JP2015514168A - System for repairing a sewer manhole - Google Patents

System for repairing a sewer manhole Download PDF

Info

Publication number
JP2015514168A
JP2015514168A JP2015500923A JP2015500923A JP2015514168A JP 2015514168 A JP2015514168 A JP 2015514168A JP 2015500923 A JP2015500923 A JP 2015500923A JP 2015500923 A JP2015500923 A JP 2015500923A JP 2015514168 A JP2015514168 A JP 2015514168A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lining
manhole
characterized
sewer
step
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2015500923A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP6067834B2 (en
Inventor
エッシェンブレンナー・ペーター
エッシェンブレンナー・ベルント
Original Assignee
エッシェンブレンナー・ペーター
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE201210102433 priority Critical patent/DE102012102433B4/en
Priority to DE102012102433.2 priority
Application filed by エッシェンブレンナー・ペーター filed Critical エッシェンブレンナー・ペーター
Priority to PCT/EP2013/055899 priority patent/WO2013139892A2/en
Publication of JP2015514168A publication Critical patent/JP2015514168A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6067834B2 publication Critical patent/JP6067834B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02DFOUNDATIONS; EXCAVATIONS; EMBANKMENTS; UNDERGROUND OR UNDERWATER STRUCTURES
    • E02D29/00Independent underground or underwater structures; Retaining walls
    • E02D29/12Manhole shafts; Other inspection or access chambers; Accessories therefor
    • E02D29/128Repairs of manhole shafts
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02DFOUNDATIONS; EXCAVATIONS; EMBANKMENTS; UNDERGROUND OR UNDERWATER STRUCTURES
    • E02D29/00Independent underground or underwater structures; Retaining walls
    • E02D29/12Manhole shafts; Other inspection or access chambers; Accessories therefor
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02DFOUNDATIONS; EXCAVATIONS; EMBANKMENTS; UNDERGROUND OR UNDERWATER STRUCTURES
    • E02D29/00Independent underground or underwater structures; Retaining walls
    • E02D29/12Manhole shafts; Other inspection or access chambers; Accessories therefor
    • E02D29/125Manhole shafts; Other inspection or access chambers; Accessories therefor characterised by the lining of the shaft

Abstract

方法は、下水道マンホールを修復するために使用され、a. Method is used to repair the sewer manhole, a. 膨らませ可能なフィルムホース(40)を下水道マンホールプロフィルに相当する型(38)に被せるステップと、b. A step of covering possible film hose (40) into a mold (38) corresponding to the sewer profile inflated, b. 型(38)に被せられたフィルムホース(40)に少なくとも1つの伸縮性の布ベルト(46,46')を巻き付け及び/又は配置し、非伸縮性の引張強さを有する少なくとも1つの長手方向ベルト(48)も、軸方向に布ベルト(46,46')の間へ挿入するステップと、c. Type (38) at least one stretch fabric wrapped belt (46, 46 ') and / or placed in covered obtained film hose (40), at least one longitudinal having inextensible tensile strength belt (48) also includes the steps of axially inserted into between the fabric belt (46, 46 '), c. このようにして形成したライニング(50)を包囲する保護カバー(52)を取り付けるステップと、d. And attaching a protective cover which surrounds the lining (50) formed in this way (52), d. 半径方向に縮小させた型(38)からライニング(50)を外すステップと、e. A step of removing the lining (50) from the mold (38) which is radially reduced, e. 修復すべき下水道マンホール(10)内へライニング(50)を挿入し、ライニング(50)の内側のフィルムホース(40)内へ圧力密の袋(66)を導入するステップと、f. Into the sewer to be repaired (10) to insert the lining (50), introducing a pressure-tight bag (66) to the lining (50) of the inner film hose (40), f. 上端においてライニング(50)を密閉し、シャフト壁(34)に当接するまで膨らませるステップと、g. A step of inflating until sealed lining (50), abuts against the shaft wall (34) at the upper end, g. 樹脂を含浸させたライニング(50)を硬化させるステップと、から成る。 Curing the lining (50) impregnated with resin, made of. ライニング(50)を形成するために、修復すべき下水道マンホール(10)に応じて異なった形状及び大きさのモジュール(38−1,38−2,38−3)から成る可変の型(38)が使用される。 Lining to form (50), different depending on the sewer manhole (10) to be repaired shape and size variable of the type consisting of modules (38-1,38-2,38-3) (38) There will be used.

Description

本発明は、ライニングによって下水道マンホールを修復するための方法と、この方法によって形成されたライニングと、ライニングを形成するための装置に関する。 The present invention relates to a method for repairing a sewer manhole by lining, the lining is formed by this method, an apparatus for forming a lining.

下水網システム、特にマンホールは、種々の熱的、化学的及び水文学的な負荷の支配下にある。 Sewer network system, in particular manhole is under the control of a variety of thermal, chemical and hydrological load. 特に、産業及び事業は、高い経営上の負荷に対して著しい寄与を果たす。 In particular, industrial and business plays a significant contribution to the load on the high management. 例えば、酪農場、醸造所又は化学産業によって一般に著しい量の特に攻撃的物質が導入され、これら物質は、それ自身で既に又は別の入り込む物質との混合によって流れ中に化学反応を引き起こす。 For example, dairy, generally introduced especially aggressive substances significant amounts by the brewery or the chemical industry, these substances causes a chemical reaction in the stream by mixing with previously or another, enter material itself.

この汚物出荷は、廃水の高いエネルギーレベル(例えば水害後の高い廃水流入による乱流)と関係して長い間に強く浸食するように作用する。 The waste shipment acts to be associated with the waste water with high energy levels (e.g. turbulence due to high wastewater flows after water damage) erodes strongly over time. 建造物における漸進的な表面腐食は、結局、数年後に支持物質に相当な損傷を生じさせる。 Progressive surface erosion in buildings, eventually, cause considerable damage to the support material in a few years. 時には著しい亀裂が建造物に生じ、しばしば、亀裂は、例えばマンホールリングの間の継ぎ目に生じる。 Sometimes it caused a significant crack buildings often crack occurs seam between eg manhole ring. 一方では、亀裂によってますます大きくなる量の汚水が、相応に負の結果と共に下水道システムから環境に流出し、他方では、例えば地下水位が上昇し、これが、浄化装置に付加的に負荷を与える場合に、外水がしみ込む。 On the other hand, if the sewage quantity increasingly larger by cracks, correspondingly flows from the sewer system to the environment along with negative results, on the other hand, for example, groundwater level rises, this is to provide additional load on the purifier in, outside water soak. 両者は、腐食を持続的に助長する。 Both are persistently promote corrosion. このようなダメージパターンを有する下水道システムは、著しい危険であり、緊急に修復の必要がある。 Sewer system having such a damage pattern is a significant danger, there is a need for urgent repairs.

下水道システム、特にマンホール建造物を修復するため、従来技術により異なった方法公知である: To repair the sewer system, in particular manhole structures, are different ways known from the prior art:

セメント結合されるコーティング材料による上塗りは、より古典的な手法と呼ぶことができるが、ここでは、永続的な耐性が欠けている。 Overcoated with a coating material that is a cement bond and may be referred to as a more classical approach, where lacks persistent resistance. 反応型樹脂コーティングの使用も、泡が発生してコーティングが基礎から剥がれることがあるので、問題がある。 The use of reactive resin coating also because it may coatings bubbles generated peels off from the base, there is a problem. 確かに、コーティングによって、表面を封印し、建造物を保護することができるが、建造物の支持能力と静力学は、薄いセメント層又は樹脂層によって回復されない。 Indeed, by coating, to seal the surface, it is possible to protect the building, the supporting capacity and statics of the building is not restored by a thin layer of cement or resin layer.

従って、下水道マンホールを、ガラス繊維強化プラスチック(GRP)から製造されたチューブ又は曲げられたプレートによってライニングすることも公知である。 Therefore, the sewer manhole, it is also known to lining by the production tubing or bent plates from glass fiber reinforced plastic (GRP). このようなGRP材料は、耐高温性、耐低温性及び耐変形性と耐化学薬品性によって際立っている。 Such GRP materials, high temperature resistance, are distinguished by low temperature resistant and deformation resistance and chemical resistance. 熱硬化性プラスチック部品は、酸及び同様の攻撃的な物質に対して鈍感であるので、これらは、厚い肉厚及び複雑な幾何学形状を有する部品を同時に高い圧縮強度で製造することができるのでなおさら、修復のために適した材料である。 Thermosetting plastics parts are the insensitive to acid and similar aggressive substances, it can be manufactured at the same time a high compression strength parts with a thick wall thickness and complex geometries still a material suitable for repair. しかしながら、適合させるべきプレートの費用の掛かる大量生産が必要であり、容易にはチューブを既存の下水網システムに取り付けることができないことが欠点である。 However, it is necessary mass production costly plate to be adapted easily to the a drawback that can not be attached to tubing to the existing sewer network system.

従って、別の手法では、いわゆるホースインライナーを下水道システムに導入し、圧縮空気によって下水道壁に押し付け、最後に紫外線光源によって硬化させることが行なわれる。 Thus, in another approach, a so-called hose inliner introduced into the sewer system, pressed against the sewer wall by means of compressed air, and finally carried out be cured by ultraviolet light. このため、独国特許出願公開第39 22 351号明細書(特許文献1)には、該当する下水道部分内へ軸方向に挿入され、伸縮可能な袋によって広げられ、次いで硬化させられる樹脂化したインナチューブを使用して排出チューブを修復するための方法が記載されている。 Thus, in DE 39 22 351 Pat (Patent Document 1) is inserted axially into the appropriate sewer portion inside, extended by stretchable bag, then resinated is cured the method for repairing a discharge tube using the inner tube is described. 独国特許第43 26 503号明細書(特許文献2)から、任意の長さのチューブ状のライニングホースを形成することが公知である。 From DE 43 26 503 Pat (Patent Document 2), it is known to form any length of tubular lining hose. しかしながら、このようなライニングホースは、分岐部及び下水道マンホール、特にマンホールネック部に対しては、これらが主に円錐形に先細るのでなおさら、不適である。 However, such a lining hose, bifurcation and sewer manhole, especially for manhole neck, it still mainly because tapering conically, is unsuitable. 独国特許出願公開第197 02 649号明細書(特許文献3)は、修復パッカーによる接続管のシールを実現するため、インライナーにおける補助封止体による分岐管のシールに取り組んでいる。 DE 197 02 649 Pat (Patent Document 3), in order to realize the sealing of the connection pipe by repair packer, working on the sealing of the branch pipe by the auxiliary sealing member in the inliner. しかしながらこの方法も、下水道マンホールのシールに対しては不適である。 However, this method is also unsuitable for sealing the sewer manhole.

独国特許出願公告第699 25 045号明細書(特許文献4)の対象は、シームによって互いに結合され、その中心の層がライニングをシールする少なくとも3つの層から成るホースによってマンホールの壁のシールと強化をするためのライニング装置である。 Target German Patent Application Publication No. 699 25 045 Pat (Patent Document 4) are coupled together by a seam, and the sealing of the walls of the manhole by at least three hose comprising a layer a layer of the center to seal the lining it is a lining device for the strengthening.

独国特許第10 2009 050 084号明細書(特許文献5)から、管路の修復とライニングをするために使用することができる多層のホースとこのホースを製造するための方法が公知である。 From DE 10 2009 050 084 Pat (Patent Document 5), a method for manufacturing the hose a multilayer hose that can be used to repair the lining of the conduit are known. このホースは、一定の直径で連続的に製造されるが、このため、フラットフィルムがそのオーバーラップする長手方向周縁部を溶接され、次に取付け管に通される。 This hose is being produced continuously at a constant diameter and thus is welded a longitudinal peripheral portion flat film is its overlapping are then passed through a connecting pipe. 取付け管に、同時に樹脂を含浸させた長手方向ベルトが配置され、この長手方向ベルトが、フラットフィルムによって構成されるインナホースと共に外され、チューブエンドの後で互いに結合される。 The mounting tube, is arranged longitudinally belt is simultaneously impregnated with resin, the longitudinal belt, is removed with In'nahosu constituted by flat film, they are coupled to each other after the tube end.

独国特許出願公告第697 02 876号明細書(特許文献6)には、マンホールのためのプラスチックライニングと、ライニングのコーティングをするための方法が記載及び図示されている。 In German Patent Application Publication No. 697 02 876 Pat (Patent Document 6), a plastic lining for manhole, a method for the coating of the lining is described and illustrated. そこでは、ライニングが、まず平らな形にされた袋から成り、この袋が、マンホールへの導入後膨らまされるが、円錐形の移行部分では、しわのよったゾーンと褶曲の発生が不可避である。 There, lining, consists of first flat shape to be the bag, the bag, but is inflated after introduction into the manhole, in the transition portion of the cone, the occurrence of zones and folds wrinkled is inevitable is there.

独国特許出願公開第39 22 351号明細書 DE 39 22 351 Pat 独国特許第43 26 503号明細書 DE 43 26 503 Pat. 独国特許出願公開第197 02 649号明細書 German Patent Application Publication No. 197 02 649 Pat. 独国特許出願公告第699 25 045号明細書 German Patent Application Publication No. 699 25 045 Pat 独国特許第10 2009 050 084号明細書 DE 10 2009 050 084 Pat. 独国特許出願公告第697 02 876号明細書 German Patent Application Publication No. 697 02 876 Pat.

本発明の根底にある課題は、 The problem underlying the present invention,
・リーク箇所のシール・物理的及び化学的に抵抗力を有する、良好にクリーニングできる表面の形成・特にマンホールステップの領域でのマンホールの安定の改善の目標を達成するために、下水道マンホールの修復をするためのシステムを提供することにある。 - having seal physically and chemically resistant to leakage portion, in order to achieve the goal of better stability of the improved manhole in the area of ​​formation and particularly manhole step of cleaning can surface, a repair of sewer manholes to provide a system for.

この課題提起の解決のため、請求項1に記載の方法もしくは請求項12に記載の装置の特徴が役立つ。 To solve this problem posed, help features of the apparatus according to the method or claim 12 according to claim 1. 有利な発展形は、従属請求項の対象である。 Advantageous developments are subject of the dependent claims.

本発明を以下で図面に図示した実施例で説明する。 Described embodiment in which the present invention is illustrated in the drawings below.

下水道マンホールの概略縦断面図 Schematic longitudinal sectional view of a sewer manhole 本発明によるライニングの巻付け及び配置中の型の斜視図 Type perspective view of the winding and during placement of the lining according to the invention 図4による装置内で使用するための異なったモジュール Different module for use in a device according to FIG. 4 本発明によるマンホールライニングを形成するための装置の概略断面図 Schematic cross-sectional view of an apparatus for forming a manhole lining according to the invention 図4の面V−V内の可能な横断面図 FIG cross-sectional view possible in the plane V-V of 4 図4による装置内で使用するための巻付け装置 Winding device for use in a device according to FIG. 4 下水道マンホール内へライニングを導入する際の概略図 Schematic diagram for deploying the lining into the sewer manhole 図7に図示したライニングの広げた最終状態 Unfolded final state of the lining illustrated in FIGS. 7 マンホールステップのための固定装置の概略図 Schematic view of the fixing device for the manhole step ライニングしたマンホールの平面図 A plan view of lined manhole 図10の一部の拡大図 Part of the enlarged view of FIG. 10 機器への配線の敷設 Laying of wiring to the equipment 背面を経る機器への配線導入部 Wiring introduction part to the equipment to go through the back 外面を経る機器への配線導入部 Wiring the introductory part of the equipment that go through the outer surface 設置チャネルを有する図12のバリエーション Variations in Figure 12 with an installation channel 図15の設置チャネルの図 Figure of the installation channel of FIG. 15 マンホールステップのための貫通ピンを有する型のセクターの図 Figure types of sectors having a through pin for the manhole step 図17による貫通ピンの拡大図 Enlarged view of the through-pin according to FIG. 17 型の一部を経る、ライニング及びマンホールステップのための固定ディスクの横断面図 Through the portion of the mold, cross-sectional view of a fixed disk for lining and manhole step 拡開及び硬化後のマンホール内のライニングとマンホールステップの固定部の図19に応じた一部 Some corresponding to Figure 19 of the fixed portion of the lining and manhole steps of the expansion and the manhole after curing

図1は、DIN V4034−1:2004−08において規定されているような下水道マンホール10を模範的に示す。 1, DIN V4034-1: 2004-08 exemplarily showing a sewer manhole 10 as defined in. このような下水道マンホールは、円錐形のマンホールネック12を有し、このマンホールネックは、噛合い係合式に互いに結合されたシリンダ状のマンホールリング14上に取り付けられている。 Such sewer has a manhole neck 12 of the cone-shaped, the manhole neck is mounted on a cylindrical manhole ring 14 that are coupled together to meshing engagement expression. マンホール下部16には、踏み台部(小段)18が存在し、このステップへ水路24が入れられ、この水路が、下水道管22への接続部を形成する。 The manhole bottom 16, platform portion (berms) 18 is present, waterway 24 is placed on this step, the water passage forms a connection to the sewer pipe 22. マンホール10の上端として、円錐形のマンホールネック12の上に、支持リング30を有するフレーム28と蓋32とから成るマンホールカバー26が載置されている。 As the upper end of the manhole 10, on conical manhole neck 12, manhole cover 26 made of a frame 28 and a lid 32. is placed with the support ring 30. 支持リング30は、地表面への適合を可能にする。 Support ring 30, to allow for adaptation to the ground surface. 蓋32を取り外した後、人は、シリンダ状のマンホール壁34に取り付けられたマンホールステップ36を介してマンホール底内の踏み台部18まで下りることができる。 After removing the lid 32, one can descend to the platform portion 18 in the manhole bottom through a manhole steps 36 attached to a cylindrical manhole wall 34.

しばしば、下水道マンホール10標準仕様から外れる。 Often, departing from the sewer manhole 10 standard specification. 円錐形の移行部を有するマンホールネック12と小段18を有するマンホール下部の両領域で、最も異なった形成がある。 In both areas of the manhole bottom with manhole neck 12 with berms 18 having a transition portion of the conical, the most different forms. 本発明により行なわれる製造方法は、標準仕様とほぼすべての特殊形式の両方のライニングを可能にする。 Manufacturing method performed by the present invention allows almost all of both special form lining as standard.

図2は、本発明により設けられる、マンホールライニング50(図7及び8)の巻付け及び配置をするために水平に配置された型38の構成を示し、この型は、下水道マンホール10の内面を模倣するが、その直径は、マンホールライニング50の厚さと、マンホール10内へ導入する際に必要なその遊びを考慮するために、所定の値だけ小さい。 Figure 2 is provided by the present invention, the manhole lining 50 shows a configuration of a mold 38 disposed horizontally to the winding and placement (Fig. 7 and 8), the type, the inner surface of the sewer manhole 10 mimics, its diameter, in order to take into account the thickness of the manhole lining 50, the necessary play in introducing into the manhole 10, smaller by a predetermined value. 型38は、中空体として例えばシート材から製造されるが、この中空体は、マンホール形状に応じて異なったモジュールから成り、図4に示唆した装置20内で使用される。 Mold 38 is manufactured from a hollow body e.g. sheet material, the hollow body is composed of different modules depending on the manhole shape, it is used in the apparatus indicated in FIG 20. 図3の例は、異なったモジュール38−1,38−2,38−3の列を示す。 Example of FIG. 3 shows a sequence of different modules 38-1,38-2,38-3.

図4には、本発明によるライニング50を形成することができる型38のための回転駆動装置と共に収容するための装置20が概略的に図示されている。 4 shows a device 20 for accommodating the rotation drive for the mold 38 capable of forming a lining 50 according to the present invention is shown schematically. スタンド42から、水平軸100が伸び、この水平軸は、スタンド42に回転不能に固定され、この水平軸に、ドラム102が、転がり又は滑り軸受104を介して回転可能に支承されている。 From the stand 42, extending horizontal axis 100, the horizontal axis is non-rotatably fixed to the stand 42, in the horizontal axis, the drum 102 is rotatably supported via a rolling or sliding bearing 104. ドラム102の駆動のため、回転数調整可能なモータ106が使用され、このモータは、スタンド42に取り付けられ、その軸108が、ギヤユニット110を介してドラム102を回転させる。 For driving the drum 102, the rotation speed adjustable motor 106 is used, the motor is mounted on the stand 42, the shaft 108 rotates the drum 102 through the gear unit 110. 選択的に、空気圧式又は油圧式の駆動装置も考えられる。 Optionally, pneumatic or hydraulic drive is also conceivable.

既に述べたように、型38は、中空体として形成され、この中空体は、隣接して並べられたモジュールから成り、これらモジュールの寸法(長さ、直径、円錐角度)は、ライニングすべきマンホール形状に相当する。 As already mentioned, the mold 38 is formed as a hollow body, the hollow body is composed of aligned adjacent modules, the dimensions of the modules (length, diameter, cone angle), a manhole to be lined corresponding to the shape. 図示した例は、垂直に重なり合うマンホールリング14のライニングをするための大きいシリンダ状のモジュール38−1を示し、これらマンホールリングの長さは、上に向かって小段18に続くシリンダ状の領域(図1参照)内のマンホール深さに相当し、一般的に直径の4倍である。 The illustrated example, shows a cylindrical module 38-1 great for lining manholes ring 14 overlap vertically, length, cylindrical region (Fig following the berms 18 upward of manhole rings corresponds to the manhole depth of 1 reference) in a 4-fold generally in diameter. 続くモジュール38−2は、円錐形のマンホールネック12のためのライニング部分を形成するために使用され、このモジュールに、ネック端のための小さいシリンダ状のモジュール38−3が続く。 Subsequent module 38-2, is used to form a lining part for a manhole neck 12 of the conical this module, a small cylindrical module 38-3 for the neck end is followed. 隣接して並べられたモジュール38−2,38−3は、図4によれば、噛合い係合式のカップリング要素112を介してドラム102の閉鎖端と回転不能に結合されている。 Module 38-2,38-3 ordered adjacently, according to FIG. 4, is non-rotatably coupled with the closed end of the drum 102 through the coupling element 112 of the meshing engagement expression.

当然、他のマンホール横断面のためのライニングも、例えば異なったモジュールの組合せ又は多角形のモジュール38−1'によって形成することができる。 Of course, also the lining for other manhole cross section can be formed by, for example, different modules combined or polygonal modules 38-1 '.

図4及び5は、直径を変更することができるように、大きいモジュール38−1を2つ又はここでは4つの円セグメント118に分割するする可能性を示唆する。 4 and 5 suggest the possibility of dividing so as to be able to change the diameter, the four circle segment 118 larger module 38-1 two or here. 各セグメント118は、半径方向内側に向かって突出する少なくとも1つの脚部120によって、ドラム102から突出するガイド122内に支承されている。 Each segment 118, by at least one leg 120 projects radially inwardly and is supported in a guide 122 projecting from the drum 102. このようにして、セグメント118は、少なくとも2つのノミナル直径を生じさせることができるように、記入した半径方向の矢印の方向に無段階に、例えば2:3の比(図5参照)で、変位させることができる。 In this way, the segment 118, as can be caused at least two nominal diameter, steplessly in the direction of the radial arrows filled, for example, 2: 3 ratio (see FIG. 5), displacement it can be.

半径方向に出された状態でセグメント118の間の間隙を閉鎖するため、一端126を隣接するセグメント118に枢着されたアーチ状の橋渡し要素124を設けることができる。 To close the gap between the segments 118 in a state of being issued in a radial direction, it may be provided with arcuate bridging elements 124 which is pivotally secured to the segment 118 adjacent one end 126. セグメント118の半径方向の変位は、モータにより行なうことができるが、これは、それ以上には図示されていない。 Radial displacement of the segments 118 can be carried out by the motor, which is more than that is not shown.

型38は、ドラム102を介して軸100に片持ち支承されている。 Mold 38 is supported has a shaft 100 pieces through the drum 102. これにより、図4で右のその端部が自由であり、異なるように形成されるライニング50の製造のために、マンホールネック12の領域内のそれぞれの形状に適合させることができる。 Accordingly, a freedom that end of the right in Figure 4, for the manufacture of lining 50 formed differently, can be adapted to the respective shape in the region of the manhole neck 12.

図2は、型38によりライニング50を形成するための方法を概略的に示す。 Figure 2 schematically shows a method for forming a lining 50 by the mold 38. 型38に、先ず、膨らませ可能なフィルムホース40(図7)が被せられるが、このフィルムホースは、形成されたライニング50を最終的に外すことができるように、型38を接着剤から保護するとの課題を有する。 The mold 38, first of all, but inflation possible film hose 40 (FIG. 7) is covered, the film hose, the lining 50 formed so that it can be removed finally, the protecting mold 38 from the adhesive with a challenge. フィルムホース40は、円錐形のネック領域内で、羽根を形成され、即ち自由端から長手方向に切り込まれ、その上で、この場合、生じるオーバーラップ部が、外側から貼り合せられる。 Film hose 40 is a conical neck region, is formed a blade, i.e., cut from the free end in the longitudinal direction, on that, in this case, the overlap portion generated is bonded from the outside. 事前製造されたフィルムブランクの接合も、可能である。 Joining pre manufactured film blank are also possible.

図6に示唆した、横に配置された巻付け装置130は、通常ガラス繊維材料から成る伸縮性の布ベルト46のローラ44を支持し、型38の軸に対して異なった傾斜角度で型38の巻付けを可能にする。 Suggested in FIG. 6, the winding device 130 disposed laterally supports the usual rollers 44 stretch fabric belt 46 made of a glass fiber material, the mold at different inclination angles relative to the axis of the mold 38 38 to enable the winding. 巻付け装置130は、図6の例では、キャリッジ132を有し、このキャリッジは、ローラ44を支持し、図4の矢印Wの方向の長手方向に装置20に対して相対的に往復移動可能である。 Winding apparatus 130 in the example of FIG. 6, has a carriage 132, the carriage roller 44 is supported relatively reciprocally movable relative to the longitudinal direction of the device 20 in the direction of arrow W in FIG. 4 it is.

付加的又は選択的に、長手方向に伸縮性の布ベルト46'を、軸方向に挿入することもできる。 Additionally or alternatively, the longitudinal stretch of the fabric belt 46 'may be inserted in the axial direction. これらは、図2では、狭幅のストリップとして形成されているが、その代わりに、広幅のベルト46'を使用することもでき、これらベルトの内のそれぞれ1つ、2つ、又は3つは、型38の周囲よりもいくらか多くカバーする。 These, in FIG. 2, are formed as a strip of narrow, instead, can use wide belts 46 ', each one of these belts, two, or three , somewhat more cover than the surrounding mold 38. 複数の層の場合には、オーバーラップ部は、材料の累積を十分に排除するために、周方向に互いにずらされている。 In the case of multiple layers, the overlap portion in order to eliminate adequately the accumulation of material, in the circumferential direction are offset from each other.

軸方向に配置された非伸縮性の引張強さを有する長手方向ベルト48は、形成される複合体の結束を、軸方向に及びマンホール10内での取付け時のライニング50の重力の作用に対して保証する。 Longitudinal belt 48 having a non-elastic tensile strength disposed in the axial direction, the unity of complex formed relative to gravity lining 50 during installation in the axial direction and 10 inside the manhole guarantee Te to. 引張強さを有する長手方向ベルト48は、形成されるライニング50の懸垂と下水道マンホール10内への導入を容易化するため、円錐形のネック部分からはみ出させることができる。 Tensile longitudinal belt 48 having a strength, in order to facilitate the introduction into the suspension and the sewer manhole 10 of the lining 50 formed, it is possible to protrude from the neck of the conical. 円錐形のマンホールネック12の領域内で、巻物に、マンホールネック12の円錐表面に一致する布ブランク98を組み込むことができる。 In the region of the conical manhole neck 12, the scroll may incorporate a fabric blank 98 that matches the conical surface of the manhole neck 12.

ベルト46,46'及び48とブランク98がオーバーラップするので、ライニング50のために、形態の安定した複合体が得られる。 Since the belt 46, 46 'and 48 and the blank 98 overlaps, for lining 50, stable complex forms can be obtained. 肉厚は、異なったマンホール深さでの異なった荷重負荷に適合させて異なった厚さで形成することができる。 Thickness can be formed at different manhole depth different thicknesses different and adapted to the load application.

そのベルト46,46'及びブランク98が乾式又は特に湿式で、即ち樹脂を含侵させて巻き付けられたもしくは配置されたライニング50のための前記の複合体を仕上げた後、この複合体は、外側の保護カバー52によって包囲されるが、この保護カバーは、密閉性の紫外線不透過材料から成る厚手のフィルム、例えばPA及びPEから成る複合フィルムのウェブから成る。 Its belt 46, 46 'and the blank 98 is dry or particularly wet, i.e. after finishing the above complex for lining 50 which is or disposed wound and impregnated with resin, the complex, the outer Although the siege by a protective cover 52, the protective cover is thick film comprising sealing of ultraviolet opaque material, for example, a web of the composite film consisting of PA and PE. オーバーラップ箇所を最小化するためにできるだけ広幅のこの保護カバー52のためのウェブは、周方向に複合体に巻き付けられ、この後、オーバーラップ部は、粘着テープによってカバーされる。 Web for the protective cover 52 as possible wide in order to minimize the overlap portion is circumferentially wound around the complex, after which the overlapping portion is covered by adhesive tape. 機械的に頑丈な保護カバー52は、ライニング50のための高負荷可能な一体的なGRP複合体を保証し、下水道マンホール10内の液体及び気体の浸入に対する遮断層を構成する。 Mechanically robust protective cover 52 to ensure high loadable integral GRP composites for lining 50 constitutes a blocking layer against penetration of liquid and gas in the sewer manhole 10.

図11に、保護カバー52の外側に0°のところ、即ちライニング50の垂直な取付け位置で垂線が下から上に向かって通り、マンホールネック12の円錐によって中断されていないところに、特にアルミニウム粘着テープなら成る金属ストリップ55を軸方向に取り付けることができることが示唆されている。 11, the outer at the 0 ° of the protective cover 52, i.e. as from bottom to top are perpendicular in vertical mounting position of the lining 50, where that is not interrupted by the conical manhole neck 12, in particular aluminum adhesive that can be attached to metal strip 55 made if the tape in the axial direction have been suggested. この金属ストリップは、硬化後のライニング50の肉厚を、各マンホール高さにおいて渦電流式測定器によって検査することを可能にする。 The metal strip, the thickness of the lining 50 after curing, making it possible to inspect the eddy current measuring device in each manhole height.

図4から、型38が直径をいくらか小さくすることができ、このため、セグメント118が半径方内側に向かって変位させられ、これにより、仕上げられたGRPライニング50を、軸方向に型38の自由端を介して引き剥がすことができることがわかる(破線で記入されている)。 From Figure 4, it is possible to mold 38 somewhat smaller in diameter, and therefore, the segment 118 is displaced toward the radial direction inner side, thereby, the GRP lining 50 was finished, free of the mold 38 in the axial direction it can be seen that peel through the end (which is filled by a broken line).

図7は、GRPライニング50の下水道マンホール10内への導入を示す。 Figure 7 shows the introduction into the sewer manhole 10 of GRP lining 50. まず、ライニング50の下端の高さのところに、作業プラットホーム及び取付け補助具として、マンホール横断面を埋めるプレート54が取り付けられる。 First, at the height of the lower end of the lining 50, as a work platform and mounting aid, the plate 54 to fill the manhole cross section is attached. その後、固定プレート56は、マンホールステップ36の後から取り付けるべき双身又は単身の配置のパターンで、例えば接着剤82により、マンホール壁34に一時的に固定することができる(図9参照)。 Thereafter, the fixed plate 56, a pattern of bi-only or unaccompanied arranged to be attached later manhole step 36, for example by an adhesive 82, it can be temporarily fixed to the manhole wall 34 (see FIG. 9). マンホール壁34には、小段18の直ぐ上に、コンクリートマンホールの場合には最も下のマンホールリング14と小段18の間の最も下の継目58の下に、永続的に弾性を有する環状のシール60が取り付けられる。 The manhole wall 34, directly above the berm 18, at the bottom under the seam 58 between the case of the concrete manhole and manhole ring 14 of the lowermost berm 18, permanently annular having a resilient seal 60 It is attached. このシールは、マンホールライニング50とマンホール壁34の間のシールを形成する。 This seal forms a seal between the manhole lining 50 and manhole wall 34. 内側のフィルムホース40内へ、圧力密の袋66が挿入され、この袋内へ、引き続き牽引ロープ78を介してディスク62が降下され、このディスクは、GRPライニング50がマンホール10内の所定の位置を占めた時に、プレート54上の最終的な最も下の位置内で踏み台部(小段)18に支持される。 To the inside of the film hose 40 is inserted bag 66 pressure-tight, to this the bag, disk 62 is lowered subsequently via the pulling rope 78, this disc is, GRP lining 50 is a predetermined position in the manhole 10 when accounting for, it is supported on platform portion (berms) 18 in the final position of the lowermost on the plate 54.

袋66の上端は、蓋64によって圧力密に閉鎖される。 The upper end of the bag 66 is closed in a pressure-tight by a cover 64. この蓋は、袋66を膨らませることができるように、正圧下にある媒体、好ましくは圧縮空気を導入するための接続部68を有する。 The lid, to be able to inflate the bag 66, the medium that is under a positive pressure, preferably a connection part 68 for introducing compressed air. 加えて、蓋64は、特に紫外線又は赤外線放射源74への供給のためのケーブル72を介して熱エネルギーを導入するための開口70と、場合によってはデジタルカメラに通じるケーブルのための別の開口を有する。 In addition, the lid 64 is another opening for a cable, especially an opening 70 for introducing thermal energy via a cable 72 for supply to the ultraviolet or infrared radiation source 74, leading to the digital camera in some cases having.

取付けのために用意されるGRPライニング50は、高さ位置及び回転位置におけるその形状がマンホール形状と一致するように、ホイスト76に吊り下げて降下される。 GRP lining 50 which is prepared for installation, the shape at the height position and the rotational position to match the manhole shape, is lowered suspended hoist 76. 次に、袋66は、正圧によって広げられるので、GRPライニング50が広がり、マンホール壁34、下端のシールリング60及び固定プレート56に密着する。 Next, the bag 66, since it is spread by the positive pressure, spread GRP lining 50, into close contact with the manhole wall 34, the seal ring 60 and the fixing plate 56 of the lower end. 正圧によってディスク62に作用する力は、プレート54によって支持される。 Force acting on the disc 62 by positive pressure is supported by the plate 54. 蓋64に作用する圧力は、袋66を経て軸方向に延在する牽引ロープ78により下のディスク62によって受け止められる。 Pressure acting on the lid 64 is received by the disk 62 under the pulling rope 78 extending axially through the bag 66. この場合、ディスク62は、マンホール10内の中心位置に来る。 In this case, the disk 62 is at the center position in the manhole 10. GRPライニング50を硬化させるための放射源74は、起動され、ライニング50が硬化させられるまで、その供給ケーブル72によって牽引ロープに沿って上下に移動される。 Radiation source 74 for curing the GRP lining 50 is activated, until the lining 50 is cured, is moved up and down along the traction rope by the supply cable 72. この場合、放射源74は、例えばライニングの中心軸内で移動するので、全ての箇所で均等な硬化が保証される。 In this case, the radiation source 74 has, for example, moves the central axis of the lining, is evenly distributed cure at all points is ensured.

GRPライニング50が硬化させられると、正圧は、退けられ、放射源74が停止される。 When GRP lining 50 is cured, a positive pressure is dismissed, the radiation source 74 is stopped. 放射源74と共に蓋64を取り除いた後、下のディスク62と袋66を牽引ロープ78によって引き出し、プレート54を取り除くことができる。 After removal of the lid 64 together with the radiation source 74, pull the disc 62 and the bag 66 under the pulling rope 78, it can be removed plate 54. この場合、フィルムホース40も取り出される。 In this case, the film hose 40 is also removed. ライニング50と保護カバー52の突出する上下の端部が、最後に分離される。 End of the upper and lower projecting lining 50 and the protective cover 52 is finally separated.

図8には、最終的なライニング50を有する修復された下水道マンホール10が示されている。 Figure 8 is repaired sewer manhole 10 with a final lining 50 is shown.

マンホールステップ36を固定するために、複数の可能性がある。 To secure the manhole step 36, there are several possibilities. 図9によれば、人によって、固定プレート56の取付け時に予め利用したものと同じ寸法でGRPライニング50の内側の表面の取付け場所がマーキングされる。 According to FIG. 9, by a person, the attachment location of the inner surface of the GRP lining 50 is marked with the same dimensions as those previously used when mounting the fixed plate 56. 次に、人は、マンホールステップ36のための固定孔を固定プレート56に穿孔する。 Next, a person drilling fixing holes for manhole step 36 to the fixed plate 56. マンホールステップ36は、固定プレート56の後に取り付けられるネジ及び袋ナット80によって固定することができる。 Manhole step 36 may be secured by a screw and cap nut 80 is attached after the fixed plate 56. ライニング50によってカバーされた固定プレート56は、その位置測定のために永久磁石128を備えることができる。 Fixed plate 56 which is covered by lining 50 may comprise a permanent magnet 128 because of its position measurement.

選択的に、マンホール壁34とライニング50の間の固定プレート56の代わりに、内ネジを有する固定ディスク53を、ライニング50の形成時にライニングと外側の保護カバー52の間に組み込む図11に示唆した可能性がある。 Alternatively, instead of the fixing plate 56 between the manhole wall 34 and the lining 50, the fixed disk 53 having an internal thread, suggested in FIG. 11 incorporated between the lining and the outer protective cover 52 during formation of the lining 50 there is a possibility. これは、更に以下で図17〜20に基づいて説明する。 This will be described with reference to FIG. 17-20 further below.

ライニング50におけるマンホールステップ36の固定は、以下の利点を有する: Fixing the manhole step 36 in the lining 50 has the following advantages:
a)リーク箇所を生じさせるダボ孔がマンホール壁34にないことb)既に損傷をを受けたマンホール壁34が、その支持能力を低下させられないことc)ライニング50における固定が、永続的な負荷能力を保証すること a) the manhole wall 34 which dowel holes causing leakage portion is subjected to the b) already damaged without the manhole wall 34, is fixed in that c) the lining 50 can not reduce its bearing capacity, persistent load to ensure the ability

下水道マンホール10内に、ますます測定機器、制御機器及び他の機器84が取り付けられる。 In sewer manholes 10, more measuring instruments, control devices and other equipment 84 are mounted. これと接続されるケーブル及び配線86は、大抵はマンホール壁34に設置され、そこでクリーニング作業を妨害する。 Cables and wires 86 connected thereto are mostly installed in a manhole wall 34, where it interferes with cleaning work.

図12〜15による本発明の発展形によれば、配線86は、ライニング50とマンホール壁34の間の空間内に設置することができるので、これら配線は、クリーニングを妨害することも、マンホール10内での作業時に損傷を受けることもない。 According to development of the invention according to FIG. 12 to 15, the wiring 86, it is possible to set up in the space between the lining 50 and manhole wall 34, the wiring may also interfere with cleaning, manhole 10 nor damaged during work on the inner. 機器84は、既に図9でのマンホールステップ36の固定が示すように、固定プレート56にネジ固定される。 Equipment 84, as already shown the fixed manhole step 36 in FIG. 9, is screwed to the fixed plate 56. 袋ナット80の使用は、これらを固定するための穿孔パターンの後からの決定も可能にする。 Use of the cap nut 80 also allows determination of the after drilling pattern for fixing them.

ケーブルブッシングも、後から取り付けることができる。 Cable bushing can also be retrofitted. ケーブル86は、大抵はコンジット88内で地中内をマンホール10へ導かれる。 Cable 86 is usually directed to the ground in the conduit 88 to the manhole 10. そこで、マンホール壁34に、コアドリルによって十分な大きさの穿孔90が形成される。 Therefore, the manhole wall 34, the perforations 90 of sufficient size by core drill is formed. この穿孔90からは、マンホール壁34の内面に沿って、柔軟なプラスチック絶縁チューブ92又は形態の安定した、しかしながら柔軟なプラスチックチャネル94(図16)が、固定プレート56へ通じている。 From this perforation 90, along the inner surface of the manhole wall 34, flexible plastic insulating tube 92 or in the form of stable, however flexible plastic channel 94 (FIG. 16), it leads to the fixed plate 56. これらは、先ず接着剤82によって暫定的にマンホール壁34に固定される。 These are firstly provisionally fixed to the manhole wall 34 by an adhesive 82.

基本的に、電気配線86の代わりにホースもこのやり方で設置することができる。 Basically, also the hose in place of the electric wiring 86 can be installed in this manner. 絶縁チューブ92の直径又はケーブルチャネル94の寸法は、GRPライニング50の安定に対して限度を有し、局所的な力の作用に応じて設計しなければならない。 The dimensions of the diameter or cable channel 94 of the insulating tube 92 has a limit on the stability of the GRP lining 50 must be designed in accordance with the action of the local force.

ライニング50が取り付けられている場合、ライニングは、固定プレート56及び絶縁チューブ92又はケーブルチャネル94に密着し、ライニングは、最終的にその位置を固持する。 If the lining 50 is attached, lining in close contact with the fixed plate 56 and an insulating tube 92 or the cable channel 94, the lining will persist eventually its position. マンホールライニングを経る機器84への配線86の案内は、ケーブルのネジ固定部を経てシールしなければならない。 Guidance of the wiring 86 to the equipment 84 to go through the manhole lining, must be sealed through the screw fixing portion of the cable. マンホール壁34内の穿孔90は、発泡体96で閉鎖しなければならない。 Perforations 90 in the manhole wall 34 shall be closed by the foam 96. 発泡体96は、配線86の設置前に容易に除去することができる。 The foam 96 may be readily removed prior to installation of the wiring 86. 設置後、穿孔90は、同様に再びシールすることができる。 After installation, the perforations 90 may likewise be re-sealed.

図12〜16に図示した発展形は、GRPから成るマンホールライニング50の背後に供給ラインが設置されるとの利点を有する。 Developments illustrated in FIG. 12 to 16 has the advantage that the supply line is installed behind the manhole lining 50 made of GRP. 加えて、マンホール壁34内のダボ孔とこれによる生じ得るリーク箇所が回避される。 In addition, leakage portion is avoided that may occur due to this and dowel holes in the manhole wall 34.

図17〜20は、図11に示唆したような、マンホールステップ36の固定部を形成するための可能性を示す。 Figure 17-20, as suggested in FIG. 11, showing the possibility to form a fixing portion of the manhole step 36. そこでは、マンホールステップ36が、固定プレート56にネジ固定されているのではなく、ほぼ正方形の形状を有する固定ディスク53にネジ固定され、突き出るエッジ57が面取りされている。 There, manhole step 36, rather than being screwed to the fixing plate 56 is screwed to the fixed disk 53 having a substantially square shape, the edge 57 protruding are chamfered.

図17には、型の円セグメント118が図示され、この円セグメントに、貫通ピン63が、マンホールステップ36のための固定ネジ73の所定の配置に応じて、対で配置されている。 17, the type of the circle segment 118 is shown, in this circle segment, the penetration pin 63, according to a predetermined arrangement of the fixing screw 73 for the manhole step 36, are arranged in pairs. 型118にライニング50のための布複合体を形成する時、これらピン63は、穴67を生じさせ、これら穴は、固定ディスク53の一部である積層化ナット80の後続の収容のために使用される。 When the mold 118 to form a fabric composite for lining 50, the pins 63 cause holes 67, these holes are for subsequent accommodation of laminated nut 80 which is part of the fixed disk 53 used. 布複合体を仕上げた後、貫通ピン63は、その係止部から外に向かって取り除かれるか、装置によって支持されて、共に型38の支持面下へ沈下される。 After finishing the fabric composite, the penetration pin 63 is either removed outwardly from the engaging portion, are supported by the device are both sink to the support surface beneath the mold 38.

図18は、選択的に回転対称の先端65又は傾斜させた先端65'を有することができる貫通ピン63の例を示す。 Figure 18 shows an example of a through pin 63 which can have a tip 65 'which is selectively tip 65 or tilting of the rotational symmetry. 型38内に、スリーブ61が固定され、これらスリーブ内に、貫通ピン63のマンホール114が、バネリング116によって係止されている。 In the mold 38, the sleeve 61 is fixed, in the sleeves, manhole 114 of the penetration pin 63 is locked by the spring ring 116. 傾斜した先端65'を有するピン63の所望の回転位置は、マンホール114内のスリット115を介して調整することができる。 Desired rotational position of the pin 63 with an angled tip 65 'can be adjusted through the slit 115 in the manhole 114. 先端65,65'には、工具を差し込むための横孔117が存在し、工具によって、ピン63は、ライニング50を仕上げた後に再び引き出すことができる。 The tip 65, 65 ', there are transverse hole 117 for inserting a tool, the tool, the pin 63 can be pulled out again after finishing the lining 50.

マンホールステップ36において生じる力をライニング50に導入するための固定ディスク53は、それぞれ2つのナット80が積層化された合成樹脂、例えばGRPから成る。 Fixed disk 53 for introducing the forces occurring in manhole step 36 the lining 50, each of the two nuts 80 laminated synthetic resin, for example, a GRP. 固定ディスク53は、ナット80の突出部69が穴67内に没入するように、ライニング50の布複合体に配置される。 Fixed disk 53, the protruding portion 69 of the nut 80 to retracted into the hole 67, is arranged in the fabric composite of the lining 50. 次に、図17に示唆したように、固定ディスク53が粘着テープ71によって暫定的に固定される。 Then, as suggested in FIG. 17, the fixed disk 53 is tentatively fixed by the adhesive tape 71. 最後に、ライニング50は、既に説明したように、保護カバー52によって覆われ、この保護カバーは、この方法の場合、マンホールステップ36を固定するために、穿孔する必要はない。 Finally, the lining 50, as already described, is covered by the protective cover 52, the protective cover, in this way, to secure the manhole step 36, it is not necessary to perforate.

ライニング50がマンホール10内に挿入された後、マンホールステップ36が、積層化されたナット80内へねじ込まれるネジ付ボルト73によって固定される(図20参照)。 After the lining 50 is inserted into the manhole 10, manhole step 36 is fixed by a screw bolt 73 which is screwed to the laminated and nuts 80 (see FIG. 20).

本発明により、1つのシステムが提供されるが、その利点を以下に記載する: The present invention, although one system is provided, describing the advantages below:
1. 1. ライニング50は、マンホールの蓋32から小段18の直ぐ上にまで達する、マンホール10の形状を模倣した一体的な型部品である。 Lining 50 reaches the manhole cover 32 to just above the berm 18, an integral mold part that mimics the shape of the manhole 10.
2. 2. 材料複合体は、特に以下の特性を有する樹脂を含浸させたガラス繊維材料から成る: Material composite, made of a glass fiber material, especially impregnated with resin with the following properties:
・気体と液体に対する高い密閉性・相応の材料を使用した場合に攻撃的な化学薬品に対しても機械的及び化学的に耐性を有する・良好にクリーニングができる平滑な表面・高寿命3. - gas and - favorably smooth surface and high life can clean 3 having a mechanically and chemically resistant to aggressive chemicals when using high sealing property and the corresponding material to the liquid. ライニング50の保護カバー52が、外面に配置されている。 Protective cover 52 of the lining 50 is disposed on the outer surface.
4. 4. ライニング50は、局所的に異なった負荷に応じて、異なった領域に異なった肉厚を有することができる。 Lining 50, depending on the load locally different, you can have a wall thickness different to different regions.
5. 5. ライニング50により、安定が低下したマンホール10は、再び安定化させることができる。 The lining 50, a manhole 10 which stable is lowered, can be stabilized again.
6. 6. 本発明は、マンホールステップ36及び機器84をライニング50に固定するための技術を可能にする。 The present invention enables a technique for fixing a manhole steps 36 and instrument 84 in the lining 50.
7. 7. 本発明は、配線86等をマンホール壁34とライニング50の間の空間に設置することを可能にする。 The present invention, the wires 86 or the like makes it possible to set up in the space between the manhole wall 34 and the lining 50.

10 下水道マンホール 12 マンホールネック 14 マンホールリング 16 マンホール下部 18 踏み台部 22 下水道管 24 水路 26 マンホールカバー 28 フレーム 30 支持リング 32 蓋 34 マンホール壁 36 マンホールステップ 38 型 38−1 モジュール 38−2 モジュール 38−3 モジュール 42 スタンド 44 ローラ 46 布ベルト 46' 布ベルト 48 長手方向ベルト 50 マンホールライニング 52 保護カバー 53 固定ディスク 54 プレート 55 金属ストリップ 56 固定プレート 57 エッジ 58 継目 60 シール 61 スリーブ 62 ディスク 63 貫通ピン 64 蓋 65 先端 65' 先端 66 袋 67 穴 68 接続部 69 突出部 70 開孔 71 粘着テープ 72 ケーブル 73 固定ネジ 74 紫外線又は赤 10 sewer manholes 12 manholes neck 14 Manhole ring 16 manhole bottom 18 springboard 22 sewerage 24 waterways 26 Manhole cover 28 frame 30 support ring 32 cover 34 manhole wall 36 manholes Step 38 Type 38-1 Module 38-2 Module 38-3 Module 42 stand 44 roller 46 fabric belt 46 'fabric belt 48 longitudinal belt 50 manhole lining 52 the protective cover 53 fixed disc 54 plate 55 the metal strip 56 fixed plate 57 edge 58 seam 60 seal 61 sleeve 62 disc 63 through pin 64 lid 65 tip 65 'tip 66 bags 67 holes 68 connecting portion 69 projecting portion 70 opening 71 the adhesive tape 72 cable 73 fixing screw 74 UV or red 線放射源 76 ホイスト 78 牽引ロープ 80 袋ナット 82 接着剤 84 機器 86 配線 88 コンジット 90 穿孔 92 プラスチック絶縁チューブ 94 プラスチックチャネル 96 発泡体 98 布ブランク 100 水平軸 102 ドラム 104 転がり又は滑り軸受 106 モータ 108 モータの軸 110 ギヤユニット 112 カップリング要素 114 マンホール 115 スリット 116 バネリング 117 横孔 118 円セグメント 120 脚部 122 ガイド 124 橋渡し要素 128 永久磁石 130 巻付け装置 132 キャリッジ Line source 76 hoist 78 tow rope 80 bags nut 82 adhesive 84 device 86 wiring 88 conduit 90 perforations 92 plastic insulating tube 94 plastic channel 96 foam 98 fabric blank 100 horizontal axis 102 drum 104 rolling or sliding bearing 106 motor 108 motor axis 110 gear unit 112 coupling element 114 manhole 115 slit 116 spring ring 117 transverse hole 118 yen segment 120 leg 122 guide 124 bridging element 128 permanent magnet 130 Volume with 132 carriage

Claims (16)

  1. a. a. 膨らませ可能なフィルムホース(40)を下水道マンホールプロフィルに相当する型(38)に被せるステップと、 A step of covering possible film hose (40) into a mold (38) corresponding to the sewer profile inflated,
    b. b. 型(38)に被せられたフィルムホース(40)に少なくとも1つの伸縮性の布ベルト(46,46')を巻き付け及び/又は配置し、非伸縮性の引張強さを有する少なくとも1つの長手方向ベルト(48)も、軸方向に布ベルト(46,46')の間へ挿入するステップと、 Type (38) at least one stretch fabric wrapped belt (46, 46 ') and / or placed in covered obtained film hose (40), at least one longitudinal having inextensible tensile strength belt (48) also includes the steps of axially inserted into between the fabric belt (46, 46 '),
    c. c. このようにして形成したライニング(50)を包囲する保護カバー(52)を取り付けるステップと、 And attaching a protective cover which surrounds the lining (50) formed in this way (52),
    d. d. 半径方向に縮小させた型(38)からライニング(50)を外すステップと、 A step of removing the lining (50) from the mold (38) which is radially reduced,
    e. e. 修復すべき下水道マンホール(10)内へライニング(50)を挿入し、ライニング(50)の内側のフィルムホース(40)内へ圧力密の袋(66)を導入するステップと、 Into the sewer to be repaired (10) to insert the lining (50), introducing a pressure-tight bag (66) to the lining (50) of the inner film hose (40),
    f. f. 上端においてライニング(50)を密閉し、マンホール壁(34)に当接するまで膨らませるステップと、 Seal the lining (50) at the upper end, the steps of inflating until it abuts against the manhole wall (34),
    g. g. 樹脂を含浸させたライニング(50)を硬化させるステップと、 Curing the lining (50) impregnated with resin,
    を有することを特徴とする、下水道マンホールを修復するための方法。 It characterized by having a method for repairing a sewer manhole.
  2. 保護カバー(52)の外側に、金属ストリップ(55)が長手方向に取り付けられること、を特徴とする請求項1に記載の方法。 On the outside of the protective cover (52), The method of claim 1 in which the metal strip (55) be attached to the longitudinal direction, characterized by.
  3. ステップbにより布複合体を形成する際に、布ブランク(98)が、非シリンダ状の型部分をカバーするために組み込まれること、を特徴とする請求項1又は2に記載の方法。 In step b in forming a fabric composite, fabric blank (98) A method according to claim 1 or 2 to be incorporated in order to cover a non-cylindrical mold part, characterized by.
  4. 保護カバー(52)を形成するために、紫外線不透過材料から成る厚手のフィルムの広幅のウェブが、周方向にライニング(50)に配置され、このウェブの周縁が、オーバーラップすること、を特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の方法。 Characterized in order to form a protective cover (52), the wide web of thick film made of a UV opaque material, disposed lining (50) in the circumferential direction, the peripheral edge of the web, to overlap, the the method according to any one of claims 1 to 3.
  5. ベルト(46,46')とブランク(98)が、ガラス繊維材料から成ること、を特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の方法。 Belt (46, 46 ') and a blank (98) The method according to any one of claims 1 to 4, characterized in that it consists of a glass fiber material.
  6. ライニング(50)が、水平軸を中心として回転する状態で形成されること、を特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の方法。 Lining (50) A method according to claim 1, characterized in that, formed in a state of rotating about a horizontal axis.
  7. 布ベルト(46,46')とブランク(98)が、乾燥状態で取り付けられ、その後樹脂を含浸させられるか、樹脂を含浸させた後すぐに取り付けられること、を特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載の方法。 Fabric belt (46, 46 ') and the blank (98) is mounted in the dry state, then either be impregnated with a resin, according to claim 1 to 6, it is immediately mounted after impregnation with resin, characterized by the method according to any one of.
  8. ライニング(50)を硬化させるため、ライニングに、赤外線又は紫外線放射源(74)が上から導入され、その中の中心軸内で往復運動させられること、を特徴とする請求項1〜7のいずれか1項に記載の方法。 To cure the lining (50), the lining is introduced from above infrared or ultraviolet radiation source (74), one of the claims 1 to 7 to be reciprocated in the central axis therein, characterized by the method according to any one of claims.
  9. マンホールステップ(36)又は機器(84)の固定のため、固定プレート(56)が、ライニング(50)とマンホール壁(34)の間へ挿入されるか、積層化されたナット(80)を有する固定ディスク(53)が、ライニング(50)と保護カバー(52)の間へ挿入されること、を特徴とする請求項1〜8のいずれか1項に記載の方法。 For fixing the manhole step (36) or device (84), the fixed plate (56) is either inserted into between the lining (50) and the manhole wall (34), having a laminated by a nut (80) fixed disk (53) is lined (50) with the method according to any one of claims 1 to 8 being inserted it into between, characterized by the protective cover (52).
  10. ライニング(50)の下端とマンホール壁(34)の間へ、シールリング(60)が挿入されること、を特徴とする請求項1〜9のいずれか1項に記載の方法。 To between lining (50) lower end and manhole wall (34), The method according to any one of claims 1 to 9, the sealing ring (60) to be inserted, characterized by.
  11. 請求項1〜10のいずれか1項に記載の方法によって形成された、修復すべき下水道マンホール(10)のためのライニング(50)。 Formed by the method according to any one of claims 1 to 10, lining for sewer manholes to be repaired (10) (50).
  12. 請求項1〜11のいずれか1項に記載のライニングを形成するための装置において、 An apparatus for forming a lining according to any one of claims 1 to 11,
    この装置が、可変の型(38)から成り、この型が、修復すべき下水道マンホール(10)に応じて異なった形状及び大きさのモジュール(38−1,38−2,38−3)から成ること、を特徴とする装置。 This device consists of a variable of type (38), this type, the sewer to be repaired different shapes and sizes of the modules in accordance with (10) (38-1,38-2,38-3) It is made, and wherein the.
  13. モジュールが、水平軸を中心として回転可能に駆動されるドラム(102)に取り付けられていること、を特徴とする請求項12に記載の装置。 Module A device according to claim 12 that is attached to the drum (102) rotatably driven about a horizontal axis, characterized by.
  14. ドラム(102)が、固定軸(100)に可動に支承されていること、を特徴とする請求項13に記載の装置。 Drum (102) The apparatus of claim 13 that is mounted moveably, characterized by a fixed shaft (100).
  15. モジュールの少なくとも1つ(13−1)が、直径を変更するために半径方向に変位可能な円セグメント(118)から成ること、を特徴とする請求項12〜14のいずれか1項に記載の装置。 At least one module (13-1) is, according to any one of claims 12 to 14 be made of displaceable circular segments (118) in the radial direction in order to change the diameter, characterized by apparatus.
  16. 隣接する円セグメント(118)が、アーチ状の橋渡し要素(124)によって互いに結合されていること、を特徴とする請求項15に記載の装置。 The apparatus of claim 15, adjoining circle segment (118) is being coupled to one another by arched bridge element (124), characterized by.
JP2015500923A 2012-03-22 2013-03-21 System for repairing a sewer manhole Active JP6067834B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE201210102433 DE102012102433B4 (en) 2012-03-22 2012-03-22 Method and device for rehabilitating a manhole channel
DE102012102433.2 2012-03-22
PCT/EP2013/055899 WO2013139892A2 (en) 2012-03-22 2013-03-21 System for renovating a sewer manhole

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015514168A true JP2015514168A (en) 2015-05-18
JP6067834B2 JP6067834B2 (en) 2017-01-25

Family

ID=47913438

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015500923A Active JP6067834B2 (en) 2012-03-22 2013-03-21 System for repairing a sewer manhole

Country Status (12)

Country Link
US (1) US20150023735A1 (en)
EP (1) EP2739791B1 (en)
JP (1) JP6067834B2 (en)
KR (1) KR101941100B1 (en)
CN (1) CN104321489B (en)
AU (1) AU2013237405B2 (en)
CA (1) CA2868039C (en)
DE (1) DE102012102433B4 (en)
DK (1) DK2739791T3 (en)
ES (1) ES2544476T3 (en)
HK (1) HK1206801A1 (en)
WO (1) WO2013139892A2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103835312A (en) * 2013-12-24 2014-06-04 张乐军 Pipeline well for inspecting and repairing resin compound insulation waterproof pipeline
US10214893B2 (en) 2014-11-20 2019-02-26 Press-Seal Corporation Manhole base assembly with internal liner and method of manufacturing same
AU2015349880A1 (en) 2014-11-20 2017-06-15 Press-Seal Corporation Manhole base assembly with internal liner and method of manufacturing same

Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5373235U (en) * 1976-11-24 1978-06-19
JPS6246631A (en) * 1985-08-26 1987-02-28 Takiron Co Ltd Uncured fiber-reinforced plastic tube and manufacture thereof
US5106440A (en) * 1989-01-30 1992-04-21 Tangeman Andrew F Method for repairing manholes or wetwalls
JPH0516262A (en) * 1990-11-30 1993-01-26 Sekisui Chem Co Ltd Manufacture of fiber-reinforced thermoplastic resin tube
JPH0565735A (en) * 1991-09-05 1993-03-19 Osaka Bosui Constr Co Ltd Repair method of existing manhole or catch basin in sewer
US5265981A (en) * 1992-06-05 1993-11-30 Mcneil Ronald A System and method for rehabilitating a manhole, and manhole rehabilitated thereby
JPH08281798A (en) * 1995-04-12 1996-10-29 Iseki Tory Tech Inc Lining material covering inner surface of existing aqueduct
JPH10315330A (en) * 1997-05-19 1998-12-02 Shonan Gosei Jushi Seisakusho:Kk Lining material for manhole and manhole lining method
US5915886A (en) * 1997-07-22 1999-06-29 Mcneil; Ronald A. Manhole liner including felt impregnated vinyl
JP2000185351A (en) * 1998-12-22 2000-07-04 All:Kk Lining material for manhole and method for lining manhole
JP2001123522A (en) * 1999-10-26 2001-05-08 Iseki Poly-Tech Inc Sound insulating and deodorizing device
JP2011104786A (en) * 2009-11-12 2011-06-02 Sekisui Chem Co Ltd Lining material

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB1033547A (en) * 1964-05-20 1966-06-22 Angus George Co Ltd Improvements in the manufacture of hose pipes
US3507412A (en) * 1966-09-02 1970-04-21 Ciba Geigy Corp Device for advancing and rotating pipe
US5032197A (en) * 1988-09-02 1991-07-16 Action Products Marketing Corporation Cast-in-place manhole liner method
DE3922351C2 (en) 1989-07-07 1993-07-01 Jt Elektronik Gmbh, 8990 Lindau, De
JPH076205B2 (en) * 1990-12-28 1995-01-30 株式会社大阪防水建設社 Waterproof construction method of manhole
DE4326503C2 (en) 1993-08-06 1995-07-13 Brandenburger Isoliertech A method of manufacturing a tubular liner bag
JP2725742B2 (en) * 1994-09-28 1998-03-11 有限会社横島 Manhole lining method
JP2837385B2 (en) * 1996-03-19 1998-12-16 有限会社横島 Manhole for the lining material and manhole lining method
DE19702649C2 (en) 1996-05-07 2001-04-26 Ludwig Dorr Staedtereinigung Device for the rehabilitation of sewage pipes
JP2001032309A (en) * 1999-05-18 2001-02-06 Maeda Kosen Kk Method for concrete corrosion prevention, corrosion prevention sheet and corrosion prevention processed concrete structure
JP2001030355A (en) * 1999-05-20 2001-02-06 Maeda Kosen Kk Corrosion-proof lining method
CN100441783C (en) * 2005-07-28 2008-12-10 四川天鑫塑胶管业有限公司 Wrapping formed inspection well prepared from plastic in environmental protection, and method of preparation
KR100743594B1 (en) * 2005-09-28 2007-07-27 한종숙 manhole, manufacturing equipment for the same, assembling method for the same equipment, and manufacturing method using the same equipment
US7891381B2 (en) * 2007-05-10 2011-02-22 Novoc Performance Resins Pipe and tube rehabilitation liners and corresponding resins
DE102009050084A1 (en) * 2009-10-20 2011-07-28 Fasel, Albert, 65520 A multi-layer hose having a tubular inner film, device and process for its preparation and its use
CN202131613U (en) * 2011-06-03 2012-02-01 淄博财林管业工程有限公司 Lined prefabricated reinforced concrete inspection well

Patent Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5373235U (en) * 1976-11-24 1978-06-19
JPS6246631A (en) * 1985-08-26 1987-02-28 Takiron Co Ltd Uncured fiber-reinforced plastic tube and manufacture thereof
US5106440A (en) * 1989-01-30 1992-04-21 Tangeman Andrew F Method for repairing manholes or wetwalls
JPH0516262A (en) * 1990-11-30 1993-01-26 Sekisui Chem Co Ltd Manufacture of fiber-reinforced thermoplastic resin tube
JPH0565735A (en) * 1991-09-05 1993-03-19 Osaka Bosui Constr Co Ltd Repair method of existing manhole or catch basin in sewer
US5265981A (en) * 1992-06-05 1993-11-30 Mcneil Ronald A System and method for rehabilitating a manhole, and manhole rehabilitated thereby
JPH08281798A (en) * 1995-04-12 1996-10-29 Iseki Tory Tech Inc Lining material covering inner surface of existing aqueduct
JPH10315330A (en) * 1997-05-19 1998-12-02 Shonan Gosei Jushi Seisakusho:Kk Lining material for manhole and manhole lining method
US5915886A (en) * 1997-07-22 1999-06-29 Mcneil; Ronald A. Manhole liner including felt impregnated vinyl
JP2000185351A (en) * 1998-12-22 2000-07-04 All:Kk Lining material for manhole and method for lining manhole
JP2001123522A (en) * 1999-10-26 2001-05-08 Iseki Poly-Tech Inc Sound insulating and deodorizing device
JP2011104786A (en) * 2009-11-12 2011-06-02 Sekisui Chem Co Ltd Lining material

Also Published As

Publication number Publication date
AU2013237405B2 (en) 2017-03-30
AU2013237405A1 (en) 2014-10-09
EP2739791A2 (en) 2014-06-11
US20150023735A1 (en) 2015-01-22
KR20140139573A (en) 2014-12-05
DE102012102433A1 (en) 2013-09-26
DE102012102433B4 (en) 2014-01-16
CA2868039A1 (en) 2013-09-26
CA2868039C (en) 2019-04-09
CN104321489A (en) 2015-01-28
WO2013139892A2 (en) 2013-09-26
EP2739791B1 (en) 2015-05-06
DK2739791T3 (en) 2015-08-03
JP6067834B2 (en) 2017-01-25
CN104321489B (en) 2016-06-22
WO2013139892A3 (en) 2013-11-21
KR101941100B1 (en) 2019-04-12
ES2544476T3 (en) 2015-08-31
HK1206801A1 (en) 2016-01-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101066825B1 (en) Water control gate and actuator therefore
US7025580B2 (en) Method and apparatus for lining a conduit
AU670093B2 (en) System and process for relining channel pipe sections
US7360559B2 (en) Steam cure of cured in place liner
US5501248A (en) Expandable pipe liner and method of installing same
US5740830A (en) Testing of plumbing installations
US5778938A (en) Method of installation of dual containment pipe rehabilitation system
US9562339B2 (en) Apparatus and method for sealing pipes and underground structures
US4640439A (en) Double wall storage tank for liquids and method of making same
US6123110A (en) Dual containment pipe system and a manhole system
EP0403133A2 (en) A tubular member having a liner and a method of lining a tubular member
US9366375B2 (en) Device and method for repairing pipe
US5106440A (en) Method for repairing manholes or wetwalls
US7073536B2 (en) Apparatus, methods, and liners for repairing conduits
US5042532A (en) Expandable tube apparatus for repairing pipelines
US20040194959A1 (en) Downhole polymer plug and liner and methods employing same
EP2024601B1 (en) A method and apparatus for patching a well by hydroforming a tubular metal patch, and a patch for this purpose
US5186215A (en) Apparatus for repairing pipelines
US6093363A (en) Method of lining pipelines with flow-through apparatus and liner
US5108533A (en) Method and combination for installing a liner within a service pipe transversely connected to a main pipe
GB2260181A (en) Repairing underground pipe
US5560395A (en) Apparatus and method for repairing underground conduits in situ
US5817200A (en) Surfacing of rehabilitating structures
US5265981A (en) System and method for rehabilitating a manhole, and manhole rehabilitated thereby
US6401759B1 (en) Liner bag for manhole and method of lining a manhole

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20151218

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160831

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160831

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20161102

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20161214

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161221

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6067834

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150