaining significant knowledge on impressions of the user for the user.

【0097】また、別に新聞紙面のレイアウトと記事の重要度の判断について調査を行なったところ、 ・見出しが大きいと重要な記事 ・写真が大きいと重要な記事 ・紙面の下側や中央にある記事によりも、上端部にある記事の方が重要な記事 などの判断を下したり、印象を受けたりしていた。 [0097] In addition, articles that apart from the importance of the decision of the layout and articles of the newspaper was carried out the investigation, and on the lower side and the center of the important articles, the paper important articles, photographs and-heading is large, large than two, or made a decision of such critical articles towards the articles in the upper end, has been or the impression.

【0098】以上の結果から、知識の提示面の特徴によってその重要さが判断できること、重要さに複数のランクがあること、重要さを判断する手段も複数あることが分かった。 [0098] From the above results, it can be determined that the importance by the features of the presentation surface of the knowledge that there are plural ranks importance, means for determining the importance also found that there is more than. これは、異なる提示手段によって同程度の重要さを表現できることが可能であることも示している。 This also shows that it is possible to be expressed the importance of comparable by different presentation means.

【0099】請求項2の発明は、表現手段が制限された表示媒体において、その表示媒体で利用が可能な表現手段を代替利用することにより、表現手段の制限の少ない表示媒体において知識が出力された時と同程度の重要さを利用者が判断できるような形で知識を提示することが可能となる効果がある。 [0099] The second aspect of the present invention is a display medium the expression means is limited by alternative use of expression means that can be utilized in the display medium, the output knowledge in less restrictive display medium means of expression is to become effective can the user the same degree of importance presents knowledge in a way that can be determined and when the.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例で、知識出力装置の構成を示すブロック図である。 [1] In an embodiment of the present invention, it is a block diagram showing the configuration of a knowledge output device.

【図2】画面出力順決定部17の構成図である。 It is a configuration diagram of Figure 2 screen output order determining unit 17.

【図3】出力部18の構成図である。 3 is a configuration diagram of the output section 18.

【図4】出力部18の構成図である。 4 is a configuration diagram of the output section 18.

【図5】本実施例の処理を示すフローチャートである。 5 is a flowchart showing the process of the present embodiment.

【図6】本実施例の処理を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing the process of the present embodiment.

【図7】利用者情報入力用画面例を示す図である。 7 is a diagram showing an example of a screen for the user information input.

【図8】利用者職業入力時の画面例を示す図である。 FIG. 8 is a diagram showing an example of a screen of the user at the time of occupation input.

【図9】職業項目を「会社員」にした時の専門項目入力用画面例を示す図である。 FIG. 9 is a diagram showing an example of a screen for specialty item input at the time of the occupation item in the "company employee".

【図10】利用者希望レベル入力時の画面例を示す図である。 FIG. 10 is a diagram showing an example of a screen of the user at the time of the desired level input.

【図11】知識重要度判定ルール例を示す図である。 11 is a diagram showing a knowledge importance determination rule example.

【図12】M−ResultとA−Resultの値を求める処理のフローチャートである。 12 is a flowchart of a process for determining the value of M-the Result and A-the Result.

【図13】知識重要度を計算する処理のフローチャートである。 13 is a flowchart of a process for calculating the knowledge importance.

【図14】画面設計用テーブル104の構成例を示す図である。 14 is a diagram showing a configuration example of a screen design table 104.

【図15】構成要素選択ルール例を示す図である。 15 is a diagram showing the element selection rule examples.

【図16】構成要素データベース14内のデータ例を示す図である。 16 is a diagram showing an example of data of the component database 14.

【図17】知識提示画面作成ルール例を示す図である。 FIG. 17 is a diagram showing a knowledge presentation screen creating rules example.

【図18】テーブルデータベース16に保管された画面設計用テーブル例(出力順序決定前)を示す図である。 18 is a diagram illustrating the stored image design table example in the table database 16 (output order determined before).

【図19】テーブルデータベース16に保管された画面設計用テーブル例(出力順序決定前)を示す図である。 19 is a diagram illustrating the stored image design table example in the table database 16 (output order determined before).

【図20】画面出力順決定ルール例を示す図である。 20 is a diagram showing a screen output order determination rule example.

【図21】テーブルデータベース16に保管された画面設計用テーブル例(出力順序決定後)を示す図である。 21 is a diagram illustrating the stored image design table example in the table database 16 (after output order determination).

【図22】テーブルデータベース16に保管された画面設計用テーブル例(出力順序決定後)を示す図である。 22 is a diagram illustrating the stored image design table example in the table database 16 (after output order determination).

【図23】構成要素配置基本ルール例を示す図である。 23 is a diagram showing the components arranged basic rules examples.

【図24】テーブルD(図21)の指定に従い出力された知識提示画面例を示す図である。 [24] Table D illustrates the knowledge presented example screen output as specified in (Figure 21).

【図25】再提示要請時の画面例を示す図である。 FIG. 25 is a diagram showing an example of a screen at the time of re-presentation request.

【図26】利用者情報保存例を示す図である。 FIG. 26 is a diagram showing a user information storage example.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 利用者情報入力部 11 利用者情報データベース 12 知識重要度判定部 13 知識データベース 14 構成要素データベース 15 画面構成部 16 テーブルデータベース 17 画面出力順決定部 18 出力部 31〜55,61,62 ステップ 101 利用者情報 102 重要度情報 103 知識番号情報 104 画面設計用テーブル 10 the user information input unit 11 the user information database 12 knowledge significance determination unit 13 knowledge database 14 the component database 15 screen configuration unit 16 table database 17 screen output order determining unit 18 outputs part 31~55,61,62 step 101 utilizing user information 102 importance information 103 knowledge number information 104 screen design table

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平4−14177(JP,A) 特開 平4−24872(JP,A) 坂、小澤、小林,「新聞記事検索にお ける行動の変化について」,情報処理学 会研究報告,Vol. ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (56) reference Patent flat 4-14177 (JP, a) JP flat 4-24872 (JP, a) slope, Ozawa, Kobayashi, "change your Keru action in a newspaper article search "About, information processing Society research report, Vol. 92,No. 92, No. 89(92 −HI−45,92−IM−8),1992年11 月13日,p. 89 (92 -HI-45,92-IM-8), 11 May 13, 1992, p. 53−59 (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G06F 17/30 G06F 12/00 547 G09B 5/00 JICSTファイル(JOIS) 53-59 (58) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G06F 17/30 G06F 12/00 547 G09B 5/00 JICST file (JOIS)

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 予め定められた利用者に関する少なくとも一つの情報を入力する利用者情報入力手段と、 利用者に関する情報と個々の取得対象知識に付けられた属性の値を予め定められた項目間で比較することで、少なくとも2段階に分けられた重要度のランクのうちの適当なランクを取得対象候補の知識にその重要度の値として付加することによって知識を分別する知識重要度判定手段と、 付加された重要度の値を予め定められた基準と照合することによって少なくとも一面の知識提示画面の構成を決定する画面構成手段と、 決定された少なくとも一面の知識提示画面の構成を保存するデータベースを保持し、保存された各画面の構成に関する項目各々の値を予め定められた画面の出力順序を決定する規則と照合することで画面の出力順序 1. A a user information input means for inputting at least one of information regarding a predetermined user, between a defined value of an attribute attached to the information and the individual acquisition target knowledge users beforehand items by in the comparison, knowledge importance determining means for separating knowledge by adding the value of their importance the appropriate rank of importance ranks divided into at least two stages of the knowledge of the acquisition target candidates , a database that stores the screen configuration unit for determining the configuration of a knowledge presentation screen at least one surface, a the determined at least one surface knowledge presentation screen configuration by matching the appended importance value predetermined criteria of holds, the output order of the screen by matching the rules for determining the output order of the predetermined display the value of an item each about the configuration of each screen saved を決定し、決定された出力順序を画面の構成と共に前記データベースに保存する画面出力順決定手段と、決定された出力順序で、予め定められた配置に関する規則を参照することで指定された配置方法で、画面に表示するよう指定された知識を出力する出力手段を有する知識出力装置。 Determines the display output order determining means for storing the determined output order in said database with configuration of the screen, at the determined output order, have been arranged methods specified by referring to the rules relating to the arrangement of predetermined in knowledge output device having an output means for outputting the specified knowledge to the screen.
  2. 【請求項2】 制約された表示媒体に知識を出力する場合、特に、予め定められた表示媒体の制約に対する代替表現方法を規定する規則によって画面を構成する要素の変更、削除などの処理を行なう手段と、予め定められた表示媒体の特性に合わせて知識提示画面を出力する手段を有する請求項1記載の知識出力装置。 Wherein when outputting a knowledge constrained display medium, in particular, changes in elements constituting the screen by the rules defining the alternative representation to a constraint of a predetermined display medium, performs processing such as deleting means and knowledge output apparatus according to claim 1, further comprising means for outputting a knowledge presentation screen in accordance with the characteristics of the predetermined display medium.
JP06202393A 1993-03-22 1993-03-22 Knowledge output device Expired - Lifetime JP3147262B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06202393A JP3147262B2 (en) 1993-03-22 1993-03-22 Knowledge output device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06202393A JP3147262B2 (en) 1993-03-22 1993-03-22 Knowledge output device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06274536A JPH06274536A (en) 1994-09-30
JP3147262B2 true JP3147262B2 (en) 2001-03-19

Family

ID=13188166

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06202393A Expired - Lifetime JP3147262B2 (en) 1993-03-22 1993-03-22 Knowledge output device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3147262B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9827432B2 (en) 2014-10-08 2017-11-28 Chun-Hung Wu Headrest structure

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001228792A (en) * 2000-02-14 2001-08-24 Dyuuku Planning:Kk Education support system and computer readable medium which records program
US8812962B2 (en) * 2009-11-12 2014-08-19 Microsoft Corporation Web service interface and querying

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
坂、小澤、小林,「新聞記事検索における行動の変化について」,情報処理学会研究報告,Vol.92,No.89(92−HI−45,92−IM−8),1992年11月13日,p.53−59

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9827432B2 (en) 2014-10-08 2017-11-28 Chun-Hung Wu Headrest structure

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06274536A (en) 1994-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Odlyzko Tragic loss or good riddance? The impending demise of traditional scholarly journals
Buckland et al. Redesigning library services: a manifesto
US20120173971A1 (en) System and method for publishing information and content
Kyng Making representations work
MacDonald Digital heritage
Borgman et al. Comparing faculty information seeking in teaching and research: Implications for the design of digital libraries
US5293475A (en) Electronic yearbook publication system
Newton et al. Teaching science with ICT
US6011949A (en) Study support system
Rimmer et al. An examination of the physical and the digital qualities of humanities research
JPH09212493A (en) Document processor
US20040205645A1 (en) Customized textbook systems and methods
JPH05216615A (en) Method for processing image and device for the same
Jones et al. Computer literacy among medical, nursing, dental and veterinary undergraduates
Gregory Collection development and management for 21st century library collections: an introduction
Hughes International students’ experiences of university libraries and librarians
US20080076109A1 (en) Lock-in training system
Kasdorf The Columbia guide to digital publishing
US20030064355A1 (en) Multi-media teaching method
Russial et al. Digital imaging skills and the hiring and training of photojournalists
US7124357B1 (en) Screen maker
Graham Mission Statements
Klemm et al. Virtual field trips: Best practices
CN1542639A (en) Tele-education system
Montgomery The foundations of access to knowledge

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090112

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090112

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100112

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110112

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110112

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120112

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130112

Year of fee payment: 12