JP2010254695A - 人間、犬猫動物のすべて畜産のすべてミツバチ益虫のすべて鳥類のすべて樹木のすべて植物のすべての病気快復の液体 - Google Patents

人間、犬猫動物のすべて畜産のすべてミツバチ益虫のすべて鳥類のすべて樹木のすべて植物のすべての病気快復の液体 Download PDF

Info

Publication number
JP2010254695A
JP2010254695A JP2010108733A JP2010108733A JP2010254695A JP 2010254695 A JP2010254695 A JP 2010254695A JP 2010108733 A JP2010108733 A JP 2010108733A JP 2010108733 A JP2010108733 A JP 2010108733A JP 2010254695 A JP2010254695 A JP 2010254695A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid
animals
cats
dogs
plants
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2010108733A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasuo Kanamaru
安雄 金丸
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority claimed from JP2009102411A external-priority patent/JP2010043062A/ja
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP2010108733A priority Critical patent/JP2010254695A/ja
Publication of JP2010254695A publication Critical patent/JP2010254695A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Catching Or Destruction (AREA)
  • Medicines Containing Material From Animals Or Micro-Organisms (AREA)
  • Medicines Containing Plant Substances (AREA)
  • Acyclic And Carbocyclic Compounds In Medicinal Compositions (AREA)
  • Agricultural Chemicals And Associated Chemicals (AREA)

Abstract

【課題】人間、犬、猫、動物のすべて 畜産のすべて ミツバチ益虫のすべて 鳥類のすべて、樹木のすべて、植物のすべてなどのあらゆる病気の快復に有効な液体を提供する事を本発明の課題とする。
【解決手段】本発明では人間、犬、猫動物のすべて、畜産のすべて、ミツバチ益虫のすべて、樹木のすべて、植物のすべてなどに今回開発した病気快復液体を患部に塗布する事により病気(患部)の部分がまちがいなく改善される。
又、人間、犬猫、動物のすべて、畜産のすべてにおいては口の中にスプレーする事で病気快復する、又、人間においては、患部(肩こり、水虫 魚の目、アカギレ、皮膚病のすべて)に塗布する又のどの違和感(カゼのひきかけ)お腹の違和感(腹痛)、胸やけ等の時には口の中に本液体を口の中にスプレーする事で即効性をもって、効果、効能をあらわし、ご自身で体験、経験する事が出来る。
本液体を体験、経験する事で使い道を知る事でカゼなどを絶対にひかなくなる。
何年も似前からサンプル等を配ったり、買っていただいたりして実施ずみである。

Description

本発明は、人間、犬猫、動物のすべて 畜産のすべて、ミツバチ益虫のすべて 鳥類のすべて、樹木のすべて、植物のすべて等の病気快復に寄与するものである。
従来人間においては悪性ウイルス バクテリア、カビ、菌類等による皮膚病とかインフルエンザウイルスなどによりなおりにくい病気が多発している
悪性ウイルス、バクテリア、カビ、菌類等によって犬猫動物のすべて 畜産のすべてミツバチ益中のすべて、樹木植物のすべて、等も、なおりにくい病気などが多くなりミツバチなどにおいては死に至り生態系に悪影響を与えている。
樹木等においては、表皮にカビ、コケとか悪い病原菌等が付着して枯れている
ここ数年においては地球温暖化により被害が拡大している
人間、犬猫動物のすべて 畜産のすべて ミツバチ益虫のすべて、鳥類のすべて 樹木、植物のすべて等は次のような問題点があった、従来、悪性のウイルス バクテリア、菌数、カビ類等によって復雑な、なおりにくい病気が発生し発生しようとしている、人間においては皮膚病とかインフルエンザ等によりなおりにくい病気が発生している、犬、猫、動物のすべてなども同じ事がいえる、ミツバチ等などにおいては、多最に死に致っている樹木のすべてにおいては表皮に木を枯らしてしまう悪性のカビ、コケ類の菌類が付着して樹木を枯らし樹木を弱体し特に梅、桜の樹木などは病気にかかると若木であろうと百数年たってる古木であろうと花も実も年々、つかなくなり枝先の方から枯れはじめてくるから目で見て確認する事が出きる。
本発明は、以上のような問題点を解決する為に開発された物である。
課題を解決する為の手段
竹酢原液、0.5l、米アルコール液、0.5l、米麹醸造液2l 食塩5g 水3.5l たんぱく質微量、脂質微量、炭水化物 0.7gの8種類を基本的に混合した医薬部外品の本液体を中心に人間に害しない
草木、漢方薬、植物のすべての、抽出液とか加工(粉末)にして本液に本液に混合する事も可能である、使用の方法は人間の場合肩こり、筋肉痛、神経痛、水虫 魚の目、赤ぎれ、皮膚炎(アトピー、尋常性乾癬症等)には患部に本液体を塗布する。
又、のどの違和感(カゼのひきはじめ)、お腹の違和感(腹痛)胸やけなどは口の中に本液体をスプレーする事により郎効性をもって回復し効果効能を感じる、犬、猫、動物のすべて、畜産のすべて、ミツバチ益虫のすべて、鳥類のすべて、樹木、植物のすべても患部に本液体を塗布する事により快復する
発明の効果
人間においてはのどの違和感(カゼのひきはじめ)、お腹の違和感(腹痛、生理痛)胸やけがある時に本液体を口の中にスプレーする事によりその違和感を即効性をもって取り除く事が出来る。
以後そのような違和感を感じた場合は早めに本液体を口の中にスプレーする事によりカゼなどは絶対ひかなくなり軽減する。
又肩こり等によるいたみは本液体を患部にたっぷり塗布する事で確実に即効性をもって痛みを取り除く事が出来る。
水虫、魚の目、赤ぎれなどは患部にたっぷり本液体をたっぷり塗布する事で完治する
又、アトピー、尋常性乾癬症など、なおす事がむずかしいと言われる皮膚炎なども時間をかけてまちがいなく回復する。
以上の事をふまえ即効性をもって効果効能を体験し、おどろかれたり、びっくりしたり不思議な事だと、体験される事だと思います。
又本液体をいろんな意味で、使用、体験されご自身でいろんな使い方を考えて幅広く、知りつくす事をおすすめします。
本液体についてはまだ未開な部分があり、これからも開発研究を重ねて行こうと思っている 又本液体の使用方法についても奥の深い未開な本液体である。
本液体を、まちがって小さな子供さんが触れたり、飲んだりしても体に悪い影響を与える物ではない
使用する事で体験できるであろう「いい気持」「いい気分」を実感できる本液体である。又気管支喘息とか気管支炎(気管の弱い人)、長年、せきで悩んでいる方々が口の中に本液体をスプレーする事により楽になる。
長年のせきで悩んでいる人達においては、まちがいなく、口の中に本液体をスプレーする事によりせきが出なくなるから本液体が必要とされる。
犬、猫、動物のすべてにおいては、昨今ペット(犬、猫等)が家族の一員になっている環境の中において、悪性の全てのウイルス、バクテリア、菌類、カビ類によって、犬猫等の悪性の皮膚病(マラセチア菌等)外耳炎とかガン等が多くなりつつある、皮膚病 アトピー性皮膚炎、マラセチア菌、外耳炎等においては患部に本液体を塗布するかスプレーする事で即効性をもって完治する事が出来る、犬猫等によっては患部をかいたり、かんだりしなくなるので効果が目で確認出来る。
又、ガンなども多種多様なガンがあるが患部の上から、たっぷり本液体を塗布する事でガンのかたまりが少さくなり、やわらかくなる事を見で確認出来、手でさわる事でガンの快復する確認出来る、又、犬猫、動物はいやがるが口の中にスプレーする事も必ず、実行した方がいい。快復も早まる。
その他、動物のすべて、家畜のすべてにおいても同じ事を行う本液体である。
ミツバチ(養蜂)益虫のすべてにおいて特にミツバチ(養蜂等)すべてにおいて、今の地球温暖化等により、悪性の、ウイルス、バクテリア、菌類、カビ類によってミツバチが死に至っている、本液体をミツバチの体全体に塗布、スプレーをする事により病気(チョーク病等)など、快復する事が出来る。よってミツバチ(養蜂)益虫のすべての病気快復を本液体を持ってうながす物である。
又、ミツバチ等に病気治療をする為に薬品を持って使用するとミツバチが作る大事な蜂蜜(ハチミツ)の中に抗生物質のまじったハチミツが取れ法律で決まっている抗生物質のまじったハチミツを消費者に売る事は出きない。
又ハチミツを作る為のミツバチが世界的に悪質な病気(フソ病、チョーク病等)などによりミツバチが死に生態系が脅かされますます病気治療する為に使ってはいけない薬品等を使用する事になる、ますます悪循環しているのが昨今の養蜂家である。
又、フソ病については特に悪性の病気の為、このフソ病にかかったミツバチは県の行政によって見つかったその場で焼却処分を法律によって行政の立ち合によって実行される。今のミツバチの環境は大変な物である
よって本液体を使用して病気回復にやくだつものである。
本液体をミツバチ等に塗布したりスプレーしてもハツバチ等が死ぬ事はない。
樹木、植物等のすべてにおいても、地球温暖化などにより特に悪性のウイルス、バクテリア、菌類、カビ類等によって樹木が枯れている、原因の一つは、樹木の表皮に悪性の胞子とか原因によりコケ、カビ等が付着して時間をかけ樹本の表皮に全体にはびこり枝の少さい枝先から枯れはじめそのままにしておくと老木をふくめ樹木が枯れて行くこの問題も世界的に言える。
又本液体を樹木全体に塗布する事で樹木の表皮に付着している、コケ、カビ等の色が7日位で変わるので治療できた事が目で確認出来る、特に梅、桜の樹木については病気にかかっていると一年一年、花、実のつかなくなるのでよくわかる
治療した、梅、桜の樹木については一年一年花も実も多くなるので楽しみである。
本液体は樹木等を治療し樹勢回復させるものである。
又植物のすべてにおいても同じ事がいえる、よって有機栽培等に使う事を大切にする物である。
以下木発明の実施について説明する
人間、犬猫動物のすべて 畜産のすべて、ミツバチ益虫のすべて 鳥類のすべて 樹木、植物のすべての病気快復させる素材として本発明では竹酢 米アルコール 米麹醸造液、食塩、水、たんぱく質、脂質、炭水化物を調合することによって高エネルギーの液体を作り、塗布したり、口の中にスプレーする事によってその成分が悪性な病源菌をやっつけ、さまざまな、気候条件や地球温暖化の中でこれから発生するであろう悪性な病源菌がもつ病気を治療し又、長命を維持させて総合的な活力を高める本液体である。
以下、本発明の実施例について説明する。
本発明の病気快復液体について
竹酢 0.5l、米アルコール 0.5l、米麹醸造液2l 食塩5g、水、3.5l たんぱく質微量、脂質微量、炭水化物 0.7gを調合しこれを原液とした。
竹酢においては木酢でも良いがどちらも人間が口に入れてもかまわない物である事、分量は変えても、変える事もある、この原液に人間の体に割しない物たとえば草木、漢方薬のすべとか人間が口にして害しない物のすべてを加えて商品開発もふくむ。
たとえたら、人間の体に害しない草木、漢方薬のすべてから大事な抽出物を取出したり乾燥して、粉末にしたり、又、粉末した物を水、液体にふくませ、すべての調合をしても良い物であり、この原液にそう言うすべての物を調合しても良い
本原液に人間の体に害しない物すべてを調合してあらゆる目的に使用する事も出来る
人間の肩こりには、患部に本液体をぬる事によって即効性をもって楽になり、なおる
水虫の重症患者の足は皮膚の皮がむけ肉がむきだしでピンク色してそこからとうめいのしゅる(液)が出ててとても靴下とか靴などけけるものではない
その足の患部に本液体を塗布するとかゆみがとまり、足の皮が白くなり1ヵ月もすると靴がはけるようになり、まちがいなく快復する
魚の目なんかは塗る事によっていたみがとまり患部が少さくなりなくなる。
赤ぎれ等も塗る事できれいになり、かゆみがある場合もそのかゆみの場所に塗る事でかゆみが止まる。
治療のむずかしい皮膚病の一つに尋常性乾癬症、などについても患部に本液体を塗る事で必ず改善するし又患部が改善した事を体験ずみ、アトピー性皮膚炎なども同じ事がいえる。
犬、猫、等においては、マラセチア菌等による皮膚病とか外耳炎などなおりにくいが本液体を患部に塗る事でなおす事が出来る、患部をなめたり、かいたりしなくなるから確認出来る。又ガン等などの病気は、患部にやはり塗る事でしこりがやわらかくなり又ちいさくなるから治療しながら快復するのが良くわかる。
ミツバチ益虫等においては今の地球温暖化等により悪性ウイルス、バクテリア、カビ、ダニ菌類等によってミツバチが死に至っている フソ病とかチョーク病、とかダニ等によって心配されているが本液体を塗布、スプレーすると病気快復する、又、塗布、スプレーで死ぬ事はない。
養蜂家などは何もしないとミツバチが死に至るから強い薬品を持って治療されている、なぜならフソ病とか行政に知れると強制的にその場で焼却処分(ミツバチも巣箱もろとも)されるほどやっかいな病気である。
でも薬品を使う事でミツバチが作るハチミツの中に抗生物質がはいているので売る事が出来なくなる、からなおやっかいな病気である
よって本液体を使う事によってすべてが解決する物である。
樹木、植物等においては表皮に悪性のコケ、カビ等などが付着して樹木等が弱わっている、今回この本液体をコケ、カビ等などが付着して弱っている樹木に塗布する事で病気の全ての原因を除去し、樹勢回復を促す事が出来る。
人間において気管支喘息とか、気管支炎(気管の弱い人)長年せきで悩んでいる方々が口の中に本液体をスプレーする事により楽になる
長年のせきで悩んでいる人達においては、まちがいなく、口の中に本液体をスプレーする事によりせきが出なくなるから本液体が必要とされる。
本発明は人間、犬、猫、動物のすべて 畜産のすべて ミツバチ、益虫のすべて、鳥類のすべて、樹木、植物のすべて、それぞれの分野で必要とされる、専問店、必要とされる個人消費者、インターネットなどで、広い範囲の目線、産業分野で利用する事が出来る。すでに個人消費者から本液体を認めていただき利用、活用していただいてる。

Claims (2)

  1. 竹酢原液、0.5l、米アルコール液 0.5l、米麹醸造液 2l 食塩5g 水、3.5l たんぱく質、微量、脂質、微量、炭水化物 0.7gの8種類を基本的に混合した医薬部外品の液体である。
  2. 竹酢原液においては、木酢原液でも良い 何々酢とか言う商品についてはすべての酢類をさす。米、アルコール液については米焼酎でも良い、米麹醸造液についてはすべてから作られる醸造酢もふくむ 食塩、又は水については、自然界から取れるすべてをさす。
    この開発した本液体について分量は変えても良いし、変える事もある。
    また、その他に本液体を基本に、草木、漢方薬のすべてとか人間に害しない植物のすべて、人間の体に良いもののすべての、抽出物を取り出したり、加工(乾燥して粉末にする)したりして本液体に混合してあらゆる目的に使用する事も出来る。
JP2010108733A 2009-03-29 2010-03-25 人間、犬猫動物のすべて畜産のすべてミツバチ益虫のすべて鳥類のすべて樹木のすべて植物のすべての病気快復の液体 Pending JP2010254695A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010108733A JP2010254695A (ja) 2009-03-29 2010-03-25 人間、犬猫動物のすべて畜産のすべてミツバチ益虫のすべて鳥類のすべて樹木のすべて植物のすべての病気快復の液体

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009102411A JP2010043062A (ja) 2008-03-31 2009-03-29 動物、植物、ミツバチ、鶏の快復液体
JP2010108733A JP2010254695A (ja) 2009-03-29 2010-03-25 人間、犬猫動物のすべて畜産のすべてミツバチ益虫のすべて鳥類のすべて樹木のすべて植物のすべての病気快復の液体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010254695A true JP2010254695A (ja) 2010-11-11

Family

ID=43332289

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010108733A Pending JP2010254695A (ja) 2009-03-29 2010-03-25 人間、犬猫動物のすべて畜産のすべてミツバチ益虫のすべて鳥類のすべて樹木のすべて植物のすべての病気快復の液体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010254695A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103992189A (zh) * 2014-05-23 2014-08-20 米成芳 复方中草药植物源杀虫杀菌剂及其制备方法
CN104107373A (zh) * 2014-07-01 2014-10-22 王统述 治疗脚气、脚臭、脚汗的中药
CN104208293A (zh) * 2014-09-13 2014-12-17 吕银兰 清热解毒颗粒
CN104771621A (zh) * 2015-03-24 2015-07-15 首都医科大学附属北京友谊医院 一种治疗咳喘的中药组方、制备方法及其应用
CN105343582A (zh) * 2015-12-17 2016-02-24 徐士魁 一种治疗破伤风的药物及其制备方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103992189A (zh) * 2014-05-23 2014-08-20 米成芳 复方中草药植物源杀虫杀菌剂及其制备方法
CN104107373A (zh) * 2014-07-01 2014-10-22 王统述 治疗脚气、脚臭、脚汗的中药
CN104208293A (zh) * 2014-09-13 2014-12-17 吕银兰 清热解毒颗粒
CN104771621A (zh) * 2015-03-24 2015-07-15 首都医科大学附属北京友谊医院 一种治疗咳喘的中药组方、制备方法及其应用
CN105343582A (zh) * 2015-12-17 2016-02-24 徐士魁 一种治疗破伤风的药物及其制备方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Chinlampianga et al. Ethnozoological diversity of Northeast India: Empirical learning with traditional knowledge holders of Mizoram and Arunachal Pradesh
Manganelli et al. Curing animals with plants: traditional usage in Tuscany (Italy)
Verma et al. Traditional healing with animals (zootherapy) by the major ethnic group of Karbi Anglong district of Assam, India
Galav et al. Traditional veterinary medicines used by livestock owners of Rajasthan, India
Dharani et al. Traditional ethnoveterinary medicine
Toyang et al. AD44E 2007 Ethnoveterinary medicine
JP2010254695A (ja) 人間、犬猫動物のすべて畜産のすべてミツバチ益虫のすべて鳥類のすべて樹木のすべて植物のすべての病気快復の液体
González et al. The use of wild vertebrates in contemporary Spanish ethnoveterinary medicine
Viegi et al. Preliminary study of plants used in ethnoveterinary medicine in Tunisia and in Italy
AJA et al. Ethno-entomological practices in Tirunelveli district, Tamil Nadu
CN102640764A (zh) 植物源杀虫剂
Singh et al. Ethnoveterinary knowledge of Raikas of Marwar for nomadic pastoralism
CN104522339A (zh) 一种防治皮肤病的鱼饲料添加剂及其制备方法
Rivera et al. Ethnoveterinary medicine and ethnopharmacology in the main transhumance areas of Castilla-La Mancha (Spain)
Das et al. Ethnoveterinary practices and socio-cultural values associated with animal husbandry in rural Sunderbans, West Bengal
JP2010043062A (ja) 動物、植物、ミツバチ、鶏の快復液体
Benarjee et al. Ethnozoological study in a tropical wildlife sanctuary of Eturunagaram in the Warangal district, Andhra Pradesh
CN103918935A (zh) 一种宠物食品添加剂
Fomo et al. An Environmentally Safe Method for Khemidocoptosis Treatment of Peasant Farm Chickens in the Krasnodar City of Russia
Mihsill et al. Ethno-zoological practices by Khasis, an indigenous tribe of Meghalaya, India
Mir et al. Use of Ethno Veterinary Medicine (EVM) in India for Livestock Management Practices: A Review
CN105994452A (zh) 一种复合生物农药杀虫剂
Mahyeddin et al. An islamic view on the utilization of leeches and worms for pharmaceutical and cosmetic purposes
CN104886158A (zh) 一种水蛭养殖专用灭苔剂
Boff et al. Homeopathy Applied to Agriculture: Theoretical and Practical Considerations with Examples from Brazil

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100721