JP2879547B2 - Processing method of the electronic mail system and e-mail - Google Patents

Processing method of the electronic mail system and e-mail

Info

Publication number
JP2879547B2
JP2879547B2 JP22374096A JP22374096A JP2879547B2 JP 2879547 B2 JP2879547 B2 JP 2879547B2 JP 22374096 A JP22374096 A JP 22374096A JP 22374096 A JP22374096 A JP 22374096A JP 2879547 B2 JP2879547 B2 JP 2879547B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mail
web
step
information
user
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP22374096A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH1063590A (en
Inventor
尚五 中村
隆司 小濱
Original Assignee
尚五 中村
富士ソフトエービーシ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Application filed by 尚五 中村, 富士ソフトエービーシ株式会社 filed Critical 尚五 中村
Priority to JP22374096A priority Critical patent/JP2879547B2/en
Publication of JPH1063590A publication Critical patent/JPH1063590A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2879547B2 publication Critical patent/JP2879547B2/en
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=16802957&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP2879547(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は電子メールシステムおよび電子メールの処理方法に関し、例えば、ハイパテキスト転送プロトコルを用いた電子メールシステムおよび電子メールの処理方法に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a method of processing an electronic mail system and an electronic mail, for example, to a processing method for an electronic mail system and an electronic mail using a hypertext transfer protocol.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、インターネットなどのネットワークが世界的に普及し、World Wide Web(WWW)による情報発信、情報検索、オンラインショッピング、電子メール In recent years, a network such as the Internet has spread worldwide, information by the World Wide Web (WWW) transmission, information search, online shopping, e-mail
(E-mail)によるコミュニケーションなど、様々なアプリケーションが普及している。 (E-mail) due to communication, various applications have become widespread.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】ハイパーテキスト組み指定言語(HyperText Markup Language: HTML)で作成されたハイパーテキストファイルで構成されるWWWは、 The present invention is to provide a hypertext set-specification language: WWW is composed of a hypertext file that was created in (HyperText Markup Language HTML),
テキスト、書式付きテキスト、動画を含む画像、サウンドなどの様々なデータからなるマルチメディアを提供し、WWWに対応したブラウザを用いれは、WWWから提供されるマルチメディアを容易に再生することができる。 Text, formatted text, images including moving, providing multimedia made from a variety of data such as a sound, using a browser that supports WWW can reproduce a multimedia provided by WWW easily. さらに、WWWが提供するハイパーテキストには、インターネット上のリソースを指定するためのリンクを埋め込むことができるので、WWWにアクセスしているユーザは、 Furthermore, the hypertext WWW provided, it is possible to embed a link to specify a resource on the Internet, users with access to the WWW,
ブラウザにより表示された例えばアンダーラインが引かれたワード、つまりリンクが設定されたワードをクリックするだけで、そのリンク先の情報をブラウザに表示させることができる。 Just click word is displayed e.g. underline drawn by the browser, that is, the link is set word can be displayed the information of the link destination to the browser.

【0004】一方、ネットワークを介した個人間の通信手段として発達してきた電子メールは、テキストデータの交換を基本にしている。 [0004] On the other hand, e-mail, which has been developed as a means of communication between individuals through a network is in the exchange of text data to the base. しかし、マルチメディアを比較的簡単に扱うことができるWWWの普及に伴い、電子メールにおいても、マルチメディアを扱うことが期待されるようになった。 However, due to the WWW of the spread, which can handle multi-media relatively easily, even in e-mail, to handle the multi-media have come to be expected. なお、以下では、コンピュータが扱うことができるテキスト、書式付きテキスト、動画を含む画像、サウンドなどのデータや、様々なアプリケーションソフトウェアによって作成されるデータなどを、まとめてマルチメディアと呼ぶことにする。 In the following, the text from which a computer can handle, formatted text, images, including video, and data such as sound, and data that is created by a variety of application software, collectively will be referred to as a multi-media. また、マルチメディア対応の電子メールをマルチメディアメールと呼ぶことにする。 In addition, it will be referred to as a multi-media e-mail and multimedia mail.

【0005】本発明は、上述の問題を解決するためのものであり、マルチメディアメールの送受信が可能で、操作が容易な電子メールシステムおよび電子メールの処理方法を提供することを目的とする。 [0005] The present invention is intended to solve the above problems, can send and receive multimedia mail, and an object thereof is operated to provide a processing method easy e-mail systems and e-mail.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】本発明は、前記の目的を達成する一手段として、以下の構成を備える。 Means for Solving the Problems The present invention, as a means to achieve the object, it comprises the following arrangement.

【0007】本発明にかかる電子メールシステムは、ハイパテキストによって構成される画面情報を表示するとともに、その画面情報に対応する情報を入力する表示入力手段と、前記表示入力手段によって入力された情報に応じて画面情報を生成する第一の生成手段と、前記表示入力手段によって入力された情報に基づき、ハイパテキストによって構成される電子メールを生成する第二の生成手段と、ネットワークを介した電子メールの転送をハイパテキスト転送プロトコルを用いて行う転送手段とを備え、前記転送手段は、前記第二の生成手段により生成された電子メールを前記ネットワークへ送信するとともに、前記ネットワークから受信した電子メールを前記第一の生成手段へ送ることを特徴とする。 [0007] Electronic mail system according to the present invention displays a screen information constituted by the hypertext, a display input means for inputting the information corresponding to the screen information, the information input by said display input means a first generating means for generating screen information in response, based on the information inputted by said display input means, a second generating means for generating e-mail composed by the hypertext, E-mail via the network and a transfer unit carried out using hypertext transfer protocol to transfer, the transfer unit is configured to send an e-mail generated by the second generating unit to the network, the e-mail received from the network and wherein sending to the first generation means.

【0008】また、本発明にかかる電子メールの処理方法は、ハイパテキストによって構成される画面情報を表示する表示ステップと、前記表示ステップで表示した画面情報に対応する情報が入力される入力ステップと、前記表示入力ステップで入力された情報に応じて画面情報を生成する第一の生成ステップと、前記入力ステップで入力された情報に基づき、ハイパテキストによって構成される電子メールを生成する第二の生成ステップと、ハイパテキスト転送プロトコルを用いて、前記第二の生成ステップで生成した電子メールをネットワークへ送信し、前記ネットワークから電子メールを受信する転送ステップと、前記転送ステップで受信した電子メールに基づく画面情報を生成する第三の生成ステップとを有することを特徴とする。 [0008] The processing method according email to the present invention comprises an input step in which a display step of displaying the screen information constituted by the hypertext information corresponding to the screen information displayed by the display step is input a first generation step of generating a screen information in response to the display input step information entered in, based on the information input in the input step, the second to generate an e-mail composed by the hypertext a generation step, using a hypertext transfer protocol, and sends the second generated electronic mail generation step to the network, a transfer step of receiving the electronic mail from the network, the e-mail received by the transfer step and having a third generation step of generating screen information based.

【0009】 [0009]

【発明の実施の形態】以下、本発明にかかる一実施形態の電子メールシステムを図面を参照して詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, detailed description of the e-mail system of an embodiment according to the present invention with reference to the drawings.

【0010】[MIMEを用いる電子メールシステム]電子メールを転送するプロトコルであるSimple Mail Transf [0010] Simple Mail Transf is a protocol to transfer e-mail [e-mail system using MIME]
er Protocol (SMTP)に従った電子メールシステムで、マルチメディアを扱うための規格としてMultipurpose Int In an e-mail system in accordance with the er Protocol (SMTP), Multipurpose Int as a standard for handling multimedia
ernet Mail Extension (MIME)が提案されている。 ernet Mail Extension (MIME) has been proposed. MIME MIME
に対応する電子メーリングソフトウェア(以下では「メーラ」と呼ぶ)は、電子メールに含めるデータの種類を示すヘッダ(以下では「MIMEヘッダ」と呼ぶ)を電子メールに付加するとともに、そのデータを標準的な手順(例えば、uuencode, base64)でエンコードして電子メールに添付する。 Corresponding to the electronic mailing software (hereinafter referred to as "mailer"), together with a header that indicates the type of data to be included in the e-mail (hereinafter referred to as "MIME header") is added to the e-mail standard that data procedure (e.g., uuencode, base64) attached to the e-mail and encoded. 一方、電子メールを受信したMIMEに対応するメーラは、受信した電子メールに付加されたMIME Meanwhile, mailer corresponding to MIME that received the e-mail has been added to the received e-mail MIME
ヘッダに基づき、その電子メールに添付されたデータを標準的な手順(例えば、uudecode, 逆base64変換)でデコードする。 Based on the header, decoding the data attached to the e-mail by standard procedures (e.g., uudecode, inverse base64 transformation).

【0011】図1はMIMEを利用する電子メールシステムの構成例を示すブロック図である。 [0011] Figure 1 is a block diagram showing a configuration example of an electronic mail system that utilizes MIME. 各ユーザのパーソナルコンピュータ1には、MIMEに対応したメーラ11およびマルチメディアを作成、編集および再生するための様々なアプリケーションソフトウェアが必要である。 The personal computer 1 of the user, creating a mailer 11 and multimedia corresponding to MIME, requires various application software for editing and playback. アプリケーションソフトウェアとしては、例えば、テキストおよび書式付きテキストデータ用のエディタ12、サウンドデータ用のレコーダ・プレーヤ13、画像データ用のエディタ・ビューワ14などが必要になる。 The application software, for example, the editor 12 for text and formatted text data, the recorder player 13 for the sound data, etc. editor viewer 14 for image data is needed. また、作成されたマルチメディアを電子メールに添付する際にデータ圧縮するとともに、受信した電子メールに添付された圧縮データを伸長するためのコンプレッサ・エキスパンダ15も必要になる。 Further, the multi-media created with data compression when attached to an e-mail, is also required compressor expander 15 for decompressing the compressed data attached to the received e-mail.

【0012】ホストコンピュータ2には、SMTP 21が設定されるとともに、ネットワーク3から電子メールを受取り保管するためのプロトコルPost Office Protocol (PO [0013] The host computer 2 with SMTP 21 is set, the network 3 for storing receive e-mail protocol Post Office Protocol (PO
P)および電子メールアドレスに基づいて電子メールを配送するプログラムであるsendmail 22が設定され動作している。 sendmail 22 is a program for delivering an electronic mail based on P) and e-mail address is set to operate. 従って、ホストコンピュータ2はメールサーバとして機能し、パーソナルコンピュータ1から送られてきた電子メールをネットワーク3へ転送するとともに、 Therefore, the host computer 2 functions as a mail server transfers the electronic mail sent from the personal computer 1 to the network 3,
ネットワーク3から受信した電子メールを電子メールアドレスで指定されたパーソナルコンピュータ1へ配送することができる。 The e-mail received from the network 3 can be delivered to the personal computer 1 specified by the e-mail address.

【0013】図1に示す電子メールシステムを構築することにより、パーソナルコンピュータ1のユーザはマルチメディアを添付したマルチメディアメールを送信することができる。 [0013] By constructing the electronic mail system illustrated in FIG. 1, the user of the personal computer 1 may send a multimedia mail attached with multimedia. 一方、マルチメディアメールを受信したユーザは、メーラ11によりデコードされたマルチメディアを、適切なアプリケーションソフトウェアを用いることで再生することができる。 On the other hand, a user who has received the multimedia mail, multimedia decoded by the mailer 11 can be reproduced by using the appropriate application software.

【0014】しかしながら、上記した電子メールシステムにおいてマルチメディアを再生するためには、図1に示すように、テキスト、動画、画像、サウンドなどのデータそれぞれを再生することができる複数のアプリケーションソフトウェアをパーソナルコンピュータ1に備える必要があり、扱うマルチメディアの種類が増えれば、 [0014] However, in order to play multimedia in an electronic mail system described above, as shown in FIG. 1, a personal text, video, images, a plurality of application software that can reproduce each data such as a sound There needs to be provided to the computer 1, the more types of multimedia to be handled,
それに対応するアプリケーションソフトウェアを追加しなければならない。 It must be added the application software corresponding to it. さらに、メーラ11によりエンコードされたデータを再生する場合、それに対応するアプリケーションソフトウェアを指定しなければならない欠点もある。 Moreover, when reproducing data encoded by the mailer 11, there are also disadvantages that must specify the application software corresponding thereto.

【0015】従って、上記した電子メールシステムのユーザは、メーラ11の操作に加えて、複数のアプリケーションソフトウェアの機能および操作を理解する必要がある。 [0015] Thus, the user of the e-mail system described above, in addition to the operation of the mailer 11, it is necessary to understand the function and operation of the plurality of application software. また、上記した電子メールシステムの管理者は、ホストコンピュータ2の保守およびメーラ11の入手、配布、保守に加えて、複数のアプリケーションソフトウェアの入手、配布、保守を行う必要がある。 The above-mentioned administrator e-mail system, to obtain the maintenance and mailer 11 of the host computer 2, distribution, in addition to maintenance, availability of a plurality of application software, deployment, it is necessary to perform maintenance. さらに、アプリケーションソフトウェアによっては、パーソナルコンピュータの機種を選ぶものがあり、システム管理者の作業を複雑なものにしている。 In addition, depending on the application software, there are those that choose the model of the personal computer, complicating things the work of system administrators.

【0016】すなわち、MIMEを用いた電子メールシステムによりマルチメディアメールの送受信は可能になるが、その運用には複雑な作業および操作が伴うことになり、WWWをブラウジングするような快適な操作性を得ることはできない。 [0016] That is, although allowing transmission and reception of multimedia mail by the electronic mail system using MIME, at its operation will be accompanied by a complex task and operations, a comfortable operation such as browsing the WWW can not be obtained.

【0017】[HTTPを用いる電子メールシステム]次に、本発明にかかる電子メールシステムを説明する。 [0017] [e-mail system using HTTP] Next, the electronic mail system according to the present invention. 本発明にかかる電子メールシステムは、WWWで用いられるプロトコルHyperText Transfer Protocol (HTTP)を利用してマルチメディアメールを送受信するものである。 Electronic mail system according to the present invention is to send and receive multimedia mail by utilizing the used WWW protocol HyperText Transfer Protocol (HTTP). 以下では、この電子メールシステムをWebメールシステムと呼ぶことにする。 In the following, this e-mail system to be referred to as a Web mail system.

【0018】図2はWebメールシステムの構成例を示す図である。 [0018] FIG. 2 is a diagram showing a configuration example of a Web mail system. 各ユーザのパーソナルコンピュータ1には、Net The personal computer 1 of each user, Net
scape Navigator(Netscape Communications社製)に代表されるWWWブラウザ31を備える。 It provided with a WWW browser 31, which is represented by the scape Navigator (manufactured by Netscape Communications Corp.). ブラウザ31は、テキストおよび書式付きテキストデータを表示するためのブラウザ31a、サウンドデータを再生するためのプレーヤ3 The browser 31, the player 3 for playing browser 31a for displaying text and formatted text data, sound data
1b、画像データを再生するためのビューワ31c、データの圧縮伸長を行うコンプレッサ・エキスパンダ31dなどを備えている。 1b, the viewer 31c for reproducing the image data, and a like compressor expander 31d for performing compression and decompression of data. さらに、必要があれば、添付ファイルを含むメールの内容を暗号化する暗号化・復号部を備えることもできる。 Further, if necessary, it can also comprise encryption and decryption unit to encrypt the contents of e-mail with attachments.

【0019】また、ブラウザ31が対応していない種類のデータを再生する必要が生じた場合は、そのデータを再生することができるアプリケーションソフトウェアをパーソナルコンピュータ1にインストールする。 [0019] In addition, if you need to play the kind of data that the browser 31 does not support has occurred, to install the application software in the personal computer 1, it is possible to play back the data. そして、 And,
そのデータの種類とインストールしたアプリケーションソフトウェアとを関連付けることで、インストールしたアプリケーションソフトウェアをブラウザ31のヘルパとして機能させることで、ブラウザ31が対応していない種類のデータを再生することができる。 By associating the application software installed and type of data, by function installed application software as helper browser 31, it is possible to reproduce the type of data that the browser 31 is not compatible.

【0020】ホストコンピュータ2にはHTTP 41が設定され、ホストコンピュータ2はWWWサーバとして機能する。 [0020] HTTP 41 to the host computer 2 is set, the host computer 2 functions as a WWW server.
そして、HTTP41のデーモンプロセスを介して呼び出されるCommon Gateway Interface (CGI) 42によりWebメールシステムが実現されている。 Then, Web mail system is implemented by Common Gateway Interface (CGI) 42 to be called via the daemon process HTTP41. CGI42は、WWW形式で作成されたアンケートやデータ検索などを処理するプログラムへのインタフェイスであり、CGI42により呼び出されるプログラム(CGIプログラム)は、任意のWWWブラウザから文字列やファイルを受け取り、処理を行い、その処理結果などをハイパテキストで返すものである。 CGI42 is an interface to the program to handle, such as surveys and data retrieval that was created by the WWW format, the program (CGI program) to be called by the CGI42 takes a string and files from any of the WWW browser, the process done, it is those that return, such as the processing result in hypertext.

【0021】本実施形態においては、CGI42によって呼び出されるCGIプログラムの一つとしてWebメールシステムが稼働している。 In the present embodiment, Web mail system is running as a CGI program called by CGI42. 詳細は後述するが、CGI42によって呼び出されるWebメールシステムは、HTTP 41によりネットワーク3からマルチメディアメールが受信された場合、そのマルチメディアメールをホストコンピュータ2 Although details will be described later, Web mail system called by CGI42, when multimedia mail is received from the network 3 by HTTP 41, the host computer 2 to the multimedia mail
の記憶媒体上に割り付けられたユーザ用のデータベースへ保管する。 Store the database for the user assigned to the storage medium. 保管されたマルチメディアメールは、その着信アドレスに対応するパーソナルコンピュータ1のブラウザ31からWWWサーバ(ホストコンピュータ2)に対するアクセスが発生した際に、HTTP 41によりパーソナルコンピュータ1のブラウザ31へ転送される。 The stored multimedia mail, when accessed from the browser 31 of the personal computer 1 for WWW server (host computer 2) is generated corresponding to the destination address, are forwarded to the browser 31 of the personal computer 1 by the HTTP 41. ブラウザ31 Browser 31
は、ハイパテキストで構成されるマルチメディアメールをパーソナルコンピュータ1に接続されたモニタに表示するとともに、ユーザの指示に従い、マルチメディアメールを構成するマルチメディアの再生を実行する。 Is configured to display on a monitor connected to the multi-media mail consists of hypertext to the personal computer 1 in accordance with an instruction from the user, it executes the reproduction of the multimedia composing the multimedia message.

【0022】また、詳細は後述するが、パーソナルコンピュータ1からマルチメディアメールの送信指示を受けたWebメールシステムは、送信アドレスに対応するWWWサーバのCGIを呼び出し、ハイパテキストで記述したマルチメディアメールを、送信先のCGIにより呼び出されるW [0022] In addition, details of which will be described later, Web mail system that has received the transmission instruction of multi-media e-mail from the personal computer 1, call the CGI of the WWW server corresponding to the transmission address, the multi-media e-mail written in hypertext , W that will be called by the destination of the CGI
ebメールシステムに送る。 eb sent to the e-mail system.

【0023】つまり、Webメールシステムは、HTTPおよびCGIの応用範囲を拡張して、HTTPおよびCGIの機能を有効に利用したアプリケーションシステムであるといえる。 [0023] In other words, Web mail system, to extend the application range of HTTP and CGI, it can be said that an application system that effectively utilizing the features of HTTP and CGI. 勿論、WebメールシステムにおいてHTTPをフルサポートすれば、独立したメールシステムとして構築することもできるが、WWWサーバのCGIに対応するプログラムとしてメールシステムを構築することにより、その実現は容易になる。 Of course, if full support for HTTP in Web mail system, can also be constructed as an independent mail system by building a mail system as a program corresponding to the WWW server CGI, the realization is facilitated. 従って、図2には、CGI42によりWebメールシステムを構築する例を示している。 Therefore, in FIG. 2 shows an example of building a Web mail system by CGI42.

【0024】また、図2には示さないが、通常の電子メールを交換するために、ホストコンピュータ2には、SMT [0024] Although not shown in FIG. 2, in order to replace a regular e-mail, to the host computer 2, SMT
PおよびPOPが設定されている。 P and POP has been set.

【0025】[マルチメディアメールのフォーマット] [0025] [multimedia mail format]
図3はWebメールシステムが取り扱うマルチメディアメールのフォーマット例を示す図である。 Figure 3 is a diagram showing a format example of a multimedia mail handled by Web mail system.

【0026】同図において、ヘッダ51にはメールの発信者名(Name)、発信者のメールアドレス(From)、あて先のメールアドレス(To)などが含まれる。 [0026] In the figure, the header 51 mail originator name (Name), the originator's e-mail address (the From), and the like destination mail address (the To). 本文52にはサブジェクト(Subect)、メッセージ(Message)などが含まれるが、ハイパテキストで作成されたメッセージには、書式付きテキストを含むテキストだけでなく、他のデータへのリンクを示すリンク情報を含めることもできる。 The body 52 subject (Subect), but are like message (Message), the message created in hypertext, not only the text that contains formatted text, link information indicating a link to other data It can also be included.

【0027】また、53および54は添付ファイル(File)である。 [0027] In addition, the 53 and 54 are attached file (File). これらのファイル(リソース)はメールの一部として、バイナリデータの転送に対応したHTTPによりそのまま転送される。 These files (resources) as part of the mail, is directly transferred by HTTP corresponding to the transfer of binary data. 従って、Webメールシステムでは、送信するファイルをエンコードする必要はない。 Therefore, in the Web mail system, there is no need to encode the file to be transmitted. また、We In addition, We
bメールシステムでは、添付ファイルのリソースをWWWサーバ内に割り付けられたメールボックスに保管し、そのファイルにアクセスするためのリンク情報を送信してもよい。 The b-mail system, to save the resources of the attached file to the mailbox assigned to the WWW server may transmit link information to access the file. つまり、リンク情報はWWWサーバのメールボックスを示すURL(Uniform Resource Locator)である。 In other words, the link information is a URL indicating the mail box of the WWW server (Uniform Resource Locator).

【0028】なお、図3には添付ファイルが二つの例を示したが、添付ファイルの数に制限はなく、零を含む任意の数である。 [0028] Incidentally, in FIG. 3 but attachment was shown two examples, there is no limit to the number of attachments is any number including zero.

【0029】また、ヘッダ51には添付ファイルの種類を示すMIMEヘッダを付加するが、WebメールはHTTPにより転送されるので、バイナリデータの添付ファイルであってもエンコードすることなく、そのまま転送することができる。 Further, although the header 51 is added a MIME header indicating the type of attachment, the Web mail is transferred by the HTTP, without encoding even attachment binary data, be directly transferred can. 従って、電子メールシステムのように、バイナリデータを一旦テキストデータにエンコードして転送する必要がないので、Webメールシステムでは添付ファイルにより転送効率が悪化することはない。 Therefore, as in the e-mail system, since once it is not necessary to transfer the encoded text data of binary data, never transfer efficiency by attachment deteriorates the Web mail system.

【0030】[Webメールアドレス]電子メールシステムにおいては、ユーザ名@ドメイン名(例えばname@net. [0030] In the [Web e-mail address e-mail system, the user name @ domain name (for example name @ net.
or.jp)の形式の電子メールアドレスが用いられている。 Format e-mail address of the or.jp) have been used. これに対して、Webメールシステムにおいては、通常の電子メールシステムとの差別化を図るため、および、HTTPを利用してメールの転送を行うことを明示するために、例えばユーザ名@URLの形式をWebメールアドレスの基本にする。 In contrast, in the Web mail system, in order to differentiate between regular e-mail system, and, in order to demonstrate that the transfer of mail by using the HTTP, for example, the format of the user name @URL the to the basics of Web e-mail address. なお、URLは"種別://サーバ/ディレクトリ/ファイル"という形式でアクセス先を記述する。 It should be noted, URL is "type: // server / directory / file" that describes the access destination in the format. Drawing
4にWebメールアドレスの例を示すが、(6)および(7)は特殊な例である。 4 shows an example of a Web mail address, (6) and (7) is a special case.

【0031】[Webメールの操作]図5はWebメールの操作手順の一例を示す図で、ブラウザ31からホストコンピュータ2で稼働するWebメールシステム45にアクセスする例を示している。 [0031] [Web mail operations] FIG 5 is a diagram showing an example of a Web mail operating procedure shows an example of accessing the Web mail system 45 which runs from the browser 31 in the host computer 2.

【0032】ユーザは、ステップS11でブラウザ31を用いてWWWサーバのWebメールのページにアクセスする。 [0032] The user, to access the Web mail page of the WWW server by using the browser 31 in step S11. つまり、Webメールのページを示すURLをブラウザ31に指示すればよい。 In other words, it is sufficient to indicate the URL that shows the page of the Web mail to the browser 31. Webメールシステム45は、ステップS21で図 Web mail system 45, FIG step S21
6に一例を示すパスワードの入力を促す画面(パスワードページ)をブラウザ31へ返す。 6 to return the screen that prompts you to enter the password that shows an example (the password page) to the browser 31. これに対してユーザは、ステップS12でメールユーザとしての名前(勿論、I The user, on the other hand, the name of as a mail user in the step S12 (of course, I
Dでもよい)およびパスワードを入力する(図7参照)。 It may be D) and to enter a password (see Fig. 7).
なお、ゲストの場合は、名前と電子メールアドレスとを入力する(図8参照)。 It should be noted that, in the case of a guest, enter the name and e-mail address (see Figure 8).

【0033】名前およびパスワードを受け付けたWebメールシステム45は、ステップS22で、名前とパスワードの関係が一致しているか否かをユーザデータベース43を参照して確認する。 [0033] Web mail system 45 that has received the name and password, in step S22, to confirm by referring to the user database 43 whether or not the relationship between the name and password are the same. そして、両者の関係が一致していれば正規のメールユーザであるとして、メールデータベース44からそのメールユーザに対応するの受信メール情報を読出し、図9に一例を示す受信メールページをブラウザ31に返す。 Then, as the relationship between the two is a legitimate mail user If they match, returns the read received mail information to correspond the mail database 44 to the mail user, the received mail page showing an example in FIG. 9 to the browser 31 . 図9に示す例では、着信順に四つのメールがリストされ、Read欄には、メール本文のほかに添付ファイルがある場合は、そのデータの種類を示すアイコンが追加表示されている。 In the example shown in FIG. 9, four mail is listed on the incoming order, the Read column, if there are other attachments of the email body, the icon indicating the type of the data is additionally displayed.

【0034】ユーザは、ステップS13で受信メールページのリストの中から読もうとするメールを選択し、そのメールのアイコンなどをクリックする。 [0034] The user, select the mail to try to read from the list of incoming mail page in step S13, the click and the e-mail icon. また、添付ファイルを示すアイコンをクリックして、添付ファイルを再生する場合は、メールの選択を受け付けたWebメールシステム45は、ステップS23で、選択されたメールの情報をメールデータベース44から読み出し、図10に一例を示すリードメールページを返す。 Further, by clicking the icon indicating the attachment, when reproducing the attachments, Web mail system 45 receives selection of mail, at step S23, it reads the information of the selected mail from the mail database 44, FIG. return the lead e-mail page, an example of which is shown in 10. 図10に示す例では、添付ファイルがあるため、そのデータの種類を示すアイコンが追加表示されている。 In the example shown in FIG. 10, because of the attachment, an icon indicating the type of the data being additionally displayed. また、メッセージが「test2」 In addition, the message is "test2"
だけであるため、リードメールページが一枚の画面に収まっているが、長文のメッセージの場合はリードメールページは一枚の画面に収まるとは限らず、その場合、画面の右端などにスクロールバーおよびスクロールアローが現れる。 Because it is only, but lead-mail page is within a single screen, in the case of lengthy message not always pay to surf pages fit on a single screen, in which case, scroll bar, such as the right edge of the screen and a scroll arrow appears.

【0035】ユーザは、ステップS14で選択したメールを読み、図10に示すリードメールページの例えば最下端に表示されたサブメニュー(SUB MENU)のリンク情報をクリックすることにより、メールの情報(info)、一つ前または一つ後のメールのリード(Prev, Next)、メールまたは返信の作成(Write, Reply)、既読メールの転送(Mov The user reads the selected message in step S14, by clicking the link information of the sub-menu displayed, for example, the lowermost end of the lead mail page shown in Figure 10 (SUB MENU), mail information (info ), one before or one after the e-mail of lead (Prev, Next), the creation of e-mail or reply (write, reply), read mail of transfer (Mov
e)、メールの削除(Delete)などの操作を選択することができる。 e), it is possible to select an operation such as deletion of e-mail (Delete). Webメールシステム45は、ステップS24で、ユーザにより選択された操作に従った処理を行う。 Web mail system 45, in step S24, performs a process in accordance with the operation selected by the user.

【0036】例えば、ステップS14でメールの作成が選択された場合、Webメールシステム45は、ステップS24で図11Aに一例を示すライトメールページを返す。 [0036] For example, if the e-mail creation is selected in step S14, Web mail system 45 returns a write mail page showing an example in FIG. 11A in step S24. ユーザは、ステップS15で、メールのあて先、サブジェクトおよびメッセージなどを入力し、必要に応じてファイルを添付する。 The user, at step S15, the input email address, etc. subject and message, attach the file as needed. 図11Bは添付するファイルを選択するための選択ダイアログが開いた様子を示す図、図11Cは添付ファイルが指定された様子を示す図である。 Figure 11B is a view showing a state in which the selection dialog for selecting a file to be attached is opened, FIG. 11C is a diagram showing how the attachment is specified. なお、図11A It should be noted that, as shown in FIG. 11A
から図11Cには、添付ファイルとして、書式付きテキストを含むテキストファイル、ボイス・サウンドファイル、グラフィックスファイルを指定することができる例を示したが、これら以外にも任意種類のファイルを添付することができ、添付するファイルの数にも制限はない。 In FIG. 11C from, as an attached file, a text file that contains the formatted text, voice, sound files, an example is shown in which it is possible to specify a graphics file, be accompanied by any kind of file in addition to these can be, it can not be limited to the number of attached files.

【0037】ユーザは、メールの作成が終わると、ライトメールページの例えば最下端に表示された[POST MAI [0037] The user, the mail creation is completed, is displayed, for example, the lowermost end of the light-mail page [POST MAI
L]ボタンをクリックする。 Click the L] button. メールのポストを受け付けた It has received the e-mail of post
Webメールシステム45は、作成されたメールをメールデータベース44にポストし、図12に示すメールを受領したことを示すステータスページを返す。 Web mail system 45 posts a created mail to the mail database 44, and returns a status page indicating that the receipt of the mail shown in FIG. 12.

【0038】ユーザは、ステップS16で、ステータスページによりメールが受領されたことを確認した後、図5 [0038] The user, at step S16, after confirming that the mail is received by the status page, Figure 5
には示さないが、ステップS13からS15を連続に、または、個別に繰り返して、必要なメールのリードおよび返信の作成などを行った後、Webメールページのアクセスを終了する。 Although not shown in the, in continuous S15 from step S13, or, repeatedly individually, after such as the creation of the necessary e-mail read and reply, to terminate the access of the Web mail page.

【0039】[他のWebメールシステムへメールを送る]図11Aから図11Cは、同じWWWサーバ上で稼働するWeb [0039] [send mail to other Web mail system] FIG. 11C from FIG. 11A, Web running on the same WWW server
メールシステムのユーザ(以下では「内部ユーザ」と呼ぶ)にメールを送る例を示している。 User mail system (hereinafter referred to as "internal users") shows an example shortly. 従って、図11Aから図11Cに示すメールのあて先(To:の欄)には、省略されたWebメールアドレス(メールユーザ名だけ)が記入されている。 Therefore, mail destination shown in FIG. 11C Figures 11A: The (To field), abbreviated Web mail address (mail user name only) is entered. 勿論、フルアドレスを記入しても差し支えない。 Of course, there is no obstacle to the free Indicate the full address. しかし、他のWWWサーバ上で稼働するWebメールシステムのユーザ(以下では「外部ユーザ」と呼ぶ)にメールを送る場合は、Webメールアドレスの一部を省略することはできない。 However, if the user (hereinafter referred to as the "external user") of the Web mail system that runs on other WWW server send mail to, it is not possible to omit the part of the Web e-mail address.

【0040】図13は外部ユーザにメールを送る場合のWe [0040] We of the case of FIG. 13 is to send mail to an external user
bメールの操作手順の一例を示す図、他のWWWサーバ(ホストコンピュータ2')上で稼働するWebメールシステム4 It illustrates an example of a b-mail Procedure, Web mail system 4 running on another WWW server (host computer 2 ')
5'に、ブラウザ31からメールを送る場合を示している。 To 5 ', shows a case to send mail from the browser 31.
なお、図5に示したステップと同一手順のステップには、同一符号を付し、その詳細説明を省略する。 Note that the step of the step and the same procedure shown in FIG. 5, the same reference numerals, detailed description thereof will be omitted.

【0041】ユーザは、ステップS17で、図9に示した受信メールページのメニュー(Menu)からライトメール(Wri [0041] The user, in step S17, write e-mail (Wri from the menu (Menu) of the received mail page shown in Figure 9
te Mail)を選択する。 To select a te Mail). Webメールシステム45は、ステップS26で、図14に一例を示すライトメールページを返す。 Web mail system 45, in step S26, returns a write mail page showing an example in FIG. 14. ユーザは、ステップS18で、メールのあて先、サブジェクトおよびメッセージなどを入力し、必要に応じてファイルを添付する。 The user, in step S18, enter e-mail address, and the subject and message, attach a file if necessary. この場合、メールのあて先はWeb In this case, the e-mail address is Web
メールシステム45'のユーザであるから、Webメールアドレスの一部を省略することはできない。 Since a user of the mail system 45 ', it is not possible to omit some Web mail address. 従って「ユーザ名@URL」形式のWebメールアドレス、図14に示す例では「hana@http://mmm.patest.co.jp」を記入する。 Therefore, "user name @URL" format of Web e-mail address, in the example shown in FIG. 14: Fill in the "hana @ http //mmm.patest.co.jp".

【0042】ユーザは、メールの作成が終わると、ライトメールページの例えば最下端に表示された[POST MAI [0042] The user, the mail creation is completed, is displayed, for example, the lowermost end of the light-mail page [POST MAI
L]ボタンをクリックする。 Click the L] button. メールのポストを受け付けた It has received the e-mail of post
Webメールシステム45は、ステップS27で、HTTP 41によりメールのあて先に指定されたWebメールサーバ(図14 Web mail system 45, at step S27, Web mail server designated in the mail destination by HTTP 41 (FIG. 14
の例ではmmm.patest.co.jp)へWebメールを送信する。 In the example to send a Web mail to mmm.patest.co.jp). W W
ebメールを受信したWebメールサーバのWebメールシステム45'は、ステップS31で、受信したWebメールをメールデータベース44'にポストし、メールを受領したことを示すステータスページを返す。 eb Web mail system 45 of the Web mail server receives mail ', in step S31, the received Web mail mail database 44' and post return a status page indicating they received the email. Webメールシステム45 Web mail system 45
は、ステップS28で、Webメールシステム45'から受信したステータスに、メールを送信したことを示すステータを付加した図15Aおよび図15Bに示すステータスページを Is a step S28, the status received from the Web mail system 45 ', the status page shown in FIGS. 15A and 15B were added stator indicating that send mail
WWWブラウザ31へ返す。 Return to the WWW browser 31.

【0043】なお、Webメールシステム間でWebメールが転送される場合、メールの送信者情報、つまりFrom:に送信側のWWWサーバのURLが自動的に付加される。 [0043] It should be noted that, when the Web mail is transferred between the Web e-mail system, the sender information of the e-mail, in other words From: URL of the WWW server on the transmission side to is automatically added.

【0044】図16はあて先情報の変換例を示す図である。 [0044] FIG. 16 is a diagram showing an example of conversion destination information. 同図(a)は、送信側のWebメールシステムにおけるWe FIG. (A) is, We in the Web e-mail system on the transmission side
bメールのフォーマットを示している。 b shows the e-mail format. つまり、送信側のWebメールサーバのアドレス「Taro」から、Webアドレス「Hanako@http://mmm.server2.net.or.jp」で指定される受信側のWebメールサーバ(mmm.server2.net.or.jp) In other words, from the address "Taro" of the Web mail server of the sender, Web address: the receiving side of the Web mail server that is specified in the "Hanako @ http //mmm.server2.net.or.jp" (mmm.server2.net .or.jp)
のアドレス「Hanako」へ送られるWebメールのフォーマットを示している。 It shows the format of a Web mail sent to the address "Hanako".

【0045】また、同図(b)は、受信側のWebメールシステムにおけるWebメールのフォーマットを示している。 Further, FIG. (B) shows the format of Web mail in Web mail system on the receiving side.
つまり、Webメールアドレス「Taro@http://mmm.server In other words, Web e-mail address "Taro @ http: //mmm.server
1.net.or.jp」から、アドレス「Hanako」あてに送られてきたWebメールのフォーマットを示している。 From 1.net.or.jp ", it shows the format of a Web e-mail that has been sent to the address" Hanako "addressed.

【0046】[カーボンコピーを送信する場合]図17はカーボンコピーを送信する場合のライトメールページの一例を示す図である。 [0046] [When sending a carbon copy] FIG 17 is a diagram showing an example of the write-mail page for sending a carbon copy. つまり、同じWebメールシステムのユーザである「jiro」にWebメールを送るとともに、C In other words, it is the user of the same Web mail system and sends the Web e-mail to "jiro", C
c:の欄に同じWebメールシステムのユーザである「han c: is the user of the same Web mail system of the column "han
a」と「taro」とを指定することで、「jiro」に送るとの同じメッセージ、つまりカーボンコピーを「hana」 By specifying a "and the" taro ", the same message and sends it to the" jiro ", that is, the carbon copy" hana "
「taro」の二人のユーザに送ることができる。 It can be sent to two users of "taro". なお、詳細な説明はしないが、ブラインドカーボンコピー(Bcc) Although not detailed description, blind carbon copy (Bcc)
もカーボンコピー(Cc)と同様に実現することができるのは言うまでもない。 It is of course possible to realize similarly to carbon copy (Cc) also.

【0047】図18Aおよび図18Bはカーボンコピーを送信した場合のステータスページの一例を示す図で、「jir [0047] FIGS. 18A and 18B are views showing an example of a status page when sending the carbon copy, "jir
o」あてのメールを受領したことを示すメッセージに続き、「hana」と「taro」あてのカーボンコピーを受領したことを示すメッセージが表示されている。 Following the message indicating that it has received the e-mail o "addressed a message indicating that it has received a carbon copy of" taro "addressed as" hana "is displayed.

【0048】[通常の電子メールシステムとの間でメールを交換する場合]通常の電子メールを送受信する場合は、ホストコンピュータ2に設定されているSMTPおよびP [0048] [When exchanging mail between a normal e-mail System for sending and receiving regular e-mail, SMTP and P is set to the host computer 2
OPを利用する。 To use the OP.

【0049】Webメールシステム45は、POPにより受信された電子メールを、Webメールと同様に、メールデータベース44に保管する。 [0049] Web mail system 45, an e-mail received by the POP, like the Web mail, stores the mail database 44. ただし、電子メールがMIMEヘッダを含む場合は、標準的な手順でデータをデコードした後、メールデータベース44に保管する。 However, if the e-mail including MIME headers, after decoding the data in a standard procedure, stores the mail database 44. 従って、ユーザは、メールデータベース44に保管された電子メールを、 Therefore, the user, the e-mail stored in the mail database 44,
前述した操作手順で読むことができる。 It can be read in the above-mentioned operation procedure.

【0050】また、図19に示すライトメールページのように、あて先に電子メールアドレスが指定された場合、 [0050] In addition, as the light-mail page shown in Figure 19, if the e-mail address is specified in the destination,
Webメールシステム45は、WWWブラウザ31によりポストされたWebメールを、通常の電子メールフォーマットに書き換えてSMTPにより送信する。 Web mail system 45, a Web e-mail that has been posted by the WWW browser 31, is transmitted by the SMTP rewriting the regular e-mail format. 勿論、メッセージに日本語が含まれる、添付ファイルがあるなど、必要な場合は Of course, it includes the Japanese in the message, such as there is an attachment, if necessary
Webメールを、MIMEヘッダを含む形式の電子メールフォーマットに書き換えて送信する。 Web mail, and transmits the rewritten to email format formats, including MIME headers.

【0051】この場合、Webメールシステム45は、図20 [0051] In this case, Web mail system 45, as shown in FIG. 20
に示すような、受領したメールを電子メールとして転送する、つまりSMTPで送信することを示すステータスページを返す。 As shown in the received mail to forward as an e-mail, that returns a status page showing sending by SMTP.

【0052】[セキュリティ]メールに関するプライバシを保護するためには、Webメールページなどのアクセスごとにユーザの認証を行うのが好ましい。 [0052] In order to protect the privacy on the [Security] e-mail, it is preferable to carry out the authentication of users per access, such as Web e-mail page.

【0053】一方、一般に、ホストコンピュータ2にアクセスする際はパスワードが要求される。 Meanwhile, in general, when accessing the host computer 2 password is required. このホストコンピュータ2にアクセスするためのパスワードをWebメールユーザの認証に利用することもできる。 It is also possible to use a password to access to the host computer 2 to authentication of Web mail users. しかし、出先から自分あてのメールを確認する場合など、パスワードがクライアントからサーバまで多数のコンピュータに中継される可能性が有り、パスワードが盗まれる危険がある。 However, for example, to check the e-mail addressed to itself from the go, the password is there is a possibility to be relayed to a large number of computers from the client to the server, there is a risk that the password is stolen. また、HTTPはアクセスごとに通信を切断するため、 Furthermore, since HTTP is to disconnect the communication for each access,
Webメールページを継続してアクセスするためには、アクセスの度にパスワードを送る必要がある。 In order to access to continue the Web e-mail page, there is a need to send a password every time of access. 従って、同じパスワードを繰り返し送信することになり、パスワードが盗まれる危険が高くなる。 Therefore, will be to repeatedly send the same password, the higher the risk that the password is stolen.

【0054】Webメールシステムは、上記の問題を解決してセキュリティを維持するために、ホストコンピュータ2にアクセスするためのパスワードによる認証システムとは別に、メールシステム独自の認証システムを備えている。 [0054] Web mail system, in order to maintain the security to solve the above problems, and separately, with the mail system own authentication system is an authentication system using a password to access the host computer 2. 勿論、Webの公開鍵機能も利用することができる。 Of course, it is also possible to use Web of public-key function.

【0055】図21はWebメールシステムのユーザ認証手順の一例を示す図である。 [0055] Figure 21 is a diagram showing an example of a user authentication procedure Web mail system.

【0056】ユーザまたはブラウザ31は、ステップS41 [0056] the user or browser 31, step S41
で、メールユーザパスワードをネットワークを介してWe In, the mail user password via a network We
bメールシステム45へ送る。 Send to b e-mail system 45. メールユーザパスワードを受信したWebメールシステム45は、ステップS51で、ユーザデータベース43を参照して、送られてきたメールユーザパスワードをチェックする。 Web mail system 45 that has received the mail user password, at step S51, by referring to the user database 43, checks the mail user password sent. 正しいパスワードであれば、ステップS52で乱数を用いてアクセスパスワード(A If the correct password, access by using a random number in the step S52 password (A
P)を発行し、ステップS53でアクセスパスワードを埋め込んだページ(例えば受信メールページ)を返す。 Issue a P), it returns a page with an embedded access password in step S53 (for example, incoming mail page). このアクセスパスワードは、ユーザからは見えない状態でHT The access password is, HT in a state that can not be seen from the user
MLページフォーマットに埋め込まれている。 It is embedded in the ML page format. また、Web In addition, Web
メールシステム45は、ユーザと、そのユーザに対して発行したアクセスパスワードの関係をユーザデータベース Mail system 45, a user database and user, the relationship between the access password that was issued to the user
43に記録し管理する。 43 records and management to.

【0057】以降、Webメールシステム45はアクセスパスワードを送らず、ブラウザ31はWebメールシステム45 [0057] or later, Web mail system 45 without sending the access password, the browser 31 Web mail system 45
へのアクセス(S42)にアクセスパスワードまたはアクセスパスワードに関連した文字列を含める。 To access (S42) to include the string associated with the access password or access password. Webメールシステム45は、ブラウザ31からアクセスされる度にアクセスパスワードに基づく認証を行い(S54)、認証されたアクセスに対してだけ応答するとともにHTMLページを返す Web mail system 45, performs authentication based on the access password every time it is accessed from the browser 31 (S54), and returns an HTML page with only responds to the authenticated access
(S55)。 (S55).

【0058】ユーザからアクセスの終了が要求される(S [0058] Exit from the user's access is requested (S
43)と、Webメールシステム45は、そのユーザに対して発行したアクセスパスワードを無効にする(S56)。 And 43), Web mail system 45, to disable the access password that is issued to the user (S56).

【0059】[ユーザ検索]Webメールページのメニューからメンバリスト(Member List)を選択すると、Webメールシステム45から図22に一例を示すメンバリストページが返され、同じWebメールシステムに登録されているユーザ、つまりユーザデータベース43に登録されている内部ユーザのリストを得ることができる。 [0059] By selecting the User Search] Web mail page menu from the member list (Member the List), member list page showing an example in FIG. 22 is returned from the Web mail system 45, it is registered to the same Web mail system the user, in other words it is possible to obtain a list of internal users registered in the user database 43. そして、リストの左端に表示されたアイコンをクリックすれば、そのユーザあてのメールを作成することができる。 And, if you click the displayed on the left end of the list icon, it is possible to create an e-mail of the user addressed.

【0060】Webメールページのメニューからサーチ(Se [0060] search from a menu of Web mail page (Se
arch)を選択すると、Webメールシステム45から図23に一例を示すサーチページが返され、メンバリストから特定のユーザを検索することができる。 Selecting arch), the search page, an example of which is shown in FIG. 23 from the Web mail system 45 is returned, it is possible to search for a specific user from the member list. 検索用のフィールドには、例えば、名前(Name:)、グループ(Group:)、キーワード(Keyword:)があり、その何れかまたは組み合わせによって特定のユーザまたはユーザ群を抽出することができる。 The field for the search, for example, the name (Name :), Group (Group :), there are keywords (Keyword_E :), by its one or combination can extract a specific user or group of users. 図24は検索を行った結果の一例を示す図で、名前に「jiro」が含まれるユーザがリストされている。 Figure 24 is a diagram showing an example of a result of the search, the user includes "jiro" in the name are listed.

【0061】なお、メンバリストおよび検索の範囲は、 [0061] In addition, the member list and search range,
内部ユーザに限られるものではなく、他のWebメールシステムとの間でメンバリストおよび検索を行うためのユーザデータを定期的に交換すれば、外部ユーザを含むメンバリストを得たり、外部ユーザを含む検索も可能になる。 Is not limited to internal users, if regularly exchange user data for the member list and search with other Web mail system, or give the member list, including an external user, comprising an external user Search also becomes possible.

【0062】検索によりリストされたユーザへは、同報メールを送ることができる。 [0062] to users listed by the search, it is possible to send a broadcast e-mail. つまり、図24の検索結果を示すリストに含まれる「ALL Matched Member」行のアイコンをクリックすれば、抽出された内部および外部のユーザすべてに、同報メールを送ることができる。 That is, it is possible by clicking the "ALL Matched Member" line of icons included in the list indicating the search result in FIG. 24, the interior was extracted and all external user sends a broadcast mail.

【0063】Webメールページのメニューから環境(Conf [0063] environment from a menu of Web mail page (Conf
iguration)を選択すると、Webメールシステム45から図2 When you select a iguration), Figure 2 from the Web mail system 45
5に一例を示す環境設定ページが返され、ユーザ名を除いた各設定項目を設定または更新することができる。 5 configuration page showing an example in is returned, it is possible to set or update each item except for the user name. 同じWebメールシステムに登録されているユーザ、つまりユーザデータベース43に登録されている内部ユーザのリストを得ることができる。 Users registered in the same Web mail systems, i.e. it is possible to obtain a list of internal users registered in the user database 43. なお、設定項目のグループ(G It is to be noted that the group of setting item (G
roup:)およびキーワード(Keyword:)は、上記の検索に用いるためのデータである。 roup :) and keyword (Keyword_E :) is data for use in search above. また、POP用の電子メールアドレスも、このページで設定する。 Also, the e-mail address for the POP, is set on this page.

【0064】[その他の機能]以上、Webメールシステムの主要な機能を説明したが、この他にもWebメールシステム45は多数の機能を備えている。 [0064] [Other Functions] While the foregoing is directed to the major functions of the Web mail system, Web mail system 45 in addition to this is provided with a number of functions. 例えば、ブラウザ For example, the browser
31のクライアントプル機能により、図25の設定項目「Ge By 31 client pull function of setting items shown in FIG. 25, "Ge
t Mail Interval:」に設定した時間間隔でメールの受信を確認する機能や、さらに、送受信メールを階層管理する機能もある。 t Mail Interval: "at the set time interval and the ability to confirm receipt of the e-mail to, further, there is also a function of hierarchical management send and receive e-mail.

【0065】また、添付ファイルのリンク情報を送る場合は、図29Aに一例を示すように、ライトメールページの「Link:」項にあて先を設定する。 [0065] In addition, if you send a link information of the attached file, as shown by way of example in FIG. 29A, the light-mail page "Link:" to set the destination in the section. 図29Aの例においては、「File 2:」に設定されたファイルは、WebメールサーバのユーザTaroのメールボックスに格納され、そのファイルへのリンク情報(URL)が「Link:」に設定されたde In the example of FIG. 29A, "File 2:" setting is set to file is stored in the mail box of the user Taro of Web e-mail server, link information to the file (URL) is "Link:" is set to de
nkoあてに送られる。 It is sent to the nko addressed. 勿論、「Link:」あて先を設定するとともに、「To:」や「Cc:」あて先を設定すれば、「T Of course, "Link:" sets a destination, "To:" and "Cc:" By setting the destination, "T
o:」や「Cc:」に設定されたあて先には、リンク情報ではなくファイル(リソース)が転送される。 o: "or" Cc: The destination that has been set to ", rather than the link information file (resource) is transferred. 「Link:」 "Link:"
あて先が設定されたメールのポストを受け付けたWebメールシステム45は、作成されたメールをメールデータベース44にポストし、図29Bに示すメールを受領したことを示すステータスページを返す。 Web mail system 45 the destination accepts the mail post is set, post the created mail to the mail database 44, and returns a status page indicating that the receipt of the mail shown in FIG. 29B.

【0066】本実施形態においては、ユーザがリンク情報の送信を希望する場合、リンク情報の送信を明示的に指示させる目的と、電子メールシステムのインタフェイスとの互換性を考慮して、上記したように「Link:」あて先を用いる。 [0066] In this embodiment, if the user wishes to transmit the link information, by considering the purpose of explicitly instructing transmission of link information, the compatibility with the interface of the e-mail system, and the as "Link:" I use the destination. 例えば、「To:」や「Cc:」あて先に付属したリンク情報の送信を指示するボタンを設けることにより、「To:」や「Cc:」に指定されたあて先へリンク情報を送ることもできる。 For example, "To:" and "Cc:" By providing a button for instructing the transmission of the included link information to the destination, "To:" and "Cc:" to the destination specified in can also send the link information . 例えば、図29Aの例においては、「File 2:」に設定されたファイルは、WebメールサーバのユーザTaroのメールボックスに格納され、そのファイルへのリンク情報(URL)が「To:」や「Cc:」に設定されたあて先に送られることになる。 For example, in the example of FIG. 29A, "File 2:" set in file is stored in the mailbox of the user Taro the Web mail server link information to the file (URL) of "To:" and " Cc: will be sent to the set destination in ".

【0067】また、送信したWebメールなどはユーザのメールボックスに保管される。 [0067] In addition, such as sending the Web mail is stored in the user's mail box. 従って、メールボックスから呼び出したメールを再送し、転送することができるとともに、後述する開封確認を行うことができる。 Therefore, resend the e-mail that called from the mail box, it is possible to transfer, it is possible to carry out the receipts, which will be described later. 図30 Figure 30
Aから図30Cはメールログページの一例を示す図で、「St Figure 30C from A is a diagram showing an example of a mail log page, "St
atus:」の項目に並んだラジオボタンを選択することにより「すべて(all)」「未読または未開封(new)」「既読または開封済(read)」または「送信(source)」の条件で、メールボックスに保管されたメールをリストすることができる。 atus: by selecting the radio button lined up in the item of "under the conditions of" all (all) "" unread or unopened (new) "," already read was the opening already (read) "or" transmission (source) " , it is possible to list messages that were stored in the mail box. 図30Aはsourceを選択して送信メールをリストした状態を、図30Bはallを選択して全メールをリストした状態をそれぞれ示している。 Figure 30A is a state in which list the outgoing mail by selecting the source, FIG. 30B shows a state that lists all mail by selecting all respectively. また、図30Cはallを選択し、「Name:」の項に「hana」を設定して、あて先または発信者のメールアドレスに「hana」が含まれるメールをリストした状態を示している。 Further, FIG. 30C selects all, "Name:" Set "hana" in section, showing a state that lists the message that contains the "hana" the destination or caller's e-mail address.

【0068】Webメールシステム45は、送信したメールを相手が読んだか否かを確認するメール開封確認機能をもっている。 [0068] Web mail system 45, have the e-mail read receipt function to confirm whether or not the sent e-mail or read the opponent. つまり、図31Aに一例を示すように、メールの受信者であるdenkoがtaroからのWebメールを初めて読む際、そのメールに開封確認フラグが設定されていると、Webメールシステム45は、図31Bに一例を示すように、開封されたことを示すデータ、例えば「Read Retur That is, as exemplified in FIG. 31A, when a recipient's mail denko reads first Web mail from taro, when the mail to read receipt flag is set, Web mail system 45, FIG. 31B as an example, the data indicating that it has been opened, for example, "a Read Retur
n: denko read」を含む開封確認情報が送信者であるtar n: tar denko read "read receipt information, including are the sender
oあてに送る。 And sends it to the o addressed. Webメールシステム45は、開封確認情報を受信すると、メールボックスにその情報に対応するWeb Web mail system 45, upon receiving a read receipt information, Web corresponding to the information in the mail box
メールに関するログの開封者リストに、受信した開封確認情報に含まれるデータ、例えば「denko read」を記録する。 In the opening list of logs for e-mail, to record the data contained in the received read receipt information, for example the "denko read". なお、開封確認フラグの設定は、Webメールの作成時に、図11Aに示したライトメールページの下部にある「read and Return」オプションのチェックボックスをチェックしておけばよい。 The setting of the read receipt flag, when you create a Web e-mail, it is sufficient to check the "read and Return" option in the check box at the bottom of the light-mail page illustrated in FIG. 11A.

【0069】[プログラム]Webメールシステムは、ホストコンピュータ2の稼働するWWWサーバ46のCGIプログラムとして機能する、機能的に二つのプログラムから構成されている。 [0069] [Program] Web mail system works as a CGI program for the WWW server 46 running on the host computer 2, functionally is composed of two programs. 一つ目のプログラムは、Webメールユーザ、および、それらのユーザからのWebメールを管理し、WebメールのHTMLページを作成する機能をもつWebメールユーザマネジャ42aである。 The first of the program, Web mail users, and to manage the Web mail from those users, a Web mail user manager 42a with the ability to create HTML pages of Web mail.

【0070】二つ目のプログラムは、受信したWebメールをあて先のユーザ(ブラウザ)に配送する機能をもつハイパテキストポストオフイス(HTPO)42bである。 [0070] The second program is a hypertext post office (HTPO) 42b having a function to deliver the received Web e-mail to the destination of the user (browser). その他に、前述したユーザデータベース43およびメールデータベース44がある。 Other, there is a user database 43 and the mail database 44 described above.

【0071】さらに、ホストコンピュータ2には、通常の電子メールの交換を行うために、Webメールシステムとは独立して、前述したSMTP 21、POP 22aおよびsendma [0071] Furthermore, the host computer 2, in order to exchange regular email, independently of the Web mail system, SMTP 21, POP 22a and sendma described above
il 22bが設定され動作している。 il 22b is set to operate.

【0072】図27はWebメールユーザマネジャ42aの処理例を示すフローチャートで、Webメールシステムがアクセスされる開始される処理を示している。 [0072] Figure 27 is a flowchart showing a process example of a Web mail user manager 42a, shows a process for Web mail system is started is accessed.

【0073】Webメールユーザマネジャ42aは、ステップ [0073] Web mail user manager 42a, the step
S101でユーザデータベースを開き、ステップS102でパスワードが正しいか否かをチェックする。 Open the user database in S101, it checks whether the password is correct in step S102. パスワードが正しければ、ステップS103でユーザに合わせた設定を行う。 If the password is correct, to set tailored to the user in step S103. つまり、図25に示したユーザ設定ページにより設定されたデータに従い、ユーザに対する動作を設定する。 That is, according to the data set by the user setting page shown in FIG. 25, to set the operation for the user.

【0074】続いて、ステップS104ではデータベースのメンテナンスを行う。 [0074] Subsequently, the maintenance of the database in step S104. 例えば、メールの削除、パスワードの変更、環境設定の変更などに対応するコマンドを実行する。 For example, deletion of e-mail, change of password, to run the command corresponding to such change of environment settings. その後、ステップS105でユーザが発行したコマンドをチェックする。 Then, check the command that the user has issued in step S105.

【0075】コマンドが正しければ、ステップS106でそのコマンドに対応するHTMLページを作成する。 [0075] If it is correct command, to create an HTML page corresponding to the command in step S106. なお、ステップS106で作成するのは、前述した各HTMLページであるから、ここでは説明を省略する。 Note that to create at step S106, since it is the HTML page as described above, and a description thereof will be omitted.

【0076】一方、ステップS102でパスワードが正しくなかった場合は、ステップS107で図6に示したパスワードページを返し、正しいパスワードの入力を促す。 [0076] On the other hand, if the password is not correct in step S102, returns the password page shown in FIG. 6 in step S107, it prompts the user to input the correct password. また、ステップS105でコマンドが正しくなかった場合は、 In addition, if the command is not correct in step S105,
ステップS108でエラーページを返す。 It returns an error page in step S108.

【0077】図28はHTPO42bの処理例を示すフローチャートで、Webメールサーバにメールが着信すると開始される処理を示している。 [0077] Figure 28 is a flowchart showing a process example of HTPO42b, shows a process to which the mail is started when coming into Web mail server.

【0078】HTPO42bは、ステップS201で着信メールのあて先を調べ、あて先がWebメールアドレスであれば、 [0078] HTPO42b examines the destination of incoming mail at step S201, if the destination is a Web e-mail address,
ステップS202で他のWebサーバあてのメールか否かを判定し、自分が稼働するWebメールサーバ46あてのメールであればステップS203へ進む。 Determines whether mail or not the other Web servers addressed in step S202, the process proceeds to step S203 if the mail Web mail server 46 addressed to own runs.

【0079】また、着信メールのあて先が電子メールアドレスで示されている場合は、ステップS207でフォーマットを書き換えることによりWebメールを電子メールに変換し、ステップS208でSMTPにより変換した電子メールを転送する。 [0079] Also, if the incoming mail destination is shown in an e-mail address, the Web mail is converted to an electronic mail by rewriting the format in step S207, and transfers the electronic mail converted by SMTP in step S208 . また、他のWebメールサーバあてのWebメールの場合は、ステップS209でHTTPによりWebメールを転送する。 In the case of Web mail other Web mail server destined to transfer the Web mail by HTTP in step S209.

【0080】一方、ステップS203でユーザデータベース [0080] On the other hand, the user database in step S203
43を開き、ステップS204であて先のWebメールアドレスに対応するユーザが存在するか否かを判定する。 Open 43 determines whether the user is present that corresponds to the destination Web mail address in step S204. 対応するユーザが存在すれば、着信したWebメールを、そのユーザに対応させてメールデータベース44にポストし、ステップS206でWebメールの発信者またはWebサーバあてにメールを受領したことを示すステータスページを返す。 If there is a corresponding user, the incoming Web mail, corresponding to the user posted to the mail database 44, a status page indicating that the received mail to the caller or Web server addressed to the Web mail in step S206 return.
また、あて先のWebメールアドレスに対応するユーザが存在しない場合は、ステップS210でWebメールの発信者またはWebサーバあてにあて先に誤りがある旨を通知するエラーページを返す。 Also, if the user corresponding to the destination Web mail address does not exist, and returns an error page to notify that there is an error in the destination to the originator or the Web server addressed to the Web mail in step S210.

【0081】[電子メールとWebメールの比較] (1)電子メールは、テキストデータの転送を基本とし、M [0081] [e-mail and Web mail comparison of (1) e-mail, and based on the transfer of text data, M
IMEにより拡張することで画像やサウンドなどのマルチメディア(バイナリデータ)の転送に対応するのに対して、Webメールは、テキストデータだけでなく、ハイパテキスト、画像、サウンドなどのマルチメディア(バイナリデータ)を容易に転送することができる。 Whereas the corresponding to the transfer of multimedia such as images and sound by expanding (binary data) by the IME, Web mail, as well as text data, hypertext, image, multimedia (binary data such as a sound ) it can be easily transferred.

【0082】(2)画像、サウンドなどを含むマルチメディアメールを受信した場合、電子メールシステムにおいては画像、サウンドなどを再生する複数のアプリケーションをユーザ(コンピュータ)ごとに用意する必要があるが、WebメールシステムではWWWブラウザだけで再生することができる。 [0082] (2) image, when receiving a multimedia mail, including sound, in the electronic mail system image, it is necessary to prepare a plurality of applications to play sounds, etc. for each user (computer), Web it can be reproduced only in the WWW browser in the mail system.

【0083】(3)電子メールシステムのアカウントは、 [0083] (3) account of the e-mail system,
ホストコンピュータ(またはメールサーバ)のアカウントと兼用であり、パスワードも兼用になる。 Is an account shared with the host computer (or mail server), the password is also to serve. これに対して、Webメールシステムは、独自にメールユーザを管理し、パスワードも独自に管理するので、より高度のセキュリティを得ることができる。 On the other hand, Web mail system, own and manage the e-mail user, because the password also has its own to manage, it is possible to obtain a higher degree of security.

【0084】(4)WWWサーバを利用するWebメールシステムの利用は、ローカルなネットワーク内に限定されず、 [0084] (4) The use of Web mail systems that use the WWW server is not limited to the local network,
WWWブラウザを用いてインターネットにアクセスすることさえできれば、世界中のどこからでも利用することができメールを送受信することができる。 If you can even access the Internet using a WWW browser, it is possible to send and receive can be e-mail be used from anywhere in the world.

【0085】以下は、電子メールとWebメールとを比較した表である。 [0085] The following is a table comparing the e-mail and Web mail.

【0086】以上説明したように、本実施形態によれば、WWWサーバ上で電子メール機能を実現したことにより、マルチメディアメールの送受信および再生を容易に行うことができる。 [0086] As described above, according to this embodiment, by realizing an electronic mail function on the WWW server, it is possible to transmit and receive and playback of multimedia mail easily.

【0087】また、HTTPを用いるWebメールは、バイナリデータを転送することができるので、メールに添付されたバイナリファイルをテキストデータにエンコードしてから転送する必要がなく、エンコードによりファイルサイズが増えないので、電子メールに比べてメールの転送時間を短縮することができる。 [0087] In addition, Web mail using HTTP, it is possible to transfer binary data, there is no need to transfer from encodes the binary file that is attached to an e-mail to text data, it does not increase file size by the encoding so, it is possible to shorten the mail transfer time as compared to e-mail. さらに、ハイパテキストを使用するWebメールは、リソースを転送せずにリンク情報だけを転送することもでき、メールの転送時間を大幅に短縮することができるとともに、受信者はリンク情報に基づき必要なリソースだけを得ることができる。 Furthermore, Web mail using a hypertext can be transferred only link information without transferring resources, along with the mail transfer time can be greatly shortened, the recipient need based on the link information resources it is possible to obtain only.
従って、伝送路などのリソースを効率よく利用して、ローカルエリアネットワークやインターネットなどのネットワークの負荷を低減することができる。 Thus, resources such as transmission line efficiently by using, it is possible to reduce the load on the network such as a local area network or the Internet.

【0088】また、ユーザのコンピュータには、WWWブラウザだけを用意すればよく、WWWブラウザの操作を理解するだけで、Webメールの操作を行うことができる。 [0088] In addition, the user of the computer, it is sufficient only prepared WWW browser, only to understand the operation of the WWW browser, it is possible to carry out the operation of the Web mail.
さらに、Webメールシステムの管理者は、ユーザのコンピュータに対しては、WWWブラウザの入手、配布、保守を行うだけでよい。 In addition, the administrator of the Web mail system, for the user of the computer, get a WWW browser, you may only carry out distribution, maintenance. さらに、メールの管理はすべてWeb In addition, all e-mail management of the Web
メールサーバ側で行うので、Webメールシステムを構成するソフトウェアの保守および更新は容易である。 Is performed in the mail server, maintenance and updating of software constituting the Web mail system is easy.

【0089】また、Webメールシステムは、ユーザの検索機能を備え、グループ検索、キーワード検索なども可能である。 [0089] In addition, Web e-mail system is provided with a search function of the user, group search, it is also possible, such as keyword search. さらに、検索により抽出された複数のユーザに同報メールを送ることもできる。 Furthermore, it is also possible to send a broadcast mail to a plurality of users extracted by the search.

【0090】 [0090]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
マルチメディアメールの送受信が可能で、操作が容易な電子メールシステムおよび電子メールの処理方法を提供することができる。 Can transmit and receive multi-media mail, it can be operated to provide a processing method easy e-mail systems and e-mail.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】MIMEを利用する電子メールシステムの構成例を示すブロック図、 1 is a block diagram showing a configuration example of an electronic mail system that utilizes MIME,

【図2】Webメールシステムの構成例を示す図、 FIG. 2 is a diagram showing an example of the configuration of the Web mail system,

【図3】Webメールシステムが取り扱うマルチメディアメールのフォーマット例を示す図、 FIG. 3 is a diagram showing an example of the format of a multi-media e-mail Web mail system is handled,

【図4】Webメールアドレスの例を示す図、 FIG. 4 shows an example of the Web e-mail address,

【図5】Webメールの操作手順の一例を示す図、 FIG. 5 is a diagram showing an example of a Web mail operation procedure,

【図6】パスワードページの一例を示す図、 FIG. 6 is a diagram showing an example of the password page,

【図7】パスワードページにユーザ名およびパスワードを入力している様子を示す図、 FIG. 7 is a diagram showing how you are entering a user name and password in the password page,

【図8】ゲストの場合にパスワードページに入力する情報の一例を示す図、 FIG. 8 is a diagram showing an example of the information to be input in the case of a guest in the password page,

【図9】受信メールページの一例を示す図、 FIG. 9 is a diagram showing an example of a reception mail page,

【図10】リードメールページの一例を示す図、 FIG. 10 is a diagram showing an example of a read e-mail page,

【図11A】ライトメールページの一例を示す図、 FIG. 11A is a diagram showing an example of a light-mail page,

【図11B】添付するファイルを選択するための選択ダイアログが開いた様子を示す図、 FIG. 11B is a diagram showing a state in which the selection dialog is opened to select the file to be attached,

【図11C】添付ファイルが指定された様子を示す図、 FIG. 11C is a diagram showing a state in which the attachment has been specified,

【図12】ステータスページの一例を示す図、 FIG. 12 is a diagram showing an example of a status page,

【図13】外部ユーザにメールを送る場合のWebメールの操作手順の一例を示す図、 13 is a diagram showing an example of a Web mail operating procedure when sending mail to external users,

【図14】外部ユーザにメールを送る場合のライトメールページの一例を示す図、 14 illustrates an example of a write email page when sending mail to external users,

【図15A】外部ユーザにメールを送った場合のステータスページの一例を示す図、 FIG. 15A is a diagram showing an example of a status page of the case that sent the mail to an external user,

【図15B】外部ユーザにメールを送った場合のステータスページの一例を示す図、 FIG. 15B is a diagram showing an example of a status page of the case that sent the mail to an external user,

【図16】あて先情報の変換例を示す図、 FIG. 16 is a diagram showing an example of conversion destination information,

【図17】カーボンコピーを送信する場合のライトメールページの一例を示す図、 17 illustrates an example of a light-mail page for sending a carbon copy,

【図18A】カーボンコピーを送信した場合のステータスページの一例を示す図、 Figure 18A is a diagram showing an example of a status page when sending the carbon copy,

【図18B】カーボンコピーを送信した場合のステータスページの一例を示す図、 Figure 18B is a diagram showing an example of a status page when sending the carbon copy,

【図19】あて先に電子メールアドレスが指定されたライトメールページの一例を示す図、 FIG. 19 is a diagram showing an example of a light-mail page e-mail address to the destination is specified,

【図20】受領したメールを電子メールとしてSMTPで送信することを示すステータスページの一例を示す図、 Figure 20 is a diagram showing an example of a status page showing sending by SMTP receipt mail as e-mail,

【図21】Webメールシステムのユーザ認証手順の一例を示す図、 FIG. 21 is a diagram showing an example of a user authentication procedure Web mail system,

【図22】メンバリストページの一例を示す図、 FIG. 22 is a diagram showing an example of a member list page,

【図23】サーチページの一例を示す図、 FIG. 23 is a diagram showing an example of a search page,

【図24】検索を行った結果の一例を示す図、 FIG. 24 shows an example of a result of searching was performed,

【図25】環境設定ページの一例を示す図、 FIG. 25 is a diagram showing an example of a configuration page,

【図26】Webメールシステムのソフトウェア構成例を示す図、 FIG. 26 is a diagram showing an example of the software configuration of the Web mail system,

【図27】Webメールユーザマネジャの処理例を示すフローチャート、 Figure 27 is a flowchart showing a process example of a Web mail user manager,

【図28】HTPOの処理例を示すフローチャート、 Figure 28 is a flowchart showing a process example of hTPO,

【図29A】リンク情報を送る際のライトページの一例を示す図、 Figure 29A is a diagram showing an example of a write page for sending the link information,

【図29B】リンク情報を受け付けた際のステータスページの一例を示す図、 FIG. 29B is a diagram showing an example of a status page at the time of accepting the link information,

【図30A】送信メールをリストしたメールログページの一例を示す図、 FIG. 30A is a diagram showing an example of a mail log page that lists the outgoing mail,

【図30B】全メールをリストしたメールログページの一例を示す図、 FIG. 30B is a diagram showing an example of a mail log page that lists all the e-mail,

【図30C】あて先または発信者のメールアドレスに「hana」が含まれるメールをリストしたメールログページの一例を示す図、 FIG. 30C is a diagram showing an example of a mail log page that lists the e-mail that contains the "hana" to the destination or the originator of the e-mail address,

【図31A】メール開封確認機能を説明するための図、 FIG. 31A is a diagram for explaining the e-mail read receipt function,

【図31B】メール開封確認機能を説明するための図である。 FIG. 31B is a diagram for explaining the e-mail read receipt function.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平9−305503(JP,A) 特開 平9−231040(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl. 6 ,DB名) G06F 13/00 H04L 12/54 H04L 12/58 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (56) reference Patent flat 9-305503 (JP, a) JP flat 9-231040 (JP, a) (58 ) investigated the field (Int.Cl. 6, DB name) G06F 13/00 H04L 12/54 H04L 12/58

Claims (7)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 ハイパテキストによって構成される画面情報を表示するとともに、その画面情報に対応する情報を入力する表示入力手段と、 前記表示入力手段によって入力された情報に応じて画面情報を生成する第一の生成手段と、 前記表示入力手段によって入力された情報に基づき、ハイパテキストによって構成される電子メールを生成する第二の生成手段と、 ネットワークを介した電子メールの転送をハイパテキスト転送プロトコルを用いて行う転送手段とを備え、 前記転送手段は、前記第二の生成手段により生成された電子メールを前記ネットワークへ送信するとともに、前記ネットワークから受信した電子メールを前記第一の生成手段へ送ることを特徴とする電子メールシステム。 1. A and displays screen information constituted by the hypertext, a display input means for inputting the information corresponding to the screen information, generates screen information in accordance with information inputted by said display input means a first generating means, based on said information input by the display input unit, a second generating means for generating e-mail composed by the hypertext, e-mail hypertext transfer protocol to transfer over the network and a transfer unit carried out using the transfer unit is configured to send an e-mail generated by the second generating unit to the network, the e-mail received from the network to the first generating means e-mail system, characterized in that the send.
  2. 【請求項2】 前記表示入力手段は、受信された電子メールに添付されたデータから動画を含む画像および/またはサウンドを再生することを特徴とする請求項1に記載された電子メールシステム。 Wherein said display input means, an electronic mail system according to claim 1, characterized in that for reproducing an image and / or sound including moving from data attached to the received e-mail.
  3. 【請求項3】 前記第一の生成手段は、受信した電子メールを保存する記憶手段を備え、前記表示入力手段から電子メールのリードを指示された場合、指示された電子メールを前記記憶手段から読出し、読出した電子メールに基づき画面情報を生成することを特徴とする請求項1 Wherein said first generating means includes a storage means for storing the received electronic mail, the display case where the input unit is instructed email read, the designated e-mail from the storage means claim to read, and generates the screen information based on the read email 1
    に記載された電子メールシステム。 E-mail system, which is described in.
  4. 【請求項4】 前記第一の生成手段は、前記表示入力手段へ送る画面情報の少なくとも一つにパスワードを埋め込み、以降、前記表示入力手段から送られてくる情報に前記パスワードまたは前記パスワードに関連する文字列が含まれているか否かを検査することを特徴とする請求項1に記載された電子メールシステム。 Wherein said first generating means, associated with said display embedded in at least one password screen information sent to the input means, and later, the password or the password on the display sent from the input means information electronic mail system according to claim 1, characterized in that checks if it contains a character string to be.
  5. 【請求項5】 前記第一の生成手段は、ユーザを管理するための記憶手段を備え、前記表示入力手段からの指示に基づき、前記記憶手段から抽出したユーザのリストに基づく画面情報を生成することを特徴とする請求項1に記載された電子メールシステム。 Wherein said first generating means includes a storage means for managing the user, based on an instruction from the display input unit, generates screen information based on the list of users extracted from the storage means electronic mail system according to claim 1, characterized in that.
  6. 【請求項6】 前記第二の生成手段は、電子メールに添付するファイルが指示された場合、そのファイルへのリンク情報を、生成する電子メールに添付することを特徴とする請求項1に記載された電子メールシステム。 Wherein said second generating means, if the file to attach to the e-mail is instructed, according to claim 1, characterized in that to attach the link information to the file, in the generated electronic mail e-mail system.
  7. 【請求項7】 ハイパテキストによって構成される画面情報を表示する表示ステップと、 前記表示ステップで表示した画面情報に対応する情報が入力される入力ステップと、 前記表示入力ステップで入力された情報に応じて画面情報を生成する第一の生成ステップと、 前記入力ステップで入力された情報に基づき、ハイパテキストによって構成される電子メールを生成する第二の生成ステップと、 ハイパテキスト転送プロトコルを用いて、前記第二の生成ステップで生成した電子メールをネットワークへ送信し、前記ネットワークから電子メールを受信する転送ステップと、前記転送ステップで受信した電子メールに基づく画面情報を生成する第三の生成ステップとを有することを特徴とする電子メールの処理方法。 A display step of displaying 7. hyper screen information constituted by the text, an input step in which information is input corresponding to the screen information displayed by the display step, the information inputted by said display input step a first generation step of generating screen information in response, based on the information input in the input step, a second generation step of generating an electronic mail composed by the hypertext, by using the hypertext transfer protocol , said second generated electronic mail generating step of sending to the network, a third generation step of generating a transfer step of receiving an electronic mail, a screen information based on the e-mail received by the transfer step from the network email processing method characterized in that it comprises and.
JP22374096A 1996-08-26 1996-08-26 Processing method of the electronic mail system and e-mail Expired - Fee Related JP2879547B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22374096A JP2879547B2 (en) 1996-08-26 1996-08-26 Processing method of the electronic mail system and e-mail

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22374096A JP2879547B2 (en) 1996-08-26 1996-08-26 Processing method of the electronic mail system and e-mail

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1063590A JPH1063590A (en) 1998-03-06
JP2879547B2 true JP2879547B2 (en) 1999-04-05

Family

ID=16802957

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22374096A Expired - Fee Related JP2879547B2 (en) 1996-08-26 1996-08-26 Processing method of the electronic mail system and e-mail

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2879547B2 (en)

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6212535B1 (en) * 1996-09-19 2001-04-03 Digital Equipment Corporation Browser-based electronic messaging
US20080261633A1 (en) 2002-10-22 2008-10-23 Research In Motion Limited System and Method for Pushing Information from a Host System to a Mobile Data Communication Device
US6219694B1 (en) * 1998-05-29 2001-04-17 Research In Motion Limited System and method for pushing information from a host system to a mobile data communication device having a shared electronic address
JP3135532B2 (en) 1998-09-29 2001-02-19 松下電送システム株式会社 Network facsimile apparatus
JP4491847B2 (en) * 1998-11-05 2010-06-30 ソニー株式会社 Mail system, mail client, mail server, and mail transmission / reception method
JP3411843B2 (en) 1998-12-28 2003-06-03 パナソニック コミュニケーションズ株式会社 MFP
JP2000224220A (en) 1999-01-27 2000-08-11 Matsushita Graphic Communication Systems Inc Network facsimile equipment
WO2000065456A1 (en) * 1999-04-26 2000-11-02 Outserv Co., Ltd. E-mail system, e-mail transmission/reception system, and recording medium
JP2001125846A (en) 1999-10-26 2001-05-11 Fujitsu Ltd Electronic device and storage medium
JP3730858B2 (en) * 2000-12-01 2006-01-05 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Mail system, server, and mail transmission / reception device
JP4630468B2 (en) * 2001-01-24 2011-02-09 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 E-mail access system compatible with WWW browser and computer program used therefor
JP4770209B2 (en) * 2005-03-14 2011-09-14 コクヨ株式会社 File reciprocation system and program
JP2008117142A (en) * 2006-11-02 2008-05-22 Nec Corp Portable terminal, electronic mail transmission/reception system, electronic mail transmission/reception method and electronic mail transmission/reception program
JP5369744B2 (en) 2009-02-13 2013-12-18 三菱電機株式会社 Information collection system, terminal device, information collection program, terminal program
JP2014241620A (en) * 2014-08-05 2014-12-25 株式会社ナカヨ Communication terminal with individual person destined message information displaying function
JP5939338B2 (en) * 2015-06-01 2016-06-22 株式会社ナカヨ Personal message information relay device

Also Published As

Publication number Publication date
JPH1063590A (en) 1998-03-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7277901B2 (en) Collaborative file update system
US7849135B2 (en) Sharing content on mobile devices
US6453337B2 (en) Methods and systems to manage and track the states of electronic media
US7949944B2 (en) Creation and delivery of customized content
CN1705946B (en) Method and system for synchronizing identity information
CN1332337C (en) System and method for pushing calendar event messages from a host system to a mobile data communication device
US7526511B2 (en) Distributed image storage architecture
CA2485960C (en) Method and apparatus for controlling data provided to a mobile device
DE69836644T2 (en) Systems and method for managing news
CA2213889C (en) E-mail paging system
US6993574B2 (en) Web-based communications addressing system and method
JP3469057B2 (en) Electronic message transmission method based on browser
ES2326565T5 (en) Message storage and delivery system
US7634502B2 (en) System and method for improved content delivery
US6374246B1 (en) Message service system that provides flexible route control and user interface adaption
TWI345154B (en) Method to initiate server based collaboration on e-mail attachments
CA2219093C (en) Voice mail system
US6487189B1 (en) Mobile e-mail document transaction service
US20020165918A1 (en) World wide web access for voice mail and page
JP4330673B2 (en) Web-based mail service system
US7418737B2 (en) Encrypted data file transmission
US8156330B2 (en) Terminal for exchanging electronic business cards
CN101815039B (en) Passive personalization of buddy lists
US20030101271A1 (en) Private, trackable URLs for directed document delivery
US7389324B2 (en) Viral engine for network deployment

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19981204

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110129

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120129

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130129

Year of fee payment: 14

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees