JP3137959U - 足裏マッサージ踏み板 - Google Patents

足裏マッサージ踏み板 Download PDF

Info

Publication number
JP3137959U
JP3137959U JP2007007592U JP2007007592U JP3137959U JP 3137959 U JP3137959 U JP 3137959U JP 2007007592 U JP2007007592 U JP 2007007592U JP 2007007592 U JP2007007592 U JP 2007007592U JP 3137959 U JP3137959 U JP 3137959U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
massage
footboard
seat cover
sole
attached
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2007007592U
Other languages
English (en)
Inventor
敦 菅原
Original Assignee
敦 菅原
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 敦 菅原 filed Critical 敦 菅原
Priority to JP2007007592U priority Critical patent/JP3137959U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3137959U publication Critical patent/JP3137959U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Landscapes

  • Finger-Pressure Massage (AREA)

Abstract


【課題】本考案は、足裏をマッサージする踏み板に関する考案である。
【解決手段】本考案は、上下カバーを重ね縁を連結し袋状とし周囲に複数の縦紐及び横紐を取り付けたマッサージシートカバーと、無数の指圧体を均等に並べて2枚のシートで挟み各指圧体が独立して存在するようにキルティング縫製を施し前記マッサージシートカバー内に内包されたマッサージシートと、複数の支柱を介して連結された上下板からなり前記マッサージシートを内包したマッサージシートカバーを上板上に載置し前記縦横紐で上板に括り付けて取り付ける土台と、片面にクッション材を設け前記土台の上板とマッサージシートカバーの間に任意に取り付けられる細長の調節板とからなることを特徴とする足裏マッサージ踏み板の構成とした。
【選択図】 図1

Description

本考案は、足裏をマッサージする踏み板に関する考案である。
従来、足裏のツボを刺激するマッサージ用具は、青竹を縦半分に切断した足踏みや半円中のプラスチック素材の表面に凹凸を付けた足踏み等が使用されていた。
しかしながら、従来の青竹やプラスチック素材の足踏みでは素材が硬すぎるため足裏に対して刺激が強すぎることがあり、特にプラスチック素材で表面に無数の突起があるタイプの足踏みでは返って足を痛めてしまうことがあった。そのため、長時間の使用には向かず、また繰り返し使用したいと思うものではなかった。
また、上記のような問題を解決するために引用文献1に示したような足裏用の器具が考案されているが、やはり踏み板が木材で構成されているため従来の青竹等に比べれば柔らかくなっているが、依然として痛みを感じるものであった。
更に、これまでの足裏マッサージ等の用具は、常に足裏に対する刺激が一定であるため長い間同じ足裏マッサージ用具を使用しているために足が慣れてしまっても強さを換えることができず、別のマッサージ具を使用しなければならなかった。
実開平7−3637号公報
そこで、本考案は、足裏に対する刺激が程よく長時間の使用や繰り返し利用しやすく、また、容易に刺激の強さを換えることができるため買い換えずに長年使用することができる足裏マッサージ踏み板を提供することを目的とするものである。
本考案は、上記の課題を解決するために、上下カバー2a、2bを重ね縁を連結し袋状とし周囲に複数の縦紐2c及び横紐2dを取り付けたマッサージシートカバー2と、無数の指圧体3bを均等に並べて2枚のシートで挟み各指圧体3bが独立して存在するようにキルティング縫製を施し前記マッサージシートカバー2内に内包されたマッサージシート3と、複数の支柱5cを介して連結された上下板5a、5bからなり前記マッサージシート3を内包したマッサージシートカバー2を上板5a上に載置し前記縦横紐2c、2dで上板5aに括り付けて取り付ける土台5と、片面にクッション材4aを設け前記土台5の上板5aとマッサージシートカバー2の間に任意に取り付けられる細長の調節板4とからなることを特徴とする足裏マッサージ踏み板1の構成とした。
本考案の足裏マッサージ用具は、指圧体に軟性部材を使用しているため足裏に対する刺激が優しく、足裏の刺激に弱い方でも長時間使用することができる。
また、容易に刺激の調節をすることができるため足裏の刺激に慣れてしまっても買い換えることなく使用することができ、1台で幅広い人に対応することもできるため無駄な出費を抑えることができる。
足裏マッサージの刺激を程よく維持し、1台で長年にかけて使用することや多くの人に対応することができ買い換え等の無駄な出費を抑えることができる足裏マッサージ用具とう目的を、指圧力の調節機能をつけることによって実現した。
図1は、本考案である足裏マッサージ踏み板の斜視図、図2は本考案である足裏マッサージ踏み板の分解斜視図である。
図1及び図2に示すように、本考案である足裏マッサージ踏み板1は、上下カバー2a、2bを重ね縁を連結し袋状とし周囲に複数の縦紐2c及び横紐2dを取り付けたマッサージシートカバー2と、
無数の指圧体3bを均等に並べて2枚のシートで挟み各指圧体3bが独立して存在するようにキルティング縫製を施し前記マッサージシートカバー2内に内包されたマッサージシート3と、
複数の支柱5cを介して連結された上下板5a、5bからなり前記マッサージシート3を内包したマッサージシートカバー2を上板5a上に載置し前記縦横紐2c、2dで上板5aに括り付けて取り付ける土台5と、
片面にクッション材4aを設け前記土台5の上板5aとマッサージシートカバー2の間に任意に取り付けられる細長の調節板4とからなる。
前記マッサージシートカバー2の上下カバー2a、2bは縁同士を接着又は縫い合わせ等の方法により袋状としたものであり、マッサージシート3を内包して全ての面を縫い合わせてもよく、また一辺を開口させた状態でもジッパーとして開閉可能としてもよい。
また、マッサージシートカバー2を土台5に取り付けるための前記縦横紐2c、2dはゴム製のものであっても、幅広の紐であってもよく、特に限定したものではない。
前記マッサージシート3内に等間隔に内包されている無数の指圧体3b、3b、3b・・・は図中では円柱形状としたが、その他球体や角形等であってもよく、形状については特に限定したものではない。
前記各指圧体3b、3b、3b・・・は、2枚のマッサージシート3に挟まれ、更に各指圧体3b、3b、3b・・・がマッサージシート3内で片寄ることがないようにキルティング縫製により常に等間隔を維持できるように内包されている。
そのため、マッサージシート3の表裏面は指圧体3bの数だけ凸部3aが形成された状態となっている。
前記調節板4はやや肉厚の細長い板で片面に同じく肉厚のクッション材4aが取り付けられている。調節板4の長さは土台5の上板5aよりもやや短い。
前記土台5は、同形同大の2枚の上下板5a、5bと前記上下板5a、5bを連結する複数の支柱5c、5c、5c・・・からなり、上下板5a、5bの間に空間を設けて連結されている。
前記下板5bの底面には四隅に滑り止め5dが取り付けられており、この取り付け数は特に限定したものではなく、増減しても構わない。また、上下板5a、5bを連結する支柱5cについては、円柱形としたが、この形状ではなく角柱形としてもよく、更に使用する本数や位置についても図中のものに限られず増減しても構わない。
図3は本考案である足裏マッサージ踏み板のA−A線断面図、図4は本考案である足裏マッサージ踏み板の使用状態を示した図である。
図3に示すように、土台5の上板5a上の中央に前記調節板4をクッション材4aが上面にくるように載置し、更にその上からマッサージシート3を内包したマッサージシートカバー2を被せる。
次にマッサージシートカバー2に取り付けられている各縦横紐2c、2dを上下板5a、5bの間に通して対応する縦紐5a同士と、横紐5b同士を結び上板5aに括り付ける。
以上のように、マッサージシート3を内包したマッサージシートカバー2の中央部は調節板4により山型に盛り上がった状態となり、その部分に足6を載せることで足裏のツボを刺激することができる。
図5は本考案である足裏マッサージ踏み板の他の使用状態を示した図である。図5に示すように、本考案である足裏マッサージ踏み板1は、実施例1で示したようにマッサージシートカバー2と土台5の間に調節板4を挟みマッサージシートカバー2を山型にした状態で使用するが、足裏への刺激が強すぎる場合には、前記調節板4を使用せずにマッサージシートカバー2を平らにした状態で使用することができる。
この場合、実施例1の方法よりも足裏に伝わる刺激が柔らかくなり、刺激に弱い人でも十分に心地よいマッサージを得ることができる。
図6は本考案である足裏マッサージ踏み板の他の使用状態を示した図である。図6に示すように、本考案である足裏マッサージ踏み板1は、実施例1で示した使用法では足裏への刺激が弱いと感じる場合には、調節板4をクッション材4aが下面にくるように載置して使用すればよい。
実施例1では、マッサージシート3の各指圧体3bと調節板4のクッション材4aが互いに衝撃を吸収し合うため足裏への刺激が弱められていたが、実施例3のように調節板4上にマッサージシートカバー2を載せた場合は、刺激の吸収が弱まり足裏へ強い刺激が伝わる状態となっている。
図7は本考案である足裏マッサージ踏み板の他の使用状態を示した図である。図7に示すように、本考案である足裏マッサージ踏み板1を複数個使用して階段状に並べて使用することができる。
図7のように階段状に組み合わせたマッサージ踏み板1の上を往復して歩くことにより、左右の足への重心のかかり方により前記実施例1から3と異なった強さの刺激を得ることができる。尚、マッサージ踏み板1の組み合わせ方法については、更に多くのマッサージ踏み板1を使用することで図7に示した以外の組み合わせをすることができる。
以上のように、本考案ではマッサージ踏み板1単体で、刺激の強さを3段階に換えることができ、あらゆる人の足裏に対応することができる。即ち、最も刺激が弱い方法である実施例2、通常の刺激が伝わる方法である実施例1、そして最も刺激が強い方法である実施例3の3段階の足裏マッサージを受けることができる。
更に実施例4で示したように、本考案を複数組み合わせることで、実施例1から3で得られる刺激とは異なった刺激を受けることができる。
本考案である足裏マッサージ踏み板の斜視図である。 本考案である足裏マッサージ踏み板の分解斜視図である。 本考案である足裏マッサージ踏み板のA−A線断面図である。 本考案である足裏マッサージ踏み板の使用状態を示した図である。 本考案である足裏マッサージ踏み板の他の使用状態を示した図である。 本考案である足裏マッサージ踏み板の他の使用状態を示した図である。 本考案である足裏マッサージ踏み板の他の使用状態を示した図である。
符号の説明
1 足裏マッサージ踏み板
2 マッサージシートカバー
2a 上カバー
2b 下カバー
2c 縦紐
2d 横紐
3 マッサージシート
3a 凸部
3b 指圧体
4 調節板
4a クッション材
5 土台
5a 上板
5b 下板
5c 支柱
5d 滑り止め
6 足

Claims (1)

  1. 上下カバーを重ね縁を連結し袋状とし周囲に複数の縦紐及び横紐を取り付けたマッサージシートカバーと、無数の指圧体を均等に並べて2枚のシートで挟み各指圧体が独立して存在するようにキルティング縫製を施し前記マッサージシートカバー内に内包されたマッサージシートと、複数の支柱を介して連結された上下板からなり前記マッサージシートを内包したマッサージシートカバーを上板上に載置し前記縦横紐で上板に括り付けて取り付ける土台と、片面にクッション材を設け前記土台の上板とマッサージシートカバーの間に任意に取り付けられる細長の調節板とからなることを特徴とする足裏マッサージ踏み板。
JP2007007592U 2007-10-02 2007-10-02 足裏マッサージ踏み板 Expired - Fee Related JP3137959U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007007592U JP3137959U (ja) 2007-10-02 2007-10-02 足裏マッサージ踏み板

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007007592U JP3137959U (ja) 2007-10-02 2007-10-02 足裏マッサージ踏み板

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3137959U true JP3137959U (ja) 2007-12-13

Family

ID=43288286

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007007592U Expired - Fee Related JP3137959U (ja) 2007-10-02 2007-10-02 足裏マッサージ踏み板

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3137959U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012228506A (ja) * 2011-04-11 2012-11-22 Uchida Hanbai System:Kk 下半身強化ボード

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012228506A (ja) * 2011-04-11 2012-11-22 Uchida Hanbai System:Kk 下半身強化ボード

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5970546A (en) Portable headrest having a base support member with air passages for use while sunbathing
CA2666268C (en) A mattress
JPH0651013B2 (ja) 敷寝具
US20060247562A1 (en) Passive resistance musculo-skeletal manipulation devices
US1869460A (en) Exercise and massage cushion
CN205434270U (zh) 加热按摩多功能老人椅
JP3137959U (ja) 足裏マッサージ踏み板
JP3099122U (ja) スイング運動器具と共に使用するパッド組立体
CN201057913Y (zh) 多功能保健枕头
KR200407079Y1 (ko) 매트리스가 구비된 안마용 의자
JP2007151642A (ja) 仰側臥対応三層構造マットレス
JP3106889U (ja) 整体器具
CN206197500U (zh) 休闲运动椅
KR101895003B1 (ko) 기능성 베개
CN2278473Y (zh) 摇摆机健身垫
JP2001017292A (ja) マッサージ機能を有する枕
JP3244925U (ja) 足踏み運動器具
CN212306982U (zh) 一种减震按摩男鞋
CN217337939U (zh) 防二郎腿按摩仪
KR102135277B1 (ko) 운동 보조기구
JP3175763U (ja) 指圧器
KR200325564Y1 (ko) 지압용구
JP2542790Y2 (ja) 足揉み器
KR101412859B1 (ko) 휴대용 건강기능성 보조 베개
KR200183803Y1 (ko) 건강매트의 구조

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101121

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111121

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121121

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121121

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121121

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131121

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees