JP3013882B2 - Vehicle seat - Google Patents

Vehicle seat

Info

Publication number
JP3013882B2
JP3013882B2 JP7296006A JP29600695A JP3013882B2 JP 3013882 B2 JP3013882 B2 JP 3013882B2 JP 7296006 A JP7296006 A JP 7296006A JP 29600695 A JP29600695 A JP 29600695A JP 3013882 B2 JP3013882 B2 JP 3013882B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
seat
seat cushion
supported
base frame
link
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP7296006A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH09109741A (en
Inventor
川 優 治 田
Original Assignee
池田物産株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 池田物産株式会社 filed Critical 池田物産株式会社
Priority to JP7296006A priority Critical patent/JP3013882B2/en
Publication of JPH09109741A publication Critical patent/JPH09109741A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3013882B2 publication Critical patent/JP3013882B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Seats For Vehicles (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、例えば鉄道車両等
に乗物用座席として用いて好適な車両用シートに関し、
更に詳細に説明すると、脚台上に支持されるベースフレ
ームと、このベースフレーム上で略水平姿勢状態を保っ
て支持されるシートクッションと、前記ベースフレーム
上で前記シートクッションの後端側に立設され、シート
の前後方向に傾動可能に支軸により支持されるシートバ
ックとを備える車両用シートに関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a vehicle seat suitable for use as a vehicle seat in, for example, a railway vehicle.
More specifically, a base frame supported on a footrest, a seat cushion supported on the base frame while maintaining a substantially horizontal posture, and a standing rear end of the seat cushion on the base frame. And a seat back supported by a support shaft so as to be tiltable in the front-rear direction of the seat.

【0002】[0002]

【従来の技術】一般に、車両用シートは、シートクッシ
ョン及びその後方で立設されたシートバックからなり、
且つシートバックをリクライニング機構によりシートの
前後方向に傾動調整可能に構成したり、あるいはシート
全体を支持するシートフレームを車体の床面上で前後ス
ライド装置等で支持し、車体の前後方向に移動調整し得
るように構成したりすることにより、着座者の体型や好
みに対処し、着座者にとって適切な着座状態が得られる
ような構成とされている。
2. Description of the Related Art In general, a vehicle seat comprises a seat cushion and a seat back provided upright behind the seat cushion.
In addition, the seat back can be tilted and adjusted in the front-rear direction by a reclining mechanism, or the seat frame that supports the entire seat is supported on the floor surface of the vehicle body by a front-rear slide device, etc., and the vehicle body is moved in the front-rear direction. By doing so, it is possible to cope with the physique and preference of the occupant and to obtain an appropriate sitting state for the occupant.

【0003】更に、近年では、シートのシートクッショ
ン部分を、平行リンク機構等によるリフター機構を介し
て支持し、これを上下方向に平行移動させたり、スライ
ドレールの前端部を上方に弯曲形成し、これに応じてシ
ートクッションをスイング動作させることにより、上述
した着座状態をより一層適切に調整し得るようにした車
両用シートも、種々提案されるようになっている。
Further, in recent years, a seat cushion portion of a seat is supported via a lifter mechanism such as a parallel link mechanism and the like, and is vertically moved in parallel, or a front end of a slide rail is curved upward. Various vehicle seats have also been proposed in which the seat cushion described above can be more appropriately adjusted by swinging the seat cushion accordingly.

【0004】即ち、この種の車両用シートにおいて、シ
ートクッションを、その前端部をシート前方で斜め上方
に向って移動させ、且つ後端部をこれとは逆にシート下
方に向って降下するようにスイング動作させると、着座
者の尻部の前ずれを防ぎ、安定した着座状態を得る上で
効果を発揮し得るものである。特に、このようなシート
クッションのスイング動作は、シートバックをシート背
面側に傾動動作させた場合のように、着座者の着座位置
がずれ易くなり、着座姿勢が不安定となる場合に採用し
て効果的である。
That is, in such a vehicle seat, the front end of the seat cushion is moved obliquely upward in front of the seat, and the rear end of the seat cushion is downwardly moved downward. When the swinging motion is performed, it is possible to prevent the seat part of the seated person from shifting forward, and to exert an effect in obtaining a stable seated state. In particular, such a swing operation of the seat cushion is adopted when the seating position of the seated person is likely to shift and the seating posture becomes unstable, such as when the seat back is tilted to the seat back side. It is effective.

【0005】[0005]

【発明が解決しようとする課題】然し乍ら、従来から知
られている車両用シートのリフター機構は、シートクッ
ションをシートバックとは無関係に、着座者の体格や好
みに応じてスイング動作させているだけのものが多く、
シートバックを傾動させた時には、その着座姿勢の変化
に応じて着座者がリフター機構を操作し、所定の姿勢状
態にスイングさせているもので、操作性の面で問題があ
り、また操作部を含めた構造が複雑化し、実用面で問題
であった。
However, the conventionally known vehicle seat lifter mechanism simply swings the seat cushion in accordance with the physique and preference of the occupant regardless of the seat back. Many things,
When the seat back is tilted, the occupant operates the lifter mechanism in accordance with the change in the sitting posture and swings the seat back to a predetermined posture state. The structure involved was complicated, which was a problem in practical use.

【0006】また、車両用シートとしては、例えばシー
トの向きを着座者の好みや要求に応じて変更調節し得る
ような、鉄道車両用の回転式のシートも知られている
が、このような回転式シートに、上述したシートクッシ
ョンのスイング機構を簡易に適用することができないも
のであった。
As a vehicle seat, a rotary seat for a railway vehicle is known, for example, in which the orientation of the seat can be changed and adjusted in accordance with the preference and demand of a seated person. The above-described seat cushion swing mechanism cannot be easily applied to a rotary seat.

【0007】即ち、この種の回転式の車両用シートとし
ては、面擦り合わせ式やシャフトアップ回転式等による
回転調整機構を、シート本体の下方で車室床面との間に
介在させて設けてなる構造が採用されており、上述した
ようなリフター機構をそのまま適用することができない
ものであった。
That is, as this kind of rotary type vehicle seat, a rotation adjusting mechanism such as a face-to-face type or a shaft-up rotary type is provided below the seat body and interposed between the seat body and the floor of the passenger compartment. Therefore, the lifter mechanism as described above cannot be applied as it is.

【0008】本発明はこのような事情に鑑みてなされた
もので、シートバックの背面側への傾動動作に連動し、
シートクッションをスイング動作させることができる簡
易型のスイング機構を採用し、シートバックの前後傾動
の作動角範囲において、尻すべりを防止し、ヒップアン
グルを拡大し、骨盤から胸椎にかけてのサポート状態が
優れ、またシートクッションをリクライニング機構とは
別に容易に前後移動調整することのできる車両用シート
を得ることを目的としている。
The present invention has been made in view of such circumstances, and is interlocked with the tilting operation of the seat back to the back side,
Adopts a simple swing mechanism that can swing the seat cushion, prevents the hips from slipping, expands the hip angle, and provides excellent support from the pelvis to the thoracic vertebra in the operating angle range of the back and forth tilt of the seat back It is another object of the present invention to provide a vehicle seat in which a seat cushion can be easily moved back and forth separately from a reclining mechanism.

【0009】[0009]

【課題を解決するための手段】本発明は上述せる課題に
鑑みてなされたもので、本発明の請求項1に記載の車両
用シートは、脚台上に支持されるベースフレームと、該
ベースフレーム上に支持されるシートクッションと、前
記ベースフレーム上で前記シートクッションの後端側に
立設され、シートの前後方向に傾動可能に支軸により支
持されるシートバックとを備える車両用シートにおい
て、前記シートバックにアームブラケットを固着し、前
記シートクッションの後端側下部に前後方向に延びる長
穴を有する支持ブラケットを設け、前記アームブラケッ
トの下端側に第1リンクの一端を軸支し、前記ベースフ
レーム側に第2リンクの一端を軸支し、前記第1リンク
の他端、及び第2リンクの他端を回動可能に軸支し、該
軸支部を前記支持ブラケットの長穴に係合させ、且つ前
記ベースフレームの後方側に水平面内で回動する水平回
動アームの一端側を軸支し、該回動アームの他端を前記
シートクッションに係合させると共に、軸支位置の近傍
と前記ベースフレームの前端部との間に伸縮状態のロッ
ク及びその解除が可能な流体式アクチュエータを介挿し
たことを特徴とする。
SUMMARY OF THE INVENTION The present invention has been made in view of the above problems, and a vehicle seat according to a first aspect of the present invention includes a base frame supported on a footrest, and a base frame. A vehicle seat comprising: a seat cushion supported on a frame; and a seat back erected on a rear end side of the seat cushion on the base frame and supported by a support shaft so as to be tiltable in the front-rear direction of the seat. An arm bracket is fixedly attached to the seat back, a support bracket having a long hole extending in the front-rear direction is provided at a lower rear end side of the seat cushion, and one end of a first link is pivotally supported at a lower end side of the arm bracket. One end of a second link is pivotally supported on the base frame side, and the other end of the first link and the other end of the second link are pivotably supported. One end of a horizontal pivot arm that pivots in a horizontal plane at the rear side of the base frame is engaged with the long hole of the base, and the other end of the pivot arm is engaged with the seat cushion. In addition, a fluid actuator capable of locking and unlocking in an expanded and contracted state is inserted between the vicinity of the pivotal support position and the front end of the base frame.

【0010】この請求項1に記載の車両用シートによれ
ば、第1リンク及び第2リンクを回動可能に軸支し、該
軸支部をシートクッションの支持ブラケットの長穴に係
合させ、水平回動アームの一端を前記ベースフレームの
後端側に軸支すると共に、他端をシートクッションに係
合させ、この水平回動アームの下端と前記ベースフレー
ムの前端部との間の長さを流体式アクチュエータで調整
するので、シートバックを後傾させた場合に、前記アー
ムブラケットの下端が前方に回動し、第1リンク及び第
2リンクの軸支部をシートクッションのブラケットの長
穴に沿って前方に移動させることができ、前記第2リン
クの回動によりシートクッションの後端を上下方向に可
動させることができると共に、流体式アクチュエータの
ロック状態を解除することによってシートクッションの
前後位置をシートバックと独立して任意に調整すること
ができ、このとき流体式アクチュエータの取付位置が水
平回動アームの軸支位置近傍であるので、てこの原理に
よってシートクッションの前後動を軽い力で行うことが
できると共に、シートクッションの前後移動量に対して
流体式アクチュエータの移動量を小さくすることができ
る。
According to the vehicle seat of the first aspect, the first link and the second link are rotatably supported by the shaft, and the shaft support is engaged with the elongated hole of the support bracket of the seat cushion. One end of the horizontal rotation arm is pivotally supported on the rear end side of the base frame, and the other end is engaged with a seat cushion. The length between the lower end of the horizontal rotation arm and the front end of the base frame Is adjusted by a fluid actuator, so that when the seat back is tilted backward, the lower end of the arm bracket rotates forward, and the shaft supports of the first link and the second link are inserted into the elongated holes of the bracket of the seat cushion. Along with the rear end of the seat cushion by the rotation of the second link, and the fluid actuator can be unlocked. By this, the front and rear positions of the seat cushion can be arbitrarily adjusted independently of the seat back. At this time, since the mounting position of the fluid actuator is near the pivotal support position of the horizontal rotation arm, the seat lever is The cushion can be moved back and forth with a small force, and the amount of movement of the hydraulic actuator can be reduced with respect to the amount of movement of the seat cushion in the back and forth.

【0011】本発明の請求項2に記載の車両用シート
は、請求項1において、前記水平回動アームは、ベース
フレームへの軸支位置及びシートクッションへの係合位
置間が傾斜板部に形成され、この傾斜板部の軸支位置に
近接する位置に流体式アクチュエータが取付けられてい
ることを特徴とする。
According to a second aspect of the present invention, there is provided the vehicle seat according to the first aspect, wherein the horizontal pivot arm has an inclined plate portion between a pivotal support position on the base frame and an engagement position on the seat cushion. It is characterized in that a fluid actuator is mounted at a position close to the pivotal support position of the inclined plate portion.

【0012】この請求項2に記載の車両用シートによれ
ば、水平回動アームの傾斜板部に流体式アクチュエータ
を別途取付ブラケットを設けることなく直接取付けるこ
とができ、その取付け構造を簡易化することができる。
According to the vehicle seat of the second aspect, the fluid actuator can be directly mounted on the inclined plate portion of the horizontal rotation arm without providing a separate mounting bracket, and the mounting structure is simplified. be able to.

【0013】本発明の請求項3に記載の車両用シート
は、請求項1または2において、前記流体式アクチュエ
ータのロック状態の解除をアームレストに設けたロック
解除部で行うようにしたことを特徴とする。
According to a third aspect of the present invention, in the vehicle seat according to the first or second aspect, the unlocked state of the hydraulic actuator is released by an unlocking portion provided on an armrest. I do.

【0014】この請求項3に記載の車両用シートによれ
ば、流体式アクチュエータのロック状態の解除をアーム
レストに設けたロック解除部で行うことができるので、
シートクッションの前後位置調整を容易に行うことがで
きる。
According to the vehicle seat of the third aspect, the unlocked state of the hydraulic actuator can be released by the unlocking portion provided on the armrest.
The front / rear position adjustment of the seat cushion can be easily performed.

【0015】[0015]

【発明の実施の形態】図1乃至図5は本発明に係る車両
用シートの実施の形態を示すものであり、車両用シート
10は、本発明の実施の形態では、例えばベンチ型シー
トのような2個または3個の着座シート部を一連に並設
してなる回転式のシートに適用した場合につき説明する
が、本発明はこのようなシート構造には限定されないも
のである。
FIG. 1 to FIG. 5 show an embodiment of a vehicle seat according to the present invention. In the embodiment of the present invention, a vehicle seat 10 is, for example, a bench type seat. A description will be given of a case where the present invention is applied to a rotary seat having two or three seating portions arranged in series, but the present invention is not limited to such a seat structure.

【0016】車両用シート10は車室床面等に載置され
る脚台11に支持されたベースフレーム12を備え、こ
のベースフレーム12上にシートクッション13が支持
されている。前記ベースフレーム12の中央部には前後
方向に延びるブラケット16が形成され、このブラケッ
ト16の後部はシートバック14の下端方向に突出する
状態で上方に弯曲して形成され、左右端部には夫々コ字
状のアームレスト17が固着されている。
The vehicle seat 10 includes a base frame 12 supported by a footrest 11 mounted on the floor of a vehicle cabin or the like. A seat cushion 13 is supported on the base frame 12. A bracket 16 extending in the front-rear direction is formed at a central portion of the base frame 12, and a rear portion of the bracket 16 is formed so as to be curved upward so as to protrude toward a lower end direction of the seat back 14. A U-shaped armrest 17 is fixed.

【0017】前記シートクッション13の下方のベース
フレーム12と脚台11との間に、車両用シート10を
回転調整自在に支持する回転機構18が設けられ、車両
用シート10全体が、この回転機構18を中心として水
平方向において回転調整可能で、その向きを任意の方向
に変更し得るように構成されている。
A rotation mechanism 18 is provided between the base frame 12 and the footrest 11 below the seat cushion 13 to support the vehicle seat 10 so that the vehicle seat 10 can be adjusted in rotation. The rotation is adjustable in the horizontal direction around the center 18 so that the direction can be changed to any direction.

【0018】前記シートバック14のバックフレーム2
1の側部の下部にはヒンジブラケット23が形成され、
このヒンジブラケット23にリクライニング機構20の
回転中心となるシートバック14側の支軸20aが固着
されている。前記シートバック14側の支軸20aはベ
ースフレーム12のブラケット16及びアームレスト1
7の後端に枢支されている。
The back frame 2 of the seat back 14
A hinge bracket 23 is formed at the lower part of the side of
A support shaft 20a on the seatback 14 side, which is a rotation center of the reclining mechanism 20, is fixed to the hinge bracket 23. The support shaft 20a on the seat back 14 side includes the bracket 16 of the base frame 12 and the armrest 1
7 at the rear end.

【0019】前記バックフレーム21のヒンジブラケッ
ト23は下方に延設され、このヒンジブラケット23の
下端23aにシートバック14をシートを前後方向に傾
動動作させるための流体圧シリンダ等のアクチュエータ
25の一端25aが連結され、且つ他端25bが前記ベ
ースフレーム12側に連結されている。
A hinge bracket 23 of the back frame 21 extends downward. One end 25a of an actuator 25 such as a fluid pressure cylinder for tilting the seat back 14 in the front-rear direction at the lower end 23a of the hinge bracket 23. And the other end 25b is connected to the base frame 12 side.

【0020】アクチュエータ25は、そのロック解除用
のインナーケーブルを内装するワイヤーケーブル26が
前記アームレスト17の上部側側面に形成されたロック
解除ボタン27に連結され、このロック解除ボタン27
を押圧することにより、アクチュエータ25のロック状
態が解除され、押圧を解除することによりロック状態に
復帰する。
In the actuator 25, a wire cable 26 containing an inner cable for releasing the lock is connected to a lock release button 27 formed on the upper side surface of the armrest 17, and the lock release button 27 is provided.
By pressing, the locked state of the actuator 25 is released, and by releasing the pressure, the actuator 25 returns to the locked state.

【0021】前記バックフレーム21の支軸20aには
左右一対のアームブラケット32が固着され、この左右
一対のアームブラケット32の下端に第1リンク35の
一端が夫々軸支され、前記ベースフレーム12側に第2
リンク37の一端が夫々軸支され、前記第1リンク35
の他端、及び第2リンク37の他端が夫々回動可能に軸
支されている。
A pair of left and right arm brackets 32 is fixed to the support shaft 20a of the back frame 21. One ends of first links 35 are respectively supported at lower ends of the pair of left and right arm brackets 32, and are connected to the base frame 12 side. Second
One end of each link 37 is pivotally supported, and the first link 35
, And the other end of the second link 37 are rotatably supported.

【0022】前記シートクッション13のシートクッシ
ョンフレーム31の後端側下部に前後方向に延びる長穴
44を有するブラケット42が左右一対設けられてい
る。前記第1リンク35、及び第2リンク37の軸支部
としての枢支ピン39が前記ブラケット42の長穴44
に夫々摺動可能に係合されている。
A pair of left and right brackets 42 having long holes 44 extending in the front-rear direction are provided at a lower portion on the rear end side of the seat cushion frame 31 of the seat cushion 13. A pivot pin 39 serving as a shaft support portion of the first link 35 and the second link 37 is provided with an elongated hole 44 of the bracket 42.
Are slidably engaged with each other.

【0023】シートクッションフレーム31の左右のフ
レーム部の前端側は、夫々ベースフレーム12の前端部
上面に固着した摺動案内部としての左右一対のスライダ
ー40L,40Rによって前後方向に摺動自在に案内さ
れている。このスライダー40L,40Rは円弧状案内
板部40aとその両側に立設された左右側板部40b,
40cとで構成され、左右側板部40b,40cでベー
スフレーム12の左右方向の移動を規制している。
The front end sides of the left and right frame portions of the seat cushion frame 31 are slidably guided in the front-rear direction by a pair of left and right sliders 40L and 40R as sliding guide portions fixed to the upper surface of the front end portion of the base frame 12, respectively. Have been. The sliders 40L, 40R include an arc-shaped guide plate portion 40a and left and right side plate portions 40b erected on both sides thereof.
The left and right side plate portions 40b and 40c regulate the movement of the base frame 12 in the left and right direction.

【0024】図3〜図5に示す如く、ベースフレーム1
2の後端側フレームにおける中央側の第2リンク37の
外側に設けた水平ブラケット47に水平回動アーム48
がその一端部側の回動中心点位置でピン48aによって
軸支されている。
As shown in FIG. 3 to FIG.
The horizontal pivot arm 48 is attached to a horizontal bracket 47 provided outside the center second link 37 in the rear end side frame 2.
Is pivotally supported by a pin 48a at the position of the rotation center point on one end side.

【0025】この水平回動アーム48は、水平ブラケッ
ト47に軸支された水平板部48bと、その左端側から
斜め上方に延長する傾斜板部48cと、この傾斜板部4
8cの上端から水平方向に延長する水平板部48dとで
構成されている。そして、水平回動アーム48の水平板
部48dに左右方向に延長する長穴48eが穿設され、
この長孔48e内にシートクッションフレーム31の後
端側フレームに下方に突出して形成されたピン51が係
合されている。
The horizontal rotating arm 48 includes a horizontal plate portion 48b pivotally supported by the horizontal bracket 47, an inclined plate portion 48c extending obliquely upward from the left end side, and the inclined plate portion 4c.
8c and a horizontal plate portion 48d extending in the horizontal direction from the upper end. A long hole 48e extending in the left-right direction is formed in the horizontal plate portion 48d of the horizontal rotation arm 48,
A pin 51 protruding downward from the rear end frame of the seat cushion frame 31 is engaged in the elongated hole 48e.

【0026】水平回動アーム48の傾斜板部48cの水
平板部48bに近接する位置とベースフレーム12の前
端側フレームに形成したブラケット52との間にシート
クッション13の前後方向の位置を調整するロック状態
とその解除が可能な流体圧シリンダ等の流体式アクチュ
エータ53が介挿されている。
The position of the seat cushion 13 in the front-rear direction is adjusted between the position of the inclined plate portion 48c of the horizontal rotating arm 48 close to the horizontal plate portion 48b and the bracket 52 formed on the front end frame of the base frame 12. A hydraulic actuator 53 such as a hydraulic cylinder capable of releasing the lock state and the lock state is interposed.

【0027】流体式アクチュエータ53は、そのロック
解除用のインナーケーブルを内装するワイヤーケーブル
54が前記アームレスト17の上部側側面に形成された
ロック解除ボタン55に連結され、このロック解除ボタ
ン55を押圧することにより、流体式アクチュエータ5
3のロック状態が解除され、伸縮状態が調整され、押圧
を解除することによりロック状態に復帰する。
In the hydraulic actuator 53, a wire cable 54 containing an inner cable for unlocking the lock is connected to an unlock button 55 formed on the upper side surface of the armrest 17, and the unlock button 55 is pressed. As a result, the fluid type actuator 5
The locked state of 3 is released, the expansion / contraction state is adjusted, and the state is returned to the locked state by releasing the pressing.

【0028】そして、前記第1リンク35、及び第2リ
ンク37の枢支ピン39とベースプレート12の後端側
との間に引張りスプリング57が掛け渡され、この引張
りスプリング57の付勢力により、シートバック14
は、第1リンク35及び第2リンク37等によるリンク
機構によって略立設したニュートラル状態を維持するよ
うに構成されている。
A tension spring 57 is stretched between the pivot pin 39 of the first link 35 and the second link 37 and the rear end of the base plate 12, and the urging force of the tension spring 57 causes the seat to be seated. Back 14
Is configured so as to maintain a neutral state substantially standing upright by a link mechanism including the first link 35 and the second link 37.

【0029】斯る構成によれば、図1に示す如くシート
バック14が略立設したニュートラル状態にあるものと
して、この状態で着座者が着座したときに、シートクッ
ション13は、流体式アクチュエータ53がロック状態
にあることから、その前後位置が固定されている。
According to such a configuration, as shown in FIG. 1, it is assumed that the seat back 14 is in a neutral state in which the seat back 14 is substantially erected, and when the occupant sits in this state, the seat cushion 13 Is locked, so that its front and rear positions are fixed.

【0030】この状態で、シートクッション13の前後
位置を着座者の好みに合わせて調整するには、着座状態
でアームレスト17に形成したロック解除ボタン55を
押圧することにより、ワイヤーケーブル54を介して流
体式アクチュエータ53のロック状態が解除される。
In this state, in order to adjust the front / rear position of the seat cushion 13 according to the occupant's preference, a lock release button 55 formed on the armrest 17 is pressed in a seated state, and the seat cushion 13 is pushed through the wire cable 54. The locked state of the fluid actuator 53 is released.

【0031】このため、着座者が着座状態で腰を動かす
ことにより、図2に示す如くシートクッションフレーム
31がスライダー40L,40Rで案内され、支持ブラ
ケット42の長穴44の両端部が枢支ピン39に当接す
るまでの間で前後に移動させることができ、所望の伸縮
状態でロック解除ボタン55の押圧を解除することによ
り、流体式アクチュエータ53がロック状態となり、シ
ートクッション13の前後位置が固定される。
As shown in FIG. 2, the seat cushion frame 31 is guided by the sliders 40L and 40R when the occupant moves his / her waist in a seated state, and both ends of the elongated hole 44 of the support bracket 42 are pivotally supported by the pivot pins. It can be moved back and forth until it comes into contact with 39, and by releasing the press of the lock release button 55 in a desired telescopic state, the fluid actuator 53 is locked and the front and rear position of the seat cushion 13 is fixed. Is done.

【0032】このとき、シートクッションフレーム31
と流体式アクチュエータ53とが水平回動アーム48を
介して連結され、この水平回動アーム48の回動中心点
からシートクッションフレーム31に形成したピン51
までの距離が回動中心点から流体00クチュエータ53
の取付点までの距離より長く設定されているので、てこ
の原理によってシートクッション13の前後動を軽い力
で行うことができると共に、シートクッションフレーム
31の前後方向の移動量に対して流体式アクチュエータ
53の伸縮量を少なくすることができ、流体式アクチュ
エータ53を小型化することができる。
At this time, the seat cushion frame 31
And a hydraulic actuator 53 are connected via a horizontal rotation arm 48, and a pin 51 formed on the seat cushion frame 31 from the rotation center point of the horizontal rotation arm 48.
Distance from the pivot point to the fluid 00 actuator 53
Is set to be longer than the distance to the mounting point, so that the forward and backward movement of the seat cushion 13 can be performed with a light force by the principle of leverage, and the fluid type actuator can be moved with respect to the amount of movement of the seat cushion frame 31 in the front and rear direction. The amount of expansion and contraction of 53 can be reduced, and the size of the fluid actuator 53 can be reduced.

【0033】また、図1及び図2に示すシートバック1
4のニュートラル状態から後方側に傾動させる場合に
は、着座状態でアームレスト17に形成されたロック解
除ボタン27を押圧してアクチュエータ25のロック状
態を解除してから背中でシートバック14を後方に押す
ことにより、シートバック14が図6(a),(b)に
示す如く枢軸20aを支点として引張りスプリング57
に抗して後方に傾動する。
Also, the seat back 1 shown in FIGS.
In the case of tilting the seat back 14 from the neutral state of FIG. 4 to the rear side, the lock release button 27 formed on the armrest 17 is pressed in the seated state to release the locked state of the actuator 25, and then the seat back 14 is pushed rearward on the back. 6A and 6B, the seat back 14 is supported by the tension spring 57 with the pivot 20a as a fulcrum.
Tilt backwards against

【0034】このとき、シートバック14の後方への傾
動により、前記アームブラケット32の下端が時計方向
に回動し、前記第1リンク35及び第2リンク37によ
りシートクッション13の後端を下方向に可動させる。
この状態でも、前記第1リンク35及び第2リンク37
の軸支部としての枢支ピン39を前記ブラケット42の
長穴44に沿って前後方向に摺動させることができる。
At this time, the lower end of the arm bracket 32 rotates clockwise due to the backward tilting of the seat back 14, and the first link 35 and the second link 37 move the rear end of the seat cushion 13 downward. Move to
Even in this state, the first link 35 and the second link 37
Can be slid in the front-rear direction along the elongated hole 44 of the bracket 42.

【0035】また、図6(a),(b)のシートバック
14の傾動状態からロック解除ボタン27を押圧してア
クチュエータ25のロック状態を解除することにより、
図5に示す引張りスプリング57によってシートバック
14が前方のヒンジブラケット23がニュートラル状態
に復帰し、これと同時にシートクッション13の後端が
上昇する。
Further, by pressing the lock release button 27 from the tilted state of the seat back 14 in FIGS. 6A and 6B to release the locked state of the actuator 25,
The front hinge bracket 23 of the seat back 14 is returned to the neutral state by the tension spring 57 shown in FIG. 5, and at the same time, the rear end of the seat cushion 13 is raised.

【0036】尚、本発明は上述した図示の構造に限定さ
れず、各部の形状、構造等を、必要に応じて適宜変形、
変更することができ、車両用シート10の各部について
種々の変形例が考えられよう。例えば上述した実施の形
態では、シートバック14の傾動動作をアクチュエータ
25で行っているが、これに限定されず、シートバック
14を傾動させ得る構造であれば、種々の手段を採用し
てもよい。
It should be noted that the present invention is not limited to the above-described structure shown in FIG.
Various modifications can be considered for each part of the vehicle seat 10. For example, in the above-described embodiment, the tilting operation of the seat back 14 is performed by the actuator 25. However, the present invention is not limited to this, and various means may be employed as long as the seat back 14 can be tilted. .

【0037】また、シートバック14の傾動動作用のア
クチュエータ25及びシートクッション13の前後移動
動作用の流体式アクチュエータ53のロック状態を夫々
ロック解除ボタン27及び55で解除するようにした
が、これに限らず回動レバー等の任意の解除機構を適用
することができる。
The lock state of the actuator 25 for tilting the seat back 14 and the hydraulic actuator 53 for moving the seat cushion 13 back and forth is released by the lock release buttons 27 and 55, respectively. Not limited to this, any release mechanism such as a rotating lever can be applied.

【0038】更に、水平回動アーム48の一端部がベー
スフレーム12の水平ブラケット47に軸支されている
が、これに代えて水平板部48bの傾斜板部48c側を
軸支し、一端側に流体式アクチュエータ53を取付ける
ようにしても上記実施の形態と同様の作用効果を得るこ
とができる。
Further, one end of the horizontal rotating arm 48 is pivotally supported by the horizontal bracket 47 of the base frame 12, but instead of this, the horizontal plate 48b is pivotally supported by the side of the inclined plate 48c. Even if the hydraulic actuator 53 is attached to the, the same operation and effect as the above embodiment can be obtained.

【0039】[0039]

【発明の効果】以上説明したように、本発明の請求項1
に係る車両用シートによれば、第1リンク及び第2リン
クを回動可能に軸支し、該軸支部をシートクッションの
支持ブラケットの長穴に係合させ、水平回動アームの一
端を前記ベースフレームの後端側に軸支すると共に、他
端をシートクッションに係合させ、この水平回動アーム
の下端と前記ベースフレームの前端部との間の長さを流
体式アクチュエータで調整するので、シートバックを後
傾させた場合に、前記アームブラケットの下端が前方に
回動し、第1リンク及び第2リンクの軸支部をシートク
ッションのブラケットの長穴に沿って前方に移動させる
ことができ、前記第2リンクの回動によりシートクッシ
ョンの後端を上下方向に可動させることができると共
に、流体式アクチュエータのロック状態を解除すること
によってシートクッションの前後位置をシートバックと
独立して任意に調整することができ、このとき流体式ア
クチュエータの取付位置が水平回動アームの軸支位置近
傍であるので、てこの原理によってシートクッションの
前後動を軽い力で行うことができると共に、シートクッ
ションの前後移動量に対して流体式アクチュエータの移
動量を小さくすることができるものである。
As described above, according to the first aspect of the present invention,
According to the vehicle seat according to the first aspect, the first link and the second link are pivotally supported so as to be rotatable, the shaft support portions are engaged with the elongated holes of the support brackets of the seat cushion, and one end of the horizontal rotation arm is connected to the one end. Since it is pivotally supported on the rear end side of the base frame and the other end is engaged with the seat cushion, the length between the lower end of this horizontal rotation arm and the front end of the base frame is adjusted by a fluid actuator. When the seat back is tilted backward, the lower end of the arm bracket rotates forward, and the pivots of the first link and the second link move forward along the elongated holes of the bracket of the seat cushion. The rear end of the seat cushion can be moved vertically by the rotation of the second link, and the seat cushion is released by releasing the locked state of the fluid actuator. The front and rear position of the seat cushion can be arbitrarily adjusted independently of the seat back. At this time, since the mounting position of the fluid actuator is near the pivotal support position of the horizontal rotation arm, the front and rear positions of the seat cushion are The movement can be performed with a light force, and the movement amount of the fluid actuator can be reduced with respect to the back and forth movement amount of the seat cushion.

【0040】本発明の請求項2に記載の車両用シートに
よれば、水平回動アームの傾斜板部に流体式アクチュエ
ータを別途取付ブラケットを設けることなく直接取付け
ることができ、その取付け構造を簡易化することができ
るものである。
According to the vehicle seat of the second aspect of the present invention, the fluid actuator can be directly mounted on the inclined plate portion of the horizontal rotation arm without providing a separate mounting bracket, and the mounting structure is simplified. It can be made.

【0041】本発明の請求項3に記載の車両用シートに
よれば、流体式アクチュエータのロック状態の解除をア
ームレストに設けたロック解除部で行うことができるの
で、シートクッションの前後位置調整を容易に行うこと
ができる。
According to the vehicle seat according to the third aspect of the present invention, since the unlocked state of the hydraulic actuator can be released by the unlocking portion provided on the armrest, the front / rear position adjustment of the seat cushion can be easily performed. Can be done.

【0042】また、本発明によれば、シートバックの背
面側への傾動動作に連動し、シートクッションをスイン
グ動作させることができる簡易型のスイング機構を採用
し、シートバックの前後傾動の作動角範囲において、尻
すべりを防止し、ヒップアングルを拡大し、骨盤から胸
椎にかけてのサポート状態が優れ、またシートクッショ
ンをリクライニング機構とは別に前後移動調整すること
のできる車両用シートを得ることができる。
Further, according to the present invention, a simple swing mechanism capable of swinging the seat cushion in conjunction with the tilting operation of the seat back to the rear side is employed, and the operating angle of the forward and backward tilting of the seat back is adopted. In this range, it is possible to obtain a vehicle seat that prevents hip slip, enlarges a hip angle, has an excellent support state from the pelvis to the thoracic vertebra, and can adjust the seat cushion back and forth separately from the reclining mechanism.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】本発明に係る車両用シートのシートバックが通
常の着座状態で且つシートクッションがモスト状態の側
面図。
FIG. 1 is a side view of a vehicle seat according to the present invention in a state where a seat back is in a normal sitting state and a seat cushion is in a lost state.

【図2】本発明に係る車両用シートのシートバックが通
常の着座状態で且つシートクッションがフロントモスト
状態の側面図。
FIG. 2 is a side view of the vehicle seat according to the present invention in a state where a seat back is in a normal sitting state and a seat cushion is in a front most-rest state.

【図3】本発明に係る車両用シートの平面図。FIG. 3 is a plan view of a vehicle seat according to the present invention.

【図4】本発明に係る車両用シートの一部正面図。FIG. 4 is a partial front view of the vehicle seat according to the present invention.

【図5】本発明に係る車両用シートのシートフレーム構
造を示す概略分解斜視図。
FIG. 5 is a schematic exploded perspective view showing a seat frame structure of a vehicle seat according to the present invention.

【図6】本発明に係る車両用シートのシートバックがリ
クライニング状態を示すもので、(a)はシートクッシ
ョンがリヤモスト状態の側面図、(b)はシートクッシ
ョンがフロントモスト状態の側面図。
FIG. 6 is a side view of the vehicle seat according to the present invention in which the seat back is in a reclining state, in which FIG. 6A is a side view in a state where a seat cushion is in a rear most state, and FIG.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

10 車両用シート 12 ベースフレーム 13 シートクッション 14 シートバック 16 ブラケット 17 アームレスト 18 回転機構 20 リクライニング機構 20a 支軸 21 バックフレーム 23 ヒンジブラケット 25 アクチュエータ 31 シートクッションフレーム 32 アームブラケット 35 第1リンク 37 第2リンク 39 枢支ピン 40L スライダー 40R スライダー 42 支持ブラケット 44 長穴 47 水平ブラケット 48 水平回動アーム 51 ピン 53 流体式アクチュエータ 54 ワイヤーケーブル 55 ロック解除ボタン DESCRIPTION OF SYMBOLS 10 Vehicle seat 12 Base frame 13 Seat cushion 14 Seat back 16 Bracket 17 Armrest 18 Rotation mechanism 20 Reclining mechanism 20a Support shaft 21 Back frame 23 Hinge bracket 25 Actuator 31 Seat cushion frame 32 Arm bracket 35 First link 37 Second link 39 Pivot pin 40L Slider 40R Slider 42 Support bracket 44 Elongated hole 47 Horizontal bracket 48 Horizontal rotating arm 51 Pin 53 Fluid actuator 54 Wire cable 55 Lock release button

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B60N 2/00 - 2/54 A47C 1/02 - 1/038 ────────────────────────────────────────────────── ─── Continued on the front page (58) Field surveyed (Int.Cl. 7 , DB name) B60N 2/00-2/54 A47C 1/02-1/038

Claims (3)

(57)【特許請求の範囲】(57) [Claims] 【請求項1】 脚台上に支持されるベースフレームと、
該ベースフレーム上に支持されるシートクッションと、
前記ベースフレーム上で前記シートクッションの後端側
に立設され、シートの前後方向に傾動可能に支軸により
支持されるシートバックとを備える車両用シートにおい
て、 前記シートバックにアームブラケットを固着し、前記シ
ートクッションの後端側下部に前後方向に延びる長穴を
有する支持ブラケットを設け、前記アームブラケットの
下端側に第1リンクの一端を軸支し、前記ベースフレー
ム側に第2リンクの一端を軸支し、前記第1リンクの他
端、及び第2リンクの他端を回動可能に軸支し、該軸支
部を前記支持ブラケットの長穴に係合させ、且つ前記ベ
ースフレームの後方側に水平面内で回動する水平回動ア
ームの一端側を軸支し、該回動アームの他端を前記シー
トクッションに係合させると共に、軸支位置の近傍と前
記ベースフレームの前端部との間に伸縮状態のロック及
びその解除が可能な流体式アクチュエータを介挿したこ
とを特徴とする車両用シート。
A base frame supported on a footrest;
A seat cushion supported on the base frame,
An arm bracket fixed to the seat back, comprising: a seat back provided on the base frame at a rear end side of the seat cushion, the seat back being supported by a support shaft so as to be tiltable in the front-rear direction of the seat. A support bracket having an elongated hole extending in the front-rear direction is provided at a lower portion on a rear end side of the seat cushion; one end of a first link is pivotally supported at a lower end side of the arm bracket; And the other end of the first link and the other end of the second link are rotatably supported, the shaft support is engaged with the elongated hole of the support bracket, and the rear of the base frame. One end of a horizontal rotating arm that rotates in a horizontal plane is supported on the other side, and the other end of the rotating arm is engaged with the seat cushion. A vehicle seat characterized in that a fluid actuator capable of locking and unlocking the telescopic state and unlocking the telescopic state is interposed between the front end of the arm and the front end of the vehicle.
【請求項2】 前記水平回動アームは、ベースフレーム
への軸支位置及びシートクッションへの係合位置間が傾
斜板部に形成され、この傾斜板部の軸支位置に近接する
位置に流体式アクチュエータが取付けられていることを
特徴とする請求項1記載の車両用シート。
2. The horizontal rotation arm is formed on an inclined plate portion between a position supported by a base frame and a position engaged with a seat cushion, and a fluid is provided at a position close to the supported position of the inclined plate portion. The vehicle seat according to claim 1, further comprising a type actuator.
【請求項3】 前記流体式アクチュエータのロック状態
の解除をアームレストに設けたロック解除部で行うよう
にしたことを特徴とする請求項1または請求項2の何れ
かに記載の車両用シート。
3. The vehicle seat according to claim 1, wherein the unlocked state of the hydraulic actuator is released by an unlocking portion provided on an armrest.
JP7296006A 1995-10-20 1995-10-20 Vehicle seat Expired - Fee Related JP3013882B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7296006A JP3013882B2 (en) 1995-10-20 1995-10-20 Vehicle seat

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7296006A JP3013882B2 (en) 1995-10-20 1995-10-20 Vehicle seat

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09109741A JPH09109741A (en) 1997-04-28
JP3013882B2 true JP3013882B2 (en) 2000-02-28

Family

ID=17827919

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7296006A Expired - Fee Related JP3013882B2 (en) 1995-10-20 1995-10-20 Vehicle seat

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3013882B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107125989A (en) * 2017-06-13 2017-09-05 广州市欧林家具有限公司 A kind of regulating chair
CN107585061A (en) * 2017-09-05 2018-01-16 重庆光盈科技有限公司 A kind of low noise presses adjusting mechanism for automobile seat
DE102018108351A1 (en) * 2018-04-09 2019-10-10 Zim Flugsitz Gmbh Passenger seat with a movably mounted seat bottom

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09109741A (en) 1997-04-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH06245837A (en) Car seat
JP3137175B2 (en) Vehicle seat
JP2891290B2 (en) Vehicle seat
JP3013882B2 (en) Vehicle seat
JP3012765B2 (en) Seat equipment
JP3173700B2 (en) Vehicle seat
JP2891289B2 (en) Vehicle seat
JP3269071B2 (en) Vehicle seat
JP2604640Y2 (en) Hips
JP3898089B2 (en) Vehicle seat
JP3209400B2 (en) Vehicle seat
JP4554020B2 (en) Stool device
JP3380162B2 (en) Stool footrest device
JP2992805B2 (en) Vehicle seat
JP2000201760A (en) Seat for vehicle
JP2000333764A (en) Seat for vehicle
JP4375942B2 (en) Vehicle seat
JPH0330530B2 (en)
JPS5873447A (en) Seat structure of car, etc.
JPH11103964A (en) Vehicle seat device
JPH0220098Y2 (en)
JP2003024166A (en) Seat for vehicle
JPH059947Y2 (en)
JPH0139231Y2 (en)
JP2521810Y2 (en) Swingable reclining seat

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081217

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101217

Year of fee payment: 11

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees