JP2023129285A - Privilege assigning system, privilege assigning method and program - Google Patents

Privilege assigning system, privilege assigning method and program Download PDF

Info

Publication number
JP2023129285A
JP2023129285A JP2023016917A JP2023016917A JP2023129285A JP 2023129285 A JP2023129285 A JP 2023129285A JP 2023016917 A JP2023016917 A JP 2023016917A JP 2023016917 A JP2023016917 A JP 2023016917A JP 2023129285 A JP2023129285 A JP 2023129285A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
user
benefit
service
points
provisional
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2023016917A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
祐輔 榊原
Yusuke Sakakibara
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Rakuten Group Inc
Original Assignee
Rakuten Group Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Rakuten Group Inc filed Critical Rakuten Group Inc
Priority to JP2023016917A priority Critical patent/JP2023129285A/en
Publication of JP2023129285A publication Critical patent/JP2023129285A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Landscapes

  • Management, Administration, Business Operations System, And Electronic Commerce (AREA)
  • Financial Or Insurance-Related Operations Such As Payment And Settlement (AREA)

Abstract

To improve convenience of users using a service.SOLUTION: A privilege assigning system (S) includes: a use determination part (201) for determining whether or not a service has been used in an unreceivable state where a user cannot receive a privilege; a temporary privilege generation part (202) for generating a temporary privilege when it is determined that the service has been used in the unreceivable state; a reception condition determination part (204) for determining, after use of the service, whether or not a reception condition relating to reception of the temporary privilege has been satisfied; and a temporary privilege assigning part (205) for assigning the temporary privilege to the user when it is determined that the reception condition has been satisfied.SELECTED DRAWING: Figure 5

Description

本開示は、特典付与システム、特典付与方法、及びプログラムに関する。 The present disclosure relates to a benefit granting system, a benefit granting method, and a program.

従来、サービスを利用した利用者に特典を付与する技術が知られている。例えば、特許文献1には、会員カードのカード番号と、オンラインサービスにおける会員識別情報と、を関連付けていない利用者のポイントの利用条件を、カード番号及び会員識別情報を関連付けた利用者のポイントの利用条件よりも厳しくする技術が記載されている。 2. Description of the Related Art Conventionally, techniques for granting benefits to users who use a service are known. For example, Patent Document 1 describes the conditions for using points for users who do not associate the card number of a membership card with member identification information in an online service, and the conditions for using points for users who do not associate the card number of a membership card with member identification information in an online service. It describes a technique that makes the usage conditions stricter than the usage conditions.

例えば、特許文献2には、利用者端末に送信された固定識別コード情報と仮付与ポイント値とを関連付けておいて、利用者端末がログイン状態とされて利用者識別情報が特定されたことに応じて、固定識別コード情報に関連付けられた仮付与ポイント値を、利用者識別情報に対応するポイント値に含める技術が記載されている。 For example, in Patent Document 2, fixed identification code information sent to a user terminal is associated with a provisionally assigned point value, and when the user terminal is logged in and the user identification information is specified, Accordingly, a technique is described in which a temporary point value associated with fixed identification code information is included in a point value corresponding to user identification information.

特開2017-054282号公報JP2017-054282A 特開2020-166740号公報Japanese Patent Application Publication No. 2020-166740

しかしながら、特許文献1の技術では、会員カードを持っていない利用者は、店舗を利用したとしても、ポイントを貯めることができない。会員カードを持参するのを忘れた利用者と、会員カードを店舗で提示し忘れた利用者と、も同様であり、ポイントを受け取ることができない。特許文献2の技術も同様であり、会員登録を済ませていない利用者、利用者端末を持参するのを忘れた利用者、及び利用者端末を店舗で提示し忘れた利用者は、ポイントを受け取ることができない。このため、従来の技術では、サービスを利用する利用者の利便性を十分に高めることができなかった。 However, with the technique of Patent Document 1, a user who does not have a membership card cannot accumulate points even if he or she uses a store. The same applies to users who forget to bring their membership cards and users who forget to present their membership cards at stores, and cannot receive points. The technology of Patent Document 2 is similar, and users who have not completed membership registration, users who forget to bring their user terminals, and users who forget to present their user terminals at a store receive points. I can't. For this reason, conventional techniques have not been able to sufficiently enhance the convenience of users of services.

本開示の目的の1つは、サービスを利用する利用者の利便性を高めることである。 One of the purposes of the present disclosure is to improve convenience for users of services.

本開示に係る特典付与システムは、利用者が特典を受け取れない受取不可状態でサービスが利用されたか否かを判定する利用判定部と、前記受取不可状態で前記サービスが利用されたと判定された場合に、仮の特典を生成する仮特典生成部と、前記サービスの利用後に、前記仮の特典の受け取りに関する受取条件が満たされたか否かを判定する受取条件判定部と、前記受取条件が満たされたと判定された場合に、前記利用者に前記仮の特典を付与する仮特典付与部と、を含む。 The benefit granting system according to the present disclosure includes a usage determination unit that determines whether the service is used in a non-receivable state in which the user cannot receive benefits, and a case where it is determined that the service is used in the non-receivable state. a provisional benefit generation unit that generates a provisional benefit; a reception condition determination unit that determines whether or not a receipt condition regarding receipt of the provisional benefit is met after using the service; and a receipt condition determination unit that determines whether the receipt condition is satisfied. and a provisional benefit granting unit that grants the provisional benefit to the user when it is determined that the provisional benefit has been granted to the user.

本開示によれば、サービスを利用する利用者の利便性が高まる。 According to the present disclosure, convenience for users who use the service increases.

特典付与システムの全体構成の一例を示す図である。It is a diagram showing an example of the overall configuration of a privilege granting system. ポイントサービスに会員登録済みの利用者が実店舗を利用する様子の一例を示す図である。FIG. 2 is a diagram illustrating an example of how a user who has registered as a member of a point service uses a physical store. ポイントサービスの会員ではない利用者が実店舗を利用する様子の一例を示す図である。FIG. 2 is a diagram illustrating an example of how a user who is not a member of a point service uses a physical store. 利用者が受取用コードを読み取る様子の一例を示す図である。FIG. 3 is a diagram showing an example of how a user reads a receipt code. 特典付与システムで実現される機能の一例を示す機能ブロック図である。It is a functional block diagram showing an example of a function realized by a privilege granting system. 特典データベースの一例を示す図である。It is a figure showing an example of a privilege database. 仮特典データベースの一例を示す図である。It is a figure showing an example of a provisional privilege database. 会員データベースの一例を示す図である。It is a diagram showing an example of a member database. 特典付与システムで実行される実店舗利用処理の一例を示す図である。It is a diagram showing an example of a physical store usage process executed by the privilege granting system. 特典付与システムで実行される会員登録処理の一例を示す図である。It is a figure showing an example of member registration processing performed by a privilege granting system. 第2実施形態で受取可能ポイントを受け取る流れの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the flow of receiving receivable points in 2nd Embodiment. 第3実施形態で受取可能ポイントを受け取る流れの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the flow of receiving receivable points in 3rd Embodiment. 利用者が提携クレジットカードを発行するまでの時系列的な流れの一例を示す図である。It is a diagram showing an example of a chronological flow until a user issues an affiliated credit card. 変形例における機能ブロックの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the functional block in a modification. 変形例6で表示される画面の一例を示す図である。12 is a diagram showing an example of a screen displayed in Modification 6. FIG. 変形例8で表示されるポイント管理画面の一例を示す図である。12 is a diagram showing an example of a point management screen displayed in Modification 8. FIG. 変形例10で表示されるポイント管理画面の一例を示す図である。12 is a diagram showing an example of a point management screen displayed in Modification 10. FIG.

[1.第1実施形態]
本開示に係る特典付与システムの実施形態の一例である第1実施形態を説明する。第1実施形態では、実店舗で商品の小売をする小売サービスと、実店舗における支払に利用可能なポイントを提供するポイントサービスと、が提携する場合を例に挙げる。実店舗の利用者は、ポイントサービスの会員ではないものとする。特典付与システムは、他の場面にも適用可能である。他の場面への適用例は、後述する。
[1. First embodiment]
A first embodiment, which is an example of an embodiment of a privilege granting system according to the present disclosure, will be described. In the first embodiment, a case will be exemplified in which a retail service that retails products at a physical store and a point service that provides points that can be used for payment at the physical store are affiliated with each other. It is assumed that the users of the physical store are not members of the point service. The benefit award system can also be applied to other situations. Examples of application to other scenes will be described later.

[1-1.特典付与システムの全体構成]
図1は、特典付与システムの全体構成の一例を示す図である。例えば、特典付与システムSは、店舗サーバ10、特典管理サーバ20、会員管理サーバ30、店舗端末40、及び利用者端末50を含む。これらのコンピュータは、インターネット又はLAN等のネットワークNに接続可能である。
[1-1. Overall configuration of benefit granting system]
FIG. 1 is a diagram showing an example of the overall configuration of a privilege granting system. For example, the benefit granting system S includes a store server 10, a benefit management server 20, a member management server 30, a store terminal 40, and a user terminal 50. These computers can be connected to a network N such as the Internet or a LAN.

特典付与システムSは、少なくとも1つのコンピュータを含めばよく、図1の例に限られない。例えば、特典付与システムSは、特典管理サーバ20及び会員管理サーバ30だけを含み、店舗サーバ10、店舗端末40、及び利用者端末50は、特典付与システムSの外部に存在してもよい。例えば、特典付与システムSは、特典管理サーバ20だけを含み、会員管理サーバ30は、特典付与システムSの外部に存在してもよい。特典付与システムSは、図1に示さない他のコンピュータを含んでもよい。 The privilege granting system S may include at least one computer, and is not limited to the example shown in FIG. 1. For example, the privilege granting system S may include only the privilege management server 20 and the member management server 30, and the store server 10, the store terminal 40, and the user terminal 50 may exist outside the privilege granting system S. For example, the privilege granting system S may include only the privilege management server 20, and the member management server 30 may exist outside the privilege granting system S. The privilege granting system S may include other computers not shown in FIG.

店舗サーバ10は、小売サービスを提供する小売業者が管理するサーバコンピュータである。制御部11は、少なくとも1つのプロセッサを含む。記憶部12は、RAM等の揮発性メモリと、フラッシュメモリ等の不揮発性メモリと、を含む。通信部13は、有線通信用の通信インタフェースと、無線通信用の通信インタフェースと、の少なくとも一方を含む。 The store server 10 is a server computer managed by a retailer that provides retail services. Control unit 11 includes at least one processor. The storage unit 12 includes volatile memory such as RAM and nonvolatile memory such as flash memory. The communication unit 13 includes at least one of a communication interface for wired communication and a communication interface for wireless communication.

特典管理サーバ20は、ポイントサービスを提供するポイント事業者が管理するサーバコンピュータである。制御部21、記憶部22、及び通信部23の物理的構成は、それぞれ制御部11、記憶部12、及び通信部13と同様である。 The benefit management server 20 is a server computer managed by a point company that provides point services. The physical configurations of the control section 21, the storage section 22, and the communication section 23 are the same as those of the control section 11, the storage section 12, and the communication section 13, respectively.

会員管理サーバ30は、ポイント事業者が管理するサーバコンピュータである。制御部31、記憶部32、及び通信部33の物理的構成は、それぞれ制御部11、記憶部12、及び通信部13と同様である。 The member management server 30 is a server computer managed by a point company. The physical configurations of the control section 31, the storage section 32, and the communication section 33 are the same as those of the control section 11, the storage section 12, and the communication section 13, respectively.

店舗端末40は、小売業者の実店舗に配置されたコンピュータである。第1実施形態では、店舗端末40がPOS端末である場合を説明するが、店舗端末40は、他のコンピュータであってもよく、例えば、パーソナルコンピュータ、タブレット端末、又はスマートフォンであってもよい。制御部41、記憶部42、及び通信部43の物理的構成は、それぞれ制御部11、記憶部12、及び通信部13と同様である。操作部44は、タッチパネル等の入力デバイスである。表示部45は、液晶ディスプレイ又は有機ELディスプレイである。 Store terminal 40 is a computer located at a retailer's physical store. In the first embodiment, a case will be described in which the store terminal 40 is a POS terminal, but the store terminal 40 may be another computer, for example, a personal computer, a tablet terminal, or a smartphone. The physical configurations of the control section 41, the storage section 42, and the communication section 43 are the same as those of the control section 11, the storage section 12, and the communication section 13, respectively. The operation unit 44 is an input device such as a touch panel. The display section 45 is a liquid crystal display or an organic EL display.

店舗端末40には、読取装置46及び出力装置47が接続される。読取装置46は、画像又は記憶媒体を読み取る装置である。第1実施形態では、読取装置46がコードリーダである場合を説明するが、読取装置46は、他の装置であってもよく、例えば、カメラ、スキャナ、NFCリーダ、又は磁気カードリーダであってもよい。読取装置46は、読取機能だけでなく、書き込み機能を有してもよい。 A reading device 46 and an output device 47 are connected to the store terminal 40 . The reading device 46 is a device that reads images or storage media. In the first embodiment, a case will be described in which the reading device 46 is a code reader, but the reading device 46 may be another device, such as a camera, a scanner, an NFC reader, or a magnetic card reader. Good too. The reading device 46 may have not only a reading function but also a writing function.

出力装置47は、画像形成装置である。第1実施形態では、出力装置47がレシートプリンタである場合を説明するが、出力装置47は、他の装置であってもよく、例えば、レシート以外の紙を出力するプリンタ、プリンタに分類されない画像形成装置、コピー機、又は複合機であってもよい。レシートは、物理的な紙ではなく、電子的なデータとして出力されてもよい。 The output device 47 is an image forming device. In the first embodiment, a case will be described in which the output device 47 is a receipt printer, but the output device 47 may be another device, such as a printer that outputs paper other than receipts, or an image that is not classified as a printer. It may be a forming device, a copy machine, or a multifunction device. The receipt may be output as electronic data instead of physical paper.

利用者端末50は、利用者のコンピュータである。第1実施形態では、利用者端末50がスマートフォンである場合を説明するが、利用者端末50は、他のコンピュータであってもよく、例えば、パーソナルコンピュータ、タブレット端末、又はウェアラブル端末であってもよい。制御部51、記憶部52、通信部53、操作部54、及び表示部55の物理的構成は、それぞれ制御部11、記憶部12、通信部13、操作部44、及び表示部45と同様である。読取部56は、読取装置46と同様であってもよいが、第1実施形態では、読取部56がスマートフォンのカメラであるものとする。 The user terminal 50 is a user's computer. In the first embodiment, a case will be described in which the user terminal 50 is a smartphone, but the user terminal 50 may be another computer, for example, a personal computer, a tablet terminal, or a wearable terminal. good. The physical configurations of the control unit 51, storage unit 52, communication unit 53, operation unit 54, and display unit 55 are the same as those of the control unit 11, storage unit 12, communication unit 13, operation unit 44, and display unit 45, respectively. be. The reading unit 56 may be the same as the reading device 46, but in the first embodiment, the reading unit 56 is a camera of a smartphone.

なお、記憶部12,22,32,42,52に記憶されるプログラムは、ネットワークNを介して供給されてもよい。また、情報記憶媒体に記憶されたプログラムが、コンピュータ読み取り可能な情報記憶媒体を読み取る読取部(例えば、光ディスクドライブやメモリカードスロット)、又は、外部機器とデータの入出力をするための入出力部(例えば、USBポート)を介して供給されてもよい。 Note that the programs stored in the storage units 12, 22, 32, 42, and 52 may be supplied via the network N. In addition, the program stored in the information storage medium may be used as a reading unit (for example, an optical disk drive or a memory card slot) for reading a computer-readable information storage medium, or an input/output unit for inputting and outputting data with external equipment. (e.g., a USB port).

[1-2.第1実施形態の概要]
例えば、利用者は、ポイントサービスの会員になると、実店舗における利用額に応じたポイントを受け取れる。実店舗は、ポイントサービスの加盟店である。利用者は、物理的なポイントカードを発行することによってポイントサービスの会員になってもよいし、利用者端末50から会員登録することによってポイントサービスの会員になってもよい。利用者は、ポイントサービスの会員になると、自身が会員であることを証明するポイントカードを実店舗で提示する。
[1-2. Overview of first embodiment]
For example, if a user becomes a member of a point service, he or she can receive points corresponding to the amount spent at a physical store. The physical store is a point service member store. A user may become a member of a point service by issuing a physical point card, or may become a member of a point service by registering as a member from the user terminal 50. When a user becomes a member of a point service, he/she presents a point card proving his or her membership at a physical store.

図2は、ポイントサービスに会員登録済みの利用者が実店舗を利用する様子の一例を示す図である。第1実施形態では、利用者端末50に表示されるポイントカード画面G1が仮想的なポイントカードとして利用される場合を説明するが、ICカード、磁気カード、NFCカード、又はその他のカードといった物理的なポイントカードが利用されてもよい。利用者端末50のICチップがポイントカードとして利用されてもよい。 FIG. 2 is a diagram illustrating an example of how a user who has registered as a member of the point service uses a physical store. In the first embodiment, a case will be described in which the point card screen G1 displayed on the user terminal 50 is used as a virtual point card, but a physical point card such as an IC card, magnetic card, NFC card, or other card may be used. A point card may also be used. The IC chip of the user terminal 50 may be used as a point card.

例えば、利用者端末50には、ポイントサービスのアプリケーション(以降、ポイントアプリ)がインストールされている。利用者がポイントアプリを起動させると、ポイントサービスへのログイン処理が実行される。ログイン処理が成功すると、ポイントカード画面G1が表示部55に表示される。ポイントカード画面G1には、利用者のポイント残高とともに、利用者を識別可能な表示用IDを含むコードC10が表示される。コードC10は、バーコード又は二次元コードといった任意の種類であってよい。 For example, a point service application (hereinafter referred to as a point application) is installed on the user terminal 50. When the user launches the point app, a login process to the point service is executed. If the login process is successful, a point card screen G1 is displayed on the display unit 55. On the point card screen G1, a code C10 including a display ID that can identify the user is displayed together with the user's point balance. The code C10 may be of any type such as a barcode or a two-dimensional code.

実店舗の店員は、商品のバーコードと、ポイントカード画面G1のコードC10と、を読取装置46で読み取る。セルフレジであれば、利用者がこれらを読取装置46で読み取る。利用者は、ポイント残高の全部又は一部を利用することもできるし、ポイントを利用せずに貯めることもできる。利用者が会計を済ませると、出力装置47からレシートR2が出力される。レシートR2には、実店舗の利用履歴に関する利用履歴情報I20と、利用者のポイントに関するポイント情報I21が印刷される。 A clerk at the physical store reads the barcode of the product and the code C10 on the point card screen G1 using the reading device 46. If it is a self-checkout, the user reads these with the reading device 46. The user can use all or part of the point balance, or can accumulate points without using them. When the user finishes paying, the output device 47 outputs a receipt R2. Usage history information I20 regarding the usage history of the physical store and point information I21 regarding the user's points are printed on the receipt R2.

例えば、利用履歴情報I20として、店舗名、店舗の電話番号、店舗の住所、利用日時、利用者が購入した商品の明細、及び会計額といった情報がレシートR2に印刷される。例えば、ポイント情報I21として、ポイントカードを識別可能なカード番号の一部、ポイントの対象となった金額、受取予定ポイント、利用可能ポイント、及び取引を識別可能な取引コードがレシートR2に印刷される。 For example, information such as the store name, store telephone number, store address, date and time of use, details of products purchased by the user, and transaction amount is printed on the receipt R2 as the usage history information I20. For example, as point information I21, a part of the card number that can identify the point card, the amount of money that is eligible for points, the points to be received, the points that can be used, and the transaction code that can identify the transaction are printed on the receipt R2. .

図2の例では、ポイントサービスの還元率が1%であり、利用者が4000円の買い物をした場合に、40ポイントが付与される予定である。第1実施形態では、ある程度の時間が経過した後に、利用者がポイントを受け取れる場合を説明するが、買い物の直後に利用者がポイントを受け取れるようにしてもよい。図2のように、利用者がポイントサービスの会員であれば、実店舗における利用額に応じたポイントを受け取れる。 In the example of FIG. 2, the return rate of the point service is 1%, and when the user makes a purchase of 4,000 yen, 40 points are scheduled to be given. In the first embodiment, a case will be described in which the user can receive points after a certain amount of time has passed, but the user may be able to receive points immediately after shopping. As shown in FIG. 2, if the user is a member of a point service, he or she can receive points according to the amount spent at the physical store.

図3は、ポイントサービスの会員ではない利用者が実店舗を利用する様子の一例を示す図である。利用者は、ポイントサービスの会員ではないので、実店舗を利用しても、基本的にはポイントを受け取れない。利用者は、ポイントカードを持っていないので、ポイントカードを提示せずに実店舗を利用する。利用者が会計を済ませると、出力装置47からレシートR3が出力される。 FIG. 3 is a diagram illustrating an example of how a user who is not a member of a point service uses a physical store. Since users are not members of a point service, they basically cannot receive points even if they use a physical store. Since the user does not have a point card, he/she uses the physical store without presenting the point card. When the user finishes paying, the output device 47 outputs a receipt R3.

レシートR3には、利用履歴情報I30及びポイント情報I31が印刷される。利用履歴情報I30は、図2の利用履歴情報I20と同様である。ポイント情報I31は、図2のポイント情報I21とは異なる。例えば、ポイント情報I31として、ポイントサービスの会員であればポイントの対象となるはずだった金額、受取可能ポイント、及び受取用コードC310がレシートR3に印刷される。 Usage history information I30 and point information I31 are printed on the receipt R3. The usage history information I30 is similar to the usage history information I20 in FIG. 2. Point information I31 is different from point information I21 in FIG. For example, as the point information I31, the amount of money that would have been eligible for points if you were a member of a point service, the receivable points, and the receiving code C310 are printed on the receipt R3.

第1実施形態では、ポイントサービスの会員ではない利用者が、読取部56で受取用コードC310を読み取ってポイントサービスの会員になると、受取可能ポイントを受け取れるようになっている。受取可能ポイントは、利用者が実店舗を利用したその場では受け取れないが、ポイントサービスの会員になれば受け取れるポイントである。受取用コードC310には、受取可能ポイントを識別可能な受取用IDと、ポイントサービスの会員登録画面へのリンクと、が含まれている。 In the first embodiment, when a user who is not a member of a point service reads the receiving code C310 with the reading unit 56 and becomes a member of the point service, he or she can receive receivable points. Receivable points are points that cannot be received on the spot when the user visits a physical store, but can be received if the user becomes a member of a point service. The receipt code C310 includes a receipt ID that can identify receivable points and a link to the point service member registration screen.

図4は、利用者が受取用コードC310を読み取る様子の一例を示す図である。利用者が利用者端末50で受取用コードC310を読み取ると、会員登録画面G4が表示部55に表示される。例えば、利用者は、入力フォームF40~F44に、メールアドレス、会員ID、パスワード、氏名、及び生年月日といった会員情報を入力する。利用者が会員情報を入力してボタンB45を選択すると、ポイントサービスの会員登録が完了し、受取可能ポイントが利用者に付与される。 FIG. 4 is a diagram showing an example of how the user reads the receipt code C310. When the user reads the receipt code C310 with the user terminal 50, a member registration screen G4 is displayed on the display unit 55. For example, the user inputs member information such as email address, member ID, password, name, and date of birth into input forms F40 to F44. When the user inputs member information and selects button B45, membership registration for the point service is completed and receivable points are granted to the user.

例えば、ポイントサービスの会員登録が完了すると、登録完了画面G5が表示部55に表示される。登録完了画面G5には、利用者に付与された受取可能ポイントと、ポイントサービスに登録された会員情報と、が表示される。図4の例では、利用者には、会員登録時に読み取った受取用コードC310と同じレシートR3に印刷された受取可能ポイントの40ポイントが付与される。利用者は、ボタンB50を選択してポイントアプリを利用者端末50にダウンロードしてインストールする。 For example, when membership registration for a point service is completed, a registration completion screen G5 is displayed on the display unit 55. The registration completion screen G5 displays the receivable points given to the user and member information registered in the point service. In the example of FIG. 4, the user is given 40 receivable points printed on the same receipt R3 as the receipt code C310 read at the time of membership registration. The user selects the button B50 to download and install the point application on the user terminal 50.

ポイントアプリが利用者端末50にインストールされると、利用者は、ポイントアプリのポイントカード画面G1のコードC10を実店舗で提示することによって、会員登録時に付与された40ポイントを利用できる。会員登録時の特典として、受取可能ポイント以外のポイントが付与される場合には、このポイントも合算されたポイント残高がポイントカード画面G1に表示される。例えば、会員登録のキャンペーンとして2000ポイントが付与される場合には、利用者は、受取可能ポイントの40ポイントと合算した2040ポイントを最初から利用できる。 When the point app is installed on the user terminal 50, the user can use the 40 points given at the time of membership registration by presenting the code C10 on the point card screen G1 of the point app at a physical store. If points other than the receivable points are awarded as a benefit at the time of member registration, the point balance including these points is displayed on the point card screen G1. For example, if 2000 points are awarded as part of a membership registration campaign, the user can use 2040 points from the beginning, which is the sum of 40 points that can be received.

以上のように、第1実施形態では、利用者がポイントサービスの会員ではない状態で実店舗を利用した場合に、受取可能ポイントが生成される。利用者が、読取部56で受取用コードC310を読み取ってポイントサービスの会員になると、受取可能ポイントを受け取れる。これにより、従来は受け取れなかったポイントを利用者が受け取れるようになるので、利用者の利便性が高まり、ポイントサービスの会員になることへの訴求効果が高まる。以降、第1実施形態の詳細を説明する。 As described above, in the first embodiment, when a user uses a physical store without being a member of a point service, receivable points are generated. When the user reads the receiving code C310 with the reading unit 56 and becomes a member of the point service, he or she can receive receivable points. This allows users to receive points that they could not receive in the past, increasing convenience for users and increasing the appeal to become members of a point service. Hereinafter, details of the first embodiment will be described.

[1-3.特典付与システムで実現される機能]
図5は、特典付与システムSで実現される機能の一例を示す機能ブロック図である。
[1-3. Functions realized by the benefit granting system]
FIG. 5 is a functional block diagram showing an example of functions realized by the privilege granting system S.

[1-3-1.店舗サーバで実現される機能]
データ記憶部100は、記憶部12を主として実現される。サービス提供部101及び出力部102は、制御部11を主として実現される。
[1-3-1. Functions realized by store server]
The data storage unit 100 is mainly realized by the storage unit 12. The service providing unit 101 and the output unit 102 are mainly realized by the control unit 11.

[データ記憶部]
データ記憶部100は、利用者に小売サービスを提供するために必要なデータを記憶する。例えば、データ記憶部100は、小売サービスで販売される商品に関する商品データベースを記憶する。商品データベースには、商品を識別可能な商品コード、商品名、価格、及び在庫といった情報が格納される。商品データベース自体は、公知の小売サービスにおける種々のデータベースを利用可能である。例えば、データ記憶部100は、利用者による小売サービスの利用結果に関する利用結果データベースを記憶する。利用結果データベースには、レシートR2,R3に印刷される利用履歴情報I20,I30とポイント情報I21,I31に相当する情報が格納される。
[Data storage unit]
The data storage unit 100 stores data necessary for providing retail services to users. For example, the data storage unit 100 stores a product database regarding products sold through retail services. The product database stores information such as a product code, product name, price, and inventory that can identify the product. As the product database itself, various databases in known retail services can be used. For example, the data storage unit 100 stores a usage result database regarding usage results of retail services by users. The usage result database stores information corresponding to usage history information I20, I30 and point information I21, I31 printed on receipts R2, R3.

[サービス提供部]
サービス提供部101は、利用者に小売サービスを提供する。小売サービスの提供方法自体は、公知の種々の方法を利用可能である。ポイントサービスの利用者が実店舗でポイントを利用したりポイントを貯めたりするための処理も、公知の種々の方法を利用可能である。ただし、第1実施形態では、ポイントサービスに登録していない利用者が実店舗を利用した場合のレシートR3の出力方法は、従来の方法とは異なる。店舗サーバ10の機能としては、主に出力部102の機能が従来の機能とは異なる。店舗サーバ10の他の機能は、従来の機能を流用可能なので、小売サービス側としては、最低限の改修によって、第1実施形態の機能を導入できる。
[Service provision department]
The service providing unit 101 provides retail services to users. Various known methods can be used to provide retail services. Processing for users of point services to use and accumulate points at physical stores can also be performed using various known methods. However, in the first embodiment, the method of outputting the receipt R3 when a user who is not registered with the point service uses a physical store is different from the conventional method. As for the functions of the store server 10, the function of the output unit 102 is mainly different from the conventional function. Since conventional functions can be used for other functions of the store server 10, the retail service side can introduce the functions of the first embodiment with minimal modification.

[出力部]
出力部102は、実店舗でレシートR2,R3を出力させる。レシートR2,R3の出力とは、出力装置47に、利用履歴情報I20,I30とポイント情報I21,I31をレシートR2,R3に印刷させてレシートR2,R3を排出することである。第1実施形態では、利用者の会計時に店舗サーバ10と店舗端末40が通信することによって、レシートR2,R3が出力される場合を説明するが、レシートR2,R3は、特典管理サーバ20と店舗端末40が通信することによって出力されてもよい。店舗端末40は、レシートR2,R3の出力時に、他のコンピュータと通信しなくてもよい。
[Output section]
The output unit 102 outputs receipts R2 and R3 at the physical store. Outputting the receipts R2 and R3 means having the output device 47 print usage history information I20 and I30 and point information I21 and I31 on the receipts R2 and R3, and then ejecting the receipts R2 and R3. In the first embodiment, a case will be described in which receipts R2 and R3 are output by communicating between the store server 10 and the store terminal 40 at the time of the user's checkout. It may also be output by the terminal 40 communicating. The store terminal 40 does not need to communicate with other computers when outputting the receipts R2 and R3.

例えば、出力部102は、受取不可状態で小売サービスが利用されたと判定された場合には、受取用IDを含むレシートR3を実店舗で出力させることによって、実店舗で受取用IDを出力させる。レシートR3は、第1レシートの一例である。このため、レシートR3について説明している箇所は、第1レシートと読み替えることができる。第1レシートは、受取不可状態の利用者に対するレシートである。第1レシートは、第1レイアウトで印刷される。 For example, if it is determined that the retail service was used in a non-receivable state, the output unit 102 causes the physical store to output the receipt R3 including the receiving ID, thereby causing the physical store to output the receiving ID. Receipt R3 is an example of a first receipt. Therefore, the portion describing receipt R3 can be read as the first receipt. The first receipt is a receipt for a user who is unable to receive the item. The first receipt is printed in the first layout.

受取不可状態は、利用者がポイントを受け取れない状態である。第1実施形態では、利用者がポイントサービスの会員ではない状態が受取不可状態に相当する。このため、ポイントサービスの会員ではない状態について説明している箇所は、受取不可状態と読み替えることができる。受取不可状態は、ポイントサービスの会員ではない状態以外の他の状態であってもよく、第1実施形態の例に限られない。 The unreceivable state is a state in which the user cannot receive points. In the first embodiment, a state in which the user is not a member of a point service corresponds to a state in which receiving is not possible. For this reason, the part that describes the state of not being a member of the point service can be read as the state of not being able to receive the item. The unreceivable state may be any other state other than the state of not being a member of the point service, and is not limited to the example of the first embodiment.

例えば、小売サービスの利用時に、その場で即時に利用者がポイントを受け取れる場合には、受取不可状態は、即時にはポイントを受け取れない状態である。利用者が、ポイントサービスの会員だったとしてもポイントカードを提示しなければ、即時にはポイントを受け取れない。このため、ポイントサービスの会員である利用者がポイントカードを提示しない状態は、受取不可状態に相当する。 For example, if a user can receive points immediately on the spot when using a retail service, the unreceivable state is a state in which points cannot be received immediately. Even if the user is a member of a point service, he or she cannot receive points immediately unless he or she presents his or her point card. Therefore, a state in which a user who is a member of a point service does not present a point card corresponds to a state in which receipt is not possible.

例えば、小売サービスの利用後に、ある程度の期間(図2の例であれば、3日以内の期間)が経過してから、利用者がポイントを受け取れる場合には、受取不可状態は、この期間が経過してもポイントが付与されない状態である。利用者が、ポイントサービスの会員だったとしてもポイントカードを提示しなければ、小売サービスを利用してから上記期間が経過しても、ポイントを受け取れない。このため、ポイントサービスの会員である利用者がポイントカードを提示しない状態は、受取不可状態に相当する。 For example, if a user can receive points after a certain period of time has passed (in the example in Figure 2, within 3 days) after using a retail service, the unreceivable state means that this period has passed. Points are not awarded even after the time has passed. Even if the user is a member of a point service, if he does not present his point card, he will not receive points even if the above-mentioned period has elapsed since he used the retail service. Therefore, a state in which a user who is a member of a point service does not present a point card corresponds to a state in which receipt is not possible.

例えば、出力部102は、受取可能状態で小売サービスが利用された場合には、レシートR3とはレイアウトが異なり、かつ、受取用IDを含まないレシートR2を実店舗で出力させる。レシートR2について説明している箇所は、第2レシートと読み替えることができる。第2レシートは、受取可能状態の利用者に対するレシートである。第2レシートは、第1レイアウトとは異なる第2レイアウトで印刷される。 For example, when the retail service is used in a ready-to-receive state, the output unit 102 causes the physical store to output a receipt R2 that has a different layout from the receipt R3 and does not include a receiving ID. The portion describing the receipt R2 can be read as the second receipt. The second receipt is a receipt for a user who is in a receivable state. The second receipt is printed in a second layout different from the first layout.

受取可能状態は、利用者がポイントを受け取れる状態である。受取可能状態は、受取不可状態ではない状態である。第1実施形態では、利用者がポイントサービスの会員である状態が受取可能状態に相当する。このため、この状態について説明している箇所は、受取可能状態と読み替えることができる。より具体的には、利用者がポイントサービスの会員であり、かつ、実店舗でポイントカードを提示した状態が受取可能状態に相当する。例えば、ポイントサービスの会員であることを口頭で確認するといったように、ポイントカードを提示する必要がない場合には、利用者がポイントサービスの会員であることの確認が取れた状態が受取可能状態に相当する。 The receivable state is a state in which the user can receive points. The receivable state is a state that is not a receivable state. In the first embodiment, the state in which the user is a member of the point service corresponds to the receivable state. Therefore, the portions describing this state can be read as the receivable state. More specifically, a state in which the user is a member of a point service and presents a point card at a physical store corresponds to a receivable state. For example, in cases where it is not necessary to present a point card, such as verbally confirming that the user is a member of a point service, the state in which the user is confirmed to be a member of a point service is the state in which the user can receive the item. corresponds to

出力部102は、レシートR2,R3の出力に必要な情報を店舗端末40に送信することによって、店舗端末40にレシートR2,R3を出力させる。この情報は、レシートR2,R3に印刷すべき内容であってもよいし、レシートR2,R3を出力するための命令に相当する情報であってもよい。レシートR2の出力方法は、従来の方法と同様なので、第1実施形態では、レシートR3の出力方法について説明する。 The output unit 102 causes the store terminal 40 to output the receipts R2 and R3 by transmitting information necessary for outputting the receipts R2 and R3 to the store terminal 40. This information may be the content to be printed on the receipts R2, R3, or may be information equivalent to a command to output the receipts R2, R3. The method of outputting the receipt R2 is the same as the conventional method, so in the first embodiment, the method of outputting the receipt R3 will be described.

出力部102は、店舗端末40に、受取用コードC310が印刷されたレシートR3を出力させる。第1実施形態では、特典管理サーバ20は、受取可能ポイントを生成すると、店舗サーバ10に対し、受取可能ポイントの生成が完了したことを示す生成完了通知を送信する。生成完了通知には、受取用コードC310又は後述の受取用IDと、受取可能ポイントの数値と、が含まれる。店舗サーバ10は、生成完了通知を受信すると、この数値に基づいて、店舗端末40に対し、レシートR3を出力することを示す出力要求を送信する。 The output unit 102 causes the store terminal 40 to output the receipt R3 on which the receipt code C310 is printed. In the first embodiment, upon generating receivable points, the benefit management server 20 transmits a generation completion notification indicating that generation of receivable points is completed to the store server 10. The generation completion notification includes a receipt code C310 or a receipt ID to be described later, and a numerical value of receivable points. Upon receiving the generation completion notification, the store server 10 transmits an output request to the store terminal 40 to output the receipt R3 based on this numerical value.

出力要求は、所定形式のデータが送信されることによって行われる。出力要求には、レシートR2又はR3の何れを出力すべきかを示す情報が含まれていてもよい。レシートR3の出力要求には、ポイント情報I31が含まれる。出力要求には、利用履歴情報I30が含まれてもよい。店舗端末40は、出力要求に基づいて、レシートR3を出力する。出力部102は、出力要求を送信することによって、店舗端末40にレシートR3を出力させる。 The output request is made by transmitting data in a predetermined format. The output request may include information indicating which receipt R2 or R3 should be output. The request to output the receipt R3 includes point information I31. The output request may include usage history information I30. The store terminal 40 outputs the receipt R3 based on the output request. The output unit 102 causes the store terminal 40 to output the receipt R3 by transmitting an output request.

第1実施形態では、レシートR2,R3の2つのレイアウトが存在するので、出力要求には、2つのレイアウトのうちの何れかを識別可能なレイアウト識別情報が含まれる。利用者がポイントサービスの会員である場合には、出力部102は、店舗端末40に対し、レシートR2のレイアウトを示すレイアウト識別情報を含む出力要求を送信する。利用者がポイントサービスの会員ではない場合には、出力部102は、店舗端末40に対し、レシートR3のレイアウトを示すレイアウト識別情報を含む出力要求を送信する。 In the first embodiment, since there are two layouts of receipts R2 and R3, the output request includes layout identification information that allows identification of either of the two layouts. If the user is a member of the point service, the output unit 102 transmits an output request including layout identification information indicating the layout of the receipt R2 to the store terminal 40. If the user is not a member of the point service, the output unit 102 transmits an output request including layout identification information indicating the layout of the receipt R3 to the store terminal 40.

[1-3-2.特典管理サーバで実現される機能]
データ記憶部200は、記憶部22を主として実現される。利用判定部201、仮特典生成部202、出力部203、受取条件判定部204、仮特典付与部205、及び特典付与部206は、制御部21を主として実現される。
[1-3-2. Functions realized by benefit management server]
The data storage section 200 is mainly realized by the storage section 22. The usage determination unit 201, the provisional benefit generation unit 202, the output unit 203, the receiving condition determination unit 204, the provisional benefit provision unit 205, and the benefit provision unit 206 are mainly realized by the control unit 21.

[データ記憶部]
データ記憶部200は、ポイントに関する各種データを記憶する。ポイントは、特典の一例である。このため、ポイントについて説明している箇所は、特典と読み替えることができる。特典は、ユーザに何らかの利益をもたらすものである。特典自体は、公知の種々のものを利用可能であり、例えば、クーポン、電子マネー、動画等のコンテンツ、又は物理的な商品が特典に相当してもよい。ポイントと記載した箇所は、他の種々の特典と読み替えることができる。データ記憶部200は、特典データベースDB1及び仮特典データベースDB2を記憶する。
[Data storage unit]
The data storage unit 200 stores various data regarding points. Points are an example of a benefit. Therefore, the parts that explain points can be read as benefits. A benefit is something that brings some kind of benefit to the user. Various known benefits can be used as the benefit itself, and for example, the benefit may be a coupon, electronic money, content such as a video, or a physical product. The parts described as points can be read as various other benefits. The data storage unit 200 stores a privilege database DB1 and a temporary privilege database DB2.

図6は、特典データベースDB1の一例を示す図である。特典データベースDB1は、特典の一例であるポイントを管理するためのデータベースである。特典データベースDB1には、ポイントサービスの会員が保有するポイントに関する各種情報が格納される。例えば、特典データベースDB1には、会員ID、カード番号、表示用ID、ポイント残高、及びポイント履歴が格納される。 FIG. 6 is a diagram showing an example of the privilege database DB1. The benefit database DB1 is a database for managing points, which are an example of benefits. The benefit database DB1 stores various information regarding points held by members of the point service. For example, the privilege database DB1 stores a member ID, card number, display ID, point balance, and point history.

会員IDは、ポイントサービスの会員を識別可能なIDである。カード番号は、ポイントカードを識別可能な情報である。先述したように、第1実施形態のポイントカードは、物理的なカードに限られず、ポイントアプリを利用した電子的なカード(仮想的なカード)であってもよい。ある会員が複数のポイントカードを保有する場合には、この会員の会員IDには、複数のカード番号が関連付けられる。会員IDとカード番号を区別せずに、1つのIDとしてもよい。 The member ID is an ID that can identify a member of the point service. The card number is information that can identify the point card. As mentioned above, the point card of the first embodiment is not limited to a physical card, but may be an electronic card (virtual card) using a point app. When a certain member holds a plurality of point cards, the member ID of this member is associated with a plurality of card numbers. The member ID and card number may be used as one ID without distinguishing them.

表示用IDは、ポイントアプリのポイントカード画面G1に表示されるコードC10に含まれる情報である。コードC10には、会員ID又はカード番号が含まれてもよいが、第1実施形態では、5分程度の短時間だけ有効な表示用IDがコードC10に含まれるものとする。例えば、特典管理サーバ20は、利用者端末50からコードC10の生成要求を受信すると、他の表示用IDと重複しないように表示用IDを生成する。表示用IDの生成方法自体は、公知の種々の方法を利用可能である。特典管理サーバ20は、特典データベースDB1に表示用IDを格納し、利用者端末50に対し、表示用IDを送信する。 The display ID is information included in the code C10 displayed on the point card screen G1 of the point app. The code C10 may include a member ID or a card number, but in the first embodiment, it is assumed that the code C10 includes a display ID that is valid for a short time of about 5 minutes. For example, upon receiving a request to generate the code C10 from the user terminal 50, the privilege management server 20 generates a display ID so as not to overlap with other display IDs. Various known methods can be used to generate the display ID. The privilege management server 20 stores the display ID in the privilege database DB1, and transmits the display ID to the user terminal 50.

ポイント残高は、ポイントの現在の残高である。実店舗の利用後に、ある程度の時間が経過してからポイントが付与される場合には、ポイント残高とは別に、受取予定ポイントが特典データベースDB1に格納されてもよい。ポイント履歴は、ポイントの受取履歴と、ポイントの利用履歴と、の少なくとも一方である。例えば、ポイント履歴には、実店舗を識別可能な店舗ID、受取予定ポイント、利用ポイント、実店舗の利用日時、及び実店舗で購入した商品の明細といった情報が格納される。 The point balance is the current balance of points. If points are awarded after a certain amount of time has passed after using a physical store, the points to be received may be stored in the benefit database DB1, separately from the point balance. The point history is at least one of a point receipt history and a point usage history. For example, the point history stores information such as a store ID that can identify a physical store, points to be received, points to be used, date and time of use of the physical store, and details of products purchased at the physical store.

図7は、仮特典データベースDB2の一例を示す図である。仮特典データベースDB2は、受取可能ポイントを管理するためのデータベースである。仮特典データベースDB2には、受取可能ポイントに関する各種情報が格納される。例えば、仮特典データベースDB2には、受取用ID、受取可能ポイント、及びサービス利用履歴が格納される。 FIG. 7 is a diagram showing an example of the provisional privilege database DB2. The temporary benefit database DB2 is a database for managing receivable points. The provisional benefit database DB2 stores various information regarding receivable points. For example, the temporary benefit database DB2 stores a receiving ID, receivable points, and service usage history.

受取用IDは、仮特典識別情報の一例である。このため、受取用IDと記載した箇所は、仮特典識別情報と読み替えることができる。仮特典識別情報は、仮の特典を識別可能な情報である。仮特典識別情報は、文字、数字、その他の記号、又はこれらの組み合わせによって表現される。仮特典識別情報は、実店舗における取引を識別可能な情報でもある。仮特典識別情報は、他の仮特典識別情報と重複しないように生成される。 The receiving ID is an example of temporary benefit identification information. Therefore, the part described as receiving ID can be read as provisional award identification information. The temporary benefit identification information is information that allows identification of a temporary benefit. The temporary award identification information is expressed by letters, numbers, other symbols, or a combination thereof. The temporary award identification information is also information that can identify transactions at a physical store. Temporary benefit identification information is generated so as not to overlap with other temporary benefit identification information.

受取可能ポイントは、仮の特典の一例である。このため、受取可能ポイントと記載した箇所は、仮の特典と読み替えることができる。仮の特典は、利用者に付与されることが確定していない特典である。仮の特典は、受け取ることが未確定な特典ということもできる。仮の特典は、先述した特典と同様、クーポン等の他の種類であってもよい。 Receivable points are an example of a temporary benefit. For this reason, the part where it is written as receivable points can be read as provisional benefits. A provisional benefit is a benefit that has not yet been determined to be granted to a user. A provisional benefit can also be said to be a benefit that is not certain to be received. Similar to the benefits described above, the temporary benefits may be of other types, such as coupons.

サービス利用履歴は、小売サービスの利用履歴に関する情報である。例えば、利用者が小売サービスを利用すると受取可能ポイントが生成され、この時に利用者が購入した商品に関する情報が格納される。例えば、サービス利用履歴には、実店舗の店舗ID、利用日時、商品の明細、利用額、及びポイントの対象となる金額が格納される。 The service usage history is information regarding the usage history of retail services. For example, when a user uses a retail service, receivable points are generated, and information regarding products purchased by the user at this time is stored. For example, the service usage history stores the store ID of the physical store, date and time of usage, product details, usage amount, and amount eligible for points.

[利用判定部]
利用判定部201は、受取不可状態で小売サービスが利用されたか否かを判定する。例えば、店舗サーバ10又は店舗端末40は、利用者が小売サービスを利用する場合に、特典管理サーバ20に、受取不可状態であるか受取可能状態であるかを示す情報を送信する。利用判定部201は、この情報に基づいて、受取可能状態で小売サービスが利用されたか否かを判定する。この情報は、店舗端末40における操作部44又は読取装置46からの入力に基づいて生成されるものとする。
[Usage Judgment Department]
The usage determination unit 201 determines whether the retail service is used in a non-receivable state. For example, when the user uses a retail service, the store server 10 or the store terminal 40 transmits information indicating whether the user is in a non-receivable state or a receivable state to the benefit management server 20. Based on this information, the usage determination unit 201 determines whether the retail service is used in a receivable state. It is assumed that this information is generated based on input from the operation unit 44 or the reading device 46 in the store terminal 40.

小売サービスは、本開示に係るサービスの一例である。このため、小売サービスと記載した箇所は、サービスと読み替えることができる。サービスは、利用者が利用すると何らかの特典を付与可能なサービスである。利用者がサービスを利用した場合に、必ずしも特典が発生しなくてもよく、何らかの条件が満たされた場合にのみ特典が発生してもよい。サービスは、任意のサービスであってよく、小売サービスに限られない。 Retail services are an example of services according to the present disclosure. For this reason, the portions described as retail services can be read as services. A service is a service that can provide some kind of benefit when the user uses the service. When a user uses a service, a benefit does not necessarily need to be generated, and a benefit may be generated only when some condition is met. The service may be any service and is not limited to retail services.

例えば、サービスは、飲食サービス、美容サービス、電力サービス、引越しサービス、又はその他の日常生活に関係するサービスであってもよい。実店舗は、コンビニエンスストア又はスーパーマーケットといった小売店に限られず、飲食物を提供する飲食店、美容院、又はエステサロンといった任意の店舗であってよい。サービスは、実店舗又は利用者の自宅等の現実空間で提供されるものに限られず、オンライン又は仮想空間で提供されるものであってもよい。例えば、サービスは、オンラインショッピングサービス(電子商取引サービス)、旅行予約サービス、決済サービス、金融サービス、又は通信サービスであってもよい。これらの例示は、この後に説明する他のサービスにも適用可能である。 For example, the service may be a food service, a beauty service, a power service, a moving service, or other services related to daily life. A physical store is not limited to a retail store such as a convenience store or a supermarket, but may be any store such as a restaurant that provides food and drink, a hair salon, or a beauty salon. Services are not limited to those provided in a real space such as a physical store or a user's home, but may be provided online or in a virtual space. For example, the service may be an online shopping service (electronic commerce service), a travel reservation service, a payment service, a financial service, or a communication service. These examples are also applicable to other services described below.

ポイントサービスは、本開示に係る他のサービスの一例である。このため、ポイントサービスと記載した箇所は、他のサービスと読み替えることができる。他のサービスは、小売サービスを一例とするサービスとは異なるサービスである。他のサービスは、ポイントを一例とする特典を受け取るためのサービスである。他のサービスは、任意のサービスであってよく、ポイントサービスに限られない。本開示に係るサービス及び他のサービスの組み合わせは、任意の組み合わせであってよく、第1実施形態の例に限られない。 A point service is an example of another service according to the present disclosure. For this reason, the portions described as point services can be read as other services. The other services are services different from the services of which retail services are an example. Other services are services for receiving benefits, for example points. The other services may be any services and are not limited to point services. The combination of the service according to the present disclosure and other services may be any combination and is not limited to the example of the first embodiment.

第1実施形態では、利用判定部201は、利用者がポイントサービスの会員ではない状態で小売サービスが利用されたか否かを判定することによって、受取不可状態でサービスが利用されたか否かを判定する。例えば、利用判定部201は、ポイントアプリのポイントカード画面G1に表示されたコードC10に含まれる表示用IDが取得されたか否かを判定することによって、利用者がポイントサービスの会員ではない状態で小売サービスが利用されたか否かを判定する。 In the first embodiment, the usage determination unit 201 determines whether the retail service is used in a state where the user is not a member of the point service, thereby determining whether the service is used in a state where the user cannot receive the service. do. For example, the usage determination unit 201 determines whether or not the display ID included in the code C10 displayed on the point card screen G1 of the point app has been acquired, thereby determining whether the user is not a member of the point service. Determine whether the retail service is used.

例えば、表示用IDが取得されることなく小売サービスが利用されることは、利用者がポイントサービスの会員ではない状態で小売サービスが利用されることに相当する。表示用IDが取得されて小売サービスが利用されることは、利用者がポイントサービスの会員である状態で小売サービスが利用されることに相当する。利用判定部201の判定で利用される情報は、ポイントサービスの会員であることを証明可能な情報であればよく、表示用IDに限られない。例えば、この情報は、会員ID、カード番号、又はその他の情報であってもよい。 For example, using a retail service without acquiring a display ID corresponds to using the retail service when the user is not a member of a point service. Obtaining the display ID and using the retail service corresponds to using the retail service while the user is a member of the point service. The information used in the determination by the usage determination unit 201 may be any information that can prove that the user is a member of the point service, and is not limited to the display ID. For example, this information may be a member ID, card number, or other information.

第1実施形態では、利用判定部201は、コードC10が表示された利用者端末50を実店舗で提示しない状態でサービスが利用されたか否かを判定することによって、受取不可状態でサービスが利用されたか否かを判定する。ポイントカード画面G1に表示されたコードC10が読取装置46で読み取られると、店舗端末40は、特典管理サーバ20に対し、表示用IDを送信する。 In the first embodiment, the usage determination unit 201 determines whether or not the service is used without presenting the user terminal 50 on which the code C10 is displayed at the physical store. Determine whether or not it has been done. When the code C10 displayed on the point card screen G1 is read by the reading device 46, the store terminal 40 transmits the display ID to the benefit management server 20.

利用判定部201は、特典データベースDB1を参照し、店舗端末40から受信した表示用IDが存在するか否かを判定する。利用判定部201は、特典データベースDB1に表示用IDが存在しない場合、又は、そもそも表示用IDを受信しなかった場合に、受取不可状態で小売サービスが利用されたと判定する。利用判定部201は、特典データベースDB1に表示用IDが存在する場合に、受取可能状態で小売サービスが利用されたと判定する。 The usage determination unit 201 refers to the benefit database DB1 and determines whether the display ID received from the store terminal 40 exists. The usage determination unit 201 determines that the retail service has been used in a non-receivable state if the display ID does not exist in the benefit database DB1 or if the display ID has not been received in the first place. The usage determination unit 201 determines that the retail service has been used in a receivable state when the display ID exists in the benefit database DB1.

例えば、ポイントサービスの会員ではない利用者は、実店舗でコードC10を提示できないので、店舗端末40は、小売サービスの利用完了までの間に、特典管理サーバ20に対し、表示用IDを送信しない。このため、利用判定部201は、小売サービスの利用完了までの間に、店舗端末40から表示用IDを受信しなかった場合に、受取不可状態で小売サービスが利用されたと判定する。第1実施形態では、実店舗における会計が完了することが、小売サービスの利用が完了することに相当する。 For example, since a user who is not a member of a point service cannot present the code C10 at a physical store, the store terminal 40 does not send the display ID to the benefit management server 20 until the use of the retail service is completed. . Therefore, if the display ID is not received from the store terminal 40 until the use of the retail service is completed, the usage determination unit 201 determines that the retail service has been used in a non-receivable state. In the first embodiment, completing the checkout at the physical store corresponds to completing the use of the retail service.

例えば、利用判定部201は、店舗サーバ10又は店舗端末40から特典管理サーバ20に対して送信される利用完了通知に基づいて、小売サービスの利用が完了したことを検知する。利用完了通知は、小売サービスの利用が完了したことを示す所定の形式のデータである。利用判定部201は、利用完了通知を受信するまでの間に、表示用IDを受信しなかった場合には、受取不可状態で小売サービスが利用されたと判定する。表示用IDが利用完了通知に含まれる場合には、利用判定部201は、利用完了通知に表示用IDが含まれるか否かを判定することによって、受取不可状態で小売サービスが利用されたか否かを判定すればよい。 For example, the usage determination unit 201 detects that usage of the retail service is completed based on a usage completion notification sent from the store server 10 or the store terminal 40 to the benefit management server 20. The usage completion notification is data in a predetermined format indicating that usage of the retail service has been completed. If the display ID is not received before the usage completion notification is received, the usage determination unit 201 determines that the retail service has been used in a non-receivable state. When the display ID is included in the usage completion notification, the usage determination unit 201 determines whether the retail service was used in a non-receivable state by determining whether the display ID is included in the usage completion notification. All you have to do is decide.

表示用IDが表示された利用者端末50は、特典の受け取りに関する物の一例である。このため、利用者端末50について説明している箇所は、特典の受け取りに関する物と読み替えることができる。この物は、利用者端末50以外の他の物であってもよい。例えば、ICカード、磁気カード、NFC機能付きカード、その他のカード、又はカード以外の会員証が、特典の受け取りに関する物に相当してもよい。これらの物には、特典を受け取る資格を証明する情報が含まれているものとする。 The user terminal 50 on which the display ID is displayed is an example of a device related to receiving benefits. Therefore, the portions that describe the user terminal 50 can be read as information regarding receiving benefits. This object may be an object other than the user terminal 50. For example, an IC card, a magnetic card, a card with an NFC function, another card, or a membership card other than a card may correspond to the item related to receiving benefits. These items shall contain information proving eligibility to receive benefits.

なお、店舗端末40は、特典管理サーバ20ではなく、店舗サーバ10等の他のコンピュータに対し、表示用IDを送信してもよい。この場合、当該他のコンピュータは、特典管理サーバ20に対し、表示用IDを転送する。利用判定部201は、当該転送された表示用IDに基づいて、受取不可状態で小売サービスが利用されたか否かを判定すればよい。 Note that the store terminal 40 may transmit the display ID to another computer such as the store server 10 instead of the benefit management server 20. In this case, the other computer transfers the display ID to the privilege management server 20. The usage determination unit 201 may determine whether or not the retail service is used in a non-receivable state based on the transferred display ID.

また、実店舗におけるコードを利用者端末50で読み取るタイプ、又は、利用者端末50に対する操作だけで完結するタイプの電子決済が実行される場合には、利用者端末50が、特典管理サーバ20に対し、表示用IDを送信してもよい。この場合、利用判定部201は、利用者端末50から受信した表示用IDに基づいて、受取不可状態で小売サービスが利用されたか否かを判定する。この場合も、利用者端末50は、特典管理サーバ20ではなく、店舗サーバ10等の他のコンピュータに対し、表示用IDを送信してもよい。 In addition, when electronic payment is performed by reading a code at a physical store with the user terminal 50 or by simply operating the user terminal 50, the user terminal 50 is connected to the privilege management server 20. Alternatively, a display ID may be transmitted. In this case, the usage determination unit 201 determines whether the retail service is used in a non-receivable state based on the display ID received from the user terminal 50. In this case as well, the user terminal 50 may transmit the display ID to another computer such as the store server 10 instead of the privilege management server 20.

[仮特典生成部]
仮特典生成部202は、受取不可状態で小売サービスが利用されたと判定された場合に、受取可能ポイントを生成する。受取可能ポイントを生成するとは、受取可能ポイントに関する情報を生成することである。仮の特典としてポイント以外の他の特典を利用する場合には、仮特典生成部202は、仮の特典の種類に応じた情報を生成することによって、仮の特典を生成すればよい。例えば、仮特典生成部202は、仮の特典として、クーポン、電子チケット、電子マネー、動画等のコンテンツ(デジタルコンテンツ)、デジタルコンテンツ等の所有権、デジタルコンテンツ等と対応付けられたトークン、デジタルアセット、又は物理的な商品に関する情報を生成してもよい。仮の特典は、例えば、ブロックチェーンネットワーク等の分散台帳上で管理されるものに関する情報であってよい。
[Temporary benefit generation department]
The provisional benefit generation unit 202 generates receivable points when it is determined that the retail service is used in a non-receivable state. Generating receivable points means generating information regarding receivable points. When using a benefit other than points as a temporary benefit, the temporary benefit generation unit 202 may generate the temporary benefit by generating information according to the type of temporary benefit. For example, the provisional benefit generation unit 202 generates content (digital content) such as coupons, electronic tickets, electronic money, and videos, ownership of digital content, tokens associated with digital content, and digital assets as temporary benefits. , or may generate information about a physical product. The temporary benefit may be, for example, information about something managed on a distributed ledger such as a blockchain network.

第1実施形態では、受取用IDと、受取可能ポイントの数値を示す情報と、を生成することが、受取可能ポイントを生成することに相当する。仮特典生成部202は、他の受取用IDと重複しないように、受取用IDを生成する。受取用IDは、所定のルールに基づいて生成されるようにすればよい。仮特典生成部202は、利用者による小売サービスの利用結果に基づいて、受取可能ポイントを決定する。 In the first embodiment, generating a receiving ID and information indicating a numerical value of receivable points corresponds to generating receivable points. The temporary benefit generation unit 202 generates a receiving ID so as not to overlap with other receiving IDs. The receiving ID may be generated based on a predetermined rule. The provisional benefit generation unit 202 determines receivable points based on the results of the use of the retail service by the user.

例えば、仮特典生成部202は、利用者の利用額に所定の還元率を乗算した数値を、受取可能ポイントとして決定する。仮特典生成部202は、利用額に関係なく固定の数値を、受取可能ポイントとして決定してもよい。例えば、仮特典生成部202は、受取用IDと、生成した受取可能ポイントと、を関連付けて仮特典データベースDB2に登録する。これらは、仮特典データベースDB2以外の他の任意のデータベースに登録可能である。 For example, the provisional benefit generation unit 202 determines a value obtained by multiplying the user's usage amount by a predetermined return rate as the receivable points. The provisional benefit generation unit 202 may determine a fixed numerical value as the receivable points regardless of the usage amount. For example, the temporary benefit generation unit 202 associates the receiving ID and the generated receivable points and registers them in the temporary benefit database DB2. These can be registered in any other database other than the provisional privilege database DB2.

第1実施形態では、仮特典データベースDB2には、サービス利用履歴も格納されるので、仮特典生成部202は、受取用ID、受取可能ポイント、及びサービス利用履歴の3つの情報を生成し、当該生成した3つの情報を仮特典データベースDB2に格納する。サービス利用履歴は、店舗サーバ10又は店舗端末40から受信する利用完了通知に含まれているものとする。 In the first embodiment, the service usage history is also stored in the provisional award database DB2, so the provisional award generation unit 202 generates three pieces of information: the receiving ID, the receivable points, and the service usage history, and The three generated pieces of information are stored in the temporary privilege database DB2. It is assumed that the service usage history is included in the usage completion notification received from the store server 10 or the store terminal 40.

第1実施形態では、仮特典生成部202は、利用者がポイントサービスの会員である状態で小売サービスが利用されたと判定された場合には、受取可能ポイントを生成しない。この場合、後述の特典付与部206により、利用者にポイントが付与される。後述する第2実施形態のように、仮特典生成部202は、利用者がポイントサービスの会員だったとしても、ポイントカードを提示しなければ、受取可能ポイントを生成する。 In the first embodiment, the temporary benefit generation unit 202 does not generate receivable points if it is determined that the retail service is used while the user is a member of the point service. In this case, points are awarded to the user by the benefit granting unit 206, which will be described later. As in the second embodiment described below, the provisional benefit generation unit 202 generates receivable points even if the user is a member of a point service if the user does not present a point card.

[出力部]
出力部203は、実店舗でレシートR2,R3を出力させる。出力部203は、レシートR2,R3の出力に必要な情報を、店舗サーバ10又は店舗端末40に送信することによって、店舗端末40にレシートR2,R3を出力させる。この情報は、レシートR2,R3に印刷すべき内容であってもよいし、レシートR2,R3を出力するための命令に相当する情報であってもよい。レシートR2の出力方法は、従来の方法と同様なので、第1実施形態では、レシートR3の出力方法について説明する。
[Output section]
The output unit 203 outputs receipts R2 and R3 at the physical store. The output unit 203 causes the store terminal 40 to output the receipts R2 and R3 by transmitting information necessary for outputting the receipts R2 and R3 to the store server 10 or the store terminal 40. This information may be the content to be printed on the receipts R2, R3, or may be information equivalent to a command to output the receipts R2, R3. The method of outputting the receipt R2 is the same as the conventional method, so in the first embodiment, the method of outputting the receipt R3 will be described.

出力部203は、実店舗で受取用IDを出力させる。第1実施形態では、出力部203は、受取用IDに基づいて、店舗サーバ10に対し、店舗サーバ10の出力部102の処理で説明した生成完了通知を送信する。その後、店舗サーバ10の出力部102により、レシートR3の出力要求が店舗端末40に送信されるので、出力部203は、生成完了通知を送信することによって、実店舗で受取用IDを出力させる。出力部203は、店舗サーバ10ではなく、店舗端末40に対し、直接的に受取用IDを送信することによって、店舗端末40にレシートR3を出力させてもよい。 The output unit 203 outputs the receiving ID at the physical store. In the first embodiment, the output unit 203 transmits the generation completion notification described in the process of the output unit 102 of the store server 10 to the store server 10 based on the receiving ID. Thereafter, the output unit 102 of the store server 10 transmits a request to output the receipt R3 to the store terminal 40, so the output unit 203 causes the physical store to output the receipt ID by transmitting a generation completion notification. The output unit 203 may cause the store terminal 40 to output the receipt R3 by directly transmitting the receipt ID to the store terminal 40 instead of the store server 10.

[受取条件判定部]
受取条件判定部204は、小売サービスの利用後に、受取可能ポイントの受け取りに関する受取条件が満たされたか否かを判定する。例えば、特典管理サーバ20は、会員管理サーバ30又は利用者端末50から、受取条件が満たされたか否かを判定するための情報を受信する。受取条件判定部204は、この情報に基づいて、受取条件が満たされたか否かを判定する。
[Receipt condition determination section]
The receiving condition determining unit 204 determines whether receiving conditions regarding receiving receivable points are satisfied after using the retail service. For example, the benefit management server 20 receives information for determining whether the receiving conditions are satisfied from the member management server 30 or the user terminal 50. The receiving condition determination unit 204 determines whether the receiving condition is satisfied based on this information.

第1実施形態では、ポイントサービスの会員になることが受取条件に相当する場合を説明する。このため、ポイントサービスの会員になることについて説明している箇所は、受取条件と読み替えることができる。受取条件は、受取可能ポイントを受け取るための条件である。受取条件は、任意の条件であってよく、ポイントサービスの会員になることに限られない。例えば、受取条件は、ポイントサービスの会員になってから一定期間が経過すること、ポイントサービスの会員になってから小売サービスを所定の利用回数又は利用額以上利用すること、ポイントサービス以外の他のサービスの会員になること、小売サービスにおける特定の商品を購入すること、又はポイントサービスに対して所定の会員情報を登録することであってもよい。 In the first embodiment, a case where becoming a member of a point service corresponds to a receiving condition will be described. Therefore, the section explaining about becoming a member of the point service can be read as the receiving conditions. The receiving conditions are conditions for receiving receivable points. The receiving condition may be any condition and is not limited to becoming a member of a point service. For example, the conditions for receipt include that a certain period of time has passed since you became a member of a point service, that you have used the retail service more than a predetermined number of times or for a specified amount after becoming a member of a point service, and that you are eligible for other services other than the point service. This may include becoming a member of a service, purchasing a specific product in a retail service, or registering predetermined member information for a point service.

第1実施形態では、受取条件判定部204は、利用者がポイントサービスの会員になったか否かを判定することによって、受取条件が満たされたか否かを判定する。ポイントサービスの会員は、会員管理サーバ30で管理されているので、受取条件判定部204は、会員管理サーバ30から取得した情報に基づいて、利用者がポイントサービスの会員になったか否かを判定する。 In the first embodiment, the receiving condition determination unit 204 determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the user has become a member of a point service. Since members of the point service are managed by the member management server 30, the receiving condition determination unit 204 determines whether the user has become a member of the point service based on the information acquired from the member management server 30. do.

第1実施形態では、仮特典データベースDB2に、受取用IDと受取可能ポイントとが関連付けられている。利用者がポイントサービスの会員になっただけでは、どの受取可能ポイントを受け取る資格があるのかを特定できない。このため、受取条件判定部204は、利用者端末50から受取用IDが取得されたか否かを判定することによって、受取条件が満たされたか否かを判定する。受取条件判定部204は、利用者端末50から受取用IDが取得されたと判定されない場合には、受取条件が満たされたと判定せず、利用者端末50から受取用IDが取得されたと判定された場合に、受取条件が満たされたと判定する。 In the first embodiment, a receiving ID and receivable points are associated with each other in the temporary privilege database DB2. Just because a user becomes a member of a point service, it is not possible to specify which receivable points he or she is eligible to receive. Therefore, the receiving condition determination unit 204 determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the receiving ID has been acquired from the user terminal 50. If it is not determined that the receiving ID has been acquired from the user terminal 50, the receiving condition determination unit 204 does not determine that the receiving condition is satisfied, and it is determined that the receiving ID has been acquired from the user terminal 50. , it is determined that the receiving conditions are met.

第1実施形態では、受取用IDが受取用コードC310に含まれているので、受取条件判定部204は、受取用コードC310に含まれる受取用IDが利用者端末50から取得されたか否かを判定する。例えば、利用者端末50は、レシートR3の受取用コードC310を読み取る。利用者端末50は、受取用コードC310に含まれる受取用IDとリンクを取得し、会員管理サーバ30に対し、受取用IDを送信して会員登録画面G4にアクセスする。利用者端末50は、会員登録画面G4を表示部55に表示させる。利用者が入力フォームF40~F44に会員情報を入力してボタンB45を選択すると、後述の会員登録部301により会員登録処理が実行される。 In the first embodiment, since the receiving ID is included in the receiving code C310, the receiving condition determining unit 204 determines whether the receiving ID included in the receiving code C310 has been acquired from the user terminal 50. judge. For example, the user terminal 50 reads the receipt code C310 of the receipt R3. The user terminal 50 acquires the receiving ID and link included in the receiving code C310, transmits the receiving ID to the member management server 30, and accesses the member registration screen G4. The user terminal 50 causes the display unit 55 to display the member registration screen G4. When the user inputs member information into input forms F40 to F44 and selects button B45, member registration processing is executed by member registration section 301, which will be described later.

会員管理サーバ30は、会員登録処理が完了すると、特典管理サーバ20に対し、利用者端末50から受信した受取用IDと、会員IDを含む会員情報と、を含む登録完了通知を送信する。登録完了通知は、会員登録が完了したことを示す所定形式のデータである。特典管理サーバ20は、会員管理サーバ30から受取用ID及び会員情報を受信すると、特典データベースDB1に新たなレコードを作成する。特典管理サーバ20は、当該新たなレコードに、会員管理サーバ30から受信した会員情報が格納される。 When the member registration process is completed, the member management server 30 transmits a registration completion notification including the receiving ID received from the user terminal 50 and member information including the member ID to the privilege management server 20. The registration completion notification is data in a predetermined format indicating that membership registration has been completed. Upon receiving the receiving ID and member information from the member management server 30, the benefit management server 20 creates a new record in the benefit database DB1. The privilege management server 20 stores the member information received from the member management server 30 in the new record.

受取条件判定部204は、仮特典データベースDB2を参照し、特典管理サーバ20から受信した受取用IDが存在するか否かを判定する。受取条件判定部204は、仮特典データベースDB2に受取用IDが存在しない場合に、受取条件が満たされたと判定せず、仮特典データベースDB2に受取用IDが存在する場合に、受取条件が満たされたと判定する。利用者が受取用コードC310を読み取らずに会員登録をした場合には、特典管理サーバ20は、受取用IDを受信しないので、受取条件判定部204は、受取用IDを受信しなかった場合には、受取条件が満たされたと判定しない。 The receiving condition determining unit 204 refers to the provisional privilege database DB2 and determines whether or not the receiving ID received from the privilege management server 20 exists. The receiving condition determining unit 204 does not determine that the receiving condition is satisfied when the receiving ID does not exist in the temporary privilege database DB2, and does not determine that the receiving condition is satisfied when the receiving ID exists in the temporary privilege database DB2. It is determined that If the user registers as a member without reading the receipt code C310, the benefit management server 20 will not receive the receipt ID, so the receipt condition determination unit 204 will , it is not determined that the receiving conditions are met.

[仮特典付与部]
仮特典付与部205は、受取条件が満たされたと判定された場合に、利用者に受取可能ポイントを付与する。受取可能ポイントを付与するとは、受取可能ポイントを利用可能な状態にすることである。第1実施形態では、特典データベースDB1に格納された利用者のポイント残高に受取可能ポイントを反映することが受取可能ポイントを付与することに相当する。受取可能ポイントを反映するとは、受取可能ポイントの数値だけポイント残高を増加させることである。
[Temporary Benefit Grant Department]
The provisional benefit granting unit 205 grants receivable points to the user when it is determined that the receiving conditions are satisfied. Giving receivable points means making the receivable points usable. In the first embodiment, reflecting receivable points in the user's point balance stored in the benefit database DB1 corresponds to providing receivable points. Reflecting receivable points means increasing the point balance by the value of receivable points.

仮特典付与部205は、仮の特典の種類に応じた方法で、仮の特典を付与すればよい。例えば、仮の特典としてクーポンが生成される場合、仮特典付与部205は、利用者にクーポンを付与する。例えば、仮の特典として電子マネーが生成される場合、仮特典付与部205は、利用者の電子マネー残高を増加させる。例えば、仮の特典として動画等のコンテンツが生成される場合、仮特典付与部205は、利用者にコンテンツを付与する。例えば、仮の特典としてデジタルコンテンツに対応付けられたトークン等のトークンが生成される場合には、仮特典付与部205は、ブロックチェーンネットワーク等の分散台帳と連携して、特典付与システムSの管理者と対応するウォレットアドレスから利用者と対応するウォレットアドレスへトークンを移転するための処理を実行する。例えば、仮の特典として物理的な商品に関する情報が生成される場合には、仮特典付与部205は、利用者に物理的な商品を配送するための処理を実行する。 The provisional benefit granting unit 205 may grant a provisional benefit using a method according to the type of provisional benefit. For example, when a coupon is generated as a temporary benefit, the temporary benefit granting unit 205 grants the coupon to the user. For example, when electronic money is generated as a temporary benefit, the temporary benefit granting unit 205 increases the user's electronic money balance. For example, when content such as a video is generated as a temporary benefit, the temporary benefit granting unit 205 grants the content to the user. For example, when a token such as a token associated with digital content is generated as a temporary benefit, the temporary benefit granting unit 205 manages the benefit granting system S in cooperation with a distributed ledger such as a blockchain network. Execute the process to transfer the token from the wallet address corresponding to the user to the wallet address corresponding to the user. For example, when information regarding a physical product is generated as a temporary benefit, the temporary benefit provision unit 205 executes processing for delivering the physical product to the user.

第1実施形態では、会員管理サーバ30から受信した受取用IDが仮特典データベースDB2に存在する場合に、受取条件が満たされたと判定される。この場合、仮特典付与部205は、この受取用IDに関連付けられた受取可能ポイントを、利用者に付与する。例えば、仮特典付与部205は、特典データベースDB1のうち、会員管理サーバ30から受信した会員情報に含まれる会員IDが格納されたレコードのポイント残高を、利用者に付与する受取可能ポイント分だけ増加させる。 In the first embodiment, if the receiving ID received from the member management server 30 exists in the provisional privilege database DB2, it is determined that the receiving condition is satisfied. In this case, the provisional benefit granting unit 205 grants receivable points associated with this receiving ID to the user. For example, the temporary benefit granting unit 205 increases the point balance of the record in the benefit database DB1 in which the member ID included in the member information received from the member management server 30 is stored, by the amount of receivable points to be granted to the user. let

仮特典付与部205は、受取条件が満たされたと判定されない場合、利用者に受取可能ポイントを付与しない。この場合、利用者のポイント残高は増加しない。ただし、会員登録時のキャンペーン等が行われている場合には、他の要因によって、利用者のポイント残高が増加してもよい。 The provisional benefit granting unit 205 does not grant receivable points to the user if it is determined that the receiving conditions are not satisfied. In this case, the user's point balance does not increase. However, if a campaign is being held at the time of membership registration, the user's point balance may increase due to other factors.

[特典付与部]
特典付与部206は、利用者が特典を受け取れる受取可能状態で小売サービスが利用されたと判定された場合に、利用者にポイント等の特典を付与する。この場合に利用者にポイントを付与するための処理自体は、公知の処理を利用可能である。例えば、特典付与部206は、コードC10に含まれる表示用IDに関連付けられたポイント残高を、受取予定ポイントだけ増加させることによって、利用者にポイントを付与すればよい。特典付与部206は、小売サービスの利用時に、即時にポイントを付与してもよい。なお、特典の種類は、仮の特典の種類を含んでよい。このとき、特典付与部206は、特典の種類に応じた方法で、特典を付与すればよい。特典がポイントに限られない点は、仮の特典と同様である。ポイント以外の他の特典の例も、仮の特典の説明で例示したものを適用可能である。
[Bonus Grant Department]
The benefit granting unit 206 grants benefits such as points to the user when it is determined that the retail service is used in a receivable state where the user can receive the benefit. In this case, the process itself for awarding points to the user can be performed using a known process. For example, the benefit granting unit 206 may grant points to the user by increasing the point balance associated with the display ID included in the code C10 by the points scheduled to be received. The benefit award unit 206 may immediately award points when using the retail service. Note that the types of benefits may include types of temporary benefits. At this time, the benefit granting unit 206 may grant the benefit by a method according to the type of benefit. Similar to the provisional benefits, the benefits are not limited to points. As examples of other benefits other than points, those exemplified in the explanation of the provisional benefits can also be applied.

[1-3-3.会員管理サーバで実現される機能]
データ記憶部300は、記憶部32を主として実現される。会員登録部301は、制御部31を主として実現される。
[1-3-3. Functions realized by member management server]
The data storage section 300 is mainly realized by the storage section 32. The member registration section 301 is realized mainly by the control section 31.

[データ記憶部]
データ記憶部300は、ポイントサービスの会員管理に必要なデータを記憶する。例えば、データ記憶部は、会員データベースDB3を記憶する。
[Data storage unit]
The data storage unit 300 stores data necessary for point service member management. For example, the data storage unit stores a member database DB3.

図8は、会員データベースDB3の一例を示す図である。会員データベースDB3は、ポイントサービスの会員に関する会員情報が格納されたデータベースである。例えば、会員データベースDB3には、会員ID、パスワード、メールアドレス、氏名、生年月日、住所、及び電話番号が格納される。会員データベースDB3に格納される会員情報は、任意の情報であってよく、図8の例に限られない。 FIG. 8 is a diagram showing an example of the member database DB3. The member database DB3 is a database that stores member information regarding members of the point service. For example, member database DB3 stores member ID, password, email address, name, date of birth, address, and telephone number. The member information stored in the member database DB3 may be any information and is not limited to the example shown in FIG. 8.

例えば、会員データベースDB3には、カード番号、表示用ID、ポイント残高、及びポイント履歴が、会員情報として格納されてもよい。この場合、会員データベースDB3と特典データベースDB1との間で、これらの情報の整合性が取られるものとする。更に、特典データベースDB1と会員データベースDB3が1つのデータベースにまとめられてもよい。 For example, the member database DB3 may store a card number, display ID, point balance, and point history as member information. In this case, it is assumed that the information is consistent between the member database DB3 and the privilege database DB1. Furthermore, the benefit database DB1 and the membership database DB3 may be combined into one database.

[会員登録部]
会員登録部301は、ポイントサービスの会員登録を実行する。会員登録の処理自体は、公知の種々の処理を利用可能である。例えば、会員登録部301は、利用者端末50から会員登録要求を受信すると、会員データベースDB3に新たなレコードを作成する。会員登録部301は、当該レコードに、新たに会員になる利用者の会員ID、パスワード、メールアドレス、氏名、生年月日、住所、及び電話番号を格納することによって、会員登録を実行する。会員登録部301は、会員登録が完了すると、特典管理サーバ20に対し、受取条件判定部204の処理で説明した登録完了通知を送信する。
[Member Registration Department]
The member registration unit 301 executes member registration for the point service. Various known processes can be used for the membership registration process itself. For example, upon receiving a membership registration request from the user terminal 50, the membership registration unit 301 creates a new record in the membership database DB3. The member registration unit 301 executes member registration by storing the member ID, password, email address, name, date of birth, address, and telephone number of the user who newly becomes a member in the record. When membership registration is completed, the member registration unit 301 transmits the registration completion notification described in the process of the receiving condition determination unit 204 to the benefit management server 20.

[1-3-4.店舗端末で実現される機能]
データ記憶部400は、記憶部42を主として実現される。サービス提供部401及び出力部402は、制御部41を主として実現される。
[1-3-4. Functions realized on store terminals]
The data storage section 400 is mainly realized by the storage section 42. The service providing unit 401 and the output unit 402 are mainly realized by the control unit 41.

[データ記憶部]
データ記憶部400は、利用者に小売サービスを提供するために必要なデータを記憶する。例えば、データ記憶部400は、店舗サーバ10のデータ記憶部100と同様に、商品データベースと、利用結果データベースと、を記憶してもよい。データ記憶部400は、会計前の商品に関する商品情報と、ポイントアプリのポイントカード画面G1に表示されたコードC10から取得された表示用IDと、を記憶してもよい。データ記憶部400は、この表示用IDに関連付けられたカード番号及びポイント残高を記憶してもよい。データ記憶部400は、レシートR2,R3の各々のレイアウトに関するレイアウトデータを記憶してもよい。
[Data storage unit]
The data storage unit 400 stores data necessary for providing retail services to users. For example, like the data storage unit 100 of the store server 10, the data storage unit 400 may store a product database and a usage result database. The data storage unit 400 may store product information regarding the product before checkout and a display ID obtained from the code C10 displayed on the point card screen G1 of the point app. The data storage unit 400 may store the card number and point balance associated with this display ID. The data storage unit 400 may store layout data regarding the layout of each of the receipts R2 and R3.

[サービス提供部]
サービス提供部401は、利用者に小売サービスを提供する。店舗サーバ10のサービス提供部101の処理で説明したように、小売サービスの提供方法自体は、公知の種々の方法を利用可能であり、店舗端末40の機能としては、主に出力部402の機能が従来とは異なる。このため、小売サービス側としては、最低限の改修によって、第1実施形態の機能を導入できる。
[Service provision department]
The service providing unit 401 provides retail services to users. As explained in the processing of the service providing unit 101 of the store server 10, various known methods can be used to provide the retail service, and the functions of the store terminal 40 mainly include the function of the output unit 402. is different from the conventional one. Therefore, on the retail service side, the functions of the first embodiment can be introduced with minimal modification.

[出力部]
出力部402は、実店舗で受取用IDを出力させる。出力部402は、出力装置47に、レシートR2,R3を出力させる。第1実施形態では、店舗端末40は、店舗サーバ10から受信した出力要求に基づいて、レシートR2,R3を出力する場合を説明するが、出力部402は、店舗サーバ10及び特典管理サーバ20の各々からの何らかの要求に基づいて、出力装置47に、レシートR2,R3を出力させてもよい。出力部402は、店舗サーバ10からの要求ではなく、特典管理サーバ20からの要求に基づいて、出力装置47に、レシートR2,R3を出力させてもよい。出力部402は、店舗サーバ10及び特典管理サーバ20の各々からの要求ではなく、操作部44から行われた操作に基づいて、出力装置47に、レシートR2,R3を出力させてもよい。
[Output section]
The output unit 402 causes the physical store to output the receiving ID. The output unit 402 causes the output device 47 to output receipts R2 and R3. In the first embodiment, a case will be described in which the store terminal 40 outputs receipts R2 and R3 based on an output request received from the store server 10. The output device 47 may output the receipts R2 and R3 based on some request from each. The output unit 402 may cause the output device 47 to output the receipts R2 and R3 based on a request from the privilege management server 20 instead of a request from the store server 10. The output unit 402 may cause the output device 47 to output the receipts R2 and R3 based on an operation performed from the operation unit 44 instead of a request from each of the store server 10 and the benefit management server 20.

[1-3-5.利用者端末で実現される機能]
データ記憶部500は、記憶部52を主として実現される。表示制御部501及び操作受付部502は、制御部51を主として実現される。
[1-3-5. Functions realized on user terminal]
The data storage section 500 is mainly realized by the storage section 52. The display control unit 501 and the operation reception unit 502 are mainly realized by the control unit 51.

[データ記憶部]
データ記憶部500は、ポイントサービスを利用するために必要なデータを記憶する。例えば、データ記憶部500は、ポイントアプリと、表示用IDと、を記憶する。
[Data storage]
The data storage unit 500 stores data necessary for using the point service. For example, the data storage unit 500 stores a point app and a display ID.

[表示制御部]
表示制御部501は、任意の画面を表示部55に表示させる。例えば、表示制御部501は、図2のポイントカード画面G1と、図4の会員登録画面G4及び登録完了画面G5と、の各々を表示部55に表示させる。各画面は、ポイントアプリ以外のアプリ又はブラウザを利用して表示されてもよい。
[Display control section]
The display control unit 501 causes the display unit 55 to display an arbitrary screen. For example, the display control unit 501 causes the display unit 55 to display each of the point card screen G1 in FIG. 2, and the member registration screen G4 and registration completion screen G5 in FIG. Each screen may be displayed using an application other than the point application or a browser.

[操作受付部]
操作受付部502は、任意の操作を受け付ける。例えば、操作受付部502は、図2のポイントカード画面G1と、図4の会員登録画面G4及び登録完了画面G5と、の各々に対する操作を受け付ける。
[Operation reception department]
The operation reception unit 502 accepts any operation. For example, the operation accepting unit 502 accepts operations on each of the point card screen G1 in FIG. 2, and the member registration screen G4 and registration completion screen G5 in FIG.

[1-4.特典付与システムで実行される処理]
第1実施形態では、特典付与システムSで実行される処理の一例として、利用者が実店舗を利用する場合に実行される実店舗利用処理と、ポイントサービスの会員ではない利用者がレシートR3を利用して会員登録をする場合に実行される会員登録処理と、を説明する。
[1-4. Processing executed by the benefit granting system]
In the first embodiment, as an example of the process executed by the benefit granting system S, there is a physical store usage process executed when a user uses a physical store, and a process in which a user who is not a member of a point service receives a receipt R3. The member registration process that is executed when registering as a member by using this service will be explained.

[実店舗利用処理]
図9は、特典付与システムSで実行される実店舗利用処理の一例を示す図である。実店舗利用処理は、制御部11,21,41がそれぞれ記憶部12,22,42に記憶されたプログラムに従って動作することによって実行される。なお、図9では、利用者が現金で商品を購入する場合を説明するが、利用者が電子決済(キャッシュレス決済)を利用する場合には、電子決済の決済処理も実行される。
[Physical store usage processing]
FIG. 9 is a diagram illustrating an example of a physical store usage process executed by the privilege granting system S. The physical store usage process is executed by the control units 11, 21, and 41 operating according to programs stored in the storage units 12, 22, and 42, respectively. Although FIG. 9 describes a case where the user purchases a product with cash, when the user uses electronic payment (cashless payment), payment processing for electronic payment is also executed.

図9のように、店舗端末40は、実店舗で行われた操作を特定する(S100)。S100では、商品のバーコードを読取装置46で読み取る操作、ポイントアプリのポイントカード画面G1に表示されたコードC10を読取装置46で読み取る操作、又は、会計の完了を意味する操作部44に対する会計操作が行われる。 As shown in FIG. 9, the store terminal 40 identifies the operation performed at the physical store (S100). In S100, an operation of reading the barcode of the product with the reading device 46, an operation of reading the code C10 displayed on the point card screen G1 of the point app with the reading device 46, or a checkout operation on the operation unit 44 indicating completion of checkout. will be held.

S100において、商品のバーコードが読取装置46で読み取られた場合(S100;商品読取)、店舗端末40は、バーコードから商品の商品コードを取得し(S101)、この商品の商品名等の商品情報を取得するための商品情報取得処理を実行する(S102)。図9では、店舗端末40が、店舗サーバ10と通信することによって、商品情報を取得する場合を説明するが、店舗端末40は、店舗サーバ10と通信せずに、記憶部42に記憶された商品データベースから商品情報を取得してもよい。 In S100, when the barcode of the product is read by the reader 46 (S100; Product reading), the store terminal 40 acquires the product code of the product from the barcode (S101), and stores the product name and other information of the product. A product information acquisition process for acquiring information is executed (S102). In FIG. 9, a case will be described in which the store terminal 40 acquires product information by communicating with the store server 10. However, the store terminal 40 acquires product information by communicating with the store server 10. Product information may be acquired from a product database.

S100において、コードC10が読取装置46で読み取られた場合(S100;コード読取)、店舗端末40は、コードC10から表示用IDを取得し(S103)、特典管理サーバ20との間で、ポイント残高を照会するポイント照会処理を実行する(S104)。S104では、店舗端末40は、特典管理サーバ20との間で通信することによって、特典データベースDB1から、表示用IDに関連付けられたポイント残高が取得される。店舗端末40は、当該取得されたポイント残高を記憶部42に記録する。ポイント残高は、表示部45に表示されてもよい。ポイント照会処理では、カード番号等の他の情報も取得されてよい。 In S100, when the code C10 is read by the reading device 46 (S100; code reading), the store terminal 40 acquires the display ID from the code C10 (S103), and exchanges the point balance with the benefit management server 20. A point inquiry process for inquiring is executed (S104). In S104, the store terminal 40 acquires the point balance associated with the display ID from the benefit database DB1 by communicating with the benefit management server 20. The store terminal 40 records the obtained point balance in the storage unit 42. The point balance may be displayed on the display section 45. In the point inquiry process, other information such as a card number may also be acquired.

S100において、操作部44に対し、会計が完了したことを示す操作が行われた場合(S100;会計操作)、店舗端末40は、S103の処理により表示用IDが取得されたか否かを判定する(S105)。S105では、店舗端末40は、記憶部42に表示用IDやポイント残高といった情報が記憶されているか否かを判定する。即ち、店舗端末40は、利用者がポイントサービスの会員であるか否かを判定する。 In S100, when an operation indicating that the checkout is completed is performed on the operation unit 44 (S100; checkout operation), the store terminal 40 determines whether the display ID has been acquired through the process in S103. (S105). In S105, the store terminal 40 determines whether information such as the display ID and point balance is stored in the storage unit 42. That is, the store terminal 40 determines whether the user is a member of the point service.

S105において、表示用IDが取得されたと判定された場合(S105;Y)、店舗端末40は、店舗サーバ10及び特典管理サーバ20の少なくとも一方と通信し、商品の会計を済ませるための会計処理と、利用者にポイントを付与するための付与処理と、を実行し(S106)、店舗端末40は、受取用コードC310を含まないレシートR2を出力し(S107)、本処理は終了する。利用者は、商品とレシートR2を受領して退店する。S106の会計処理及び付与処理は、従来の処理と同様であってよい。レシートR2を出力するための処理も、従来の処理と同様であってよい。 In S105, if it is determined that the display ID has been acquired (S105; Y), the store terminal 40 communicates with at least one of the store server 10 and the benefit management server 20, and performs accounting processing to complete product accounting. , and a grant process for granting points to the user (S106), the store terminal 40 outputs a receipt R2 that does not include the receipt code C310 (S107), and this process ends. The user receives the product and receipt R2 and leaves the store. The accounting process and grant process in S106 may be the same as conventional processes. The process for outputting the receipt R2 may also be similar to the conventional process.

S105において、表示用IDが取得されたと判定されない場合(S105;N)、店舗端末40は、店舗サーバ10及び特典管理サーバ20の少なくとも一方と通信し、会計処理と、受取可能ポイントを生成するための生成処理と、を実行し(S108)、受取用コードC310を含むレシートR3を出力し(S109)、本処理は終了する。利用者は、商品とレシートR3を受領して退店する。S108の会計処理は、従来の処理と同様であってよい。 In S105, if it is determined that the display ID has not been acquired (S105; N), the store terminal 40 communicates with at least one of the store server 10 and the benefit management server 20 to perform accounting processing and generate receivable points. The generation process is executed (S108), the receipt R3 including the receipt code C310 is output (S109), and this process ends. The user receives the product and receipt R3 and leaves the store. The accounting process in S108 may be the same as the conventional process.

S108では、会計処理が完了すると、店舗サーバ10又は店舗端末40は、特典管理サーバ20に対し、利用額や商品の明細等のサービス利用履歴を含む利用完了通知を送信する。特典管理サーバ20は、受取用IDと、受取可能ポイントと、を生成する。特典管理サーバ20は、受取用ID、受取可能ポイント、及びサービス利用履歴を、仮特典データベースDB2に格納する。特典管理サーバ20は、店舗サーバ10に対し、受取用ID及び受取可能ポイントを含む生成完了通知を送信する。店舗サーバ10は、生成完了通知を受信すると、店舗端末40に対し、レシートR3の出力要求を送信する。S109では、店舗端末40は、この出力要求に基づいて、レシートR3を出力する。 In S108, when the checkout process is completed, the store server 10 or the store terminal 40 transmits a usage completion notification including service usage history such as usage amount and product details to the benefit management server 20. The benefit management server 20 generates a receiving ID and receivable points. The privilege management server 20 stores the receiving ID, receivable points, and service usage history in the temporary privilege database DB2. The benefit management server 20 transmits a generation completion notification including the receiving ID and receivable points to the store server 10. Upon receiving the generation completion notification, the store server 10 transmits a request to output the receipt R3 to the store terminal 40. In S109, the store terminal 40 outputs the receipt R3 based on this output request.

[会員登録処理]
図10は、特典付与システムSで実行される会員登録処理の一例を示す図である。会員登録処理は、制御部21,31,51がそれぞれ記憶部22,32,52に記憶されたプログラムに従って動作することによって実行される。
[Member registration process]
FIG. 10 is a diagram illustrating an example of a member registration process executed by the privilege granting system S. The member registration process is executed by the control units 21, 31, and 51 operating according to programs stored in the storage units 22, 32, and 52, respectively.

図10のように、利用者端末50は、レシートR3の受取用コードC310を読取部56で読み取る(S200)。利用者端末50は、受取用コードC310から、受取用IDと、会員登録画面G4へのリンクと、を取得し(S201)、会員管理サーバ30にアクセスして会員登録画面G4を表示部55に表示させる(S202)。会員管理サーバ30は、S202で利用者端末50から受取用IDを受信して受取用IDを保持してもよい。利用者端末50は、会員登録画面G4に対する会員情報の入力を受け付ける(S203)。利用者端末50は、利用者がボタンB45を選択すると、会員管理サーバ30に対し、会員登録要求を送信する(S204)。 As shown in FIG. 10, the user terminal 50 reads the receipt code C310 of the receipt R3 with the reading unit 56 (S200). The user terminal 50 acquires the receiving ID and the link to the member registration screen G4 from the receiving code C310 (S201), accesses the member management server 30, and displays the member registration screen G4 on the display unit 55. Display it (S202). The member management server 30 may receive the receiving ID from the user terminal 50 in S202 and may hold the receiving ID. The user terminal 50 receives input of member information on the member registration screen G4 (S203). When the user selects button B45, the user terminal 50 transmits a member registration request to the member management server 30 (S204).

会員管理サーバ30は、会員登録要求を受信すると(S205)、利用者の会員登録を実行する(S206)。会員管理サーバ30は、特典管理サーバ20に対し、会員登録が完了した利用者の会員IDと、利用者端末50から受信した受取用IDと、を含む登録完了通知を送信する(S207)。特典管理サーバ20は、登録完了通知を受信すると(S208)、特典データベースDB1に新たなレコードを作成する(S209)。 Upon receiving the membership registration request (S205), the membership management server 30 executes membership registration of the user (S206). The member management server 30 transmits a registration completion notification including the member ID of the user who has completed membership registration and the receiving ID received from the user terminal 50 to the privilege management server 20 (S207). Upon receiving the registration completion notification (S208), the benefit management server 20 creates a new record in the benefit database DB1 (S209).

会員管理サーバ30は、仮特典データベースDBを参照し、会員管理サーバ30から受信した受取用IDが存在するか否かを判定する(S210)。受取用IDが存在すると判定された場合(S210;Y)、特典管理サーバ20は、会員登録をした利用者に受取可能ポイントを付与し(S211)、本処理は終了する。受取用IDが存在すると判定されない場合(S210;N)、S211の処理が実行されずに、本処理は終了する。 The member management server 30 refers to the temporary privilege database DB and determines whether or not the receipt ID received from the member management server 30 exists (S210). If it is determined that the receiving ID exists (S210; Y), the benefit management server 20 grants receivable points to the user who has registered as a member (S211), and this process ends. If it is not determined that the receiving ID exists (S210; N), the process ends without executing the process of S211.

本実施形態の特典付与システムSは、受取不可状態で小売サービスが利用されたと判定された場合に、受取可能ポイントを生成する。特典付与システムSは、小売サービスの利用後に受取条件が満たされたと判定された場合に、利用者に受取可能ポイントを付与する。これにより、利用者が受取不可状態で小売サービスを利用したとしても、事後的に受取可能ポイントが付与されるので、利用者の利便性が高まる。例えば、利用者がポイントサービスの会員ではなく、受取不可状態だったとしても、事後的に受取可能ポイントが付与されるので、ポイントサービスの会員ではない利用者に対し、ポイントサービスの会員になることの訴求効果が高まる。受取条件として、他の条件が設定される場合には、利用者に対し、他の条件を満たすことの訴求効果が高まる。小売業者からしても、ポイントサービスの加盟店になれば、利便性の高い仕組みによって集客効果が高まるので、小売業者に対する利益も発生する。 The privilege granting system S of this embodiment generates receivable points when it is determined that the retail service is used in a non-receivable state. The benefit granting system S grants receivable points to the user when it is determined that the receiving conditions are satisfied after using the retail service. As a result, even if the user uses the retail service in a state where the item cannot be received, points that can be received are given after the fact, which increases convenience for the user. For example, even if a user is not a member of a point service and cannot receive points, receivable points will be awarded after the fact, so it is possible for users who are not members of a point service to become members of a point service. The appeal effect will be increased. When other conditions are set as receiving conditions, the effect of appealing to users to satisfy the other conditions increases. From a retailer's point of view, if a store becomes a member of the point service, the highly convenient system will increase the effect of attracting customers, which will generate profits for the retailer.

また、特典付与システムSは、受取可能状態で小売サービスが利用されたと判定された場合に、利用者にポイントを付与する。特典付与システムSは、受取可能状態で小売サービスが利用されたと判定された場合には、受取可能ポイントを生成しない。これにより、不必要な受取可能ポイントが生成されないので、特典管理サーバ20の処理負荷を軽減し、仮特典データベースDB2のメモリ消費量を抑制できる。 Further, the privilege awarding system S awards points to the user when it is determined that the retail service is used in a receivable state. The privilege granting system S does not generate receivable points when it is determined that the retail service is used in the receivable state. As a result, unnecessary receivable points are not generated, so the processing load on the privilege management server 20 can be reduced, and the memory consumption of the temporary privilege database DB2 can be suppressed.

また、特典付与システムSは、利用者がポイントサービスの会員ではない状態で小売サービスが利用されたか否かを判定することによって、受取不可状態で小売サービスが利用されたか否かを判定する。特典付与システムSは、利用者がポイントサービスの会員になったか否かを判定することによって、受取条件が満たされたか否かを判定する。これにより、利用者が、ポイントサービスの会員になった場合に、受取可能ポイントを受け取ることができるので、ポイントサービスの会員ではない利用者に対し、ポイントサービスの会員になることの訴求効果が高まる。その結果、ポイントサービスの会員数を効果的に増やすことができる。 Further, the privilege granting system S determines whether the retail service is used in a state where the user is not a member of the point service by determining whether the retail service is used in a state where the user is not a member of the point service. The privilege granting system S determines whether the receiving conditions are satisfied by determining whether the user has become a member of a point service. This allows users to receive receivable points when they become a member of a point service, increasing the appeal of becoming a member of a point service to users who are not members of a point service. . As a result, the number of members of the point service can be effectively increased.

また、特典付与システムSは、利用者端末50から、実店舗で出力された受取用IDが取得されたか否かを判定することによって、受取条件が満たされたか否かを判定する。これにより、実店舗を訪れた利用者しか原則として知りえない受取用IDを利用して、利用者に受取可能ポイントを付与できるようになる。その結果、実店舗を利用していない第三者が勝手に受取可能ポイントを受け取るといった不正を防止できる。 Further, the benefit granting system S determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the receiving ID output at the physical store has been acquired from the user terminal 50. This makes it possible to grant receivable points to a user by using a receivable ID that, in principle, is known only to users who have visited a physical store. As a result, it is possible to prevent fraud in which a third party who does not use the physical store receives receivable points without permission.

また、特典付与システムSは、利用者がポイントカードを実店舗で提示しない状態で小売サービスが利用されたか否かを判定することによって、受取不可状態で小売サービスが利用されたか否かを判定する。これにより、利用者がポイントサービスの会員であるか否かを、ポイントカードを利用して確実に判定したうえで、受取可能ポイントを生成できる。 Additionally, the benefit granting system S determines whether the retail service is used in a state where the user is unable to receive the item by determining whether the retail service is used in a state where the user does not present the point card at the physical store. . Thereby, receivable points can be generated after reliably determining whether the user is a member of a point service using a point card.

また、特典付与システムSは、受取不可状態で小売サービスが利用されたと判定された場合には、受取用IDを含むレシートR3を実店舗で出力させることによって、実店舗で受取用IDを出力させる。これにより、利用履歴情報I30と、ポイント情報I31と、が別々のレシートではなく、同じレシートR3に印刷されるので、利用者の利便性が高まる。利用者は、1つのレシートR3を持ち帰ればよいので、受取用IDを紛失しにくくなる。また、特典付与システムSは、受取可能状態で小売サービスが利用された場合には、レシートR3とはレイアウトが異なり、かつ、受取用IDを含まないレシートR2を実店舗で出力させる。これにより、レシートR2のスペースを節約し、レシート用紙を節約できる。より短いレシートR2になるので、利用者の利便性も高まる。レシートR2,R3のレイアウトを互いに異ならせることによって、受取用IDが出力されたか否かを利用者が把握しやすくなる。 In addition, if it is determined that the retail service was used in a state where receipt is not possible, the benefit granting system S causes the physical store to output the receipt R3 including the receipt ID, thereby causing the physical store to output the receipt ID. . As a result, the usage history information I30 and the point information I31 are printed on the same receipt R3 instead of on separate receipts, improving convenience for the user. Since the user only needs to take home one receipt R3, it becomes difficult for the user to lose the receipt ID. Further, when the retail service is used in the receipt ready state, the privilege granting system S causes the physical store to output a receipt R2 which has a different layout from the receipt R3 and does not include the receipt ID. This saves space on the receipt R2 and saves receipt paper. Since the receipt R2 is shorter, user convenience is also improved. By making the layouts of the receipts R2 and R3 different from each other, it becomes easier for the user to understand whether the receipt ID has been output or not.

また、特典付与システムSは、受取用IDを含む受取用コードC310が形成されたレシートR3を実店舗で出力させることによって、実店舗で受取用IDを出力する。特典付与システムSは、受取用コードC310に含まれる受取用IDが利用者端末50から取得されたか否かを判定する。これにより、利用者端末50の読取部56で受取用コードC310を読み取るといった簡易な操作で受取用IDを取得できるので、利用者の利便性が高まる。利用者が利用者端末50の操作部54から受取用IDを手入力する場合には、入力ミスが発生する可能性があるが、受取用コードC310を利用することによって、このような入力ミスを防止できる。更に、会員登録画面G4へのリンクを受取用コードC310に含める場合には、ポイントサービスの会員ではない利用者が会員登録画面G4にアクセスしやすくなるので、利用者の利便性が高まる。ポイントサービスの会員を効果的に増やすこともできる。 Further, the privilege granting system S outputs the receipt ID at the physical store by causing the receipt R3 on which the receipt code C310 including the receipt ID is formed to be output at the physical store. The benefit granting system S determines whether the receiving ID included in the receiving code C310 has been acquired from the user terminal 50. As a result, the receiving ID can be obtained by a simple operation such as reading the receiving code C310 with the reading unit 56 of the user terminal 50, thereby increasing convenience for the user. When a user manually inputs the receipt ID from the operation unit 54 of the user terminal 50, there is a possibility that an input error may occur, but by using the receipt code C310, such input errors can be avoided. It can be prevented. Furthermore, when a link to the membership registration screen G4 is included in the receiving code C310, it becomes easier for users who are not members of the point service to access the membership registration screen G4, thereby increasing convenience for the users. It is also possible to effectively increase the number of points service members.

[2.第2実施形態]
例えば、利用者は、ポイントサービスの会員だったとしても、実店舗がポイントサービスの加盟店であることを知らなかった場合には、ポイントカード画面G1を提示せずに実店舗を利用することがある。例えば、利用者は、ポイントアプリを起動させるのが億劫だったり、利用者端末50を忘れたりした場合にも、ポイントカード画面G1を提示せずに実店舗を利用することがある。これらの点は、利用者が物理的なポイントカードを利用する場合も同様である。
[2. Second embodiment]
For example, even if a user is a member of a point service, if the user does not know that the physical store is a member store of the point service, the user may not use the physical store without presenting the point card screen G1. be. For example, if the user is too lazy to start the point app or forgets the user terminal 50, the user may use the physical store without presenting the point card screen G1. These points also apply when the user uses a physical point card.

従来の技術では、利用者は、実店舗でポイントカード画面G1を提示しなければ、実店舗を利用しても、ポイントが付与されない。ポイントカード画面G1を提示しなかった利用者が、実店舗を再び訪れてレシートを提示した場合に、実店舗のオペレーションによって、事後的にポイントを付与することも考えられる。しかしながら、この場合には、実店舗の負担が高まる。そこで、第2実施形態では、ポイントサービスの会員である利用者が、実店舗でポイントカード画面G1を提示しなかったとしても、レシートR3を利用して、事後的にポイントが付与される場合を説明する。 In the conventional technology, if the user does not present the point card screen G1 at the physical store, no points will be awarded even if the user uses the physical store. When a user who did not present the point card screen G1 visits the physical store again and presents a receipt, it is also possible to award points after the fact through the operation of the physical store. However, in this case, the burden on the physical store increases. Therefore, in the second embodiment, even if a user who is a member of a point service does not present the point card screen G1 at a physical store, points will be awarded after the fact using the receipt R3. explain.

図11は、第2実施形態で受取可能ポイントを受け取る流れの一例を示す図である。第2実施形態では、利用者が、ポイントアプリを利用して、受取可能ポイントを受け取る場合を例に挙げる。例えば、利用者が、ポイントカード画面G1に表示された「受取可能ポイントの受取」のリンクL11を選択すると、読取部56が起動して読取画面G6が表示部55に表示される。 FIG. 11 is a diagram illustrating an example of the flow of receiving receivable points in the second embodiment. In the second embodiment, a case will be exemplified in which a user uses a point app to receive receivable points. For example, when the user selects the link L11 "Receive receivable points" displayed on the point card screen G1, the reading section 56 is activated and the reading screen G6 is displayed on the display section 55.

読取画面G6には、読取部56が生成した撮影画像I60が表示される。利用者端末50がレシートR3の受取用コードC310を読み取ると、利用者端末50は、受取用コードC310から受取用IDを取得する。受取用コードC310には、会員登録画面G4へのリンクも含まれているが、第2実施形態では、利用者が、ポイントサービスに登録済みであり、かつ、ポイントアプリからポイントサービスにログインしているので、会員登録画面G4は表示されない。利用者端末50は、会員登録画面G4へのリンクを破棄し、特典管理サーバ20に対し、受取用IDを送信する。 The captured image I60 generated by the reading section 56 is displayed on the reading screen G6. When the user terminal 50 reads the receipt code C310 of the receipt R3, the user terminal 50 acquires the receipt ID from the receipt code C310. The receipt code C310 also includes a link to the member registration screen G4, but in the second embodiment, the user has already registered with the point service and has logged in to the point service from the point app. Therefore, the member registration screen G4 is not displayed. The user terminal 50 discards the link to the member registration screen G4 and transmits the receiving ID to the privilege management server 20.

特典管理サーバ20は、受取用IDを受信すると、受取条件判定部204は、仮特典データベースDB2を参照し、当該受信した受取用IDが存在するか否かを判定することによって、受取条件が満たされたか否かを判定する。仮特典付与部205は、仮特典データベースDB2に受取用IDが存在すると判定された場合、当該受取用IDに関連付けられた受取可能ポイントを、ログイン中の利用者に付与する。仮特典付与部205は、特典データベースDB1を参照し、当該利用者の会員IDに関連付けられたポイント残高を、当該受取可能ポイントだけ増加させる。仮特典付与部205は、特典データベースDB1から、当該付与された受取可能ポイントに対応するレコードを削除する。 When the benefit management server 20 receives the receiving ID, the receiving condition determining unit 204 refers to the provisional privilege database DB2 and determines whether the received receiving ID exists or not, thereby determining whether the receiving condition is satisfied. Determine whether or not it has been done. If it is determined that the receiving ID exists in the temporary privilege database DB2, the temporary benefit granting unit 205 grants the receivable points associated with the receiving ID to the logged-in user. The provisional benefit granting unit 205 refers to the benefit database DB1 and increases the point balance associated with the member ID of the user by the receivable points. The provisional benefit granting unit 205 deletes the record corresponding to the granted receivable points from the benefit database DB1.

受取可能ポイントが付与されると、付与完了画面G7が表示部55に表示される。例えば、付与完了画面G7には、利用者に付与された受取可能ポイントと、受取可能ポイントの受け取り後のポイント残高と、が表示される。利用者がボタンB70を選択すると、ポイントカード画面G1に戻る。図11の右下のポイントカード画面G1のように、利用者が受け取った受取可能ポイントがポイント残高に反映される。受取可能ポイントのポイント残高への反映は、ある程度の時間が経過した後であってもよい。 When receivable points are awarded, an assignment completion screen G7 is displayed on the display unit 55. For example, the grant completion screen G7 displays the receivable points granted to the user and the point balance after receiving the receivable points. When the user selects button B70, the screen returns to point card screen G1. As shown in the point card screen G1 at the bottom right of FIG. 11, the receivable points received by the user are reflected in the point balance. The receivable points may be reflected in the point balance after a certain amount of time has passed.

なお、利用者端末50は、会員管理サーバ30に対し、受取用IDを送信してもよい。この場合、会員管理サーバ30は、ログイン中の利用者の会員IDと、利用者端末50から受信した受取用IDと、を特典管理サーバ20に転送する。特典管理サーバ20は、会員管理サーバ30から会員ID及び受取用IDを受信すると、受取条件判定部204及び仮特典付与部205は、上記と同様の処理を実行し、ログイン中の利用者に受取可能ポイントを付与する。 Note that the user terminal 50 may transmit the receiving ID to the member management server 30. In this case, the member management server 30 transfers the member ID of the logged-in user and the receiving ID received from the user terminal 50 to the privilege management server 20. When the privilege management server 20 receives the member ID and receipt ID from the member management server 30, the receipt condition determining unit 204 and the provisional privilege granting unit 205 execute the same process as above, and allow the logged-in user to receive the receipt. Assign possible points.

第2実施形態の特典付与システムSは、ポイントサービスの会員である利用者に対し、受取可能ポイントを事後的に付与できる。これにより、ポイントサービスの会員である利用者が実店舗でポイントカード画面G1を提示しなかったとしても、事後的に受取可能ポイントが付与されるので、利用者の利便性が高まる。実店舗に特別なオペレーションを発生させる必要がなくなるので、実店舗の負担も軽減できる。 The benefit granting system S of the second embodiment can grant receivable points after the fact to users who are members of a point service. As a result, even if a user who is a member of a point service does not present the point card screen G1 at a physical store, receivable points will be awarded after the fact, increasing convenience for the user. Since there is no need for special operations at physical stores, the burden on physical stores can also be reduced.

[3.第3実施形態]
第1実施形態及び第2実施形態では、利用者が実店舗の小売サービスを利用する場面を例に挙げたが、利用者がオンライン上のサービスを利用する場面にも、特典付与システムSを適用可能である。例えば、小売サービスではなく、利用者がオンラインショッピングサービスを利用する場合にも、第1実施形態及び第2実施形態と同様の処理を実行可能である。第3実施形態では、第1実施形態及び第2実施形態と同様の構成については、説明を省略する。
[3. Third embodiment]
In the first and second embodiments, the scenario in which the user uses a retail service at a physical store is taken as an example, but the benefit granting system S is also applicable to a scenario in which the user uses an online service. It is possible. For example, even when a user uses an online shopping service instead of a retail service, the same processing as in the first and second embodiments can be executed. In the third embodiment, descriptions of the same configurations as those in the first and second embodiments will be omitted.

第3実施形態では、オンラインショッピングサービスと、ポイントサービスと、が互いに連携している。ただし、利用者は、オンラインショッピングサービスにおける買い物でポイントを受け取るためには、オンラインショッピングサービスの会員IDと、ポイントサービスの会員IDと、を関連付ける必要があるものとする。これらの関連付けが行われると、利用者は、オンラインショッピングサービスにおける利用額に応じたポイントを受け取ることができるようになる。 In the third embodiment, an online shopping service and a point service cooperate with each other. However, in order to receive points for shopping in the online shopping service, the user needs to associate the member ID of the online shopping service with the member ID of the point service. Once these associations are made, the user will be able to receive points according to the amount spent on the online shopping service.

第3実施形態では、利用者は、実店舗ではなく、オンラインショッピングサービス上の仮想的な店舗で買い物をする。店舗サーバ10は、仮想的な店舗のサーバである。店舗端末40は、仮想的な店舗の運営者が操作するコンピュータである。複数の店舗が存在するオンラインショッピングモールが提供される場合には、店舗サーバ10は、オンラインショッピングモールの管理者のサーバコンピュータであってもよい。 In the third embodiment, the user does not shop at a physical store but at a virtual store on an online shopping service. The store server 10 is a virtual store server. The store terminal 40 is a computer operated by a virtual store operator. If an online shopping mall with multiple stores is provided, the store server 10 may be a server computer of an administrator of the online shopping mall.

図12は、第3実施形態で受取可能ポイントを受け取る流れの一例を示す図である。図12のように、利用者は、利用者端末50を操作してオンラインショッピングサービスのウェブサイトにアクセスすると、オンラインショッピングサービスのトップ画面G8が表示部55に表示される。ここでは、利用者がオンラインショッピングサービスの会員であり、オンラインショッピングサービスにログインするものとする。 FIG. 12 is a diagram illustrating an example of the flow of receiving receivable points in the third embodiment. As shown in FIG. 12, when the user operates the user terminal 50 to access the website of the online shopping service, the top screen G8 of the online shopping service is displayed on the display unit 55. Here, it is assumed that the user is a member of the online shopping service and logs into the online shopping service.

利用者がトップ画面G8から商品を選択して購入すると、購入完了画面G9が表示部55に表示される。購入完了画面G9と同様の内容を含む電子メール等のメッセージが利用者に送信されてもよい。購入完了画面G9には、商品の購入内容及び受取可能ポイントとともに、会員登録画面G4へのリンクL90が表示される。受取可能ポイントの生成の流れは、第1実施形態及び第2実施形態と同様であってよい。 When the user selects and purchases a product from the top screen G8, a purchase completion screen G9 is displayed on the display section 55. A message such as an e-mail containing the same content as the purchase completion screen G9 may be sent to the user. On the purchase completion screen G9, a link L90 to the membership registration screen G4 is displayed together with the purchase details of the product and the points that can be received. The flow of generating receivable points may be the same as in the first embodiment and the second embodiment.

第3実施形態では、リンクL90に受取用IDが含まれるものとする。利用者がリンクL90を選択すると、図4と同様の会員登録画面G4と登録完了画面G5が表示部55に表示される。会員登録の流れは、第1実施形態と同様であってよい。なお、受取用IDは、購入完了画面G9に表示されてもよいし、商品の購入後に利用者宛てに送信される電子メールに含まれてもよい。この場合、利用者が、ポイントサービスへの会員登録時又はその後に、受取用IDを手入力してもよい。 In the third embodiment, it is assumed that the link L90 includes a receiving ID. When the user selects the link L90, a member registration screen G4 and a registration completion screen G5 similar to those shown in FIG. 4 are displayed on the display section 55. The flow of member registration may be the same as in the first embodiment. Note that the receiving ID may be displayed on the purchase completion screen G9, or may be included in the e-mail sent to the user after purchasing the product. In this case, the user may manually input the receiving ID at the time of member registration for the point service or afterward.

利用者がポイントサービスへの会員登録を完了させると、受取可能ポイントが利用者に付与される。利用者のポイントカードは、自動的にオンラインショッピングサービスにも登録されるものとする。図12のように、利用者が再度トップ画面G8を表示させると、利用者のポイント残高は、購入完了画面G9に表示された受取可能ポイントの65Pになる。以降、利用者がオンラインショッピングサービスを利用すると、利用額に応じたポイントが付与される。 When the user completes membership registration for the point service, receivable points are awarded to the user. The user's point card shall also be automatically registered in the online shopping service. As shown in FIG. 12, when the user displays the top screen G8 again, the user's point balance becomes 65P of the receivable points displayed on the purchase completion screen G9. From then on, when users use the online shopping service, they will be awarded points based on the amount spent.

第3実施形態の特典付与システムSは、第1実施形態の特典付与システムSと同様の理由で、オンラインショッピングサービスの利用者の利便性が高まる。ポイントサービスの会員ではない利用者に対し、ポイントサービスの会員になることの訴求効果も高まる。なお、第3実施形態において、利用者がオンラインショッピングサービスにログインせずに、ゲストユーザとして商品を注文してしまったとしても、第2実施形態と同様にして、事後的に受取可能ポイントが付与されるようにしてもよい。 The privilege granting system S of the third embodiment is more convenient for users of the online shopping service for the same reason as the privilege granting system S of the first embodiment. The appeal of becoming a member of a point service also increases for users who are not members of a point service. In addition, in the third embodiment, even if the user orders a product as a guest user without logging into the online shopping service, receivable points will be awarded after the fact in the same way as in the second embodiment. It is also possible to do so.

なお、第3実施形態では、利用者がオンラインショッピングサービスの会員である場合を説明したが、利用者が実店舗で提供される小売サービスの会員である場合にも、第3実施形態と同様の処理が実行されてもよい。この場合、第1実施形態及び第3実施形態を組み合わせた処理と、第2実施形態及び第3実施形態を組み合わせた処理と、が実行されるようにしてもよい。 Although the third embodiment describes the case where the user is a member of an online shopping service, the same method as in the third embodiment can also be applied when the user is a member of a retail service provided at a physical store. Processing may be performed. In this case, a process combining the first embodiment and the third embodiment and a process combining the second embodiment and the third embodiment may be executed.

まず、第1実施形態及び第3実施形態を組み合わせた処理を説明する。例えば、利用者が、実店舗の「AAAショップ」が提供する小売サービスの会員である「AAA会員」だったとする。例えば、利用者は、「AAA会員」のポイントカードを提示して実店舗を利用すると、小売サービスにおけるポイントである「AAAポイント」を受け取れたり、宅配サービス又は割引サービス等の会員専用のサービスを利用できたりする。例えば、利用者が、ポイントサービスの会員である「XXX会員」になると、小売サービスの「AAAポイント」とは別に、「XXXポイント」を受け取れるものとする。 First, processing that combines the first embodiment and the third embodiment will be described. For example, assume that the user is a "AAA member" who is a member of a retail service provided by a physical store "AAA Shop." For example, when a user presents their "AAA Member" point card and visits a physical store, they can receive "AAA Points," which are points for retail services, or use members-only services such as home delivery services or discount services. I can do it. For example, when a user becomes a "XXX member" who is a member of a point service, he or she can receive "XXX points" in addition to the "AAA points" of the retail service.

例えば、利用者が、「AAA会員」ではあるが、「XXX会員」ではなかったとする。この場合も、利用者は、「XXXポイント」を受け取れないので、受取不可状態に相当する。利用者が、「AAA会員」のポイントカードを提示して実店舗を利用すると、受取用ポイントが生成される。この受取用ポイントは、受取用IDではなく、「AAA会員」の会員IDに関連付けられてもよい。利用者が「XXX会員」に会員登録する場合に、自身の「AAA会員」の会員IDを入力すれば、特典管理サーバ20は、この利用者に付与すべき受取可能ポイントを特定できる。 For example, assume that the user is a "AAA member" but not a "XXX member." In this case as well, the user cannot receive "XXX points", so this corresponds to a non-receivable state. When a user presents his "AAA member" point card and uses the physical store, points for receipt are generated. These receiving points may be associated with the member ID of "AAA member" instead of the receiving ID. When a user registers as a "XXX member," by inputting his or her own "AAA member" member ID, the benefit management server 20 can specify the receivable points to be given to this user.

第2実施形態と第3実施形態を組み合わせた場合も同様に、利用者が、実店舗で「AAA会員」のポイントカードを提示したが、「XXX会員」のポイントカードを提示しなかった場合に、「AAA会員」の会員IDに、受取可能ポイントが関連付けられてもよい。利用者は、「XXX会員」のウェブサイト等から「AAA会員」の会員IDを入力すれば、当該会員IDに関連付けられた受取可能ポイントが事後的に受け取れる。 Similarly, when the second embodiment and the third embodiment are combined, if the user presents the "AAA member" point card at a physical store but does not present the "XXX member" point card, , Receivable points may be associated with the member ID of "AAA member". If the user inputs the member ID of "AAA member" from the "XXX member" website, etc., the user can subsequently receive the receivable points associated with the member ID.

なお、「AAA会員」の会員IDと、「XXX会員」の会員IDと、が互いに連携している場合には、利用者が、実店舗で「XXX会員」のポイントカードを提示しなくても、「AAA会員」のポイントカードを提示すれば、自動的に「XXXポイント」が付与されてもよい。これとは逆に、利用者が実店舗で「AAA会員」のポイントカードを提示しなくても、「XXX会員」のポイントカードを提示すれば、自動的に「AAA会員」のポイントが付与されてもよい。 In addition, if the member ID of "AAA member" and the member ID of "XXX member" are linked to each other, the user does not have to present the "XXX member" point card at the physical store. , "XXX points" may be automatically granted by presenting a "AAA member" point card. On the contrary, even if the user does not present the "AAA member" point card at a physical store, if the user presents the "XXX member" point card, "AAA member" points will be automatically awarded. It's okay.

[4.第4実施形態]
例えば、オンラインサービスの中には、利用者が特定の条件を満たした場合に、ポイントの還元率が高くなるサービスもある。第4実施形態では、このようなオンラインサービスで特定の条件が満たされるまでの間に、利用者がオンラインサービスを利用するたびに、受取可能ポイントが生成される場合を説明する。事後的に特定の条件が満たされた場合に、受取条件が満たされたと判定され、利用者は、過去の利用分で生成された受取可能ポイントを受け取れる。第4実施形態では、第1実施形態~第3実施形態と同様の構成については、説明を省略する。
[4. Fourth embodiment]
For example, some online services offer a higher point return rate if the user satisfies certain conditions. In the fourth embodiment, a case will be described in which receivable points are generated every time a user uses an online service until a specific condition is met in such an online service. If a specific condition is met after the fact, it is determined that the receiving condition is satisfied, and the user can receive the receivable points generated from past usage. In the fourth embodiment, descriptions of configurations similar to those of the first to third embodiments will be omitted.

第4実施形態では、利用者が、オンラインショッピングサービスの会員になると、自動的にポイントサービスの会員になるものとする。更に、第4実施形態では、オンラインショッピングサービスを提供する電子商取引業者と、ポイントサービスを提供するポイント事業者と、は同じであるものとする。オンラインショッピングサービスとポイントサービスを包含した大きな1つのサービスの会員の概念が存在するということもできる。利用者は、この大きな1つのサービスの会員であるものとする。 In the fourth embodiment, when a user becomes a member of an online shopping service, he or she automatically becomes a member of a point service. Furthermore, in the fourth embodiment, it is assumed that an electronic commerce company that provides online shopping services and a point business that provides point services are the same. It can also be said that there is a concept of one large service membership that includes online shopping services and point services. It is assumed that the user is a member of this one large service.

例えば、オンラインショッピングサービス及びポイントサービスの運営者は、クレジットカードを発行する特定のカード会社と提携している。以降、このカード会社を、提携カード会社という。提携カード会社が発行したクレジットカードを、提携クレジットカードという。提携カード会社以外のカード会社を、他社という。他社が発行したクレジットカードを、他社クレジットカードという。 For example, operators of online shopping services and point services are affiliated with specific card companies that issue credit cards. Hereinafter, this card company will be referred to as an affiliated card company. A credit card issued by an affiliated card company is called an affiliated credit card. Card companies other than affiliated card companies are referred to as other companies. A credit card issued by another company is called a third-party credit card.

第4実施形態では、利用者が、オンラインショッピングサービスで提携クレジットカードを利用すると、他社クレジットカードを利用するよりも、ポイントの還元率が高くなる。提携カード会社は、オンラインショッピングサービスにおけるポイントの還元率の高さに基づいて、提携クレジットカードを持っていない利用者に対し、バナー広告又はキャンペーン等を利用して、提携クレジットカードの発行を訴求する。提携クレジットカードを発行することは、提携カード会社が提供するクレジットカードサービスの会員になること(即ち、提携クレジットカードに入会すること)に相当する。 In the fourth embodiment, when a user uses an affiliated credit card for an online shopping service, the point return rate is higher than when a user uses another company's credit card. Affiliated card companies use banner advertisements, campaigns, etc. to appeal to users who do not have an affiliated credit card to issue affiliated credit cards based on the high point return rate of online shopping services. . Issuing an affiliated credit card corresponds to becoming a member of a credit card service provided by an affiliated card company (that is, joining an affiliated credit card).

この点、提携クレジットカードを持っていない利用者が、提携クレジットカードを発行したとしても、将来の買い物におけるポイントの還元率が高くなるだけなので、訴求効果としては十分ではない。提携クレジットカードの発行時の特典として、一定量のポイントを利用者に付与することもあるが、種々のカード会社が同様の特典を提供しているので、訴求効果としては十分ではない。 In this regard, even if a user who does not have an affiliated credit card is issued with an affiliated credit card, this will only increase the return rate of points for future purchases, so this is not a sufficient promotional effect. A certain amount of points may be given to users as a benefit when an affiliated credit card is issued, but since various card companies offer similar benefits, this is not a sufficient promotional effect.

そこで、第4実施形態の特典付与システムSは、提携クレジットカードを持っていない利用者が、オンラインショッピングサービスで買い物をした時に、第1実施形態~第3実施形態の処理を流用し、提携クレジットカードを持っていたと仮定した場合に受け取れた分の受取可能ポイントを生成する。利用者は、提携クレジットカードを発行すると、過去の買い物に遡って、受取可能ポイントを受け取れる。これにより、利用者に対し、提携クレジットカードの訴求効果が高まるようになっている。 Therefore, the benefit granting system S of the fourth embodiment utilizes the processes of the first to third embodiments when a user who does not have an affiliated credit card makes a purchase using an online shopping service, and uses the affiliated credit card. Generate the receivable points that you would have received if you had the card. When a user issues an affiliated credit card, they can receive receivable points retroactively to past purchases. This increases the appeal of affiliated credit cards to users.

図13は、利用者が提携クレジットカードを発行するまでの時系列的な流れの一例を示す図である。例えば、利用者は、2022年2月1日に、オンラインショッピングサービスの会員になったとする。先述した通り、利用者は、自動的にポイントサービスの会員にもなる。例えば、会員登録直後のポイント残高を0ポイントとする。他社クレジットカードの還元率を1%とし、提携クレジットカードの還元率を1.5%とする。 FIG. 13 is a diagram showing an example of a chronological flow until a user issues an affiliated credit card. For example, assume that the user became a member of an online shopping service on February 1, 2022. As mentioned above, the user automatically becomes a member of the point service. For example, assume that the point balance immediately after membership registration is 0 points. The return rate for other companies' credit cards is 1%, and the return rate for affiliated credit cards is 1.5%.

例えば、利用者が、2022年2月9日に他社クレジットカードで5000円の買い物をしたとする。第1実施形態のように、ある程度の時間が経過してからポイントが付与されてもよいが、ここでは、ポイントが即時に付与されるものとする。この買い物の利用額は5000円であり、他社クレジットカードの還元率は1%なので、50ポイントが付与される。ポイント残高は、0ポイントから50ポイントになる。 For example, assume that the user made a purchase of 5,000 yen on February 9, 2022 using another company's credit card. As in the first embodiment, points may be awarded after a certain amount of time has passed, but here it is assumed that points are awarded immediately. The amount spent on this purchase is 5,000 yen, and since the return rate for other companies' credit cards is 1%, 50 points are awarded. The point balance will range from 0 points to 50 points.

例えば、利用者が、2022年2月9日の買い物で提携クレジットカードを利用したと仮定すると、提携クレジットカードの還元率は1.5%なので、75ポイントが付与されたはずである。このため、付与されたはずである75ポイントと、実際に付与された50ポイントと、の差分である25ポイントの受取可能ポイントが生成される。25ポイント分の受取可能ポイントは、利用者の会員IDに関連付けられて、仮特典データベースDB2に格納される。 For example, assuming that the user used an affiliated credit card for shopping on February 9, 2022, the return rate of the affiliated credit card is 1.5%, so 75 points would have been awarded. Therefore, 25 receivable points are generated, which is the difference between the 75 points that should have been given and the 50 points that were actually given. The 25 receivable points are stored in the provisional benefit database DB2 in association with the user's member ID.

以降同様に、利用者が提携クレジットカードを発行するまでの買い物に対し、受取可能ポイントが生成される。図13の例では、2022年2月16日の12000円分の買い物に対し、60ポイントの受取可能ポイントが生成される。2022年2月21日の6000円分の買い物に対し、30ポイントの受取可能ポイントが生成される。受取可能ポイントは、還元率の差分である0.5%ずつが生成されて加算されることになる。他社クレジットカードの還元率である1%分のポイントは、即時に付与されてポイント残高に加算されるものとする。 Thereafter, receivable points are generated for purchases made until the user issues an affiliated credit card. In the example of FIG. 13, 60 receivable points are generated for a purchase worth 12,000 yen on February 16, 2022. For purchases worth 6,000 yen on February 21, 2022, 30 receivable points will be generated. The receivable points are generated and added in increments of 0.5%, which is the difference in the return rate. Points equivalent to 1%, which is the return rate of other companies' credit cards, shall be immediately granted and added to the point balance.

例えば、利用者が、2022年2月25日に、提携クレジットカードを発行したとする。この場合、提携クレジットカードを発行した特典として、過去に生成された受取可能ポイントの合計値である115ポイントが利用者に付与される。即ち、利用者が、過去の買い物で提携クレジットカードを利用したと仮定した時と同じ条件でポイントを受け取れるように、過去に遡ってポイントが付与される。 For example, assume that a user issues an affiliated credit card on February 25, 2022. In this case, as a benefit for issuing the affiliated credit card, the user is given 115 points, which is the total value of the receivable points generated in the past. That is, points are awarded retroactively so that the user can receive points under the same conditions as if they had used an affiliated credit card for past purchases.

第4実施形態の機能ブロック図は、第1実施形態~第3実施形態と同様である。ただし、一部の機能は、第1実施形態~第3実施形態と異なる。例えば、仮特典生成部202は、オンラインショッピングサービス及びポイントサービスにおいて利用者を識別可能な会員IDと、生成した受取可能ポイントと、を関連付けて仮特典データベースDB2に登録する。受取可能ポイントの生成方法自体は、第3実施形態と同様であるが、第4実施形態では、利用者はオンラインショッピングサービス及びポイントサービスの会員になっているので、受取用IDではなく、会員IDに受取可能ポイントが関連付けられる。 The functional block diagram of the fourth embodiment is similar to the first to third embodiments. However, some functions are different from the first to third embodiments. For example, the temporary benefit generation unit 202 associates a member ID that can identify a user in an online shopping service and a point service with the generated receivable points and registers them in the temporary benefit database DB2. The method of generating receivable points is the same as in the third embodiment, but in the fourth embodiment, since the user is a member of an online shopping service and a point service, the method of generating receivable points is not the receivable ID but the member ID. Receivable points are associated with.

受取条件判定部204は、利用者がクレジットカードサービスの会員になったか否かを判定することによって、受取条件が満たされたか否かを判定する。提携クレジットカードを発行することは、クレジットカードサービスの会員になることに相当する。第4実施形態では、クレジットカードサービスが他のサービスに相当する。第4実施形態では、利用者は、オンラインショッピングサービス及びポイントサービスの会員IDを入力したうえで、提携クレジットカードを発行するものとする。受取条件判定部204は、提携カード会社のサーバコンピュータから、提携クレジットカードを発行した利用者の会員IDを受信する。受取条件判定部204は、この会員IDに基づいて、利用者がクレジットカードサービスの会員になったか否かを判定する。 The receiving condition determination unit 204 determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the user has become a member of a credit card service. Issuing an affiliated credit card corresponds to becoming a member of a credit card service. In the fourth embodiment, a credit card service corresponds to another service. In the fourth embodiment, it is assumed that the user issues an affiliated credit card after inputting the member ID of the online shopping service and point service. The receiving condition determining unit 204 receives the member ID of the user who issued the affiliated credit card from the server computer of the affiliated card company. The receiving condition determining unit 204 determines whether the user has become a member of a credit card service based on this member ID.

仮特典付与部205は、利用者がクレジットカードサービスの会員になったと判定された場合に、会員IDに関連付けられた受取可能ポイントを、利用者に付与する。受取用IDではなく会員IDに関連付けられた受取可能ポイントが付与される点で第1実施形態~第3実施形態とは異なるが、受取可能ポイントの付与方法自体は、第1実施形態~第3実施形態と同様である。 When it is determined that the user has become a member of a credit card service, the provisional benefit granting unit 205 grants receivable points associated with the member ID to the user. Although it differs from the first to third embodiments in that receivable points are given that are associated with the member ID rather than the receiving ID, the method of awarding receivable points itself is different from the first to third embodiments. This is similar to the embodiment.

第4実施形態の特典付与システムSは、利用者がクレジットカードサービスの会員になったと判定された場合に、会員IDに関連付けられた受取可能ポイントを、利用者に付与する。これにより、クレジットカードサービスの会員になることに対する訴求効果が高まる。利用者からしても、過去に遡って受取可能ポイントが付与されるので、利便性が高まる。 The benefit granting system S of the fourth embodiment grants the user receivable points associated with the member ID when it is determined that the user has become a member of a credit card service. This increases the appeal to become a member of the credit card service. From the user's point of view, the points that can be received are retroactively awarded, increasing convenience.

[5.変形例]
なお、本開示は、以上に説明した第1実施形態~第4実施形態に限定されるものではない。本開示の趣旨を逸脱しない範囲で、適宜変更可能である。
[5. Modified example]
Note that the present disclosure is not limited to the first to fourth embodiments described above. Changes can be made as appropriate without departing from the spirit of the present disclosure.

図14は、変形例における機能ブロックの一例を示す図である。第1制限部207、第2制限部208、第3制限部209、第4制限部210、第1提示部211、第2提示部212、及び第3提示部213は、制御部21を主として実現される。 FIG. 14 is a diagram illustrating an example of functional blocks in a modified example. The first restriction section 207, the second restriction section 208, the third restriction section 209, the fourth restriction section 210, the first presentation section 211, the second presentation section 212, and the third presentation section 213 mainly realize the control section 21. be done.

[5-1.変形例1]
例えば、利用者によっては、第1実施形態で説明したレシートR3を、店舗の不要レシート入れ又はごみ箱に捨てることがある。悪意のある第三者は、店舗又はその他の場所から、不特定多数の大量のレシートR3を入手し、自身の利用者端末50から不正に受取可能ポイントを受け取ろうとする可能性がある。このような不正行為は、ポイントサービスの趣旨に反する行為であり、店舗又はその他の場所の防犯上も好ましくない。
[5-1. Modification example 1]
For example, some users may throw away the receipt R3 described in the first embodiment in a store's unnecessary receipt bin or trash can. A malicious third party may obtain a large number of unspecified receipts R3 from a store or other location and attempt to fraudulently receive receivable points from his or her own user terminal 50. Such fraudulent acts go against the purpose of the point service, and are also undesirable in terms of crime prevention at stores or other locations.

そこで、第三者の不正行為を防止するために、受取可能ポイントに対し、一定の制限を設けてもよい。変形例1では、仮特典生成部202は、生成した受取可能ポイントに有効期限を設定する。有効期限は、受取可能ポイントが有効な期限である。有効期限は、受取可能ポイントの受け取りが可能な期限ということもできる。有効期限は、受取可能ポイントが生成されてから一定時間だけ後の時点である。 Therefore, in order to prevent fraudulent acts by third parties, certain restrictions may be placed on the points that can be received. In Modification 1, the provisional benefit generation unit 202 sets an expiration date to the generated receivable points. The expiration date is the period during which the receivable points are valid. The expiration date can also be referred to as the deadline for receiving receivable points. The expiration date is a certain period of time after the receivable points are generated.

以降、受取可能ポイントが生成されてから有効期限までの期間の長さを、有効期限の長さという。変形例1では、有効期限の長さが2週間である場合を説明するが、有効期限の長さは、任意の長さであってよい。例えば、有効期限の長さは、数分~数日程度であってもよいし、1週間~半年程度であってもよい。有効期限の長さは、固定であってもよいし、可変であってもよい。例えば、実店舗の種類又はエリアに応じて有効期限の長さが異なってもよい。 Hereinafter, the length of the period from when receivable points are generated until the expiration date will be referred to as the length of the expiration date. In Modification 1, a case will be described in which the length of the expiration date is two weeks, but the length of the expiration date may be any length. For example, the length of the expiration date may be from several minutes to several days, or from one week to half a year. The length of the expiration date may be fixed or variable. For example, the length of the expiration date may vary depending on the type or area of the physical store.

例えば、利用額に応じて有効期限の長さが異なってもよい。利用額が多いほど有効期限の長さを短くすれば、不正行為の抑止力が高まる。ただし、利用者の利便性としては低下するので、逆に、利用額が多いほど有効期限の長さを長くしてもよい。不正行為の抑止力と利用者の利便性はトレードオフの関係にあるので、特典付与システムSの管理者や実店舗の担当者等の要望に応じて、有効期限の長さが設定されるようにすればよい。 For example, the length of the expiration date may vary depending on the usage amount. If the length of the expiry date is shortened as the amount spent is large, the deterrent effect against fraudulent activity will increase. However, since the convenience for the user decreases, the expiration date may be set to be longer as the usage amount increases. Since there is a trade-off relationship between deterrence of fraud and convenience for users, the length of the expiration date will be set according to the requests of the administrator of the reward granting system S, the person in charge of the physical store, etc. Just do it.

変形例1の仮特典データベースDB2には、受取可能ポイントの有効期限も格納されるものとする。例えば、仮特典生成部202は、受取可能ポイントを生成すると、当該受取可能ポイントに設定する有効期限を決定する。仮特典生成部202は、受取可能ポイントの生成前に、有効期限を決定してもよい。例えば、仮特典生成部202は、有効期限を決定する処理を実行する時の現在日時から2週間後の時点を、有効期限として決定する。現在日時は、リアルタイムクロック又はGPS信号等を利用して取得されるようにすればよい。仮特典生成部202は、受取用ID、有効期限、受取可能ポイント、及びサービス利用履歴を互いに関連付けて、仮特典データベースDB2に格納する。 It is assumed that the temporary privilege database DB2 of Modification 1 also stores the expiration date of receivable points. For example, upon generating receivable points, the temporary benefit generation unit 202 determines the expiration date set for the receivable points. The temporary benefit generation unit 202 may determine the expiration date before generating receivable points. For example, the temporary benefit generation unit 202 determines, as the expiration date, two weeks after the current date and time when executing the processing for determining the expiration date. The current date and time may be acquired using a real-time clock, a GPS signal, or the like. The temporary benefit generation unit 202 associates the receipt ID, expiration date, receivable points, and service usage history with each other and stores them in the temporary benefit database DB2.

受取条件判定部204は、有効期限内に利用者端末50から受取用IDが取得されたか否かを判定することによって、受取条件が満たされたか否かを判定する。受取条件判定部204は、仮特典データベースDB2を参照し、受取用IDに関連付けられた有効期限を取得する。受取条件判定部204は、現在日時に基づいて、当該取得された有効期限が経過したか否かを判定する。受取条件判定部204は、現在日時が有効期限よりも後であれば、有効期限が経過したと判定する。有効期限が経過していれば、仮特典データベースDB2に受取用IDが格納されていても、受取可能ポイントが付与されない。 The receiving condition determination unit 204 determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the receiving ID is acquired from the user terminal 50 within the expiration date. The receiving condition determining unit 204 refers to the provisional privilege database DB2 and obtains the expiration date associated with the receiving ID. The receiving condition determining unit 204 determines whether the acquired expiration date has passed based on the current date and time. If the current date and time is after the expiration date, the receiving condition determination unit 204 determines that the expiration date has passed. If the expiration date has passed, no receivable points will be awarded even if the receiving ID is stored in the temporary privilege database DB2.

なお、有効期限が経過した受取可能ポイントのレコードは、仮特典データベースDB2から削除されてもよい。この場合、有効期限が経過した受取用IDが仮特典データベースDB2に存在しなくなるので、有効期限が経過した受取可能ポイントの受取用IDが取得されたとしても、受取可能ポイントは付与されない。仮特典データベースDB2に格納された受取可能ポイントの有効期限が経過したか否かは、夜間バッチ等によって定期的に実行されるようにすればよい。有効期限が経過した受取可能ポイントは、仮特典データベースDB2から削除されるのではなく、有効期限が経過したか否かを示すフラグ等によって管理されてもよい。 Note that the record of receivable points whose expiration date has passed may be deleted from the provisional privilege database DB2. In this case, since the receiving ID for which the expiration date has passed no longer exists in the provisional award database DB2, even if the receiving ID for the receivable points for which the expiration date has passed is acquired, the receivable points will not be granted. Whether or not the expiration date of the receivable points stored in the provisional privilege database DB2 has passed may be determined periodically by night batch processing or the like. Receivable points whose expiration date has passed may not be deleted from the provisional benefit database DB2, but may be managed using a flag or the like indicating whether or not the expiration date has passed.

変形例1の特典付与システムSは、有効期限内に利用者端末50から受取用IDが取得されたか否かを判定することによって、受取条件が満たされたか否かを判定する。これにより、悪意のある第三者に対する抑止力が働くので、不正行為を防止できる。不正行為の防止を目的としなかったとしても、利用者がレシートR3を捨ててしまった場合に、受け取りが発生しない受取可能ポイントが仮特典データベースDB2にいつまでも残るといったことを防止できる。 The privilege granting system S of the first modification determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the receiving ID is acquired from the user terminal 50 within the expiration date. This acts as a deterrent against malicious third parties, thereby preventing fraudulent acts. Even if the purpose is not to prevent fraudulent acts, if the user throws away the receipt R3, it is possible to prevent receivable points that are not received from remaining in the provisional privilege database DB2 forever.

[5-2.変形例2]
例えば、悪意のある第三者による不正行為を防止する方法は、変形例1で説明した方法に限られない。変形例2では、ある期間にある会員IDで受け取れる受取可能ポイントに上限を設ける場合について説明する。悪意のある第三者は、大量のレシートR3を不正に入手したとしても、変形例2で説明する上限により、一定以上の受取可能ポイントを受け取れない。変形例2では、この上限により、不正行為に対する抑止力を持たせるようにしている。会員IDが発行された者は、正当な利用者も悪意のある第三者もシステム的には利用者として認識されるので、利用者と記載した箇所は、正当な利用者とは限らない。
[5-2. Modification 2]
For example, the method for preventing fraudulent acts by a malicious third party is not limited to the method described in Modification 1. In a second modification, a case will be described in which an upper limit is set on the receivable points that can be received with a certain member ID during a certain period. Even if a malicious third party fraudulently obtains a large amount of receipts R3, the upper limit described in Modification 2 prevents the malicious third party from receiving more than a certain level of receivable points. In Modification 2, this upper limit is used to deter fraudulent acts. A person to whom a member ID has been issued is recognized as a user by the system, whether it is a legitimate user or a malicious third party, so a place where the word "user" is written does not necessarily mean a legitimate user.

変形例2では、特典データベースDB1に格納されたポイント履歴に、ある会員IDに対して付与された受取可能ポイントの履歴も含まれているものとする。仮特典付与部205は、ある利用者に受取可能ポイントを付与すると、この利用者の会員IDに関連付けられたポイント履歴として、当該付与された受取可能ポイントと、当該受取可能ポイントの付与日時と、を特典データベースDB1に格納する。付与日時は、受取可能ポイントを付与する処理が実行された時の現在日時である。 In the second modification, it is assumed that the point history stored in the benefit database DB1 also includes a history of receivable points granted to a certain member ID. When the provisional benefit granting unit 205 grants receivable points to a certain user, the provisional benefit granting unit 205 stores the receivable points that have been granted, the grant date and time of the receivable points, and the grant date and time of the receivable points as a point history associated with the member ID of this user. is stored in the privilege database DB1. The grant date and time is the current date and time when the process of granting receivable points was executed.

変形例2の特典付与システムSは、第1制限部207を含む。第1制限部207は、所定の期間内に利用者に付与された受取可能ポイントが上限に達したか否かを判定する。所定の期間は、過去の全期間であってもよいが、変形例2では、直近の一部の期間であるものとする。変形例2では、所定の期間が直近の1週間であるものとするが、所定の期間の長さは、任意の長さであってよい。例えば、所定の期間は、数時間~数日程度であってもよいし、1週間よりも長くてもよい。 The privilege granting system S of the second modification includes a first restriction section 207. The first restriction unit 207 determines whether the receivable points granted to the user within a predetermined period have reached the upper limit. The predetermined period may be the entire past period, but in the second modification, it is assumed to be a part of the most recent period. In Modification 2, the predetermined period is assumed to be the most recent week, but the length of the predetermined period may be any length. For example, the predetermined period may be approximately several hours to several days, or may be longer than one week.

上限は、受取可能ポイントの付与を制限するための閾値に相当する情報である。例えば、上限は、受取可能ポイントを付与可能な上限回数である。例えば、上限は、受取可能ポイントを付与可能な上限ポイント数である。変形例2では、上限回数及び上限ポイント数の両方が利用される場合を説明するが、上限回数又は上限ポイント数の何れか一方のみが利用されてもよい。 The upper limit is information equivalent to a threshold value for restricting the granting of receivable points. For example, the upper limit is the upper limit number of times that receivable points can be awarded. For example, the upper limit is the upper limit number of points to which receivable points can be given. In the second modification, a case will be described in which both the upper limit number of times and the upper limit number of points are used, but only either the upper limit number of times or the upper limit number of points may be used.

例えば、第1制限部207は、ある利用者が受取条件を満たしたと判定された場合に、特典データベースDB1を参照し、この利用者のポイント履歴を取得する。第1制限部207は、当該取得されたポイント履歴に基づいて、上限に達したか否かを判定する。例えば、第1制限部207は、ある利用者のポイント履歴に基づいて、この利用者に対する直近1週間の受取可能ポイントの付与回数及び総ポイント数を集計する。第1制限部207は、付与回数が上限回数に達したか否かを判定する。第1制限部207は、総ポイント数が上限ポイント数に達したか否かを判定する。 For example, when it is determined that a certain user satisfies the receiving conditions, the first restriction unit 207 refers to the benefit database DB1 and acquires the point history of this user. The first restriction unit 207 determines whether the upper limit has been reached based on the acquired point history. For example, the first restriction unit 207 totals the number of times receivable points are given to a certain user in the past week and the total number of points based on the point history of the certain user. The first restriction unit 207 determines whether the number of times of granting has reached the upper limit number of times. The first restriction unit 207 determines whether the total number of points has reached the upper limit number of points.

第1制限部207は、上限に達したと判定された場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。ここでの制限とは、利用者に受取可能ポイントを付与しないようにすることである。即ち、利用者に対する受取可能ポイントの付与を禁止することが、制限に相当する。例えば、第1制限部207は、付与回数が上限回数に達したと判定された場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。例えば、第1制限部207は、付与ポイント数が上限ポイント数に達したと判定された場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。第1制限部207は、上限に達したと判定されない場合には、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限しない。 The first restriction unit 207 restricts the granting of receivable points to the user when it is determined that the upper limit has been reached. The restriction here means that receivable points are not granted to the user. In other words, prohibiting the granting of receivable points to a user corresponds to a restriction. For example, the first restriction unit 207 restricts the granting of receivable points to the user when it is determined that the number of times of granting has reached the upper limit number of times. For example, the first restriction unit 207 restricts the granting of receivable points to the user when it is determined that the number of granted points has reached the upper limit number of points. The first restriction unit 207 does not restrict the granting of receivable points to the user if it is not determined that the upper limit has been reached.

変形例2の特典付与システムSは、所定の期間内に利用者に付与された受取可能ポイントが上限に達したと判定された場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。これにより、悪意のある第三者に対する抑止力が働くので、不正行為を防止できる。 The privilege granting system S of the second modification restricts the granting of receivable points to the user when it is determined that the receivable points granted to the user within a predetermined period have reached the upper limit. . This acts as a deterrent against malicious third parties, thereby preventing fraudulent acts.

[5-3.変形例3]
例えば、悪意のある第三者による不正行為を防止する方法は、変形例1-2で説明した方法に限られない。変形例3では、レシートR3を出力した実店舗と、利用者が普段いる場所と、の位置関係が不自然であれば、受取可能ポイントを付与しないように制限する場合について説明する。
[5-3. Modification 3]
For example, the method for preventing fraudulent acts by a malicious third party is not limited to the method described in Modification 1-2. In a third modification, a case will be described in which if the physical store that outputs the receipt R3 is in an unnatural positional relationship with the place where the user is usually present, the receivable points are not granted.

例えば、悪意のある第三者が、近所の実店舗で不正に入手した大量のレシートR3を、転売サイト等を利用して遠方にいる他の第三者に販売したとする。他の第三者は、この実店舗から遠方にいるので、受取用コードC310を読み取ったとしても、受取可能ポイントが付与されない。変形例3では、レシートR3が出力された実店舗と、受取可能ポイントが付与されようとしている者と、の場所的な関係により、不正行為に対する抑止力を持たせるようにしている。 For example, assume that a malicious third party illegally obtained a large amount of receipts R3 from a nearby brick-and-mortar store and sold them to another distant third party using a resale site or the like. Since the other third party is located far away from the physical store, even if the third party reads the receiving code C310, no receivable points will be given to the third party. In the third modification, the locational relationship between the physical store where the receipt R3 was output and the person to whom the receivable points are to be given is used to deter fraudulent acts.

変形例3では、仮特典データベースDB2に格納されたサービス利用履歴に、実店舗の場所に関する場所情報が含まれているものとする。実店舗の場所情報は、サービス利用履歴ではなく、他のデータベースに格納されていてもよい。この場合、サービス利用履歴には、実店舗の店舗IDが含まれているものとする。この店舗IDによって、他のデータベースに格納された場所情報が取得されてもよい。場所情報自体は、種々の情報を利用可能であり、例えば、緯度経度情報、座標情報、住所、又は郵便番号であってもよい。 In the third modification, it is assumed that the service usage history stored in the temporary privilege database DB2 includes location information regarding the location of the physical store. The location information of the physical store may be stored in another database instead of the service usage history. In this case, it is assumed that the service usage history includes the store ID of the actual store. Location information stored in another database may be acquired using this store ID. Various types of information can be used as the location information itself, and for example, it may be latitude and longitude information, coordinate information, address, or postal code.

特典付与システムSは、第2制限部208を含む。第2制限部208は、実店舗に関する第1場所と、利用者に関する第2場所と、が対応するか否かを判定する。第1場所は、実店舗がある場所である。第2場所は、利用者に関連付けられた場所である。例えば、第2場所は、利用者がポイントサービスに登録した住所、利用者が小売サービスを利用した複数の実店舗の中心地、又は利用者端末50の場所である。利用者端末50の場所は、GPS等のGNSSによって取得されてもよいし、携帯基地局又はアクセスポイントを利用して取得されてもよい。 The privilege granting system S includes a second restriction section 208. The second restriction unit 208 determines whether the first location related to the physical store and the second location related to the user correspond. The first location is a location where a physical store is located. The second location is a location associated with the user. For example, the second location is the address registered by the user in the point service, the center of a plurality of physical stores where the user used the retail service, or the location of the user terminal 50. The location of the user terminal 50 may be obtained by GNSS such as GPS, or may be obtained using a mobile base station or an access point.

第1場所と第2場所が対応するとは、第1場所と第2場所の距離が一定範囲に収まることである。第2制限部208は、第1場所に関する第1場所情報と、第2場所に関する第2場所情報と、を取得する。第2制限部208は、第1場所情報と、第2場所情報と、に基づいて、第1場所と第2場所との距離を計算する。第2制限部208は、この距離が閾値以上であるか否かを判定する。第2制限部208は、この距離が閾値以上であると判定された場合に、第1場所と第2場所が対応しないと判定し、この距離が閾値未満であると判定された場合に、第1場所と第2場所が対応すると判定する。 The first location and the second location correspond to each other when the distance between the first location and the second location falls within a certain range. The second restriction unit 208 acquires first location information regarding the first location and second location information regarding the second location. The second restriction unit 208 calculates the distance between the first location and the second location based on the first location information and the second location information. The second restriction unit 208 determines whether this distance is greater than or equal to a threshold value. The second restriction unit 208 determines that the first location and the second location do not correspond when it is determined that this distance is equal to or greater than the threshold, and when it is determined that this distance is less than the threshold, the second restriction section 208 determines that the first location and the second location do not correspond. It is determined that the first location and the second location correspond.

第2制限部208は、第1場所と、第2場所と、が対応すると判定されない場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。制限の意味は、変形例2で説明した通りである。第2制限部208は、第1場所と第2場所が対応すると判定された場合には、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限しない。 The second restriction unit 208 restricts the granting of receivable points to the user when it is not determined that the first location and the second location correspond. The meaning of the restriction is as explained in the second modification. The second restriction unit 208 does not restrict the granting of receivable points to the user when it is determined that the first location and the second location correspond.

変形例3の特典付与システムSは、実店舗に関する第1場所と、利用者に関する第2場所と、が対応すると判定されない場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。これにより、悪意のある第三者に対する抑止力が働くので、不正行為を防止できる。 The benefit granting system S of the third modification restricts the granting of receivable points to the user when it is not determined that the first location related to the physical store and the second location related to the user correspond. This acts as a deterrent against malicious third parties, thereby preventing fraudulent acts.

[5-4.変形例4]
例えば、悪意のある第三者による不正行為を防止する方法は、変形例1-3で説明した方法に限られない。変形例4では、ある利用者が受取可能ポイントを受け取ろうとする場合に、この受取可能ポイントに関連付けられたサービス利用履歴と、過去に付与された受取可能ポイントのサービス利用履歴と、の関係が不自然であれば、受取可能ポイントを付与しないように制限する場合について説明する。
[5-4. Modification example 4]
For example, the method for preventing fraudulent acts by a malicious third party is not limited to the method described in Modification 1-3. In modification example 4, when a user wants to receive receivable points, the relationship between the service usage history associated with the receivable points and the service usage history of the receivable points granted in the past is inconsistent. A case will be explained in which, if it is natural, it would be restricted not to give receivable points.

例えば、悪意のある第三者が、近所の実店舗の不要レシート入れから大量のレシートR3を入手したとする。第三者は、同一の実店舗で出力された大量のレシートR3で、次々と受取可能ポイントを受け取ろうとする。正当な利用者であれば、このようなことは考えにくいので、不自然である。他にも例えば、同じ商品の明細が印刷された複数のレシートR3で次々と受取可能ポイントを受け取ろうとすることは、正当な利用者であれば考えにくいので、不自然である。このため、変形例4では、レシートR3が出力された時のサービスの利用履歴に基づいて、不正行為に対する抑止力を持たせるようにしている。 For example, suppose that a malicious third party obtains a large number of receipts R3 from an unnecessary receipt cabinet at a nearby physical store. The third party attempts to receive receivable points one after another using a large number of receipts R3 output from the same physical store. It is unnatural because it would be hard for a legitimate user to think of something like this. For example, it would be unnatural for a legitimate user to try to receive receivable points one after another using multiple receipts R3 on which details of the same product are printed. Therefore, in the fourth modification, a deterrent against fraudulent activity is provided based on the service usage history at the time the receipt R3 was output.

変形例4では、仮特典データベースDB2に格納された受取可能ポイントが付与されたとしても、この受取可能ポイントに対応するレコードが消去されないものとする。その代わりに、仮特典データベースDB2には、受取可能ポイントが付与されたか否かを示す付与済み情報が格納されるものとする。受取可能ポイントが付与されると、受取可能ポイントが付与されたことを示すように、付与済み情報の値が変わる。 In the fourth modification, even if the receivable points stored in the provisional privilege database DB2 are awarded, the record corresponding to the receivable points is not deleted. Instead, provisional award database DB2 stores information indicating whether or not receivable points have been assigned. When receivable points are assigned, the value of the assigned information changes to indicate that receivable points have been assigned.

特典付与システムSは、第3制限部209を含む。第3制限部209は、利用者端末50から受取用IDが取得された場合に、当該取得された受取用IDに対応するサービスの利用履歴が正当であるか否かを判定する。利用履歴が正当とは、サービス利用履歴が所定の条件を満たすことである。この条件は、任意の条件を設定可能である。変形例4では、過去のサービス利用履歴と、今回のサービス利用履歴と、に基づいて判定される条件を例に挙げるが、他の条件であってもよい。例えば、利用者の属性と、今回のサービス利用履歴と、に基づいて判定される条件であってもよい。 The privilege granting system S includes a third restriction section 209. When a receiving ID is acquired from the user terminal 50, the third restriction unit 209 determines whether the usage history of the service corresponding to the acquired receiving ID is valid. The valid usage history means that the service usage history satisfies predetermined conditions. Any condition can be set as this condition. In the fourth modification, the conditions determined based on the past service usage history and the current service usage history are exemplified, but other conditions may be used. For example, the condition may be determined based on the user's attributes and the current service usage history.

例えば、第3制限部209は、ある利用者の過去におけるサービス利用履歴と、この利用者の今回におけるサービス利用履歴と、に基づいて、正当であるか否かを判定する。第3制限部209は、同じ実店舗のレシートR3で受取可能ポイントが連続して付与される回数が閾値以上であるか否かを判定する。例えば、第3制限部209は、同じ商品の明細が印刷されたレシートR3で受取可能ポイントが連続して付与される回数が閾値以上であるか否かを判定してもよい。第3制限部209は、これらの回数が閾値以上であると判定された場合に、正当であると判定せず、これらの回数が閾値未満であると判定された場合に、正当であると判定する。 For example, the third restriction unit 209 determines whether or not the service is legitimate based on a certain user's past service usage history and this user's current service usage history. The third restriction unit 209 determines whether the number of times receivable points are consecutively given for receipt R3 from the same physical store is equal to or greater than a threshold value. For example, the third restriction unit 209 may determine whether the number of times receivable points are consecutively given on receipt R3 on which details of the same product are printed is equal to or greater than a threshold value. The third restriction unit 209 does not determine that the process is valid when these counts are determined to be equal to or greater than the threshold value, and determines that the process is valid when it is determined that these counts are less than the threshold value. do.

第3制限部209は、利用履歴が正当であると判定されない場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。制限の意味は、変形例2で説明した通りである。例えば、第3制限部209は、利用履歴が正当であると判定された場合には、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限しない。 The third restriction unit 209 restricts the granting of receivable points to the user when the usage history is not determined to be valid. The meaning of the restriction is as explained in the second modification. For example, if the usage history is determined to be valid, the third restriction unit 209 does not restrict the granting of receivable points to the user.

変形例4の特典付与システムSは、利用者端末50から取得された受取用IDに対応するサービスの利用履歴が正当であると判定されない場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。これにより、悪意のある第三者に対する抑止力が働くので、不正行為を防止できる。 The benefit granting system S of the fourth modification provides that receivable points are granted to the user when the usage history of the service corresponding to the receiving ID acquired from the user terminal 50 is not determined to be valid. Restrict. This acts as a deterrent against malicious third parties, thereby preventing fraudulent acts.

[5-5.変形例5]
例えば、悪意のある第三者による不正行為を防止する方法は、変形例1~4で説明した方法に限られない。変形例5では、ある利用者が受取可能ポイントを受け取ろうとする場合に、小売サービスに登録された利用者情報と、ポイントサービスに登録された利用者情報と、が一致していなければ、受取可能ポイントを付与しないように制限する場合について説明する。
[5-5. Modification 5]
For example, methods for preventing fraudulent acts by malicious third parties are not limited to the methods described in Modifications 1 to 4. In modification example 5, when a certain user attempts to receive receivable points, if the user information registered in the retail service and the user information registered in the point service do not match, the receivable points will not be accepted. A case of restricting points from being awarded will be explained.

変形例5では、利用者は、小売サービスの会員であるものとする。利用者は、小売サービスにも会員登録している。利用者は、実店舗で買い物をすると、小売サービス独自のポイントと、ポイントサービスのポイントと、の両方を貯めることができるものとする。この点は、第3実施形態の最後に説明した例と同様である。利用者が、小売サービスの会員であるが、ポイントサービスの会員ではなかったとすると、第1実施形態と同様にして、利用者がポイントサービスの会員になった場合に、事後的に受取可能ポイントを付与できる。利用者がポイントカードを提示し忘れた場合には、第2実施形態と同様にして、事後的に受取可能ポイントを付与できる。 In modification 5, it is assumed that the user is a member of a retail service. Users also register as members for retail services. When a user shops at a physical store, the user can accumulate both points unique to the retail service and points from the point service. This point is similar to the example described at the end of the third embodiment. Assuming that the user is a member of a retail service but not a member of a point service, similar to the first embodiment, if the user becomes a member of a point service, the receivable points will be calculated after the fact. Can be granted. If the user forgets to present the point card, receivable points can be awarded after the fact in the same manner as in the second embodiment.

変形例5では、店舗サーバ10のデータ記憶部100は、小売サービスの会員に関する会員データベースを記憶する。この会員データベースには、利用者が小売サービスに登録した住所や氏名等の利用者情報が格納されている。正当な利用者がレシートR3の受取用コードC310を読み取ると、このレシートR3が示す買い物をした者と、受取可能ポイントを受け取ろうとしている者と、が同じなので、小売サービスの利用者情報と、ポイントサービスに登録された利用者情報と、が一致する。 In modification 5, the data storage unit 100 of the store server 10 stores a member database regarding members of a retail service. This member database stores user information such as addresses and names registered by users in the retail service. When an authorized user reads the receipt code C310 of the receipt R3, since the person who made the purchase indicated by this receipt R3 is the same person who is trying to receive the receivable points, the user information of the retail service is read. The user information registered in the point service matches.

一方、悪意のある第三者がレシートR3の受取用コードC310を読み取ると、このレシートR3が示す買い物をした者と、受取可能ポイントを受け取ろうとしている者と、が異なるので、このレシートR3から特定される小売サービスの利用者情報と、ポイントサービスに登録された利用者情報と、は一致しない。このため、変形例5では、これらの利用者情報が一致しなかった場合には、受取可能ポイントを付与しないように制限することによって、不正行為に対する抑止力を持たせるようにしている。 On the other hand, if a malicious third party reads the receipt code C310 of receipt R3, the person who made the purchase indicated by this receipt R3 is different from the person who is trying to receive the receivable points. The user information of the specified retail service and the user information registered in the point service do not match. Therefore, in the fifth modification, if these user information items do not match, receivable points are not granted, thereby providing a deterrent against fraudulent acts.

仮特典データベースDB2のサービス利用履歴には、小売サービスにおける利用者の会員IDも含まれているものとする。特典管理サーバ20は、この会員IDにより、小売サービスのどの会員が実店舗を利用したかを特定できるようになる。受取条件判定部204は、小売サービスとは異なるポイントサービスにログインした利用者端末50から受取用IDを取得したか否かを判定する。この点は、第1実施形態~第3実施形態と同様である。変形例3の特典付与システムSは、第4制限部210を含む。第4制限部210は、小売サービスにおける利用者の第1会員情報と、ポイントサービスにおける利用者の第2会員情報と、が一致するか否かを判定する。 It is assumed that the service usage history of the provisional privilege database DB2 also includes the user's member ID in the retail service. The benefit management server 20 can specify which member of the retail service has used the physical store based on this member ID. The receiving condition determining unit 204 determines whether a receiving ID has been acquired from the user terminal 50 that has logged into a point service different from the retail service. This point is similar to the first to third embodiments. The privilege granting system S of the third modification includes a fourth restriction section 210. The fourth restriction unit 210 determines whether the first membership information of the user in the retail service and the second membership information of the user in the point service match.

第4制限部210による比較対象になるのは、第1会員情報及び第2会員情報のうちの1つの項目だけであってもよいし、複数の項目であってもよい。比較対象になる項目は、任意の項目であってよく、第1実施形態等で例示したものに限られない。例えば、第4制限部210は、クレジットカード番号又は電子マネーIDといった他の項目を、比較対象としてもよい。第1会員情報及び第2会員情報の一致は、完全一致が要求されてもよいし、部分一致が要求されてもよい。 The comparison target by the fourth restriction unit 210 may be only one item of the first member information and the second member information, or may be a plurality of items. The items to be compared may be any items and are not limited to those exemplified in the first embodiment and the like. For example, the fourth restriction unit 210 may use other items such as a credit card number or an electronic money ID as a comparison target. For the first member information and the second member information to match, a complete match may be required, or a partial match may be required.

第4制限部210は、第1会員情報と、第2会員情報と、が一致すると判定されない場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。制限の意味は、変形例3で説明した通りである。第4制限部210は、第1会員情報と、第2会員情報と、が一致すると判定された場合には、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限しない。 The fourth restriction unit 210 restricts the granting of receivable points to the user when it is determined that the first member information and the second member information do not match. The meaning of the restriction is as explained in the third modification. The fourth restriction unit 210 does not restrict the provision of receivable points to the user when it is determined that the first member information and the second member information match.

変形例5の特典付与システムSは、小売サービスにおける利用者の第1会員情報と、ポイントサービスにおける利用者の第2会員情報と、が一致すると判定されない場合に、利用者に受取可能ポイントが付与されることを制限する。これにより、悪意のある第三者が正当な利用者になりすまして受取可能ポイントを受け取ろうとしても、氏名等の情報が一致しないので、不正行為を防止できる。 The benefit granting system S of modification 5 grants receivable points to the user when it is determined that the user's first member information in the retail service and the user's second member information in the point service do not match. limit what can be done. As a result, even if a malicious third party pretends to be a legitimate user and attempts to receive receivable points, the names and other information will not match, so fraudulent activity can be prevented.

[5-6.変形例6]
例えば、第4実施形態の例において、提携クレジットカードを発行していない利用者に対し、事前に受取可能ポイントを提示してもよい。第4実施形態では、受取可能ポイントを提示する構成を説明しなかったが、第4実施形態の仕組み自体を利用者が知ることにより、提携クレジットカードを発行することの訴求効果は得られる。このため、変形例6の構成が無くても、第4実施形態で説明した訴求効果を得られるが、変形例6の構成により、より強い訴求効果を得られる。
[5-6. Modification 6]
For example, in the example of the fourth embodiment, receivable points may be presented in advance to a user who has not been issued an affiliated credit card. Although the fourth embodiment did not explain the configuration for presenting receivable points, if the user knows the mechanism of the fourth embodiment itself, the appealing effect of issuing an affiliated credit card can be obtained. Therefore, even without the configuration of Modification Example 6, the appeal effect described in the fourth embodiment can be obtained, but with the configuration of Modification Example 6, a stronger appeal effect can be obtained.

図15は、変形例6で表示される画面の一例を示す図である。特典付与システムSは、第1提示部211を含む。第1提示部211は、利用者が他のサービスの会員になる前に、受取可能ポイントを利用者に提示する。図15の例では、第1提示部211は、オンラインショッピングサービスのトップ画面G8のリンクL80が選択された場合に、利用者の会員IDに関連付けられた受取可能ポイントを示すポイント管理画面G10を表示部55に表示させることによって、受取可能ポイントを利用者に提示する。 FIG. 15 is a diagram illustrating an example of a screen displayed in Modification 6. The privilege granting system S includes a first presentation section 211. The first presentation unit 211 presents receivable points to the user before the user becomes a member of another service. In the example of FIG. 15, when the link L80 on the top screen G8 of the online shopping service is selected, the first presentation unit 211 displays a point management screen G10 showing receivable points associated with the user's member ID. By displaying the points on the section 55, the receivable points are presented to the user.

第1提示部211は、特典管理サーバ20によって実現されるので、第1提示部211は、利用者端末50に対し、ポイント管理画面G10を表示させるためのデータを送信することによって、受取可能ポイントを利用者に提示する。例えば、利用者が、ポイント管理画面G10のリンクL100を選択すると、提携カード会社のウェブサイトに接続される。利用者は、このウェブサイトから、提携クレジットカードを発行する。提携クレジットカードを発行する流れ自体は、公知の流れであってよい。特典管理サーバ20が提携クレジットカードの発行を検知する処理は、第4実施形態で説明した通りである。 Since the first presentation unit 211 is realized by the benefit management server 20, the first presentation unit 211 transmits the receivable points by transmitting data for displaying the point management screen G10 to the user terminal 50. is presented to the user. For example, when the user selects the link L100 on the point management screen G10, the user is connected to the website of the affiliated card company. Users issue affiliated credit cards from this website. The flow of issuing the affiliated credit card itself may be a known flow. The process by which the benefit management server 20 detects the issuance of an affiliated credit card is the same as described in the fourth embodiment.

なお、第1提示部211は、ポイント管理画面G10以外の他の任意の画面を利用して、利用者に受取可能ポイントを提示してもよい。また、第1提示部211は、他の任意の媒体を利用して、受取可能ポイントを提示してよい。例えば、第1提示部211は、電子メール、メッセージアプリのメッセージ、SNS、SMS、バナー広告、実店舗のレシート、又は音声を利用して、受取可能ポイントを提示してもよい。この点は、後述の第2提示部212及び第3提示部213も同様である。 Note that the first presentation unit 211 may present the receivable points to the user using any other screen other than the point management screen G10. Further, the first presenting unit 211 may present the receivable points using any other medium. For example, the first presentation unit 211 may present the receivable points using e-mail, a message from a message app, SNS, SMS, a banner advertisement, a receipt from a physical store, or voice. This point also applies to a second presentation section 212 and a third presentation section 213, which will be described later.

変形例6の特典付与システムSは、利用者がクレジットカードサービスの会員になる前に、受取可能ポイントを利用者に提示する。これにより、利用者にクレジットカードサービスの会員になることを、より強く訴求できる。 The benefit granting system S of the sixth modification presents receivable points to the user before the user becomes a member of a credit card service. This makes it possible to more strongly appeal to users to become members of the credit card service.

[5-7.変形例7]
例えば、変形例6において、特典付与システムSは、オンラインショッピングサービス以外にも、複数のサービスに対応可能である。即ち、提携クレジットカードに関する特典が得られるのは、オンラインショッピングサービス以外の他のサービスが存在してもよい。変形例6では、オンラインショッピングサービスだけではなく、電力サービス、旅行予約サービス、及び通信サービスについても、提携クレジットカードを利用した場合のポイントの還元率が高まるものとする。
[5-7. Modification 7]
For example, in Modification 6, the privilege granting system S is capable of supporting a plurality of services in addition to the online shopping service. That is, benefits related to the affiliated credit card may be obtained through other services than the online shopping service. In modification 6, the point return rate is increased when an affiliated credit card is used not only for online shopping services but also for electric power services, travel reservation services, and communication services.

変形例7の仮特典付与部205は、受取条件が満たされたと判定された場合に、複数のサービスの各々の受取可能ポイントを、利用者に付与する。例えば、仮特典付与部205は、利用者が提携クレジットカードを発行した場合に、オンラインショッピングサービス、電力サービス、旅行予約サービス、及び通信サービスといった4つのサービスの過去の利用時に生成された受取可能ポイントを合算する。仮特典付与部205は、当該合算された受取可能ポイントを、利用者に付与してもよい。 The provisional benefit granting unit 205 of Modified Example 7 grants receivable points for each of a plurality of services to the user when it is determined that the receiving conditions are satisfied. For example, when the user issues an affiliated credit card, the provisional benefit granting unit 205 may receive receivable points generated when using four services in the past, such as an online shopping service, an electric power service, a travel reservation service, and a communication service. Add up. The provisional benefit granting unit 205 may grant the total receivable points to the user.

個々のサービスが利用された場合の受取可能ポイントの生成方法は、第4実施形態と同様の処理を利用すればよい。仮特典生成部202は、複数のサービスの各々を利用者が利用した場合に、当該利用されたサービスの利用内容に応じた受取可能ポイントを生成し、利用者の会員IDに関連付けて仮特典データベースDB2に格納する。仮特典データベースDB2のサービス利用履歴には、利用者が利用したサービスを識別可能な情報が含まれてもよい。 As a method for generating receivable points when each service is used, the same process as in the fourth embodiment may be used. When a user uses each of a plurality of services, the provisional benefit generation unit 202 generates receivable points according to the usage details of the service, and associates the points with the user's member ID to store them in a provisional benefit database. Store in DB2. The service usage history of the temporary privilege database DB2 may include information that allows identification of the service used by the user.

仮特典付与部205の処理は、複数のサービスの受取可能ポイントを合算する点で、第4実施形態とは異なるが、受取可能ポイントの付与方法自体は、第4実施形態と同様である。例えば、オンラインショッピングサービス、電力サービス、旅行予約サービス、及び通信サービスの受取可能ポイントが、それぞれ1420ポイント、2580ポイント、3000ポイント、及び1512ポイントだったとすると、仮特典付与部205は、提携クレジットカードが発行された場合に、これら4つのサービスの過去の利用に遡って、これらの合計値である7512ポイントを利用者に付与する。 Although the process of the provisional benefit granting unit 205 differs from the fourth embodiment in that it adds up receivable points for a plurality of services, the method of granting receivable points itself is the same as in the fourth embodiment. For example, if the receivable points for online shopping service, electricity service, travel reservation service, and communication service are 1420 points, 2580 points, 3000 points, and 1512 points, respectively, the provisional benefit granting unit 205 determines that the affiliated credit card is When issued, the total value of 7512 points will be given to the user, going back to past usage of these four services.

変形例7の特典付与システムSは、受取条件が満たされたと判定された場合に、複数のサービスの各々の受取可能ポイントを、利用者に付与する。これにより、利用者にクレジットカードサービスの会員になることを、より強く訴求できる。利用者からしても、より多くの受取可能ポイントを受け取れるので、利便性がより高まる。 The privilege granting system S of Modification 7 grants receivable points for each of a plurality of services to the user when it is determined that the receiving conditions are satisfied. This makes it possible to more strongly appeal to users to become members of the credit card service. Users can also receive more receivable points, which increases convenience.

[5-8.変形例8]
例えば、変形例7のように複数のサービスが存在する場合でも、変形例6と同様に、利用者が提携クレジットカードを発行した場合に付与される受取可能ポイントが提示されてもよい。変形例8の特典付与システムSは、第2提示部212を含む。第2提示部212は、複数のサービスの各々の受取可能ポイントの合計と、サービスごとの受取可能ポイントと、を利用者に提示する。変形例8では、変形例6と同様に、ポイント管理画面G10において、利用者に対する提示が行われるものとする。
[5-8. Modification 8]
For example, even when a plurality of services exist as in Modification 7, receivable points that will be given when the user issues an affiliated credit card may be presented as in Modification 6. The privilege granting system S of modification 8 includes a second presentation section 212. The second presentation unit 212 presents the total receivable points for each of the plurality of services and the receivable points for each service to the user. In modification 8, similarly to modification 6, it is assumed that the point management screen G10 is presented to the user.

図16は、変形例8で表示されるポイント管理画面G10の一例を示す図である。図16のように、ポイント管理画面G10には、オンラインショッピングサービス、電力サービス、旅行予約サービス、及び通信サービスといった4つのサービスの過去の利用時に生成された受取可能ポイントの合計と、個々のサービスの個別の受取可能ポイントと、が表示される。図16の例では、変形例7で例示したポイント数が表示される。 FIG. 16 is a diagram showing an example of the point management screen G10 displayed in Modification 8. As shown in FIG. 16, the point management screen G10 displays the total receivable points generated when using four services in the past, such as online shopping service, electricity service, travel reservation service, and communication service, as well as the points for each individual service. Individual receivable points are displayed. In the example of FIG. 16, the number of points illustrated in Modification 7 is displayed.

例えば、第2提示部212は、ある利用者にポイント管理画面G10を提示する場合に、仮特典データベースDB2を参照し、この利用者の会員IDに関連付けられた受取可能ポイントとサービス利用履歴を取得する。第2提示部212は、これらの情報に基づいて、サービスごとに受取可能ポイントを集計し、複数の受取可能ポイントの合計を計算する。第2提示部212は、これらの集計結果及び計算結果に基づいて、図16のポイント管理画面G10を表示部55に表示させる。 For example, when presenting the point management screen G10 to a certain user, the second presentation unit 212 refers to the temporary benefit database DB2 and acquires the receivable points and service usage history associated with the member ID of this user. do. Based on this information, the second presentation unit 212 totals the receivable points for each service and calculates the total of the plurality of receivable points. The second presentation unit 212 causes the display unit 55 to display the point management screen G10 of FIG. 16 based on these tally results and calculation results.

変形例8の特典付与システムSは、複数のサービスの各々の受取可能ポイントの合計と、サービスごとの受取可能ポイントと、を利用者に提示する。これにより、利用者にクレジットカードサービスの会員になることを、より強く訴求できる。利用者からしても、提携クレジットカードを発行した場合に過去に遡って受け取れる受取可能ポイントを把握しやすくなるので、利用者の利便性が高まる。 The privilege granting system S of Modification 8 presents the user with the total receivable points for each of a plurality of services and the receivable points for each service. This makes it possible to more strongly appeal to users to become members of the credit card service. Users also find it easier to grasp the points they can receive retroactively when they issue an affiliated credit card, which increases convenience for users.

[5-9.変形例9]
例えば、第4実施形態のような仕組みを提供する特典付与システムSは、クレジットカードサービス以外にも、複数の他のサービスに対応可能である。オンラインショッピングサービスの利用時に生成された受取可能ポイントが付与されるのは、クレジットカードサービス以外の他のサービスが存在してもよい。変形例9では、クレジットカードサービスだけではなく、利用者が通信サービスの会員になった場合にも、受取可能ポイントを受け取れるものとする。
[5-9. Modification 9]
For example, the privilege granting system S that provides a mechanism like the fourth embodiment is capable of supporting a plurality of other services in addition to credit card services. Receivable points generated when using the online shopping service may be awarded to services other than the credit card service. In modification 9, it is assumed that the user can receive receivable points not only when using a credit card service but also when the user becomes a member of a communication service.

例えば、利用者がクレジットカードサービス及び通信サービスの何れの会員でもない場合には、オンラインショッピングサービスにおけるポイントの還元率が1%だったとする。利用者がクレジットカードサービスの会員になると、還元率が0.5%増加し、利用者が通信サービスの会員になると、還元率が1%増加するものとする。このため、利用者がクレジットカードサービス及び通信サービスの両方の会員になった場合には、還元率が2.5%になる。 For example, assume that if the user is not a member of either a credit card service or a communication service, the point return rate in the online shopping service is 1%. It is assumed that when a user becomes a member of a credit card service, the return rate increases by 0.5%, and when a user becomes a member of a communication service, the return rate increases by 1%. Therefore, if the user becomes a member of both the credit card service and the communication service, the return rate will be 2.5%.

クレジットカードサービス及び通信サービスは、他のサービスの一例である。他のサービスは、2つに限られず、3つ以上であってもよい。変形例9の仮特典生成部202は、他のサービスごとに、会員ID及び受取可能ポイントを関連付けて仮特典データベースDB2に登録する。例えば、クレジットカードサービス及び通信サービスの何れの会員でもない利用者がオンラインショッピングサービスを利用した場合に、仮特典生成部202は、クレジットカードサービスに対応する受取可能ポイントとして、利用額に0.5%を乗じた数値を仮特典データベースDB2に登録する。仮特典生成部202は、通信サービスに対応する受取可能ポイントとして利用額に1%を乗じた数値を仮特典データベースDB2に登録する。 Credit card services and communication services are examples of other services. The number of other services is not limited to two, and may be three or more. The provisional benefit generation unit 202 of modification 9 associates the member ID and the receivable points with each other service and registers them in the provisional benefit database DB2. For example, when a user who is not a member of either a credit card service or a communication service uses an online shopping service, the provisional benefit generation unit 202 adds 0.5 points to the usage amount as receivable points corresponding to the credit card service. The value multiplied by % is registered in the provisional benefit database DB2. The provisional benefit generation unit 202 registers a value obtained by multiplying the usage amount by 1% in the provisional benefit database DB2 as the receivable points corresponding to the communication service.

変形例9の仮特典付与部205は、利用者が複数の他のサービスのうちの何れかの会員になったと判定された場合に、当該他のサービスの会員IDに関連付けられた受取可能ポイントを、利用者に付与する。例えば、仮特典付与部205は、利用者がクレジットカードサービスの会員になった場合に、この利用者の会員IDに関連付けられて仮特典データベースDB2に登録された、クレジットカードサービスに対応する受取可能ポイントを、この利用者に付与する。仮特典付与部205は、利用者が通信サービスの会員になった場合に、この利用者の会員IDに関連付けられて仮特典データベースDB2に登録された、通信サービスに対応する受取可能ポイントを、この利用者に付与する。 When it is determined that the user has become a member of any of a plurality of other services, the provisional benefit granting unit 205 of Modification 9 provides the receivable points associated with the member ID of the other service. , granted to the user. For example, when a user becomes a member of a credit card service, the provisional benefit granting unit 205 can receive a reward corresponding to the credit card service registered in the temporary benefit database DB2 in association with the member ID of the user. Give points to this user. When a user becomes a member of a communication service, the provisional benefit granting unit 205 assigns receivable points corresponding to the communication service that are associated with the user's member ID and registered in the temporary benefit database DB2. Granted to the user.

変形例9の特典付与システムSは、利用者が複数の他のサービスのうちの何れかの会員になったと判定された場合に、当該他のサービスの会員IDに関連付けられた受取可能ポイントを、利用者に付与する。これにより、より多くの他のサービスの会員になることの訴求効果が高まる。利用者からしても、受取可能ポイントを受け取りやすくなるので、利便性がより高まる。 In the case where it is determined that the user has become a member of any of a plurality of other services, the benefit granting system S of Modification 9 provides receivable points associated with the member ID of the other service. Granted to the user. This increases the appeal of becoming a member of more other services. It is also more convenient for users because it becomes easier to receive receivable points.

[5-10.変形例10]
例えば、変形例9のように複数の他のサービスが存在する場合でも、変形例6又は変形例8と同様に、利用者が他のサービスの会員になった場合に付与される受取可能ポイントが提示されてもよい。変形例10の特典付与システムSは、第3提示部213を含む。第3提示部213は、他のサービスごとに、当該他のサービスの会員になった場合に付与される受取可能ポイントと、を利用者に提示する。変形例10では、変形例6又は変形例8と同様に、ポイント管理画面G10において、利用者に対する提示が行われるものとする。
[5-10. Modification 10]
For example, even if there are multiple other services as in Modification 9, the points that can be received when a user becomes a member of another service, as in Modification 6 or 8, are may be presented. The privilege granting system S of Modification 10 includes a third presentation section 213. The third presentation unit 213 presents to the user, for each other service, points that can be received if the user becomes a member of the other service. In modification 10, similarly to modification 6 or modification 8, it is assumed that the point management screen G10 is presented to the user.

図17は、変形例10で表示されるポイント管理画面G10の一例を示す図である。図17のように、ポイント管理画面G10には、クレジットカードサービス及び通信サービスといった2つの他のサービスの会員になった場合に付与される受取可能ポイントの合計と、個々の他のサービスの個別の受取可能ポイントと、が表示される。図17の例では、利用者がクレジットカードサービスの会員になると、1500ポイント分の受取可能ポイントが付与される。利用者が通信サービスの会員になると、3000ポイント分の受取可能ポイントが付与される。 FIG. 17 is a diagram illustrating an example of a point management screen G10 displayed in Modification 10. As shown in FIG. 17, the point management screen G10 displays the total amount of points that can be received when becoming a member of two other services, such as a credit card service and a communication service, and the individual points for each other service. Receivable points will be displayed. In the example of FIG. 17, when a user becomes a member of a credit card service, he or she is given 1500 receivable points. When a user becomes a member of a communication service, he or she is given 3000 receivable points.

例えば、第3提示部213は、ある利用者にポイント管理画面G10を提示する場合に、仮特典データベースDB2を参照し、この利用者の会員IDに関連付けられた、他のサービスごとの受取可能ポイントを取得する。第3提示部213は、これらの情報に基づいて、他のサービスごとに受取可能ポイントを集計し、複数の受取可能ポイントの合計を計算する。第2提示部212は、これらの集計結果及び計算結果に基づいて、図17のポイント管理画面G10を表示部55に表示させる。 For example, when presenting the point management screen G10 to a certain user, the third presentation unit 213 refers to the provisional benefit database DB2 and determines the receivable points for each other service associated with the member ID of this user. get. Based on this information, the third presentation unit 213 totals the receivable points for each other service and calculates the total of the plurality of receivable points. The second presentation unit 212 causes the display unit 55 to display the point management screen G10 of FIG. 17 based on these tally results and calculation results.

変形例10の特典付与システムSは、他のサービスごとに、当該他のサービスの会員になった場合に付与される受取可能ポイントと、を利用者に提示する。これにより、利用者に、複数の他のサービスの各々の会員になることを、より強く訴求できる。利用者からしても、どのサービスの会員になれば、どの程度の受取可能ポイントを受け取れるのかを理解しやすくなるので、利便性が高まる。 The privilege granting system S of Modification 10 presents to the user, for each other service, the points that can be received if the user becomes a member of the other service. This makes it possible to more strongly appeal to users to become members of each of a plurality of other services. Users also find it easier to understand how many points they can receive by becoming a member of which service, which increases convenience.

[5-11.その他変形例]
例えば、上記説明した変形例を組み合わせてもよい。
[5-11. Other variations]
For example, the modifications described above may be combined.

例えば、店舗サーバ10で実現されるものとして説明した機能は、特典管理サーバ20、会員管理サーバ30、又は他のサーバコンピュータで実現されてもよい。特典管理サーバ20で実現されるものとして説明した機能は、店舗サーバ10、会員管理サーバ30、又は他のサーバコンピュータで実現されてもよい。会員管理サーバ30で実現されるものとして説明した機能は、店舗サーバ10、特典管理サーバ20、又は他のサーバコンピュータで実現されてもよい。例えば、1台のコンピュータで実現されるものとして説明した機能は、複数のコンピュータで分担されてもよい。各機能は、少なくとも1つのコンピュータで実現されるようにすればよい。 For example, the functions described as being implemented by the store server 10 may be implemented by the benefit management server 20, the membership management server 30, or another server computer. The functions described as being realized by the benefit management server 20 may be realized by the store server 10, the member management server 30, or another server computer. The functions described as being implemented by the member management server 30 may be implemented by the store server 10, the benefit management server 20, or another server computer. For example, functions described as being implemented by one computer may be shared among multiple computers. Each function may be realized by at least one computer.

S 特典付与システム、N ネットワーク、10 店舗サーバ、11,21,31,41,51 制御部、12,22,32,42,52 記憶部、13,23,33,43,53 通信部、20 特典管理サーバ、30 会員管理サーバ、40 店舗端末、50 利用者端末、44,54 操作部、45,55 表示部、46 読取装置、47 出力装置、56 読取部、DB1 特典データベース、DB2 仮特典データベース、DB3 会員データベース、100 データ記憶部、101 サービス提供部、102 出力部、200 データ記憶部、201 利用判定部、202 仮特典生成部、203 出力部、204 受取条件判定部、205 仮特典付与部、206 特典付与部、207 第1制限部、208 第2制限部、209 第3制限部、210 第4制限部、211 第1提示部、212 第2提示部、213 第3提示部、300 データ記憶部、301 会員登録部、400 データ記憶部、401 サービス提供部、402 出力部、500 データ記憶部、501 表示制御部、502 操作受付部。

S Benefit granting system, N Network, 10 Store server, 11, 21, 31, 41, 51 Control unit, 12, 22, 32, 42, 52 Storage unit, 13, 23, 33, 43, 53 Communication department, 20 Benefit management server, 30 member management server, 40 store terminal, 50 user terminal, 44, 54 operation section, 45, 55 display section, 46 reading device, 47 output device, 56 reading section, DB1 privilege database, DB2 provisional privilege database, DB3 member database, 100 data storage unit, 101 service provision unit, 102 output unit, 200 data storage unit, 201 usage determination unit, 202 provisional benefit generation unit, 203 output unit, 204 receipt condition determination unit, 205 provisional benefit provision unit, 206 privilege granting section, 207 first restriction section, 208 second restriction section, 209 third restriction section, 210 fourth restriction section, 211 first presentation section, 212 second presentation section, 213 third presentation section, 300 data storage section, 301 member registration section, 400 data storage section, 401 service provision section, 402 output section, 500 data storage section, 501 display control section, 502 operation reception section.

Claims (20)

利用者が特典を受け取れない受取不可状態でサービスが利用されたか否かを判定する利用判定部と、
前記受取不可状態で前記サービスが利用されたと判定された場合に、仮の特典を生成する仮特典生成部と、
前記サービスの利用後に、前記仮の特典の受け取りに関する受取条件が満たされたか否かを判定する受取条件判定部と、
前記受取条件が満たされたと判定された場合に、前記利用者に前記仮の特典を付与する仮特典付与部と、
を含む特典付与システム。
a usage determination unit that determines whether the service is used in a non-receivable state in which the user cannot receive benefits;
a provisional benefit generation unit that generates a provisional benefit when it is determined that the service is used in the non-receivable state;
a receiving condition determining unit that determines whether receiving conditions regarding receiving the temporary benefit are satisfied after using the service;
a provisional benefit granting unit that grants the provisional benefit to the user when it is determined that the receiving condition is met;
A benefit granting system that includes.
前記特典付与システムは、前記利用者が前記特典を受け取れる受取可能状態で前記サービスが利用されたと判定された場合に、前記利用者に前記特典を付与する特典付与部を更に含み、
前記仮特典生成部は、前記受取可能状態で前記サービスが利用されたと判定された場合には、前記仮の特典を生成しない、
請求項1に記載の特典付与システム。
The benefit granting system further includes a benefit granting unit that grants the benefit to the user when it is determined that the service is used in a receivable state where the user can receive the benefit;
The temporary benefit generation unit does not generate the temporary benefit if it is determined that the service is used in the receivable state.
The privilege granting system according to claim 1.
前記利用判定部は、前記利用者が前記サービスとは異なる他のサービスの会員ではない状態で前記サービスが利用されたか否かを判定することによって、前記受取不可状態で前記サービスが利用されたか否かを判定し、
前記受取条件判定部は、前記利用者が前記サービスとは異なる他のサービスの会員になったか否かを判定することによって、前記受取条件が満たされたか否かを判定する、
請求項1又は2に記載の特典付与システム。
The usage determination unit determines whether or not the service is used in the non-receivable state by determining whether or not the service is used while the user is not a member of another service different from the service. determine whether
The receiving condition determination unit determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the user has become a member of another service different from the service.
The privilege granting system according to claim 1 or 2.
前記サービスは、実店舗で提供され、
前記仮特典生成部は、前記仮の特典を識別可能な仮特典識別情報と、生成した前記仮の特典と、を関連付けてデータベースに登録し、
前記特典付与システムは、前記実店舗で前記仮特典識別情報を出力させる出力部を更に含み、
前記受取条件判定部は、利用者端末から前記仮特典識別情報が取得されたか否かを判定することによって、前記受取条件が満たされたか否かを判定する、
請求項1~3の何れかに記載の特典付与システム。
The said service is provided at a physical store,
The temporary benefit generation unit associates temporary benefit identification information that can identify the temporary benefit with the generated temporary benefit and registers the generated temporary benefit in a database;
The benefit granting system further includes an output unit that outputs the provisional benefit identification information at the physical store,
The receiving condition determination unit determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the provisional benefit identification information is acquired from the user terminal.
The privilege granting system according to any one of claims 1 to 3.
前記利用判定部は、前記特典の受け取りに関する物を前記実店舗で提示しない状態で前記サービスが利用されたか否かを判定することによって、前記受取不可状態で前記サービスが利用されたか否かを判定する、
請求項4に記載の特典付与システム。
The usage determination unit determines whether the service is used in a state where the receipt is not possible by determining whether the service is used in a state where the item related to receiving the benefit is not presented at the physical store. do,
The privilege granting system according to claim 4.
前記出力部は、
前記受取不可状態で前記サービスが利用されたと判定された場合には、前記仮特典識別情報を含む第1レシートを前記実店舗で出力させることによって、前記実店舗で前記仮特典識別情報を出力させ、
前記利用者が前記特典を受け取れる受取可能状態で前記サービスが利用された場合には、前記第1レシートとはレイアウトが異なり、かつ、前記仮特典識別情報を含まない第2レシートを前記実店舗で出力させる、
請求項4又は5に記載の特典付与システム。
The output section is
If it is determined that the service is used in the non-receivable state, the physical store outputs the provisional benefit identification information by causing the physical store to output a first receipt including the provisional benefit identification information. ,
If the service is used in a state in which the user can receive the benefit, a second receipt with a layout different from the first receipt and which does not include the provisional benefit identification information is sent to the physical store. output,
The privilege granting system according to claim 4 or 5.
前記出力部は、前記仮特典識別情報を含むコードが形成されたレシートを前記実店舗で出力させることによって、前記実店舗で前記仮特典識別情報を出力し、
前記利用者端末は、前記レシートの前記コードを読み取り、
前記受取条件判定部は、前記コードに含まれる前記仮特典識別情報が前記利用者端末から取得されたか否かを判定する、
請求項4~6の何れかに記載の特典付与システム。
The output unit outputs the provisional benefit identification information at the physical store by causing the physical store to output a receipt on which a code including the temporary benefit identification information is formed;
The user terminal reads the code of the receipt,
The receiving condition determination unit determines whether the provisional benefit identification information included in the code is acquired from the user terminal.
The privilege granting system according to any one of claims 4 to 6.
前記仮特典生成部は、生成した前記仮の特典に有効期限を設定し、
前記受取条件判定部は、前記有効期限内に前記利用者端末から前記仮特典識別情報が取得されたか否かを判定することによって、前記受取条件が満たされたか否かを判定する、
請求項4~7の何れかに記載の特典付与システム。
The temporary benefit generation unit sets an expiration date to the generated temporary benefit,
The receiving condition determination unit determines whether the receiving condition is satisfied by determining whether the temporary benefit identification information is acquired from the user terminal within the expiration date.
The privilege granting system according to any one of claims 4 to 7.
前記特典付与システムは、所定の期間内に前記利用者に付与された前記仮の特典が上限に達したか否かを判定し、前記上限に達したと判定された場合に、前記利用者に前記仮の特典が付与されることを制限する第1制限部を更に含む、
請求項4~8の何れかに記載の特典付与システム。
The benefit granting system determines whether the provisional benefits granted to the user within a predetermined period have reached the upper limit, and if it is determined that the upper limit has been reached, the bonus granting system provides a reward to the user. further comprising a first restriction part that restricts the provisional benefit from being granted;
The privilege granting system according to any one of claims 4 to 8.
前記特典付与システムは、前記実店舗に関する第1場所と、前記利用者に関する第2場所と、が対応するか否かを判定し、前記第1場所と、前記第2場所と、が対応すると判定されない場合に、前記利用者に前記仮の特典が付与されることを制限する第2制限部を更に含む、
請求項4~9の何れかに記載の特典付与システム。
The benefit granting system determines whether a first location related to the physical store and a second location related to the user correspond, and determines that the first location and the second location correspond. further comprising a second restriction part that restricts the temporary benefit from being granted to the user if the provisional benefit is not granted to the user;
The privilege granting system according to any one of claims 4 to 9.
前記特典付与システムは、前記利用者端末から前記仮特典識別情報が取得された場合に、当該取得された仮特典識別情報に対応する前記サービスの利用履歴が正当であるか否かを判定し、前記利用履歴が正当であると判定されない場合に、前記利用者に前記仮の特典が付与されることを制限する第3制限部を更に含む、
請求項4~10の何れかに記載の特典付与システム。
When the provisional benefit identification information is acquired from the user terminal, the benefit granting system determines whether the usage history of the service corresponding to the acquired provisional benefit identification information is valid; further comprising a third restriction unit that restricts the granting of the provisional benefit to the user if the usage history is not determined to be valid;
The privilege granting system according to any one of claims 4 to 10.
前記受取条件判定部は、前記サービスとは異なる他のサービスにログインした前記利用者端末から前記仮特典識別情報を取得したか否かを判定し、
前記利用者は、前記サービスの会員であり、
前記特典付与システムは、前記サービスにおける前記利用者の第1会員情報と、前記他のサービスにおける前記利用者の第2会員情報と、が一致するか否かを判定し、前記第1会員情報と、前記第2会員情報と、が一致すると判定されない場合に、前記利用者に前記仮の特典が付与されることを制限する第4制限部を更に含む、
請求項4~11の何れかに記載の特典付与システム。
The receiving condition determining unit determines whether the provisional benefit identification information has been acquired from the user terminal that has logged into another service different from the service;
The user is a member of the service,
The privilege granting system determines whether or not the first membership information of the user in the service and the second membership information of the user in the other service match, and , and the second member information, further including a fourth restriction unit that restricts the provisional benefit from being granted to the user when it is determined that the information does not match the second member information.
The privilege granting system according to any one of claims 4 to 11.
前記利用者は、前記サービスの会員であり、
前記仮特典生成部は、前記サービスにおいて前記利用者を識別可能な利用者識別情報と、生成した前記仮の特典と、を関連付けてデータベースに登録し、
前記仮特典付与部は、前記利用者が前記他のサービスの会員になったと判定された場合に、前記利用者識別情報に関連付けられた前記仮の特典を、前記利用者に付与する、
請求項3に記載の特典付与システム。
The user is a member of the service,
The temporary benefit generation unit associates and registers user identification information that can identify the user in the service with the generated temporary benefit in a database,
The temporary benefit granting unit grants the temporary benefit associated with the user identification information to the user when it is determined that the user has become a member of the other service.
The privilege granting system according to claim 3.
前記特典付与システムは、前記利用者が前記他のサービスの会員になる前に、前記仮の特典を前記利用者に提示する第1提示部を更に含む、
請求項13に記載の特典付与システム。
The benefit granting system further includes a first presentation unit that presents the provisional benefit to the user before the user becomes a member of the other service.
The privilege granting system according to claim 13.
前記特典付与システムは、複数の前記サービスに対応し、
前記仮特典付与部は、前記受取条件が満たされたと判定された場合に、前記複数のサービスの各々の前記仮の特典を、前記利用者に付与する、
請求項13又は14に記載の特典付与システム。
The benefit granting system corresponds to a plurality of the services,
The provisional benefit granting unit grants the provisional benefit of each of the plurality of services to the user when it is determined that the receiving condition is satisfied.
The privilege granting system according to claim 13 or 14.
前記特典付与システムは、前記複数のサービスの各々の前記仮の特典の合計と、前記サービスごとの前記仮の特典と、を前記利用者に提示する第2提示部を更に含む、
請求項15に記載の特典付与システム。
The benefit granting system further includes a second presentation unit that presents the total of the provisional benefits of each of the plurality of services and the provisional benefits for each service to the user.
The privilege granting system according to claim 15.
前記特典付与システムは、複数の前記他のサービスに対応し、
前記仮特典生成部は、前記他のサービスごとに、前記利用者識別情報及び前記仮の特典を関連付けて前記データベースに登録し、
前記仮特典付与部は、前記利用者が前記複数の他のサービスのうちの何れかの会員になったと判定された場合に、当該他のサービスの前記利用者識別情報に関連付けられた前記仮の特典を、前記利用者に付与する、
請求項13~16の何れかに記載の特典付与システム。
The benefit granting system corresponds to a plurality of other services,
The temporary benefit generation unit associates and registers the user identification information and the temporary benefit in the database for each of the other services,
When it is determined that the user has become a member of any one of the plurality of other services, the provisional benefit granting unit provides the provisional benefit provision unit associated with the user identification information of the other service. Granting benefits to the user;
The privilege granting system according to any one of claims 13 to 16.
前記特典付与システムは、前記他のサービスごとに、当該他のサービスの会員になった場合に付与される前記仮の特典と、を前記利用者に提示する第3提示部を更に含む、
請求項17に記載の特典付与システム。
The benefit granting system further includes a third presentation unit that presents to the user, for each of the other services, the provisional benefit that will be granted when the user becomes a member of the other service.
The privilege granting system according to claim 17.
利用者が特典を受け取れない受取不可状態でサービスが利用されたか否かを判定する利用判定ステップと、
前記受取不可状態で前記サービスが利用されたと判定された場合に、仮の特典を生成する仮特典生成ステップと、
前記サービスの利用後に、前記仮の特典の受け取りに関する受取条件が満たされたか否かを判定する受取条件判定ステップと、
前記受取条件が満たされたと判定された場合に、前記利用者に前記仮の特典を付与する仮特典付与ステップと、
を含む特典付与方法。
a usage determination step of determining whether the service is used in a non-receivable state in which the user cannot receive benefits;
a temporary benefit generation step of generating a temporary benefit when it is determined that the service is used in the non-receivable state;
a receiving condition determining step of determining whether receiving conditions regarding receiving the provisional benefit are satisfied after using the service;
a temporary benefit granting step of granting the temporary benefit to the user when it is determined that the receiving condition is satisfied;
Benefit granting methods including.
利用者が特典を受け取れない受取不可状態でサービスが利用されたか否かを判定する利用判定部、
前記受取不可状態で前記サービスが利用されたと判定された場合に、仮の特典を生成する仮特典生成部、
前記サービスの利用後に、前記仮の特典の受け取りに関する受取条件が満たされたか否かを判定する受取条件判定部、
前記受取条件が満たされたと判定された場合に、前記利用者に前記仮の特典を付与する仮特典付与部、
としてコンピュータを機能させるためのプログラム。

a usage determination unit that determines whether the service is used in a non-receivable state in which the user cannot receive benefits;
a provisional benefit generation unit that generates a provisional benefit when it is determined that the service is used in the non-receivable state;
a receiving condition determining unit that determines whether receiving conditions regarding receiving the provisional benefit are satisfied after using the service;
a provisional benefit granting unit that grants the provisional benefit to the user when it is determined that the receiving condition is satisfied;
A program that allows a computer to function as a computer.

JP2023016917A 2022-03-04 2023-02-07 Privilege assigning system, privilege assigning method and program Pending JP2023129285A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2023016917A JP2023129285A (en) 2022-03-04 2023-02-07 Privilege assigning system, privilege assigning method and program

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2022033510A JP7224507B1 (en) 2022-03-04 2022-03-04 Privilege Granting System, Privilege Granting Method, and Program
JP2023016917A JP2023129285A (en) 2022-03-04 2023-02-07 Privilege assigning system, privilege assigning method and program

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2022033510A Division JP7224507B1 (en) 2022-03-04 2022-03-04 Privilege Granting System, Privilege Granting Method, and Program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2023129285A true JP2023129285A (en) 2023-09-14

Family

ID=85226249

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2022033510A Active JP7224507B1 (en) 2022-03-04 2022-03-04 Privilege Granting System, Privilege Granting Method, and Program
JP2023016917A Pending JP2023129285A (en) 2022-03-04 2023-02-07 Privilege assigning system, privilege assigning method and program

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2022033510A Active JP7224507B1 (en) 2022-03-04 2022-03-04 Privilege Granting System, Privilege Granting Method, and Program

Country Status (2)

Country Link
JP (2) JP7224507B1 (en)
TW (1) TWI830597B (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP7480405B1 (en) 2023-09-28 2024-05-09 Kddi株式会社 PROGRAM, INFORMATION PROCESSING APPARATUS, AND INFORMATION PROCESSING METHOD

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
TW200511074A (en) * 2004-04-06 2005-03-16 Yi-Cheng Ren Method and system for converting bonus from transaction into token or stored value and method using the token or stored value
JP2006318163A (en) 2005-05-12 2006-11-24 Nobuyuki Ibamoto Point service system
TW200811736A (en) * 2006-08-17 2008-03-01 Gemfor Tech Co Ltd Transaction method of smartcard and storage media thereof
JP2008287347A (en) 2007-05-15 2008-11-27 First Dream Kk Point management method utilizing two-dimensional code
JP6805694B2 (en) 2016-09-30 2020-12-23 日本電気株式会社 Information processing equipment, point awarding method, and program
JP2018136724A (en) 2017-02-21 2018-08-30 日本カード株式会社 Member information management server giving privilege for personal information registration and method for managing member information
JP7013920B2 (en) 2018-02-19 2022-02-01 大日本印刷株式会社 Point management device, purchase history generator, control method and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP7224507B1 (en) 2023-02-17
TWI830597B (en) 2024-01-21
TW202343339A (en) 2023-11-01
JP2023128863A (en) 2023-09-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20240135404A1 (en) Electronic coupon management
US6389401B1 (en) System and method for inverted promotions
JP2023076748A (en) Information processor
RU2598590C2 (en) Pos system using network of prepaid/gift cards
US11580464B2 (en) Consumers management system
US20100057580A1 (en) Unified payment card
US20110015984A1 (en) Methods and apparatus for implementing a promotional reward program
US20070226055A1 (en) Incentive system and method for tracking advertising effectiveness
KR20040077077A (en) Method and System for Providing Payment and Customer Managing Service using User Identification Information matched with Credit Card, Input Device for User Identification Information and Intermediation Server
KR20090104069A (en) Coupon offers from multiple entities
JP2006277717A (en) Privilege information management method and privilege information management system
US20140006123A1 (en) Microgift System and Method of Operation
JP2008165812A (en) System and method for processing financial transaction
JP5448368B2 (en) Server system and data processing method
JP2012145983A (en) Affiliate management system and affiliate server
JP2023129285A (en) Privilege assigning system, privilege assigning method and program
KR102127431B1 (en) Method for settlement of delivery order sales and payment terminal thereof
JP2006277716A (en) Award information management method and award information management system
US10956927B2 (en) Card-linked merchant promotional credit processing
JP2013092949A (en) System for purchasing merchandise and service
US20160350790A1 (en) Systems and methods for implementing a promotional reward program
JP7129687B2 (en) House-type electronic money management device, house-type electronic money management method, and house-type electronic money management system
JP7284358B1 (en) Privilege Granting System, Privilege Granting Method, and Program
JP2004139388A (en) Content service providing method and its system
JP2003123015A (en) Card utilization reporting method in card settlement service and system for realizing the same

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20230607

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20230607