JP2020057322A - Information processor and information processing method - Google Patents

Information processor and information processing method Download PDF

Info

Publication number
JP2020057322A
JP2020057322A JP2018189247A JP2018189247A JP2020057322A JP 2020057322 A JP2020057322 A JP 2020057322A JP 2018189247 A JP2018189247 A JP 2018189247A JP 2018189247 A JP2018189247 A JP 2018189247A JP 2020057322 A JP2020057322 A JP 2020057322A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
user
information
index
favorite
cluster
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2018189247A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP6754808B2 (en
Inventor
冠呈 郭
Kuan-Cheng Kuo
冠呈 郭
哲也 岩瀬
Tetsuya Iwase
哲也 岩瀬
英迪 廖
ying di Liao
英迪 廖
恵介 佐々木
Keisuke Sasaki
恵介 佐々木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Rakuten Group Inc
Original Assignee
Rakuten Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Rakuten Inc filed Critical Rakuten Inc
Priority to JP2018189247A priority Critical patent/JP6754808B2/en
Publication of JP2020057322A publication Critical patent/JP2020057322A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6754808B2 publication Critical patent/JP6754808B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

To provide an information processor and a method, capable of performing proper information provision based on favorite information of a user.SOLUTION: An information providing device 7 includes an index management part 7a for managing, in each object, an index value for showing, in a plurality of stages, the degree of interest and concern relative to an object belonging to at least either of a commodity, a store or a genre, a cluster management part 7b for managing a user cluster formed by clustering users based on the index value, and a change tendency detection part 7c for detecting change tendency of the index value of a user belonging to one user cluster.SELECTED DRAWING: Figure 3

Description

本発明は情報処理装置、情報処理方法に関し、特に、ユーザが気に入った商品や店舗等を管理する技術に関する。   The present invention relates to an information processing apparatus and an information processing method, and more particularly, to a technique for managing products, stores, and the like that a user likes.

ユーザの購買意欲を惹起させるために、お勧めの商品や店舗等の情報をユーザに提供することがある。ユーザに提供する最適な情報はユーザ毎に異なっており、情報の提供者は、ユーザの好みを適切に把握することが肝要である。
ユーザの好みを推測する技術は各種提案されている。例えば、特許文献1では、お気に入りとして指定した店舗の情報を蓄積し、お気に入り登録しているユーザに対して店舗が特別なサービスを行う構成について開示されている。
In order to stimulate the user's willingness to purchase, information such as recommended products and stores may be provided to the user. The optimal information to be provided to the user differs for each user, and it is important for the information provider to appropriately grasp the user's preferences.
Various techniques for estimating user preferences have been proposed. For example, Patent Literature 1 discloses a configuration in which information on a store designated as a favorite is stored, and the store provides a special service to a user registered as a favorite.

特許第5363668号公報Japanese Patent No. 5363668

ところで、お気に入り登録は必ずしもユーザ自身の手によって行われるものではなく、ユーザが行った行動によって意図していないお気に入り登録が行われる場合もある。
意図していないお気に入り登録に基づいて上記のような特別なサービスを行ってしまうと、ユーザが該サービスに興味を示さない場合や、煩わしく感じてしまう虞が生じる。
そこで、本発明は、ユーザのお気に入り情報に基づいて適切な情報提供を行うことを目的とする。
Incidentally, favorite registration is not always performed by the user's own hand, and unintended favorite registration may be performed depending on the action performed by the user.
If the special service as described above is performed based on unintended favorite registration, the user may not be interested in the service or may feel troublesome.
Therefore, an object of the present invention is to provide appropriate information based on user's favorite information.

本発明に係る情報処理装置は、商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属する対象物についての興味関心の度合いを複数の段階で表す指標値を前記対象物ごとに管理する指標管理部と、前記指標値に基づいてユーザがクラスタリングされたユーザクラスタを管理するクラスタ管理部と、一のユーザクラスタに属するユーザの前記指標値の変化傾向を検出する変化傾向検出部と、を備えている。
興味関心の度合いを複数段階以上で表した指標値を用いてユーザクラスタごとに興味関心の変化傾向を検出することで、変化傾向に応じた適切な情報をユーザに提供するための環境が形成される。
An information processing apparatus according to the present invention, an index management unit that manages, for each of the objects, an index value indicating a degree of interest in an object belonging to at least one of a product, a store, and a genre in a plurality of stages; The system includes a cluster management unit that manages user clusters in which users are clustered based on an index value, and a change tendency detection unit that detects a change tendency of the index value of a user belonging to one user cluster.
An environment for providing appropriate information to the user according to the change tendency is formed by detecting the change tendency of the interest for each user cluster using the index value indicating the degree of the interest in a plurality of stages or more. You.

上述した情報処理装置においては、前記検出された指標値の変化傾向が興味関心の度合いの上昇傾向である場合に、前記一のユーザクラスタに属するユーザであって且つ前記上昇傾向が検出されなかったユーザを対象ユーザとして抽出する対象ユーザ抽出部と、前記上昇傾向が検出された前記対象物に関する情報を前記対象ユーザに提供する情報提供部と、を備えていてもよい。
これにより、ユーザクラスタに属する各ユーザの興味関心の変化に基づいて提供する情報を送るべき対象ユーザが決定される。
In the information processing device described above, when the detected change in the index value is a rising trend of the degree of interest, the user belongs to the one user cluster and the rising trend is not detected. A target user extracting unit that extracts a user as a target user, and an information providing unit that provides information on the target object in which the upward trend is detected to the target user may be provided.
As a result, the target user to whom the information to be provided is to be sent is determined based on the change in the interest of each user belonging to the user cluster.

上述した情報処理装置の前記対象ユーザ抽出部は、前記一のユーザクラスタに属するユーザのうち一定割合のユーザについて、同一の前記対象物についての所定期間内における前記上昇傾向が検出された場合に、前記対象ユーザの抽出を行ってもよい。
即ち、ユーザクラスタ内で対象物の評価が上昇する現象がある程度の規模で起こった場合に対象ユーザの抽出が行われる。
The target user extraction unit of the information processing device described above, for a certain percentage of users belonging to the one user cluster, when the upward trend within a predetermined period for the same target object is detected, The target user may be extracted.
That is, when a phenomenon in which the evaluation of the target increases in the user cluster occurs on a certain scale, the target user is extracted.

上述した情報処理装置の前記クラスタ管理部は、前記情報の提供を行った結果、前記変化傾向に沿ったユーザと沿わなかったユーザを異なるユーザクラスタに分離してもよい。
情報提供の結果変化傾向に沿ったユーザと沿わなかったユーザは、異なる興味関心傾向を有していることが推測される。本構成によれば、このようなユーザは異なるユーザクラスタに分類される。
As a result of providing the information, the cluster management unit of the information processing apparatus described above may divide the user who has not followed the change tendency and the user who has not followed the change tendency into different user clusters.
It is presumed that users who did not follow the change tendency as a result of providing information have different interests and interests. According to this configuration, such users are classified into different user clusters.

上述した情報処理装置の前記指標管理部は、購入回数や購入頻度に応じて前記指標値を算出してもよい。
商品を購入する行為は、ユーザにとって日常的な行為である。そのような日常的に行われる行為に基づいて商品や店舗、或いはジャンルに関する指標値を算出し更新することは、ユーザの興味関心の向を反映するだけでなく、経時的な変化についても迅速に反映することが可能である。
The index management unit of the information processing device described above may calculate the index value according to the number of purchases or the purchase frequency.
The act of purchasing a product is a daily act for the user. Calculating and updating an index value related to a product, a store, or a genre based on such daily activities not only reflects the user's interest and interest, but also quickly changes over time. It is possible to reflect.

上述した情報処理装置において、前記指標値は、興味関心の度合いが高いほど高く設定される指標とされ、前記指標管理部は、ユーザの能動的操作に基づいて操作対象とされた前記対象物の指標値を上昇させる場合には、ユーザの非能動的操作に基づくよりも大きく上昇させてもよい。
例えば、ユーザが能動的に行ったお気に入り登録のための操作は、ユーザが対象物を気に入っていることを自ら宣言するものであり、そのような対象物は、非能動的な操作によって自動的にお気に入り登録された対象物とは異なるものである。本構成によれば、操作の能動性の有無に応じて対象物のお気に入り指標の上昇値(或いは上昇率)が異なる。
In the information processing apparatus described above, the index value is an index that is set to be higher as the degree of interest is higher, and the index management unit is configured to operate the target object based on a user's active operation. When increasing the index value, the index value may be increased more than that based on the inactive operation of the user.
For example, a user's active operation for favorite registration is a self-declaration that the user likes an object, and such an object is automatically activated by an inactive operation. It is different from the favorite registered object. According to this configuration, the increase value (or increase rate) of the favorite index of the target object differs depending on whether the operation is active.

上述した情報処理装置において、前記指標値は、興味関心の度合いが高いほど高く設定される指標とされ、前記指標管理部は、前記指標値が最高値に設定される前記対象物の数が所定数以下となるように管理してもよい。
これにより、指標値が最高値とされ情報提供の対象となり得る商品等の対象物の数が一定数以下に抑えられる。
In the information processing device described above, the index value is an index that is set to be higher as the degree of interest is higher, and the index management unit determines that the number of the objects for which the index value is set to a maximum value is equal to or less than a predetermined number. You may manage so that it may become.
As a result, the index value is set to the maximum value, and the number of objects such as products that can be provided as information is suppressed to a certain number or less.

上述した情報処理装置において、ユーザに対して所定値以上とされた前記指標値と前記対象物の対応情報を提示する場合には、前記指標値の多寡が分からないように提示してもよい。
例えば、指標値が1〜10で表される指標であり、無関心とされた対象物が5で表され、興味関心の高い対象物が6〜10で表される場合に、指標値が6とされた対象物よりも指標値が10とされた対象物の方がユーザの興味関心の度合いが高い対象物とされている。このとき、指標値が6とされた対象物と10とされた対象物はその指標値の多寡が分からないように、同様の表示態様でユーザに提示されるため、ユーザは、その指標値の数値の違いを見分けられない。従って、指標値が最高値(=10)とされた対象物をユーザが意図的に増やすことができなくなる。
In the information processing apparatus described above, when presenting the correspondence information between the index value that is set to a predetermined value or more and the target object to the user, the information may be presented so that the magnitude of the index value is not known.
For example, when the index value is an index represented by 1 to 10, the indifferent object is represented by 5 and the object of high interest is represented by 6 to 10, the index value is 6 The object whose index value is set to 10 is regarded as an object having a higher degree of interest and interest of the user than the target object. At this time, the object having the index value of 6 and the object having the index value of 10 are presented to the user in a similar display manner so that the magnitude of the index value is not known. I can't tell the difference between the numbers. Therefore, the user cannot intentionally increase the object whose index value is the highest value (= 10).

上述した情報処理装置において、前記指標値は、n以下で表されると共に興味関心の度合いが高いほど高い数値で設定される指標とされ、興味関心の度合いが高いことを示す操作として第1操作と第2操作が設けられ、前記第1操作は、前記第2操作よりも興味関心の度合いが高いことを示す操作とされた場合に、前記指標管理部は、前記第2操作が行われたことに応じて該第2操作の前記対象物の前記指標値を上昇させる場合にはnよりも小さな値を設定してもよい。
例えば、ユーザが商品を購入した際に該購入対象の商品がお気に入り登録されるような場合には、該商品をお気に入り登録することをユーザが意図していない場合がある。そのような場合において、該商品の指標値は最高値であるnよりも低い値に設定される。
In the information processing apparatus described above, the index value is an index represented by n or less and set as a higher value as the degree of interest is higher, and the first operation is an operation indicating that the degree of interest is higher. And a second operation are provided. When the first operation is an operation indicating that the degree of interest is higher than the second operation, the index management unit performs the second operation. If the index value of the object of the second operation is to be increased accordingly, a value smaller than n may be set.
For example, when a user purchases a product and the product to be purchased is registered as a favorite, the user may not intend to register the product as a favorite. In such a case, the index value of the product is set to a value lower than the highest value n.

上述した情報処理装置の前記変化傾向検出部は、ユーザクラスタを横断した全体的な変化傾向を検出してもよい。
ユーザクラスタは、各対象物についてのお気に入り傾向が同様であるユーザがまとめられたものであるが、そのユーザクラスタを横断的に分析することで、全体的な変化傾向を把握することが可能である。
The change tendency detection unit of the information processing device described above may detect an overall change tendency across the user cluster.
The user cluster is a group of users who have the same favorite tendency for each object, but it is possible to grasp the overall change tendency by analyzing the user cluster across the user cluster. .

本発明に係る情報処理方法は、商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属する対象物についての興味関心の度合いを複数の段階で表す指標値を前記対象物ごとに管理する指標管理ステップと、前記指標値に基づいてユーザがクラスタリングされたユーザクラスタを管理するクラスタ管理ステップと、一のユーザクラスタに属するユーザの前記指標値の変化傾向を検出する変化傾向検出ステップと、を情報処理装置が実行するものである。
この情報処理方法により、ユーザのお気に入り情報に基づいて適切な情報提供を行うための指標を生成することができる。
An information processing method according to the present invention, wherein an index management step of managing, for each of the objects, an index value representing a degree of interest in the object belonging to at least one of a product, a store, and a genre in a plurality of stages; The information processing apparatus executes a cluster management step of managing a user cluster in which users are clustered based on an index value, and a change tendency detecting step of detecting a change tendency of the index value of a user belonging to one user cluster. Things.
With this information processing method, it is possible to generate an index for providing appropriate information based on the user's favorite information.

本発明によれば、ユーザのお気に入り情報に基づいて適切な情報提供を行うための指標を生成することができる。   According to the present invention, it is possible to generate an index for providing appropriate information based on user's favorite information.

本発明の実施の形態の情報提供装置を含むネットワークの説明図である。FIG. 1 is an explanatory diagram of a network including an information providing device according to an embodiment of the present invention. 実施の形態のコンピュータ装置のブロック図である。It is a block diagram of a computer device of an embodiment. 実施の形態の情報提供装置の機能構成の説明図である。FIG. 2 is an explanatory diagram of a functional configuration of the information providing device according to the embodiment; ユーザの嗜好傾向の類似性を説明するための図である。FIG. 7 is a diagram for explaining similarity of a user's preference tendency. 全体の処理の一例について説明するための図である。FIG. 9 is a diagram for describing an example of the entire process. お気に入り指標変更処理の一例についてのフローチャートである。It is a flowchart about an example of a favorite index change process. クラスタ情報変更処理の一例についてのフローチャートである。It is a flowchart about an example of a cluster information change process. 情報提供処理の一例についてのフローチャートである。It is a flowchart about an example of information provision processing. クラスタ内トレンド検出処理の一例についてのフローチャートである。It is a flowchart about an example of the trend detection process in a cluster. 情報提供効果チェック処理の一例についてのフローチャートである。It is a flowchart about an example of information provision effect check processing. 一般トレンド検出処理の一例についてのフローチャートである。It is a flowchart about an example of a general trend detection process. お気に入り情報をユーザに提示する際の提示態様の一例を説明するための図である。FIG. 9 is a diagram for explaining an example of a presentation mode when presenting favorite information to a user.

以下、実施の形態を添付図に沿って説明する。なお、以下の示す各例では、ユーザの操作に基づいてお気に入り登録された商品や店舗、或いはジャンル等に基づいて、ユーザに適切な情報を提供する環境の一例として、電子商取引を例に挙げる。即ち、電子商取引をユーザが利用する上で行った各種操作に基づいて、商品や店舗等がお気に入り登録される。更に、お気に入り登録された情報に基づいて、ユーザに適切な情報提供が行われる。
Hereinafter, embodiments will be described with reference to the accompanying drawings. In each of the following examples, electronic commerce will be described as an example of an environment in which appropriate information is provided to a user based on a product, a store, a genre, or the like registered as a favorite based on a user operation. That is, a product, a store, or the like is registered as a favorite based on various operations performed when the user uses the electronic commerce. Further, appropriate information is provided to the user based on the information registered as a favorite.

<1.システム構成>
本実施の形態としての情報提供装置7を含むネットワークシステム全体の構成について、図1を用いて説明する。
ネットワークシステム1は、通信ネットワーク2を介して各種の端末装置が相互に通信可能とされている。
ネットワークシステム1は、電子商取引システム3とユーザ端末4と店舗端末5を含んで構成されている。
<1. System Configuration>
The configuration of the entire network system including the information providing device 7 according to the present embodiment will be described with reference to FIG.
In the network system 1, various terminal devices can communicate with each other via a communication network 2.
The network system 1 includes an electronic commerce system 3, a user terminal 4, and a store terminal 5.

なお、図1に示した通信ネットワーク2の構成は特に限定されるものではなく、上記したインターネット以外にも、例えばイントラネット、エキストラネット、LAN(Local Area Network)、CATV(Community Antenna TeleVision)通信網、仮想専用網(Virtual Private Network)、電話回線網、移動体通信網、衛星通信網などが想定される。
また、通信ネットワーク2の全部又は一部を構成する伝送媒体についても多様な例が想定される。例えばIEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)1394、USB(Universal Serial Bus)、電力線搬送、電話線などの有線でも、IrDA(Infrared Data Association)のような赤外線、ブルートゥース(登録商標)、802.11無線、携帯電話網、衛星回線、地上波デジタル網などの無線でも利用可能である。
The configuration of the communication network 2 shown in FIG. 1 is not particularly limited. In addition to the above-described Internet, for example, an intranet, an extranet, a LAN (Local Area Network), a CATV (Community Antenna TeleVision) communication network, A virtual private network, a telephone network, a mobile communication network, a satellite communication network, and the like are assumed.
Also, various examples of transmission media constituting all or a part of the communication network 2 are assumed. For example, even in the case of a wire such as IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers) 1394, USB (Universal Serial Bus), power line carrier, telephone line, infrared rays such as IrDA (Infrared Data Association), Bluetooth (registered trademark), 802.11 wireless. It can also be used by wireless such as a mobile phone network, a satellite line, and a terrestrial digital network.

電子商取引システム3は、ユーザが商品を購入するために利用する各種のサービスを提供するショッピングサーバ6、ユーザに適切な情報を提供する処理を行う情報提供装置7を備えている。また、電子商取引システム3は、各種サービスを提供するためのポータルサイトとしてECサイトを管理・運営している。ECサイトは、例えば、トップページを最上位とした複数のウェブページからなる階層構造を有している。   The electronic commerce system 3 includes a shopping server 6 that provides various services used by a user to purchase a product, and an information providing device 7 that performs a process of providing appropriate information to the user. The electronic commerce system 3 manages and operates an EC site as a portal site for providing various services. The EC site has, for example, a hierarchical structure including a plurality of web pages with the top page at the top.

ショッピングサーバ6が提供する各種機能は、例えば、該システムを用いて運営される電子商取引に加盟している複数の店舗がある場合に、該店舗の管理者(以降、販売者と記載)が販売する商品の情報(商品情報)を登録するための機能や、登録された商品情報を変更する機能などである。また、そのために、ショッピングサーバ6は、加盟店舗情報や販売者情報や商品情報を管理する機能を備える。
更に、ショッピングサーバ6は、電子商取引で扱っている商品群の中からユーザが所望する商品を検索して提示する機能や、ユーザが商品の購入操作を行った際に、販売者へ商品を発注する機能や、商品の売買が成立した際の代金のやりとりを仲介する決済処理機能、各ユーザへ商品を配送するための機能、そして、商品の購入が確定した際のユーザへの通知機能や商品を購入したユーザ情報を販売者へ通知する機能などを有する。
ユーザが商品を購入する際には、商品の送付先(住所)情報や、クレジットカード番号や連絡先(電子メールアドレスなど)の情報が必要とされる。ユーザが商品を購入するたびにこれらの情報を入力する手間を省くため、ショッピングサーバ6は、ユーザ情報を管理する機能を備える。
The various functions provided by the shopping server 6 are, for example, when there are a plurality of stores participating in e-commerce operated by using the system, the manager of the store (hereinafter referred to as a seller) sells the stores. A function for registering product information (product information) to be performed, a function for changing registered product information, and the like. To this end, the shopping server 6 has a function of managing member store information, seller information, and product information.
Further, the shopping server 6 searches for and presents a product desired by the user from a group of products handled in e-commerce, or places an order for a product to a seller when the user performs a purchase operation of the product. Function, settlement processing function that mediates exchange of money when goods are sold, function to deliver goods to each user, notification function to users when product purchase is confirmed, and product Has a function of notifying the seller of the user information of the user who has purchased.
When a user purchases a product, information on the destination (address) of the product, credit card number and contact information (e-mail address, etc.) is required. The shopping server 6 has a function of managing user information in order to save the trouble of inputting such information every time a user purchases a product.

そして、ショッピングサーバ6は、上記の各種機能を実現するためのユーザインタフェースとしてのウェブページを他の情報処理装置(ユーザ端末4や店舗端末5)上に表示させるために、ウェブページデータの生成と送信を行う。
ウェブページデータは、例えば、HTML(Hyper Text Markup Language)やXHTML(Extensible HyperText Markup Language)などの構造化文書ファイルである。構造化文書ファイルには、商品の説明などのテキストデータや商品画像などの画像データと、それらの配置や表示態様(文字色やフォントや大きさや装飾など)が記述されている。
ウェブページとしては、例えば、ユーザや販売者にログイン情報を入力させるためのログインページや、商品検索の結果を表示させるための検索結果表示ページや、商品情報が表示される商品ページなどである。
また、ショッピングサーバ6は、ユーザや販売者の認証機能や各種データベースへの情報の登録機能、各種データベースから情報を取得する機能などを備える。
Then, the shopping server 6 generates web page data to display a web page as a user interface for realizing the above-described various functions on another information processing apparatus (the user terminal 4 or the shop terminal 5). Send.
The web page data is, for example, a structured document file such as HTML (Hyper Text Markup Language) or XHTML (Extensible HyperText Markup Language). In the structured document file, text data such as description of a product, image data such as a product image, and their arrangement and display mode (character color, font, size, decoration, etc.) are described.
Examples of the web page include a login page for allowing a user or a seller to input login information, a search result display page for displaying a result of a product search, and a product page on which product information is displayed.
The shopping server 6 has a user and seller authentication function, a function of registering information in various databases, a function of acquiring information from various databases, and the like.

情報提供装置7は、ユーザに適切な情報を提供する情報処理装置である。適切な情報とは、例えば、ユーザの購買意欲を惹起させるような商品や店舗などの情報などである。
そのために、情報提供装置7は、ユーザが行った各種操作に基づいて、商品、店舗或いはジャンルごとの興味関心の度合いを数値化して管理する。以下の各例においては、興味関心の度合いを少なくとも3段階以上で表したものを「お気に入り指標」として説明する。なお、以下の例においては、お気に入り度合いを0〜3の4段階で表したお気に入り指標を用いて説明する。
The information providing device 7 is an information processing device that provides appropriate information to a user. Appropriate information is, for example, information on a product or a store that provokes a user's willingness to purchase.
For this purpose, the information providing device 7 quantifies and manages the degree of interest for each product, store, or genre based on various operations performed by the user. In each of the following examples, a description indicating a degree of interest in at least three levels will be described as a “favorite index”. In the following example, a description will be given using a favorite index indicating the degree of favorite in four stages of 0 to 3.

お気に入り指標は、数値が高い程お気に入り度合いが高いことを表すものとする。即ち、お気に入り指標が「3」とされた商品、店舗或いはジャンルは、お気に入り度合いが非常に高いことを示す。また、お気に入り度合いがニュートラルな状態、即ち該商品や商店、或いはジャンルに対して無関心の状態や無知の状態を「1」として表す。そして、お気に入り度合いがマイナスな状態、即ち、商品、店舗或いはジャンルが嫌いな状態を「0」として表す。なお、嫌いの度合いにも複数の段階を設けてもよい。また、嫌いな状態と無関心の状態を区別しなくてもよい。例えば、お気に入り度合いを0〜2の3段階で表し、「0」が無関心または嫌いである状態を示し、「1」がどちらかと言えばお気に入りである状態を示し、「2」がかなりお気に入りである状態を示すように構成されていてもよい。   The favorite index indicates that the higher the numerical value, the higher the degree of favorite. That is, a product, a store, or a genre for which the favorite index is set to “3” indicates that the degree of favorite is extremely high. A state in which the degree of favorite is neutral, that is, a state of indifference or ignorance with respect to the product, store, or genre is represented as “1”. A state in which the degree of favorite is negative, that is, a state in which a product, a store, or a genre is disliked, is represented as “0”. A plurality of stages may be provided for the degree of dislike. Further, it is not necessary to distinguish between a dislike state and an indifference state. For example, the degree of favorite is represented in three levels of 0 to 2, where "0" indicates a state of indifference or dislike, "1" indicates a state of being a favorite, and "2" is a fairly favorite. It may be configured to indicate a state.

以下の説明においては、商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属するものを「対象物」として記載する。換言すれば、対象物は、ある商品を示すこともあれば、ある店舗を示すこともあり、また、あるジャンルを示すこともある。   In the following description, items that belong to at least one of a product, a store, and a genre are described as “objects”. In other words, the object may indicate a certain product, may indicate a certain store, or may indicate a certain genre.

また、情報提供装置7は、お気に入り情報に基づいて各ユーザをユーザクラスタUCにクラスタリングする。更に、情報提供装置7は、ユーザクラスタUCとお気に入り情報に基づいて適切な情報提供を行う。お気に入り情報とは、対象物とお気に入り指標の対応関係の情報である。   Further, the information providing device 7 clusters each user into a user cluster UC based on the favorite information. Further, the information providing device 7 provides appropriate information based on the user cluster UC and the favorite information. The favorite information is information on the correspondence between the object and the favorite index.

これまで説明してきた各種機能を実現するために、電子商取引システム3は、ユーザ情報が記憶されるユーザDB(Database)50、電子商取引で扱う商品の情報が記憶される商品DB51、商品を販売する販売者(店舗)の情報が記憶される店舗DB52、ユーザの操作履歴等が記憶される履歴DB53、ユーザのお気に入り情報が記憶される指標DB54や、ユーザクラスタUCに関する情報が記憶されるクラスタDB55を備えている。
他にも、各種ウェブページのウェブページデータが記憶される図示しないウェブページDBなどを管理する。
これらのDBは、例えばLAN等のネットワークを介して電子商取引システム3のショッピングサーバ6や情報提供装置7と通信可能とされており、このようなネットワークは通信ネットワーク2と同様に特に限定されるものではない。
In order to realize the various functions described so far, the electronic commerce system 3 sells a user DB (Database) 50 in which user information is stored, a product DB 51 in which information of products handled in electronic commerce is stored, and a product. A store DB 52 in which information on sellers (stores) is stored, a history DB 53 in which user operation histories are stored, an index DB 54 in which user favorite information is stored, and a cluster DB 55 in which information on user clusters UC is stored. Have.
In addition, it manages a web page DB (not shown) in which web page data of various web pages is stored.
These DBs are capable of communicating with the shopping server 6 and the information providing device 7 of the electronic commerce system 3 via a network such as a LAN, for example. is not.

ユーザ端末4は、電子商取引システム3が提供する各種のサービスを受けるためにユーザが使用する情報処理装置である。具体的には、商品情報の閲覧や商品の購入等を行う場合などに用いられる。   The user terminal 4 is an information processing device used by the user to receive various services provided by the electronic commerce system 3. Specifically, it is used when browsing product information, purchasing a product, or the like.

店舗端末5は、電子商取引システム3に自身が販売する商品を登録することにより、ユーザに商品情報を提供する店舗側で使用する情報処理装置である。店舗端末5は、電子商取引システム3に対して商品情報の登録や削除、変更などを行うための送受信処理などが行われる。   The store terminal 5 is an information processing device used in a store that provides product information to a user by registering a product to be sold by the store terminal 5 in the electronic commerce system 3. The store terminal 5 performs transmission / reception processing for registering, deleting, or changing product information with respect to the electronic commerce system 3.

ユーザ端末4や店舗端末5は、例えば、通信機能を備えたPC(Personal Computer)やフィーチャーフォンやPDA(Personal Digital Assistants)、或いは、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスなどである。
The user terminal 4 and the store terminal 5 are, for example, a PC (Personal Computer), a feature phone, a PDA (Personal Digital Assistants) having a communication function, or a smart device such as a smartphone or a tablet terminal.

<2.コンピュータ装置のハードウェア構成>

情報提供装置7をはじめとした各装置(ショッピングサーバ6、ユーザ端末4、店舗端末5、ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)を構成するコンピュータ装置のハードウェア構成を図2に示す。各コンピュータ装置のCPU(Central Processing Unit)101は、ROM( Read Only Memory)102に記憶されているプログラム、または記憶部108からRAM( Random Access Memory )103にロードされたプログラムに従って各種の処理を実行する。RAM103にはまた、CPU101が各種の処理を実行する上において必要なデータなども適宜記憶される。
CPU101、ROM102、およびRAM103は、バス104を介して相互に接続されている。このバス104には、入出力インタフェース105も接続されている。
入出力インタフェース105には、入力部106、出力部107、記憶部108、通信部109が接続されている。
入力部106はキーボード、マウス、タッチパネルなどにより構成される。
出力部107はLCD(Liquid Crystal Display)、CRT(Cathode Ray Tube)、有機EL(Electroluminescence)パネルなどよりなるディスプレイ、並びにスピーカなどにより構成される。
記憶部108はHDD(Hard Disk Drive)やフラッシュメモリ装置などにより構成される。
通信部109はネットワーク2を介しての通信処理や機器間通信を行う。
入出力インタフェース105にはまた、必要に応じてメディアドライブ110が接続され、磁気ディスク、光ディスク、光磁気ディスク、或いは半導体メモリなどのリムーバブルメディア111が適宜装着され、リムーバブルメディア111に対する情報の書込や読出が行われる。
<2. Hardware configuration of computer device>

Hardware configuration of computer devices constituting each device (shopping server 6, user terminal 4, store terminal 5, user DB 50, product DB 51, store DB 52, history DB 53, index DB 54, cluster DB 55) including the information providing device 7 Is shown in FIG. A CPU (Central Processing Unit) 101 of each computer device executes various processes according to a program stored in a ROM (Read Only Memory) 102 or a program loaded from a storage unit 108 to a RAM (Random Access Memory) 103. I do. The RAM 103 also appropriately stores data necessary for the CPU 101 to execute various processes.
The CPU 101, the ROM 102, and the RAM 103 are mutually connected via a bus 104. An input / output interface 105 is also connected to the bus 104.
An input unit 106, an output unit 107, a storage unit 108, and a communication unit 109 are connected to the input / output interface 105.
The input unit 106 includes a keyboard, a mouse, a touch panel, and the like.
The output unit 107 includes a display including an LCD (Liquid Crystal Display), a CRT (Cathode Ray Tube), an organic EL (Electroluminescence) panel, a speaker, and the like.
The storage unit 108 includes a hard disk drive (HDD), a flash memory device, and the like.
The communication unit 109 performs communication processing and communication between devices via the network 2.
A media drive 110 is connected to the input / output interface 105 as necessary, and a removable medium 111 such as a magnetic disk, an optical disk, a magneto-optical disk, or a semiconductor memory is appropriately mounted. Reading is performed.

このようなコンピュータ装置では、通信部109による通信によりデータやプログラムのアップロード、ダウンロードが行われる。またリムーバブルメディア111を介したデータやプログラムの受け渡しが可能である。
CPU101が各種のプログラムに基づいて処理動作を行うことで、情報提供装置7などの各装置(ショッピングサーバ6、ユーザ端末4、店舗端末5、ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)としての必要な情報処理や通信が実行される。
なお、情報提供装置7などの各装置(ショッピングサーバ6、ユーザ端末4、店舗端末5、ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)を構成する情報処理装置は、図2のようなコンピュータ装置が単一で構成されることに限らず、複数のコンピュータ装置がシステム化されて構成されてもよい。複数のコンピュータ装置は、LAN等によりシステム化されていてもよいし、インターネット等を利用したVPN等により遠隔地に配置されたものでもよい。複数の情報処理装置には、クラウドコンピューティングサービスによって利用可能なサーバ群(クラウド)としての情報処理装置が含まれてもよい。
In such a computer device, data and programs are uploaded and downloaded by communication through the communication unit 109. Also, data and programs can be transferred via the removable medium 111.
When the CPU 101 performs processing operations based on various programs, each device such as the information providing device 7 (shopping server 6, user terminal 4, store terminal 5, user DB 50, product DB 51, store DB 52, history DB 53, index DB 54 , The necessary information processing and communication as the cluster DB 55) are executed.
Note that the information processing apparatus that configures each device such as the information providing device 7 (shopping server 6, user terminal 4, store terminal 5, user DB 50, product DB 51, store DB 52, history DB 53, index DB 54, cluster DB 55) is illustrated in FIG. 2 is not limited to a single computer device, and a plurality of computer devices may be systematized and configured. The plurality of computer devices may be systemized by a LAN or the like, or may be remotely located by a VPN or the like using the Internet or the like. The plurality of information processing devices may include an information processing device as a server group (cloud) that can be used by a cloud computing service.

情報処理装置の各機能は、情報処理装置においてCPU101でプログラムに応じて実行される処理により実現される機能である。但し以下説明する全部または一部の各構成の処理をハードウェアにより実現してもよい。
また各機能をソフトウェアで実現する場合に、各機能がそれぞれ独立したプログラムで実現される必要はない。一つのプログラムにより複数の機能の処理が実行されてもよいし、一つの機能が複数のプログラムモジュールの連携で実現されてもよい。
また各機能は複数の情報処理装置に分散されていてもよい。更に機能の一つが、複数の情報処理装置によって実現されてもよい。
Each function of the information processing apparatus is a function realized by processing executed by the CPU 101 in the information processing apparatus according to a program. However, the processing of all or some of the components described below may be realized by hardware.
When each function is realized by software, each function does not need to be realized by an independent program. Processing of a plurality of functions may be executed by one program, or one function may be realized by cooperation of a plurality of program modules.
Each function may be distributed to a plurality of information processing devices. Further, one of the functions may be realized by a plurality of information processing devices.

<3.情報提供装置の機能構成>

情報提供装置7の具体的な構成について、図3を参照して説明する。
情報提供装置7は、指標管理部7a、クラスタ管理部7b、変化傾向検出部7c、対象ユーザ抽出部7d、情報提供部7eを備えている。
<3. Functional configuration of information providing device>

The specific configuration of the information providing device 7 will be described with reference to FIG.
The information providing device 7 includes an index managing unit 7a, a cluster managing unit 7b, a change tendency detecting unit 7c, a target user extracting unit 7d, and an information providing unit 7e.

指標管理部7aは、ユーザ及び対象物ごとのお気に入り指標を管理する。即ち、お気に入り情報を管理する。具体的には、ユーザの操作に応じて、対象物に対するお気に入り指標を算出して記憶する。なお、対象物が商品である場合には、店舗Aで販売している商品Aと店舗Bで販売している商品Aは異なるものとして扱ってもよいし、同じものとして扱ってもよい。   The index management unit 7a manages a favorite index for each user and object. That is, the favorite information is managed. Specifically, a favorite index for the object is calculated and stored according to a user operation. When the object is a product, the product A sold at the store A and the product A sold at the store B may be treated as different or the same.

クラスタ管理部7bは、ユーザのお気に入り情報に基づいてユーザクラスタUCを生成し、管理する。対象物に対する嗜好傾向が似ているユーザが同一のユーザクラスタUCに属するように管理する。   The cluster management unit 7b generates and manages a user cluster UC based on the user's favorite information. The management is performed so that the users having a similar preference tendency to the object belong to the same user cluster UC.

具体的に図4に示す一例を挙げて説明する。
図4は、ユーザU1とユーザU2の嗜好傾向が似ているか否かをどのように判定するかを説明するための図である。対象物としては、商品S1〜S7を例示している。
This will be specifically described with reference to an example shown in FIG.
FIG. 4 is a diagram for explaining how to determine whether or not the preference trends of the user U1 and the user U2 are similar. As the object, products S1 to S7 are illustrated.

例えば、商品S1については、ユーザU1のお気に入り指標が「1:無関心」とされ、ユーザU2のお気に入り指標が「3:非常にお気に入り」とされている。また、商品S1についてのユーザU1とユーザU2の嗜好傾向の距離は、算出対象外を示す「−」とされている。
嗜好傾向の距離は、ユーザU1とユーザU2の嗜好傾向が似ているほど小さな値とされ、似ていないほど大きな値とされている。
For example, for the product S1, the favorite index of the user U1 is “1: indifferent”, and the favorite index of the user U2 is “3: very favorite”. Further, the distance of the preference tendency between the user U1 and the user U2 with respect to the product S1 is set to “-” indicating that the product S1 is not to be calculated.
The distance of the preference tendency is set to a smaller value as the user U1 and the user U2 are similar, and is set to a larger value as the user U1 and the user U2 are not similar.

お気に入り指標の指標値が「1」とされた商品は、前述のようにユーザが知らないような商品であり、いわば無関心の商品である。即ち、該ユーザがその商品を気に入るか否かは不明とされた状態である。そのような状態で他ユーザと嗜好傾向が似ているか否かを判定することは適切ではないため、本例においては、算出対象外としている。   The product for which the index value of the favorite index is set to “1” is a product that the user does not know as described above, that is, a product that is indifferent. That is, it is unknown whether the user likes the product. In such a state, it is not appropriate to determine whether or not the preference tendency is similar to that of another user.

従って、図4の例では、商品S1,S2は、ユーザU1またはユーザU2のお気に入り指標の指標値が「1」とされているため、算出対象外とされている。また、商品S3,S6については、ユーザU1とユーザU2の嗜好傾向が似ている(即ち指標値が同値である)ため、距離は「0」とされている。   Therefore, in the example of FIG. 4, since the index value of the favorite index of the user U1 or the user U2 is “1”, the products S1 and S2 are not calculated. Further, for the products S3 and S6, the user U1 and the user U2 have similar tastes (that is, the index values are the same), and thus the distance is “0”.

商品S4については、ユーザU1のお気に入り指標が「3:非常にお気に入り」とされているのに対し、ユーザU2のお気に入り指標が「2:どちらかと言えばお気に入り」とされている。即ち、嗜好傾向が若干異なるため、距離は「1」とされている。   For the product S4, the favorite index of the user U1 is set to "3: very favorite", whereas the favorite index of the user U2 is set to "2: rather favorite". In other words, the distance is set to "1" because the preference tendency is slightly different.

商品S5については、ユーザU1のお気に入り指標が「3:非常にお気に入り」とされているのに対し、ユーザU2のお気に入り指標が「0:気に入らない」とされている。即ち、嗜好傾向が真逆のため、距離は「2」とされている。   For the product S5, the favorite index of the user U1 is set to "3: very favorite", whereas the favorite index of the user U2 is set to "0: dislike". That is, the distance is set to “2” because the preference tendency is exactly opposite.

商品S7については、ユーザU1,U2共にお気に入り指標が「1:無関心」とされているため、距離は算出対象外を示す「−」とされている。   For the product S7, since the favorite index is set to "1: indifferent" for both the users U1 and U2, the distance is set to "-" indicating that the user is not calculated.

商品S8については、ユーザU1のお気に入り指標が「0:気に入らない」とされており、ユーザU2のお気に入り指標が「2:どちらかと言えばお気に入り」とされている。即ち、嗜好傾向はほぼ逆のため、距離は「2」とされている。なお、後述で算出する距離があまり大きな値とならないように、「3:非常にお気に入り」と「0:気に入らない」の距離、及び、「2:どちらかと言えばお気に入り」と「0:気に入らない」の距離は共に「2」としている。
もちろん、何れか一方のユーザのお気に入り指標が「1:無関心」でない場合については、指標値の差分をそのまま距離としてもよい。
For the product S8, the favorite index of the user U1 is set to "0: dislike", and the favorite index of the user U2 is set to "2: rather favorite". That is, since the preference tendency is almost opposite, the distance is set to “2”. Note that the distance calculated below will not be a very large value, and the distance between "3: very favorite" and "0: dislike", and "2: rather favorite" and "0: dislike". Are both "2".
Of course, if the favorite index of one of the users is not “1: indifferent”, the difference between the index values may be used as the distance.

図4に示す対象物ごとの距離に応じて、ユーザU1とユーザU2の嗜好傾向の近さを判定し、嗜好傾向が近いと判定した場合には該ユーザは同一のユーザクラスタUCに分類される。
図4に示す商品S1〜S8についてのユーザU1とユーザU2の嗜好傾向の近さを平均距離として算出する場合、例えば、距離の総和(5=0+1+2+0+2)を、距離の算出対象となった商品数(5個:商品S3,S4,S5,S6,S8)で除算することにより求めてもよい。図4に示す例では、平均距離は「1(=5/5)」として算出される。
In accordance with the distance for each object shown in FIG. 4, the closeness of the preference tendency between the user U1 and the user U2 is determined. If the preference tendency is determined to be close, the user is classified into the same user cluster UC. .
When calculating the closeness of the preference tendency of the user U1 and the user U2 for the products S1 to S8 shown in FIG. 4 as the average distance, for example, the sum of the distances (5 = 0 + 1 + 2 + 0 + 2) is calculated as (5 pieces: products S3, S4, S5, S6, S8) may be obtained by dividing. In the example shown in FIG. 4, the average distance is calculated as “1 (= 5/5)”.

嗜好傾向が近いか否かを判定するための方法については、いくつかの例が考えられる。
例えば、電子商取引システム3が扱う商品全てについて図4に示すような距離をそれぞれ求め、その平均値が所定値(例えば0.2)未満である場合に二人のユーザの嗜好傾向が近いと判定してもよい。また、対象物が商品である場合には、商品を各ジャンルに分類し、ジャンルごとにユーザの嗜好傾向の近さを判定してもよい。例えば、「スポーツ」ジャンルに属する商品を対象としてそれぞれ距離を算出し、その平均値が所定値未満である場合には、「スポーツジャンルに属する商品においては、ユーザU1とユーザU2の嗜好傾向は近い」と判定してもよい。なお、平均値の比較対象である「所定値」については、予め恣意的に決定された閾値とされていてもよい。
There are several examples of a method for determining whether or not a preference tendency is close.
For example, distances as shown in FIG. 4 are obtained for all the products handled by the electronic commerce system 3, and when the average value is less than a predetermined value (for example, 0.2), it is determined that the preference tendency of the two users is close. May be. When the target object is a product, the product may be classified into each genre, and the proximity of the user's preference tendency may be determined for each genre. For example, distances are calculated for products belonging to the “sports” genre, respectively, and if the average value is less than a predetermined value, the user U1 and the user U2 have similar preferences for products belonging to the sports genre. May be determined. Note that the “predetermined value” to be compared with the average value may be a threshold arbitrarily determined in advance.

また、他にも、対象物が店舗である場合には、同一のジャンルに属する商品を販売している商店群について、ユーザ同士の嗜好傾向の近さを判定してもよい。例えば、スポーツ用品を販売している店舗群について、ユーザU1とユーザU2の嗜好傾向の近さを判定する。   In addition, when the target object is a store, it may be possible to determine the closeness of the preference tendency between users with respect to a group of stores selling products belonging to the same genre. For example, with respect to a group of stores selling sporting goods, it is determined how close the user U1 and the user U2 are to preference.

対象物がジャンルである場合、「スポーツ」という大ジャンルに「サッカー」、「野球」、「ゴルフ」、「水泳」などの小ジャンルが紐付けられた階層構造とし、小ジャンルについてのユーザ同士の嗜好傾向の近さに応じて大ジャンルの嗜好傾向が似ているか否かを判定してもよい。   When the target object is a genre, a hierarchical structure in which a small genre such as "soccer", "baseball", "golf", and "swimming" is linked to a large genre of "sports" is provided. It may be determined whether or not the preferences of the large genre are similar according to the proximity of the preferences.

ユーザクラスタUCの一つ一つには、そのユーザクラスタUCの嗜好傾向を特徴付けるための基準モデルが設定されていてもよい。基準モデルは、例えば、各商品についてお気に入り指標の集合体として設定される。   For each of the user clusters UC, a reference model for characterizing the preference tendency of the user cluster UC may be set. The reference model is set, for example, as a collection of favorite indexes for each product.

基準モデルは、当該ユーザクラスタUCに属する代表ユーザの嗜好傾向であってもよい。その場合には、代表ユーザと嗜好傾向が似ているユーザが同一のユーザクラスタUCに分類される。
例えば、図4のユーザU1が基準モデルとされた場合には、商品S2のお気に入り指標が「2」とされ、商品S3,S4,S5についてのお気に入り指標がそれぞれ「3」とされ、商品S6,S8についてのお気に入り指標がそれぞれ「0」とされる。ユーザU1のお気に入り指標が「1」とされた各商品(商品S1,S7)については、ユーザU1と同一ユーザクラスタに属する他のユーザの嗜好傾向に基づいて設定されてもよい。
The reference model may be a preference tendency of a representative user belonging to the user cluster UC. In that case, users having similar tastes to the representative user are classified into the same user cluster UC.
For example, when the user U1 of FIG. 4 is used as the reference model, the favorite index of the product S2 is set to “2”, the favorite indexes of the products S3, S4, and S5 are set to “3”, respectively, and the product S6 is set. The favorite index for S8 is set to “0”. Each product (products S1 and S7) for which the favorite index of the user U1 is set to “1” may be set based on a preference tendency of another user belonging to the same user cluster as the user U1.

なお、上記のように、無関心な状態を表す指標値を設けること、及び、二人のユーザの嗜好傾向が似ているか否かを判定する際にいずれかのユーザが無関心な商品、即ち評価値が「1」とされた商品については、距離の平均値の算出に用いないことにより、ユーザ間の嗜好傾向の類似度合いを適切に算出することができる。   In addition, as described above, providing an index value indicating an indifferent state, and determining whether two users are similar in taste tendency, a product in which either user is indifferent, that is, an evaluation value Is not used for calculating the average value of the distance, it is possible to appropriately calculate the degree of similarity of the preference tendency between the users.

変化傾向検出部7cは、一つのユーザクラスタUCに属するユーザの嗜好傾向の変化の傾向を検出する処理を行う。   The change tendency detection unit 7c performs a process of detecting a change tendency of a preference tendency of a user belonging to one user cluster UC.

対象ユーザ抽出部7dは、変化傾向検出部7cによってあるユーザクラスタUC内の変化傾向が検出された場合において、変化傾向が見られたユーザとそうでないユーザを判定する。更に、変化傾向が見られないユーザを情報提供の対象者である「対象ユーザ」として抽出する処理を行う。   When the change tendency detection unit 7c detects a change tendency in a certain user cluster UC, the target user extraction unit 7d determines a user who has seen a change tendency and a user who does not. Further, a process of extracting a user who does not see a change tendency as a “target user” who is a target of information provision is performed.

具体的に説明する。例えば、あるユーザクラスタUC1に属する各ユーザのうち一定割合のユーザについて、所定期間(例えば1週間)の間に商品S1についてのお気に入り指標が「1:無関心」とされている状態から、「3:非常にお気に入り」とされている状態へと変化した場合について考える。
変化傾向検出部7cは、このような変化傾向を検出する。即ち、ユーザクラスタUC1に属するユーザの間では商品S1の人気が急上昇していることを検出する。更に、対象ユーザ抽出部7dは、ユーザクラスタUC1に属する各ユーザについて、商品S1のお気に入り指標が「3」になっていないユーザ、換言すれば「2」以下のユーザを情報提供の「対象ユーザ」として抽出する。
This will be specifically described. For example, for a certain percentage of users belonging to a certain user cluster UC1, from a state in which the favorite index of the product S1 is "1: indifferent" for a predetermined period (for example, one week), "3: Consider a case where the status changes to a status of "very favorite".
The change tendency detection unit 7c detects such a change tendency. That is, it is detected that the popularity of the product S1 is rapidly increasing among the users belonging to the user cluster UC1. Further, the target user extraction unit 7d determines, for each user belonging to the user cluster UC1, a user whose favorite index of the product S1 is not “3”, in other words, a user whose “2” or less is a “target user” for information provision. Extract as

情報提供部7eは、抽出されたユーザに対する情報提供を行うための各種処理を行う。具体的には、情報提供の手段に応じて提供情報の生成を行い、ユーザに対して適切な手段で送信する。
例えば、情報提供の手段として電子メールを用いることが考えられる。上記の例を用いると、対象物である商品S1の情報を含む電子メールデータを生成する処理を行い、ユーザに送信する処理を行う。電子メールの送信は、送信予約を設定することにより、適切な時間帯にユーザに配信されるようにしてもよい。
The information providing unit 7e performs various processes for providing information to the extracted user. Specifically, information to be provided is generated according to the information providing means, and transmitted to the user by an appropriate means.
For example, it is conceivable to use electronic mail as a means for providing information. When the above example is used, processing for generating e-mail data including information on the product S1 as the target is performed, and processing for transmitting the data to the user is performed. The transmission of the electronic mail may be delivered to the user at an appropriate time zone by setting a transmission reservation.

また、情報提供の手段として、ユーザが閲覧しているウェブページ上に電子商取引システム3が提供する各種サービスに関する広告を掲示することが考えられる。上記の例を用いると、ユーザクラスタUC1に属するユーザのうち対象ユーザがウェブページを閲覧している状態において、使用しているユーザ端末4から広告情報の送信要求を受信する。情報提供部7eは、該要求の受信に応じて、対象物である商品S1の情報を含む広告情報を抽出し、ユーザ端末4へ送信する処理を行う。   As a means for providing information, it is conceivable to post advertisements related to various services provided by the electronic commerce system 3 on a web page viewed by a user. Using the above example, in a state where the target user among the users belonging to the user cluster UC1 is browsing a web page, a request for transmitting advertisement information is received from the user terminal 4 in use. In response to receiving the request, the information providing unit 7e performs a process of extracting the advertisement information including the information of the target product S1 and transmitting the advertisement information to the user terminal 4.

更に、例えば電子商取引システム3が管理するポータルサイトのトップページに来訪したユーザに合わせてお勧め商品を表示する表示欄が設けられている場合には、該表示欄に提供情報を掲示してもよい。上記の例であれば、来訪したユーザがユーザクラスタUC1に属する対象ユーザである場合に、対象物である商品S1の情報を該お勧め商品表示欄に掲示する。   Further, for example, when a display column for displaying recommended products is provided according to a user who has visited the top page of the portal site managed by the electronic commerce system 3, the provided information may be displayed in the display column. Good. In the above example, when the visiting user is a target user belonging to the user cluster UC1, information on the target product S1 is posted in the recommended product display column.

また、電子商取引システム3が提供する各種サービスを利用するためにユーザ端末4に搭載されたソフトウェア(以降「端末アプリ」と記載)をユーザが利用する場合について考える。このような場合においては、端末アプリに設けられた所定のボタン等の操作子(例えば「お勧め情報を見る」ボタン)をユーザが操作したことに応じて、対象物である商品S1の情報をユーザに提示してもよい。
他にも、ユーザが対象物に関連した他の商品(同じジャンルに属する商品や販売店舗が同一である商品や関連性の高い商品など)についての情報を閲覧した際に、別ウィンドウを表示させることにより対象物である商品S1の情報を提供してもよい。
Also, consider a case where a user uses software (hereinafter referred to as a “terminal application”) installed in a user terminal 4 to use various services provided by the electronic commerce system 3. In such a case, the information of the product S1 as the target object is changed in response to the user operating an operator (for example, a “view recommended information” button) such as a predetermined button provided in the terminal application. It may be presented to the user.
In addition, another window is displayed when the user browses information on other products related to the target object (products belonging to the same genre, products having the same sales store, and products with high relevance). Thereby, information on the product S1 as the target object may be provided.

<4.DB>

電子商取引システム3が管理する各種DBについて説明する。

[4−1.ユーザDB]
ユーザDB50には電子商取引システム3が提供する各種サービスを利用するユーザの情報が記憶される。例えば、一人のユーザを特定可能な一つのユーザID(Identification)に対して、ログインパスワード、氏名、年齢、性別、年収、住所、メールアドレス、趣味などの個人的な情報が紐付けられて記憶される。また、決済情報や商品の購入履歴、商品のお気に入り登録情報などが記憶されてもよい。購入履歴や閲覧歴の詳細については、別途履歴DB53に記憶される。また、お気に入り情報の詳細については、別途指標DB54に記憶される。
<4. DB>

Various DBs managed by the electronic commerce system 3 will be described.

[4-1. User DB]
The user DB 50 stores information of users who use various services provided by the electronic commerce system 3. For example, personal information such as a login password, name, age, gender, annual income, address, e-mail address, and hobby are stored in association with one user ID (Identification) that can identify one user. You. In addition, payment information, product purchase history, product favorite registration information, and the like may be stored. The details of the purchase history and the browsing history are separately stored in the history DB 53. The details of the favorite information are separately stored in the index DB 54.

[4−2.商品DB]
商品DB51には、電子商取引システム3を利用して売買が可能な各商品についての情報が記憶される。例えば、商品を一意に識別可能な商品IDに対して、商品ジャンル、商品画像、製造者(メーカー)情報、製造者によって付与される型番情報、販売開始日、取扱商品提供者情報、在庫情報などが紐付けられて記憶される。
商品画像の情報は、画像データそのものでもよいし、保存されている画像データのリンク情報として、URL(Uniform Resource Locator)情報でもよい。
また、商品DB51には、上記以外にも、生産地や商品のスペック(色、大きさ、性能情報)などが記憶されてもよい。
[4-2. Product DB]
The product DB 51 stores information about each product that can be bought and sold using the electronic commerce system 3. For example, for a product ID capable of uniquely identifying a product, a product genre, a product image, manufacturer (manufacturer) information, a model number information provided by the manufacturer, a sales start date, a handled product provider information, stock information, and the like. Is linked and stored.
The product image information may be the image data itself, or URL (Uniform Resource Locator) information as link information of the stored image data.
In addition, the product DB 51 may store, in addition to the above, a production location, product specifications (color, size, performance information), and the like.

[4−3.店舗DB]
店舗DB52は、電子商取引システム3を利用して商品を販売する店舗や買い取りを行う店舗の情報が記憶される。
例えば、店舗を一意に特定可能な店舗IDに対して、ジャンル情報、販売商品情報、代表者情報、連絡先情報などが記憶される。
[4-3. Store DB]
The store DB 52 stores information on stores that sell products and stores that make purchases using the electronic commerce system 3.
For example, genre information, sales product information, representative information, contact information, and the like are stored for a store ID that can uniquely specify a store.

[4−4.履歴DB]
履歴DB53には、ユーザの操作に関する各種履歴(購入履歴や閲覧履歴など)が記憶される。
具体的には、ユーザが行った操作ごとに、履歴ID、操作種別、操作対象(「購入操作」や「閲覧操作」であれば対象となった商品ID、「ユーザ情報変更操作」であれば変更対象となった項目名など)、操作日時、操作結果(「ログイン操作」であればログイン可否、「ユーザ情報変更操作」であれば変更可否、「購入操作」であれば購入したのかキャンセルしたのかを示す情報)などが記憶される。
[4-4. History DB]
The history DB 53 stores various histories related to user operations (such as purchase histories and browsing histories).
Specifically, for each operation performed by the user, a history ID, an operation type, and an operation target (a target product ID for a “purchase operation” or a “browsing operation”, and a target user ID for a “user information change operation” Changed item name, etc., operation date and time, operation result ("Login operation" indicates whether login is possible, "User information change operation" indicates whether change is possible, and "Purchase operation" indicates whether the user has purchased or canceled. Is stored.

[4−5.指標DB]
指標DB54には、ユーザのお気に入り情報が記憶される。お気に入り情報は、商品、店舗或いはジャンルのような対象物ごとのお気に入り指標の情報である。お気に入り情報は、ユーザ毎に記憶される。
以下の例においては、前述のように、お気に入り度合いを0〜3の4段階で表したお気に入り指標を用いる。お気に入り指標は、お気に入り度合いが高いほど高い数値(指標値)とされる。お気に入り指標が「1」とされた対象物は、ユーザが無関心な対象物であることを示す。
[4-5. Index DB]
The index DB 54 stores user favorite information. The favorite information is information of a favorite index for each object such as a product, a store, or a genre. Favorite information is stored for each user.
In the following example, as described above, a favorite index indicating the degree of favorite in four stages of 0 to 3 is used. The favorite index is set to a higher numerical value (index value) as the degree of favorite is higher. An object for which the favorite index is set to “1” indicates that the user is an indifferent object.

[4−6.クラスタDB]
クラスタDB55には、ユーザクラスタUCの情報が記憶される。
ユーザクラスタ情報は、一つのユーザクラスタUCを一意に特定可能なユーザクラスタIDに対して、所属ユーザ情報、嗜好傾向の情報などが紐づけられて記憶されている。
[4-6. Cluster DB]
The cluster DB 55 stores information on the user cluster UC.
The user cluster information is stored in association with a user cluster ID capable of uniquely specifying one user cluster UC, belonging user information, information on a preference tendency, and the like.

嗜好傾向の情報は、前述したように、基準モデルの情報などである。具体的には、そのユーザクラスタUCにおいて標準的な嗜好傾向を持つユーザを一人特定し、該ユーザの嗜好傾向(お気に入り情報)を基準モデルとして採用してもよい。
As described above, the information on the preference tendency is information on the reference model. Specifically, one user having a standard preference tendency in the user cluster UC may be specified, and the user's preference tendency (favorite information) may be adopted as a reference model.

[4−7.DBの態様]
これらの各DB(ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)は、電子商取引システム3を構成する各情報処理装置が必要に応じてアクセス可能とされていればどのような形態で実現されていてもよい。例えば電子商取引システム3と同一システム内の記憶部に各DB(ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)のすべてが形成されていてもよいし、各DB(ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)の一部又は全部が別体、遠隔地等のコンピュータシステムに設けられていてもよい。もちろん各DB(ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)が一つの装置(例えば一つのHDD等)内に形成されている必要はない。また各DB(ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)のそれぞれが、それぞれ一つのDBとして構成される必要もない。例えばユーザDB50に記憶される情報が、複数のユーザDB(例えばログイン用のユーザDBとユーザの属性情報が記憶されるユーザDBなど)により記憶管理されてもよい。以下説明する各DB(ユーザDB50、商品DB51、店舗DB52、履歴DB53、指標DB54、クラスタDB55)は、実施の形態の処理に関連する情報の記憶部を、それぞれ一つのDBの形態で例示したものに過ぎない。
[4-7. DB Mode]
Each of these DBs (user DB 50, product DB 51, store DB 52, history DB 53, index DB 54, cluster DB 55) can be accessed by each information processing apparatus constituting the electronic commerce system 3 as necessary. It may be realized in any form. For example, all the DBs (user DB 50, product DB 51, store DB 52, history DB 53, index DB 54, cluster DB 55) may be formed in a storage unit in the same system as the electronic commerce system 3, or each DB (user DB 50) , A product DB 51, a store DB 52, a history DB 53, an index DB 54, a cluster DB 55) may be provided in a computer system such as a separate or remote location. Of course, each DB (user DB 50, product DB 51, store DB 52, history DB 53, index DB 54, cluster DB 55) need not be formed in one device (for example, one HDD). Further, each of the DBs (the user DB 50, the product DB 51, the store DB 52, the history DB 53, the index DB 54, and the cluster DB 55) does not need to be configured as one DB. For example, the information stored in the user DB 50 may be stored and managed by a plurality of user DBs (for example, a user DB for log-in and a user DB for storing user attribute information). Each DB (user DB 50, product DB 51, store DB 52, history DB 53, index DB 54, cluster DB 55) described below exemplifies a storage unit of information related to the processing of the embodiment in a form of one DB. It's just

<5.第1の実施の形態>

[5−1.全体の流れ]
ユーザが行う操作に基づいて電子商取引システム3の各情報処理端末が実行する処理について説明する。
一連の処理の流れについて、図5に一例を挙げて説明する。
<5. First Embodiment>

[5-1. Overall flow]
A process executed by each information processing terminal of the electronic commerce system 3 based on an operation performed by the user will be described.
FIG. 5 illustrates an example of a flow of a series of processing.

先ず、ユーザは、ユーザ端末4を用いて、ログインページを表示させる操作を行う。これに応じて、ユーザ端末4はステップS101で、ログインページ情報要求処理を実行する。ログインページ情報要求処理は、ログインを実行するためのウェブページ情報を要求する処理である。
ユーザ端末4から電子商取引システム3へログインページ情報要求が送信されると、電子商取引システム3はステップS201において、ログインページ情報送信処理を実行する。
これにより、例えば、電子商取引システム3から受信したECサイトへのログインページ情報(ウェブページデータ)に応じたウェブページがユーザ端末4上に表示される。
First, the user performs an operation of displaying a login page using the user terminal 4. In response, the user terminal 4 executes a login page information request process in step S101. The login page information request process is a process for requesting web page information for executing login.
When the login page information request is transmitted from the user terminal 4 to the e-commerce system 3, the e-commerce system 3 executes a login page information transmission process in step S201.
Thereby, for example, a web page corresponding to the login page information (web page data) for the EC site received from the electronic commerce system 3 is displayed on the user terminal 4.

次に、ユーザ端末4はステップS102において、ユーザによって入力されたログイン情報(ユーザIDとパスワード)を電子商取引システム3へ送信するログイン情報送信処理を実行する。ユーザ端末4から電子商取引システム3へログイン情報が送信されると、電子商取引システム3はステップS202において認証処理を実行し、続くステップS203においてログイン履歴をDBに記憶する処理を行う。更に、電子商取引システム3はステップS204において、認証結果通知処理を実行する。   Next, in step S102, the user terminal 4 executes a login information transmission process of transmitting the login information (user ID and password) input by the user to the electronic commerce system 3. When the login information is transmitted from the user terminal 4 to the electronic commerce system 3, the electronic commerce system 3 executes an authentication process in step S202, and performs a process of storing the login history in the DB in step S203. Further, in step S204, the electronic commerce system 3 executes an authentication result notification process.

具体的には、電子商取引システム3は、ユーザ端末4上で入力されたユーザIDとパスワードをユーザDB50に記憶された情報と比較して当該ユーザのログイン可否を判定し、認証結果をユーザ端末4へ通知する。尚、認証結果をユーザ端末4へ返すと共に、ECサイトのトップページのウェブページデータを送信してもよい。これにより、ユーザ認証がなされると共に、ユーザ端末4上にECサイトのトップページが表示される。
尚、図5に示す一連の流れは、ステップS202の認証処理においてログイン可と判定された場合を示している。ステップS202においてログイン不可と判定した場合は、ユーザ端末4は再度ステップS102の処理を実行し、これに応じて電子商取引システム3はステップS202の処理を実行する。
Specifically, the e-commerce system 3 compares the user ID and the password input on the user terminal 4 with information stored in the user DB 50 to determine whether or not the user can log in. Notify to The authentication result may be returned to the user terminal 4 and the web page data of the top page of the EC site may be transmitted. Thereby, user authentication is performed, and the top page of the EC site is displayed on the user terminal 4.
Note that a series of flows shown in FIG. 5 show a case where it is determined that the login is permitted in the authentication processing in step S202. If it is determined in step S202 that the login is not possible, the user terminal 4 executes the processing of step S102 again, and in response thereto, the e-commerce system 3 executes the processing of step S202.

ECサイトへのログインに成功したユーザは、ECサイトを利用するための各種操作を行う。これに応じて、ユーザ端末4はステップS103で、各種操作を受け付ける。ステップS103の処理では、ユーザが行った操作種別に応じて各種の情報が電子商取引システム3へ送信される。例えば、商品の検索をユーザが行った場合には、検索クエリなどの情報が電子商取引システム3へ送信される。また、商品ページを閲覧するための操作を行った場合には、ユーザが所望する商品ページを特定するための情報が電子商取引システム3へ送信される。   A user who has successfully logged in to the EC site performs various operations for using the EC site. In response, the user terminal 4 receives various operations in step S103. In the process of step S103, various information is transmitted to the electronic commerce system 3 according to the type of operation performed by the user. For example, when a user searches for a product, information such as a search query is transmitted to the electronic commerce system 3. When an operation for browsing the product page is performed, information for specifying the product page desired by the user is transmitted to the electronic commerce system 3.

電子商取引システム3では、ステップS103におけるユーザの操作に応じて適切な処理を行う。具体的には、商品の検索操作に応じた検索処理や通知処理、商品ページの閲覧操作に応じたウェブページ情報取得処理や送信処理などを行う。なお、図5においては、これらの処理は省略している。
図5では、ユーザの各種操作に応じて電子商取引システム3の情報提供装置7が実行する各処理をステップS205乃至S207で示している。具体的に説明する。
In the electronic commerce system 3, appropriate processing is performed according to the operation of the user in step S103. Specifically, a search process and a notification process according to a product search operation, a web page information acquisition process and a transmission process according to a product page browsing operation, and the like are performed. In FIG. 5, these processes are omitted.
In FIG. 5, each process executed by the information providing device 7 of the electronic commerce system 3 according to various operations of the user is shown in steps S205 to S207. This will be specifically described.

ステップS205では、ユーザ操作に基づいてお気に入り指標の変更を行う。また、ステップS206では、ユーザクラスタ情報の変更を行う。更にステップS207では、変更されたお気に入り指標やユーザクラスタ情報に応じた情報提供を行う。   In step S205, the favorite index is changed based on the user operation. In step S206, the user cluster information is changed. Further, in step S207, information is provided in accordance with the changed favorite index and user cluster information.

ユーザ端末4では、ステップS104において、提供された情報を表示させるための処理を行う。これによって、ユーザは電子商取引システム3の情報提供装置7から受信した情報を閲覧することができる。
以降では、ステップS205乃至S207の各処理について、具体的に説明する。
In step S104, the user terminal 4 performs a process for displaying the provided information. Thereby, the user can browse the information received from the information providing device 7 of the electronic commerce system 3.
Hereinafter, each process of steps S205 to S207 will be specifically described.

[5−2.お気に入り指標変更処理]
お気に入り指標変更処理は、ユーザの操作に応じてお気に入り指標の指標値の変更を行うための処理である。
具体的に、図6を参照して説明する。なお、以降の説明においては、お気に入り指標の指標値を単に「指標値」とも記載する。
[5-2. Favorite index change processing]
The favorite index change process is a process for changing the index value of the favorite index according to a user operation.
This will be specifically described with reference to FIG. In the following description, the index value of the favorite index is simply described as “index value”.

情報提供装置7はステップS301で、ユーザが行った操作の種別を特定する処理を行う。ユーザが行った操作とは、図5のステップS103でユーザ端末4が受け付けたユーザの操作である。以降の説明では、操作を行ったユーザを「操作ユーザ」と記載する。
操作種別としては、例えば、商品ページの閲覧操作、商品購入操作、商品をショッピングカートへ追加する操作、商品や店舗を検索するための操作、商品や店舗或いはジャンル(対象物)をお気に入りに登録する操作などが考えられる。
In step S301, the information providing device 7 performs a process of specifying the type of operation performed by the user. The operation performed by the user is the user operation received by the user terminal 4 in step S103 of FIG. In the following description, the user who has performed the operation will be referred to as “operation user”.
As the operation type, for example, an operation of browsing a product page, a product purchase operation, an operation of adding a product to a shopping cart, an operation of searching for a product or a store, and registering a product, a store, or a genre (object) as a favorite. Operation is conceivable.

情報提供装置7はステップS302で、対象物を特定する処理を行う。例えば、操作ユーザが行った操作が商品ページの閲覧操作である場合、該商品を対象物として特定する。また、商品が属するジャンルを更に対象物としてもよい。即ち対象物は一つとは限らない。
ジャンルは、「スポーツ用品」などの大きなジャンルであってもよいし、「ゴルフ用品」のように細かなジャンルであってもよい。また、更に細分化された「ゴルフのアイアンセット」などのジャンルであってもよい。
また、操作ユーザが行った操作が店舗ページの閲覧操作である場合、該店舗を対象物として特定すると共に、店舗が販売している商品ジャンルを更に対象物としてもよい。
In step S302, the information providing device 7 performs a process of specifying the target. For example, when the operation performed by the operating user is a browsing operation of a product page, the product is specified as an object. Further, the genre to which the product belongs may be further set as the target object. That is, the number of objects is not limited to one.
The genre may be a large genre such as “sports equipment” or a fine genre such as “golf equipment”. Further, the genre may be a subdivided genre such as "golf iron set".
When the operation performed by the operating user is a browsing operation of a store page, the store may be specified as an object, and the product genre sold by the store may be further set as the object.

情報提供装置7はステップS303で、履歴情報を取得する。この処理では、操作ユーザの閲覧履歴や購入履歴の情報などを履歴DB53から取得する。
続いて、情報提供装置7はステップS304で、対象物に対する操作ユーザの指標値を算出する。このとき、ステップS303で取得した履歴情報を参照する。
The information providing device 7 acquires the history information in step S303. In this process, information such as the browsing history and purchase history of the operating user is acquired from the history DB 53.
Subsequently, in step S304, the information providing device 7 calculates an index value of the operating user for the target object. At this time, the history information acquired in step S303 is referred to.

具体的な例を説明する。なお、操作前における対象物についての操作ユーザの指標値が「1」である場合を例に挙げる。
例えば、直近の10分などの所定期間内に同一の商品ジャンルに属する複数の商品の商品ページを閲覧していた場合には、該商品ジャンルに対する興味関心が著しく向上していると判定し、指標値に反映させる。即ち、当該ジャンルの指標値を、無関心を表す「1」から「3」へと変更する。
また、例えば、直近の10分などの所定期間内において、対象物と同一の商品ジャンルに属する他の商品の商品ページを閲覧していなかった場合、該商品ジャンルに対する興味関心が著しく向上しているとは言い切れないため、当該ジャンルの指標値を無関心を表す「1」から「2」へと変更する。なお、一度の指標値の変更処理においては、指標値の変動が「1」となるように構成してもよい。即ち、同一商品ジャンルの商品ページを所定期間内に所定回数閲覧していた場合に、指標値を「1」から「2」へと変更するように構成してもよい。
A specific example will be described. An example in which the index value of the operating user regarding the target object before the operation is “1” will be described.
For example, if the user has browsed the product pages of a plurality of products belonging to the same product genre within a predetermined period such as the latest 10 minutes, it is determined that interest in the product genre has significantly increased, and the index Reflect on the value. That is, the index value of the genre is changed from “1” indicating indifference to “3”.
Further, for example, if the user has not browsed a product page of another product belonging to the same product genre as the target object within a predetermined period such as the latest 10 minutes, the interest in the product genre has significantly increased. Therefore, the index value of the genre is changed from "1" indicating indifference to "2". In a single index value change process, the index value may be changed to “1”. That is, the index value may be changed from “1” to “2” when a product page of the same product genre has been browsed a predetermined number of times within a predetermined period.

また、購入履歴に基づいて指標値を算出することも考えられる。例えば、あるジャンルに属する商品を所定期間内に複数回購入している場合には、当該ジャンルの指標値を「1」から「3」へと変更する。また、所定期間内にあるジャンルに属する商品を一つ購入している場合には、当該ジャンルの指標値を「1」から「2」へと変更する。
更には、定期的に購入している商品がある場合には、該商品についての指標値を上昇させることが考えられる。また、定期的に購入していた商品を購入しなくなった場合には、該商品についての指標値を減少させることが考えられる。
It is also conceivable to calculate an index value based on a purchase history. For example, when a product belonging to a certain genre is purchased a plurality of times within a predetermined period, the index value of the genre is changed from “1” to “3”. In addition, when one product belonging to a certain genre is purchased within a predetermined period, the index value of the genre is changed from “1” to “2”.
Further, when there is a commodity that is regularly purchased, it is conceivable to increase the index value of the commodity. Further, when the commodity that has been regularly purchased is no longer purchased, the index value of the commodity may be reduced.

また、ある商品ページを頻繁に閲覧している場合などは、当該商品についての指標値を上昇させることが考えられるが、それに伴い、該商品に類似した他商品についての指標値も上昇させてもよい。例えば、閲覧された商品の指標値を「3」へ変更すると共に、類似した他商品の指標値を「2」へ変更してもよい。   In addition, when a certain product page is frequently viewed, it is conceivable to increase the index value of the product. However, it is also possible to increase the index value of another product similar to the product. Good. For example, the index value of the browsed product may be changed to “3”, and the index value of another similar product may be changed to “2”.

即ち、ステップS304では、購入回数や購入頻度、或いは閲覧回数や閲覧頻度に応じて指標値を算出することが望ましい。
このような処理をステップS304で行うことにより、履歴に応じて対象物の嗜好を推定し、適切な指標値を算出する処理を行う。
なお、履歴情報を参照する際に、操作が行われた時間情報を元に重み付けを行うことにより、直近に行われた操作ほど指標値の算出に大きな影響を及ぼすようにしてもよい。
That is, in step S304, it is desirable to calculate the index value according to the number of purchases and the purchase frequency, or the number of times of browsing and the frequency of browsing.
By performing such a process in step S304, a process of estimating the preference of the target object according to the history and calculating an appropriate index value is performed.
When referring to the history information, weighting may be performed based on the time information at which the operation was performed, so that the more recently performed operation has a greater influence on the calculation of the index value.

他にもユーザの操作がお気に入り登録を能動的に行うための操作であるか、或いはお気に入り登録が非能動的に行われてしまう操作であるかに基づいて指標値を算出してもよい。
例えば、ある商品をお気に入り登録することを意図してユーザが行った操作を能動的操作と定義する。逆に、ユーザがある商品を購入するための購入操作を行ったことに応じて意図せず購入商品がお気に入り登録されてしまうような場合は、該購入操作を非能動的操作と定義する。
この場合に、能動的操作によってお気に入り登録される場合やお気に入り指標を上昇させる場合は、非能動的操作によってお気に入り登録される場合やお気に入り指標を上昇させる場合に比べて指標値の増加幅を大きくすることが考えられる。具体的には、ある商品の指標値が無関心を表す「1」とされているユーザがお気に入り登録についての能動的操作を行った場合は、指標値を「3」へと変更する。一方、当該ユーザがお気に入り登録についての非能動的操作を行った場合は、指標値を最高値の「3」よりも低い「2」へと変更する。
Alternatively, the index value may be calculated based on whether the user operation is an operation for actively performing favorite registration or an operation for performing favorite registration inactively.
For example, an operation performed by a user with the intention of registering a certain product as a favorite is defined as an active operation. Conversely, if the purchased product is unintentionally registered as a favorite in response to the user performing a purchase operation for purchasing a product, the purchase operation is defined as an inactive operation.
In this case, when the favorite is registered by the active operation or when the favorite index is increased, the increment of the index value is increased as compared with the case where the favorite is registered or the favorite index is increased by the inactive operation. It is possible. Specifically, when a user whose index value of a certain product is set to “1” indicating indifference performs an active operation for favorite registration, the index value is changed to “3”. On the other hand, when the user has performed an inactive operation for favorite registration, the index value is changed to “2”, which is lower than the maximum value “3”.

情報提供装置7はステップS305において、ステップS304で算出した指標値が最高値(=3)であるか否かを判定する。算出した指標値が最高値である場合、情報提供装置7はステップS306で、操作ユーザのお気に入り情報の中で指標値が最高値とされた対象物が所定数(例えば10個)あるか否かを判定する。この判定処理では、今回の処理対象とされている商品以外に指標値が最高値とされた対象物が10個以上であるかを判定してもよいし、所定数を11個として今回の処理対象とされている商品も含めて指標値が最高値とされた対象物が11個以上あるかを判定してもよい。   In step S305, the information providing device 7 determines whether the index value calculated in step S304 is the highest value (= 3). If the calculated index value is the highest value, the information providing apparatus 7 determines in step S306 whether there is a predetermined number (for example, 10) of objects having the highest index value in the favorite information of the operating user. Is determined. In this determination processing, it may be determined whether there are 10 or more objects having the highest index value other than the product being processed this time, or if the predetermined number is 11 and the current processing is performed. It may be determined whether or not there are 11 or more objects having the highest index values, including the target product.

指標値が最高値に設定された対象物が所定数以上あると判定した場合、情報提供装置7はステップS307で、入替処理を行う。入替処理では、最高値の指標値が設定された対象物の一つを選択し、指標値を1段階下げる(即ち「3」から「2」へ変更)処理を行う。これによって、今回の対象物の指標値が最高値に設定されると共に、最高値に指標値が設定された対象物の総数を所定数以下に抑える。   When it is determined that the number of objects whose index values are set to the maximum value is equal to or more than the predetermined number, the information providing device 7 performs a replacement process in step S307. In the replacement process, one of the objects for which the highest index value is set is selected, and the index value is lowered by one level (that is, changed from “3” to “2”). As a result, the index value of the current object is set to the highest value, and the total number of objects whose index values are set to the highest value is suppressed to a predetermined number or less.

指標値が最高値とされた対象物が増えすぎてしまうと、ユーザに適切な情報提供を行う場合に、何れの対象物についての情報を提供するかを決定するための処理負担が増加してしまう虞がある。また、指標値が最高値とされた対象物の数だけ情報提供を行うとした場合には、ユーザへの情報提供が増えすぎてしまい、ユーザが煩わしさを感じてしまう虞が生じる。また、本当にユーザが気に入った商品が分からないということも考えられる。
図6に示すステップS305乃至S307の各処理を行うことにより、指標値が最高値に設定された対象物が所定数以下とされるため、適切な情報提供を行うことが容易となる。
If the number of objects having the highest index value increases too much, the processing load for determining which object to provide information to when providing appropriate information to the user increases. There is a possibility that it will end up. If information is provided by the number of objects having the highest index value, information provision to the user will increase too much, and the user may feel troublesome. It is also conceivable that the user does not really know the product he liked.
By performing the processes of steps S305 to S307 shown in FIG. 6, the number of objects whose index values are set to the maximum value is equal to or less than a predetermined number, so that appropriate information can be easily provided.

なお、ステップS307の入替処理において指標値を「3」から「2」へ下げる対象物の選択方法については各種考えられる。
例えば、ユーザの操作の中には、商品購入操作のように、対象物のお気に入り指標を上昇させるものが含まれる。このような操作には、操作対象とされた対象物が存在する。操作が行われた時間が直近であるほど、該操作の対象とされた対象物における現時点でのお気に入り度合いが高いと推測可能である。換言すれば、該操作が行われた時間が古いほど、対象物における現時点でのお気に入り度合いが低くなっている可能性がある。従って、ある対象物についてお気に入り指標を上昇させる操作が最後に行われた時間が最も古い対象物をステップS307で選択することが考えられる。
It should be noted that in the replacement process in step S307, various methods for selecting an object to lower the index value from “3” to “2” are conceivable.
For example, the operation of the user includes an operation of increasing the favorite index of the target object, such as a product purchase operation. Such an operation includes an object to be operated. It can be inferred that the closer to the last time the operation was performed, the higher the current favorite level of the target object of the operation is. In other words, there is a possibility that the older the time at which the operation was performed, the lower the current favorite level of the object. Therefore, it is conceivable to select the target object in step S307 that has the oldest time when the operation of raising the favorite index for the target object is last performed.

他にも、お気に入り指標を上昇させる操作にランク付けを行い、お気に入り指標を上昇させる度合いが大きい操作の対象とされた対象物は、ステップS307における選択対象から省くことが考えられる。換言すれば、お気に入り指標を上昇させる度合いが少ない操作の対象にしかなっていない対象物がステップS307における選択対象とされる。   In addition, it is conceivable that the operation for increasing the favorite index is ranked, and the object that is the target of the operation with a high degree of increasing the favorite index is excluded from the selection targets in step S307. In other words, an object that is only an operation target with a small degree of increasing the favorite index is selected as the selection target in step S307.

情報提供装置7はステップS308で、対象物と新たに設定された指標値の対応関係を指標DB54に記憶する。
また、ステップS305で指標値が最高値でないと判定した場合や、ステップS306で指標値が最高値とされた対象物が所定数未満と判定した場合は、ステップS307の入替処理を行わずにステップS308の記憶処理を行う。即ち、今回の操作の対象物に関する指標値が更新される。
In step S308, the information providing device 7 stores the correspondence between the target object and the newly set index value in the index DB 54.
If it is determined in step S305 that the index value is not the highest value, or if it is determined in step S306 that the number of objects having the highest index value is less than the predetermined number, the process proceeds to step S307 without performing the replacement process. The storage processing of S308 is performed. That is, the index value related to the target object of the current operation is updated.

[5−3.クラスタ情報変更処理]
情報提供装置7は、図5のステップS205のお気に入り指標変更処理を実行した後、ステップS206のクラスタ情報変更処理を行う。
クラスタ情報変更処理は、操作ユーザについてのお気に入り情報が変更されたことによって、該操作ユーザが所属すべきユーザクラスタUCに変更は無いかどうかを判定する処理を行う。また、操作ユーザが何れのユーザクラスタUCに属していない状態の場合は、このクラスタ情報変更処理において属すべき適切なユーザクラスタUCを特定する処理を行う。
[5-3. Cluster information change processing]
After performing the favorite index changing process in step S205 in FIG. 5, the information providing device 7 performs the cluster information changing process in step S206.
The cluster information change process performs a process of determining whether or not the user cluster UC to which the operating user belongs has been changed due to the change of the favorite information of the operating user. If the operating user does not belong to any user cluster UC, a process of specifying an appropriate user cluster UC to which the operating user belongs in this cluster information change process is performed.

クラスタ情報変更処理で実行する各処理の一例について、図7を参照して説明する。
情報提供装置7はステップS401で、操作ユーザを特定する。操作ユーザは、即ち図5のステップS103の操作を行ったユーザである。
次に、情報提供装置7はステップS402で、対象物を特定する。対象物は、操作ユーザが行ったステップS103の操作の対象となった商品や店舗やジャンル等である。
An example of each process executed in the cluster information change process will be described with reference to FIG.
In step S401, the information providing device 7 specifies an operation user. The operation user is a user who has performed the operation in step S103 in FIG.
Next, the information providing apparatus 7 specifies an object in step S402. The target object is a product, a store, a genre, or the like that has been operated by the operation user in step S103.

情報提供装置7はステップS403で、所属クラスタ変更要否判定を行う。この処理では、操作ユーザが所属しているクラスタを特定すると共に、所属クラスタに属することが適切であるか否かを判定する。
例えば、所属クラスタの基準モデルの情報をクラスタDB55から取得し、操作ユーザの嗜好傾向と基準モデルが所定以上乖離しているか否かを判定する。基準モデルと嗜好傾向が乖離しているか否かを判定する方法としては、例えば、図4を参照して説明したように、対象物ごとの距離を算出し、その平均値が所定値(例えば0.2)未満であるか否かに応じて判定してもよい。
In step S403, the information providing device 7 determines whether or not to change the belonging cluster. In this process, the cluster to which the operating user belongs is specified, and it is determined whether it is appropriate to belong to the belonging cluster.
For example, the information of the reference model of the belonging cluster is acquired from the cluster DB 55, and it is determined whether or not the preference tendency of the operating user and the reference model deviate by a predetermined amount or more. As a method for determining whether or not the preference trend is different from the reference model, for example, as described with reference to FIG. 4, the distance for each object is calculated, and the average value is set to a predetermined value (for example, 0). .2) It may be determined according to whether it is less than.

なお、操作ユーザが何れのユーザクラスタUCにも属していない場合には、所属クラスタの変更が「要」であると判定する。   If the operating user does not belong to any of the user clusters UC, it is determined that the change of the belonging cluster is “necessary”.

情報提供装置7はステップS404で、判定結果による分岐処理を行う。具体的には、所属クラスタの変更が「要」である場合、即ちステップS404の判定結果が「Y」である場合、情報提供装置7はステップS405で、最適なユーザクラスタUCを特定する処理を行う。
この処理では、例えば、各ユーザクラスタUCにおいて、操作ユーザの対象物ごとの指標値と基準モデルの距離の平均値を算出し、距離の平均値が最も小さいユーザクラスタUCを最適なユーザクラスタUCとして特定する。但し、距離の平均値が最も小さいユーザクラスタUCであっても、該平均値が所定値以上となってしまった場合は、操作ユーザを該ユーザクラスタUCに所属させることは不適切であるため、最適なユーザクラスタUCは「該当なし」と判定してもよい。換言すれば、最適なユーザクラスタUCは特定できなかったと判定する。
In step S404, the information providing device 7 performs a branch process based on the determination result. Specifically, when the change of the belonging cluster is “necessary”, that is, when the determination result of step S404 is “Y”, the information providing apparatus 7 performs a process of identifying the optimum user cluster UC in step S405. Do.
In this process, for example, in each user cluster UC, the average value of the index value for each object of the operating user and the distance of the reference model is calculated, and the user cluster UC with the smallest average value of the distance is determined as the optimal user cluster UC. Identify. However, even if the average value of the distance is the smallest user cluster UC, if the average value is equal to or more than the predetermined value, it is inappropriate to assign the operating user to the user cluster UC. The optimal user cluster UC may be determined as “not applicable”. In other words, it is determined that the optimal user cluster UC has not been specified.

情報提供装置7はステップS406で最適なユーザクラスタUCの特定ができたか否かに応じた分岐処理を行う。
最適なユーザクラスタUCが特定できなかった場合、情報提供装置7はステップS407で新たなユーザクラスタUCを生成する。このとき、操作ユーザの各指標値を該新たなユーザクラスタUCの基準モデルとして設定してもよい。
The information providing device 7 performs a branching process according to whether or not the optimum user cluster UC has been specified in step S406.
When the optimum user cluster UC has not been specified, the information providing apparatus 7 generates a new user cluster UC in step S407. At this time, each index value of the operating user may be set as a reference model of the new user cluster UC.

情報提供装置7はステップS408で、所属クラスタの変更を行う。ステップS406で最適なユーザクラスタUCが特定できた場合には、特定したユーザクラスタUCに操作ユーザを所属させることにより、所属クラスタの変更を行う。
また、ステップS407で新たなユーザクラスタUCを生成した場合には、新たなユーザクラスタUCに操作ユーザを所属させることにより、所属クラスタの変更を行う。
In step S408, the information providing device 7 changes the belonging cluster. If the optimum user cluster UC has been identified in step S406, the operating user is assigned to the identified user cluster UC to change the assigned cluster.
When a new user cluster UC is generated in step S407, the belonging cluster is changed by causing the operating user to belong to the new user cluster UC.

なお、ステップS404において所属クラスタの変更が不要と判定した場合、情報提供装置7は図7に示す一連の処理を終了する。
If it is determined in step S404 that the change of the belonging cluster is unnecessary, the information providing device 7 ends the series of processes illustrated in FIG.

[5−4.情報提供処理]
図5のステップS205でお気に入り指標の変更を行い、続くステップS206でクラスタ情報の変更を行った後、ステップS207において、お気に入り指標やユーザクラスタUCの変更に応じて新たに情報提供することが必要となった対象物を検出し情報提供を行うものである。
この情報提供処理は、ステップS206の直後に情報提供を行うことにより実現してもよいが、ステップS206を実行する時点では提供する情報の選択と提供のタイミングを決定する処理を行い、実際の情報提供は決定したタイミング(例えば数時間後や数日後、或いは特定の操作をユーザが行ったタイミングなど)に応じて行ってもよい。
[5-4. Information provision processing]
After changing the favorite index in step S205 in FIG. 5 and changing the cluster information in subsequent step S206, it is necessary to newly provide information in step S207 in accordance with the change in the favorite index and the user cluster UC. This is to detect the target object and provide information.
This information providing process may be realized by providing information immediately after step S206. However, at the time of executing step S206, a process of selecting information to be provided and determining a timing of providing is performed. The provision may be performed according to the determined timing (for example, several hours or several days later, or the timing at which a specific operation is performed by the user).

情報提供処理の一例について、図8を参照して説明する。
先ず、情報提供装置7はステップS501で、お気に入り情報を指標DB54から取得する。続いて、情報提供装置7はステップS502で、嗜好傾向の変化した対象物を検出する処理を実行する。
次に、情報提供装置7はステップS503で、該当する対象物の有無に応じた分岐処理を行う。
An example of the information providing process will be described with reference to FIG.
First, the information providing apparatus 7 acquires favorite information from the index DB 54 in step S501. Subsequently, in step S502, the information providing apparatus 7 executes a process of detecting an object whose preference has changed.
Next, in step S503, the information providing device 7 performs a branching process according to the presence or absence of the target object.

ここでステップS502及びS503の具体例として、あるユーザクラスタUC内に属するユーザのうち3割以上のユーザについて所定期間内の嗜好傾向の変化を検出した場合に情報提供を行う例について説明する。   Here, as a specific example of steps S502 and S503, an example will be described in which information is provided when a change in the preference tendency within a predetermined period is detected for 30% or more of the users belonging to a certain user cluster UC.

例えば、10人のユーザU1〜U10が属するユーザクラスタUC1を例に挙げる。
ある時点で、ユーザU1〜U10の商品S1に対する指標値が「1」だったとする。その後、ユーザU1及びU2については、所定期間内において、商品S1に対する指標値が「3」へと上昇したとする。この時点では、商品S1に対する嗜好傾向の変化が検出されたユーザの割合は、10人中2人であるため、2割と算出される。
次に、ユーザU3が商品S1を購入する操作などを行ったことに応じて、図5のステップS205でユーザU3の商品S1についてのお気に入り指標の指標値が「3」へと上昇したとする。このとき、ユーザクラスタUC1に属するユーザU1〜U10のうち3割のユーザが所定期間内に商品S1についての指標値が「3」へと上昇したこととなる。即ち、ユーザクラスタUC1において商品S1の指標値の上昇傾向を検出したこととなる。
For example, a user cluster UC1 to which ten users U1 to U10 belong will be described as an example.
At a certain point in time, it is assumed that the index value for the product S1 of the users U1 to U10 is “1”. Thereafter, it is assumed that, for the users U1 and U2, the index value for the product S1 has increased to “3” within a predetermined period. At this time, the ratio of the users who have detected a change in the preference tendency for the product S1 is 2 out of 10 users, and thus is calculated as 20%.
Next, it is assumed that the index value of the favorite index of the product S1 of the user U3 has increased to “3” in step S205 of FIG. 5 in response to the operation of the user U3 purchasing the product S1. At this time, 30% of the users U1 to U10 belonging to the user cluster UC1 have the index value of the product S1 increased to “3” within the predetermined period. That is, it means that the increasing tendency of the index value of the product S1 has been detected in the user cluster UC1.

このようなケースでは、情報提供装置7はステップS503において、ユーザU3の操作に基づいて情報提供が必要になった対象物(即ち商品S1)があると判定する。
嗜好傾向の変化した対象物ありと判定した場合、情報提供装置7はステップS504で、対象ユーザを特定する。具体的に、商品S1についての情報を提供することでユーザの購買意欲を惹起させることを目的としている場合、対象ユーザは商品S1の指標値が「3」へと上昇していないユーザとなる。即ち、この例においては、ユーザU4〜U10の7人のユーザが対象ユーザとして特定される。
In such a case, the information providing apparatus 7 determines in step S503 that there is an object (that is, the product S1) for which information needs to be provided based on the operation of the user U3.
If it is determined that there is an object whose preference tendency has changed, the information providing apparatus 7 specifies the target user in step S504. Specifically, if the purpose is to induce the user to purchase by providing information on the product S1, the target user is a user whose index value of the product S1 has not risen to “3”. That is, in this example, seven users U4 to U10 are specified as target users.

次に、情報提供装置7はステップS505で、情報提供処理を実行する。この処理では、即座に各ユーザに対する情報提供を行ってもよいし、情報提供の送信トリガを設定することで、情報提供の予約を行ってもよい。
情報提供の手段は、上述のように各種考えられる。
一方、嗜好傾向の変化した対象物なしと判定した場合、情報提供装置7は図8に示す一連の処理を終了する。即ち、情報提供は行われない。
Next, in step S505, the information providing device 7 executes an information providing process. In this process, information provision to each user may be performed immediately, or information provision reservation may be performed by setting a transmission trigger of information provision.
Various means for providing information can be considered as described above.
On the other hand, when it is determined that there is no object whose preference tendency has changed, the information providing apparatus 7 ends the series of processes illustrated in FIG. That is, no information is provided.

なお、ユーザが操作を行うたびに図8に示す一連の処理が実行されることにより、お気に入り指標の変化やユーザクラスタUCの変化が起きるたびに情報提供を実行することが適切な対象物の抽出が行われるため、情報提供のタイミングを逸することがなくなり、効果的な情報提供を行うことが可能となる。
Each time the user performs an operation, a series of processes illustrated in FIG. 8 is executed, so that it is appropriate to execute information provision every time a change in the favorite index or a change in the user cluster UC occurs. Is performed, the timing of information provision is not missed, and effective information provision can be performed.

<6.第2の実施の形態>

第2の実施の形態では、第1の実施の形態と同様に、ユーザの操作に応じて図5のステップS205のお気に入り指標変更処理とステップS206のクラスタ情報変更処理を実行する。しかし、ステップS207の情報提供処理は、ユーザの操作に応じたタイミングで行うものではなく、別のタイミングで行う。
例えば、図9に示すクラスタ内トレンド検出処理をバッチ処理などで定期的に行うことにより、適切な情報提供を実現する。第1の実施形態のように、ユーザによる各種操作が行われるごとにステップS207の処理を実行してしまうと、情報提供装置7の処理負担が過度に増大してしまう虞がある。本例は、処理負担を過度に増大させることなく情報提供を行うものである。
<6. Second Embodiment>

In the second embodiment, as in the first embodiment, the favorite index changing process in step S205 and the cluster information changing process in step S206 in FIG. 5 are executed in response to a user operation. However, the information providing process in step S207 is not performed at a timing according to a user operation, but is performed at another timing.
For example, by performing the intra-cluster trend detection processing illustrated in FIG. 9 periodically by batch processing or the like, appropriate information provision is realized. As in the first embodiment, if the process of step S207 is performed every time various operations are performed by the user, the processing load on the information providing device 7 may be excessively increased. In this example, information is provided without excessively increasing the processing load.

情報提供装置7はステップS601で、対象ユーザクラスタUCを特定する処理を実行する。この処理は、一つのユーザクラスタUCを選択する処理である。図9に示す一連の処理を全てのユーザクラスタUCに対して行う場合には、未処理のユーザクラスタUCをステップS601で選択する。   In step S601, the information providing device 7 executes a process of specifying the target user cluster UC. This process is a process for selecting one user cluster UC. When the series of processes shown in FIG. 9 is performed on all the user clusters UC, an unprocessed user cluster UC is selected in step S601.

情報提供装置7はステップS602で、所定期間内に指標値が上昇した対象物を特定する。例えば、図9に示す各処理を1日1回バッチ処理で実行する場合には、前回のバッチ処理を実行してから現在までの期間を「所定期間」とすることにより、バッチ処理の処理負担を軽減しつつ指標値が上昇傾向にある対象物を検出することができる。
ステップS602の処理では、対象ユーザクラスタUCに属する各ユーザのお気に入り指標が所定期間内に上昇した商品等の対象物を全て特定する。
In step S602, the information providing device 7 specifies the target whose index value has increased within a predetermined period. For example, when each process shown in FIG. 9 is executed once a day as a batch process, the period from when the previous batch process was executed to the present is set as a “predetermined period”, so that the processing load of the batch process is increased. While the index value is increasing, it is possible to detect the target object.
In the process of step S602, all the objects such as products whose favorite index of each user belonging to the target user cluster UC has risen within a predetermined period are specified.

続いて、情報提供装置7はステップS603で、特定した全ての対象物のうち、対象ユーザクラスタUCにおける所定割合以上の所属ユーザにおいて同様の上昇傾向が見られる対象物を絞り込む。ステップS602及びS603の処理を行うことにより、対象ユーザクラスタUC内で所定期間内に流行している商品等の対象物が特定される。   Subsequently, in step S603, the information providing apparatus 7 narrows down, among all the specified objects, those objects in which a similar upward trend is seen in belonging users of a predetermined ratio or more in the target user cluster UC. By performing the processes of steps S602 and S603, an object such as a product that is popular within a predetermined period in the target user cluster UC is specified.

情報提供装置7はステップS604で、絞り込んだ対象物についての提供情報を生成する処理を行う。
ユーザに対してどのような手法で情報を提供するかは、上述したように各種考えられるが、手法に応じた適切な情報生成が行われる。
In step S604, the information providing apparatus 7 performs a process of generating provided information on the narrowed target object.
Various methods for providing information to the user can be considered as described above, but appropriate information generation according to the method is performed.

情報提供装置7はステップS605で、ユーザに対する情報提供を行う。この処理では、ユーザに情報提供を送信する処理を行ってもよいし、ユーザにとって適切なタイミングに情報提供が行われるように情報提供の予約処理を実行してもよい。また、前述のように、ユーザの行動に応じて情報提供が行われるようにフラグの設定などを行ってもよい。例えば、ユーザが次にECサイトのトップページを閲覧した際に該ウェブページ上で情報提供が行われるようにしてもよい。   The information providing device 7 provides information to the user in step S605. In this process, a process of transmitting the information provision to the user may be performed, or a reservation process of the information provision may be performed so that the information provision is performed at a timing appropriate for the user. Further, as described above, a flag may be set so that the information is provided according to the action of the user. For example, the information may be provided on the web page the next time the user browses the top page of the EC site.

なお、バッチ処理の実行間隔と指標値の上昇傾向を検出する所定期間は、異なる期間としてもよい。例えば、直近の1週間において指標値が上昇した対象物を特定する場合について考える。このとき、バッチ処理は1日に1回実行してもよい。上昇傾向を検出についての所定期間(例えば1週間)よりも短い間隔(例えば1日間隔)でバッチ処理を実行することにより、指標値の上昇傾向の検出漏れを防止することができる。
It should be noted that the execution interval of the batch process and the predetermined period for detecting the increasing tendency of the index value may be different periods. For example, consider a case where an object whose index value has increased in the last week is specified. At this time, the batch processing may be executed once a day. By executing the batch processing at intervals (for example, one-day intervals) shorter than a predetermined period (for example, one week) for detecting the rising tendency, omission of detection of the rising tendency of the index value can be prevented.

<7.その他の処理例>

[7−1.情報提供効果チェック処理]
第1の実施の形態及び第2の実施の形態では、ユーザに対して適切な情報提供を行う処理について述べた。
ここでは、それぞれの情報提供の後に情報提供装置7が実行する処理の一例について説明する。
<7. Other processing examples>

[7-1. Information provision effect check processing]
In the first embodiment and the second embodiment, the processing for providing appropriate information to the user has been described.
Here, an example of a process executed by the information providing device 7 after each information provision will be described.

具体的には、情報提供の効果を確認すると共に確認結果に応じた処理を行う。図10を参照して説明する。
情報提供装置7はステップS701において、情報提供を行ったユーザクラスタUCを特定する。なお、ステップS701の処理では、情報提供から所定期間(例えば1週間など)経過したユーザクラスタUCを特定してもよい。情報提供のタイミングと影響が表れ始めるタイミングにはタイムラグが存在するためである。
Specifically, the effect of the information provision is confirmed, and processing according to the confirmation result is performed. This will be described with reference to FIG.
In step S701, the information providing device 7 specifies the user cluster UC that has provided the information. In the process of step S701, a user cluster UC that has passed a predetermined period (for example, one week) from information provision may be specified. This is because there is a time lag between the timing of providing information and the timing at which the effect begins to appear.

続いて、情報提供装置7はステップS702において、情報提供によって情報提供の対象物の指標値が上昇しなかった所属ユーザを特定する。   Subsequently, in step S702, the information providing apparatus 7 specifies the affiliated user whose index value of the information providing target has not increased due to the information providing.

次に、情報提供装置7は、特定した所属ユーザが所属するユーザクラスタUCを変更するべきか否かを判定する。具体的には、情報提供装置7はステップS703において、所属に適切なユーザクラスタUCが他に存在するか否かを判定する。   Next, the information providing device 7 determines whether to change the user cluster UC to which the specified belonging user belongs. Specifically, in step S703, the information providing device 7 determines whether or not another user cluster UC suitable for the affiliation exists.

所属に適切なユーザクラスタUCが他に存在すると判定した場合、情報提供装置7はステップS704で所属ユーザクラスタを変更する。これにより、情報提供を行ったユーザクラスタUCに所属しているユーザであって且つ情報提供によって指標値が変化しなかったユーザについて、他に所属すべきユーザクラスタUCが存在する場合は、所属クラスタの変更が行われ、ユーザクラスタUCの嗜好傾向の統一性が保たれる。   If it is determined that another user cluster UC suitable for the affiliation exists, the information providing apparatus 7 changes the affiliation user cluster in step S704. Thus, for a user who belongs to the user cluster UC that has provided information and whose index value has not changed by providing information, if there is another user cluster UC to which the user belongs, the belonging cluster Is changed, and the uniformity of the preference tendency of the user cluster UC is maintained.

一方、所属に適切なユーザクラスタが他に存在しない場合は、図10に示す一連の処理を終了する。但し、ステップS703で「N」判定となった場合、ステップS702で特定したユーザを新たに所属させるためのユーザクラスタUCを新たに生成してもよい。   On the other hand, when there is no other user cluster suitable for the affiliation, the series of processing illustrated in FIG. 10 ends. However, if “N” is determined in step S703, a new user cluster UC for newly belonging the user specified in step S702 may be generated.

また、ステップS703の処理を実行する前に、特定したユーザごとに基準モデルとの距離の平均値を算出し、該平均値が所定値を以上となったユーザを他のユーザクラスタに移動させるユーザとして特定する処理を実行してもよい。これによれば、情報提供によって指標値が変化しなかったユーザであっても、現在所属しているユーザクラスタUCの基準モデルとの距離が近いユーザである場合には、所属の変更が行われない。一方、情報提供によって指標値が変化しなかったユーザであって、且つ、現在所属しているユーザクラスタUCの基準モデルとの距離が遠くなってしまったユーザである場合には、所属するユーザクラスタUCの変更が行われる。
これによっても、ユーザクラスタUCの嗜好傾向の統一性を保つことができる。
Further, before executing the processing of step S703, the average value of the distance from the reference model is calculated for each identified user, and the user who moves the user whose average value is equal to or more than the predetermined value to another user cluster May be executed. According to this, even if the user does not change the index value due to the information provision, if the user is a user close to the reference model of the user cluster UC to which the user currently belongs, the affiliation is changed. Absent. On the other hand, if the user whose index value has not changed due to the provision of the information and the distance of the currently belonging user cluster UC from the reference model has become long, the user cluster to which the user cluster belongs belongs A change in UC is made.
This also makes it possible to maintain the uniformity of the preference tendency of the user cluster UC.

[7−2.一般トレンド検出処理]
上述した各種の例では、ユーザクラスタUCごとの嗜好傾向に基づいてユーザに情報提供を行う例を述べた。ここでは、ユーザクラスタUCを横断して嗜好傾向の変化を検出し、ユーザに情報提供を行う例について述べる。
[7-2. General trend detection processing]
In the various examples described above, an example has been described in which information is provided to the user based on the preference tendency of each user cluster UC. Here, an example will be described in which a change in preference tendency is detected across the user cluster UC and information is provided to the user.

情報提供装置7はステップS801で、所定期間内に指標値が上昇した対象物を特定する。例えば、各ユーザクラスタUCに属する何れかのユーザ(即ち全ユーザ)について、直近の一週間で指標値が上昇した対象物を特定する。   In step S801, the information providing apparatus 7 identifies a target whose index value has increased within a predetermined period. For example, for any of the users (ie, all users) belonging to each user cluster UC, the target object whose index value has increased in the last week is specified.

情報提供装置7はステップS802で、特定した対象物の中から、全ユーザのうちの一定の割合以上のユーザの指標値が上昇した対象物を絞り込む。
全ユーザのうち一定割合のユーザの指標値が上昇した対象物は、ユーザクラスタUCごとの指標傾向によらず世間一般的に流行している、或いは流行しつつある商品等であることが推測される。
In step S802, the information providing apparatus 7 narrows down, from the specified objects, those objects in which the index value of the user has increased by a certain percentage or more of all the users.
It is guessed that the target object in which the index value of a certain percentage of users among all the users has risen is a product or the like that is popular or popular in the world regardless of the index tendency for each user cluster UC. You.

情報提供装置7はステップS803で、対象物についての提供情報を生成する処理を実行する。この処理は、情報を提供する手段に応じて適切な情報を生成するものである。
情報提供装置7はステップS804で、情報提供処理を行う。この処理は、提供情報を送信する処理であってもよいし、提供情報の送信を行うタイミングを設定する処理であってもよい。
In step S803, the information providing device 7 performs a process of generating provided information on the target object. This process is to generate appropriate information according to the means for providing information.
The information providing device 7 performs an information providing process in step S804. This process may be a process of transmitting the provided information or a process of setting the timing of transmitting the provided information.

[7−3.お気に入り情報の提示処理]
ユーザに対して該ユーザのお気に入り情報を提示する処理について説明する。
ユーザに対してお気に入り情報を提示する処理を行うのは、例えば、ユーザがお気に入り管理ページを閲覧する場合などである。
このとき、ユーザに対して、お気に入り指標の指標値が分かるようにお気に入り情報を提示することや、お気に入り指標の指標値がわからないようにお気に入り情報を提示することが考えられる。
[7-3. Presentation process of favorite information]
The process of presenting the user's favorite information to the user will be described.
The process of presenting the favorite information to the user is performed, for example, when the user browses the favorite management page.
At this time, it is conceivable to present the favorite information to the user so that the index value of the favorite index is known, or to present the favorite information so that the index value of the favorite index is not known.

ユーザに提示するお気に入り管理ページの一例を図12に示す。なお、図12は、商品についてのお気に入り情報を管理するためのお気に入り管理ページの例を示している。
お気に入り管理ページには、複数のお気に入り商品の情報が上下に並べられている。一つのお気に入り商品の情報は、お気に入り商品の画像が表示される商品画像領域8、商品名が表示される商品名表示欄9、店舗名が表示される店舗名表示欄10、価格の情報が表示される価格情報表示欄11、当該商品をお気に入り商品から外すための削除アイコン12によって構成されている。
FIG. 12 shows an example of the favorite management page presented to the user. FIG. 12 shows an example of a favorite management page for managing favorite information about a product.
On the favorite management page, information on a plurality of favorite products is arranged vertically. The information of one favorite product includes a product image area 8 in which an image of the favorite product is displayed, a product name display column 9 in which a product name is displayed, a store name display column 10 in which a store name is displayed, and price information. Price information display field 11 and a delete icon 12 for removing the product from favorite products.

図12では、指標値がユーザに分からないようにお気に入り情報の提示を行っている。指標値がユーザに分かるように提示する場合、ユーザが意図的に指標値を変動させるための操作を行うことが可能となる。即ち、特定の商品の指標値を下げるために他の商品を無駄に閲覧するための閲覧操作を行うことが可能となる。
これによって、ユーザの嗜好傾向を適切に表現し得る指標値がユーザの意図的な操作で歪められてしまう虞が生じる。換言すれば、ユーザに対して適切な情報を提供できない虞が生じる。
In FIG. 12, the favorite information is presented so that the index value is not known to the user. When the index value is presented so as to be understood by the user, the user can intentionally perform an operation for changing the index value. That is, it is possible to perform a browsing operation for uselessly browsing another product in order to lower the index value of a specific product.
As a result, there is a possibility that the index value capable of appropriately expressing the user's preference tendency may be distorted by the user's intentional operation. In other words, there is a possibility that appropriate information cannot be provided to the user.

本例では、これを防止するために、指標値がユーザに分からないようにお気に入り情報の提供を行っている。
In this example, in order to prevent this, favorite information is provided so that the user cannot know the index value.

<8.変形例>

上記では、指標値を減少させる例として、定期的な商品購入を取りやめた場合を説明した。他にも、指標値を減少させる場合がある。例えば、ユーザが興味を持ってチェックしている商品は、指標値を上昇させることにより、ユーザに情報提供を行うことが考えられる。しかし、当該商品を実際に購入した場合、そのユーザが購入商品について同程度の興味を維持し続けることが困難なこともある。そのような場合は、商品についての指標値を減少させることが考えられる。購入商品が消耗品ではなく、長い間使用可能なものであり、且つ、一人のユーザが一つ所持していれば事足りるような商品である場合には、このような傾向が強く見られる。
従って、商品の性質及びユーザの購買情報を考慮して、商品に対する指標値を減少させることが望ましい。
<8. Modification>

In the above description, as an example of decreasing the index value, a case in which regular purchase of a product is canceled has been described. In addition, the index value may be reduced. For example, it is conceivable that information is provided to the user by raising the index value of a product that the user is interested in checking. However, when the user actually purchases the product, it may be difficult for the user to maintain the same level of interest in the purchased product. In such a case, it is conceivable to decrease the index value for the product. Such a tendency is strongly observed when the purchased product is not a consumable but is a product that can be used for a long time and is sufficient for one user to have.
Therefore, it is desirable to reduce the index value for a product in consideration of the nature of the product and the purchase information of the user.

なお、商品が消耗品である場合には、その商品の指標値を高いまま維持してもよい。また、他の方法として、購入直後は一時的に商品の指標値を下げることにより不要な情報提供を抑制すると共に、当該商品の購入間隔や消費感覚を考慮して再購入が行われそうな時期が到来する直前などに再度商品の指標値を向上させることも有効である。
これによれば、ユーザの購入に応じて不適当な情報提供を抑制することができ、ユーザに煩わしさを感じさせないと共に、代わりの商品等に関する情報提供を行うことによりユーザの購買意欲を惹起させることができる。
If the product is a consumable item, the index value of the product may be kept high. As another method, immediately after purchase, unnecessary information provision is suppressed by temporarily lowering the index value of the product, and the time when repurchase is likely to be performed in consideration of the purchase interval and consumption feeling of the product It is also effective to improve the index value of the product again immediately before the arrival of the product.
According to this, it is possible to suppress improper information provision according to the user's purchase, not to make the user feel troublesome, and to provoke the user's willingness to purchase by providing information on alternative products and the like. be able to.

また、例えば、お気に入り指標が高い商品(以降、商品S1)ではないが、それに類似する商品(以降商品S1’)の購入が行われた場合に、商品S1についての指標値を下げることが考えられる。即ち、指標値が高い商品S1の代替となる商品S1’を購入したことにより商品S1に対する興味が下降しているにも関わらず、商品S1の購入が為されていないことにより商品S1についての興味が下降していないと誤判定してしまい、不要な情報提供が行われてしまう虞がある。
代替商品S1’の購入により元の商品S1の指標値を適切に設定し直すことにより、不要でありユーザにとって好ましくない情報提供情がなされてしまうことを防止することができる。
Further, for example, when a product having a high favorite index (hereinafter, product S1) is not purchased but a similar product (hereinafter, product S1 ′) is purchased, the index value of the product S1 may be reduced. . That is, despite the fact that interest in the product S1 has dropped due to the purchase of the product S1 'which is a substitute for the product S1 having a high index value, the interest in the product S1 has not been made because the purchase of the product S1 has not been made. There is a risk that an erroneous determination that the information has not been lowered and unnecessary information provision may be performed.
By appropriately resetting the index value of the original product S1 by purchasing the substitute product S1 ', it is possible to prevent unnecessary or unfavorable information provision for the user.

なお、他にも、ユーザがお気に入り登録を解除した商品等の対象物については、指標値を下降させることが好ましい。   In addition, it is preferable to lower the index value for an object such as a product for which the user has canceled the favorite registration.

図5などを参照して説明した例では、操作ユーザの操作に基づいて、ステップS206のクラスタ情報変更処理を行った後、ステップS207で情報提供処理を行う例を述べた。この処理順によれば、ユーザのお気に入り指標が変更されたことにより、操作ユーザがその時点で所属しているユーザクラスタUCの基準モデルとの乖離が一定以上となってしまった場合、ステップS206で所属クラスタの変更が行われてしまう。ここで、所属クラスタ変更前に操作ユーザが所属していたユーザクラスタUCを「変更前ユーザクラスタUC」、所属クラスタ変更後に操作ユーザが所属するユーザクラスタUCを「変更後ユーザクラスタUC」と記載する。   In the example described with reference to FIG. 5 and the like, an example has been described in which after performing the cluster information changing process in step S206 based on the operation of the operating user, the information providing process is performed in step S207. According to this processing order, if the divergence from the reference model of the user cluster UC to which the operating user belongs at the time becomes greater than or equal to a certain value due to the change of the user's favorite index, the affiliation is determined in step S206. The cluster changes. Here, the user cluster UC to which the operating user belonged before the belonging cluster was changed is referred to as “user cluster UC before change”, and the user cluster UC to which the operating user belongs after changing the belonging cluster is referred to as “post-change user cluster UC”. .

この場合、ステップS207の情報提供処理の一例(図8)において、情報提供する対象物があるか否かを判定する場合に、変更前ユーザクラスタUCにおいては、操作ユーザが所属ユーザではなくなっていることから、対象物に対する嗜好傾向の変化は起きていないと判定されてしまう虞がある。
そこで、ステップS206のクラスタ情報変更処理を行う前にステップS207の情報提供処理を行うことが考えられる。具体的には、お気に入り指標変更処理を行った後、該お気に入り指標の変更に基づいたユーザクラスタUC内の嗜好傾向の変化を検出して情報提供処理を行う。情報提供のあと、該嗜好傾向の変化に追随したユーザとそうでないユーザが出現すると共に、該嗜好傾向の変化に追随するユーザの増加が落ち着くまで一定時間(一定期間)待機する。嗜好傾向の変化が落ち着いた後、ステップS206のクラスタ情報変更処理を行う。
また、例えば、図5のステップS205の処理を実行した後、ステップS207の処理を行い、一定期間経過後に図10に示す情報提供効果チェック処理を実行してもよい。
In this case, in the example of the information providing process in step S207 (FIG. 8), when it is determined whether there is an object to provide information, in the user cluster UC before change, the operating user is not a belonging user. Therefore, there is a possibility that it is determined that the change in the preference tendency for the target object has not occurred.
Therefore, it is conceivable to perform the information providing process in step S207 before performing the cluster information changing process in step S206. Specifically, after performing the favorite index changing process, the information providing process is performed by detecting a change in the preference tendency in the user cluster UC based on the change of the favorite index. After the information is provided, some users follow the change in the preference tendency and some users do not, and the user waits for a certain period of time (a certain period) until the number of users following the change in the preference tendency has settled down. After the change in the preference tendency has calmed down, the cluster information changing process in step S206 is performed.
Further, for example, after performing the processing in step S205 in FIG. 5, the processing in step S207 may be performed, and the information providing effect check processing illustrated in FIG. 10 may be performed after a certain period of time.

これにより、ユーザが行った操作に応じて、適切にユーザクラスタUC内の嗜好傾向を検出することができると共に、ユーザクラスタUC内の嗜好傾向の変化に応じて適切にユーザクラスタ情報を変更することができる。
Thereby, it is possible to appropriately detect the preference tendency in the user cluster UC in accordance with the operation performed by the user, and to appropriately change the user cluster information in accordance with the change in the preference tendency in the user cluster UC. Can be.

<9.まとめ>

上述の各種の例で説明したように、商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属する対象物についてのお気に入り度合いを3段階以上で表すお気に入り指標を対象物ごとに管理する指標管理部7aと、お気に入り指標に基づいてユーザがクラスタリングされたユーザクラスタUCを管理するクラスタ管理部7bと、一のユーザクラスタUCに属するユーザのお気に入り指標の変化傾向を検出する変化傾向検出部7cと、検出されたお気に入り指標の変化傾向がお気に入り度合いの上昇傾向である場合に、一のユーザクラスタUCに属するユーザであって且つ上昇傾向が検出されなかったユーザを対象ユーザとして抽出する対象ユーザ抽出部7dと、お気に入り度合いの上昇傾向が検出された対象物に関する情報を対象ユーザに提供する情報提供部7eと、を備えている。
お気に入り度合いを3段階以上で表したお気に入り指標を管理することで、ユーザが単にお気に入りであるか否かを2値で表した指標を用いるよりもユーザの嗜好情報がきめ細やかに管理される。
例えば、ユーザの意図に反してお気に入り度合いが高いと判定された商品と、ユーザが意図してお気に入り度合いが高いと指定した商品は、異なるお気に入り度合いとして管理することが可能となる。
これによって、ユーザにとって本当にお気に入り度合いが高い商品等が他の商品と区別されて管理されると共に、ユーザに適切な情報提供を行うことができる。
また、ユーザクラスタUCにおいてお気に入り度合いの上昇傾向が検出された商品等は、該ユーザクラスタUCに属するユーザが好みそうな商品等であることが推測される。そのような商品は、同じユーザクラスタUCに属しているユーザであって、且つその商品等を知らないユーザにとっても好みのものである可能性が高く、本構成によれば、ユーザ同士の嗜好傾向の類似具合を考慮した適切な情報提供を行うことが可能となる。特に、お気に入り指標が3段階以上とされることで、嗜好の共通性がより強調されたユーザのクラスタリングが為されることにより、情報提供についても高い効果を得ることが可能となる。
<9. Summary>

As described in the above-described various examples, the index management unit 7a that manages, for each object, a favorite index that indicates the degree of favorite of the object belonging to at least one of the product, the store, and the genre in three or more stages. A cluster management unit 7b that manages user clusters UC in which users are clustered based on the index, a change tendency detection unit 7c that detects a change tendency of a favorite index of a user belonging to one user cluster UC, and a detected favorite index If the change tendency is a rising tendency of the favorite degree, a target user extracting unit 7d that extracts, as a target user, a user belonging to one user cluster UC and for which no rising tendency is detected, Provide information to the target user on the target for which the upward trend was detected Includes a broadcast provider 7e, the.
By managing the favorite index indicating the degree of favorite in three or more levels, the preference information of the user is more finely managed than using the index indicating whether the user is simply a favorite or not in binary.
For example, a product that is determined to have a high favorite degree contrary to the user's intention and a product that the user intentionally specifies to have a high favorite degree can be managed as different favorite degrees.
As a result, a product or the like that is really favorite for the user can be managed separately from other products, and appropriate information can be provided to the user.
In addition, it is presumed that a product or the like for which the tendency of increasing the degree of favorite is detected in the user cluster UC is a product or the like that a user belonging to the user cluster UC is likely to like. Such a product is a user who belongs to the same user cluster UC, and is likely to be a favorite product even for a user who does not know the product or the like. It is possible to provide appropriate information in consideration of the similarity of the above. In particular, by setting the favorite index to three or more levels, clustering of users whose commonality of taste is emphasized is performed, so that a high effect of information provision can be obtained.

第2の実施の形態や図9などで説明したように、対象ユーザ抽出部7dは、一のユーザクラスタUCに属するユーザのうち一定割合のユーザについて、同一の対象物についての所定期間内における上昇傾向が検出された場合に、対象ユーザの抽出を行ってもよい。
即ち、ユーザクラスタUC内で対象物の評価が上昇する現象がある程度の規模で起こった場合に対象ユーザの抽出が行われる。
これにより、同一ユーザクラスタUC内に属するお気に入り傾向の類似したユーザに対して、効果的な情報提供を行うことができる。特に、所定期間内における上昇傾向とすることで、あるユーザクラスタUC内で起こった瞬間的なトレンドの変化を同一のお気に入り傾向を示すユーザにも展開することで、大きなトレンドへと変化させることができる。これによって、各種の情報提供の効果を増加させることができる。
As described in the second embodiment, FIG. 9, and the like, the target user extracting unit 7d increases the percentage of users belonging to one user cluster UC within a predetermined period with respect to the same target object. When a tendency is detected, a target user may be extracted.
That is, when a phenomenon in which the evaluation of the target increases in the user cluster UC occurs to a certain extent, the target user is extracted.
This makes it possible to provide effective information to users belonging to the same user cluster UC and having a similar favorite tendency. In particular, by setting a rising trend within a predetermined period, a change in an instantaneous trend that occurred in a certain user cluster UC can be expanded to a user having the same favorite tendency, thereby changing the trend to a large trend. it can. Thereby, the effect of providing various information can be increased.

情報提供効果チェック処理や図10などで説明したように、クラスタ管理部7bは、情報の提供を行った結果、変化傾向に沿ったユーザと沿わなかったユーザを異なるユーザクラスタUCに分離してもよい。
情報提供の結果変化傾向に沿ったユーザと沿わなかったユーザは、異なるお気に入り傾向を有していることが推測される。本構成によれば、このようなユーザは異なるユーザクラスタUCに分類される。
従って、ユーザクラスタUC内の各ユーザのお気に入り傾向のばらつきを抑えることができ、有用な情報提供を行うための効率化を図ることができる。また、ユーザクラスタUC内の各ユーザのお気に入り傾向の経時的な変化を考慮した適切なクラスタリング処理が行われ、情報提供による効果が時間経過と共に薄れていくことを防止することができる。
As described in the information provision effect check processing and FIG. 10 and the like, as a result of providing information, the cluster management unit 7b separates a user who did not follow the change tendency from a user who did not follow the change tendency into a different user cluster UC. Good.
It is presumed that users who did not follow the change tendency as a result of providing information have different favorite tendencies. According to this configuration, such users are classified into different user clusters UC.
Therefore, it is possible to suppress the variation in the favorite tendency of each user in the user cluster UC, and it is possible to increase the efficiency of providing useful information. In addition, appropriate clustering processing is performed in consideration of the change over time in the favorite tendency of each user in the user cluster UC, and the effect of providing information can be prevented from fading with time.

お気に入り指標変更処理の例や図6のステップS304などで説明したように、指標管理部7aは、購入回数や購入頻度に応じてお気に入り指標を算出してもよい。
商品を購入する行為は、ユーザにとって日常的な行為である。そのような日常的に行われる行為に基づいて商品や店舗、或いはジャンルに関するお気に入り指標を算出し更新することは、ユーザのお気に入り傾向を反映するだけでなく、経時的な変化についても迅速に反映することが可能である。
このようなユーザの最新のお気に入り傾向が反映されたユーザクラスタUCに応じて適切な情報提供がなされることにより、情報提供の効果を最大限に引き出すことが可能である。
As described in the example of the favorite index change process, step S304 in FIG. 6, and the like, the index management unit 7a may calculate the favorite index according to the number of purchases and the purchase frequency.
The act of purchasing a product is a daily act for the user. Calculating and updating a favorite index for a product, store, or genre based on such routinely performed actions reflects not only the user's favorite tendency but also rapid changes over time. It is possible.
By appropriately providing information in accordance with the user cluster UC reflecting the latest favorite tendency of the user, it is possible to maximize the effect of information provision.

お気に入り指標変更処理の例や図6のステップS304などで説明したように、お気に入り指標は、お気に入り度合いが高いほど高く設定される指標とされ、指標管理部7aは、ユーザの能動的操作に基づいて操作対象とされた対象物のお気に入り指標を上昇させる場合には、ユーザの非能動的操作に基づくよりも大きく上昇させてもよい。
ユーザが能動的に行ったお気に入り登録のための操作は、ユーザが対象物を気に入っていることを自ら宣言するものであり、そのような対象物は、非能動的な操作によって自動的にお気に入り登録された対象物とは異なるものである。本構成によれば、操作の能動性の有無に応じて対象物のお気に入り指標の上昇値(或いは上昇率)が異なる。
これによって、ユーザの操作内容に応じた適切なお気に入り指標の管理が行われ、それに基づく適切な情報提供を行うことができる。
As described in the example of the favorite index change process, step S304 in FIG. 6, and the like, the favorite index is set to an index that is set higher as the degree of favorite is higher, and the index management unit 7a performs the operation based on the user's active operation. When raising the favorite index of the object set as the operation target, the favorite index may be increased more than that based on the inactive operation of the user.
An operation performed by the user for favorite registration actively declares that the user likes the object, and such an object is automatically registered as a favorite by an inactive operation. The object is different from the target object. According to this configuration, the increase value (or increase rate) of the favorite index of the target object differs depending on whether the operation is active.
Thereby, the management of the favorite index appropriate for the operation content of the user is performed, and the appropriate information provision based on the index can be performed.

お気に入り指標変更処理の例や図6のステップS305乃至S307などで説明したように、お気に入り指標は、お気に入り度合いが高いほど高く設定される指標とされ、指標管理部7aは、お気に入り指標が最高値とされた対象物の数が所定数以下となるように管理してもよい。
これにより、お気に入り指標が最高値とされ情報提供の対象となり得る商品等の対象物が一定数以下に抑えられる。
従って、ユーザに対して過剰な情報提供が行われてしまうことを防止することができる。特に、ユーザに対して電子メールを発行することにより情報提供が行われる場合においては、ユーザが過剰な電子メールを閲覧することができず、未読のまま放置されてしまうような事態を防止することができる。
As described in the example of the favorite index change process and steps S305 to S307 in FIG. 6, the favorite index is set as an index that is set higher as the degree of favorite is higher, and the index management unit 7a determines that the favorite index is the highest value. It may be managed so that the number of performed objects is equal to or less than a predetermined number.
As a result, the number of objects such as commodities that can be the target of providing information with the favorite index being the highest value is suppressed to a certain number or less.
Therefore, it is possible to prevent the user from being provided with excessive information. In particular, when information is provided by issuing an e-mail to a user, it is necessary to prevent a situation in which the user cannot view excessive e-mail and is left unread. Can be.

お気に入り情報の提示処理や図12などで説明したように、ユーザに対して所定値以上とされたお気に入り指標と対象物の対応情報を提示する場合には、お気に入り指標の多寡が分からないように提示してもよい。
例えば、お気に入り指標が1〜10で表される指標であり、無関心とされた対象物が5で表され、お気に入りの対象物が6〜10で表される場合に、お気に入り指標が6とされた対象物よりもお気に入り指標が10とされた対象物の方がユーザのお気に入り度合いが高い対象物とされている。このとき、お気に入り指標が6とされた対象物と10とされた対象物はその指標値の多寡が分からないように、同様の表示態様でユーザに提示されるため、ユーザは、そのお気に入り指標の数値の違いを見分けられない。従って、ユーザが意図的にお気に入り指標が最高値(=10)とされた対象物を増やすことができなくなる。
これによって、お気に入り指標が最高値とされた対象物が増えすぎてしまうことが防止され、ユーザに対して過剰な情報提供が行われてしまうことを抑制することができる。
As described in the processing of presenting favorite information and FIG. 12 and the like, when presenting the user with the corresponding information of the favorite index and the target that is equal to or more than the predetermined value, the favorite index is presented so as not to be understood. May be.
For example, the favorite index is an index represented by 1 to 10, the indifferent object is represented by 5, and the favorite object is represented by 6 when the favorite object is represented by 6 to 10. An object whose favorite index is set to 10 is an object having a higher degree of user's favorite than an object. At this time, the object with the favorite index of 6 and the object with the favorite index of 10 are presented to the user in a similar display manner so that the magnitude of the index value is not known. I can't tell the difference between the numbers. Therefore, the user cannot intentionally increase the number of objects for which the favorite index has the highest value (= 10).
Thus, it is possible to prevent the number of objects having the favorite index having the highest value from being excessively increased, and to prevent the user from being provided with excessive information.

お気に入り指標変更処理の例や図6のステップS304で説明したように、お気に入り指標は、n以下(例えば3以下)で表されると共にお気に入り度合いが高いほど高い数値で設定される指標とされ、指標管理部7aは、ユーザのお気に入り登録操作が為されていない無関心な対象物のお気に入り指標にはm(例えば1)を設定し、ユーザのお気に入り登録操作が為された対象物のお気に入り指標にmよりも大きな値(例えば最高値である3)を設定し、操作の主目的がお気に入り登録以外の目的とされたお気に入り登録操作の対象とされた対象物についてお気に入り指標を上昇させる場合には、お気に入り指標にn未満の値(例えば2)を設定してもよい。
例えば、ユーザが商品を購入した際に該購入対象の商品がお気に入り登録されるような場合には、該商品をお気に入り登録することをユーザが意図していない場合がある。そのような場合において、該商品のお気に入り指標は最高値であるnよりも低い値に設定される。
これによって、意図せずお気に入り登録されてしまった商品等の対象物について、過剰に情報提供が行われてしまうことを防止することができる。
As described in the example of the favorite index change process and in step S304 in FIG. 6, the favorite index is an index that is represented by n or less (for example, 3 or less) and is set to a higher value as the degree of favorite is higher. The management unit 7a sets m (for example, 1) as a favorite index of an indifferent object for which the user has not performed a favorite registration operation, and sets m as a favorite index of an object for which the user has performed a favorite registration operation. Is set to a large value (for example, 3 which is the highest value), and the favorite index is increased for the target object of the favorite registration operation whose main purpose is other than the favorite registration. May be set to a value less than n (for example, 2).
For example, when a user purchases a product and the product to be purchased is registered as a favorite, the user may not intend to register the product as a favorite. In such a case, the favorite index of the product is set to a value lower than the highest value n.
As a result, it is possible to prevent information from being provided excessively for an object such as a product that has been unintentionally registered as a favorite.

一般トレンド検出処理の例や図11で説明したように、変化傾向検出部7cは、ユーザクラスタUCを横断した全体的な変化傾向を検出してもよい。
ユーザクラスタUCは、各対象物についてのお気に入り傾向が同様であるユーザがまとめられたものであるが、そのユーザクラスタUCを横断的に分析することで、全体的な変化傾向を把握することが可能である。
即ち、ユーザクラスタUCによらず流行の兆しが見える商品等の対象物を抽出することが可能となり、各ユーザに対して効果的な情報提供を行うことが可能となる。
As described in the example of the general trend detection process and FIG. 11, the change tendency detection unit 7c may detect the overall change tendency across the user cluster UC.
The user cluster UC is a group of users who have the same favorite tendency for each target object. By analyzing the user cluster UC cross-sectionally, it is possible to grasp the overall change tendency. It is.
That is, it is possible to extract a target object such as a product that shows signs of fashion without depending on the user cluster UC, and it is possible to provide effective information to each user.

上述した第1の実施の形態、第2の実施の形態、その他の処理例及び変形例で説明した各例は、その組合せが不可能でない限り、いかように組み合わせられてもよい。
The examples described in the first embodiment, the second embodiment, the other processing examples, and the modified examples described above may be combined in any manner as long as the combination is not possible.

<10.プログラム及び記憶媒体>

実施の形態のプログラムは、情報提供装置7の演算処理装置(CPU等)に各種の処理を実行させるプログラムである。
<10. Program and Storage Medium>

The program according to the embodiment is a program that causes an arithmetic processing device (CPU or the like) of the information providing device 7 to execute various processes.

実施の形態のプログラムは、商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属する対象物についてのお気に入り度合いを3段階以上で表すお気に入り指標を対象物ごとに管理する指標管理機能を演算処理装置に実行させる。
また、お気に入り指標に基づいてユーザがクラスタリングされたユーザクラスタを管理するクラスタ管理機能を演算処理装置に実行させる。
更に、一のユーザクラスタに属するユーザのお気に入り指標の変化傾向を検出する変化傾向検出機能を演算処理装置に実行させる。
更にまた、検出されたお気に入り指標の変化傾向がお気に入り度合いの上昇傾向である場合に、一のユーザクラスタに属するユーザであって且つ上昇傾向が検出されなかったユーザを対象ユーザとして抽出する対象ユーザ抽出機能を演算処理装置に実行させる。
加えて、お気に入り度合いの上昇傾向が検出された対象物に関する情報を対象ユーザに提供する情報提供機能を演算処理装置に実行させる。
即ちこのプログラムは、情報処理装置の演算処理装置に対して図5のステップS205乃至S207の各処理,図6乃至図11に示す各処理を実行させるプログラムである。
The program according to the embodiment causes the arithmetic processing device to execute an index management function for managing, for each object, a favorite index indicating the degree of favorite of the object belonging to at least one of a product, a store, and a genre in three or more stages.
Further, the processor is caused to execute a cluster management function of managing a user cluster in which the users are clustered based on the favorite index.
Further, the processing unit is caused to execute a change tendency detecting function of detecting a change tendency of a favorite index of a user belonging to one user cluster.
Further, when the detected tendency of the favorite index is a rising tendency of the favorite degree, a target user extraction for extracting, as a target user, a user belonging to one user cluster and not detecting the rising tendency. Causes the processing unit to execute the function.
In addition, the information processing device is caused to execute an information providing function of providing the target user with information on the target object for which the increasing tendency of the favorite degree is detected.
That is, this program is a program for causing the arithmetic processing unit of the information processing apparatus to execute each processing of steps S205 to S207 in FIG. 5 and each processing shown in FIGS. 6 to 11.

このようなプログラムにより、上述した情報提供装置7としての1または複数の情報処理装置を実現できる。
そしてこのようなプログラムはコンピュータ装置等の機器に内蔵されている記憶媒体としてのHDDや、CPUを有するマイクロコンピュータ内のROM等に予め記憶しておくことができる。あるいはまた、半導体メモリ、メモリカード、光ディスク、光磁気ディスク、磁気ディスクなどのリムーバブル記憶媒体に、一時的あるいは永続的に格納(記憶)しておくことができる。またこのようなリムーバブル記憶媒体は、いわゆるパッケージソフトウェアとして提供することができる。
また、このようなプログラムは、リムーバブル記憶媒体からパーソナルコンピュータ等にインストールする他、ダウンロードサイトから、LAN、インターネットなどのネットワークを介してダウンロードすることもできる。
With such a program, one or a plurality of information processing apparatuses as the information providing apparatus 7 described above can be realized.
Such a program can be stored in advance in an HDD as a storage medium built in a device such as a computer device, a ROM in a microcomputer having a CPU, or the like. Alternatively, it can be temporarily (permanently) stored in a removable storage medium such as a semiconductor memory, a memory card, an optical disk, a magneto-optical disk, or a magnetic disk. Further, such a removable storage medium can be provided as so-called package software.
Such a program can be installed on a personal computer or the like from a removable storage medium, or can be downloaded from a download site via a network such as a LAN or the Internet.

1 ネットワークシステム、2 通信ネットワーク、3 電子商取引システム、4 ユーザ端末、5 店舗端末、6 ショッピングサーバ、7 情報提供装置、7a 指標管理部、7b クラスタ管理部、7c 変化傾向検出部、7d 対象ユーザ抽出部、7e 情報提供部、50 ユーザDB、51 商品DB、52 店舗DB、53 履歴DB、54 指標DB、55 クラスタDB   Reference Signs List 1 network system, 2 communication network, 3 electronic commerce system, 4 user terminal, 5 store terminal, 6 shopping server, 7 information providing device, 7a index management unit, 7b cluster management unit, 7c change tendency detection unit, 7d target user extraction Department, 7e Information Provision Department, 50 User DB, 51 Product DB, 52 Store DB, 53 History DB, 54 Index DB, 55 Cluster DB

本発明に係る情報処理装置は、商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属する対象物についてのユーザの興味関心の度合いを複数の段階で表す指標値を前記対象物ごとに管理する指標管理部と、前記指標値に基づいて前記ユーザがクラスタリングされたユーザクラスタを管理するクラスタ管理部と、一の前記ユーザクラスタに属する前記ユーザの前記指標値の変化傾向を検出する変化傾向検出部と、を備えている。
興味関心の度合いを複数段階以上で表した指標値を用いてユーザクラスタごとに興味関心の変化傾向を検出することで、変化傾向に応じた適切な情報をユーザに提供するための環境が形成される。
An information processing apparatus according to the present invention includes: an index management unit that manages, for each of the objects, an index value indicating a degree of interest and interest of the user in at least one of a product, a store, and a genre in a plurality of stages. comprises a cluster management section for managing user cluster said user is clustered based on the index value, the changing tendency detecting unit for detecting a changing trend of the index value of the user belonging to one of said user clusters, the ing.
An environment for providing appropriate information to the user according to the change tendency is formed by detecting the change tendency of the interest for each user cluster using the index value indicating the degree of the interest in a plurality of stages or more. You.

上述した情報処理装置において、ユーザに対して所定値以上とされた前記指標値に対応する前記対象物を提示する場合には、前記指標値の多寡が分からないように提示してもよい。
例えば、指標値が1〜10で表される指標であり、無関心とされた対象物が5で表され、興味関心の高い対象物が6〜10で表される場合に、指標値が6とされた対象物よりも指標値が10とされた対象物の方がユーザの興味関心の度合いが高い対象物とされている。このとき、指標値が6とされた対象物と10とされた対象物はその指標値の多寡が分からないように、同様の表示態様でユーザに提示されるため、ユーザは、その指標値の数値の違いを見分けられない。従って、指標値が最高値(=10)とされた対象物をユーザが意図的に増やすことができなくなる。
In the information processing apparatus described above, when presenting the object corresponding to the index value set to a predetermined value or more to the user, the target object may be presented such that the magnitude of the index value is not known.
For example, when the index value is an index represented by 1 to 10, the indifferent object is represented by 5 and the object of high interest is represented by 6 to 10, the index value is 6 The object whose index value is set to 10 is regarded as an object having a higher degree of interest and interest of the user than the target object. At this time, the object having the index value of 6 and the object having the index value of 10 are presented to the user in a similar display manner so that the magnitude of the index value is not known. I can't tell the difference between the numbers. Therefore, the user cannot intentionally increase the object whose index value is the highest value (= 10).

<9.まとめ>

上述の各種の例で説明したように、商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属する対象物についてのユーザのお気に入り度合いを3段階以上で表すお気に入り指標を対象物ごとに管理する指標管理部7aと、お気に入り指標に基づいてユーザがクラスタリングされたユーザクラスタUCを管理するクラスタ管理部7bと、一のユーザクラスタUCに属するユーザのお気に入り指標の変化傾向を検出する変化傾向検出部7cと、検出されたお気に入り指標の変化傾向がお気に入り度合いの上昇傾向である場合に、一のユーザクラスタUCに属するユーザであって且つ上昇傾向が検出されなかったユーザを対象ユーザとして抽出する対象ユーザ抽出部7dと、お気に入り度合いの上昇傾向が検出された対象物に関する情報を対象ユーザに提供する情報提供部7eと、を備えている。
お気に入り度合いを3段階以上で表したお気に入り指標を管理することで、ユーザが単にお気に入りであるか否かを2値で表した指標を用いるよりもユーザの嗜好情報がきめ細やかに管理される。
例えば、ユーザの意図に反してお気に入り度合いが高いと判定された商品と、ユーザが意図してお気に入り度合いが高いと指定した商品は、異なるお気に入り度合いとして管理することが可能となる。
これによって、ユーザにとって本当にお気に入り度合いが高い商品等が他の商品と区別されて管理されると共に、ユーザに適切な情報提供を行うことができる。
また、ユーザクラスタUCにおいてお気に入り度合いの上昇傾向が検出された商品等は、該ユーザクラスタUCに属するユーザが好みそうな商品等であることが推測される。そのような商品は、同じユーザクラスタUCに属しているユーザであって、且つその商品等を知らないユーザにとっても好みのものである可能性が高く、本構成によれば、ユーザ同士の嗜好傾向の類似具合を考慮した適切な情報提供を行うことが可能となる。特に、お気に入り指標が3段階以上とされることで、嗜好の共通性がより強調されたユーザのクラスタリングが為されることにより、情報提供についても高い効果を得ることが可能となる。
<9. Summary>

As described in the above-described various examples, an index management unit 7a that manages, for each target, a favorite index that indicates the user's favorite degree of the target belonging to at least one of a product, a store, and a genre in three or more levels. A cluster management unit 7b that manages a user cluster UC in which users are clustered based on a favorite index, a change tendency detection unit 7c that detects a change tendency of a favorite index of a user belonging to one user cluster UC, A target user extraction unit 7d for extracting, as a target user, a user who belongs to one user cluster UC and whose rising tendency is not detected when the change tendency of the favorite index is a rising tendency of the favorite degree; Provide information to the target user on the target for which the increasing tendency is detected. It includes an information providing portion 7e to provide the.
By managing the favorite index indicating the degree of favorite in three or more levels, the preference information of the user is more finely managed than using the index indicating whether the user is simply a favorite or not in binary.
For example, a product that is determined to have a high favorite degree contrary to the user's intention and a product that the user intentionally specifies to have a high favorite degree can be managed as different favorite degrees.
As a result, a product or the like that is really favorite for the user can be managed separately from other products, and appropriate information can be provided to the user.
In addition, it is presumed that a product or the like for which the tendency of increasing the degree of favorite is detected in the user cluster UC is a product or the like that a user belonging to the user cluster UC is likely to like. Such a product is a user who belongs to the same user cluster UC, and is likely to be a favorite product even for a user who does not know the product or the like. It is possible to provide appropriate information in consideration of the similarity of the above. In particular, by setting the favorite index to three or more levels, clustering of users whose commonality of taste is emphasized is performed, so that a high effect of information provision can be obtained.

お気に入り情報の提示処理や図12などで説明したように、ユーザに対して所定値以上とされたお気に入り指標に対応する対象物を提示する場合には、お気に入り指標の多寡が分からないように提示してもよい。
例えば、お気に入り指標が1〜10で表される指標であり、無関心とされた対象物が5で表され、お気に入りの対象物が6〜10で表される場合に、お気に入り指標が6とされた対象物よりもお気に入り指標が10とされた対象物の方がユーザのお気に入り度合いが高い対象物とされている。このとき、お気に入り指標が6とされた対象物と10とされた対象物はその指標値の多寡が分からないように、同様の表示態様でユーザに提示されるため、ユーザは、そのお気に入り指標の数値の違いを見分けられない。従って、ユーザが意図的にお気に入り指標が最高値(=10)とされた対象物を増やすことができなくなる。
これによって、お気に入り指標が最高値とされた対象物が増えすぎてしまうことが防止され、ユーザに対して過剰な情報提供が行われてしまうことを抑制することができる。

As described in the processing of presenting favorite information and FIG. 12 and the like, when presenting an object corresponding to a favorite index set to a predetermined value or more to the user, the user is presented so that the number of favorite indexes is not known. You may.
For example, the favorite index is an index represented by 1 to 10, the indifferent object is represented by 5, and the favorite object is represented by 6 when the favorite object is represented by 6 to 10. An object whose favorite index is set to 10 is an object having a higher degree of user's favorite than an object. At this time, the object with the favorite index of 6 and the object with the favorite index of 10 are presented to the user in a similar display manner so that the magnitude of the index value is not known. I can't tell the difference between the numbers. Therefore, the user cannot intentionally increase the number of objects for which the favorite index has the highest value (= 10).
Thus, it is possible to prevent the number of objects having the favorite index having the highest value from being excessively increased, and to prevent the user from being provided with excessive information.

Claims (11)

商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属する対象物についての興味関心の度合いを複数の段階で表す指標値を前記対象物ごとに管理する指標管理部と、
前記指標値に基づいてユーザがクラスタリングされたユーザクラスタを管理するクラスタ管理部と、
一のユーザクラスタに属するユーザの前記指標値の変化傾向を検出する変化傾向検出部と、を備えた
情報処理装置。
An index management unit that manages, for each of the objects, an index value representing the degree of interest in the object belonging to at least one of the product, the store, and the genre in a plurality of stages;
A cluster management unit that manages a user cluster in which users are clustered based on the index value;
A change tendency detecting unit configured to detect a change tendency of the index value of a user belonging to one user cluster.
前記検出された指標値の変化傾向が興味関心の度合いの上昇傾向である場合に、前記一のユーザクラスタに属するユーザであって且つ前記上昇傾向が検出されなかったユーザを対象ユーザとして抽出する対象ユーザ抽出部と、
前記上昇傾向が検出された前記対象物に関する情報を前記対象ユーザに提供する情報提供部と、を備えた
請求項1に記載の情報処理装置。
When the detected change in the index value is a rising trend of the degree of interest, a user belonging to the one user cluster and a user for whom the rising trend is not detected is extracted as a target user. A user extraction unit;
The information processing device according to claim 1, further comprising: an information providing unit configured to provide information on the target in which the upward trend is detected to the target user.
前記対象ユーザ抽出部は、前記一のユーザクラスタに属するユーザのうち一定割合のユーザについて、同一の前記対象物についての所定期間内における前記上昇傾向が検出された場合に、前記対象ユーザの抽出を行う
請求項2に記載の情報処理装置。
The target user extraction unit extracts the target user when a certain percentage of users belonging to the one user cluster detects the upward trend within a predetermined period of the same target object. The information processing apparatus according to claim 2.
前記クラスタ管理部は、前記情報の提供を行った結果、前記変化傾向に沿ったユーザと沿わなかったユーザを異なるユーザクラスタに分離する
請求項2から請求項3の何れかに記載の情報処理装置。
4. The information processing apparatus according to claim 2, wherein, as a result of providing the information, the cluster management unit separates a user along the change tendency and a user not along the change tendency into different user clusters. 5. .
前記指標管理部は、購入回数や購入頻度に応じて前記指標値を算出する
請求項1から請求項4の何れかに記載の情報処理装置。
The information processing apparatus according to any one of claims 1 to 4, wherein the index management unit calculates the index value according to the number of purchases and the purchase frequency.
前記指標値は、興味関心の度合いが高いほど高く設定される指標とされ、
前記指標管理部は、ユーザの能動的操作に基づいて操作対象とされた前記対象物の指標値を上昇させる場合には、ユーザの非能動的操作に基づくよりも大きく上昇させる
請求項1から請求項5の何れかに記載の情報処理装置。
The index value is an index that is set higher as the degree of interest is higher,
The index management unit, when increasing the index value of the object set as the operation target based on the active operation of the user, increases the index value more than based on the inactive operation of the user. Item 6. An information processing device according to any one of Items 5.
前記指標値は、興味関心の度合いが高いほど高く設定される指標とされ、
前記指標管理部は、前記指標値が最高値に設定される前記対象物の数が所定数以下となるように管理する
請求項1から請求項6の何れかに記載の情報処理装置。
The index value is an index that is set higher as the degree of interest is higher,
The information processing apparatus according to claim 1, wherein the index management unit manages the number of the objects for which the index value is set to a maximum value to be equal to or less than a predetermined number.
ユーザに対して所定値以上とされた前記指標値と前記対象物の対応情報を提示する場合には、前記指標値の多寡が分からないように提示する
請求項7に記載の情報処理装置。
The information processing apparatus according to claim 7, wherein when presenting the correspondence information between the index value and the object that is equal to or more than a predetermined value to the user, the index value is presented so as to be unclear.
前記指標値は、n以下で表されると共に興味関心の度合いが高いほど高い数値で設定される指標とされ、
興味関心の度合いが高いことを示す操作として第1操作と第2操作が設けられ、
前記第1操作は、前記第2操作よりも興味関心の度合いが高いことを示す操作とされた場合に、
前記指標管理部は、
前記第2操作が行われたことに応じて該第2操作の前記対象物の前記指標値を上昇させる場合にはnよりも小さな値を設定する
請求項1から請求項8の何れかに記載の情報処理装置。
The index value is an index represented by n or less and set as a higher value as the degree of interest is higher,
A first operation and a second operation are provided as operations indicating that the degree of interest is high,
When the first operation is an operation indicating that the degree of interest is higher than the second operation,
The index management unit,
The value smaller than n is set when raising the said index value of the said target object of this 2nd operation according to the said 2nd operation having been performed. Information processing device.
前記変化傾向検出部は、ユーザクラスタを横断した全体的な変化傾向を検出する
請求項1から請求項9の何れかに記載の情報処理装置。
The information processing apparatus according to any one of claims 1 to 9, wherein the change tendency detection unit detects an overall change tendency across the user cluster.
商品、店舗或いはジャンルの少なくとも何れかに属する対象物についての興味関心の度合いを複数の段階で表す指標値を前記対象物ごとに管理する指標管理ステップと、
前記指標値に基づいてユーザがクラスタリングされたユーザクラスタを管理するクラスタ管理ステップと、
一のユーザクラスタに属するユーザの前記指標値の変化傾向を検出する変化傾向検出ステップと、を備えた
情報処理装置が実行する情報処理方法。
An index management step of managing, for each object, an index value indicating a degree of interest in an object belonging to at least one of a product, a store, and a genre;
A cluster management step of managing a user cluster in which users are clustered based on the index value;
A change tendency detecting step of detecting a change tendency of the index value of a user belonging to one user cluster, the information processing method executed by the information processing apparatus.
JP2018189247A 2018-10-04 2018-10-04 Information processing device, information processing method Active JP6754808B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2018189247A JP6754808B2 (en) 2018-10-04 2018-10-04 Information processing device, information processing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2018189247A JP6754808B2 (en) 2018-10-04 2018-10-04 Information processing device, information processing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2020057322A true JP2020057322A (en) 2020-04-09
JP6754808B2 JP6754808B2 (en) 2020-09-16

Family

ID=70107427

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018189247A Active JP6754808B2 (en) 2018-10-04 2018-10-04 Information processing device, information processing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6754808B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2022027291A (en) * 2020-07-31 2022-02-10 PayPay株式会社 Analysis device, analysis method, and analysis program

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005033600A (en) * 2003-07-08 2005-02-03 Sony Corp Content viewing support system and content viewing support method, and computer program
JP2015159357A (en) * 2014-02-21 2015-09-03 キヤノン株式会社 Image processing system, image processing method, and program
JP2017158798A (en) * 2016-03-09 2017-09-14 アイシン精機株式会社 Body pressure distribution cushion and mattress

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005033600A (en) * 2003-07-08 2005-02-03 Sony Corp Content viewing support system and content viewing support method, and computer program
JP2015159357A (en) * 2014-02-21 2015-09-03 キヤノン株式会社 Image processing system, image processing method, and program
JP2017158798A (en) * 2016-03-09 2017-09-14 アイシン精機株式会社 Body pressure distribution cushion and mattress

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2022027291A (en) * 2020-07-31 2022-02-10 PayPay株式会社 Analysis device, analysis method, and analysis program

Also Published As

Publication number Publication date
JP6754808B2 (en) 2020-09-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9836774B2 (en) Comparative shopping tool
JP5235251B1 (en) Information processing apparatus, information processing method, and information processing program
US8595049B2 (en) Method and system for monitoring internet information for group notification, marketing, purchasing and/or sales
US8069090B2 (en) Method and apparatus for creating contextualized auction feeds
US20140074649A1 (en) Grocery recommendation engine
US10438270B2 (en) Apparatus and method for information processing and recording
US10423999B1 (en) Performing personalized category-based product sorting
JP6204637B1 (en) Information processing apparatus, information processing method, program, and storage medium
US20150221023A1 (en) Information providing device, information providing method, information providing program, and computer-readable storage medium storing the program
US10565609B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium
JP6679689B2 (en) Information processing device and information processing method
JP6085730B1 (en) Information processing apparatus, information processing method, program, and storage medium
JP6069599B1 (en) Information processing apparatus, information processing method, and program
JP6067810B2 (en) Distribution device and distribution method
JP2016110217A (en) Distribution device and distribution method
KR20210070345A (en) Inventory Gathering, Image Processing and Market Descriptor Pricing System
JP6754808B2 (en) Information processing device, information processing method
US20180165741A1 (en) Information providing device, information providing method, information providing program, and computer-readable storage medium storing the program
KR101990502B1 (en) a device and a method for extracting generalized information
EP2533163A1 (en) List display on the basis of list activities and related applications
JP5794881B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, and information processing program
JPWO2015198376A1 (en) Information processing apparatus, information processing method, program, and storage medium
US20180336618A1 (en) Merchandise purchase assist system
JP6053093B1 (en) Information processing apparatus, information processing method, and program
JP6896557B2 (en) Information processing equipment, information processing methods, and information processing programs

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20181005

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20191224

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200217

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20200804

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20200824

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6754808

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350